へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)

クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第30回

1413 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 21:27:18 ID:om7gZO3w0 [3/17]

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|>ヽ -― ニ仆; |、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}, ィ" ̄ ̄`‐-、||//`ゝ、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/ '"  !ニニニニi_二\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ノ">'"__''二ラ∠ニ||、::::::ヽヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::://  zニ 、 / || || ヽ:::::::ヽi、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ム'/rァてl!∠ /||     \::::::}
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:: / /::::弋ソj!|∠____      }::::イ、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨∨ ::::  ´∠_____---     |:::::  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}′    ∠            }{薔}ミ          お、おはよう。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,::::::::::::::::::::::::::|   ´  <、 ニニニニ---'´ ノ::::ノ',′
::::::::::::―――――- 、::::::: |   :::: fアド<ニニニ-'´  ノ::ノi  ',
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:\ヽ、:::: `¬ノ∠、_     仆; ヽ、\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ>ニニ―――ア ̄――‐くr' )  ヽ、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\" -<二ィ"., -―''¨¨"ニz_\   )
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ >ニ-'´       ,,,,,,,,,,,,,,

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
軽くなった瞼を開けると、当然ながら見慣れぬ天井がそこにあった。
倦怠感や疲労感も残っていない。すぐにでも飛び起きられそうなくらいだ。
信頼できる人が傍にいるおかげか、熟睡していたらしい。

アリスの方を見ると、彼女は横たわりながらこちらを見つめていた。
少し気まずそうに、布団を鼻の下あたりまで被っている。
ぎこちない挨拶を交わしながら、ふと思いついた質問を投げてみた。

「もしかして、先に起きてたのかお?」

「え、ええ、まあ。でも、先に布団から出る気もしなかったのよ」

身体を起こすと、右腕が何かに引っかかった。
見れば、服の袖をアリスが控えめに掴んでいた。
触れようと思えば手を握ることもできるのに、それができないということは、
自分もアリスもまだまだ不慣れなのだ。

すぐ近くに誰かがいることに。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


スポンサードリンク


1414 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 21:35:08 ID:om7gZO3w0 [4/17]

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ     今の時間は……朝の九時かお。
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<     任務通達とかは来てないみたいだけど。
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!





                       zェュ
                    x≦三三≧
                  ´            `
               /               ヾ .ヽ
              /      .|     .i|  i!   ヤilヘ
              .'  .|  .i!  {    斗升十ト } 〈i:l .
              l   l 斗升ト    /  _  从    i
              l   ヽ l_  ト ./'ミィzzxッソ.'  '.   .
              .,    Nァzzミ           / /イ  i|         ああ、それなら心配しなくていいわよ?
              ヽ ヽ ヽ     `      ノ/ .i|   |
              / \   ゝ     _,    .イ i|            今日は非常事態の場合を除いて一日オフ。
              /  /ヽ ヘ    `´       /.  .   i|
             ,  /  > ヽ        /.i  i|  .i|          というのも、ネクストに乗る上でのインターバルよ。
        , ──‐‐<   ../二フ  >  ‐, <ヤ"i   .i|  .i|
      , ´ ̄> ,,   ./ 、二二フ.l>、/:.:.:.:.::.:. .i  .i|/:.:. ̄.ヽ        幾ら戦時中とはいえ、私たちも連日連戦してたら
     ./       `"''"=、 ヽ .//只ヘ:.:.:.:.:.:.:.:ノ   .i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /    ─<二´~ -‐- ゝ'/{i /:.:ll> ' "´    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      どれだけ適性や耐性があっても持たないわ。
   イ/   ./i  |  |   ,,./⌒y⌒,`´/        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
  /〉/   / i|  i|  |>'"./  /  / ./       >'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、  つまり、そういうこと。休むのも仕事よ。
  ヤ__rフ ./ ゝ  , <:>''"イ薔ヘ  八    ,, <:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
ハ  /ヽ / ム ,/:.:/   弋彡    ゝ   i{:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ネクストというコジマ技術の塊とでも言うべき兵器に
連日のように搭乗すれば、いくら適性があろうと肉体に限界が訪れる。
それを防ぐための休息なのだとアリスは言った。
実際、独断でもなんでもなく、上からそういったお達しが来たらしい。

そういうことなら、しっかりと休むべきだろう。
戦わなければならない時は、どうやっても戦わなければならないのだ。
それなら、休める時に休んでおかねば勝てる戦いも勝てなくなる。

ベッドから出ると、二人とも着衣が皺だらけになっていた。
寝巻に着替えることすらせずにベッドに入ればそうもなる。
ひとまずソファの方に二人で移動して、向かい合った。

寝起きのアリスはところどころ髪が跳ね、明後日の方向を向いていた。
普段薄めとはいえ化粧も落とさずに寝てしまったこともあり、
ほんの少しではあるが肌も荒れてしまっているように見える。

「とりあえず、色々と昨日の晩にやり残したことをしましょうか。
シャワーを浴びて、着替えて、荷物を広げて部屋に置いて……ま、色々ね。
服とかは適当にクローゼットに入れておいていいわよ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1415 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 21:41:23 ID:om7gZO3w0 [5/17]

                           ,.. -―_r,.-v‐_-_ァ、 __
                          /    r/:./.::/ァ´  、 , ` .
                         ′  / L':./:.:/ァ   l!  ヾ \
                       /    / 「_ 水_フ /  / / ! l l  !
                         .′   /   〃/:.:|!` /j∠j/j /| l! ! │
                    .′   .′ 「_jl><フイ/__' `く/_/jリ l
     _ _  _ _ _           /     / / ∧! |||| | l ' 、fijハ /x' / '′
    (_l j_   r_z_ヽ_    /    / .:: /l   |||| | |i! ::::::`   fiTイ
       ゝ| 〉‐、'ー‐'   ) . '′   .  ::::://   |j`Nヾi     ィ::: │        さ、先にシャワー行ってきなさいよ。
.         ゝヽ r‐-   イ/    / ::::./   .イ  |    r__、 /⌒i !
         ` T`─   |   _/__ ::::/   / |:  |     /ーl | !         私も部屋の整理をしておくから。
.         / !  r-─ォ -‐:: :::::::: `ヽ--' 三ミ|:: へr‐  ´   . イ |
        ( ノ _.j / / ::::::::::::::::/!::::ll \三fl三|:: ト_j  _  イi::り ,!         「わ、分かったお」
      f⌒Y'´  |/ /| :::::::::::::::::i ::::::|!   V lj三|:: /::| Y '⌒ヽ|,|/イ !
      ノ γ⌒ V  rイ:::::::::::::::::::::::::::::ハ   V/,!/ : :|: |/      ` ァ:|
     r-‐ァ     _ノ!∧::::::::::::::::::::::::::/:::lぅ 〃 /| : :::|: | _ _  /::! !
     |  ヽ  /  / j:::::::::::::::::::::::::::):::!ぅ ヽ ' | : :::|.丁   ト‐〈::: ! !
     ∧   \,_ノ _ノ|::::::::::::::__ ::/:::: トー 、) ヽ:::::|    /  /⌒ン
    r′ _ノ  _/ ∧:::::::イ:::::::::::::::::::|ァ   ノ´7ーァ「 ̄ V⌒Y  / |
    |     γ    ,’:::/::::::::::::::::::::::::::|ァ rf@jゥ 〈!::|   |   `ー、:|
    |    /   ハ,.::::::::::::::::::::::::::: : |ア     〉:::::|   |      /:::|
   ヽ   ´     ノ::::::::::::ゝ ::::::::::::::::::|___   イ:::::::::!   ! '’  /:::::|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスに促され、そそくさとシャワーを浴びに行く。
磨りガラスのドアを開けて入った浴室には可愛らしい熊の形をしたバススポンジや、
不思議な形をした容器の洗髪量などが並んでいた。

恋人の間柄とはいえ、身だしなみや清潔さは大切なはずだ。
一緒に過ごす時間が多いのであれば尚更だろう。

熱いお湯でしっかりと身体を洗い、脱衣所へと戻ると、
バスマットの前の辺りに几帳面に四角く畳まれた自分のシャツやパンツ、
それから下着まで置いてあった。

そういえば、浴室に行くときに着替えを持ってくるのを忘れていたのだ。
アリスが置いてくれたのだろう。しかし、下着まで用意させてしまったのは
流石に申し訳なくなった。

部屋に戻ると、アリスが耳まで真っ赤にしながらソファに座って俯いていた。
こちらの足音を聞いた途端にびくりと肩を震わせ、
やる夫を見ながら照れ臭そうに苦笑した。

お礼を言って、交代する形で浴室へと向かうアリスを見送る。
待っている間に持ってきたボストンバッグの中身をひっくり返し、
普段着や日用品を部屋の収納へとしまい込んでいく。

クローゼット内には黒く染められた絹のドレスから、
普通の女性らしいブラウスやスカートがハンガーにかけられていた。
やる夫のために用意してくれていたのか、ハンガーの数にも余裕があり、
クローゼット下部の二段目の引き出しの中は綺麗に空けられていた。

それを知らずに一段目を開けた時に、いつか贈った服や、
白いキャミソールなどの肌着類が畳まれているのを見てしまったのは内緒だ。
すぐに閉じたので許してほしいところである。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1416 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 21:51:10 ID:om7gZO3w0 [6/17]

        ____
       /      \
      /        \
    /) ノ '  ヽ、       \    ……恋人同士って、どういう生活をするんだお?
  / .イ(ー) (ー) u     |
  /,'才.ミ) (__人__)       /
. | ≧シ' ` ⌒´        <
/  /                ヽ





                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´      別に、今まで通りでいいわよ。
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、       お互い、ある程度の気遣いや礼儀は必要だけど……
        .       〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ
               //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   〉     それを除けば自然体でいいと思うわ。
.              /ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l /
         .    /:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l|/
             /::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゝ
.         ./!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
昨晩やり残したことを終えたやる夫とアリスは、
ソファーに腰を落ち着けながら今後のことについて軽い相談をした。

恋人同士というのはどういう生活をするものなのか想像できなかったが、
アリスは自然体でいいと言ってくれた。

「かく言う私も、家族とか恋人とか持ったことないから、全部想像なんだけどね。
でも、フィクションの中ではそんな感じだったわ。
一緒に生活して、部屋の中で仲良く笑って、たまに二人で出かけたりして。
あと……そうね、ご飯は一緒に食べてたわ。
だから、私たちも食事はなるべく一緒にしましょう」

アリスは人差し指を立てながらこれからのことを楽しそうに話すと、
少女のように柔らかい笑みを溢した。

「どうしたんだお?」

「ううん……恋人とか家族とか、縁なんてないと思ってたのに。
急に全部手に入っちゃって。なんだか夢みたいだなって」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1417 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 21:59:37 ID:om7gZO3w0 [7/17]

                   _,,、 _
                  t匕ア::-‐< ̄ ‐-
                 イ.:〆.::〆     ` 、   \
             /I7.:〃.::/」           \ \ \
            / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  ヽ
              /  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l  ハ   _,,.
            ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  |  | /イ 
          |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_  |/i|l|l|
          |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    i  |i|l|l|l|
           , /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        ! lli |l|l|l|lレ{
            / / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i |l|l |l|l|l|l|l
        / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ; |l|l| |l|l|l|ll′
          / / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|
    \、 / / / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|                        _
      〉三≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ                     (( / | ))
    _,,.≧ニ三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\                  ./ /
≧ニ三三三三三三三三三三三≧ュx..ノ__厶 ―- \::::冫   \:::::::::::::::\                  / ィ
三三三三三三三三三三三三三三二ニ7.:::::::::::::::::.\´    _,rv\::::::::::::::::i            / / ト-、
三三三三三三三三三三三三三三ニ7.::::::::::::::::::::::::::.\‐く\ノj{迄}\::::::::::ト               // /  \
三三三三三三三三三三三三三二ニ7.::::::::::::::::::::::::::::::::::.\<⌒ーく  ヽ::::丿\           /   ,:' ∨ /\
ニ三三三三三三三三三三三三三シ.::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::::::.\\ノ  \ トr<  ヽ.      /   ,   ! / / ノ
一ニ二三三三三三三三三三三 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::.\\ 、 } |:::::::::| ヽ '    l  ,'  ー',ーイ'
-ニ三三三三三三三三二アヘニ ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::. \ヽ\ノ.:::::::::|、 l i    l       /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そうと決まれば支度をして食堂に行こう、とアリスは意気込み立ち上がった。

楽しそうにしていたり、嬉しそうにしているアリスを見ていると、
やる夫も冷え冷えとしていた胸の奥の空洞が暖かいもので埋められていく気がした。
こんな気持ちになれるのなら、誰かと生活するのも悪くはないと思える。

それとは別に、戦場であれほど熾烈な言動をするアリスが、
自分の前では穏やかな普通の女性として振る舞っているのが嬉しかった。
自分の前くらいでは、安心していてほしかった。

こうした何気ない時間こそが、何よりの報酬だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1418 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 21:59:50 ID:om7gZO3w0 [8/17]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1419 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 22:13:51 ID:om7gZO3w0 [9/17]

                        x --x__x--zz---  、
                     ャ≦:::::::::i辷ゞィソ:::`ヽ>x ` 、
                     ノ:::::::>片尺豸x:::::::::::::::::\ミx ヘ
                 〃=.イイチ'´     ``辷z::::::::::::::ヘ斗. ',
                 L=イ´            乂z、:::::∧キハ
                    ,..〃/  /  / .   ! |  l .| i! ゝム::::::::iソ i
               〃イ_/' i ' ./i | !  | |  |i |. i.|  7i- 、:::iィ  i
             ,イイ´.//!.i! i / .i .li |  i .! リiVi .i | i jYzィ7イiヾ .|
            〃  //i l  i !ヽi | | ! j .iV i! i .j | / ィ==、__,zz、j
            '′./ ,'∧ ヘ |示zz'、iヘ∧! ',ノ 7/i了 L==テハij、_i,'        ……なんか、違う気がするわ。
      -=z、       ,.イ/., '/,'.ハ ヘ ゞ-ィ     '〒テ7'/./, './ ji|| 7
        ヾ\ . イ 〈:i/ /,'i' , ' 〉 ハ、       ´¨¨`イ:/イ /.i〃!', i
        ≧x::ニニz:ヾ_ i::!、 〃 i.ハ u.  '__     彳:/ /: j ,' |::i.!
    ,.ィ´ニニニニニニニニ≧x_,7//!>.、  `   . イ,  /i/ i/! | i   ,. --≦ニ
   ,イ≦ ̄イニニニニニニニニ_7 r-.///j i | l >--<:::.../ /.!.| | | .! ハ 〃イニニニ
     ィ´ /ニニニニニ/i::,'j:::::///::i>、_,イ:::/:iハ::::ヽ/ / i | | |∧i_,.イニニニニニ
       /イ/ニニニi:',iヘi' i:::7.,'/::::iイi  ム:::::::i.|:::::::/ /ハニニ: ̄ ̄ヽ,ニニニニニニ
      ′'イフニニニイヾi.',::V:::i,.'/:::::::/   〃=' izz/ /イ ノイ i:::::::::::::::::ヽニニニニニ
     / /イ ̄.〈',:::::::::::::::::i j:::rV ヽ _//__ _.i:i イ/   !v::ヽ::::::::::::::::::::::| \ヽ``ヽ、
    / /   r==ヽ::::::::::::::::| !::/ 廴几ハ廴/'´ハ几__i、.',:::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ \
  〃 〃   / .j::izzzz>:::::::::::| !' i √/ r----j i  ゝ'イ:::ヽ、::::::::::::::::::::::::::ヘ i   ',
  /  / /i / イ√ 7:::::::::::::i::::::i i:i V └==、/N .i  \::::::::\::::::::::::::::::::/ .j

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
清潔感のある白やベージュで統一された食堂での食事は、
二十分もかからずに終わってしまった。

人の入りが多くて退散したわけでもなければ、カウンターから機械のアームで
差し出されたトレーに載せられた料理が不味かったわけでもない。
嫌な人間がいたわけではないだろう。
オルデンブルク最高ランクのリンクスであるアリスは顔も広く、
日頃の振る舞いもあってか、先客もアリスに挨拶したり一瞥くれたりするものの、
ひそひそ陰口を叩いたり露骨に嫌悪感を顔に出す人間はいなかった。
にもかかわらずだ。

二人で長机に並んで座って、同じく白い皿に盛りつけられた
サニーサイドアップのエッグトーストやコーヒーなどを頂いた。
なのだが、アリスは不機嫌そうだった。

やる夫としては、どういった食事が好ましいのかすら分からないため、
そのあたりの感覚はアリスに任せる他なかった。
けれど、そんなやる夫ですら、食堂での食事はアリスの求めるものではない
だろうことは想像に難くなかった。

この食事には感情がない。情緒がない。
コロニー内での労働施設における配給と何ら変わらない。
機械に燃料を注ぐ行為にも似た、無味乾燥としたものだ。

一人でトウキョウのネクスト収容施設の食堂に行った時は気にならなかったが、
アリスと二人でいると計り知れない違和感に襲われた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1420 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/09/11(水) 22:21:30 ID:kp1n2EyM0
はろー

1421 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 22:23:13 ID:om7gZO3w0 [10/17]

      ____
    /       \
  /   -‐´ `ー\
/     (●)  (●)\     部屋、戻ろうかお。
|        (__人__)  |
\      ` ⌒´  /     「そうね……」
  >     ー‐  <
. /      / ̄彡ミヽ、
/    ヽ /  / ヽ  ヽ
ヽ.    Y  /   |  |
 ヽ     ノ    ヽ ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
普段、食事に対して無頓着だったやる夫ですら、これには抵抗を覚えた。
そして、気付いた。

この空間には安らぎも楽しさもないのだ。
ただの補給行為に過ぎず、ひどく冷え切ったものなのだと。

企業連との戦争の真っただ中ということも相まって、
食堂全体に漂う雰囲気も決して和やかとは言い難いのも大きい。

結局、やる夫からアリスを連れて食堂を後にする形となった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1422 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 22:47:07 ID:om7gZO3w0 [11/17]

             >ニ´ ̄r芯^Y≧ュ_
           //ニニニニニニニ/⌒´ ̄\_
           / /ニニニニニ/ノ   / } ヽ}
         /  人ニニニ/ノ´     /  .| }\
.        / / ./ ゝイ   /        |i ヽ
       / /  / / .|「 /     /     八  }
        |. 〈_/ /  }j |   _/    /  ∨|
        |  ∨_ イ.しイノ { ///}\  /  |   }
        |    { | ̄´/{芹云ミ /   /ヽ }   |
        |    | |    | .ヒツ 厶イ}/イ /   |
        |    | |    |      芹ミ } /   /       私も、自分で思っていたより空っぽだったみたい。
        }      i   トノ      ヒリУ  /
.       /  /  |   |{    _    ノ ̄{ i          その空っぽだったときと同じ生活をあなたと共にしても、
      /  /  /|   || \    イ   / | 
     ./  /  / .|   ||_∧`二≦ }  |  |           何にも嬉しくないわね。
    /  /_イ │_  ||<⌒ヽ ヽ |  ト、│
    {<´ ̄\   」、ヽヘ ト、_ノ } |   | }′
   /     ∧`YY }  `Y   .| |   | 人
.  /       ∧  {     }⌒7⌒}′ j.   \
  {. /        ∧ ヽ   、 ` ̄ ̄`>─ 、_}__
  |/            \ ∨   }、二二)   [iiiiiii]}
  |           /⌒ヽ | }r'=テヽ   二ニ}
  |             /⌒7⌒ヽ` ̄{二二>─イ {
   \        /⌒7⌒7^Y 人_    \^Y
    \イ⌒}´ ̄/{ ⌒7⌒7⌒ヽ (_       } )、
     /  }i  |  /\ ⌒7⌒ソ   (_  ̄\_ノ( }

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
小さな二人だけの部屋に戻ると、ようやく肩の力を抜けたのか、
アリスはへなへなと身を投げ出してベッドへ倒れ込んでしまった。

どうしようもなく、自分もアリスも、無知だった。
幸福に憧憬こそあれど、それがどんなものか、まったく知らなかった。
理解も知識も経験もなかった。

お互いを大切に想う男女がどのように日々を過ごすのか、
何を以て幸福と成すのか、欠片も分からなかった。

孤独でない日々に、馴染みがなさすぎたのだ。
それこそ、哀しいほどに。

そのまま不貞寝してしまいそうな様子のアリスを見つめる。
華奢な体を白いベッドに横たえながら、うんうん唸っていた。
きっと、彼女も真剣なのだ。
真剣に、突如として訪れた二人で過ごす日々に向き合い、悩んでいるのだろう。

マットレスを揺らさないようにそっと腰掛けると、
壁に設置された大型モニターが視界の大半を占拠した。
黒く四角い巨大なガラス板といった風体のモニターの液晶には、
力なく寝ころんだアリスと、そこに寄り添う自分の姿が映っていた。

その光景に、いつかの思い出が重なった。
暗いシアタールームの中で、二人で見た殺し屋と少女の話を思い出す。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1423 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 23:02:42 ID:om7gZO3w0 [12/17]

          ___
         /      \
       /   ⌒   ⌒\
.       /   ( ●) ( ●)\
     |      ⌒(__人__)⌒ |       ねえ、アリス。
.      \     ` ⌒´   /
     /⌒           ヽ         「なによ」
.     |   ヽ__     _ ',
     :、_     )  ( ̄ _丿        もう一回観てみないかお? あの時の映画。『レオン』っていったっけ。
     |   /  ̄`i  / ̄  `i
     |      |     ,    |         
    ∧ |     |__/     /
.      `ーヽ _ |   |  _/
.        (__)  、__)





                ´     (_/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/)-′  `
             /       γ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/)`        \
                        _{/:i:i:i:i:i:i:i:i:iメ- ′           \
           /          (_7:i:i:i:i:i:i:i:i:/}       ,
.          /          (`{:i:i:i:i:i:i:i:/ノ  :/    /:.    `、    `、
         '          (ヽ:i:i:i:i:i:i/)   ;′    ′:.     :',    ',
               _、‐'' >┐r‐ ミ=_    | :     {: : : :   ',  i:.     }
        ;′       /ニ/ ,イ{:{: : : \\ |.: :    {: : : : :.   ',:. }:ヽ: :  }
       ;′  /   \、__//  '、:     > ヽ: {: :.   { i:i: : : :   }: :}: :i: :  /
       ;′ : /   .:|  >-/:  ハ\_/ /ji :{!: :.  {:从 : : i: : :}: :}: :}: : ./
       ;′. :/    : l  /ニ':   { : }\彡': : ハ |\: : |_j -\ハ: /ニハ: i: :/
      ;′: /   .: : j  /ニ'{: :. :i : }ニ} .: :/   \ ' ´-‐‐   j/rォ }/|/     まあ、構わないけれど。
     ;′ /   . : : :;′/ニ':.{: :  :{: :iニ}: .: /l   / ,斗f坏、   {リ!
     ;′:/  . : : : :;′ iニ|: {: :  :', ニ}: : ji|  イ  辷ソ    \        あの後、データベースのレトロコンテンツにあったのを
    ,′/  . : : : : :;′. :|ニ|/{: :.  : :,ニ}: : ハ|/)/ )           /
.   /: ,:′: : : : : : / .: : レ': :,: :i:  : ∨、 :|/ / /           ,          端末に落としておいたから、すぐ見られるわ。
  // . : : : : : : / . : : : :/ : : ', :l: : f rⅤ / ,:´ ,... --、   / _
 /  . : : : : : : /. : : : : /: : :/! l: :. : 、.∨ /  { / r‐―'   '´'"_ \        でも、急ね?
    . : : : : : :/: : : : :,.:': :/:i:i:i| :l: : : :}      `~  {    ///``ヽ、ヽ
  : :_____: /_: : : :./ /(_\:i:i:l :l: : : ',           ' ̄ ̄i l{´ , -- ,.. }
  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}h、ヽ )  `(\l :l: : : `、       ∨: } | ゝ'  __   !
 :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\⌒) `(| :|: : /(`\         ∨j {  } r'‐…'   ,
 :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`、⌒)  | :| : { \. `、      }/,ハ. Y! ー‐
 :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ⌒) | :| : {   `ヽ}     / 〉ゝ| /`¨´  /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスが気だるげに体を起こし、重そうな瞼を持ち上げながらモニターを
横目で見やった。あのまま放っておいたら、本当に寝てしまっていたかもしれない。

アリスの質問も尤もだったが、あの映画の男女にはやる夫たちに
近いものがあった気がしたのだ。
シアターで観た時は同業者兼友達という関係だったが、
今観れば感じ方も違ってくるかもしれない。
そう思っての提案だった。

アリスは反対するでもなくPDAを懐から取り出すと指を滑らせはじめた。
壁のモニターが反応し、音もなく起動する。
やがて暗闇が映るばかりの液晶に、いつか見たニューヨークの街並みが映る。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1424 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 23:21:02 ID:om7gZO3w0 [13/17]

                    ゞ-ゞニノノヌ 、
                 , <  ゞ::::::::::::::::ヌ  丶、
               /      ゞ:::::::::::::ヌ   丶
                , '       /  ゞ:::::::::ヌ    ' ,
             /  ,'  /  // / 〉-、::/ニュ    ',
             { i i  / / / / |:ト、V/ |:|    i
             '、、, / メ≧z、//|:l 只、 j:l    |
              丶}//ィ{ノチア //>'ニ∧ニ;′   i
              ノ   ゛¨´ // ノ i:||:i i     i
             ∧     ,, // イ' .|:||:| |   i i       思えば、この時代は不便だったのね。
             /   ,、    //' ,′/ |:||:| i   i i
            /  /,∧     </ / |」|」 | i i i       
           i /  / ,个 ー ュ _/ /,ィーー 、 | i i |
          i/  / / ノ 仁ミ,√/ //.:::::::::::..丶| | i |
          ,,,, ..' / / ノl:l´只.,'  '/.::::::::::::::::::..\ i i |
         ミ)))i   {/ 〉ニヘ{  ノ.::::::::::::::::::::::::::..\ i |
      __ 、//  ',  r,{  //7|:i ; :::::::::::::::::::::::::::::::::..丶 |
    /ヽヽ_V 7  丶i⌒`|:」-'|::', i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..丶
    ,'ノλ{┘//   /{   薔 7 ソi :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
   }   '-´ノ   { :::::丶 丶 i / ゞ ::::::::::::::/::::::::丶::::ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
シーンは流れて少女と殺し屋の同居生活に移った。
殺し屋が少女を連れ立ち銃を持たせたかと思えば、
体格に似合わぬ細いペンを握って一生懸命紙に書き取りをする殺し屋に
何かを読み聞かせている少女の場面になったり、
買ってきた大昔前の容器、紙パックというらしいが、それに入った牛乳を
冷蔵庫に詰める場面へと切り替わる。

平穏と剣呑のアンバランスさと、その間にある二人の奇妙な関係を観ながら、
ふとアリスが呟いた。

「自分で食材を店で買ってきて、あれって自分で調理するんでしょう?
何をするにも時間と労力が段違いだわ。
今は何でも機械仕掛けで、人間はスイッチやセンサーで起動させるだけ。
楽だし速いし、効率もいいわ。それに比べると、不便ね」

そこまで言ってから、アリスは何か考え込んでしまった。
しばらく口を閉ざして二人の生活の風景を見つめながら、
どこか遠くを見るような目で「けど、不幸にも見えないわね」と言った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1425 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 23:32:18 ID:om7gZO3w0 [14/17]

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     ……もし、もしもだお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     ああいう生活をやる夫と一緒にってなったら、どうだお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





  |l   .|  |l  | |  |l   |l l|l  l| | l | l |l | l 〃i{ / |l.  |l
  |l   .|  |l  | |  |l   |l l|l  l| | l | l |l | l 〃 ハ}  |li  |l
.  八.i |  |l  | |  |l   |l lリ ,ハ,| l |/| | 〃 l.| lト、洲  !!
 /  }l |  |l  | |  |l   |l ./ /{ |l/イ| l |l | {| 从ヾ}iヾム |
./   .|l |  |l  | |  |l   |l厶斗匕l 斗抒坏l| /l|./  } |ll  }l |      苦労は多いでしょうね、間違いなく。
.    |l |  |l_|_|_|l   |l   l|/癶 ヾ_ン  |li/リ|  / l|ll  リ !
.    |l | ´|  | | Lハ_ヽハ. /       ||V l| ./l 从 / /       今まで機械任せにしてきた分、
.    |l |  |l  坏芯ソ         lii  リハ′/=冬、<二三
.    |l | . 八 | ヽ                // } r仁三三k `マニ      不便さに毎日呻きそうだわ……。
.    |l | 人 ヽ ハ     丶    _   //  ′三三三三>--
.    |l /i{  \. {  >      ` ´   /  イ/ニ二三三三三三     
.    |/ ヽ _}.|    >o。  _    //∠二三三三三三三
.    |   ∠二二|三ニ=冬=- l| } ≧=彳 /三三三三三三三三
    ∠二三三|三三三三≧ /〃⌒V∠二三三三三三三三

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
深い意図のない問いかけだった。
仮にあのアパートの中の男女がやる夫とアリスだったら、と考えたのだ。

もちろん、作中のように部屋で並んで腹筋をしたり、
毎日毎日牛乳で乾杯したりはしないが、それ以外は似たり寄ったりだろう。

アリスの言う通り、不便で大変な日々となるだろう。

掃除だって自分の手でやらねばならない。
料理も機械任せではなく、自ら調理器具を揃えて作るはずだ。
今の時代、フライパンを握る者は機械と
ブライドル地下のような企業の飲食施設に勤める料理人くらいしかいないだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


1427 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 23:44:37 ID:om7gZO3w0 [16/17]

                   ,、rm__rv竺vヘュrヘ- 、
                 {辷彡'こ三三三三≧ヘV,ニニヽ
                     /彡クー^ー'^ー^¬卞〈\ヽ∨
               / 乃了   `ヽ  ヽ∨∧ヽ \`、
                  //_/7 ′     ハ `、〈〈_ノ ノ   ヽヽ
           r,ニY/」 ′〃   , ' l| ト、 l l ̄l「`、   | ハ
           __〉イ〃 ,  /, l   / ,イ!} |リ 八 ヽ |ハ
           〈 rク// ,′ ,'/l∥ ,' /厶‐十ナ/}小、ヽ ∨/  、
        , -ァ7イ {  l   |l ハ ト、 { l /ィ乏f千ァ l |ヽ}_ノ   、、 `、
        // 〃l ハ  、 レイ下丶、j′'ヾ゙ジ  // rヘ川 ¦ ヽ ヽ      でも、あなたが一緒にやってくれるなら、
.     //   {l { い、、\V,ィf赤       //  ,ィ|l |  ト、 \
     {_/    ヾ \/ ヽ\ヾ`ー'′       { !  仆//  ,′ | ヽ  ヽ    案外楽しいかもね? ああいう不便さも。
             ノ{ {  八_〉、   ` , - ァ  ゝ, ' V ハl /   ハ }   \
           , -‐'´/ハ 、 { |lヽ、      ∠ニ-V リ / /  ∨    ヽ
  , -‐'´  ̄   -‐ニ|l 7,ヘヽ \l_  「≧ァr<::..::..::..::..∨ /,...┴、/ト、     l
// '′, '´ ̄.:∧:.ヽ//  ヽ\j二 /// 7j「ヽ\::..::/ , '´::..::..::..::ヽj ヽ    |
 , '´ , / ___ ,' ハ/ , ′ }ノ/ ,..-ヘ \_/∧V /r┘/::..::..::..::..::..::..`、∥   l

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そこでアリスがふっと口元を緩めるのを、やる夫は見逃さなかった。
一緒に。そうだ、一緒にやればいいじゃないか。
独りでは不便で時間と労力の無駄でしかないかもしれないが、
二人でなら意味が生まれるはずだ。

どうやら真剣な表情をしていたらしく、「まさか、本気?」とそれを見たアリスがたじろぐ。
マットレスが小さく揺れ、彼女の動揺を表していた。
困惑に目を見開きながら、腕を組んで思案している。

「言うまでもないけれど、料理なんてしたことないわよ?
料理しているところを見たことすらないわ。
一応、この部屋にも小さめのキッチンはあるけれど、お湯を沸かすのが精々。
コンロなんて火が点くだけのお飾りだわ。
洗濯はともかく、掃除はなんとかなるかもしれないけれど」

彼女の視線が揺れる。最早映画そっちのけだった。
深紅の瞳には期待と不安が入り混じった感情が見え隠れしている。
やってみたいかもしれないが、できる気がしないといった具合に。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1428 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/11(水) 23:48:03 ID:om7gZO3w0 [17/17]

               ____
             /      \
           / ⌒    ⌒ \      それを言うなら、やる夫も同じだお。
          /   (●)  (<)  \
            |      (__人__)     |     でも、アリスと一緒ならやってみたいし、頑張れる気がするお。
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \     
        (____)       |、 \





  |  |   |                       {;;i´√マ {ム  i! i! ̄
  |  |   |     |          |        ムマ/i!  {{  }ハ i! i!
  |  |   |     l    .|       | |!  |   |;;ム  |  マ  |;ハ ヾ
  |  i!   |     i    |     }}ハ|  斗´i!i! .|ヽ;;i .|  iム. マハ  \
  |   i!   i     ∨  .i!    i!/ 斗´从__リi.| ノ;;| /|  .iム ヽi    \
.  i  i!   i      ∨ i!     /ー ´ _x≦笊  |i;;;;;|/ .iヾ  iム  \
  i  i!   i!从从  ∨ i!   /   彡弌:::::ソ´ i マ;;|  | i!  i_ム\ \
.  i  i!   -‐―‐ヾ. \ヾ /    ´¨ ̄    }  マ} i!∨ヾ ヽ} \ \     あのねえ。そんな言い方されたら、
   i  ム     i! ,xz笊仆、ヽ/          /从{| | /、 ヽ, xzzzzx
   i .ム    ヘ ⌒弋_ソ                // / | レx≦//////////       私も嫌だって言いにくくなるじゃない。
.   } iム∨   ヾ、               ノ / .|∧/////////////
.   | |マ、.∨  ム \     ヽ          /   |///////////////      「い、嫌だった?」
.   | ! .マ. ヽ  .!   ヽ     ー-‐ ´     / ////////////////
.   | .|  ヾ、 \ }   `>x         ///////////////////       いいえ。
.   レ′ //// 从≧x___ へ  `≧-  __   //////////////////
     //////////////// \_  // ̄////////////////////


1429 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/12(木) 00:04:32 ID:3AdpZF2o0 [1/3]


                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、         色々、やってみましょう。
        .       〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ
               //|  |\\ ___>   ヽ   , イ!// /   !   〉        恋人らしいこと、家族らしいこと……
.              /ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l /
         .    /:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l|/          あなたと一緒なら、そう悪くもないわ。
             /::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゝ
.         ./!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `
    .// // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /´// / /|::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
    // /  // ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ、
   .{′ /  //  / | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスは目を細めると、ゆっくりではあるが頷いてみせてくれた。
何も分からないのであれば、せめて形から入るべきだろう。
旧時代の形ではあるが、あれはあれで悪くないように思えた。

自分たちに必要なのはきっと、目が眩むような豪奢な住まいでも、
金が湯水のように消えていくような遊興でもない。
なにげない、ささやかなもののはずだ。

「い、一旦止めましょう? そろそろあのシーンだし」

アリスがそわそわしながらモニターを指差す。
白く細い指の先には、殺し屋と少女の同衾のシーンが映っていた。
苦笑しながら頷き、忙しなくPDAを操作して刺激的なベッドシーンを消そうとする
アリスの横顔を見守る。

そういったものもまだ、急ぐ必要はない気がする。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1430 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/12(木) 00:04:48 ID:3AdpZF2o0 [2/3]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1431 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/09/12(木) 00:05:17 ID:3AdpZF2o0 [3/3]
今回はここまでだ。

次回は……少し間が開きそうだ。

決まったら連絡するよ。シーユーアゲイン。


1432 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/09/12(木) 00:45:04 ID:P.u55qHU0
おつおつ

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する