クリックで開閉

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】 第1回

140 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 21:16:50 ID:EYLzHYBg0 [4/30]

          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  |[], _ .|:[ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |             |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |              ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::
   |l    | :|    | |             |l::::
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::
   |l \\[]:|    | |              |l::::
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ベッドの上で目覚める朝には、未だに慣れなかった。
窓から差し込む朝日に目を細めながら、昨日のことを思い出す。
ネクストに乗ったこと。空を飛んだこと。十三人もの人を殺したこと。

思い出して、吐き気に襲われた。
咄嗟に手で口を押える。
手を汚すことを嫌がっていたわけではなかった。
ただ、理屈ではない、本能と言っても過言ではないこのおぞましさは、
どうしようもできなかった。

もう戻れはしない。やる夫は人殺しの傭兵となったのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



スポンサードリンク


141 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 21:17:01 ID:EYLzHYBg0 [5/30]

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ベッドから起き上がったはいいが、やることなどあるはずもなかった。
今までは起きては歩き、盗み、ゴミ箱を漁り、すきっ腹を堪えながら
冷たいアスファルトの上で眠っていた。

今は違う。そんなことをする必要はどこにもない。
口座には見たこともないような金額が入っているし、
食堂に行けば腹が膨れるまで食事にありつける。

やる夫は困惑していた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


144 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:27:52 ID:EYLzHYBg0 [7/30]

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \       ネクスト戦役……
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ふと、やる夫は思った。
そういえば、この基地には資料室もあった。
もちろん紙媒体ではなく端末が並んでいるのだが、そこにあるのは紛れもない
資料の山だ。

なのはに聞いた話を思い出す。
ネクスト戦役と、やる夫の両親が死んだ時期は、ちょうど一致するのだ。

資料室に行けば、やる夫の両親を殺したネクストが分かるかもしれない。
丁度食欲もなかったところだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

145 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:30:43 ID:EYLzHYBg0 [8/30]


              ____
            /      \     ( カチャ カチャ カチャ … )
           /  ─    ─\
         /    (●)  (●) \    /     }ー┐           r┐   \
         |       (__人__)    |.    {     ノヽ / __  ヽ  /  |/    }
         \      ` ⌒´   ,/.    \ ツ   /         、_/   O    /
     , -‐  ´   !      ー   ! ` ー-、
    /  __   ∧       |    ∧
.    〃 ,. --ミヽ /∧         i   |/ハ
   ji/    ̄`//, ..__、〃    ,   ___!__j_______
.   {{      '/   // '‐-、  ′ | i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `i
   レ, /        ,        ∨   | |                 |
   //7//―ァ/‐/7/ ̄{     iっ  | |   ┌―――┐    |
      /!   〃  //  (' //} i |   | |   |┌―― 、|    |
.      |     〃      ̄ jノイ   | |   |::l::i::::::::::::::|    |
.       |      、__ノ{__,.イ   ,  | |   |_j::l::::::::::::::|    |
     |        )     レ/____ー‐――┤:::::::::: |――┘
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〔丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄
             ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{二二二二l____|二二}

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
早速やる夫は資料室に向かい、端末を立ち上げた。
パソコンの扱いなら養成所で習った。それだけは無難に習得できたのだ。

仇が討ちたい、と思ったわけではない。
無論、目の前に現れれば生かしてはおかない。だが地の果てまで追い詰めて
殺してやる、と思えるほどのエネルギーが、やる夫にはなかった。

思えば、今までその日その日を生きるためだけに必死になりすぎて、
過去や未来など気にしてもいられなかった。

今は、その余裕がある。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

146 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:31:01 ID:EYLzHYBg0 [9/30]

  ________
  | ______ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | |       /       .::::::::::::::::::::::\
  | |       /          ..::::::::::::::::::::::::|
  | |      .|          ...:::::::::::::::::::::::::|       リンクス名、不明……
  | |       |        ....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<        ネクスト名、不明……
  └___/ ̄ ̄        :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::|         行方不明……か。
  \ \  \___      ::::::


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
調べてみたはいいものの、思った成果は得られなかった。

両親が働いていた工場を襲撃したネクストの情報はあるにはあったのだが、
そのほとんどが不明で埋め尽くされていた。

手がかりは、黒いネクストであるということと、黒い鳥の機体エンブレムだけ。

IGIOの支援リンクスとして英雄と呼ばれるほどの戦績を上げ続けたものの、
企業連に反旗を翻し、二十五名に渡るリンクスを斃し、失踪を遂げたらしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

147 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:35:10 ID:EYLzHYBg0 [10/30]

   __ ,.、 ,、                               ,..、
  入ヽ:.ヽ)ヾ入                    _,.ィァノ7/)ィ'',ノ
  弋 _.::::::::::::;'. :乂_                 _ノ..:::_::;;;::::::::::::'^7
   トゞ、`:::::::;'. : . :(_         __ノ゙´. :';:: . :';::::::::/ィ
   `ゞ、.::::::::;'.:.:.:.:.;':::::::辷-_,,..、ニ_ー'’__ /:::'::: . : . : ;::::::::::::フ
     `つ.::::;`ヽ.:.:.';::::::ヾ~.:. 。::::::;'~乙′..:::::'; : ;'_:.y‐--‐'’
     ゞ.:.::::::;::::ゝ.:.;.:.:::::::::)ヾ::::::::::::::;マ{..::::::: .::;ィ'.:;:;ソ、
     ヽ、...::::;:::;'.:,:.:.:::::::く  ).;.'.:.'.,::;ゝ!.::::::::::;芍ゞ;ゞ'’
        ヾr‐=ミ、: . .:::::::::)ノ.:.:::::..::.:.'ゞ.:::::::.└ミ;:;_`ヽ
         ) ーァ=-.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';r'´」
         ト L_. : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::;:_:;:::::,rて  〉
        ゝ、 ( (ゞ、,.:へ. : :::::::::;'::γ. : :ヘ.{!  /
            ヽ〉'’ ヾ、: ):::::::::::::::,' : .,.、rセ´  /
              `^~`7 ; .} :::. : : :;{ : (__   /
                〈,´ .:ソ:::: . : ':;:::\ : .( /
             ζ/.::::::::λ::. ;:::::.`て (
               冫,イ.:::::::く : .>::::::.ヘ;ヽソ
               ゝノ ノ,ィ::::::∨::::::::li:.、:.マ
            └(,ノl:::イ:xix:::ハ lヘ_)┘
                  乂`^ー^´乂

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ネクスト戦役の元凶、企業連の災厄、史上最悪のイレギュラー。
そんなおぞましいものが自分の両親を殺したのかと思うと、
やる夫は憎しみよりも恐怖を覚えた。

そんなものが存在していいのだろうか。
そんなものがいたら、全てを焼き尽くしてしまう。
世界が壊されてしまうのでは?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

148 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:35:28 ID:EYLzHYBg0 [11/30]

           /::::::::::::::::::::::::::: \::::::\::::::::::::::::::::::::::}ヽ.  ∧
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::、::\::::::\::::ヽー==='⌒:. /_:,
.        /::::::::::::::::::::::::\ー―'^ヽ:::::\:::::ヽ:::::゚。::::::::::::::::. {   }
.        //::::::::|::::::::::::::::::::::::\{ ̄⌒ヽ:::::::ヽ::::゚。::::}:::::|::::::::::}{_⌒_}
     / /ー―|::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::\::::::|i:::::::::} |二|
.       /~ ̄⌒|::::::::::::|\:::::::}:::::::'. ::::::::::::::‘i:i::::::::::::}\}i :::::::| |二|
      / イ:::::::::::|::::::::::::|   丶:、:::::::::::::}i:::::::::}i:i:i::::::ト、:i:i:i:i::::i:i゚ |二|
.     /  |:::::::::: ト:::::::::::|  ,, -‐ヾ:::::::}:i::::::::}i:i:i::::::| :,:i:i:i:i:i:/ .l二|
        |::|:::|::::|_V:::::::ハ,/ ,.斗 =ァV::}:i::::::::ト、i|v :| } }:i:i:i:i:!′|二|
        |::|:::゚。∧__v:::ゝ} /  トィ} |::ハi::::::::| リ ∨ /:i:i:i:i:/  |二|         よお、あんたがやる夫、か?
        |八::::::。‘ ヒト:::小、 __ゞ'′|/ ‘。:::::|    {:i:i:i:i:/  .|二|
       ノ  }\{\}ソ \}         ゚。::| r―f:i:i:ij/   |二|
              く    \        リ /  }i:i:{     |二|
             }             /   ノV:{    |二|
               、ー ― ´      / --==ニニニニ=-、:―┴;
               \      ,.  ´「ニニニニニニニニニニニニヽ_|__
                   /ヽ.__,. イヽ   |ニニニニニニニニニニニ二/    /
             /ニニニニ二二∧   ニニニニニニニニニニニニ/、     /
             ∨ニニニニニニニニ}  |ニニニニニニニニ二二/ /∨_/
              \ニニニニ/ ノ  .|ニニニニニニ=- : : : \
              r=ヾニニ/      ′ニ=-  : : : : : :  \
              /ニ{: :}ニ{ヽ  r‐ /=- : : : : : : : : : : \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
資料室を後にし、当てもなく廊下を歩いていると、見知らぬ少年が声をかけてきた。
黒尽くめのコート、それはいい。だが、なぜ剣など背負っているのだろうか。
もしや殺し屋か何かか。やる夫は身構えた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

149 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:35:38 ID:EYLzHYBg0 [12/30]

                      _, ---―--------ァ
                      , ..::':.:/: /ヾ ::.:.:.:.:.:.:.:.:..<
                      /彡 ' : : i: i: : :ヾ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                /: : :/ : : :i :i :i : : : :ヾ:.:.:ヾ.:.:.ヾ : : \
             -=イ: // : : :i :i :i i: : : : : :.ヾ :.:.ヾ:. :ヾ:.:.:.、\
                  / /: : :ハ: :i :i :i i: :.:i: :iヽ.:.:ヾ.:.::ヾ: : ヾハ\゙、
                 ∠/: : : : ハ::ヾ:、ヾ:.: :i :|  \: : : ! : i: : ヾヘ \
                  /:.:./i: . .:.ハ: :.ヾ:.ヾ: i.:|   V:.:.:.:.:.:i:.i:.::ヾヘ
              /イ:ハ: :.:.|  ヾ:.:.:ヽ:.ヽ::!     V:.:.:.:.:i.:i.iヽ、:ヽ
                 |小',:.:..:|゙'ー--ヾ.:.:.:.ヾ;\-‐''¨´Vハ:.:.:.:iハ:::.}\
                 1ハ:.',.::::戉元ミ \:.:.:ハ` 夊行テト:ハ: : | V
                   !ハ:.',.:ハ ゞ ┘゙  \:.:',   ヾ‐' 'リ ハ:.リ              あ、大丈夫。これゴム製だから。
                     ハ、ト、ハ     i `ヾ    r_ソハ:|
                  ヾ:\ハ    `       /:::/リ`!
                       V\`__   ー= ‐    /ハ::|
                  r--'//ハ、     ,. ':!::/___リ_
                      V_,,..イリ `: - ':   ハ|>//// ヘ__                       __,. r<
                    }ヽ/// |:       ,'|⌒//>、/)// )             __,. r<<<<
          ___rーーく/////::ノ:      ,'. \/// // /ー'         __,. r<<<< >‐''゙´
         / ヽ////\//ハ \// /ー 、  , '- ' ^ Vイ//人        __,. r<>>> >‐''゙´
         /////::ヽ/// ハ//ハ//ヽ/             i//Y///>-.__,. r<<<< >‐''゙´
    _.///// ヽ//ヽ///:ハ//ハZZ;, -、      ,ィ</\ __≫‐''゙´ フ>> >‐''゙´
  ///////ム--ァーーーァ⌒ー':、:::::ヽ:::::ヽー- '_´ィ^Yェ- ''゙  __,. r'__>‐''入
 ///77777´////// /:::::::ヽ::::::ヽ, -'ヽ⌒ヽー'ハヾ \__,. r<  (///////ハ
 //////////////iイ::::::::、:::/^ く⌒ヽ  ヽ  }>{{::::::::ハノ   ___>'  ̄ ̄ }
 /////////{////:{ハ::::::::::::ハ  ヽ  }  |__,ケ'^\:::::::ハ //////{.  \ヽ|
 /////////|// ,-、__,. r<::::::ヽ  }  レ-' _う>- \  /` ー-- /ハ:   |
 //////// ハ//:::::{::::::::::::::>‐''^ー'个_,--- '   ( )) ` ̄\///////\ニニ|
 /////////: ハ::::::ハ,‐''゙´ヾ///////)   /⌒ヽ  ノ     ̄ |////////ハ
 ////,>'´ ̄ `ー '   |//////   ///////`三ニー-、.   |/////////ハ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「俺の名は桐ケ谷和人。周りはキリトだとか、黒の剣士だとか呼んでる。
今日は新人の顔を見に来たのさ。俺もリンクスでね、後輩がどんな奴か
気になったんだよ」

桐ケ谷和人は不思議な少年だった。
目鼻立ちは整っていて、中性的ですらある。
服装も不思議だったし、なぜゴムの剣を持っているのかも謎だった。

「入束やる夫ですお。よろしくですお」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

150 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:35:53 ID:EYLzHYBg0 [13/30]


       /    .......----......._
.      /{ _..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
     //::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::≧=-
   /:::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\=-
  ノ:::::::::\:::::::::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  }:::\:::::::::\:::::::::::\::::::::\::::::::}::::::\:::\----
. /:八::::\:::::::::\:::::::::::..::::::::::::Y::::|へ::::::\ヾ.r‐ 、
_彡{:::: \:::::::::::ハヾ\::::::::::}:::::::::|::::从 V:::::::ヽ|{} 人__               ま、そう緊張しなくていいよ。
  |::::|:::::::::::::::::::::./x斗丐:::::::::|::::::ハ./::::::::::./ /:::::::::}---、
  |::::|:::::::\:::::::::::ィ代zソ }::::::/|:::从ノ:::::::://::::/ニニ .イ ≫  _         ところでさ、今度一緒にミッションに出撃しないか?
... 乂:::::::::::: {\::::: \   l:: / .|//  Y - <ノ:::/ニニ./ニ/ニニ≧
    \:::::: |:::以 ヾ:ノ   /''  ノ  / ,  /:イニ/ニ/ニニ/ニ       大丈夫、精々相手はノーマルだ。
     \::|::::::ゝ     /   ハ {  r::/ニニニ./ニニ/ニニ
       ヾ::从:::ヽ. `    /  ゝ-- へニニニ./ニニ/ニニ         報酬の割合は俺が八……
           /   > ._.イニ r‐      寸ニニニ≪ニニニ
          ./ ,  /ニニニ|ハ   / }ニニ/ニニニニ
         ゝ _.ノ  》ハ=} ゝ-   /ニ=/ニニニニ
               /ニ 》=     ./ニ=/ニニニニ
               ./ニ= {ニ:.    ./ニ=/ニニニ
              {ニニ=\ハ   /ニ=/ニニニ
              |ニニニニヾ} /ニ=/ニニニ





             _
            ∠二: : : :`ヽ/´  ̄ ̄ `丶
         , '" ̄: : : : : : : : : : : : : : : :、:\/⌒\
        /:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:ヘ\.:.:.:.: ヽ
       l://.:.:/.:./ .:./ .:l.:.:,'.:.:{:.:.:.:.l.:.:ヽ.:.:.Vl:/ \.:.:.:.:',
         /.:.:/.:. l:.:.:.!>ト/{.:.ハ.:.:斗<:l:.:.:.l.:l.:.:.:.:.ヽ.:.:.l
.         l.:.:/.:.:.:.|:l.: レ仟圷ヽl ヽfチ圷 |.:.:l:|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
.         |:/!.:.:.: 从.:.{. V;;リ    V;;リ 'j.:.,' |.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
.          j:ハ.:.:..Ⅳト :.ゝ   '    /.:/レ|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
              \:{ヽ|:小    V 7  彡'.:.|│l.:.:.:.:.:.:.:.:.|
               ` Ⅵ:| ヽ、  ´ ,.イ! .:./ |.:l.:.:.:.:.:.:.:. |        おや、珍しい子がいるね。
               ヾ:ゝ ト≧≦ュ| リ/   |.:l.:.:.:.:.:.:.:.:|
             ____, /| >tく |ヽ、____|_l.:.:.:.:.:.:l.:.|        私の教え子に何かご用?
          /ヽ::::::::::::::::/  |/ l只lヘ|  l:::::::::::::::: ̄ヽ.:l.:|
          |:::: ヘ ̄ ̄ {____|{{<ハ>}}_j ̄ ̄`メ:::::::::|.:l:|
          |::::{ \   / ∨⌒∨ \   / l::::::::|.:.l|
        /ll::::}\ ∨ \  ,VCV  ∠ _∨ |::::/ハ :l|
        { }}:::::ン  ̄}__/ ̄`^<_/ /,弖  l ::{{ }:|
        V__/   / /   /:/`\r'〃ニフ   }::V/ :|
        {´ /了 ̄|l   /:/      ̄ ̄`ヽ ヽ:/:.: |
          ∨     |l   |::|         /  /.:.:.: |
          ∨      `ヽ、_,|::|            /.:.:.:.:. |
           \      ,イゝ=≧ト、     _/ l.:.:.:.:. |

151 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:36:04 ID:EYLzHYBg0 [14/30]

                        . . :´: : : : : : : : : : : `: . .
                      /:::::::: .:::::::: : : : : : : : : : : : \
                     /::::::::::: .:::::::: .::::::{ : : : :.}: : }: : : : :\
                   -=彡 :::::/::::::::/:::/::::/}: : : ,:′: }: :ヽ : : : \
                     /:::::::{:::::::::::::/:/  ゚。: :/: : : ∧: :}: : : :}`¨
     ,.-、            小::::::|::::::::: /リ⌒ー‐V: : : : :} Ⅵ: :i|: |
     _{ィ ア            {:::::::j|:::u:::l /笊¨ヽ /: : : : /⌒}!|: :j|: |
.       `寸:i》            ∨/゙|:::::::ノ  弋ツ /}: : : {笊¨ヾ:|::::i|: |
       寸:i》          /}i  い::::}  一   /: : / iり /イ:::ハ: !
         寸:i》          リ\リ_Ⅵι     /イ〃、 ー /j/レ リ       ヒエッ……! た、高町なのは……!
         寸:i》        ____从.リ u       ′  .′
          寸:i》       {≧==── ┐  ,. --、 ι/            じゃ、じゃあなやる夫。次会う時、
             寸》.、      |ニニニニニ|二|\ ー― ′/
             寸入   ,.:|ニニニニニ|二ト、 ヽ  ィニニニ=-           くれぐれも俺の前に立ちはだかるなよ。
              V/ゝイ...jニニ二二|二|i:}}  /|二二二/ニ/
              }/./: : : : \ =二|二|i:|| {i:i|ニニニニ/ニ/
             /../ ̄ `ヽ: : : :\ニ{二{i:i}} Ⅵニニ/=イ、
             /:i:i://_____/ニニ\: : :.:\iニ}〃  ヾ:/=/ニ/ニ丶
           乂:i:i//  ./\:ニニ\: : :∨ |i:\/i:i|=/ニ ′ニニニ\__
            `|=|   |ニニヽ二ニヽ: : :V|ー====|{ニ二|ニニ=- ´ニ\__
                |=|   |二二‘.ニニ∧: : リ      |ニニニ|ニニニニニニニニニニニ=-
                |=|   |ニニニニ‘.ニニ∧:ハ     .!ニγ.|ニニニニニニニニニニニニニ=---- 、
                |=|   |ニニニニニ}ニニニ∧八     .|ニ { |三二ニ=-- ニニニニニニニニニニ\

152 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:36:18 ID:EYLzHYBg0 [15/30]

          ____
        /   ― \
.     /   (● )  ヘ\
     |   (⌒   (● ) |      なんだか随分と凄そうな奴でしたお。
      ヘ     ̄`、__)  |
        ヽ           |      よっぽど上位のリンクスなんですかお、彼。
      , へ、      _/
.      |          ^ヽ
.      |      1   |





                         ,――==―
               , -‐…‐-=-...ゝ/:./__´_
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:__:.:.:.:\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽヽ:.\
        //:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.l:.:|:.ヽヽヽヽ:.:ヽ\:.:.ヽ\ヽ
       i./:.:.:.:.:.l:.:|:.:||:./|:.ハ:.:i、i、i:.:i:.:l:.i:.:.i:.:.:.:i |:.i
       ||:.|:.:|:./圦斥=≦ .|≧云トl:.:|:.|:|:.:.|丶:| .|
       ヘ|:.|:.:|:.|/r爪:个  .´{:::。:メ,|/:.|:.:|:.:| .i:.:|        へ? 彼、ランク25だけど。
       ヽヽ:.ヽゝう:::::}    b_::7〃l/:./|:.:| |/
            小、ミゝ…´   `¨‐‐//;,l/|:.|/:|/         「えっ」
          |:.:ゝ       `  //:.|:.:.:|/::.|
          |:.:.|ヽ、  -‐‐  ,∠:.:.|:.:.::|:.:.:|          悪人ではないんだけどねー。
             |:.:|. |> 、 _ イ  |:.:|:.:.:.:.!:.:.|
          |:.|/|――, ― |、 |/:.:.:.:.:|:.:.:!          なんかこう、ダメな子なんだよね。
        ,、r´:|:::| ヘ  /><l l ヽ|`ヽ:.:.:|:.:.|
     ,、r::´::::::::::::::| ヘ、/ 只ヽ|  ヽ:::::::`ヽ:.!          あまり関わっちゃいけないよ。
  ,、r::´:::::::::::::::::::::::::::|  .ヘ /||ヽ |  ヽ:::::::::::::::::`ヽ
 |:::ヽ::::::::::::::::::::::::::r L__lヽ‐‐‐yヽ/ `ヽ、:::::::/|
 |:::::::::\:::::::,、r ´   / ヘ:::::::::|  `<   `ヽ/::::|
 |rヽヽ:::::/     .<   丶:|   ./     |::::|}

153 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:36:36 ID:EYLzHYBg0 [16/30]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

154 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:36:47 ID:EYLzHYBg0 [17/30]


~TIPS~
           /::::::::::::::::::::::::::: \::::::\::::::::::::::::::::::::::}ヽ.  ∧
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::、::\::::::\::::ヽー==='⌒:. /_:,
.        /::::::::::::::::::::::::\ー―'^ヽ:::::\:::::ヽ:::::゚。::::::::::::::::. {   }
.        //::::::::|::::::::::::::::::::::::\{ ̄⌒ヽ:::::::ヽ::::゚。::::}:::::|::::::::::}{_⌒_}
     / /ー―|::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::\::::::|i:::::::::} |二|
.       /~ ̄⌒|::::::::::::|\:::::::}:::::::'. ::::::::::::::‘i:i::::::::::::}\}i :::::::| |二|
      / イ:::::::::::|::::::::::::|   丶:、:::::::::::::}i:::::::::}i:i:i::::::ト、:i:i:i:i::::i:i゚ |二|
.     /  |:::::::::: ト:::::::::::|  ,, -‐ヾ:::::::}:i::::::::}i:i:i::::::| :,:i:i:i:i:i:/ .l二|
        |::|:::|::::|_V:::::::ハ,/ ,.斗 =ァV::}:i::::::::ト、i|v :| } }:i:i:i:i:!′|二|
        |::|:::゚。∧__v:::ゝ} /  トィ} |::ハi::::::::| リ ∨ /:i:i:i:i:/  |二|
        |八::::::。‘ ヒト:::小、 __ゞ'′|/ ‘。:::::|    {:i:i:i:i:/  .|二|
       ノ  }\{\}ソ \}         ゚。::| r―f:i:i:ij/   |二|
              く    \        リ /  }i:i:{     |二|
             }             /   ノV:{    |二|
               、ー ― ´      / --==ニニニニ=-、:―┴;
               \      ,.  ´「ニニニニニニニニニニニニヽ_|__
                   /ヽ.__,. イヽ   |ニニニニニニニニニニニ二/    /
             /ニニニニ二二∧   ニニニニニニニニニニニニ/、     /
             ∨ニニニニニニニニ}  |ニニニニニニニニ二二/ /∨_/
              \ニニニニ/ ノ  .|ニニニニニニ=- : : : \
              r=ヾニニ/      ′ニ=-  : : : : : :  \
              /ニ{: :}ニ{ヽ  r‐ /=- : : : : : : : : : : \

【Name】
桐ケ谷和人
【Status】
AMS適性:A
極めて高い適性を持ってはいる。

戦闘技術:E
ネクスト操縦技術。
最早素人同然。

アーキテクト:C
ネクスト開発、設計、整備の技術と知識に通じている。
誰も機体のアセンブルをしてくれなかったのでこれだけは自力で習得した。

【Note】
ブライドルランク25とやる夫がリンクスとなるまで最下位だった男。自分で言うのもなんだが、役に立つと思うぜ。
黒ずくめの服装をしており黒の剣士を自称する、自身への侮辱にヒステリーを起こすなど自尊心の高い人物。やっぱり俺が最強かー。
中性的で線の細い体系をしており、たまに女装している姿が散見される、使いもしないレプリカのロングソードを背負っているなど
見た目にも強いこだわりがある模様。周囲には自身をキリトと呼ぶよう強要している。
ランクマッチは常に不戦敗。ノーカウントだ! ノーカウント!

155 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:37:08 ID:EYLzHYBg0 [18/30]

      ̄>--`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:/ヽ、:.:.:.:.:.ヽ、
     ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:、:.:.:.:.ヽ/:|\:.:.:.:.:.:ヘ
    /:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:.l:.|ヽ:.:ヽヽヽ、:.:.:.:.:',:.:i:.:',:\:.:.:.:.ヘ
   ,':.//:.:.:.:/:.:.:.:|:.:|:.|ヽ\七云ヽ、:.:.:.i,、:.∧:.:.\:.:.:ヘ
   ∨.i:.:.:/:i:|:.:.、メ云 ヽ .'ら い,.i:.:.:|:|ヾ/ ',:.:.ヽ\:.:',
    |:.:∧:.iヽ:.ヽんう   .辷ノ .}:.:.,':| /  ',:.:.:.ヽ ヽ:.i
      ',:.| {:.:',ヽヽ:ヾ、ゝ,     ,':./:.:!/   i:.:.:.:i:.:.ヽ:|        ほうほう、やることがないと。
     ヽ ヽヾ \ヽ、 `_   〃|:./|     }:.:.:.:|:.:.:.:.|
          ヽヽヽ、.ト 、   .//./ .|、   .i:.:.:.:|:.:.:.: |        丁度良かった。これから君をブライドル本部に
         \  ヽ:.`> .イ .〃//.>< ̄7‐‐ 、:. |
             ヾ 、.r/、.// / /:::::/::::::::::::::',:.|        連れて行こうと思って。
            ,、r:::´// .ヘ´ / ./-:/::::::::::::::::::::::}:|
              /:|:::::::/ Ⅳ∧ヽ′ / / ヽ::::::::::::::::::::,':.|        大丈夫、輸送機で一時間くらいの距離だから。
          _/::::| /ヽ/ヾ、/ヽ‐‐ .| ./ |::::, ≠ 、::/:.:|
         //::::〃 / .|::/ / ./  .|:/,'  .}/|:.:.:|
          //::〃∠‐ゝ∠ /   /.、ヽ  !{ 、 .丿:|:.:.:|
         ゝ `/   /:/` ‐‐ぐ、ゝ′   |`-::´!:.:.|:.:.:|
       / ___ {   ./:/      ヽ´\  ‐‐/:.:.:|:.:.:|
      .///  ヽ 、 |:.|       ヽ     //:.:.:.:.|:.:.:|
     / /     `ヽ 、          /./ |:.:.:.:.:|:.:.:|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
なのはに連れられ、ブライドル本部に赴くことになった。
ドックに行くと、翼のついた箱のような形をした輸送機があった。
後部ハッチから乗り込み、中のベンチに座る。

ベンチと緊急時のパラシュート以外ないような簡素な作りの輸送機だった。
ネクストのコックピットとはまた違った閉塞感がある。

輸送機で空を飛ぶこと一時間。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

156 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:37:25 ID:EYLzHYBg0 [19/30]

~ブライドル本部~
                          ,_
                          i \  ̄ ー _
                        i //\      ` ー 、
                            i ////\        ` ー 、
                     ,、‐-   _  i //////\         ` ー 、
                      i i゙ヾ     `!、//// `\           ' ,
         , 、――---  _i i//ヾ      Y      ヽ            ' ,
         ∨\          ー'´ヾ       :        ヽ            ',         _ -―- 、
        ∨/,\            ヾ      :.         ヽ           ',_, - ´ ̄        }
.          ∨//,'\          ヾ     :          ヽ           ハ\             !
            ∨///,',\.           ヾ               ヽ       /  ',  ヽ        i _ _
         _〉/////,','\            ヾ  :.          ヽ.     /    ',   ヽ         ! ∨ヽ ̄ ー
      斤于十于于于于于}  厂 ̄ ̄\Yi]ヾ厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ヽ    /      ',    ヽ     !. ∨/ヽ
       `Y゙====厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ヾ   //`ー―-'-―一 ´ヽ .   ! r=j∨//ヽ
      rfニ二二二二」________________\__ゞ,/´_________ヾ__ノ_f―''∨///ヽ
      厂 ̄ ̄ ̄ ̄|                         r― 、
    }三三三三三|    日                         ト--i` ┃ |干干干干干干干干干干干干干|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
輸送機が揺れると、アナウンスが流れた。
後部ハッチを開け放ち、外へと降り立つ。

到着した場所には、自分が今住んでいる基地とは比べ物にならないほど
巨大な施設があった。あまりの大きさに圧倒されていると、横からなのはが
声をかけてきた。

「ここがリンクス管理機構ブライドル。といっても、ほとんど形骸化してるけどね。
今じゃランクマッチのアリーナと仲介ブローカーのたまり場って感じ。
ああ、もちろんリンクスも集まるけど、戦闘は禁止されてるから安心して」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

157 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:37:37 ID:EYLzHYBg0 [20/30]

                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ/ /: : : : `: .、
                 , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :― 、- : : :ヽ
                  /: : : 〉': : :/: : : :/: : , : : : : : : : : : : :` : : \ ` :ヘ
                   /: : : / : : /: : :∠._:_/イ,イ , : : : : : : : : : \: :ヽ  ヽ
                 ′: : ' : : : l: : :/ //`メ、//| ハ: l: : : : : : : : :\、ヘ
               | : : :_l: : : : l: ,.ィ 7´:てハ  > リ. }イ.: : : : : : : : : : ヽリ
                   V´う.l: : : : l: :{ ん::::::::リ'     /`メ、 : 〉: : ハ:、 ト.ハ
                ∨ ル: : : ハ:l 辷ヒ_ノ     ,ィう、 l/: : : : l |: l l: |
                  }、 | : : ヘ `        ん:/ノノ: : ハ: : | ||| l
                   |: :Y}: : :.ト:.、          〈:ン´r- 、' : |: ;' !:l .レ        それじゃ、私も手続きとか色々
                   |_ノ '. : : :.       _  '   ムニ、}: :レ   リ
                    . イヾ:、 '.ヘ: ヘ      ´ ´   ' l ン : |             やることあるし、ここで一旦お別れね。
               . : ´|. i! ヾ:、ヾ:、ト`: .     . : ´  _. :´: : : :|
           . : ´  . :|  i!  ヾ:、__,.イl` ー ´  r ≦.、: : : : : :!             好きなところを見て回るといいよ。
        . : ´  . : ´:.:.:|  '. くヽ `ヘ ‐く| !    ノL:.`ヽハ: : : : :|
      ._:_´_. : ´:.:.:.:.:.:.:.:!   ヘ ´ ∧X〈リ ..<  ハ:.:.:.:.:|: : : :|             それとも、道案内いる?
   /―― ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    ヽ_/ 〉 r ´  ..< ∧:.:.:. ! : : : :|
   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!.:.:.:.:.:|     ヘ  r┴ ´       ∧:.:.:|: : : : :!
   l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l.:.:.:.:.:!      ヽ∨         〉:.:|: : : : :!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
オートロックのドアを潜り、施設内部へと入っていくと、そこは多くの人たちで
賑わっていた。エントランスはカフェテリアも兼ねていたのか、
飲食店のカウンターと無数のテーブルと椅子が並んでいた。

人種も服装も様々だ。洋服にどこかの民族衣装と思しきもの、スーツ、何かの制服。
瞳の色も違えば、肌の色も違う。
やる夫はここまで多くの人々が交わる様を初めて見た。
それもそうだろう。コロニー・トウキョウから出たのは、養成所以外はこれが初めてだ。

好奇心に目を輝かせていたのがばれたのか、なのはが声をかけてきた。

「いえ、大丈夫ですお。色々見てきますお」

「ん、じゃあ行ってらっしゃい。問題は起こさないでよ?」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

158 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:37:55 ID:EYLzHYBg0 [21/30]

        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (●) (●) \      流石企業の御膝元だお。肉も合成肉じゃなくて天然だったお……
   |       (__人__)    |
    \      ` ⌒´   ,/       コロニーにいた頃にあったミキサー食とかもなかったお。
    /         ::::i \
   /  /       ::::|_/      リンクスやブライドル、企業の人間は普段こんなにいいもん食ってるのかお。
   \/          ::|
      |        ::::|  キュム
      i     \ ::::/ キュム
      \     |::/
        |\_//
        \_/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
なのはと別れた後で、軽く食事を済ませ、施設の中を当てもなく散策していた。
今まで食べたことのないような美味しい食事に胃をびっくりさせながら、
膨れた腹を抱えて歩いていた。がっつきすぎて、少々好奇の目に晒されたのは
反省である。

ハムとレタスとトマトのサンドイッチ、芋と鶏肉のチーズグラタン、
モッツァレラとカットトマトのサラダ、その他諸々と手を出していたら
すっかり腹いっぱいになってしまった。

さて、どこへ向かうとしようか。

下↓3 一つ選んでください
1.カフェテリアに戻ると、金髪の美女が話しかけてきた
2.そのまま歩いていると、養成所で知り合った女性と会った
3.迷子になっていると、黒いドレスを着た異質な女性とすれ違った
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

159 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/24(土) 22:44:22 ID:B2Y2HJLQ0
2

160 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/24(土) 22:46:27 ID:cbrQu8lg0 [1/4]
2

┌───────────────────────────────────────┐
│161 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/24(土) 22:46:32 ID:oMU24xe.0 [2/7]    │
│1                                                        │
└───────────────────────────────────────┘

162 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 22:56:03 ID:EYLzHYBg0 [22/30]

                       ____
               -―/     `゙'く ̄`  、
           /                 \
           /  /                   \
.           /  /          〃           ヽ
          /  /             {{
.        ,   {  ,   〃   / ノ|     }}
        {{  { {   i  i|_ // |     /八 、    ;
        {{  { {   l  ||( //`ヽ八  { /  } },/    }
        {{  { {   l  ||/ィ芹冬ミ、 \}八''⌒犲  / }
.         八  \\八( 从弋ぅ丿 ^    )イ芳ミ刈  / i '
        /\\\\)小、          Vリ /i|/ /}/        あら、あなた……
          {   `⌒ヽハ八         ゝ  /,八/ /
          {` ー==彡ヘノ'⌒\   、 __    '  }}
        ` ー===彡/   \       /ー=彡′
              ^ー=/{     \     イ㎜o,
               /:::\     リ爪㌘””””´\
           人:::::::::` ー==だ以:\. . . . .ヽ ;
            ,,<㍑%\::::::::::::::/^‘,. \} .\. . } }
          ,,<㍑㌘^. . .\:::::::{. . . ‘,o . . . . `弋.\
        ,,<○㌘^... . . . . ..\ノ. . . . ‘*, . . . . . . `¨`. .、
      〃 ̄ ̄`ヽ . . . . . . . . . . . . . . . .‘㍉, o . . . . . . .\
      {{ . . . . . . . \. . ..}}. . . . . . . . . . . . . ‘㍉.. . . . . . . . . ',
.      ヽ. . . . . . . . . \ }}. . . . . . . . . . . . . . . .‘.,o . . . . . . }
      }} . . . . . . . . . .У. . . . . . . . . . . . . . . . . ‘,.. . . . . ..′
.       八 . . . . . . . . . {. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .; . . . . ../
       { . .\. . .\.. . ..‘,.. . . . . . . . . . . . . . . . ..,’o:_:彡く
.       \. . .\. . .\\} . . . . . . . . . . . . . . . . ./´::::::::: \}
          \. . .\. . .\} : : : . . . . . . : : : : : /:::::::::::::::::::: }

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そのまま歩いていると、前方から赤いジャケットを着た金髪碧眼という出で立ちの
女性と遭遇した。

綺麗な人だなあ、と見惚れていると、向こうから声をかけられた。
何事かと思いつつ会釈すると、おもむろにハンカチを取り出し、
やる夫の頬を拭ってきた。

「食べカス、ついてますわよ?」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

163 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 23:00:38 ID:EYLzHYBg0 [23/30]

     ____
   /_ノ  ヽ、_\
  /( ─)  (─)\
/::::::⌒/)/) ⌒::::: \      おっ……お見苦しいところをお見せしましたお……
|   // /      |
\ | /  二二)    /      
/ i   r‐一'     \





             /              \
              '
            /      /   /   / ', 丶
          '       /   /  /
               '   ー- _ / }   } |
      l    {     /   /, -'"`丶 }   } |
      l    l     /  /、,ィ犹ミヽ ,'     |
   \r‐-ミ__ノVl  / レ'   ` |Jf   / / / .'
  \ {     }l 乂 ハ       ヒソ  // // }/       くす、いいのですよ。
  γ\〉   八 \Y              丶´
  弋⌒ ヽ     \                 /           カフェテリアのご飯はおいしいでしょう? 新人さん。
  { ハ    } \/⌒        ャ ァ  '
  乂 乂_ノ/し∨     _        /             「……なぜ知ってるんですかお?」
      ̄ ̄  /≧=-  _   l>  __/
        /ニニニニニ>、                   いいえ? どうも見ない顔でしたし、
       ./ニニニニとつニ/:.}L
      //ニニニ\ニニ/: : }L‐- _               場慣れしていないようでしたので、そうお見受けした次第ですわ。
     ./ニっニニ/ : \ニ{: : : :oL:  ̄ヽ.、
     〃ニニニ/: : : : : : : : : : : :}L: : : ',:丶
    /´: : : : : : : :\: : : : : : : : : : :}L: : :l: : \

166 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 23:05:35 ID:EYLzHYBg0 [24/30]

                  -── -
                      `ヽ
          /          `ヽ 八
            /                 V ハ
        /   イ \ \  \    V
          /{   小  Vミニ二¨\  } |l  }
       {小   T¨¨寸 V ≧苡卞 从V/
        从 { i{ ィ苡\{  乂ソ' } / ノ<⌒         ああ、申し遅れましたわ。
         VNハ ソ      ノイ彡イ ) )
              八   '       イ人__>イ           私、SIの支援リンクスをしております、ダージリンと申しますの。
                ー ' /ト、乂_ノ´
                   ≧=ー</ニニY              あなたは……?
               /∧ニニニニニ /ニ=-___
                r=彡//o:.Vニニニ/: : : : :>=く
            /|: : :.:/: : : :.Vイ: : : : : :/: : : : :}
              {/: :/o: : : : : : : : : : : /: : : : : : ム
           /: : :./: : : : : : : : : : : : :.{: : : : : :./:.:.}
         /: : : :./o: : : : : : : : : : : : 八: : : : : : :.イl
         V: : : {: : : : : : : : : : : : : : : : :V: : : : /: 1
         V: : ハ:o: : : : : : : : : ノ : : : : :V: : : : :. |
           |: : : :} : : : : : : : : : : : : : : : / V: : : : ::.
【ランク18 ダージリン スポンサー:SI】





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \      やる夫も、まだ一回しか任務をこなしてないけれど、これでもリンクスですお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/       ランクは26ですお。
          /     ー‐    \

167 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 23:09:22 ID:EYLzHYBg0 [25/30]

             /                 `\   \
          /     /                \   ∨
            ,   /   /     '  \     ∧  ∨
              /  ,  /      |   ∨    ∧  ∨
            i   ′ |  {'     l     ∨    ∧  }
            |  {   |  | ',    .{、     ∨     }  }
            |  {   |  | ',     ', \   ∨  },/ .,'
            |  {  _|-‐- 、ヽト、 ヽ} _,. -‐‐‐ }   }  /-‐x
            |∨ ム ヽ{示心   ヽ} ,イ示テi7|  //}⌒)ノ       ああ、あなたが新しく登録された……
            |{ \ム  { 弋ヒソ     弋ヒソ '/ /イノ  }
          { ヽ',ヽゝ、            厶イー_'__/          よろしくお願いしますね。
             `i‐-= .,ヘ     '       /ー‐‐'´
            _二 ‐ゝ-\  ー 一  /--'´              私はランク18で、機体名はスタリオンですわ。
.          /´ヽ(ニ)ニニヽ/〕ト __  ィ〔}ニ\ _,.=-‐‐-=.,_
         /: : : :}ニニニニ/ニニ/}    /ニニ/ニニニニ(ニ)/ヽ        同じリンクス同士、仲良くしましょう?
.        /: : : : :| : : : : /ニニ/  i  /ニニ=/´ : : : : ヽ/: : :'
       {: : : : : :|: : : :/ニニニ\  /ニニ==/: : : : : : /: : : : : |
       | : : : : : |: : />''´ `ヽ∨ ∨ニ=/ : : : : : : : : : : : : : :|
       | : : : : : } : ': : : : : : :/: : : ∨=/: : : :/ : : : : : : : : : : |
       |: : : : : /: : : : : : : :/ ○: : : :`´ : : : /: : : : : : : : : : : :}
      /! : : : /: : : : : : : : ': : : : : : : : : : : : :i' : : : : : : : : : /
       | !: : : ': : : : : : : : ':○: : : : : : : : : : : :} : : : : : : : : /
       |: : : :{: : : : : : : : i: : : : : : : : : : : : : : ': : : : : : : : : }

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ダージリンが右手を差し出してきた。
その手を握ると、そっと左手を添えてきた。柔らかさと暖かさを感じ、
やる夫は思わずたじろいだ。

しかし、なんという嫋やかな女性なのだろう。
きっと搭乗するネクストも可憐で美しい機体に違いない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

168 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/24(土) 23:11:42 ID:cbrQu8lg0 [2/4]
SIのパーツはゴツいのばかりらしいけどなw

169 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 23:15:40 ID:EYLzHYBg0 [26/30]

                      -==-
                  。s≦         ≧s。
                 ィi〔                  〕h、
            //                      \
           /-‐  ̄   ─ 、       \         ヽ
         イ               \       \  ヽ:.:.:.,  ヽ
          ./ !      {、        ∨     \   \、   ヽ
        / {      .v\          ∨       ∨ 、 .∨  }
               ∨:.\    __∨    ∧ ∨ \∨  !
       ' i   i      ∨: : ~'<  、___∨       ! !    ∨ i!__
       i |   ' \    ∨  i/ ``~、、~',       |从!〕iト、_ { .\
       i |    ':.、 )h、  、   ィ尓示ミY i i    リ __ ',:.:.:}/ ̄\  ,'
       i |,   ',:.\ヽ  、 \ i/ 寸し:} } !∨ /}'´  }、/    Y/
       i | 、   ∨:.:.ヽ)h、 〕iト   乂ヽツ i/ ∨'  )ノ ,イ:.:.\    リ}
       i | ∧{ヽ ',:.:.:∧弋h            }ノ  _〃从Υ~ヽ ,イ_i!
      ∧ , ∧, )h、、:.:∧ 刈             /:.:   '乂__ノ~~´
         ∧,  ヽ  ヾヽ∧  ヽ           /:.:.:   ,
         .∧         、      ノ      , ':.:.:.!    }
                     )h、 `        /:.:.:.: }_、+''"~ ̄}
                     ≧s。    /!:.:.:. ィ(     /!
                      ___〕≦/イ     __'__}
                   /-=ニニニ/)∥   ィi〔ニニニ=-∨
                      /-=ニニニニ/´∥  /.ニニニニニ=-∨/
                     ,-=ニニニ,イ::/7._/ニニニニニニニ=-}

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「よければこれから、一緒にお茶でもいかがかしら?
同じリンクス、積もる話もあれば聞きたいこともあるでしょう。
先達として色々と教えてあげられることもあるはずですわ」

迷わず首を縦に振る。
やる夫は今までまともに他人と関わりを持ったことがなかったが、
ここで断るのは失礼にあたることくらいは分かった。

カフェテリアに戻り、席に着くと、ダージリンが注文するよりも先に
ティーセットがテーブルに運ばれてきた。

「ふふ、いつも同じ紅茶ばかり頼むから、覚えられてしまってますの」

笑うたびに後ろで結った金色の髪が揺れるのが可愛らしかった。
見れば見るほど、整った顔立ちをしていた。
目は猫のように大きいし、睫毛も長い。どちらかというと童顔だ。

さて、どんな話題を振ろうか? 下↓5
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

170 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/24(土) 23:22:24 ID:cbrQu8lg0 [3/4]
ksk

┌───────────────────────────────────────┐
│171 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/24(土) 23:25:29 ID:oMU24xe.0 [5/7]    │
│ダージリンさんはどうしてリンクスに?                                   .│
└───────────────────────────────────────┘

172 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/24(土) 23:30:20 ID:oMU24xe.0 [6/7]
ksk

173 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/24(土) 23:35:29 ID:cbrQu8lg0 [4/4]
ksk

174 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/24(土) 23:35:53 ID:oMU24xe.0 [7/7]
>>171

175 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 23:38:48 ID:EYLzHYBg0 [27/30]

         ____
       /       \
      /   ―   ―
    /     ( ●)  (●)'  ∫       そういえば、ダージリンさんはなぜリンクスになったんですかお?
    |         (__人__) | ∬
    \        ` ⌒´  .| ̄|
____/       ー‐  '-|_|)
| |  /  /          __/
| |  /  /          |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





          ´ -  >-  _
    /      /         丶
  , '  /      |           ヽ
  .′ /      /l     丶
  l         / ',  ',  ヽ    ヽ}
  |  {       l  ',l  ヾ、 ィ⌒l } l|
  {  {      { l ̄ ̄`乂ヘ,ィ拆V l}り
   入',   {,ィf俐}`   `¨ヒリ ノノ             ……それが務め、だからでしょうか。
   マ  {\ Y Vり    丶  lリ
   )ヽ ゝーヾゝ        ′
   八 ノヽ ̄`i 、     `´/
    ゝ乂_ソア、__ ≧f7´
     _, -'"‐、//〕iトソマ、      _ _____
    ./'⌒ヽ   `マ// {l ヾ`ーミ /-‐ つ¨ - - Y
    '    ',    `´ ヾ゚   lγ´  _ ィヾ───ノ
    |     l l      \ //L    ソ  `¨¨¨¨´

176 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/24(土) 23:39:39 ID:dyIfPGYg0
割とヘビーなとこ聞いた

177 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 23:40:57 ID:EYLzHYBg0 [28/30]

             ''"゚~ ̄ ̄~゚>‐-、
       /          /     ゝ─ 、
    〃       /       l    i
             /   /     イ     l
   '         ,:     /   / │ i   ヽ
   ′       / /   '   /  │ | l : i
  i{  }!   ,  ' イ   l|  / ,.*'⌒l  |!:リ l |
  ´, l{   /  {,ハ   | l{   - ヽ、l/  ハ!
   :、 } // / ーヘ  l リ   __  / /
  〃 Y ヽ、 从 、{ \ 〈′ `¨¨¨  l ´            私の家は代々リンクスを輩出しておりますの。
  乂  ノミ≧:\``  ⌒       7
  〃 Y ヽ ` /⌒ヽ       . _               私もAMS適性があると分かった時、リンクスとなることを決めましたわ。
  乂 j{ ノヽ、 /           /
   乂乂ノ ノi__     7=-  イ                もちろん、無理やりではありませんのよ。
       ̄´/ニニニ≧s。L
        /7ニ -ニニニ7{                     元リンクスの親に理想や理念を説かれ、それに共感しただけですわ。
.       /:/ニニ7 `\7│
     ,'_/ニニ7       }_          ________
     .′    `ヽ       、         ,ゝ 'フ ̄ ̄ ̄(´
     ,′      l      \        /   ̄⌒フ    )
    .′      '. ;      \    /     」__彡
    |       _   ∨              /       ノ¨¨¨
    {',     ` ̄]          i   ヘ     .イ
     /、    ¨¨¨ヘ , ,         l///∧ /
    '/`、      ∨ , ,  , , , //////∧  _rーっ____
     '//`、      ∨///// ⌒V////∧ > .,____,. <
      '///`、      ∨//     ∨///, イ ´ , -=≦´
     j////,`、     ` {      ∨//∧ /
     {////// 、           /////∧∧
.      /  ' ' ' '//,、            / ∨///// ー'
     /       ' ' ' ' .         /    \> ´
.    /     ┌─‐ヘ、   /、   _  ´
   /         l_  ≫ 、 イ:l   ̄
.  /            ̄    │|
 /               ∧|
 > .,,___       ___//∧

178 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 23:49:09 ID:EYLzHYBg0 [29/30]

             /              \
              '
            /      /   /   / ', 丶
          '       /   /  /
               '   ー- _ / }   } |
      l    {     /   /, -'"`丶 }   } |
      l    l     /  /、,ィ犹ミヽ ,'     |
   \r‐-ミ__ノVl  / レ'   ` |Jf   / / / .'       牙なきものの牙となれ、それが牙持つ我らの権利と義務。
  \ {     }l 乂 ハ       ヒソ  // // }/
  γ\〉   八 \Y              丶´           私の父母はそうおっしゃいました。
  弋⌒ ヽ     \                 /
  { ハ    } \/⌒        ャ ァ  '            戦えない、全ての人たちのために。
  乂 乂_ノ/し∨     _        /
      ̄ ̄  /≧=-  _   l>  __/               私は銃を取りますわ。それが罪と言うのなら、
        /ニニニニニ>、
       ./ニニニニとつニ/:.}L                  喜んで背負いましょう。
      //ニニニ\ニニ/: : }L‐- _
     ./ニっニニ/ : \ニ{: : : :oL:  ̄ヽ.、
     〃ニニニ/: : : : : : : : : : : :}L: : : ',:丶
    /´: : : : : : : :\: : : : : : : : : : :}L: : :l: : \





         ____
       /       \
      /   ―   ―
    /     ( ー)  (ー)'
    |         (__ノ、_,x ,--、            ……やる夫ですら分かるお。
    \.       `ー<  ヾ zヽ ズズ…
____/       ー‐\/| |           ダージリンさんは立派ですお。
| |  /  /            __ノ
| |  /  /          |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ.   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「そういうやる夫さんは、どういった経緯でリンクスに?」

「一か月くらい前に、いろんなコロニーで一斉AMS適性検査があったらしいんだお。
やる夫もそれで拾われて、養成所に送られたんだけど、どこの企業も
スポンサーにはなってくれなくて……結局、今は独立傭兵ですお」

「あら、それは大変でしたね……となると、リンクスになったのは生活のため、
といったところでしょうか」

「それもありますお。けど、やる夫は何か意味のあるもののために戦ってみたい
んですお。まだ、分からないけれど……分かるまでは、やめたくはありませんお」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

179 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/24(土) 23:54:56 ID:EYLzHYBg0 [30/30]

                       ___
                  _ ,   ´        `
                /     \        \      、
               /       \       \   丶
               /     l!     ヽ         ヽ
            ,        |丶       ',       ',
                       |  \ __  ',       l: ',     ',
           ′    |    | '´ ̄``丶、._}i       l |       '/
          |     |',  ||  ,ィア示豺  ヽ    l .l∨     }ニ=-、
                 |^从 |  ′f (_リ′  }l    /l '⌒ヽ   γ´  ヽ
          | /   ハ rミヾ    ゝ' "" ーイ /l / l/    }   V   }
            {l { | Y リ          ノ′ /   ノ /   γヽ  丿
    ピピピッ   V ∨', l| r′      ι   /     イ    ,イ   (      失礼しますわ。
               ',:| l              /ヽ ̄     ノ   ノ
                '从|ヽ            ′ ∨   /    フ       ええ、ええ、はい……分かりました。
        _,,..-───‐- ..,_ヽマヽ               ∨ / ノ ァ‐'
        〈  Λ  Λ  ∧  〉  、     ィ     :   ∨-ゝ-'           そちらに向かいます。
  _   r‐Y〈 〉 〈 〉 〈 〉 {  丶-  ⌒ヽ       ィi〔/ハ__
  ` 、 ヽ_r⌒ V∨_∨_∨ ノ           } ィi〔////>''辷ァ、
    ヽ }\ `<r===r>´       _ ィi〔///////: : : : : :ヽ: ヽ
       ',  `ー辷二二二ニ=    _,,..-マ/,とつ/// : : : / : : : : : : :.
      、  ノ  /         }///ハ'///// : : : : : : : : : : : : : : : :.
       ノl     l//)>         ノ/,/: V//: : :/: : : : : : : : : : : : : : : l
    ∠_|___ノィi〔/}     /l/: : : : ∨: : : //: : : : : : : : : : : : : : |
     V///////////,|    /0: : : : : : : : : : : : :|l/: : : : : : : : : : : : : : : :}
     V////////// |  /: : : : : : : : : : : : : : : :|l/: : : : : : : : : : : : / : /
     マ////////// | ,ィio : : : : : : : : : : : : : : : /:.|/: : : : : : : : : : : : : :/
     マ////////>/: : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : |: : : : : : : : : : : : : : l
     {/////>.´: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : :イ: : :|: : : : : : : : : : : : : : {

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ダージリンのスカートから小さな電子音が鳴る。
彼女はPDAを取り出すと、短い会話を交わして、立ち上がった。

「ごめんなさい、急用が入ってしまいましたわ。
それでは、また会いましょう、やる夫さん?
あなたさえよければ、また一緒にお茶がしたいですわ」

ダージリンはその場で綺麗な一礼をし、立ち去って行った。
やる夫はしばらく惚けていた。
あれほどの美女とお茶をしていたという事実にもそうだが、
彼女の理想と信念を聞かされ、思うところがあったのだ。

牙なき者の牙となる。
戦えない人たちのために戦う。
この短い時間でも、ダージリンという女性の高潔さが理解できた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

180 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/25(日) 00:05:44 ID:CZcFQ6kQ0 [1/87]

          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_
       /   (●)  (●) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )     もしもし、やる夫ですお。
       \     ` ⌒´   /⊂)
       /             ヽ ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
すると、やる夫の方にも電話がかかってきた。
PDAを取り出し、電話に出ると、なのはの声が聞こえてきた。

「もしもし、やる夫君? 早速新しい依頼が見つかったよ。
オルデンブルクから、元支援リンクスのよしみってことで貰ってきたの。
ブリーフィングもあるし、一旦コロニーに戻ろう?」

そうだ、彼女だけではない。
自分とてリンクスなのだ。

やる夫はカフェテリアを後にし、なのはの下へと向かった。
戻ろう、戦場へ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

181 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/25(日) 00:06:01 ID:CZcFQ6kQ0 [2/87]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

182 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/25(日) 00:06:11 ID:CZcFQ6kQ0 [3/87]

         /-‐…‐-  ..,,__
           r …‐ミ   ``トミ
      /  /  {``丶、     \\
     ./  ./       \    ゙:, ヽ丶
.     ,   ;              ゙:,    ,
    ′   ′     、        ゙,   ′
.    {     |      |乂 ___   トミ,斗}:  }
.   !   :|      トX{≧=-ト} 抖z|  .′
.   ! :| |:       |k抖抒    rリ | /{
     。| | l     | Vrツ     `¨ }イ{ :{ヽ
      ゚, | | |     |        / ̄ \:{ ゚。             ――ミッションの内容を説明いたします。
.       }| | | i|   |..,,_    ーく       }:{.  ',
.      l| | | l|  !{「うぅ =/^y    / :{  }i
.      l| | ./il|   ‘*≧=-/  ̄〉 =≦  {   |l
.      l| :.{ /=八    ∨/{     )⌒ヽ {  |l
   __rzzl| : /ニニニミト   〈 ∧   }∨ |:∧、ノ
/羽羽羽;} /ニニニニニニニヽ ∨:∧   .}\}  ∧\
 /7/7/7//ニニニニニニニニ'∧ },勹┐ ,勹. ヽ  ∧. 丶
===- ⌒〈=ニニニニニニニニニ∧∧ 勹 ./ 勹 .}ニ   ゙.  \
 ̄ ̄`Y^ ; ∨ニニニニニニニニニ/ニ{  勹┐,勹┘=   iト.   ヽ
zzzzzzzz′ -=ニニニニニニ/ニニ\  勹勹:ニニ  i{  ヽ  ゚。
 |/|   ./   . i|:Vニニニニ/ニニニニニ\  ,}_)ニニニ .八\}}   }
 |/|  /     . :i|:.:∨ニニ/ニニニニニニニ\__}ニニニ  \ヽ  /          ____,,..
 |/| ./    . .i|: : :Vニ/ニニニニニニニニニ/ニニニニニ..,,___,,,..  =-‐     ~ ̄
 |,/′   . . .i|: : :.:∨ニニニニニニニニニ/ニニ=-‐七 ´
.〃/     . . .i|: : : : :-=ニニニニニ=-‐七 ~
.{{/      . . . .i|: : : : : :}ト=ニf~<

183 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/25(日) 00:09:35 ID:CZcFQ6kQ0 [4/87]


        /   /         i    .! l  i         \
        .′  ,′        l   /l |  i    !        \
          ′  .          L厶_../ i i  l    !        ヽ
       i   ,          | l_Lムニミヽ、 .!   .! i           '
       | i i    八    lV ィ'て乙(`ヽ l    ! i    /    ,′
       | | |      \  |  h( ィ'リ  ヽ  f'うミメ、 .'  } i /
       | l 从       {ヽi   `ニ´´    ヽ hr!Y´ '   ' レ′       依頼主はオルデンブルク社。
       | i   八 ヽ、    !               lcリ | /  / 八
       |    i イ\j\  \           '  |ノ  / /           目標は同社所有の循環型発電施設メガリスの
       i   ! {  l  >ー ヽ          _     !厶イ /
       i   ヽ、`ー |   |           ´ ’   ハ  /             防衛となっております。
        '     `ア,|   |              .イ  |
      .′     // |   | へ、          イ l  |
      .'      /   |   |     .>ー ,---rく {  l │
.     /     /┌厂l   | ` ̄ ̄'L./   ノ   |  i  |
    /        { j. |   |      |/二ニミ. |  i  |





          /   /           ,   /         ヽ
            /         /   ./  /   ′
          ′   レ{  i  ′__′´′ .,.:゙   }         Ⅵ
            /⌒{  |  {   /{ ` { 、/ i    ;             Ⅵ
.         {i   { 7从  :|: 八 斗午ミ、{/゙   |  /  ;         ‘,.  Ⅵ
.        从  八  ;   :|'゙  { ハ刎 '    | ./」_ /i       }ハ }
         ゙     / ヽ′ :l.    辷 ッ      | / i /`i            }゙       敵勢力はアヴィアコルノーマル部隊です。
            /       .|             泛弐 ノ    }   .;
      /    /   i   |            戈ツ/    ァ゙ ; /          防衛と言っても、精々オルデンブルク社の
.     /    /r‐'7^i|   |          '    /   才゙ /{/
    /    / .|乂___|   |      ` ‐    ⌒ァ=≦ {/              ノーマル部隊を撃破して嫌がらせがしたい、
.   /  jIニニ=-ミ i |   |   、       .。s 升
  / /ニニニニ‐` 、|   |  介=- 七 ノi   |                    程度の考えでしょう。アヴィアコルにありがちな、
.  ァ'ニニニニニニニ\   |`'くr '⌒7__ / |    |
 /ニニニニニニニニニ‐ヽ :|  ノ⌒7゙ニニ≧x |    |                     浅はかな考えです。

184 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/25(日) 00:09:54 ID:CZcFQ6kQ0 [5/87]

        〃/                    }                  ヽ
        / /            i         i    }           |       ,
       ' ′          l {      i     |          |      ′
      l |            | '      i |  | l   }       |
      | |      {    ∧ ヘ     ムrヒ 7"{「 ̄|       |
      | | /      |   {/ __' {      '_jノ _厶ニL _ |       |
      | |'{      | ィ'{「 __`j八    / ノ ;ノ乙心jノ|   /   r: 、
         | .    {  ,   l ァァぅ, ハ  /   ‘;::::タ刈 |. /    ′ |            今回の作戦にあたり、支援機の使用が
         {. ',   ∧ '.  |〈{ {:::hム  ∨      ー '' ” | /   ル ) 从     i
.          ‘. / ,ハ ヽム 弋:㌣           j/     ハ /  }   i        認められています。候補はこちらで揃えました。
             )' /  V{ ハ    〈             /     厶ィ´      i
          /      \ ',       __       ,     ′│        !         最終的にはそちらの判断に任せますが、
                 /  人      `´     /     .′/ |         !
                /  /  > .     /       /}丁厂   !     l         無理はなさらない方がよろしいのでは?
              /  /  /    >-=''" ̄`丶、/ j j  ′  i   │
.              /   〃    /..:::::::::::::::::::::::::::::..\ リ j ′   !     |
              /    /   /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ j/    i   │
.              /    /   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.∨    i    |





      /                  ヽ ヽ  '
      ,′       i  {     !     i  i │ i
.     il i      i│! {    !   ! i  i │ |
.     j! !      _,」⊥L八    i _」.⊥.」_ i │ |
      {'.i  :.    {V|,L.|_l `\  i j,..L,_i ヽi │ |
        '. {:{  { .ン'{::ハな` ヽ\i '’かh::!'y!  | │        説明は以上です。
        ヽ从 { ヘ‘弋z::リ      込::ソ ’| │ |
        八トヘ\       .;       ;リ  j} il         オルデンブルク社との繋がりを強くする、良い機会です。
        ,′ |  ム.      、__,.      ,ハ|  |  il
        ,′ |  i ト .        . イ  |  |  i !         悪い話では、ないのでは?
.       / / │ !:│r:えr . _ . '{つL|.  |  |  i '.
      / .'   |  i |ん{ |      | _,ノ}   |  |  j '.
.     /,厶.-‐-|  L厶 `yー-n‐ヒ7 У、___|  |. - 、}
    /..::.::.::.::.:::|  |:.::.::..`弋 ヾ〃 /,ノ.:: :.::.::|  |::.::.::.::.\
   /..::.::.::.::.::.::.:::|  |::.::.;. 'フY⌒Y"丶、::.::.::|  |::.::.::.::.::.::.ヽ
.  {.::.::.::.::.::.::.::.:::|  |/ / 八__,ノ\  \::.:|  |::.::.::.::.::.::.::.:}

185 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/25(日) 00:10:06 ID:CZcFQ6kQ0 [6/87]

                         ____._ _
                      └‐ォ |UU  `
                           くノ     \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (  ___________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   )     て
                              /^⌒`Y´^\     ._ _
                                             UU/7
                                                 くノ

186 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/25(日) 00:10:17 ID:CZcFQ6kQ0 [7/87]

┌────────────────────────────────────────┐
│                                                           .│
│発電施設防衛 依頼主:オルデンブルク                                  │
│ オルデンブルク所有の循環型発電施設メガリスをアヴィアコルノーマル部隊から防衛せよ    │
│ 僚機:ヘルヴォル、ダークリパルサー、スタリオン                             │
│                                                           .│
│僚機を選択してください 下↓8                                        │
│                                                           .│
└────────────────────────────────────────┘

187 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/25(日) 00:10:29 ID:CZcFQ6kQ0 [8/87]

                            _,.r= 、
            、          _,,..r='"三三三三三≧= 、          ,
         ,.      \ヽ、    ,.rイ三三三三三_三三三三三≧ 、    , イ/
        マ、      \::`ヽ、く三三三三>イ三|三>;;;、三三三三> イ:::/     ,r7
         マヘ      \::::::> 、三' "三三,>|<三三 `i三ニ>'"::::/      .ム7
         マ:ヘ       ヾ、:::::::>、,r='':{   |  `i<、>'":::::::, イ        ム:7
-、        .マ::ヘ        ヘ 、::::::::マ:::,! ,_ . . !  , 、!::::ム::::::, イ'         ム::7          ,r
三 > 、        マ::ヘ         >:>、:::i". |三〕.i 〔三.} `i:::, イ:<         ムニ7        , <三
三三三> 、     マニヘ        {ニ|三`r' ..,,_ ri.i'゙i r,  ,r'イ:::::i:::::}        .ムニ7     , <三三三
. 、三三三三 > 、 マニ:ヘ         i!::|三:ヘ    〕' ,、" " 7三ニ.i:::::!         ムニ:7  , <三三三三, <
三> 、.三三三三 >マ三ヘ      ヘ三三ニ`<  |. |  i三三三::!      ム三7-=<三, r<三三三, r
三三三> 、三三三三三> 、  ,,,,,,,,,,,≧、三三 、  H  ,!三三,r≦,,,,,,,,,  , ム<三三三三三, <.,, <
三三三三>=`,三三三三三三 >、,r===,-、 ,> 、 ` '.ニr.イ, <,r ラ、--- 、:,>'三三三三三三ニ{  、'
> 、三三7 7三三三三三三三::ハ ,r=ム|ニ'"三三三三三三 `' |ム -、 ./三三三三三三三 ム  ',     ,r
   >y' 7三三三三三三三三::Vニ.ム::| ニム 三三三.三三 ム i! |ムニV三三三三三三三三 ム .', _,.. <イ
    7 7三三三三三三三三三三{::::::|ニム r====,::r----,ニムi!::!:::}三三三三三三三三三三ム ', <
    7 7三三三三三三三三三三 ム::7:.ム::7 .   |_|.   ム三:ヘi::7三三三三三三三三三三 ム ',
   7 '==- ,,__三三三三三三三 三 `'ニム::7           ム三 ` '三三三三三三三三___,,,.. --7、 ',

【Name】
ヘルヴォル
【Type】
中量二脚
【Architect】
IGIO開発部
【Status】
火力:B 機動力:A 耐久力:B 持続力:B 負荷:D
【Note】
黒くペイントされた、夜闇に紛れ込むかのような機体。
レーザーブレードとマシンガンを主兵装とする。
マシンガンでPAを削り、レーザーブレードで仕留めるのが常套手段。
リンクスはリエラ・マルセリス。

188 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/25(日) 00:10:42 ID:CZcFQ6kQ0 [9/87]

    ィュ、
.   ムi三≧
  ,,ィア''マ三ミ}≧ュ、
l三ミ:::::::ノ三リ三三lュ、
{三ムェ>彡三三リ三≧ュ、     _
 `マll三≧寺三ア三三三≧ュ、 ミアiュ、
   マ三三>イマ三三三三三三≧マ三≧、                   ___ _
      `´     ` マ三ム寺三三≧ュマ三i>        ,ィ  Z/{|r‐=≦ ̄__,*'´   `ヽ、
               ` マ三三三三三三ミi:iヽ_____ /%ーミ/.:'/ノl〈 ̄ll ̄ /     ,─、゚,
                   ` マ三三三三i:if__r'´:.:ヽ廴i_ィfz'〔__|  ̄  ̄'      〈:::::::::〉‐、
                     {ィツ ` マ三三|:::|r─ァ'r'、ノij,勹´_|    /      .〉‐〈::::::::〉
                         {{{{ヽ三l:::l:i:::迥‐`´゚_夕,':.:{≧zr‐/       〈::::::::〉‐〈
                        `ニi:_j__j__fΘ  〉i‐、<(_)込r:rV        〉‐〈::::::::〉
                              〈7: ノ::∧  .,' ノo .::..._ノ:r‐' ,゚       〈::::::::〉‐〈
                              ヘ'_ノノ. ゙マ≧zr'^ーf__ノ  :         〉‐〈:::::::〉
                          r‐ァ‐┴=、_〉三〕rミn〕=fiミ,゚  __      〈::::::::〉‐'!
                           f´ソ <^ ,,;:i/_ </゙Y´ij  ij〈i  / {         ゙f^ヽ |
                          {:l{ r‐‐‐rr/fj fj、ヽム-‐、  { f  |       l  i. |
                        r‐' _〕 l__  : i:{----}‐:゚,ro、゚, :l i  |       |  | j__
                       ,ィとクク´二≧ ̄ ̄ ̄ ̄ ェiニニi!‐ュ ─V   |       |  | /゙´  |
               _.─≦=ィ勹ノ~~ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_二>---≦゙|  i\     ノ  レ'___i|
               <__〔il_f⌒.゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/___.゙Ⅶ i `ー─'´ ,'  j))*、 |_「
                ヾ/亙亙/i!、 ──────────∨亙亙亙ム、_i ,‐‐、   ,' __/\ヾ》..i!
                l!圭圭 i!:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!圭圭圭i!i.|,‐‐〈::::::::〉 ,'~ 〉、_シ'゙_」i!
                  i!圭圭 ヾ、 ノ \_________i!圭圭圭 〈:::::::::〉‐〈 .,'  /...'`Y'ヾ i!
                   ヾ弐弐ヾ、、::::::::`¬¨:::::::::::::::::::::::::::::::i`-ヾ弐弐弐...〉‐〈::::::::〉  r‐' | 0i| 0i|i!
                   ヾ弐弐ヾ_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,/'   ヾ弐弐.゙〈::::::::〉‐〈  / _人_人_〃
                    ゙゙゙~゙゙゙゙゙”~~~~~~~~~~~~~~~~~~     ゙゙゙゙゙~゙゙゙゙  ̄ヽ::::/ニ、 ~゙~゙~゙~゙~゙~
                                               ¨´

【Name】
スタリオン
【Type】
重タンク
【Architect】
SI開発部
【Status】
火力:A 機動力:E 耐久力:A 持続力:A 負荷:B
【Note】
蹂躙し、焼き尽くすのが機体コンセプトのネクスト。
正面からの撃ち合いであれば、たとえ上位リンクスであれど無事では済まないだろう。
主兵装は腕部バズーカと背部のグレネードキャノン。
リンクスはダージリン。

189 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/25(日) 00:10:56 ID:CZcFQ6kQ0 [10/87]

       λ .{       ィ''''''''''、       ./ .∧
      ./.マ {      ./|    |゙,      / ./ マ
      /  マ .{    _{ |   | }__   ./ /  マ
     ./   .マ .{ ,,-   |__|    '' 、 ./ ./   .マ _
 "''= /     マ .Y    / ---ヘ    .〉  /   .,,. -.ツ''"
   /\`<,,_,,マ ヽ    l |   .| l   ./  .}>-'',,. <ヘ
   /   .\ `'''- ,,ム   ト、----,,イ   / -.''" ./、    マ
  .〈     /.>.、.''-,, ''- ,,レ、三三>j,, -'',,.-'' ,.イ   〉     入
. 人ヽ   {   ∨{\ ''-,,.}ヘ  .//.-'' ./".}∨  /- 、  /.rマ
 ∧ }   λ  〉 ヤュ.、\ .ヤi  i././,,. イ/ ト 、 /-、  Y.Ⅴ
.".マ/ }   ヽ◎、{\\_、.ヤ---/ィ_//./,ィ◎レ  .|  k.V
.''"/,.ィ   |  ト、ヽ\ `- 、_ 三三.,,.-''/.-イ ,,ア/}  .|   ヾ,,
..ム__.}__ |  ト、.`'' |.何ミ- "  `-.彡何|   フ |  | i----マ
     | |_`-\. ヽ |--     --| .ノ /.マ}--{ i
____.| | |  /\. マ.\ ./'''''''ヽ /}ア./ |  .|   L___
     .| | | |i | .\ト、 .Y   Y ./}イ | |  .|   |
     .| ト-マ ヘ | .|.. `-ヽ{ii}/-"  | .| .| /    |
───‐} ヘ マ ヘ| .|     |     .| .レ /   ./───
      ヘ .ヘ_マム__ト 、    .|  ,, -"イ─==- /
       ヽ.{ |   |三三三三三三三三|  .| |./
       .`| |  |           i  | |'
       ,, -| |   |              |  .| |`-.,,
      ./  | |   |          .|  .| |  ヽ
     /   | |   |          .|  .| |    ヽ
''.- ,,,_./    .| |   |         .|  .| |    ヘ,,, -.''"
.- ,,   ヘ     | |  .|          |  .| |   .ノ  ,,,. -''
【Name】
ダークリパルサー
【Type】
軽量二脚
【Architect】
桐ケ谷和人
【Status】
火力:D 機動力:A 耐久力:D 持続力:C 負荷:D
【Note】
全体的に黒くペイントされた機体。
基本武装は物理ブレードが二本のみ。ハンガーにはハンドガンが格納されている。
回避性能は高い。ビジュアルを突き詰めたせいか耐久力が犠牲になっている。負荷も高い。
リンクスは桐ケ谷和人。

190 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/25(日) 00:14:30 ID:eNdTBvwE0
スタリオン

191 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/25(日) 01:11:16 ID:h2K.oAt60
スタリオン

192 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/25(日) 01:34:14 ID:mXq6xvO20
スタリオン

193 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/25(日) 01:43:16 ID:FgFqqg5Q0 [1/4]
スタリオン

194 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/25(日) 01:45:06 ID:Qu2Fie1.0
スタリオン

195 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/11/25(日) 01:53:33 ID:CZcFQ6kQ0 [11/87]
満場一致だね。

しかし安価一つで二時間か…きついなあ。

今日はもう遅いし寝ようか。

じゃ、また明日の午後九時にでも投下するから、またね。

196 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/25(日) 08:49:42 ID:r6bDiVaI0

下5は遠いし下2とか下3でいいんじゃない?

197 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/25(日) 18:05:17 ID:a1ML1rgY0


198 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2018/11/25(日) 20:00:44 ID:4ukFlEu.0 [1/3]
乙でした。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する