クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第8回

626 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 21:13:17 ID:R.VqZ.j60 [12/29]
    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||  、 - ‐‐ -,
 |:::::::::::::::|,´: : : : : : : : :
 |:::::::::::::::|゙i : : : :○ ○゙i      ハロー。
 |:::::::::::::::|}: : : : : : : _ _ _l
 |:::::::::::::::||: : : :-=´_ _,´
 |:::::::::::::::||___ : : :丿
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||



スポンサードリンク


627 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/11(火) 21:13:47 ID:fesNOcaw0 [1/2]
ハロー

628 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/11(火) 21:18:35 ID:.HkUhUvw0 [1/2]
ハロー

629 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 21:22:28 ID:R.VqZ.j60 [13/29]

       , -‐   ‐- 、
     /: : : : : : : : : : ::',
    , ': : : : : : : : : : : : : : :',
  /: : : : : : : : : : : : : : :○:',
  ヽ : : : : : : ○: : : : : : : : :',        アリスの部屋にお泊りしたところから再開だね。
 .  `ト : : : : : : : : : : : _,-‐'`iヽ _
    i: 丶: : : : : :,-‐'´__,-‐'´: : : `ヽ    見せてあげよう、エロゲの雷を!
    | : : :ト: : : : `-‐´ : : : : : : 、: : : 丶
    | : : :'、j`-‐ : : : : : : : : : : : \: : : ヽ
    丶,,:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : | : : : i
          `ヽ: : : : : : : : : : : : `ー‐'
             ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ

630 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 21:37:09 ID:R.VqZ.j60 [14/29]

                  ____
                 /      \
               /─   ─  \
              / (●) (●)   \
           __  |   (__人__)      |     __
           | |= \  ` ⌒´    _/====| |
           | |   / l        ヽ       | |
           | |  / /l      丶 .l      .| |
           | |  / / l       } l ̄ヽ___.| |
         / ̄ーユ¨‐‐- 、_     l !__ノ  /| |
        /     ` ヽ__  `-   {し|    ./.  | |
___ /    ヽ        `ヽー、}  /.  /| |_____
    ノ               ヽ__  `ヽ./.  /  |_|
  /                    ノ|  ./
/                       / |/
|      .|         |       .| | |
|.      |     .|   .|       |_ |/
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
朝起きると、傍にいたはずのアリスはいなくなっていた。

「あら、やっと起きたの」

アリスは椅子に座りながらカップを傾けていた。

「朝ご飯は食堂で食べるのかお?」

「ええ。お腹空いたの?」

「割と」

「じゃあ行きましょうか。シグナムもそこにいるでしょうし」

アリスは既に寝間着から普段着へと着替えていた。
やる夫が寝ている間に済ませたらしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

631 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 21:45:06 ID:R.VqZ.j60 [15/29]

 | : : :/ /: : : : : //: {: : :/: : :/: : /: : :/ : : /: : :/: /: : : /!: : : : :!: : /:/: : : : |: : :ヽ: : :
 |: : / /: : : : : //: :|!: :/ : : /: : :i: : :/ : : /: : / //: : :/ i: : : : : }: /: / : : : : |: : : : i: :
 |: : ', {: : : : : ://: :| !: i: : /|: : : | ̄/` -/‐-/_/: : / ./: : : : /: /! ,'|: : : :|: |: : : : |: :
 | : : ∨',: : : : i i: : | | |: :/| ! : : |: :z=≠≦__ /`/、 /: : : : / / |/ !: : : ! /|: : : :|: :
 |: : : : ∨.', : :| |: : | |: / ! i: : | /ヽト′::::仍`ヽ  /: : : : /┼ /―┼-/:,'l |: : : :|: :
 | : : : :.:| ヽヽ.| |: :.| | i ヽ | | : | {  辷zzシ    /: : : : / ,≠乏テア: :/:/ } |: : : |: :
 |: : : : :.| : : ヽヽ : : | |/\ !: :!: |リ           / : : // 仍:ソ/} // / | |: : : !|: :
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| ||: : |、:| ヾ、         /: :/    ヾ- // }: / / !: :/ }: :
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| .| : :.| | !: :!        //         ./: : /:/ .〃}: / i /
 |: : : : :.|: : : : : : : : .|  | : :| .| ', ',         /      !    ./ !: /   / /:/  /
 |: : : : :.|: : : : : : : : :L___|: :| | ': ヘ、      ', ̄ フ  ´   イ i /    //
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : : :,┴!|  ヾ、ヘ、            イ   〃    /
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : /:.:{ \     >         <    /
 |: : : : :.|: : : : : : : : :, イ:.:.:.ヽ   ヽ、     > <
 |: : : : :.|: : : : ,、r ´  .!:.:.:.:.:.:ヽ    `ヽ、  {/ !` ヽ 、
 |: : : : :,、r ´      |:.:.:.:.:.:.:.:\      /ヽ ヽ ヽ ` ヽ、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
食堂の作りも、やる夫の住んでいるコロニーの基地と大して変わりはなかった。

パンとコーンスープ、サニーサイドアップの卵焼きにソーセージと質素ではあるが
しっかりとした朝食のトレーを受け取り、座る席をアリスと一緒に探して歩いて
いるとシグナムに会った。

「おはよう。二人ともよく眠れたようだな。
昨日は二人で何をして遊んでいたんだ?」

「特に何も?」

二人してそう返すと、シグナムは呆れたように溜息を吐いた。

「あのな、二人とも……まだ若いんだから、色々あるんじゃないのか?
トランプだとか、モノポリーだとか、PDAにもゲームが入ってたりしないのか?」

「しないわねぇ」

「しないお」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

632 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 21:51:06 ID:R.VqZ.j60 [16/29]

            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.:.:.|
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r|\:.|
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ r ´ |ヽヽ!
            /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\゙ _,Y||:.:.ヽト
         |:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト´:.:.:.:ト:.:.:.:|》
         |:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l  ヘ/ |:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.∧ ',//
         |:.:./|:.:.:.:.:.:.ハ ム| |∧:.:.ト、 | \lヽヽ:.:.:.:.:.|ヽ|:.:.:.:./ \/
         |./ .|:.:.:.:.:.イ ヘ.`丁卞ヘ .l x孑卞丁ヽ   ! ヽ:.:./ l:.:.:.:.:.:.!
          リ  |:.:.:.:.:.:!:.:.ヘ === ヘ l  === `、 | |/:.:.l:.:.:.:.:.:.|
             ∨:.:.:.|:.:.:.:.`ゝ   ヽ       ∨l /l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|         よし、次の休暇はブライドルの地下で遊んできなさい。
.              ∨: |∨:.:.:.ヘ  '          八/ l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.!
              \! \ 小   r‐、    / | ク、.!:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:|          シグナムさんとの約束だ。いいな?
                      ヾヽ 丶、`´   イ  ノノ  \:.:.:.l:.:.:.:.:.:.!
                  ヾj.  >≦゛__-‐´〃   ./\l:.:.:.:.:.:.|
                 __メ- ―'´ | 「:∨    /\  \ :.:.:!
                { ト-── | イ:::::∨  /    `丶  `ヽ'_
                ,' .!     l/:::;/|__/        \   \
                  | |      /::::/             フ孑: ̄}
                  | ト     /::::/            /゛     |
                  |/′  ., ':::::/              |       |
                 , '     /::::::::j                  |       |
                   {     {::::::::::|                 |       |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ブライドルの地下なら一度だけ行ったことがある。
ダージリンの言を借りれば、一通りのテーブルゲームなどが楽しめるカジノや
ダーツやビリヤードなどができる遊技場もあるらしい。

「ダージリン? あのSIの女リンクスと知り合いなの、あなた」

「まあ、二回ほどお茶したくらいだお」

「ふぅん」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

633 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/11(火) 21:51:26 ID:fesNOcaw0 [2/2]
引退後の生活が心配だな(無事引退できるか知らんけど)

634 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 21:58:27 ID:R.VqZ.j60 [17/29]

.         /  )).::::::::孑厂          弌之r:::::rく ∧
        /  _厶.:::::r匕}}   . : i      i     :i 辷ハ{ ∧
         ((_厂f乂厂   i : i i  i    :|  i !: :|: ハ((_人}.  '  
       '   }fハ{  | :| :|:.| | :i | ;:| ;: :| {_リイ ハ  
       /⌒ヽ}} }i}: i ! :! :! |:: ::| :|  , / ; { ! :| {i⌒ヾ〈 }i
      {i{   人..}i}z乂 ! :! | i:..| ハ 、__.厶斗ヒ升=ミ示}ハ:{
      ゞ=く{i{イ }i} 芹ミー-'ハ:|: !{ }//イ| }リ|/ }=彡'}i}∨{
       }i}_/イ气 }i} x≧=ミ  八从 厶斗云=ミ :,{i{ .ハ ∨
       }i}__/}i} 廴:i} fイ ィ=ミ.        ´ifぅr:::ハ. 》:. ゞ=イi:∨i\
       7// }i}ハ ∧杙 {::t::jハ      乂:::::::リ.イ/ / i |!{i{ \ハ)
       イ:{ : }i} .∧ ∧  ゞ '"´           ̄`./ / , :! }i} | ヾ         「で、昨日はどっちが床で寝たんだ?」
        }i{ :刈  \:乂 /WハV/ ;i  W/ハ///イ    :| 抃: :  }i
        | /イ i   ハ            J  刈 .′.:| :!: :|  リ        か、関係ないでしょ!?
        |'( :| :!    i: :.      f⌒ヽ     イ  / , ::| : | : !
        |  |::ハ     :|: :.\    、___ノ    イ. ' / / イi:| : | : !           幾らシグナムといえどそれ以上踏み込むなら
       ,:  八∧    !: i : :i > .     <|:::|/ ./ /イi: !:  ! l
.      / .ィ´ニニミ:.   : :| : :!rー==云==ーv ,: /. ::|:|::l: __:! :            容赦しないわよ!
     / /ニニニニニ_\  V!: ::|,{i{ニニ./ハマニニ}:イ /.イ::: ::|:レ'ニニニ\
.      / /ニニニニニニニニ\.∨::;ニゞ=イ{  }i}三/ ,ハ::jr==ニニニニニニ\
    / /ニニニニニニニニニ.ハ∨∨.ニ.{i{  }i}ニ } 从{ 弋ニニニニニニニニ-∧
.    / /ニニニニニニニニニニニ.ハ∨汽ニ}i} .{i{ニ刈(ヌ   (_}.ニニニニニニニニ.∧
  乂 仁二ニニニニニニニニニニニ}乂 癶}リ  圦{匕    弋ニニニニニニニニ-∧
./イ {ニニニニニニニニハニ{ヌ._            厂}ニハニニニニニハ
´  j  }ニニニニニニニニ:}ニ辷ハfr彳⌒ー匕⌒辷彳((}ニニ.∨-ニニニニ-}
  八 {ニニニニニニニニ:{ニニ}-!  f三二f三ハニ二ハ 癶ニニ_:V_ニニニニ:}
. {   ∨ニニニニニニニリニニ乂  气ニ八三リニニリ 辷}ニニニ}ニニニニ/
. 乂  ∨ニニニニニニニ≧ニニハ  ゞ゙     ̄   }りニニニ{ニニニ-/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
朝食を済ませた後は、三人でブライドル本部に行くことになった。
シグナムは次の任務のブリーフィングが、アリスは任務はないが
シミュレーターを利用したいとのことだった。

ドックから輸送機に乗り、三十分ほどかけてブライドル本部に向かった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

635 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 22:00:35 ID:R.VqZ.j60 [18/29]

             /                 / ̄`X   \
            〃     /うx   _   ./ /: : \    \
              {{     r‐'⌒ヽ.\.: .: .: `'く/ : : : : : : \   >
            ヾ.__r‐{⌒ 、.: : : :.ヽ.ヽ: :ヽ : : \: :_ : : :-=\
          ,.. :'’: :{: :|: : : :\.: : : : : .:'.: : :\\\_: : : : : : : :.\
.          /: ://∧∧: :\: :\ : : : : ∨ ̄》=《^Yミx.: .: : : : : : :\
 ̄¨“冖¬=-x/ :/: :/ 〃: :\\: :><: : : : : :v=《ー''='ヘ《人.: : : : : : : : .:\
.        /ノ/: :/ / : : {\.: :/ム=ァ':.∧.: .: :〈ク}}: :,: :}j: :ト、\ : : : : : : : : : :
      ,. '´ {: : {. { 乂: ∨`くイ弋ゾ} ハ.∧ |: : Ⅵ / /!j/:| \`ー=ニ二二 ミ\         では、私はこれで。
    /    ‘,: :'.’,: : ト、\ `  j/ ∨|:|∧ ∨ /川 /    \.: .: : : : : .: .:\\
   /      \{\\トr'}ヽヽ        jノ )∧ Ⅵゾ /     \: : : : : : : : : \\      アリスを頼むぞ、やる夫。
  {:          \ \ く  ,. y  く ̄ ̄ ¨¨∨¬='-.、.      \: : : : : : : : : \\
  ゝ.    ト、     ヽ. ヽヘ.` __     \    ハ      \       \.: .: : : : : : : \{    「それ、どういう意味よ」
    `=-==}公ッ        ,丶   //ハ.  厶ア¨ ̄]≧xハ       \
      /∧ハ   /ア     } }x`='//// r広≠7ア7ァx_/j|
       | V  ヽ,r= イ     { ハ. \//   /l/_」L」_////∨!
      \ ヽ   ノ     ,乂 ' /厶ィfアl/     `'く.//》'\
          ヽ  / ̄\     ,∠二ニ斗f'≠宀=ミ.   )、////》
         ∨    ,.> '     /^           / \/:/
         〈     /:.:.:...:...:...:...:...〃         vi/   ∨
           \ /:.:.:.:...:...:.:...:/'         V'   ,./
            Ⅵ:.:...:...:...:./ /            /  //
             '.:...:...:./  /           /   / /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
本部のエントランスでシグナムと別れ、アリスと一緒にシミュレーションルームに
向かう。

部屋に入る前に、アリスが立ち止まり、考え込むように沈黙した。

「どうかしたのかお?」

「もし、もしもよ、やる夫」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

636 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 22:05:51 ID:R.VqZ.j60 [19/29]

          仄いrく艾艾艾艾癶、
         r巛Uj〉j〉j〉::::::::::::::::::::辷う、   、
.        nrnrnrnrnrnrn:::::::::::::::::::辷う、   \
     /乂乂乂乂乂乂乂nrn:::::::::::::::辷う、   ヽ
   / ̄          乂乂nrn::::::::::辷う、
             \        乂乂n::::::::::rう)、
/               :.\   \    乂n:::::::::rう)     ′
  i      : :   ::::::. ヽ  :.\     乂辷辷く     ′
  ::|:.  ¦  :...:|....: i :::|   _}L.:.      艾艾艾\
  ::|:: |:::::l|:.. . .::::::|:: 斗r七'     |l ¦   Y⌒Y^  \   |         もしもあなたが、私と同等のリンクスに
  ::|:: |:: 八:::::::::::::|l::l::| 〕斗ぅ弌7. |l  |:   V⌒ト、 \\ |
: |:八:. 、:::: ヽ :::::::八乂{ア乂`ーク  |l  ハ:.   |   |l \ \\        なることがあれば……
: |::::: \\⌒\/     ''¨゛´   八Λ|:: | |:) 八.   \ |
八::::::::::|\ 托笊!           ./ .:/ ..:|:: ハ! ,.:代_____\__      ロストワードと肩を並べるに相応しいリンクスに
:. \ : |\\`ー1          //〉..:/|. / 「 ::|l   |.    )    )
\  丿:::::ヽヽ込、         //  ′/  :|l   |   (         なったなら。
  \   乂__込、    _ ー      ./  /   |l   ト、
.    (  |:l \ \         ./  /:/... 八|:  |:::\
     \|:l:: |:ハ  ヽ     イ..::/  /:/   /|:: |:  |:::::::::\
       |:l:: |:: |: |: 个ヲ 厂 ハ/  厶仏:::/^|:: | . ├――=ミ
       |:l:: |:: |: |: | ノ/: 厂\彡く/|..../: : |:: |:  |
       |:l:: |:: |: |: |}/  厂 ̄ ,ィ__八/: : : |:: |:  |





              . __-‐= ≠ =,‐- .
            /ノ〈く,)〉} ‐ - _`ヾ \
           ,√/〔_ヾノ斗≠≠‐z、_ \ ヽ
          ,〈/ゝ^/ノ'⌒´`⌒´  ヽゝ、ハ{`ヾ
          〈/ /ノ´          〈_ノゝ-'
         〈{/ノ´    :i         } i ||,ハ
          r({ノ´        |   i :l斗‐jノヽ| |j  {
         ゝ'|  i   :i  |   |´},ノx≠ァ} /  ',
            |  {  ‐|- 八  {丿 '乂シ/ /  i ',
           ト 、 \,斗≠ミ\j   '''彡イ  /!. ',        私のパートナーにならない?
            ;  ,\ ヽ弋:ツ   、   /')j′/ :l  ',
           ./ / /\__ゝ'''   ー_ ' / // / : :|   ',       マーシフルとロストワード、二機で一組として、
          ,′/ 厶---:..个o。 __ 厂'_〈′/'´: ̄ ̄::`ヽ
        ./   /::::::::::::::::// /::`∧-‐ 〉/:::::::::::::::::::::::::‘,      依頼を受けたりするの。
        /   /::::::::::::::::// 人:::::{ У / {:::::::::::::::::::::::::::::::゚,
       ./  ,/::::::::::::::::// /  ヾ∧_// | ::::::::::::::::::::::::::::::::〉
      .,:′ 〈 ::::::::::::::::::::{ {/⌒{⌒{ ∧ _V勹 ::::::::::::::::::::::::/ヽ、
    // ,/ ヽ :::::::::::::::| | {  ヽ〃' く   厂}::::::::::::::::/ ヽ   ヽ
   / / ,/  / \::::___:{ ヽヘ /ヽ__厂 }__ノ_丿_::_:::ァ´ヘ      ゚,
.  / / ,/  /  くノ{フ:::::::∨ ゝ{ー  ノ__く   }::::::::《_}{_》 ゚,   :}  }
 ,′ ′/  ,   ノ{ ::::::::::::::〉__ノ__厂 /} /::::::::/::儿'  }
 { /  ′ :{   '/:::::::-‐/  ヽ厂 ̄〕 ̄`}ヽ:::::/ / /  ,′   ′/
 j/  {   ヽ {::::´:::::/ ‐-z__/   ノ  _」 \,/ /  /   /  ′
 {    ゚,    ::::::::::/_   〈  厂 ̄〔`     ∨ /   ,//
  ヽ   \    \:/:!  \/ヽ_ノ __´ ̄}\   ∨   /´
.   \   \    /:∧  〔   }   \/}:::::|ヽi }ノ  /
.     \   `  /::::| \_/_∧ノ\____,//::::::| jノ  ´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「……それはつまり、オルデンブルクに来いってことかお」

「そうなるわねぇ。そもそも、あなたと私の道が交わるには、
あなたがオルデンブルクの支援リンクスになる他ないんじゃなくて?」

アリスは口許に微笑みを浮かべながら言った。

「私はあなたが気に入ったわ。気質も似てるみたいだしね。
ま、今すぐ答えを出せとは言わないわ。
もしもどの企業かを選ばなければならなくなった時は、私の言葉を思い出しなさい」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

637 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 22:15:14 ID:R.VqZ.j60 [20/29]

                       ____
               ,    ´ -―r〈?鴨}Yー _
              / /:::::::::,. ヘ≧ラ:::::::::::::_,
              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄   `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ  〃
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴/:/  /
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |Ⅳ:イ /∠
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|::::/:::::=≠――
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / /::jノ:::::::::::::::::::::<二
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、:::::::::::::::::::::::::::二二ニ
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / |::>:::::::::::::::::::::::::≧=--       とはいっても、今のままじゃご遠慮だけどね。
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ /:::::::::::::::::::::::::::::::<二
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\::::::::::::::::::::ヾミ ̄ ̄         せめて単騎で複数のネクストを殲滅できる
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ\::\
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、 \             くらいになってもらわないとね?
‐'"~:::::::::,.   -―――ベYヘ.   ∨ /:::.://バ:ヾ\::.::| | l:::.:::.:\_\
:::::::::::::::/ ,. -―――-   ヾ;ヽ   ∨::.://::|::|ハ:::ヽ::〕 | ' /:::.:::.:::.:::./ |              「無茶言わないでくれお……」
::::::::::// .:::.:::.:::.:::.:::.:::.::..   Yへ  ヽ:::辷┘| ヾーヘV/ /:::.:::.:::.:∠ イ /
::::/イノ ::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:ヽ ヽ \ ヽ7√i::|   \:ヾj∧:::.:::.:::.:::.:::.::l/
7 /:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.\ \ \ \.├ヘ  __Vム:::ヽ:::.:::.:::.:::イ
| l:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::..\ \__> \:::ヤ″ |::〉ヘ::::\:::.:/ニニヽ
|  :::.:::.:::.:::.―- __,. -‐'"´ ̄__  \   `ヾ」   ゙′∧::::ハ:.:.\ー┘j
 :::.:::.:::.:::.:::.:::.:::\_,. -‐ ::: ̄ ::.:::.::\ \          ├< i:.:.:.:.:ヽ ̄
  ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ \        |:::::i| :.:.:.:ハ
 ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::        >

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
自分がオルデンブルクの支援リンクスになれば、アリスの傍で戦える。
それは同時に、それ以外の企業のリンクスには、任務が下されれば
命を奪いに行かなければならないということだ。

確かに、今この場で安請け合いするような内容ではない。

PDAから着信音が鳴った。
アリスが出ろと目で促してくる。

着信はなのはからだった。

「あ、やる夫君? マーシフルの修理なんだけどね、予定より早く終わりそうなんだ。
それで、SIから君に指名が入っててさ。二日後に出撃してほしいの。
今どこ? 本部? なら、今から第五会議室に来て」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

638 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 22:21:50 ID:R.VqZ.j60 [21/29]
                   ,、rm__rv竺vヘュrヘ- 、
                 {辷彡'こ三三三三≧ヘV,ニニヽ
                     /彡クー^ー'^ー^¬卞〈\ヽ∨
               / 乃了   `ヽ  ヽ∨∧ヽ \`、
                  //_/7 ′     ハ `、〈〈_ノ ノ   ヽヽ
           r,ニY/」 ′〃   , ' l| ト、 l l ̄l「`、   | ハ
           __〉イ〃 ,  /, l   / ,イ!} |リ 八 ヽ |ハ
           〈 rク// ,′ ,'/l∥ ,' /厶‐十ナ/}小、ヽ ∨/  、         お仕事みたいね?
        , -ァ7イ {  l   |l ハ ト、 { l /ィ乏f千ァ l |ヽ}_ノ   、、 `、
        // 〃l ハ  、 レイ下丶、j′'ヾ゙ジ  // rヘ川 ¦ ヽ ヽ       「うん。またな、アリス」
.     //   {l { い、、\V,ィf赤       //  ,ィ|l |  ト、 \
     {_/    ヾ \/ ヽ\ヾ`ー'′       { !  仆//  ,′ | ヽ  ヽ     ええ、また味方で会いましょう。
             ノ{ {  八_〉、   ` , - ァ  ゝ, ' V ハl /   ハ }   \
           , -‐'´/ハ 、 { |lヽ、      ∠ニ-V リ / /  ∨    ヽ
  , -‐'´  ̄   -‐ニ|l 7,ヘヽ \l_  「≧ァr<::..::..::..::..∨ /,...┴、/ト、     l
// '′, '´ ̄.:∧:.ヽ//  ヽ\j二 /// 7j「ヽ\::..::/ , '´::..::..::..::ヽj ヽ    |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
金のためではなく、己のためだけではなく、誰かのために戦う。
それがやる夫のリンクスとしての在り方だった。

ならば、その誰かとは、誰なのだ?
不特定多数の人々なのか、たった一人の誰かなのか。
そしてそれが誰か一人だった場合、それは誰になるのか。アリスなのか。

やる夫自身にも分からなかった。ただ、今分かるのは、金のためだけに
以前のような虐殺に手を貸すのは真っ平ごめんだということだけだ。

やる夫はアリスと別れ、なのはの下へ向かった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

639 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 22:23:15 ID:R.VqZ.j60 [22/29]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

640 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 22:28:19 ID:R.VqZ.j60 [23/29]

                     _  ―
                r=ニ二二____
                〈
                |
                 '
                  /    ,ィ彡三三三三
              /ィ´ィ'"三彡'"´
           __, ィニ二_______
.       ,ィ'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 7/ィゞ´_ニ二ィ-く
.    〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : 〈〈ゞr'"´rぇr‐ァ  ヽ ミ        さて、依頼の説明をするとしようかの。
     ' ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: : ゝ/   .:`7ー'  ヽ  ミ
.        ヽ、:.:.:.:.:.:.:.: : /ノ   r'::l,   ,r〃 ミ        雇い主はいつものSI。
         `ー ::_:_:ヽ ゝ'´   `ー‐イ'"´ ミ
             /ミミミミミ、ヽ   /   ミミ
             ',7'"´ `ヽミ;`ヽ/  ,ィミミ
.                ゞ'"´ミ、  'ヽイミミミミミ
                 ,'::: ::: :::::ミ::::彡ミミミミミ
                  l:::: ::: ::::: ::ミ::: ::ミミミィ
              \三ミェェュミノ} ̄ ̄ ̄
               __二ニ>'"´ ,'./|
             / r―‐'7::::ィ´// :|
                //::}  /:::::l // . :|
            //:::::| /::::::::ゝ'/  :ヽ_

641 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 22:33:40 ID:R.VqZ.j60 [24/29]

.         /     /    _____
.         /     /    /  ____
      /       /   /  /    ___
.     {       {::._/  /   ∠ニニ/
     \     /  /   /三二ニ{
       ,   /  /   /_, \ニニ 、
        ∨  /    /》 jリノ,.  ̄}ニニ
         ‘/    ,ィ攵ノ  `ヾ   \       目標はアヴィアコル所有の巨大兵器、
          ノ   /ノハ'´i{    ノ
        / /{iじ゙´/⌒ ー‐‐く            これを破壊することじゃ。
.      / /: : :`|    /    ヽ
       /: : : : : :.ト、   /       {           
        : : : : : : : }__ ‐ヲ、xijリ斗i{トトN/
      -----── Τi{ j}/二二)川}\
             ヾf´/    ,i川川}
               八_r‐一if{〔ト从ソ
                  } |j川{ jリf'´: :
                     乂j川ソ´: : :/
                   | ̄`¬冖¨ ̄\
                   | |ト、         ヽ






    厂 ̄ ̄ ̄ ̄`刀}
  _/,,,,r───<ニニl|
  {三三三三⌒ } }r一'|  
  {ニニニ    人{⌒   }  
  {ニニニイニニニニユレ                   とはいっても、安心せい。
  }ニニr‐v∧   rtッテ \   
  }/ l|{ハV∧ ー一'  イ                  襲撃するのは奴らの工場、つまり巨大兵器は開発中じゃ。
/ //\_V∧  r 、_ツ  } }        /⌒}
{////⌒V∧{li{ ̄__ノ ノノ     へ{  /‐┐      相手することになるのは精々ノーマル部隊程度じゃろう。
.\//    ><{{_{_{il)       /_(_)ー/  /__
   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄} ̄}==ミ冂 {  {\└r ' / }
   _|        |l| 人___\八_   └く_ノ
 / 人_r────┘      \二二≧x.ノ
人/     三/´ ̄ ̄ ̄`\   .\ ̄ ̄ ̄`\
  \     /         \  _}__    ‘,
   ∨  //           }      `\   \

642 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 22:39:39 ID:R.VqZ.j60 [25/29]

                        _,,. .,_
                   ∠、: :__`\
                       | i 下川ノノフl
                      ト/《`丁フハノl
             二      rNrtト、、r≦Vi)
              力    トli ̄〈ljノー lミ!
                ッ  _l |lli「f三ヲリlミ!
                 _/ \_l\li⌒リノlミ!____          報酬も高めに設定してあるそうじゃ。
        ∠二>'´ ̄ ノヽ  /∧:: ̄´ l  //l |
      , '´‐─- 、 \ ̄   \/ :\___l//::Lト、         どうじゃ、やるか?
     / / ̄ ̄\ \ ヽ   -─== /./__ \ヘ-、
      | l:|    / \.\ 、    ´ ̄ ̄ ̄.:::::::::´ ̄ `ヽ \
   \l// ,.イフヌヽ  ハ ヽ\        :::::::::::.     \ ヽ
    \ヽ / // /∧.ノ }  |: : ヽ.,  __.:::::-‐-:::::..,,__    !人
    / ヽ|‐i---'一ァ  | ./∧ : :  ̄: :_: --──--<: :`ヽ }  |
.   | ./寸¨丁 ̄ノ-、 / / ̄¨二¨´     ..:::::: : : : :丶-イ ∧
   /  ∧ト-L./ヽ={ーr'      ̄ヽ __ .: : : : : : : : : :| У }
    / ´lへ\ (  |│ ヽ      / |_ }: : : : : : : : :\ノ .{ ヽi
    \ / ハ \>=r'‐‐、 V        r‐l |--、: : : : : : : :'; |   ハ
    -//l l`ー‐一'  /::丶、     fソ  ` _〉: : : : : : : l | /i│
   <{_i l /し'^} /   |::::::::::::::::>‐--l´    ノ: : : : : : : リ/丁`ヽ
     `l/`ー- レ'._  l:::::::::::::::::::::::::::::::|}    ノ: : : : : : /r‐r⌒)o、|
            ¨´ ー<::::::::::::::::::::;リ,. <´ー-ニ二´__ノ`(二()/ }
                 `>--<二  \  |「  」|_ノ}‐-8\ノ
                 / \ヽ     ̄  ̄` ̄ )_ `>‐‐'
                 >、 `}\  二二二  ̄ }   /〉

643 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/11(火) 22:39:51 ID:bH0T7..g0
おっフラグかな?

644 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 22:40:29 ID:R.VqZ.j60 [26/29]
                         ____._ _
                      └‐ォ |UU  `
                           くノ     \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (  ___________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   )     て
                              /^⌒`Y´^\     ._ _
                                             UU/7
                                                 くノ

645 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/11(火) 22:41:22 ID:fHBiTAFg0
開発中(戦えないとは言っていない)かな?

646 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 22:41:37 ID:R.VqZ.j60 [27/29]
┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│巨大兵器破壊 依頼主:SI                           ..│
│ アヴィアコル所有の工場を襲撃し、開発中の巨大兵器を破壊せよ  ....│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

647 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 22:46:52 ID:R.VqZ.j60 [28/29]
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

648 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/11(火) 23:03:34 ID:R.VqZ.j60 [29/29]
さ、寒くて頭が回らん……ぼろアパート住まいはきついぜ。

今日はここまでだ。次回はいつにしようかな。ま、気長に待っててプリーズ。

それじゃ、シーユーアゲイン。

649 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/11(火) 23:08:35 ID:.HkUhUvw0 [2/2]


650 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/11(火) 23:10:07 ID:DQan9VDI0
おつー

651 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/11(火) 23:49:24 ID:JtoWwmUE0
乙です



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する