クリックで開閉

やる夫は犯人を追うようです 第七話

403 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:13:27 ID:beGEKEv.

                          ,,;;;--'''''゙゙゙゙__─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     _─ ̄ヽ.  _─   | ̄|  | ̄ ̄|
                 _─ ̄    ノ_─       |□|  |┌┐|  | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄|
             _─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          |  |  |└┘|  |__| |__| |__| |__| |__| |__|
         _─ ̄              \二二二二|二|二|二二|二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
     _─ ̄   ̄ ̄──___        . 丶──|─|─|──|───AMBITIOUS JAPAN─────────
 _─ ̄                 ̄ ̄─────     ̄  . ̄ ̄
.(_ -─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二二二二二二二二二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄───────────\_____/    \_____/──────────────────────────







|_____________|      
| /   /   /    /       / | 
| /   /   /    /       / |        
|   ∧_∧   /  /    ∧∧      
|   (´∀` )\\ /    (゚Д゚,,)\\
|二⊂    ノ/  \\ 二 ⊂   ノ /  \\ \
  (⌒  〇 /    / /   (  ( ~/   / /   
   し ̄ \⊂二二/   し ̄ \⊂二二/
    \   \/ /    \   \/ /
       ̄| ̄| ̄          ̄| ̄| ̄



スポンサードリンク


404 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:16:00 ID:beGEKEv.



.      『葬儀の翌日、やる夫は新幹線を使って上京した
       都内地図を広げ、今後の予定を建てることにした』

                 ____
               /      \ ( ;;;;(
              /  ─    ─\) ;;;;)
            /    (●)  (● /;;/
            |       (__人__) l;;,´|    
            ./      ∩ ノ)━・'/
            (  \ / _ノ´.|  |
            .\  "  /__|  |
              \ /___ /



. 『弔事休暇は明後日まで認められている。今日を含めた三日の間に
  なるべく多くの手がかりを掴んでおきたかった。時間は一秒も無駄に出来ない』

405 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:16:44 ID:beGEKEv.



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::....../| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄|;;;;;;;;;;;;;;;;
  / ::::|  |______||  |______||  |______||  |;;;;;;;;;;;;;;;;
/:::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |;;;:;:;;;:;:;:;;
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |:::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |:::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |:::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |:::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |:::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |:::::::::::::::::   
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |:::::::::::::::::    
::::::::::::::::|  |::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |;;|______________________|.|::::::::::::::::    
::::::::::::::::|  |        ..:||  | |______| |______||  |::::::::::::::::     
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ┌―┬―┐   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  i.|.i  |   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::



          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |     
     \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/



  『昼過ぎには東京に着いた。電車を乗り継いでやる実のマンションに向かった』

406 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:16:59 ID:beGEKEv.


                                     
                                       
                                     
            |                 | ::::::::: / / .:.:.:.:.:.:. |  
            |                 |:::::: / /.:.:.:.:.:.:.:./   
            |                 |/ / / .:.:.:.:.:.: |´ ̄ ̄
            |                  / ./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_______,|
            |                /   | ̄|:.:.:.:.:.:.:./          |
            |              /     |  |:.:.:.:.:.:.:|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
            |            /       |  |:.:.:.:.:.:.:|_________,|
            |          /         |  |:.:.:.:./                |
            |        /           |  |:.:.: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |      /             |  |:.:.: |_________|
            |    /               |  |:/                   |
            |  /                 |  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___
______|/                   |_|___________,|___





        \                    /
         \_____________  /
            |.       | |____ ./|  _/
            |.       | |l二!l二l /   |_/
            |.       | |l二! / | _,/ |   _
            |.       | |`/|_/|´___,,,:|;==´ ̄
          _|______|_|_|,,;:l-‐"" ̄
        /i==============iヽ
       ./f───────┴iヽ
        ./ト────────┴iヽ.       
      /. |  .  . ... .....:..:.:.:.::.::.:::.:::|;::ヽ        
     ./[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]ヽ.          
      ./ | . . : : : : : :.:.:.:.::.::::::::::::::;|;;:::ヽ.      
    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:ヽ          
   ./ | . . ..: .:: .::: ::::: :::::::::::::::::::;::;:;;;;;;|i;;;::ヽ    
   /.i‐┴――――――――――'―‐┴―i::ヽ.  
  ./ |  . . ..: .:: .::: ::::: ::::::::::::::::;::;;::;;;;;;:;;;;;;;;;:|ii;;::ヽ

407 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:17:18 ID:beGEKEv.



                 :::::::::::::_______________:::::
                 ::::::::::::|\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
                 ::::::::::::|:::::\\ノノノ    ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
                 ::::::::::::|:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                 ::::::::::::|:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
                 ::::::::::::|:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                 ::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                 ::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                 ::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::  
                 ::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                 ::::::::::::|:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
                 ::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|::::    ガチャ――
                 ::::::::::::|:::\:: :: |::::|lll|    |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
                  ̄  ̄:\:::\::|::::|lll|     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ::::::::::::::::::\::::`:::::!lll!    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 :::::::::::::::::::::: \:::: !lll!    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 :::::::::::::::::::::::::::::\|lll|      ::::::::::::::::::::::::::::::

408 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:18:11 ID:beGEKEv.



. 『部屋を開けてやる実の部屋に入ると、まだ微かに香料の匂いが残っていた。化粧品や香水の
  匂いだろう。やる実の名残だな、とやる夫は思った。もう暫くすれば、これも消えてなくなる』



                                  |  、
                                  |   ||\
                                  |   ||  \
                                  |   ||   \
                                  |   ||     ||\
                                  |   ||     ||  \
  __________,_____                        |  \、   ||   \|li,,
 ||   .| === | o _|、,ニ、                      |    \、 ||    .||||
 ||::::::::::|..[ニ].|.◎..|、|_|                       | 「゛、、  \||    ||.||
,-l|______|iニニ|_____|、|_|    ,,___________,,,,___|.|  ゛、、. \、  || ||
l|\________\ 「|\             \ (⌒ヽ, ゛、、. \、 .|l. ||
l|\||l_||||||||」l_||||||||」_凵、||' . |.|  \             \ヽ、__,'\.  「|  | | ||
l|| l|| ,==============、|| ̄|」\  \             \, __ _,,,\|.|   ~'`';l
~ il||       \|__|||    \  「|ー --- ''''--    ''' l,,    |.| _
.  ~            ~        \|.|                |__,,,,|.|| \ \
                         |」~~ー~ー-―~~''-'      |」||.\\ \
                                           |l  l | ̄|l
                ________,,              |` \.n__n
               l\               \               |l'、\,||\n_ \n
               |\\               \              \゛、 ||\||___||
               '~ \l二二二二二二二二l               \||'!レ||‐ー‐||
                    !|_|         !l_|                 ~ ゛''||"''''''||
                                               ~   ~\


. 『室内は遺体発見の日に警察が出て行った時のままだった。つまり、刑事達にいじられたところ
  以外は犯行時の姿を留めているということになる。やる夫は、バッグの中から写真のファイルを取り出した』

409 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:20:02 ID:beGEKEv.


         / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \      『彼はダイニングの中央に立ち、金曜の夜に
     |  (ー)  ( ●)   |.      起こった事を頭の中で再現してみることにした』
.     \  (__人__)   /
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ      『やる実を殺した犯人が誰であるかを
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|      突き止めるには、まず犯行方法を知らねばならない』
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
   〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|
.   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|
   |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉    『やる実が俺の所へ電話を掛けてきたのは
  〈::::::::|:::::::::::|::::::||::::::::::::::Y |ソ::::::::| .   夜の十時。やる夫は推理を始めた――――』
   |:/:|::::::::::/===l=====::l_人:::/
   |i::::,-、:::::/::::::::::|:i::::::::::::::::|:::::::|/          
   \|_/ヽ/::::::::::::i_:::::::::::::::::|〉.イ
.    ハ::::::::::::::::::/、::::::::::::::::i´|/                
.     i::::::::::::::::! !:::::::::::::::|
      |::::::::::::::|.  i::::::::::::::|
.      i:::::::::::::i   i::::::::::::|
      |::::::::::::〉.  {::::::::::::|                                           
      |::::::::::::|   |:::::::::::|
      |::::::::::::| .   |:::::::::::|
      |:::::::::::::|   |:::::::::::::}
      |____|    |___|
     , -'´::::::::::}.    {:::::::::ヽ-、_

410 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:20:31 ID:beGEKEv.



              ____
             /      \
           / ─    ─ \     『まず、やる実と電話を終えたのは十時半頃。
          /   (●)  (●)  \.    犯人は、その後のこの部屋にやってきたのが妥当である』
            |      (__人__) U   |   
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



   ┏━┫
   ┃■┃ ツーツーツー……
   ┃田┃
   ┗━┛

411 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:22:01 ID:beGEKEv.


                       |
_____________,       |
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |   
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||     .|
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||.     |  ピンポーン
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |   
| ̄| ̄| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |         『あの時の電話では、誰かが尋ねてくるようなことは
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |.         言っていなかった。恐らくは、突然の訪問だったのだろう』
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 0 ||      |
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |     o。   『そのような時間帯に予告もなしに来るというのは
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |   O ‰     やる実とは余程親密な関係にある人物と考えて良いだろう』
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |   _レ'
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||    _|__)(
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||   |r- _ (_)- __    『例えば、火不手やらない子ならば無論その条件を満たしているし
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||   ||   - __    - __   メモ帳に電話番号があった、【D】なる人物もその対象に入るだろう』
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||   ||   ||  - ___
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||   ||   ||    ||     |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄||   ||    ||     |
                       \  ||    ||     |
                         \||    ||     |
                           \.   ||     |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

412 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:23:13 ID:beGEKEv.




                 ,====、
                  |;:.:.:.:.:.:.:.:;|
               |;`` ´´.;|
               |; :::::::::: ;|
               |; :::::::::: ;|
               |;二 二.;|
               |;     .;|.        『しかもその人物はワインを手土産に持ってきた』
               |;     .;|
               ノ;    ;ヽ
              /;         ;\      『親密な関係にある人間だから、やる実の嗜好を
            ,';           ;',.     知っていたと言えるだろう。好物を持ち込む点など実に芸が細かい』
            |;               ;|
            |;               ;|
            |',───────, '|     『その人物は多分、彼女にこういうことを言った筈だ』
            |i ̄ ̄ ̄.ww ̄ ̄ ̄i|
            |i     └-┘     .i|
            |i Ferreira vintage i|
            |i     port     .i|
            |i     -1945-    i|
            |i _______i|
            |.`───────'.|
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
 ───── ─. |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|─── ────── ─────── ──
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.:.:.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.,:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |;:.:.,'.:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:. '、:.',:;;|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           `'、::_';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
               ` ̄``´´ ̄´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

413 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:25:03 ID:beGEKEv.



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    .      /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ !: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.|:\:.:.:.:.:.:.:.:.',
    .      .:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.〃  .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:|: :.l:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.',
    .       i:.:.: :イ:.:.:.:.:.:.:l: : /!!:::::::::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:ヽ:.',:.: : :.:.\: :.:.:ヽ
    ..     l:.:./: !: : :.:.:.:.|: ,' .|!:::::::::::::::::::::\:.:.:ヽ: :.:.|: !',.:.:.:i:.:.',:ヽ:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.\.     『貴女に謝りたくてやってきたの』
    ..     !:.: :./!:.:.:.:.:.:/!:.!.斗:::::::::::::::::::::::::::ヽ:斗‐メ!:.! l: :/:.!:.l:.:.:.\: : :.:.:.:ヽ.:.:.:.:',
           l:.:.:/ .!i\:./:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ!:/ j/ !/!:.:!/:.:.:.:./ \:.:.:.:.:.:',:.:.:.:',\
          |: ,'  il  `i:.:.:.:!.::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,':/:.:|: :.:.:./ .  \:.:.:.:',:.:.:.:!  ヽ     『ワインを飲みながら私の話を聞いてくれない?』
           i:.   !i   |:.:.ヽ_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:/ノ/: : :.:.',     ヽ:.:.i: :./   )
          l:!       |:.:.:|:八""    ,     "" /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     )//
          ヽ     !ヽ:!:.:.:.\   、_   ./!: :.l:.:.:.:.:.:.:.:\:.',\  .〃´
               ,'.: :.:`: :.:.:.:.ヽ      イ  j:.:.:.:!ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヽ
               ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` i ´    ,':.:.:.:.| `ヽl:.:.:.:',: :.:.::.
                i::ハ:.:ト、:.:.:.:.:.://      /:.:.:.:./   // i:.:.:.:.:i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 





  『あるいは、こうだったかも知れない』




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                  
                 /:::::::::::::::::::::::::::::\
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       『君を裏切った事を深く、後悔している』 
                  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                |  ´"' ,    ""      |
                l     ヽ           i
                 \   、__,__,      丿..       『どうか許して欲しい』
                  \         /
                   _,/ / i! :    .: / ヘヽ、
          _...... .-.:::::´::/:::::/  ヘ、    /  l:::::ヽ、、
       ハ´::::::::::::::::::::::::/:::::::l!   /i   /    !::::::::l::::::`::.- ... _
       ,':::!:::::::::::::::::::::::/:::::::::l;:!/:! .,L __ノヘ  /!::::::::::l:::::::::::::::::::::::::`::ハ
.      i:::::l::::::::::::::::::::/:::::::::::l;:;:i\\i ! ノノヘ//::::::::::::l ::::::::::::::::::::::::/::::!
.       l::::::l::::::::::::::: /___:/::i;:;:;!  Y⌒Y  /;:i`ヽ::__! ::::::::::::::::::::/:::::::!
      l::::::::l::::::::::::::::::/::::::::!;:;:;l  :L::_ノ  /;:;:;i:::::::::\ ::::::::::::::::::::/:::::::::l
      |:::::::::l:i::::::::::::::i::::::::::::l/;l  ,':::::', /\:;i::::::::::::::/::::::::::::;':::/::::::::::::l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

414 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:26:36 ID:beGEKEv.




        人の良いやる実はその人物を追い返しはしないだろう
  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             /::::/:::::::;':::/::::::::::::::::; ' .,'!::::::::;::::::::!::i:::::::::::::::::::::::::',
          /::::/:::::::::!::/!:::::;__:/ ._,,/:::::::;'i:::::::ii:ii:::::::::::::::::::::::::::i
          ,'::::/:::::::::::i::i´!::::/ i:::;' ̄ /::::,::;' i:::::/ i!i::::::i::::::i:::::::::::::|
         ,'::::,':::,:::::::::i';i ';::i.‐i::i-. /:; ',';' ,'::::;'ゝ、i:::::/!::::i::::::::::::::|
         i::::;::::,::::::::::! '  ゛'  ';! 〃 ,',..'::, '   ,'::X .;:::;'!::::::::::::::|
         i::,':::::i:::::::::|―‐- 、   '  ,..'./  .,..'; ' /::/.i:::::::::::::::!
         |:i::::::i!::::::::i    ヽ        " ,,. '/ン:::::::i::::::::i
         |:i:::::ii::::::i:::!こ つ        ___   , ' i:::::::i:::::::;   
         |:i;::::ii';::::i';:i、              `ヽ./ ,':::::::i::::::;'
         ';:.';:::', ';::',';:丶   ,- _      こ つ   .,'::,:::::,:::;';'   
          '; ' ;::', ';::, ';:|\  !    ̄フ     ,,   ,.'::;'i::::::::;''
    ,, ''  ̄,, ̄  \、 ''、\ \ ー-_"_   _''_., - , ':; ' ,.':::::; '
   /     ヽ、  i`   ヽ、 ゛ / ,_ \  ,_ './ヽ,.'::::;''
  ./        i  ,,!-‐――-`、-レ'/_`_  ヽ    ,..'::,.<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



       多少のわだかまりを胸に抱きながらも、彼女は反省しているという
  相手の言葉を真に受けて部屋に上げたに違いなかった。相手の黒い陰謀も知らずに

415 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:28:07 ID:beGEKEv.



  『相手の人物はグラスを用意させ、そこへワインを注ぐ。コルク栓を抜いたのがやる実なのか
   犯人なのかは分からない。どちらにせよコルク栓はワインオープナーが刺さったまま放置された』



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    , ======、               , ======、
                     |i:.¨ ̄    ̄¨.: i                  |i:.¨ ̄    ̄¨.: i
                      |i:         :i|               |i:          :i|
                    |i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|                 |i:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|
                    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/               ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                       \:;;;;;;;;;;;;/                 \:;;;;;;;;;;;;/
                         `ヽ;:i'´                     `ヽ;:i'´
                           |;:|                        |;:|
                           |;:|                        |;:|
___________ _____|;:|___ ________ ___|;:|__________
                       __ノ 人__                    __ノ 人__
                        ` ── ´:::::::::::::::::::::::::            ` ── ´:::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  『何か、酒の肴が欲しいね―――犯人はそのようなことを言ってやる実に席を立たせる。あるいは
   自分が持ってきた肴を入れる食器を要求する。やる実は何の疑問も抱かず、立ち上がっただろう』

416 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:30:06 ID:beGEKEv.

   『ところが犯人はその隙に、睡眠薬をやる実のワイングラスに入れる』



                    ,========、
                  |i:.¨ ̄    ̄¨.:i|
                   |i:          :i|
                   |i:          :i|
                  |i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|    
                  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                  \:;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                   ,ヘ''r;,:;、<
                   〈入( ヘ\ \
                    ∨(ヘ ヽ    ヽ
                      ヽ| i ヘ    |
                      | |',      i
                     ノ入ヽ    l




 『許し難い、卑劣な手段だ。やる実は何の疑いも持たず、犯人の向かい側に座る』

417 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:33:01 ID:beGEKEv.



    そして、白々しい顔で「乾杯」と言って相手が差し出したグラスに
やる実は自分のグラスを合わせ、そのまま透明な黄金色の液体を喉に流し込んだ



 
           }:/: i:.:  l:|` ´      }    リ:.:}:.\ __  -
           リ':. |:.  .l:|、        _  .,.イ::::.:l:. \
       _ -‐_.7}:.:. :|:....:.:!:ト .ヽ 、     ´  / :i:.:.:::l:::. ヽ ―- - 、
    /  / //:.:.: !:.:.::.:. l:::. 丶}:.ヾ':::ー-- ´  /:.:.:.:l::::::. l|ヽ
      /  /:イ{:.:.:.. V:.:. ノ:::.:.j\!V::::::::..     {:.:.:.:.l:.:.:::::l::|:.\
        //:.ハ:.:.:..:.:.! /:::.:.. レ´ `ヽ:::.      !::::::;':::/:::|!::::.:. 丶
       //:./ : |:::.:.:.ム-‐''"´ 、    \      Y:;':.:.i\l::::::.:.:|::. 丶
      /: {:.:.{   ,; "´           \ rー‐l!::::.|/  ̄`ヾ __
     {:.: l:丿 /              /∨!     ,. -‐''"    ゛'' -、, _
     ハ   ,. ‐' "´ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ "       ̄  -   `ヽ
    , ― -"´    /  /                          \  \
           /   /                 _           \  ヽ
               /                    - _        ヽ
  



   相手は全身全霊を掛けて、芝居を続けたことだろう。しかし、その芝居も長く続ける必要はなかった
 間もなく薬が効いてきて、やる実は眠りの世界に陥ってしまう。それこそが、犯人が待ち続けた瞬間だった

418 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:35:03 ID:beGEKEv.



                          _,,
            / ̄ ̄ ̄ \       l;l
           /       . \   _,_,|,|_,.      犯人が訪れてから、やる実が眠りに付くまで
         /  _ ノ ;、ヽ、_  \ ト-=y  丶     要する時間は……色々と手順を踏まえる必要がある
        .|   (●)  (ー) .  | ヽ `i, ̄‐^l     
         \    (__人__) .  /  ヾ~ `  i,     三十分では難しいだろうな。最低でも
          ,,ゝ   `⌒´  ,ソト,,__   ヽ、   ;i,    四十分以上は要したと見るべきだお
         ,/r-'"j    / /ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i     
      ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
    ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
   _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
  _,,,>t 、ヾ、     ソ         /  ,¬    V⌒l





          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \     犯人が訪れた時、やる実は洋服を着ていたのか?
     |  (ー)  ( ●)   |     発見した時、やる実はパジャマを着ていた
.     \  (__人__)   /
.    , '´7 |.7__「 } .ヾー、..     もし、着替えさせたのだとすると結構な重労働だお
    |ヽ  |∧| |//| |∧|  |ヽ
    | i   |. i//| |    ,i  |..    事件発覚当時からベッド脇に水色のカーディガンが
   / ハ   |. |//| |    ,|  ヽ    置いてあることから考えると……
   〉 |   ,|  V  |    | / |

419 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:37:15 ID:beGEKEv.



  『やる夫は浴室を調べてみた。バスタブの蓋を取ると、湯が半分くらい入っていた』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
     !                                       l
     .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !      
     |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !
     l         と,,,,,,,____,,,,,‐.   ゛    'i,,,,,,,____,,,,,,,,ソ        i!
  ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l~ ..,,
 ´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./            ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
      .\       │                l              /
        .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『温浴材を使っていたらしく、薄いブルーに染まっている。水面には髪の毛が浮かんでいた』

420 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:39:07 ID:beGEKEv.



                 / ̄ ̄ ̄\
               /⌒   ー  \
              /(●)  (●)    \        温浴材を使っていたことや髪の毛が
             |   (__人__)        |.        浮いていたことから考えて入浴後なのは間違いなさそうだお
             \           /  
            / ̄        ̄ ̄)_
           / //       /'/ /  〃 ⌒l..     おそらく、その上からカーディガンを羽織って
          /⌒\./       /∧し'___|;;;;;;;;;;;;|    犯人を出迎えたんだろうな
     l'⌒゙l  ( ゙̄^  ヾ  /⌒ l\ /    |'⌒゙|;;;;;;;;;;;;;|
     |  |──=`──‐/  /────|  |;;;;;;;;;;;;;|    親しい間柄ならばその対応でも頷ける。犯人は眠らせた後
     |  |         ノ_  /       |  |;;;;;;;;;;;;;|    ガーディガンを脱がせてからベッドに寝かせる
     |  |        iヘ__ソ        |   |;;;;;;;;;;;;;|
     |__|_______ ̄_______.|__|;;;;;;;;;;;;;|

421 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:41:19 ID:beGEKEv.


            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|.    やる実は女性では長身の部類に入る
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ      百六十五センチ以上はあった筈だお
             ヽ、  ゝ._)   j / 
            ヘ,、 __, イ      
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、.    それでいて、体系は若干細め。多分、五十キロ前後だろう
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1    
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /        
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ    相手が男ならやる実をベッドに寝かせるのは容易いお
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |     しかし、女ならばやる実を持ち上げられるだろうか? 
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"
         /::::::::::::::::::::::::::::::::/ /      引きずる様に運んだりは出来るかも知れないが
        ,.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ. .     そんな風にしてベッドの上に乗せれば目を覚ます可能性もある
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/
      /"''ー―-----―'''"ヽ、
     /  /  i!  |  | ヽ   ヽ,.      犯人が女ならば殺してからベッドに運んだ
     /  /   |  |  ヽ  ヽ、  ヽ.     そう見て良さそうだな
    /  i   |  ヽ   ヽ   ヽ、 ,ゝ
    |  |    ヽ  ヽ  ヽ  _,ゝ"
    |__|__,.-|_,.-+─┴‐'",.入
      | ____ |  ヽ_,.-‐''"  ヽ

422 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:42:59 ID:beGEKEv.







  ____________
/  _________  \
| /     ,          \  |
|.|      ',         |. |     そして、あの殺害方法。やる実自身が同級生の死をヒントに
|.|      ',      .   .|. |     自殺するならば感電死が良いと言っていたのを知っていた人物に違いない
|.|       ',     .   .|. | 
|.|          ○      .|. |      
|.|         \  . . |. |     そして、そういう事柄を承知しているのはやる実の高校時代を
|.|         . .\   |. |     知っている者。そして、やる実とは親しい間柄にあったであろう人物
|.|               |. |
| \              /  |:::::::::::::::::::::..
\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:::::::::::::::::::::::::.
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::: : .




┌───────────┐
│         .         │
│    / ̄ ̄\   .   │        犯人はタイマーに差し込まれている電気毛布のプラグを 
│    | ┃ ┃ | ON   │        引き抜いた。このコードが犯行に使われたとやらない夫は言っていた
│    \__/  .    │
│         .         │   
│                │        ここで犯人は鋏を探したはずだお
│    / ̄ ̄\      │     
│    | ┃ ┃ | OFF  │      
│    \__/      │        しかし、鋏は見当たらない。やる夫も探してみたが、無かったお
│                │
└────────────

423 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:45:10 ID:beGEKEv.



     ___
   /      \
  /  \   ,_\..     それで、犯人は仕方なく包丁を使ってコードに細工をした
/    (●)゛ (●) \    
|  ∪   (__人__)    |    その証拠は、調理場にビニール屑が残っていたことから   
/     ∩ノ ⊃  /     明らかだし、包丁の刃にもビニール屑が付着していたから間違いないお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      余程不器用な人間でない限り、この作業には十分以上は要しないだろう
  \ /___ /




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\     それから、本棚に置いてあるセロテープとガムテープ
/    (●)  (●) \    多分、このどちらかを使って導線をやる実に接着した
|       (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /     そして再び、プラグをタイマーに差し込む
(  \ / _ノ |  |      タイマーが付いてはいるが、犯人はすぐに犯行を犯した筈だ
.\ “  /__|  |     
  \ /___ /      タイマーを仕掛けて、自分が出て行ってからやる実が目覚めたり
           .      何かの弾みで導線が外れたりしては致命的なミスと言えるお

424 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:47:08 ID:beGEKEv.



      犯人はタイマーの針をキリキリと回す。そして、その針があるところまで行ったところで
  
  スイッチが入る。やる実の身体は一瞬、ピクリと震えたかも知れない。あるいは瞼を開いたかも知れない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              }:/: i:.:  l:|` ´      }    リ:.:}:.\ __  -
              リ':. |:.  .l:|、        _  .,.イ::::.:l:. \
          _ -‐_.7}:.:. :|:....:.:!:ト .ヽ 、     ´  / :i:.:.:::l:::. ヽ ―- - 、
       /  / //:.:.: !:.:.::.:. l:::. 丶}:.ヾ':::ー-- ´  /:.:.:.:l::::::. l|ヽ
         /  /:イ{:.:.:.. V:.:. ノ:::.:.j\!V::::::::..     {:.:.:.:.l:.:.:::::l::|:.\
           //:.ハ:.:.:..:.:.! /:::.:.. レ´ `ヽ:::.      !::::::;':::/:::|!::::.:. 丶
          //:./ : |:::.:.:.ム-‐''"´ 、    \      Y:;':.:.i\l::::::.:.:|::. 丶
         /: {:.:.{   ,; "´           \ rー‐l!::::.|/  ̄`ヾ __
        {:.: l:丿 /              /∨!     ,. -‐''"    ゛'' -、, _
        ハ   ,. ‐' "´ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ "       ̄  -   `ヽ
       , ― -"´    /  /                          \  \
              /   /                 _           \  ヽ
                  /                    - _        ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       それまで続いていた規則正しい呼吸が止まり、口は半開きのまま硬直する

                 そして彼女は、人形になった――――――

425 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:48:54 ID:beGEKEv.




         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:     『悲しみと憎悪が改めてやる夫の心を包んだ
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :.     顔が強張り表情が歪んでいた。身体は熱く、心は冷たい』
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜
       i::: |::::      |::|:       『爪が手の掌に食い込む程に、強く両手を握り締めた
      :|::: |::::.      :|::|:.        二つの拳はぶるぶると震え続ける。体が戦慄いた』
      :_|::: |::::.      :|.´:
      :{:::  )::.     :',.:
      ゛‐-.`       i:



:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::::::::::: ..
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \::::::::::::::::::
  ... ........../::::::::::::    ` :.. .... .. .....
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:....     『震えが止まると、深呼吸を数度繰り返し、拳を解いた
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... ..       掌がところどころ赤くなっている。爪痕がくっきりと残っていた』
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........    
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. ....
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .     『やる実の顔が不意に蘇った。だが、それは随分と昔の彼女だった』
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... ....     
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. 
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. .....
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. .....

426 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:51:08 ID:beGEKEv.




          ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ィネ、:.:.:.::.: : :.:.:.:ヽ
       //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.   .ヽ:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:',
          .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :.:.:.:.:.:./      .ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
        l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       ___ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:,      『両親が死に、肉親が彼女一人しかいないのだと思った時
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :/'"´ ̄`_   ´,ィ  `、:.:.:.:',:.: :i       やる実だけは何が何でも幸せにしなければならないと自らに誓った』
          .V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ,ィ==ミ    ィシ、-、 .',: : :l:.: :|
         ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :|イ!.l{:::::リ    ´l{:::l! i!'./:.:.:/.'.l |
          .l.V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:', ヽヾシ.      `''" ´/:.:.:/ 〃      『そうしなければ自分が入速出家の長男に産まれた意味
           l..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :l:.l\、二フ       <ニ/:.:.:/         やる実のたった一人の兄であることの意味が何一つ無いと思った』
           .l.l:.ノV:.:.:.:.:.:.:.:.:| ヽ ヽ      _., 〃:/
         // l|:.:.: :/∧:.',ヽ、    ヽ,-‐' .y'  ././           
        〃   /:.:/:.:.:/\、 > 、   \/ /./           『見合いの話はしょっちゅう来るが、やる夫は独身を続けている
           /:/',:.:/   .ヽ   ,> 、 _././            家族を持てばやる実のほうに気が回らなくなるかも知れないと考えたからだ』
      .,..:-/l '/  '.,         /_
    ../:::::(:::::::',    \     |',  ヽ、       
   /:::::::::::ヽ:::: :',     \    l ヽ   .ヽ               『それに―――』
  /、::::::::::::::::::ヽ: :::'.,      >、 ', ',    \
. 〈  .\::::::::::::::::ヽ:::::ヽ    ./~/   .l  .,、‐-、\
  l    \:::::::::::::::`:::::ヽ  / ./l   ./ ./::::::::::::::、ヽ

427 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:51:24 ID:beGEKEv.





         , -‐ : : : : : - 、
       ,.イ: : : : : : : : : : : :`:ヽ、
        / : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :', 
      /: : : : : : : : : : : : : : : : ,ハ: : .',
    l: : 〃: : : : : : : : :!/: : /⌒ !: :ノ
    |i //: :,i: .|: : : : :/: : :/(● )      『やる実の背中にあった筈の星型の痣のことを思い浮かべた』
    |i从: : {: :l : :彡( `|!/⊂⊃,      
      レVl ,r'|/レyノ ` |/  丿    
        /    >⌒ヽ_ イ        
      /´        ト、        
     く            \      
     r|  ★         ヽ-,';、     
    ∧                :',
    /                 `ヽ、!

428 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:52:05 ID:beGEKEv.



  『それは彼女が小学生の頃、裸同然の格好で寝ていた彼女の背中に
   やる夫が熱湯を零し、刻印してしまったものだった。無論、わざとではない』



        , /.'´ ̄ ̄` ー-
      /   〃" `ヽ、 \ヽ
     / /  ハ/ u   \ハヘヘ      
    |i │ l |リ _ノ .,;;,.   }_}ハヽ   熱いおー!痛いおー!
    |i| 从( ○)illi(○)l小N     
     (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃
    /  ⌒ヽ (_.ノ /
   / ,_ \ \ \ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.



         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /        ごごごごごごめんやる実!大丈夫かお!       
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /          
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴           
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)




  『熱湯の入った薬缶を移動させようとした時、何かの弾みで少し
   零れてしまったのだ。彼女の悲鳴、泣き声は今でも彼の頭にこびりついている』

429 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:52:55 ID:beGEKEv.




  『年頃になると、夏が近づく度にやる実は恨み言を言った。それに皮肉って返していたが
   胸の中は申し訳なさでいっぱいだった。あの痣がやる実の心にコンプレックスを植えつけない筈がなかった』
  


                     , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                    , '  /" `ヽ ヽ ヽ\
                 , '  //, '/     ヽハ ヽヽ
                 |i 〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l``、
                  |i | | ( >) (<) 从!ヽ」    あーあ、これさえなければビキニ着られたのに
                  |i`从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ヽ」        
  r 、 r 、               从ヽ、  (_.ノ  从人ヽ
 ,、\ヽ\ヽ       /  ̄ >、┴r'‐-ミ ,__イ""           
 \ヽヽヽ'^ \     _,厶 -‐'´   ',  マr‐-ミY( '′           
 _ >´  ァ'て_ア ̄          }  }}  ̄ア尺ミー‐┐
└-'⌒ヽ.__,、_∠..____,... -┬ァ 〃<_,.ヘ、\`寸>、
                `ー--←彡'´ ̄ `ヽ. `'¬<  \    _
                    〈       }      `ヽ \ r1ヒ7
                       V    __ム_    ,ク^ヽ、` ノ´
                      〉     〉⌒ ̄ ニカ   `






         ___
        /       \         r‐ ' _ノ
      /::::::::::::::::    \     _ ) (_
     /::::::::::::::::       \   (⊂ニニ⊃)     ……お前のビキニなんざ、誰も見たがらねぇお
    |::::::::::::::::::::::::       |   `二⊃ノ
     \::::::::::::::::         /    ((  ̄     
      r'ニニヽ._\.   /         ;;
     r':ニニ:_`ー三`: :く._          [l、
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´



  『少なくとも、その痣の事を忘れさせてくれる男性が現れるまでは償いは
   終わらないと思っていた。だが、とうとうその償いは終わらないままだった』

430 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:53:24 ID:beGEKEv.



     ____
   /      \
  /         \  
/           \     推理を……再開するお
|     \   ,_   |   
/  u  ∩ノ ⊃―)/     今は、余計なことを考えるべきじゃない
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

431 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:53:51 ID:beGEKEv.



            //^!
          //  |
        //    |_____ _________________
      ///  /⌒ ̄ヽ   /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        i i r'  /    / /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | | | ,(⌒ ̄ヽ/ /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |/   ̄ ̄ /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
____| |───  {   {:::::::::::::::::::::::::::::::────────────
        | |____,ノ  ノ:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |       `ー────~───────~──────
        | |

     


 『犯人が女ならばこの後で、死体をベッドに載せる。そして布団を
  整えたりしていかにもやる実が、自分の意思で眠ったかのように工作する』

432 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:55:46 ID:beGEKEv.

        , ========、
        |i:.¨ ̄    ̄¨.:i|    『睡眠薬もやる実自身が飲んだ事にしなくてはならないから
         |i:          :i|     空き袋をテーブルに置き、ワインが半分程入ったグラスを傍らに残しておく』
         |i:          :i|    
        |i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|
        ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    『その中から睡眠薬が検出されるだろうが、それは
        \:;;;;;;;;;;;;;;;;;/      やる実自身が入れたと考えられるだろうから犯人としては構わない』
          ,''r;,:;、
            | i  
           . .| i        『問題は犯人の使ったグラスだ。それを残しておいては
             | i         やる実は誰かとワインを飲んだと、警察は当然そう考える』
            | |   
           ノ入ヽ





        + 
          ,========、     * 
   *    .|i:.¨ ̄    ̄¨.:i|
         |i:          :i| 
         |i:          :i|     『つまり、あの流し台に置いてあったグラスは
        |i;        ;i|      犯人自身が洗ったものだと考えるのが妥当だろう』
    +    ヽ;       ;/   + 
        \:   . ;/* 
          ,''r;,:;、         『しかし、何故洗っただけにしたのだろう?きちんと拭いて食器棚に
         +  | i           しまっておかなかったのか。証拠隠滅ならそこまでやらねば意味がない』
      *   . .| i
             | i
            | |   * 
           ノ入ヽ

433 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:58:09 ID:beGEKEv.



.                 ,====、
                  |;:.:.:.:..:.:.:.:;|
               |``  ´´|.      『それに、空になっていたワインボトル。ボトルが
               |.    |.       空になるまで犯人とやる実が飲んでいたとは思えない』
               |.    |
               |======|
               |.    |       『犯人がやる実を殺害した時点では、まだワインは 
               |.    |        残っていたと考えるべきだ。ならば、何故捨てたのか』
               ノ     ヽ       
              /       \
            ,';           ',    『睡眠薬がグラスではなく、ボトルに混入されていたのならば
            |            |..    筋が通る。しかし、そんな方法を取るだろうか。不合理である』
            |            |    
            |',───────, '|
            |i ̄ ̄ ̄.ww ̄ ̄ ̄i|     『ワインに詳しいやる実なら栓を空ける前に手にとってラベル等を
            |i     └-┘     .i|     しげしげと眺めるだろう。その時に気付かれてしまっては、犯人としては致命的だ』
            |i               i|     
            |i               i|
            |i               i|     『しかも瓶の中に混入させると濃度が薄くなるから薬も大量に
            |i _______i|      必要になる。それに、犯人自身もそのワインを飲まなくてはならない』
            |.`───────'.|     
            |            |
            |            |     『どう考えてもワインの中に薬を仕込んでおくというのは不自然だ
            |            |      しかし、そうでないとするなら瓶を空にしておく理由の説明が付かない』
           ..|            |     
            |            |
            |            |
            |            |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |            |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           `'、         _.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
               ` ̄``´´ ̄´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

434 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 22:59:43 ID:beGEKEv.




     _______
     |    ○    |
     |         |    『とにかく、犯人はボトルを空にして捨てた』
     \ ||||||||||| /
        \   / 
          |   |       『この後、犯人は逃走するわけだが戸締りをしておかなければ
          |   |.       不自然な状況になる。一人暮らしの女性が鍵を掛け忘れはしないだろう』
          |   |
          |  Σ
          |  <       『とはいえ、やる実の鍵を使うわけにはいかない。事件発覚後
          | /        この部屋の鍵がなくなっていれば、何らかの疑いを招くのは明らかだ』
          | \
          |   |       『そこで、犯人は合鍵を使った。ドアの郵便受けに入っていた物だ』
          |   |
          |  <
          |   |       『ここで疑問が二つ生じる。犯人は如何にして、この合鍵を入手したのか
          | / . .  .   そして、もう一つ。何故、郵便受けに戻しておいたのか。持ち去った方が自然だ』
          レ

435 :名無しのやる夫だお:2010/10/25(月) 23:00:39 ID:ZuR6PQEE
待ってました

436 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 23:01:14 ID:beGEKEv.



 『合鍵については、やる実自身がスペアキーとして用意していたものを犯人が
  どこからか見つけてきたということもありうる。若しくは、犯人が親しい間柄ならば』

                                  |  、
                                  |   ||\
                                  |   ||  \
                                  |   ||   \
                                  |   ||     ||\
                                  |   ||     ||  \
  __________,_____                        |  \、   ||   \|li,,
 ||   .| === | o _|、,ニ、                      |    \、 ||    .||||
 ||::::::::::|..[ニ].|.◎..|、|_|                       | 「゛、、  \||    ||.||
,-l|______|iニニ|_____|、|_|    ,,___________,,,,___|.|  ゛、、. \、  || ||
l|\________\ 「|\             \ (⌒ヽ, ゛、、. \、 .|l. ||
l|\||l_||||||||」l_||||||||」_凵、||' . |.|  \             \ヽ、__,'\.  「|  | | ||
l|| l|| ,==============、|| ̄|」\  \             \, __ _,,,\|.|   ~'`';l
~ il||       \|__|||    \  「|ー --- ''''--    ''' l,,    |.| _
.  ~            ~        \|.|                |__,,,,|.|| \ \
                         |」~~ー~ー-―~~''-'      |」||.\\ \
                                           |l  l | ̄|l
                ________,,              |` \.n__n
               l\               \               |l'、\,||\n_ \n
               |\\               \              \゛、 ||\||___||
               '~ \l二二二二二二二二l               \||'!レ||‐ー‐||
                    !|_|         !l_|                 ~ ゛''||"''''''||
                                               ~   ~\
                                                      \

 『やる実が犯人に預けていたということならば、更に問題がない。分からないのは
  鍵を郵便受けに入れておいたことだ。そんなことをすれば警察に疑問を持たれる恐れがある』

437 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 23:01:44 ID:beGEKEv.




     ____
   /      \
  /   _ノ   ヽ_\     それに、小皿の上で灰になっていた紙
/    (―)  (―) \    あれも到底、事件と無関係とは思えないお
|       (__人__)    |    
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      しかし―――
.\ “  /__|  |
  \ /___ / 




     ____
   /      \
  /  ─    ─\      必ず、解いてみせるお。やる実
/    (●)  (●) \     
|       (__人__)    |    
./     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

438 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 23:02:17 ID:beGEKEv.





    ┏━┫
    ┃■┃<霞ゆく空背にして 僕はもう振り返らない 二度と逢えないとしても~
    ┃田┃
    ┗━┛



     ___
   /      \
  /  \   ,_\    !
/    (●)゛ (●) \    
|  ∪   (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

439 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 23:03:32 ID:beGEKEv.


     ___
   /      \
  /  \   ,_\  ..   何故、やる実の部屋の電話が?
/    (●)゛ (●) \    
|  ∪   (__人__)    |    もしや、D? 
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |..     上手くやれば、ここから情報が引き出せるかも
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





         ____
        /     \    r ⌒j
      / \    / \  /   /
     /   (●)  (●)  \/   /   /  )    とにかく、今は出るしかないお  
     |      (__人__)    ./  /  /  /
     \.     `⌒´     /   '` ´  /       
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /     > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /         -、      }        (  ̄¨´
   /            ヽ._       __  \
                 `   --‐'´ `゙' 、_.)

440 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 23:04:39 ID:beGEKEv.




      ____
     /     \
   /::::::::::::::::    \ _ ガチャッ
  /::::::::::::::::       || |         「はい、もしもし」
  |::::::::::::::::::::::::     ∩! ,ヽ _    
  \::::::::::::::::       | ー ノ      .   『やはり、そこにいらっしゃいましたか』
   | :::::::::::::::    | i j  ̄ ̄ ̄| 
   |  :::::::::::::    ゝ__/____i      
   |  ::::::::::     /      /
  (__(__   ヽ⌒⌒⌒ヽ
  /  ,_/  ___ノ    /
  `ー'  `ー'       /

441 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 23:05:16 ID:beGEKEv.





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              /.: : : :           \
             /: : : : :           '.,
              |: : : :                 :|
             | : : : : : : : : .,        .:|    『VIP署のやらない夫です。先日は、どうも』
             |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_   :|     
            |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● );;:::|
           |: : : ´"''",        "''"´ :l
            ',: : . . (    j    )  ./
            i: ::: : .`ー-‐´`ー-‐′ /          
             ',: : : : : : ..      /
            イ{ゝ: : : : : : :.    イ ::}、
             ,../.:::::.. ``ー- -‐'"´ ..::::::::/| \
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::::::::::::/ l|  \
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::/  |    }丶、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿     !  `  、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ./: : : :         \
   /: : : : : :           \
  / : : : : : : :.:.            \
 .i:::: : : : : : : : :.:.: _ ノ゛,, ;、、 '⌒ゝ、  l    
 |:: : : : : : : : .::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:: |    ああ……
 |:: : : : : : : : : : ´"''",       "''"  l    
 .\ :: : : : : : : .   (    j    ) /     
   \::: : : : :.:.:.:.:.:. `ー-‐'´`ー-‐' /
  /´ ̄ ̄`゙'ー、:;:;:;:;_:_: : : : : : : :イ       
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽノ       
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:`ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:イ::::`lヽ:ヽ,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

442 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 23:06:39 ID:beGEKEv.


       ____
     /    \  .       『ZIP署の方に連絡したら、今週いっぱいはお休みということでしたし
.    /          \.        お宅に電話しても誰もお出にならないので、東京に来てらっしゃるのかと』
.  /    ―   ー  \┏━┫         
  |    (●)  (●)  |┃■┃  「何か急な用でも?」
.  \    (__人__)  /┃田┃   
.   ノ    ` ⌒´   \┗━┛  『ええ、また幾つかお尋ねしたい事が出てきましてね。それに、
 /´             ヽ      お返ししたい物もありますし、そちらにお伺いしたいのですが』





         ____
       /      \.         「そういうことなら、構わないけど」
      /  _ノ   ヽ_  \. .┏━┫
    /   (―)  (―)  \.┃■┃  『では、これからお伺いして宜しいでしょうか』 
    |      (__人__)     |┃田┃     
     \    ` ⌒´    ,/ ┗━┛  「これから?ここに来るんですか?」
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     
                        『ええ。何か不都合でも?』

443 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 23:07:12 ID:beGEKEv.




     ____
   /      \           「いえ、別にそういうわけでは」
  /         \
/           \┏━┫    (あんまりアイツを部屋に入れたくないんだお)
|     \   ,_   |┃■┃     
/  u  ∩ノ ⊃―)/.┃田┃     (何に興味を持たれるか、分かったもんじゃない)
(  \ / _ノ |  |  ┗━┛       
.\ “  /__|  |          『…………』
  \ /___ /           
                     




       ____
     /    \         「……分かりました。それではお待ちしてます」
.    /          \
.  /    ―   ー  \┏━┫ 『すみません。二十分程で行けると思いますので』
  |    (●)  (●)  |┃■┃  
.  \    (__人__)  /┃田┃   
.   ノ    ` ⌒´   \┗━┛  プツッ
 /´             ヽ

444 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 23:09:33 ID:beGEKEv.





┏━┫ 
┃■┃ ツーツーツー……
┃田┃
┗━┛




 .    ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu     ったくあの野郎、言いたい事だけ言って切りやがったお
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |     ぐずぐずしているヒマはないお。さっさと証拠を隠しておかないと
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

445 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 23:09:49 ID:beGEKEv.


        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\                           
       /: : :             \
      /: : : :            \
    /: : : : : :               \
  / : : : : : : :.:.:.:.:  _        _   \
 |:::: : : : : : : : :.:.::.:.:_ ノ゛,, ;  、、'⌒ゝ、  l
 |:: : : : : : : : :.:::::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:: |
 |:: : :: : : : : : : : : : :´"''",       "''"´  l
 \ :.: : : : : : : : . . . . (    j    )  /      全く、本当に面倒なヤツだお
   \:::: : : : : : ::.:.:.:.:.:.`ー-‐'´`ー-‐'′/ =3
  /´ ̄ ̄`゙'ー、:;:;:;:;:;:;:;_:_: : : : : : : :イ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽノ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:`ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:イ::::`lヽ:ヽ,
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::l::::::::l:::::::ヽ

446 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 23:10:27 ID:beGEKEv.
本日の投下はこれで終了します

次回もまた今週中には投下出来ると思います

447 :名無しのやる夫だお:2010/10/25(月) 23:14:08 ID:nMj25vcE
乙!
週1なんて我慢できない!!

448 :名無しのやる夫だお:2010/10/25(月) 23:17:59 ID:jn8tVWm6
乙でした~

449 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/25(月) 23:23:18 ID:beGEKEv.
なるべく早く投下出来るよう、頑張りますね

本日もご拝読、有難うございます!

450 :名無しのやる夫だお:2010/10/25(月) 23:24:03 ID:icyVi8dE
乙でしたー
回想の元気そうなやる実が逆に悲しいね

451 :名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 01:29:42 ID:zoY3JloA
乙っす。状況説明って大変そうだなあ。しかもライトなファンには流し読みされるという……


454 :名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 17:20:39 ID:DThb5jjU
乙でした
とても面白いです 続きを楽しみに待ってます!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2016/02/23 03:06 ] やる夫は犯人を追うようです | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する