クリックで開閉

やればできる子で学ぶラノベ新人賞の獲り方 プロット演習2 タイトル :すこしだけちかしいひとたち

※作者さまから許可をいただいております、プロットの具体例と講評としてご覧ください
 プロットという形でありますので、普通のやる夫スレとは異なるものになっておりますがご了承ください

755 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/02/27(土) 23:24:04 ID:XUlW2GOo0 [5/10]
発表します。2レスで済むかな……? くらいです

756 名前: ◆d9gN98TTJY[sage] 投稿日:2016/02/27(土) 23:24:51 ID:XUlW2GOo0 [6/10]

 内向的なタイプではないと、自分を理解しているつもりだ。
 理容やスタイルに気を配るタイプでもないけれど、最低限のセンスと清潔さは持っているつもりだ。
 特筆に値する行動をとっていたつもりはないが、それでもこの二年間ずっとこの公園に通い続けていた。だから、俺が
この場に対してい抱いていた漠然とした想いを、この公園の常連者達も俺を含めたこの光景に抱いているのだろうと。


 タイトル :すこしだけちかしいひとたち

 でーま :見る見られるだけの付き合いから一歩踏み出して、少しだけ深く知り合う人間模様

 主人公 :男。アルバイトを考えている金欠私大性。それも次期からは休学予定。仕送りは止められ、ガスは止めた。
       その為、レンジでチン以外では温かいモノを食べていない。それでも、贅沢(本人視点)なランチは止めない。
      なけなしのコーヒー豆も尽きたので、普通のパンよりも牛乳に合うタイプとして、ライ麦パンをスーパーで選ぶ。

 出演者(達 :一見ステレオタイプな方々。運動する少女。親子連れ。画家。写真家。老人など。章ごとに掘り下げる。

       第一章 ニア じっとパンを見つめる園児くらいの男児。無邪気に笑顔で無警戒。主人公には眩い笑顔で……
       第二章 ニア ジャンプを最後に珍しく立ち止まるスポーツ女子高生。普段より近くでお昼を食べる。卵尽くし。
       第三章 ニア どんな絵を描いているのか、初めて主人公が気にした画家。池を挟んだ先の写真家を睨む。
       第四章 ニア 側を歩いていた主人公を呼び止めた写真家。レンズ前なのを怒るどころか、更に横切れと……
       第五章 ニア 餌はないけれど、それでも鳩が寄ってくる老夫婦。主人公に今日は鳩の餌はないのかいと訊く。
       第六章 ニア 最強は…コドモです。園児再び。親がいるのにパンを強請る。お詫びにおにぎりをくれはしたが。
       第七章 ニア 女子高生再。「リベンジ」の名の下に今度はおにぎり尽くし。おっちょこちょいなのかもしれない。
       第八章 ニア 描かれた湖は、書かれたタイトルとイメージが違うのに、これでいいと頷く画家。未だ判らない。
       第九章 ニア 写真の値段を、聞き返してくる写真家。君の決めた値段で良いから、いつか教えてくれという。
       第十章 ニア 一緒のベンチに座り込んで、静かに語られるこの公園の歴史。老人達は「さよなら」は言わない。
       最終章 ニア 主人公。地味で派手とみなから思われている自覚がない。一定の無関心を持って共存していた
              「他人」達のいる公園でも、まっ先に目を引く地味に奇矯な行動を取っていた。そんな普通の人。
              折々に主人公が語った事が、すこしずつ公園の話題になり、常連の人達の仲をも近づけていく。
              その噂の人物が残した「さよなら」の一言が、またもや公園に波紋を投げかける。



スポンサードリンク


757 名前: ◆d9gN98TTJY[sage] 投稿日:2016/02/27(土) 23:25:37 ID:XUlW2GOo0 [7/10]

第一章詳細・抜粋
「とりしゃん!」
 この男児の、この純粋で無邪気な微笑みの意味は分かってる。分かりたくないが分かってる。
 客観的に考えてみた通りだ。誰が一斤の袋の食パンを見て、それがヒト用の食事だと思うのかと。分かる。分かるんだ。
 切り目が入っているとかいう理屈に意味がないのも分かる。一見、自宅用の買い物帰りとか思うもんだろうさ。分かる。
 だとしても、だ。その食べ方がダメな訳でもない。俺の自由だと言いたい。訴えたい。それが一般常識とは食い違おうと
俺は此処でこのライ麦食パンにハムとスライスチーズを載せ、口に入れて噛み砕きたいのだと。素のままではややキツい
酸味が口腔内で油分の甘みと溶け合い渾然一体となるその瞬間、流れ込ませる牛乳もすでにスタンバっているのだと。
 言って分かる相手になら訴えたい。言って分かる相手になら!
 ああ、公園で食パンを取り出したら、鳩にやると思うよな、子供なら。
 だが、だがしかし。親、親は何処だ。
 確かに、此処多米池公園には変な人は居ても、悪い人は見かけない。ただ、見かけないとしても今後来るかも知れない
し、何より見かけだけで人の善悪が分ってもだ、公園に普段から居る常連方が「貴方悪人ですね」と悪人に先制ラリアット
でもかましたりできるとでも思っているのか。
 だとしたら、何てハッスルマッスルしている公園なんだ此処は。児童の安全が直感と本能に守られる動物の王国だとか
それは一体どこのサファリパークだ!
 返せ! センチメンタルな気分に浸ろうとしていた俺の繊細な心の機微を。人間らしい情感と感傷を深める時間を返せ!
「う?」じゃないよ、本当に。その戸惑っているのが分からないって感情を、明からに示した素直で純粋な表情は。
 本当にいないの。親御さん。あげちゃいますよ。この名も分からぬお兄さんの指に挟まれた酸味溢れる食パンを児童に
触れさせたく無くば、疾く名乗り出るが良い。
 早く名乗り出てよ。早く。もうパンはこの子の目の前だよ。
 あ、パンが……。


第八章簡略
「コレにタイトルをつけるなら、どういうのがいいと思うかな?」
 以前、綺麗だと褒めた画家から、時おりこういう風に相談されるようになった。けれどまるで俺に審美眼があるかの如く
問われても困るんですが。
 日の光に溢れた池を囲む春の公園の絵だと見て取れたので、タイトルを「春の日」とすればいいと答えた。
「分かってないな」と言わんばかりに首を振られてご立腹の主人公。そこで逆に質問してみると、「春の日の終わり」なのだ
と言われてしまう。
「タイトルが決まっているなら、質問しないで下さいよ」と拗ねてしまう主人公を、不可解に思う人面熊な髭面の画家。
 少しして、何を思ったか、画家はスケッチブックを開くと白紙だった一面に、雑然と、力強く、色が跳ねる勢いで、緑や青
の色を塗りたくり始める。その様子に、再び画家の表情の視線を移すと。丁度、描き終わったらしい事を言いつつ、更に
絵筆を赤色に汚す。
「描き終わったんじゃないの?」と主人公が問いかけると、「これで描き終わったから、丁度いい」だ、なんて事を口にして
躊躇いなく絵筆を走らせていく。荒々しい筆遣いからは感じられなかった静謐な寒色の色合いの絵が、くっきりとした赤に
汚されていくようにも感じる主人公。
 たまらず「あっ!」と声をあげてしまうが、声をあげた瞬間には、その赤が何を示しているのか理解できて、思わず口を
手で抑え込む。
 抑え込んだってどうしようもないモノを、子供の様に抑え込む。その様子に、画家は一瞬驚いて、嗤った。済まなかった、
と画家が口にするまで拗ねて見せる主人公だが、一言それが聞こえれば素直に許す。揶揄されたいら立ちなんかよりも
本当の伝えたい気持ちは別にあったから。
 審美眼が心許ないというのは本音で、アドバイスなんて意味がないだろうと思う気持ちも嘘じゃなくて、だけどまだ伝えた
い気持ちも確かに残っていて、主人公は正直に伝える。緑の上に太く書かれた赤いタイトルこそが、この作品本体だろう
なとは思う。と。



最終章概要
 主人公の一人称(主観)排除。
例:二年ほど前からその青年はこの公園に通い始めていた。ここで、こうして語らう者達の知る限りでは、あのおもしろい
 青年がやってきたのはその頃なのだろうと結論は出ていた。
  不謹慎にもその青年を話のタネにして、次第にここの者達の間で会話が広がり始めたのも同じ頃。近くの私大に通う
 学生だろうとみな当たりはつけていた。しかし、その少年本人と話す事はなく、またこういう風に何人もが集まる、そんな
 こともここ二年で一度もなかった。

 第一から順に、一「料理できない」、二「ガスは止めた」、三「絵の具代も出せない」、四「止まりたくない」、五「餌をやると
餌が来ると期待させるから……」、六「お握りが懐かしい」、七「里帰りする」、八「いつか同じ春が来る」、九「決めるのには
時間が掛かる」、十「さようなら」、というキーワード(もしくはそれに似た表現)を入れつつ、青年について記していく。

 主人公を捉える視点にしても、主人公の一人称では進めず三人称のまま。引っ越しの準備は終わり。本当の最期の思
い出作りの為に再び公園に足を進める様を描いていく。公園に到着する。皆気づく。常連達を代表して、女子高生がいう。
「今度来た時は、名前を教えてくださいね」と。

.

758 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/02/27(土) 23:26:48 ID:XUlW2GOo0 [8/10]
以上です

人様に言いっぱなしなのもアレだったので、自分の作品内に銘じてきました


978 名前:受付終了 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/02/28(日) 21:40:15 ID:6Lf8S3EA0 [58/64]
>>756-757◆d9gN98TTJYさんの「すこしだけちかしいひとたち」
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    群像劇にも近しくショートフィルムにも近しく。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     目立った人物ではないけれども、なぜか彼らの物語は主人公を中心に
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   くるりくるりと回転する……。
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../.     おしゃれな雰囲気の展開に内面でゴリゴリ考え続ける主人公の
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        ミスマッチも楽しむ一風変わった物語です。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

979 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/02/28(日) 21:42:31 ID:IUfKxL660 [30/32]
あ、心臓が……胃が……

980 名前:受付終了 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/02/28(日) 21:42:33 ID:6Lf8S3EA0 [59/64]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    具体名を出すのはあまりよろしくないのですが、
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     『世界の中心、針○さん』を思わせる部分もありますね。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   全体としてセンス良く描かれており、おそらくは書き慣れた方なのだと
.       /: : : : :.ー-、      з     /..:/ l!:../        思います。が、
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

981 名前:受付終了 ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/02/28(日) 21:45:00 ID:6Lf8S3EA0 [60/64]
           ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_         ,、/: : : : :i: : i`:ヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/: : : : : : : : !: : |: : :.:|:ヽ、  ∨// /
  ∨Y://: : イ: : : l: : !,: : : : : :l:.リ、VI: : :/!: : ,'l   ∨ /
  ∨/:{: :/: |: : :从ノ、: : : : : :|/l/ ト、 / |: :/│    〈
   \|: {从!: :{r=rttォ、、: : : :! イ云心下/ : |     ヽ     『論外』つまりレギュレーション違反です。
     l从{,ハ: :{  マ、rム ヽ: :.|  マ、_∨,: : /│      ',    それぞれの章がこちらからは読み解けない状態のあらすじなので、
     /`/: :ヾjハ. ∨ソ ,.Ⅵ   ゞ- '/: :/ : |      ',     プロット全体の判断は何もできません。
    /./:イ: : : :八      _     /: :/: , /     __ノ    次週、修正したもので再挑戦されても構いません。
    /l.く 从: l: : : >. .,ィ-っ`  イ/: :イ:/    /  |
   / |  {: :{: !从',: : / イ、.T、´r‐'/;ィ‐'´   __∠二二!
    ヽ.>、VI/二ニ`/  イ,〉 `V卞ニ、─<____丿
      \___,r'´ /{   ハ    ヘ    `ヽ 〈
        / ./l \_ノ人!ー--'∧.   r' \}

985 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/02/28(日) 21:50:41 ID:IUfKxL660 [31/32]
確かに、各章の解説が、解説文というよりは煽り文だぁね
キャラもワンアクションそのものはあっても、キャラの性格までは伝わらないような書き方だったし

966 名前:コテ ◆d9gN98TTJY[sage] 投稿日:2016/03/05(土) 23:56:06 ID:u4xx9JHc0 [2/5]

 【 タイトル 】 すこしだけちかしいひとたち

 【 で ー ま 】 見る見られるだけの付き合いから一歩踏み出して、少しだけ深く知り合う人間模様

 【 主人公 】 青年。家庭の事情により休学予定の貧乏学生。頭は良いけど顔に出る。そんな実直で誠実な口下手君。
       あまり酷い事を考えている訳でもないけど、己の内面と外面の格差の酷さから、自分は酷い奴だと信じている。
       寂しがり屋ではあるけど、性格と知識が邪魔をして人と深く付き合えない。そんな自分を、もう受け入れている。
       別れを惜しむ為に、普段より少し大事に見て回ろうとする。ライフサイエンス学科の一般人向けの説明に悩む。

 【 ヒロイン 】 女子高生。自主練をほぼ欠かさない。でもそれに見合う程の戦績もない。趣味でのランニングを楽しむ。
       人の居るところが好き。けれど、マイペースで行動的なので歩調を合わせるのが二つの意味で苦手。人の多い
       公園を走るのが好きな理由でもある。負けず嫌いではないけど挑戦する事が好きで、偶に突飛な事にも挑む。
      主に【 二・七章 】で最接近する。

 【他の人物】
       ・ 園児 母親に連れられて来て他の子供達と同じく公園で遊ぶ。が、遊びの途中で他の事に気を取られる。
          その傍迷惑さは主人公と一緒に居る時にも遺憾なく発揮され……。【 一・六章 】
       ・ 園児の母 うろつき盛りの子を持つ公園母集団の一人。笑顔のマシンガントークで根掘り葉掘りは、まさに
          奥義。【 六章 】
       ・ 画家 池の主。同じような池の絵だが季節によって色合いが違う、……と主張する。「アレ、同じ?」と呟くと
          捕まえに来る髭面の熊さん。【 三・八章 】
       ・ 写真家 胡散臭い。なぜ捕まらないのかヨレヨレ服の並木の主。人を撮影していたら間違いなく逮捕される
          と思われるのに、主人公が捕まっても誰も通報しない。解せぬ。【 四・九章 】
       ・ 老夫婦 ワンセット。主に爺。俳句を詠む。感傷的な気分に浸りたい主人公にとって安堵できる他者。饅頭
          喰うか? と聞いてきて、頷くと、それから買ってこようとする。待って、止まって。【 五・十章 】

 【 最終章 】 各章読み切り(五・十章は、主人公視点での他の章の纏め)のラストを飾る総決算。その日、引っ越しの
        手配で主人公の登場は遅れる。その彼が、周りからどう見られていたのかが示される。別れは既定路線で、
        桜の蕾の頃か、花冷えの風の頃か。

        少しだけ歩み寄った分だけ、少しだけ周りも歩み寄った。それだけが残る物語。
        縁が深まったようでまだ浅いので、固有名詞は最終章までナシ。ソレまでは主人公が決めた呼称で通す。

967 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/05(土) 23:56:33 ID:u4xx9JHc0 [3/5]


 【 一 章 】 園児に引っ掻き回される主人公の図。腹が減って力が出ない。でも、手を離せないまま夕暮れまで遊ぶ。
        途中で他の子供たちが来て解放されると喜んだら、その場で園児を頭数から切り離して、別の遊びをしたり。
        どうやら虫のお兄ちゃんらしい。ああ、苦手な子は苦手だねそりゃ。でもそれ生態系の研究なんですが……。
        ああほら、手を洗って。咥えちゃダメ。最期の肉まんに救われる。

 【 二 章 】 今日こそは最期の思い出に相応しい日にする。そう意気込んでボケっとしていると、暇と見たのか昨日の
        少女が近くに座る。軽い会釈とぎこちないあいさつのまましばし沈黙。カロリーメイトの封を切ると驚いた顔を
        して、お弁当を差し出してきた。ありがたいのですが、なぜ卵料理オンリー? 成長期での栄養価の偏りは、
        うん、見過ごせんなぁ。あれ、なにその苦笑いとため息。

 【 三 章 】 拠点を定めず歩いてみよう。これまで深く見なかったところにまで注意力を働かせて。あ、同じ絵が……。
        いや、同じ色が出ていれば同じ色でしょ。色材の違いなんて分からないよ。まあ、綺麗な絵だとは思うけどさ、
        論評できるだけのセンスは自分には……。なんでそんなに気やすいのこの池の熊さん。

 【 四 章 】 悪くはないけど昨日は疲れた。反対側には天敵もいるらしいしそっちを歩けばいいかな。と、思っていた。
        芸術家ってアグレッシヴじゃないと務まらないんですか? それはいい。そういうことにしよう。って何ですか?
        何度も往復させておいて自然に歩けとか無茶を言う。バイト代、バイト代かぁ。写真家って儲かるの?

 【 五 章 】 足が向いた。餌やりもないのにベンチ前には鳩の群れ。お爺さんとお婆さんの招きに応じて座る。公園で
        どんな人と何を話したのか、独りの時間が無いのも悪くはないとか、自然と思いを引き出される。この公園は
        昔からそういう雰囲気だったらしい。うん、でも、そういうのって、実の祖父祖母とかから聞く話では?

 【 六 章 】 園児が母親と共に襲来。暇が得られると思った矢先の、激しい尋問の嵐。公園から見える近くの大学です
        が、やっぱり医学部と生命科学部との違いは説明し辛くて。ちょっと待って。奥様ネットワーク怖いよ。なんで、
        ここ最近の動きをトレースされているんですか。カロリーメイトの事すらも? あ、お握りありがとうございます。

 【 七 章 】 公園にココ一のカレーは邪道ですか? けれど、運動しているのにお握り尽くしというのも栄養バランス的
        に見過ごせなかったりするんですが。二等分しますか。為せば成る。サラダのお箸でカレーを食べてみると、
        なぜか女子高生も同じようにお箸でチャレンジ。笑えば話は盛り上がるもので……鳥の巣に雛鳥をレイアップ
        シュートって、なんでそのネタ知ってるの?

 【 八 章 】 ごく普通に熊さんが呼び止めてくる。それほど仲が良かったっけなぁ。嫌ではないけど。春はまだ来ないの
        かって、ずっと景色を見ている人の方が季節については詳しいでしょうに。始まらないと終わらない。そう言い
        ながら示された絵に、どうタイトルをつけようかと聞いてくる。

 【 九 章 】 バイト代を手渡され、スポンサーを聞くと指で示されたのは我が母校。未だ契約すらしていないが、好感触
        という事らしいが。いくらで売れるんだろう。そう聞くと、タダになるかもと言われながら写真を渡される。いや、
        タダで貰うには良い出来過ぎて……。値段を決める事ができたなら、その時は。

 【 十 章 】 お爺さんの語り。お婆さんとの馴れ初めを聞かされても。うん、でも、どこか落ち着く。この公園は、昔から
        こういう雰囲気があったらしいとは聞いたけど。空襲を乗り切った事以上の空気がここにはあったんだってさ。
        誰もが荒まず、誰もが話合えて、だから乗り越えられた。だからそのいい話は、本来血縁から聞かないっけ?

968 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/05(土) 23:57:19 ID:u4xx9JHc0 [4/5]

 【 例文 (一章) 】

 どうしてこうなった。
 大学は休学の手続きを取り、引っ越し業者に予約を入れ、後はこの公園に別れを告げるだけとなった今この時に、何
でこういう事態になっている。
 昼前と言えども午前中のこの風は、未だ冷たくて。手袋を忘れた俺の手から容赦なく熱を奪って。まさにその肌寒さこそ
が今までの人付き合いの帰結かと、少しセンチメンタルな気分になったりして。
 ……ええ、酔ってましたよ。アルコール抜きで。独り歩く、そんな自分に酔ってましたが、それでもね。標本の採集、仮説
の検証から、日々の憩いまで受け入れてくれたこの公園にお礼と、最後の思い出作りにきた、その気持ちも本物ですよ。
 他の大学では川でサンプルを取っていると変態扱いされるとかよく聞きますが、この公園の池ではそういうこともなくて、
むしろ他の人たちの方が気儘に自由に振る舞っていて、心安らかな学生生活を送ってこられたわけですからして。
 少ししんみりと、独りで、静かに、この公園にお礼を言ういとまくらいあってもいいじゃないですか!
「う?」
 う? じゃないから。
 なにその、当たり前に自分の要求が通ったと信じ込んでいるその素直な声音は。
 こちらにもこちらの都合があるってね。子供、いや園児には分からないだろうけど、そういう事情がありましてですねえ。
だからそう、少し心の準備とかそういうのが……。
「うー」
 そう、全身で苛立ったりしないでくれませんかねぇ。
 分かってます。逃げたいけど逃げられないのは分かっていますが、例え善意だとしても、子供を連れ回したりしたら通報
されてもおかしくないって事も分かっているんです。うちの大学にも法学部はあるんですよ。友達が少なくてもそれくらいは
……。
「…う」
 あ、ヤバい。泣く。
 俺、聞く。うん。聞く。

969 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/05(土) 23:58:33 ID:u4xx9JHc0 [5/5]
以上です。

簡潔にはできたけど、ひょっとすると根本的なところでレギュレーションが分かってないかも知れないという懸念がぬぐえない

362 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 21:04:30 ID:9b10m6WI0 [31/56]
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       まだ読んでいる最中なんですが、
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     これはその……レギュレーション違反っぽいですねぇ……。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

363 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 21:11:40 ID:9b10m6WI0 [32/56]
前>>966-968コテ◆d9gN98TTJYさんの「すこしだけちかしいひとたち」です。
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::// :::.|   \.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    読むまで引っ張るにいいだけ引っ張ってしまってなのですが……
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     またもレギュレーション違反と捉えています。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   内容が気に入らないということではないんです。
.       /: : : : :.ー-、     ~~    /..:/ l!:../        むしろ、個人的には完成品を読みたいくらいなんですが、
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        本文を理解するに足るだけの情報量が入っていません。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         『予告』や『コピー』の演習であれば良かったのですが
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      『プロット』なので……はい、すみません。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

364 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:16:10 ID:Cvj9YArg0 [1/5]
あれだとプロットというよりメモな感じがするなぁ
プロット書く前のアイデア書き留めたレベルでw

365 名前: ◆d9gN98TTJY[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:16:32 ID:G58fYVHg0 [7/26]
一応こっちで……

あー。温かい感想ありがとうございます
いや、前スレにも書いたんですが、そうじゃないかなとも思ったんですが

何だろう、展開を煽るような文章を覚書しておくと
……それが種火として機能して、そこから燃え広がるっていう、自分にとってのプロットの形というか……

プロット用の文章とは何ぞや、という次元で自分でも困惑しております

366 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 21:16:43 ID:9b10m6WI0 [33/56]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::// :::.|   \.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    レギュレーションの他に気になった点をいくつか。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     まず、ヒロインですね。登場が遅くまた主人公と絡むシーンも
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   少ないです。取り立てて主人公の変化に
.       /: : : : :.ー-、     __    /..:/ l!:../        大きく関わったという描写は見受けられないですし、
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        他の脇役たちと同じなのでしょうか?
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.     
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

367 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 21:18:55 ID:9b10m6WI0 [34/56]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::// :::.|   \.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    あとは、なんといっても主人公ですね。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     彼が幾人もの人物と出会うことを通じて何らかの変化を得る
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   ――と思われるのですが、そのあたりが一切書かれていないので
.       /: : : : :.ー-、     __    /..:/ l!:../        本当に評価のしようがないんです……。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         考えていないのではなく書いていないプロットのようなので
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      なおお手上げです。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

368 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:20:08 ID:G58fYVHg0 [8/26]
最初
主人公の感情 → 風景から人に

今回
主人公の感情 → 人から気になる人に

という程度に少し根本的なところを入れ替えまして、キャラの形を変な女の子からヒロインらしきものにした方が良いかも知れない位の
主人公の相棒と言うより、主人公の裏で女主人公として動いているという意味のヒロインの方が近いかと

369 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 21:20:57 ID:9b10m6WI0 [35/56]
           ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_         ,、/: : : : :i: : i`:ヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/: : : : : : : : !: : |: : :.:|:ヽ、  ∨// /
  ∨Y://: : イ: : : l: : !,: : : : : :l:.リ、VI: : :/!: : ,'l   ∨ /
  ∨/:{: :/: |: : :从ノ、: : : : : :|/l/ ト、 / |: :/│    〈
   \|: {从!: :{r=rttォ、、: : : :! イ云心下/ : |     ヽ     というわけで、『論外』です。
     l从{,ハ: :{  マ、rム ヽ: :.|  マ、_∨,: : /│      ',    本当に論じられないんです……。すみません。
     /`/: :ヾjハ. ∨ソ ,.Ⅵ   ゞ- '/: :/ : |      ',     要項の定義が甘かったんでしょうかねぇ。
    /./:イ: : : :八      _     /: :/: , /     __ノ
    /l.く 从: l: : : >. .,ィ-っ`  イ/: :イ:/    /  |
   / |  {: :{: !从',: : / イ、.T、´r‐'/;ィ‐'´   __∠二二!
    ヽ.>、VI/二ニ`/  イ,〉 `V卞ニ、─<____丿
      \___,r'´ /{   ハ    ヘ    `ヽ 〈
        / ./l \_ノ人!ー--'∧.   r' \}

370 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 21:22:44 ID:9b10m6WI0 [36/56]
>>365
             _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      {:::::::::::::::::::::::::/◎   o     ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
     i::::::::::::::::/    ,.´'´    ``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
     `、:::::::::/   // // //!/  ! l  \     ヽ、:::::::::, '
     . ヽ::::/  //__,,.イ /| |ト、   `ト       ヽ/
      .     !   // / || / ! |/  \ | \      \
         |  ,' i /|z=≠==   =≒==z|       |
         l  l !/ 、、、、           、、、、|       |     私も、自分用のプロットもどきだと似たようなものです。
         l  /         ――‐┐    |      |     なので、「やり方が悪い」という話ではないんです。
         l ,'        |      |     |      |    ただ「評価したくてもできない」だけで……。
         | ヽ.        \__,ノ     |      |
         | l   \_ /!             | /     /
         |Λ / |//  |‐-  _  ___「ヽ-┤/l    /
        | ∨  /  Ν\>ァ' ,⊥」  l/l//|  /
             l   |-‐ヘ.  {,/   |  И/l/
             |    | l /フ○\_|   !ヽ.
             ゝ、_j j,/〈:::::::|:::::::〉| ノ} }
                 `7   ⌒⌒´  辷'ノ/

371 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 21:25:34 ID:9b10m6WI0 [37/56]
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     どうしたもんでしょう。
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    
            ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈.    
            / :|: N            リ: |     〔 \..  
           {   | Y          u 厶ィ|     ∨  }.. 
           |   |:人      マフ     /:|     [ ∨
          [ 八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

372 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:26:51 ID:Cvj9YArg0 [2/5]
つまり「自分用」なのだから、それを「発表用」にしてもらうしかないのではw
自分用は自分用なので省略しまくりだけど、それを他人が見ても分からないよねーという

373 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:28:05 ID:G58fYVHg0 [9/26]
いえ、ヤバいかなと思いつつも、習性や方向転換が甘かったせいでお手間を取らせてしまい申し訳ありません

こう漠然とした、「何処からか梅の香りが漂うものの梅の花は何処にも見えない」とかいう感じの
曖昧さしかない空気感だけがメインの場合、その背景の小話の起承転結を説明する事に意味があるのだろうか、みたいな悩みのまま

取り敢えず、必須なのは風景だったものに接すること別れで……で、後は全部本文というか小話の集積だから削除して言って……アレ? という感じで

374 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 21:30:14 ID:9b10m6WI0 [38/56]
>>372
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     なんというかですね、その、
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    「『○○なお話』を書きたい。で、その内容なんだけど
            ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈.     これこれこういう人物がこうしてああしてなってああなる展開で
            / :|: N            リ: |     〔 \..  こんな風になっちゃうの」
           {   | Y          u 厶ィ|     ∨  }.. と語られれば、
           |   |:人      マフ     /:|     [ ∨   「『○○なお話』で考えると、プロットのこの部分は
          [ 八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ   .こうした方が良いと思いますよ」
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ   .とまあ、こんな感じで助言できるかなぁと考えていたんです。
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

375 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:35:21 ID:G58fYVHg0 [10/26]
残るのはコレだけ……? みたいなw

>>372
発表用というか「ラノベ用」ならもっとすんなり考えたんだけどね

ヒロインを主人公にして、女の子の部活をそれ程強豪でもないバスケ部にしつつ、高二の試合が終わって高三を迎えることになる春に
心の底から楽しんではいたけど、プロになれるわけでも目指すわけでもなく、だから三年からは進学の勉強で……
走る事、身体を動かすことは好きだから、毎日お気に入りの公園を走るも、あのバスケを通して得た胸の灯は、もう後は冷めていくだけなのかな

という所に目にするのが、雛鳥を巣に返す青年で
その綺麗なフォームと、見事に巣に返した後の着地の失敗っぷりを見て……

その青年を知る為に、次にその青年を測る為に、次にその青年を絡めとる為にあらゆる策謀(周りからは生温い目)を繰り広げる
高校を主体とした話だったら、むしろ起承転結がはっきりしていて、見てもらう用のプロットにし易かったかと

376 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:36:33 ID:G58fYVHg0 [11/26]
けど、それもまあ楽しそうだけど

思いついて、掘り起こしたくなった鉱脈はそこじゃないんだよなぁ……という感があって、今回の方向転換も中途半端に……

377 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:38:05 ID:Cvj9YArg0 [3/5]
多分、章が多すぎてページ足りないんじゃないかなぁというのはともかく、
個人的にはコテさんのプロットのようなものは章を幾つか再編した上で
各章を小話交えて細かく書いたらいいんじゃないかなぁと思いました

情報量削りすぎて、誰が何をどうしたいのか伝わらないのよねw
せめて誰が誰と何をどうしてどうなった、が各章にないとアドバイスしようがないと思う

378 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 21:38:19 ID:9b10m6WI0 [39/56]
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     間違っていたらすみません。情緒的なエピソード集であり
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    それらのエピソードそのものには大きな意味はなく、
            ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈.     けれどもそうした多くのエピソードをもたらしてくれるこの場所
            / :|: N            リ: |     〔 \..  そのものに価値を見出していくというタイプのお話でしょうか?
           {   | Y          u 厶ィ|     ∨  }.. 
           |   |:人      マフ     /:|     [ ∨
          [ 八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

379 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:38:51 ID:Sxm1skPU0 [4/11]
>>373
読んできたけど、でーまが難しすぎて、プロットだけだと、私の頭では理解できませんでした
人間模様とあるけど、主人公と周囲の人の関係が近くなる話なのか、近くなった結果起きるイベントがメインの話なのか
人間関係が近くなることで、主人公が成長する話なのか、もう少しでーまを絞ってもらえるとわかりやすいと思いました

380 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:42:08 ID:G58fYVHg0 [12/26]
園児にたい焼きねだられて……
「いや知らない人から食べ物を貰っちゃいけません」「お母さんに話を聞きに行こうね」
「あ、聞いてきます」(←女子高生)
知ってんだったら、連れてきてえええ!! ああ、もう遠くに……
で、なけなしの予算が尽きたので、買い置きのカロリーメイトで過ごすことが決定するとか

小話が小話にリンクしていってるから、さてどこまでという

381 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:42:45 ID:V.FJEwf20
後で自分で読み返すと赤面してじたばたしちゃうヤツでしょー、わかるわかる

382 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 21:43:56 ID:9b10m6WI0 [40/56]
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     確証のない>>378が正しいという前提での話になってしまうの
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    ですが、その場合は最終章でのまとめがかなり重要です。
            ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈.     文言としてはそれほど量がないのですけれど、
            / :|: N            リ: |     〔 \..  ここで「この物語は、この場所やっぱり良い場所と主人公が
           {   | Y          u 厶ィ|     ∨  }.. 改めて感じ、また周囲の人物がそう感じられる主人公について
           |   |:人      マフ     /:|     [ ∨   評価を示す物語です」ときちんと明示しなければ
          [ 八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ   .読者はうまく着地できません。
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

383 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 21:44:59 ID:9b10m6WI0 [41/56]
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     なので、助言らしい助言として言えそうなのは、
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    「まとめを必ず入れること」くらいでしょうか……。
            ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈.    
            / :|: N            リ: |     〔 \..  
           {   | Y          u 厶ィ|     ∨  }.. 
           |   |:人      マフ     /:|     [ ∨
          [ 八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

384 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:45:48 ID:G58fYVHg0 [13/26]
>>378
ああ、まさにそれですw

>>379
一番近いのは……
登山しているとよく挨拶したりして、でも全く知らない赤の他人のままですが

同じ山によく上っていると覚えてくる顔があって、その人と合流してお話ししながら登りました。そして、別れました。

という、シナリオだけを要約するとこんなにつまらない話にw

385 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 21:50:04 ID:9b10m6WI0 [42/56]
             _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      {:::::::::::::::::::::::::/◎   o     ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
     i::::::::::::::::/    ,.´'´    ``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
     `、:::::::::/   // // //!/  ! l  \     ヽ、:::::::::, '
     . ヽ::::/  //__,,.イ /| |ト、   `ト       ヽ/
      .     !   // / || / ! |/  \ | \      \
         |  ,' i /|z=≠==   =≒==z|       |
         l  l !/ 、、、、           、、、、|       |     あっているようでホッとしました。
         l  /         ――‐┐    |      |     そのタイプであれば、>>380のような小話のリンクは
         l ,'        |      |     |      |    この物語の面白さを大きく増幅する要素になります。
         | ヽ.        \__,ノ     |      |    前の章でメインとして出てきたキャラが
         | l   \_ /!             | /     /    .また別の章でメインとして出ていたキャラと絡むと
         |Λ / |//  |‐-  _  ___「ヽ-┤/l    /       読んでいて楽しいです。
        | ∨  /  Ν\>ァ' ,⊥」  l/l//|  /       もちろんキャラクターとしての魅力をきちんと
             l   |-‐ヘ.  {,/   |  И/l/        確保することも必要ですが。
             |    | l /フ○\_|   !ヽ.
             ゝ、_j j,/〈:::::::|:::::::〉| ノ} }
                 `7   ⌒⌒´  辷'ノ/

386 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:50:51 ID:uKe5Hl6A0 [3/6]
例えばゲームの「街」みたいに各章の完成度も高くそれだけで短編として成り立っていて、付加価値としてリンクさせたりニヤッとさせたり、それでいて最後はすべての事件が意味のあるものだった、と1つに収束するぐらいじゃないとダメだと思う。

387 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:51:57 ID:Sxm1skPU0 [5/11]
>>384
把握した
阪急電車みたいな作品を書きたいんですね
場所を起点に、いくつもの登場人物が入れ替わり立ち代わり、自分の小さな物語を起こして去っていく
で、登場人物どうしがリンクする感じ、例えば一章終わりがそのまま二章の別の人の物語の導入になるみたいな
特異なのは、起点に場所+主人公と二要素を加えた点
こんな話であってますか?

388 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 21:58:45 ID:G58fYVHg0 [14/26]
>>385-387
自分でもヤバいと思っていたアレからそこまで読み取っていただけて光栄です
概ねあってます

主人公が一人一人と一つの小さな話を作っているつもりで
ターゲットロックオンしたヒロインが主人公が絡んだ人らから情報を集めていくという物語であることを
(少しずつ常連の人たちが各々繋がっていく話だったのが、分かり辛くなりそうだったのでヒロインに一本化したのが今回の変更点で)
もっと明確にするべきだったかもとは反省しています

一応、児童の母親からおにぎりを分けられた時の感想を元に、ヒロインがお握り尽くしのお弁当を持ってくるようなリンクにはしていたつもりでしたが
ほぼ章単独の箇条書きみたいなので、前章からのリンクであるとは説明していなかったりと、自分で見ても荒が目立ちます

389 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:06:07 ID:Sxm1skPU0 [6/11]
>>388
あってたみたいで良かった
そういう話なら、コテさんが「場所+主人公」をどんなものと考えているorどんなものと伝えたいのかを明確にしたら、わかりやすいと思います
各登場人物がどう感じるかではなく、読者に「場所+主人公」をどう見てほしいのかが、明確になれば、
各エピソードが、その趣旨に合ってるのか、エピソードの並びは効果的かなど、他人が論じやすくなると思います

390 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/03/08(火) 22:07:13 ID:9b10m6WI0 [43/56]
                                  ,ノ'ヽ,、
            _,,,,;:;;::--::---::;;:--─---::;;--:;.,,_   /′  i i,
       _,,...:;;;ー''゙⌒      ‐'″         ~゙'∨    .::i, i,
     ,,,;;;:::         ,,,            ,,,   /    .:::::i, i,
   <,_          ◎    ,.,o,.,._,.   ◎  /     .::::::::i i
     ゙゙^ー-       _,;;rー'゙~ /i /;~^..:ー-、'' ,, .〔    .::::::::::i }
          〉      /             }  `ヽ     ヽ/i
        /     /   '  '  ,イ |     ' ,ハ.   ヽ       l
       l     /.    / / \ j/|   ' イ //ヽ、   !       l.     皆さんにちょこっとアンケート。
       !    /:|l   イ i/__≧| ,/ /_≦__ヽ、 |     !    プロット演習、いかがですか?
       !    !/il   Ⅳ | |::::::::::| | /j/   |::::::::::|  ヾi|     !    1.役に立たなかった
        `ヽ、l}/从 .| ヽ|  、::::::ノノ'     、::::::ノ   ll|       i.     2.>>1は作家じゃないと確信した
            /     ヽト、_.!               /∧     /.      3.お金返して!
            i ,   │ 八 ""          ""// li  /..     4.(その他ご自由にどうぞ)
            | /   |,}`ヽ个: .     r y     .メイ.   ll:,ソ
            |ハ /i., '|  | ∨. .`≧=‐-   -‐=≦/ ,ィ ,イ }
             ∨_/ |  l }\. .|   \_/  /./イ// {,∧
           l´   |  | / : :ヽト、___∧___,イ. //   / {|
             /   ム-└- 、: : }::::::::::::{::}:::::::::::|/7      〉
           /二 ノ __,.  ,}、: :〉:_:_:イ∨ト:_:_:〈 /       ,イ
           ̄|ノ   ̄`ヽ 〈 .}/:::::::/ヽ-'ヽ::::∨       |
            {    ̄ \ イ/`ヽ:/: : : : : :.V∧二二二 ヽ}
            |ヽ   マヽソ¨´: : : : : : -=彡: : :/ ̄ ̄ ̄7ヽ/

391 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:08:07 ID:5vDeI0RI0
個人的見解では、リンクはあくまでオマケであってそれに酔ってはいけない。

392 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:09:30 ID:O6htlUC60 [1/5]
>>390
④!!!!
すごく参考になってます。

393 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:10:21 ID:Cvj9YArg0 [4/5]
>>390
4.振り込めない詐欺

394 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:10:27 ID:Sxm1skPU0 [7/11]
4.役に立っており、感謝しています

395 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2016/03/08(火) 22:11:15 ID:9b10m6WI0 [44/56]
2.


397 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:13:56 ID:O6htlUC60 [3/5]
>>390
もう一度!
4.
とても参考になりました。
できる子先生の正体がわかったら、本まとめて買う!!

398 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:14:24 ID:uKe5Hl6A0 [4/6]
>>390
⑤ブラックアーマー欲しい!

399 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:16:31 ID:JbXnlx6g0 [3/4]
4、無料ガチャからジェリウス引き当てた

400 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:17:01 ID:O6htlUC60 [4/5]
>>395
ちょ、w
先生なにやってるんですかwww

401 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:17:08 ID:CdCTeRYM0
4.読み専

>395
混ざるなwww

402 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:17:20 ID:G58fYVHg0 [15/26]
>>389
成程、先生の>>383を踏まえて考えるに
場所の情感とと主体の人格を明確にしつつ、それがどの方向に向かったのかを明確にまとめてると形になりそうです

ありがとうございます

今さらですが>>383のアドバイスも助かりました
どうも、書ききれば風情は伝わるから書ききればいいやという脳筋発想のせいで、纏めが苦手に……w

>>390
4.今回は始終アレでしたが、今回のタイプでも道筋は分かりましたし
  イケそうなタイプの物語の形式も分かりましたので、他の人と相談する時には今よりもっと明確にできそうです

  (自分の中の作品のジャンル分けとその基準が明確になったのも、先生が考えるプロット演習の目的とずれているとは思いますが、いい収穫でした)

403 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:18:37 ID:Sxm1skPU0 [8/11]
>>395
ガバガバァ

404 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2016/03/08(火) 22:20:35 ID:9b10m6WI0 [45/56]
       ., -、  ____
      ((::゜ 辷、:::::::::::::::::::::::>'⌒ヽ
      ゝ‐'´::::::::::::::_::::::::::-‐弋ン
     ,/::::::::::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::ヽ
     /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ
    ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ    我が擬態は完璧なり。
    ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/
    \::::\ ""   __  "" ,)}:、/
       `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{
        `/:::::::  ̄ _ヽ}′
         /::::::     |三.| \
        /::::::::::      |三.| l::::\
      .(:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)
         ̄ |:::::        |  ̄
          {::::::        .::}
          |::::::::....................:::::,'
          .l:::::::::::,-‐┐:::::::/
          ',:::::::/  |:::::::/
            l__:/   L__/

405 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/08(火) 22:21:55 ID:G58fYVHg0 [16/26]
酉を隠して末尾隠さず

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する