へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)


クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第19回

1069 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:00:19 ID:JqDmZUkQ0 [1/28]
    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||  、 - ‐‐ -,
 |:::::::::::::::|,´: : : : : : : : :
 |:::::::::::::::|゙i : : : :○ ○゙i
 |:::::::::::::::|}: : : : : : : _ _ _l       ハロー。
 |:::::::::::::::||: : : :-=´_ _,´
 |:::::::::::::::||___ : : :丿
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||



スポンサードリンク


1070 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/05/30(木) 21:02:04 ID:8nGf02eM0 [1/2]
ハロー

1071 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:04:34 ID:JqDmZUkQ0 [2/28]

       , -‐   ‐- 、
     /: : : : : : : : : : ::',
    , ': : : : : : : : : : : : : : :',
  /: : : : : : : : : : : : : : :○:',          なんだかなろうの風潮が嫌いでさ。
  ヽ : : : : : : ○: : : : : : : : :',
 .  `ト : : : : : : : : : : : _,-‐'`iヽ _       「タイトル&あらすじ詐欺の釣り小説書いてやらぁーーーっ
    i: 丶: : : : : :,-‐'´__,-‐'´: : : `ヽ
    | : : :ト: : : : `-‐´ : : : : : : 、: : : 丶    苦しめーハーレムもチートもない世界を見て苦しめーーっ」
    | : : :'、j`-‐ : : : : : : : : : : : \: : : ヽ
    丶,,:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : | : : : i   って書いて投稿したら、なぜか続きを望む人がちょろっと出てきてね。
          `ヽ: : : : : : : : : : : : `ー‐'
             ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ    消すつもりだったが、なぜか続いている。





         ,- ‐‐ - 、
       r‐イ: : : : : : : : :`,
      i /○ ○: : : : /   /` 、
       i_ _ _ : : : : : : :{    / : : /
       `,_ _`=-: : : :|   ノ : : /     https://ncode.syosetu.com/n5401fi/
       i: : : : :_: : : : :'y´ : : : /
       `-‐、´: : : : : : : : : /       こちらがそれだ。ツイッターをフォローしてくれているスレ住民にだけ開示して、
            ノ : : : : : : : : i´
          / : : : : : : : : : :|         こっちに載せないのもどうかと思ったのでね。こっちの更新を待つ間にでも読むといい。
           i: : : : : : : : : : : !
.          (`ー‐-  -‐ _}         あらすじはありがちな奴だが、中身はピカレスクロマン風味だ。

1072 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:07:26 ID:JqDmZUkQ0 [3/28]

                  . . .-─‐-. ミ
                     |: : : : : : : : : : `: ..
                     |: : : : : : : : : : : : /
                    }Ο : : : ◯: : : :,′
                   : : : : : : : : : : : :i
                      { -===- 、: : :. :.|       ちなみにみんなは、ファンタジーならどんなのが好きかな?
                    〉: : : : : : : : : :ノ
                  i: :`ニニニ´: : : : ‘,       私は指環物語、ナルニア国物語あたりは一応カバーしている。
                 __/ : : : : : : : : : : : : i
      ___        /.: : : : : : : : : : :‘,.:.三|       ゲームならFF9が好きだ。私のヒーローはクラウドよりジタンだった。
     / :::: ヽ: : : :‐--∧_: : : : : : : : : : :./:|: : : |
     .′ :::::::‘: : : : : : }/∧ア´二二ヽ:/ | : : ‘,       ってな感じで始めていこうか。
.    ‘::::::::::::::ノ: : : : : :ハ \{/: : : :/⌒゙ヽ : : :‘
.       ゝ-=彡-──<¨¨゚‘; .: : :./:::::::::::::::} : :. :.|
                 \: :′:::::::::::/______」
                     弋:::::: /
                       `¨´

1073 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:07:47 ID:JqDmZUkQ0 [4/28]

          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-――- - 、:\
.          /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、:.:.:\ .ヘ:ヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:\  ヽ
        |:|:.\:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:ハ:.:ヽ:.ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:\:.:丶
       .i:|:.ヽ:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:| ヽ:.:i:.:.i:.:.:|:\:.:.:.:.:.:ヘヽ:.ヽ
.         |:.:|:.:.ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:._7t:.-十:i  i:.i|´丁`i:.:.|:.ヽ:.:.:.:ヘ丶:.i
         l:.ヽ:.:.:|:.:.:.:.:.:.|:.:.:匕:チ |:.≠.l/  ||,イう。,/:.!:|:.:.:ヽ:.:.:.:i  ヽ
         ヽ:.ヽ:.|:.:.:.:.:.メ´:||:.yヒて个/   / .{::::j."i/|:|:.:.:.|.i:.:.:.:|       なあに、どこが分からないの?
        ヽ:./=ヽ:.|:.:.:i:.:i,イ7::::::゚::|       b:y /:.l/:|i:.:.i .|:.:.:|
         ゝ .个:.::.:ヽ|ヽ らツ少      ̄ |:.:i:.|||:.:| |:.:|
          \ .|:.:.:|\\. ゝ¨        、 . |:.:.|:.| |:.|  |:|
            ヽ:.:.:|                イ|:.:|:ヘ/   |
             ヽ:.ヽ.       ` ´ /:.:.|:/:.:.ヘ
                  丶:.丶> 、    イ、:.:.:/:.:ヽ:.ヘ
               \ミ    ` ≧´   !\:.:.:.:.丶:ヘ
               ,>.|ヽ   ><   / .i:`>x.ヽ:ヘ
             ,、r´:/ | >‐、´     /  |::::::::::::::::::::`ヽ 、
.           ,、r´:::::::/  |/>-<\ .   /    |::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、
       ,、r´::::::::::::/  ./└t┘ ヽ./     .ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
     /::::::::::::::::::/  /|./ Ⅹ.ヽ  ヽ   >┘ \::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
次の日の昼下がり、やる夫は自室でなのはと一緒に本を読んでいた。
といっても、半分読み聞かせてもらっていたようなものだった。

部屋が荒れていないかと心配して訪ねてきたなのはは、
必要最低限の家具や荷物しかない空間でダージリンから貰った
小説とにらめっこしていたやる夫を見て、こうした役を買って出てくれた。

元は日本人作家の小説だったようだが、今や共通言語となった英語に
訳されているのである程度は読める。
だが、それでも日常会話に使うような言葉くらいだ。
見知らぬ単語ばかりで困り果てていたところなので、なのはの提案には助かった。

今はこうして、ベッドに二人で腰を降ろしながら、やる夫が手に持った本を
なのはが覗き込んでいる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1074 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:07:59 ID:JqDmZUkQ0 [5/28]

        ____
     /     \
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \     よく分からないということが分かったお。
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
小説の中の大昔の日本も、幻想の中の世界も、
やる夫には馴染みのないものだった。

正直、主人公の少年や、彼を取り巻く人々の感情も今一理解できない。
だが、その時代にはその時代の苦労があったということは、なんとなく感じた。
戦争があろうがなかろうが、どの時代でも、人は苦しんでいるものなのだろう。

そして何よりも、やる夫には作者が非合理的に思えた。
何気ないその疑問を、なのはに投げてみる。

「作者の人は、なんで主人公の男の子の方に強い魔法をあげなかったんですかお?
もう一人の男の子の方は凄い魔法使いなのに。
主人公が強い方が、お話もスムーズに進むと思いますお」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1075 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:08:12 ID:JqDmZUkQ0 [6/28]

                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ´:.:.´―― 、
                   /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:\
                 /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:\
                 i:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\、:.:.:\
                    |:.:./:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:./:.:.:./:.:|:.:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:ヽヽ:.:.:.:ヽ
                |:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:./_/|://:.:|/:.:./|:.:.:.|:.:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:ヽ:.:.:.i \:.:.:i
                |:.:|:.|:.:.:.:.:.|:.丁//Ⅳ`テメ/:./ |:.:./|:.:/|:.:.|:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:|   ヽl
                 ヘ:.l:||:.:.:.:.|:./r≠=て7=、 //  |:.丁メ-||:.:/:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:..|:.:.:.:.|     |
                    >|:.|:.:.:|:.||ヾら:::::゚::::}   /   ./∠=z//下:.:/:.:/|:.:.:.:.:/|:.:.:.:.|
                 | ||ヽ:.|:|ヽ. 辷zzメ_    /./::::o::7ヽ/:.:./:.:/:/:.:.:.:/ |:.:.:.:.!     うーん、それは書いた人にしか分からない
                   ヽ |:.ヽヽ.             〈⊃::/.〃///:.//:.:.:./ |:.:.:/
                      |:.:.:.|:.|\             `¨≠//:///:/:.:./  .|:.:/      と思うけど……私ならこう思う。
                   |:.:.:.|:|         ´    ./:.:.//:|/:./  /:/
                     |:.:.;||ヽ      ` ー    ./:.//|:.:.:/:イ   /        かっこいいから、じゃないかな。
                     rゝ:.:.|  \          , イ|:.:.:./:.:!:/|:.:| 
               ,、..イ´ヘ ヽ:.| 、  \   , <´:.:/:.:.:/:.:.:|:!:.:.:.|:.:|            「凄くないのが、かっこいいんですかお?」
            ,、r::´´:::::::|   ヘ \ \  `フl   .|:.:.::/:.:/:.:.:.:.:!:.:.:.:.!:.:!
.         ,、r::´´:::::::::::::::::::::|   ヘ    \-/ |ヽ:.、|:.:.//:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:!:.|
     ,、r::´´:::::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヘ    / | |ゝ.| ヽ::ヽ:/:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.|
  /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    .ヘ   / ゝ≠| | ヽ::::::\:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:|:.|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「想像してごらん? そういう凄い人は、きっと冷めた目をしてると思う。
勝つのも当たり前、褒められるのも当たり前。
溜め息交じりに、ありふれた人たちの一生懸命を鼻で笑うの。
そういう人よりも、私は人間大の力で、必死に頑張って生きてる人の方が好き」

「人間大、ですか」

「うん。何でも持ってる人が周りを蹴散らして悠然と一番になるお話より、
限られた力で大事なもののために頑張る誰かのお話の方が、
大切な何かがあるような気がする」

なのはは柔らかい声音で語るが、やる夫には上手く理解できなかった。
持っていないよりは、持っている方がいいに決まっている。
金もないよりはあった方がいい。力だってそうだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1076 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:08:23 ID:JqDmZUkQ0 [7/28]

   /:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.||:.:ハ:.ヽ:.:.:.ヽ、,-:.┼--___:|:.:.:.:.:.:.:.|:.:/:.:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
   |:.:/.,':.:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| |:.:lヽ:.\:.:´\ヽ≧云、:.:.|`:.:.:.:.:.:|^、/:.!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:!
    |/ |:.:.:.:.:.〃:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:|≦卞|`ヽ ヽヽヽ 〃て::、 弋o|:.:.:.:.:.:.|´ ヽ:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
   |  |:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:イ |≠云う丶  \  {:::::::ヽ-} 〃:.:/:./|  ./:!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:!
     {:.:.:.:.:.|{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:メ ん:::::::}      つ -:少 イ:.:/|:/:.:|/:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
     .∨:.:.:|.∨:.:.:i:.:.ヽ:.:.:.:.` つ-´j      ‐`‐‐┴/:.///:.:.:|:.:.:.:.:!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:!
      ∨:.:| .∨:.:ヽ、:.\:.:.\.ゝ´          ///〃:.:.:.:|:.:.:.:..!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:!
       ヽ:.|  ヽ:.ヽヽ、:.`ヽ__ヽ_    ′      //,イ:.:.:.:|:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|      いい、やる夫君?
         ヽ|  ヽヽ \:.:.|:ヘ       ‐ ‐ ´     / ,':.:.:./l.,':.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
          ヽ    .\   マ:|:.:.ヽ、         / ,':.:/:|/:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|      この前、自分がどんな人間かは、
                    |∧:.:.:.:.|`> .、    イ  // /ヽ、:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
                 || ヽ:.:.:.|     ._`T´  _ -/   ./ .|\_:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|      誰かの目にしか映らないって言ったよね。
                    |  \:.| ,、r ´/ヽv<´    /  |:::::::::: ̄`― 、:.:!
                  ,、r -ヽ:/  ,'/l./ .ヽ    /   .|:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、
              ,、r::"´:::::::::::::::/   / ヽy‐ 7´ヽ  /   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、
                ,'|:::::::::::::::::::::::/  ./  l≠´.|  >´    .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::---‐ヽ
                | |::::::|_-- <   / ./ / ヽ | ./     ト- 、_::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/
                |:::|:::::|     \イ ニ   .y |  ,.><´    >-<__/:::::::::::::::::::::::/
           /´,':::::/   ≠<´ |´::::::::ヽ /  `` 、   Eニニコ   ./ |::::::::::::::::::::::::|
              / //::./    ヽ   .|::::::::::::/      /        ./   |::::::::::::::::::::::::|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
確かにあの時、なのははやる夫にそう言った。
人は自分を確かめるために、他人と関わるのだと。

「あのね、人は形のあるものしか見えないの。
それがどんなに大切で、失くしちゃいけないようなものだったとしても、
形がなければ目には見えない。
逆を言えば、大切なものほど、目には見えないものなの」

そこまで言い切ると、なのははそっとやる夫の肩に手を載せてきた。
本から視線を映すと、彼女は真っ直ぐにやる夫を見つめながら、
小さく口角を上げて微笑んでいた。

それを見て、少しだけ困惑する自分がいた。
自分はそんな目を向けられるような人間なのか、疑問だったのだ。

「本当に大切なのはね、誰にも負けないだとか、
全ての人に認められるとか、そういうのじゃないの。
あまり上手く言えないけど……そんなの、何も意味がないと私は思う」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1077 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:08:57 ID:JqDmZUkQ0 [8/28]

                 ___
             ,x ≦:.:.:.:.:.:.:.:.:≧ュ、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:--――-:、ヽ /`ヽ
      ,x ≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.‘,
     /:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:. /{{i:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,
.    /:.〃:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:. /:.:.',
   /:.//:.:.!/:.:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:./:!:l:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.}
    i:./ {:.:.l{:.:.:.:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,:.:/:.:l:.l:.:.:.:.:/:.:.:.:./
   リ i:.:.{ i:.:.:.|:.⊥:.‐‐:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:i:.i:.:.:./.:.:.:.:.,′
      l:.:.l l:.:.:.l:.:.:{ ,斧ミx`:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.: i:.:./l:.l:.:./:.:.:.:.:/
     i:.:l l:.:.ヽ:マヽ マ:: ',ヽ:.}:.:.:.:.:.}:.:./:./:.|:.: /:.:.:.:.:/
     l:.:l ヽ:.{::!ヾ、 乂リ }:!:.:.:.:.: !/ミ}/_:.|:./:.:.:.:.:/         大丈夫。やる夫君も、この本の男の子みたいに、
     Ⅳ  {:./     ̄ }:!:.:.:.:.: l    l.l./:.:.:.:.:/:|
         |:.:ヘ    ,  〃}|:.:.:.:l   il |:.:.:,′: |         いつか一生懸命になれる何かが見つかるよ。
         |:. : l\ ̄  /、 /:.:./  //|:.:.{:.:. : |
        マ:.:.l __ヽ-,r´ヽ:.:/-‐ ´/ !:.:.!:.:.:.:.:l         それまで、私も全力でサポートするからさ。
         ゝ:.{::::::: ///}/  /  人:.l:.:.:.:.:.l
        /::::ヽ::/ //>〃 /   /:::::‘,:.:.:. l
        l::::r== /// l/ L__/:::::::::::::::ヽ:::::‘,
       , l::::ll  /ヽ/,イ´  <   \:::::::::::::::::‘,::',
       / li  /::/    ≧´    /::-―:: ̄:‘,:.ヽ
     〃   | 〃 ≧ ´    l li /:::::::::::::::::::::::::::}:.:.:.‘,
    /     l イ        li /::::::::::::::::::::::::::::::::}:.:.:.:.
     {     //             /:::::::::::x≦ ヽ、:::::/:.:.:.:.
     ヽ_  { {          /:::::::::://   ヽ}::/:.:.:.:.:.
      i   | ‘,        i::::::::::::i ',    }〃}:.:.:.:.
      |   |  ヽ      /  /:::::::::《 r===/  i:.:.:.:
      l  /     ー‐/  <:::::::::::::`:r 〃    l:.:.:.:
      l  /       /    \::::://    l:.:.:.:.

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
今日だけがすべてで、せめてこの身が誰かのためになれたならと思うばかりだった。
だが、その自分も今や過去のものだ。
ほんの少しではあるが、自分は変わっていると思う。

それと同時に、なのはが自分に向ける視線にも変化があったように感じた。
最初こそ、出来の悪い生徒に四苦八苦する厳格な教官そのものだった。
今のような表情をやる夫に見せるようになったのは、いつからだったか。

なのはが自分に求めたのは、決着の代行者という役割だったはずだ。
戦えない彼女の代わりに、あの黒いネクストを屠る。
亡き友たちへの手向けとして、忌まわしきランク1を地に叩き墜とす。

なのに、今のなのはの眼差しは、明らかにあの時とは違った。
その眼の内にあるのは、過去の風景ではなく、何か別のものとなっていた。

それが何なのかは、今のやる夫には分かるはずもない。
分からないが、悪いものではないということは理解できた。
そしてそれが、どこか懐かしいものであることも。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1078 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:09:08 ID:JqDmZUkQ0 [9/28]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1079 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:11:56 ID:JqDmZUkQ0 [10/28]

        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (●) (●) \
   |       (__人__)    |
    \      ` ⌒´   ,/
    /         ::::i \
   /  /       ::::|_/
   \/          ::|
      |        ::::|  キュム
      i     \ ::::/ キュム
      \     |::/
        |\_//
        \_/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
夕食時になるころには、なのはは自室へと戻った。

「やる夫君の心配しといてなんだけど、私も自分の部屋の掃除しないと。
最近、色々溜めちゃっててさ」とは本人の弁だ。
作戦には一つの綻びも許さないような彼女だが、私生活はそうでもないのかもしれない。
まあ、それに関しては何も言うべきではないだろう。

いくら英雄と謳われたような伝説の元リンクスという肩書があろうと、
なのはも一人の人間だ。プライベートくらいは、少しくらい緩んでいてもいいはずだ。

すっかり通い慣れた食堂で夕食を済ませた。
今日のメニューは中華風だったようだが、やる夫にはよく分からなかった。
ともあれ、ストリートチルドレン時代の粗末な食事とは比べるまでもない。
それに、一人での食事であっても、少しだけ味が分かるようになってきた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1080 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:13:12 ID:JqDmZUkQ0 [11/28]

                      _--――- _
                       jニニニニニニニ>、
                    <ニニニニニニニニニヽ
                     /': :.`<ニニニニニニニニ{
                     /:/: :': : : ': :`:,<二二二二>'"、
                 ヽ/: /: : :/: : ,イ:l: : : ̄i、 ̄:!: : : :.': ヽ
                  〉:.': : :.': : /_:l: : : : l: V: :i : : : : ': :{
                ,'l: :!: : :.!: :/‐-、: !: : : :l: :.V: l: : : : : ; :.\
                     /ヽ:l: : :.l: ;代ツ`: !: : : l:_; :V:.!: : : : : ; : .ノ
               / .! l\: l: l: : : : : : :l: : :.!、ツl: l: : : :.l: :/     
                   , l .l .!.  Tー、: : : : : :,:l: : l: : : l: !: : : / '
                  , .l | l  .|ト .\ヽ: : _: !: :!: :イ: :l :/ i !  ,
               , ,  .! !,   l! \ヽ: :_:ヽ:.! :.!: イ ,! !,
                 '/. l !.l l   l .l     ´;  '.,l j  / ハ.l ,   ,
              ' .l  l ',ハ  l.ノ,へ__j⌒ー`ィヽ! , /  'l ,
                 ; _ ...-,:ィハ .!::::::::::::::::l:::::///:;  /:::ヽ ! ,   '
              ,./:::::::///::::, !:::::::::::::::::::///:/ .,:':::::::::l  l, ,    ,
             ,::::::::///__l .!___///{/ ./:::::::::::::!  l',    ,ー、
               ::::::::j/、乂 .! !{ }./ /ノ//./ /:::::::::::::::l   } ! ,    マヽ  ,.‐- ._
             ,:::::::////\ } l ,. イ///// /:::::::::::::::::;  , j   ,    マヘl  ._//\
            ,::::::::!//////,'/////////, ./:::::::::::::::::/  /.ノ   ,   マ ヽ/! \//}

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
自室に戻る途中の廊下で、向かい側から見知った顔が近づいてくるのが見えた。
ランペルージ夫妻とラケル博士が談笑しながら歩いていた。
正確には、ラケル博士は自走式の車椅子だが。

彼らはやる夫に気づくと、軽く手を振りながら歩み寄ってきた。

「こんばんは。三人とも、これからご飯ですかお?」

「いや、俺たちは済ませてきたんだ。博士の営む孤児院に顔を出すついでにな」

初めて聞く話題に、やる夫は眉を顰めた。
彼女が技術者として働く傍ら、何かしら他の仕事をしているとは
耳に挟んだことはあったが、まさか孤児院の運営とは思わなかった。

「ええ、三年ほど前から、そういった施設のオーナーをしています。
とはいえ、全ての孤児を引き取ることもできず、施設も小さなものですが」

ラケルは目を細めて微笑むが、
やる夫にはその瞳の奥にある感情を読み取ることができなかった。
養成所の友人であるリエラやなのはに、アリスやダージリンと知り合いは増えたが、
その人たちの喜怒哀楽はある程度は感じ取ることはできた。

きっとそれは、皆がやる夫に対し、自分の心を伝えようとしてくれていたからだろう。
だが、ラケルにはそれがない。彼女は人に対して、自分の感情を伝えようとは
していないように思える。笑顔ではあるが、形だけだ。

悪意や害意は感じないが、どこか寒々とした微笑みだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1081 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:14:52 ID:JqDmZUkQ0 [12/28]

       /:::/:::;イ:/:/::::::::::::::::;ィ::::::/:::::::::::::::::::::/:/::::::::::}i::::::::::',
     //イ::::;’}:j/:::::::::::::/,::;ィ::/::::::::::::::::::/;ィ:::::::::::::}i:::::::::::::',
    // ,:::::;’:i::}i::::::::::/,::/::〃:::::::::::::/:::/ !:::::::::::::}i::::::::::::::::〉
    /  ,:i{:::i::::i::}i::::;∠,::∠_,://:::::::::::/,::/ {::|::::::::::}i::::::::::::::;′
   ′  ,::i!:::|::::|:::レ'_,::∠__ ,://::::::::/7:/}二‐}:ト、:::::;’:::::;:::::::;′
       i:i|:::ハ:::|:::{ {{ 勹i:i:ト、.}:::::/ ,:/ xz=≠=ミゝ/::::::/:::::::{
        i:{ i:{. }:::}::、:、_込:V癶}::/ / /込r≦i:i}〃'::::::/}::;}::i!;      一応、俺たちも所属はトウキョウの
        i:{ i:{ Ⅵ:::}ヾ:.    {/ }      ̄¨”/:::://::; }:从
      i{. i{  Ⅶ::}:. ヾ、     ,:         /.::://:〃 i:|       ネクスト収容施設に勤務する技術者だからな。
      ` ゞ  }从:::、 `   } .       /イ:/-'’:::;イ{. ゞ
          ;/ }:ハ::.、  ーz 、 __    ,.イ,::::::::〃;’リ         ラケル博士は上司ってわけだ。
         〃  }; }:::::i、  `ー¨¨ ̄´ . <,:::::::::/}/
          ′  リ .从r! \    . <i:′{:::::ハ{. i!
             / i:;ト、.`ー\,。≦i:i:'__,ノ}::::{ リ
             /' |ニ三ミf´rzzzzzzzュ 从:{
              j{ニ/ }ニ{ i{二ニニニ{ { `
            ,.。≦/r、} /ヘi{ {二ニニニi{ {≧ュ。、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そういえば、やる夫はランペルージ夫妻やラケル博士の仕事はよく知らなかった。
試しに質問してみると、ルルーシュがやる夫にも分かるよう、かなり噛み砕いて
説明してくれた。

「俺とC.Cは、基本的にはAMS技術や新パーツのテスターだ。
新しく作られた、試作段階の機体やパーツを試しに動かしているわけだ。
基礎的なことであれば、ネクストやノーマルの整備も手伝える程度だな。
五年前に一線を退いた身ではあるが、こうしてできることもある。
ラケル博士は、普段は機体設計や開発、といったところか」

「別段、仕事をしなければならないわけではないんだがな。
かといって遊び呆けるような性分でもないし、家でずっと腐っているのもな。
というわけで働いているのさ。忙しすぎるのもどうかと思うが、暇すぎるのも考え物だ」

ルルーシュの説明にC.Cが割り込み、真面目な話に茶々を入れるなと
言われるも悪びれずに続けた。

「で、こう言ってはなんだが、私たちもネクスト戦役で稼いだ金が余っていたのでな。
二人とも特に欲しいものもなかったんで、ラケル博士に渡したのだよ。
そうしたら、気づけば孤児院が建っていた」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1082 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:23:27 ID:JqDmZUkQ0 [13/28]

        ,.  '"                `丶、
        /           `ヽ         \
.     /             |              ヽ
.    /       /     }  ' |   |         '.
    ′ /   /  /   '   } |   |             '.
   i   /   /  /   .イ   ノ '  |
   |i ; / ,' ,‐/-/_/_ /i/    |
   l| { i{ i|厶Tニヽ厶イ  ノ    |
.   八 ⅥV八 ィ .:テア |       |
     ヽ{ヽУー'゙ jシ'′ |      |               ま、悪い気はせんがな。
        . '   ′  |      |
     く     ''   |      |               殺しで得た金が、未来に生きる命に使われる。
        、 。        |      ト、
       ヽ       |      | i\             それならまだ、意味があったのではないか、と。
         ∧        |      | |: . \
.       / 个ー―‐‐ 、|      | |: :   \
      /( `¨¨  ー-=ミ|       l 从 : . ⊇)\
.     /  >x、      |        | ̄ ̄ ̄   }\
    _/_/_,/_乂う≧=|        |-‐=ニ二三/:.\\
  /        [o`ヽ |        l       ∧: : : \\





     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     ……やる夫は、凄くいいことだと思いますお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     ラケルさんの孤児院。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
孤児院というのは、自分のような親を亡くした子供、親から捨てられた子供を
引き取り、育てていく施設だというのをどこかのデータで見たことがある。

やる夫は知っている。
子供は、勝手には育たない。
誰かが育てないと、大人にはなれない。
雨が降らなければ花は咲かずに枯れるのと同じだ。

そして、誰にも育てられず、それでも死に切らずに生き延びたらどうなるか。
自分だ。自分のような、憎しみと虚無の塊ができあがる。

そういった人間を少しでも減らせるというのは、とてもいいことだと思えた。
自分のような人間は少ない方がいい。自分だけでいいと思うくらいだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1083 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:23:37 ID:JqDmZUkQ0 [14/28]

                  __ -――- _
                   /二二二二二二ニ> 、
                     〈ニニニニニニニニニニ=ヽ
               , '" ̄ ̄`""''<ニニニニニニ',
              /: : :/: : : : : : /: : : : : i"<二ニ/
            ,.: : : : : ,: : : : : : :/: : : : : : !: ; ; !` -ヽ
             /: : : : : ; : : : : : :.;: : : : : :/!: : :.!: : :ハ
           ,`"‐: : :.!: : : : : : :l: : : :./‐ 、: : :l: : : : :!',
            /    lヽ: : : : : /: /'ヽゝ: l: : ;!: : : : :}: 、
          ,  /   ; ,{: : : : : ィ: : : : : `: |: :ハ.; : : : ': : :
.            ,  ,    ! , 丶: : /',l: : : : : : : :.l.{ヾ: : : /: : : ',      そう言っていただけると、幸いです。
               ',   `: ':_:{: : : 、:_: : : ':{:,:!: : /: : : : :}
        /  .:'   ノハ     l、 ̄ -`- ― 、:j_': : :-‐┘      よければやる夫さんも、お暇なときにいらっしゃってください。
         ,..-―-...、f::{::::! l  l:.>  / - .、`)';./
       , /::::::::::::::::::V,ヽ:::::, ! .!:::::)ヽ'  ー' l/,イ'             きっと、子供たちも喜びます。
.      /.'/:::::::::::::::::::::::V/ヽ::, ', !::':/'   .ト'/ { 
     .' ./::::::::::::::::::::::::::::V/,ハ::, /::f:::ヽ`ヽ .ノ '.!  l.  
.      ,::::::::::::::::::::::::::::::::::V/ハ:ヽ.!:/:::/::::/:ヽ !  |
.   '  i::::::;::::::::::::::::::::::::::::::}//}:::::{:!:/::/::::::::::),  ',
  /   .l::::/::::::::::::ヽ::::::::::::::j'////>、ヽ:::-=::ヽ:.,  .!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
やる夫の言葉を聞いたラケルは、軽く笑みを漏らしてこちらを見た。
その時、やる夫はラケルの変化に気づいた。
意識的に作られた笑顔の表情が崩れ、彼女の意識が覗き見えた気がした。

ああ、そういうことかと、得心がいった表情をしている。
静かに、哀しげに目を細め、精一杯に口角を上げていた。

「本当に、いつでもどうぞ。あなたであれば、歓迎します」

まるでその孤児院が、やる夫の居場所であるとでも言うように。
彼女はやる夫の目を通して、その精神の洞を見つめていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1084 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:24:48 ID:JqDmZUkQ0 [15/28]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1085 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:38:03 ID:JqDmZUkQ0 [16/28]

           _,,ゝー 、、
          / ''´ ̄V_∨
        フ' /,ィi毟ノィ,-ヽ
       ///-'l||ー_,ミ、〉
.      _ノィイ''^¨¨}={´   }ハ,(
      彡ァイゝ─┘_¨¨¨´|イ}__,,、、、
.         ヘ ', ∠二二ヽ.|ノ.:.:.:./         と、いうわけだよ、スザク君。
.       、┘:.:.`', r┐/ヽ、/l.:.:.:.:/,、‐ァ
       ヽ.:.:.:.ノ V////〉_./ 〉.:.:.:.∠         君にも相応の働きはしてもらわねばならない。
  ,、、、.  <.:.:. 〕`}/////} /.:.:/.:./ , -、
.  l r‐ )> ̄.:.:〈;;; }////,〈㌢|イ.:.:/`'く_(_) }     受けてくれるね?
.  ゝ_,,、、-=\.:.:.:|>!///アノ . |.:.:/≧s。  _〈
  /」」」」」」」」ハ.:∧`¨」_〉;l /|.:/7」」」」 | | | |',
   /ニニニニヘ.:.:,';;;;; ̄;;;|;;;;|/;;;;|.:.:|ニニl」」l」」 ',
   Vニニニニ}__| ;;;;;;;;;;; |;;/;;;;;;;;|、:V二二ニニハ_',
.   /ニニニニ/ ;;|/;;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;;;/ヽ<ニニ/
  /ニニニニ/;;;;:/ ;;;;;;;;;;; |__./;;;;;;;;;;;;;寸ニ>
. /ニニニニ/ニ\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ニニ\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
枢木スザクは華美な調度品に囲まれた応接間で、ダブルのジャケットにスラックスと
整った身なりの男と小洒落たティーテーブルを挟んでソファに腰を下ろしていた。

目の前の初老の男はモリアーティという名でブライドルに登録されている。
IGIO管理部門顧問という肩書も併せ持つこの男は、謎も多い。
整髪料できっちりとまとめられた白髪を撫でつけながら、
スザクに粘ついた視線を向けていた。

この日、スザクは旧イギリスエリアにあるIGIO本社へと召喚されていた。
この男からの仕事を受けるときは、いつもそうだ。
細かなプランなどはデータで送られるが、目的などは口で伝えられる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1086 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:44:15 ID:JqDmZUkQ0 [17/28]

: : :.i: : : : : : : :1: : : : !: : : : |: : : : : : : }: : i: : ト、: : : } : : :.!: |: :.|: :: :
: : :.|: : : : : : : :i: : : : :|: : : :.:|: : : : : : ,′:.{′.|:\: : !: : : :|: :|: :1: :}ヽ
: : :.|: : : : : : : :ト.: : : :1: : : : !: : : : : /: : :ハ: : ト、: :\!: : : :| .1 .1: :|
: : :.|: : : : : : : :| }: : : .|: : : : |: : : : イ: : / }: : :.′\::.\: |::|: :}: :1
: :.ハ: : : : : : :.,' |: : : :}: : : :ハ: : : /: : /≦: : ′ : : |\::.\: ハイ:|
./  |: : : : : : 1 1: : ./|: : :/‐'}: ム: :/  }: ィ!: : : : i: : > 、::.ヽ⊥.!__
  ハ: : : : : : :}_」: : 'ニ! ./二!/ィ| イ≦イ}:./ }: : : /: :/: :/: :>┬┬ ´     ……つかぬ事をお聞きしますが。
.r  }: : : : : :ム/: :ハ-}:.'千丐行 }/} // /: : : /: /: :/: : // }: :}
. `-ニ|: : : .:/ /:.:ハ_/'、竺竺xzィ .イ// /: : : /: /: :/: : /イ /:./        なぜ、このようなことを?
   |: : :./ /./` _`_ ̄ ̄ ̄ ̄´ / ./: : ./:.////  /´
   ,': : / /./  ` ─- 、      /: /: /}}ス´./
  ,': / //               /:.:イ: :///イ } /
  ,':./  /             ´ /_ィ  ///{ノ/
 //                      /. ///  /
                      /. ///  /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「なぜ、とは?
言うまでもないだろう。企業が作る秩序を少しでも長く維持し、
そしてより良いものへと繁栄させていくためさ。それ以外のなんだというのだね?
事実、彼らは企業連の指針に対して、お世辞にも従順とは言えなかった。
異分子と成りえるものは、早々に摘み取るべきだ。そうだろう」

異分子。企業体制の秩序を揺るがし、人類の営みを脅かす者の芽。
スザクは幾度となく、その言葉をこの男の口から聞いていた。

だが、今回に関しては異例のことだった。
個人単位での口封じなどは散々こなしてきたが、それとは明らかに規模が違う。

これは粛清などではない。
スザクの脳裏に、火の海と逃げ惑う人々の姿が映る。
虐殺の風景だ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1087 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:48:06 ID:JqDmZUkQ0 [18/28]

       ヽ''<__,,、、、、、、、、
        > -―――=ミヽヽ、、 . ノ}!
      / ,、丶`  ̄ ̄ ̄`丶ヽ ヽ∨ }!
.     /  >''´  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽヽ イノ 八
     /. /  >''´ ̄ ̄≧=- 、^ヽ ./ /
     /イ  /   ,、丶` ≧⌒ ,,、 -‐{ .ハ
   \`''ー―‐''"´  ,、丶` ` ' /⌒.{/ ァ} _
   \ヽ ― ''"´ 彡"=彡  ,、イ⌒ {l ,ィf汽!
    \≧=- ァ''气-≦ __,ィ''莎¨¨}}^Vノ        今、この世界の秩序を保っているのは企業連。
        ヽミ {〈 <〉ヽミ¨¨¨㍉ ー'ノ ア \
       ,ハ ヽヽ.( ゝ `ヾ\  `¨¨´  _ .,ィ_       そしてその頂点が、我々IGIOだ。
      /⌒ヽヾ \_   、   ,,ィノ"´」 / `Y
     / /⌒气 ミ  ^ヽ、  ヽ≦-‐''''"^V /⌒ヽ    IGIOの失墜は、秩序が失われることを意味する。
    _,イ / /  /⌒>‐、 V::≧s。,_   ___}-イ_ノ^,イ
  ''"\ ./  / ,イ  /ヽ:::::ァ´/  ア'´   /       君とて嫌だろう? 世界中が故郷のようになるのは。
    ,ィへ.  / / / ∨ ヘ i{    /
   __| ̄ ̄ |___/ / ./ヽノハ ヽ - {x
     |___|/∧/ ./ /   」    V}h、
   __|/////∧/ //∧/ {⌒l⌒l⌒'、 \
     |///////////∧////,{ {  l  `  ヽ





              ,ィ7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                7.{.|:::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
            _, イ/:i V:_::::::::/::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、__
  _,  -──':´: :〃: :.ハ' ヘ::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::::ハミ='
:':.´: : : : : : : : : : : //: : : : : ヘ }:::::::::::/::::/:::::::!::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::i
: : : : : : : : : : : : :/:{: : : : : : :. ヘ::::::::/,//::!|::::::::|::::::::::}:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::l
: : : : : : : : : : : :/: :|: : : : : : : : :.ヘ:::i、ji |:| V:::::i∨:::::i:::::::::i:::::|!::::::::::::::::/:::}
: : : : : : : : : : : i: : :l: : : : : : : : : : : :<{芯zz、V、:! i::::/::::::メ|::::ト!:::::::::::::///
: : : : : : : : : : :.i: : :.∨: : : : : : : : : : : ヽ ̄   ヾ V:::;イzzッ:/ j:::::::::::/:イ',      …………。
: : : : : : : : : : : : : : : ∨: : : : : : : , イ イ      -彳::.  .:/:::::::::/: : : ヘ
: : : : : :_:_:_: : : : : : : : ∨: : r ' ´  イ        _j::::::.:-=彡i:ハ:i 7: : : : : :\    存じております。
: : : -- 、   ヽ: : : : : : : : :.|  ,イ:::}\ -===ニy . <//j/|:!//iノ: : : : : : : : ヽ
: : : , ---ヘ   ∨: : : : : : :| / ヽヽ \__ <  /////>-'´,- ニテ`: : : : : 7   これも、体制のためと思えば。
/           }: : : : : : :.| i'::::ノ }:j i:::{ r::::/   /イx<: :./ /: : : : : : : : :./
            !: : : : : : :.!.i:-、 <:〈 〉≠〉,イ  7 /: : : :,イ  (, ---- 、: : : :/
, ィニニニヽ,   7: : : : : : ノ.{i',::::::i il〃,.::,イ   l./ i: : :,ノ            }:./
: : : : : : : :.}  /: : : : :_,.イ |.∨''´ ` ./    }' 八/ヽ   ___    //
: : : : : : : /  ``ヽ: :∧  | ∨ ./    , イ .// ,. イ: : : : :ノ ,イ:/

1088 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:56:34 ID:JqDmZUkQ0 [19/28]

                 . ":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :ヽ:.:.:.: . . __
                    /:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :⌒ヽ:.:.:.:.⌒、
                   ′ : :'⌒:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ:. `ヽ
                 //:.: / : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :、:. ヽ:. l:.:. 仆
                  /:.:.:.:.:.//:. ′/:. /:.:.:.:./:ノ:.: l : :}:. } 、..} ヽ
          ー=彡: //.../.../.../// /.-=彡イ/ヽ、:.:/: /:. | l:.: |
            ' / ′:.:′.{: /..l l...l : :/ i/../__ j」V:.:/:.:.:.| | : |
              { l |.l i...i...|-V-十i|:.:.:| フノ ,、≦ミ V:.:. : :| |.i i}
            l八.l |: |: i/ うミt、 \j  イ{イz7 〉i}:. ノ:.:.i/ | |
                乂l.i.人_」斗''゛      ` ¨¨´ノイ_ ノ}l人}       ランク5、枢木スザク。
               从`ト`    |        /  ノリ
                    ヽ∧    `       /r=彡、         此度の任務、謹んでお請けさせていただきます。
                       、    ,―-、     イl:|:.:|ミト、
                      \   ̄   / i|从人          
                       r== >、    イ,r<>r= ミ
                   l `ヽ \`Y´ /<f´r ´ ̄l
                    |`lil l ヽ>< :′| li     l
                     | il l:.:∧乂 /:. : | lil     l
                      | il l:.:.:∧x/:.:.:.:.:| li     l 、
                     ,,.. イi il l:.:.:.:.:.v:.:.:. : :|ミト、  r 、  >.
              …''"¨>l l  \ il l==o===| l>`弋ン≦三{il`>
                <´  i| |    {}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :{}// ´ 〈〉 ミx

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
だが、モリアーティの言葉にも理はある。
それがIGIOへの脅威となるのであれば、即ち世界の秩序への脅威だ。
今は小さき芽でも、育ち切って基盤を揺るがす存在になりえる。
そうなってからでは、全てが手遅れだ。

深々と腰を折り頭を下げながら、枢木スザクはかつての友人に想いを馳せた。
時に戦い、時に手を取り合い、所属は違えど志は同じと思った男は、
今では狭いコロニーに引きこもって、息を潜めて生き延びている。

自分はあの男とは違う。
力ある者は、力を持っているだけではだめなのだ。
力は、使われなければならない。自分はそれを秩序のために使う。

一人でも、自分のような人間を減らすために。

姿勢を戻し、静かにモリアーティに背を向ける。
扉を閉めるその時まで、モリアーティは張り付いた笑みを浮かべていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1089 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 21:58:58 ID:JqDmZUkQ0 [20/28]

                   /{  _
         _  -''''" ̄ ̄ヽV/ ハ
   ミ≧=‐'''"´ ,、丶`  ̄ ̄ _/ア . /
_,、丶` >''"´'´  _  ‐'''"´ /ア ァく
 ̄>''´     ィ''"" /   / ア /  ヽ
 /     //    /  〃 ./ / ''"´__~ 丶
'".    / /     /  〃. / /  ,ィ'¨¨`_〔,、
_.      /    / / /,イ ,' / /  / \ ヾ^'< _
彡''" ‐''´     / / /イ.l ,'/  / ,,ァ,イリ\ノ     〉       ……さて、スザク君はこれでよし。
 ―=二二>''"´   . : /ィ | | ./  '''"¨¨´ /    ァイ
_        /. :__: :,/: :lム. |'"        ./   ,,ノヽ、       残る不安要素といえば……
≧=-  -‐'' /  .|  \/´.',|\  -       /  _.ィ
.         -=彡|〈⌒ `ミh、 ヽ、',  `   /,,、≦´ Y        あの独立傭兵か。すぐ死ぬものと思えば、存外やるものだ。
"''ー=、,,   , イ: :ヘ ャー} ヾ.   ',}  _. /'´〈.    ',
  /    . : : : : : \`''―‐ 、,、__/ニニヘ  `      '、       沈丁花は枯れてもなんとやら。中身が変わっても、
./―===ミ : : : : ///7≧/ニ>'´ニニハ斗、      Y
      ⌒''''=‐、、: : //: :/ニ/ニニニニニニヘ.     ,ィ       マーシフルはマーシフルというわけだね。
          ''´⌒ヽ: /=/ニニニニニニニニム¨¨´

1090 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 22:03:37 ID:JqDmZUkQ0 [21/28]


     ヾ、ー、、-===-、`ヽ、ヽ
     >''"´ ̄ ̄ ̄``ヽヽ`ヽ.ヽ  、
、ミー彡 ―=二 ̄ ̄``''<\',∨}! }!
 丶`''――= -=ニニ=ァ…'⌒ヾ V V }
. ヽヽ ̄―_二ニ=-_/   /毛ミノ イ彡
.   ヽ 、`''~、、,,_ ア´/   /   `` }ヾY
    ',ヽ , -、 彡' ,イ /      {川)!
   ヾヽV ハミ㍉ィ7イ、、,,__  }!  __}イ
    ヘ ハ〈 {.ミ'"``l{ァ妥'''‐ミ}l,,ァ'::::/',       では一つ、布石を打っておこう。
     }ソヘ-  ヽ ゝ……',ィ::::アl::::',
.     /   `l  ',     /:::::ア| ハ,ィ:::)、     人をコントロールする上で最も効果的なのは、
.   /ヘ  卜、 l,,、、-ァ'゙:::::/,ィ:::::>'´::::ヽ
_,Y´{.  ヽ  ', \`'-イ::;;;ィ::::: イ__.斗┐     依存させることだ。組織、居場所、手段、何にせよだ。
.-∨∧   \::.   /::::::::,,、、‐''":::::::_ イ:::
◯=∨/心、  \,イ:::::::::/::::`''――‐ァ::::ヽ      所詮人も獣。一度覚えてしまえば、簡単に依存する。
':.:.:.:.:.:.寸//心/:::::::::::::::::::::/¨¨¨¨¨´.:ヽ::::::
.:.:.:.:.:.:.:.:.寸//:::::::::::::::::::::::,イ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ::::     楽な手段。守ってくれる組織。居心地のいい居場所に。
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V⌒`ヾ;;>''/ヘ }「.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',ゝ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    //////ハ}!―、、,,.:.:. イ:.}






               ハ
.              / ヽー ヽ-}ト、、
             {乂 ̄ニ=-ヽ、  } ヽ
            } ー''  ≧xヽ} 〆ノV{
              ハ乂 //⌒''''^^ミ / ,〉
         、ー= .イ / - '' - ` ミ.イ
.            ゝ_ ノ| |_、 ー''莎 Yヽ
.              `ト.| !-‐/ヽ ヽ、  ハソ
                ゞハ、  :::l __┐r'′
              `ヽ,ィニ=‐'',ィ:)
               ハ:ヽ_,ィ:::::く|             だが、ある程度は既存の依存先というものがある。
               _,,、</∨:::::::::::::::::/}≧x
         ァ―=ニ:i:i:i:i:i:i{ ,':::::/:::::::::::::〉:i:i:i:i:i:i:≧s。       それを奪い、こちらのちらつかせた餌に食いつかせるのが、
        / マ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V::::::::::::::::::::ノ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ヽ
      , ハ マ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l''⌒ヽ:::::/ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ /',     一番効果的なんだがね。
      , l  ', マ……''´ l.   /////`''<:i:i:i:i:i:i:i:i/ ./ |
.     , |   ヽ∨: : : : :.l     |////: : : : : : : :. ̄/ ./  |     弱らせ、飢えたところに美味い餌の味を覚えさせる。
.      { |     V: : : : l    |//.: : : : : : :. :. :./ /   !
     ヘ ',    V : : 廴.   |`ヽ : : : : : : : : : / /   ,'      人間をコントロールするなら、これに限るよ。
     / ̄ ̄\ V 〈〉 7―┴‐ | : : : : : : : : / /   ヽ
     {.      √ヽ  /    /: : ∧: : :/// /  /
      ヘ \/  ヽ/___ハ.: :.∨: :/: / /    {
        { //    /´     / : : : : : :|:〈 /     ',
.       ヘ  |ハ/_/__>''´ / } : : : : : :|: //⌒    }
        ヽ  7 ̄   /  /: : : ∧: |ア ̄ ̄ \ ヽ
.          >、/    { /:_:_:/ ̄ ̄ l        ヽ }
        〈:::::::>、、__/ ̄   |    {l     ,,丶 ',
        〈::::::{       ___|    {l ― ''´  .丿
.         〈:::::::ア¨¨¨¨''''' ―― ヘ <>V _ 、丶,イ
.         〈:/ : : : : : : | : : : : : : : :`¨¨¨¨≧s。__/
         { : : : : : : : ヽ : : : : : : : : : : : : : : : ',
.          〕ト、 : : : : : : >、 : : : : : : : : : :,ィl〔
         ァニh、|≧=―‐''´―`''<_>'''|ニ|ノム
.         /ニニニニニ≧s。_|___|_.。s≦ニニム

1091 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 22:04:09 ID:JqDmZUkQ0 [22/28]
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1092 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 22:15:35 ID:JqDmZUkQ0 [23/28]

                  ____
                 /      \
               /─   ─  \
              / (●) (●)   \
           __  |   (__人__)      |     __
           | |= \  ` ⌒´    _/====| |        暖かいベッドにも慣れてきてしまったお……
           | |   / l        ヽ       | |
           | |  / /l      丶 .l      .| |        贅沢かもだけど、もう前の生活には戻れないお……
           | |  / / l       } l ̄ヽ___.| |
         / ̄ーユ¨‐‐- 、_     l !__ノ  /| |         布団があるだけで、眠りの深さが段違いだお。
        /     ` ヽ__  `-   {し|    ./.  | |
___ /    ヽ        `ヽー、}  /.  /| |_____
    ノ               ヽ__  `ヽ./.  /  |_|
  /                    ノ|  ./
/                       / |/
|      .|         |       .| | |
|.      |     .|   .|       |_ |/
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ベッドから体を起こし、自室を見回す。
必要最低限の荷物や家具しかない空間ではあるが、自分の部屋だ。
白い壁紙には汚れ一つない。汚れるようなこともしないからだ。
折角だし、あの映画のように観葉植物の一つでも飾ってみてもいいかもしれない。
天然物の観葉植物となると、かなり値が張る。
だが、今の自分には大して問題はない。

稼いでも稼いでも、使われることもなく口座の残高は膨れ上がっているからだ。
恐らく、今すぐリンクスをやめたとしても一生暮らしていけるだろう。
そんなことをする気は毛頭ないが。

一生を遊んで過ごせるだけの金があろうと、自分は幸せにはなれない。
すぐ虚しさに負けて、どこか小さな場所にふさぎ込むのが落ちだ。
そうなるくらいなら、リンクスとして戦場にいたい。
どんなに手を汚すことになったとしても、やる夫は答えを見つけたかった。

自分が戦うことで、存在することで、誰に何をしてやれるのか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1093 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 22:26:23 ID:JqDmZUkQ0 [24/28]

   / ̄ ̄ ̄\
 /        \
/    ─   ─ ヽ
|    (●)  (●) |
\  ∩(__人/777/
/  (丶_//// \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
まだ、それは分からない。
それを安易に決める気も、周りに流される気もない。
正義や秩序のためにネクストに乗るのか。
何らかの思想に生きるのか。
大切な誰かのために銃を取るのか。

そこまで考えて、はっとなった。
今の自分にとって、一番大切なのは何なのだろう。
正義か、思想か、人か。
復讐か、使命か、情か。

考えたこともなかったし、その余裕もなかった。
今は違う。マーシフルがある。なのはたちがいる。
今のやる夫は、リンクスなのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1094 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 22:39:29 ID:JqDmZUkQ0 [25/28]

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     やる夫は……。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
リンクスになってから関わった人々の多くの言葉が胸に去来する。

自分にとって大切なもの。
自分が本当にしたいこと。

右の掌を広げ、見つめる。
それがマーシフルの右手と重なり、揺れた。

やる夫は強い力を手に入れた。多くのものを壊せる力。多くのものを守れる力。
いつか求めた、誰かのためになるような力。

考え込んでいると、ベッドサイドテーブルに置いていたPDAが震え出した。
慌てて手に取り、電話に出る。なのはからだ。

「もしもし、やる夫君?
緊急のミッションが入ったんだけど、今からドックに行って準備して。
作戦説明はコックピットでやるよ」

「分かりましたお。依頼主と敵だけ教えてもらっていいですか」

「依頼主はIGIO。敵は……IGIO所有のコロニーを襲っているカタストロフィ。
どういう思惑があるのか分からないけど、とにかく急いで。
今回ばかりはスピード勝負だよ」

立ち上がり、ドアへと駆け出す。
今、どこかで命の灯火が理不尽に消されようとしている。
その事実の方が、自分の存在について考えることよりも重要なのは明白だ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1095 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 22:39:40 ID:JqDmZUkQ0 [26/28]
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1096 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 22:45:06 ID:JqDmZUkQ0 [27/28]

         _ _ _
       /: : : : : : `i
.       i: : : : : : : : : :!
       、: :○: : ○: :!       今回はここまでだ。多分、次回で重要な安価を取る。
        i: : : : : : : : : i
        l: : :,, --_ッ: :',       簡潔に言うと、一週目ではいずれかの企業についてもらう。
        丶 `‐'´: : : :ノ
         / ´: : : : : : : : `ヽ      それの選択だね。まあ、現状で選べるのは以前説明した通り、SIとオルデンブルクだ。
  .     /: : : : : : : : : : : : : ヽ
    , -‐': : ,: : : : : : : : : : : : : :ヽ    オルデンブルクを選べばアリスに、SIを選べばダージリンがヒロインになると
  /: : : ,-イ: : : : : : : : /`丶: : : :、
  r⌒ ,/ /: : : : : : : : i   i: : : : i    考えてくれていい。他に好感度が高いヒロインがいたら話は別だったが……
  ` ‐ '  /: : : : : : : : : |   ! : : : |
       i: : : : , _ -‐ ´,)   ` ヽ _|    いかんせん、好感度の順位がアリスとダージリンのワンツーなんだ。
        (_ _i ̄(_ -‐'´i
      | :|`‐´i : : : : |          これに関しては、チミ達の今までの選択の積み重ねだ。
       |: :ノ_ _ ノ: : : : :|
       |: : : : : |: : : : : !           殉ずるがいい、己の答えに。

1097 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/05/30(木) 22:47:50 ID:8nGf02eM0 [2/2]


1098 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/05/30(木) 22:51:26 ID:JqDmZUkQ0 [28/28]

       , -‐   ‐- 、
     /: : : : : : : : : : ::',
    , ': : : : : : : : : : : : : : :',           ちなみにタイトル詐欺の小説だが……
  /: : : : : : : : : : : : : : :○:',
  ヽ : : : : : : ○: : : : : : : : :',          構想は「滅茶苦茶ヒロイックなFF1のガーランド」だ。
 .  `ト : : : : : : : : : : : _,-‐'`iヽ _
    i: 丶: : : : : :,-‐'´__,-‐'´: : : `ヽ      本来、絶対主観で語られないようなお話を作ろうと思ってね。
    | : : :ト: : : : `-‐´ : : : : : : 、: : : 丶
    | : : :'、j`-‐ : : : : : : : : : : : \: : : ヽ    最近の風潮への皮肉と反抗も兼ねている。
    丶,,:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : | : : : i
          `ヽ: : : : : : : : : : : : `ー‐'     こっちは既にラストまでの構想も全部できてるし、プロットも完成済みだ。
             ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ





                  . . .-─‐-. ミ
                     |: : : : : : : : : : `: ..
                     |: : : : : : : : : : : : /
                    }Ο : : : ◯: : : :,′
                   : : : : : : : : : : : :i
                      { -===- 、: : :. :.|      何が言いたいかというと、「別作品にかかりきりになることはない」ということさ。
                    〉: : : : : : : : : :ノ
                  i: :`ニニニ´: : : : ‘,      私は自分の作品が好きだからね。ほっぽりだしたりはしない。
                 __/ : : : : : : : : : : : : i
      ___        /.: : : : : : : : : : :‘,.:.三|      きちんとこっちに全力を出して、その息抜きがてらにあっちでも全力出す。
     / :::: ヽ: : : :‐--∧_: : : : : : : : : : :./:|: : : |
     .′ :::::::‘: : : : : : }/∧ア´二二ヽ:/ | : : ‘,      私は「話は完結させる」「嘘は書かない」「知らないことは調べて書く」
.    ‘::::::::::::::ノ: : : : : :ハ \{/: : : :/⌒゙ヽ : : :‘
.       ゝ-=彡-──<¨¨゚‘; .: : :./:::::::::::::::} : :. :.|      を徹底させてるんだ。そこは心配いらない。
                 \: :′:::::::::::/______」
                     弋:::::: /           それじゃ、シーユーアゲイン。投下するときは、また予告するよ。
                       `¨´

1099 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/05/30(木) 22:53:55 ID:mRQ/IdrE0
乙でした

1100 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/05/31(金) 13:07:09 ID:h/BQKXeE0


1101 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/05/31(金) 18:56:32 ID:9eJEQiZM0
おつでしたー

1102 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/06/01(土) 20:43:23 ID:ApLS1YA20
乙。しかし独特の表現だ…似て非なるものを見たことがある気がするが、感情表現が実に面白くていい。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する