クリックで開閉

【R-18】雇われサマナーキル夫 第十九話「メシアサマナー喜留夫?」

926 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:24:38 ID:esyZ6Yv60 [3/48]

┌────────────────────┐
│                            ....│
│   第十九話「メシアサマナー喜留夫?」     │
│                            ....│
└────────────────────┘



スポンサードリンク


927 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:24:53 ID:esyZ6Yv60 [4/48]

        _, -―-、
      ,.ィ/////////ヽ-、
       !'////////////∧
.       l////l//∧'/////∧
.       リ//!'-V! ーV-!////l!
       l/,l ―   ― !'/ヾl!        な? 頼む、この通りや。
         ヾ!      リ,.イ!
       /.ト、 ヽフ ,. ' lニ\       「そうは言われてもなあ……いくらあんたの頼みでも……」
      //__ヽ`  ./、‐=ニ二\
    /ニニ/ ! / ∠ニニニニニ\
    /ニニ二二ヽ/ニニニニニニニ\
.  /ニニニニニニニニニ二二二二二}
.  lニニニニニニニニ二二二二二二l
.   }ニニ二二二二二二二二二二二l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「頼む! 一日でええんや! メシアサマナーとして活動してくれ!」

ウルフウッドが頭を下げてくる。

どうも、最近の仕事ぶりをメシア教上層部に目をつけられたらしく、
勧誘に来たとのことだった。特にセラフ鎮圧が高く評価されているとのことだ。

「こう言っちゃ悪いが、ワイは交渉に来たんとちゃう。
ほぼ脅迫や。一日だけでも属してくれりゃ、あとはワイがナシつけたる。どや?」

ウルフウッドも最大限妥協してもらえるよう上層部と交渉してくれたらしい。
一日でいいので、メシアサマナーとして活動し、その上で今後属するかどうかを
決めてほしい、ということに最終的に収まったそうなのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

928 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:25:10 ID:esyZ6Yv60 [5/48]

.  ,′.:::::::;;;;!'    i  i l!| ハ_       i__    i  ゚.  ‘,:::;;;;;;;;;;;;; |
  i! .:::::::;;;;;,′  /!i ルィ´! ゚.`       、 l i``ヽ. ! i i  ゚:::;;;;;;;;;;;;;;┃
 ┃::::::;;;;;;;! ,' ,  i jィ´!,'ハ .! ヽ.、     ヾト.、   `ト、! l  .!:;;;;;;;;;;;;;;┃
 ┃:::::;;;;;;;l i ! ,l' !i .!{ ゚. !  ヾ.、     ! ヾ、  l! iヽi i |:;;;;;;;;;;;;;;┃
 ┃:::::;;;;;;;! ! レ i !l l !-‐マ、   ヾ、  -‐l―ヾ、  i! ! lト、l ,!:;;;;;;;;;;;;;┃
 ┃:::::;;;;;;;! ! | ! l!彡==ミ、   ヽ\  ,テ==ミ、ハ! リ ,゙゚/|:;;;;;;;;;;;;;┃
 ┃::::;;;;;;;;l l i ゙、 !,ィ/ ,イ⌒ヽ     ` `ヽ! f⌒ヽ. ヾ:、! , ,' .|:;;;;;;;;;;;;;┃         ……私?
 ┃:::;;;;;;;;ハ ! ! 〈;;{  {_:::o。::l!         l!::o:::::゙, };;〉,'i ,l:;;;;;;;;;;;;;|
 ┃:::;;;;;;;;::゚. 、ヾ ミト` マ:::::゚::c            r'::::゚::c' イ'〃,' /j:;;;;;;;;;;;;;八
  | :::;;;;;;;;::;;;i. .、 ヾトヽ `ー″          `ー ″/イ'i/ 〃|:;;;;;;;;;;;;;;;;ム
 ノ.:::;;;;;;;;::;;;;!ト. i、ヾ\         ,       イ,' 〃 {il!.!:;;;;;;;;;;;;;;;;;ム
イ.::::;;;;;;;;:::;;;;;!jム iヾ、\ミ .       _      .′リ {! lハ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ム
:::::::;;;;;;;::::;;;;/∧ヾト、ヽトヽ >. ..    . .イ   |l! l! 〃ヾ};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ム
::::::;;;;;;;:::;;;;,':::;;;;ヾ|!ヾ. l!i`\  ゙> . エ . <´    |l! |! ll/;;;‘,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ム

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「ただ、活動中はメシアサマナーの肩書通り、天使のみを仲魔として
使役してもらう。つまり、おまえや」

セラフが視線に気づき、首を傾げた。

つまりはこうだ。
一日、メシア教のサマナーとして活動してもらう。
その間、使役できるのはセラフ一体のみ。
任務の報酬は後日振り込まれるとのことだった。

「断ったら後が怖いしな、受けるよ」

「よう言った! それでこそ男や!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

929 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:25:30 ID:esyZ6Yv60 [6/48]

                 __,,. -‐…‐-  .,
.            . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
.          /:::;: -‐…━‐- ミh;:::::::::::::::::::::\
.         /:::/          `、::::::::::::::::::::丶
          j:::/ /⌒¨¬=‐,、- ミ  ';::::::::::::::::::::::::: ,
.         l:::}'′,/l    , _/_ \ 、 \}::::::::::::::::::::::::::′
       |:/ ,斗+ / /jノ __ ̄Ⅵl  }:::::::::::::::::::::::::|
        j'/ /{_j//   ィ芹圷刈 八::::::::::::::::::::::::|
.         i|k犲苅     ビン 1   ;::::::::::::::::::::::::|
.         || l { ヒン        |/  i::::::::::::::::::::::::|         なんだかよく分からないけど、がんばるね!
.         ;^l人}  ′       厶 |::::::::::::::::::::::{
.       { 、 八   ー '′     | ;  |::::::::::::::::::::::::::.,
           `、 个: .    ,.  _」′/|i::::::::::::::::::::::::::|
            }V/ ; `¨fiチz ̄::::::}   八::::::、:::::::::::::::|
            }};′ ;   r{{)=-‐  7 / \_、:\::::::::::::|
            /:} ,.厶イ⌒V   ;′ ; /⌒\::::';::::::::::.,
        /::::; }  { じ }}   ,.|  {::::;::::::::::::ト、 :::::::::::′
          /::::/ 仄 人 人 彡1:.  |;/:::::::::::::|:i`、::::::::::::,
.         /::::/  ′≧=-‐≦ ::::::}i:  |i:::::::::::::::|:i:i:i`、 :::::::′
       ;:::::; i|:::::::::::::::::::::::::::::从  |!::::::::::::::|:i:i:i:i:i`、::::::::,
       {:::{ ∧|::::::::::::::::::::::::::::::{::::\l:::::::::::::::|:i:i:i:i:i:i:i:\::{

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
こうして、喜留夫とセラフの忙しい一日が始まった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

930 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:25:40 ID:esyZ6Yv60 [7/48]

                        ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

931 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:26:01 ID:esyZ6Yv60 [8/48]

            __,, -‐===‐- 、
        _,, -≦三三三三三三三≧-、
      ∠三三三三三三三三三三三三、
      /三/           ̄二三三三=ヽ
     /三:7 ,, ____ __ ,,       |三三三三i}
    {:三::"´ ̄        ̄`ー- ,, |三三三三=}
    仁/ /  //      i    i三三三三三}
.    }/ {i --≠A ,_   ハ_===‐--{三三三三三
    /   | N/∨ ヘ  ./ !/--\   }三三三三7
    {i l i|斗=テ示\/  z=テ示心, !三三三三!        喜留夫と二人っきりなんて、なんだか新鮮。
    l八 i|ゝヤら少      ら三少 } i三三三三{
    i三} 八            / 7三三三三        「そうか? ま、確かにいつも他に誰かいるもんな」
   ∠E// .:i\   ー- -‐ァ   ,幺イ i三三三三{
 ∠三:{  i .:.:i N> `ー-‐'   イi  ∧仁三三三7
∠三キゝ,ム;斗=≠二≧´ ≦三7 /三三三三三}
三三ヲ /|/三||   <XX]三:/ /`ー=三三三三/
三/ /  |=三《   <XX>  / / ,, -=二二三/
// ∧ /三三    ></  / /∠三三三} 7
. i /:.:.∨=7 二 ゝ士圭lェ / /三三三三//
三7  /三仁三三ー- - / /二三三二/
/  /三7三三三三三/ /二三三二=i
 フ /ー/三三三三 / /三|三三三三}
イ /  }三三三三/  .{:三ii!三三三三》
,ノ/ ∠三三三./ /l. }三il|三三三三》
,/ ,仁三三三{  <  {  i三ili|三三三三i|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
メシア教支部に、自分を生み出した者たちを見てみたいというセラフと一緒に赴くと、
手厚い歓迎が待っていた。

白い服に青い十字を描いた制服のメシア教徒たちに出迎えられ、
軽いボディチェックを受けた後に支部の中に入っていくと、
応接室に案内され、支部長を名乗るビジネスマン然とした男と対談することになった。

「どうです、ここの支部は。活気があるでしょう。
我らメシア教は様々な形で神の愛を広めています。
協会を建立し、迷える人々を導き、時には孤児院を運営して恵まれない
子供たちを助けています。今回は、あなたにその活動に助けになって
いただきたいと思ってお呼びした次第です」

神の愛、か。
申し訳ないが、喜留夫はそんなものを感じたこともなければ信じたこともなかった。
神はいるかもしれない。だが、救う神などどこにもいはしない。

と、さすがに教徒の前で口にするわけにもいかず、喜留夫はへらへらと笑った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

932 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:27:12 ID:esyZ6Yv60 [9/48]

..      ____
     /     \
.  . /  (●)  (●)
  /  (トェェェェェェェェイ)\      で、今回の俺らの仕事はなんなんだ?
  |    \ェェェェェ/  |
.  \           /      
.   ノ          \
 /´             ヽ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「はい、異界化した県道のトンネルに向かっていただき、そこの主を
討ちとっていただきたいのです。既に三人のメシアサマナーが犠牲になっています」

「ウルフウッドや雷堂はどうしたんだよ」

「別の任務に就いています」

喜留夫は世間話もそこそこに、トンネルの形状や巣食っている悪魔について
聞き出した。
トンネルは幽鬼邪鬼で溢れかえり、その主は魔王バロールだというのだ。

使える仲魔なセラフのみとなると少々厳しいが、セラフ単体でも魔王と同等の
力がある。無理、とまではいかないだろう。

「分かった、行ってくる。ただ、無理だと判断したら撤退するが、いいか」

「構いません」

やけに淡々とした応対だな、と喜留夫は思いつつ、そのトンネルへと向かった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

933 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:27:28 ID:esyZ6Yv60 [10/48]

          /::::::::::::/ ̄     `丶、:::ヽ:::::::::::::ヽ_
.          /:::::/:: /            ヽ::::\:::::::::ュ 、ヽヽ
         /::::://    _  -―-  _     \:ヽ::::::.|    }
.      ┌,へj:::::イ    イ  ./     / 7, ヽ 、  ヽ::::::.|  |
      j /´〉:/  , イ | | _,.ム,     7ュ、'_|  } \  ! .|    |
        /  / (::イ´| 」イ / |i    / |/ 「ヽ ハ    `| .|   |
     /  Y:. i/  ,イ´| ハ.| !i  /≠-_ 」 / `ト、 .| 八.   |
     |  卜:::li ./ | x≦ミ八/  ."¨, ≧ミ、 | ヽ} |::: i  .,'
     |  |:::li   |〃 だヽ         |:::::::ヽ ヾ ./ .|:::::::i  ',        あれ、静かだね?
     |  |:::|   《  b ゚::::}      P ゚ 。} 〃/  |:::/   ',
     |  |:::|!  从  ゝ:ン   i    ゝ=ン .//  }/:{     .Y
     |    八  |、             ,イ'   ,イ::: ハ    }
     |    /.:「\ .! ヽ     '⊃    イ|   i::::::| `   イ
.      |   }::::ヽ:::ヽゝ  |!>  、 __  <  ノ .!   ,'::::: |  /::::|
      .|   }::::::::::::::|  |{      ヽ==     |  /::::::::| /:::::::: |
      ,へ ..ノ::::::::::::::::|  .八            | ,イ:::::::::::',::::::::::::::ハ
     .i:::::::::,'::::::::::::::::,  /:::::ヽ           | |.|ヽ::::::::::',:::::::::/:::
      i::::::/:::::::::::::::/ /:::::::ィ::::\       イ .|.|::::\:::::::',::::/::::::
     ヽ/:::::::::::::::/ /''7  {::::::::::≧x---x≦::::l |.|::::::::::\:::V:::::::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
メシア教が用意した車に揺られること二十分、着いたトンネルは異界特有の
異様な雰囲気は感じられなかった。パイモンがいないので、確かめようがないが。

セラフに用心するよう呼びかけ、トンネルに侵入する。
電気が通ってないのか灯りがついていないのは気になった。
これも異界化の影響だろうか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

934 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:27:49 ID:esyZ6Yv60 [11/48]

                   、、
                   \`ー‐- 、 ト.
           < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : : ヽ|ハ
     ヽー―‐ ´:::: : : : : : : : : : : : : }
        \:::::::::::: : : : : : : : : : : : : : ー‐ 、
       /::::::: : : : : : : : : : : : : : : : r‐ヽ
     /:::::::::: .: .:: .: : .: .:.| : ハ : : : i : : : \
    /:::::::::::::: .::: .:::: : : .:j: /: /.:.V |:. : i: : : : \
.   /ィ::::::::::::: .::::::.:::::: : .:::/::::':: :/.:.:.:.:V |:::::. ! i: : : ヾ}
     |::::::::::::..:::::ハ:::::ハ : ::/ ':/|::/.:.:.:,:ィlく:|:::::::i::. :!: : : ハ
     |::::::::::::::::::|,_!:::| ‘,:::/ 〃,斗匕´__,l/ l:::::::i:::. !: : : :|        …………。
     |::::::::::::::::::|.:.~≧t|/ / 〈:.:.:< {::::ノ l::ハノ::::. :!_: i: :|`
     |:∧::::::::::::!:.<t:::ノ :.|   \:.:.:.:.   リ ∨:l/. V: :|
     |'  Ⅵ::::::j.:.:.:.:.:.:.:.:.,′          |:/.{ .j: :/:l
       リヽ::|.:.:.:.:.:.:.:〈.......           リ.:/ /.:/ リ
           リ、.:.:.:.:.:.:.:.`.:./          __,ノ: /
             ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.__        / |::::: |
              '.:.:.:.:´.:     ̄      /.:.:|::::. |
               '.:.:.:.:.:.:.:/      /.:./.:.:|/l:::ト、
              ヽ.:.:.:.{      /.:.:.:/ :.:/.:.:!/
                  }__:;.  -‐ ´.:.:.:.:,., -―┴┐
                 |.:.:.:.:,,.:≦///: : : : : : :│
              __,.,.:≦//////: : : : : : : : :.∧
              |////////// : : : : : : : : : : : : ハュ.,_
              |/////////: : : : : : : :> : :´/: : : : >
【超人 言峰綺礼 Lv65】





                              ,、イ
                   ,イ       /i:i:i}
                      ム''´ア-‐ /i:i:i/ー…・・…-ミ
                 /ム'/ /i:i:i/           \
                / ム'-‐/i:i:i/  -‐……- 、      \
                 /  ム' /i:i:i∠,.。s≦⌒     \     ‘,
                 )  ム'ィi:i:,.。s≦⌒            \
              / /i:i:i/ \_              ヽ   }
                 / /i:i:i∠  -======ミ          }  ,
             }/i:ィ炒乂=-{       ∨            /
            〈i:/ヽ _} / ∧_ -======ミ       / /        来たか、加賀喜留夫。
               〉「!,.。s_〈,.。s≦::::::::::::::::::::::`ヽ    /'´
.            〈 ̄ ̄ ̄/ 〉{    ∨ ::::::::::::::::::::::::::|-_              破壊の天使を従えたる異端の男よ。
              ∧_ ∠_,.ィ .∧.   ∨::::::::::::::::::::::::::|ニニ-_
          / ,.。s≦⌒フ∧.   ∨/} :::::::::{\!ニニニ-_           このウリエル、此度はそなたの命を頂きに
         / /     /|  \ / /:::::::::::ヽ 〉ニニニニ-_
        / ∠ _  ,ィ { 乂   〈_ /::::::::::::::::::}イ ニニニニニニ-_        はせ参じた。覚悟してもらおうか。
       ヽ¨¨´ {l二二二乂 { `ヽ _|  `¨¨¨¨¨¨´} -=ニニニニニニ-_
        \   |    |  \  〈_乂_,.。s≦ _ -=ニニニニニニニニ-_
          \ {l二二二`ヽ二二 /ニ 〔__  /ニニニニニニニニニニニニニ-_
           }  ̄   |ヽ_〉   /ニニニ} /ニニニニニニニニニニニニニニニニ-_
             〈_,.。s≦ _ -=ニニニニ_ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニ}¨⌒
         __ -=ニニニニニ_ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
.              ̄`ヽ_-ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-
            _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-
.          _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-
【大天使ウリエル Lv74】
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
灯りが一斉に点灯する。
トンネルの奥にいたのは、魔王ではなく大天使だった。
紅蓮の鎧を身に纏い、勇ましくマントを翻すその姿は見る者を圧倒した。

「くそ、罠か……」

やはりメシア教もガイア教もろくなことをしない。
舌打ちをしつつ、COMPを起動するが、召喚プログラムが起動しなかった。
見れば、スロットに知らないUSBメモリが刺さっている。

あの時のボディチェックでやられたのか。
あらかじめセラフを召喚しておいたのは不幸中の幸いだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

935 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:28:23 ID:esyZ6Yv60 [12/48]

                                     ト、ハ            ,、イ ,ィ
                                 '/{i:∨             ∥i:}./i:}
                                 '/i:i:Ⅷ   }v. /..  ∥//i:/
                                   '/i:i:Ⅷ  .∥∨.   ∥ /i:/
                                  '/i Ⅷ  〈  〉   ∥/i:/
                                 \ '/i Ⅷ,.。s} .{<  ∥i:∥       .ト、
                                  \'/i:Ⅷ :{ }  ヽ/i:i:イ/    ___| \     >-―…‐
                                    '/乂: ∧/  /i:i:/     {   |   \ >'´
                                  __  _{ヽi:\i:i:,.。s:i,ィィ_     _}   |    \   , -‐…‐
          >ミ                    ,.。s:::::::::::::::::ヽ>\}i:i:i:i:i:i:i:i/_ノ,、<      }  _,.|      \ィ〔
 ̄ ヽ≠ミ.  >'´/  ∨        rニニニニニニニニニニニニニニ_{  ヽi:i:i:,㌣イ 〉      .乂 /::::|       \
   /  /:::::::::::::::/   ,イヽ        }    ___    { |lニニ\{「! Y_,。r=======ミ 〈  寸 ::::|            ヽ /
  -=≦ニニニニニr,、二ニγ^r,、 ___>'´  ̄{  {=-_ `ヽ,' !`¨¨   ̄ ̄ ̄ア ,ィ }    {. ∧   寸::ゝ、        ∨ /
  |  {l::::::::::::::::{   {   {:::l{ {l  〈s。,_   > \=-/ハ{  .:     /__{ f'´¨¨ \.∧.  /   h,、       ∨ /
  }  Ⅵ:::::::::::::{  Ⅵ 乂:{       `¨´{    \}   ヽ/        >'´ ̄ ̄ ̄Y´∧./  /   h、       ∨
_∧  /---- ハ   Ⅵノ `¨´  ̄ \ ,.。s乂      {i\    __ ,.。s <__ ,、<ニ{.   /  /  /   h、
   `´   \ ∧  /            `¨¨¨¨´ ハ: Y´:      /、: : \ l{ニニニニニ'  /  /  /     h、
         \乂,イ                      / ∧‘,       /  \{lニl}s。,_ニニ人../  /  /       h、
                                   / ∧ハ:     / 、   /  ⌒≧ イ:; ∥ ∥ ∥       ∥h、
                                   / ∧ !   /、: : \/  /:;:;:;:;:;:;:∥ ∥ ∥       ∥
                             /;:;/ ∧<⌒ \{lニl}ニニニミ):;:;:;: ∥ ∥ ∥       ∥
                            /;:;:;:;:;:;/ ∧_ -=≦====彡:;:;:;:;:;:;:;:;∥ ∥ ∥       ∥
                           /;:;:;:;:;:;:; r<. 〕Y´三三三三{:;:;:;:;:;:;:;:;:l{   j{ j{         ∥
                          /;:;:;:;:;: | ̄ {   l{ 〕Y´三三三三{ミ:;:;:;:;:;:;:l{  .j{ j{.        ∥
                          /;:;:;:;:;:;:;:;: |  \ \Y´三三ニ=-'´ }==ミ l{  .j{ j{.         ∥
                          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: l}     〉  }: : : :{  _,.。s≦   }:l{  .j{ j{.         j{
                         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}   /  /: : : :∧  l{:     {;:{  .j{ j{       j{

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「ここで遭ったが運の尽きよ。このウリエル、容赦はせん」

ウリエルが光の槍と円盾を構え、突進してくる。
その速度はスポーツカーすら遅く思えるほどのものだった。
すかさずセラフが翼で喜留夫を覆い、防御する。

けたたましい金属音がトンネル内に鳴り響き、二体の天使は激突した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

936 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:28:45 ID:esyZ6Yv60 [13/48]

       ____
     /     \
   /         \
  /   (●) (●)  \       俺の相手は……こっちか。
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /
  |          |
  ||        / |
  ||       ./ ||
  (_|   r  /  (_)=|三三ラ
    ヽ  |/
     >__ノ;:::......





             >──、        r‐、_
             └──‐'   r──、| \ |        .ヘ ヘ
              .く ̄ ̄\   /  / |/ . ヽ!         ヘ ヘ                 _,-‐'`ー'`ヽ∧‐> 、
                 ̄二二_/  r─、. >、          .ヘ ヘ              ∠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::. : :\
            ∠´___/| く_.. >、         ヘ ヘ          < :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.: :<
                    ∠二_      ̄ヽ.、         ヘ ヘ         .∠:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\: ヽ、
                    `}  /´フ_/.. >、        ヘ ヘ       .∠:.:.:イ.:/:.:l:.:.:.:.:l.:.:l:.:l:.:l.:.:.: |.        ./ /
                         | ,/     .\ >、        ヘ ヘ         !ィ |l/l/、|∨:./,斗/l/|;、/.      / /
      _      .r─、      }/        \ >、       .ヘ ヘ        弋ュヾ  ィヒュ  ソ:.:ミ.    / /
       .f´ ̄\/ _/ r‐ 、             \ >、      ヘ ヘ       ハ   |      /≧==- 、/ /
         >    <´ / _{                \ >、      ヘ ヘ    ..イ三..、丶_   /∧ニニニ/ /           …………。
      <´   /\ └'´ /.. 、                 \ >、     .ヘ ヘ イニニニニニニ\    //::ニ::/ /:二:ヽ
        .`ー' /   く ` < > 、              \ >、    ヘ ヘニニニニ二二二` v-‐''´:二:/ /ニニニニニヽ, < >
          /  { ̄ヽ \    ` <> 、.              \.>、  / ヘ ヘニニニニニニ二二|ニニ二/ /ニニニ二:, < >
         . ̄ ̄    \ \     ` < > 、          .\>、i::ニ::ヘ ヘニニニニ二二二二/ /ニニニ, < >  ハ
                \_{            ` <> 、.       \>、:二:ヘ ヘニニニニニニニニ/ /  , < >ニニニニニニi
                              ` < > 、  /:二:\>、二ヘ ヘ./ >::ニ::/ /, < >ニニニニ二二二i
                       \、              ` <> 、:二:、\>、_|ヲ<. \/ /< >::ニ::ヾニニニニニ二二/            ′
                         ゞ、_从_            ノ ` <> 、=:|つ/ ヽ~ヽ.L <′>ニニニニニニ∨ニニニニニ二i             /
                        ア,:=''" ̄ ̄ ̄     ../, ^ヽ:二:/'/`ヽ|/  `.|.~|′>ーー==--廴_=:イニニニニニ二リ       _从_,. ィ     ’
                  ___て::/              /ニニニニニ二,'>-'   ` .|.├――――――――――――――     .."=、て /
                      ̄) {            /ニニニニニ二二,'斥孑  ..ム |.├――――――――――――――          .} ≪    .
                   -=''''^ヽ'、             ヽニニニニ二二二i__ゝ.. ,. ノx- '|._|ニニニニニニニニニニニニニニニ二二〈            ン  {_ _
                      /⌒`''=一       . ̄`ヽ:二:>-‐'‐-==ノ      ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニノ      ._  = '" .: . :(       ̄
                                      ̄                                     ̄ ̄ ¨ ̄    ̄  \


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
男はどこからか取り出した六本の剣を、拳に挟む形で構えた。
見たこともない剣だった。長さも中途半端だ。刀身も細く、
西洋剣の特徴である頑強さを捨てているようにも思えた。

間合いは五メートルはある。この距離で既に剣を構えているということは、
銃は持っていない。喜留夫はそう踏んで、拳銃を両手でしっかりと構え、
十五発きっかり相手の胴体に向けて撃ち込んだ。

発射された銃弾は、確かに男の胴体を捉えていた。
だが、その銃弾が男の体を貫くことはなかった。
男は構えた剣を爪のようにして振り回し、その尽くを弾いたのだ。
いつか葛葉雷堂に負けた苦い記憶が蘇る。

だが、効果はないわけではなかった。
読み通り、男の剣はほとんどが折れ、砕けていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

937 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:29:34 ID:esyZ6Yv60 [14/48]

                      li!i!||i| i!
                       |i!!|l |l i!|i li
                      i!|i     i!|i!
                   i!         i!
                __i!__        i!     ( ̄ つ
             /       \..,,.i!;.,,i!:.:i!¬、 ,/  /
            /          \   '';;/⌒  /
          / ((○)) ((○))     \     /\
          |  (トェェェェェェェェイ       |    /\  \
          .:,:;':\r‐┬‐/::";:.,;. -‐'"__ _/   (_丿
           .,::;;;#. ̄',. :√7wkvュ_ , '.\
           / /  :i ∨.#;:.+,:'",: `ーi!´ \
           / /   i! .;::";:.,;.      i \___)
          (___)   i|             i!
               i!          i!   /\  /\ /\      /| /|
               i|!          i!  /  | く  | |  |      .| | / |
              ii!          !   |  |  |  | |  |     | | | |
                  i|!          i!   |  |  |  | |  |  |~| .|/ |/
                  i!             i!    |  |  |  〉 | /   | |      /| /|
              i|!             i!|    |  |_ヽl    |\_| |      | | |/
             i!               i|!     |    \    L_└┐    |/
            i|!               |i!i     .|   i、_  \_  i、_ | i‐┘
            li!           ili|!     .|   | \ .~| |_ `└-、
            l|i!             l|li!      `|   |  \|   ̄! i、,_| 〈~|
           i|!l           li!|i         |   |      | | ,,,__〉 !‐二 〉
                                \  |      | / |__,.ヘ〈 く/
                                    \|      .|/    | |
                                              |/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
再装填しようと腰のポーチに手を伸ばした、その瞬間だった。

男は剣を投げ捨てると、消えた。
消えた、という表現は正確ではないかもしれない。
瞬きの間に、喜留夫の眼前へと移動してきたのだ。
瞬間移動かと見間違うほどの素早さだった。

次の瞬間には、男の拳が喜留夫の腹に捻じ込まれていた。
衝撃が腹を突き抜ける。骨が砕け、内臓が破裂する音が頭蓋の中で反響する。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

938 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:29:51 ID:esyZ6Yv60 [15/48]

        /  /  /ニ/      /ニニニニニニ/
       /  /  /ニ/  __ /ニニニニニニ=-
.       / /'\/ニ/   \_ヽニニ=ト、二=-
      { /7  |_/     /ニニニニ= '/, /
      〈 7..  |   ト、  /二二}\ニニ'/,
.      / ハ7   |   '/,ニ二二ニ人 \ '/,
     〈_/ '     |  /'/,ニニニニ,ィ| \ \/,   ,イ
.    / /{.    | /   '/, x== !ii|===ヽ  \/i/    \_
   {/  {'´  ̄,′{ニニニ= '/,  |i:i|  _ノ   ノi:/      -_
 ニニ=- _ |.   /  ̄`ヽ==〈 '/\|i:i|   \  〈i:i:/         =- _
 ニニニニニニ=- _/ ̄ ̄`ヽ-=≦i:i:i〕iト   \ノハ        }ニ=- _
 ニニニニニニニニニ=-∠フ { l | {\i:i:i:i:i:〕iトs。,__}        -ニ=- _
 ニニニニニニニニニニニニ/ヽ从ヘ \\戈㌻i:i:i:i:i:i:i:ヽ       /ニニニ=- _             「喜留夫っ!」
 二ニニ==-‐‐-=ニ∠ _} ヽ\\ ∠フ \i:i:>'´   /{_/=,ィニニニ(⌒
 ニニニニニニニニニニニ∠フ====ミ ̄\ \   /ニ〉〉 }\‐-‐/ {ニニニ=-             よそ見をする余裕があるとはな!
 ニニニニニニニニィ升 //  /,.。s≦ヽニニニァニニイ |  \ィ  |ニ==-/
 ニニニニニィ升ニニ/ /  /二/   _\ {.{  // =-  ̄ヽ ∨ニニ{              このウリエル、それを見逃すほど甘くはないぞ!
 ニニニ-==ニニニ=-{ ,'  7ニニ/   //⌒ ̄ヽ//    _} ∨=ノ
 -=ニニニニニニニ=人,'   'ニニ!   /=7 ァ-‐‐‐/   ,、<i:i:i:i〕iト `'<      _
 ニニニニニニニ=-ニニ廴  ,{ニト、{   {ニ{ \  ,ヽ ̄ ̄ ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト `'< /   ヽ
 ニニニニニ=_- ´ニニニ〈 ̄ ̄| ハ  ∨ハ  `/  〕iト __ \i:i:i:i:i:i:i:i:/  ̄`ヽ   /  \
 ニニニ_ - 三ニニニニ ∧__乂∧__∨〉_,′ ,'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:, '  /  ̄ ~、、    \
 =_- 三ニニニニニニニ=_≧s。,__,.。s≦ニニ{   {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/  ,ィ         丶、.  \
 三三三三三ニニニ={ { 乂  ァ==彳ニ=ハ.  マi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7  /               丶   \
 三三三三三二ニ∧.ヘ〈 ∨ \  ニニ=∧  マi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,′,': .                丶、  \
 三三三三三ニニニ=∧ ヘ:}_ ∨∧ヽ \/ ハ_,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |: : : . .               `'< ヽ
  寸三ニニニニニニニニ=≧s。,ヽ\`∧    ,.。s≦.,_`'<i:i:i:i:i| |: : : : . . .                `'<
 =- 寸ニニニ=-\ニニ|  ∧ \}  },.。s≦ ‘,    >,、   乂ゝ、、: : : : : . . .                  `'
 ニニ- 寸ニニニ=-\ =|   `T'''レ'  ∧   ‘,     |   >,、   ~、、: : : : : . .
 ニニニ=-寸ニニニニ=-∧    乂_,ノ  ∧   .i!    |     }       ``~、、: : : . .
 ニニニニ=- 寸ニニニニ=- ヽト、     〉   ∧  ,i、   }       ヽ/         ``~、、: : .
 ニニニニニ==-ヽニニニニニ/ {i:i\ / 〉.   ∧ /,.、\ ハ      `¨¨¨¨¨¨¨´ ̄ ̄ ̄⌒`` ~ 、、
 -=ニニニニニ==-\⌒)/ ∧i:i:i》  ィ》   〈.〈}//i:i:i\\,〉
  -=二ニニニニニ=-\   ゝ==彳∧ .γ //i:i:|i:i:i:i:ヽ.}‐ミ
    -=ニニニニニニニ=-ヽ,   寸:.:.:.:∧ { 〈〈i:i:i:i|i:i:i:i:/∧ }

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
意識が飛びかける。視界が揺らぎ、安定しない。

視界の端で、セラフとウリエルが打ち合っていた。
セラフの双翼がウリエルを左右から挟み込むように攻撃するが、
その全てを盾で受け流されていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

939 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:30:06 ID:esyZ6Yv60 [16/48]

                                               , 1
                                                 / l
                                                 ,′,'
                                                 ,′,′
                                             l  l
                                               l  l
                                                 l  l
                                            l  l
                                             l  |
                                              l |                      ,ィア
                    ト                  ∧        l:  |                      / /
                    l ヘ                 / ∧          l: |          _ .. -―_ =≠-━ '' ¨ 二ニ>
                        V∧            /   ∧       l   |   _ .. -‐ '' ¨_.. -‐ ¨. <    > ´
                        V.∧          /     ∧.      |. ┴ ¨   .> ¨   . <    > ´
                        V ∧        〈      〉  , <       > ´   . <    > ´
                          ∨ ヘ           ヽ    ./  _ヽ     イ    r ´   > /
                       V. ヽ          `ヽ  `´ ̄_  ⊂「´  }    リ ,. -ァ´ /
                       V.  \           〉  /    ヽ `!   ノ-‐=≠ (/ .∠ --――_-__,.. _
___                      ヽ   > 、 「 > {  {_,. _-‐..} ,} ´ ,_ィ..⌒>、 ヽ-‐ ''> .  ̄         ̄ ̄
  `¨  -- ̄ _ ¨  --   __      \    ゝ.5   ≫ `¨ー-‐ '"ノ彡 {‐ ''フ  ノ <>. _   > .―_-  .. _
            ¨   ‐-  _     ̄ ̄ ̄ `ヾミー 、 r‐≧ー- 、- 、.. _ ヽ≦ } 冫ミ≡彡'`ヽ¨r≠⌒ <  \   ̄ ¨ ―=
                      ̄  ¨¨  --  ニ 二 ¨_¨´ <ーヽヘ¨フ/ラ', 、辷= '’,、 ヘー_- _` <\
                                       ,..-:‐:-. . _`¨メ山≦rミ===≠⌒ヾ' ‘,  ̄`¨` .`ヾ>
                                       ,ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ´‐-、:i:i:ヘ,__       \ ハ、
                                   /{:i:i:i:i:_:i:_:i:_:i:i:i〈:i:i:i:V:i:i:i:}:i:i:i:i:i`ヽ-ァ   Vトゝ
                              __ ノ:圦:i:i/ /`ヽメミ:i:>:i:i:iヾi:i;}:i:i:i:,、:i:i:i:ミ     }}
                           <:i:i:i:i:/:i:i:/:iX{ { 、ヽミイ):i:i:y:i:シ'/:i:i:y ):i:メ:ゝ  '′
                               厶-―‐ ア:i:_:ノ`/T┬‐x}ィ:/7:ァ、:i:i/,∠.__
                                       ノソりrrェ ,イ' }:i弋廴    `⌒ヽ
                                        `¨´         ̄ ̄` ̄´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「くっ……あっ……」

セラフが倒れ伏す。
翼が力なく地面に落ち、四肢を投げ出していた。
服もぼろぼろになり、赤い血が足を伝って地面へと落ちている。

名前を呼びかけようとするが、言葉が出ず、代わりに喀血した。
内臓がやられているようだ。

このままじゃ死ぬ。自分も、セラフも。

起き上がろうとすると、男に首を掴まれ、そのまま持ち上げられた。
凄まじい力で首を絞められ、視界が明滅する。

「させない……」

セラフの声が聞こえた気がした。

「私は、生きるんだ……その人と一緒に! 生きてって言ってもらえたから!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

940 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:30:22 ID:esyZ6Yv60 [17/48]

.            \ \                   /}
.             \ \/\..    '/,、      / ,イ     _
             /   \    '/,、  __ '´7〃  ,、<i:/           ヤ
   〈 ヽ.         \    ,イ´刀__ '/ \    / `ヽi:i:i:i/
.   \ \         \,イ二フイ \ 〉   \ _  ハ/                 }
      \ \           {     刀У     /      } ̄_ニ=-
       \ \/\   / ̄} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>  ̄ ̄ < ⌒          ㍑
          /.   ヽ/  _ノ γ ⌒ヽ    /        _ヽ            瓦
         \     /  _/  /}     ハ/}/  / ,、-‐…-,、 }           彑
.           \ 〈,ィ爪/  _{/≧s。,__ {/{./ /     \¨,,.._____     /               ぬっ……おおおおおおっ!
   抓       .,ィ /  ./ /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:} 〈 /        / / __`ヽ
    ム      { 弋 / /i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i} ./ニ{.      /. /  /  ̄ ̄ ̄   ―――  _
    心、     人  | /i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:} {ニニ\.    |  { /\:::...                -=ニ _
.       >。,  ....ゝ-| 'i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i}人ニニニヽ,__ _|  { {_ \::::::...                       -=ニ _
        「≧ェ。,_ /i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}   >ア´    ヽ、‘, 乂 ̄:::::::.....                         -=ニ _
              /i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}    /         乂   ̄ ̄`>―――――――    ____         =-
            / i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}.   /           ̄ ̄ ̄                        ¨¨¨¨¨¨ ´
           /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}  /           /
今x.     , 'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}/         x令
. 尖ト 〔  / i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}          〕 ≪
...    / i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}  _」Lニ=牝刋
.   /i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}ヽ_
  i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}ニニ,ィ⌒> _          __
  i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}ニ7  /     -=       } ト、
  i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}ニ7 .,′        -=  | |:.:.ヽ  /
  i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}ニ|  |           `¨| |:.:.:.: ∨ /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
セラフの周囲の空気が揺らめく。
いや、あれは陽炎だ。

やがてそれは光の珠となり、喜留夫目がけて飛んできた。
男が閃光に怯み、手を放す。

咳き込みながら足元を見ると、短刀に炎がまとわりつき、太刀の形を成していた。

噂に聞いたことがある。かつて葛葉のサマナーが用いたという、
悪魔の力を武器に宿して行使する特殊な術があると。

これがそうなのか分からない。だが、やるしかない。
炎の剣と化した短刀を拾い上げる。
不思議と熱気は感じず、仄かな暖かさだけがじんわりと体に広がった。

血反吐を垂れ流しながら、炎の剣を男に向け、そのまま地面へと叩き付けた。
これは直接斬りつけるものではない。なぜかそう感じたのだ。

地面に打ちつけられた神の炎は魔法陣のような形になって広がると、
轟音と共に巨大な火柱と化した。

喜留夫を中心に、その炎は全てを飲み込んでいった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

941 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:32:33 ID:esyZ6Yv60 [18/48]

                                        __,,. -‐…‐-  .,
            ____                         . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、               /.
                  `丶、 . . . . ‐ ミ                  /:::;: -‐…━‐- ミh;:::::::::::::::::::::\          /. . .
                     `丶、. . . . `丶、          /:::/          `、::::::::::::::::::::丶      , . . . . . .
                     丶、 . . . . . `丶、       j:::/ /⌒¨¬=‐,、- ミ  ';::::::::::::::::::::::::: ,    /. . . . . . .
                      \ . . . . . . . `丶、   l:::}'′,/l    , _/_ \ 、 \}::::::::::::::::::::::::::′  \ . . . . .
                        \. . . . . . . . . .\   |:/ ,斗+ / /jノ __ ̄Ⅵl  }:::::::::::::::::::::::::|    \ . . .
                         `、. . . . . . . . . . \j'/ /{_j//   ィ芹圷刈 八::::::::::::::::::::::::|       ' . . .     ……帰ろっか。
                            `、. . . . . . . . . . .i|k犲苅     ビン 1   ;::::::::::::::::::::::::|      }. . .
          _______            `⌒\ . . . . || l { ヒン        |/  i::::::::::::::::::::::::|      }. . .
  _ . .-‐= . . . . . . . . . . . . . . . . . =‐- ミ         `、. . . . ;^l人}  ′       厶 |::::::::::::::::::::::{     , . . .
――――-  ., . . . . . . . . . . . . . . . . . . . `丶、     `、. . { 、 八   ー '′     | ;  |::::::::::::::::::::::::::.,    ′. .
            `丶、. . . . . . . . . . . . . . . . .{{         }. . . :`、 个: .    ,.  _」′/|i::::::::::::::::::::::::::|    /. . . .
                `丶、. . . . . . . . . . . . {{  . -‐==}i. . . : :}V/ ; `¨fiチz ̄::::::}   八::::::、:::::::::::::::|  /. . ./:
                    `  ―- ミ. . . . .V. . ,xァ=___\. . : :}};′ ;   r{{)=-‐  7 / \_、:\::::::::::::| /. . ./:.:.:
                             \ . . /::/      `、 /:} ,.厶イ⌒V   ;′ ; /⌒\::::';:::::::::〈 . . . ,:.:.:./
                          〉. . : : '        }/::::; }  { じ }}   ,.|  {::::;::::::::::::ト、 :::::::::::′. .{::::.′
                __       |. . : :{         /::::/ 仄 人 人 彡1:.  |;/:::::::::::::|:i`、::::::::::::, . .{ {
              /. . . . . . ` ―. .―┘ . : {      /::::/  ′≧=-‐≦::::::::}i:  |i:::::::::::::::|:i:i:i`、 :::::::′.、::
        _,. . .-‐≠. . . . ‐ ミ . . . . . . . . . 丶. : 、     ;:::::; i|:::::::::::::::::::::::::::::从  |!::::::::::::::|:i:i:i:i:i`、::::::::,. .`:.、
 _ . .-‐. . . . . . . /. . . . . . . . . . . ). . . .-‐ァ━┐ . \-ミ   {:::{ ∧|::::::::::::::::::::::::::::::{::::\l:::::::::::::::|:i:i:i:i:i:i:i:\::{. . . .\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
気が付いた時には、セラフの腕の中にいた。
翼をはためかせ、街のはるか上空で喜留夫を抱きかかえていた。

「あいつらは?」

「死んではないみたい。私たちが吹っ飛ばした後、ウリエルが抱えて
飛び去ってったから」

「そうか……」

「帰ろ、喜留夫? 私、お腹減っちゃった」

「ああ、ウルフウッドに詫び請求して、それで良い肉でも買おう」

小さな天使は微笑む。
たとえ全ての者に否定されたとしても、その笑顔は霞むことはないだろう。
消えぬ炎のような強さが、その笑顔にはあった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

942 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:32:46 ID:esyZ6Yv60 [19/48]

                   . -―…:::::…‐- .
                 /:i:_:ニ=--=ニ:i:i:i:i:i:i:i:i\       />
             /:/         丶:i:i:i:i:i:i:丶   </
              // , -‐''¨ ̄ ⌒ア丶,Vi:i:i:i:i:i:i:i:.,     ____
        ,rf、     /厶′.:-┤  '^⌒\ Vi:i:i:i:i:i:i:i::,   l____|
     rv   V{  V {/{∨l  /ィ/}/ト、}l:i:i:i:i:i:i:i:i:|   ┌‐┐
      ヽ, / }   |  ヘ x=ミx/ x==ミイ i|:i:i:i:i:i:i:i:i:|     ̄
      X  \ヘ|l\ { fハ   f/ハ 》 i|:i:i:i:i:i:i:i:i:{   <\
      i| i|\il Ⅵ{ トミ, vリ ,   Vソ |: i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i丶   \ >
      i| i|  il\}ハl\\  r:::…ァ /| ∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
      i| i|  il {:i:i:i:i:i:i:ヘ  ≧=- xく 厶′Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\______
     _i| i|  il Ⅵ:i:i:>i^\ト{`'く⌒7゚/ /ヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}
      f⌒\_ il_」/:i:i:i:i:i:i:i:i:Y{^「[r、 ̄_`ヾヘ,、:i:`⌒>ヘ:i:i:i:i:i:i、::::i:i:i:i:i:i:i:/
     \ ⊂⌒\:i:i:i:i:i:i:i:/⌒¨^¨^⌒´::::`丶:::`⌒^´::八:::i:i:i:i\:::i:i:i:i:i/
          --‐ヘ\:i:i:i/:::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ:i:i:\::::::::∧::::\:::i:i:i:i\/
              \}ノi::::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ::::!:::::/ ::i::::i:i:i:\:::i:i:i:〉
                |::::::i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i::::| :/:::i:i|::::i:i:i:i:i:i:\/
                |:::::::i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i::::|/::i:i:i:i|::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                |::::::::i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i::::i:i:i:i:i:i:i|::::i:i:i:i:i:i:i_i:i:i:i:i>
                |i::::::::∠::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i::::i:i:i:i:i:i∧::i:i:i:i/⌒¨´
              、_八::ノ⌒L_:::i:i:i:i__:i:i:i::i:i辷_::_彡′}::/
              `⌒^¨¨^⌒ーく,_,__>:x厂
                                         ~続きます~

943 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:33:42 ID:esyZ6Yv60 [20/48]

        ___
      /     \
     /        \
   /   (●)  (●)  \
   |     ~~~~(   |
   \      i_i_i      /
    /     ||      ヽ
    (  ヽγ⌒)       | モグモグ
    \__/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
みんなで昼食を食べながら、テレビの画面をぼんやりと眺める。

「先日、日本に入国したと思われる本名不明の指名手配犯、通称アダムは、
依然として行方不明です。身体的特徴としては、逆立てた金髪に、
左目の泣き黒子、赤いロングコートの二十代の男性とのことです」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

944 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:34:01 ID:esyZ6Yv60 [21/48]

                  ,.  ////  ___
                   ///. /  ´ ̄  /___
                 /|. /. /  / //   / ̄ /__
           /|.. /. |/     |    /  ___   /_
             / |/  |     |   /  / ==´ ̄        ̄>
         |. /        _.   /         / _∠_
          ||.|   |ヾ\/ヾ`\     /  二=─  ̄    /
           | |    |川ヽ.\´\ ヘ´´゙≧         _∠_
       __ |   w´`´ | |  ヽ ヘ  ≧     二=─     /
      //ヾヽ /.      | |   ヘ...|  彡  ><      _/
       | |  `/       |../二 ̄`.|..|   彡 /. ヽ ∨  ̄ /
      ヾゝ /_     |/彳ィ7.ヾ|/   彡/ /`ヾ} }  _フ
        く ̄イヾ   .,ィ ´ ̄じシ-、/ヽ'´ミ´.rシ} .ノ/  /         あ、そこのケチャップ取ってくれる?
            .r 弋ノ⌒ヽ、 _ ノ  ’      ι /   ,イ
        ( _ /            {  τ‐´   /
         |、             |  ∨   /
         ヽ`丶`            /    ∨ ,ィ┴─、  _
          ヽ `───一'   ./  ,ィ´ ̄: :, イ´ ̄ ̄::::::
           ヽ    ̄       /_ ノ ::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::
            ヘ   /´ ̄ ̄ :::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::
                 {_/ :::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::
             / :: \ :::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            / ィ ´ヽ ::|:::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      _,r-‐´ ̄ :::: ヘ、_ノ ::| ::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::: / ̄/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       \ ベ´ヽ::::::::::,´ヽ :::| / ::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





          ____
        /     \
      /         \
     /     (●) (●)\  モグモグ
     |              | ))
     \    )~~~~ /               ほらよ。
    /           ヽ
   / ア ̄~〉==ニ⊃        ヽ              「ありがと」
  // `‐‐r´           マ  ヽ
 /   /           マ   ヽ
 |___/    _ _ _       l    }
  | , - rイ〕:.:: .: .:.:.r久=、- 、} r=、ァ/
 ̄ ̄〈 く:.:.:....:tァ:.:.::.:..c:.:ヘ _フ し Y  ̄ ̄ ̄
     >- 二二二二二 -く._.ノ

945 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:34:16 ID:esyZ6Yv60 [22/48]

                __
            ,  <      ≧ミ
       /≧=/ _  、 \  \ _ rャ=┐\
        {ニУ /   ヽ  rャ≦Ⅵ}ニニニ}\ ヽ
        7  ./     `、 .マニニニ/}「ニく   \∧
        /  /! r 7i`ヽ! i .\ /ニ{∨ニ ヽ  \!
      ,  / .| |/_ i  i  !  | |ニ | .∨ニニ〉  ∧
       i ./| .| |f:}\、}  }  } |三!   ̄     ∧        ねえ、サラダよそってー。
       |/ .!.r ∨ !j  j   ,′       | |ヽ ∧
        V.ハ       ,′ /     /、   | | ∨ i
         | ∧っ   /  /    /i /  Vi  .} }  .Ⅵ
         | /| ヘ __/  /|   / .}/'´ _にv ∧ !‐- 、}
         i′! /  / ./} ,  /    /   }/ i/ /
          .i/Z / }7} //}イ   _}i        >
            7}}  i i/ くV 斗rヤ   r―   _〉
         r'´/ ̄ `y' / 7 〉―― くノ\ ̄}´
         /| {   .{ /\__xく       \}
         ,′V ヽ__/! \ / /            i
        ,  i!   .| { / >
        /   ∧ ___」 く  ィ′          \
        /   |/7//| | / 7 }                \
        /   |{///.L} 71!ヽ}_                }





                 f、  /i/}   ,イ
                  ト、  i V  /./ イ /  ___
                  ト、} \} ゛ /  / ̄ ̄ /
                 i ヘ             ̄_ ニ-‐ __
             从      ,ィ 、         ̄ /
               ヾ   /|ヽ /厶}_i‐‐ヘz_      ≦‐,
              ,‐-、i |゛゙゙'′¨ | |   i}<       ,イ=、
               /ハ/|_}_   ,- } i― 、 | ヽz     / /
                 i | i' ヾi `,    レ'__  ! 刈    ./              はいよ。
                 ヾ ノ-,ィf仞-、/ '⌒ミ、/i__ .リ    /
              {   }'   、   人/⌒ヽ‐‐ V               「ありがとー」
              ` ‐-' ヽ     ̄       厂i }
                   ',  ‐ ― -- '      ハア′
                   ',          __≦刈    _
                 ',_ -‐ ―――===彡'、  イ      ̄\
               /|    f_j        /
               } r‐、     r‐、   //
               ヽ弋ノ_   弋ノ_ 少∧
                〉 f_j _ イ / 〈 l:.:.i
             _/   }/ Y ヽ }  ∧ マ:i
              / ┴―、/   弋丿 i   } マ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「アダムには懸賞金六百億ドルがかけられており、南米での地下資源採掘所
爆破事件などの首謀者とされています。この事件での被害者は死傷者、
行方不明者合わせて五百人を超えるとされています。
このことから、アダムを通常の指名手配の枠に納めることについて
疑問視する声も上がっており……」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

946 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:34:29 ID:esyZ6Yv60 [23/48]

       ___
      /     \
    /         \
   /   ( ●)  (●)\      ……つーかよ。
   i    (トェェェェェェェェイ) i
   ヽ、   \ェェェェェ//
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ





         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\
     /u (トェェェェェェェェイ)  \      なんでそんなやべーやつがここにいんのぉ!?
     |   ヽ!!il|!|!l|!!ii|i/. u |
     \u  ヽェェェェェ/   /
     /            ヽ

947 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/10/10(水) 00:34:46 ID:esyZ6Yv60 [24/48]

             ト'/li l li!ヾi l l li / / / // _/`-、_____,-、
            l l' l li li! li ヾ、 ll l ,l /__,,,,,、__,-';;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;
            ll, l. l ll_,-'~~`-、ヽ l l/:::::::::ヾ___,-'´`ー<';;;;;;;;;;;
            ヽヾ l.l :::::::::::::::::。____f :::::::::::::::::::::l-=== ヾ;;;;;;;;;;
            、ヽ、,l、::::::::::::::::l~~~~l, ::::::::::::::::_/::::::ミ三L;;;;;;;;
             `=≡ゝ______,-'::::::::::::ゝ-ェェ-'',--ー''ー、__コ;;;;;;
               l_,::_ェェェ、_:::::::::;/~~-_-l___;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゜`-
         ./~'-、_   `/  ,''r-,ヽ-、l'.  l。ヽ'ト、~~`ニ-、;;;;ll-ニ
        ,l ,.   ~`フ 」_l `' l‘_y!~~l、:::::::`ー< !------ヾjj;;;;;
        / ~ゞ'`ーt~'ヽ,~~l:::::`'~丿: `   :::::::::`':::::::::ミ  ノ`-、_
     ,-、_l___ l ,-l(ゝ ,ノ .ノ::::::「          ∪:::::ミ ,rュァ> ,j      …………。
   ____l;;;;;;;`、_~~/ミ~l~`''> _,,j_____ヽ`'          , _ーミl-'~/
   ヾ;;;;;`ー、_;;;;`l'/_/ /-'    `-、_ ,        l (二/ /      バレた?
    l;;;;;;;;;;;;;;;~ソll';;;;ゝ__l        `「       _ノl  ll リ/
    l;;;;;;t---、j;lll;;;;;;_/l         ト     /:/  .ll l
    l));;;t---,j'';ll;;;(('l l_        /    /.ー------`====
    }-l;;;;~`{~;;;;;;ll'--'  ヽ__   __,,-{_______/;;;;;;;;;;;;;_,,--i;;;__,,-!--
    l->;;;;;;_ソ;;;;;;;ll_    l ̄`==------'------''~   l~
   /=__;;◎--__,jフ=、 /`          ゙゙゙゙~゙゙゙(;;)  lヽ
  /;;;;;;ヽ_`--'~_, i~  ヾ=ヽ        ''      ~  l
_/ ヾ_ '゜」o`i /  t)     l            ゙゙,,,,,    l    ;;;
.「ヾ,0ノ~j--、o)--ソ~   /ヽ`-----、        --(;;)' l ;;_________
【魔人アダム Lv99】





              _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
       _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
      //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
       / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
       | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
       | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
        | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
       / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
      ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |         いや、バレないっていうのは無理があるでしょ。
     / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
    / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
  / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
 / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
/  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
|  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
|  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、

948 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 00:36:32 ID:Ds1dBx8c0
魔人っておいおい…


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/10/11 21:32 ] 【R-18】雇われサマナーキル夫 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する