クリックで開閉

やればできる子で学ぶラノベ新人賞の獲り方 プロット演習7 タイトル「魔導艇よ飛んでゆけ」

※作者さまから許可をいただいております、プロットの具体例と講評としてご覧ください
 プロットという形でありますので、普通のやる夫スレとは異なるものになっておりますがご了承ください
 プロット作者様からの要望によりプロット部分がURLの引用となっております。

958 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/05(土) 23:44:16 ID:se1BYXwU0 [1/6]
間に合った!
3レスに収まるかな。投稿させていただきます。

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1456663722/960-962

963 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/05(土) 23:54:29 ID:se1BYXwU0 [5/6]
以上です。

279 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/07(月) 23:45:39 ID:8QKg3YCc0 [69/72]
前>>960-962景さんの「魔導艇よ飛んでゆけ」です。
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    魔法使いたちの国での魔導艇レースを舞台にした物語。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     主人公は、二つ名持ちの箒乗りだったが事故で親友を喪って
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   もう空を飛ばないと誓ってほそぼそと生きていた。
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../.     しかし、そこに魔導艇レースに出るために力を貸して欲しいと
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        現れるヒロイン。彼女の熱意と頑迷さに負けて、
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         主人公はしぶしぶながらパートナーとして参加を決める。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      主人公は魔導艇レースへの準備を通して過去を受け入れ
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、         ヒロインと共に空を駆けることを決意する……というお話ですね。



スポンサードリンク


281 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/07(月) 23:49:58 ID:8QKg3YCc0 [70/72]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    物語は、過去にとらわれていた主人公が
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     まっすぐ空を求めそのために勝利を掴もうとするヒロインと出会い
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   やがて過去を乗り越えてヒロインとともに大いなる勝利を収めます。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      実に王道です。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        主人公もヒロインも初期設定がわかりやすく、読者はすぐに
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         物語に入ることができる点がとても良いと思います。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

282 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/07(月) 23:55:00 ID:8QKg3YCc0 [71/72]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    『技術の主人公』に『パワーのヒロイン』と役割もきちんと
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     わけられていますね。やや主人公についての言及が弱いですが
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   まあ、理解していると思うので深くツッコミません。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../...      ライバルは姉。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        ラスボスであり、正統派の強キャラとして描かれています。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         彼女の強さや気高さをどれだけ響かせられるかで
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>        物語全体の面白さを左右します。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、             どうしても読者は勝利を予想してしまう内容なので
                                     難しいと思いますけれどがんばってください。

284 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/07(月) 23:58:59 ID:8QKg3YCc0 [72/72]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::// :::.|   \.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    主な修正点としては、中盤と終盤が挙げられます。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     特に中盤ですね。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   レースに必要な流れを追いかけるあまりに
.       /: : : : :.ー-、     __    /..:/ l!:../        大きな変化や盛り上がりを感じられない冗長展開になっています。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        失速しないように注意し、場合によっては必要な道具を主人公が
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         持ち込んでも良いと思います。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

286 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:02:00 ID:9b10m6WI0 [1/56]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::// :::.|   \.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    序盤で主人公がヒロインに負けてあげるところも注意してください。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     ここで説得力が出せないと主人公のドラマは片手落ちになりますし、
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   かといってだらだらと語ってしまうと読者が飽きてしまいます。
.       /: : : : :.ー-、     ~~    /..:/ l!:../        難しいバランス読みになると思いますけれど、
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        どうにか読み切ってください。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

288 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:03:27 ID:9b10m6WI0 [2/56]
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     ……おや? 序盤と中盤と終盤に注意って言ってますね私。
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!    
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     ……まあいいですよね?
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

289 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:05:22 ID:rYWNU5es0 [1/7]
>288
まぁ王道を面白く書くって作者の力量が問われるからね、仕方ないね

290 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:05:35 ID:9b10m6WI0 [3/56]
           ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_         ,、/: : : : :i: : i`:ヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/: : : : : : : : !: : |: : :.:|:ヽ、  ∨// /
  ∨Y://: : イ: : : l: : !,: : : : : :l:.リ、VI: : :/!: : ,'l   ∨ /
  ∨/:{: :/: |: : :从ノ、: : : : : :|/l/ ト、 / |: :/│    〈
   \|: {从!: :{r=rttォ、、: : : :! イ云心下/ : |     ヽ     というわけで、『要修正』です。
     l从{,ハ: :{  マ、rム ヽ: :.|  マ、_∨,: : /│      ',    本当に『必要なイベントだけ』で物語を作るくらいの
     /`/: :ヾjハ. ∨ソ ,.Ⅵ   ゞ- '/: :/ : |      ',     気持ちでゴリゴリ削っても大丈夫です。
    /./:イ: : : :八      _     /: :/: , /     __ノ    中だるみを一番恐れてください。
    /l.く 从: l: : : >. .,ィ-っ`  イ/: :イ:/    /  |
   / |  {: :{: !从',: : / イ、.T、´r‐'/;ィ‐'´   __∠二二!
    ヽ.>、VI/二ニ`/  イ,〉 `V卞ニ、─<____丿
      \___,r'´ /{   ハ    ヘ    `ヽ 〈
        / ./l \_ノ人!ー--'∧.   r' \}

291 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:06:24 ID:Uo4mHD/.0 [1/13]
序盤は実際に本文に下ろす際の注意点、
中盤終盤はプロットとしてのアクセント不足と読みましたが誤ってますかね……?

292 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:08:08 ID:Uo4mHD/.0 [2/13]
ありがとうございました。
自分で書き上げて暫く経って見てみると随分シンプルにすぎるスポ根だよなぁというのと
中盤が弱いというご指摘の通りの感が否めない気がしています。不要を削って必要を加えるべきなのかなぁと。

勿論ストーリー部分とキャラクターの配置はおおよそコンセプトからハッキリしてるので良いのかなと思ってるんですが、
世界観というか幾つかエピソードで差別化というか面白みを魅せられないと
有りがちで刺激が類型的なモノに没しかねない危機感が強くなってます。
この手のモノでなんだろう、分かりやすく改善できそうな大鉈の振るい方ってありますか……?

293 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:08:41 ID:9b10m6WI0 [4/56]
>>291
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    です。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     あと、レースについてあまり触れませんでしたけれど、
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   これはプロットだとこちらが読み取りにくいというのがあります。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../...      なので、「割とうまく行っている前提」で話しています。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

294 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:13:04 ID:Ieqq12ZY0 [2/9]
>>293
レースのルールだね。
現実にも飛行機レースはあるけど、現実に存在しない乗り物なら、超常的な飛行運動をするレースになるのかな?

295 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:13:05 ID:9b10m6WI0 [5/56]
>>292
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     『ご都合主義』『説明セリフ』を恐れずにナタを振るってください。
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    『過程』がさほど重要じゃないものは多いです。
            ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈.    
            / :|: N            リ: |     〔 \..  
           {   | Y          u 厶ィ|     ∨  }.. 
           |   |:人      マフ     /:|     [ ∨
          [ 八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

296 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:19:22 ID:Uo4mHD/.0 [3/13]
逆にエピソード不足に陥らないように注意は必要……?
いや、これはこちらの問題か。何とか色々盛り込めるよう努力してみます。
場合によってはゴリゴリ不要を削った上でキャラ増やして要素を増やして……ってぐらいはやったほうがいいかもですし試してみます。
すみません、有難うございます。
『要修正』ということはベースとしては有り、ということで受け取りました。頑張ってみます。

297 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:19:37 ID:9b10m6WI0 [6/56]
                                  ,ノ'ヽ,、
            _,,,,;:;;::--::---::;;:--─---::;;--:;.,,_   /′  i i,
       _,,...:;;;ー''゙⌒      ‐'″         ~゙'∨    .::i, i,
     ,,,;;;:::         ,,,            ,,,   /    .:::::i, i,
   <,_          ◎    ,.,o,.,._,.   ◎  /     .::::::::i i
     ゙゙^ー-       _,;;rー'゙~ /i /;~^..:ー-、'' ,, .〔    .::::::::::i }
          〉      /             }  `ヽ     ヽ/i
        /     /   '  '  ,イ |     ' ,ハ.   ヽ       l
       l     /.    / / \ j/|   ' イ //ヽ、   !       l.     削りの基本については、以前講義したとおりです。
       !    /:|l   イ i/__≧| ,/ /_≦__ヽ、 |     !    『面白さを減らそう』です。
       !    !/il   Ⅳ | |::::::::::| | /j/   |::::::::::|  ヾi|     !    「あれも面白い」「これも面白い」は良い状態ですが
        `ヽ、l}/从 .| ヽ|  、::::::ノノ'     、::::::ノ   ll|       i.     「だから、どれも削れない」は悪い状態です。
            /     ヽト、_.!               /∧     /.      面白くてもバランスやテンポを考えて
            i ,   │ 八 ""          ""// li  /..     泣く泣く削りましょう。
            | /   |,}`ヽ个: .     r y     .メイ.   ll:,ソ
            |ハ /i., '|  | ∨. .`≧=‐-   -‐=≦/ ,ィ ,イ }
             ∨_/ |  l }\. .|   \_/  /./イ// {,∧
           l´   |  | / : :ヽト、___∧___,イ. //   / {|
             /   ム-└- 、: : }::::::::::::{::}:::::::::::|/7      〉
           /二 ノ __,.  ,}、: :〉:_:_:イ∨ト:_:_:〈 /       ,イ
           ̄|ノ   ̄`ヽ 〈 .}/:::::::/ヽ-'ヽ::::∨       |
            {    ̄ \ イ/`ヽ:/: : : : : :.V∧二二二 ヽ}
            |ヽ   マヽソ¨´: : : : : : -=彡: : :/ ̄ ̄ ̄7ヽ/

298 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:20:30 ID:Uo4mHD/.0 [4/13]
>>294
そうですね。超常的な運動をして、障害物を含めて乗り越えていくようなイメージです。
加えて互いに妨害しあう魔法合戦のような要素も含めて、刺激的に描けたらなぁと。
コレもほんとにうまく出来たら、という場合なのでしょうが……。

299 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:21:20 ID:9b10m6WI0 [7/56]
>>296
             _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      {:::::::::::::::::::::::::/◎   o     ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
     i::::::::::::::::/    ,.´'´    ``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
     `、:::::::::/   // // //!/  ! l  \     ヽ、:::::::::, '
     . ヽ::::/  //__,,.イ /| |ト、   `ト       ヽ/
      .     !   // / || / ! |/  \ | \      \
         |  ,' i /|z=≠==   =≒==z|       |
         l  l !/ 、、、、           、、、、|       |     そうですね、やや展開に依存している節があるので
         l  /         ――‐┐    |      |     主人公とヒロインのエピソードを楽しめるシーンが
         l ,'        |      |     |      |    増えることは望ましいと思います。お疲れ様です。
         | ヽ.        \__,ノ     |      |
         | l   \_ /!             | /     /
         |Λ / |//  |‐-  _  ___「ヽ-┤/l    /
        | ∨  /  Ν\>ァ' ,⊥」  l/l//|  /
             l   |-‐ヘ.  {,/   |  И/l/
             |    | l /フ○\_|   !ヽ.
             ゝ、_j j,/〈:::::::|:::::::〉| ノ} }
                 `7   ⌒⌒´  辷'ノ/

300 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:25:23 ID:9b10m6WI0 [8/56]
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       これで読めますかね?
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     ここ大事。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1452772048/216-217/

216 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/17(日) 22:09:49 ID:O0IrD9x.0 [56/71]
                                  ,ノ'ヽ,、
            _,,,,;:;;::--::---::;;:--─---::;;--:;.,,_   /′  i i,
       _,,...:;;;ー''゙⌒      ‐'″         ~゙'∨    .::i, i,
     ,,,;;;:::         ,,,            ,,,   /    .:::::i, i,
   <,_          ◎    ,.,o,.,._,.   ◎  /     .::::::::i i
     ゙゙^ー-       _,;;rー'゙~ /i /;~^..:ー-、'' ,, .〔    .::::::::::i }
          〉      /             }  `ヽ     ヽ/i
        /     /   '  '  ,イ |     ' ,ハ.   ヽ       l
       l     /.    / / \ j/|   ' イ //ヽ、   !       l
       !    /:|l   イ i/__≧| ,/ /_≦__ヽ、 |     !    皆さん、『詰まらない部分』を削るのは
       !    !/il   Ⅳ | |::::::::::| | /j/   |::::::::::|  ヾi|     !    ほとんど抵抗がないんです。
        `ヽ、l}/从 .| ヽ|  、::::::ノノ'     、::::::ノ   ll|       i    .なぜなら言われるまでもなく不要だから。
            /     ヽト、_.!               /∧     /
            i ,   │ 八 ""          ""// li  /      でも、『面白い部分』を削るのは
            | /   |,}`ヽ个: .    t _⌒)   メイ.   ll:,ソ      .かなり抵抗を感じます。
            |ハ /i., '|  | ∨. .`≧=‐-   -‐=≦/ ,ィ ,イ }       .ところが、主題や一番の見せ場の効果を小さくするのは
             ∨_/ |  l }\. .|   \_/  /./イ// {,∧      そうして大事に大事に残してしまった『面白い部分』――
           l´   |  | / : :ヽト、___∧___,イ. //   / {|      .より正しくは『面白いけれど本筋から外れている部分』です。
             /   ム-└- 、: : }::::::::::::{::}:::::::::::|/7      〉
           /二 ノ __,.  ,}、: :〉:_:_:イ∨ト:_:_:〈 /       ,イ      .余計な情報が物語の配分を歪ませ、
           ̄|ノ   ̄`ヽ 〈 .}/:::::::/ヽ-'ヽ::::∨       |       重要度の低い情報を読者の記憶に深く刻み、
            {    ̄ \ イ/`ヽ:/: : : : : :.V∧二二二 ヽ}      .最も強く理解してもらうべき内容の理解を妨げることになるんです。
            |ヽ   マヽソ¨´: : : : : : -=彡: : :/ ̄ ̄ ̄7ヽ/

217 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/17(日) 22:10:08 ID:O0IrD9x.0 [57/71]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.    要するに、『瞬間瞬間の面白い文章や一見読みやすく感じる文章』に
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    惑わされないように『上位指示』を置こうという提案。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!    それが今回の講義内容です。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../      「面白いの書けた! でも、段階式プロットで考えると路線間違ってた。没」
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V       と、このように自己チェックできれば完璧です。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

301 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:26:41 ID:Ieqq12ZY0 [3/9]
>>298
アドバイスでもなんでもないけど・・・
レース直前、タチの悪い連中を姉が始末するのに撃ち落すから攻撃ありと見たけど、これだと姉の行動が明確すぎる。
アクロバティックな飛行で攪乱して、悪役が事故リタイアするようにしむけるとか。
で、当人は理由を語らず、自分自身のためなのか、レースの誇りを守るためなのか、主人公たちへの援助なのか、
想像させるようにするとか。

カリスマ性のある人間は、あえて自分の行動規範を語るようなことはしないものさ。
そこに神秘性が生まれる。

302 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:30:12 ID:uKe5Hl6A0 [1/6]
でも面白さの宝石箱、みたいなスタイルもあるはあるよね。
そういうのは好きじゃないのかな。

303 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:32:01 ID:Uo4mHD/.0 [5/13]
>>301
あぁ、あえてそういう感じにして姉が意味深に笑んだらカッコいいかもですね……。
面白そうな意見です、有難うございます。

>>300
余計な情報になっていないか精査しなおすべき、ということですね。わかりました!
テンポ的には現状の中盤プロットは冗長にすぎる、と。
本文的にはレースシーンをもっともっと盛り上げられるようにしなければいけないのだろうな。
自分の中の想像のスケールが小さすぎてるのかもです。

304 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:32:30 ID:9b10m6WI0 [9/56]
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       すみません、ちょっと限界です……。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     起きてはいるんですが、読む集中力が途切れました。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

305 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:35:30 ID:ZYHZt4PA0 [1/2]
おつかれさまですー

唐突ですけど
キャラの設定でこれだけは決めておいた方がいい設定、って何かありますか?
また、先生はキャラの設定はどれぐらいまで決めるんでしょうか?

306 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:36:52 ID:Sxm1skPU0 [1/11]


308 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 00:38:00 ID:9b10m6WI0 [10/56]
>>305
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       私は、主人公と漫才できるキャラが好きなので、小話できちんと動くなら
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     だいたいそれで通しちゃいます。プロットなし派。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

309 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:38:28 ID:Uo4mHD/.0 [6/13]
すみません長々と付き合っていただいてしまって……
おつかれさまです

310 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 00:40:06 ID:9b10m6WI0 [11/56]
>>306-307
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       「土曜日から始めれば日曜日には終わるはず」
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     どこかで時間泥棒が発生していますねぇ……。塩立地が悪いことにします。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

311 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:40:24 ID:Ieqq12ZY0 [4/9]
>>303
ここらは小説技法でもありキャラクタ表現法でもあるけど。
伝統芸能の徒弟制度って、あえて説明しない。
説明されると、人はとたんに"見なく"なるから。
つまり説明された目的と方法にのみ集中して、他の情報は除去してしまう。
人間の脳は情報を自動的に取捨選択するようになってる。

キャラクタだと、自ら説明しないから、一挙手一投足に意味があるんじゃないかと注目受けるのがカリスマ性あるキャラ。
小説技法だと、説明しないことで注目あつめさせたりするし、逆に推理小説だと、説明することで読者に観察させなくする技法もある。

312 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 00:40:57 ID:9b10m6WI0 [12/56]
>>309
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       いえいえ、夜遅くまでお疲れ様です。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

313 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:41:16 ID:ZYHZt4PA0 [2/2]
>>308
プロットとは何なのか(哲学)

身長とか血液型とかそーいう
本編にあんまり関わってこない情報は決めなくて

本編に関わってきそうな情報は書きながら決める、ってすたいるって事ですか?

314 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:43:02 ID:Uo4mHD/.0 [7/13]
>>311
語りすぎると理解できる範疇に入りますしね。想像の余地に任せたほうが基本的に強く見てもらえる
わかります>カリスマの描き方
推察させるって強い

315 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 00:47:00 ID:9b10m6WI0 [13/56]
>>313
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       『性格』を大事にしてますねぇ。細かい設定は全部後から動かせるんです。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }           ・ ・ ・.・ ・.・ .・ .・ ・ ・
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'       なので、プロットなし一発書きをしようと思ったら
   {_V:ノY               } ソ:从       必然的に一番ブレるのが怖いのは性格になる、と。真似しちゃダメですよ?
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

316 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:48:51 ID:Ieqq12ZY0 [5/9]
>>315
逆にブレさせることで効果を出したりもする?

317 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:49:32 ID:Sxm1skPU0 [2/11]
>>315
キャラの性格は一番ブレますね
プロット書いてても、最初と最後でキャラが違うから、もう一回、書き直すこともよくあります

318 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 00:50:26 ID:9b10m6WI0 [14/56]
>>316
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       『性格が安定しないキャラ』として作る場合はより注意しますね。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     作者に制御できないブレ方はさせちゃダメです。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

319 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:50:40 ID:Uo4mHD/.0 [8/13]
全然違う話なんですけど読者の納得をどうつくるかってのはいつも悩んで困る
無難過ぎるとストンと落ちすぎて小ぢんまりとし過ぎますし、
かといって無理のある理屈を勢いで押し通すには面白さを詰め込まないと難しいし……
半端に「ここ引っかかる」とか「ちょっと理由として弱いかな」っていうのは構築段階の問題なんだろうけど、
終盤書いてて割りと発生して泣きそうになります……

320 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:52:55 ID:Ieqq12ZY0 [6/9]
>>319
気にするな!

ちなみに、どういう納得?
知識的なこと?
キャラの人格的な?

321 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 00:53:34 ID:9b10m6WI0 [15/56]
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       極端な話、現象が実現できなくても良いんです。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     重要なのはキャラの気持ち。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'     勢い全開で物理法則を無視しているスポーツ漫画が叩かれないのはこの辺りにも理由が。
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

322 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:54:13 ID:Ieqq12ZY0 [7/9]
>>318
しかし、迷いがあるキャラも魅力はあるよね。
迷いと支離滅裂の区別は、案外薄い。

323 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:56:07 ID:Ieqq12ZY0 [8/9]
>>321
つまり問題は、"納得"ではなく"乗れているか"にあるってこと。
もっとも、ストーリィ展開などで納得あるつながりがないと困るが。

324 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:57:43 ID:Uo4mHD/.0 [9/13]
>>320
「展開的に無理があるよね」系とか「なんでこのキャラここでこういう考えでこう動いてんの。こうしない理由あんの」とか
後者はキャラの練り込みと展開のすり合わせ不足だろうから、
鉈振るってどっちか寄せるべきなんだろうなー、多分キャラに寄せればいいんだろうなー、と思うのですけど
問題は前者で、構築段階で気づいてないと頭抱えるハメに……

325 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 00:58:22 ID:9b10m6WI0 [16/56]
>>322
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       あ、そこは全然違います。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     『迷いを抱いているキャラ』として制御されているので。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

326 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 00:58:30 ID:Uo4mHD/.0 [10/13]
あー、そうか。積極的に騙されて「面白い!」って言わせられるなら、そこら詰める必要ないのか……
キャラの気持ちに共感させて勢いで押し流すのが最適解……?

327 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 01:02:08 ID:Ieqq12ZY0 [9/9]
>>324
展開の方とキャラの方、どちらを修正する?
手塚治虫などがスターシステム使うのは、人格と展開を一致させるのがやり易いから。
定型キャラのストックを多く作ってみてはどうだろうか?
こういう展開になるのはこういうキャラとすぐに取り出せるように。


>>325
ああ、状況の人格への影響という意味でのブレの方じゃなかったか。

328 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 01:02:19 ID:9b10m6WI0 [17/56]
>>326
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V      
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     気持ちの上では嫌なんですけれど、その解釈で正しいと思います。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'     『読者は別に論文読みに来たんじゃないんです』これ大事。
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

329 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 01:04:15 ID:S/p4LNMg0 [1/2]
設定資料集を読みたいのは、その作品にどっぷり浸かってからやで

330 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 01:04:52 ID:9b10m6WI0 [18/56]
>>329
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       です。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     よく覚えておいでで。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

332 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 01:12:48 ID:JbXnlx6g0 [1/4]
言わせられるなら詰めなくても良いけど、その面白いのために詰めなきゃダメだと思うんだけど
設定資料を読みたくないと、設定資料がないのは全くの別物だと思うけど

333 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 01:15:15 ID:Uo4mHD/.0 [11/13]
>>327
キャラクターストックはあるといいですよね。使いまわせるレベルで

>>332
や、違うんですよ。最低限必要な分はもちろん作ります。キャラ部分も含めて下準備はする
ただ、かなりのラインで書き込んだとしても、
複数人に読んでもらうと細かいところで絶対「こここうじゃないの?」って発生するんです
で、そこまでキッチリ詰めて整合性作って誰もが見ても納得できる作りこみってこれ容易じゃないんすよ……

334 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 01:15:49 ID:9b10m6WI0 [20/56]
>>332
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       設定に柔軟性を残して状況に合わせて適宜再定義をする、というのが本体だと思います。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     要するに、脳内プロットを何本も何本も引いて比較検討し続けるやり方ですね。全体とその場の両方をチェックして。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

951 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:42:39 ID:UI5bzcbE0 [4/12]
ではこちらも投稿します。えっと、遅刻組な上に5レスに膨らんでしまいました。
最悪バッサリ斬って頂いて構いません。ご負担おかけします。すみません。

952 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/13(日) 01:44:45 ID:o9TR2D3A0 [14/27]
                   r 、.     ,、
                   l ヽ,,, -ー -', l
                  /  @ o  @ ヽ
                 Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
                 l γ::..:::::.u:...ヘ、: : : ハ j
                 `ノ  ,.  >フヽ_.j  | |
                 l __/ _ ノ´ ,ヾソ  ,'j‐-´
         _     / ゝ‐ヾヽ!、 ( ̄ゝ 〉
  _  _    i´,_.二二ッ ´ /i___、,!_,ゝ‐--‐'´i
 ,ゝヽ' '‐、,-イ"::::::::::::::::::::l、!、;;/"/ヾ、 〉-ヽi !ノ
 `!/〉〈イ! !:::::::;;;;::::::::::::::::ヾ/ //-´''" ̄`i、
 ヽ二ゝヾ!、lノ", -ヽ、,.-// /_::::::::::::::::::::::|、ゝ
  /ヾ、!=ヽ  "   〉川-ゝ V/ユ--、;;;;::;;::;;!、>
 / <ヾi_、_,,,,,<",''ヽ_ゞ-|__  | | l _ ̄`"''''''''''──----───'''''''''ツ
 |  ゝ" ヾゝ "     `‐'ヾ_/_i_ ̄"i"''''''''───----─''''''''''"´
 "-‐´                `‐-‐´

955 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:50:06 ID:UI5bzcbE0 [5/12]

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1457189370/955-960

すみません、収めるのに四苦八苦しすぎて時間使いすぎました。
遅刻といい、大変申し訳無い。良かったらついでで良いので見ていただければ……という感じで、はい。

962 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/13(日) 02:18:46 ID:o9TR2D3A0 [15/27]
                   r 、.     ,、
                   l ヽ,,, -ー -', l
                  /  @ o  @ ヽ
                 Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
                 l γ::..:::::.u:...ヘ、: : : ハ j
                 `ノ  ,.  >フヽ_.j  | |
                 l __/ _ ノ´ ,ヾソ  ,'j‐-´   お疲れ様でした。
         _     / ゝ‐ヾヽ!、 ( ̄ゝ 〉
  _  _    i´,_.二二ッ ´ /i___、,!_,ゝ‐--‐'´i
 ,ゝヽ' '‐、,-イ"::::::::::::::::::::l、!、;;/"/ヾ、 〉-ヽi !ノ
 `!/〉〈イ! !:::::::;;;;::::::::::::::::ヾ/ //-´''" ̄`i、
 ヽ二ゝヾ!、lノ", -ヽ、,.-// /_::::::::::::::::::::::|、ゝ
  /ヾ、!=ヽ  "   〉川-ゝ V/ユ--、;;;;::;;::;;!、>
 / <ヾi_、_,,,,,<",''ヽ_ゞ-|__  | | l _ ̄`"''''''''''──----───'''''''''ツ
 |  ゝ" ヾゝ "     `‐'ヾ_/_i_ ̄"i"''''''''───----─''''''''''"´
 "-‐´                `‐-‐´

963 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 02:19:29 ID:Qtxc5yFA0 [2/3]
お疲れ様です

964 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 02:23:34 ID:Of3TfcyQ0 [10/15]


856 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/17(木) 23:49:05 ID:OrBUQLds0 [116/119]
前>>955>>957-960景さんの「魔導艇よ飛んでゆけ」です。
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    空を駆ける魔導艇レースが流行っている世界。主人公は
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     かつて空の覇者であったが、レース中に事故を起こして
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   ライバルにかばわれる形で命を拾う。
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../.     勝利も敗北もライバルもなくした主人公は
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        空を駆ける意欲をも失い引退して隠居生活を送っていた。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         そんなところに主人公の整備士をしていた男が
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      ひとりの少女を連れて現れる。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.           覇気に欠ける主人公を見て、少女は「こんな男じゃ願い下げよ」
                                      と言い捨てる。
                                      過去のライバルをもバカにされたと感じた主人公は
                                      いきり立って言い返してしまい、挑発に乗せられた形で
                                      少女と対決することとなる。
                                      主人公の目から見た少女は粗削りであったが、
                                      たった一度とはいえ主人公を予想を超えてみせた原石でもあった。
                                      結果を言えば、勝負にもならなかったにも関わらず
                                      少女はすぐさまに主人公に再戦をと言う。
                                      まったく折れないその熱意に主人公は過去にとらわれる自分を
                                      ちらと見る。
                                      しばらく後、少女に連れられた主人公が乗り込ませられたのは
                                      二人乗りの魔導艇。だまし討ちに文句を吐く主人公だったが
                                      レースでは少女の出力の才を遺憾なく発揮することができ
                                      主人公も驚き高揚するほどの大勝利をおさめる。
                                      だが、その高揚感を覚えても過去が気にかかりどうしても
                                      主人公は振り切れない。
                                      プロレーサーへの道を望む少女に、少女の母から出された条件は
                                      レースでの優勝であった。
                                      厳しい条件に、だが少女は臆することなく燃え上がる。
                                      少女のようにすっきりと割り切れず未だに過去から逃れられない
                                      主人公は、対戦相手であり最大の敵となるであろう少女の姉と
                                      次いで少女と話をする。
                                      少女はどこまでもシンプルでゆえに正鵠を射ていた。
                                      主人公は長らくかかり続けていた過去の鎖を解かれ、
                                      己が望んだ通りシンプルに少女を助けるために力を尽くそうと
                                      考え、レース本番へと向かう……という物語です。

859 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/17(木) 23:51:03 ID:OrBUQLds0 [118/119]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::─/ :::.|   ─.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    過去最長を更新してしまいました。
     、  /:.: : -ハ.:.   ⊂⊃    ⊂⊃ j : : . : : ト、:!     物語は「まっすぐに空を目指すヒロインに感化されて
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   うじうじしていた主人公が悩みをぶん投げるようになる」までを
.       /: : : : :.ー-、      ∇     /..:/ l!:../        描いています。凄い言い方。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

860 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/17(木) 23:55:53 ID:OrBUQLds0 [119/119]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    主人公が明瞭です。過去を悔やみそこから抜け出せられず
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     立ち止まったままで居たところ、少女の玉突き衝突によって
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   活力を得、やがては過去を振り切って少女を助けようとします。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      各場面ごとに、少し気分が高揚→いやいや、俺は過去が過去が
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        →少し気分が高揚→いやいや、過去過去→……と
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         なかなかすっきりできないまま進み、やがては
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      そのすっきりしない状態ではレースに勝てないと悩む姿も含め、
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.          きちんと一本筋が通っています。良い主人公ですね。

862 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/18(金) 00:06:47 ID:VSAp8VGU0 [1/55]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    ヒロインも割とくっきり出ています。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     目的はただただシンプルに空を駆けること。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   行動も思考もシンプル。しかし、そのシンプルさゆえの魅力で
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      主人公を引き込んでいきます。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        可能であれば、ヒロインのテンションを一度で良いので
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         下げたいですね。「空を駆けることができない未来」について
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      主人公に語る等狙えるシーンはありますし。主人公のファン設定
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.           が消えたことも含め、現状ではやや利己的に映ります。
                                     これは『ヒロインの魅力が主人公を変える』物語なんです。
                                     ヒロインの魅力は徹底的に掘り下げてください。

863 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/18(金) 00:11:22 ID:VSAp8VGU0 [2/55]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┬┬    ┬┬ ..: .:|/ : :. ::.|    1,2章は合体して1章としてしまっても良いのではないでしょうか?
     、  /:.: : -ハ.:.   └┘    └┘ j : : . : : ト、:!     ヒロインの姉の存在について、もう少し早めに語りたいですね。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   やたらと強キャラ設定だったヒロインの姉がずいぶんとおとなしく
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      なりましたけれど、取り立てて意味がないのであれば
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.       強キャラ設定で良いと思いますよ? ラスボスですし。乗り越える
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        ハードルですから。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

864 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:16:41 ID:1QyGUDdE0 [1/5]
最大の見せ場はヒロインの姉を抜き去るところか……アニメだったらエフェクトドカ盛で
OKだが小説だとどう表現するのだろうな

865 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/18(金) 00:17:27 ID:VSAp8VGU0 [3/55]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::// :::.|   \.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    あとは……プロットからではどうしても確認できない範囲ですね。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     終盤戦に大きな尺を割いての魔導艇レースの描写が来ています。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   実のところ、>>859の通り『主人公の変化』自体は
.       /: : : : :.ー-、     __    /..:/ l!:../        レースに入る前に大半が終わっています。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        なので、このまま行くならば うまく回さないと……
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        終盤でラスボスとのバトル中なのに『中だるみ』を感じさせる
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      可能性があります。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.           また、勝利をつかむ最後の工夫においてもその興奮を
                                      損なう可能性があります。どうぞ意味のあるレースにしてください。

866 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/18(金) 00:22:45 ID:VSAp8VGU0 [4/55]
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     細かい話です。ヒロインが幾度と無く再戦を挑み主人公も
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    応じる描写がありますけれど、少し疑問。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     ここ必要でしょうか? おそらく地の文数行語っておしまいの
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   部分だとは思うのですが……主人公はそんなに軽々に
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     魔導艇に乗っちゃうんでしょうかね?
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

867 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:23:43 ID:1QyGUDdE0 [2/5]
ヒロインが負けたらお見合いさせられてそのお見合い相手が対戦相手、とか誰々がピンチ
でそのレースの賞品で助けられるとかなら色々と捗るがヒロインの姉が相手だとまあ精々
レース辞めさせられるだけでちょっと緊張感が足りないみたいな? 
危険な攻撃はしてこないだろみたいな勝負のプレイスタイル的なものがある程度限定させられてしまうかもしれないし

868 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:24:34 ID:iiPSy9Ng0 [1/8]
三章頭ですね。あー……ここはちょっと違うな。
ヒロインの教導に留めたほうが筋に問題はでなさそうですね。細かいところですが整合性保つため修正したいと思います。

869 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/18(金) 00:25:48 ID:VSAp8VGU0 [5/55]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    あと、ヒロインとの最初の勝負において、
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     ヒロインの特徴をあれこれと書いていますけれど
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   ヒロインの能力はスピードなんですからそこを強調しましょう。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      下手に器用な印象を持たれるとキャラがぼやけますし
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        主人公も巻き添えでぼやけます。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.     
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.

870 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:29:00 ID:1QyGUDdE0 [3/5]
直線で抜かれかけたがカーブで減速しきれず壁に激突~っ! みたいな?

871 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/18(金) 00:33:28 ID:VSAp8VGU0 [6/55]
           ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_         ,、/: : : : :i: : i`:ヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/: : : : : : : : !: : |: : :.:|:ヽ、  ∨// /
  ∨Y://: : イ: : : l: : !,: : : : : :l:.リ、VI: : :/!: : ,'l   ∨ /
  ∨/:{: :/: |: : :从ノ、: : : : : :|/l/ ト、 / |: :/│    〈
   \|: {从!: :{r=rttォ、、: : : :! イ云心下/ : |     ヽ     というわけで、ギリギリ『要修正』です。
     l从{,ハ: :{  マ、rム ヽ: :.|  マ、_∨,: : /│      ',    『主人公の物語』は一冊を通してきちんと変化を語っていますが
     /`/: :ヾjハ. ∨ソ ,.Ⅵ   ゞ- '/: :/ : |      ',     『ヒロインの物語』には要注意です。ヒロインを
    /./:イ: : : :八      _     /: :/: , /     __ノ     『ただの空好きおばか』にしてはいけません。
    /l.く 从: l: : : >. .,ィ-っ`  イ/: :イ:/    /  |.    この物語の表側を牽引するのはヒロインです。受動的な
   / |  {: :{: !从',: : / イ、.T、´r‐'/;ィ‐'´   __∠二二!.    きらいのある主人公ではないことを意識してください。
    ヽ.>、VI/二ニ`/  イ,〉 `V卞ニ、─<____丿
      \___,r'´ /{   ハ    ヘ    `ヽ 〈
        / ./l \_ノ人!ー--'∧.   r' \}

872 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:34:03 ID:bsZFIN3U0 [1/4]
マグナムとソニックみたいに、直進、カーブが得意と特徴を分けると覚えやすいですね

873 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/18(金) 00:35:52 ID:VSAp8VGU0 [7/55]
                  /{
                /  > ⌒`ヽ _
               /   ○      ○   ヽ―-  _
             /´    ===             >
           ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   \  /
           ∨ ̄         ̄ヽ \   ヽ´
           '.    {`  ム       }   ヽ  /
           {  -―|     } 斗-―-  }  } )
           {ハ|人 ハ!    レヘ ∧ ,} /  ∨.       最初『あと一歩』と書いたんです。
           !ヘ}丁¨了     丁 ̄了リ/    }`       でも、ヒロインがどうしても不安なので『要修正』に留めました。
           { リ 乂ソ      乂_,ソ ノ .}   .!.        
           ヘヽ     △     イ /!/ ノ        
           ヽ >  ____ イ/^ ~ヽ       
            / 7´ {><}¬´ )、}   /⌒ヽ
    ┌――――/ ゝ  > 、__,ィ´  )――――ヘ
    |///////(ノ´//7////////  /////////
    |/\/////////////////{ ///////////

874 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:36:13 ID:/CwyzM6c0 [1/3]
ギリギリはギリギリでも上限ギリギリの方かな。

875 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:36:32 ID:1QyGUDdE0 [4/5]
レースが題材だしね、直情的な性格のヒロインが直線得意、ひねくれた主人公がカーブが
得意ってのなら分かりやすいしね

876 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/18(金) 00:37:47 ID:VSAp8VGU0 [8/55]
                  /{
                /  > ⌒`ヽ _
               /   ○      ○   ヽ―-  _
             /´    ===             >
           ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   \  /
           ∨ ̄         ̄ヽ \   ヽ´
           '.    {`  ム       }   ヽ  /
           {  -―|     } 斗-―-  }  } )
           {ハ|人 ハ!    レヘ ∧ ,} /  ∨.       他、レース描写、ラストバトルの尺と展開も気にはなるのですが
           !ヘ}丁¨了     丁 ̄了リ/    }`       書けるものと考えました。
           { リ 乂ソ      乂_,ソ ノ .}   .!.        
           ヘヽ     △     イ /!/ ノ        
           ヽ >  ____ イ/^ ~ヽ       
            / 7´ {><}¬´ )、}   /⌒ヽ
    ┌――――/ ゝ  > 、__,ィ´  )――――ヘ
    |///////(ノ´//7////////  /////////
    |/\/////////////////{ ///////////

877 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:37:47 ID:iiPSy9Ng0 [2/8]
ギリギリですか。むぅ、悔しい
ともあれ有難うございます。えぇと、

>>862
ココらへんは意識してみたいと思います。
挫折をどこかで書きたいけど難しいな、と思ってましたが、よくよく考えるとヒロインの心情は十分落とせるし落差作れますね。
魅力を作るためにもう少し工夫できないか検討してみます。

>>863
少しおとなしめに見えましたでしょうか。
もう少しヒロインから見えるヒロイン姉という感じで大きく見せられるよう工夫しようと思います。

>>865
戦闘描写のある小説で、変化と成長を中で書いていないということに繋がりますものね
何かしら……ヒロインとの絆的な要素も含めて爆発させられないか検討してみます
ベースはヒロインが、最大の壁を打ち破って夢を掴む。その為の想いと主人公が後押しする部分で意味を作れればと思っています
この辺りはほんと書いてみて魅力を出せないとどうしようもない部分なので頑張ってみます

878 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/18(金) 00:39:00 ID:VSAp8VGU0 [9/55]
>>874
                  /{
                /  > ⌒`ヽ _
               /   ○      ○   ヽ―-  _
             /´    ===             >
           ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   \  /
           ∨ ̄         ̄ヽ \   ヽ´
           '.    {`  ム       }   ヽ  /
           {  -―|     } 斗-―-  }  } )
           {ハ|人 ハ!    レヘ ∧ ,} /  ∨.       です。
           !ヘ}丁¨了     丁 ̄了リ/    }`       もうあと少しで「大きな修正点はありません」と言えるところかと。
           { リ 乂ソ      乂_,ソ ノ .}   .!.        
           ヘヽ     △     イ /!/ ノ        
           ヽ >  ____ イ/^ ~ヽ       
            / 7´ {><}¬´ )、}   /⌒ヽ
    ┌――――/ ゝ  > 、__,ィ´  )――――ヘ
    |///////(ノ´//7////////  /////////
    |/\/////////////////{ ///////////

879 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:39:29 ID:iiPSy9Ng0 [3/8]
遅刻してしまった身ですが丁寧に見ていただけて嬉しいです
また、プロット5レスに及んでしまってすみませんでした
これをたたき台にもう少し練りあげて書いてみようと思います!

ヒロインと主人公をぶつけて、良い方向に変化させることを要点として考えなければなりませんね……

880 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:40:19 ID:23EnVvyA0 [1/12]
これ目的があって受動的に動くのはヒロインだね
そのために必要なのが主人公で
一本気なヒロインによって変化する主人公。ヒーローヒロインが入れ替わりの定番物っぽいのもいいな

881 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/18(金) 00:40:53 ID:VSAp8VGU0 [10/55]
>>877
      _」_                        `X
    X´                     /i     ┼
   /      -― ―…,,, ァ''"´ ̄``丶、 /,  l
  ┼    …ー‐- 、_,. ◎  、   ,,, //  l
.          \   / ,. -―…ォ-ゝ、◎ 〈   |
         \// .:.:.:,'{.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.\.  \  i.|
              {/.:.:-ハ.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ-.j ヽ   ヽl.|
             /;'.:.:.:/  ヽ.:.:.:∧| ヽ.:.:.: ', ヽ   |        姉に関してはどちらかという設定レベルの話ですね。
         /:.:!.:.:/ ◯  \|  ◯ ';.:.:.:. |:. ヽノ        ラスボスですから、半端な相手にするよりもきちんと強くて
         /.:.:.l∨,,        ,, ∨∨: ,. '       良いと思います。
.        厶∠人     t‐ーヘ    ,__人.
              ーr-f^)_ノr‐< ノ
               ∨ ヽ{==77\
                `tーイ' 〉 <  \

882 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/18(金) 00:44:56 ID:VSAp8VGU0 [11/55]
>>877
                                  ,ノ'ヽ,、
            _,,,,;:;;::--::---::;;:--─---::;;--:;.,,_   /′  i i,
       _,,...:;;;ー''゙⌒      ‐'″         ~゙'∨    .::i, i,
     ,,,;;;:::         ,,,            ,,,   /    .:::::i, i,
   <,_          ◎    ,.,o,.,._,.   ◎  /     .::::::::i i
     ゙゙^ー-       _,;;rー'゙~ /i /;~^..:ー-、'' ,, .〔    .::::::::::i }
          〉      /             }  `ヽ     ヽ/i
        /     /   '  '  ,イ |     ' ,ハ.   ヽ       l
       l     /.    / / \ j/|   ' イ //ヽ、   !       l.     ヒロイン、必ずしも挫折させなくてもローテンションに
       !    /:|l   イ i/__≧| ,/ /_≦__ヽ、 |     !    持ち込むことは可能ですよ。
       !    !/il   Ⅳ | |::::::::::| | /j/   |::::::::::|  ヾi|     !    「空を奪われる未来」について、
        `ヽ、l}/从 .| ヽ|  、::::::ノノ'     、::::::ノ   ll|       i.     焦りをにじませるとか初志を得たときの自身を思う
            /     ヽト、_.!               /∧     /.      とか、もっと直接的なペナルティが入っても
            i ,   │ 八 ""          ""// li  /..     構いませんが、私ならば主人公ファン設定を
            | /   |,}`ヽ个: .     r y     .メイ.   ll:,ソ        採用しそれを交える形で望まぬ結婚あたりを
            |ハ /i., '|  | ∨. .`≧=‐-   -‐=≦/ ,ィ ,イ }         選ぶでしょうか。
             ∨_/ |  l }\. .|   \_/  /./イ// {,∧
           l´   |  | / : :ヽト、___∧___,イ. //   / {|
             /   ム-└- 、: : }::::::::::::{::}:::::::::::|/7      〉
           /二 ノ __,.  ,}、: :〉:_:_:イ∨ト:_:_:〈 /       ,イ
           ̄|ノ   ̄`ヽ 〈 .}/:::::::/ヽ-'ヽ::::∨       |
            {    ̄ \ イ/`ヽ:/: : : : : :.V∧二二二 ヽ}
            |ヽ   マヽソ¨´: : : : : : -=彡: : :/ ̄ ̄ ̄7ヽ/

884 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:47:10 ID:iiPSy9Ng0 [4/8]
なるほど。了解です>ヒロイン姉についてとローテンションについて
そうか、このままだとヒロインのルーツ書けてない……!
美味しいところなのに……!
うまく挿入できないか考えてみます。

885 名前:景 ◆l2Bei.ieMo[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:47:47 ID:iiPSy9Ng0 [5/8]
お疲れ様です……

886 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 00:48:49 ID:bsZFIN3U0 [2/4]
乙ー

887 名前:生け贄や演習の参加者さんへ「まとめ許可しますか?」 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/18(金) 00:49:10 ID:VSAp8VGU0 [13/55]
>>884
             _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      {:::::::::::::::::::::::::/◎   o     ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
     i::::::::::::::::/    ,.´'´    ``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
     `、:::::::::/   // // //!/  ! l  \     ヽ、:::::::::, '
     . ヽ::::/  //__,,.イ /| |ト、   `ト       ヽ/
      .     !   // / || / ! |/  \ | \      \
         |  ,' i /|z=≠==   =≒==z|       |
         l  l !/ 、、、、           、、、、|       |     ですです。
         l  /         ――‐┐    |      |     このヒロインきちんと立ってるんです。
         l ,'        |      |     |      |    『キャラクター』だけでなく『人物』としての面白さを
         | ヽ.        \__,ノ     |      |    与えればぐっと魅力的な存在になりますよ。
         | l   \_ /!             | /     /
         |Λ / |//  |‐-  _  ___「ヽ-┤/l    /
        | ∨  /  Ν\>ァ' ,⊥」  l/l//|  /
             l   |-‐ヘ.  {,/   |  И/l/
             |    | l /フ○\_|   !ヽ.
             ゝ、_j j,/〈:::::::|:::::::〉| ノ} }
                 `7   ⌒⌒´  辷'ノ/


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する