クリックで開閉

やる夫は、奇跡を世界に満たしたい part103

2593 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 00:16:49 ID:4dLy8QV.0







                                          ,. -─=─- 、.
                                      ,. ‐' ´          `丶、
                                    /         や       \
                               /             る        ヽ.
                                 /           夫          ヽ
                                l            は              l.
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、            l              奇              l
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.\          l            世   跡                .!
      | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>     |           界  を            |
      ト.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./_  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈       /         に                !
    /  〉 .:.:.:.:.:.:.:.:.:/  `i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    /          満                l
.   〈/  〉.:.:.:.:.:.:.:.:./辷_レ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  /            た                /
.   〈 / 〉.:.:.:.:/ .:/ ん ハ.:.:.:.:.:.:.∧.:.:. /                 し                 /
    `<ィ .:.:.:/ レ'  弋ンん.:.j.:.:./  V   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     た             /
      | .:./∨   `ー=彳.:.:/|.:/   /             \    い           /
      |.:/   ¬    イ.:.:/ '′                   ゙丶、           ,. ィ
      |:′>─=≦.:.:.:.:.:.〈                          ` 'ー-=====-‐'' ´
      |/ /  \.:.:.:.:.:.:.:、\
    / ヽイ <⌒ 〉.:.:./.:.:/⌒                                    ハ  ,<ニニ>、  <ニニ>、
.   〈 / 〉、   / レヘ/  ⌒V.r‐‐くヽ    ヘ    ⌒V.r‐‐くヽ   〔i⌒Ⅵ!⌒i〕 | |  l |   | |      | |
   〈 / 〉 、 /            } {____,ノノ   /∧     .} {____,ノノ      } {     X  X.   X  <ニニX
      ┬くノーイ          } {‐=彡  .//=‐Ⅵ    } {=ヘ∧        } {     | |  l |   | |      | |
      |  / j          _} {_    //    Ⅵ   .} {   Vハ、    ノ_ハ   V  `<ニニ>'  <ニニ>'



スポンサードリンク


2594 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 00:21:25 ID:4dLy8QV.0

 『まず、最初にOSのメインプログラムに混ざるように領域を確保。

  その領域に、どうやって彼らを入れるのか。それが問題だ。

  そもそも、私は彼らを見ることができるが、彼らがどのような

  存在なのかを知らないのだ。・・・ふむ、困った。』


    ── あるプログラム中に散りばめられた//コメントより ──

2595 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 00:22:24 ID:sbkWbOrU0
古びたメモから世界の深層に段々シフトして来たな…

2596 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 00:22:38 ID:dkAdE01c0
パワーアップしてリベンジ・・・この流れから察するに行動不能になる、かな?
ちょっとまずいかも・・・

2597 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 00:24:00 ID:sbkWbOrU0
いや違うと思うよ。現実で何か武力が必要になる出来事が起こるんだろう

2598 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 00:24:51 ID:dkAdE01c0
うん、だから行動不能、もしくは負傷するような状況はちょっとますいかなって

2599 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 00:25:19 ID:4dLy8QV.0




                                __  __
                  -─ -         └‐┐ | └┘/7
            , ..: ´ :: :: :: :: :: :: :: :: 、::ヽ     ┌‐┘ |   <ノ
           / :: :: :: :: :: :: ::/:: :: :: :: :|: :: \     ̄ ̄
          / :: ::/:: :: :: :::/::/|::i:: :: :: ::|:: :: ::ヽ        __  __
          ,' :: ::/ :: :: :: :/: /-! |:: :: :: :: |、:: :: :: :::.     └‐┐ | └┘/7
            .: :,' i :: :: /: /!:/  |::| :: :: :: /´|:i、:: :::|::.     ┌‐┘ |   <ノ
         |::/:::|:: :: :i:::/ !'   V', :: :: /  リ ',:: : !::!      ̄ ̄
          /:: :::|:: :: :|/ xz≠x ヽ:: /     !:: :|::|
      __/:: :: :_';: ::: ! { んハ   V  γミx |: /:/
       ヽ_:/r、ヽ :| .r, 弋::ノ .r,_r、 .iメ::/ |/:/!
          {  ( ヽ! |:l__ ノr-- :| ゞ´r/: /          どうぞ>ミーナ
          i::\__ i  `──‐´  ' ヾ==´|::,'
          ヽ:/:: :::.     、      /レ
          /-‐|:: :\     ´   /
          ̄ /:: :/ { ` 、   ,  ´
            ̄/| ヽ    ̄/:|ヽ
     /三三二:/三.!  \  / .|ニ|` ──-
     , 三三三ニ|三ニ!    〉.〈 γ==、三ニ/三ニ',
    '三三\三ニ!三ニ',   /イJ V_r_─ ‐、ニ:/三三 |
    i三三三 ヽ三\三ヽ .///!| '/}- 、¨\ ヽ三三ニ|
    |三三三三',三 /三 :V//i.|.! { f\ \  |三三ニ!
    |三三三三 'ニ \三ニ{ {//||、ヽヽ `    .!三三ニ:|
    ,三三三三 ヽ|ニ:\三ゞイ:|| |ゝ' |    ├-、三 /
    ',三三三三三!三ニ \ニ|J|_|/ニ 、   /ニ |ニ'

2600 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 00:29:43 ID:4dLy8QV.0




                __
            ,.. .. ..' :: :: :: :: :: ` :: :.
          / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: `:. 、
        ,..':: :: :: : /:: :: :: :: /:: :: :: :: :: :: :: :: ::\
       / :: :: :: :: / :: :: :: :/:: :: :: :: :: :: :i :: :: :: :::ヽ
       ,' :: :: :: :: /:: :: :: ::/:: :: :: :: :: i :::∧:: :: :: i:: ::.     失礼します。ミーナさん。
      .: :: :: :: : |:: :: :: :/ : :: :: |:: :::,'!:: | |:i:: :: :|:: :::.
       | :: :: :: :: |:: :: :,イ:: :: :: :|::/ |::,'-‐リ|:: :: |:: :: |    ちょっとお願いがあって来ました。
       | :: :: :: :: |:: ::/ :!:: :: :: :::|::/ レ    !:: :/:: :|::|
      ' :: :: :: :: |/_| :: :: :: ::!´xテチミ  レ'i::!::,i:,'
       ' :: :: :: :: ::/ r ヽ :: :: :| 心リ r,__レV.!′
        ヽ :: i:: :: '、ヽ { \:: :::| | |_ _| r‐、!_||
        ',i::|:: :: :: ヽ__  ヽ |  ──′ /‐'
         |::|:: :: :: :: / ヽ  `
         |/!:: ::i :::/   \     `¨ /
         | .|:: ノ!:/、    ` ,  _ ′
          レ'/ !'  `  、   |
          r¨\      ̄ヽ}
        /    \     /|iヽ
               \    / .!| ',─-、
     , ´    、      ̄ ´ ||!、}   ヽ
   /        \       ヽ__ト'   |
   !          ',        | |',   ',.|
    |           i         しij   '|
    |           |         o  ',|
   ,           |          i  |
   }         i|          |   |
   |         | '            .|   |
   |         i            |   |




                < ̄: :`: : :.ヽ
               /: : : : : : : : : : : : : ヽ、
               /: : : :/: :rー弋、: : : : :'; :.ハ
            /: : : : !: :/   ヽ\: : : :' ; :!
            ! / : : ! /     l! ヽ '; :.! :l    あら、そうなの?
            V: : /ハl--   T  ̄ヽ! !: :!
               l: : i l´.j _     ,== .人 :l    丁度お茶の時間なの。付き合ってくれるかしら?
   , ---、_    l: ;イ:l '"⌒`     ::::::: レノl
  r'´ノ、  l !     jハl lヘ ::::::::   '     /'´ l
  ('ノ7 _ .r l      `Tヽ、  ー '  / : : !
   Y ̄) 7 /       l : : >-, _ イ/ : : ノ_
   ヽ、   L_        !: : /-,! イ´./ ;イ_ イ ヽ
     ヽ / !     /l: :/に大ニ}/:/  /    !
     / ン    !    ノ7// -' ノl!_V:/ l /    /
     !'     l   // j/ / / __!/フ /    /
     ヽ、     ! /  ! | l!   l ! j! !./    /
      ヽ_ /ノ´  ',_リ .l!c  ヽ!__lノ./     /
       V_ノ    |  l!.      /    /
        ヽ     ハ  l!     / /  !
           ヽ    /  l  l!c   //   l
            ヽ ./   ! l!   ノ    ノl

2601 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 00:30:28 ID:sbkWbOrU0
監視についてかな?流石にきついからな

2602 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 00:33:12 ID:4dLy8QV.0




             ,. -‐…‐‐-  ..
              ,.::´:::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ
         /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`、
        / .::::::::::::::::,!:::::::::::::::::::::::,::::::::::::... ',     ええ、私でよければ。
       ,:::::::::::::::::::/ !:::::::::::::::::::::!i:::::::::::::::::...',
       .i:::::::::::::i|:/ ̄!:i:::::::::::::/|:戊:::i!:::::::::::: i
       .!::::::::::::!|' ___ lハ:::::::/ リ__ ',|i::::::::::::::|
.     ,ノ.::::::::::::iィrテ心、 `、:| ィチ心xj !::::::::::: i
     ⌒!::;ri:::::iゞ {`ー'} n_,h {`ー'}》|::::::::,:::iト、
       ムヘ |ヘ:h `¨´ } r‐┐{ `¨´ ,ん!::/|、:{
        ム、_ゞ二ニニソ '' ヽニニ二ノ_j/,イ `ヽ
           |:`、   、_ _,.     /:::ハ|
          ノ::::ヘ、        ,. イ:::::{
        ´ ̄|/i人|` ..__.. イ人:|\rヽ
           /fヽ、   /i、 `
        _ ..ィ´..::i   `Y´  i:...`丶..
   ,.......:::::::::::::::::|::::::::| /`¨´ヽ  |::::::::.......`丶





      /: : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : \
.    /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   /: : : : : : :|: : :/: : : : /: : ://: :./`i: ヘ: |: : :ム
   /: : : : : : : |://: : : /: : : .イ/: :/ " '^^' ,|:.|: : : ハ      トゥルーデ・・・ああ、バルクホルン大尉の事よ?
   i: : : : : : : /: :/: : : /: : : / /:/     |:|: : : : ム
   ! : : : : : /: :/: : : :イ: :/  //         ,∧: : : : : ',     彼女が一杯食わされて、ぐでんぐでんになったせいで、
   |: : : :,イr ∨: ://: /_  /'       / |: :|: : i: :|
   |: : // ノ/:./' //  ` ナ‐-       /  .|: :|: : |: |     今日は付き合ってくれる人がいなくて寂しかったのよ。
   |: : {' r//  /'      ヽ`    /   |: :|: :.|:.イ
   |: : ヘ∨' }    ='ゝ、        ≧ 、」:イ: : |:ル|     さ、座って座って。
   ト: : : :'ー-、       ゙='、        レリ: イ:/リ
   |∨: : : : 从            ,、__  /リ'|/'|/
   | ∨:: : :.V 、             ̄7 '|/ ノ '
   |: :ト: : : : !          、    j   /  '
   |: :ヘ: : : : ト  ' 、     ` ァ     /
  /: :ハ: : : :ハ\   \   _ , イ
 ./:/. iハ: : : : ト、.\ _/` ≦ |: : : : |
/ =7>、}: : : :} >. ハヘ  />,|: : : :.|
  //. .|: : : |./. /、.ヘ. .ハ≧|: : : :|、
.//. . . . |: : :.|./≧====,|: : : |ーi.ヽ
/ . . . . . . |: : :|. . 込三∧、ニ/| : : |. .|. .i
. . . ハ. . i. . |: :.:|. . . . .〃. ハヘ、. |: : | . | . |
. . . . .∨|. . |: /. . . . . {{. . .ヽ\.ヘ: |. ..|. . z

2603 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 00:35:17 ID:ZxfFR/g.0
軽いジャブ

2604 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 00:38:51 ID:4dLy8QV.0



             __ ---- __
         ,........´:::::::::::::::::::::::::::::`:::....、
         /::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     .'::::::::::::::::::::|::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
    /:::/ :::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::.,     いい香りですね。
   ,':::/:::::::::::::::: '|:::::::::::::::|::::::::::::::ト,:::::::::::|::::::::::::::::::'
.   ':::,'::::/:::::::::::/.|:::::::::::::::|::::::/|:: :| ',:::::::::|::::::::|:::::::::|
   |:::|::::'::::::::::::,' |::i:::::::::: |:::::/_|::::|  ,:::::::|::::::::|:::::::::|  (わー。当然怪しむわよね。知ってた)
   |:::|:::|::::::::::::'.  リi:::::::::::|::::/ |:::|‐- '::::::|::::::::|:::::::::|
   |:::|:::|:::::::::::,'‐ ´ ヽ::::: |:/   |::'   .',: |::::::::,'__:::::|
   |:::|:::|:::::::::::|    ヽ:::|´   リ    リ|::::::/  ',::|
   |::::',:|',:::::::::|.       V    _ -==x. |:::/ >', .l::'
   |::::::リ:|ヽ:::::| x≡=- ii=== i|      || レ  .//
   ´'^レ ヽ ヽ:| ||._ ==   ゙===== ゙  .i-..´/
       ヽ_',  ̄    '         l:::::::|
         |::::',      r‐─,     /::::i::::|
        ',::::::ヽ    `‐‐´   /:::::::|::::|
         |:::λ:::::`:::-_ .r.‐´ヾ,l ´ |::::::::::|ヽl
         |/ ',:::::::::ハ // ̄ニ ユ,/ l::::::::|
      r-- _   |::::ノ. .// / r-、j ヽ`'
    /: : : : : : : ̄: :|: : ', |    ´ ̄, .i  l: ::i` ‐-
   /: : : : : : : : : : : |: : : ', |    i´'-' /: : ',: : : :
.  /: : : : : : : l: : : : :| : : : :', ',    ',  /: : : :',
  | : : : : : : : :| : : : :|: : : : :/ ,}    .i '/: : : : : '
  |: : : : : : : : :|: : : :ヽ、: :/ ./|     | | : : : /






          /:/: : : : へハへマ : : : ヽ: : : : : : ヽ
       /:/ : : : /" 7/ " ''ヘ: : : : :ハ: ヘ: : : ハ
        /イ: : : : :./   ハ'     ,:ヘ: : : :',: :ヽ: : : ハ
       ,イ:/: : /:./   i:,'       ',:ト: : : ハ: :ヘ: : : : ',    でしょう?私、コーヒーには少しうるさいのよ?
       'イ/: : /:./     !;      マヘ: : : ',: : :,: :i: : i
      /:イ: :./マ´ ̄ ` ' |'   __,」ヘ: : : ,: : :∨: :.|    これ、アマゾナスのコーヒー・・・えっと、現実だと
     ,':./i: / ,'ム ィ--=、 ',      __ '! `ト: :i: : :'レ': :.!
     i:/ |:∧ヘ´ ゎ:::ハ  '、   ´   '   ',: :ト: : Y: :,'    ブラジルに当たる所ね。日常系ってことは、
     !' iイ:ム ' 弋り    '   ォ===-、 ,: : r、: i: :/
      'リ,ハ ,   `                 ',: kヘ: リ;     基本的な世界観は現実と同じなのでしょう?
      ハ: :.i      、          ィ: リ >!/
        ',: ',                 ハ: イ: イ      あそこのコーヒーはバランスが良いのよねえ。
          ∨:ヽ    `  ‐     ,イ: : 'リ: :.7
         /: : :/ヽ           <:/: : :/: : :i   __   __,n__◎   __   __,n__◎
        ,': : :イ: : : ` 、_  < |_: : イ: : イ: : : |  └‐┐ |  └┐r┘  └‐┐ |  └┐r┘
          ,: : :ム: : : ∧|        !ヘ: :i: : :/: : : ,'  ┌‐┘ |   <フLK゙>  ┌‐┘ |   <フLK゙>
     __」: : L: :/. .ヘ    /. . .'y: :./: : : :,      ̄ ̄           ̄ ̄
   ,r‐/L_i: : ,Pハ. /ヽ><.´/ ヽ. i: :.,'`ー――ッ--,、
  /. i. ̄ ̄|: :.i. . .i. レクィi7. >. ヽ /. |: :,==='ー´/ ハ

2605 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 00:48:13 ID:dkAdE01c0
でもあれは・・・半ば自業自得な気もするw

2606 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 00:48:21 ID:4dLy8QV.0





/   >/=:/‐=ニ=:/: : ∧:/|:ヽ
「 ̄: : /:./ : : : : //: :/ ⌒1:l: :.i
: : : :://: .:/: : / ./: /   |:l<ト
i: : : :l// :/:.:/‐-//、   ノ:ハ: 「:i
l: :i´,ク/:/:/f'7うハ    ,〃 |:i :| :l    はい、どうぞ。
!: :|〈/:/   弋ソ    _, へト:|: !リ
ハ:.V:/┐           ィら7/i:ハ:|     それで、お願いって何かしら?
: l: : :∨          ゞソ/ レ'
: :!: : : i 丶    丶、 ' /
:.∧: : :ト、 \   , イ
ノ ヘ : | \/ `7|: : :{
ミヽ l: :|7/⌒イミ !: : |
/  }|: :l/ミr‐く j l: : ト
   l: :| くイ^ト ヘ: | |
   l: !  《  ヽヾヘ:l L
∨ レ_ -¬ ` ヾ、 「ニ\
| く  , イ \  ヾ トー∧
|  Y ヽ、\ノ   ]}oL_ 」_j
∧:i:.. ゝー'¨´  .:.:.::ll:.   ,'
ヽ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノl:.:.:.:ノ
 〉:.:.:.:>- - =イ廴,イ
|:.: ̄   ̄    ]}ニハ
|::         キ/ |




                  ,  -‐── ‐-... . ,
              , ..' ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::`... .、
            /::: ::: ::: ::l::: ::: ::: ::: ::: ::: ::l::: :i ::: ::: ::ヽ
           , .' ::: /::: ::: ::::! ::: ::: ::: ::: ::: ::: |::: :| ::: ::: ::: :ヽ,
            /:: ::: / ::: ::: ::/i ::: ::: ::: ::: ::: :::,'i ::: l ::: ::: ::: ::: :ヽ
         / ::: ::: | ::: ::: ::,' .! ::: ::: :: ::: ::: ::l .|::: :!, ::::i ::: ::: ::: ::,
.           , :::i:: ::: l ::: ::: ::!  ', :i ::: ::: ::: ::::i |::: | '. :::l ::: ::: ::: ::i    いただきます・・・。
         |::::l ::: :::|::: :i::: l--‐i::|, ::: ::: ::: :,' ´.!:: |ヽ',:::| :::i::: ::: ::|
         |:: |::: ::: l::: :|l:::|   !:| i ::: ::: :: '   |::,'   ' |::: | ::: :i:::|    わぁ、良い香り・・・。
         '::::|::: ::: l :::,'.リ _ .! ' ::: ::::,'   リz-_ . 'i :::l ::: :l ::|
           !::!|::: ::: i ::l .x´テチミ  ',::::/  xテチヾ,.|:::/::: ::,' ::|
        ,':/.|:! ::i:: |:::| { .i::tr'イ|  _ V  _  i::しi::l .}.,'ィ ::: :/,:: ,'  (・・・小細工しても仕方ないわね)
          ´  !:',::ト,::|::|_ 弋_::ノ .|::i===i::| 弋_::ノ /r,|::: / |:::|
           |:::i,:l::',|::|',:!,   __ノ:ノ´, `|::ヽ__   // レ'-, .|:::|
          レ!',ヽ !,:| ヾ ニニ-‐ ´   ` ‐- ニニ ´ ,-´/`ヾ
            `ヾ,_i       _ _ _      /._/´
              |::: ',     丶   ノ    / :::|
              |::: :::ヽ、     ` ‐ ´    /::: ::l
              |:::: :/|:::`i 、      , ,_':::|、 ::: :|
             //´ |イ .i  `'  __ '´ | iヽ,\|ヽ!
             ,  '´i:.. | .\     / .|:..:l:.ヽ、
            /:.. :../:.. :|   \  /   . |:.. i :.. :\
        , .. :'´ :.. :.. :.,':.. :..l   /_Yへ   |:.. ::', :.. :.. `ヽ _
     , ... ´ :.. :.. :.. :.. :..i:.. :..:..|  // ,.|.| ,ヽ\ .|:.. :.. i :.. :.. :.. :.. :`ヽ、
    /:.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :/ :.. :.. :| / i / .|| .i, .| ヽi :.. :.. :l :.. :.. :.. :.. :.. :.. ヽ、

2607 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 00:51:08 ID:4dLy8QV.0



                  _  _ __
               ,  ´ :: :: :: :: :: :: :: :: ` .. 、
             / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ,
           , ' :: :: :: ::i :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :\
          / :: :/ :: ::|:: :: :: :: :: :: :: :: ::i :: :: :: :: :: :: \
         ./ :: :/ :: :: :: | :: i :: :: :: :: :: :: ::! :: :: ヽ :: 、 :: ::'.,       あ、美味しい。
         i:: ::/ :: :: :: :∧:: | :: :: :: :: :: :: :|ヽ, :: :: ', :: ', ::、::ヽ
         |:: :' :: :: :: :/-‐! :! :: :: :: :: :: :: |‐-|:: :: :l :: ::l :: ', :',
         | ::| :: :: :::/  |:,'ヽ,::: :: :: ::i :::l  ', :i ::i、:: :| :: :l:: !
         |:: |:: :: ::,'   リ  ヽ,: :: :: | :;'   レ', ::|:',:: ! :: :i: '
         |:: l :: :: l xテチミ   '、:i :::lレ'テチミx | :i:: !::| :: :|/
         |:: :',:: :::| { Kf::j:l   リレ'  .Kf:j::l }.|:,'-,リ:: :: !
         |:: ::iヽ :| f.,弋__:ノ .f l===f i弋__:ノ r,リ }:: :: :: |
         | :/'、 `| .| L____| |  .| L___|.| ./|: i、 :: !
         |'´|::/ヽ,', ゙゙─‐─‐'´ '  ゙゙─‐─‐i´| .ヾ| `ヾ
            レ | :: ,  ///       /// /::!:!
               |:: :: \     r‐,     /:: :ト|
              リ|:: :: i::`., 、      , '/ヽ,:: ::|
                  |::/|::/|ヽ ` - - ´/   /ヽ、!
                  レ  ´/ | ',   /    / .|  ` ‐ 、
               // .| >< '´    /  .|     ヽ,
            / /   ,'/X)-,ヽ   /   _.!       ヽ,
          ./   ヽ, i// || i i .ヽ ./ ,-‐´          .ヽ
         /    ./ // / | | |  /  |          /  |





                     -‐   -
                 . : : ´: : : : : : : : : : : ` : .、
                   / : : : / : : : : : : : : : : : : : :\
                / : : : /: : : :..:./:/^ヽYヘ: : : :..\
                  /: : : :/: : : : : /:/     |:i'ヽ : : : : : ヽ
              /: : : :/: : : /: /: :/       |:|  ∨ : : : : : :.
            ′: : /: : : /: /: :/      |:|  ∨: : : : : : i    でしょう?
            i: : : : ′: ://j/⌒     jノ    V : : : : : |
            | : : : |: : :/ -‐ ≠ミ     /   '⌒ V : : : : l|    このコーヒーは作中でも1回しか描写
            | : /^|: :/〈{{ ん:し'}        x≠ミ V : : : 八
            |: :{  !/   乂'_ツ        んし} }〉,} : : : ′    されてないから、きっと視聴者も気になったのね。
            |: : V〈}    """"         乂ツ / !: :. ′
            |: : : \___         〉 """ ′|: :/      その時に、多分コーヒー愛好家がこのコーヒーに
      (´\   (`ヽ: : : : : |:ヽ    ┌  ァ     /   jノ
      \ \/¨/¨/⌒ヽ : |: | \   V__ノ    .イ          寄せた味の認識が、ここに詰まっているのね。
                {__〉 V.!   `  __   < : : :|
          ヽ     \: : V‐- _   |〉}、 : : : : |          ふふ、決して手の届かないあちらと、それでも繋がって
           '       ヽ: V_ `,个'〈}ヽ: : : :.‘,二ヽ-
           ∧        }: ∨__} 〈/|/'〉]、\: : :‘,     ヽ    いる。おかしな世界よね。この世界って。
         /∧       } : ‘,(二に]二〕 ヽ: : :‘, |  |
        く/  厂\  ,八: : ∨ /,/ }\     ‘,: ‘,:|  |、

2608 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 00:55:02 ID:4dLy8QV.0



                  ,  -─ ─ -   ,
               ,  '´ :: :: :: / :: :: :: :: :: :: ` .. 、 __ ノ
             / :: :: :: :: :: /::: :: :: :: :;| :: :: :: :: :` - 、
            / :: :: :: :/ :: ::,' / :: :: :: :/.!:!:: :: :: ::!: :: :: ヽ
            , '/:: :: :/ :: :: :!::i:: :: :|:: / |:|', :: :: ::|::! :: :: ::!   その中にいる私達が言うのもなんですけどね。
           '´|:: :: :: / :: /:: :| | :i:: :!'´   !:! ',: :: ::l :l::|:: ::|:|\
            |::/ ::/| ::/ :: ::|::|',:|:: !   ! ヽ;i :;' |:i :: :i:!  ` 私も自覚持った瞬間は、異世界に紛れ込んだ
           // :l::/|:: , -i::| リV  で_フ  レ'  リ| ::,'リ
          /' ´!:i :: !' ::!:/ ^ リ       _ __ f',テ |:/    ような錯覚に陥ったものです。
               レ| :: ::i ::ヽ      fl__l.f ヾ=='´
                  |:: ::/:: :: ヽ_   u  ̄ ̄´    |
            , '-‐- 、//        r ‐-,   /
           /.: .: .: .: .: ', `.,     _   ̄  /     ・・・それで、お話は監視についてなんですけど・・・。
          / .: .: .: .: .: .: .::i、 \  /, l` ‐- ´ヽ
        , '.: .: .: .: .: .: .: .: .: .lヽ  .r、r´ ./ .|.: .: .: .:i
       , ' .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: '、 iV >i<レ'.: / .:/ .: .: !、
      , .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: i / |.|!,,', .〉 ./ .: .: .: .:ヽ
  , -‐ / .: .: .: .: .: ., .: .: .: .: .: .: .: .:|i .!||.|ヽ', :i .: .: .: .: .: .',
-´:/ ´/ .: .: .: .: .: .: .ヽ .: .: .: .: .: .: .: i_./,i|.,し i./ .: .: .: .: .: .: ヽ
.: .´.: ´!.: .: .: .: .: .: .: .: ヽ .: .: .: .: .: .: .:ヽ|||.|-'∧ .: .: .: .: .: .: .: ヽ





                              _ , _
                          ,.: : :´: : : : : : : :`: . .,
                         , イ: : : : : ; : : : : : : : : : : ` .、
                        /: ,: ィ: : //∧: : : : : : : : : : : ヽ
                        /,ィ7: : : :/ /:ハ: :i: : : : : : : : : : : ム    ・・・どうやら、大事に首を突っ込んで
                    ' ´ ノィ: : ; く   /'  i: :|: : : : : : : :: : : : :',
                 _    ' //,、   ∨     |: |: : : : : : : : : : : : :|   いるそうね?
       _. . . 、-― . .  ̄ . ト 、  ,イ ! 込,  ',    |:.|: : :i: : : : : : : : : :,'
   ,. . .r. .´. . . . . . .i. . . . . . . . ..|  ヘ  リ  ー゚'    ヽ ∨i: :リ: : : : : : : : :/   酔っ払ってはいたけど、トゥルーデが
  i. . . . . . . . . . . . .|. . . . . . . . .ハ   ∨       ≧、 ヽム: !: : : : : : : :/
  人. . . . . . . . . . .ノ_____人 ' 、 ハ   ´       入ヽi: :|: : : : : : , '    言っていたわ。あなた達の監視を続けている
/  ヽ、. . . . . ー. ´. . . . . `. .ー‐'―/: :ヘ  、     'ー゚´ }:リレ´フ: /
     ` <. ., r‐.-. 、. . . /. . ./:/> >  `      _、_レ_ ノ'´      内に、こちらも危険な事に首を突っ込みかねないってね。
        /. . .ヽ.ー. --==.7._._._≧'ー `=r‐=‐ : : : >´
        i. . . . . . . . . . . .≧´7/i_r/.r>: ´,: :_:> <三、  ,、      どうやら、管理者も関係しているみたいだし?
        !. . . . . . ./. ̄. . . . . - ==<. ´.-.-.-.-≧、三y三ム
      /. . . . . ./. . . . .ヽ.ー. ´. . . . . . ,、. . . . . . . . . 7ニ,'三ニ/
ー-、  ,/. . . . . ./.o. . . . . . . . . . . . . . /. . . . . . . . . ../三三ヤ
、   ><. . . . / . . . . . . . . . . . . . . . . /. . . . . . . . . .フ三三/
ニ\/. . . . \/o. . . . . . . . . . . . . . . ../. . . . . . . . ./三三/

2609 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 00:55:11 ID:ZxfFR/g.0
作中で一回しかいってない特徴的な語尾が、二次創作では日常的な会話の語尾になる現象に似てる

2610 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 00:58:18 ID:sbkWbOrU0
聞いてしまったらどうあっても態度を決めないといけないから、それなら始めから聞かない方がいいというのはある
こっちだってストライクウィッチーズエリアの人々を悪い意味で巻き込みたくはない

2611 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 01:10:57 ID:4dLy8QV.0


              , - ' ´ ̄ ̄ ' - 、
            ./ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ,
          / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
         / :: :: :: :: :: :: ::/::: :: :: :::i :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
          / :: :: :: :: ::/ :: :| :: :: :: :: :| :: ::| :: :: :: :: :: :: :',    その通りです。私達は、場合に寄っては
         , :: ::/:: :: :/:: :: ::i :: :: :: :: ::| :: ::l :: :: :: :: ::', :: :i
        ,' :: /:: :: :,' :: :: :/|:: :: :: :: :: |:: :∧:: :: :: :: :: i :: :l    管理者”骨”と接触する事になるかもしれません。
        !:: :! :: :: :l :: :: / i::,! :: :: :: :|:: ,' ',::| :: :: :: :l :: :|
          |:: :|:: :: :: !:: ::/.-‐|:i ,:: :: :: :,i:/   i::| :: :: :: :l :: :|   その時、このエリアに迷惑をかけないという保障は
          |:: :|:: :: ::,':: /   ! .',:: :: :/リ  ̄.リ', :: :: :::|:: :,'
       ,' :: !:: :: ,' Vテチ、   ヽ :/   x==、 ' :: :: :,i:i :;   ありません。
       /i :: r, :: | { i::::::::l   `'   ./:::ヽヾ ', :: /:|:V
       |::,イ ヽ :|.,_ 弋_::ノ f:i-_-f:i  !::::::/./_ ! :/ヽレヽ   特に、あなた方がその情報を持っていながら、
       /´ l  ヽ.|L_/) /) ̄l L__`_´ ,'///r i、:|`ヽ
         \ _|  / / /)  `¨ - ニ '/´.ノ, ' .`'   管理者に提示していなかった場合、より苛烈な
          ヽr‐ /゙ ,/ /./       /_//
           | / / / /r‐./)    /:: i, '      報復を受ける可能性もあります。
           | ノ / ノ / //   ,/ :: :|
           /   ,   .`゙/  ,  'i-, :: ::',:|リ       あまり、私達の事情を知らないほうがいざという時の
             | |  |    ノ ` ´  ,/´ ',::i :|`
             | |  |   / ヽ ,- ´   ',-`        言い訳が立ちます。





            /: : :,: : : : : ヘ: : : : : :ヽ: : \
          /: //: : : :/ミヘハへ: : : : : ヽ: : ヽ
       /: /: : : : :/    ';, ヽ: : : : ハ: : ハ
       ,':/: :ィ: : :.イ/     'i  ' ,: : : : ム ハ   報復・・・ね。あなたはアレを知らないから
      ,7: : /: : : .イ      |   ' ,: : : :ハ : i
        ム: :イ: : :./_!'_     ,」'-――ヘ:ト-: ∨,   そんな事を言えるのかもしれないけれど、
     イ: /: :i-‐7'_」二`    '^≧示ー、マヘ : Y
     7:∧: |: :kイぅハ`      乂゚り ハ∧: ',   アレが怒ったりすれば言い訳なんて通用しないわよ?
      i:/ レリ:ハ '弋リ        `´  ハ ゝi
     !'  'ルハヘ       、         //:リ '!   気が済むまで喰らい、自らの糧と成す飢えた人体骨格。
        レ,:ヘハ               /: : !/
        ' ',: :ハ:ヽ   `  ´   //: ::イ     この共通認識世界にいる限り、逃げ切れるものではないし、
          ト: :ヽ: :`r 、   , ィ、: イ: : :|'
          iヘ: : ',: ハ  `  ハ: i: : :.|      うまくやっていくしかない、自然災害みたいな奴だわ。
             !: ゝ: <,へ>、  /..∧、!: :.:|
         , ≦ヘ,: ハ/>> /iiヘ. .ミハ,'; : !
    rvrヘ≦ =="ハ: ト≦r三==三ミ. ハ: ト≧ 、_
    ハ. ヘ' ´. . . . . . . 'リ、>、ニク/iヘハー'、∧:',. . .<ハ
   ,. . . .,. . . . . . . . . レ' . . //∧ハミヘ. . ',ハ. . .i. .i. .|
   /. . . i.∨. . . . . . . .リ. . .ヽ/ . ハ.∨/ . . ゝ,. . ∨i. |
   i. . . . !. Y. . . . . . .,r‐ヘ. . . . . . ヘ0. . . .ト. 、. . .、{. .|
   |. . . . | イ. r. ´. o. . _._ 」. . . . . .i.|. . . . .'ト、. . ≧、 |
   |. . . . .!.i. .レ. t. ‐7. . . | . . . . . |.| . . . . i. . `r=t.ヘ
   |. . . . .i.',. .|. . {. . .i . . . ! . . . . . |.| . . . . |. . . }. . ハ`

2612 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 01:20:36 ID:4dLy8QV.0



             /: : : : :/: : : : : : :,、: ,,、: : : : : : : : : :ヽ
          /: : : :/: : : : :/: / " ||"ヘ: : : : : : ハ: : ',
         i: : :i:./: : : : : :イ/    .||  ヽ : : : : : ヘ: : }
          |: : :レ: : : :/:〃/     ||   ' ,:ハ: : : : ∨:|    絶対強者である事をどうでもいいと思っているけどね。
          |: :./: /: :// /'       ||   ハ: :i : ト: :∨!
          |: /: /:才ー/―‐-   _|L -―‐ム:ト: ハ: :V    あれも、測れない奴だわ。
         ∨:イ: :ム___=、‐     |! -,=___ム!: :|::',: :!
            イ:/!: /灯リて、`    ,' '乍た `∧: ト、: :|    飢えた獣のようで、悟った老人のようで。
          レ |:./ ' 弋歹           'ヒ汐 ' 从!ui:/
             ヽ|/ム                 ハ:レ'!'     ・・・どうしたものかしらね。
           }ヽハ       '       /´':/
           ヘ: : ヽ      ー‐      /: : /:|      むしろ、全てを知って対策を打つべきか。
              |:', : : : \         //: :./: !
             |:ヘ: : : : ',: i> 、 _ , <:´: /: ::./: :|       君主危うきに近寄らずとするべきか・・・。
            |::∧: : : ハ」      |、:./: : :イ: :.!
      ,r =≦'ー―ム: : : :',.≧ 、___ ≦ Y: : : :ハ: :|       エリア管理者として、難しい所ね・・・。
     /. . . . . . ヽー=ハ: : : Kク. ノiiヽ.<ヘ.{: : : ム: : |
      /. . . . . . \ハ. . . .∧: : |. ../≧≦、. ..|: : :イ ` ! 、
    {. . . . . . . . . . ヽL. . |.∨:|. ム7∧ヒへイ: :/. `> 、 `≧、
     {. /. . . . . . . . \∨. ヘ: !. ./i{ |ハiヽ. .|: /. . . . . . . `´. /∧
    /. . . . . . . . . . . . .\. ∧|./iii|. ||.ヘii>.|/. . . . . . . .i. . ./ . . i
   / . . . . . . . . . . . . . . . . ヘ. .'!. . . . .||. . . ..'. . . . . . . . . ∨. . . . |

2613 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 01:22:47 ID:sbkWbOrU0
いずれ確実に接触するだろうが怖いな。戦ってどうにかなる相手でもなさそうだし

2614 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 01:27:15 ID:4dLy8QV.0



                 , .-‐ ..  ̄ ::  ̄ ::` ..- .、
               , .' :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\
              / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :\
            / :: :: :: :: :: :: / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ
            ' :: :: :: :: :: :: :/:: :i :: :: :: :: :: i :', :: :: :: :: :: :: ::,    ミーナさんは、直に会った事があるんですね?
           |:: :: :: :: :: :: ::,':: :;'| :: :: :: :: :: |, ::', :: :: :: :: :: :: '
           | :: i :: :: :: :,イ:: :/ !:: :: :: :: :: :l ヽ::i::: :: :: ::i:: :: :!
           | :: | :: :: ::/.|:: / | :: :: :: :: :::'-‐i::ト, :: :: :::l :: ::|
           | :: | :: :: ,' |:,'  ̄', :i :: :: :: /  .!:! ', :: :: ::|:: :::|
           |:: ::| :: :::l  リ   ヽ|、:: :: /   リ ヽ,:: :: | :: :|
           |:: ノ', :: :! xテチx、  ' :::/  xテチミx .!:: i:|:: i::|
          ノ,ィ' :_|:: ::|{ .じx::i   V   .し:j:::! .}.|::/!-,:|::|
            レ| _ヽ, |_ .弋__ノ i^! =i^i 弋_.ノ r ,レ/- .i`'!
            .| f' ',ヽヽ_ - _ノ   ヽヽ- --' ノ,' } |
             \  ' ` ─ ´¨   '    ̄ ̄ .,.//
              .ヽ_l u     __        ,'- ´
               ヽ :'、     ( _ )     /:,'
                '|:: ` 、         , ' :::|
                   レ'|:: :_i  、   , イ、ルヽ!
                 ,|/.| ヽ 、 .` ´ / |ヽ、
              , - ´/ . |   .>-<    | . ',.` . .、
         _ -‐ ´ . . . ./ . . |   /_,nノ'.,   .|. . .i . . . .` . .、
       r ´ . . . . . . . . . /. . . ..|  ./ _ r| , iヽ i . . .| . . . . . . . ` ‐ .,
      i . . . . . . . . . . ./__ . . . .i / /| |.| i, ', ヽ! . . .| . . . . . . . . . . . .l






      /: : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : \
.    /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   /: : : : : : :|: : :/: : : : /: : ://: :./`i: ヘ: |: : :ム
   /: : : : : : : |://: : : /: : : .イ/: :/ " '^^' ,|:.|: : : ハ
   i: : : : : : : /: :/: : : /: : : / /:/     |:|: : : : ム    ええ、一度ネウロイが大発生した時にね。
   ! : : : : : /: :/: : : :イ: :/  //         ,∧: : : : : ',
   |: : : :,イr ∨: ://: /_  /'       / |: :|: : i: :|   こっちも総動員で当たったけど、
   |: : // ノ/:./' //  ` ナ‐-       /  .|: :|: : |: |
   |: : {' r//  /'      ヽ`    /   |: :|: :.|:.イ   手が足りなくて困っていたの。
   |: : ヘ∨' }    ='ゝ、        ≧ 、」:イ: : |:ル|
   ト: : : :'ー-、       ゙='、        レリ: イ:/リ   その時に、偶然”骨”が通りかかってね・・・。
   |∨: : : : 从            ,、__  /リ'|/'|/
   | ∨:: : :.V 、             ̄7 '|/ ノ '
   |: :ト: : : : !          、    j   /  '
   |: :ヘ: : : : ト  ' 、     ` ァ     /
  /: :ハ: : : :ハ\   \   _ , イ
 ./:/. iハ: : : : ト、.\ _/` ≦ |: : : : |
/ =7>、}: : : :} >. ハヘ  />,|: : : :.|
  //. .|: : : |./. /、.ヘ. .ハ≧|: : : :|、
.//. . . . |: : :.|./≧====,|: : : |ーi.ヽ
/ . . . . . . |: : :|. . 込三∧、ニ/| : : |. .|. .i
. . . ハ. . i. . |: :.:|. . . . .〃. ハヘ、. |: : | . | . |
. . . . .∨|. . |: /. . . . . {{. . .ヽ\.ヘ: |. ..|. . z

2615 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 01:32:22 ID:4dLy8QV.0




      /: : : : : ,r,,、ャ : : ヽ : : : : ハ      巨大なドラゴンに変化した”骨”は、次々にネウロイを
     /: :/: : :/:/  'ヘハ: : : :\: : : ヘ
.     {: :/: : ://     ||  ヽ: : : ヘ: i: : ',     食べていったわ。ネウロイの攻撃も効かないわけじゃ
    |:/: : :.イ/    ||   ヘ: : : ∨: :リ
    /:.イ: :,イ/     .||    ム:ト: ∨:.i     なかった。でも、圧倒的な質量差で、ものの数分で全ての
    /:'ィi: :/」_≧、_,   ,、L-ッ≦、 ∨: i: :|
    i/ イ: ハ 爿リ`    ' ぅり`7〉ヘ:∨     ネウロイを食べつくしてしまったわ。
   ' ',|/ム  ー'        `´ /'ノノト、
      ーハ     '       ,/=': 7/     あれは、戦闘じゃない。ただの食事よ。
       }: ヽ    -‐-    ,イ/: :/:{
         !: : :> 、   /|: /: :,イ: |      それほどに、アレと私達は存在としての強さが違うの。
        |: : : :ハ ` ´  ノy: : /: : |
       |: : :/. .,ヘ  /. .i: : ト、 : |     あれを敵に回すという事は、そのままエリアとしての死を
      ,-| : /|. ∧〉=ヘ. /|: :/ゞ、` 、
  ,-、≦´ -|:./. |. 〉/乂乂. 〉|:./. .≧  >、  迎える事になると言われているわ。

                           実際にエリア事潰した事があるかは、不明だけれどね。





           ,. . .――. . .、
           /: : : : : : : : : : : : :ヽ       ・・・敵対しないようにします。
.          /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
.          ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : :' ,
.         l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '.,
        l: : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : : i
.       ',: : : : : : : : : : : :/ : :,'l: : :l:ハ: : :l
.        i: : : : : : : : : ∠:,、: /'i : :l /l: :/
        /: : : : : : : : : : : レ/l、j',: :l7 レ'
.       ム':,' : : ,': : : : : : /    N´
.         冫: :,、‐: : : : : : :', u ,ノ
         ̄/_`´'=―_゙、/
.         _,/´   ̄`'‐、´',
     /.         `''‐、

2616 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 01:34:36 ID:sbkWbOrU0
そうは言っても向うが敵対してきたらどうにもならんw

2617 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 01:35:26 ID:4dLy8QV.0



           /´.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、
         /:.: : : : : : :.:./´: : : : : : ,.=、_r、: : ヘ
.        /: : : :.:/: : .:/: : : : :.://  リ ! : : :',
          ,': : :.: :/: ://: : :.://    l!  !: : : :',    監視が居て不便、というのは分かるわ。
       l: : : :.:/ :/ :/ : : ://      〃  l: : : : ',
        l: :!: : l :/ :/: :;/7ー/―-、   /   !: : .:i l    そうね、基本的に見張る必要があるのは
        l: :! : :l/ :/ : ://∠_    ノ  -ート!: :.l :!
.        ', ! :/j 7: : / l!T ハ l``     r≠-ト!: :ハ!l    ぬえだから、ぬえが外にいるなら監視も外に
        l l ( (l :/  弋_ソ      lじソ /l :/ l
        l ',: :ヽj/>            ゞ'  /j/      いることにしましょう。
.          l: :V: : `ー、           ,   /
          !: : V: : : :.:ト、r-、   、_    /         この辺りが落としどころでしょう?
        !: : :.V: : : :L_.ヘ ヽ     イ
        l: : : :i;: : : :.V` ヘ  V _ イ: :.!
        |: : :.! 》、: : ', /ハ ∀.γ7: :L_
        |: ;/.O >、 Vァ'ヽ、 V /: :├―'^ヽ
       x≦´  /  ヽr' -、 l. {ヽ: :.!   i ! l
      r'`=- <    / -、 ! l  ト、ヽl  V .!
      l      `ヽ  l r、 ! L_|.  V  ヽ  i:: l
      l       i  ヘ  `ー'   /     ヽ、!




               ,....-‐──  ─‐-.....,
           ,.....´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`....,
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        /:::::::::::::::::: |:: |:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::/::::::/::::|:: |:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
       /:::::::::/::::::/::::/|::::|:::::::::::::::::::/::::|:::::::::::::::::::::::::::::::'
      ,':::::::::/::::::/|::/ |:::|:::::::::::::::::/',::::|:::::::::|:::::::::: |:::::::::|   さすがはミーナさん。
     ,'::::::::::|::::::/ |::! ̄;:: |::::::::::::::/_. |:::|'.,::::: |:::::::::::|:::::::::|
     |:::::::::::|:::/ ´|:|  ',::|:::::::::::/. `|::|_ ',:::::|:::::::::::|:::::::::|   話が早くて助かります。
     |:::::::::::|: |  |   ヽ|::::::::/.   |:| ` ':: |:::::::::::|::: i:::.'
     ',:::::::::::',:|      ',:il::/     v  ',::|:::::::::/ ::::|:/
      ヽ:::::::::i´ x≡ミ   ` リ        |:|:::::::/::::::::|´
       ヽ|゙|::|    l::l_____l::l  彡三=x |/:::::/、:::::::',
         !ニニニ. 」.─.!::l____l::l. ノ イ/^ |:::,::::::',
          |     '  ゙‐.──‐┘ ´ i  ,,' \‐‐`
          ',                //
          ヽ、   `- ´     /~´::|/
         /: | ヽ 、     ,  ;...´:::::::|:::|´
      _ ,/: : ::',  ヽヽ- -‐ ´ / __ '‐-`\
_ _ /´: :', : : : : ヽ  ヽ、   .r‐´ _ __.`ヽ、-- 、
: : : : : : : : : : :',: : : : : :',    ヽ、. `, ̄.l: : `,___ ヽ、: ヽ
: : : : : : : : : : : ', : : : : : ヽ     >├r-y´ ̄   i: : : ',
: : : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ   / |`/ r ´ ̄  ', : : ::',
: : : : : : : : : : : : ::',: : : : : : : ヽ / / || `Y ,r-─  ', :_: ::',
: : : : : : : i: : : : : : ',: : : : : : : : Y i | || ', ヽ| ,-.、  .i: :ヽ,!
: : : : : : : l: : : : : : ::',_: : : : : ::| ! | |ヽ ヽ.`ヽ´     /: : :ヽ、

2618 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 01:36:58 ID:sbkWbOrU0
うーん、ぬえに居てもらわないと出来そうにない質問が一つあるんだが…。どうしたものか

2619 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 01:37:33 ID:dkAdE01c0
やっぱりわからんな。なんでそれが管理者なんだろう?

マナやオドの配分を管理してるとか?それとも何かに対する防衛機構とか?
たしかにウィルスに対する白血球みたなイメージがわいたけど・・・

2620 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 01:38:01 ID:4dLy8QV.0


         /^|    ,.:ヘ,
       /.::::/|  |::;: ヽ
       / :::::| |  |::::::|;::: ヽ
      / ::::::|::::::| |::::::::|:::: ゙i
      | :::!;;:l::::::| |::::::::|;;:::!: |
      | ::゙::;;;:|::::::| |::::::::|;;:!:: |
    ,, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|z,
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;
::::::::::::::::::::::::::/´ \:::::::::::::::::::::::::/´ `,:::::::::    __n_,00 __,n__,    __,n__,    __,n__,    __,n__,
:::::::::::::::::::::::::::`ー ': ::::::::::::::::::::`ー'::::: :::::::,.;   `て 「   ,.コ lニ,    ,.コ lニ,    ,.コ lニ,    ,.コ lニ,
:::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    r'丿   `弋ニク  `弋ニク  `弋ニク  `弋ニク
:::..:::::::::..:::::...::::::::::::::::::: ::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::,ヘノ;;;;:::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::::     ,       ,
:::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::: :::`).::::(:::::::::::::::::::::'::::::::::   / |____ /:|
::::::::::::::::::::::ヽ:':::::::::::::::",ー――;:::::::y'''::::::::::::::  /|ソ.............`\ノ
:::::::::::::::::::::;::::'':(!:::::::::::::(llli;;;;i;;;;iiノ::::::j::::::::::::::::::./......../.../||\...ヽ    まあ、私個人としては、むしろ
::::::::::::::::::::::;::::::\;;;:::::::::`'二二":::::,ノ::::::::::::::::::|...//././  |  ヾ..||
:::::::::::::::':::::::'!;;;;;;;;:`iilllf~i~,,i~,li,~,.イ::l:::::::::::::::::::;|...|/./|/⌒ ノ ⌒V|   監視したいのはぬえじゃなくて、
:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;!llll|,/:::`^::'::ヘ,/:;ル::::::::::::::::: ',..|/         |ノ
::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;|lll|`;::v:v!v、イ:|ll!:::::::::::::::::; Y|ハ ´ ̄`   ⌒リ   やる夫さんの方なのだけれどね?
:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::し::::し:::'ー'ーし:::::::::::::::::::/  V`ト、  、_,  ノ´
::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::し::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::;;  |ハ≧ヽ,ェュ,,´
:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!::::::::::::::::::::::::::::::;;    Yヽ::::+:ゞY!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    /:::_/\Tノ:::)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    \::\/:.:|:::|!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ト、|ソ::|:::ハ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     /|_`|::::_|:ヾ〉
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   / |  ̄|  ̄|
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゙ .',  |  ノ
          ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', |./
              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト_|

2621 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 01:39:22 ID:dkAdE01c0
はっ!新手のスタンド使いか!

2622 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 01:43:39 ID:4dLy8QV.0



                   ,  -───‐-- _
               ,  '´ ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :' ... 、
             / ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::ヽ,
            /::: ::: ::: ::: ::: ::: :::,' ::: ::: :::l::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :ヽ
            / ::: ::: ::: :/ ::: ::: ::: / ::: ::: ::: :| ::: ::: ::: ::: ::: ::l::: ::: ヽ,
          / ::: ::: ::: ::/:::: ::: ::: / ::: ::: ::: ::/', ::: ::: ::: ::: ::: :|::: ::: ::: ヽ、
         ,' ::: ::/ ::: :l ::: ::: ::: ::| ::: ::: ::: :::! | ::: ::: ::: ::: ::: :!::: ::: ::: :::', ` ‐
           '::: :::,' ::: :::i ::: ::: ::: :::| ::: ::: :,i::,'   ' ::: i ::: ::: ::: :i',::: :| ::: ::: :i
         | ::: ::| ::: ::::|::: ::: ::: ::: |::: ::: /.|:|   ' :::!', ::: ::: ::/ |::: l::: ::: ::::|   さて、私にはどういう事か分かりませんね。
         | ::: ::l:::,::: ::| ::: ::: ::: ::: ::: ::/ ||‐- 、_|::' |::: ::::/__,| ::,i ::: ::: ::!
          ,::: ::!/ ::: ::| ::: ::: ::: ::: :::/  !    リ .|::: :/´ .|:/.| ::: ::: :|   では、これから出掛ける用事もあるので、
         !::: /::: ::: :::! :::、 ::: ::: :,'         レ´   リ !::: ::: ::l
         ',/-/::: :/_',::: i、::: :::|  ヽ___,- r, __r,、    |::: ::: /   そろそろ失礼しますね。
          ' :::レ':::/ - ヽ,| ヽ、:|  f:|  ̄   |::|.─.|:|`===´r,::: ::/
          ', ::: :::|  r)   `  ヾ======-´  ヾ ====-'|::/    コーヒー、有難うございました。
           i::: ::ト、      u          '    l '´
           |::: ,' :::\           _       |
           |::/ ::: ::: ::`¨、        ヽ、__ フ      /
           |,' ::: ::: ::: /::: |                 /
           !´|::: ::: ,ィ ::: ::|              /
               / _/ .|::: /,|        ‐-- __./
            '´   |_/  \       |
             _ -‐´:..',   `ヽ、     ,'ト、
          ,  '´ :.. :| :.. :..',     \  / .|:.',、
      , - '´:.. :.. :.. :.. :| :.. :.. :.,       X-、 |:.. ,ヽ、
   , -‐ ´:.. :.. :.. :.. :.. :.. :..|:.. :.. :.. ',     /r, .|ヽ! :.. ',:.. `‐ 、
  i :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :| :.. :.. :.. ',  /i l /|ヽヽ, :.i :.. :.. :.. `ヽ、

2623 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 01:52:20 ID:4dLy8QV.0




                < ̄: :`: : :.ヽ
               /: : : : : : : : : : : : : ヽ、
               /: : : :/: :rー弋、: : : : :'; :.ハ
            /: : : : !: :/   ヽ\: : : :' ; :!     クスッ♪
            ! / : : ! /     l! ヽ '; :.! :l
            V: : /ハl--   T  ̄ヽ! !: :!     まあ、そう警戒しなくても”骨”はそうそう
               l: : i l´.j _     ,== .人 :l
   , ---、_    l: ;イ:l '"⌒`     ::::::: レノl      動かないわよ。
  r'´ノ、  l !     jハl lヘ ::::::::   '     /'´ l
  ('ノ7 _ .r l      `Tヽ、  ー '  / : : !       今、あれは随分ご執心の相手がいるみたいだから。
   Y ̄) 7 /       l : : >-, _ イ/ : : ノ_
   ヽ、   L_        !: : /-,! イ´./ ;イ_ イ ヽ     そこに関係がなければ、まず接触はしないわ。
     ヽ / !     /l: :/に大ニ}/:/  /    !
     / ン    !    ノ7// -' ノl!_V:/ l /    /     ただ・・・。
     !'     l   // j/ / / __!/フ /    /
     ヽ、     ! /  ! | l!   l ! j! !./    /
      ヽ_ /ノ´  ',_リ .l!c  ヽ!__lノ./     /
       V_ノ    |  l!.      /    /
        ヽ     ハ  l!     / /  !
           ヽ    /  l  l!c   //   l
            ヽ ./   ! l!   ノ    ノl

2624 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 01:53:26 ID:sbkWbOrU0
いやぁこれはこれはw見事にど真ん中w

2625 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 01:53:56 ID:4dLy8QV.0





     |  |   |   ./     |.|  \ \     ヾ ヽ.|
    /  |   |  /       |.|   \ \     |\|
    |   .|   ハ  /.        |.!     \ \   |入ヾ、   私達の力を借りたいと思ったら、
    | / |   |::|./ー―-、...........||:::::::´ ̄ ̄ V  ヽ  |  | ヽ
    |/| |  /:::|kr---ト、:::::::::::::::::::::ィ----ハ  |  | ノ     できるだけ早く頼りなさい。
      V  ,':::::!|ハヽ____,,!:::::::::::::::::::::::ゝ____ノ::: V |  |ノ
      |  |ヽ ::::::::::::::: ´    `:::::::::::::::::: |V,'  |::|      手遅れになったら、私達は敵に回るかも
        .|  |.ハ                 /   .|::|
       ',  |: ∧       !       /|   .|::|      しれないわよ?
       Vヾ  |丶、     .      /:::::|   .|::|
          |   |:::::::> 、      , イ:::::::::::|   .|::|
          |  |::::::::::::::| ` - ´   :lー= |   .|::|






                     ,_ -───--  _
                  ,  '´::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::` .. 、
                / ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::, ::: ::: ::: ::: :\
               / ::: ::: ::: ::: :/ ::: ::: ::: ::: /| ::: ::: ::: ::: ::: :::ヽ
                / ::: :::/ ::: ::: / ::: ::: ::: ::: / | ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::ヽ
             / ::: :::/ ::: ::: /::: ::: ::: :|::: /  .|::: ::: ::: ::: ::: :i::: ::: :ヽ
            , ::: ::: :l::: ::: ::,' ::: ::: ::: :l ::/_ -‐|::: :i ::: ::: ::: ::| ::: ::: ::ヽ    っ・・・・・
            |::: ::: ::l ::: ::: l ::: ::: :l ::,i::/´   ' :::|| ::: ::: ::::,'i::: ::: ::: :::'
             |::: ::: ::|,' ::: ::| ::: ::: :|::i リ     l:::|.' ::: ::: :/ |:::| ::: ::: :::|
             |::: ::: /::,' ::: ,|::: ::: ::|,'  ,x==、  ヽ| | ::: ::/ヽ;::::| ::: :::|:::|   ・・・はい・・・。
            ', :::/, '|: :::/ | i::: ::::| { .ん:::リ   ' : :/  .!::,' ::: ::,':::l
             ',::'´ ::レ'´-ヽ'ヽ::: :|  弋_ノ     レ'ィチテ、レ! ::: :,'|::/
             !:::l:::i  η  ヽ,:|  fl_    f|==rl!:::リ }/::,':::/ レ'
             |::,':::ヽ,      '  `‐====' '  .|.|`´ ./レ|/
             |::: ::: :::ヽ_            'ヾ=='/
             / ::: :/::: / :::|    u     __     |
           ∠ -‐/::,イ::: :::|         ´ `   /
             /'´ .|:::r-'、    -,       /
           , -─- -'/ヽ, \     '/- _, '´
          / :.. :.. :.. :.. :.ヽ, '、  `' 、  ,'ヽ'
         / :.. :.. :.. :.. :.. :.. :', :..ヽ   ヽ_/ |- _
        / :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.', :.. ' ,  //`t,! ヽ :.. ̄ - 、
        / :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.l :.. :.ヽ// l iヽヽ ヽ :.. :.. :.. ヽ
        | :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.| :..| :.. :. ヽl | || ', .l :.:', :.. :.. :.. |
        | :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.| :..ヽ__ :.. .| | ||  ', :..|:.. :.. :.. :|

2626 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 01:54:18 ID:dkAdE01c0
すでにロックオン済みですわw

2627 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 01:54:30 ID:4dLy8QV.0
                             ┌───┐
                             │      │
                             │      │
                             │      │
                             │      │
                             │      │
                             │      │
                        ┌───┐   │
                        │      │   │
                        │      │   │
                        │      │ ─┘
                        │      │
                   ┌───┐   │
                   │      │   │
                   │      │ ─┘
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   └───┘

2628 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 01:58:24 ID:sbkWbOrU0
何でも内緒にすりゃいいってもんでもないんだよな。その辺の見極めをきちんとしないと

2629 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:02:22 ID:dkAdE01c0
そうなんだよねぇ・・・安価だからしょうがないとはいえ
依頼も受けないしコミュも取ってないからある意味、孤立無援なわけで・・・・
これでストーリーを進めるとなると、ちょっと難易度が高くなる気がするぜ

2630 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:02:33 ID:ikpVKaN.0
早く帰りたいけど、道筋が欠片も見えないな

2631 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:04:53 ID:sbkWbOrU0
そう?個人的にはここ最近の動きでぐっと帰還に近付いてきたと思うよ。その分リスクも増したけど

2632 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 02:07:02 ID:4dLy8QV.0




   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/    まあ、それはそうだろうね。
          ヾヽ  ~             /
          /iヽ             .i-'     残念ながら、まさにそのド真ん中の
         / ヾヽ             .i
         `ー-、               /     人物がやる夫くんだと僕は思っているけどね。
            !  ,.-一         /
            ``!           /
              `.i         /
               i       /_
                `丶-ー' ` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \






               . -─‐- 、
            , ´   /   \
          / ヽ   (●)    \     ”骨”は、本当にやる夫を欲しがってるんでしょうかお?
           , (●) ;__)   u  . ヽ
           /   、_ノ  |       |.
            |      \_ノ      /
           \             <
             ` ー r  -‐'     '、.
                ,'      /⌒ぅ ヽ
                /  ァ'´ ̄`⌒´  /ヽ
            / _人__       /  丶
            |/´   / ̄ ̄ ̄    丶
             {   /            丶
            `T ´                 丶

2633 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:08:00 ID:dkAdE01c0
明確な脱出方法はまだ見えてないけどね
ただ、どこかに必ずあるはずなんだよ
マナとオドの通り道が・・・・

2634 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:13:38 ID:dkAdE01c0
ん?あれ?こっちの世界で異次元呼気をした場合、現実世界のマナを吸うことになるのか?
そうすると、どこでやっても現実世界との窓が開けることになる?

2635 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 02:16:40 ID:4dLy8QV.0




  /\       ヾ、-=====─-丶\`'‐ .,_ ___ _、ニミ 三.、/
 、.ヾ 丶丶----;‐ゝ、 -:==;─- .,∠i.丶 /_.、 -‐''` `'‐.,
 } |  ⌒l l‐┬‐'-r.| .,(_Y_) __`' ``{ .二}ゝb'ソ_ ̄ ̄ | ̄    彼がまだ目的を達していないとすれば、そうだ。
  丶 ⌒! !ニ!    l|   ̄ ̄  '''' 、d/ ̄リ`‐゙--    |
  丶.ノ(ゞ     \,_     _.、/  ..:;;ソ        |      君は、自力でこの世界に辿り着いた最初の人間。
   \'‐\i       ̄ ̄ ̄ 、..   .,__)`'‐--==ー
    |::\_、l            `  ̄ 、ト:::.       i     現実への架け橋には最も可能性のある人物だからね。
    |    :|                           !
    、ト  ::!          ⊂ニニニ:==‐ー     /      それもマナリス。聞くに、君以上に適した人物が今後

                                   現れるとは考えにくい程の逸材だ。

                                   もっとも、彼がどうやってそれを実現しようとしているのかは、

                                  さっぱり分からなかったが。





        .... - ―― - .....
  、__/....................................\
  \.......................................................\    いや、それはあいつも分かってないんじゃね?
    了.......................}\...........................:.
     {........................厂 }...../}.................}   だから、実験なんてしてたんだろ。
     {....................../ 二}≠..、}.................}
     {.................../ Π_ノノ 〉.................}   毎回実験の内容も違ったしなぁ。
....   \...../}/   ≧=彡' .................}
       Y、           }.................\
       }\   っ _..ィ.....}......./.....}.......\
      /.......... ┐    l┐}..../........}..r―┘
     /...__√∟ ┌┘./../ー -、...\
     ̄/   l\厂〕_/..../     \...}
       {    l  Lノ /:..イ      }「
       {    l  ハ '"´ノ   l   }
       {  l   \{ } /     !

2639 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 02:30:10 ID:4dLy8QV.0




              ,r―-、
         _,r=ニY¨ヽ: : ヘ
        ,ィ彡ニ=‐‐=、´¨ヽ:',
       rムイ: : : : : : : : :.゙ヾ、Y)    でも、もしやるさんにそれが可能だったとしたら、
      〃: : ; ,ィ : : i :_」 : : i ヘ}:',
      { l : /,'十寸=ァレ、| :Y´}   むしろやるさんとその”骨”って協力関係になれるよね?
      レⅣ  丁「::riリ  ヾ! :Y:.!
        | :.:   ` ー ’   .レ!:|ノ   やるさんはマナリスとしての能力を。
       !l八   r‐ァ   イⅣ
         _,,,≧‐ - <L,ィz、    ”骨”は、この世界での権限と、多分持ってる現実に戻る為の
         ,.ィ’:::辷/ -‐= |こ):ヾj
    ,.r<:::::::::::{ニ/_○_」ソ:::::::    ヒントを。
   (::::::::::::>''´.7       `7''‐
   ヽ::::´:::ヽ . {   ...:...   ,'      もし、そうなれたら良いよね。最強コンビ!
     ` 、/ヽ!        {





           ト          ___  __
           |:::ヽ    , <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
              ':::::::`, <::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::ヽ::::::::::::ヽ:::\
           ヽ:::/::::::::::::::::::: :::::::::::: :::/|:::::::::::|:::::::::::::::∧::∧
.              /:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::/:::|::::::: ::|::::::::::::::::::∧:∧
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::∧:∧
          /:::::::::::::::::::::::::::::::: :::/::::::/ヽ:::::::::|::::::::::::::::::::::∧:::|    あいつが対等に扱うとは思えねーけど。
         //::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/  ∨::: :|::::::::::::::::::::::::::|:::|
       /:::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/    ∨:/:::::::i::::::::::::::: ::|:::|    使い捨てられるのがオチだろ。
      /::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ー =、 ∨|::: :/:::::::::::::::::::|:::|
    />´/::::::::::::::::::::::::/_/:::/  _  ヽ  |:::/:::::::::::: ::::::::|:::|
 ー ´   ./::::::::::: ::::: ::/゚ツ//   ´ ̄≧=、  |/::::::::::::::::::::::::|:::|
      /:::::::::::::::::::/´ ¨/ゝ     弋辷ツ≧:::::::::::::::::::/:::::::|:::|
.     /::::::::::::::::/::i ""        """" /:::::::::::::::::::/:::::::::|:::|
     /:::::::::::: /:::::::ヽ               /::::::::::::::::::::/:::::::::::|レ'
.    /:::::::::::/:::::::::::::::::\  `こヽ     u. /:::::::::: :::::::::/:::::::::::::|
   /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\      </:::::::::::::::::::::/:::::::i::::::::|
.  /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー  < /:::::::::::::::::::::/::::: :::|:::: ::|
 ノ::://:::::::::::::::/ ̄`〃^ノー-|    /:::::::::: :::::::::://:::::::::|ヽ: :|
´  ̄ /:::::::r≦二ヽ//./ ヽ/| ̄/:::::::::::::::::::::/:::/::::::::::::| ヾ|
    /::::/ __ー、 〉´ ./ |////|/:::::::::::::::::::::/ヽ::/::::::::::::::|
  /::/  / 〉ソ´  /  >///::::::::::::::::::::::/    \::::::::: ::|
/¨〈   //¨´|   / .////:::::::::::::::::::/      ∧:::::::::|
:   `ーイ  __|   //////::::::::::::::::/ /       〉:::::::|

2640 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 02:32:40 ID:4dLy8QV.0





                  キ7ァ、
               _ キ','./ヲ、
             ,.< : : : : : `ヘ/,'./ゥ.、 x‐-、
         /: : : : : : : : : : : : ヘ/`7: :ミi : : :ヘ
        /,イ :,,:_i_: : : : : : : :ヽ、:',}ノ : ニ‐、: : :
          l,' レ!:ミx、`ト: 、: : : : : :ミゝ!: : : : 彡} :
           レ ┃ヾ ヽjヽ、_y-、ゝ'¨゙i : : :.リ、:    ・・・・・そうなのかな?
.            ┃     | : : : : : | / : : /
             r≠´// | : : : : : |´: : :ノ      私は、その人の事良く知らないから、
            !、    .リl : :..:i从爻"
          {¨ヽ     | : :./リメ         決め付けられないな。
           ) .}`ー‐ '¨|/ /''¨ヽ.
           / ´ミフ    }´>''ニ¨ヽ
            {  ソ   /¨ i'"




      ト、  . ._
      ゝ ¨. .. .. .. .ヽ
     /. . . . . 、. . . ヽ     いや、一度あいつに酷い目に合わされれば嫌でも分かるってーの。
    i. . . . /i: :バハ. .. .\_,
    |. . :{◎/, {◎}. . . .<  やめといた方が良いって。
    | 爪  rュ uノ. .. .「 ̄
     从≧ュ 匕. . . . .\_,
     イ./ /〈::〉/{ { ̄ヽヘ「
     /i 〈 i::i ! { { / ├┐
   ∠イ|ヽi::i/ { {   i..┤
     i ! o}i::il { {   i::::!
     / i oY  { {   !:::!

2641 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:34:01 ID:sbkWbOrU0
皆自分の主観で話すから実際会ってみないと分からん。メタ的にも確実に接触することになるだろう

2642 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 02:35:00 ID:4dLy8QV.0



                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !    それはそうと、今日は昨日聞けなかった事を
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!    聞きに来たんだろう?
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}     物に寄ってはマナを貰うけど、今後は助け合う仲だ。
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./     安くしておくよ。
            \!     ヾ_,.      /‐'
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉


★突発安価
質問タイム。

1レスにつき1つにして頂けるとありがたいです。

一区切りつくまで募集。

2643 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:37:25 ID:sbkWbOrU0
まずこれは純粋な質問ではないけど必要な事と思う。携帯電話を持っているならお互いの携帯を登録したい
そして対価について。これからする幾つかの質問は貴方達の生存や利益にも直結するものだ
その質問次第で対価をある程度勉強して貰えないだろうか?


前回までの話を聞いてズバリ問う。あなた達は現実帰還への手段や方法の直接の情報は結局持っていないのか
或いはやる夫という鍵を得た今なら何らかの心当たりがある?
骨が現実と繋がる意図を持って行っている実験の詳細についても併せて。現実帰還の何らかのヒントに?

2644 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:37:46 ID:sbkWbOrU0
都市伝説に食われるとは具体的にどういう状況なのか。自分には現実に仲間が居るので巻き込まれる危険性が
対処方法含め詳細をできるだけ知りたい

2645 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:38:24 ID:sbkWbOrU0
鳥はどうやら味方のようだけど熊の方はどうなんだろう。熊の立ち位置が知りたい
また味方とはいえ鳥は骨の身内でもあるようだ。何処まで信用できそうか?

2646 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:38:46 ID:sbkWbOrU0
管理者についての情報を。少し話に出た「緑」とは何者なのか。管理者は鳥、熊、骨三体以外にも存在する?
鳥と確実に接触する手段は。骨に捕まっている現実の人間はまだ居るのか
というよりそもそも「管理者」とは一体何を管理している?そこからして謎が多い

2647 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:39:12 ID:sbkWbOrU0
骨は相当危険な相手である事が窺える。どうにかして対抗する手段に心当たりは?
逢うだけで危険で絶対に接触は止めた方がいいのか、または危険を承知で接触することで何か得られる
(現実帰還の手段)ということはありそうか
現実側に協力者を確保できそうなあてがある。そうした存在を加味した上でなら骨に対し
何らかの対抗が可能だろうか。またはそれを餌に(本心は別として表向き)交渉は可能か?
ただどうやったって敵対しそうな相手ではある。交渉といってもお仲間になろうとかそんな甘い事は全く
考えていない点をキバヤシにきちんと伝える事を忘れずに

2648 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:39:35 ID:sbkWbOrU0
ぬえの素性、能力の特徴をぬえに話していいかと断って了解を得てからキバヤシに話す
(状況がそれを許さないなら…仕方ない。事後承諾になってしまうが後で必ず了解は取るように)
→骨ことケイオスとぬえには色々類似性が見られる。彼女とケイオスには何か関係は在りそうか
きちんとした情報でなくてもいい。実際のケイオスをある程度知るあなた達なら何か気付くことはないだろうか

2649 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:39:53 ID:sbkWbOrU0
この世界の住人は現実から忘れ去られたコンテンツでない限り(外部からの信仰マナオドを受け取っている限り)
真の意味での死はないはずだが、骨に食われた場合はその限りではないのか?

2650 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:40:25 ID:sbkWbOrU0
この世界は結局の所どういうモノなのか。そうした世界の真相、深層に関する情報は何かないか
どうにも自然発生的に生まれた物だとは思えないのだが…

2651 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:40:45 ID:sbkWbOrU0
この世界の住人に現実から来た人間である事がバレるのはそんなに危険な事なのか
或いはストライクウィッチーズエリアが特殊?
ミーナや他のウィッチーズにやる夫の素性がバレるのは避けるべき?もしそうであれば何故なんだろう
またやる夫とは別に漂着民の扱いとはそれほど良くないものなのか

上記補足。ミーナから場合によっては敵に回る可能性を示唆された。それでもこちらの事情を話すべきではない
そう思うか?

2652 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:41:05 ID:sbkWbOrU0
これは信義の問題も絡んでくるので無理に答えなくてもいい。あなた達以外の「現実の人間」に心当たりは?
または仲間は?もしくは現実の人間でなくてもあなた達の事情を承知している存在が管理者以外にいるのか
恐らく今は答えては貰えないと思うが、こちらを本当の意味で信用できるようになったら是非教えて欲しい

2653 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:41:21 ID:sbkWbOrU0
他エリアについて何か情報があれば。それでは余りに漠然とし過ぎているので
マナオドに満ちた巨大広大膨大なエリア、危険性があるエリア、或いは管理者と繋がりの深い等
特徴的なエリア限定で

2654 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:41:35 ID:sbkWbOrU0
レムリアを紹介→彼女の身内を捜しているのだが何か知らないだろうか。レムリアの口から或いは和から
捜している相手の特徴を話す→尋ねる

2655 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:41:53 ID:sbkWbOrU0
今までにしてきた質問ですが、その中にあなたが扱っていない分野の情報があるならそれを扱う情報屋を
知らないだろうか。そうした存在は商売敵かもしれないけど、同時に情報を扱う者達にはある程度の横の
繋がりがきっとあるはず。また情報屋に限らず情報を持っていそうな存在についても何かあれば教えて欲しい
(これらは相手が気分を害しそうなら聞かない方向で)

2656 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:42:26 ID:sbkWbOrU0
※やる夫には出来そうにない高度な質問なので基本和に任せる

2657 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 02:42:41 ID:4dLy8QV.0




             l|                 /
               . -─‐- 、        /
            , ´   /   \    /
          / ヽ   (●)    \   /    キバヤシさん、携帯電話はお持ちですかお?
           , (●) ;__)       ヽ
\         /   、_ノ  |       |
  \        |      \_ノ      /
    \     \             <              /
      \     ` ー r  -‐'     '、            /
        \      ,'      /⌒ぅ ヽ           /
          \    /  ァ'´ ̄`⌒´  /ヽ        /
            / _人__       /  丶    /
            |/´   / ̄ ̄ ̄    丶
             {   /            丶      /
            `T ´                 丶   /
             |                丶 /
  ̄  ―  _.     |                丶





   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~       ああ、持っている。
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/      ということは、君も持ってるんだね?
          ヾヽ  ~             /
          /iヽ             .i-'       早速連絡先を交換しよう。
         / ヾヽ             .i
         `ー-、               /
            !  ,.-一         /
            ``!           /
              `.i         /
               i       /_
                `丶-ー' ` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \

2658 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:43:56 ID:sbkWbOrU0
MP以外に対価として示せそうな物を予め幾つか挙げておきます

カメラが一つ余っている。携帯電話も一つ。どちらも行商人の販売価格は5000MPだったのでそれなりの対価に
なりそう

現実に帰還した後の黒木智子の現実帰還に尽力。本人が余計なお世話だと言うのなら少なくとも残された家族の
様子を見に行くと。キバヤシに対しても同様に家族の様子を。また現実に残してきた人に何か伝えたい事が
あれば必ず伝える等も併せて対価として示せれば(正直対価でなくても帰還したらやるつもりだが)

こちら側では手に入らない現実側の情報。やる夫はぶっちゃけそうした物に疎いが、それでも何かしらはあるはず
または現実帰還後に欲しい情報を現実で探して渡す約束でも構わない

2659 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:49:07 ID:2ehCSfLA0
現実世界に、親しい友達や家族がいますか?
マナツリーで追跡をできるか試してみてもいいですか

2660 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 02:49:59 ID:4dLy8QV.0

<アドレス交換するし!

<交換しよ~~

<<ぐだぽよ~~~


     ____
   /      \
  /  ─   ─\    情報料って、どんな感じなんですかお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |     曖昧で難しい質問だね。
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |     10~10万まで幅広いよ。
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ    ただし、君とは現実に戻る道を見つける、
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r' ゝ}二. {`´ '´__ (__),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }   この世界の脅威から身を守るという共通の
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'      ゞ)ノ./    利益があるから、その類に関しては料金を
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´        ∪  l、_/::|     取るつもりは一切無い。その分、僕が必要な
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐=======‐-        .!::   ト、    時に力を貸してくれればいい。
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l

2661 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 02:51:23 ID:sbkWbOrU0
最大10万の情報って何だ!?とてつもない情報と思えるが

2662 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 02:55:47 ID:4dLy8QV.0




                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、      現実に戻る為の方法については
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_     何か心当たりはありませんかお?
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨




  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ    あるといえばあるし、無いと言えば無い。
        ,.‐'       ヽ:::::::/             ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二           |.r-'‐┬‐l l⌒ | }   例えば、僕たちをこの世界に連れ込んだ
        ゙l         リ ̄ヽ          |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i         ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'::::::::::::::::::ゞ)ノ./    都市伝説存在であれば、また戻す事も可能
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄   :::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::    .:::ト、  ̄ ´       ::::::∪:::::l、_/::|     なんじゃないかと思う。が、その程度の事は
          !::::::::::::               ::::::::::::::::::| ::::::::::|
             ヽ::::::::::: --───--       ::::::::::::::::::!:::::::::::::ト、    ”骨”も知っているはずなのに、その実験はしなかった。

                                         という事は、僕が思いつく心あたりは既に試された後ではないかと思う。

2663 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 03:03:43 ID:4dLy8QV.0



              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ それでもいいので、思いつく限りのものを教えていただけませんかお?
           |¨´     ,.--、    ',
   r 、      .|,.‐‐、            i
   | |     |  (__,、_) u    ,'
   | |     ',   ヽ__|    ./
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|





       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \      そうだね・・・僕がありえると思うのは、さっき言ってた
.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉     ①都市伝説逆利用
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく      と、
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ       ②エリア特性を調査し、その活用を狙う。
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\      かな。
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

2664 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 03:05:38 ID:sbkWbOrU0
丁度いいからこれも聞いてしまおうか

共通認識世界の住人が「自身が設定されたキャラクターである自覚」を得るとはそもそもどういう事なのか
ひょっとしてまだ自覚のない者にそうした自覚を持たせるノウハウのようなものがあったりしますか?

2665 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 03:28:33 ID:4dLy8QV.0





       、 l
.     `     ,..-'" ̄ ̄
        /           エリア特性を?
       /      u
.      l \   __
.       | ‐-   _
     /ヽ_・_   、 。 ̄
.     {  /    ヽ`¨
     \ ゝ‐'ヽ-イ
    _/7´\`¨¨´    <
   〈  |  /≧  ≦/
   ∧   ∧::|   /
   /. \  ∧:|  /





     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、      この世界の中には様々なエリアがある。
   N {                \
  ト.l ヽ               l     その中には、もしかすれば元々が
 、ゝ丶         ,..ィ从    |
  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     「現実と仮想世界を行き来する」能力を持った
   `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ
.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ     人間がいる。という世界観があってもいおかしくないだろう?
    ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン
      l     r─‐-、   /:|      彼らは、自分の世界観の中でそれをやっていることになるが、
       ト、  `二¨´  ,.イ |
     _亅::ヽ、    ./ i :ト、     その応用はきかないだろうか?
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l    そういう仮説だ。まあ、僕がありえると思ってるだけだけどね。
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /

2666 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 03:30:46 ID:4dLy8QV.0




     _
.     r「|.|
.    {l.l.l.|´!
   | i´ ,゙         _,,,_,.. 、
    ヘ_,,,rl、           /: : : : :_:ヽ
  y‐’.-〈     _,,, _-┴_.、 :i´: : :.`> 、
  `v'///∧  ,イ'" _ ..... _ `''‐xヽ:⌒: : : i     はいはーい。
   ∨///∧〃,ィ_´= = ..,,_`'' 、ヾ.、 : :..リ
.    ∨///バ : : : : : : : : : :`ヽ、ヽ 'ミ, 从     都市伝説っていうのにやられた時って、
   ー-=ニ,´: : /: :..:ハ :'; : : : : : :ヽ.ヘ ゙} : :ヘ.
.     ∨:..: :;' :_;,斗-天 :.ヘ: :、: :ヘj.リj : :ハ    どういう状況だったの?
        lハ : ハ/,r''ヲ¨“''‐x、\'、: :.Y¨ヽ: :.ハ
       ',ハ. '゙ i::i爪心::゙i`ーl¨: :.|´ リ: : : : :.
        ,':   乂゙'ー''゙:乂. |: : r": : :'; : ';.',
         ,':'  `¨、¨¨¨¨´  | i 从 : : : l : :l :!
.         〃.ゝ 、 ‘ー、‐=j ノ|/'/: :ヽ: :.,゙ :.,゙!.!
       ' l/!/> .`-‐ ´ |イ¨‐''.x :./:../ .リ
          マ/} /7=''¨/{メ/////ム./
          `{ / `‐'' ´ l}//////
            i  ○     l}//////
.             ! :::::::....  l!ハ///ハ
             l        |/ハ///,ハ
           l         |/ノ.'///,ハ
.           l        .v゙  v///ハ
.            {        ヘ-‐y'///,ハ





                    _
.                > ´     ` 、
               /          ヽ
.              / .____    ----   ∨    あ、それやる夫も興味ありますお。
.                l   _      ___   ',
               i  fi:::::}`   '、l::::リ,`   .!
.             ;   `ー/   ヾ ̄    リ
.              l     ゝ__ノ、__ノ    /
               ゝ    └─‐┘   ィヘー‐ヘ
             ノi7>...、 ____, --≦彡::y:::::`ー
           r´::::ヘ::::i::::f_      _ノ/::::::::::::::::::
     _>-ヘつ j‐‐、:::::\:::{  ̄ ̄ ̄//:::::::::::::>´:::
      i   ̄ __}/:::::::::ー-、::ヽ! ̄  ./::::::>:≦:::::::/::
     l  ´ .ク、::::/:::::::::::: ̄l`!  f´≦´:::::::::::::::::::/:::::
.      _l   ´ ノ:::i:::::::::::::::::::ハ !  /:::::::::::::::::::::::::::/::::::::
     i::f     ト、::::!:::::::::::::::::::::i l ,':::::::::::::::::::::::::::/::::::::::
    r´i:::ゝ   f):j:::i::::::::::::::::::::::ヘ∨::::::::::::::::::::::::、:i:::ヾ、:::
    i::::ヽ:::`ー ´::i:::i::::::::::::::::::::::::::} !{::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::

2667 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 03:31:32 ID:sbkWbOrU0
ありそうというより実際ある気がする。アニメ、漫画、ラノベ含む小説、映画、ゲーム
…ふむ

2668 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 03:38:28 ID:ikpVKaN.0
キバヤシたちが思ったほど情報持ってない
これは現実世界と情報交換したほうがいいかもなー

2669 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 03:40:43 ID:4dLy8QV.0






  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i    ・・・ふむ。
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_    僕は当時、オカルト雑誌の編集長だった。
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/    何週間も都市伝説を追い続けていた。
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'
       i.u  ___     ,' |     答えを先にいうと、ある日パソコンで調べ物をしていたら、
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_   急に心というか、何か自覚のない体の一部を持っていかれる感覚があって、
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、
                         気付いたらこの世界に立っていた。

                         要約するとそんな感じかな。

                         それが、都市伝説という存在の仕業だという事は、こっちで生きていく

                         間に知った事だ。ちなみに、僕たち以外にも恐らくは20人程度

                         ”漂流者”は確認されている。

2670 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 03:44:43 ID:4dLy8QV.0


と、問答の途中ですみません。

    , -―=   ̄  ==- 、
 /       _         \_,. -‐ _二二二.._‐- 、
/         `  、         \,ィ斧==--------=≧x\
              \       r-、\,.ィォ=ニニニニニニ=zz、ヾ}      ちょっと昨日寝てなかったせいか、
    _         \     { f \トく´,.---------、゙ヾヘヘ
           ̄ ̄ >-‐ミ\:.Nヘ:: 、ヽ`Y.ヘ'´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ、ヾ、i!     眠気的限界が訪れています;
        、_f/   } : :`:  `ヾ、j {、'∧        | マ、マ!
         ∠:ヘ._/: :        }:iヾ:ヘ      |   VV!      今さっき完全に寝落ちしかけていたので、
        < : : : : : :  : :      V! マム       ′  利
       _ .> : : : : :            ヾ、. マム     ,′  ||i!      意識があるうちに、ちょっと限界をお知らせしておきたく・・・;
      /- 、\ : :     、       iム マム       ||lL_
.      /   } ; :.\ : _  . '> 、    :|マヘ マム\ !     ヾi }}
   <ト、_//: : .  ー //:::/ `ヽ、 |マヘ}'/  ,′     ||||
 、    ≧._: : : : :   / /:::/   ./ /   ! マ./   {      ||||
  ¨T=<         \!:::{   //   iム//   | /    ||||
   {    `> 、      ヾヽ///   ,:゙.//     :|,/      {{{、
    、       >。._/ / ̄  .'  ̄¨ ‐-= _/      |:!||
    ヽ         ≧=--‐、´           \----- 、j:|.||
      \       { `ヽ--’   _,.___,,..・   ヽ    \!

2671 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 03:45:36 ID:sbkWbOrU0
寝ましょう!リアル大事です!w

2672 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 03:47:17 ID:ikpVKaN.0
反応遅いからそんなとこだと思いましたw
寝ようぜ!1無理して投下しても1時間3レスとか投下のうちにはいらんしw

2673 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 03:47:22 ID:4dLy8QV.0





                         _,, -―f―iっ-―‐,, ,、-iっ
                         _,, <;; ;; ;; ;; ;;i_j_ξ;; ;; ;; ;; ;ヽξ    区切りの良い所まで・・・と思ったのですが、
                    ,, ,,<;; ;; ;; ;; ;; ;;>,, 1;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;.i
               ,, <;; ;; ;; ;; ;; ;; ;>´;; ;; ;;/;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;|      それも難しそうなので、一度切らせて頂きたいと思います。
          __   ,.ィ´;; ;;; ;; ;; ;; ;;>,く;; ;; ;; ;; ;;イ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;.|
        / tゃ、ーf;; {;; ;; ;; ;;> ´;; ;; ;;ヘ;; ;; ;; ;;{/;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; /;; ;;i       明日起きたら、この問いに関してはできる限り応えた後、
       /  イ、   、;;ヽ> ´;; ;; ;; ;; ;; ;;_」;; ;; ;; j!;; ;; ;; ;; ;; ;; イ;; ;; ;; {
       !   }! j  n Y´ ヽ;; ;; ;; ;; ;; ̄;; ;; ;; ;; ;};; ;; ;; ;; ;; ;/ |;; ;; ;; ;;`;,、       判定や進行については、また夜にやりたいと考えます。
      、  7、ヽ   '/   ` ー――z;; ;; ;;/;; ;; ;; ;; ;;./  、;; ;; ;; ;; ;; ;>-r― 、
        ー.'―"  ̄                 `У;; ;; ;; ;; ;;/    ヽ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;.、  \  すみませんが、よろしくお願いします。
                            i;; ;; ;; ;; ;;.ム-――――f  ̄ ヽ ̄.\  ヽ
                          、;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;\   \  ` ー '
                              ー ――――――――\   ヘ
                                              ` ー '

2674 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 03:48:52 ID:4dLy8QV.0
             / .:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
              /:::::::::::::::::::::::/:::::丶 :::::::::::: \:::::::::::::::::::::::::::ヽ
.            , '::::::::::::::::::::: /::ハ:::::::::::\::::::::::::::ヽ::::::::::: ヽ ::::::::l
          /::::::::::::::::::::::::,':::l:  l::':,:::::::__\_::::::l::::::|:::::::::':, :::::l     ごめんね・・・今日はもう寝るね・・・
            /::::::::::::::::/:::::: |::::l   l:::l`く:::::::::::\ ::::|:::: j :::::::::l \}
        /:::::::::::::::::,'::::::::::|::::!   l:::|  \ ::::| \|:: /::::::::::::l:::::::\
          /:::/ ::::::::::::l::::::: /レ::|  l:::|   \|_ |:/:::::::::::::::|\:::::::ヽ
       /イ:::::::/ ::::::|:::::::l/| ::l  j:/     ィ彡≠弍:::::::::::::::::|ヽ:ヽ, -く
.    / ´ |:::::: | :::::: |::::: |:∧ {       ´  ,, / :::::::::::::::: |:/:::::}  {
         |:::::: | :::: 小::: |:l ヾ ,x彡      / ::,.  -─┴‐<   \
         |:::::: | :::::{:::∧:::ヘ 彳'´   '    /::::/      : : : `丶、ノ
        l:::: 小::::: /::::\:::ヽ "    vっ {/  ノ       : : : : \
        ∨ |:ハ::/::/::::::: `八 ___/  ̄ ̄ ̄: : : : : .      : : : : :\
           l ∧!:,'{ :::::: ヽ/   __/                  : : : : : :ヽ
           |'  |:ト、Y⌒ン  /´           . : : : : : : : : : : : : : : : : :\

2675 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 03:49:13 ID:sbkWbOrU0
シャベルさんゆっくりお休みください
お休みなさいませ

2676 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 03:49:56 ID:4dLy8QV.0
  ┌┐         / //
 [二  ] __     〔/ /           , ' /    , -‐ ': : : : : : : : : : : : `丶、 __ `゛ 丶 、
   | |/,ー-、ヽ      /         、   ノ /_,, '"/-ァ :/:/: ,イ: /イi: : : : : :\-―- 、   ` 丶、
  / /  _,,| |     ./.          `ヽ   .ノ    _/:///: :/7//./l: : : :i: :|/: :ヽ     `丶
 レ1 |  / o └、  ∠/   ,,ィ 、_ ノ ,/-‐ ' "^/: : /// /  / .|ハ',、: :|: /: : : :|-‐ ' "  ̄ ̄` ヽ、
   .|__|  ヽ_/^     ,/.          /   _ //: :/ /、} z=、   | l| Vヽ /: : : : l    _ ,,..、、./
      __       /   ‐- 、  /-‐ '"   ///|: : {/` ̄`    ,_、 V`/ /: : : }-z=ニ′__ /
   [二二_  ]    /.         `丶、 _,, -‐_',、,、l-i ヽ   、   ´` ミ、〉/ //l j f  >'     `丶
       //    {      \    ` ‐―(_/ //./っl>、 (_ )   "ノ:/ イ//:ノ_ヽy    ・ __ ゚
     / ∠__    ̄フ    ` ―    -―`^"^    `゛`ヽ、 -∠_: :ノ-'l/' "  f
    ∠___  /  /..                        `ソ,- ヽlV     {
     _   / /  \         /                '-,と >,, -‐'"/⌒丶
    / o ヽ/  /   /        /                    `"ヽ、  {    \
    ヽ__ /    \

2677 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 07:09:26 ID:dkAdE01c0
寝落ちしてしまった・・・

今更ですが質問です。けいおんエリアでやったのって呼気なんですか?それとも異次元呼気?
ステの表記上一緒にされてましたけど、こっちにいる以上次元を超える必要はないので通常の呼気だと思ってました。

というわけでおやすみなさい

2678 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 07:19:33 ID:dkAdE01c0
ちい、神隠しか・・・なるほど、だから東方プロジェクトを現実世界側にしたわけか
まあ、八雲紫がただの人間って決まったわけではないのですが
あと異世界と行き来できる可能性としては、デジモンシリーズぐらいしかパッと思いつかないなぁ

2679 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 07:39:40 ID:wHhZItU20
お疲れ様でした。さあ盛り上がって参りました。

ゼロ魔みたいな異世界転移系のエリアを探すのも一つの手って事ね。

蒼星石のほうは、怖いな。
調べ者をしてたら、突然画面の向こう側へ飛ばされる可能性があるって事か…

2680 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 08:25:23 ID:9wnGHrts0
おつ
ペルソナ4とかもある意味ありか

2681 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 09:24:46 ID:gEFoQHzI0

異世界転移系か
後は、
リリカルなのは
BALDR SKY
(現実とネット世界を移動するのでそのものズバリ、AAはノイくらいしかないっぽいが、エロに奔放で喰われる可能性高いかもだが)

2682 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 09:51:08 ID:dkAdE01c0
>>2681
あ、リリカルなのはがあった・・・やっぱ依頼受けてみるべきかな?
ただ、今エリア移動してまかり間違ってJokerとかファンブル引くとたぶん・・・アレと遭遇するなぁ
もしエリア移動することになったらBeeかトトロに頑張ってもらおうw

2683 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 10:04:29 ID:wHhZItU20
リリカルなのはってやる夫スレでしか知らないからWikiでざっと見たけど…

時空管理局とか、画面の向こう側ではどんな扱いになってるのかね。
ミーナの言葉通りなら、なのは世界は自分のエリアから出られないらしいが

2696 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 19:01:02 ID:4dLy8QV.0


                ,,r-='""`ー 、
              ノヾ、. ヽ、     ゝ、
            ,r'"i !、ヽ  ヽ  ヘ    ,ゝ、
            i .i   ヽ ヽ .ヽ ヘ  ゝ、i         ちょっとこんな時間からですが、可能な限り、
           ノソ i   `ヽ `ー- ヘ ヾ ヾ-'
         ―'´l l l ゝ  ヾヽゝ,ゝヘヘヾヾ l         昨日の質問については応えていきたいと思います。
           lヾ,!ヽヽヽゝーヾヾ,rr、ァヽ/ヽゝ
         __r'ヾ'´r`ヽ它ァ i '_, 二'_,r彳i彳;         色々言われてますが、
         ノ r`、ヽソ.`i'´"""ii=´i ̄ ̄ソ´ /ソ,
        .i !、 `.l  .,ゝ==彳ヽ.`==彳 .ノ.l           別にご都合主義にしようと思えばいつでもできますし、
          l  l i .ゝ' ノ´ヽ、 ー一 ./ lー- 、
        ノ  ly    /_,r-==lヽ`  ノ l  ,!ソ ノl       合流だって都合の良い解釈にすればすぐできます。
      r 、l __  ,r'i´i´r'"´  l `´  l i'"i'"´ l
      ゞl `ー--´i l .lヽ   .l    ./ l.l/ Ⅱソヽ_      また、行動安価によっては展開もまるで違います。
     l.:.:ヽ、   /ー'ヾl l ヽ  ,rソl    l l ll ,イ'.:l.:.:.:`ー 、
    ノ.:.:.:.:.`""´/.:.:.:.:ゝl .ゝ´/ l   l,r'ノ.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー 、  この世界観に流れる原理や原則があって、それに則らなければ
  ,r.:.:.:.:.::;:;:;:;:;:;/.:.:.:.:.r'.:.:´K l`ー 、,rl  l.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
. ノ.:.:.:.:.::;:;:;:;:;:;./.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:l .i l   .ノ ,!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  なりません。それを適当に崩していいようなら、そもそもこういうストーリーは
´.:.:.:.:.::;:;:;:;:;:;:;/.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.l `i l   l / l.:.:.:.:.:r、-、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l
                                      書きません。それを崩しても、読み手に読み易い展開にするべきかは悩みどころです。

                                      私は申し訳ありませんが、そこを崩したらこのお話で書きたい事は書けなくなりますので、

                                       崩しません。誰かが異世界に行ってしまった時、そんな簡単に戻れるのっておかしいですよね?

                                       戻れるなら、ちゃんと理屈が通っていなければならないと思います。

                                       当然、やる夫が来れた事にも理屈があります。その逆を無視するわけにはいかないんです。

2697 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 19:08:21 ID:4dLy8QV.0


              z  ̄` 、
           _ <       >、
          , ´           ヽ      また、行動については、2章に関しては殆ど皆様に託しています。
         ,::             '、
         ,:::   乂       ヽ  ;      これも話が進みづらい原因のひとつですね。
         ,::::. |   \ 、 、 ヽヽ i
         ,:l:::ム   \弌 、 \__弌イ       そもそも作者の意図としては、この2章においてのやる夫サイドは
          ,V::::_ゝ_\ ヽr-r辷リ´フfリ_
             〉ヽ_ 辷リ /--ヽ__-' ヒく l      べつに「はぐれ道」ではないのです。
         ,' ヾ`ー一  l     ,'/ 〉ハ
         i  ,l ヽ     〈    , / .///\     1章とは別物。でも、現実側の動き次第では取り戻す事もできる。
       _<|   ',`ヽ ` ̄ ̄´, ./ィ//∧∨>x_
     <////\`ヽl  l> ―― ――,'//////////ヽ、 また、やる夫側を薦めても帰還もできる。
  γ´/”,//////|| ソ ´     `⊇〈/////////////ヽ
   l////”,//////|      ー一「////////∨//////l 「も」できるだけで、2章の最後が、合流とは別に決まっていません。
   '/////”//////{        ク{///////∨///////!
   }/////”/////〈     _ ーl/ !//////∨////////|  やる夫は世界に奇跡を満たしたいですが、周囲がそうとは限りませんし。
   {///////〉///j \ γ´ /   l/.!///☆∨/////////}
   V/////”///〈   \| /  { !/|////イ∧////////   やる夫が現実に戻るかどうかは、結局の所行動次第です。
    V/////”//V\    \\ { !/|<>イ//l!/////∨
    V/////|/V\/\    /  Y{////f// |//////    やる夫が、そもそも画面の向こう側に行ったのは、そこを深く知るためです。
     V/////V\ Y//三/    |/|/// |///!/////
     V////f///〉´//// |    |/|///イ///|////ヽ     だから、基本的に共通認識世界を深く知る事は、この世界の深遠を覗く事と同じです。
      V///V///”//// 中   !/|////////////\
                                      そういう方向性の筋と思って頂いてもいいです。

                                       やる夫の性格だからこそ、皆さんが指摘する「現実との剥離」が起こりうるのです。

                                        そして、それは作者的に過ちではない。「それもアリ」なんです。

2698 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 19:09:13 ID:dkAdE01c0
何かあるんだよなまだやってない選択肢の中に簡単に帰る方法が・・・
異次元呼気がカギなのかなぁ?

2699 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 19:14:46 ID:4dLy8QV.0
             -――‐-
          , ´         ` 、
         /    、         \
        /        丶      、   ヽ      面白くしようと思うなら、多分この方法はあまり良くないと思います。
        ,′        \   :..   ヽ:..  :.
        .//ハ:. 、   、:.:.::`ー=、:..、:.:. \:ハ      皆さんの愛着や希望をある程度分かっていながら、それより
        |:.|:|从、:.:.:\:.:、:\:.丶:.\:.\:.:、:.:}、:}
        |:.|:|{:从\、:.丶:\:.:、:.:\:.\:.ト:.:ヽ从      この世界観内のキャラクターの感情や背景を優先させていますから。
       V/,__:.:.ト、、ミ、ュ、__\ト--ィ守リ7从仆
          ∨{ヽ}:.:トヽ守リ`    {    ´ .'7
        ヾ、 (ミ   `            ハト、_       この方法である以上、最もやってはいけないのは「矛盾」です。
            \_,        ト,    从ノ}X、
      . '二二/八∧      ` " _  .イ/ jxX}      あの時こうだったのに、これだと理屈が通らない。それは防ぎたいと思っています。
    /,'   _/  八:.ト .   -‐ __  ,"´ ,イXX}、
   /| ;   《ハ   ヽ `      __/  .ィXXXX}\    だからこそ、理屈が通らなければ、どんなに今進みたいと思っても進めないのです。
    | | ;   Vハ     、    ー「{  ,z´XXXXX八 \
    | | ;    Vハ    }     ハlX┌‐┐Xx//   丶   ストレスの溜まる進行で申し訳ありません。ちなみに、ストレス溜まるのは読者だけでなく作者も一緒です。
    l人、    ∨ハ  ,′   ハⅨx〕|〔Xx'"/⌒ヽ    \
  /j,'∧\    / /   ト、  _ノ {X└‐┘        \    \  ですが、通させて下さい。ここまでその方法でやった以上は、やり切りたいので!!
.  { {;|| ; |\  \}\ 、  l | {X イ´           \_ _ _ _ 、

2700 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 19:17:38 ID:4dLy8QV.0
                ──一ー 、
            , ''´         丶
          /             ヽ
         j                ヽ
         i  丶              ヽ、     あと・・・実は前々から気になってたんですけど・・・・。
         l   ヽ、              i ヽ
         l i    ` ー──一      }      あの、「呼気」じゃなくて、「吸気」なんです・・・。
         { ヽヽ  、 ヽ、   ヾ、ヽ、ヘ ,,,j
         トルヘミ、ミヽ从、ミヾヾヤヘヾ iソj j        結構間違えて言ってる方が多いんですけども、「吸気」なのでございます・・・。
          ヾ ヽでン i    でン   レ ノ
           ヾ            ノjji          いえ、重要ではないので問題なく見てますけどもねw
                X   j       /l::ヽ
           ,,,ト、.ヽ.       /  l,,;:|
           i{´ .| ヽ ヽ ̄ ̄ .,イ  ,,;;:;:;:;ト、         さて、では空き時間を使って少しずつキバヤシに応答させますね。
          i{  | λ i `ー‐''´/.| ,;:;:;:;:;:;:;:::::::ヽ、
        ,ィi{  レ' ヽ l    / ji~:;:;:;:;::::::::::::::::::::ヽ
       {;:;::ゝ;:;:;:;   ノl   .ノ ji ||;:;:::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
       i;:;:i;:;:;:;:;:  ヽ l ./ニ  ji;'''':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       {;:;:i;:;:;:;:;.    | /  .〆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
       ヽ;:i;:;:;:;     y'  ii::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        f;:;:i;:;:;    jQ  ii:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |:;:i;:;   |   ii::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |;:;:i:;:   j   ii::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃
        |;:;:i:   |     ii:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::)
        |:;:;:i   |     ii:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::イ
        i:;:d   |Q  ii:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::|
        }ソ   ノ     ii::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::|
        /|    }    ii:::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::|
         /:;|   /    ii:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::|
        /:;:;:|    jQ   ii::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::|
      /:;:;:;:j   ソ     ii::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト;::::::::::::::::::::::::|
    /;:;:;:;:ト   {      ii::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| }:::::::::::::::::::::::|
   ./;:;:;:;:;:|   i      ii:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ|::::::::::::::::::::::::|
   /:;:;:;:;:;:;:|   {      ii::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|

2701 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 19:20:12 ID:sbkWbOrU0
間に合ったぜ…w
ひょっとして対価の要求とかあるんでしょうかね?それにもきちんと対応しないと
そう思いまして

2702 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 19:24:44 ID:4dLy8QV.0
〔ここから再開〕



  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |  僕も含めた、都市伝説によってこの世界に
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |  連れ込まれた人間の共通点は、全員が
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ  同じようにその都市伝説を追っていたことだ。
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | } おそらくは、その行動が都市伝説に宿る
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./  「何か」に目をつけられる理由になったのだと思う。
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l

2703 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 19:25:32 ID:4dLy8QV.0

>>2701
すぐにはありませんので、大丈夫です。

あとすみません、投下したばかりですが夕飯です;

戻ってきたらまたすぐ投下します。

2704 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 19:26:33 ID:sbkWbOrU0
一旦乙ですw

2705 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 19:28:47 ID:dkAdE01c0
ああ、吸気なのか

2706 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 19:42:47 ID:ikpVKaN.0
いや、作者のやりたいことはわかるし、目的もわかるし、非常に遠い目でみれば
別々の話ではなく一本道の話なんだろうなってのは分かるよー
分かった上で言った。だって読者は作者と違って奥行きを知ってるわけじゃないから

2707 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 19:42:54 ID:wHhZItU20
おやこんな時間に珍しいですな。

ではストレス解消に合成した和み系AAを
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1310293876/934-935

934 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 19:39:36 ID:wHhZItU20

     i 、   __      /ヽ
     l ヽ/ '"`',⌒`// | ヽ
      ,!,.'   / /'| l、 ヽ! ヽ 、
.     / / T¨/l l l Vヽi!´"  ',
    //.l  イ/ l   ! |_ V:i  :,!: :j
    /.i :j ./,ィミ   ゙{Tミ{  : /: : !
.  //!: :l.ハ{ ト'|    トハ. :./: :./
  {' !: ;イ:.}└''     し' ゛:/): /.           /¨ゝ、
    |/ |:/ ト. ,,_ . _/ :./:/V            / =- `ヽ ===ッ
     {'  lハ:;r厂j7 /l/'′        r‐、_,/      ヽ_  /
        /,.‐'ッ'゙ シ'>、      ,, <^i | j      , ‐´二ニミ、、
      ィi l / ///,,. ィ   , <.    | { ヽ      ̄ ̄_,.イノ
.     ハ !゙i //,,-''"   |  /      } ゝ ヽ         , ‐ ´
.    /   N//,.     |, '         |  ゝ > 、_ r '
   〈    Y´У       l            {   \,r‐V /       , . ‐ ¬ ‐ 、
    Υ二ミl!Vニ二ヽ、 丿           l      ヽ     . , <         `ヽ
    /_二_`!〈,二`ヽ`У!              l    ー'― ¨ ´              ヽ
   ヾ|   |>'/  厶y'  |             ヽ }ヘ、                 , . - 、}
    |   ト/  /-┬¬「__    _ > ´   ∨ ヾ、                 > ´
                  ̄ ̄               ゝ、        , > ´
                                `ー‐----‐ ´


            ,r.、    ,r‐、
              /∧ハ   .//´ヽヽ
.            //  l l   //   .ヽヽ        「 ̄_>ニ´ ̄` ヽ、--==ッ
          //  丿'ー ' '、    ヽヽ ___,-┴ '": : : : :\  /\   /
           // ./      `ヽ、 }} \: : : : : : : : ∧: : : : `¨´: : : : \/
.          l レ'          \| |  ケ: : : : : : / |: :|: _: ::|: : : : : ::',
        |             u   レ /: : : :.:l: _」  ヽ::|\ `::|: : : : : : |
        l                  |   : : : : :|「 |   \ ≧、_|: :: :.|: : :|
         /   .n     n      > : : /: : |ヽ|z    !二コ.: :: :|: : :|
         \  U     U    ,.イ  イレ'ヘ_|彳,┘    xx|  レ) ハ
         \        , イ ノ   |! : : : }`xx  < ヽ  イ /ト、乂-ミ
           人ヽ、o_ , イ  / |.    |/\ゝ、__ 二 イ\ _」\ノ
              ヽ、    , イ   .j`ー--―''' \!y///   \彡-‐'弋
             }`.i‐u‐.r' ./ ´ヽJ         ヽ|」」   /   _,,≠'" ̄77
             し'   .し'                `' ―ヒ_ィ'"    // \
                                      |   //入 /ゝ、
                                       |-‐'彡へ/ `"┴┘
                                     ヽ- へ/\
                                           \_/^}

935 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 19:40:11 ID:wHhZItU20

                    _
                  V  \ /´ ̄}
        │       V   ∨   ノ     /::>
.        ,人       , . .-≧ ハ <    +<.:/ へ  十
       ̄`Y´ ̄  / : :/ ⌒爪ハ  >.、     <::/ /::>
         |   /: : : : : ::ハ / | :VV : : : :\      <::/
.           ヘ: : : :l ,:-ハ: / | :l :}_V: V: ∧
         ハ:l: : : :|::/Ⅳ   }∧N.: :ヘ: :トヘ
.    +     │:{: : : :|  ___      V: : : } }ヾ
          |: :V : :.イ≠气 /// ,ィ气V: ハ: :|
.           V トV : i   r ー,   Ⅵヘ: }} :|
           Ⅵ、V :V   {__V   .:.八: ::/Ⅳ
            ⅥV:>ーt- , -≦}^V∨.     ,,,
.            _人_VοV!-} \/',,     ,rj'' レr,,
               `Y´∧/ V|: /ヽヽ   ,ィ''    ム
                ハ{VV<ニl}}}⌒ヘ..l  .,,j'     彡
            / }: ゝこ≦IIV   :> . f       リ
             | \ /   ` ̄ ヽ.レ       /
           ッ| '     u u    ゝ,,,,     イ
           ト゛ r. ⌒ ヽ  r. ⌒ ヽ  /     .ノ
.             ヽ {  。 } {  。  } イ    /
.              ヽ ゝ ___.ノ .ゝ ___.ノ 彡  /
             ミヽ     , ' ´ ミ 〃
             ミ  ` -●-   ノ }/
.                ゝ、      ./ /
.                ⊂≧i- = -t≦_⊃
                   ∪  ∪


                              ∨     !   / ,. /
                __,,...--‐‐ -  、    V   ム-‐'‐.' /
              , -'"               ``丶、..V  /      , '
            ,                     >、     _/
              /                  K /天 ̄
         /                   !レ   、 ` 、
        ,-'"                /      !   /.i  丶
    , -'" ,/  /         /   /      !.  /i .i   丶       r. 、  ,r.、
_,,..-‐''_,,..-‐''/ /          /   /  .   /  / ! i     ヽ.     ||ヽ.∨/}ヽ
'''""~.    .//           / /      /  , ',_  ! !    ト、ヽ    >‐ ヘ ! ヽ
   _,..、-''"     !   .     //        / , ' /-", ソ 仆、  !     /    ヽ| ハ
  /         !        /       i / ./ ;;レi /   !   !    /、        |
. /  _,,..-,'   ,イ   i     / /       i !,'  i ;;;i !  /       。.ノ .ij          {
/, -'". / //    !    //./      /! .i   、_ノ ヽ /         ゝ、        フ
"   // /   ノ!. カ     " /   /! . / .! !        ,ゝ         __ > ----‐¨j ´
   〃  ./. .//../ i     /  / / ./  ! !    、_ /!         ゝ {   , ィ⌒{
      // / /  !    ! /  _//   i ./     / i       , ― ‐-‐´  レ'~__ ̄)
         /ノ   !   ル.'   /i''!   _''    /`、!     /               `ヽ
            !  /! / i / !!   i    ̄        /             ヽ }
            ノ/  レ  !/ノ ''  ,'゙⌒`´ヾ       /       __ _     \ }
                       /           }     /       /     `ー--、 ,}


拙い出来ですが、お納め下さい。

(ナギ様の普通顔が難しすぎて追加断念)

2708 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 19:58:29 ID:dkAdE01c0
4枚目はアレですね・・・子供のころキツネをパクッとする直前の絵ですね?w

2709 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 20:03:56 ID:4dLy8QV.0



               . -─‐- 、
            , ´   /   \
          / ヽ   (●)    \    という事は、えーと・・・・
           , (●) ;__)   u  . ヽ
           /   、_ノ  |       |.   「パソコンを使っていて気を失う都市伝説」
            |      \_ノ      /
           \             <    とか、
             ` ー r  -‐'     '、.
                ,'      /⌒ぅ ヽ  「パソコンに魂を奪われる都市伝説」とかを
                /  ァ'´ ̄`⌒´  /ヽ
            / _人__       /  丶  あまり調べると危険って事ですかお?
            |/´   / ̄ ̄ ̄    丶
             {   /            丶
            `T ´                 丶




       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ     恐らくはね・・・。
.  N.ヽ`               〉
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /     僕が現実で最後に見たのは、都市伝説についての
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !     テキストの文字が歪んで、それが手になって僕に伸びてくる。
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´      そんな光景だった。
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-   ・・・今考えても、それまで予兆も無かった。
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |     君には、現実に仲間もいるんだろう?
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |    もし連絡が取れるなら、注意した方がいいかもしれないね。

2714 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 20:16:30 ID:4dLy8QV.0
>>2706
デスヨネー。まあ、それもそれで良い思い出になってくれるといいなあとは思っています。

既に群像劇になってきてますねー・・・。



>>2707
ぶるぁぁぁぁぁぁ!!!可愛いぃぃぃ!!!ヽ(´∀`*)ノ ありがとうございます!和みましたw

ナギ様は、普通顔難しいのと、やはりキャラ的に普通顔しなさそうなので、むしろ・・・。

刹那さんの戦闘AAと、キバヤシの表情バリエーションが・・・今とっても欲しいです;

特にキバヤシ。一枚も笑ってないし・・・;お前は驚きしかできないのかっていう感じなので;







            _,,..-―――‐-..,,_
       ,,-''´              `ヽ
.    /     u          u ヽ、
.   /| | | | | -..,,_       u   __  '.,
   /| | | | | |     `゙''‐' ′ ヽ-'"      ',    ・・・・・・ハッ!!
  ,'| | | | |.|≡=-.,,_  .三三三 _,,..-=≡  ',
  l.| | | | | |   . `゙ .三三 "´  .     l   連絡手段・・・すっかり忘れてましたお!!
  |.| | | | | |====≡ 三三 ≡====  |
.   ',  u | |     /       ヽ      .l   ああああ、しまったぁ・・・アマ公なら現実と簡単に
.  ヽ         {     ,.、   }     ,'
    \      ゝ-ィ´ `"j-.'′ u   ,.'    連絡取れそうなのを、すっかり忘れてましたお!!
      `'',-..,,       |.r-‐''"     ,,..-''
      /  `゙"''―‐.U――― ''"´ヽ     そうだったお。
     ./                 ヽ
    /                  ヽ





      N./"ィ,           `ヽ.、 __
     N、( (             '"´、´
    N、ヽ、ヽ          ,.    ヽ
   ヾミ、ヾヽ         ,.ノハ.     ゙i
    ゞミ、`        .::ノノj' ヾ、   .i    えっ?・・・現実と”簡単に”連絡!?えっ!?
    `ミ:.、._ ___、. __.::,:彡ノノ_,.. _ゞ:、  !
      r゙t=' <(;`)ヽ}={'"(´;)>`==tr '、   ちょ、ちょっと待ってくれ!!それは本当かい!?
      }'^ ヽ  .:: ソ; ゝ'、  丿 ' ^゛}
        ! (、 ` ̄´ 〈r;、   ̄´ u  ) .!    やる夫君、そんな方法があるなら教えてくれ!!
        ゝ┤ u   __ __      '_ノ
        ト    ´ー一'`     |      対価なら情報で払う!!
        | \   ..::~"     .イ .|
      _,....j  : \      / .:! .|      正直、今のは「まあできるわけが無いだろうが」程度に
     _/ {:.:.:.\:.. \.___./  ;i ト、
  ,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.\  .:::.      ノi ヽ    しか思っていなかったんだ。まさか本当にできるのか!?
/ / i'    ヽ:.:.:.:.:.:.:.\     / .:.|  ヽ、
.  /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>-< .:.:.:.:|    、\ 現実との確実な交信かい?それとも、何かのタイミングで
_../          ヾ:.:.:.:.:.:.:.:./   \:.:.:.|
./            ヾ:.:.:.:/ヽ     /:\|      だけかい!?
,'         /.ヾ、':.:.:.:.:.ヽィ^i゙!Y:.:.:.:.:.|ヽ、

2715 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:20:06 ID:wHhZItU20
あー、そりゃ漂流者にとっては喉から手が出るほど欲しい情報だもんね

2716 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 20:24:15 ID:4dLy8QV.0




              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ     ええと・・・まだ実際にできるかは分かりませんお?
.           / ,   ー‐    ヽ
           |¨´     ,.--、    ',   強いて言うなら、現実側にはこちら側を認識できる能力者、
   r 、      .|,.‐‐、            i
   | |     |  (__,、_) u    ,'   あるいは神様が受け手として必要ですお。
   | |     ',   ヽ__|    ./
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、  やる夫の仲間には、それが出来る人が結構いるんですお。
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ それがまず前提条件ですので、一般的に使える方法じゃないと思いますお。
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|





   ト 、
  .ト\           ∧              アマ公・・・確かY-方面にある、ゲームのエリアだね?
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~      確かに、あそこの管理者が現実の誰かと交信しているという
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/    噂はあった。それも割と最近の話だったから、疑っていたんだが、
          ヾヽ  ~     U      /
          /iヽ             .i-'     そうか・・・。
         / ヾヽ   U        .i
         `ー-、          U   /     ゲームは、リアクションするインターフェース。だからこそ、そうやって
            !  , ' `ヽ        /
            ``!ヽ   !      /       受け手は限られてくるけど、リアクションする能力があってもおかしくない
              `.i`-- '    /
               i  ̄    /_        のか。
               ヽ、____/` ヽ、  /
                       /      まて、それなら、何故こうまでそういった現実との交信の噂が少ない?もっと
                      /\
                      /  \    多くてもいいはずだ。

2717 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:29:20 ID:dkAdE01c0
単純な話、見える人がいないからだろうな

2718 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 20:29:26 ID:4dLy8QV.0



         ,ィ       _............._
.        /,ゝ _,. </////////> 、
       {/////////////////////,>、
        `ゝ/////////////////////,ヽ
         //////////////l∨////////,ハ    いや、それ受け手の問題じゃねえの?
.        '//////////////トl,V////////,i
       l'/////////////リ !'ハ///////,ハ    今、そいつが言ったけど、要するにそれって
        l//!'////////;///ニリ__V////j//ハ
.         ノ//!////////j//´了::::刀'////,\/\  霊能力者か神様の類じゃないと見られないって
     / イ/V/////.//  `ー一///////,∧ ̄`
        j//ゝ// /'      /イ///////ヘ    言ってるんだぜ?
        //////ゝ.  ´ `  u //////////,ヘ
       /////////> . _ イ.////////////,ヽ   そんなの、私はあっちにいる事一度だって聞いた
.      ////////// //{ ;  .//////.\/////\\
     ///!///// ./ ! ', /!////,!   丶////ハ   事ない。ああ、小学生の頃とかならいたけど。嘘っぱちのな。
    ー '"   .{//// ,' /l./;;;;;;;',!///V{      ヽ'///ヽ
           V//. ;〈  ! j;;;;;;/ V/,{. ヾ、 ,. '" .i‐- ._ゝ、 あんだけ科学科学言ってるのに、そんな連中がそうそう居るわけ
         {ヽ{ ' /.l ,';;;;;;! ,∨{  /    j
            l `.! ', l/;;;;;;;;;!/ ,ゝ、. '   / ;      ないじゃん。
            l  ,  ヽ.ヽ;;;;;;/ /  ;     /
            l   、  ` \'/    l     ,
            j.   ヽ    ヽ   l.      /
.         〈:    ゝ- _  '   .l     ' ヽ
           j     .' !     ',  ;    .//ヽ
        ,     .! 、     }   !     .〉  : ヽ
          l      l  > _/_ j -‐ l    !   '
.         l      l   ノ .i   ;ヽ   ;   ,     ',





     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::|    ・・・そうか。そう言えばそうだ。
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧     長年オカルトに携わってきた僕だって、
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\   もしかしたら本物はいたかもしれないけど、
           `イ!. ゝ.}_リ' u     l     } :| \
            ゝx- 、_     J ,イ    / |  >ー---x、 そんな話は聞いた事がなかった。
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \ 現実では、それほどこの世界を感知できる
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\ 人間が希少だという事か。
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  |  大体、どうして君らはそれに気付けたんだい?
       }  |  |  | レイ)  __>x | ./  |  |  |  |  |, イ |   |
       j  }  |  | リ  | ̄|  |  `゙ドイ  |  |  |  |  | | |  |
       /  .|   |  | /  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
        ヾ Vl   .|  Y 0  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
       }  |  |  |l    |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |

2719 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:31:07 ID:dkAdE01c0
気づいたのはナギだったな

2720 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:31:22 ID:sbkWbOrU0
>小学生の頃とかならいたけど。嘘っぱちのな。

これひょっとして…かがみの事なんだろうか。智子の正確な年齢が知りたくあるな

2721 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:32:26 ID:ikpVKaN.0
やる夫がマナリスに目覚めて神を見れるようになったからだな

2722 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 20:34:11 ID:4dLy8QV.0



     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\     えーと・・・動画を見てたら、
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   アマ公がこっち向かって尻尾振ってて・・・・・。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.      そ れ だ ! !
    N│ ヽ. `                 ヽ
   N.ヽ.ヽ、            ,        }     アマ公というのは、えーと狼。しかし人間に近しい狼だね?
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |           , -―- 、
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ _\ヽ、   |          /       \ つまりは犬!!犬の習性!!
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ           /          /
.       l    リーh     l‐''´冫)'./       /        /|  ああいったコンテンツは一部コンテンツを
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'       /         /
       l   `___,.、      ./│          |i        /   通じて現実を垣間見る事は可能だ。
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        /|l:、       /
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     |        /    ちなみに、僕もそこに行って現実との交信を
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、   |       //
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐j       /  ̄ ̄`ヽ 試した事はある。誰も反応してくれなかったけどね。
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │  广}     , //      |
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|.      / \_  l/′     \ アマ公というのは、きっと君が反応しようがしまいが、
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.|     /_   _ /     //   ヽ
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.|  ___/   l\.   /      /´    | 画面の前でしっぽを振っていたんじゃないか!?
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|/   \ l  _ /       /      / l
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| /    ー―く |      /      /  〉 人懐っこい、犬の習性があってこその奇跡か!!
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.! \  /      l、\、  /     /  |
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:|  入l   ―-  \__/      ./  /  そうとも、そうでなくてはそもそもエリア住人だって
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.   ヽ 〈    `! 卜、\   /  /
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!       ̄\__ 丿/  `匸¨´ 、 /    わざわざ現実と交信なんて取ろうとはしないからだ!

2723 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:34:30 ID:dkAdE01c0
そういえばこっちの世界に来た場合外見って変わるのかな?

2724 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:35:28 ID:sbkWbOrU0
これもまた、キバヤシの言っていた「エリアの特性」って奴だな

2725 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 20:36:13 ID:4dLy8QV.0


         N /i/´ ゙ ̄ ̄``ヾ)_      ∧  /
        Nヾ ゙        ゙ヽ   |\/ ∨l/
       N゙、            ゙i _|`
       N゙ゞ            .! ヽ   つまり今まで、この世界の住人は、
       ゞミミ、  ノ,彡イハヾ、  i Z
       ー-r-==、'リノ_ノ_,.ヾミ,.ィ,ニi ヽ   現実とのコンタクトを逸し続けていたんだよ!!
.        {i `゙';l={゙´石ゞ}='´゙'r_/ 〈
.        ` iー'/ ヾ、__,.ノ  /i´  /
          !  ゙ニ-=、  u / ,ト, ∠_
           ヽ、i'、_丿 /// ヽ /_
        _,.ィヘヽ二 ィ'_/ /  ゙i\|/Wlヘ
  -‐ '''" ' ̄/ i ヽ_./´   ./    .| `\   ∨\
      /  /ィ´ ゙̄i   /   ir=、  l'i"ヽ、
     ∠__,,..-イ i   /\_,イ,=-、 i 、,.ゞ、 | ゙'"ヽ \
!     .i-'´  ,i | ./`゙'i'   /i_.!._,..ヽ<!  ゙i、゙i.  =゙!  \
!    |   .,i゙::|/  .|  ,/::/-i   ゙i ゙i 三゙i ゙i   | /⌒
i/   .|   ,i゙:::i'    | ,/ ::/= .|三. ゙i/.|   .| .|  .ij:.
.l〉   |   ,i゙ :::|   .!' ::::i゙'i  ト.  ゙i | _,.. V =,!
 !   |  ,i゙ ::::|   / ::::::| l= ヾ!.._ ヽ」 "´;i  :.:i ./
. |   .|  .,i ::::::|  ,/::::::::::|  ヾ:.:. ヾ::" ゙     //
│   |  ,i::::::::| ,/ .::::::::: |   ゙i.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,ィ'"´
.|     |  i::::::::,イ::::::::::::::::|   /ト、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::,ノi|Y





                       _
                     ,.イ´: : .ヽ,.ィ ¨ .、
                      /:_; ': :_:.'": : : : : :i      /|_
              /}   ,.r'´¨´ Y´ .`^''ーx : : :.   く  ∠__
             i: :、,.r^" ,.ィ: ´:  ̄ :¨:'':-.、 `ヽ`ヽ   ヽ  /
             、: : `¨¨´: : : : : : : : : : : : : :ヽ ゙''.、ヘ   }  >
            _,,!マ: : : :/: : ; : !: : : : l : : : : :ヘ .ゝ: }   ̄`
            >,.ィ:/ : /: : : ;イ斗!‐十:大: : :.'; : :',.リ: |
           ´ /: :/ : ;': : /.,゙/_」,,,,,∠,ハト、: ヘ、:ソ: :|    な、なんだってー!?
             i イ: : i / , イ´ _,,,,,_ ヽ `x`ヽミ-、: :!
             レ. | : ル'  《   イ;;;;;o;;`,  》   .:',y } :',
              レ,ハ      ゝ::::::ソ       !:ヘ.ノ: :ヘ
              乂,'::      _   _      ; : ヽ、_: ヽ、
                  /: ハ   /´   `´   `ヽ   ィ 、: :.t‐、´、xミニ=―'
.       n     , イ/: ;ぇ .{        }イミx :ト、: ヽ:} '; :',
     Y.、 ||  _  ̄  ///7 `ー  - -  ‐ ' .!' y’//>、/.  ';.」   ,┐
    rヾ.、゙v .}. /./.   {"///〈_ ,' ,ハ _ ハ   }l ', .y’////}   | ゙i / //ノ
    _ヽ.ヾ /´ ,゙    ∨///X;  {///,○7ヮ7,! .',y’'////     ! 'y ´∠-ゥ
   ゝ、`     j ヽ    v///};  `''‐==‐'' ´  y’///,{   ,.ィ!  ;   <、
     ヽ、__/ /\  ./////!          |'////,ヘ. /ヘ.ヘ.   ,イ¨'' ’
.         ヽ_/////,ヽ'/////|          lヘ//////////ヽ.ヽ¨
         \///////// .|          ! ヽ///////,/´
.             \////マ゙. { ,..  ,,..  ...   {-┐.\'///
.              `''マ r≠,'   ,. :'´ ´    ヤ_」  `¨
               ,.≧/            ` ミ=、____
                辷,イ               `ヾ辷ュ、__  ̄ ̄:}

2726 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:37:38 ID:ikpVKaN.0
つまり、人間だと「コンタクトが取れそうな時しかアクションを取らない」から現実側からも感知できない
けど「動物は関係なくメッセージを送り続ける」から感知できるということか

2727 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:39:10 ID:dkAdE01c0
どっちかと言うと住人特性ではないかな?
例えば排他的なエリアでも住人がそうだとは限らないし・・・
もしそうならエリアと住人、両方の特性を考える必要があるかな?

2728 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 20:39:11 ID:4dLy8QV.0





           ヘ、    ..__ -=彡'.:::::::ノ从::::::::::::::
           Vヘヽミ::::..`ミ=-‐ニ _,,..=彡'/八:::::::::::    ・・・・・・
            ヽミiトミ辷二三ニニ-‐/厶r=ミトミ
             i^Y√孑fぅドミY二Y≠ィtぅド^Y_
             ヽ小 ` ゙=′/i⌒iト、  ゙=' ´ 广
               ゙乂_   _,У  :'く     /:::;
               ヽ}  ̄   .、  ,::;  ̄ ̄ :::::::゙
                 ',       _ ニ .._    :::::::/:|′
                 、    `. ̄ ゛   .:::::::::::::|
                    ト、    `"   .:::::/:::::::ト、
                  /j  丶、   _;;::::´::::::::::::ノ::::ト、
             _,,..-‐イj {     `マ´/,:::::::::::::/.:::::::}:::`:ー-
            ´  ´    `      ' '   "    ″





 _
/ : : : ̄: :¨‘,
: : : : : : : : : :.ヽ
,ハ,r公公公公公ハx
,公メ _ .-──- .' 公x
, イ ´: : : : : : : : : : : :`ヽノ
: : : : : : : : : : : : : :, : : : : ヽ、_,   あ、ごめんなさい。
: : : : : :-ト、_:/_:/」才 : : : :、¨´
: : : : : :/: /レ  V丶: : : :.',    なんか昨日楽しそうだったから、
: :ムイムイ____ lハ:l : : l
| : : :| _〃T笑策笂_} ヾlル'レ′   ちょっと真似したくなっちゃって・・・。
.!:..:从 ,、_マ/¨´:.:.リ. :
从: :l .u    ̄ ̄ ̄  人
ミマ: ト .  r ‐ 、 .イ ト'
/ミマl. _  > ̄、∧ヽV 〉
//ミy. ! !'//○//」. ‘,〉',
/ハ,',ミy| |  ̄ ̄   ソ/∧
//ハ/y| |         .W//〉
///j/!.! !       |,'/マ
///ノ .! !       |/ノ
//}  | |         .|/!
//}  | |         .|/!
77¨Y  ̄ ヽ    ._ノ/l
/{  !   lコ   ̄-‐〉,'|
/ハ ヘ__ノフ     ハヘ!
---ー | |      ハl. ヘ

2729 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:40:05 ID:sbkWbOrU0
いや、寧ろ嬉しいんじゃないか。キバヤシにとっては反応してくれてさw

2730 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 20:42:43 ID:4dLy8QV.0



       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉   いや・・・ありがとう。
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく    ちょっと涙腺に来たよ。
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ     昔、僕がつるんでた仲間達は、
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
       ,ゝ、        , ' |\    僕が何か言い出す度に、そうやって
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|   驚いてくれててね。
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|   今はどうしてるか分からないけど、
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |
                       あの頃の楽しかった時間を、本当に久しぶりに思い出せた。





          _
.         ,.イ: : : :ヽ.   _r―-v-ヘ
.        / : : : : : :ミx"⌒´   __,,,.... _`^ヽ
      ,゙ : : : :ニ/ :」.  ,.ィ '' ´ _,,,..二ミx ゙}
.       , : : : : :./ _j .,イ ,.r=''´ : : : : : : : :ヽ!    そう?
      { : : : : ,' : 〉./,イ : : : : / : : : : 、: :ヽヾ`
       | : : : :.{ミ :{ {/ :///: ,' :,' ,' _」」_', }、', }    なら良かった♪
      | : : : :.!ミィxl/´イ.Ⅳ大フ,r==-、リ }ノ.l
.       | : : : :( (`.| : : : |   ,r'7:.{::::!:| ’イ,ノ
        | : : : : ヽ`.| : : :.!    乂゙¨ノ  !:|
      | : : : : : :`ヘ ', :.!   ^゙¨¨,¨´ ,: !
      | : : : : : : : :.ヽ:.l    r‐.  . イ从
.      从 : : : {¨ヽ: :l`x>- . イヽ¨ヘ
     /'.| : : :/¨ヘヽ}、 _ ̄二´」、 ソ:::::::.
.      Ⅳ.イ:::::::::::ゝ,ヘ::::::::::::::○:::ヽノ:::::::::.
        〈::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::}:::::::::::ノ
        ヽ::::::::::::::::::::::ヘ――… l:::::::;:':!
         `''- ;;::::::::::::ヘ     l::::;:'::::l
           `、';:::::::::::ヘ   l:::::::::::l

2731 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 20:45:22 ID:4dLy8QV.0



  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i  いつぶりだろう、こんな気持ちは。
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_   自分にオドの供給が無くなって、腐っていたのか僕は。
     {F|! '、辷゙iニ{´'_辷,゙ ゙!r'-r,^、i
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/  現実にいた頃は、自分がどうなろうが世界の真実を知りたかった
      `!  ̄ヽ '   ̄~´  ,'.,ィ'
       i.           ,' |    はずじゃないか。
        ヽ、 `二ニ´  ./  ト、
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_  そうだ、そして今、僕には君達と言う手段がある。
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、




                  ,  -‐── ‐-... . ,
              , ..' ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::`... .、
            /::: ::: ::: ::l::: ::: ::: ::: ::: ::: ::l::: :i ::: ::: ::ヽ
           , .' ::: /::: ::: ::::! ::: ::: ::: ::: ::: ::: |::: :| ::: ::: ::: :ヽ,
            /:: ::: / ::: ::: ::/i ::: ::: ::: ::: ::: :::,'i ::: l ::: ::: ::: ::: :ヽ
         / ::: ::: | ::: ::: ::,' .! ::: ::: :: ::: ::: ::l .|::: :!, ::::i ::: ::: ::: ::,   何か考え付いたんですか?
.           , :::i:: ::: l ::: ::: ::!  ', :i ::: ::: ::: ::::i |::: | '. :::l ::: ::: ::: ::i
         |::::l ::: :::|::: :i::: l--‐i::|, ::: ::: ::: :,' ´.!:: |ヽ',:::| :::i::: ::: ::|
         |:: |::: ::: l::: :|l:::|   !:| i ::: ::: :: '   |::,'   ' |::: | ::: :i:::|
         '::::|::: ::: l :::,'.リ _ .! ' ::: ::::,'   リz-_ . 'i :::l ::: :l ::|
           !::!|::: ::: i ::l .x´テチミ  ',::::/  xテチヾ,.|:::/::: ::,' ::|
        ,':/.|:! ::i:: |:::| { .i::tr'イ|  _ V  _  i::しi::l .}.,'ィ ::: :/,:: ,'
          ´  !:',::ト,::|::|_ 弋_::ノ .|::i===i::| 弋_::ノ /r,|::: / |:::|
           |:::i,:l::',|::|',:!,   __ノ:ノ´, `|::ヽ__   // レ'-, .|:::|
          レ!',ヽ !,:| ヾ ニニ-‐ ´   ` ‐- ニニ ´ ,-´/`ヾ
            `ヾ,_i       _ _ _      /._/´
              |::: ',     丶   ノ    / :::|
              |::: :::ヽ、     ` ‐ ´    /::: ::l
              |:::: :/|:::`i 、      , ,_':::|、 ::: :|
             //´ |イ .i  `'  __ '´ | iヽ,\|ヽ!
             ,  '´i:.. | .\     / .|:..:l:.ヽ、
            /:.. :../:.. :|   \  /   . |:.. i :.. :\
        , .. :'´ :.. :.. :.,':.. :..l   /_Yへ   |:.. ::', :.. :.. `ヽ _
     , ... ´ :.. :.. :.. :.. :..i:.. :..:..|  // ,.|.| ,ヽ\ .|:.. :.. i :.. :.. :.. :.. :`ヽ、
    /:.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :/ :.. :.. :| / i / .|| .i, .| ヽi :.. :.. :l :.. :.. :.. :.. :.. :.. ヽ、

2732 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 20:50:27 ID:4dLy8QV.0



  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |   やる夫君、ここから出る方法はまだ
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ   確定できないけれど、現実と交信が
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }  可能なら、まず最優先すべきはそれだ!
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./   何故なら、それなら現実とこっちの双方から
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|    情報の取得が可能だからだ!
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、   効率は何倍にも跳ね上がる。
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l  ええと・・・アマ公は、人の言葉は喋れるのかい?





     ____
   /      \    ええと、こっちでなら人型になれて、言葉も喋れますお。
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \  だから・・・ああ、携帯電話持っててもらえば、間接的に
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /   現実と交信ができるってことに・・・。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

2733 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:53:47 ID:sbkWbOrU0
待った待った。やる夫サイドがナギ達の情報を得られるようになったら大問題が一つ
やる夫にかがみの記憶がない事が確実に露見する

2734 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:55:10 ID:sbkWbOrU0
かがみがやる夫さんですか→あなたは誰ですかお、この状況を避けようがなくなる

2735 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:55:15 ID:wHhZItU20
自分はとっとと露見してしまえと思うけどな。ぬえは調子に乗りすぎ

2736 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 20:55:31 ID:4dLy8QV.0


  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ    なんでそこまでヒントと状況が揃っていながら、
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  / \ ゝ}二. {`'´   /     .|.r-'‐┬‐l l⌒ | }   後回しにしていたんだい!?
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''        |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'      ゞ)ノ./    君は仲間に心配をかけて申し訳ないとは
.        /` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄     >   i/‐'/
          \、      .::::ト、  ̄ ´          /   .l、_/::|     思わないのかい!?
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、    ちょっと酷いんじゃないかな!!




.          ,,..-|''|"|´| ̄ .`ヽ、
       /  | | .|       \  て__
      /  u     __ \      ヽ  (´
     /       .γ´ `ヽ.`   _,,.- ', ζ    す、すみませんおっ!!
    ./    u.   ヽ,.-''"    ./⌒l
    .l            l      ,  `ヽ|       なんか新しい事が沢山ありすぎて、忘れてましたおっ!!
     ',    u     /ヽ--‐''"\  丿
     ',         /::::::::::::::::::::::::/"´ .|      ,-,.-,-,
     / ,,..-‐--..,,_ l ::::::::::::::::::::::/   /    lヽ/ / / /ヽ
    /       `"''-.,,   .''´,,..-''´     ./       /
 ./               \ ̄       /       /
../                \     _,,.-''´     /
/                   `''-''"       ./
          ̄`''-,,_             /
              `''-,,        ./
               / `゙''‐---‐''"´




                   ,,::´::::::::::::::::::::::爻女三ニ=-
               乂__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ三≒三二ニ
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ニ≒三二   いや、おめーだってここに来た当初は舞い上がって
           _彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ハ::::::::::::::ニき二ニ
               //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ';:::::ム:::::-=キニ=   探索しまくってたとか言ってたじゃねえか。
              / ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::;'´u}::/ }::::ニ代二
         、__彡'′ i{:::::::::::::::::::::::::::::/}:::::/云ニ==ミ:::::::‐|::::≒   都合よく怒ってんじゃねえぞ同類。
            i|::::::::::::::::::::::::::/ ,'::://{ { } } }::::::::::|:::::ニ
                八::::::::::::::::::::え_/::/_,八ゝ'.厶イ:::::::ニ|:::::三   どうせ、今だから仲間の大切さが分かるとかそういう
              /::::::::::::::::::::/´ / ´′  ¨¨⌒7::::::::-|::-トニ
          /:::::::::::::::::Y( {J 、_  __,  u/:::::::::::::l::ニ{二   んだろおめーは。
            _厶イ::::::::::::::{:::>:...`    ´..イ:/:::::::::::::::汽キ=
             i{ ::::::::ト、:::::::::::::r}`    ´{、/:::::::::::::::/::::キ≒
           八::::::::| l|:::/:/{\___/}/:::::::::::::::/:::::::キニ
                ヽ斗rビ7  {\{///}_ ,::::::::::::::::;ーァミニキニ
            /V∧ i{  人 V// /:::::::::::::::/ /  ≒ヤ=

2737 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:58:38 ID:dkAdE01c0
はい、すいませんでしたw

2738 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 20:59:05 ID:4dLy8QV.0



        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙   その通りだが開きなおって言わせてもらおう!!
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙         仲間は大切なものだ!!
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ       失って初めて分かる。仲間は得がたい物なんだ!
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ      君は、僕と同じ過ちを犯しちゃいけない。
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'      戻る場所がある内に、戻るんだ!!
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .l
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:!
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /





           ,イ ̄ >、 ,....、,r-、
        /: : : : ミ゙,ィ´,. -,==-`ミx_ノ
          /: : : ;'.r‐' ,イ' : : : : : : : : : ミx
         ,': : : :' .{ 〃: : : ; : /天マl リ`
.       { : : :.i レ‐x : :彡ノ '"丁i゙Yリ'   ・・・・・・
.       | : : :.| .{( | : :|    人フ !
.       | : : :.| ミニ!:..:.| "" `¨¨¨ :
.       | : : :.|  从!: 人    _  イ
.       | : : :.|  マ爻 ` . イ
.       | : : :.| ,ィ‐x」_ ̄::::::::::レx-、
.       | : : :.| /:::::::::}!:::: ̄:::''o::', .ヽ〉

2739 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 20:59:38 ID:wHhZItU20
キバヤシに同意過ぎるw

2740 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:01:05 ID:4dLy8QV.0



           ,イ ̄ >、 ,....、,r-、
        /: : : : ミ゙,ィ´,. -,==-`ミx_ノ .
          /: : : ;'.r‐' ,イ' : : : : : : : : : ミx
         ,': : : :' .{ 〃: : : ; : /天マl リ`.   なら、私達は何なのかな?
.       { : : :.i レ‐x : :彡ノ '"丁i゙Yリ'
.       | : : :.| .{( | : :|    人フ !
.       | : : :.| ミニ!:..:.| "" `¨¨¨ :
.       | : : :.|  从!: 人    ー イ
.       | : : :.|  マ爻 ` . イ
.       | : : :.| ,ィ‐x」_ ̄::::::::::レx-、
.       | : : :.| /:::::::::}!:::: ̄:::''o::', .ヽ〉





                 , .-‐ ..  ̄ ::  ̄ ::` ..- .、
               , .' :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\
              / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :\
            / :: :: :: :: :: :: / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ
            ' :: :: :: :: :: :: :/:: :i :: :: :: :: :: i :', :: :: :: :: :: :: ::,    レムリアちゃん・・・
           |:: :: :: :: :: :: ::,':: :;'| :: :: :: :: :: |, ::', :: :: :: :: :: :: '
           | :: i :: :: :: :,イ:: :/ !:: :: :: :: :: :l ヽ::i::: :: :: ::i:: :: :!
           | :: | :: :: ::/.|:: / | :: :: :: :: :::'-‐i::ト, :: :: :::l :: ::|
           | :: | :: :: ,' |:,'  ̄', :i :: :: :: /  .!:! ', :: :: ::|:: :::|
           |:: ::| :: :::l  リ   ヽ|、:: :: /   リ ヽ,:: :: | :: :|
           |:: ノ', :: :! xテチx、  ' :::/  xテチミx .!:: i:|:: i::|
          ノ,ィ' :_|:: ::|{ .じx::i   V   .し:j:::! .}.|::/!-,:|::|
            レ| _ヽ, |_ .弋__ノ i^! =i^i 弋_.ノ r ,レ/- .i`'!
            .| f' ',ヽヽ_ - _ノ   ヽヽ- --' ノ,' } |
             \  ' ` ─ ´¨   '    ̄ ̄ .,.//
              .ヽ_l u     __        ,'- ´
               ヽ :'、     ( _ )     /:,'
                '|:: ` 、         , ' :::|
                   レ'|:: :_i  、   , イ、ルヽ!
                 ,|/.| ヽ 、 .` ´ / |ヽ、
              , - ´/ . |   .>-<    | . ',.` . .、
         _ -‐ ´ . . . ./ . . |   /_,nノ'.,   .|. . .i . . . .` . .、
       r ´ . . . . . . . . . /. . . ..|  ./ _ r| , iヽ i . . .| . . . . . . . ` ‐ .,
      i . . . . . . . . . . ./__ . . . .i / /| |.| i, ', ヽ! . . .| . . . . . . . . . . . .l

2741 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:03:07 ID:4dLy8QV.0



                 _,,r--、
               ,ィ、「: : : : : ヘ.、
            , イ: : : `: : :_:_:,、ノ .)-=‐-=‐x__
          ,.イ: : : : : : : ;..j'"__ ,.二ニ _,r=-‐'''x_ _`'┐.      i
         i : : : : ;.r‐--' ,イ   __ヘ__,_ ,'  !~ ヽ ヽ    /}
         | : : : i"x-、j'"~、_,,.<>:'':'':'':":":¨ヾミx  `iヽ  //
          | : : :{ {   ,イイ´: : : : : : : : : : : : : : : : :`¨''ー-''"/
           | : ;イ ゝ ,イ,イ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ~¨''´x
.           ,゙: :.Y i´ // : : : : : : : : : : : : : : : :ハ : : : : : : : : : :ヽ:.ヽ.
        ,': : :,' 〉 ,'.,' : : : : : : : : : : :,.ィ :,.イ/ .',__ト_: : : : i : : :.',ヽ',    私達は、仲間じゃないの?
.        /: : : } . Y,',' : : : : : : : ∠_込__∠r广 ̄'; | 下、:.', : : :.',
       /: : ; :弋__Y : : ;' : : : :./_//./ ,'イ    ',!    ヽ l : : :リ     あっちに戻ったら・・・・。
     ,.イ: :/: ;.イ7´¨''y : : l/l/ ̄¨7777≡≡≡!7ハ'''" ヘl : :/
    /, イ.,': :./: : { ヽ,' : : : :,'    {///!:::::::::::゙ゥ'//リ   レ'      それでおしまいなの?
   ' ‐'"  l : ,' : : :ヘ ,' : : : : l   `=≒====≠=‐   i
        | /! : : : : `! : : : : :|                 ,'__
       "|:ハ : : :,' : : i :.i.|、  ,.....、           , イ::::::::::::::: ̄¨>― -- 、--―
           レ ヘ : ;' lハ'; :|,ィ''=゙ー三--___,,.. .-<:::::::::::::::::::::::::;イ    _,ィ’''‐-_-、
           ∨ l : :.ヘ:|:::::::::::::::::;; -―‐''‐=x     ~ '' ‐=ニコ   ┌'^  ___‐┐~!
__ ,,,... .--‐‐= ニ 二  ̄ .ヽ::::::;イ  r‐'^^ミ、´__}_         'x _,-'   _ |.! .l
                  丶!  ,,l’       、 ヽ、        ~ {  r―'''i j、.j-'
                   ゝニ{、   i  ト、 ヾ.、_j          ゝ.'   ~
                      Y | .| .|l _ノ
                       ゝ‐ー^-'



      N./"ィ,           `ヽ.、 __
     N、( (             '"´、´
    N、ヽ、ヽ          ,.    ヽ
   ヾミ、ヾヽ         ,.ノハ.     ゙i
    ゞミ、`        .::ノノj' ヾ、   .i   あ・・・いや・・・それは・・・
    `ミ:.、._ ___、. __.::,:彡ノノ_,.. _ゞ:、  !
      r゙t=' <(;`)ヽ}={'"(´;)>`==tr '、
      }'^ ヽ  .:: ソ; ゝ'、  丿 ' ^゛}
        ! (、 ` ̄´ 〈r;、   ̄´ u  ) .!
        ゝ┤ u   __ __      '_ノ
        ト    ´ー一'`     |
        | \   ..::~"     .イ .|
      _,....j  : \      / .:! .|
     _/ {:.:.:.\:.. \.___./  ;i ト、
  ,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.\  .:::.      ノi ヽ
/ / i'    ヽ:.:.:.:.:.:.:.\     / .:.|  ヽ、
.  /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>-< .:.:.:.:|    、\
_../          ヾ:.:.:.:.:.:.:.:./   \:.:.:.|
./            ヾ:.:.:.:/ヽ     /:\|
,'         /.ヾ、':.:.:.:.:.ヽィ^i゙!Y:.:.:.:.:.|ヽ、

2742 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:04:37 ID:wHhZItU20
投下中にごめんなさい。

ホントはもっと寝かせて修正してからと思ってたやつですが。
上げるタイミングは今しかない気がした

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1310293876/936

936 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:02:38 ID:wHhZItU20

                                            -‐   ̄シ
                                            , '        >
                                         //        ミ
                                    /´        ,, -‐ ゙
                           λ,.-yー 、,. -r     ,x ´
                         γ‐イ "  i   L :l ,ヘ/
                       /`Y ,ゝ-‐ ''' ゙゙'''‐ 、トi  ゝ、.,
                       ヘγ7            ` 、レ /
              .        ー='´                 l !<
                      ̄ ̄7   ,イ  ∧  ト、 ,,イ l l_
                            / ,// ! ,/ ,ィ'テ〒ブ lプ /、 ミ、
                        ムイ i乂ソレ   乂ひ/.,l  lノ,    \
                           /l'-┘   └─┘'   l  ` 、    \
                       /   | !≧ ‘’ _,/ l   イ   ., イヽ.  ヽ
                        /    ,,,W  └ ニl,ィ‐ '´WN_,/  l  〉    ヽ
                    , '     ,,x' _ノl ̄lノ:::/ :::::::::::: / / , へノ / \   ヘ
                   ,/     ノ.L, ィ、    /::;ム ::::::::: / //l/::ヽ>、 ヽ  ヘ
                   // /   ソ \ /::(  }}:::::,/ /  ヽ::::::::\ノ   ヽiヽ ヘ
                     / , /    l  ,. - '´::: ゝ=く::::,/ l  _ノ::::::::::::\     ヽi
             γヽ      彡′    /:) ,/  ` ‐-‐'"´  l/l/::::::::::::::::::::/
              ∨∧          /:::l ,'         /  ヽ:::::::::::::::::::/:\
             ∨∧           ';::::ゝi    i ',     ',  .ノ::::::::::::::/::::::::::\
.              ∨∧          /ヽ::ヽ',    ',     iヽ!:ヘ:::::::::::::l  ヽ:::::::::::ヽ
              ∨∧        /::::::\:::i          lノ  l:::::::::::::l   }:::::::::::i
                 ∨∧     /:::::::::::/l::l           /    l::::::::::::l   l:::::::::: l
                   ∨∧    /:::::::::::/ li         l />'::::::::::::l   l:::::::::::l
                ∨∧  ム::::::::::/,/l      ,.ィー、- '´:::::::::::::::::ノ   l:::::::::::l
                    ∨∧{_`ヽ::/::::「     /  〉 〉::::; -‐ '"´ヽ.   Lニ=ニ.」
                ノ 二\/`ヽ::/_ , -´/,イ ,イ 〈'´!ヽ  ヽ /    | !  }
              , - '´l ',  ̄ ̄ ̄    / / l,.イ ヽソ l', ',  /    /~^^´\
          , - '´/ ,'  ヽ      /  /  l ヽ、::l  l::',-ー'     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        /      ,'       /    /  l   \ ノ:::::i.       |       |
 _  , - ' ´             /         l   /::::::::::l      |         |
 〉 /               /           l /:::::::::::::::::l      |       |
 てア              /             l:::::::::::::::::::::::l         |____|
   てア    /     /   , ィ  i  l    ',    l::::::::::::::::::::::l
     てアァ/     / ァアイソ てァ l  l    ',   ';::::::::::::::::::::::l
        ヾアアァアソソ  /:::::::::::::ヾてァ lアて ,.ゝァアゝ:::::::::::::::::::l

2743 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:04:58 ID:sbkWbOrU0
やる夫が答えを出していくしかない問題だな。他人からどうこう言われるものじゃない

2744 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:06:36 ID:.ClK50eA0
難しいね

2745 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:06:55 ID:ikpVKaN.0
行き来できるようになればええねん

2746 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:07:33 ID:.ClK50eA0
支援乙

依代って手もあるが…さて?

2747 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:08:33 ID:dkAdE01c0
仲間と帰るべき場所・・・か
異世界ものだと必ず突き当たるテーマだよね

2748 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:09:43 ID:4dLy8QV.0





         ,イ ~フ7‐x、    _
    ,..< ̄¨ '' 、, ヽ _,イ‐: : ヘ.    だってそうじゃん!!
  ,ィ´: : : : :,: : : : : : : ヽィヾ! : : : :.ハ
.  レ'l : ;ィマハ :ヘ :.ヘ : : ヽ.゙x : : : : :.i   あっちに帰る帰るってそればっかり・・・、じゃあここはやるさんの
   レ' ´ `''ー-ヽj.ヘ : : ヘノ| : : : :..|
  /} o''"¨゙''=x.   从 :r‐、:..: : : :.|   帰る場所じゃないの?
  "´フ  T ==x  〃ノ :|_ノ: : : : : |
  从  |    ヘ ,.イ_メ.  | : : : :.ハ   やるさんの居場所はここにもあるもん!!
     > . -<-r'7 ,イ~'x マ : : : : :ヽ
        F‐=〃::::::::.´ .\ : : : :   私も、ぬえも、和さんも、ここにいるもん!!

                        ここだって、ここだってやるさんの居場所だよ!!





               ..-‐-─‐- .
           .//////////////` 、
          "//////////////////ヽ
         ///////////////////////゙>---‐ァ
       '////////////////////////ヽ///  (ちっ、青臭え・・・。
        l/////////////////|ヽ/ ハ///ハ´
       ///l////////////l//fーV‐'////',     ・・・私なんて、誰にもそんな事言われた事ねえよ・・・)
       ///l////////////l// ___ V`/ハ
       7//',///////////// ´ ___ ヾ///‘,
       l///∨/////// /'′、_((__))レi///\',
       l////ヽ////u    _  ̄"゙// ハ  `
       //////\/rゝ ー─  uイ/,//ハ
       ////、---l〈 ``-,=七升///ハヽ//ヽ、
       ´   ', ', |∧  ,〈::::::::} l゙, ゙,ヽ//', ` ‐─
             ', 'l_ ∧/ ヽ:::トl ゙, ゙, ∨/',
             ', '.>‐= 弋i´レ、_, ', ゙//i
           /⌒ゝ  ∨l:::l | / lゝ≠ミ
            ′ ⌒ヽ\ヽl:::l |./ 〃'⌒ヾ

2749 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:12:04 ID:.ClK50eA0
ここに居続けたら肉体が死んじゃうしなぁ…

2750 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:12:17 ID:sbkWbOrU0
メタ的に言うと描写の比重が現実側とこちら側では比較にならんってのがある
いやらしい言い方をすると、読者の推しキャラにこちら側のキャラが何人入るのかって話

2751 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:16:29 ID:.ClK50eA0
時間の流れ違うから、ケータイで連絡しても高速言語化して聞き取れないとかありそう
なお、メール(ry

2752 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:17:02 ID:4dLy8QV.0



                ,,..-――‐-..,,_
                  /  __     ヽ
             /     _ `ヽ    ヽ
           /:::::::  /´  ヾ      ̄ ',
             ,'::::::::::  ヽ●__         i    レムリアちゃん・・・。ありがとう。
.            i:::::::::::.      /    、__ l
            .i:::::::::::::.    {       ヽ ̄ .|    嬉しいお。そんなふうに言ってくれて・・・。
             ヽ:::::::.:::.    {ゝ---、_ノ   l
.           _,.::::::::::::...   `ー-..,,_/    /    やる夫も、同じ気持ちだお。
.          / ..`ー::::::ー-..,,___     .<
.          ,_/: : : : : .、_:::::::::::::::::::r‐''"´:|___     むしろ、こっちの方がやる夫はできる事が多いから、
.     ,-‐'´/: : : : : : : : \::`''-..,, ヽ._: :|: : : :|
    /.-‐'´_``‐-、.、: : : :\、::::::::`''-':::ヽ| : : : i`ヽ   楽しいくらいだお。
   >: : : :_,,..-、: : : .``..''‐-..,,_\、::::::::::::::::|: : : /: : :|
  ノ: :''"´: : : : :_,,..-∠--、: : : : \l \::::::::/ヽ:./: : : :|   現実は・・・、思うようにいかない事ばっかりで、
 /: : : : :__,,..-‐''" ̄ ̄ ̄ ̄ヽ__|_.\/   ∨ : : :|
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : :', ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   辛い世界だから。
. \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :〉____,,.-'、〉 〉
    `''-..,, : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :/、  \\\l_jヽ、  この世界なら、皆やる夫を頼ってくれるお。
.   ,-、__ ̄} ̄ "''‐-..,,__/___/ `''-、 ヽヽ'`ーヽ'
  /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : :./     || ヽ-'  | : : ヽ  それが、やる夫は嬉しくて嬉しくて・・・。
. /: : : : : ノ: : : : : : : : : : : : : : : : :.|       ||     |: : : : |
                                   つい、現実を忘れる事も・・・正直言うとあったお。





              _
               ,イ: : : : :`ヽ     __   ◎
           /‐-y‐-、:_: :.ヘ     | | r、   ___   [][]「l
         ,ィ´Y- ニ二ニ‐、´i、:ヽ   |_| \>  `アi′   くノ
       ,..イ,イ´_,,=-―- = 、ヽム: :ヽ
      j /イ : : : : : : : : : : :ゝヘノ} :..:\    !! それなら、ずっとこっちに居たっていいんだよ?
      ( /': : : : l : :\ :_\ : ; ミxニ=-: :.\
      ,' : : i :l :lX´ ̄ム,,」_\ト、≒‐'} : : : :ヽ  私、ずっとお世話するし!
       { :ヘ | :| :!r"√{:::::ヘ   |`:ー人 : : : : :ヘ
      !ハ: :ト、  人ヾ-’ノ   ハ : }ヽ:.\: : : iハ やるさんが活躍できるのは、向こうよりこっちだよ!!
      l ヽ!、::  ー,'''"´    ,ノ!:リヘ:ヽ: ヽ: リ .!
           | ゝ、  、 ‐ァ , : :..://.ヽ、: : ',
           | :|レ> ュ .ィ__7´(¨Yヽ  `¨
          '、lY /´o`'''´ //.そ`''xヘ
         {:/゙'' ‐-  ,,,//ソ´::::::::| .)
         { ....       {"::::::::::::::}´
         {   :::::....   ゝ、:::::::::ノ
         /          ,/:::::::/
         ,'       ,'/::::::/
.          ,         {':::::::/
          ,        ヽ~¨!
.        /      ..::  ',ノ
       /      ..:::   ',ヽ.
.       /  ..  ..:::::       ',::ヘ
      /    ::::        ',:::ヘ

2753 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:18:53 ID:sbkWbOrU0
待たせている人が、居るからな

2754 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:20:41 ID:4dLy8QV.0



   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |      君、そんな無責任な事を・・・
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
          ヾヽ  ~     U      /
          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ   U        .i
         `ー-、          U   /
            !  , ' `ヽ        /
            ``!ヽ   !      /
              `.i`-- '    /
               i  ̄    /_
               ヽ、____/` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \




              _. -―――- 、.__
            /          `ヽ、
           /                 \
         /         __        \
         ./ _       ´     ヽ       \     ・・・それはそうかもしれないおね。
       「 ´   `      , -  - 、        ヽ.
       } /.,::::::::ヽ     , ,:::::::::::、 ',         \   でも、やる夫の夢は・・・あっちにあるんだお。
      / { {:::::::::i i      i i::::::::::::} }             ヘ.
      /  ゝ ー  '     ゝ -‐ ' ノ               ヘ. やる夫は・・・。
     {   /           ヽ                i.
     i   {     i          }                   }  やる夫は・・・・・・・。
      {   ゝ____ノ ゝ ________ ノ               ノ
     ヘ.      ` ー--- ‐‐ ′             ノ
       \                        /
        \                     _. -‐ ´
             ゙> 、_               / ̄  ̄ ヽ、
           i /            ./        \
          / /                          ヽ
         / ./
        / .i
        i /                ヾi.
        i /                  i.
        i/                      i.
        ./                         i
       /                      ∧

2755 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:21:51 ID:sbkWbOrU0
奇跡を世界に満たしたい

2756 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:22:51 ID:4dLy8QV.0




                        ,     ',
                           ,,..イ       ',
       l          _,,,...イ´   |        .',    奇 跡 を 世 界 に 満 た し た い
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l        .',
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /         ',
            ヽ、    ̄   /           .',
              `                    ',
                                 ',
                                  ',
               ヽ                      l
               |                    l
.人                /                  l





 

2757 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:24:31 ID:.ClK50eA0
夢があるならしかたないねー
男の子だもんな!

2758 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:24:49 ID:4dLy8QV.0



                    ,.-x,..-=x、
                ,,r≠'‐-x,、: : : : : : :ヽ
            ,..、rx'ニヽ _」 _  ヽ‐-、: : : : ーx
          rx_j ,. -,- 'ニ----`、,ィ  '¨ヽ⌒ヽ : ヘ
          r’,.-_ニ-: '' ¨  ̄ ¨''‐ ,,`ヽ ゙ーx :.ヘ : :}
         ,.fイ": : : : : : : : : : : : : : : : `: 、ヾx ヘ : : :.|
   ‐-=ニ二 : : : / : ; :/ : : : : : : : : : : : : : :ヽヽ! .ミl :..:|
      ,ィ´/: : ,イ : :ミx,イ: : i : :.'; : : :ヘ : : : : : : :ヘヘコ : :.|    っ!!
        { :.,' : /: : :,ル'`T'''十--L」_: : '; : :ヘ :'; : :ヘ'; }: ハ
      レ'! :.;' : /  _」,,,,ニ,,,,,,L」_ヽ: '; : : ';..'; : : リ}: : :',
       | :,l/ ニ7ブ:.,r=-=-、:.:.゙ヽ: :',ヽ: ',、', : :!:_: : : :',
       ∨ハ    〉:.:っ::::::::::::r’:.:う.ヽ、! ヽ!: ` :l´、.Y: ; :',
.          } : :!   キ⊂二ニ二⊃ソ    | : : : :|  リ : ',、',
       ,' ;..リ ///////////// .!: : : : ',/: : :.',.',',
      〃 : l                 l : : ;' i .', : : '; ::, ',',
      /.,':./:ヘ       _        ハ: :.,' :ハ :', : :.i : ! .',}
       {:ハ: :l >..`Y¨`´ `x- )   _ ィ/; :.,'l :,' :ヽ.', : ハ| ||
       l',ィヽ!´ヽ/y/ ,'  ! |二ィフ-' }フ.|,イ:.レ./: :,'ヾ、' .| ! |!
      ,.イ::::::{ ,-ィ'´.Y   _i゙`i、:::ノ '´l´:::::::::ヽ/:::/,':::/ .|.l .l'
       {:::::::::::ゝ!    `、,ィ’  .`i ケ´:::::::::::::::::',://::/  .,','
.       ヽ:::::::::;'     ハ     }ソ:::::::::::::::::::::ノ./:,イ  ./'
       /::;イ!     / .',     }-、::::::::::::/./ノ
.      /:;:'l .{   _,イ  .>、   .} .Y::::::::!





                      , -── - . . ,
                   , . . :´ : : : : : : : : : : : : : `. . 、
                 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
                 /: : : : ::i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
               / : : : : : : :|: ::i : : : : : : : : : :| : : : : : : : : : : : '
             /: : : : /: : : :| : | : : : : : : : :|: :|,: : : : : :l: : : : : : :'
                ': : : : /: : : : ,i : !|: : : : : : : :!|: | ヽ: : : ::|: : : l : : : l
             |: : : /: : : : :/.|; l |:i: : : : : : i l :|.  ', : : :|: : : |: : |: |
             | : : | : : : : ,' ',:| .!|', : :i : :,'`|: i _  ' : : |: : : ! : :|: |  ッッ・・・・・・
             | : : |: : : : :|_ -ナ´リ | : |: / .!:,'  ̄ ',: :||: : :,' : : v
             | : : :!: : : : |       ',: !/.  |' x=≠z',:!.|: : ,'¨ヽ: ヽ
             |: : , ', : : : | _x≠=-、リ´   イノ:::::| リ | :/(´l .|ヽ,ヽ,
            ノ: イ : i,: : : |Y .i.イ:::::j .,, .-- r.l弋__っ.l::l リ ) /:| `ヽ
            ´´ ,': ィ:,iヽ: :!.l:l.C‐‐´ |:i´ ̄ ヾ=====.ソ ., /:!:|
             //.リ ヽヽ',ヾ=====イ         o .i¨´: :/ヾ
                  /_i´|.ヽ'ヽ‐,     '        /: : :/
              /- ヽ| ,i / /,     、_ ,    /: : |/
                /   , `'¨ 7 |` .,        ./i : :i: ::|
             !   i.  , ' ' .,': : !: : `i  __  '´  ,|: i::|ヽ|
             |    /  /.レ´'V´ヽ     / ヽ|ヾ
             / __   /  /:|   ヽ、 ./   ヽ..、
           /::i ヽ、 `f´ . . ´|::. ::',     X、     ./::. :|ヽ.、

2759 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:25:27 ID:wHhZItU20
よし、よく言ったやる夫

2760 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:25:55 ID:sbkWbOrU0
ぬえがここに居ないのが何ともな。状況がそうさせたから仕方がないが…

2761 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:26:17 ID:4dLy8QV.0
★突発安価

CS指定

2762 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:26:19 ID:.ClK50eA0
奇跡で満たせば、ぶっちゃけ彼女たちも向うに行けるって事だもんな

2763 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:26:27 ID:sbkWbOrU0
3

2764 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:26:30 ID:.ClK50eA0


2765 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:26:40 ID:gEFoQHzI0
もしかすると、奇跡で世界を満たせば
現実で会えるようになるかもだしな

2766 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:27:23 ID:4dLy8QV.0
ぶはははははははwwwwww

2767 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:27:39 ID:sbkWbOrU0
ジョーカー来たか!

2768 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:27:48 ID:4dLy8QV.0
このスレ、奇跡が憑いてますわあwww

2769 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:28:36 ID:sbkWbOrU0
トランプはどっちでした?

2770 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:28:38 ID:4dLy8QV.0
ある意味、ジョーカー以上だこれは・・・。キバヤシ的かもしれないけどw

2771 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:31:35 ID:dkAdE01c0
あれぇ?お隣でJokerうんぬんの話してたせいかな?w

2772 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:31:41 ID:.ClK50eA0
何が起きたっていうんだってばよ!?

2773 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:32:41 ID:dkAdE01c0
そういえば今回点呼してないけど
何のトランプ使ったのかな?Bee様と予想。

2774 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:38:30 ID:4dLy8QV.0

┏┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┗┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┛

 【監視者安価】   【>>2763、>>2764 [3]秒差で同数[3]指定】  GM、カードを3回切ってドロー(トトロ 【3】`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!

 トリプルスリー(確立激レア)につき奇跡認定。

 監視者を、この場で最も柔軟な人物に設定。監視者⇒宮藤芳佳

 宮藤は、「気になるから」堂々と店に忍び込んで話だって聞くし、報告だってしたくないと思えばしないぜ!!

┏┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┗┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┛


          /: : : : : : : : : : : : : : ヽ:.\
         /∠: : : : : : : : : : : : : \: \:丶
        //_/ -/: : : : i: : : : : :._\ニ丶':,
         //: : /: : :/: : : : /!: : : : : : : : : :ヘ: : :.ヘ    ・・・男の子だね、やる夫さん・・・。
       レ: : :/: : : i: : : ::./ i: : i: ト: :ヽ: : : : :',: : :ヘ
      , : : /: : : ::!: : /i:i  !: :.ヘ::!\: \: : :.ト : : :、   ちょっとカッコイイと思わない?ぬえ。
       /: : : : : :‐A、:! ∥ |: : i ヾ、 \: _ :l:ヽ: : . 、
     ,: : ::::::i: : : / !:!`云ミ ヘ: : ! `≠キ'¨\: : ,::::\: :\
   /:::::::::::.|.: :.∧ 斤ホら  ヽ::V ,.ホらト } : :|::::::::\.: : .、
 ,ィ::/ 7:/ レ::/{ヘ 代zソ   ヾ! 弋zソノ ∧: ト::!ヽ!<入:.\
        Ⅵヽzi/////   、  //////_人:!リ      ̄
      zイヽ : : : ヽ、   __    , : : : : :\
      /^\\ : : : へ、(  r<ヽト.< : : : ://へ
      i \ \\ : : : ト ̄f^ト ヽ 〉 }: :. :// ,ィ ┤
      |   \ ヘ\: : ヘ | | i } } /, /i  /   |
      |    ヽ ヾ\\: !/ ~  " //: :/ / /  ,
      ヽ   i   \:.>/    ∠: :://  /  /




                       __,,,..   )
                      , -'"~::::::::::::::::"'、_ノj
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::≦⌒
          .,‐‐;,      'ⅰ:/: :i:|\::::::::::::::::::::ヽ
         ( .○ )     ::::Ⅳ.: :从´ 丶V::::::::::::::i   お前、監視する気ねーだろ。ありがてーけど。
         ノ ∧ \    i:::::|{.ヽ/' ィ'弐}!´〉::::::|
       / / .\ \   .|::::ハ._,,   ''' イ::::/    ・・・いや、やる夫がああ言うのは分かってたしな。
      /。/ .,‐‐、\ `.i(_ノ:::l:::::{'' ′_  ,ノ::::ノ
    /。/  ( .○ .) \''ー-ハ ::::`iァ== 个:|ノj      , -───-.,  それを、ああもキッパリ言うのは、
   / /   / i\ .\ \ \ 广ア¨´ :レ'::::::::::ヽ  .// ̄ ̄``) .)
  / /    / 。|  \ \ \`/::j/廴__ ノ{:::::::::::::::::i/./     //  やる夫らしーや。
 .|/      | .。|  ..,‐‐\ \ ./ /}>[]<{:::::.ヘ__i/      ( (___|\
         |  .| .( .○ .)\./ .′::{|o|}:::::::::::::∧   :,`\     \___   >
         |  |  ./ .i\\/ j::::::::{|o|}:::::::::::/  ',   ',\ \         |/
         |  | /.。|  .ヽ' 厶 ::::{|o|}::::::::/    〉  〉\\ \
         | / | .。|    /::::::::::{|o|}:::`V   /  /  ) .) .)
         |/  |  .|  ∨:::::::::::::::::::::::::::{   ,   ′// /
            |  .|  ,:′:::::::::::::::::::::: _ /  //./( (___|\

2775 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:39:05 ID:.ClK50eA0
ほんと奇跡やなw

2778 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:40:44 ID:wHhZItU20
ぬえが盗み聞きしてるかもってのは予想してたが、宮籐なにしてんw

2779 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:41:06 ID:sbkWbOrU0
ぬえにも聞かせたいという自分のオドが伝わったと信じたいな。トトロさんあざす

2780 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:42:18 ID:4dLy8QV.0
              z  ̄` 、
           _ <       >、
          , ´           ヽ
         ,::             '、     と、ここでストップです。
         ,:::   乂       ヽ  ;
         ,::::. |   \ 、 、 ヽヽ i     続きはまた後ほど。
         ,:l:::ム   \弌 、 \__弌イ
          ,V::::_ゝ_\ ヽr-r辷リ´フfリ_     びっくりしましたよwお、安価3?次の人も3かー。今回は何秒差だろう?あれ、また3?
             〉ヽ_ 辷リ /--ヽ__-' ヒく l
         ,' ヾ`ー一  l     ,'/ 〉ハ     さて何が出て・・・`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!
         i  ,l ヽ     〈    , / .///\
       _<|   ',`ヽ ` ̄ ̄´, ./ィ//∧∨>x_     っていうねもう・・・。
     <////\`ヽl  l> ―― ――,'//////////ヽ、
  γ´/”,//////|| ソ ´     `⊇〈/////////////ヽ   これはどう考えても奇跡。誰が認めなくてもシャベルが認めますw
   l////”,//////|      ー一「////////∨//////l
   '/////”//////{        ク{///////∨///////!
   }/////”/////〈     _ ーl/ !//////∨////////|
   {///////〉///j \ γ´ /   l/.!///☆∨/////////}
   V/////”///〈   \| /  { !/|////イ∧////////
    V/////”//V\    \\ { !/|<>イ//l!/////∨
    V/////|/V\/\    /  Y{////f// |//////
     V/////V\ Y//三/    |/|/// |///!/////
     V////f///〉´//// |    |/|///イ///|////ヽ
      V///V///”//// 中   !/|////////////\

2781 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:43:24 ID:.ClK50eA0
一旦乙ー

2782 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:43:51 ID:dkAdE01c0
これでレス番号が3333だったらやばかったなw

2783 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:44:18 ID:sbkWbOrU0
続きはひょっとしていつもの時間からですかね?

2784 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:45:39 ID:dkAdE01c0
え?じゃあ4重で3がでたの?

2785 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:46:59 ID:4dLy8QV.0
                     ///イ il ハ li トヽム
                     y// r-r--yヽ i:`y
                     //{l f i|  |i h l} `,
                    ./  l k il へ li ト l  V
                ______/  y⌒y'{r y}y⌒y  V______
                |\` ト,⌒{l∩-ニニニ-∩l}⌒イ / /|
                ト  \l/ }彡彳 ) l ( シヾミ{ l //イ
                ゝ---O人ゝノ-= ´` =-ゝノ人O --ノ
                 >イミノ ____  O  ____ Y彡y<
                  iマミ ´ ̄ヾ`  /√ ` ト彡li
                  il トf::l ニzzムi  , イzzニ .l::hノ li
                    il Λ::l    :  !    l:/l li li         ww
                 il l l} l   人 _ ィ    l { l l li   yv-( Y  Y )-vy
                 il ,' l{ 人  -= =-   人{ li l li  ト-{\{ i  i }/ノイ
                il  l人ノr.>    ̄  .<しノl l l  li  ゝ.,___ム., ,.ムノ_ノ
                il  ムt''"ゝゝニ`===´ニノノ"''y、  li     `, ,´
              /-''" /Λ   "'' ---- ''"   Λ ト "''ヽ     i h
             /   / l `O         O´ l l \  `, ノ} l l l
            /   /  l  {> .,__◎__,. <} l  l  `, >´.ノ.ノノノ   ,.
            イ   /   l   ゝ       ノ /l  l  y´ γここ} / /
          //        l   >     ̄ '' ヽ   l  l  ,'  γ.ィ勹ノ /
        / >        ,.ィ´        ヽ `ヽ    .l  y/- ´  ノ
     /  /\       Y           `,  ,   {  //  /V      あと、どうしても>>2742さんにこれだけは!!
   /   <  /Y \    ム  ( ゝ  ヽ    ハ  ハ  :,  rト.//.__,.ノ  \
   ≦ - ''"  ry,. /\  {l i;  ヽ、ヽ、ヽ`  ハ  i: }   YィOOO<)   \    ウッヒョオオオオオオオオオオオオオ!!!!
        ,. ノy )r//   { l 八 --=ヽヽ ヽヽ、ヽ、i::::} <  l ,     ト ゝ   \
 --y-  ''">´イ人 \.    l :l 人 zニニ ヽi ヽ ニニz"'`l::,'  > l l     ',\ \     セレファどぁぁぁぁああああああ!!!
/   /´// yl   " >、  `,lr从     |      Λ} <  イ|      , \ \
   >  >//ム( ム    / l >  lΛ     ´ `     ム´ ト,.ノl l      }> .,     ありがとうございまぁぁす!!
  Y  // l l y´    / k´ l   ゝ'    r==  y  ノ  i\l 八ト、    ノ      ̄
  .l  {/ l l /     イi/\/    ` ,    -   イl  lイ " ノ ト>-イヽ        凄い!1から作ってくれたとは!!感動した!!リアルに声が出ましたw
  ゝ ゝニニ,'     ノ/ ノ/      ___l >    < l___<  lゝ.,ノ  ハ `, l l l  '
\\ l  ,      // ノ l     l\l、  ` ´   r+´l \lゝ  ノ   リ l l  ,        本当にありがとうございます!
、 \\.,'     .// ノノl     ノ  {|     |`, ム   トイノ--、l l l  ,
 \ ヽ/    / / //    ,.x  / |     l Λ /`<  ,. -----、  }
 r---cccy、,./イ  ノノ ,. -   ', /l  ト 、  ,.イ  Λl   ` <    -ヽ、l
,./y" "'' - .,____,. <イr ''l.      V `, Y   / l //       ト 、    ヽ
-イ   イ  Y- 、  /  l          l   l l /      `,   l  '     Y
ノ  /´ l  ,'    /  l  /        `,l  ///        ,  l   l

2786 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/06(日) 21:48:05 ID:4dLy8QV.0
>>2784
そう数える事もできますねw

安価で2つ
病数で1つ
カードで1つ

2788 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 21:50:31 ID:wHhZItU20
喜んで頂けて幸いです。

あ、でもさすがに自分には1から作れる技量はないです。
メイド服は別キャラから拾って、頭部は1からですね。

刹那さんの戦闘AAと、キバヤシ把握しました。

2791 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 22:10:25 ID:uaSPm5H20
乙でした

情報の密度が濃くてストーリーを追うので精いっぱいですが、
>>2639 のレムリアの言葉にあれっと思った

>>2495 で「骨は食った存在に変化できる」と言ってるので、
骨はまずやる夫を喰ってからその能力を使うことを考えるんじゃないのかな
骨がやる夫を喰わないためには、「喰っただけではやる夫の能力を活用できない」
可能性を示す必要があると思うけど、レムリアはそうした交渉ができると思ったのかな

2792 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 22:12:06 ID:uaSPm5H20
それと、「喰った相手に変化できる」ってぬえもおなじようなことやってますね…
ぬえ=骨の断片?

2793 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/06(日) 22:25:49 ID:ikpVKaN.0
今更だけど、>>2714の群像劇……まあ、群像劇ってみるなら確かに受け入れれるかも
やる夫主役のギャルゲーみたいな感覚でみてたから切り替わりに相当面食らった感じかな

>>2710
選択が現実的かとか思い通りにいくかどうかはどうでもいいんですよね正直。面白いか面白くないか、そんだけ

2794 :名無し市民さん@12/24に短編祭開催。詳細はやる夫短編集まで:2015/12/07(月) 00:00:27 ID:SNfotscA0
群像劇っていうか、やる夫とかがみのW主人公になっちゃってるな
シャベルさん的にヒロインポジションがかがみに確定していて、
その他のキャラが単なるかがみの引き立て役みたいな描写になってきてるんで
その辺りも含めて白紙の状態だった第一部と比べて、微妙にテンション下がる
つまりアレだよ、共通√から個別√に入ったとたんに冷める、みたいな

2795 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/07(月) 00:00:38 ID:ypRtCkfA0
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.}   Beeさん「見ろ!これが全世界のオドの力。Joker+3ゾロ目!!」
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!
 ヾ(6'     |  |ノ    トトロ「元祖奇跡は私である。見たまえ、読者との連携フォースリー!!」
   .`i     '  /
    |─┐ ̄ , '      もえしょく「大惨事ならまかせろー」
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\   もえしょくさん・・・
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|

2796 :シャベル ◆G8rv4qdcQ.:2015/12/07(月) 00:03:41 ID:ypRtCkfA0
_人人人人人人人人人人人人人人人_
>    ゆっくりしていってね!!!   <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
       ,, ' ´ ̄ ̄`   ヽ、
      _'            ヽ
     r     `ヽ._,       ヽ   >>2794
    ,'        ` '       i   一応言っておくと、シャベルの中ではまだヒロイン決定してないよ!
    i  !ハハi_/ヘ_ノ!V_iヽハ   |
     ハ.|i (ヒ_]├‐┤ヒ_ン ) | ),i   寧ろ決まってるのは、皆の中でだと思うよ。安価の結果なんだよ。
     ヽ!`‐--',___,ヽ--- ' | ノ
      `;.   ヽ _ン    │      この時点でヒロイン決まってしまうなんて、つまらないにも程があるとシャベルは思ってますから。
       ヽ、       ,イ
         ` ー--─ ´        だから、そう見えるとしたら、推し力が足りないんだよ!!一心不乱のキャラ推しを!

                       我欲のままに推し進めるのです。そのオドがスレを回すでしょう。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


奇跡じゃ! 奇跡じゃー!
[ 2016/04/25 12:19 ] [ 編集 ]
数指定3が3秒差で2人いて引いたカードが3って無理に3探した感じがしてちょっとよくないな
それに奇跡が起きたと言っているわりには奇跡の報酬も監視役が本来3に指定されていたキャラじゃなく一番都合のいい芳佳に変更されただけだし
[ 2016/04/25 15:53 ] [ 編集 ]
極論すれば作者が本当にカードを捲ってるかも分からないんだし
こじつけだろうが何だろうが盛り上がればそれでいいのさ。
[ 2017/09/20 11:54 ] [ 編集 ]
まあダイス機能とかで実際に振ってるとこ見ないと本当かなんてわからんよね
[ 2018/06/26 21:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する