クリックで開閉

やる夫は犯人を追うようです 第五話

237 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:00:53 ID:4Krvdv.c
:::::n::::::::i'i:::::::n:::::::::i''i::::i'i::::::::::::::::,i、:,ii、:::,ii、::::::::::::::::::::::::::::::::::::n:::::::::i''i::::i'i::::::||
:::::i'i i'i |;;;|::::::i'i i'i::|[]|/.ヽ::::,ll、:::l:::l:|l,,|::li,,il::▽::▽::U:::U:::::::::i'i::i'i::|[]|/.ヽ:::||
:::::|」( )|;;;;|:::::|」( ):|  ||:...!|:::l,_,l:::|__|l._,l::l,_,l::⊥::⊥:⊥:⊥::::::::|」(_):|.....||:....:|:::||
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三]
                  / ̄\
                 ( ・ω・ )
                 /:/M>:::▼
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┸ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::<  >:::::::::<  >::::::::<  >:::::::::<  >::::::::::<  >::::::::<  >:::::::::
:::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::||::::::::::::::::::||:::::::::::::::
────▲───▲───▲───▲───▲───▲───



スポンサードリンク


238 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:01:34 ID:4Krvdv.c
           _ ______
          /            \
        /              .\
      ./  ____ノ  \__ \
      /                   丶
     .|      `ー´     `ー´    丶
     |        (__人__ )      |    …………
      !                     !
      \      .,======、 /
      /..>     .|i:.¨ ̄    ̄¨.: i 
     _/ {:.:.:.ヽ :..   |i:         :i  
  ,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.    |i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i| ヽ
/   i__ 'ヽ:.:.:.:.:.:.: ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   |ヽ、
.       /   ヽ:.:.:.:.:.:.:. \:;;;;;;;;;;;;/ .| L_ \
_..   /。    lヾ:.:.:.:.:.:.:.:. `ヽ;:i'´   :.|   |
.     |      l ヾ:.:.:.:/ヽ  |;:|  .:\|  . |
,'    .|     /.  ヾ、,,,---' . |;:|.   :.:.|ヽ、 |

239 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:01:57 ID:4Krvdv.c
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                 l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./
              l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                 l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                    l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉
                   |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´
                  l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                   /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
              〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }
               V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
       コツ      ´          |     ` ー ´
              /          ‐'}
           { ` ー―――‐ ´ ‐'   コツ
            ー――――― ´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
                      /: : :          \
                    /: : : :                \
                  /: : : : : :                 \
                 / : : : : : : :.._           _       \
                    l : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`         l
                    | : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
                    l : : : : : : ´"''",        "''"´         l
                 \: : : : : : . . (    j    )       /
                  \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /―-.....-.....-......、
                  ,ィl\ : : : : : : : : : : : : : : : : : ; : イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、........-‐-
              ,....:::::'´::;':::::::`iヽ: :``ー- -‐'"´ ,ノi´:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::ヽ::::::
            /:::::::::::::::;'::::::::::::l \     /  l::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::: ノ:::::::
           /:::::::::::::::::::::l:::::::::::::!   `丶_,ィ  /l::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::;'::::::::::::::::/::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

240 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:03:21 ID:4Krvdv.c

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ      申し訳ありません、お待たせしました
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃    
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|




           _ ______
          /            \
        /              .\
      ./  ____ノ  \__ \  (( ..,======、  ))
      /     {  (;;;;).}   {  (;;;;;).}  丶  |i:.¨ ̄    ̄¨.: i
     .|      `ー´     `ー´    丶 .|i:         :i    いえ、先ほど来たところですお
     |        (__人__ )      |  |i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|
      !                      !  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
      \                   /    \:;;;;;;;;;;;;/
      /..>              /       `ヽ;:i'´
     _/ {:.:.:.\:..  ``ー- -‐'"´  ト、          .|;:|
  ,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.\  .:::.      ノi ヽ   ,,,---' ̄ |;:|.)
/   i__ 'ヽ:.:.:.:.:.:.:.\     / .:.|  |ヽ/    ̄ ̄ ̄ヲ,
.       /   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>-< .:.:.:.:| L/        ,__〕_
_..   /。    lヾ:.:.:.:.:.:.:.:./   \:.:.:.| /        ,__〕´
.     |      l ヾ:.:.:.:/ヽ     /: /       : __〉
,'    .|     /.  ヾ、':.:.:.:.:.ヽィ^i゙!Y:/      ,,..-'"

241 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:04:15 ID:4Krvdv.c


.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ    現場ではバタバタして自己紹介するのも忘れていました
    . |  (__人__)..|  /        
      |   ` ⌒´ リ  ヒ     どうも失礼しました。これ、名刺です     
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l    
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|




            /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
          /: : : :             \
        /: : : : : :             \
       /: : : : : : : :..              \    (美筆やらない夫、巡査部長か)
      .l : : : : : : : : _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、      l
      | : : : : : ::;;(  ●)::::ノヽ::::::( ● );;:::    |   (そう言えばこの名前、何処かで聞いたような?)      
      .l : : : : : : : ´"''",       "''"´       l        
       \: : : : : : . . (    j    )       /       _
        \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /_,. -─;;:, ̄ ノ 
          / ゞ          / ̄ ̄ ̄` <_;;:;:;:;:;:;:;:;:,_/   
      _,.-¬〈  ヽ `ー -- 7 ̄\;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,` ー-=ニ_  
-‐ ^Y´::::::::::|ヽ   \_,.-く´;;:;:;:;:;:;:ヽr─-、;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,ノ   
::::::::::/::::::::::::::::|  \ /;;:;:;:;:;:\;;:;:;:;:;:;:;:,\;:;:;:`ァー─‐‐ '       
:::::::::i:::::::::::::::::::!     ,′;;:;:;:;:;:;:,ト、;;:;:;:;:;:;:;:,\ /             
:::::::::|:::::::::::::::::」___/;,;:;:,Y;;:;:;:;:;:|;;:;:,ヽ、 __ )
:::::::::|:::/ ̄/∠7;;:;:;:;:;:,ハ;;:;:;:,|;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,\_
:::::::::レ':::::///√;;:;:;:;:;:;:;:;:,ヽ - ';;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:, ̄` ─--、

242 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:05:03 ID:4Krvdv.c

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)    いや、申し訳ありませんね
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ     あの後、二、三確認しておきたいことが出てきました      
   |   ,.<))/´二⊃        
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉        
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



      ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \     はい。一体、何を?
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||

243 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:05:39 ID:4Krvdv.c

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   まずは薬のことを
 .         |     (__人__)     
           |     ` ⌒´ノ    妹さんの部屋にあったテーブルの上に、睡眠薬の 
 .          |         }
 .          ヽ        }    空き袋が二つ置いてありました。お気付きでしたか?
              ヽ     ノ
            _,/( `' 、 _゙T
        ノ.ヽ`ヽ. ヽ`ヽム `
    _.. -‐ ´  ヽ   \  l;;::ヽ
/´         ヽ   ハ/`ァヘヽ
. : .         ` ー/   ヽ|:. ヘ \、_
, : : . \        ヽ    ヽ:::. ' <. ヽ
l: : : : . ヽ: .       ヽ    ヘ:::. l ^l |
!: :     ヽ: : : :       ヽ   ヘ:: l  .! .|





       ____
     /      \
    /  ⌒   ⌒ \     はい、確かにありましたお。二つ     
  /   (●)  (●)  \
  |      (__人__)     |       
  \     `⌒´    ,/
  /     ー‐    \

244 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:08:24 ID:4Krvdv.c
             / ̄ ̄\ 
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |    どちらにも、妹さんの指紋が付いていました
            |  (__人__) |     
            |   ` ⌒´   |    妹さんは、睡眠薬を常用なさっていたんですか?
            ヽ        }     
          __,, -ヽ     ノ -、     
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }  
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ   
        |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
        |::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )
        .!::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
        ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄



        ____
       /_ノ  ヽ\
     / ( ●) (●)、    常用はしていない筈ですが、幾つかは持っていたと思います
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |   割と神経質なところがあって旅行先で眠れないということがあったそうです       
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ  それで、処方してもらったものを持っていた筈ですお     
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ
          `ー---''"

245 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:09:47 ID:4Krvdv.c

        / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |    すると、重度の不眠症であったわけではないのですね
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |    
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \      
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




     ____
   /      \
  /   ⌒   ⌒\    ええ。まあ、勿論自殺するほどの悩みがあったわけですから
/    (●)  (●) \     
|       (__人__)    |  そのせいで眠れないということはあったかも知れません
./     ∩ノ ⊃  /      
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

246 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:11:49 ID:4Krvdv.c
             / ̄ ̄\
            / _ノ  ヽ、.\    あの自殺方法について心当たりはありますか?
           |  (●)(●) .|    何と言いますか、若い女性が選んだにしては凝った方法だと思うのです
            !  (__人__)  |          
           , っ  `⌒´   |
           / ミ)      /    睡眠薬で眠りについて時間がくれば電流が流れて苦しまずに逝ける
          ./ ノゝ     /     どこかで、予備知識でもないと出てこない方法だと思うのですが
          i レ'´      ヽ    
          | |/|     | |






     ____
   /      \
  /   _ノ   ヽ_\    妹の高校時代、あの方法で自殺した同級生がいたんですお    
/    (―)  (―) \
|       (__人__)    |   当時、少し話題になりましたから    
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     それで今回、タイマーとコードを見て納得したわけです    
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

247 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:12:54 ID:4Krvdv.c


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)    あのタイマーに見覚えはありますか?    
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ     見たところ、随分古い物のようでしたが   
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)




     ____
     /      \
   /   ⌒   ⌒\   多分、電気毛布でしょう。妹は寒がりでね 
  /   ( ●) ( ●)ヽ
  l      ⌒(__人__)⌒ |   冬になるとよく利用していました。あのタイマーを   
  \     ` ⌒´   /    使って、気持ちよく眠った後に電源が切れるようにしていたみたいですお
  /             ヽ

248 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:13:33 ID:4Krvdv.c

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (● )(ー)    なるほど。ということは、タイマーに繋いであった電気コードは
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ     電気毛布用のコードだったんでしょう。手近なコードが見つからなかったわけだ    
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l




     ____
   /      \
  /   ⌒   ⌒\    (そうか、あれは電気毛布用のコードだったのか)
/    (●)  (●) \     
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /      
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

249 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:14:24 ID:4Krvdv.c


               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |    睡眠薬を飲んだから、寒くても眠れると思ったんでしょうね
             | (ー)(ー)  |
             |  (__人__)   |   妹さんは、最後の眠りは冷たい布団の中で経験されたということです
.             l  `⌒ ´   }         
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、





     ____
   /      \
  /  ─    ─\     ………… 
/    (●)  (●) \     
|       (__人__)    |    
./     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

250 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:15:11 ID:4Krvdv.c

           / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |    妹さんは、アルコールのほうはどうでしたか
          |   (__人/,〉.|
          {   ´フ´ ./._ }    良くお飲みになるほうでしたか
          ヽ  ./,二ニソ}         
          _ヽ/  ,-― 、}ノ          
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
       /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}       
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
      {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
        ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
          /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~




        ____
       /_ノ  ヽ\
     / ( ●) (●)、   好きでしたね
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |   しかし、強い方ではなかった       
    \       `ー'´  /   
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ    最後に飲んだのがワインというのも、一番好きな酒だったからでしょう   
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

251 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:15:42 ID:4Krvdv.c

                   ./ ̄ ̄\
                  ./   _ノ  \
                  |    ( ●)(●)    どうでしょう。アルコールには余り強くないとのことですが
                  |     (__人__)
               _ |     ` ⌒´ノ     一人でボトル一本飲み干す程度のことはあったんでしょうか
        , --、―― '  / | |       }     
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| .ヽ、,__ __ノ       
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ   
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、





     ____
   /      \
  /  ─    ─\    それは、なかったと思います。頑張っても
/    (―)  (―) \
|       (__人__)    |   せいぜいがボトル半分といったところでしょうね    
./     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      
  \ /___ /

252 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:17:10 ID:4Krvdv.c



             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ー)(ー)      _ , 、..-..‐::ー、
           |     (__人__) -,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ    なるほど。すると、残りのワインはどうされたんでしょうね
           .|  u   ` ⌒´ノ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|
            .|        } ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!   
            ヽ        }ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/    ワインボトルは空になっていて、ゴミ箱に捨てられていましたが
             ヽ、.,__ __ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙    
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '     
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙
_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::゙、::::::::゙' -、/ヽ、_.!||||i゙;::ヽ:::::::::::;:::::::::::::::: , ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::',:::::::::::<゛:::::::::\`||i、i-<::::::::::::;::::::::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::!:::::::::::::゙'..、:::::::::゙.,|||||',::::゙;::::::::::,:::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/:::::::::::::::::::::゙..、::::::::!|||i::::/:::::::::::;::, ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;:::::::::::::::::::::::::゙::、:::゙!||!:,'::::::::::::::i゙



                 __
               ,,.-´    ``ヽ
             /          \
           /    __ノ  '⌒  ヽ    おそらく、二日かけて飲んだんでしょうね
            |    ( ● )  (● ) .|    妹はワイン好きでしたが、通という程ではありません   
       /,〉/.|      (__人__)  |\     
      / /   .\         /  .\
    ./,二ニヽ   / `ー───ー′ヽ   .\    ワインの残ったボトルに軽くコルクを押し込んで別の日に飲むんです
  _ /  ,-― 、}l   .l |  ∧   .∧   |   ./    多少、味は落ちますがね。捨てることはしないと思います
 / |   ノーヘJ   i l  .| .i   .l ..|   / ./丶
./  |_,イ  {  \ | . | /  ヽ_/ .| / /   ハ
    \_/     | | /   /::::亅 |//   / |

253 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:17:41 ID:4Krvdv.c

         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)    よく分かりました。それなら、筋が通りますね
      . |     (__人__)    
        |     |r┬| ノ     しかし、あのワインはどうされたんでしょうね
      .  |     | | | }     
      .  ヽ     `ニ }     
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ




                             ..,;'   ,;'
                           .;'゙   ,;
              __          ;'゙   、゙
            ,,.-´    ``ヽ        ';,  、'゙
          /         \      '; :;. ,;'゙
         /     __ノ  '⌒ヽ     ';゙;...;'
         |      ( ●) ( ●)   ./'゙''''゙    どう、とは?
       /.|        (__人__)./´二//⊃     
      /  ..\         /  '‐、二ニ⊃
    /    / `ー───―/    ´ヽ〉
    \    l |  ∧   ∧    __人〉
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  \
    /   \ | . | /  | /     /    ハ

254 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:20:22 ID:4Krvdv.c


             / ̄ ̄\ 
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |    つまり、何処で手に入れたかということです
            |  (__人__) |    妹さんはお金に几帳面だったらしく、独身女性にしては    
            |   ` ⌒´   |    
            ヽ        }     
          __,, -ヽ     ノ -、     非常に細かく家計簿をつけておられました 
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \    十一月分は既に記入済みで十二月分は領収書がありました
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }     
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ   
        |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }    しかし、あのワインの領収書は見当たらないのです
        |::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  ).   念の為にサイフやバッグも探してみましたが、ありませんでした
        .!::   /      .::ノ::::::::::.  ノ    
        ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
          `ー---''"






       /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ./: : : :         \
   /: : : : : :           \
  / : : : : : : :.:.            \     へえ……
 .i:::: : : : : : : : :.:.: _ ノ゛,, ;、、 '⌒ゝ、  l    
 |:: : : : : : : : .::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:: |     (それで、領収書をやたら睨んでいたのか)
 |:: : : : : : : : : : ´"''",       "''"  l    
 .\ :: : : : : : : .   (    j    ) /      おそらく、領収書をもらい忘れたか、貰い物だったか
   \::: : : : :.:.:.:.:.:. `ー-‐'´`ー-‐' /
  /´ ̄ ̄`゙'ー、:;:;:;:;_:_: : : : : : : :イ       
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽノ       
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:`ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:イ::::`lヽ:ヽ,

255 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:21:06 ID:4Krvdv.c


                   ./ ̄ ̄\
                  ./   _ノ  \
                  |    ( ●)(●)    貰い物だとすると、一体誰からでしょうね?
                  |     (__人__)
               _ |     ` ⌒´ノ     そういう人に心当たりは?妹さんが親しくしていた人物だとか
        , --、―― '  / | |       }     
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| .ヽ、,__ __ノ       
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ   
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、





      ____
    /     \
   /  ─    ─\     いたかも知れませんが
 /    (●) (●) \     
 |       (__人__)    |    私は聞いていません
 \     ` ⌒´   /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||

256 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:21:41 ID:4Krvdv.c

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)    一人もですか?電話で話す時など、しばしば登場する
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ     人名というのが二つや三つはあったのでは?       
   |   ,.<))/´二⊃        
   ヽ / /  '‐、ニ⊃     
   ヽ、l    ´ヽ〉        
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|




      ____
    /     \
   /  ―   ― \    それがよく覚えていないんですお     
 /    (―) (―) \
 |  u    (__人__)    |   妹は自分の人間関係についてはあまり話さなかったので      
 \     ` ⌒´   /      
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     金曜の夜に告白されて、初めて知った次第ですよ  
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||

257 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:22:09 ID:4Krvdv.c


             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ー)(ー)      _ , 、..-..‐::ー、
           |     (__人__) -,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ
           .|  u   ` ⌒´ノ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|    申し訳ありませんが
            .|        } ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!   
            ヽ        }ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/    もう一度その話をして頂けますか?
             ヽ、.,__ __ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙    
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '     
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙
_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::゙、::::::::゙' -、/ヽ、_.!||||i゙;::ヽ:::::::::::;:::::::::::::::: , ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::',:::::::::::<゛:::::::::\`||i、i-<::::::::::::;::::::::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::!:::::::::::::゙'..、:::::::::゙.,|||||',::::゙;::::::::::,:::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/:::::::::::::::::::::゙..、::::::::!|||i::::/:::::::::::;::, ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;:::::::::::::::::::::::::゙::、:::゙!||!:,'::::::::::::::i゙



         ____
       /      \
      / ─    ─ \    それはいいですが
    /   (―)  (―)  \
    |      (__人__)     |   然程、正確には覚えていませんよ
     \    ` ⌒´    ,/    
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

258 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:23:40 ID:4Krvdv.c

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ./: : : :         \
   /: : : : : :           \
  / : : : : : : :.:.            \
 .i:::: : : : : : : : :.:.: _ ノ゛,, ;、、 '⌒ゝ、  l    
 |:: : : : : : : : .::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:: |
 |:: : : : : : : : : : ´"''",       "''"  l    
 .\ :: : : : : : : .   (    j    ) /     
   \::: : : : :.:.:.:.:.:. `ー-‐'´`ー-‐' /
  /´ ̄ ̄`゙'ー、:;:;:;:;_:_: : : : : : : :イ       
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽノ       
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:`ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:イ::::`lヽ:ヽ,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   『やる夫は、阿部刑事にしたのと同じ話を聞かせた
    この男は何を考えているのか良く分からない表情で聞いていた』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              /.: : : :           \
             /: : : : :           '.,    
              |: : : :                 :|
             | : : : : : : : : .,.      . ::|    
             |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_   :|
            |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● );;:::|    
           |: : : ´"''",        "''"´ :l
            ',: : . . (    j    )  ./    
            i:: :: : .`ー-‐´`ー-‐′ /          
             ',: : : : : : ..      /
            イ{ゝ: : : : : : :.    イ ::}、
             ,../.:::::.. ``ー- -‐'"´ ..::::::::/| \
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::::::::::::/ l|  \
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::/  |    }丶、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿     !  `  、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

259 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:25:25 ID:4Krvdv.c


         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (● )(ー) .   ふむ。妹さんの悩みはかなり漠然としたものに感じますね
        |     (__人__)     既に十年近く、東京に住んでおられたわけでしょう
          |     ` ⌒´ノ         
        |         }
        ヽ     ヘミ|  .   孤独感に襲われたということであれば
        /,` 、` -`,--` ,    何か、そのきっかけになる出来事があったと思うのですが
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |     
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l




                 __
               ,,.-´    ``ヽ
             /          \
           /    __ノ  '⌒  ヽ
            |    ( ● )  (● ) .|    分かりません。何かあったかも知れませんが      
       /,〉/.|      (__人__)  |\      
      / /   .\         /  .\    私は知りませんでした
    ./,二ニヽ   / `ー───ー′ヽ   .\
  _ /  ,-― 、}l   .l |  ∧   .∧   |   ./
 / |   ノーヘJ   i l  .| .i   .l ..|   / ./丶    (中々鋭いな。下手に答弁するよりこういう答えのほうがいい)
./  |_,イ  {  \ | . | /  ヽ_/ .| / /   ハ
    \_/     | | /   /::::亅 |//   / |

260 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:26:31 ID:4Krvdv.c
.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ     遺書もありませんでしたが、そのことについては
    . |  (__人__)..|  /        
      |   ` ⌒´ リ  ヒ       どうお感じになりますか
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l   文章を書くのは、あまり得意でなかったのでしょうか    
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|



     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\    いや、割と筆まめだったので苦手ではないかと
/    (●)  (●) \ 
|       (__人__)    |    多分、文章に出来るような動機がなかったのか   
/     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |      あるいは、そこまで気が回らなかったのか
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

261 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:27:02 ID:4Krvdv.c


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)    …………
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ        
   |   ,.<))/´二⊃        
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉        
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)   もう一点、お聞きしたいことがあるのですが
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ     妹さんの部屋に入られて遺体を発見し、警察に通報した後は   
   |   ,.<))/´二⊃        
   ヽ / /  '‐、ニ⊃    部屋でじっとしていたと聞きました。その点に間違いはありませんか?
   ヽ、l    ´ヽ〉        
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

262 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:28:01 ID:4Krvdv.c
     ____
    /     \
   /  ―   ― \     下手にその辺の物に触ったつもりはありませんが     
 /    (○) (―) \
 |  u    (__人__)    |    何か……?  
 \     ` ⌒´   /      
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.       
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||




         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (● )(ー)    実は、流し台の中が少し濡れていたんです
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ     妹さんがお亡くなりになったのは二日前、金曜の夜だと思います    
        |         }
        ヽ     ヘミ|      二日間、この空気の乾燥した季節に流し台が濡れていたというのが……
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l

263 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:28:55 ID:4Krvdv.c

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \     実は、その顔を洗ったんですお
    / (●)  (●)    \  
     |   (__人__)    u.   |    みっともない顔を見せたくなかったもので 
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \    その、涙というやつを……
  /´               ヽ




             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \   
           |    ( ー)(ー)      _ , 、..-..‐::ー、    
           |     (__人__) -,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ
           .|  u   ` ⌒´ノ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|
            .|        } ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!   
            ヽ        }ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/     ああ……
             ヽ、.,__ __ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙    
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '     
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙
_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::゙、::::::::゙' -、/ヽ、_.!||||i゙;::ヽ:::::::::::;:::::::::::::::: , ゙       そういう、ことでしたか
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::',:::::::::::<゛:::::::::\`||i、i-<::::::::::::;::::::::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::!:::::::::::::゙'..、:::::::::゙.,|||||',::::゙;::::::::::,:::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/:::::::::::::::::::::゙..、::::::::!|||i::::/:::::::::::;::, ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;:::::::::::::::::::::::::゙::、:::゙!||!:,'::::::::::::::i゙

264 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:30:52 ID:4Krvdv.c
          ____
       / ノ  \\
      / (⌒)  (⌒)\      すいません、言い出し難くて
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |       最初からお話していれば良かったんですが
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /     他の所は触っていない筈ですが
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /





         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)    いや、流し台が濡れていたことの説明が付けば
      . |     (__人__)    それで良いんです
        |     |r┬| ノ     
      .  |     | | | }     
      .  ヽ     `ニ }     今日はどうも有難うございました。また、お話を聞くことが
         ヽ      ノ .    あるかも知れませんが、その時も宜しくお願い致します
      _,,,,ノ|、 ̄//// \      
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ

265 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:31:30 ID:4Krvdv.c

      ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \      ご苦労様でした   
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /       では、私はこれで   
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||

266 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:32:52 ID:4Krvdv.c

                      ___
                     /       \        
あっ、入速出さん>       /::::::::::::::::    \     
                  /::::::::::::::::       \
                 |::::::::::::::::::::::::       |  
                  \::::::::::::::::         /      
                   r'ニニヽ._\.   /        
                  r':ニニ:_`ー三`: :く._       
                /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
             .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
               | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
             .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
                |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´




.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ    最後に、一つだけ宜しいですか?
    . |  (__人__)..|  /        
      |   ` ⌒´ リ  ヒ          
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l    
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|

267 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:33:35 ID:4Krvdv.c



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \      なんでしょうか?
/: : : : : :               \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j    )/       /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /    
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)    阿部刑事から伺ったのですが、妹さんの
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ     身体に巻きついているコードやタイマーを見て       
   |   ,.<))/´二⊃        
   ヽ / /  '‐、ニ⊃    初めて、自殺だと分かったと仰ったそうですね
   ヽ、l    ´ヽ〉        
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

268 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:34:28 ID:4Krvdv.c
              ____
             /      \
           /   ⌒   ー\    ええ……それが、何か?  
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ          





                   ./ ̄ ̄\
                  ./   _ノ  \
                  |    ( ●)(●)   では、ドアチェーンを切った時は
                  |     (__人__)     
               _ |     ` ⌒´ノ     どの様にお考えだったのです?
        , --、―― '  / | |       }         
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| .ヽ、,__ __ノ
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\       
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶    
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、

269 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:35:18 ID:4Krvdv.c


                _______________
               /   /            ヘ   \
              /   /              \   \
            /  .‐''~_               _~''‐  \
           /  /´ ,    ヽ ヽ         /´ ,.    ヽ. ヽ  \
         /   ,'  ,;     ', ', |!!il!|!l!!l!l!l| ,'  ,      ', ',   \   (あっ!)
        /    {  {      } } .|!!il!!ll!!!il!l| {  {      } }    .\
      /      '、 ヽ    / / .|!l!!il!!l!!il!l| '、 ヽ    / /      ..\
     /             ̄ /     |     \ ̄             .\
   /               /      ∧      ',               .\
  /                {      / ヽ     }                .\
 |             ヽ    ヽ___/ __ \___ノ    /             |
 |              ヽ    .|!!il|!|!l!l!il|!|!!!i!l|!|!lll!!il|!|!l|    /              |
 |.                 . .|!!il|!|!ll!!lil|!|!l!l!il|!|!ll!!il|!|!l|                  |
 |                   .|!!il|!|!ll!!lil|!|l!l!!lil|!|!l!!il|!|!l|                  |
 \                  .|!!il|!l|!l!!il|!|l!l!l!il|!|!l!!lil|!|!l|                 /
   .\                |工工工工工工工工工|               /




  『やらない夫の指摘はもっともなものだった。チェーンがしてある以上、中に人がいるのは明白だ
   インターホンに対して反応のなかったことから何らかのアクシデントを予想するのが普通である
   しかも、今回の経緯からすると、やる夫としては真っ先にやる実の自殺を考えるのが当然なのだ』

270 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:36:32 ID:4Krvdv.c



       /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ./: : : :         \
   /: : : : : :           \
  / : : : : : : :.:.            \
 .i:::: : : : U: : : :.:.: _ ノ゛,, ;、、 '⌒ゝ、  l     勿論、その時にも妹の自殺は頭にありました 
 |:: : : : : : : : .::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:: |
 |:: : : : : : : : : : ´"''",       "''"  l.     だから、あの状況を見てやはり自殺していたのだなと   
 .\ :: : : : : : : .   (    j    ) /     
   \::: : : : :.:.:.:.:.:. `ー-‐'´`ー-‐' /       改めて思ったということですお
  /´ ̄ ̄`゙'ー、:;:;:;:;_:_: : : : : : : :イ       
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽノ       
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:`ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:イ::::`lヽ:ヽ,





    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(ー)    ははあ……
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ        
   |   ,.<))/´二⊃        
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉        
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

271 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:37:31 ID:4Krvdv.c
         ____
       /      \
      / ─    ─ \    阿部さんに対して、不正確な言い方をしてしまったようです
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   申し訳ありません。気が動転していたものですから    
     \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |     
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)   いえ、有難うございました
        |     (__人__)       
          |     ` ⌒´ノ    以上です。どうも、すみませんでした
        |         }
        ヽ     ヘミ|       
        /,` 、` -`,--` ,       
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |        
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ   
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|    
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

272 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:37:50 ID:4Krvdv.c

       ____
     /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \    …………
  |    (●)  (●)  |   
.  \    (__人__)  /   
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ




      ____
    /     \
   /  ─    ─\    あの、美筆さん
 /    (●) (●) \     
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||

273 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:38:34 ID:4Krvdv.c


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)    やらない夫で結構ですよ     
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ     美筆って呼び難いでしょう?    
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |




     ____
   /      \
  /   _ノ   ヽ_\     なら私もやる夫で結構ですお    
/    (―)  (―) \
|       (__人__)    |    それで、やらない夫さん。妹の死について    
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       何か、問題でもあるんですかお?例えば、自殺でないとか    
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

274 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:39:24 ID:4Krvdv.c


            __     ━┓
          / ~\   ┏┛
         / ノ  (●)\ ・
       . | (./)   ⌒)\      何故、そう思われますか?     
       . |   (__ノ ̄   \
         \          |
           \       /
       .      \  ⊂ヽ∩
             /´    (,_ \.
            /       \. \
           ./   /       |. \ソ
           (  y'      .|




      ____
    /     \
   /  ―   ― \       色々と、不審がっておられるように感じるからです      
 /    (―) (―) \
 |  u    (__人__)    |      私の気のせいかも知れませんが      
 \     ` ⌒´   /      
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.       
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||

275 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:40:08 ID:4Krvdv.c



             / ̄ ̄\ 
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |    不愉快に思われた質問があったのなら謝ります
            |  (__人__) |     
            |   ` ⌒´   |     何でも疑ってかかるのが、我々の仕事なんですよ
            ヽ        }     
          __,, -ヽ     ノ -、    それはやる夫さんならご理解頂けると思いますが 
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }  
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ   
        |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
        |::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )
        .!::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
        ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
          `ー---''"



     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\    それは分かりますが
/    (●)  (●) \ 
|       (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

276 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:41:07 ID:4Krvdv.c


                   ./ ̄ ̄\
                  ./   _ノ  \
                  |    ( ●)(●)    現場の状況について、特に疑問点はありません
                  |     (__人__)
               _ |     ` ⌒´ノ     このままだと自殺と考えざるを得ないでしょうね
        , --、―― '  / | |       }     
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| .ヽ、,__ __ノ       何しろ、現場は密室状態でしたから       
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ   
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、





         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (● )(ー)    部屋の鍵は妹さんのバッグの中に入ったままだったし
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ     やる夫さんの証言によるとドアチェーンがしてあったらしい    
        |         }
        ヽ     ヘミ|      まさに密室です。そして、この密室は破れないでしょうね
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l

277 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:41:41 ID:4Krvdv.c


      ____
    /     \
   /  ─    ─\    もし、何か疑問があった場合は
 /    (●) (●) \     
 |       (__人__)    |    早急に教えて頂きたいのですが
 \     ` ⌒´   /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||




         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)    ええ、それは勿論
      . |     (__人__)    
        |     |r┬| ノ    真っ先にご連絡しますよ
      .  |     | | | }     
      .  ヽ     `ニ }     
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ

278 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:42:23 ID:4Krvdv.c
                 __
               ,,.-´    ``ヽ
             /          \
           /    __ノ  '⌒  ヽ
            |    ( ● )  (● ) .|    その様にお願いします     
       /,〉/.|      (__人__)  |\      
      / /   .\         /  .\
    ./,二ニヽ   / `ー───ー′ヽ   .\
  _ /  ,-― 、}l   .l |  ∧   .∧   |   ./
 / |   ノーヘJ   i l  .| .i   .l ..|   / ./丶
./  |_,イ  {  \ | . | /  ヽ_/ .| / /   ハ
    \_/     | | /   /::::亅 |//   / |





            ___
           /       \        
         /::::::::::::::::    \     では、私はこれで  
        /::::::::::::::::       \
       |::::::::::::::::::::::::       |  
        \::::::::::::::::         /      
         r'ニニヽ._\.   /        
         r':ニニ:_`ー三`: :く._       
       /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
   .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
     | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
  .    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
      |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´

279 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:42:53 ID:4Krvdv.c


                               __________________
                                  |.    ╋ Royalty Escaline Hotel   ╋    |
                                  |.    ─ ── ── ── ── ── ─    |
                                  | ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 _________| ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  ─ ── -     ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  lエl lエl lエl lエl  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 i, | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |i | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
            =====================================================,┌─  |
,,...,     | ̄ ̄|\\|l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
ゞ;ゞ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|
t'ゞ;;'tyメ;;,,lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |__|  |
YゞKゞヾメヾ`ゞ、,,、.                                             |.HHH|! |
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ、,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| ̄
ゞt;ゞヾ〃ゞYゞヘゞヾメt' rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、                                |.HHH|! |  | =
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",t'ッ';;'メ;y;ゞ; ヾゞ゙ゞ""ヾ、エl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| =
;;、;;;;;::;;;"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;;:,”:"゙:.:゙;':,:.:゙;゙':,”:"゙:.;'ミ、                         |.HHH|! |  |
ゞ、,....ヾ;;;;;;;;;;;'''';;;;;;;;;;;;;;;;,;;;:,”:"゙:.:゙;:,” "゙.:゙;' :, ミヾゞ,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |  |
kメ'ヌヘゞ;k" f;';:': r';.';:;'.',';';、;;;;;;;:;:; :、,、 、`^;;;:;:;"::ミ'、                           |.HHH|! |ヾ";;''
.';.,':';:.';,:;'j:;`}.ゞ;':,f.';:;';.:';',.;';;ミ;.:".;; ;; ;:ll ,;.:" .:;.:'゙: ゙,ヾヾl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |ミ;;ゞヾ
':';.;';:;'.:,.';:゙、r';:`Y;':';.,';':';.;' ..;;`;.'!;;;;ヾ;.:".:゙,:,/;、,;;:;;;:;:;, l二二二二二二l_                  |    |  |ミ;;;ヾヾ
;';':';. .';:;'.;';':'};; ゞi;.;':';'.';',;:'.':' .;,l';;; ;,:|l;;; ;,i.i.;; ;;;:":ゞ/|__|__|_|l l='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='==,.|;; |
;':';'.';:,';.;.:';;'f;、;.';;i、;:;',':';.,' ,.,:':';";;;;;;;.l;; :l!; ;|;;;.:"' //======l l;"';;"';;"';;"';;"';;"';;"';;";"';';;"';;"';;"';;"';;"';"';;;;;

280 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:43:19 ID:4Krvdv.c


                 :::::::::::::_______________:::::
                 ::::::::::::|\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
                 ::::::::::::|:::::\\ノノノ    ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
                 ::::::::::::|:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                 ::::::::::::|:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
                 ::::::::::::|:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                 ::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                 ::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                 ::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::  
                 ::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                 ::::::::::::|:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
                 ::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|::::    ガチャ――
                 ::::::::::::|:::\:: :: |::::|lll|    |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
                  ̄  ̄:\:::\::|::::|lll|     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ::::::::::::::::::\::::`:::::!lll!    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 :::::::::::::::::::::: \:::: !lll!    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 :::::::::::::::::::::::::::::\|lll|      ::::::::::::::::::::::::::::::

281 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:44:12 ID:4Krvdv.c



                _                     
            //^!
          //  |
        //    |_____ _________________
      ///  /⌒ ̄ヽ   /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        i i r'  /    / /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | | | ,(⌒ ̄ヽ/ /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |/   ̄ ̄ /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
____| |───  {   {:::::::::::::::::::::::::::::::────────────
        | |____,ノ  ノ:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |       `ー────~───────~──────
        | |

282 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:44:57 ID:4Krvdv.c


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (● /;;/    ふう……
|       (__人__) l;;,´|    
./      ∩ ノ)━・'/     大丈夫の筈だ。ミスは犯していない
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /




                        ..,;'   ,;'
                      .;'゙   ,;
     ___            ;'゙   、゙
   /     \           ';,  、'゙    しかし、あの刑事は確実に疑ってる
  /  _ノ   ─ \          '; :;. ,;'゙   
/   (●)  (●)  \     r、 ∩ ';゙;...;'     やる実は自殺ではない、ということを
|     (__人__)    |   ゙'、'v'ニニッ~''''゙
\      ⌒    /    rニ>ノ l |
/           \  r'r‐,⌒゙/
                ゙Y´  /
                /  /

283 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:46:22 ID:4Krvdv.c


 『しかし、やらない夫が真相に到達することはないはずだと考えている
  何故ならばその為に必要と思われる物的証拠の殆どが、今やる夫の目の前にあるからだ』

             , ―――― 、
           /::::::::::::::::::::::::::: \
          /::::::::::::::::::::::::::(●) \            
         /:::::::::::::::  (__人__)   )
         |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._.                
         _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、...        
       ' / / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\        
,       '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ.        
      /    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /          
             | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
             l  \    ヽ /, \l    ! /   |
             ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、    
         ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
          i     l    ヾ' ´   \'、 ヽ     \
           i   /     ・ |       ヽ:、\      \


 『これでは、如何に彼が鋭くとも自殺を覆すのは到底、不可能だ
  しかし、ワインボトルに目を付けたのは流石だ。やる夫はそう思った』

284 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:47:47 ID:4Krvdv.c


 『コルク栓を捨て、ワインオープナーを片付けておいたのは正解だった
  もし、あのままにしておけば、あの勘の鋭い刑事がきっと目を付けていただろう』


                     ___        _,,    
                    /::::::::::::::: \       l;l    
                   /::::::::::::::::::::::::::::\   _,_,|,|_,
                 /::::::::::::::::::::::::::::::   \ ト-=y  丶
                .|:::::::::::::::::::::::::::(●) .  | ヽ `i, ̄‐^l      
                 \    (__人__) .  /  ヾ~ `  i,
                  ,,ゝ   `⌒´  ,ソト,,__   ヽ、   ;i,     
                 ,/r-'"j    / /ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
              ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,     
            ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
           _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、  
          _,,,>t 、ヾ、     ソ         /  ,¬    V⌒l
         ,y`;,,__   ,i     ヘ         / r-/|    l l.  
      _/^,,,  ヘ  l      ;           /  l"v' y     }  l  
   v=4⌒ヽ、 j  --,,,if     |       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|



 『やる夫にしても自殺に疑問を持ったきっかけはあのワインだった。栓抜きの刺さったままの
  コルクがあるということは宵越しのワインということは有り得ない。開けてすぐの状態だった筈だ』

285 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:48:36 ID:4Krvdv.c

  『ならばやらない夫に説明したように、やる実は酒があまり強くないのだからどこかに飲みかけの
   瓶がなくてはならない。ところが、見つかったのは空瓶だった。残りを捨てるのは性格上、考えられない』



                    , ======、               , ======、
                     |i:.¨ ̄    ̄¨.: i                  |i:.¨ ̄    ̄¨.: i
                      |i:         :i|               |i:          :i|
                    |i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|                 |i:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|
                    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/               ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                       \:;;;;;;;;;;;;/                 \:;;;;;;;;;;;;/
                         `ヽ;:i'´                     `ヽ;:i'´
                           |;:|                        |;:|
                           |;:|                        |;:|
___________ _____|;:|___ ________ ___|;:|__________
                       __ノ 人__                    __ノ 人__
                        ` ── ´:::::::::::::::::::::::::            ` ── ´:::::::::::::::::::::::::::::::::



  『冷蔵庫も調べてみたが食べかけの物が幾つも残っていたのだ。それに、寝室のテーブルに載っていた
   ワイングラスにはワインが入っていた。あれは、何故捨てなかったのか。やはり、妥当な考えは誰かと
   二人でワインを空にしたものだとやる夫は思った。流し台の中にはもう一つ、ワイングラスが置いてあった』

286 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:49:09 ID:4Krvdv.c


  『そして、決定的なのは包丁に付いていたビニール屑だ。例えば鉛筆を削った時は
   その削り滓は必ずナイフの上面に付く。右利きの人間の場合、それは刃の右側になるのだ』



              ,ノ        ,,   -‐
            /     _  -‐        /. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         ,/    ,  '´           ./:               \
        /   ,/             /: :                \
       /  /             ./: : : :                   \     
       /  /.       __     ./: : : : : : .._         _      \    
       l  ノ.       / .ヽ   l ; : : : : : :´⌒\,, ;、、、/⌒`         l    
      / /        l.   ',   |: : : : : ;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::     |    
     ./ /     .,-‐、 l _ _ }   .l: : : : : : ´"''",       "''"´        l
     ; /     ∠,,,,,.」 -‐、  !   \ : : : : . . (    j    )、       ,<´    _......-―--..、
      !;_,, -‐''"", .-‐'⌒ヽT  l     \ : : : : :`ー-‐'´`ー-‐'′     / ヽ-‐' ´
      ゞ-‐''"/   __ノ l   !     ./ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,イ   ヽ
        γ   / !      ',   /   ,`\: ``ー- -‐'"´   / /,    \
        ヽ   ´L_⊥ -―---' -<      ハ:\ : : :   _//´ ,'   _ -‐:、 \
         l       i      ,)    .λ `‐-、_∠     l  /    `:\
         ゝ   , -― ' ´ ̄ ̄  ̄ヽ.    /.ヽ   /:.:.:.:.λ   ィ  /        `
          ノl         _ ,イ:\   /! ヽ  .∧:.:.:./ ヽ ./ l /
        /  !l、  _ -‐' ´ !     ヽ. ,' !  \! ..〉‐〈   ∨/l ヽ



  『例のビニール屑も、包丁の右側に付着していた。しかし、それではおかしいのだ
   何故なら、やる実は左利きだったからだ。普段、一緒にいる者でも彼女を左利きと気付く人間は少ない』

287 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:49:46 ID:4Krvdv.c

 彼女は箸もナイフも右手で持つ。書き物をする時も右手だ。そのように、親から
 矯正されたのだ。だが、それ以外は全て左利きだった


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            `'-、
              `''-..,,,,,,,_________、
`'-、                      ..,,,_ ̄ ̄ ゙゙̄^´゙7
  `''                     ⌒"''―――――--===ニ'ニニ 、
    ヘ,´                                     ーー/゛
      `\                       -..,_.. ---――ー‐ー一'''″
       ヽ                      `゙'''ー ,,,,_
          ヽ                 、 ,..,,,,_           `゙'''ーー-、
           `'-、.            .゙'ゝ、,,_  ゙̄'''''ー- ..,,、   `フ″
            `'-、、     .,,v、、     .`''ー..、    `゙゙''''"゛
                 ヽ     l.  `''ー ,,,_    .\
                ヽ    ヽ      `'ヘ、  ., \
                 ヽ.   ヽ       `'''‐“'''"
                  l、   .l
                      ヽ   ゙、
                       `ーゝ ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ボールを投げるのも、ラケットを持つのも左手だ。左手に包丁を持ち、起用にキャベツを
 刻む姿を、やる夫は何度も見ている。やる実がビニール被膜を削ったのなら、刃の左側に付くはずなのだ

288 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:51:09 ID:4Krvdv.c



 『他殺だと分かった瞬間、やる夫は自らの手で犯人を突き止めることを決心した
  世の中には自分の手ですべきことと、そうでないことがある。今回は前者だった』


                /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
              /: : : : : : : : : : : : : : :     \
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    \
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   \       
          .l : : : : : : : : _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、      l
          | : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::( ● );;:::    |       
          .l : : : : : : : : : : : : ::::::::::   "''"´       l        
           \: : : : : : . . (    j    )       /       _
            \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /_,. -─;;:, ̄ ノ 
              / ゞ          / ̄ ̄ ̄` <_;;:;:;:;:;:;:;:;:,_/
          _,.-¬〈  ヽ `ー -- 7 ̄\;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,` ー-=ニ_    
    -‐ ^Y´::::::::::|ヽ   \_,.-く´;;:;:;:;:;:;:ヽr─-、;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,ノ
    ::::::::::/::::::::::::::::|  \ /;;:;:;:;:;:\;;:;:;:;:;:;:;:,\;:;:;:`ァー─‐‐ '
    :::::::::i:::::::::::::::::::!     ,′;;:;:;:;:;:;:,ト、;;:;:;:;:;:;:;:,\ /
    :::::::::|:::::::::::::::::」___/;,;:;:,Y;;:;:;:;:;:|;;:;:,ヽ、 __ )
    :::::::::|:::/ ̄/∠7;;:;:;:;:;:,ハ;;:;:;:,|;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,\_
    :::::::::レ':::::///√;;:;:;:;:;:;:;:;:,ヽ - ';;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:, ̄` ─--、


 『やる夫にとって、妹の幸せこそが最大の望みだった。それを奪われた無念さは
  犯人が逮捕された程度では到底収まらない。警察には任せられない。自身の手で決着を付ける』

289 :名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 22:52:08 ID:yrJ43g8.
やだこのシスコンこわい

290 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:52:22 ID:4Krvdv.c


  『その為に肝心なことは、警察に気付かれないことだ。特にあの
   やらない夫という刑事には自分の狙いを嗅ぎ付けられないようにしなくてはならない』



                    / ̄ ̄\
                   /       \
                     |          :|
                     |        .:|
                   |         .::|    
                      |        ...::::|
                      ヽ   .......:::::/
                    ヽ.......:::::::::::/
                  _, - ''" ̄  ̄` ー、
                 ヽ_..:::-=―--:..、>
               _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              斤ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、                 _, -‐
             .<:::::::::: 丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::i           _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              .〉:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;::::::::',    _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
              i:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::/   ,~'_, -‐  ̄`ー-----― '
             !::::::::::::::::〉 '::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'/::::::::!~'_ッ'-
             <:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;i'::::::::::::::|
              !::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l:::::::::::::::〉
             〈::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ:|::::::::::::::!
             /::::::::::::::!/::::::::::::::::::::::::::\:;'〈::':::::::::::::::',
            ヽ::::::::::::/:::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.ヽ::::::::::::::ノ
             i、:::::ノ/::::::::::::::::::::::::::::::::、/ ` ー-イ
             | ヽィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',



  『彼らがやる実の自殺に少しでも疑うを挟むようなことがあれば
   やる夫は全力を注いで、それを打ち消していくつもりだった』

291 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:53:01 ID:4Krvdv.c



      /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : : :          \
  /: : : : : :           \
../: : : : : : : :..            \      事を成すには細心を払う必要があるお……           
.l : : : : : : : : _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、   l
| : : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;::: |   ___,. -、         
.l : : : : : : : ´"''",       "''"´    l   ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
..\: : : : : : . . (    j    )    /   `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.| \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′ /   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   ゝ  ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ

292 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 22:53:45 ID:4Krvdv.c
本日の投下は、これで終了です

293 :名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:02:57 ID:PuwWDai2
乙でした
固唾を飲んで先を待つ

294 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 23:03:04 ID:4Krvdv.c
>>289
やる夫はシスコンです。正確に言えば一人しかいない肉親、妹を
とても大事に思っているだけなのですけどね
何故、そう考えているかは今後の展開で明らかになります

295 :名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:15:37 ID:9e8QsiXw

肉親が妹一人だけだったらまぁシスコンにもなるよな

296 :名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:19:27 ID:fPY3KpSM
乙です

何回も繰返し読んだ会話なのに
手に汗にぎりました

297 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 23:25:29 ID:4Krvdv.c
おお、こんなにレスが。楽しんで読んでもらえたでしょうか
やる夫は、この件に関しては誰の介入も望んでいません
全て、自分で決着を付けるつもりです
だからやらない夫を鬱陶しく思っています

現段階では物的証拠の殆どを持っているやる夫が圧倒的に有利です
今後はやらない夫との絡みも大きくなっていきます

やる夫もやらない夫もそれぞれの方法で、真実を明らかにしようとします

298 :名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:29:48 ID:y4jriHh6
乙でした

299 :名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:29:46 ID:1IYKJwGY
乙でしたー
やりとりに緊張感があって面白い

300 :名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 04:00:39 ID:05AjX4tA
乙でした。

原作未読なんで楽しませてもらってます。
普通の推理小説と違った緊迫感がいいですね。

301 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/14(木) 05:41:36 ID:fmN.zjQs
とても嬉しい感想、有難うございます

現在、次回投下分を作成中なのですが少し間が空いてしまうかも知れません
回が増す毎に分量が増えているので……次回分は初回投下分の倍近いです


書く暇がなくなった時の為に、二話分ストックしていたんですが……
作成ペースは変化ないのですが、一回毎の量が段々増えてるんですよね


なるべく、お待たせしないようにする予定です。遅くても一週間以内には
投下出来るかな?会話パート中心になるので、単調にならないよう演出にも
少しは気を使っていくつもりです

原作未読の方に分かり易い内容を心がけていきます。分かりづらかったら
どんどん質問して下さいね

302 :名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 10:11:08 ID:DWUVBgy2
乙です
犯人側からの推理モノは緊迫感と強い決意が伝わってきて手に汗握る
>>1さん、あまり無理しないでくれ
原作未読だがぐいぐいと引き込まれて期待

303 :名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 15:26:26 ID:5uJbRFPc
>>1のスペックうぷ

304 :名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 22:45:45 ID:kCPJKj9I
楽しみに待ってますね
>>1さんは他にもやる夫シリーズ書いたことありますか?

305 :名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 00:24:20 ID:LkUG/vYM
乙でした!
犯人になったコロンボみたいで面白いな

306 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/15(金) 10:12:09 ID:xpn6Ipkk
>>302
空き時間だとか、ヒマを見つけてせっせと作ってるので
無理はしてないですよー。これ以降はやる夫とやらない夫の
駆け引きや容疑者との駆け引きも始まって物語の中核に入ります
次回も、是非読んでください

>>303
成人 趣味:熱帯魚飼育、書籍収集(マンガ、小説等)
>>1はシャイなのでこの辺りで!

>>304
やる夫スレはこれが初めてです。なので試行錯誤しながらやっております
投下したの見直して、「あー、こうしたほうが見易かった。ああしたほうが緊張感出るな」
とか反省しながら質の向上を目指しています。貴重な時間を割いて読んでもらうので
どうせならより楽しんで読んでもらいたいのです

>>305
そうですねー、やるンボは俺も毎回楽しみに読ませてもらっていますね
ここでは主人公であり、読者視点では探偵役であるやる夫もやらない夫(警察)
からすると一人の容疑者という、探偵が擬似容疑者になるという視点で描かれています
なのでやる夫は真犯人を追う一方で、やらない夫に対しては疑惑を抱かれないように行動しています


皆さんの感想、嬉しく読ませてもらってます

307 :名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 14:17:10 ID:PZgkFXmw
最近ミステリ小説って不作だよね。
だがこれは期待できる

308 :名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 20:22:46 ID:8fX2ANs2
原作は分からんけど
このスレは面白い
こういう緊迫感のあるスレは楽しみなんだぜ

309 :名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 01:01:32 ID:HR/HgSTE
>>306
初めてかー、自分は読み専どころかROM専だったんで凄いです

今日うわーなカイ……映画とこんなに出来よくて大丈夫なの?なドラマ見て
二次創作も大変なんだと思いました。

310 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/16(土) 23:27:10 ID:AnvXS2N.
作成も良い感じに進んでいるので、月曜の夜に投下の予定です


期待して下さってる読者さんがいるならそれに応えなければいけないですね
このスレの雰囲気を気に入ってもらえたのなら嬉しいです
推理と駆け引きが見所だと思っているので

個人的には面白い原作をベースにしているのだから
二次創作は面白いものでなければいけない。と考えています
つまらないものは手を加え過ぎて原作の良さを損なわせているんでしょう
そうはならないよう、上手くやっていきたいですねー
ただ原作通りにAAを並べるだけの作品にならないようにもしたいし、難しいところです

311 :名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:20:24 ID:UPn5xXQY
乙でした!
タイトルで気になって
やる実の「お兄ちゃん以外誰も信じられなくなった」と蕎麦屋で原作に気がつきましたw
色々聞いてみたいことありますがなんかネタバレになりそうなので自重しておきます。
頑張ってください!

312 :名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 04:07:17 ID:kEvFESf.
作中で着信音として使っているのはJanne Da Arcの曲ですよね、好きなので直ぐわかりました
ですが最初のやつは「PPPP…」
となっていますがこれも何か意味があったりするのかと考えてしまいます。

313 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/18(月) 19:33:43 ID:t0Eor.Jo
予定通り、本日の21時から投下始めたいと思います


もう出てきた内容なら何でも聞いて下さいね~

Janneファンの方がいて嬉しいですね。実は最初の段階では
まだ着信音まで気を使ってなかっただけだったりすのです。特に意味はありません

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2016/02/22 04:34 ] やる夫は犯人を追うようです | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する