クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第4回

339 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:01:14 ID:VxAubC9E0 [2/38]

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||  、 - ‐‐ -,
 |:::::::::::::::|,´: : : : : : : : :
 |:::::::::::::::|゙i : : : :○ ○゙i
 |:::::::::::::::|}: : : : : : : _ _ _l
 |:::::::::::::::||: : : :-=´_ _,´        ハロー。
 |:::::::::::::::||___ : : :丿
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||



スポンサードリンク


340 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 21:01:57 ID:GnWXS2JI0 [1/2]
ハロー

341 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 21:03:27 ID:WDFq2KAo0 [1/4]
ハロハロ

342 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 21:03:42 ID:lnW5ngpY0 [1/7]
ハロー

343 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:03:44 ID:VxAubC9E0 [3/38]

         ,- ‐‐ - 、
       r‐イ: : : : : : : : :`,
      i /○ ○: : : : /   /` 、       なんとなんと、やる夫が人生でいいじゃない様にて前作から引き続きまとめて
       i_ _ _ : : : : : : :{    / : : /
       `,_ _`=-: : : :|   ノ : : /        いただいてしまった。あのサイトはとっても見やすいので>>1としてもおすすめだ。
       i: : : : :_: : : : :'y´ : : : /
       `-‐、´: : : : : : : : : /          http://yaruoislife.jp/blog-category-918.htmlまでGOだね。
            ノ : : : : : : : : i´
          / : : : : : : : : : :|
           i: : : : : : : : : : : !
.          (`ー‐-  -‐ _}

344 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 21:06:34 ID:WDFq2KAo0 [2/4]
めでたい

345 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:08:08 ID:VxAubC9E0 [4/38]

       , -‐   ‐- 、
     /: : : : : : : : : : ::',
    , ': : : : : : : : : : : : : : :',
  /: : : : : : : : : : : : : : :○:',             しかし、実はこの作品、あまり自信はないんだよね。
  ヽ : : : : : : ○: : : : : : : : :',
 .  `ト : : : : : : : : : : : _,-‐'`iヽ _           ACの描写もきちんとできているかも不安だし。
    i: 丶: : : : : :,-‐'´__,-‐'´: : : `ヽ
    | : : :ト: : : : `-‐´ : : : : : : 、: : : 丶        一応フォーオーダーネクストとデザインブックは読み込んでおいたが、
    | : : :'、j`-‐ : : : : : : : : : : : \: : : ヽ
    丶,,:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : | : : : i       中々難しいものがある。ま、精進するよ。
          `ヽ: : : : : : : : : : : : `ー‐'
             ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ

346 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:10:10 ID:VxAubC9E0 [5/38]

                           _ ______
                      ´.: : : : : : : : : : :`
                       l: : : : : : : : : : : : :i
                    i: : :○ : : : ○: :.|
                        |: : : : : : : : : : : |       ま、ぼちぼち始めていこうか。
                     j: : : -===- : :.i
               r―--┐     i: : : : : : : : : : : :l       今回はミッション4、コロニー救援だね。
              i: : : : : ',      ゝ : : : : : : : : :t´
                ',: : : : : i  , f: : : : : : : : : : : : : :ヽ       やる夫君がこの先生きのこるには……
                \: : : :y: : : :Υ: : : : : : : : : : :y: : '..,
                ',_: :: :/  i: : : : : : : : : : : :l丶 : : :ヽ
                     ̄   l: : : : : : : : : : : .i  \ : : :丶

347 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:10:30 ID:VxAubC9E0 [6/38]

  _ xヘ        /    /::::/| |/ /|./:.,.イ: : : ::::::\ \///\|   |  |   |   |   |
 く_> ⌒v      /    /:::/| .|/ /|/ /  |: : : : / \ \///\  |_|   |   |   |
///〈_〉/ /「}^i   /:::/|  |/ /|/:./...|   |: : /    \ \///\ _    ̄ ̄    ̄ ̄
/// 'v,  {〈/o'  ∠_/| l / /|/:./   |   |/       \ \/___///〕iト
      ヘ' `o_ソ    /| |./ /|/:./ ̄ ̄¨゙|   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__`'弌///〕iト  ̄ ̄ ̄ ̄
      { `ー──/.| .|/ /|/:./______|二_|,. ヘ、          |.._|_〕ト `'弌///〕iトL
.        `¨¨¨¨¨/ | .|/ /|/:./┰┰┰┰xく__>‐〉,、ィi{ ┰┰┰┰┰‐/// ̄ ̄>‐‐<//〉 ̄
    ∠ニニ / |  |/ /|/:./( ¨ヽ `ヽ rく\/‐< ,、ゝ'===========///::::::::ィ⌒ヽ::::::::::::::`ヽ、_
     /¨¨/ |  |/ /|/:./`r'´ ̄ O' ∧|_,ィ○'"         /::::\‐ ..,,_:::乂__ソ::::::::::::/<:::::
. ∠ニ乂/゙|  |/ /|/:.:xヘ、ノx=ミxi〔⌒.: : : : : : : : :          \ー- 弌つ_「 ‐ __::::/|:{_(二
..   /|  |/ ./|/:.:/ \|/⌒>--<つ ̄ ̄ハ          弌、:::::~"'ー- ≧=- ∠:::_/:_:_:_:_
ニニ/|  |/  /|/:.:/    。o<>'"::::::::<>ュ::::j{:}     /〉     `弌ァァ 。.,_:::~"'' ー-, 、/:::::::::::::
/|  |/  /|/:.:/     |``'<:::::::::::::::〈。o<__〉j{:i{   〈__/        ⌒≧=弌_> ´  \-ミ::::::
  |/  /|/:.:./         \/ |``ー─弌_(二二ニニニニ0      .. .. _‐_‐_‐_‐> ´`ヽ、     >_ソ
/  /|/:.:.:/         ..| | |≧=--=≦:::_:_:j{:j{            ⌒> く    /  ,.。o≦ヘ
  /|/:.:.:/ 。 ロ      . :::::| | |:::::::::::::::::::::/:::::j{:j{: : :        ⌒> ´    \/ 。o≦:::::::、+'^,
/|/:.:.:/    匸フ   .: : : : ::| | |7::::::::::::::::::{:::::::{/: : : :     ⌒> ´       、丶`::::::::〉、+'“  」
|/:.:.:/       ,.へ、.: : : :::: :| | /-=ニ ̄ ̄フ¨ヽ: : : : :    ,,'"        、丶` ∨:::、+'“ィ≠ミxi〔ニ=-
:.:.:./        /:.:.:.V∧ : : / | // ト _\-'": : : :_〉、: :⌒> ´       、丶`::::::::::、+'“   {::(__)ソ _‐_‐
/        ∧:.:.:./ヽ∨:/ |//´〕iト. i ``ー=ニ/ ィ´ (__)    、丶`:::::∨、+'“    。o≦≧≦ニ=-
   ,-ァ     .::∧'´:::::::/∨ // ::    7⌒'ー<    |\    ,.イ:∧:::::、+'“     ,.イニ=-  ̄\⌒〉
   レ'   ’ ,.: : : ヘ、_/:.:.:.:.:〉//:: :::... 〈__/_‐_/ |ヽ::\ ,.イ:::::∨∧´x=ミ、 。o≦ ̄ /       〉'´
 辷コ  ,, ,.: : : : : ヘ:.:.:.:.,/ // :: _ fつ  >< ̄ ̄\\〈:, レ'´〈  V{、_ノ´_‐_‐_‐∨|___/--─
 / ̄\ ,.: : : :〈フ ̄: 7'´  //-'"::::::::::::〉  /   \ -_-_\ 〈'´   〉s≦ニ=-_‐_‐〈 ̄\_‐_‐_‐_‐〈〉:.:.

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「第一ブロックで火災発生! 第二ブロック最終防衛ラインを突破されました!」

「市民の非難はまだ終わらないのか! ノーマル部隊はどうした!?」

「それが……敵のイレギュラーネクストによって第一防衛部隊、
第二防衛部隊ともに壊滅! 戦闘続行は困難です!」

その時、コロニー・レーンはテロリスト集団による襲撃を受けていた。
企業連の度重なる要求の拒否に対する怒りの矛先が、コロニーへと向いたのだ。
既に外壁は破られ、他コロニーへの連絡手段であるギアトンネルも敵によって
塞がれてしまっていた。

街には破壊が巻き起こっていた。
銃弾は無差別に建物を撃ち貫き、榴弾が木々を焼き、ミサイルが雨のように降っていた。
誰もがコロニーの、ひいては自身の運命の終わりを予感していた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

348 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:10:41 ID:VxAubC9E0 [7/38]

                                          i   , '  ,
                                    ,  i     i|i:      i   ’
                                         i l  :,i||||i i     :i|i: i: |  ,
      ___                           i|i| i  i||l || |i i i| i|||i li li i /  ,
.     |///// |\                           i| i|||| |i!i ||  | || |i.:||    |  |i///            ___
__     |TTTTT|\\                  ,    || |||!;.:||!l    || ||        ;//:( /          /i|===|
トミ|   |===== |\\|  __         「〉  ,,  〈」:ii||| |                  /  (/  __ ___ /\|/|===|    ┌┐ _
トミl ̄「iミ| i| | |  \| | |\ ┌i     ,    \  )\  \  人       ,      /( |==i| |/|//| |//||/|===| rzzzZZz_ Li
トミ|  トミ| i| | | | | | | | |= |_「IIi∧ 「| __  \、   \   \  )´         /(   〈I   //=i|_|/|//|_|//||/|===|_i|//|Ti|__|/|__|
トミ|  トミ| i| | | | |_|_|.._| |= |IIIIIIIIIII| |/ZZへ _∧⌒'ヽ \\ \          r, <( /(/   // /:i| /|竺竺| /||/|===|/|//|Ti|__|/|__|
トミ|  トミ| i|二ト| | |三トミIj|= 匝些些|_| |II|II| |_|/∧                         / /  /'  /__i| /|三三| /||::-==ニ|//|Ti|__|/|__|
ト| ̄|\_:| i|二lミ| | |IIIIトミIj|_| ̄|\|z |_| |II|II|_|_|//,'〉  ノ\           , ,     // 〈 /:!゙/|三三|-‐|ZZZZZ|//|Ti|__|/|__|
ト|=|\i | i|二lミ|_|_|IIIIトミIj|_|「i |  |z |_| |====||(⌒ヽ J                 ))   ,,  ゚ //..,,,, '⌒ヽ|-‐|LiLi|zzz|ZZトミ|__|/|__|
ト|=|\l | ii ̄「トミi ̄トミIj|_|「i |\|z |_| |iLILIi|| ヽ ,;;;,,, ,, ゚  。  ロ ’        .. .. :::..  ゚ 。  〈ヘ;;; ;,,,,;;_|-‐|LiLi|zzz|ZZトミ|II|///|
⌒). . .⌒ヽ_i|  |.トミ|―トミIj|_|「i |  |z |_| |iLILI\\ , ,;;; ,;; ,;;, .,:. .::.   .. <> ,,;   ,;;,,; ,;,<> ,,;;,,,   〉;; ,,;, | ̄トttt|zzz|ZZトミ|II|//xXx
. . . . . . . トミ|  |:トミ|//トミIj|_|「i |\| ̄トミ|'⌒Y; ;; \\\:: ... :::: .::: ..: ;; ,,;;; ,「~〉 /  :: ... ::: ../( ;;;: :..::::: ;;,,// ; ,, ィrzzzzzzzzzz||TTT〈爻爻
. . . . . . . トミ|  |:トミ|//トミI,ノ'⌒^⌒|==トミ|;; ;,,;, ,,, ;;;; ,,, ;; ;,,, ,,,,, . .... : ... ...:: :::` ノ( ;; ,,,<_〉 ::/ ::: ..;; ,,///;;;; ,,,,,,;K|======izzz||TT7/爻爻〉
二二(⌒. . . .⌒ヽ⌒. . . . . ⌒. : : . : . ~~⌒: : .~⌒ヽ : . :: ⌒: :. ; , ;, ;,, ; ; ,;;, ; , ;; . :: : ,; ;, ;, ;; , ;;, ;,; ⌒// , ;; ; ; ; ; ;;;;;;,iLiLiLi||i|ili||TT爻爻爻
lllllllllllllヽ. . . . . . . . . ⌒; , , , , , ,; ;, ,,  . . . . . , , , , , , , , , , , , ,,, , . :: : ~~. . . . . . . . . .. , , ,, ; ; ; ;, ;;, ,; ;, ;; , ;~; ,,;;⌒ヽLiLiLi||i|ili|| 爻爻爻爻
lllll(⌒; ,; , ;, ; ,;, ,, , , ; ,; ; ; ,,; , ;; , ;; ;, ;, ;;;; ,;; ,,,, ; ,; ,;; ,;; ; ; ; ; ; ; ; , ,, , ,; .. :: :: .::.. :: .. . . . .. .: , ;; , ;; ; ; , ; ; ,; ;; ; ; ; ;;; ,; ; ;;;;; )iLiLi||i|ili||爻爻爻爻
lllllll), ;;; ,;; ,;; ,;~~;, ,;; ,;; ,;; ,;; ―‐:: ..:: .:: ..: :: ;, ,,, , ,, ,~~.. .:: :. :: : :: : :: ... '' ,,; ;, ;; ;,,;; ;,, '' ,,; ;;; ,, ,, ; ; ; ; ;; ; ; ;; ~~: :: .:: ⌒; ;; ,;; ;⌒;; ;;,, ,~へ
l/;, ;, ;, ;, ;,,, ;;;; ;;;, ;, ;, ;, ;, ;, ;,;/~  ̄;|〈〈~~\'' ; ;; , , , , , , , ,;;; , ;, , ; ; ; ;'" ; ; , , , ; ; , ; ; ;; , ;: :: . .: :. :.. : ~~; ,; ;, ;, : :. : .: : .: : . :--: .: . :. :. : . :. :.:
;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;,/    | ;∧;  \ ; , ; , ; , ; ;, ; , ,; ;, ; , ;,-- ;, ;, ; ,; ;, ;, ~;, ;, ; ,; ,; , ;, ;, ,; ,, ; , ;, ;, ; ;, , ; ,; , , ; ;'' ;, ;, ;, ;, ; , , ;; ,, :: .: ::.

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
その時生き残った男性は、こう語る。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

349 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:10:53 ID:VxAubC9E0 [8/38]

    //   ,ゝ-{≧s。、  Vム   |  { .!    ,′.}/ヽ         ,。s≦}ヽ > 。
. / /  ! ,′   / `ト.  Vム   |  マV  ,′V!   V/     /¨{ ̄  ̄ } \  `ヽ、
, '  /, <,'! !   /   ! ヽ、Vム. |   .マV .,′ .〉、   V/   /  .V   /  /-\.   \
  /   {i ! i__/  /\ } ヽム,|    マV  ./  V/ /   〉,  V /  /i!   \.   \
../      V!    /   ヽ{≧s{          /  /ー‐‐, <  V/ ¨゚  / i{     `ヽ.、 V/
i{,       '!___/、__   }!  {!        /  /   ,/    .Vi/   / i{      _,. -マ V/
i{ ≧s。., __\ \ \  \ }!  {!      /  /   ,/  >ー‐<ヽ--.'V/i{、 > ゚´    ヽ, V/
,}        ヽ--ヽ-' ヽ--ヽ!  {!.      /  /   ,/ / \__\∧_V/ V            V}!
{       /            }!>゚ヽ----- ' `ヽ'    /イ  /         ヽ、        }V/
.',     /          /\         \ ./`ヽ_/               \       }! ヽ、
 ヽ--- 〈           /  ヾ\         ヽ\/                   `ヽ、    }!   \
  ,s≦ミy}!          /.    ヾ\__     / }! \                      ヽ,   }!    {> 、
 {三{ilililil}}!           V/      ̄ヾ\  ./   }!  i}                  r≦.、 }!    {  {_!\
 `ー― ' }!          V/         .\/   / \__i}                  {ilil三}.i{;   {   \ \
    r-{,'            V/        /ヾ\/   /                   {ilil三} .i{;   {i     \ \
_    i /              V/.     /   /____./                    `ー、'  i{;  {i      \ \
. ヽ___ノ,'            V/  /   /___>゚´                        \ .i{;.  {i         \ \
.    ,′            `ヽ'.___/  Vム    ',                         {! .ヽ、{i          \ ヽ, .∧ ̄ ̄
.   ,′             r< __  .Vム    ',                            V  Y\.         マ i/  V/
.   ,′            , { //   /!  .Vム  /ー‐ァ                          V /  \          i/   .V_
  /{           。< {,_'__./  |    Vム_./  / ∧                       Y.      \        ∧   /
>゚´.{        ,<___  |ヽ/|    |   /   /   /                       !         \    /  V//
_ >゚ ',       ,′  /`ヽ,| | .!    ! ./____/   /                         V          \ /    V___
  /≧、      />。._/   .|.___!   .i/  |    |  />-<                   {≧s、,         /    /
>'ニニ{__}    / / / \/  ./   |    !___|_./ /il{ { ヽ                  \:\:.ヽ、       /     /
二}>'`ヽ }ヽ   V/__/  ./  ./      .!  / ',  /   {ilil{ {  }               <二二>:-:-:\    ./     /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
英雄が生まれる瞬間を見た、と。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

350 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:11:06 ID:VxAubC9E0 [9/38]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

351 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:11:17 ID:VxAubC9E0 [10/38]

                                 ∨ \{\
                              ∨.、 \: : 、
                             . . : : ∨、   \:,,:、
                        Λ/\ヘxヘV¨"''ミ‐… 、___〉 _,,..,, _
                        〈::::〉:::: 「:/:〉/〉  ノ  ノし 寸=―′
                     <∨::/|/:Λ <:::>`¨¨〈__/ 寸ト---、
                   _/⌒) 7 ̄]::::〉::〉::::/: :  ∨/\  \しノ〉
                     _,、<    / /ヽ ∨:::><    r‐…へ\  ゙'y゙
            _ -=ニ ̄     //\ノ_]>―    {  〈  \厂/
     _ -=ニ ̄       /  /〈   >_ノ    ,、 /゙'~ヘ、 ノ-<
..-=ニ ̄                  イニ厂 ̄     / \\   | ゙く   `:、
           ,....ニ- ̄´"''~: : :          (◯)イ゙'> >___|  ‘, _`、
         ,ニ- ̄::::::::;:::':::::::::: : :       ./   /しィ/>      〈´ __`、
       ニ- ̄.::::::::::::::;:::';:::':::::: : :       /  /、 // )      Y::::J:}
  ニ- ̄.:::::::::::::::::::::;::':;::':::::: : :       /__ 〉'゙  └<__/〉      〈ミノ
- ̄.:::::::::::::::::::::::::::::;::';::'::::::: :     ...___ / ̄  〉      )  _/
/:::::::::::::::::::::::::::;::'::::::: : :      / //   /     ∨ ̄7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: :          /  /  ,/ _,、-''"⌒< (ニ)〈___
:::::::::::::::::::::::::::: :         /  └…゛ ⌒`、     ) `¨ ⌒ 〉
:::::::::::::::::: :           「ヲ     /      }   _、<  _彡'゙
:::::::: : :        .__/    /  (ニ)_,,.、、イ'''"´
: :         〈 /     / /ニ〉 ̄
         〈ニ〉    / ''"´
         /¨7へ(ニ)
        ./ / ,//
        ′{しイ/
       乂_/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
輸送機から射出され、そのままオーバードブーストを起動しながら滑空する。

眼下には火の手が上がる町があった。
やる夫の胸の奥を暗い炎が焦がす。
既に何百人もの死傷者が出ていると聞いている。
彼らがやっていることは、企業のネクスト、あの黒いネクストがやったことと
何ら変わりはない。たとえコロニーを追われた事実があったとしても、
到底許すことはできなかった。

「ミッション開始。ランク4、ロストワードと協同して敵部隊を全て撃破して!
今回はコロニー内部での戦闘になるから、PAは展開不可。
被弾は極力抑えるように。それじゃ、ランク4直々のご指名だよ、気張って!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

352 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:15:48 ID:VxAubC9E0 [11/38]

`丶、        ]   V'///∧        √ Ⅳ     /‐=ニニニニア゛ :
ニニ=‐ _     ]   V ///∧ ∧ __,√iⅣ   /_‐=ニニニニア゛: : : :
ニニニ=‐_     i] ii   V/////V‐=〉^^i[ニi[   √‐=ニニニア: : : : : : :
ニニニニ=‐_   |]八  V'////‐=/: : ::|[ニi[   √‐=ニニア: : : : : : :/
ニニニニ=‐_  |]ニ   ∨//‐=/:: :: .::|[ニニⅥ √‐=ニア: : : : : : :/: :
ニニニ〈\=]   |]‐=\  .∨‐=/: : : : ::|[===[[ {‐=ニア: : : : : : : : : : : :
ニニニニ\\  |]i‐=ニ\/‐=/⌒ア:.:.::八ニニ[[ .\i]i: : : : : : :/: : : : : :
ニニニニハ \7j7`マニ`マ(_/: : ::∧∧ √ .   _]|\: : : :/: : : : : : :
ニニニニア`、ニ77/\ \ニ/7[/^7 ‐∨i√   _]|:. :.\/ : : : : : : : :
ニニ=‐ '゛ /∧7{' /\` .Yニi_[‐=7ニニ√√   _ア、: : : :{: : : : : : : : :
ニ=‐ '゛   ./∧ Vi{/ : \/ 〉],,[‐7ニニ√\-‐…ァ  :\: : \: : : : : : :
\     V/∧iV   :   Υ.]_‐7=ニニ√\j〕iト/  :/ /\: : \: : : : :
‐= 〕iト _ __ V/∧i\ :  /|,ノ‐7{ニニ√\i_>'  :/ /  :\: : \: : :
 \ニニニ=V/∧ ‐}h、/=〉‐7: :〉=ニ√ ∨\____/ /   /~~\_‐=≦
、   \ニニ= V/∧‐j7⌒ヽ‐7: /=ニ∧i∨ /⌒^ / /ニニニ=‐ _
    `¨´`ヽ八/∧八‐=ニ7 : \/ニV . /   /i/‐=ニニニニニニ=‐ _
    \  ./ニV: :∨ \ニ7 i: : /ニ=/i//  /'゛     ̄ 冖¬¬冖^^⌒
〕iト    Vi〈ニニ \:}‐=ニ7‐i|: /ニ/iイi/  /
ニニニ〕iト,ノ  `'<ニニヽ==7‐=乂,,,ノニニ\   i[
⌒⌒⌒⌒ 〕iト  \,ノ=‐' ‐=ニニ7ニニニ >、ノ[___
        ⌒ \/{ニ‐ ‐=ニ7ニニィi{ニニ}h、]|
          〈i八ニ‐ ‐=7ニィi{ニニニニ7v|
           `'<=‐ ‐7ィi{ニニニニニ7ニV、
                 `'<ニニニニニニニ7‐‐‐V,\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
AMS越しに通信が入る。

「こちらロストワード。リンクス、アリス・メルキュリーよ。
これより敵ノーマル部隊を蹴散らしにかかるわ。
準備はできているわね? マーシフルのリンクス」

「……とっくに」

「予想通り、状況は敵のど真ん中よ。味方の防衛部隊は半壊。
マーシフルなら、アサルトアーマーを積んでいるわね?
それは控えなさい、コジマの余波で避難中の市民が巻き添えになるわ。
なるべく通常兵器で敵を殲滅するわよ」

意外だった。
オルデンブルクをスポンサーとするランク4のリンクス、
それも冷酷無比の冷血女と聞いていたので、どんな言葉が出てくるかと思いきや、
まさか市民を慮る言葉が聞こえてくるとは。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

353 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 21:17:01 ID:lnW5ngpY0 [2/7]
やる夫のような子どもを出さないためにも気張らないとな

354 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:17:04 ID:VxAubC9E0 [12/38]

                                   _
                           ________     /   \____        ∧
                         /⌒~^'¬-‐┐ /        マ__}      / ∧
                          | 「二=‐-'⌒^/7_____,. -┐「7_ア  ___,. -‐'^  〉¬
                    __,,.., -‐=¬ァ冖-_/ニ|‐ j[_{-=(__)ニ=┛j[_アr‐ァ‐=ミ   ⌒¨¨
                  「^7TTTTTT{[::::)ニニ)ニ! /{_/ー=冖¬ー=彡←=ミ//∧
                   `'ー=ニニ=‐ニ7TT}ニ7ニレ:: ::⌒L三√⌒\     `く/∧          ちくしょう! ネクストだ!
             ___,. -=ニニニニニアニ 7¬L7ニ=-‐ ⌒〈 \_ノ       \j
.            r=ニニ二二二ニ_,ニ=-‐宀¬トr‐'' \  \  ',  j  `ー=ニ¨¨¨⌒7          ネクストが来やがった!
.     _,,. -‐=ニニニニニ二=-〈         ∨  )   __ノ  /   }ニニ  /    _,,..
r‐=ニニニ二=-‐-=ニ=-‐     r勹=- ,_       ]_ -‐=ニ^¨   __,,. -=ニニ7⌒7-=ニ¨⌒\       全機第一ブロックに集まれ!
^ーニ=-‐            [ニ7ニア二>_,. : -=7         _/二三三フL,,_j{__ア     \
                   Ⅵニ〈ニニニ]ー=ニフ⌒¬ァ冖r=ニ二''=‐- ,.__:: :: ::j{_,ア             企業の犬を血祭りにあげるぞ!
                      ⌒冖L三二ア    /: /〉:: L三厂^アー-=ニ彡'⌒\
                        ¨¨⌒    /:::/ V::::/:: ::/V/⌒\: :: :: :: :: \:\
                              j/-=ア:: 7:: :::|レ/:: :: :::|: \ :: :: :: :: :: ::j
                         , r‐==ァ'′  〈::...:j:: :: :[7:: :: :: ::|   \ :: :: : /マニ=-
                     // _/     ⌒^{ : :: |j:: :: :: :: |    \/    \
                        {〈_/i∧          〉::..::|{__,,. -┘、          //\
                        //∧//    _, -=ニ⌒¬‐-'′   \      〈////
                        //V//レ'⌒¨¨フ⌒                ⌒ニ=-    Ⅵ'/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
機体内のコジマ粒子タンクとの接続を切り、PAを消滅させる。
上空からコロニー内部、第一ブロックと呼ばれるエリアに着地すると、
早速ノーマルたちの出迎えがあった。

「企業に盾突いておいて、企業そのものには敵わないからと庇護下の
コロニーに攻撃する……低俗な八つ当たりね」

隣に着地したロストワードから冷たい声が聞こえてくる。
冷えた手で臓腑を撫でられたような感覚に、やる夫は身震いした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

355 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:17:37 ID:VxAubC9E0 [13/38]

〕iト      \: : : : : :\   '∧: : : ∨ / : : : : : :.j{  j{: : :  j{: : : : :′    _ア: : : : : ,ィi{     . : : : ィi〔
    〕iト     : : : : : :\ . / ∧: : : ∨ / : : : : : j{  j{: :.:  ji .: : :.′    _ア : : : : ,ィi{    . : : : ィi〔
       〕iト     : : : : : \./ ∧: : : ∨ / :. : : :.j{  j{ : :   j.: : : ′   _ア: : : : ,ィi{   . : : :ィi〔
          〕iト   : : : : :\ ∧: : : ∨ / : : : :j{  j{: :.   i: : : ′  _ア: : : : ,ィi{  . : : ィi〔
             〕iト  : :. :. :.\ : : : ∨ /_ : : j{  i{.:.:.  j : : ′. _ア : : : ,ィi{  . :ィi〔
             ` ~ 、…‐- : :. :.\ : :.∨,  . :.j{   i: :  j: : :′_ア: : : ,ィi{ . :ィi〔
                    ` ~ 、: :〕iト.:\: : : /,: : : j{   {:.:  i: : ′ァ: : : ,ィi{: :ィi〔_______
                   〕iト : : : : \: :'/,:_:_:j{   i:. :._j_:'ア: : . .: :.ィi〔 '' " ~´´´
                 _ 。o≦ニ〕iト:.:.ヽ(::_:_:_:)L  _jL:_:_:_:_): :ィi〔=i〕iト
               --==~~' "~ィi{⌒アへ<≧≦}人:j{≧=ァ'/寸⌒iト  ⌒〕iト       散りなさぁい!
                  ィi{⌒´_ア⌒ヽ \}〕iトivU:viィi〔 イ{  ゚寸( ⌒}iト   ⌒`
                ィi{⌒´ _ア⌒   7 y'{⌒(___)⌒}彡{(.__  ゚寸(_  ⌒}iト
                ´⌒r‐ァ _ア⌒  -‐…{ミ( ノ\_〉〈_/\ノニニ}iト ゚寸L __  _,
                r‐ァ\-‐===ァニニニニア゛ .ィi{〉_〈〕iト ‐ `'<ニニ(ニ(ニr‐==〔
                ξアァ )ニ7イニ=-‐イ 7{ {ニ\i/ニ }ハ≧=‐ ⌒冖〈{≧=‐r′
                 `冖⌒゛´ ィi{⌒r‐j{_j:ノ⌒}=={⌒j{ニ}ト、   〕iト  ゝ- '゛
                      ⌒ `   {_ノヽ}{   冖  Ⅵ{レ{
                             ノy'ノ       \〉 \
                         ノ(/          ヽ>‐)ト、
                       _j{__j{)              ヽ{i{_r〉
                        )7 )7              ⅥⅣ,
                        '′7               Ⅴ Ⅴ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ロストワードの背部が帯電し、無数の光の帯となって解きはなたれた。
レーザー特有の高音を発しながら、展開していたノーマルたちを一斉に貫いていく。

「あれは……ランク4、ロストワード……!
くそっ、囲め、囲め! 数で押せば、いくら上位のネクストといえど……!」

「馬鹿ね、数による有利を覆す、戦場の常識を壊すのがネクストよ。
ましてや、大量の敵を相手取るのは……」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

356 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:18:11 ID:VxAubC9E0 [14/38]

                       / '’  /
                        /〈_/ ̄<
                        / /\ \:
                      __//: . . .\ \. :.               _ _
                     < < .: .: .: .: .: .:.>  >: .: :.  '’    n/ /⌒}
                    :\ \-=ニニニ=-<__ :. :. :./\.  ...(|'zr'/_∧
                     :/ -=ニニニニニニ=- \_/   、: :. :..⌒y≦ニ',
                   / /:-=ニニニニニニニ=-\__/〉 }: .: :  .{ニ∧}}              ,
                  : <  {.: .: -=ニニニニニニ=- :. :..  //. :.   ..}, ' /マ           ,.</
                 :\丶 : .: .:-=ニニニ=-:. :. : /{/. :. : "   .,' イ ∥  _  _ 。 r≦<i:/
                     :} \ .: .: .: .: /〈 \__/< ___/:.  .ノニ/,'ノr≦=‐ ‐=≧ 、<i:i/
                     : 〈    \<  ̄. : :.> __   /   /-=ニ//       ヽ- <
                     : .\< ̄\\__//  \<    ,-=ニ/=-{!         }=-:ヽ
                     :.、   \<  ̄ 、   `.、ト、ノ> {{ニ=-\   _ 。r≦¨´ =-:!
                   }i_i}ト、<ニ/=>⌒ヽ__ ,'<>≦_、i_i_i!=_-。r≦ニ=‐¨´ ≦ニニ=-′
                   ∨ /∧ y'/i:i:i:i:i〉__/ :}r≦ニニニ=-/´ニニニニニ=- >'
                       ∨ /∧___>≦____{_:_ノ=====<i:i:i:/≧、ニニニ=->´
                     ∨ 〈i:i:i{=\( ̄_≧=ト、ニニニニ============‐ア        このロストワードの領域よ!
                     ∨∧>=-∨7ム  /i:i:i:/≧ 、 r≦ニニニ≧ 、
  __                    マム∧=-}ト、¨¨<i_i_{ニニ=≦ニ/     \=- >
  `¨<≧s。≧s。 _            ∨∧≦=},ムr≧、i:i:i:i≧==‐-<       ∨ /ム
     `¨<_/ニニ≧s。_          ∨∧ニ/≧s:リi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\≧、   'v=-ハ
       ヽ≦ニニニニ≧s。_      ∨¨¨,' -=/=/≧si:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨ }   ムニ=-ハ
         `¨<ニニニニ〉≧<≧s、  〉-,/i:ヽ'=/∥ ∥i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: ∨   /ニニ=-,
             `¨ <ニ/===/ニニニr‐=、/i:i/イ,∥ ∥}}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}}_ ,イニニ=- /
                    ̄¨ ‐==≧s|==ム__,,∥ ∥ }}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/'ニニニニ=- ′
                         ∧∨   ,'7__∥ノi!_i_i_i_i_i_i_i_i_i/ニニニニ=-/
                          \<,'ニ≧/<ニニ>¨´<ニニニ=-、 >、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
今度はロストワードの拳が赤い雷光を纏い始めた。
徐にその歪な手を翳すと、雷光が放たれ、眼前のノーマルを焼き尽くした。
鋼鉄の機体が音を立てて焼け付き、溶解していく。

「マーシフル、あなたはその機動力を活かして他ブロックの敵を殲滅して
周りなさぁい! ここの敵は私が責任を持って塵に帰してあげるわぁ!」

「りょ、了解!」

身を翻し、隣のブロックへと向かう。

「敵がロストワードに集まってる……どうやら注意を惹きつけてくれてるみたいだね。
あのリンクス、ああ見えて気を遣うタイプなのかな。
それはともかく、さっさと敵部隊を片づけるよ!」

「了解だお。どの道、これ以上被害を広げる気はない!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

357 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:19:37 ID:VxAubC9E0 [15/38]

                                   __       |  ||  |  |
                                \::::::::::::::::::::::: /Λ||\|  '\
                                         ̄\:::::::// / ', ',  ',\
                                           \| { 〈  ', ', |\/
                                             /\  ‘,| |./ _
                                         乂 ',  || |/(__ `\
                                            {  ', lΛ | (  彡⌒ \
                                          `} ',| 〉 | \__>、__   }
                                           __/⌒ヽ|/ /_ 〈::::::::_,>‐く \
――――:::::::::::::::....................     ______      ,.斗…</へ、   (_ 「:{ /∨:::7八 _ノ⌒}  \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ̄`''<   _/ニニニ,>⌒\ノハ::V,ノ:;〉/  |  x-ヘ   }      そこまでだ……!
ニ―______::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_>――へ,_ `>/ニニニ// _,.ノく └<´ノ    \{  r \j
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/`''<ニ/ニニニニイ Τ\  \/ |「     乂 し (ヘ\
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、  <ニニニニニニ} 乂,_,)    ∥  /\└‐^)〉 )」 )/
ニ/ ̄ ̄ ̄´´´´´´~~~~"""""''''''''冖冖==ニニニ>、 /:``</''<ニく /\\  ∥:><::\::::::>
                                  { /::::::::://   / ̄\::::::::\\_|:/⌒/::::(^\
                                く:::::::::::::// /_:::::/:::::\:::::::/< \ノ:::::::| \ \
                              /``ーく___〈:::::::::`|::::::::::::::::::::/_,\ \_,ノ\ 〉  〉
                                   `^''<_/::::::::::::|:::::::::::::::::/:\_:::::::\_{  \ /\
                                   /::::::::::::::::::|::::::::::::::/\:::几 ̄7  ̄}   /\:::::/
                                  /::::::::::::::::::::::::|::::::::/{  /} }  { /\ {  Υ::Λ
                                 /:::::::::::::::::::::::::::::j>''Λ:::::Υ:::/ / 圦\:::/\_ノ l::| |
                                /::::::::::::::::::::::::::::::/  乂::::::::::ノ,/ __」| (  ̄\___/Λ |
                               /:::::::::::::::::::::::::::::::/       ̄⌒   {:::八 \  :::::::::::::::::V
                           __/::::::::::::::::::::::::::::::::/             ̄ |\  ̄ ̄\_/
                   / ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                   |  {¨¨¨´{
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                 ',  \___〉\
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                  \        〉
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
第二ブロックに辿り着くと、そこには防衛部隊の残骸と、無差別に、
無遠慮に暴れまわるノーマルたちがいた。

「へへ、企業に尻尾を振る愚民どもめ……
これは誅罰だ……お前らが悪いんだ……全員死んじまえ……」

「おい、やりすぎるなよ。特に食糧庫はな。
ここの資源や物資は俺たちの役に立ってもらうんだからな」

やる夫の中で殺人への呵責というロックが音を立てて崩れ去る。
やる夫は躊躇なくレーザーブレードを振り抜き、構えた。

「それだけやるなら、自分が殺される覚悟もできてるんだろうな……!」

ブレードからレーザーが射出され、敵ノーマルを貫き、四散させる。
それに反応して周囲のノーマルがアサルトライフルを発砲してくるが、
その程度は予想済みだ。

上空に飛び上がると、メインブースターを吹かして敵の背後を取り、着地した。
振り返りざまにブレードを起動しながら一閃する。狙いはコックピットだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

358 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:20:21 ID:VxAubC9E0 [16/38]

                                  j}      /      f´   ,′
                               j}     /     /   ./_
                                  j}    / `ヽ   /     ./   ≧ー--、-、
                         jI斗ャ≦j}  .___/   /_/   ,.。<         \\
                       ,ト、/ヽ/ __   j} /-/  /      /   r‐、     ___  \\
                  ト{:V: i :}: :/_:_}__/-、!- /-'´{/{_/i{ ./  r '   ー‐<`ヽ、     \\
                 <:jI斗<:-:-:_'ノ/  }、  /  }!  }__/            `ー―‐、_ \!
                 _ -//ヽ  }、:_:_/ /--、/:} ´   〈   /  }_               \_ \
                  _ -  //__jI斗<>、!〈  /::/-/ {  / /  // ≧s、              \_ \
                 /, < >゚´___     i ヽ/゚゙´/ /  //`ヽ,//     \       ゝ/      \_
           /<>゚´ ̄ ̄ ̄≧、/ >、_}_/ /  ,/ /、__/::{------ 、_ ヽ、  / /         .ヽ
         _ -´         。<___r<|! ,  i f   , ヽ V::::r--'<_  r'´ {__ ー/ / i{
        _ -      jI斗s≦、>--- '   |! ,}, / /  /、_//_`ヽ    `ヽ__r_-'i/  /   ヽ
    _ -      。<> ゚ ´            |!.,}  / /__,/  }r ,}           ヽ/  /    }!
_ -      。<>゚´        ,。s≦{  i|/ /ィ゚´ ̄、    /ヽ       r<  /     /
     。<>゚´           , < {/_,}  ' ´__ノ、>、  >-、 / } }ヽ     人  ,/     /
, 。<>゚´              /  /   /´_ ̄_{ { Y i´ __,/ ノ/ /}ヽ-、 /  }/゚ililム  /}
>゚´             rzz}_/   {ヽ´---{ ヽ,ノ`- ´/,.。s<___//、__  /  /ilililil/ //
                 {il{  `ヽ  _/、_}_{≧s、{---/__,。<>゚´   }ノr‐‐/ilililil/_//
             ノ }  ,。z}t-{ノ{ー---、 i {--/ /----<_>、__/- '  ヽ- ' {、r'
               /  ヽ'゚    }ヽノ       ゚マ{-/ /< _     /     /     }ノ、
                /      /  〉         i_}_/-、f゚´  `ヽー/     /    /--ヽ
             {       }  /          ヽi       r≦二{rー--、/_   / ヽ }、 ,ゝ-、
            /     / /               /__>r‐< / i/ヽ r' /`ヽ_/  } \
              /    / /                { /  { r'ヽ rー、}`  {    }   }  \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ノーマルたちを殲滅すると、建物の陰からちらほらと人が顔を出した。
どうやら隠れていたらしい。

通信をスピーカーモードに切り替え、呼びかける。

「こちら企業のネクスト、マーシフルだ! ここから北の第五ブロックに
生存者が集まってる! そっちはまだ防衛部隊も生きてる、その人たちに
守ってもらうんだ! 負傷者には肩を貸してやれ!」

人々はお互いに声を掛け合いながら、北へと向かっていった。
その集団の中から一人、女が躍り出てきた。

「お願いします! あの建物に、娘が取り残されているんです! 助けてください!」

指差された建物は、炎上していた。
やる夫は考える間もなく、レーザーブレードとアサルトライフルを投げ捨て、
建物の屋根に掴みかかり、引きはがした。

奥の方で、まだ十歳にもなっていないであろう女の子が煙に巻かれていた。
怪我はないようだ。やる夫は手を差し出し、「乗れ!」と叫んだ。

女の子が恐る恐るマーシフルの掌に乗ってくる。
それを引き上げ、母親の方に降ろした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

359 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:20:40 ID:VxAubC9E0 [17/38]

     ____
   /      \
  /         \
/           \       すみません、時間を食ってしまいました。
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/        すぐに次の敵に向かいますお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





┌────────────────────────────────┐
│          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-――- - 、:\          .│
│.          /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、:.:.:\ .ヘ:ヽ          .│
│         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:\  ヽ         │
│        |:|:.\:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:ハ:.:ヽ:.ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:\:.:丶          ..│
│       .i:|:.ヽ:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:| ヽ:.:i:.:.i:.:.:|:\:.:.:.:.:.:ヘヽ:.ヽ          .│
│.         |:.:|:.:.ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:._7t:.-十:i  i:.i|´丁`i:.:.|:.ヽ:.:.:.:ヘ丶:.i        ......│
│         l:.ヽ:.:.:|:.:.:.:.:.:.|:.:.:匕:チ |:.≠.l/  ||,イう。,/:.!:|:.:.:ヽ:.:.:.:i  ヽ         │
│         ヽ:.ヽ:.|:.:.:.:.:.メ´:||:.yヒて个/   / .{::::j."i/|:|:.:.:.|.i:.:.:.:|          .....│「ううん、大丈夫。マーシフルの機動性なら
│        ヽ:./=ヽ:.|:.:.:i:.:i,イ7::::::゚::|       b:y /:.l/:|i:.:.i .|:.:.:|          .....│
│         ゝ .个:.::.:ヽ|ヽ らツ少      ̄ |:.:i:.|||:.:| |:.:|            .│この程度のロスは何ともないよ。
│          \ .|:.:.:|\\. ゝ¨        、 . |:.:.|:.| |:.|  |:|             │
│            ヽ:.:.:|                イ|:.:|:ヘ/   |             │さ、次に行って!」
│             ヽ:.ヽ.       ` ´ /:.:.|:/:.:.ヘ              .....│
│                  丶:.丶> 、    イ、:.:.:/:.:ヽ:.ヘ                │
│               \ミ    ` ≧´   !\:.:.:.:.丶:ヘ             .....│
│               ,>.|ヽ   ><   / .i:`>x.ヽ:ヘ            ......│
│             ,、r´:/ | >‐、´     /  |::::::::::::::::::::`ヽ 、           .│
│.           ,、r´:::::::/  |/>-<\ .   /    |::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、       .│
│       ,、r´::::::::::::/  ./└t┘ ヽ./     .ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、    .│
│     /::::::::::::::::::/  /|./ Ⅹ.ヽ  ヽ   >┘ \::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::|   ....│
└────────────────────────────────┘

360 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:21:01 ID:VxAubC9E0 [18/38]

            _ ._
            `マ\マト、
             `| ヘ∨ト、
              弌 ト-、\ __ _r;..-;..、
                ∨t.ヘ イ /---z..;..;}
            ____∨ ∧<ヘ_ソ;..;ノ __
           /      〉ヘ.∧ ∧   ̄\≧ - 、
             /γ⌒ヽ- ― ―t 、γヽ_, -_.〉三三≧ - - - 、_
         z-ソ`´ヽ丿ト     .〉弋仆―――'´`ー===三三≧=――- - .._
         {.;..;..;..;..;..;..;r'´ `ヽ三彡'  ヘ              ̄ ̄`ー‐-<三三≧ト - .._
       / ソ..;..;..;..;..;..;..>   }´ヽソ、_ ハ                       ̄ ̄ `ー'´
      // ヾ..;.レヽ-イヽ;}   `〉z  / ゝ'
     //    7.{\ヘ/|    r< { } 〕t
   ムイ      ヘ/\ .|  γ:≧i i:≦=- 、
           `ー 、 .ヘ , >/::〕.ト:_:ヽ   /´丶、
               ∨ ∧ イ゙´.iリ \__.{ r:::} )t
              ノ∨ ∧ ノ       `yゝ_ノイ
             /  ∨ ∧         ゝ__ ノ{r 、
           /  ム'.∨ ∧         `>:::> ヽ
          /  ノ   ∨ ∧         \ _ノ
        __r-'  /     ∨ ∧
        ソ   /.       ∨ ∧
       / r::::〈        ∨ ∧
    __,..ヘ ->'´         ∨ ∧
   //::::://            _∨ ∧-t
  /    ̄ノ´              \   |
  ゝ-- ´                \  |
                          \!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
第三ブロックにも全く同じ武装の敵ノーマル部隊が展開していた。
上空からアサルトライフルとレーザーブレードで撃ち降ろしながら殲滅していく。

すると、前方からロストワードの姿が見えてきた。
どうやら、第一ブロックの敵を殲滅し、こちらに来たらしい。
電磁パルスを撒き散らしながら周囲を焼き、指揮官機と思しきノーマルを
両手で掴むと、そのまま引きちぎって放り投げた。

「あら、そっちも終わり? こっちは粗方片付いたわ。
被害はないわね?」

「もちろん。この程度の戦力に後れを取る機体じゃないお」

「なら、上で飛び回ってる蠅を落とすのにも協力してもらうわよ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

361 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:21:46 ID:VxAubC9E0 [19/38]

                              / | |   ___| マム
                           __ { : : :|/ヽ:: /::::::::::::: ヽマム
                    r――‐</:::::::::::i::: : //:: }/:::::::::::::: : ∧マム
                     \:::::::::::::::::::::::::::::,ィ7/:: / {:::::::::::::::::/:: } マムヘ
                      \__r‐=≦/ //:: : {:: 乂::::::::::::::::::/ マム }    。 + ゚  *
              ィi〔 ̄ ̄ ̄ ̄/:::::::::::{\  /:::::::::/:::::::::::≧=‐=≦  } }ハ。 +  *  :. + 。
            /:::::::::::::::::::::::::::::::\::: : / >〈:::::::∨---- 、:: \: : fヘ_ノ / }+ ゚  *  :. + 。
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::: : /::: : /::::::::::::::::::::::}:::::::::l* :<  /i *  :。 + ゚  *  :. +
          /二二二二二二二二二 /___/::: : /}:::::::::::::: : /≧=‐! * + .: ̄* +       .:゚  *
          ∨::::::::::::::::::::::::::::::::: / /:: {___/:: i___/:::::::::/ :* +゚  *  :. +.:゚  *
          ∨:::::::::::/ ̄ ̄ ̄} f::::::::::: }\:::::::::\/: : ≧s。__/ | | ゚  *  :. + * +
           ∨:: /f ̄ ̄ ̄/ ゝ‐=≦ {:: ヽ>''´::::::::::: l:::::::l_//    :。 + ゚  *  :. +
            〉:::::::::::f::: : / ≧=―――{::::::::::::::::::=‐ :::::::::| }    *  :. +
            }: : /: : /          }‐=: :  ̄:: <::::::::| i__     +゚  *  :. +.:゚  *
            //:::::::::/      。s≦:: :i:::::::::::::::::::::::::::::::: | |:: ≧s。__゚  *  :. +.:゚
          /::::::::::: /    /:::::::::::::: : 乂______/::::::::::::::::/::: : |
         /::::::::::: /     |::::::::::::::::::: : :|:: \::::::::::::: /::::::::::::::::: /::::::::::|
      _/::::::::::: /         :|::::::::::::::::::: : :|:::::::::\__/:: }::  ̄ ̄:::::::::: : :
   />。:::::::::::::: /           |::::::::::::::::::: : :|:::::::::|:::::::::ゝイ:::::::::::::::::::::::::: : |
   /:::::::::::}::: : /            |::::::::::::::::::: : :|:::::::::|::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::: :|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
空を見上げると、そこには二機のネクストが浮遊していた。
緑色の燐光は、間違いなくコジマ粒子のそれだった。

こんな生活圏でPAを展開するとは。

潰す。一刻も早く。

「どうやら杜撰なプログラミングをされてるせいで、敵を見失って浮遊してた
みたいねぇ。私は右をやるわ。あなたは左をやってちょうだい。
人形ごとき、大した相手ではないでしょう?」

無人機とはいえ、これが初のネクスト戦だ。
だが、不思議と緊張はない。あるのは沸々と静かに湧き上がる怒りだけ。

「背中は任せるお」

「ハッ、ランク最下位が吠えるわねえ。ま、今回は任されてあげるわぁ!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

362 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:22:32 ID:VxAubC9E0 [20/38]

                            /  / ///
                        /// / ./
            r;..'.´ゝ, - ィf壬}γヽ/_,.--<
         ___ィ..;..;..;..八   Y .,弌_/ /:::ヘ-、__`y⌒ヽ
____,.ィ:::::::::::::::!..;..;..;..;..;..{--―/  >、:::r'`ー人  ノ
::::::::::::::::::::::::::::ト--イ::}..;..;..;..;..;ソ  ./_,ィ´   ゝく   フノ化リ
 ̄ ̄ ̄ ̄`ー―― 'ゝ..;..;..r'      〉<   /  ´.イ彡′
                     {ゝ---t
                    {≧!.}‐-≧}
                  , イ Y::HY:::::::人、
              _ ,ィi ノ  レ´.!リ`\   \
              ト'´ 丶r-'´.  `   `ー 、 >トrt
             //   ノ´           `ヽ::レ´ ヽ、
          __/ / r'´               \-ヘ ヽ_
        r::/´  r‐ '´                  `ゝ\_ `ヽ
       /  二ノ                        \` -\._
    _ ,ィ≧-z::ソ                          ヽ,ィレ::ヽ _
   / ゝ:<´`´                            ゝ\丿`ヽ、
.  〈    /                                `丶   .〉
   `ー ´                                    `ー'

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「敵ネクストの武装はレーザーライフルとPMミサイル!
どっちも威力は侮れないよ、油断しないで!」

「了解!」

地面を蹴り、メインブースターを吹かしながら飛び上がる。
マーシフルを視認してようやく、敵ネクストは動き出した。
ロストワードがやる夫の背後につくようにして、もう一機と対峙する。

ここは……
下↓3
1.相手は遠距離武器だけだ。射撃戦より接近戦で一気に決着をつける
2.距離を取って様子見しよう
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

363 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 21:23:49 ID:OvBEBpR20 [1/3]
ksk

364 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 21:24:53 ID:GnWXS2JI0 [2/2]
1

365 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 21:25:02 ID:OvBEBpR20 [2/3]
ksk

366 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 21:25:13 ID:HDkBOd520 [1/2]
1

367 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 21:25:37 ID:OvBEBpR20 [3/3]
1

368 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:34:01 ID:VxAubC9E0 [21/38]

                                 ∨ \{\
                              ∨.、 \: : 、
                             . . : : ∨、   \:,,:、
                        Λ/\ヘxヘV¨"''ミ‐… 、___〉 _,,..,, _
                        〈::::〉:::: 「:/:〉/〉  ノ  ノし 寸=―′
                     <∨::/|/:Λ <:::>`¨¨〈__/ 寸ト---、
                   _/⌒) 7 ̄]::::〉::〉::::/: :  ∨/\  \しノ〉
                     _,、<    / /ヽ ∨:::><    r‐…へ\  ゙'y゙
            _ -=ニ ̄     //\ノ_]>―    {  〈  \厂/
     _ -=ニ ̄       /  /〈   >_ノ    ,、 /゙'~ヘ、 ノ-<
..-=ニ ̄                  イニ厂 ̄     / \\   | ゙く   `:、
           ,....ニ- ̄´"''~: : :          (◯)イ゙'> >___|  ‘, _`、
         ,ニ- ̄::::::::;:::':::::::::: : :       ./   /しィ/>      〈´ __`、
       ニ- ̄.::::::::::::::;:::';:::':::::: : :       /  /、 // )      Y::::J:}
  ニ- ̄.:::::::::::::::::::::;::':;::':::::: : :       /__ 〉'゙  └<__/〉      〈ミノ
- ̄.:::::::::::::::::::::::::::::;::';::'::::::: :     ...___ / ̄  〉      )  _/
/:::::::::::::::::::::::::::;::'::::::: : :      / //   /     ∨ ̄7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: :          /  /  ,/ _,、-''"⌒< (ニ)〈___
:::::::::::::::::::::::::::: :         /  └…゛ ⌒`、     ) `¨ ⌒ 〉
:::::::::::::::::: :           「ヲ     /      }   _、<  _彡'゙
:::::::: : :        .__/    /  (ニ)_,,.、、イ'''"´
: :         〈 /     / /ニ〉 ̄
         〈ニ〉    / ''"´
         /¨7へ(ニ)
        ./ / ,//
        ′{しイ/
       乂_/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アサルトライフルを構えながら突進し、レーザーブレードを展開する。
流石にネクストだけあって、アサルトライフルの銃弾は軽々と避けて見せた。
だが、それこそが狙いだった。

「見え見えなんだよ、人形風情がっ!」

回避した先にあらかじめ向けておいたレーザーブレードの引き金を引き、
レーザーを射出する。

予想通りの位置に回避した敵ネクストはレーザーで左腕を焼き切られた。
動きは変わらず、機敏ではないが緩慢でもない、機械特有の動きを続けていた。

「奴ら、どこにAIを積んでるんだお!?」

「はい、解析結果出たよ! 敵頭部を狙って!」

なのはが聞かれる前に答えてくる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

369 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:42:32 ID:VxAubC9E0 [22/38]

                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |__
             /:∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
             ∨∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : / }
             ∨∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::: :/::: : i
                 ∨∧___::::::::::: :/::: : /}―― 、  >――――
               ∨____\/::: : /:: /::::::::::::: /::::::::::::::::::::::: : ―――┐     +.: 。+ .: *゚+ +.:
                \__∨::  ̄ r ⌒ }:::::::::}:::::::::::/: : ‐=≦:::::::二ニ=‐‐=ニ二}::  。+ .: *゚+ +.:
                  /^ \__::::::::::: ,イ}/ : : /: : ニ=‐‐=ニ:::::::::::::::::::::::: ≧s。+  ゚ ゚ + 。* 。゚.:      …………。
                   /:::::::::::::: : ^ヘ :/ / </::: : r¨¨¨¨¨}:::::::::::::::::::::::::::::::::}  ! \。 .: *    +   +
                    i::::::::::: {///}\.。<::: : /::::::::::::::::::::::: i::::::::::::::::::::::‐=:: /  } /  :.*。 .: *
: : :...               〉――┐ ィi〔:: r‐=≦ >< ≧‐≦ゝ‐=≦::: : /:: /‐=≦  。 .:   +   +
: : : : :....              f:::::::::/:}:::::::::::/:::::::::::/:::::::::}::::::::::::::::::|::::::::::::::::::/⌒
. : : : : : : : :....     __   乂/: : :i‐=≦:::::::::::/::::::::::: i ̄}::::::::: :|___/
 . : : : : : : : : :.__r:::::::::/__≧=‐<___/:::::::::::: : }__/::::::::::::::::} }
   : : : : /:: /:::::::::::::::: {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /: : >。:: : //
       ⌒{::::::::::: : _i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /::: : /::::::::::/〈
        i:::::::: : /::: : \≧s。_____:::::::::::: : /::: : /:: \/ /: \
          ̄ ̄≧‐=≦ ≧s。: : <::::::::::::: ¨¨¨¨¨7: : /:: 。</\: : \
                   /:::::::::≧s。:::::::::::≧=‐‐=≦: : >''´::::::::: ヽ: : }

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
敵ネクストがブレードを構えた。
緩慢な動きから一変、高速でこちらに突進してくる。

速い、が見え透いている。

やる夫はサイドブースターを吹かして体をずらし、突っ込んできたところに
後ろから右上段に回し蹴りを喰らわせた。
こんな成りでも、ストリートチルドレン時代にそこそこの荒事は経験している。
敵ネクストがひしゃげる音がする。
そのまま落下していく敵ネクストを追いかける形で垂直にクイックブーストを起動し、
地面に落ちた敵ネクストの頭にレーザーブレードを突き刺した。

それでも尚動こうとするので、容赦なくブレードを展開し、
ゼロ距離でレーザーを撃ち込む。

敵ネクストは一瞬震えた後、完全に沈黙した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

370 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:46:51 ID:VxAubC9E0 [23/38]

..,'           マニニニニニ=-≦ニニニ{ニ{{    |./{ || ',ヽ|}',|i          >/ニニア
.{            ',ニ=====≪ニニニニム_{{   ,'ヘ_||ヘ〉/=ハ!        / /ニニア
.{              |二二二二二ミ<ニニ{{  /,ヘ=ヾム{リ:.:.:|─‐=≦ /   {ニニア
ム        ,.イ二二二二二二二ヽニニ>ヘ ヽマニヽヽくム:.:ムニ=-、,,__{.      //、
ニ>、  。s≦二二二二二二二二=─=<゙< ', '〈`ヾニへヘ',ニニニアヽ   //ニ
/ 7ニ{二二二二二二二ニニア´    ,'.  } ', `ゝ-=ニヾ>ニミ/ニマ./.  〉___//ニニム
≠ニニ/ {二二二二二二二ニ/   , イ  ,〃. }     `¨''‐=≪ ムニニニニニム ¨Yニニ',  ,,,,,zzzzzx
ニニ./ ム{二二二二二二二,ゝ--''"  ,,イ  /         `¨<ニニニア   ゞニニムノニニニニニニヽヽ
ニア/ニ{二二二二二二ニ/ゝ___ < _ イ              `<ニへ.    ヾ=マニニニニニニニ=ゝ',
ア/ニア マ二二二二二ニム‐---‐'''"                        `<   Yニ{ニニニ>ミニ}ニニヘ─‐<
ニニア′  ``¨¨¨'-=ニ二ム                            ヽ  ゞ‐',ニニニニニゝィへ.    `ヽ
ニア′          ∥くム、                                ヽ   ',ニニニニニニニニ}.     ‘,
イ               \ヘ                              ヽ ゞニニニニ/ニニニニ}.       ',
                     >ヘ                              ヽ `''-=く/ニニ,'       i
                  /イニ.ム                                 ヽ  /ニニ>''"ニ=‐<  _|
              //イニニヘ、                               ヽニニイ=ニニニニマ `マニ
               //ニム〉ニニニニ,'\                               ヾマニ,'>─┬く__  /ニ
           ,イニニ/{ムニニニ,'__ム.\                              {二{二二二}   `''くニニ
.            />ニヘ マヘ.ニニニ,'ニニニニニ>、                            ゞ,'二二二}zz====ヾ
        /,'ニニニニニヽニニニ',ニニ─<´__ >、                        __,'二二ニニ}ニ{、___
        ,' ,'ニニニニニヘニニムニ{__リ=,'     ̄`>、              ___,,,, --ィニニニニ,'二二二ニ}===ァ┬__ィ
       ,'  {ニニニニニニ',ニニムゝィ={       iム//>、           > 、_____{ニニニニi二二ニニ}ニニ{__ノ!ヾ
       {.  ',ニニニニニニ}ニOニ=ハ=,'      ,'ニ∨//| >、        ____`二──二二二ニlニニイ=-=
          ', /ニニニニニアニニニニ,','ニ{        ,'ニ/! | }.   >、     \   イ.ニニニニi二二二ニ,'ニ/__
.        ヘ マニニニニニアニニニ,' {ニ{,, ───ノニ/|  |,.イ     { . >、    `¨''〈ニニニニニl二二二ニlニア ノ ̄ヽ
         ヘマニニニアニニニイ. {ニヘ    イニ,' | ,'|       マ.   >、     `¨‐=ニニニ',二二二,'ニ/_.イ__/ニ
         ,ムへニニアニニア,'=,' {ハニ|    ,'={},' |'-i|.       ゝ、    へ   ,,イニ=-=≦ニゝ二ニ,'二/ゞ==゙`ヾニ
.          _,イニムニニニ>''" ,'=,'  マ={    }ニ/  |ニ|        `ヽ     /二二二二二/  />_/      ヾ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「捕まえた」

ロストワードの方を見やると、両手で敵ネクストの頭部を掴み、
電磁パルスを直接流し込んでいた。赤い雷光が黒いネクストを焼き焦がし、
やがて黒煙を上げながら爆散した。

あれがマーシフルの兄弟機。
そういう割には正反対なような気もした。
火力があるのは共通しているが、とにかく武装が範囲攻撃に寄っている。
苦しみを長引かせないように、という精神から作られたマーシフルとは逆に、
ロストワードからは一匹たりとも逃がさない、という憎しみが感じられた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

371 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:54:49 ID:VxAubC9E0 [24/38]

                 ∨∧/「 ̄「 「` 、         。s≦/ニニニ=-/ニ=-`Y     。s≦>''~ム
                  ,∨∧l-=∧∧ ∨/ jL   ./ }>''~|lニニニ=-/ニニ=-/ 。s≦ニ>''~ {^∨ ∧
                    / ,x∨∧-=ニ\\」l jl[L  / /.: : : :.|lニニ=-/ニニニ=∧ニ>''~{^∨ ∧ ∨ ∧
              / /  .∨∧-=ニr‐-ミj{ア竺ニL/.: : : :.r'ニニ=-/ニ=-,>∧ ∨^∨ ∧ ∨ ∧ ∨ ∧
               / /    /V/{「\=\ ノ7 =-/ ̄{: : :.人-r'⌒寸"~  /=-゚, ∨/∨ ∧ ∨ ∧ ∨ ∧
          /[/   /_,ノニr―┴‐く/ニ=/   ´L ィ>''~\=-乂l⌒iニ=-} }゚, `  ∧ ∨ ∧ ∨ ∧
          / /   /  )/^ヽ \ニ=-〈ニニ=-{   /廴ノ{     `寸ノ=-lニ=-} }'ム `  ∧ ∨ ∧ ∨ ∧
.        /[/   /|_/iニ/ニ}L\ニ=\ニ=廴/ム^∨∧       〈ニニ=,ニニ=, , ∧ ∨ ∧ ∨ ∧ ∨ ∧
      / /   / / __,xlレ'ニ/ Y´ {L ィi{i^辷/∨∧ ∨∧     {`,ニ=`、ニ/ /∨ ∧ ∨ ∧ ∨ ∧ ∨ ∧
    lL/   / / / ̄}[L/-= ノ  ~厄≧=‐〈  ∨∧ ∨∧    {=iニ=-\'゙  ∨ ∧ ∨ ∧ ∨ ∧ ∨ ∧
         /[/ , -= //-=-r'^  _/ニニ=-> ァ  ∨∧ ∨∧     \二ニ=-|l___ ∨ ∧ ∨ ∧ ∨ ∧ ∨
.      / /   /-=, ' ̄\_ ノ_「`/ ̄'>''~ /{__,厂\ム \{       lニ=-/ニ=L ∨ ∧ ∨ ∧ ∨ ∧ ∨
       lL/   ./-=/-=ニ二ア゚7=i|/ニ/}ニ=/_r く ̄\=-\       L ィ^ニニノ⌒i. ∨ ∧ ∨ ∧ ∨ ∧
           /-= i-=ニ二/: :/ニl|ニ/=}/i}⌒l=〈 \_ノ\=-∨       __]ニニ/: : : :l  ∨ ∧ ∨ ∧ ∨ ∧
           -=ニ」-=二=i: : 、-=lL/ニ/ニ=ノ  lニニ、: :\ ヽ=-,     /ニニ=,. : : : : : ,   ∨ ∧ ∨ ∧ ∨
         ]l-=/-=ニニi/l : : l-=l|ニ/ {/   ,ニ=-}: : : :\」}=l     i{ニ=-/ : : : : : /     ∨ ∧ ∨ ∧. \
         ]lニj{-=ニ二ノ ム : :l-=lL/ニ}   /ニ=-,: :_ イ^、\」   /l{ニ=/ : : : : : /       ∨ ∧. \ 」
         ]レ'⌒L/ ̄∨ム.」-==|ニ=,ー-‐〈ニ=-/´ニニ=-} ∨   i-=-/ : : : : : /       \ 」
         〈 l!i-=ニニ∨ム-=./|ニ/゚    }\二二ニ=‐∧ ∨   lニ/ : : : : : /
            lLノ┘!-=ニ二∨ifr┴L/Vムー-‐\ニニ=-厂 ̄}\}   j∨.: : : : :.,
             i-=ニニニ厂乂_,ノ  Vム     \.-/ニ=-7: : },  /´`{ : : : /
               八-=二/-=ニニ}`   Vム    ^i{ニ=-〈: : / ∨ /} L ィ^
              ⌒ヽ/-=ニ二〈ニ〉  Vム    j{ニ=-/:: '=-└' / /
              〈-=ニニニ二∨    V \_/ ∧=-L/ニニ=-}└'
              }-=ニニニ/     \_/  \{___,∧
                  , '-=ニニ/              ``'≪¨ニ=-、
               /-==ニ/                   \ニ=-\
                ,'-=ニア゚                        \ニ=-`、
          /{___/ヽ                            `、ニ=-`r┐
         / /-ニ廴ノ                            〈`、ニ=乂l
         iL{-=ニニ/                          V゚,ニ=-\
       _Y⌒ヽ-ニニ/\                               ~}二ニ=‐∨
.     /ニ乂_,,ノ辷彡ー┘                          }ニニニ=-}_
     ー一''" /-=∨                             人ニニ=-ノ^{\
.          \_/                                     ≧(⌒)k、ノニ=\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「これで全部、かしら? なんとまあ、あっけない。ロストワード、帰投するわ。
ここはもう戦場ではない。ネクストは不似合よ」

そう言って、ロストワードは輸送機へと引き返していった。

「ちょ、ちょっと待ってくれお! ま、マーシフル、帰投する!」

こうして、やる夫の初めてのネクスト戦は無事に終わった。
だが、これが最初で最後ということはないだろう。
これから大量のネクストと戦っていくことになる。
やる夫が生き延び続ける限り。

それは避けられないだろうし、避ける気はない。
この程度で一喜一憂していられるほど、やる夫が選んだ道は穏やかではないのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

372 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 21:55:12 ID:VxAubC9E0 [25/38]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

373 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 21:57:42 ID:WDFq2KAo0 [3/4]
いい 描写がカッコいい

374 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 22:00:55 ID:lnW5ngpY0 [3/7]
やれるだけのことはやったしこれで少しはやる夫の心も落ち着くかな?

375 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:05:14 ID:VxAubC9E0 [26/38]

   / ̄ ̄ ̄\
 /        \
/    ─   ─ ヽ      …………。
|    (●)  (●) |
\  ∩(__人/777/
/  (丶_//// \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
なのはが用があるからと言ってブライドル本部へと輸送機を着陸させ、
それから三十分が経過していた。

やる夫はカフェテリアで、何をするでもなく、椅子に座って掌を見つめていた。

一体、何人助けられたのだろうか。何人死んだのだろうか。
そのことばかりを考えていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

376 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:08:38 ID:VxAubC9E0 [27/38]

  く::ャ1/i     _」 L!L_j_  ! | i  / / _j_」 Lハ
   \;ィ个:   | i |_┼十_` tハハ/}/丐弍孑}厂i
   / //|i   l 丐夾禾r'`         ゞこ.ノ-' |
     {:{ j:{    ヽ ヽこ:ノ '               ,
   i j/ {:l    、\                厶'
   |   jノ    ヾ厂丶      `      / ,        ……あなたが入束やる夫ね?
   |   八  \ ` 、      -‐        //
   | ′  ヽ.  ト  \             イ爪
   |/       ハ   '.\ :j`jr . _   _ . ´ _」{.| }
   i !      ,小   {  i !」≧ァ⌒7不ミ く7/,イ|
.   从 , -=ニニ=ミ  '. 川/《 (ノ ィ介x. ヾ> 》ハ
  厶イ/////////ハ (才7//777//イ//7ァ=/,{_j
//////////////∧ (>v/////// !///////人
////////////////∧ ト(>v///// }///////厂
/////////////////ハ '. `(>v/  ムィノvフー'
/////////////////}Z  r‐z_/{  _rヘV⌒L「{_r
/////////////////ヲ /》 `7:j⌒7 }:i   '/ ′

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
考え込んでいたせいで、目の前に人が立っているのに気づけなかった。
その声には聞き覚えがあった。ロストワードのリンクスだ。

ロストワードのリンクスは黒いドレスに身を包んでいた。
フリルのついたスカートやカチューシャは中世を思わせ、
やる夫は歴史の教科書に出てきた女王を思い出した。

「アリス・メルキュリー。ランク4、オルデンブルクの支援リンクスよ。
任務成功だっていうのに、浮かない顔ね?」

「何人助けられたのか、何人死んだのか、気になって」

素直に思っていたことを口にすると、「ガキねえ、ほんっとガキ」と呆れられた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

377 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:12:59 ID:VxAubC9E0 [28/38]

                     =====
                   ´ニ二〈?鴨}二ニ `丶
               /...::::≦三三三三三≧:::::::..\
                / .::_r<ノ^⌒^⌒^⌒^⌒^ヽ>、::.ヽ
         ┌====x|/」「 ̄   ′   ヽ  ヽ  ̄[\:::l
          ヾ=彡イ / /   / |     '.      └|:k===┐
         / / l〃 '  ハl | | l|      l、  l|  | | ト ニニィ
         /ニ∨/ || l | l/ l|| |\   | \  |l | | ||\ \           いい? 大事なのは数じゃなく事実よ。
      //  //   || | | |¬十ト、 |ヽ \  | -‐ヽ¬| | |L〉〉  \
       |:|   |:|   || | | | キ于 ミ ヽ \ヽ斗千テァハ川 lヾく      ヽ         私たちがコロニーの救援に向かったことで、
       |:|   |:|   ∧|ヘ乂ハ   ̄         ̄ /  乂|  \     )〉
  ___  ヾ   |:|. /  |l  \\      l       /   , ∧ 丶 \ ー-、         助かった人間が確実に存在する。
   ̄三三≧、  ヾ / / ||    \    _ __   イ  / /  \ \ `⌒ _
、______〕三三\/  ′リ  /    >、     イ   /イ\   \ >z三/         その事実こそが重視されるべきじゃなくて?
  }三三三三三≧く_ /   /  /く_|_>-<__/  /  |   \ _/三三/ イ三三≧、_
ィ三三三三三三二ニ7   /__/  _丿:::〕=〔:::::/  /:ト、 |__r≦三三三三三三三三三≦ _
ニ二三三三三三三三!   '三>‐イ::: //ハ∨   /.:::|}〉〈{トr――<三三三三三三三三三
三三三三三二ア  ̄|  l┬l|}〉〈{|::〈〈:// l/ l '.::::::|}〉〈{|::|l::::::::::::::..\三三三三三三三{ ̄
ニ三三三三三/.::::::::::::|  |::|::l|}〉〈{|::::ヽイ  '  ||\:|}〉〈{|::|l::::::::::::::::::::..\三三三三三三ト、
三三三二 イ/ .:::::::::::::|  |::|::l|}〉 ^⌒|:|  l  ハ.|  ` 〈{|::|l::::::/..::::::::::::. ヽ三三三三三/⌒
/}三三/_/ .::::::::::::::::l  |::|:〈 ̄廴ト-|:|―| lーl|⌒ー仁Ⅵl:::::/ .:::::::::::::::::::::|\三三三三{
  |三//..::::::::::::::::::::::.、{:::l:/⌒ ーr‐lィfZ| |ーリ'´ ̄  `ヽ:::::j :::::::::::::::::::::::::〉、\三三三ゝ、





             _,..--‐,-、__/ ̄ゝ/iゞヾ銀ヽ
          _, ‐'´,-、__ノ  _,--'"´::l::::::\ヾツヾi
        /  .(  _,-‐'´::::::::::::::,:::::\:::::::::ヾ"´i\
       /    ノ./::::::::::::::,:::::'´::::::::::::_>‐、‐‐'´,-、\
     . /    く ./:::::::::::,:::'´:::::::::_.,-、'.´ヽ  (_ノ .(__,..ゝ‐、
      l    /./:::::::,::'::::::::::_,-'´(  .,ヽ-'   .、  、 、  ,ノ
     . l    ( ./::::::,:'::::::::::/.__ノ ./      l  ヽ .ヽ ⌒)
     .l    ,' ) l::::::,'::::::::/ .( l  /    .i  . l   .l  l .ヽ'ヽ
     l   ,' ( l:::::,':::::(⌒ヽ/i l /    .イ  i l   l .l  .l ヽ
     l   ,'  .) l:::,'::::/ ヽ   .l l l    ./.l イ .l   イ ,l  .l ヾ
    .l i i  .(/*ヾ´(ヽノi   l .l 」____./ .! /.l,イ  / レ' l .i .l l
    . l .i i /:イ:::::lノ l .!  .l .l .l  / ̄/ーヾ / テヤl l イ.l
    l .i i /::::/:/:::::l'´ヽ .!  .l .! l .〆乏云弋 .l / .!{ll} l イ /.l.l
    l i i./::::/:イ::l:::::l  l .!、  .l  K  {::l_l:::}. ` !.' . 、´/く!.' !'       私たちリンクスはね、もう数なんか数えていられるような
    .l.i i/::::/:/.l::ll:::::l、.rl !ヽ .l .l .`‐`-'.´  '    >´-、i
   .l i iゝ イ/ l::l.l:::::lヽ.l ! \.! !         ヽ-‐、 .ヽ        ちっぽけな殺人犯やご当地ヒーローとは違うのよ。
、  .l i .i .〃  l::l l:::::l,、_l .!  ヾ、ヽ         ' .'´ /
;;\ .l.i  i .,〃 .// .フ:::::::l .!  .l 、_`ヽ    -‐ ´.'   ./          私たちの引き金一つで、万の命が消え万の命が救われる。
;;;;;;;ヾ! .i .,'l.l  //  /::::::::::::l .!  l‐-、_‐, .__  _/   /
;;;;;;;;l  ,' .,' l l ./// ̄\::::::::l !  l:::::::::ゝヽ:::::::T    _,'、            それが私たちリンクス。私たちの力は世界を左右すると言っても
;;;;;;;l .,' .,' l l /::::::::::::::::,\::::l   l:::::::/::l、ヽ:::ヽ`‐--‐'´.ト.、
;;;;;;l ,' .,' , .`/::,::::::::::::::::::::':,::\:l  l::::イ:::l:::ハ:::ヽヽ    .ヽ:`-、_        過言ではないわ。
;;;;;l .,' .,' ,' /:::,':::::::::,:::::::::::::::':,:::ヽ  .l/J:::l:::l .lヽ__,ゝ     ヽ::::::::l
;;;;l ,' .,' .i ./:::::'::::::::::::',::::::::::::::::',::::ヽ lヽ-イ:::l l::l ヽヽ     .ヽ_,-l
;/,.' .,' i./:::::::':::::::::::::::',::::::::::::::::',:::::ヽ.l'´ l::::l l::l  ヽヽ     ヽ ヽ、
',.' ,' .i l:::::::,'::::::::::::::::::',::::::::::::::::',::::::i l  .ヾ_l ヾl .ヽヽ     ヽ  .l

378 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 22:14:44 ID:lnW5ngpY0 [4/7]
基本ネクストじゃないと止められないからな

379 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:16:36 ID:VxAubC9E0 [29/38]

                    x≪:::::>=ニ二:: ̄:::::rf乂圦__
                 ,.: ´/::::/:x<::::::::斗=ァ¬≧ァ大xく
                / ≪{/:::´xァ=ニフ^ ̄´    ̄  `ヘ{_
                 ,:′,x仝く::≪7/   /  '   '     ヾ
              厶彡 /:/}::ト:::く   / , / /   {:.       ’.
              /j:::{  /://:/ ヾ::〉  ' / / .:′   \      :、
             ,::八::::>:':/ j:::{   }′ /}厂7ァx      }:      \
            /′ j:水ン ト:::ー=彡;  |  j/┼l-{\   八  ヽ    丶
.         /   /:/}/  j::厂  {   | 卞仔xミハ } j  ∧\ } }    ト
.         /    /://   {:′イ  :. |  ヾ以癶゙Ⅵ//jリ  , / ,:   | :.
       /  ,:′ /:〃    从 | {   ヾ        /,:'厶ト、  /}/ ′  ハ{
.     /  /  .:/:/イ  / 八Ⅵi    ト\      j/x芯/// ′/   ,/  }        それもあれだけのネクスト……
  /  /     〈:/'/{    |:::{ \丶 |i  `    _{ ヾイ/´ / /  ,〃  /
,.: ′ /  /     八{ j    |::ハ\Ⅵ |i  <> ´  /厶ィ//  // /          マーシフルやロストワードともなれば、ね。
  /  _厶=ミxく  }圦    |::{ Vハ,| |ix.__ ー=彡 " 〃,厶 :'_/ ´       __
,/   ,/:::::::::::::::::::::`廴_}   l:::\_VⅥ/xく^7{ ,〃/   /{「^⌒「:|       /,:::}     あなたの戦いを見て感じたわ。
  ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ   \f⌒\才ィ介x`ァ爪{   / \、 |::|      //:ィ7
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:.    ヾ く::く/:/:::しヘンYい !{     \レ′    _j ,:::///     あなたには戦いの素質がある。
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.    Ⅵi:ィ{]辻ニ三⌒ヾ} 从       )     ィ7}/ //}
:′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'. 、   Y⌒i:八:宍x`):::ハ{{ \       / У/   ' //      AMS適性ではないわ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ハ   l:.  !:i个ドvヘ厂〉:^:\ }  ,:r‐y′ {__     /
〉、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::′:}i  .i|::. l:} ヾt以く 〈::::::::::::::j}/厶'   _ .:}  /しヘ,      人間の純粋な、闘争への適性よ。
 〉、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/} 八  }′ 厂丁 '::::::::::;:′/   /⌒7_/: : : : }
/ハ\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::xく::::::::! イ}〉 }:. \ {:.  |:.  }::::/ .:{_  /    [_: : :__: : :/       
/ j  `:::::::::::::::::::::::::::;rxく´::::::::\:j/:::V/_ : . {: .\ j:._,:厶 ' .: __ .:)´   , :ィ⌒Y⌒^く
{ {    「 ̄^丁:::/〉vハハ::::::::::::\:::::\\:. \: :}//  /⌒7′  /_ {-‐' : : : : ノ
′ \    !{   Ⅵ〃j:}::ト:::}:::::::::::::::::\:::::\}L_/〃 /  . : {_ .: -‐v⌒V: : : : ( ̄
    丶 从   У::::}:|::|:::::|:::::::::::::::::::::::ヽ:::::://⌒)′: : : : /〉: :r‐'⌒´ニ二_厂

380 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:18:51 ID:VxAubC9E0 [30/38]

.        厶ィV            `辷爻x \ヽ   __
       /刈ー'          ;     i   `辷爻x } }/⌒\
      __}厂      /  ′  |  i|  :| }  ≪⌒'アrヘf⌒> /
     /'7{    ,  l  |   |  i|  i| } ;  》く〕L」[_彡く
    〈〈// , / ′ |  |   |  i|  i| ' /  〃 } 爪f⌒> )
.    〉 イ / ;  |  :  |   |  i| _」厶  《 __/尢汀¨_/
.    \| l  i  |  |   l  .斗 爪 |  }  . 'ー1| l| l「
      i| |  |  L,, _|   l´ ;∧_」抖-‐_/ /   坏 l| l|
      i| |  l/「ト、 l、 l\lxァ灼芥笊ア      || l| l|         そして、あなたに足りないものは経験と自覚よ。
        ,  V{ _l」土{ \l   '′ V)ン' /      || l| l|
       ′f{\jf灼芥x      ^´  厶'   /  || l| l|          あなたの掌には万じゃ足りない命の行方が
        Ⅵl狄{ _Vン ,          / /  八V)ノ
           } ハ    }         // }                乗っていると自覚なさい。
         'イ :.             /   /  〃 :.
         } ∧    ⌒          /   {{   :.           あとは自ずと身に着くわ。
          ; /   :..             〃   ;|{    :
        /   } \      ,,__´__;   ,小.   |          つまらない死に方をするようなら、
                :.>;‐=ァ'-==ニニ′ ,ニ} \ |
            ;   八 {_/ニニニニ;  /ニ{__ _ 斗‐=         そこまでだけどね。
          x‐=7 {_X/7ニハニニニ.′ 厶ィア¨ニニニ
.        /ニニ  ,れ/=/水! }ニニ′ 爻'アニニニニ
         /ニニニ7  /{ {Ⅳ/ | |∧ニニ'   , C7ニニニニニ
.       /ニニニ/  /八 V/ /| |  込′ /C7ニニニニニ
      /ニニニ/  厶√'v://_」  _/  /C7ニニニニニニ
     /ニニニ7  /}⌒'y /しク厂L「'  /C7ニニニニニニ
   (ニニニ7  /ニ)フ /:/ //   /  /C7ニニニニニニニ
    }ニニ7  /ニ)フ └' //   /  /C7ニニニニニニニ

381 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 22:21:17 ID:lnW5ngpY0 [5/7]
とりあえず生き延びないとな…

382 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:21:23 ID:VxAubC9E0 [31/38]


                 -―-  _
              /r辷}厂:::::::::{弐込リ.
             /rア.::::::::::芸云芸=ミx:::.ヽ_
            ' f7.::::_j厂       艾::::V{
           .′f7.::_j{., // /       ハ艾:ハ
          {{二}/_j{ / // /  ' /// /,  } iハ:}
            ;ffく{i{〉.:{:{芹ミメ、/ /// // /|| :}!
         /イハ{≫ iハ.r=ミ心/// /厶斗リ/ !介
.         / :{i{ハ从|{杙 {r::リ^  }イ云zx才 .从{
         /  :}i}  i:八乂 , , ,     弋fリイ /イ:i:}
.         / /      | :八 u.  _ ′'' ' 彡イ{:リ |乂 . イ
.      / / /  /, |{从\    `  イ ハi :i|{  ': :/才=ーァ        ……な、なによ、人の顔をじっと見て。
     ー-=ミ`ヾメ.  从i:乂 }:≧=-<(/ /, /‐-ミ 八ノ. : : : : : : : : :`ー-ミ
   才 ̄. : : : : : :ハ __ハ 辷刈り.:::::jア.//.:.:.:.:.:.∨. : : : : : : : : : : : : : `ヾ    ボロボロに言われて腹でも立ったのかしら?
  ≧=ー. : : : : : : : /.:.:.:.:ア/八{i{.:.:.:乂 /イ.:.:.:.:.:.:.. ∨. : : : : : : : : : : : :`ヾミ
  7. : : : : : :-‐. : : }.:.:.:r弌x__  _ ̄乂{{/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ: : : : : : : : : : `ヾー-弍
  ⌒7. : :ィ : : :乂イ.:}:/i  fr爻ィ⌒} .く.:.:.:.:.:_彡.:.:.:.:}乂: : : : : :\: : :.乂
.   /才f. ; 彳( {.:.:.:/.:{    ⌒} , ノ }.:ー-.:.:.:.:.:._彡'  \ : : : : : \(
     }/  }//.:.:.:{:.:.乂  ____  .才゛.:.:.:.xf斗く  ! i {` \(⌒ヾハ
.        />'"´才ーァーf.:.:.:>‐-ミ.:_//{/{iメ ' i:| ハ
.      /.:.{   {{_ .ノ_厂 {f   \-く:ハ八/ :从(
       八:.∧   _jj {{ ⌒7八    、`Y7゙イ}i}./


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
確かに、彼女の言う通りだ。
数などに囚われている場合ではない。自分はもうリンクスなのだ。

これから自分は何万もの命を救い、何万もの命を奪うのだろう。

だが、その道に後悔はない。恐れがないと言えば嘘になるが、後悔はない。

自分はリンクスとして、誰かのために戦うと決めたのだから。

それはそうと、彼女にはなんと返事しようか?

下↓3
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

383 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 22:23:03 ID:WDFq2KAo0 [4/4]
あの…ありがとうございます

384 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 22:26:05 ID:lnW5ngpY0 [6/7]
ありがとうございます。おかげで迷いが晴れました

385 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 22:27:10 ID:HDkBOd520 [2/2]
ありがとう、貴女いい人なんだな

386 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:35:27 ID:VxAubC9E0 [32/38]

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \      ……ありがとう、あんたいい人だお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \





.         /  )).::::::::孑厂          弌之r:::::rく ∧
        /  _厶.:::::r匕}}   . : i      i     :i 辷ハ{ ∧
         ((_厂f乂厂   i : i i  i    :|  i !: :|: ハ((_人}.  ' 
       '   }fハ{  | :| :|:.| | :i | ;:| ;: :| {_リイ ハ  
       /⌒ヽ}} }i}: i ! :! :! |:: ::| :|  , / ; { ! :| {i⌒ヾ〈 }i
      {i{   人..}i}z乂 ! :! | i:..| ハ 、__.厶斗ヒ升=ミ示}ハ:{
      ゞ=く{i{イ }i} 芹ミー-'ハ:|: !{ }//イ| }リ|/ }=彡'}i}∨{
       }i}_/イ气 }i} x≧=ミ  八从 厶斗云=ミ :,{i{ .ハ ∨
       }i}__/}i} 廴:i} fイ ィ=ミ.        ´ifぅr:::ハ. 》:. ゞ=イi:∨i\
       7// }i}ハ ∧杙 {::t::jハ      乂:::::::リ.イ/ / i |!{i{ \ハ)        はぁ!? あんた馬鹿なの!?
       イ:{ : }i} .∧ ∧  ゞ '"´           ̄`./ / , :! }i} | ヾ
        }i{ :刈  \:乂 /WハV/ ;i  W/ハ///イ    :| 抃: :  }i        頭湧いてるんじゃないの、
        | /イ i   ハ            J  刈 .′.:| :!: :|  リ
        |'( :| :!    i: :.      f⌒ヽ     イ  / , ::| : | : !          いつ誰があなたなんかに優しくしたっていうのよぉ!
        |  |::ハ     :|: :.\    、___ノ    イ. ' / / イi:| : | : !
       ,:  八∧    !: i : :i > .     <|:::|/ ./ /イi: !:  ! l
.      / .ィ´ニニミ:.   : :| : :!rー==云==ーv ,: /. ::|:|::l: __:! :
     / /ニニニニニ_\  V!: ::|,{i{ニニ./ハマニニ}:イ /.イ::: ::|:レ'ニニニ\
.      / /ニニニニニニニニ\.∨::;ニゞ=イ{  }i}三/ ,ハ::jr==ニニニニニニ\
    / /ニニニニニニニニニ.ハ∨∨.ニ.{i{  }i}ニ } 从{ 弋ニニニニニニニニ-∧
.    / /ニニニニニニニニニニニ.ハ∨汽ニ}i} .{i{ニ刈(ヌ   (_}.ニニニニニニニニ.∧
  乂 仁二ニニニニニニニニニニニ}乂 癶}リ  圦{匕    弋ニニニニニニニニ-∧
./イ {ニニニニニニニニハニ{ヌ._            厂}ニハニニニニニハ
´  j  }ニニニニニニニニ:}ニ辷ハfr彳⌒ー匕⌒辷彳((}ニニ.∨-ニニニニ-}
  八 {ニニニニニニニニ:{ニニ}-!  f三二f三ハニ二ハ 癶ニニ_:V_ニニニニ:}
. {   ∨ニニニニニニニリニニ乂  气ニ八三リニニリ 辷}ニニニ}ニニニニ/
. 乂  ∨ニニニニニニニ≧ニニハ  ゞ゙     ̄   }りニニニ{ニニニ-/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
礼を言うと、なぜか顔を真っ赤にして怒られた。

よく見ると、アリスはとても美人だった。
ダージリンは上品な美人だったが、アリスはこう、透き通るような美しさがあった。

「よければ一緒に飯でもどうですかお?」

「ふ、ふざけないでよ、私はそこまで安い女じゃないわよぉ!
ああもう、あなたが変なこと言い出すから周りの目が集まってるじゃないの!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

387 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:41:22 ID:VxAubC9E0 [33/38]

              八:  i! i! |::|: i!  ヽ.   !   i! |i ヾ ヾ! !: ¦:::: ¦/ L:】 Ⅴ
           /  ::::: i! i! ::|::i i! !  \:|   i! |i! i! i! | |  _j!_   /!   ¦
          ノi  !i!: :i! i!:: |::i i! ! :   \   |i! i! i! | イ: |: /|:| |  i|
             レ′ !i!: :i! i! |::i!:¦ | i!:  |  ヽ  |_ ィ: i!∨ハ |!: / 八 :   i|
              | : i! i! |::i!: ハ∧ i!:  |::::.  i!¦ 斧テrてヾⅥ:/:/  |   i|
              | : i! i! 丁i!T升十=‐' i ヽ: ハノ リ 弋: ク ¦ ′ /!   i|               ああもう、調子狂うわねえ……。
              | i i! i! |  |ィ浅杤てゞ  )′     `¨´   i/i!  /¦  i|              
                i!i! i! |  |  弋::ク            /i/i / 1|:  | .′/
               i!:! i!   从   `¨´       .     u.  /! !/ /从  ¦/:彡ィ////三三≧=-
.   \    ヾ 、  ! 从 i!    ヽ            _     .ィ:i!/ //―) _ノ彡'::彡彡彡彡<⌒
     ヾヽ  __ \ヾi!:/  ヽ |   i  ヘ         ´     //::/ //:::!:::::::::::::::::く三三三≦彡彡三 ミ_ゞ
  -=≡≧ミ⌒ヾ≧ミミミ八 ヽ   | {:::::::>          .イ:::::《/ イ   ノ:::::::::::::::::::::\三三三≦彡'⌒
     _―…≧三三三三ミミミヾ |:从::::/ 《 う::: ̄:::::::示::::::::::::: /:| :イ::::::::::::::::::::::::::::::\三三三≦ゞ
-―=≡≧三三三三三三三三ヽ. /ゝ:::X  《 う:::::::::::: 卞:)::::::/ 》   ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::\三三三≦ゞ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「とにかく、つまらない死に方はしないことね!
私のロストワードの兄弟機に乗っているんだもの、
少しはそれらしくしなさいよねぇ!」

アリスは耳まで真っ赤にしながらやる夫に背を向けた。
見れば、周りからかなりの注目を集めていた。
まあ、それもそうだろう。ランク4ともなれば、それなりに有名人なはずだ。

そんな彼女がどこの馬の骨とも知れない男と口論していれば、
注目も集まるものだ。とはいっても、あっちが勝手に怒っていただけだったが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

388 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:43:45 ID:VxAubC9E0 [34/38]

                      , ----- 、
       , -‐‐‐ 、, <´ ̄ ̄:.`:.ヽく:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
    /--=:.ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、\:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
   //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.:.ヽ:.:|',:.:.:.:.:.:.:.:.: |
    /:.:.:.:.:.:.:l:.:.|:.|:.|:!:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.:.:.ヽ:.:ヽ|:.i:.:.:.:.:.:.: : |
   ,':.:.:.:/:.:|:|:.:.|:.|:.|:.',:.:.:.:',ヽ斗---i、:.:i:./:}:.:.:.:.:.:.:.:|
   i:.:.:/:.:. |:.:',:.:ゝ--\:.:.| ,示气、.|:.:.}:l_||:.:.:.:.:.:.: |
   .',:.:i.{:.:.:|:.:.ヽ:〃沁、 ヾ、. {:::::Ⅳ|:./:|ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.|
   ',:.| ',:.:.|\:ヽ`.',:::j     .ゞソ 〃:|/:.:.:.:.:.:.:.:.: |
.     リ ヽ|  ヽヽ._ゞ′,     /|:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
        |   |:.:ト、  _   /:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
          |ヽヽ>  _ ∠ //| .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          おまたせー……って、逢引?
           r‐‐`ヽ-./|ヽ / /.| 、:.:.:.:.:.:.:.: : |
         |:::::::::::<´  .| /.|  / .ヽ::::`::ヽ 、:.|          「そうだったら嬉しかったんですけどね」
          _|:::::,-- >.‐Ⅳ/.Ⅸ| >`::::::::::::::::::`ヽ
         { |:::/  |   |`:ヽ/ ヽ- `ヽ、:::::::::::__./         意外。君ってそういう冗談いうんだね。
    _   .{ |::/!  |  |::::/   / .|  /l::::〃  }
    | |> 、7/   i! .|:/ >´    |/ .|::{{   ,'         そんな君に良いお知らせだよ。
    .|.|  ./      .ヽ|/  == .|   |::` - ′
    |.|  .{      0ゝ       |/  |::/:. |
   r、r、  ', .       /          |/   .|/: . |
   ゝ` ̄ヽヽ、__ .i         ./   / /:.: . |
    }    /` ヾ- __ ゚{- 、 ____ / /  ,′:.:.:|
   ヽ、 ,′  // ` ヽ-- __ rニニ--  /:.:.:.:.: |
   .{ヽヽi    i.i         ヽ\  /:.:.:.:.:.: |
   .rヽ-└t- _.|_|          ヽ /:.:.:.:.:.:.:. |
   .ト、`_コ/_| |‐‐ ̄-ニニ--- 、  /:.:.:.:.:.:.:.:. |

389 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 22:45:14 ID:lnW5ngpY0 [7/7]
冗談言えるくらいには余裕が出来たか

390 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:45:51 ID:VxAubC9E0 [35/38]

                          ___
                __  r-- 、 /:.:.:, -‐‐ ̄
              , イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`く:.:.:.:.:.:/:.:/-―― 、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:-‐‐― 、 ヘ、
         , ′:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ ヽ:.ヘ
         /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:l:.:l:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.ヽ ヾ、
          i:.:.:.:.,':.:.:/:.:./:.:./:.:./:./l:.:/:./l:.:l:.l:.:l‘,:.:.ヽヽ:.:.‘,
          l:.:.:.:.i:.:.:i:.:.:,':.┼:.7://:.7// l:.l:.l:.:l:.:.i:.:ヽ:.i ヽ:.:i
         !:.:.:._|:.:.|:.:.:i:./ ,イ示ミ/〃  ,二7,':.:.!:.:.:.}:.l   ',:l
        ',:./ i!:.:.l:.:.l. 《 ん::::}  /   /う}:/://:.:.:.!}:.i  ′
           {  ト:.:ヘ:{  辷シ     ら,'/:.//l:.:.:/l/
         \ lヘヽヽ        `¨ イ:.//:.:.//         君のランクマッチ参加が決まったよ。
           l:.:.l\        __ ´ 人/|//
           ヽ:{         ゝ ノ, イ:.:./             ランクマッチっていうのは、ブライドル主催の
             r/ヽ 、     , _ イ:.:/:.:.:.:. |
        __/、 ヽ   `ヽ/ l  |:./:.:.:.:.:.:.|              ネクスト同士の決闘ね。これの結果は
     〃ヽ:::::::::::::: l  ヽ  /ヽ lヽ、|':.:.:.:.:.: : |
   /:::::::::::::::\:::::::::',  ヽ/ ≠i ヽ::::::ヽ:.: : |              年一回更新のブライドルランクにも大きく影響するよ。
    {::::::::::::::::::::::ヽ:::::::',   ヽ|_|',ゝ ‘,:::::lヽ::|
   ∨::::::_:::::::::::\::::ヽ、  ヽ ̄ l  》::::l ヽ|              それで、君の相手なんだけど……。
    ',::〃  ヽ:::::::::r----ニニ /ヘ::::l\ ≦',ヽ:}
.    ヽ{   }}:::::::/、   <   ヘ}  / ヽヽ、
     ヽヽ __/:::::::{   l    `<  ヽ/  ‘,‘,
       ト::::::::::::/   ヽ____ ` ヽヽ---≠ヽ、
      ',ヘ /    ∧_   l_l ≦ヽ   ヽヽ ヽ
       ', ヽ      ヽヽ ̄     ヽヽ   }/  ‘,
       ヽ ヽ      } i        i i  /    ヽ

391 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:48:46 ID:VxAubC9E0 [36/38]

           /::::::::::::::::::::::::::: \::::::\::::::::::::::::::::::::::}ヽ.  ∧
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::、::\::::::\::::ヽー==='⌒:. /_:,
.        /::::::::::::::::::::::::\ー―'^ヽ:::::\:::::ヽ:::::゚。::::::::::::::::. {   }
.        //::::::::|::::::::::::::::::::::::\{ ̄⌒ヽ:::::::ヽ::::゚。::::}:::::|::::::::::}{_⌒_}
     / /ー―|::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::\::::::|i:::::::::} |二|
.       /~ ̄⌒|::::::::::::|\:::::::}:::::::'. ::::::::::::::‘i:i::::::::::::}\}i :::::::| |二|
      / イ:::::::::::|::::::::::::|   丶:、:::::::::::::}i:::::::::}i:i:i::::::ト、:i:i:i:i::::i:i゚ |二|
.     /  |:::::::::: ト:::::::::::|  ,, -‐ヾ:::::::}:i::::::::}i:i:i::::::| :,:i:i:i:i:i:/ .l二|
        |::|:::|::::|_V:::::::ハ,/ ,.斗 =ァV::}:i::::::::ト、i|v :| } }:i:i:i:i:!′|二|
        |::|:::゚。∧__v:::ゝ} /  トィ} |::ハi::::::::| リ ∨ /:i:i:i:i:/  |二|       『ネクスト、ダークリパルサー。リンクスは桐ケ谷和人。
        |八::::::。‘ ヒト:::小、 __ゞ'′|/ ‘。:::::|    {:i:i:i:i:/  .|二|
       ノ  }\{\}ソ \}         ゚。::| r―f:i:i:ij/   |二|       君がちょっかい出されてた、あの何とも言えない子。
              く    \        リ /  }i:i:{     |二|
             }             /   ノV:{    |二|       ま、油断だけはしないようにね』
               、ー ― ´      / --==ニニニニ=-、:―┴;
               \      ,.  ´「ニニニニニニニニニニニニヽ_|__
                   /ヽ.__,. イヽ   |ニニニニニニニニニニニ二/    /
             /ニニニニ二二∧   ニニニニニニニニニニニニ/、     /
             ∨ニニニニニニニニ}  |ニニニニニニニニ二二/ /∨_/
              \ニニニニ/ ノ  .|ニニニニニニ=- : : : \
              r=ヾニニ/      ′ニ=-  : : : : : :  \
              /ニ{: :}ニ{ヽ  r‐ /=- : : : : : : : : : : \

392 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:49:21 ID:VxAubC9E0 [37/38]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

393 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:53:30 ID:VxAubC9E0 [38/38]

    / | : : : : |: : : |: : : :‘。: : : : ::::::::::::}       \: : : : ::::j|: : : : : ::::::l:::::: : :|::::::\::::::::::::
   /  | : : : : |: : : |V: : : ‘。.: : : ::::::::::::|     ,. \: :..:::j|: : : : : ::::::|::::::::.:.|::::::::::::\::::::
       | :|..: : :|: : : | ∨: : : ‘。: : :::::::::::    /   __,\ :j|\: : : ::::::|:::::::::::|:::::::::::::i::::\
       | :|..: : :|: : : |  V : : : ‘。: ::::::::::|  / ,,芹芋「}}j|  ∨ :::::::|:::::::::::|--.、 :::|:::::::::
       | :| : :.∧:.:..:|  ∨: : : :‘。 ::::::::|_/ / r彳;}/| ハj|   ‘: ::::::ハ::ハ :::l   ‘,:::|:::::::::
.       ,:..:| : : : ‘: : |    V: : : : ‘。 ::::::|´ ./  ∨乂/ノ, リ   |::::::::| || Ⅵ\ |:::|:::::::::
     /: :.| : : : ::‘,:ハ.≧=-.\{\: : \ |    - ´ ̄ ̄    │::::::| ||  }:|  }.|:::|:::::::::       ……来たか。
      /∧: : : : : ::::|ⅵ{レ示苅\ \:.: {\                 l::::::  ||  |:|   }:::|:::::::::
.    // ‘。: : : : :::| リ、 寸i|     \} \            |::::, ’ リ∠|リノ/::::::::::::::
   /イ    \: : : ::\   ¨¨´             ___________|::/     /::::::::::::::::::::
          | ト : :::::ハ     /         -=ニニニニニニニニニニニ=- ̄:::::::::::::::::::/.l:::/
          | | ‘。: :| :.     `     -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=- ::::/ |/
          リ  ∨| :.      -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-
                :.  -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
               /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
               /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
               くニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
               \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
コロニーの自室の前に、なぜか桐ケ谷和人が待ち構えていた。
黒い服装は相変わらずだ。その服、一体何着持っているんだと聞いてみたくなる。

「今回、俺の相手になってくれるんだってな。
正直、俺はあまり他者を傷つけるのは好きじゃない」

じゃあなぜリンクスになったのだ。

「だが、お前ならいい相手になってくれると信じている。
いい試合にしようぜ?」

桐ケ谷和人はにやつきながら握手を求めてきた。
やる夫はここまでされてようやく、桐ケ谷和人の腹の内が読めた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



394 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 22:57:18 ID:VxAubC9E0 [39/53]

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/   (=・=)  (=・=)\    (完全に舐められてるお)
|       (__人__)    |
\      ` ⌒´   /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
要は、自分より格下の相手ができて嬉しいのだ。
しかもその相手を叩きのめせる機会が企業連から与えられたものだから、
狂喜乱舞したものだろう。

なのはから聞いた話だと、この男は常にランクマッチには不戦敗を喫していると
いうにもかかわらず、やる夫との試合にだけは前向きだったということだ。

ストリートチルドレンだった頃にもこういった手合いには会ったことがある。
自分の生まれ持った体格という凶器を振りかざし、他者を虐げ悦に浸る、
いわゆる三下だ。

体格とAMS適性という差はあれど、大した違いはないだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

395 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 22:59:16 ID:lnW5ngpY0 [8/11]
実力はともかく小物っぽいwww

396 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:01:29 ID:VxAubC9E0 [40/53]

.        ____
     /     \
    /       \
. /  /) ノ´ \_ \
 | / ,イ (ー) (ー) u|
 l / 二)   (__人__)  /
.  | 二ノ  ` ⌒´  \
/\ ヽ            ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
こういうのは調子に乗らせておいて、後々高い所から突き落としたりして
黙らせるのが一番なのだが、リンクスである今はそうもいかない。

正直、こういう手合いと関わることは、本当に人生の浪費だと思う。
我ながら厄介な奴に目をつけられたものだ。

どうしようか?

下↓3 返答をどうぞ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

397 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 23:03:34 ID:lnW5ngpY0 [9/11]
全力でいかせてもらいます

398 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 23:03:52 ID:GnWXS2JI0 [3/5]
こっちも負ける気は無いぞ?

399 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 23:06:18 ID:ohbj2tIQ0 [1/2]
折角だし何か賭けないか?

400 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:08:00 ID:VxAubC9E0 [41/53]

     ____
   /⌒  ⌒\
  /( ●)  (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\      せっかくだし、何か賭けないかお?
|     |r┬-|     |
\      `ー'´     /





            //:::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::
        /.:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::
.         /⌒7/.::::: ┐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::
         //::::/ ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:\::::::::::::
           // ̄__)::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::\:::\:::::::
.         /  /_:_:_:_:_:_:_:_:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::}ー―::::
        _/ /     _丿::::::::::::::::::::::::::|\:::::::::::}:::::::::::::::
       /`::{  / ̄ ̄::::|::\:::::::::::::::::::::::|  \::::::}:::::::::::::::
.    /:::::::::人_ノ_:_:_:_:_:_::八:::::|\:::::::::::::::::レ'⌒i \:}::::::::::::::
    /::::::::::::::::{  _______.ノ\|  \::::::::::::   } /:::::::::::::::::
   /::::::::::::::::::レへ:::::::::| \}       }::::::::/  ソ /\::::::::::::::         いいぜ、面白そうだ。
  .::::::::::::::::::::::八  ヽ ::|        ハ::/ //::::::::\:::::::::
. /::::::::::::::::::::::::::::               }′ /|::::::::::::::::::::::::::         けど、金ってのは面白くないしな。
 .::::::::::::::::::::::::::::::::ノ              : : |::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::\              . : : : :|::::::::::::::::::::::::::
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y `           . : : : : : : |_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{       . .「 ̄ ̄ ̄___________________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     : : : : |  _________________________
:::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄[L..... -―…く:| ___________________________
\:_:__::::/:::/    l[_________________:|_____________________________
:::::::::::::::::::/       [_________________|_____________________________
:::::::::::::/        l[________________:|_____________________________
_:_:_:_/           l[________________|____________        ___
  /          [__________ノ ̄|_____ (____) ̄ ̄ ̄(____)
  /             [__/      |__/    (____)

401 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:12:39 ID:VxAubC9E0 [42/53]

      /: : : : : /: : : : : : : : : :|: : :..: |: : |: : : : : : : |: : : : : : : : : : :。: : \: : : : :トヘ、
      /{ |: : : : : :′: : : : : : : :.∧: :..: :|: : |: : : : : : : |::、: : : : : : : : : ゚。: : : ヽ: :.}:|
   ̄´|  / : : : : : |: : : : : : : : :/::::|: : :| |: : |: : : : : : : |::::\: : : : : : : : :‘。: : : \ハ
.     |__/イ.j|: : |: :|: : : : : : : :/::::: l: : :| |: : | : : : : : : :|::::::::::\: : : : : : : :‘ : 、_:_:_\:、
.    /./ |:.i|: : |: :|: : : : : : :/::::::::::∨∧ v: : : : : : : :..|:::::::::::::: ヽ: : : :|: : :.|: :‘.: : :{ ̄
    ∨ │i|: : |: :|: : : : : :/`::::::.,,::::ゞ:∧∨: : : : : :..:.′:::::::::,.斗∨:..|: : :.| : : i: : ′
.     ∨ _∨: : |: :|: : : : :/:::::__≧ュ::∧∨: : : : : ,:::-=≦___∨l∨j:| : : |: /
      ∨/: /|:.|: ‘。: : : :{::〈  {_ノ/ハヽvハ ∨: : : :.|:::::::/{_ノ//:}  リ::Ⅵ八!.:|::{
.       /イ |:.|: : ∧:..:..|::::::.....ゞこノ.:::::::ⅵ:::V: : : ト、::::: ゞこノ...:::::::::::ハ:| λ|リ
       Ⅶ/ |:.|: :..|、’。:|::::::::::::::::::::::::^::::::::\:\ : {:::\^::::::::::::::::::::::/:::リ/ リ        ……機体を賭けないか?
        Ⅶノイ∨:| \リ               \}         /_/
         Ⅶ//》∨   :,          }    \         ′            負けた方は機体を譲る、これでどうだ。
         Ⅶ//》      ′                      /
         Ⅶ//》       ,       _____        ′
          Ⅶ//》      丶    \  ̄ ̄ ̄ /    /
          Ⅶ//》      \     ー―‐      /
          Ⅶ//》        |\    ―       .イ
           Ⅶ//》       |  `: ...      イ  |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
どうも、この男の目にはやる夫は相当な雑魚に映っているらしい。

「何だよ、何がおかしい?」

「いや、何でも……」

独立傭兵にとって、機体を失うということは稼ぐ手段を失うということ、
つまりは生活を奪われるも同然だ。

彼は何がどうあっても負ける気がしないらしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

402 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 23:13:48 ID:GnWXS2JI0 [4/5]
マジか、マジなのか

403 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:15:26 ID:VxAubC9E0 [43/53]

..     ____
    / ―  -\
..  /  (●)  (●)
 /     (__人__) \       ……まあ、やるからには全力で行かせてもらうお。
 |       ` ⌒´   |
. \           /       よろしくな、桐ケ谷。「キリトだ」
.  ノ         \
/´            ヽ       ……桐ケ谷。「キリトだッ!」

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
とりあえず、部屋の前からは追い払っておいた。
こんな夜中にわざわざ他所のコロニーまでくるとは、どれだけ暇なのだろうか。
それだけ来る依頼も少ないということだろう。

まあ、精々ネクスト戦の練習として役に立ってもらうとしよう。
こちらとしても、こんな小物にやられているようでは先がない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

404 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:15:41 ID:VxAubC9E0 [44/53]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

405 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:16:17 ID:VxAubC9E0 [45/53]
ああ、安心してくれたまえ。

あのね、彼とのランクマッチ中に選択肢を出すつもりはない。後は分かるな。

それじゃ、続きをしようか。

406 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 23:18:07 ID:lnW5ngpY0 [10/11]
キリトワンチャンないのかww

407 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:18:21 ID:VxAubC9E0 [46/53]

~TIPS~
           /::::::::::::::::::::::::::: \::::::\::::::::::::::::::::::::::}ヽ.  ∧
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::、::\::::::\::::ヽー==='⌒:. /_:,
.        /::::::::::::::::::::::::\ー―'^ヽ:::::\:::::ヽ:::::゚。::::::::::::::::. {   }
.        //::::::::|::::::::::::::::::::::::\{ ̄⌒ヽ:::::::ヽ::::゚。::::}:::::|::::::::::}{_⌒_}
     / /ー―|::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::\::::::|i:::::::::} |二|
.       /~ ̄⌒|::::::::::::|\:::::::}:::::::'. ::::::::::::::‘i:i::::::::::::}\}i :::::::| |二|
      / イ:::::::::::|::::::::::::|   丶:、:::::::::::::}i:::::::::}i:i:i::::::ト、:i:i:i:i::::i:i゚ |二|
.     /  |:::::::::: ト:::::::::::|  ,, -‐ヾ:::::::}:i::::::::}i:i:i::::::| :,:i:i:i:i:i:/ .l二|
        |::|:::|::::|_V:::::::ハ,/ ,.斗 =ァV::}:i::::::::ト、i|v :| } }:i:i:i:i:!′|二|
        |::|:::゚。∧__v:::ゝ} /  トィ} |::ハi::::::::| リ ∨ /:i:i:i:i:/  |二|
        |八::::::。‘ ヒト:::小、 __ゞ'′|/ ‘。:::::|    {:i:i:i:i:/  .|二|
       ノ  }\{\}ソ \}         ゚。::| r―f:i:i:ij/   |二|
              く    \        リ /  }i:i:{     |二|
             }             /   ノV:{    |二|
               、ー ― ´      / --==ニニニニ=-、:―┴;
               \      ,.  ´「ニニニニニニニニニニニニヽ_|__
                   /ヽ.__,. イヽ   |ニニニニニニニニニニニ二/    /
             /ニニニニ二二∧   ニニニニニニニニニニニニ/、     /
             ∨ニニニニニニニニ}  |ニニニニニニニニ二二/ /∨_/
              \ニニニニ/ ノ  .|ニニニニニニ=- : : : \
              r=ヾニニ/      ′ニ=-  : : : : : :  \
              /ニ{: :}ニ{ヽ  r‐ /=- : : : : : : : : : : \

【Name】
桐ケ谷和人
【Status】
AMS適性:A
極めて高い適性を持ってはいる。

戦闘技術:E
ネクスト操縦技術。
最早素人同然。

アーキテクト:C
ネクスト開発、設計、整備の技術と知識に通じている。
誰も機体のアセンブルをしてくれなかったのでこれだけは自力で習得した。

【Note】 new!
ブライドルランク25とやる夫がリンクスとなるまで最下位だった男。
黒ずくめの服装をしており黒の剣士を自称する、自身への侮辱にヒステリーを起こすなど自尊心の高い人物。やっぱり俺が最強かー。
中性的で線の細い体系をしており、たまに女装している姿が散見される、使いもしないレプリカのロングソードを背負っているなど
見た目にも強いこだわりがある模様。周囲には自身をキリトと呼ぶよう強要している。

高い適性からオルデンブルクに見いだされるものの、
才能にこだわり努力を極端に嫌う性格が災いし、幾ら経験を積んでも戦闘能力が向上せず、見捨てられる。
組織に属するのは柄ではないと独立傭兵の道を選ぶが、単にスポンサーになってくれる企業がないだけ。
ランクマッチには必ず欠場し不戦敗している。

カニスとパッチとダン・モロを混ぜて捏ねて変なもの入れた感じのリンクス。
作者屈指のお気に入りネタキャラ。

408 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 23:19:03 ID:ohbj2tIQ0 [2/2]
キリトェ…

409 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:29:34 ID:VxAubC9E0 [47/53]

            ____
          /― ― \
   rヽ     /(●)  (●) \
   i !   /   (__人__)     \
  r;r | ヽ |    ` ⌒´      | なめんじゃねーお
〈     } .\           ./
 l    /  /           \
 ヽ   l /              \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ランクマッチまでの三日間、やる夫には自由時間があった。
正確には休まされた。任務を受けたかったのだが、なのはがそれを認めて
くれなかったのだ。休むのも仕事、ということらしい。

あの桐ケ谷相手に何か必死にやることもないだろう。

この三日間、誰かに会いに行ったりするのもいいかもしれない。

下↓3 誰に会いに行きますか?
・なのは
・アリス
・リエラ
・ルルーシュ
・まだ見ぬ誰か
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

410 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:30:08 ID:VxAubC9E0 [48/53]
あ、ダージリンを入れ忘れてた。ダージリンも選択肢に入れていいよ。

411 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 23:31:02 ID:lnW5ngpY0 [11/11]
なのは

┌────────────────────────────────────────┐
│412 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 23:31:18 ID:GnWXS2JI0 [5/5]  ......│
│リエラ                                                     ......│
└────────────────────────────────────────┘

413 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 23:31:29 ID:oQVasxRc0
ダージリン

414 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/29(木) 23:32:23 ID:CLQUGtNw0
リエラ

415 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:35:35 ID:VxAubC9E0 [49/53]
ああ、これまた安心してくれたまえ。

三日間といった通り、この選択肢は三回ある。あ、別にルルーシュ選んだからってアッー!じゃないからね。

416 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:35:46 ID:VxAubC9E0 [50/53]

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \      ……リエラは何してるかな。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
リエラ・マルセリス。自分とは違い、IGIOの支援を受けることができたリンクス。
ストリートチルドレンだったこともあって周囲に溶け込めなかったやる夫に対し、
彼女だけは優しく接してくれた。

ブライドル本部に行けば会えるだろうか?
ともあれ、まずは行動だ。

やる夫はブライドル本部に行くことにした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


417 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:46:30 ID:VxAubC9E0 [51/53]

        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (●) (●) \
   |       (__人__)    |
    \      ` ⌒´   ,/
    /         ::::i \
   /  /       ::::|_/
   \/          ::|
      |        ::::|  キュム
      i     \ ::::/ キュム
      \     |::/
        |\_//
        \_/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
輸送機は無人飛行なので誰かに頼む必要はなく、夜までに戻ってくれば
問題ないと整備員の男性からお墨付きをもらってきた。

やる夫はブライドル本部の各企業の支部があるエリアに来ていた。

IGIOの名前があるドアを見つけ、インターホンを見つめる。
しかし、本当にリエラがここにいるのだろうか?

ものは試しにインターホンを押すと、女性の声が聞こえてきた。
リエラの所在を聞くと、答えられないと一蹴された。
まあ、それもそうか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

418 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:49:10 ID:VxAubC9E0 [52/53]

                                 ______
                               /            \
                              /            \
                            /               \
         ______            /                 \
        i"||  = o   |          /                      \
        | :|| | ̄ ̄ ̄| |         |                         |
        | :|| |      | |         |                         |
        | :|| |      | |          \                        /
        | :|| |_____| |           \                    /
        !、|l、__j──‐j_,j            〉,_,r-‐──
       i ̄`)_) ̄ ̄ )_)         /⌒ヽ、
       | i´ " ̄ ̄ ゛|          ,イ´     ゛\
       | | El( (r'⌒ヽ、        {     `ヽ、 `ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
行き場もなく困っていると、PDAにメールが来ていた。
見れば、リエラからだった。そういえば、彼女が養成所を出る前に
連絡先を交換したのだった。すっかり忘れていた。

よければ今度会えないか、という内容だったので、今からではだめだろうか、
と返信を送ってみると快諾された。

カフェテリアで待っていると、あの時と全く変わらない姿のリエラがそこにいた。
正直、コジマ汚染やらAMSの負荷やらで何かなかっただろうかと
心配していたのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

419 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/29(木) 23:55:40 ID:VxAubC9E0 [53/53]

           /: : : : : : : : : : : : 、
         / : : : : : : : y: : : : : : :γ⌒ヽ
           /: : :/ : : : : : |´ ̄ ̄ヽ::|`ヽ : |
        |: : ,/: : : : : : /     | ヘ/:: : |
        レ: :|ll/ソ|,l_∧| ´ ̄`  |  ゞ : :|
           | : | ´三ミ   ´三ミ  |.|ソ `: : |
          ゝ∧ ....  ,    ....  i |: : : : : |        久しぶり、やる夫!
           l:i : ト           l/´: : : : :|
         |:l : i 丶`  ´  .イ「 ̄`i : : :i        独立傭兵になってたなんて、すごく意外だよ。
           y / ̄ \ .r ´  |/  ハ  ヘ
           / /ゝ.ヽ   |   / /丶―- 、丶     ノルドルムに行く話はどうなったの?
          ./ //::::ヘ   |  / ///::::/ー´:::ヽ\ヽ
        イ/13::∧ ∠/ <::://::::/:::::::::::::::::| |     「いや、それは、その……」
      /::::::::ゞ==廿===彡::::ソ::::::::::::::::::::j  i
.     く:::::/:::::::∧// / ∨ヘ::「:::::。::\::::::::::::::ヘ  i
.     i::::仁:::∧// / / ∨ヽ:::::::::::」::|:::::::::::::::::〉  |
.     |::丶:::::ゝ// ゚/ /   |//}::::j::::::ソ::::::::::::::/  ヘ
【ランク19 リエラ・マルセリス 支援企業:IGIO】
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
リエラはAMS適性も高く、座学も実技も優秀だったため、
早々に内定が決まった。一番最後まで残ったのはやる夫と他数人いたが、
誰もが彼女の栄転を羨んだものだ。

「今日はね、お礼がしたかったんだ」

「礼? 何かしたっけ」

「コロニー・レーンの救援の件。レーンは私の故郷なの。その時私は別件で
出撃してて、襲撃を受けてたことすら知らなくて……だから本当に感謝しているの」

そうか、それはやる夫も知らなかった。
ということは、彼女の家族も死傷者か生存者に含まれているのだろうか。

「うん、私の義父と義母は第五ブロックに住んでたから無事だよ。
でも、やる夫とあのランク4が来てくれなかったら危なかったと思う。
本当にありがとね?」

友人にそう言って貰えれば、戦った甲斐もあるというものだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

420 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 00:00:15 ID:Yc8/xk6M0 [1/17]

                   - ァ――.-...、
                 ..:´.:.:.:.,:'.:.:.:.:.:.:-:.:.:、`ヽ
                  /:.:.:.:.:.:.:.∧:.:―-:.:-:.:.:._、:.:\r-‐.、
               /:./:.:/:./:.::i:.├- 、:.:.:.-==―トt、:.:ヽヽ
            /:.,:':.:/:.:,':.:.:.:!:..|   `ヽ:.:,:.:.:´:|i:|ヽヽ:.!:.|、
            .':./:.::.i:.:.:i::.:.:.:|:.,' ___   ∨:.:/:}i:|/:!/:.|:.ト:ヽ
            i:.:!.:.:.:|:.:.:|!:.:.:.i!/´ ̄、`   ∨:.:,:`t.-.'.:.:!:.|//
            |:.:|:.:._i_:./!:.:.:!i'   ィ芹㍉ ,/t´ヽ`\.::.:i:.:!-{
            ∧:ヽ:.:!ィ芹、:{     t'炒 ' i:{ r !i:.\:\:.!ヽ\
            `ト!∧ _t':j      , , !' t /'.:.|:|:.:\\ \\
              i:.:.:∧  ノ          ,r':!:.:.|:.!:.:.:.:ヽ:{   \\
             ヽt':.∧   , - ―ァ    / |:.|:.:.:!∧:.:.:.:.:.‘.   ´``
               i:.:|:.:\ ヽ  '   , '  |:.!:.:.:i:.:∧:.:.:.:.:.‘.                へえ、高町教官がね……
               |:.:|:.:.:.:i ヽ.     / r- ┴―ァ、:∧:.:.:.. . ‘.
               |: .!: : :.!/`ヽイ  /   /-=ニ=、:.:.:.:.:.:‘.
               i ,.' / 、    |/ ,ィ≦//三三三≧、 : : ‘.
               i'  `,ヽ ヽ r'´ /三/'三三三三ニ i   ‘.\
               |   .' r} /,ィ≦三/'三三三三三三i、.  ‘. \
              ,'  /≦'-<三三//三三三三三三ィニi ヽ  ‘. 、 \
               /,ィ≦ィ三三==-'{三三>'´二二二三{ヽ. \ ‘. `ヽ\
            , イ-ァ'/!!三ゝ'三`ヽ〈三三三三三三三ニ∧ ヽ. \‘.   \\
            ////\/'`¨`ァ-―'三〉、三三三三三三三 {   \ ヽ\   \\
           /// ,':./:/三/三三三 \>'´三∧-、 ,、三 .∧   ‘.  ‘. `、  ヽ `.
        r' /: / / !、:.::.i!三 {三三三三「三三三 ∧ /三ヽ'  \  ‘.  |、 i   ‘. :!
       ! i! i! i  i!:.ヽ:.ii三 i三三三ニ/:i三二ニ==ニ三/、    \ ‘. ! 、!   i :!
       ∨i! i! i  i!:./ii三∧三三/三`7      /-'  ヽ.   \ ‘.}  :i   | i
        ∨ i! i  i'、:.:.:ii三三ヽ≦三三 /      / !    ‘.    ヽ|  i    i !
        ∨、i! i i!, - 、|三三 iニ三三 /      / ‘.     ‘     i   !   | !
        _ iト_ /二´ /―`―- <三 , '       /\ ‘.      ヽ   |  :i!  :!:i
    ,'ニフ´二//二二,'          !        /:三/   ト、     \  :!  :|!、 .'/
   r'二二二 i !二二 i_                 /ニ/!   ! ヽ     ヽ.|   !| \
  / } 二二二ヽヽ二二ヽ> 、            /イ | |   |   ` 、     ,'   i !  \
 ヽ_〉二二二 /ニ:!i>、!/ !三二ニ=-      /  ! i :i   i、     \  /   ,'i !、   、 \
   `!二二>´  !i三|i:.:.:|:.:L!>'´:.:.:.:.|:.:.::.`ニ=' 、  | |  | ! i ヽ      `/   / j.' ヽ  ヽ. \
   /ニ/     ``.、!i:..:i:.:.:.:.:.::::,ィ<´二´二二二`\:!  | ! |  \    / /j/、    ‘.  \ `.
   `´         }i:.:.|:.:,ィ<´二二 _二>'´:.:.:. ̄`\ :! | |   丶. /'´    ヽ     !    ! !

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
それから、リエラと他愛もない話を交わした。
養成所にいた頃は、よく孤立していたやる夫に対し話しかけてくれたものだ。

「IGIOはどうなんだお? 居心地とか」

「とってもいいところだよ。ノーマル乗りの人たちも、先輩リンクスも優しいし。
どう、やる夫もIGIOに来る?」

「……そう簡単に支援リンクスにしてくれるとは思えないお」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

421 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 00:08:52 ID:Yc8/xk6M0 [2/17]

                              __
                      _,. : : ´: : : : :`¨ : : 、
                    ,. -: : : : :、: : : : : : : : : :`:.、
                   / : : : ,: : : :}__: : : : : : : : :, ィ/⌒\
                     /://:./:/: /: /  ヽ、: : : - //: | : : : : ト、
                     .':/:': /: ': :,: /     ヽ: :, /〈: /} : : : : |〉〉
                      {:':i|: :l:|:|: :|: { ,. -―  ∨: \/イ: : : : : |〈
                   从:{イィ圷、{从 ,ィフ笊ァ 〉:,.-、!/!: : : : : !ム
                  {:ム ヒリ   弋zソ /:/r、 }|/|: : : : : |マ∧
                  |: :::. /        {:.{ ノ /:|/|: : : : : | Ⅵ|      それもそっか。それに支援リンクスになったら、
                  {ィ叭 ヽ        从,イ: :W: : : : : :{ }N
                   |: : :.  ー '   ...::: |_i|_: :,: : : : : :.         色々制約もつくしね。独立傭兵も色んな依頼を
                   |: : : :l 、   イ _,|_/〉|: : : : : ::.
                   |: : : / `¨「   /     / l|      :.         受けられて便利そう。
                   |  \、  |  /__, r==-く  |      :.
                    _/ /  /∧} //___:::乂_:.:\:      ,
                 ,.::/ /  ∧ }/'´{/ィムl:::::,.=≧}:.:.:}ト、    :.
                   {::{ / /-<:::::::::マ}///´:::::::: ̄:::::::\   i
                   Ⅳ /、__,イ:::\、::::::¨// :::::::::::::::::::::::::::: Y  |
                 '/ /|>{r---`≠´,':::::::::::::::::::::::::::::::::: |   .
                 ,  ´ / /l|<||\:::o::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::: /   、
                / /,:'  / |>||::::::::T:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈      :.
              ,  ,  /  /   |≦||、::::: i:::乂:::::::::::::::,.ィ7∧:::::::::}-,    ヽ
                {  {  {  ,:   |≧||:::::ー:::::::::V777/////∧::::://       、
                ::.. マ..ム...{........::|≦||:::::::::l..::::::: ∨/////// ∧/イ         :.
             人::::マ::ム:i:::::::: |≧||:::::::::|::,:::::::: ∨////////// 〉         i
             |::::\::ヽ:ム::::::: |<||:::::,.イ:::::::::::::::Ⅵ ̄ ̄ ̄「 ̄´ :.
             |:::::::::ト._l l ¨¨|>||:::::::::|:::::::::::::::::{ |      |    :      |
             |:::::::::l///////|<||:::::::::| :::::::::::::: `|      |    |       |
             /:::::::: l///////|>||:::::::::|::::::::::::::::::::|      {    |       |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
やる夫も、いつまでも独立傭兵ではいられないかもしれない。

企業間の戦争が本格化したなら、どの企業にもつかずにふらふらとしていたら
潰されてしまうだろう。それくらいはやる夫も予想がついた。

その場合、自分はどの企業につくべきだろうか。

IGIOは企業連でも最大の企業として有名だ。
政治力に長け、企業でも最大数のリンクスを抱えている。

SIはあまり支援リンクスは多くはないものの、リンクスへの負担を極力抑える
武器腕パーツの開発をしているなど、人的資源を大事にしている傾向がある。

オルデンブルクは知っての通りだ。
庇護下のコロニー救援に惜しみもなくトップランクのリンクスを駆り出すなど、
一般市民への気遣いなどが感じられる。

アヴィアコルは、正直言って未知だ。
あのノルドルムを傘下に加えていることからも、少し怪しい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

422 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 00:09:03 ID:Yc8/xk6M0 [3/17]

                    _」L二L」_..       ____    _」L二L」_
                      γ~        ¨"  ー マ":::::::`v゙ <::::__ _::::rー,.:~,゙-、
                 ∧             ~¨  ̄キ  } } `"〈 /,へ7\
                      ∧   ゙ ::...、__..     .::::::::ノ  ノ ノ  ⌒ ーっ 〉:::::ヽ
                     ∧     \   ̄ ̄¨~…"―‐'v"ー'。..  __.ィ"..ィ:::::-:.、y-┐
                   ∧       \       /:::::i:::::rzzx i'::::::::,´‐- 、',::‐:‐〈ム::: :}
                     ∧        マ 、   {::::八{《 (::rj {ノル'rzzzzミ }::::::'/::リ::::::}
                       ∧    ..イ三}:..、 从{::: {  ~¨ ,  ´ 伐r:) 》/:/::::'::::::/、
                      ∧_  /ニニ /ニ \{`¨叭    l     ¨~,δ)/:::/::::://
                       〔:::y´ニニ/ニニニ〉、 .:h、` .. __   .,r-//:::::':::::/i:}
                         ヽニニ" ニニニニ/:_:_〉::::::,' h、  ,.、彳.,/:::::::::::/..l:}
                            \ニニニノ : } ::γ/:.. `ー/.:} ヽ: :"': : :/:/| //
                         _>_´__ー=彡,:_:_L_/ .'___/γ~ / /.: : : :'./∨/
                        ,;_r"v~v,,-‐^‐^‐<><>.γ‐‐'-―/: :( :、: :./ i:Y゙
                     /_>"ア´   'ο/  `‐"\l \ニニニr‐{: : :\ : { l:」
                       ,, 'ア~':::/:::..  / /      . ' }/ l~ミ乂从、 : : : ゞ,
                     ,..::;.:":::::i:::i::::::::::::::'::/..::::::::::..../ /l \}ニニ\ニニニ,,≠ニニヽ
                  //三{:::::::::';::{:::::::::::{::.{::::::::::::::::'::/:.. }/ lニニニ ヾ/ニニニニニ }
                  〃三三ゝ,.::::ヾ;、::::::::,::{::::::::::::":/::::::::;:: l\ }ニニニ/ ,ニ ニニニニ∧
                 /三三三三~〕ー:}:‐::"::‐}-`.、{:::{:::::::/: ///ニニ〃/ニニニニニ∧
           /三三三三三 {:::/:}::::::/::;′::::ヽ:::{::::/:::/\/r --==ニ7ニニニニ∧
            ~≧…‐- ,,三三.〈/jI斗7¨7≧s。:::::}゛;:.__:///ニ{ニニニニ/ヽ/ .∨
.         /: : : : ://: : : :~¨7",.i:i/i:/i:i:i:i:/i:i:i>、 :゛ヽ/ニニ{ニニニ//.:ニニ/
          ': : : : : / /: : : :.:/,i_:_i/_:i:{:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:゙y//ニ /.:⌒`ヽニニニ/.:i
         { : : : : : "  /: / :///ニ7 7ニニニ≧s。_:i:i:/\/ニニ l    ア" ¨:´ : l
        l: : : : : i  /: : ィ"ニ//ニ/ /ニニニニニニニニニ>s/ニニニ i   /: /: : :} : :l
        l : : : __l_./:ィ「 ̄.,イニニニ / l ゙̄\ \¨~ ー- ≧s。 ニ{_  /: /: : : i :i :l
。-‐…: ‐:.:.:-s 。///////|i/ / ., '/.l i   l \ \i:i:i:i:i:i:i:i:i~¨xニ} /: , : : : : l :l: l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「さて、と。私もそろそろ行かなくっちゃ。任務のブリーフィングがあるの」

そう言ってリエラはその場を後にしようとして、振り返った。

「ねえ、やる夫」

「なんだお?」

「次会う時は、戦場かもしれないんだよね」

「……まあ、そうなるお」

「きっと、味方同士だよね」

やる夫はそれには答えられなかった。曖昧に微笑むことしかできなかった。
明日の戦場、そんな先のことは、誰にもわからない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

423 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 00:09:18 ID:Yc8/xk6M0 [4/17]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

424 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 00:14:59 ID:Yc8/xk6M0 [5/17]

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    リエラが元気そうでよかったお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    でも、もしIGIOと敵対することになったら……。
          /     ー‐    \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
下↓3 誰に会いに行きますか?
・なのは
・アリス
・ルルーシュ
・まだ見ぬ誰か
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

425 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/30(金) 00:15:58 ID:1KR9F3Cs0 [1/3]
ダージリン
また忘れられてるな

426 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/30(金) 00:16:25 ID:9OeZiulc0
なのは

427 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/30(金) 00:16:37 ID:LQ9M.7kc0 [1/2]
アリス

428 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 00:21:24 ID:Yc8/xk6M0 [6/17]

                 -―-  _
              /r辷}厂:::::::::{弐込リ.
             /rア.::::::::::芸云芸=ミx:::.ヽ_
            ' f7.::::_j厂       艾::::V{
           .′f7.::_j{., // /       ハ艾:ハ
          {{二}/_j{ / // /  ' /// /,  } iハ:}
            ;ffく{i{〉.:{:{芹ミメ、/ /// // /|| :}!
         /イハ{≫ iハ.r=ミ心/// /厶斗リ/ !介
.         / :{i{ハ从|{杙 {r::リ^  }イ云zx才 .从{
         /  :}i}  i:八乂 , , ,     弋fリイ /イ:i:}
.         / /      | :八    _ ′'' ' 彡イ{:リ |乂 . イ
.      / / /  /, |{从\    `  イ ハi :i|{  ': :/才=ーァ
     ー-=ミ`ヾメ.  从i:乂 }:≧=-<(/ /, /‐-ミ 八ノ. : : : : : : : : :`ー-ミ
   才 ̄. : : : : : :ハ __ハ 辷刈り.:::::jア.//.:.:.:.:.:.∨. : : : : : : : : : : : : : `ヾ
  ≧=ー. : : : : : : : /.:.:.:.:ア/八{i{.:.:.:乂 /イ.:.:.:.:.:.:.. ∨. : : : : : : : : : : : :`ヾミ
  7. : : : : : :-‐. : : }.:.:.:r弌x__  _ ̄乂{{/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ: : : : : : : : : : `ヾー-弍
  ⌒7. : :ィ : : :乂イ.:}:/i  fr爻ィ⌒} .く.:.:.:.:.:_彡.:.:.:.:}乂: : : : : :\: : :.乂
.   /才f. ; 彳( {.:.:.:/.:{    ⌒} , ノ }.:ー-.:.:.:.:.:._彡'  \ : : : : : \(
     }/  }//.:.:.:{:.:.乂  ____  .才゛.:.:.:.xf斗く  ! i {` \(⌒ヾハ
.        />'"´才ーァーf.:.:.:>‐-ミ.:_//{/{iメ ' i:| ハ
.      /.:.{   {{_ .ノ_厂 {f   \-く:ハ八/ :从(
       八:.∧   _jj {{ ⌒7八    、`Y7゙イ}i}./





    ,イ 二二: :ヽ /: : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、 : : : : : : : : : : : : : : |
   / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ヽ、: : : : : : : : } ヽ : : : : : : : : : : : : |
    /: //: : : : !: : : : : : : : : : : :/: : : :ヽ: : : : : : :r-: }ヽヽ: : : : : : : : : : |
   /: 〃: :/: : /: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : /´: : |:ヽ: ヽヽ: : : : : : : : |
.  ///: :/: : / /|: ! : : : ! : : ヽ: : : :、: : : : : : ヽ-: : : }‐ : }: : :\\: : : : : :.|
 /  i: : :i: : :i: i: |: :|: : : :|: : \ \: : \: : : : : ヽ/: : : :,'ヽ : : : ヽヽ: : : : :|
   { : : !: : :| |: :!: :!ヽ: : ヽ: : : ヽ ゝ 斗‐‐: : : ‘,: : : ./| | i: : : / / : : : : |
   i: : l| : : | |: :', `ヽヽ ヽ ,斗 ´ _z,≠、: : : : : :',: : /| .| |ヽヽ// : : : : : :|
   |: :| !: : :|! | !| i !圷、: : ',  イ乏:::}/ヽ:ヽ : : |',: i:/ || | | ',/: : : : : : : :|
    ! | ‘, |リ ',ヽ:| .!ヒリ ヽ ヽ 辷zシ   | ‘, | ∧、 |.| .| |: : : : : : : : : : :.|
    リ  ', l  ヽ: |. ! ,  \ヽ      | | .!: :|:/ ヽ| | | |: : : : : : : : : : :.|
.       リ   ヽ|.ヘ ヽ   ヾ、     | | ヽ |、  | | || |: : : : : : : : : : :|
               \ ヽゝ      .| !   ヾ、',  `  || |: : : : : : : : : : :|
                |:\    ,  〃 _ ----、  | ` : : : : : : : : : : |
              | | .`- ´ ヽ /:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ | : : : : : : : : : : : :|
                 リ     /:.:.:.:.,:::::´ ̄ ̄ ̄ ̄:::::|: : : : : : : : : : : : |
                  /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::: |: : : : : : : : : : : : |
                  /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : : : : : : |
                  /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |: : : : : : : : : : : : |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ブライドル本部に赴き、カフェテリアで食事をとっていると、
見覚えのある女性を見かけた。

片方はアリスだが、もう片方は知らない女性だった。
長い髪を後ろで結っている。背が高く、すらりとしたシルエットの女性だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

429 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 00:24:34 ID:Yc8/xk6M0 [7/17]

                                        ト、
               rェェr─────=、───-、       トニヘ
                r芯ツニニニニニニニニニニニ \   \    トニニニ
            /` ̄´ニニニニニニニニニニニニニニ\   \  トニニニニ
           ィ不<´ ̄´ ̄\` ̄\ニニニニニニニY    .\\ニニニ
          // / /       ヽ   `\ニニニニ∧     \ニニニ
           ./ / / /   .i   i  }       ヽニニニ.∧     トニニニ
          / / / /    |  │  |   i   ∨ニニニ})      ∨ニニ
       /  { {  {     |_,斗<.|   |   トニニニK      ∨ニ
         {./ | |  | i   . | //   \   |   | i{^Y^ヽ      |ニニ
          { │ |─| ト  .|厶芹云示从 |   | || |i   >     |ニニ
          | ii | |  |从{\人   ヒ^Y7/ │   | || |ト、/     .|ニニ
          | |l | ト芹云       ゞ ツ .| /   j└ ┤ ∨     \
          |八ト从 辷ソ         |    ./  │ ∨         }        あら、やる夫じゃない。
          {∧}\} 〈           |    /     |.  ∨      |
     ∧    .|  |、           //  / i   .|   ∨     .|        どうしたの? シミュレーターの
.     / ∨⌒} |  | ト、  _ _,    // /   .|   .人    }i     |
 /⌒}/  人∨.| |.∧        厶イ      |    }i   ||      |        相手でも探していたのかしらぁ?
´   {    / } | | | ∧            |     /|    ||   ||      {
    `ヽ /  \│! {i `ー─-、 _/}   / ̄ ̄ ̄`jjヽ  〉
     ヾ    ∧ }ー─┐ \冫  / / /        ||  \
、   /  \ /  }\{ i } トiハ  ./ / /           ヽ
∧  /    〉   i  | | / ノ∧_,〉./ / /            i
. ∧ /    〈   { .ノ 人ゝ┘//厶イ               ト、
  ∧    / ヽ  ∨/  \/ {  /                 | }
   }  /   ∨イ    / ∧ /                  | |
   |/       j j   /  / /                  | |
   ∧       厂   / / /                        | |
.    ∧───'  人∧/ /                        | |  ∧
     i    /   {r心 i{                     i │ | ./ }
     |   ./   {{^YY}}                      | │ }/ /
     |  /    }iツ丿                     ヽ } / /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
アリスにはどうやら顔と名前は覚えてもらえたようで、
近寄ると声をかけてもらえた。

隣の女性がやる夫の名前に反応する。

「あなたがやる夫か。マーシフルの後継者と聞いている。
先の戦い、私も記録映像を拝見させてもらった。見事だったぞ」

女性が微笑む。切れ長の目をした美女だった。
こうも美女が並ぶと、中々に壮観だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

430 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 00:30:18 ID:Yc8/xk6M0 [8/17]

 | : : :/ /: : : : : //: {: : :/: : :/: : /: : :/ : : /: : :/: /: : : /!: : : : :!: : /:/: : : : |: : :ヽ: : :
 |: : / /: : : : : //: :|!: :/ : : /: : :i: : :/ : : /: : / //: : :/ i: : : : : }: /: / : : : : |: : : : i: :
 |: : ', {: : : : : ://: :| !: i: : /|: : : | ̄/` -/‐-/_/: : / ./: : : : /: /! ,'|: : : :|: |: : : : |: :
 | : : ∨',: : : : i i: : | | |: :/| ! : : |: :z=≠≦__ /`/、 /: : : : / / |/ !: : : ! /|: : : :|: :
 |: : : : ∨.', : :| |: : | |: / ! i: : | /ヽト′::::仍`ヽ  /: : : : /┼ /―┼-/:,'l |: : : :|: :
 | : : : :.:| ヽヽ.| |: :.| | i ヽ | | : | {  辷zzシ    /: : : : / ,≠乏テア: :/:/ } |: : : |: :
 |: : : : :.| : : ヽヽ : : | |/\ !: :!: |リ           / : : // 仍:ソ/} // / | |: : : !|: :      ああ、失礼した。
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| ||: : |、:| ヾ、         /: :/    ヾ- // }: / / !: :/ }: :
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| .| : :.| | !: :!        //         ./: : /:/ .〃}: / i /      私の名はシグナム。
 |: : : : :.|: : : : : : : : .|  | : :| .| ', ',         /      !    ./ !: /   / /:/  /
 |: : : : :.|: : : : : : : : :L___|: :| | ': ヘ、      ', ̄ フ  ´   イ i /    //          オルデンブルク社の支援リンクスだ。
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : : :,┴!|  ヾ、ヘ、            イ   〃    /
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : /:.:{ \     >         <    /
 |: : : : :.|: : : : : : : : :, イ:.:.:.ヽ   ヽ、     > <
 |: : : : :.|: : : : ,、r ´  .!:.:.:.:.:.:ヽ    `ヽ、  {/ !` ヽ 、
 |: : : : :,、r ´      |:.:.:.:.:.:.:.:\      /ヽ ヽ ヽ ` ヽ、
【ランク13 シグナム 支援企業:オルデンブルク】
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「シグナムはこう見えて、あの高町なのはと共闘したこともある古強者よ。
相応の敬意は払うことね。私の先輩でもあるのだし」

「アリス、古い、というのはやめてくれないか。仮にも私も女性なのだ」

アリスとシグナムは仲が良さそうだった。
後輩の方がランクの上、などで軋轢が生じていそうなものだが、
二人の間にはそういったものは感じられない。

シグナムは滔々とマーシフルの戦闘の感想を述べた。
特に、やる夫が民間人の救助を強く評価してくれた。

後に聞いた話によると、リンクスの中でも近年稀に見る人格者らしく、
オルデンブルクの騎士と呼ばれているそうだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

431 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 00:35:27 ID:Yc8/xk6M0 [9/17]

    /: : : __ -: : : : : /: ヽ: : : : : : : : : : : \: : : : : : : : :ヽ ヽ 、: :ヽ
   /: ://: : : : : : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : :ヽヽ:ヽ ヽ:‘,
   ///: : : : :/: : : : :i: : : : : : : : :ヽ: : : : : !: : : ヽ: : : : : r´: /: : : :\\
  / /: : : :/: :{: : : : :!: !: : : : : : : : : : ヽ : : : }: : : : :',: :__/` /}: : : : : :\\
   /: : : /: : :i : : : : |: :',: : : : : : \: : : ヽ : : |: : : : : i´: :/´: : i: : : : : : :/ /
   i: : :/!: : : i : : : : !: : !: : :ヽ: : : : \: : ヽ 斗 : : : : }rヽ: : : /: : : : : //:i
   !: :/ |: : : :| : : : : |: : :|: : : : \: : :才´: :i: :||: : : : : i  ',: :/、 : : //: : : |        君のような、力なき者のために力を震える
   ',: { !: : : :!: :|: : ┼-- 、: : : : ヽ´: \   ,〃: : : : }  /:/ヽ__/: : : : : :|
    Ⅵ |: : : ||',: :!、: : i ', | ヽ: : : ヽ ー‐≠´ | : : / | /:/: | |: : : : : : : : : :|        高潔な人物を、オルデンブルクは常に欲している。
      ! : : | !:i: :i\ ヾ≠" \: : : \      }: :/ /: : /!: | |: : : : : : : : : :|
      ∨: :| ',ヽヽ! \ヽ  ,   ̄ ̄      i / / / | : | |: : : : : : : : : :|        是非、君を支援リンクスにと、アリスと話していたんだ。
.        ∨ | ヽヽヽ: :| `ヽ ヽ  _      |/ / |   |: | | : : : : : : : : : |
       ヾ、 \`ヽ| : ヘ、  ヽ ノ    イ: / |   |: | | : : : : : : : : : |
               ヽ! !: : :{ >      イ //  |、   | | |: : : : : : : : : : |
                 ',: : i    > <  〃  / ヽヽ.| |__|: : : : : : : : : : |
              ∨ {      /   / - ´   /:.:.:.| ヽ、 : : : : : : : : :|
              ∨|   // |/      /:.:.:.:.:.:!ヽ  ` ̄ ---__l_
               ヾ、r /:.//:::/ヽ    /:.:.:.:.:.:./:::::::::::`::::ヽ‐ _   ` ヽ、
           ,、r ´-‐ /:.:.:./ /::::/  ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ヽ::´::::ヽ
           /|::::´::::::::::::/:.:.:./ /::::::|  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「やる夫が、オルデンブルクの支援リンクスに?」

「ああ、そうだ。元々マーシフルはオルデンブルク社のネクスト。
なのはも当時リンクスは企業に帰属するのが常だった時代で、
現役時代の全てをオルデンブルクに捧げた。
そうなれば、君がオルデンブルク社の支援リンクスになるのも不思議ではあるまい」

確かに、理には適っている
だが、想像できなかった。

オルデンブルクをスポンサーにすれば、様々な支援が受けられる。
弾薬費や修理費は企業が持ってくれるし、新型パーツなども斡旋してくれる。

だが、その代わりに受けられる依頼は限られてくるだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

432 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 00:41:24 ID:Yc8/xk6M0 [10/17]

           /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||          そうねえ、ついでにシグナムとデートする権利もつけるわ。
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;      悪い話じゃないと思うけどぉ?
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
      /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
__ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /| /-ト─--' ̄\/ |ヽ;;;/  | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ /;;;|/;;;;;;;;;;;;;;;/》/    \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;| |;;;;;;;;;十、/ヽ-へへへ/ ̄《/;;;/;;;;;;;/;;;;;;;;;;<´| ;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;/|´ 《ミY≡》)    《/;;;/;;;;;∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈 ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;レ/;;/;;;/   ゞ===゙´    《/;;;;;レ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;/|/   |;;;;∧__{;;;;|;;;;;/)          《/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
//    / ヽ/く;;;;;ヽ |;;;;|》     |/   /  《/;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  |   /   /  ヽ;;;;;;;;;;;;;|》ヽ  |   /   《/;;;;;;;;;;/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈





                       _
                     /: : : :ヽ
                     /: : : : : : : :\
                   /: : : : : : : : : : : : ヽ
                    .: : : : : : : : : : : : : : ----`===、
                    /: : : : : : :,r==≦: : : : : : : : : : : : : >、
                 ,′: : : //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : _\___
              /: : : :// {: :l: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : /: : : :.\
                /: : : / /: : :.lヽ|: : : : /: : : : :/: :/: : : : : :/: : : :ヽ: :.ヽ
                 /: : :/ /: : : : : ,|: :|: : : /ヽ: :/: :/: : : : : : :./: : : : : : lヽ: ‘,
            ,': : / /: : : : : :./ト⌒: :./: :メ / / /: : : : : : /: : : :/: :l: l ‘,i
            /: :./ {: : : : : :.//ヘ l: ://斧心、 / /: : : :./ /: :./l: : i: |   ', }
             /: : : \ヽ: : : / /| |ヽ ,': :.:|ゞシ  }イ: : : , ≦斗-/: :l:/: :.|   ij
              /: : : : : : ヽ ヽ/ //l l ',i/: : :| ///  /: :/ん'》/: : : /: /}:.!   |
.            /: : : : : : : : : :l ヽ〃| | ||: : :.|    // /// /: : : : : / i l
           / : : : : : : : : : ¨   | |  !: : :.!  /___ ´ イ/: : : : /   リ          ……すまない、アリスの悪い冗談だ。
.          / : : : : : : : : : :/.    ^   r',: :| \   ,イ  /: : : :/
         /: : : : : : : : : : /  ..< ヽ/ ̄ヘl ` ≧´ \ /_/                気にしないでくれ。
.        /: : : : : : : : : : :イ     :/: : : :l ヽ /-ヽ   l: :l--- 二二}
       /: : : : : : : :イ:.:.:.:.:\>:.´:.:/: : : : :ヘ/、:::::::::∨l: : ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヽ
.     /: : : : : : : : ,'、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : : : ヽ /::::::::ヽl: : : :ヘ:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.i
.      /: : : : : : : : : /∨:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:/: : : : : : : : : :ヽ---- l: : : : :',:.:.:.:.:.::/:.:.:./
     /: : : : : : : : :.:/ ∨:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:`:.<: : : : : : :ヽ: : :.l: : : : :/:.:.:.:.:ヽ:.:.:/
    .: : : : : : : : : :/   }:.:.:.\:.l:.:.:.:.:.:.:._:.:.`:.ヽ、: : \: l: : : :/、:.:.:.:.:.:.‐∨
   ,': : : : : : : : :./    i:.:.:.:.:.:ヽ〃: : : : : : : :/: : : \: : l: : : / ̄ ̄ : : : :.:‘,
    .: : : : : : : : :/     l:.:.:.:.:.:./: : : : : : : : : :≧---: :_:.\:/: : : : : : : : : : : ‘,
   i: : : : : : : : /      l:.:.:.:.:.{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ≧}____: : : : : : : }
   l: : : : : : : /       l:.:.:.:.:.!: : : : : : : : : : : :_: : :≠ ̄: /: : :.o: : : : : : : :ノ
   |: : : : : : /        |/ ‘,: : : : : : : : : : : o: :/: : : : {: : : : : : : : : : :〃
   |: : : : : /           |: : : : : ヽ: : : : : : : : : : :/: : : : : :ヽ: : : : : :.≠ ´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そういえば、他にオルデンブルクの支援リンクスはどんな人がいるのだろうか。

試しに聞いてみると、「私とシグナムの二人だけよぉ?」という答えが返ってきた。

「ネクスト戦役で、一番大きな被害を出したのがオルデンブルクなのよぉ。
そのせいで、最も被害が少なかったIGIOが覇権を取り、
リンクスの手綱は企業からブライドルへと移った。
オルデンブルクも大きく数を減らし、絶賛人手不足ってわけ」

そんなことがあったのか。
となれば、なのはの引退は相当大きかっただろう。

「それはそうだな。当時は誰もが衝撃を受けたものだ。
あのネクスト戦役の英雄は、生涯リンクスであるものと誰もが信じて疑わなかった
からな。だが、なのはも体が限界だったのだ。止める者など誰もいなかった」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

433 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 00:46:35 ID:Yc8/xk6M0 [11/17]

          . ィ            , -‐ ァヽ、
         /, '         / ./ へ'.
         ./ /    _ .. -―-' .//..__  |
        { {  . : ´           ` 、__L⊥_
         '. .v ´             〉ヽヘ `>
        __〉、     , へ      ヽ、 〉 〉'、//
      , ´ィ´     /           ヽ〉 〉 ,}〈
     //, '       |    、 \\  ∨ ハ ヽ
     ´ / /  . i! ト    ト ヽ、 '._ヽ  .| 彡Lヽ>
       , .ィ !  | ハ_| `、  '. ヽ xへ'.ヽ∨ | !⌒ヽ
      .{ ハ |、  トj .レ`ヽ、  '.´ィ≠ィT7Ⅵ!.|て ノ
       `. ヽ| >、ヘ ヾ> 、 \ヘ VイJハ' Ⅳ レ´         今すぐに答えを、というわけではない。
        / '. ヽ Vしハ   ヾ、ヾzノ  | ./
       /   '. {  `ー' _'_ .ノ   .ィ /            まあ、頭の隅にでも入れておいてくれ。
     /    >ヘ l` .. ___   - .く、_リ'
   , '    /   `     rv>ヘ'ヽ/>:}
  / , '   /          /´ ヾ:、 X'〈:.:,'
 . ,' ィ   , '          >‐- <__/}
  |/ ! /            /  。゚ 。゚   ヽ
  { | /           |` ー'ー―‐ ´|
    {'              ト、____.イ
   `                |::::::::::| ヽ::::::::|
                }rュ--!  Vーュ
               ノ目 ./   .|目|
                  ゝ-‐ '    ゝ‐'

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
しかし、オルデンブルクはなのはが所属していただけあって、
企業や所属する人々全体に理念が浸透しているような気がした。

アリスも口は悪いが気が回る良い女であるし、シグナムも見ての通りの人格者だ。
コロニーの救援に惜しみなくトップリンクスのアリスを出すあたり、
民間人への配慮もある。

だが、今すぐ答えを出すのも時期尚早というものだろう。
そこはお茶を濁すとして、なんと答えようか?

下↓3 どう返事しますか?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

434 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/30(金) 00:50:57 ID:JPkILv.I0
考えておきます

435 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/30(金) 00:53:12 ID:LQ9M.7kc0 [2/2]
そうなった時はよろしくお願いします

436 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/30(金) 00:53:14 ID:1KR9F3Cs0 [2/3]
気遣いはありがたいがやる夫はまだやる夫が世界が何であるか見えてないんだ
こんな状態で流される様に頷いても不誠実だから頷くことはできない

437 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 00:57:17 ID:Yc8/xk6M0 [12/17]

     ____
   /_ノ  ヽ、_\
  /( ─)  (─)\     気遣いは嬉しいですお。
/::::::⌒/)/) ⌒::::: \
|   // /      |    けど、やる夫はまだこのリンクスの世界がどんなものなのか、
\ | /  二二)    /
/ i   r‐一'     \     まだ見えてないんですお。





        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \      こんな状態で流されるように頷いても不誠実なんで、
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/       頷くことはしないでおきますお。
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

438 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 01:03:56 ID:Yc8/xk6M0 [13/17]

               /: : : : : : /: ; =ミ: : : : : : :>x ):}
              .:′: ;厶イぅ:/: : : : : : : : : : :=;彡ム:ヘ
              /:r 彡:代=Lイ: : : : : : :/: : : : : :}: : : : : :‘,
             /.: :.:| 「: :〃: /:/: : : //: : : /: : : /: : : : : : : :',
            /.:.:イ:ィL.レイ{:/:/:  ̄イ7: :ァ-ィ: : : ;イ:. :. :} : : i: : :.
          厶彡: : : : :〃:∧;.イ: :/}「芹卞:ミ7: : :/ ムL_:/: : : |: : ト
       /ィ: : : : : //: / ヘ7:ィ:1`辷ソ_V/7'ィfrz:/; : : : :|: : |ヾ:、
.     ///: : : :/ .:':/| { Y人!:| .:.:::::. /′´ 以ノ/:/: : i.: :|: : |  \
   // ,.:′:.;イ  /:/  Li」 jハ小|       〉::.`7イ:1 : : |: :ハ : |    ヽ
  .:′′.:′.:// 〃'       ノ }ト!   ー _    彡: : : /!/ }: ;
. //  /: /.::/  〈r≦- ̄` K==:L\   `   .:イ: :/: : / j′ j/        ううむ、その姿勢……ますます気に入ったぞ。
.《:{  //.::::::′  7.:.:.:.:.:.:.:≫x.>、   `7<    .:.:/: : / /   /
 ヾ:v'.::::::::::::::{   .′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|  \/::::::|{   /イ.:.:./ /  ,′         いつか君がオルデンブルクに来てくれることを、
  /: : : : : .:.:ハ. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l|    ヾ:::_廴./ |.:./. ′
  .′: ; : : : :. :.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.└- _   ヾ辷x 厶′               心待ちにしているからな。
 {: : :/: : : : : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ/: : :.`: .、 トミス、
  Ⅵ: : : : : : r=≦.:.:.:.:.:.:...:√ ̄ィニ=ー-=ミ:フ⌒ヾ入、
  ヾ: : : : : 「 ̄: :=:彡: ´ ィ{‐"        く     v  \
    \: :.:.}: : : /イ //: : : : : : : .      ヽ   :.  .:ヘ
       ヾ'`ー "  〃 :/: : i: : : : : : : : : : : . . ‘, レ:´   ヽ
      /         〃:. トミ : : : : : : : : : : : :. v'.:′    ',
.     /      _」{:. :   \: : : : : : : : : : :,.ィ_:_. .. : : : :}ヽ
    /    -‐=ニ ̄{.:      `:ー-: : ァ≦:._Z=彡′: : : : ハ \
.    く        .:.:.:.ヾ:    r‐,     <了.: : : : : :_;/  }  ハ
.     ヽ             \   `    r::Y: `Т: ̄{     .: /  廴_
        \          ` ┐、    ≧!   ト、   v   乂:′    `ヽ
        >x           // `ヽ、   {  |ミ:x  「`彡ヘ       \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
どうやら、シグナムにいたく気に入られたようだ。
アリスは面白そうにくつくつと笑い、「そうそう、シグナムったら今年で
二十七なのに彼氏の一人もできたことないのよぉ? あなた、どう?」と
やる夫に冗談を投げてきた。

「やめないか、アリス。それを言うなら、君だって……」

「いいのよぉ、私はまだ二十一だものぉ」

「くっ……」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

439 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 01:05:39 ID:Yc8/xk6M0 [14/17]

                          ,.、-:.―:.-:.、
                 /      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                __   〃..,、...-===-:::::_::::...、、.:.:.:.:.:l
          ,... -=ニ二::_:::ヽ{i⌒´:::::::::::::::::::::::::::\:::::::`::、、:l
                ,. ‐‐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、::::::: ヽ、
             /::.:, -‐::::::::/:::::i:::::へ::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::',
.           , '::,ィ:::::::::::::!::l::{:::::::lヽ:::ヾヽ、::\:::::::::::ヘ:::::::::::;
.          /::/ /:::::/:::::::l:!:!ハ::::::ト、\乂!ヾ:::∧:::::::::::l::::::::::::
          /::/ .:::::::/:::/::::l乂ハ::::ヾヘ才云心ヘリ:::::::::: iヘ::::::::l
.        |:/ {:::::::|::::l:::::::iィんハ\ヽ 弋j孑'"  |:::::::::::|、}:::::: !
.            |::::/|::::::从ヘ弋,タ)   /////// |:::::::::::レ′::::i
.            |::.i .l::::::ハヘ\//ヽ   __,  !j|:::::: /::: : :;′
             V |::::|  l八!u   く     !   ハ:: /:::::: /|        それはそうと、君はランクマッチが控えていたな!
              ヽ:l.  |::ヽ、  ヽ-- ′u ハ:: /::::/.:.|
                  |:::! >     ィ /イ:::://.:.:.:.:.|         研鑽にやりすぎということはない。
                V   .` 千ー、 r‐/: ∧.:.:.:.:.:.:.:|
                      /__,∧∧!::/  乂j.:.:.:.|         先輩がシミュレーターに付き合ってやろう!
                /ハ二ヘヘ´ ̄l  { ;;;; }リ l;;;;;;;;;;二7ヽ、
                  /;;;;;i!;;;;;;;;;;;;/ i  .ゞ;;<  .! ヘ;;;;;;;;;;i;;;;;;ヘ
             /;;;;;;;;i!;;;;;;;;/:::::i  .!;;;;;;;!  i::::ヘ;;;;;;;;l;;;;;;;ヘ
              /;;;;;;;;;;;i!;;;;;〈::::::∧__.i;;;;;;;;;;i__∧:::::::〉;;;;l;;;;;;;;;;ヘ
              ,′;;;;;;;;;;ゝ;;;;;\::::∧  ̄ ̄ ∧::::/;;;;;;;j;;;;;;;;;;;;ヘ
               {;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;/::::::::∧::::::::∧.::::::::\;;;;ヽ.;;;;/;;;;;l
                '、;;;;;,′ ̄ \:::::::::::::∧∧ :::::::::::/ ̄:::∨;;;/,′
                 ト:;;;;{::::::::::::::::::\::::::::::∧::::::::::/::::::::::::::::}:::::::j、
                 ∨八::::::::::::::::::::::\::::::::∧:/::::::::::::::::::::八::::ハ
               ∨: ヽ:::::::::::::::::::::::\::::/::::::::::::::::::::,:イ⌒ヾ ヘ
                   ∨  `  ̄ ´ γ⌒ ` ー--- <´ ヽ.:::::ヘ j
                 ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::}ノ





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     アッハイ。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

440 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 01:06:03 ID:Yc8/xk6M0 [15/17]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

441 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 01:07:55 ID:Yc8/xk6M0 [16/17]

     ____
   /      \
.. /  _ノ  ヽ、_  \       あの後シグナムさんとアリスに1on1で交互にボコられたお……
/  /⌒)   ⌒゚o  \
|  / /(__人__)      |      上位ランクは伊達じゃなかったお……
\/ /   ` ⌒´     /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
下↓3 誰に会いに行きますか?
・なのは
・ルルーシュ
・シグナム
・ダージリン
・まだ見ぬ誰か
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

442 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/30(金) 01:09:13 ID:9qcwe0UU0
ダージリン

443 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/30(金) 01:09:54 ID:1KR9F3Cs0 [3/3]
まだ見ぬ誰か

┌───────────────────────────────────────┐
│444 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/30(金) 01:10:04 ID:pzrI3xRM0 [1/2]  ....│
│ダージリン                                                 .....│
└───────────────────────────────────────┘

445 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/30(金) 01:26:18 ID:Yc8/xk6M0 [17/17]
さて、今日は遅いし、ここまでにしておこうか。

ちなみにここまでの好感度はこんな感じだ。やルルォ! 爆ぜルルォ!ってなるのはいつかねえ。

あと、アリスに会いに行ったらシグナムと会ったのは特殊イベントの一種だ。

これから誰かに会いに行ったら副産物が出ることもあるからそのつもりで。

それじゃ、シーユーアゲイン。

なのは Lv2
アリス Lv2 +bonus
シグナム Lv2 +bonu
リエラ Lv3
ダージリン Lv1
他...Lv0

446 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/30(金) 01:28:06 ID:pzrI3xRM0 [2/2]



447 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/30(金) 08:48:46 ID:UzNCnVx20
おつー
政治説明も絡んだコミュパートは面白かった

448 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/30(金) 16:04:12 ID:HO1w2s7o0
おつおつ
わーいぼく副産物だいすきー



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する