クリックで開閉

【R-18】雇われサマナーキル夫 第十八話『スクールライフ・サバイバル』

889 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:28:07 ID:re/fJhZk0 [16/41]

┌─────────────────────┐
│                              ..│
│   第十八話『スクールライフ・サバイバル』    .│
│                              ..│
└─────────────────────┘

890 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:28:20 ID:re/fJhZk0 [17/41]

              _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
       _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
      //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
       / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
       | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
       | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
        | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
       / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
      ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |      は?
     / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
    / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
  / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
 / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
/  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
|  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
|  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「私が、学校に?」

「そうだ。お前は明日からJKだ」

何を言っているか分からなかった。
説明としてはこうだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



スポンサードリンク


891 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:28:38 ID:re/fJhZk0 [18/41]

                ______
                 ´         >- .
             /          /⌒Y⌒ミヽ
          /             /二二二ニニ∧
            /            んんんんんんミ∧
          ′     '  |_/-∧-{- |、   込ハ
            i  ',   ',  i 厶イ==ミヽi  /  / i
            |   ',   '.  i |-くヒ.:ヅ ` ∨ /i/ /i
            |   '.    \从 u    厶芹/ / リ
           ,′   i\   \'.      ∨ / /
         /      |  i\  '. \ - 、  イ イ /
       /     _リ__/`ヽ\ './/   / { i/
.       /     /  {\\: :\介ー 〔   | \
     /     ∧  | i \\:_i\{  i  i\ }\
.    /     { }   | |   ∨\ }\!___. --く__〉___
    /  /  / i i  | |   ∨/ / /  }fニニニ <:::::::::::::\
  /  /  / ∧|  ! !   __ノ   / と二二 \:::::::::::}
./   /  / / ∧{  | |  `ー―<_`丶  ヽ  `ヽ \::::::|
    /  / / / / !   ! !  / ___彡' /    }     Ⅵ::: !
.   /     / / ∧  } i/ {  `ー‐<_     |     }i/ハ
  /         / }   / |  、__彡イ      |  / リ //:}
/           /!  { {  |     } 〉    /リ /  ///:::リ
        /    /| | i / !    ノ'   /  //  //厶イ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
依頼人の名前はセシリア・オルコット。
純フランス人の彼女は、先月日本に来日し、三津井市のとある高校に
入学したらしいのだが、どうも最近ポルターガイスト現象などに
悩まされているらしい。

ついこの間など悪魔に襲われたそうなのだ。
そこで、二十四時間護衛につける、学校にも一緒に行ける少女のデビルサマナー
を探していたそうなのだが、そんなものはそうそういない。

そこで、メイヴに白羽の矢が立った。
実際、メイヴの外見年齢は十代後半程度だ。余裕で高校生で通る。
メイヴには高校に潜入し、セシリアの身を護ると同時に、怪奇現象の
原因を探ってもらうことにした、そうだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

892 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:28:56 ID:re/fJhZk0 [19/41]

        r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
       /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
      |  Σン三ノ         -フノヽ  |l
      |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入
     /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
     / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、
    / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
   /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ      私に人間の女子高生を演じろ、と……
   |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
   |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .   ゚゛゚ |i /      |  |      まあ、やってみるわよ。上手くできるか分からないけど。
   |   /   | ノ ト   rっ   /ik   |    | i |
   ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
    | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
   / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
   / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
  / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「転入の手続きだとか、戸籍の偽装とかは依頼人側で済ませてくれた。
良家の令嬢らしくてな、権力も相応にあるらしい。
とにかく、任せたぜ」

喜留夫がにかっと笑う。

しょうがない、ここは一肌脱いで、いや、着てやるとしよう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

893 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:29:09 ID:re/fJhZk0 [20/41]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

894 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:29:22 ID:re/fJhZk0 [21/41]

┏─────┓  . . ..::::::::::|  ||  ./
│≡≡≡≡≡│  . . ...:::::::|  ||/     ||
┗─────┛    . . . .:::|  ||       ||  |  .
    (◎)         . ..:::|  ||/     ||  .! :   :
    ヽ|ノ          . .::|  ||       ||   | :   :
__(__)_________|  ||       ||  | :   :
                \|  ||    / ||  ,i :    :
 ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||.  \. // ,|i〕  | :    :
==||====||=〔 ̄ ̄ ̄〕||====||    \.    ||  ,| ::   ::
\||__\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\,||.      \  ||  i ::   :::
  \  ||\______\        \,||  | :::   .:::
 ̄||.   ||\||   :=:   || ̄        \ | :::   ::::
 ̄||:   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| \         ノ .::::   :::::
  ||      ||          ||..  \         ゙^ヽ,  .:::::::
           〔 ̄ ̄ ̄〕.    \         `~、
 ̄ ̄\    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.. \
     \.    ||\______\ . \
 ̄ ̄ ̄||~     ||\||   :=:   || ̄.   \
 ̄ ̄ ̄||    ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||        \
      ||.       ||          ||

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
転入初日、校内は大騒ぎだった。
フランス人美女の次は、アイルランド人美女だというのだから、校内も
湧くというものだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

895 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:29:36 ID:re/fJhZk0 [22/41]

                     __
             r‐Ym}) ,.ィ ´     ≧ァ、,.=(、-
                 `ゞ綺)/       <fY晶tッj
              イゝ´《          | r外 オツ,- 、
            ヾ、! {{/ソ i  i i   i  | ハ|l, i ', ヾ=- 、
                  从 | T j  ! l i  i i 从┼l-i!|l. 人  )
                 ,..゙〃 ヽハ. | | | ,. -‐」⊥、! i l } 入 ヽ' ソ
                 /i|ハ  |,;ィ笊ゞト/|/ん心i}  !  i  仆 {!小、
                 〈  ヾ ヾN;{秘}'  弋ッツ!レト!  乂  乂   ト、 ヽ       変じゃない、わよね?
         (´   〉、 i  }ハ、 ζ  ,  `¨´ /   !  ヘ  ! i!ヾ、_ノ
         `ー=彡ィ ゙ ! ゙〈 { ヽ   _ , .u イー- .,__  i! .从  人
                 / /...}  ,,..> __ イ     /  ',  《   个ヽ、
.             彳<三三三三{ \.   !ヽ  /≧、 ヽヽ、〉  从、 \
.           ,イ ( ;. ` > 、三三,  ヽ.    ', {三ニi!    ハ  《  \  )
.          ))`ヽ i.゙/=ー-、三ニハ. .ハ-、 ハ ヽニ/::!  ,ソ 勹  〉   ∨
          ノ 斤 ! i/:::::::::::::',ヽ三∧! }     }/ニ/::::! _,. -- 、/  /
       rく      /:::::::::::::::::',:::::`:<三≧ ', !/ニ二 _    {.  丿
        \ゝ   ,ィ:::::::::::::::::::::::'i:::::::::::::::\ ヽ!/:::::::::::::', │ /.〉\ ヾー- ..,,
       /  /:::::::::::;;::::::;;ィ:::{::::::::::::::::::::::ヽヽ;;::::::::::::}ノイ/ノ   ` ー- ⌒
        ( , /:::::::::::;::'':::/::::::ハ::::::::::::::::::::::/;;;ヾヽ::イf´ ソ_
.      {,..::::::::::::::;::':::/ ',::::::::::::ゝ;;::::::::;;:イ::::::::∧ ` ̄     \
.      /:::::::::ニミ、/  .ノ:::::::::::::::::`7:::::::::::::::/!::::`ー-- ´ `ヽ \
      /:::::::´:::::::::::::`゙ーム,,..ィ::::フ⌒>-ァ:::::/ !::::::::::::;      `ヾ
      ゞ;;:::::::::::::::::::::::::::::/:::/::/ /、 ./:::::/  j::::::::::::::,
        `゙ー- ;;:::::::::::::::{:::{::/  /  ヽ フ'.  i::::::::::::::::!
         /::`¨ ー-:!:::!::{   ハ    ` ニニ`i',:::::::::::::::!
        /:::::/ ./::::` ̄ ヽ{__ヽ.  r.ヽヾ ゝ! }::::::::::::::|
       /ヽ::/  /::::::::::::::/::/::::::::`i .!::〉〉/  .|::::::::::::::!
       .i ヽ   /::::::::::::::/:::/::::::::::::::J:‘':::',   |::::::::::::::;
      |  ! \. 〈::::::::::::::/:::/::::::::::::::::::> ' iヽ,___!_:::::::::',
       i  j !  ヽ ` ー-- --- { ヘ   ヽ   ー- ミ::::::〉_
        i / |   ', ` <     ', `ー- ..`ー- ..,,_ }¨´\/
      V  !    ',    ', ` ー-!  ヽ    `> /    \
       ヽ ',   ',.    ヽ    ',   \__/:.:∨__,,.イ⌒´
           ヾー- ,,..',     ヽ   ',__,,..ィ´:.: : : : V   /
         ',:.:.:. : :ヾ!ー-- .--`⌒ヾ:.:.:.:.:.:.:. : : : : : ', ノノ
           ',:.:.:.:.:.:.: : : : : : :.,    ヽ:.:.:.:.:. : : : : : : ',´
            ',:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :,       \.:.:.:.:. : : : : : ',
             ',:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :.       \:.:.:.: : : : : :',

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
まあ、そのアイルランド人美女は、人間ではないのだが。
学校指定のセーラー服にセーター、プリーツスカートに黒いストッキングという
装いで、メイヴは廊下で待機していた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

896 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:29:54 ID:re/fJhZk0 [23/41]

                  ,.. <   ̄ ̄ ¨>ミソ>.,__
                ,."          {{ヲイ下》У  .}
            ,.,._/r=           ーケミ辷ソノ  .i     _人_
         r= /ィえフ,イ                ̄て¨   :|!     .Y
         | {./イ八ノ   ,      i        )  .:|ハ
         | 升ソツ    i        |        ',    :|八
_人_        ィ" f!.        |  |     | |  i    ハ .   |  \
. Y      / リ ,'.|  l      |  |   i  .| | .._|.ィ i    iff  |   .ヽ
.       / // .,'k|  |    :|  |_ | . |..,斗<_, _|    ! .从   .ト、\
      {.:{/  .i  ! :| i __j_,ノ゚| : | .:j ,ィ7だ示抃  ,' / ∧  ∧ ヽ ヽ       _人_
.       |/   | :|  ! !  てr上.从.八 .ソ { ! t{i}j i从 / { ." ∧  ∧ ヽハ.        Y
      У  :| :|  ! !  イ{彡示Y}!     ゞz,,ン,' ./  ,'  i  ヽ  ∧ ハ .}              メイヴ・フェズレフと申しますの。
       /     :| :| . 从从抃! 下ツ/      ¨xx{    ,'  |    ヽ .\ リ
.      /    八| :| /   乂八ー弍″   '     / イ  {  ハ    \ .>              みなさん、仲良くしてくださいね?
   .イ    {  ヽУ/  入  ヘ xx }   ー '  .,イ   |  :!   :i   ,   ハ
   { i i   |     / ./   } ヽ>:...... __ _ / | i:...:|  :|:.  八   ト、.  i
   | | !  !i   . / ./  .ノ    Y⌒Y⌒Y⌒v^Ⅵ | 八  ヽ    \ ! .ヽ :!
.   ', .',   .ハ ./ :/  イ     ノ  {廴 ィ ソ .{rt八  ヽ  \   乂  }.ノ
   ヽハ    .У  { ,イ    ノ ノ  廴// {__r-v ⌒}iト、    ヽ     )  八
   イ川   (    {!   /     ノ/>> X<<} い     }  Y  ノ
 / /.小ヽ  .ヽ  八  /     rtソ {_,イ     .>} ソハ     ノ   i く
/   .乂  }  人   {    ,rt=イ }廴ノ⌒Y⌒Y⌒廴_ノ         ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「フェズレフさん、入っていいですよ」

名前を呼ばれ、教室に入る。
姿を現した途端、生徒たちの視線が集中し、おお、と感嘆の声が上がった。

古ノルド語で名前を黒板に書き、慌てて消して、カタカナでメイヴ・フェズレフと
書いた。これが今回の自分に与えられた偽名だ。

両手を組んで一礼すると、拍手が沸き起こった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

897 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:30:10 ID:re/fJhZk0 [24/41]

                          -‐…‐-
                        ´        ` 、
                       /   厶 -===- 、  \
                    / /  /::::::::::::::::::::::::::::::\  \  (⌒)
                      / /  /::_;: -‐===‐- ::_:::ハ ヽ ヽ    °
                  / /  /ヘ/,ハ⌒⌒⌒7ヽ斗 ^}  }i
                    / ′  { i 〕トミ、   折ミ/\′/ハ  、丶.
                 ′ {    Y´r心 \{{/ r心`'y′   }  {\ \
                      ,  八  、∧弋ソ   ` 弋ソ / /   j 八  ヽ \       か、かわいい……!
                ,′  ∧ ヽ ∨/  ′_   // イ  ∧  ∧     ',
                    ,   //∧  V 》  「   }  《 ノ/   / ∧  ∧   }ハ      最初に見たドレス姿も良かったけど、
               /  ////∧ ∨ト ゝ  '′.ィ∨ /// ∧  ∧    }
                 /  /γ'⌒Yヘ 〈 三≧=≦三| イ_/// /    ヘ  }/7     制服姿も……いい……!
               ′   ,{:::/^∧ ( \ヘ_/只k'´リ 人}‐-、 _     ‘, ヽ{_
             /     {j:::| | と⌒   r‐ミ、{ヾv// }'⌒'y‐く^ヽ      レう)
               / /   く::メ、 ハ__}⌒7⌒{ /´)_/ く /}ir'⌒ヽ Y }   ',   "
              /      }  人_}V´ ̄レ/く ス≧=く 〈八  ,、_r┴{
              /      /:〉'⌒ヽV 厂 ̄}′/ /ー-ミ}_/ー厂}  ト /    ',
.           /   ..:::´    レ 、  / 仁二{{  /    呂 } ̄¨7 〈//     ‘,
        /_,. イ   :{    |  V / /    У ...:::´    /ヾミ==彡、//     丶
      〈 V /    :    ∨ ィ{/ /   /}....::::::'    ∧     /  V /     \
      人 \ /     / / 「:r‐'    ´ / :::::'    ∧ }       〉//>     \
      ヽ \ \    ,   ヽ/ ´       /   ::'    / 八、       /    {\   丶
      . :介x   \  ′  /\      /   ′    〈   > 、__/     ∧ 丶.    ー┐
     / ,r┴-=ミ、  〉 l// r'   ヽ ィ´  ,  ィ´   ‘,         l\    ∧   ` T   /7
   (( r{ マニ=- -r ′l///〉、   /}_厶斗ァ7/,     〉    :.    l  \  ∧    i}   勹
    、_)){ヘ. \{  |  |∨/ ミ=ニニ7/_][__][ ニ=- イ∧    }ハ    l   ヽ } }\ /  /}

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
それからというもの、メイヴは生徒たちに囲まれっぱなしだった。

セシリアの友達、という設定で転入してきたので、セシリアとは仲がいい体を
装っておいた。

これから二十四時間、家と学校で護衛に着くのだ。
良好な関係を築いておいて損はないだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

898 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:30:53 ID:re/fJhZk0 [25/41]

                          ,.、 - ‐ - 、,
                 __ /        `'ヽ
              ,...-‐::'´::::::::::::`::ヽ._       `,
            ,..:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`'...、      l
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ,   i
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.        {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::',
.        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l::::l:::}
         |≡≡≡===∧====≡≡≡≡l:::l:::l::/l::l
        |::::::::::::::::::::::::/::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::l/l/ l/       …………。
.         |::/:::::::::::::::::i:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::l
          |/:::::::::::::::::i::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::',::::',:l
.          /::::::::::::::::::i::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::ヘ
       /::::::::::::::::::::i:::::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::',:::::',
       /:::::::::::::::::::::::i:::::i:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::i::::::',
      /::::::::::::::::::::::::::i:i:i::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::i::i:::::',
      ,'::::i::::::::::i::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::i:::::::::::::::::i:::i::::::l
.       ,::: 从:::::::i::::::::::i:::::::::::::::::::::::i:::::::::i:::::::::::::从:::i:::::l
     l::::ハ::::::::::i::::::::::i:::::::::::::::::::::从::::::i::::::::::::::/ l::ハ: l
.       l::l V:::::从::::::::i:::::::::::::::::::/i:::::::/::::::::::::/ . l/ l/
      .V'´.l.\l, V::::::从::::::::::::://::::://:::::::/ ` 、
    /   l     \::{ ゝ::::::::://:://::::/      \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そしてそれを、面白くなさそうに見ている女子生徒が一人、いた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

899 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:31:05 ID:re/fJhZk0 [26/41]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

900 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:31:22 ID:re/fJhZk0 [27/41]

              , ′          /    / //////////////// \ヽ
            /         |     |   //>-―――――- ミ///∧
.          /        l     |  /'´ 、_人___ノヘ._{    \//ハ :
.           /         .l     |/_二ニ´-:/―く/   | ∧__人_ヽ/| |
        /           l      l/   // . イ|`  |.|     ( V| |
        /          l      l   /__//_、 |ハ   ||   / } ヽl | |
         /  {         l       l// )ハ`ヽ | ',  |   77ヽ  V|
.       /   :、         l    -‐く しイ    |  ∨ /! /     j |
      /      ヽ      lヽ    l  弋Jソ       /,∠=ミj/| ./  .: |      まあ、メイヴさんは加賀さんとそんな密な関係に!?
.     /      /\      :、\   l  ::::::::::..     ´ ん ハ} l/   / :!
    /       / //\     ヽ ヽ l   ::::::::::::..    ヒソ人イ //   |      「男と女の関係ではあるわね」
.   /       / // /'^\       ト.l             ::::::::: //./ / .イ |
   /       / 〃 /::::::::::::ヽ      l ヽ   ,........_   ' :::: //イ    /||
  /      /  / _/::::::::::::::::::::.、    l |   丶/^ヽンr‐、 イ/    /  | |
       .-‐:::¨´/::`丶、:::::::::::∧     l:、|     /  /⌒}.} /    /  /l/
    /::::::::::::::::::/::::::::::::::::::丶、:::∧    V|\. / / _..'⌒ヾ|     ,′ /
   ,:::::::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::\∧    〈\ / ´ ¨´  __..ヘjl   |/
.  /::::::::::::::::::::__{__::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:,     V人     ̄  ∠ }|   |
  l::::::::::::::/´:::::::::::::::`丶、::::::::::::::::::: ∧   Vハ\       ヽノ|   |
  |:::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::: \:::::::::::::::::∧    Vハ \       Y    |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
授業が終わり、放課後になったので真っ直ぐセシリアの家へと帰った。

セシリアの家はかなり立派な屋敷だった。
高級住宅街の中央に位置する、かなり大きめの西洋風建築がセシリアの
屋敷だった。

「依頼を遂行していただいている間は、ここをお使いください」

メイヴにも個室が与えられた。
そこそこの広さに、ウッドテイストのコーディネイトの部屋だった。
元は子供部屋だったものを急遽改装したそうなのだ。

「ありがとう、私はここで待機していればいいかしら?」

「いいえ? 折角一緒なんですもの、同じ食卓で食事を囲んで、
夜は色々な話をしましょう? 私、女王メイヴのロマンス、聞いてみたいですわ!」

「あまり面白い話でもないと思うけど……」

それから、メイヴは喜留夫との関係について話した。
別段、隠すことでもなければ恥じることでもない。

「悪魔と人間のロマンス……! なんてファンタスティックなのかしら!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

901 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:32:16 ID:re/fJhZk0 [28/41]

          ′         i      /:::::::::::::::::::::::::::\\
           /    i     |     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ
        /         |    '/一、,二ニハニ;一-ヽ.ハ  .
               ii      |   /- ―――‐- j/     `ヽ i
       i    ハ     | ,  ,,x=ミ、:、    |、/ /i |
        .  i      .     V 〃んハ ヽ\//j/\ : |
        八      ヽ    | ヘ V:::ソ     jイ,x=ミイ. / |      ちなみに、浮気の心配とかはなさらないの?
         |   \.    \ |    `¨        ヒソハ|. /  ,:
         レ    , \      丶  ::::::::::::       `¨/ j/  /リ      悪魔には美女が多いんでしょう?
       ′  /  /\     \         ′:,: /  / /
       /   /    / \     ヽ    r.:::)  イノ/  / ′      
.      /        / ̄\\    i     /ノ /   /
     /       /       \\  リ≧z‐ ´ | /   |
   ,     /\         \:  i}\ ハ|  |, i i   |
  /   -‐ ´    丶、      {  {   \i|  |/l l   |
,  /   /        \     人 |\  \ |/| | 八





   {   i   ′     {f^   :  !    !  i  i :!.i | i i:  i! !
   {  i :|   :|    _j  乂__  :! :    :!  ! :|: !:| ! !:| i| i
.  八  :!|  :!   {f  i  |:⌒ヾi :l   i  l斗‐==≡ニ二  ̄
   ハ !|  :!   {{   :! :|  }} :|i   :!  :l  l !:|/イ从}/Ni{ i
.    } :| :!   :!   乂  ! :| .≠イ  !:  | :! 从 -‐笊才え≦_,
   , } :| :!   :!  {{ :i  :| .イfr「⌒ー=ミル:从ハ! イハ ィイfr:.:.:.:.と{ 7/,
  /,.:} :|八:  |   :八乂_刈ル,.ノ rfゥ^}  }ハ/ ) }/ ^弋v辷才斗 {/         簡単なことよ。
イ ィ  } :|ハ ヽ:!     :\乂_人}气ぇソ__ノ 「       ´ ̄    乂
 ノ  , . !{ } リ ! ⌒ヾ ∧ :} 乂r-<⌒Y            f´/ /        私以外の女じゃ満足できないようにしてあげるだけよ。
.   / , i /イ: , /i  :i   八____廴_彡^   :           八{  {
  / /: i  // :i  从ハ八(___  -‐=ミ    ` ゙        }乂:{         「な、なんて女らしいの……!」
. / //i | : //  | //:ハ∧ :ト、 ̄   (イ__) 、__,,.. ィ       从ハ
 ′ ′:| //.   : /   } ∧ :\         ̄      .ィ"/ ハ {
     八 ′  :|:/    :} : ∧( ≫            イ 乂 ノ 八
:{  i{  ハ:   /     } i ハ}ノ  ⌒ヽf⌒77r-く⌒V「{ {{ (( {

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
メイヴはセシリアに恋愛について色々と根掘り葉掘り聞かれた。
それに一つずつ丁寧に答えられたのは、ひとえに女王メイヴとしての記憶が
あったからこそだろう。女王メイヴは恋多き女として神話に語られる。

「では、何か一緒に遊べるものを探してきますわ! チェスはどう?
トランプもありましたわね、何か好きなゲームは?」

「ポーカーとブラックジャックくらいならできるわよ」

「ではそれで!」

まるで子守りだ。
だが、それはそれで楽なので良しとしよう。

メイヴはそれからの一日をセシリアの相手をすることに費やした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

902 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:32:42 ID:re/fJhZk0 [29/41]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

903 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:32:55 ID:re/fJhZk0 [30/41]

                   ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
             ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y
           r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
           トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !
                | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ
                レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、
           /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi              参ったわね……
             /   /  ヽ卜辷r" :   u. { ! ハ    ト-ミ: ____
           √ァ’ /   トミ Ⅵ(   cっ   人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
          /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
       人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/
  .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
 /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
/    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
    .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
 / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
 ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
次の日の朝、セシリアと共に登校し、ロッカーを開けると、
ラブレターが十通ほど落ちてきた。

男から好意を向けられるのに慣れていないわけではない。
メイヴは自分の美貌を自覚していた。
なにせ時の権力者を何人も篭絡し、骨抜きにした女の神格を宿しているのだ。

内容はどれもこれも同じようなものだった。
一目惚れ、というやつだ。メイヴの内面については誰一人触れていない。

確かに、容姿は重要だ。
だが、それだけだ。いくら容姿が良くても、腑抜けでは美男子とは呼べない。
性根が腐っていては美女とは呼べない。ただの下衆だ。

それに、容姿など今の時代は幾らでも変えられる。
化粧や整形を駆使すれば、金はかかるがどうとでもなる。

悪魔ともなれば、幻術やら何やらで変え放題だ。
容姿を褒められた程度で、メイヴの心は少しも揺らがなかった。

喜留夫のほっとする顔が目に浮かぶ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

904 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:36:01 ID:re/fJhZk0 [31/41]

          /:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::/::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::/:::/マ:::::::::::::::::::::/:::不ミミヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::::::::イ::::/ /::::::::::::::::::/:::::::::::ハ  ヽ
    / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::イ:::::::/ //  ./:::::::::::::::/:::::::::::::::::::ハ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::://::::∠ニl|イ   /::::::::::::/l::::::l::l::::::::l:::::::ハ
   ̄ ̄ ̄ ̄/:::::::::::::::::::::/::/l ./:/〃 "゙ミx  ./:::::::::::<イ .V:::|::|:::::::|:::::::::ハ
.         /::::::::::::::::::::://:::,'./イ .{{     }} ./::::::イ〃"゙ミ、.V:l::|:::::::|ヽ :::::ハ
        /::::::::::::::::イ ̄ヽ、/    弋___ノ //   {{    }} V::::V:::l.  ヽ :::l
.       /:::::::::::::::::| / ヽ リ   |l ||l l|ll彡/     弋___彡 .|:::::∧:l    N
      /::::::::イ::::::人 ノ⊂    || ||l ||l              |∨ .リ
.     /:::/ |:::::::::::::ヽ ‐-        / ̄  =‐-ニ __)    l
    //   |,イ三=--ゞ=、         / //////////    .l
        /三三三l|::::| ヽ      / ̄ ≧ミ、  /     人
.       /三三三ニ|V:|   >、   /       Y i    <  __
.       ,'三三三三| V.    ヽ/       l |___/ >イ |l
.      ,'三三三三l|____   /_______|─<    .||
__/三ヾイ三三三三三三/____ / : : : : : : : : :-‐ ゚  ̄ ||
三三三ヽ三三三三Y⌒Y//ニニニニニニミx : : : : : : :     ||

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ラブレターをとりあえず鞄にしまい、上履きに履き替えようとした、その時だった。
上履きの中に画鋲が入っていたのだ。

大方嫉妬によるものだろう。人間とは複雑すぎて、一週まわって分かりやすい。

呆れていると、「ちょっと待って!」と横から男子生徒に上履きをひったくられた。

「画鋲入ってんじゃねえか! ったく、ひでえ真似する奴もいるもんだなあ。
あんた、転校してきた……えっと、フェズレフでいいのか」

「メイヴ、で構わないわよ」

「メイヴ、気をつけろよ。あ、この画鋲捨てとくから! じゃあな!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

905 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:36:12 ID:re/fJhZk0 [32/41]

         r─┬vイ彡'´     ̄`  ̄ ≧、_イ ミi
         |{ 人/            レイ彡Yユ ヾフ
       , ィイ >              ト、- フ /ノ  ハ
     /  ) レ       i  / ハ    ト≦ニ''` i   ハ
     i  廴/  /  i   il  / .ハ   i   )ノ  il  / ヘ
    /  / イ /i   il  il  il  i ハ  il  i   / ./   ∧
    i  ./ /i i i .il.  il   il  il  il/ V il  il .:/ ./    ハ
    l  / イ il il il.  il  il  il  il  .V il  il .イ イ i   i i
    |  i .|ィ il ilハ   il  il  il  il_ _i il ソ i  .i il  .il |
    |  | ハ .il il  -ナ ハ il ハil ノ _.l 升 il  l  .l /   . il |
    |  レ人 .il ilr─v彡ミV.i ハ/  ゞ7行≦、./|  .|    il .|
    |  i i  il iト- 、ニヾ Y     Y:::....::タ.イ il  .|    il .ヘ
    |    ヽ  { rK炉y } ノ     ゞ=ij / 人 .|    i  iム
    |  ハ  ハ ゞッミ≧/イ 、        / /il il .|  i      ',
   人    i  \ ゝテ' ´         イ イ .il il .|  il   ハ ヽ
  /    /     ハ    ー -   ,_| | .il il ト ゝ il  イ i   )
  {   / / イ   ./  >、       | イ/イ 人升フ⌒ヽ ,'  | 、 _',
  /  ./ /  il   /  人   > _ ィ }// il  Ⅶ  /  il     ハ
. /  ./ /  イi   イ /   ̄||  | ̄ゝイ  /  r=-''ハ   人 | 、 _ ヽ
'´ / ノ / ilイ  /   { ̄_.ノ  ./   /  イ   |   il .     \
   / / / il /      ̄\ i  /   ハ  ( ⌒ヽ フ入 i  |  ヽ _ _ヽ
. /  / / ./ /         )|  {   { }  |   |-─Y  . ヽ _ _   \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「彼は?」

「ああ、彼、武藤カズキ君っていうんですよ。
とっても優しくていい人なの!」

「あら、あなた、彼が好きなの?」

「へっ!? ど、どうかしら……」

「いいことを教えてあげる。男に好きになってほしいなら、女も本気で惚れるべきよ。
想いが強ければ強いほど、返ってくるものも変わってくるわ」

「だから、好きだなんて一言も言ってないですってば!」

顔を真っ赤にするセシリアをからかいつつ、教室に向かった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

906 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:37:09 ID:re/fJhZk0 [33/41]

 、   _, .} ,メ    l   ',::   ヽ::::.   ',:  ヽ
   ̄,´/F>`ミi_ i  i    ';::   ' ;:   ';::  ',
  ,⌒Yiー<⌒ハL  i     '::;    ',、   ';::  }
  ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
 从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
.<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i
  弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_
  )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|        数学? まあ、パズルみたいなものと思えば。
    l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /
    l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /
    ,'  ..::    ,:'::, :::|           (
    ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /
   ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ
  ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)
  ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
 ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ
.  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
  ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
 Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
               `ヽ     ヽ|∧//|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
授業自体はそう難しいものでもなかった。
六時間の授業や小テストやらをそつなくこなし、放課後になったので、
昨日のようにまっすぐ帰ろうとしたところで、一つ思いついた。

「ねえ、セシリア。あなた、いつも真っ直ぐ帰ってるの?」

「ええ、そうですけれど。門限が少し早いもので」

「駄目よ、そんなんじゃ。いい? 女っていうのは自由が服を着て歩いているような
生き物なの。縛られてる女なんて生きてるなんて言えないわ。
スマホ貸しなさい、私がご両親に連絡を入れてあげる」

セシリアのポケットからスマートフォンをすり取り、わたわたするセシリアを尻目に
電話をかける。出たのは母親だった。

「ええ、護衛のメイヴです。お嬢様が遊びに出かけたいというのですが、
いかがでしょうか? ええ、もちろん私も護衛につきますわ。
お嬢様もお年頃です。街で息抜きくらい覚えさせなければ、そのうち変に
爆発してしまいますよ?」

母親は少し逡巡した後で、承諾した。

「ね、言ってみるものでしょう?」

「むう……」

こうして、メイヴとセシリアは町に繰り出すことになった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

907 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:37:26 ID:re/fJhZk0 [34/41]

                          -‐…‐-
                        ´        ` 、
                       /   厶 -===- 、  \
                    / /  /::::::::::::::::::::::::::::::\  \  (⌒)
                      / /  /::_;: -‐===‐- ::_:::ハ ヽ ヽ    °
                  / /  /ヘ/,ハ⌒⌒⌒7ヽ斗 ^}  }i
                    / ′  { i 〕トミ、   折ミ/\′/ハ  、丶.
                 ′ {    Y´r心 \{{/ r心`'y′   }  {\ \
                      ,  八  、∧弋ソ   ` 弋ソ / /   j 八  ヽ \
                ,′  ∧ ヽ ∨/  ′_   // イ  ∧  ∧     ',
                    ,   //∧  V 》  「   }  《 ノ/   / ∧  ∧   }ハ        あっ! あのぬいぐるみかわいいですわ!
               /  ////∧ ∨ト ゝ  '′.ィ∨ /// ∧  ∧    }
                 /  /γ'⌒Yヘ 〈 三≧=≦三| イ_/// /    ヘ  }/7       台ごと買収すればよろしくて!?
               ′   ,{:::/^∧ ( \ヘ_/只k'´リ 人}‐-、 _     ‘, ヽ{_
             /     {j:::| | と⌒   r‐ミ、{ヾv// }'⌒'y‐く^ヽ      レう)      「こらこらこら待ちなさい」
               / /   く::メ、 ハ__}⌒7⌒{ /´)_/ く /}ir'⌒ヽ Y }   ',   "
              /      }  人_}V´ ̄レ/く ス≧=く 〈八  ,、_r┴{
              /      /:〉'⌒ヽV 厂 ̄}′/ /ー-ミ}_/ー厂}  ト /    ',
.           /   ..:::´    レ 、  / 仁二{{  /    呂 } ̄¨7 〈//     ‘,
        /_,. イ   :{    |  V / /    У ...:::´    /ヾミ==彡、//     丶
      〈 V /    :    ∨ ィ{/ /   /}....::::::'    ∧     /  V /     \
      人 \ /     / / 「:r‐'    ´ / :::::'    ∧ }       〉//>     \
      ヽ \ \    ,   ヽ/ ´       /   ::'    / 八、       /    {\   丶
      . :介x   \  ′  /\      /   ′    〈   > 、__/     ∧ 丶.    ー┐
     / ,r┴-=ミ、  〉 l// r'   ヽ ィ´  ,  ィ´   ‘,         l\    ∧   ` T   /7
   (( r{ マニ=- -r ′l///〉、   /}_厶斗ァ7/,     〉    :.    l  \  ∧    i}   勹
    、_)){ヘ. \{  |  |∨/ ミ=ニニ7/_][__][ ニ=- イ∧    }ハ    l   ヽ } }\ /  /}

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
最初は大通りにあるゲームセンターに行ってみた。
セシリアはアーケードゲームよりもクレーンゲームに夢中になった。

お菓子の塔を突き崩したり、ぬいぐるみを取ったりした後で、
ジャックフロストがでかでかとペイントされたプリクラで写真を撮った。

戦果はお菓子が小袋一つ分、流行りのアニメのキャラクターのぬいぐるみが
二つ、それとプリクラの写真だ。初めてのゲームセンターにしては上出来だろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

908 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:38:43 ID:re/fJhZk0 [35/41]

   |  {    |     ハ   '  乂込りイ、`ヽ
   |   '  |  ミ、 i   |ハ ゞ=彡ノ/z i
   |   ヽ .!   ハ:}|i: ! {  '  i  ゞ=ソ i:!
.i   |   ハ:{.  r=彡|{|ノi  |. | ヽ  八
:|   ! >ー从_}{ i ! |.川 i{ `ヽ |   !  ハ 、  ゙
   |{ / ーヽメ 八ハ!{ !ノj_z_j   |  .'{  ヽ
ハ  人ハr=ミ ハ ハ   ノ从 7Zマく_, ' | {八       《https://www.youtube.com/watch?v=aCxOn3Pfljg
  / }込八irくイ_ノ ノ     i.i゙;;;}j ハk   ! i  ヽ
 { :{ゞ=ミ_ノ/    ,  ゞ彡<././ .|i ゝ
.八 ∧    j:i     ノ    'イ./{  八 `ー
.  ヽ∧   八{_ノ , -.、    /rーミ八   `ー -
   \ヽ.      ゝ:::ノ   .イハ  }vー 、`ー -
 `ヽ  \>     /⌒´      ノ `ヽ
ハ  \  ヽハ≧=彡} `ヽ      `ヽ ハ
  丶.  \   }、 { /           ノ   }
   \   ヽ ノ iト、∨           \  '





         /   ム:::´:::::::::::::::::::::::::::\    \
.      /    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     \
     /    /::::::::::::; ィ< 二 不 二 ぇミ       \
         /::::::::/ ノ      _ -― - ハ
          |::::/ノ^, -    圷 ト \ 抃 |
    |    |:/r'^l/!        | V z≧ミぇ八 ノ    \
    |  ヽ  |ノ/ト |\     { ネん心 ヾ_ r〈  /    \      わあ……メイヴさん、歌、得意なんですの?
    |   \∨l l | Vz≠ミ> 、> 乂 ソ ,√ハ ∨イ  |
    |    \圦lィ/ん心      /l/l/l/l |  }V   |          「歌と踊りは一通り、ね」
    |      N _}! 乂 ソ   ヽ     __,ィ ,' ハ  l
      ヽ    ハ/ ) /l/l/l/l   _  〃¨/   |  , \
    八  \ 〈〈 < ー 一ァ  r     | {{ ノ   / ∧ _ >:::
.   /  \  \\ ` < {  乂    ノ f'    / ム:´::::::::::::::
  /     \   \ヽ    ̄`ヽ     /     / /::::::::::::::::::::::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
次はカラオケボックスに入った。

日本の曲がほとんど分からないというセシリアのために、
一緒に歌うということを提案した。

一応、メイヴも喜留夫と一緒にカラオケに入ったことは何度かあった。
ここは自分がリードするべきだと思った。

結局、延長を繰り返し、三時間ほど歌い続けていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


909 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:39:12 ID:re/fJhZk0 [36/41]

         />='ー≠=\    丶    ヽ   \
.        /::::::::::::::::::::::::::::::\    :           ヽ
       /::::>'´ ̄ 「 ̄Y⌒:ヘ    i    :      ',
       /:/、_人_.斗个 T^「⌒ハ    |    l       |
.       レ'ノ   :i   :iー/‐i八-- ヽ  |    |       |
       j∧  : |  /j/ iリ  ヽ\l /   /     /   .|
       |l i f^ l八 / /.ィヘうた卞、 ∨i   /     /    |
       |i  ヽyぅ、    弋::r少  /  /     /i     |
       |l : ' 圦r'j     `    /  ./     / .l     |        はー、楽しかった……
       l!八. 丶 ソ     ::::::: / //   イ  l    |
         \ く          // /  / l   i    |
           |>丶 、  フ  .///    /  l   |l   }
           }    \     ((_/   / ^ト、 l   |i   八
            /  i   \  .ィフ′/_..孑==ヘ_j   l:    ',
        /  /,'    ′ / / _.斗'≠┬i` ̄ ヽ    .
       /{ //   /  // /   / }::l    ハ     ヘ
     /  ∨/   /  (´ /   /  ..l::l    l:|      '.
    (   ヽ \ >i    ∨    /     l::l    l:l| '.   :. ヽ
     >─‐、/}:::八:... ヽ \ .ヽ/     l::l    l:l|   ',  '   \
    (  (> L≦j.  \:.  丶 `<     l::l    l:lリ    .   ヽ  \
      ヽ// /   __..>ー‐─‐'  ヽ   .l:l    l:/    ヽ    ヽ  丶
     /   ./     f: : :.( ̄ ̄´  ∧   \ l:l     {:...    丶       \
   r'  丶 '      乂ミ: :`ー‐z   ヽ   l:l    八::......     \    \ \
    {     i ヽ     _>─‐'     l    ヾ \〈  ヽ::.......    \    丶 \
    |     :.l: . .    ( (       :l    l:l   i::... \::.......     \   \  \
..   l  ヽ : . ヽ: . . .   \丶____     }    l:l   l::....   丶:........     \    丶  \
   八  \:j  \: . : . : . : >─'   ノl    l:l   ∨:......   \::.........    \        \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
帰る頃にはすっかり日が暮れていた。

茨を模した門扉を抜け、屋敷に戻ると、母親や使用人が心配そうに
待っていたが、セシリアの幸せそうな顔を見て、「しょうがないわね」と言いたげに
肩をすくめた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

910 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:39:27 ID:re/fJhZk0 [37/41]

        <  r=-、  > ' ´            / /  rァ/ }v'´`i > ゝ
        >イ{r-j}ソ                     トv´ ゝイ.人K i
        廴Y/ ┘      /              ヒ=-ゞ イノ小 |
        ノiヾイ'´        /            i i   ≧三≦ .| ハ
    、 _/ィ //        i              il .il   i  升 ハ .ヘ
      ̄  ノ i .i           il     i.      i  il .il   il  |.i  ii  .ヘ
      / /       i    i  i   il       ハ .il .il   il   Ⅶ   ハ
     /            il i__ ハ.  il     .升 iⅦ   i   i.lハ  ノ ハ
      i     i    ナTl   il    il    -ハナilー -.i  il   ト ソ   i   i        ごめんなさい、って言うのも何十回目かしら。
      |       il    il il     il i  il i  /  il .il ilハ/ .イl   il     il {ハ
     人.     il    il ilゥ≦ミ=、 il il il / 行芯及ァイ//  小、 i  .il   ヽ
     ハ.    il     il ノ/<t 」ノ ゝハi .il ハ   {辷t jrリ./イ  / il  il.   il ( ミ;,、
       V>‐  il  i  il人ゞ- 、 _ハノ ハ' ´   弋z_ソ.//  / .il  il  / ハ  ヽ
       } i ハ .il  ハ ト≧_>イ           イ.  /  il  il ./    i   ヽ
      ノ  .|/ Ⅶハ i i i ノ人(    _       -=彡イ   il   // i  人   ',
     , '´ /   /  ヾハ 人 (  `ヽ           /.< ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_il / il    ノ
   /   /        }人≧、    ー =-    イ} })    /  (  .il   (
  /ハ   /         il  ゞ >        イ∧_∧ /    /    ∧  il    ヽ
  iハ ゞ. i        ≧}人 K  /> ─ ´i   || | | .| i    .i    / ゝ i ヾ _ ヽ\
   i   .|        彡イ人ゞ  / /∧∨/ /  / / ハ     //  /ソ   \      ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
それから一週間が過ぎた。
セシリアの周りで起きるポルターガイスト現象も落ち着き、
これは任務完了か、と思っていた頃だった。

放課後、メイヴは何十回目かになる告白を受けていた。
もちろん、お断りだ。青二才に興味はないというのもあるが、
喜留夫を悲しませるようなことはしたくないというのが本心だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

911 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/09/04(火) 22:41:34 ID:/wAUnNow0 [1/2]
学校でセラフかシモンかと思ったらメイヴだったかー

912 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:42:09 ID:re/fJhZk0 [38/41]

         , -‐- 、
          /      .ヽ,
            ,.....-‐ー'―-..、
       ,..:':´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iヽ:.:.`:..、
.       /:./:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.ハ
      /,.'/:/:.:./:.:./:.:.:./:.:.:i:.:.:.:.ヽヽ:.:.:.i
    /、/:.i:.:てi: /:: :メ:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.ハ
     .i: ル 心i/  /:`ヽi:.:.:.:.:.:.i:.:.i:.:.:ハ
..     レリ ヒリ  乍テx/:,イ:.:.:.:.i:./:.:.:.ハ
        i ,    弋リ   /: i:.:.:i/:.:.:.:.:.:.ヽ
          ヽ 、 _    /ノi:/' i. \:.:.:.ハ           あら、フェズレフさんにオルコットさん。
         ヽ _ ,. ィ ./    i   ``ヽ _
             i   ヽ/     , '      / }         今帰り?
            ヽ,イ     /     /  人
              |     ./       /  /  ヽ
            f ヽ__,/ ̄`ヽ、,_./  /     L,_
               | |  |     ,. 〈_,/   /  i,
.              | .i  ii   .i               \
             八 .i  ii      ̄ヽ          \
               \ヽ  ヽ      \            ヽ
                 八ヽ   \      `ヽ‐         i
               |ト`ヽ  ヽ  ニニニ \         }
                    |  i! }  _ノ.i!         ` ー‐i  /
                〉.i!/ f i!            i  /
                 /≡!  .| ≡          レ'
                i'   |   |            |
                 |  | 〉 |                 i
                    !  .|   .|              i
                   /  .|  .|              .|
              i  .|  .|  |            |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
体育館裏での告白を撃沈させた後、待っていたセシリアと一緒に帰ろうとすると、
同じクラスの女子生徒に声をかけられた。

確か、西園寺世界とかいう名前だったか。珍しい名前だったので憶えていた。

「じゃあさ、帰るついでにさ……死んでってよ」

言うが早いか、西園寺世界は殺気を放った。
セシリアが息を呑み、尻餅を突く。

「あら、生霊ってやつかしら?」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

913 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:42:23 ID:re/fJhZk0 [39/41]

     _,..、..、.,_
   /~      \
  /      _,..、-ーゝー-、、.,
 /     _/:::::::::::::::;;〉、::::::::::`ヽ、
 j   ,/彡-ー''^~フ^ハ:::ヾ''ヽ::::::::::ヽ
   ,,/~::::::::::::::::/::::::/:::::l::::::ヽ::::::`ヽ、::ヽ
 /:::::;;;;/`:::::::::':::::::::::::::::':::::::::`:::::::::::`ヽ:i
/:::::;;/;"´::::::,、::::::::::|::::::::::::::::::,、:::,、:::::::::::::::ヽ:i
レ''",/::::::::::/::::::/::::|i:::::::::::::::::ハ:::::i`、::::ト::::::ト:ヽ
 ,/::::::;'i::::|::::;;/l:::/|:::!:::::::!:::ノ i::::| `、::|ヽ:::|::::i
 i:::::/i::::::;l:::;へ,!;| !::i:::::::!;/ u,|:::i  ヽi_,|::::ト;::ト,
 !:::ノ/:::/ |ノ   {!、, \;:::::i  / |;ルー''リ/!:;i リ 〉      なんで……なんでよ! なんであんたたちばっかり!
 !::j ヾ:|_/リ`、   ゙ヽ, ゙;リvイ'~___,/ リ_,,.ノ;:|
 レ   リ,`、 u`''''''"~    `゙ ̄  u ,/:::::::| |:|      なんであなたたちばっかり好かれるの! 人気なの!
   /;/!::i` 、,  __,,,...--ーー^ヽ, /::::::::;:;| i:j
   i:; i:/|:::/|`゙ー-}____..ニニニソ~:::::::::::::i!::!! リ      私とあなたたちの何が違うってのよ!
   リ リ リ !:::::::;/,ヽレ~ヽ,`゙iヽ、::::::::::ノ|ノリ
        `゙;/:|_ノ メ-  ト、_|::::/ヾく          ちょっと見た目がいいからってちやほやちやほや……
        ,/ }::|ゝ、_ノ`ト--' ,|::く  `ヽ,
       ,/ |::`丁 ̄ ̄丁´::::::|`゙丶、..,_`メ、      どうせ媚びまくってヤリまくってんでしょ!
     /!_,,,..イ:::::::|::::::::::::::::|::::::::::|    ~゙゙´
    "ー'~  /:::::::|::::::::::::::::::ヽ;::::::|            その腹掻っ捌いてあげるわ!
         /`tーイ-t-t--t-t-イ´ト
【悪霊 カゲワズライ Lv35】
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
現れた西園寺世界は、本人ではなかった。
生霊。生きた人間の強い怨念によって現れ出でるとされる、魂の現身。

メイヴは恨み言を並べる生霊に、手を翳した。

「馬鹿ね、この世は等価交換、都合のいいことなんてないのよ。
愛されたかったら誰かに愛されるよう努力なさい。誰かを愛しなさい。
優しくされたかったら優しくしなさい、守られたかったら守りなさい。
それもできず、あれしてほしいこれしてほしいっていうのはただの子供の駄々よ。
あなたは女ですらない、ただのガキよ!」

電撃を放ち、生霊を蒸発させる。

「これでもう大丈夫でしょう。さ、帰りましょうか」

セシリアを助け起こし、メイヴは微笑んだ。
恨みの具現化を消滅させられたのだ、本体にも相応のショックがあったはずだ。
これに懲りて、以降は大人しくしているだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

914 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:44:16 ID:re/fJhZk0 [40/41]

      ′      ///////////////// ∧  \
   /         /////////////////// ∧    、
    ′       ////> ''´、 ̄ ̄ 二ニ==ミハ     ヽ
  /   |    / ィ_,、_,八 { ` ̄´ ヽ \  ヽマ    :.
  /   |   /_ノ!  _|__ ヾ:、  -‐==}―- !、  /
  l    l   |  ィ'" !ヽ   \   | j  ハ, ||.ヽ/
  |    :.  ..イ{: |ヽ |  \   |イ /  ', | j V
  |    V |! |  \-‐ `:|  /j‐j/-  }ハ/} /
  |    :.  | |ヽ|x==ミ   j/  z==ミ:、/イ/
  | :.    ヽ | 〃                 `7ー /   /
 ハ \     / 、、、、        {     ``/ /     ∧
/  、  \   \            /_. イ     /
   :\  `   ._\_   r   ̄   |.i´/ j    /
  /  \     \ ̄l`i  丶. __ ノ  |.レ′/    /
. /     \    ヽ| ト 、   ¨´  .ィ´ヾ∨     /
/        j/\     l |     ‐-   j、 /     ∧
        /   i\   |` ー-v-‐ ´  V   /  :、
        /   /  ,ゝ、 ∨/二マ     /  xく     ヽ
       /  _/xく  /\ }ィ个xヽ   〈 /   ヽ、    \
  -‐ァ7 ̄:::::::::::::ン   〉ノノ∧ハ \ノ\     \ー--

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
その後、メイヴは転校という名目で学校を後にした。

「困ったことがあったら、またいつでも依頼しなさい。
加賀探偵事務所は、いつでも受け付けるわ」

別れ際、セシリアと握手を交わしながら、そう言った。

「ええ、もちろんですわ。それよりも……」

「それより?」

「また、遊んでくれますか?」

メイヴは優しく微笑み、頷いた。

「友達だもの、当たり前じゃない」

こうして、メイヴの短い学園生活は幕を閉じた。
だが、学生としての何もかもを捨てたわけではない。
女の友情というのは、結構堅いものなのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

915 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/09/04(火) 22:44:31 ID:re/fJhZk0 [41/41]

                       _  -‐ ミ
                  > ´        `ヽ
               ,, ,"' , _ -ァ `ヽ      丶
                   〃'  '/////////,ヘ      ∨
                  '/  /////>-''-'-くハ     V
 .              / '  l/ア´  リ      マ      V
             //!  ,i"   ノ'  , rj =ト、マ l   l 丶
               // j  l ,{r{¬V l /ノ ァ=ェミ、'   ;  ト` ー    _
           / ' l!   l {!゙ ィヘ`ヾl'´  Lりノ`   ハ  丶    ̄` ¬  ̄ミ 、
              '/   ! V{ l ( Vり       / ,イ /l    ヽ         `丶ヽ
            {'   ;   ゞ、'ヽ    ′     /'7 / !     \           ) }
               7  /、ー =ァ7  ー ´ ((/ ,イ  ;        ` <       ( (__
                /  / !   l'/ >   _ / 〉, '  _j斗=ミ   、    ` 二二 ニ _    ̄` <
               '  /  j!   / /  ハ  //⌒ゝ'      ヘ  \` ー  ´ ̄        > 、   `  、
            /  /  7  イ   >ノ 〈 / (   (       ハ ヽ \                 \      ヽ
          , " ' /  ア / > ´ア'、_ィ/{乂 `丶、       ハ  ヽ. 、` 、                 ヽ 、  ∨
        ア  / / ,/ィ _ ノ- ‐ '"  ̄   / `ヽ \    ` ヘ _  \`   <           ヽ丶  i
      ア   /_> ィ´ _ア ´         /     \ ヽ       `i   \ >  ` く             ∧ ゛  !
      / >  ,ィ´   ' / /         i      , ヽ  V    '⌒ヽ  \  `ヽ \         }  リ
     く   ゝ、   i l  =-=       |      ノ >'イ' ) ,  ´ ̄ ハ       \ \   /`ー=-'  /
    l  丶、 `ヽ 八 ヘ            ',   _> ´ _ <          Y      ヽ   丶、\/{       /
     l   7' \   ヽ ヘ ヽ _ -=-≦ _ X´  _ < /'  ヽ  /    ヽ \   丶、  \ ヽV __ _ノ
    ,'   ,'    )_ ィ, 〉  `ii´     「⌒゙ く⌒   7    V         丶  \    ヽ  ハ ,} ヾ
  r<   /  ,/´    j   jl       |__  ヽ、  ,′   ; ,ヽ      `\   ヽ     〈 ,l リ  \
 | `<   〈_ _ . ィ′  j{        __ `ヾ lハ l     / }            丶 ∧   Vヾ / ゞ、 〉
 |    ヽ  X´ ≧=- 、 'ニ匚-]ニ|   `<ニノl jニ!   / ;   、        丶、!     ! "、  >'
  >=- /   乂_  ,リ 7,     L __,l^ l_」_ノ ∧    7   ! i 、         、 ' リ \ー"
  {  ー=く      >―'  ' '       , __)ヾノ'     ヘ/ /     l l ヽ          ヽ ゞ、 〉
  >=-,ノ      〈 ヾ´  //       /__ ノ´ l       ヽ'      /リ   丶       ィ= ヽ ア
  ( ∠ノ)     ヽ_`ニフ'      (´      ',         \  / /l    \   ,/:::::ヾ:::::ノイ
   ̄ ̄´        //                 ',          \  ′      \〃:ヾ:::::ノ⌒ j
                                                            ~また次回~

916 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/09/04(火) 22:46:01 ID:w6cJseXw0
台風で忙しくて遅れたわ…乙

917 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/09/04(火) 22:47:12 ID:/wAUnNow0 [2/2]

個人の生霊でレベル35ってすげぇなw


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/09/05 13:12 ] 【R-18】雇われサマナーキル夫 | TB(-) | CM(1)
Lv35なのは初犯じゃないのかもしれないなという解釈も
[ 2018/09/09 16:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する