へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)


クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第16回

937 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 21:20:39 ID:UcBLdxEs0 [4/6]

                   ___ __
                ,.:::::´::::::::::::rf'⌒刈'ト .                     /
                 /'::::::::::::::-‐::::込,__,乂::::::::\               /(
                //:::/:::::::::::_ァ=-‐…‐- ミ::::::::::\                /ニ,
             /ノ:::/:::::;厶='′         `'ーぅ:::{                / ニ{
             , }:::::::::ノ      i|        、`'ヘ}            /ニニ}  /
             .′}:::::_r'  /  ′ 八  l     }   \     ハ   /ニニ///
          /,_,_,}://}:}i  {  l   |  \|   l }  、 V:}   /ニ|  /ニニニニ/
        くf⌒Y::::{ }:}i  | ̄丁 'ト l  +‐ 7丁  } !}:}  , ニ|/ニ/ニニ.′
.         八,_//l::l//   l抖=-ミ∧ハ /抖-r=ァ  / /レノ、 /ニニニニニニ/
ニ、      / `7/ //¨l \ ヘV^)ツ ` j/ V)ツ/  /}// Уニニニニニ=‐-___ ,ノ
ニ\}\ ,/  // //  |   : \     ′   厶イ   l:し)/ニニニニニニニニニ/
ニニニニ=‐- 〈/ 〈〈  八  `く⌒  _ ,′ .イl | {,__/ニニニニニニニニニニニ=‐- .
ニニニニニニニ=‐v / ∧   {i`'ト ,, _ ..r升八  、 マ:¨ ̄ ̄lニニニニニニニニニニニニ\
ニニニニニニニ/⌒:::`:'ーヘ   \l⌒Lf⌒Y}:l:::::::\  '.::::::::::::::|ニニニニニニニ=‐- __ ̄ ⌒丶
ニニニr―v'⌒′:::::::::::::::::::::::,  、lし/\V:/^Y)::::::::::.,  \::::::::::ーfく⌒L7、ニニニニニ=-一'
ニニニ|::::::{(;::::::::::::::::::::::::::::::::::::,  |イl_ `¨_⌒)}:::::::::::'.   ' ::::::::::辷 彡ヘ.\二_ニ=-‐
ニニニ7:::::::い :::::::::::::::::::::::::::::::::l   | jノ^fー'⌒く/})::::::::::}ハ,   '.:::::::::::::::::::::::::::`⌒ヽ\__/〉
ニ=-‐{:::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::l  f{   (k勿) _(7::::`'ト- ヘ, |\__:::::::::::::::::/{:::::::}ノ⌒´
/ニ{f⌒>)::::::::::::::::::::::::::/:::::::::| j∧)_  `¨´ _(/:::::::::ノ  /∧.{   }「丁¨¨´   {:::::::::\_
ニ=‐ {{ア爪{:::::::::::::::::::::::/^i{::::::::::|/::::::\)r_v;f仏:;_ :::::{//_l___}しヘ'⌒7ヘ,_ノ , {:::::::::::::八
 /::// |{}}≧=-‐… '′八::::::::′::::::::::::/ ィ /,  ̄\ヘ  j厂{_/ 人,_/ {:::::-‐::::::::\
:'::::::// :::|{}}       /  ,\::::::::::::::::::ー'::/ / / /^ 、 r┘  _ L,_/ 爪} ∧::::::::::::::::::::::\
:::: 〈/:/(f¨ -‐ァ _ /}/ )∧::::::::::::::::::::::ー'しヘノ‐-  」ヘ, ̄  /{_,//Lコ/:::::\:::::::::::::::::::::::
:::::/   }:〉 (´   ´    ′ ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::\(,_ /  ,./J/ \::::::::::::::\:::::::::::::::::
:/     〈/            }:::::::::::::::::::::::::::::_::/:::::::::::V⌒)//ニ -:―丶、:::::::::::\:::::::::::
                      厂:::::::::ニニア/::::::::::::::::::::`'くr‐':::::::::::::::::::::::::__:≧=―-:::'=‐- _
  _ .  -‐…―-  . __ . -‐ァ(::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::;‐- 、:::::::::::::}::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒
 ̄::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::-‐::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::/   丶、:::::} ̄:::::::::‐-::::::_::::::::::__  -‐ '
::::::::::::::::_:::::-‐::::::::::::::::::::::::::/⌒'ヘ :::::::::::::::::::::::::::::/     /:/\}:::::::::::::::::::::::::::::: ̄‐-‐…::::::¨ ̄
-‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-‐:':::::::::::::::\::::::::::::::::::::::;{二二二二二二\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::}\::::::::::::::::i{    /:/       >x:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::_:::::-‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::\::::::::::i{  /.:'      /:/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::‐-:{,//  __/:∠  -:―一:、::::::::::::::::::::::::::::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
イタリアンの店を後にし、エレベーターホールまで行くとアリスが立っていた。
服装こそいつもと変わらぬ、フリルのついた中世風の黒いドレスだが、
どこかそわそわとして落ち着かない様子が遠目にも分かった。
手元のPDFにしきりに視線を落としたり、指先をくるくると回すように髪をいじっている。

こちらに気づいたのか、アリスははっとしてこちらに歩み寄ってきた。
唇にはナチュラルカラーの紅が引かれていた。
普段会うときは薄化粧なのだが、今日ばかりは少し手が込んでいるように思えた。
かといって濃すぎるとまでもいかない、上品な仕上がりだった。

「ガチタン女との逢瀬は終わりみたいね。どうだった?」

「美味い店だったお。あと、一冊本を貸された」

「ふうん」

アリスは面白くなさそうに鼻を鳴らし、腕を組みながらやる夫の横に回った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



スポンサードリンク


938 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 21:29:32 ID:UcBLdxEs0 [5/6]

           /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /      ふっ……所詮SIのガチタン女には分からないでしょうね。
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;      夜こそ大人の時間、ディナーこそ大人の食事、
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
      /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;      陽が沈んでからが本番なのよ。
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
__ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /| /-ト─--' ̄\/ |ヽ;;;/  | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;      今日は私が本物の夜遊びを教えてあげるわ。
_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ /;;;|/;;;;;;;;;;;;;;;/》/    \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;| |;;;;;;;;;十、/ヽ-へへへ/ ̄《/;;;/;;;;;;;/;;;;;;;;;;<´| ;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;/|´ 《ミY≡》)    《/;;;/;;;;;∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈 ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;レ/;;/;;;/   ゞ===゙´    《/;;;;;レ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;/|/   |;;;;∧__{;;;;|;;;;;/)          《/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
//    / ヽ/く;;;;;ヽ |;;;;|》     |/   /  《/;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  |   /   /  ヽ;;;;;;;;;;;;;|》ヽ  |   /   《/;;;;;;;;;;/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスが自信たっぷりに胸を張ってみせるが、シグナムの話を聞く限りでは
彼女も大してどこかへ遊びに行ったりすることもないのではなかったのだろうか。

まあ、それを指摘してアリスの機嫌を損ねるのもどうかと思う。
やる夫は疑問をそっと胸にしまい込むことにした。

「さ、何かしたいこととか、好きなものとか言ってごらんなさいな」

アリスの問いに、やる夫は返答に困ってしまった。
したいことも、特にはない。好きなものも、ない。
迷った挙句、正直にそう答えると、アリスは「どんだけ自分に興味がないのよ」と
呆れたように肩を竦めた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

939 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 21:35:30 ID:UcBLdxEs0 [6/6]

        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \     それについては何の反論もできないお……。
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
自分の人間性を一言で言い表せる言葉を最近知った。
虚無だ。

今までは、朝起きて、食事を求めてゴミ箱を漁り、金を求めて通りでスリをし、
寝床を求めて町をさまよう生活を一定のリズムで繰り返していた。
そのような生活の中で、心が育まれるわけがない。
何かを好きになれるはずもなければ、その何かを知る機会もなかった。

「しょうがないわね……それならシネマとかどう? 映画よ、映画」

「アリスは何か見たい映画があるのかお?」

「別にそういうわけじゃないけど……行けば何か上映してるでしょう?
私もたまに部屋で見るけど、なかなか悪くないわよ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

940 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/03/18(月) 21:38:08 ID:pq8GQdmA0
サメ映画見ようぜ

941 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 21:45:31 ID:UcBLdxEs0 [7/22]

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : .l´ :|:::::::::::::::||:M | ゙̄| | ゙  ・ ‐ -  . ..,,__
::::::::::::::::::::::::::::::::: . "  |:::::|:::::::::::::::|| O ! E | |              ゙  ・ ‐ -  . ..,,__
: : : : : :.:.:_. ・: : : : : : : : : :|:::::|:::::::::::::::|| N | A | |  SHOWTIME SPECIAL WEEK
: : : : : :.:.:|: : : : : : : : : : : :.:|:::::|:::::::::::::::|| A | S | |
_,|_,|..,|: : : : : : : : : : : :.:|:::::|:::::::::::::::|| V | T::| |  CALIFORNICATION THE MOVIE
_,|_,|__!: : : : : : : : : : : : |:::::|:::::::::::::::|| A | :::| |
_,|_,|..,|: : : : : : : : : : : :.:|:::::|:::::::::::::::||::L  ̄:: |  DEXTER THE MOVIE
_,|_,|__!: : : : : : : : : : : : |:::::|:::::::::::::::||::E    |
_,|_,|..,|: : : : : : : : : : : :.:|:::::|:::::::::::::::||city  ..::|  THE REAL L WORLD MOVIE
_,|_,|__!: : : : : : : : : : : : |:::::|:::: _::::||cinema::::|
_,|_,|..,| : : : : : : : ...::"::: ̄::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄:゙:::::::・::::‐:.-...... ..,,__
_,|_,|__!: :_ . ・:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:::::::・::::‐:.-...... ..,,__
|__|__,|_,l__l__,l_,l__l__,l_,l_,l_,l__l_,l_,l__l_,l_,l__l__,l_,l__l__,l_,
_,|_,|_,|__l__l___|_ r‐┘_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_゙└‐ェ、,_,|_,|_,|_
,,,|_,|__|_| ̄ ̄ ̄: :|_,|_,|`::::――――┬―――┰┰―――┬―――‐゙l,,,|_,|__|_
_,|_,|_,|_,|: : : : : : : :|_,|_,|:::::|       |      ┃┃      |      |_,|_,|_,|_
,,,|_,|__|_|: : : : : :/|_,|_,|:::::|     /|    /┃┃      |      |,,,|_,|__|_
_,|_,|_,|_,|: : : //:|_,|_,|:::::|    /.: |   /.: ┃┃    /|      |_,|_,|_,|_
,,,|_,|__|_|: : :./ : : |_,|_,|:::::|   /:/::.::|      ┃┃   /.: |      |,,,|_,|__|_
_,|_,|_,|_,| /:.: : : ]|_,|_,|:::::|  /   |    冖┃┃冖 / |    :.\.:|_,|_,|_,|_
,,,|_,|__|_|: : : : : : : :|_,|_,|:::::| /.:    |      ┃┃:.:/ :   |   \:. |,,,|_,|__|_
_,|_,|_,|_,|: : : : : : : :|_,|_,|:::::|       |      ┃┃      |    :.\|_,|_,|_,|_
,,,|_,|__|_|: : : : : : : :|_,|_,|:::::|       |      ┃┃      |      |,,,|_,|__|_

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスに引っ張られながら映画館へ向かう。
建ち並ぶ店から漏れる人口の光を浴びながら、
模倣された夜空の下を二人で歩く。

人通りも昼に比べれば格段に多くなっており、スーツ姿の男女が大半を占めていた。
企業間戦争に携わる者たちに与えられた、ひと時の遊興の場所。
その中にいるやる夫もまた、経済戦争の尖兵にして一部なのだと思い知らされた。

大通りを抜けると、見たこともない建築様式の建物が密集する地帯に出た。
中世ヨーロッパの街並みを再現したエリアなのだとアリスは言う。
この不思議なブロックの塊のような建物は、煉瓦というもので作られているそうだ。

道には変わった形をした木のベンチや、
小洒落たペイントのなされた看板などがある。

噴水広場に出ると、そこに映画館があった。
他と同じように煉瓦造りで、ちょっとした工場くらいの大きさはありそうだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

942 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/03/18(月) 21:57:04 ID:nUSzuKKo0
ネズミの国みたいや

943 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 21:57:38 ID:UcBLdxEs0 [8/22]

          仄いrく艾艾艾艾癶、
         r巛Uj〉j〉j〉::::::::::::::::::::辷う、   、
.        nrnrnrnrnrnrn:::::::::::::::::::辷う、   \
     /乂乂乂乂乂乂乂nrn:::::::::::::::辷う、   ヽ
   / ̄          乂乂nrn::::::::::辷う、
             \        乂乂n::::::::::rう)、
/               :.\   \    乂n:::::::::rう)     ′
  i      : :   ::::::. ヽ  :.\     乂辷辷く     ′
  ::|:.  ¦  :...:|....: i :::|   _}L.:.      艾艾艾\
  ::|:: |:::::l|:.. . .::::::|:: 斗r七'     |l ¦   Y⌒Y^  \   |
  ::|:: |:: 八:::::::::::::|l::l::| 〕斗ぅ弌7. |l  |:   V⌒ト、 \\ |
: |:八:. 、:::: ヽ :::::::八乂{ア乂`ーク  |l  ハ:.   |   |l \ \\
: |::::: \\⌒\/     ''¨゛´   八Λ|:: | |:) 八.   \ |
八::::::::::|\ 托笊!           ./ .:/ ..:|:: ハ! ,.:代_____\__
:. \ : |\\`ー1          //〉..:/|. / 「 ::|l   |.    )    )
\  丿:::::ヽヽ込、    ァ     //  ′/  :|l   |   (
  \   乂__込、   ィ_ノ       ./  /   |l   ト、
.    (  |:l \ \     「ヽ     ./  /:/... 八|:  |:::\
     \|:l:: |:ハ  ヽ  } }. イ..::/  /:/   /|:: |:  |:::::::::\
       |:l:: |/Λ 个ヲ 厂 ハ/  厶仏:::/^|:: | . ├――=ミ
       |:l:: |/: Λ V /: 厂\彡く/|..../: : |:: |:  |
       |:l:: |:::/::Λ  V/ 厂  ィ::::八/::::::::|:: |:  |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
中に入ると、薄暗い空間にシアターの入り口と思しきゲートが並び、
その前に券売機があるだけという寂しい内装となっていた。

とりあえずどんな映画が上映されているのか確認しようと、
アリスと二人で券売機の画面をのぞき込む。

「……あまり面白そうなものもやってないわねえ。
アクションは……パス。ホラーも、得意じゃないわね。
恋愛ものも、手垢のついた表現ばかりっぽいし……
やる夫は何か気になる?」

画面に映し出されたタイトルの列を流し見していくと、
ふと気になるタイトルがあった。人名と思しき三文字がちょこんとそこにあった。

「『レオン』。十九世紀末期に制作された旧フランスの名作アクション。完全版。
旧アメリカを舞台に孤独な暗殺者と少女の奇妙な同居生活と復讐を描く、ですって。
上映時間ももうすぐだし、これでいいんじゃない?」

アリスがあらすじを読み上げ、やる夫も了承する。
こういったものはあれこれ考えるより、直感で選んだほうが案外面白いものに
当たりそうな気がした。

アリスが券売機を操作し、チケットを二枚購入する。
チケットにはゲートの番号が印刷されており、対応するゲートの脇の壁に
埋め込まれた読み込み機に挿入するとゲートが音もなく開いた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

944 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 21:58:28 ID:UcBLdxEs0 [9/22]
>>942
やめないか! 消されたいのか!

いくら私が権力とか大嫌いだからといってもネズミーには勝てん!

945 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 22:03:27 ID:UcBLdxEs0 [10/22]

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : :, ': : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:./: :.:, ': : : : : :
‐-:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:.: , ': : : : : : :
: : : : : :¨: : :.ー:.:.._: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:/.: , ': : : : : : : : :
_: : : : : : : : : : : : : : : ー: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: , ': : : : : : : : : :
: : _:.―----、_━: : : : : :  ̄: :.:.:- 、______________/ :,.': : : : : : : : : : : :
: :[二] ̄:  ̄: :.:.:‐: :.:.ニニ==―: -、_━: :`ー‐ ┌―――――――┐||||/__: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : :.(ニ): : : :.:(ニ) ̄ ̄  ̄| ̄llll|||||              ||||||||: : : :|: : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.「 T¨i: : :.|  ||||||||              ||||||||: : : :|: : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:|: :|: :|_:_:_|_|||||||└―――――――┘|||||||:_:_:_:|_: : : : : : :
―――――:." ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |,-|~~~ニ二二二二二二二二二二二l、:.:.: :|: : : : : : : :
-、,-、: :,Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ: : : : : : : : :
: :| : :Y⌒Y⌒`Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ: : : : : : :
,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、: : : : : :
|: : : :l: : : : |: : : :l: : : : |: : : :l: : : : |: : : :.l:.: : : |: : : :.l: : : :.|: : : :.l: : : :.|: : : :.l: : : : |: : : :l: : : : : :
Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`i: : : : :
:|: : : :.:.:|: : : :.:.:|: : : :.:.:|: : : :.:.:|: : : :.:.:|: : : :.:.:|: : : :.:.:|: : : :.:.:|: : : :.:.:|: : : :.:.:|: : : :.:.:|: : : :.:.|: : : : :
/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄゛ヽ: : : :

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
シアターの中は静寂に包まれており、スクリーンに上映までのカウントダウンが
表示されているのみだった。観客も自分とアリスの二人しかいないらしい。

「真ん中あたりにしましょう、そこが一番見やすいらしいわ」

アリスに袖を引かれながら無数の座席の内の二つに向かっていき、
そこに腰を下ろした。

すると丁度、本編の上映が開始された。
廊下や階段の床に埋め込まれていたライトが消え、
スクリーンの明かりのみが室内を照らす。
黒い古ぼけた絵が映し出される。絵の中で老紳士がハットを取ってこちらに一礼し、
何やら昔の機械のようなもののハンドルを回し始めた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

946 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/03/18(月) 22:15:45 ID:QRYDY.HM0
レオンは傑作。ラストがリアルすぎて悲しい。現実は厳しいヨ(泣

947 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 22:16:15 ID:UcBLdxEs0 [11/22]

     `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',/////////∧{__ノ  ヽ
         }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}////////r=≧=-_ノ
       }.:.:.:.:.:.:.:.:.:./////////{.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
       i}.:.:..:.:.‐=イ/////////≧=-.:.:_.:.:..ノ
        ゞ/   ` ̄¨ ̄丶//{.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         \〃_  / ̄ヽ.:.:≧=-.:.:.:.:.:.:}
           \\¨¨¨ ̄´///////`ヽiノ
               _\}=‐-----‐====≦___
            { | 〉、゜          /__ _ア\
            { ー'  ∨       {=‐イ/¨ 、 ∨
                ∧  __ ∨①       \/__ノ  }
             \{ ノ }   ―     ≧=‐-≦=‐イ ̄ ̄\
               ∨}/    / \          ①  }
                   {    , ′    \          /
                   ∧  /        \    /≧=イ
                 {/\       \  \  ,/    \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
初めて見る映画は、とても不思議な体験となった。
まるで誰かの人生を追体験しているかのような気分にさせられる。

旧アメリカのニューヨークの街並み、そこで生活する孤独な殺し屋。
仕事の時は淡々と作業のように人の頭に風穴を開けていき、
そうでないときは家事や鍛錬と決まったことを決まった時間にこなす。
人とのかかわりは依頼の仲介人と、アパートの隣室に住む弟想いの少女くらい。
少女の家庭は荒んでいた。親からは暴力を振るわれ、
厄介払いも同然といった具合に少女は寄宿舎に放り込まれていた。

少女は純真さも幼さも失われた瞳で、殺し屋にこう問いかける。

「大人になっても、人生は辛いの?」

「辛いさ」

そんな空虚な男の日常に、ある日変化が起きる。
隣室の少女の親が麻薬の運び屋だったせいで、
現職の刑事でありながら麻薬売買の元締めでもある男に
少女以外の家族諸共皆殺しにされるのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

948 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 22:26:14 ID:UcBLdxEs0 [12/22]

                    _,.   -――‐--  _
              , ,ニ¨      . . . . . . . . . .   `   、
               / 丶 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .、丶
                /   \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ\
            /      丶 : :_: : : : : : : : : : : : : : : : : : :_ -‐' :}
           ,'            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    . : : |
           |                      . . . . : : : :|‐- 、
      -‐   ̄∧                       . . : : : : : : : : : :|: : : . \
   /      〈//\                    . : : : : : : : : : : : : :|\: 冫  }
    {          \// \             . : : : : : : : : : : : : : ::/|: : :/ . :/
  ;;;;;\        \// 丶 _    r‐ 、   : :_:_: : : : : : : : : : :_//j : / . :〃
    ;;;;;;\        \////  ̄/ |////7Y///〉――==ニ二////: :/;
      ;;;\ \      ̄  - ////{/ノ ///////三二ニ=:'´/: :/;;;;;;
         丶 丶 __     丶-‐'⌒ヾ_ノ ̄ ̄: : : :_: -‐': : /;;;;
            - _   ̄   ―――――= ニ  ̄. : :  - '´
                 ̄三二ニ冖===―-----‐=ニ´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
少女を匿った殺し屋は、少女に敵討ちのための手助けを乞われる。
殺し屋は最初こそ断るものの、
少女の本気さが垣間見える無茶な行動に渋々了承する。
少女は見返りとして、幼いころから手を汚し、ろくに学のない殺し屋に
読み書きや計算を教えることになる。

そして、殺し屋の内面が少しずつ露わになっていく。
飽きることもなく牛乳を飲み続け、嗜好品など一つもなし。
唯一の友人は鉢植えの中の観葉植物。
地面に根がついていないのが俺と同じだと、殺し屋は語る。

二人は奇妙な信頼関係を築き始める。
仕事の際はチューインガムを扉の覗き穴に詰めてターゲットを誘い出し、
時には爆破し、時には少女に銃を握らせて実際に殺しをさせた。
射撃後は熱を持ったサプレッサーに濡れた布を巻くように、
狙うときは確実性を取って頭より腹を、と現実味に溢れすぎた光景だった。

仕事のないとき、二人は楽しげに、けれどどこか寂しい遊びに興じた。
有名人に扮したファッションをして見せ合ったりするが、
殺し屋は人との関わり方が下手で、たまに少女を悲しませたりしていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

949 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/03/18(月) 22:36:28 ID:EiKedykQ0 [1/2]
細かいけど、レオンは1995年公開なので、20世紀末では?

950 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 22:38:03 ID:UcBLdxEs0 [13/22]


            _,.  -――------- 、_
           .   ´                ̄`)     ,  '"´ ̄`   、
      .  ´           _,. -- 、_,.二∠ -‐ '´          `  、
  ⌒ヽ' ´           ̄ ̄` ー-<´     r―- 、 __ ノ/        丶、
    ',                    ` ー-=ニゝー     ̄ ̄ ̄ ´         \
     ',                         ` ¬=‐ 、_
     l             ` ¬  - 、 _        _,/  ̄`ヽ、
     |                     ` ̄ ̄ ̄_ノ ` ー-、    丶-----
     |             、_  -―一ァ'´ ̄ ̄       丶..,,_     _
     |           _  _,.  -‐ '"´                 ̄ ̄´ \
     |―-    _   _,. -‐ '´                           |\
   0 /         ̄                                    | ノ\
0  /                                              ‘く
 ./

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
復讐のために準備をする少女と、なんとかその復讐を代行してやれないかと
麻薬取締官を少しずつ始末していく殺し屋。

殺し屋と少女の間には年齢や人種を超えた愛情のようなものが芽生えていた。
少女は殺し屋に愛を求め、殺し屋は目を瞑りながら「だめだよ」と呟く。
結局二人は結ばれることもなく、一晩を同じベッドで過ごすだけにとどまった。

紆余曲折あり、少女は刑事に復讐しに行こうとするが失敗。
拘束されたところを殺し屋に救出されるが、
殺し屋の所業に気づいた刑事によってアパートを包囲されてしまう。

再会の約束をして少女を逃がし、一人で警官隊と死闘を繰り広げる殺し屋。
やがて殺し屋は追い詰められ、自分にとどめを刺そうとする刑事に
「マチルダからのプレゼントだ」と古いタイプの手榴弾を握らせ、
自分諸共爆発に巻き込む。

残された少女は殺しから離れ、寄宿舎に形見である観葉植物を植える。
大地に植えれば根も張る。たとえ寄る辺なき根無し草に見えても、
生きていく土さえあれば根が張れるのだと。

そうして、殺し屋と少女の物語は幕を閉じた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

951 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 22:39:01 ID:UcBLdxEs0 [14/22]
>>949
ああ許し亭許して!

952 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 22:44:41 ID:UcBLdxEs0 [15/22]

           _
          >セ乞アト ニ _
       /..::.:.ヾごソ.::.::.::.::.::.`:..、
     / ^⌒^⌒^⌒⌒^丶、:::.::..\
      //    /          \::.::.:.ヽ
.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、       ……思っていたより刺激的だったわね。
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
    |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |
    レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
.      |  ト  __      /|    |l      |
.     |   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
.     /|  r‐ヘ    jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\
   ./.::.::| ノ  |   Г|ノ厶l/   ,  /.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.>`ヾ
   ,∧::.:〈 ̄ト‐┴√| ト、__/  /「`7.::.:::/L. -― __ ――〉
  ,イ⌒ヽ「\l   /  ノ.::|/ /}   /.::.::.〈ー―::.:: ̄::.::.::.:.::/
 /   /^Y⌒ト-イ ̄厂〉 イ ̄ , /.::.::.::.::〉::.::.::.::.::.::.::.::.:/\
./   /  ト--rヘ_r-イ/ j|  / /ニニ二/.::.::.::.>‐[}‐く \ ヽ
’  /  ∧ | | | /|\_/..::.::.::.:/l::.::.::〈〈__ノ八_〉〉 lヽ. `、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
スクリーンが黒く染まり、入れ替わるように照明が戻って室内を照らす。
軽く腕を伸ばす。ネクストに乗っている間はもっと長い時間同じ姿勢でいるので
その比ではないが、やはり辛いものは辛い。

映画館から出ると、アリスが「悪くはなかったわね」と口角を上げた。
確かに良い映画だった。面白いとか、見ていて楽しいなどではなく、
真に迫るもののある良い映画だったとしか言いようがない。

「でも、あの殺し屋、あなたに結構似てるわよね。
雰囲気とかそっくりよ?」

アリスが鈴の音のような笑いをこぼす。
自分があの殺し屋に似ている?
まあ、確かにそうかもしれない。

彼には色々と親近感を覚えるシーンもあった。
毎日決まったことを作業のようにこなしていたのは、
やる夫も殺し屋も同じだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

953 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/03/18(月) 22:49:28 ID:EiKedykQ0 [2/2]
やる夫も観葉植物育てるか

954 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 22:54:54 ID:UcBLdxEs0 [16/22]

                       __   ---  __
                       _┬┼┴┴┼┬┐  ` ヽ
                    /┼┼|        └┼┐  \
                 / ├〈〉┤            └┼  \
                / ┬┬┼┴┼┴┬┐   . └┼  ヽ
                 //┬┘            └┼┬    ├┐ ヽ
            /〔/┘                   ├┐    ├   ',
              /く/              ,′     └┤  ┼   ',
          | | ′   {     l     /   ,′1  //1〈〉\   l
          |_しl     | ',  ',  |  |  /   / /|  // | ハ, \ l
           /|    | \ ', | /ノ/ノ-‐//イ| // │| l   〉 ト、
           /∧    ト、 N\ヽ  /"´___,,,、 -‐ァ/  >\/ .| ∧__ノ   \     ただ、ベッドシーンは凄かったわね。
           // ', ',  、二ニ、 `Y  / |↑d/ / / \ノl   |
            //  .ヽ \  弋_ソ       `ゝ‐ ' //     | ',  \   ヽ     下手に直接的な描写をされるよりも
         //    / \ \_|// j    ////イ::|    ,′ ',    \
         .Ll.   /  l \  ト、  、      u,':::l   / /|   \   \      凄かったわ。
             /  /     /、      , ':::/  / /. l   ',  \__/∨
              /  /    /  | \ __,, '-‐ 7  / /  丶  ヽ
          /  /   /   ,人  `ノ┬イ /  / /    \
            /  /  /   /    /〕∧ヽ/  / /--/ ̄ ̄ヽ
          ./  /      /     | ∨l|∨  /┬ /      ',
        ,′ ,′   /.      ┌|//N/ /├ /          ',
         |   |    /       ┌┤| / l//.┌┘          ',

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
確かにベッドシーンはやる夫にとっても刺激が強かった。
ふと目を逸らすと、あわあわと口を開けているアリスがいた。
自分たちと重なるところもあったからかもしれない。
やる夫とアリスも、二人で同じ布団に入ったにもかかわらず、
何もないまま就寝したことがある。

「ねえ、折角だし、同じことをしてみない?
あの殺し屋とあなたが似てるなら、楽しいこととかも同じかもしれないわ」

アリスが妙案を思いついたと頷く。
それはどうだろうか。いくら似ているといっても、
自分はあの殺し屋とは違う人間だ。

ただ、自分も、とは思う。
自分にも、ああして自分を理解しようと寄り添ってくれる女性が傍にいたなら、
少しは違っていたかもしれないな、とは思った。

考え込むやる夫の袖をアリスが掴み、今度はショッピングモールの方向に
引っ張っていった。どうやら本当にする気らしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

955 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 23:09:17 ID:UcBLdxEs0 [17/22]

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ショッピングモールに着くやいなや、アリスはやる夫を紳士服売り場に連れ込んだ。
さすがに服飾品選びはデジタル化されてはおらず、
普通に無数のジャケットやシャツが陳列されている。

アリスはジャケットとシャツ、ネクタイなど一式を持ってくると、
試着してこいとやる夫に押し付けた。
こんな上品な服装が自分に似合うのだろうかと疑問に思いつつ、
折角選んでくれたものを突っぱねる気にもなれなかったので素直に受け取り、
店の奥にある試着室に向かって着替えた。

カーテンを捲ってアリスに見せると、悪くない反応だった。
これならどこに出しても恥ずかしくない、と自分のコーディネイトにご満悦のようだ。

「会計しとくから、今日はそれ着ておきなさいよ、似合うわよ?
プレゼントってことでいいわ」

「……ありがとう」

ふと、やる夫は一つ思った。
誰かに贈り物をされたことなど、これが初めてのような気がする。
両親は一般市民の工場勤めだったのでそんな余裕もなかったし、
リンクスになってからも生活必需品などは都合してもらえたが、
誰かにプレゼントという形式で何かをもらうのは初めてのように思えた。

ジャケットをそっと撫で、これは大切に着ようと決心した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

956 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 23:25:40 ID:UcBLdxEs0 [18/22]

          ____
        /   ― \
.     /   (● )  ヘ\
     |   (⌒   (● ) |
      ヘ     ̄`、__)  |     じゃ、アリスの番だお?
        ヽ           |
      , へ、      _/
.      |          ^ヽ
.      |      1   |





             _ -―   ―-  _
           _ -‐:::::::: ̄::::::::¬― 、 ` 、
        /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\  \
        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ
.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l              は?
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、
   八__ト、    ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|∥ |::|:::fア /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヽ
     廴__人}   ∥(|l:::ト、 `ヾイ::::|∥ |:::fア r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
     \   `¬ l 八:::::廴   ̄ l |l [   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イlヘ
       `ヽ、?逢 | |':::::|::::L>―<_lハl⌒l⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/l | |
      ー┘ ̄L | |::::::|::::`ー'ニ/ / ` <Y⌒く ̄ ̄`ー-、_/  | | |
        }{  ` |:::::::|::::::::}~ヘ { {  r  \ ヽ::::::::::::〈 ∥ | | |
      `ー-、」_ハ| ̄|::::::::{`(こ`ーヘ、 )    ヽノ.:::::::::::::.ヽ|   | l/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
返礼というわけではないが、映画の中では少女も色々な服装を
殺し屋に披露していた。ならば、アリスも同じことをするべきだろう。

アリスを連れて女性服売り場に来ると、
見たこともないような服が所狭しと並べられていた。
どんな役割があるのかさっぱり分からない形のものがたくさんだ。

とりあえず、アリスに似合いそうなものがないかと店内をぐるりと回る。
アリスは落ち着かない様子で、「変な服着せたら承知しないわよ」と
口をとがらせていた。心外である。これでも一応、きちんと選ぼうとしているのだ。
そういった服装が見てみたいという欲求もあるが、そもそもこの店にはないだろう。

特に知識もなかったので、やる夫は椅子に座らされているマネキンに着せられていた
黒いノースリーブのセーターと白いプリーツスカートを店員に頼んで
持ってきてもらった。

渋々服を受け取り、着替えて試着室から出てきたアリスは、
普段とは違った趣が感じられた。
なんというか、普通の女の子といった風情だ。
普段は浮世離れしたドレスばかり着ているからだろうか。
だが、これはこれでやる夫は好きだった。

そう伝えると、アリスは耳を微かに赤く染めながら
「あなた、誰にでもそういうセリフ言ってるんじゃないでしょうね」と
きつい視線を投げかけてきた。そんなことはない、はずである。

結局その服はやる夫が購入し、アリスに渡したのだが、着ていくことはなかった。
そうした服装はあまり知らない人に見られたくない、とのことだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

957 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 23:34:35 ID:UcBLdxEs0 [19/22]

           ,. ――- 、
        /  /:::::: ̄`ヽ、
       ./fニニゞ:::,. -――- .\
       / ゞV ハ:V    l    i `ヽ
      ./  // |:|ニソ_ハメ、!    / l |
      /  〈/ ,|:| i代メ 、 / /' /
    /   ./ ノ l」|ゞ   `rtルノ  /
  /⌒ヽ  イ|  |ト、  _′イトくV
./::::::::::::::: ∨}.l  |:::::ゝー<リ .l ソ
´:::::::::::::::::::::::::〉 〉 トヘ::::::::::::| ハノ
::::::::::::::::::::::::::::Yくソ、!|」〉:::::::::! ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::V }な':::::::::::::〉  \    ,. -――---  .__
`ーx::::::::::::::::::::::::∨ /:::::::_/ ト、.  \ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. ゞ|::::::::::::::::::::::::ソ:::::::/∨  |  ヽ / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
ル、レ!::::::::::::::::r-、::::::::;イトリ  ,ノ  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、:::\                 ,.>;=、
  ノ::::::::::::::}ミニ Vrrく⌒ー-―:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__/::xへ、::',                 j;;;;i ';
./::::::::::::::::::V 「 Tハ  ,.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`<;;;;;\ト___            /;;;;;;j___j
::::::::::::::::::::::::::∨ {  Y}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;\::::::::::/ー ‐-......,,,,    __,ノ;;;;;;;/__/
:::::::::::::::::::::::::::::} ) ,! V、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \ ;;;;;;;;;;;;;\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; (__(_
:::::::::::::::::::::::::く ハ | レイ    >、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. イ:::::::::::::::::>., ;;;;;;;;;;\__ , .'''''''''-‐=ニニ=ヽ;;;;;;;;;;∪ : : :
::::::::::::::::::::::::; イ /く Y  |  // \::::::::::::::::,:: - ''"::::::::::::::::::::::::::/ : : : \;;;;;;;;;;\: : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
気が付けば、時刻は午後八時となっていた。
腹の虫が暴れるとまでもいかないが、そこそこ空腹になる時間帯だ。
どこか店に入ろうかと提案したが、アリスは頭を振った。

「私、知らない人に自分が何か食べてるところを見られるのって好きじゃないの。
上手く説明できないのだけど……なんだか、嫌なのよ」

その気持ちは少しわかる気がした。
自分も何か食事にありつけたときに、他の浮浪者からぎらついた視線を
送られるのは好きではなかった。まあ、それとはまた違ったものだろうが。

近くの売店でハムやオリーブの実などが挟まれたサンドイッチを二つ買い、
紙袋に包まれたそれを抱えながら噴水広場に戻った。
人もまばらだ。ここならアリスも安心して食事できるだろう。
ベンチに二人で座り、サンドイッチをそっと渡す。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

958 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 23:47:14 ID:UcBLdxEs0 [20/22]

   {ilililililillilil/ノ /   /      ヽ \
   {Ⅶilililili/ノ  il   i    ヽ   ハ ',
   {Ⅶil≦イ  il  .il  ト、   i    V
 _,彡イ 水 ̄ミヾ=.il  .il  ハ   ヘ  i .il
イイ  //ハヽ  //   il  i ト   ハ  il il
ヾ .//  Ⅶ_/ il  .升 | リハ il リ イ 丿
 .Y /    iliイ.  iト  ハト>K彡' }/ イ.//
 //    川  .il ヽK' / ィ= / i、 il       分不相応にはしゃぎすぎたわね。
.//     ハi.l  人} ィ匕r:j    `ー,
Ⅵ     i i.l  .ハリ   ̄ ̄     /       少し疲れちゃった。
illi}    il il  il il        _ _イ
ilil}    il Ⅵ/ ノ       - ' ノilリ
人     ヾ≧ '         / /
ilililゝ, - - 、 \\ r、___ /i./
ィ三三三三三ミ、ヽⅦミ=、_
三三三三三三三ミ、 \iミミ、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
食事を終えると、アリスは宙を舞う水を見つめながら小さく呟いた。
確かに、こうして誰かと食事に行ったり、いろんな店を見たりするのは
やる夫にも貴重な体験だったし、慣れないことをしたので疲労感もあった。

今日はこれくらいでお開きにしないか、と提案するとアリスも頷いた。

「……ねえ、やる夫。
あなたがこれまで、どんな思いをしてきたのか、私には分からないわ。
きっと、辛いこれまでだったんだと思うけど……
あなたがどんなものなら好きになれるのか、どんなことが楽しく感じられるのか、
そういったことは、これからでも見つけられると思うのよ」

アリスが諭すような口調で、やる夫に語り掛けてきた。
これまでと、これから。
確かに、今のやる夫は過去のやる夫ではない。
今はリンクスとして、ここにいる。

それなら、これからは違う自分として生きられるのだろうか。
答えは否だ。人間はそう簡単には変われない。
過去というものは呪いのようなもので、今を侵食する。
それくらいはやる夫も理解していた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

959 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 23:52:14 ID:UcBLdxEs0 [21/22]

                   ,、rm__rv竺vヘュrヘ- 、
                 {辷彡'こ三三三三≧ヘV,ニニヽ
                     /彡クー^ー'^ー^¬卞〈\ヽ∨
               / 乃了   `ヽ  ヽ∨∧ヽ \`、
                  //_/7 ′     ハ `、〈〈_ノ ノ   ヽヽ
           r,ニY/」 ′〃   , ' l| ト、 l l ̄l「`、   | ハ
           __〉イ〃 ,  /, l   / ,イ!} |リ 八 ヽ |ハ
           〈 rク// ,′ ,'/l∥ ,' /厶‐十ナ/}小、ヽ ∨/  、
        , -ァ7イ {  l   |l ハ ト、 { l /ィ乏f千ァ l |ヽ}_ノ   、、 `、        だから……あなたが、そんなに哀しい目をして
        // 〃l ハ  、 レイ下丶、j′'ヾ゙ジ  // rヘ川 ¦ ヽ ヽ
.     //   {l { い、、\V,ィf赤       //  ,ィ|l |  ト、 \      いなければならない必要はどこにもないわよ。
     {_/    ヾ \/ ヽ\ヾ`ー'′       { !  仆//  ,′ | ヽ  ヽ
             ノ{ {  八_〉、   ` , - ァ  ゝ, ' V ハl /   ハ }   \    人の心は過去に縛られるけど、
           , -‐'´/ハ 、 { |lヽ、      ∠ニ-V リ / /  ∨    ヽ
  , -‐'´  ̄   -‐ニ|l 7,ヘヽ \l_  「≧ァr<::..::..::..::..∨ /,...┴、/ト、     l   人の生は今にしかないの。
// '′, '´ ̄.:∧:.ヽ//  ヽ\j二 /// 7j「ヽ\::..::/ , '´::..::..::..::ヽj ヽ    |
 , '´ , / ___ ,' ハ/ , ′ }ノ/ ,..-ヘ \_/∧V /r┘/::..::..::..::..::..::..`、∥   l   どれだけ拭いきれない過去があっても、
/ , ///   __.::|||::./ / ///::..::_>ー'′∨厂 /::.::.::..::..::..::..::..::..::..∨!    |
 ///厶-‐ '´  ::|∥|:: /, / ̄::..:/ ::rv冖vク/ |レ'〈::ー::‐::-::..::..::..::..::..::..::} |   !   結局は今に笑って、今に泣くしかない。
二 ̄  -―  ::V リ:: / {^ヽ::.//::rく v佗く//  人:: ̄´::.::.::.::.::.::.::..::..::/ !   |
―‐  ̄  -―‐ ::∨::.彡rベ::..::.〈〈_>ヘヒ彡'´ /r_/\::..::..::..::..::..::..::./} l     !  それが明日を作るんだから。
____rー― 「ト、― '´/{r冖-、::..:`7〉// / / _「7::..::..〈::.,ニ==rr< /  j     }
、 ∠ニ/ ̄ {| lハ、_厶≠-ミ、\/}   ,′,' ∧ V/::..::..::/〈__//「ヽV   ,′   ,′
{ヽ、\__ゝ_/Y^rr-一'  人  \r1 ハ !_「/::..::..::..:/:>ァ‐'´::ハ∨/  ′   /
ヽ、_二ニ=― {/ / / } ―¬个、ヽ、 ヽ\__〉∨::..::..::..::.:://::..::.::/ 「「   /     イ
=====ニ彳`丶、_」V  rく   ヽ/ \ヽフヾ==ァ::..:/_/::..::..::..:/   !l| /   /|
   ,..-‐く_〈     し'   〉 \`丶に     レ1 ∨ニ〈::..::..::..::..:/ /j l / ,ィ   !

960 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/18(月) 23:59:12 ID:UcBLdxEs0 [22/22]

   / ̄ ̄ ̄\
 /        \
/    ─   ─ ヽ
|    (●)  (●) |
\  ∩(__人/777/
/  (丶_//// \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスは優しい目で、あなたは今を生きていいのだと言う。
果たしてそうなのだろうか。

本当に自分が求めているものはなんなのだろうか。
とにかく、自分に関することがある日を境にどうでもよくなった。
生きようが死のうが、変わらない気がした。

生きている理由はまだある。
両親を殺した黒いネクストのリンクスがまだ生きている。
自分が死ぬときは、あの男を殺してからだ。
少なくとも、あの男が生きている限りは、無様に命を絶つ真似はする気はない。

だが、自分がやりたいこと、欲しいもの、好きなもの、といったことは
全くと言っていいほど思いつかなかった。

分かっているのは、自分が生きている実感を得られるのは、
誰かのために戦っているときだけだということだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

961 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/19(火) 00:07:16 ID:JPUbDNYc0 [1/4]


 : : : /: /.:.:.:.〆:.:.:.:.:.イr ゝ=ノ ゝ==ノゝ=.イ「 __ 》ーく\\:.ヽ
 : : / :/:.:. 〃:.:.∠))ニイ : : : ′: : : : : : : : ::`T: :T K  V_) )ゝー_‐ 、
  :/: /:.:.:./:. イ 「 ¨:.:: : : : :¦: : : :.¦: : : : : :|: : : : : ゝ,ニ、Y´1 ( \ヽ
: : : :/:.:.:.:.:./_ノノ: : |: : : : : . |: :|: : : :|:|:|: : : : :|: :¦: :| {: : : :} l |\\/ /
: : V:.:.:.:.:./|:「 : : : : |: : : : : : |: :|: : : :|:|:|!: : :i! |、:.|:..: L二二ァに二.ヽ/
: :/:.:.:.:.:/= イ : : :¦|: : : : :|:| |: : : :|:|:|!: : :l! | ! :ト、: :|イ_ イ \ \ヽ
:/:.:.:. イ l: ¦: : : :! | : : : :.|:|i:!: : : :!:!:!: : :.| :-|升 一└┬'丁 |ヽ\__) )
:.:./:.¦:!: .:! : : : :! | : : : :.|:||: : : : !:|:|イ:丁:| !: |   V:.:¦:∥ |: : ト― '              -':
:/: : : イ:..!.: :!: : : : ! |: !: :..|:|:.|!: : : 从川 : !:ィニメ=z |: : | /:| /.:. :|! i            /:.:.:.:.:
i!_/ イ: : : : : : : : ヾ! | : : :|:¦|!: : / /  | 'イ芝少  ¦: / : イ:..:..: ト、i            ′:.:.:.:.:
一;/:人!ヽ: :、 : : >:.|-一ト:!从 ,.        ´    /: :ア: :l |.: : :¦!: '.         _..ノ :.:.:.:.:..
:../://∧: :ヽ:\: :ヽ レ: .:ニ ゞ               / イ|:.リ.: : : | |: :ハ         「  .:.:.:.:.:.:.:.:.
/ 二イ小: : : \:\:ト イ代少              / レ′ : : : : :ル' : : :i       j:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.
: : : : |:||: ヘ: : : ::ゝ :\ ´         、           /: : : : : : : ト、: : : :ヽ    , ' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.
: : : : |:||: :i∧: : : : : ゝ:ミ=-__           7      ,.イ: : : : : : : ∧ \ : : :\ / .:./ :.:: / .:.:.:.:.
: : : : |从::|: 人: : :V: : :| :へ        ` _         |.:|: : : :人 _ゝ.._: _ ...>‐く .:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.
: : : : | : :|:!: : : :>‐… ⌒Y>          ∠ノ::|:.| : : ′: : : : :./:.:.:.:.:  ( : く :.:.:.:.:.::.:.::.:.:.
: : : : |!:.¦_ イ      _ ム ⌒ヽァ ‐z - イ「冂¦:.|:.¦: ∧ミ_ __彡′:.:.:.:.:.:.:.:.::.:. :.:. ヽ:.:.:.::.:.:.:.:.:
: : : : | V´  ヽ    ´   〉   \/イ介1 ||::|:レ' : ヘ \/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:Y:´. ̄ ̄
: : /Lj      〉      イ  i    \ij//∧l ! |:v.:/ :/  >.´ . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:. | :.:.::.|.:.:.:.:.:.:.::.:.:
レ′       イ     ー(   ゝ ._   ヽ/|:.:.乢j://. イ´ :.:.:.:.\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::  | :.:.:.:|:.:.:.:.::.:.:.::.
     /  V⌒ヽ   )  Y⌒}   ト.|丁|::.///| .:.:.:.:.:.::. \:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:: 〃 :.:.: ! :.:.:.:.::.:.:.::
       /    ) イ ヽ  ゝ _ ノ   }||'/   j .:.:.:.:.::.:.:.:.:.:. \:._:.:.:.:.:. / :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.:.::.:
          イ_ j  |  {__       ) |¦ r‐ー |:r- 、く :.:.:.:.:.:.: \:.  ̄:.:.:. 一-::人 :.:.:.:.:.::.
       _ .∠  L   )  |   人     ノ‐z了丁_) ∧ .:.: ヽ\:.:.:..:.:.:  \ :.:.:.:.:.:. /:.:.:.>ー─
     ̄       },イ_   し'´  厂  ̄  `V   |:/    ヘ .:.:.:.:.:. ` :.:.:.:.:.:.::.:. ゝ:.: / :.:./
      -──┬'   )     /       /  /      \:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.::. 〆::.:.:.:(

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「なら、そうね……
好きな女の子のタイプとかないの?
それくらいはあるわよね?」

アリスが唐突に色恋沙汰の話題を持ってくるので、
やる夫はベンチから転げ落ちそうになった。

今まで恋愛とは無縁の人生を送ってきたが、
そういったことに一切興味がないわけではない。
というよりは、憧憬に近いものがあった。
暖かな家庭、友人、恋人。そういったものは一生手に入らないものと、
やる夫は完全に見切りをつけて過ごしていた。

とにかく、アリスの問いに答えねばなるまい。

下↓3 なんと答えますか?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

962 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/03/19(火) 00:11:12 ID:uAbggMPo0
アリスが好き

963 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/03/19(火) 00:17:43 ID:44zL4FBY0 [1/2]
気高い人

964 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/03/19(火) 00:20:07 ID:biyn/u1c0 [1/2]
>>962

965 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/19(火) 00:20:49 ID:JPUbDNYc0 [2/4]
よしよし、ちょーっと待とうか。

そのセリフをマジで言うと一週目はアリスにほぼ確定するがよろしいか?

966 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/03/19(火) 00:24:23 ID:biyn/u1c0 [2/2]
まずい?
自分はもう決めても構わんけど

967 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/03/19(火) 00:26:01 ID:44zL4FBY0 [2/2]
まあここからダージリンやシグナムに転んでもなんだかなあという気もするし別にええよ

968 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/19(火) 00:37:07 ID:JPUbDNYc0 [3/4]
ううむ、そうか……なら、そうしよう。

とりあえず、ちょっと気合い入れて書きたいから今回はここまでだ。

シーユーアゲイン。

969 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/19(火) 00:39:05 ID:JPUbDNYc0 [4/4]
いや、別にまずいというわけではないんだがね、

一作目でアンゼロットに行った時に、アンゼロットルートが特殊だったため(唯一の主人公ヒロイン死亡&元の世界に帰還ルート)、

早いタイミングで選択肢を出したときに「別のヒロインに行きたかった」という声もあったものでさ。

まあ、気にしないでクレメンス。

970 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/03/19(火) 00:41:41 ID:FlU3qkdk0


976 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/20(水) 00:37:44 ID:UHDy93aI0 [2/5]
とにかく、これは私の言葉足らずと空白期間による忘却などが全ての元凶だ。ごめんなさい。

まず、最初に言った通り、今作はルートが三つある。

これは大まかなルートで、一つ一つのルートごとにやる夫の立場や世界情勢も大きく変わる。

その中で、さらなる分岐として各ヒロインとの個別ルートに分かれる、という感じなんだ。

一つ目のルート(現在のルート)━一週目ヒロインとの個別ルート

┗二つ目のルート(二週目ルート)━二週目ヒロインとの個別ルート┓
                                        三つ目のルート(三週目ルート)

977 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/20(水) 00:56:03 ID:UHDy93aI0 [3/5]

ルートが三つあるので三週できるよ、ヒロインは三人選べるよと言ったが……

一周するごとに、二つ目のルート、三つ目のルートと進んでもらうこととなる。

でないと、「一週目のヒロインをもっと攻略したい!」と言って一つ目のルートを三週されたら、二ルート分のお話が潰れてしまうからだ。

それに全ヒロインを攻略したいからヒロインの数だけループするというのも>>1の気力体力が持たない。

最高でも三週が限界だ。>>1の体力的リソースとしても時間的リソースとしても。

そして、一つ目のルートで選べるヒロインと二つ目のルートで選べるヒロインは必ずしも同じではないんだ。

世界情勢が変わり、やる夫の立場も変わる以上、今は味方のヒロインたちも敵対することがある。

逆を言えば、今は敵対関係のヒロインでも味方になることがある。

二週目限定ヒロインという書き方が悪かった。正確には、二週目ヒロインだ。

一週目で攻略できるヒロインは、一週目でしか攻略できないんだ。

もっと言えば、二週目で攻略できるヒロインは三週目では攻略できない。

私の言い方がまずかったせいで、恐らく「周回するごとにヒロインとの個別ルートが解禁されていく形式」という認識をさせてしまっただろう。

実際に私の中であったのは「周回するごとにルートが変わり、そのルートごとにヒロインを選んでもらう形式」だったんだ。

一週目ルート┳ヒロインAとのルート
        ┣ヒロインBとのルート
        ┣ヒロインCとのルート
        ┣ヒロインDとのルート
        ┗ヒロインEとのルート
二週目ルート┳二週目限定ヒロインAとのルート
        ┗二週目限定ヒロインBとのルート

こんな感じで完全に分離している。攻略可能キャラが増えるのではなく、攻略可能キャラが切り替わるんだ。

説明を挟むことをすっかり忘れていた。>>972のレスではっとなった。本当にごめんなさい。

978 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/20(水) 01:07:06 ID:UHDy93aI0 [4/5]

更に言うと、PCの喪失によりプロットもなくなってしまい、現在三週目のヒロインがラケル博士のみとなってしまっている。

三週目ヒロインの二人目の設定がまだ固まっていないタイミングで家を追い出されてしまった故だ。

正直どんな構想だったかも思い出せないし、新たに着想も湧いてこない。

かといって安っぽいその場しのぎのありがち設定なヒロインを書き足すのも正しいとは思えない。

最悪、三週目はラケル博士をヒロインに据えた裏ストーリー的な感じで安価なしで流す可能性もある。

まとめると、皆には「周回するごとにヒロインが増える。何週目でも好きなヒロインが選べる。
同じルートを周回できる。最大三人好きな子を好きな週で選べる」と認識させてしまっていたと思うのだが、

実際の構想としては「一週目では一週目ルートのヒロインを、二週目では二週目ルートのヒロインを選んでもらう」というものなんだ。

更に最悪なことにプロットを一から書き直したせいで各ヒロインや登場人物の裏設定もところどころ飛んでる上に、

三週目の二人目のヒロインの構想が丸々消えて現在三週目が一択状態になっているということだ。

なんかもう詫びようがない。端的に言えば全部私の言葉足らずと説明し忘れだ。

979 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/03/20(水) 01:19:25 ID:UHDy93aI0 [5/5]
で、今回は批難を覚悟で言わせていただきたい。

本当に申し訳ないのだが、スレのシステムを私が最初に考えた形から、

私がみんなにさせてしまった違う認識に合わせて変えるというのは、辛い。

二週目ルートに突入するかどうかは自由意志に任せ、一週目ルートを参加者の満足が得られるまでループさせるというのも辛い。

二週目ルートまで何度もループさせるというのも辛い。

どうか、どうか今回だけは後出しの馬鹿な理屈を許してはいただけないだろうか。

要求さえあれば一週目ルートの個別ルートがアリスに確定した安価も保留にする。公平を期したい。

今まで何もついてないヒロインは一週目で、二週目限定ヒロインとついているヒロインは二週目のみでの攻略とさせていただきたい。

本当に、本当に申し訳ない。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する