へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)


クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第6回

503 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 20:58:55 ID:CXkutcd60 [2/28]

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||  、 - ‐‐ -,
 |:::::::::::::::|,´: : : : : : : : :
 |:::::::::::::::|゙i : : : :○ ○゙i      ハロー。
 |:::::::::::::::|}: : : : : : : _ _ _l
 |:::::::::::::::||: : : :-=´_ _,´
 |:::::::::::::::||___ : : :丿
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||



スポンサードリンク


504 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 20:59:21 ID:CXkutcd60 [3/28]

        、 - ‐‐ -,
       ,´: : : : : : : : :
      ゙i : : : :○ ○゙i
       }: : : : : : : _ _ _|      チミたち、現時点でどのヒロインを狙ってるんだい?
       |: : : :-=´_ _,´
      y' : : : : :_: : : : :i       >>1のおすすめはラケル博士だ。
     / : : : : : : :┌─┐
     i : : : 丶: :ヽ{ .茶 }ヽ      騙して悪いが三週目限定ヒロインなんでな、付き合ってもらうぞ。
     r : : : : :ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___ : : : :ヽ : :ヽ
     と_ : : : : : : ノ : :ノ
       ̄ ̄ ̄  ̄





                  ,- ‐‐ - 、
                   イ: : : : : : : : :`,
                      /○ ○: : : : /
          ┌─┐  i_ _ _ : : : : : : :{
          ┃茶┃   `,_ _`=-: : : :|      それじゃ、始めてこっか。
          ├─┤    i: : : : :_: : : :'
           ̄ ̄ ̄ー‐'' `-‐´ : : : : : :ヽ     キリト君!? とのランクマッチからだね。
     ハイドーゾ .  ゝ __ ,.. イ : : : : : : : : l: : |
                  { : : : : : : : : :|: :.|     
                ,、 '" : : : : : : : : :゙、:.ヽ
               ( : : :‐ 、 : : : :__,. : : :Y"
               ` ー‐┘ ̄‐〈_ ,,ノ

505 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 20:59:47 ID:bD/9.Oo60
ハロー

506 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 21:02:22 ID:Yvm5It5k0
今のところダージリンかアリスだな

507 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 21:03:28 ID:mVwto3Q20 [1/2]
へろぉ

508 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:08:49 ID:CXkutcd60 [4/28]

                 |                                            |
         _-─┷‐-__                                   __ -‐┷_‐__
         |_」」 ̄ ̄ ̄ |         _   _    _              |::| ̄ ̄___::::::|
       _,。s≦ _、+''"~ ̄_、+''"~¨¨|“¨¨¨ ̄   | ̄     :|~ ̄   | ̄ ̄   ̄| ̄”¨“ '' |ーL|__i|`'弌s。`'弌≧s。.,_
     弌_ ̄「「 ̄¨¨ TT冖冖¬|──── |-------|---──|────|━━━=|宀宀冖|二二丁 ̄_LLノ
  _ ‐  ̄__〕iト ̄ ̄\¨¨弋──-ャ‐‐‐‐‐‐‐‐ |‐‐‐──|───‐j───=ァ━━━ァ¬冖'''ア¨¨ ̄/ ̄  xヘ、
 厶=- ̄ /く|レヘL_-弌=ニ__\__\___⊥___||___/___/___>ァァァs。/--‐イ-ミ─r''´ |__ヽ
 |--込_`¨¨¨ヽ||.:.:`Yγ´`ヽ|>‐‐<|>ァ'´___/_ヽ>x、.||>─<||>-<:||>‐r<γγ ヽヽヽ´ ̄`|| |_|_.|  |─‐- _
 |::: 「- _  ̄ ̄``'' LL_  ||     || 代_,,||_〕.イ|| ||   _」」__ ||  |:::`'弌T ̄ ̄ア|‐<¨¨ ̄ |_-_,,..。s1_|
 |::: |`' |トミニ=-  ,,,_   ̄ ¨アへ└ ||¨:|:::::||:::: | :|jI斗fセ~__二二二二_`ヽ|_|::::: : └┐__ニ=-「 ̄||‐:||¨:|| :| |
j'j'j'jj|`' |トミx|:|``'「 |‐=_[] ̄¨¨T′r─「:| ̄:: ┌┐└‐|=-''"~´_,,.. --─- ..,,_::::``|::::::::::匚]::::::|-‐||_」」'' ̄|| ||xX爻爻爻
j'j'j'jj|\||   .|:|``'|:iト _| | ̄ ̄| |l丁┬| |:::::::::└┘:::::: ::_、+''"~  rュ      rュ  `ヽ、:::::::::::::::::::: |_||_」」≠''||爻爻爻爻爻
j'j'j'j'iト ,||` _|:|.:.:.:|:i|  | | ̄ ̄| |l┝╋|リ:::::::::::::::::::::: ::: | rュ _  rュ      rュ _  tュ |:::::::::::::::::::::: :\||_」」 ‐爻爻爻爻爻爻
~ ̄ゝ 「|` _|:|``'|:iト _| |_  | |i丁:ア´::::::::::::::::::::::: ::: | rュ .| | rュ___rュ,|::|-─:|::::::::::::::::::::::::::::::|´ |`'r1r爻爻爻爻爻
;';';';';';' ≧s。_「 |`''丁ト _|_| ̄ ̄|_|l┴:|::::::::::::::: ::: /|:: :: |~~ ̄:| | ̄_二二二__|::|_ |::::::::: |ヽ_,,.. -┴^'<⌒ヽ xヘ、爻爻
..\;';';';';';';';';';'≧s。L|_xXミミミミミミィi〔‐-|__::::::::/  |:: :: |_、<[| | ̄     \|:::| \|¨¨ ̄| |_,,. -=ニ二_-<`丶 `丶、
  `ヽ、;';';';';';';';'xXミミミミミミミミルミミミミミミL__ ̄|  | ̄::|  `'|_|       __ ̄__¨¨ ̄_‐‐‐ xへ  `ヽ、.:≧s。`丶、
:、   `ヽ、;';';';ミミミミミミミミミ彡ミミミミミ升‐-= /  ̄ ̄二二‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ーー‐‐ /\\‐‐ \|\  `丶.:.:.:.≧s。`
;';丶、    ` '弌ミミミミミ必ミミミミミミミハ;';';';';';/ ー‐‐‐x=ミ.ー‐‐‐‐ .ーー‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ー‐‐‐\| ̄ヘ‐‐‐ \|\   `_、.:.:.:.:.:.:.:
;';';';';';'ミh、     ~"''弌ミミミミミミミミシ;';';';';'/ .ー‐‐‐‐|_||ーー‐‐ .ーー‐ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ー‐‐‐‐ ̄ ̄ ー‐‐‐ \|`'r''´_」.:.:.:.:.:.:
;';';';';';';';';';'ミh、      ~"''+ミ⌒;';';';';/ ー‐‐‐‐/__|ー‐‐‐‐ ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ーー‐‐‐   ‐‐‐‐‐ `<⌒.::.::.::.::.::
\;';';';';';';';';';';';';'ミh、       ````7 ー‐‐‐‐    ‐‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ー-----    --- |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ランクマッチ当日。
ブライドル本部に隣接したスタジアムにやる夫は来ていた。

ネクスト輸送機からマーシフルを降ろし、控室という名のドックに運び入れてもらう。

初めてのランクマッチだったが、不思議と緊張はしなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

509 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:09:00 ID:CXkutcd60 [5/28]

          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-――- - 、:\
.          /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、:.:.:\ .ヘ:ヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:\  ヽ
        |:|:.\:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:ハ:.:ヽ:.ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:\:.:丶
       .i:|:.ヽ:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:| ヽ:.:i:.:.i:.:.:|:\:.:.:.:.:.:ヘヽ:.ヽ
.         |:.:|:.:.ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:._7t:.-十:i  i:.i|´丁`i:.:.|:.ヽ:.:.:.:ヘ丶:.i
         l:.ヽ:.:.:|:.:.:.:.:.:.|:.:.:匕:チ |:.≠.l/  ||,イう。,/:.!:|:.:.:ヽ:.:.:.:i  ヽ
         ヽ:.ヽ:.|:.:.:.:.:.メ´:||:.yヒて个/   / .{::::j."i/|:|:.:.:.|.i:.:.:.:|
        ヽ:./=ヽ:.|:.:.:i:.:i,イ7::::::゚::|       b:y /:.l/:|i:.:.i .|:.:.:|           マーシフルの整備も完了。
         ゝ .个:.::.:ヽ|ヽ らツ少      ̄ |:.:i:.|||:.:| |:.:|
          \ .|:.:.:|\\. ゝ¨        、 . |:.:.|:.| |:.|  |:|            準備万端だね。
            ヽ:.:.:|                イ|:.:|:ヘ/   |
             ヽ:.ヽ.       ` ´ /:.:.|:/:.:.ヘ                十分後に試合開始だけど、大丈夫?
                  丶:.丶> 、    イ、:.:.:/:.:ヽ:.ヘ
               \ミ    ` ≧´   !\:.:.:.:.丶:ヘ
               ,>.|ヽ   ><   / .i:`>x.ヽ:ヘ
             ,、r´:/ | >‐、´     /  |::::::::::::::::::::`ヽ 、
.           ,、r´:::::::/  |/>-<\ .   /    |::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、
       ,、r´::::::::::::/  ./└t┘ ヽ./     .ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
     /::::::::::::::::::/  /|./ Ⅹ.ヽ  ヽ   >┘ \::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::|





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     問題ありませんお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

510 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:09:15 ID:CXkutcd60 [6/28]

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\      それじゃ、そろそろ搭乗しておきますお。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       マーシフルの名に泥を塗るつもりはありませんお。
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
コックピットを狙ってはならない、などのルールを確認する。

このランクマッチは、企業連への証明にもなるとやる夫は考えていた。

自分を不要とした企業たちに、自分はリンクスとして戦えるのだと。
そして、自分を拾ってくれたなのは、気にかけてくれるランペルージ夫婦、
認めてくれたアリスは間違っていないと。

もはや、この自分の身は、マーシフルは、たった一人のものではなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

511 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:09:27 ID:CXkutcd60 [7/28]

           \   i三ミ              <ィェi .l
             \  l三ア、         .li   ilムミl .l
         マli <≧ミ{i マュ   ヽ ..!i .__ .il三アィ \ ,イ}
         マi、   ` マ.ミマミ.、.   \li|-トil イミ  , ,ィ彡リ
            マヽ  ィ=マェ}≧'≧>、 ミュLlィミ彡≦イマィマ'
         ,ム三l、  ヽア{二_マ三ミ}ェマ.ュノ/ムィミ' .ィ≦ア
         ,≦三三ミア-´ {イ``.マミマ}ム三ミi`ミ、`il彡ツ
      /三三三彡  /{_,,/ }≦T彡≧ェ{ ,三リア}.、
       /三三三-、 .}'   〉::: イ≦- ´  { ムア',ィェイ三.}            フフ、ククク……。
     /三三三'`-イ,‐‐ 、 〈:::ノ   マムY ̄、マi三'ヽ:ムマ三i
    ./三三形、 /マ三三i,У  イア }ミェェィェュ マェュ\三ム
   /三三ミ'ヽノ ,/ァ==イマア  .〈7 .ムア三ムマミェマ三i .}マ三li
  ./三三ミ'  ャマ   ム´   //.ムツl三三Yア={三ミlム マ三i
  /三三ミ  ,ク'.Y≧ュ/ノ   //.ム'  寺三ミiミ' i三ツ マi、ィ マヽ´ >
. /三三ミ'  ./'  `マ」>≧ア ヾ//-' ´ .\寺リミ--}ア  }l ヽ ィ  _   ≧ュ、
./三三-' .ム'       マ- 'ノ       ` .、 マ}  iャヘ  ', \ \_ィュ、  ≧ュ
寺三/  /         { l   _      \ }ヽ-/ ', ヽ  マミi    `   =-   ≧ュ
三ア  /          マl  《'  `ト、      >.ミ  ', iY、 .マム          `  =-ュ 、 .≧ュ
三'  /            }ヽ__/ /イ` -ミ'>      >' Y、 ヽ´               `  <_≧ュ 、
7 .ム'                i i/  .///    ` <>    >マ                       ̄ ̄
 ./{              レl  ム/        ∧<>      >
.ム'              /  ̄}7          マ.l ,寺.<>    >
                  /    /           ャ≦三彡 \ ` <>ャ、  >
             ,ィェェュ.、 }            {三マ三}、_ ` 、  ` =.マ     >
               ムミ三三《            `` ^マ三三三彡     ` <    >
            A /≧::::寺                              ` ―――`
              /  マ三≧'

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
マーシフルに搭乗し、エレベーターまで移動する。
エレベーターで昇っていくと、眩いスタジアムライトとよく再現された
廃墟街の光景が眼前に広がった。

桐ケ谷和人から通信が入る。
切ってもよかったが、とりあえず繋いでおいた。

「クク、約束、忘れてないだろうな? 俺が勝ったらマーシフルはいただく」

「ああ。それで構わないお」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

512 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:09:47 ID:CXkutcd60 [8/28]

 .:/    ,.:':_:/.: : : : : :,{_                               _}, : : : : : : : :\i!::..    ',:.
.::/     ヽ; :i: : : : : : : ;': ,}                          {, :i : : : : : : : /!::..      ',:.
.:'         \.: : : : : :i: {                              } i : : : : : / i!:::..       ',:.
 !          i!\ : : : !: ',                            / :i: : : :/  .i!::..       ',:.
 |         .i!:.. > ;.i: :.',                             / : :!, <.    i!::..
 |!       i!::..    | : :.',                        / : : i      i!::..         i!
 |!         i!:..    i.: : :.',                         / : : : !       .i!::..         i}
 |!      i!:..    /i: : : :.ヽ、                   >': : : : :i\    .i!::..      ,i}
 |!        i!::..   \', : : : : : .` <             >. :´: : : : : : ://     .i!::..      ,j}      行くぞ、マーシフル……
 |!.       i!:..      ', : : : : : : : : : :`: .<     >. :´: : : : : : : : : : : /i      .i!::..      ,j}
 |i      i!::..       ∧ : : : : : : : : : : : : : : :`¨¨´ : : : : : : : : : : : : : : : / .!       i!::..      ,j}       見せてみろ、ネクスト戦役の
 |i       i!::..     ,' .', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/  i      .i!::..      ,j}
 |i,      i!:..      ,'   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,ィ'゚   .!       i!::..       ,j} ./      英雄の力を!
', |i,       i!:..     ,'     }> 。 、 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;。<イ   |     .i!::...       ,j} /
:.',!|!,    i!::..     ,'    j} |\三>、: : : : : : : : : : : : :。s≦/  |    .|      .i!::..       ,j} ./
:::.',|i,     i!::..     ,'      j}. !/> 。≧s。, ___。s≦三>゚ \/!     .|     i!::..     ,j}../
:::.∧i,     i!::..    ,'      .j} i!::::::::|   ≧s。,三,。s≦゚´/::::::::::i! |    .|      i!::..     ,j} /
::/il∧!,   i!::..   ,'     j} i! :::::::|      .`¨¨´    ./::::::::::::i! i     |     .i!::..    ,j} /
,'ililili∧i,   i!::..   ,'       j} i! ::::::::!           /::::::::::::::i! i     .!     i!::..    ,j} /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
電光板に仰々しくやる夫とマーシフルの名前、桐ケ谷和人とダークリパルサーの
名前が映し出される。コジマ汚染の影響と流れ弾を防ぐためか、
観客席とグラウンドを隔てる透明な壁付近にはPA制波装置のようなものが
設置されていた。見たところ、PAは壁伝いに発生している。

なのはから聞いた話によると、桜花重工製のコジマ粒子を遮断する素材を用いた
防壁の試作型らしい。コストが高すぎて実用化は無理とのことだが、
それをこんな娯楽のために使うとは、企業連も酔狂なものだ。

カウントダウンの電子音が鳴る。
三つ鳴ったら試合開始の合図だ。

二つ目のカウントダウンが鳴った時、遠方にいるダークリパルサーが構えた。
どうやら、開始に合わせて突貫してくるつもりらしい。
まあ、あの武装からすれば、それしか策はないだろうが。

三つ目のカウントダウンが鳴る。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

513 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:10:36 ID:CXkutcd60 [9/28]

                              | |\         .| ヘ       . |.l
                              | |/|        | |/      .l .|           /
                       _       Y´ |/|       / !|     .! }        //
           ==========―-、{・`< _r‐、 ト、 ヘ∧     /   !|   ..,, / │   .,i / /
           `ー――― --------≧ z 彡}Y三\__|      ヘ ==rt_.i、 巛  !  , '/./  /
                               ト------/      Y三三Y⌒}======―――― ------
                              |////,7}      ≧====ィ ̄`ー――――――――――
                      _       ゝ/,彳/       {///////7` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     弋` - 、, -._   !|〈 _.  _    `|---z/             . ̄'''―--z__
                       \//≧//ヘ、__ト、||/|イ|、_アイ=-!///      , ,         r────────
                        `r///ヘ`ヽ\ヘ.!!/!///―-≧、_, - ―イ..,.'       .,,,,、 \
                         ヽ//////{ヽ.≧{::}´////7////{/////.'     ..  ..\¨''ーニ;;、、
                          `ー-z-リ//,ハrォノ/////{/ ̄ヽ//ヘ/ .,'.,   .l  ゙!l>、  \   ´
                          /〈/,イ/ |//|////7////ヘ//// - 'リ}\!  .i'i.|.',  l `'-、. `'-,
                         〈\_/} `ヽ|///,/////イ ̄ ̄`ヽ<\ リ\...l゙ リ ヽ  l  .  `'-、\
                        ,≦ヘ//   /!{//{{Kr'イ_リ//\.  \´\彳、 .....ヽ |      `'''ゝ
                       //¨´  //7/`/r==z=イ////\  {´ヽ/ ヽ  ...ヽ,|
                     ,//      ///{///ハ/|7|//∧\///,\ ∨∧ヘノ    .ヘ
                  //       ゝr'´人///,|,/|}!///癶' `ヽ-く  ∨∧シ_
                 イ/         }/ /〉/〈      \イ` \ \ ∨//∧
                  {彡イ         /ト--r'´        ゝ\ \リ、\//,ハ
                 ゞ'´           {/ゝ-ィ           \_/∧  ∨/∧
                             /`ヽイ              \_∧.  ∨//
                            《_彡'                 ー′  ∨ヘ
                                                       `ヘヘ
                                                      ゚´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
最初に動いたのは、ダークリパルサーだった。

二本のブレードを提げ、オーバードブーストで突進してくる。
廃墟を時折クイックブーストで避けながら、やる夫の方へと向かってきた。

そのクイックブーストの動きを予測し、やる夫は容赦なくレーザーを撃ちこんだ。

「ぐあっ! てめえ、剣があるのになんで剣で勝負しない!
それでも男か! 怖いのか!?」

「男である以前にリンクスなんでね、こっちは」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

514 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:13:21 ID:CXkutcd60 [10/28]

            _ ._
            `マ\マト、
             `| ヘ∨ト、
              弌 ト-、\ __ _r;..-;..、
                ∨t.ヘ イ /---z..;..;}
            ____∨ ∧<ヘ_ソ;..;ノ __
           /      〉ヘ.∧ ∧   ̄\≧ - 、
             /γ⌒ヽ- ― ―t 、γヽ_, -_.〉三三≧ - - - 、_
         z-ソ`´ヽ丿ト     .〉弋仆―――'´`ー===三三≧=――- - .._
         {.;..;..;..;..;..;..;r'´ `ヽ三彡'  ヘ              ̄ ̄`ー‐-<三三≧ト - .._
       / ソ..;..;..;..;..;..;..>   }´ヽソ、_ ハ                       ̄ ̄ `ー'´
      // ヾ..;.レヽ-イヽ;}   `〉z  / ゝ'
     //    7.{\ヘ/|    r< { } 〕t
   ムイ      ヘ/\ .|  γ:≧i i:≦=- 、
           `ー 、 .ヘ , >/::〕.ト:_:ヽ   /´丶、
               ∨ ∧ イ゙´.iリ \__.{ r:::} )t
              ノ∨ ∧ ノ       `yゝ_ノイ
             /  ∨ ∧         ゝ__ ノ{r 、
           /  ム'.∨ ∧         `>:::> ヽ
          /  ノ   ∨ ∧         \ _ノ
        __r-'  /     ∨ ∧
        ソ   /.       ∨ ∧
       / r::::〈        ∨ ∧
    __,..ヘ ->'´         ∨ ∧
   //::::://            _∨ ∧-t
  /    ̄ノ´              \   |
  ゝ-- ´                \  |
                          \!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
確かに、ダークリパルサーの動きは精密で素早かった。
だが、稚拙だ。ロストワードに比べれば、なんということもない。

突進してきたダークリパルサーをクイックブーストで難なく躱し、
振り返りざまにアサルトライフルを撃ちながら頭上を取るよう動く。
そのまま地上を逃げ惑うダークリパルサーにアサルトライフルとレーザーを
しこたま撃ちこんだ。必死にクイックブーストを吹かしながら桐ケ谷和人が
罵ってくる。

「クソ、卑怯な……見損なったぞ、やる夫!」

「……馬鹿なのかお?」

相手が近距離武器しか持っていないなら、距離を保ちつつ一方的に
射撃するのは当然の戦法だ。

しかし、こういう手合いにはよくいる。自分に都合の悪い、
自分の土俵に上がってこない人間は全員卑怯者だと断じる。
よくわからない人種だ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

515 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:15:09 ID:CXkutcd60 [11/28]

                                  j}      /      f´   ,′
                               j}     /     /   ./_
                                  j}    / `ヽ   /     ./   ≧ー--、-、
                         jI斗ャ≦j}  .___/   /_/   ,.。<         \\
                       ,ト、/ヽ/ __   j} /-/  /      /   r‐、     ___  \\
                  ト{:V: i :}: :/_:_}__/-、!- /-'´{/{_/i{ ./  r '   ー‐<`ヽ、     \\
                 <:jI斗<:-:-:_'ノ/  }、  /  }!  }__/            `ー―‐、_ \!
                 _ -//ヽ  }、:_:_/ /--、/:} ´   〈   /  }_               \_ \
                  _ -  //__jI斗<>、!〈  /::/-/ {  / /  // ≧s、              \_ \
                 /, < >゚´___     i ヽ/゚゙´/ /  //`ヽ,//     \       ゝ/      \_
           /<>゚´ ̄ ̄ ̄≧、/ >、_}_/ /  ,/ /、__/::{------ 、_ ヽ、  / /         .ヽ
         _ -´         。<___r<|! ,  i f   , ヽ V::::r--'<_  r'´ {__ ー/ / i{
        _ -      jI斗s≦、>--- '   |! ,}, / /  /、_//_`ヽ    `ヽ__r_-'i/  /   ヽ
    _ -      。<> ゚ ´            |!.,}  / /__,/  }r ,}           ヽ/  /    }!
_ -      。<>゚´        ,。s≦{  i|/ /ィ゚´ ̄、    /ヽ       r<  /     /
     。<>゚´           , < {/_,}  ' ´__ノ、>、  >-、 / } }ヽ     人  ,/     /
, 。<>゚´              /  /   /´_ ̄_{ { Y i´ __,/ ノ/ /}ヽ-、 /  }/゚ililム  /}
>゚´             rzz}_/   {ヽ´---{ ヽ,ノ`- ´/,.。s<___//、__  /  /ilililil/ //
                 {il{  `ヽ  _/、_}_{≧s、{---/__,。<>゚´   }ノr‐‐/ilililil/_//
             ノ }  ,。z}t-{ノ{ー---、 i {--/ /----<_>、__/- '  ヽ- ' {、r'
               /  ヽ'゚    }ヽノ       ゚マ{-/ /< _     /     /     }ノ、
                /      /  〉         i_}_/-、f゚´  `ヽー/     /    /--ヽ
             {       }  /          ヽi       r≦二{rー--、/_   / ヽ }、 ,ゝ-、
            /     / /               /__>r‐< / i/ヽ r' /`ヽ_/  } \
              /    / /                { /  { r'ヽ rー、}`  {    }   }  \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「そんなに剣をお望みなら、やってやろうじゃないかお」

「ようやくその気になったか……」

銃口を上げ、ダークリパルサーの前方に着地する。
レーザーブレードを展開し、肩より後ろの下げる形で構えた。

「俺の二刀流、躱せるかッ!」

ダークリパルサーがクイックブーストで突進しながら、二本のブレードを振りかぶった。
そこをクイックブーストで横に避け、更に前方にブーストしながら腹部を斬りつける。

ダークリパルサーも負けじとブーストターンでマーシフルの方に向き直り、
滅茶苦茶にブレードを振り回してきた。

だが、それに当たるようなマーシフルではない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

516 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:22:13 ID:CXkutcd60 [12/28]


                                   __       |  ||  |  |
                                \::::::::::::::::::::::: /Λ||\|  '\
                                         ̄\:::::::// / ', ',  ',\
                                           \| { 〈  ', ', |\/
                                             /\  ‘,| |./ _
                                         乂 ',  || |/(__ `\
                                            {  ', lΛ | (  彡⌒ \
                                          `} ',| 〉 | \__>、__   }
                                           __/⌒ヽ|/ /_ 〈::::::::_,>‐く \
――――:::::::::::::::....................     ______      ,.斗…</へ、   (_ 「:{ /∨:::7八 _ノ⌒}  \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ̄`''<   _/ニニニ,>⌒\ノハ::V,ノ:;〉/  |  x-ヘ   }
ニ―______::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_>――へ,_ `>/ニニニ// _,.ノく └<´ノ    \{  r \j
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/`''<ニ/ニニニニイ Τ\  \/ |「     乂 し (ヘ\
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、  <ニニニニニニ} 乂,_,)    ∥  /\└‐^)〉 )」 )/
ニ/ ̄ ̄ ̄´´´´´´~~~~"""""''''''''冖冖==ニニニ>、 /:``</''<ニく /\\  ∥:><::\::::::>
                                  { /::::::::://   / ̄\::::::::\\_|:/⌒/::::(^\
                                く:::::::::::::// /_:::::/:::::\:::::::/< \ノ:::::::| \ \
                              /``ーく___〈:::::::::`|::::::::::::::::::::/_,\ \_,ノ\ 〉  〉
                                   `^''<_/::::::::::::|:::::::::::::::::/:\_:::::::\_{  \ /\
                                   /::::::::::::::::::|::::::::::::::/\:::几 ̄7  ̄}   /\:::::/
                                  /::::::::::::::::::::::::|::::::::/{  /} }  { /\ {  Υ::Λ
                                 /:::::::::::::::::::::::::::::j>''Λ:::::Υ:::/ / 圦\:::/\_ノ l::| |
                                /::::::::::::::::::::::::::::::/  乂::::::::::ノ,/ __」| (  ̄\___/Λ |
                               /:::::::::::::::::::::::::::::::/       ̄⌒   {:::八 \  :::::::::::::::::V
                           __/::::::::::::::::::::::::::::::::/             ̄ |\  ̄ ̄\_/
                   / ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                   |  {¨¨¨´{
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                 ',  \___〉\
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                  \        〉
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                      \__ /
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
いい機会だ。
あの時の動きをモノにするチャンスだろう。

やる夫はマーシフルのブースターを全て起動させ、四連続でクイックブーストした。
視界が揺さぶられ、機体が吹っ飛ぶ感覚に襲われる。
自身の体に熱した鉄杭が突き刺されたような気がした。

AMSに流れ込んでいる意識が粉々に砕け散りそうになる。
凄まじい負荷だ。やはり、あまり多用するべきではないのかもしれない。
だが、その負荷に見合う行為ではあった。

圧倒的な加速力を以って、一瞬のうちにマーシフルは
ダークリパルサーの背後を取っていた。

「それがネクストの動きだと!? じゃあ、俺は一体なんだ!?」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

517 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:23:10 ID:CXkutcd60 [13/28]

                            /  / ///
                        /// / ./
            r;..'.´ゝ, - ィf壬}γヽ/_,.--<
         ___ィ..;..;..;..八   Y .,弌_/ /:::ヘ-、__`y⌒ヽ
____,.ィ:::::::::::::::!..;..;..;..;..;..{--―/  >、:::r'`ー人  ノ
::::::::::::::::::::::::::::ト--イ::}..;..;..;..;..;ソ  ./_,ィ´   ゝく   フノ化リ
 ̄ ̄ ̄ ̄`ー―― 'ゝ..;..;..r'      〉<   /  ´.イ彡′             終わりだお。
                     {ゝ---t
                    {≧!.}‐-≧}
                  , イ Y::HY:::::::人、
              _ ,ィi ノ  レ´.!リ`\   \
              ト'´ 丶r-'´.  `   `ー 、 >トrt
             //   ノ´           `ヽ::レ´ ヽ、
          __/ / r'´               \-ヘ ヽ_
        r::/´  r‐ '´                  `ゝ\_ `ヽ
       /  二ノ                        \` -\._
    _ ,ィ≧-z::ソ                          ヽ,ィレ::ヽ _
   / ゝ:<´`´                            ゝ\丿`ヽ、
.  〈    /                                `丶   .〉
   `ー ´                                    `ー'

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
レーザーブレードをダークリパルサーの腹部に突き刺し、展開する。

「待て、待ってくれ……!」

「負ける時も負け方ってもんがあるお。それ以上何も言うなお」

やる夫はそれ以上喋らせないように、引き金を引いた。
レーザーが発射され、ダークリパルサーの体を上下に二分した。
ダークリパルサーの胴体が地面に崩れ落ち、砂煙を立ち上げる。

決着だ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

518 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:23:44 ID:CXkutcd60 [14/28]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

519 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:24:07 ID:CXkutcd60 [15/28]

                            /::::::::`ヽ
                         /:::::::::::::::::::::\
                           /'::::::::::::::::::::::::::i`
                        ,zzzニi::::::::::::::::/::::::リ
                       f///ニ/i:://::::/i::::::::)x
                      /ニ∨∧ニ>`ヽ_./:::/ニニ}
                        /ニニ∨∧ニ}\/ iニニiニニ/
                    /ニニニ∨∧.i:i:i:i:i:i:i:iニニiニ/
                      /ニニニニヽ ∧ ∨ ,'ニニiニ{         俺の、ダークリパルサーが……
                    /ニニ/ニニ\:\ .iニニ,'ニ7
                   /ニニ/ニニニニ/ \:\iニニiニi
.               /ニニ/ニニニニ/_szz.\:\=iニ|
           /ニニ/ニニニニニ./i:i:i:i:i:i:i:i:i≧sヽニ.i
          /ニニ/ニニニニニ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iマニニ}ニム
         /ニニ/ニニニニニ≫.´ヽ{{__}}。s\ニ`ヽム
        {ニヽ./ニニニニ≫ ´     i }     .\ニ\
        /ヽ≦´ニニ≫ ´  /      | }     iノニ/
       《//》\≫ ´     ./      |_.ノ     | ̄
.     _/ `´/      ,       /\      ム
.    /    /       ,       ,     \     ム
.     ̄/  ./                        \    .ム
.       /  /      ./        '         ,    ム
      /  /      ./     ,            ,    .ム
.     /  /      ./    ./             ,    .ム
    /  /       ./    /              ∧    ム
.  / ./      ./   ./                ∧    ム

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ドックに戻ると、桐ケ谷和人が待っていた。
敗北がよほどショックだったのか、ありとあらゆるエネルギーが抜け落ちている
気がした。

「なぜだ……俺は、最強のリンクスになれるって……話しが、違う……」

やる夫は流石に呆れ、桐ケ谷和人にこう問いかけた。

「あのなあ……勝たなきゃダメ、負けたら終わり、最強じゃなきゃ意味がない、
そんなふうに思ってるのかお? 人間の関係は勝ち負けとか優劣だけで語れるほど、
単純じゃあないとやる夫は思うお。お前の過去にどんなことがあって、
どうしてそう思うようになったのかは知らないし、興味もないけど……
お前は少し思い込みが強すぎだお。もう少し視野を広げろ」

自分も未熟な青二才だが、桐ケ谷和人とは決定的に違う点がある。
それは自覚だ。自身の未熟を知るということは、それを成長させることができる
ということだ。逆も然りで、自身の未熟を直視せず目を背けるということは、
一生成長しないまま、子供のままの自分を抱えて生きていくということだ。

なのはは最初に、知らぬことを知れ、と教えた。

自身は未熟だと自覚し、無力を知る。それこそが強さの土台になるのだと。
それができない者に、成長はない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

520 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:27:36 ID:CXkutcd60 [16/28]

                 __________
                 >―- .,_/∠/{三三}__
              ,,イニニニニニ/::⌒ヾ¨¨'.:::-=ニ=-ぃ、
               /ニニニニ二二/:o:::::o:::∨:|ニニ=---\ヽ
              /ニニニニニニニニニレ!::::::::o::::}/iニ/: : : : : >: ヾ
          /ニニニニニニニニニニニ{:o:::::::o/∨/: /: : : <: : ::‘,
           ,′ニニニニニニニニニニ|\_o_/! / イ: :/ : :>.: : :}
     __ィイ  |ニニニニニニニニニニニニ|ニニニ∧ レ^|: : : : : : : : ::八
    /:i:iハ7   |ニニニニニニニニニニニニ|ニニニ,’∧  レ|: :/:}: :/レリ={
     {{:i:i/∧_|ニニニニニニニ二∧:.:.:.|ニニニ|ニニi   }/リリi/|ニニニ|
    〃i:{:i:i:/二{ニ二二二二/:i∧: 1=ニニ|ハニ|       |ニニニ|
    /:i:i:∧/ニニ|ニニニニニニニ/i:i:i{:.‘, |ニニニ|:.ハj|\,,_    |ニニニ|
    廴:i:i:/ニニニ}ニニニニニニ/ー'⌒ヽ:|ニニニ|:.:.:}|ニニニ\   lニニニ|
    <ニニニニニニニ二二/      .|ニニニ|__ノ{ニニニ/  lニニニ|
        `ヾニニニニニニニ/       |ニニニ|    ̄     .}ニニニ{
           ー=====-'′       }ニニニ{         ノ:i:i:i:i:iト、
                       Ⅵi:i:i:ト、       `¨''⌒ヾ''`
                        ヽ,い`

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「……俺は、どうすればいい? ネクストを手放したら、もう一度機体を用意して
くれる企業なんてどこにもいない。これからどう生きていけば……」

「知らねえお。生き方っていうのは自分で決めるもんだお。
あと、ダークリパルサーはお前だけのネクストだお。
取る気なんて最初からねえお」

本心だった。情けなどではなく、単純にいらなかった。
売ればそこそこの金になるだろうが、そこまで金に困っているわけではなかった。
この前のメガリス防衛とコロニー救援の報酬金がだいぶ残っている。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

521 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:28:07 ID:CXkutcd60 [17/28]

           >────-、
         /ニニニニニニニニニニ \
.        /ニニニニニニニニニニニニニニ\
     __ィイ{ニニニニニニニニニ/::⌒ヾニニニ \
    /:i:iハ7|ニニニニニニニニ/:o:::::o:::∨ニ.:::-=ニ=-ぃ、
     {{:i:i/∧|ニニニニニニニレ!::::::::o::::}/iニ/: : : : : >: ヾ
    〃i:{:i:i:/二ニ二二二ニ{:o:::::::o/∨/: /: : : <: : ::‘,      ハハッ、まさか後輩に情けをかけられるとはな……
    /:i:i:∧/ニニニニニニニニニ/\_o_/! / イ: :/ : :>.: : :}
    廴:i:i:/ニニニニニニニニニ/i|ニニニ∧ レ^|: : : : : : : : ::八
    <ニニニニニニニ二二/ .|ニニニ,’∧  レ|: :/:}: :/レリ{
        `ヾニニニニニニニ/⌒|ニニニ|ニニi   }/リリi/|ニニ|
           ー=====-'′ 1=ニ/|ハニ|_     /ニニ|
                 ゝ二二二二三ミミト、i:i:i:i
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ⌒⌒ヾ''`

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「じゃあな、やる夫……ただ、覚えておけ。
俺は必ず舞い戻る。ダークリパルサーのリンクスとして……
俺の可能性を証明してやる」

「まあ、期待しないで待ってるお。だから、そこにうずくまってないで
さっさと帰ってくれお」

桐ケ谷和人は去っていった。今後、どうするかは桐ケ谷和人次第だ。
しかし、懲りなさそうだな、とは思った。

変な奴と因縁を持ってしまったものだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

522 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:28:19 ID:CXkutcd60 [18/28]


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

523 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:28:40 ID:CXkutcd60 [19/28]

            /    /   //        / / /ヽ ヽヽ
              //    /   // ./     /  / /  l   l ヽ
          /i|   イ  // イ !   ./  / .//  |  |  l
            l.l | .|  l | .| l| | !.|  / ./ //  / / /   l
             !.! .! l  |∧.」 |l H | / /」 ,∠! / / / / │  |
           l | ヽ\!' _Nヽ、∨ !/ /-///// ,イ │ │
            l |  .!ヽ|/´,rこ心、 ∨´   ァ=='-、'//  |   !
.          |! │ .l` .ヽ、_゙ン      ´ {゙ーイ、) >/  │  |
            | |.  !  !    ̄´   /      ='" ,/   |    !          まあ、まずはお見事、といったところか。
         /│ l  .!     〈        /!     | | |
         / ∧ ヽ. l\    ,_        /│   .| .! |
.        / /  '   ヽ '、_l>、  と"`ヽ、   /./|  | !  |
       / /   ∧  ヽヽ ̄\   ̄_ヾ<´/ / ./!    |  |  |
        /// / _/\  ヽヽ: ̄::`:< _ ` ミ、// .|    |__|__| __
.      // / ̄   ̄\ ヽヽ_:::::::::::::: `丶、`ミ三二三";元ラ'ニニヽ-<`ヽ
     // /         \ ヽヽ: ̄::`丶、:::::`:77:::入:_`ー∩ヽ'.;:゚:;;}; : :}~:`;
     //./             \ヽヽ::::::::::::::  ̄::77:::7|   T''|| |ヽニ∠_; ベ: ;
      | | l                ヽヽヽー- 、_ :: //イ |   :|./  /|゙T''くニ二 ; :
      | | l                \ヽ\    ̄|::::|. |   {  {||  >→'´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
本部のカフェテリアに寄ると、見知った顔が大勢出迎えてくれた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

524 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:33:30 ID:CXkutcd60 [20/28]

               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l       お前という奴は、なのは以上に無茶な動きをするな。
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州       痛みや不快感はないか?
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ       とにかく、連続クイックブーストなんて真似は余程のことがない限りは
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、      しないことだな……まあ、よくやった。
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.





           _ -―- _
        _-=ニニニニニニニ=-__
.         fニニニニニニニニニニニ;
        <ニニニニニニニニニニニ>
.     /:/: :`"<ニニニニニニ>":ヽ:.\
.     ,.': / : : : : : : : ハ ̄― ̄: : : : : : : :ヽ: : :、
.   〈: :./: : : : ': : : / ∨: : : : ト : : : : : : : :'; : : : ヽ
    ヽ': : : : :l: : :./_.V: : : :.! ヽ: : : : : : : l: : : : /
     ll: : : : :.! : :/--、V: : : l : ヽ:‐-: : : : l: : :./
.     l:.!: :l: : :l : :ハ:::ソ `∨: : :,イ:::∨: : : : : l: :/       仕事を切り上げて見に来た甲斐がありました。
    l ト、!: : :!: :l : : : : : : ∨: : ;`: "V: : : : ;ィ
     l .! .l` ー :!: : : : : : : :'V: : ,: : :ハl: : j .!        素晴らしかったですよ、やる夫さん。
.    l  l !  V!\: : :、 : :_:.ヽ: :.; /: : }/ .i |
.    ! i ! '   V丶` : :_: : ヽ:_:,:イ ! .l ! l
.     | .! !.  ,  V.! >  <!、\ヽ,  , ハ.|
.     l,..::::::::::....、  .V-‐,   r┴-イ. \、/ /! リ
   /:::::::::::::::::::!、  l:::{:::ー―'{:::ヽ-._  ,\'.l.ノ
    ;:::::::::::::::::::::!ヘ  l::::::::、::::::::':::::::∨7/ /_ヽ、
.   l::::::::::::::::::::::l/ハ l:::::::::::::::::::::::::::::V/.,':::::ヽ
.   !:::::::::::::::::::::::!/∧.! ̄ ̄ ―-- l, /i:::::::::;
   l:::::::::::::::::::::::::l//ハト、'/,l.l'/o/,!l//,i ハ::::::::i
   l::::::::::::::::::::::::::!///}/>、`ー--''"/{.!'/i::::::::l
.   !:::::::::::::::::::::::::!'///////>-<//'{'/,}::::::::l
    ':::::::::::::::::::::::ノ/////////////////j:::::::::!

525 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:37:14 ID:CXkutcd60 [21/28]

           /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||            まあ、私が認めたマーシフルのリンクスですもの。
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /        これくらいは当然よねぇ?
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;        「その割には満面の笑みだな、アリス?」
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
      /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;        違うわよぉ、シグナム。
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
__ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /| /-ト─--' ̄\/ |ヽ;;;/  | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;         勘違い野郎の負けっぷりにスッとしただけよ。
_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ /;;;|/;;;;;;;;;;;;;;;/》/    \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;| |;;;;;;;;;十、/ヽ-へへへ/ ̄《/;;;/;;;;;;;/;;;;;;;;;;<´| ;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;/|´ 《ミY≡》)    《/;;;/;;;;;∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈 ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;レ/;;/;;;/   ゞ===゙´    《/;;;;;レ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;/|/   |;;;;∧__{;;;;|;;;;;/)          《/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
//    / ヽ/く;;;;;ヽ |;;;;|》     |/   /  《/;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  |   /   /  ヽ;;;;;;;;;;;;;|》ヽ  |   /   《/;;;;;;;;;;/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
カフェテリアには元オルデンブルクと現オルデンブルクのリンクスたちが
勢揃いになっていた。ラケルはわざわざ仕事を切り上げてまで来てくれたらしい。

PDAにもメールが届いていた、ダージリンとリエラからだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

526 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:39:10 ID:CXkutcd60 [22/28]

|: ::!: : l : ::| : : : : : | : : : ::l |:l .| : : : : / :// .|: : : l : l: : : :,! : : : : : : : :l: : l : : : : ∧: :|
| :,'|: : l : :.| ::_..-‐!:l'':: ̄/` ト l|:: : : :/ /:/   | : : ,!: :.!: : :./ : : : : : : : :l: : :l: : : : : :∧ |
|::l |: : :! : :l:´ :| l :l !: :::/  !| !l : : :/:/:7 ̄`ト: ./| : l: : :/: : : : : : :|: :.! : : ト、: : : : :∧|
| ! |: : :| : ::!:::::! .|:! |: :,′  | / ,! : :////   .,! :/`ト:,'|: :/!: : : :/ : : l: :|: : :∧:\: : : ∧
!l l: : :| : : !: ||. | .|/ --.、 /:;///'   /'l/  l:/.!ヽ:,!: : :/ : : :/.: :l: : : :∧: :.\: :.∧
l' .l: : :|: : :| :||. _=土三ニ:::.、/ ' /   , ‐-/    /' .|//: : :/ : : :/!: : ハ: : : :.∧: : : ヽ: :ハ
  |: : |、: ::ト:!、´  ̄ ̄`丶       ´ニ≡::.、./  /./ : /: : : :/ .l: ::!: :∨ : :.ハ: : : : :|ヾ:}
   ゙! :| ゙、 :l.|\              ̄`゙丶ミヽ、 /: :/: : : ::/  !:/! : : ∨: : :!: : : : ! }'      お疲れさま、やる夫君。
   l゙:| : :゙、l| ```                ``/,.イ : : : :/  //:|: : : : ∨: :|: : : : |
   | : : : : :|、          ,:       `` / //: :, ':! //: |!: : : : :.∨:|: : : : |        コロニーの基地も大盛り上がりだよ。
   .!: : : : :.| ヽ       _           , //: /:/ ./ .|: :l|: : : : : : }/: : : : .!
   .|: : : : ∧  \      ヽ`>          , ' ̄//: :./ ./ .|: :l|: : : : : :/': : : : : |        整備士さんたちがお酒開けて大騒ぎ。
   .∨: !: :从   l\             _/ /!: : : :/    |: :!|: : : : : : : : : : : :.!
    ∨:ト、{    _|  \      _.. ‐ '"    /: : : :/    .|: |.|: : : : : : : : : : : :.!        俺たちのマーシフルが勝ったぞって。
     ヾ `\ .∧    丶... -‐ "´ .|_     ./イ;イ/       !: ! !: : : : : : : : : : : :|
         / ゙、        ,/ .|      /' '      |: | |: : : : : : : : : : : :.!





     ____
   /:::     \
.. /::::::::::     \        「……やる夫君? どうかした?」
/::::::::::         \
|:::::::::::::::         |      なんでもありませんお……。
\::::::::::::::       /ヽ
 /:::::::::        くゝ  )
;|::::::::::::          / ;
;|::::::::::::::       イ ;

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
目頭が熱くなり、やる夫は咄嗟に目を覆った。

友人や恩人、仕事仲間、これまでできた知り合いの全てからかけられる
言葉に、やる夫の乾ききった精神が耐えきれなかったのだ。

カフェテリアの一席はオルデンブルク一色に染まっており、
和気藹々とした雰囲気は軽い宴会のようでもあった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

527 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 21:41:26 ID:mVwto3Q20 [2/2]
良かったなあ、やる夫

528 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:43:53 ID:CXkutcd60 [23/28]

                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ/ /: : : : `: .、
                 , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :― 、- : : :ヽ
                  /: : : 〉': : :/: : : :/: : , : : : : : : : : : : :` : : \ ` :ヘ
                   /: : : / : : /: : :∠._:_/イ,イ , : : : : : : : : : \: :ヽ  ヽ
                 ′: : ' : : : l: : :/ //`メ、//| ハ: l: : : : : : : : :\、ヘ
               | : : :_l: : : : l: ,.ィ 7´:てハ  > リ. }イ.: : : : : : : : : : ヽリ
                   V´う.l: : : : l: :{ ん::::::::リ'     /`メ、 : 〉: : ハ:、 ト.ハ
                ∨ ル: : : ハ:l 辷ヒ_ノ     ,ィう、 l/: : : : l |: l l: |       とはいえ、あまり調子づかないでよ?
                  }、 | : : ヘ `        ん:/ノノ: : ハ: : | ||| l
                   |: :Y}: : :.ト:.、          〈:ン´r- 、' : |: ;' !:l .レ        今回は相手が相手だったし。
                   |_ノ '. : : :.       _  '   ムニ、}: :レ   リ
                    . イヾ:、 '.ヘ: ヘ      ´ ´   ' l ン : |             慣らしみたいなものだと思っといてね。
               . : ´|. i! ヾ:、ヾ:、ト`: .     . : ´  _. :´: : : :|
           . : ´  . :|  i!  ヾ:、__,.イl` ー ´  r ≦.、: : : : : :!
        . : ´  . : ´:.:.:|  '. くヽ `ヘ ‐く| !    ノL:.`ヽハ: : : : :|
      ._:_´_. : ´:.:.:.:.:.:.:.:!   ヘ ´ ∧X〈リ ..<  ハ:.:.:.:.:|: : : :|
   /―― ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    ヽ_/ 〉 r ´  ..< ∧:.:.:. ! : : : :|
   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!.:.:.:.:.:|     ヘ  r┴ ´       ∧:.:.:|: : : : :!
   l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l.:.:.:.:.:!      ヽ∨         〉:.:|: : : : :!





          仄いrく艾艾艾艾癶、
         r巛Uj〉j〉j〉::::::::::::::::::::辷う、   、
.        nrnrnrnrnrnrn:::::::::::::::::::辷う、   \
     /乂乂乂乂乂乂乂nrn:::::::::::::::辷う、   ヽ
   / ̄          乂乂nrn::::::::::辷う、
             \        乂乂n::::::::::rう)、
/               :.\   \    乂n:::::::::rう)     ′
  i      : :   ::::::. ヽ  :.\     乂辷辷く     ′
  ::|:.  ¦  :...:|....: i :::|   _}L.:.      艾艾艾\          そうねえ、あの程度の相手で調子に乗ってもらっても困るわ。
  ::|:: |:::::l|:.. . .::::::|:: 斗r七'     |l ¦   Y⌒Y^  \   |
  ::|:: |:: 八:::::::::::::|l::l::| 〕斗ぅ弌7. |l  |:   V⌒ト、 \\ |       なのはさんの言う通りよぉ。
: |:八:. 、:::: ヽ :::::::八乂{ア乂`ーク  |l  ハ:.   |   |l \ \\
: |::::: \\⌒\/     ''¨゛´   八Λ|:: | |:) 八.   \ |       さっさと同じランクくらいにはなりなさい?
八::::::::::|\ 托笊!           ./ .:/ ..:|:: ハ! ,.:代_____\__
:. \ : |\\`ー1          //〉..:/|. / 「 ::|l   |.    )    )
\  丿:::::ヽヽ込、    ァ     //  ′/  :|l   |   (
  \   乂__込、   ィ_ノ       ./  /   |l   ト、
.    (  |:l \ \     「ヽ     ./  /:/... 八|:  |:::\
     \|:l:: |:ハ  ヽ  } }. イ..::/  /:/   /|:: |:  |:::::::::\
       |:l:: |/Λ 个ヲ 厂 ハ/  厶仏:::/^|:: | . ├――=ミ
       |:l:: |/: Λ V /: 厂\彡く/|..../: : |:: |:  |
       |:l:: |:::/::Λ  V/ 厂  ィ::::八/::::::::|:: |:  |

529 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:46:43 ID:CXkutcd60 [24/28]

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \       そういや、なのはさんのランクって幾つだったんですかお?
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |      「あの頃はナンバーだったからね。まあ、9だよ」
      \           /
        /         \      9……なのはさんが、ナンバー9だったんですかお。
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /      「9とはいえ侮るなよ。当時のなのはは実質最高クラスのリンクス
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |      だったのだからな」
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

530 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:51:07 ID:CXkutcd60 [25/28]

        ,.  '"                `丶、
        /           `ヽ         \
.     /             |              ヽ
.    /       /     }  ' |   |         '.
    ′ /   /  /   '   } |   |             '.
   i   /   /  /   .イ   ノ '  |
   |i ; / ,' ,‐/-/_/_ /i/    |
   l| { i{ i|厶Tニヽ厶イ  ノ    |
.   八 ⅥV八 ィ .:テア |       |               あの時のなのはの強さは異常だったからな。
     ヽ{ヽУー'゙ jシ'′ |      |
        . '   ′  |      |               企業としても、第二のネクスト戦役の元凶になることを
     く     ''   |      |
        、 。        |      ト、              恐れたのだろう。あの男には敵わないとはいえ、
       ヽ       |      | i\
         ∧        |      | |: . \           それに準ずる力はあったからな。
.       / 个ー―‐‐ 、|      | |: :   \
      /( `¨¨  ー-=ミ|       l 从 : . ⊇)\        それゆえのランク付けだ。
.     /  >x、      |        | ̄ ̄ ̄   }\
    _/_/_,/_乂う≧=|        |-‐=ニ二三/:.\\
  /        [o`ヽ |        l       ∧: : : \\





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     ……男、なんですね。そいつは。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

531 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 21:53:40 ID:CXkutcd60 [26/28]

                  , -‐‐'  ̄ ̄ ̄ ` ー 、
             _ - ' ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            ,'::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
           /:./ :./:.: .:.:.:. :. .:.ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.  l
           /:./ ./.:./. |:.:.: .: :.: .:',.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.|::.. .:.:.:.:.:.:.l /|
          ,':/| :. l.:./|:./|:.l.:.',.:.: :.:. .ヽ:.:|: :.: .:.:.:.:.l::.. :.:.:_//
          |:| |:.: .|.:.l//// ヽヽ::..:.:.:.:.ヽ|: :.: .:.:.:./:. :.:.:/  /
          |:| |:.:.:.l.:.:.〉//ー-ヽヽ::..:.:.:.:.| :.: .:.:./:.:.:.:.:/  /、_
          |:l |:.:.:.|.:.//´ 戈メzュ_ヽヽ:.:.:.l :.: :.:.:r 、.:./  /: :\\_
     _  - ー|!‐|:.:.:l:/     ̄¨__ゝ,':: .:.:.:.//:/ /: : : : : :\\
  _ /        ',:.| ヽ     {: : : : : \:.:.:./:.://: : : : : : : : : : \\        ああ。俺もC.Cも、なのはも……
   ̄` ー--、     |! |:.ヽ‐‐、 r┴─ : : : .\l//.: : : : : : : : : : : : : : /
         \    |/ヽ_/二 : : : : : : : : \: : : : ::.::.::.::.::.::.:: : : /          誰も勝てなかった最強のリンクス。
           ¨\ ´  { : {: : __: : : : : : : : : : ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.: ./:.\
            r─ヽ /',: :|: :| ヽ : : : : : : : : : |::.::.::.::.::. : : : (_::.::.: : :\        当時から名前は伏せられていたが……
            |: : : :}l   |: |: :|/ `ヽ : : : : : , -l: : : : : : : : : :  ̄ ̄` ̄`
            |: : : :|i\ ゝ‐´ /   | : : ://|: : /::.::.::.::.::.::.: : : : : : : :       IGIO所属であったことと、男であること、
            |: : : :|', ヽ--´    / l://  |γ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: : : : : :
            |: : : :|ヽミ≡彡 / // |!  |: : /::.::.:.::.::.::.: : : : : : : : : : :      そして黒いネクストに乗っていた
        _r─┘ _|∧   / //ヽ‐ノ   |: :/: :/::.: : : : : : : : : /: :
        |: : : : : : : : : ||∧ ∠__// ノi ¨ /{ /:/:::.: : : : : : : : : : /: :        ことは知っている。
        |: : _______/ || ∧ ヽ__/‐‐´/ /: : :|/ : : : : : : : : : : : : /: : : :
      r─┘: : : : : : : : || ∧\`ー‐‐´ /: : : :: | : : : : : : : : : : : : /: : : : |
     /: : : : : : : : : : : : :|| ヽ /} __/:: : : : : : | : : : : : : : : : : /: : : : : : |

532 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 22:01:18 ID:CXkutcd60 [27/28]

              _, -''´::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`'ー-、
          _, - ' ´:::::::::::::::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         /::::::::::::./::::::::.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
.        /::::::::::::::i:::::.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、
       ノ::/:::::::::::::|::.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /人:l:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.|`ヾ
   ─-=彡 /::::/:::::::::レ':::::/:::イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.://  |ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.|
       /:.::/:::::::::::|l:::::/:/ |::ィ:.:.:.:.:.:/:∠__||L`ソ:.:.:.:.:.:.:.:.|
.      /:.::/|::::i:::.:.:.|:./:/_ハ:.:.:.:./ノ/ ,__」L_,ノ/:.:.:.:.:/:.ハ
      |:.:/ .|:::::ト::::::V:/- -x |:.:.:.:/ / -ィテ芯フ./i:.:.:.:./i:.:.|          最初はIGIOの英雄と讃えられ、
      |/  |:::::ハ:::::::Kィテ=斗::://  `┴ ナ //:.:/j ト、_
      |   .|:::::/:ヾ::::::\ゞ≧V .|        .//-'`/:.:.|          叛逆してからはネクスト戦役の元凶、
         |:::::ハ::::::\::::ヽ   ヽ      /  r-'´:::ハi
         ヽ::| ヾ::::i::::ト:ミ=-   _ _      /l:.:l:.:.::.ト           全てを焼き尽くす黒いネクストとして恐れられた。
           \ |:::ト:::;Vハ、   ー - ̄  //:.l:.:.:.:ヽ
            ヽ:\::V::/:.> 、    / 彡'フ::::.:.:.ミ、_ _         謎の多いリンクスだよ。
               >/::ナヾ:::ヽ- イ_ / ノ人/\ー'
                  //  ソ:::i ̄ ̄|    /  / ̄ ̄ ̄フ──    ……なんだ、興味があるのか?
                  -=/ ̄|__|/ /  //      // ̄ ̄
                   ノ r'´ ̄ ̄ V'   .//    //
               _, - '´/ {/     / .  //   .//
            r‐' ´   /  V   イ    | |  //
            V/   /    レイ/    | |//
             V  /__/ ./      .| ./





      ___
     /::::::::::::::: \
    /::::::::::::::::::::::::::::\      ……いえ、なんでもありませんお。
  /::::::::::::::::::::::::::::::   \
. |:::::::::::::::::::::::::::(ー) .  |
  \    (__人__) .  /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
その時、やる夫の中で初めての感情が芽生えた。
暗くねばらかな、負の感情。胸の奥にぽっかりと空いた穴の中で、
ぶすぶすと燻る火種。

その男に会った時、やる夫は果たして冷静でいられるだろうか。
小さなやる夫の、家族と一緒にいられる時間というささやかな幸せを奪った
その男を前にして。

やる夫は自分の掌を見た。
マーシフルの鋼鉄の掌と一瞬重なって見えた。

今の自分はリンクスだ。
ならば、リンクスとしてあの男を屠るまでのこと。
マーシフルの、自分の手で。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

533 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 22:01:56 ID:CXkutcd60 [28/28]
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


534 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/12/02(日) 22:19:23 ID:CXkutcd60 [29/29]

       , -‐   ‐- 、
     /: : : : : : : : : : ::',
    , ': : : : : : : : : : : : : : :',
  /: : : : : : : : : : : : : : :○:',         短いがキリもいいしここまでだ。
  ヽ : : : : : : ○: : : : : : : : :',
 .  `ト : : : : : : : : : : : _,-‐'`iヽ _       そういや、もうすぐクリスマスだね……
    i: 丶: : : : : :,-‐'´__,-‐'´: : : `ヽ
    | : : :ト: : : : `-‐´ : : : : : : 、: : : 丶    >>1はもちろんぼっちさ。
    | : : :'、j`-‐ : : : : : : : : : : : \: : : ヽ
    丶,,:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : | : : : i    当たり前だよなぁ!?
          `ヽ: : : : : : : : : : : : `ー‐'
             ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ





                           _ ______
                      ´.: : : : : : : : : : :`
                       l: : : : : : : : : : : : :i
                    i: : :○ : : : ○: :.|
                        |: : : : : : : : : : : |        あ、ちなみにこのスレは支援AAなどを絶賛募集している。
                     j: : : -===- : :.i
               r―--┐     i: : : : : : : : : : : :l        AA技術ないからね! 仕方ないね!
              i: : : : : ',      ゝ : : : : : : : : :t´
                ',: : : : : i  , f: : : : : : : : : : : : : :ヽ        皆じゃんじゃん送ってきてプリーズ。
                \: : : :y: : : :Υ: : : : : : : : : : :y: : '..,
                ',_: :: :/  i: : : : : : : : : : : :l丶 : : :ヽ    それじゃ、シーユーアゲイン。
                     ̄   l: : : : : : : : : : : .i  \ : : :丶

535 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 22:20:01 ID:bD/9.Oo60 [2/2]


536 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 22:23:16 ID:cu6PjtmE0
乙でした

537 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 22:35:10 ID:JJ2E6bPE0
おつー

538 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 23:04:51 ID:qIUJF7dY0
乙でした

539 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/12/03(月) 00:28:49 ID:luPMAlBI0
乙です



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する