へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)


クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第38回

1672 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/06(月) 21:21:35 ID:iqqju1rs0 [3/14]

          , - ‐‐‐- 、:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ、
     ,イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:.:/く::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
    /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:--‐ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.: |
   /:.:/:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:./:.:.: 7|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.  ///:.:.:.:/:.:.:/:.:.:.:/:.:.l:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.!: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
. /  ,':.:.:.:/:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.:|:. ∧:.:!、:.:.:.ヽ:.:.ヽ__:.:.:.:}:.:.:.: }:.:/ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
   ,':.:.:.:,':.:.:.:.{:.:.:.:.:.|:.:.ハ:.i ヽヽヽ:.:._メ:.´ヽヽ:.:.i:.:.:.:|/:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
    i:.:.:/|:.:.:.:. ',:.:.:.:.:|-/_|_|  ヽ/,イ圷≧i:.i:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |      作戦開始。
   |:./ .|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:!:.iイうミ      {::::::::ら |:}:.:|:.:.:.:!´.ヽ:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
   |/  !:.:.:.!:.:.ヽ:.:.:.|〃{:::j      辷シ !:.:./:.:./| ヽ.} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|      敵ネクスト、リンドヴルムを排除するよ。
.   |.  ',:. | ',:| .|ヽヽ`.ヒリ            /://:.:.:! /: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
.      ヽ| リ !:.:.ヽ\ ヽ       .〃|:.:.:.:.:./_//.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |      知っての通り、相手は手練れも手練れ。
.       ヽ  i:.:.:人    -‐-    /  !:.:.:.:.//.  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
              ',:.:.:.:.ヘ              |:.:.:.:/.    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|      いくらトップランカーのロストワードとの二対一でも、
            ヽ:.:.{ ヽ、       .<.|:.:./l      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
             \i   >.-t ´   |:/‐┤、.  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|      決して油断しないこと。いい?
              \    r、| .-  ̄/ / i、  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
                   〃.ヽ   ./   |::`ヽ.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
システムが戦闘モードへと切り替わり、暗闇が裂け廃墟街上空の光景が現れる。
コジマ汚染によって黒く染められた雲が空を埋め尽くしており、
あらゆる生命を死滅されるであろう雨が容赦なく地上へと降り注いでいた。

眼下には人々の営みの面影が残るコロニーがあった。
外壁は無残にも吹き飛ばされており、半分に割られて中身が剥き出しになった
卵の殻のようにも見える。

なのはの怜悧な声が、いつか戦った時の恐怖を思い起こさせる。
それを押し殺すように眼下を睨み、ブースターを吹かした。

「了解ですお。確実にいきます」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


スポンサードリンク


1673 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/06(月) 21:32:10 ID:iqqju1rs0 [4/14]

       __{〆..:::::::::〆        `  、
    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ      ……おかしいわね。
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\       ′/  ノ           リンドヴルムは遠距離射撃機、
      |l    |\        ‐-,,、  / /
     ハ    ト、  、      ` イ                既にこちらを補足しているはず。
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |                 なのに、先制攻撃が来る気配がない……。
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |
―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |
::::::::::..\「` マ}___\  ∨:||:「く/  |  |
::::::::::::::::::::::::::::..マ}___\ ∨| ヘ`ー|  ∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}__ \l|  ヽ:::::l /:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}  ゙r~、>|/-、:::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ/ヽ|  | 厶、ノ`}:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\   /「?鴨ヘ r':::::::.ヽ




               ____
             /      \
           /   \   /\
          /   ( ●) ( ●)ヽ     分からないお。情報も少ないし……。
            l  u.   ⌒(__人__)⌒ |
          \        ̄    /     とにかく警戒しながら接近するしかないお。
          /             ヽ

1674 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/06(月) 21:39:57 ID:iqqju1rs0 [5/14]

ィ仁ニニア==tニニiニニ〉ヘ
=ア,:.:,:ク:.:.:.:.:.:.:}iニニi{ニ寸xヘ}、
.:z=ニニ≫z=ニ><zリ二ニ寸xヘ  __ _zュ
≫z=ニ二アi7:.:./へニ/\=寸x<=Y/ニL、
=ニニニ>仁7:.:.//〉/ヘ{i○ \_寸xニアニニヘ
ニ>=ニニニ〈:.:////. /}i  ○)ニ7/ニニニ〈ノ′
ニニニニニム〈//. /={i○ /={二ニニニi}ムニニへ、         おや、ようやく来たか。
二二ニニニニ>zz/ニニ=ニニニマニニニ7寸Vニニニヘ
ニニニニニ>=ニニアマ>、=ニニマニニニアO 寸ニニ寸ヘ        ようこそ、我が仮の居城へ。
ニニニニ/=ニニアニニニム:.:マ=マ=7  O}ニニニマ=i
ニニニ/=ニニアニニニニニムix:.:寸x〈:O ィ仁ニニニ7=i|
ニニ/=ニニアニニニニ/二ニマi}=ヘ:.:.寸i}ニア\ニニ{i:.=i|
ニ/=ニアニニニニニ/ニニニ i=i!ニヘ:.:i{ニへ、. \ニ|i:.zi|
=/ニアニニニニ二二|iニニニ !li|i|二二i|ニニニヘ ,、\=ヘi!
/アニニニニニニニ|iニニニ7li|li|ニiニi|ニニニ=i〈 ヘ 寸li|
仁ニニニニニニニニ|iニニ7=i|=i|ニiニi|二二ニニi \/  寸
二二ニ>zt=¬ニ二|iニ=7=∥ニ∨ニi|ニニニニi.|マx   ヽ
ニニ/ニ二二i|ニニ|i二7ニ∥仁ニマ二ニニニ=i|i!マz\.  ヽ
二/ニニ二二i|二二|iニ7∧' {ニニニマニニニニi|i| マニ=\  ヽ
=/=ニニニニi|ニニニニ∥∧ 寸二ニ寸ニニニi|i| マニニi|\.  ヽ
/ニ二二二二i|=ニニニ∥ニi}  Τニニ寸ニ=i|i|  .マニi| ゙\/





                 ,. -―‐=-   _ ヽ 、    ヽ 、
               /_/ '´       ̄` 、 ヽ  ノ .)
               ,.' l´./ -‐ ア'"      ー-  <
                /./'"   ,∠     '"          `
             V/ 、 -‐ /   ,.  ´   .  ハ  ヽ
             , '/ヾ 、,.' /  /  _,. ‐ / .'   !   '
               〈 !、 ヽ'  , / '/ ./ー-'"/ ,. '   / ! ト. '
              ゝl./   l/, //ハf:;テ<"/  / /  ! ソ
          ,. ´ i/   / /!( ´   `ー  / / ,イ/ イ,ノ
            {' ,.'/'  ,.'/./.ヽ!二7       '"  (ソ!  ト、       いささか遅すぎではなかったか?
           ( / /_,'/ 、T マ二二ア        冫!  .l ヽ
             {./  l'_ヽ_|_マニニ(_,.ィ  ‐=   イ  .! )      さしもの私も待ちくたびれるというものだ。
            l'   /二二二二ニ=-、(     / .ノ  ,.!ノ
    ,ィ77777777777777>マ二二二二二}\ / ,.'./ .ノノ
   ////////////////////,ハ‐マニニニl三ヽー-( ' /
.  {/////////////////////∧ニ="マ_!二二=-、!.l'
   !'/////////////////////,∧",.ィニ-_ 二二l
   V//////////////////////,}二二二ニ==-ー、‐ 、
    V//////////////////////ニ-''"_,. -=ニ二ニ=-</\
.  rイ/////////////////l///-' ,イニニニニニニニヾ/,ハ
.  l'//////////////////l'" ,ィム. マニニニ二二二二二ム/l
  ////////////////////l'二二ム. マ二二二二二二二二ム
  !///////////////////,!ニニ二ム ヽ二二二二二二二二ム
  V//////////////////,lニニ二二ヽ ヽニニニニ二二二二}
  l'//////////////////!ニニニニ二\\ニニニニニニ二/
.   !////////////////// マ二二二二二i  \ニニニニ二/
.  l'/////////////////ム. マニニニニニl ト、 \ニニニ/!
   V,///////////////ニム. マニニニニニl l二\.` マ//,.l

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
レーダーには確かにネクストの反応があった。
地上へと降下していくと、やがて黒い点が現れ、徐々に輪郭を帯びてきた。
漆黒の重騎士を思わせる、あの重量二脚だ。

だが、奇妙な点があった。
頭部こそこちらに向いているが、銃口は地へと向けられており、
マーシフルたちを迎撃しようとする様子もない。

酷く冷え切った声が頭の中に響く。
不気味さを覚えながらも、やる夫はその声に意識を持ってかれた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1675 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/06(月) 21:46:58 ID:iqqju1rs0 [6/14]

ニニニニニニニニニニニニニニ}-=ニ{:∨ ,イ:コ}i_}  \}}ニ}}}ニニニニニニニニニニニニニ}>、i`¨<>====<ニニニ/ニ=- /
ニニニニニニニニニニニニニニ}!-=ニ{ ∨ }ニ}}i_i}, / :}}ニ}}}ニニニニニニニニニニニニニ}i:i:i:>イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ニ/ニニ=- /
ニニニニニニニニニニニニニフ :}-=ニ{ニ∨ / } i ∨ / }ニ}}}ニニニニニニニニニニニニニ>:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∥'ニニ=- /
¨<ニニニニニニニ/⌒ヽ =‐¨´   }-=ニ{ニ∨ ,'ニ}ニ∨=i}ニ}}} ` <=/=-}ニニニニニニ>´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i /ニニ=- /
i:i:i:i:`¨<ニニニニ∧-=ニ∨ }\  }-=ニ{ニニ∨ニ人ニ∨}ニ}}}   ∥=-{=ニニニニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i : /ニ=- /
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ ̄  } '∧-=ニ∨ }-=ヽ }-=ニ{ニニ} :/ :} \}ニ}}}!   ∥∨ {__/    ,/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: : /ニ=-/
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨`¨<__∧-=≦≧=ニム⌒}:ニ{ニニ}:7 : :}! : ヤニ}}}}マ ,∥=-}ム    /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/=-/
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i ∨   マ,∧<∧∧-=∧ :}ニ{ニ}7 : : }}}:: :ヤ }!}}!∨∥=-'=- 〉   ト、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: /=-/
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∥      {-=ニ'∧∧-=∧}ニニ{ニ}}: : : :}!: : ヤ}!}}! :∥=-'=-/  / ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: イ==イ-}!
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: i ∥ >。   \-=ニ}}'∧-=∧=}ニ{ニム : : : }: : :i=}=} ∥=-',/_ ,/     ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/-'∨
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i ∥    >。  ¨_¨´ '∧-=∧}}ニ{ニハ: : : }: : }ニ!-i ∥=-:,'∨ム     , <∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ニ=-〈
i:i:i:i:i:i:i: i : ∥        }: : }>。'∧-=∧ニ{ニム: : :}: :,'ニ}:-i∥=- :′マム  , <: : : : ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i /\ニ=-ハ
i:i:i:i:i:i:i:i:i: /′>。     }: : }   ,'∧-=∧ニ:{:ニ \:}:/ ニ-|{{ニ=-,′/ ̄: : : : : :>¨´}i_i_i_i_i_i_/ニニ \ニ=-
i:i:i:i:i:i:i:i //: : : : : : : >。/ }!>!、   , '∧-=|∨ {:ニ  :Y :ニ-∧=- {/: : : : : >¨´     ̄\ニニニニニ\=-ト、
i:i:i:i:i:i:i:/¨ = _: : : : : : : : : : : : : :>。  ∧=|i:i∨{ニ    :ニ}!i:i:}=-ム: : i>´           `¨ <ニニニニ∨ムiハ
i:i:i:i:_iノ     ` ‐-=: :_: : : : : : : : : :/__}=';i:i: ヤ{ニ    ニ}i:i:i}ニ=-ハ´                 )ニニニニ}!ハi:i:}
 ̄             ` ‐-=: _: :/-=ニム i ヤ{ニ  , 、 .ニ}i:i:i}_ニ=-ハ>。                  \ニニニ∨ムi:i}
                   __7:-=ニニ:〉i: ヤ{ __/}}-\}}i:i:i:i 〉-/ニニ=->。              /\ニニニ\}i:}
                 , <-=≧<ニ/i:i:i: ヤ{ -=}}=- -!i:i: ∥≧<ニニニ=- >、           ,'ニニ\ニニム}
               , <-=ニニニ>∨ムi:i:i ヤ{ -=}=- -}i:i:∥>< へ ̄  `¨='           {ニニニ\ニ=- }
             , <-=ニニニ>¨´-=ニ\ムi:i:i:} { -=}=- -r≦、ニ}/=-/__               \ニニニニ=-}!
           /-=ニニ>´__}-=ニニニ≧=} -{-=}=- -}=->'=- >'<}}i:≧、             〈 `¨<ニニ=-′
          〈-=/   {ニニ≧s。 _ /-=ニハ-=ハ-}- =-rイニ=- イニ!i:i:i:i:i:i:iハ                7≧s。¨<′
            ´       `¨<ニニニ≧s。,ハ-=ム/=- }ニ=へ<ニ}i:i:}ムi:i:i:i:i}             }r}}ニ}}={=-∧
                     /i:i:i:i:`¨<ニニニニハ-=ニ=-∥´i/ニニ≧}i:i:iニ}i:i:i:i:ト、            /=/N' }ム=-ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「どういうこと? まるでこっちの動向が漏れてるみたいな口振りだけれど」

「さて、どうだろうな」

凄むアリスの声にも動じず、アルトリア、もといリンドヴルムはロストワードには
眼もくれずにマーシフルへと視線を向けた。
既にこちらが射程範囲内へと入っているにもかかわらず、
未だに戦闘態勢をとる様子は見られない。

けれど、悠然と構えた漆黒の機体からは得も言われぬ威圧感が滲み出ていた。
無抵抗で降伏しにきた、というのは断じてないだろう。
こちらが攻撃を加えれば致命的な反撃が待っている、そう思わせるような鋭い殺意を感じ、
臓腑が冷たい手で鷲掴みにされたような感覚に襲われる。

その奇妙なアルトリアの態度に、やる夫たちはすぐさま攻撃を仕掛けられないでいた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1676 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/06(月) 21:54:44 ID:iqqju1rs0 [7/14]

          _,. -r‐、
        ,∠ ― ,rヽ)ノ   ‐ 、
       / 7 ‐-,. ( )'ノ        、
.      i ;   ,‐!ノ'ノ  `/    ,. -
.      ' :,_/〉-,ノ   ./    /"    ヽ
.     r/_.'-‐'   \ .'   / /    ! 、
       `! !.    、,.ヽ!  _.//' ,. ィ  i ! }
      ', !    /、ノ|   .た!ヽヽ/ ノ' ;.ノ
       、 、 ,ヘヽ.l   l l   ´ ,/,イ/       端的に言おう。確かに情報は漏れている。
         V/>/∧ l  !l.     {.' .l
.         _l'/////∧l  l|  、 ,.ゝ l         私が個人的に調べたのもある。これでも権限はそれなりにあるのでな。
      ,ィニ二二ニ_<,.――--<!  l.|
     /二二二二/::::::::::::::::::::::::::::>、i|          なあ、入束やる夫。虚ろな目の少年よ。
   _,./>''" -=/::::::::::::__:::::::::::::::::/}
― /ニi.lニニニニ{::::::-::: ̄::::::::::::::::ヽ:::::://          まさかあの時逃した鼠が英雄と讃えられようとはな。
::::::i=ニ!.!二二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
:::::l=ニl l二二/:::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::;:〉            あのストレイト・クーガーが敗れたと聞いた時は驚いたよ。
::::lニニl lニニ〈::::::::;:ィ二ニ=_、,、::;:::::::jム
::::!ニニ!.l-=二';:::://:::::::::::;::ニ//ヽ::::/ヽ!ム
::::!/ ,イニ=-__ヽ/:::;ィ////////\ニl.!ニ!
::::l'/ニニニニ</////////>!/∧=!l=l
:::::マニ二二ニニ!>_、///////>,/`マ
:::::::マニ二二二ニム<///////>'"////\、


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ホバリングの姿勢へと移行し、いつでも敵機を射抜けるように
レーザーブレードを展開し電力を充填する。

リンドヴルムは未だ動かず、淡々とこちらに声をかけてきた。
その声に、やる夫は微かではあるが覚えがあった。
AMS越しではなく、直の肉声を聞いたことがある気がする。

どこかで会ったのだろうか。

抜き差しならぬ状況で睨み合っていると、アルトリアは突如として声色を変えた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1677 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/06(月) 22:23:40 ID:iqqju1rs0 [8/14]

                  _____
.               / _ノ  ヽ_\      「今はそこの小娘と睦まじくやっているそうではないか。
           /  (○)  (○)
              /     (__人__)  ヽ     路上暮らしに殺された心は幾分か楽にはなったか?」
              |  U   ` ⌒´   |
.             \         /     な、なんだお……何が目的なんだお!
.             /         \
.            /  ,        l  |     そんなことまで調べて、一体……

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
冷淡な口調で語られる言葉に悪寒が奔る。
なぜそんなことをアルトリアが知っているのか、知って何の得があるのか。
すぐさまブレードを向ければいいものを、できなかった。
やる夫はアルトリアが発する異様な雰囲気に完全に呑まれていた。

動揺するやる夫に対し、アルトリアは昏く、それでいてどこか蠱惑的に囁いた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1678 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/06(月) 22:23:53 ID:iqqju1rs0 [9/14]

      | /\    __―― ̄ ̄        \  \ \    ヽ\
 .    /|/|   \ <、___                \    |    |  |
   / /  |     /    ̄ ̄>――            \ |  /  /
  <  /|  |ヽ /    / ̄ ̄                    __/
   \/ | _|/     /      __              ̄ ̄\
  /  |_/      /  ___/                     |
./ _/        |  / /      ____            |
 ̄_          |/ /_/ / ̄ ̄_ノ    _/         |
 ̄/     /  ///// / ヘ  丶――― ̄            |
/    /  / |::::::|/  |/  |::j::\   /  __/         |
    // /   |::::::::|       \ 」 \   ̄ ̄/        /    |
  / /. /\\ |:::::::::::\       \     /      /  /  |  |
/  / /   \|::::::::::::::/           /      /  /  | | |
   |/    /:::::|:::::::::::\          / __――/ /   / | |
  /:::::\ /::::::::|::::::::::::::::\          ̄    / /   /   |/      私と共に来い、入束やる夫。
/::::::::::::::::::::\::::::::|::::::::::::::/              /<、 _/
:::::::::::::::::::::::::::::::\:::ヽ:::::::::::|__            ||/ / ̄ /             私はおまえが気に入った。一目見た時からな。
\:::::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ::::::::::::::/    _        |/   / |
::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::|     ヽ\     / |    |  |            我が物となるのであれば、私がおまえを守ってやる。
::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::|      \>      /    |  |
::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/::|         / /     |   |            企業の意思から……その女からな。
:::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::/\ヽ    /   /      |   |
:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::/:::::::::::\ /   / /    /| |   |            
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::/::::\:::::::::::|\   //|    / ||  /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::\::::::::::::\  /  _/   |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::\::::::::::/ /  /     /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\/ //
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::〉
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
一瞬、相手の言っている意味が理解できなかった。
状況が呑み込めず混乱するばかりで、やる夫はただ沈黙するしかなかった。

隣で様子を窺っていたロストワードが堰を切ったように突貫し、
赤雷をまき散らして周囲の廃墟を吹き飛ばしながら
リンドヴルムへと飛びかかっていった。

はっとなってブレードを構え、ロストワードの援護へと回る。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1679 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/06(月) 22:24:30 ID:iqqju1rs0 [10/14]

、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:        何をふざけたこと抜かしてんのよ!
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:          企業の意思? 見透かしたような口を!
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /





                  -== x--,_
               , ´        ヽ\ト,
             ,       \     、\y
             ,'      ',   ,    、 .}フ
            ,     ハ  ',   j    ヽ }フ
           .; ! |  ', ヽ、xー ナ、  ` ∨)
            ,.i .ト、 ' ,  》チテ弌八  乂
            } 人 从≧ …  乂jノ<;;;| \ {         愚問だな、アリス・メルキュリー。
           .|ノ .}  "叭)    ´ /;;;;|   ヽ
.           ′ | ∧´  '    〉;;;,リ   }         おかしいとは思わないのか? 最高戦力とはいえ、
.            ノ  ノ》x:. ´` /^:ネ !!|j   ,'
         /¨, ===ヽ< (\);;;;;;=¨”;;;;;|{  ノ          なぜ待機命令を無視した貴様に処分どころか嫌疑すらかけられない?
        ./ ノ/;,;,;,;,;,;,;,;,;,\\\r--===ノ .ノz
.        ´ /;,;,;,;,;,;,;,;/\;,;,;ヽ ̄|    ̄   |l           ネクストを動かして想い人を迎えに行ったと説明したところで、
         /;,;,;,;,;,;,;,;,;,l l;,;,,\,;,} .|  《    : ヘ==´`ヽ
        };,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;l l;,;,;,;,;,;,;,ヽノ、,-= ⌒ ヽ,l;,;,;,;,;,;,;,;,;}     貴様が離反したと考えぬ老人たちでもないだろうに。
        /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,,ソ,,,;,;,;,;,;,;,;/P´       :  \;,;,;,;,;,;|
      ノ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;ノノ;,;,;,;,;,;,;,;,;ソノ   -… ´ ̄:` - ',;,;,;,;}
     {;,;-===;,;,;,;,;ノ」;,;,;,;,;,;,;,;,;,;//- ´        :   l,;,;,;,l

1680 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/06(月) 22:35:15 ID:iqqju1rs0 [11/14]

`弌s。               |                  /:::::::/::::/    〈〉                     ,.ィ>
   `弌s。            |                  /:::::::/:::/                         ,.ィ´/
     `弌s。        -‐┴…‐‐--ミ    ,.。o=s。   /::::::/:::/                       ,.ィ升/
       弌s。   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ::::`'x<>'" ̄_≧x〈 ̄//           ,.。o≦>。o≦≧s。 ,ィ升/'/
         `'ミs。';;;;;;;;;;;;;;,.。o≦フフフフフ//__。o≦></\〉ゝ'"         。o≦:::://-‐'⌒ ><////
           /;;;;;;;;;,ィ升///>'" ̄////////////`ヽハ         xi〔//::/ ̄  ,。s<//////ヾ:.、
          /{;;;;;;///'>'":::_:_:_:_:く'/////'ア///>く//,}::′     _,.。xく__>'::::/   ,.イ////////   }:::}
    ロ     //ゝイ//,/::::/::::_:/:::/^\//ア///{:::/:::}///   ,.。o≦/:::::::::|‐'  ___/\///////rtァ  /::/
          '/////(::ゝ‐‐<_ノ::/    ̄\/  ∨::://  //////,l::::r-'   //////l///'/x=='"  /::/
          ゝ/::::::>'"─==彡      ト、 ̄\ ̄__/////////l:::j   ////////}// {{   //
            ̄       __       _|∧ ̄ ∨{//ヘ寸///////}::′/{/////////´   ``'=彡'            _,,.. -=
              (_) r‐'´ |  |ニニニナ ̄{ハ   ∨//xヘ、///////У/__}//斗-‐…‐--<刀刀刀>zzzzzzzzァァァ7フ刀/////
                 `ー、__|  |OOO|  i{∧   |/:_:_:_:_ハ//>//‐、{//>'´:::。s====s。.,:::`'</\ \///////////////>
         II=    ト..__      ̄_ ̄{_Vニアク´ } } }l:::7:::::://::/ ̄::::,.ィ㌻:::::::::::::::::::::::::::::``ー- 二ニ=‐‐ァ/////////>'"
               弌////|    ト<77| ̄>‐‐У/Yトッリィリ::/:::::://::〈:::::::://:::::::::\>─:::::::::::::::::::::::::::::〉::::/‐//////ア'"
       _         ̄ ̄    ゝ∨|/////`く/メ>rァ',イ:::::://::::::}:::::/:::/:::::::::::::::::::\\ ><::::::::::::/::::/ //////
       |::::|             xく::::〈//////  /\/ // |::::://:::::::|:::::{:::::{:::::::::::::::::::::/><^〈/::::::::/:::/ ///,'/
       凵|             |三|ヽゝ--//ヽ/  / /ヽ.|:::〈/:::::::::|:::::l::::::l:::::::::::::::::: ̄::::::://::::::::::::::/:::/¨ //,/
                       ̄〕::::∨/|::|/__ヽ/ー<// |::::::::::::::::::l::::::V∧::::::::::::::::::::::::::::| |7::::::::::/:::/_/'/
            γ´(         弋コ:::::\|:/:::::::V〉_/:/::|¨:::::::::::::::::::∨::::V∧:::::::::::::::::::::::::::∨::::::://///
             {:::::::〉          ̄ ̄/::::::::::/:::::/∧|:_:_:_:_:_:_:_:_:_∨::::\\::::::::::::::::::::::::::::::///'/
              \(             \:::::/:/|:::::| V///|:::::///∧、::::::::\≧==-- -=≦彡>'"
                              `¨´  |/  |^Yソ::://///ム \::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄><
                               ,イ マニニム ∨:///////,〉 く:_:_:_>─=≦   `弌s。
                             /::{  V//∧_,V〉/////               弌s。
            o                |:::::::::〉  ∨//,∨//////   /ヽ             `弌s。
                             乂::::/.   ∨7__/弋//   {:::::::}               `弌s。
                              ∨   /__// ̄ ̄     }::::/
                                   ゝ_〉′      ∠/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ロストワードがリンドヴルムに激突すると思われた瞬間、目と鼻の先で静止した。
電磁パルスを纏った拳がPAに叩きつけられるが、リンドヴルムは意にも介さず
冷静に両門のハイレーザーキャノンを構えると、眼前のロストワードに接射した。
PAが霧散する音と共に機体から黒煙が上がり、ロストワードが飛び退くのが見える。

慌てて銃口をリンドヴルムへと向けて熱線と弾丸を発射するが、
大して効いている様子もなかった。
着弾したレーザーも弾丸も、超高出力のPAに触れた途端に虚しく弾け飛んでしまった。

「いや、同じリンクス、それもオルデンブルクの英雄ともなる男が、
私の同類だとは思ってもみなかったよ。あの目や動向を見れば分かる」

アルトリアはますます饒舌になりながら、上空のやる夫へ見せつけるように
ロストワードへと襲い掛かった。

半ば爆発するようなブーストで機体を浮かせ、
重厚な巨体から想像できないような推進力でロストワードへと接近していく。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1681 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/06(月) 22:55:34 ID:iqqju1rs0 [12/14]

: :|: : : : : : : : : |: : : : :′: : : : : : /:  : : : : : : : |: : : : : : : : '. : : :ハ
: :|: : : : : : : : : | : : : :! : : :.,′: /:.:  : : : : : : : :|: : :i : : : : : :'. : : :‘.
: :|: : : : : : : : : |: : : l: : : !: : /: :  : : : : : : : : |: : :| : : : : : : , : : :.‘.
: :|: : : : : : : : : |: :.  l.: :. l : / ! .! : : : : : : : ハ ::│: : : : : : ' : : : :.i
ミ|: : : : :  __: :|:.: ,イ :   ! / │il : : : : !: j: | | : j :: :.: :.:!.: :' :.:. i |
`.| : : : :    `ト l | | 斗| 匕│jl : : .: :' /! ! | ,ハ : : :.:|  :! :: ハ!
-:l : : :     | ,,|リ |,/! |ヽ弋|' |│/ / /,' 几_| 斗l'゙!  .|  ハ i│
 | : :.:     、_,イ芋芯≧ュ、.!`ヽl  /〃/x匕==ミリ |  /!. /│.′
 l  : :.     |ヾ  |::::l{}::::|  | Vi ,/ /,/イl:::l{}::::| / | / |!/ jノ
 l  :.:      l≧ . ト::''’::ノ     },ノ    i::::’: ツ〃jノ |        人形になり果てた人間……いや、生粋の奴隷とでも言おうか。
ヽ!  ::     │ヾミ`¨¨<.:.:.:.>      ..:ゞ=x''  ′  !
 |  .:    │ハ            .::':,     ,: : : │        安心するだろう? 用意された理由に縋るのは。
ゞ|   :      |::::[ __          /     / :.:  |
 |   :      |:::::::::/                ′:.:  |         新しい飼い主に与えられた首輪の着け心地はどうだ?
 l   :     |:::::::::┐_ ヽ、 _ ____    /: : : :   |
 |   .:   │、:::::::::::::::フ  ` ー ''"´   .イ: : !: : :|  │         企業はおまえの命が続く限り、全てを与えてくれるだろう。
 ’   :    |:::::丶:::::::(         /|: !: : i:.: |   l
  ,   :    |::::::::::::::`:::.:......    / │i: : :i:.: |  i.!          何不自由ない檻の中で、人形同士、幸せな生活をな。
  ′ .:    ト--:::::::::,,___` т、´    !:.!:.: ,′/! j /リ





:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::l:.:.:.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.≧x//__
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.≧x/:.:.:.〉
.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.\:.:.\:.:.:.:.≧xヽ、_
.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:./:.:.丿:.:.}:.:.:.:.丿.:.:.:.:.:.:.).:.:.:.≧x´ヽ
.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.lil:.:l.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.{.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:`ヽト
.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.l レイ:.:./===r-、.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:./:.:.\
.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:l  l:.:.{:.:.:.:.:.ハ人).:.:.:.:.:.:.`丶、.:.:.:.:.:.:.:.\\:.:.:.:.:.:.:.:.:(/彡ヘ〉
.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.l  .l:.:.:.:.:.:.:.人イ´.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.`丶、.:.:.:.:.:.:.丿.:.:.:.:.:.:.:.:.」ヽ:.:.:{     結局、貴様は利用されるだけだ。
.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:/lli l.:.:.:.:.:.:..:.:.ゝ´.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:/:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ}:.:.:.}
.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.レ´/l:.:.:.:.:.:.:.八ソ.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ノ:.:.:.:.',ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:{     ならば私に利用されるがいい。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.リト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽソ/:.:.:.:.:.', .丶:.:.:.:.:.:.:.:.ヘl
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レ人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\丿:.:.:.:.:.:.:\/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}     この命が尽きるまでの無聊を慰める伴侶としてな。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.ト}
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.`〉:.:.:.:.:.(}     では、手始めにおまえの飼い主を殺す。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.{ ( l:.:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.}
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.| {:.l:.:.l.l:.:.:-‐─=ー{li __/:.:.:.:.:.:.:.:.:/〉      精々そこで見ていることだ。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:}...ll:.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.://
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.) ∠:.:.:.:.:.:.}.ll:.:.:./:.:.:.:.:ノ //\:.:.:.://
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ll./ \:.:.:ヽノ    ̄ ̄
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}レ    ヽ/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アルトリアの落ち着いた、しかし確信に満ちた物言いに感情が漂白される。
撃ち出される弾丸と共に反論を叫ぼうとするが、喉はひどく乾き、言葉が出なかった。
額からは汗が垂れて止まらず、鼓動は何かを訴えかけているかのように乱れている。

なのはが通信でなにか呼びかけてきていた。
聞こえてはいるのだが、頭の中が得体の知れない恐怖感で溢れかえり、
言葉の意味が入る余地がなかった。

ぐらつく視界の中、出鱈目にリンドヴルムへと弾丸を浴びせる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1682 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/06(月) 23:27:55 ID:iqqju1rs0 [13/14]

    ___ /\// / /           /' /    |    / /
    ヘ「/¨>ミメ∨イ        / / /_... -一 T¨ ̄ / /
  //   ´ ん㍉Ⅵー   ヽ _ /斗rヒ≦三z_ |  / /   /
 /| \__弋_リノ|  ,   ´  イ/ ̄ ,.ニニ、ヾメミ、 //   /
  ヽヽ      ̄  |/       _   | fj } ///   /
   /|\                  ̄    ̄”ミ=彡イ∠ --'
  ′l  \      j           >/          /      このっ……調子に乗らないでよ!
  l   '.           |          //          /
  |   ヽ        __        /       __ / ̄¨二二       企業のオモチャはアンタの方じゃないの!?
  |     \       |>ー\       /  --ァ ´ / /.::.::.::.::.:::
\|  、<::..\     {    〉    //  /   / /.::.::.::.::.::.::.:::        トチ狂った死にぞこないが、知った風な口を!
 /.::.:.ヽ 二二\   ` ー‐ '         /    / /.::.::.::.::.::.::.::.::
/.::.::.::.::.::.::.::.::.//.::.\            /     / /.::.::.::.::.::.::.::.::.::
::.::.::.::.::.::.:: / /.::.::.::.:.丶---‐  ´ /       / /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:





               _ -――‐=<⌒_、
              ´            \__\
           /             \  マ⌒}
         /    |       /    ,  Vハ
           /   / l   ∧∧     l   , 〉
        /   /v∧  ,斗==ミ',    |    v
          '    {斗=ミ、/  Vソ ∨   !)  ∧
       |   /', Vソ     「/   ,  厶ィ
       l   , ∧_ `  _  _/   /_/___\            同じだよ、私も貴様も。
       |  /l   ∧{_ ´   {/   /ニニニニ}i:i\
       l ' l   {   、l    /   /ニニニニニハi:i:i:i:>          分かっているんだろう? 自分がそんな体に作られた意味を。
       l/ 〈/V /≧=7i{  /ニニニニニ/_ノ⌒≧s。
             {ニニニi{_/ニニニニ=‐/ニニニニニ≧s。      私とて救われぬ身だが、貴様も愚かだ。
                \ニニニニニ=‐ニニ_∧ニニニニニニニ}
       -=ニニア“⌒^_、ニ=‐ニニニニニ/ニ\ニニニニニ=/      未来がない身と知っていながら、尚も道連れを望むか。
        {ニニ=/ニニニ/ニニニニニニ7二ニニ\二二二ニ/
        {ニニニ// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\二ニニ{ニニニニ}二二二/
        {ニニ7/ニニニニニニニニ\二={ニニニニ}ニニニ{___
        {ニニ{'ニニニニニニニニニ=\=\ニニニ}ニニニニ=}
        {ニニ{ニニニニニニニニニニニ}\=\ニニ⌒\ニニ=∧
        {ニニ{ニニニニニニニニニニニ/ニ/⌒}ニニニニ}ニ/= 〉、
       /ニ_人二二ニニニニニニニ/二/ニニ∧ニニニ=/\/ニ\
        ,ニニニ\二ニニニニニニ/二ニ/ニ/   ̄\ニ/ニ/ニニニハ
     /ニニニニ}__、ニニニニ ィニニニ{ニ(      /ニ/ニニニ/ニ\

1683 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/06(月) 23:41:41 ID:iqqju1rs0 [14/14]


      ____
..    /   u \
   /  /    \\ 
.. /  し (○)  (○) \      な、何がどうなってるんだお、どうしてあいつがあんなこと……。
  | ∪    (__人__)  J |
.. \  u   `⌒´   /      とにかく、今はロストワードを援護しないと……!





                                  ャ''.-'.,,,_ア/  / > "
                                   メ、,,.ィイ´ ,イ.''!/
                                 .,イ'_.,イ/./>" ^ ''''.‐‐.、
                   ,,,,,,ァ-、   i''´,,,,-゙ア,ィ‐iュ.'/',.イ'' イ/ 〈      .ヘ
                 .t'''."   /--‐"!ハ,, -''ヘ!,| .リ.‐''ャ''''. ̄ '' <,ヘ       ヽ
               ,,.- "    ヘ     ヘ,, =!彡 ノ'´,,/‐、ャ''''7‐‐-゙-三三.、   ,,,i,
         .>i-i‐‐‐iァ.、      ヘ ,,,.--- ニ.1/.,,ィ=7、  ''、i-.,,,,,,,イ".\.ヽ/iャ, ."'-、
 ______,,,, >''´  .ャ,,ニニ.、"'i、       'i,,,,,,,,,,./  .,, ‐"i' ./".''''く ‐ァ''>,、   ヘノ,/ .'ー-、  ヽ
 ̄ _______,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヤL,,,,,,,l,,,l .l      .j'''''''''''''、>(--イヽ,,ニ〈 ̄ ^メヾ/'iヽ,,,,, クノ    .\ \
--――‐‐‐ー-、,,,, ヤ,ー=‐‐l1  ,, ,,,/      .ヘ,,-''" 〉''7  '‐''ツ.フ_フ          \ \
           "'''''''''''""´ `''´i._/          ,へ .∠,,-'    '´.´            .\ \
                             _ノi.7i`t '''フ_                    \\
                            ,ト、`i.i |.‐'''!ニ-‐'                    .\\
                          ,,.+ ィッャlミi,ィ,ヘンヤム                     `''"
                         .∠.-‐l /ャ"1l-゙,.---''`ー 、
                    __  /〉."    |ィ" l |」゙'''' .、_    ''.ァ、.,、
                   {,,-ァ=ヘ,,,  ァ-"  !‐''   .\_ ./  ヽ.`Yニヘ
                 ..,イ ./  /i ノ"             ^゙''ュ-、ト\ \
               .///.〈 ,,.-',,ク´                ヽ-i \ \ヤ-,,
              ,,,,,l ,ツ .,,イ.ァ"                     ''-,,゙_-.イ.ヘ L,,
           .ァ''У   "''",,ノ"                         ヽ.`_ー'  .ヾ.'''l
           +‐' _,,,,.-,j" ̄                                 ̄.ヤ- 、,,`''ュ、
         /'''' " __,,/                                 "ャ-.、 ̄ '',.、
       .,,ェ-'ヘ,,,,,,ヘ,,,,,),                                   `‐‐''.i_,, イェ、ュ__
     /,,ィi.、 _,,,--∠/                                      .i、ャ,i´ .〉,、.\
   ./ .<   ´ノ 》                                           `-{.く='' .\.ヽ
   t  ゙''-''" /                                             .\`-‐"  .}
    .゙ー-‐'''´                                                 ゙''‐.,,,,/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ロストワードとリンドヴルムの戦いは拮抗していた。
最初こそ手痛い反撃を喰らったものの、重量機らしからぬ機動戦を展開している。
熱線が飛び交い、異形の二機が交差し、並び立つ家屋の残骸を消し炭にしながら、
企業が所持する最高戦力の二人が激突していた。

事情は一切分からないが、この場で自分がやるべきことだけは明瞭だった。

下↓3 どうしますか?
1.すぐさま降下してロストワードに加勢する
2.隙を窺がってリンドヴルムに不意打ちを仕掛ける
3.中距離からの援護射撃に徹する
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1684 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/01/06(月) 23:45:34 ID:J65grSwo0 [2/3]
1

1685 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/01/06(月) 23:47:07 ID:J65grSwo0 [3/3]
1

1686 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/01/06(月) 23:47:19 ID:IYXgEaAk0
2



1687 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/07(火) 00:00:33 ID:OLy6nm2U0 [1/9]

`丶、        ]   V'///∧        √ Ⅳ     /‐=ニニニニア゛ :
ニニ=‐ _     ]   V ///∧ ∧ __,√iⅣ   /_‐=ニニニニア゛: : : :
ニニニ=‐_     i] ii   V/////V‐=〉^^i[ニi[   √‐=ニニニア: : : : : : :
ニニニニ=‐_   |]八  V'////‐=/: : ::|[ニi[   √‐=ニニア: : : : : : :/
ニニニニ=‐_  |]ニ   ∨//‐=/:: :: .::|[ニニⅥ √‐=ニア: : : : : : :/: :
ニニニ〈\=]   |]‐=\  .∨‐=/: : : : ::|[===[[ {‐=ニア: : : : : : : : : : : :
ニニニニ\\  |]i‐=ニ\/‐=/⌒ア:.:.::八ニニ[[ .\i]i: : : : : : :/: : : : : :
ニニニニハ \7j7`マニ`マ(_/: : ::∧∧ √ .   _]|\: : : :/: : : : : : :
ニニニニア`、ニ77/\ \ニ/7[/^7 ‐∨i√   _]|:. :.\/ : : : : : : : :
ニニ=‐ '゛ /∧7{' /\` .Yニi_[‐=7ニニ√√   _ア、: : : :{: : : : : : : : :
ニ=‐ '゛   ./∧ Vi{/ : \/ 〉],,[‐7ニニ√\-‐…ァ  :\: : \: : : : : : :         
\     V/∧iV   :   Υ.]_‐7=ニニ√\j〕iト/  :/ /\: : \: : : : :
‐= 〕iト _ __ V/∧i\ :  /|,ノ‐7{ニニ√\i_>'  :/ /  :\: : \: : :
 \ニニニ=V/∧ ‐}h、/=〉‐7: :〉=ニ√ ∨\____/ /   /~~\_‐=≦
、   \ニニ= V/∧‐j7⌒ヽ‐7: /=ニ∧i∨ /⌒^ / /ニニニ=‐ _
    `¨´`ヽ八/∧八‐=ニ7 : \/ニV . /   /i/‐=ニニニニニニ=‐ _
    \  ./ニV: :∨ \ニ7 i: : /ニ=/i//  /'゛     ̄ 冖¬¬冖^^⌒
〕iト    Vi〈ニニ \:}‐=ニ7‐i|: /ニ/iイi/  /
ニニニ〕iト,ノ  `'<ニニヽ==7‐=乂,,,ノニニ\   i[
⌒⌒⌒⌒ 〕iト  \,ノ=‐' ‐=ニニ7ニニニ >、ノ[___
        ⌒ \/{ニ‐ ‐=ニ7ニニィi{ニニ}h、]|
          〈i八ニ‐ ‐=7ニィi{ニニニニ7v|
           `'<=‐ ‐7ィi{ニニニニニ7ニV、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
互角に見えたロストワードとリンドヴルムの戦いに、微かに偏りが生じた。
リンドヴルムが発射したネクスト一機を丸々飲み込まんばかりの巨大な熱線を、
ロストワードが両の掌で受け止めたのだ。

PAを前腕部に集中させているのか、普段見えざる膜のようになっている粒子の壁が
ロストワードの掌越しに形成され、レーザーを着弾寸前で防いでいた。
更にそこへ電磁パルスを発生させ、雷光が奔ると共に熱線が拡散して消し去って見せた。

好機と見たのか、ロストワードが身体をひねり、拳を振りかぶりながら跳ぶ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1688 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/07(火) 00:12:45 ID:OLy6nm2U0 [2/9]

                           /   / /  」 Λ ∨//|      _|_:::::::::::::::: | |           /::::::
                           /    / /   /∨/Λ ∨/|  ./ ̄/ /⌒ \::| |   ...::::::::::>、、/::::::::::::
                           /⌒''~く /   / .. . .∨. \ ∨| ./  / /       |ヽ|  /`''<:::::::::::::::>、、::::::
                     //     //\ /. . . . :/ |   \ /  / ̄  __     | ∨ /::::::::::::::`''<:::::::::::::|:::::
                      / /     //  /: : : : : :./ /  \ (   /  / ̄:::::::\  /  ∨::::::::::::::::::::::::::/:/|:::::|\
                  |       __/:/  / : : : : / /      | \ { /   ::::::::  ∨ |   |\:::::::::::::::::: /:/ 」/  .//
                  |   /⌒ :..{ /: : : :./ |: : ||       |  |^'ト{         / |   |  \:::::::::: /:/     //
                  |:: ./: : : : : : :.∨ : : //゙|: : ||       |  | | |      /,.ノ _,.ノ:::::\ __/:/     //
                  |::/: : : : : :____ //// |: : ||       |  |_」l |        /  /⌒:::::::: / /::::::::|::|.     //
                   [/ ̄"''~、、  ̄`ヽ//|: : ||       /  |/Λ        /  厶: ∨:::::::/ /::::::::: |::|    //
--――――-   ., _     /        `ヽ    ∨|: : ||.      /  / /Λ  _,.  '゛ /ニ|::::::∨::/ /:::::::::::::|::|.   //
  _,.  -‐……― \ ̄`''<::::::::::::          ∨.  〈|: : ||     /  /  / Λ /  ,. イニニl\:: ∨ /:::::::::::::::|::|  // /
''"´. . . . . . . /     `、 `. \:::::          ∨.  |: : |ト   . /  /   ∨/ う爪 \''ー―┘ l::: ∨::::::::::::::: |::|// /
. . . . . ... ../        `、 `、 \          ∨ |: : |ト   /  /  |::.  ⌒\     \    /::::: ∨::::::::::::Λ///∥
.. ... .. ../          }   l    \        ...:∨:l  /::::::::::| /  j:::::::..   \     \ / ./:::::::∨:::::::/   ∨ {
. . . /           _jL  」     \    ...::::::::: : : : \:::::::::::| /       `、    \    |. //: : ::: V⌒     〈{
../       _/ ̄ ̄        ...}...:::::::::: : : : :/ ⌒:.:\:::::|「:\       `、     ``~、.|//: : : :::::::.       \
         / ̄           ...:::::::::::}::::::::: : : : : /::::::::::::::>::「::::::::::\     `、       \: : : : : :::|         \
     /            /:::::::::::::/: : : : : : :/\:>::´:::::|:|:::::::::::::::::\   `、             : : : :|
    /                ...:::::::::::::::::::{: : : : : :/    「\\ ::|:|:::::::: _ー<::「'ヽ  `、           : :|
  /             ...::::::::::::     }--‐''゛      |   \\|ニ- ̄   〕|     `、              |
 /           ...::::::::::        j        |   \ _,.  '"  |.      `、          |
./         ....:::::::::          /          |      /\      八       `、            |
          ....:::::::            /             \   /   \     \    丶         |
      ....:::::::             /               \/       \     \     \        |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
対するリンドヴルムは再充填の隙の最中にあっても冷静で、
臆する様子もなく跳躍したロストワードへとブーストで突貫した。

ロストワードの拳が突き出されるも、リンドヴルムはそれを寸前で掻い潜り、
その巨体をロストワードへと叩きつけた。
決して軽くはないロストワードの機体が宙に浮かび、弧を描きながら吹き飛ばされる。

リンドヴルムの背部に装備された装置が鳴動するのが見える。
受け身を取られる前に、以前見たアサルトアーマーの射出をやるつもりだ。

だが、それは最大の隙にもなる。
チャージしている時は推力が落ちて動きが緩慢になるし、
アルトリアの意識の大部分はアリスへ向けられ、やる夫はほとんど放られていた。
そこへオーバードブーストで突進し、リンドヴルムに体当たりした。
衝撃がコックピットまで伝わり、ダメージアラートが鳴り響く。

視界を黒い装甲でいっぱいにしながらも、レーダーでロストワードとの距離を測り、
アサルトアーマーを起動した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1689 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/07(火) 00:25:07 ID:OLy6nm2U0 [3/9]

                  || || ||                     || || ||
                || || ||                           || ..|| ||                     i
             || ..il .||                               || .|| .||               |
         _ . il   l| . ―― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―――|| ||__       i _il_
  _―― ̄ ̄ . | ̄ ̄ ̄|il                                      |i..|| ̄ ̄―. __ _|」iiiiiiiiii
_ ̄       .|| 」iiiiiiiiiiiiiiii|iL_                            ┌┬───┐i _ _.||     |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  ―_    .|| |.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i                              「|「!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄|.||  |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      ―||||  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i             i             |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|.||― |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      ..|||   .|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i       ┌┐_┌┐l|‐┐           .|i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ||| .|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      |||   .|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i     「||三三三三三三|             |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ||| .|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      |||   /iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i     |:||三三三三三三|             |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  |||.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    .. |||._/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i ゛   ...|:||三三三三三三| . 、 " .     ,  |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  .||.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    ...|||.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i . ′   |:||三三三三三三|.   i   、. .` |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| .、. |.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    ...|||.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i   .´   .|:||三三三三三三| ゛.. ii||..    .,.===、 lii,.===、iiiiiiiiiiiiiiiii|   ..||ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
   .i . ||| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i ii   ii |:||三三三三三三| . .ill|!!i l   .//::::::::::::::Y:::::::::::::::ヽiiiiiiiiiiiiii|...|il||||ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  i |  || |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i|lili  ||ii.|:||三三三三三三| ..iil|||lll.|ll ..'i !:::::::::::::::il::::::::::::::::::l iiiiiiiiiiiii|lll.|l|| |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
| ̄ ̄|Tl:::: |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|ill|lliiilll|||ll|:||三三三三三三|.||lll||!!l.__≧====´il`====≦ iiiiiiiiiiiii|.「「「三三三三三三
|    |T|: : |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|ill||||||lll||||:||三三 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ii| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|──.|.┴┴::::::::::::::::::::::::::::::
_     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |──────|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
カメラアイを保護シャッターが覆い、周囲の物体が悉く消し飛ばされていく音が轟く。
凄まじい衝撃と振動に襲われながら、やる夫は確信した。
これなら流石にひとたまりもないはずだ。

だが、視界が戻った途端に目に映ったのは、沈黙したリンドヴルムの機体ではなく、
大気を引き裂くような音を立てて帯電する銃口だった。

発射されたレーザーが視界の端へと伸びたと思ったと同時に、
ダメージアラートと左腕喪失のシステムボイスが鳴り響いた。
よろめくマーシフルへ容赦なくリンドヴルムの巨体が激突する。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1690 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/07(火) 00:34:14 ID:OLy6nm2U0 [4/9]

                                        。 ‐=== 、                        __  . . . . . . . .-.-.‐z
                                     /⌒}}ニ=-イ}}  _ -‐‐ 、----、      _ . .-‐=_: : 。-‐====≦ニニ>¨´
                                    /   〃7´-/ :i} /     ノニニ,∧  _ -‐. ._ 。r≦ニニ>≦ ̄ミ ト、_
       _                          〃   ノ-/ゝ=イ }}′  _ ィi〔≦ニ/=r‐‐≧≦ニニニ∧_ ヽ‐ム_ 〉\-
   ___   /ゝ≧、               _        __{{≧≦rチ,′: : }ト、}{≧≦ニ/、-=ニ===/≧}====ェェ〔_ ヾ} ヽ マ\-\==-
   {-=\ ' 7-=}!===-   ___ __ 。r≦ニ\,___  <-=〈___/{{ri/ : : : ∥〉-‐=≦ニi{ノ=/=/ト、_{ニ7: \. /r‐'\_\ヽ-\==- '<=-
. r‐ミ\∨ヽ'r‐イ\ ≧s。_=-≧、====≦ニ/ニニ/ニ≧=-=≦:/ i_/}ハ_:_:_:ノ{__!ニニ//-=>‐='-/}〉‐'ヽ: : :∨ ∧\、- '<==- '<=-  '<=-
. \-\ y`   ∨ マニニヽニニ}!ニニニニ{ニ=ニニ(__)ニフ‐‐〈-r',//} }i}i⌒ヽ-={{-=7-/  ヽ-=>≦ ヽ: :∨ \=-- '< =-  '< -  '<=-
   >=‐     }ニノニニ7ニ/ニニニニニニ\ニニニニ> ´   /,7 r/-〈′}∥\ `<>、-!-{   < )ニ=≧' : : }:   \ =-  '<=-  '< -  '<=-
./ニニr‐ァ, _____ ノ-イニニ,//>¨´  ̄ `¨<> ´     { /レ'-=/ム≦∧ ` 、 \ヽ-i!  r==r=====、: : :′     '< =-  .'< -  '<,-  '< -
`¨¨¨´/レ}7 `¨‐--== ´=´´                  } / -=/-/ヽ -ハ r ミ ` 、>、マ ミ__‐-====r' : /         '<=-  . '<-   '<-  '<、
   /-=/                           /'-=/ `ヽイ / ∧/ ≧s。...ヽ >、 \〉ニ≧、 : : /           '<=-  '<-  '<-
   ヽ ´                             ' ¨´  }∨-=/ /r'⌒≧s。   ≧s、-\_≧‐': :イ           '< -   '< 、  '<、
                                  ィ i〔ニ∨,¨/イ{¨:¨:´: : :r={1。___〉_〉 -=〉≦ \              '<-    '<、
                                 ィ〔: |-==/ , /-=!ハ }} : : :/-=〔≧s´    ̄ヽニ∨,'\            '< 、   \
                               〔: : { {ノ-=={_〔,'-=∧∧!: : ;' -= -ヽ  ≧s   ̄` <'-\            '<、
                              ノ、: :}-=ニニ/ ,' -∧ム ∧:_:! -=ニニ〔=- 。  _ ≧s  `マ \            \
                             ト、ハム{{ -=ニ{! {-'/ ' ∨\-ハゝ=イ〔ニニ!: :}-\`¨ < \   ヽ'\
                             |-=>、-〔__)〔_}! :y′  ∨∧ ̄〉‐<、 -=: :{ニ=-}    `¨    `
                                ハ-=ニニ>{-/ イ、    '∨∧ `‐=ミ〉-=ヽ{=- ハ
                             ∧:\-=ニニy /ニニ=-   '∨∧    ∧-==}}=-{=-ヽ
                               \_ヽ=≦r'ニニニニニ≧s、 ∧_,/ ヽ-=\-ヽ=-}}
                                 ̄ ̄´   `¨<ニ<_)ニ> ヽ〉    ` <}=-\
                                         ヽ=ニニ≧s。'_         .`ヽ=-\____
                                            \ ( ヽニニ≧s。      \=--=\
                                             `‐……‐=´        ∧ゝ‐'=-}\
                                                             ゝ==r ヽ'\
                                                              マム   `ヾ
                                                                 マム
                                                                ヾ}

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
吹き飛ばされながら、半ば薙ぐ形でレーザーをリンドヴルムへと見舞った。
照準はほとんど合っていなかったが、それでも発射された熱線の刃は
リンドヴルムの側頭部に当たる部分を削ぎ取った。

体勢を崩したところにロストワードが躍り出る。
飛び掛かり、リンドヴルムの腹部、恐らくはコックピットが位置するであろう辺りを
右手で鷲掴みにしたかと思うと、勢いそのままに地面へと叩きつけ、
間髪入れずに電磁パルスを放った。

漆黒の装甲が赤熱し、徐々に溶解していく。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1691 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/07(火) 00:47:29 ID:OLy6nm2U0 [5/9]

                          _ .... _
                       .   ´  _   `  、
                     /  ,.ィ >―-`>‐、- \
                        /   r'"/ / '/ヽト、  ヽ
                      ; / /´/ ,/  /、ヽ ', 〉  !
                   , ./ ,{ l___,/  -‐ !/ ; !
                    ノ;  〃ゝ{   --―   彡! 〉 .i !
                  / V / 廴ヽ、   =‐ ,.イ'" .!,リ
               ,. ,.イ r ', // i、,.ィマヽ、-イ l! ; i{
               / ,  '. ヽ 〃///イ'l!ヽ'/ヽ }.,ハノ: !',           ……最期のささやかな望みも、
             ,. '  / / .lヽ \マ////l.!'∧/∧/./i : ヽ、
            ,    ,   ,: :  マゝヽ.///,l !/∧/7' ! 、ゝ           私には過ぎた代物だったというわけか。
           /,...::::::::..、   ハ!  ヾ‐=!'//,l=!//,l/ } l  ; ,ヽ、,...::::::::::..、
             /:::::::::::::::::::\ __r== !'//,l=|'//,!ニ=-、__ /:::::::::::::::::::\
.          /::::::::::::::::::::::::::::::::l二ニニ\ニ|_//lニ|//,!二/ニニ二l::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         '::::::::::::::、:::::::::::::::::::::l二ニニニ`マニ二ニ>'ニニニニl:::::::::::::::::::::::::::::::::〉
          ':::::::::::::::\::::::::::::::::!ニニニニニ>''''<ニニニニニl:::::::::::::::::::::/::::::'
         ,ゝ::::::::::::::::ヽ::::::::::::!二ニニ>‐'"二二ニ`''-<ニニニl::::::::::::::/::::::::::::i
          ;:::::\::::::::::::::::::::::::!ニ/ニニニ二二ニニニニ\ニニ!:::::::/::::::::::::::::::;
.          }::::::::::::::::ー-::::::::;'_/ニニニニ二二ニニニニニヽニ!::::::::::::::::::::::::::::/
         i:::::::::::::::::::::::::::::::;ニlニニニ二二二二二ニニニニ〉_!::::::::::::::::::::::::::::i
            l::::::::::::::::::::-‐::::::;ニ!二二二二二二二二二二ニ/ニl:::::::::::ー-::::::::::}

1692 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/07(火) 00:47:39 ID:OLy6nm2U0 [6/9]

                 ィ        .j{[       |ニニ|  iニ{               ′ニニニニニ}
             , ィ./  jI斗‐==ニj{[- .、____|ニニ|_{ 从                /ニニニニニニ=}
          ,イ / ./, -==- .、j{[ニ/二ニニ=|ニニ|ニ{二 丶           /ニニニニニニ= ′
.   ..    /  ノ .//       ,j{[ /、ニニニ∧=|ニ{ニニニニ≧s。., _ , 。r≦ニニニニニニニ=/ニフ
.      /  / ..′        }j{[\\ニニ| .| =|=从ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ ̄
      Z   ( , イてィ         .}.j{[二\____,| .| =|____,丶ニニニ,ィニニニニニニニニニ/\ニニ/
     /      ,ィ′        .'=j{[ニニニ.}  | .| =|   |ニ> .,イ{.ニニニニニニニ=/ ∨\
.   て'  >-ァ ,ィ′        ../二j{[ニニニ}  | .| =|   |ニニニ .ト}ア ,ィ.ニ=-‐/   ∨. ヽ
 , 。r '´ /  7'′ 、        /ニ二j.l〉,ニ=j{ .| .| =|   /二..'´. ´`´. ゙     ./⌒i.   ∨ ‘,  へ ̄` <
  ̄...t (.  ,ィ  ̄.j{二 ` ー=ニ=‐ ´ニ〈 , |__〉-j{―| .| =|ニニニ=-/ニ/=i|.    〈ニニ\{\V  .i,/   \     ` <
.   `-r'´j  .从二ニニニニニニニニニニV, }二〉j{/| ∨=∧ニニ=/{ニ=/ニ...,      ‘,二二ニ\/.       \     \
.   /´ィ て_    \二ニニニニニニニニニV,Vニ.j{ ! 二j{ニ{ニニ ′`7 'ニニ.//| _,.。r≦/ ̄ ̄ ̄/           \     \
.   ゙ ′          ` ー,.,マニ=-- ミ. V「\ /!ニニj{ニ{二_{   i| |'⌒,.ィ { .二ニ/ニニニニ ′           \     \
.    .,イ        ,,´ /ニV∧   〉从  } .|ニニj{ニ{/_{  i| | .7,,,,}ィイ ___{二ニニ=/               ヽ       \
.   '7       / ニ/二/ V∧  ./__V^、/‐'ニニj{、{//\_/,ノー .ム. ,イ /.└ 、二ニ\                    ‘,      ヽ
.    >     /ニ二./二// \.\」__VニY^Y=j{/ 〉‐′ニ|ニニ|ニ!,.'  {..}ニ〉 ,∨ニニ=\                 ‘,       〉
.   /      ./ニ,,=´/γ´__ニニ/≧=一' V.乂ノ=} Ⅵ_/ニニ/二/ / /〈..弋彡 .{=≧=- 、.∧               ‘,      / \
.   {     //ニニニニ{_(_,ノ⌒ ′       ∨∨ニ}_/.| __j{ ̄j{/  /!..,,,,___  ...∨ニ=γ_V∧  __r――x __     __r‐'^ヽ ̄`ヽー 、ニ\
.   7          '.ノ ., イ     /, Z 二ニニ从_,j{  j{\_/=| {./,ィ_   . ∨ニ{ { \∨゚,',___', ‘, ∧ニ`ヽニ ̄ ̄ニ‘,
.   i'...__/ニニニニニニニ/ /  ,     ′ゝ'..∨ニニ/ |二= j{  j{ニニニ∧,.' ´ ̄Y⌒〈 ̄ ̄ ̄ ̄i|ニ|ニニニニニ二| ./ニi{ニニニ∧ニニニニニ∧
.   ...    彡  z_, ィ'    .i     ,ィ   ,.∨_/ j{ニニニ.\/二二//ニニニ{.  ∨二二ニニ|ニ|ニニニニニ二|/ニ込、ニニ∧ニニニニニ∧
    ./ , イ     /, Z  ィ  ヾ!. , イ/  ,ィ√.∨__,,ー‐=ニ二  ̄//ニニニ/ `¨¨´ ー‐――|ニ|ニニニニニ二|ニニ二∧ニ二∧ニニニニニ∧
   /./  ,     ′ゝ'  ..' イ      廴/i',イ ̄           //ニニニ/           |ニ|ニニニニニ二|ー一'  ∨ニニ∧ニニニニニ∧
  .//ニ,. i     ,ィ   , . ',       (  `レ'        //ニニニ/     ,...;:::;::    |ニ|ニニニニニ二|.     ∨ニニ∧ニニニニニ∧
 〈/...ィ  ヾ!. , イ/  ,ィ√    _ 二ニ==-‐ '''´       /_/__/      ,...;:::;:       |ニ|ニニニニニ二|      ∨ニニ∧ニニニニニ∧
‐'' "´.' イ      廴/i',イ           .,...;:::         // > ´                 |ニ|ニニニニニ二|.       ∨ニニ∧ニニニニニ∧
.   ',       (  `レ'          .,...;:::         ∠ニ> ´                   |ニ|ニニニニニ二|        ∨ニニ∧ニニニニニ∧

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
やがてリンドヴルムは完全に動きを止め、爆炎と黒煙に巻かれながら地面へと倒れた。
それを見届け、バランスが失われた機体で乱暴にではあるが着地する。
左腕を吹き飛ばされた時にサイドブースターが損壊したらしい。
もう少し戦いが長引いていれば、確実に殺されていた。

炎の中に佇むロストワードは立ち上がるでもなく、
今しがた撃破した敵機の残骸を呆然と見下ろす形で静止していた。

敵を倒しても、敵が残した言葉は消えず、漠然とした不安となって重く沈んでいった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1693 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/07(火) 00:47:54 ID:OLy6nm2U0 [7/9]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1694 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/07(火) 01:01:21 ID:OLy6nm2U0 [8/9]
~Tips~
  /            i      \    } >
  /             i       .| / レヘ、
 ,         ヽ   i  .|       |、 / } ノ
 i      .l    i  .ハ. ∧.i      .| l /  |' ゙;
 |    .|  i    .| /! }/ }ハ     .|,ノ / ./"
 | .i  .|  ト   1. ,ム斗:r7 }      |  / ./:.:.:.:.:ヽ
. i l  .|  「\  .ハ/ Vツ  ':/     .| / /|.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ
. 八ハ  ト |'芯\{  ´   ハ |    ハ /:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:/
.  { `:.ハ .ト.}7          }/|   .j y:.:.:.|:.:.:.:.:.:./
      | ヾ. :,ヽ         / }   j ∩こ)゙,:-イ~
      l   |\  _ -,    イ  .,v⌒/: :ヽ:.:.}     _____,,
 .     l   .|.   、 ´   /ノ-マ`/: : : : : :’、_ . : : : : : : : :
      丶  i     `ー ' >r"f ゙/: : : : : : : : /: : : : : : : : : : :
        丶 ,      ⊂゙_/: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : :

【Name】
アルトリア・ペンドラゴン
【Status】
AMS適性:A-
極めて高い適性の持ち主だが、長時間の戦闘は困難。
高負荷の機体であろうと問題なく搭乗できる。

戦闘技術:A
ネクスト操縦技術。
コジマ汚染により身体機能は低下しているが、実力はランク3のまま。

【Note】
ノルドルム所属の女性リンクス。
ブライドルランク7。元は3。
見た目は十歳前半の少女だが、二十六歳。
任務中の事故により致命的なコジマ汚染を受け、その影響により髪や瞳の色が変質し、
肉体の成長も止まってしまっている。身体機能の低下も見られているとのこと。
あまり長くはない身を企業も知ってのことか、それ以降は専らテストパイロットとして運用するようになっていった。

二週目で攻略可能なヒロイン。

出身不明、来歴不明、血縁者なし。
ネクスト戦役中期に登録された謎の多いリンクス。
若くして多くの戦果を挙げたが、なぜか当時の災厄である黒いネクストとの戦闘記録はない。

任務中の言動は冷徹の一言に尽き、作業をこなすかのように淡々と敵を殲滅する。
周囲のリンクスやオペレーションスタッフからは殺戮の機械、戦闘マシンなどと陰で呼ばれている模様。
尚、事故以前は人前でも笑顔や気遣いを見せていたらしいが、
復帰した時には人間らしい感情を見せることはなくなったという。

私生活はないに等しいらしく、任務時以外はノルドルムのテストルームかメディカルルームに常にいるとのこと。

<<new>>
IGIOの意を受けユニオン陣営の拠点をランダムに襲撃する遊撃隊としての役割を担うが、マーシフル及びロストワードにより撃破される。
第二次ネクスト戦役開戦より少し前に、彼女によるIGIO本社のデータベースへのアクセス記録が残っていた。

その他にも不可解な行動が多数見受けられたようだが、その真意は終ぞ明らかにならず、
企業もさほど興味を示すことはなかった。壊れかけの道具に構う余裕もなかったということだろう。

1695 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2020/01/07(火) 01:05:25 ID:OLy6nm2U0 [9/9]

                  . . .-─‐-. ミ
                     |: : : : : : : : : : `: ..
                     |: : : : : : : : : : : : /
                    }Ο : : : ◯: : : :,′
                   : : : : : : : : : : : :i      今回はここまでだ。
                      { -===- 、: : :. :.|
                    〉: : : : : : : : : :ノ      因縁の対決かと思ったかい? 残念、女同士の骨肉の争いだ!
                  i: :`ニニニ´: : : : ‘,
                 __/ : : : : : : : : : : : : i      ちなみに他二つの選択肢ではアリスちゃんがやる夫を庇って撃破され
      ___        /.: : : : : : : : : : :‘,.:.三|
     / :::: ヽ: : : :‐--∧_: : : : : : : : : : :./:|: : : |      お持ち帰りエンドだった。なんだこのシチュエーションは、たまげたなぁ……
     .′ :::::::‘: : : : : : }/∧ア´二二ヽ:/ | : : ‘,
.    ‘::::::::::::::ノ: : : : : :ハ \{/: : : :/⌒゙ヽ : : :‘
.       ゝ-=彡-──<¨¨゚‘; .: : :./:::::::::::::::} : :. :.|
                 \: :′:::::::::::/______」
                     弋:::::: /
                       `¨´





       , -‐   ‐- 、
     /: : : : : : : : : : ::',
    , ': : : : : : : : : : : : : : :',
  /: : : : : : : : : : : : : : :○:',
  ヽ : : : : : : ○: : : : : : : : :',         次回は1/13月曜日の午後九時からとしよう。
 .  `ト : : : : : : : : : : : _,-‐'`iヽ _
    i: 丶: : : : : :,-‐'´__,-‐'´: : : `ヽ      それじゃ、シーユーアゲイン。
    | : : :ト: : : : `-‐´ : : : : : : 、: : : 丶
    | : : :'、j`-‐ : : : : : : : : : : : \: : : ヽ    今年も元気にコジマ爆発だ!
    丶,,:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : | : : : i
          `ヽ: : : : : : : : : : : : `ー‐'
             ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ

1696 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/01/07(火) 01:10:06 ID:gXvWAgnw0
乙でした

1697 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/01/07(火) 20:41:17 ID:oy6EPXkU0
乙でした

1698 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2020/01/07(火) 23:45:18 ID:RmvG.WcE0
熱い戦いであった…
お疲れさまでした

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する