クリックで開閉

できる夫 マイナス・ゼロ 第二話

108 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:00:33 ID:cQUR47Nc0 [2/100]



                            昭和20年5月

                                  ▼
                                  ▼↓
                                  ▼

──────────────────────────────────────
                                   ________
                                 ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/〉
                                ./v√v ̄w ̄レ ̄ ̄'7/
                                /           //
                         /レ''''v~~W~~~~` ワ' ̄/     .//
                        /  / ̄_ ̄.|   /_/ /     .//
                 /W~~~|/V''|/レ'~~ 7 _/   /    7  .//
                /   .___    / く   / ̄/_./ ̄  .//
               ./   / _  |   /._〉 /  /         //
         /|/|/~~V''i/~~レ'7 /   /  /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.//
        /   __     .//   / ̄  /.三三三三三〈/
       ./   /   /    ./  ̄/  / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /     ̄/ ./    ./ ̄ ̄ / ̄ ̄
     ./    ./ ./     / ̄ ̄/
     /    /  /     / ̄ ̄
   /      ̄ ̄    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
──────────────────────────────────────

                                  ▼
                                  ▼↓
                                  ▼

                            昭和38年5月



.



スポンサードリンク


109 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:00:53 ID:cQUR47Nc0 [3/100]



                              ┌───────┐
                              │   プラス18     │
                              └───────┘


.

110 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:01:19 ID:cQUR47Nc0 [4/100]

   車内広告というやつは、
   私鉄などでは、おそらく相当の収入源になっているに違いない。

   大抵の乗客は数分から数十分間、
   手持ち無沙汰でいるわけだから、

   よほどの美人でも乗っていないかぎり、
   どうしたって広告に目が行く。

──────────────────────────────────────────────────
                  __, -.─.-- 、 __
                    f:., -ァ'.:, -‐=≡二 ̄
       i´!        ., -!:l‐.:! /:.:.ー-.... _  `
       ! .!      ,.:.:´:.:.:ヽ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
       ! .l    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  , /` ー ノ !   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:ヽ
  /〈 〈` _  /,r‐ ァl:.:..:.:.:.:.:.:..:./!:.:.:.:.:i:.:.:..:.:.:.:.ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:ヽ
  ヽjゝ' /  " ./ .i:.:.:.:./:/:.:./ l:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.i
   !  !  _,/  .!イ:.:ル'l:.l:.l l :l:.:ト:.:.:.l:.:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:i
   ヽ  .´l.     ヽ! - 、l:.! .ヽ:!ヽ:.:l :.:.:ヽ:.:.:.:.:.i:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.i     ┌──────────────────────┐
      !   l       ! __. `   " ̄ヽ!`ヽ:.:ヽ:.:.:.:.ト:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:!.     │                                │
      !   .!      l.´`ヾ    "てハミ、. ヽ:.ヽ:.:.lヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.!.   │ 63年盛夏のサニー・ルック                    │
      !   .l        !   .:    .ヾ =" '  ノハ:.:l:.:.ヽ:.:.:.:.l、:.l     │                                │
      !   i      ヽ  iー- _       .-' >l:.:.:lヽ、:.ヽ`.   │ 優雅な光沢としなやかな風合いのシルクプリント    │
    !    .!      ヽ. 、  .ノ      .i ーイ:.:ハ:.:.!ヾ! `ヾ..   │                                │
      !    i       ヽ、´_ , -‐ ´   ∨ヽl:/ i/.          │ …………                             │
    i    _.L _,r‐‐ ァ-‐‐ " ̄ハ  _ ..-‐:"::ヽ.             │                                │
     !   '´  ./: : :/     ./ /!./:, -‐- 、::::ヽ.           └──────────────────────┘
    l     l: : : l     .i />":/      ヽ:ヽ
     ` ー- -.ヽ: : :!    .,l.〃/!      ヽト:ヽ
          ヽ、_ヽ _ ./:j/:/ i        ヽ:ll
               ,K:::_;ノ  l 、     _ヽj
              ,〈_ノ     \  /: : : : :\
            /:/        .ヽ/: : : : : :, - ゝ
           /::::〃        .i. ヽ: : : /    ヽ
          /:::://         !  ヽ/ヽ、     ヽ
            //!:ハ         !    ̄l´ヽ、     .ヽ
         /:::! リ! !           ノ     /   >、.    ヽ
        /::/  ヾ ヽ      /    /  /      ノ
        〃  /        i    / /     /
──────────────────────────────────────────────────

   並んだ活字の横に、
   女性のカラー写真が配してある。

   その衣装も悪くはないが、
   モデルの皮膚の色や質感がすばらしい。

   最近の印刷技術は大したものだ。

.

111 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:01:50 ID:cQUR47Nc0 [5/100]

          | |  | |  | |\\  (二二二二二二二二)
          | |  | |  | | i\\
 ─┐     | |  | |  | | | | \\  (二二二二)
 ―┘──┘、| |  | |  | | | |  '\\
 `゙゚'''─x、、,,,, ;| |~~''| |-、,_| | | |   ||           //
  ""'''''ヘi 』:|-(只,, (只  | |,,,,| |   ||  __、=''⌒''=、___i/
.     | 』.|   ~'l.l 』-、,(只,,,(只--(只 ;;;;;;;;|,__,|;;;;;;;;;;;| /i|  _,n_00  ___  __
.     | 』.|     |.l 』  l 』 |: l:| l ┌―┐|l~~~l |;┌┐| li:::i| └l n |   く,ニ ! └┘/7
.     | 』.|     |.l 』  l 』 |: l:| l ::|   l :|i   i |;;;|丶│ li:::i|   U U    くノ   <ノ
.     | 』.|   __,,|.l 』,',',',l 』,','|: l:| :nn『『 ̄ ;:|l__l |;└┘|[:li:::i|
.  _,,,,,,,、| 』.|',','、、-|.l 』゛ .l 』 |: l:| ll;,,,, ̄|;;;;;;;|    |;;;;;;;;;; |[:li:::i|      __.00 ___    __
  ''゙,,,、--| 』.|     |.l 』  l llソiァ━r、   l|;;;;;;;|    |;;;;;;;;;; | li:::i|     └‐┐ |   | ∟ └┘/7
 ''"   | 』.|     |.l 』 r''',r":;:;|ァ━r、i . .||;;;;;;;| |ll l| |;;;;;;;;;; | li:::i|     ┌‐┘ |   |_厂   <ノ
.     | 』.|    ,,|.l 』''";:;:;:;:;:;lァ____r∥ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l:_i|       ̄ ̄
.     | 』.| .,r";:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;/ : : : : l l              \iY⌒||
.     ,,、| 』.i,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ : : : : : /'/                iY⌒||
  ,,r' ' ,,,/:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/------、/゙/                   i;::;:;:;::;:\
.,r" ,,,/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ : : : : : : : :/./                 ||ヽ;::;:;:;:;:;\
 r'゙":;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/: : : : :゙,. -─-  、               :i| :ヽ;;:;:;:;;:;;:\
;:;:;:;:;:;;:;;:;;:;:;:;:;:;;:;/ : : : :../        \
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:/: : : : : ::/           `、.     : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
;:;:;:;:;:;;:;:;;:;;/: : : : : : :.゙l ―  ―       l    : :                      : :
;:;:;:;:;:;:;:/: : : : : : : : :...l(● ) (● ).     !.   : :  電車も久しぶりだな……  : :
 ;:;;:/: : : : : : : : : : : :..、   ´       /.   : :                      : :
   : : : : : : : : : : : : : : \  ̄      /.    : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
             /.>_     /::::::i:::ヽ._
.          _ ,,、-ー/ !// ー ヘ ̄/:::::::::l:::::::::::`:ー:.、
      ,´:::::::::::::く::::::::/ i  /   ヽ::::::::::!:::::::::::::::::::ゝヽ
       /::{::::::::::::::::>:i   l7i   /:\:/::/:::/::::::::::::::::i
      ,'::::::i::::::::::/::::::l  /;;;;l  /::::::::〉::::://::::::::::::::::::::::!
      /:::;::::∨:::::l::::::::::i /;;;;;;l. /::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::/
     /::::ヽ:::::〉:::::l:::::::::l /;;;;;;;;l. /::::::/;;;;;;i:::i::::::::::;;;;::::::::::::::>
    <::::::::::ソi::::::::l:::::::::li;;;;;;;;;;;l/::/,、;;,、;;:l!::l_/´:::::::::::::::: ソ
    !:::::::ゝへ、;;;::::!::::::」--‐‐'''""゙゙`ヾゞMソ/::;;;;:::::::::::::::::l
    )::::::ゝ彳´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘノ/´ ̄::::::::::::::::::::l
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヘへ ̄:::: ̄:::::::::::::::::::::/


   井上俊夫は、ここしばらく、電車に乗っていなかった。

   彼のいま住んでいるマンションは都内の青山だし、

   たまに郊外に用事があっても、
   自分の車か会社の車で間に合ってしまう。

.

112 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:02:33 ID:cQUR47Nc0 [6/100]

   今夜も最初は車で行くつもりだったが、


────────────────────────────────────────────
                          _
                      _    _/ j)   _
                      i ヽ // /  √ )
                      | |/ / /  / ./
                      | ./ /  し/ /
                     / r  r  / _
                       /       ( / _丿       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                   ┌ 、       /          | 少し、早い……か?   |
                 /⌒ヽi个;、 ___ , r'.             ヽ__________/
               / ::::::::::::`~.、 〉
              / :::::::::::::::::::::::::::〉
            / ::::::::::::::::::::::::::::/
          / ::::::::::::::::::::::::::::::/
        / ::::::::::::::::::::::::::::::/
      / ::::::::::::::::::::::::::::::/
────────────────────────────────────────────


                                           , -―‐‐ ,ニニニ= 、
               _ ′'                             /'´l「 ̄ ̄||        `、
            (η゙, ´                         /lー'|ー―ヘ`ーO――‐-    o
     ____   ξ'´                         , '⌒ |   `、  ` _( ̄ ̄`丶ゝ__
   /      \                                d /ニl、 |     l, -、。ヽ(_) 、   トVl
  /  ─    ─\                              `{l l}Lヽ|__  /, =、}  `ー' ゚ `ー‐'_゚_j_
/    (●)  (●) \   ……、                      ヾ'-′    ̄ {{l  l}`rに二二二 -ァ‐'′
|        ___'___    |   電車にするか                       ヾ ノノ       `ー'
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /


   ふと気が変わり、
   電車に乗ってみる気になったのだった。

113 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:03:06 ID:cQUR47Nc0 [7/100]

   とうにラッシュ・アワーはすぎていて、
   車内には空席もあったが、

   俊夫はドアのわきに寄りかかって立っていた。
   その方が見通しが利くからである。


          | |  | |  | |\\  (二二二二二二二二)
          | |  | |  | | i\\
 ─┐     | |  | |  | | | | \\  (二二二二)
 ―┘──┘、| |  | |  | | | |  '\\
 `゙゚'''─x、、,,,, ;| |~~''| |-、,_| | | |   ||           //
  ""'''''ヘi 』:|-(只,, (只  | |,,,,| |   ||  __、=''⌒''=、___i/
.     | 』.|   ~'l.l 』-、,(只,,,(只--(只 ;;;;;;;;|,__,|;;;;;;;;;;;| /i|  _,n_00  ___  __
.     | 』.|     |.l 』  l 』 |: l:| l ┌―┐|l~~~l |;┌┐| li:::i| └l n |   く,ニ ! └┘/7
.     | 』.|     |.l 』  l 』 |: l:| l ::|   l :|i   i |;;;|丶│ li:::i|   U U    くノ   <ノ
.     | 』.|   __,,|.l 』,',',',l 』,','|: l:| :nn『『 ̄ ;:|l__l |;└┘|[:li:::i|
.  _,,,,,,,、| 』.|',','、、-|.l 』゛ .l 』 |: l:| ll;,,,, ̄|;;;;;;;|    |;;;;;;;;;; |[:li:::i|      __.00 ___    __
  ''゙,,,、--| 』.|     |.l 』  l llソiァ━r、   l|;;;;;;;|    |;;;;;;;;;; | li:::i|     └‐┐ |   | ∟ └┘/7
 ''"   | 』.|     ハ ハ,r''',r":;:;|ァ━r、i . .||;;;;;;;| |ll l| |;;;;;;;;;; | li:::i|     ┌‐┘ |   |_厂   <ノ
.     | 』.|  ∧(ー゚*)''";:;:;:;:;:;lァ____r∥ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l:_i|.       ̄ ̄
.     | 』.| .,r(゚ー゚*)c);:;:;:;/ : : : : l l             ∧_∧∩
.     ,,、| 』.i, r゙|  U );:;:;:/ : : : : : /'/             (´∀`*//
  ,,r' ' ,,,/:;:;;:;: :|  |~"------、/゙/              ⊂二     /
.,r" ,,,/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:< <⊃ : : : : : : ::/./             |  )  /;:;:;:;:;\
 r'゙":;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/: : : : : : : : : :/./                口口/    ̄)゙:;;:;,'~~~え
;:;:;:;:;:;;:;;:;;:;:;:;:;:;;:;/ : : : : : : : : : : / /                   ( <⌒<.< ヽ;;:゙{/´ ̄ヽヽ_,
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:/: : : : : :: : : : : : :/ ./                   >/.... ヽ... ((从_从)i@《,
;:;:;:;:;:;;:;:;;:;;/: : : : : : : : : : : : :/ ./                         ヽ.||从゚- ゚ ||/||
;:;:;:;:;:;:;:/: : : : : : : : : : : : : :/ ../                           ||と{'ミ介ミ'}つ
 ;:;;:/: : : : : : : : : : : : : : :/ /                        ≦ノ,ノハヽ、≧:;:;:;\
   : : : : : : : : : : : : : : :/, ,,/                        て` tッ-ァ- ' て ;:;:;:;:;\


   向かい側の座席には、
   会社の帰りに脱線したらしいネクタイのゆるんだ男が、
   天井に目を据えている。

   その隣には二人分ほど空けて、
   バイオリンのケースを抱えた若い女性、

   着ている服の色は、
   網膜に残像が残るのではないかと心配になるほど、
   どぎつい原色の赤だ。

   その向かいにはプラスチックの水筒をかかえた坊やに、
   父親と思われる男性……

.

114 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:03:38 ID:cQUR47Nc0 [8/100]

   広告も含めて、車内には、
   ありとあらゆる色彩が、ごった返していた。


| ̄ ̄ ̄ |  ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|.| ̄ ̄ | |  ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|.|     | |  ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|.|___| |  ||__,∧_∧ ∧_∧|  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|       |\|| '(.*・∀・)(*´∀`) ※ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|       |  ||‐(    )ミ≡≡≡j⊃──────────‐
|____|\||─┐ ) ),ミ≡≡≡j──────────
''     \||≡(_ノ__ノ≡ (__ノ__ノ ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡





                      -――- 、
               /          \
                  , '               ヽ.       : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
              /      ⌒    ⌒  Y.   : :                      : :
               |    (   ●)  ( ●) !     : :  十八年前は、            .: :
               |                  }.   : :  カーキ一色だったのにな。  : :
             V           ´     /    : :                      : :
               ∧ ̄ヘ.     ' ー一  /.    : :  しかも薄汚れた……      : :
.            /::::::::::ヽ \   ___/       : :                      : :
          /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´            : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
         /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ
       /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
       ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.       ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、
.     /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::i. | i
.     /.:ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、_::::::| } |,
     i::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::i / ノ
      i::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi/
.    |:::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.    |:::::::::::::::::::入:::::::::::::::::::::::::::::::::::V'´


   もっとも、当時の俊夫は、電車にはあまり乗ったことがなかった。

115 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:04:06 ID:cQUR47Nc0 [9/100]

 ∥    ∧_∧∧_∧∧_∧∧ ∧     |
 ∥ ∧∧(:::::::::::::::)    (::::::::::V(゚*  )∧__.[]
 ∥(/□\∩∩::∧__∧∩∩ ∧_∧   ◎ |
 ∥(    )'Д(::)( ´(Å)`)⊃, (::::::::::::∧_∧[]
 .|⊂    )⊃:( つ|⌒i⌒|。ー。(:::::::::(    .◎.|
 ∥ .|  |  |iiU~Uヽ∧_∧_|∨∨( ))))     ) []
  ∧_∧ _)-≡=-(::::::::::::::∧_∧Д´ )     ◎
 (◎∀◎)∧_∧∧_∧(::::::::::::::) ⊂)∧_∧ミ彡
 ⊂    )(:::::::::::::)    )∧_∧ ∧,,∧ :::::::::::ミ 彡
 ∥ |   |∧_∧ ∧_∧(::::::::::::::)ミ ,,゚Д゚彡 ミ 彡
 ∥∧ ∧(::::::::::::::(    )    ミ    彡ミ 彡
                    ミ     彡


   いまのとは、また違った種類の満員電車で、
   乗客を無理に車内に押しこむことはせず、

   ドアを開けたまま、
   はみ出した人々を鈴なりにぶらさげて走るという乱暴なものだったが――



              _____         ._____
゙===============i-├────┤─┐ . . ┌─├────┤_
..... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄-.|三三三三三|   |   |   |三三三三三|
____. _____┌─────┐─|   |─┌─────┐
...王王| |王王王王|.|||||||||||||||||||||||||.  .|   |.  .|||||||||||||||||||||||||
...王王| |王王王王|.|||||||||||||||||||||||||.  .|   |.  .|||||||||||||||||||||||||
...゙_______..|||||||||||||||||||||| ┌──────┐||||||||||||||||
. ───────-.|||||||||||||||||||||| │  ヽ○ノ    .│||||||||||||||||
             └─────.│  ∧ノ    .│..───┘
_ ̄ ̄ ̄|           | ̄|..  │   >    .│. ̄|
____|____________|_|__......└──────┘._|_______
...|  . ──二二日二二---ヽ.    ̄ |=日=|  ̄   . ──二
...| 日(|○|)0\||王||/0(|○|)日───||   ||───日(|○|)0\
.┘  ヽ__ノ .  ̄ ̄  .ヽ__ノ      ̄   ̄      ヽ__ノ


   俊夫は友達と一緒に、
   連結器の上に乗るのを常としていたのである。

.

116 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:04:56 ID:cQUR47Nc0 [10/100]

   5月26日の朝に至っては、電車そのものがなかった。

   ズタズタに切れた架線の下の焦げた線路を伝って、
   動員先の工場まで歩いて行ったものだった。

:::::.:.:::::::::....:::::.....................................                              ┌┐
::::::.:.:.:::::::::::N                                      | l
      | |             「 i                           l l
      | |               | l                         l l
      } |            l l                              | l
        | i           l l                          l l
. ...... .... ...| |.......... ...... ....     | |                              | l
:::::::..::..:::.:: | |:::: :: :..        | |     |                  i    l l
.       | |              | |    |                   |.     | |
   ト   | |  /⌒\____} |_r─┼-、     /云 \         i    」 |____
 ̄ ̄} }  i | ̄´  ".,:::;:':;'' .: ,,| |    丶   ̄ ̄/≠ーキ、\___」 ̄ ̄ L i '゙': ;: ',;:; ;~'',;'':;
    |_|. | |:; ;~' ', ;'   '゚ ".;;..| !;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;\ \ :  ;   : ; : ;:   . ;
_____!│___  :; ;; ..i |";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;¨~´'',;'";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; : ;:; ;~'',;'
_  -─L.|──'''''¨´'".,:::;:':;'':l |, .: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  :  ; : ; ::  :;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;──-、 __  L.」 #;: .'  :   ; .     ;  .  ; ' :  '  ;~  ',  . .  . '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー────────-- 、_ .:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::''',.,:::;:;::';::'
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;==≡────────────'''''''''''''''''¨¨´ ̄";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;; ::; : ;:; '゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ; ; : ; ::  :;
''''''¨¨ ´ ̄ ; .'  :   ; .     ;  .  ; ' :  '  ;~  ',  . .  . ' ,:": ;:; ';;;:'';'' ;~'',;'

.

117 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:05:22 ID:cQUR47Nc0 [11/100]

   俊夫は腕を組み、目を閉じた。

   新しい軽金属のボディの車両のリズムが、
   軽く快い……。


──────┐  ┌───────────┐    _,n_00  ___  __     _,n_00  ___  __
            │  │                │   └l n |   く,ニ ! └┘/7 └l n |   く,ニ ! └┘/7
            │  │             ,. -─-  、        U U    くノ   <ノ    U U    くノ   <ノ
            │  │.          /        \
            │  │.        /           `、
            │  │        l ―  ―       l
            │  │        l(ー ) (ー ).     !   …………
            │  │         、   ´       /
            │  │         \  ̄      /
            │  │.        /.>_     /::::::i:::ヽ._
            │  │.  _ ,,、-ー/ !// ー ヘ ̄/:::::::::l:::::::::::`:ー:.、
            │....  ,´:::::::::::::く::::::::/ i  /   ヽ::::::::::!:::::::::::::::::::ゝヽ
            │   /::{::::::::::::::::>:i   l7i   /:\:/::/:::/::::::::::::::::i
──────┘  ,'::::::i::::::::::/::::::l  /;;;;l  /::::::::〉::::://::::::::::::::::::::::!
                /:::;::::∨:::::l::::::::::i /;;;;;;l. /::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::/
               /::::ヽ:::::〉:::::l:::::::::l /;;;;;;;;l. /::::::/;;;;;;i:::i::::::::::;;;;::::::::::::::>
              <::::::::::ソi::::::::l:::::::::li;;;;;;;;;;;l/::/,、;;,、;;:l!::l_/´:::::::::::::::: ソ
              !:::::::ゝへ、;;;::::!::::::」--‐‐'''""゙゙`ヾゞMソ/::;;;;:::::::::::::::::l
              )::::::ゝ彳´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘノ/´ ̄::::::::::::::::::::l
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヘへ ̄:::: ̄:::::::::::::::::::::/
             l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::/
             l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
.

118 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:05:38 ID:cQUR47Nc0 [12/100]


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

.

119 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:06:20 ID:cQUR47Nc0 [13/100]

   俊夫が組んでいた腕をほどいたのは、
   車内スピーカーが、こう告げたときだった。





                         , -─────────-、  プシューッ
       \ ピコポーン /.        / ̄ ̄ ̄| | ̄ | ̄ |||||||   \         __
                        /       | |   |   |||||||     \___ | |____
                _,,,,,,,,,,,,,---/ニニニニニニ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       〟---─''''''' ̄                   ____
      ∠_________________./___│____________
     /     /     /       \      | ┌─┐ |   ┌──────┐  ┌─
    /     /      /            |       | │  │ |   |            |  │
  __/_____/____/_______|       | └─┘ |   |            |  │
  |____________________. |_____|__└──────┘  └─
 _|────────────────────‐|     .|────────────
 |) ̄ ̄ ̄ ̄ )     \二二二二二二二二二二二二.| 二二二 |二二二二二二二二二二二二
  ̄ヽ  ̄ ̄       \二二二二二二二二二二二.| 二二二 |二二二二二二二二二二二二
   |‐──────────┬────────────────────────
   /└─┘           /三─三二壹壹   壹壹三─三─┬‐┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  └─────────‐"´ {      }壹┌──┐壹{     }────┐______
                    ゝ __ノ  ────  ゝ__ノ



                     \\====||===/=============//
                     //                 \\
                     | | 次の停車駅は梅ヶ丘、    .| |
                     | |                   | |
                     | | 梅ヶ丘でございます……   .| |
                     \\                 //
                     //================||=====\\


.

120 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:06:53 ID:cQUR47Nc0 [14/100]


  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  | すっかり、変わったなあ……  |
  ヽ________  ____/
                   )ノ
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:._,,. --――- 、.:i.:.: i....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i    |::. │:::::::: : :
i.:.:..:.:.:i.:.:..:..ィ´           \..:i|::. :.:. ::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i    |::: │::::::::::: : :
.:.:.:i.:.:..:.:.:/              \...::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ::::::::::: : :
i.:.:..:.:.:i../                ヽ::.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;|  ノ二|      |:::::::::::::: : :
.:.:.:i.:.:..!   /              〉 .::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;|    丿 ツ.  |:::::::::::::::::::::: : :
i.:.:..:.:.:.ii',/                    /..:.:::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;ゝ_____ ノ└─────────────
.:.:.:i.:.:..:.ヽ●`ヽ            ,, 、/、:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i    |   :;           :
i.:.:..:.:.:i.:.,'   ´.            ,..;ジ'″ .ヽ.::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i    |:   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ::
.:.:.:i.:.:..:.:ヽ______          シ'´三三 /`ー'¬ー,,_.;:;:;;;;;;;;;;;;;;;|i    |,'';  |  ノ二|      |  ...:;;;
i.:.:..:.:.:i.:.:..:..ヽ           /三三./三三三三`'、::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i    |;;;:  |    丿 ツ.  |
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:...`ー---‐‐‐`-∠三三三三三三三三三l、..;;;;;;;;;;;;|i    |:: # ゝ_____ ノ    ,, ;;...
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:.u.:.:.:.:.:.:| │三三三三三三三三三l\ ''-、;|i    |;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |/ 三三三三三三三三三 ヽ\  .` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               /三三三三三_、.-、三三三三.lノ.三三三三二ニ=― ―― ― ―
               /三三 _.. -''″三 -.l,三三三 /三三三三三三三三三三三 ヽ
                  |三三/三三三三三三`''―-、.l三三三 ,/│三三三三三 /
                  l三 |三三三三三三___三`'-、三三/   |三三三三三/
               `-__|、、三三 _..-'"゛三三三三 `''ヘ..,_    |三三三三 /
                 `|"'.、 .'"三三ー―ー ̄三三三三`ヽ  l三三三  ,
                      l'、.゙''' .____、三三三三三三三三ヽ l三三三  |
                   l,.ゝ ..,,_.   `゙'ー_  .ー'二´三三三 ヽ ヽ三三三 |
                    \   `゙''ー ..___>-、三三三三三 ヽ \、 丿



   当時、畑だった所がすべて住宅になり、
   様子が一変していた。

   一年ほどしか住んでいなかったので、
   地理の記憶もあいまいだったし、

   元々、方向音痴の気がある俊夫だったが、
   時間は余分に見てあるので、それほど慌てなかった。

.

121 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:07:38 ID:cQUR47Nc0 [15/100]

   昔、毎日通っていたときは、

   駅から丁度4分だったのを、
   今夜の俊夫は20数分かかって、

   やっと当時、母と住んでいた家の前に到着した。


二二二二二二!└―‐/                                           ' .,  .| !_     |:::! |
‐‐‐‐‐┬‐‐‐┐ .「 ̄フ___________________________________________________________________________________________________ヽ.゚| !_     |:::! |
     .|    ゚| .| `'‐', |l‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐┬┬――――‐‐‐‐‐‐‐‐―‐‐‐‐.┬┬――――..┐┌      | !_     |:::! |
‐‐‐‐‐┼‐‐‐┤ .|   `l〔  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  二二二二二二二二二二二二    ̄ ̄ ̄ ̄ ゚̄  i: :|!|     | !_     |:::! |
     .|    ゚| .|    || .「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ! 「| | | | | | | | | | | |!| | | | | | | | | | |!「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! . i: :|!|     | !_     |:::! |
‐‐‐‐‐┼‐‐‐┤ .|    || .|      冂..! !.| | | | | | | | | | | |!| | | | | | | | | | |!|          .! . i: :|!|     | !_     |:::! |
_._______.|.______.| .|    || .|      凵..! !.| | | | | | | | | | | |!| | | | | | | | | | |!|          .! . i: :|!|     | !_     |:::! |
     .|    ゚| .|    || .|        ! !.| | | | | | | | | | | |!| | | | | | | | | | |!|          .! . i: :|!|     | !_     |:::! |
‐‐‐‐‐┼‐‐‐┤ .|    || .|       __ . ! !.| | | | | | | | | | | |!| | | | | | | | | | |!|  .!ニ.ニニニ.!_ ! . i: :|!|    _|_|____|:::! |
     .|    ゚| .|    || 」.「゚゚ ̄ ̄ ̄}:| ! !.|――――――!.|―――――‐l.|  .|| ̄ ̄¨|ヽ! . i: :|!|   _「:|  __  .!」__」_________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ..|      |:!_ ! !.|――――――!.|―――――‐l.|   ̄ ̄ ̄ . ! . i: :|!|   _!::|  |富|  !
            |         |      |:!_ ! !.| | | | | | | | | | | |!| | | | | | | | | | |!|          .! . i: :|!|   _!::|  |士|  !
――――――|――――‐.|      |:!_ ! !.| | | | | | | | | | | |!| | | | | | | | | | |!|          .! . i: :|!|   _!::|  |鷹|  !---------
            |         |      |:!__! !.| | | | | | | | | | | |!| | | | | | | | | | |!|          .! . i-、`ヽ、 .!::|    ̄.  !
._______.___________|_______________|      |:! . ..!.|二二二二二二!二二二二二二l.! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{ . 」‐、 `  ゚!::|       .!______________
            |         |      |:!''''ィニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニゞ''''''''''''''''''''''''''''''    ヽ、!::|       .!
            |         |      |:!          ィ、二二ニニゝ                 `!::|       .!

       / ̄ ̄ ̄ \
     / ノ    ヽ \
    /   (ー)  (ー)  \.   一年ほどだったけど、
    |      __´ _      |   懐かしいな……
    \        ̄    /
    ノ           \


   表札の姓は、あのとき疎開していた糸屋の旦那と同じだった。
   出征していた長男が、いまの主人のはずだ。

   寄って挨拶する必要も無かった。

   が、もとのままの古い玄関を見ると、
   「ただいま」と入って行きたいような衝動を感じた。

.

122 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:08:14 ID:cQUR47Nc0 [16/100]

   家の前の、昔より幅が広くなって舗装された道を、
   常夜灯が明るく照らし出している。

   その同じ光の中に隣の家の門が、
   白く浮き上がっていた。

   俊夫は躊躇せず、そこに向かった。


                                  ┗| : : : |   _,,-'~''^'-^゙-、'~''^'-^゙-、
                                    | : : : |┛ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-:::::::::::::::゙-
______________                   ┗| : : : | /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::i
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄!| : : : | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>||     . . . ...::::::!     .|.__ |
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>||   . . . ..::::::::::::::|       ||〓| |
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>||  . . . ..::::::::::::::::::!     .||矢| |
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>|| . . . ..::::::::::::::::::::::!      .||羅| |
二二二二二二二二二二二二二||. . ..::::::::::::::::::::::::::::::|     .||内| |
─┬─┬─┬─┬─┬─┬┴┐ :::::::::::::::::::::::::::::::::|     .||科| |
┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┤ :::::::::::::::::::::::::::::::::|     .|  ̄ .|
┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┤ :::::::::::::::::::::::::::::::::|     .| : : : |
┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┤ :::::::::::::::::::::::::::::::::|     .| : : : |
┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┤ :::::::::::::::::::::::::::::::::|     .| : : : |
─┴─┴─┴─┴─. - - 、 ┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l.,___,.;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ● ●) ヽ
                  、 -'-  ノ
              r     へ、
             GL  _ィ`○
               〆 /`ー'
                 ̄´

.

123 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:08:37 ID:cQUR47Nc0 [17/100]

   軽量鉄骨造りの大胆なデザインの住宅である。

   その平らな屋根の上に、白い丸いものが見えていた。


                                      __...,,,_
                                    ィ´ | ヽ  `ヽ
                                  / / 。o≦三三三ミ、
          ┌─‐───────────┬──────‐┐ `~'Y"ヾ_,.`八__;;人゙゙,//
              |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |:::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|(ヾヾ|ノヾ; /ヾ;| レ'_;.,、;;;)
              |   | ̄ ̄| ̄ ̄|   | ̄ ̄| ̄ ̄|  |:::| | ̄ ̄| ̄ ̄|  |ヾ''ヾゞ、,//':'ヾ" i、ヾ//丿
              |   | / | / |   |ェェェェ|ェェェェ|  |:::| |ェェェェ|ェェェェ|  | "\゙゙Y゙゙ ;゚'ヾj レ| ;;/,::丿
  ┌┬┬┬┬┬┼┬┬┬i|_________┌─┴──────‐┼l  |!: : `゙|ノ ノ | //、.,,,_
  ├┴┴┴┴┴┴┴┴┴{===============| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄|::|   |!: : ( / |i //
  | ____    _____/ /:::| ̄ ̄ ̄ ___ ̄「|   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |::|   |l: :  :|  |l /
  | |//|//|  ,,,|゙,,//|ヾ/ /:::::|      |「::::::| | |:|   |//// ___    | |::|   |l: :  :|  |l |
  | L r‐┤ (:.:.::;;;;i⊥/ /:::::::|      ||:::::::| | |:|   |/// /:::::\  | |::|   |l: :  :|  |l |
  |   (;;;;w;)(.:.:;;;w;;i/ /::::::::::|  (:;;;゙)||:::::::|_|_|:|   |//....〈=─‐=〉....|| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄|¨ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴|/|Z  |::::::::::: /                |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬|/|ニニ7|:::::::/                 |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴|/|ニニニZ/                  |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴


.

124 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:09:08 ID:cQUR47Nc0 [18/100]

   俊夫は後ろに下がって、
   道路の反対側の端まで行った。

   思った通り、
   そこからだとドームの上部が、かなり見えた。

   もちろん、迷彩は落とされ、
   月光に白く輝いている。

──────────────────────────────────────────────────
                                                                   ___
                                                                  ̄'''‐-、.`ヽ
                                                                      ヽ:..`、
                                                                       i::. .l
                                                                       i::. .l
                                                                       i::. .l
              |iヘ          ム                                            /:..,ノ
             |Xヘ   、一-、    .ハ                                    __,,, -‐'"/
                  |XXヘ( ゞ_,,ノ _  /Xt!
        |ヘ     |XXtヘ`ユ|_|_1| ノXXj   ,x<7
        ヾX;、    |XXXXXXXX/XXX/  /XX/
        ヾX>x、. |XXXXXXt∠XXXXノ/XXX/
         ヾXX;ゝ-‐''"´_二-‐''"´ ̄ヾXXX/
        、_ゝ'´ _ 二i 1===;ti‐、  ヘX∠..___,,
         ヾX゙マ'~| | ̄ | |    ||`ヽミ|! 〉XXXソ
          ` ̄ヽl |ニニ| |ニニニ||ミヽ||/ー'''´
                i |__.|...|___.||_,,Z||t‐-、
            , ォ=| |─‐| |―‐ァ~ ̄ , ̄   "'''- .
      _,..-''"(|   | | l l l|_,,」/    `' ,      "'‐、
   , -'"  , '゙ ` ̄ ̄ ̄´゙ 、           ' ,      ヽ
 /    , '゙             `,           ' .      ヽ
'゙   , '゙              ',           `、     ヘ
──────────────────────────────────────────────────


                                   , --  、
                                    /      ヽ
                                     ゝ     ノ
                                       (|   三|)
                                     | 三三|
                                   し   J三
                                     三三三三三
                                       三三三三三

125 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:10:08 ID:cQUR47Nc0 [19/100]

   俊夫は、少し左右に動いて眺めてから、
   道を横切り、門を入った。


                                      __...,,,_
                                    ィ´ | ヽ  `ヽ
                                  / / 。o≦三三三ミ、
          ┌─‐───────────┬──────‐┐ `~'Y"ヾ_,.`八__;;人゙゙,//
              |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |:::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|(ヾヾ|ノヾ; /ヾ;| レ'_;.,、;;;)
              |   | ̄ ̄| ̄ ̄|   | ̄ ̄| ̄ ̄|  |:::| | ̄ ̄| ̄ ̄|  |ヾ''ヾゞ、,//':'ヾ" i、ヾ//丿
              |   | / | / |   |ェェェェ|ェェェェ|  |:::| |ェェェェ|ェェェェ|  | "\゙゙Y゙゙ ;゚'ヾj レ| ;;/,::丿
  ┌┬┬┬┬┬┼┬┬┬i|_________┌─┴──────‐┼l  |!: : `゙|ノ ノ | //、.,,,_
  ├┴┴┴┴┴┴┴┴┴{===============| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄|::|   |!: : ( / |i //
  | ____    _____/ /:::| ̄ ̄ ̄ ___ ̄「|   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |::|   |l: :  :|  |l /
  | |//|//|  ,,,|゙,,//|ヾ/ /:::::|      |「::::::| | |:|   |//// ___    | |::|   |l: :  :|  |l |
  | L r‐┤ (:.:.::;;;;i⊥/ /:::::::|      ||:::::::| | |:|   |/// /:::::\  | |::|   |l: :  :|  |l |
  |   (;;;;w;)(.:.:;;;w;;i/ /::::::::::|  (:;;;゙.., --  、.   |//....〈=─‐=〉....|| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄|..゙/      ヽ..゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴|/|Z  |:::ゝ     ノ             |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬|/|ニニ7|:゙(|     |)            |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴|/|ニニニZ |     |                |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
                          し   J



   門の表札には「五十嵐」とだけ書いてあった。

   俊夫は五十嵐氏がどういう人か、まったく知らない。

.

126 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:10:37 ID:cQUR47Nc0 [20/100]

   が、104番で調べて、
   一ヶ月ほど前と今朝の二回、電話をかけ、
   五十嵐氏夫妻の声だけは聞いていた。



         `7Y⌒ ─-イ      .|ミ |ー.乂      )
        //       |      |ミ |ー'   ヽ  } 从{──v    はい、五十嵐ですが……
         〈__ r匕___       人ミ|    )乂)ハ} /   ハ
          |l li li li li li li li`ヽ イli li 人       <    ハ
          Y(___ イli li li li li/     <       .ハー-
           Vli li| li |li li li /  ,。r<            /
              |ili li| li |li l/  /             /
           ー---- イ   /ーミ           /
          /     \ {く⌒Vム          /
         /         八 \  Vム.         /
         (\       ' .ハ  Y \\      /
         \\       |     |    \\   /
                                    ___
______________________/電話中\_____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        し           ___
   ど           /      \
     ろ.    /〔|/  _ノ    ヽ_\
    も.      〔ノ^ゝ .u ,(●) (●)、\   突然の電話で――
.      ど    ノ ノ^,-       __'__    |
.  ろ      /´ ´ ' , ^ヽ    `ー´  /     来月の25日の晩は御在宅でしょうか?
         /     ノ'"\_  ー  ´-、
       人    ノ \/_____ ノ.| ヽ i
       /  \_/ |.   r彡゙(__)\,| i |
      /    ノ  >.r彡  ハ  |   ||



   五十嵐氏自身が電話に出たのは最初のときで、
   とっぴな質問にとまどっている様子だったが――

.

127 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:11:07 ID:cQUR47Nc0 [21/100]

         `7Y⌒ ─-イ      .|ミ |ー.乂      )
        //       |      |ミ |ー'   ヽ  } 从{──v    ええ、うちにいますよ
         〈__ r匕___       人ミ|    )乂)ハ} /   ハ
          |l li li li li li li li`ヽ イli li 人       <    ハ
          Y(___ イli li li li li/     <       .ハー-
           Vli li| li |li li li /  ,。r<            /
              |ili li| li |li l/  /             /
           ー---- イ   /ーミ           /
          /     \ {く⌒Vム          /
         /         八 \  Vム.         /
         (\       ' .ハ  Y \\      /
         \\       |     |    \\   /
                                   ___
______________________/電話中\_____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                   ___
                  /      \
          /〔|/   ⌒  ⌒_\
            〔ノ^ゝ.u  ,(ー) (ー)、\   ああ、よかった。
           ノ ノ^,-       __'__    |
         /´ ´ ' , ^ヽ    `ー´  /     お伺いして、ぜひお願いしたいことがあるのですが……
         /     ノ'"\_  ー  ´-、
       人    ノ \/_____ ノ.| ヽ i
       /  \_/ |.   r彡゙(__)\,| i |
      /    ノ  >.r彡  ハ  |   ||



   一ヶ月先のことを、うけあってくれたし、
   俊夫がおそるおそる訪問したい旨を申し入れると――

.

128 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:11:41 ID:cQUR47Nc0 [22/100]

             l,   ̄´トへ \` ̄  / ミl-‐、ヽ.}
.              _l/`ー'´\ソー‐'`ー一' 、.!/ヽ!ミl
.             /-l/, , ,ィ ll´ ll l゙iト、  l  ミl )ノ,!ヽl    そうですか、
           { l l///l, '´ ̄ ̄`゙ヽlヽィ{、ミl(_ノミミ)
              \l }リ   ,=- .,__ リl\ヽ,! l| ヽ〈     では、お待ちしています。
             ハ/ /// |l |l llヽl lハミミ/  l|\、}
              〈/|∨l | _リ リ リ川 ll─-- ⊥.__l__
         ┌─---ヽ! \/:::::::`Tフノノl/、 l    ,. -‐‐}
.        ;  l   ノ:!   丶:::::_j;ィ'" //:ヽ. l  /
.        ,'/| l  ./ : |  l  /   /./::::::| l (__ノ
       // l l /: : : l    /  _/ / :..:::| L.____
.       //::::l l_/__-‐┴─=  ̄      ̄          ___
______________________/電話中\_____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         ____
    ==/      \  彳
--=--- ―  ―    ===彡
     (●) (●)         \ 彡
   == _´___     ===三           /ヽヽ
      \`ー'        /       /ヽヽ  \
  ‐‐‐‐=丶    _ ‐‐‐'´==彡    \    _
          `Y´  ‐‐=‐‐‐      _    ∠、
   ‐‐==‐     ||            ∠、    oノ
               ||             oノ     /
                         /     /^ヽノ
                        /^ヽノ
           i|i
      /⌒ヽ  ̄ ̄  ̄  ̄ ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



   あっさり答えてくれたので、
   俊夫は、かえってびっくりしてしまった。

.

129 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:12:37 ID:cQUR47Nc0 [23/100]

   なにしろ、見知らぬ男からの
   訪問予告の電話である。


             |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |\
     ____    |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |  \
.    / /|/| |_  |゚ |        .|  |   |    | |   |  | |  |         ||.0   |    \
 / ./|||| |  |∠/| |  |        .| ノ.       |  !  | ノ .|  |          ||    |    |
 | ̄| ||||/|/::/(二).|  |____.|,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,,,人,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,|______||    |    |
 |  |/|||| |/| ⊂ノノ__|/                 ___________ \   |    |
 |  | ||||/|/|  木                   /※※※※※※※,,,ヽ   \  \|.   0|
 |  |/|||| |/  ゚ ゚ ゚                 / ※※※※※※※※※\   \  \   .|
 |  | ||||/                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_|
 |_|/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|                l⌒l⌒l i⊂⊃i   |\ \
/            /           /_,|                ⌒'⌒ l______,l   |  | ̄|>
             | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|                              |\|_|
             |_|            |_|                            |  |

         ____
        /―  ―\
      / (●) (●) \.      怪しまれて途中で
     /     __'___     \   切られるんじゃないかと思っていたけど……
      |      `ー'´      |
      \            /
        /         \
       |              )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ




                ′'
                 ´
        / ̄ ̄ ̄\
       /        \
     / ─   ─    ヽ   五十嵐さんは
     |  (●)  (●)    |   作家なのかもな
     \ ∩__'__/777   /
     / (丶_////    \


   作家なら、編集者が原稿依頼に訪問するだろうし、
   その予告の電話もあるに違いない。

   この類の電話にも慣れているだろう。

.

130 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:13:11 ID:cQUR47Nc0 [24/100]

   何にせよ、五十嵐氏の承諾は得たのだし、
   俊夫はその後、別に五十嵐氏の身許調べはしなかった。

   そして今朝、一応念のために電話をかけたところ、
   出たのは女の声で、



        \: : : i:\: ミ、    .i         |/',: : :',: : : : : :!
          `}、:.|: : :>―          /',: : :',: : : :.八.      はあ、うかがっております。
.            |: ヾ: : : ト.    r‐‐ァ.    /i:::',: : :',: : : : : :\   どうぞ、おでかけください。
           /|:/: :i: : :|:::>.        /  ト ::',: : :',: : : : : : :.\
.          /: |': : :|: : :|::rー'ヽi> - イ     ! \Vヽ',: : : : : : : : \
         /: : : : : :!: : :i/   iヽ       ハ  ';;;;;;;;',:.: : : : : : : : :\
       /___>!/V!   |         i  i;;;;;;;;l\ : : : : : : : : \
      /: /     |;;;;;;|    |         |  |;;;;;;;;ト、 \ : : : : : : : : \
     /: : :/     /!;;;;;;|    |、_   ____ i  .i;;;;;;;;! \ `マ : : : : : : : :\
.    /: : :/     /__!;;;;;;!   .|           l   !;;;;;;;;i   ヽ  `マ : : : : : : :\
   /: : :/.       ~ |;;;;;;|\  i           i  ,-!;;;;;;;;|´ ̄ ̄    \ : : : : : : \
.  /: : : i        |;;;;;;|  \ヽ        // |;;;;;;;/           .\ : : : : : : \
  {: : : : |          |;;;;;;ヘ ノ  \  ヽ/  / {   !;;;;/              〉 : : : : : : : \
  ヾ: : くヽ        ヾ;;;;;;;;\\.  \  } ./ /  ヾ{              / : : : : : : : : : : ヽ

                                   ___
______________________/電話中\_____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                   ___
                  /      \
          /〔|/   ―   ―\
            〔ノ^ゝ   ,(●) (●)、\   (奥さんかな?)
           ノ ノ^,-       __'__    |
         /´ ´ ' , ^ヽ    `ー´  /     はい、それでは――
         /     ノ'"\_  ー  ´-、
       人    ノ \/_____ ノ.| ヽ i
       /  \_/ |.   r彡゙(__)\,| i |
      /    ノ  >.r彡  ハ  |   ||

.

131 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:13:36 ID:cQUR47Nc0 [25/100]

   俊夫は、着ている仕立ておろしのツイードの上着を見回し、
   ついていた糸屑を取って捨てた。



.      !    ゙'      :.:.:.:.:.:::::::::/
.      ヾ,::  ー -  ..:::::::::::::::::::x'
.         ヽ、       :.:.::/  〉i;ヽ.,__
        _,イ,'`ーァ---;;;;;;/   / i: ; : ;i `'‐-- .,_
       _, ィ: ;:/|  i i  /    / ./; : ; : !: : : : : : :  ̄: ‐- 、
.      : ; /; : ;i | ,.人  _」ヽ   / /: ; : ; : |; : : : : : : : : :/: :ヘ
     : ;/: ; : i |;:;:;i / | /;:; __ -‐ 、.゙; : ; |; ; , , ; ; : ; /: : : : : ',
.       /: ; : i! |;:;:;i ヽ. -‐ ニ   _,. 、 i..゙; : |; : ; : ; : ; /: : : : : : :.',
.      :/: ; : ;i! ';:; /   '' 、`丶、,..゙; : ; : :| : ; : ; : ;/ ; : ; : ; : : : i
..    /: ; : ;:.. /     ヽ` 、ノ.゙: ; : ; : |; : ; : ;:;/: ; : ; : ; : ; : : i
.      ; :ァ ア'´        , ヽノ..゙; : ; : ;.;.|: ; : ; :/; ; ; : : : : : : : : :}
.     ;../ /       /` _ノ:.\‐-, : |; : ; :i/: ; : ; : ; : ; , : : : :|
.      ´::|       _/` ̄| : : : : : \ ̄: ; : ;:!丶、; : , : : : : : , :ト、
.     : : :..|-┬ ¨:;:;:;:;:|   i : : : : : : : \; : ; :i; : ; :`': ; : ; : ; : ; : : |


.

132 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:14:08 ID:cQUR47Nc0 [26/100]

   それから、ドアの横のボタンを押した。


                                        |三三|三三
     n__ o.   _     __n__ o        . _.        |三三|三三
     | r‐┘   └┘/7  └ォ r┘  ___  └┘/7.     |三三|三三
.    ∟ニコ    <ノ   <八八>  ゛―――'   <ノ.    |三三|三三
                                        |三三|三三
                                       r「:|三三|三三
                                       |:|::|三三|三三
                                       |:|::|三三|三三
                                       |:|::|三三|三三
                             __ _ ___ _     |:|::|三三|三三
                          ,.-‐ ニ"゙゙ _,,.. --一'    〔|:|::|三三|三三
                    /   '' 、`丶、        `¨|三三|三三
                   /     ヽ` 、ノ            |三三|三三
.            _ュ-ォ‐ァ ア'´        , ヽノ.            |三三|三三
   __,. -―  ´ / / /       /` _ノ             |三三|三三
 ̄            |  |  |       _/` ̄                  |三三|三三
             |  |  |-┬ ¨                  |三三|三三
.            '、 '、 '、_j                          |三三|三三
              _'、 ┴ ¨                          |三三|三三
   _,. -―   ̄                               |三三|三三
 ¨´                                     |三三|三三
                                        |三三|三三


.

133 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:14:36 ID:cQUR47Nc0 [27/100]

      n__ o.   _     __n__ o        . _
      | r‐┘   └┘/7  └ォ r┘  ___  └┘/7
     .∟ニコ    <ノ   <八八>  ゛―――'   <ノ



               ,. -─-  、
               /        \
             /           `、
                l ―  ―       l
                l(● ) (● ).     !
                 、   ´       /
                 \  ̄      /
             /.>_     /::::::i:::ヽ._
.          _ ,,、-ー/ !// ー ヘ ̄/:::::::::l:::::::::::`:ー:.、
      ,´:::::::::::::く::::::::/ i  /   ヽ::::::::::!:::::::::::::::::::ゝヽ.
       /::{::::::::::::::::>:i   l7i   /:\:/::/:::/::::::::::::::::i
      ,'::::::i::::::::::/::::::l  /;;;;l  /::::::::〉::::://::::::::::::::::::::::!
      /:::;::::∨:::::l::::::::::i /;;;;;;l. /::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::/
     /::::ヽ:::::〉:::::l:::::::::l /;;;;;;;;l. /::::::/;;;;;;i:::i::::::::::;;;;::::::::::::::>
    <::::::::::ソi::::::::l:::::::::li;;;;;;;;;;;l/::/,、;;,、;;:l!::l_/´:::::::::::::::: ソ
    !:::::::ゝへ、;;;::::!::::::」--‐‐'''""゙゙`ヾゞMソ/::;;;;:::::::::::::::::l

   家の中でチャイムが鳴っている。

   俊夫はボタンから指を離し、
   一歩さがって待つことにした、その瞬間――

.

134 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:15:09 ID:cQUR47Nc0 [28/100]

──────────────────────────────────────────────────
   _,n_00                    |//,|.  ヽ
  └l n |    ,⊆.己  _,n___             |//,|    ヽ
    U U    `フ_厂  `l_ヤ′            |//,|.      ヽ
       ┌―――――――――――――..|//,|.      ヽー┐
       | |三三三三三三三三三三三三三.|//,|        ヽ.|
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |          _,z‐=ミ、__、.  |//,|        | |
       | |.        /{「 l{      }\_゙|//,|        | |
       | |        {ljトミYiト、        |//,|        | |
       | |       〈jf⌒ }l{厂フ7廴   _,|//,|        | |
       | |.          ハV ∧{L//___彡'"´. |//,|        | |
       | |        /人〈     ̄j人 \、、|//,|        | |
       | |        弋fぅ{ --テ=≦コトミY..゙|//,|        | |
       | |        i 厂// ノ、rぅン }ミソ⌒.|//,|        | |
       | |      厶-トし' \二ノ ノシイj/゙|//,|        | |
       | |.   __ __  }/⌒ー=ミヽ  ,ノソ__,ノ....|//,|        | |
       | |. ( \\{ ‘ ーr' jリしifシ´{ミ三ぐ|iーi,| r 、     | |
       | |..( \  \\,ノ八 ノ川レ'  | l{  |lニl,| | !l      | |
       | |. \ \ ̄\\斗f'"´__j_/jハルリ゙|L.l,| | ;!!.      | |
       | |.   ヽ ´\⌒ヽ\l ̄      j.  |//,| |-|l.     | |
       | |    \ ノ\ \\     /=...|//,| |i l.!      | |
       | |..   f⌒ヽ  \_ ⌒ヽ /.   |//,| |.! !!.    | |
       | |    人=彡'\ '⌒ヽ ノ}/       ||l l|| | !.||.    | |
       | |.      \ '⌒ヽ  ノ ,|      ||l_l|| | l ||.     | |
       | |      ト=- ,ノイ⌒゙ {  __厶= |//,| | | |l.     | |
──────────────────────────────────────────────────

           ____       l_
           /\  /\       /
        /( ○)  (○)\     >
      /      __'__    \    \
       |  u   /___/     |
       \     ,. -'"´´ ̄`ヽ
        /    (___   |
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |


   いきなり、ドアが開いて、
   人が顔を出したので、俊夫は面食らってしまった。

   ボタンを押してから5秒も経っていない。
   まるで自動販売機のようだった。

.

135 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:15:38 ID:cQUR47Nc0 [29/100]

   相手は白髪の老人だった。
   飴色の太い眼鏡をかけている。


           r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
          (                          )
           )  丁度、外に出るところに      (
          (   鉢合わせしたかな?          )
           )                        (
           丶~'⌒'〇'⌒'~⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
                 O
                 o
                 ゚
                      -――- 、
               /          \
                  , '               ヽ
              /      ⌒    ⌒  Y
               |    (   ●)  ( ●) !
               |                  }   夜分、お邪魔して、申し訳ありません。
             V           ´     /
               ∧ ̄ヘ.     ' ー一  /    私は、先日お電話したものですが、こういう――
.            /::::::::::ヽ \   ___/
          /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´
         /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ
       /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
       ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.       ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、
.     /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::i. | i
.     /.:ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、_::::::| } |,
     i::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::i / ノ
      i::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi/
.    |:::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.    |:::::::::::::::::::入:::::::::::::::::::::::::::::::::::V'´

.

136 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:16:05 ID:cQUR47Nc0 [30/100]


────────────────────────────────────────────
         〈:/:::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::|    |///|    }:::::::::::::/::::::::::::::
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨:::::::::::|     }///|    |::::::::::/:::::::::::::::
      〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨::::::: |  ノ |'///!     |:::::::/::::::::::::::::::
      〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ ::: |   |///,|/\  :::::/:::::::::::::::::::
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨::: , ´ ̄ ̄ ̄)  \::/:::::::::::::::::::::::
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  ´ ̄ ̄ ̄〉   \::::::::::::::::::
     }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::.-:::::7      ´ ̄  ̄八     ヽ:::::::::::::   ス
    /:::::::ゝ:::::::_::::.-:::::´:::::::::::::::::〃      ´ ̄ 〉:::: `ヽ   〉:::::::::     ッ
.   〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {{..:::- ‐  ..::::::::´:::::::::::..     /:::::::::::
────────────────────────────────────────────


   用意の名刺を差し出そうとするのを、相手はさえぎった。



          _ ,,... -- ‐ ''"~゙ '"´`ヽ
     ,-‐ ¨            / i
     /、             、  ,.'  , l
    l \     _, ィ i l  / / ,i
 .    i   ト、- イ lヽ  リ/ //  /L
      li 、 i ヽ i l リ 、ム,ィ´ヽ//ノ!
     ヽミ、 「 ̄ニヽ!"〃,.、 i   i /⌒!.!、
      〈  l 〈`ヽ "´  } ノ  ,、V i^ l ハ\
    / lV!、`゙  ,j    '" ,,. ' ノ l  } ノ  i    まあ、どうぞお入りください。
   ,.'  i V 、 \   _ -,.ニィテン  〈/\._j、    お話は中で……
 . /  / ヽi  '¨fゥ,、v‐'" ‐''¨´ ,  ミi   /
  ;  /   ', ` ̄/!,、  ヽ.,_ノ   ヽi.  /
  i  ,'    バ ̄ 、! ,.      ミj  /
 . ! i.    / ,ハi , ,`Y i 、、、、 ミ/, '
   i l    /  V//-‐ -ヽ l `y /
  ./ヽ i   /   V/´7Tヽ リ/ ヽ i、
  ト、 ',\ ( 、.   V__!__ゾ    | lハ  /
 . ! \ヽ. \i l:、    / \     i l:: ∨

.

137 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:16:36 ID:cQUR47Nc0 [31/100]

   電話より幅のある声で言い、
   五十嵐氏はドアを大きく開いて、

   俊夫を玄関に招き入れ、
   抱くようにして、横の部屋に誘った。


               |
       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     / . |          |
      /    .|          |
    |      |          |
    |      |          |__
    |      |         O|
    |      |          |
    |      |          |
    |      |          |
    |      |_____|
    |   /            _______
    |  /            /⌒\\(((} ̄}ハ
    |/           / ニニニY⌒ ー─く}┐
.  /              { 三三ノ <\     }ノ
                イ二ニノ 〈rォ_≧ }イ}   さ、さ、
               ノ=〈⌒//  __ノ _〉 }   どうぞ、こちらへ
             {ニニ∧_{//  rrrrrfff}
               \ニ| {///// (三ンノ}
         r‐/ ̄ ̄{_{==`><{_{_{__}ノ                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       /´ ̄ ̄`\ ̄`\ニニニニ\{                      |   - -、              |
      /           \  \二二二}                         | .(● ●)ヽ  アッハイ    |
.    _/          ヽ\ \ニニ}\       __              | .、 -'-  ノ             |
   /={               }  \ ∨(__)\\     { \           ヽ___________/
    {ー:{ノ           }   _) ∨二二  V> .,人  \
    {/              /  ∧  ∨二ニニ ∨{ (⌒\ ノ}'
  /            /    /∧  }ニニニ}  } }--\  ヽノ}


   老人だが、五十嵐氏は、
   173cmの俊夫と同じ位の背があり、
   断るわけにいかなかった。

.

138 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:17:28 ID:cQUR47Nc0 [32/100]
          ,.;-=、.              | :.::|//
 |    || o |/|//..|| (ニニ?ニニ?ニニニニコ | ツ/
 |    || / ..|  ||: :  /;;;ヽ / ヽ    |;i´
 |    ||r'゙ | o.|  ||: :  |_j::;;| |_ィ |    |i!
 |    || o |/|..//||: :   L....! L...,!  ... |゙ー、     //
 |    || / ..| ,r'i|: :          ....::::.:.::| :.::ヽ.   /
 |    ||r'゙ | o.|ー'oi| _____,__ r=======-、!____
 |    || o |/|_../            |.....................| |
 |    || / ,r'"⌒i.          ,r'     ,r'. |
 |    ||r'../ / l__   ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./!
 |    || o|⌒`i /   /)/         //|
 |__||/!:.::.└――、 /          ,//゙ー'
       !_____,,ノ 仁二二二二二二i/
              |i;:|       |i;:|
              ゙ー'       ゙ー'

         ___
        /     \
      /   ―  ―\
     /   ( ●)  (●)\   ご挨拶が遅れました――
     |       ___´___   |
     ヽ、    `ー '´  /
     _/⌒ヽ     ィ
    i'⌒゙l |   l       \
    |  |. |   |       ト \
    |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、

────────────────────────────────────────────
         〈:/:::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::|    |///|    }:::::::::::::/::::::::::::::
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨:::::::::::|     }///|    |::::::::::/:::::::::::::::
      〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨::::::: |  ノ |'///!     |:::::::/::::::::::::::::::
      〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ ::: |   |///,|/\  :::::/:::::::::::::::::::
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨::: , ´ ̄ ̄ ̄)  \::/:::::::::::::::::::::::
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  ´ ̄ ̄ ̄〉   \::::::::::::::::::
     }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::.-:::::7      ´ ̄  ̄八     ヽ:::::::::::::   ス
    /:::::::ゝ:::::::_::::.-:::::´:::::::::::::::::〃      ´ ̄ 〉:::: `ヽ   〉:::::::::     ッ
.   〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {{..:::- ‐  ..::::::::´:::::::::::..     /:::::::::::
────────────────────────────────────────────


   すすめられたソファに浅く腰を下ろし、
   俊夫は改めて、名刺を差し出した。

   会社の肩書きがついた名刺だった。

   今夜の用事は、会社とは関係の無いことだったが、
   肩書きの無い名刺は作っていないので、やむを得ない。

.

139 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:18:28 ID:cQUR47Nc0 [33/100]

   五十嵐氏は、名刺をおしいただくと、

   老眼鏡の度が合っていないのか、
   長い間かかって読んでいた。


                r─xへ
           /⌒   ) `ー')
         /⌒ __ノミ ミ ニニ し')
          (_{ ー{⌒\_入__ニニニニニ(_
        (/⌒ニ{ __/イ  }=}へミ ミ}
          人  f乏  }=}リ }川人
            /__       }=}||ノハ  (__
           ⌒}t=ぅハ  }=}||⌒)川__ノ__
             └r‐ 、///ニニニニ}    )
               〈___. イ /二二ニノ  /_
             |ニニ/ニニニニ/  /
          . --「「「ニニニ/  /
          //ニl|__jニ二/  /
        /. イニニニ||ニニ/  / /
         { {ニニニニ∧ /  //   {
        } }二二ニニ∧ . // / l{    }
   /⌒} .ノ/二二ニ //}} ///   {   // /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニニ / .}}./=======\_/ /
            |二二{  }}     / 〈   /
 /⌒)_____.ノ二二}  }}   イ    }/
  __/ノノノ||  }ニニ.ノ ノ         /


   それから、名刺を
   コールテンの部屋着の内ポケットに大切そうにしまって――

.

140 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:19:15 ID:cQUR47Nc0 [34/100]

\_____________________________________
  |
  |
  |                                           [ニニニニニニニニニニニ
  |                                                | |i : : : : : : : : : : : : : : : :|| : :
  |                                                | |i : : : : : : : : : : : : : : : :|| : :
  |                                                | |i : : : : : : : : : : : : : : : :|| : :
  |                                                | [] : : : : : : : : : : : : : : : || : :
  |                                                | |i : : : : : : : : : : : : : : : :|| : :
  |                      > ``  :{ / /   ``>           | |i : : : : : : : : : : : : : : : :|| : :
  |                   j 、,,、/_V//、、__ノ/:乂,              | |i : : : : : : : : : : : : : : : :|| : :
  |                      ヨ _}_从`^^^´}ハ{__,{=彡 :ノ.            | |i : : : : : : : : : : : : : : : :|| : :
  |                    ] {へ\{ {,_/ノヽハ-: :/   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |                       }、} ィ芯j} i /ィ芯ゝ :} r:{    | ごらんの通りの隠居生活で、           |
  |                      { }{、ー' {_j `ー‐' .ノ } :}.   | 名刺を持ちませんが、五十嵐と言います。   |
  |                   _]}{:  ,ゝ--':、   イ /イ_    ゝ____________________,ノ
  |                     / .ノ :} ://一ーヽ\ } }{八\\         | |i : : : : : : : : : : : : :.:[ ]:||:[ ]
  |                 __//ヽ7 :`' {_/⌒ヽ} :}/ ,ハ,ノ./\\         | |i : : : : : : : : : : : : : : : :|| : :
  |                { ___/\ {_\  : i: :} ´ .//{/  /| |.        | |i : : : : : : : : : : : : : : : :|| : :
  |             V_ \   `}}{\\_,_,__,_,/イ }{ノ|/ 」| |、.       | |i : : : : : : : : : : : : : : : :|| : :
  |.          _ -‐V_   \ /|\}{\ヽ// }{: }{/ / /./ .人\_.    | |i : : : : : : : : : : : : : : : :|| : :
  |      / ̄       \_   /-|:  \}{人{__}{;/  // //       ̄ ̄  ―-
  |    /  /          \_ :|-∧    ((_)厂  _ / //
  |     /  /    /    :/} i|V-ハ   \}/ // ///              /


   五十嵐氏は、太い鼈甲ぶちの眼鏡をかけているので、
   その表情は、はっきりとはうかがえなかったが、

   電機会社の部長が何の用事で来たのだろう、
   と思っているに違いなかった。

.

141 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:20:07 ID:cQUR47Nc0 [35/100]

                     ___
                   /     \
                 / ノ    ヽ \     私、今夜、
               /   (●)  (●) u.\     大変あつかましいお願いで上がりました。
                | u.      ´      |
               \_    ⌒    _/
               ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
               } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
            r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
.           || | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
.           || | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
       ――─.:::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
               " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'


──────────────────────────────────────────────────

                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                  |    ,  ,  、                            |
                  |.  / (● ●    実は、いきなり、               |
                  |.  ゝu  rっ' ノ.  まことにぶしつけでございますが、.  |
                  ヽ____________________     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                              | お宅のお庭に研……              |
                                              | ドームの建物がございますですね。  .|
              |iヘ          ム                    ヽ________________/
             |Xヘ   、一-、    .ハ
                  |XXヘ( ゞ_,,ノ _  /Xt!
        |ヘ     |XXtヘ`ユ|_|_1| ノXXj   ,x<7
        ヾX;、    |XXXXXXXX/XXX/  /XX/
        ヾX>x、. |XXXXXXt∠XXXXノ/XXX/
         ヾXX;ゝ-‐''"´_二-‐''"´ ̄ヾXXX/
        、_ゝ'´ _ 二i 1===;ti‐、  ヘX∠..___,,
         ヾX゙マ'~| | ̄ | |    ||`ヽミ|! 〉XXXソ
          ` ̄ヽl |ニニ| |ニニニ||ミヽ||/ー'''´
                i |__.|...|___.||_,,Z||t‐-、
            , ォ=| |─‐| |―‐ァ~ ̄ , ̄   "'''- .
      _,..-''"(|   | | l l l|_,,」/    `' ,      "'‐、
   , -'"  , '゙ ` ̄ ̄ ̄´゙ 、           ' ,      ヽ
 /    , '゙             `,           ' .      ヽ
'゙   , '゙              ',           `、     ヘ
──────────────────────────────────────────────────


.

142 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:20:55 ID:cQUR47Nc0 [36/100]

        ___
       /     \
     /  ⌒   ⌒\     あそこを今夜しばらくの間、
    /   ( ●)  (ー) \    よろしければ……
    |  u      ___´__   |
    ヽ、    `ー '´  /.   いえ、ぜひ使わせていただきたいのですが……
     ノ          \





         ,. ---‐… ''¨ ̄
      /    l ll    / /
   _,,.ィ l    リ リ / // /
   i l  '、    / /.、/‐‐く //
   ヽ_\ ヽ / ' _ `¨}  フ‐く
   `ヽ`¨ニ二゙  ´ l / ,.ィ.>"
   \| i l  i    j //ニ、
     \ ヽ 、〉!i _ノ ,イ'"i沙
      ト-ニ⊥!l,レ_' 、`¨ ̄
       ヽ.¨ィ弋タ  ` \_,,.     ほう……
.         ハ ¨フ!_⊥.,_/
        ',ー' ヽ、 /、、、.       …………
        ', ,.ィ T⊥ ┴ヽ\
         V ll/,. ''" ̄ ̄¨ }
         Vハ  ,.ニニミ、、、
             V//l  li ヽ \
          |.i l l  リ  l
          ヽゝi.._
          /´--──


   五十嵐氏は、
   俊夫の次の言葉を待っているようだった。

.

143 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:21:38 ID:cQUR47Nc0 [37/100]

          ____
        /     \
      /        \.    実は、ある人が……
     /  \    /  \    いえ、ある人に、私は頼まれたものですから……
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /     必ず、ここへ来てくれるようにと……
    /     ⌒     \



::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
     /ヽ
    イヽ .ト、
.  /   |.| ヽ
. /     |.|  ヽ
-〈  __   ||  _`l_              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
|ヾ||〈  ̄`i ||/ ̄ i| |                |.   ,  ,  、                               |
.|:::|| `--イ |ヽ-イ:|/               |  / (● ●    その人は、あのとき……戦争中です。   |
.ヾ/.::.    |  ./                |  ゝu  rっ' ノ.  ここに住んでいました。             |
  ';:::::┌===┐./                ヽ________________________/
 _〉ヾ ヾ二ソ./
 ̄ゝ::::::::`---´:ト _
:ヽ ヽ:::::::::::::::::ノ   `|:⌒`ヽ
:::ヽ  ヾ:::::::::/   ノ:::i::   ヽ
:::::::|   |:::::|   /::::::::|ヾ:::::::::)
::::::::|.   (●)  |:::::::::::|、 :::::〈
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::


.

144 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:22:06 ID:cQUR47Nc0 [38/100]


        し
   ど                ____
     ろ.             | ┌ |
    も            /..└┘
.      ど.               ,イ`ヽ
.   ろ     / ̄ ̄ ̄\  ー―' r j
       / ノ    \ \      `´
      /u (●)  (●)  \    その人が、今夜ここで……
      |     __´__  u   |
      \    .L:::::ノ    /
      /  u         \


   俊夫はしどろもどろになった。

   どう考えたって、
   自分の言おうとしていることは非常識きわまることなのだ。

   先日、会社の株主総会で説明したときのような
   自信と落ち着きを持つことが出来なかった。

.

145 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:22:51 ID:cQUR47Nc0 [39/100]

   ところが、ありがたいことに、
   五十嵐氏の方で助け舟を出してくれた。


──────────────────────────────────────
ノ  -=ノ       j:: :: ::ミ
ー-ォji!ミミミミー=ミッ:: :: :: ミ
  巛i!i!ゞミ゛`ヾミ:: :: ::ヽ;: ::.ミ    なるほど、時々、そんな話がありますね。
 弋_ -ー =、ヽヾヘ;; :; ヾミミ
    ヽy-一'  ! \;: ;; ::ハミ
    (    _ノ  };; :; ;: ヾ
     `ー≦   ッリ:: ;; ミミ
        }ノノl  ミ:: :; ;; ミシ
       ミ彡川川l|リル川ト
        ヾハリ川川ツ"
──────────────────────────────────────


             __)YYッノ\
         __. イ´      ⌒)_ノ}
         }(   、 、   、   _ノ
         {ミx{l{ }ノY⌒Yノノ /⌒}.     戦地で約束して、
         {ニハ{ {⌒ヘ }__ノ  フ.   10年後に靖国神社で会おう、
         {-{ 人{   } }___ }ニ '⌒}
         {-{(´\ {: }ノ∠ {_}ハ く   なんていう、あの類ですね。
          ∨ こヌ} =イ_fソ }_}_ノ/∧
  ___ノ⌒⌒ ̄V __ノ}   ー一' }_}∧-、/〉                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   \     /V/  マ、、、、 /ニ}{ .} ∨⌒}ー─/                |.   ,  ,  、         |
    ∨   / /∧/fニニニスヽ二八 }   \ノ /                  |  / (● ●  はあ   |
.     ∨  {  {/ ∧/ ー } } }/  /     }//                   |  ゝ   - ノ.         |
     /}  {  {// ∧{____}ノ/{  / /\  }/                       ヽ__________/



   俊夫、自分も年とったら、
   ぜひ五十嵐氏のような物分りのいい老人になろうと思った。

.

146 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:23:34 ID:cQUR47Nc0 [40/100]

            トv}ト--=ミx_,ィ
.             f´    ノ jリ彡{_
           人__ァ宀廴ノじジ{   そうですか。
           }ミ={___({   ノ}イ     いや、私は構いませんよ。
           ノ{^iノ忙tぅ ィ伐「l}
.          }人}}` ̄{ L{ ̄f´.    そういうことでしたら、
.           ((/ 弋i{竺竺{リ.      どうぞご自由にお使い下さい。
         r‐/  l 乂{(_)}ノ____
.         / \_|_l_ ̄ |      | |___
      ノ{      ノ| |   ト、_  |_|―\
.    / ̄\     /l |__,ノ)ヽ / ̄\ ヽ
  / ̄ ̄ ̄\\___ノ 人――r' {(     ヽ |





              ( ヽ、
     /.:. ̄ ̄__\ \
    /: : :    <__ \ \
  /: : : _  <__ \ \ ヘ /⌒/
/: : : : ´  , `└--ミ ヽ、\ - \ |
: : : : :/´ `ヽ    丶  -     〉   ありがとうございます。
: : : :.( ー‐ l    ( \        !
: : : : ヽ_ ` _ノ      \_ヽ     {.    本当に勝手なことばかり申しまして……
: : : : : : ´"''"   '   "''ヘ      > 、
: : : : : : . .    `     \   ∠/ヽヘ                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
\: : : : : : :. ⊂ニニつ    \(⌒)   ノ \                         | いえいえ  |
/ヽ: : : : : : : : : : :         ヾ、 /    \                        ヽ_____/
   /: : : :``ー- -‐'"´     \/ \(
,'⌒ ゝ ハァ
ヽ_ノ



   五十嵐氏は、そう言ったきり、
   何も質問しようとはしなかった。

   やはり紳士だった。
   他人の事情には立ち入らないという訳なのだろう。

.

147 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:24:03 ID:cQUR47Nc0 [41/100]

     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \
  /: : :               \
/: : : : -一'       ゙ー-     \.      \ヽ l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l //
: : : : :/´ `ヽ       r´ `ヽ     ヽ.     \                                /
: : : :(  f;;;;j l,    l f;;;;j  }    l.    ―  でも、五十嵐さんだって、                ―
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;::    |.     二                                二
: : : : : : ´"''"   '   "''"´     l      ―  内心は事情を聞きたいに違いない――     . ―
: : : : : : . .               /     //                               \
\: : : : : : :. ー -- - -       /        // l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l ヽ\
/ヽ: : : : : : : : : :        イ\
: : : : : : : : : :                \


   それに、大体、今夜は、
   この人に全部打ち明けて、

   研究室の使用許可を得るつもりだったから、
   時間は充分取ってある。

.

148 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:24:36 ID:cQUR47Nc0 [42/100]

-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-
                   > ``  :{ / /   ``>
                j 、,,、/_V//、、__ノ/:乂,
                   ヨ _}_从`^^^´}ハ{__,{=彡 :ノ
                 ] {へ\{ {,_/ノヽハ-: :/
                    }、} ィ芯j} i /ィ芯ゝ :} r:{
                   { }{、ー' {_j `ー‐' .ノ } :}.   ごらんの通りの隠居生活で――
                _]}{:  ,ゝ--':、   イ /イ_
                  / .ノ :} ://一ーヽ\ } }{八\\
.           __//ヽ7 :`' {_/⌒ヽ} :}/ ,ハ,ノ./\\
.          { ___/\ {_\  : i: :} ´ .//{/  /| |
          V_ \   `}}{\\_,_,__,_,/イ }{ノ|/ 」| |、
.       _ -‐V_   \ /|\}{\ヽ// }{: }{/ / /./ .人\_
  / ̄       \_   /-|:  \}{人{__}{;/  // //       ̄ ̄  ―-
 /  /          \_ :|-∧    ((_)厂  _ / //
./  /    /    :/} i|V-ハ   \}/ // ///              /
-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-


      ____             \ヽ l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l //
    /::::::::::   \         \                        /
   /::::::::: \,  _ノ\.         二                       二
 /:::::::::( ●)  (●)\       ―  隠居だと言っていたくらいだし、.   ―
 |::::::::::::::::   _'__   |.     二                       二
 \:::::::::   ´-―-' ,/      ―  忙しいわけでもないでしょう。.    ―
   ヽ           i ( ̄}    二                       二
  /(⌒)        ハ_ノ }    //                       \
 / /       /::...   /..    // l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l ヽ\


   昨夜、頭の中に書きつけておいた
   草稿を無駄にする理由は何も無いのだ。

.

149 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:25:14 ID:cQUR47Nc0 [43/100]

                                ___
                              /     \
                            / ノ    ヽ \
                          /   (●)  (●)  \   もし、ご迷惑でなければ――
                           |       ´      |
                          \      ⌒     /
                           ノ           \


   俊夫は意味の無いに等しい社交辞令をまず言って、


                                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                      |   , ー .、                                |
                                      |  ● ●) ヽ  一通り、                           |
                                      |   、 '一  .ノ   事情をお耳に入れておきたいのですが……    |
                                      ヽ__________________________/



                    _ ,,... -- ‐ ''"~゙ '"´`ヽ
               ,-‐ ¨            / i
               /、             、  ,.'  , l
              l \     _, ィ i l  / / ,i
                  i   ト、- イ lヽ  リ/ //  /L
                li 、 i ヽ i l リ 、ム,ィ´ヽ//ノ!
               ヽミ、 「 ̄ニヽ!"〃,.、 i   i /⌒!.!、
             、     〈  l 〈`ヽ "´  } ノ  ,、V i^ l ハ\   ええ、それは……
            -    / lV!、`゙  ,j    '" ,,. ' ノ l  } ノ  i
             ′ '  i V 、 \   _ -,.ニィテン  〈/\._j、    あ、ちょっと、お待ちを……
               /  / ヽi  '¨fゥ,、v‐'" ‐''¨´ ,  ミi   /
て_             ;  /   ', ` ̄/!,、  ヽ.,_ノ   ヽi.  /
  (            i  ,'    バ ̄ 、! ,.      ミj  /
て_             ! i.    / ,ハi , ,`Y i 、、、、 ミ/, '
  (             i l    /  V//-‐ -ヽ l `y /
               /ヽ i   /   V/´7Tヽ リ/ ヽ i、
            ト、 ',\ ( 、.   V__!__ゾ    | lハ  /
               ! \ヽ. \i l:、    / \     i l:: ∨


   ドアにノックの音がしたのだ。

.

150 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:25:47 ID:cQUR47Nc0 [44/100]
                _______________
                 --=ミ、 ────────────
             _,.xvー'´        ,ィf「.... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ,ィ'´ ゙̄´  __,_,ィfj厂八__,ノjノリ '"´ヾ______
.        /lj「l「lTlT'"´j / /////// 三ニ=≦‐ミ'^ミ..  ̄ ̄ ̄ ̄
       {lトN| |{il |  // '⌒ヽY {l/≦三三ミ二ィ三ミハ|.゙____
       ヽヾ}ト!l{_l__/-─'il|l}人_\ヽ.___,∠三ミミl... ̄ ̄ ̄ ̄
         lN|   |   }川ノ/⌒入三三 ,--<`ヽl|.  ̄ ̄ ̄ ̄
         {|lj  _,八ヽ. jレ< ,ィf⌒ `ト==/ /-、∨、l|...____
         ヾハ⌒rf__jr'"ィ7 ̄\ヽ 彡 ト三{ (  } トNj ____
.          {`ー-{lしi'´ / fリ ,ィ{ ,厂 }三}  ) リ .|l リ ────
          ̄「r冫/─、 ̄ ̄}j  _  トミミ}_〈__/ / /......────
───────゙V ,   }\___,ノ│u トミ人__/ / ─────
_______〈__L 斗' 、、.  ̄xくヾ、ノ三ミ/  /.______
            ハ川川ミ≧-─‐<ヽミミミV{   〈 ̄ ̄\     j
              〈/ハ ̄__,. -+ ー ) }j川l|、   \ \ \   /
              ヾリL -─ ´ ̄ ̄  ノハミl|  ー─ \ \ \/─
────────.(_,ィfiTTハミミー--、く}jリリ     /\ \ . ─
________. |l|l|l| | }l|川 } jレ<____,. '´   ヽ...__
               人!l|l| { jリノリ/|   |         / /゙ ̄
               ヾ--一'‘´ │   |       //.゙__
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   五十嵐氏は、年に似合わず素早い行動で立って行き、

   ドアを細目に開けると首だけ出して、
   小声で二言三言しゃべっていた。

   相手は女性のようだった。

.

151 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:26:10 ID:cQUR47Nc0 [45/100]

   五十嵐氏は、

   すぐ紅茶とクッキーをのせた盆を
   自分で持って、戻って来た。

             _____
        __,..イ////   ⌒^^ソハ
         {\\////    ニニニニ∧
         ∨ ヽ.////} }\===ミ  ニニ}_
            〉/⌒⌒ }ノ/>>==ー ニニ}
         {/|  :  //ミ  }_ニ「ヽ\}     家内なんですが、
          {\{ {_ イ _Gノ   }=}イ }ニ}__   寝間着なので失礼すると言っています。
          イf〉  \ _ノ  }=}リ/ミ 二)
            /   u    U |=|⌒Yニニ}
           u `i ー、、、、、、、_ノニ} .人ニニ∧
        f⌒} {イ二二≧|lilililミソ  . <´ ̄⌒)
.       f⌒|  }r=ミi 爪ハ |lilil,.. <´ _____{
.      ∧ 人_ノ__ノ{ノj}}x<´_______ノ\_____
     ∧ ー' . <´ ̄ ̄`\            \    \\
   ┌───────────────────────┐
   │     _()_                             │
   │  ,.-、/ー--一\                        │
   │ lr^y'       ノア                         │
   │ ゛ニi       (__ノ              (v) ,-,   ..│
   │   ゝ____ノ             /~~~r/'´     │
   │    ` ̄ ̄ ̄´____    __  / ̄ ̄ ̄\    .│
   │         「二二二 hi  /  ( <______>  ...│
   │        , -\___/'-.、〈___〉 ` ̄ ̄ ̄ ̄´     │
   │        ゛========''                  │
   └───────────────────────┘

       ___
      /     \
    /  ⌒   ⌒\
   /   ( ●)  (ー) ヽ.   それは、こちらこそ、
   |  u   ___`___    |   かえって夜分遅く、なにして……
   ヽ、    `ー '´  /

.

152 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:26:37 ID:cQUR47Nc0 [46/100]

   五十嵐氏は手を盆の20cm上でとめて、聞いた。


               _____   ′'
             ,x<´     三三≧x  ´
             ノ     x====ミ /∧
           / /   / x====ミ  〈
           { r=ミ } l}⌒Y   __  八
          人_{ }ノノ> '⌒\ニ{ハ∨ 、〈     ミルクにしますか、
            {_イfチフ   }ニ}ノ/  \   レモンにしますか?
             / 、___ノ    }ニ}∧   \}
               /_        .}ニ} }ノノ  }
               }LLL\_ノニノ_人川川{
              └r } } } }/ニニ二二∧
              (_}_ イニニニニニ=一
      , ‐ァ‐ァ─ 、厂}   __}ニニ=一       /
   // /  }/ ./   /  >=========彡
   {  { (   {  / /./´ ̄ ̄ ̄`\
   {       人/ //             \
  〈      / /             \
   {     _ノノノ/                  ∨
  〈   /)   {                     }
  {⌒   }  ノ                     }




         ___
       /     \
      /⌒   ⌒  \
    /(●) (●)    \    それではミルクを……
    |     __´__       |   あ、すみません
    \   `ー'´        /
 ⊂ ヽ∩ ト  _    //  ̄ヽ
  '、_ />!、介 / <,r∠   )
      `<   \ r^´ヽ  /|
     /| \   'ヾ   /  |

153 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:27:42 ID:cQUR47Nc0 [47/100]

   五十嵐氏は紅茶にミルクを入れて俊夫に渡すと、
   自分のにもミルクを入れた。

   俊夫は、五十嵐氏が自分の茶碗に砂糖を入れ、
   かきまわし終わるまで待ち、

   紅茶を一口飲んでから、事情を説明に取りかかった。


────────────────────────────────────────────

                       ___                   ,. -‐- ..__
               r── ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄──__    _,. -=彡‐ '´ ̄´   ̄ ` ─
            ∠´                           ヽ /ニ´- ´  ___
            |-、                           _ イー--‐=ニノ   \
            |  `丶──--______--── ̄    ノ'、  ` ̄`ヽj___  `丶..___
            ヽ                             | (ゝ-──'   ‐'`)
            ヽ                            |  `ヽ‐----─ '´`)'"ノ    ,.--
            ,.,,ヽ                         |   /ゝ-r- ..___.,/,/─--‐'"
        ,,, ,,--''´r'ヽ                          ノ //   ヽ-─--'′
     , .‐'´  -:'"゛  \                     /// `''ー-、
    r'    r' . : ::.     ヽ               , <二/''ー-、    ヽ、
  (     lヽ、  . : ::     `--_____--´:::j      ノ      )
    ヽ、   ヽ、 `''ー-、                ,,,,,,/,--‐'''´    ,.-'´
      `''ー-、,  冖ー--、,l_ /`''ー'`''`''ー'-─'─‐-,ノ,,,,,,,--‐'''´     '''´
         冖ー--、,________ _______,,,,,,,--‐'''

────────────────────────────────────────────

.

154 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:28:09 ID:cQUR47Nc0 [48/100]

                     ___
                   /     \
                 / ノ    ヽ \     実は、私がいま申し上げた約束というのは、
               /   (●)  (●)  \     18年前の丁度、今夜――
                |        ´      |
               \_    ⌒    _/
               ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
               } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
            r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
.           || | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
.           || | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
       ――─.:::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
               " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'


                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                  |                              |
                  |  ここに住んでいた人が              |
                  |  焼夷弾の直撃を受けて亡くなる直前、      |
                  |                              |
                  |  最後に残した言葉だったのです――      |
                  |                              |
                  ヽ___________________/


.

155 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:28:37 ID:cQUR47Nc0 [49/100]

三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===
==================---
-------------- ‐ ‐ ‐
- - - - - - - - - - - - - -




.

156 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:30:49 ID:cQUR47Nc0 [50/100]

   18年前のことなので、記憶は薄れてしまっている。

   だが、俊夫がいまでも大事に持っている古ぼけた手帳には、

   質の悪い戦時中のインキで書かれ、
   薄茶色に変色してしまった時が、次のように並んでいる。

──────────────────────────────────────────────────

    ┌────────────────────────────┐
    │                                            │
    │  < 千九百六十三年五月二十六日午前零時、研究室へ行く事 >   │
    │         ~~~~~~~~~                             │
    └────────────────────────────┘

                        _______,
                         /:: :: :: :: :: :: :: :: ::/:)
                     /:: !:: :: ;:; :; :;:; :: :/:/::
                       /:: :; :: :: :: :: ;' :: ::/:/::
                   /:: :#:: :: :: ;: :: :: ::/:/::
                    /;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;/:/::
                   '三三三三三三l:/:::::

──────────────────────────────────────────────────

   六十三年に傍線が引いてあるのは、
   先生が1963年と何度も念を押したからだった。

.

157 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:31:21 ID:cQUR47Nc0 [51/100]
 : : : : : : : : : : : :        : : :',: :',ハ、
 : : : : : : : : : :           : : : :!|ハ
 : : : : : : : : :              : : !| ハ
 : : : : : : : :                  : :!| ハ
 : : : : : : :   , -―――-- 、      :!|  .ト、
 :\: : : :  (xx: .        `ヽ、   :!| / ヽ
  ___ヽ: : :   \XXXxxxx. . . . . ..ヽ  |./. . . .}
 i!:.::.: : : :.   `ヽ、XXXXXXXX:ソ  |{メメメシ
 .:::.:.: : : :.      ` <XXXx/    | T ´
 .:.:.: : : : :          ̄ ̄     | .l       1963……1963年の今日、
 .:.::: : : : :                   | .l      5月26日ノ午前0時ニ……必ず自分の研究室に………
 .:.:.: : : : : .                | ,!
 :ト、: : : : : .                   |/       1963……5月26日ノ午前0時、
 ::ハ: : : : : : .        _______!.        必ズ――研究室ニ来テクレルヨウニ
 :::::ハ: : : : : .        l::`ー、_i二二/
 :::::::::ヘ: : : : : .       l::  ヽ   {'
 :::::::::::::\: : : : .      !::  〉--〉ー 、
 ::::::::::::i::::::\: : :.      ';. /:::::/:.   \_
 :::::::::::::i:::::::::::` ー------ェ--‐':::::::::.  ノ、ヽ:. ̄ ̄ ̄ヽ




                                 …………――



     _  -‐=ニ   ̄ ̄¨¨ニ=-
   ,             _   `ァー=x、
  /     _..ニ=‐  ¨¨ ̄    ̄〈XXXX\
/    /                 VXXXX∧
     /                  VXXXXx} \            ー==ニ二ミ:、
                      ⅤXXX/    \         /           `
  /                    `ー=='      ヽ   __/  ,.ィ         ヽ
. /                          V7777ヽ         (  ,ィ7/_)          \
/                        ∨// __ \   ‘,7'`(  ̄ ̄     ノ        \
                         ∨ /:::\ \   V   `ー ...-‐‐-=イ  ̄`ヽ        \
                          | 〈:::::::::::\ \  , ̄`ヽ{入/////人r二ニ=-\      \
                             \\::::::::_}  }  }::::::::::/ `¨¨¨¨´ ノ::::::::::::::ノ  \        \
                              ` 二ニ=-':::..ノ ̄ ´        {:::::::::::::::::{    \       \


   その日時に必ず自分の研究室に来てくれるよう、
   先生は俊夫に言い、
   そのあと何か言いかけてこと切れてしまった。

   俊夫は翌朝、忘れないように、
   手帳に万年筆で書きとめておいた。

   それを18年間、保管してきたのだった。

.

158 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:32:09 ID:cQUR47Nc0 [52/100]

   先生の葬儀は、戦時中でもあり、

   翌日、俊夫と母、
   近所から来てくれた老人の三人だけで、ごく質素に行った。
                                       トビショク
   その老人は、前から時々、先生の家へ出入りしていた鳶職で、
   役場の手配などを親切にやってくれた。


    /            `ヽi:::::::::::::ヽ‐-ヽ
    /  /      、       \:::::::::::ヽ -、ヽ  ,!
  /  i     i   }ヽ  、   \:::::::::} ‐- `Y⌒__
     !       ト  ! ヽ  ヽ    `>::::⌒ヽ` i'´__
 i    !     l | i  ,〉< i   i /::::「ヾ\:i }´_
 |    i{    | `i レ'´,.-__V-‐' } i:::::::|!::lヾ::ヽ i ヽ`
        !\ヽ、 v'´i ,.イ勺f},.i l ゝ、_|!::l ヾヽ!  ヽ.    ひどくやられたから、
       人 __,.x\ j    '´ ̄ `i ハ   L_!/ヾヽ  !     もうちょっと手続きが遅れていたら、
     ‐'´ヽ,.ィfヽ         リ ! i  l// | lヽi.    棺桶の配給にありつけないところだったって。
    \\ \,x'´            l !  !'´  | |
       `! \    丶        | i  li`ヽ  | !     お棺も無しじゃあんまりだものね……
.        i  ∧       ,.   ` / | l  ハ ,.、 リ
       ヽ  !`>   ___,.ィ   !   i/  \
          ヽ   !           i   ! /__     〉--
        ヽ  ',    ,. ='´=} /| /::::::/___/
           \ ',   / j/ //:|/:::::::::/    /
             \  ノ !l //::::::::::::::::/     /
           _,.\  l/:::::::::::::::::::://|/|// /:::
            r'´   /::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::://:::::::
         /!/|/|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::
         /:i::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::




               ヽ        `   /           } ノ
                厂 {\      / ヽ            ノ⌒ヽ、
              /⌒ ` ー--  〈    〉         /   ー-` ーァ
            /     /     / ヽ /   --‐ ''´    /  /
              {     {    / |       }    ヽ、       /
.           ∧     :、 へ、 |       /\     }`¨      /
            :,   xヘ{イアTミヽ    /-==ヘ  ハ    / /
            ', /ハ  弋ソ  \  / ´ Jソ}`V } xヘ <
               ∨ヽ :,       `   ゝ '   /イ } ノ /   …………
               ゝ     〈!         /_ノ//
                 { 八             /ー '<
              ー{ ヽ \   ⌒ ヽ     ∠_-‐ ´ \
        __ /   \ \     _.. イハ  |ヽ    ヽ
       /´    ̄ ̄`      ヽ  \ー<_ノ{ l  | l|     }
    /               :,   V//////V  .| l|     ハ_\
   /     __          ヽ  ∨/////,|  / j|   / }=ヵト―
  {    /´ \ `ヽ、       ハ   V/////ハ { ll   / / ||

.

159 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:32:50 ID:cQUR47Nc0 [53/100]

   老人のおかげで葬儀はなんとか形がついたが、
   その席には肝心の人が一人欠けていた。

   先生の娘、啓子さんが行方不明だったのである。


                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `


   俊夫が火災の中を研究所に行ったとき、
   そこには誰もいなかった。

   その他、どこを探しても彼女の姿はなかった。

   焼け落ちた家屋に、
   死体が発見されなかったことが、
   わずかに希望を抱かせていた。

.

160 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:33:20 ID:cQUR47Nc0 [54/100]

   何年か経ったあとも、
   俊夫の母は時々、


/>-'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー-、\
/ x‐^=^=^=^=^=^=^=^ーx \
〆                 \ハ
  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT´    啓子さんは、
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | |     まだどこかで生きているかもしれないね
\ l                   / / l | |
  l\        '      //´ / ,   ^
  l l、      _       イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..` 、
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: .\
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: .\
::.::l   |》  \/イ ハヽ_ノ丿! /l::.::...\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ
::.::.ハ |》  〈 〈ノ /| `TT  | /《|::.::.::.::..\::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.:〉
.::/.:: }ノ》   ー イ |  |弋 l/ 《|::.::.::.::.::.:..\::.::.::.::.::.::./.::.::.:/
/.::.::.::.:|》  _∠.ノ⌒Y⌒ヽr―‐v'゙´ ̄〉.::.::.::.ヽー― '.::.::.:/
::.::.::.::く ̄`〈  ヽ   |   l|  |  /.::.::.::.::.::.:.゙, ::.::.::.::.::厶
::.::.::.::.ト    ヽ       ___     ′ 〈::.::.::.::.::.::.::.:l::.::.::.::./小\
::.::.::.::.|        jイ仁ミ┐    |::.::.::.::.::.::.::.ト-::.::.:{ { |ヽノ
::.::.::.::..\       <{弋ヾイノ>     〉::.::.::.::.::.::.:|::.::.::.::.ト-ハ l
  l\        '      //´ / ,   ^// _ -‐ ニ二 _     ̄>
  l l、       i⌒i      イ 〃 厶 -―<   ―- _     ̄` <


   と、思い出したように言っていた。

   空襲のとき、行方不明になった人が、
   他にも随分いたようだが、

   しかし、肉親の人たちにしてみれば、
   どこかで生きているかもしれないという、
   万に一つの望みをなかなか捨て切れないものだ。


.

161 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:34:04 ID:cQUR47Nc0 [55/100]

   母がそういうことを言うのも、
   啓子さんに近所付づきあい以上のものを感じていたからだろう。


.       / /   /  /          ヽ、 、 、  ヘ   ヽー―=---=‐一'
      / /  ./  / .| .| ハ  ヘ   ヘ ヘ ハ   ハ   ヘ
    ' i |   | | l   |. |l ヘ  l   | | . |  | }  l  ’
     | | |   l || ハ |, |  | 斗七卞下、|  l.ハ .ト、 .|
     | | |  _|斗七二下 l | .| ム斗=ェムイ j ,イ  j | ヽj
     | | |   l、 lィ示ニゝ、l`ヽ.レ''イ::::J::| 〉イ. / j. ,イ j  '
     | | |   |ック{:::::J;::l `    弋益リ '/ /|  / j /
    | l |   トヾ弋斗='      ,,,,,, /イ.|/ / ハ
    | l |   トヽ、,,,,,       '       j. レ /イ ハ
     ,ヘ |   L_ `     、  ア    / λ  ヘ、 ハ
     } '|   |ヘ>,           /    ハ   ヽ. ハ
     | .|   | ヘ ハ >     イ |    | ヘ    \ハ
     | .|   l  ヘ 入    _,ンヌヾl    |   ヘ.   `ハ
     | .|   |>イ:.| ト、フ<´   ,.イ    .|><ヘ_  ハ
   ,.ィァ不   .ィ'ツ:.:.タハ丁}  , ィ /:.|    |=‐-、_/>.、ハ                      , - ´  ̄  ̄`ヽ
  /::/ー'‐l.    |/:.:.:/イ/ 入 ー' /:.: j   |::.::.::.::.>´::.::.`ヘ..    , -―‐z=x=、- 、_ _/        ハ
. /::.::.{::.::.:: l.    |:.:.:/ r',.イヽ. \/:./     |::.::.::./::.::.::.::.::.::.:ヘ...,__'´-‐: :'´: 乂三ツ:`-、ヽ、        \
. {::.::.::.、::.::.:l.    |:./  ´ ノ`ー' //       /::.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/: :_; :-―――‐- : _: : : :ヽ.ヽ     ̄`丶 _>
 、::.::.::.l::.::ノ   レ, --‐┴、  //     /::.::.:/::.::.::.::.::.::.::.::.:/  ̄ ./   /      `ヽ: : : ヽヽ         \
                                     /  /   ./   /    /     .\: : :iハ      \ \
                                    / / / .l  !  /   /i|    |.  ヽ: |i ハ     \ ヽ、\
                                   ///| /l\i..l_|__ /!  .././!   |   /ヽ.「\     { ヽ  ̄
                                  /// l/ l /...| |k|/ V.' |l../.// __  /.i   ./ . /| l〉    j\
                                      レ| | .l ‐ ヾイ/ .//_|, /メ  ./ ./.l:|/       |  ヽ|
                                       | | .l´ ̄` lイ'  ィ,ニ∠_.../   |_」j      /  │
                                       | l ..レ''   ,      ,,  /   /i |/    / ∧ .│
                                        | ハ ト     、 __,   ___/ ./ l| !| l   //  | |
                                        iイ| |:::::ヽ、      ..ィ:.:.下´/ / |   //   ヽ{
                                       /l .| i:::::::::::个::‐ : ´: ::l:.:./ / ./ Ⅵ l {    .ヽ
                                      / | |  |,,-=''ノ      >ヾ/ ./  │/∨
                                      | || |  | `ヾ、     / ハ .|`ヽ l/
                                     /\\\|\  \  / / 。.※゚ `、
                                    /゚ж゙イ`´\|\|\  V  /  イft、  ヽ
                                    |´ー´       ヽ//   セ淡ア   |

.

162 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:34:22 ID:cQUR47Nc0 [56/100]

   当時の俊夫は、先生の遺言が気にかかっていた。

   「1963年」というのは、
   もしかすると聞き違いだったのではないかという心配が、
   何度も彼をおそった。


             ,. ---- 、
            く  ,. --- 、 \
             `´    \ \
                      }  }
               /` ー‐ '  ノ
               く__/`¨¨¨¨´
              i⌒ヽ
               ー '


    ヽ .__,    `   \    \           ̄|
        {     {       ヾ'ー- 、 }           j
        ,ゝ/  ∧      レ''´ ∨\        /
      / {  /ー=\    |ィノマヽ  ∨}x- 、  /     一九六三……
    |   \{ x‐t=ミ ー--ヽ V)ソ    jノ{ヽ } く,__.     1963……
    |      { { ノソ} ヽ       u   ノ ノ ノ /.    セン キュウヒャク ロクジュー サン……
     、   {^ヽ  ¨´   :、        └ / /
      \ ハ_',..     _    / ̄ <
          /\    '´   `  /{-‐ァ'^ヽ
      _.  /   /> 、    / _ノ/  ,xく   / ̄`丶、
     / }/   / /   )、ニ-‐''´//  / /`7      ヽ
   / /     'ン′ /  }//////   /   /        }
  /           /   /_///// /  /   〃          ,ノ
  {               /  }/// /  〈_//         xヘ{
  ',               /  / //         {        /   }


   彼はいろいろな数字を考えてみたが、
   「ロクジューサン」を聞き違えるような発音の数字は発見出来なかった。

.

163 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:34:54 ID:cQUR47Nc0 [57/100]

  r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
 (          ∧                                      )
  )        _|::::|__ ;                                 (
 (        /::|::::|  \ ;                                 )
  )      /   |:::|   :\ ;                           (
 (      /    ||    :ヽ                               )
  ) . ; ┌|(⌒ヽ :|| ..:⌒: |┐ ;                         (
 (  . ; |::|::ヽ.__:):||(___ノ ::|::| ;                            )
  ) .. ; |:|: ..   :||    u..|:|.    1963年5月26日ノ午前0時――      .(
 (      :|: ..   ||    ..||.                             )
  )     ;:\ [_ ̄]  /::| ;                                 (
 (  ::     |\|_|_|_|_/::::| ;                              )
  )    __| |   / / :|___                             (
 (     \ _| \   /........ノ~  -r  \                            )
  )   \....|:::\:\丿 /, /,/.../._ \                       (
 (    /....\.レ... /\..| /  / / ̄ `\                    )
  )   レ.........|/..../ ⑲‐\                                  (
  丶~'⌒'〇'⌒'~⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
        O
         o
          ゚
               ヽ        `   /           } ノ
                厂 {\      / ヽ            ノ⌒ヽ、
              /⌒ ` ー--  〈    〉         /   ー-` ーァ
            /     /     / ヽ /   --‐ ''´    /  /
              {     {    / |       }    ヽ、       /
.           ∧     :、 へ、 |       /\     }`¨      /
            :,   xヘ{イアTミヽ    /-==ヘ  ハ    / /
            ', /ハ  弋ソ  \  / ´ Jソ}`V } xヘ <    やっぱり、先生は「1963」と言った、
               ∨ヽ :,       `   ゝ '   /イ } ノ /.    間違いない。
               ゝ     〈!         /_ノ//
                 { 八             /ー '<.        18年も先の、同じ日、同じ時間、それも真夜中に、
              ー{ ヽ \   ⌒ ヽ     ∠_-‐ ´ \
        __ /   \ \     _.. イハ  |ヽ    ヽ.      同じ場所に来てくれって、
       /´    ̄ ̄`      ヽ  \ー<_ノ{ l  | l|     }      一体、何が……?
    /               :,   V//////V  .| l|     ハ_\
   /     __          ヽ  ∨/////,|  / j|   / }=ヵ
  {    /´ \ `ヽ、       ハ   V/////ハ { ll   / / ||


   見当もつかなかったが、とにかくずっと先のことである。
   その時まで待つより他なかった。

   俊夫は、母には遺言のことは話さなかった。

   母は先生の方とは、ほとんどつきあいがなかったし
   話したところで、どうなるはずもなかった。

.

164 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:35:20 ID:cQUR47Nc0 [58/100]

   終戦を迎えると、俊夫と母は京橋に戻り、
   焼跡にバラックを建てて、

   焼けるまでやっていた理髪店を再開した。

     _______
    ///////.ヘ.
  //////// `lへ.
   ̄||ニlニ厂|ニlニ「l~「 ∩ l ̄
    |`┴ノ l`┴' || | | |
    レ'l´l^'i'^l`lヽ || | | |
    L.LL.L.LL.LLl -''"~


                  ,, -ー{{薔}} 、
              /:::ニ=-'´¨¨``\
             ィ,':::/ / 、   i  `、  ガンバルゾーガンバルゾーガンバルゾー
            / i /  i l ハ  从 i j }
             } l l lzx≧Xヽ/メ≦Vノ      rニヽ
             | | l lゞ ti`'   ィtiァ i      Λjュ {
             l | l ト、,,,¨   ′¨ハ !      { (  {
              j l 八 .> (`7 <ノi       !、  ;
            ,' .リ ハヽ!>、 _/|ノlノ       }  {
           ,. / /  i :ト}.   {ヘノ j⌒>、  i  ;
             / / >} |ハ.  / / / ´/   ソヽ,i  ト、
          />   l }'、, / ; ;/ ′  ./ Λ  /ハ、
         ,-'´    ;.\{ V  { ;´  ! } j // { ; /  '、
         /   、     ヽ/  人{ 、jノ //  j ∨'   ',
          /   '、.:j'    y  /'´ ヽ ヽ/´ : .    {     ;
      /_ \_j/   `,'   '      : ∨. : : .  ヘ     }
    /    、_,゙    ,   ′    . . . . j`''‐-、    ,     ,'
   ノ       .:{ . : : : . .{  {. : : : : : : : : :.,'    \     イ
 /    ー '' ´ :'、.: : : : :.'、:_._', : : : : : : :.、イ      \   、{
      、_   .::;;/个r--‐''"´ニ`'''‐--‐f´l│       \  ノ

.

165 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:36:03 ID:cQUR47Nc0 [59/100]

   俊夫は中学を出たら、床屋を手伝うつもりでいた。

   ところが卒業間際、学校を通じて、
   ある匿名の人から援助の申し出があった。


     {      〈  /    - 、   ` ‐- . __
    ヽ .__,    `   \    \           ̄|
        {     {       ヾ'ー- 、 }           j
        ,ゝ/  ∧      レ''´ ∨\        /
      / {  /ー=\    |ィノマヽ  ∨}x- 、  /
    |   \{ x‐t=ミ ー--ヽ V)ソ    jノ{ヽ } く,__    援助?
    |      { { ノソ} ヽ       u   ノ ノ ノ /   僕にですか?
     、   {^ヽ  ¨´   :、        └ / /
      \ ハ_',..     _    / ̄ <        一体誰が……?
          /\    '´   `  /{-‐ァ'^ヽ
      _.  /   /> 、    / _ノ/  ,xく   / ̄`丶、
     / }/   / /   )、ニ-‐''´//  / /`7      ヽ
   / /     'ン′ /  }//////   /   /        }
  /           /   /_///// /  /   〃          ,ノ
  {               /  }/// /  〈_//         xヘ{
  ',               /  / //         {        /   }



           _
         ノ´::::::: ̄:`ヽ_
        .ノ:::::::::::へ:::::::.ハ│
        ノ:::::::ヾz== ´〆乂.イ.个
       丿::::6∥'..丿ミ ..   ヾ.     そこは匿名が条件とのことですが、
       厂::::..∥ ┏人 ...    八    信頼出来る話ですよ。
       乂イ´个ヽ八  ...    ..彳
     イ´ ∥ ヽ λ 卞⌒`ヽ  勹
  rイ´   ..∥  卜Κ 乂   χ 彡
 f´      ∥  .弋乂 弋/ >│ゝ
 {       ∥== 人刀匕つ´.》 │}
  {.;.;    {   ≪  ノ  .  ..}// │..}
  《    {     ミ了   .;.;ノ  │ }
   {.;.;.;.;  {:.;:.;:.;:.;: κ丿  .;.;ノ.;.;.;;/ ) }
   {.;.;.;.;  {:.;:.;:.;/ 入.;.;〆´.;.;.;.; ソ  }
    {.;.;.;.;  {/   .;.;少.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;/
    {.;.. /   .;.;○/.;.;.;.;.;.;.;.;.;!/
     {.;.;.;.   .;.;○/.;.;.;.    │)


   相手が見ず知らずの人だし、
   どういうわけで俊夫などに学費を出してくれるのか不安もあったが、

   学校からの保証もあったので、その好意を受けることにした。

.

166 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:36:51 ID:cQUR47Nc0 [60/100]

 【BEFORE】.          {     /     \- 、   }\
         |ー――- ヽ  {      ヽ \_,ノ}  ヽ
         |          :、           ´      |
         |             \      、 ヽ      |
       、 |          /⌒    _}   }     ノ
       { `¨ ヽ        /     /´ ′ /   ‐く
         ヽ    \     __{_. -‐ 7      }   | ヽ
         \   / ヽ /'´ r= \ /     /{  j   |
         __,ン八 { (}_{    し} ヾ    /_,xヘ  /   |
         `丶、 ヽ.ニ、     ゝ' -‐ ''´ Tし} }j /  /
             `>イ{          {  ゝ' ∧  , ′
.      -…‐ 、__/ {ノ{人      , -- ._   / j /
.   /       \ \ \(ヽ:.、  /  } `7   , ′
   /          }  \ \( \ 、_,ノ/ ,∠_
   {   ____ノ` ̄ア\ \(_>r‐ァマ´   `ヽ、
  {ア´ -―-ミヽ ||/   ヽ /  | /  ヽ       \
                                         丁度、六・三制への切り替えが行われていたときで、
                ▼
                ▼                       俊夫は旧制中学を卒業すると、
                ▼                       新制高校の二年に編入され、

 【AFTER】.    / ̄ ̄ ̄ 丶                         高校を出ると、日大の工学部に入学した。
          ‐   ―      ヽ
         (  (●)       |
          l '             /
         \ ̄       _/__
            ヽ   , -‐┴´/:∧
            _「:|_| :::::::::::/:::::::::::|
             /:::/!::::::::::::::::/::::::::::::::|
           /:::/ ∨::::::::::::|:::::::::::::::::|
         ∨:/ : |::::::::::::::∨:::::::::::::|
           Ⅳ l |::::::::::::::::∨:::::::::::|
          |:| .l .∨::::::::::::::∨:::::::::|
           |:| .|  ∨:::::::::::::l〉 :::::::|
         |:|  |   ∨::::::::::/:::::::::::|
           |/./   /∨:::::/:::::::::::/
          / 〉/  ─∨/:::::::::::/
        ,/ /  ̄      〉:::::::::::/、
        |二工二工二テ/__ ::::::/::::ゝ
        i:::::::::::::ll::::::::::::::\ \/ ::/
         |/ :::::::::ll::::::::::::::::::::\l/
         |::::::::::::::リ::::::::::::::::::::::::|
         |: :::::::::::∨ ::::::::::::::::::::|
         |::::::::::::::::∨ ::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::::|∨:::::::::::::::::|
        |:::::::::::::::::| .∨::::::::::::::|

.

167 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:37:21 ID:cQUR47Nc0 [61/100]

   その間も先生の遺言のことは気になっていたが、

   学部へ入って間もなく、俊夫は思いついて
   先生のことを調べてみることにした。

                           ━┓
                 __       ┏┛
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、  ・
          ./      U       \
         , '     ___     __ .ヽ
        ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,   戸籍がない……?
     . .,'                、         .l
       l   U                       l
       .'.,            ―――――       ,'
     .   ' ,                     /
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
.    /      |                |   |
    |      |                   |   |


   ところが、まず困ったのは、
   先生の戸籍が不明なことだった。

   世田谷区役所の帳簿には、
   どこにも先生の名は見当たらなかった。

   戦後、すでに5年経っており、
   戦災者の名簿も残っていなかった。

.

168 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:38:02 ID:cQUR47Nc0 [62/100]

   そこで俊夫は、
   先生の勤めていた文理科大学へ行って見たが、

   文理大も同じ日に戦災を受け、記録は残っていなかった。


          ,.rrr'' ̄ ̄、゙゙ヽ、
           /~ニ  u  >llllllヽ
         j_ ヘ ヽu <llllllllllllllヽ
        /、__,.=ニニ===、lllllllllll}   大空襲で門柱しか残らなかったもので、
       ,.-‐フ''f   j!  ノ,.イ))lllj
       |_(,.。`ー''"  " ノノlll<    記録の類も全部、灰に……
        { i__ 、  r'  〉}ヽr- 、_
        ヽrー- ヽ) _ン 、/ ゙| |   ` ヽ 、
         t __,. -''<  /  |  |      ,.`ー 、
         ,.-'' `TTtヾ、/  |  |     /    ヽ
        f    | ヽt;;:`>、!   〉    {      ヽ、
         | l    | ヽ`!:::l l`ー<     |       i、
        l ヽ    > ヽ !::ヽ!   |    |        ヽ
        ヽ ヽ   \ ヽ!::::ヽ  |     t         ヽ
          ヽ ヽ -‐ ヽ ヽ::::|   |     ヽ         ヽ
           \ ヽ   \ヽ、|  j      ヽ         ヽ
                \ヽ    \! /       ヽ         ヽ
                  \ヽ    \         ヽ         ヽ



       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \
  /   (●)  (●) ヽ   そうですか……
  |  u.    '      |
  \       - ―    /
   /            \


   結局、俊夫が先生について得た知識と言えば、

   その後、先生の教え子数人を訪ねて聞いた、

   ごく平凡な生物学者だった、ということだけだったのである。

.

169 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:38:41 ID:cQUR47Nc0 [63/100]

   俊夫の専攻は電気工学だったが、

   卒業の前年、匿名の後援者から、
   母校の中学校を通じて、
   ある電機会社へ就職して欲しいという意思表示があった。

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |                 , -――- 、                     |
 |                /三三三三=ヽ                  |
 |                  /三三三三三三ヽ                    |
 |               l三三三三三三三}                    |
 |               l三三 三三三三/                   |
 |               ヽ=三三三三三{   設楽場電機に、      |
 |               ∨ニ三三三三/   入社してもらいたい     |
 |              __/三三 三三/                       |
 |       _,  -  '" ´三三三三三 ヽ、_                        |
 |     /三三三三三三三三三三三三三三ヽ、              |
 |   /三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ                 |
 |  /三三三三三三三三三三三三三三三三三三\            |
 |/三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\          |
 |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\           .|
 |三三三三,三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\         |
 |三三 / ヽ三三三三三三三三三三三三三三三!、三三三三ヽ       |
 |三/     ヽ三三三三三三三三三三三三三三| `ヽ、三三三 \.     |
 ヽ____________  _______________/
                      V
                 ,, -―-   ,
              __ ‐''": : : : : : : : : : \
          , -''": : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
           |: : :,ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
           |: :./ \: : : ; ;.. -ー-、: : : : : : : : \
           V_    ̄        \: : : : : : : :i
            | >=、 、 ____  /: : : : : : : :.|
           } `ー’}  `ーr- ―ヘ\ゝ: : : : : : : : |     先方から、
          /|   /     \ー-’-` > r=、: : : : : |    このように……
          |:{   /       `''     〉:lテ 〉: : : : :.|
          l:ト 〈__ ..        /: / /: : : : : rヘ
          lハ/:ト、 ___   ,ヘ   | /‐ ': : : : : : :}_i
           _V  `=‐'´ ̄|ノ   ィl/ ト、 : : : : : : /
 __... .  -―''" /ヘ  ´     / -‐''"/ ヽr-、/
´        // ヽ/ヽ_  __/    /   lヘ `ヽ、
        //  / |/ へ        /    / |    \
.

170 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:39:07 ID:cQUR47Nc0 [64/100]

   当時の会社は、
   町工場に毛の生えた程度のちっぽけな会社だったが、

   恩人の意向とあって、
   俊夫は迷わず、そこへ入社した。


.              /}¨ニ=-  _
           / |     ¨ニ=-  _
.          /     |       _  ニ=- l|]ニ=-  _
.      /      」  ニ=- ¨   ||   |||     l  ¨ニ=-  _                _ _
     /_]  ニ=- ¨          ||   |||     |     |    l¨ニ=-  _        | | |
.     [|  ||             _  |「=ニ|||=-   |     |    |    |   ¨ニ=-  _| | |
    ||  ||      _  -=ニ  ¨   ||   |||     |     |    |    |   |   |   l ¨ニ=-  _
    ||=‐||-=ニr_‐¬冖ニ〔}      ||   |||    _|___|__|_  |   |   |   |   |  |  |
    ||  || = |「 : : l/|: : :|        ||   ||| /´-―‐.ァ/ -‐,.===ァァュ  |   |   |  |  |‐
    ||  || - ||: : : l/|: : :|     _  ||   |||//  //// 〃    ///´||      |   |  |  |
    ||  || |[Τ||: : : l/|: : :|  晶品嵒晶t℡| {__/_{ | L[f―――‐' {]―|l_____ |  |  |
    ||_||_|_|||;_;_;_l/|;_;_;L晶晶品嵒亟亟lェェ―_‐ェェ|ュ |ュ  ̄ r=ュ Γ二l|_____||_|[]⊥
                   `¨¨¨¨“““““““f=======fョ_/:{zzzzzュェュ┴7ffT]三三7ffT{
       -  - 、                  ` ̄V::}:リ ̄V::{iリV::}:7 ̄V::{i:ノ ̄ ̄V::{i:ノ
.     / (● ●)ヽ                      `¨´   `¨´ `¨´  `¨´     `¨´
.    ゝ  -'- ノ
     (  ∨  )
      |\( _r´|
.    (_| |_)


   その人は、おそらく会社の関係者だろうが、
   俊夫はいまだに、その人が誰だか、わからないでいる。

   もし、わかれば、どんなことをしてでも恩返しをするつもりだった。

.

171 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:39:35 ID:cQUR47Nc0 [65/100]

   というのは、その後、
   会社はテープ・レコーダーとトランジスタ・ラジオの製作が当たって、
   大発展したからである。

                                          ,、                ___,,,
                          []            //  |亅       /|.,、   / ̄ ̄    /
                         ||              / /   | |. /l  __ ||| l ∠-一ァァ 7  /       __
                         ||             / / /1 ||| | / /∧l/ V     / / / .// \   / /
                         ||             7 / | | | l |/ / /|1 ,-‐─¬ / .///  ヽ、_/ / /
                         ||             / /   l | |ノ / /  | | `"7T7// / ´   __/ /
                         ||            / /    l |   | /   l |  // レ // / ̄ ̄__/
                         ||            / /     l | ,' l/   `'   |/ ∠人  ̄ ̄ ̄
                         ||           / /     レV
        \           ヽ. ||       |  `        /             /
.            \          ヽ. ||       |           /           /
.             \       ヽ||       |        /        /
.               \   ,.-‐r...ヽ. ェュ=======|゙=========/=======ェ.../....-.、
                    \ ―===...ヽ.================..゙/..=======゙/゙===―-キ
.       ‐、、            \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..゙/          _,,-''
.         `-、、    | ____________    ┌┬‐┬‐┬‐ _,,-''
.             `-、、..|  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     ト..   _,,-''..| |
                   `  [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]    |=_rl工lュ_=| |
                |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    ` ̄ ̄  ̄ ̄´ |
.       ───────‐.[ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]       = ───────‐
                |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ,r'「lヽ           |
                | [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]  ヽ|」ノ      {ロニ} |
               _,,-''. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|..     `-、、     |
            _,,-'' |  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´      ヽ|」 . `-、、゙|
                [{三 / 三三三三三三三三三三三三.゙\...三三三三三}]
                   `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´

                      /                 ヽ

.

172 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:40:19 ID:cQUR47Nc0 [66/100]

   会社の方はどんどん規模が大きくなって、

   二年前、生え抜きの社員の俊夫は
   技術部長に抜擢された。


   `\,,       \     \     \   ヽ、.      ヽ     l.    l    |.     |    i
     `\,,        \      \.    \   ヽ、      ヽ   ヽ    !.    !.   |     l
        `\,,      `\     \     \.  ヽ、      ヽ   ゙i,   ゙i    |.    !.    !    ./ /
          `\,,      \    \     \.  ヽ、      ヽ   ヽ.   !.   |...  |   i. ../ / ./
゙ ‐-,,_          \,,     .\    \   . \  ヽ、     ヽ.   i.   !   i   .l   , ./ / ./
    ゙''‐-,,_        `\,,     \    \   .\  ヽ、.     ヽ  ヽ
゛‐ 、,,     ゙ ‐-,,_       `\,,     \   \    \
.   ゛''.‐.、,,   ..゙ ‐ .       \,,    \   \       r、           ____
       ゛''‐、,,   ゙ ‐-,,_       \,,.   \.           ヘ \        /     \
           ゛''‐、,,   ゙ ‐-,,_      \,,             (ミ⊂)     /⌒  ⌒   \
              ゛''‐、,,     ゙ ‐-,,_.   \.            ヘ \  /(●)  (<)    \
"'' ‐- ,,.._              ゛''‐、,,    ゙ ‐-,,_                ヘ  \|   __´___       |
      "'' ‐- ,.           ゛''‐、,,                   \  \   `ー'´      /
           "'' ‐- ,.         ゛''‐、,,                  \             \
`゛¨ '' ‐- ...,, _        "'' ‐- ,                         \         ___ト  ゝ
            `゛¨ '' ‐- ...,, _    "'' ‐- ,                        |         (   /
                     `゛¨ '' ‐- ...,                       |          ̄ |
                                               / ̄            |
                                               ヘ   ト⌒\      |
──────────────────                 __ヘ  ヘ   \    \‐‐、
                                              (____ )   ヽ.____`_)
                 ____,,,,,.....  ---─  '''' ̄
____,,,,,..... ---一'''''' ""~~ ̄           ,..-‐'"~ ,.    ,..-‐'"~   ,
                  _ ,,... -‐ '' "´      '´..‐'''"~       ,. '


   母はとうに理髪店をやめて、
   楽隠居の生活を送っていたが、

   それから間もなく、
   俊夫の出世に満足しながら、この世を去って行った。

   母に孫の顔を見せてやれなかったことだけが、
   俊夫の心残りだった。

.

173 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:40:38 ID:cQUR47Nc0 [67/100]

   母はリウマチで床につく前の数年間、
   俊夫の嫁探しに熱中していたのだが、

   持ってきてくれる写真のどれを見ても、
   俊夫はなんとなく気乗りがしなかった。


  . _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
 '´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
 // j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
 /:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
 .:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
 ,' l:::l   ヽ.  l            { =ミ //| | l
   「´   l\ ',         /   /イ /レ'   こんな御話があるんだけれど?
  / |   l  \             l/ //
 ノ| l    ! .        ` ̄` ‐-'  / イ:|
  l  !   !  \.           7¨´ | ハ::l
  ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!  /|
 / ! l  |:::::::〃 ̄ フ水ヘ\:::::|   l l   /::::}
 _ ヽ l   |:::::::ヽ\// l ヽ_〉:〉::l    /! |  /::/  __ - '´
 :::::\ハ l  |、:::::::::::::l:| l:ト-イl::::!  / l _l∠::///:::::::::::::::∠
 :::::::::::Vヘ  l \:::::::::|:l l:|\:::::/  /_/:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::} \!   ̄ |:l l:|   7 /::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::





        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ   はあ……
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /

.

174 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:41:05 ID:cQUR47Nc0 [68/100]

   去年の春、俊夫は急に先生の遺言を思い出した。


             |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |\
     ____    |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |  \
.    / /|/| |_  |゚ |        .|  |   |    | |   |  | |  |         ||.0   |    \
 / ./|||| |  |∠/| |  |        .| ノ.       |  !  | ノ .|  |          ||    |    |
 | ̄| ||||/|/::/(二).|  |____.|,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,,,人,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,|______||    |    |
 |  |/|||| |/| ⊂ノノ__|/                 ___________ \   |    |
 |  | ||||/|/|  木                   /※※※※※※※,,,ヽ   \  \|.   0|
 |  |/|||| |/  ゚ ゚ ゚                 / ※※※※※※※※※\   \  \   .|
 |  | ||||/                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_|
 |_|/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|                l⌒l⌒l i⊂⊃i   |\ \
/            /           /_,|                ⌒'⌒ l______,l   |  | ̄|>
             | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|                              |\|_|
             |_|            |_|                            |  |



              ′'
      ___     ´
    /       \
   /          \
 /   ノ   ヽ、_     ヽ.   あそこは、
 |   ( ●)  (● )    |   いま、どうなっているんだろう?
 \ l^l^ln `        /
  /ヽ   L
      ゝ  ノ


   終戦以来、一度も梅ヶ丘へ行くことはなかった俊夫なのである。

.

175 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:41:36 ID:cQUR47Nc0 [69/100]

   俊夫も母と同様、
   啓子さんがひょっとしてどこかで生きているかもしれない
   という気持ちを抱いていた。

  r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
 (                -、、                        )
  )                _ ヽ\                    (
 (         、   _ -‐´ `'  `´ ̄ `  、            )
  )           \ ̄    r ,          \           (
 (           ー// レ     A     ヽ lヽ           .)
  )     ∩ _  ∠イ  /   /_i__l l _」_l__i  ヽ .i          .(
 (      l .l //〉   // l  r 7l/l / l, イ/ヽl` i l |         )
  ) .    l レ.//  ./'l  l  l,ィ⌒iヽ  ,イ⌒iヽl l |          .(
 (  .    {  '/. .っ |/l ヘ ト、l 辷ノ    辷ノ/ /リ.l             )
  )     l   <´     ヘ| l` l`   '   /イ l |          .(
 (      ヽ  ヽ     l .l  l゙\  ` ´  イ  .| |           .)
  )      r、〉  }      l .l  l   r≧‐__´l,、.l   l |          .(
 (     /::::::`::ー'ォ   r-⊥/ /-ァ,l  r‐i   l/  / |           .)
  )   r'、:::::::::::::::/__ ∧=./  /:::::l_ , <Yゝ、 /  /、_ .l          .(
 (    /`:..、 、:::_/ ムノ//:/  />:´| <,介、>/   /:l、:`::ヽ、          )
  ) . /:::::::::::`>‐≦= ":/  '/:::::::|/`\,/   /‐´:::゙ヲ:´{       (
 (  /::::::::::::::::}::::::::::::/ /:ヽ::::::::l:::::::/::/   /」ヽ::/::{{r=.、      )
  ) {:::::::::::::::/::::::::::/  /:::::::::::ヘ::::::l:::/::/  /=ュ:::Y::::::::ゞゝイ       (
 (  ヘ:::::::::::::::_ -‐/  {::::::::::::::::ヘ:::レ::;/ /::::::::::::l、::::::::::|L_{       )
  )   ー  ̄   l   ∧:::::::::::::::::\<l /::::::::::::::::::} ヽ:::::::: ̄ヘ     .(
 (         /| / }\::::::::::::::::〉|'::::::::::::::::::ノ  /ヽ:::::::::::::ヘ    )
  )         / .|/   !:::::::::::::::::::{:::::::::::::::::イ  /  ヘ_:ム::::::::ヘ  . (
 (        i  {'   <、:::::::::::::::::}::::::::::::::::/   /    /::::::::::::::::〉  ..)
  )         l    r〈`ー-,、_:::::〈:::::::::::::__:> ./    /::::::::::::::::/   (
 (        l    /:::`':::L_[ ̄] ̄::{_ム'   ャ==、、::::::::/     .)
  )      , ヘ l  /::::::::::::::::::::::::T:: ̄::::::::::::ヘ  /:::::::::::ヾ∨   ..(
 (       /:::::ヾ、/:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::ヘ<r 、:::::::::::::>'       )
  )    /::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::ヘ  |ヽ:::/      . (
 (      {::::::::::〈::::::::::::::::::::::::::::::::: イ:::::::::::::::::::::::::::::ヘ .l` ´_         .)
  丶~'⌒'〇'⌒'~⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
        O
        o
       ゚
     ____
   /      \
  /  ノ    ヽ、\
/    ( =)  (=)\
|         _'     |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /

.

176 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:42:06 ID:cQUR47Nc0 [70/100]

   空襲のショックで記憶を失い、
   見知らぬ土地で生活していることもあり得る。

                              _     ,--、_
                             /  ヽ ―‐ ヽ/=≠ ̄
                                / r-,/ ,     ヽ ヽ ヽ_
                           メ///ヽ {   ,、 ヽ ヽ ヽヽ、
                          //=´,/トヽ| ! ! // ix、i l\ヽリ`        _r=,
                             7  {/./ ヽ| |l 佗 ,ゞソ/i/l/l       xイ//ノ´
                          / /∨  ! !rヽ 、‐,イ |ヽ  |     ,/ヽ,>´
                              rr、/   /   / /| /ス7∠-、`ヽ | .<>´
                             ヾヽヽ、/ r ̄ ̄ / ̄ ̄/ヽ::}  } ≠´
.                         く`、 ヽヽ  <   /::::/|| | |
                         | `ヽ-- L  |_ ≠ム´`´:::/|| | l
                            l | /  ,r-―--ll::::::ll:::::/:/ || | |
                             | | i r {!::::::::::/ヽヽ::|| --┤ll l l
                            l  ,イ}__ヽ/::::::::::::::::::::::/|ヽ/ | |
                        .<>´  /::::::::::::::::\::::::::::::ヽ,'  l |
                    .<>´ヽ  ヽ/\/<::::::::ヽ:::::::::: i   l l
                     .<>     ヽ/\  ヽ, 、<| ヽ:::::::||   | l
              ュx≦㍉>´         ,イ::::::ヽ :ヽ/;;;;;;; 7 ‐‐i:::::::ll   l il
   r,ヽ    ,x≦///// xュ=,     r:´:::::::::::::>´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|`ヽ:::ll   | i|
   \厶≠ヽヽ///> ////     /::::::::::::. ´;;;|;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|ニ',',::||   | |
    {{   ノ≠==≠/,>      /:::::::::/;;;;;;;;;|;; |;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;;;',::::ヽll  ‘, |
  xュ≦ナ≠////>´      /:::::::::::::/;;;;;;;;;;;;; |;; |;;;;;;;;;;;;;;;;;;i__|;;;;',:::::::|||   |´
 //////////>´         ,イ::::::::::. /;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;ヽ:::|||  /ヽ
   ̄ ̄ ̄ ̄¨         /:::::::/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|‐ |;;;;;;;;;;;;;;;;;|  |___||―´  ノ、
              ,/l ヽ::/   ,':/ ――   ̄ ̄ ̄      ||    /::::ヽ、
            r、 ヽ/--/    レ′                   || >・ ヽ___/ i‐、
          / ̄ ヽ ヽ /                           ヽ-/ /\
          /    /__/                              \\  ヽ
           /   /                                       \  ノ
            ヽ /                                       ̄


   だが、その場合、
   もし何かのきっかけで記憶が甦り、

   梅ヶ丘へ帰ったとすれば、
   あの知り合いの老人の口から、

   先生を埋葬してある井上家の菩提寺のことを聞くだろうし、
   寺から俊夫の住所を知り、彼女の方から連絡してくれるはずである。

.

177 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:42:46 ID:cQUR47Nc0 [71/100]

   だから梅ヶ丘へ行っても、
   いいことなどなく、

   かえって彼女の死を決定付ける結果にしかならないように思えて、
   足を向ける気にはなれなかったのである。


             |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |\
     ____    |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |  \
.    / /|/| |_  |゚ |        .|  |   |    | |   |  | |  |         ||.0   |    \
 / ./|||| |  |∠/| |  |        .| ノ.       |  !  | ノ .|  |          ||    |    |
 | ̄| ||||/|/::/(二).|  |____.|,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,,,人,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,|______||    |    |
 |  |/|||| |/| ⊂ノノ__|/                 ___________ \   |    |
 |  | ||||/|/|  木                   /※※※※※※※,,,ヽ   \  \|.   0|
 |  |/|||| |/  ゚ ゚ ゚                 / ※※※※※※※※※\   \  \   .|
 |  | ||||/                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_|
 |_|/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|                l⌒l⌒l i⊂⊃i   |\ \
/            /           /_,|                ⌒'⌒ l______,l   |  | ̄|>
             | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|                              |\|_|
             |_|            |_|                            |  |

 |l!i│il  |i!   |!    | i
 |l!i│il  |i!   l:
 |l!i│il  |i!   |
 |l!i│il  |i           _____
 |l!i│il  |.        /       \
 |l!i│i          /_ノ   \   ヽ
 |l!i│         i(ー)  (ー )    |  ……
 |l!i           ゝ  __`____      j
 |l              ` _`ー'´    /
             /    _    `i
            /  ̄`Y´   ヾ;/  |
           ,|    |    |´  ハ
           |    |    |-‐'i′l
           |__ |   _|   7'′
             (   (  ̄ノ `ー-'′

.

178 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:43:30 ID:cQUR47Nc0 [72/100]

   考えてみると、
   あの研究所のある場所が現在どう変わっていようと、

   先生の遺言の実行には、
   別に差し障りが無さそうである。

──────────────────────────────────────────────────

              |iヘ          ム
             |Xヘ   、一-、    .ハ
                  |XXヘ( ゞ_,,ノ _  /Xt!
        |ヘ     |XXtヘ`ユ|_|_1| ノXXj   ,x<7
        ヾX;、    |XXXXXXXX/XXX/  /XX/.         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        ヾX>x、. |XXXXXXt∠XXXXノ/XXX/         |  待てよ……、                   |
         ヾXX;ゝ-‐''"´_二-‐''"´ ̄ヾXXX/        |  研究室自体は重要じゃない……   |
        、_ゝ'´ _ 二i 1===;ti‐、  ヘX∠..___,,         ヽ________________/
         ヾX゙マ'~| | ̄ | |    ||`ヽミ|! 〉XXXソ
          ` ̄ヽl |ニニ| |ニニニ||ミヽ||/ー'''´
                i |__.|...|___.||_,,Z||t‐-、
            , ォ=| |─‐| |―‐ァ~ ̄ , ̄   "'''- .
      _,..-''"(|   | | l l l|_,,」/    `' ,      "'‐、
   , -'"  , '゙ ` ̄ ̄ ̄´゙ 、           ' ,      ヽ
 /    , '゙             `,           ' .      ヽ
'゙   , '゙              ',           `、     ヘ
──────────────────────────────────────────────────

          ____
        /    \
.     / ノ '   ヽ \
.   //)(ー)  (ー)u \   おそらく先生は、
   |/ .イ    '        |     1963年に誰かと会う約束をしていた。
.   /,'才.ミ).  ⊂つ   /
.   | ≧シ'         \
   \ ヽ           ヽ




        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \    目的が、研究の成果を披露するといった類なら、
     /   (●)  (●)  \   長い期間をおくのも、うなずける――
     |      __´ _     |
     \        ̄    /
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /

.

179 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:44:30 ID:cQUR47Nc0 [73/100]

───────────────────────────────────────────────

         ,,..:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;、
       _r''":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ー- 、
      /’:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ
.     /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;__ ___,,..--..,,:;:;:;:;:;:;:;ゝ          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     │:;:;:;:;ノ''"´ ̄      ミ、:;:;:;:;:;:;ヽ        |                              |
     │:;:;:;:;! __     _,,..-..上:;:;:;:;:;:;ミ       |  深夜に会うというのも、                  |
     彳:;:;; ! ミ三≡.〈 ≡三彡|l:;:;:;:;:;:;:;l!.         |                              |
      !:;:;:;:;!´亠亠` |! 亠亠,,_ミ:;:;:;:;:;||          |  遠方……多分、                     |
      ヘ:;:;ヽ   _ ヾ 、_ │ l゛:;:;:;:ミ         |  外国の学者と会うのなら考えられる……    |
       ゙゙'ッl!  ./`ー-’ |!  ヽ::;;:;ミ         |                              |
        彳l;  ..-―-┐ '´  |!_:;/’.          ヽ___________________/
         `ヘ,,,  ゙゙゙弋´  /' !l个-、
             /Tー-_ニ_/ _ノ!亅:;:;:;`\
    _..-ェ二/ン├\__ ___..-‐'´ /:;:;:;:;:;:;:;:;`' 、_,,___
  r彡''´:;://ン'./|! ー二 ̄     /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ-二゙¬-
 丿:;:;:;:;:;//:;:;ヽ八ヽ        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ̄ー-

───────────────────────────────────────────────


         ____
       /      \
      / ─    ─ \      つまり、もし、研究室が無くなっていたとしても、
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |    あの辺りで、
     \    `ー'´    ,/   それらしい人が来るのを待っていればいい。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


   これが17年経った俊夫の下した解釈だった。

.

180 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:45:10 ID:cQUR47Nc0 [74/100]

──────────────────────────────────────────────────

    ┌────────────────────────────┐
    │                                            │
    │  < 千九百六十三年五月二十六日午前零時、研究室へ行く事 >   │
    │         ~~~~~~~~~                             │
    └────────────────────────────┘

                        _______,
                         /:: :: :: :: :: :: :: :: ::/:)
                     /:: !:: :: ;:; :; :;:; :: :/:/::
                       /:: :; :: :: :: :: ;' :: ::/:/::
                   /:: :#:: :: :: ;: :: :: ::/:/::
                    /;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;/:/::
                   '三三三三三三l:/:::::

──────────────────────────────────────────────────


       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \
  /   (●)  (●) ヽ   …………
  |  u.    '      |
  \       - ―    /
   /            \



   しかし、古ぼけた手帳の字を見ていると、

   何か、もっと神秘的な、
   予期しない出来事が起こりそうな気がしてくる。

.

181 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:45:41 ID:cQUR47Nc0 [75/100]

   俊夫はその考えを否定するため、

   出来るだけ、
   机の引き出しにある手帳を見ないですむよう、

   この三日ほどは毎晩、
   飲み続けていたのだった。


                       ____
                     /;;;::::::::::::::::  ̄ ヽ
                    /::::   ,,ノ:..:ヾ、   \
                       /;;;;;ー'"´   ,,、  ー‐‐,,   \
 _______ +      /;;;;;  赱ラ ;;;;;;;;;;; 赱ラ      ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |;;;;;;;;;;;;;;::::::::::  ,            |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |;;;;;;;;;;:::::::   ,- 、         |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;   '⌒ `         /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:";;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;         。;: /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──~ 、;;;;;;;;;;:::::::;;;;;"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ;;;;;::::;;;;;;;_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄

.

182 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:46:05 ID:cQUR47Nc0 [76/100]





- - - - - - - - - - - - - -
-------------- ‐ ‐ ‐
==================---
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二二二





        , '  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       /             \
     /              ヽ
.    /  '´ ̄`   " ̄`     ヽ
    |   ( ●)    ( ー )       |   ―― と、こういう次第なのです。
    i                    j
    ゝ       ' _   u.   /
.     \   ヽ   ノ    __, "
       `  _ _   ,  ' ´  /::\
        /:/ /:::::入     ./::::::::::|""\
      /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
    //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
   /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
  /:::::::::|::::::::| /::/::::|   /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::


   俊夫は話し終わると、
   胸のつかえが下りたような、さっぱりした気持ちになった。

.

183 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:46:37 ID:cQUR47Nc0 [77/100]

   五十嵐氏は、良い聞き手とは言えなかった。

   適当な合いの手もはさんでくれず、
   感銘を受けた様子も見えなかった。

          ,.;-=、.              | :.::|//
 |    || o |/|//..|| (ニニ?ニニ?ニニニニコ | ツ/
 |    || / ..|  ||: :  /;;;ヽ / ヽ    |;i´
 |    ||r'゙ | o.|  ||: :  |_j::;;| |_ィ |    |i!
 |    || o |/|..//||: :   L....! L...,!  ... |゙ー、     //
 |    || / ..| ,r'i|: :          ....::::.:.::| :.::ヽ.   /
 |    ||r'゙ | o.|ー'oi| _____,__ r=======-、!____
 |    || o |/|_../            |.....................| |
 |    || / ,r'"⌒i.          ,r'     ,r'. |
 |    ||r'../ / l__   ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./!
 |    || o|⌒`i /   /)/         //|
 |__||/!:.::.└――、 /          ,//゙ー'
       !_____,,ノ 仁二二二二二二i/
              |i;:|       |i;:|
              ゙ー'       ゙ー'


                  _
               /|/∠ -─≦_
            l、 / /    _ - ´      ̄二=
            !Y /   / _ - ─   、   ̄=z_
           ヽ     }  ./  /  __/ノ   ,  Ⅳ
           {ヽ\才ヽハシ= ミレ′イ彡<气彡
              ,-┬<二,l___に二二 -<ヽ\`ヾシ
            ∨,ィt┰チ〉 /ヽ xf┰ォ ン, ミ!ヽ\ハj
             l,   ̄´トへ \` ̄  / ミl-‐、ヽ.}  …………
              _.l/`ー'´\ソー‐'`ー一' 、.!/ヽ!ミl
.             /-l/, , ,ィ ll´ ll l゙iト、  l  ミl )ノ,!ヽl       : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
           { l l///l, '´ ̄ ̄`゙ヽlヽィ{、ミl(_ノミミ)...   : :         ___                               : :
              \l }リ   ,=- .,__ リl\ヽ,! l| ヽ〈.    : :        /      \                            : :
             ハ/ /// |l |l llヽl lハミミ/  l|\、}....   : :      /   ⌒  ⌒ \                          : :
              〈/|∨l | _リ リ リ川 ll─-- ⊥.__l__..  : :     /   ( ー)  (ー) ヽ.   まあ、                    : :
         ┌─---ヽ! \/:::::::`Tフノノl/、 l    ,. -‐‐}.   : :     |  u   ___`___     |   第三者だし仕方ないか……  : :
.        ;  l   ノ:!   丶:::::_j;ィ'" //:ヽ. l  /      : :     ヽ、    `ー '´   /                           : :
.        ,'/| l  ./ : |  l  /   /./::::::| l (__ノ      : :  ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ                   : :
       // l l /: : : l    /  _/ / :..:::| L.____   : :    \ ヽ  /      \ ヽ /                         : :
.       //::::l l_/__-‐┴─=  ̄      ̄           : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :

.

184 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:47:04 ID:cQUR47Nc0 [78/100]

         ___
       /     \
      /⌒   ⌒  \      そんな訳ですから、
    /(●) (●)    \
    |     __´__       |   誰か訪ねてくるかもしれませんが、
    \   `ー'´        /   またご面倒でも、よろしくお願いします。
 ⊂ ヽ∩ ト  _    //  ̄ヽ
  '、_ />!、介 / <,r∠   )
      `<   \ r^´ヽ  /|
     /| \   'ヾ   /  |





     r~'⌒ー=ニ/
.    `ミト┬rnーrァ{    え
      ,ノ八{ l{ l }l| {|    ?
    f仁/'⌒ヾjリ八
    {=={ lf'⌒^"´ \  ____ノ
.     レ'八l{   }   j/ /フ'´
      }ミ{トi〔__  '⌒ 、,ィf〔/
.      N「>=ミ({ しィf/⌒゙'
     ( } ヽ以ノ } iuヽ以,ノ^
.       ヾ\__,ノ | l `ト、__ノ
.      ゜    〈ー~'
         i  ,ィf[{{幵}]]トNn
.. ーr── l f[{/三三三三}}}ト
.   \  ̄ ̄ ̄ ̄}ー  jリ}リ
      ̄ ̄\  | | } i}l}l{リ
..   ̄ ̄\   \ |l|lリjリリ
        ヽ   \ ̄
         }    }ー┐


   五十嵐氏は怪訝そうな顔をした。

.

185 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:47:42 ID:cQUR47Nc0 [79/100]

              ____ _
              . ´         ヽ
.            /           \____ __       私は、夜中にお邪魔する訳にもいくまいと思って、
            /   /   "''‐-- 、__ヽ       `丶.   こうして早めにお伺いしたのですが、
.          /  " ̄´           V i/      l
          ;   ( = )   ( = )   ∨       丿  相手の人も、
          l        、        /       /    真夜中に黙って入ってくるようなことはしないでしょう。
.        ‘ ,  u           /         /
.        __≧、 __  ` ̄´  _ イ{         /     もうそろそろ来るかも……
       へ   i∧  > y <  / ,'      /
.       /     , ! \ ./ド‐イ∨./ i:       /
      /    У \ ∨ .〉-〈 / __|       /
    ,.'    /     / \ /  「:     /




            (_ノツ⌒し'ヽノ}
           く        し'
        ス.   (/⌒ノ⌒l m   }
        ク     {\{ ___}ノ__} ノ}
         ッ   { tッ} tッゥ ノ_}リ}   ああ、なるほど……
              └   lト、 {
          __∨二ヽli/ }ノ)
         __{   :∧ー<r─┴┐
    /´ ̄  :|j}  _}   {|  />------、 \\
    {/)    ノ./____ノ     /    \ } }
.  //,.二) / /___く     ./_{\ヘ     }
  (  / /) } /_____/     / { | }|}   ノ
  /\  _/ ノ _____/     { _.l | ||}/ ̄\ ))
  \ }  } | |_____./     /    /  , -、 }
   }/ニニ} :| |___{ ──一{    イ  /   }ノ
  /ニニ:/\| |___{      \   }/    }


  五十嵐氏は立ち上がり――

.

186 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:48:07 ID:cQUR47Nc0 [80/100]

          _ ,,... -- ‐ ''"~゙ '"´`ヽ
     ,-‐ ¨            / i
     /、             、  ,.'  , l
    l \     _, ィ i l  / / ,i
 .    i   ト、- イ lヽ  リ/ //  /L
      li 、 i ヽ i l リ 、ム,ィ´ヽ//ノ!
     ヽミ、 「 ̄ニヽ!"〃,.、 i   i /⌒!.!、    それでは、私は向こうに行っていますから、
      〈  l 〈`ヽ "´  } ノ  ,、V i^ l ハ\
    / lV!、`゙  ,j    '" ,,. ' ノ l  } ノ  i     どうぞ、ここでも研究室でも、
   ,.'  i V 、 \   _ -,.ニィテン  〈/\._j、.  ご自由にお使いください。
 . /  / ヽi  '¨fゥ,、v‐'" ‐''¨´ ,  ミi   /
  ;  /   ', ` ̄/!,、  ヽ.,_ノ   ヽi.  /
  i  ,'    バ ̄ 、! ,.      ミj  /
 . ! i.    / ,ハi , ,`Y i 、、、、 ミ/, '
   i l    /  V//-‐ -ヽ l `y /
  ./ヽ i   /   V/´7Tヽ リ/ ヽ i、
  ト、 ',\ ( 、.   V__!__ゾ    | lハ  /
 . ! \ヽ. \i l:、    / \     i l:: ∨




            -┬<二,l___に二二 -<ヽ\`ヽ
            ∨,ィ弋tタン /ヽ 、弋タ ン, ミ!ヽ\ハ
             l,   ̄´トへ \` ̄  / ミl-‐、ヽ.}'
.              _l/`ー'´\ソー‐'`ー一' 、.!/ヽ!ミl   まだ、起きてますから、
.             /-l/, , ,ィ ll´ ll l゙iト、  l  ミl )ノ,!ヽl   何かあったら、このベルを押してください。
           { l l///l, '´ ̄ ̄`゙ヽlヽィ{、ミl(_ノミミ)
              \l }リ   ,=- .,__ リl\ヽ,! l| ヽ〈
             ハ/ /// |l |l llヽl lハミミ/  l|\、}
              〈/|∨l | _リ リ リ川 ll─-- ⊥.__l__
         ┌─---ヽ! \/:::::::`Tフノノl/、 l    ,. -‐‐}
.        ;  l   ノ:!   丶:::::_j;ィ'" //:ヽ. l  /
.        ,'/| l  ./ : |  l  /   /./::::::| l (__ノ
       // l l /: : : l    /  _/ / :..:::| L.____
.       //::::l l_/__-‐┴─=  ̄      ̄
     /:// ̄`ソ´⌒ヽ∠ニニ>-──‐-、     /´ ̄ヽ
        /    |    /─-<¨ ̄ ̄ ¨ヽノ   .l    {
       f⌒゙ヽ  l    〈    \____〔二二二|    '、
       |   ∨|    ',     V-───┤ ハ.    ヽ
     ,r‐|   l ',j    ',      ト、{二二二}/ ヽー== 〉
      .│!  _l ト、__ー‐ハー--- ノ、 \   /     `/


   五十嵐氏は壁のボタンを指さした。

.

187 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:48:41 ID:cQUR47Nc0 [81/100]
                         _,,. .,_
                    ∠、: :__`\
                  | i 下川ノノフl
                       ト/《`丁フハノl
                      rNrtト、、r≦Vi)   それから、退屈でしたら、
                     トli ̄〈ljノー lミ!     このテレビでもラジオでも……
                   _l |lli「f三ヲリlミ!
                  _/ \_l\li⌒リノlミ!____
         ∠二>'´ ̄ ノヽ  /∧:: ̄´ l  //l |
.    , '´‐─- 、 \ ̄   \/ :\___l//::Lト、
.   / / ̄ ̄\ \ ヽ   -─== /./__ \ヘ-、
.    | l:|    / \.\ 、    ´ ̄ ̄ ̄.:::::::::´ ̄ `ヽ \


──────────────────────────────────────────────────

                                                    /≡≡≡≡≡≡≡≡≡|
.          []                                       |┌─────┐ ⑪ |||
            ||                                         | |         | ◎ |||
            ||                                         | |         |    |||
            ||                                         | |         | ||||||| |||
            ||                                         |└─────┘||||||| .||
            ||                                           ̄| | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄||
            ||                                            |_| :::::::::::::::::::::::::: |_|:::::::::
            ||
            ||
            ||
            ||
    ,.-‐rェェlEェュ=========================ェュ=―-.、
   r'-―======================================―-キ
   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   | ____________    ┌┬‐┬‐┬‐┐ |
   |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     ト     / ァ| |
   | [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]    |=_rl工lュ_=| |
   |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    ` ̄ ̄  ̄ ̄´ |
   | [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]       =蕊=    |         : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
   |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ,r'「lヽ           |        : :    - -、                      : :
   | [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]  ヽ|」ノ      {ロニ} |        : :.   ≡ ≡) ヽ  あ、どっちも         .: :
   |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|        ,r'「lヽ      |        : :.    、 '一 *ノ.   うちの会社のだ…    : :
   |  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´      ヽ|」ノ      |.        : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
   [{三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三}]
.   `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´

──────────────────────────────────────────────────

   俊夫は、ますます五十嵐氏が好きになった。

.

188 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:49:11 ID:cQUR47Nc0 [82/100]


──────────────────────────────────────────────────


      rii=====ill:i|li:|l:i|l:i|l:il====ミ.     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      |〔: : : : : :|l:i|li:|l:i|l:i|l:i|: : :. :.〕|    |  三ニ=-彡ミ从〃≧'\ ヽ}彡 }`                        |
      |〔: : : : : :..ヾヽヽ.: : : : : : : :.〕|    | 彡へ 彡〃ハ\\    、__!}  ニ=‐                   |
      |〔: : : : : : (,, ・∀・): : : : : :.〕|    | {   ヽ }  ー≧ニヽ/}} !i⌒ミ\                     |
      |〔: : : : : : :ミ_ノ `.: : : : : :.〕|    | .} (⌒}:. -{   弋テ/,¨´=ニ}   }                       |
      |〔: : : : : :.:...″″:. : : : : : :..〕|    | ..i、 ヽ:. {   ` 冖!   マ                          |
      |〔: : : : ┌‐、.: : : : : : : : : :.:.〕|    | ノニ= }  {         ∨                        |
      |〔: : : : :.|―' e a c e: : :.:..:.〕|    | .   {  {_ __〃¨r- {r‐ ~   タバコもここにありますから、   .|
      |〔: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.〕|    | ___{  ミ=__   ¨ニ={       よろしかったら……          |
      |〔: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.〕|    | ニニニ=ヽ,,    ,,‐-=<                             |
      |〔: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.〕|    | ニニニニニ=,,, ,,    }                           |
      |〔: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.〕|    | ニニニニニニニ=={、                               |
      |〔: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.〕|    | ニニニニニニニ}  }}                          |
      ``冖冖冖冖冖冖冖冖冖´´    ヽ__________________________/

──────────────────────────────────────────────────

              ′'
       _________    ´
      /     \
    /  ⌒   ⌒\.     : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
   /   ( ●)  (●)\   : : ちょうど、切らしていたところです  : :
   i   ::::::    __´___     i   : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \


   このところ、少しタバコを吸いすぎるようだ。

.

189 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:49:38 ID:cQUR47Nc0 [83/100]

   _,n_00                    |//,|.  ヽ
  └l n |    ,⊆.己  _,n___             |//,|    ヽ
    U U    `フ_厂  `l_ヤ′            |//,|.      ヽ
       ┌―――――――――――――..|//,|.      ヽー┐
       | |三三三三三三三三三三三三三.|//,|        ヽ.|
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |            _ ィニニ≧z_..|//,|        | |
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   フ         |//,|        | |
     |  では、よろしく……  > `/         |//,|        | |
     ヽ_________/   /          |//,|        | |
       | |゙_ -‐y─-z__ム        |//,|        | |
       | |    /   /   |厂{      /. |//,|        | |
       | |     /   /     .|   \__/ ̄. |//,|        | |
       | |   ′  /     `ー __> |//,|        | |
       | |  /   /        l        |//,|        | |
       | |   〈   /       |         |//,|        | |
       | |   ` 、 /         .|         |//,|        | |
       | |   ∨          .|         |iーi,|        | |
       | |     ∨        |         |lニl,|        | |
       | |    ∨         |         |L.l,|        | |
       | |     \             |//,|        | |
       | |         〉                |//,|        | |
       | |       \              |//,|        | |
       | |          /\______ ||l l||        | |
       | |         /             ||l_l|| ◎     | |
       | |       〈\    厂 ̄ ̄ ̄ ̄..゙|//,|        | |



   ドアを開けて出て行く五十嵐氏を見送ると、
   俊夫は腕時計を見た。

   十一時少し前だった。

190 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:50:16 ID:cQUR47Nc0 [84/100]

   俊夫は立って、本棚の所へ行った。
   こういうときには、静かな音楽でも聞くに限る。

──────────────────────────────────────────────────
   |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     ト     / ァ| |
   | [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]    |=_rl工lュ_=| |
   |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    ` ̄ ̄  ̄ ̄´ |
   | [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]       =蕊=    |
   |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ,r'「lヽ           |
   | [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]  ヽ|」ノ      {ロニ} |
   |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|        ,r'「lヽ      |
   |  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´      ヽ|」ノ      |
   [{三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三}]
.   `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ___
                                 , ='  ̄      \
                                 ゝ_, -‐一'、    、
                                  _,.-‐一ゝ,    ` 、
                                 ,---、  |  、   j ゝ    `ヽ
                              l/´ /ヽ|、  `j  ̄!、 ' ,      ',
                                ヽl    `ヽ´ ヽ人 i 冫     ',
                               ヽ、〃   ``ー-=、 j/_,       ',
                                  ヽ、                    ',
                                 ぃ、                 ',
                                   `ーヘ、             ヽ
                                        に、                 ゝ、
                                          丶
                                        ヽ、
                                            `ヽ 、
                                               ヽ、
──────────────────────────────────────────────────

               ′'
         ___   ´
       /     \              ┌──────────────┐
      /  ⌒   ⌒ \          │         _______,      │
    /   (●)  (●) \.           │       /:: :: :: :: :: :: :: :: ::/|      │
    |          '     |          │      /:: :: :: :: :: :: :: :: :'//     │
     \       ̄   ,/.          │     /:: :; :: :: :: :: ;' :: ::/:/::      │
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ.         │       /:: :: :: :: :: :: :: :: ::/:/::       │
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃.        │     /;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;/:/:::      │
     |            `l ̄.           │    '二二二二二二l:/:::::      │
.      |          |             └──────────────┘


   俊夫は、ラジオのスイッチを入れようとして、
   その横に小さな額が伏せてあるのに気づいた。

.

191 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:50:58 ID:cQUR47Nc0 [85/100]

──────────────────────────────────────────────────

  ┌───────────────────────────┐
  │┌─────────────────────────┐│
  ││                       __ __                ││
  ││               ,. : :´: : : ,ヘ : ,、: `: 、_,. - 、           ││
  ││               /: , -: : : /: : : \ ヽヘ- 、: : 、≧=-      ││
  ││           , ': : / : : : : : : /i: : : : : : : ヽ: ヽヘヽ        ││
  ││            , : : ,': /: ,' ,ヘ/ :| | |: : : !: : }: }: ',: : :\        ││
  ││          i : : i: :i: :i {    !:i! ! !: :}: :/.:/.: : :,ヘ⌒ヽ      ││
  ││          | : : :!: |: Ⅳ|‐- 、| i! !,!-/|‐、/.: : :/: ヘ        ││
  ││          | : : :!: |: :!iイ ___ !' ! i|/_l/|/}: : :/!: : ! :}.       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  ││          | : : :!: レ ' 辷zソ  レ ´tッ ////': ;'..     |          ____   '_            |
  ││          | : : :!: |             /´|:/´//         |          /\  /\  、             |
  ││          | : : :!: iヘ      `   /: :!: :/ |.         |       /( ○)  (○)\   あっ……     |
  ││          |: : : |: :|: :.\   ` ´ /!: : !: : : :!        |     /      __'__    \             .|
  ││          |: : : |: :l: : :i > _ イ : :|: : |: : : :|.          |      |  u   /___/     |             |
  ││          | : : :!: :!: : :!     :|: : :|: : |: : : :|.          |      \     ,. -'"´´ ̄`ヽ            .|
  ││          |: : : !: :!: ノ      ` 、_! : :|: : : :|.          |       /    (___   |           .|
  ││      , r‐ '、¨¨、 !/ ', ‐- 、  , -‐ 〃: :{`¨¨` ' ,        |     /              |             |
  ││      /     , ∨  ,__   __{: : : ヽ    ',.       |  ( ̄                |          |
  ││     ,'      } ∨  /   〉-〈    \: : : ヽ'   ',     |    ̄ ̄ ̄|               |           .|
  ││   /    `\」:_{  {___ , - 、___\: : : ',.  ' ,    ヽ___________________/
  ││     /  丶    「___从ル'__::., - 、.:_____}: : : ,  .:: \     ││
──────────────────────────────────────────────────

   俊夫はドキリとしたが、すぐ気がついた。

   よく似ているが、そうじゃない……。

   往年の映画スター、鏡千里だった。
   肉筆のサイン入りブロマイドである。



        ___
       /     \ ハハハ…
     /  ⌒   ⌒\
    /   ( =)  (=)\   五十嵐さんもファンだったのかな?
    |  u    ___´___   |
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \

.

192 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:51:36 ID:cQUR47Nc0 [86/100]

   俊夫は少しながめてから、
   元通りに額をふせ、ラジオのスイッチを入れた。

   夜も更けてきている。
   ボリュームをしぼり、ソファに坐った。

──────────────────────────────────────────────────
                         []
                        ||
                        ||   https://www.youtube.com/watch?v=rAtwTQLJV58
                        ||
                        ||
                        ||
                        ||
                  >    ||
          >        <      ||
        <           >     ||
                        ||
                      ,.-‐rェェlEェュ=========================ェュ=―-.、
                     r'-―======================================―-キ       /
      _「 ̄.          |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |     <
                     | ____________    ┌┬‐┬‐┬‐┐ |    /
                     |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     ト     / ァ| |
                     | [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]    |=_rl工lュ_=| |
                     |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    ` ̄ ̄  ̄ ̄´ |
                     | [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]       =蕊=    |
                     |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ,r'「lヽ           |.     ̄Z_
                     | [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]  ヽ|」ノ      {ロニ} |
                     |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|        ,r'「lヽ      |
                     |  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´      ヽ|」ノ      |.     \l\
                     [{三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三}]
                  `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´
──────────────────────────────────────────────────
        ____
      /      \
     /  ノ    ヽ、\
   /    ( =)  (=)\   …………
   |         _'     |
   /     ∩ノ ⊃  /
   (  \ / _ノ |  |
.   \ "  /__|  |
     \ /___ /


   流れ出したコルトレーンのテナーに、
   聞き入ろうとしたが、

   やはり、いつの間にか別のことを考え始めていた。

.

193 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:52:06 ID:cQUR47Nc0 [87/100]

   もう間もなく相手はやってくるだろう。

   ここは玄関わきの部屋だが、
   もしチャイムが鳴ったら、すぐ自分が玄関に出ようか。

   それとも五十嵐氏が出てくれるまで待つか――


 ┌────────────┐
 │     ____         .│
 │   /      \ ( ;;;;(    │
 │  /   -一   ー\) ;;;;)   .│
 │/    (─)  (─ /;;/..┌────────────┐
 │|        _`_   l;;´|  │     ____         .│
 │./      ∩ ノ)━・'/  │   /      \ ( ;;;;(    │
 │(  \ / _ノ´.|  |.   │  /   -一   ー\) ;;;;)   .│
 │.\  "  /__|  |.   │/    (─)  (─ /;;/..┌────────────┐
 │  \ /___ /   │|        _`_   l;;´|  │     ____         .│
 └─────────.. │./      ∩ ノ)━・'/  │   /      \ ( ;;;;(    │
 ┌────────────┐.. / _ノ´.|  |.   │  /   -一   ー\) ;;;;)   .│
 │     ____         .│゙"  /__|  |.   │/    (─)  (─ /;;/..┌─────────────┐
 │   /      \ ( ;;;;(    │..../___ /   │|        _`_   l;;´|  │       ____         .│
 │  /   -一   ー\) ;;;;)   .│.. ──────.. │./      ∩ ノ)━・'/  │     /      \        .│
 │/    (─)  (─ /;;/..┌────────────┐.. / _ノ´.|  |.   │    /   -一   ー\      .│
 │|        _`_   l;;´|  │     ____         .│゙"  /__|  |.   │  /    (ー)  (ー) \   │
 │./      ∩ ノ)━・'/  │   /      \ ( ;;;;(    │..../___ /   │  |          ´       │  .│
 │(  \ / _ノ´.|  |.   │  /   -一   ー\) ;;;;)   .│.. ──────.. │  \ /^ー:r  ̄ ̄ ̄i /   │
 │.\  "  /__|  |.   │/    (─)  (─ /;;/..┌────────────┐.... __ ノ、___ノ       . │
 │  \ /___ /   │|        _`_   l;;´|  │     ____         .│.. ──────────┘
 └─────────.. │./      ∩ ノ)━・'/  │   /      \ ( ;;;;(    │
                      │(  \ / _ノ´.|  |.   │  /   -一   ー\) ;;;;)   .│
                      │.\  "  /__|  |.   │/    (─)  (─ /;;/..┌─────────────┐
                      │  \ /___ /   │|        _`_   l;;´|  │       ____         .│
                      └─────────.. │./      ∩ ノ)━・'/  │     /      \        .│
                                     │(  \ / _ノ´.|  |.   │    /   -一   ー\      .│
                                     │.\  "  /__|  |.   │  /    (ー)  (ー) \   │
                                     │  \ /___ /   │  |          ´       │  .│
                                     └─────────.. │  \ /^ー:r  ̄ ̄ ̄i /   │
                                                    │   / __ ノ、___ノ       . │
                                                    └─────────────┘
.

194 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:52:37 ID:cQUR47Nc0 [88/100]

   色々な場合を想定して考え続けた。


 ┌────────────┐
 │     ____         .│
 │   /      \ ( ;;;;(    │
 │  /   -一   ー\) ;;;;)   .│
 │/    (─)  (─ /;;/..┌────────────┐
 │|        _`_   l;;´|  │     ____         .│
 │./      ∩ ノ)━・'/  │   /      \ ( ;;;;(    │
 │(  \ / _ノ´.|  |.   │  /   -一   ー\) ;;;;)   .│
 │.\  "  /__|  |.   │/    (─)  (─ /;;/..┌────────────┐
 │  \ /___ /   │|        _`_   l;;´|  │     ____         .│
 └─────────.. │./      ∩ ノ)━・'/  │   /      \ ( ;;;;(    │
                      │(  \ / _ノ´.|  |.   │  /   -一   ー\) ;;;;)   .│
                      │.\  "  /__|  |.   │/    (─)  (─ /;;/..┌─────────────┐
                      │  \ /___ /   │|        _`_   l;;´|  │       ____         .│
                      └─────────.. │./      ∩ ノ)━・'/  │     /      \        .│
                                     │(  \ / _ノ´.|  |.   │    /   -一   ー\      .│
                                     │.\  "  /__|  |.   │  /    (ー)  (ー) \   │
                                     │  \ /___ /   │  |          ´       │  .│
                                     └─────────.. │  \ /^ー:r  ̄ ̄ ̄i /   │
                                                    │   / __ ノ、___ノ       . │
                                                    └─────────────┘

   11時50分までに、俊夫は9本のピースを灰にし、
   五十嵐氏が置いていってくれたポットの紅茶を三杯飲んだ。

.

195 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:53:06 ID:cQUR47Nc0 [89/100]

ィ彡三ミヽ                                               /` ィ彡三ミヽ
彡'⌒ヾミヽ                                                 ー彡'⌒ヾミヽ
     ヾ、                    ______                    /
  _   `ー―'            /           \                `ー―'
彡三ミミヽ                   /             \                        彡三ミミヽ
彡'   ヾ、    _ノ        /  ―――    ―――  \.           \_   ヾ´    ´ミ
      `ー '         /    ___   ___    \            `ー ´
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ     /       |:::::::|      |::::::|      ヽ                ,ィ彡三ニミヽ
彡'                |. i.     `¨´       `¨´      |   …………            ミ'
      _  __ ノ.  | .u          `            |              _
   ,ィ彡'               \          - ――-         /                  ,ィミ'
ミ三彡'        /⌒.     \                 /                   ミ三ミ'
       ィニニ=- '.       /                  \             ィニニ=- '
     ,ィ彡'             /                    ヽ             `ミィ,


   初夏の冷え込みがはげしかった。

   時間はあまりないが、
   俊夫は我慢できなくなった。

.

196 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:53:38 ID:cQUR47Nc0 [90/100]

   ドアの前まで行くと、
   ドアが自然に開いて、五十嵐氏が顔を出した。


   _,n_00                    |//,|.  ヽ
  └l n |    ,⊆.己  _,n___             |//,|    ヽ
    U U    `フ_厂  `l_ヤ′            |//,|.      ヽ
       ┌―――――――――――――..|//,|.      ヽー┐
       | |三三三三三三三三三三三三三.|//,|        ヽ.|
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |          _,z‐=ミ、__、.  |//,|        | |
       | |.        /{「 l{      }\_゙|//,|        | |
       | |        {ljトミYiト、        |//,|        | |
       | |       〈jf⌒ }l{厂フ7廴  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       | |.          ハV ∧{L//___彡'"´| さっき、言うのを忘れましたけど、    |
       | |        /人〈     ̄j人 \..| トイレはこの廊下を行って、        |
       | |        弋fぅ{ --テ=≦コトミ |                            |
       | |        i 厂// ノ、rぅン }ミソ | 突き当たりを左に曲がり、        |
       | |      厶-トし' \二ノ ノシイj゙| その突き当りの右側です。      |
       | |.   __ __  }/⌒ー=ミヽ  ,ノソ__,ノ゙ゝ________________,ノ
       | |. ( \\{ ‘ ーr' jリしifシ´{ミ三ぐ|iーi,|        | |
       | |..( \  \\,ノ八 ノ川レ'  | l{  |lニl,|        | |
       | |. \ \ ̄\\斗f'"´__j_/jハルリ゙|L.l,|        | |
       | |.   ヽ ´\⌒ヽ\l ̄      j.  |//,|        | |
       | |    \ ノ\ \\     /=...|//,|        | |
       | |..   f⌒ヽ  \_ ⌒ヽ /.   |//,|        | |
       | |    人=彡'\ '⌒ヽ ノ}/       ||l l||        | |
       | |.      \ '⌒ヽ  ノ ,|      ||l_l|| ◎     | |               /|
       | |      ト=- ,ノイ⌒゙ {  __厶= |//,|       _____         /  |__
                                    /    ::::::::::::::\.     \  /
                                      /      ::::::::::::::::::\      |   \
                                    /         ::::::::::::::::::::::\      ̄ ̄
                                   /         :::::::::::::::::::::::::::::::\
                                 /          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   (何と、気のつく人なんだ)
                             |   U        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                  |         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                  \         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                    \      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                     /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈

   礼を言っている暇は無かった。
   俊夫は言われた道順を急いだ。

.

197 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:54:08 ID:cQUR47Nc0 [91/100]


                        ┌―――――──―─┐
                        │                  │
                        │                  │
                        │                  │
                        │        ┌──――┴―─┐
                        │        │              │
                        └――――┤              │
                                  │              │
                              ┌―┴───┐      │
                              │          ├――─┘
                              │          │
                              │          │
                              └──――─┘

.

198 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:54:35 ID:cQUR47Nc0 [92/100]

   応接間に戻ってみると、誰もいなかった。
   12時3分前だった。

          ,.;-=、.              | :.::|//
 |    || o |/|//..|| (ニニ?ニニ?ニニニニコ | ツ/
 |    || / ..|  ||: :  /;;;ヽ / ヽ    |;i´
 |    ||r'゙ | o.|  ||: :  |_j::;;| |_ィ |    |i!
 |    || o |/|..//||: :   L....! L...,!  ... |゙ー、     //
 |    || / ..| ,r'i|: :          ....::::.:.::| :.::ヽ.   /
 |    ||r'゙ | o.|ー'oi| _____,__ r=======-、!____
 |    || o |/|_../            |.....................| |
 |    || / ,r'"⌒i.          ,r'     ,r'. |
 |    ||r'../ / l__   ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./!
 |    || o|⌒`i /   /)/         //|
 |__||/!:.::.└――、 /          ,//゙ー'
       !_____,,ノ 仁二二二二二二i/
              |i;:|       |i;:|
              ゙ー'       ゙ー'

────────────────────────────────────────────
                          _
                      _    _/ j)   _
                      i ヽ // /  √ )
                      | |/ / /  / ./
                      | ./ /  し/ /
                     / r  r  / _
                       /       ( / _丿
                   ┌ 、       /
                 /⌒ヽi个;、 ___ , r'.
               / ::::::::::::`~.、 〉
              / :::::::::::::::::::::::::::〉
            / ::::::::::::::::::::::::::::/
          / ::::::::::::::::::::::::::::::/
        / ::::::::::::::::::::::::::::::/
      / ::::::::::::::::::::::::::::::/
────────────────────────────────────────────

     ____
   /      \       : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
  /  ノ    ヽ、\.    : :                           : :
/    ( =)  (=)\.   : : やっぱり、あちらさんは、          : :
|         _'     |   : : 研究室に直行するつもりかな…….   : :
/     ∩ノ ⊃  /.   : :                           : :
(  \ / _ノ |  |.      : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
.\ "  /__|  |
  \ /___ /

.

199 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:55:07 ID:cQUR47Nc0 [93/100]

             fニ7ニ7ニ、
             !:'///}!
             |r─‐彳||
             !| ,<  .i.:!!
             ||  ゝ´|:||
             |i  .,イ .||   _   f 、
             || ./ ゝ.|!.  い  }   r 、
             |レ /  .|i   } }  |  }! |
             |__i__.|j.    ! ノ ,リ ハ
              r 、   } ゞ   メ / 〉
              } }  ノ       ' /
               ゝ `¨´         j'
                ヽ        /
                 \     -―<_
                  ヽ/ z≦三≧z
                     〈 /三三三三三≧z
                   V三三三三三三三
                     j!三三三三三三三
                      `マ三三三三三三
                     `マ三三三三三


   俊夫はテーブルの上にのっている
   自分のライターを取ってポケットに入れると、

   すぐ玄関に出て靴を履いた。

.

200 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:55:36 ID:cQUR47Nc0 [94/100]

                                      __...,,,_
                                    ィ´ | ヽ  `ヽ
                                  / / 。o≦三三三ミ、
          ┌─‐───────────┬──────‐┐ `~'Y"ヾ_,.`八__;;人゙゙,//
              |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |:::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|(ヾヾ|ノヾ; /ヾ;| レ'_;.,、;;;)
              |   | ̄ ̄| ̄ ̄|   | ̄ ̄| ̄ ̄|  |:::| | ̄ ̄| ̄ ̄|  |ヾ''ヾゞ、,//':'ヾ" i、ヾ//丿
              |   | / | / |   |ェェェェ|ェェェェ|  |:::| |ェェェェ|ェェェェ|  | "\゙゙Y゙゙ ;゚'ヾj レ| ;;/,::丿
  ┌┬┬┬┬┬┼┬┬┬i|_________┌─┴──────‐┼l  |!: : `゙|ノ ノ | //、.,,,_
  ├┴┴┴┴┴┴┴┴┴{===============| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄|::|   |!: : ( / |i //
  | ____    _____/ /:::| ̄ ̄ ̄ ___ ̄「|   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |::|   |l: :  :|  |l /
  | |//|//|  ,,,|゙,,//|ヾ/ /:::::|      |「::::::| | |:|   |//// ___    | |::|   |l: :  :|  |l |
  | L r‐┤ (:.:.::;;;;i⊥/ /:::::::|      ||:::::::| | |:|   |/// /:::::\  | |::|   |l: :  :|  |l |
  |   (;;;;w;)(.:.:;;;w;;i/ /::::::::::|  (:;;;゙)||:::::::|_|_|:|   |//....〈=─‐=〉....|| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄


                ′'
          ____    ´
        /     \
      /        \       : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
     /  \    /  \   : : あっ、            : :
    |    (●)   (●)   |    : : ラジオのスイッチ……   : :
    \      ´   u /.    : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
    /     ⌒     \


   もう時間が無い。

   相手はたぶん外国人なのだ。
   日本人として遅刻したくなかった。

.

201 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:56:07 ID:cQUR47Nc0 [95/100]

   俊夫は芝生の中央に作られた小道を、
   研究室に向かった。

   ドームは、よく手入れされているらしく、
   月光に青白く輝いている。

   その前には誰も立っていなかった。


                      |iヘ          ム
                     |Xヘ   、一-、    .ハ
                    |XXヘ( ゞ_,,ノ _  /Xt!
                |ヘ     |XXtヘ`ユ|_|_1| ノXXj   ,x<7
                ヾX;、    |XXXXXXXX/XXX/  /XX/
                ヾX>x、. |XXXXXXt∠XXXXノ/XXX/
                 ヾXX;ゝ-‐''"´_二-‐''"´ ̄ヾXXX/
                、_ゝ'´ _ 二i 1===;ti‐、  ヘX∠..___,,
                 ヾX゙マ'~| | ̄ | |    ||`ヽミ|! 〉XXXソ
                  ` ̄ヽl |ニニ| |ニニニ||ミヽ||/ー'''´
                        i |__.|...|___.||_,,Z||t‐-、
                    , ォ=| |─‐| |―‐ァ~ ̄ , ̄   "'''- .
              _,..-''"(|   | | l l l|_,,」/    `' ,      "'‐、
           , -'"  , '゙ ` ̄ ̄ ̄´゙ 、           ' ,      ヽ







        ___
       /     \
     /   \   ノ\
    /   ( ●)  (●)\
    |         ´     |
    ヽ、       ⌒   /
     /         ::::i \
    /  /       ::::|_/
    \/          ::|
       |        ::::|
       i     \ ::::/
       \     |::/
         |\_//
         \_/
.

202 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:56:35 ID:cQUR47Nc0 [96/100]

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |   ……
 \  ∩ __'__/777/
 /  (丶_//// \


────────────────────────────────────────────
                          _
                      _    _/ j)   _
                      i ヽ // /  √ )
                      | |/ / /  / ./
                      | ./ /  し/ /
                     / r  r  / _
                       /       ( / _丿
                   ┌ 、       /
                 /⌒ヽi个;、 ___ , r'.
               / ::::::::::::`~.、 〉
              / :::::::::::::::::::::::::::〉
            / ::::::::::::::::::::::::::::/
          / ::::::::::::::::::::::::::::::/
        / ::::::::::::::::::::::::::::::/
      / ::::::::::::::::::::::::::::::/
────────────────────────────────────────────


   時計を見ると、
   夜光塗料を塗った長針と短針が、
   ほとんど重なりかけていた。

.

203 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:57:07 ID:cQUR47Nc0 [97/100]

        ____
      /      \
     /_ノ   ヽ、__   \
   / (● ) (● )   \
   |                |
   \   `_     /
    /   (__`ヽ、   u \
    \|  `\ \__ノ |
     |    \____/|
     |          {




         ____
       /    \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー) \
  | / .イ    '       |
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ


   俊夫はちょっと足をとめて、振り返った。

   母屋の一番手前の窓だけに明かりがついていた。
   誰も来た様子が無い。

.

204 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:57:36 ID:cQUR47Nc0 [98/100]

   俊夫は足早に進み、
   研究室の前の四段ほどの石段を上った。

   彼は手をドアにのばした。


  ___________________
. | __________________ |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | | | ̄ ̄|                      | |
. | | |    |                      | |
. | | | (二二二!                     | |
. | | |__|                      | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                     _   f 、 . | |
. | |                       い  }   r 、
. | |                     } }  |  }! |
. | |                       ! ノ ,リ ハ
                    r 、   } ゞ   メ / 〉
                    } }  ノ       ' /
                     ゝ `¨´         j'
                      ヽ        /
                       \     -―<_
                        ヽ/ z≦三≧z
                           〈 /三三三三三≧z
                         V三三三三三三三
                           j!三三三三三三三
                            `マ三三三三三三
                           `マ三三三三三


.

205 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:57:57 ID:cQUR47Nc0 [99/100]

   その瞬間、ドアのノブが自然にグルリと回った。
   そしてドアが開いた。


                       l\
                       |  \
                       |   \
                       |     \
                       |      \
                 |        \
. ┌――――――――――:|         \‐┐
. | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|               l| |
. | |                    |               l| |
. | |                    |               l| |
. | |                    |               l| |
. | |                    |               l| |
. | |                    |               l| |
. | |                    |               l| |
. | |                    |               l| |
. | |                    |               l| |
. | |                    |               l| |
. | |                    | |\          l| |
. | |                    | |  |        l| |
. | |                    | |〈二二!        l| |
. | |                    | |  |        l| |
. | |                    |: \j:          l| |
. | |                    |               l| |



.

206 名前: ◆V5MoR28LME[sage] 投稿日:2016/03/25(金) 22:01:58 ID:cQUR47Nc0 [100/100]
以上で今回の投下は終了です。
もう書きだめが尽きた\(^o^)/

前作に続いて
「やる夫が人生でいいじゃない」様にまとめていただいております。
http://yaruoislife.blog.fc2.com/blog-category-244.html

次回投下は4/1(金)21時からを予定しております ではではノシ

207 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/25(金) 22:09:50 ID:9RGOS89A0
乙でした

208 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/25(金) 22:12:43 ID:cKZ6kRTw0
乙でした!
凄く気になる引きだ

209 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/25(金) 22:35:42 ID:wywM0VqU0
これからどうなるのか楽しみだー

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2016/03/26 01:57 ] できる夫 マイナス・ゼロ | TB(-) | CM(3)
地の文が多すぎて目が滑る
AAスレのメリット潰してる
これじゃ小説読んでるのと変わらん

例えば>>117とかこのシーン本当にナレーション必要か?
原作の雰囲気出したいのかもしれないけどある程度情報の取捨選択をして欲しい
小説の表現をそのままAAスレに持っていってるように見える
もう一度言うけど本当に見辛い
[ 2016/04/05 22:34 ] [ 編集 ]
話自体は面白そうだし
AAとか丁寧に描かれてるのも分かる
それだけに残念でならない
[ 2016/04/05 22:43 ] [ 編集 ]
だからまぁ、小説を読む気分で読んでるな
こういうスレもあるっちゃあるし、さほど気にはならない
[ 2016/11/03 17:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する