へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)


クリックで開閉

やる夫で学ぶ「法学者の統治論」 第4話 ホメイニーの「法学者の統治論」

344 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:20:35 ID:db2b1aee [1/73]


今日の投下内容
・ホメイニーとはどんな人物か
・ホメイニーの法学者の統治論(ヴェラーヤテ・ファギーフ論)とは何か
・ホメイニーの法学者の統治論とギリシャ哲学


             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |       今日の投下内容は、いよいよ本丸
           {         |
           {       /         ホメイニーの法学者の統治論についての話だ。
       _. -: ´Λ     _.へ` 、 
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_     一番重要なところだな。
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.


スポンサードリンク



345 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:20:45 ID:db2b1aee [2/73]


―2019年 2月 普通大学イスラーム学部キャンパス―

                              ,.ィ=t.、 i! i! i!. ,.ィ=t.、
                         | | | |_i!i=i!i=i!i_| | | |
                         | | | | |!l>=<l l | | | |
                         | | | | |<:○:>| | | | |
                         | | | | |!l:TT:l!| | | | |
                         | | | | |!| | | |i| | | | |
                         | | | | |!| | | |i| | | | |
            i‐┬┬┬┬┬┬┬┬:| | | | |!| | | |i| | | | |
            |‐┼┼┼┼┼┼┼┼:| | | Eヱ夲オヨ | | |
.         ___|‐┼┼┼┼┼┼┼┼:| | | | |_i_从i_|_| | | |
        |E|   |ヨ|‐┼┼┼┼lニニニ二:| | | | | |!| |i| | | | | |二ニニニl
        |E|   |ヨ|‐┼┼┼┼`△     | | | | |_|!|_|i|_| | | | |    △´
        |E|   |ヨ|‐┼┼┼┼‐| |_.il._.i!_.| | | | |_|!|_|i|_| | | | |_.i!_.il_.| |
        |E| lニニニ二二二二| | |i| |i| i| | | | | |!| |i| | | | | | |i| |i| | |二二二二ニニニl
 lニニニニニ二△    △.    | |_|i|_|i|_i| | | | | |!| |i| | | | | |_|i|_|i|_| |     .△    △二ニニニ
 r┤.i! i! r=i   | |_i!_i!_| |_i!_i!_.i!_| |_|i|_|i|_i! | | | | |!| |i| | | | | |_|i|_|i|_| |_.i!_i!_i!_| |_i!_i!_| |  .r=i. !
 | .|_|i|_l|_| |_i!_ .| | i! i! | | || || ||..| | |i| |i| |r=ffli==、r==t==jj=i| ̄|| |i| | |..|| || || | | l| l| | |. _i!_| |_|
 | .|_|i|_l|_| |_||_|.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| |_|i|_|i|_|. |l l|  |.l  l.|  |l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_l| l| | |. _l|_| |_|
 | .| |i| l| | | || |.| | l| l| | | || || ||..| |_|i|_|i|_|. |l l|  |.l.,.、l.|  |l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_l| l| l木木木. |_|
 | .|_|i|_l|_| |_||_|.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| | |i| |i| |. |l l| /.:: \ |l l|  || |i| | |..|| || || | | l| l.z木木木木.|
 | .|_|i|_l| | |_||_|.| | l| l| | | || || ||..| |_|i|_|i|_|. |l l|〃.::::::::::::ハ.|l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_l|z木木木木木
 | .| |i| l| | | || |.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| | |i| |i| |. |l l|{{::::::::::::: : }}|l l|  || |i| | |..||_||_||_| |_林林林林林林
森森森森森森森森森二二二二二二二二L._|l_l|{{::::::::::::: : }}|l_l|_二二二l森森森森森森森|i|森森森
森森森森森森森森森森森森森森森森   .;    ,,,     .:':'        ,:,:,:,:,:,:,:,:,:,.... ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙


.

346 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:20:56 ID:db2b1aee [3/73]


―とある講義室―

 ::||    :| : l ̄~| ̄|.:| :| |__|   . . . .:::::|:| :|:|:|    ||        | |        :||
 ̄ |_____| : |─┤| ̄|‐┘.:|    . . .::: .: |:| :|:|:|    ||        | |        :||
:┌‐┐:r‐┐ : |‐「二l‐ r‐‐ュ :|    .: .::  .: :|:| :|:|:|______,||        | |        :||
: |__|:└‐ | ̄|___|__|_」      .:__|:|_:|:|:| ̄ ̄~ ||        | |        :||
: : : : .  ̄. . .            .:| |斗=ミ___||zzzzzzzzzz| |zzzzzzzzzz:||zzzzzzz
: : : . . . .                |二||_r=ミ二二|コ______  ,.ィ __
-‐rr ┯=ミ | ̄|三「|          . . .: : :|灯|‐‐\__ヽ. '´  ,.  '´   ,ィ ::/// /〉. . .
:::::i{::::::i{:::: |二二二二ニ:l       . .: : :||::ハ ̄r≦zzzzzz≦zzzzzzzァ'´|:|__////__//: : : :
 ̄i{ ̄i{ ̄|   |IIIIIIIIII::|─--,.  _,,-=-||/__',_,|:|二二i|:|:|:l__,|l_,|:|∠二7///:_://_:_:_:_:_:_:_:_
::::__{:::-i{:: :|二二二二二ア|'´ |=ニ=‐¨: : : : : :::::::/,|:|マ:,: Ⅵ:|:|:| ̄~||~|:|=:ニ二// ̄~,ィ: : : : : : : : :
'´::::{::::_jI斗‐-::::::::;;;__:: |:::|  |´: : : : : : ://,|:| マ:,.ィ:|:|:| : : : :::|:|: ://:/∧:, ̄ マ:, : : : :
s≦::::::::::::::::::::::::::: :。s≦|:|:::|/´ __:  : : : : : : ::|:l==== |:|:|:|_:_:_:_:,,|:|::::::://:::/ハ:, : マ:, : : :
:::::: ̄^^~、。s≦::::::: 。s|:|:::| ,.  '´    ̄ ̄ ,.ィ  |:|............|:|:|:| ̄:: ̄|:|:::::///::::::マ:, ,.ィ‐-: :_
::::::><::::::|::::::。s≦>''レ '´       ,.ィ㌻|´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/'/,::::::::::::::`''´
'´::::::::::::::。s≦::。si(>'´        ,.ィ㌻: ::| |: : :||^'ヽー-:::::::::::_/: / '/,: `y'7
:::::。s≦:::,.ィ升-_{二 ─-- ...,,,___,ィ㌻  ,.イ_|: : ...||/: : : : : : : : : : : : :/ ̄^'/,ー'ヘ
'´:::。s≦-_-_--..││ ̄”“'''  T:T´___//|:|──--  ..,,_: : : : : /..,,_ '/,  ':,
'´-_-_-_--    |::::| _ -_-_-_..|:::|-_-_-_-_-_-_-        ⌒^^''=-- 二_::ー- ..,,,_
-_-_-        |::::|-_-_-_-_-..|:::|-_-_-_-_-_-             :::::::     ̄⌒^^'=--
-_-       └┘-_-_-_-_-|:::|-_-_-_-_-             .::::::


                 ''"~ ̄ ̄ ̄~"'':..__
.            /.:.:.:.:.:.:/ ̄:.:.:.:.´:.:.:.:.:.\
.           ,:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:._:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | \:.:.:.:.:.:.:.:.
.          √-=ニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.|  \:.:.:.|:.:.|
        / {:.:.: ―:.:.:.:.:.:.:/ : //|:.:|  '⌒:.:.八:|
.      (二八:.:.:.-| :.:.:.:.:// /'⌒ |:.ノ  仍うV:./ノ
.     {ニニニ|\:.:|/!:.:./|__笊示ミ    ヒツ {:/
.     {ニニニ|:.:Λ|人/ :| 〈 ヒツ        |
.      \ニ/|:/:.:{( 人:.:.\           人     ……いよいよ ここからが今回の集中講義のミソとなりますが
         /:./:.:.:.|:.|>-\:.:.\     ' ´  ⌒` 
.     // /:.:.: 人|:.:.:.:.:.:.:.>- \ー―く \     集中して聞いてもらうために ちょっとリラックスしてもらいましょうか。
.     /:.:.:. /:.:/:. 〈\_彡'´    )     ) _
  /:.:.:.:.:.://:/:.:.:.:{\__    ̄ ̄~^'   ̄  }‐┐||
 //:.:.:.:.:.:./:.:.:./: |:.:.:.{      ァ=-‐''~⌒\___ノrヘ:||
./ {:.:.:.:.:. /{ :.: |:.:.:|:.:.:八______ ,.イノ /      ∨/⌒ }
{ 八:.:.:.|人:.:.:. |:.:.:|/{. . ./  / /         {/⌒ 〉
   \(  \:.|:.:.:|  {. ./ /   {        ∨⌒i|
          人:.:|  {.//                } |  |i||
      /(  \ /Λ        }      } }  |i||
.     (  \ / / }        }       V}  |i||
.       \ /   / 〈      人       }   |i||


.

347 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:21:06 ID:db2b1aee [4/73]




                 https://imgur.com/a/fSAGapc

 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | イラン産の高級ダマスクローズウォーターを手にかけますので、手を出してくださいねー     |
  ゝ_______________________________________,ノ

    : :         `|li :|´ 。 シュッシュッ
    : : : : : :     ゚ 、从j|!.. l从  -―-、_
    : : : : :      :.r= .:六:: :', -‐…¬ 丶`  、
    : : : :       r;: ::' __': ::; ‐'⌒        `  、
    : : :       `; ::; '´  ,! ::i __,、           `  、
    : : :       ri:: ;l!.: '´::l :l!: 八             `  ー----
    : : :        `!:: ;i |  i:! :|:.   丶、
    : : :        i!:: :i:|  i:|: l|:.y―-、`ニ=ー--- 、_
    : : :        j:: :i |  |! γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    : :          ノ :: l   | | イスラーム世界では宗教的儀礼をする前によく振り掛けるんですよ~ .....|
                    ゝ_______________________________,ノ

法学者4-1

.


348 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:21:16 ID:db2b1aee [5/73]


             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●)         化粧品として使うのはわかるんだが……
          . |     (__人__) アイイニオイ
            |     ` ⌒´ノ       ___
                |         }       /      \
            ヽ        }     /  _ノ  ヽ、_ \
           __∠ヽ     ノ ,_   /  (● )  (● )  \
         《〈〈ゝ´      \ `ヽ|      (__人__)      |       礼拝前になんでローズウォーターを?
         {    /      |、 ヽ  \    ` ⌒´    /
          ヽ___ ノ!       l ー‐ヽ             ⌒ヽ
                l      l     i               、 ヽ タシカニイイニオイ



               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「
         /::乂ム:::}       '     ム}
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|         元々宗教儀礼にローズウォーターで清めるのは
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ       ササン朝時代が初めだという説があります。
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ      ゾロアスター教で使われていたのを真似したのかもしれませんね。
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |       少なくともクルアーンで規定されたものではありません。
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |       ですが、葬式やクルアーンを読むときなど幅広く使いますね。
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |


.

349 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:21:26 ID:db2b1aee [6/73]


※イランのローズウォーターは世界でも一級品。カーシャーン産を一度は試してみては?

                ______
             /:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄\
           //:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /  |:.:.∨:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        {    |--:|:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.: 人:.:.:Λ:.:.:.:.:.:|
        {    |:.:__|:.:.:.:.:.:/:.: /|/   |/ ̄|:.:.:.:. |
.            ̄{__|「ヽ|:.:.:.:|/:.∠__    __|:.:.:.:. |
              |l  |:.:.:.:|  ̄∩     ∩ ̄ノ:.:.人|
              |:\NV:|   ∪     ∪ イ/       まあ、イスラームでは昔から薔薇は
            八:.:.:|:.:.:.:.ヽ            j:〈
.            /:.:.:.: 人 :.:.:.:|          イ:.:.|       気持ちを落ち着かせる効果があると言われてきました。
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:|)  ≧=≦ :.:.: |:.:.:|
.          /:.:.:.: __/ {∨    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
         /:.:.:./ : :: :{   \    /       p       /    宗教的なことは忘れて、これで落ち着いてくださいね。
┏━━━━━━━━━━┓\ /      ( ̄)      /
┃   録画を確認中。  ┃ . /                /
┗━━━━━━━━━━┛ /                /       ※ローズウォーターの作り方は以下の動画参照
         |: 八:.|.: : : :. :. :. :.__/                /       https://www.youtube.com/watch?v=JX-UQf_0dF4
         |/  \ /: :/: {  二 ノ        {  ̄\


.

350 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:21:36 ID:db2b1aee [7/73]



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              やる夫で学ぶ「法学者の統治論」

            第4話 ホメイニーの「法学者の統治論」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           τ' '"゙⌒~`ヽ,
         i~`''l' '´∩`ヽ ノ、
      γ´゙ヽ  ゙! li _乂ノ i  ゙゙)
     ⌒丶, )  ,'-''  ゚ゝ,  (
       ( li  从     l:  !
        .,ヽ.゚゙`弌     .,人 _ )
     _,、;;;;;;;;;~l,,,,: ._ ,゙ゝ - イ,:., 丿
     ~`' ';;;;;;;;゙i、_,,.....,,-‐'°
         ゙`,;;;;;゙/ /゙゙;;;゙;;;゙;;゙
           .,//
           ,//゙
          ,//゙
         //゙
        ゙//`
       .,//



.


351 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:21:46 ID:db2b1aee [8/73]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    ①ホメイニーの生涯

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                     ,.  -‐……‐-  .,
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                /:::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::::::::::: /  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. __
           /:::::::::::::|:Λ|  |::人:::::\::::::::::::::::::: |   |
            :::::::::::斗|‐-ミ    イ\⌒\:|::::::::::::|   |
             ::::|::::::Λ|        ィてぅミx|::::::::::::|   /
             |: |::::::__笊てハ     トハツ 〉|:::::::::Λ\/
             |八:::::::〈 Vツ 、       |/|/ } \_〉
.              \Λ               /:::::::/ノ
               |:::::|     ,   、    /:::::::/:::::|        ……それでは、今日の講義内容をといきたいですが
               |:::人            /:::::::/::::::::|
               /:::::::个          :::::::::/:::::::::::|       お二人はホメイニーはどういう人物か知っていますか?
          /::::::::::/|:::|::::::|≧≦  {::::::/::::::::::::::|
           /::::{::::::::/_ノ:::|::: ノ     /\{ ̄ ̄⌒\
         /:::::: /\:::{ ̄ 〈     /   /       |
.        {:::::::/  {    只 ̄    / __       |
.        {:厂{   {_ /⌒ |⌒\  /´      /〉
       / //  ̄`\_ノ  / ̄ニつ       /:::::Λ
       __/ ( /     \_/ ⌒\>     /::::::::::Λ
      〈/  ̄ ̄\      \  ̄ ̄\       /:::::::::::::::::|




           __
         /     \
        /  ノ  ヽ__ .  ……イラン革命した人でイスラーム法学者ってこと以外は
        |(―) (― ) l                /  ̄ ̄ \
        l (_人_) u.|                /ノ  ヽ__   \
        l   `⌒´   |              /(―)  (― )   \
         、      /           |.  (_人_)   u |
          >     <               \   `⌒ ´     ,/    フセインと罵り合っている人ってイメージしかない
        /        l               /         ヽ
.       / l  ,/  / .!             / l   ,/  /   i
       (_)  (__ ノ  |               (_)   (__ ノ     l
       / / __ノ             /  /   ___ ,ノ
       !、_!、____つ          !、___!、_____つ


.


352 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:21:56 ID:db2b1aee [9/73]


                            -‐……‐
                        /:::::::::-‐…<::::::::::\
                           //:::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\
                           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       /:::::::/ ::::/ ::: / |:::::::::::::::::\|
                         |:::: / \::/:::/   |:::::::::::::|:::ニ|__
                         |:::::|笊㍉/  、__|_:::::: |::ニノ 〉
               __         \| Vソ    _ ノ::::::::::::/::/{/
.  ⊂ニニ⌒  ̄ ̄ ̄|   ⌒ ーへ ̄ 从   ,  てう㍉イ:/::::::Λ〉 /\    なるほど、ではまずホメイニー自身の
     Lとノ ̄  ―-只           |:::::\      ..:::/::|::::::::::|  / つし〉
               〈ノ∨  ̄ ̄ ̄\_  |::: Λ{\_   个/:::::|::::::::::|  |  ノ }    生涯を軽く説明しておきましょうか。
                          | V|::/  {    / | |:::::Λ:::::八 /  /
                          |:::八{  \/  ノ |/  \:: /   /       そのほうが理解も深まるでしょうし
                      /      √ ̄   }<   ⌒/  /\_
                        /      ノc     / : \  〈 {    \::/⌒     では手元の資料を見てください
                         {          / ::::::::::|\{\__ノ〉
                     /{   |  \   Λ ::::::::::|::::::`ー<
                       /   |   \   \::: ノ\:::::::/ ̄\
                        |             \:::: }\{
                      |      |        \   \


.

353 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:22:06 ID:db2b1aee [10/73]


    { >.、            ,斗ヵ
    |   >.、    _ ,.イ  ̄ / /
.     !      ヽr 千  !     ./ /
.     { ....       ∨  l   / /
     ! '::;;  / ヽ   ∨ .,' ー/ /≧
   / l   ,' 「!「!\ _∨    /  | .
. / ヽ !  .i   o }.rヽ} _./   |
     ヽ! .rミュ.,_ ノ _ノ//  l!  /
\  / ヽ{ 込 _ノ;;;;/ } {  /tイ  l
<   __、ヾ ̄_ヽ;;;! l/ 与イ _l!  ! l
  >〈 〈〈 .〉 >入{;;ヽ! ○!」┤i} .{ .l
ー < Yー'    {;;;;;;;;;;;§l!_「r」!∨ !
_,..イ.l! ○    l;;;;;;;;;;○;l!ト┤」∧! l
ソ込 ゞ リ」:○    .l;;;;;;;;;与;;l! l Y ! 圦 {
//、/」ヵ§   l;;;;;;○;;;;,'イ入」!  >!
//リソ乃 ◯γ¨ヽo';;;;;;;;リカソ 「┤ ;   l.
\,.イイイイ/辷 入_ソ!;;;;;;;;;/」┤/ .l! ;  ∧
、/,ソソソ/ /リ     !;;;;;;;/ !_「└リヘ
./;イイイ/ / ,'    .l;;;;;/ _/ 」,イ./  ヘ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        ホメイニーとは
    本名:セイイド(尊称)・ルーホッラー(名)・ムサヴィー(姓)・ホメイニー(出身地)の人物です。
                  ムサヴィー家という一族の出身でした。

セイイド=ムハンマド子孫の尊称
ルーホッラー=男性名ルーフッラーのペルシャ語読み「アッラーの魂」 アラビア語Ruh(魂)とAllah(アッラー)の合わせ技
ムサヴィー=姓。シーア派十二イマーム派第7代イマーム ムーサー・カーズィムの子孫であることを示す姓。
ホメイニー=ホメイン町出身の者の意味

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

354 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:22:17 ID:db2b1aee [11/73]


        ,--、    __,,,-、,,
      i´  `> (   ,ゝ           ,,i-´~~`´|
     /~    `)_,,,-= =,´           ,/   ,--´
   ,i-!      ~    ~ヽ,         <,,   '=,`
   |,              \,        i´   ヽ,_
‐,_,,--`、-、,_ - ―‐ -、,      ヽ       \,    7
/~`~‐‐´        `‐‐、,-、,,,-´        ヽ,    `っ
,~{                            `=-  {´,
`}                            ,}    `{
 "ッ,,  ,_                       {      }
   ´‐-´ ヽ,_  , -、,。                `‐、,_  _,,,}
       _,二-,- {                             ☆このあたり
       `'‐´~  ,}
          ,/
,         /
`‐-‐´~`‐、_,,_,,/
      ,、
      iヽ  ,,、                  _,,,,-、,、
      `;! //                  ヽ.   ヽ,
      `i`´~ヽ                  ヽ,   ヽ,_
       i   `|                  ヽ,    `\,_ ,/~ヽ
        |,   ヽ                   }, ,、      /( ヽ-----


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まず、ホメイニーの祖先についてですが元々イランのニーシャープールにいたらしいのですが……


※ニーシャープール
現在のイラン北東部マシュハド近くの都市。
ササン朝時代以来の歴史を持つ町で、多くの歴史的有名人の出身地。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


355 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:22:27 ID:db2b1aee [12/73]


ー-、
    \__,-、
       )
        (_                    ☆このあたり
          ヽ__
        ,-、-、ヽ
       ,、`--' /                         ,、   /ヽ
       ヽ ̄ ̄                          / `'`ー'   \
         \   i~ゝ                        (           j
          `ー‐' |                      /
              |                   「`'
              |                      /
                 〉                /
              |                  _,-'
.                |             /`'
                  |            /
                 |         、-'`'
                |         /
               ヽ       (   ,-、
               \    /⌒` /   ヽ
                 `ー―'     {    |
                         ヽ_ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         18世紀にアワド太守が治めるラクナウ近くのキントゥールという町に居住。
           このラクナウはインドにおける12イマーム派の大拠点であり
             多くのシーア派の移民を積極的に受け入れたそうですが
               ホメイニーの祖先もその1人だったと思われます。


※ラクナウ
インド北部の大都市でムスリムが現在でも3割弱居住。ヒンドゥーとイスラームの融合した美しい都市
ムガル帝国~イギリス統治時代の多種多様な建築物が存在する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


356 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:22:37 ID:db2b1aee [13/73]


ヽr‐':::::::::\__
:::::::> ´      `___<
イ‐ x_,. -――― 「o:::::。Y ヽ、
( ) ノ -――-  \():/ `ヽ、ヽ
:::/        `ヽ、 _  .「ヽ.V
Y   .. -―‐- .._       `ヽ }
乂 ´ 弋 ̄ ・ ̄フx ____  ハ.」斗―ァ
、 .T   二二彡イ __ト、・ヽヽ  リ / /
. \{ ゝ----イ .r  )、二´ ,イイ /
   >u._ 斗七 ` イ〈`ー ////
\  ./ /   __  ヽ__ノ./ ,ィ
イ彡 |  i  と__ri__ri}  リヽく,ィ::::i           ……最近住みづらくなってきたし
7彡 .l  ゝ 、__ , ,イミミ }::::::|
////八 {   ,イハ /ミミミ .i::::::|、         イラクに移り住もうかのぅ イラクには一族もいるし
/ {//{i!i{.ゝ_,,,イ州州Vミミミ .リ::::::リ V
. 八/{i!i|V州州州州iミミミ /::::::/  .V   
   ヽヽj州州州州州\ ./::::::/   V    ホメイニー祖父:アフマド・ムサヴィー・ヒンディー
     州州州州州 /::::/     V             ─────────────
 ̄¨ ‐- .州州州州州::::::/       .V
:::::::::::::::::州州州州州:/         V

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   そんな中、ホメイニーの父方の祖先にあたるアフマド・ムサヴィー・ヒンディー(1790~1869年)が
           1930年インドを離れ、イラクのナジャフへ巡礼と勉学のために行きます。
       一説には当時インドの植民地支配に嫌気がさし、逃げたという説もあるのとか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


357 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:22:47 ID:db2b1aee [14/73]


        ,--、    __,,,-、,,
      i´  `> (   ,ゝ           ,,i-´~~`´|
     /~    `)_,,,-= =,´           ,/   ,--´
   ,i-!      ~    ~ヽ,         <,,   '=,`
   |,              \,        i´   ヽ,_
‐,_,,--`、-、,_ - ―‐ -、,      ヽ       \,    7
/~`~‐‐´        `‐‐、,-、,,,-´        ヽ,    `っ
,~{                            `=-  {´,
`}                            ,}    `{
 "ッ,,  ,_                       {      }
   ´‐-´ ヽ,_  , -、,。                `‐、,_  _,,,}
       _,二-,- {
       `'‐´~  ,}
          ,/                   ☆このあたり
,         /
`‐-‐´~`‐、_,,_,,/
      ,、
      iヽ  ,,、                  _,,,,-、,、
      `;! //                  ヽ.   ヽ,
      `i`´~ヽ                  ヽ,   ヽ,_
       i   `|                  ヽ,    `\,_ ,/~ヽ
        |,   ヽ                   }, ,、      /( ヽ-----


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           巡礼と勉学に赴いたホメイニーの祖父アフマドが、移住途中で訪れたのが
              当時人口2000人程度のイランのホメインという通商路にある町。


※ホメイン
イラン中部の都市。海抜1787mの半砂漠地帯。
冬は寒いけど、夏は穏やかな場所。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


358 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:22:57 ID:db2b1aee [15/73]


                               /
                         /
                         /             }
                       _/            >‘´ \___
                  r‐く  ヽ          >‘´
              o。 j}⌒ヽ         >‘´
               厂: : : : :}     }>‘´
              /: : : : : : ノ  / 
            ゜ { : : : : : : /ー┴'
       -‐   ̄ ̄): : : : : :/
.   /        ノ: : : : /  \。°┌┐       よーしお前のこと気に入った!!
   |\        〈 : : : : ノ    /|   b |
   |   ≧=ー-----じ': : /‐=≦   |   | o\        巡礼と勉学終わったら ここに戻って来い!!
   |  f⌒j'⌒Y廴oノ: : : :{     |   | ト、d>
   |'⌒ヽ    )  7: : : :「⌒⌒Y´ |   | d
   |    '⌒Y)ノ{: : : :ノ人_r ⌒ |   └┘ r‐―┐
   ト、__,人_n '⌒ヽj__r'⌒しf´   |      ノor┐|
   |  o  )        人___ノ|     く_ノ ノo|
   |     {   '⌒ヽ  r'^     |      <_゚/ __
   |乂__ノ 乂__ノ   し'    、__ノ|         (c'__
   l: : : `ー(             厂: : : |          (c'__
   |: : : : : : }       ヽ__,ノ: : : : : |           (c'
   |: : : : : : 乂 o   ゜ ノ : : : : : : |


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ここに訪れた祖父アフマドは、 ホメインの地主ユースフ・ハーンに気に入られたようで……
         1839年にこの町に戻って邸宅、果樹園、隊商宿を購入、腰を落ち着けます。
    所有土地の合計4,000平方メートル…東京ドーム約85個分…どうやら金持ちだったようです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


359 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:23:07 ID:db2b1aee [16/73]


         /::/> ´   ̄ ̄ ̄ ` <::\
       ./:::/ __    __「o:: ̄:o }   ヽ:::\
      ./:::/´ ̄ _,..-"´  \:::0::::/¨` ‐..__ .\:::\
    /::// ,ィ.x´ ̄ ̄ ̄` ーゝ-イ- ´ ̄ ̄{o`ヽ、:::\
   /:::/ //::0.リ -――- ....__..... -― ヘ:::::::} ヽ:_V
  .ハ¨ </::::::::/    __           ヘ:」/  .ハ
  /::::ハ   \/ {  /     .\i  レ´ ̄ \  .} / /:::::::V
 ..::::::|.∧ `ヽ、\ __  γ´  ̄ ` ''''ヘ ´ ̄ヾ  ノイ  .ハ::::::::
.|:::::|_∧ { {ヽ、 {   二ニ‐ r__ }」 -ニ二イ ヽ/ ./  .|:::::::|
.|:::::|  .∧ ゙.八.{ ヽ八 ー‐彡/ J  \ ーシ }/ ./___」::::::|
.∧::::::V  .∧  \  ` T ´        ` T、/ /   リ:::::::l
 ∧::::::V   \   ,ィ彡.{ r‐ 、____, -、リミx.イ    /::::::/
  ∧:::::ヽ /  >{//イ八 .\ U  Uu /イミミx \  /::::::/       フヒヒヒ 前の妻より ユースフの妹の方がええのゥ
    \:::::\    .|/////ハ  \n_n/ 人ミミハ /:::::/
    / \:::::\  レ' {/ハ/ ヽ,ィ.i i i i V  } >.´:::::/ .V
   ,    \:::::` ー-------i | | | |.|i!|- 七:::::::::: <    V
   .l     > ‐- ___.「.T 「.{__}.' .〉、 <       .V
   .L ____        /o,イ_⊥.L.V / .ハ     __..-‐七 V
   |o o  o ̄o ‐- __./o .{ V.VV .イ ./.ハ-‐七.-- .._  ノ
   L ___   __ 斗.j       /i .} }ニヽ     `く
      L/  /   ,イ二{ {       ィ //ニ.} }      Y
      {  ´    .{ {二 { {  _  <ニ シ.ニ//      .リ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           地主ユースフ・ハーンは、アフマドに何か感じることがあったのか
            1841年に自身の妹サキネを3番目の妻として娶らせています。
    このサキネから1856年生まれたのがホメイニーの父モスタファー(1856~1903年)になります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


360 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:23:17 ID:db2b1aee [17/73]


       /  ― 、/ ̄1
.       / / ̄\_/| |
      / 厶、  |/ ̄ ̄ ヽ ー- 、
.     / /   >'             \
    / / / /              \
.   / /「ヾ /         ィヘ     \ ヽ __
‐一  / |  \       j  ル'__ヽ 、   )/l|
―一' 、  ! \∨ ノ ノ /_ヱ{ ぅ≡c}>=}ハy r j !
      \∨{ ハ,〉匕√レ  \竺/ )ノ レ/7/ √乙こ>、_
  ̄ \  ト { ∨「  _ _       _u } Y/ /  `テ=' ¬
     \ | ヽ`ー1j 川‐ tァ┐-r tテ┐ソノ/ /   __/    /
 _    レハTァrヘ   `ー‐'   | ー‐'∠-,/ /  (( ) /
 \  ̄ ヽ \! |  ! u     ┘  厂´/ /   √ /
   \     \トい \   ∠.二) /  / /   / , fヘ       ……父さんみたいな立派な人物にならないとな
  \  ヽー― ヘヽ\__ >、   /ーァ' /  // { f允
 ̄\\   \  } >ー 二ィ7二_< / //    ヾ久ヘ
   \\  \ ヽ  寸万</ /ー '_/        \弌、
.      \\  \\ ∠ -<_∠! ̄丁            寸}     ホメイニーの父:モスタファー・ムサヴィー
      √>\   Y{_ -‐7´ 人   ヽ            \    ─────────────────
    / / ` 二ニレ‐ァ≠ /   \  ` ‐- 、        \
.  /  /     / / /     〉ー- 、   \        \


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       しかしながら、このホメイニーの父モスタファーのことはあまりよく分かっていません。
      イランのエスファハーン イラクのナジャフ、サマラで勉学に励み ウラマーになったこと
              ホメイニーを含めて6人の子供を作ったことぐらいです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

361 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:23:27 ID:db2b1aee [18/73]


      L  //
      ムイ/
        / ┴─ 、
        L__   ヽ __
 う  ぐ    / ,ィ
 っ は   /ノ リ    ,イ
 !!!!! :  ./   イ  _ィ< _Lヘ、
      」;;;;;;; レ´  ;;;;;;{ 0 ヽハj
     「;;  .∠`ヽ ,;; .| |:::ヘ V.{
、 ____」; ./   ̄ V  .| | ( )0 〉〉
.}/ ;;;;   .{    .。V .Lニニ///
.{{  ;;;    \    〉   __:::{ {
」 ,;;;      >─ ハ、___;; `V}
. ;;;;;            /。ヽ`;;;//
;;;; ,,;;し       、_}___ノ;;/ムイ
 ,;;;;   ____  ;;;;;;;;;;/ /
,,;;;;;  ./_____ ヽ .トイ/<
;;; ./ Y    弋二 ノイi {  \\
;; /  ├‐┐  /__∠}ハ.}-―→ >
  {\ └ .|  //       / /─-
  \ \ / .//      / /::::::::::::::
   \ 二 //     / /:::::::::::::::::::::
\   , ―イ    .//::::::::::::::γ¨ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           というのも、モスタファーは1903年 ホメイニーが生後5ヶ月のときに
                 何者かに襲われて、死亡しているからです。
        ギャングだの権力者だのに殺されている説がありますが今となっては不明です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


362 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:23:38 ID:db2b1aee [19/73]


                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
    ',                    ‐==-  、     ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
.    ∨             ,,..-''"´          ヽ  i            i i: : //: : : :
      ∨            /                     .《              l l:/: : : : : : :
      ∨l       /                    l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       ,'      ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
      l ∨      {     ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .
     ∧ ヽ、_.    l         `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
     / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ        ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
    / , '´:∨         `ヽ        cっ /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        さて、そんな中ホメイニーは6人兄弟姉妹の3男末っ子として1903年に生まれます。
             彼は母ハジエ、叔母サヘベ、乳母ナネに育てられていきます。
         ……がしかし、母や叔母はホメイニーが16歳のときに亡くなってしまいます。

    ちなみに祖父が持っていた土地を行政に貸し出すことで、金銭面には苦労しなかったそうです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

363 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:23:48 ID:db2b1aee [20/73]


                            / ∧  | | :.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:l : : : / 〃⌒ヽ
                        {: : .∧ .| |: : : : : :.:|:.:.:.:.:| .:.: /. /i :.:.:.:.:.:}
                         ヘ: : ..∧j |: : : : : :.:|: : :._|_/ /: :i :.:.:.:.:/
                         \,,,≠"⌒゙ミ=-<二 __: : / : : ゝ -イ ̄
                           (,,≠"i : : /`ー‐-=ニ __` ー 、: :/: : : :
                           〕 |;i..∨/ |;i| |;il l;il.: : ` ┐.Y.:.:',: : :
                           >、  Y   '' ''_,,≠―.、  i l: : :.:', /
                               ゝ: .\_i_,,≠''"´    : : i _j |: : :.: 〉′
                             (\:.   .::.   ,, イ: : , ' /"´ヽ /:.:i
                          /:ゝ=`: ";ゝ<´_ノ: : {  {    } .:.:.:.:i
                          ∨'     ::::;;ゞ  .: : : :.ゝ._`_ー彳 .:.:.:.:i
                          /   : :/   .: : :.   i | .| ∨ .:.:.:j
                             _/   : : :       : : :.   i i i レ"´:.:.
                         Y"ゝ:;;,   ヽ.    : : _ノー一:.i .i レ'i: : :.:.:.:.:       ホメイニー君
           _             ヘゞ}:  :/;ノ.;′ `ヽ≠::::::.:.:.:. | .レ′i: : :./
     >――(  \. __         (  _  _,≠"アノ´´  : : : : .レ''′: :j /. /       一緒にコムに来ない?
       : : : : :ヽ.  > 、  ̄ ‐- 、   `T´_`二,,≠丿      : : : /"´ ̄´ /
                \彡′\..:::::::::.. \   .ゝ-‐--ィ"        /. /"´ ̄´ /
                 \   丿\:>-‐=‐} ゞ、::::::      /. /: :  :::::::/  /
               (⌒ヽゞ.    ヽ.,,, -‐‐┤`i i:::::      i´ ./: : :.  :::::::/  /     ホメイニーの師匠:ヤズディー師
       :::::::::::::::::...  ゝ,r ‐‐ヽ、__   》ヽ   ! .i i:::.      / /: : : : :. :::::::,イ   i     ──────────────
      :::::::::::::::::::::... 〃     `〃 .∧  ヽ. `.、ゝー―一´ /: : :.  ,.≠'" {  {
        ,, '' 7:::〃"´ ̄''' ‐-丿: .  ∧ ヽ. \ ` ー―‐一´,,.≠'''"´___∨ ゞ.
      .ゞ( : :/: :,ゞー――=、,,.彳     ∧ヽ.\ ヽ.,,, ≠'''"´,,, ≠'''"´――マヘヽ. _
      ゞ、 : :{: {{ : : : : . . 〃: : . . .    ∧ \Y ,,, ≠'''"´――――――マヘ/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   その後ホメイニーは兄モルタザーを頼りつつ、高名なウラマーであるヤズディー師に師事して
                本格的にイスラームの勉学に励むことになります。
           そのヤズディー師は後にイランのコムに移住することになりますが
      ホメイニーも彼に従って1924年から1964年の国外追放までここに住むことになります。


※アブドゥル・カリム・ハエリ・ヤズディー(1859~1957)
イランのメイボド出身のウラマー
当時田舎だったコムをシーア派世界最大クラスの学術都市に整備した
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.



364 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:23:59 ID:db2b1aee [21/73]


                  /\
                  /  \
                  /    \
                   ,'         \
                  ,' ::::       ヽ
                i :::: :::::     ヽ
                   i ::  :::::        l
                 i      :: /ヽ   |
               i      / lll lllヽ   !       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 __,,,.. --── 、--─‐.l.    ,.ヘ /:  C) ヽr-!-─ '7  ̄| …アッラーの
          ヽ   .l l  / ,.へ、`‐、.__,.‐',. ィ|  /   .|
  `‐、           i  i | / /:::..  `''.:‐-:.'  .:|.| /   < お言葉はすべてに
 \. \_,,,. --──lー|  |. \`''‐::、:::::::::::::::::://|/ー─--|
   \⌒\     |. |  |   `iヽ、 ̄i:::::::「 r‐i |     ./ |  優先する…!!
    `‐、 ヽ.     !|   |.   |__〈  |::::::| 〉_| ト、  //\________
   ̄ ̄ `''‐、ヽ__|    |    l lヽ.|::::::|./ l  | i ∠..二 ̄ , ‐'´
    `''‐、 / ニ ,> ヽ.   |    |/::::゙!::::::レ!  |  |/ < = \,. -─
       ヾヽ、 = ゝ/8     |:::::::::::::::::|    ヽ ノ ニ /
   ` '‐- 、 |U ̄l ̄U ((::)     l:::::::::::::::::|  | ((::)| ̄l ̄n|
   .._  `|∩! ln| |n|  O  |  l:::::::::::::::::| |  O.|∩U| ||||_,,.. -‐
      .l ̄`|| |∪||U| ||  ((::) |.  |:::::::::::::::::i | ((::)|| |∩Uu.! |
     |  .|| |∩||∩| | |   O|   |:::    :::|  O .|U.| |n∩l. |
    ヽ.|   |∪|.|.||.U| || |   ((::) !      | ((::)  |lnU.||| | |


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   こうしたコムでの勉学生活とは別に
 ホメイニーはイランのパフラヴィー朝の近代化、西欧化、世俗化に反対して、政治活動もはじめるようになります。
       1944年には『秘密の顕現』という書物を記し、パフラヴィー朝批判を繰り広げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

365 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:24:10 ID:db2b1aee [22/73]


    ∨.,                       >/`/ーry
     マニ、                           / ./ ./ / ム
      .iニム  〃∨     /           /¨≧‐‐ 〉-' .ム
      .lニニi'ヘ//∧,ヘ__//              ー、  ..{    .}
     iニニ≧、_/_ \ニニ≧x                 ヽーrゝ、_ノ〈
      \三三三ム  \ヘ/ l                   l    i
        i>、i ヽニ〈 x≧_|   l               i    .l
       〉: : |いi: :iヽ'≧=、/ノ               _}    ',
      /: : : :\,': :l:.:.゙r‐、ゝr'             〃.ノ      ',
≦、‐- _./: : : : :/ i : :|、,,'、,、 r`              i i      ,
ニニ\ `ヽ≧、/ .l : :l: : : : : ム         xz≦(/l ;      .i      我々は政治に介入してはならない
ニニニ\  \ニニi : : l: : : : : : i    >r≦ニニニ/ /: , ',     ハ
`≧‐-=≦、  フ l:.: : l: : : : : : ',\つ)   iニニニ/  ., : : , ∨   / .l     それはシーア派の伝統に外れることだ!
___>、ー-、 i: : : :lヽ : : : : i: : ∨_  .lフニ/  ..イ: : : i  .∨ ..イ  l
      ̄ ̄7 (!: : : :lYム: : : !: : :マ.i___.i./    イ: : : l:',  .\ー'   .l
          7¨.l : : : iニニヾミ;'ヽ: : ム≧'___>'´/: i: : : :l: ',    マ   l
         /l}_ハ: : : :lニニ',ニ≧x',: : : ,ニニニi: : : :/: : ',: : : : : マ   ヽ  l     ボルジェルディー師
       /i}゚〃ム: : : lニニ,ニニil',: : ∨ニニl: : : : : : : ,: : : : : :ヽ   ヽ !    ────────
      /i}゚〃ニニム: : lニニ',ニニilム: : ∨ニl: : : : : : : : : : : : : : :\   . ヽ! 
    ../i}゚〃ニニニニム: lニニニ,ニニilム: : ,ニl: : : : : : : : : : : : : : : /:\_/ l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           しかし、本格的なホメイニーの政治活動は1961年からになります。
           というのも、前回お話した伝統派(=政治非介入派)が主流な上に

           当時 トップのマルジャア・アッ=タクリードであったボルジェルディー師が
            若手~中堅のウラマーたちの政治行為を戒めていたからですね。
           トップ直々に言われてはホメイニーも動きようがありませんからね。


※セイイド・ホセイン・ボルジェルディー(1875~1961)
シーア派史上最後の統一(同時代に1人のみ)マルジャア・アッ=タクリード。
ヤズディー死後一時期衰退したコムの復活、スンナ派シーア派の融和外交、イスラーム教育カリキュラムのシンプル化
発電所・病院の建設など多くの実績を残した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


366 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:24:21 ID:db2b1aee [23/73]


                         /´ヽ
                         /    ヽ
                         /        ヽ
                       //´`\     ヽ
                    //∥ハ||  \    ヽ
                    ,ヘ  ◎  /`ヽ、  ヘ__,,,....,ヘ‐- .._
                     /  `ヽ、 ,/ 、   ヽ  ヘ  /!  ヘ  `ヽ .. -─/ `i==三 ̄ン
                       i /t`ヽ、 / ァヽ  .〉  │ / |   ヘ  /´ _,,.../  │ / /
             ,,.. -‐ ''"´|、ゝ`'''":::::::`''''/,. ィ´   /./  !、__,, |/ ,/   !   |´   /
             / \     | ヽ、`i:::::::::::::i´</ /    /./  |   'r-'''´    !ー- .,,_|   /
             マ   ヽ/ |│i´ |:::::::::::::| /     / ,.. -‐| ___ .ム   /|    .|  ./
            ヽ   ´ ヽ | ヽ| |:::::::::::::! / γ´;;;;ヽィ'   |   ̄ ム / .|ヽ、 .│ /     _,,..、
            \人_从人__从_从人_从_人_从_人_从_人_从_人_从_人_从_人_从_人_从_人_从_人_从_人__从人_人从ノ/
            >                                                       <
            > 皇帝のやっていることは、イスラームを軽んじていることだ!!今すぐやめろ!!   <
            />                                                       <
             //Y⌒YW⌒Y⌒W⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒YW⌒⌒YW⌒WY\
         /         γ;ヽ.|  /::::::::::::::| ヽ、  ノ    }     ゝ、_        フ_,,- ´ ヽ、丿
.        /        {:::::}}| /:::::::::::::::::|  `ー- .,,_  ノ        `‐-.,_     ゝ `ヽ_ /
.          /         .゙''='" /::::::::::::::::::::|      `ヽ、            ̄     `ー- /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ですが、ボルジェルディー師が1961年に亡くなると ホメイニーはパフラヴィー朝批判を始めます。
  地方議員のムスリム要件廃止、農地改革、女性参政権、イスラエルとの国交、アメリカへの従属など
            批判内容は様々でしたがそれはそれは激しい内容の批判でした。

      ボルジェルディー師没後のホメイニーは既にシーア派界でも有数の有力ウラマーでもあり
                  これを聞き流すのは無理がある状況でした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

367 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:24:32 ID:db2b1aee [24/73]


         ,. ― 、
        `t‐_‐イ             ,. ― 、
         WWj      ___     `t‐_‐イ
          _rニL _  /   ヽ    WWj
         / 、____l  | ヽ---イ  r‐ ' ̄`ー 、
          | | ', |_| ヽノ人ヽン ハ ー ―' l |__
         H  l \\/|、_,|ヽ く__l   !  |__|    )
         | |ー┴―'|ヽヽ-、 | |丁| |   l   | | ̄ ̄ ̄ ̄ \
         V      | / ̄  lノ`| | |―┴ーリ         \
         |  l  lノ、__   _|__,|_U|    |_\_________\_
        |   |   |ヽく_|_-_|_〉rュ | | !rュ    ``丶、――――‐\
         /|,  !l.  |  | | |  l   |  |  |       __|__|__ ̄__|__l
          |_|  l l  |―| | |ー┴―|   |  |‐、、――イ'  |   |     !   |
          | |  | |  |―| | |ー――|   |  |  い―‐┴―┴‐┴―‐┴― 、
       ヽ|_|_|_|_|-'|-'|____|   |  | ノ ノ___________ノ
         {____l |_}__ノ | |     |__|_|ニイ       ヽニニノ
                ̄   ̄ ̄     └‐┴┘


      _______                 ____
      l          l                     |      i ブー
        .l          l                    |強権反対i
       .l          l         ○、         |      i
      (三}_____{三}       〉 〉     .-ー-|      i  ブー
       l l        l l .rーーー、γ⌒ヽ'≡≡ f ..!mn----nm   r==、
 _______  /.l l       / / iノノ ゞ i ’Дf . .i弋 Д/ /γ ̄ ̄`   i ゜Д゜j
f jjjjjjjjjjj/ ,l l f ̄ ̄ヽ/ / r t ‘ャ‘jー、  ノi Д j (  ノ ( ノノ人ヽ  i\∨ \
jjjq゚А゚jj. /...l ゝjー=,二ニ= i i__  i .i_ヾ_  ヽ_i    い、‘o‘丿ヽ i  \ i\\
γ(三} 〈   Y  ヾ ̄ ̄ji  ┌∪ー----ー∪ー∪---∪-------ニニ∪ニ∪-ーー∪ー-ー∪┐
∨ /   .`. ..i   ヾて i  |      ホメイニーを助けろ                    l
           t      i   |                                      l


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 そして、1963年6月に逮捕されますが
         人気のあったホメイニーの宗教界の除名嘆願や民衆のデモが起きることに。

                        それに慌てたのか
 1964年、政治活動をしないことを条件にパフラヴィー朝皇帝モハンマド・レザー・パフラヴィーが釈放します。


※モハンマド・レザー・パフラヴィー(1919~1980)
パフラヴィー朝2代目皇帝。白色革命と呼ばれる近代化を進めたが失敗しアメリカに亡命。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

.

368 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:24:43 ID:db2b1aee [25/73]


      /∧
      / ∧
     ./  ._ i
    /  / 、 i
    / / }}}{{{; i
r ⌒./ / \ O/}‐  ̄ ` 、
_____.{ 〈〈込、_,/フ}} /    \
 / i Y `i:::::r''ィ} 7 ̄`ヽ、 _〉          皇帝 アメリカ人が何やっても ウチで罪問えないのはおかしいだろう!
/   i } i::::::{ i' .}' /, ィ< ___
 γ 、} .}/:::::∨ γ` く,r ´-‐‐‐ ` ー-   _      , ィ' 7
 .{   } i:::::::::::} {   /´     - ――――― ァ   /、/、/ ,-、
 .乂 ノ }:.:.:.:.:.:} ( Yヘ‐イ´ i´ } \::::::::::: : : :   /   /、/_ /< /
  r‐v i: : : : i 〕 くi ヘ {   i i  ト、::: : : :   ./   /r.イ´ 7 /-ァ
  し'j .i: : :ハ 〉_从〉 i i  }i  / }: : :   /    /ノ`7</ィ´У
  } YL}     ヒヨヘ、〉、ヽ、 i  j  ヽ   / ___,ィ `ー〈ヽ Y´
.  j .{ 0) __ (○}ヘ_}、ヽ ヽ i /    > '´ニ三 7 /  ./  /
 / /}Y_)r Orく)〈 ヽく`{Yヽ\}  // 三三./ { フく___ノ
././.// Y O.O}´  ∨ヽ く\>、ヽ ///  三三 { {:::::::::} .}
/./ {  ` ー'    ∨ \\ヽ>、v' {  三三 { {:::::::::i .i






                 ___
              ,       ヘ`  、
            /      、   \ ヽ
                  、. \.  | |ヽ ヽ
         /     |    |   \ニ| |ニ\ ヽ
            ′/ .i!  |    | イヽ \/.  ヽ.∨
        ′/  ハ ハ i!  |ィ千示 ̄`.   ', ∨        ,、
        | i!  ̄i!示.気 Y\ . |.ら刈  .|\  ', i、      / |
        |ハiヽi | :刈. |  \!|ろ刈  .| |\/;|;;;;\  ,-、-く   i、    ええいうるさいわ!!
        |  i! |.弋汐      ゞ‐'  .| |ノヾ;;|;| > ':::::::::ヽヽ/´
            iヽヘ      ィ ー 、   u. |Y|;;;;;> ':::::::::::::::::::::/       ならば、貴様は国外追放じゃ!!
          ,';ハ;;;>    ∨  |  イ;;;;iイ ̄::::::::::::::::::::::::/
            /'  \;;i;;;;;;;`;;ー―.t   /::/:::::::::::::,:::::::::::/
             `ヽ|ヾソ /、ゝ- イ/、:::::::::/:::::/
                 ,'::::i:::/ー‐ '  \:::::!::イ        ※モハンマド・レザー・パフラヴィー
                 ノ::::::|:,'       \::::|          ────────────
              , ≦ヽ,:::::Y         `|
              ,′  ヽ::::i!             ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   しかし、これに懲りないのがホメイニー
           今度は在イラン米軍の地位協定が治外法権だとして非難しまくること。

           1964年11月 怒ったモハンマド・レザー・パフラヴィーは逮捕して
                 ホメイニーを国外追放することにしたのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

369 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:24:54 ID:db2b1aee [26/73]


                     /ヽ
                    /    ヽ
                    /        ヽ
                  /          ヽ
     .              /           ヘ
     |           ,'               ヘ
   ―┼―          ,'     , ヘ      ヘ
   ○|           .|    /_ ,, _ヽ       ヘ
    .ノ  ・ ・ ・     |    / .i;i;!i;!i;!i! 丶      ',    _
                  i    /   ¨    .ヽ .ィ‐、',¨ ̄  | ̄`  、
               __γ¨ヽ'     ●   ..イ    |',   i     ` 、 _
       , ‐''¨ ̄ ̄  |   ` ''‐- ..__.. ‐''´  ,.ィ  | ',         ,ィ´  ¨ ‐- ..._
.      / ヽ      |  i:::─‐- 、   _..-‐''''¨}::|   ! ', ̄ ¨ ‐- .._ ,ィ´        ¨ >
     /    ヽ __...!  i::乂__ノ:`¨´::乂_ノ::::!   | .',     ,ィ´`  、       > ´
   _...イヽ   ./   .!  {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.ィ _.イ ヘ          ヽ > ´‐- 、         
<´     ヽ/  _.. -─ ¨  ̄ ̄ ̄ ̄',::::::r''´,r ‐ヽ   ,ィ===、、   > ´ /   ヽ
  ヽ    ,イ    |       な       !::::::!  .マ  } 〃/_.. ニ二ヾ、>´  /      ヽ
-‐  ̄` <    , r─r‐-、        |:::::::!  }  } ヾ.、t-' ニ二 〃             .. <´¨ヽ
 `ヽ    ` < / .ゝ_..!..ィ´ .る      ', :::::! ./ /  ヾ===ィ           .. <´     ヽ
            〈ゝイ'''i´ i¨¨ノ        ',:::::! /ィ    ,≦三ヾln i}|      .. <´         ヘ
 ` ‐- ...__   |i〈ゝ-r''´ヽ¨ノ た     .',::::|      {{三三;;}} i!i}| _.. <´          ___}
ヽ        ̄ ̄! マヽ._ゝ イ¨ア          ',:::!     ゞ===イ .i!i}|   _... --‐ ¨¨ ̄ ̄     ヘ
  ` ‐- ...__   ! ヽ.〈、__マィ'   .る    _ヘ',      ○|{0n0i_i!i}| ̄ ̄               ヽ
        ` ̄|    `¨{___... -‐::: ̄::::::::::', γ⌒ヽ゚|{o!.ioi_i!i}|                   ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  国外追放されたホメイニーはトルコ(1964~1965)→イラク(1965~1978)→フランス(1978~1979)
                  といった場所を転々とすることになりますが

  トルコでは資金作り、イラクでは法学者の統治論の理論創設、フランスでは革命運動との連絡と
            それぞれの場所でしっかりとした土台形成を行っていたようです。

     特に、今回私達が見る法学者の統治論は、このイラク亡命時代に形成されたものとして
                     重要な時期となるでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.



370 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:25:05 ID:db2b1aee [27/73]


                                |l|_|l
                          \\ ,>'゙´ |
                    \       ,>'゙´    |             |l|
                    \\>'゙´  ,>'゙´|  |              「「 ! |l
                       〈    >'゙´    |  |                 | .|「 |l .//,
                       ∨ ∧       |  |         ,>'゙´ ア| .|| |l / ,/
                       ∨ ∧      .|  |      ,>'゙´'´  >'゙  | .|| レ′/
                         \∨ ∧     |  |  >'゙´ ,>ァ>'゙´     W||,,/  /
                         \__/    |  |/]>'゙´  '´           /  /
                                |l| |                    /  /
                                |l| | . r‐、, i⌒i i⌒Y     ////
                              \ |l| /ヽ |/,  '/,  ∨.    //
                              ∧ ∨:∧ .∨,  /,    r.、-、/ /
.  ,ヘ__ / /       \\  rv^!  /! /^!___  ,へ  /^i、\∧ ∨/∨   ,r‐\\\/
 ∧ ∨〈 ̄',/         (∨ | || / ; ; ∥ /\ \ \ .| ',  \! /、 ∨  |У^!\\\
_/ ∧ ∨',.  ,/      (\':,Ⅵ } .∨ レ' ∥/\   \ \_',   ヽ  ヽ .|/  〈_/_〉   ,|/
( \∧ ',|  |/    \\\ ;        /        /,\             |/   !/)  ,/|/
\、 \  ',: |     \ ヽ ,′    / _i^i^i^ii^i.,'^,', ヽ           |/  弋_{    才
、 \ ヽ   ;          { {       /  | ! ! ! !| |' //, :::∧        |   //、   Y\_
.:〉      ./         八 乂  \/\ .ヤ   /   .ハ ::::∧         ∨    |__>、 / ///
|     ,′           ヽ ヽ  /^!  キ  |   / ∧ :::\__      /\   〈///// ////
|      {_             (_入___/ ヽ 乂__入  丶/ |ヽ   アヽ  ./   〉、  ∨//>/////
::\    〉\         |  ∧   \∧__/〉イ /..: !   //  |/ .   ///\ ∨//\///
  \   /   )\.        |   :∧    \//\/_、+''" ̄ /| ,/    ,//////\'////.\
____/〉`У  ,////\      |   .:::∧      \ /| C    ,//| \ C /////////.\/////


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        さてその後、1979年にイラン・イスラーム革命が起きると、フランスから帰国。
      多くの人に迎えられながらも、国民投票によってイラン・イスラーム共和国に政体変更。

                 そして、国家元首として最高指導者に就任し
           イスラーム法学者が国家を指導する体制を整えることになります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.



371 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:25:16 ID:db2b1aee [28/73]


     .i    > 、 .ト、           /}
     i  `ヽ、  } .;         /  {
      i     ` .ト- ヘ`ヽ、       / ` ´}
    .ト、.}     {   i  .ヽ、- _ .i   i__           /∨
    .{ ヽ、    i-‐ ' マ` 、 `ヽーi `ー' /   `ヽ、     ./  __.∨
    i__ノ ヽ   ハ   }‐‐`ヽ、 j   ト、  __  .\   / /r-、.∨
    ∧    ト、 /'´ヘ___ノヽ ̄ ヽ/`ー‐イ\X´   `ヽ 〉'´ /`.、 `┴' .}
      ヽ- '  ゙<r' ´-{    i- 、 ./   j   ヽ\     {  { {\、O_ノ }
       、   ノ\  .i   }---{    i、   \ヽ、_ .}  _}ヽー'::弋フ} }__
_     / X´   }‐弋__/   `ー-j ヽ、   ヽ/`ヽ| }∨ /:::::rニ_ノ  > 、
  7 ‐ f<___ト、__/         __ ハ  } `ト、 { __ -‐‐ /:::::::{/ノ />{_   \
</  /   }          ,  '´  ∧  }  },r ´  `i /::::::::::} /    >‐ ´
  >-  __/       _  '´   _ - ∧_ -イ     レ'/:::::::::::::} {´ ̄ヽ二=- 、___
/  /  フ{ー---   ´   , -‐´    i   \ / /::::::::::::::::| i、___ノ       \
  /  // i       ,  ´        ヽ、_ -‐´  ̄ {::::::::::::::::{ iイ }、`ー- _      ー- _
../    ///∧     ./           /      | |::::::::::::::::| |ヽ\.\   } ̄ ‐-  __

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               しかし、その後の道筋は決して楽なものではなく
国内の世俗派との対決、イランアメリカ大使館人質事件、イラン・イラク戦争、悪魔の詩事件などが起きることに。

          イランアメリカ大使館人質事件ではアメリカの外交関係断絶と制裁
          イラン・イラク戦争では30万以上のイラン人死者と国土荒廃など………

    イラン・イラク戦争終結時に「毒を飲むより辛い」といって停戦受諾したのは有名でしょうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.



372 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:25:27 ID:db2b1aee [29/73]


 : : : :  : ,ノ: : : ̄\\\|∧|i_             n
:、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ̄ヽ|Ⅵi/::|           __| |_
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~¨ハ∧| |:::Ⅵ:::|         _|二八二|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ∧∧|:::::Ⅵ:|        /  ィ=ミ   \
 : : : : : : : : : /∧ ∧∧:::::|:Ⅵ      | |  /  _ \  | |
ーr──:┬──r‐‐'^∨ム ∧∧::l ̄|    γ⌒l__f⌒Y´ハ`Y⌒V⌒ヽ                      _____
‐ | : :  |    } : :::|∨___ ∧∧j:::::|i,   /‐‐‐ノ 辷辷ア__乂辷Ⅵ‐_八               ___∠|__|
,,,,| : :  | ̄ ̄ {`ヽ、 ,|/「_」 ∨ム:::圦  弋ニニィ⌒弋ニf´ `Yニニf⌒Yニフ          / ヽ/|____/ ̄/:|: ̄ ̄:|_
 | : :  | ̄ ̄ }`ヽ、/|  ∨∧ ∨:Ⅵ/   }弋宀宀宀宀宀宀宀宀宀ナ{      八 / : ::// / / /   :|: ̄ ̄:|
ー| : :  |─‐‐/ : :〉|   〉 ∧ ∨:Ⅵ八 ノ ̄^ーー^ーー^ー^ー^ーー^  ̄¨乂    ノ___乂 : :/// / /::|  /:|: ̄ ̄:|
Τ: :   :| ̄~゙|`ヽ、 / |^ヽ/  ∧ ∨ム辷コ宀ー┐r'⌒'ュ   r'⌒'ュ r‐宀八  γ´ :|  /// / /i| _l/  :|: ̄ ̄:|ー‐
_| : :  :|:  :| |: ::::| |__/∧  ∧ ∨:∨竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺圦 {'´ ゙̄|/// / /  ,ィ´:l  /:|: ̄ ̄:|
il ̄ ̄ ̄| ̄~ | |i\| |∨:: ∧  ∧ ∨:〉:l弋:_:_:_:_:_:|¨|: : : : : :|¨|:_:_:_:_:_:_:_ナ | /辷辷l// / / ,ィ´ |  l//l|: ̄ ̄:|
i| : :_,|:  :| |: :.::| | :|:::::|l∧ ,i|∧: :∨ :| | : : : : :.::|‐|: : : : : :|‐|: : :::::: :| | ̄~Ⅵ竺竺/ / :/.:/ |  |  |/:.:| | :, :, :, |
厂 ̄__ |:  :| |: :.::| | :|:::::|│|V:i| :|_|i. :|_|¨| : ::::|¨|‐|: : : : : :|‐|¨| : : :::| |ニア^Y__Y__|,.イ : :/ / |   |/|  | .: :.:| | :, :, :, |
γ´ヒコ`i{ー‐ | |ヽ :| | :|ー|│| | l| :|:. :| | |‐| : ::::|‐|‐|: : : : : :|‐|‐| : : :::|_|__/ ̄:| |:____|:_:|:/:l/_l__,|   |  |  | .: :.:| | :, :, :, |
,:::_(__)、j{ :, :| |::::`}i、|-|:::::|│| | l| :| : : | | |‐| : ::::|‐|‐|ZZZZZ|‐|‐| : : :::|‐|::|  : | | ̄¨|¨:|:  :|'⌒Y: | __|  |  | .: :.:| | :, :, :, |
|// { j{ :, ::| | .;i}: :|: |ー|│| | l| :| : :| | |‐| : :.::|‐|‐|ー|;;;;;;;|ー|‐|‐| : : :.:|‐|::|  : | | : :.::| |: ̄:|ゝ-i{ :lY_:_|二|  |_____| |:──:|二
リ  j{ ̄ ̄~| |`ヽ} |: |:::.:|⊥|_| l| :|__ : | |_|_,|:_:_:,,|‐|‐|ー|;;;;;;;|ー|‐|‐|:_:_:_:,|_,|,,|  : | | :.:,:|‐:|: ̄:|/  { ,|i| : |(::)|  l ( )| | :, :, :, | |
'__,,j{ :, : | |i::::j{ |‐|ー| ̄|─廴:|」  | /───|‐|‐|ー|;;;;;;;|ー|‐|‐/───|  : | | : : |:_:|: ̄:| }/{~[:|_:_|:{:::| ̄|ノ^l:| | :, :, :, | |
::|:::::j{  :, :  | |:::::j  | :| 广コ: : : :|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 厂/ニニニニニニニマム ̄ ̄ ̄ ̄ ̄弋ニニ|l|:|: ̄:|_{___,|- | : |:}:::|  |_____|_|:__:| |
::|::::j厂 ̄ ゙̄|ー‐厂 ̄厂广二N__i{i{ ̄ ̄ ̄ ̄~~ 厂jニニニニニニニニi|ニ[二二二二二二l :|ノ:|: ̄:| |::{: |__,| : |几| ̄| {__ {::| :, :, :, | |
¨¨7 :, :, :, :|ー‐厂 ̄厂乂 :, :, } i{i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄厂 |ニニニニニニニニ:|¨ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:  :|Τ「:|:,:,l ̄ ̄:| ̄| l Ⅵ | :, :, :, | |
/:, :,  :, __|  / :, :./ : : :厂 ̄几_|二二二二二〉-〈ニニニニニニニニニ〉‐〈二二二二二二 | |: ̄:|辷ニ|__,| : ::.|  | |, |,:|:| :, :, :, | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄|二二lニニl======┼──── |::::::|ニニニニニニニニニ|:::::|───── \ |:‐|─┴──┴─ ┴───| ̄ ̄ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       そんなホメイニーですが、イラン・イラク戦争の終結後の1989年6月に亡くなります。
      彼の死亡時には、聖遺物を狙った民衆の暴動が起き 棺を破壊するなどもありました。

       現在はテヘラン郊外にある広大なホメイニー廟に彼の遺体がおさめられています。
      非ムスリムでも入場が可能な場所なので、機械があれば見てもいいかもしれませんね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

373 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:25:38 ID:db2b1aee [30/73]

                               ___
                               ''^~ ̄::.::.::.:´"''::.:´"'::...,
                        /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\::.::.\
                         /::.::.::.::.::.::.:: /|::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.',
                     /::.::/::.::.::.::.::. /  |::|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::':,::.:',
                       /::.::/::./::.::.::.::/   .|::| ::.: |::.::.::.::.::.::.::.::'::.::'
                    ::.::.::.: /_Λ/   |人_|_::.::.::.::.::.::.|\|
                    |::.|::.::|::.:|/ ̄`    ´  |人::.:: |::.::.::.:|二| ̄\
                    |:人::.::.ィ灯)心    ィ灯)下\|::.: :ト|/「  /
       _                 \::.: 乂ツ      乂ツノ 八八|Y::.::厂∨
      {i:i:i:i,              _ノ::} '''  '        ''/ ::.::/  }::./\ノ
      ∨i:i:i,           ⌒>::.::.::.{           /::.::.::.:/ヒソ:/|       ……という感じですね。
.      ∨i:i:i,          /::.::.::/\   └ '   /::.::./:.ノ:: |::.::.::.|
.       く∨i:i:i,厂|         {/:/::.::.::.:个: .    斗::/ ̄ :|::.::| ::. 八       詳しくやりすぎると本題からずれますので
          厂つi, |         Χ::.::.::./::.:ノ::.:{辷辷<|/ ̄}::.::.:|::.::|::.::.::.::.\ 
.         〈厂つi:i:, \     /::.::.::.: ;斗ー辷;′;辷「   ̄ ̄~^'く::.::.::.:\::.::\    生涯について知りたい場合は後で質問を
         〈  Vi:i:i:)  }― /::.::.::.::./  辷;′;辷「        ∨::.|::.::.\::.::\
.         \    ノ::.::.::.::.::.::.::.:/''^゚~~辷;′;辷「~゚厂~^'Y      |::.::|::.::.::.::.::.::.::.:}
          /|  ∨::.::.::.::.::.::./ / r辷′;辷「  |    {   _  -=ニニニ- _::.::.::.:ノ\
        /::.::.|    V::.::.::.::.:/| | r辷′ 辷[ ┌、 _  -ニニニニニニニニニニ\::.::.::.::.}
.        {/::.|     ∨::.::/ | | r辷  ニノ)-┤ |ニニニニニニニニニニニニニニニ\::.ノ
        /::.::.::| / ̄ ̄}    | | r辷 -||( 二| |ニニ/⌒〉ニニニニニニニニニニニ\
         {::.:/〈    /'     |, -ニニニニ|| \ノ  \/  /ニニニニニニニニニニニニニ}




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)  イスラーム世界に広がる力ってのを感じるな 祖先はインド出身だったのか
. |     (__人__)____
  |     `⌒´ノ─  ー\
.  |         } ●) (●)\
.  ヽ       }⌒(__人__)⌒ |     先生この生涯で押さえておくポイントはなんだお?
   ヽ     ノ         /
   /   `ーー/⌒^)(⌒^ ー )
   |   、 _   __,,/ヽ   / \


.


374 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:25:49 ID:db2b1aee [31/73]


           ___,/   ´ . : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: :: ::´,
.         |¨/  . .: :: ::/: : :/:/ / :/ /: : : : : : : : : : : : : : ::´,
.         |/ . .: :: :: ::/__/| :/ / : ′,′:′ : : : : : |: : : : : : :´
        ,′ : : : : : // ` |/ i :/  ′厶:!: .:| : i : |: : : : : :: ::i
          {  : : : : ::/{__,    丶|/  i :/⌒i : :| : i : |: : : : : :: ::|__
         ': : : :: ::仆=卆=ミ      |/  八: :| : i : |: : : : : : :::|¨}
          [\; ; : ,小 r┘ _) `     ‐‐- `:| : i : |: : : /:: :: :| :}
          [_:_乂|: : | _乂辷ン      竿ミト, | : i : |: : /:: :: : :|∧
          | : :i: :|∧| , , ,         r┘_) _}〉: ; : ::|: /: :/i:: ::|
          | : :|:i:圦       ′   弋辷ン/: :/: : ::|/: :∧i: : |
          | : :|:| : : :..             , , ,  厶イ:{: : 八 :∧i:i: : |    さしあたっては……
          | : :|:ト、 : ;心、   ‘ ’      勹八{/|: ::/i:i:i:i: : |
          | : :|:|: :\ 「   、__     ィ: : : :: :: i:i:i:i:'^Y i:i:i:i: : |    ①ホメイニーは反西欧化を唱えて政治運動をしていた
    -─┬‐| : 从_:_:_:ソ       / : :|:: :: :::,'´|i:i:/ ,′.:i:i:i:i : |
  /    ^V⌒!__厂]「´       ,′: :|: : : ::i |i:/ /. . ::i:i:i:i : |    ②法学者の統治論は亡命中のイラクで創案された
. /      :/ ∧_,厂}|        _人_j__:|: : : ::| |/_,.厶: : ::i:i:i:i : |
/      :/ ∧__ 厂}ト、__     __,,ノ¨ ̄} ̄}r-'´)^ -‐ ∨::i:i:i:i : |    ③ホメイニーは改革派に属する
     .::/ ∧____厂〃⌒¨∨¨⌒ヽ__厂} ̄}| く /  __. }: :i:i:i: : |
    .:::/ ̄ ̄V⌒!__{{__ __只__ __}}__厂__./|   `i__/  '::i:i:i: : |
    ::厂 ̄\ノ , ′厂¨゚7/ | 「゚¨Ζ _厂}八   {  火⌒i:i: : |       この3つを覚えていただければ大丈夫です。
   _,′‐‐- | 〈  ′○{:{__| |厂__厂__,/^{{\_ __/⌒Y^|:i: |
\__{{  ヘ.,_}┘,′   /¨¨| | .厂 f'⌒  ii⌒Y⌒Y⌒^人|:i: |




     / ̄ ̄ ̄\
   /      _ノ ヽ
((  |      ( ●) |       ____
   |        (__人).   /       \       なるほどここで今までの話が生きてくるわけだ
   |        ⌒ノ.  /   ─   ─\
   ヽ        }  /    (● ) (● )\
_   >        }   |        (__人__)  |    ホメイニーの法学者の統治論は、反パフラヴィー、反伝統派の
   ̄ ̄`    、__ノ   \      ` ⌒´  /    流れで出てきたものなんだな
         ̄`'‐- 、   >     ー‐  <
                 ヽ /      / ̄彡ミヽ、
                  V    ヽ /  / ヽ  ヽ
                  ヽ     Y  /   |  |
          入     ヽ     ノ    ヽ ノ


.

375 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:26:00 ID:db2b1aee [32/73]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           ②ホメイニーの法学者の統治論(ヴェラーヤテ・ファギーフ論)とは何か

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                     ―――――<
.              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\
           //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ___
.           /:::/:::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.    }
          /:::/:::::::::::::/  ::::斗―::、:::::|::::::::::::|:::::: |  /
         :::::::::::;::―-、   \::::\:::::::|::::::::::::|:::::: | ./
.        |:|::::::::::::Λ{      ≫==ミ:::|:::|:::::: |:::::: |/\
.        |:|::|::::::≫=ミ    " );;;ハ 》::::|::::::ノ::::::::|   \
        八|::|::::《 );;;ハ      乂'ソ ,, |八イ⌒ヽΛ /⌒
          |人::: 乂ツ '        /:::|   ノ ::::'、
            |::ト''               ,:::::::| イ:::::::::: '、      はい、それではホメイニーの生涯を踏まえた上で
            |:八   ┌   ̄)   |:::::::|::::|::::::::::::: '、
            |:|:::::..    ヽ      |:::::::|::::|:::::::::::::::::'、     一番大事な法学者の統治論についてみていきましょう
            |:|::::::::::>     < 八::::::|::::|:::::: \::::::'、
            |八 ::::::::::::::: Τ      \|⌒''<_:\::'、
             |\|::::::::ノΛ     /       / ) ̄ ̄`>┐
             |::::」斗  { /\ /       ∠ノ       / ̄ ̄
              __┌(     ∨ /      ∠ノ       /
          __/  ∨      \     ∠ノ   |  //
       _厂    ┌(       \_∠ノ      |
.   _,、-''"/ {   | \>      \/       ∨   ∠_,,..  ---


.

376 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:26:11 ID:db2b1aee [33/73]


                ,...::.::.::.::.::. ̄ ̄ ̄\
            /::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
          _/::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
       / Λ::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
       /    ::.::.∨::.::.::./::.::.::.::.::.::.::.::Λ::.::.::.::.::.::.::.:
       \   |::.::.:|::.::.::.:|::.::.::.::.::.::/::./  |::.| |::.::.::.::.::.|
       {   |::.::.:|::.::.::.:|::.::.:/|::./|::./   |::.| |/::.::.:: |
         \_|::.::.:|::.::.::.:|::. ー|/--/   | イ|__|::.::Λ|
            |::.:八::.::.::.|::抖羔ミ     ィf笊人/
            |::.{  \:N(  |___ノ     └┘イ: |
            |::.::\|::.::.|〉        '    八::|     まず、この法学者の統治とは ペルシャ語で
         八::.::|:|::.::.込     , 、  イ ::.: |
.         /::.::.::. |:|::.::.|::.|::≧       <::.|::.::.::|     ヴェラーヤテ・ファギーフ(Wilayat al-Faqih)と言いまして
        / ::.::.::.: |:|::.::.|⌒ソ      | ̄\|::.::.::|
.          ::.::.::.:/ ̄|::.::.| 「         Υ  |::.::.::| `ヽ   ヴェラーヤテ=支配(=統治)
          |::.::.::   八 :|\___ /  人::.::.|  |
          |::.::.:|    \  \         \|  Λ  ファギーフ=完全な知識を持つウラマー に分解されます。
          |::.厂\   \     __/      /:::::〉




                        ___
                 ,...::.::.::.::.::.::.::.::.:\ ̄\
                  /::.::.::.::.::.::.:'^~ ̄ ̄::.::.::.::\
              ,::.::.::.::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.',
                /::.::.::./::.::.::.::./::.::.::.::.::.:/::.:|::.\:',
.       ____/::.::.∨::.::.::.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::',
      {      | :: ∨::.::.::./::.::.:/::.::.::.::.::.::./|::.::.::.::.::.
      {      |: ∨ ::.::.:/::.::.:/::.::.::.::.// |::.::.::.::.::.|
       \     |::.:|Λ|::/::.:/:: ̄><_     |::.: |::.::.::|
       |     |::.:|[ lΛ/ x-冬ミ       ー|‐::.|::.::.::|
       |   八:乂 |::.::.::.| 乂 ッ    x失ミ:ノ|::.::.::|
         \  /::.::.::.::.:|::.::.::.| '' ̄     [ ッ ィ 人/|ノ
          ∨ ::.ノ::.::.::|::.::.::.|        ` ''Λ:|        つまり、直訳すると
.         /::.::/::.::.::.::|::.::. ノ     ⊂つ .ィ|::.::.|
        /::.::/::.:/::.::.:|::/   {> ≦::.::.:|::.::.|        完全な知識を持つウラマーによる統治…論というわけですね。
.       /::.::/:/⌒{ ̄{     >rーrへ::.リ::ノ
      /::.::/::{    { ̄{      }_}  ∨::\
.     /::.::/::/{     { ̄{       }_}    ∨::.::\

.



377 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:26:22 ID:db2b1aee [34/73]


                    .   ____
                      /     \
                      /  ー  ー ヽ
                     | ( ●)  (●)|
      / ̄ ̄ ̄\           |   (__人__)  i    ウラマーが国家を統治するべき理論ってのはなんとなくわかるが
    / ─    ─ \       |    `⌒´  i
   /  (●)  (●)  \.     i           i    簡単に言うとこれどういう理論なんだお?
   |    (__人__)    |     !         !
   \    ` ⌒´    /       ヽ._   __.ノ
   /              \     /  ヽ,.ノ  \




   .  -‐:::::¨¨`´ ̄¨¨::‐-..、
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:\
//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/  マ.:.`:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:、
:.:./.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:./   マ:.:.:i、:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:./‐-:,∠/:.:/     マ;.l__マ:.:l:.:.:.:.:.:.l
:':.:.:.:.:/:.:./ //`     '´V マ:.l.:.:.:.:.:|:.|
:!:.:.:./:.,ィz≠=t、      ,ィェz、Ⅵ:.:.:.:∧l
.|:.:/:Kく _)圦i|ヘ    ィ_)圦!¨ヾ|:.:.:./ /
:|/:.:∧ ヽ弋ニノ     弋ソ / j:/
/!.:.:.:.:.        `     イハ        もうちょっと詳しく言いますと
:.:!:.:.:.:.i                 l:.:.:.!
__!:.:.:.:.!、     r'⌒      /!:.:.:l        「公正」で 「単独」の 「知識ある法学権威」が
f 、:.:.:!ノ\     ` ノ    /:.:!:.:.ハ、
、  ヽ:!ヽ   ‐-   __, イ´ ̄ヽ!ノ:.i.:.       「イスラーム革命によってイスラーム政体を樹立」して
,(   ` `、   /   | 〉;';';i;';';';';ハ:.:l:.:.i
__、     、 ノ     } 〉;、';!;';';'/;'i:.:!:.:l       国家を統治すべき論ということができます。 この「」の部分よく覚えてくださいね。
:/:(      ノ¨ヽ   ノ丶;';';l';';/;';';!/|:.j


.



378 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:26:33 ID:db2b1aee [35/73]


                         / ̄ ̄\
                        _ノ  ヽ、   \
          ____            (●)(● )    l
.        /       \.          (__人_)     |
.       /   ―   ―\.        ヽ⌒ ´      l       「」の部分が大事?
     /     (●)  (●) \      {         /
.    |       (__人__)   |         ヽ     /       なぜだお?
    \.      ` ⌒´   /.        /      `ヽ
        >          <.         /. <⌒ <)))\ l
     /     /(((> ⌒> l          ヽ_ヽ、___ ,イ
     l.    ___/_ノ.        , ─l.      |- 、
.      l.      ー‐⌒ヽ⌒ヽ      l  /⌒ ̄ ̄ ̄  l
      ヽ、.        |_ノ       `/   , ─―──´
         ̄ ̄ ̄`ー ′         `ー ′




              -‐……‐-
            /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
.         /::.:/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: \
          /::.::.:/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.::\
   /:. ̄Λ::. /::.::.::.::.::.::.::.::.::/|::.Λ::.|::.::.::.::.::.::
.   {     |::.:∨::.::.::.::|::.::.::.::.:/ .|::.| :|::.| / ::.::.::.|
    \.... l:\|::.::.::.::.:|::.__|: / ノ:/ |/ |Λ::.::.|:|
    {.... l:\|::.::.::.::.:|:/|/^ー    ィ灯゙Y::.::Ν
.    \/l:\|::|::.: _ァ'笊うミ    {ソノ ノΛノ
.       八::.|人::.::.人 乂ソ       ´  {::.|       他のウラマーとの違いが現れている部分ですからね
       /::.::.::.: : |\ト           `  八|
.      /::.::.::.::.::.::| ::.:人     r _y   イ::.::|       まあ、それは次回以降までに頭の隅に入れておいてください。
     /::.::/::.::.::.::.|:|::.|::.:| ≧-   _, ィ::.:ノ|::.:|
.    /::.::/::.::/::.::.:|八|:ノ       {\´^'<|:ノ       今は、ホメイニーのこの理論を詳しく説明しますね。
   /::.::/::.::/::.:/  \      {  ∨  \
.  {::.::.{::.:/::.::/      \ー―    |     }


.


379 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:26:44 ID:db2b1aee [36/73]


              ___..:: ―……―::-<
            ,r::´:::::::::>::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
           /::::::::::::/::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::.寸
             /:::::::::::./::::::::,r::´::::::::::::::::::::::::::::::.ハ
        ,___.′::::.∨::::::::/:::::::::::::::!::{`マ::::::::::::::::ハ
          ',.....:::::::::::::!::::/::::::::::::::::::/}::}  ', '/::::::::::::.
        ヘノh:::::::::|:::7::::/i:::::、//:7   ! ',::'/:::::::::.
            /}::::::::::{:::{/ ,r<´`メノ   }ー '/::::::::.!
         7,人:::::::,r'´::::::{ ,ィf=ミ、   ィf=ミ::::::l::リ
        7ノ:::::::::八 i ゙ハ::| 乂::ツ    乂ソ ノ::::ノ::i
        `i:::::::::::}::::ヽ !::::|  , , ,    、    '/:/, '′     まず法学者の統治とは、どういう理論なのか概要を見ましょう。
        /::::::::::ノ!:::::::゙{:::::'/       , , , , .i/
         .′::::::/:::}:::::::::!:::::'/    ∠::マ     乂
      /::::::::::/::::::|:::::::::',::::::>s 。 .____... 。イ:::::}
      .′::::::/:::::::ノ::::::::人:::::'/     {::::::::::|::::::|
       {:::::::::::{::::::/_,,..r'´ヽ ハ/     ``ー<i::/リ
      |:::::::::::|γ´`ヽ ``¨⌒¨⌒マy匕´///ハ
      |::::::::::y′: : : :寸////////{!/////7 : :',
      |::::::::∧: : : : : : :寸///////l|/////! : : :'/
      |::::::::{:∧: : : : : : : 寸//////}/////!: : : :'/
      '/::::::|:::∧: : : : : : : ハ/////ノ|/////} : : : '/
      '/::::',:::::∧: : : : : : : }//////////ノ : : : : }


.

380 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:26:55 ID:db2b1aee [37/73]


              }
              , <ヘ
          ./   .ム
         , '   .,リ州i!}
     _    /    州∥!}
    /  ` ¨〈     γ;;ヽ!
   ./   /:\ \   ゝ=''}、
  /  /::::::{ `<丶 .._ノ ノ   _____
  \ >。.弋    >- イ__/´        /ア
    { ヽ- 、 >。.¨´:::::::マ、 /        //
   { {   > `7::::::::j} /       .//       現代で世俗化?イスラームは全てを包摂するぞ!
   ', {   |  .,':::::::::j}/ ____ .//
  マム \ |  .,'::::::::::j}´     .//___, -────==ァ
、  ゝ、  ヽ! .,':::::::::∥     //   > ´         _..斗≦────‐ァ
、\   マ  |! ,':::::::::∥    // > ´       _..斗≦         > ´
r ´ マ   マ |V:::::::::∥_ //ィ ´    _..斗≦         _..。s≦
ゝ.._ マ   マ.!:::::::::::〈{ l_〃_\  _..斗≦        _...斗s≦
'´>r´ )   マ::::::::::::ム、ム = }≦     _...斗s≦
¨! マ`γ¨ヽ .マ::::::::::::ムイ - .}マ == ¨ ̄|  |ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            まず、ホメイニーは基本的に、イスラームは私的領域のみならず、
          あらゆる領域において、時代を超えて密接不可分の関係にあると考えます。

                ・ ・ ・ ・ ・
           つまり、現代においても、イスラーム法の執行は必要だと考えます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

381 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:27:06 ID:db2b1aee [38/73]


      / ∧
.     /  ._ i
    /  / 、 i
    / / }}}{{{; i
r ⌒./ / \ O/}‐  ̄ ` 、
_____.{ 〈〈込、_,/フ}} /    \.      政府とイスラーム法知識をもった人物が必要っと
 / i Y `i:::::r''ィ} 7 ̄`ヽ、 _〉
/   i } i::::::{ i' .}' /, ィ< ___
 γ 、} .}/:::::∨ γ` く,r ´-‐‐‐ ` ー-   _      , ィ' 7
. {   } i:::::::::::} {   /´.   , ィ' 7  ――――― ァ   /、/、/ ,-、
. 乂 ノ }:.:.:.:.:.:} ( Yヘ‐イ /、/、/ ,-、:::: : : :   /   /、/_ /< /
  r‐v i: : : : i 〕 くi ヘ. /、/_ /< /. : : :    /   /r.イ´ 7 /-ァ
  し'j .i: : :ハ 〉_从. /r.イ´ 7 /-ァ. : : :   /   /ノ`7</ィ´У
  } YL}     ヒヨヘ../ノ`7</ィ´У゙ヽ   / ___,ィ `ー〈ヽ Y´
.  j .{ 0) __... ___,ィ `ー〈ヽ Y´.   > '´ニ三 7 /  ./  /
 / /}. > '´ニ三 7 /  ./  /. }  // 三三./ { フく___ノ
./ . // 三三./ { フく___ノ >、ヽ ///  三三 { {:::::::::} .}
////  三三 { {:::::::::} .}   ヽ>、v' {.  三三 { {:::::::::i .i
...゙v' {  三三 { {:::::::::i .i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  次にホメイニーは、実体をも伴うイスラーム法の執行には「統治者」と「政府」が必要だと考えます。

           ここでいう統治者とは「イスラーム法の知識と公平さを持つ人物」
         政府とは、「イスラーム法に基づいたイスラーム的政体」であることを示します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


382 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:27:17 ID:db2b1aee [39/73]


                          / ヽ
                        /  ム
                      /    ム
                     ,'       .ム
                          ,'       ム
                         ,'      .ヘ ム
    .t──-  ...__        ,'     〃{i{i{iマ. ',
      \          ̄ム.___  ,'   , = ./    ム !      _______
       \       ム    ̄,'  ./  _ \ @ ノ-、___., '´        > ´
        \    ___ム__ ′ 〈 <弋`<ニ> ア.}    /       .>"
         \´   _   ム !   ヽr-、ヽ¨´::`¨イ__}  ./ ___ /        預言者もイマームもいないから
 ̄¨¨  ──--- _.。s-/ム   ム{    .! r' |::::::::| 〉ノi´ ̄/´    ./──--  ..._
≧s。.._     . <.:.:.:.:.|ヽ ヽ _..=s。._    ヽ| .!::::::::| /イ |  /    ./ _.. - _..。s≦   イスラーム法学者の出番だ!
    ≧/.:r 、.> ´¨´,-、ム= γマ  | |V::::::::::|/! | .!_.. -─ 、.´. <_..。s≦              _.. -‐ア
      ./_..ィ乂ノ__乂¨´, <¨ア、 乂 〉  | |:::::::::::::::::{ .! / '-、三 〉s≦    _..斗≦       _...斗≦.:.:.:.:.:/
`≧s。{ム  _ァ、__}lililili/.._).ノilili}--"○。.| |:::::::::::::::: { ! マ .ィ ==./   _..斗≦      _...斗≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
:.:.:.:.:.:.:.`r-、′ ゝ=-イ  ./lili, <ム //ム!::::::::::::::::::{.{ ((..::))n{ }ム_...  -─.:.:.:. ̄ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ.._マilililil/、ム, 'ilili/   .ノ 乂、ノ::::::::::::::::::::{{   ○r{}uマム  | マ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ \./  ′, 'ゝ.._}/=、   ○:::::::::::::::::::::{! γ.::ヽ{ { マム .! !  ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'  ./- 、 !,.'   /   ./=、((..::)): : : : : : : :{! ゝ=ィnu、ノマム.! |  ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'   .〈   ヽr‐ 、 〃   ./   }、_... -─ァ  マ  ○ { } }u{.マム .!   ム :.:.:.:.:.:. /
:.:.:.:.:.:.:.:.:,'   |`¨¨´ゝ..ァ、⌒ヽ /  ,'       /    マ((.:::))、u{ }ゝマム |    ', :.:.: /
、.:.:.:.:.:.:.:i    |       ゝ-'.乂¨V     / γ⌒ヽ○゚ マur、乂.マム    ',:/
. ` <.:.:!     |            ¨!   .> ´○.{ 。゚ o }゚    マr' ,{ }r マム.     ',
      !    |               ,'> ´|     乂__..ノ マ.  マム{ノ{ム.マム     !
      !    |               /    |              マ.  マム ゝ'、マム   .!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公平なイスラーム知識を持った人とは一義的には、預言者とイマーム(預言者とアリーの血を引く者)です。
         しかし、ここまでで見てきたとおり、預言者とイマームはもはやいません。

           ですからウラマーがそれを代理しなければならないというわけです。
             ただし、それは統治の話だけで、宗教的代理はできない。
           なぜならば、宗教事項は預言者とイマームだけが行えるものですから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.



383 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:27:28 ID:db2b1aee [40/73]


                |` 、
                 |  \
                  |    ム
                   |      ヘ                 , <ム
                    |      _ ム.. -───ァ     _、 'イマ-、}´ム
                     | _..。s≦ マ         /   . <  |ゝ.イ `¨ゝ`}-、       人民と他のウラマーはよ~くみとけよ
               _.。s≦      ',       /. イ    ,' 、{  __ ゝ}
             . <            ',  _.。s≦      /、, <.tァ tァ 、\
           <      /_____.',/  _        ./ >。. .j} j} .j} jiヽ
        __` <_..。<       , ァ    riヽム    ./     \ ¨´ ミ j} jム
 t- 。.= ¨ ̄             /={ ヽr、{:. r':!ィヽノ    /         \   ヽ.j} ム
  \.:.:≧s。._                人ィ`¨ マムィ、ノ彡'    /}   !      \  ヽj} i!
    \.:.:.:.:.:.::≧s。._            ` ‐-`tmァ    / }   .!       .ム.  マj}!
     \.:.:.:.:.:.:./   ≧s。._           `¨    ./  }  ,'            } j}|
       丶.:.:.:.{ /      ≧s。.._             /   i } .,'           ,' j|
        \{イ       マ } ¨ ‐-  .._/   ! },'             /  ,'
        /        ム Y′         /      } .}` <      > ´  /
         ,イ           ', !        /      .,' .ノ、   `¨¨¨、´    /
      /           } .}       /    /   / イ \.      `¨¨¨¨´


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            そして、民衆は統治者である法学者に服従しなければならない。
  それは神の代理であるイマームの代理である法学者の命令であり、神に従うことになるからです。

                      さらに付け加えると
  1人の法学者がイスラーム的政体を樹立したならば、他の法学者はそれに従わなければならない。

             そのように、ホメイニーの理論を説明することができるでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

384 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:27:39 ID:db2b1aee [41/73]


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   概要は理解できたな
 |    ( ●)(●)                ____
. |   ⌒(__人__)            /      \
  |     ` ⌒´ノ           /─    ─  \
.  |        }  \      / (●) (●)    \
.  ヽ         }     \     |   (__人__)       |     でもイスラーム革命の部分はなかったね。
   ヽ      ノ       \   \   ` ⌒´     _/
   /    く. \      \  ノ           \      なぜ革命を起こすかって正当性はどうなっているんだお?
   |     \  \    (⌒二                |
    |    |ヽ、二⌒)、      \          |  |



                  _....:::―::....._
              ,...:::´:,::::―---―:ヽ、
             ,.:´:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::::::/:,::::::::::::,::::::|:::,、:::::::::::::::\
            ':::::::/:/::::::::::/::,.:' }/  ヽ::、:::::::::ヽ
          ,/{:::::/:/::::::::-/:/、/'    |:∧:::::l:::',:|
         /(__/|::::l:イ::::::://'     ´}  ∨:|:::}:|
         ト  ,{::,.-|:::イ,ィ震Tミ    ,ィ震ミ, }:/:/ '
         {   /|:{ {'|::从 Vソ    Vソ ノ/::イ     いい質問ですね。
          乂ノ/::乂、}:::::ヽ      ,   ムノ
          /::,::::::::∧:::::::.     、 ,   人|      革命を起こす正当性についてこのように説明します。
           /::/:::::::::{::::\:::} 、      イ|:::/
           ,:::/,:::::::::::|::::|::|从  ` T ´-r、,|:/、
        /::イ/:::::::::/ィ |::|ムリ、_,__ノイ_∧.......
          /:/ /:::::::::/.......ヾ}乂匸 ィ介ー;/}_」、...}        /)とニヽ
       {:/ ,::::::::/{...........リ...乂〉、〈∧〉 /_〉.∨...ヽ     Y  ,ィ_ニ}ノ
         从 {::::::::{ム..............}.....`ー、_,l|。}ノ........}......_}    /  ムィノ
        ヽ} |::::::::|:∧...........|.....................;.............,./.....Y  ,   /¨ ´
          ' 从:::::|:::::}...........∨...............,j.l........./,ィ⌒ヽ.〉 ´  ,
           Ⅵ从:|.......\.∨.........../..j......〃  `Y,J    /
           リ   |.............>、_./_/--V   t-ノ   /
              乂.....¨´...........................}_)-く.「´  ,


.



385 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:27:50 ID:db2b1aee [42/73]


      /    |_/////⌒⌒⌒Y/
       ___/   {//^i   _!|   , へ  /⌒}
     /         \Y   〈:::::/ }  .r`Y_`Y   ノ
    ./    , ----、 _/ ≧s。.__/  `ヘ  |  |      rrrr┐             /777
    /    /-+-+-+\     /       | | .|---、  〈つ ノ    __ , ---- 、 /っ_/
rセ7ア7ァ。,_ /-+-+-+-+-+\    ∧         | /  |   |   |   |   /:::;'::;:::;从从〉ニ./
//|///}/ハ-+-+-+}-+-+-+ \_/_〉 \___    .|/  | ワ/_/|  |   |::::|、|: :|  〉 }ニ/
//|///}///}___/___/ ̄ ヽ、-+-+-\_ /   |7777、:::|/|  |   |::::|_/从ヮ/ニ/
//| ̄ ̄ |リ      {三{  、_У}+-+-+-+./\  /```マ彡  |  |  /ニニ , -く:トニ /
//| _  ||__,,.、丶´  ̄ `¨´+-+-+-+-+-/:;:;:;:;\_|    }シ  /   ,′./ニニ/ ,、ノニ/
//|〈:::::/ /.| /+-+-+-+-+-+-+-+- /\+/:;:;:;:;:;:;:;:/___〉| へ′ / ./ ̄ ̄ ̄ヽニ)′
//ト. _//リ /+-+-+-+-+-+-+-+-./  /:;:;:;:;:;:;:;:;/ {::::::///:;:;:;\/ ./   从从从〉 {
\! L//// /+-+-+-+-+-+-+-+-/  /:;:;:;:;:;:;:;:;/:....__/:;:;:;:;:;:;:;:;У', Y^!    |
:::{  }::::\ __+-+-+-+-+-+-+- /  /:;:;:;:;:;:;:;:;∧  /!:;:;:;:;:;:;:;:;/  T圦  /7 /ハ
/⌒iイ:::::::::r巛)+-+-+-+-+-+- /  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\/;:;:;:;:;:;:;:/     /  .\_二/rっ}


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ホメイニーはイラン・イスラーム革命の正当性を2つの理由に整理します。

              まず1つは抑圧や社会正義の欠如の原因は
      西洋列強による植民地主義の拡大とそれにともなう社会の脱イスラーム化にある。

      つまり、西欧的近代化は、誤っており、イスラーム化しなければならないと考えます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

386 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:28:01 ID:db2b1aee [43/73]



                。s:≦ ̄       >o。
            。s≦      , -‐`    __ .丶
          ィi〔        /       、__    ヽ \
       ィ〔        /          \    ∨ ∨ /
      // / ./ /  /       !      ヽ_   . ム  ∨
       /i.イ / /   ./      /|      }   マニヽ/ニ}  Ⅶ
      /´//  /   /|    // ,'  ,'   |  i`i ヾ'ニ/i  .Ⅷ
.       |'   |i  /.\  /// ./_' 斗匕 ./   ! Yニ:/ヾ}  .Ⅷ
.       |    .|!、./、、! ヽ/ /' ィ'´/ .// //|    ! V   |  |
       /|.!  .| Ⅵ|《ん刈 i! r/≦//_|  ./  |  .|  |
     / |.!  ヽ |/! 乂り    Z圻 示 汽 / /イ    ! .|  |
     /  ヾヽ  |ヽ | ` ¨      らrク 〃イ    ./.∧ l    !
.    /イ |    >、ヽ :|` ′     `¨´  /   ィ ,イ  |レ′  リ
    .! .|:.:.|、:.:.:./ /``人        u.<_ ィ ´/ イ  |    //
     ヾ:|.Ⅵ':.:.:.{\イ丶 ヾ=ー- ヘ  ./   /- '´:.:.:/ |:.: / //       存在自体不正とか
        /|:.:.:/マニ\:.:.ヽ `丶`ソr―- </_:.:.:./:.:.:/:.:/:./.,′
     ,ィニ≧Ⅵ:!__}ニニ≧ ヽ_  -{― /ニ≧s。:.:/:.:.:.:./         クビだクビだ! 国外追放じゃ!
    /ニニニニニマニニニニ{、  }: :./ニニニニニ≧s。'´
   ,:イ{ニニニニニニ}、r≦/ {/- ‐.}: /ニニニニニ/>‐\
 _/:.{ .{ニニニニ>': : :}}: :{    。s≦'ニニニニニ./   r――≧s。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次に、そもそも正しいイスラーム的統治は初代イマームであるアリーの死(661 年)をもって途絶えており
       その後生まれた世襲王朝は全てイスラームの観点から不正だと考えます。

      当然当時イランを支配したパフラヴィー朝も存在自体が不正だということになります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


387 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:28:12 ID:db2b1aee [44/73]


         /:: :::: ::: ::: ::: ::: ::: :::`ー、
        /::: :: ::: ::: ::: ::: ::: :::: ::: ::: :::ヽ
.       /:: ::: :: ::,イ:::Λ::::iヽ::: ::i::: :::ヽ::: ゙i
      _./:i:::: イ:::/ .|:/  t::i `、:::|::: :::: i::ヾ|、_
.      く./::i::::/L/‐‐!'   ヽi ̄ヽ:|、::: ::: |::ヽ|ヽ`ヽ
.       {::::i:::| |/_       _ _ ゙、:: i::|彡| ヽ _〉
.      ノi:::i:::k'丁 てj`   彳 てjヾr:ノiノ彡|、_ r´
      ^.k::ヾiヽ乂_ノ      乂_メノト'|^}:::ノ、 ゝ
      .ヽr、|.     ,       |:::レ':/:| `´   このように、反西欧化、反王制・帝政が
        j :|人      __    _,イ:::i^'::::| 
..      | ::|::::|::゙ー-、___   __,,イ´:::|:::|:::i::::|     イスラーム的に許容できない
      |:: :|:::::|:::::__ノi | ̄  iyヾ、_.|:::|:::t::::|
       |:::::|::::|r'´  t、_ _,/.    ,|::h、:i:::::|     だからこそ革命を起こさなければならないとなります。
.      |::::λ:| !!   k  /     /j:/.| `i ::::|
      |:::/ ヽ! tt.  r,=V= 、.  //  |   i::: |
.     |:::|.  | ヾ、/イ .|☆| ヾ、/  |   |:::i:|
     |::::|  |.  `´  |  |      |    |::|ノ




        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\      ____       なるほどちょっと無理やりじゃねと思うんだが……
      |::::::(●)(●) |   /      \
.      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \     まあ、イスラームだし……
.       |::::::::::::::    } |      (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´     | |          |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――


.




388 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:28:23 ID:db2b1aee [45/73]


              ,,.+''’ ̄.: ̄ ̄>ュ.,
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
           ,ィ.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i、.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
           ,j.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:j \.:.:.:.:.:.:.:.:'.
         /::|.:.イ.:.:.:.:.:.:.:j.:/ }.:/   ヾj.:.:.i.:.:.:}
        /:::::::::k.:|.:.:.:.:.:.:/jナ^j/    丁∨.:.:/
        \::::::k.:ハ.:.:.:.:ム=x、.    ィ斧^刈イ
          \j.:.:.:ん.:.代 ヒ炒    ゞ┘ K             まあ、そのあたりはご愛嬌ということで
           |.:.:∧ ヘ.:ヾ ,,    '   ,,u.l.:\
           //.:.:`λ.:.:\   r:::.ア /.:.::.:|     さて、ここでさらに補足しておきましょう。
          .:'.:.:.:.:.:.:.:.>ヘ.:.:.ト f了~⌒寸=‐、リ
         /.:.:.:.:.:.:./込, УY'ニつ⌒>┐ K    ホメイニーは神の代理ということで、法学者の統治を正当化しています。
         /.:.:.:.:.:.:.:|   込,  _j ニコ  とニV ャ:\
       γ.:.:.:.:.:.:.:.|    込/λ__r~,.,.,., 〕.ノj ヤ:.:.|  彼はその正当化の理由を「法学者の監督権」といいます。
        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   'v/ ヾ:::::/^ハマ゛::/ヽ |:.:.:j
        {.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ   / ο`─イ 仆‐' o \/
         \{\jk.λ  イ o   / O∧  o. }
             ヾ.      /_,≠ ム   /
             / \    _/Γ┤_j^\__/
                /    ̄ O,  ̄ 0 F\ \
            / / >,`:_        ぃ ヾ. ヽ
           j /o/    fコ,.._ fコ 'v  }\j
         /7 У    '.        'v   ~ミメx
        /+=1        ______ ぃ__}+=i
        }+=+\     ≠+=+=+=+=+=+=+マ+=+=j
        \+=+=≧>''´+=+>''~⌒了´ ̄⌒i\ニ7
          ゝ、+=+=+=+=_/     i     |
                ̄ ̄ ̄ ̄\     i     |




    / ̄ ̄\      ……監督?
   /   _ノ  \                ____
   |    ( ●)(●)             /─  ─\
.   |     (__人__)              /(●) (●) \
   |     ` ⌒´ノ          / (__人__)       \
.   |         }           |   ` ⌒´       |     あれ、統治じゃなかったのかお?
    ヽ        }              \  ー―        /
     ヽ     ノ                >        \      というか>>211で出たやつ?
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ]ゝ      ヽ
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ__,ノ        l
.     |     /        〈〉        ヽ       |
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ       /
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ___/

.


389 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:28:35 ID:db2b1aee [46/73]



                ''^゚~  ̄ ̄ ̄~゚^''~
              /    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
            /::::::::::::::/:: /::::::::::::::::::::::::::: \:::\
              /::::::::: : /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          /::::::::: : /:::::::/:::::::::::::::: /Λ|::::::::::::::|::::::::::|
       __√ ̄:::::/::::::::::::::::::::::::::|::|  |::::::::::::::|::::::::::|
     <(二二.{:::::::::: /:::::::::斗―-:::|::|::|  |::-‐|―|::::::::::|
.      {二=‐--{/:: /イ:::::::::: |:::::ノ|:::|::|::|  |:: |八:: |::::::::::|
.      {二二二{::::::::::: |:::|:::::: 抖冬ミ::人|  |ノィテ冬ミY:::::|
     \二二{\ :::: |:::|::::Y´ {::(,,,(      {:(,,( {::Λノ
       /ニニ{ ::: \:|::八:::: 乂::ソ      ヒ;ノ ノ/::|    ホメイニー曰く……
.       {二二 { :::::: |::::::|::::\:{        丶   Λ:::: |
        ̄ ̄| :::::: |::::::|::::::::|::            小:::: |    「監督権」とは,ウンマの指導者がそのすべての構成員に
           | :::::: |::::::|::::::::|:::|     ´  `  イ:::|:::::: |    対して持つ保護責任・監督ということになります。
           | :::::: |::::::|::::::::|:::|   >  <|::::::|::::|::::::ノ
           |{::::::::|:::_ノ_;ノ:リ     {_::::|::::::|:_ノ/|
.           八:/二二{  \       }\_|::::::::: |    元来ウンマの指導者は預言者位(宗教権威)と指導者位(世俗権威)を
           /:∨二/二二...  \___ノ  } } ⌒> _   持ちますが
.          /:: /二/二二/Λ   \     ノ } /ニ/Λ
        ,:::::/二/二二//-Λ\          } /二//- |     ウラマーが代行できるのは指導者位(世俗権威)のみ
         {::::|ニ/二二//二-Λ \... __ ノ/二//二 |     ……というのがシーア派のこれまでの議論です。
        ∨ニ/二二//二二/ }.         {二//二- |



.

390 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:28:45 ID:db2b1aee [47/73]


     //////>^ー―-- </////////ハ
     //// ′_______ヘ//////iハ
    .//// ムイ.:.:/レ{  マ.:ハ.:.:ヘ.:.:.:}///////ハ
    ′///|.:./レィ- 、     ,ィ^ミヘ.:.ヘ///////ハ        ホメイニーの監督権の議論は解釈によって
    |//// }.:.}′f::て    f::て } }.:.リ:、/////iハ        以下の3点を生み出したことに革新性があります。
    |////从ハ 乂ノ    乂ノ /从 )//////l/ヘ
 (\ノ/、//{.:./.:{ , , , v::::::ァ , , ,/.:.:.:.}¨マ/////ヘ/ヘ    ①監督権をウラマーの権利ではなく、義務として拡大したこと
 (三 >{^¨:::{.:.:(>s 。 _ 。s<{.:.:.:.:|.:.:.:マ/////ヘ/{
 ノ>-- }// 从ノ//l   ╋__从{ノ.:.:.:.:.ヘ/////i/ノ    ②指導者位から導かれる世俗的な法もまたイスラーム法であり
:{//iノ {////////(マ  l:::::::::::::} ハ.:.:.:.:.:.:.:.}>-<(      公益>他のイスラーム原理としたこと。
. ><   },イ><¨>{/> t--{ー->/ハ.:.:.:ノ.:.ノ          宗教的目的に沿うならば、世俗法>イスラーム法としたこと
   }ー< ヘ.:.:.:.}.:.:.:.マ///}ー}//////レ{/i/(
       从/ヘ从ノ///i::::::{/////{              ③監督権は神の信託によって導かれるので
          /////^¨¨}/////ハ             民衆の支持は関係なく行使できる
        //////////゙-</////ハ
       イ}/////////////マ/////ハ




            ____
            ´: : : : : : : : : `
       / : : : : : :, : : : : : : : : :\
     / : : : : _ィ: / ヽ:_:_ヘ : : : : : :. ___
     .: : : : :/⌒/    V `Ⅵ |:i:_:_}ニ{
    i: : : : /          Ⅶ|:|: : |ニ〈
    |: : : :}..三三    三三' |: |:|/|⌒
    Ⅳⅳ '' '       '' |_乂: :′
       圦     3     |: {丿{       つまり、ホメイニーの法学者の統治とは
        |: i≧s。  __  ィ|:|ニ|: |
        |: |ニニニィ´|/ 〉、ニ|:|ニ|: |       神任されたウラマーによる世俗的な統治と言い換えることができるのです。
        |: |ニニ/  V\/  Ⅶ!ニ|: |
.      ⅣニV / 「\  | iニ|: |
        |ニニ{ /   |   ヽ. |ニニ!: !


.

391 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:28:56 ID:db2b1aee [48/73]


            / ̄ ̄\
          / ─  ─\
          |   (●)(●)|
     ____. .|   (__人__) |    ここまで纏めると 単独の法学権威が民衆の支持なくとも
   /      \   ` ⌒´  ノ    イスラーム革命によってイスラーム政体を樹立して統治することってことだな。
  /  ─    ─\       .}
/    (●)  (●) \     }
|       (__人__)    |    ノ.ヽ     結構権威主義的な体制だけど、具体的に法学権威の選出方法や
/     ∩ノ ⊃  /∩ノ ⊃|  |     イスラーム政体とは何かっていうのはあるのかお?
(  \ / _ノ |  |/ _ノ |  |
.\ “  /__|  | /__|  |
  \ /___ //___ /




                     -‐━‐-
               . : : : : : : : : : : : : :\
                /: : : : : : : : : : : : : : : : :.
             / : : / : : : : : : : : i}: : : : : : v=ミ
              {:. : :.{^{:jI斗:. : :. :.l}ー===彡}ニニヽ
                八 : : { 乂从 : : : : l}: : : : : /{ニニニ/
              丶N  下::「ー=ミl}ハ厶イ:人--/
              ノ:|   Lノu. /: リ'ノ:l: :ノ: : :.⌒ヽ
                 (:r宀冖冖冖劜 : : ノ、: : : : : })ノ   その点なんですが……ホメイニーは具体的な制度設計には興味がなく
              }┼╋┼╋厶rヘ(╋ー==ミ:}
                 廴╋┼╋┼|   l:.\┼╋ \   ホメイニーの議論では具体的なことは述べられていません。
                  [「'| ̄ ̄ ̄[「'  |ハ从(⌒}/⌒
                  └|┬┬―└―┘〔^⌒
               「 ̄ ̄ 乂__,ノ   〕
                    〔丕丕丕丕丕厶 イ
                   }__/          ┘

.


392 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:29:07 ID:db2b1aee [49/73]


         ┐     ---ミ     r 厂^〉
.        〈└ク  /[::]ニ\:ヽ  /\/
         ∨ \[ニ人ニニ]::| / /
           \ ノ::::::::::::::::::::Y  /      ……言い方はアレなのですが 実はホメイニーは
           ⌒>:::::::::::::::::::::∨
          ⌒フ:::::::Λ::::/\\       革命理論として法学者の統治論を準備したのであって
          /⌒|/  ∨ | ⌒
           __ 〈  __| __      具体的な政治政策として考えたわけではないのです。
            |ニ./ニニ/ニ.|ニニニ|
            |/ニニニ/ 二|ニ\/
            \ニニ/ニ=┴ニ/
           / /    | |
            /__/     |__|
             / /.      | |
.           └‐┘    〈___|




                     . . -‐     ‐-  、
                  /             \
.              /   i、            V∧_______
           ,  . : : | \: : : :│: :l      V Vニニ《
            /  . : : : |   \: :│: :|\ :|   V V二》
              : : : :j{ |    \|\j  斗     V V 《
          j{   : : j八j       -‐=¬ j: :| : | {⌒
           j{   : :j¬ー      斗芋ミ j: :j   |h \
          八   斗芹ミ       V''夕厶イ   |り   \
            \ 从V夕  ,    ””  j{: . j     丶     ですから、具体的にどうするかってのは
            j\{_ ””  ′     u. j{: . 八
             j   代     r   ア    ノ{: . / ̄ ̄ヽ、       ホメイニー以後の議論になって色々交わすことになる羽目に
             八  |i ト            V/       \
                \j j{: : {>-  r<   ∠>      ∧     公正な法学者の資格とは?具体的にどう運営するのか?
                八: : {⌒><><>           ∧
                 / . .\{   ,             }        こうした点は次の5話で見ていきましょう。
                  /イ. :/    ,            \j
               人/    ′             {
                 {     {            . : :\


.

393 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:29:18 ID:db2b1aee [50/73]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  ③ホメイニーの法学者の統治論とギリシャ哲学

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              -‐……‐-
            /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
.         /::.:/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: \
          /::.::.:/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.::\
   /:. ̄Λ::. /::.::.::.::.::.::.::.::.::/|::.Λ::.|::.::.::.::.::.::
.   {     |::.:∨::.::.::.::|::.::.::.::.:/ .|::.| :|::.| / ::.::.::.|
    \.... l:\|::.::.::.::.:|::.__|: / ノ:/ |/ |Λ::.::.|:|
    {.... l:\|::.::.::.::.:|:/|/^ー    ィ灯゙Y::.::Ν
.    \/l:\|::|::.: _ァ'笊うミ    {ソノ ノΛノ
.       八::.|人::.::.人 乂ソ       ´  {::.|      では、最後にホメイニーのこの法学者の統治論は
       /::.::.::.: : |\ト           `  八|
.      /::.::.::.::.::.::| ::.:人     r _y   イ::.::|      実はギリシャ哲学の影響も受けていることも見ましょうか。
     /::.::/::.::.::.::.|:|::.|::.:| ≧-   _, ィ::.:ノ|::.:|
.    /::.::/::.::/::.::.:|八|:ノ       {\´^'<|:ノ
   /::.::/::.::/::.:/  \      {  ∨  \
.  {::.::.{::.:/::.::/      \ー―    |     }


.


394 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:29:29 ID:db2b1aee [51/73]

   / ̄ ̄\
  /⌒  ⌒ \
. |( ・ ) ( ・ )   | ギリシャ哲学……?
. |  (__      │         ____
  |   _|      |       /      \
.  |   ー       |       /⌒  ⌒    \
.  ヽ       /     /( ・ ) ( ・ )    \
   ヽ      /     |   (__          |     なんでホメイニーがそんなものを?
   >     <      \   _l        /      いったいいつ?
   |      |      /  ー        \





                               ___
                               ''^~ ̄::.::.::.:´"''::.:´"'::...,
                        /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\::.::.\
                         /::.::.::.::.::.::.:: /|::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.',
                     /::.::/::.::.::.::.::. /  |::|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::':,::.:',
                       /::.::/::./::.::.::.::/   .|::| ::.: |::.::.::.::.::.::.::.::'::.::'
                    ::.::.::.: /_Λ/   |人_|_::.::.::.::.::.::.|\|
                    |::.|::.::|::.:|/ ̄`    ´  |人::.:: |::.::.::.:|二| ̄\
                    |:人::.::.ィ灯)心    ィ灯)下\|::.: :ト|/「  /
       _                 \::.: 乂ツ      乂ツノ 八八|Y::.::厂∨
      {i:i:i:i,              _ノ::} '''  '        ''/ ::.::/  }::./\ノ
      ∨i:i:i,           ⌒>::.::.::.{           /::.::.::.:/ヒソ:/|      ホメイニーは青年期のコムで
.      ∨i:i:i,          /::.::.::/\   └ '   /::.::./:.ノ:: |::.::.::.|
.       く∨i:i:i,厂|         {/:/::.::.::.:个: .    斗::/ ̄ :|::.::| ::. 八     イルファーン学(神智学)というのを学んでいます。
          厂つi, |         Χ::.::.::./::.:ノ::.:{辷辷<|/ ̄}::.::.:|::.::|::.::.::.::.\
.         〈厂つi:i:, \     /::.::.::.: ;斗ー辷;′;辷「   ̄ ̄~^'く::.::.::.:\::.::\  ……これは簡単に言うと、直感的な神に関する分析
         〈  Vi:i:i:)  }― /::.::.::.::./  辷;′;辷「        ∨::.|::.::.\::.::\   ということになります。
.         \    ノ::.::.::.::.::.::.::.:/''^゚~~辷;′;辷「~゚厂~^'Y      |::.::|::.::.::.::.::.::.::.:}
          /|  ∨::.::.::.::.::.::./ / r辷′;辷「  |    {   _  -=ニニニ- _::.::.::.:ノ\
        /::.::.|    V::.::.::.::.:/| | r辷′ 辷[ ┌、 _  -ニニニニニニニニニニ\::.::.::.::.}   誤解交じりですが神秘主義と受け取っても
.        {/::.|     ∨::.::/ | | r辷  ニノ)-┤ |ニニニニニニニニニニニニニニニ\::.ノ   いいです。
        /::.::.::| / ̄ ̄}    | | r辷 -||( 二| |ニニ/⌒〉ニニニニニニニニニニニ\


.


395 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:29:40 ID:db2b1aee [52/73]


                (    . -──-     /⌒\
                \_,/_::::::-‐…‐-ミ::\xixixixiハ
                >''"¨::::::::::::::::::::::::::::::::\::\xixix |
               /:::::::::::/:/::::::::::::::::::::::::::::::\::|`Yixi|
             /::::::::::::::/:::/{::::::::{::::::::::\:::::::::::::V:::|h∧
             .:::::::/::::::::/:::/ l::::::::{\::::::::::\::::::::|_ノノ:}x|
               |:::::/::::::::/|:::|   \:::.  \-─::|::::::√Y⌒^丶、
               |:::/:::::::/:::|:::|    \/ ≧=ミ::::ハノ\::::::::::::\
              V::::::::::|::-|:┼…   ヽィf爪_ } メ':::::::Y .}::::::::::}:::::\
             \::::::乂:::.,,ァf弌,    乂rン/::::::::::::|__ノ__::::::ノ::::::::::}    ホメイニーはこの、イルファーン学で
               \( ::込 乂r')      /:::::::::::::/j'j'j'j'{/:::::::::::ノ
                 /::::)i:,    '   _jI:::::::::::://¨ ̄ ̄\/    ファラービーとイブン・アラビーの著作を読み込んだと
             __/::::://^>。,  广 ̄ 乂:::::::/.. . ./⌒¨\} /
            γ´__彡'′/\  `¨{   { \弋. .//⌒\. .∨ /   言われています。
           Y⌒ ̄__/ハ、 ≧=‐ }    ノ /⌒∨. . ./⌒. . ∨/
      _、-‐…=ニ二 ̄:::::::::::/. .|\__ノ  /   /. /∧. . . . . . . . . .〈
    ...:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/..ヽ|. . \\{ /   | ' /. ∧. . . . . . . . . .}
  /::::::::::::/:::::::::::::::/:::::::::/. . . .|. . ./ / jン゜   ∧〈. . /. ∧. . . . ... . ....}   この2人は中世のイスラーム学者でギリシャ哲学を
  .::::::::::: /:::::::::::::::/::::::::::::/. . . ...l. . .\/    / ./. . . ./. .\. . . . ..../
  |::::::::::/::::::::::::::/:::::::::::::::/. . . \{. . . /      //. . . . . . . . .|i \__/    引き継いで理論を形成したといわれており
  \::::/::::::::::/::::::/:: ::::::/. .⌒丶 |. . ./\   /\\. . . . . . . . . |i
    ∨::::::::/::::::::::/::: :::::.′⌒\__レ'⌒  \ .|. . . \\. . . . . . . .|i       ホメイニーはかなり間接的ですが影響を受けています。
    {:::::::/{:::::::::::{:::::::::::{. . . . . ./⌒\   ソ. . . ◯ | .|. . . .\. . .|



.

396 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:29:51 ID:db2b1aee [53/73]


                 ''"~ ̄ ̄ ̄~"'':..__
.            /.:.:.:.:.:.:/ ̄:.:.:.:.´:.:.:.:.:.\
.           ,:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:._:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | \:.:.:.:.:.:.:.:.
.          √-=ニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.|  \:.:.:.|:.:.|
        / {:.:.: ―:.:.:.:.:.:.:/ : //|:.:|  '⌒:.:.八:|
.      (二八:.:.:.-| :.:.:.:.:// /'⌒ |:.ノ  仍うV:./ノ
.     {ニニニ|\:.:|/!:.:./|__笊示ミ    ヒツ {:/
.     {ニニニ|:.:Λ|人/ :| 〈 ヒツ        |
.      \ニ/|:/:.:{( 人:.:.\           人        ファラービーとは10世紀のイスラーム学者で
         /:./:.:.:.|:.|>-\:.:.\     ' ´  ⌒`        ギリシャ哲学を読み込んでイスラーム哲学などを確立した人ですね。
.     // /:.:.: 人|:.:.:.:.:.:.:.>- \ー―く \
.     /:.:.:. /:.:/:. 〈\_彡'´    )     ) _      イブン・アラビーは12~13世紀のイスラーム学者で
  /:.:.:.:.:.://:/:.:.:.:{\__    ̄ ̄~^'   ̄  }‐┐||     流出説を生かして、この世界はアッラーの顕現であるとした
 //:.:.:.:.:.:./:.:.:./: |:.:.:.{      ァ=-‐''~⌒\___ノrヘ:||     「存在一性論」などイスラーム思想に貢献した人です。
./ {:.:.:.:.:. /{ :.: |:.:.:|:.:.:八______ ,.イノ /      ∨/⌒ }
{ 八:.:.:.|人:.:.:. |:.:.:|/{. . ./  / /         {/⌒ 〉
   \(  \:.|:.:.:|  {. ./ /   {        ∨⌒i|
          人:.:|  {.//                } |  |i||        それで、この2人とホメイニーの関係ですが……
      /(  \ /Λ        }      } }  |i||
.     (  \ / / }        }       V}  |i||
.       \ /   / 〈      人       }   |i||


.

397 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:30:02 ID:db2b1aee [54/73]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ファラービーの有徳都市概念

☆ファラービーの理想
人が徳を高めるにはそのような社会の樹立を必要とする。共通善を追求する共同体の存在があって
人間は十分な徳と幸福を手に入れる。もっとも高貴なる国家とは美徳と英知に秀でた指導者によって統治される。
イスラームにおいては預言者がそれに相当、それを引き継ぐのが後継者。


☆ファラービーの指導者の条件
賢者であること
預言者の法や慣行を知り、それに従うこと
先祖からの記録されていない事柄に関して類推の能力が優れること
預言者が記録していない事柄に関して熟慮と類推の能力が優れること
弁舌によって、預言者の法をもって人々を正しく導くこと
戦争を遂行するのに十分な体と技術を持つこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                    ____ __
              / ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.\
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.\
.           / .:.:.:.:.:.:.:.: //|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.\
.         / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  |:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.
        / .:| :.:.:.:.:.: / :|  |:.|\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.: |:.:.:.:}――┐
         |: /|:.:.:.:.:. /|:.:.|  |/   \―|―:.:.|:.:.:.:.: |―‐〉ニニ|
         |:.|||:.:.:.:.|――        \|\:.:.|:.:.:.:.: |:.:.:.:|二二|
         |Λ|:.|:.:.:.||/      イ^丁⌒>Λ:.:Λ|― |\二│
         |  |Λ:.:.| イ^丁    Lノ    /∨:|:.:.:.:.:.|ニl\ノ
            \:|  Lノ       , ,  /:.:.:|:.:|:.:.:.:.:.|ニ|
              /:.:| , ,           /:.:.:. |:.:|:.:.:.:.:.|ニ|  まず、ファラービーの政治に関する主張をちょっと見てみましょう。
          /:.:.人     〈⌒ヽ     |:.:.:.:. |:.:|:.:.:.:.:.|⌒
            / :.:.: /|\         |:.:.:.:. |:.:|:.:.:.:.:.:l     ……どうです ちょっとホメイニーに似ていると思いません?
.           ;.:.:.:.:/ :l:.:.:.\__     |:.Λ:ノ:.:|:.:.:.:.:.:.l
         |Λ/  l:.:.:.:.:.:|:.:.:|:.|:.:|Y^Y^|/^7:.:.:|:.:.:.:.:.:.:l
             l:.:.:.:.:.:|:.:.:|r<X{__/X/⌒\:.:.:.:.:.:.:l



.

398 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:30:13 ID:db2b1aee [55/73]



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)    ……なんか見たことあるような
. |     (__人__)____ 
  |     `⌒´ノ─  ー\
.  |         } ●) (●)\    というかこれプラトンじゃないっすか?
.  ヽ       }⌒(__人__)⌒ |
   ヽ     ノ         /
   /   `ーー/⌒^)(⌒^ ー )
   |   、 _   __,,/ヽ   / \





      ,.. -‐<~ ̄ ̄ ̄~^'':..,
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\__
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Λ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨-\
    :.:.:.:.:.:. |:.:.:.|:.:. /  |:.|:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.|----}
   .:.:.:.:.:. : |:.:.:.|Λ|   |人:.:.:.| :. |:.:.:.:.|---/
   |:.:.:.:.:.:.:. Λ|\__   _><|\|:.:.:.:.|--/
   |:.|:.:.:.:.:.:芋芋芋    芋芋芋:.:.:.:.|ー,′
   |Λ:小:. | 乂ツ    乂ヅ |:.:.:.ノ}-j
.    Λ|\|       '       |/|_厂     ファラービーは、元々プラトンの国家に描かれている
     /|:.:.:.:|      ―    |:.:.:.|〉
.    /: |:.:.:个:.... └‐‐‐┘ ....:个:.:.|Λ      哲人王の思想に共感した人物です。
   /:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.}≧=≦{_:.|:.:.:|:.:.:.|: Λ
.  /:.:___:.:.:.:ノ/´ノ    乂}`\:.:.___:.:Λ     ファラービー自身の言葉によるならば、有徳都市こそが
  :.:./ニニニ{   \__  __/  }ニニニ∨:
  {:.:.{ニニニニ乂   \./   ノニニニ|:.:}    正しい人間のあり方なのです。

.


399 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:30:24 ID:db2b1aee [56/73]



            ,.....::::::::: ̄ ̄:::::`ヽ、
           /-、::---:、:::::::::\:::::::\
            ,.:´::::::::::::::::::::::::\::::::::::\:::::::ヽ
        /:::/::::/\::::::ヽ::::ヽ::::::::::::ヽ:::::::.
        .':::::|:::/   \::::∨:::∨:::::、::|:::::::|_
         |:::,::|/__     ヽ::{、:::::∨:::{Ⅵ::::: | `ヽ
         {:イ::|'  `    イ}´\::∨:|:::|::イ:|   '
        从{ィ雫ミ、    ィチ雫ヽⅥ:,_::::|::| 、/
           |. 、Vリ     V(ソ ノ':::::|) }:|::|ー'
           |::      ,       /:::::|ノ::|::|     ホメイニー自身は明言していませんが
           |人    _  _  ィ{:::::/_}:::|:::.
           人::::>.. _``「Yヽヽ='|::/イハ:j::::l    哲人王→有徳都市の理想に影響を受けていると研究上は言われています。
          ∧::}`┼╋+ヽ/\/Y/╋┼}:::::|
          〈╋`┼╋┼{´{_/∧/⌒ヽ::::|    先ほど見た公益優先は、この共通善と読み替えてもいいです。
          / 「>、ー― ∧     '.    }::|
        ,: |/r、//> 、 ∧     ,   |::|    ……それで、イブン・アラビーからの影響ですが
          l  |/| Y 7ア/// ∧     ∨  ,:/


.

400 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:30:35 ID:db2b1aee [57/73]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  イブンアラビーの完全人間説

                神の世界→中間の世界→人間の世界
                   神 →完全人間 →一般人

 神の世界と人間の世界を繋ぐ、アッラーと同じ性質を持つ人々によって世界は成り立っているという説

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.             _____
.       ,.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. _
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:''^~ ̄ ̄:.:.:.:.: ̄~^''  、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.: / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
  .:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:./ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. | \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
  |:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、
/:「\_:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:.:.:.:./     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `
ニニ|:.:.:.:.:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /|: / .| :.:./    | Λ| .:.:.:.:.: |
ニニ|:.:.:.:./:.:.:/|:.:.:.:.:.: |ー/‐|/―|: /      ̄|:/ ̄|.:.:.:.:.:|:.|
ニニ|:.:.:/:./:.:.:.| :.:.:.:.:.:|:./ |  /       __|.:.:.:.:Λ|
ニニ\{/__八:.:.:.:.:|____      ィ77TT| :. /  |
Τ二|:.:.:Τ/⌒|\:.:.Τ^广V777ド      |//八 |/
|二|:|:. 八(  |:.:.:.\| └ ,,∨/ノ        ''':.:.:\
└‐<|:|:/:.:.:.\」:.:.:.:. \           丶  |:.:.:.:.:.:.       イブン・アラビーは完全人間説という説を唱えています。
    |:.:.:.:.:.:.:. 八:.:.:.:.:.:. `、             八:.:.:.:.:.|
    |:.:.:.:.:.: /:.:.:.\:.:.:.:.:.: ',        , /:.:.',\:.: |      この説は、人間とは神の性質を持つ人間が
.   / :.:.:.:. /:.:.: / ̄\:.:.:. |      ゝ /:.:.:.:.:.:.', ∨
  / :.:.:.:. /:.:.: /  / ∨:.| ≧=ー--く ̄`\_:.:.:',       世界の結節点となっている……という非常に哲学的な議論ですが
. /:.:.:. /^ ̄/  \ |:.|   / \   \  Vヘ ',
/:.:.:.:./   \      \|.ノ  |  \   '   | |: ',
:.:.:.:./      \     `、      _ノ\  ', | |:.: ',
:.:.:.√      \   `,        Λ ', | |:.:.: ',


.


401 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:30:46 ID:db2b1aee [58/73]


                     ,.  -‐……‐-  .,
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                /:::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::::::::::: /  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. __
           /:::::::::::::|:Λ|  |::人:::::\::::::::::::::::::: |   |
            :::::::::::斗|‐-ミ    イ\⌒\:|::::::::::::|   |
             ::::|::::::Λ|        ィてぅミx|::::::::::::|   /
             |: |::::::__笊てハ     トハツ 〉|:::::::::Λ\/
             |八:::::::〈 Vツ 、       |/|/ } \_〉
.              \Λ               /:::::::/ノ
               |:::::|     ,   、    /:::::::/:::::|      ホメイニーはこれを少し政治的に解釈して
               |:::人            /:::::::/::::::::|
               /:::::::个          :::::::::/:::::::::::|      自己を制御し、物質的欲望から開放され自由になること
          /::::::::::/|:::|::::::|≧≦  {::::::/::::::::::::::|
           /::::{::::::::/_ノ:::|::: ノ     /\{ ̄ ̄⌒\     これを完全人間としました。
         /:::::: /\:::{ ̄ 〈     /   /       |
.        {:::::::/  {    只 ̄    / __       |
.        {:厂{   {_ /⌒ |⌒\  /´      /〉
       / //  ̄`\_ノ  / ̄ニつ       /:::::Λ
       __/ ( /     \_/ ⌒\>     /::::::::::Λ
      〈/  ̄ ̄\      \  ̄ ̄\       /:::::::::::::::::|


.

402 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:30:57 ID:db2b1aee [59/73]


                 __
                  /      \
                '  ノ ゝ、   '
              |(●  ● ) u レ-―- .
              |  (_,、_,)   ,イ u -    \
                   {       /    ● )
                 \     { (_,、__)   u   }    それが法学者の統治論とどう関係があるんだ?
                /    ̄`¨ー---、   _,ノ
                  /    __,,. -  ¨´~    ',
              /    -(_          ',
                /      `¨^rr-.、      ',
            /           |.!           ',




             -< ̄ ̄\――
.        / :::::::::::::::::::::::::::\::::::::::\
.       /::::::::::::/::::::::::::::::::::::: ∨::::::::::',
.     /:::::::::::/|Λ::::::::::::\::::::::::|―::::::::|
     {::::::::: /八  \<⌒\::: |::::::::/| \
     {::::::::::⌒    x==笊ミ|::::|::/ : ノ二 |
     人:::::::y'笊     Vリ八N'⌒V::::|二ノ
      \::ハ リ     ,, ,/:::::::|,ノ ノ::::::|/ 
          /::{' ′     / :::::: 厂::::::::::|\      ホメイニーは自己を制御し、物質的欲望から開放され自由になることを
.         /:::人  -  /::::/:: ノ|:::::::::::::|二}      イスラーム法に従って生きることと具体的に述べます
        /::::::::/^丶 _/::::// |:::::::::::::| ̄
.      :::::::::′   ___{:::/-< |:::::::::::::|\
.       人:::::|   / 人{   `|:::::::::::::|:::::::.       そして、完全な人間は個人個人では達成できず
         ヽ|.  〈 /      八:::::::::::::::::::::|       法学者によって指導されて 初めてなれる。
             ノ//⌒      \:::::::::::::::|
           / /     ∨  ∨:::::::::|     ……つまりムスリムらしく生きるには、法学者の統治が必要とか繋げられます。
         / /      /    | :::::::::|
          { {         /     .| :::::: ノ


.

403 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:31:14 ID:db2b1aee [60/73]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     ホメイニーの考える完全人間

  誤った世界(異端の神に塗れ欲にあふれた世界)⇔中間世界⇔正しい世界(イスラーム法が正しく実行され徳ある世界)

 人以下の獣⇔異端信仰や物質的な欲にまみれた人⇔両方の性質をもつ人⇔イスラーム法に従った完全人物

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「 
         /::乂ム:::}       '     ム}       図にするとこういう感じですね。
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧      この正しい世界を導くためにウラマーの指導が必要なんだ
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}    そこにホメイニーのらしさが出ていますね。
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |


.

404 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:31:24 ID:db2b1aee [61/73]


                ______
             /:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄\
           //:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /  |:.:.∨:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        {    |--:|:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.: 人:.:.:Λ:.:.:.:.:.:|
        {    |:.:__|:.:.:.:.:.:/:.: /|/   |/ ̄|:.:.:.:. |
.            ̄{__|「ヽ|:.:.:.:|/:.∠__    __|:.:.:.:. |
              |l  |:.:.:.:|  ̄∩     ∩ ̄ノ:.:.人|
              |:\NV:|   ∪     ∪ イ/
            八:.:.:|:.:.:.:.ヽ          u. j:〈         ……とまあ、かなり自己解釈が混じっていますが
.            /:.:.:.: 人 :.:.:.:|          イ:.:.|
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:|)  ≧=≦ :.:.: |:.:.:|         イブン・アラビーやファーラービーを通じて
.          /:.:.:.: __/ {∨    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
         /:.:.:./ : :: :{   \    /       p       /
┏━━━━━━━━━━┓\ /      ( ̄)      /    ギリシャ哲学の影響も及んでいるといえるのではないでしょうか
┃   資料を確認中。  ┃ . /                /
┗━━━━━━━━━━┛ /                /     ちなみに、ホメイニー以後はあんまりこういう側面は見られません。
         |: 八:.|.: : : :. :. :. :.__/                /
         |/  \ /: :/: {  二 ノ        {  ̄\




     / ̄ ̄ ̄\
   /      _ノ ヽ      ……どこまであるか微妙なラインだけどな
    |      ( ●) |       ____
   |   U   (__人).   /       \
   |        ⌒ノ.  /   ─   ─\
   ヽ        }  /     (●)  (●)\
_   >        }   |    u.   (__人__)  |     言われたらそうかもってレベルかも
   ̄ ̄`    、__ノ   \      ` ⌒´  /
         ̄`'‐- 、   >     ー‐  <
                 ヽ /      / ̄彡ミヽ、
                  V    ヽ /  / ヽ  ヽ
                  ヽ     Y  /   |  |
          入     ヽ     ノ    ヽ ノ

.

405 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:31:35 ID:db2b1aee [62/73]


                ___
                 _::::::::::::::::::::::::__
              /::::/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\
.           /::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       _____/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::.
.    /i:i:Ⅳ\::∨:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::八::::::::::::::::::::.
    {:i:i:i:i:i:|::::::::: |:::::::::::::| ::::: /::::::::::::|: /  ::::::::::::::::::::
    ∨:i:i:i:| \:: |:::::::::::::|:::: /|_\::/ |/   |::Λ:::::::::: |
      〉i:i:i:|〉::::::::|:::::::::::::|::x俘=ミ \|   jr ⌒::::::::: |
.    {i:i:i:i:|Λ: 八:::::::: 人( {:::(_ ヽ   _笊~゚Y|:::::|:::|
      \_:j|::::l〉{ (\|\{  乂ツ      {(::ノ ノ八:八|
.        八:|:人辷}::::::|         '`´ /|::/ ノ
        / :::::|:/: `¨|::::::|      _     ;゙ |/         ……というところで、今回の纏めに入りましょうか
.       / :::::: |:::::::::: |::::圦    (   )   人
      / ::::::::::::::::::: 八::::::| >    ̄    イ:::::::           ちょっと内容がいりこんでいますけど
.     /::::::::::::::::::::::/:::::|\|.    {>-< |:::::j
    /::::::::::::::::::::::/ ::::::| ..._\ ...⊥..._     | :: /
.   /::::::::::::::::::::::/:::: |:人__  ̄  _.j>、  |: /     /ニ=-  _
  /:::::::::::::|::::::::/::::::::|:::|⌒   __jノニ=-‐㍉ |/     //  ̄  -=ニニ=-
. イ:::|:::::::::::|::::::::::::::::: |:::|__jノ⌒:ア´     ´_      //        ̄ 7/
 |:: |:::::::::::|::::::::::::::::: |::八:i:i:i:iァ′       ´_     //         //
 | 人:::::::::|:::::::::::::::::: /:i:i:i:i:i:7       ...,, __}_   //         //
    \:::|::::::::::|:::: /:i:i:i:i:i:i:{             } //         //


.

406 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:31:46 ID:db2b1aee [63/73]

まとめ
①ホメイニーは1940年代から反帝政、反米を基軸とした政治運動をしていた
 法学者の統治論は1970年代の亡命先のイラクで考案。

②ホメイニーの法学者の統治論(ヴェラーヤテ・ファギーフ論)は
  「公正」で 「単独」の 「知識ある法学権威」が 「イスラーム革命によってイスラーム政体を樹立」して統治すること

③革命起こす正当性は、反西欧的近代化と反王制・帝政の2本柱

④ホメイニーの示した「監督権」は義務、民衆に関係なく成立、世俗法(公益)一部優先を説いた点で革新的

⑤ホメイニーの法学者の統治論は具体的な制度設計はなく、革命理論としての色が強い

⑥ホメイニーの理論は中世のイスラーム学者を経由して、ギリシャ哲学の影響も受けている


     / ̄ ̄\
   /  ー  ‐\   こんな感じだな
   |   ( ●) ( ●)     ___
   |     (__人__)    / ー  ー\       ηノノ
   |      `i  i´ノ  / ( ●) ( ●)      ノ, ∃    ホメイニー理論は具体的なことは言ってなくて
   |   .   `⌒ }  ./     (__人__) ヽ   ./ ./´
   ヽ       .}  |      `i  i´  | ./  /      理想的なあり方を示したって感じ?
    ヽ     ノ    \ _    `⌒  /  ./
   /      ヽ   /      ⌒    /
  /         ヽ, ./  .        /
  /  /      }  | .|  |        |
 .|  .{.      .|  | ヽ、 \       |
 .|  .|.      .|  |   |\ ヽ     .ノ


.

407 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:31:57 ID:db2b1aee [64/73]


               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「
         /::乂ム:::}       '     ム}         はい、大体そんな感じですね。
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧        次回はホメイニー以降のイランにおいて
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}       法学者の統治論がどのように解釈されていったか
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'          それを見ていこうかと思います
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |            というわけで今回の参考文献です。
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |


.

408 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:32:08 ID:db2b1aee [65/73]

R.M.ホメイニー.2003.『イスラーム統治論・大ジハード論』富田健次訳.


                    ____ __
              / ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.\
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.\
.           / .:.:.:.:.:.:.:.: //|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.\
.         / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  |:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.
        / .:| :.:.:.:.:.: / :|  |:.|\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.: |:.:.:.:}――┐
         |: /|:.:.:.:.:. /|:.:.|  |/   \―|―:.:.|:.:.:.:.: |―‐〉ニニ|
         |:.|||:.:.:.:.|――        \|\:.:.|:.:.:.:.: |:.:.:.:|二二|
         |Λ|:.|:.:.:.||/      イ^丁⌒>Λ:.:Λ|― |\二│
         |  |Λ:.:.| イ^丁    Lノ    /∨:|:.:.:.:.:.|ニl\ノ
            \:|  Lノ       , ,  /:.:.:|:.:|:.:.:.:.:.|ニ|      ホメイニーの著作の翻訳です
              /:.:| , ,           /:.:.:. |:.:|:.:.:.:.:.|ニ|
          /:.:.人     〈⌒ヽ     |:.:.:.:. |:.:|:.:.:.:.:.|⌒      後に解説も載っているので、とりあえずこれ見とけ
            / :.:.: /|\         |:.:.:.:. |:.:|:.:.:.:.:.:l
.           ;.:.:.:.:/ :l:.:.:.\__     |:.Λ:ノ:.:|:.:.:.:.:.:.l       というか、こんなスレよりこれ1本で足りますし
         |Λ/  l:.:.:.:.:.:|:.:.:|:.|:.:|Y^Y^|/^7:.:.:|:.:.:.:.:.:.:l
             l:.:.:.:.:.:|:.:.:|r<X{__/X/⌒\:.:.:.:.:.:.:l     これ見ていない人は法学者の統治を議論しちゃ駄目です。


.

409 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:32:19 ID:db2b1aee [66/73]


富田健次.2014.『ホメイニーイラン革命の祖』世界史リブレット,山川出版社.


              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ '⌒`  '⌒丶\
         /  ( ●)  (● ). .ヽ      思想というよりは、ホメイニーを通じたイラン革命史って感じ
         .|    (__人__)     .|
       / |              .|\     だけど、内容は非常に優しく書かれているので
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′      \   まずここから当たるのも手
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \


.

410 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:32:30 ID:db2b1aee [67/73]


Abdulaziz A.1988 Sachedina.Just Ruler in Shi`ite Islam.New York:Oxford University Press.
Hamid Enayat, Modern Islamic Political Thought, London : I.B. Tauris, 1982.
Halm,H.1994.Shi'a Islam: From Religion to. Revolution. Princeton: Markus Wiener Pub.


                     / ̄ ̄ \
            -`  ⌒ ヽ、_    \
              ´   ●)(● )     |
                    (_人_)    |      どれもちょっと古いが、英語で読める
                   '、       |
                 |         |       イラン・イスラーム革命やホメイニーの思想に関する基本的文献だな。
                 | 、     .ィハ、_
                 ≧ュ─ー ´ /.......ヽ        おすすめはHalm 2話で出たシーア派の思想展開から
              //Y:::ハ、 ̄/...:::::::::::...>、
              ,.<..::/:r〉:::li `y .:::::::/::::::::::::::::::..ヽ、    ホメイニーまで追える良質な入門書だ。
           /.::::::::/:::{,'::::|i  / .:::::::/::::::::::::::::::::::::::∧
            j ::::::::::> :.{::::::l / .:::<:::::::::::::/..::::::::::::::Λ
           i :::、:::〈 :::i::::::レ .:::::::/::::::::::i:::::::::::::::::::::::::}
             i :::Λ::::', ::i:::::/ .::/::::::::::::::V..::::::::::::::::::::イ',
             | :::::Λ:::::', :i::/ .::::::::::::::::::::::V..:::::::::::::::::::::ハ:i




411 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:32:41 ID:db2b1aee [68/73]


小杉泰.1986.「現代イスラーム思想における主権と国家 : スンニー派・シーア派の政治概念をめぐって」『日本中東学会年報』1, 1-33.


                    -‐:.:.:.:.:.:.:.‐-:.:.:.:.:.:.:.:.:...,
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:\
                  / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.: \
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:} ____
                / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.∨: /Λ二\
                  :.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:∨:.:/}ニニニ)
                  |:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.|:.| 八:.:.:.:.:.:.jI斗-‐ミ:.:.:.:.:.:|: //}ニニニ{
( \              |:|:.:.:.:_jI斗ー‐:|:.|   \:.:.´ :.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: /Λニニニ|       >>220で出た奴と同じ文献です
. \ \       , ┐  |:||:.:.´|:.:.:|:. |:.:|八    \:;>≠‐ミ_|: |:.:|/:.:.:Λニニノ
   \ \   | |  |:||:.:.: |:_>≠‐ミ      ´ _)(:.:.:.} ノ:|: |:.:|):.:.:.:.:.:.\        ホメイニーの統治論についても軽い解説ありなので
    {  ̄ ̄\/   |  |八:.:.:|7{  _)(:.:.:}       乂;;;;ツ  |:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.\\
    {   ̄\ 〉   |    \N{ 乂;;ソ         ,,,,  八:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\     スンナ派と比較したい場合はこれを
    \ >ー┘  j    /:.:/|: Λ ,,,,    、        /:.:.:.:.:八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \\
     \  } /  ,:.:.:.: /:.:|:.:.|人     、      /:.:.:.:.:/:.:. \:.:.:.:.:.:. \:.:.\\___
      _ |   |   |:.:.:./:.ノ|:.:.|i⌒>   `   ィ /:.:.:.:.:/ }:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\:.:.:.:.:.:\
  ┌く~  |二二Λ   |:._/⌒|:.:八┼‐┼‐ ̄ ̄   | :.:.: / / 〉:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\   ̄\
  | \_|_/  |_/(    |/\\┼‐┼_ ___/|イ|/  /Λ \:.:.:.:.:.:\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \    }
  {\_____ |\ \  '   \┼‐┼‐┼‐_    /   }:.:.:.:\:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  { 〈 C      |          / ー-=ニ土..土_..ニ-<._  }:.:.:.[⌒⌒⌒'v┐_:.:.} \:.:|
  |  `¨¨¨¨¨¨¨¨厂      /  /       \ :.:.:|    /  / ̄i{     /:i:i:i:i:i:i〉  }/
  |  |       /     __/   /       \:|   /  /i:i:i:i八     }:i:i:i:i:i:/  ノ
  |  |     Λ   __/ .{    \          \/   /i:i:i:i:i:i:i:i〉    厂:i:i:/
. 八           __/土土{     \         \  /i:i:i:i:/( /     /:i:i:i:i/
    \___/l土土-Λ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ } /i:i:i:i:/  \ ___/:i:i:i:i/
    三[土土土土土{ ̄{  \              //i:i:i:i:〈     \Zニ):i/


.


412 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:32:52 ID:db2b1aee [69/73]


山内昌之.1983.『現代のイスラム―宗教と権力』朝日選書225, 朝日新聞社.



                  __
                ,,.-´   ``ヽ
              ./         \
            //  ー一、  ,,/゜  .ヽ 、
          / .|  ( ●)  (● )  | \
         /   l    (__人__)  ... u. |   .\  イラン以外にもソ連やトルコなどの情報も盛り込まれた1品
        .\    (`ヽ、    . , '´ ノ /   ./
         /..\  . \ ヽ___ '´  ,,'' .'i   /、   今から見ると?な部分もあるけど
        ./   .\   .}     イ   /  /  ヽ
        l 丶   \ |      .〉 / /  /  冫  当時の日本で、ホメイニーとイランがどのように捉えられていたか
       .|  .l   /~\    / /    l   .l
       .|  .l  /    .\/  l     .l    |   それを見るにはいいかも
       ..|   '/\゚     >   |     .l    |





413 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:33:03 ID:db2b1aee [70/73]


                ,...::.::.::.::.::. ̄ ̄ ̄\
            /::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
          _/::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
       / Λ::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
       /    ::.::.∨::.::.::./::.::.::.::.::.::.::.::Λ::.::.::.::.::.::.::.:
       \   |::.::.:|::.::.::.:|::.::.::.::.::.::/::./  |::.| |::.::.::.::.::.|
       {   |::.::.:|::.::.::.:|::.::.:/|::./|::./   |::.| |/::.::.:: |
         \_|::.::.:|::.::.::.:|::. ー|/--/   | イ|__|::.::Λ|
            |::.:八::.::.::.|::抖羔ミ     ィf笊人/
            |::.{  \:N(  |___ノ     └┘イ: |
            |::.::\|::.::.|〉        '    八::|      というわけで、ここまでです。
         八::.::|:|::.::.込     , 、  イ ::.: |
.         /::.::.::. |:|::.::.|::.|::≧       <::.|::.::.::|      次回はホメイニー以降のイランにおける
        / ::.::.::.: |:|::.::.|⌒ソ      | ̄\|::.::.::|
.          ::.::.::.:/ ̄|::.::.| 「         Υ  |::.::.::| `ヽ    法学者の統治論の展開と解釈がどうなっていったかを見ていきます
          |::.::.::   八 :|\___ /  人::.::.|  |
          |::.::.:|    \  \         \|  Λ
          |::.厂\   \     __/      /:::::〉


.


414 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:34:34 ID:db2b1aee [71/73]
以上4話の投下でした。次回は未定です。
質問等あればいつでもどうぞ。

415 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/04/26(Sun) 00:51:24 ID:8c0eabc2


416 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/04/26(Sun) 01:23:44 ID:b44949de


417 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/04/26(Sun) 01:29:31 ID:eb1628a9

何がわからんのかわからんから質問出来ないけど興味深かった

418 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/04/26(Sun) 04:43:08 ID:c34937de [1/2]
乙でしたー

>>383 >>390
>民衆の支持は関係なく行使できる
>1人の法学者がイスラーム的政体を樹立したならば、他の法学者はそれに従わなければならない

専制的独裁者による神権政治の極致としか思えないんだが……
西欧的な近代化を目指した王朝がこんな理論に倒されるところがイスラーム世界ってことなのかなぁ

どちらも神格化された天皇の権威をバックにしている点では同類の徳川幕府と新政府が争い
新旧交代を演出して中央集権的な体制を作り上げた日本の特異性が見える気がする

>>386
アリーの死をもって正しいイスラーム統治が途絶えたというのなら
その後を継いでアリーの子孫たちが指導したシーア派自体が不正ってことになるのでは?

419 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 10:15:54 ID:db2b1aee [72/73]
>>418前半
民衆の支持、1の法学者の統治
この部分実はホメイニーは多数派ではなく、イスラーム世界全体を見ればそうではないとする意見も多くあります。
本スレの5~10話は、そうした部分でホメイニーと違う意見を持つ説の紹介も見ていきましょう。
ホメイニー自身が哲人王の影響を受けていることから分かるとおり、現代的な欧米の民主主義とは方向性とは違うのは確かです。


パフラヴィー朝が倒れた理由には色々あるでしょうが、理由は必ずしも宗教界だけではありません。
そもそも多くの民衆が帝政に反対したのは、パフラヴィー朝の西欧的近代化政策が明らかに破綻していたからです。
法学者の統治論が起爆剤の1つにはなりますが、それ以上に当時のイランの経済・社会的困窮が重要だと思われます。


420 名前:◆0SmFBoNV9I[] 投稿日:2020/04/26(Sun) 10:18:07 ID:db2b1aee [73/73]
>>418後半
まず1つ正しい統治とは、宗教的権力と世俗権力の2つを統治して初めて達成されるものです。

確かに世襲王朝は不正と言っていますが、ホメイニーの言う世襲王朝は明らかにウマイヤ、アッバース朝のことです。
そもそも、アリー以降のイマーム達は宗教的権威としてはともかく、政治的権威は持っていません(2代目ハサンは微妙だが)
ここで途絶えたと言っているのは、以後のイマームが不正であるから途絶えたのではなく
現実的に政治権力を持ち得なかったから(後代から見れば)途絶えたと言っているに過ぎません。


421 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/04/26(Sun) 10:42:25 ID:c34937de [2/2]
>>419
世俗の経済・社会政策が行き詰ったら政権は傾く
宗教の理論は、その傾いたパフラヴィー朝の背中を押して倒す手段ってことね

>>420
「不正」云々については、身も蓋もないこと言えば、シーア派の伝統的に則ってスンナ派にケチつけてるわけか

現実的に政治権力を持ち得なかったから(正しいイスラーム的統治は)途絶えた
であれば、正しいイスラーム的統治のためには現実的に政治権力を持つ必要がある、と

拙い感想に丁寧な解説をいただきありがとうございます

422 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/04/26(Sun) 10:55:58 ID:2ddb7a72
乙でした!

423 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/04/26(Sun) 15:57:48 ID:76460e2c


424 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/04/26(Sun) 22:26:24 ID:38d218c6
乙ですー


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する