へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)


クリックで開閉

やる夫の彼女は『神』を名乗るカレー南蛮のバケモノと暮らしているようです 第二章 ゲテモノ神はかく語りき その10

410 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:33:10 ID:d41c7aaa [2/17]

┌───────────────────────────┐
│  ……そう、最初は彼女の『外的要素』に惹かれたのだ。   ....│
└───────────────────────────┘


         / .: :: ::/:.: :.;: :: : ::∥|::トl、:: :: :: ::i、: :: ヽ:: ::ヘ::'、
         /  :: ::/ : ::/ :: :: /:l |::|:ヘ:. :: :: : ::k、:: ::ヘ:: :: :i:1
          ゙: .: : ::j : ::/ :: /::/lf  l::ト;::K、: :: .:i1V! :: ::1:. .::V!
        i:: ::!: .:j:: ::7:r:::j::.7.{:!  Vlヘ:i:\: : ::l:|1! :: :: l; : ::1:
         !:.:/:: ::l:. ::{::i::-i‐7'T!ー-kj_V!:i:.:ヽ:NLl:A-:rl:j:: ::j}:;
       j::/ : : :| :: {::l: :K:} i{   ヾ! ゙l:j::. .:リ{}'T-l;-l't}: :/}::!
       }/:: ::rx|:::_;>k>‐''^芝ミト、   /'レ'^zャKー<,.j_;/リ:.:l
        i:': :7j r|:: ::'^ホ、 ヾ゚シ       Vi゚ツ   ノミ :: ::j{
        .j :: ヘ.〈 }: :: ::| `' ー‐ '^        ー-=-< ':: :: :.:i:!
        .゙:: ::入j :: :: .:}             丶       .'::l:: :: :|:l
      .' ::/ ::/::j :: :: l:|                     .1:j:: .: ::!:}
      イ:∥: :f ::l :: : ::!ト、     rーー-- 、,    ./:::7 :: :: 1:!
      /l.::ij:: ::{ ::j :i : : l}:.:\    ヽ、    ノ   ,.イ:: :ij:. .: .:.:l::l、
    /ノ!::{l : ::l ::|::j:. : ::{: i::1/>、          ..イ::.:l :: :{ : : : ::|::N
  ,.。-'^ .{ :l! :i::1::1:l: .: ::1:|:.:I  /j>.、  ,.ィ^:: :j:: :j!:: :j:: :: : ::j.::|ヽ、
        V!1:|::j!:::{:l: : .:l:N:! :}  //////^//!:: ::7:: :} :: :!:: :: .:.リ.:.'  `
      ヾヘl::ハ::i,!:i; :ヘ::Vツ    .///// |:: :イ:.:/i//:j: .: ::/i}:7
       `ノ゙  ゚火:l、.:ヘヽ           {`^<rシ^i:l:: .:;イ:/リ
  ,... -ー '' ^ ̄ ヽヾト、:} ヾ:、            `゙}::.人l/--- 、.,_
/             丶` ∨、,_ `           ,.。jノ .}'´}.      ヽ



スポンサードリンク



411 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:33:47 ID:d41c7aaa [3/17]

┌────────────────────────┐
│  だけど、そんな事を繰り返すうちに、ふと気づく。    │
└────────────────────────┘


        / ̄ ̄ ̄\
      / _, 、_ \     ホタルさん……クラスの誰かが悩んでたり
     /  (●)  (●)  \
     |    (__人__)    |   先生が忙しそうにしてると、そっと近づいて助けてるお……
     \    ` ⌒´    /



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\  
     / .イ '(●)  .(●)\     それも差し出がましくなく、
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |   自然な感じで笑顔で手を差し伸べてる……
  . \ ヽ           /



          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ―)  (―)\    うーん、なんて優しい娘なんだろう……
     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
     |             |  性格までいいなんて、ますます好きになりましたお!
     \              /



412 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:35:04 ID:d41c7aaa [4/17]

┌─────────────────────┐
│  やる夫は、枝垂ホタルに惚れてしまった。  ......│
│  完璧に夢中になってしまったのだ。       ..│
└─────────────────────┘


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \    ハァ……
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   やる夫、一体どうしたらいいのかお……?
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


┌───────────────────────────────────────────────┐
│  だけど、そんな夢の中のやる夫は、まだホタルに告白できていなかった。                     ......│
│  遠巻きに彼女を眺めては、その一瞬一瞬の美しさや優しさに胸を高鳴らせる、恋に苦しむ男子のままだ。    .│
└───────────────────────────────────────────────┘



413 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:35:20 ID:d41c7aaa [5/17]

┌─────────────────────────────────┐
│  しかし、思い出のホタルと夢の中のホタルは、違う部分がひとつある。     .│
└─────────────────────────────────┘

                 . .--. . . .
           ,、. :''": .: .: .: .: .: .: .: .: .: ~、
          /: .: ._-=ニニニニ=-_: .: .\
           '゙: . __-ニニ=-‐……-=ニニニ-__.r、r、-、
          /: . ,、-ニ-:.: :.: ./: ./: /:./.:. .:|:⌒-ニ/ {乂ぅヘ、
        ′ /ニ/:/ .: .: /: .//Λ: .: .: .|: |: .: .乂乂こソア
      ∥: /=/: ./: .: .:./:.:.// { ゙:,:.:. .:.|: |: .: .: └く~rソ
.       ∥ ;'ニ/: .: .: .: .: _//  {: .:゙:, .: .: .|.: .: .: .: .: .「「´
.     ∥: {ニ{: .: {: .: .: ./ ⌒ヾ ゙:, : .゙、:. .;;|_.: .: .:.|.: .:|:.|\
       /: : lニ{:.: .:xif''"¨"'' 、、  \: .:\: ⌒ヾ:リ .: |:.|  \、
.      /: ./ヾ|: .: .|     ぉ        -‐-ミ:. .:/: .: .|:.|   \、_
     /.: : { 〈 |: .: .l x ,,,  -         ぉ   ヾ:._:. /:.|!     \(
   /ィ : Λ  |: .: .| / |/ |/       ヽ、.,,  メ⌒´ソ/
     ∥: .: ヘ__|: .: .|         j /| /| / イ.: :.:|: :|
    ∥ .: |: : : |: .: .|    ノ^/^)、        /:|: .: .|: :|
    l{: .:l: |: : : |: .: .l:、/ / / !ヘ     /:.:|: .: .|: :|
    八: .l: | : .: |: .: .|xi  r,゙ /! j |   ,.イ/ : :|: .: .|: :|
.    ヽトヘ: ./.| | : |〈|  ,゙ // ,゙ !, ::/: : /: |: :|: .: .|:l |
.       ∨/| | : |ィ|    レ゙ / .j :/: : /: : |: :|: .: .|:l |
        、-'゙| | : |八      ├ー-气厂V:.: :.:从j
      / \ヘl: .:| /Λ       |⌒ヽ  V厂}/:/¨¨ヽ
.     /    ) \| ヽ::ハ     |:::::::/   }厂}/    }

┌─────────────────────────────────────┐
│  夢のホタルは、やる夫と目が合うと、恥ずかしげに顔を赤らめてはにかむのだ。     │
│  はっきりと、わかりやすい恋心を見せている。                        ..│
└─────────────────────────────────────┘



414 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:37:18 ID:d41c7aaa [6/17]

┌────────────────────────────┐
│  夢のやる夫は、嬉しそうに赤面する彼女の顔を見て、呟く。   .│
└────────────────────────────┘


          ____
        /      \     デュフフフ……あの照れた顔!
       /  ─    ─\
     /    ⌒  ⌒  \  ホタルさん、もしかしてやる夫の事が好きなのかお?
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /  告白したら、上手くいって恋人同士になっちゃったりして?
       /   _ ヽニソ,  く

┌───────────┐
│  それに答える声。  .....│
└───────────┘


    /  ,x==x   = 、=-‐
   ノ  ,::::     `´  ,ノ  ≧x     _,ノ    ,x=‐- 丶__,ノ /
   ( ,,;:.::.:       ,r       f   ,.r     ,イ   乂___,,,,ノ   ああ、そうだ
   ヾ::::..::   ¨¨´   )    _,ノ   (      {r    ヾ    
       ゝ ,x-‐=  ,イ二二≧x:::..::.ノ ,. x二ニ{::/ __;;)      ホタルは、お前に惚れているぞ……
       x≦ `¨´ ,彡三三三三≧x., ' о': : : :{=,イ   `ミx、   
.       {   /: :《三三三三三三ミ ゝ _,ノ=== ゞx、 :<弋     告白なら早くするがいい、絶対に上手くいくからな
      弋, イ: : : :弌三三三三三_,彡': ( ___,,,=x  > : : )》  
      ∨弋: : : : ヾ乂三三三≦´: : : :ゝ..r-‐‐ ゝ_,ノ : : ,zイ/  
.       ∨ `゙''  、.,,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_,,..  ''"´ /
        ∨      ` ==‐--x≡≡=‐-- <    /
          \                       /
.              \               /
                  \三二≡= =‐---  /:::::::::::::::::::::::::::::)
           ::::::::::::::ゞ三========彡'::::::::::::::::::::::::::::::::, '
             ` '''     `  ̄  ̄ ̄´ '"¨       ´


┌──────────────────────────────────┐
│  ふと手元を見ると、土鍋に入ったカレー南蛮が、そんな事をほざいてた。    │
└──────────────────────────────────┘



415 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:38:07 ID:d41c7aaa [7/17]


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\           (カレー南蛮が喋ってる……っ!?)
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


┌───────────────────────┐
│  やる夫は、それに七味をふりかけながら言う。    .│
└───────────────────────┘



        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\     うっせーお!
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |    麺類なんかに告白の後押しなんかされたくねーお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽ_
   (   丶- 、       し|七|  パッパッ
    `ー、_ノ         l、,|味|ノ 
                 ^== 



416 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:38:44 ID:d41c7aaa [8/17]


    /  ,x==x   = 、=-‐
   ノ  ,::::     `´  ,ノ  ≧x     _,ノ    ,x=‐- 丶__,ノ /
   ( ,,;:.::.:       ,r       f   ,.r     ,イ   乂___,,,,ノ 
   ヾ::::..::   ¨¨´   )    _,ノ   (      {r    ヾ    
       ゝ ,x-‐=  ,イ二二≧x:::..::.ノ ,. x二ニ{::/ __;;)      やる夫よ……
       x≦ `¨´ ,彡三三三三≧x., ' о': : : :{=,イ   `ミx、   
.       {   /: :《三三三三三三ミ ゝ _,ノ=== ゞx、 :<弋    お前、少し私に冷たくないか?
      弋, イ: : : :弌三三三三三_,彡': ( ___,,,=x  > : : )》  
      ∨弋: : : : ヾ乂三三三≦´: : : :ゝ..r-‐‐ ゝ_,ノ : : ,zイ/    私がいなかったら、ホタルは自殺していたんだぞ?
.       ∨ `゙''  、.,,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_,,..  ''"´ /
        ∨      ` ==‐--x≡≡=‐-- <    /
          \                       /
.              \               /
                  \三二≡= =‐---  /:::::::::::::::::::::::::::::)
           ::::::::::::::ゞ三========彡'::::::::::::::::::::::::::::::::, '
             ` '''     `  ̄  ̄ ̄´ '"¨       ´



                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\        ……。
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }



    /  ,x==x   = 、=-‐
   ノ  ,::::     `´  ,ノ  ≧x     _,ノ    ,x=‐- 丶__,ノ /
   ( ,,;:.::.:       ,r       f   ,.r     ,イ   乂___,,,,ノ 
   ヾ::::..::   ¨¨´   )    _,ノ   (      {r    ヾ    
       ゝ ,x-‐=  ,イ二二≧x:::..::.ノ ,. x二ニ{::/ __;;)      ホタルの事が好きならば、
       x≦ `¨´ ,彡三三三三≧x., ' о': : : :{=,イ   `ミx、   
.       {   /: :《三三三三三三ミ ゝ _,ノ=== ゞx、 :<弋    もう少し私に感謝するべきではないのか?
      弋, イ: : : :弌三三三三三_,彡': ( ___,,,=x  > : : )》  
      ∨弋: : : : ヾ乂三三三≦´: : : :ゝ..r-‐‐ ゝ_,ノ : : ,zイ/  
.       ∨ `゙''  、.,,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_,,..  ''"´ /
        ∨      ` ==‐--x≡≡=‐-- <    /
          \                       /
.              \               /
                  \三二≡= =‐---  /:::::::::::::::::::::::::::::)
           ::::::::::::::ゞ三========彡'::::::::::::::::::::::::::::::::, '
             ` '''     `  ̄  ̄ ̄´ '"¨       ´

417 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:39:59 ID:d41c7aaa [9/17]

┌─────────────────────────────────────────┐
│  やる夫は割り箸をパチンと割ると、カレー南蛮に箸を突っ込み、麺を手繰って口へと運ぶ。  .....│
└─────────────────────────────────────────┘



        ____  ズルズルーーッ!!
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \       ん……そ、それはまあ……もぐ
   /   ( ●)  (●) \
    |   、" ゙)(__人__)" .)|     言われてみれば、そうなんだおなぁ……まぐ
   \      。` ||||==(⌒)ー、
__/         ||||    \  〉
| | /    ,     |||| 
| | /   /   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/    
 ̄ \__、("二) └─┘




        ____  クチャ  クチャ   クッチャ
        /     \  クッチャ   クチャ
     /   ⌒  ⌒ \    クチャ
   /    (⌒)  (⌒) \ クチャ    クッチャ
    |   、" ゙)(__人__)" .)|     このゲテモノ神がいなかったら
   \      。` ⌒゚:j´ ,/   
__/          \   ||   ホタルさんは、やる夫と会う前に死んでたわけだお?
| | /    ,          \n|| |
| | /   /   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ( こ)|
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/  (⊆ソ|
 ̄ \__、("二) └─┘


418 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:42:51 ID:d41c7aaa [10/17]


    /  ,x==x   = 、=-‐
   ノ  ,::::     `´  ,ノ  ≧x     _,ノ    ,x=‐- 丶__,ノ /
   ( ,,;:.::.:       ,r       f   ,.r     ,イ   乂___,,,,ノ 
   ヾ::::..::   ¨¨´   )    _,ノ   (      {r    ヾ    
       ゝ ,x-‐=  ,イ二二≧x:::..::.ノ ,. x二ニ{::/ __;;).     ホタルの野望、お前の役割、私の目的、
       x≦ `¨´ ,彡三三三三≧x., ' о': : : :{=,イ   `ミx、   
.       {   /: :《三三三三三三ミ ゝ _,ノ=== ゞx、 :<弋 .    それらは密接に……むっ?
      弋, イ: : : :弌三三三三三_,彡': ( ___,,,=x  > : : )》  
      ∨弋: : : : ヾ乂三三三≦´: : : :ゝ..r-‐‐ ゝ_,ノ : : ,zイ/..   なんだ、この妙な感覚は……!?
.       ∨ `゙''  、.,,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_,,..  ''"´ /
        ∨      ` ==‐--x≡≡=‐-- <    / .      まさか、これは……やる夫に食われているのか!?
          \                       /
.              \               /         
                  \三二≡= =‐---  /:::::::::::::::::::::::::::::)
           ::::::::::::::ゞ三========彡'::::::::::::::::::::::::::::::::, '  
             ` '''     `  ̄  ̄ ̄´ '"¨       ´



        ___
        /     \
     / u ::::\:::/:: \        真夜中の麺類は、抗いがたい魔力を秘めている……
   /    <○>::::::<○> \
    |  u    (__人__) u |     人を堕落に誘う、罪の味がするんだお!
   \      。` ⌒゚:j´ ,/   
__/          \   ||    オマケにカレー味ときたら、こりゃもう食わずにいられないんだお!
| | /    ,          \n||
| | /   /  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|丿( こ)
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/   (⊆ソ
 ̄ \__、("二) └─┘



                                         _,,,,,,,,,...
                            _,,,.. -ー'''''''゙゙゙゙´
                 ___,,,,,....  -ー''''''゙゙゙ ̄     __,,,,,,,,,,......v--一
            _,,,,.... -ー'二゙゙~,゙v-、.;;ン'''''-、v―-一''''''"゙,゙_,゙,,...... --一''''''''゙゙゙″
           レ''''''''イ゛∴ ゙Y ∵゙l  ./--ー''''''''゙゙゙´         _____、
            l ∴ |   l    ,!∴ i!________;;,,,,....v-―¬'''''''''" ̄´
         !   | ∵ .! ∴ !   !゛
            l ゚  l   .!  :.!" |.l    
          !∵  !:∴ !  :| ゚.!.|   言葉の意味はよくわからんが……ううむ、信じられん!
         │   !   !  :::!゚ !.|    
             | ¨ | ; l :::::l゙  !:l...  仮にも『神』である私を、なぜ『食う』という発想が持てるのだ!?
          l ∴.}   .! :::::,!: |:l゙    
          ゙l   .l ; .| ::::::| ∵,!}.   やる夫の中での私のイメージは、あくまで食品という事なのか……?
              !   !   | ::::::|  ,!i    
           l ゚ !   l:::::::|  リ.     やはり、人間の精神は特殊すぎて上書きが難しいようだな
              !  .!∴|:::::::l :|      
            l  .!  !::::::.l ;|      互いの人格が壊れる前に、思考接続を打ち切るとしようか
            l :!  l.::::::|  !     
             l; l ..l :: ! ′...   とにかく、お前の私への恐怖心と嫌悪感だけでも取り除いて……
             !∵ l ヽ .l       
              .  l  ゙ゝ′



419 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:43:13 ID:d41c7aaa [11/17]

┌──────────────────────────────┐
│  やる夫は土鍋を持ち上げて口をつけ、カレー汁を飲み干した。   ....│
└──────────────────────────────┘

           ___
         /⌒  ⌒\
        / ( ●) (●)\  ングッングッングッ……ゴクゥ
      /::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ
      |     |r┬ |  (ヽ |
      \γ⌒ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヾ
      / ( ^..n.ヽ___/∩ |
      | /  ,二)└─┘(二ノ/
      ヽ_ノ         ヽ_ノ



          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \   あー、美味しかった!
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     | ごちそうさまでしたお!
     \      `ー'´     /
      r´、___∩∩__,  /
      \__ ´人 ` _ノ



420 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:43:57 ID:d41c7aaa [12/17]

┌────────────────────┐
│  そして、スマホの着信音で目を覚ます。   ..│
└────────────────────┘

          __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (●)  \        | |
         /  (__人__)     ヽ      | |
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                     /   |/


          __  _____           __
          | |/─  ─ \..======| |   ……意味わかんなくて気持悪い夢だったお
          |/ (●) (●)   \         | |
         /  (__人__)     ヽ      | |   口の中がカレー味になってる気がするお!
         |___ ` ⌒´       / ̄ヽ____| |
      / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ    /| |
   _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ      ./  | |
  /     ヽ           `ヽ、}    ./  /| |
 ノ                   ヽ__  `ヽ/  /  .|_|
/                   ノ|  /



421 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:44:33 ID:d41c7aaa [13/17]


┌──────────────────────┐
│  まあ、夢に整合性など求めても意味はない。   .│
│  やる夫は忘れる事にした。               │
└──────────────────────┘

| |======================| |
| |        / ̄ ̄ ̄\ .| |
| |      /  ―   ―\ |
| |___/   ( ー)  (ー) \  ____
| |\ ( |      (__人__)    |  || 7: 00 |||
| |  \ヽ\__  `ー ´__/ \ ̄ ̄ ̄ ̄


┌───────────────────────────┐
│  目を擦りながらスマホを見ると、時刻は朝の七時だった。   │
└───────────────────────────┘

422 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:45:11 ID:d41c7aaa [14/17]

┌────────────────────┐
│  着信のメッセージはホタルからだった。  ......│
└────────────────────┘


           r―――――――――― 、
           |      =====       |
           | r―――――――――┐|
           | |__________.||
           | |                ||
           | |                ||
           | | ホタル:やる夫君へ....||
           | |                ||
           | |                ||
           | | 夏休みの宿題、  ....||
           | |                ||
           | | 一緒にやらない? ...||
           |r‐、                ||
           ,:| j _ノヽ             .||
         / |ノ   }               ||
       /  `}   ノ..―――――――┘|
       ,'   /  ,'      (⌒).       |
       {   /    { ̄厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ‘, {    ヽ/
        l       |
        |      ノ


┌────────────────────────────────┐
│  夜兎咲高校は偏差値が高いので、それなりに課題のレベルも高い。    │
└────────────────────────────────┘

423 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:46:01 ID:d41c7aaa [15/17]

┌─────────────────────────────────────┐
│  やる夫は一学期中、ホタルの脚ばかりみて過ごしてたので、勉強は遅れ気味だ。  ....│
└─────────────────────────────────────┘


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \  っていうかぶっちゃけ、
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /  もう授業についてける気がしねーお……
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



┌─────────────────────────────┐
│  ならば一人でやるよりは、二人でやった方が捗るに違いない。    │
└─────────────────────────────┘


424 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:46:37 ID:d41c7aaa [16/17]

┌───────────────────────────────────┐
│  やる夫は早速OKの返信をすると、元気いっぱいにベッドから飛び降りた。    .│
└───────────────────────────────────┘


          ____
        / ⌒  ⌒\
      / (● ) (●)、   新しい朝がきたんだお!
     /::::::::⌒ (__人__)⌒\
     |      |r┬-|   |  楽しい夏休みの始まりだおーっ!
     \       `ー'´  / (ヽ
      >        <  ( i)))
     γ´          ,ヽ/ /
     / /、:::..  、      _./
   / ノ .):::..       |
  l∪ノ /   ,      /
  UJ' i   |     |
      ヽ_,ヽ__,  |
        ヽ..:::\   ヽ
        ノ::: ノ  ,ノ
       (___(_.._ヽ


425 名前:偽夏◆SwmrL16rIE[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 19:47:20 ID:d41c7aaa [17/17]
というわけで、今日はここまでです。
ありがとうございました。
風邪を引いたみたいなので、明日はお休みするかもしれません。

426 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2019/11/22(Fri) 20:48:35 ID:57b7a629
乙。ホタル可愛いからちかたないね。夢中になってると余計相手が美化されるし…w

…風邪ですか、お大事に。私はもうやっちゃいましたけど、同じ風邪だったら早めに病院行って安静一択ですよー
カレー南蛮でも食って暖かくして寝るのが一番!


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する