クリックで開閉

【R-18G】やる夫は、二度目の世界を必死に生きてみる【安価・あんこ】 キャラメイク+プロローグ

1 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [!maxres:5000] 投稿日:2018/09/17(月) 12:16:28.88 ID:hJpHBF/l [1/101]
               ,ィl
            /.:/}
          {  .::ト、| ::';::::/
              /.:/.:/l
          /:;イ.::j .:ト、
            ,イノ :レ' .::| :',
         /:/ .:∧.:::ノ :::|
         / { .::;' :::V .::::|
        { :::::Y  ::::', .::::/!
        ヽ/l  :::::|:::/.::l
         / {  .:::::::l/.::::::}
         ,'  ',..::::::,ィ.:::::::/
        ', ::::ヽ | ::V
         ', r‐' l  :::ト、
           |V::::ノ .::::}:::}         【R-18G】やる夫は、二度目の世界を必死に生きてみる【安価・あんこ】
           | l j ...::::::::|::|
         l:| ∧`ヽイ:::|
            !|,' ::', ::::::|::::l
          l  :::', ::::レ、j
          |  ::::ヽ::::::|
            {   ::::::l::::::!
          ト、.::::::::!:::r|
          | `ー '´:/::|
          |  ::::::::/:::::|
          |   ::/ .:::::|
             !  /  ::::',
          |! く  ...::::::::}
          |l  `ー―r'
          ! ',   :::::::|
           | ヽ  ::::::::|       
          |  ',   :::::::|
         └r‐′ ::::::::|
            |     :::::::|
           |     :::::::|
          |    :::::::|


・スレ立て&創作初心者が見切り発車で進めていくスレです
・R-18G表記やあんこ表記等は保険てきなものです
・ファンタジーな世界を、めちゃつよなやる夫が冒険していく物語……の予定
・やる夫以外の人間やらは簡単に死ぬかもしれない
・AAのキャラに関しては、"ガワ"だけとします
(AAの元となったキャラの性格、口調とは大きくかけ離れたものになります。見た目だけで、中身は違うものだとお考え下さい)
・世界観はけっこうガバガバです

・頭空っぽにして楽しめる読み物ってことで!
・遅筆なのはご了承を




スポンサードリンク


2 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 12:22:29.27 ID:jZSDNkKM
スレ立て乙

3 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 12:28:35.56 ID:hJpHBF/l [2/101]
               ,ィl
            /.:/}
              /.:/.:/l
          /:;イ.::j .:ト、
            ,イノ :レ' .::| :',
         /:/ .:∧.:::ノ :::|
         / { .::;' :::V .::::|
        { :::::Y  ::::', .::::/!   乙ありがとうございますー
        ヽ/l  :::::|:::/.::l   というか早くてびっくり
         / {  .:::::::l/.::::::}
         ,'  ',..::::::,ィ.:::::::/
          {  .::ト、| ::';::::/
        ', ::::ヽ | ::V
         ', r‐' l  :::ト、
           |V::::ノ .::::}:::}
           | l j ...::::::::|::|  んー、始める時間どうしよう……
         l:| ∧`ヽイ:::|
            !|,' ::', ::::::|::::l
          l  :::', ::::レ、j
          |  ::::ヽ::::::|
            {   ::::::l::::::!
          ト、.::::::::!:::r|



4 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 12:35:09.94 ID:u4Xj5wp/
立て乙
ところでこのAAは何、つくし?

5 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 12:38:09.20 ID:THrOrIvq [1/2]
アスパラガスやろ

6 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 12:41:37.09 ID:hJpHBF/l [3/101]
               ,ィl
            /.:/}
              /.:/.:/l
          /:;イ.::j .:ト、
            ,イノ :レ' .::| :',
         /:/ .:∧.:::ノ :::|
         / { .::;' :::V .::::|
        { :::::Y  ::::', .::::/!
        ヽ/l  :::::|:::/.::l
         / {  .:::::::l/.::::::}
         ,'  ',..::::::,ィ.:::::::/
          {  .::ト、| ::';::::/    >>4アスパラです。特に意味はありません。あと乙ありがとうございます
        ', ::::ヽ | ::V
         ', r‐' l  :::ト、
           |V::::ノ .::::}:::}
           | l j ...::::::::|::|   とりあえずもう少ししてから人がいるようだったらやる夫のキャラメイク(?)始めます
         l:| ∧`ヽイ:::|
            !|,' ::', ::::::|::::l
          l  :::', ::::レ、j
          |  ::::ヽ::::::|
            {   ::::::l::::::!


7 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 12:46:01.97 ID:3KL9DAVf [1/7]
たて乙

8 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 12:48:01.16 ID:Mb/L5eqI
これに顔がついたアスパラガス夫とか使ってた人いたしアスパラガスっぽいかな?

9 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:02:54.79 ID:eY1nqCNC [1/2]
立て乙

10 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:03:35.02 ID:Z/5CADnb [1/2]
たておつ

11 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:13:06.17 ID:4P1I5qbz [1/2]
もしかしたら呼ばれて出てかなきゃいけないかもしれないけどとりあえず立て乙

12 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:16:21.97 ID:39ZPXEQ7 [1/5]
たて乙

13 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 13:20:48.17 ID:hJpHBF/l [4/101]
               ,ィl
            /.:/}
              /.:/.:/l
          /:;イ.::j .:ト、
            ,イノ :レ' .::| :',
         /:/ .:∧.:::ノ :::|
         / { .::;' :::V .::::|
        { :::::Y  ::::', .::::/!
        ヽ/l  :::::|:::/.::l   たくさんの乙ありがとうございます!
         / {  .:::::::l/.::::::}
         ,'  ',..::::::,ィ.:::::::/
          {  .::ト、| ::';::::/   AAの使い方とか諸々初心者ですけど、よろしくお願いしますね! 
        ', ::::ヽ | ::V
         ', r‐' l  :::ト、
           |V::::ノ .::::}:::}
           | l j ...::::::::|::|
         l:| ∧`ヽイ:::|
            !|,' ::', ::::::|::::l   あ、今どれぐらい人いますかね? キャラクリをちょろっとやっちゃいたいんですけど
          l  :::', ::::レ、j
          |  ::::ヽ::::::|
            {   ::::::l::::::!
          ト、.::::::::!:::r|


14 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:21:07.85 ID:vYmsw0gL [1/32]


15 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 13:21:21.34 ID:hJpHBF/l [5/101]
点呼です

16 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:21:29.66 ID:KXvnZMq6 [1/13]


17 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:22:42.16 ID:+NeFRELx [1/2]


18 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:22:56.01 ID:dmVjC3pm [1/5]
監禁しないと

19 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:23:57.90 ID:Uw/wZ065 [1/4]



23 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 13:30:25.85 ID:hJpHBF/l [6/101]
               ,ィl
            /.:/}
              /.:/.:/l
          /:;イ.::j .:ト、
            ,イノ :レ' .::| :',
         /:/ .:∧.:::ノ :::|
         / { .::;' :::V .::::|
        { :::::Y  ::::', .::::/!
        ヽ/l  :::::|:::/.::l   おおう……いっぱいいてびっくり
         / {  .:::::::l/.::::::}
         ,'  ',..::::::,ィ.:::::::/
          {  .::ト、| ::';::::/
        ', ::::ヽ | ::V
         ', r‐' l  :::ト、  ではとりあえずキャラクリから始めますね(たぶんガバいですけどゆるしてください)
           |V::::ノ .::::}:::}
           | l j ...::::::::|::|
         l:| ∧`ヽイ:::|
            !|,' ::', ::::::|::::l
          l  :::', ::::レ、j
          |  ::::ヽ::::::|
            {   ::::::l::::::!
          ト、.::::::::!:::r|



24 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 13:32:14.43 ID:hJpHBF/l [7/101]
               ,ィl
            /.:/}
              /.:/.:/l
          /:;イ.::j .:ト、
            ,イノ :レ' .::| :',
         /:/ .:∧.:::ノ :::|
         / { .::;' :::V .::::|
        { :::::Y  ::::', .::::/!
        ヽ/l  :::::|:::/.::l
         / {  .:::::::l/.::::::}  まず決めるのはやる夫の"出自"です
         ,'  ',..::::::,ィ.:::::::/
          {  .::ト、| ::';::::/  OPとかもこれがなきゃ始まりませんので
        ', ::::ヽ | ::V
         ', r‐' l  :::ト、
           |V::::ノ .::::}:::}
           | l j ...::::::::|::|  とはいえ、あまり難しく考えず、直感的に選んでくださって構いません
         l:| ∧`ヽイ:::|
            !|,' ::', ::::::|::::l
          l  :::', ::::レ、j
          |  ::::ヽ::::::|
            {   ::::::l::::::!
          ト、.::::::::!:::r|



25 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 13:34:33.76 ID:hJpHBF/l [8/101]
《やる夫の出自を決めます。特に深い意味はないかもですけど、方向性を決めるために》


【1 あなたは『勇者』だ】
類いまれなる才能で、国から選ばれた勇者である。
強い正義感を持ち、悪に対して嫌悪感と殺意を感じている。
誰かを救うためならば、自らを犠牲にしても構わない。


【2 あなたは『上級騎士』だ】
国の王女や王に忠誠を誓った、名高き騎士である。
高潔に生き、穢れなき心を持っている。
剣の腕は素晴らしく、同時に護衛騎士でもあったために人間相手への対処も適切だ。


【3 あなたは『下級騎士』だ】
下っ端も良いところで、王に忠誠など上っ面だけで本心では誓っていない。
生きるべく、ずる賢く社会に紛れ込んでいる。
最低限の剣技を持っているが、自分の身を守るのに精いっぱいで、誰かを守るのは難しい。
それでも高みを望む武士としての心を持ち合わせており、剣の鍛錬だけは怠らなかった。

少なくとも、上級騎士たちとは程遠いだろう。


【4 あなたは『冒険者』だ】
狩人と言い換えてもいい。
ならず者であったあなたが、唯一見つけた職であり、生業だ。
"冒険者ギルド"と呼ばれる場所で依頼を見つけ、達成する―――それが冒険者であり、あなただ。

サバイバル力は比較的高く、緊急事態に対しても冷静に考え、行動に移すことが出来る。


【5 あなたは『貴族』だ】
国の重鎮で、王族の血を引く高貴な血筋。
政治や、表向きには発表できないウラの黒い動き(闇市だとか)などに詳しい。
しっかりと教育されているため、どこか(会食など)で恥をさらすことはない。

が、身体能力は低く、体力も少ない。
頭脳に関しては、右に出る者がいないほどではあるのだが。


【6 あなたは『平民』だ】
普遍的な生活をし、平均的な身体能力を身につけている。
これといった特徴はなく、不得手もない。
平和をこよなく愛し、戦闘をあまり好まない。

だが、平民はいわば真っ白なキャンパス。
どう染まっていくかは、誰にもわからないままなのだ。


【7 あなたは『奴隷』だ】
悪いことをしたのか、親に売られたのか、その記憶はない。
物心ついた時からぼろ雑巾にされるまで働かされて、それが日常と言えるぐらいには永くそのままだった。
そんな環境にいたからか、盗みや隠密などに長けている。
主人の部屋に忍び込み、金品をくすねることで、その才能が成長したのだ。

見つかった時の言い訳も考えながらの行為だったため、話術の才も少なからずある。


【8 あなたは『咎人』だ】
なんの才もない。産まれるべきではなかった。
生きる術だけを身につけている。
それだけだ。



《じゃあまぁとりあえず13:50までどれが良いか募集します。多数決で》
例:【やる夫の出自:1】



26 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 13:35:21.32 ID:hJpHBF/l [9/101]
あ、あなた=やる夫って解釈でお願いします

58 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:56:08.45 ID:RZyYIooA [3/5]
上級騎士……
アストラの直剣とか使いそう

59 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 13:56:26.06 ID:hJpHBF/l [12/101]

               ,ィl
            /.:/}
              /.:/.:/l
          /:;イ.::j .:ト、
            ,イノ :レ' .::| :',
         /:/ .:∧.:::ノ :::|
         / { .::;' :::V .::::|
        { :::::Y  ::::', .::::/!
        ヽ/l  :::::|:::/.::l
         / {  .:::::::l/.::::::}
         ,'  ',..::::::,ィ.:::::::/  2ですね、間違っていたら申し訳ありません
          {  .::ト、| ::';::::/
        ', ::::ヽ | ::V
         ', r‐' l  :::ト、
           |V::::ノ .::::}:::}
           | l j ...::::::::|::|
         l:| ∧`ヽイ:::|
            !|,' ::', ::::::|::::l
          l  :::', ::::レ、j
          |  ::::ヽ::::::|
            {   ::::::l::::::!
          ト、.::::::::!:::r|  

60 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:58:15.49 ID:s6V2Jv+K [2/6]
バハラクのビュウポジかね

61 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:58:59.68 ID:QTLVm5Sv [3/19]
サラマンダーより速ぇわ

62 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:59:04.00 ID:6IF8P4e3
バハラグだとマテライトじゃない?

63 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 13:59:39.53 ID:Mi1HzsUU [1/6]
ほう、知識チートありの安価スレとは

64 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:00:14.74 ID:dmVjC3pm [2/5]
ブラボじゃねーか

65 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 14:02:56.84 ID:hJpHBF/l [13/101]
                               _,。rs。,_
                          ./'""ヘ  .L'ヽ,_
                         /_,.。s-‐=ニニニ二                                     _,
                        「.l +  +.\: : │: :'ヽ,                                    ._。s /
                 _,.。sSSSs。,_  │) +  + \.{/.「                                   / /
              /        \._} }  +   `l´ +.{                                 / /
            /  _。s--r。.,_   ヘヘ, +  + .│+ /                        ,ィs    __,/ /
           j。s≦: : : : : : : ≧s。  .ヘj  +  │+ .{うぅs,_                    //"\  .">  __く_
         ./: : : : : : : : : : : : : : : ヽ  ヘ≧Ssr。_.{。s≦___うs__                .//": : : : ">,*く ,/ ̄
           ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ  .}}) ̄:  ̄O  ̄: : O: : : ::/                ' ̄≧Ss。, .r/ /く     ,s
          .j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : } .│\: :O: : : :O: : : :O:/ ';s,_                  /く./: : : :\,__。sィ'│
         │: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : │.│  .\: : O: : : : O::/ヘ./'ヘ                    ./ ./へ,: : : : : : : :.j │
          」____: : : :___。s≦" .ノ '\  \ :: :O: : ::/).j .}/;lヘ                / ./    \: : : :/ ./
         ,}                   _,.ィ'"ヘ  \ .\ _,: ::/ /: :l/;;l l            ,/ ./      ノ__/ /
    ヘ二ニニ==-─────‐‐'''"")): : : : :"ヘ \  \/ /: : .l)/;l l          /\/      /___,/
    rヘ\}=====ss。,_        .//: : : : :(__): :"ヘ .\ .{ /: :(_).}//l_L         ./  /         ̄
    │  `゙・+、      ~"''・。、 s*'゙ (__): : : : : : : : :"ヘ ((r,)) 「 ̄jヘ  ,}     _,。s/  /
    }     `゙・+、     \_s*'゙: : : : : (__): : : : : : : : :r「lァ .│/ l,.。*'{゙    「_」「二"}'ヘ,
    │ _,      `゙・+.:.:.:.:.:}//ヘ: : : (__): : : : : : : (__): ,.*' ヘ」┐ri」' -r=r*r"./[二"}'ヘ::::}
   ,ノ: : : : "ヽ,   //: :\.:.:.,│ヘ_,.: : : : : : : : : :,,.s*'"  .│└┘;:;:;/ / j/[二"}"'ヘ::::./
  ./: : : : : : : : :.}  ({: : : : : ヘ////ヘ_S≦_,,.。s*・'"     .│  .│;:;:{ {/ .[二"}"ヘ:::::/
  {: : : : : : : : : ./  .ヘ -─: : : }////              .│  .│;:;:l/  /。s──'"
  │: : : : : : :/   ヘ_: :////                 .│  .│/  /。s≦
  \_,,.。*'゙  ,。+・'‘´    ,│                   .│  ./  /
   /  _。+・l'"    ,。+・==│≧Ss。,_          .│./  /
   "''"   ヘ ,。+・'‘´ヘ   │///二ニニ==‐l-s。,__ ./  /
          ヘ: : : : : : :/ll二_│ ≧Ss==‐-s。____/  /ゝ
           ヘ 。s≦'"   │::::::::::::j  .i::::::::::::│  /  /ヘ ヘ,
         'j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'ヘ::::::::::.j  l::::::::::::│/  /l:::::.ヘ  ヘ


【あなたは"上級騎士"だ。その確固たる忠誠心は、高潔なる騎士の誉れであり、あなたは数々の騎士たちの羨望の的であろう】

【忠誠を誓った相手に命を捧げ、剣を受け取る】

【これが"騎士"の契約であり、生涯にわたって続くであろう―――物語の、ほんの序章となるわけだ】


【そして、物語が終わるとき】


【それは、自らか、命を捧げた相手の―――『死』によってもたらされる】



66 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:06:16.98 ID:Mi1HzsUU [2/6]
諸侯の傍系かね?

67 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:07:52.62 ID:naWcsSYV [2/26]
諸侯自身でも軍人なら上級騎士やで

68 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:08:51.63 ID:Mi1HzsUU [3/6]
王様が騎士名乗ってるパターンあるからなぁ

69 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:10:58.84 ID:s6V2Jv+K [3/6]
広義的には王様も貴族も騎士だもの

70 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:18:27.25 ID:naWcsSYV [3/26]
まぁ上級ってくらいだから爵位持ちかその子弟(世界観次第では本人も爵位持ち)だろうな

71 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:19:48.79 ID:39ZPXEQ7 [4/5]
身分低くてものし上がりやすい世界かもしれん

73 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 14:22:33.16 ID:hJpHBF/l [14/101]
《まだもう少しだけキャラクリは続きます》


【あなた―――『やる夫・ヴェルグノフ』は―――】

【王の右腕として命を賭してきたあなたは、どのような者であろうか】

【世界とともに、築き上げていこうではないか】



《では次に、やる夫の"性格"と"種族"を決めていきます》

《性格は簡単に"怒りっぽい"でも、"高潔"でも構いません。ただ、"オカマ"だとか"男色家"とうとうは勘弁してください。騎士道とかでも良いです》

《種族はあまり深い意味はありませんが、物語上で同じ種族、あるいはその種族の集う集落などに行く場合、多少のメリットがあります(受け入れてもらいやすくなる、警戒されづらくなる、などです)》

《エルフや、人間だとか。原則、斬れば血が出て、二足歩行、人間とそこまで違わない姿かたちの種族にしてください。(魚人とかは申し訳ありませんが、無しで)》

《大抵の種族はいる不思議ファンタジーです》


《それじゃあまた募集します。今日は募集三昧です……ごめんなさい》

《性格と種族どちらか片方だけでも大丈夫です。あとあとダイスで性格や種族を決めます。14:45までで》
例:【やる夫の性格:不遜】 【やる夫の種族:人間】


74 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:23:47.59 ID:2aEZMB14
【やる夫の性格:お調子者】 【やる夫の種族:人間】


75 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:24:02.54 ID:Uw/wZ065 [3/4]
【やる夫の性格:強欲】 【やる夫の種族:エルフ】

76 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:24:06.95 ID:Mi1HzsUU [4/6]
【やる夫の性格:高潔】
【やる夫の種族:ハーフエルフ】

77 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:24:35.02 ID:W7xnwdSl [1/8]
【やる夫の性格:鷹揚】 【やる夫の種族:オーク】

78 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:24:49.46 ID:9k/gBetM [1/2]
【やる夫の性格:真面目】 【やる夫の種族:ドワーフ】

79 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:25:05.45 ID:sYk4bH4n [2/2]
【やる夫の性格:楽天家】
【やる夫の種族:人間】

80 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 14:25:19.97 ID:hJpHBF/l [15/101]
爵位ってどのくらいが丁度いいんでしょう……『伯爵』とかですかね?
貴族と違って国のために功績をあげて上級騎士に……って感じが良さげかな?
投票ありがとうございますー

81 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:27:01.77 ID:Mi1HzsUU [5/6]
>>80
それはゲームバランスにもよるで
でも王の右腕なんやろ?まあ伯爵ぐらいは欲しいな

82 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:27:03.00 ID:x+ThZEqv [1/2]
【やる夫の性格:冷酷】 【やる夫の種族:ドラゴニュート】

83 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:27:21.57 ID:W7xnwdSl [2/8]
雑談 AAのある騎士キャラを探してみたが
太陽万歳、黄金の鉄の塊、犬、レモンちゃん、男性騎士はネタ枠揃いだな

84 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:27:32.08 ID:Uw/wZ065 [4/4]
子爵とかも十分上級貴族で良いと思うけどね

87 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:28:29.55 ID:Mi1HzsUU [6/6]
>>84
騎士としては上級だけど貴族としては下級やで
男爵に毛が生えた感じ

99 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 14:31:25.00 ID:hJpHBF/l [16/101]
確かに少し長かったですね……
申し訳ありません、少し短縮して【14:40】までにします

まだいっぱい? 募集ありますので……

111 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 14:41:33.42 ID:hJpHBF/l [17/101]
締め切ります。投票ありがとうございました!
ではしばしお待ちを

112 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:44:16.27 ID:naWcsSYV [4/26]
まぁ爵位も何もなく腕一本で上級騎士までのし上がった、でも良いけど
それだとどうやってそれだけの功績をあげたのかという設定が必要に
王の右腕まで行くと最低限の政治力も必要だからそっちの設定も

113 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:46:06.37 ID:N7b/8vCw [2/33]
イッチがガバいって言ってるからそこら辺はゆるゆるでええねんw

114 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:46:26.01 ID:QTLVm5Sv [5/19]
私の右腕はここにあるって殺されるやつか

115 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:47:30.14 ID:2SnTa41Q [2/12]
宰相いるだろうから脳筋でもええんやで

118 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:49:02.49 ID:naWcsSYV [5/26]
ま、上級騎士の定義も世界観次第だし
ゆるゆるでいこう

119 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 14:55:15.18 ID:hJpHBF/l [18/101]
世界観をがっちり決めなかったのが仇になった……ッ!
執政メインではなくどちらかと言うと冒険もの寄りなので……ご容赦を
ある程度変にはならない設定にはしたいと思います
なにか引っかかる点等ございましたなら、ご指摘くださいませ

《なんの意味もないけどあってるか分からないから試しにダイス振ります》
【1D100:51】

120 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:56:08.16 ID:vYmsw0gL [4/32]
がっちり決めてもそれはそれで柔軟性が無くなるから難しいねんな…

121 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:57:06.81 ID:N7b/8vCw [3/33]
動かしていればそのうち固まるって偉大なる先達方が言ってた、なおあんこの振り過ぎで自滅する恐れ

122 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:57:15.70 ID:2SnTa41Q [4/12]
冒険っつーことは騎士の漫遊ものになるんかな

123 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 14:58:03.96 ID:hJpHBF/l [19/101]
               ,ィl
            /.:/}
              /.:/.:/l
          /:;イ.::j .:ト、
            ,イノ :レ' .::| :',
         /:/ .:∧.:::ノ :::|
         / { .::;' :::V .::::|
        { :::::Y  ::::', .::::/!
        ヽ/l  :::::|:::/.::l
         / {  .:::::::l/.::::::}
         ,'  ',..::::::,ィ.:::::::/
          {  .::ト、| ::';::::/    よし合ってた!
        ', ::::ヽ | ::V
         ', r‐' l  :::ト、   あ、これから性格と種族を決めるダイスを振るんですが、
           |V::::ノ .::::}:::}
           | l j ...::::::::|::|  性格に関して、三つ選んでそれを混ぜるってやり方でも良いでしょうか?
         l:| ∧`ヽイ:::|
            !|,' ::', ::::::|::::l
          l  :::', ::::レ、j   数が結構ありますし、その方がより書きやすいかなーと思いましたので、どうでしょう
          |  ::::ヽ::::::|
            {   ::::::l::::::!
          ト、.::::::::!:::r|




125 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:58:46.50 ID:DIGiKAJJ [2/4]
いいんじゃないかな

126 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:59:09.20 ID:naWcsSYV [6/26]
余程おかしい事でない限りイッチのやりやすいのが良いと思う

127 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:59:15.47 ID:QTLVm5Sv [6/19]
変なのが混じっても後悔しないならw

128 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 14:59:32.83 ID:619AT1xd [1/29]
>>1が書きやすいやり方でいいかと

129 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:00:00.83 ID:N7b/8vCw [4/33]
背反するようなのじゃなければ問題ないかと

130 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:01:37.23 ID:619AT1xd [2/29]
あとついでに言うなら、何でもかんでもダイスにしなくともいいとは思う
候補の中から>>1がいいなと思うやつを直接選ぶとか

131 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 15:05:05.88 ID:hJpHBF/l [20/101]

良さげですかね
まぁ奇天烈すぎるものでしたら振り直しか何かすると思います
あと、なにか元ネタのあるものでしたら、
自分がそういった知識に疎いのでご期待に沿えない可能性もあります

ご了承くださいませ

>>130そうですね……ですがまだ最初なのでこのままやらさせていただきます
後々その手法になっていくかもしれません
ありがとうございます



132 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:07:17.48 ID:2SnTa41Q [5/12]
絶対に譲れない所や自信のない所は特にそうやね
作者さん自身がモチベ保てないと意味無いからね(最重要)

133 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:07:41.96 ID:naWcsSYV [7/26]
後は扱えそうなのを抽出してダイス振るとかな
無茶苦茶なのを何とか辻褄合わせて満足したところで気が抜けて・・・ってよく見る

134 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 15:09:53.91 ID:hJpHBF/l [21/101]
>>133それもそうですね……では分かりづらいものを除かせてもらい、残ったもののみでダイスを振ることにいたします
投票してくださいました方々には申し訳ありません
明記すべきでした



140 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:29:06.48 ID:RZyYIooA [5/5]
慣れるまではヤバイ選択肢はある程度弾くってのは普通にあり
ダイスって奴はピンポイントでとんでもない出目ブチ抜く事に定評があるしな……

142 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 15:30:23.80 ID:hJpHBF/l [22/101]
《とりあえずこうなりました。皆さまありがとうございます》




【性格】        【種族】


1 お調子者       1 人間

2 強欲         2 エルフ

3 高潔         3 ハーフエルフ

4 鷹揚         4 オーク

5 真面目        5 ドワーフ

6 楽天家        6 ドラゴニュート

7 冷酷          7 鬼

8 冷徹         8 インキュバス

9 バトルジャンキー    9 混じり(混合種? 当たった場合は二つの種族ダイスを振ります)
         
11 悲観的        10 魔族 

12 ハングリー精神の塊  11 ハーフリング

13 聖人君子      

14 浪費家           

15 慈悲深い             

16 寡黙

17 英雄的

18 思案家

19 謙虚

20 ドスケベ


144 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:33:04.59 ID:619AT1xd [3/29]
性格はどれも順当にありそうな感じ
種族の方は、流石に神の系譜(半神とか)は除外された感じかな

145 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 15:34:43.24 ID:hJpHBF/l [23/101]
               ,ィl
            /.:/}
              /.:/.:/l
          /:;イ.::j .:ト、
            ,イノ :レ' .::| :',
         /:/ .:∧.:::ノ :::|
         / { .::;' :::V .::::|
        { :::::Y  ::::', .::::/!
        ヽ/l  :::::|:::/.::l
         / {  .:::::::l/.::::::}
         ,'  ',..::::::,ィ.:::::::/
          {  .::ト、| ::';::::/
        ', ::::ヽ | ::V
         ', r‐' l  :::ト、
           |V::::ノ .::::}:::}     ではまず種族から決めます
           | l j ...::::::::|::|
         l:| ∧`ヽイ:::|    種族【1D11:10】
            !|,' ::', ::::::|::::l
          l  :::', ::::レ、j
          |  ::::ヽ::::::|
            {   ::::::l::::::!
          ト、.::::::::!:::r|



146 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:35:12.83 ID:qVxPt/QY [2/23]
半巨人とか入れたかったぜ

147 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:35:39.12 ID:vYmsw0gL [5/32]
これは事情がありそう

148 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:35:51.38 ID:qVxPt/QY [3/23]
一般的種族扱いも珍しくなくなってきた魔族さん

149 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:36:14.95 ID:619AT1xd [4/29]
魔族の騎士か、これはシリアスな気配

150 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:36:17.90 ID:2SnTa41Q [6/12]
世界観にもよるけど魔族の国以外だときびしい感じかな?

151 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:36:52.44 ID:N7b/8vCw [6/33]
神聖魔法に弱そう(適当

152 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:37:09.90 ID:QTLVm5Sv [7/19]
魔王の右腕とかやっぱり切り捨てられる枠では

153 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 15:37:44.42 ID:hJpHBF/l [24/101]
               ,ィl
            /.:/}
              /.:/.:/l
          /:;イ.::j .:ト、
            ,イノ :レ' .::| :',     >>150そこらへんはおいおい
         /:/ .:∧.:::ノ :::|
         / { .::;' :::V .::::|
        { :::::Y  ::::', .::::/!   じゃあ性格行きましょう。背反していた場合は振り直しなどするかも
        ヽ/l  :::::|:::/.::l
         / {  .:::::::l/.::::::}
         ,'  ',..::::::,ィ.:::::::/ 性格【3D20:34(10+20+4)】
          {  .::ト、| ::';::::/
        ', ::::ヽ | ::V
         ', r‐' l  :::ト、
           |V::::ノ .::::}:::}
           | l j ...::::::::|::|
         l:| ∧`ヽイ:::|
            !|,' ::', ::::::|::::l
          l  :::', ::::レ、j
          |  ::::ヽ::::::|
            {   ::::::l::::::!
          ト、.::::::::!:::r|



154 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:38:03.83 ID:qVxPt/QY [4/23]
ダイス次第じゃ信仰戦士になるかもよ

155 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:38:16.70 ID:pm9sFBCX [3/10]
やはりダイスは狙ってくるなw

159 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:38:57.58 ID:2SnTa41Q [8/12]
急いで10を補充するんだ!

160 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:39:02.66 ID:N7b/8vCw [7/33]
無いって事はイッチの自由記載だ

161 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:39:15.60 ID:naWcsSYV [8/26]
全部振り直しか表を直してひとつだけ振るか

162 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:39:37.39 ID:s6V2Jv+K [5/6]
10が無いよw

163 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:40:21.35 ID:DIGiKAJJ [3/4]



166 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 15:41:00.46 ID:hJpHBF/l [25/101]
申し訳ない!!!!
振り直しさせていただきます!!!!!

167 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:41:27.86 ID:vYmsw0gL [7/32]
ダイスが悪いよダイスがー

169 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:41:50.33 ID:KXvnZMq6 [5/13]
ドスケベで鷹揚な騎士なんて居なかった
いいね?

170 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:42:01.47 ID:619AT1xd [7/29]
こっちも気付かなかったしええんやで

171 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 15:42:19.91 ID:hJpHBF/l [26/101]
上から1で最後は19とします!
本当に申し訳ない!

性格(振り直し)【3D19:36(11+18+7)】


172 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:42:34.21 ID:N7b/8vCw [8/33]
こういう時10の場所に1d20で埋めるって荒業がありますよ(さらに同じ展開になる可能性)

173 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:43:22.46 ID:vYmsw0gL [8/32]
思案家、悲観、冷酷?これまた…

174 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:43:43.43 ID:KXvnZMq6 [6/13]
ストイックそう

175 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:43:59.13 ID:QTLVm5Sv [8/19]
冷酷で悲観的な英雄か

176 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:44:05.09 ID:qVxPt/QY [6/23]
冷酷で悲観的で思案家。研究者では?

177 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 15:44:06.17 ID:hJpHBF/l [27/101]
>>172oh...

えー【ハングリー精神の塊】、【謙虚】、【冷酷】ですかね?

178 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:44:23.47 ID:R3gKRwpv [4/4]
参謀とか向いてそう

179 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:44:39.79 ID:x+ThZEqv [2/2]
冷酷、ハングリー精神、謙虚かな

185 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:45:37.06 ID:pm9sFBCX [5/10]
悲観的ゆえに思想家で冷徹な性格だね

186 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:45:38.96 ID:619AT1xd [8/29]
味方には謙虚で敵には冷酷、そして向上心の塊(ハングリー精神)と考えれば合ってる感じ

187 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:46:45.48 ID:vYmsw0gL [10/32]
表がハングリーか謙虚かで相当変わるなぁ

188 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:47:22.61 ID:naWcsSYV [10/26]
平民から腕一本で王の右腕にのし上がってもおかしくない性格

189 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 15:47:54.54 ID:hJpHBF/l [29/101]
腹の内を隠しつつ、敵を殺して昇格狙い……
世界観によっては魔族とかに裏切られて何かあったとかそういうタイプですねこりゃ
まぁ背反はしてないかな? >>186で行きます

190 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:48:43.21 ID:vYmsw0gL [11/32]
へーい、中々に黒い主人公になったな

191 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:49:02.62 ID:N7b/8vCw [9/33]
ダークファンタジー路線いいぞ~(決まっていない)

195 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 15:52:23.94 ID:hJpHBF/l [30/101]
《ぱぱっと世界観決めていきます》


《人類(この世界は普通の人間の割合が大きい)による差別の有無》

人類から見て、魔族や亜人(エルフなど)は【1 嫌われている 2 特に変わりなく、普通の人間と同じように暮らしている】
【1D2:2】


196 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:53:19.40 ID:3KL9DAVf [5/7]
平和!

197 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:53:22.15 ID:vYmsw0gL [12/32]
外国人的な立ち位置

198 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:53:45.05 ID:N7b/8vCw [10/33]
迫害や差別による奴隷堕ちは無くなったか?

199 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:54:56.20 ID:HtscuJ0F [3/3]
優しい世界

200 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 15:55:43.46 ID:hJpHBF/l [31/101]

《地球と異世界の繋がり》

地球と異世界は、【1 自由に行き来ができる 2 関係はない】
【1D2:2】



201 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:56:20.13 ID:619AT1xd [10/29]
純異世界かー

202 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:56:22.12 ID:vYmsw0gL [13/32]
でもそんなの関係ねぇ!

203 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:56:51.79 ID:qVxPt/QY [7/23]
異世界は異世界だな

204 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 15:57:27.52 ID:QTLVm5Sv [10/19]
侵略してくる地球人と戦争することはないのか

205 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 15:59:20.46 ID:hJpHBF/l [32/101]

《言ってしまうとやる夫に魔力は存在しない設定》

《魔力はMPみたいなもの。魔術を使うのに必要で、それがないということは魔術が使えないということ》

《魔力の有無による差別は―――》


魔力の無い者に対する差別は【1 ある 2 ない】
【1D2:1】


206 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:00:37.95 ID:vYmsw0gL [14/32]
えー?魔力なしー?魔力なしが許されるのは下級騎士までだよねー的な

207 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:00:40.30 ID:QTLVm5Sv [11/19]
魔力なくても成り上がれるんだというハングリー精神
アスタかな

208 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:00:49.94 ID:619AT1xd [11/29]
おっと

209 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:00:55.39 ID:N7b/8vCw [11/33]
種族で無く魔力の有無での差別か…なるほど

210 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:01:15.26 ID:hJpHBF/l [33/101]



《どのくらい差別されている?》


軽い     重い
1   ~   100
【1D100:70】

211 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:01:49.21 ID:XVjdGWtD [1/4]
結構差別されてた
さすがに奴隷扱いまではないか

212 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:01:56.78 ID:QTLVm5Sv [12/19]
これはクローバー王国民レベルですねw

213 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:02:05.31 ID:N7b/8vCw [12/33]
魔力無し相手ならむかついたからって理由で殺しても軽度の罰で許されそうかなあ

214 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:02:21.70 ID:qVxPt/QY [8/23]
よしよしいい感じのアクセントがついてきたぞ

215 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:02:56.15 ID:vYmsw0gL [15/32]
流石にそれはと思うが中性的になぁ、ありえなくもない

216 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:04:19.12 ID:pm9sFBCX [6/10]
断りを入れずに髪を触るなど無意識にペット扱いしてる感じとか

217 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:05:08.53 ID:qVxPt/QY [9/23]
魔力なしがどれぐらいかしら

218 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:06:04.44 ID:619AT1xd [12/29]
やる夫のハングリー精神の強さの理由が見えてきた感じ

219 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:06:28.85 ID:dHNsLQ1A
魔力がない人とある人の比率はどれくらいなんだろう
ない人たちが多いとある人が特権階級みたいな感じになるし

220 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:07:55.94 ID:W7xnwdSl [4/8]
魔族なのに魔力がないって、ただの族か
ハングリー精神の塊になるだろうし、謙虚に振る舞わなければ生きていけないし、
敵に情けとか掛けてる余裕なんてあるはずないな

221 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:07:59.63 ID:hJpHBF/l [34/101]

まぁあれですかね
魔力は神から賜るものだという思想の根付いている世界で、
"魔力がない(極まれに生まれる先天性のものも、後天性のものもある)=前世か今の人生にて悪いことをした"って思われてるとか

差別されているということはスラム街に放り出されていそうですから、より強く差別意識が出るんでしょう
裕福な層が、貧乏な層を見下ろすように、
どこか無意識に、そんな見下ろされる側も、誰かを見下ろしている―――なんて素敵ですね


どれぐらいいるか……は、ごく少数でしょうか
差別によって死んでいく者とかも少なくないと思いますので


222 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:08:58.66 ID:N7b/8vCw [13/33]
差別があるって事は最大でも過半数はとれないぐらいだろうけど数によっては戦争に発展しそうw

223 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:08:59.44 ID:vYmsw0gL [16/32]
ヒロアカの無個性ぐらいの確率かなぁ

224 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:09:46.52 ID:619AT1xd [13/29]
生まれながらの罪人扱いかぁ

225 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:10:26.16 ID:iAc751M6 [1/4]
差別社会。うーん、滾りますねえ……

226 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:10:42.07 ID:qVxPt/QY [10/23]
その中で上級騎士で魔力なしとなると身内で暗殺…なんて

227 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:10:53.03 ID:W7xnwdSl [5/8]
穏便にいって鋼の13世、過激にいけばゼス崩壊ですね

228 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:13:40.08 ID:hJpHBF/l [35/101]

《最初の舞台となる国では―――》


【1 差別は法によって禁止されている 2 差別は続いている】
【1D2:1】

229 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:14:57.16 ID:vYmsw0gL [17/32]
法による差別禁止ってギスギスしそうな気しかしないよな

230 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:15:32.79 ID:N7b/8vCw [14/33]
法で守られるのは表向きっつう事だな、おー怖い

231 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:15:40.55 ID:hJpHBF/l [36/101]


【1 それはあなたの活躍によるものだ 2 その国は元からそうだった】
【1D2:2】

232 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:15:48.64 ID:619AT1xd [14/29]
これは、やる夫が生前(?)に仕えていた国ってことかな
それとも二度目における最初の国?

233 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:15:53.89 ID:9aaOYidc
有名無実化してそうだなあ

234 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:16:03.71 ID:iAc751M6 [2/4]
水面下では差別有るんでしょうね、採用試験とかでもろに有りそう

235 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:18:04.83 ID:qVxPt/QY [11/23]
真綿で首を絞めるような陰湿な差別がいい塩梅

236 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:19:01.50 ID:hJpHBF/l [37/101]
>>232二度目の最初の国です。生前仕えていた国でもあります


《その国は―――》

【1 人間の国だ 2 【1D11:6】の国だ(人間の場合振り直し) 3何だっている】
【1D3:3】

237 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:20:31.51 ID:3KL9DAVf [6/7]
異種族ごちゃ混ぜか

238 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:21:04.31 ID:vYmsw0gL [18/32]
差別が法で禁止された色んな種族がいるユート(ディスト)ピア!

239 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:21:28.57 ID:qVxPt/QY [12/23]
初っ端からいろんな種族を出せるのはうれしい

240 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:22:21.93 ID:619AT1xd [15/29]
>>236 ありがとうございます

異種族ごちゃまぜ国家は異世界ものの醍醐味ですな

241 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:22:40.93 ID:N7b/8vCw [15/33]
差別禁止にしないと多種賊との争いに発展しそうだから禁止なのかもしれんな

242 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:22:53.65 ID:KXvnZMq6 [8/13]
サラダボウル

243 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:23:36.38 ID:QiOLj0Pb [2/2]
意外と良い国なのでは…?

244 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:24:20.48 ID:siu7Wfwu
王様大変そうだ

245 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:24:26.27 ID:IO6ISYhH
差別は禁止されている(差別していないとは言っていない)

246 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:27:33.67 ID:619AT1xd [16/29]
いや、案外国自体はとてもまともなのかも
それをよく思わない奴ら(魔力至高派閥みたいなの)が疑心と諍いを起こさせるためにやる夫を狙ったとか

247 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:28:07.74 ID:hJpHBF/l [38/101]

《他、何か決めることってありますかね?》


248 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:28:54.84 ID:YWvIRyKN [1/4]
悪法もあれば良い法もある
しかし後者が必ずしも従うのが限らないのも人のめんどくささ

249 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:29:22.41 ID:qVxPt/QY [13/23]
規模、文明レベル、特色、強み弱みかな…

250 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:29:37.31 ID:dmVjC3pm [5/5]
いや、もうないな

251 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:30:06.91 ID:619AT1xd [17/29]
二週目で何か引き継げるならやる夫の技能とか?

252 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:30:13.06 ID:iAc751M6 [3/4]
主産業、人口とか?

253 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:30:15.34 ID:hJpHBF/l [39/101]
《一応……最初は学校とかからかな?》
《なんやかんやでいろいろしたりするかも?》

254 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:30:22.13 ID:KXvnZMq6 [9/13]
忠誠を誓った相手はこれから決めてく感じで?

255 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:30:49.31 ID:naWcsSYV [11/26]
正直言って今決まった設定だけで相当重いし、やりながらその場の都合に合わせて作ってくんじゃないとキツいと思う

256 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:30:58.64 ID:N7b/8vCw [16/33]
学校と言う事は年齢ですね

257 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:31:19.15 ID:KXvnZMq6 [10/13]
あっ学校から始めるのか
了解です

258 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:32:12.59 ID:hJpHBF/l [40/101]
んー……>>249や>>252を決めたとしても、自分が活かしきれるか分からないんですよね……むずかしいところ

>>251全部引き継ぐのでモーマンタイです

259 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:33:23.71 ID:N7b/8vCw [17/33]
借金も引継ぐ…?(ネタ)

260 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:33:44.37 ID:hJpHBF/l [41/101]
忠誠誓った相手……

【1 王さま 2 王女さま】
【1D2:2】

261 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:34:24.76 ID:N7b/8vCw [18/33]
ロマンスがここに有ったんだね

262 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:34:35.90 ID:619AT1xd [18/29]
そういえば強くてニューゲームだった!
世界観はカッチリ決めずとも必要になれば考えるでいいと思いますよ

263 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:34:47.30 ID:naWcsSYV [12/26]
王道・・・だけどこの設定で王女と仲が良いのはヤバいと思う

264 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:35:57.41 ID:hJpHBF/l [42/101]
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \   これがシリアスすんのかぁ……


年齢は……魔族だし、長寿ってことにして、
特定の年齢からは姿が成長しないというご都合設定にしよう



265 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:36:43.65 ID:qVxPt/QY [14/23]
邪竜にさらわせようぜ

266 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:37:17.76 ID:N7b/8vCw [19/33]
姫様は攫われるものってそれ作品あるわw

267 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:38:49.44 ID:hJpHBF/l [43/101]

あ、二度目とは言え……たぶん、きっと、おそらく誰もやる夫のことを記憶していない世界になるかもしれない

調整していきます


268 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:38:51.25 ID:619AT1xd [19/29]
肉体的な全盛期が長く続く的なアレですね

269 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:39:11.33 ID:naWcsSYV [13/26]
R-18Gは竜姦のGか・・・

270 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:39:31.41 ID:FZ5I3LlG [1/3]
竜退治は最高だぜ

271 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:42:37.16 ID:qVxPt/QY [15/23]
世界の半分をやろう…

272 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:42:50.08 ID:hJpHBF/l [44/101]
《ああ、まだありました》

あなたは―――【1 家族に捨てられた 2 差別なく育てられた】
【1D2:1】

273 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:43:38.40 ID:YWvIRyKN [2/4]
さらにハードな背景に…

274 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:43:42.96 ID:FZ5I3LlG [2/3]
ファミリーダストやる夫か

275 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:44:25.62 ID:hJpHBF/l [45/101]


あなたは家族の顔を【1 覚えている 2 覚えてはいない】
【1D2:2】

276 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:44:51.97 ID:N7b/8vCw [20/33]
よし、もう家族の事は忘れよう

277 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:45:41.24 ID:hJpHBF/l [46/101]

家族のことを―――【1 憎んでいる 2 どうでもいい】
【1D2:2】

278 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:45:50.09 ID:naWcsSYV [14/26]
何故自分を追い詰めるダイスを振るのか

物心つく前に捨てられたのか、もう何十年も前の事なのかどっちだ

279 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:45:55.05 ID:KXvnZMq6 [11/13]
魔力無しの白饅頭だから
こりゃ幼い頃にポイされてますねー

280 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:45:57.02 ID:619AT1xd [20/29]
みなし子やる夫

281 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:46:08.91 ID:XVjdGWtD [2/4]
どのぐらいのレベルか分からんが忌み子的な扱いを受けるのかもな

282 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:47:11.48 ID:pm9sFBCX [7/10]
NO,I am your father
な展開があるかもしれない

283 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:47:28.11 ID:naWcsSYV [15/26]
法律で差別しちゃいけない→せや、生まれてすぐ国民として認められる前に捨ててまえばええんや!

284 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 16:47:36.71 ID:hJpHBF/l [47/101]
>>278幼少期に捨てられたってことにします
小さいころで物心つく前だったがため、家族の顔を覚えていません

285 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:47:43.41 ID:XVjdGWtD [3/4]
まぁありふれた出来事なのかもしれんし

286 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:48:47.16 ID:naWcsSYV [16/26]
これは二週目の生まれだよね?
こっから上級騎士は無理や

287 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:49:21.87 ID:qVxPt/QY [16/23]
上級騎士に上り詰めたあたりすさまじいサクセスストーリーがあるに違いない

288 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:50:57.52 ID:619AT1xd [21/29]
一週目だとしたら、騎士団長が見回り中に孤児を拾い……みたいな導入になりそう
魔力がない上に捨て子とかそりゃ向上心の塊にもなるわ

289 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:53:36.05 ID:naWcsSYV [17/26]
王の右腕が法律で保護しなきゃいけない被差別民の捨て子とかドロドロした宮廷闘争しか起こりえませんわ・・・

290 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 16:54:40.97 ID:vYmsw0gL [19/32]
宮廷闘争で生き残れるから謙虚と冷酷持ってんねやで

291 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:01:16.61 ID:hJpHBF/l [48/101]

《こうか。ちょっと長い過去話的な? 読み飛ばしても構わないです》


あなたは一人だった。
親には捨てられ、家はなく。
生きる術もなく、夜を越すごとに死の影が迫ってくるのがわかった。

だが、恐怖は薄れていた。
ただ―――とにかく、生きようと。

裏路地、スラム街……あてもなくさまよい続ける。
ゴミをあさり、マシなごみを食べる。
そこには、自分と同じような―――年端も行かない少年少女がいた。
半数近くが骸骨のようで、
碌な生活をしておらず―――そも、その大半が息を引き取っていた。

自分と同じように、魔力がないらしい。
だから捨てられた。
無かったことにされたのだと。
絶望に満ちた顔を見て、あなたは―――



―――それでも、自らが生き延びることを優先した。
小さい頃は力もなく、這って、隠れて、ごみをあさり、生きる。

―――成長した。
この段階で知り合いは幾人もくたばった。興味はなかった。名前も覚えていない。

―――身体は徐々に大きくなっていく。
富裕層のごみをあさったからだろうか。

―――足りない。
自分と同じく生き残ったやつが、ごみを占領しだした。

―――覚えている。
料理屋の店主が、ごみあさりをしている自分を見つけて、何をしたか。

暴力だ。
殴れ。
蹴れ。
噛みちぎれ。
握りつぶせ。

―――生き残れ。


冷酷だった。
思いやりはなく、自らが這い上がった。
しかして謙虚でもあった。
目を付けられないように隠れて過ごしていた結果身についたのだ。
そして……ハングリー精神が鍛え上げられた。
生き残るためには、強くなくてはならない。

食って掛かれ。
弱気を見せるな。

そうして出来上がった人格。
それでこそ、貧民街で生き残れたのだと。


そして、いつのことだろうか。
もう、うろ覚えではあるが―――




292 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:03:03.84 ID:naWcsSYV [18/26]
これ二週目だとすると一週目の記憶はなしか

293 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:04:58.83 ID:hJpHBF/l [49/101]
                ...................................
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::::::                        :::::::::::::::
   :::::::::::::::                            :::::::::::::::
  :::::::::::::::     来なよ、キミに生きる理由をくれてやる  :::::::::::::::
   :::::::::::::::                            :::::::::::::::
     :::::::::::::::                        :::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ...................................

294 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:05:14.95 ID:N7b/8vCw [21/33]
一週目は酷い目にあっただろうと想像に難くない

295 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:05:45.95 ID:W7xnwdSl [6/8]
貴族や親族との縁がない人材候補
やらせたいことはいくらでもありますね
護衛、汚れ仕事、場合によっては直轄領統治

296 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:06:01.99 ID:vYmsw0gL [20/32]
これを二週はいやー、キツイっす、即自殺しちゃいそう

297 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:06:20.38 ID:619AT1xd [22/29]
騎士を目指した切っ掛けの出会いか

298 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:06:50.51 ID:naWcsSYV [19/26]
>>1を見直してみたらここから頭空っぽにして読める話になるらしい・・・

299 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:07:03.31 ID:hJpHBF/l [50/101]
       /                           :::::::::ヘ
      /     /                   ヘ:.     :::::::::::ヘ
.      /     /                  ヘ::.    ::::::::::::ヘ
    /     /                    |:::     :::::::::::::|
    |     /                         |:::     :::::::::::::|
.    |    /                       i|:::    :::::::::::::|
   |    /                         |:::     :::::::::::::::|
   |   /                           i|::::    ::::::::::::::|
   |   /   _,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_    i|::::    ::::::::::::::|
  ,/   ゙<´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__}::::     ::::::::::::::|
   \ /::::::::::::::ハ  |::::::小.:::::::: __ ,.   ∠._,'  /     :::::::::::::::/
    \:::::::::::/::::::|  |:::::::i::::ゝ.       _,.r- !/      :::::::::::::廴,
      / :::::/::::::::::::| |::::::::::::::::::`ヽ._,. /         _,.;r=≠≦::::`ヽ
.     / ::::/ :::::::::,' ,'::::::::::::::::::::::::::::::/         /、:::::::::::::::::: ::::::::}
    / ::::/    ,' /:::::::::::::::;;_::::::::::/___,.. -─        ~゙'-=  ̄::::::::/
.   / ::::/    ,' /::::::::::::::::| ヽ-'´                   ::::::〈
  /::::::/    /.、-───-ト、                      ::::::/
. /::::::/    /.::::》      '{  ≦=≠                 :::::{
. /:::::/    / :::::::\_,.==≠、/二 ̄                  :::::j





     ____
   /_ノ   ヽ_\
  /( ●) ( ●)\
/ ::::::⌒(__人__)⌒::::\
|        ̄      |
\               /    なーんて、手を差し伸べられたんだったお



《やべぇ流れでそのまま始めちゃいそう》

300 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:07:36.21 ID:619AT1xd [23/29]
ええんやで(座して読むスタイル)

301 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:08:05.91 ID:vYmsw0gL [21/32]
ええんやで

302 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:08:19.47 ID:QTLVm5Sv [13/19]
これ、糞みたいなスラム世界を抜け出して
新しい世界に生きるで二度目の世界なのか?

303 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:09:00.02 ID:qVxPt/QY [17/23]
求めよ…

304 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:09:25.50 ID:hJpHBF/l [51/101]
ではそのまま始めちゃいます。今日はきっとプロローグだけで終わるはず
これは一週目の世界のお話です

307 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:11:29.65 ID:hJpHBF/l [52/101]


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  あー、いろいろあったおね
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \  やる夫なんかが騎士に、て思ったけど、意外とすんなりいっちゃったんだお




           ___
           /⌒ ー、\
          /( ●)  (●)\
.      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  cー、   |     |r┬-/ '      |⌒,一っ
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、   まぁ自分でもなぜかは知らんけどぉ
<<</ヽ                     /\>>>

308 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:13:37.21 ID:naWcsSYV [20/26]
まぁレイプで成り上がれるならレイプするメンタリティだよねぇ

309 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:15:13.58 ID:hJpHBF/l [53/101]

雪山の背景
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: °.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:
: .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .: : .:
. .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .: . .:
. . . . . . . . . . . . . . . . . ._. . . . . _  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
.  .  .  .  .  .  .   ,、-─‐‐''′`¨¨¨¨¨¨/ /`ヽ、  .  .  .  .  .  .  .  . __     .  .  .  /`>、、 .  .  .
              _、‐''゛   _  /   _/: : : : : :`'<`丶、__    ,、_,、─--─‐/ く__`^^'ー-、、    / __/ : : \_
      /\__、‐''゛: :/_/ /`¨¨ヽ─-/_:_:/ : : \: : : : : : ̄\/``'<_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__/   /  \.:.:.:.:._>''~ ̄`'<: : : : : : :\ ̄`ー
   _、‐''゛>''~_:_: : : : / ./    \: : : :>''~ |: : \_:_: :.\: : : \: : :`丶、.:.:.:.`^^ ̄/: : : : : :/:::/:::/:: : >'\/    /   \: : : : : : ``丶、
,>''~: : /:_、‐''゛ \ーく  /    _>'′  ノ\: : :\ ~"''\: : ::|\/: :\~"'ー-<: : : : ,、< ̄_二-ァ'´ _/: : :/ /  /  \_: : : : : : :
: : _:_:_、‐''゛     / . . \   xへ、__,,、丶\ ``'ー-ミ: : : :\ノ_: : \_\_: : __/`¨¨´: : >''~: :/: : :〃 /:.:/.::\/ ./ /:/ `丶、__\
/    /   /  \ \/::::::::::\:..: : :\_\_:_:\_:_:\`丶 /\ ̄ヽ∧:::: √{::/\─<_:_:_:_/: : :// //::::/  \/. :/:/: :/ i |/ ``
        /\ \   \\:::::\__ > ''"~  }: : : : : : : :``丶、\:::\_/::::::∨:::j/::::{::::\:::\/::::/`'<_/_////く: : . . .ノ\_/: :/: : j/: _、‐''゛
  /   /\\\ \ __> "~       /: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'<   ̄~"''ー- ⊥_\\/:::/{:::::ノ::/::::``く;:;:;:;: >-─………ァ''"´
´   __/(\ヽ\ _ > "~          /: : : : : : .:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::`丶 、. . . . . . . . .  ̄~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~ ̄ __  -‐ ''"  _  ‐  ´
ァァ'^_\__ >- "~             /: : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::``~、、 . . . . . . . . . . . __,.  -‐  "~     , . : ' ´
 ̄           _ _      _、‐''゛: : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_二ニ=-  "~     __,,..  -‐  ' ´    ,.- 二⌒
                _、‐''゛: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__ - ''"~        _,、-''"⌒         _,.. -''´  __彡



      ___
    /(●)^ ヽ\
   /  (_  (●) \
  /    Y ヾ__)⌒:::  ヾ   上級騎士になるまでは傭兵として雇われて国のために頑張ったお
  i     ヾ⌒ノ     ノ
  \   ー     /  大変だけど金は入るし、仲間もできるしでいいことずくめだったお!

310 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:15:45.65 ID:vYmsw0gL [22/32]
頭空っぽ(感情が欠落してる的な意味で)の主人公だろ?

311 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:15:56.67 ID:XVjdGWtD [4/4]
グリフィスみたいだな

312 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:17:24.20 ID:QTLVm5Sv [14/19]
思考に謙虚さが欠片も見当たらんぞw

313 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:18:10.02 ID:N7b/8vCw [22/33]
お馬鹿路線ならシリアスになんて負けないんだから

314 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:20:15.19 ID:hJpHBF/l [54/101]


     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  で、どっかの龍を騎士団とともに討伐しようとして、
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |   やる夫以外死んだけど龍も死んだから……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´    ,/
     r、/          \r 、   正直棚からぼたもち感がすごかったお
     |:l1             l;l:|
    /|` }            { ´|ヽ
    ノ `'ソ              ゝ' `ヽ、  まるでやる夫だけが英雄かのような扱われようだったお
  /´  /               ヽ、 ヽ
  \. ィ                   个‐´
      |                  |    まぁ、とどめを刺したのはほかでもないやる夫だけども



―――その討伐した龍が邪龍だったから、国のためにと功績が認められて、晴れて上級騎士になったんだお!




315 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:21:12.97 ID:619AT1xd [25/29]
邪龍ネタ拾われてるw

316 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:22:08.96 ID:vYmsw0gL [23/32]
いやでも共に挑んだんなら棚ぼたでもない気が

317 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:22:19.85 ID:naWcsSYV [21/26]
死んだ騎士団の遺族は臍を噛む思いでしょうねぇ・・・

318 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:22:25.61 ID:hJpHBF/l [55/101]
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l びっくりだったおね!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //  でも目的が叶ったお!
  / __        /
  (___)      /  爵位まで貰ったんだお! すごいお! それに王女さまに忠誠を誓うことにまでなったんだお!


319 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:24:25.43 ID:hJpHBF/l [56/101]

                ,,..._____ /ノ三三三乂__,,.. <三彡  ィiンン 丿ソノ 二冫‐'´
               /三三 三三三三三三三三三三彡   j i!l,'ノ゙丿/ィ,ィシ"
               /三>==三三三三三/////三三>'' ./ヘl │‐∠'ソ’
              \乂 ..-=≦三/////三ニニ .''': . . ://\ ヽ巛 __,,,,-‐ ~|    ./厂二二ヽ、
                /三三三三三、三三ニニ / ム\ \ l  ヽ. : ヽ: .│ : .ヽ   ∥厂‐-- (  \
             / ノ三三三三三 .三三三.《 : :| i  l\ ヘ亅 \. :∠! | l.|  ∥ |    入゙ヽ_ヘ
           〈;. -‐- .;..ノ ,三三三三.三三..| : :|l |  冫  ト∧`、 ∠∠| l|: . 〉`! ∥ |    |  |   `ヽ
   ,、     ∠. -‐-  ..{三三三三三三三 l |: .l !,   イ  / /!//  | l|: ./: .∨ |  |    |   |      ヽ、
   /゙ニヘ  ,∠-‐‐‐‐- . 彡; ;..<ニ三三三三三: ..|; .!ヽヾ /  ノ / / /  /: ./ /: .レ: :|   | ... -ノL ...  、入    !          _,, ,ィ' `ヾ
  ├下_ヽ二  彡/ |; ;彡/´ <三三三三三|.: .!; `、 〈/ / !/l i  ノ: ./ /: ./: :: :.l -‐    i    Γ‐、   冫   _ _,, -ー三三≡∠/゙
   イ / 丿/ ソ∠_   `  ̄ ̄ .‐--、ミミ: : : . ヽ / /::::;レ/, ;/ /: . /: :/: :  r' ´ ´`ゞ‐--∟ へ--》| --‐三三三´ / ヽ≡ヾ
  〈_/__∠冂 彡-‐;'  `ー‐┐         \: :ゝ ヾ::ヾノ:::::::;|, ; :./: :/. :: .〉/: :: :/. -‐-ヘ  `ヽ、 /l     |≡三三三/ / 丿≡ソ
   巛ヽ´冫`‐ ヽ  〉二_(__冫            ゝヽ.: . ヽ::::::::::::;/ / : :.〃: :_冫,, ′ __ l|    /: ;:リ)`ヽ、、. | ≡三三 〈 /  / 〈
    .i/ .( ヽ゛ 冫`;〉    ´           l.ゞ..: : .` ::::::::,´. : /. . : :::/ 〃..-‐´     ゝ  /: :: ;,.' .i;;;;;;;_`ゝ´三三三三三三ヽ
  ./入 癶 -‐~~辷二二ニニユュ            l| ヾ:.: : .`ー'. ::/. . : :/::. / ._,, -ーーーーー-,ゝ/,::.,ィ'./; ;;;丨 ゝ三三ο≡≡三∋≡√
 / ∧ /-、ノ/;;;;.丶 ヘ`    lヽ          .巛《 !-_ヽ、._; ; ; ; ::;_.-‐_- ./ イ   `ヾヽ、 / |i: :: :|: : !;;;;;;;;|  i ヽ ヘ /\≡三∠ \
ム l! /  ノ/!;;;;;;;;丶 ソ  `ヽ`ヽ         .《《 〆ヽ、_   、_;∠-‐"  ∠´ `l ≠二三!、 ヽ': :|i: :: :| ./;;;;;;;;;;l_`  ミミミミ  〈>  `ヾ
个_7_ン  /l !l; ;; ;; ;ヽ上ソ   | ぃ      .巛 / ./  ゙ゞヽヾ、 __∠´⌒゙、冫´  : :丶: :|: :.|i: :: :! /;;;;;;;.::-ー'"`:i _ _
   ̄   ∧   l; ;; ;; ;; ;゙ツ.   .!  .ぃ    .《《《《/ ./, =、,。o≦≧"  ,;`/.    |;|    : :.! ! .!: :|i : :: :/;;;ヾ:::::::;    |:.丿ノ八-、
       ゙':弋 l_; ;; ;: :: :ヽ   \  ぃ   《 _-‐"   》   》. ,;; ;|     .|;|    : :!;;!; ; ; ;: :./;;;;ヽ`      .ソ /, ; 冫》》
        ゙ヽヽ. ヽ::_  .ヽ   ヽ ,.` ゙ -'''"´     : :.》  / ____! ≦ニ≧.|;|     :ノ; ;; ;; ;/;;;;;;; ヽヽ  __ ∠: : / : :/  ヽ》》ゝ
         ヾ.  丶   ヽ   f´           ::丿,-'''".); ;; ;/    ; ;ノ;|  . : /; ;; ;i∠:/;;;::::: _ ,,-ー ´  ヾヽ   /    |〉 .巛
          ヾ   丶  丶  ! ;::....,       _,, ´; ;; ;; ;/; ; /    ; ;.i; ;i . : /; ;; :.ノ’ー'''"´ : : /     .: i! ./     .|》
            ヾ丶 丶  丶  ゝ、;;;;;;____,, -'''": :; ;》: : .ノ___/    , ;i_; /;゙‐- ; : . r''´   =  .l     .:::::! /      .|》》
            ヾ丶  丶.  丶  ,.´     : :: :  ,,!!''" /     ,;; ;//; ;; ;; ;_,,.‐" ......-二-  : :ゝ: .  .:::::.ソ l |      .|》》》
             ヾ丶  丶.  丶 !     : :  ∠∟∧ (     _ イ : :: :; ;: :ソ : : __   _._,, .ゝ─ー'  ./::|       .|》》》》
              ヾ丶  丶: :: :丶 ゝ====-'"´ ヽ丶|||||iヽ`‐‐.i´  ..ゞ.___ _ .彳`>ィ'"´   ト< フ入     /::::|        ..|》》
              ヽ.丶  丶: :: :丶 /       ヽ丶||||||iヽ: : | / ¨¨¨,;;;;;;i 彳:: ヽ      ヽ《 ∟、____,/《|》l      .|》》、
               ヽ.丶   ` ヽ丶        ヽ.丶《《《 ゝ/   . :: :丿 /: :: .. ヽ        l ヽ、 《《《 リ      /《《《ゝ
                 .ヽ 丶     ` `         ヽ.丶《《 l|  . :: :丿《l /: :: :: .  ヽ      .` i ヽ 巛 ´゙ミミ、、  /《
                 ヽ 丶     丶丶         ヽ.丶《 `ー--  《《 i: :: :: :: .  ヽ     i  i    ヽ 巛《《ヽミ;./《《ゝ
                 ヽ. 丶      ヽ ヽ         ヽ.丶《《《《《《《《 !i、: :: :: :: .   ヽ    .! .i     i.へ 《《《《` 《《
.                  ヽ .丶      丶.丶         ヽ.丶《《《《《《 ゞ`ヽ、 : :: .  ヽ   ! /     i  ```巛巛
                   ヽ 丶      丶 丶         丶 ヽ 《 |l| ヽ ヽ、 `ヽ._: . ヽ  / /      冫
                    ヽ 丶.     丶 丶         丶 ヽ l|l ,ヽ: :: :ヽ._`ヽ.ヽ / .|     /´.、
                    ヽ. 丶     丶   `-- .、       丶 ヽ 《|丶: :: :: :: :丶、 丶l /     /  ゝ
                     丶 丶     ,´ ´( `:. \       丶 ヽ  ゝ ._: :: :: :: :; .`ヽ |    /  ./´、
                      ヽ. 丶    ,: :ゝ `´,.'   \       丶 ヽ  ヽー-、: :: :: . 丶   /   /  ヽ
                      ヽ.  丶   丶: :: :ヾ , ‐、  ヽ       丶 ヽ.  ヽ: :: :`ヽ、: .ヾ  /  /   ∧
                       ヽ.  ヽ   ヽ: :: :; ;( ゝ '    冫        丶 ヽ. `ヽヽ、: ;; ;; ;ヾ  /   / ヽ
                        ヽ  丶   丶; ; ゝ _ノ  ./          丶 ヽ. `、; ; ; ; ;;;; ヾ /   /   l 、
                         ヽ.  丶   `、__     イ            丶 ヽ.  ヽ; ; ; ;;;; ;ヽ   /: :   i.ヽ
                         ヽ  丶      `ヾ  \             丶 ヽ. \; ; ;;; ; ヽ / : :: :: : i .ヽ



それからも、いっぱい戦ったお!
強くありたかったお!
暗殺者とか送られないためには、圧倒的な力が必要だったんだお!




320 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:24:33.00 ID:YWvIRyKN [3/4]
爵位カッコイイよね!

321 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:24:45.61 ID:vYmsw0gL [24/32]
棚ぼた…棚ぼた…?

322 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:25:34.29 ID:N7b/8vCw [23/33]
ただし一代限りの爵位かもしれない

323 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:25:44.46 ID:619AT1xd [26/29]
これは強い(確信)

324 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:26:20.10 ID:hJpHBF/l [57/101]
                 _,         〈三〉
              _..-‐'''',"        〈.三.〉
              / ..-'''"          | |
             /./             .| |
            //              | |
           / /             _..-''゙ニゝ
         / 儿,、           |_ ''^ニ二           _.-''ヽ、、
        / /: :  /        i!    |ヘ 二--.1        _..-"//_.._ヽ
        〉〃: : ./        i !    ヾ!二rイ"    ./   //// \ヾ`ヽ
      /: :: :: : /,        / !    ィ工辷i卜    〃   ./ /    `、ヾヾ.、
      i: :: :/  .i        /  レ´`_..-''" ̄ ̄~~ヽ.  //   /‐ //!     i i.: :: :i        _.‐;'
_/!..__  i: :./    (      ./   / \ヽ__三三__ ヽ// . _ / / レ !      i i: :: :i     _..-'/     __...._
\: : ヽ、ヽ、i     〉    〈   .:i /\_..-‐レ: : ⌒ヽゝ//| /! ! / ./ !      .i i: :: :i    i≦〈_..-'`ヽ、__/_..-''''
  ヽ、 ヽ/ ''" ̄`/   ,  .〈 i ゝ\/ ! 二.ゝ: :, 、: :!`ゞ ./ !ヽ  ! ゞ i       i  i!: : i    i  彡    /
    ヽ  ミ乂  ヾ、. ゝヽヽ     !二二 ! /, 、.丶: : `´!! ゝ、'/.. / ! .._    / / i: :: :i   ./ /  彡/∠_.._...._  ,....__.._
     〉. :: :: :ヽ    ゝ、  ヽ    .!-..___∠〈 (| ゝ.ヽ: : | !ヽ ../., // |´ゞ`ヽ、// ./  i .i  /〃 / ∠_..--‐‐‐‐-、,-、_ "-.._
     i: :: :: :: :ゝ-......      ゞ  〈-..___ヽ冫i  i´ / ヽ .!;;ヽ'´;´'// |: :/./ `ゝ/  i .i /  ´∠_..-__‐'' 二ヽ_.._....__"`ヽ-.._ヽ
     \: :-::::::::::::-'''"   ....-..ゝ、冫..  ..i`: :i i: ::: |: :| ヽヾ_;::' ///: :/./  /./`ヽ 〃/ゝ ! ! ! ...-...__‐‐-≦三: :: :: :: :゙"-...__ ヽ_
      `ヽ、`ヽ-..: :: :: : 彡: :: :: :ゝ !、 `ヽ..|  |  |: : |: :〈ゝゝ' ///: ://  // `ヽ.,⌒: :: :\ ´ 〉´   "`‐-.._ `‐.._: :\: :: :: ::. ゝ`‐-.._
        `ヽ、 `ヽ/: :: :: :: :: :: : `ヽ--‐'| ヽ i  |; ;: :ゝゞ/  /: : ゝ‐-〟 〈l ゝ ゙ヽ´`-_..-''"         \  ヽ: : ヽ: :: :ヽ: :ヽ ヽ"ヽ-‐''ヽ,
           ``ゝ 、_,_..-'""`ゝ、_: :_........_|  `´  .|; ;\\彡ノ   || |"`ゝ、`ゝ、 i´  _.- '" _..- -‐‐-、      .〉  ヽ: :: :ヽ: :ヾ: :: :\\\  .iヽ
                    ././   .亅  |.  .|; ;: :: : ゝ_,/  /  !: :: :ヾ\ヽヾ  .- '"/  /三へ、     !  !: :\: :: :\\\: : !  \ \
                    〃  //.|  |.. .|; ; ゝ  `´ //: :/ゝ、: :\\ゞ./ 〃   / /XXXX\    (  !: :: :: :\ \ \ /∧ ヾ  ..__ヽ
                    // ̄/; .|  |  .|; :彡彡 彡 //: :/: :: :匚匚 レ´ // /  ./ /XXXXXXXヾ   ヘ !: :: : ,: :へ : :\ヾ´  ヘ ヾ ヘ
                      // |  |  .| 彡//|..___.ノ/__......- '〈二.二|, ( i//   / /XXXXXXXX ヾ   \/ \: :\  ゞ    ヘ i ヾヽ
                      ノ ノ  |  |  .| ´/、_     __.. _.‐'冫=/ゞXXXX‐--/ /XXXXXXXXXX ヘヘ、      `ヽ, !      ゝ ヾヽ
                      〃   |  |  .レ´ミミミゝ'''''XXXX 〈三、、.'" )XX|XXXXXXXXXXXX_.‐'`ヽ、X、ゞヽ      .| !       i  ゝヽ
                          |  |  .| \\/XXXXXXXX !"゙ヾヾ /XX|XXXXXXXXXX_.‐': :: :: : `ヽ、\       ゝi        i  `i
                          |  |  .| ミヘ XXXXXXXXX レ"`ヽ |X/´XXXXXXXX/: :  \\: :   \       `'        i  i
                         /イ  |  .|\/XXXXXXXXXX レ"`ヽ |/ ///X/| /、\: : \  _  \: : へ              i .レ
                 、..__ゝ ̄"-" / |  |  .|X\XXXXXXXXXX .レ"`ヽ|ゝ: :´ レ´X.'XXX ヘ: :    / "-  : :  ヘ、            .i ソ
                _,.ゞミミミ三ヲ´  |  |  .|XXX\XXXXX/: :`、: :レ"ヽ|: :: :: :: :XXXXXXX ゝ: :: :: : !ゝ、  ゝ \ゞ.: : \         ノ ノ
            _..-‐''"_,.-‐- ‐‐フ / /|  |  .|XXXX ゝXX冫_..-‐'/`.レ"`!`ヽ: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : \: :: :-‐-ゝ ‐`、 \: :  .ヘ      _..''": :ノ
          _..'"_..-‐''": :_..-‐''"_.." / / |  |  |ゝXXXX ヘ X》‐-.._/: :: :レ"`! \: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ヘヽ __.... ゝ  ヾ  へ: : ヽ   ∠..-‐''"
          什_..-‐'": :: :_..-‐''"/ / / .|  |  | ゝXXXXX ヽヽ: :/,: :"〈゙゙ ゙_ ゞ   ゝ、: :: :: :: : ゝ‐---ゝヘ、 __....,ゝ  .ヘ  ヾ ヾヽ
         / /   !_..-‐'" _..-‐"  | ∧ヽ|  .|  .|‐ヽXXXXXX.!-‐'  l 廴l..〉 ,|     `‐---、.二二ゝ  ヘ、__. .. .,ゝ   ヘ ゞ  ゞ ヽ、
         \!   〈 ( ( (¨' 〈 |  〈   .|  .|  |_..-XXXXXX     l彳ュュ_;!                 ヘ、__. .. .,ゝ   i _..- ‐-`‐-.._________
              冫/_..-‐'"   ノ /  .|  .|  |  XXXXXXX    `|〈l1´                  ヘ、__. ..-‐´ゝ  ヾ    `‐----‐‐´
            `‐-..__..-‐''"!_..-‐''"   ..!  .! .!  XXXXXXXXXゝ  "´                    《ヘ/、: :/  ´ゝ、
                                  `‐-..ヽ `‐-`                        ヘ.._: :/  / \"-.._
                                                                    "‐‐‐---.二二::_


―――この剣は、王女さまのために

―――この命、王女さまのために尽くしましょうお



325 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:26:24.51 ID:K5IATUW2 [1/5]
邪竜にとどめを刺せるって一週目の戦闘能力は高めだったんだな

326 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:26:30.81 ID:qVxPt/QY [18/23]
魔法不要論

327 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:26:50.45 ID:naWcsSYV [22/26]
絶対口だけやコレ

328 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:27:24.31 ID:K5IATUW2 [2/5]
AAから溢れ出る圧倒的強者感!

329 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:27:32.30 ID:hJpHBF/l [58/101]


王女は死んだ



330 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:28:11.46 ID:naWcsSYV [23/26]
>>327
いや出世と保身のためには表面を取り繕う行動も伴わないといかんな
心の中では忠誠心なんて欠片もないだろうが

331 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:28:34.53 ID:QTLVm5Sv [15/19]
ハングリー精神と冷酷さを併せ持ってると
あえて竜殺しの手柄独り占めするために仲間見殺したとかの可能性は……

332 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:28:37.22 ID:vYmsw0gL [25/32]
悲しいなぁ

333 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:28:41.61 ID:N7b/8vCw [24/33]
!?急展開来た

334 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:28:53.91 ID:hJpHBF/l [59/101]
                  / /´       ヘ ヽ
                  !.!          ヘ丶
                 ゞ!   l        ヽヽ
                 .i´ `i、  ||         .ヽヽ
                ,,冫ゞヽ`ヾ!          ヽ゛
                i.i/!:: |:;ソ,.!`!          ゞ.!
                 !!ゝヽ'/〈l ! |、.         .! !
               ,xムヽヾ'、/ ,!! !|、`‐-.._       !!
              ./   ゞヽ、_.,/;./|ヘ`‐-._ヘ       i
              /´( 〈 iヾ、:`::;' ! ゞ!ヾヾ` i       .i
            /〈  ゝ、....., ヽ `: 〉 )|i:i、三二ヘ      |
            .i  ゝ-.._  \    //i..ii \二〉 `、
            ゝ、  i‐-.._  \ // i..ii  \ヾ . ヽ
              \ i  `-.._ 、/_i .ii   `i `´、ヽ
               〈 ヽ、_..-‐'`、゙、~ i ..ii    ヘゞ、 `.
                i ヽヾ..‐'"ヽヽ i...ii     \: :.ヽ
                .ゝ_..,\ ゝ- \\:::i , ,: :.  ヘヾ!ヽ
                  i  i´-‐‐‐ .〈ゝ、∨ヘ、: .  〈|`!; :i
                  i .ヾ、.   レ|/i\ミヘ、;:::-、 !、〉/
                 /_....._`‐-.._/´ヽ/ ヽ、´-‐''' `´
             _..‐=二"   _.. ‐´ゝ._//,`ヾ.._ヽ: :ヽ、 / /
           _..‐'''"≡≡`........‐'''" /ゞ‐>‐.:_/´..:' ゝ、ゞ、`´/
          _. ''≡/`‐;-三三_.‐'''"_..  _..'' /  `‐_.._ゞミ )冫 〉ヾ
        /´≡≡i`‐-, ;i ゝ--‐''"  : : ヽ'  /‐'''` `ヽ '''" i ヽ、
       /≡≡/≡〉   i .|,`ゝ  : :: :_..‐''' ゝ=""-‐ヽ 〃`ヾ:.: :: : ,!
       /_..‐''/ヽ≡ ノ/ , /  /: : _..‐'   /  ,) `〉".!! ゞゞ,:〉/ヽ
     /  //'-‐ ///===ヽ : :_..‐'  . '"  /  `´_. .‐'''"_. ': :ヘ
    /´  //___,/ ====∥: : _..‐' _..‐'"      _..‐'"  \、:::___: :`
   // ヘ./冫.._..‐'===/´_..‐'" _..‐"  /  _..‐ ´      ト、.: :: :i
  i  _..‐'_..‐' :;‐'-‐‐'""  ..‐"  .‐"   ..‐"        | 冫ト: : .i
  i / , !〃/:."      ..::"      ..‐"           .| | ト: :\
 _.;'‐'" /_..‐'    ..::" .‐"  ..‐"               i | |: ://
ゞ/´i/,‐'    ...: ".‐"  , ‐"                 ゝ′ヾ


王女は―――やる夫が、八つ裂きにしたお



335 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:29:18.75 ID:vYmsw0gL [26/32]
えぇ…(困惑)

336 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:29:38.06 ID:QTLVm5Sv [16/19]
マジかぁ……

340 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:30:39.55 ID:N7b/8vCw [25/33]
忠誠心何処へ行ったw

341 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:30:45.27 ID:kFgUuZQ4 [1/5]
即殺2コマやなぁ

342 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:31:44.24 ID:AJCJFqs2 [1/4]
やる夫が殺したんかい

343 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:32:08.16 ID:FZ5I3LlG [3/3]
月姫みて勘違いしてしまった可能性が微レ存(無い模様

344 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:32:45.03 ID:KXvnZMq6 [12/13]
???!?

345 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:33:35.96 ID:hJpHBF/l [60/101]
.  /_                 ノ;、;、;,;,;,;〈;、;、;;,,,, ⌒´:::::::::::::|i::::::|::/ |:::...../ _ :| i〃;、;、;、;、
/ 〕⌒ヽ             _/;、;、;、;、7;、;、;/:::::::::::::::::::::::. ;;;;;;/ ,ノ,,,;;;;; ;、;、/ /;、;、;、;、;、
  \  \         _  /;、;、;、;、;、;、乂;、Y;、 ..::::::...::::::::::::|::|;;;;;V:;;;;;;;;;;;;;、 /,イ;、;、;、;、;、;、
    \      _   //  ミ;、;、;、;;,,,,)ヾⅥ;;,,,;;|.....: : :::::::::::::::::::::Y:::::/ |::::::::::i /:/;、;、;、;、;、;、;、
     〕=  i    ≧//   /;、;、;、(;;,,;;;,,,,\ヾ;从: : : ヽ; ; ;;;;;;;;;;;|;;;/ i|;;;;;;;;;;|/;/;、;、;、;、;、;、;、;、
\r、_彡=7 ノ    y'/> i;、;、;、,,,;;;;;;; ⌒ヽミ\;ヽ ,,;;;,,, ヽ;;;;;;;;;;;;;;Y  {;;;;;;;;;;;;;/,,;;;;;;;;乂;、;、;、;、;、
  ≧≦,,シ  ≫  //  ≧ 乂;、;、/;、;、;、へ;;;ヽ入;;;;;;;;,,,..::);;;,,,,,,,; :  i;;;;;;;;;;;Y⌒ヽ ::,,,:::Y;、;、;、;、
    ≪≫     , ,       =Y;、;、;,,;、;;,,,,,,,,≫i 乂ゞ: : : : ,;;;;;;;;;;;;|  {;;;;;;;;;;;;;、;、/⌒Y ヾ乂;、;、
 -==ミ   ≪≫ '/i       ≫;、;、;、;、;、彡イ\;;;ヽ: ); ; ;;;;;;;;;;;;;; /;;;;;;;;,:';、,,;;;;;,,,,,;;;人ミ=--ミ
/  三 ヽ     辷7=--  _ 乂,,;;;;彡;、/⌒ヾV i |: : : ;;,,,,,;;;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;|,,,;;;;;;;;/>彡;;,,,,彡;、;、;、;、
/| ∧ ∧    '/,V  -=≪≫=--  _|___| ∧∨、: : : : : :..;;;;;;/: :i;;;;;;;;|;;;;;;;;/;、;、〃,,,;;;;;;;;_ ;、;、;、
ヽ !//∨ :.   '/V     =ミ     ―| |=-- ヾ ; ; ; ,,,;;;;;r:/;;;;;;;;;;;;;;;;∨;/;、;、,,,;;;;;;;;;,, ノ// ヽ_;、;、
≧※≦ :   i   '/V / _/  ヽ.     | |  ̄ ヽ Y; ; ; ; ; ,,u;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i/ 乂彡};;;;{;;;;;;|Ⅳ/// ∧}
_ / r= |i  |   'V / /⌒ヽ  V    | |     ,,,;;;; ; ; ;; ,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;ヽ/;、;. 八////// ヽ
”7'' ァ= ,,i  |  'V  /_\V彡'Vバ   | |    /; ; ; ; ; |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y;、\;;;;;(;、;、;、;、 ヽ///// ∧
〃 / // _|i  'V  ,' ≧※≦ i  i    | |   /从::...../:j;;,,,;;;;;;;;;;;;;;i|i|;、__ ヽ;、;、; /;;,,, ハ//////ハ
. / //  ̄/  ⅳ,,Ⅳ__|__|__|__|_l  l    | |  (: ;/: : /;;/ ;;|;;,;;;;;;;;;;;;;;从! ,,;;;;;\;、;_Y;、;、;、 小//////:
../ //   /___ ⅳ i廴_|__|__|__|_|___l    | |  /:/: : /;;/: : :|,,;;;;;へ ;;;;;;;;;\\;;;;;V;;;i乂彡イ;;;;;;|: //////:
  // __////ⅳ  |__|__|__|__|_l  l    | |i /./: : /,;/. : : :|, ;/;;;,,,,,,\;;;;;;;;\Y;;;;;;;;|/ ̄|;;;/. ////\|
. //  /:///.|/   | >  ̄ミ ┐ l    | |/: : : :/,,/ : : :,, |:(,,;;; ----\;;;;;;;;\;;;;;{ i;|;;;;;/: :r,: i/////イ|
≧=- / |///li   |,,////////|  :   | |.: : /,,/: : :,,,;;;;;|ハ/,,;;;;;;;;Y⌒Y;;;;;;;;,,i;;; ;;从_/: :/,;|: :,,,,,;;;//,'|
≧=----|///li   l/////////:  | r-=彡:/,,;;;/: : : :::::/;{: : |;;;;;;;;;;;/ \|;;;;;;;;;;,,斗r≦彡从 |: : /;i//.|i
ニニニ==|///|ニニ//////////!__彡: : : /,,,;;;/: : : : /;;,,|: :廴;,,,,;/ミ 人;;;,,,,,,,\/__彡':./::∨: :.:|//从
ニニニ==|///|=--,///////// |: /: :/: ≦ソ: : : /,,,;; ; 人: :\彡\/ ハ\;;;;;;;;;\;;( __/ 从;,,,,, |////\
--彡---|///| ___//////////,:从: 彡 ---/: : : 从--=大 (⌒): : ヽ: :.{ 人 \ \;;;;;;;;;≧x / \\人:::.)///,\
------〔====〕: i//////////|=----  ≦____从 ))_/  ヽ---――――…………======  ニ二ニ===
,,,;;;;;;;;;;; ゞ===彡,,l≧=-------|ゝ 二  ---- ――  =-------------===----       ゞ  __ ̄ ̄
, ; ; ; ; ; ;;;;;. : : : :人三三三三,人, ; , ;;; , , , ,,,,,,,, ,,.......: ̄ ̄ 二=-------==------,,,,;;;;;,,,, ....::,,,,,,,,,二=-)
; ; ; ; ; ; ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;......::::::::::::::::::::::................,,,,,,,,,,,,,: : : : :: : : :: :: ..................,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;,,,,


―――『融合の日』

この世界の、宇宙の、ずぅっと外側の神の仕業だという。
とある場所を中心に、広範囲にわたって万物が石化した。

―――その範囲内に、やる夫のいた国があったお。
もちろん、王女さんや、王さまも―――石と化したお



346 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:33:52.37 ID:naWcsSYV [25/26]
こいつなら必要があれば剣を捧げた相手でも平然と殺すよなぁ

347 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:34:53.51 ID:pm9sFBCX [8/10]
突然わけわからん世界観が出てきたぞw

348 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:34:55.55 ID:N7b/8vCw [26/33]
俺はこの融合カードを使い特殊召喚する!

349 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:36:03.95 ID:hJpHBF/l [61/101]
                  /二ニ=- __
                  /ニニニニニニニ====ミ
            /ニニニ丶ニニニニニニニニ\
            /ニニニニニ\ニニニニニニニニ\
    〈ニニニニ{ニニニニニニニ` ----------=彡.}
.      ∨ニニニ八ニニニニニニニニニニニニニニニ!
       ∨ニニニニ\二ニニニニニニニニニニニニニ|
        \ニニニニ\ニニニニニニニニニニニニニ|
        \ニニニニ` 、ニニニニニニニニニニニニ!_
         /  -=ニニニ> _ニニニニニニニニニ}ニ≧=-
           |      -=ニニニニ>―――――=彡二二二}
.         /.|         -=ニニニニニニニニニニニ>´
      ノ{  |           -ャ弋ツ `   ー==ァ
.       〃 | .八              `==彡         !
.      ∥ !   丶、                       |
.      |l  .|     {\        /           }
.      |l  .|    八 \         {      人__ノ /
.      |l  .|      \    、     ー--- ´
.      |l  .|        丶、 >   ____  イ\\
.      |l  .l      ____\        /:::::::::∨ /ヽ〈
.      |l  .∨   / ||   /  \.      /::::::::::::::∨_《 ∨
.     |!   .∨ / ||  ||  ./    .\   ./`ー―一 .ニニヽ ∨
.     |!    ヽ{ ||  || /      \ノム |::::::::::| 仁二}〉,∨
      |!     ∥  || 〈          .∧ニム::::::::::| 仁二|∧ }
      |!     {{   .||  \       ∧ニム::::::::| 仁二! ∧
     I    / ̄ ̄ ̄ ` \       .∧ニム:::::| 仁/| /
     |   /         ヽ>      ∧ニム::| ≦ニ.|/|}


―――聞けば、それは"何者か"がきっかけを作ったからだという



350 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:36:14.53 ID:kFgUuZQ4 [2/5]
原始時代に戻ってから文明復興するんやな!

351 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:36:56.58 ID:qVxPt/QY [19/23]
万能薬つくらんと

352 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:36:58.32 ID:2SnTa41Q [9/12]
この世界の神無能すぎねw

353 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:38:28.43 ID:619AT1xd [28/29]
王女は何か知ってたんだろうか

354 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:38:56.48 ID:hJpHBF/l [62/101]
                  /二ニ=- __
                  /ニニニニニニニ====ミ
            /ニニニ丶ニニニニニニニニ\     `'守斧k、                込沙'  為心.          恢;ji}
            /ニニニニニ\ニニニニニニニニ\      `'守斧k、                {{、   .イ犱㌢ '.          |j;遡
    〈ニニニニ{ニニニニニニニ` ----------=彡.}        `''气会ュ。._     !         逾≡斧i7Ⅳ  ' .        }7Ⅳ
.      ∨ニニニ八ニニニニニニニニニニニニニニニ!          `“'气会ュ。.,_ト、      逑丞圭i:刈  ィf秘、         焔リ
       ∨ニニニニ\二ニニニニニニニニニニニニニ|             `¨“''气垈ュ。.,_    逑丞圭j!圦 弋z少ァ       炒′
        \ニニニニ\ニニニニニニニニニニニニニ|                 `“'气会ュ、 焔丞圭斧会ュ。.__,f´     /´
        \ニニニニ` 、ニニニニニニニニニニニニ!_                    `'守心逑斧丞圭歪圭斧k    /
         /  -=ニニニ> _ニニニニニニニニニ}ニ≧=-                  `寸斧丞圭歪圭斧丞沁ュ。〆     /
           |      -=ニニニニ>―――――=彡二二二}   \_              `'守斧丞圭歪圭爬了¨´       ∠ -‐
.         /.|         -=ニニニニニニニニニニニ>´       \__            `''寺斧丞圭歪;遡      /
      ノ{  |           《 ①   `   イ1) }〉          ー―-气               j`寸斧丞圭7丞     〃
.       〃 | .八           ` ==彡    `=" !             \          .′ Ⅵ斧丞圭7沁.  .ィ:′
.      ∥ !   丶、                       |               \     |!     .′  逑斧丞圭斧ハィ㌢
.      |l  .|     {\        /           }         ヽ、       ヾ 、 j{     斧k   }斧丞圭歪圭Ⅳ    _.。ュ=≠一
.      |l  .|    八 \         {      人__ノ /ヾ、      \__        ヽ ヽ!ヽ、_,.為秘  炸斧丞圭歪冽 _.。ュ≦7≦。.__
.      |l  .|      \    、    ヽ ー--- ´≦/     丶.    ー―-气       \  ゞ辷沙' .イ斧丞圭歪圭洲竺≫''¨´ ̄ ̄ ̄
.      |l  .|        丶、 >    二二二二´イ\\   ` ー-  .._  ` ー-ュ。、   \   .。r今斧丞圭歪圭7l為'´
.      |l  .l      ____\        /:::::::::∨ /ヽ〈         二ニニ≠一垈、  厶。ィ劣斧丞圭歪圭圭丞Ⅳ
.      |l  .∨   / ||   /  \.      /::::::::::::::∨_《 ∨      `  、   ` ー- ._ Ⅵ≧=炸斧丞圭圭歪圭圭丞斧迦!         ト、
.     |!   .∨ / ||  ||  ./    .\   ./`ー―一 .ニニ\∨     \   ー-‐  `犱、為斧丞圭歪圭丞斧:才'"´ j        }i沁
.     |!    ヽ{ ||  || /      \ノム |::::::::::| 仁二ヽ∨       \ `“'气≧ュ。.為斧丞圭歪圭丞斧才´ィ示ミ .'         炸i}}
.     |!      .∥  || 〈          .∧ニム::::::::::| 仁二|∧}` ー- ._   ` ー- 、 `'守斧丞圭歪圭:圭丞ア´  弋沙' .′         刈Ⅳ
.     |!      {{   ||  \       ∧ニム::::::::| 仁二! ∧     `   .      ヽ `守斧丞圭歪圭7Ⅳ      .′      .ィ劣jア
     I    / ̄ ̄ ̄ ` \       .∧ニム:::::| 仁/| /      .        ヽ `守斧丞圭歪圭7Ⅳ      .′      .ィ劣jア
     |   /         ヽ>      ∧ニム::| ≦ニ.|/|}       \__     ト、`寸斧圭丞圭7:垈:ュ。.__,.ィ7      _,.イ7j㌢


許せはしなかった。
王女は、死んで良いような人間ではなかった。

それに、あの人がいた―――あの人の好きだった国を、無茶苦茶にされた。


だからやる夫は、急遽遠征に行っていた場所から国の方へと帰ったんだお



355 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:39:01.76 ID:QTLVm5Sv [17/19]
殺したくらいだし王女が元凶だったんじゃね

356 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:40:27.00 ID:W7xnwdSl [8/8]
慈悲の一撃的な

357 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:41:06.60 ID:hJpHBF/l [63/101]
.           , .、         '   ̄ ̄   、
          /  ヘ     /          \
        l ミ  ヘ    //   _,       ヽ
        l ミ  .∧.  /〈 _x≦__,        ‘,
         _j_7ヘ   ∧. 冫`   マj/            }
      _r">’、 ヘ   ∧/    `          /_
     「; i !  .r.、 ,  j ヘ.、    )         / .7
     l! .j .ヘ  l _! ,   ゝ-ゝ- ' 一 = 一 "    ,'
.     !: ヘ ヘzイ .l! !  ! l斗<  ̄         、〈!
.     ',:   r  j ! .j .}ハ´         、_ ,,... 〉
      ,:     i、' / !ヤV      ,.r  ̄ ハ" ハ
      ,:     / ∨’ ,!∧ヘ イ≠チ j.!  o  jl   l
        ヽ  ,ィ≧x\//>'┘  ./  ≧≠="   .!
      ィチ≦'"´ .j j// l   .i/ '      `ヽ  .!
      〈 ̄       ハ/j = l  ,'   _ z = z ヘ  l
      l    _zイ.ヤlj   .j  l ,   ,.        j  !
      lzzzzイ'    Ⅵ  ,'  j!  /      /,イ  l
         V     \ /  / イ _ z    /7 .   !
        V      ー.v< _      ./j7   l
            V     ,イ j! 、       ,ム/    .j
          V      / l! ヾ      .///     ,'
          ,ィ.、       .j!       ///    イ
          //l \          イ//'     l
           //7l   丶       ,.'// 7       .!
        ////!   j .\     ////7        .l
        ,'.///.!  l  Vヾー "////.7         l
        l////!  l   .\//////_/         .l
         l////!  l      ̄ ̄            .l


行くのは簡単だったお
騎士には一様に馬が授けられるから、移動は楽だったお!

でも―――



358 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:48:11.04 ID:hJpHBF/l [64/101]

                                                                    ∧
                                                                    .U
                                                                ┌──┐
                                     ,                          l    .l
                                         ./l                          l    .l
                                        l/   _                       .jjjjjjjjjjjjjj
                                       .∥   \ァ.,_                   /⌒ヘ     .ll
                     _  .__,,,,,,...rl    _,. ∥    .r'⌒'ぅ'+。,.             「ソ ̄j   ┌llh.   ,.r_─-,_
                       .  \ァ_//   l   ./ヘ.∥_,./'ヘ  )ノ__-j_  ."'・+。,.    ,;''⌒''ヘ,ヽ,__-ヘヽ,  ;rl-/.    .「__,_,_-ぅ
                       _,._   {_ヽr、.,  .l r'⌒'ぅ:::::`¨´:::::::,)。V+・''" f'"''~¬,-ィヽ,./.;.;.;.;.;.;.;..'; )  ̄ノ ´''" /ll.    シ,,,rl l , j
                   . ,ィ_,-ぅ  .l.l└_r-、._l _,r┐,l_─-,_''":::::l__ 冫. 」.,ィi'⌒'ヽ,''"'ー'" "'・+。,._ 」l   ./´'~'" ll.    ,t,,'ノノ /r-,,
              _,.ノl.__ r-‐'t .]ノj ._,ヘr[-,____l'"l__/「__,_,--ヘ ,.ノノノ _ __/l「===」 l   r;''".;.;.;.;.( ゞー-‐''(    ll . .ッ'「 .l`¨´ノl  「 ヽ,
          ,.。*'lj ̄ヘ l_,l。v+・'''"´´ヽ  .l,ノ  L「 l シ,,,rl l ,L /__、~ィi. jl  ノ jl   jr'""""'・、...,ィi'⌒'ヽ,   ll ./.:.:l .li====il  l.:.:.:.:..L
            .//,.。v+・''" .Vi'⌒ヘ .lj`゙・+、,_/`ー-‐'゛. .l ,t,,'ノノ /rヽ.,  ノ ̄,ィrヘ'¨´ .ノ' ̄ヽ,.l::::::::::::::::::::」,__rヘ二L   ll ノ.:.:.:.:ヘ」__(_)__.L_./j.:.:.:.:.:ヘ
   ,..ィヘv+・'r'l_l´_lj ___::::::::::.)ノ__-j lj    lj j ̄´´""'~j/ `¨´ _r--、.,  ̄ノ .l l  ̄j  ./ ̄.ノ:::::::::::::::::::::シ rぅミミミミ,.  ll .[冫.:.:.ヽ,UUUUUU.lヽ,,,.:.:.:」
.  '´─'┘   {,_」「,」  ´".ヽメメメメlj!!!!!!!!!!lj j       j'⌒'ヽ「_,__ ,,-ぅ.ノ  ヘ_l///j_./-‐'' ∥``"'~、,,."';;ミッィifセiヘ, ll ヽ,.:.:.:.:./r,UUUUU.j L.:.:.,__j
            .l l lj ´"'~、.,ノメメメ.lj    .lj j.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.。+・'┐シ,,,rl l .ヘ__  ,イUUUUUL:::∥      ∥,ゞ-''⌒''ヘ,.ll  ..'ヽ,_ノl ̄.ヘ∥、、┌_'ヽl,_
            .ヘt,lj::::::::::/ lメメメメ.lj!!!!!!!!!!lj j     ,;"::::::::::::::.ヘt,,'ノ,ノ) ̄'ヽ\UUUUUU. ∥iiiiiiiiiiiiiiiiiiii∥jlU/''⌒'ヽ_「lj  l⌒).└'-U∥、、∥ r_//
          .ヘi::::/::::,,.。jメメメ_,.。v+・'""j.;.;.;.;.;.;.;.,;"::::::::::::::::::::::`¨´::::::::::::. ヘ ヽ(_)∽l.l. ∥     .∥.ij./ ゞ.:.:.:..ノUljj .j ( 「 j j l l lヘ"'・+。,."'・+。,
           lj.┘_.,。v+・''"´ lj!!!!!!!!!!lj j    ;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i  ヘ,二」 .∥iiiiiiiiiiiiiiiiii.∥,ィ'.:.:.:.:.:.:_,/UUlj ノ ';,l .j__j__j__l__l__ 」   ."'・+。,."'・+。,.
      ,.ィヘv+・''"イ  . ̄' ̄ lj    .lj j.;.;.;.;.;.;.;.",::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/ノ_ム  ∥     .∥.:.:.:.:.:.:,/_.。*・゙lj./   .ヘ`ー-~'ー-~┘      "'・+。,//.
   .  '´─'┘ lj:::::ヽ  .冫-'".lj!!!!!!!!!!!lj j     ",:::::::::。+・・・+。:::::::::::::::::::/  / jヘ ∥iiiiiiiiiiiiiiiiiii∥_、-ヘ‐'UUUUU.j/    jlrー~‐-ー~┘
          .lj:::::::::ヘ  .j l lj    lj j.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.j゙・+」`'~r~)::::::::::::.ィ~、j_.,,。v∥     .∥ ヘ l]L二l.l二l.l/\  ∥  /ヘ    j
          lj::::::::::::.ヘ __/ ヽ.lj!!!!!!!!!!!lj j      .j∥   /. └-_.,。v+・''"´ ,.イ∥iiiiiiiiiiiiiiiiii.∥  ヘ /UUUUllj/!!!!!!\∥ 冫 .ヘ    .l
         .lj_,..、-r,,。s≦l  .lj    lj j.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;j L_/ _.,。rl+lヘ;;''" /   _/.l ∥     ∥l _// /  j  /!!!!!!!! ∥  j  └ .ヽ__」
               ̄ ̄   lj!!!!!!!!!!.lj j   ,.ィ'ヘv+・''"  .j  ll V'"L_r  .イ="∥iiiiiiiiiiiiiiiiii∥.lj  l`ー-~‐‐/!!!!!!!!!∥ _/    l   .ヘ
                   . lj    lj j.;.;.;.'´─'''"┘ L---'┘.ノ  .ノ .\   j,.∥     ∥ lj  `rー~‐-'l!!!!!!!!!!∥  -┤   .L___  .j
                   lj!!!!!!!!!!!lj j       j ,,.。*'゙  」 `¨´    .\ ノ∥iiiiiiiiiiiiiiiiii∥  .lj  l    /ヘ!!!!!!!∥  r_」     .ノ  ヘ
                    `゙・+、.,_lj j.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;j. ====r=┘     _,,.。'゙ ∥     ∥  .lj L__r  ./l `゙・+」 l ̄    .  .└====┘
                        └+、.,    .j           .└===∥iiiiiiiiiiiiiiiiii.∥   .lj .ヘ    .lヽ  冫 ヘ
                           "'''・+┘                ∥     ∥   .」j .ノ    .j ヽ__   j
                                                ∥iiiiiiiiiiiiiiiiii.∥      .ヽー- ┤ .  ノ  ヘ
                                               ∥     .∥     .,,.。'゙  _ヘ   =====┘
                                                ``"'~、,._ ∥     .「  ヽ r==
                                                          ̄ ̄


\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
 ≫                                             ≪
≪  いたぞ!                                            ≫
  "裏切り者"のやる夫・ヴェルグノフだ! 国の仇を取れ―――ッ!!!!!≫                                            ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

359 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:51:25.80 ID:hJpHBF/l [65/101]
/ヾ /´`´ヾ、 〉'':_i._;-..__-.._/_゙゙゙,`‐-:.!._〉 /\、._      ..-‐'''_,-‐:.........-'".-‐ ;..;'´  _.‐'´
/〉|/`   /´/´`ヽ´ヽ..ヾ〉,ヘ、,_.‐_'´ ノレ∧ 〉〉ヘ`‐-: ._ /´/ ゝ/.‐''´// /   "/ /"
!\!i   \ !l/ '"ヘ:ヘゞ,》ヘ!    `゙ヽゝ:.、-ヽ.! !  `´.! !'ヘ  / i // 〈 i`、` -:´_ /                  ...-‐'''ヾ
\,ゞ    \\ `ヘ ヘ .ヘヘ        ヾ`゙ヽi  i´ヽ`ヽ/  i//i //ヘi`` -`-.._          ...'''ゞ ...-'''"´...-'"´
         Ⅶ   ヘ ヘ  .ヘ         \ ゞ ,ヽ i 〈  / 〃,/´`ヽ/.//` -.._`-.._   ...-‐'''...-‐'''"´ ...-‐'''´
         Ⅶ   .ヘヾ  .ヘ         `- .!, ト i  / / ノ//ヘ レ'/ -‐''"..__` -.`-.. -''"´...-''"´.''",'..‐'´
          Ⅶ.    ヾ   ヘ           〈ゝ /./ヘ  〈//_ソ//i\ゞ、..________``-.`-.. ‐-- ...-''"´
          Ⅶ    ヘ   .ヘ          .\ i i 冫 ,ノ/´//i/ i 〉〉冫-‐‐‐‐‐‐ `-ヘゝ ...-''´
           Ⅶ     .,.、   ヘ           ii i〈  i/〈〈 ゞ,´〃 //∧,、二二 三...---‐"
           Ⅶ     ∨ヘ   .ヘ  丶、-、    ,i !.!  レ/ィ.::;)/  .,イ //ゝ\! ヽ               ,、〟
    ゞ`-.._-.._  .Ⅶ     ∨,!   .ヘ   ヘ \.  ヘ i ヘ `"ヾ` ´.-'''"// //ヘノ/ヘノ〉             _  \ト、
     ヾ `.._ ヘ  .Ⅶ      ヘ    ヘ    ゞゝ´、 .i. ゞ  \.-'''" /‐ i ‐''' ///ヾ、 i            ヽニl、 ゞユ、
     ゞ `、 ヘ-.._.Ⅶ       ヘ     ヘ   \ \ !ヽ.ト、ゞ--/...-,/ `-.._厂´厂ヘヘ           , 、 ヽゞ、,ヘ:i´
   ヾ´ ヘ `-.._`-... Ⅶ       ヘ     ヘ`ゝ‐--ゝ i_ i | ゝヾ-''"_..''.__   `-.._‐--ヘヘ         ´~`ヾフl彡'7/
    \ゞ、ゝ、`-.._`.. .Ⅶ        ヘ     .ヘ勹 二 i ,i ./ //_..''_.-" ヘヘ...、,    `-.匚ヘ i`-: ,....._      /テ i´i
\_  / ̄ ̄`ヾ---.Ⅶ        ヘ     ..ヘ レ´` 人\,.-.. 〉_.-''"ヘ ヘヘ   `-._.. ‐'''"∧.≧二ニ===゙゙下_ン
`‐-.._`i `-....'''"` ‐-.._ .Ⅶ         ヘ      .ヘ ; ;ノiヽ/\(  )匚` ゝ、_,!ゝ__."ヘ、   `-‐_.-‐'' /  /__..‐' "" __...-‐'''"´
‐‐‐- .._._ -‐‐‐‐‐'''" /´Ⅶ         ヘ     .ヘ  iヘ;;;;;;;;` ´i /、  / \  ` -._     ̄` ´ ̄    __/..‐''"´
-‐‐‐‐‐‐-´´´´´´ /""ヽ Ⅶ          ヘ      ヘ: :: :\;;;;;;;ヾ )  \!   /~~~~~`ヽ_...-''"'ゝ`-..___...-''"´__...-‐'''"´
___...-'"__...-‐''`/二///_.- Ⅶ          ヘ      .ヘ: :i´i;;;;;;;;;;;ヾヘ /ヘ  /. ;; .`-.._;;;;;;;;`-.._/´..__  __...-‐'''"´__...-‐'''"´
     /,/.../..ii,/‐'"""...Ⅶ          .ヘ      ヘ: :ヘ;;;;,、;;; ,ソ´) \/, ;; ;; ;; ;; .`-.__ゞ゙ _----‐‐ __...-‐'''"´`‐--.._
   .‐'''"/  /勹仆'´´/:Ⅶ           .ヘ       ヘ: :Y、ヾ、;;;;;;; ヽ/ヘヽ ゞヾ \\`-.._`-..`-.._ ̄`-.._   `-.._‐‐`
    /  // 冫: :: /..: :..Ⅶ           .ヘ       ヘ: : ヘ/, 、;;;;;∧‐-.._`-.__ /´、 `、ヘ ` - .._`-.._ `-.._ ̄`-.._`-.._


どういうわけか、やる夫がこの事件の―――『融合の日』の首謀者にされていたんだお。

名も知らない兵ばっかりだったから、蹴散らして王宮へと急いだお



360 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:53:09.30 ID:qVxPt/QY [20/23]
魔力なしに蹴散らされるとか情けないっすよねぇ?

361 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:54:26.13 ID:DIGiKAJJ [4/4]
魔力ってそもそもどう活用されてんだろうな

362 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 17:54:55.86 ID:vYmsw0gL [27/32]
歴史上の最も新しい悪魔とかになってそう

363 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 17:59:07.58 ID:hJpHBF/l [66/101]
      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ∧(0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (0)∧
<><◇>> 何もかもが、止まっていた。―――王も、王女さえも、時間が、止まっていた。  <<◇><>
   ∨(0)__________________________________ (0)∨
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

364 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:00:55.60 ID:hJpHBF/l [67/101]


                    __
                   / , - 、 l〈}
                    / ./   }-vト、
               / / / |`ー ' /、ヽ,
              ' 7  / / /   {l i ` -\
               /∧{ / 〈__ _ ヽ_\  ` \
                   /: :_:_: `: ー、|__  ヽ|
                  /: : : : : : : : : : : :|:::ヽ/
                , :': :-: :-: :- :、:::::ヽ: ::|:
               /: : : : : : : : : : : :\::::::::l}
              /:_: :- : - 、:_:::::::::::: : : ヽ/.,
          _ . -':::'::::::::::::::::::::::::::::`::::::::::: : : : l}
         /::::::::, : : :-: : : -: 、_::::::::::::__::::::::: : :|
          /,: :': : : : : : : : : : :: :::::::::::::::::::::\:::: :\
        /: : : : : ::::::::::: : : : : :::::--:::::::::::::::::::. -:::: :|
       ./: : : : : : : : : : :, - ': : ::::::: : : : : ::::::::::::::::::: l,
      /: : : : : : : : : : : : : :: ::::::: : : : : ::::::::::::::::::: : : : ` ,
      /: : : : : : : : : : : : : : ::::: : : : : :::::::::::::::::: : : : : : : :l}
     {: : : : : : : : : : : : : : ::: : : : : : ::::::::::::::: : : : : : : : : :l}
     |: : : : : : : : : : : : :::: : : : : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : l}
     |: : : : : : : : : : : : :: : : : : : :::::::::::::: :: : : : : : : : : : : l}
     、: : :: : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : : : : :::::::: |
      、: : :::: : : : : : : : : : : : : ::::::::::::: : : : : : : : : : ::::::: : :l


恩人の愛した国が一つ、滅んだのだ



365 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:03:57.93 ID:hJpHBF/l [68/101]
     ____
   /_ノ   ヽ_\
.. /( ●)( ●)\
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \   それで終わりだったら良かったおねー
|     (  (      |
\     `ー'      /

366 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:04:48.26 ID:N7b/8vCw [27/33]
回想と本人の表情の差ァ!

367 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:05:48.29 ID:2SnTa41Q [10/12]
この組織だった兵達はどっから湧いてきたん?

368 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:07:25.89 ID:K5IATUW2 [4/5]
あれじゃね王都以外は無事だったんじゃね

369 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:07:41.95 ID:hJpHBF/l [69/101]
           ___
           /⌒ ー、\
          /( ●)  (●)\
.      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  cー、   |     |r┬-/ '      |⌒,一っ  >>367ありゃ国の兵士だったお
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
<<</ヽ                     /\>>> どうにもやる夫が犯人ってことになって、やる夫の国と、あと他の石化した国の生き残りとかにも狙われ続けたおー

370 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:09:32.93 ID:vYmsw0gL [28/32]
やる夫が犯人となったのが故意的なものか自然にそうなったのかが問題だな

371 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:11:13.18 ID:N7b/8vCw [28/33]
恣意的にやる夫が犯人、そういう立ち位置になった方が得する奴がいたのは間違いないな

372 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:12:06.71 ID:2SnTa41Q [11/12]
なるほどなー、石化発症中心から外れた国の兵達か
皆から犯人扱いされるって事はたった一人の仕業でこんな大それた事が起こせる世界なのね
洗脳されてたんならそっちの方が凄すぎるけど

373 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:14:46.37 ID:hJpHBF/l [70/101]
                 ____
             ///////////≧。
             /////////////////≧.
          //////////////////////≧ 、
          .'////////////////////////// 、
           i///////. =------==///////////\
           |/////γ⌒ヽ      `''<////////ヽ
            {////  .乂... ノ --=====---ミ.、///////}
          V//{ ..ィ≦ニニニニニニ> i==ミ、////ノ
           .乂_/ニニニニニ> /: : ヽ`ト}  i T..イ
          /ニニニニ> ´  /:,ィf==-x.!  |  !
         /ニニニ イf=ミ、 i /:" ィ::i:Y ソ  ,  |
          ー― .i i´  |: V::i:} i/,ィ〈_//__〉  /`:.<
                ,|ィ  |〈___//_〉j : : : : : /  /: : :ア >
           ゝ-|  |ヘ : : : : : : : : : : / ./¨¨/¨´
            | |  | i ゝ: : :--= ヲ / /  /
              j八  |.ハ从≧===≦' /iハ从!
                _\{ __ ..ィ  ハ j/}\_
                ./ニ}ー-〈//ハ ノ: : :',_ノ}//〉≧=-、
            _.ノニニiニニ>/ハ 元 .//<ニニニハ
           }ニ≧ミニ|ニく////∨: :∨////>ニニ/ニ}
         ノニニ\V!ニニ`</∧: :///,イニニi/ニム
       .イニニニニニVニニニz≧У/イニ!ニニVニイニL_
    _,..イニニニニ> ´ {ニニニ〃ニニニニニ!ニニ}ニニ}  ヽ
   iニニニニ>"    .',ニニニ{{ 0ニニニ0ニ|ニニ从ニ/   ト、
   ',ニニ-={.       'ニニニ||ニニニニニ|ニニハ.ニ/   /ニ.',
    ',ニニニニ、       }ニニ||ニニニニニ|ニニ' {`/   /ニニ',
    マニニニニ、    リニニ||0ニニニ 0|ニ{  し   /.ニニニ〉
     、ニニニ/ヽ  /ニニニ||ニニニニニ|ニi  ` ¨¨r≦´ニニ/
      ヽニ.イニニ∨ニニニ.||ニニニニニ|ニ|  __ /ニニニイ
         Vニニニメ<ニニニ!!0ニニニニ0.i!ニ〉イニ\ニニ/
         /ニニ/' ¨T_} { ̄ '''' -=ニニニ.リ.ィ.iニニニ丶
         ー、ニ/i ト. }ニ≧=-  {{=   } {  ||_jニニニニ',
         r i 乂 ヽ.jニニニ||ニ≧ ====== ≦j }ヽニニニ}
            ゝ}ー`¨´ニニニ.||ニニニニニニニし ノ }ー  ´
            ノニ/`''<ニニ/|Lニニニニニニし_ ィ }
         ,イニニ/ニニ/ー 'ニー――― ==≦ニニーへ
        くニニ/ニニ/ニ/ニニニ|ニニニニ!ニニ',ニヽニニ\
          乙イニニ/ニ/ニニニ!ニニニ|ニニニ,ニニ\ニニ.>
          ⌒ヽイニニム==--=ノ乙=--=Lニニノー''T ⌒´
           i: : : : : : : : : : : : |   ', : : : : : : : : : : :|
              ,: : : : : : : : : : : :.;   ', : : : : : : : : : : !
            ',: : : : : : : : : : : :    .,: : : : : : : : : |
            ,.: : : : : : : : : ;      ',: : : : : : : : : |
              ',: : : : : : : : : :!     ',: : : : : : : : i




―――一年が経過したときのことだお
知り合いや旧友、仲間だった奴らをまず皆殺しにしてから、
国の方へと再び赴いてみたんだお!



        寸.:.:.:.‐‐‐‐ニニニニニニニニニニニニニ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ニニニニ}
            ヤ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‐‐‐‐ ニニニニニニニニニ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ニニニ>''~
.           ヤ.:.:.:.:.:.:.:γ⌒ヽヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ‐‐‐‐‐‐‐ニニニ7
          ヤ__.:.:.:.:.弋,__,,ノ ノ-------------                ,/(
         ,ふニ‐‐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:            ,,.ィi「|乂_,,ノ
.         /ニニニニニ ‐‐‐‐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:       __,,,...、rセ〔\ \| 〈´
        ∥ニニニニニニニニニニニニニーー‐‐‐‐‐‐ >'i~:| \ | |乂
       {{ニニニニニニニニニニニー‐‐‐‐‐‐‐‐ 、丶`.:.:.:|.|..:|(\ | 人〈⌒
.         Wニニニニニニニ‐‐‐‐‐‐‐‐ .、 丶 `.:.\.:.\ |八|\  | | |:.:.\
          寸ニニニニ‐‐‐‐‐ _ 、 丶 `:ノ.:人\__ノ \ .ソ、ノ\(\l| |\.:.:.\
          ノ``|..‐-=-‐ァ=ア トミ|.:|:.:.イ_彡イz≠妛妛妛ミ.l|へ.___\ l| |:.:.:.r──
       _彡イ :| .:|.:.:.:|.:.乂ゞ.'''|メ、|:.:.人:.:.く|  _」廴;,;,;,ノノノ| | | | 八( :.乂__
        `)| .:| .:|.:.:.:|.:.:|( ~~乂,,.\(\\.乂_⌒~~~~ / ノ 人 | | /乂\⌒
           _乂| |..人 乂__,,ノ   ̄`\\(⌒  _/__彡 / )人/:「:.:.|   ,
        _,ノ | 人( .込(⌒   ‘'      )   //// / ,ィi| |.:.:.|   }
           / 八乂 ) _,ノ}h、    、__       __彡クノ___彡ィ:i| .:.| |.:.人 ,’
.          / /j乂 ,ィi{i:i:i:i:i:i:i:〕h、   ::  `     /  イ〉|.:.:.:.:.:|从乂 八   /
         / 乂_ /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iミh、    ....:(    ノ ノ\)从  / /   /
        , /    {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iう7爪.   _,..、丶´  \\r / /
       {    /∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i//,.、rセ〔i:i/         |/ / `~、
.        ‘、   //  ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i//i:i:i:i:i:i:/.ノ        ./ /    `~、
        \__,,ノ〉 / /─‐ r─ / 〉‐ァ /_(乂__     _,,ノ ノ\\     \
.        ,.ィi{. `¨゛ / /     ̄/ / ̄      ` ‐-=-‐    ,ィi≧=‐- ..,,,_
     _,,ノ ∨∧i:〉/ /  ┌<⌒(\         \\  _,,.ィi{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
.    / __  〈:i:i// /  r「  j>‐┐ ヽ             ` ー‐┐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
   / 〈i:i:i:i:}h、∨/ /  / / / `¨゛ノ┐            /∥i:i:i:i// ̄ ̄`}:i:i
   /,.ィi{i:i:i:i:i:i:i/ .| |   {y′ (-‐ '' "´ノj         / //i:i://     //
  ,ィi{i:i:i:i:i:i:i:i:i:/| | |.  /         {∥_         ///      //
 {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〈: | |/|^/         j//∧         ,;//〈___/      /
. /i:i/─i:i:i:i:i:i:У/ |       _,. イ/  ∧\_ __,,..ィi//i:i:/___   /
/i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧/ / .|   ,.、rセ〔:i:i:i/  //|h、i:i:i:i:i:i:i//i/i:i:i:i:>''~  〈┐
 ̄/i:i:i:i:i:i:i:i∧     八\く(__∨i:/    // .|i:i: \i:i://i:i:>''~,.,.,.─ァ   |
. /i:i:i:i:i:/ ∨i∧      \ノ:i:i:i:i:i:∨   .//  |i:i:i:  `、/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉 〉/
/i:i:i:i:i:/| ∨i∧   >''" 寸i:i:i:i:i\__彡   |i:i:i:i:  `、…‐-ミi:i:i:i:i:〈 //



道中、昔仲間だった魔法使い共が邪魔しに来るから始末したお
―――ああ、それでもなんだか攻撃が緩かったおね?

最後まで何かを信じるような目をしてたお?
戦うときに泣くだなんて、愚かしいにもほどがあるお! まったく!



374 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:16:08.53 ID:N7b/8vCw [29/33]
やる夫お前w

375 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:16:39.34 ID:pm9sFBCX [9/10]
冷徹ていうよりサイコパスだなこのやる夫

376 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:16:45.31 ID:iAc751M6 [4/4]
オイオイ

377 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:17:07.52 ID:hJpHBF/l [71/101]
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  …………
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

378 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:17:36.98 ID:naWcsSYV [26/26]
殺すことへのハングリー精神

379 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:19:32.51 ID:hJpHBF/l [72/101]


               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    lおかしいお……アイツらの顔を思い出す度、死にたくなるお!
          \     `⌒´     /面白いおね!!
          /              \


380 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:19:41.66 ID:AJCJFqs2 [2/4]
王女を殺した時点でもう壊れてたんだろうな

381 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:20:36.84 ID:3KL9DAVf [7/7]
このやる夫狂っちまってるな

382 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:21:00.68 ID:vYmsw0gL [29/32]
愉悦

383 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:21:17.16 ID:hJpHBF/l [73/101]


―――それで、国に戻った後のことだお。
石化した王女に献花したりするから、いつものことのはずだったんだお



384 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:21:53.32 ID:hJpHBF/l [74/101]
                   {N               ,ィア          ’     __
ニニ≧=-          N                ,イ:/          ,      (⌒
ニニニニニ≧=-     マヘ                /::/        _____    ソ
ニニニニニニニニニ≧=-{ニヘ              /:::,'    ,斗i七ニニニニア
ニニニニニ「ミト、二二二ニニニニ心、  ム.     ,::::{   /ニニニニニニア       (
ニニニニニ{//}ト、ニニニニニニニニ心x沁    {::::{  /ニニニニニニニ沁x      )!
ニ/7777彡/,}!ニヾア'7:::{⌒゙寸ニニニニニ≧x,  {:::::', ,'ニニニニニア"´ ̄^^^^`''     ‘
'=/⌒寸///八xく /:::::{   寸ニニニニニニニヽ:::::ヘニニニニア         ゝ,
イ州州iノ////州州}i{:::::::乂____.マニニニニニニニ)::::::::ヽニニニzzzzx_       __
州州州州州州州州}::::::>''"州}ム-=ニニニニニイ爻ト、::::::::ヾ::::::::::::::o::::::::::`^^^^^^^´::::::::::::::ヽ
州州州州州州州州<州州州州ム-=ニニニ>爻ミ彡ミ爻x::/:::::::::::::::彳:::::::::::、::::::::::::::: ̄::::::',::::::',
州州州州州州州州州州州州州州ミ-=ニニ二)ミ彡爻ミ≧::::― ア⌒ヾ(: : :>vv<Wレ}ハレ从ソ:〉
州州州州州州州州州州州州州州州州州州州⌒)≧=彡爻≧ツ: : :/: :/VV:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:从从ソ
州州州州州州州州州州州州州州州州ソ≧-=ニ彡<爻ミ彡イイ/: : :/: :/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:W从ハソ
州州州州州州州州州州アミ爻彡"⌒爻ミ≧=-=彡爻-=彡ミツ: :,イ: :/:i:i:i:i:i:ivW^^ ,
州州州州州州州州州州{{ 气三彡''⌒,イ⌒ミ爻彡-=≦彡イイ:::::::-={: {:i:iア        ’
三三ニ=- 州州州州州州ア/ァ、,ィニニニニニ>''´:::::::::)从 ソヽ:::::::::::::::',::{:i:ャ  ,イ7   メ
三三三三三ニ=-州州州イ,,x<ニニニニ>''´::::::::-=ミ⌒ヾミ=彡≧=-:::::::',V/ハハi/
三三三三三三三三ニ>xニニニニア´::::::::::::::::::≦ニ=-⌒ゝ、、イ爻ノ }彡ハ:::::::::≦彡
三三三三三三三三三三}沁xア:::::::::::::::::::::::::::,イイイ三ミヽゞ、、イ.ソ从从ゝ::ヾ:::::::彡彡イ ,
三三三三三三三三三三三三}沁x:::::::::::::::ィ彡彡''"≧=-=彡⌒ヾ、,,ノ 爪アァァ::::::ー::::彡
三三三三三三三三三三三三三三ム:::::::,ィ~=≦三彡''"⌒ヾ _ノ⌒Y从イ乂ソ`''<‐'  ' 、
三三三三三三三三三三三三三三ニハ/ソイ⌒>イイ(_.イ''⌒)ソ(::::::ヘ彡ミソノノソ⌒}ア气,
三三三三三三三三三三三三三三三ハイノソ イ彡イ    ノ'゙7ハ:::ヘ_,,ノア'   ノ′
三三三三三三三三三三三三三三三三刄イ''ィ´    _,,、、-===ヘ:::ヘ彳 乂 /
三三三三三三三三三三三三三三三三ア(               ヾ::ヽ
三三三三三三三三三三三三三三三三三カ==-、、             ヾ::',
三三三三三三三三三三三三三三三三三リヾ                ヾ',



―――化け物がいたお



385 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:24:50.57 ID:hJpHBF/l [75/101]
                                                            _...  -‐=≠
                                                        , -< ,  <´‐'´
                                                    ,  ‐< , ‐'''゙´,_..  ´
                                               , ‐''' ゙´_....-‐'" _...- '"´
                                          _....-‐'''"´_....-‐'"´ _..- '"´
                                    __....-‐'''"´ _....-‐'''"´ _. ‐'"´
                 , 、               __....-‐'''"´ __....-‐'''"´ _.. ‐'"´
                / /           _....‐''"´_...-‐'''"´   _... ‐'"´
                ! !    _____...-‐'''"´_...-'''" ´,    _..‐'"´   ,,.__..-‐:::..._
               | , ヽ   ノ...._ _...-'''"/⌒'''""''' ==二三 ニ==ニ二三ミミミミヽ
               ヽ、=`ゞ';"´-.、. '''"´/ 彡 二 ゞ ゙ーイll|l大iミコャ=/''彡"   ~~''ーミ 彡
           ,-、,-、__ ,,."《´´ゞ..._./: :: :: .ヽ i ソ    "゙''ー===‐''''´       __....-‐__..‐'''__..‐'''ー"
          r'巛.t│-亡''巛ヾ: :_..-.._冫'´ ,!.|. i__.,l., ,-─===二二二彡´ ̄ _ ‐'"´ /   /´
       __....-‐'!l〉ユ癶..''"´´冫ゞノ      ノ ヾミミ..!! `ヽ..ヽ‐-´"' ‐ ...__ ミゞ 〈 彡彡 /  ヽ
  __..-v''亡ニ-‐''' ヽ '''丁亅  ヽ: :ゝ    ヾ = i ,/´|l ヾヽ 丶ミミ 》    冫 | | 彡` /   ,‐'''冫
∠`,/´'''"´     ヘ`''""冫   `´   ‐'´ ヘ ``i' l.',| トヾ/i _.-._ミ、    彡 ノ ノ ∠ /   ノ  .ゝ
 `゙´         l__;;;::: |      .ノ: : ∧. ,ヽ,ミ i./;! i | i.,/ ヾ~ヘミ゙゙゙"‐- ..._彡冫─/    .《
            │_:::-ヽ   , ノ: :彡: :ゝ: 〉 ヾ::':;' / ノノ/ノソ、ヘ ヽ`i \.  "゙゙゙── / _. .,ゞ
             |: :::-'''"ゝ ゝ_...--..、: :/|ヘ ヽ `.,:' ',/ヽヽ: :: . i   ト ヽ____...-...__...-‐‐‐‐'
             〉::-'''""〉、,´: ://: : ゞ: : ∧ ゙ ‐'''"// ゝi;.`;、 i   i  |\_ ::‐'"
            i: :: :: ::///: ://__..イ: :彡 ヘノ /,人ヾリ《!,弋 . ⅴ/ / | ::‐'"
             ヽ-‐'` (__::::::‐'''"  彡: :: :: :: : 彡丶ミ 《. ∨ヽ |/冫/ ト、
              \./      ""〃ゞ∨    ゝヾ、亅: :   / 〈ゞ、゙゙゙"‐ .._..-‐'''"~ -'''"i
                          ,       冫! |゙゙゙"‐ ...| ヘ \\    彡 ∠~∥ _....-´ゞ
                     __  __...ミ‐‐‐‐‐‐` ̄ゞ/ヘ |: : :.  i ,/ \\ `\゙゙゙"‐-‐´_....-'''" _....-'''"ゝ
               /----‐'''"、_,   _....-‐'''" ̄|: :: :〉/ゝ .ド゙"‐_,ヽ 仆XXX.\ \===≡≡_....'''"゙゙゙"‐ ..._
              //´´´`゙゙゙"‐_... '''  ゞ i..-'''´/..-'"i: ::. | 冫_.... ∨, :≦XXX\   ノ /  : :: :: :  ゙゙゙"‐- ..._.._..-‐'''"~~~~`゙"‐--
             彡´   -‐'''""亅._.-'"´ XXXX'XX ヽ ./: :冫、 /, :.// \XX\\  ‐- .   __         : :: :  .._..-‐'''"~
                  ,/| : :冫(: :i: :´`´ XXXXXXXX .!‐-"ヾ、/.X/ / .‐--\ \´"' ‐ ..._' ‐ ..._: :_   : :: :: :: : _..-‐'''
                / .! /《ヽ: :ヽ∠´XXXXXXXX  /‐'''""''' !.Xi | | / ,、‐-\ ミミミ ミミ      _..-..____..-‐'''
              ./_   イ// 冫´、 .YY YXXXY  《‐- ..  .|.X| | |/ ./ .ヘ .-ヽ  \ ミヾ   ゞ´
             ミ/ソ / ゞi |: :/  ゝ Y   Y     ): :: :/i.冫X\:: ヾヾ   ヽ 冫、  ヘ_   /
               //  i : :/  .;/            i"‐- ..;! Y   》 \‐ -ゝ / \   \/
               "    |: :i: :: ::;/            〈: :  |     《: :: .゙"‐-‐‐r 、 、 ヽ
                   ヽi: :./ |              匚了      ヘ___广》\ !: .\ヽ ヽ
                    ,i :/: :|              l! _ュ 1          ,〉 .ゝ: :゙ー=" ヘ
                   ,i :|: : |              〈゙゙ ゙_ ゞ         ゝ-‐'\: :.ミ丶 ヽ
                   ,i : .i: :|              廴l..〉  |!.             ヾ: :: :\\
               _..-‐'''´ゞヽノ|              l彳ュ ュ __ !               \/ /ヽヽ
              ∠ゞ__ヾ_≧≧,..ゝ             ヽ|〈lヘ1!{j                 〈〈〃ヽヘ
                                     V小l!/                  ゝ _,´ ヽヽ
                                     丶|;"´                   `ヾ// ム
                                                              ` ̄´

そいつは、王宮の―――王女さんの眠るその場所を、荒らしまくっていたお



386 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:27:05.85 ID:hJpHBF/l [76/101]
―\二二ニニ\ /ニ7 ,、、                        __   /ニム
二二\ニニ二二Vニニ7,イ:i:i:i|       ,ァzzzミ.      /´ _  ‐  ==‐'''"⌒ 〈ニニニ}
二二二\ニニニ{二7:i:i:ii:i:i:|   ァ''7ニニニニム.   /, イ´ 个ィ"´ニ=-    |ニニ}
ニニニ二二二二{ニ7:i:i:i:i:i:i:i|  ∥ニニニニア ///  ,イ  /ニ沁ニ=-  「i:/ニニ{
''<ニニニニ二二{ニム:i:i:i:i:i:i:|  l{ニニニニア//   ,イ  ,/}ニニ心zz /i:/二ニニ},/
   ``''-=ニニニ二沁x:i:i:i|  l{ニニニア / _」∟L_ ,ハ },}ニニニニ} ∨ニニニ/=
    ,ィ:i:i:i:i:i:i:i-=ニニニ沁、 l{ニニニア / ,,ィ:::::::,、,、::∨ }!ソ.{ニニニニ7. /ニニニ/二
\,,ィ:i:i:i:i-=≦ニニニニニニ沁l{ニニ.ア /,,イ::/7ハVハ::::::V' ,,/ニニニア /ニニ/ニニニ
≧ゝ:i:i:i:i:i:>''´:i:ィム:i:i:i:i:i:ヾニニニニ,' ,,イ::::/レiV:i:i:レ',ハ::::::V/ニニニア. ,イニニニニ>:i:
ニ=- ̄ ニ=ミ 〈ニニム⌒`ヾヘニニ,'.,イ:ハVV:i:i:i:i:i:i:i}_/ 〉::::::Vニニア:,イニニ斗<:i:i:i:〔´
=-  -=ニミx  寸ニニ沁x__,ィニニ//::::|/V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i レ} }!:::::',ニニアニニニニニニニ>x:i:i:i
_ -=ニ=- ミミ、 `''<ニニニ二イ,/::/| }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}ノ,イ::::/ニニ>'':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i寸ニヽi
  -==- ,イ彡=- くニニ彡イ/,,/::人|/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iV 〉:::/ニア:i:iィ"´.   ト、:i:i:i:i寸ニ}
_ -=-  ̄ ̄二ニ=-彡イイ/从///){:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iW }::::7ニア沁.    -=ニ}ニハヾ:i:i:iマ:i
イ  ,, イニ=-  _彡イ //从 ソ /:(_j:i:i:i:ハ:i:i:ハ:i:i:i:i:i:∨)::}ア:ヾニ沁、__,イニア`ヽゝ、
 /=- ,,ィ"´ /  イ ,イイ イ从イ:i:i:i:i:i:i/ニ{:i:|ニ}:i:i:i:i:/イ:::ア::::/ヽ 寸ニニニ彳⌒ヾ、
イ"≧=-彡 イ イ-=彡 / ハ l{:::i{ {:i:i:i:iアニニニニソ:i:i:i:i∧〉:::::::/ 八 ヽマム \ ⌒''气 ゝ
 _ >''´/ イ /  /ソ / l} l{::::iレハ:i:iィ:::::::::::::ヾ:i:i:i:ハノ/:::://. }! ヽ マム 、
'´  /イ /彡  ,イ イ ハ从}:::::/ }:::::::::゚:::::::::::::::::/}_ノイ:::ィ { 从   マム )ミ=-、、、
, イイ彡"イ   イ /从 ソ l{:::::ゝハ::::::::::::::o::::::::ハノ::::∧从 ∨. 八    寸 `ヽ⌒ヾ
 /( /イ/  ,イ,/ /从 从 l{:::::(ノハ::::::::::::::::::::/∨::::∧.ヘ ',∨  )     ハ \
((⌒ソ ,イ ,// ,/ l{ノ 从}! i l{::::::(_∧::::::::::::::::ハ,ノ:::::/ヘ  ',   ハ   ヽ \__
  /,イ //,イ ノ从从 八!}. ハ::::::}/W从从W ∨::::,イ ハ l} }! }ト、   ', `ヾミx、
.  { {,イ/イ∥ハ从乂 // }!  ヾ::乂/_/ ! / |/::::,イ ノノ  / ハ ,从::ヽ   ',   マ(⌒
  ゞ彳{. {{ {(( 八/,/  ハ  }!)h、::`~''"´:::::イ イ´  / / ,':::::::::::}   }!   八
 ,イノノ从ゞ乂ゝゝソ ,イ从 从 )h、::::::::,ィ(,从   ,イ // . {:::::::::::/  从 `メ  \


理性を失った獣のように、襲い掛かってきたお



387 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:30:14.54 ID:hJpHBF/l [77/101]
                              | :i:i|  i
                              |i:i|:i:|  i:|:  :|:i   .:|
                              |i:i|:i:   i:|i:|:i:i|:i| |:i |:i|i:        |i:
                              |i:i|:i      :i|   i|:i|      |i:i|i: i    '
                     |       |i:i        |   i::i|i:     |:i|  |i|:|    /
                |      :|:i:    |i:            i|i:|:i   |i|   |i|  i|/{
                  i |:i    i|:i| :i:|i:   |i              |:i:i| :i:i|i|     i|:i|i/ニ〉 :i |:   | i:
               | i:|i:||i:|   ||:i|  i|:i:   |:                i:| :i:i|i:      〈/ニ/i:|:i|i|i   | |:i
          i      ||i:i  |:i|   |:i|:i|  :|:i:|:i|:i|                   |         / ̄  |:i|i|ii  i|i:i|:i:|
          | i:.   ||:i  :i|i:|:i |     :i:|:i|:||                            |i:i:|i:i:|| i:i:i:|i|
        i| i:i|i:  |i:     |       |:|i                             |i:i:|   :i|i| |:        | i:
       .:i| i|i:|i  |:      〈\   '    |:                          |     i:i|   :i| |:i |     :| |:i
       i:i|   i|i:|i:i|       \〉                                | :i:|i:     :|     |:i|:|i|:i   i|i:i|:i:|
       i:i:i|    :i:|   |i: i                                 :i_i: |i:      ,       |i|:i|:|i| i:|| i:i:i:|i|
    :|i   i|i:i|         i|:i i:|:        ‘               〈\        /ニ〉|i:|               |:|i|i:i:|   :i|i| |
    ! ||i i|i|i:     !    / 〉|:i:             〈]        }_/      '’ 〈ニ/  |:                |:i:i|     i|| i:
i   |i:i |:i:||i:   |i i|     └'  i:                         |             /  / /           :i      :| |:i
|i|i: :|i ` !  |:i| |i:i|            r‐へ    '  /} ゙ ,    | |:.|    |         / /-=ニ//                ,  i|i:i|:i:|
i: :i| i|i:     i|i:  :i| `        丶  |-=ニ\__   {/      |:.i:|i:i|:i|i |.::i|i        / -=ニニ/  '               i:|| i:i:i:|i|
__ 、 |i:i    :i i:  :i:i|            \\-=ニニ}        |:i|:i|:|i:||i-=i:|.::||i:       / -=ニニ〈                  i:|   :i|i| :i|i '’
ニニ\ |i:    「\  :i|i:           \\-=ニ/         |:i|i:|:-=ニニi|.::i|i: |i: '  ///ニニニニ}/                     i|     i|/
ニニ=-\    \」            「ニ\ニ{        :|:i|/ニニニニニ=-|i: |/  ′ /-=ニニ///〉                 ′ i   / /    /
ニニニニ\   <7         `      \\ニニ∧_  {\  i|/ニニニニニニ=-|i:/ __/  /ニ=-// 〈/ ,     "      / /  '’ /-=ニニ=- //
\-=ニニニ\  ,          く> /}    \ニニニ\\>i:i'ニニニニニニ=-|//ニ〉 /ニ=-  〈〉 __                / //-=ニニニニニ=- /
\\-=ニニニ丶  ゙  丶     {/      ̄}ニ\\ ニニニニニニニ=-//ニ/   '’/   /ニ〉          //-=ニニニニニニニ=-/
  \丶ニニニニニ\ 〈]  \\      「\_∧ニニニ〉 /ニニニニニニニ=-/ニ/}/// ' 〈_/             /-=ニニニニニニニ//
 [〉   \\ ̄ く> rへ     \    |ニ/ニ\__/ /ニニニニニニニ=-///-=ニニ}' /    /〉   /〉     /-=ニニニニニ=-//     /
    「ニニ>、    {-=ニ\   r‐ヘ '  |ニ{ニニニ{  'ニニニニニニニ=-//-=ニニニУ   /ニ/   〈/ '   /-=ニニニニ=-//  __ / /
   \\ニ\{\ 〉-=ニニ}  rくニ=-\  ̄〉ニニ=-∨-=ニニニニニ=-//-=ニニニニ// /ニニ/       /-=ニニニニニニ/-=ニニニ//
    \\-=ニニV-=ニニ∧ \\ニ=-丶 {-=ニニ/-=ニニニニ=-/-=ニニニニニ/〉/}-=ニニ〉  '    /-=ニニニニニ/-=ニニニ//
   。 \\-=ニニニ{-=ニニ/ニ\ __\\ニ=-\\ニニ'-=ニニニ=-/-=ニニニニニニニ/-=ニ〉ニ/  '’     /-=ニニニニニ/-=ニニニ//
      , \-=ニニニ\-=ニニニ=-\丶\ニ=-\ニ/ニニニニ=-/〉-=ニニニニ=-/\/-=ニ/∠ /   / ̄|\ニニニ=-/-=ニニ=-//
   〈_]  \-=ニニニ\-=ニニニ=-\\\ニ=-/ニニニ=-/ニ//-=ニニニ/  __>=-//:::} ___ / /\|/\-=ニニニニ// '’
        <7 \-=ニニニ\\ニニ=-_\\\/__ニ=-/-=_/-=ニニニ/__/:::::::::::::}_`┴-/::/ |_〈∠__/  __ > -=ニ// /
\    ` _\   \ニニ=-/::Y]   /::::/ | 丶//:::}_ /-=/:.∧ -=ニ三レ'::::::::::::::/ ̄「\\〈::::{_|三三/__/:::::::::::::>三三三ニ=--
\\   L\\ __\__ i:::::i<  〈::::::{_|_/`┴'「\\ 〈_/ .:〉/ ̄ ̄7\ ̄-=ニ|   \〉V:::::/三三レ'::::::::::::/  ̄三三ニ=-
=-\ -=ニ三三∧::::/く三ヽ/三三∨::::/| ̄\〉ニ|  \〉 \_/〈: __/   〉-=ニL_/-=ニ三三三三三ニ=- ̄  ̄
三三三三三三∟V/三三三三三ニニ=-L_/ニニL_/三三ニ=- V___/三三三三ニ=-  ̄ ̄



388 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:31:49.30 ID:hJpHBF/l [78/101]
                                         ∠´ミヘヽ、
                                      _‐''".‐'"`   \` -..
                                      i// /´ ̄``‐.._  \ \、
                                      ヾ/\     \  \ \、
                                      _,ヾ; iヾ_       \   \\ヽ、
                                     /: : :i i l`` .、  /!   \    \\ヽ、
                                   ヘ /: :: :丿 .i ゝヽ ヘ/ ;!     `‐.._   \\ゝ、
                                  ト、∨: :ノ  .i  ヾ v ;       \\ \\ .i、
                                  |;:ヽ: : ゝ ヘ .i //   i         〉、 \\\~`ゞ
                                  l´ヽ:::ヾ  ヽヘ.i,// '"/,, i:          〉  \\ \ゝ
                                 〉. : i; :`、 、 、Y 〈./ ./l i !          `i  \\
                                 ,i :: :|::i;: ト i .゛  ヘ , ,//! | !
                                .| :: : |::i:: !:ヽ ‐.. ^ .//.::i ,i ;
                             _..-‐'": :: : .i:.ヽ.i::::.\ヽ ,:'/.::::i,.' ./
                            ,'". :: :: :: : i:..ヽ::.ヽ::::::::::.Y.::::::;; ' ; iヽ
                          _..- '‐-  \   i:. ヽ:.ヽ::::::::::::::::;'  //、
                     ,,...____,'. :: :: :: :: : \ .\ . i:...ヽ:.ヽ:::::::; ' , ' :: :ヽ、`ヽ,、
               ,,..-―…/': :´: :\: :: :: .    \: ;ヽ ミミ .\;ゞ´ , //  ノノ `-.._
      /三二ヽ _ .. ‐''"      /      `    \   : ;: ; ;`゙''''´   " _,,,.. ‐''"   /: :`/ゞ、
   ,‐''"    ;\      ,,../ -..           \  : ; : ;: ;.. ----‐‐‐ "      /´: : // ヘ ヘ
 ,∠        ; :i  \彡''" ミミ     ヘ          : ; : ; : ; .      _..‐''": :__..‐"人‐--  ヽ
 i        . . i: :\___,-‐‐‐‐-、ミミ     \         ゝ: :: :: :: ;   / : ;: :; :〉-‐´  \    ゝ.
.i        : :: :: .\ :: :: __   \ ヽ∠    、       ‐    _..‐''"  / / .!ミ‐--  /  〉   i、
i     , :: :: :: :: :: :: . `ゝ: :..___ :;ヘヘ---ゝ       ヽ         ̄   /  //  ゝ匚|ー-- / ^  /
ゝ    ; :: :: ::. ,,..-: :: :: :: :: :: :: :テ‐‐--.._____        ヘ 、,.. -‐ ",,.. '"   / ノ   i  i   iヾ ミ /
  \: :: :: :: :: ;/_,, -ー三三三:; /, :: : : :: :: . ヘ                  / /    ,|ゞ、    ゞ /,
   \: :: :: :|         /, :: ; : ,: :: :: : : . ―==≡..._____/ ̄   ``     i:::::冫!  厂 弋i
     \_/        /´, :: :  ;: : .. :: : : :  ; : ; :: ::  ; : ;: : : ; /..__       //::/  ̄‐-   i
               /, :: ;  : ;: ., : . ; : :/=/ヽ、;/ヾ´ヽ: :; :^i: : /´三二ニ =  ヾ//i:::/ _.._    ヽ !
              /´, :: :: ./∧ _ :: -‐''"     八  ∨  Y   ゝ     !    !//  ヽ、..__  i
             ゝ‐-‐''"  /;:   .|    _‐''‐' i::::冫-::..      ヘ ヘ    !  〃i /-:.._    `ヽi



負けるわけがなかったおね!
攻撃は大振りだし、ただ叫ぶだけで雑魚かったお!


しかもその獣、ずぅっと大事そうに左手に何か持って―――



389 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:32:26.49 ID:hJpHBF/l [79/101]
                            ____
                        _,、 ,-' i__ ` 、
                       /  ` ;  ヽ,/| \
                      {レ ;  ,   ./ |、  ヽ
                      {/l 、i  F  { / l} Y  `,
                     〈l ` i /  / _i_イ  l   }
                      \  '; /, v ': : :|  ノ  /
                          |:ヽ_/:::/ : : : |,--、__,/
                         /:|: : :::::::/: : /: : : : : :`-、__
                __ , : :': :´ : : :ヽ_: : : ': : /: :;: >: : : :|} .\
             ,。s≦ {: -: : :i: : : : : : -: : : /: : : : /: ://    \
           /, ー ' /i: /: : : : :ヽ: : : : :/: : : : -: : : : :/{   - 、 \
          /ノ   ,/ l}: : : i: : : : : : ノ: : :o: : : ): :r -' {l   /    }|
         / {    / , ' |: : : i: : :ノ : ' : : : : : / / ゛   |   /    /.|
         ヽ 、    l} ィ/: : :イ: : : : : :__: : : /: /   / iヽ \  / l}
          ` '   '/ {: : :/ i: : :/ ` : :/ `¨ / / ヽ-,` -、 ̄, |
             ./  レ  ,|イ   __||__   /  / / /: :ヽ,    `}
     r-、     ,-- 'イ   ∧ i 、|  ¨T¨   /  / //: : : : : : i    |
    , ノ。L_   イ ノ_ i_ -ー'  l .l  |       |   l/./:/` ∨、 /、  / l{
   `- ィ ト- ',/ー- ノ/     l}.i  |       |  | l{      l - . 〈 ∨/
     ∨l, j__ - | '      / l}  |      |  | ヽ,     {l / - ' ∨/
    //__} '- j /      /  l} .|    / .|  l_/  `,    |- '  i `.∨/
    (__ー_ノ i./      .-|-、__| .| `      | /    l}    l-- 、 ` ' l}
      {-_' _/      / ,L___ ヽ .|     / |    / iー―,  {l ヽ //
       ̄ )|      / ヽ{   ) `- _   / /  / /ヽ, /-、 |ヽ `' l}
             フ>--、 `ー '     `,- __  '   / / メ `{l `-' |
             `/- L_ ` -、 \_   {   ) ` -=_______ノ_-- ノl} - 、.|
              {/xxxx`x-、_ ` - ,` -,ー '_      {   `  | 〉  |
              /xxxxxxxxxxx>、  ` -,  ` - ____乂___ノ___{l   l}



390 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:33:18.55 ID:qVxPt/QY [21/23]
あれはやはり人だよ…

391 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:34:23.68 ID:hJpHBF/l [80/101]
           、―――-、_  .∧   _,,..-‐;;::―- 、
           `丶、`丶、 `ヾl`y'"´,.-‐''_,.-‐''"´
              `ヽ、_>‐7ト`<_/
              ,.-‐''メ、 / |ヽノl ヽ
             / ,.‐'´_ ス'、 | //`ヽ ヽ
              //,.‐''´   ヽ.l'/~`゙''‐ヽヽ
            '"´    __j‐、__   `゙`
               ,.-‐''´ /{___j,,r ゙ヽ、
               '‐----ヘ   '、   ,`丶、
                ,.-'"´ ',   ヽ、_/_   ',
                /  }_,.ヘ   \´   |
                Y1 l   ,l            |
                ∨_ノ`-< !            !
                ∧_{`ヽ',l         l
                ヽ,、`rへl         l
                 ヽ_ノ  ',        ___',
                       ',    /~   `ヽ、
                         l'、   /        `丶、
                      '、ヽ /            `''‐-、_
                       ヽ」                 `丶、


花だった。
あの獣に似つかわしくない、かわいらしい花。

―――『枯れることのない』と言われる、黄色の花だった。



392 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:34:49.02 ID:rmMl3XQ7 [1/2]
オセロォォォット

393 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:37:47.83 ID:2SnTa41Q [12/12]
きっとメスだったんだおね

394 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:44:50.07 ID:AJCJFqs2 [3/4]
本当に化け物だったのかやる夫にそう見えていただけなのか

395 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:47:17.77 ID:K5IATUW2 [5/5]
うわああぁぁああああ
SAN値チェックの時間だーー

396 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:53:38.75 ID:hJpHBF/l [81/101]
                        __
                       / __   `、' |
                    /  /  ヽ   l ヽ
                   /   '  ___ i   l  \
                   /   / /  〉ヽ   | /
                      / /   イ v   l L__///|
                 / /  / .l L /---- /  \,
                 / /   /  } /     {l     \
                / /   /| ./ /     {l    |  \
               ノ /  / { l  l ===   ヽ   |    |
             / | l  l Vヽ {lノ: '  ̄ : ` : 、 l}   、   \
            /  / l  l ` /: : : : : : : : : \:ヽ ,、 \   }
                     {: : : : : : : : : : : : : : \|ヽ  `  /
                     /_: : - :  ̄ : : : :` : , : : : :\__,v'
                   //: : : : : : : : : : : : : : : \: : : :|_
                 , レ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: :}
               r-: : /: : : : : , : -: : ――: : : : - 、: : : :\,
             ,___l}: : : : : : : :/: : : : : : : : :: : : : : : : : : \_: : :ヽ、
            /: : : ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ- 、__
          /: :__'_ : :: : - - -: : : : : : : : :ー : : :\: : : : : : : : : : :` : : : }\_
       、ー: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :` : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :\__



覚えていたお。
花言葉が"永遠の忠誠"だから採って来い! と王女さんに採りに行かされた花―――『トコシエソウ』だったお。

『永遠に私に仕えてよ!』なんて言われたのを、覚えている。

それは、知っていた。
覚えていた。
ああ、懐かしい記憶だお。


でも―――


なら―――




―――なぜ化け物がこれを持っていたんだお?




397 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:54:55.50 ID:hJpHBF/l [82/101]
     ____
   /⌒  ー、\
.. /( ●)  (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\  バカでもわかるお!
|     |r┬-/ '    |
\      `ー'´     /  ただ、あの化け物が王女だっただけだお!


398 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:55:32.70 ID:4nifdVoJ [1/8]
きょうき!

399 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 18:56:18.68 ID:V2M5SkQi
飄々としてるのが何とも

400 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 18:59:06.96 ID:hJpHBF/l [83/101]
   i /  |   〈〉  | \_                    ―i   ∨////////////////∨ /    ノ)ゞ' __ノ):. :. : ノ¨¨´
   X  |   /  /  / ノ \             _〈     |   ∨////////////////∨//////7//////_//(:. : /:. :. :. :.
冬ミ=-  /   ,  人  ' ハ |\ 〉          -=7//∧-=ニ∨ / ∨////////////////∨/////////(:. :. :.:. :. :Y:. :. :. : /
|  ⌒V_  ≧<   _ / / Y八 Y^-  _      〈_jI斗///∧-=ニi//  |∧/////////////////V////////// ̄(:. :. :人:. :./
| |  i|⌒i| ⌒ _ ≧ ノ  |j 〉へY^ 八       ノ、-= |/////|-=ニ|   ノ /ハ////////////////∧///////////:. :. :. :. Y
| | _l|_l|  | ⌒i | | 人 ,从〈 /人/  i     /   〉- |/////|-=ニ V//|  ト ∨',//////////////〕///////<:. :. :. :. :. :. :|:. :. :. :.
|jI斗七さ芹≧x  | | |   }/'⌒ヽ __ | ―‐ |川|| i{-= |////'∧-=ニ,∨ |  }//,' |/////////// / \//////ノ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
____< リ⌒>、― /  /  __  \  |川||八_彡/// |ハ 〉 __、//,}/  / |//////////〕/⌒)//////〕:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
///////////>――\_ | / ̄ ̄\ |  i州|i -=≦////|   ノ⌒∨ '   ,' 斗ャ≠=-<≧=---'"  ̄ ̄ ̄`¨¨¨ V/:. :. :人:. :. :.
~~~-<____,,へ  ̄ | |//i     | |  i洲|i〕/////// |r=   ,/| |  , <///////////≧=-  _       〃 ´¨´  `¨¨
xixixixixixixixixixixixix>―<≧=---〕  | |  l洲|i〕/////// |{>''"___| | ///// 斗f≦⌒ヽ//////////≧=---- /_______
xixixixixixへxixixixi/ / ̄ヽ ∨xixixi〉  | |  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ハ/////// ゙ |/////|///////{/////////////// ////////////
xixixi/∨//\  i| |: : : : : :`、∨//i  | |   ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ '' <///,} |/ |/////|////////>-----------=≦///////////;、
 ̄ / ̄ V///゙\l| | _ /∧∨,'/,|_ | |-rr--人=--  __ ___ / //,|''⌒ヽ≧=----_////////////////////////;、;、
\,/  ∨∨////,'| Y∨'//// ∧∨\//,| | }{rこニ\/////Y//////,' ,'//|__ ノ∨////////≧=---  ___    /;、;、;、;、
/∧  / >jI斗七さ ̄ ̄/: / ∧∨: :\  |_,,||洲川冰ハ///////////,  i / |///// V////////_////////(__ノ―=/;、;、;、;、
> ''"  ̄ >''"///////:. :.:\∧∨:. :. \〉 ⌒>''⌒ ヽ/////////ノ  | / |////// V// / ―  \/////:. :.厂/////;、;、;、;、;
/ ⌒>―////>r―イ´____:ノ ∧∨ <jI斗 '"、;、;、;、;`¨¨¨¨¨¨´ 、;、;、;、|///////∨/ /    〕i \//{:. :.//////{;、;、;、;、;、;
    _ 〕/,/  |―=|'"   _彡--/;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、\///////, ,     从   〉//7 ̄ ̄ノ彡';、;、;、;、;
_     \    i|  ノ ̄ \'";、;、/'';、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、 { {        ///从 /;、;、;、;、; _/、
 ̄          <:. :. :. :. :.Y;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、'∧       /;、;、;、;、;、;、;、;、//////
\ <リ o ; , / ≧=---<;、;、;、/:. ⌒:ヽ;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、; / ∧ ',> --=彡;、;、;、jI斗ャ≦////////////
//\ .......::::: /            乂:. :. :. ノ;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;/ ∧;、;、;、;、;、;、////////////////////



―――『融合の日』のちょうど一年後。

―――『孵化の日』と呼ばれる、災いが起こったのだ。


石化は、ただ石にするのではなかった。
それは卵に過ぎず、石と化した生物は皆一様に―――苗床だった。

化け物が産まれた。
次から次へと。
死を悼む者までも喰らい尽くす化け物を。

そして、その化け物の闇に侵された生物もまた、化け物になった。


『終焉期』。
救いはなかった。



401 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:00:03.77 ID:4nifdVoJ [2/8]
なんなのだこれは!

402 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:00:15.61 ID:N7b/8vCw [30/33]
表面は石化だけど中身は生存してたのか

403 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:02:15.69 ID:rmMl3XQ7 [2/2]
まだ一週目なんですがこれは

404 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:02:23.97 ID:y6fR7sEx
やべえよやべえよ

405 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:02:39.74 ID:x9n+wYm3 [3/3]
おのれディケイド!

406 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:03:18.85 ID:hJpHBF/l [84/101]
                                _」∟」_
                             ,ィ爻iYiソミx,、
                      ,、、              ノ/彳i{ }/ミx少)ト、.     ,、,、,、,,,
               /}!{ハ<        /,ソ,イi} {〔ミヾノイ.:.:ヽ    ソ从从.:.`''<__
               , イ:.:/从:.:.:`''<>.――‐<彡イi{} {iトミ彡)) ヽ.:ヽ  ,'.:.:.:/''<.:.:.:ァ‐'⌒)、,,_
             /:.:./    `''<.:.`'<¨¨¨'''<彡从} {少ノiミ>  ヽ:.:/.:/´    ゝ-、ノ.:.:.:.:.:>、、
    __       /:.:./       />、:.:.:..`'<八ソiハ} {イミ爻ミハ,,-‐く.:./          ̄¨¨7.:.:.:}
 ァ― ヘヽ   ァ':.:.:./        /:.:/  `'<.:.:.:.:}!ハ {ハ ハ父爻ソ从从从.:.:.',           /.:.:.:.ム
  ` -、:.` ト`ヽi{:.:.:.:{            ,:.:.ノ     />l{ハ,イ}i> くi{八iメニヽ(_ }.:.:.}!            {.:.:.:,'
  -=ニ.:-.:.:.:.:.:',.:.:.:.',.          l:./  , イ〔从从ゞ弋,i父トソソ===〕}.:.:.:`~:.!、.            l:.:./
   ((¨¨¨\.:.:',.:.:.:.}.         }:.} _/.:.:.:.乂===ゞ>ゞYツ==ヲ./.:.:.::,イ.:.:.:.:.:`~、、        ,'.:/
        \',.:.:.}      _>''´.:.:.ゝ_.:.:.:.≧`'=乂( ソ- ,, イ>''~ ´ ̄}¨爪<.:.:.:.:¨`寸.   /:.,'
           ',.::',   ノソ<.:.::.:>'^イ.:.:.:.:/^^^^ ヾ!{.:.::iリ:ァ''´.:.:.:.:.:.:.〕./:.:.l }ハハ:} ̄`V.:.\ /:.:.:}
             ヘ.:',:./.:.:r''"´__/.:./´     ,イ.::、.:.}{:/.:.-=.:.:.:>{.:i{.:.:.,'       ヽ.:.:.:ヽ.:./
               /.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/′   ,ィ.:.:.:.:.:.ハ:}{:.:.:.::>''´  {.:{.:.:,'           ハ.:.:.:.ヽ
             /.:.:.:/ ̄ ̄ ̄⌒`.     /.:.:.:.:.:,ィマニニ}.       l.:.:./_        レ-〕ト、.:.:ヽ
.         /.:.__/_______,く.:.:―<.   ヤニi{      ,':./ , ァ――  __/ノ \.:.\
         ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./,.:.:.≧=- 、.:.:.:.>xゞ弋     ,:.:{/ / / ァ/:/:.〉.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.ヽ
.        乂.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{.:.:.――.:.、.:.:.\===―-、、`'''‐ ./:.:.:∨/:,イ/:/:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ >、、.:.::.:.:.:`:.、.:.:ヽ       ゝ―‐ レ レ レ'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              ̄ヘ.::.:',.:.::ヘ
                              ヘ:.}!ヽ:.}
                            レ′V


その"闇"は、魔力に反応し、作用した。
魔法使いで、魔力の総量が多ければ多いほど、強い化け物になる。

だからやる夫は、魔法使いを片っ端から殺したお!

殺して、殺して、殺し続けたお!


化け物が。
人間が。
叫んでいる。
泣いている。

興味はなかった。


終わった世界に愛着など、湧くはずもなかった。
ただ、やる夫は忠誠を果たすのみ。



407 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:06:20.86 ID:QXe6dyzP [1/2]
元ネタ的にガタノトーアか?
本体どころか映像見ただけでヤバい奴

408 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:07:53.44 ID:QTLVm5Sv [18/19]
ティガさん、呼ばないと

409 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:07:57.02 ID:hJpHBF/l [85/101]
      ____
    /       \
  /   -‐´ `ー\
/     (●)  (●)\
|        (__人__)  |   それで、やる夫は生物を皆殺しにしたお
\      ` ⌒´  /
  >     ー‐  <
. /      / ̄彡ミヽ、
/    ヽ /  / ヽ  ヽ
ヽ.    Y  /   |  |   今ややる夫は一人ぼっちだお
 ヽ     ノ    ヽ ノ

410 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:08:47.67 ID:4nifdVoJ [3/8]
>>407
なんでこんなん知ってるんだw

411 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:08:48.36 ID:hJpHBF/l [86/101]
         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |   滑稽だおね、お前!
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

412 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:09:12.93 ID:N7b/8vCw [31/33]
魔力無しでも無双できるって事は魔力なんて必要なかった?

413 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:09:28.56 ID:vYmsw0gL [30/32]
うーん、このクソ重い話

414 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:09:58.92 ID:JpIVQyWD [1/2]
確かに空っぽになる話だな、心が

415 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:11:47.06 ID:hJpHBF/l [87/101]
                                                            _  --
                                                       _ -=ニニ=-
                           ______                      _ -=ニニニニ=-
                       , ' , ´ ------- 、 `   _           _ -=ニニニニ=-
                      / /          ` - ` ,    _ -=ニニニニニ=-
                     l /               ` -_ -=ニニニニニニ=-
                     i、|  |l           _ -=ニニニニニニニ=-
                    ノ .ト, l}      _ -=ニニニニニニニ=-
                   / ll( ヽi}   _ -=ニニニニニニニ=-
            r-v      {\ / |-=ニニニニニニニ=-
           / /    . <' 〉、.| |/| .lヽニニニニ=-
           i 〉、__ノL__= ノ;\  /: : : : :`-、
            〉-〈ノ/  _ ノ: : :` -'/: : : :/: : :-ノ` 、
        ____ <  i ト-フ -ノ: : : : : ソ: : : : /: : / ノ   l;`,
        「i_i_リ _i--Li--{<: : : : : : : : :/: : : : :,ー ' ---t ; |
   , 、_-==ヘ  {   \/ }: : : : : : : :/: : : : : :`-、ヽ  -、' |
 ノ’ヽ-'   ∨ ∧    /ヽ: : : : : : : : : : : : : / \_  i ト|
  ̄      ∨  ヽ,  l  ': : : : : : : : : : : :/   /'-- - |
          ∨   \/___-l 、: : : : : :_:_:_ノ   r.{ - l}\l
           ∨--、 v、 ノ \_/ /  ノ l} | - |
           ∨____ノ、/ i   | ./   ',- l}  i- ーl}
             \___/ l}  i  / .  ' -l}   llニニl}
                  |、 、 / / /   イ,   | - |
                  | ヽi l l l  ム/ 〉、 | -  |
                  |_i l l  | l  __/ /: : :l __ .| . .
                 {. ' `,l  l l  ノ ヽ/: : : l--、 l: : : .
                 /iヽ イ ` - 、 L___i: : : /ィ /: : : : .
                /∨ .l ` - 、_ ` γ ヽl: { ' /: : : : : : . 


貴様だけは許さないお……ッ!!
我が物顔でやる夫の姿をまねて陥れて、世界を破壊した貴様は、絶対に許さないおッ!!




              ____
              /⌒  ⌒\
            /( ●)  (●)\
         /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
        |     |r┬-|     |
       /´ ̄``゛'- ._‐´    /   おおっと! こわいおね~ ただ借りただけだお! パクっただけだお!
       |   ___)    \
.      |                \
.       |                 ̄)
      |               | ̄ ̄ ̄

416 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:11:52.78 ID:4nifdVoJ [4/8]
しかし原因がわからんことにはなぁ

417 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:13:25.32 ID:KXvnZMq6 [13/13]
完全に本人でイカレてると思ってましたわ
すまんなやる夫

418 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:13:43.45 ID:N7b/8vCw [32/33]
おちゃらけている方が偽物…?どっちが本物だ?

419 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:14:01.52 ID:hJpHBF/l [88/101]
      ___
    /       \
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \
 |   ( ●) (● ).     |  愚か者めが、って感じお
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´  誰かに頼ることもせず、崩壊へと突き進む姿なんて……滑稽通り越して退屈だお
      ゝ  ノ

420 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:14:36.00 ID:vYmsw0gL [31/32]
壊れて二重人格化した可能性も

421 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:16:42.75 ID:hJpHBF/l [89/101]
   / ̄ ̄ ̄\
.. / _, 、_ \
/  (●)  (●)  \
|    (__人__)    |   それに、仲間や王女を殺したのはお前だお
\    ` ⌒´    /   勝手にイかれて、お前が幼稚な八つ当たりをしまくった結果だお

422 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:17:39.96 ID:4nifdVoJ [5/8]
お前は何者なんだ……

423 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:19:15.44 ID:hJpHBF/l [90/101]
            , /._..-.._ヾ \`-.._
           _.'"/ヘ、/   `‐-._ \`:..
         .:.'、,i_..-‐;' ノ      ト、 \ヽ
      _..-'"〉),´⊃`-',;       iヽ ヽ ` ヽ
     _..'"___ソ フ,!-‐'"ゞ,        i ゝヽ !! |
   _,:'..:"'_ ..-'';〃゙ //〈          i  ! !
   i_.'; _.;';‐'l ,"/ _..-!"          i  ! !
.   〉'; .'_..-':::,:'_..-'""  .!.           ! ! !
   i |/;'":::::,:',:'_..'〈; :  .!.i.           ! ! !     …………ッ!!
    |〈|.i::::::;/ / ; :〉; :  i.i           i ! !
    ii i::::|'.   / i; : ゝ!!          i /  !
     i i:::,!  / /;:    !!        〃' / i
     i i:::;i!   /  ; :: :: : !!       //"/  ト
    ,! .|::i  /´   ;:::/  !!       ,.!// /
    {|l レ  / /  / /  !!       ゝ /
   _.:' ..'  /_.- ///'"|: :`!!      冫'
  _.:ゞ_'"// /- -'"-'"∠|〉`!!     .;!'
 .ゞ_ '"/ /"〃/_..-'"///` -..   i'
 /´  /´"/.-'".-'"_..-'".-".-'" 〉`-.._
 ゞ‐   / /: :// _..-'"-'"  / `-.._
/   _,:_..-'"_..-'" _..-'"/ " _..-' _..-'"
!   / ゝ _..-‐'"_..‐-'"_..-‐‐'"..-'"





         _. -─‐-
.      /      ⌒ \
.    /  ⌒   (● ) \
.   /  ( ● )  、_)   ヽ
    |      (__ノ /     |   で? お前は思考停止して最後の最後まで俺の存在に気づかなかったわけだ
    ヽ       ̄    _ノ
     >      ̄    \   バーカ!

424 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:21:17.76 ID:hJpHBF/l [91/101]
  \            /
  /     ____     \
. |    (⌒Y⌒)     |  俺は絶対善の"ドール"―――どっかのアホの片割れさ
  \   (●)  (●) . /
   \ ─    ─ /
     \      /
        ̄ ̄ ̄

425 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:22:53.43 ID:p53KX5nJ
急展開だのう。

426 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:23:08.54 ID:JpIVQyWD [2/2]
なんか某スロット卿みたいな感じがする

427 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:23:40.07 ID:4nifdVoJ [6/8]
ドールねぇ

428 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:24:06.46 ID:hJpHBF/l [92/101]
                                                     __
                                                  __/
                                           , 。s≦: :, ̄`'
                                         /: : : : :/
                                        /-、.| : :'- : - : -: -----
                                     _/ イl }`|: : :、: : : : : : :⌒`. __  __, --
                                        /: : :{:l\/l}: : :/イ` ,: : -、 ̄⌒ ' ¨
                                    ノ: : : ヽ_\/ノ:_/_ _ l}゛  `
                                   {:::::: : --: : :': : イ{\____l}.,
                                   ): : : : /: : : /. - 、ヽ,--_\
                                   |/: /: : :/ // /  \_- ィ` 、,
                                    {:/∨  / //_     ` { -、_|              l}
                                    ' ノ、  l .l ノ }      \-ヽ             ;;
                                      iイ \ ,}ー__l}ニフ      ヽ-'、            ;;;;;
                                   ,、   ,ノ /__\_`-{____`>,       \ `.,          ;;;;;
                                }-フ ーi  |;;;;;;'-, ` 、 0_} 、       /--.\       ;;;;;;;;}
                              , /_  `-ク ';;;;;;;;;;〈 / {l    l};;,      レ〉〉〉〉l       ;;;;;;;/
                           , ' ̄<__ノ__/¨;;;;;;;;;;;;;;;- イ 、>,- ,_ .l};;;;;;.             ,,;;;;;;;;;/
                           ,。s' /  {  l l};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ーl__/;;;;`ー―;;;;;;;;;;;,,         ;;;;;;;;;;;;;;;;/ /
                       ,。s≦/__ l ノ、`,__ -''''''';;;;;;;;;;;; ''  '' ;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;`-;-;-;-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;/
                     ,。s≦ニニ,。s≦;;/〉-オ;;;;;;;;;;;;;;;;;/       \;;;;;/`、;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;- '-
                  ,。s≦ニニ,。s≦/;;;;/ ノ ヽ;;;;;;;;;;;;;/         {l/ \ 〉、;;;;;;--;;;_;;_;_;;;;;;;;;;- '__,
               ,。s≦ニニ,。s≦   フ;; / //;;;;;;;;;;;;;;{           \____/ i`;;;;;-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
            ,。s≦ニニ,。s≦     ( / /  };;;;/ ;;;;;i             ヽ`-、 } i\ }  ̄ ̄⌒
         ,。s≦ニニ,。s≦        _ノ /    i;/  ;;(_              \; \ i l}
.      /ニニニ,。s≦        ,/ {_h./         )               }  〉-∨/
    /ニニ,。s≦        , - t ' ヽ= ヽ/                        ノ  }-、ソ
      ̄ ̄             ̄ ̄ ̄ ̄                            レ'



        ___
     /      \
   /⌒   ⌒   \
  /(● ) (● )   \
  | ⌒(__人__)⌒      |
  \   `⌒ ´     /    殺人鬼君は覚悟完了って感じかお? 血気盛んでいいことおね~
    /            ⌒ヽ
  / _        /  |
  '、__ヽ (  ̄ ̄ _/
  /   \  / ̄ ̄ヽ  .|
  |   、   |      |
  、   \__|    | /
   \_  |  | _ /~´
   (__/  (__)


429 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:24:50.46 ID:yRDMVXd/
ドールってことは人形か?

430 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:27:24.21 ID:hJpHBF/l [93/101]
         _____
         /      \
       / ⌒    ⌒ \
      /  ( ●)  (● ) \
.    |      (__人__)     |  だがそいつは無理な話だ
     \       凵    /
      /           \  お前には、まだ"次"があるからな




431 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:30:29.33 ID:hJpHBF/l [94/101]
                               _ ,. - ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ - -., _
                         _ ,. - '_´,. - ‐ ' ' ',´  k'_    `,' ' ' ‐ - .,_' ' ‐ - ,_
                      _, -‐', - ‐´       .;  _,r-,ト、 ’  ;       ' ' - .,_`ヽ、
                   ,.r ´,.r ´           ', ´ー''ト'''フ ̄ ,'           `ヽ、`ヽ、
.                 ,r ´,.r ´               ' ,  `´ ., '               `ヽ、`ヽ、
.               ,r ´,r ´         i , λ!ζ`  _ , , ', ', , , _  CソЗ,_ i !          `ヽ、.ヽ、
             ,r",r ´         c'`,V' _ , - ' ' ´         ' ' ‐ - ., _/ー、c_ト         ヽ、ヽ、
            ,r",r"        ,、`i’.,'r ' ´          .,.'.,          `ヽ、' 、,iっ,!        ヽ、ヽ、
.          ,f .,r"       i : ,r '             ,.'  .'.,            `ヽ、´ι        ヽ、ヽ、
.         ,f ,f        `,!`i ,r ´             ,.'    .'.,             `ヽ、’ニ 、       ヽ `、
.        ,f ,f       ,、`ソ,r'r'´  ̄`ヽ、         ,.'      '.,         ,r'´ ̄ `ヽ.ヽ`ー        `、.`、
.       / ,f      、_・f ,r"f´   ・   `、       ,.'       .'.,       .f  '`ヽ ’ `、`、ヽ _       `、.`、
       / /     ,  ヽi`,r'  i  ,r.´    !      ., '         .'.,      i  ,r‐+‐っ  i `.、ゝr       `、`、
.      / /     i,riゝ ,f   i,   f´ゝ  ./     ,.'           .'.,      i, ´ 、!   ,!  .`、と_,      `、`、
     f .f      n `./ ,r、----'---------------,/------------------',-,------------------,r.、`、 vヽ      ヽ`、
     ,' ,'      に、 / /:::::`、            ,.' _, - ' ´  ̄/,i`、 ̄ '' ‐ 、  '.,            /:::::`、`、・ヽ      i i,
    ,! ,!     ⊂、 ,' ''''''''''''`、          ,.',r ´     f ・i  `、    `ヽ、',          ./''''''''''''' ',ゞ_,      i i
.    i .i       † .,'      `、        ,.',f    _,.- ‐ ‐'.‐ -.,,_ i      `、',        .,.'      ',`ヾ      .i i
    ! .!     -ヾ,! .i        `、     ,.'f   ,r'´ ,f       `ヽ、      `、',      .,.'       .', :       ! !
   i i,r ‐‐ -.、   !         .`、   ., ',f  ,f   !      ,r ' ´ ̄ ' ' -.、   ヽ'.,    ,.'         !   ,r‐‐ - 、! !
   !   ヾヽ .`、  i          `、  .,.' ,!  ,f  _,,ri‐.、__  ,f´        `.、   i ',  .,.'          i  ,r" ,_r-r‐、  .i
   !  `ヽf’ `  .', .i   ⊂''ヽ     `、,.' .i  .! .´  i''´`、` i    ,r- _,r‐-;  i   .! .'.,.,.'     f ,/_,   .i f  ,r.ヽ- `  !
   ! ・--.、,r;  ,' .!    .レi_,     .,.'、  !  !   f'i 、_/  .!   `ー' `',r'´   .!   !  ,'.,     `ヾ,レ、'   ! ! ` '´,rヽ’  .!
   i  -’  ` ,.' .!           ,.'  `、.!  !   i i,  ,!  i      f ・   .,!  ,! .,.'  '.,           ,! ヽ  `ヽ,  .i
.   ! i`ー---‐ '   i          .,.'   ヽ.i  `、 `、 `' ri  ヽ        ,/   !.,.'   '.,          i   `ー---‐'i !
    i .!        i        .,.'     `、!  `.、  o ’   `ヽ、 _ _ _ ,/    ,',.'     .'.,        .i и      ! .i
.    i .!     〆 .!       .,.'       `、、  `ヽ、     _ , イ       , ',.'       .'.,       .,' コ      .! .i
    ! i      G i     ., '         `、ヽ     ̄ i ̄,r  ,i      , .', '         .'.,     .,' ・レ、     .! !
.    i .!      ヾ< '., ',''''''''',.'           `、 ` 、     i i, ,/    _, ' .,.'           .'.,'''''''''',' ,' 、'       ,.' ,.'
     '., '.,     '´ _,ャ'.,.'.;::;.'             ヽ,  ` ‐ - , ,ヽ,/, , - ‐ '  , '             '.;::;.' ,.'ヽi、`     .,' ,'
.     '., '.,     ´ -ヽ '.,  ̄ ̄,' ̄ ̄ ̄ ̄`、 ̄ ̄ ̄`、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ,.' ̄ ̄ ̄ .,.' ̄ ̄ ̄ ̄`、 ̄ ̄.,.'_、’      .,' .,'
.      ヽ.ヽ     ´フ` `、  !  '´,/   i     `、          ,.'      i  ,f´` i 、 i  .,/_,` v      ./ /
       `、.ヽ      7〆_`.、 i  _,/ S   .i      .`、        ,.'       !  し'レ'',!`´ i .,/,r、V      ./ /
        `、`、     、,r<_ `ヽ、     .,/        `、       ,.'        .`、   '’  ,//. ι      ,/ /
         `、.`、       ’<`.、ー‐‐ '´          `、    ,.'          `ー---‐'/、く `      ,/ ./
          `、 ヽ、      '´ー ,r`ヽ、            `、  ,.'             _, -' 、!`        ,.' .,/
.           `、.`、     ’ u'`.、 ` 、            `、.,.'           _,,/、 ,f         ,/,/
            `、 `.、         ゜ヨ、 `ヽ.、         `'        _,, - ‐."r_ f´ `        ,/,/
              ` 、`ヽ、       Vつ ξ Z_ ̄''‐ - , , _ _ _ _ _ _ , , - ‐ ´ kX `し、’        ,, ' , .''
.               `ヽ、` 、            fi、   ,r‐‐‐‐-.、    |/|`'           _,, '´, '
                  `ヽ、`ヽ、            ,r'  ,r‐.、 `、             _,, -.'_,.-'
                    `ヽ、`ヽ、          i   ,r‐; ノ  i          _,, - '_,, -.'
                       ` ヽ、` ー- .,,_     i  ,r' ,! 、  i     __,, - ‐ '_,, - '´
                          `ー- ,,, _ ̄ '''''''`   ・ '  ,!‐‐ ' ' ´,, - ‐ ' ´
                                ̄ ̄ ''''''' ‐‐‐‐‐‐‐ '''  ̄





''"~.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミh、
.:.:.:.:_,,..-=ニ  ̄ ニ=-..,,_.:.:.:.:.:',
xf〔               }h、.:.:.ゝ、
            /\ヽノ ',
             {  `メ、. ',
              /∧ i!  \ ',
              ,ィ', ',   /~"'ヽ
                { .} 〉∨..,,_  `、
‐-.....,,_      /.:', .{ .,' 〈.:.{ ',:心
.:.:.:.:.:.:.:.::~"'':.../~/.:.:.:ヽ} { .{Υ人::::',   ',
.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.、.:.:.',.:.:{.:.:.:.:.:.::', ', 弋ヽ..,,_` .=-‐,
::::::..:.:.:.:.:\.:`、.:',::.:.:.:.:.:.:.:、\ {:::\ ヽ   }
、::::::::::::.:.:.:.:ヽ.:.',.:',:.:.:::.:.:.:.:}:::::`.:.:/ニ, }  .,'
..}h、::`、::..:.:.:::',.:.'.:.',:.:.:.:./.:.:.:.:.:/ニニ, }  /
 \\',:::.:.:.:.:}.:.|.:.}:.:}:.:.:.:.:.:.:/ニニ/:} /
....  \`、.::.:,'.:.:!.:.!. {.:.:.:./ニニ/  ´:::::..
...............ヽ',:::,'.:..,'!.:{.:.:|.:.:,'ニニ/::::::::::::::::::::::..
............._,,..ノ::{.:.:.|.:',.',.:.}./ニ:/::::::::::::::::::::::::::::::
_、‐'':/:::::::::}.:.:|.:.:'.:.:.|,'//::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::{::::.:.:.:.:.{.:.:.!.:.:..圦::/}:::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::/::.::{.:`、.:.:.:.!::::.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ―――!? 魔法陣だとッ!?
ィi{::::::::.:.:',.:.:`丶、.:、丶`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

432 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:32:23.22 ID:hJpHBF/l [95/101]
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   あーあ、ったく……うらやましい限りだなぁ、オイ
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

433 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:35:16.29 ID:hJpHBF/l [96/101]
                       ,   ィ  __, ー------- 、
                  , xs ≦  ィ '  ,/ニニニニニニニニニニ\
              , xs≦ニニニニニニニニニニニニニニニニ\
          __, xニニニニニニニニニニニニ=- '   ̄ ` 、ニニニ\
        _/ニニニニニニニニニニニニ/            `ニニニニ\
       /ニニニニニニニニニニニニ,/              '.ニニニ\
       {ニニニニニニニニニニニニニ(,                lニニニニニ}
       |ニニニニニニニニニニニニニニニニ/               |ニニニニニl
       |ニニニニニニニニニニニニニ{                |ニニニニ.}
        ̄ ̄ )ニニニニニニニニニニニヽ,              /ニニニニ/
         ノニニニニニニニニニニニニヽ             /ニニニ./
      , xs≦ニニニニニニニニニニニニニ` 、         /ニニニ/
  ,xs≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ` sx,      /ニニニニ/
 /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\  /ニニニ./
./ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニソニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/     ―――なッ、ぐっ、待て!! まだ決着はついてないお! 貴様だけは……貴様だけはァァアァアアアアッ!!!!
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/⌒
.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ./^
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ./
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/



434 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:35:20.23 ID:kFgUuZQ4 [3/5]
DOD的バットエンド感

435 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:35:20.95 ID:qVxPt/QY [22/23]
絶対善の”ドール”…片割れ…うらやましい限り…
さっぱりわからん!

436 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:35:48.59 ID:4nifdVoJ [7/8]
考えるな、感じろ!

437 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:36:43.71 ID:hJpHBF/l [97/101]

          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.         /   __        ヽ
.      /    /  ●   _   ‘,
..     /      ヽ___ノ   / ● │
      |        /    ) ゝr‐'′ |
      |        `┬‐く_,ノ
   / ̄\      |‐┬/      /   あらら、本当に一人ぼっちになっちまったお!
  /         _└一'  _/
. /              ̄ ¨¨¨|   あれほど平和を謳歌していた世界の静けさとはまた違う静謐だなぁ!!
/                   |

438 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:37:18.28 ID:hJpHBF/l [98/101]
            , -―――-、
         /   __      ヽ、
        /´   /´ ●    __  ヽ
        /     ゝ....ノ   /´●   ヽ
       {       r    ゝ- ′  ヽ
       ゝ       `r-イ_,)        |
     / \       |r┬y′     /
    /    ` 、_   `ー'    _/
   l         `ー――‐-T´
    |               j

439 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:38:10.98 ID:kFgUuZQ4 [4/5]
あぁ、こっちは滅んだ世界に残らないとイカンのか

440 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:38:14.58 ID:hJpHBF/l [99/101]
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  せめて次は賢く生きてみろ、やる夫
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

441 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:39:06.14 ID:hJpHBF/l [100/101]


【プロローグ:完】



442 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:39:15.65 ID:vYmsw0gL [32/32]
エミヤ的な何か?

443 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:40:08.85 ID:7YKoRV7k [1/2]
エル・プサイ・コングルゥ

444 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:41:04.53 ID:7JS33Rjr [2/3]
最初の選択で間違えてるからなあ
異変を引き起こした犯人として襲撃されて返り討ちにした時点で仲間を一切頼れなくなったし、
孵化して混乱が起きた時点でやる夫は世界の敵なって誰かを頼ることは不可能になった

445 名前:〆 ◆g4TrN.d6Js [] 投稿日:2018/09/17(月) 19:41:51.77 ID:hJpHBF/l [101/101]
               ,ィl
            /.:/}
              /.:/.:/l
          /:;イ.::j .:ト、
            ,イノ :レ' .::| :',
         /:/ .:∧.:::ノ :::|
         / { .::;' :::V .::::|
        { :::::Y  ::::', .::::/!   あれこんなん書こうとしてたんだっけ?
        ヽ/l  :::::|:::/.::l
         / {  .:::::::l/.::::::}  まぁとりあえずプロローグ完結です。ゆるくいこう。ゆるく
         ,'  ',..::::::,ィ.:::::::/
          {  .::ト、| ::';::::/  ということで一旦(か、たぶん今日)切ります
        ', ::::ヽ | ::V
         ', r‐' l  :::ト、
           |V::::ノ .::::}:::}
           | l j ...::::::::|::|  ありがとうございました!
         l:| ∧`ヽイ:::|
            !|,' ::', ::::::|::::l
          l  :::', ::::レ、j
          |  ::::ヽ::::::|
            {   ::::::l::::::!
          ト、.::::::::!:::r|



446 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:42:36.38 ID:7JS33Rjr [3/3]
乙でした

447 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:42:40.39 ID:QTLVm5Sv [19/19]
乙です

448 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:42:48.01 ID:AJCJFqs2 [4/4]


449 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:42:56.10 ID:4nifdVoJ [8/8]

エロはありますか!

450 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:43:34.48 ID:YWvIRyKN [4/4]
乙でした

451 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:44:42.22 ID:qVxPt/QY [23/23]


452 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:45:31.08 ID:pm9sFBCX [10/10]
乙でした

453 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:50:12.10 ID:7YKoRV7k [2/2]


454 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:51:31.93 ID:T+m5ay8k [3/3]


455 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:53:55.86 ID:s6V2Jv+K [6/6]

セカンドライフの始まりである

456 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 19:54:53.12 ID:N7b/8vCw [33/33]


457 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 20:07:00.16 ID:QXe6dyzP [2/2]

えっらい濃いプロローグだったがゆるくなれるのかw

458 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 20:10:18.30 ID:usBrGQ21
乙。無理だな(凡推理)

459 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 20:19:19.66 ID:9k/gBetM [2/2]

二度目の世界が緩ければ、できなくはないかも(願望)

460 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 20:19:27.61 ID:kFgUuZQ4 [5/5]


461 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 21:46:33.58 ID:619AT1xd [29/29]

やる夫は修羅に堕ちた末の転生かー
二週目は時間軸とかによるけど、元凶を探って倒そうとする感じかねぇ

462 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 21:48:18.82 ID:eTRKd3m7

とりあえず2回目がなくなるまで同じこと繰り返せば絶対善の企みは防げるな

463 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/17(月) 22:11:08.62 ID:nMnjZg2A

頭を空っぽにして……?

464 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2018/09/18(火) 00:12:48.20 ID:nqLYr9b3

ダークソウルみたいだ…




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


こういう感じのプロローグ大好き
[ 2018/09/26 10:26 ] [ 編集 ]
画面を詰め過ぎててちょっと見辛いな
[ 2018/11/01 01:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する