クリックで開閉

いきものがかかりたちにき 第二期 第十話 生物学と倫理学 + あとがき

253 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 18:52:39 ID:mR2QZa7gMM [1/17]

第十話 生物学と倫理学

 学会にて

                             ________
                           _-==ニニニニニニニニニ=- _
                        ,z≦ニ二二二二ニニニニニニニニ≧z、
                      ,s≦ニニニ>=-‐ ´  ̄ ̄ ̄ `  ‐-=<ニ\
                     ,イニニ=-‐                      ヽニ\
                   /ニニ /                 , -=-、       Vニハ
                  /ニニニV         -‐::::: ̄/::::::::::く ̄:::::‐-<   Vニj}
                  ハニニV    _-‐=  ̄::::::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::: ::\ Vニ
                     /ニニニ { /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::ヽ|ニ|
                  ∧ニニニ:/::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :::::|::::::::::::::::::::::::: :|::::::::: : ::|::::::::::}ニ
                    ∧ニニニ/:/::::::::::::::::::::/:::::: :::/::::::/: :::::::::::::::::::::::ノ^"v:: : ::!:::::::::::ニ!
              /ニニ/イ::::::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::/::::::: :::::::::::::::/    |::::::::|:::::::::::ニ|
            _/ニニニニ| ::::::::/: : :/::::/:::::::ハ::::::::::::::: :::/  ⌒ |::::::/:::::::::::ニV
           _/ニニニニニニニ|:::: /:::::|:::/|/  レ'  ヽ:: :: :::::/      !/:::::::::::::ニ/
          /ニニニニニニニニ」イ :: :::: |/   , -=≠ミ  \::::!   =≠ミ  |::::::::::|:::ニ:|
      /ニニ ニニニニニ ニ ノ::: :::::::::::::::.   / fh う   ヽ|   fh う V : :::::::::: ニ!
      /二ニ 二二 二 ニニニ/:::::::|::::::|::::::::::.  《  L )_ツ         L)_ ツ } }:::: :/:::ニ|    あなたは生物学に神はあるべきだと思いますか?
    /二二二二二二二二 V ::::::::::::|::::::|::::::::: |  `ー      ,      一' ノ::::::::::::ニ
   ∧ニニニニニニニニ /: ::::::: :: ::|::::八:::::: :L                 /:::::/::/ニ|
 /ニニニニニニニニ, '::: ::::/::: ::::::::|::::::::::ヽ:_::_::>         ,、      く::::_イ:::::ノニ∨
イニニニニニ ニニ / :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::\_            イ::::::::::::::::|ニ∨
ニニニニニニニ / :::::: ::::/:::::: :/::::::::! :: :::::::|:::::::::|_>        r<:::!:::::::::::::::::|ニV
.ニニニニニニ /:::::::::::::/:::::::::/:::::::: :|:::::::::::::、 ::::八 ‐- >ー一 <_」=::: :::::: ::: ::::::::ニ/
.\ニニニニ/::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::: :」::::::::::::::.={       `ーr‐      }‐}:::: :::::: :: :|/
  \ニ/:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/ニ|:::::::: ::: :|ニ =‐、   _ 」    イニ:::::::::: :::::::|
   / }イ:::::::::/:::::::::::::::::::::::イニニニ::::::::::::::.ニノ      ̄ †  ̄   V |::::::::::::::/ヽ
       /::: /::::::::::::::::/:::::::ハニニニ八 :::: :: :|         |       :::::::::::/ニニ\
     /::/:::::::::::::::::::/::::::::ハニ ニニニニヽ::::: :!          :         |::::::/ニニニ∧
    ノイ |:::::::::::::::::::/:::::::::{にニニニニ V \:|        }         }イVニニニニニ∧

               -―─- 、
           /         \
         ′  ─    ─   ,
          i  ( ●)  (● )  i   ふむ、あるべきか否かでいうとあるべきであり
          |     (__人__)    |
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ    いるかいないかの話であればいないと答えますお
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j



スポンサードリンク


254 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 18:52:56 ID:mR2QZa7gMM [2/17]


                      _  -―――ー - .._
                 /////////////////≧、
              ///>  ̄./ ̄ ̄ ̄ <////ヽ
               //     {__        \'///\
                 /    __.ィ::::::::.、_     }////∧
             {{_ ...ィ:::::/::::::::::::::}^^ミ::`:::.、 ///////}
            /:::::::::/:::::ィ:::::::::::::/  V:::::::∨ハ/////,{    ふむ、なぜあるべきであるとあなたは言うのですか?
          ∠:::イ::::ィ=ミ、{::::::::::ハ!´ ̄ ヽ:::::::::V::i/////|
                ;::::: ,_):ハヘ:::::/  =ミx、}::::::::::}::::|/////!    __
                 {::::{乂:ツ ∨  ,._):ハ》::::::::;::::;:!/////! __,.ィ:i:ヽ:i:i:i:i\
          __...人::ゝ::.::. '     乂:ツイ:::::::/::/:|/////{ }:i\:i:ir-、{⌒ヽ!
      >.:´:::> ´ ̄ __.ア、    .:.::::∠:::::イ::/::::|//////:i:i:i:i::、{
     /:::::::/    ー―- 、  ー    /::::::/ニ≧x、/:i:i:i:i:{⌒
    ./:::::::::,        、ー' ー-  =≦,:::::::/,ニニ/ニニハ:i:i:/⌒
   /:::::::::/     ,..--、ヽノ/::::::::::::}ーt-/:::::::/ /ニ/ニニニ}≧x、,\
    ,::::::::::;    i´ ゝ--ィ≦/´ ̄ ,: i::::::::{ .'ニニニニニニニニ}//\

        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \     我々は今を生きさせてもらっている
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/    ならば、できる限り最高の状態で命を次につながなくてはいけない
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |    それは地球上に生命が生まれてから生物に課せられた天命です
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


               -―─- 、
           /         \
         ′  ─    ─   ,
          i  ( ●)  (● )  i   だからこそ、我々を律する見えない規律
          |     (__人__)    |
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ    すなわち、神はあるべきであると答えました
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j

255 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 18:53:11 ID:mR2QZa7gMM [3/17]



                                   ,..≦////////≧
                                   /'//////////////\
                                    ///////〃////////V/ハ
                                ////////>  ´ ̄i ̄`ヽ/|
                                  '//////,i|   ___..ィ:::::ヽ___}/}
                               i///////{__ ィ:::i::::{:::::::::}zzV::V
                               |////-=彡:::::孑∧ハ::::::俐 リ:::::}
                          /{  /{ }//////{:::::::::|似リ' \{ ∠::ィ
                            /:i:{ /:i:{ リ/////,:乂:::::ゝ   _ _ /:::::|   では、なぜいないと?
                ___        /:i:从/:i:i:i:V/////,八::::::::>.u /__v∠::::::::!
                ィ::::::::::.、     /:i:iイ:i:i:i:\:i://////ニニ≧、:::::i)不、 {/|:::::::|
               /:::/⌒ヽ::ヽ  ∠:i:iイ:i/!:i/i:i:i:i\///,ニ/ニニニニ}::::ノ∨ニヽ::::::::!
.              /:::/   .}::::}....  {/ }/ }/ ^⌒ヽ:i\/ニ{ニニニニ∨{. ∨ニニ}::::::;
         _.//   /:/.         /::::::::::::\iニ|ニニニニ}!  ', マニノ}/


        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   もし神がいるとすれば
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    生物学など必要ないからです
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |   神という全知全能の存在がいれば、生命はこのような学問なくとも完全な状態で存在しうるからです

256 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 18:53:24 ID:mR2QZa7gMM [4/17]


     /ニ/                               \ニニ∨
    ./ニ/ ____        _                 ヽニニ∨
   /ニ/´:::::::::::::::::::::::::::::::ニ=- /::::::::::::`ヽ.              Vニ|
   .i/:::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::}=-_            ,ニニ|
   .|ニ7::::::/::::::::--/ミ:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´´ ^ミ<.     /ニニ
   .|ニ'::::/|::::::::::::/|:::::/ `ヽ::::|::::::::::::::::::::::,'        |:::::::.、   /ニニニ|
   .|/イ:::::::|::::::/  }/  |:::::::イ:::::::::::::::::::/       }::::::::::ヽ/ニニニ!
   .|ニ|::::::::j/::ー≠=zz.._.j:/ |:::::::::::::::::/ ´  ̄ ̄ ミ,:::::::::::::::}ニニニ.!
   .|ニ|::::::::::::::::::`| {  。㍉、 |::::::::::::::/         /::::::::::::/::',ニニニ|
   .|ニ|::::::::::::::::::: |、.乂_ _ノヾ |:::::::::::/        /:::::::::/::::::}ニニニ!     ふむ、あなたの考えは納得いきましたが私はその意見に賛同しかねますね
   .|ニ|:::',:::::::::::::::::.         .|::::::/ -=≦≠zx._/:::::::ィ:::::::::::/ニニニ        __
   .|ニ|::::乂::::::::::::::\      .}/    乂 °ノ㍉7:::::::::::::::/ニニニ|       /      ̄ ̄ミ    あなたの言葉に合わせていうのならば
   /|::::::::::`''ー:: ⌒       ,          ´/::::::::::::::/|ニニニニ|     ⌒)        `ヽ
  /ニニ!:::::::::::::::::::::八               __/::::::::::::::::::/::!ニニニニ|      〃      ヽ __ \
乂/ニニ|::::::::::::::::::::i  \    、   _    \:::::::::::::::::::/:::::|ニニニニ|       〃       ヽ   ̄`   私は神はあるべきでなく
∨ニニニ:::::::::::::::::::::|   \             ィ≧=-=≦::::::::::|ヽニニニ    /    \― ―
/ニニニ|:::::::::::::::::::::|   ヽ.  、 _   -=≦ノ  |::::::::::::::::::::::/ニ ',ニニ|   /       \_
{ニニニ∧:::::::::::::::::::!      `  ̄ 「          |:::::::::::::::::::/ニニニ}≧===彡      /´ ̄ ⌒ヽ    そして神はいると思います
 、ニニニ∧::::::::::::::::|           †       |:::::::::::::::::/ニニ./           \ |
  ヽニニ.∧::::::::::::::!                  |::::::::::::::/ニニニ〉 ̄ `ヽ 、 i´ ̄ ヽ|
  〈ニニニ∧:::::::::::|           i          |::::::::::::,ニニニ'ニニニ|  \{
  ∧ニニニ.\::::::|',          |       |::::::/ニニニ∧ ̄ ̄
  /::∧ニニニニ\{ニ,       .ハ      /|/ニニニニ/::::::.
/:::::::∧ニニニニニニ',      /ニ',     /ニニニニニ/::::::::::\


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   ほう、意外だ
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |   あなたのご出身は?
  \ /___ /

257 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 18:53:37 ID:mR2QZa7gMM [5/17]

                ____
               ,ィ////////////≧.、
               .///´ ̄ ̄ ̄ ̄   `ヽハ
             ///{____./:::::ヽ_   V|
              ////::::::/::::::{::::::::::',::ハ::\//!
             .|///ィ::::i:::/从::::::::::}^^V:::::V|
            .|i///::::::ィf=ミ、i::::::/⌒ V:::::',|
            .|//,{:::::::{ Vッ  }/ィf=ミ}:::::::}!    イギリス
             ノ//,乂:::::\    , Vッ /:::::/|  _
            /////|::::::「   r  v ∠::イ/|  }:i:i:i:\
         /////:i:|:::::::|ヽ  `  ´  イ:::::/,// ./:i:i:i:i:i:i:i\
          /////:i:i/::::::.; ̄>ィ≦ニニヽ/,/ ./:i:i:i::i:i',:i:i:i:i∨    もちろん、キリスト教徒です
        ////:i:i/:::/   /:::{ニニニニ\/:i:i/∨V\:i:}
      (>ィ:i:_ /イ     {/{ニニニニニ',/      .ヾ
       .):i://  ./    __|ニ.ハニニニニニ}
       /ニi__ハ_ /ニニニィニ',ニニニニ.イ
        {ニ从ニニニニニニニニ} ___0}


          ____
        /   ― \
.     /   (● )  ヘ\
     |   (⌒   (● ) |   ならば、あるべきであり、いると答えるのでは?
      ヘ     ̄`、__)  |
        ヽ           |
      , へ、      _/
.      |          ^ヽ
.      |      1   |

258 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2019/02/02(土) 18:53:59 ID:mR2QZa7gMM [6/17]


          _ -‐======‐- 、
         , =ニニ二二二二ニニ=、
          ハニ>-‐ 二 ̄‐-くニニヽ
         /ニ/  _/::::::} _   \ニ八
        ハ/  //:::::::::r'^"v::::\_ ヽニ∧
        八}/::::::{:::::::::/  ⌒V:::::}:::\}ニ八    否、あるべきではなくいると答えます
      {ニノ ::::}:::八:::::(   x=ミ|/:::::::::.:Vニハ
        Vニ}: :: x fぅヽ}   ムうY::: ::|::::Vニハ_
        }ニレ:::八_マツ   、込ソ: :::::|::::::`=ニニヽ_    ,ィア
       ソ八 ::フ    '    7:::::: L:::::::::::: ̄ヽニヽイ:i:ソ
        {ニ}::: : :ヽ、  ワ  / {: :/ニ`‐<_ :::::Lニ∧i:く
         Vノ:::::/:::::::>r‐ く=、_ }/ ニニニニ=-、_::Vニヽi}
        {::/j{:::::::::{_L_| _ }ニ ニニニニニニ」ヽVニ\     私もまた生物学者の端くれ
         \、::::::ハ  †   `ヽニ ニニニニV }\ニニ}
           |:::::{」  |     Vニニヽニニソo/  ヽ、:}
           ヽノ   L_       Vニニ ニV::`ヽく _  ヽ
              L_/ニ\__  」ニニニj{::_::=‐'     }
                {ニニニニニニr「〃^, ヽ ´       イ     生命を、細胞を見たとき、その中に神を見ました
               ∨ニニニニニ`KL{ r=  _ -‐ニ
                 Vニニニニニニニ`‐=´ニニL_
               Vニニニニニニニニニニニ\       だからいると答えます
              /}ニニニニニニニニニニニニ }、
                 / {、二ニニ二二二ニニニニニノ L__
           r、 _ノ  「  ̄7  ̄   } }     } }    /::::::::: ̄::=―-、
        ミニ    , ´ヽ _ /_ ゚_//_゚  //_ r≦\「 ̄   ̄ヽ::ヽ
        と_=ニ, /  /ニニ/ニ ニ!ニニ !二二Vニニニニ八        }:::}
          (イ   /ニニニニニ|ニニニ|ニニニVニニニ∧     _ノ:ノ
                /ニニ/ニニニニニ |ニニニ∨ニニヽニ∧  r ':::::::L
               \ニ/ニニニ/ニニニニニ|ニニVニニニイ  (::::::::::::ノ

259 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 18:54:22 ID:mR2QZa7gMM [7/17]

     /ニ/                               \ニニ∨
.    /ニ/ ____        _                 ヽニニ∨
   /ニ/´:::::::::::::::::::::::::::::::ニ=- /::::::::::::`ヽ.              Vニ|
.   i/:::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::}=-_            ,ニニ|
.   |ニ7::::::/::::::::--/ミ:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´´ ^ミ<.     /ニニ
.   |ニ'::::/|::::::::::::/|:::::/ `ヽ::::|::::::::::::::::::::::,'        |:::::::.、   /ニニニ|
.   |/イ:::::::|::::::/  }/  |:::::::イ:::::::::::::::::::/       }::::::::::ヽ/ニニニ!
.   |ニ|::::::::j/::ー≠=zz.._.j:/ |:::::::::::::::::/ ´  ̄ ̄ ミ,:::::::::::::::}ニニニ.!
.   |ニ|::::::::::::::::::`| {  。㍉、 |::::::::::::::/         /::::::::::::/::',ニニニ|    だがしかし、これがまた欠陥を含むものであることも事実
.   |ニ|::::::::::::::::::: |、.乂_ _ノヾ |:::::::::::/        /:::::::::/::::::}ニニニ!
.   |ニ|:::',:::::::::::::::::.         .|::::::/ -=≦≠zx._/:::::::ィ:::::::::::/ニニニ        __
.   |ニ|::::乂::::::::::::::\      .}/    乂 °ノ㍉7:::::::::::::::/ニニニ|       /      ̄ ̄ミ
   /|::::::::::`''ー:: ⌒       ,          ´/::::::::::::::/|ニニニニ|     ⌒)        `ヽ
  /ニニ!:::::::::::::::::::::八               __/::::::::::::::::::/::!ニニニニ|      〃      ヽ __ \     だからこそ、信仰とは別に私は
乂/ニニ|::::::::::::::::::::i  \   、 r-、 _      \::::::::::::::::::::/:::::|ニニニニ|       〃       ヽ   ̄`
∨ニニニ:::::::::::::::::::::|   \.  l  l       ィ≧=-=≦::::::::::|ヽニニニ    /    \― ―
/ニニニ|:::::::::::::::::::::|   ヽ 、 _|  l_   .-=≦ノ  |::::::::::::::::::::::/ニ ',ニニ|   /       \_    あるべきではなく、で、いる、と答えたのです
{ニニニ∧:::::::::::::::::::!      `  |  l         |:::::::::::::::::::/ニニニ}≧===彡      /´ ̄ ⌒ヽ
 、ニニニ∧::::::::::::::::|.        / ,' †       |:::::::::::::::::/ニニ./           \ |
  ヽニニ.∧::::::::::::::!      /  /.           |::::::::::::::/ニニニ〉 ̄ `ヽ 、 i´ ̄ ヽ|
  〈ニニニ∧:::::::::::|...   / ´ ̄ ̄`l /⌒,....  |::::::::::::,ニニニ'ニニニ|  \{
  ∧ニニニ.\::::::|',.  /   ー―-、/'  /     |::::::/ニニニ∧ ̄ ̄
  /::∧ニニニニ\{ニ,  |f  ー- 、 〉 /.   /|/ニニニニ/::::::
/:::::::∧ニニニニニニ', ノ      ソ /..   /ニニニニニ/::::::::::\

260 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 18:54:40 ID:mR2QZa7gMM [8/17]


        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/    ふむ、あなたとはまた学会の外でも話したいものだ
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |    名刺をどうぞ
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


                            ------  .._
                         /////,>-- </ヽ
                         //////___, --、  ヾミ.
                  __ , -くア///////´::::ィ{:::::::::}ミヘ-、∧
       __   __ -==ff////〈 ヾソ‘Y/////::::::/ ',:::::::|⌒V:::Vハ
       )><////////////,ゝ   {///人ト:ィ=ミハ::::::}=ミ }::::}/∧
        乂:i:i:i:i:i≧。/////////,ハ  |イ:::::{:::::{Vッ  ヽ::ヒッ ハ∧//,}
         `<:i:i:i:i:i:i:iー.:⌒:i:i:i:i:i:i}  |:::::::/|:::::!     '_  ハ::::::V/,|
            `''<:i:i:i:i:>---<!   |::::/ ハ:::::',  (_v ノi:i:}::::::}/リ
              `¨¨_   /|  .Vr-<ニミ、- ≦:i:i:i:i/::::/イ    では喜んで
              /:i:i:i:i:.<:::::::i   V `ヽ ヽニV_{⌒ ^j/!/
            /:i:i:/:i:i:i:i:i:i:`ー{    }   Y _}ニ} V
               レイi:i:iハ:i:i,イ:¨⌒从     イニニ}   ヽ
            ∠}/:::}/:::::::/::::::≧==≦ニニニ/__ト..__V    こちらこそよろしくお願いします
               ⌒ア:::::::::::::::::::::::/|ニニニ从ニニニニ}
       .ィ≦三三三≧、 >::::::::::::::::イ __}ニニニニゝニニィニ从
    //´     `\\` ̄ ̄     {_・__// 。\ニニニ.イ
   /:::/             \\_..  -=≦ニニ≧、 ・ \ニ/


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   よろしくお願いします
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/


おしまい

261 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 19:09:08 ID:mR2QZa7gMM [9/17]

いきものがかりにき あとがき

           ,ィ‐ 、
          /   {
          ,:    l         ,:⌒.、      ,:ィヽ
          {    j         l   ヘ     /   .}
          }   .l      ,ィ 、  l   } _.. / ,ィ-/   _
         l    l     l  ヽ 〉イ::´:::::::::::::ノ"´  } / }
     _ /     ':     l   }:::::::::::::::::::::::::::l   ノ::(  ノ    ほんとは一月中に終わらせたかったけど
   ィ"´   `ヽ、    !    V ノ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ-イ::::::::::`〈
  . }        `ヽ、 j     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ヽ
  /    ` ヽ、...  ノ{ 、   {:::(_):::―ノ―:::::::::(_):::::::::::::::::::::::::::l :、    最後の話に詰まって今日になってしまったことを深くお詫びします
  ヽ         ̄ハ  `ヽ -'‐--イ ノ::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ノ
   /ヽ___.... ≠ハ        .., イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノイ
   /       _..ノ /__....-‐へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ    というわけでいきものがかりたちにきのあとがき
   `ト_...≠'"  ノイ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ_...z≦フ"

262 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 19:09:24 ID:mR2QZa7gMM [10/17]

第一話 嫌なこと良いこと

https://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-28410.html

148: どこかの名無しさん :2019/01/02(水) 10:11:51 ID:5m49wNbISa

生物学やってて嫌だったこととかありますか?


        「\
        |  |
        |  |
        |  |
     ./⌒|  ⌒ー~¬
      /|            |     {⌒>------/^i<⌒} /⌒i
.     /            / }   /ヽ/´::::::::::::::::::::/  |:::::::`/   |
    〈            |_.ノ   |/::::::::::::::::::::::::::/   }::::::〈     /、
.    \         ノ   /:::::::::::::::::::::::::::::〈___/:::::::::::\__/::::`く⌒}      上の話はついてくれたコメントに対する返答で始めたな
       \__  く   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
          \  \ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                \  \::::::::fj::::::::::::::::::::::::::fj::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    実際問題、生物学というのは扱うのが命だから
                \_ 二ニ==-Ж:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   どうしてもいやな思いをすることはあるぜ!
                     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                   ̄ ̄

263 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 19:10:49 ID:mR2QZa7gMM [11/17]


第二話 遺伝子組み換えとは何ぞや

第三話 遺伝子組み換え【ある生物学生の目線】

第四話 遺伝子組み換え【ある農学生の目線】

第五話 遺伝子組み換え【ある医学生の目線】

第九話 遺伝子組み換え【生命倫理の話】

154: どこかの名無しさん :2019/01/03(木) 15:21:38 ID:rM1l8FmQSr
乙でした
質問じゃないけど遺伝子組換えの話もっと聞きてえー!


           ,ィ‐ 、
          /   {
          ,:    l         ,:⌒.、      ,:ィヽ
          {    j         l   ヘ     /   .}
          }   .l      ,ィ 、  l   } _.. / ,ィ-/   _
         l    l     l  ヽ 〉イ::´:::::::::::::ノ"´  } / }
     _ /     ':     l   }:::::::::::::::::::::::::::l   ノ::(  ノ
   ィ"´   `ヽ、    !    V ノ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ-イ::::::::::`〈    はい、にきの裏テーマでもある遺伝子組み換え
  . }        `ヽ、 j     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ヽ
  /    ` ヽ、...  ノ{ 、   {:::(_):::―ノ―:::::::::(_):::::::::::::::::::::::::::l :、
  ヽ         ̄ハ  `ヽ -'‐--イ ノ::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ノ   とりあえず遺伝子組み換えってのは希望もたくさんあるけど
   /ヽ___.... ≠ハ        .., イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノイ
   /       _..ノ /__....-‐へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ     それに対する危機感もあるんだってことを知ってくれたらうれしーなと思って書いた話だ
   `ト_...≠'"  ノイ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ_...z≦フ"

264 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 19:11:02 ID:mR2QZa7gMM [12/17]



        「\
        |  |
        |  |
        |  |
     ./⌒|  ⌒ー~¬
      /|            |     {⌒>------/^i<⌒} /⌒i
.     /            / }   /ヽ/´::::::::::::::::::::/  |:::::::`/   |
    〈            |_.ノ   |/::::::::::::::::::::::::::/   }::::::〈     /、
.    \         ノ   /:::::::::::::::::::::::::::::〈___/:::::::::::\__/::::`く⌒}
       \__  く   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨     まぁ、結構生物学やってると侵攻深くなったり
          \  \ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                \  \::::::::fj::::::::::::::::::::::::::fj::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                \_ 二ニ==-Ж:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      神の存在に核心を持ったりとか、扱うものがものだからか
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     生物学と神の話ってのはいろいろあったりする
                   ̄ ̄

           ,ィ‐ 、
          /   {
          ,:    l         ,:⌒.、      ,:ィヽ
          {    j         l   ヘ     /   .}
          }   .l      ,ィ 、  l   } _.. / ,ィ-/   _
         l    l     l  ヽ 〉イ::´:::::::::::::ノ"´  } / }    ただ、いえることは生物学をやってる人も悩みながら学問を進めている人もいるって話だな
     _ /     ':     l   }:::::::::::::::::::::::::::l   ノ::(  ノ
   ィ"´   `ヽ、    !    V ノ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ-イ::::::::::`〈
  . }        `ヽ、 j     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ヽ
  /    ` ヽ、...  ノ{ 、   {:::(_):::―ノ―:::::::::(_):::::::::::::::::::::::::::l :、     何せ米国では進化論の比定とかでいろいろゲフンゲフン
  ヽ         ̄ハ  `ヽ -'‐--イ ノ::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ノ
   /ヽ___.... ≠ハ        .., イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノイ
   /       _..ノ /__....-‐へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ
   `ト_...≠'"  ノイ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ_...z≦フ"

265 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 19:11:19 ID:mR2QZa7gMM [13/17]

第六話 かつらぎやこ
https://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-28667.html

36508 :日常の名無しさん:2019/01/03(木) 23:31:37 ID:-[ 編集 ]
ここのやらないおは桂木弥子なのか?

        「\
        |  |
        |  |
        |  |
     ./⌒|  ⌒ー~¬
      /|            |     {⌒>------/^i<⌒} /⌒i
.     /            / }   /ヽ/´::::::::::::::::::::/  |:::::::`/   |
    〈            |_.ノ   |/::::::::::::::::::::::::::/   }::::::〈     /、
.    \         ノ   /:::::::::::::::::::::::::::::〈___/:::::::::::\__/::::`く⌒}
       \__  く   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨    あんなゲテモノ食いとはいっしょにするな(by農学部友人)
          \  \ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                \  \::::::::fj::::::::::::::::::::::::::fj::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                \_ 二ニ==-Ж:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    だそうな
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    一応、遍人が食えるかどうかを考えてから食うみたいです
                   ̄ ̄

266 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 19:11:34 ID:mR2QZa7gMM [14/17]


第七話 煙草の便利さ

https://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-28766.html

https://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-28286.htmlのコメント欄にこたえるための話がここですね


           ,ィ‐ 、
          /   {
          ,:    l         ,:⌒.、      ,:ィヽ
          {    j         l   ヘ     /   .}
          }   .l      ,ィ 、  l   } _.. / ,ィ-/   _
         l    l     l  ヽ 〉イ::´:::::::::::::ノ"´  } / }
     _ /     ':     l   }:::::::::::::::::::::::::::l   ノ::(  ノ
   ィ"´   `ヽ、    !    V ノ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ-イ::::::::::`〈   https://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-28286.htmlのコメント欄にこたえるための話がここですね
  . }        `ヽ、 j     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ヽ
  /    ` ヽ、...  ノ{ 、   {:::(_):::―ノ―:::::::::(_):::::::::::::::::::::::::::l :、
  ヽ         ̄ハ  `ヽ -'‐--イ ノ::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ノ     タバコ便利!
   /ヽ___.... ≠ハ        .., イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノイ
   /       _..ノ /__....-‐へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ
   `ト_...≠'"  ノイ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ_...z≦フ"

267 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 19:11:48 ID:mR2QZa7gMM [15/17]

第八話 医学のレベル

https://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-28981.html

36569 :日常の名無しさん:2019/01/05(土) 07:58:29 ID:-[ 編集 ]
医療に関しては一部のレベルが極めて高いより、全体のレベルがそこそこの方が良いんだろうな
向こうの医療でぼったくってる連中は開発費があるから薬品が高くなるのはしょうがないと主張するけど、元は安価な薬の権利を買い取って値段を爆上げして暴利を貪るケースも多いから全く信用できない

           ,ィ‐ 、
          /   {
          ,:    l         ,:⌒.、      ,:ィヽ
          {    j         l   ヘ     /   .}
          }   .l      ,ィ 、  l   } _.. / ,ィ-/   _
         l    l     l  ヽ 〉イ::´:::::::::::::ノ"´  } / }
     _ /     ':     l   }:::::::::::::::::::::::::::l   ノ::(  ノ    日本の医学はバランスがいいみたいですね
   ィ"´   `ヽ、    !    V ノ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ-イ::::::::::`〈
  . }        `ヽ、 j     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ヽ
  /    ` ヽ、...  ノ{ 、   {:::(_):::―ノ―:::::::::(_):::::::::::::::::::::::::::l :、     ほかの国が軽視しがちな社会医学も
  ヽ         ̄ハ  `ヽ -'‐--イ ノ::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ノ
   /ヽ___.... ≠ハ        .., イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノイ    日本は住血吸虫撲滅の経験からか結構大事にしてるみたいです
   /       _..ノ /__....-‐へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ
   `ト_...≠'"  ノイ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            あと化学屋さん曰く「創薬は金がかかるんや……そんなこといわんといて……(´・ω・`)」とのこと
    ヽ_...z≦フ"

268 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 19:12:24 ID:mR2QZa7gMM [16/17]

第十話 生物学と倫理学

           ,ィ‐ 、
          /   {
          ,:    l         ,:⌒.、      ,:ィヽ
          {    j         l   ヘ     /   .}
          }   .l      ,ィ 、  l   } _.. / ,ィ-/   _
         l    l     l  ヽ 〉イ::´:::::::::::::ノ"´  } / }
     _ /     ':     l   }:::::::::::::::::::::::::::l   ノ::(  ノ    まぁ、こんな話もありますよ、という紹介です
   ィ"´   `ヽ、    !    V ノ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ-イ::::::::::`〈
  . }        `ヽ、 j     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ヽ
  /    ` ヽ、...  ノ{ 、   {:::(_):::―ノ―:::::::::(_):::::::::::::::::::::::::::l :、     生物学は他の理系の学問と比べても圧倒的に倫理学との結びつきがあります
  ヽ         ̄ハ  `ヽ -'‐--イ ノ::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ノ
   /ヽ___.... ≠ハ        .., イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノイ
   /       _..ノ /__....-‐へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ     私自身生命倫理を必修授業として学びましたし、研究室で教授からいろいろ聞いたりもしました
   `ト_...≠'"  ノイ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ_...z≦フ"


           ,ィ‐ 、
          /   {
          ,:    l         ,:⌒.、      ,:ィヽ
          {    j         l   ヘ     /   .}
          }   .l      ,ィ 、  l   } _.. / ,ィ-/   _
         l    l     l  ヽ 〉イ::´:::::::::::::ノ"´  } / }
     _ /     ':     l   }:::::::::::::::::::::::::::l   ノ::(  ノ
   ィ"´   `ヽ、    !    V ノ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ-イ::::::::::`〈    生物を扱うというのは常に背徳と隣り合わせ
  . }        `ヽ、 j     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ヽ
  /    ` ヽ、...  ノ{ 、   {:::(_):::―ノ―:::::::::(_):::::::::::::::::::::::::::l :、
  ヽ         ̄ハ  `ヽ -'‐--イ ノ::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ノ    それが必修の先生が念を押して言っていたことです
   /ヽ___.... ≠ハ        .., イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノイ
   /       _..ノ /__....-‐へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ     命に責任を持つ、その中で生物学というのは右往左往して最良の結果が出るように努力しているのです
   `ト_...≠'"  ノイ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ_...z≦フ"

269 名前:生拳 ◆efmA0QBVQk[] 投稿日:2019/02/02(土) 19:12:40 ID:mR2QZa7gMM [17/17]














































           ,ィ‐ 、
          /   {
          ,:    l         ,:⌒.、      ,:ィヽ
          {    j         l   ヘ     /   .}
          }   .l      ,ィ 、  l   } _.. / ,ィ-/   _
         l    l     l  ヽ 〉イ::´:::::::::::::ノ"´  } / }
     _ /     ':     l   }:::::::::::::::::::::::::::l   ノ::(  ノ    というわけで、来週あたりにこのスレで次のシーズンはっじめるよー!
   ィ"´   `ヽ、    !    V ノ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ-イ::::::::::`〈
  . }        `ヽ、 j     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ヽ
  /    ` ヽ、...  ノ{ 、   {:::(_):::―ノ―:::::::::(_):::::::::::::::::::::::::::l :、
  ヽ         ̄ハ  `ヽ -'‐--イ ノ::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ノ
   /ヽ___.... ≠ハ        .., イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノイ    みんな見てくれてありがとねー!
   /       _..ノ /__....-‐へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ
   `ト_...≠'"  ノイ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ_...z≦フ"


おしまい

270 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2019/02/02(土) 22:28:19 ID:ID0uVgkM00
乙んこ

271 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2019/02/02(土) 22:42:35 ID:wNAq5CXA00
乙でした

272 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2019/02/03(日) 12:16:01 ID:T3aybehs00
乙様




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2019/02/04 22:41 ] いきものがかりたち | TB(-) | CM(1)
個人的に、政治や統治に宗教は有効的と思う。
が、為政者や技術者ほど、宗教を妄信せず、現実主義じゃないといけないと思う。

あとユダさんは、過激な教祖+脳筋揃いの高弟達の中で、散々政府に睨まれ
軽い罪で手打ちにする司法取引のつもりが騙された・・・かも知れませんね。
[ 2019/02/17 21:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する