へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)


クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第11回

741 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 21:29:09 ID:mSsIDOIk0 [5/24]

                                 ∨ \{\
                              ∨.、 \: : 、
                             . . : : ∨、   \:,,:、
                        Λ/\ヘxヘV¨"''ミ‐… 、___〉 _,,..,, _
                        〈::::〉:::: 「:/:〉/〉  ノ  ノし 寸=―′
                     <∨::/|/:Λ <:::>`¨¨〈__/ 寸ト---、
                   _/⌒) 7 ̄]::::〉::〉::::/: :  ∨/\  \しノ〉
                     _,、<    / /ヽ ∨:::><    r‐…へ\  ゙'y゙
            _ -=ニ ̄     //\ノ_]>―    {  〈  \厂/
     _ -=ニ ̄       /  /〈   >_ノ    ,、 /゙'~ヘ、 ノ-<
..-=ニ ̄                  イニ厂 ̄     / \\   | ゙く   `:、
           ,....ニ- ̄´"''~: : :          (◯)イ゙'> >___|  ‘, _`、
         ,ニ- ̄::::::::;:::':::::::::: : :       ./   /しィ/>      〈´ __`、
       ニ- ̄.::::::::::::::;:::';:::':::::: : :       /  /、 // )      Y::::J:}
  ニ- ̄.:::::::::::::::::::::;::':;::':::::: : :       /__ 〉'゙  └<__/〉      〈ミノ
- ̄.:::::::::::::::::::::::::::::;::';::'::::::: :     ...___ / ̄  〉      )  _/
/:::::::::::::::::::::::::::;::'::::::: : :      / //   /     ∨ ̄7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: :          /  /  ,/ _,、-''"⌒< (ニ)〈___
:::::::::::::::::::::::::::: :         /  └…゛ ⌒`、     ) `¨ ⌒ 〉
:::::::::::::::::: :           「ヲ     /      }   _、<  _彡'゙
:::::::: : :        .__/    /  (ニ)_,,.、、イ'''"´
: :         〈 /     / /ニ〉 ̄
         〈ニ〉    / ''"´
         /¨7へ(ニ)
        ./ / ,//
        ′{しイ/
       乂_/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「やる夫君、見えてる?」

「はい、大丈夫です」

マーシフルのFCSではこの距離ではロックできないらしいが、
それでも遠方にドーム状の建物と、それを取り巻くノーマルたちが視認できた。
SI製というのは確かなようで、見たことのある武装と装甲だった。

PAは切らずに、そのままオーバードブースターを起動する。
あの建物には桜花重工製のコジマ粒子遮断隔壁というのが使用されている
らしく、PAやオーバードブーストを使用しても影響はないとのことだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



スポンサードリンク


742 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 21:34:49 ID:mSsIDOIk0 [6/24]

                         zミi
                            }::|
                   _        |:::!
                {:廴      _.|:::|       __ ...  -‐::::ヽ _
                  \::\ /:::::::|:: |>..、  /:〈::::::::__「j「j::/:::::::`::.
                  \::YY´:|:::ノ::::|::/::` く:::::::; ´   > 、::::::::::::::`::.、
                    /Ⅵ |/::>、:::j:::::::::::::::::ヽ/== O    ヽ::/〉::::::/:\
                イン´ノ´:::,ィ:く:::`ヽ、::::≫ ´{    ,     }:\/::/::::ヽ 、
               〈/i ‘ーヘ:〈:::∧__/::::}:__::イ八    ‘,    ′′/\::::::::〉〉
                /{|   ノ:::r―::ミx≦:::::::::{//ヽ     ‘,//:::く::ヽ>::::\//
                  /八廴彡:::::/:}::::::::/ハ::-=彡〉//ミ>::-=彡:::::く::`ー=≦彡ヘヽ
             入:::::ヽ::/::::イ::/⌒7:7V:::::::人ゝく/i:i:}::::/:::::く::::::::\::::::::::: _ .. -‐ ・ ・ ・ ‐- ミ
               /::::::`¨入/i:i/:ム/:/:ムイ(o):〉::/|i:i:iー=≦zミヽoヽ::::> ´        r‐‐z     `  .
              `ト=≦∨ ヽ/{‐-〈彡:廴::::::彡イi:i:!:/  ヘ  〈::> ´ ィ´      |´       ,_ `
              廴彡 -‐<::ゝ=く:1ー-ヘi:i:i:i:i:i:i:iト、/く}::::} . ´    《          | |         /ム
ヽ                 ,. く::::::f赱::::)/::ミ>、_ x≦zzzイ( ):}ヽ::::::/       ‘:,         | |       .//
  \         /:::::::::ヽ::)≫:i´://:::::::/:::::/|::乂_乂::::/  ィ       ‘:,       | |     //
.、  \    /⌒Уく::: -‐:彳:i/:::/:::::′::::′:/:::: !〃::::n::: ′ 〃          ‘:,     _j..L    //
 \r彡ヽ >'::::: /≫i:´i:i:i:i≧z彡イ:::::::{::::::{::::::′:八:::::::::||/  { ゝ、         ‘:,           //
   > / <⌒Y彡 }i:i:≫ ´   .{::::`¨¨/`ヽ}::::}::://:::\::::/    ` ≪≫ 、     ´ .  ¨¨¨` 、  ゝ    /
  ー {r 彡\ノ_≫ ´    . :::´::∧::::/:::::::/::/:://:::::::::::::.′      ` ≪≫、 ィ  /       }  `ヽ、  ト /
    ゝ'ム、 \     {::::::::::::::::::ー::::{ー=ミ::/ー’':::::::::::::.′          ` ≪/ 〃-‐ 弋      ノ   . ‘,V
         \ 、ヽ . :::´∧::::::::::::://>、___> 〈::::/:::::::.′ ハ           //     ー=彡    } ‘,
        . ::ー ’::::::::::::ハ::::::/彡 ´i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨::/::::{  {__`==========〔 {.′                /  }
       {::::::::::::::::::::::::::::}/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨::::::i              . ´  `ヽ       , ⌒′ /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「こちら八咫烏、作戦行動を開始。私が正面から行くから、やる夫君は
上から強襲かけてくれへん? 一緒に突っ込むよりも弾は分散するし」

「分かりました、頼みます」

「よっし、ほなさっさと終わらせて、良い知らせ持って帰るで!」

地上で待機していた八咫烏が、マーシフルの眼下でオーバードブースターを
起動するのが見える。

敵ネクストはまだ見えない。後ろの方で隠れているのだろうか。

「敵ネクストはSIのネクスト、国崩。狙撃特化の指揮官機だから、
前線にはいないと思う。遠距離からの射撃に留意してね」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

743 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 21:46:46 ID:mSsIDOIk0 [7/24]

                rz           |i:|      .  ‐¬    .  -‐z
              Vム          |i:|    r≦i:i:i:i:l!::i!:}-‐:i:i¨:i:i:i:i:i:ハ
                   Vム            |i:|  /|:i:i:i: -‐‐ ミ!___〃〃/ー┴―‐┐____
                  Vム   x≦=ミ  .|i:!/:i:i:i:, ´   / ヽ:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!:i:i:i:i:i:i:i:i
                 Vム ./::::/:i:i:i:ヽ、ノi/i:i:i:i:i:/___ o      '.i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:i:i:i:i:i
              __.Vムム-‐:i¨¨`Yしハi:i:i:i:i{    i!     }:i:∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:j:i:i:i:i:i:i:i:i:
               i´i:i:|ヽi:i:iゝ{_.  -‐ 才^ヽi:く\八     i!    . ':i/:::::〉――― ´:i:i:i:i:> ´
           ≠⌒ヽ|:i:/`ヽ ハi:{}i:イi:{i:i:i:i:i:\ゝヽ:iヽ、  i! /:i:i:':::::∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:> ´/////
             〈i/_ -‐}i/:i/⌒ヽⅥハ八__∠ ミヽ/:::::::≧x:i:´i:i:/ヽ{:∧ ∨:i:i:i> ´////////
           { ・   r=≦-- 、"x≦--‐‐ ==ミ、j::::::::::::::::::ハ/:i:i:i:i:i∧::}  //////////////
          八{   {ニニミY:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ ・ ):iYV:::::::/ーt:i:∨:i:i:i:i:i∧////////////////
            イ:i:i:ゝ _人`:i:i:i:i:ヽ:\i:i:i:i:i:i:i:i:i:iー 彡く:i:l`¨㍉   ゝ:i∨:i:i:///////////////////
        〈:i{:i:i/∧:i/(ヽ::i:i:i:i/:i/ヽi:i:i:i:i:i:i:,<:i:}:i:}:!   ㍉  `ヽ〉/´///////////////////
        /^/〉/:i:iV:i:i/}i\:i:ヽ:i/ニコ〉‐‐<:i`:i//:|   }i}  // / //////////////////
        ヘ.イ/\:iゝ彡 ^ヽ:iゝ=彳コ7ニ>- 、/´ V//     ゞV'// 〈  ゝ、////////////////
        r ^{\  >x     ー〈}ニ}ニ|ニ77ニ7    ∨    . '/////\  \///////////////
        L/ミYj}´ ̄        }ニ}ニ|_77ニ7         〃////////\   \/////////////
      /ゝ/¨´          L7ニ!ニ{ニ{          〃/////////// ヽ、 \///////////
====iニ[二{/ニニニニニコ       ムニ7|ニ寸ム , -zr 、   ///////////////// ヽ、 \/////////
        `¨´  r‐/¨¨!rーzi´:i:i:i:!ミi:く≧=//:iゝく__ '////////////////////丶、\///////
          Yi:i:ヽ:i:i|{:イ:i:|:i:i:i:i:|ミ|i:i:iY:/:i:i/:i:i:i:i:i:i////{////////////////////丶、\////.
           ∨i:i:i:i:|ニ:|i:i:!:i:i:i:i:|ミ|:i:i:イ:ゝ、:i:i:i:_:i:イ′/ {//////////////////////丶、\//
          /:iヽ:i:i/ハi:iⅥ:i:i:i:i:|\/:i:i:i:l`¨¨:i:i:i://八  ` </////////////////////丶、ヽ
          {:i/i/〉:〉:/}:i:i:i|:i:i:i:i |:i:i:| l:i:i:i:i:|:i:\:i:i ′// > .  ` </////////////////////
         /|/i//:/:/‐ゝ:i:|:i:i:i:i |:i:i:|ハー‐ヘ へi:{//////////> . ` <////////////////
        {:i:i/:i〈/:/:/:i/`ヽ|:i:i:i:i |:i:i:|し>xイヘ、〉////////////// > . ` <////////////
      /|i/:i:i:/Ⅵ.' /   :!___j:i:i:i|:/   {     :////////////////////> . ` <///////
        |:i:/:r,/// /   ハ-‐‐-ヽj'_ゝ...:ヘ    './///////////////////////> . ` </
      /|:/\:〈// /  , , /::::ー-‐ '::::::::::::::∧ 、 、  ’,///////////////////////////> .

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
施設の真上を取り、アサルトライフルとレーザーを敵ノーマルめがけて掃射する。
降り注ぐ弾丸と青い閃光がノーマルの小さな機体を飲み込み、
次々と爆散させていった。

ミサイルアラートが鳴り響き、慌てて周囲を確認すると、後詰と思しき
ノーマル部隊が肩部のミサイルポッドをこちらに向け、立て続けに発射していた。

避けて施設に被害が出ても困る。アサルトライフルを構え、間隔をあけて
ミサイルに発砲した。狙い通り、一つのミサイルの爆風に巻き込まれて
複数のミサイルが空中で起爆し、飛散する。

後方から爆発音が轟く。振り返ると、八咫烏がもう前衛のノーマルたちを
斬り伏せてこちらへ向かってきていた。

傍から見ても、見事な操縦だった。
お世辞にも軽そうには見えない機体で弾丸やミサイルを掻い潜り、
すれ違いざまにノーマルたちを両断していく。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

744 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 21:55:06 ID:mSsIDOIk0 [8/24]

                    _____
                 / .u   \
               ((○))::((○))::\
 (⌒(⌒(⌒ヽ    /.:: (__人__):::::: l_j :::\      ぬあっ!?
  \ ヽ ヽ  (⌒)  |    |r┬-|(⌒(⌒(⌒ヽ|
    ヽ:::::::::::    |.  \.U | |  | ヽ ヽ ヽ  |
     ヽ   (  ヽ /   | |  |(⌒)::::::::::  |
      \     V...  └ー.┘ !      |
                    ヽ     ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
これはすぐに終わるか、と思った時だった。

凄まじい衝撃と振動を感じ、思わず呻く。
機体の制御だけは失うまいと、何とか体勢だけは維持した。

「遠距離からの狙撃を確認。ネクスト、国崩だね。
それと……もう一機ネクスト! 独立傭兵、カタストロフィを確認。
近接武器主体のネクストだけど……悪い噂が多くある。注意して」

ネクストがもう一機? ブリーフィングと違うではないか。
敵側が隠していたのか?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

746 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 22:05:25 ID:mSsIDOIk0 [9/24]

────────────────────
          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__         ふむ、いい装甲を使っているようだ。
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\     コックピットを狙えば、あわよくば一発で落ちてくれるかと
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..   思ったんだが。
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::
【ランク16 新庄直衛 支援企業:SI】
────────────────────





                                   |i
                                   |i
                               /_./>-.|i
                             ┌i|i__|::::::}' Y
                           _  ∨i}、 ィ´ゝノ , ---<ヽ
                        / ̄ Y i三i/i`-//二}i:i    ,',',' ___
                        ∨  |/::::/---i_;;;:::::i'::::i   ,',',' | | |ヽ
                          ∨ {、::;;|:i--{i_;;:::::::ヽ:::ゝ-=< ∨| | |  ヽ
                         i{_ i`|>}--∨≦iゝy' ∨-ゝノ.i| | |  |      まあいい。
                         , !-`-{)i二i_i/二|=i_  }::::/ }:| | |  |
 .                       / `// ̄`Y==/ ̄`Yiマム i`  i|::| .| .|   |      各機、これまで通り後退しながら
                       /  //   i--{ |    i i.マムi  i|::.| .| |   |
                    _,.ヾ^ヽ> / `!  |  i |   i >/ !_.ィ´i::.| .| |  .|       敵ネクストに火力を集中、近づかれたら
                   /:::::::i^´{/iソ)` i 、...., !=∨__,,..丿  !i!_,'_」_,!|::|  !.|  .|
                <`ヽ::;><:::>::>{_丿 i  i  ,i   i   !iゝ-< `}--<ヽ、!       全力で逃げろよ。
                 ヽノ/:::::::::>  ><ヽ |  /     ∨_,, . !i    |:::|:::::i ノ
                // ヽ<>、:::`フi  /ヽ`-i{     }i;  i∨   |:::!;;::i         相手も人間だ、撃ち続ければ
.              // /ヾヽ {:{:::; ' i /  / ̄ヽ    } 、;  i ヽ   |/Y/
.             // /   ヾj`´  ∨i  i'   /i   | i ;-='i }    `          一発くらいは当たる。
            // /          `iヽ i   / |     ∨ i ;_,,..! .|
.         // /            ./ } }-<{ |     ∨ i  Yi      
.        // /             /  / i  jヽ'      Yi  ∨;
      // /             />、./  |/i       |i   ∨;
   >==i'//´              '> 、/`二 (__)       | i_ >∨;
    >< 'Y´              /> 、ィ``'''~´二`i     i´`'i ̄ ̄ ̄i
  //                > /__,二-='''"´     ゝ、ィ-一=―j
  `´                     ̄              iヽ_,,.----_、
                                      ゝ ヽ:::::::::::、i
                                       ` ̄ ̄ ̄

747 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 22:13:10 ID:mSsIDOIk0 [10/24]

    l     ヽ. \   \\            ¨ - _
   l      l  \   \\                  ヤヽ,、
.    `ーrヘヘ┘ー- _ ` 、 丶ヽ              ヤ ',、
      Vヘヘ    \_  ` .、 ヽ            ヤ  ',、
      Vヘヘ   /  - _  `ー'              ヤ  ',、
.、       Vヘヘ  〈\    - _                 ヤ   ',、
 \.     Vヘヘ   \\ r 、    - _            ヤ    ',、
   l\.    Vヘヘ   .\〉\\      - _       ヘ_ ‐ ´\,     「で、その間になんとかしてくれ、カタストロフィ」
   | Lヽ    Vヘヘ   \   \\      - _     \   |
   \}-ヘ.    ∨ヘヘ    \  `‐′  _,.、r―――‐-  _   \  |     ケッ、ネクストがノーマルをぞろぞろ引き連れて、
    \ ヽ    ∨ヘヘ     |、  _,.、r<             ¨ - \!
       ゝハ    ̄辷ュ  「 ̄「                       `′    後ろでこそこそして何が面白いんだか。
         ヾヽ     Ⅵi_/ 丶l
          | 丶    Ⅵヘ┌ ノ
        ト  、   Ⅴ YⅥ
           | \ \  l|< ∧
.            \ ヽ l!⌒ヽ∧
          |    \ \  「`
.           |     |\ \/
            |      |  \




───────────────────────────────────
ノ : : :__ ノ : : /: : : : : : : : : : ,′: : : : : : | : : : :|: : :|/イ:/⌒ヾ.: :ヽ : : ヽ : : ヽヽ::',
_; ィ´//イ/: :/ ,ィ: :/: : : :/: : : : :/: : !: |: : :|: : :| ´      ヽ: :',: : : :',: : : | ',:|
::: /イ:::::::/: ,イ://:,イ: :/: ,' : : :;ィ´:ィ : : |: !: : :|、 : |        |ヽ:i: : : :|: : : |  !|
:'´:::,::::::::: ,'///;' /,' :/レ/ : : //'´:ノ: :ノi: |、:|',: :',     _|:::i:|: : : :!: : : |  リ
::/:::::::::::′::i/::レ':::! :':::,' : : :,':::://:;ィ::V::ヽノ:::| : ヘ.   //j:: |:!: : :| : : ! ノ .ィ
'/::::::::::::::::::::|:::::::::|/::/ //::://:/,':::;ハ::::::::::,' : |、:', _ノ,ィ''7´! ノ' : : : ヽ: : :|ーく::::::
′ :::::::::::::::::::|:::::::::::レ',ノ':://::;:ィ‐-/∠__|:| : /.: :ノ ,Xz'ニ´''´ |:|: : : : : : :ヽ: ',::::::::\
::::::::::::::::::::ヽ、',___//:::::/ ,イ::/ぇ‐ァ弋ァァ/::/.: :,' { |`    ノノ : : :;〈: |、: i 、ヽ、__,:
::::::::::::::: / :::::`ーァ'― ‐1:/::レ' / ̄ ̄'´{:::{.: :/  レ'  ー'イ: : : :/}::| |,|: |´`ー‐'::
::::::::::::::/ ::::::::::: /::::::::::::::|'::::::ヽ、   ,|    Ⅵ.:,'  ´ヽ     ′ : ,',イ´!ノ:|: |::::::::::::::::
:::::::::: ,′/::::::::,'::::::::::|:::: ヽ::: ::、:`ー'ノ    V    冫   / : : : {' V:::::|:/::::::::::::::::      ネクスト同士の殺し合いってのは、
:::::::::/ヘ{ :l::::::i::::::::::::!:::::::::::: : 、ヾ¨´ ,.イ   \-、 r'     '} 、 : : ゙X゙ヽノ':::::::::::::::::::
r''¨ ̄`¨ヽV´{:::|::::|::|::::::: ::: :::: ヽ.`二ノ ィ' ,、___,.- ' /,' | : : :ヽ ヽ{_, イ:::::::::::::::       もっとこう、スリルがねえとよ……
 ̄ ` 丶、 \Ⅵ::::|::ヽ:::: : : :_;>‐`=‐ 、_`¨¨ ̄_,,   ,{/ | : : : ヽ-r‐':::::::::::::ノ
     _> 、 \!>' ´ ̄ .: .: .: .: .: . ̄ヽ`ヽ、 }::::ヽv':::ヽ /|、 : : : : \::::}、/:::::
   , ィ´   , ゝ'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . \ノ|'″::::::::\ヽ`く ヽ: : : : ヽ Yイ:::::::::::
 /   , イ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:`ヽ.:::::::::ヽ::ヘ::ヽ:} !ヽ: : : : }:', |::::::::::::
'´   /ヽ、__ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: /:/ .: . ヽ.::::::::ヽヘ::||:.}:}、 : ハj、|::::::::::::
.    ヽ、.: .: .: `.: ャ‐ 、 .: .: .: .: .: .: __, .:ノ゙´〉`ァ-= :/::::::::::::',:}',:| ハ:,'ノ.:i:|.:.j'__:::/::::
    ,ハ .: .:ヽ、 .:ヽ::::ヽ、__, ィ.: , イル:'´: / .: .:./::::::::::::::::ij i:!/ 7゙.:.:.:|: |:ノ.:.:.{ '::::::
【ランク15 アリー・アル・サーシェス 独立傭兵】
───────────────────────────────────

748 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 22:16:34 ID:mSsIDOIk0 [11/24]

     `マ三ミi、 ヾマミュ、   .マ ム     /イ´ /  j l、     / l
       `マ三ミi、  `マミ、   マ .ム     ̄ `) \,イ ,j、i     /.liェ
        `マ三ミ、    \ マ .ム     /  /  i .l     i  iミ /i
          `マ三ミ、     \,.-、ヽ   /  /  ..i .l    i  iミ7 i
           `マ三ミ、       >、  / ./  jミi l   .}i  jミ./ j三≧iュ、
             マ三三、   ,,       ヽ / |'、ノミ、.l .ム ./i  .iノ  j   `` マミュ
              マ三三ミ 、 `ヾュ、   ∨   i マミ、マ―.V ━ ,' / ̄`` ―-マム/ュ、
              .i三三ミl i   `ヾェュ、}ュ、ノ.i マi i、ヽ  レ/ュ 、 /       マ }ヽ\
               寺三三、\     >寺≧、. マ、.ム/ j彡ミ }
                 ` 寺ア、 \_,イ三ア`'' ヽ マ、}ム/ )'''l
                  l   i Y,イ ∨ {  ',  ヽ ヾ`ヘ_/」 .l
                  l  i  l l  l | マ、 ',  .ヽ《ヽ  i j
                   iイミiア ´  ̄ ̄ ̄ マ ヽ、 ヽヽ\ j/           _イ三三三三
               __,,ィマ彡'         `―`‐`‐`――――' ̄ ̄ ̄`ァ <  }==ュ
              ., <マ、              _______     .lミ    マコ
          ., <  /マ \______>´_______≧ニニニニコミ―――――‐
_____,/ ―― '‐. ´―― ''''''' 二二  ̄ ̄ ̄ ̄
              マ三ヽ___マ三ム                    ____,,,,,,, -‐
               ヽ―-マ三三三、  ヽ___、_ ,,,,,,,,,,,,,,,,ェェェェ≦三三三コ_   --―
             __ヽ  ヽ    ヽ  マ三三三三彡==--'''''''''''' ̄ ̄ ̄
          ,,ィ彡三三三、_ム     ヽ―`                       __ ,,,
         ャイ三ア                       __   -- ァェi― '''''
         マ'            > ´ ヽ --‐/  ̄ ヽ ̄i   \≦≧/三{- 、_
         ,,ム      >  ´    /  /     i .l ` ――マ三三ア / ヽ
    .,,,  ィ ''´  ヽ_> ´      /_ /      マ l       ` <  / __}
 ̄ ̄ /       マ       ,> ´ ̄/ >、      マl           ̄ ̄
   /         マ    , イ/   /    }       `
  ./            ム,<_/   /    ./
 ./         /       /    /
 i        >´       /    ./

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「物足りねえってもんだよなあ、オイ!」

突如としてオーバードブーストで飛翔してきた深紅のネクストが、
マーシフルめがけてブレードを振り下ろしてきた。

躱すには速すぎる。レーザーブレードを構え、刀身で受ける。

AMS越しに、しゃがれた男の高笑いが聞こえてきた。

「ハハハハハッ、いいねえ、楽しませてくれよルーキー!
折角こうやって殺しあってんだ、楽しくねえとなあ!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

749 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 22:19:56 ID:mSsIDOIk0 [12/24]

         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\
    /    (__人__)   \
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |       楽しい……? 殺し合いが?
    \    |ェェェェ|     /
    /     `ー'    \ |i        何言ってるんだお、お前……!
  /          ヽ !l ヽi
  (   丶- 、       しE |そ
   `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <





   /: : : : : : :/: : : : : /: : : : {: : : : : : : : : :/ ///´     フ// ./∧  ∧
.  /: : : : : : :/: : : : : / |: :∧ヘ: : : : : : : : / // ト  ∩  /// ./: : ∧  ∧
 /: : : : : : :/: : : : : /⌒!∧、 ∧: : : : : : :{ /イ {   z<´     /: : : : ∧  ∧
 {: : : : : : :.|: : : : : :| /厶云 ∧: : : : :イ    レイ        /: : : : : : ∧ _」
 |: : : : : : :.|: : : : : :| イ    \、\: : :.:{ 二 ̄ ̄ ̄´   /: / ̄´/: :.∨  ∧
 ト、: : : : :..:|: : : : : :| {  ∩  冫 ヘミ≧=ー'         |/     {/´    ∧      てめえこそ何言ってんだよぉ!
 | \: : : :|: : : : : :|     ///      \       {   /⌒       \
 {i  ゝ─ト: : : : :∧ ゝ-< イ/           /⌒ヽ  /            \   所詮リンクスなんてのはなぁ、
\|     ∨: : : :ゝミ三彡 /    ‐-       ィ⌒ヘ  /   ∨
.  \      ∨ト: : : :≧=ー' /         _    /  j ∨     ∨             どんな大義名分掲げてようが、
   ∨    \\∧   ゝ    ‐    、` //^.ノ /      ∨
.    ∨      ≧=ー    \   、 `、 //    /        .}           結局は人殺して金貰う戦争屋じゃねえか!
     ∨       ∧    ノ j `ィ彡-¬´     /          |
.      ∨           ヽ    r彡ィユ´      / }           |           だったら俺みたいによぉ……
        \        \  \⌒´    >‐´  / {    Y⌒Y
        \        \  ∨   /      |  ト、    ゝ ノ
             \        ヽ  ∨ イ        |    \
            \        、 ∨ /      |     \

750 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 22:25:07 ID:mSsIDOIk0 [13/24]

                                     r、r、
                                  n       |Ξl',  _____
                                  | l<\   |ニニl.',/ r----- 、=======ュ
                                  | ト \\ !ニニl. ',_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二匕フ才
                              /| ト、i_li\\ニニl ',)____ 、<二二ニ=弌_ソ
                           / i| | i l. \\ l\ヽ__>‐‐  ̄
                            <\ _、l | i |  |i\ヽ,ィ ノ
  r-ミ                       \\!  .l |  |li⌒// |
  ∨\`_ 、                         \\ r- .,_ l{∩ レ ノ二、
.   ∨/,\/ニ` 、                       l\\ュ、≧L! ∠   丶
    ∨  ∨ニニニ丶                     _!-=ニニニ>r/  ニ_ ー  \
.     ',  ∨ニニニニ=\                _ -=ニニニ=‐ /l{ >---辷___ \
      ',  ∨ニニニ二ニ\            _ -=ニニ=‐ `-=≦(ニニニニユ ⊥_  ̄               、丶\
.       ',  ∨ニニニ二ニ=\            ¬ ` i  「 ̄ 「ヾゝ:く/⌒〉ヘ  _ ` ヽ       、丶`   \ /
        ',  ∨二二ニニニニ\            | 弋__,」式 /ト、 /\}     _  \,、丶`       ._/
.         ',  V'/', '/ニニニニ=\    「 T ‐- _|_ノ{]ニ[」} ∥  マヘ  ゝ、    _  - _     ./
       `¨¨~\j', '/ニニニニニニ\   \!      l|  | }},  /::::::::ゝ-=、ヽ,    r‐-  _    /
             `', '/二二ニニニニ\   \     l! ¬| ∥! |:::::::::::∧ ∨\__ l   ` ‐ _/
                 ', '/ニニニニニニニ=\.  ヽ  ,ィil|-- |イ::::| |:::::::::::::∧  ∨入  `'<     \
             `~`丶二ニニニニニニニ\ ム //l|___ | |::::Lイ:::-‐'/::::∧  ∨ ∧   `'<    、
                     \ニニニニニニ=,ィ^\`《./l|   ! !;;;-‐'´   '/:::∧__/   〉‐ュ、   `'<_;、
                     \ニニニ/ ./ニ\フ |‐‐ |l(       '/  ヽ  ∨:. :.ヽ
                     \/ハ/ニ/.>'/,\|¬t| }              |   ∨ー' ノ
                          Y=二ハ/ニ=r<\くソ              \  \人
                      lニニニニニ / //}}」                  \   }气
                           LZヌニニ |l/=/`'<≧ュ                  \∠乂_)、
                             ∨ニ=/    `¨′               >‐イ ユ__
                             ∨/                        \ 丶 |
                           ¨                           \ノ∧
                                                      \∧
                                                        Ⅵ〉
                                                         込}

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「楽しく暴れて企業から金ふんだくって、いい酒飲んでいい女抱いて!
正直に生きてる方がまだマシってもんだろうが!」

カタストロフィと呼ばれたネクストが体勢を変えた。
と思いきや、おもむろに前蹴りをマーシフルの腹部に見舞ってきたのだ。
凄まじい衝撃と振動に耐えながら、なんとかレーザーブレードを展開し発射する。

「ところがぎっちょん!」

だが、それすらも見切られていたのか、軽々と避けられた。

「相手はマーシフルと同じ、高速の接近戦が得意な機体だよ!
ペースを握られたらやられる。一旦距離をとって立て直して!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

751 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 22:34:09 ID:mSsIDOIk0 [14/24]

                                    /                 \
                              x≪ミL...、    . '         っ       f⌒ゝ  、
                           x≪i:i:i://i:iハzzУ       ‘ く        | i´     ハ
                  _  x≪i:i:i:i:i://i:i//:/          \       |.i     /}
                    〈 ∨`ヽ i:i//i:i//i:i:/   /{           \    li    /´
             ,.. -==ミ ∨⌒ヘ\<i:i//i:i:i〃    乂_ー-       \   !   /
              /:ト 、:::::::::>{ /   ヽ\::<i:i:i/:′       ¨¨ `  .         __   /’ }
           〈ミ:.、\\:rく八 .   ‘,:Y^Y:::::′   /{         `  .   ∠ィ ヽ
             ⌒ヽ::::::\{ }:::‘,ヽ   i}: |::::|::::′  { 廴_            廴ノ    .′
           { / ‘,::::::乂代:::ヽ、\ リ:::|::::|:::i    `¨¨¨   ¨¨  ―-               ′
             、・ 、 Ⅵ:( ) Ⅵ{{≧zz彡::/:::ムi                       __    }  /
                \ヽ八::\{i:i{l_l彡ヘ:::ヾ::Yリ i   廴____   -‐  . ´ } /`ソ /
               ¨У:ヽ{::::::::::::::::::O:}:::}:::/  {   ¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄      { _ノ  ー’ 〃
              {::::o::::>、く:::::::x≦彡"  _i                弋{    /
             rv::Y:::イ`ヽ::ヽ〈ヨヨヨヨ人Y:〔:::!           .. ´      /
             |:jrく/〉ニ人ノハヨヨヨヨノ/:::o::! ト、     .. ´   / /  /
             ,..{.从' ム=ミヽ::::ゞ=彡:ヘ::/::八 マム==- ´    /   / /
               ∠ン` ∠ニニミ/:::\::::::{:::::::〈::/::::‘:,       /   . ′
             // ∠ニニミ./::::::::ヽ〕⌒ヽ::::〈::::,=ミ\ トzz==彡   /
           // ∠ニニミヽ/::::::::/:i:i:i:i:i:ハ:::∨::;. -‐: ー- z___ 彡
          // ∠ニニミニニV:::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:‘,∨:,. -‐::ミ:::}
        // ∠ニニミニニ.ヽ/::::::ハ__厂 ̄ ̄ '.:::∨:::マム、::::|
      //  /ニニニヽニ./:::::::′           :::::/:::マムヽ}
    //   ム=ミニニニニ∨::::::::|          }/::::::::::::マム{
  //       ヽニニ/:::::r=ノ             〈:::::::::/弋ンヘ
//          ゝ=≦ミノ                〉::ノ ‘,:::‘,::::`ト、
/            /:::::::::::::{                ⌒ヽ\‘,:::‘,::リ:::\
               /::::::::::::::::〉                   \トミ==彡:::::::::::>
           /::::::::::::::::/                  \:::::::::::::::, く 、
          ヘ/_:::::::::::::::/                        \; ヘ /:::≧x 、
       /::`¨::‐-ミ:::::::::/                            `ー==ニニヽ
      /⌒ヽ:::::::::::::::ヽ::/
    .〈i:i:i:i:i∧::::::::::::::::〈ノ}
     `¨¨ rハ::、:::::::::::/
          } / `ーz彡
       / / '  /
        ムミ /`′
        /:::::::::>
.       /::::::/
      /:::/
    .〈/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「やる夫君!  なのはちゃんの言う通りや、一旦下がりや!」

八咫烏がマーシフルと入れ替わる形でカタストロフィに肉薄し、
ブレード同士で切り結んだ。

それも単なる鍔迫り合いではない。
カタストロフィは獲物に襲い掛かる猛禽類の如く、クイックブーストで何度も
八咫烏に突進してブレードを叩きつけていたが、全て華麗にいなされていた。

ブレードで受け、シールドで弾き、時折蹴りやシールドによる殴打で
反撃すら加えている。

「いいねえ、二機とも落とせばボーナスだ! マーシフルゥ!
そこで震えて待っていやがれ!」

そこまで言われて、ようやくあの男の声がやる夫の琴線に触れた。
レーザーライフルを構え、八咫烏を避けてカタストロフィを撃ち抜ける
タイミングを計る。

すると、ブレードを構えた右腕に衝撃が走った。
照準がぶれ、明後日の方向にレーザーが飛翔していく。

それだけではない。ノーマルたちの攻撃もまた止まず、弾丸とミサイルの嵐が
下から襲ってきた。

「くそっ、数が多すぎる……!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

752 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 22:40:02 ID:mSsIDOIk0 [15/24]

        ____
      /   u \
     /  \    /\
   /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
   \  u   `⌒´   /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
どうする、どう動く。

敵ノーマルと国崩からの遠距離射撃を必死の思いで躱しながら、
やる夫は思考を回転させる。

カタストロフィと八咫烏は互角に渡り合っている。
いや、若干八咫烏の方が優位だ。瞬間火力がないので長引いているが、
確実にカタストロフィの破損が目立ち始めている。
対する八咫烏はほとんど無傷だった。

国崩は何とか視認できる距離にいるが、周囲にはノーマルもいる。
一様にロングバレルのライフルやバズーカを構え、一方的に撃ってきていた。

ここからでは国崩たちはロックできない。闇雲に撃ったところでかすりもしないだろう。

下↓3
1.八咫烏に加勢して一気にカタストロフィを落とす
2.カタストロフィは八咫烏に任せて国崩に向かう
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

753 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/02/15(金) 22:48:42 ID:R05fih7.0
1

754 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/02/15(金) 22:52:19 ID:Etbdz4Z60
あ、やってた。しかし戦場になるといきいきとしてるなー焼野原さんw
1

755 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/02/15(金) 22:58:45 ID:/Vh1aRdE0 [3/3]
1

756 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 23:08:21 ID:mSsIDOIk0 [16/24]

    l     ヽ. \   \\            ¨ - _
   l      l  \   \\                  ヤヽ,、
.    `ーrヘヘ┘ー- _ ` 、 丶ヽ              ヤ ',、
      Vヘヘ    \_  ` .、 ヽ            ヤ  ',、
      Vヘヘ   /  - _  `ー'              ヤ  ',、
.、       Vヘヘ  〈\    - _                 ヤ   ',、
 \.     Vヘヘ   \\ r 、    - _            ヤ    ',、
   l\.    Vヘヘ   .\〉\\      - _       ヘ_ ‐ ´\,
   | Lヽ    Vヘヘ   \   \\      - _     \   |      クソがッ……雑魚が固まりやがってよォ、
   \}-ヘ.    ∨ヘヘ    \  `‐′  _,.、r―――‐-  _   \  |
    \ ヽ    ∨ヘヘ     |、  _,.、r<             ¨ - \!      ウゼエんだよォ!
       ゝハ    ̄辷ュ  「 ̄「                       `′
         ヾヽ     Ⅵi_/ 丶l
          | 丶    Ⅵヘ┌ ノ
        ト  、   Ⅴ YⅥ
           | \ \  l|< ∧
.            \ ヽ l!⌒ヽ∧
          |    \ \  「`
.           |     |\ \/
            |      |  \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ここはカタストロフィを最優先で撃墜するべきだ。
止まって援護射撃しようにも、他の敵から狙い撃ちにされる。
なら、接近してカタストロフィと自分を同一射線に置けば、相手も
迂闊に手出しできなくなるのではないだろうか。

即席で組み立てた理論を信じ、オーバードブースターを起動する。

「はやてさん! 加勢します!」

一声かけただけで、八咫烏は後方のマーシフルの接近を察知し、
シールドを叩きつけてカタストロフィを吹き飛ばした。

レーザーブレードを展開し、すれ違いざまに閃光の刃を振り抜く。
超高熱の刃はカタストロフィの背後のPMミサイルを捉え、両断した。
ばちばちと火花を散らしながら、カタストロフィの背で爆発が起きる。

「ぐおおおおっ! カチカチ山の狸か俺はッ!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

757 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 23:17:34 ID:mSsIDOIk0 [17/24]

:\          /:i∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i‘:,
ヽ:::ヽ        /:i//∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i‘,
  \::\      `〈:i:i:i:i∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}、    `Yハ
   \x≦Zハ    :´/ヽ,ィ:>i:i:¨¨ ̄:i:iハ     }i:i}
    {i:i:i:i:i{:i:i:i:`¨¨;  く:i:く:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}    /i/
      ̄` ≪i:i:i:i:i:{。  \\:}:i:i:i:i:i:厂:i:ト、   /i/ r‐===ニニニミー―― =ミ
          `ト:八 、  \\:i:i.イ,ニミi:、{ヽ/i/ ∠{:i:i:i}i:i:i:i:i:i:i:i:i:}`:x≦二ニ==}
             ー- :、 \ ノ:i:\\l:{ O マム〃´  `ヽノi:i:i:i/i:/:/:i:i厂 ̄i:i:二二ミ
              ー=彡ト:i:i:i:{ Ⅵ   }ノ/   ,  Vi:/i:/:/:i:i/:i:i:i:i/´:i:i:-‐:_:┴- 、
             くくくく〈〈〈〈:人_・`ニ・ 彡 /     ト:i:i:i:/:i:i/:i:i:i:i/´:i:i:`Y:´i:i:i_:i:}
          ヘヘ ヽヽヽ〉:イ:i:i:从Y^Y/:{ o       }:i\:i:i/:i:i:i:i/i:くヽ:i:i:}i:く´:i:i:i:i:\
       /i://:i:iヽヘ{:i:i:i:∨i{:i:/¨¨:i:i:i: ,      ’:}:i:i}/:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i/くヽ\:i:i:i:i:i:\
       ':i:i; ′′′′i/:i:i:i:i/:i:弋:i:i:i/:i:八 ‘,    /i/:i:i:/i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i/、:i:i:i:i:i:i\:i:i:i:i:i:\
      /:i:/:i:/:i:/:i:i/:i:i:/:i:i:/_\/i:`≧zzz:ヽ.‘, ノ:/i:i:i/¨¨¨´,>‐⊂⊃`ー―一 ´ ̄ ̄`’
      ノ:i:ノ:i:ノ:iノ:i{:i:{:i:i:i{:i:i:{/ノ:i:i:i`i:.ー<i:i:i:i:i:ト=彡:’i:i:i/'/////:i:i:i:iハ:⊥:ム-=ミi:i:‘,
     Y:iY:iYi:r―- r:八:i:i廴:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉:i:i:i:ゝ:i:iく:i:i,:く/////'{:i:i:i/´i:i:i:i:i:i:i≧x:i:\}
    , ┴ト:i ̄:iヽ:i:i:i:ヽ:i:ヽrっ`¨¨¨¨¨¨rっ:i:i:i:/:i\/:\`ー イ У/:i:i_  -=ミ:i:i:i:\:iヽ
    _/:i:i:ニ}:i:i:i:i:iニ}:i:i:i:i:i}:i:ノY:i/:i:i:}ヨヨヨ彡:i:⌒ヽ:i:i:/:i:i/:i/i:}   〈:i/i/´:i:i:i:i:i:i:i:i:>:ミ:i:i:Yj
 ,:i´/:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i斗:≦八:i:i〈ミY´:i:irzzz彡:i/:i:i/:i/:i/    _{':ム==ミ:i:i:/:i乂ハ/
./:i:ii{:i:i:i:斗 x≦:i: ̄:i:i:i:i/i:i:} r:iゝ:i:ー=彡/:i:i:i:i():/:i:i/:i/i:/ x≦7::::ハ{ { {`ヽx≦彡’____
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニZZ{ニニ{::::::{ ', ', ', {: : : : : : : : : : : :}
ー―――┬―――――――――――――――く二人ニハ>', ゝ ゝ ゝ ゝ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
       〉:i:i:i:Yi:/ミ〉:i}:i:i:i:i:}i´:∨:i:i:≧z:i:イ:i:i:i:}:j      ー ’   \〉ー`¨¨
      {:i:ト、:/:i:У:i/:i:i:i/〉:i:i:i〉:i/ /:i:i/:。:i゚/
.       Ⅵ:i:i≧x 、:i:i∠ ノi:i:i〃:i:} /:i:i/:i:i:i/
       八:i:i:i:i:i:彡 ´/:i:ヽ://:i:i/ ム -‐ ’
        /:i:i:`7´   〈:i:i:i:i:i`¨7:′
      ′:i/      {`ー- 彡
      {:i/      廴/
     ´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「ナイス、やる夫君! 後は任しとき!」

すかさず八咫烏が体勢を崩したカタストロフィに接近し、ブレードを袈裟に振るった。

「これくらいで死ぬくらいなら、最初からリンクスやってねえんだよ!」

だが、寸前にカタストロフィがクイックブーストし、深紅の機体が横にスライドした。
ジェネレーターを捉えていたであろう八咫烏のブレードは、
カタストロフィの左腕部を斬り落とすに留まった。

「逃がすかよ……!」

レーザーブレードを展開し、逃げようとするカタストロフィに放つ。
青い光の槍はカタストロフィの右脚部を焼き切ったが、
致命傷には至っていないようだった。

「ふむ、潮時か」

オーバードブーストでカタストロフィがマーシフルたちから遠のいていくにつれ、
ノーマルたちが撤退を始める。決着か、と思ったその時だった。

なんと国崩がプラント目掛けてスナイパーライフルを撃ってきたのだ。
瞬時に八咫烏が反応し、シールドでそれを防ぐ。

「何を……!」

「当然だろう、こちらの手に渡らず、そちらにみすみす返すくらいなら、
いっそ壊してしまったほうがいいに決まってる。戦場の常識だろ?」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

758 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 23:24:44 ID:mSsIDOIk0 [18/24]

                                  j}      /      f´   ,′
                               j}     /     /   ./_
                                  j}    / `ヽ   /     ./   ≧ー--、-、
                         jI斗ャ≦j}  .___/   /_/   ,.。<         \\
                       ,ト、/ヽ/ __   j} /-/  /      /   r‐、     ___  \\
                  ト{:V: i :}: :/_:_}__/-、!- /-'´{/{_/i{ ./  r '   ー‐<`ヽ、     \\
                 <:jI斗<:-:-:_'ノ/  }、  /  }!  }__/            `ー―‐、_ \!
                 _ -//ヽ  }、:_:_/ /--、/:} ´   〈   /  }_               \_ \
                  _ -  //__jI斗<>、!〈  /::/-/ {  / /  // ≧s、              \_ \
                 /, < >゚´___     i ヽ/゚゙´/ /  //`ヽ,//     \       ゝ/      \_
           /<>゚´ ̄ ̄ ̄≧、/ >、_}_/ /  ,/ /、__/::{------ 、_ ヽ、  / /         .ヽ
         _ -´         。<___r<|! ,  i f   , ヽ V::::r--'<_  r'´ {__ ー/ / i{
        _ -      jI斗s≦、>--- '   |! ,}, / /  /、_//_`ヽ    `ヽ__r_-'i/  /   ヽ
    _ -      。<> ゚ ´            |!.,}  / /__,/  }r ,}           ヽ/  /    }!
_ -      。<>゚´        ,。s≦{  i|/ /ィ゚´ ̄、    /ヽ       r<  /     /
     。<>゚´           , < {/_,}  ' ´__ノ、>、  >-、 / } }ヽ     人  ,/     /
, 。<>゚´              /  /   /´_ ̄_{ { Y i´ __,/ ノ/ /}ヽ-、 /  }/゚ililム  /}
>゚´             rzz}_/   {ヽ´---{ ヽ,ノ`- ´/,.。s<___//、__  /  /ilililil/ //
                 {il{  `ヽ  _/、_}_{≧s、{---/__,。<>゚´   }ノr‐‐/ilililil/_//
             ノ }  ,。z}t-{ノ{ー---、 i {--/ /----<_>、__/- '  ヽ- ' {、r'
               /  ヽ'゚    }ヽノ       ゚マ{-/ /< _     /     /     }ノ、
                /      /  〉         i_}_/-、f゚´  `ヽー/     /    /--ヽ
             {       }  /          ヽi       r≦二{rー--、/_   / ヽ }、 ,ゝ-、
            /     / /               /__>r‐< / i/ヽ r' /`ヽ_/  } \
              /    / /                { /  { r'ヽ rー、}`  {    }   }  \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
レーザーブレードの切っ先を遠方の国崩に向けるが、やはりロックはできない。
このまま相手の弾が尽きるまで、八咫烏に防いでもらうのか?
それも現実的ではない。相手の残弾も分からない上に、敵ノーマルまで
銃口をプラントに向けているのが見えた。

ルルーシュの言葉を思い出す。

そうだ。ロックができないからなんだというのだ。
リンドヴルムだって、ロックしていないにも関わらずあんなに正確無比な
射撃をして見せたじゃないか。

メインカメラを遠視モードに切り替え、レーザーブレードを展開し、距離を計る。
幾度となく放ってきた感覚を思い出し、構えを直す。

やがて、ぴたりと自分の中で鍵穴が合うように、マーシフルの動きを止めた。
この距離で、この射角なら、当たる。

引き金を引く。
放たれたレーザーは硝煙を切り裂き、まっすぐに国崩目掛けて飛翔した。
遠くで爆発が起こる。どうやら国崩が装備しているスナイパーライフルを
撃ち抜いたようだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

759 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 23:31:10 ID:mSsIDOIk0 [19/24]

┌────────────────────────────────┐
│          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-――- - 、:\          .│
│.          /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、:.:.:\ .ヘ:ヽ          .│
│         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:\  ヽ         │
│        |:|:.\:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:ハ:.:ヽ:.ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:\:.:丶          ..│
│       .i:|:.ヽ:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:| ヽ:.:i:.:.i:.:.:|:\:.:.:.:.:.:ヘヽ:.ヽ          .│
│.         |:.:|:.:.ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:._7t:.-十:i  i:.i|´丁`i:.:.|:.ヽ:.:.:.:ヘ丶:.i        ......│
│         l:.ヽ:.:.:|:.:.:.:.:.:.|:.:.:匕:チ |:.≠.l/  ||,イう。,/:.!:|:.:.:ヽ:.:.:.:i  ヽ         │
│         ヽ:.ヽ:.|:.:.:.:.:.メ´:||:.yヒて个/   / .{::::j."i/|:|:.:.:.|.i:.:.:.:|          .....│    敵戦力、撤退を開始。
│        ヽ:./=ヽ:.|:.:.:i:.:i,イ7::::::゚::|       b:y /:.l/:|i:.:.i .|:.:.:|          .....│
│         ゝ .个:.::.:ヽ|ヽ らツ少      ̄ |:.:i:.|||:.:| |:.:|            .│    こっちに銃口を向けてる機体は
│          \ .|:.:.:|\\. ゝ¨        、 . |:.:.|:.| |:.|  |:|             │
│            ヽ:.:.:|                イ|:.:|:ヘ/   |             │    もういないみたい。
│             ヽ:.ヽ.       ` ´ /:.:.|:/:.:.ヘ              .....│
│                  丶:.丶> 、    イ、:.:.:/:.:ヽ:.ヘ                │    即製のコンビにしては、
│               \ミ    ` ≧´   !\:.:.:.:.丶:ヘ             .....│
│               ,>.|ヽ   ><   / .i:`>x.ヽ:ヘ            ......│    かなりの戦果じゃない?
│             ,、r´:/ | >‐、´     /  |::::::::::::::::::::`ヽ 、           .│
│.           ,、r´:::::::/  |/>-<\ .   /    |::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、       .│
│       ,、r´::::::::::::/  ./└t┘ ヽ./     .ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、    .│
│     /::::::::::::::::::/  /|./ Ⅹ.ヽ  ヽ   >┘ \::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::|   ....│
└────────────────────────────────┘

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
なのはの通信を受けて、一気に体の力が抜けた。
人生で一番神経を尖らせたかもしれない。

「今回の目標は施設の奪還。敵の撃破は含まれてないし……
深追いしてもどんな罠が待ってるか分からないからね。
とりあえず、ミッションクリアでいいんじゃないかな」

遠方で尻尾を巻いて逃げていくノーマルたちとネクスト二機を
見送りながら、がくりと膝をついた。

なんだったのだ、あの男は。
戦いが、人殺しが楽しい? 理解ができなかった。
誰もが生きるために戦っている。リンクスも、ノーマル乗りも。
金のため、理想のため、家族のため。

だが、あの男は楽しいから戦っていると言っているように聞こえた。
そんなこと、あっていいはずがない。
快楽を得るための殺戮など、認められるはずがなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

760 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 23:34:15 ID:mSsIDOIk0 [20/24]

            {<>.      ̄ マヘ    __
              ̄ ̄      マ<: : : : : : : : : >: .、
                   . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                  .: : : : {: : : : : : : : : : : :_: : : _: : : :.
                 /: : : : : : : : 斗:_ニ_二 : \/イ: : : :
                   / : : : ル: : : l xィんハ : :/ヘ: : : : ::!
               /: : : : {  乂:|   廴rリ} :K: : : :! Y: : :
                从: : :! ,r=      /: : : : : : |_ソ: : :!
                   }: : !  丶     / 7: : : : : : : : : ::|
 `丶              |: :从r xr ;ァ    /: : :/:/ : : : : : {
                    弋: :{ |__|__|    /: : : : /: : : : :从|
    :.              乂l:;:;|:;:ト. . ィ/: : : : /-从ル′
                   ノ:;:;|:;:|:;:/  从:乂/:;:∧
      :.            /:;:;:;:;:;:;}/7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;≦{
      :.          ィ{:;:;/:;:;:;:;:.{:;{、___ - = ニ ミ:ヘ
      λ           ;´:;:;:∨:;:;:;:;:;:;:;:;' ___ - = ニ ミ |
     / ∧       _{:;/;:}rzzzzミ:勹:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: Y
.    / /;:;:`ヾ;.、   //;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:{;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:ヘ
    / ∧;:;:;:;:;:;:;:;>z_ノ/:;:;:;:;:;:〉´⌒Y:;/:;: ___ - = ニ ミY./マヘ
\ 〃;:;:;:;:;.、;:;:;:\__,/:人;:;:;/   /:;:;:/       // 〉.マヘ
  //:;:;:;:;:;:;:;:ヘ:;:;:;:;:;:;:;{;::{ ;:;:;:`/   / /       /ノィ;:;:}:;:;:;Y
. //:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ゝ-=ニ{:::{:;:;:;:/    /        ,:: ´  `ヾ:;:;:彡:;:{
_ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;//;:;:;:;:;:;:/  /       _´´      `¨¨マヘ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/イ;:;:;:;:;:Y  /     /;/            マヘ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_;:;:.-:;:''';:;:;:;:;:;;:;!       /:/            マ:::ヘ
;:;_,..-':;":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{  _  イ                  マ:::ヘ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/                   マ:::ヘ
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/                    マ:::ヘ
.、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ´                     ゞソ
 \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
   \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「ふふ、お疲れさん。帰ったらお姉さんが一杯奢ったろか?
ああ、未成年やったなあ、そら残念。まあでも、ご飯くらいは平気やろ?」

八咫烏から陽気な通信が入ってくる。
あんなに過酷な戦闘の後にもかかわらず、はやては飄々としていた。

やる夫ははやてに深く感謝していた。
自分が今生きているのは、ひとえにはやてがカタストロフィの猛攻を
一手に受けてくれたからだ。自分一人では、接敵して数分とかからず
撃墜されていたかもしれない。

帰ったらありがたくご一緒させてもらおう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

761 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 23:35:07 ID:mSsIDOIk0 [21/24]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

762 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 23:37:26 ID:mSsIDOIk0 [22/24]
Tips
                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 弋、__
                イ:::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽニニノ
              j::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::>': : : : : : : : : : : : : ヽ
               /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::´: : : イ: : : : : : : {:::::::: : : ',
          ト、_____ノ::::::::::::::::j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .|: : : : : : : ハ:::::::ヽ::::::|
        ヽ、::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::-─ 、ノイ: : : : : 丿j:::::::::ノ}:::リ
          Z::::::::::::::::::::::リ::::::::::::::::::::::::::イ 弋ラミ从::::j::::ノイ小:::/.ノノ
           イ::::::::::::::::::::::ノ:::イ::::::::::::::::::::::弋___    ソ' | ¨}:::::::/
           >::::::::::::::::::´:::::ハ::::::::::::::::::弋ー´        ∨从小、__
         {:::::::::::::::::::::,イ/ ',::::::::::::::ツ¨¨´     、._ 〉′ ¨´
         ヽ:::::::::::::::::::ト   }:::::::::メ    弋===イ/::::{
        r‐‐ミ、(::::::::::人.  八::::{| \      ̄´/::::小、__
        /:::::::::::jア ̄ ヽ、`¨'' 从{    > 、    j:::::::jj
      小、ノ:::::::::::ア弋    >- 、_  ¨¨¨く__. `¨¨ |::::ノ
     Y:::::::::::::イ   \       `>、_ ヽ\ ヽ レ′
     /イ::::::::::::リ     `¨ー-- 、       `>、j ハ

【Name】
アリー・アル・サーシェス
【Status】
AMS適性:C
ネクストに問題なく搭乗できる。

戦闘技術:A
ネクスト操縦技術。
何でもありのラフファイトが特徴的。

【Note】
独立傭兵を営む中年のリンクス。
戦争屋を自称しており、全ては金と殺戮のためにあるという狂人。
ブライドルランク15だが、政治的な配慮もあって中ランク帯におり、
実際の戦闘能力はそれ以上。





    l     ヽ. \   \\            ¨ - _
   l      l  \   \\                  ヤヽ,、
.    `ーrヘヘ┘ー- _ ` 、 丶ヽ              ヤ ',、
      Vヘヘ    \_  ` .、 ヽ            ヤ  ',、
      Vヘヘ   /  - _  `ー'              ヤ  ',、
.、       Vヘヘ  〈\    - _                 ヤ   ',、
 \.     Vヘヘ   \\ r 、    - _            ヤ    ',、
   l\.    Vヘヘ   .\〉\\      - _       ヘ_ ‐ ´\,
   | Lヽ    Vヘヘ   \   \\      - _     \   |
   \}-ヘ.    ∨ヘヘ    \  `‐′  _,.、r―――‐-  _   \  |
    \ ヽ    ∨ヘヘ     |、  _,.、r<             ¨ - \!
       ゝハ    ̄辷ュ  「 ̄「                       `′
         ヾヽ     Ⅵi_/ 丶l
          | 丶    Ⅵヘ┌ ノ
        ト  、   Ⅴ YⅥ
           | \ \  l|< ∧
.            \ ヽ l!⌒ヽ∧
          |    \ \  「`
.           |     |\ \/
            |      |  \

【Name】
カタストロフィ
【Type】
中量二脚
【Architect】
IGIO開発部
【Status】
火力:B 機動力:B 耐久力:C 持続力:B 負荷:C
【Note】
かつてIGIOのリンクスが搭乗していたものを、ノーマル乗りだった
サーシェスが殺害、強奪したもの。
鮮血を思わせるワインレッドの塗装が施され、度重なる改造により原形をとどめていない。
武装は物理ブレード、レーザーライフル、シールド、PMミサイル。

763 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 23:37:55 ID:mSsIDOIk0 [23/24]

           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"
         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"
        /`ヽヽ /// ,, -‐''"

【Name】
新城直衛
【Status】
AMS適性:C
ネクストに問題なく搭乗できる。

戦闘技術:B
ネクスト操縦技術。
特に射撃技術に優れる。

【Note】
狡猾さが服を着て歩いているような男。
SI所属。ブライドルランク16。
本人の戦闘能力もさることながら、優れた指揮能力が評価されている。
作戦時もノーマル部隊の後方で指示を出していることが多い。



                      | |
                      | |
                      | |
.                      .__  | |
           __.ィ´ .ィヽ  ヽ...|_|
         // _ヽ.ィ´   ヽ  }__,!、
    > ´ `〈二{:::::i:::::`i≧''=ー 、>-ヽ !
  ィ'      i「 ;∨:|:::::::i::::::::::::::::/ /  Y
 iヽ ヽ     マ ;∨i::::::j:::::::::::::::ソ i{   }
 |  ヽ > ´,,  マ ;∨j-'''"´.ィ´!´人  .ノ
 i    Y´    ` ̄ゝ<´,ィi彡->-<ノ-=、> ´
  i    i  /≧ュ/´ ∨ /':::::::>------</-----
  i     /ィ>/  >  ̄:;;_/x..,,_-一= i'
   ヽ,/   />´.   // `三≧/´i
  /     > 、.,,_//> ´   /::::::|
 /    > 、..,,_          /::::::::::|
 i         `        '
【Name】
国崩
【Type】
中量二脚
【Architect】
千早
【Status】
火力:B 機動力:D 耐久力:B 持続力:A 負荷:A
【Note】
機動戦を一切想定していない狙撃戦特化のネクスト。
典型的な指揮官機。

764 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/15(金) 23:39:50 ID:mSsIDOIk0 [24/24]

                  . . .-─‐-. ミ
                     |: : : : : : : : : : `: ..
                     |: : : : : : : : : : : : /
                    }Ο : : : ◯: : : :,′
                   : : : : : : : : : : : :i       今日はここまでだ。
                      { -===- 、: : :. :.|
                    〉: : : : : : : : : :ノ       ブリーフィングで出なかったネクストが襲ってくる。
                  i: :`ニニニ´: : : : ‘,
                 __/ : : : : : : : : : : : : i       4やFA経験者にはおなじみだね。ユニオンまじユニオン。
      ___        /.: : : : : : : : : : :‘,.:.三|
     / :::: ヽ: : : :‐--∧_: : : : : : : : : : :./:|: : : |       次回は……まあ、決まったら連絡するよ。
     .′ :::::::‘: : : : : : }/∧ア´二二ヽ:/ | : : ‘,
.    ‘::::::::::::::ノ: : : : : :ハ \{/: : : :/⌒゙ヽ : : :‘       あとでアルファポリスに小説投げとくからよかったら読んでね。
.       ゝ-=彡-──<¨¨゚‘; .: : :./:::::::::::::::} : :. :.|
                 \: :′:::::::::::/______」       それじゃ、シーユーアゲイン。
                     弋:::::: /
                       `¨´

765 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/02/16(土) 00:29:20 ID:4Qe1J15c0
乙でした

766 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/02/16(土) 00:32:01 ID:Nxw7kxkI0


767 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/02/16(土) 00:33:48 ID:tGwNB.WU0
おつー
やる夫強いな

768 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2019/02/16(土) 02:00:15 ID:q7aJhGB.0
あ、異能バトルものの小説ね、アルファポリスに上げといた。

https://www.alphapolis.co.jp/novel/958534989/24244551

これだね。稚拙な文章で尚且つ設定もお粗末だが、まあ暇つぶしにでも読んでくれ。

769 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/02/16(土) 08:18:07 ID:jIEP4JFg0
おつー

770 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2019/02/16(土) 09:05:37 ID:yNMqGfo20
おつおつ
サーシェスくん結構根に持つからやる夫が心配



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する