へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)


クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第47回

2075 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 20:24:39 ID:gIjqSPSo0 [3/24]

       , -ッ"  ̄ ̄ ̄ `'' ー--、
     , ‐'  l      ...,.....................ヽ
    / 、::::::::|::::::::::_,,.::::::、::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   i´ l  ̄`"'''''"´      `ー 、 -::::-::::;;;;l
   |. !               ヽ:::::::::::::::|
    j ノ‐‐、      ,. -‐─-、  ヽ;;:::::::::::l
  l ̄ ` ー--‐'´ ̄フ二二ニ、 ーr─j__ l  , '' 7
  |   i ̄o、   ´ 〈    o l   l   l  レ'  /
  l ::  |._/ r 、:::::.. ヽ._ ノ   レ'¨jノ f´ /
  `ーr ‐-- ノ::::::ヽ、__    ___ノ   ::|- ィ´              ミッションの概要を説明いたします。
    l    、        ̄ ̄       ::l  l
     l   __ ____ _,、     ::l|::::::|
     ヽ     __       /::::l:::l|
      \             /  :::::|::ノ
        ヽ.     ,. - '-‐ '' "´ |     ,.へ
           T  ̄     __ ,,.. -┐─''"  /ヽ
         l´j __ -''"  ̄      ノ   _∠-─、`ー-- ...,,,__
      -─ ノハ       _,ニ''´ /      ─‐ `i ''''''' ー--′
          / l    /    /     '′     __{
        /   |   /    /           ̄ {
                  ,.ヘ      ' ′  -'′
                          ‐''´


スポンサードリンク


2076 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 20:39:32 ID:gIjqSPSo0 [4/24]

                   /              \
                     l   , -‐ '´ ̄ ヽ        、 ヽ
                   Y´       〉     `ヽ ヽi
                / , -―    〈       ヽ |
               r Y: ̄ト、「 ̄`ヽ__ヽ_r‐- 、   ヽl
                | |.:.:.:.レj|:.:.:.r‐'´ ̄ V イ个|   ,'
           r‐、    Vヽ:.:.:.:.:|:.:./        lノ/  〈     ミッションオブジェクティブは旧南米エリアの油田施設、
    __      |  l    く  ` ー┴'      仁ソ     i
    〈  \ー-、 l  |    └==テ‐ァ‐ヽ   「  >‐-、〈ト、     これの制圧と確保となります。
    _ゝ、 \‐ヽト  ヽ    r┴ィ´      ノ /   /ヘヘ\
- ‐ ニt‐''´\ ノ ソ   |     | ̄   . -‐'´ /   /   〉::::ト、\   ま、難しいことではありませんよ。
 ̄   ヽ、  `ヽ、   /     `ー‐イ   /   /   /:::::::::::
    〈} \   }  lr'      , イ7| /   /   /:::::::::::::::::
    /L\`ー' フイ     , イ /ト-彳  /   /:::::::::::::::::::::::
    /::::::ヽ`ー‐ヲ厂 ̄ ̄ / / l::::::| /   /:::::::::::::::::::::::::::::
  /::::::::::::` ーイ/::::::::::::/  / {::::/    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::





                    /アヽ.     _
                      /7l'´/_込__.   〈_〉
                       />、{_, _fn_/⌒ヽ { }
                  _/ヽ/゙ {〔: 0コ〕/゙xj_}__,,-‐─rz、
                 f//.r'´ ̄`´ ̄ ゙̄Y::/:.:.:.:.:.:.:./守}}
                / .,イ:.厂 ̄ヽ、__:.:.:.{:::{:.:.:.:.:.:.:/ __)ノ
               ,イ、 x'_ムノ:.:冂:.:.:((z))‐ミ/{___ノ/ヽ ゚.
          ,へ、 /ヽ、 ォ'_r'、〕rr─‐ミ、二_,':.:`ー-イト、  〉、ム_      敵戦力はSIノーマルとMTが予想されます。
          <ヽ_,イ   /⊆゙>厂´   ゙ー、i≧x、_ノコ' ゙>≦( ((N)
          〕x'¨゙kx <ククっ_ r─ォ   ロi_  `i}゙ 。   {f´ iヽ`´}      ランク2や、その他SIネクストは別行動が確認されて
         /、 >'⌒Y r‐ァ':〈_/:,イ:.廴ノ ̄込zr'j‐-〉___与_,'  ) /
.        ,イヽ、/   ¨ 〈:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.ム:.:',ー'とィフ-'ノ|\_/       いるので、どうかご安心を。
      /   .゚       ゙ト、:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ム:.:', :__E三「 }‐'
    .,イ⌒ヽ/       r‐、|ォ`i廴厶斗匕 ̄ ̄ ̄i8E三|_ノ
.   /  ` y'          / i {:|_,斗z/  ゚,__ i |'´
〈゙v     。゚          ト、ム_¨〕 (○)  rイ   iヽf¨fY
<   __/っ          {::i::/`〕ヾY゚^ヽ. {_|____ム ム_U
 \__(⊆壬         〉‐'r'´⌒´  : :ム |{::::::i::〉´>゙ヽ.
               〈__/     . : : :)ペ.::if /    ヽ

2077 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 20:41:43 ID:gIjqSPSo0 [5/24]

                ____
         r-‐'´ ̄        ̄`ー-、
       _ノ彡  ____        \
      /   _r'´      `ー-、      \
      /   /              `ー─‐-- 、 |
     /乙 /  ___ _,,.,、-‐=、j ,.     ||
     /乙 /  ノ-‐''´ .  ̄`:.、   ソ\     | |
    | 彡|rイ  了 ̄ oヾァ.: :.`ー-─-ヽ 、 | |
    /ニヽ/ヽ!   `ー─‐┘ r-n _,..-、ヽニ、|ノ      とはいえ、世の中何があるか分かりませんからね、まったく……。
    |r-`く  \    . : : : .:./ 〈 | く__°}: : :/〉
.    |}厂〉    ``─---‐‐ ′ 八   ` ′//       勝手ながら僚機を用意させていただきました。
     ||_〈     、          ′ ヽ_ . .:,仏
     ヽ__」     ̄下、ニ=‐_-_,、     ̄/ィ/        その分報酬も分割されてしまいますが、背に腹は代えられないでしょう?
      | | |        ``===-→'   / /
      | | |_                /ノ
     `| `ヽ、          , イ´
     /「 ̄ ̄`ヽ、      , イ
    / |     : : : :ヽ、___/: : ト、
  _ム「ト、    : : : : : :    / ト、





                      /ヘ 「lヘ            ,ィ7
                  /  |_ '∧〉           、∨
                   /  |] '∧〉        丶/
.             〈ヘ   /∥  |i|. '∧〉         、`./
.             〈ヘ / _∥   | |.  '∧〉     、 /     __
                〈ヘ  ̄ ∥    | |  |ー|l〉    、` ./ -‐  ̄〉_ノ
                〈ヘ.  ムイ   l}/   |'/|/〉=‐  ̄  _ -=ニ ̄
        r―――'ニ≧ュ_.」   /∧   |'/||l∧-=ニ〈// /
        ̄∧`ヽ tー:ュ rl!  /辷=‐ _.|'/|| |〉___//
         ,′l  L__//  |r- _  |//\!∧ーi、 }
         ∧ Ⅵ┤.:l: .} ノ!   |..:::::ノ:. ̄ム'/////! l`r{
         | l  l| lレ匕!/ |  |<廴:.__ノ V///∧ !ヽ)
         | l  l|: .{(_){{ |  」!L√∠> ´ ∨///「|  ',
         | l  l|: .l: .レ' /L./|  厂レ′´   ∨//,|.||l  ',
         | l  l}: .l_'/ / /:i}  | /  /    |///l」∧  l|           「IGIOはあなたを高く評価しています。
        l l γヘノ/ //:i:/  ,l〈. 〈   __ Vン///「|  l|
       ∨、r≦'/ /:i:i:i:ノ___/」V´ 丶  lヘ. \ //l」   |           良いお返事を期待していますね……」
     _,.、r≦ : . / / /:i:/∥∥ハ l|   !  | ∧/ \'/∧ |
   / .: .: .: .: .:/ / /i:i/  {|__{| リ|    |  /  ∧   ∨∧ l}
   〈 .: .: .: .:./ / / Y  / /ヘ/ |    ! |  l  }、  ∨∧ }!
.   `ー'^¬/ / /イヽ、 l|ーl| ノ !   l  L_j/ ', ヘ∨∧ |
.        / / /匕r|j .r |__ル∧ |   '   /_  、-‐、l}∨∧l}、
       / / / {{{{ / / / 、ノ ∨ /   .∧ヘ ,'   ヾ}l} ∨∧j}
.      |  /    ∨ / ソ   ∨  / /V〈 `ヽ、}.! ∨∧
.      l/       | | ./      V_/ /V { `ヽノl|   V,∧
                / /[_          ∨〉.└ '’ ノ    V,∧
            {⌒})|」           ∨〉γ⌒ヾ    <\ヘ
              /ー‐' 〉            マ^!   }_    \>',
            マ‐-r'7           ゞゝ、__.ノL` .、   〉<∧
            |-|ノ           〈_   ヽムヽ、  ヽ \_ソ
            l二l              ∨   /`⌒Y    \
                 ̄              V  l|    L____>
                            └‐┘

2078 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 20:41:53 ID:gIjqSPSo0 [6/24]
                         ____._ _
                      └‐ォ |UU  `
                           くノ     \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (  ___________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   )     て
                              /^⌒`Y´^\     ._ _
                                             UU/7
                                                 くノ

2079 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 20:42:36 ID:gIjqSPSo0 [7/24]
┌────────────────────┐
│                            ....│
│油田施設確保 依頼主:IGIO           ..│
│ SI所有の資源採掘施設を強襲、制圧せよ    │
│ 僚機:カタストロフィ               ......│
│                            ....│
└────────────────────┘

2080 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 20:49:45 ID:gIjqSPSo0 [8/24]

     /   /    V∧
-、__  i   i   _   V i
、   ヽ! r<!  / ヽ V!
 V/--、V  j} ./    i }.!
、 .マム-ムV/ ./  _  ! i i
. ヽ-'! 〉,___V// / r`-、/         ,ゝ--- 、
--<  〉___〉 ! i' /!.   \      /       \
   V/ ,__}、.| i 〈  .!  i´ `` - 、  ./       ,>-\
\, '´ ヽ/ __ヽ--V/ヽ-、ヽ    \!    __/ ___i´ \
___.\   \{!   \  i.:.:.:.:..、_  , '゚´ \r<>--<   ヽ、. ヽ
{  `ヽ、ー‐}!、   \ヽ;.:.:.:.:.:.:.ヽ、  ,  \ilililililil/  /  V/ }!
{      _V//´` 、> 。:.:.:.:.:..、___   Vililill{  / }、 i}/
ヽ_jI斗ャ≦ ̄ ̄ ̄`ヽ/>{ili{≧s、_:.:.:.:.:.、  Vililiヽ__/{ } i V/
ililil{_   __/     \il>-、ililij!ililヽ;.:.:.:.\_!ilililili}_  ' ヽ, V/
ili{´ヽ、/        __\ililil_}ilil>‐<、ヽ、:.:.:.}ilililili} V/   ヽV/
iliト、  \      /   `ヽililil>-<ilヽ/≧'ilililil〈  〉      }!
ililili}    V/   ./      ` <ilililililil\ `ヽ>ー<    }!
ililili}    V/    V/      _ `¨¨`Y-<゚    /  > 、}!
ililili}    V/   V/     {f¨`ヽ      `゚ <}       \
ililili}.      V/   V/     {!             `>ー - -ヽー 、
ilili/     _V/   }!                 /    ヽ    \
il/       / .V/   .V/               /                \
´\   /    }!    V/                {                  \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
海面すれすれの低空飛行で、撒きあがる水飛沫を被りながら進んでいく。
今回の目標はSI所有の油田施設、その制圧だ。

淀んだ海面に映る白銀の機体の隣には、深紅のネクストの姿があった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2081 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 20:57:11 ID:gIjqSPSo0 [9/24]

    l     ヽ. \   \\            ¨ - _
   l      l  \   \\                  ヤヽ,、
.    `ーrヘヘ┘ー- _ ` 、 丶ヽ              ヤ ',、
      Vヘヘ    \_  ` .、 ヽ            ヤ  ',、
      Vヘヘ   /  - _  `ー'              ヤ  ',、
.、       Vヘヘ  〈\    - _                 ヤ   ',、
 \.     Vヘヘ   \\ r 、    - _            ヤ    ',、
   l\.    Vヘヘ   .\〉\\      - _       ヘ_ ‐ ´\,        こちらカタストロフィ。アリー・アル・サーシェスだ。
   | Lヽ    Vヘヘ   \   \\      - _     \   |
   \}-ヘ.    ∨ヘヘ    \  `‐′  _,.、r―――‐-  _   \  |        おめえがマーシフルの後継者か。
    \ ヽ    ∨ヘヘ     |、  _,.、r<             ¨ - \!
       ゝハ    ̄辷ュ  「 ̄「                       `′
         ヾヽ     Ⅵi_/ 丶l
          | 丶    Ⅵヘ┌ ノ
        ト  、   Ⅴ YⅥ
           | \ \  l|< ∧
.            \ ヽ l!⌒ヽ∧
          |    \ \  「`
.           |     |\ \/
            |      |  \
【ネクスト:カタストロフィ 種別:中量二脚】




                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 弋、__
                イ:::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽニニノ
              j::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::>': : : : : : : : : : : : : ヽ
               /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::´: : : イ: : : : : : : {:::::::: : : ',
          ト、_____ノ::::::::::::::::j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .|: : : : : : : ハ:::::::ヽ::::::|
        ヽ、::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::-─ 、ノイ: : : : : 丿j:::::::::ノ}:::リ
          Z::::::::::::::::::::::リ::::::::::::::::::::::::::イ 弋ラミ从::::j::::ノイ小:::/.ノノ
           イ::::::::::::::::::::::ノ:::イ::::::::::::::::::::::弋___    ソ' | ¨}:::::::/       新人のケツ持ちなんざ趣味じゃあねえが……
           >::::::::::::::::::´:::::ハ::::::::::::::::::弋ー´        ∨从小、__
         {:::::::::::::::::::::,イ/ ',::::::::::::::ツ¨¨´     、._ 〉′ ¨´       伝説の英雄に見初められたのは伊達じゃねえって
         ヽ:::::::::::::::::::ト   }:::::::::メ    弋===イ/::::{
        r‐‐ミ、(::::::::::人.  八::::{| \      ̄´/::::小、__           腕で証明してみせんだな、ルーキー。
        /:::::::::::jア ̄ ヽ、`¨'' 从{    > 、    j:::::::jj
      小、ノ:::::::::::ア弋    >- 、_  ¨¨¨く__. `¨¨ |::::ノ
     Y:::::::::::::イ   \       `>、_ ヽ\ ヽ レ′
     /イ::::::::::::リ     `¨ー-- 、       `>、j ハ
【ブライドルランク15 アリー・アル・サーシェス 独立傭兵】
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリー・アル・サーシェスと名乗る嗄れ声の男は、
なんとも楽しげにこちらをからかうような口ぶりをしていた。

高揚と享楽の入り混じった、およそ戦場には似つかわしくないものだった。

「ミッション開始、カタストロフィと協働して敵ノーマルとMTを排除するよ。
思うところもあるかもしれないけど、仕事は仕事、集中して」

「つれねえなあ、英雄さんよぉ。今回はビジネスパートナーなんだ、
愛想の一つ振りまいてくれてもいいんだぜ?」

既にミッションエリアに到達し、海上に浮かぶ油田施設が見えているにも
かかわらず、サーシェスは依然として余裕綽々といった様子だ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2082 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 21:05:45 ID:gIjqSPSo0 [10/24]

                            /ニ7
                              / _-=
                          / _-ニ
               ___        / -ニ       /〉
―――‐=≦ ̄ ̄ ̄  _  ̄¨ニ=┐  / -ニニ     ∠/
_______ -=ニニ= (_ ̄)`'<ニl| \/ ,‐ニニ   .//
       l    ̄ ̄ l  ̄l  `' `'</ /=ニニ //
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'弋__入__  `/ /=ニニ//
                / ̄\/ /ニニイ/   /7
、             __/ </7/∟/=ニ/´     / /
. \     _,.、-=77////_,、‐、、\〈/  }l-<⌒\   / /
   \< //////_、<⌒∟イ\\._/   \マ、\
    \´ ̄ ̄¨  -=ニ_ヽ_ {l : .:\\ rヘ. ム_r-┘             敵機は……ざっと五十ってとこか。SIらしくうじゃうじゃしてやがる。
====彡           ``圦: : : .: :\\ \ム'ー‐―┐
__               }∧: : .: : :γ 、\┘ム___/           おいルーキー! 突貫して攪乱しろ! その機体なら適任だ!
    \              λ∧_:_: : :弋ノ入 \} ハ
    /           /∧ \ \くl:i:i:i:i|\  .ハ              「い、いきなり無茶言うなお!」
  /             ノ //∧  \ 〉⌒V_ \_/           __
 ̄`'<_____。s≦_/////∧   マ、ー'’  ̄ ̄辷====チ、r‐'ニヽ   ああ!? 怖気づいてんじゃねえぞ、新兵が!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ,.ィ⌒> //∧   マ}‐ミ___     ̄ ̄ ̄ ̄ヽソ,ゝー、.》
              イ  ////_,l|   从 l}    ̄`''ー--―━┷‐一'ヾ
         イ  /////  l|   ∥__ノ  ̄ ̄〉二ニ======彡
       イ〈  、ヽ`  ̄ ̄    .l|  ∥     /
    イ  」>'´   ___     l| ∥     /
 イ  > ´    、丶´     `ヽ .l| ∥    /





      ____
     /     \
   / \:::::::::::/ \       なっ……
  /  (●):::::(●)  \
  |     (__人__) u   |     「許可します。やる夫君、不本意だけどその通りにして」
  \  . |┬-r|    /
   /   `ー´9mー )       なのはさんまで……ああもう、行きますお!
          `ーー‐'゙
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
サーシェスの駆るカタストロフィは、戦闘機を人型にしたような独特のフォルムだった。
機体全体を血のようなワインレッドにペイントしており、四肢は細く蟷螂を思わせる。
同じく深紅の巨大な物理ブレードを担いでいるが、傍から見れば鉄板だ。

無骨で異様なその機体から、こちらを煽る通信が入ってくる。
あからさまにこちらの神経を逆撫でするような言い方に、
条件反射的に反論しようとするが、なのはに止められた。

とにかく、なのはがそういうなら、そうするしかあるまい。
今の自分に、彼女の指示に逆らえるほどの実績も経験もないのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2083 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 21:13:36 ID:gIjqSPSo0 [11/24]

           _
            \\
             \\              , -ミ
               \\           /  /\     ==ァ
               {ハ ^\,.ィrォ<^>-<__彡' /}   __/斗-‐ュ
         /、 ー---Vム-〈 / }::乂_ヽ  {  {_/ _/斗<     |
         {:::::ヘ    Vム_辷::○コノ-‐ァ二 -=ニ   {  }__,,.. -t彡
         ゝ(ヽ\   Vム  ≧=|‐  ̄|    _」-‐= ̄ ̄   | |
     r-‐…、ー∨∧二>-Vム ̄  .|_  :|/ (\/>-ミ ヽ     ̄
      { === \_∨∧__/ ̄||二圦 ィ〈::ヽ`'く_ノ/。s==s。`ヽ
゚。    ∨====  〉∨∧{  /二二ヽ'ノ○ーュ /ア ∠ニニニニム Y
∧    ∨=== / /∨∧ー{ Y⌒Y :}└ュ__r彡-く/    寸ニリ }
 ム-、   .}  _/ /{ ∨∧ ゝ弋_,ノ/^ヽ\    \  _,,..。LLLL_
ノ ノヘ  |γノノ\>‐∨∧-ミ ̄〈〉く/ヽ 〉    /      `ヽ、
//ヘ ゚。..|_ム ̄  ',   ∨∧ 。oァァ<_ノノ__  / ∠二二≧s。  \
 Vム ∨>'´ゝ  _ノ   ∨ ア__/ /   \_}//⌒i二二ニア^Yニ\  ヽ
、__彡ヘ \/ 〉'´ } 。o≦Ⅵ 厂∨__。o≦//__ノ   /  ハニニム
  ゚。  \  ヽ{  /  ,.イ ノノf⌒Yコ//^/ /  /  /{_/ ∨>┐ }
  〈\_彡   ゚。 ′/ ノ-弋ニ_ゝ-'/‐/  / ∧__ノ /{  /  ィi「  /  ′
 / xく     Ⅵ__{-ゝ--{ {>< ̄ {   /イ  ,ハ  ゝ/-‐/´ リー// /
'"/ \\   /  ̄マニニニ/   ``r‐‐{ {二 ̄ 弋/| / >'/ニ/-‐ァ
'" ,イ^つV^ヽ'´      ̄ ``~、、匸l .圦 >s。   ゝ二ア/ 〈  〈,.イ
/ 厂\ {__}             `ヽ/   \_,ヘ、\><二ア/
 厂\ 〉(_ノ    __        {``~、、//   ><_,..'
〈^\ \   }   // ̄ ̄\       ≧s。 二二>''´  厂/ヽ`ヽ、
、\_>く /{_/ / ,----、 \          / /    //  }  ヽ
 \/ー'´   Vム/ / __∧   ̄ア⌒'<二二〉/___/ .:  /   ハ
   \_\/ {   /{ ヽ/ .∧   //´ ̄ヽヽ  ー''´ ̄    / ̄{
    { {{、  弋___/ }     ∧ 弋',   ノリ    。o==ァ , ----、   }
     }ー\\__ノ^灯      ハ   ≧=≦_,。s彡 >''´ ̄\     \  |
     ゝ   ヽ ヽ | ̄ヽ     /二≧s。 ̄  / ∠\     ト、     Ⅵ
      \_}_ソ}   `ー─'    マヘ二ニ=-‐'' / } ',   } `ヽ、 / 〉
           ゚。__/       \___/  { ∧  ノ    \/
            ゝ  {              /^≧=≦       }

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
海上から突き出た巨大な鉄塊とでも言うべき外観の油田施設が並ぶ前に、
SI製のノーマルたちが散弾バズーカを担いで続々と躍り出てきた。
施設の縁から次から次へとノーマル機たちが海へと降り立ち、
水上を滑走してこちらへと向かってくるのが見える。

多勢に無勢、本来なら怯むところだろうが、ネクストとノーマルだ。

ターゲットサイトを群れ成す敵部隊のおよそ中心へと絞り、
レーザーブレードを起動する。SI製ノーマルは装甲が単純に厚く、
実弾では少々撃墜するのに時間がかかるきらいがある。

代わりに鈍重で動きが緩慢だ。それならブレードの方が効率がいい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2084 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 21:23:26 ID:gIjqSPSo0 [12/24]

┌───────────────────────────────┐
│          , - ‐‐‐- 、:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ、   ....│
│     ,イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:.:/く::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i   ......│
│    /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:--‐ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.: |   ......│
│   /:.:/:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:./:.:.: 7|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ......│
│.  ///:.:.:.:/:.:.:/:.:.:.:/:.:.l:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.!: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ......│
│. /  ,':.:.:.:/:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.:|:. ∧:.:!、:.:.:.ヽ:.:.ヽ__:.:.:.:}:.:.:.: }:.:/ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   ......│
│   ,':.:.:.:,':.:.:.:.{:.:.:.:.:.|:.:.ハ:.i ヽヽヽ:.:._メ:.´ヽヽ:.:.i:.:.:.:|/:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |   ......│
│    i:.:.:/|:.:.:.:. ',:.:.:.:.:|-/_|_|  ヽ/,イ圷≧i:.i:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |   ......│     いくらノーマル機といえど、SIの散弾バズーカは
│   |:./ .|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:!:.iイうミ      {::::::::ら |:}:.:|:.:.:.:!´.ヽ:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |   ......│
│   |/  !:.:.:.!:.:.ヽ:.:.:.|〃{:::j      辷シ !:.:./:.:./| ヽ.} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ......│     近距離で貰ったら痛いよ。
│.   |.  ',:. | ',:| .|ヽヽ`.ヒリ            /://:.:.:! /: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ......│
│.      ヽ| リ !:.:.ヽ\ ヽ       .〃|:.:.:.:.:./_//.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |   ......│     しっかり回避すること。
│.       ヽ  i:.:.:人    -‐-    /  !:.:.:.:.//.  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ......│
│              ',:.:.:.:.ヘ              |:.:.:.:/.    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ......│
│            ヽ:.:.{ ヽ、       .<.|:.:./l      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ......│
│             \i   >.-t ´   |:/‐┤、.  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ......│
│              \    r、| .-  ̄/ / i、  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   ......│
│                   〃.ヽ   ./   |::`ヽ.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |   ......│
└───────────────────────────────┘





       ___
     /      \
  ,---、   \, 三_ノ \―、
.  l   l  (●)  (●) \ |      前に射的の的にされた時よりは楽ですお。
  |    |    (__人__)    | |
.  |   |   |!!il|!|!l|   / /      このまま数を減らしますお!
   ゝ     |ェェェェ|   ノ
   \         /
    /          |
   /          |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
二又に展開したブレードから青白い稲光が迸る。
レーザー特有の高音と共に、横薙ぎに振り抜かれた熱線は、
視界内のノーマル機の群れを細枝を折るかのように呆気なく両断した。

そのまま海面で炎上する敵機たちの群れへとブーストして飛び掛かり、
更にブレードを振り回す。飛び交う散弾バズーカの砲弾を掻い潜り、
一機、また一機と溶断していく。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2085 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 21:29:48 ID:gIjqSPSo0 [13/24]


                                         ∩
                                        l .|           /',
                                   ┌く     [| /了丁',    / .//
                               -= \   || | /ハ |   /  .//
                                -= \  || | | l |  / \__//   __
                                 -=  \|| | |_.」ニl、./   / /=‐_<ニ>
               ___             __,.....、__入   \L/7   》  / / (::::.ヽ=- <ニ>
              /r┬ 〉_r_-_-_-_-_-_‐ニ=―γ::ヽ   l\__xく└ケ7_,ィイ::.、/ /__/::::::/\_=-<ニ>
    _____r// {ミしヲ                乂::ノニ7=彡ヘ::::>く¨¨ヽr‐┐┘ ̄ ̄ \  /  ̄ -_<ニ>
_ -=ニ__,r--- 、   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨"''==== = = = = = = = ===ォチ=-、\_ハ丿        ̄ ̄\  -__>ニ>
¬ー=_ ¬=‐ _= = = = = = = =_ ――― /∠/∠   / >/⌒勺ア\  l}                 \/ /⌒ミ}
     ̄ -=_トミ <_ _       ̄ ̄////┘  / / ⌒Y二圦__ノゞ'´┬< ̄\         ̄辷彡'
            > ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄- ̄/\  ヾ/   〈l\  | \|   |//∧  \______
                   < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ/       〉7ヽl|  |_/ヽ「', ',、 ∨     \\
                       \           ∠ェzz     / /   ヽ |\  |   ',.,  〈     _/
                      ̄∨    / ̄ ̄l|   /'¨7    | |  \| ',  ',:., ∨   /
                            ∨  /    / ̄ ./ /       | |    |  ゝ-ヘ.:.:., 〈 /
                           ∨/    /  / /        Ⅵ   |     /,.:.:, ∨
                        /     /、 /ヽ/            ヽ⌒ヽ /, :.:.:, 〈
                         /    /Lノ / /                   |   l. /,\:., ∨
                           /  /,′-/ /)                    |   |  /,  \_〉
                       /> ´/ゝ/ //               八  ノ l |
                          /)__  /¨´                    \  l |
                       ( {ノ:::::7´                      γ⌒ヽヽ
                      __//`ヽ/                     Г乂___ノ ノ
                      / /  /                        } /∧、⌒\
                        / / /                        |_// ∧ヽ  ‘,
                    / / /                           ̄ ̄ }ヽ  ‘,
                      /.λ/                               |__',\ _ム
                        \/                                  \_ム__〉

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そこへ後方からの援護射撃が入った。
背後で爆発が起こったかと思うと、カタストロフィがOBでこちらへ猛進しながら
ミサイルとレーザーライフルを派手に乱射するのが視界の端に映った。

「ハッ、ひよっこと聞いちゃいたが、中々悪くねえ動きだな、オイ!
おかげで伏兵が釣れたぜ!」

熱線と爆風を伴って深紅の機体が海面を割って飛ぶ。
その妖しく光る四つ目のカメラアイの先を追うと、油田施設上空に浮かぶ、
面妖な形の機体があった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2086 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 21:34:55 ID:gIjqSPSo0 [14/24]

                           _  ___            `ヽ   ∨   {   〃  //,   /
                            >                        )// / //ノ  (__
                    ̄三‐-                 /77     //,   /        -‐=
                           ┌<>=‐-こ二⊃///          /         ̄三二
                    二=-         |:◯:|_/_>x V///\            i|         /
                            /_/ヽ|: : : : : :', '////∧        __rくi|       (_
                              {__〕 : : : : : : : }} _」/////}     . '"´////}: ハ
                                V : : : : : : : 〃{___)8///   / x<_兀>x―┤       -‐
               _,,..   -‐ニ       ` ミ:.___彡 く/////'′ __/_): : : : : : <_〇_ノ:i       ‐=二
                       ̄⌒二ニ=‐-        ー-=V∧::::ム=ミY: :i { : : : : : : : : {__」: :|
                         >      /T     V∧{: : : :}} 八 : : : : : ┌く__/}:ノ
                      /  /   ,' |ヽ,=-‐┐/〉:∧〉=彡く::::::>  : : : : :>'′      \
                      / / /   / 〈∠: : : : 。`ヽ{:Yニ=(: : :)}/  ` ̄´          ヽヽ
                             -‐厶=-‐¬ァ:%:゚x<^℃ニ=一〈  _rュ_
                          〃 }: : : : :____{: :゚:Y´:r┐\:∧i∧:::::マ : : : : `ヽ         <.._
                            //(/ /N} /:、: : : : \\ ┘: :/  V∧::::.〉: : :。。: :,ハ     ー=ニ
                        /^ー′ r‐┘: :\: : : : ∨匸フノ  ∧i∧/=‐-ミ: :///}___ -=≦
                          /777/: : : : : : : \: : 厶r匕    {/`¨>―- .  ヽVK⌒
                      /ー一'′\: : : : : : : : :)'{_,//⌒Y  (_}〃: : : : : : : ヽ /: |
                         'ー―┐ : : : \: : :  '´/:::/火__,ノ   { {{ : : : : : : :┌(_]: :/
                    /     / : : : : : : } '′ /ヽノ/:::::::/     .__: : : : : __/^7/^
                   /       { : : : : : '′ ∠::ノ::::}::厂      丶)r┬く〇) イ
                  /          ): '′   /:i/.::/            `ニ=‐ヘ._,ノ
                /        ,        ∠..::ノ/:::}
                  i       '′      /:i//:::} '′
                  |__,,..  '′       ,∠..::::ノ/::::/
                         __/ヽ//:::::Y
                     //:::::_/::::ハ::::::/
                     //:::::/:〃:::/::::》¨´
                     //:::::/:::::::{{/::::::{{
               //:::::/::::::::::::::::::::::::, ’
               //:::::/::::::::::::::::::::::::::, ’
___           //:::::/::::::::::::::::::::::::::::, ’
-=ニ二   ____ /‐く:::::/::::::::::::::::::::::::::::::, ’
.        ̄三ニ‐-\:::::::::::::::::::::::::::::, ’
          ヽ ⌒ヽ\:::::::::::::::::::, ’
             /,ハ: ヽ:::::::::::, ’
        / / `¨´. : :Y::::, ’
       / //  \.: :.:.:|::/
         /        `7T「
                     i| |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
巨大な戦闘機とでも言うべきそれからは、緑色の燐光が海上へと降り注いでいた。
橙色の装甲に覆われた機体の腹には、主兵装と思しきロングバレルの
砲身が付けられている。

「あれは……多分、アヴィアコル製かな。形からして。鹵獲したのか何なのか。
コジマ粒子を検知、間違いなくコジマ兵器だよ」

なのはの言う通り、飛行兵器からはコジマ粒子が散布されていた。
こんなところでコジマ汚染を引き起こせば、油田も使い物にならなくなるだろうに。
余程IGIOに渡したくないのだろうか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2087 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 21:42:04 ID:gIjqSPSo0 [15/24]

          ト〈//ヽ 丶三三三三三三三三三二ニニ=‐_,x≦三三三三三
       ハ/,ヽ///>-  -r―――=ニ二二三三三三三三'///////////
        |::.Y´|l へ'/三三|三三三三三三三三三三三三////,-/////.:::
        l::::|'/!| l::::::|l、_</|三三三三三三二ニ=__=ァ=i////.::://///.::::
        ∨l'/l| |:::: l:{ `示ミ::::::::::/.//   _,,,ィ"¨´ Y}'/,リ///ゝ/////.::.::.      おまえはそのまま敵の群れの中にいろ!
        .';:}'/! .';:::::l.ヽ.._ゞ'_,}::::::/ ィ/==≦¨示=ミ ;人/L'/‐ァ'´7.::⌒ヽ::::;
―――― -- ミl:::l .l:从  二人::〈 .::|!{!:从_ じ' .ノ./.:::/.:::/.:/ /::.::.::.::.::.}/      あの機動からして無人機だ、セーフティがある。
二二二二二二.';::', ';::トミz=‐' ::::ト、〉  ヽ ::::: ̄彡./.:::/.:::/:./ /::.::.::.::.::.:/
二二二二二二/':::', ’;:.     :::;!         .,.:'::/!:::;'_.〈__;′ー/:; ′       友軍がいるところにぶち込めやしねえ!
二二/二二二二:';:‘;  ヽ〉   ::/       ヽ __/..:/ ,ノ::>―‐lー::.::.:/
二ニ/二二二二ニ',∧ ハ  ::;′       /.:;::::://.::.::.::.:::{l:_,:イ
二'/二二二二二ニ';:∧ . ∧   ヽ ‐       .;':::///..::.::.::.::.::.::リ::::人
/::,'二二二二二ニ::〉_ハ :::', ヽ、__     _{/:/.::.::.::.::.::.::.:::/:///\
::/ニニニニニニニ}/.::/{  i 、.`ー 二二ア.:/.::.::./.::.::.::.::.::./イ'//////\
;'二二二二二二二l!:::/.:|l . ∧. /.:::::::  iヽ/..::.::.::/.::.::.::.::.:///////////,\






                    ┌― ヘ、         r┐
              「ム       ∨  「_ヽ、     r、| ∧
              |ーム        ∨ ∧  ∨    N| l∧
             |  ム        ∨ ∧  ∨  |\!-‐l∧`'<
            |  ム        ∨ ∧  ∨ i|\||  l ∧  `'<
           l   ム        ,∨ ∧  ∨ | 「 l  ̄  ∧⌒>、_>
           |   ム       /∧.  Ⅵi∧ Ⅵ!|     ∧
           |    ム    /  ∧Ⅵ_/〈`Y^Vi| l    |                 _   -┐
        / ̄ ̄  - _ム   / / ∧_r∧,| ∩i! l   ∠_         _   =-       _ノ
          |             / /7/ / トミj「ヽ∪! r―┬―‐-=ニ  ̄      _ -=ニ⌒
        \        / / /γ´./ヘ、ヘゝ斗/  // __   ̄  -=ニ⌒
.           \      / , /  |/ 、ゝ-=气√ー‐┴z/∧/////777ーヘ
              ヽ_ノゝく__/々 厶イ__,.、<入  __∨//////////∧__〉
           _―マ从┬― = ニ 二 .:.:.:.:.:.:  ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~''<
         γ´  `Yソ「7.:.∥ /7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:~''<
      _γ´!  ,、イ^//.:.:∥://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:~''<
    ,ィ(>/V´`¨~   /´.:.:.:.:.:ムイ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.┐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:~''<
   ,ィ(    _,ゝ<__ノ/.:.:.:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ´  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;:、丶^`~ ̄ ̄l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.~''<
 / _> ´        |/ |> ´ ̄ -=ニ_.:.:.:.:> ´   _,.、<.:.:.:.:.:.:.:.;:、丶`         l|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ソ
 ゝ'            / /|_/      7   ,.、<.:.:.:.:.:;:、丶`              弋、.:._ ニ=-    ̄
              ゝ-‐ |      |‐‐└ T⌒ー-=ニ_/          _ ニ=-    ̄
                 |    |Ξ///      l  _ ニ=-    ̄
                 ∨ー‐'^'</            ̄
                  `'<厶イ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「で、あのデカブツは俺が仕留めるって寸法よ!
大事な油田をお釈迦にされちゃたまんねえからなぁ!」

サーシェスは飄々と言ってのけると、ノーマルに群がられているマーシフルを尻目に
飛行兵器へと突進していった。

どうにも言い方が癇に障るが、サーシェスの言う通りだ。
敵を全滅させられたとて、目的の油田が台無しになれば意味がない。
アサルトアーマーを使えば敵を一層できるだろうが、それも汚染を広げることとなる。
燻ぶる反感を飲み下し、散弾のシャワーを避けながらレーザーを撃ちこんでいく。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2088 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 21:51:36 ID:gIjqSPSo0 [16/24]

                                   \                  ./             ,
                                    ' ,ヽ          |       /l            /
                                     ' ,\       ム     / l           イ    / ,
                                 \=-_   ' , \   __ムニ=、===-ニム   // .//   ,イ  /      /
                                  \三.[] マ〉       __ _="  (     マム-イー"ム/ニ/  //   ,イ     ,
                                    . _|.| マ〉∩  /''''〉  ム  ,      _三 `ヽ三ニニ./ /ニ/ //    /
                                         「 l.|  マ〉 |  /''''7 . ~==       (三==イ三三ム/ _三=-"
                  ヽ                 | iL!l |マ〉|! /''''7.イ   、       /ニ==ニ三=マム_-ニ-"
                         ヽ          |  ヌ/ ! マ∠'''_」rmュ、_ ,r-、 ...、  ノノ     ', ヽマニ
                                ヽ\...乂 {]ムイ'《/ア⌒弋ヌノ乂l| ゝ ∨ . l    ヽ      ノニム      _- ==フ
                                       ∠=- ´ .〕〔7 |――┴ュ、_∧   l}./  ム   )    ' ニ ニー==ニ=ニ  ̄      _、
                     ―          ./   ,r=≠巛》 |        ゝ-' { o      o    ノ三三ニ<_-=7       /ヽ
-‐――===================================t笊 ー=ァ弋刈ルくrく ∧.ヽ\_    o     \  ,、   /ハ三== ̄ ̄          ̄
.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―――'´¨~~~¨/ `マ7~ ノ/  ~''< 三/ /         , ,\三ニ=ヽ三≧s。、
                    -==ニ三三三三 マニ>、 // r‐‐|        `ー―――― 、.._-==_        }三三三ニ= _
                               / 〉ヽ_///   ゝ、       \     ___>  .ヽヽ     イ ハニ/  ̄==-=-_
                                 {_jl  〈__/   〈  Vー- 、,、    丶 /     " }ニム _ノ /ニ/       ~===- _
                               弋_ノ ヽ   、 ∨ ト、‘'+:,'<_  \        ノ ゛ー "/=ニム            ~==- _
                                 >く斗y′   ゝ'’、 Yヽ、 ‘''+:;``弋′ . / ム  _//                     、
                                 / /       丶  弋ノ|     ‘''+.,|― ,イ_ノノ=ニ三/
                           ,   (t/            ゝ、 √L..}ニ`ヽ三=ニ=イヽニ}ヽニ\        /}
                                   ./ニ/}三/   .`'匕ノム   イヽ // ヽヽ {ニl  \ l          ̄   、゛
                           ∠/     /_-イ  .|/     .Ⅵi、「 // |ニ|   }ニニ/              、
                                /               Ⅵi |.//  .|ニ|   マ/
                                                 Ⅵ |  ....! !    |
                                              / .Ⅵ|          !
                                             / . 込!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
上空からコジマの炸裂する音が聞こえてくる。
緑色の粒子をまき散らしながら、飛行兵器がキャノンを発射したのだ。
だが、カタストロフィが爆散した様子もない。

直後に飛行兵器の反応が消失すると共に、爆音が鳴り響いた。
海上へと降り注ぐ鉄片が、飛行兵器の末路を語っていた。
それを見た敵ノーマル機たちの動きが、一瞬止まったかのように見えた。
虎の子が墜とされて戦意を削がれたのだろうか。

「ハッハー! こりゃあいい、ボーナス確定ってもんだろ!
おい、残りを片付けるぞ! 今回はいい稼ぎになりそうだ!」

けたたましい笑い声と共に、深紅の機体が海上へ舞い降りる。
四つ目のカメラアイから発せられる赤い光は、さながら獣の眼光だ。
獲物を視界に捉えて爛々と輝く、捕食者のそれである。

カタストロフィは意気揚々とブレードを担ぎなおすと、
もはや敗残兵となった敵機たちに飛びかかっていった。

その姿を、ブレードを振るう手を休めはしなかったものの、
何を言うこともできずに視界の端に見ていることしかできなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2089 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 21:51:57 ID:gIjqSPSo0 [17/24]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

2090 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 21:59:46 ID:gIjqSPSo0 [18/24]

┌─────────────────────────────┐
│      、_,r--ミヽ 、                           ......│
│    、__‐''´:.:.:.:.:.:.:.:.`':.レ)                            │
│     /:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:ir:.:.:.ミ、                           │
│    ''/:::::::::r::::::{::::〈`ヽi:.:l ゙                         ......│
│   、ノ;::::::::::l::;:ノイ:::l;}タl::::::しi_                        ......│
│  、_ノ::::|:l'‐弋',‐イヘ イ:::i::): : `ヽ-. .、._    ,..,.. --、            .│
│   f/;ィ:l:i:::::匕 ....:_',∧ヽ,ィ: : :_:-ヘ_: : : : : ̄: フ/  i ヽ\_        ....│      よお、お疲れさん。
│  r' ´ ヽ,>-‐ヽ`ノ:゙ヘ ヽヽi、:{ フと´`>r '' "´ ||.l _ ヾ ヽ \`7     ......│
│ .i!   ノ_ メ-__,r, >、:jノl'' ' ヽミ''  l  /  V `ー'>、 ヽ、 \       │
│ .l  ,r l `メ´l.l゙f<_j,ノ    .〉、`'_ ゙       rfヽ イ,ニ「´ |\  \_   ....│
│  ヽ,'  l  l|.| l '、 `      j:::::`:ー..、   ノ r――' ,j  l: l `‐ .._,ノ  ......│
│  l  /  l !.l l : ヽノ ー-  l::::::::::::::::::ヽ:'´:::..: `ヽ-‐'/ /: l        .│
│  l /   Y ゝil  ヽ、, -    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..: : :| |: :l         .│
│   l      ! ゙' |.  i       l_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ー': l          .│
│  .ヘ   f ノヽ j  |i        ネ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l         ..│
│    i i lイ  l\ヽ. ヘ `   _/,ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l          .│
│    , ̄ /l l }ノ、  ト     ノ  ,〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::l           .│
└─────────────────────────────┘

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「今回はいい稼ぎになったなぁ、オイ。IGIOは金回りがいいから助かるぜ。
おまえも少しは羽を伸ばせよ? 報酬は有意義に使わねえとなあ」

コロニーに帰投し、メディカルチェックから解放されて、
ようやく自室のベッドにたどり着くと、なぜかサーシェスから電話が入った。
どうも、あの後IGIOと報酬の交渉をしていたらしい。
それも、自分とサーシェスの両方の報酬増額を、だ。

常夜灯に弱々しく照らされた薄暗い部屋の中、ベッドに倒れ込みながら
PDAを耳に当てる。静かな室内に響くサーシェスの声は、
最初こそ不快だったものの、次第にそうでもなくなってきた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2091 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 22:03:11 ID:gIjqSPSo0 [19/24]

┌───────────────────────────────┐
│                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 弋、__      .....│
│                イ:::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽニニノ   ..│
│              j::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::>': : : : : : : : : : : : : ヽ      │
│               /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::´: : : イ: : : : : : : {:::::::: : : ',     │
│          ト、_____ノ::::::::::::::::j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .|: : : : : : : ハ:::::::ヽ::::::|   .....│
│        ヽ、::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::-─ 、ノイ: : : : : 丿j:::::::::ノ}:::リ   .....│     「そんなことして、あんたに何の得が」
│          Z::::::::::::::::::::::リ::::::::::::::::::::::::::イ 弋ラミ从::::j::::ノイ小:::/.ノノ   ......│
│           イ::::::::::::::::::::::ノ:::イ::::::::::::::::::::::弋___    ソ' | ¨}:::::::/         .│     俺ぁ賢くやるのがセオリーだが、
│           >::::::::::::::::::´:::::ハ::::::::::::::::::弋ー´        ∨从小、__        │
│         {:::::::::::::::::::::,イ/ ',::::::::::::::ツ¨¨´     、._ 〉′ ¨´       .│     セコいのは主義じゃねえ。違いが判るか?
│         ヽ:::::::::::::::::::ト   }:::::::::メ    弋===イ/::::{           .....│
│        r‐‐ミ、(::::::::::人.  八::::{| \      ̄´/::::小、__          ..│
│        /:::::::::::jア ̄ ヽ、`¨'' 从{    > 、    j:::::::jj            ...│
│      小、ノ:::::::::::ア弋    >- 、_  ¨¨¨く__. `¨¨ |::::ノ            ......│
│     Y:::::::::::::イ   \       `>、_ ヽ\ ヽ レ′              │
│     /イ::::::::::::リ     `¨ー-- 、       `>、j ハ              .....│
└───────────────────────────────┘






┌──────────────────────────────────┐
│ノ : : :__ ノ : : /: : : : : : : : : : ,′: : : : : : | : : : :|: : :|/イ:/⌒ヾ.: :ヽ : : ヽ : : ヽヽ::',     ....│
│_; ィ´//イ/: :/ ,ィ: :/: : : :/: : : : :/: : !: |: : :|: : :| ´      ヽ: :',: : : :',: : : | ',:|      │
│::: /イ:::::::/: ,イ://:,イ: :/: ,' : : :;ィ´:ィ : : |: !: : :|、 : |        |ヽ:i: : : :|: : : |  !|       │
│:'´:::,::::::::: ,'///;' /,' :/レ/ : : //'´:ノ: :ノi: |、:|',: :',     _|:::i:|: : : :!: : : |  リ     ...│
│::/:::::::::::′::i/::レ':::! :':::,' : : :,':::://:;ィ::V::ヽノ:::| : ヘ.   //j:: |:!: : :| : : ! ノ .ィ     .│
│'/::::::::::::::::::::|:::::::::|/::/ //::://:/,':::;ハ::::::::::,' : |、:', _ノ,ィ''7´! ノ' : : : ヽ: : :|ーく::::::    │
│′ :::::::::::::::::::|:::::::::::レ',ノ':://::;:ィ‐-/∠__|:| : /.: :ノ ,Xz'ニ´''´ |:|: : : : : : :ヽ: ',::::::::\     │
│::::::::::::::::::::ヽ、',___//:::::/ ,イ::/ぇ‐ァ弋ァァ/::/.: :,' { |`    ノノ : : :;〈: |、: i 、ヽ、__,:    │    それに、デカブツを墜としたのは俺だが、
│::::::::::::::: / :::::`ーァ'― ‐1:/::レ' / ̄ ̄'´{:::{.: :/  レ'  ー'イ: : : :/}::| |,|: |´`ー‐'::     .│
│::::::::::::::/ ::::::::::: /::::::::::::::|'::::::ヽ、   ,|    Ⅵ.:,'  ´ヽ     ′ : ,',イ´!ノ:|: |::::::::::::::::     .│    おまえだって相応の働きはしただろうが。
│:::::::::: ,′/::::::::,'::::::::::|:::: ヽ::: ::、:`ー'ノ    V    冫   / : : : {' V:::::|:/::::::::::::::::    .│
│:::::::::/ヘ{ :l::::::i::::::::::::!:::::::::::: : 、ヾ¨´ ,.イ   \-、 r'     '} 、 : : ゙X゙ヽノ':::::::::::::::::::   .....│    戦果には戦果相応の金が払われるべきだ。
│r''¨ ̄`¨ヽV´{:::|::::|::|::::::: ::: :::: ヽ.`二ノ ィ' ,、___,.- ' /,' | : : :ヽ ヽ{_, イ:::::::::::::::   ......│
│ ̄ ` 丶、 \Ⅵ::::|::ヽ:::: : : :_;>‐`=‐ 、_`¨¨ ̄_,,   ,{/ | : : : ヽ-r‐':::::::::::::ノ     .│    ま、今度一杯付き合えよ。
│     _> 、 \!>' ´ ̄ .: .: .: .: .: . ̄ヽ`ヽ、 }::::ヽv':::ヽ /|、 : : : : \::::}、/:::::   ......│
│   , ィ´   , ゝ'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . \ノ|'″::::::::\ヽ`く ヽ: : : : ヽ Yイ:::::::::::     .│
│ /   , イ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:`ヽ.:::::::::ヽ::ヘ::ヽ:} !ヽ: : : : }:', |::::::::::::   ......│
│'´   /ヽ、__ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: /:/ .: . ヽ.::::::::ヽヘ::||:.}:}、 : ハj、|::::::::::::    ..│
│.    ヽ、.: .: .: `.: ャ‐ 、 .: .: .: .: .: .: __, .:ノ゙´〉`ァ-= :/::::::::::::',:}',:| ハ:,'ノ.:i:|.:.j'__:::/::::     │
│    ,ハ .: .:ヽ、 .:ヽ::::ヽ、__, ィ.: , イル:'´: / .: .:./::::::::::::::::ij i:!/ 7゙.:.:.:|: |:ノ.:.:.{ '::::::   ......│
└──────────────────────────────────┘

2092 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 22:06:40 ID:gIjqSPSo0 [20/24]

      ___
     /::::::::::::::: \
    /::::::::::::::::::::::::::::\      ……あんたは……人のために戦うって、どう思う?
  /::::::::::::::::::::::::::::::   \
. |:::::::::::::::::::::::::::(ー) .  |    誰かを助けたり、守ったり……そういうののために、力を使うのって。
  \    (__人__) .  /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
不思議な男だった。
戦場では熾烈に血に飢えた獣のようだったのに、
そこから離れれば、一転して年季の入った落ち着きのある男となっていた。

多くの経験を感じさせる、深みのある声に、ふと問いかけていた。
電話越しに、ずっと心の底に突き刺さる疑問を、サーシェスに投げてみる。

強烈な皮肉が帰ってくるかと思いきや、反応は意外だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2093 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 22:08:15 ID:gIjqSPSo0 [21/24]

┌───────────────────────────────┐
│         | V /  ィ_ノ: / : /. : .   /:  . :{从ィソ.                │
│        V/ ,'  廴_ ィ : l: : :  . l . :/   \: . .             .│
│        {{ |    . . : : : : |: :  : l : :/  __ V: :           ...│
│          ` |  . . : . : : イ : | | : : : : 、_廴/≦   V:            ..│
│        ,    | . : : : : : : lノ∠l∧: | : /r≦ィ矛了   //    :   .      │
│       {、_ノ /. : : : : : : l´r弋仗 ゝ:|  二 ̄   /イ:   . :     : .   .....│     いいんじゃねえか? そういう生き方もある。
│       ゙ー‐ イ: |: : : : : : :ゝ  ̄  ヽトゝ      { V  . : :    :     │
│              l: :|ヽ : : : : : 三ソィ  ′           ノ  : : :  :   :    ..│     悪いこととは言わねえよ。
│          ゝ:{  \: : : : 彡'   l          ゝ   : :  : . . : :     │
│\          `\  ヽ: : : :ヽ   ヽ,,`,,, ; ; ;_,;z;; ;,  、) : . :   : : : :    ..│     だが……酔狂だな、と思うな。
│  `ヽ ̄ ̄ ̄`  、     ノ: : : : : \ 、;;='''゙゙"~´    ∠ゝィ: :   : : : :     │
│     :.      \___{ : : : : : 厂∧ イ ̄ヽ   /ヽ./{: : : .  : : : :     .│     俺はごめんだね。
│     ::..      \  \rzく  j : \j: : : : \/: : : : } Ⅵ |: .  : : :    .│
│      :::i::..      ヽ  丶ヽヽ.V: : : : : : : : : : : : : : :/ /ヽlヽ  : : :    .│
└───────────────────────────────┘




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \      酔狂……?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/      「物好きってこった」
          /     ー‐    \

2094 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 22:12:35 ID:gIjqSPSo0 [22/24]

               /                                ゙l
              │ ,- / ノ  ト、     /ソ /ヾヘノヘ       ¦
              │.// ノ  / γ' リ    / //        ミ     │  、
               ゙lソ!| /  / ノ   レ'リ ノ         /゙''"^ミ       ゝ__ノ}
                !レ  ‐彡'     -彡       ,/      ミ       _/ ,
                ソ       .rイィ'│     ,7   ,,..-  ミ      ニ二ソ
                /        / ”≧从_ /'!イ'..-‐''"     丿      リ
             ー '           l´弋 trッ乂.|! 火,xtf:ラノ ア   l"       ノ
              ` ''‐./      ト、 " ̄-     ''ミ-  ̄ `   /       \__ノ}
                /      │      l            /          ノ
               │       弋      ,'!           彳            l"
.                l          ∧ ''' " `  " ''''''''    /|          ク
                Ⅵヘ_        ヽ、 -----ーー''   / │        リ
                       リ          ト、  ''--    / /│         f-'ソ
              \、  /       ,‐│ \ r,,-,,ュ /  / ソリ           ノ
                `二/       fニ土ュ,_爻炎爻_,.ェェチソレ         ヾ
                      /       │    ミ爻爻シ~    彳          ゞ
         __......--‐‐‐'ソ       │       乂乂        レリ          ヽ   _r-----
    _rァ--' ̄        / 从Ⅵ   /リ-...___    ゙ヾ"    _ ,彡ミ         升--/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「他人を助けるってのはよ、自分の身を削るってのと同義だ。
労力、時間、金、リスク……何にしたってな。見返りがあれば別だが、
そうでなければ損でしかねえ。俺から言わせりゃ、人助けなんてもんはな、
自分によっぽどの余裕がある奴がする、心の道楽みてえなもんなのさ」

損か、得か。
そういった考えは、あまりしてこなかった。
確かに、そういった考えで言えば、誰かを助けたり守ったりするのは、損だ。
見返りを提示されて行うならまだしも、そうでないのに助けるというのは、
損以外の何物でもないだろう。

その人を助けるために失ったものは戻ってこないし、得られるものもない。
自分の身が削れるばかりだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2095 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 22:18:26 ID:gIjqSPSo0 [23/24]

┌───────────────────────────────┐
│                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 弋、__      .....│
│                イ:::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽニニノ   ..│
│              j::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::>': : : : : : : : : : : : : ヽ      │
│               /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::´: : : イ: : : : : : : {:::::::: : : ',     │
│          ト、_____ノ::::::::::::::::j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .|: : : : : : : ハ:::::::ヽ::::::|   .....│
│        ヽ、::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::-─ 、ノイ: : : : : 丿j:::::::::ノ}:::リ   .....│
│          Z::::::::::::::::::::::リ::::::::::::::::::::::::::イ 弋ラミ从::::j::::ノイ小:::/.ノノ   ......│
│           イ::::::::::::::::::::::ノ:::イ::::::::::::::::::::::弋___    ソ' | ¨}:::::::/         .│      自分の人生、自分のために使って何が悪い。
│           >::::::::::::::::::´:::::ハ::::::::::::::::::弋ー´        ∨从小、__        │
│         {:::::::::::::::::::::,イ/ ',::::::::::::::ツ¨¨´     、._ 〉′ ¨´       .│      好きにやって、楽しんで、死ねばいい。
│         ヽ:::::::::::::::::::ト   }:::::::::メ    弋===イ/::::{           .....│
│        r‐‐ミ、(::::::::::人.  八::::{| \      ̄´/::::小、__          ..│      なんだおまえ、気難しいこと考えてんな。
│        /:::::::::::jア ̄ ヽ、`¨'' 从{    > 、    j:::::::jj            ...│
│      小、ノ:::::::::::ア弋    >- 、_  ¨¨¨く__. `¨¨ |::::ノ            ......│      もっと楽にいけよ、肩凝るぜ?
│     Y:::::::::::::イ   \       `>、_ ヽ\ ヽ レ′              │
│     /イ::::::::::::リ     `¨ー-- 、       `>、j ハ              .....│
└───────────────────────────────┘

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
それはきっと、楽な道だ。
誰を気にするでもなく、何者の顔を窺うこともせず、ただ自分のために、得たものを使う。
何ら不自然でもない、寧ろ当然のことのようにも思える。
損得勘定で物を言えば、サーシェスの言い分は利口だった。

「哲学の話は終わりか? それじゃ、切るぜ。
それとも、師匠の鞍替えでもしたくなったか?」

下↓3 (デメリットはありません、気軽に選んでください)

1.いや、いい。なのはさん以上の師匠はいない
2.……今度、会えないだろうか
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2096 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/03/09(月) 22:57:34 ID:gIjqSPSo0 [24/24]
ふーむ、どうやら人がいないようなので、安価は次回に持ち越しとしよう。

>>2098に選択肢を書き込んでね。

それじゃ、シーユーアゲイン。モコイさんちょっと限界。

次回は来週月曜日、3/16の午後八時からだ。

2097 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/03/09(月) 23:02:13 ID:CfBSy2Y60
おお…すまない寝落ちしていた


2098 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/03/09(月) 23:19:21 ID:R/w.8bKI0
2
見聞を広めよう

2099 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/03/10(火) 18:13:53 ID:42rDPxyE0
乙でした
お大事に

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する