へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)


クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第58回

2472 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 20:09:46 ID:roNZZaIM0 [3/20]

          ...,,,__,,,,.... --―'''''ー-、                 /l
          / 、        ,..-'   0j `‐-....,,,,,__  _,,..-‐'''" /
           ヽ  \     ,..-'"  ,..-'       ""'''--..,,,..-''"
    、____,ノ \ .) /"  ,,.-'",.-‐'",,      ,,,,...-‐''"
    \__/   `"   `ー''"  -‐'''''"  ,,..-''"
       ̄ ̄~""''''-、      ‐'''"" ,,/
              ~''‐-.、___ __,,,.-''"            /|
                   \            _,,.-'"::::::\
                    )           つ:::::::::::::::::>―--‐
                                    ̄\:::::::/
ヵ                                     \|
乃乃ヵ
乃乃乃ヵカ.     (、  (
乃乃乃乃": : : : : :))( : : :)): : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . .
乃乃乃乃:::::乃;;::((:)))((ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
乃乃乃乃乃乃乃,((((メ))/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
はしゃぐはやてと穏やかな様子のなのはに連れられ、暗い青色の照明に
照らされた通路を進んでいくと、辺り一面が水槽に囲まれた空間に出た。

腕や脚に水を通した光が浴びせられ、揺らめく波となって映る。
水の中を見るというだけでも不思議な気分だったのに、
そこにいた生き物たちは、なんとも摩訶不思議な容貌をしていた。

空を飛ぶステルス戦闘機のような形をした魚が泳いでいるではないか。
いや、あれは魚なのか? 水中を泳いでいるから、とりあえず魚としておこう。
他にも色とりどりの魚が水槽の中を気ままに泳ぎ、
地面には苔むした岩や海藻が配置され、そこにもまた、魚や、
魚と呼んでいいのか分からない奇怪な生き物たちがいた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


スポンサードリンク


2473 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 20:27:00 ID:roNZZaIM0 [4/20]

   / ̄ ̄ ̄\
.. / /     \ \      海の中って、こんなんになってるんですかお?
/  (●)  (●)  \
|    (__人__)    |
\    ` ⌒´    /
/              \





              ___
         _.、-''"´ .: .: .: .: .: ~"''~、、
        /.: .: .: .: .: .: .: .: .: : \.: .: .: \
       /⌒.: .: .: .: .: .: .: .: .:\.: .: \.: .: .:.\
     /.: .: .: .: .: .:/⌒ : .: .:.: .: \ : .: .: .: .: .: \
.    /.: .:.| .: |.: .:∧( : : .: .: .: .: |. .: .: .: |.: .: .: .: :. |
   / .: | :| .: |.: .:|'⌒ヽ.: .: : |.: .:|__| .: |.: :|.: :|.: : |
.   .:.:|.: | :| .: |.: .:|    }.: .:: |'".:| : /|\|.: :|.: :| .: :|
   :| :|.: | :| .: |.::八⌒ jハ .: | :斗tミx.: .|.: :|.: :|.: 八           昔の話やねんけどなぁ。コジマ汚染ちうんはえげつないもんで、
   :| :|.: |八.:.:|.: .:.:y^うx: |: :ハ.:/ _ノハ Y.: :/).:.|.: .: .:\
   :| :|.: |: .: 、.: .:.:.:乂Vツ |/    ゞ''" 厶イ|.: .:|.: .: \ :\        陸海空すべてを命の存在できない空間にしてまう。
   :|八八.: .:(\.:. :〈' '  、     ' ' / {.: |.: .:|.: .: .: .:\:(\
.      \\.:\\込   、 一  . :.八.:|.: .:|  ̄|\_\: \     今となっては、生き物がいる海なんてのはそうそうあらへんよ。
.        \.: .:|.:| :> .,   //ニ∧ .: .| //|:::: \| ̄\ )
         八:|.:|\ :\ 「ニニニ〈 ∧.: :〈  | ̄/|   \    ここにあるんは、ま、昔の海ってとこやねんな。
           /.: : |.:|\\.:.Ⅵ::.\ニニ〉⌒\:\|/  |    厂\
        /.: ..:/|八:: \\:|::::∨ ̄〈/」  |:\(   |\__/    |
        .: .:./_.〕/_____\j::::::::.   〈/\ |::::: \   |  〈_____〕
       |.: | ̄| ̄ ̄ ̄\:|:::::::::::.  | ///|:\__∧ /\ \     \
       |:/|  |   \  /|::::::::::::|\/ ̄:|:::::::::|:::L(__\__\______\ \
        //|  |     /八__|::::::\:::: |::::::: 厂::::::::::Yニニ\ //// \ \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
確かに、現代では自然動物などというのは管理された区画に僅かに生息する
ばかりで、戦場となっている場所で生きられる動物はいないと聞く。

その汚染は死の灰すら凌ぎ、土地を干上がらせ、海面を死骸で埋め尽くし、
二度と鳥の鳴き声がしなくなるという。

この時代に環境保護などという言葉はないに等しい。
そもそも、コジマ汚染が深刻化する以前から地球温暖化により
生態系は致命的なダメージを受けており、当時は秋冬春が酷く短期化され、
長期の夏により寒い時期に生きる命は大きく数を減らしていたという。

そこにコジマ汚染が止めを刺したといった具合だろうか。
今となっては、企業が隔離した自然が残るだけである。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2474 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 20:38:17 ID:roNZZaIM0 [5/20]

.       /:.:.:.:ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ /  ̄ ̄ ヽ
     ///:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,
      /′.:.:./:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,:.:.二ニ=‐:.{{}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
       ,':.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:. l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
     : : /:.:.:.:.:.:.:,':.:.:. : |:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:. : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     l:/{:.:.:.:.l:.:. i:. l:.:.:┼<:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.:.:.:.: /:./:.:.:. : /:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     |:! :.:.:.: {:.:. {:.:|:.:.:|l--、 ヽ:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.}:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     リ ',:.:. |:.:.:マ マ:.:|: ´沁}:.:.|:.:.:.:/:.:.:.:/_/:.: , ':.:.:./:.:.:.:.:.:.:.: : /      私たちが赤ん坊だった頃は、もう少し
       マ:.lマ:.:|∧マ::{  )じリ/:.: /:.:.:.:/  }:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
         Ⅳ マ,':, ´N ゞノ〃:.://:.イ  /: /:.:.:.:.:.:. /:. : /        自然も残ってたらしいんだけどね。
           / : \    /:./ /:.:.:/__/:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/
.          {:.:.:/ ゝ┐ /ノ  /:.: /, ':.: /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:..           私とはやてちゃんの故郷はオルデンブルクの
           i: /   ヽ/  ./:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:./
           |/       ヽ-- /:.:./:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:./             直轄管理コロニーと文化遺産を兼ねてたから、
           |!       /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./、
.               ___/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.: /― ≧ュ、            結構緑豊かだったんだけど。
           , ´:::::::::./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::≧ュ、
          /:::::::::::::::/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧、
       .::::::::::::::::::::/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::}
      /:::::::::::::::::::/:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::i





                ,........――――....、
                    /:..:..:..:..:..:..:..:..:: ̄\\
             厂`:..:..:..:..:..:..:..:..:\:..:/Λ\
              /:..:: |v、:..:..:..:..:|:..:..:..:∨ / |:..::|
.              /:..:/:..| `、 :..:..:.|斗‐|ミ|// l∨|:
             /:..:/:..:イ ⌒|:..::|::|:..|:: L::|/ : lΛ|:|
              :..:..:..:..|::|f竹うY:|::|::竹ゔY:..:..|:..::|:|:
           ::|:..|:..::乂__ Vり |ノ:..ノ ヒツ ||:..|:..::|:|:|        ティルピッツちうコロニーでな、モデルは旧ドイツや。
            |:|l::|l::\ ト- ''' 丶    '' 八 :..:..|:|:|:
            |八|\:トミ人  ゝ  ′イ|:..|::|:..::|:|八        コロニーの中には、旧時代の文化を保存する目的で、その街並みや
                 ノ八::厂 >  -Λ:|:..|::|:..::|‐→
                 イ|:::/Λ ィ{___ /  八|::|:..::|/ Λ        自然を再現したものがあるんよ。
              l:|::′ } |__/ | |  ノ人:..|  / Λ
               _八| /へ\ | |     \  / 人
           /⌒7  / |;;;;;ノ /| |    /     ̄`

2475 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 20:42:38 ID:roNZZaIM0 [6/20]

          ___
         /      \
       /   ⌒   ⌒\
.       /   ( ●) ( ●)\ 
     |      ⌒(__人__)⌒ |
.      \     ` ⌒´   /      あ、なんか白くて細長いカゴみたいな形したやつがいますお。
     /⌒           ヽ
.     |   ヽ__     _ ',      ……これ、植物ですかお?
     :、_     )  ( ̄ _丿
     |   /  ̄`i  / ̄  `i
     |      |     ,    |
    ∧ |     |__/     /
.      `ーヽ _ |   |  _/
.        (__)  、__)






                ''"゚~ ̄~~"''~、、
                 /.: .: .: .: .: .: .: .: .: \.:\
           /.: .: .: .: .: .: .: ⌒\.: .: :\.:\
          .: .: .:.:へ.: .: .: .: : \.: .:.\__| |__:ヽ
         _/ : .: .: |.: : \.: .: \.: \.: / 〉-| |-:|:.: :.
          /⌒.:.:.:|.:.:.|.: .: : .:\.: .: .: .: .:〈_/.: .:|_|.:∧.: (\
       /.: .:.| : .:|.:.:.|.: .: .: .: .: :. .: .|_.:|_|_:/ 〉.:.|Y.:.(\.:Y ト、
        : |.: .:|.: : i⌒|.: .: .: .: .: |/ |.: | |〈_/.: .:| } .: : 〉\ |\
      |: |.: .:|.: 八 |.: \.: .: .:| .:| ィぅうミx.: .:|ノ.: .:/  )\イ
      |: |.: .:|.: .: .:.、/⌒ 、.:.:.| .:| 乂少 |.: :|.: .:/  ⌒Y:|ノ         うん? あー、こりゃ偕老同穴や。
      |: |.: .:|.: .: .:.:.\.ィぅミk.: :八  ' '  |.: ∧/     人:\
       八.:.:|.: .: \.:└ 乂ツ∨       八(_〈    / /∧.: )        ガラスと同じ身体なんよ? 「へえ……」
         人.: .: .: \.:.:.:>  ` r  ^) //|∨----〕//  >‐┐
          \( : .: .\.: )>  ., ____// :| 」___/::|  / / ∧      そそ。
           ノ:\ ̄..: .: ∧:.: :(/〈_/ ||:::::::::: /::|___|__/ |\
          _/.: .:./八.: .:.〈⌒∨ \〕ニ / ||:::::::::::::::::::〉__j   |  |  |
        ⌒7.: :__|_∧.: .:∨〈,,/Y⌒Y\,,〉T¨¨¨¨¨∧ ̄\|  |  |
          |.: :「 ̄ ̄込 : .:∨/| L:i:i:ノ  〉 ::|:::::::::::/::::|____\_|,/\
          |/ ̄ ̄ ̄ \:|: 八 /:i:i|  /\:| ::::: /::::: |:::::::\ \
          |  /: ̄ ̄ ̄ ̄`、::|V:i:i:i:|_,/ ::/|:::: / :::::: | :::::: ∧   \
         /  {::::::::::::::::::: \::: |:i:i:i:/:::/::::::|:::::::::::::::: |:::::::/ | \
           /  八:::::::::::::::::::::::::ヽ:〈:i/:::/::::::: 八::::::::::::::: | : /  .|
           〕/ /:: 、:::::::::::::::::::::::ノ八:::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::/   |\
        /  /\:::>‐--‐<:::::::{:::::、:::::::::::::::::::::: \_:/     |
         |  .〈:::::::::\::::{``~、、::::}:::::::>‐---‐<::::/     |
       〈_/ ̄ ̄::::::ヽ}::::::\:::::::::}::::---‐:::::::::::::::: 〈.       |

2476 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 20:49:47 ID:roNZZaIM0 [7/20]

    . . <: : : : : : : : : : ≧: : .
.  , : : :_:_: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、
 ,: : : : : : Y´: : : : : : : : : : : : :丶: : : : :\
./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: : : ヾ:.、
: : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : ; : :ハ
: : : : /: : : : : :/;_:_:;: : :/: : : : : : :∨: : ∨: :!
: : : ::{: : : : : : {´`´`∨: : : : : : : : ∨≪∨:{
: : : ::|: : : : : : | _,.--}:-:、 : : : :; -:∨≪Ⅵ
: l : {:!: : : : : : !´  __l! ∨:|ヘ : }从: }: : : |リ         偕老同穴。共に老いて同じ墓穴に葬られるっちう意味もあんねんな。
: |:l:从: {:-: : ::トz====㍉,   }/__,ム:| }: : |
: |:|: : {`ヽ ∨:!ゞ辷:ノ    ( ´¨´八.!::从          ようエビのつがいが二匹で住み着いて、そこで一生を終えるんや。
: |:|: : `ヾ_- .,         ,   .: : : ト 、
: |:|: : ∨: 〉く: 、     __ .,  .ィヘ:_:_、`ヽ          「一生、ですかお?」
::介∧ ∨{  Y: >、    ̄ <: :{ ゝ_ィ^ヽ.
:{ .l: :∧ ∨:\): }ヾ:、/ ̄_Y二ニrf´` `  、         そ、一生や。子供のうちに入り込むさかい、大きくなって出られんくなる。
:| .|:∧ \{~ ‐}:l:!  >‐ミ {_|_ {ノ^ヽ     、__  
ゝ/ ∧     |ハ./三三∨ ̄ `ヽ. ハ    〉:::::Y      二匹で死ぬまで籠の中で幸せに。これが偕老同穴や。
_/ / ∧    / }!ゞ三三≧--=ニニニ{ト-::イ:::::::::!
.   /  \. /  .!::::::>:..寸二〉::::>:::::`ヽ:::::::::::::::|       「それって、良いのかな」
,-=ミ    .У_.」::::::::::::::::><::::::\:::Y::::::::;::::::;ノ{
   `ヽ  {   .|:::::::-<::::::::}::::>::Ⅵ:::::::::::Y:::::::l、
       l!    !::::::{:::::::::::::└::―:-Y::o::::::::}::::::::|::\
       l!   ム::∧::::::::::::::::::::::::::::`::、::::::|:::_:::_::_:::::
       l! イ::::::::::::::\::_:_::::::::::::::,::-::‐'::´:::::::::::::::ト、





                   .. :''"゚~ ̄~"''~、、
                   /:/ .: /:|.: /.: .: .: V⌒ヽ
               /.: /.:|.:.:|.:.|:/ |.: .: .: :|.: |.: :',
                 / .: .: .:|.:.:|.:.|-.:八|.: .: |.: |ク|: ,
                   ;.:.: .:| : |.:.:|斗tミx:|.: .: |.: |ク|Xi
              |.: .:.:| : |.:八乂ツ |ハ:xミ.:|.:.l.: |        海底っちうんは過酷な環境やさかい。
                /|.: .:.:|.: :〈:(⌒ ''    ,ゞ'_彡イ: |
               /.:.|.: .:.:|.: .: : \    _  ''八 :| .:|        深海魚に心があるちうんなら、きっと願ったり叶ったりやろ。
           ⌒7.:.:.| .: 八.: .:〈.>  _ .イ.: .:.:.| .:|
             /_  -=ニニ.: .:.:|⌒Y| ̄\:| .: / |.:/         外敵に脅かされることのない日々。
           /⌒ニニニ|∧.:.| / 八/⌒V/___/__
             //⌒ 二二|ニ\(\:::{⌒\:}ニニニ\       目の前に広がるのは硝子の壁ばかり。
          {:{ニ| /ニ'ニ.八ニニ|::::::\::::::::::\=======‐┐
           八ニ/ニニ∨ニ\ニ|:__〈^〉\:::::/`'<.ニニ八     なんもかんも忘れて、つがいの相手と死ぬまで暮らす。
            /ニニニ〕/⌒ニ〕::::::〕L:::::\ :::: :o/⌒\ニ\
             { ニニ/ニニニノ :::: 〕 〔::::::}:::V::::/:::::::::::::ヽ.ニ|    自由を捨てて得られる幸せもあるんとちゃう? 知らんけど。
           ] ニ/ニニニ/::::::::::〕 〔::: }::::}::::{::::::::::::::}::::V八
              /ニニニ/ ',:\/  ノ:::/ :人八::::::::::::}::::八 -_
             /ニニニイ///∧::::=‐---‐=~::::o::|::> __:ノ::イ:|ニニ-_
          /ニ=-.----\///∧:::::__{_:::\___/:::::::≠ / |ニニ-_
           /ニ/::::::::::::::::::::: \_/// --<:::::::::-‐……}}:::}::〈ニニ-_
           |ニ.| \:::::::::::::::::/::: 〈 / ⌒\)--------=ミj:::::〉ニニ-_

2477 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 20:58:58 ID:roNZZaIM0 [8/20]


    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:/\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
.   ,イ:.:.:.:.-.:.: ̄ ̄:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/:.:./ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
  /:.//:.:.:.:.:.:./:.|:.:.:.|:.:|:.:.:.:.: i:.:.ヽ:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.ヘ:/ : |:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
  // /:.:.:.:.:.:.:./:.:. : |:.:.: !:.{!ヽ:.:.:ヽゝ‐廾:.-- 、:.:.:.:.:‘,/ |:.i:.:.:.:.:.:.:.:.: |
 /  /:.:.:.:.:./i:.:/:.:.:|:.:.A-|ヽ:ヽ:.:.:ヘ>斥≠、ヽ:.:.:.:.:.i:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.: |
   i:.:.:.:.://:.|:.:!:.:.:.:.y´|。≠、ヽ\:.ヘ んてメ.\:.:.:.:.:. |:.:. : |:.:.:.:.:.:.:.:.: |
   ∨:.:/ i:.:.i:.{!:.:.:.:.|〃んう   \.う__/} ,イ|:l:.:.: : l\:/|:.:.:.:.:.:.:. : |
.   人,′!:.:.:リ!:.:.!:.:.i `.うツ},     ゝ-┴  }:l.:./:/ /:. |:.:.:.:.:.:.:. : |        はやてちゃん、詳しいでしょ。
       ',:.:.:. ト:.:ヽ:.ヘ. ゝ¨,             / /:. |/!:.:.:|::.:.:.:.:.:.: : |
.        丶:.:.i \:>、ヘ             /}:.: : !  |: : |:.:.:.:.:.:.:. : |         動物好きなんだよね、私たちの学級でも兎を飼ってたけど、
          \|  /l:人\  マ ̄ノ        !:.:./   |: : |:.:.:.:.:.:.:. : |
           |:.|{:. : r .        イ |:.,'   |: : |:.:.:.:.:.:.:. : |         一番可愛がってたのは何を隠そうはやてちゃんだったし。
.             リヽ:.: |   .    <   /イ .   |: : |:.:.:.:.:.:.:. : |
             \{      ̄|     / ∧ヘ |: : |:.:.:.:.:.:.:. : |
                \   r/{   , <    / ヽL;; |:.:.:.:.:.:.:. : |
                 ,、//-<、    ./ ./:::::::::`ヽ:、:.:.: |
                ,、r ´/ />= /´ \  /  /::::::::::::::::::::::::`ヽ、
        _,x ≦:::::::::::/  />≠<    >    /ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
.       /::|::::::::::::/ /    // \\ |:    /   \::::::::::::::::::::::::::::::::/\
      |::::|::::::/  > ´ヽ ´   `´ヽ -<    ヽ::::::::::::::::::::::::::/::::::::|





                     __   ----  __
                     _/: :⌒: : : "´: : : : : : : 、
                /⌒: : 、/: : : : :‐‐: : 、: : : :\
                /: : : : -ヘ: ::/⌒\ : : : : : \: : : :.
              i: : : : /: : /{:/⌒\: :\: :\: : \: : ',
              |: : : /: ::/: ハVハ: : : 、: : /,: ∧\∧: :.
              |: : / : / {/""゙゙}: {: : : \: V/∧//ハ: :.
              {/::': : :': :{    }: :、: : : : :\V/ハ: : :}: :i
              {/:i: : :i: 八⌒八 : {\⌒: }⌒: : }: : }: :|
                  /: :{: : :{ {笊示ぅ ヽ{ ぇ示笊 }::.:}: : }: :|       動物の相手はええよ? 動物は生きることに純粋や。
              ': : 八: :Ⅳ、Vツ    乂ツⅥ: :,^Y : :|
             : : : i: ::\乂:.:.  ,    .:.:.:.ノ : /ノ: :∨        どんな動物も、懸命に生きようとする。
             i: l: {: {: ::込           ⌒7イ:/: \{
             |:八{: {:、: :.:}: ::..  ` ´  ..: :/V: :. : : }         純粋なものっちうんは、いつの時代も心に来るもんがある。
             |'  {:八{\}: : i :::.. __ イ_//  }/: : 八__
               八/ニ7: : ノ: //ハニニニ/   /: : 'ニニ=- _
               r{ニニ,: : ://  /〉ニrく   ': ::ハニニニニ=-_
               {∧ニ{乂:/___  /、ニニ{⌒\八(.:.Vニニ/-=∧
               八ニニ// / У-=ニニ〉   ∨.:.:.:.:Vニ'-=ニニニ}
               ' {ニ<.:.://〉/-=ニニ/ {: .: |.:.:.:/ニ/ニニニニ
                 {_∧ニV//'"´、-=ニ{ /⌒:|∠ニニ/ニニニニ{_

2478 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 21:08:30 ID:roNZZaIM0 [9/20]

        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \      ……確かに、こいつら、生きること以外考えてなさそうだお。
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/       人間は色々悩んだり考えたりするけど。
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
在りし日の海底は、もっと過酷だったのだろう。
管理された水槽の中だから、魚たちは悠々自適に泳いでいる。
餌も待っていれば投入されるし、番も管理者が勝手に宛がってくれる。

動物、というよりも、全ての命の至上命題は遺伝子を次世代に残すことであり、
寿命とは種を繋ぐための猶予期間だ、とどこかで聞いた。

命ある者としての使命を果たせるのは、数が限られている。
それは紛れもない競争であり、戦いだ。
だからこそ余計な悩みも哲学も持たず、ただ生きるためだけに、
なりふり構わず命を繋ごうとするのだろう。

この水槽の中でなら、魚たちもそんな競争からは解放される。
全てを忘れられる幸せな日々を送れる。

硝子の籠に住むエビのつがいは特にそうだろう。
何も考えず、命を終えるその時まで、穏やかに籠の中で日々を過ごす。
きっと、忘却とは幸福なのだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2479 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 21:23:08 ID:roNZZaIM0 [10/20]

   /:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.||:.:ハ:.ヽ:.:.:.ヽ、,-:.┼--___:|:.:.:.:.:.:.:.|:.:/:.:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
   |:.:/.,':.:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| |:.:lヽ:.\:.:´\ヽ≧云、:.:.|`:.:.:.:.:.:|^、/:.!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:!
    |/ |:.:.:.:.:.〃:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:|≦卞|`ヽ ヽヽヽ 〃て::、 弋o|:.:.:.:.:.:.|´ ヽ:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
   |  |:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:イ |≠云う丶  \  {:::::::ヽ-} 〃:.:/:./|  ./:!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:!
     {:.:.:.:.:.|{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:メ ん:::::::}      つ -:少 イ:.:/|:/:.:|/:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
     .∨:.:.:|.∨:.:.:i:.:.ヽ:.:.:.:.` つ-´j      ‐`‐‐┴/:.///:.:.:|:.:.:.:.:!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:!        こんな場所、人間のエゴの象徴みたいな
      ∨:.:| .∨:.:ヽ、:.\:.:.\.ゝ´          ///〃:.:.:.:|:.:.:.:..!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:!
       ヽ:.|  ヽ:.ヽヽ、:.`ヽ__ヽ_    ′      //,イ:.:.:.:|:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|        ものだけど、魚からしたら楽園じゃないかな。
         ヽ|  ヽヽ \:.:.|:ヘ       ‐ ‐ ´     / ,':.:.:./l.,':.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
          ヽ    .\   マ:|:.:.ヽ、         / ,':.:/:|/:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|         難しいことは全部管理者の人間に任せて、
                    |∧:.:.:.:.|`> .、    イ  // /ヽ、:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
                 || ヽ:.:.:.|     ._`T´  _ -/   ./ .|\_:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|         飢える心配もなく敵にも遭わずに
                    |  \:.| ,、r ´/ヽv<´    /  |:::::::::: ̄`― 、:.:!
                  ,、r -ヽ:/  ,'/l./ .ヽ    /   .|:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、       暮らせるわけだし。
              ,、r::"´:::::::::::::::/   / ヽy‐ 7´ヽ  /   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、
                ,'|:::::::::::::::::::::::/  ./  l≠´.|  >´    .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::---‐ヽ
                | |::::::|_-- <   / ./ / ヽ | ./     ト- 、_::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/
                |:::|:::::|     \イ ニ   .y |  ,.><´    >-<__/:::::::::::::::::::::::/
           /´,':::::/   ≠<´ |´::::::::ヽ /  `` 、   Eニニコ   ./ |::::::::::::::::::::::::|
              / //::./    ヽ   .|::::::::::::/      /        ./   |::::::::::::::::::::::::|





     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   …………。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   (やる夫には、水槽の魚たちを笑えない気がするお)
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
思い浮かんだのは、企業の人々だった。
ブライドルでは多くの企業の人間を目にする。トウキョウの基地でもそうだ。
一歩踏み出せばスラムが広がり、残骸の住処で日々を凌ぎ、
息をするだけでも精一杯な人間たちで溢れている中で、
壁一つ隔てた向こうでは安穏とした生活が送られている。

企業は確かにこの世界を戦争によって流動させ、統治している。
それは多くの死と悲しみを産むが、企業がもたらすのはそれだけではない。

選ばれなかった人々こそ苦しみ死に果てるが、選ばれた人々は、
安寧に満ちた暮らしと将来を約束される。

飢えることもなく、争う必要も奪う必要もなく、企業の作った壁の中で暮らし、
そうして命を終えていくだろう。
何も考えない。考える必要もない。細やかで幸せな悩みを抱えたりしながら、
平穏を謳歌するだろう。

自分の現状は、そんな企業の作った水槽の中に運よく入り込めた魚の一匹、
とでもいったところだろうか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2480 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 21:30:35 ID:roNZZaIM0 [11/20]

   / ̄ ̄ ̄\
 /        \
/    ─   ─ ヽ   (やる夫も今では、企業の人間だお。他の人達と同じような生き方だって選べるんだと思う。
|    (●)  (●) |
\  ∩(__人/777/   企業に属して、仕事をこなして……飢える心配も悩む必要もない)
/  (丶_//// \





..     ____
    / ―  -\
..  /  (●)  (●)      (この偕老同穴みたいに、一緒に生きてくれる女の子でも見つけて、二人で暮らすことだってできる。
 /     (__人__) \
 |       ` ⌒´   |     戦い続けなきゃいけないだろうけど、戦う限りは、企業が暮らしを守ってくれる。
. \           /
.  ノ         \       それもまあ、悪くないんだろうけど)
/´            ヽ

2481 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 21:39:57 ID:roNZZaIM0 [12/20]

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                -  - 、
                 / (〇 〇)ヽ        「市民ID照合完了。入束やる夫と確認。……君はこの家の居住権を失った。
                ゝ(_人_) ノ
              /    ヽ         権利者である両親は死亡、本来なら君が引き継ぐが、君には労働能力がない。
.                (|      |)
              .し    J          権利を維持できるだけの対価を払えない」





            ,-‐'´ ̄ヽ
           /::::::::::::ヽ  ヽ
           ヽ:::::::::::::::::ヽ  ),-―-、
            ヽ::::::::::::::ノ/_'-'´三彡
               `、 :::::::///,――、`l
               /\/ /, |;;;;;;;;;;;;;;;|'´        よって、現時刻を以て退去を命ずる。これはトウキョウを管轄する
            |/~l |/|=| |;;;;;;;;;;;;;;;|
              ( O((X) ',=', /,ニニ,;;;;;|         オルデンブルクの正式決定であり、君に拒否権はない。
              }-'\___//@/ ノ
                  |,-、,、__/`―'  `l          ……何を言っているか分からんだろう。だが、俺も仕事だ。
               /~ く (   |  ,ニニニ、
           _/   ,-、ヽ/ \|:::::::::::::|          出ていきな。いくら待っても、もう親父さんもお袋さんも戻ってきやしない。
           /` / /ヾ',-'´   ノ:::::::::::::|
         / /´),-,'´     (::::::::::::'/ ̄_ ヽ        この家には、明日から別の市民が住む。
          / ⊂,_)--――'´ ヽヽ|!| | | |
       ゞ /‐´   〉‐-、___ノ::::|!| |_| |
        / /ミ     ゝ::::::::::::::::::::::_|!| | | |
      | /ミ     |    ̄|∥ ̄ ,|!| |_| |
      / /ミ       /     |∥   '|!| | | |

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2482 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 21:43:27 ID:roNZZaIM0 [13/20]

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                      !|
                    i ,. '  ̄ `ヽl|
                    |/       ',
                   !         l
                    、       ,'
                    ヽ . _ .. '            「少なくて悪いが、餞別だ。ベンダーで夕飯でも買うといい。

                                      恨むなら、黒いネクストを恨んでくれ。
                     _,i,-----、|!
                        |,/       、           ……じゃあな、坊主」
                    ',
                         ヾ-ェェェェェシ


                           i
                    i  ii  l  !
                    lニニニニニl

                      i
                      |
                      i _,,,ェェェ-、 l
                        ,|イ''"   `ヾ 、
                    ',       j
                         ヽ、 _ ノ
                    .
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2483 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 21:53:32 ID:roNZZaIM0 [14/20]

      ___
     /::::::::::::::: \
    /::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::   \
. |:::::::::::::::::::::::::::(ー) .  |
  \    (__人__) .  /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
この時代において、崇められるものはもはや主の教えではなく、力だ。
そして、ネクストとは力そのものだ。

自分は今、ネクストに乗れる。あの時の無力な自分とは違う。
マーシフルを使えば、ネクスト抜きの軍隊程度は幾らでも葬れる。
自分はリンクスなのだ。力を得た人間だ。

多くの物を壊せるし、守ることだってできる。全部自分の思うがままに。
あの時とは違う。

自分には今、己の意思を通せるだけの力がある。
自分の命をゴミクズ同然に扱った企業ですら、もう無視することはできない。

自分はネクストを降りない。そういった幸福も、後で求めればいい。

この世には、戦うことすらできずに、一方的に踏み躙られる人々が大勢いる。
むしろ、その屍が積み重なって世界という土台を作っているようなものだ。

自分は戦う力を得た。蹂躙される有象無象ではなくなった。
戦いという、あの黒いネクストと同じリングに立てたのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2484 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 22:04:04 ID:roNZZaIM0 [15/20]

                _......-―- ‐::::::::::::::::::::ー-、
               --、:::::::::::::::::::::::ィi〔⌒\::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::.
            /:::::/::::::::∨/::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::\:::::::.
            .:::::::::::::|:::|/^ |::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::/>::::::::.                     「 ̄ ̄ ̄ ̄|
           | ::::::::: |:::|   |::::::::::::::::|::::::::::::::::|//>Χ<::.                      ┌ |      |
           |/:::::::: |斗― 、 ::::::::::::::ィ:::⌒ヽl//::「::::::';:|               ┌ |  |       |
              /::::::l:::::|八  八:::::::::::::| |:::::::| {/::::::::|l::::::::'|                     | |  |        |
          /:/:::::l:::::|  _  \:::::: | ⊥;;:::|::::|:::::::::::|l::::::::::',                 / | |  ′     ′
            /:/l::::: l::八 7⌒ヾ   \::{ア⌒狄|::|:::::::::::|l:: \:::',               \.| | ,′     /
        〈::( 乂::::\:::\w  ,      yvw |八:::::: ノ }:::::::i:::i               | //      /
.           ノ个ー<⌒              /::::/_ノ ::::::|:::|                ∥//     ./
      _,,.、....::::::::::::::|::::|::::|   V  ̄⌒ヽ   厶イ:::::::::::|i:::::|:::|              ∥ /     ./
     / /::::::::: /|:: |::::|::::|:}ih、 乂  ノ   イ:i:|:::/::::::::::|i::::ノ :|             ∥ /     /
.       /:/:::::::斗| ┴=ミ::乂i:i:}ih、   イi{八i:iノ/::::::::::: |i :::|:ノ               ///     /
      {/::::::::/   ァ''゛ ̄~"寸i:i:|    /   ∨ハ::: |:::::::八::|               ///     / スパコーン
      ∨/    {        Vi:|「\ ノ    }  }:: |::::/  }:|     _          //   /
           八      ノノ\/⌒\  八.八:|:/ _斗r< ̄  \――-- <   /
        !    >―‐=''゛    \「::::」 ∨__⊥ニ广 ̄    \    |       \''゛
.         从            / ̄ ̄ ̄                 \/⌒つこ\\\}
        | \_>――   /                 _//⌒ヘ |  |__」ノ
        |  Lノ‐┬<_                  _/ >ィi{└へ } } ノ
        |\   ノ \  ̄―__       _-  ̄< ,.ィi{:i:i:jア┬――
       {  //    \  ∨厶云ニ=- =ニ入___ノΛ  ∨ji:〔  }
.          \/          \ ∨/// / 「  ̄] | / \    \ノ
        |             \∨//      /=ヤ゙     \ _/
        |    ∨               / /     /⌒
        |.    ∨      _⊥  -=ニ〔   /      /
         ∨     ゙'ー--   ̄ 7      {        /
            ∨ /      _厶―     }      /
.         //          }     _入    /
         {            {__/{< \__/
        /           /_彡  ノ八

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「なに難しー顔してんねんっ」

後頭部に軽い衝撃を感じ、我に返った。
隣を見ると、どこから取り出したのか、はやてが扇状に折られた書類を握っていた。
どうやらあれではたかれたらしい。

はやては朗らかな笑みを浮かべながら、肩を抱いてきた。
肩を掴む小さめの手と、抱き寄せられた時に当たった体温に息を呑む。

「女二人侍らせて水族館巡りしてんねんで、自分。
あんな、遊ぶときは心から遊ばなあかんねや。嫌なことは、今は忘れとき」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2485 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 22:16:00 ID:roNZZaIM0 [16/20]

              -‐━━=ミ
          /⌒:^.: : : : : : : : : ::>
       _.-=ミ: : : : \: : : : : : : : :V: `.
       .ィ: : : : 7:〉 :∧: : :V: : : : : : :〈/: /〉:.
     /: : : : : :|/ | : :|:V: : :i : :| : : : : V〉: : ハ
.    /: : : : : : :|i !::斗-V: :|ー|‐|:-|: ::|:|i: : : |i
    ′l: : |i :|i |i_,.ィテテミ : : |N|ィテミN: |:|i: : : |i
   { |:::|i :|i |i  r勿, |:N  r勿ノ !::|:|5!: : : .
.      从::|i: |i |i: ^¨¨  i      」::|:|,ノ: ;小:.          人間、嫌でも苛まれる時っちうもんがある。
.      〕: :|i |N」    ,  、  .: /|:| : /: : :|i
        |i ||:|:i>       .ィ :/::」:/〈: : : 八          悩みを忘れられる時くらいは、忘れとけばええ。
        |i ||:|:|///〕ニ=-   | l: : :/  V⌒V:\
        |i7⌒V| V寸ニニ才 !: /   \_,V⌒ :、       せやから……こないな場所来てまで、そないな顔せんでもええやん。
.       _ --厶ヘ V  V /⌒丶 | {    -=ミ,V{  ,ハ
     〈,   /     V V^V__/^V |/ /    \ /        
    /∧ /     }.  }i / Vi{  」 /  ______ /   __
.    {  V      ,リ,  }i   i{  }i,  /    |ー━=ミ」
    r」  ⌒ー‐―( ̄ ̄〉ム  /|  i|/    |    _.」L
    |⌒ー}     /    \ V   /  \   _|  ー=ミ__ )
    |   ノ    ,/       \ ./   f/―‐┐___   } \
   ∧__(___  _/        \   /  ̄ ̄〉 乙...
    /   /八       _ji斗~'へ  ̄ ̄|   」(
 /  /   / ̄,.. .-‐ '''""~         .V  rノ.   \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
はやてとは身長差があるせいで、抱き寄せられると、どうしても自分が少し
猫背になる必要があった。引き寄せられながら見えたはやての表情は、曇っていた。

眉尻を下げ、唇をきっと結び、眼は物憂げに伏せられている。
苦痛を耐えているかのようで、痛ましかった。
なんで、そんな顔をするのだろう。
自分が悩んでいるのを見ると、悲しいのだろうか?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2486 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 22:27:05 ID:roNZZaIM0 [17/20]
     / ̄ ̄ ̄ \
.   /    ( ●)  \
   | ( ●)   ⌒)  |      あ、そういえば、約束したお……
   |    (__.ノ ̄   /
   |          /
.   \_       \





                     ''"゚~~゚~"''~、、
                . :''"゚/ :/⌒\.: .: .: .:.\
             /.: .: .: .: .: .: .: .:  ̄\.: .: .:.:.:|\
           /.: .: .: .: .: : \.: .: : \ /〉、_____| |:\
          .: .: .: .: .: \.: .: \___:∨ /〉_| | ̄ \
         /⌒.:_ : : : .: .:.\:/ .: .: .: ∨/ .: \ | ̄.: .: \
          /.: .: .:|_:/\ : : .: /\:斗tーミk.: .: |.: .:\.: .: .: .: :\
.        / :/.: : |〈"⌒ヽ.: .:.:|.:/ ノLハ 小:.:|⌒Y. :',.: .: : .:',~"''~、、
        .: /.: : 八.:.:./ )ハ:.| : } 乂少'  :|.: :|ノ 人/∧.: .: .: : ',.: .: .: .: `丶、
      |:/|.: .: .: .:\:. ィうぅk|:V    ' '   |.: :|イ___//∧.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \        ん、約束。
      | |.: .: |.: .: .: : 、乂ツ r        / |.:八厂| \∧ .: .: .: |.: .: : .: .: .: \.: \
         |八.:|.: .: \.: .:>      フ   /_彡 / / \. .: .: .:|.: \.: .: .: .: : \.: \     ただでさえ悩み多い年頃なんや。
         \(⌒¨¨「 込  '     ////   ∧ .: .: |.: .: .:\.: .: .: |: .:\.: \
               |.:| .:个 .     /..:/,,/    / ̄.: .:.:八.:/⌒\.: 八.: .: ).: .: \  そして君の前には経験豊富なお姉さん。
                .: |.: .:|.: | >‐く: \「 ̄\    /   j/  \     ̄三二ニ=---
             /.: 八 .: .: | .: r< / |i⌒\\_,/         \             頭空っぽにするくらいがちょうどええ。
            ⌒7{.: .: .: .:|\|/⌒几〕!/⌒\〔``~、、      \ ''"゚~ ̄~゚"''
              :人 : : .: |__/___/:i:i:八      |     ``~、、              ……ほら、次の水槽いこ?
                  \//>'":i:iイ  |:、    |   _.、-''" ̄ ̄ ̄| | ̄~"''~、、
                  // r――ミノ   | \_.|/⌒ /\ \___リニニ|
               // .|   /   人.   \  /ニニ \__/ニニ |
              /.._  |__/ _ -=~:::::::\    ∧ニ=---=ニニニニニニノ
             /::::::::::\〈-=~:::::::::::::::::::::::::::\/:::::\::::::::::::::\ニニニ/\
              {:::::::::::::::: \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \ ::::::::::::: ̄ ̄ ::::::::::: \
              .::::::::::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                ',:::::::::::::::::::::〕::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                ∧:::::::::::::::::::人::::::::::::::::::___::::::::::::::/(     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 /:::::',::::::: /::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::\     \:::::::::::::_.、-''"::::::::|

2487 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/18(月) 22:40:43 ID:roNZZaIM0 [18/20]

|: ::!: : l : ::| : : : : : | : : : ::l |:l .| : : : : / :// .|: : : l : l: : : :,! : : : : : : : :l: : l : : : : ∧: :|
| :,'|: : l : :.| ::_..-‐!:l'':: ̄/` ト l|:: : : :/ /:/   | : : ,!: :.!: : :./ : : : : : : : :l: : :l: : : : : :∧ |
|::l |: : :! : :l:´ :| l :l !: :::/  !| !l : : :/:/:7 ̄`ト: ./| : l: : :/: : : : : : :|: :.! : : ト、: : : : :∧|
| ! |: : :| : ::!:::::! .|:! |: :,′  | / ,! : :////   .,! :/`ト:,'|: :/!: : : :/ : : l: :|: : :∧:\: : : ∧
!l l: : :| : : !: ||. | .|/ --.、 /:;///'   /'l/  l:/.!ヽ:,!: : :/ : : :/.: :l: : : :∧: :.\: :.∧
l' .l: : :|: : :| :||. _=土三ニ:::.、/ ' /   , ‐-/    /' .|//: : :/ : : :/!: : ハ: : : :.∧: : : ヽ: :ハ      ほんとの姉弟みたいだねー。
  |: : |、: ::ト:!、´  ̄ ̄`丶       ´ニ≡::.、./  /./ : /: : : :/ .l: ::!: :∨ : :.ハ: : : : :|ヾ:}
   ゙! :| ゙、 :l.|\              ̄`゙丶ミヽ、 /: :/: : : ::/  !:/! : : ∨: : :!: : : : ! }'      「そういうなのはちゃんはお母さ……」
   l゙:| : :゙、l| ```                ``/,.イ : : : :/  //:|: : : : ∨: :|: : : : |
   | : : : : :|、          ,:       `` / //: :, ':! //: |!: : : : :.∨:|: : : : |        はっ倒されたい?
   .!: : : : :.| ヽ       _           , //: /:/ ./ .|: :l|: : : : : : }/: : : : .!
   .|: : : : ∧  \      ヽ`>          , ' ̄//: :./ ./ .|: :l|: : : : : :/': : : : : |
   .∨: !: :从   l\             _/ /!: : : :/    |: :!|: : : : : : : : : : : :.!
    ∨:ト、{    _|  \      _.. ‐ '"    /: : : :/    .|: |.|: : : : : : : : : : : :.!
     ヾ `\ .∧    丶... -‐ "´ .|_     ./イ;イ/       !: ! !: : : : : : : : : : : :|
         / ゙、        ,/ .|      /' '      |: | |: : : : : : : : : : : :.!





    . . <: : : : : : : : : : ≧: : .
.  , : : :_:_: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、
 ,: : : : : : Y´: : : : : : : : : : : : :丶: : : : :\
./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: : : ヾ:.、
: : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : ; : :ハ
: : : : /: : : : : :/;_:_:;: : :/: : : : : : :∨: : ∨: :!
: : : ::{: : : : : : {´`´`∨: : : : : : : : ∨≪∨:{
: : : ::|: : : : : : | _,.--}:-:、 : : : :; -:∨≪Ⅵ
: l : {:!: : : : : : !´  __l! ∨:|ヘ : }从: }: : : |リ
: |:l:从: {:-: : ::トz====㍉,   }/__,ム:| }: : |         冗談や、冗談……そないおっかない顔せんでや。
: |:|: : {`ヽ ∨:!ゞ辷:ノ    ( ´¨´八.!::从
: |:|: : `ヾ_- .,         ,   .: : : ト 、         気ぃつけやーやる夫君。なのはちゃんって、怒る前に笑うから。
: |:|: : ∨: 〉く: 、 u   __ .,  .ィヘ:_:_、`ヽ
::介∧ ∨{  Y: >、    ̄ <: :{ ゝ_ィ^ヽ.          「あ、それは知ってますお」
:{ .l: :∧ ∨:\): }ヾ:、/ ̄_Y二ニrf´` `  、
:| .|:∧ \{~ ‐}:l:!  >‐ミ {_|_ {ノ^ヽ     、__
ゝ/ ∧     |ハ./三三∨ ̄ `ヽ. ハ    〉:::::Y
_/ / ∧    / }!ゞ三三≧--=ニニニ{ト-::イ:::::::::!
.   /  \. /  .!::::::>:..寸二〉::::>:::::`ヽ:::::::::::::::|
,-=ミ    .У_.」::::::::::::::::><::::::\:::Y::::::::;::::::;ノ{
   `ヽ  {   .|:::::::-<::::::::}::::>::Ⅵ:::::::::::Y:::::::l、
       l!    !::::::{:::::::::::::└::―:-Y::o::::::::}::::::::|::\
       l!   ム::∧::::::::::::::::::::::::::::`::、::::::|:::_:::_::_:::::
       l! イ::::::::::::::\::_:_::::::::::::::,::-::‐'::´:::::::::::::::ト、


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
二人に挟まれてじゃれつかれていると、あれこれ考えるのも難しい。
けど、ありがたいとも思う。

こうやって楽しげに接してもらえると、気持ちの切り替えも容易になる。
ばつが悪そうに髪を弄るはやてから解放され、水槽が並ぶ先の通路へ視線を移す。

今は何も考えず、水の中の世界を満喫するべきだろう。
その方が気も楽だし、はやても喜びそうだ。

気を取り直して施設の奥へ進もうとしたとき、どこからか振動音が聞こえてきた。

下↓3
1.はやてに電話がかかってきたようだ、どうも呼び出しの電話らしい
2.なのはに電話がかかってきたようだ、どうも呼び出しの電話らしい

【好感度】
なのは Lv4
はやて Lv3(選んだ場合、前回の安価によりボーナスつき)
アルトリア Lv4
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2499 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/05/19(火) 01:28:54 ID:fL1HrxcU0 [2/3]
2

2500 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/05/19(火) 01:31:12 ID:Gh.vnRS60
2

2501 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/05/19(火) 01:31:21 ID:fL1HrxcU0 [3/3]
2

2502 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/05/19(火) 13:23:52 ID:p3tu./RE0
よしよし、承った。
楽しみにしておきたまえよ・・・

2503 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/05/19(火) 18:05:19 ID:1j4G94U.0
乙でした

2504 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/05/19(火) 20:59:24 ID:Q89aewSQ0
乙です

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する