クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第7回

545 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:13:10 ID:71lRP11A0 [3/46]

                  ,- ‐‐ - 、
                   イ: : : : : : : : :`,
                      /○ ○: : : : /
          ┌─┐  i_ _ _ : : : : : : :{        今日はミッションパートは短めだよ。
          ┃茶┃   `,_ _`=-: : : :|
          ├─┤    i: : : : :_: : : :'        それじゃあやっていこうか。
           ̄ ̄ ̄ー‐'' `-‐´ : : : : : :ヽ
             ゝ __ ,.. イ : : : : : : : : l: : |
                  { : : : : : : : : :|: :.|
                ,、 '" : : : : : : : : :゙、:.ヽ
               ( : : :‐ 、 : : : :__,. : : :Y"
               ` ー‐┘ ̄‐〈_ ,,ノ



スポンサードリンク


546 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:13:30 ID:71lRP11A0 [4/46]

            /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... : : : : : : : : : : : : : : }Lハ
        ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : リ Vi
          i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. : : : : : : : : :/  `}
.        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r'⌒`` ーx:.:.:..:.. : : : /    V
          〈//.:.:.:.:.:. :{      ` ー─ '   _,.x 〉
          レ.:.:.:.:.:.:.:.:ム               /_,.x<i
        ∨.:.:.:.:.:.:.: |           ,.x>┐::!:::!
           〈⌒ヽ、:.:ノ >' ¨≧x_,.x─w_/.:/゚ ノ.:::l:;リ
          ∨⌒ヽ爿─‐'::r‐tァ‐x:::::::r‐x::`¨:::::;斗__              ミッションの概要を説明します。
         《V ヘ_`入::::::.ヽ_,.x'::::::/ハ V`ー ' ////ハ
         ム》x_ ! ハ ::::::::::::::::::::/ ,ハ 〉  ノ;/////∧
        ,.x゙7ム 〈ハ  ヽ - ─ '´  _,.x‐ァ' ////////ハ
       /.:/{::∧ \ヽ、   <二´‐'´ _ノ ム〈///////,リ
      /.:.:.:/∧:::∧   \ `>x   `ー '_´x' イ:::::∧/////,リ
.     /x'´///∧::::ヘ   \  `>x _,.x'∧::::::∧////∧
        /////ム::::::ヘ    `ーx三三ヲム  ∧:::::::::〉'///,:ノ
.     ////////ム::::::::ヘ           「:::::ヘ  W.:///ノ!《        ,.x‐-、
    //////////{:::::::::::::.\      !:::::::::}\. W//イノ:;イ  / ̄´ ー-≦X\__
.   ///////////ハ:::::::::::::::::.\     ∧:::::《_  `W/ム//!. / / ̄`< ¨X_,,.x‐
.   ////////////ハ::::::::::::::::::::.\   ! `i:::::∧  W////ル′´ ,.x<X_ `iハ Y″
  //////////////ハ:::::::::::::::::::::::.\ 」   V/.:∧ !////´   /   `X〉ト、 ハ
. /////////////////ヘ::::::::::::::: ∧::.\   ∨/.:ム };//       ハ_,.xーx | l ヽ_!
. ム///////////////////ヽ==″::::::::::\  W::::::| レ´      7ンァー ,.x.イ

547 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:13:42 ID:71lRP11A0 [5/46]

 ┌-- .._///////////////////l      ヾ}
 ,.l.i `   `丶、//////////////,{.        i
'/,l ! .', '  ヽ. ヽ-_.‐''" ̄ ̄ ```  、     !
'/l !  _.. -ノi  `ー ̄"''¬=-,:‐-...._ \    !
'/! ,  {  , ノ            L:.:.:.:.:.:.: ̄ ―-、 !
/l ! 丶 !               ヽ:.:.:.:.:.:.:.,.-,、ヽ:ヽ
/,〉 丶.  ;                 \:.:.:.:.!/:.:.:.:./
'  \ ヽ                 ヽ.:.:.;.:.:.:.:/
     、 _                    :.:.:.:.:.:./ 、        ミッションオブジェクティブは、北極海に展開する
     ,                 l:.:.:.:./   \
.   /                     `´    丶      SI第三艦隊の撃滅となります。
   {                 ,.            '
    、              `        , ´
、                      `ヽ ‐
ニ=-、                       ,. '
ニニニ=_、                /
.\ニニニニ=_、  丶        :
.  \ニニニニニ_、 _ _       l
、.   \二ニニニニヽ  `  .._   .ノ
,\.    \二二二/
//\    \二=/

548 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:13:53 ID:71lRP11A0 [6/46]

                   /              \
                     l   , -‐ '´ ̄ ヽ        、 ヽ
                   Y´       〉     `ヽ ヽi
                / , -―    〈       ヽ |
               r Y: ̄ト、「 ̄`ヽ__ヽ_r‐- 、   ヽl
                | |.:.:.:.レj|:.:.:.r‐'´ ̄ V イ个|   ,'
           r‐、    Vヽ:.:.:.:.:|:.:./        lノ/  〈         第三艦隊は駆逐艦、軽巡洋艦、戦艦の三種で
    __      |  l    く  ` ー┴'      仁ソ     i
    〈  \ー-、 l  |    └==テ‐ァ‐ヽ   「  >‐-、〈ト、        編成されています。SI特有の装甲と火力が特徴です。
    _ゝ、 \‐ヽト  ヽ    r┴ィ´      ノ /   /ヘヘ\
- ‐ ニt‐''´\ ノ ソ   |     | ̄   . -‐'´ /   /   〉::::ト、\     まあ、馬鹿の一つ覚えというやつですね。
 ̄   ヽ、  `ヽ、   /     `ー‐イ   /   /   /:::::::::::
    〈} \   }  lr'      , イ7| /   /   /:::::::::::::::::       ネクストであれば、大した脅威でもないでしょう。
    /L\`ー' フイ     , イ /ト-彳  /   /:::::::::::::::::::::::
    /::::::ヽ`ー‐ヲ厂 ̄ ̄ / / l::::::| /   /:::::::::::::::::::::::::::::
  /::::::::::::` ーイ/::::::::::::/  / {::::/    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::





                ,.: : : : : : : : : : : :\ニニニニ >'´::::l
             , : : : : , - 、: : : : : : : : :\二>'´'   ::::l
         ,: : : : : : : :T丶: : : : : : : : : :  ̄: /    :::',
゚、       : : : : : : : : :.゙\: : : : : : : : : : : : :〈___     ',: ',      IGIOはあなたを高く評価しています。
:::‘ ,        ゙, : : : : : : : : :ヾ\: : : : : : : : : : : : : : : : : : . : ゚,
::::::::‘ ,     ゙, : : : : : : : : : : ヽ ー- __: : : : :.r─── ´      良い御返事を期待していますね……。
ト,:::::::::‘ ,     ゙,: : : : : : : : : : : :.\ t--':.___: '
=ム::::::::::::ヽ     ', : : : : : : : : : : : : :\∨\
ニニム ::::::::::::ヽ    ',: : : : : : : : : : : :._} V_メ\
ニニム:::::::::::::::゚ ,  .: : : : : : : : : : :「    .\  \
二ニニムヘ::::::::::::゚ ,  : : : : : : : : : : l        \  \
二二/  丶;:::::::::゚ , : : : : : : : : : :.|        \  \
ニ/      ` 、:::. : : : : : : : : : |             \  \
〃            \: : : : : : : : : :|           \  >
,ハ.             \_: : : : : :ノ                 `´
./}.                ̄ ̄

549 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:14:03 ID:71lRP11A0 [7/46]

                         ____._ _
                      └‐ォ |UU  `
                           くノ     \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (  ___________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   )     て
                              /^⌒`Y´^\     ._ _
                                             UU/7
                                                 くノ

550 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:14:13 ID:71lRP11A0 [8/46]


┌───────────────────┐
│                          ......│
│SI第三艦隊襲撃 依頼主:IGIO        ...│
│ 北極海に展開するSI艦隊を撃破せよ    .│
│                          ......│
└───────────────────┘

551 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:14:34 ID:71lRP11A0 [9/46]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

552 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:16:37 ID:71lRP11A0 [10/46]

                                 ∨ \{\
                              ∨.、 \: : 、
                             . . : : ∨、   \:,,:、
                        Λ/\ヘxヘV¨"''ミ‐… 、___〉 _,,..,, _
                        〈::::〉:::: 「:/:〉/〉  ノ  ノし 寸=―′
                     <∨::/|/:Λ <:::>`¨¨〈__/ 寸ト---、
                   _/⌒) 7 ̄]::::〉::〉::::/: :  ∨/\  \しノ〉
                     _,、<    / /ヽ ∨:::><    r‐…へ\  ゙'y゙
            _ -=ニ ̄     //\ノ_]>―    {  〈  \厂/
     _ -=ニ ̄       /  /〈   >_ノ    ,、 /゙'~ヘ、 ノ-<
..-=ニ ̄                  イニ厂 ̄     / \\   | ゙く   `:、
           ,....ニ- ̄´"''~: : :          (◯)イ゙'> >___|  ‘, _`、
         ,ニ- ̄::::::::;:::':::::::::: : :       ./   /しィ/>      〈´ __`、
       ニ- ̄.::::::::::::::;:::';:::':::::: : :       /  /、 // )      Y::::J:}
  ニ- ̄.:::::::::::::::::::::;::':;::':::::: : :       /__ 〉'゙  └<__/〉      〈ミノ
- ̄.:::::::::::::::::::::::::::::;::';::'::::::: :     ...___ / ̄  〉      )  _/
/:::::::::::::::::::::::::::;::'::::::: : :      / //   /     ∨ ̄7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: :          /  /  ,/ _,、-''"⌒< (ニ)〈___
:::::::::::::::::::::::::::: :         /  └…゛ ⌒`、     ) `¨ ⌒ 〉
:::::::::::::::::: :           「ヲ     /      }   _、<  _彡'゙
:::::::: : :        .__/    /  (ニ)_,,.、、イ'''"´
: :         〈 /     / /ニ〉 ̄
         〈ニ〉    / ''"´
         /¨7へ(ニ)
        ./ / ,//
        ′{しイ/
       乂_/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
SI艦隊を撃破し、輸送機へと引き返す途中。

「ネクストも出てこなかったし、無事に終わってよかったお」

北極の寒空を駆ける。
流石の極寒も、ネクストのコックピットにまでは影響はなかった。
まあ、寒さが通るくらいであれば、とっくにコジマ汚染で死んでいる。

「ちょっと待って、前方にネクスト!」

なのはの声に驚き、やる夫はマーシフルを急停止させた。

「噂をすれば影か……一体どこのどいつですかお?」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

553 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:17:09 ID:71lRP11A0 [11/46]

                          l    }===================} }
                     _         {:   } ================== } }
             _    -=   ̄¨ \ト  {:l  } = >ァミ  == == ===== } }
            \__   \- 、   i}:} 、{:l  }//    >、 = == = == } }
            _    フ¨<  (~\ 、  }:}\_>/>‐'_ ̄\/  ∨===== = } }
          }升=/ \ \/\ \\:}/、}/=‐/>、ヽ   i}========} }
__          〈___,′\_〉 _〉、 \}>.:丶{、i}=‐//  > } ___ i} ==== == } }
、‐‐ 、       丁∧  { /_  _>、__ \}_///、 / V////i}========} }
_>=-   __  /‐〈___\_{ {__ i「 /7=ア-イ'´\l\ }'iト、/ }////i} = = = == } }
¨ニ=‐ ‐=ニ气ト、≦==‐  ¨¨\、/ /イ/〉}__\\}  i} {/\∧i//i∧ = == == } }
‐- 、‐=斗=‐-  _>、-----\} - \ー'`ー' \----\ }   /{ \/========= } }
   } { {、  >‐‐  \----->:、--\__  イ\----\、_/{∧_/ == === ==== } }
   }_{ { Y      i} 、------⌒\>}=‐ト、\\‐‐‐‐\__/}}============//
_  ‐= 、  }      i}l}リ>=‐   =≦「¨\\>_」」-\-/} }イ‐ _ ======= //
/i/i/i//i}.__}      i}/ 、‐‐\‐‐‐‐‐‐\-\-------\イ_} }⌒ヽ\=====,' '
/////i_∧ 、\   /i7ヽ\‐‐\‐‐‐‐‐‐\-\- _  ‐=イ/ヘ乍=‐V-}===={ {
丶///「`ヽ≧}il>イ=‐イ‐‐\_>イ/≧=====イ}‐‐‐/7‐‐‐‐}__ソ }=‐/__/===={ {
\〉=イ、  /¨}-l}l}={==-}ト --/-/√ ̄ ̄ ̄//‐‐ //-‐=/¨ }{ i}=イ__/==== { l
__  」 Y___/\」、_、__/{--〉'-/、‐‐‐‐‐‐‐//____,乍=-イ{ l _i}{ i}/i}__{ ==== { i
: : /     /   〕iト.__>=_.,乍=‐‐‐‐ イ/--/   //  { l  i}{ i}/l}__{=====i
: / ___ /      }〕iト._} }乂}____}}__, - / ̄ /}ト、 i{ l  i}{ i}/l}__{=====
,乍=‐イi}       _}  i} }〕i=-イ  V_/--′__//^\{ l _i」、i}_l}__{==== { l
/--}-}-i}   /__/}:、  } }〕i }∧  i}-=イ‐=≦、 /¨ ∨__」/}/}__{==== { {
、__/_/イ¨}  /  /〕iト.\}__}〕i }=‐\__}r 、 __  イ   /__/‐|¨}=-}__{==== { {

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
眼下の流氷を見ると、そこには一機の白いネクストが佇んでいた。

「ネクスト、ノーバディ……ランク1、ネームレス……!」

なのはの声から緊張が伝わってくる。

まさか、待ち伏せか。それもランク1の。

やる夫はレーザーブレードを展開し、構える。
そこに通信が入ってきた。

「こちらノーバディ。敵対の意思はない。私は後詰として待機していただけだ」

「後詰? 馬鹿言わないで、たかが通常戦力相手の戦闘に、
ランク1を後詰にするわけがない。……見張ってたの? 
マーシフルが裏切ったりしないように」

「…………」

男の声は聞こえなくなった。
肯定と取ってよさそうだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

554 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:17:50 ID:71lRP11A0 [12/46]

                                     __
                                      ∧ 'vヘ
                                      ∧ 'v∧
                                    ___∧ V∧
                                    ',  |i |i, V∧
                                     ',  |i |i ∨∧
                              __     r<ム |i, |i, ∨∧
                              \\   |::::::圦_,/ ̄\∨∧
                               , _`//、 { ̄〈 ̄',      \ ∧
                          \、 'v/|l‐//ト、 {::::::∧ '、      \',
                         /、\`rレィ,.ノ〈 ゙Y_/__ム ‘,       \
     _ト、                  |  \ \|,ィツ、 〉'´レ'´ `、 ‘,        \
  ()≧=-弌 ゙ =- ..,,_   __       .|   厂」|`r_ァ',イ]ハ    ,ヘ \   \   | ヽ
  ¨  -=に_    ̄  ‐-=ニ二三三三L  \  |/:::/~// ̄ ∧   //,ヘ  /`ヽ、  \ {  }
         ̄  ‐-  __  ̄ -=ニ二三二ムノニ7 ̄/ー‐〈:::,:ヘ_/〈/ \{   \   ヽ `、
                「」=‐- _  ̄T(⌒)N ̄\ー‐ヘ二」ィく⌒ヽ/\   \   \ `、
                  ̄ ‐' rヶ‐┬=≧==彡ヘ ̄ヽ r'´|_ノ\ ̄∨∧,ヘ.    \   \`、
                     {三}´l:::/   |:_:_:_} ̄|_|ー〈_∨∧ ̄Q 〈_/__\   \   \、
                      辷 ̄|_,。s< 厂厂/ ̄ ∨ ∨∧ ̄ヽ 〈〈/77\   \   \
                        ̄ |\_//__/ |__ \/ []\  , ゝ'‐'‐'、 \   \   \
                        _|/___|  |  |     圦 \ ヽ′    ∨ \   \   ヽ
                        //ーr'    |  |  |    /  \ ヽ/ ,     ∨∧ \   \  ',
                   ト、 /:::/:::::::ノ、二ニ弋 弋,∧   /\   \〉 ′     ∨∧  \   〈 ̄Ⅵ
                   | |\/:::::/、 \    ̄  \/   \ /\))_     ∨∧   \  \ Ⅵ
                   | |  `ー///∧ \           \   \\`ヽ  ∨∧     ̄
                    \|   /////メ、_ \           \   \',::::\ ∨∧
                     \___{////、    ̄             \   \:::::ト、 ∨∧
                     ノ   ̄ヽ ,.ヘ                  \ / ̄ `''<∧
                    /      |/  /\                  \      \
                    \    {  /:::::/                   ‘,     __}
                      |\___}/ー'"                      ',    //
                      | | /:::/                        ', //
                      \|'::::::/                         ヽ/
                        ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ノーバディのライフルを持った腕が動く。
やる夫は反射的にレーザーブレードの刃先をノーバディに向けてしまった。

「攻撃的行為を確認。ターゲット確認。戦闘モード起動」

男の冷たい声が聞こえてくる。

「やる夫君、逃げて! 今の君じゃ敵わない、だってそいつは……!」

ノーバディがクイックブーストで接近してくる。
やるしかない。やる夫は引き金を引き、レーザーを射出した。
だが、狙いをつけて放った時にはもう、そこにノーバディはいなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

555 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:20:45 ID:71lRP11A0 [13/46]

                     i
                     l
                     |!                           / ̄\‐〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[|____
                    |i                          /     \l\       〔____|
                   |i                 ト     ,イ / ̄ ̄ ̄ ̄〉/| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  r__〕
                  |i             | |vrrv| |  ̄ ̄ ̄ ̄]/「  |__/        |ー―‐'
                 |ii           \ 、_| | |ニ| | |_ ,. /   / _|〕 /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |ii         __\\V ̄ V//  〔/ 〈 |/
                   |i!      //ニ /´〔\|   |/〕ヽ 〔/  /
                 |i!    /l  |/ニ{ H|トミ\/. イH }  ̄\/
                     |li  /  / /  八H|l`r‐`ー´‐r'|lH/    \
                   |li――― 、 〈   \{ l〕 三 〔l }ノ\     / 〉
!                    |li 二二二 \_、   マ‐〈_〉-く _/\/ /
li                   |li___|\| \    \  \_/|/l
:|!                     |li::::::::::::: |  |〕   \    \  |    |/
:.|!                    |li:::::::::::: |  |     l〕二ニl7  |___/
:.:li!                     |li    ||  |〕   / ー―/ /  /
:.:.|i!                    |li   ||  |]   /  ̄ ̄\ |   / l__
.:.:.|li                 |li二 ||_|_/――┬―ヘ| //  /\
. :.:.|li                  |li  |  |      |   / ̄\,/  |
 ..:.:|li                  |li__|_|\__ /| ̄ ̄ ̄|\  \ /l|
  ..:.:|li                  |li==〔   / ||      |  \  \/|
  ..:.:|li:.                |li  ̄| ==| ||======|l〕  \_/| |
   ..:.:|li.:.                   |li  |   | ||\__|\    | | |
    ..:.:|li:.:.                     |li |_/l ||      |  \  | | |
    ..:.:|li:.:.                     |li |  ̄|、||      |\_,/ ̄|_//

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
背後に衝撃が走り、コックピットにアラート音が響く。
いつの間に背後に回っていたノーバディがレーザーブレードで斬りつけてきたのだ。

振り返る暇はない。
クイックブーストで距離を取ろうとするも、そこをレーザーライフルで撃たれた。
PAを貫き、機体へ直撃する。

「AP、50%減少! やる夫君、退避が無理そうなら脱出して!」

「でも、マーシフルを失うわけには……!」

やる夫は必死にクイックブーストを繰り返したが、ノーバディはそれにぴったりと
ついてきた。まさか、マーシフルがこうまで抑えられるとは。

「なら、これならどうだお……!」

PAが波立ち、コジマの燐光があふれ出す。
マーシフルの装甲が一部展開され、大気を揺らめかせる。
次の瞬間、空を割るような音と共にマーシフルを中心としたコジマ爆発が起こった。

ほぼゼロ距離でアサルトアーマーを起爆したのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

556 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:21:18 ID:71lRP11A0 [14/46]

                             |l _l|__ ,/
              ___       \、 |l__l| ,/`l 、 ___
              \    \     \|l l|/、 ノハ/ /二l\_
              |\  \    \   〈´ 〈ヽムイ lヨ/ /`ー'| |〕 /\
              | \/、     \__∨∧〉n〔l_ / /〈三] | |_/  〔|
.                \     \   /´   \/7ー/r/ //´   | | \  |_
.               \_____/ 〔]\  \/r〈_//  ̄\/ / \ \〕 ノ
                |/\   \   \  \//  ̄\/_/ \ \「 ̄|
        r―┬――┬ \ \〔l  \   \  \r‐ 、/_/   \/、_,ノ
    l二二〕ー┴――┴ヘ/\ \   \   \  \/〉 〉__/\
       `ー――――――‐ \ \   \   \   ̄\   |_,ノ
                         \ \   \   \_/\           …………。
                          \ \   / ̄ ̄ ̄ ̄\  \
                          \ \/       〔l   \  \
                            /\/              \  \
                           /〔  |\ 〔l    |\__〕 \_ \
                       //  /|\ \   <⊿  /     \ ̄\
                      〈 〈_/ 〔「「「\ \     ̄|/    〔]   \_\
                         \_r‐〔(r::V》V》\ \            / _/
                       | /:::r‐V》V》::::\ \ 〔]      / /
                           ノ〔::〈\〉  ̄\〔/l〕\|\     / /
                     /  〈∧    / ̄|::::::::\ \/ /
                        〈 \___ 〈∧/ ̄    \:::〔l: \|_/
                     ,.\ r―l__/\        |:::::::::::::::| \
                      /::/ ̄l___/::\      \::::::::::|__〉
                   〈:::::::ー――く::::::::::::::/\     |―<ト、_
                     ー―――‐'^ー―'   \_/     \〉 \
                                   \  ___〈    \
                                     ∨    \     |
                                     |_______〉__∧
                                   \_r‐| ̄|―rヘ:|::::\
                                      |__|  |_|__,/::::::::/
                                       |_|_| / 〉:::: 「
                                           |/__/__/::::: /
                                       /::::::::::::/::::::/
                                    /::::/〉:::/:::/
                                       〈:::://::://
                                     ̄  ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「よし、距離ができた! さすがに今の攻撃じゃ無傷じゃいられないようだね!
そのまま輸送機まで退避して!」

「了解!」

「全く、IGIOの連中は……何を考えているの? 独立傭兵に対して、
ランク1を見張りにつけるなんて……」

やる夫は時折クイックブーストを交えながらノーバディから遠ざかっていった。
ノーバディも今の一撃で傷を負ったのか、それ以上は追ってはこなかった。

しかし、この感覚は何なのだ。
恐怖。確かにそうだ。だが、ただの恐怖ではない。
これは、どこか懐かしい、原始的なものだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

557 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:21:37 ID:71lRP11A0 [15/46]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

558 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:21:52 ID:71lRP11A0 [16/46]

     ____
   /      \
  /         \
/           \      し、死ぬかと思ったお……。
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
コロニーに戻り、マーシフルからエレベーターで降りると、
なのはが駆け寄ってきた。その眼は本気でこちらを心配していた。

「大丈夫、怪我してない?」

「なんとか……ただ、マーシフルの方は手酷くやられてしまいました」

「機体は直せるから大丈夫。でも、リンクスはそうはいかないよ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

559 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:22:27 ID:71lRP11A0 [17/46]

                        _
      ,. -‐-、             /:/⌒
   .. /: : : : : :ヽ   . . .-――-. . 、 l: :/-‐:  ̄ ̄`ヽ
  ./: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : `ヽ: : :-==ニ ̄`\
  i: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: :\
  |: : : : : : : : /: : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : :i: : : : :\ヽ: ヽ
  | : : : : : : : !:{:{: : : : : : : : :\: : : : : : : : : : :l: : :l: : ヽ:ヽ ヽl
  | : : : : : : : l: l lヽ: : : : : : : : : :\: : : : : : : l: : : l: : : i: :l  }
  |: : : : : : : : l: l:l: :\: : : : : : : : : : : : : : : :/'´}: :l:/: : l: :l
  |: : : : : : : : ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : : : r‐/〉': // : : ハ: l         大っぴらに話すことじゃないし、
  |: : : :l: : : : : :|ヽ: : : : : : : : : : : : : : /{ l .l'イl /|: : / .}/
  |: : :/ : : : : : l _ヽ: :⊥: _: : : : : /  〈イ: l/' l:/            とりあえず私の部屋にいこっか。
  |: :/: : : : : : /./'⌒l´   `ー ´    .l: :l  '
  |:/: : : : : : / r-'====_-、 /   /l: ,リ                そこで、あのリンクスのことを話すよ。
  |': : : : : : :/ ./___    `、ュ_/  l:/
  /: : : : : : :/'´::::::::::::::::::::: ̄:::::::ー`-... /'
 i: : : : : : : :l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::.....、
 l: : : : : : : l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::⌒i
 !: : : : : : :l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::r=、
. l: : : : : : :l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::{{  ヽ
. |: : : : : : l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::ヾ、 /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
なのはに連れられ、基地の中の一室へと来た。
整理整頓された部屋の中には、デスクやテーブル、ベッドなどが一式揃っていた。
壁には集合写真がかけられている。幼き日のなのはと思しき少女が映っていた。

椅子に座らされ、やる夫は少し緊張しながらなのはの言葉を待った。

「あの白いネクスト……ノーバディとそのリンクス……私は知ってるんだ。
あの声、何年経とうと忘れられるわけがない。私の友達も大切な人も……
何もかもを殺しつくしたんだから」

「それってどういう……」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

560 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:22:39 ID:71lRP11A0 [18/46]

         /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、i.:.イ´.:‐..:.:.─ 、
       ,、イ.:./.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:::.:´.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.\
      nヘ.:.:;.:'.::.::.:.:.:,イ.:.:..:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:.:;l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:j¨`ヽ.⌒ヾ:.、
     ,イj、.:.v.:.:.:.:.:.::/:/.:.:,イ/.:.:.:ノ!.:.:i.:..:j.:.:.:.:.ヾ;,.:.:.:.:.:.:ヾ.:.:.ヽ  `ヘ
    /ll!ハ:.:′.:.:.:.:/././.:/.:/.,ノ.;/l:.:;!.::l.ヘ;.:.:.ヽ,:.:.:.:.:.:.ヾ,:.:.';   !
    ∧jハ.:′.:.:.:.:.′〃xfz左z,;,X, .j:/ !:;|:.:.:l.:.:.:.l.:ヘ.:.\.:.::.':;.:.';
    l.l.ヽ.:.:|.::::.:.:.:|{:.:.,仆乞芸て卞 >′l./j.:,リ.:./.:l.:.ヘ.:.::.ヽ.:.:.';.'|
    '.:.:.:;:升∧::.:.|.:.:{イ ,伐::::::斥′  ノクサトxj:.:.li.:l.:.ハヽ.:.';.:.:;.!
    ∨  !′l:.:.:|:.:.! 、辷ークノ     ケ云x.:ノメi.:/.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.!
.     ゞ、)l::.:.:ゝ:ヘ、:! `¨¨゙`     /.::ヌリケ;´.:;リ..:.:.:.∧:l.:.:ハ!       ……ネクスト戦役の元凶。
      'iーl;:.:.:.::.个`         匕゙.ノ_ノノ/!:.:.:.;/ レノ !
        l.:人::.:.:.゙l             ¨`て.._`V.ハ.:::/   !′        リンクス殺しのリンクス。
     _,、n<  '.:.、∧       c。   人__,¨\:l/
  イ´.:::.ハヘ '、l?∧          .,/: :.j  /}′             死を告げる黒いネクスト。
/ l:::::::.,  \ ´、?「>、     , イ´.  .:.イ´.:l.:.|
   j::::::::.ヘ  \  \ヘf>.ー イ. . . :<.:.:.:.';.:.:.:|.:|              それが、あのリンクス。
/¨ ヘ:::::..∧ /\` >ー<cハ. . . . . . .fヽ,¨ -ナヘ.';.:.:|.|
////∧::::..∧\/∧ Y∧:ll. . .,,..イ".ソ ',////,j.:.';.:.||
/V//,∧:::::..∧、/  >介イー"´ /.:::.∧//zj.:.:.';.:.|
j∧V//∧:::...∧  jメヘ__ -イ.::::::::::::.∧//j.:.:.:.';.|
j:iV∧//∧:::::::..\ ヽ´.:::::::::::::::::::::::::::::::::人/j.:.:.:.:';|





                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::     \
             / ;;;;;-──::::::::::::──-   \
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \        ……は?
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|       え、だって、行方不明だって話じゃ……
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈

561 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:22:56 ID:71lRP11A0 [19/46]

.     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.、:.:.:.:.:.:\
     /:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:. |:.:. | : l:.:.:.:.i:.:.:.:ヽヽ:ヽ
.    i\:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:./:.:.:/:.:.: |:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:i ヽ:.:',
      |:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.i:.:./:.:.:.:. i:.:.:,':.:.:.:..|:.:./|:. |:.:.|: |:.: |: : |  ヽ:i
     |:.:.:.:.:.\:.:.|:.:/|:.:.|:.: |:.: i:.;:‐7|‐二|メ|:.:|:.:|:.:.||:.:.|   ヽ
.     、\:.:.: ヽ|:/-|:. ! : |:.: |:.: /x 斥 |/ {:/|: !:.: ||:.:|
     ゝ:.:.\:.:. |{´`l:.:|:.:.:|:.:.|:./ヘ {::リ/ 〈/ lイ:.:./l:./
      |\:.:.:\:|\ ゝl:.:.:|:.:.|/   ゝ'  \ |:./ レ′
      |:.:.:.:.ヽ、ヽ:| `!:ヽ:|、|       / レ′         それはただの公式発表だよ。
      |:.:.:.:.:.:.:.\/  ‘, \\    ― ´
      |:.:.:.:.:.:.:.:. |   ヘ:.:.:.ヘ    /               現実は、まったく同じ声をして、同じ動きをするリンクスが
      |:.:.:.:.:.:.:.≠__   ヘ:.:.:ヘ ―‐´
      |:.:.:.:.:. / `ヽ、≧ュ、_ヽ :.{                   ランク1として君臨している。
      |:.:.:.:.:.:|::\   ≧ュ、`ヽヽ
      |:.:.:.:.:./::::::::\     \l┤                  企業とあいつにどんな密約があったのか知らないけど……
      |:.:.:.:/:::::::::::::::::\    ヘ{ ヽ、
      |:.:.:/:::::::::::::::::::::::::\   |\ ゝ               ネームレスは、ネクスト戦役の元凶と同一人物だよ。間違いない。
      |:.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::l` ̄ 7  ヘ´ヽ
      |: i::::::::::______|  ,′   ヘ::::i
      |: |:::::l´::::::::::::::::::::::::::\ \   ヘ:|

562 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:23:57 ID:71lRP11A0 [20/46]

                         ,――==―
               , -‐…‐-=-...ゝ/:./__´_
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:__:.:.:.:\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽヽ:.\
        //:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.l:.:|:.ヽヽヽヽ:.:ヽ\:.:.ヽ\ヽ
       i./:.:.:.:.:.l:.:|:.:||:./|:.ハ:.:i、i、i:.:i:.:l:.i:.:.i:.:.:.:i |:.i
       ||:.|:.:|:./圦斥=≦ .|≧云トl:.:|:.|:|:.:.|丶:| .|
       ヘ|:.|:.:|:.|/r爪:个  .´{:::。:メ,|/:.|:.:|:.:| .i:.:|
       ヽヽ:.ヽゝう:::::}    b_::7〃l/:./|:.:| |/        私がリンクスになった時、同期が五人いたの。
            小、ミゝ…´   `¨‐‐//;,l/|:.|/:|/
          |:.:ゝ       `  //:.|:.:.:|/::.|          でも、その五人の同期は全員、同じリンクスに斃された。
          |:.:.|ヽ、  -‐‐  ,∠:.:.|:.:.::|:.:.:|
             |:.:|. |> 、 _ イ  |:.:|:.:.:.:.!:.:.|           私も立ち向かったけど、相打ちにも持ち込めなかった。
          |:.|/|――, ― |、 |/:.:.:.:.:|:.:.:!
        ,、r´:|:::| ヘ  /><l l ヽ|`ヽ:.:.:|:.:.|           精々、こっちが戦闘不能になる頃にはあっちが弾切れになったくらい。
     ,、r::´::::::::::::::| ヘ、/ 只ヽ|  ヽ:::::::`ヽ:.!
  ,、r::´:::::::::::::::::::::::::::|  .ヘ /||ヽ |  ヽ:::::::::::::::::`ヽ
 |:::ヽ::::::::::::::::::::::::::r L__lヽ‐‐‐yヽ/ `ヽ、:::::::/|
 |:::::::::\:::::::,、r ´   / ヘ:::::::::|  `<   `ヽ/::::|
 |rヽヽ:::::/     .<   丶:|   ./     |::::|}

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「それが私が君を拾ってリンクスに仕立て上げた理由。
戦えない私に代わって、正体を隠し反逆者からIGIOの番犬に戻ったノーバディを斃す。
大分身勝手ではあるけどね、私はもう、自分の手で決着をつけることはできない。
だから、私の分身と言っても過言じゃないマーシフルを君に託した。
その機体で奴を斃すことが、みんなへの弔いになると信じて」

なのはが冷たい目をして言った。
やる夫は気づいた。なのはも、自分と同じだったのだ。
自分はいつも、なのはは常に勝利し、勝ち取ってきた人間だと思っていた。
ネクスト戦役の英雄と讃えられ、失ったものなどないと。

だが、違った。
やる夫も、なのはも、あの黒いネクストに大切なものを奪われた人間だったのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

563 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:24:26 ID:71lRP11A0 [21/46]

             -― -
          /:::::::::::::::::::::::::\
         ∠ ―― -   :::::::..   __
      ィ::i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、 l /r―― =‐、
    /::l::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::' ̄ ̄ ̄`:..、
  . /l::::::l::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ `ヽ、:::ヽ
  /::l:::::::l::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::ヾ:::::l
 . {:::::l:::::::l::::\/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::lヽ::l
  l::::::ヘ:::::::\/::::::::::::::::::::::::::i::::::i::::l:::::l:::::::::::ヽ::::::::l::::::::l ヽl
  l::::::::::ヘ::::::/::::::/:::/::::/:::::::l::::l::l::::l:::::l:::l::l::::::l:::l::::::l::::::::l |
 . l::::::::::::ヘ::l:::::::l::::::l:::::l:::::::/:::://::/l:_/l_」_l、:::l:::l::::::l::::::::l
  ヽ::::::r‐‐|::::::l::::::l:::_」::-r‐:/7フ´「/ .l/ォミ:::l::::l::::::l:::::::l        
  . ヽ::{  l:::::::l:::::l:´::l:::/∠ ニ=ミ  チ゚://::/ /:::::イ::::/
    ヽ\ ヽ:::::l::::::l::::<´,イ  ,リ   .ム//;イ:::/::::/.l:::/          
     ヽ:>ーl\{ヽ{ヽ{  辷z/     l'//::/l:::/ l::/
     V  .l::::l` `            v':// l:/ l/            
   . r,/   .l::::l            _ /l:::l:::l /'
   /〈 ヽ、  ヽ:ヾ 、       ´/::::::l:/:::::l
  ./  \ ヾヽ、ヽヘ/` ┬-....´:::::::::/'::::::::::l

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「あいつだけは生かしておけない。あいつはどんな形であれ、伝説になった。
私や私の友人たちは、あいつの伝説の一部として、やられ役として
後世に残り続ける……それだけは我慢ならなかったの」

「……やる夫に、あのネクストを討てって言うんですね」

「そう。これは極めて身勝手で個人的な、弔い合戦なんだ。
……嫌になった?」

やる夫は首を振った。
黒いネクスト。小さなやる夫の手からすべてを奪い去った黒い鳥。

これだけは言えた。
ここで逃げるのは、間違いなく人生における敗北だ。

自分の全てを奪った人間を目の前にして、決着もつけず、逃げて隠れて
怯えて生きる。それは間違いなく敗北者の生き方だ。

そんなのは絶対にごめんだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

564 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:24:40 ID:71lRP11A0 [22/46]

      ___
     /::::::::::::::: \
    /::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::   \     やる夫は降りる気はありませんお。
. |:::::::::::::::::::::::::::(ー) .  |
  \    (__人__) .  /     ネクスト、ノーバディ……必ず斃して見せますお。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ならば、自分にとってはなんなのか。

これは過去との、ひいては自分の運命の清算だ。

やる夫は、自分の中に芽生えた暗い炎と向き合い、その名を知った。

憎しみだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

565 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:24:55 ID:71lRP11A0 [23/46]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

566 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 21:32:38 ID:dmQfk3oE0 [2/2]
やっぱミッション説明はエロイベが1回あるかないかぐらいのサブヒロイン武蔵さんじゃないと駄目だな。

567 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 21:41:52 ID:71lRP11A0 [24/46]

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |      やる夫はともかく、マーシフルがあそこまでやられるなんて……
      \           /
        /         \       一体どんな奴なんだお、あいつは。
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
機体の修理にかかる時間は一週間だと言われた。

まあ、ほとんど半壊に近い形に持って行かれたのだ。
コックピットが無事だっただけでも良しとしようではないか。
何より、あの男に家族のみならず自分まで殺されたのでは死ぬに死にきれない。

しかし、一週間という期間は決して短くはない。
腕をなまらせないためにも、誰かにシミュレーターで相手してもらおうか。

ランペルージ夫妻や知り合いのリンクスに頼むのもいいだろう。

一日くらいは息抜きをしてもいいかもしれない。

さて、どうしようか?

下↓3 誰に会いに行きますか?
・なのは
・ルルーシュ
・アリス
・シグナム
・ダージリン
・リエラ
・まだ見ぬ誰か
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

568 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 21:45:16 ID:vRJcEW1E0
アリス

569 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 21:46:04 ID:U4mEKvo.0 [2/5]
なのは

┌──────────────────────────────────────┐
│570 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 21:47:39 ID:z1mOH8720    .│
│アリス                                                  ......│
└──────────────────────────────────────┘

571 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 22:02:34 ID:71lRP11A0 [25/46]

           _
          >セ乞アト ニ _
       /..::.:.ヾごソ.::.::.::.::.::.`:..、
     / ^⌒^⌒^⌒⌒^丶、:::.::..\
      //    /          \::.::.:.ヽ
.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉        はあ……私もあまり暇じゃないのだけれど。
    |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |
    レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |        貴重な休暇をあなた相手に費やしてるのよ、分かる?
.      |  ト  __      /|    |l      |
.     |   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
.     /|  r‐ヘ    jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\
   ./.::.::| ノ  |   Г|ノ厶l/   ,  /.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.>`ヾ
   ,∧::.:〈 ̄ト‐┴√| ト、__/  /「`7.::.:::/L. -― __ ――〉
  ,イ⌒ヽ「\l   /  ノ.::|/ /}   /.::.::.〈ー―::.:: ̄::.::.::.:.::/
 /   /^Y⌒ト-イ ̄厂〉 イ ̄ , /.::.::.::.::〉::.::.::.::.::.::.::.::.:/\
./   /  ト--rヘ_r-イ/ j|  / /ニニ二/.::.::.::.>‐[}‐く \ ヽ
’  /  ∧ | | | /|\_/..::.::.::.:/l::.::.::〈〈__ノ八_〉〉 lヽ. `、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスに連絡を取り、ブライドル本部で落ち合う。
世間話もなしにシミュレーターへと連れていかれると、問答無用で徹底的に
叩き潰された。

十戦ほどしただろうか、一本も取れないままアリスとのシミュレーションは終わった。

「あなたはマーシフルの機動性に頼りすぎね。
適当にクイックブーストを吹かしていたら避けられるものも避けられないわ。
まず、弾を避ける時は弾道を読みなさい。できることなら相手の射線を
意識してクイックブーストすることね。ミサイルは引き付けてから躱す。
マシンガンとかは避けてたらキリがないわ。PAで防ぎつつ反撃なさい。
こんなところね」

アリスは口の悪さに反してとても丁寧に教えてくれた。
自分がオルデンブルクに与するとは限らないにもかかわらず、だ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

572 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 22:08:14 ID:71lRP11A0 [26/46]

                    -‐,コf7{{辷fリノヘ,
                  /  __{仏:'/:`¨:^三≧,
                   /:7://:::::::_:_彡'^¨⌒丶
                   /    }:厶:/::∠}厂     \ \
               /  ____」水くフノ^´  .′    丶  . 、
                 /  /::/ 7::/∧:}   /, //! .     . }  l i
             /   \V介{:し:ノ |十-Li     j/ }  ハ|
               /    // |:トf    |i_」土z,\ ァィ/ / }
           //   // i |:| 丶  个i、 炒`  '仞/}}j/
  ‐= _     /    〈/   l |:|   `ト .   \    〉i{ {{           ……ま、楽しかったわよ。
     ̄≧=-く 、         八l」  l八 `¨⌒ _, イ八}}=-‐
 ___,≧ニニニ≧x )\ // ヘ  个ヘL_   ´/厶'′           「何か言ったかお?」
二ニニニニニニニニニニ≧x彡'ヘ   「¨::7了f千{≦=―-
   _厶三ニニニニニ>=≦ヘ乙1  |:::/r介ハi| トく,⌒´            なんでもないわよ。
_ -=ニ=‐ァ=ニニニニ/::::::::::::::::::\)  l⌒レfじヘ |i:::::マ⌒ー ァ
ニ=-_厂/ニニニニ/ ::::::::::::::::::::::::::::ヽ, |  〈∧〉}八:::::\^´           って、もうこんな時間じゃない。
// _,厶イ/ニ>'::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ八/丁「/f刈〉::::::::〉
′_彡 7/八lト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ, 〉/ /`辷八::::::/
〃    / j八::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉:::\ {  {  }}:::{
  /       介x:::::::::::::::::::::::::::::::;/:::::::::::::マハ_ } {じく\
  :      //  'ヘ:::__:::::::::::;厂:::::::::::::::::::::::\廴} ノ乂)) :.
  i/   /  八//〃介tx:/^、:::::::::::::::::::::::::::::::::⌒iリ:::「´  li
  |     :  { }/ ,:::{乂_)リハハx::::::::::::::::::::::::::::/仆i:ト  八,
  |\   ト . { / /::////:/   }ハ〉:::::::::::::::::::::く乂ノリ八ハ/   \
  |  丶 | \! /::〈/〈/:/    ,ノ::::::::::::::::::::::::::::::::{:{:::::::〉、     }

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
シミュレーションルームからエントランスまで戻ると、
ガラス張りの壁の外は真っ暗になっていた。

星は見えない。やる夫は星を見たことがなかった。
それは別段珍しいことではなかった。
だが、どんなものかは興味があった。

不意にアリスに肩を叩かれた。

「ねえ、あなた、機体が大破してて出撃できないんでしょう?
だったら、私とシグナムが住んでるコロニーに来ない?
トウキョウに戻るよりも、そっちの方が近いわ。今日は泊まっていきなさいよ」

予想外の誘いにやる夫は戸惑った。

慌ててなのはに連絡を取るが、「やる夫君も隅におけないねー。
いいよ、行ってきて。どうせマーシフルは修理中で動けないんだしさ。
あ、ちゃんと責任のある行動を心がけてね?」などと言われてしまった。


下↓3 どうしますか?
(次の選択肢がシグナムかアリスに限定されますが、追加で好感度が上がります)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

573 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 22:09:51 ID:U4mEKvo.0 [3/5]
行く

574 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 22:10:59 ID:TNmz0HYU0 [1/2]
行くしかない

┌────────────────────────────────────────┐
│575 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 22:11:50 ID:md6PyABs0 [1/3]   ..│
│行く                                                         │
└────────────────────────────────────────┘

576 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 22:17:51 ID:71lRP11A0 [27/46]

     ____
   /      \
  / \    / \
/  fてハ`  ィて刀 ::\        ……行くお。それが、やる夫の権利と義務だと思うから。
|      (__人__) :::::::::::|
\      `^´  :::::::/
/     ー‐    \





                ´     (_/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/)-′  `
             /       γ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/)`        \
                        _{/:i:i:i:i:i:i:i:i:iメ- ′           \
           /          (_7:i:i:i:i:i:i:i:i:/}       ,
.          /          (`{:i:i:i:i:i:i:i:/ノ  :/    /:.    `、    `、
         '          (ヽ:i:i:i:i:i:i/)   ;′    ′:.     :',    ',
               _、‐'' >┐r‐ ミ=_    | :     {: : : :   ',  i:.     }
        ;′       /ニ/ ,イ{:{: : : \\ |.: :    {: : : : :.   ',:. }:ヽ: :  }
       ;′  /   \、__//  '、:     > ヽ: {: :.   { i:i: : : :   }: :}: :i: :  /
       ;′ : /   .:|  >-/:  ハ\_/ /ji :{!: :.  {:从 : : i: : :}: :}: :}: : ./
       ;′. :/    : l  /ニ':   { : }\彡': : ハ |\: : |_j -\ハ: /ニハ: i: :/
      ;′: /   .: : j  /ニ'{: :. :i : }ニ} .: :/   \ ' ´-‐‐   j/rォ }/|/
     ;′ /   . : : :;′/ニ':.{: :  :{: :iニ}: .: /l   / ,斗f坏、   {リ!         変な奴ねえ。
     ;′:/  . : : : :;′ iニ|: {: :  :', ニ}: : ji|  イ  辷ソ    \
    ,′/  . : : : : :;′. :|ニ|/{: :.  : :,ニ}: : ハ|/)/ )           /        それならついてきなさい。
.   /: ,:′: : : : : : / .: : レ': :,: :i:  : ∨、 :|/ / /           ,
  // . : : : : : : / . : : : :/ : : ', :l: : f rⅤ / ,:´ ,... --、   / _         輸送機に乗ってくわよ。
 /  . : : : : : : /. : : : : /: : :/! l: :. : 、.∨ /  { / r‐―'   '´'"_ \
    . : : : : : :/: : : : :,.:': :/:i:i:i| :l: : : :}      `~  {    ///``ヽ、ヽ
  : :_____: /_: : : :./ /(_\:i:i:l :l: : : ',           ' ̄ ̄i l{´ , -- ,.. }
  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}h、ヽ )  `(\l :l: : : `、       ∨: } | ゝ'  __   !
 :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\⌒) `(| :|: : /(`\         ∨j {  } r'‐…'   ,
 :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`、⌒)  | :| : { \. `、      }/,ハ. Y! ー‐
 :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ⌒) | :| : {   `ヽ}     / 〉ゝ| /`¨´  /

577 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 22:18:07 ID:71lRP11A0 [28/46]
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

578 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 22:26:27 ID:71lRP11A0 [29/46]

               /: : : : : : /: ; =ミ: : : : : : :>x ):}
              .:′: ;厶イぅ:/: : : : : : : : : : :=;彡ム:ヘ
              /:r 彡:代=Lイ: : : : : : :/: : : : : :}: : : : : :‘,
             /.: :.:| 「: :〃: /:/: : : //: : : /: : : /: : : : : : : :',
            /.:.:イ:ィL.レイ{:/:/:  ̄イ7: :ァ-ィ: : : ;イ:. :. :} : : i: : :.
          厶彡: : : : :〃:∧;.イ: :/}「芹卞:ミ7: : :/ ムL_:/: : : |: : ト
       /ィ: : : : : //: / ヘ7:ィ:1`辷ソ_V/7'ィfrz:/; : : : :|: : |ヾ:、
.     ///: : : :/ .:':/| { Y人!:| .:.:::::. /′´ 以ノ/:/: : i.: :|: : |  \
   // ,.:′:.;イ  /:/  Li」 jハ小|       〉::.`7イ:1 : : |: :ハ : |    ヽ
  .:′′.:′.:// 〃'       ノ }ト!   ー _    彡: : : /!/ }: ;
. //  /: /.::/  〈r≦- ̄` K==:L\   `   .:イ: :/: : / j′ j/        おお、やる夫君ではないか。
.《:{  //.::::::′  7.:.:.:.:.:.:.:≫x.>、   `7<    .:.:/: : / /   /
 ヾ:v'.::::::::::::::{   .′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|  \/::::::|{   /イ.:.:./ /  ,′         マーシフルが大破したと聞いて、心配していたんだぞ。
  /: : : : : .:.:ハ. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l|    ヾ:::_廴./ |.:./. ′
  .′: ; : : : :. :.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.└- _   ヾ辷x 厶′              怪我は……なさそうだな。それならいい。
 {: : :/: : : : : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ/: : :.`: .、 トミス、
  Ⅵ: : : : : : r=≦.:.:.:.:.:.:...:√ ̄ィニ=ー-=ミ:フ⌒ヾ入、
  ヾ: : : : : 「 ̄: :=:彡: ´ ィ{‐"        く     v  \
    \: :.:.}: : : /イ //: : : : : : : .      ヽ   :.  .:ヘ
       ヾ'`ー "  〃 :/: : i: : : : : : : : : : : . . ‘, レ:´   ヽ
      /         〃:. トミ : : : : : : : : : : : :. v'.:′    ',
.     /      _」{:. :   \: : : : : : : : : : :,.ィ_:_. .. : : : :}ヽ
    /    -‐=ニ ̄{.:      `:ー-: : ァ≦:._Z=彡′: : : : ハ \
.    く        .:.:.:.ヾ:    r‐,     <了.: : : : : :_;/  }  ハ
.     ヽ             \   `    r::Y: `Т: ̄{     .: /  廴_
        \          ` ┐、    ≧!   ト、   v   乂:′    `ヽ
        >x           // `ヽ、   {  |ミ:x  「`彡ヘ       \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
輸送機二十五分ほど揺られた後、ハッチを開けて外に出ると、
見知らぬドックに降り立った。

見た目はやる夫が住んでいるトウキョウのネクスト収容基地に似ていた。
どこかにロストワードがいるのかもしれない。

整備員やスタッフに声をかけられながら歩くアリスの後ろをついていく。

「やっぱり、リンクスもコロニーで生活してるのかお?」

「いいえ、普通は企業が用意したネクスト収容施設兼リンクス専用宿舎に
住んでいるか、どこかに自分の家とガレージを持っているか、ね。
船に住んでる奴もいれば、地下に住んでる奴もいるわ。色々よ。
で、オルデンブルクは基本的に、支援リンクスにネクスト収容施設を内包する
コロニーに住居を用意しているわ。トウキョウの施設もその名残ね」

ドックを出て、少し歩くとシグナムに会った。
出会った途端に体の心配をされた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

579 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 22:27:28 ID:71lRP11A0 [30/46]

    ,イ 二二: :ヽ /: : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、 : : : : : : : : : : : : : : |
   / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ヽ、: : : : : : : : } ヽ : : : : : : : : : : : : |
    /: //: : : : !: : : : : : : : : : : :/: : : :ヽ: : : : : : :r-: }ヽヽ: : : : : : : : : : |
   /: 〃: :/: : /: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : /´: : |:ヽ: ヽヽ: : : : : : : : |
.  ///: :/: : / /|: ! : : : ! : : ヽ: : : :、: : : : : : ヽ-: : : }‐ : }: : :\\: : : : : :.|
 /  i: : :i: : :i: i: |: :|: : : :|: : \ \: : \: : : : : ヽ/: : : :,'ヽ : : : ヽヽ: : : : :|
   { : : !: : :| |: :!: :!ヽ: : ヽ: : : ヽ ゝ 斗‐‐: : : ‘,: : : ./| | i: : : / / : : : : |
   i: : l| : : | |: :', `ヽヽ ヽ ,斗 ´ _z,≠、: : : : : :',: : /| .| |ヽヽ// : : : : : :|
   |: :| !: : :|! | !| i !圷、: : ',  イ乏:::}/ヽ:ヽ : : |',: i:/ || | | ',/: : : : : : : :|       しかし、今日はもう遅いな。
    ! | ‘, |リ ',ヽ:| .!ヒリ ヽ ヽ 辷zシ   | ‘, | ∧、 |.| .| |: : : : : : : : : : :.|
    リ  ', l  ヽ: |. ! ,  \ヽ      | | .!: :|:/ ヽ| | | |: : : : : : : : : : :.|       来訪してきていきなりだが、今日は泊まるといい。
.       リ   ヽ|.ヘ ヽ   ヾ、     | | ヽ |、  | | || |: : : : : : : : : : :|
               \ ヽゝ      .| !   ヾ、',  `  || |: : : : : : : : : : :|       たしか、今は空き部屋がなかったから……
                |:\    ,  〃 _ ----、  | ` : : : : : : : : : : |
              | | .`- ´ ヽ /:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ | : : : : : : : : : : : :|
                 リ     /:.:.:.:.,:::::´ ̄ ̄ ̄ ̄:::::|: : : : : : : : : : : : |
                  /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::: |: : : : : : : : : : : : |
                  /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : : : : : : |
                  /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |: : : : : : : : : : : : |

580 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 22:28:55 ID:71lRP11A0 [31/46]

    /: : : __ -: : : : : /: ヽ: : : : : : : : : : : \: : : : : : : : :ヽ ヽ 、: :ヽ
   /: ://: : : : : : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : :ヽヽ:ヽ ヽ:‘,
   ///: : : : :/: : : : :i: : : : : : : : :ヽ: : : : : !: : : ヽ: : : : : r´: /: : : :\\
  / /: : : :/: :{: : : : :!: !: : : : : : : : : : ヽ : : : }: : : : :',: :__/` /}: : : : : :\\
   /: : : /: : :i : : : : |: :',: : : : : : \: : : ヽ : : |: : : : : i´: :/´: : i: : : : : : :/ /
   i: : :/!: : : i : : : : !: : !: : :ヽ: : : : \: : ヽ 斗 : : : : }rヽ: : : /: : : : : //:i
   !: :/ |: : : :| : : : : |: : :|: : : : \: : :才´: :i: :||: : : : : i  ',: :/、 : : //: : : |
   ',: { !: : : :!: :|: : ┼-- 、: : : : ヽ´: \   ,〃: : : : }  /:/ヽ__/: : : : : :|
    Ⅵ |: : : ||',: :!、: : i ', | ヽ: : : ヽ ー‐≠´ | : : / | /:/: | |: : : : : : : : : :|         そうだな、アリスの部屋に泊まるといい。
      ! : : | !:i: :i\ ヾ≠" \: : : \      }: :/ /: : /!: | |: : : : : : : : : :|
      ∨: :| ',ヽヽ! \ヽ  ,   ̄ ̄      i / / / | : | |: : : : : : : : : :|         君のことだ、変なことはすまい。
.        ∨ | ヽヽヽ: :| `ヽ ヽ  _      |/ / |   |: | | : : : : : : : : : |
       ヾ、 \`ヽ| : ヘ、  ヽ ノ    イ: / |   |: | | : : : : : : : : : |
               ヽ! !: : :{ >      イ //  |、   | | |: : : : : : : : : : |
                 ',: : i    > <  〃  / ヽヽ.| |__|: : : : : : : : : : |
              ∨ {      /   / - ´   /:.:.:.| ヽ、 : : : : : : : : :|
              ∨|   // |/      /:.:.:.:.:.:!ヽ  ` ̄ ---__l_
               ヾ、r /:.//:::/ヽ    /:.:.:.:.:.:./:::::::::::`::::ヽ‐ _   ` ヽ、
           ,、r ´-‐ /:.:.:./ /::::/  ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ヽ::´::::ヽ
           /|::::´::::::::::::/:.:.:./ /::::::|  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::\





           /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;       シグナムの部屋に泊まるといいわ。
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;       どうせ一人なんだし、ちょうどいいでしょ?
      /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
__ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /| /-ト─--' ̄\/ |ヽ;;;/  | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ /;;;|/;;;;;;;;;;;;;;;/》/    \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;| |;;;;;;;;;十、/ヽ-へへへ/ ̄《/;;;/;;;;;;;/;;;;;;;;;;<´| ;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;/|´ 《ミY≡》)    《/;;;/;;;;;∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈 ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;レ/;;/;;;/   ゞ===゙´    《/;;;;;レ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;/|/   |;;;;∧__{;;;;|;;;;;/)          《/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
//    / ヽ/く;;;;;ヽ |;;;;|》     |/   /  《/;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  |   /   /  ヽ;;;;;;;;;;;;;|》ヽ  |   /   《/;;;;;;;;;;/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈

581 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 22:32:41 ID:71lRP11A0 [32/46]

                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、       ちょ、ちょっと待ちなさいよ。
      // 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ
.     // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//       どうして私の部屋に泊める気満々なのよあなた!
    //   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1
   〃   _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|       どうかしてるんじゃないのぉ!?
.  〃  .//⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!
.  〃/ 〈〃::::::ヽゝン⌒    ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\ト
. / /  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\
 /   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||::::::::::::::::::::::::l
./.._ 、|__::::::::::::::::::::::ヽ__,. -< ヽー"' ||::::::::::::::::::::::/
 l:t- 水ー::l:}::::::::::::::::::::ヽ \ ` _>--ハ才1:::::::::::::::/
 |:|/ィ|トヽ:l:l::::::::::::::::::::::::\ へ__> ヽ   |:::::::::::::/





                       _
                     /: : : :ヽ
                     /: : : : : : : :\
                   /: : : : : : : : : : : : ヽ
                    .: : : : : : : : : : : : : : ----`===、
                    /: : : : : : :,r==≦: : : : : : : : : : : : : >、
                 ,′: : : //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : _\___
              /: : : :// {: :l: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : /: : : :.\
                /: : : / /: : :.lヽ|: : : : /: : : : :/: :/: : : : : :/: : : :ヽ: :.ヽ
                 /: : :/ /: : : : : ,|: :|: : : /ヽ: :/: :/: : : : : : :./: : : : : : lヽ: ‘,
            ,': : / /: : : : : :./ト⌒: :./: :メ / / /: : : : : : /: : : :/: :l: l ‘,i
            /: :./ {: : : : : :.//ヘ l: ://斧心、 / /: : : :./ /: :./l: : i: |   ', }
             /: : : \ヽ: : : / /| |ヽ ,': :.:|ゞシ  }イ: : : , ≦斗-/: :l:/: :.|   ij
              /: : : : : : ヽ ヽ/ //l l ',i/: : :| ///  /: :/ん'》/: : : /: /}:.!   |
.            /: : : : : : : : : :l ヽ〃| | ||: : :.|    // /// /: : : : : / i l       なっ……だからといって私の部屋に泊める気か!?
           / : : : : : : : : : ¨   | |  !: : :.!  /___ ´ イ/: : : : /   リ
.          / : : : : : : : : : :/.    ^   r',: :| \   ,イ  /: : : :/            あのなアリス、私だって女なのだ。
         /: : : : : : : : : : /  ..< ヽ/ ̄ヘl ` ≧´ \ /_/
.        /: : : : : : : : : : :イ     :/: : : :l ヽ /-ヽ   l: :l--- 二二}         流石に殿方と、その……
       /: : : : : : : :イ:.:.:.:.:\>:.´:.:/: : : : :ヘ/、:::::::::∨l: : ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヽ
.     /: : : : : : : : ,'、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : : : ヽ /::::::::ヽl: : : :ヘ:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.i       「あなた今変なことはするまいとか言ったでしょお!?
.      /: : : : : : : : : /∨:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:/: : : : : : : : : :ヽ---- l: : : : :',:.:.:.:.:.::/:.:.:./
     /: : : : : : : : :.:/ ∨:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:`:.<: : : : : : :ヽ: : :.l: : : : :/:.:.:.:.:ヽ:.:.:/        ならあなたの部屋でいいじゃないのぉ!」
    .: : : : : : : : : :/   }:.:.:.\:.l:.:.:.:.:.:.:._:.:.`:.ヽ、: : \: l: : : :/、:.:.:.:.:.:.‐∨
   ,': : : : : : : : :./    i:.:.:.:.:.:ヽ〃: : : : : : : :/: : : \: : l: : : / ̄ ̄ : : : :.:‘,
    .: : : : : : : : :/     l:.:.:.:.:.:./: : : : : : : : : :≧---: :_:.\:/: : : : : : : : : : : ‘,
   i: : : : : : : : /      l:.:.:.:.:.{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ≧}____: : : : : : : }
   l: : : : : : : /       l:.:.:.:.:.!: : : : : : : : : : : :_: : :≠ ̄: /: : :.o: : : : : : : :ノ
   |: : : : : : /        |/ ‘,: : : : : : : : : : : o: :/: : : : {: : : : : : : : : : :〃
   |: : : : : /           |: : : : : ヽ: : : : : : : : : : :/: : : : : :ヽ: : : : : :.≠ ´

582 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 22:39:04 ID:71lRP11A0 [33/46]

             ノ!
            , ゝi'´ ̄ ̄` ヽ'"´` 、
             / ,  , -    _  ヽ   ヽ
         / /,'l {   `ヽ 、 ヽ  }  l
         / イ{ ト、|゙、 .| {.,i、) .}l .} ミ》   |
         レ!小l◎ ヽトi`◎ | .i彡!!゙;  |
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂.|ノイノ"|  |    ギャース
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   | lノ⌒i  |
      \ /  | イ>,、 __, イ| l_ /  |
         く  N  `l l l. レ レl  / | ノ
         \/::::::` = O = ´ヽ/





                  _ _
              ,....'´::::::::{@}::ー、
           イ:::/ ´ ~ ̄~ ` \
          //::〃 i ,ハ   /ヽ、 ヘ
.            |∞:i l lレ\ ヽノ /} !`lコ
.         〔人 } ぃ○    ○小iVヽ      ブィーッ
          |!  i、⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
        _| i⌒ヽ j        ノi|__/⌒)
       /:: ;;| ヽrriヽx>、 __, イl |::::ヾ'/
.         ⌒⌒| ∧ニ,ヘ}:: { 薔 }:: :l| |',:::::ハ
          | 〈:: :: :ッリ :::∨:: :: ::|i/:: :/'´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
二人は廊下のど真ん中で言い争いを始めてしまった。

やる夫を泊めようにも空き部屋がなかったらしく、そこでどちらかの部屋に
泊まらせるか口論になっているようだ。

なんと言えばいいか分からず、やる夫はこう口にした。

「あの……別にドックの床でいいですお。堅い地面で寝るのは慣れてますお」

すると、二人は更に躍起になって、どちらかの部屋に泊めようとしてきた。
アリスは「そんなこと言われてはいそうですか、なんて言えるほど冷血女じゃない」
と怒り心頭になり、シグナムは神妙な顔で「そうか、なら尚更だな。
アリスのベッドを借りるといい」などと口にするものだから困った。

「そうよ、あなたが決めればいいんじゃない。
どうするの? 私か、シグナムか、どっちの部屋に泊まるかあなたが決めなさい」

「いや、でも」

「さっさとなさい」

どうやら拒否権はなさそうだ。
ここは……

下↓3
アリスの部屋にお邪魔する
シグナムの部屋に入れてもらう
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

583 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 22:41:36 ID:TNmz0HYU0 [2/2]
アリスの部屋にお邪魔する 好感度バイブッシュだw

584 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 22:41:58 ID:md6PyABs0 [2/3]
シグナム

┌────────────────────────────────────────┐
│585 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 22:42:22 ID:U4mEKvo.0 [4/5]    │
│アリスの部屋にお邪魔する                                           │
└────────────────────────────────────────┘



586 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 22:43:32 ID:71lRP11A0 [34/46]

                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´                 「アリスの部屋がいいお」
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´      そうそう、そうしなさ……は?
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `
    .// // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /´// / /|::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
    // /  // ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ、
   .{′ /  //  / | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )

587 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 22:45:42 ID:71lRP11A0 [35/46]

 | : : :/ /: : : : : //: {: : :/: : :/: : /: : :/ : : /: : :/: /: : : /!: : : : :!: : /:/: : : : |: : :ヽ: : :
 |: : / /: : : : : //: :|!: :/ : : /: : :i: : :/ : : /: : / //: : :/ i: : : : : }: /: / : : : : |: : : : i: :
 |: : ', {: : : : : ://: :| !: i: : /|: : : | ̄/` -/‐-/_/: : / ./: : : : /: /! ,'|: : : :|: |: : : : |: :
 | : : ∨',: : : : i i: : | | |: :/| ! : : |: :z=≠≦__ /`/、 /: : : : / / |/ !: : : ! /|: : : :|: :
 |: : : : ∨.', : :| |: : | |: / ! i: : | /ヽト′::::仍`ヽ  /: : : : /┼ /―┼-/:,'l |: : : :|: :
 | : : : :.:| ヽヽ.| |: :.| | i ヽ | | : | {  辷zzシ    /: : : : / ,≠乏テア: :/:/ } |: : : |: :
 |: : : : :.| : : ヽヽ : : | |/\ !: :!: |リ           / : : // 仍:ソ/} // / | |: : : !|: :       決まりだな。
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| ||: : |、:| ヾ、         /: :/    ヾ- // }: / / !: :/ }: :
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| .| : :.| | !: :!        //         ./: : /:/ .〃}: / i /       では、後は若い者同士で。
 |: : : : :.|: : : : : : : : .|  | : :| .| ', ',         /      !    ./ !: /   / /:/  /
 |: : : : :.|: : : : : : : : :L___|: :| | ': ヘ、      ', ̄ フ  ´   イ i /    //           ロートルは去ろうじゃないか。
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : : :,┴!|  ヾ、ヘ、            イ   〃    /
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : /:.:{ \     >         <    /                  「ちょ、ちょっと待ちなさいよぉ!」
 |: : : : :.|: : : : : : : : :, イ:.:.:.ヽ   ヽ、     > <
 |: : : : :.|: : : : ,、r ´  .!:.:.:.:.:.:ヽ    `ヽ、  {/ !` ヽ 、
 |: : : : :,、r ´      |:.:.:.:.:.:.:.:\      /ヽ ヽ ヽ ` ヽ、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
シグナムは「うむ、青春だな」とうんうん頷きながらやる夫たちに背を向けた。

二人取り残されたやる夫とアリスは、呆然と廊下に立ち尽くしていた。

「……とりあえず、部屋に行きましょうか。ここで立ってても寒いだけだし」

「わ、分かったお」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

588 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 22:55:16 ID:71lRP11A0 [36/46]

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :|:::::::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::: : : : : :  _,,-‐__二二二二二二二二二二二...._─-
 ̄丁丁 ̄丁~¨ ''ハ::::::::::::::|:::::::::::.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : _、‐'',、<⌒_⊥⊥ --‐┴─┴─‐-‐┴┴-⊥ -
. . .|. . |. . . ..|. . . . .|. ヽ::::. : |.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : / j/j >''~::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.⌒
_」--L__」__」─|.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : :/j/jレ'7´../|:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::_:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.           | | .|.. .|: : : :|.:.: : : : : : : : :  イ/jレ'´: :/: :/ :| : : : : : : : : : : ノ辷辷ミ:::::.:.:.:.: : : : : :.:.:.:.
.          | l. |.. .|: : : :|: : : : : : r─<>く /. . . ./. ./ : :|: :_:_: :_:_:_: : くソイこハハ:::: : :_: : :_:_: : ::
            | l .| . | \|: : : : : : ) ̄) ̄) //. . . ./. ./::::::::|::/ V  ',()V乂ノノ)Y)::::::/ V  ',:::
vhv       | l.| |   |\    ̄|¨:{ ̄. /. . . ./. ./::::::::: |::|__|___|:::7⌒とうノ(ハ::::::|__|__|::::
Yノノ        | l. .|.| \|       |. .{: : /. . . ./..../:::::::::::::|:::::::::┃::::::::::⌒辷乂ソ)り::::::: ::: ┃:::::::::
(¨)       | l. ..| .| \|\   \|. .{. /. . . . . . / :::: ::::::::|:::::::::┗┫::::::::::と% )'⌒:::::::::::::┗┫::::
ニニニニニニニ| l. . || \|\..     |. .{/. . . . . . /::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::‰&゜::::::::::::::::::::::::::::::::
¨¨¨¨¨¨¨rvニⅵ`ー‐┘ \|\: : .. \|. .}. . . . . . /──-√ ̄   ー- , :::::::Y&゜::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : rf廴うノ)    \|\. .    |. .|. . ../. ./: : : : _:_:| -、     /::::::::::Sソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    辷冖fソつ   : : ::|\: . \ {. .|. . /. // ̄     \    |::::::::::::::8:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    __|⌒Y(__)_ . . : : ::|: : : : : .  Y⌒V´\     __ -=ニ ___{‐-   _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
““”” ̄ 乂_ノ_丶、 : : : |: : : : :   |__|__/⌒'ー=''⌒_、<⌒  __ -  ̄    ̄  =-   __
¨¨¨¨¨ ̄ ̄___|   : : :|: : : :   /. .| ∨ニ=- _、<   ,,<⌒
¨¨¨¨j)辷辷=¬冖||     | : :    ,′. l. .∨./: : {   ̄~く´__                . . : : :
¨´ ̄:::.:.:.:.  ||   ||     |      ,′. . l. . ∨ : : |   : :|  ニ=-  __ . . . . . . . . . : : : /
:::::::::::.:.:.:.:.:.:...|| _,,|| --‐‐L  __   |. . . ....|. . .|: :.::|. . . : : :|. . . . . . . : : : :√  ‐-  _: : : : : : : : : :
--‐‐  '' " ~:...  ||       ⌒ニ=- .._ |. . .|:: : : |. . . . . . |. . . . . . : : : :/. . . . . . . : : :/~′‐-  __
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : . ||. .           ⌒ニ=-   |. . . . . /`i=-----=彡, . . . . . . ./ヘ. . . . . . . .
.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : : : . .                 ⌒ニ=- _|_ i      个=--=彡   ゝ. . . . . .
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .                : : : :⌒ニ=-   |      :  个=-=
.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .                : : : : : : :::::⌒ニ=-  __i_  |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスの部屋のドアを潜ると、そこには高級ホテルに負けず劣らずの
光景が広がっていた。

ベージュの壁紙には何かの意匠があり、テーブルや椅子は細かな彫刻が
なされた木製だ。ベッドライトは上品な薄明りだった。

「まあ、座りなさいよ。一応客なんだし、お茶くらいは出すわ」

アリスに促され、椅子に座る。

「なによ」

「いや、いい部屋だなって」

「ふん、女性の部屋に対して無味乾燥な台詞ね。入るのは初めて?」

「一応、二回目だお」

「ふぅん」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

589 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 23:03:12 ID:71lRP11A0 [37/46]

         ____
       /       \
      /   ―   ―
    /     ( ー)  (ー)'
    |         (__ノ、_,x ,--、
    \.       `ー<  ヾ zヽ ズズ…
____/       ー‐\/| |
| |  /  /            __ノ
| |  /  /          |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ.   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスが淹れてくれた紅茶はほんのりと甘くて良い匂いがした。

「はぁ、まさか初めての男の客人があなたなんてね」

アリスは溜息を吐きながらも、あれこれとやる夫のために色々と準備してくれていた。

「歯ブラシは……あった。タオルはこれを使ってもらうとして、
カミソリ……まあ、これでいいかしら。ねえ、何か必要なものはある?」

「え、いや、大丈夫だお」

アリスはこう見えて、面倒見が良いように思えた。
何の恩も義理もないやる夫に対して、ここまでしてくれるのだ。
その点にはとても感謝している。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

590 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 23:08:20 ID:71lRP11A0 [38/46]

           ___
         / ::::::::::::: \
        / '`'‐ .,__,. -''`'\
       / f'て::)`::::r''て:カ \
.      |    :::::(__人__):::::    |
       \   :::::::::::::::::::::  ,/
        / :::::::::::::ー‐::::::::::: \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「あれ、どこに行くんだお?」

「どこも何も、風呂だけどぉ?
一緒に入りたいとか抜かしたらひっぱたくわよぉ」

そう言い残してアリスは浴室へと姿を消してしまった。
引き戸の向こう側から衣擦れの音がする。脱いでいるのだ。

やる夫は硬直した。

まさか、自分にこんな場面が巡ってくるなんて。

そして一瞬、邪な考えが頭をよぎった。

下↓3
1.ちょっとくらい覗いても……
2.大人しくここで待つ。流石に失礼だ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

591 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 23:09:14 ID:md6PyABs0 [3/3]
2

592 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 23:11:08 ID:Zgq0czu60
2

593 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/07(金) 23:11:14 ID:U4mEKvo.0 [5/5]
2

594 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 23:17:07 ID:71lRP11A0 [39/46]

                 ,,              \
             /      ,               ヽ
                '       /            ‘.
           /:.:/   /      .:/   ,     ヾ
          ノ/  .:/.イ.: .i  ./     ,
 -――‐-  ≦  -=彡'  .圦  |  |、  {   ...:i u Λ
          `ーイ :i  {レΛ|  |‘. J  }   |  .| ハ
    し    J     ノ  | .:{  ̄}丁ヤT ト   /}  .|  リ .i |、
       _ -=ニ丁.:.: Λ x竓竿ミx Ⅵ / '´了}/イ:.. |\\
  ー‐ ''"´ .| .:.|:.i:.:l:....i:.:Λ  { 之ツ `  }/ ィ戎ミx |:  厂 ー―--            (流石に覗いたりはしないみたいね……
    \    | .:.:.|i:l:.:l:.:.:|:. |ヽ ‘. 、、       “゚- /`:.:. ./             ミ
      \  |.:.:.:.|l:l:.l .:|:.. l、 \'、      〉 ``/.:.:/ '/ > .,                元ストリートチルドレンだって聞いてたけど、
        \|:.:.:.:|l:l:.! Λ ‘,` .    _     イ.,:./イ \    > .,          ヽ
        `''< ̄`'くΛ ‘.   ` . ´ -`^ イ.:./ {  .:.\    廴 ≧、        l  普通に常識あるじゃない。
.、       } }          ‘  ‘,    ≧= ´ーへ   .ト- _.斗  ¨¨´          '
 \   { し        ‘:. ‘,ー-    ̄`  \ .l                      こんなことなら、最初からオルデンブルクで……)
   \ J          ‘   、           ヽ{    J {           /
    `    { ̄ ̄\   \:. \  J   .}    }           _..   ´
      `       Y    ヽ   \    し    -=≦三ニ==≦´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
今度は水音が聞こえてきた。
入浴しているのだろう。いや、当然なのだが。

やる夫は悶々としながら握り拳を作った。

ここで覗きに行くのは、部屋に入れてくれたアリスの、やる夫に対する信頼への
裏切りにもつながる。それは断じてよくない。

やる夫は鋼鉄の意思を持って、そこから動かずにアリスが出てくるのを待った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

595 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 23:21:01 ID:71lRP11A0 [40/46]

               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ         ほら、出たわよ。
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ          あなたもさっさと入りなさいな。
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
         ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! \
         ノ 〉:::| /:::: ̄`/:::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ
        / /::::::{ハ::::::::::/::::/::::::::/::::::::{::::::::::: ト、:::::、ー-ゝ  ',
         / /:::::::::::∧:::::::ヽ/_/:::/::::::::::::〉、::ト、! | \::〉    l
       / r'::::-::、:/ {:::::::/´::::`ヽ:/ ̄:「、 レ'  !  ハ !    !
      ,'_ノ_::::__::/ ノ:/::::::::::/::::::::::::::| }/|  ,' / l |   l
      lゞ//\〈//:::、__:/:::::::::::::::::::ノ  |  /! /  l ハ  /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
しばらくすると水音が止み、アリスが着替えて出てきた。

「なに正座なんかしてるのよ、もう少し楽にしたら?」

アリスが苦笑する。どうやら相当畏まっていたらしい。
とりあえずはお言葉に甘えて、風呂を借りることにした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

596 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 23:24:16 ID:71lRP11A0 [41/46]

                                                 |
                                                 |
                                          _,, :-:t!
                                          ヾ_/i:||
                ____                         |:||
               /      \                       |:||
             /   ⌒   ⌒\                         に|
            /   ( ○)  (○) \                       |:||
            |        (__人__)   |                   |:||     これはただのお湯……ただのお湯だお……。
            \       `⌒ ´  /     ∫                 |:||
            /´⌒` ̄  ̄ ` 丶'               ∫   rー{lll}':!
             |      _゙_ 、  \   ∬            '' ̄`i_:|
.      ⊂二二二二二二二二二 て   〉二二二二二二二二二二二つ |
        ヽ              彡'                    ,:'    !
         ヘ                                 /.    |
             ヘ                               /     |
           ゝ.__________________ノ     |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
バスタブに張られたお湯には、銀色の髪の毛がぽつぽつと浮いていた。
もちろん、髪の主はアリス以外にいないだろう。

やる夫は頭を無にして、入浴を済ませた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

597 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 23:29:42 ID:71lRP11A0 [42/46]

               ,,,_
            ∠てYフ大>、_
          //イ⌒⌒   `丶
         rくL/∠. /      ヽ  丶
         ゝ..水、j} i |   ヽ  i  、 ヽ
         }71|¨´| l、 i i i  i, |l l ト
         ,j:| |:|丶. ト、|へト. l l  从リ,i i !
        /|:| |:| . ヽ|弋歹ヽリ} ヒ炒}/.}ル
          / ` "ヘ\\ xxx  , xxx,,彡ル |
       /   /∧ ト_、.   _ / .{ |
..     /{  { /ムハ l  >z<ム} レ          ……寒いし、私もう寝るけど、あなたはどうするの?
 _> ̄   ̄ ̄/: : : ヘ Vく/7水{ソ j l、: :ヽ
  >     /: : : : : : :ヽヘ ´ |:|Vヘ/// ∨: :ヽ       「じゃあ、やる夫も寝るとするお」
<_/   .{: : : : : : : : : ヽY j」厂レハ {/!/: :ヽ
  ∠.. イ ィ/ゝ: : : : : :ノ: : : \ 〈Yフi}: }r//}: : /     ……床で寝る気?
     レ1′ | | ヘ: : : :'、: : : : : :\、V ノノ: :'r':/
      l | 、 トl、トヘ: : : :\:__: ィ-‐< ヘ__ノ´        「いや、そこ以外ないし」
      'i ト ヽ    ヽ: : : : :「 L  ゝ フ { 
       ゙ヽヽi     「 ̄ |  ̄{ ⌒ゝ コ ト 、        …………。
            .イ: : : :> フ_ フ 、{┴く⌒ヽ
            //: : : :/: : : : : :⌒<コエ>ェ、jェ7
        /: :/: : : : :∧: : : : : : : : :厂 {ソ⌒ヽ:::::`ヽ
       /: : : /: : : : /: :∧: : : : : : <  「ソ:::::::::::}:::::::::::}
        /: : : :,: : : : /: : /: ヘ: : : : : : }jノ´::::::::::::/:::::::::::|
.      /: : : : i: : :/: : イ: : : ヘ: : : : 〃::::::::::::::;イ:::::::::::::|
      i: : : : : i:/: /ヘ|: : : : : \://:::::::::::::::/-l:::::::::::::|

598 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 23:36:21 ID:71lRP11A0 [43/46]

                 _ _r‐ー―--
                  {f包ア}ヘ  Y⌒>ー、ヘ `   、
            、-<戈こィノ`゙"''= ,,  〉ー、ヘ   \
            /`ーヘノーヘノーヘ r<`゙"'' ,, 〉、ヘ   \
          ∠ノ`ー'^ー'^ー'^ー'^ー弋メ、r< ゙",,⌒>、ヘ   ヽ
         /        \     弋メ、r<",, 〈 ヘ   '
        . '        ヽ   \  、   弋メ、 ",, く_ 〉    l
        /   ′        '  ', l ヽ  ヽ    弋メ、,ィ==く     |
      ′ i |   {    | | | 斗- |、 ヘ    // 小ヘヽ  |
     |  l||  | '、    |  | イ´ |  | |  ゙, ヽ ゞ='仆='ノ  |
      | ||| l   \、  |/|/,,> チ衫 |i  |  |V⌒ヽ \  |
     |  ||ヽ  、\ ヾ  | _/〃ヽゞ'ノ/ ∥  |  | |'^ヽ| 、 ト   |
     ゙、 | |l  \ >ー\ ノ/    ^'´ /  リ /l ∥| 〉 ! \| \!                 言っとくけど、勘違いしないことね。
      ヽ !八  |ヽィ<fr;、´          / イ l l ; |' ノl   |\ |\
       l  ヽ ト、 \ヾ'j       u. /// / l / l´ |   |l  \ `"'' ー- .,,_          あなたが変なことするような奴じゃ
          X \ヘ ヽ          / ´/  ,′ .l  |  |    |\      `ヽ、
         / \ |  \   ,. -      /// /   |  |   l  l  l \              ないってことは分かったし、
            〃 |  | ト         /  /;′ | | | l  ',   `" 'ー‥‥- '´
            ″ |  l | \ _ _ イ   / /,イ   /|   !   |   l  ''                特別に許してあげるってだけ。
            ∥ | | |.   /ハ 爪7/ i'/}:|  '::|  |  ├…- 、\
            ∥ /| l | ,r/ l !r'小:ムイ':..::..::|  |:::|  li  |::.::..:... \ \
           ヾ/  l  l  l j:.ムイ,,ゞll:||/ ィ::.::.::.ヘ |/:|  |l  |::.:..:..:...  \ \
             /゙  |  l j.:.:..::イ;/.::i「||!  |:..::.::,:.∧∨ヘ  ヘ  '、::.:..:..:....   \
          /    ¦ l /:.::..::..:..:..f::}::|  |::..::..:f7::.l ヽ::..、  、 ヽ::.:..:..:..:...  \ 、
         il      ', .Y..::..::..:..:..:}::}リ|  |:..::..:{{|::.::ト、 \\ \  \::.:..:..:..:..:..:...ヽ\
         l|       ヽ/::..::..::..::..;{::!::..|  |:.::..::{{|::.::.::.:\ `''\  \  \::.:..:..:..:..:..:.\\
         |l       /::..::..::..::..:}::!::..::|  i:..::..:{{|::.::.::.::.::.:\ー―\ \  `丶、:..:..:..:..:.〉
          ヽ     /::..::..::..::..::{:.!::..:人 ヽ:::::{{|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::`" 'ニ=- ` ー 厶、
           \    l::..:..::..::..::..}:ノ::..:'⌒ヽ \{{|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: ̄`ー┬   \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスはぶつぶつと何かを呟くと、やる夫の手を握り、そのまま引いてきた。
よろめきながらベッドに倒れ伏すと、アリスはそっぽを向いて布団に入ってしまった。

「入るなら勝手にしなさいよ」

「いや、でも……」

「いいから」

やる夫は断り切れず、布団に入った。
流石に一人分のベッドだけあって、布団も小さい。
やる夫とアリスは背中合わせになる形で横になった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

599 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 23:39:43 ID:71lRP11A0 [44/46]

   >.:::::::\\,-‐┤|:::〈    >==
   >{x:>'⌒ヽ::ー┘レヘ ー<二二ヽ\
   ~′       ̄「l\|:ト、\\寸ニニ
.     \ \ \ マニソ:、\\ー‐ァ.:
      \ \ ',  )ィz\  ヽ \\/.::
     、 \i´\V阿;ハ,iハ  i  V.::::::
     \\ト ーjトゞ゚ィ^! i   |  /.::::::::
.    \  \! ーヘ    |i   .::::::::::::
.     \  \ ̄`     |||i|::::::::::         ……まだ起きてる?
    、 \><ァ 、     ノハ|||:::::::::::::
    \/`二ニ}ゞハ _  r'j_,  Ⅵ:::::::::::::
      \ <二アミ^. ___ . -‐个ト .::::::
   、\ ` ー- 、`ヽ.   |    ||ィ\::
.    \\「`ヽ. i  i   |     /! |::! (^ト
     | ー=ニ.i |  |  ハ   /∧∨\
     | i | | |  | / }  _」:L∧:.
      | |i i| | 八 ノ'  /::/::r‐‐ヘ::..厶
     ノ 川| |'  )   ⌒フ.::∧  ∨7

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
一時間ほど経った当たりだろうか。時刻は午後の十一時半だった。

「起きてるお」

「折角だし、何か話さない? 元はそのつもりであなたを誘ったんだし」

「話かお……なら、アリスのことを話してほしいお」

「私のこと? あなたも物好きねえ……ま、いいけど」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

600 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 23:51:08 ID:71lRP11A0 [45/46]

  く::ャ1/i     _」 L!L_j_  ! | i  / / _j_」 Lハ
   \;ィ个:   | i |_┼十_` tハハ/}/ 、、 jノ_,, i
   / //|i   l  、、    _,,      ,;來悉彩´1
     {:{ j:{    ヽ ,;來悉彩′             ,
   i j/ {:l    、\                厶'
   |   jノ    ヾ厂丶      `      / ,
   |   八  \ ` 、        _ _,       //
   | ′  ヽ.  ト  \             イ爪
   |/       ハ   '.\ :j`jr . _   _ . ´ _」{.| }
   i !      ,小   {  i !」≧ァ⌒7不ミ く7/,イ|
.   从 , -=ニニ=ミ  '. 川/《 (ノ ィ介x. ヾ> 》ハ
  厶イ/////////ハ (才7//777//イ//7ァ=/,{_j
//////////////∧ (>v/////// !///////人
////////////////∧ ト(>v///// }///////厂
/////////////////ハ '. `(>v/  ムィノvフー'
/////////////////}Z  r‐z_/{  _rヘV⌒L「{_r
/////////////////ヲ /》 `7:j⌒7 }:i   '/ ′

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「私ね、試験管ベビーってやつなの。父親も母親も顔は知らないわ。
生みの親は知ってるけど、もう亡くなっちゃった。
それからは、お前はリンクスになるんだ、ネクストに乗るんだって
ずっと周りの大人から言われながら育ったわ。
友達とか、恋人なんて以ての外だったわね」

アリスは懐かしそうに過去を語った。
やる夫はアリスの過去に親近感を覚えた。
特に、他者との関わりがなかったというところに。

「やる夫も似たようなもんだお。親は殺されてもういないし、
知り合いだってリンクスになってからの人たちばっかりだお」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

601 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/07(金) 23:57:20 ID:71lRP11A0 [46/46]

            }::::::::::::::广手エ广エ广エ广エ广心.: : :.    ゚。
          /((ニ){;イ攵ノ攵ノ攵ノ攵r癶、攵ノ}㍉.: : :.   ',
.          /刄ヲ弍彡'´丁¨}! ̄¨ゞ彡::::㍉}手ミ__}ノ.: : :.   ∧
.          }リソ/.    | |  |   ', 刄::::::::攵rミ{{≧====┐ :;
.          /イ | |.    | |  | i.  ,: :', 攵rミ:::::::::≧=== リ ∧
.           {リ | |:    | |  | ||.  ,: ∨: : ≫[>::::::::}===ミ.:. .:.∧
        /   | |:    | |  | リ;<  ∨.: : : :.',',ノ::/!::::::::\__}!   ,
.         '.   | |!     | |  i/! ヽ八} ',: : :リ:::::{ノリハト、>┘\ \
          {   | |!     | |/  ,斗芸、 : ∧: : \イ: : || \ \: \ \
        :    | |i!.:.. j!.:.| | γ{:;仞゚}ツ∨ハ. |.: : : :.》: : :{{  \ \ \. `         存外、似てるのね、私たち。
        ‘   | |i!.:..ハ.:.:| |  {! 乂;,イ  リ }!ト、 /': : :.乂_.  }  }ト,  \ \
        从.  |! i!.:斗Ⅵ八.     ′ /  ! !ハ/: : :.   }}  ヽト、 ̄.   \ \      機体も兄弟機だし。
         八.:.人. Ⅵ:ヽ ム、 ヽ    ノ   ! ! /{::\.: :  八 \ \\   /\ \
       /i . Ⅵ ヽ j`《刄         | | |::!\::\: : : }};   }  } }≧イ:::::::::::≧='    これも何かの運命かしら。
     /  |! . ∨ヽ \:ハ'¨ヽ '   __    |! レ'_:\___乂:::::ハ  ,《:::::::::::::::::::::::::
    イ   乂_ノ }リ` ー}/:}\   '      |! }::::::::::::ヽ厂´::::::::::}   }!::::::::::::::::::::::::
.          }X{ /   イ ,ヘ} > .        ! !イj:::::::::::::::::::::::::::::::::/ :i j!:::::::::::::::::::::::::
        / }リ{    / /ル    `  - イ| |八:::::::::::::::::::::::::::. /  リ /:::::::::::::::::::::::::::
.       /   レ:{  / /       .ノ 厂:::| |彡':::::::::::::::::::::::/イ/':::::::::::::::::::::::::::::::
.       {!   八/ イ       / /:::::::::| |攵r癶:::-‐=≦  / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
背中からアリスが離れる。
寝返りを打ってアリスの方に向いてみると、アリスも自分に向き直っていた。
やる夫は心臓が一際大きく脈打つのを感じたが、アリスはそうでもないようだった。

「ねえ、やる夫。私ね、実を言うと、恋とか友情とか、男とか女とか、
よく分からないの。私は愛を知らない。誰にも愛されたことはなかったし、
愛したこともなかったから」

アリスの手がやる夫の頬に触れる。
柔らかい掌は、少し冷たかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

602 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/08(土) 00:11:40 ID:Ufba34j60 [1/5]

. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /        なんてね、冗談よ。
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /           こんな美女と添い寝できてるんだもの。
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´               それだけでもありがたく思いなさい?
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !
.l }   /      /       /  /   ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスはくすりと笑うと、頬から手を放した。

「悪いけど、私、そんなに軽い女じゃないのよ。
それとも、期待してた?」

やる夫は顔を赤くして俯くことしかできなかった。
期待していなかったと言えば嘘になる。
だが、やる夫はアリスがまだ知り合って一か月程度の仲の男に体を許すような
女だとも思ってはいなかった。

「それなら、少しくらいサービスしてあげようかしら?」

「……アリス、楽しくなってきてないかお?」

「あら、よく分かったわねえ。あなたがあまりに単純なものだから、つい、ね」

アリスにからかわれながら、やる夫は目を瞑った。
流石に何時間も一緒の布団に入っていれば、少しは慣れる。

「いい加減眠くなってきたし、寝るお」

「ええ、そうするといいわ。おやすみなさい、やる夫。
戦場では大変なことばかりでしょう。私の部屋くらいでは、ゆっくり休みなさい」

アリスの意外なまでの優しい声色を聞きながら、やる夫は眠りに落ちていった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

603 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/08(土) 00:12:02 ID:Ufba34j60 [2/5]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

604 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/08(土) 00:20:59 ID:Ufba34j60 [3/5]

                           _ ______
                      ´.: : : : : : : : : : :`
                       l: : : : : : : : : : : : :i
                    i: : :○ : : : ○: :.|
                        |: : : : : : : : : : : |
                     j: : : -===- : :.i       ふふ、チミたちは忘れていたようだね……
               r―--┐     i: : : : : : : : : : : :l
              i: : : : : ',      ゝ : : : : : : : : :t´       このスレがエロゲであることを……!
                ',: : : : : i  , f: : : : : : : : : : : : : :ヽ
                \: : : :y: : : :Υ: : : : : : : : : : :y: : '..,
                ',_: :: :/  i: : : : : : : : : : : :l丶 : : :ヽ
                     ̄   l: : : : : : : : : : : .i  \ : : :丶

605 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/08(土) 00:23:37 ID:ipS.u.rw0
エロゲーか…エロはメインなのかおまけなのかが問題だ

606 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/08(土) 00:25:32 ID:Ufba34j60 [4/5]

                  . . .-─‐-. ミ
                     |: : : : : : : : : : `: ..
                     |: : : : : : : : : : : : /
                    }Ο : : : ◯: : : :,′
                   : : : : : : : : : : : :i         ま、さすがにR-18シーンはルートに入ってからだけどね。
                      { -===- 、: : :. :.|
                    〉: : : : : : : : : :ノ         あと、言っとくが>>1もそこまで性描写が得意なわけじゃない。
                  i: :`ニニニ´: : : : ‘,
                 __/ : : : : : : : : : : : : i         抜けるかどうかは保証しないぜ。
      ___        /.: : : : : : : : : : :‘,.:.三| 
     / :::: ヽ: : : :‐--∧_: : : : : : : : : : :./:|: : : |        >>605
     .′ :::::::‘: : : : : : }/∧ア´二二ヽ:/ | : : ‘,       エロゲーにおいてエロはおまけでもありほんへでもある……
.    ‘::::::::::::::ノ: : : : : :ハ \{/: : : :/⌒゙ヽ : : :‘
.       ゝ-=彡-──<¨¨゚‘; .: : :./:::::::::::::::} : :. :.|       シュレディンガーのエロだね。
                 \: :′:::::::::::/______」
                     弋:::::: /
                       `¨´

607 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/08(土) 00:26:14 ID:kRJ2jRlw0
今のところはまだギャルゲの領域ですな

608 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/08(土) 00:34:46 ID:Ufba34j60 [5/5]

         ,- ‐‐ - 、
       r‐イ: : : : : : : : :`,
      i /○ ○: : : : /   /` 、
       i_ _ _ : : : : : : :{    / : : /
       `,_ _`=-: : : :|   ノ : : /      それじゃ、今日はここまでだ。
       i: : : : :_: : : : :'y´ : : : /
       `-‐、´: : : : : : : : : /        次回ももうすこしコミュパートが続くよ。
            ノ : : : : : : : : i´
          / : : : : : : : : : :|          シーユーアゲイン。
           i: : : : : : : : : : : !
.          (`ー‐-  -‐ _}

609 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/08(土) 00:35:53 ID:EeSMuuf60


610 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/08(土) 00:40:14 ID:ysZnRWf60
乙でした


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する