クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第26回

1289 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 21:33:41 ID:h6NBLqUs0 [3/19]

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \     
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |            )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスが部屋から出ていってから、二時間ほど経った。
時刻は夕方の六時と食事時といえばそうなのだが、胃は静まり返り、
食欲など微塵もなかった。

アリスと一緒にいる間は、多少は気が楽だった。
だが、一人でいると、どうしても耳にこびりつく怒号や爆音が振り払えなかった。

虫がよすぎるとは思う。
今まで散々殺してきて、友人を殺した途端にここまで落ち込むなど。
けれど、感触も手ごたえもなかったけれど、彼女をこの手で屠ったのは確かだ。

結局、アリスに用意してもらった部屋の中身を確認することもせず、
ずっとカーペットの上に座り込んでいた。

真っ新な壁紙や家具を見ても、手放しには喜べなかった。
豪華な部屋には変わらないし、きっとアリスも自分を思って色々と用意して
くれたのだろうが、一人で使う分には何もかもどうでもよかった。

風の音もしないし、寒くもない。食べ物だっていつでも手に入る。
盗みをする必要もない。他の浮浪者に警戒を払う行為もいらない。
安全だろうし、快適なのだろうけれど、どこか寒々しかった。

自分の呼吸音と鼓動だけが、この部屋の音のすべてだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


スポンサードリンク


1290 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 21:45:22 ID:h6NBLqUs0 [4/19]

          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_
       /   (●)  (●) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )
       \     ` ⌒´   /⊂)
       /             ヽ ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
何をするでもなく、与えられた部屋を見渡すのも飽きたので、
目を瞑って横になった。仮眠ならわざわざベッドで取る必要もない。

そうしてしばらくした時、傍らに転がしていたPDAが鳴動しだした。
反射的に跳ね起き、飛びつくようにPDAを拾い上げる。
緊急の任務かもしれない。逸る気持ちを抑えもせずに端末を耳に当てた。

聞こえてきたのは、なのはの事務的な通達ではなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1291 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 21:54:37 ID:h6NBLqUs0 [5/19]


──────────────────────────────────────────────────

       -‐    ‐- 、
    / ⌒
             \     ヽ
  /         ヽ  ヾ、
      |    ヽ ',  l}, -、 l }
 l  l   |    } l .,l リ,氏ァ 从      お久しぶりです、やる夫さん。
 {  {   ', _,,..-‐l / l /弋リ l/
       乂,ィ芹汽 l'   ゙゙ l        連絡が遅れました、調子はいかが?
  丶 人   ー乂ソ     ` ′
   \ {\寸ニ>゙゙  ー´/
    イ乂>==ヘー─r─'
    `ー乂人/ト、  ̄ ̄ \

──────────────────────────────────────────────────




       ____
     /     \
   /::::::::::::::::    \ _
  /::::::::::::::::       || |    ダージリンさん……!
  |::::::::::::::::::::::::     ∩! ,ヽ
  \::::::::::::::::       | ー ノ    
   | :::::::::::::::    | i j

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
声の主はダージリンだった。
久しぶりに聞く彼女の声に、やる夫は忘れていた事実を思い出した。

オルデンブルクの企業連の離脱にSIも同調し、現在は同盟関係にあると。
つまり、自分はオルデンブルク以外で今まで世話になった
全ての人々を敵に回したわけではない。

彼女もまた、自分のいる側に立ってくれているのだ。
その事実が嬉しくて、つい声が弾んだ。

「ふふ、元気そうで何よりですわ。トウキョウが襲撃に遭ったと聞いて、
連絡を取ろうと思ったのですが、こちらも立て込んでおりまして」

ダージリンが申し訳なさそうに声を潜めた。
そんなことは気にしてなどいない。お互い無事だったことが全てでいいではないか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1292 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 22:19:12 ID:h6NBLqUs0 [6/19]

──────────────────────────────────────────────────
                       ____
               -―/     `゙'く ̄`  、
           /                 \
           /  /                   \
.           /  /          〃           ヽ
          /  /             {{
.        ,   {  ,   〃   / ノ|     }}
        {{  { {   i  i|_ // |     /八 、    ;
        {{  { {   l  ||( //`ヽ八  { /  } },/    }       ……そうですね。死んでしまっては、終わりですもの。
        {{  { {   l  ||/ィ芹冬ミ、 \}八''⌒犲  / }
.         八  \\八( 从弋ぅ丿 ^    )イ芳ミ刈  / i '       まずは生きること。全てはそれからです。
        /\\\\)小、          Vリ /i|/ /}/
          {   `⌒ヽハ八         ゝ  /,八/ /         互いの生存に感謝しましょう。
          {` ー==彡ヘノ'⌒\   、 __    '  }}
        ` ー===彡/   \       /ー=彡′
              ^ー=/{     \     イ㎜o,
               /:::\     リ爪㌘””””´\
           人:::::::::` ー==だ以:\. . . . .ヽ ;
            ,,<㍑%\::::::::::::::/^‘,. \} .\. . } }
          ,,<㍑㌘^. . .\:::::::{. . . ‘,o . . . . `弋.\
        ,,<○㌘^... . . . . ..\ノ. . . . ‘*, . . . . . . `¨`. .、

──────────────────────────────────────────────────


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
どうやらダージリンたちSI陣営でも相応の動きがあったらしい。
オルデンブルクと手を結ぶや否や、今までの鬱憤を晴らすがごとく
アヴィアコルやIGIO傘下の軍事施設などを強襲、先制攻撃を行っていたそうだ。

長い対立もあったのだろうが、その勢いたるや凄まじかったとダージリンは語った。
大量のノーマル機による連隊を四方八方に派遣する人海戦術によって
既に六個のインフラ施設や要塞などが陥落したと聞いた時には耳を疑った。

とはいえ、失敗に終わった作戦もあるそうだが。
流石にネクストが出張ってきた場合は蹴散らされ、撤退を余儀なくされたらしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1293 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 22:24:46 ID:h6NBLqUs0 [7/19]

             /              \
              '
            /      /   /   / ', 丶
          '       /   /  /
               '   ー- _ / }   } |
      l    {     /   /, -'"`丶 }   } |
      l    l     /  /、,ィ犹ミヽ ,'     |
   \r‐-ミ__ノVl  / レ'   ` |Jf   / / / .'
  \ {     }l 乂 ハ       ヒソ  // // }/
  γ\〉   八 \Y              丶´        ……そうですか。
  弋⌒ ヽ     \                 /
  { ハ    } \/⌒        ャ ァ  '         
  乂 乂_ノ/し∨     _        /
      ̄ ̄  /≧=-  _   l>  __/
        /ニニニニニ>、
       ./ニニニニとつニ/:.}L
      //ニニニ\ニニ/: : }L‐- _
     ./ニっニニ/ : \ニ{: : : :oL:  ̄ヽ.、
     〃ニニニ/: : : : : : : : : : : :}L: : : ',:丶
    /´: : : : : : : :\: : : : : : : : : : :}L: : :l: : \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「そちらは、お変わりはないですか?
やる夫さんがオルデンブルクに着くと聞いた時は、安心したものですが……」

ダージリンの質問ももっともだ。
あれから、だいぶ世界の情勢も変わった。
そんな状況でろくに連絡も取れなかったのだから、自分がどうなっているかも
分からないはずだ。

やる夫はありのままを伝えた。
トウキョウから離れた後、ブライドルの中立施設で当てもなく過ごしていたところに
アリスが迎えに来たこと、そして共に戦うと決めたこと。
今は彼女と同じコロニーにいること。

説明が終わると、彼女は少し複雑そうに相槌を打った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1294 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 22:48:32 ID:h6NBLqUs0 [8/19]

              _ニ=- … ‐=ニ _
           >''´-   ―ミ   `''<
         ァ'′         `'<   ヽ
      //            \.   ∨
.     ,'    ,'        \        ', V
     /      i!     ',    ヽ    ', ',}  l
.     ∥.  | |. ハ . l.   ハ 、    Y  ', . VV. |
.    | |   | | |__| ハ   l―ヽヽ、 .|   |  | |. ハ
     ', l  从ハ 从_ヘ { ,zzzzzzァ|   ハ / ,'.从      『どうかしたんですか?』
.    ゝ'、  マ竿ミ  ゝ   う uリ∥./イ 八//,ィ-、
      ゝ乂 ゝぅソ     ¨¨〃イ _..イァ'ヽ Y⌒      いえ……その口ぶりだと、最早戦友や仲間以上なのでしょう?
          ハ`   、   ""  ,ィ!ニ八 ノ ノ
              、   _  ,   . イ:::|-(_ ノ¨´         冷徹で傍若無人な女性だとばかり思っていましたが……
             / ̄Yヽ _ ,ィ:::::  l__`´ 
           ァ'´ ̄」_」./,ィ┴‐''^´ _〉            そんな一面もあったのですね。
           {. ヽ _) //,ィ:i:i:i:i:i:iヽ:i:i:i:i',
         }  ノ. ,イ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',:i:i:i:il             今度会う時は、私も少し認識と態度を改めましょう。
          /廴ノl.,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i}
          /:i:>''´>:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ:i:i:il
       {アゝ=彳:i:i:i:i:∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:l
.       ,イ:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:l
      {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨:i:i:i:i:i:i:i:iV
.       ',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ:i:i:i:i:i:i:i:iヘ
        ,ゝ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
.      |:i:i:≧=-:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:ii:i:i:i:i:ハ
.       マ:i:i:i:マ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ダージリンは感心したような口調で、アリスを評した。
確かに、独断でネクストまで動かして迎えに来てくれたり、
ここまで色々と手を回してくれるような女性もそういない。

哀しいほどに強く真っ直ぐで、凛々しくて不器用で、なんだかんだと優しい。
自分のパートナーにはもったいないくらいだ。

「ともかく、これから任務で協働することもあるでしょう。
また轡を並べて戦えることを喜ばしく思います。
それまで……必ず無事で。またいつか、お茶でもしましょう」

「そう、ですね。ダージリンさんも、無事でいてくださいお」

力強く返し、通話を終了する。

そうだ。敵になった者もいれば、味方となった者もいる。
銃口を向けることしかできない相手もいるように、共に戦える相手もいるのだ。

消えていくものを数えるのは後でいい。
今は、目に映る大切なものを失わないためにネクストに乗るべきだ。
アリスまで失えば、今度こそ自分は生ける屍に戻るだろう。

立ち上がり、部屋の出口を見る。
そのためにも、まずは食事を済ませよう。
シャワーも浴びて、しっかりとベッドで休むのだ。

衰弱した状態で生き残れるほど、自分の選んだ戦いは容易くはない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1295 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 22:50:20 ID:h6NBLqUs0 [9/19]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1296 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 22:57:05 ID:h6NBLqUs0 [10/19]

                               〈\  _______ ハ   /l    ./〉
                                 \\      l lヽ. l l  .//
                                  /   \\     ! !\\l  //
                              \_/ f⌒\\  .! !/¨7l .//
                               /(二ト /ヽ   \\l l 「「ヽl//
                                 /  \__`>、 \  \\|::',::: 〉    /ニニニ7!
         ===ァ、_____                 |   仁   \ `(@)\{::::V    /   /〉 ̄ >、
         ____//   \_               |   {ニ   弌℡ュ.、 L:/  __, fニニニ/  /  {
       ___/__/     |\rーァ‐‐ 、       }    {ニ    ∧ 〉===Y!}//     /  / {   {
.        ||‘, ‘,       |  l  |   L\   r'-=ニニ二ヽ   /_/7 三/7./     / ./   !   {_
.        || ‘, ‘,  __  |  l  |    L\_/_________{_____\_l{/ {_/〉〉∧._____  /  ./     ∥ ̄ ∨
.        ||_ ‘, ‘,// ̄ ̄\.!       `ヽニニニニ/ニ\ニヽ//ニニムニム V   {     }l     }
         二‘, ‘, ‘,      |            |ー―‐‐ァ.ニ \{‐‐‐=ニ二ムニム_',  ‘,    ヾ   「
.         ////∧ ‘, ‘,      |            |ニ|ニ「{ニ\ニニニ=- _      ` -=ニ「‘,       \__/.
       '//////, ‘,_‘,     /\        |ニ|ニ|__寸ニ寸寸ニニニ=- _    ` ‐=ニ‘,___     }
       '//////,/ \\___/   \        |ニ|ニ\ニニニ\j.ニニlニニ=-ニニニニニ寸ニ\   /
.         \///,{ \  \‐       \ ________|./ニニ\.ニニニニニ\ニニニニ=-ニニニ寸ニ}  !
          \八  \  \              |ニニニニニ,>=========\lニニニニ|     |ニ7 ./
.             } ヽ   \  \        /ニニニニl {三三三三三} l\ニニニ|     |.//

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
戦況は混沌を極めていた。
オルデンブルクとSIは同盟関係を結んだとはいえ、
完璧な連携が取れていたわけではなかった。

オルデンブルク陣営が冷静に戦況を見て動こうとする中、
SI陣営はその規模の大きさからなる物量作戦に物を言わせて
見境なくノーマル部隊による大侵攻を行った。

対するIGIOとアヴィアコルは開戦早々に二機のネクストを失ったにもかかわらず、
その余裕に満ちた姿勢を崩すことはなかった。

事実、戦力の中核を成すトップランカーリンクスによるネクスト部隊は無傷、
小規模な軍事施設をいくつか抑えられはしたものの、
重要な施設への襲撃は悉く迎撃し、それを殲滅していた。

特に、ランク1ノーバディ、ランク2ラズルシェニャ、ランク7リンドヴルムによる
戦果は凄まじかったとされる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1297 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 23:06:20 ID:h6NBLqUs0 [11/19]


`丶、        ]   V'///∧        √ Ⅳ     /‐=ニニニニア゛ :
ニニ=‐ _     ]   V ///∧ ∧ __,√iⅣ   /_‐=ニニニニア゛: : : :
ニニニ=‐_     i] ii   V/////V‐=〉^^i[ニi[   √‐=ニニニア: : : : : : :
ニニニニ=‐_   |]八  V'////‐=/: : ::|[ニi[   √‐=ニニア: : : : : : :/
ニニニニ=‐_  |]ニ   ∨//‐=/:: :: .::|[ニニⅥ √‐=ニア: : : : : : :/: :
ニニニ〈\=]   |]‐=\  .∨‐=/: : : : ::|[===[[ {‐=ニア: : : : : : : : : : : :
ニニニニ\\  |]i‐=ニ\/‐=/⌒ア:.:.::八ニニ[[ .\i]i: : : : : : :/: : : : : :
ニニニニハ \7j7`マニ`マ(_/: : ::∧∧ √ .   _]|\: : : :/: : : : : : :
ニニニニア`、ニ77/\ \ニ/7[/^7 ‐∨i√   _]|:. :.\/ : : : : : : : :
ニニ=‐ '゛ /∧7{' /\` .Yニi_[‐=7ニニ√√   _ア、: : : :{: : : : : : : : :
ニ=‐ '゛   ./∧ Vi{/ : \/ 〉],,[‐7ニニ√\-‐…ァ  :\: : \: : : : : : :
\     V/∧iV   :   Υ.]_‐7=ニニ√\j〕iト/  :/ /\: : \: : : : :
‐= 〕iト _ __ V/∧i\ :  /|,ノ‐7{ニニ√\i_>'  :/ /  :\: : \: : :
 \ニニニ=V/∧ ‐}h、/=〉‐7: :〉=ニ√ ∨\____/ /   /~~\_‐=≦
、   \ニニ= V/∧‐j7⌒ヽ‐7: /=ニ∧i∨ /⌒^ / /ニニニ=‐ _
    `¨´`ヽ八/∧八‐=ニ7 : \/ニV . /   /i/‐=ニニニニニニ=‐ _
    \  ./ニV: :∨ \ニ7 i: : /ニ=/i//  /'゛     ̄ 冖¬¬冖^^⌒
〕iト    Vi〈ニニ \:}‐=ニ7‐i|: /ニ/iイi/  /
ニニニ〕iト,ノ  `'<ニニヽ==7‐=乂,,,ノニニ\   i[
⌒⌒⌒⌒ 〕iト  \,ノ=‐' ‐=ニニ7ニニニ >、ノ[___
        ⌒ \/{ニ‐ ‐=ニ7ニニィi{ニニ}h、]|
          〈i八ニ‐ ‐=7ニィi{ニニニニ7v|
           `'<=‐ ‐7ィi{ニニニニニ7ニV、
                 `'<ニニニニニニニ7‐‐‐V,\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
大規模な戦闘を展開しつつも攻めあぐねるSI陣営と、
少しずつだが着実に敵ネクスト戦力を削ぐことに注力するオルデンブルク。

それらを迎撃する、大量の最上位ネクストを抱え込んだ企業連。

最初こそ企業連への無謀な叛逆に意識を傾けもしなかった者たちも、
力の象徴たるネクストの破壊や軍事施設の制圧の報に、
広がり始めた戦果を認識せざるを得なくなっていった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1298 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 23:06:46 ID:h6NBLqUs0 [12/19]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1299 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 23:20:15 ID:h6NBLqUs0 [13/19]

        /   /         i    .! l  i         \
        .′  ,′        l   /l |  i    !        \
          ′  .          L厶_../ i i  l    !        ヽ
       i   ,          | l_Lムニミヽ、 .!   .! i           '
       | i i    八    lV ィ'て乙(`ヽ l    ! i    /    ,′
       | | |      \  |  h( ィ'リ  ヽ  f'うミメ、 .'  } i /
       | l 从       {ヽi   `ニ´´    ヽ hr!Y´ '   ' レ′     ――ミッションを説明いたします。
       | i   八 ヽ、    !               lcリ | /  / 八
       |    i イ\j\  \           '  |ノ  / /
       i   ! {  l  >ー ヽ          _     !厶イ /
       i   ヽ、`ー |   |           ´ ’   ハ  /
        '     `ア,|   |              .イ  |
      .′     // |   | へ、          イ l  |
      .'      /   |   |     .>ー ,---rく {  l │
.     /     /┌厂l   | ` ̄ ̄'L./   ノ   |  i  |
    /        { j. |   |      |/二ニミ. |  i  |





        〃/                    }                  ヽ
        / /            i         i    }           |       ,
       ' ′          l {      i     |          |      ′
      l |            | '      i |  | l   }       |
      | |      {    ∧ ヘ     ムrヒ 7"{「 ̄|       |
      | | /      |   {/ __' {      '_jノ _厶ニL _ |       |
      | |'{      | ィ'{「 __`j八    / ノ ;ノ乙心jノ|   /   r: 、
         | .    {  ,   l ァァぅ, ハ  /   ‘;::::タ刈 |. /    ′ |
         {. ',   ∧ '.  |〈{ {:::hム  ∨      ー '' ” | /   ル ) 从     i     アヴィアコルの保有する
.          ‘. / ,ハ ヽム 弋:㌣           j/     ハ /  }   i
             )' /  V{ ハ    〈             /     厶ィ´      i     旧ロシア、ウラジオストクエリアに存在する
          /      \ ',       __       ,     ′│        !
                 /  人      `´     /     .′/ |         !     軍事要塞を制圧してください。
                /  /  > .     /       /}丁厂   !     l
              /  /  /    >-=''" ̄`丶、/ j j  ′  i   │
.              /   〃    /..:::::::::::::::::::::::::::::..\ リ j ′   !     |
              /    /   /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ j/    i   │
.              /    /   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.∨    i    |

1300 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 23:28:51 ID:h6NBLqUs0 [14/19]

          /   /           ,   /         ヽ
            /         /   ./  /   ′
          ′   レ{  i  ′__′´′ .,.:゙   }         Ⅵ
            /⌒{  |  {   /{ ` { 、/ i    ;             Ⅵ
.         {i   { 7从  :|: 八 斗午ミ、{/゙   |  /  ;         ‘,.  Ⅵ
.        从  八  ;   :|'゙  { ハ刎 '    | ./」_ /i       }ハ }
         ゙     / ヽ′ :l.    辷 ッ      | / i /`i            }゙     防衛戦力はENレーザー砲台と
            /       .|             泛弐 ノ    }   .;
      /    /   i   |            戈ツ/    ァ゙ ; /        IGIO製ノーマル部隊ですが、こちらは
.     /    /r‐'7^i|   |          '    /   才゙ /{/
    /    / .|乂___|   |      ` ‐    ⌒ァ=≦ {/            二日前にSIが行った強襲により
.   /  jIニニ=-ミ i |   |   、       .。s 升
  / /ニニニニ‐` 、|   |  介=- 七 ノi   |                  損害を与えているため、大した脅威ではないはずです。
.  ァ'ニニニニニニニ\   |`'くr '⌒7__ / |    |
 /ニニニニニニニニニ‐ヽ :|  ノ⌒7゙ニニ≧x |    |                  問題は、その中核を成すネクストです。





           r- _ r― -   _          {∨      ト
          ~''<=- _    ~''<      ∧∨       | |
             ~''<〕iトミ     \     ∧∨ -‐- ミ| |
           ‐=ニ二三弖〉r‐┷‐- ミ }     ∧∨^、_j^V
         ‐=ニ二三弖〉/{       ~''< rァ'⌒ヾミ、   }⌒ヽ
               。s≦/ ∧    __   `'≪   }}i沁、 /   '
.          。s≦ニ=‐ / / ∧  {Ξ三≧s。.  寸彡'⌒「∨ヽ /^,
       ┗七I~   / / /  \∧三三三三≧}}[[厄≧s。 i}/ /
              L/イ       7⌒i三三三彡'´ ̄ ̄~''<]≧s。
                      /  _厂厂~"''*、乂_rzzzzzi}-‐ァ_}
                   /  {i/     \从ニニ\{____/ }        『アヴィアコルのランク10、シュクヴァール。
                  /{i__/           Y^Yニニ}ニ{i/i}ミ*、
                     __/   }}         - 、ノ、/ニニニ∨_ノ\/∧      同社とノルドルムのパーツで構成された
                   /i/    ノ     /    }/i}⌒7´ ̄\___ノ\i}
                /i/  _/      /    _厶、}^7'⌒ア゚ ̄\\ノ\      軽量二脚ネクストです。
             /i/^寸}     /     _ア゚   ∨ 〃    丶丶ノ丶
                /i/  ハ          _、+7    }\{{ 、       ∨∧ rミム    超高速の近接戦闘を得意とし、
            L{ /l i}   /   _、+'” W       }ilil「\\    ∨∧〉Li}
                /∧{i↓'   └七I~    ]}       'il/  丶丶 ____∨∧      対ネクスト戦においては確かな戦果を挙げています』
             //                 ]}     /i/     ≧=‐ - ┛⌒\- ミ
          //                    ,'     /i/       ∨/〈      `、/`、
.          //                ___/   / }`        /{ ̄∧     ∨/}
          //                /^} \/  ' }      _/{  ∨  、     〉ノ
.          //             /   ノ   }\/__/     }|l∧  ∨  \___/´
.       //            {」}_/  /\  !、     }| ∧      厂
       //             \__/\   ┛〉       }| { \  \_/
.       //               }|  {i   \___/        ,  }   `''ァ''"
.    //                 }|   、     ,        /    /
    //                   }| |\___,/      _/  /  ,
   {/                     }|  l    /      }l _/  /
                        }|  |  /         }|/  /
                        }|  l___/          :}|   /
                        }|   ,'          }|  '
                        }|             }|_/
                        }|   {

1301 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 23:33:37 ID:h6NBLqUs0 [15/19]

、:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\    \: :: :: :: :: :: \|ド、
':: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヘ     '、 :: :: :: :: :: : \::\
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: \   \:: :: :: :: :: :: :: :: ::'.
>-:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :\   \:: :: :: :: :: :: :: :: ', ,!
`7:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :\   \:: :: :: :: :: :: ::.!, i|
⌒ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :, - 、:! :: :: :: :: :: \  /゙´\ :: :: :: :: ::|//
   !:: :: :: :: :: :: :: /-一Y: :: :: :: :: ,.-一 '`     \:: :: :: :∠
ー= ':: :: :: :: :: :: :: :! {'  ̄|:: :: :: :: /    ー=Zz,    \:: :: ::キ==-、
´', ヘ:: :: :: :: :: :: ::'.ヘ r1:: :: :/7      ト 、iト、  } /`丶:: ::\
. ノ   `丶、:: ::≦´ 1\Ⅳ :: :/      ` ー゚ ヾzノ_,j    '.: :: ::ハ       『そのリンクス、ストレイト・クーガーも奇異な存在です。
/      `'<   `7  ∨/           i゙´    '. :: :: '.
           \ 〈   'V           |        ' .:: ::ヘ      六年前はテロリスト集団所属のイレギュラーリンクスでしたが、
            \}、           - __,j       '. :: :!
ヽ                \       ̄  -r'´            '. ::|      現在ではアヴィアコルに所属、同社の戦力となっています。
  \              \       /´               !::!
   \              \     ,'                 !:|       AMS適性も決して高くはないはずなのですが、
                   /丶   /                   |j
             ,. ´    `ー イ                   |!        その軌道は常軌を逸しているとのことです』
              /     ,. -r‐ '´
            /!  ,.  ´ /::丶、
           / 〉 /   /\::::::::::\
- .,_          i   /:: :: :: \::::::::::\

1302 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 23:43:40 ID:h6NBLqUs0 [16/19]

                   ___
          __,..'´ ̄      `丶、
        , '" ̄ フ ̄l `ヽ         \
        /'   /    |          ヽ     ヽ
      〃  ,イ      |     !      |  l   i
      i'   ,'       l、   | l| | l、|  |   |
          |l   |  | 」ム  |ヘナ7メ、|  |   |
          || | ヽ. |ハ|=、ヽ、l 彳うミ、|  |   |      また、SIノーマル部隊による侵攻の際、
         |ハ、 ヽ从l 化リ   ` ゞ‐' |  |ヽ  l
             ヽトトゝ   、       |  レ'   l       付近にネクスト反応をキャッチしたとのことです。
              | i、   r_,     |  |    !
              | | > 、   , イ |  |    l       この要塞を制圧することは、即ちアヴィアコル攻略への
              | |  /ソ)T,.,_,.、jー|  |   |
                /j |_l | レ',イムトr )|  |.,..-┴..、     足掛かりとなるため、敵も警戒しているのでしょう。
           /:´l l::::::!   '´ィ,'(_゚)、|  |'::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::! l::::::|    !/ イiヽ|  |:::::::::::::::::::::::!
          !::::::::::::| |:::/ヽ、 j '´||l| ||  |:::::::::::::::::::::::l
           l:::::::::::::| |::| / )、ルノl、|l」|  |:::::::::::::::::::::::l





/   二>ゞ、  \i!i!i!i  i !∥ |
  =≡二三≧`ヽ  `ヾj `i // /
┬―--≧ー―― 、__ !     _ゞ、
/  /                |ヽ|
ノ/                     |
/                   /
                   /,
三三ー‐ii!i!i!i!i!i!i!i!≧==‐、_,∠/
三彡  ji!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!j  `iゞ        『これらを考慮しSI陣営に協力を要請したところ、
三二≡=ヾi!i!i!i!i!i!i!>´    i
,       `≧≦´ /    i         ランク2ラストのリンクス、ネイキッド・スネークが派遣されることとなりました。
彡彡   /        ̄ト、__i
彡彡彡´   /彡iiiiiiiiiiii/ヽ           また、我が社もそれに応える形で最高戦力であるロストワード、
彡彡彡////斗≦ ̄ ̄`! ∧
ヾ彡彡巛巛彡ノiiiiiiiiiiii!´  i           そしてそのパートナーとしてあなたのマーシフルを出撃させます。
::::≧=、彡彡ノiiiiiiiiiiiiiiii|   i
:::::::::::::::\ミミミミミミミミミ   i           この戦争における、初めての協働作戦となります』
\::::::::::::::::::::::ゞ≠≠≠ミヾ  /∧
  ≧=ー―  i´           ∧           
 `i\   `ヽ \_/ ̄`ヽ  ∧
  i  \__| ヽ      \  |
  `ヾ三三三彡´|        \ |

1303 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 23:47:53 ID:h6NBLqUs0 [17/19]

              / `
             ,', ′
             {{
             ゝ -f` -   、
          >      '       ヽ
        /       ,         \
       / /     |              \
        / ./         |           ヽ<
       /          ',  ||     |  、   ` =‐-
      |/     |  | ハ  ||ヽ __, |  }   ∨
      |      从/|.| ∨ |||, ´ノ リ\ |    | ∨
      |  |  _ノ-/‐-  \{ ´≦弋ミヽ /. ,' | }
      | ヽ ,   | ,ィ=ミ   `  ゝ- ′ .} /, / リ        なお、今作戦中は防衛戦力にランク13キャバルリィを筆頭とした
        .|  ヽ人 ゝ      ,      /´ /
      .| | {.| ` \    _ ‐-,     | | \          独立傭兵によるネクスト部隊を各施設に配置します。
       | ,'  ` ___入    ` -     イ  |ノ  \
       > /:::::::::::\>       イ .|  |.     \        敵の牙城を崩すため、必ずや成功で終わらせてください。
      / ./::::::::-‐:::::::::ヽ 7-`- ´ .|7z.|  |      \
       / ./::/:::::::::::::::::::::}\i i` 7_.|_<   ',>= _    \     以上、健闘を祈ります。
     ./ .i:,::::::::::::::::::::::::::::::| ∧ \i  / >>. \::::::∧    \
    / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::| ∧. \i./   { \::::::\    \
   / /::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::  ,   { }   <::::\\::::::>、
 /  ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::|  i __ ′ヽ _ヽ::::\\:::::::i
´     >::::::::::::::::::::::-=::::::::|  |/  |::∨  \:::::::::::\\:::ヽ
      ゝ:::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;:::, /‐- 、::::∨  /::::::::::::::::ヽ ,::::ヽ
      /::::::::::::::::::∧:::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::ヽ./::::::::::::::::::::}.} .i::::::::::
      /::::::::::::::::::/ ',::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 'ヽリ:::::::::::
     ./::::::::::::::::::/  }:::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ∨::::::::

1304 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 23:49:48 ID:h6NBLqUs0 [18/19]
                         ____._ _
                      └‐ォ |UU  `
                           くノ     \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (  ___________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   )     て
                              /^⌒`Y´^\     ._ _
                                             UU/7
                                                 くノ

1305 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/12(月) 23:56:03 ID:h6NBLqUs0 [19/19]

┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│アヴィアコル軍事要塞制圧 依頼主:オルデンブルク      ......│
│ ネクスト、シュクヴァールを撃破し敵防衛拠点を制圧せよ     .│
│ 僚機:ロストワード、ラスト                      ....│
│                                       .│
└───────────────────────────┘

1306 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/08/13(火) 00:06:16 ID:J5dXIqXc0
今日はここまでだ。

次回も来週の月曜日午後九時としよう。

それじゃ、シーユーアゲイン。

1307 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/08/13(火) 07:37:35 ID:oHUFZSIQ0
乙でした

1308 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/08/13(火) 13:16:25 ID:81jB6bAQ0




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する