へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)

クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第28回

1355 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 21:16:28 ID:mQls3omY0 [3/21]

     /   /    V∧
-、__  i   i   _   V i
、   ヽ! r<!  / ヽ V!
 V/--、V  j} ./    i }.!
、 .マム-ムV/ ./  _  ! i i
. ヽ-'! 〉,___V// / r`-、/         ,ゝ--- 、
--<  〉___〉 ! i' /!.   \      /       \
   V/ ,__}、.| i 〈  .!  i´ `` - 、  ./       ,>-\
\, '´ ヽ/ __ヽ--V/ヽ-、ヽ    \!    __/ ___i´ \
___.\   \{!   \  i.:.:.:.:..、_  , '゚´ \r<>--<   ヽ、. ヽ
{  `ヽ、ー‐}!、   \ヽ;.:.:.:.:.:.:.ヽ、  ,  \ilililililil/  /  V/ }!
{      _V//´` 、> 。:.:.:.:.:..、___   Vililill{  / }、 i}/
ヽ_jI斗ャ≦ ̄ ̄ ̄`ヽ/>{ili{≧s、_:.:.:.:.:.、  Vililiヽ__/{ } i V/
ililil{_   __/     \il>-、ililij!ililヽ;.:.:.:.\_!ilililili}_  ' ヽ, V/
ili{´ヽ、/        __\ililil_}ilil>‐<、ヽ、:.:.:.}ilililili} V/   ヽV/
iliト、  \      /   `ヽililil>-<ilヽ/≧'ilililil〈  〉      }!
ililili}    V/   ./      ` <ilililililil\ `ヽ>ー<    }!
ililili}    V/    V/      _ `¨¨`Y-<゚    /  > 、}!
ililili}    V/   V/     {f¨`ヽ      `゚ <}       \
ililili}.      V/   V/     {!             `>ー - -ヽー 、
ilili/     _V/   }!                 /    ヽ    \
il/       / .V/   .V/               /                \
´\   /    }!    V/                {                  \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
どこか遠くでジェット音が鳴り響いている。
最初はそう思った。

瞼を開けると、薄暗いコックピットと、そこに組み込まれたパーツの
一つのようにパイロットシートに固定された自分の体が見えた。

ネクストはAMS接続によって操作するため、搭乗したリンクスは
ベルトや拘束具じみた機器で完全に固定される。
実際にネクストを動かしているのは、うなじのジャックから伸びるケーブルだけだ。

透き通った青い立体映像によるシステム表示も沈黙し、
真っ黒な空間に閉じ込められていると、巨大な生物に飲み込まれて
その胃袋に収まっているかのような感覚を覚えた。

どうやら、眠ってしまっていたらしい。
戦闘の疲れと、緊張から解放された反動だろう。
輸送機までアリスと一緒に戻ったのは覚えているが、
意識を手放す寸前の記憶は曖昧だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



スポンサードリンク


1357 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 21:21:54 ID:mQls3omY0 [4/21]

                          _       γニニ=ミx    __ア∥
                          /{ニニニ=-- ,ト。{ニニニ}ト、 ''  _//∥
                           {ii{ニニニf {.   ヽ\ニニマニ\ マ . /.∥
        ,, -=r――――‐ -     {iii{ニニニム  ,.    \〕ト。\ニ\} /ニ
      <-=ニニ≧s。       `` マiムニニニニ\ , r==x。\ニ〕ト。ニ=\__=マx
        `''<ニニニニ≧======= -マiムニニニニ\ \-マ〕ト。ニニヽ/=f }_マム
           7 ̄ ̄` ''<ニニニニニマiii\ニニニニ≧.ヽ ヽニム、ニ圦.ニ.| }ニ}∧}
           }ヾニニ/{ /ニ}` ''<ニニニマiiiii≧s。ニニニニ’,. マニム\ニ\/ii\」ト、,
           ∥===/''ニニニ/=ニ=/ .''<ニ`''<iiiiiiii≧s。ニ==-, ー〈  ヽニ\<マニ\
          ∥== /∥ニニ〃ニ=/    ー―=|``ー===>''´=〉-ニム   }zzニ\`ヽ<: :ヽ
         ∥=ニ/.∥ニニ//ニニ/           |   ヽ \ニニ}ニム=}  ., ーミλヽi}`⌒
        ∥_ニ/..∥zニ//ニニ/         |      Y  ーfヾニ} ゝ ''、   .}ニヽ Yニ\
       ∥_z/...∥zz/ ,ニニ/           ,    |`ヽ ノニ}ン  ーt__ノニニム}ニ``ヽ
        ム._./....∥._./ .,..-=/             {ム    \ム{ニf  _ 〉ニ>''´=)
       ム=/.....∥=∥∥iii/              .{ニ〉     }ニ}ニ{i,ィ´ニム{ ̄ニニ/)ヽ\iゝc。
      ム_/......∥=∥∥=∥              ∨{i .i}   ト }ニ}ニ\/}_/ニ``~、ゝ-’}ニヽニヽ
      ム./.......∥=∥∥=∥               ∨Ⅵ   マムニ}ニニz\t-={〕iト。ニi}_{ニニニi}ニニ ,
.      =/........∥=∥∥=∥                ∨=i   i}ニi}ニニニi} }ニ\ニヾ,\-=ヽ {i} ̄ヽzc。
.      /.........∥=∥∥=∥                 ∨ム   i}ニ∥ニニ=// ̄ヽi\ニ} .}ニニゝi}   マニヽ
         ∥=∥∥=∥                  ∨ム  i}〃ニニニ∥   ⌒ラニ\ー’-=ニニ⌒ヽ}ニニ}\
        ∥=∥∥=∥                 `''<-'ニニニニ={iニx∧ ヾニニヽ7ニニニニニ)ヽニi}  ヽ
       ∥=∥∥=∥                  |ニニニニニ={iニ/ニ>。メニニ)ニニニニ>-ミ=}圦  }
      ∥=∥∥=∥                   マ==ニニニ=-{iY{iー―――t≧c。ニニニ乂ンノニニi} '

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「あら、起きたみたいね」

通信が入ってきた。アリスの声が頭の中で響く。
落ち着いた、それでいて柔らかい声色だった。
戦闘時とは打って変わった、優しい声だった。

「今、あなたの親代わり」

「そんな歳じゃないってば。精々姉か従姉だよ」

「ふふ、失礼したわ。なのはと交渉してたのよ。
これから、二人でお出かけしてもいいかって」

なのはの鋭い声を聞いて、アリスが鈴の音のような笑いを漏らす。
むくれたなのはとアリスの笑顔がありありと思い浮かぶ。

しかし、お出かけ? そうは言っても、自分たちは今ネクストのコックピットで磔だ。
降りようにもコジマ粒子の除去を行ってからでないと降りられない。
そもそも、任務から帰投する最中に寄り道をしてもいいものか?

そのまま伝えてみると、アリスは軽くため息を吐いた。

「あんたって、存外真面目よねぇ。そんなんじゃすぐお爺さんよ?
このまま行けばいいじゃない」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1358 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 21:32:07 ID:mQls3omY0 [5/21]

.       /:.:.:.:ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ /  ̄ ̄ ヽ
     ///:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,
      /′.:.:./:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,:.:.二ニ=‐:.{{}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
       ,':.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:. l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
     : : /:.:.:.:.:.:.:,':.:.:. : |:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:. : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     l:/{:.:.:.:.l:.:. i:. l:.:.:┼<:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.:.:.:.: /:./:.:.:. : /:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     |:! :.:.:.: {:.:. {:.:|:.:.:|l--、 ヽ:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.}:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     リ ',:.:. |:.:.:マ マ:.:|: ´沁}:.:.|:.:.:.:/:.:.:.:/_/:.: , ':.:.:./:.:.:.:.:.:.:.: : /      まったく、特別だよ?
       マ:.lマ:.:|∧マ::{  )じリ/:.: /:.:.:.:/  }:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
         Ⅳ マ,':, ´N ゞノ〃:.://:.イ  /: /:.:.:.:.:.:. /:. : /        上の方には内緒にしておいてあげる。
           / : \    /:./ /:.:.:/__/:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/
.          {:.:.:/ ゝ┐ /ノ  /:.: /, ':.: /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:..            輸送機不調による一時停止、
           i: /   ヽ/  ./:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:./
           |/       ヽ-- /:.:./:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:./              それに伴う周囲警戒とでも言っとくよ。
           |!       /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./、
.               ___/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.: /― ≧ュ、
           , ´:::::::::./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::≧ュ、
          /:::::::::::::::/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧、
       .::::::::::::::::::::/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::}
      /:::::::::::::::::::/:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::i

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
なのはの了承を得ると、「決まりね」とアリスが上機嫌そうに呟いた。
途端に薄暗がりが鈍色の輸送機内の光景へ様変わりし、
ハッチが軋みを上げながら開いていく。

輸送機はそこそこの高度に位置していたのか、
夕陽が地上を覆う雲を黄昏の色に染め上げていた。

「ほら、行くわよ」

傍らに収容されていたロストワードが徐に射出されていき、
やる夫を置き去りにする形で空へと放たれる。
驚く暇もなく、マーシフルのカタパルトも既に動き出していた。
問答無用で夕焼け空に放り投げられ、視界が果てしない雲の絨毯で覆われる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1359 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 21:39:30 ID:mQls3omY0 [6/21]

                      ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)
                        (.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:(______
                         ⌒ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                        __ ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒     ー‐‐ 、.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.                        (.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´            ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
(_____                 ⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}           (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ⌒ヽ _                  _).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ             ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒ヽ.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)             (___.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(  ̄                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:____ ノ    \
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:( __              ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:rく⌒)  }               {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)               (.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:___ ノ  ( __ノ               {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:____ ノ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:( __              ̄ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(                         ).:.:.:.:.:.:.:.:.:(
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)___           ____).:.:.:.:.:.:.:.:__)                        ( ___ __ )
 ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄
=-  ニ ニニ= == = = ----    __    ̄      ===─= ____  ̄ ̄二ニ= --- ==  ̄ ̄ - _ __ -- == =  ̄ ̄ = - __--
             == - ニ--  _ ___-- =  _     -==─
        ─ ====  =  ─ __     ─ ====  =-= ニ       ___  ̄  _  ニニ =--- == =     ---
- ---  ̄  ̄____ _= = =                --==--       - == ──    _     -==─-- ─ -- _
 - -二 二 _- -     ─          ─ --  ニニ =--- == =     ---

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
雲の層を掻き分けて突き抜けていく。
やがて視界が開けると、そこには一面の紺碧が敷かれていた。
海だ。それは分かる。遠目には砂浜も見える。

だが、その海は見たこともないほどに透き通っていた。
まるで液状の宝石を砂の上に流し込んだかのようだ。
陽の光を反射して煌めき、微かな波の音を運んでいた。

「この辺り、こうして綺麗な海があるのよ。
実際は汚染で入ることなんてできないけれど……
見るだけなら、素敵なことに変わりはないわ」

アリスが感傷に満ちた言い方をする。
こんなに綺麗な海なのに、魚の一匹も生きられないのか。

夕陽に照らされた、美しい死の海を見下ろしながらブースターを起動して
ホバリングの姿勢に移る。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1360 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 21:46:54 ID:mQls3omY0 [7/21]

                     j{{.      Χア゚
                        j{[    Χア゚
                    -‐j{[ミ、 Χア゚  -‐=‐- ミ             _   -‐=ァ
                /   j{[ ) Χア゚/    /ニニ=Y      _  -=ニニニニ=-‐ ''"
             r 、  /乂____ j{[ィiΧア゚,7≧=‐=≦ニニニニノ_  -=ニニニ=- 」ニ廴
             ∧\\{ニニニニニj{[Χア゚__叭ニニニニニニニニ才゚ニニニ=-  L 〉゙廴.\ニニ-_
           ∧ \\,ニニ/l{ア´iY´ Lニ≧=‐ ‐=≦/"~ 〈ニ=〉〈=-{ 寸=`、 \ニニ-_
               ∧  Y^寸Lノ、ニ从  }/{{´⌒`寸 l   ,ノ=〈  ∨∧  寸=`、  \ニニ-_
           /i/ム__/\ /-=l}_/〉ーくニニ∧{「\Lノ   |ニ={[.  ∨∧  寸=`、   \ニニ-_
.           /i/ニ/´{   7ニニハ/〉   ∨//Vム 丶   .|ニ={[   ∨∧   寸=`、   \ニニ-_
          {/ニ/=ニ}  lL イニ}/〉   ∨//Vム   ゚,  |ニ={[.    ∨∧   寸=`、    \ニ-_
         〈/ニニニ}   V,jL.ノ/{L l「\∨//Vム  {  |ニ={[     ∨∧    寸=`、     \ニ-_
          }=ニニニ,     V,ニ/ニ,ア⌒'\il`∨//Vム ノ   |ニ={[.      ∨∧     寸=`     \ノ
         ,'=ニニニ/   /^V{_,/ニ/^''ー、\}∨/ニ=ム   |ニ={[      ∨∧      寸」
.         /=ニニ=/   〈\ニ={=-|   」lVム.∨/ニム  |ニ={[.       ∨∧
      /{i/=ニニ=/     {\{ニ={=-| /i{ マム ∨/ニL  |= /        ∨ l
.       ,'=ニニ=/       、ニニ∧ニレ'=/}  マム i}ニ7⌒V L/            '┘
      l =ニニニ'     「≧s。i}\{  V/^i/{i   マ 'l}i/   ∨
      Li=ニニニ{   人ニニニ=`寸 i{L/=ム   Vjj`、
      ]l|ニニニニ〉    \ニニニ=V ∨/二{{   i}}ニ}   i
      ]l|ニ,xtt〈       \r‐く,   ∨/ニi|   i}}ニ}   l
      从//⌒i{       〈  ∧  ∨__j|   ,ニ/    ,
       {Liニニ='、        ∨/^\ 〈ニニ〉   /i/   /
       ]|ニニ=⇒        } /  } } ̄乂_∧乂__,/
.        从乂r⇒'       乂__ ノ{i〈=ニ=/ニ\_,ノ
.          `'┘          i|=||=| }ニ└ァ' =ニノリ
                     l|=||=| }ニ|| ←=彡'゙
                     l|=||=| }ニ||ニl
                     lL八」 、,,||_ノ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「海が見たかったのかお?」

「あんたと見たかったのよ」

つっけんどんなアリスの返答に、思わず頬が緩む。
向かい合ったロストワードからは、アリスの表情は見えないけれど。
こうやって声を聴くと、確かにそこにいることが感じられた。

それからしばらく、やる夫たちは二人でブースターの咆哮と
ジェネレーターや関節の駆動音、それらの隙間から聞こえてくる
波と風の音に耳を澄ませながら空に佇んでいた。

時折、アリスが海に関する知識を披露してくれたが、
それも豊富とはいえなかった。とはいえ、自分には嬉しかった。

時が緩やかに流れているのが分かる。
表示を呼び出せば経過時間を見られるが、そんな無粋なことをする気にはなれない。

ふと、アリスが呼びかけてきた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1361 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 21:53:37 ID:mQls3omY0 [8/21]

i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}ニ>、
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}ニニ>,- 。 _ _ .r:i:i:}
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/∧ニニ∨ニニ≧<><=- - 。 _
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>ヘ'∨∧ニニ ∨ニニニ\ `><=-ニ≧ 、
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i> ´  'ヘ'∨∧ニニニ∧>、ニニ∨ ≦≧ミ}ニ}}: : : \,
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i> ´}}へ   ,'ヘ'∨∧ニニニ∧=>ニ'∨ /≧=iミ{′: : : : ∨             _
i:i:i:i:i:i:i:i:>_´r≦    ム ,'ヘ'∨∧ニニニ∧= >、<,/ y'¨ Y}ニ≧ : : : :∨        __ 。r≦ニ}!
i_i_i_> ´\       ム  'ヘ∨∧ニニニ∧ニ= >、=>、 !|マニム_:_: -'      。<i:i:i:/}}ニニ}
ニニ>'ニニ\       ム ,'ヘ___>¨´ '\ニニ>、ニ ∧ニ>、_}ト、ニ∧_    , r:i:}i:i:i:i:i:i/i:i:i }}ニ′
ニ>'ニニニニム      ム   ‐‐∨ /ニニニ∧/ニ∨、ニ>、\/∧ 、  ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:}!ニ′
>'ニニニニ>'ニム     }}!    ∨ /ニニニ:|ニニ>、ヽニ>、\=-/\i:i:,i_i_i:i:i:i<:i:i:i:i:i:i:i:ヽ′
ニニニニ>'ニニニム     }}!     ∨ /ニニニ{_ニニニ>,ヽニニ>、_/=- ∨ ,/ /∨i:i:i:i:i:i:i:i∥
=ニニニ>'ニニニニニム    }}!     ∨ /ニニニ{≧ 、-={i:i:∨ニニ{=->、∨ /__}}i:i:i:i:i:i:i ∥
..}- >'ニニニニニニ>':ム  :}}}    、  ∨ /ニニ{ニニ \ヽi:i∨ニ>、ニ=- \′ v!:i:i:i:i:i ∥
/>'ニニニニニニ/イ,'=/:><´     <>  '∨ /ニニ'∨ニニ _ヽ∨∨ニニ>、ニ=-∨/}i:i:i:i:iノ′
'ニニニニニイイ-/,'_,/ ∧ :>,      <> ∨=-≦:∨,ニニ≧s。}}ニニニ>、=- ∨≧=≦
ニニニ>¨´ ,-=,/ニ/ / /∨} >     <>,/ニニ≧\ニニニニニニニ>、(ニニ≧ム
¨¨¨´    ,-=/ニ/ / /′'ヽ>, }!:  , <,/ニニニニニ \ニニニニニニ∧∨ /、ニ\
       -=/ニ/ / /′   {ニ><ニ/ニニニニニニニニ\ニニニニニニ∧∨ /\ニ:\
       ,-,/ニ/ / /′   '<≧{{リ/>、ニニニニニニニ>\ニニニニニ∧∨ /ニ≧s。>、
      ,-/ニ/ / /′     '<ニ∨ /∧ニニニニ><ニニ \ニニニニ∧∨ /\ニニ}
.     ,-/ニ/ / /′        '<ニ∨ニニ〉ニ><ニニニニニ:>\ニニニニ∧∨ /ニ\ニハ
    ,-/ニ/ / ,:′         {≧<ニ}<ニニニニニニニ/   \ニニニ∧∨ /ニニ∨ハ
    , /ニ/ / /          /¨<ニ≧{{ニニニニニニ>'      ¨<ニニ∧∨ /ニ'∨ム
   ,'/ニ/ /, ′          /ニニニ><>。ニニニ/           `¨<,'∨ /ニニ\ム

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「あの、ね。私も少し、あれから考えたの。
私のこと。あんたのこと。私たちのこと。これまでと、これからのこと。
沢山考えて……結局、答えなんて分からなくて。
今日、シュクヴァールと二人でやり合って……
危なかったけど、何とか勝って、思ったの」

ロストワードの橙色のカメラアイが微かに揺れる。
巨人の一つ目のようなカメラアイは、思えば今の日の光と同じ色だった。
黄昏とも、夜明けとも取れる色だ。

ロストワードはこちらを、マーシフルへと頭部を向けていた。
きっと、その向こう側から、アリスがこちらを見つめているのだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1362 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 22:08:32 ID:mQls3omY0 [9/21]

   {ilililililillilil/ノ /   /      ヽ \
   {Ⅶilililili/ノ  il   i    ヽ   ハ ',
   {Ⅶil≦イ  il  .il  ト、   i    V
 _,彡イ 水 ̄ミヾ=.il  .il  ハ   ヘ  i .il
イイ  //ハヽ  //   il  i ト   ハ  il il
ヾ .//  Ⅶ_/ il  .升 | リハ il リ イ 丿 
 .Y /    iliイ.  iト  ハト>K彡' }/ イ.//
 //    川  .il ヽK' / ィ= / i、 il       私、あなたが好きよ。
.//     ハi.l  人} ィ匕r:j    `ー,
Ⅵ     i i.l  .ハリ   ̄ ̄     /
illi}    il il  il il        _ _イ
ilil}    il Ⅵ/ ノ       - ' ノilリ
人     ヾ≧ '         / /
ilililゝ, - - 、 \\ r、___ /i./
ィ三三三三三ミ、ヽⅦミ=、_
三三三三三三三ミ、 \iミミ、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
意表を突いた言葉に、一瞬時が止まった。
思考が停止し、アリスの言葉の衝撃で鼓動が沈黙しかけた。

「あなたって、なんだかんだと優しいし、芯も強いわ。
私みたいな女に、こんなに必死になってついてきて。
だって、私たちってランクで言えば二十以上も差があるのよ?
それなのに、今では肩を並べてるじゃない。
それって、それだけ想いが強いってことでしょ」

「ま、まあ、そうなるお」

それを聞いたアリスは、ごく自然に自身の想いを吐露した。
恥じらいや迷いのない、真っ直ぐな声だった。
純粋な、相手に自分の想いを知ってもらいたいという、
彼女の精一杯が現れていた。

「私、そんなあなたが好き。
そこまで女一人のために必死になれる、あなたが好きよ。
そこまで私のために一生懸命になってくれる人、初めてだったから」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1363 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 22:08:42 ID:mQls3omY0 [10/21]

                   ,、rm__rv竺vヘュrヘ- 、
                 {辷彡'こ三三三三≧ヘV,ニニヽ
                     /彡クー^ー'^ー^¬卞〈\ヽ∨
               / 乃了   `ヽ  ヽ∨∧ヽ \`、
                  //_/7 ′     ハ `、〈〈_ノ ノ   ヽヽ
           r,ニY/」 ′〃   , ' l| ト、 l l ̄l「`、   | ハ
           __〉イ〃 ,  /, l   / ,イ!} |リ 八 ヽ |ハ
           〈 rク// ,′ ,'/l∥ ,' /厶‐十ナ/}小、ヽ ∨/  、
        , -ァ7イ {  l   |l ハ ト、 { l /ィ乏f千ァ l |ヽ}_ノ   、、 `、
        // 〃l ハ  、 レイ下丶、j′'ヾ゙ジ  // rヘ川 ¦ ヽ ヽ
.     //   {l { い、、\V,ィf赤       //  ,ィ|l |  ト、 \       もし、あなたが私に何かくれるって言うなら。
     {_/    ヾ \/ ヽ\ヾ`ー'′       { !  仆//  ,′ | ヽ  ヽ
             ノ{ {  八_〉、   ` , - ァ  ゝ, ' V ハl /   ハ }   \    私はあなたを頂戴したいわ。
           , -‐'´/ハ 、 { |lヽ、      ∠ニ-V リ / /  ∨    ヽ
  , -‐'´  ̄   -‐ニ|l 7,ヘヽ \l_  「≧ァr<::..::..::..::..∨ /,...┴、/ト、     l   代わりに……あなたに私をあげるから。
// '′, '´ ̄.:∧:.ヽ//  ヽ\j二 /// 7j「ヽ\::..::/ , '´::..::..::..::ヽj ヽ    |
 , '´ , / ___ ,' ハ/ , ′ }ノ/ ,..-ヘ \_/∧V /r┘/::..::..::..::..::..::..`、∥   l
/ , ///   __.::|||::./ / ///::..::_>ー'′∨厂 /::.::.::..::..::..::..::..::..::..∨!    |
 ///厶-‐ '´  ::|∥|:: /, / ̄::..:/ ::rv冖vク/ |レ'〈::ー::‐::-::..::..::..::..::..::..::} |   !
二 ̄  -―  ::V リ:: / {^ヽ::.//::rく v佗く//  人:: ̄´::.::.::.::.::.::.::..::..::/ !   |
―‐  ̄  -―‐ ::∨::.彡rベ::..::.〈〈_>ヘヒ彡'´ /r_/\::..::..::..::..::..::..::./} l     !
____rー― 「ト、― '´/{r冖-、::..:`7〉// / / _「7::..::..〈::.,ニ==rr< /  j     }
、 ∠ニ/ ̄ {| lハ、_厶≠-ミ、\/}   ,′,' ∧ V/::..::..::/〈__//「ヽV   ,′   ,′
{ヽ、\__ゝ_/Y^rr-一'  人  \r1 ハ !_「/::..::..::..:/:>ァ‐'´::ハ∨/  ′   /
ヽ、_二ニ=― {/ / / } ―¬个、ヽ、 ヽ\__〉∨::..::..::..::.:://::..::.::/ 「「   /     イ
=====ニ彳`丶、_」V  rく   ヽ/ \ヽフヾ==ァ::..:/_/::..::..::..:/   !l| /   /|
   ,..-‐く_〈     し'   〉 \`丶に     レ1 ∨ニ〈::..::..::..::..:/ /j l / ,ィ   !
 ̄´::..::..::rv′r‐xノ7  rく_  ヽ、_j  丶、_ノ  |「`ヽ〉::..::..:// /厶-‐'′}   l
::.::.::..几ノ r、_/  ヽ 〉  }―-   /く _  〈 \ / トx彳::..::./´ , r ┴′   ,′ /

1364 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/08/28(水) 22:11:52 ID:X1mK4VnE0
アリスさん、ど直球だな

1366 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 22:25:44 ID:mQls3omY0 [11/21]

     ____
   /_ノ  ヽ、_\
  /( ─)  (─)\      ……アリス。
/::::::⌒/)/) ⌒::::: \
|   // /      |     「な、なに?」
\ | /  二二)    /
/ i   r‐一'     \      それは、男から言うセリフだと思うお……。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスの言葉を聞いていると、段々体温が上昇していく気がした。
胸の内が何とも言えない、むず痒いような気分になる。
けれど、ここまで言われて応えないわけにはいかない。

「構わない。元よりそのつもりだお。
あの夜から、ずっとそのつもりだった。
やる夫の全部は、君のだお。君が、この命の全部だから」

それこそ今更というものだ。
口が悪くて、ちょっと気難しくて、不器用で。
強くて真っ直ぐで、優しく暖かい彼女だからこそ。

自分は、こうして空の果てまでもついていくのだ。

「好きだ、アリス」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1367 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 22:25:54 ID:mQls3omY0 [12/21]

                 r 陀ァニニ ー 、
               /.:. ≧^ヽ - -  __.\
              /.:./          ` ヽ_
                //         、    ム、
           /イ             !l } }l   l:!l:l
              l:l〃   | |ヽ    L⊥}1イ l l⊥!
          /{l:l l  | | }.トィ\ l .' _之ュl / /}lTl }
          ヾニイ ! lヽィf.(卞 } / 〃⌒ }/l !l:l.ソ
              lⅥ 、ヽノヾツ    "" ´}   ! ヾl                ……ええ。
               | 〉ハ ー\""   ` ,   イl  !   i        _/
      ヽ---≧ー、}\ヽ \    `  /jヽl  ハ ⊥イ- 千三干- 、 _      それじゃあ、改めて、よろしく、ね。
   _`三Zニ三ヽニ . ̄ ̄ \ 、ヽ}:.:.::zニ <´:.:./! r-/ィー 、三三三Zー ´
  ー ニア三三./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ jヾイ7 Y Vン l/ l.:.:.:.:.:.:.:.:.\二三三≧、
  ィ千三三三./.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:|r-vう / !ヽヽ r-v-}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽニ三三三ヽ
. /三三厂}三/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/}> ´/ .公 \^-<}\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ヾ三三ハ
 ´  リ ムイ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.-/ / i  -'__人_ヽ    !ヽ ヽz、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽリ  jソ
       /ハ:.:.:.:.:.:.:.:八   .⊥ ィ ー‐.个ーへ _勹、 / i.:.:.:.:.:.:.:./
.      /// ヽz.:r-'  ヽ /l }.:.!  ヽ f   ィ ニ{ _ ーi、 マ.、:.:./ヽ ヽ
     /// /!l⊥ヘ  イ   ヽ-i:.\ノ人/.:.:}_)  下  _ノ ヽ!l:} 、!  l
.    /// / ソ }. \ !∠ /}_.j:.:.:.:.ンく:.:.:.:l {   ー  }_  }从l:l !  l
    i ! l ! ノ ! イ_  __} -{ l.:.:.:.:((:l:!!l)):.:.:.「i  , - } 、 〉、 ヽ !l:l !  l

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
その言葉は、今まで生きてきた中で、最も真剣なものだったと思う。
誓いと言ってもよかった。約束と言ってもいい。
決して譲れない、たった一つの確かなものだった。

自分を自分たらしめる、ただ一つの感情だった。

「そろそろ戻りましょうか。色々我儘聞かせちゃったしね。
伝えるなら、こういうところでって思ったのだけれど……
結局、AMS越しで顔も見られないし」

「大丈夫だお。これから何度でも、顔を合わせて話せるお」

そうよね、とアリスが確かめるように一人呟く。

結局、やる夫たちは輸送機に戻るまでの間、通信を切らずにいた。
何かを話した訳ではなかった。だが、相手の存在を少しでも感じていたかった。
同じ時に生きているのだと、同じ想いを共有しているのだと、思いたかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1368 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 22:26:17 ID:mQls3omY0 [13/21]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1369 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 22:35:41 ID:mQls3omY0 [14/21]

       // //===!ゝ、_
  V  /i!i!゙゙´i!i!゙ ̄i!i!i!i!i!i!`>‐-ー―――、
  | !/i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!∠´ヽ|
  |i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!`三≧彡
 ゝ!i!i!i!i!斗<弋≧´``゙゙     \i!i!i!i!i!i!i!i!i!ゞ
  `r ´               ゝ-ミi!i!i!i!i!ミ
  |        /Ξヽ__       `ゞヾミミ
  |    _斗≦_/ j |刈 ̄`ミミ、     ∧
  |_斗≦´ `ミ三ゝ冫/ i卅i!i!i!i!i!ヾミミ-‐ ー┴彡
   ーゝ-   ミ三f_//彡i!i!i!i!i!i!i!i!i!i |i!i!i!i!i!i!彡
    入    三i ̄´卅i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i .∨i!i!i!i!i!i!i!i!彡__
    i ヾミ   三i 彡i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i|  \/ ̄ ̄
    ーヽ`ヾ    i  冫彡!i!i!i!i!i!i!i!i|  ∧
      `ミミミミミミi   彳/ゞ´\__|   ∧
      `〉》刈|||/ \__/   \ ..|   ∧
       iiijjjjjjj/_斗< ヽ   ヽ\|    ∧
       `ー<  `!  _,斗‐┬‐┴-|     .|
             ゝ´ _/    .|       |
           /弋彡 ./     |     |
          /__/  /        |____≦
         ゞ´/ ┃ .〈       \
        ./ !     ∨      \
        /|  !     ̄ \       .\
       ./ .|  !         `ヽ       \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
コロニーに到着し、ネクストの粒子除去等を終え、
ようやくコックピットから解放されたと思ったのも束の間。

ネクストから降りたやる夫とアリスの前に、一人の男が腕を組んで立っていた。
待ち構えていたと言って差し支えない。

オリーブ色の軍服風のジャケットとパンツに覆われた肉体は筋骨隆々としており、
袖から覗く腕はしなやかながらも逞しく、雄々しかった。
背丈は自分より頭一つ分大きい。
鼻が高く、鋭い一重瞼の下の目は青かった。
頬もこけ、顎髭が乱雑に伸びて揉み上げと繋がっている。

「……ネイキッド・スネークだ。補給で寄らせてもらっている。
あんたが、マーシフルのリンクス……で、間違いないか」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1370 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 22:41:37 ID:mQls3omY0 [15/21]

    }: : : : : : : :_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;リ
    i!: : : : : /: : : :r : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : __i
    〔: : : : :/: : : ,´:/ヘ: ヾ : :ノヾ: 、: : :ヽ  \>'´///}
    |ミz、ノ: : :彡'/__ヾ:i :〃:ミヾ ミ: : : \: : ;)/////.i
    |/〃: : :ソ : {//////////ヾ、ミ:}ヾ`゙/´\j/////.{
.     }ヾ゙从〃\`.///////////`゙ヾ;////////////-、
.    i////////ヾ./////////////j//////////f'´ヽ.i
    ノ`ー-、./////\_////////////////_ノ´ミK`Y }.}
   /ソ: : : {≧`゙ー-z、_////////,>任=ヲ'´,  `ミj, ノ〃、
   〃/: : : i三三三三 >゙ーi-'´ ̄`=≡´     ノ从〃ミミヾ、_,
_彡'人: : : :}三三三/ i  i!  ヾ  `ー    ソ彡ソヾミヽ、
.:. .:. .:. .:.ト、彡ヽ三≧' ; ´  }  、 }     、_  ヾミ三≧ミヾ`ー-
 .:. .:. .:.从ミソ, `゙´/{ '  ! |   Y、     `ヽミ去ミヾ!.:. .:. .:. .:.ヽ
.:. .:. .:./:. ソ彡ネ  ム,,, ヽ '  ヽ ノ `ミ、   、ミミヾ、゙,; |.:. .:. .:. .:. .:.\
. .:. . /. .:. .'キ彡 '去彡ントz - 彡≦ミヾミヾ、 、ヾミミノ,;;; |:. .:. .:. .:. .:. .:.
:. .: /.:. .:. .:./;ム彡'´`゙丶_   __ ― ; ミソノヾ}/从',;;;;;i .:. .:. .:. .:. .:. .:.
.:. .:{. .:. .:. 〃∧ミソ ゝ= __ ̄ ̄__, , '´ ソノノノソ彡/,;;;;;;;;|.:. .:. .:. .:. .:. .:. .
. .:. | .:. .:. .}::::i;;;;Y彡,_ ,zkz=zk  ゙´ ノ从ノノ /,;;;;;;;;;;;!.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:
:. .:..i. .:. .:. i:::::|;;;;;ミ从ソソil|||||||ilミ、_ 彡'从ヾ /,;;;;;;;;;;;;;;;;|.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:
.:. .:.| .:. .:. .|:::::|;;;;;;;;;ヾミソ|||||||||||||illlミ从ヾ../,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{.:. .:. .:. .:. .:. .:. .
. .:. .!:. .:. .:.i!:::::l;;;;;;;;;;;;`ヾミ三三≦彡゙ , イ゛,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.:. .:. .:. .:. .:. .:.

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
何よりも目を引いたのは、無骨な黒い眼帯で覆われた右眼だった。
伊達や酔狂で着けているとは思えない。額の黒いバンダナは戦士を思わせる。

活力や精気も表に出してはいなかったが、不思議な風格と覇気があった。

「……若いな。歳は」

周囲の整備班スタッフたちもランク2の訪問に浮足立っており、
ちらちらと視線を寄越しはすれど、声を上げることはなかった。
皆忙しなく、いつものように計器や機器に向き合っている。

「なによ、アンタ。人のパートナーに用でもあるの?
いくら同盟を結んでるとはいえ、他企業の所有するコロニーに居座って、
あまつさえ……」

「アリス、落ち着いて……悪意とかは感じないし……」

反射的に凄むアリスを宥めながら、スネークに向き直る。
感情の読み取りづらい険しい目は、やる夫を射抜くように見据えていた。

下↓3 どうしますか?
1.素直に答えていく
2.お茶を濁す
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1371 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/08/28(水) 22:49:54 ID:x0rSoIQs0
1

1372 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/08/28(水) 22:53:28 ID:/cak0BnU0 [2/2]
1

1373 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/08/28(水) 22:54:33 ID:BFaECiuc0 [2/3]
1

1374 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 22:58:28 ID:mQls3omY0 [16/21]

/   二>ゞ、  \i!i!i!i  i !∥ |
  =≡二三≧`ヽ  `ヾj `i // /
┬―--≧ー―― 、__ !     _ゞ、
/  /                |ヽ|
ノ/                     |
/                   /
                   /,
三三ー‐ii!i!i!i!i!i!i!i!≧==‐、_,∠/
三彡  ji!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!j  `iゞ
三二≡=ヾi!i!i!i!i!i!i!>´    i      「じゅ、十八です」
,       `≧≦´ /    i
彡彡   /        ̄ト、__i      ほう。人種は黄色人種……ジャパニーズか。
彡彡彡´   /彡iiiiiiiiiiii/ヽ
彡彡彡////斗≦ ̄ ̄`! ∧        隣のランク3とは、そういう仲か?
ヾ彡彡巛巛彡ノiiiiiiiiiiii!´  i
::::≧=、彡彡ノiiiiiiiiiiiiiiii|   i        「へ、あの」
:::::::::::::::\ミミミミミミミミミ   i
\::::::::::::::::::::::ゞ≠≠≠ミヾ  /∧       いや、言わなくていい。無粋だったな。
  ≧=ー―  i´           ∧
 `i\   `ヽ \_/ ̄`ヽ  ∧
  i  \__| ヽ      \  |
  `ヾ三三三彡´|        \ |





        /| ∥/ヾ/ /
      /´ ヾ/      !彡ゞヾ
     /             /≦`ヽ、
    _r                  ゞ== 、
   / ∧                 ゝ、___\
   |〈`iヽ                    ゞメ
   |∧!|  \                 ミミ ヾ
   |  |   `≧=‐‐             ミ
   | ヽ          `ー――――--ミミ            戦いを楽しんでいる様子もない。
   |  ゞゝ<_____         ,r≦`ヽミ
     ./  __`ヾ二二__ー‐―――f / `∥ゞ--           使命や大義、忠誠心に燃えている目でもない。
     i____冫        ミミミゝ= ´ /    ヾ__斗――
     彡 ミミ;;,,       ミミミ/_r´     ー――--      金のためだけに生きている荒んだ表情でもない。
     ゞ`ー-、ヾi!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!/彡       ヾ、    `ヽ、
     /;;;;;;;;;;;,,,,,,ji!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!/彡彡斗≦ー 、ミミゞ-―
    彡彡彡彡刈i!i!i!i!i!斗<      ≠=≧ミミ \ヽ
     ゞ彡彡ヾゞ´ ̄  /      /    ≠==≧
    / ̄/ /ゝ! __/     /    /       ≧
  /  / /    -――==二/     /           ヽ

1375 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 23:02:03 ID:mQls3omY0 [17/21]

       ! |             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________
       ヽ〈             :::::::::::::::::::::::::::-=≦三三三三三三三三三三彡  _____
        i |  .......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::______斗<´
        | |     ..............:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__斗------ ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::斗< ,,;;―
        /,|___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::______斗<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::::::::::\
       ヾ:::::::::::::::ー  、____彡:::::::::::::::________:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  _/::::::::::::::::::::::::ヽ
        \::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!i!i!i/´二> ̄フ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
          ヽ:::::::::::! `ゞ彡:::::::::::::::::::::::::::::ー二二≧= ´//       :::::::::::::::ヽ- 、 /\:::::::     i
           i:::::::j     ̄ゞ´ ̄∨::::∧:::::::::::ゞ              ::::::::::::::::(  `´  i::::::::   ∨
           |::::::i          ∨   ̄ ̄                ::::::::::::::::|    /:::::::   ∨
           |::::/           ∨                         / ̄::::::::′  __/
        ./ ̄ ̄|:∧            ∨_                                  /
     /     .i´        二 >                                       /
   ./      .i          | |ミミ、                          ゝ、____/
  ./          i       斗===/ `三三ミミ、
/            .i     //⌒´   `ヽ三三

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「小僧、俺の眼を見ろ。
俺の眼の中に、何が見える」

スネークは軽く腰を曲げてやる夫に目線を合わせると、その両手を肩に乗せてきた。
ずっしりとした手はやる夫の肩をすっぽりと覆い、地面に沈めんばかりだ。

言われるままに、スネークの左眼を見る。
スネークはそこに何があるかと尋ねてきた。
だが、やる夫にはその眼の中に、何も見えなかった。

喜びも怒りも、哀しみさえも。

「……何もないだろう。何も残っていないだろう。
若さを大切にするんだ。今はリンクスとして戦うのもいい。
だが、終わりは等しく訪れる。戦いであろうと例外ではない」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1376 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 23:05:29 ID:mQls3omY0 [18/21]

       イ二二二二二ミヽ、
     /|  ノ|         ̄≧ー、
    /´i .!、  !            ー-,
    | |  /∨`i ∧          \
    l |/   \| |i!i|            ゝ
     ,r≦≧t、  || Ⅵヽ | |\        ̄
   /  ゞ≡´丶、    \||  \          俺は、戦うことでしか生きられない。平和の中に居場所はない。
  < __   |       \    |    ヽ
   ,ゞヽ`´ `ヽ    ミミ  二ミヽ  ∧        戦場にいない間は、俺は生きていても死んでいても変わらん。
   ゞミヽ、   |    ミ  ノ ヽ |   ∧
   i`ヽ i!il   ∨    ゝ !、__/    ∧       だが……おまえは違う。俺にはそう見える。
 / _,-ノ,!i!i!、    i´ -― ´ \   ∧
 ∨彡彡´ノi!i!ミ        |    \___/
  ` 刈彡´ノノ     ___斗
     `ヾ_,斗―≦ ̄i!i!i!/    __
      /i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ _/⌒\  `ヽ
      }i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!´/    斗<ヽ └‐
     /i!i!〈⌒´//   斗<     i_j
  _,―´/`ー´// ゝ--イ∨
  /  /  / /       ∨





k手毛彡杉父リル´三三三三三三三三 ハ`∨ j三三三≧
三三三三彡勿 〃三三三,'三三三三 /`ヾヘ"/;三≧≦'
三三三三 沁ノル/三三三,'三三三三 /  ;: | V气三三ニヽ
k三三三三三ヾ{ ≡三三三三三彡;'´  ミ| l ヽ=ミ三ミ‐ヽ
l小三三三三三三≡三三三丈ィfア/;;;;,.  ミ! !  \ 下ヾ
ヘハ`ヽ三三三三三≡三/ー='";:;:;;;;;;;:;;ミミ', l  ヘ                よく考えてみるんだな。
 ゝ\{三三三三三厂;i;;;;;;;;:;:;:;:;:;;::;;;;;;;;;;;;;;ミミハ |   l >‐ァーァ- 、_
爻/ ∧ゝ、三三彡-' ;;;;i ;:..     ;;;;;;;;;ミミ;;jl }l   li /∠二二//`ー    全てが終わった時、戦い続けるのか、離れるのか。
マ/ / ∧;    ,,;;;;,'   !:. ヽ      ;;ミ;;;;;厶/    li|/  ̄ ̄ /
/ / /;:;ヘ;;;;;;;;;"  l、  :.:. 〃;;;,:;;;;;:;;;  ミ;;;;;;//     li|===/          隣に誰かがいるなら猶更だ。
゙/  ',;:;;:;;:;ヾ;;' ...;:;;:::;ヽ___/:;;__. ‐‐、 }:;;.; ;;;;;//       li|=/
    ;:;;:;;:;;:;ヘ :::;;; _ -‐==T´jヾ.ノ.::::::;;;;;;//;;        li| /             自分の居場所が戦場か、その娘の隣か、をな。
\   ;:;;:;;:;;:;;:;',:::::: ..::ー;;;:::::¨´ .::::::;;;;;f刃;.;        li|'
∧ヘ   ;:;:;:;:;:;:ハ;::;;;;;;;;;; '";;:.;;.;;.;;:.;;.;;.;;;/ ̄/;;.  r'エエユ=ォ亠'───ァ=v=
Vハ l   ;:;:;:;:;:;:;∧ゝ、.;;.;.;___;;_;;._._;;.;;/ ,/;.; r≦┬r〃´/ーrrrr‐ /x'´/
::Vハ{  、 ;:;:;:;:;:;:j;:;:ヽ`i、三三三三イ/;.;;.; /||||||||f==!l  ||||| | 〃 /

1377 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 23:19:40 ID:mQls3omY0 [19/21]

    _
 ,>セ乙ト<、
三三三三三三≧ヘ丶、
-冖-冖ー¬<三三Y> \
        └ヘ三三Z ヽ
           └ヘ三|} ∨
           └r介=、i
  /           //l ト、_〉〉
//            〈 く__川ヽ,'
/           \_/|l| 〉l
             |l| |l|//      なんだったのかしら。
            l     |l| |l|/
          |   | | |lト、       「さ、さあ」
         l   | | |_〉ヽ
            ',   レ′ 、 ヽ
            ',      |l   \
            ',     ト、    ヽ
            ',    |::.ヽ   \
            ',   |::.::\    ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
言うだけ言うと、スネークは返答も待たずに踵を返した。
かつかつと規則正しく軍靴を鳴らしながら、ドックの奥へと消えていった。

アリスはただ困惑して眉をしかめるばかりだったが、やる夫は違った。
朧気ではあるが、彼の言いたいことが伝わってきた気がした。

おまえの居場所は戦場じゃない。そう、伝えたかったのだろうか。

だが、何のために? そんなことをしたところで、スネークには何の得もないはずだ。

「ブライドル本部でランカー同士顔を合わせることも多かったけど、
相変らず訳の分からない男ね。
黙りこくっていたと思えば、急に悟った口振りで何か言ってくるのよ。
『俺もおまえも憐れなものだな』とか」

アリスはスネークに対して良い印象はないようだったが、
やる夫にはどうしても、彼が悪い人には思えなかった。
それが善意であれ何であれ、真剣で哀しい声色だったからだ。

スネークはやる夫に戦場を離れることを勧めたのかもしれない。
だが、それを企業が許すことはないだろう。

ネクストから降りるということは、力を手放すことと同義だ。
それはつまり、自分の身を自分で守れなくなるということでもある。

企業間戦争の真っただ中にいるやる夫たちに、その選択肢はない。
自分はともかく、ランク4であるアリスともなれば確実に危機に晒される。
リンクスをやめた途端に、敵対企業が暗殺者を仕向けてきたり、
テロリスト集団に拉致されたりした話も聞いたことがある。

今考えるべきなのは、戦いをやめることではなく、生き延びることのはずだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1378 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 23:19:54 ID:mQls3omY0 [20/21]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1379 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/28(水) 23:22:02 ID:mQls3omY0 [21/21]
さて、ちょっと眠くなってきたので今回はここまでだ。

次回は……そうだね、次回も来週の水曜日午後九時としようか。

それじゃ、シーユーアゲイン。次回からは結構ラブシーンも増えそうだ。>>1の精神負荷もマッハだね。

1380 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/08/28(水) 23:25:39 ID:BFaECiuc0 [3/3]


1381 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/08/28(水) 23:39:19 ID:8g.UKfUI0
乙です


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する