へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)


クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第24回

1236 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/29(月) 21:34:37 ID:h9fhFndY0 [2/11]

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||  、 - ‐‐ -,
 |:::::::::::::::|,´: : : : : : : : :
 |:::::::::::::::|゙i : : : :○ ○゙i
 |:::::::::::::::|}: : : : : : : _ _ _l      ハロー。
 |:::::::::::::::||: : : :-=´_ _,´
 |:::::::::::::::||___ : : :丿        起き抜けモコイさんだよ。フォーギブミー。
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||


スポンサードリンク



1237 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/07/29(月) 21:35:35 ID:0VL/5syA0
ハロー

1238 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/07/29(月) 21:43:03 ID:JLU9sHao0
ハロー

1239 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/29(月) 21:44:00 ID:h9fhFndY0 [3/11]


       , -‐   ‐- 、
     /: : : : : : : : : : ::',
    , ': : : : : : : : : : : : : : :',
  /: : : : : : : : : : : : : : :○:',
  ヽ : : : : : : ○: : : : : : : : :',          前回は初任務失敗だったね。処女喪失エンドだね。
 .  `ト : : : : : : : : : : : _,-‐'`iヽ _
    i: 丶: : : : : :,-‐'´__,-‐'´: : : `ヽ       今回は正解の選択肢を選んだところからだ。
    | : : :ト: : : : `-‐´ : : : : : : 、: : : 丶
    | : : :'、j`-‐ : : : : : : : : : : : \: : : ヽ     頑張れやる夫君。ケツの穴ぶち抜かれてるようじゃ童貞は卒業できないぞ。
    丶,,:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : | : : : i
          `ヽ: : : : : : : : : : : : `ー‐'
             ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ

1240 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/29(月) 22:03:37 ID:h9fhFndY0 [4/11]

                      「 ム   {ム                 /}                   /二/
            -‐‐-  _ ∨'ム   Vム  -‐━‐-  _  /.: :,'                   ノニ/
            /ニニニY´    `' 、/ム   VムニニY´      ` 、 : /                   /=/
         {二ニニ=∧      \`,  }l/ ̄{人       ∨                    /=/
  : :~''<   ,゚,ニニニ=\      ∨,/ニニニ{ニ=\     ノハ         _ ,,..,, _     /=/    _,,.../
  ≧s。 : : ~''<ヤ'、ニニニニ\    ,ハム`` 、/ムニニ=≧=‐=彡ニ}   .。s≦ニ=.。s≦ニ=/=/‐‐=七Iニ/=/
  ‐=ニニ≧s。∧=\二二ニニ≧==彡 } ム: : :.\ ムニニi}}lニニ/llニj<ニニニr<ニニニ=/=/ニニニニ/=/ニ
   / ̄ノ''<,沁,ニ=丶=ニニ二二二二}i}l⌒\: :∨ムニj}}L/廴jL_r==≧七Iミ*、ヽ /=/=ニニニ>/=/‐=ニ
. /ニ/    /^'\ニニ~''<ニニニニノj}lニニ}\}ニ=//`寸_ ノ {iニ}ニ=-‐ ''"~~^/=/゙ー-=孑''~/=/
 ニ/     {   ≧=‐ --  -=≦/⌒lLニ7゙\\{〈   }^寸,ム/      /=/       /=/
. /      /> -ァ'゙ /`寸/_ ノノ`寸ニ厂/: : :ノ\ヾ\ノ/¨¨´       /=/       /=/
.        く/   i: : {ニ/'⌒`寸´ニニ厂\{_/\{ニ\「{ム        /=/       /=/
           /|: : {=/二ニニ∧'´ ̄     \__/\ニ\」!    /=/       /=/
.       __/= 人: :Vニニ=/ニV        辷彡'\ニニi   /=/       /=/
.      /ニニ/ ̄ ヽ{ニニ='ニニ゚    ____/{ニニニ/「\ノ ./=/       /=/
    / / ̄    liニニ={ニ二ノ ./} lLr'^マs。_ニ/ニ|  /=/      /=/
.  / /        :liニニニ'、r‐'゙/∠/⌒辷、マニ=≧s/=/      /=/
  {l/        /´} ̄{___ ノ// ̄}=ニ二l⌒ヽ= >' =/`,      ./=/
              {_ ノ.: :: : :{[ム ゙   ,'ニニニL>''~=ニ/=ニ=}    /=/
              il : : : : : V∧   l{ニニニ/=ニニ/=ニニ7  /=/
              il : : : : : : V∧___乂 /ニ/ ̄X、二ニ=/ /=/
              il : : : : : : : Vニニム{{二くニ/ニヾ、彡'/二/
.              ∧: : : : : : : : .、ニ二}乂ィ^寸ニ/ニ`く‘,ニ/=}
            /∧: : : : : : : : :\ ノ⌒lー‐‐ くニニニ/\/=/
                   、: : : : : : : : : ii  lー‐‐ ┘.、/ニニ/ /
              __r‐‐\: : : : : : : ll  lー‐‐ ┘ 辷彡'^ニ7
             厂{r‐‐ 、≧s。 _ ノ  ノー‐‐r┘  }ニニ乂
               L/ lニニ廴>''~,√√≧=‐┘  /辷彡'⌒
            {L人ニニノ / /          ∨∧/∧
            「 ̄l{`¨´}]}'゙ /.           ∨∧/∧
              l|ニ=〔`¨´}]}'゙               ∨∧/∧
              l|ニ=〔   :}]}                  ∨∧/∧

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
短くブーストし、ふわりと機体が浮いたところで眼前の倉庫の壁を思い切り蹴る。
その反動を利用して機体を翻し、姿勢を上へ向けてオーバードブースターを起動した。

相手の武装もろくに分からないうえ、多勢に無勢で戦う理由もない。
多少のリスクを負ってでも、今はロストワードと合流すべきだ。

鉄と火の咆哮が轟き、自身が風を切る矢となって飛翔する。
見上げた先には、戦場には似つかわしくない澄み切った青空と、
あれほどの数のノーマルをすべて平らげて見せたロストワードがいた。

背後からけたたましい発砲音と共に弾丸が掠め、PAに叩きつけられる。
PA耐久値とEN残量のアラート音がコックピットに鳴り響く。
だが、今はなりふり構っていられない。

ロストワードも紫電をまき散らしながら、
こちらへとオーバードブーストで向かってきていた。

もう少し、あと少しと距離が縮まっていき、超高速で白と黒の機体が交差する。
瞬間、ブーストターンで無理やり身を翻し、ブレードを敵機に向ける。
ロストワードも図ったかのように加速を緩め、マーシフルのそれとは
対になるようなカラーリングのブレードをがきりと鳴らし二又に展開した。

ターゲットサイトが赤く点滅し、意識内の引き金を絞る。
ほとんど同時に、放たれた二筋の閃光は地上のクリムゾンネイルを撃ち貫いた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1241 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/29(月) 22:18:16 ID:h9fhFndY0 [5/11]

                                        。 ‐=== 、                        __  . . . . . . . .-.-.‐z
                                     /⌒}}ニ=-イ}}  _ -‐‐ 、----、      _ . .-‐=_: : 。-‐====≦ニニ>¨´
                                    /   〃7´-/ :i} /     ノニニ,∧  _ -‐. ._ 。r≦ニニ>≦ . ∨ \{\
       _                          〃   ノ-/ゝ=イ }}′  _ ィi〔≦ニ/=r‐‐≧≦ニニニ∧_ ヽ‐ム_ .∨.、 \: : 、
   ___   /ゝ≧、               _        __{{≧≦rチ,′: : }ト、}{≧≦ニ/、-=ニ===/≧}====ェェ〔_ ヾ} ヽ マ\: : ∨、   \:,,:、
   {-=\ ' 7-=}!===-   ___ __ 。r≦ニ\,___  <-=〈___/{{ri/ : : : ∥〉-‐=≦ニi{ノ=/=/ト、_{ニ7: \. /r Λ/\ヘxヘV¨"''ミ‐… 、___〉 _,,..,, _
. r‐ミ\∨ヽ'r‐イ\ ≧s。_=-≧、====≦ニ/ニニ/ニ≧=-=≦:/ i_/}ハ_:_:_:ノ{__!ニニ//-=>‐='-/}〉‐'ヽ: : :∨ ..〈::::〉:::: 「:/:〉/〉  ノ  ノし 寸=―′
. \-\ y`   ∨ マニニヽニニ}!ニニニニ{ニ=ニニ(__)ニフ‐‐〈-r',//} }i}i⌒ヽ-={{-=7-/  ヽ-=>≦ ヽ: : <∨::/|/:Λ <:::>`¨¨〈__/ 寸ト---、
   >=‐     }ニノニニ7ニ/ニニニニニニ\ニニニニ> ´   /,7 r/-〈′}∥\ `<>、-!-{   < )ニ=≧' : :._/⌒) 7 ̄]::::〉::〉::::/: :  ∨/\  \しノ〉
./ニニr‐ァ, _____ ノ-イニニ,//>¨´  ̄ `¨<> ´     { /レ'-=/ム≦∧ ` 、 \ヽ-i!  r==r====_,、<    / /ヽ ∨:::><    r‐…へ\  ゙'y゙
`¨¨¨´/レ}7 `¨‐--== ´=´´                  } / -=/-/ヽ -ハ r ミ ` 、>、マ ._ -=ニ ̄     //\ノ_]>―    {  〈  \厂/
   /-=/                           /'-=/ `ヽイ / ∧/ ..._ -=ニ ̄       /  /〈   >_ノ    ,、 /゙'~ヘ、 ノ-<
   ヽ ´                             ' ¨´  }∨-=/ ...-=ニ ̄                  イニ厂 ̄     / \\   | ゙く   `:、
                                  ィ i〔ニ∨,¨/イ{¨:¨:´: : :r={1。___〉_〉,....ニ- ̄´"''~: : :          (◯)イ゙'> >___|  ‘, _`、
                                 ィ〔: |-==/ , /-=!ハ }} : : :/-=〔≧,ニ- ̄::::::::;:::':::::::::: : :       ./   /しィ/>      〈´ __`、
                               〔: : { {ノ-=={_〔,'-=∧∧!: : ;' -.ニ- ̄.::::::::::::::;:::';:::':::::: : :       /  /、 // )      Y::::J:}
                              ノ、: :}-=ニニ/ ,' -∧ム  ニ- ̄.:::::::::::::::::::::;::':;::':::::: : :       /__ 〉'゙  └<__/〉      〈ミノ
                             ト、ハム{{ -=ニ{! {-'/ ' ...- ̄.:::::::::::::::::::::::::::::;::';::'::::::: :     ...___ / ̄  〉      )  _/
                             |-=>、-〔__)〔_}! :y′  /:::::::::::::::::::::::::::;::'::::::: : :      / //   /     ∨ ̄7
                                ハ-=ニニ>{-/ イ、   :::::::::::::::::::::::::::::::::::: :          /  /  ,/ _,、-''"⌒< (ニ)〈___
                             ∧:\-=ニニy /ニニ=-  :::::::::::::::::::::::::::: :         /  └…゛ ⌒`、     ) `¨ ⌒ 〉
                               \_ヽ=≦r'ニニニニ..:::::::::::::::::: :           「ヲ     /      }   _、<  _彡'゙
                                 ̄ ̄´   `¨< :::::::: : :        .__/    /  (ニ)_,,.、、イ'''"´
                                          : :         〈 /     / /ニ〉 ̄
                                            \ ( ヽニニ...〈ニ〉    / ''"´.=--=\
                                             `‐……../¨7へ(ニ)    .∧ゝ‐'=-}\
                                                  ./ / ,//        .ゝ==r ヽ'\
                                                  ′{しイ/           マム   `ヾ
                                                 乂_/          マム
                                                                ヾ}

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「細かい作戦は性に合わないわ!
あなたは左をやりなさい! 私は右よ!
つかず離れず、危なくなったら即座にポイント交代! いいわね!」

「分かった、やってみる!」

地上へと舞い降りるや否や、やる夫たちは敵二機を分断するように位置取り、
互いに背中を向けて眼前の敵へと突貫した。

自分はヘルヴォルへ、ロストワードはクリムゾンネイルへ。
コンクリートを削り、ジェット音を鳴り響かせ、漆黒の敵機へと迫る。

気付けば、喉を震わせ叫んでいた。若干裏返り震えた情けない叫びだった。
不安、恐怖、迷い、嘆き、それらすべてを掻き消さんばかりに。
鼓動が赤熱し、血流が加速し、思考を蒸発させていく。
ブレードを振りかぶり、かつて笑いかけてくれた知己へと向ける。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1242 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/29(月) 22:35:39 ID:h9fhFndY0 [6/11]

                                              //::::/::::::::|_,::::・":::::::::r=・". . . _,_. . . . . _, rt、
                                             //::::/:::::::::::::|:::::::::::::::::::└―=・"::::::`t,・". . . . .
                                     ,、     //::::/:::::::::::::::::::|―――――――――>. . . . .
                                    //    .//::::/::::::::::::::::::::::Aニi, ̄ ̄ ̄ ̄_, -=・"~. . . . . . . . .
                                  _,.//    /::/::::/::::::::::::::::::::::// ̄\__/>-=・"~\_,. .-=・"
                            ___// イ    /::/::::/:::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::\ 'i,'i,. . . . . . . . . . . . . ._
               r- 、        ,イ-‐::"::::.'i,/ /::|    /::/::::/::::::::::::::::::::/、/::::::::::::::::::::::/  'i,'i,=--――・. .""~
=- ,_            'i,:::::::::::r-`, :::,_y_,/::::,r--<==" /::|/_   /::/::::/::::::::::::::::::::::|,、\:::::::::::::::::::/. _, ・". . . . . . . . . . . . . . . ._,
=-  ,_ ~` _ =- ,_ __, イ`=- 、`::・y 、`  、/i _ /`ヒ、/_::/ 'i,'i, /::/::::/::::::::::::::::::::///\\__/・"  _,. . . . .-=・. .i. . . "~. /
::::::::/. . . . . . . /`. . . .,_~`=t:::::::::::/::::,.<~. . .~` . 、 iv〉, ̄ ,/フ 》i, i 〉,.〉'::::/:::::::::::::::::./. .| |. . . .`iー"ー "^__>-、`>--- 、/_
::::::/\――--\___《~`'i,:::::::::// . . `>、. . 〈`ミーz'i,"~iヒ{ ,i" /i::::::`Y、:::::::::::/. ./\\ー-〉‐ ". .--イ イ――t-t―――┐|―
. 〈 ̄/____  -、__'i, //\ . . . . . . ,イ\'i,ミ~、 ,'Ii,/ト//|" |::::::__|\/. ./. . . . .入\ .| . . . . . . ..| | . . . . | | . . . . . . | |_
/_》____〈    'i,_\| 〉"_. . . `=-、/|  'i,__>ミトイ"/`" /./::::::::Y _,・". . . . . / . \〉|. . . . . . . .|_|_, . -+-+――‐ "├‐
  _, -=::::"::::::'i,  _, 入ヒニ彡'i,~'i,. . . . /,rt-=/ /::::::::>||/::::/:::::::::::::::\. . . . . /. . . . /| `ー――"       `ー― "
../_,::::-=::::"~~'i,/r="~'i,'i,=、t、::::'i__i, /::/::/::ニニ\/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::.\/. . . . ./ ̄
:::::::::::::::::::_,::::::/'i, 'i,"~`'i, 'i,_\`=-、"t::::/_::.| / ||  /::::_, ・" 'i, =-、::::::::::::::::::::\_/
:::::::::::::::〈_ ///'='i, |~'i `- 'i, .'i,::::::'i,::::|_//~( レ /t,_:::::::::::::,<~ ,、'i, 'i,:::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::/}_//, ,r'. "~   `i, 'i:::::'i,::〈=-、\/O `"、〉>". .'i, 'i,'i, 'i, 'i,:::::::::::::::::::::::|
\/::::::::| "_ Y        `"},::::>''i, 'i,`、|. .ト, ii_ //. .\. ._>、'i,'i, .'i, 'i,::::::::::::_, ・"
::::::'i,:::::::::::'i,'|__.| |         'i,  .'i, 'i, i|_ニニ/. . . . ./ヒ_'i,_, -=・ "
=、'i,___>ー<〈         .'i,   'i, 'i,_\. . . . .\__/. . .,イ|i  '>、
  ̄       'i,          'i,    ̄   `ー、. . Y. . . . .|レ"`t"::::::'i, ,-、
.          'i,          i,       ,-|'i,. . .'i,. . //:::::::::'i,::::::::.'i,.〉 ト,r―t
           'i,         'i,     _》|::::〉ー"`"ム:::::::::::'i,:::::::::'i,/ |  |
           'i,         'i,    /_/|::::|::〉ー‐イ::::::'i,:::::::::::'i, _,彡 'i, ム、
.            'i,         'i,  /__|::::|::|:::::::::::::::::::'i,::::::::/~  ニ=t入::::\
             'i,         'i,<\//\|_|__,::::::::-==" -="~. ./::::::.\::::\
              'i,         'i,.\Y" ̄ ̄`y―――‐y r‐・"~  'i,. .'i,:::::::::::.\::::\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
すれ違いざまの横薙ぎを寸前で避けられ、背後にマシンガンの雨が打ち付ける。
それらをプライマルアーマーで強引に防ぎながら、反転しアサルトライフルを向けた。

「やる夫っ! 君にこれまで何があったのかは、私は知らないけれど……
なんで、よりにもよってそっち側なの!?」

弾丸の応酬の合間に、リエラの怒号が飛ぶ。
ヘルヴォルの背後に光が収束し、こちらへ向かって微かに機体が傾く。
動じず、アサルトライフルを再装填し、レーザーブレードを前方に展開する。
オーバードブーストの姿勢へ入った機体の向かって右の脇腹、
つまりは左側サイドブースターの位置へと主導照準モードに切り替えながら。

ヘルヴォルの急加速を止めるように、集中砲火を浴びせる。
プライマルアーマーが急速に減衰し、熱線と弾丸に貫かれたリエラの機体が
後方へとよろめく。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1243 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/29(月) 22:37:52 ID:h9fhFndY0 [7/11]

                     ___
              ...-ァ=‐ミ、  //⌒}i}   _ニ=- ' " ̄ ミ.、
            /.:.:.:〈.:.:.:.:.:.:.ヽ lii{  }i}r.:::´: : /⌒^~ \ ヽ
          /:/.:.:.ハ.:.:.:.:.`ミハlii{ /,:::/:::/         ) }
          ,゙イ:/.:.:/.:.:ヘマニ=-γァ::‐::::::、 イ       ∠イ
        /{.:.:.{.:.:.:.:.:.:{.:ヘ ':,彡:{il{:ヽリ⌒     _ ニ=- ' " ̄      くっ……体制を揺るがして、徒に民衆の不安をあおるような
         { }.:.:.{:/{.:.i.:.{、.:.ヽ ∨_ゞ≧'::`:.ー…: ."´   _ -=ニ⌒
    _____   jⅥ《拆从{ィ苡ア rァ):::\::\:::: : : -=ニ⌒            戦いを起こして……大勢の人を利益のために殺して!
 〃 , -‐‐-ミ/:::ハ  〈     , ヘ\::::::ヾ::: ー==-‐.::―ァ' "´ ̄
 { ( ____/:::/ 「i\v...っ イノ /三 \::::::::ニ=-:::: :  ´             そんなもののどこに正義があるの!?
 \.___彡イ/_ノ{iiム j`´: ./ /寸三= \:: : : "´  _ -=ニ⌒
~´:::::/   /´/ヽiiム__/\/ニ∨ニ=-ヽ\-=ニ⌒                
フ´ /   〃///田///沁∧ニニi}三ニ=-》ニニ=- _ _ ィ
 { {    i{/ / /{0/ヽ{乂ソ/}/三三ミY三三三三/l/
i ヾ乂_込、{ ( _{/ /{////三三三三}三三三//イ:`..、






         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\       正義……? 殺しに正義があるもんか! 
    /    (__人__)   \
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |      正義で殺しが許されるもんか!
    \    |ェェェェ|     /
    /     `ー'    \ |i      歪んでるのは君たちもだお!
  /          ヽ !l ヽi
  (   丶- 、       しE |そ  
   `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <

1244 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/29(月) 23:02:14 ID:h9fhFndY0 [8/11]

                                   __       |  ||  |  |
                                \::::::::::::::::::::::: /Λ||\|  '\
                                         ̄\:::::::// / ', ',  ',\
                                           \| { 〈  ', ', |\/
                                             /\  ‘,| |./ _
                                         乂 ',  || |/(__ `\
                                            {  ', lΛ | (  彡⌒ \
                                          `} ',| 〉 | \__>、__   }
                                           __/⌒ヽ|/ /_ 〈::::::::_,>‐く \
――――:::::::::::::::....................     ______      ,.斗…</へ、   (_ 「:{ /∨:::7八 _ノ⌒}  \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ̄`''<   _/ニニニ,>⌒\ノハ::V,ノ:;〉/  |  x-ヘ   }
ニ―______::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_>――へ,_ `>/ニニニ// _,.ノく └<´ノ    \{  r \j
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/`''<ニ/ニニニニイ Τ\  \/ |「     乂 し (ヘ\
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、  <ニニニニニニ} 乂,_,)    ∥  /\└‐^)〉 )」 )/
ニ/ ̄ ̄ ̄´´´´´´~~~~"""""''''''''冖冖==ニニニ>、 /:``</''<ニく /\\  ∥:><::\::::::>
                                  { /::::::::://   / ̄\::::::::\\_|:/⌒/::::(^\
                                く:::::::::::::// /_:::::/:::::\:::::::/< \ノ:::::::| \ \
                              /``ーく___〈:::::::::`|::::::::::::::::::::/_,\ \_,ノ\ 〉  〉
                                   `^''<_/::::::::::::|:::::::::::::::::/:\_:::::::\_{  \ /\
                                   /::::::::::::::::::|::::::::::::::/\:::几 ̄7  ̄}   /\:::::/
                                  /::::::::::::::::::::::::|::::::::/{  /} }  { /\ {  Υ::Λ
                                 /:::::::::::::::::::::::::::::j>''Λ:::::Υ:::/ / 圦\:::/\_ノ l::| |
                                /::::::::::::::::::::::::::::::/  乂::::::::::ノ,/ __」| (  ̄\___/Λ |
                               /:::::::::::::::::::::::::::::::/       ̄⌒   {:::八 \  :::::::::::::::::V
                           __/::::::::::::::::::::::::::::::::/             ̄ |\  ̄ ̄\_/
                   / ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                   |  {¨¨¨´{
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                 ',  \___〉\
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                  \        〉
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                      \__ /
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そうだ。
この戦場に、正義なんてない。
いつだってそうだ。この世に正しかった戦争なんてあるものか。あってたまるか。

敵機の右側に回り込むように加速し、ブレードを振り上げる。

確かなのは、たった一つだけ。
自分は生き残らなければならない。生き残りたい。
生きて、ネクストの中ではなく、ネクストから降りた彼女と共にいるために。
それが正しいかどうかなんて、分からないし、誰かに決められる筋合いもないし、
どうでもいい。ただ、そうしたいから、そのためにここにいるのだ。

ヘルヴォルが身じろぎを起こす。ブーストで距離を取ろうとしているのだろうが、
サイドブースターから火が吹くことはなく、ただ黒煙が舞い上がっただけだった。

一瞬、手が止まりそうになるが、歯を食いしばって耐える。

断末魔を上げる暇も、苦しみの悲鳴を出させる間も与えずに、
右腕部のEN出力を最大まで振り切らせ、超高熱の青白い刃を右袈裟に振り下ろした。
白銀のブレードはヘルヴォルの肩から機体下部へとすり抜けると、
赤熱した機関部の断面を一瞬覗かせ、次の瞬間には爆発を起こした。
メインジェネレーターへと直撃したらしい。

頭部が弾け飛び、腕部パーツが地面へと投げ出され、
もはやネクストの形を失い残骸と化したヘルヴォルが崩れ落ちる。

声は、もう聞こえなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1245 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/29(月) 23:11:04 ID:h9fhFndY0 [9/11]

                                j ヽ/ ̄`''ー-、_
                               // />‐-,、_≧x、
                    |l            ,z一' / /,,,_(__  ̄(  )、
                  |l     /l   _,,zァ=ヽー'゙/../ (    ̄f⌒'i `´マヘ
                     |l    j| / .!ァ'´、/  / // ハ  ゝ‐-tzヽ_ノ  ハ_ノ
             ヾ.   |l   j|ソ ノi'マソ _/-// `>゙z一、-、,,, ( ̄)(  )
        iヘ___ヾ..   |l /j|ヘ /、ヽ}ー'ソh|. j | /_/ ̄7 /´`ヽ、7゙~´ ` ´
.      / ̄ /    .ヾ.、 ,ィi|lヽ,j| /  〉i`-yー''| j | ス〈__ゝ'/マァ、 `ヽ、
   /――、゙    ,, -‐ヾ.i´」マLトi /  /l. lーヘ. |j |/,.ヘT__/ / /`>、_ `>
    ヽT1Tト、 \ /,ィ¬ ヾスktzァイ)r''T | l、 ヽ_`ニ=\/~ヽ/ / ./ /_/      中々やる……!
    ,i ` `,i \7 /  _,zマヘゝ辷ソj」匚| ', l`ー- ___/`\/`ヽ、/__,/
   ,i    ,i  ,/ i゙ /ーァ、Zフ´ ̄7  ||ヘ. ', l     ヘ   ヽ、__j |
  _,i._   ,i  1  l/__/  メ、__/  ,、ゞヘ ヽ l    /~ト、r、__/ !
  |Q1==iz=ニヽ〔ニニl≧x1]|.ヽ ヽ'´ `ニゝー>'^ヽ,/  ./ヘ_ノ^
.辷i ̄|___\  ゙ヘ  ',  /、j-一!-Y´イツ |/   l1 /` ̄ ̄
._l| 1___≧フ、_/ヘ   '.,_〉 |ヘ_,,」__|ー7//ヽtz==‐''´
.(ニ! |、ー――、ノ‐ァヘ__/ /、」ニニl三ニ]__
  |__| }       }  |,匚ゝー〈_| | ̄|ハz<,, `>i
    lノ___ノ∪l~)フ入¨/ス__,|_|/   `iヘ マ、





       .。s、                          「ム    j{    -‐- ミ       .。s≦>''
  .。s≦三三}二ニ=‐-  __              ,, -‐- ミ  ∨ム  j{l{ /=7´    `Y、.。s≦ニ=‐
   ̄~~"" '' ‐-=ニ二三三三二ニ=‐-  _  Y´ニ乂    \ ∨ム/^{[ i{ニl{       .}沁,=‐ r.:i:i:i{
           ∥=*=*= ‐-=ニ二三三三二ニ=‐- ≦]ミ*、_,.ハ∨ム/{[从ニ乂_______ ノニニ}|i:i:{∨i:i{
         #=*=*=*=*=*=*=*=*=*=-=ニ二三三}i 寸`、\∨ム{[/{l、ニニ/ ̄}~}ノ{|i:i:{. ∨i{
  .......,,,,,,, ____{{=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*= Y´{{[l  }l/ムニ`}/iYl⌒,} `Y.: : : ::, /|i:i,.|i:i,   〈{
  ~''<三二 i三二ニ冖¬==‐‐--   =*=*=*=*乂{{[l  }l=}l} ~''<{lL/、]>'\_// .|i:{゙|i/
     ~''<ノ''''  ‐‐--==ニ二三三三三三三三三}Lノハノリ≧s。人\」.。s≦「イ^\i:{ |{
     /≫''~   /i:i,≫''~ /i:i,.` /i:i:i、`~~~""\__辷ノ彡'゙  [辷彡、」"~  ∨ / ̄\    フン、伊達にランク4やってるわけじゃないわ。
.   / ''`   /≫''~    / 、` ./i:i:、`            >{\厄]/}r 、   ∨ニニ=}、
.         / ''`       /、` ./ 、`          >''~ ___寸iil~l' /lL. \ 人____彡'^∨   それに……今は背負ってるものが違うのよ!
                  /`   /、`             L Y´: :,ハ 寸ilィ゙厂{`r、 \ ``' 、ニ=∨
                     /`               jW/ニl∨Ll/!l! {/={\.ノ    \/~ ̄~'' 、
                               /L}}r '^l }l{ ll乂」lニノニ}ヽ      lニ/ ̄\ \
                                 }ニ=刎  ll }l{ ll  `Y{=ニ}/     .人{ニニニ`、/,
                                 }ニ从l  ll }l{ ll  l}l{ニ7{       \ニ___ニ}/}
                                ノイ彡'  ∧   /   八\{[{        `(⌒)にΞミ*、
                                /Y´       'ー'     \从           「V~V゙VムLノ
                           /-={              ヽム、        | l∨∨∨`
                             人____ ノ                W,ム         Ll↓↓」 '┘
                       r ≦ニニ>''" }                   辷」}
                          ~ r ≦/>''"                  /」⌒i
                             ~~~´                 〈⌒'く^\
                                             \/^i\〉
                                              `´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「……ヘルヴォル、撃破。
ただちにロストワードの支援に向かって、やる夫君」

なのはの感傷を噛み潰した声を受け、ヘルヴォルに背を向ける。
そこにはクリムゾンネイルと格闘戦を繰り広げるロストワードがいた。

紫電を纏った異形の拳を深紅の機体に叩きつけ、吹き飛ばす。
そこへ追い打ちをかけるように、間髪入れずにレーザーブレードが展開し放たれた。
更に肩部のマルチプルレーザーキャノンが震え出し、赤雷が飛翔する。

間断なく熱線と電撃がクリムゾンネイルへ降り注ぎ、爆炎が機体を包む。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1246 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/29(月) 23:27:31 ID:h9fhFndY0 [10/11]


                   __
                ∧/   ヽ,ヘ
                〈 //)   /  〉
              ___ ///:ヽ羽/ /
              /::::::::::::}  ∨_/ 〉
          ______/:::::::::/ 《0∋/ 〉 ,. ─────/
          _∠    `ヽノ  《 0∋ /`′       /
        { /ヾ   }    》_____           /           だが、こちらとて勝機はある。一撃当てれば……!
       /   ヾ /      }}  }}           /
     /     //       》 }}           /─
   /      ./ゝ|       / ∨       /
    {____/  |:::|       /| 0∋∨    /ヽ
           |::::|   /  |    ∨  //::::::::ヽ
           |:::::\/   | 0∋   ∨ /:::::::::::::ヽ    /\
           |/   〉  /       /  ̄ ̄ ̄   /   .\
                 「 ̄:} / 0∋   / ̄ ̄}   /        {__
                 {____」 |      /___}-‐                }
             /   ヽ                            }
               ./      0∋        \───ァ────/
          /        \            \__/____/_
         /´⌒/      0|::::\∋
         /   /         :|::::::::::\





    ___ /\// / /           /' /    |    / /
    ヘ「/¨>ミメ∨イ        / / /_... -一 T¨ ̄ / /
  //   ´ ん㍉Ⅵー   ヽ _ /斗rヒ≦三z_ |  / /   /
 /| \__弋_リノ|  ,   ´  イ/ ̄ ,.ニニ、ヾメミ、 //   /
  ヽヽ      ̄  |/       _   | fj } ///   /        勝機? 一撃?
   /|\                  ̄    ̄”ミ=彡イ∠ --'
  ′l  \      j           >/          /     一瞬の隙なんて私が与えるわけないでしょう!
  l   '.           |          //          /
  |   ヽ        __        /       __ / ̄¨二二      老兵は老兵らしく、潔く散るがいいわ!
  |     \       |>ー\       /  --ァ ´ / /.::.::.::.::.:::
\|  、<::..\     {    〉    //  /   / /.::.::.::.::.::.::.:::
 /.::.:.ヽ 二二\   ` ー‐ '         /    / /.::.::.::.::.::.::.::.::
/.::.::.::.::.::.::.::.::.//.::.\            /     / /.::.::.::.::.::.::.::.::.::
::.::.::.::.::.::.:: / /.::.::.::.:.丶---‐  ´ /       / /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
炎を振り払うようにクリムゾンネイルが躍り出ると、
右腕部の杭打機のような兵装を一振りした。
あれは、排莢したのか? 空薬莢がコンクリートへと叩きつけられ、
杭の先に何かの弾頭らしきものが装着される。

「解析結果……出ないね、恐らくIGIOの試作兵装だよ。
見た目からして近接武器だし、近づかせても碌なことがない。
やる夫君!」

言われるまでもない。
手動モードのままレーザーブレードを両手で構え、タイミングを計る。
やがて鍵穴にぴったり刺さったかのように、射線へとクリムゾンネイルの
右腕部が入ってきた。

ロックオンサインも待たずにレーザーを発射する。
放たれた熱線の矢はクリムゾンネイルの右腕部を飲み込み、
肘から先を焼き切った。未知の武器も右腕と運命を共にし、
クリムゾンネイルが微かに姿勢を崩す。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1247 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/29(月) 23:47:44 ID:h9fhFndY0 [11/11]

                            }/|
                        /i/{;
                           /i/i/{;
                           }i/i/i∧
                          _}jI斗<∧__
                      {、:_/:!:/:ヽ/、
                       }:Y:/:_:,_:}: :_{
                       ヽ}f´ {ili}_iヽ!
                         }/ヽ |
                         / }  i
                          〈 /   ,′
                        }ヽ、__/
                      ,、  ヽ-〈
                     {!__ヽ{/ / ヽ ̄`ヽー――_、
                  ,s≦゚´ } f´!/ --/___>-> ゚´          逃がすかっ……!
                     i`ヽ、_r 、<iV__i/__>、.゚´> 、
                  V ノノ r-<        V/   ヽ
                 ____}、{、/   {!        `ヽ   ∧
             、,、 / / ヽ' {__≧s{!            V .∧
          r<:/:i: /   ヽー'ri、 }< ̄}、        V .∧
         <:}:/: :{: ト、>‐' r-}、!}f´{ `ヽ}         `ヽ ∧
        ,。s≦>; /: }: : }  / r≦}.!<{/ ヽ}、           V∧
    r<>'<≧>{、:ヽ- ',r<   _/ヽ-ヽ,'.´ \,_           V∧
   ,.zV、>≧>゚´}_/´r/./  ,ヽ´       {V/  }i}          V∧
。<>゚´V>゚´    / V{≦i}       ヽ、  ヽ、        V∧
'゚´            { /  `¨〈             V/  ∧           ヽム
             V     /            V/、_}、          `ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「この程度で! 主兵装が潰された程度で私が退くと思うな、反逆者!」

クリムゾンネイルのリンクスが一吠えしたと思うと、左手がハンガーに伸びた。
振り抜かれた時には、小型の武装が手の甲に装着されていた。
レーザーブレード発生装置か。

マーシフルからの射線を遮るように回り込んで肉薄し、敵機の左手が手刀のようにしなる。
それをロストワードは寸前で掴み取ると、ブレードを投げ捨て、
更に残った右腕部上部を鷲掴みにした。

「ばらばらにしてあげる……!」

電磁パルスが撒き散らされ、合金製の装甲が歪み、潰れていく音が響く。
アンカーユニットが射出され、ワイヤーが伸びたかと思うと、
小さく回転しクリムゾンネイルの両肩から先を切断した。

そのまま腕部パーツを握り潰して作った拳で、ロストワードが姿勢を低くして踏み込み、
強烈なアッパーを敵機の腹部へと叩き込むのが見える。
鋼鉄の機体が宙へと飛び、四散したチェインガンや漏れ出た弾丸、
装甲の破片が舞い散る。

「くっ、流石に無理か!」

それでも尚、敵は諦めてなどいなかった。
吹き飛ばされた勢いのまま、背後のブースターが展開するのが見える。

そこへ冷却が終わったレーザーブレードを向け、二度目の閃光を放った。
胸部に風穴が開け放たれ、一瞬遅れて敵機が弾け飛ぶ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1248 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/30(火) 00:01:18 ID:a/LMVwNk0 [1/7]

                        /  i !| ,′ ,′
                          /  /i !|,′ ,′
                           _/ ,ゝ' .i !|iヽ ,′
                         / , '   i/ !|i、i}, !
          ,ゝー -<  >r゚´->x-、  ,_'__rfヽ、∧
     ,...、jI/___/, '゚  i!____}ili}-、{  {:{  }} } xzf `ヽ、
    , <゚´     />-<   >゚´/{ .| } ヽ{ }' //ililili}  _ヽ
  , ' ̄≧s、 }>-'゚´   {/`¨´  ̄`¨>}__ヽ i {iヽノ_>、ililil{ヽ′ V/
  / //ヽ'゚´_       / ̄ ̄}    }_  } {!// `¨¨`¨ヽ \ }/
  ヽ,< \≧、 \     / /   {  _/ rz,、} i!/       ヽ、} '、       
   {/\ ヽ/  } ,ゝ-、ヽ、_≧s}`ヽ{_/ヽili/>} /_        {il{ / ヽ、
  rヽ/`´、 >ー 、  .}  `ヽ、/-/ ./} ヽili!> ヽ'>'、         `{'   V/    
   \/  / \ \ j!ヽ /-{_/ ./_/ヽ| }-<-、三}       ヽ、   V/
    `¨¨´\.  \ \/   `¨゚´`ヽ,| }---V  ヽ       | ヽ   }/
         `{\.  \ \        ヽ/ ̄>V   V/_     ヽ V/ {!
          j}  \.  \ \      r-〉、   ト、  / {       {、 } r 、
        /` ̄ ´\.  \ \     | 〈 ili>、/  Y , - 、V/    {_!  } V
         /{ilililili} / . \.  \ \   ! {_}/ヽ  V、__ノ }/    f`ヽ、 !
       >ー-< .}!   \.  \ \ ヽ _,' {   V___/_}  r≦ニ}  ー'
      /     V    \.  \ \    \__/     {三ノ_/
      V_____}/     \.  \ \            ` ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
クリムゾンネイルだった鉄片が空から降り注ぎ、地面に穴を穿ち、突き立っていく。
マーシフルにも降りかかってきたが、プライマルアーマーに触れた途端に消し飛んだ。

「クリムゾンネイル撃破。敵機全滅を確認。
……作戦は成功だよ。帰投して」

なのはが作戦終了を告げると、急激な脱力感に襲われた。
張り詰めていた神経が解け、長い吐息と共に崩れ落ちて膝を突く。

勝利の喜びなど、どこにもなかった。
あるのはただ、生き残ったという事実だけ。

「今日のところは、戦いは終わり。帰りましょう、やる夫」

ロストワードが近づいてきて、鋭く広がった掌を優しく差し出してくる。
間抜けなほどに青い空を背にした彼女の機体を見上げながら、その手を取った。
体温は感じなかったが、やる夫は少しだけ、凍り付いた胸の内が熱を持つのを感じた。

帰ろう、今は。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1249 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/30(火) 00:03:19 ID:a/LMVwNk0 [2/7]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1250 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/07/30(火) 00:03:34 ID:mm6nmchY0 [1/2]
戦いとは悲しいものだ
勝っても空しく負ければ全てを失う

1251 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/30(火) 00:17:05 ID:a/LMVwNk0 [3/7]

      ___
     /::::::::::::::: \
    /::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::   \
. |:::::::::::::::::::::::::::(ー) .  |
  \    (__人__) .  /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
コロニーへ帰投し、マーシフルから降りた後も、やる夫はパンテオン基地での
戦闘の光景が目から焼き付いて離れなかった。

メディカルチェックを受けている間、ずっと敵機が砕け散る音や
火薬の弾ける音、リエラの怒号が頭の中で木霊していた。

ここまでリンクスをやってきた中で、分かったことが一つある。
それは、戦いや殺しに終わりはないということだ。
一時の戦闘行為であれば、必ず何かしらの決着という形で終わりはある。
勝利であろうと敗北であろうと和平であろうと。

だが、一度戦いや殺しに手を染めれば、そこから終わりはない。
汚れた手は二度と元には戻らないのだ。
償っても、許されても、決して消えはしない。
事の大小に関わらず、たとえどんな理由があろうとも。

メディカルルームの薄いガラス戸が開くと、そこにはアリスが立っていた。
どうやら、検査の間ずっと待ってくれていたようだ。
腕を組みながら壁に背を預け、出てきたやる夫を静かに見つめている。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1252 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/30(火) 00:21:08 ID:a/LMVwNk0 [4/7]

          仄いrく艾艾艾艾癶、
         r巛Uj〉j〉j〉::::::::::::::::::::辷う、   、
.        nrnrnrnrnrnrn:::::::::::::::::::辷う、   \
     /乂乂乂乂乂乂乂nrn:::::::::::::::辷う、   ヽ
   / ̄          乂乂nrn::::::::::辷う、
             \        乂乂n::::::::::rう)、
/               :.\   \    乂n:::::::::rう)     ′
  i      : :   ::::::. ヽ  :.\     乂辷辷く     ′       知り合いだったの?
  ::|:.  ¦  :...:|....: i :::|   _}L.:.      艾艾艾\
  ::|:: |:::::l|:.. . .::::::|:: 斗r七'     |l ¦   Y⌒Y^  \   |       「うん。養成所で、彼女だけが優しくしてくれて。
  ::|:: |:: 八:::::::::::::|l::l::| 〕斗ぅ弌7. |l  |:   V⌒ト、 \\ |
: |:八:. 、:::: ヽ :::::::八乂{ア乂`ーク  |l  ハ:.   |   |l \ \\       それから」
: |::::: \\⌒\/     ''¨゛´   八Λ|:: | |:) 八.   \ |
八::::::::::|\ 托笊!           ./ .:/ ..:|:: ハ! ,.:代_____\__     それ以上は、言わないでいいわ。
:. \ : |\\`ー1          //〉..:/|. / 「 ::|l   |.    )    )
\  丿:::::ヽヽ込、         //  ′/  :|l   |   (
  \   乂__込、    _ ー      ./  /   |l   ト、
.    (  |:l \ \         ./  /:/... 八|:  |:::\
     \|:l:: |:ハ  ヽ     イ..::/  /:/   /|:: |:  |:::::::::\
       |:l:: |:: |: |: 个ヲ 厂 ハ/  厶仏:::/^|:: | . ├――=ミ
       |:l:: |:: |: |: | ノ/: 厂\彡く/|..../: : |:: |:  |
       |:l:: |:: |: |: |}/  厂 ̄ ,ィ__八/: : : |:: |:  |





                        __,、
               , __-,=====〔{〈回ヘ
                /_f〆::::::::::::::::::::::弋之ソ::::\
               / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
            / {i7:::::/  i            \:::::ヽ
            ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::
 ト、           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
 |:::\      |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |
\\:::\      |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
::::::\\:::\.    |    | |   | tしソ  リ| /癶〈| |   ハ
::::::::::::\〉 ::::\  |   | | ヽ \ ̄       '(レリル | ,∧|       私は、こういう時にかけるべき言葉を知らない。
:::::::::::::::::::::::::::::::\|   || \ \      , ` /! |〃ハ_i -─
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l   |   ̄   __ _  /|/″/::::::::::::::::...    戦場で会った敵が昨日の友達だったことなんてないし、
::::::::::::::::::::::::::/ 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく::::::::::< ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::/ /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\::::::::::\     友達だと思えるような相手なんて今までいなかったから。
::::::::::::::::::::: | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \::::::::::\
 ̄>::::::::::::| l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_   :::::::::::::    そこは……私にはどうしようもない。
::::::/ ̄ ̄j j/::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉:::::::::
/    〔 L::.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /\[\
         ` ト  /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /
        | i く::.:/::.::.::.\/:::::',  i 匸{〈回}くl|  |〈 〈
        | i  \ヽ .::.::.::.::\:::|  |―-ゞーヘ/〉|  |ヽ:i ,

1253 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/30(火) 00:33:45 ID:a/LMVwNk0 [5/7]

                    ゞ-ゞニノノヌ 、
                 , <  ゞ::::::::::::::::ヌ  丶、
               /      ゞ:::::::::::::ヌ   丶
                , '       /  ゞ:::::::::ヌ    ' ,
             /  ,'  /  // / 〉-、::/ニュ    ',
             { i i  / / / / |:ト、V/ |:|    i
             '、、, / メ≧z、//|:l 只、 j:l    |
              丶}//ィ{ノチア //>'ニ∧ニ;′   i
              ノ   ゛¨´ // ノ i:||:i i     i      ただ、分かることもあるわ。
             ∧     ,, // イ' .|:||:| |   i i
             /   ,、    //' ,′/ |:||:| i   i i       それは、あなたのその表情を見ると、
            /  /,∧     </ / |」|」 | i i i 
           i /  / ,个 ー ュ _/ /,ィーー 、 | i i |        私は胸の奥が痛くて堪らないってこと。
          i/  / / ノ 仁ミ,√/ //.:::::::::::..丶| | i |
          ,,,, ..' / / ノl:l´只.,'  '/.::::::::::::::::::..\ i i |        その表情を打ち消せるなら、何も惜しくないってことくらい。
         ミ)))i   {/ 〉ニヘ{  ノ.::::::::::::::::::::::::::..\ i |
      __ 、//  ',  r,{  //7|:i ; :::::::::::::::::::::::::::::::::..丶 |
    /ヽヽ_V 7  丶i⌒`|:」-'|::', i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..丶
    ,'ノλ{┘//   /{   薔 7 ソi :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
   }   '-´ノ   { :::::丶 丶 i / ゞ ::::::::::::::/::::::::丶::::ノ





                   ,、rm__rv竺vヘュrヘ- 、
                 {辷彡'こ三三三三≧ヘV,ニニヽ
                     /彡クー^ー'^ー^¬卞〈\ヽ∨
               / 乃了   `ヽ  ヽ∨∧ヽ \`、
                  //_/7 ′     ハ `、〈〈_ノ ノ   ヽヽ
           r,ニY/」 ′〃   , ' l| ト、 l l ̄l「`、   | ハ
           __〉イ〃 ,  /, l   / ,イ!} |リ 八 ヽ |ハ
           〈 rク// ,′ ,'/l∥ ,' /厶‐十ナ/}小、ヽ ∨/  、
        , -ァ7イ {  l   |l ハ ト、 { l /ィ乏f千ァ l |ヽ}_ノ   、、 `、        お腹は……今は食べ物も入らないわよね。
        // 〃l ハ  、 レイ下丶、j′'ヾ゙ジ  // rヘ川 ¦ ヽ ヽ
.     //   {l { い、、\V,ィf赤       //  ,ィ|l |  ト、 \       食堂の案内は、時間を置いたほうがよさそう。
     {_/    ヾ \/ ヽ\ヾ`ー'′       { !  仆//  ,′ | ヽ  ヽ
             ノ{ {  八_〉、   ` , - ァ  ゝ, ' V ハl /   ハ }   \    先に部屋の場所を教えるわ。
           , -‐'´/ハ 、 { |lヽ、      ∠ニ-V リ / /  ∨    ヽ
  , -‐'´  ̄   -‐ニ|l 7,ヘヽ \l_  「≧ァr<::..::..::..::..∨ /,...┴、/ト、     l   連れてってあげる。それで、少し休みましょう。
// '′, '´ ̄.:∧:.ヽ//  ヽ\j二 /// 7j「ヽ\::..::/ , '´::..::..::..::ヽj ヽ    |
 , '´ , / ___ ,' ハ/ , ′ }ノ/ ,..-ヘ \_/∧V /r┘/::..::..::..::..::..::..`、∥   l
/ , ///   __.::|||::./ / ///::..::_>ー'′∨厂 /::.::.::..::..::..::..::..::..::..∨!    |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスはおもむろに手を取ってくると、小さく引っ張って見せた。
彼女自身も戦いの後で疲れているはずなのに、顔には精一杯の微笑みを浮かべて。

やる夫は涙を流すこともできずに、うなずくことで応えた。
今はただ、彼女との時間という戦いの報酬を享受したかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1254 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/30(火) 00:34:29 ID:a/LMVwNk0 [6/7]
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1255 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/07/30(火) 00:43:19 ID:a/LMVwNk0 [7/7]

        、 - ‐‐ -,
       ,´: : : : : : : : :
      ゙i : : : :○ ○゙i
       }: : : : : : : _ _ _|       はい、今回はここまで。
       |: : : :-=´_ _,´
      y' : : : : :_: : : : :i        毎度毎度短いが、やる夫スレとしては文章量も多いので実は読み手としても丁度いいのでは?
     / : : : : : : :┌─┐
     i : : : 丶: :ヽ{ .茶 }ヽ       と最近思い始めたので気にしないボクであった。
     r : : : : :ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___ : : : :ヽ : :ヽ        >>1も小説読んでると、短いときは三十ページくらいでダレたりする。
     と_ : : : : : : ノ : :ノ
       ̄ ̄ ̄  ̄          何事もほどほどが一番だ。






       , -‐   ‐- 、
     /: : : : : : : : : : ::',
    , ': : : : : : : : : : : : : : :',
  /: : : : : : : : : : : : : : :○:',       次回も来週の月曜日午後九時からだ。
  ヽ : : : : : : ○: : : : : : : : :',
 .  `ト : : : : : : : : : : : _,-‐'`iヽ _     次は……久々のコミュパートかな。私のラブシーンは砂糖少な目だからねえ。
    i: 丶: : : : : :,-‐'´__,-‐'´: : : `ヽ
    | : : :ト: : : : `-‐´ : : : : : : 、: : : 丶   ま、好きな人もいるであろうと信じて描こうじゃないか。
    | : : :'、j`-‐ : : : : : : : : : : : \: : : ヽ
    丶,,:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : | : : : i   それじゃ、シーユーアゲイン。
          `ヽ: : : : : : : : : : : : `ー‐'
             ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ

1256 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/07/30(火) 00:54:08 ID:mm6nmchY0 [2/2]
乙でした



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する