へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)


クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第42回

1865 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:32:54 ID:EsDrEpLc0 [2/23]

~十年前~

                 ̄`"''‐= 。:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i},,_   ヾ:::::::::::::::\
                    _,,。=≦<:.:.:.:,イiiiiiiiiミi‐イ`:::::::::::::::::::::ゝ,
                .ゞ≦´。ミミ二二彡/iii/\iシ}:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝェ、
               _,,。イッ≦ミ|ヾi、  ̄i''".i}ii}マii゙/;;ヽミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  __
              .///∧::二:::ヽマム、,,_;;ゞ;;}ii}/ii/;;;;;;;;ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽッ。ミ''<
        i彡二i__i/////\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}イシ/;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽイ ̄"'<::::::,ィ、::::::::::::::::::::::::::::::::\
        |////////////> \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/i/;;;;;;;;;;;;;;;;_,,:.:ヽ    ヾ   .\::::::::::::::::::::::::::::::|i
        ゝ//////>:::::>;;;;; ̄二二二二 //マヾi, ̄ヾii─ーi、_       ヾ\::/:::::::::::::::::ゝ、
         >::::::::::>'´//''´∠ ̄""''''''ーー--イニニニゝ─-ii__マ二_        .}::イ`ゝ::::::::::::::::、
       i::::::::::>''´//''´:::/マ─/iiiiiiii/三三三三三≧ッェェェェェイ  ̄ ̄        .ヽ} .{ノi}ヾ`<::::::::、
       i>''´/>:::::::,ィ'´二::::/iiiiiiiiシ´三三三三三\:.:.:.:.:.:.:.<ミッ、,,_                 `'<::::::、
        .>'´:::::::,ィ'i、   .`/iiiiiiiiiシ´三三三三三三三\:.:.:.:.:.:.:.:.>─<,     ,ィ'ii,           .`'<ii
     >'´:::::::::,ィ'´///}   ./iiiiiiシ´三三三三三三三三三三三ミi、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ム、、 .{:.:.:.i
   >''´::::::::::,ィ'´//////iッ ,イiiiシ´ 〈三三三三三三三三iー-ニ二]/:.\:.:.:.:.:.:.:.i i .iッ、:.:.:.|
  .イミ::::::::,ィ'´//////////,イiiシ´>≦ミ三三三ミ/ヾ `ヾ三ミi::|  ノ:.:.:.:.:.:.`''<,,_><三ii、
     /////////////イiiシ´./三三三三三ミi`ヾ >≦シマミi:|/:.:.,。==イゝ=イ、:.:.:.:.:.\ミii、
    i{.///////////イシ´,,イ三三三三三三i≦ミ>''´  ヾ,イ:.>´三i}ミiッェ、:.:.:.i}i、,,:.:.:.:.:マ二ミii、
   ,イ//////////,イシ´三三三三三三三三>'´     ./イ三彡ミ≧ッ、`ヾi}iii>≦ミi、:∨
   |///////>'´イ三三三三三三三三ミ/        ./彡ゞ'´  .\`"ヾシi{ヽェシ;;;;;;;;;;\\
   |///////ヾ三彡ゞ≦≧ッ、三三三三イ         `´        ̄ .i{:.:.:.:.:.〉,;;;;;/ニ.\\
   ///////  ´´  ,ィ'三三三三彡イ´´                      ゝ=、:.:ヽゞ、;;;;;;;>i、ヽ, <≧i、
  .//////イ    .i三三三三/                            .ゝ=、:.:`ヽ彡i}ヾii、`''‐\三≧i、
 .///>´     /三三三/                                 ヽ:.:.}i}ムiiマ≧i、:.:./i{iヽ,三ミii、
 |/       /三三三ミ/                                    ////////\;;;;;;;;;;\ミi}三ミ
       >イ三三三ミ〉                                    ///////>ー┘,;;;;;;;;;;;|i:::::\ミ
     /三三三三三ミム                                   ///////三三三|i;;;;;;;;;;;|i:::::::::`
   ./三三三三三三ミマ                                   .///////三三三ミ|i;;;;;;;;;;|i::::::::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
国家という枠が失われて二十年の歳月が経った時代。
世界は企業によって分割され、海、空、大地、あらゆる空間が彼らの所有物となった。
星を山分けにし、それだけでは飽き足らず、彼等は戦争を始めた。

枯れ果てた大地を更に砕き、資源を独占するための戦い。
国という概念すら屈服させ崩壊させた力、コジマ技術とその申し子、ネクストAC。
AMS技術という全く新しい制御方式によって操縦するこの鋼鉄の巨人は、
今や世界を支配する力の象徴そのものだった。

この時代に、最早道徳や倫理などが残る余地もなく。
力こそが神に代わって絶対的なものとなっていた。

辛うじて保たれていた各国の文化も失われ、企業のお膝元にかつての
栄華が保存された他は、どのコロニーも似たようなものだった。

何もかもが最適化され、簡略化され、平坦となった。
市民たちはコロニーに押し込められ労働を強いられたが、
それでも極端に虐げられる者はいなかった。

IDさえあれば配給は受けられる。どんなに粗末でも寝床が与えられる。
もちろんそれにも限りはあるし、ある日突然居場所を奪われる者も少なくなかったが、
企業の情報統制によって市民に知らされることもなかった。

誰もが目を瞑り、日々を享受し、企業が恐怖と安心のバランスを取る。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


スポンサードリンク


1866 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:33:06 ID:EsDrEpLc0 [3/23]

                                     イ
                            _          / l   _
                         ......:.:.:.:.:.:.:.:ニ=-   | //:.:.:.:.:.:.:.ミ:.、
                ___ト /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|r〈:./⌒ ̄ `\:.\
              ⌒>-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.フ:ハト          ヽ:.ハ
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:./:.:.  \      :.:N
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l:ト、:.:.:.斗-‐ミ:.:.:.:.N:.:.:.:.} `ー―      |:.:.l|
               /:.:./:.:./:.:/:l:.:.:.|:.ハ| ヽト,z=fミx |:.:j:__:.:.:,         ;.:.:リ
           /://:.:./:.:/:.:.|:.ΧΤ!.   ′爪イ》|.:ハヘlソ          /:.:/
             l!   i:.:.:, :.:':.:.八:.:〃笊、   之り |イ:.:レ:/          7:.:/
              ∨|:.:.|:.l:.|:.:ト、ト 乂j〉,        |:.:|:./        //
               :.:.:|:.l:.|:.:|:.|「  ´ ` _      |:.:j′         '´
                  ヽ|:.l:.|:.:lN:.:.入   ``   ./|イ斗⌒ー┐_
                  |八|.:廴|:.:.| ≧o 。_ .ィ  ノ /  /   \
                    ヽ「 |:.八   _r=ニ斗/  /  /⌒Y
                          l/    / / [不] ′   / /⌒ハ
                           〈 ∧ /   レ / /    }
                          / \Ν   |イ   V    / V
                       /   ∧〉  ||  |  /   〉___
                      r   / |l   |十‐-/ /     ハ    \ヽ
                           ノ   N  |l   |    i        イ      ゙∧
                      /      |  |l   |    |_/    ハ      ゙∧
                     />    ノ  《   | _厂      / i       ゙∧
                     ∠∠   〈  厂 ̄         /  l|       ゙∧
         -― -r‐く⌒ ̄「_    \ヘーく               /   |        ゙/i
       / ノ′ )   )  / /     )}  )         /    |         ゙/|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そんな時代に、私は生まれた。
父はリンクスと呼ばれる職業で、ロボットに乗って悪い奴らと戦っているのだと
常日頃から母に聞かされてきた。

住んでいた町はオルデンブルク本社直轄のコロニー、ティルピッツという名前だった。
煉瓦造りの街並みに囲まれ、潮風が海の香りを運んでくる、そんな場所だ。

人種は様々で、私も日本の他にドイツやポーランドなどの血も混ざっているらしい。

父母も同様だが、生まれ育ったのは日本だったようで、
二人も日本語を喋ることが多かった。
結果、私は現地語であるドイツ語、共通言語である英語、父母の日本語を
使い分けるようになっていった。

優しい母と、たまに帰ってきて抱きしめてくれる父。
昼は企業管理下の学校に通い、教育プログラムを受け、
同じ学級の友達と遊んで、帰ったら母と夕食を共にし、気が向いたら勉強して、
夜にはお気に入りのぬいぐるみを抱いて眠る。

学校で示される道は様々だった。
軍事、研究、政治、教育、芸術、医療、数えきれないほどに。
その中で、私は調理の道に進もうと思っていた。
幼いころから食事の大切さは教え込まれてきたし、
母の料理を食べている時の父の笑顔が好きで、自分もそんな風に、
誰かを笑顔にしてあげられるようになりたいと思ったからだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1867 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:33:51 ID:EsDrEpLc0 [4/23]

∨    l  `'Λ                         | l         │  │         i′
    .l   ゙'レ    |.l                 リ l             lr'゙} ._.!        .il|
     !    `    从                 l,!            ! .|リ       /!  ./ |
____..!         l l                  リ           ,ト |     l |しイ {
/////ヘ.,   |.l     .! .l                              /  |       !   /
//// !ヘ  ゙l l   .、│ . l                             /   l       l  /
.i/i/   ',____..  廴)  .ヽ                         ./ , 、 .乂!       │ /
/i/ II iI  ,;;;;;;∧.l  ! ノ⌒i 廴                ノ|       .l./ ,! .|         │ {
 ̄i      |;;;;;/ ヘ_! ...l .!.  +.そ               l゙ .l゙       l.l / レi        ノ イ il゙
  | ┌┐ | ;.; i ヘ\_BOX ||  ヽ           ! .,!        リ /  ,/     /  し' {
,.,.,| |!+!|. |;.;.;.;_ ', \ ̄ ̄|`i    __   ___   | .l,〃    ....i´| ̄ ̄i___.`Y    l
;.;.;.;  ̄. ..;.;.;.;.;.||| |  ̄|ii ii | | ,,:,,,,, |I|__ト、./   ',  /  て     |...| ii ii|´ II   II.  }   .|
;,;,;,;,__ ;,;,;,;,;,;iii....| |`i|..  | ii.|,;,;,;,,, ..|I.ノ (. |¨|. ',┌──┐   ./|...| ii ii`i   ___.../    .ヽ,
;:;:;:;:;ii || ii |;:;:;:;; ̄ .|  `.|i.、   ,..|;:;:;:;:;.`Y   |..____________ | //// ノ      廴
 ̄`i`i ̄ ̄ ̄i`i ̄ ̄i''/i.,ノ)i| ̄ii ̄i ̄|.|   人 TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT| ̄ii ̄i ̄`i
_二.|..|..二.. ,..|..|二 `Y´( i/ ̄'.  ̄'l.,/    く、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.ヽ、  /i_|  ) 、.::: /       }. ̄ ̄ ̄...丿)   ̄ ̄ ̄ ̄`--i:::::..、..
:::::::::.__,ノ )./'__./ (_,ノ).: (::::::::::::::::::::::  \ノ!.::: ;../ (.;;;;;;;;;;;;;.ノ!.;;;;;;;;\ ̄.   ,ノ).:
::::::::.(.  (_,/     (__)    ::::::::::::::::::::::ゝ/  ,).. _-.| \.=  \..`Y´(

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
十五歳の夏の日、父の死を知らされた。
リンクスの中でも最も強力な者。当時のナンバー1だったリンクスが、
突如として企業連に反旗を翻したのだと、漠然と伝えられた。

誰もが怯え、それでも何かできるわけでもなく、いつも通りの日々を過ごしながら、
戦火が自分たちの日常にまで広がってこないよう祈るばかりだった。

IGIOお抱えのリンクスだったその男は、追撃部隊を徹底的に排除し続けた。
結果的に企業連の戦力は激減し、その隙を突く形でテロリスト集団が活発化。
世界は混乱と恐怖の渦に飲み込まれつつあった。

男はある時から逃げ回ることをやめ、企業連の施設を手当たり次第に襲撃した。
力の象徴たるネクストですら、男を止めるには敵わなかった。
やがてネクスト戦役と呼ばれる、五か月に渡る地獄の再現である。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1868 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:34:29 ID:EsDrEpLc0 [5/23]

              __   ヽヽ    _
          ̄――-- `ヽヽヽ /:.',
          _   ̄ ̄ ̄:.ヽ//:.:.:.:i___      /:.\
        / ---:. ̄/:.:./:.:./:.:.:.:.:.}_:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、 /:.:.:.:.:.:.:i
        / / :./:_ -/:.:./:.:.:.:.:.:.:i__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
         /:.//  /:.:./:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ヽ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:iヽ、
        .〃,イ    /〃:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ ',:.:.:.:.:.:.:.:. |  ヽ
       /,イ    //:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ }:.:.:.:.:.:.:.:.|
       /    , /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./、.|:.:.:.:.:.:.:.:.|、
      /  >´ 〃:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:./ / .|:.:.:.:.:.:.:.:.| `ヽ
     〃´ ,イ/:.:.:.:.:.:/  ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.://  |:.:.:.:.:.:.:.:|ヽ
     /  //:.:.:.:.:./  /====≠ __:.:.:.:人:.:.:.:.//   !:.:.:.:.:.:.: | i
         ./:.:.:.:.:./ , r//       ニニ-//     ∧:.:.:.:.:.:.i |
       ./:.:.:.:.:.  /  /   ヽ、        `ヽ二} .∧:.:.:.:.:.:.:.ヽ |
      /:.:.:.:./  /  /       `ヽ 、 _    〃 ∧:.:.:.:.:.:.:.,' ヽ}
     /:.:.:.:.:/ ,イ/ ./               \  ∧:.:.:.:.:.:.:.:,'  ヽ
    ./:.:.:.:./ {|:| i  i               --ヽ∧:.:.:.:.:.:.∨
    ∧:.:.∨ | |:|  {             /    ∧:.:.:.:.:.:.∨
   ∧:.:.∨  .!ヾ::、 |               i     .∧:.:.:.:.:.:.∨
  /:.:.:.:./   ヽ ヽヽ |           |     ∧:.:.:.:.:.: ∨ヽ
. /:.:.:.:./    .{\`ヽヽ         |     ∧:.:.:.:.:.:.:.∨  ',
 i:.:.:.:.:.i     l `ヽ | \        |     ∧:.:.:.:.:.:.:.∨   \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
その頃、私はオルデンブルクの軍事基地にいた。
父からAMS適性を遺伝的に受け継いでいるとされていたが、
実際の適性値は父を大きく凌駕するものであると知らされた。

父の仇ですら及ばない、歴代最高値であると。

私はかつての学友たちから選ばれた者と共に、リンクスを名乗るようになった。
まともな訓練すら受ける暇もなく、私たちは戦場に駆り出された。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1869 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:34:45 ID:EsDrEpLc0 [6/23]

            {-=ニニニニニニニニニニニニニ=-;.: .:.
           ハ-=ニニニニニニニニニニニニ=-/.: .:}!:.
           .: .: :.、-=ニニニニニニニニニニ=-/.: .: .:}! :.
             .: .: .: :. .-=ニニニニニニニニニ=-イ.: .: .: .: .:|!.: :.
          i.: .: |: .: .:\-=ニニニニニ=- ̄.: .:.:}!:. :. :. :.! :|!:. :. :.
          i.: .: |:. i{ .: : ≧=-- --=≦.: .: .: .: |!:. :. :. :.! :|! :. :. :.
          i.: .: |:. i| :. /从:. :. :. :.i{\:. :. :. :. :.!:|!:. :. :. :.! :|!:. :. :. :.、
          l:. : 从 | /廴__ヽ:. :. :.i{: : :`: : : : : !:|!:. :. :. :.! :|!:. :. :. ;ハ
          l: : : :|! | i{^¨¨¨´:\:八: :ゝ===彡.:|!:. :. :. :.! :|!:. :./}! :.
          l. . . .|! |从. . . . . . . \.\ . . . _ノ〉l!:. :. :. :.! :|!:. ;  :}!   .
          l. . . .|! ト \. . . . .ノ . \.\. . ̄. |!:. :. :. リ:!:|!:/  |!
           {. . . .|! | |  ̄ 、 . . . \( . . .イ|!:. :. .//⌒   |!   :.
           乂 jI斗-|  | \ -=-  .\´ニi|!.: .:/乂  i:   |!
          /⌒[{i:i:i:i|  |ニニヽ.__ ィi〔ニ⌒\,/′i:i:i:≧ュ .:|!   :.
          /-=ニニ[{i:i:i:i|  |ニ=-}i:i:i:i:i:i:i:{-=ニ/  /-ノi:i:i:i::i:i:}≧=-   }!
         -=ニニ[{i:i:i:i|  |ニ=-{i:i:i:i::i:i:i:l-=/  /-/i:i:i:i:i:i:i:/ニニニ=-\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
私とそう歳も変わらない女性が、私のネクストのアーキテクトだった。
彼女は死蔵されていたネクストを急遽ハイエンド機にコンバージョンし、
私の専用機としてチューンしてくれた。

名は、マーシフル。
慈悲、あるいは悲しみへの終止符。

白銀の装甲はドックのライトを眩いほどに反射し、光り輝いていた。
透き通るような空の色をしたカメラアイ、騎士の槍を思わせるブレード。
戦争のために作られたとは思えない造形のそれに、私は宛がわれた。

この機体で、全ての悲しみを終わらせてみせる。
それを生み出す、根源となるあの男を。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1870 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:35:01 ID:EsDrEpLc0 [7/23]

.       / /   /  /          ヽ、 、 、  ヘ   ヽー―=---=‐一'
      / /  ./  / .| .| ハ  ヘ   ヘ ヘ ハ   ハ   ヘ
    ' i |   | | l   |. |l ヘ  l   | | . |  | }  l  ’
     | | |   l || ハ |, |  | 斗七卞下、|  l.ハ .ト、 .|
     | | |  _|斗七二下 l | .| ム斗=ェムイ j ,イ  j | ヽj
     | | |   l、 lィ示ニゝ、l`ヽ.レ''イ::::J::| 〉イ. / j. ,イ j  '
     | | |   |ック{:::::J;::l `    弋益リ '/ /|  / j /          南方にあるSI所有の基地が襲われてるみたい。
    | l |   トヾ弋斗='      ,,,,,, /イ.|/ / ハ
    | l |   トヽ、,,,,,       '       j. レ /イ ハ          「なんで……私には出撃命令が出てないの」
     ,ヘ |   L_ `     、  ア    / λ  ヘ、 ハ 
     } '|   |ヘ>,           /    ハ   ヽ. ハ         なのはは切り札だからだよ。
     | .|   | ヘ ハ >     イ |    | ヘ    \ハ
     | .|   l  ヘ 入    _,ンヌヾl    |   ヘ.   `ハ        大丈夫、私だってリンクスなんだから。
     | .|   |>イ:.| ト、フ<´   ,.イ    .|><ヘ_  ハ
   ,.ィァ不   .ィ'ツ:.:.タハ丁}  , ィ /:.|    |=‐-、_/>.、ハ       じゃ、行ってくるね。帰ったら、一緒にご飯食べよう?
  /::/ー'‐l.    |/:.:.:/イ/ 入 ー' /:.: j   |::.::.::.::.>´::.::.`ヘ
. /::.::.{::.::.:: l.    |:.:.:/ r',.イヽ. \/:./     |::.::.::./::.::.::.::.::.::.:ヘ
. {::.::.::.、::.::.:l.    |:./  ´ ノ`ー' //       /::.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ト、
 、::.::.::.l::.::ノ   レ, --‐┴、  //     /::.::.:/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.j ヽ





   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::ヽ  ヾ)
..  ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::/::::::::/:::::::}:::}:::::::::::‘,:::::::::::::.
   {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/::::: /::::::::/ :::::: }:::}::::::::::::::::,:::::::::::::.
    ,:::::::::::::::::::::::::::::::::: _{:::::{:::::::,:::::::::, :::::::::: }:::}::::::::::::}:::}::::::‘,::::.
.    ,::::::::::::::::::::::::: / {:::::{:::::::{:::::::{≧=-<:::}:::::::::::::::/:::::::::::,::}
.    ,:::::::::::::::::::::::{ ./{:::::{:::::::{:::::::{::::::,,x斗ミヽ:::::::::::':::: }:::::::}::::}
     ,:::::::::::::::::::::∧乂Ⅵ:{:::::::{:::::::{::/{. ん'^}:::::::/}:::::::}:::::::} }:}
.      }:::::::::::::::::::::::入. ヽ{:::::::‘,::{:.' 乂Ⅳ }::イ::::::}:::::::}:::::::}ノ''       出撃命令が出た。行ってくるよ。
.      }::::::::::::::::::::::::::::::/}  ,:::::{. 、{       、::/}::::::,}::::::,
.      }::::::::::::::/::: /}::/ .{.  ヽ:{  )         ヽl::: /}::::/         「待って、私も出る。私も出るから」
.    _ }::/:::::イ::/.ノ'' ,             r ´ . }:/ ,:::/
--<ニ/イ彡'⌒´    {           、っr '   .ノ' /'´           いや、おまえはここを守れ。ネクスト収容施設が襲われれば、
ニニニニ=- _      {  \       ,. ´
ニニニニニニニニ=-  _   {.      、     ./                    誰も戦えなくなる。あの黒いネクストに対抗できなくなる。
ニニニニニニニニニニニニニニ=-  __/_ ≧=-'
<ニニニニニニニニニニニニニニニニニ77                         おまえは機を待て。おまえが奴を確実に仕留める機を。
ニニニ=- _ニニニニニニニニニニニニ//
ニニニニニニニ=- _ ニニニニニニニ.//                          ……ごめんな、寂しい思いさせて。必ず、埋め合わせするから。
ニニニニニニニニニニニニ=-   _ニ{〈
ニニニニニニニニニニニニニニニ_.彡}_}}

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
日を追うごとに、誰かがいなくなった。
誰も帰ってこなかった。

二度と食事を共にすることも、同じ夜を過ごすこともなかった。
宿舎で挨拶の言葉を口にする回数もどんどん減っていった。

ふと意識を緩めると、大切な誰かがその場にいるように錯覚させられた。
友達が座っていた椅子や、想い人と撮った二人の写真に残った思い出が、
私の目を失われゆく日常から覆い隠してくれた。
残ったのは、思い出だけだった。

どんなに過去の大切な人を想っても、過去の光景の中の彼らは、
私に語り掛けてはくれなかった。

母が精神を病んで床に伏せ、そのまま死んでしまったという知らせを聞いた時、
私は一週間近く声が出なくなった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1871 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:35:57 ID:EsDrEpLc0 [8/23]

        //////\ |i:i:.、                   /i:i:i|
____  {////////ヽ:i:i:i:.、             /i:i:i:/
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |/////////ハ:i:i:i∧             /i:i:i:i:{
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| ∨///////:i:i}:i:i:i:i∧   __    /i:i:i:i:i/
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\.∨///イi:i:i:i:∨i:i:i:i:iヽ/:i:i:i:i:i:i: ヽ /i:i:i:i:i/
i:i:i:i:i:i:i:i/`ヾi:i:} ≧彡:i:i:i:i:i:i:∧i:i:i:i:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: /i:i:i:i:i/___
i:i:i:i:i:i:i:i{ ト':i:/i:i\:i:ヽ:i:i:i:i:/i:i:i\:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i/////∧
i:i:i:i:i:/Vハi/i:i:i:i:i:i:ト===:/i:i:i:i:i:i「\ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:iイ\=====ミヽ
i:i:iイ⌒ヽソ{厶斗=ミ:i:i: /i:i:i:i:i:i:i:i\lオ!:i:i:i:i:i:i:i:iイ7オ/:i:i:i∨////:i:i:i\./i:
く  マⅥ/   レ':i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ. \ト、:i:i:i:i/l:i/:i:i:i:i:i /////:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:     若い声だな……命が惜しければ脱出してくれ。
\`ヽィ   r=彡:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i∨/\∨ /イ:i:i:i:i:i:i/////:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i
_>┘=≦i:i:i:i:i:i:i/}i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:iV:::\ l /:i:i:i:i:i:i: /////:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:     機体を壊すだけにとどめる。
 ̄ ̄     ̄ ̄  \i:i:i:/|\:(/):iト--/i:i:i:i:i:i:i:i:i:/}l///:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:/
                V/i:i!:i:i \:i:|i:i /:i:(/)i:i:i:イ:i:i: ∨/:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i /i:i:i     
                  |:i:i:i|:i:i:i:i:i/:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i\:i:i:i/i:i:i イ:i:i:i:i:i:
                  |:i:i/\i /:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ix≦:o:i:i:i:i:V/ィi〔:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                  |:i:i|i:i:i ≧=======ィi〔 ==ミ:i:i:o:i:i:i:///:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
               、:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:{ / }:i:i:i:i:i: {//{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i





                                 ,′i}    /  / i}
                                _,′ i}    /  /ヽi}
                               {,′ i}   ./  /___}            ,
                                 ,′  i}  /  /   /             。/
                                 ,′   i}/ ../ /           。</
                             _   ,′  /   .//, -、___   。<  /
                          / ヽ .,′   /   ./ヽ_{!  ヽ  `´   /
                         / , -、 i| i! , 、 ./   ./  ,{!     V/  ./
                       } ,.' r≦>,V/ .! V__   r≦il{!     }i/ /
                     / { {ili{ili/ ヽ:.、,.:'/ `ヽ !ililil/   _,}/ 
                  _/{、  V∧{/   ゙ヽイ   /_!--{  /   V/       あなたが、黒いネクストの……
               、<:_:>'   ヽ __>/ /   , イ  ,ilili∧/      V/_
             /:_:_>‐;'     ノ´ // , <  /jI斗ャ、_ノ\   /  V/    あなたが……
            _ -ヽ:/-<!__,.,.,/   /, <__/ ./ _}          \ /     V/
          _ -   <:_:_:/:_/ー'    `ヽ-- '  ヽ'--{            /     .V/
       _ -     >-`ー '         \__/ } /         /      }/
     _ -    > ゚´               _}<_/、__      {!      }/
 _ -    >゚´                 / / r-、 }   , -`ヽ      {!      }/
   >゚´                      }、 ヽ{il{´_jI斗/    V/   ヽ、    .}/
>゚´                      {/V }/   /     .V/    }!     }/
                           /`ヽ,{ {   ./      ヽ    }!  x≦}/
                          /    } }  /{         }   ,/  ゞ-'
                         /      /ー-{ {       / r< V/  /
                   /       ./   V/V/    /{  {i }  }._/






:.:.:.:./     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.: |
:.:.:/     ./{:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.: : |:.:.:.:.:.:|
:./     //:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.|:|:.:.i|:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:}:.:.:./:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:!
/    /:.∧:.:.|:.:.:.:|:.:.:./|:| |:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.i____ / /:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
   /:.:./:.:.:.∨:.:.:.:.|:.:{ { リ .|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:,,≧テ≠、 ̄/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:. /|:.:.:.:.:.|      パパも、ママも、私の友達も、私の……
 /:.:.:./:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.', |  |:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|:.〃 ん, ′/ /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ }:.:.:.:/
/:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:',:.:._,.‐'´ヽヽ .l:.:ヽ:.:.:ヽ、:{.リ}ヽえ/   /:.:.:.:./ l:.:.:.:./.  i:.:.:/       みんなみんな、あなたが……!!
:.:.:.:.:/ i:.:.:.:.:.:.:r、/     `‐ |:.:.:.:ト、:.:\{//  `  {:.:.:/  ,':.:.:/   }:.:/
:.:.:./ |:.:.:.:./\\      |:.:.:.:.| \__//        ',´   /:.:/   /:./  
:.:/  |:.:.:/.   ヽ ヽ     l:.:.:.:.:l   //        ',  //    〃

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
いざ復讐の機会を与えられる頃には、残った友は二人だけだった。
私の守っていたネクスト整備施設へと強襲した彼と一騎打ちになった時、
涙が流れていたのを覚えている。

それは怨敵を討てる喜びからくるものだったのか。
全てを奪った男を目にして、奪われたものを実感したことからくる悲しみか。
今となっては、もう分からない。

とにかく、私とその男は殺し合った。
終わるころには、マーシフルは半壊し、自らの力で飛行することもままならなかった。
男の機体には白銀のレーザーブレードが突き刺さり、力なく膝を突いていた。

終わったよ、と呟いた。
全部終わったよ、これからは、この男に怯える必要もないんだよ、と。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1872 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:36:43 ID:EsDrEpLc0 [9/23]

    ,イ 二二: :ヽ /: : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、 : : : : : : : : : : : : : : |
   / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ヽ、: : : : : : : : } ヽ : : : : : : : : : : : : |
    /: //: : : : !: : : : : : : : : : : :/: : : :ヽ: : : : : : :r-: }ヽヽ: : : : : : : : : : |
   /: 〃: :/: : /: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : /´: : |:ヽ: ヽヽ: : : : : : : : |
.  ///: :/: : / /|: ! : : : ! : : ヽ: : : :、: : : : : : ヽ-: : : }‐ : }: : :\\: : : : : :.|
 /  i: : :i: : :i: i: |: :|: : : :|: : \ \: : \: : : : : ヽ/: : : :,'ヽ : : : ヽヽ: : : : :|
   { : : !: : :| |: :!: :!ヽ: : ヽ: : : ヽ ゝ 斗‐‐: : : ‘,: : : ./| | i: : : / / : : : : |
   i: : l| : : | |: :', `ヽヽ ヽ ,斗 ´ _z,≠、: : : : : :',: : /| .| |ヽヽ// : : : : : :|       因果なものだな……我々は黒いネクストを止めるために
   |: :| !: : :|! | !| i !圷、: : ',  イ乏:::}/ヽ:ヽ : : |',: i:/ || | | ',/: : : : : : : :|
    ! | ‘, |リ ',ヽ:| .!ヒリ ヽ ヽ 辷zシ   | ‘, | ∧、 |.| .| |: : : : : : : : : : :.|       リンクスとなったというのに、彼が死んだ後も、
    リ  ', l  ヽ: |. ! ,  \ヽ      | | .!: :|:/ ヽ| | | |: : : : : : : : : : :.|
.       リ   ヽ|.ヘ ヽ   ヾ、     | | ヽ |、  | | || |: : : : : : : : : : :|       ネクストから降りられないとはな。
               \ ヽゝ      .| !   ヾ、',  `  || |: : : : : : : : : : :|
                |:\    ,  〃 _ ----、  | ` : : : : : : : : : : |
              | | .`- ´ ヽ /:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ | : : : : : : : : : : : :|
                 リ     /:.:.:.:.,:::::´ ̄ ̄ ̄ ̄:::::|: : : : : : : : : : : : |
                  /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::: |: : : : : : : : : : : : |
                  /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : : : : : : |
                  /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |: : : : : : : : : : : : |





            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         〃::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       /:::::::::/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-、
      /:::::::::::i:::::::::/::::::::::::::/::::::::|::::::::::::l::::::::::::::::ヽ
        i:::::::::::|:::::::://:::::::::/:::::/::/i::|::::::::::i::::::::::|::::::::i
      |::::::::::::|::::::://:::::::::/:`:メ:x__.|::|:::::::::::|:::::___ト、/|
      |::|:::::::::|:::::::iii::::::::i〃´ナ≧≠ト-:::::::/:l::l二l/ <|
      |::|:::::::::|::::::::|:|:::::|:| ヽう__::゚/ヽ| |::::,云ト_i ̄i´ヽ|
      |||::|:|::::i:::::::::::ヽ::i\`¨-≠   レ/:フ!|/::::/::::::/
.       | リ|:|:::::|::::::::::个ヽ.        匕/イ´l::/::::::::i        なのはちゃんて結構向こう見ずで無理しがちやさかい、
         リヽ::||::::::::::::| `.`       ,.  /:://:::::::::|
―----==r´::ヽヽ|ヽ:l:::::::|    r‐.,   .イ:::/:|::::::::::|         あんま背負いこまんと、辛いときは辛いゆうてな?
      |::::::::ヽ ヽヽ::::|        , <:::::::::::|:::::::::|
--<_   |::::::::::i  |ヽ:丶\_, <´ /::/:::://!::::::::|          戦役を生き延びたんや。その後も生き延びなあかんねや。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>|:::::::::::|  /.ヽ| 、/リ从////::// |:::::::|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::::::::|./、;;;;;||::|`ヽ、 / / //   |::::/           でないと私たち、何のために戦ったか分からんなるわ……。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:::::::::::|  ヽー|||::|、 .`ヽ、/     //
、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::::::::|   |;;;;;;| |::|:.`ヽ、`、    /
:.:\、:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::::::|  |;;;;;;;|.|:::|:.:.:.:.:`/:|
:/:::::::::>:.:.:.:.:ヽ:::::::::::| |;;;;;;;;||::::|:.:.:.:./:.:.|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
全てが終わっても、奪われた者が帰ってくるわけもなかった。
ネクスト戦役は幕を閉じ、黒いネクストに散々戦力や領土を食い荒らされた
企業たちは復興に勤しむこととなった。

私たちはネクストから降りることも、普通の人間としての生活に戻ることも許されず、
企業の尖兵として経済戦争に明け暮れる羽目になった。
当然だ、ただでさえ力を失った企業が、私たちを手放すはずもない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1873 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:37:10 ID:EsDrEpLc0 [10/23]

              _, -''´::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`'ー-、
          _, - ' ´:::::::::::::::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         /::::::::::::./::::::::.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
.        /::::::::::::::i:::::.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、
       ノ::/:::::::::::::|::.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /人:l:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.|`ヾ
   ─-=彡 /::::/:::::::::レ':::::/:::イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.://  |ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.|
       /:.::/:::::::::::|l:::::/:/ |::ィ:.:.:.:.:.:/:∠__||L`ソ:.:.:.:.:.:.:.:.|
.      /:.::/|::::i:::.:.:.|:./:/_ハ:.:.:.:./ノ/ ,__」L_,ノ/:.:.:.:.:/:.ハ
      |:.:/ .|:::::ト::::::V:/- -x |:.:.:.:/ / -ィテ芯フ./i:.:.:.:./i:.:.|       まだ、ネクストに関わっていたいのか?
      |/  |:::::ハ:::::::Kィテ=斗::://  `┴ ナ //:.:/j ト、_
      |   .|:::::/:ヾ::::::\ゞ≧V .|        .//-'`/:.:.|       「私にはもう、他の生き方は……」
         |:::::ハ::::::\::::ヽ   ヽ      /  r-'´:::ハi
         ヽ::| ヾ::::i::::ト:ミ=-   _ _      /l:.:l:.:.::.ト        分かった、企業連のリンクス養成所の教官職がある。
           \ |:::ト:::;Vハ、   ー - ̄  //:.l:.:.:.:ヽ
            ヽ:\::V::/:.> 、    / 彡'フ::::.:.:.ミ、_ _      まだ若いんだ、今はそれでいい。少しずつ、考えろ。
               >/::ナヾ:::ヽ- イ_ / ノ人/\ー'
                  //  ソ:::i ̄ ̄|    /  / ̄ ̄ ̄フ──
                  -=/ ̄|__|/ /  //      // ̄ ̄
                   ノ r'´ ̄ ̄ V'   .//    //
               _, - '´/ {/     / .  //   .//
            r‐' ´   /  V   イ    | |  //
            V/   /    レイ/    | |//
             V  /__/ ./      .| ./

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
戦役終了から八年後、身体に異常をきたすようになった。
検査の結果、私はコジマ汚染への耐久力が人より低かったようで、
それを機にリンクスを引退することにした。

悔いなどなかったし、むしろ大歓迎だったのだが、
今更リンクスの責務から解放されたところで、何をすればいいか分からなかった。
何がしたかったのかも、忘れてしまった。

伝説の英雄などと持て囃されたところで、何も残っていなかった。
世界を救ったらしいが、家族一人、友達一人救えなかった。

かつてのナンバー2、オルデンブルクの寵児だったルルーシュに頼み、
リンクス養成所の教官職を紹介してもらった。
私のように身体的問題があったわけでもないのに、
なぜか引退を許されたかつての先輩は、悲しげな眼で私を見ていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1874 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:37:24 ID:EsDrEpLc0 [11/23]

         /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、i.:.イ´.:‐..:.:.─ 、
       ,、イ.:./.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:::.:´.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.\
      nヘ.:.:;.:'.::.::.:.:.:,イ.:.:..:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:.:;l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:j¨`ヽ.⌒ヾ:.、
     ,イj、.:.v.:.:.:.:.:.::/:/.:.:,イ/.:.:.:ノ!.:.:i.:..:j.:.:.:.:.ヾ;,.:.:.:.:.:.:ヾ.:.:.ヽ  `ヘ
    /ll!ハ:.:′.:.:.:.:/././.:/.:/.,ノ.;/l:.:;!.::l.ヘ;.:.:.ヽ,:.:.:.:.:.:.ヾ,:.:.';   !
    ∧jハ.:′.:.:.:.:.′〃xfz左z,;,X, .j:/ !:;|:.:.:l.:.:.:.l.:ヘ.:.\.:.::.':;.:.';
    l.l.ヽ.:.:|.::::.:.:.:|{:.:.,仆乞芸て卞 >′l./j.:,リ.:./.:l.:.ヘ.:.::.ヽ.:.:.';.'|
    '.:.:.:;:升∧::.:.|.:.:{イ ,伐::::::斥′  ノクサトxj:.:.li.:l.:.ハヽ.:.';.:.:;.!
    ∨  !′l:.:.:|:.:.! 、辷ークノ     ケ云x.:ノメi.:/.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.!
.     ゞ、)l::.:.:ゝ:ヘ、:! `¨¨゙`     /.::ヌリケ;´.:;リ..:.:.:.∧:l.:.:ハ!     あの声、あの動き、間違いない。
      'iーl;:.:.:.::.个`         匕゙.ノ_ノノ/!:.:.:.;/ レノ !
        l.:人::.:.:.゙l             ¨`て.._`V.ハ.:::/   !′      なんで、あの時確かに死んだって……!
     _,、n<  '.:.、∧       c。   人__,¨\:l/
  イ´.:::.ハヘ '、l?∧          .,/: :.j  /}′
/ l:::::::.,  \ ´、?「>、     , イ´.  .:.イ´.:l.:.|
   j::::::::.ヘ  \  \ヘf>.ー イ. . . :<.:.:.:.';.:.:.:|.:|
/¨ ヘ:::::..∧ /\` >ー<cハ. . . . . . .fヽ,¨ -ナヘ.';.:.:|.|
////∧::::..∧\/∧ Y∧:ll. . .,,..イ".ソ ',////,j.:.';.:.||
/V//,∧:::::..∧、/  >介イー"´ /.:::.∧//zj.:.:.';.:.|
j∧V//∧:::...∧  jメヘ__ -イ.::::::::::::.∧//j.:.:.:.';.|
j:iV∧//∧:::::::..\ ヽ´.:::::::::::::::::::::::::::::::::人/j.:.:.:.:';|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
教官職は案外性に合っていたらしく、人種や年齢も様々な候補生を相手に
時に頭を悩まし、指導していくのはやりがいがあった。
端的に言ってしまえば、気が紛れた。

そんな中、次世代のトップランカーとしてIGIOが喧伝していたランク1、
ネームレスの戦闘映像を見た時、気付いてしまった。
かつての怨敵と重なる動きと、脳裏に焼き付いて離れない声。

あの男が生きている。
それも企業の手先として、不動のランク1などと持て囃されている。

許せるはずもなかった。
だが、最早私にリンクスとしての力は残っていない。
マーシフルもかつてのように死蔵されて置物同然だ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1875 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:37:34 ID:EsDrEpLc0 [12/23]

|::
|::       ___
|::     /      \
|::    /\  /   u \         や、やめろぉ! ノルドルムゥ!
|::  / (○)  (○)    \
|:::  |   (__人__)    u.   |        ぶっとばすぞぉー!!
|:::  ┫ u.` ⌒´      /  ╋
|/⌒╋ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄╋ ̄⌒ヽ
|_ノ╋ ̄ ̄|        | ̄ ̄╋ ̄ヽ_)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ある日、新しい候補生たちが入ってきた。
その中でも、悪い意味で目を引く子がいた。

名前は入束やる夫。自分と同じ日本人だったが、様子がどうにも変だった。
聞けば十年近くコロニー・トウキョウで路上暮らしをしていたらしく、
一般教養や常識に著しく欠ける面が見受けられた。

講義中も聴いているのかいないのか判然としないし、
食事の時間もリエラという優しそうな女の子以外からは近寄られもしていなかった。
実技面では問題ないどころか平均以上の成績は収めていたが、それだけだ。

案の定、彼はどの企業からもスポンサー契約を断られ、
ノルドルムの実験施設で検体として協力することとなった。

あのコジマ狂いの変態共に渡したところで、末路は目に見えている。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1876 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:37:44 ID:EsDrEpLc0 [13/23]

|: ::!: : l : ::| : : : : : | : : : ::l |:l .| : : : : / :// .|: : : l : l: : : :,! : : : : : : : :l: : l : : : : ∧: :|
| :,'|: : l : :.| ::_..-‐!:l'':: ̄/` ト l|:: : : :/ /:/   | : : ,!: :.!: : :./ : : : : : : : :l: : :l: : : : : :∧ |
|::l |: : :! : :l:´ :| l :l !: :::/  !| !l : : :/:/:7 ̄`ト: ./| : l: : :/: : : : : : :|: :.! : : ト、: : : : :∧|
| ! |: : :| : ::!:::::! .|:! |: :,′  | / ,! : :////   .,! :/`ト:,'|: :/!: : : :/ : : l: :|: : :∧:\: : : ∧
!l l: : :| : : !: ||. | .|/ --.、 /:;///'   /'l/  l:/.!ヽ:,!: : :/ : : :/.: :l: : : :∧: :.\: :.∧
l' .l: : :|: : :| :||. _=土三ニ:::.、/ ' /   , ‐-/    /' .|//: : :/ : : :/!: : ハ: : : :.∧: : : ヽ: :ハ
  |: : |、: ::ト:!、´  ̄ ̄`丶       ´ニ≡::.、./  /./ : /: : : :/ .l: ::!: :∨ : :.ハ: : : : :|ヾ:}
   ゙! :| ゙、 :l.|\              ̄`゙丶ミヽ、 /: :/: : : ::/  !:/! : : ∨: : :!: : : : ! }'     そう、それじゃあ、これからよろしくね。
   l゙:| : :゙、l| ```                ``/,.イ : : : :/  //:|: : : : ∨: :|: : : : |
   | : : : : :|、          ,:       `` / //: :, ':! //: |!: : : : :.∨:|: : : : |       改めて名乗らせてもらうね?
   .!: : : : :.| ヽ       _           , //: /:/ ./ .|: :l|: : : : : : }/: : : : .!
   .|: : : : ∧  \      ヽ`>          , ' ̄//: :./ ./ .|: :l|: : : : : :/': : : : : |       私は高町なのは。
   .∨: !: :从   l\             _/ /!: : : :/    |: :!|: : : : : : : : : : : :.!
    ∨:ト、{    _|  \      _.. ‐ '"    /: : : :/    .|: |.|: : : : : : : : : : : :.!       しがない戦闘教官兼オペレーターよ。
     ヾ `\ .∧    丶... -‐ "´ .|_     ./イ;イ/       !: ! !: : : : : : : : : : : :|
         / ゙、        ,/ .|      /' '      |: | |: : : : : : : : : : : :.!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
だったら、復讐の道具になった方がマシというものだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1877 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:38:02 ID:EsDrEpLc0 [14/23]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1878 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:38:20 ID:EsDrEpLc0 [15/23]

            ∠_::::::::::::.::.: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ::: : ::.:::.::.:\/: : : : : : : : :: : : : :
        /⌒l   , ‐、/ .::.::.::.::.:: | .::.::.::.::.::.::.: | .::.: |.::.::.\.::.::.::.:|: : : : : : : : : : : : : :
        {  |  ,/   |/.::.::.::/ .::.: |.::|::.::.::.::.::.:: j :.::.::|/.::.::.::.\.::.:{: : : ヽ: : : : :: : : : :
        |  |/{   |.::.::.: ,'.::.::.::.:|.::l::.::.:∧:.: ハ.::.:∧ .::.::.::.l.::ヽ :ヽ: : : ::\: : :: : : :
   /^ヽ │  | ̄!  :l ::.l .::|:\:/ |.::l /  ∨  ∨.:ハ.::.::.:.|\|::.::.:ト、: : : : :ヽ:: : : :
  {  `、 l   :l, |  :l.::.:!.::.| .::/\!∧/    __/∨ |.:::.::.:|.:| .::.::|: | ヽ: : : : :: : : : :     じゃ、今日の日程ね。
   `、  ヽヘ  :L_j  :{.::.ハ.::.l :,'   `ー    三三三.|.::|∨::.|.::.::.::.|   ヽ: : : :: : : :
    \  ∨      ∨ ヘ.:l小. 三三         |.::l.::.::. |^ヽl:|    ',: : :: : : :      午前は言語の勉強!
     ゝ        ヽ Ⅵハ      '        | :l.::.::.::|_ノ:l:|     ',: : : : : :
    〃 `Y⌒ ー─    |_ンーヘ   `ーー ’   │l ::.::.:ハ/       ',: : : : :       お昼は一緒に食べる!
    {{   \      ノ\:::::::::::ヽ、 _         イ|:l.::.:ゝ'.        l: :: : : :
     `ーt一'´ ̄て`     |:::::::::::::ヘ ヽ> -‐ '´ん.::リ:レ          .|: :: : : : :       午後は読み書きと計算!
       `ヽ、 __     / ̄ ̄ ̄.|   l\l只l∧ヽ ヾ          |: :: : : :
          ゝ `ヽ、___∠      |   |  \ゝ_}_>ヾ         .l: :: : : :        ざっくりしてるけどこんな感じ!
           >ー<────<   .ゝ- ´/∨\  `ヽ        ヽ: : : :
                      ヘ     ./  ゝ |   }         \: :





                 _
               /:/⌒
         . . . .-――、 l: :/- ,. .-―-. 、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<:::::-=ニ――`ヽ  /⌒ヽ
    /:/::::::::::::/:::,::::/::i:::::i:::::::ヽ:::ヽ::::::::ヽ   /  /
    /:/:::::__/::/:://:/:::/::,ィ::i:::i::::::ヽ:::::ヽ:ハ:::l /  /
    {イ:::::::::/チャ≧ヾミ:イ://::j!::j!:i:::i::!::::::ト:::.}://  /
   キr!i::::::i:::!マ三三≧'' jム斗fハj:::∧:::jー/´  ⌒ヽ      もっとはきはき口をはっきり動かして喋る!
    { j !ヾ::!ヘ!!   ,、    三三/⌒¨7´    ヽ  } }
    ヽl!:::iヾ!ヾ   { `¨¨¨} ,/¨7ー{   r- }_ノー'⌒)     挨拶は人間関係の基本!
     ヘ:!\    ヽ__.. - '´    {  \___><_/⌒´ 
        >=¬¨7/     ヽ、ヽ、___/::...ヘ          ぼそぼそ喋ってたら印象悪いよ!
       ,/{    {{   ,.ァ< ̄´}::::::::::::::::::::.ヘ
       {ハヽ   ヽf7f} /^ヽ, `「}-、j;:::::::::::.:..:..:..ヘ
      |i∧ ¨ア´ ̄[´∧> :}: //rー`¬、::::::::.:.:.:.ヘ
        !! ∨    <7 }>  |</^}   /::::::::::.:.:.:::ヘ
       .レ'´ {       i!   {/⌒7__,/ \::::::::.:.:.}





                             ,. -- 、
                           /.:.:.: :. :.:.:ヽ
        ___         _ __  / .:.:.:.:.:.::.:.:.:.: ヘ ___
       ´   ヽ`ヽ    ,. : ' ´ . : :: : :. :.ミi!.: ̄ヽ.:/  ̄      `.、
         __\ : v :´ . : : : : : : : : .: .: .: . : ./           \
        /´一テ‐- . : : : : : : : : : : :: : ::. :. :. :/               ヽ
         ./:./: : :/: : : : : : : : : : : : : :. l:.|:.|:{                ヽ
           / /: : :/: :/: : :/: : :l: :l: : :|: ::. レ!:.|:|                ',
        /:. :. : . j:.l:. :.j: |:. |:. l:.|:. |:. :|:/|:|ハ !:!   _                }
         /:./:. :.:. :|:.l:. :.|: |:. |:. l:.|:. |ハ:/ / !:ヽ'´   ` 、              l
      / /l.:.:.:!.:.:.:|.:.:.:l:|`ト⊥:.l_|_/ ∠ __.|:.{      \             /
      レ'|.::.:|.:.:.:|.:.:l:|:N.――z    へ  j: ゝ、     ヽ         /
        |.:.:..::| ...:|ヘ:N:. l  /  マ´   ヽレ{_.> .._     }-- ―… '
        |. : :ハ : ::|  ゝ'―- .、 _ V    }:::::/      ̄  `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:\
        ∨ | ヽ:.λ /     .ヽニゝ-- ':::::::ハ          ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         Ⅵ  \l {       } >、l只lノ::::ス          \::::.:.:.:.:.:ヽ
         ヾ    >、    //ヽ:._:_/:ヽイ::::ヽ          ヽ.:.:.:. :.: i
              ヽ-'`.- '/:::::/:::::::|::ヽ|::|:::::|::}           i.:.:.:.:.: i
                    >、:/:::::::::::|::::::l::|:::::|/'           i.:.:.:.:.:.:|
                    /:::::7‐--.┴ ┼:イ            |.:.:.:.:.:|
                    /:::::/        |:::::|            |:,::::::.|
                   ゝ-'′      |:::::|             }::..リ
                            ゝ-'             /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そこからの一か月、私は彼にリンクス以前に、人として最低限のマナーや
教養を叩きこむこととなった。

意外と覚えが早くて助かったが、とにかく彼には人間としての基礎がなかった。
喋り方から食事の作法、読み書き、計算、世界情勢、基本道徳に至るまで。
それらすべてを、我流ではあるが可能な限り教え込んだ。

人は歳を取るだけでは大人になれないのだと痛感させられた。
心というものは別の心と関わることでしか成長できない。
他者と関わり、誰かの物語や芸術に遺された思いに触れ、
そうやって精神は育っていくのだろう。

彼の時間は、両親を失った時から、ずっと止まったままだったのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1879 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:39:08 ID:EsDrEpLc0 [16/23]

                 ___
             ,x ≦:.:.:.:.:.:.:.:.:≧ュ、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:--――-:、ヽ /`ヽ
      ,x ≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.‘,
     /:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:. /{{i:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,
.    /:.〃:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:. /:.:.',
   /:.//:.:.!/:.:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:./:!:l:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.}
    i:./ {:.:.l{:.:.:.:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,:.:/:.:l:.l:.:.:.:.:/:.:.:.:./
   リ i:.:.{ i:.:.:.|:.⊥:.‐‐:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:i:.i:.:.:./.:.:.:.:.,′
      l:.:.l l:.:.:.l:.:.:{ ,斧ミx`:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.: i:.:./l:.l:.:./:.:.:.:.:/
     i:.:l l:.:.ヽ:マヽ マ:: ',ヽ:.}:.:.:.:.:.}:.:./:./:.|:.: /:.:.:.:.:/
     l:.:l ヽ:.{::!ヾ、 乂リ }:!:.:.:.:.: !/ミ}/_:.|:./:.:.:.:.:/
     Ⅳ  {:./     ̄ }:!:.:.:.:.: l    l.l./:.:.:.:.:/:|       よし、大体のことは教え終わったかな。
         |:.:ヘ    ,  〃}|:.:.:.:l   il |:.:.:,′: |
         |:. : l\ ̄  /、 /:.:./  //|:.:.{:.:. : |       詰め込んじゃったから、だいぶざっくりではあるけど。
        マ:.:.l __ヽ-,r´ヽ:.:/-‐ ´/ !:.:.!:.:.:.:.:l
         ゝ:.{::::::: ///}/  /  人:.l:.:.:.:.:.l       なんか忘れてるような気もするけど……
        /::::ヽ::/ //>〃 /   /:::::‘,:.:.:. l
        l::::r== /// l/ L__/:::::::::::::::ヽ:::::‘,      あ。
       , l::::ll  /ヽ/,イ´  <   \:::::::::::::::::‘,::',
       / li  /::/    ≧´    /::-―:: ̄:‘,:.ヽ
     〃   | 〃 ≧ ´    l li /:::::::::::::::::::::::::::}:.:.:.‘,
    /     l イ        li /::::::::::::::::::::::::::::::::}:.:.:.:.
     {     //             /:::::::::::x≦ ヽ、:::::/:.:.:.:.
     ヽ_  { {          /:::::::::://   ヽ}::/:.:.:.:.:.
      i   | ‘,        i::::::::::::i ',    }〃}:.:.:.:.
      |   |  ヽ      /  /:::::::::《 r===/  i:.:.:.:
      l  /     ー‐/  <:::::::::::::`:r 〃    l:.:.:.:
      l  /       /    \::::://    l:.:.:.:.





          _
      ∠二: : : :`ヽ/´  ̄ ̄ `丶
      , '" ̄: : : : : : : : : : : : : : : :、:\/⌒\
     /:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:ヘ\.:.:.:.: ヽ
    l://.:.:/.:./ .:./ .:l.:.:,'.:.:{:.:.:.:.l.:.:ヽ.:.:.Vl:/ \.:.:.:.:',
      /.:.:/.:. l:.:.:.!>ト/{.:.ハ.:.:斗<:l:.:.:.l.:l.:.:.:.:.ヽ.:.:.l
      l.:.:/.:.:.:.|:l.: レ レ ヽl ヽ / ト .|.:.:l:|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
      |:/!.:.:.: 从.:.{. ○   ○  'j.:.,' |.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
       j:ハ.:.:..Ⅳト :.ゝ   '  U. /.:/レ|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |        ほ、保健体育……。
         \:{ヽ|:小   r‐'⌒ヽ 彡'.:.|│l.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           ` Ⅵ:| ヽ `ー  ,.イ! .:./...|.:l.:.:.:.:.:.:.:. |
           ヾ:ゝ ト≧≦ュ| リ/  |.:l.:.:.:.:.:.:.:.:|
          __ /--ォ ャ-ヽ、__」_l.:.:.:.:.:.:l.:.|
          /;;;;;;.;;;/.|ヘ/.|.ヾ:>,ノ|ヽ、;;;;;;;ヽ.:.:.:.:.l.:.|
          /;ィ'´ ./ .|:   | |ヾヽl ヽ ト;;ヽ.:.:.:l.:|
        .// .ヘ .> |:.   | | ヾヽ <  /\ヘ:l.:|
      /   ,r'/ |:.  .:| .|:.  ヾヽ .ヾ   \
    /     ,' ヘ .|:.  :::| .|::  ..):) .ハ    \
   /     .{  ヘ{:..  ::|.Y.|::.. ./;イ   .}       \
 /       /',::::::::|::::::::::...|λ|...:::{::ゝ、:::ノ:' 、      \





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    ?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

1880 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:39:20 ID:EsDrEpLc0 [17/23]

                      _
                  /:/⌒
              .-――-. . 、l::::/-‐:  ̄ ̄`ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ-==ニ ̄`\
          ィ::i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     //::l::::l:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::\
   /  i/:/::::::i:::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::l:::::::::::::::\ヽ:::ヽ
  /     /:::i::::::::::」_:⊥斗ハ´:::::::::,イ::}::::::l:l::::::ヽ:ヽ\l
  ヘ   {ハ!: ,イ|/ |/  ヽ::::/ |/`ヽi::::l:::::::::i::::l  }
 /:::::l∨    ∨: {  ○   ∨  ○ /::::l:/::::::l:::l
 {::::::l: ∧     ∧:人。 ゚       ゚c //:::::::ハ::l         え、ええとね、男の子の身体と女の子の身体はですね、
 l::::::ヘi     i: :ハ'///////,} / |:::::/ .}/
  l:::::::|     |\N            i  ':/  ヽ        思春期を迎えると共にホルモンの影響によって……
  l:::::|     |  /´⌒ヽ、       人        i\
   ヽ:!      i (       ̄`ア イ/`      / : :\     おしべとめしべがですね……
    |     |⌒ヽ――┬―く  :!       / : : : : \
    |     |`‐=ニ‐rゝ_7ィ,/゙i\    / : : : \: : : : : :ヽ
    i    ∧. : イ、.`〈 只l '‐‐r \ヽ/\: : : : : : \ : : : ::l
    {      ̄> \l;:;:;:ヘr 〈 ィ/    \: \: : : \: : :|
    ∨     .\_  \;;;;;l lヘ/      \: \.: : :|: : |
     .V   / .、,r' ´ン、  \l lヽ        |: : :|: : :|: : |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
これに関しては想定外だった。
いや、性教育など施されているはずもないのだから当たり前だが、
ずっと目を逸らしてきたのだ。

結局、私は弟くらいの年齢の男子に対し、性教育を施す羽目になった。
久々に羞恥心を思い出した気がする。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1881 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:39:33 ID:EsDrEpLc0 [18/23]

     ー=二`ヽ,. -─‐- 、_
    ∠-,rー ̄ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'、
     /.:/.:,..:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i         わけわかんない……なんで二十五にもなって、こんな目に……
     ゝ/,/.:.:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
      'イ:.:.:.:.ト、.:.:.:'>、-==-ゝ、        マスターベーションの概念まで教えさせられるとか……
       {:.:.:.:.:,!ノ-'´::::::::/  ` \
   _,.-':.,.-イ´    ` ´r:';ニ-‐=‐::`ヽ、     最悪だよ……
  (_r'' ´(_|__    //:::::::::::::::::::::::::::::\
   `      `ー \:::::;r‐-、;:::::::::::;/`ヽ、
               `(   ヽ─'`ー─ '
                 `ー-‐′




                -―……―-
             ,.....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.: /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:\
.        /:.:.:.:/ :.:.:.:.:.: 〈:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.、
      /:.:.: /:.:.:/:.:.:.:.:|:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:|⌒|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.:.:|∨|
      |:.:|:.:.|:.:.:.{:.:.:.:.:.|:|  |:.:.|:.:|:.:|:.:.|:」L|;;:.:.|:.:.|/ |〉〈
      |:.:|:.:.|:. 八:.:.:. 斗‐ 「:.ハ|:.:|:.:.|:.| |:.:| ト:.|_/lΛ|:
      |八:.:|:| :.:.:\:.ハ|  |/ |:|:.:.|八 |:.:| |:.:.|/ |:.:.:|:.
.       \|:.:.:{Υ:. | xf冖ミノ:.ノ:ノ 7冖ミ|:.:.|_/|:.:.:|:.:
         ノ:.:.:| l/ )| ,,:.:.:.:       :.:.:.:,, ノ:.ノ:.:. 人:.:|:.:.          まあまあ、しゃーないやん。知らんのやし。
.      //:.:|/ /个=-    丶     イi:.:.//:.:.:.:.:.:.:..
.     /ィ/:.:.:/ 人:.乂___  r       ノ // :.:. |:.:.:.:.:..          「だって、いくら何でもこれは……」
        | :. 人_ ⌒¨ヽ:.:ヽ V  ノ   イ:i//:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.、
        |:.:.{八:.:.:.\   |:.|:.ト    <  j从 :/|:.:.:.:|:.:.|:.:.:.ト\        結局、口で説明しきれへんちうてポルノ見せたんやって?
      /⌒\ ̄`ヽ:.:`ト、 |人|\   { \  Y:.|:.:.:.:|:.:.|:.:.:.|
    /        |:|:.:| \   )   \ |  |八:.:.ノ- ミ:.ノ           「うん。女性向けの……あんな男の欲望丸出しの
   {       \|八| ノ    /      | /:.:./    ト、
.          |  /   /         |  ィ       |           男性向けビデオなんて見せられないよ。
    Λ       | /(     Λ__     _/   |       ノ/ |
   〈  \    /   \  /  \_  /  |   ∨/  八         チンコから媚薬でも分泌されてるのかって感じ」
.    〉   \ Λ    \〉    /⌒\   |   \{    \ _________
   |  ⌒ア゛  \    /Λ  /\ __,/\ |     \    ´       `   やめーや。私から話ふっといてなんやけどやめーや。
   |  / |     \_/  ∨/\/⌒:「  .....         |       ||
   |     |    /;::       L::ィ∠:::::: ̄     |  |;;,,..    ,,..:||   マスター、お冷ちょうだい。
   |     ;     /.         |:::::|           |  | : ゜: : :゜ : : : ||
    ∨   ノ \ ノ          /:::: |           人  | : : : : : : : : : ||
    {     /:::.          /::::::::|\        /(  |: 。: : : :゜ : : ||

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
以前より交友の途切れていなかったはやては良き相談相手となってくれた。
かつて弟がいたというはやての方が、年下の男の子の扱いに慣れているはず、
そう思って今まで以上に頻繁に連絡を取るようになっていった。

ある日、ブライドル地下のバーで久しぶりに二人で会ったとき、色々と垂れ流した。
シャツに控えめな暗いストライプ柄のタイトスカートという出で立ちの彼女は、
幼げな顔つきと低めの伸長とのアンバランスさが不思議な可愛らしさを醸し出していた。

ジョッキの中で湧く炭酸の泡をとろんとした目で見つめ、
ほがらかにけらけら笑いながら、はやては私に言って聞かせた。

「思春期って、他人の目がごっつ気になるやん?
あれって、まだ自分ってもんがしっかりできてないからと思うねん。
確立された信念や価値観がないから、人からの評価に頼るしかあらへんねんな。
そうやって迷って揺らいで、いろんなものを見て触れて、経験にしていって。
でも、あの子は十年以上も路上暮らししとったんやろ?
なら、自分がないのも当然やさかい。今からでも、自分を作る手伝いをしてやらな」

確かに、あの子は自主性に欠けるところが強い。
ぎりぎり思春期ではあるから、間に合うものなのだろうか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1882 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:40:05 ID:EsDrEpLc0 [19/23]

             . . . -――- . .
            /´ : : : : : : : : : : : : . .
           /: : : : : /Λ:⌒\ : : : : : \
          : : : : :⌒:∨: : : : : : : :\: : : : : :
.       : : : /: : : VΛ: :|: : : : : : : : : : : : : :
       |: : /: : : |  |: |: :|: :|: : : : :|/〉 : :|
       |: / : : : :|  |: |: :|: :|Λ: : :|/〉X:.|
       |/ : |: : |斗‐ |ノ|: ハ: |‐‐ミ: |/ |: :|:.|
       | : : |: :xセ爪う |/  不 うk: : |: :|:.|
       | : : |: : | 乂'ソ     ∨ソ: |/┐:|:.|             せや、なのはちゃん、厳しうするんもええけど、
        八: : |\| :::::::::::    ::::::: |/ 八. :|
.         : \| :八    `   、  / イ:.l: : :|             ちゃんと褒めたり甘えさせたりしとるん? 飴と鞭は基本やで。
      |: : :|: : : : iト   V:::::ノ  イ: : : l: : :|
      |: : :|: : : : |: | :}ト    イ:|: :l: : : :l: : :|              「うっ……微妙。はやてちゃん、飴になってよ」
      |小:|: : : : |: |Λ      |Λ: : :..l: : :|
        |八 : : : |从 Λ    j  V: : l: :八              私ー? 嫌やあらへんけど……
     /^ ̄ ∨ハ| | nΛ     ノ∨ \
   /\       | L,/⌒  √ }⌒∨                (復讐の代行とか言うて、そこまで気に掛けるあたり、らしいわぁ)
.  /            | /   }‐┐ /:|   〉
  ノ    }   {        / / / | V /          ___
 |     ∨    `^''    { { / / -=ミ、         | {`¨¨¨ ¨
 |        ∨          \∨'゛       \           | {:゚: :゚: :゚: :゚
 |       }        ⌒VΛ                | {:゚: : :: : : :
 |  \   7.          } ∨        }      r┤|゚::。゚::。:::::::
 |      /::..            }      / __ /⌒¨¨つ ゚::::::::::::::::::
 |   }  {L_:::...      ...:::/ / __ ,,,... イ……………::':,)::。:::::::::::::::
 jL/   Λ  ニ=-   --彡c-=I[|ニ_:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:γ:i:i:iヽ:i:i:i:i:i:iΛ::::。:::::::::
{ ̄     /{ _,,...ニ=-‐    7 / l |ニニ-_:i:i:i:i:i:i:i:i乂:i:i:iノ^:i:i:i:i:i:iΛ:::::::::::::
|    / 「::::         / / .:|: : マニニ-_:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iΛー―
|       入:::::....    _,. /c{   :|: : :マニニ竺竺竺竺竺竺竺竺竺{
∨    {_      ̄ ̄   }  {  |: : : : マ .三三三三三三三三三三{
/    .{二ニニニニニ=- -=7ア|: : : : : :¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
      /ニ=- __ ニニニニニニニ{|: : : : : : : : . . .
    /「二二二ニニ=- __ ニニニ} |: : : : : : : : : : : : : : : : . . .
.    ノ二二二二二二二ニニニL|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . .
    }二二二二二二二ニ/ニニ|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「あ、あとさ、髪切るって話してたでしょ。あれやめやめ。
男の人って髪長い女の人に女性らしさを感じるとか言うじゃん?
はやてちゃん、そのままの髪の方がお淑やかな感じがして
絶対あの子にも受けいいと思う」

「いくら何でも男はそこまで単純……とも強ち否定できんなあ。
ええよ、髪切るのも今度にしたる。
……まったく、こんなんやからお互いイイ人も見つからへんねんなあ」

酒の勢いで言った頼み事は、あっけなく了承してもらえた。
だが、実際彼の人恋しさを満たすには、はやての方が適任だろう。

「なのはちゃんも髪下ろせばええんとちゃう? イチコロやで」などと
はやてがからかってきたりもしたが、自分には到底無理そうだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1883 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:40:57 ID:EsDrEpLc0 [20/23]

                      、. : …―- . .、、
                     /: : : : : : : : : : : : :>‐:、__
                    /: :/ : : : /∨: : : : : : : : : :.\`、
               , : : : /: : : :./ / : : : : : : : : : : : : : :`、
                /: : : :斗- 、 /: : : : :./ |:..:. :.|: : |: : :.`、
                 /: : : : |: |/|/丶 : : : :./ : |: :| :.|/}^∨ 〉
            / : |: : :.|: ァ=ミ、 |: : : |/ ⌒ト: | :.{/| 〉 〈ハ
             //八: 人 .... ``|Λ: | ァ≠ミ、\|/} Λ 〉:|          ほんならどーんと任しとき!
               /:\{ :::::::      ん心刈{/Ⅳ : : : |
                 //.:.Λ   _`   ::::ヾrシ' /:j : /: : :. :./|           桜花重工の紅一点、この八神はやてが
             /イ:.:/ : : 、 ヽ~^ v,  :::  /ィ:../ : /: :/ :|
              |:/ : j: : |丶      -=⌒ノ:/ : /: : 。 ゚゜ ̄"'v―‐、    一皮向かせたるわ!
.            、… 从_:/: :八   ̄_、ィ  ):.:// : /:.。'゜      ∨^ヽ\
.         /   / / : /二う=セ二ノ/ : : : : : :/∨ 。,     ∨ ̄ `、
         /   ヽ/、 /イ/ニニニニニニ//: :/イ//: : : :∨r ゚:゚:。:。。_,_、∨ ̄ 」
.        /  ∨/  }ノニニニニニニ/ {// ,/): : /: :.∨: : : : : : : : :∨ ̄ ノ
       〈  /    j「ニニニニニニ く⌒ヽ▽/   //^ヽ : :|∨::::::::゚。::::::::::::'⌒7
.       /У    /ニニニニ -ニニニi〈  ∨      ⌒∨ ∨::::::::::::::::::::::::,/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
かくして、私とはやてのツーマンセル体制が確立された。
当初の予定では私一人で何とかしていくつもりだったのだが、
流石に不安が募ってきたのだ。

私が鞭ではやてが飴。
まあ、妥当なところだろう。

あと数日もせずに、彼には初任務を任せることとなる。
その後で、彼女のことを紹介してみよう。
はやても昔から歳下受けが良かったし、きっと上手くいくはずだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1884 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:41:18 ID:EsDrEpLc0 [21/23]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1885 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:47:44 ID:EsDrEpLc0 [22/23]

~Tips~

                ,........――――....、
                    /:..:..:..:..:..:..:..:..:: ̄\\
             厂`:..:..:..:..:..:..:..:..:\:..:/Λ\
              /:..:: |v、:..:..:..:..:|:..:..:..:∨ / |:..::|
.              /:..:/:..| `、 :..:..:.|斗‐|ミ|// l∨|:
             /:..:/:..:イ ⌒|:..::|::|:..|:: L::|/ : lΛ|:|
              :..:..:..:..|::|f竹うY:|::|::竹ゔY:..:..|:..::|:|:
           ::|:..|:..::乂__ Vり |ノ:..ノ ヒツ ||:..|:..::|:|:|
            |:|l::|l::\ ト- ''' 丶    '' 八 :..:..|:|:|:
            |八|\:トミ人  ゝ  ′イ|:..|::|:..::|:|八
                 ノ八::厂 >  -Λ:|:..|::|:..::|‐→
                 イ|:::/Λ ィ{___ /  八|::|:..::|/ Λ
              l:|::′ } |__/ | |  ノ人:..|  / Λ
               _八| /へ\ | |     \  / 人
           /⌒7  / |;;;;;ノ /| |    /     ̄`
              {/\__/| /:..:|/:\\\ | / __  \
              :: :: :: ::|:: : |'⌒7:: :: /: : \\L (>'´|:::::::\ |
          人:: :: :: \::∨/:: /:: :: :: :: :: T /Λ:: :..\::::::::|/
             /::\:..: >:⌒i:: ::⌒\:..:..:..:..:ノ///Λ:: :: ::  ̄\
         /:: :: ::厂 :: : c::|:: :: :: :: :: :: :厂/////Λ/:: :: :: ::|
           /:: :.. :..| :: :: :: :: :|:: :: :: :: :: ::_}/////////:: :: :: :: ::ノ
.          /:: :: :: : j:: :: :: ::c :\ : : : : ̄∨//////:: :: :: :://Λ
         /:: :: :: :: {_: :: :: _:..厂| ̄| ̄冫///:: :: :: :://///Λ

【Name】
八神はやて(二週目)
【Status】
AMS適性:A
極めて高い適性の持ち主。
高負荷の機体であろうと問題なく搭乗できる。

戦闘技術:A
ネクスト操縦技術。
見た目に似つかわしくない歴戦の猛者のような戦いぶりを見せる。

【Note】
ネクスト戦役末期に登録された女性リンクス。
25歳。
桜花重工に所属しており、企業間の関係からオルデンブルクの支援リンクスと親密。
ブライドルランク9。
やる夫のことを気に入ってはいるものの異性としては見ていない模様。

飄々とした言動だが、どこか深いところに影が見える女性。
なのはとシグナムとは旧友であり、なのはも彼女には気を許しているようだ。

一周目では中盤での共同ミッションが初登場だったが、二週目では最初期からやる夫と関わるようになる。
また、一週目と違い長髪。

1886 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/29(水) 01:48:26 ID:EsDrEpLc0 [23/23]

        、 - ‐‐ -,
       ,´: : : : : : : : :
      ゙i : : : :○ ○゙i
       }: : : : : : : _ _ _|
       |: : : :-=´_ _,´       以上だ。次回は来週の月曜日午後九時からとしよう。
      y' : : : : :_: : : : :i
     / : : : : : : :┌─┐       今回のヒロインははやて、なのは、アルトリア……一周目より平均年齢は高めだね。
     i : : : 丶: :ヽ{ .茶 }ヽ
     r : : : : :ヽ、__)一(_丿      お色気お姉さんとのうっふんあっはんと一心不乱の大戦争を楽しみたまえよ……!
     ヽ、___ : : : :ヽ : :ヽ
     と_ : : : : : : ノ : :ノ        それじゃ、シーユーアゲイン。いい夢見なよォ!
       ̄ ̄ ̄  ̄

1887 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/01/29(水) 11:17:37 ID:0L04adZ.0
乙でしたー


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する