クリックで開閉

やる夫は犯人を追うようです 第四話

175 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:01:02 ID:nsxdvGf6
           ┌┬┬┬┐
       ――┴┴┴┴┴―、
      //      //     ||. \    『数分後』
  __[//_______//      || _ \__
 lロ|=☆= |ロロ゚|■■|■■けーさつ■■||
 | ∈口∋ ̄_l__l⌒l____|___l⌒l___|| ==3
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'   `ー'




                      __
                   ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
                |;;;|      ノリ     ミ;;;|
                _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
               !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    通報されたのは貴方ですか?
               !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
               ヾ、!      !;     ,レソ     VIP警察署の阿部と申します      
                 `|      ^'='^     ム'′
                  ト、  ー- ─-:  /         
                  | \   ===   ,イl
                 /iヽ, \  ;   //!ヽ、
               /::::::i  \,`ー─''゙ "´ !:::::::`:、._
          _.,.、;.::::.:'/::::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..:::....、
      .,、..:.:':´::::::::::::::::/::::::::::/!   ∧;;;;;;;;;,ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::::::::::`:.:..、_
    ./´::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ.
   /::::i::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::!   /;;;;;;'   !:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':;:::i
   /:::::::!:::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::i   ,';;;;;;;;;;'.   i:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i
.  /::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::i  ,';;;;;;;;;;;;',  i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!



スポンサードリンク


176 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:01:50 ID:nsxdvGf6

      ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    ええ、そうですお     
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /     (彼が指揮官だな。警部補ってところか)  
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   入速出やる実の兄、入速出やる夫と申します。地方公務員をしています
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||






    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<        公務員。市役所の方ですか?
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|    
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\

177 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:03:10 ID:nsxdvGf6


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    いえ、ZIP警察署に勤務しております
    |      (__人__)     |    
     \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |     
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ         そうでしたか。どうりで、落ち着いておられる筈だ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ      差し支えなければ、所属をお聞きしても?
     ヾ、!      !;     ,レソ    
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

178 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:04:27 ID:nsxdvGf6

      ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \      交通課勤務です   
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||




    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }    
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<        こちらにいらっしゃったのは、仕事か何かで?
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|    
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\

179 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:04:54 ID:nsxdvGf6

       ____
     /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \    いえ、妹の様子が気になったものですから
  |    (●)  (●)  |   
.  \    (__人__)  /      急遽やってきたのです
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ






::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i
:::::::::::::::|           ' ;!゙      {,
:::::::::::::::|                       i
:::::::::::::::|                       |
⌒ヽ.:::::} ∠二二三三=''   ∠二二=
´'ハ i:: |   '´て"アヾ´    i"てj"ヾ,′  
.r‐ノ レ'      ̄ ̄        | ´ ̄ l      何か、あったのですか?   
.{ i、               l    |     
 、 `                   |   |
ヽ、 `i           ,-、 ノ   l     
:::| ` ー,                 ´     ,'
/    、      ,,.- -‐─ 、  /
     ヘ       _____     /
      ヘ      `~"´   /
    ',    >         /
     ',       ≫...    _ '
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,
                      ̄" ‐-

180 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:05:58 ID:nsxdvGf6

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\    金曜に妹から電話がありまして、その時の様子が
/    (●)  (●) \ 
|       (__人__)    |   少しおかしかったのです。泣いてもいましたし   
/     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |    疲れたから、名古屋に帰りたいというようなことを言っていました
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ     
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    疲れた?
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ    
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

181 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:06:40 ID:nsxdvGf6
           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ      東京で生活していく自信がなくなったとも言っていました   
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   |    大学時代を含めて、妹は東京で暮らして十年になるのですが   
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ     人間関係でかなり悩んでいたらしく、心を許せる相手もいないと   




        ____
      /      \
     /         \    しかも職場では売れ残りOLのように見られて、かなり辛い思いをしていた  
   /           \
   |     \   ,_   |    ようなんです。先週、電話で告白されるまで全く気が付きませんでした  
   /  u  ∩ノ ⊃―)/  
   (  \ / _ノ |  |       もっとよく理解してあげていれば、こんなことには……
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /

182 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:07:39 ID:nsxdvGf6

       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|    
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i     お察しします
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |   
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |





         ____
       /      \
      /  _ノ   ヽ_  \    それで、金曜に電話した時に、明日名古屋に帰ってもいいか
    /   (―)  (―)  \
    |      (__人__)     |    と聞かれたので何時でも帰ってくればいいと答えました     
     \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      では土曜日に帰るかも知れない、と言って電話を切ったんです    
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

183 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:08:19 ID:nsxdvGf6

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |    その後、連絡は?
      | │                   〈   !     
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !     その電話があったのは、金曜の何時頃ですか?
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |   
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !   
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′    
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ' 
        `!                    /       
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !        
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_






     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\    電話は、あれっきりありませんでした
/    (●)  (●) \ 
|       (__人__)    |    時間は確か、二十二時頃だったと思います    
/     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

184 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:08:55 ID:nsxdvGf6

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }    二十二時、ね
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|    妹さんは、結局名古屋にはお帰りにならなかったんですね?
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|    
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\




       ____
     /    \
.    /          \    そうです。それで、どうやら立ち直ったのかな、と思ったのですが
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |    土曜から何度電話を入れても繋がらないし、気になって今日の朝に   
.  \    (__人__)  /   
.   ノ    ` ⌒´   \    妹の職場に電話したのですが、出社してないと言われ、嫌な予感がしてやってきたのです
 /´             ヽ

185 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:09:53 ID:nsxdvGf6

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|    なるほど。それでは、発見した時の状況を
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ     
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    詳しく教えて頂けますか
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ     ええと、合鍵は持ってらしたんですね?  
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



      ____
    /     \
   /  ─    ─\    ええ。インターホンを鳴らして反応がなかったので
 /    (●) (●) \     
 |       (__人__)    |    鍵を開けて入ろうとしました。すると、ドアチェーンがかかっていたんです
 \     ` ⌒´   /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     チェーンの隙間から妹を呼んでみたのですが、反応がありませんでした 
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||

186 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:10:34 ID:nsxdvGf6

      ____
    /     \
   /  ―   ― \     それで、これはオカシイと思って車に積んであった       
 /    (―) (―) \
 |  u    (__人__)    |    工具箱から金属カッターを持ってきて、チェーンを切りました      
 \     ` ⌒´   /      
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     チェーンがしてあるということは、人が中にいるということですから  
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |    妹に、何か起こったのだと判断しました
   >   ヽ. ハ  |   ||




                      __
                   ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
                |;;;|      ノリ     ミ;;;|
                _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ    よくそんなものをお持ちでしたな
               !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
               !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ    それで、部屋に入って妹さんを発見したというわけですか
               ヾ、!      !;     ,レソ       
                 `|      ^'='^     ム'′    部屋に入ったとき、何か気付いたことはありませんでしたか?
                  ト、  ー- ─-:  /         
                  | \   ===   ,イl
                 /iヽ, \  ;   //!ヽ、
               /::::::i  \,`ー─''゙ "´ !:::::::`:、._
          _.,.、;.::::.:'/::::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..:::....、
      .,、..:.:':´::::::::::::::::/::::::::::/!   ∧;;;;;;;;;,ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::::::::::`:.:..、_
    ./´::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ.
   /::::i::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::!   /;;;;;;'   !:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':;:::i
   /:::::::!:::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::i   ,';;;;;;;;;;'.   i:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i
.  /::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::i  ,';;;;;;;;;;;;',  i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!

187 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:11:10 ID:nsxdvGf6

     ____
   /      \
  /         \    いえ、特には。とにかく真っ先に寝室に入って
/           \
|     \   ,_   |    妹が死んでいるのを見つけたんです  
/  u  ∩ノ ⊃―)/  
(  \ / _ノ |  |     部屋の様子など、見ている余裕はありませんでした
.\ “  /__|  |
  \ /___ /






       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|    
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i     そうでしょうな
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |   
 |'. (|       彡|          |)) |    その後、すぐに通報を?
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

188 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:12:20 ID:nsxdvGf6
         ____
       /      \
      / ─    ─ \    ええ。通報した後は、ずっと妹の側にいました
    /   (―)  (―)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ      大変なことでしたな。また、何かお尋ねすることが 
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ       ありますがとりあえず、ここまでにしておきましょう
     ヾ、!      !;     ,レソ      
       `|      ^'='^     ム'′        では、私も捜査に加わりますので
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

189 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:13:19 ID:nsxdvGf6
                          _,,.、、、、、.,,_
                        /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
                       / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
妹は、感電死ですか?>        | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
                        | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
                       |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{     
                       .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
                        }:::::::::::::::ノ゙  l  /.     
                       ,xァ''ー'゙'`    '、 /
                      / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
                     ''^ーァ 、_____  ̄ /
                      `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
                      /           /    ヽ
                     ,'        ,   /      ゙、
                              l /  __      !
                              l, l  く,_  、   |

190 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:13:50 ID:nsxdvGf6
::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i
:::::::::::::::|           ' ;!゙      {,
:::::::::::::::|                       i
:::::::::::::::|                       |
⌒ヽ.:::::} ∠二二三三=''   ∠二二=
´'ハ i:: |   '´て"アヾ´    i"てj"ヾ,′    どうやら、そのようです。鑑識の話では
.r‐ノ レ'      ̄ ̄        | ´ ̄ l     
.{ i、               l    |     コードを接着してあった皮膚の部分に微かに焦げ後が残っていたようです 
 、 `                   |   |
ヽ、 `i           ,-、 ノ   l      これは、あのやり方で死んだ時の特徴です    
:::| ` ー,                 ´     ,'
/    、      ,,.- -‐─ 、  /
     ヘ       _____     /
      ヘ      `~"´   /
    ',    >         /
     ',       ≫...    _ '
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,
                      ̄" ‐-




     ____
   /      \
  /  ─    ─\      
/    (●)  (●) \    そうですか   
|       (__人__)    |    
./     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

191 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:14:18 ID:nsxdvGf6
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|    それと、聞き忘れていましたが
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ     
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    タイマーのコンセントを抜いたのは貴方ですか?
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ    
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \     はい、妹の姿を見たとき、咄嗟に抜いたんです  
    / (●)  (●)    \  
     |   (__人__)    u.   |     意味のないことではありましたが
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

192 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:14:46 ID:nsxdvGf6

       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|    
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i     お気持ちは、分かります
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |   
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

193 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:16:09 ID:nsxdvGf6



                                  |  、
                                  |   ||\
                                  |   ||  \
                                  |   ||   \
                                  |   ||     ||\
                                  |   ||     ||  \
  __________,_____                        |  \、   ||   \|li,,
 ||   .| === | o _|、,ニ、                      |    \、 ||    .||||
 ||::::::::::|..[ニ].|.◎..|、|_|                       | 「゛、、  \||    ||.||
,-l|______|iニニ|_____|、|_|    ,,___________,,,,___|.|  ゛、、. \、  || ||
l|\________\ 「|\             \ (⌒ヽ, ゛、、. \、 .|l. ||
l|\||l_||||||||」l_||||||||」_凵、||' . |.|  \             \ヽ、__,'\.  「|  | | ||
l|| l|| ,==============、|| ̄|」\  \             \, __ _,,,\|.|   ~'`';l
~ il||       \|__|||    \  「|ー --- ''''--    ''' l,,    |.| _
.  ~            ~        \|.|                |__,,,,|.|| \ \
                         |」~~ー~ー-―~~''-'      |」||.\\ \
                                           |l  l | ̄|l
                ________,,              |` \.n__n
               l\               \               |l'、\,||\n_ \n
               |\\               \              \゛、 ||\||___||
               '~ \l二二二二二二二二l               \||'!レ||‐ー‐||
                    !|_|         !l_|                 ~ ゛''||"''''''||
                                               ~   ~\
                                                      \



『この後、やる夫は阿部刑事と共に室内に入った。既にやる実の遺体は運び出された後だった
 室内では二つの刑事が活動を続けていた。一人は本棚を、もう一人は今はダイニングテーブルに
 向かって書簡類を調べているようだ。どちらもやる実の自殺を裏付けるものを探しているに違いない』

194 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:16:47 ID:nsxdvGf6

                      __
                   ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
                |;;;|      ノリ     ミ;;;|
                _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ    何か、見つかったか?
               !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
               !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
               ヾ、!      !;     ,レソ       
                 `|      ^'='^     ム'′
                  ト、  ー- ─-:  /         
                  | \   ===   ,イl
                 /iヽ, \  ;   //!ヽ、
               /::::::i  \,`ー─''゙ "´ !:::::::`:、._
          _.,.、;.::::.:'/::::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..:::....、
      .,、..:.:':´::::::::::::::::/::::::::::/!   ∧;;;;;;;;;,ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::::::::::`:.:..、_
    ./´::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ.
   /::::i::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::!   /;;;;;;'   !:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':;:::i
   /:::::::!:::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::i   ,';;;;;;;;;;'.   i:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i
.  /::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::i  ,';;;;;;;;;;;;',  i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!





     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
    |::::::::/ ノ   ― | 
   |:::::::〉 ( ●) (●)|     バッグの中に手帳がありましたが     
   (@ ::::⌒(__人__)⌒) 
    |     |r┬-|  |      特に、これといって大したことは書かれていませんね    
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i      
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

195 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:18:01 ID:nsxdvGf6


            ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
        /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
        ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
        |;;;|      ノリ     ミ;;;|
       _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ     ちょっと、確認させて頂きます
        !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
       !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
       ヾ、!      !;     ,レソ    
         `|      ^'='^     ム'′
         ,rト、  ー- ─-:  /|
      _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
      /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
         ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
          ゙、      :::/::::::|::::::
      `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



『阿部刑事と一緒に、やる夫も確認したが確かに、書かれていることは
 単なるメモや料理の作り方などだった。最後のほうは住所録になっていて
 二つは不動産屋と美容院、もう一つが【計画美術】とあるがよく分からなかった』

196 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:18:31 ID:nsxdvGf6

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !     
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ     これ、一応お預かりして宜しいですか?
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !   
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |     後日必ずお返ししますので  
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !   
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′    
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ' 
        `!                    /       
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !        
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_




         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    構いませんよ  
    |      (__人__)     |    
     \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |     
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

197 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:19:03 ID:nsxdvGf6

             ____
             /      \ ,
           /   ⌒   ー\ -     ん、その手帳、鉛筆が付いていませんね
          /   ( ●) ( ●)ヽ`
            l      ⌒(__人__)⌒ |    確か寝室で見たと思うんですが
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ          



             _____
           /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
            |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
            |::::::::ゝ ⌒  ⌒ |
           |::::::( ( ●)  (●)|
     ,...-',,⌒ゞ(@  ::::⌒(__人__)⌒) ::::::::::.ヽ、         ああ、これのことでしょう? 
    /::/..::::::::::::..ヽl_    |r┬-|   /v':::::::::::ノ::_;;:::::j,ト、         
   /:::::::::::::::::::..`ー-、:l、    `ー'´  .,ヘ:::::;::::::/ ̄ ゙''ヘュ_ノ 
   /:::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ;:、     /:>:l/:::/                
  ./:::i|:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヾ、ー_-イ, 〉<.|/ _ノ⌒ ー - ,,,__  _     
  }:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヾ!、!;::|:|,r‐'゙           //   ヽ
 「::::ヾ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ        l /    l   
../::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"      \___        /    
/:::::::::::..ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l          \X=-、,,__/
:::::::::::::::::..ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ` 、      ヽ ,ヘ./
:::::::::::::::::::::..ヽ、:::::::::::::::::::::::::::| l i´       ` 、    ノ ヾ|
:::::::::::::::::::::::::::..`ヽ;::::::::::::::::::::| | |    、     `'rイ  ,ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::.::..\∩:::::::::| l\      `=、..__,ノ   ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::i\∩:/  | ヽ、_    ノ     
::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  \:!`ー、  ,,=''::::`、'‐-'゙                                           
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l  l ヽ_;;ァ'~ヽ;::::::::::ヽ         
                                         

『その刑事が持っていた短い鉛筆は、手帳の背の部分にすっぽりと収まった』

198 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:19:40 ID:nsxdvGf6



                    _,,.、、、、、.,,_
                  /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
                 / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
                 | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
                  | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
                 |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{    手紙類はどうだ?何か見つかったか  
                 .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
                  }:::::::::::::::ノ゙  l  /.     
                 ,xァ''ー'゙'`    '、 /
                / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
               ''^ーァ 、_____  ̄ /
                `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
                /           /    ヽ
               ,'        ,   /      ゙、
                        l /  __      !
                        l, l  く,_  、   |





                   ./ ̄ ̄\
                  ./   _ノ  \
                  |    ( ●)(●)    ここ数ヶ月で届いた手紙、葉書の類はありません
                  |     (__人__)
               _ |     ` ⌒´ノ    一番新しいもので七月末に届いた、暑中見舞い葉書です
        , --、―― '  / | |       }     
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| .ヽ、,__ __ノ       
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ   
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、

199 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:20:53 ID:nsxdvGf6

        ____
       /_ノ  ヽ\
     / ( ●) (●)、    正に、孤独を象徴していますね
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |       
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ     
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ



       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|    
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i     いやあ、最近はこうですよ
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |   
 |'. (|       彡|          |)) |      先輩刑事に部屋を調べるときはまず伏差しからと
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i 
  ヽ_|        `         .|_/       言われたものですが、最近の若い人の部屋には状差し自体がない
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|         手紙を書かない時代なんですな
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

200 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:21:41 ID:nsxdvGf6

                      __
                   ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
                |;;;|      ノリ     ミ;;;|
                _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ    私は今日はこれで引き上げますが
               !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
               !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ    今夜は何処にお泊りですか?
               ヾ、!      !;     ,レソ       
                 `|      ^'='^     ム'′
                  ト、  ー- ─-:  /         
                  | \   ===   ,イl
                 /iヽ, \  ;   //!ヽ、
               /::::::i  \,`ー─''゙ "´ !:::::::`:、._
          _.,.、;.::::.:'/::::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..:::....、
      .,、..:.:':´::::::::::::::::/::::::::::/!   ∧;;;;;;;;;,ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::::::::::`:.:..、_
    ./´::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ.
   /::::i::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::!   /;;;;;;'   !:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':;:::i
   /:::::::!:::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::i   ,';;;;;;;;;;'.   i:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i
.  /::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::i  ,';;;;;;;;;;;;',  i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!



       ____
     /    \
.    /          \    このベッドで眠る気にはなれないので
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |    何処かのホテルにでも泊まることにします   
.  \    (__人__)  /   
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

201 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:22:13 ID:nsxdvGf6
       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|    
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i     そうでしょうな。では、宿泊先が決まったら
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |   
 |'. (|       彡|          |)) |    一応連絡を頂きたいのですが
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |



      ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    分かりました   
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||

202 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:22:34 ID:nsxdvGf6



                               __________________
                                  |.    ╋ Royalty Escaline Hotel   ╋    |
                                  |.    ─ ── ── ── ── ── ─    |
                                  | ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 _________| ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  ─ ── -     ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  lエl lエl lエl lエl  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 i, | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |i | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
            =====================================================,┌─  |
,,...,     | ̄ ̄|\\|l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
ゞ;ゞ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|
t'ゞ;;'tyメ;;,,lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |__|  |
YゞKゞヾメヾ`ゞ、,,、.                                             |.HHH|! |
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ、,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| ̄
ゞt;ゞヾ〃ゞYゞヘゞヾメt' rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、                                |.HHH|! |  | =
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",t'ッ';;'メ;y;ゞ; ヾゞ゙ゞ""ヾ、エl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| =
;;、;;;;;::;;;"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;;:,”:"゙:.:゙;':,:.:゙;゙':,”:"゙:.;'ミ、                         |.HHH|! |  |
ゞ、,....ヾ;;;;;;;;;;;'''';;;;;;;;;;;;;;;;,;;;:,”:"゙:.:゙;:,” "゙.:゙;' :, ミヾゞ,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |  |
kメ'ヌヘゞ;k" f;';:': r';.';:;'.',';';、;;;;;;;:;:; :、,、 、`^;;;:;:;"::ミ'、                           |.HHH|! |ヾ";;''
.';.,':';:.';,:;'j:;`}.ゞ;':,f.';:;';.:';',.;';;ミ;.:".;; ;; ;:ll ,;.:" .:;.:'゙: ゙,ヾヾl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |ミ;;ゞヾ
':';.;';:;'.:,.';:゙、r';:`Y;':';.,';':';.;' ..;;`;.'!;;;;ヾ;.:".:゙,:,/;、,;;:;;;:;:;, l二二二二二二l_                  |    |  |ミ;;;ヾヾ
;';':';. .';:;'.;';':'};; ゞi;.;':';'.';',;:'.':' .;,l';;; ;,:|l;;; ;,i.i.;; ;;;:":ゞ/|__|__|_|l l='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='==,.|;; |
;':';'.';:,';.;.:';;'f;、;.';;i、;:;',':';.,' ,.,:':';";;;;;;;.l;; :l!; ;|;;;.:"' //======l l;"';;"';;"';;"';;"';;"';;"';;";"';';;"';;"';;"';;"';;"';"';;;;;

203 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:23:40 ID:nsxdvGf6
   ____
   |  new  |                                  
   | Song. |                ______      |       
   |  トzzイ |                 |\_____\    .|       
   | ( ゚'Д゚) |                 | .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |l   |              
   | m9ノ  |   \     /     | .||========== |l   |   |\
    ̄ ̄ ̄ ̄    , -―‐-、    .{i} .| .||[]][]]ヽ.   []]]ll   |   |  \
 |l――――――|| _((#)≡(#))ヽ  . ||| .| .||========== |l   |   |    \
 |l______|| l |二二二二l |  ((ll)) | .||[]][[]]]ヽ   ||__|   |    |
 |l  _____|| |」 ̄ ̄ ̄ ̄|」 .( iii )\||========== |l    .\  .|    |
 ||^\       \                               \|   o.|
   \\       \       ____                   .\   .|
    \\        \     |\  n.\                   .\ .|
      \\       \      \.{_}  \                 \
        「|――――――「|     l ̄ ̄ ̄l
        |」――――――|」 ⊂⊃
                    |  |
                     ー '

204 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:25:05 ID:nsxdvGf6

         ____
       /      \.         「申し訳ありませんが、そういうわけで弔事休暇を頂きたいんですが」
      /  _ノ   ヽ_  \. .┏━┫
    /   (―)  (―)  \.┃■┃  『そりゃ、大変だったな。課長のほうには俺から話しておくから』 
    |      (__人__)     |┃田┃     
     \    ` ⌒´    ,/ ┗━┛  「お願いします」
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     
                        『おい、入速出。それより』



       ____
     /    \         『妹さん、本当に自殺なのか?』
.    /          \
.  /    ―   ー  \┏━┫ 「ええ、間違いないと思います」
  |    (●)  (●)  |┃■┃  
.  \    (__人__)  /┃田┃ 『そうか、発見したお前がそう言ってるんだから   
.   ノ    ` ⌒´   \.┗━┛  確かなんだろう。こっちのことは、心配しなくてもいいからな』
 /´             ヽ
                     「宜しくお願いします」

205 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:26:05 ID:nsxdvGf6



       /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ./: : : :         \
   /: : : : : :           \
  / : : : : : : :.:.            \ さて、と
 .i:::: : : : : : : : :.:.: _ ノ゛,, ;、、 '⌒ゝ、  l    
 |:: : : : : : : : .::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:: |
 |:: : : : : : : : : : ´"''",       "''"  l    
 .\ :: : : : : : : .   (    j    ) /     
   \::: : : : :.:.:.:.:.:. `ー-‐'´`ー-‐' /
  /´ ̄ ̄`゙'ー、:;:;:;:;_:_: : : : : : : :イ       
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽノ       
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:`ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:イ::::`lヽ:ヽ,


 
『現在、やる夫には考えねばならないことが沢山あった。回収した
 遺留品の中から情報を見つけねばならない。髪の毛一つとってもそうだ』

206 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:27:30 ID:nsxdvGf6

          
                              _,,
               / ̄ ̄ ̄ \       l;l
              /       . \   _,_,|,|_,
            /  _ ノ ;、ヽ、_  \ ト-=y  丶
           .|   (●)  (ー) .  | ヽ `i, ̄‐^l     
            \    (__人__) .  /  ヾ~ `  i,
             ,,ゝ   `⌒´  ,ソト,,__   ヽ、   ;i,    
            ,/r-'"j    / /ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i     
         ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
       ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
      _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
     _,,,>t 、ヾ、     ソ         /  ,¬    V⌒l



 『やる実の髪の長さはセミロングで、細い髪だ、パーマもかけていない。
  ビニール袋の中には太くて短い髪が何本も入っている。明らかにやる実のものでは、ない』

207 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:29:02 ID:nsxdvGf6


 『それから、小皿に乗っていた紙の燃え残り。殆どが
  灰になっていたが四角い紙の角と思われる部分が三つ残っていた。』


             ___
            /       \         r‐ ' _ノ
          /::::::::::::::::    \     _ ) (_
         /::::::::::::::::       \   (⊂ニニ⊃)
        |::::::::::::::::::::::::       |   `二⊃ノ
         \::::::::::::::::         /    ((  ̄     
          r'ニニヽ._\.   /         ;;
         r':ニニ:_`ー三`: :く._          [l、
       /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
    .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
      | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
    .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
       |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´



 『その内の二つは、写真のようだった。カラー写真であったことくらいしか
  分からない。残る一つは写真ではあるが、カメラで写してプリントしたもの
  ではない。恐らく、白黒の印刷物だったであろうということが辛うじて分かる』

208 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:30:14 ID:nsxdvGf6


 『何の写真で、一体何故燃やしたのか。二人きりの肉親であるからこそ
  分かる、些細なヒントばかりだがどれもがやる夫に強烈なメッセージを発していた』


                , ―――― 、
              /  _ノ ' ;、ヽ_ \
             /   ( ー)  (●) \
            /      (__人__)   )             
            |       ` ⌒´    ノ ,.、,_ ,..._          
            _ヽ、         r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
           '/ / \       (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\   
         , '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ    
         /    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
                | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
                l  \    ヽ /, \l    ! /   |
                                     


 『やる実の死んでいた状況を思い浮かべると、悲しみと悔しさが襲ってきた
  やる夫は、上司に答えたのとは逆に、本音ではやる実は自殺ではないと確信していた』

209 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:30:56 ID:nsxdvGf6


          ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ィネ、:.:.:.::.: : :.:.:.:ヽ
       //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.   .ヽ:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:',
          .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :.:.:.:.:.:./      .ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
        l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       ___ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:,
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :/'"´ ̄`_   ´,ィ  `、:.:.:.:',:.: :i
          .V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ,ィ==ミ    ィシ、-、 .',: : :l:.: :|
         ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :|イ!.l{:::::リ    ´l{:::l! i!'./:.:.:/.'.l |
          .l.V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:', ヽヾシ.      `''" ´/:.:.:/ 〃
           l..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :l:.l\、二フ       <ニ/:.:.:/    『裏切られちゃったんだ』
           .l.l:.ノV:.:.:.:.:.:.:.:.:| ヽ ヽ      _., 〃:/
         // l|:.:.: :/∧:.',ヽ、    ヽ,-‐' .y'  ././      
        〃   /:.:/:.:.:/\、 > 、   \/ /./
           /:/',:.:/   .ヽ   ,> 、 _././        『信じてた、相手に』
      .,..:-/l '/  '.,         /_  
    ../:::::(:::::::',    \     |',  ヽ、
   /:::::::::::ヽ:::: :',     \    l ヽ   .ヽ
  /、::::::::::::::::::ヽ: :::'.,      >、 ', ',    \
. 〈  .\::::::::::::::::ヽ:::::ヽ    ./~/   .l  .,、‐-、\
  l    \:::::::::::::::`:::::ヽ  / ./l   ./ ./::::::::::::::、

210 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:32:37 ID:nsxdvGf6

 『やる実の、最後の言葉が耳に蘇ってくる。彼女は、一体誰に
  裏切られたのだろう?あれほど、激しく落ち込むということは』


         ::::::::  ::    ::     :::::  ::  :::
         ::::::  ::   ____   :::::  ::::  :::
         ::::::  :::: /  :::  \ :::   :::   ::
         ::::  ::::/   ::     \::  :::  ::
        ::::  /:::    ─    ─ \ ::  ::
        :::  |  ::   .(_)  (_)  | :  ::::
         :::   \     (__人__)  ,/ :  :::
         ::  ノ      ` ⌒´   \ :   :::
         /´               ヽ  :::
        |    l              \:::
        ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
         ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
 

 『その相手はやる実が最も信頼していた人間と考えるのが自然だ
  それは、一体どういう相手なのだろう?最も信頼する相手、それは―――』

211 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:33:13 ID:nsxdvGf6


            /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
          /: : : : : : : : : : : : : : :     \
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   \       
      .l : : : : : : : : _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、      l     『男』ではないのか?
      | : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::   ;;:::     |       
      .l : : : : : : : : : : : : ::::::::::   "''"´       l        
       \: : : : : : . .                /       _
        \: : : : : : :.`             /_,. -─;;:, ̄ ノ 
          / ゞ          / ̄ ̄ ̄` <_;;:;:;:;:;:;:;:;:,_/
      _,.-¬〈  ヽ `ー -- 7 ̄\;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,` ー-=ニ_    
-‐ ^Y´::::::::::|ヽ   \_,.-く´;;:;:;:;:;:;:ヽr─-、;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,ノ
::::::::::/::::::::::::::::|  \ /;;:;:;:;:;:\;;:;:;:;:;:;:;:,\;:;:;:`ァー─‐‐ '
:::::::::i:::::::::::::::::::!     ,′;;:;:;:;:;:;:,ト、;;:;:;:;:;:;:;:,\ /
:::::::::|:::::::::::::::::」___/;,;:;:,Y;;:;:;:;:;:|;;:;:,ヽ、 __ )
:::::::::|:::/ ̄/∠7;;:;:;:;:;:,ハ;;:;:;:,|;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,\_
:::::::::レ':::::///√;;:;:;:;:;:;:;:;:,ヽ - ';;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:, ̄` ─--、

212 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:34:36 ID:nsxdvGf6


. 『電話では、よく話してくれるやる実だったが
  異性関係の話題が出たことはない。やる夫もそれが
  普通だと思っていたし、大して気に留めていなかった』

            ____
          /      \        
         /   ⌒   ⌒\  ┏━┫     
       /   ( ●) ( ●)ヽ ┃■┃   
       l      ⌒(__人__)⌒ |┃田┃
       \     ` ⌒´   / ┗━┛      
       /             ヽ


. 『しかし、会話の節々にそれらしいヒントがあった
  特定の相手がいるらしい、ということは薄々感じていたのだ
  その男に裏切られた、というのは十分考えられることだった』

213 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:35:45 ID:nsxdvGf6


  ┌────────────┐
  │                  │
  │ D                |  
  │                  │    このメモが、重大なヒントになるだろう
  │ 03-9687-××××     |
  │                  |     この『D』という人物がやる実の付き合っていた男ではないか?
  │                 .|
  | やらない子           .|     それと、このやらない子という名前には覚えがあった
  │                  . |
  | 03-5542-××××     |     やる実が『兄ちゃん意外で唯一信頼出来る相手』と言っていた
  |                  |
  │                    |
 .└────────────┘

214 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:37:17 ID:nsxdvGf6

          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \
     |  (ー)  ( ●)   |    この子に、電話してみるかお?
.     \  (__人__)   /
.    , '´7 |.7__「 } .ヾー、     この子なら、事情を知っている可能性は高い
    |ヽ  |∧| |//| |∧|  |ヽ
    | i   |. i//| |    ,i  |
   / ハ   |. |//| |    ,|  ヽ
   〉 |   ,|  V  |    | / |

215 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:38:04 ID:nsxdvGf6
                        __
                       <´      ̄`丶、
                    ,、 ´   ヽ  ',        ', `ヽ.
                 ,.ィ'  , ',   ',  !       ,  .ヽ
              /,'λ.  ', ',    | ',    l   ! ヽ
                /.{ {  ゝ、 \',    !   ト、   |   .|  ヽ
                 ,' .八V´,,.-≧.、!  !   |  |>-、 /   l   i
              λ ', ヽ〃(:::冫|  l  |  |  ヘ Y   |   !    『兄ちゃん以外誰も』
                y_ヽ    '´  | ,'  l  l > , 八   ,'i   ! l
                  i; ワ   こつ!/   ,!  / - / |  ,' |  ! |
              / ヽ      /   ,'  / `ア',' リ ./ !   | ′
               ,'   | __   /   /{ / /イ /,.イ リ  ,'j:′
               !/! |∧     / ,ィ/ V   /|イ川/ハノ
            | | !,'/|ヽ、 `´          !|リリレ'       『信じられなくなっちゃった』
                ! ', |/ 从 ;> --―ヽ  ,. -――-Lリ
              ! .′  _,--┴´        ∨
                , -ニ二ヽ               \
                  / ヽ    \ヽ              \
                   |   \   \                 |ヽ
               l  `丶∨ ! ヽ`丶、   Y'"ォェヾ  |. |
                 l   \ ∨/  \ |___≧=≦  ヽヽ
              l       \,'    ヽヽ二二二 _`ヽ===ヽ \
                l      \ 〉/ /      ,'   ` ┬-- ┬-

216 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:38:38 ID:nsxdvGf6


                                                     _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
                                           ...,,,,,,,,:::::;;;;;;;;;;;;;  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
                                   ............,,,,,,,,,,,,,,,::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;  ̄`ー-----― ':;:;:;:;;;;;;''''''''''''''
                                               ''''''::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;''''''''
                                           ..........,,,,,,:;:;:;:;:;;;;;;;;;
                      _ ノ^l . '~}          ............,,,,,,;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;'''''               ゙'''.、,
                       / ̄_ _, '  /    ) ;;;;;;;;::::''''                               ヽ
                  .'  /_/  /;;ノ\  ( ;;;;::                                   /
                     /   {/   ∠.て \ \ \;;ゞ        ピッ    ,                    メ
                  / r    ´  ̄`、   \ \ ,;)             /             _,、 -‐'''″
                  .′ {    ー ‐┴,    \,,,)          、ハ,  /        _,, .r━'''"゙´
                  |      、__, /                ^ <  て   ー゙゙ ̄ ̄
                  |         ィ__/____ __          ./'Y''~ヾ
                .|        /: : :          \            `
            __ /      / : : :          \
        / ̄ヽ  /     / : : :.              \    やる実を裏切った相手は
        }    丶, '      / : : :.               l
        ノ     /      /: : : ´_ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、    |ヽ    男とは限らない、か      
     r┴'^ー  , '      /: : ::;;( ー )::::ノヽ::::::( ー );;:::  | \
     ゝ ⌒ ー . ′     /: : : : : :´"''",       "''"´    l   )    
.    「     , '         /ヽ : : : : : : : (    j    )   /   {      
.   ノ     /       /:.:.:.:. ゞ ___  `ー-‐'´`ー-‐'′ ソ  _ ノ⌒)
  〈`T 7        . ' ̄ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ ヽ   /    
   ,' , ′         /:!|i:!i:∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  _」ヘ'  >     
   //         /:.:.:.:..:.(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   く  ゝ  }
.  /          /:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   丿    )

217 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:39:10 ID:nsxdvGf6

         ____
       /      \
      / ─    ─ \    やる実から聞いた印象では、このやらない子は
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    活発で明るく、聡明な人物像を想像させるお   
     \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      それに、何より   
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |     
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



         ____
       /      \
      /  _ノ   ヽ_  \    やる実を殺す理由が
    /   (―)  (―)  \
    |      (__人__)     |    ないじゃないか     
     \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

218 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:40:11 ID:nsxdvGf6

                    
  ┏━┫ 
  ┃■┃ <教えてヴィーナス♪僕の翼は今も~まだ白く輝いて~いるか~
  ┃田┃ 
  ┗━┛                             
     

      ____
     /     \
   /::::::::::::::::    \ _ ガチャッ
  /::::::::::::::::       || |       「はい、もしもし」
  |::::::::::::::::::::::::     ∩! ,ヽ _    
  \::::::::::::::::       | ー ノ         『入速出やる夫さん……ですか?』
   | :::::::::::::::    | i j  ̄ ̄ ̄| 
   |  :::::::::::::    ゝ__/____i      「そうですが……そちらは?」
   |  ::::::::::     /      /
  (__(__   ヽ⌒⌒⌒ヽ
  /  ,_/  ___ノ    /
  `ー'  `ー'       /

219 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:40:36 ID:nsxdvGf6




            ',: : . . (    j    )  ./
            i: ::: : .`ー-‐´`ー-‐′ /       『おっと、これは申し遅れました』
             ',: : : : : : ..      /
            イ{ゝ: : : : : : :.    イ ::}、
             ,../.:::::.. ``ー- -‐'"´ ..::::::::/| \
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::::::::::::/ l|  \
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::/  |    }丶、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿     !  `  、

220 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:42:11 ID:nsxdvGf6


              /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\
              /.: : : :           \
             /: : : : :           '.,
              |: : : :                 :|
             | : : : : : : : : .,        .:|    『VIP警察署の美筆やらない夫と申します
             |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_   :|     お疲れのところ、申し訳ありません』
            |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● );;:::|
           |: : : ´"''",        "''"´ :l
            ',: : . . (    j    )  ./
            i: ::: : .`ー-‐´`ー-‐′ /          
             ',: : : : : : ..      /
            イ{ゝ: : : : : : :.    イ ::}、
             ,../.:::::.. ``ー- -‐'"´ ..::::::::/| \
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::::::::::::/ l|  \
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::/  |    }丶、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿     !  `  、





         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \    「いえ、構いませんよ。どうもご苦労様でした」
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l     
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |     
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l    
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /            
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \

221 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:43:33 ID:nsxdvGf6

         ____
       /      \.         『まことに申し訳ないのですが、少しお話を伺いたいことが
      /  _ノ   ヽ_  \. .┏━┫   ありまして、そちらの方にお邪魔してもよろしいでしょうか?』
    /   (―)  (―)  \.┃■┃   
    |      (__人__)     |┃田┃   「それは構いませんが。ええと、どのようなことを?」  
     \    ` ⌒´    ,/ ┗━┛
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        
                         



     ____
   /      \           
  /         \
/           \┏━┫   『それはお会いしてからゆっくり。幾つかありますので』    
|     \   ,_   |┃■┃     
/  u  ∩ノ ⊃―)/.┃田┃   「幾つか……。部屋で待っていれば良いですか?」
(  \ / _ノ |  |  ┗━┛      
.\ “  /__|  |         『宜しければ、そのホテルは最上階にバーがあります。そこでどうでしょうか』
  \ /___ /

222 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:44:21 ID:nsxdvGf6


       ____
     /    \          「何時頃に、いらっしゃいますか」
.    /          \
.  /    ―   ー  \┏━┫  『これからすぐに伺います。実は、もうそちらに
  |    (●)  (●)  |┃■┃  向かっているのです。ホテルも見えてきました』
.  \    (__人__)  /┃田┃   
.   ノ    ` ⌒´   \┗━┛  「では、私も部屋を出ます。また後で」
 /´             ヽ




   ┏━┫
   ┃■┃ ツーツーツー……
   ┃田┃
   ┗━┛

223 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:44:50 ID:nsxdvGf6

      ____
    /     \
   /  ―   ― \        
 /    (―) (―) \    とりあえず、この証拠品だけ隠して向かうお
 |  u    (__人__)    |      
 \     ` ⌒´   /       部屋に入れろと言われるかも知れないし
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.       
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||



     ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \      それにしても――― 
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||

224 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:47:30 ID:nsxdvGf6

        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|      美筆と言ったか?アイツは気になるお    
     | : : : : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|       領収書やらなんやら盛んに調べてたくせに
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
     |: : : ´"''",        "''"´ :l        やる夫には質問すらしてこなったこ
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__     それを、今になって話を聞きたいだと?
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

225 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:48:29 ID:nsxdvGf6



彡三ミヽ
彡'⌒ヾミヽ
     ヾ、              _____
  _    `ー―、     /         \
彡三ミミヽ      ヽ   ./            \        
彡'   ヾ、    _   / ___ヾ         \      用心する必要があるお
      `ー '   `ヽ .|;;;;;l i::ij::::) i           \      
 ,ィ彡三ニミヽ  __ _  |;;;;;ヽ`ー´ノ            \
彡'      ` ̄    ....ノ     ̄                 |    
      _  __..(,,_,,                     .|
   ,ィ彡'   ̄     .{_ノ´                    /
ミ三彡'        /..\  ,, -===ニニニニ====-、_/
       ィニニ=- '     ソ´:::;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
     ,ィ彡'    ___〉:/      |i     \/___
   //      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
 彡'        /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|

226 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 21:49:37 ID:nsxdvGf6
以上で本日の投下を終了します
次回も、数日中には予定しています

227 :名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 22:03:29 ID:3FxIX5k6
乙でした
やる夫は警官である一方で警察はあまり信用してないのかな?

228 :名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 22:14:10 ID:Lvuj1v52
おつー

229 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/11(月) 22:21:54 ID:nsxdvGf6
「やる夫が警官でありながら警察に大して隠蔽するのは何故か?」

これは、次回で明らかになります。お楽しみに!
そしてこれからのやる夫の目的、行動も見えてきます

230 :名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 22:32:54 ID:.4vWku46
乙でしたー
この緊迫感がいいなぁ

231 :名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 00:00:42 ID:DmpnkT.U
原作のヒント欲しいなー

232 :171:2010/10/12(火) 01:58:15 ID:D3eGaNoI
乙です

阿部さんがいきなり出て
うろたえてしまった(落ち着けウホるんだ)
次回すごく楽しみっす

先日、友人に某文学少女小説を貸してもらったお返しに
これと映画原作本とお約束小説を貸したので、
野郎二人で映画見にイケると思う

233 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/12(火) 17:39:23 ID:IfgciGV.
申し訳ありません。原作については、完結するまで
名前を出さないでおこうと考えているのです

ですが、ヒントは幾つかありますよー。特に強調されてるシーンなんかで


阿部さんって、真面目なキャラさせたらカッコいいんじゃないか?
と思って登用しました。ここまで真面目な阿部さんが出てくるスレは
珍しいはず。とか勝手に思ってます

映画楽しみですよねー誰かと行きたいなあ。一人はちょっと寂しいですよね

234 :名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 01:19:21 ID:fPY3KpSM
>>233
あー阿部さんを出したのに他意はないんだ!気にしないで

原作バレにならないよう気をつけていたら
迂遠な書き方になりました
ハシャいで余計なこといわないよう
完結するまではおとなしく支援するだけにします

映画は……思い入れを挟まず
ニュートラルな気持ちで楽しもうと思います

235 : ◆HFf1f1z.uI:2010/10/13(水) 21:18:55 ID:4Krvdv.c
本日22時から投下を開始します

>>234
ご支援、とても嬉しいですよ
原作名を出すのを控えているのは、最後に少し考えていることがあるので
思ったことや意見等あれば、どんどん言ってもらえると有難いです

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2016/02/22 04:34 ] やる夫は犯人を追うようです | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する