クリックで開閉

やればできる子で学ぶラノベ新人賞の獲り方 第三回補講2 『自由度』の意味を履き違えたプロット

606 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/25(月) 23:57:08 ID:L544kjpU0 [9/15]
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V     なんとか今日中に投下すると言ったな?
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

607 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/25(月) 23:58:21 ID:L544kjpU0 [10/15]
    ___    __    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V     あれは本当だ。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃                                              ┃
┃               やるよー                        ..┃
┃                                              ┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                      ̄



スポンサードリンク


608 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/25(月) 23:58:50 ID:fuYVRqUo0
楽しみにはしているが、それ以上に無理はしないでほしい
ま、明日見ます

609 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/25(月) 23:58:53 ID:L544kjpU0 [11/15]
     │:::::\ \      _,,.. -──‐- .、.._     / /i
     |:::::::::::::\ \ ''"´           ``'‐、/  /:::i
     i::::::::::::::::::)   \    廿        廿   〈:::::i
     i::::::::::::::::;;              o       /\l
     i::::::::::::ノ        _,,...- ''"´ ̄ ̄`‐- .、.._/:.:.:.:.:\
     ,´i:::::::       .,.ィ":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
   / i::::         ,.r".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.`:、
   ,'         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:',
  i         ,.;".i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: イ:.:.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l\:.:.',
 /        .,.:':.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:. 、//:.:.:, ' .|.:.:.:.:.:.:/i:.:.:.:.,i:.:.:.:.:.:.:.:.:l. ヽ:l
/       /.: |:.:. |:.:.:.:|:.:.:.:./\.:.:, '   |:.:.:..:./ .l:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.  ‘!
l        .:>ーr}⌒レ7:.|:./   //、_,、,l:.:.:.:/  l:.;ム|:.:.:.:.∧:.:.:.l  |
!      :,′ リ ./ /:.:.|'幵示====-  |:.:.ム ''7´ |:.:.:′',:.:l
!      マi  〈  ム⌒つ i::::::::::::::「   .|:./幵三〒オ|:.:./   ,|
!       ヾ:、 } 〈 /`ヽ ニつ:::::ノ   .}′'-っ:: | }}ハイ     ' |
`、      ` ミ.}    「`′ ー‐      弋__ノ.//:/    .|     ……。
  \   ,.r-ァ/}     L._             /:.:.:′
    >'´  V }      `ヽ           .′:′
 .. ´       ヽ.\       ',  ∠ユ    . ′:′
'´         \\       ト、__  <i.:.:.:.:.:,′
           ヽ」      '     `、  |:.:.:.:/
           /〈!    /       /\|:.:.:/
、          _/:,:,:,`,:, 、_/:,ヽ     /:,:,:,:|:.:/
:,\       /:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,/    /,:,:,:,:,|/

610 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/25(月) 23:59:13 ID:L544kjpU0 [12/15]
     │:::::\ \      _,,.. -──‐- .、.._     / /i
     |:::::::::::::\ \ ''"´           ``'‐、/  /:::i
     i::::::::::::::::::)   \    廿        廿   〈:::::i
     i::::::::::::::::;;              o       /\l
     i::::::::::::ノ        _,,...- ''"´ ̄ ̄`‐- .、.._/:.:.:.:.:\
     ,´i:::::::       .,.ィ":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
   / i::::         ,.r".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.`:、
   ,'         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:',
  i         ,.;".i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: イ:.:.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l\:.:.',
 /        .,.:':.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:. 、//:.:.:, ' .|.:.:.:.:.:.:/i:.:.:.:.,i:.:.:.:.:.:.:.:.:l. ヽ:l
/       /.: |:.:. |:.:.:.:|:.:.:.:./\.:.:, '   |:.:.:..:./ .l:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.  ‘!
l        .:>ーr}⌒レ7:.|:./   //、_,、,l:.:.:.:/  l:.;ム|:.:.:.:.∧:.:.:.l  |
!      :,′ リ ./ /:.:.|'幵示====-  |:.:.ム ''7´ |:.:.:′',:.:l
!      マi  〈  ム⌒つ i::::::::::::::「   .|:./幵三〒オ|:.:./   ,|
!       ヾ:、 } 〈 /`ヽ ニつ:::::ノ   .}′'-っ:: | }}ハイ     ' |
`、      ` ミ.}    「`′ ー‐      弋__ノ.//:/    .|     寝る前に考えていた講義オープニングネタ忘れました。
  \   ,.r-ァ/}     L._             /:.:.:′
    >'´  V }      `ヽ           .′:′
 .. ´       ヽ.\       ',  ∠ユ    . ′:′
'´         \\       ト、__  <i.:.:.:.:.:,′
           ヽ」      '     `、  |:.:.:.:/
           /〈!    /       /\|:.:.:/
、          _/:,:,:,`,:, 、_/:,ヽ     /:,:,:,:|:.:/
:,\       /:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,/    /,:,:,:,:,|/

611 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/25(月) 23:59:24 ID:L544kjpU0 [13/15]
     │:::::\ \      _,,.. -──‐- .、.._     / /i
     |:::::::::::::\ \ ''"´           ``'‐、/  /:::i
     i::::::::::::::::::)   \    廿        廿   〈:::::i
     i::::::::::::::::;;              o       /\l
     i::::::::::::ノ        _,,...- ''"´ ̄ ̄`‐- .、.._/:.:.:.:.:\
     ,´i:::::::       .,.ィ":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
   / i::::         ,.r".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.`:、
   ,'         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:',
  i         ,.;".i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: イ:.:.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l\:.:.',
 /        .,.:':.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:. 、//:.:.:, ' .|.:.:.:.:.:.:/i:.:.:.:.,i:.:.:.:.:.:.:.:.:l. ヽ:l
/       /.: |:.:. |:.:.:.:|:.:.:.:./\.:.:, '   |:.:.:..:./ .l:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.  ‘!
l        .:>ーr}⌒レ7:.|:./   //、_,、,l:.:.:.:/  l:.;ム|:.:.:.:.∧:.:.:.l  |
!      :,′ リ ./ /:.:.|'幵示====-  |:.:.ム ''7´ |:.:.:′',:.:l
!      マi  〈  ム⌒つ i::::::::::::::「   .|:./幵三〒オ|:.:./   ,|
!       ヾ:、 } 〈 /`ヽ ニつ:::::ノ   .}′'-っ:: | }}ハイ     ' |
`、      ` ミ.}    「`′ ー‐      弋__ノ.//:/    .|     ……。
  \   ,.r-ァ/}     L._             /:.:.:′
    >'´  V }      `ヽ           .′:′
 .. ´       ヽ.\       ',  ∠ユ    . ′:′
'´         \\       ト、__  <i.:.:.:.:.:,′
           ヽ」      '     `、  |:.:.:.:/
           /〈!    /       /\|:.:.:/
、          _/:,:,:,`,:, 、_/:,ヽ     /:,:,:,:|:.:/
:,\       /:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,/    /,:,:,:,:,|/

612 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/25(月) 23:59:28 ID:i1dtYnew0
まじかw

613 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/25(月) 23:59:36 ID:L544kjpU0 [14/15]
     │:::::\ \      _,,.. -──‐- .、.._     / /i
     |:::::::::::::\ \ ''"´           ``'‐、/  /:::i
     i::::::::::::::::::)   \    廿        廿   〈:::::i
     i::::::::::::::::;;              o       /\l
     i::::::::::::ノ        _,,...- ''"´ ̄ ̄`‐- .、.._/:.:.:.:.:\
     ,´i:::::::       .,.ィ":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
   / i::::         ,.r".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.`:、
   ,'         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:',
  i         ,.;".i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: イ:.:.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l\:.:.',
 /        .,.:':.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:. 、//:.:.:, ' .|.:.:.:.:.:.:/i:.:.:.:.,i:.:.:.:.:.:.:.:.:l. ヽ:l
/       /.: |:.:. |:.:.:.:|:.:.:.:./\.:.:, '   |:.:.:..:./ .l:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.  ‘!
l        .:>ーr}⌒レ7:.|:./   //、_,、,l:.:.:.:/  l:.;ム|:.:.:.:.∧:.:.:.l  |
!      :,′ リ ./ /:.:.|'幵示====-  |:.:.ム ''7´ |:.:.:′',:.:l
!      マi  〈  ム⌒つ i::::::::::::::「   .|:./幵三〒オ|:.:./   ,|
!       ヾ:、 } 〈 /`ヽ ニつ:::::ノ   .}′'-っ:: | }}ハイ     ' |
`、      ` ミ.}    「`′ ー‐      弋__ノ.//:/    .|     もう、それネタにしちゃいますか。
  \   ,.r-ァ/}     L._             /:.:.:′
    >'´  V }      `ヽ           .′:′
 .. ´       ヽ.\       ',  ∠ユ    . ′:′
'´         \\       ト、__  <i.:.:.:.:.:,′
           ヽ」      '     `、  |:.:.:.:/
           /〈!    /       /\|:.:.:/
、          _/:,:,:,`,:, 、_/:,ヽ     /:,:,:,:|:.:/
:,\       /:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,/    /,:,:,:,:,|/

614 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/25(月) 23:59:54 ID:L544kjpU0 [15/15]


そんな感じで第三回補講2
┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓
┃|                                            |┃
┃|         『自由度』の意味を履き違えたプロット          |┃
┃|                                            |┃
┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛
                                   をお送りします

615 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:00:07 ID:LAxj0Bcc0 [1/27]
                  _ __ _
        r  ―- ー とつ  __,、_  , 、
        |       ,/`ー/`ー': :ヽ-ヽソ ̄   - 、
        |     //: : : :/ : : |: : : ハ、 : `ヽ.    l
          .  / /: :/: : : :,': :/'|: : : : | ∨ |: :丶  '
           ,レ' `ヽ /: : : : j :/ノ.│ : : /\| ||: : : ∨
        /     /: : : : /j/   │: : /  |ノ| i: : : |
         ,′ 、 ,i: : : : / ,,=、、 l : :/ ,,=、、| |: : : !
       {    } ̄:|: : ;.イ |l  l| |/  |l  l| |人 : ,'    こういうとき『良いネタが浮かんだ』ことだけ覚えている仕様は
         、  丿: : |/ :|  ゛="      ゛=" ,': : ∨    .人類の進化に対する挑戦だと思います。改めまして、やればできる子です。
          ヽ/: : : : |: : : |"///     /// |: : : |
         ./; : : : : | |: : |     ─‐-    l.: :| :!
        /∧: : : : | |: : |>:.._/    |__ ィ: :,人j
       /   V: :{r|ノ\| ̄`ヽノ  ̄〈 ̄`ヽ.|/
           Y/    /  ̄ \ ̄  ,'.  \
           ヽ.__,/      \ /ヽ.   丶
           /       ,ヽ    \ \   \
             /        \   \ \   \

616 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:00:22 ID:LAxj0Bcc0 [2/27]
      i  ヽ                      //i
      │   \      ,,,、--─  _,,,_/ / i
      |  \ \_,,ィ'⌒~       ¨´ ~`〈::::i
      i   ::)    @        @   ヽl
      i   ;;          .,、Ω        ヽ
      i  ノ       _/|f´ l |\ノヘ ..   i
      i       ,. : : : : : : : : : : : .ヽ: : : \::、 `ヽ
      i        l:: : / : : :l: :.l: :ハ:.|: ヽ: :: ト   !
      i   と__ノi::./: : :.l: l: :.|: :| l:ト、:.l.:.:: l:::.:ヽ:|ノ
      { '/∨: :.:l: : :.:.l: :.:l: :l: l: :.|: :| l:| リ<´l.: |:.:.l.:.:|
      ! |:::::.l: :.:l: : :.:.|: : |: :|.:|._⊥:| リ   ハ。V.:.:.l.N
      i i:.::::.|: : l: : :.:.|: : レ´Tl/ Vリ ′  ヒ ノノ {.:l:|    さて、前回補講では
      ヽ|:::::: |.:.:.l: : :.:.|: : l Vィ .:ヽ      ,,,,V:.:|    『筆の暴走を止めるプロットを引く』ためのお話をしたのですが、
        l: : :|:.:.:l:.:.|.:.:|: : :V弋ヒ ッツ      '   l/:ハ|    今回講義では
        l : |.:.:.l.:.:|.:..|.:.:.:.:ト、 ,,,,,,,,          //     .『筆が止まってしまうプロットを引かない』ためのお話をします。
         l. |.:.:.l.:.:|.:.:|.:.|.:ヽ.:.\.     _ ノ  //
          l:ト、 l:.:.|.:.:|.:.|.:.:.:ト、.<      ,. イV        このふたつはセットなのでぜひあわせて覚えてください。
         リ リヽ|ヽト、ト、::| ̄ ̄`ヽ`T´ l/
              /. : : : : :. `ヽ `\
             /. : : :〃´  ̄`ヽ\ 」
            /. : : : :.//. /. : : : :.ヽ|:ト、
             /. : : : ://: /. : : : : : : : :l! \
          /. : : : ://: :/. : : : : : : : : :リ: |  」
         /. : : : ://: :/. : : : : : : : : : :ハ:.:レ'´
        : : : : : :.://: V. : : : : : : : : : : :}ヽ|

617 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:01:12 ID:LAxj0Bcc0 [3/27]
        /  ̄ ̄ \
.       /      ヽ
.       |      -‐`  ̄ ̄ ̄`  、_____
.       |       ○  o   ○  \      ヽ
.       {/  , -――r-y ' ´ ̄ ̄`ヽ         }
.     /.  /        ハ        \       /
    / /       ム/∧     |   ヽ    /
.   〈/  /       | `⌒} |   !     }    /    「あれ? プロット段階では書けると思ったんだけど……」
..  /_/  { 从 .|   .| l } 从  人、 イ
..   ̄ヽ/ /{/寸T弋{   .リナT寸!ハ イ   |` }    これ、物語を書いた方ならば
      /ヘ/. ! 〒寸     〒寸 }.   |   |_,ノ     きっと思ったことのある言葉だと思います。
     /{ { |//}        {//| イ  {   {
   _,ノ  .| 八 乂リ        乂リ 从 ハ  ヽ
    ̄了 {ハ ⊂⊃     _ ⊂⊃ ./   r―
     { ハ ヽ { ` 了不二三アハ /イ 人/
     ∨ ヽ へィノー イ /o)oi } イ`´
           >‐-{ ゝ )ノ ノ-/
                 `¨∨¨´

618 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:01:53 ID:LAxj0Bcc0 [4/27]
    ____ , -――‐-  ___
.   /  / ム ̄ ̄`¬ヽ○    ̄}
.    { ./   { ヽ  ヽ \\   / .l
.    |/     l   }   }    ヽへ /
   /   l人 .|   |  ハ  |   .}'     皆さんが自覚している『書けなかった理由』は
  {.    {7弋{   !7寸T∧ }  ∨ ヽ    「書いてみたら冗長だったから」
  |   } l丁 了   丁 了∨   トゝ .|    「書いてみたら急展開過ぎたから」
  !ヘ ハ {乂_ノ     乂ノ  ヽi {   }    「書いてみたらキャラが動かなかったから」など
   .'{ 八     rュ      } 人 _ノ     様々なものがあるでしょう。
    イ  }>  ___  ィ´T´   〉
      }人V∧/女ノ   ,!^Vリ  ハ{        けれども、その中でも一番多いのは――
         〈ヽ  /   {/   }
         / ヽマ /   }

619 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/26(火) 00:01:59 ID:hmh5Ixp.0 [1/4]
どっちもよくありますから、楽しみです
下半身裸で待機しております

620 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:02:06 ID:LAxj0Bcc0 [5/27]
                                  ,ノ'ヽ,、
            _,,,,;:;;::--::---::;;:--─---::;;--:;.,,_   /′  i i,
       _,,...:;;;ー''゙⌒      ‐'″         ~゙'∨    .::i, i,
     ,,,;;;:::         ,,,            ,,,   /    .:::::i, i,
   <,_          ◎    ,.,o,.,._,.   ◎  /     .::::::::i i
     ゙゙^ー-       _,;;rー'゙~ /i /;~^..:ー-、'' ,, .〔    .::::::::::i }
          〉     / :. :. /:. :.i:. :. :. |:. :. :. :. :. :. :.`丶.   ヽ/i
         /     /:. :. :. :/:. :. :|:. :. :. |:. :. :. : : |:. :. :. :. 丶    .l
        i     /:. :i:. :. :./:. :. : : : : : : |:. :. :. : : |:. :. :. :. :. :.i    .l
        !    ,イ:. :.:|:.u/ ̄:. : : i:. :. : |:|j:. :.  ̄|\:. :.し: : |    .!
         !    !:|:. :. |:. :. :| |\:. : |j:.u. :|从:. :. :. |:.从:. :. : :∧ .   !    「書いてみたら実際には書けなかった」
       ヘ  i :.|:. :. |、:.,斗f≦ミ:.从:. :.:|   斥芋≧、: : /|:. ヽ /
        ∧ | :.|:. :. |: 《  爪 刈   \|   Ⅳし:'ハ 》へ|j:. :.∨
        l,∧ | :.|:. :. |ヽ  乂;';'ソ      乂;':'ソ / ) 从 :. i      という、経験者以外には「お前何言ってんだ?」と
            \:.|:. :. | ハ u//////////__ ノ:/:. :. |      突っ込まれそうな理由ではありませんか?
            \: 个 込 u      '      u ,イ:. :. :/:. :. :.:!
           |:.\:. :. 个     ~~~   个|:. : /:. :. : /
           |:. :. :. :. :.|:. :.i :. ≧  ,,_,, ≦:. :.:.|:リ:. ∧:. :. /
           |:.人: ル从:. :|\: 人    人:. :. /: ノ ヽ:./\

621 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:02:31 ID:LAxj0Bcc0 [6/27]
       ,. -─‐- .,    ____      ___
        ', ',\   `'"´      .`゛ー 、'"´  ,. --, `,
         ', ', \                 く  / /
        ', ',/ ◎   ,____    ◎   ヽ/ /
        /   ,. - '´ : /: :/ : : :`ー-、     /
          l   / / : : /: ;/: : : : : /∧ヽ、    ',
       l  /: : |: ://// : : : : // ヽ: :ヽ.   |
       ! ,': : :i7フ/ ̄//: ;/// ̄ ̄TT゙ヘ  !
       i | : : l r〒示ミ/    示〒テ、l: : ',. /     凄い話ですが、これ、正常です。
          ∨ : : ハ ゙ 弋ソ       弋ソ "|: : y
         V: : :!ヽ                /l: : ;'       書けなくなるべくして書けなくなっています。
         V、 トヽ       ′    u// 〃
           ヽ| V ゝ    _     イ/レ′
           ヽ   二lー、 ̄  イ┐′
             /:::〈`ヽ_ _ /〉::\
            /:::::::::::\/ハヽ/:::::::::::\

622 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:02:49 ID:LAxj0Bcc0 [7/27]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、      .その理屈を説明するために
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|     例として第三回講義にてプロットをひとつご用意しておきました。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452503354/158-175

158 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:09:21 ID:Vw/j4OS6 [42/97]
            ,.-.、
              Y^Y
            l三l                   ./  ̄}
             l三l                 ./    |
               l三l          ____/   ,'  j
       _____l三l___ , ― '  ̄          ,'  |
       \,ィ─-、__,ィi 二_}l/         ,,, 〃   ,   |
         〃: : : /: :弋{ _}_ ,,,        ◎   . : : ,  |
        /l: : : /l__,. 〈∠l___}◎, -o ―─-、_   . : : i   j
      /l l : : ヽl : : : : l三l<二コ :.:.:\:.ヽ:.:.:.:ヽ \      |
     /: : :ヽヽ: : :\ : : ,≦=≧、 l:.:.:.:\:.ヽ:l\:.:lヽtrz\_   |
.  /: : : : : .::::>─'´` / /⌒ヽ┴ ==ラ :ヽ N _,l:.l } ミリ:.:.:.:\_|   前回お話しした
  r{: : : : : ..::::::/   t== 〒 二 T l\:.\:l.:l/,.佇弌  リ:.:.l:.:.:.:.:.:l    『インテリ系和風主人公』と
  ト\: : ..::::/〉-、      .l l::l l ヽ__\ リヽ  弋ク  !.:.:l:.:.:l:.l.:.l   .『剣豪ドジっ娘少女』の物語です。
  ヽ\二=- '′: :ヽ __.    l V l {{.Vlj.,      ´ ̄   |:.:.:lマ::l:.l.:.l
   `弋¨\ ̄ ニニ==┴L.  l ll  lヽ ゞ'′,          !::::::.:l:.:N:.:.l   では、どうぞ。
     ヽ:::::\: : : : /: : : \l ll  lヽ     _,. _     / !::::::.l|:.l:.:l:.l l
        `丶_\ /: : : : : / l ll  l -ミ.、       .∠-/::::/l:.l:.ハ:l l
             l: : : : :/   l ll  l /: : 7コ-イ   |::://  ̄ ヽ
       /\   \: : l    l ll  l/: : : /i:i:i:i:i:i:iヽtュ,!イl : : : : : : ヽ
.      / 〃 \ _ 二> 、  l ll  l : : /l:i:i:i:i:i:i:i:iノ´:/ : : : : : : : : : l
     |:...ll          \l ll  l─ ァミー.v'′:/。 : : : : : : : : .:l
     |::::ll:...      ::: ,. ' : l ll  l/: : : :\ <;l: : : : : : : : ...::/l
     |::::ll:::::::::::::::::::::: ∠ __,.l ll  l/´ : : : : :\/l : : : : : ...:::::/ l
     |:::::ll::tュ::::::::::::: {:;:;:;:;:;:;:;:;:;: l ll  l : : : : : : : //: : : : : ..:::/   l

159 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:09:35 ID:Vw/j4OS6 [43/97]
                           ┌────────────────┐
                           │                          │
                   ┌───┼────────────────┼───┐
                   │      └────────────────┘      │
                   │                                    │
           ┌───┼────────────────────────┼───┐
           │      │                                    │      │
           │      └────────────────────────┘      │
           │                                                    │
           │                                                    │
           └────────────────────────────────┘

160 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:09:49 ID:Vw/j4OS6 [44/97]
        _/\
      |_  _/                   __
     __| |____                |   |
     |           |  ______  |   |
      ̄ ̄|  | ̄ ̄.  |            |    ̄ _
         |_|        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  __/  |
                              |__/
                                  _
                                  _/    ̄  、
                                 「 ̄      ヽ    ヽ
                              ~≧=-―' ヽ    \   }
                 ____, -―…‐- ./    ―∩      ヽ○) \   己の貧乏を笑いながら貧乏旅をしていた主人公は、
                「 ̄ |                 | ̄|   二∪\,_     }   ./   ある日、貧乏どころか空腹で行き倒れている少女に出会ってしまう。
        ____ |  ヽ      |     | |  |     ヽ.      |  |
        /      |    } 匸二]  |     | |_|    ∩  \    }  |
.     (_____|   '        |     |   {      ∪  リ   /○ /
       弋____|、   }__,-‐ .l    /  ハ         /  /   \
                ヽ<____|、_ノ、‐<人___/     _/
                         ヽ__)  ヽ __ハ_イ―¬´>

161 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:10:02 ID:Vw/j4OS6 [45/97]
                                 /   i
                        ,,          /   i  l
                   _ - - 〃〃ヾ ̄⌒/      { |
           _〃〃--‐"´    γ''ヽ   <         /  l
      ,,--‐‐"´  γ''ヽ ,,_     弋__ノ          /   |
   、-‐"       弋__ノ,、\`丶、 ,            /    l
   ゙ 、入       ,、 /:/ハ:.:.' ;.:.:.:ソ:\_,,ノ^ヽ  ヽ    〈      ト、
     \\_   /::!/:.:.l:.:.:.l:.:ト、' ;.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:ヽ∠\   \   | ハ
        \ \/:.:.:.:.i.:.:i:l.:.:λ:;l  ';.:.:、:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.:\_  \_ l .ハ
          \/:.:.:.:.:.l:.:.:.l:.:.:.:ハ::l  ';.:.:ハ:.:.ト 、:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:`\_ ' !  ハ
            /:.:.:/:.:.:l:.:.:ハ:./  V   ';/_,. 斗'" \ :.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:ハ.:\   l
        /:.:.:イ:.:.:.:.ヽl.:.:| ̄`ヽ、  /         \:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:ヽ::|\  ,'
         |:.:/:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|            _ィテホ、 l:.:.:/:.: ト|:.|:.:.:|::| \l   さすがに放っておけなかった主人公は
         |/|:.:|:.ト:.:.:.:.:.:.:.Tヾテミ、    /´ | ・ リ l:/:.:.: ハ|:.|:.:.:レ1  /   .なけなしの路銀を削って少女に食べ物を施す。
    \_人    レ'|:.| |:.:.:.:.::、|ゝ | ・ |ヽ       ゝ/  |:.:.:.:イ }:.|:.:.:.:.| 〃
   __)      l::| ∨|:.:.:.ハ|ヽゝ/ ,      ////  |:.:.:.:.:|/|:.:|:.:.:.:.|´
    )      |:|  >、\∧////          /:.:.:.:.:.|:.|:.:.|:.:.:.:.|
    /`Y      l|  |:.:.:.:.:ヽハ        。     /:.:.:.:.:|:.|:.|:.:.|:.:.:.:キ
            |  |:.:.:.:.:.:.:|:.:>   ┬(  o  .イ|:.:.:.:.:.:|:.|:.|:.:.|:.:.:.:.キ
                 |:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:`//-‐<´ .イ!:.:.:.:.:イ:.|ハ:.|:.:.:.:/
                 l:.:|:.:.:.:∧:.:.:.:.:. // 「 ̄l~: : :/|:.:.:.:/.|/ ̄_´_ ̄_\
                |:.|.:.:./  ̄,ゞ─〈 Σ了:/ |:.:.:/‐‐'"´     ~!゛゙7
                /|ハ_/r‐'二二`、_l`',▽/∠゙´|:.:/           /
              |   { ‐―i .} || . >「 <.   |/       - _   `i
             /   {  i } .l´|´:/匚ヾヽ‐-,,___      \ !、
           < /  /{  し'¨´,/: :l i⌒i l : : : : : : :_,,-‐ ̄⌒:l‐-‐`, |
           |   / {     ,} /: : :| |  | |: : : : : : ::⌒丶、-┤    l
           l.  /∨    厂{: : : :l_.二 _l: : : : : : : : : : : ::l: : :|    |

162 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:10:16 ID:Vw/j4OS6 [46/97]
        .ト,‐- 、  __ , 、__  _ ─-ァ
         | !  >´     ヾ   ,イ
         | | ''´ @   @ \ ./ l
        /      o      ヾノ
        {__             __}
        {三ー二 、__三__, -―´三}ヽ.
         i i /ヽ!、/ , 、 ヽ. `ヽ!   i
  _,.rr-r-r'i'7`レLハr!t|__ハ iィ!'´!  i   i         去ろうとする主人公に少女は待ったをかける
   ̄ ̄!_i__r' /:7 i ,乍j└,rテェうソ!」   |‐- ..,,__     「恩を受けてそのままではサムライを志すものとしてあまりに不甲斐ない」
      `'ァ:'// i" ~    ' ''   !  |‐- ...,,,_ "''ヽ、
      / レヘ !へ、  、   ",.イ ハ|  i:|     `"'''‐ヽ 『サムライ』という言葉に微妙な思いを抱きつつも「では、どうするのか?」と
      〈:::::`rイ'´ /:i>r-=i'レ'⌒ヽハ_ハ!         主人公は問う。
      `''ーヽ!:::::i::::}>イ`r/:::::::::::::!
          `-i::::::!/:::〈:::::::::::::,!
          ___/ri´i´i`「|_____/ン_________________
         'ー--!_! ! .! !」ニ7i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
         _r/`'7'r---イrヘ、
        r!イ:::::/::::::!::::::::::ハ:::::ハ、

163 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:10:28 ID:Vw/j4OS6 [47/97]
      ,. ----- .,    ____      ___
     ', ',\   `'"´      `゛ー 、'"´  ,. --, `,
     ', ', \  ヽ             く  / /
      ', ',/ ◎ ,ヽ、 ____   ◎   ヽ/ /
      /    ,. - ''"// /ト、`゛- 、     /
     . /   /: : : : : : : : : /: : : : : ヽ、   i
      l  /:  : : : : : :_/」: : : /」_^^ヽ:   i   「なれば、それがしを護衛にお使いください!」
     . l://イ: :l: : i: ;r1:/ l: : :/l/ `ヽヽ.   |   自信ありげに言う少女。
     . l' l/:l: :l: : l: / l/  ヘ /     ,リ l   !    しかし、彼女が身に帯びているのは時代錯誤な刀が一振り。
        lハ: \:l/ ==≠ `   ミ==.l:ト、  |
         l: : : T     r――‐、   /イ  l
           ヘ: :⊂⊃  |      |  ⊂⊃ /
           │ 〉;{ ≧ェ  弋__ ノ_ ィl /}
            l:/ {ハl.「 ̄ ̄`ヾー´  ̄ ̄ヽ'ヽ/
           '   ∧: : : : , ォt―.、: : :∧
           /:::::\/イ|}{|\__ヽ/:::ヘ

164 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:10:42 ID:Vw/j4OS6 [48/97]
  ______.  ,.. --──-- .._  _.. -──‐-、
 i' ヽ     >' ,,,         ,,, <  /´:::::::/
 ! ::::::::.\  /  ◎       ◎ `、/::::::::::::::/
 丶::::::::::::\/        o_     丶:::::::::::/
  `、:::::::::::/     ,.r '"´  ```ヽ、  `、:::::/   「銃は?」
    丶::: /    /:,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ.  V    「持っておりませぬ!」
     V  ,.,..'イ_ ム=く' lノ  ,ィ= ミト: ヽ. `、   「魔法は?」
      ,' /~ハ ,イ{i::::::::i}     {i:::::::i}V.{/ /    「ちんぷんかんぷんにございます!」
     .{ {  l:::i'_ ひー '    `ーヘ)}:、/    .「……心意気だけありがたく受け取っておくよ」
      `ヾニ: :{:.`トミ.  -‐ー一 ...ィ:,、{      .「な、なにゆえっ!?」
         `、l`ヽトlヅ`三下「/`ヽ′
           /     ヽ           ぽんこつさをかもし出しつつあるヒロインに
            /  /   ) |           主人公はやんわりと『お祈り』するも、
            ノ  /.....  { |           ヒロインは粘る。

165 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:10:58 ID:Vw/j4OS6 [49/97]
      斤 ー- -─ - - 、__
      ト キ   ( @ _,,,.--‘゙^ー。
      i ノ  , -‐'"    i ヽヘ ^ヽ
      li イ/  / A     i   ∧¨キヽ、
      / / l  i /i    /l       i   \
      / イ  i  ∨`l   / i! /l     l  ノ
     { イ l  ト.イ万`i/   l/__i   イ l/        そんなときに、ふたりの会話を騒音が遮る。
      `八   l 弋_ソ    ,ィ=z、i./  }⌒     __   .何かと視線を向ければ、
     l: イ トト     :, (゚リ :ツ///l`    //   .そこには大砲の如き巨大な拳銃を持った筋骨隆々の男性と
      イ _i  ∧ 、  _      ,イ/ ィトl    /. /    その男性に手を引かれ「おやめください、お客様」と声を上げる女性。
    ∠ ̄>'´¨ヽ、:. ヽ-  ,-‐ '´イ イノi/    / ./
    { ̄ ̄ \__∨>`, / \i,\l弋\弋 l^'; /^V、   .周囲の人の声を聞けば、男はどうやら有名なアウトローのようだった。
    /        ミ ヽ  ´ リトヽ、‘¨^|//⌒` キ
   /マ\_  ィ゚    `ヽミ{(☆)イ》ヾl//〉 (__/ /⌒ 、}
  イ  >ム::..           〈// |Y'Vヽ _ノ

166 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:11:18 ID:Vw/j4OS6 [50/97]
                        _ ―、
                     ―-= ィ ´     ヽ
               , -‐ ´,、 ○_、       }
             /´  ,イ }: :ヽ: : ヽ`ヽY⌒ヽ l
             /○/ {: : ト、 }、: : ヽ }: :ヽ: ヽ/
           /  ,イ: :. :l: : { ヽ} ヽ: : :} l : : 〉: : ヽ
         /  /: {: : : :ト、: ヽ ' _}斗十: :/:リヽ: ヽ
       /   i ; : ' : l : ', ヽ; ゝ   }ィ匕ミヽ }' :}: }、 ヽ    「では、ご主君。それがしがこの騒乱を鎮めたあかつきには
       \   l ヽ; 、:_}ゝ-ヽ、`    f: : :)〉 | :lノ:l ヽ}     実力を認めていただけましょうか?」
         \ |: :ヽ:、'ィア孑、    ゞ‐'  .|/ }/:、:/  、
           {: : :ヽ{ヽ戈: : )   ' _    ,r '/、{:Y   )} まるで近所に買い物を行くことを志願するような気軽さで
           ',ヽ: : ヽ',  `´  ィ ´  〉  ,イ: /ヽ、ゝ辷ン  少女はそう言った――
             ヽ:〉、:レハヽ    丶  '  イ∧ヽ:_:_ヽ、
             ヾ: ヽ: ヽ: `ぅぇ‐r-- ' l、rイ´  `ヽ``
              ヽ r ⌒ヾ-七´、    ,'/ { ',   l
                〉    }  ヽ  ̄ ´ /  Y   .l
                   l     i}    ヽ __/   ∧   l
                l    /    ヽ  '    ヽ   .l
                .l    イ{      `         i  l
                l    ハ            ,}  .',
                ,'   /  ∨      〉    / ハ   ,
                ,'   /   ∨      '     } ,   ,
                ,'   /    }             | ト、
                    /    リ ,         /  } ',
               /       ' ヽ    _ /   ∧ ',  ∨
          ,   /       /  ヽ  ´        } ',  ∨
           l   /       〈    ヽ        ,  / ̄ト,  ∨
           .l   /      ∧    `       / /  _,!_}   ∨
           l  /      {  ヽ    ',  l  /   , zイ三ユ   ヽ
           .l   }       }         ',  l /  _,zイ/´ _ } }   }
           l   }     〈ヘ   ヽ  ',   ィ´/´ _ィ――ミヽ} l/
        /   ,'     / ヾ、   ヽ  ' /// ./´     \ミ}ソ
          { i | リ       〈 ヽ、`ヾ、___'x'/ イ        ヾ}
         {i { {ソ      匸二ニニ、``‐-シ}_{          |
         ヾ}       |      ̄ ̄´ ハ          '
                     |            ,'  ',           l
                      |           /  '            '
                 |                      |
                  |            i            }
                   |        /     |         イ
                   {         /    |         / }
                 {      /      .{       / /
                     ヽ __ '        `丶 _ /

167 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:11:34 ID:Vw/j4OS6 [51/97]
  ______.  ,.. --──-- .._  _.. -──‐-、
 i' ヽ     >' ,,,         ,,, <  /´:::::::/
 ! ::::::::.\  /  ◎       ◎ `、/::::::::::::::/
 丶::::::::::::\/       _o_     丶:::::::::::/
  `、:::::::::::/     ,.ri"!1:::|```ヽ、  `、:::::/
    丶::: /    ,r'/...|:::| |/ |/メヽ|:::ヽ.  V (_    ――が、主人公は少女の話をさっぱり聞かずに、
     V  ,.,.:'/ |!ゝ-、/   ,.r''´'∨::|ヽ. `、 (__   男のところまで歩み寄っていた。
      ,' /::::::|===    === |::::|::/ /  /
    { {...イ::l|:j    __ _ ′  u|::::|、,/    >
     .`ヾニ∨::|  /    ``!   /::j     (
        ∨|\,'      }./|: ;'
        )ヽ:|:〈:`'. r‐┬‐ '/:::::|〉:)
       (::::ィ´ヾ,:‐<_l:::::/マト、:(_

168 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:11:52 ID:Vw/j4OS6 [52/97]
主人公は誠心誠意説得を試みるものの、
男性はそんな話には耳をかさず主人公を嘲笑し

ついには、主人公の説得に

「ごちゃごちゃうるせぇ!」

と暴言を放つに至り――



















              i  ヽ                      //i
              │   \      ,,,、--─  _,,,_/ / i
              |  \ \_,,ィ'⌒~       ¨´ ~`〈::::i
              i   ::)    @        @   ヽl
              i   ;;          .,、Ω        ヽ
              i  ノ       _/|f´ l |\ノヘ ..   i
              i      ヽ ノ´| :.:.:.:.:.i::::|::::;i:::,'  \::、 `ヽ
              i        l/:.:.:.:l::::ii:::::./ |::/i:.:.: ';:::: ト丶  !
              i   と__ノi:/ :!::l:::l_l::/  !/リ_ソ:.|:.i: l::::|:.:ヽ:|ノ
              {   ィi/:.:.||::ハ,'|‐|- _ `  孑‐- 、|/:.:|:.:.|:.:.:.| l
               !  /∨|:.:.:.|i::/  ‐ヽ;;;;;;;;;;;;‐  ¬/:.i:: リi:.:.ノ乂
          __   i  i::γ \|.:.|,ィニニミ,;;;;;;;;;;;;;;;,ニ 、| }i:.:.:ル|:i
          〃 }\_...ヽ i:.:|ゝ く:.:i| ,,,   ;;;;;;;;;;;;;;;'¨⌒ヾ i:.:l:::::.|:|i    ――少女がぶちキレた。
         {{,ノ::::..し{^ .マ : |:.`vヽi、       '   ''' '::{::::i::::〉
          `丶、::::::.‘ー./ : :|:.:.:.|:.:|:::..、   ー -   ,イ:.:i::::|iイ
             (>r‐..〈::i::: ヽ:.:.i:::i::::.个 、   _,   ':::/:.:.l:::iリ
         | ̄ ●〉  \:/ /__厶7_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く
        _レ-―┴- 、  |>'ー=´ ̄ヾー-‐ァー'´   \
        /       \|    ヘ    ヽ〔こ\   ヽ
      /          〉    ヘ    | \〉 \  ヽ
      ∨         {       '、  ! .   \.<\
      /          }    \  l  |_____ \>\
.     /                \|       `ヽ、\  Y
.      〈                      〉 厂 ̄ ̄ ̄| `‐ヽ. ∨
      \             /  {  |     │ ●ヘ \
       \        _,∠,,____ノ  |―-- -―|    l. ∧\
.          \___, イ {         / |     │    :|  l∧::.\
                ,|  ヽ       / |     │     |  | l\::.\
                   /    \    ,'  :l_____ノ    ●.|  | |  \::.\
              ´フ     〉  /               |  | │   \::\
                 /       ヽ/                  |  \|      \::\
              ∠__人  /                 |    |        \::\
                   ∨                    |    |        \:丶
                    /                       |    |         \ヽ

169 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:12:09 ID:Vw/j4OS6 [53/97]
                   r 、.     ,、
                   l ヽ,,, -ー -', l
                  /  @ o  @ ヽ
                 Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
                 l γ::..:::::.u:...ヘ、: : : ハ j
                 `ノ  ,.  >フヽ_.j  | |     男に斬りかかり、一気に交戦状態に入る。
                 l __/ _ ノ´ ,ヾソ  ,'j‐-´      反撃に放たれた銃弾を少女は難なくかわすも
         _     / ゝ‐ヾヽ!、 ( ̄ゝ 〉        .男の鍛え上げた体と身にまとった魔力に刃が通らない。
  _  _    i´,_.二二ッ ´ /i___、,!_,ゝ‐--‐'´i
 ,ゝヽ' '‐、,-イ"::::::::::::::::::::l、!、;;/"/ヾ、 〉-ヽi !ノ         双方決め手を欠いた状態となる。
 `!/〉〈イ! !:::::::;;;;::::::::::::::::ヾ/ //-´''" ̄`i、
 ヽ二ゝヾ!、lノ", -ヽ、,.-// /_::::::::::::::::::::::|、ゝ         しかし、銃弾をかわすため走り回らねばならない少女の方が
  /ヾ、!=ヽ  "   〉川-ゝ V/ユ--、;;;;::;;::;;!、>         疲労は大きく、このままでは負けてしまうと主人公は理解する。
 / <ヾi_、_,,,,,<",''ヽ_ゞ-|__  | | l _ ̄`"''''''''''──----───'''''''''ツ
 |  ゝ" ヾゝ "     `‐'ヾ_/_i_ ̄"i"''''''''───----─''''''''''"´
 "-‐´                `‐-‐´

170 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:12:25 ID:Vw/j4OS6 [54/97]
      c    r 、
   C      丿  ヽ ___ _,,..--‐' ´  ̄`ーー--.,__ _       _ _
         /  / ‐ . .... -          ‐ ..::ーヽ--‐‐'''フ´´ ヽ
 c       /   丿 / /:::::ヽヽ         /〃::::ヽヽ ン'´   ノ
   C    {  ′ ヽヽ:::::ノ丿         ヽヽ:::::ノ丿 ヽ    /
        |        へ'ン⌒ヘヘ O/ヽ   ィヽ       ノ  /
        /               ,             へ
       /         ./  .//./!   ,、   、      `ン
       l    ,      .! .人ヾ∠-,/ / .| ,-i/ヘ       ハ
      /         |/ ´ヾ_::ノ './  i、   '  ! /ヽ      '.
     /.,     ,  ,! .i!ミz、       ヽ`ー‐;=ナ‐+-、     '
     /       i  i!∨   ミミ'、      `""´ '´  | ,.`     '.
    /.,     ヽ'>、 .|三三三三≧    _____ |/ |       '         「せめて、五秒稼げれば……!」
    ヘ     /  ヾ、           三三三三三ミ/       ヘ         苦しみながらも戦う少女の声が主人公の耳に入る。
    ヘ___{.  """     ___  __`ヾミz、_  /       .ハ::
    __| >─´ ゝ、     `´i´   `´    `ヽ  `ヾミ/  _       }──i‐´"   「――五秒で、いいんだな?」
   <,   `i`‐.i‐´ク\     i!         ヽ.""-;;ン´       /   | _    主人公が動き出す。
   ∠   |  |‐=ー‐ ´` >、'- 、           i‐=ニ,-        /    i!/ ハ
    /, -‐´`‐.'.     ./    `""iー─-、__ !_ /     .,-‐´    //   ̄ "ヽ
          `ー─‐ソ      ._.>,ーi< -=_´ ̄ ̄ ̄ ̄      /i |     ヽ,´
              i!    ,- ´/: : `:、\  .i´___,   __ -‐´  |_ '=:、_ `i"
              '.  ,-‐´,-'./ヽ: : : : :ハ \'´ ‐=´─‐ト、    _-‐'      ̄
              ヾ´ ./ ./: : `:>‐.<´: ヽ. `ヽ._  /  ` ー ´

171 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:12:55 ID:Vw/j4OS6 [55/97]
(中略)して主人公が五秒稼ぐ。※補講で触れるのでここでは気にしなくて構いません。

172 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:13:14 ID:Vw/j4OS6 [56/97]
                                         \    、
                                 , 、        __\   \
                  r 、          / l         \      \\
                  l  ヽ     _____∠   l     \    \      \)、
                  l    \‐''''"     ヽ、l        \     \      \
                  l      ` @  o`@ ヽl         \     ヽ        \
                    ,'"   ____,.r-ー'^へ^ヽへ、 !.         \  \}       ヽ ヽ
                    ! _,.rソ´:.:i::____イ:.:.:.:.`i.:.:,`'ー|、.          \           ) }
                    r':i,イ::/:.:.:.:ハ__/_、ハ:.:.:/__ハ:.:.:',7           \ー'            \/,
                      Y´:/!/レイイ!__ r!' レ'!,ィ、::!/|:ハソ          _〉                    { __
                      ,':.:.:.:.,':.:.:.:| " ̄     ヒ!!ハ:.:Y´         ⌒>                   /   稼いだ五秒で少女は力を解き放つ。
                  /:.:.:.:/:.:.i:.:.ハ    ___` "i:ハ!::::`ヽ_    ⌒>'´       _ _         ニ=-  .必殺技で、男の防御を吹き飛ばし
          x‐=ミー‐=く:.:.:.イ:.:/ | |>、       人 ハ:::/ 厶=‐ ,::; '⌒ヽ__ _ __ / _, 「_)        ‐-_  勝利を決める。
         \ //////> .ノ^ー'!/,イ-ハト、.!`=ーr<´!厶=-‐       / ∧ }}/{ } ノJ┤        <
        r一>‐=ニ二)  \)ノ人_)_二ニ=-‐           :;:, // / }}_ _乂_ノフ        (⌒
     ∠ニ>-‐\: :                            :;:;:., ._,/__ノ              \ヽ
.     / :/  〃_,)  >x ,.-―─┐             __,,..   --―=====―- ,              \
.     i i   i|>-- { { .i:..    ノ   .―=ニ二三`==ハ           //}/          }\
.     | |   ||⌒>,  .:|ー―一′  .ハ、  '. ヘ    _ハ           /  /}            }
.     \\  \_//,        __{く    ハ. ヽ    `マ                /            /
          ̄ ̄   /       (_  '.   / ヽ ム-‐    ` <         /〃/        ′
              / 〃⌒^7 /⌒  !//    ヘ. '.        |ー-、         〃//       ,{
              ,/ 〃'⌒^//     くl       '. ヘ.       |:.:.:.:.:>ー-- 、   // /        {
             厶イ             !         '. 〉、     ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ   /,       ,^
                          7         ∨.:.:.`:.ー-、i_:ヘ:.:.:.:.:.:.:/、:.:.:.:|  /  }      /
                           ハ、       /|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:7iヽ:./ \:.\:|   /    /
.                         |:.:\`丶、  /:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´:.|:.:.`ヽ,   \:|  /    /
                           |:.:.:.:.:`丶、ヽ':.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:/\〈:.:.:./   _〈   /    /
                       !、:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:ヽ!,:.:.:.:,.ヘ  `¨    /´::::::\/    /
                          l:.ヘ:.\:.:.:.:.:/:!:.:.:.:.:.:Y:´:.:.:.:ヽ.    /:::::::::::::::::/    /
                       :l:.:.:.ヘ:.:.:.:.:./\:l:.:.:.:/!\:.:.:.:.:.:\ /::::::::::::::::::::/    /

173 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:13:29 ID:Vw/j4OS6 [57/97]
             ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_        ,、イイ〒、丶: `iヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/〃′゙}: : : ヽ; : :| : : ヽ、  ∨// /
  ∨Y/: /::/: : ∧"'´   ハ: : : !ハ: :| : : : : l   ∨ /
  ∨/:/: :{: : /:|{:i  u ノノi: ;;⊥,__゙リi : : : : |    〈
   \|: :{: : {:八ハ_,   ´ リ   ̄!7: /^|     ヽ
     ∨∧斗'´ ̄ ヽ    '´ ___(: lイ|      ',   「護衛失格ですね……」
     /ヽ:::∧ァfキ=、    ,イつ } 〉{:〉ノ|       ',   事後処理が終わり、再び主人公とふたりきりになった少女は
    / /从ハ`又;;;_丿     ゞ-‐'  /从/     __ノ    そのようにしょんぼりとつぶやく。
    /l く/: リi入/ / / '   / / / / ハ/    /  |
   / |  `ヽ<>、,,,_ ー‐  r‐──ノ´  __∠二二|
   \>、__二,二ニ‐ f ̄ヽ┴卞ニ、─<____丿
     \___,r'´   r‐┤; {‐、     `ヽ 〈
        /\   '´/~i^ー'\     r' \}
       /   \/ 人   \__/    \

174 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:13:44 ID:Vw/j4OS6 [58/97]
            ,.ヘ、__ -―-- _
            }    ◎,、 r‐-、  ◎ ̄ヾ―--、
            | ∠イf: : :{: : : :ヽ-、_     /}
            ,.レ' /: : : : : : ; : : : :ヽ: :ヽ ヽ  / .|
            //: :¦: : : : : : ト : : : : :' : :i : 〉_∨}     己の暴走で主人公を危険に巻き込んだことを謝り、
              /:,' : : :L: : : : : : | ヽ. : :」_: !: :{    Y     主人公から去ろうとする少女。
          /イi : : : ト : : :∧: :|  ヽ: :| : |: :ヽ、   ヽ
           |l {: : /三三 ヽ{  三三 イ: : /: T  }     しかし、その腕を主人公は取って
              从}Ⅳ |  |////// | | レ }: :;、ヽヘ /           ・ ・
              !ヘハ |  |トー~へ、| |   |ノ ): {>′    「じゃあ、今度からはこんなことがないように頼むよ」
            ';丶 |  l丶 ____ ノ| l ,.ィ-イ: : :ヽ
             };ハ}≧=- r=v===≦>////ヽ.ヘ {      と、道連れになることを了承するのだった……。
                   ∨ヽ;/|//∨//{//{////'∧ヾ
                      |///≧=|//|//////}.
                       {ニニ}ニニ{ニニ}ニニニハ__
                  乂_ノゝ- 乂ノ、 ___≧イ __)

175 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:13:57 ID:Vw/j4OS6 [59/97]
           ┌────────────────────────────────┐
           │                                                    │
           │                                                    │
           │      ┌────────────────────────┐      │
           │      │                                    │      │
           └───┼────────────────────────┼───┘
                   │                                    │
                   │      ┌────────────────┐      │
                   └───┼────────────────┼───┘
                           │                          │
                           └────────────────┘

623 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:03:15 ID:LAxj0Bcc0 [8/27]
                                  ,ノ'ヽ,、
            _,,,,;:;;::--::---::;;:--─---::;;--:;.,,_   /′  i i,
       _,,...:;;;ー''゙⌒      ‐'″         ~゙'∨    .::i, i,
     ,,,;;;:::         ,,,            ,,,   /    .:::::i, i,
   <,_          ◎    ,.,o,.,._,.   ◎  /     .::::::::i i
     ゙゙^ー-       _,;;rー'゙~ /i /;~^..:ー-、'' ,, .〔    .::::::::::i }
          〉      /             }  `ヽ     ヽ/i
        /     /   '  '  ,イ |     ' ,ハ.   ヽ       l
       l     /.    / / \ j/|   ' イ //ヽ、   !       l    .一見問題なく書けそうに見えるこのプロットですが、
       !    /:|l   イ i/__≧| ,/ /_≦__ヽ、 |     !    実は書き始めると高確率で筆が止まります。
       !    !/il   Ⅳ | |::::::::::| | /j/   |::::::::::|  ヾi|     !
        `ヽ、l}/从 .| ヽ|  、::::::ノノ'     、::::::ノ   ll|       i     .その原因が
            /     ヽト、_.!               /∧     /     .http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452503354/171
            i ,   │ 八 ""          ""// li  /      .部分です。
            | /   |,}`ヽ个: .     r y     .メイ.   ll:,ソ
            |ハ /i., '|  | ∨. .`≧=‐-   -‐=≦/ ,ィ ,イ }
             ∨_/ |  l }\. .|   \_/  /./イ// {,∧
           l´   |  | / : :ヽト、___∧___,イ. //   / {|
             /   ム-└- 、: : }::::::::::::{::}:::::::::::|/7      〉
           /二 ノ __,.  ,}、: :〉:_:_:イ∨ト:_:_:〈 /       ,イ
           ̄|ノ   ̄`ヽ 〈 .}/:::::::/ヽ-'ヽ::::∨       |
            {    ̄ \ イ/`ヽ:/: : : : : :.V∧二二二 ヽ}
            |ヽ   マヽソ¨´: : : : : : -=彡: : :/ ̄ ̄ ̄7ヽ/

   171 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:12:55 ID:Vw/j4OS6 [55/97]
   (中略)して主人公が五秒稼ぐ。※補講で触れるのでここでは気にしなくて構いません。


624 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:03:38 ID:LAxj0Bcc0 [9/27]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、     .平たくいえば、これは
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452503354/178
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     で言っていた『その場で埋められそうな部分』ではありません。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../      .
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

   178 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/13(水) 20:14:56 ID:Vw/j4OS6 [62/97]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: : :ハ.:.:.:/ :.:.|    |: |: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l: ⌒/   }/   ⌒ .: . ::|: }: : .、    .そうです、『その場で埋められそうな部分』は
.      l    }: : : :|:.:.:|          |:..: .:|/ : :.::.|   プロットなんて必要ないんです。
     、  /:.: : -ハ:.:jィ=≠ミ     ィ≠ミ:: : . : : ト、:!
       ヽ/: : :.{  V       ,       }: :./!: :.:} ヽ  カットしていいんです。
.       /: : : : :.ー-、 ""  r -  "" /..:/ l!:../
      /∧: : : :∨/`.: :、   V_ノ   ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、


625 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:04:18 ID:LAxj0Bcc0 [10/27]
                  .........,,..,..........,,...,..,,...
       _,,;::-::-;:、.,..   .,;;:;;;:;::;::::        ゙`;:;,,.
      /″    ⌒゙y'^,,,          ,,,   ''-:;-:-::-;:-、、,,
      ,i  :::::;,.     ◎         ◎           `゙'ー:;、,
      'i  :::::;;;;;,         o             :::::::::::::::::::......  ゙'!
      i  :::''                         '''::::::::::::::::::::'  .ノ
      'i;;;,  .,l ,;;:''':7  ̄¨7ーァ;:‐----r--=: 、         ''':::::;;''''  /
        '::;;;;,ソ ./ : : /: : : : /: :/ : : : : : : |: : : : : ヽ          '''  .,r'
        Y / : : /: : : : /: :/ : : : : : : : | : : : : : : ヽ          ,/  .考えてみてください。
          i /: : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : :|: : : : : : :|: :',     ,  /
          i!': : : : i: : |:.:-|―|―: :.:.|: : : ―――― 、ハ    'i, /    主人公が五秒を稼ぎ出して
          i|: : : : :|/|: :人: :! \: |\: :| \: : : |: : : l     ∨     ヒロインを援護するシーンなのですが、
          l|: : : : :|、: x======ミ ヽ  x======ミ: : :.:.i、   i     その具体的な方法はどのようなものでしょうか?
          l|: : : : :|:.Ⅵ  v//|      |// |: : : :| Y   .|
        ゙: : : :.:.l : : ゝ 乂/ソ       乂/ソ:/: 从 /   /
            \: : |: : 人 〃〃        〃〃 ,: :_ イ  /
           ト:.| : : : :`            /:|: : : : !., イ
           |: : : : : |: : :>    ( )  イ: : : |: : : : j' :│
           |:|i: :.|:.:.|: : : : : ル:.:〕¨¨¨´ 人 : : |: : : /:|: :.|
           |八从:人: 从:/ /ノ     /    ̄|: : ∧:|: /
              /` ヽ /      '    |:.:/  \


626 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:04:54 ID:LAxj0Bcc0 [11/27]
           _ , -― ==== 、_ イ`ヽ
       r ´ ̄ ´ ◎   。 -ヽ ◎    }
       | ヽ    ,  イ        }ヘ-ヽ |
        , 冫 /イ            ヽ: Y.
        } / __/.′   {    iト   ハ ヘ 》,
      i〉   ヽ.  爪{ !  ∨,i|⌒iト i}  ', 》,
       ./ _ ノ.i 斗=ミト--ヘ}リ7=ミ_ i}  i}  |i
       {  /.i| l{ 7{ ril n__n 仁r }} リ  i}  ||    設定をもう一度思い出してみましょう。
       ヽ /.V{_V 匕ツ リ'⌒込ヒツ 〈 / ’ .||    この人物は『腕っ節は弱いけど心が強いヒーロー』『インテリ系和風主人公』とされています。
      〈. ヾ..{_ 、 ー‐一'′ '   ̄ ̄ト' /   .リ    
        \ i{ iト{\{    r ‐ァ   _,ノーく    ′    彼はその心の強さと頭脳によって武力あるヒロインと並び立つ存在として
        `V|   个: .  `¨,. ,≦=-─┴ミ       .あるいは保護者として設定されているわけです。
         {i|   |ー}> -{/   ___∧_
           ,ハ 抖-‐=≠ 7__/     /ハ
        i{ i} i{⌒ー'′  〈  {「 ̄ ̄ ̄{//リ
       | ̄|_,.从ヘ     ∧ ∧__,. -┴K
       |/\  ヽ\__//l」/ : : |    |:ハ
       .\__>─ヘ、__/  |: :i: : |    |: : :.
         /: : /     |     |: :|: : |    | : : }
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452402012/226-233

226 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/01/11(月) 14:04:20 ID:m9Lrc6CI [27/71]
              ′   /
             /    /
            /    /   `ヽ
            /    /   `ヽ   /  ̄}
           /  `´ー- 、    /    |
         _,く_ ̄`ヽ.  、\ /    ,' j
          ,,,―ヽ._リ:.\ \. ヽ,    ,  |    続いて2について考えます。
______/◎      \,}、iく . : : ,   /
\ ____./    -o ―─-、    . : : i j     ヒロインが高い戦闘力を売り物にしているので
  \ヽ     /   /::l::|:|:::::|::::l:::::ヽ__     |     主人公は対比させて低い戦闘力の人物としてみましょうか。
   \ \ / /::::||:::::::::ll::::l::::::: l     |
    ゝ V /:::::::::::::|::|.:::::::∥::|:::::::::',      |      ふたりとも戦闘力が高い人物と設定することもできますが、
     ム / / ::::|l::::__|l|l:::::::::|l__',::_ ゙l      |     .今回は重複を避け、特徴を際立たせる方向でいきます。
      | |   |::,,f'|´::::|',||:::::::::',、::゙、`''li     l
.、    | |!  l::::!::l、|'!゙、. ゙、N゙、_!      l      ※得意分野を被らせても問題はありません。
 ゙ヽ、   、l'、_,l__ir=‐、! `'―‐,.ェ==、 ',    .|
、 、゙ヽ、  /  l〟〟     〟〟 /     l
 ゙ヽ、 、゙ヽ、   ,ヽ_  、_,     /    , -´     やたら強いヒロインと弱っちょろい主人公。
   ゙ヽ、 、 ゙>、/  |- __,,,.  -/    /_..      戦闘力がモノをいう弱肉強食の世界で
     ゙ヽ、///フ /_  ,/ ,゙、  /   /:::::::::::`、    けれども、主人公はヒロインの保護者として毅然と振る舞い、たとえ無謀であろうと決して退かない。
       ソ / r´`/´r‐ュ| /  ,/ィ/::::::::::::::::::::.|     そんな主人公をヒロインは快いものとして慕っている、と。
       / しヘ/  ´ う l/::::/::::/―-―-/
       '、,_,,/ヽ、  /`''-、,.  _/::::::::::::::::::::/     腕っ節は弱いけど心が強いヒーローですね。

227 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/01/11(月) 14:04:36 ID:m9Lrc6CI [28/71]
                   r 、.     ,、
                   l ヽ,,, -ー -', l
                  /  @ o  @ ヽ
                 Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
                 l γ::..:::::.u:...ヘ、: : : ハ j    ここまでできたらもう十分です。
                 `ノ  ,.  >フヽ_.j  | |    3に入ります。小話を書いて、調整を始めましょう。
                 l __/ _ ノ´ ,ヾソ  ,'j‐-´
         _     / ゝ‐ヾヽ!、 ( ̄ゝ 〉
  _  _    i´,_.二二ッ ´ /i___、,!_,ゝ‐--‐'´i
 ,ゝヽ' '‐、,-イ"::::::::::::::::::::l、!、;;/"/ヾ、 〉-ヽi !ノ
 `!/〉〈イ! !:::::::;;;;::::::::::::::::ヾ/ //-´''" ̄`i、
 ヽ二ゝヾ!、lノ", -ヽ、,.-// /_::::::::::::::::::::::|、ゝ
  /ヾ、!=ヽ  "   〉川-ゝ V/ユ--、;;;;::;;::;;!、>
 / <ヾi_、_,,,,,<",''ヽ_ゞ-|__  | | l _ ̄`"''''''''''──----───'''''''''ツ
 |  ゝ" ヾゝ "     `‐'ヾ_/_i_ ̄"i"''''''''───----─''''''''''"´
 "-‐´                `‐-‐´

228 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/01/11(月) 14:04:52 ID:m9Lrc6CI [29/71]
        .ト,‐- 、  __ , 、__  _ ─-ァ
         | !  >´     ヾ   ,イ
         | | ''´ @   @ \ ./ l
        /      o      ヾノ
        {__             __}
        {三ー二 、__三__, -―´三}ヽ.        凄腕剣豪少女の日々の鍛錬。
         i i /ヽ!、/ , 、 ヽ. `ヽ!   i         .一点のみで吊るした布は斬りにくい。
  _,.rr-r-r'i'7`レLハr!t|__ハ iィ!'´!  i   i         なぜなら、剣風を受け取り自然ともっとも『斬られにくい形』へと変じるから。
   ̄ ̄!_i__r' /:7 i ,乍j└,rテェうソ!」   |‐- ..,,__     大の大人が、いいや、名だたる剣の達人でさえ苦しむその難技を
      `'ァ:'// i" ~    ' ''   !  |‐- ...,,,_ "''ヽ、  少女はやすやすとこなしてのけた。
      / レヘ !へ、  、   ",.イ ハ|  i:|     `"'''‐ヽ
      〈:::::`rイ'´ /:i>r-=i'レ'⌒ヽハ_ハ!         主人公は感嘆の声を上げ、
      `''ーヽ!:::::i::::}>イ`r/:::::::::::::!           .ヒロインの腕前を賞賛する。
          `-i::::::!/:::〈:::::::::::::,!            先程までの凛々しい姿とは一転、褒められるに嬉しそうな笑顔を見せて照れるヒロイン。
          ___/ri´i´i`「|_____/ン_________________     その姿を可愛らしく感じる主人公。
         'ー--!_! ! .! !」ニ7i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
         _r/`'7'r---イrヘ、             そこで主人公はふと思い出す。
        r!イ:::::/::::::!::::::::::ハ:::::ハ、           .「あ、そうそう。僕のふんどし知らない?」

229 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/01/11(月) 14:05:06 ID:m9Lrc6CI [30/71]
                  _ __ _
        r  ―- ー とつ  __,、_  , 、
        |       ,/`ー/`ー': :ヽ-ヽソ ̄   - 、
        |     //: : : :/ : : |: : : ハ、 : `ヽ.    l
          .  / /: :/: : : :,': :/'|: : : : | ∨ |: :丶  '
           ,レ' `ヽ /: : : : j :/ノ.│ : : /\| ||: : : ∨   さて、こんな小話ができた結果どうなったか。
        /     /: : : : /j/   │: : /  |ノ| i: : : |
         ,′ 、 ,i: : : : / ,,=、、 l : :/ ,,=、、| |: : : !    まず、ヒロインの情報がたくさん増えました。
       {    } ̄:|: : ;.イ |l  l| |/  |l  l| |人 : ,'    .『鍛錬をする』『戦闘中は凛々しい顔を見せる』
         、  丿: : |/ :|  ゛="      ゛=" ,': : ∨    『主人公に褒められるのに弱い』『ドジっ娘』
          ヽ/: : : : |: : : |"///     /// |: : : |
         ./; : : : : | |: : |     ─‐-    l.: :| :!     主人公の情報だって増えました。
        /∧: : : : | |: : |>:.._/    |__ ィ: :,人j     .『主人公は剣術に理解がある』『自然にヒロインを褒める』
       /   V: :{r|ノ\| ̄`ヽノ  ̄〈 ̄`ヽ.|/       『ふんどし着用』
           Y/    /  ̄ \ ̄  ,'.  \
           ヽ.__,/      \ /ヽ.   丶      .主人公はふんどしメンなので和服でも着ているかもしれませんね。
           /       ,ヽ    \ \   \
             /        \   \ \   \

230 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/01/11(月) 14:05:58 ID:m9Lrc6CI [31/71]
                                           /\
                                       /。   ̄ `  、
                                          /---- .、 。    ̄フ
                                      /:./l:.:.:l:.:.:.:\     ´ !
                                       |:.:l/\ト :.:.廾ト - __!  さて、次なる小話を考えましょう。
                                       |:.:| lメ  ィ 卞|:.:.:.:.|:.:.:.:.:l
                                      !八" ,  乂刈:.:.:.:.j:.:.:.:.:|  剣術の話をやったので、
                                       |:.:l:.:ヽ - "/:.:.:.:./:.:.:.:.:.l  今度は目先を変えて銃の話にしましょうか。
                                      WУ/ 7イ:.:.:/:.:.:/:.:/
                                       l /./ヽ/W \/:.:イ    さほど衛生的ともいえない露店のそばにやってきた主人公とヒロイン。
                               _,/ `i  l/,′./   / V     特に用もなく通りすぎようとしたところで、主人公がとある商品に気付く。
                                /,ノ / /  /,゙ /   /   ゚,    .「おや、軍用ライフルじゃないか。帝国のかい?」
                            ,.、.  ,k' ´ .l_/  {才   . イ    ∧    .「へぇ、旦那。お目が高い。コイツぁ帝国で制式採用されている軍用ライフルN-31でさあ」
                           ./ヽj/ `l∠-‐―.厂V彡 ´  ハ   / ゚,   帝国の軍用ライフルが場末の露店まで流れてくるということは、
                          / /   /}i!}  ..才{ {_l    ヽ.}      ,   いよいよ帝国の統治も限界か。と、そんなことを考察していた主人公の耳に
                        .,. ヘ./  ./ソ ̄`―7X  ̄    / 、   !   「ふわぁ……こんなものも払い下げされてるんですねぇ……」
                      /   | /・fシ.._ _/   .、     イ    \   ′  ヒロインのちょっとピントがズレた声が飛び込んでくる。
                     /   /|'′  .i く/    /. \  {i{    __.ノ
                    /   ,.イ.レ'´     |.      /    ≧=乂 ̄\  .}     露店の店主とひとしきり笑った後に、主人公は笑われて膨らむヒロインをなだめて
                   /    ,ィッ仁)      ∨   /      i    ヽ. )_) . ′    今ここに帝国の軍用ライフルが並んでいることがどういう意味を持つのか説明する。
                    r'´_  ,.ヶ''./           \/       /|        ./     .さしてわかりにくい説明ではないのだが、ヒロインは話に付いていくことができず
                .之/l./.タ/               ヽ       !       ハ      「やっぱり銃器は難しいです。私にはこの子が一番です!」
              ,.-'′ ┌'´/                \    ∧    ./  ゚,    .と、愛用の刀を構えて、もう一笑い呼んでしまう。
             /   /ー'                   「 ̄ ⌒「 ̄「     !
           ,・^゛、  ,!                      、   |   、     、
          入Y ,/                           ヽ  ハ    \    ヽ
       .@,,、/                             |  !    ヽ    ゚,
                                         ト--:7       ゚,   !

231 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/01/11(月) 14:06:18 ID:m9Lrc6CI [32/71]
                                  /'"''ー、
                                 ノ'"''ー、 `'、
                                 i;'   ヽ ヽ、
                        _、-,,、-‐'''''''''''ー |:    'ヽ  ヽ
                      _、-'~~´       |:     ヽ   ヽ、
                 _、-‐‐‐''"           |      ヽ. ,`  ヽ、
             _、-‐'''''"´              ―  :|       ヽ;    ヽ、
         _、-‐''"      ―          (○) `''ー、      ヽ,.    ヘ
      _、-‐''"       , (○)               `' `''ー、,,,_    i,    ',
  _、-‐''''"            /´   __,,,、-‐o~~ ̄ ̄ ̄:ヽ~i''ー、_    ~^''''''^~`"    i  さあ、さらに情報が増えましたね。
,/"__               /   / : : : :/ l: : : |! : : : : : : | : : : : \             |  それらの羅列は横に置いて、
~^`''ー、'''ー--、,,,,,_     /  ,r'´: : : : : /  ! : : Ⅳ : : : : : | : : : : : : :`'ー、        │  ヒロインのイメージが段々固まってきたのではないでしょうか?
    `''ー、   ~'''ー-、/.  / : : : : i! : ,'   V: :.!丶: : : : :.ト、 : : : : : : : : :丶          |
        `''ー、_  '/  / : : : : : |!: :|! ,  ∨ !  \ー :!-∨ _: :/ : : : : ∧       |  私の中では割と残念な子になってきました。良い兆候です。
              `'''/  /:i : : : : : :!∨| /   .Ⅵ    ヽ:/ ハ: :/ : : : : : : :|       |  自分で言ってて割とひどいですが、良い兆候なのでしかたありません。
            /  ,〈 :|.: : : : : :| 斗'      \  /    V: : : : : : : : :i       !
             i ./ V\: : : : lー=≠,      ≠ = 一んつ: : : : : : : :i       /
               ヽ_i ヽ、| \ : :l.   /              l : :/: : : : : ;'     /   ここで新たに加わった設定を見ていくと
                 ー、  |: : :>rつ'"       _  - … .、j :/ : : : : :/    /     どうやら『崩壊間際の帝国』があるようです。
                    ` | :/ : : : :〉   r ―  ¨      イ / : : :/ :/   /      きっと何らかの形で巻き込まれるんだと思います。不運ですね。はい。
                    |/l : : : : > . ゝ _    _  < /イ : /,' :/  /       銃器といってもライフル銃です。
                     | ', : : :ト、: : : : : : / ¨ У  ヽ. /: :/ ヽ:イ_,/         私は当初、西部劇な世界観をイメージしていましたがちょっと違う形になってきたようです。
                    ゝ: :.| \l、: :Y   〃      Y"     ',
                     \!     / |  ./        j      j            これらのイメージは変えてはいけないものではなく、
                         〈 j! .〈      〆      /            .変わるなら変わるに任せてどんどん動かしていきましょう。
                         ∨   〉_  .Y´.У   :/
                         /   / l   |. /    :/
                           /   /   !   .|/    :/ 〉

232 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/01/11(月) 14:06:41 ID:m9Lrc6CI [33/71]
                                                /  i
                                   ,,       /   .i i
                             _  - ‐ 〃〃ヾ ̄⌒/      { .i
                       _, -〃〃'"´     γ⌒ヽ    <      /  .i
                ,, -一'"´   γ⌒ヽ  __弋__,ノ            /   l
     _,_.-、,-‐、    \       .弋__,ノ,r'´..゙: : : :.゙ ̄``丶、      /    l
   ,ノ..    `^"!_._   \     , -‐:.ァ'´...: : : : : : : : : : : : : :.`丶、  〈     \_人_人∧从_人_∧_人_从_/
 ,-'i^""''{.      、ト-.,_`^┐ 、   / / : l: : : : : : ',: \: : : : : : : :ヘ: !:. `ヽ、丶     ト.)                  >
 }./.   `ー,... 〉`´  `'、_}  .ヽ,r'゙: /: : ハ: : :: : : : ',: : `\: : ___ :l:|: う :j.. 丶 ヽ_...<     おビール様!!    >
 |::::..    `‐'´      | ..丶./ : ./: : : | ヘ : :: : : : :', : / テ==ヾ、ィ': : .Vf..`丶、' !<                 (
 |::::::             |┼ l {1: : : : : .メ、 \: : :: : : V/ /     ヽ`: : :V: : : : :>、 .i^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
 |::::::             |__ ノL.从N: : : : ィテ≧   : : : イ; {l      l| : : : ,'l.: : : : :.! ` | ゙Y´
 |::::::             | .`Y´  八.: イ //   ', \: ´!   ',     j:.: : : :.|: : : : : レ .!         ,-、 /)
 |::::::             |、__     ヽ!l' ll   j   ` `   \_   _ノ.!: : : ;: !.: : : : :l: : !  _ _   ./ ////)   ちなみに、小話を書き始める前は
 |:::::::             .|/ ト、_、    j|| ll              ̄///|: :: : . | : : : : | ://: :  `Yニ{  レ,.=゙''"/    このAAを使っておビール様に狂喜するヒロインを
 |:::,.--―¬''''''¬‐-..,,,_ |人/ 〉l_ ', { ヽヽ_ノ        ヘ     | : : : /'´ : :/ノ:! : _:_:_:フ7_/  _ノ   '"‐'つ   考えていました。
 |'´::::..._,,...-----....,,,,_ ヽ{ .\j:: : :`ヽ ヘ ////   マ/::::::::::::j    .|: :/: -' /´ ,...<: : : :レ {l ! ´   ,二ニ⊃   .もう、影も形もありませんね。
 }‐'""´-‐‐¬‐‐‐--..,`ヽ{─'-. : : : : : ヽ ヽ         ` ー '     /!//≦>'´: : : : : : : : ::| メ\_, ィ─"
 ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ::::::: : : : : : : : ヽ ト _          <  .j/!j: : : : : : :l: : : : : : : <_`メ.ノ
  >ーーー-------‐''"´._ .、:::::::::::: : : : ┼ヽ !: : ::{>─    ィ ´ .}  !::::}. \  __ノ L _: : : : : : フ´
            `Y´  ヽ::::::::::::::::::: /ヽ\ r:: }       / ./::::/ .   \_人_人∧从_人_∧_人_从_/
                _ ノL_、:::/   / .|::: |    .//:::::/.     )                  >
                  Y´ ┼ヽ、   j  ∨:|   ./ /::::::/      <     おビール様!!    >
                        -- ' l   Vト=彡≦/       <                 (
                        \ }  ./:::: ヘ:::::::/            ^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
                           | //   \l      ノL        ─、
                           {             `Y´        }

233 名前: ◆uN377XmBVY[sage] 投稿日:2016/01/11(月) 14:07:00 ID:m9Lrc6CI [34/71]
             r―__── - ..      ___.
              | !:::::.::::::\    `ー,,,´         ヽ____
              | !::::::.:::::::::::> ´  ◎    _    ,,,.      .` 、
              | !:::.:::ヾ::/              .◎  ┌─ -- 、.ヽ
.           | !:::.:::/    ,______ o        |::::::::::.:::::::::::::\ さて、うまいことまとまったとみなして4を通過します。
              | !::::/  ,ィ '/´  . :|ハ  ...ヽ       l::::::::::.:::::::::::/
              | !/ /. ./{     | マ  ......\   |..<:.:::::::/   5の『必要が確定している脇役』というのは本当に出番が決まっているキャラです。
              j  /.   /_.{    |、 \\ l. !  | ヾ::::/     主人公とヒロインのみで終えても何ら問題はありません。
            .{ /  . 〃'"ヽ     | ` ̄ \ |  |  !..V/
              l, /   {{  __ハ    | _   ヽ|   | /.::|ト,       本文やプロットを書き進めていくうちに脇役の必要を感じたらば
              ,イ.人   l不云ミ\. | ≧===ミ、|   |,/ }ラ/       その時点でこの工程に戻っても良いからです。
             ハ  }癶cツ. \{ `癶cツ|  / メイ
            ヾ、ヽ ト""" 、   \"""" ノイ  メ
               _ ,  从、 , - 、    u  イ  メ          ひとまず『インテリ系和風主人公』と『剣豪ドジっ娘少女』のコンビは
         r‐< _ `}_ ,, <´  ,_)。   ..イ::: | /           .確立できたのですが、
        /⌒ヽ  .\ {x´  _,>'>-- イ:::::::::: |:/__          話に関わってきそうな『帝国』がまだぼんやりしています。
      f'⌒ ヽ \ jノ/- '  __  -‐ }   /    `ヽ       .物語本体も見えてきていませんし、
      l >、  〉/ノ / ./ ̄〃 ヽ _ノ  ./{         ',      .無理に登場人物を決めるのは避けて一旦これで完成としましょう。
      l     ノ  ノ /   .〃         l          l
      〈      ,r'´ ./ , 〃           /ハ       l
.     {     l   /  l ,{{         ノ《 、}      l
       l     l  ./   ノ'´《k    ≦ ´: : :\ |       l
      |    .l / /::人:.《k=≦´: : :.__i^l__: : :{      |
      |     .レ' ./: : : :Y:.:/: : : : : : :.:`┐r┘: :l      |
       l    ',  {: : : /: : {: : : : : : : : : : U: : : : l       l
       |     ', ∨ : : : : ; : : : : : : : : : : .:。°:l       |
       |     ',  ヾ乂: :ハ:.: : : : : : : : : : :_,r彡l.       l
      l      }   ∧`´: :ヽ: : : : : : : : : : : : :.:l.       l
.       l        /  v\: : :`ー´: : : : : : .:.:.:.|      l
      ヽ     /    }: :.\: : : : : : : : : : : : :.l       l
         `   /   /〈: : : : : : : : : : __ノ: :l       {
            〈 ̄》Yハ\:. : : : : : : : : : : : : : :}.  {   }
                `┴{{}∧ .\_________{   `  l
                  { ̄/ ',               l     l
                `´   ',  、.          l     l

627 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:05:40 ID:LAxj0Bcc0 [12/27]
      _ , -― ==== 、_イ`ヽ
  r ´ ̄ ´ @   。 イiヘ@    }
  | ヽ    ,  イ´: : : : :}: : }ヘ-ヽ |
   , 冫 /イ: /: : : : : : イ: : : : :ヽ: Y
   } / __/: f : : : イ: : : : / i: : : : : : : :ヽ
   〉   ヽ:|: : / .|: : : /  .|: : イ : } : : :ハ
.  / _ ノ :l: /  |: : /   |: /.|: /|: : /: i     .つまり、ここで「五秒稼ぐ」方法も彼の武力に頼ってはいないということです。
  {  /: : i :|/   .|/    .|/ |/ .|: /; : |
  ヽ / イヘ: |. .l{.∩  n__n ∩}}..|/ .ヽ:}    主人公は、状況を見定め一定の方針を立てて何らかの能力を駆使して
   ヾ{: { ヽl ,,, V∪. リ'⌒込∪ !(i/      .「五秒稼ぐ」効果をもたらす方法を採らねばなりません。
    ノ: :ヽ-‐ヽ...ー一'、_.  ̄ ̄. 八〉     ..流れに任せて書くことができない『頭を捻らなければならない』展開だと思いませんか?
    ヽ人|: : l: : ゝ、─── 'イ:∧!
    ´  ヽ |ハトへ、}_{´イ:イ/ |/  `
          i     |/ 
          |     |
          |     |

628 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:06:34 ID:LAxj0Bcc0 [13/27]
※お詫び
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'    
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |    ……と説明してきましたが、
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    これ、『愚直に飛び込んで体を張る』もひとつの正解です。
            ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈    心の強さを示すには良い方法なのですが、
            / :|: N            リ: |     〔 \   この説明方式を考えた時点ではインテリ設定で乗り越える方法ばかり
           {   | Y          u 厶ィ|     ∨  }  目が向いていました。ちょっと失敗。
           |   |:人      マフ     /:|     [ ∨
          [ 八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃                                              ┃
┃   体を張る方向ならばその場でも書けることに今頃気付きました   .┃
┃                                              ┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                       申し訳ありませんが目をつむってください。

629 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:07:06 ID:LAxj0Bcc0 [14/27]
     ______.  ,.. --──-- .._  _.. -──‐-、
    i' ヽ     >' ,,,         ,,, <  /´:::::::/
    ! ::::::::.\  /  ◎       ◎ `、/::::::::::::::/
    丶::::::::::::\/        o_     丶:::::::::::/
     `、:::::::::::/     ,.r '"´  ```ヽ、  `、:::::/
      丶::: /    /:,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ.  V    話を戻しましょう。
        /  / ─/ヽ. / |├卜 | {/ /    .その場面で頭を捻らなければならない、筆が止まるということは
        ,' / |从_≧ゝ 乂\|儿仆.| 、/     つまるところ、『展開するために必要な設定』が足りていないんです。
       .{ {  ',.彳{.:::゚|゙  ヾ彳::゚|ソ ノ
        `ヾニ ゝ 辷ノ   .  辷ルイ、
       ,ν-nヾ` ::::::      ::::: ノ::::m-n
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

630 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:07:41 ID:LAxj0Bcc0 [15/27]
                                  /'"''ー、
                                 ノ'"''ー、 `'、
                                 i;'   ヽ ヽ、
                        _、-,,、-‐'''''''''''ー |:    'ヽ  ヽ
                      _、-'~~´       |:     ヽ   ヽ、
                 _、-‐‐‐''"           |      ヽ. ,`  ヽ、
             _、-‐'''''"´              ―  :|       ヽ;    ヽ、
         _、-‐''"      ―          (○) `''ー、      ヽ,.    ヘ
      _、-‐''"       , (○)               `' `''ー、,,,_    i,    ',
  _、-‐''''"            /´   __,,,、-‐o~~ ̄ ̄ ̄:ヽ~i''ー、_    ~^''''''^~`"    i
,/"__               /   / : : : :/ l: : : |! : : : : : : | : : : : \             |
~^`''ー、'''ー--、,,,,,_     /  ,r'´: : : : : /  ! : : Ⅳ : : : : : | : : : : : : :`'ー、        │  .そうと予測できなければ、
    `''ー、   ~'''ー-、/.  / : : : : i! : ,'   V: :.!丶: : : : :.ト、 : : : : : : : : :丶          |   ここまで書き進めて初めて気付くわけです。
        `''ー、_  '/  / : : : : : |!: :|! ,  ∨ !  \ー :!-∨ _: :/ : : : : ∧       |   「主人公の能力考えなくちゃ」
              `'''/  /:i : : : : : :!∨| /   .Ⅵ    ヽ:/ ハ: :/ : : : : : : :|       |   さらに
            /  ,〈 :|.: : : : : :| 斗'      \  /    V: : : : : : : : :i       !   「その能力があるとその後の展開も変わってくるような……」
             i ./ V\: : : : lー=≠,      ≠ = 一んつ: : : : : : : :i       /    となり、最悪は
               ヽ_i ヽ、| \ : :l.   /              l : :/: : : : : ;'     /    .「ああもうそんな能力わかんないよ! 無理! 書けない!」
                 ー、  |: : :>rつ'"       _  - … .、j :/ : : : : :/    /     で全没です。
                    ` | :/ : : : :〉   r ―  ¨      イ / : : :/ :/   /
                    |/l : : : : > . ゝ _    _  < /イ : /,' :/  /
                     | ', : : :ト、: : : : : : / ¨ У  ヽ. /: :/ ヽ:イ_,/
                    ゝ: :.| \l、: :Y   〃      Y"     ',
                     \!     / |  ./        j      j
                         〈 j! .〈      〆      /
                         ∨   〉_  .Y´.У   :/
                         /   / l   |. /    :/
                           /   /   !   .|/    :/ 〉

631 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:09:18 ID:LAxj0Bcc0 [16/27]
                                  ,ノ'ヽ,、
            _,,,,;:;;::--::---::;;:--─---::;;--:;.,,_   /′  i i,
       _,,...:;;;ー''゙⌒      ‐'″         ~゙'∨    .::i, i,
     ,,,;;;:::         ,,,            ,,,   /    .:::::i, i,
   <,_          ◎    ,.,o,.,._,.   ◎  /     .::::::::i i
     ゙゙^ー-       _,;;rー'゙~ /i /;~^..:ー-、'' ,, .〔    .::::::::::i }
          〉      /             }  `ヽ     ヽ/i
        /     /   '  '  ,イ |     ' ,ハ.   ヽ       l
       l     /.    / / \ j/|   ' イ //ヽ、   !       l     .十分に設定が練り込まれているならば
       !    /:|l   イ i/__≧| ,/ /_≦__ヽ、 |     !    先述の通りプロットは本当にどこまでも省略できます。
       !    !/il   Ⅳ | |::::::::::| | /j/   |::::::::::|  ヾi|     !    『自由度』と称してあえてプロットに空白を多く作るのも
        `ヽ、l}/从 .| ヽ|  、::::::ノノ'     、::::::ノ   ll|       i     .有効な方法です。
            /     ヽト、_.!               /∧     /
            i ,   │ 八 ""          ""// li  /     ..しかし、設定に穴の空いた不完全なプロットをよしとするのは
            | /   |,}`ヽ个: .     r y     .メイ.   ll:,ソ      .『自由度』とは違います。
            |ハ /i., '|  | ∨. .`≧=‐-   -‐=≦/ ,ィ ,イ }       .それはただ失敗するプロットです。
             ∨_/ |  l }\. .|   \_/  /./イ// {,∧
           l´   |  | / : :ヽト、___∧___,イ. //   / {|
             /   ム-└- 、: : }::::::::::::{::}:::::::::::|/7      〉
           /二 ノ __,.  ,}、: :〉:_:_:イ∨ト:_:_:〈 /       ,イ
           ̄|ノ   ̄`ヽ 〈 .}/:::::::/ヽ-'ヽ::::∨       |
            {    ̄ \ イ/`ヽ:/: : : : : :.V∧二二二 ヽ}
            |ヽ   マヽソ¨´: : : : : : -=彡: : :/ ̄ ̄ ̄7ヽ/

632 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/26(火) 00:09:37 ID:hmh5Ixp.0 [2/4]
>>628
キャラ的に、体を張らせるには、張らせるだけの理由付けが必要になると思います
体を張らせてもでも頭をひねる必要はあると思うので、無問題かと

633 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:09:51 ID:LAxj0Bcc0 [17/27]
             _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    {:::::::::::::::::::::::::/◎           ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
    l:::::::::::::::::::/   _ _o__         \:::::::::::::::::::::::::::::,'
    i::::::::::::::::/   ,.´'´::::::::::::::::``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
    `、:::::::::/   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\       ヽ、::::::: :, '
       ;'  /:::::::/::::∧::::::::::::|:::::X⌒ ヽ     ヽ  ノ
       !  ,!:::::::::::レ-┼ヽ:::::::::j ′>≧_ハ j     Y
       │ |i:::::::::{/V::_::::ヽ::::/   仟テミf ヽ      |
       │ |i:::::::::| ィ尓ミ、∨   弋;ヽ:::} |     ノ    設定の穴を見つけるには詳細なプロットを引くのが一番無難ですが、
       │ |l:::::::::|j代;;ヽ:ヘ      ゞ _;ソ j    /      .詳細なプロットだけを見つめていると近視眼的になって全景が把握できなくなる……。
       |  リヽ:::::lハ. ゞ __ソ   ,   ///レ  /       .前回お話しした内容に戻りましたね。
       l    \i小 ///   、_ ノ   ,.イ____ i
        j__人____ | |ゝ.、_rィと¨><∠_ ゝュ       .そうです、ここで『段階式プロット』を導入して
.            1r┘ ___>'´  'ー彡-‐’ ヽ`ヽ\     全体のバランスを把握しつつ詳細の穴を埋めていくわけです。
.            ル尸<_ \_  _`ニ うー-、j |  ト、
           / /  / ̄ `'<爻/    ∨  i ヽ

634 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:13:03 ID:LAxj0Bcc0 [18/27]
              ____
       「 ̄ ̄ ○ ― ュ、   ○ ヽ __
       |  / ⌒ ハ   ̄ ヽ        }
       |/ / / {  }ヽ    \__    .!
.      /  / /   |  l |  | i  ヽ \ /
      }  | ハ.   l  | }  } }、 . ヘ  ハ
      |  { {7寸 {  リハ7ハ寸Tヽハ r' ´ |    近視的・遠視的に見逃しやすい
      リ.|ハ∨孑ノ、ミ     孑ノ、}ヽ ト  }  }    ふたつのプロットミスの典型についてのお話でした。
     ./ |从 !圦 Yリ     弋Y リノリ )ハ  ノ
       ! ⊂⊃`¨´ __   `¨´⊂⊃リ ヽ´
        /  ヽ   乂 ノ    イ  {  /
        \人八}≧r- < { {リ 人}ヽ{
.      , -‐-,__  /\´    7 ヽ/
     /   ) )人、 ヽ  /__, イ >
     {   八/\/≧ 廿≦´.    }
     `弋 ノ   |        | ̄ |

635 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:13:17 ID:LAxj0Bcc0 [19/27]
       ., -、  ____
      ((::゜ 辷、:::::::::::::::::::::::>'⌒ヽ
      ゝ‐'´::::::::::::::_::::::::::-‐弋ン
     ,/::::::::::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::ヽ
     /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ
    ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ   ご清聴ありがとうございました。
    ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/
    \::::\ ""   __  "" ,)}:、/
       `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{
        `/:::::::  ̄ _ヽ}′
         /::::::     |三.| \
        /::::::::::      |三.| l::::\
      .(:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)
         ̄ |:::::        |  ̄
          {::::::        .::}
          |::::::::....................:::::,'
          .l:::::::::::,-‐┐:::::::/
          ',:::::::/  |:::::::/
            l__:/   L__/

637 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:15:56 ID:LAxj0Bcc0 [20/27]
>>632
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    あー……それも言われてみればそうですかねぇ。
            ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈    キャラ感情なら私は割とその場でどうにかなっちゃうタイプなので、
            / :|: N            リ: |     〔 \  .この講義を書いていて「見逃してたぁー」なんて言ってました。
           {   | Y          u 厶ィ|     ∨  }
           |   |:人      マフ     /:|     [ ∨
          [ 八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

638 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/26(火) 00:17:29 ID:hmh5Ixp.0 [3/4]

自分のプロットの作り方そのままで、安心しました
まだ未熟で、後半全部書き直しとかありますけど、努力の方向性は間違ってなくてよかった

639 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:19:42 ID:LAxj0Bcc0 [21/27]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、     .何はともあれ数週間前から説明したかったところが
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    説明できてホッとしました。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

640 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/26(火) 00:20:38 ID:hmh5Ixp.0 [4/4]
>>637
キャラに対するイメージの差かと、自分はインテリの部分に重きを置いていましたが
>>1は、心が強いヒーローに重きを置いたのではないでしょうか
ヒーローなら、普段は理屈こねていても、肝心な時は体を張る展開は熱くていい感じです

641 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/26(火) 00:21:50 ID:DDCIFC020
わかりやすくていい感じだ
ちょっと話書いてみようかな

642 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:21:58 ID:LAxj0Bcc0 [22/27]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、     .この講義、これまでで最多の没を出しました。
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    余計な説明を省くためにカットしたところがほとんどなので
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     再利用できないけどもったいないなぁ……。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

643 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:23:59 ID:LAxj0Bcc0 [23/27]
>>640
           ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_         ,、/: : : : :i: : i`:ヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/: : : : : : : : !: : |: : :.:|:ヽ、  ∨// /
  ∨Y://: : イ: : : l: : !,: : : : : :l:.リ、VI: : :/!: : ,'l   ∨ /
  ∨/:{: :/: |: : :从ノ、: : : : : :|/l/ ト、 / |: :/│    〈
   \|: {从!: :{r=rttォ、、: : : :! イ云心下/ : |     ヽ
     l从{,ハ: :{  マ、rム ヽ: :.|  マ、_∨,: : /│      ',    どちらでも正解なんです。
     /`/: :ヾjハ. ∨ソ ,.Ⅵ   ゞ- '/: :/ : |      ',    逆をいうと、『心の強さ推しでも正解』なので
    /./:イ: : : :八      _     /: :/: , /     __ノ    .講義題材としては不完全だったな、と思ったわけです。
    /l.く 从: l: : : >. .,ィ-っ`  イ/: :イ:/    /  |
   / |  {: :{: !从',: : / イ、.T、´r‐'/;ィ‐'´   __∠二二!
    ヽ.>、VI/二ニ`/  イ,〉 `V卞ニ、─<____丿
      \___,r'´ /{   ハ    ヘ    `ヽ 〈
        / ./l \_ノ人!ー--'∧.   r' \}

644 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:24:51 ID:LAxj0Bcc0 [24/27]

                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: : :ハ\./ :.:.|    |/.: : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l }.::/\.}/   /.:::.: :.:|: }: : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|ィテ≠ミ    x≠ミ:..: .:|/ : :.::.|    地獄の一丁目へご案内です。
     、  /:.: : -ハ:.:j う::心      孑:ぅj:: : . : : ト、:!
       ヽ/: : :.{  V 弋zソ    弋ヌノ}: :./!: :.:} ヽ
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

646 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/26(火) 00:26:12 ID:5Ur.WxhA0
頭のいいキャラが、初っ端から何も考えずに突っ込むってのは個人的にはあまり好きじゃないなぁ
いつもは要領よくこなすけどいざという時に何も考えずに突っ込んでしまった、という方がおいしい

647 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:29:12 ID:LAxj0Bcc0 [26/27]
>>646
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┃        ┃ ..: .:|/ : :. ::.|    その辺りは好みもあると思います。
     、  /:.: : -ハ.:.   ┃        ┃ j : : . : : ト、:!    いずれにしても一章での出来事なので
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ    可能であればキャラの本質が見えるものを配置したいですね。
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

648 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/01/26(火) 00:35:25 ID:LAxj0Bcc0 [27/27]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┃        ┃ ..: .:|/ : :. ::.|    しかしまあ……普段私が書かないタイプの物語ですねぇ、これ。
     、  /:.: : -ハ.:.   ┃        ┃ j : : . : : ト、:!
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する