クリックで開閉

【R-18】雇われサマナーキル夫 第十五話『少年サマナー奮闘記』

741 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:22:02 ID:9VK52rQk0 [4/37]

┌──────────────────┐
│                           .│
│   第十五話『少年サマナー奮闘記』    .│
│                           .│
└──────────────────┘

742 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:23:59 ID:9VK52rQk0 [5/37]

                             ,
                ハ、       /'i
                   |: :ヾ.       ,':/: :!  __,
             ト、_i: ;、: ;ヽ   ,':/メィ;!,ィ'  /
              ヽ  厶 ゙' メ:.゙、ー‐,':,ゞ` 'ゝ ,/
                  7 ゞ, ,ィ"´¨⌒´¨`ヾ、メ.  〉_
             ,.―‐ヽ、''/.: :: :: ::  :: :: :: :.ヽ/  `ヽ,
            Y   ノ.:: .:: .: ;:   :: i:. :: :. ∨  i´
          /ヽ、.∠,.: : ::, .:ノ!i:  .::i,.゙、:、:.、.i  ノ:.`ヽ.
         /.: :: ::/ヽ.ヘi.:ィ≠=メ|:.ノ!ノ iノ:.ノリ´ヽ::::. ::.\          いやー、今日は絶好の昼寝日和ですねえ。
        ,:′.: .: ./  >'. 弋:リ '´ '‐='!':.゙ゝ  ヽ::. ::.. ヽ.
         /.: .:: ::/   `ー'!:ハ ¨ __'_ ¨ノ::i'´    ヘ:i:. :.、:.ヽ        天照大神のご機嫌もたいそうよろしゅうと
      /,ィ: ::: /     ノ.::::>_ゝ_.'.ィ´|::ハ      リヘ ::iヽ:i
       /ハ: ;i:,′     i .:::ノメ \/ゝリ:: }    '′ ソ.ノ .リ        存じ上げます。これで参拝客からの
     '´_メ ̄`ヽ、   , ´ヽ:〈_,`ヽ(Oゝー'_ノ-、     '´  '´
  ,ィ==/彡'三ミヽ、\.ト'、 _,_'_,ィ=ェ、 Y ,ィ=、_ヽ. 丶.   、.、ー-、         お揚げのお供えとかあったら最高なんですがねー。
 イ'三彡'三三三三ミヽ.\゙シ'二二、゛У彡==゙キ、.メ=!  ヽ:゙: : :ヽ.
 |三彡'三三三三三三ミヽ∨.:.:.:.:.:.:ヽ' ,ィ彡三ミメ'"¨´ ̄i_  i: : : : : ゙、
 レ彡'三三三三三三三ミヽ!ー‐‐'´三ゞ‐--、ノ.:´ ̄ ̄:.:.:〉 l: : : : : : :ヽ.
 ∨三三三三三三三三ミ∧三三,ゝく三三/.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.ノ: : : : : : : : :゙.
.  ∨三三三三三三三三'/.:|ー―ゝ‐'ー―‐!:.:.:.:.:.:.:.:.:.ム'、: : : : : : : : : : : i
  ∧三三三三三三三/;.:.i三三三三三三、:.:.:.:.:.:.:.:.}ミ=\: : : : : : : : : !
  /.:.:ーヽ三三三三 /:.!:.:.:.〉:.:/__`゙v'´`v:.:.:.:.!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽヾ;=;、: : : : :ノ
 ,'.:.:.:.:.:.:.:.¨7i´.:.ヽ-.':.:.:./.:.:./.:.:.:´.:イ .i i ´.:.:.:.:.;彡、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`´/`゙ー'-、
 !:.:.:.:.:.:.:.:.:/ i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;_r'イil!:.:.:.:.:.:| .∧ !:.:.:.:.:._」il!_;ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノミヽ、:.:.:.:.:.>
 |:.:.:.:.:.:.:./ i:.:.:.:.:.:.:.:.:./.ゝ,ー=┐:.:.:L!:.:.L!:.:.:.:i彡i'´ V):.:.:.:.:.:.:.:./三三ミミヽ'
 l:.:.:.:.:/  i:.:.:.:.:.:.:./ メイ `!ー‐―.:.:.ー‐‐'.:./  i:.゙):.:.:.:./三三三三ミノ 〉
 ヘ:.:./   .i:.:.:.:.:/  (.::!  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   !:.)_;ィ彡三三三三//
  V    i:.:./   メ.::!   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,′   !::ヽ三三三三彡' /
       レ'    /.:":i!   !:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.i    i::::.i!三彡',ニニ-'´
【神獣ウカノミタマ Lv55】



スポンサードリンク


743 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:24:19 ID:9VK52rQk0 [6/37]


              __    .ィ≦{
            <.....゙`<三三三{
         _.=-━>、ヾ...\、三三}-‐:ァ
         >=-/.:.:.:.ゞ_\..)\三{:i:i:{
        /...ケ‐-/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.ノ:.V:i:i:iリ
      ∠=-―W,'.i:.:.:.、:.:.:i:.ト.:.、:.、ヽ!ノ:i:/、                 ええそうですよ、私の祠は寂れに寂れておりますとも。
              j:.{:.:.:.ハ:.:.lリ||ト:.:.i:.ゞWy:.:.:.:}
             ノイ:Vリ!|lV, ||||!リイ:.:.>{:.:,:.:.j                 参拝客は今日もゼロ。管理人もおらず、こうして稲荷に化けて
          ´/.:.ノィ:ゝ,._r‐ュィ|:.rヾ、!イ:./、
              ,'.:.:.:.:ハト:.{ 又oノ'′i  レ,' ヽ                待てど暮らせど誰も来ない。来ても不良が煙草を吹かすくらい。
            ,:.:.:.i:.{  `i` Y  y__j___!ニニス,ィ=-、   >=━―<
             {:.:/∨  rー=f三ミ彡{====={ラ仝、ニ‘,/ . : : : : : : : : : :`:>: .、
             レ'   <二弋_::::{ 」二二二{彡'ヘ三\: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.、
              〈.::::::::::::/¨ヾ):::::::::::::::::〉彡':::::{il{>=、、: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ.______ノレ!;
              「.::::::::::::)  {::::::::::::::::‘,::::::::ノ/´(_)ヾ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :フ
              /∧::::::::::|  |:∧::::::::::::::,::>'´   | ゙} !≧=―-------------.: : : : : /
                /::∨.::::::::::| /!:∨:::::::::::::::Y´ ̄ `ヽ. j!!リ ノ彡<三`ヽ三 >=-、三三≧=- ._
           /.:/i::::::::::::::::|':i:i/::∧:::::::::::::::‘,:i:i:i:i-‐━‐<_:i:i:i:i:i\ニ><ヽ.ニニニ\三三三三三≧=-._
          /.::::/il|::::::::::::::::゚!:/.::/ili{:::::::::::::::::‘,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: ̄ ̄´:i:i:i:i:i:i:`<、_三三ヽ三三三三三三三≧:.
            \:::/ilill|:::::::::::::::::/.::/illili|:::::::::::::::::::‘,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〃-、=/  `ヽ三三三三三三>、
          ∠ヽ)Y(|::::::::::::/〈\)Y(|:::::::::::::::::/〉 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`¨¨^¨`ー'´      \>’´ ̄   ̄``
           ーレ!テ¨¨¨´   77┬,-,―――'´
                    ´レレ ´

744 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:24:38 ID:9VK52rQk0 [7/37]

           /::::::::::::::::::::::...            //{
        {:::::::::::::::::::::::::::::ヽ         / ./ l
         ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ       / ./  |.    /{
          ヽ:::::::::::::::::::::::::::ト、    / ./  .| ,. // i
              }:::::::::::::::::::::::::}:.:`Y´/ ./マ`ーv' レァ, /  i|
       ,ィ"´ ノ::::::::::::::::::::,.ィ ´  ̄/  /ォ'    く /ィレム
       .>、:.:.:.:.`ヾ;,;,:.:.:/     {,.ィ’-‐ "´ ̄ ̄ ヽ..__く
      ,..ィ ´ ヽ:.:.:.:.:.;/7 ',   ,.ィ´               ヾ'
  ,..ィ ´   ,..' |:.:.:./:.:,:.'  ヽ./     ,.     ヽ.、    }
         !/: : : :!   /      ,.ィ   イ|ト、|| |ヾ  ,' ;
      ,..ィ  / ``y-:、l   ̄フ  //__,.イ | ||  ト、」/  /;
   ./ //   /  .,  ',∠,,.イ´     l -===-/ /;        ギャーッ! 鳥のフン!? ピンポイントでなぜ私の頭に!
  .ヘ       /   ゝ ヽ. /   ,   ヽ._'.、u   '.イ、;
   ヽ      {.ィ  / ヽ.  ノ.ィ'      ノr― ¬  } ;         おたまが何をしたというのですか!
      ヽ       |γ´ `ヽ..二´i|   /`ー ´' |   | /
      ヽ    /    ヽ  i!  ./       |   |ノ           あー、一旦変化解除して……って、なんてタイミングで来客!?
  /`ヽ レ'彡"´  ̄  `゛ヽ   |  ,r ´ `i゛.―|   |
  ::::::::::::::::/   ,.ィヽ.     /   !  .レリ'7`ヽ.└‐‐ ┘            不良なんだろなー! 煙草吹かしてポイ捨てしてくんだろなー!
  :::::::::::::::{  /   ヽ. / `ヽ ', /ノ /  ,ィレ'  _ ;
  ::::::::∠:::::/     ィ彡V .、  } `ヽ ノ ィ彡" ̄  /;
  γ´ {!i|::::{. ,     i:::::ヽ. \   ヾ'⌒ヽ.ィ´ ̄ 7;
   {:::マヾ:::ヲ′    l:::::::::::ヽ \,ィf  /    { ;
   ヽ:::ヽ::/      |:::::::::::::::::ヽ \_,.イ     i|

745 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:25:23 ID:9VK52rQk0 [8/37]

                      _, -ー‐ ー- ._
              _, r= ´          \
              ̄`フ´     i        ヽ
              〃    /  ム  、       ト、__,
              ! i:    |! ! ./_ヽ  }} ! i:    ハ¨
                | . {;   ム l A彡ヘ リ } }: 、    }
                | :小 l/ lAl三  ∨\ヽ` }l!  } |
                レ! ∧j _,ノ三三ュzwx彡、 l! ハli. /`'  、           へえ、こんなところに神社あったんだ。
               jハ lミモツ¨   !|`‐--、 Ⅵj リ|l !  〉 〉
.                  Ⅵ|、  ヽ !|`ー-、.\=彡^ソ●y'´           折角だしお参りしとこっかな。
                  _,≧> .   !|/´/ ̄l、ヽ 三 ●
                  ∠ 三三三≧´ ./  /l l\\  ./
          弋‐-、___`マ彡"_/ ,イ´ 〉\∨`メ
            \ `ゞマ彡" / _/    /   /
           _, -≧‐ 、∀_l¨ /       .!  } |
         ‐=二´____三Y、 ̄ミー、  ィ  /___l
              r-へ `ミ≧_」  /<二/´ _!
             /  人___ヲ┘   / /フ〈.|
              _/  /´ /   〉`ー--=/ ∧\ィ
           /|  / /. _/   リ  { { ヽ. 1
          // . / /  /   _/   ', ヽ、 ヽ!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
小学校の帰り道、気分を変えて違う道で家へと向かっていると、
小さな祠を見つけた。

本当に小さな祠だった。隣にちょこんと石の稲荷像と手水舎が添えられている。

ふと気づくと、稲荷像の頭の部分にべったりと何かが垂れているのが見えた。

「げ、鳥のフンだ。ばっちい鳥もいたもんだなあ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

746 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:25:47 ID:9VK52rQk0 [9/37]

                     _
                 __.\ `ヽ、  __
              ,. '´   . ̄   `'´.__/
                ,.'´               ̄ ̄`ヽ、
          ,.'´                     `、
        /    _,..-'''" ̄ ̄"'''- .._        `、
       /   ,.'" -‐‐、        `丶、      `、
      ./  /./    ノ        .r''´ ̄ ヽヽ     .`、
       ./   //    ./         |     ヽ`、      `、
     /   /人___,..'´ _,..-―‐、   ヽ     .ヽヽ       `、
    ./ ,ィ |'    _,..''"      \   `、    `、`、     .l
    .|/ | . | ,r―'''´           .\   ヽ __ノ .`、   ..|       ちょうど傍に水あるし、流しとくか。
        | . |/    .∧          \____     |    |
        |  |     ./ .`、        .lヽ    `ヽ、  l   .|ヽ|       別に僕が掃除する必要はないんだけど。
        |  |   ./‐‐-`、 、     /ヽ . | `、      .`、 |  ..|
        |/|   / r‐‐-.、ヽ|ヽ .   l ̄.ヽ| ̄ `、     r'´ヽ . |
         .|,イ /、 .|.lリ   ヽ  `、 .|.r‐‐-、   ヽl、  //{~)|.∧|
         .//|/ `.ヽ   | .   `、.|.|.lリ  ヽ    \/( .ノ//
       //    l   ̄         ヽ    |     .//
        |.|    ヽ    ,      ――'  ./ ̄ ./`ヽ
        |.`ヽ、    ヽ                 /./   /\ .\
       ヽ ヽヽ、   |>、 ―-、      /l/    |、 .\ .\     ザバー
          .`、 .`、 `ヽ..| 、  ヽ __ ,   '´/     .| \  \ .\
         ヽ lヽ...ヽl ヽ  |     ./  ___.ノ   \  \ .\





            __       ,.へ           っ っ つ
           / : \  _   /: : : :ー‐ 、      _
        r ー': : : : : :\}:::\/: :ハ : : : : : ',  ,.ィ::::::::::/  っ つ
        i: : : : : : } >r:.ヘ::::/: :/  ヽ: : : : :.'r.::::::::::::::::/
          .|: : : : : /> ´  ̄ ̄  `ヽ}\: : :i::::::::::::::::〈
          .| : : : :/             ヽ \:{::::::::::::/、
          .|: : : /   ./    i       ', ',::::::::/: : : :\
        j: : /}   {    .i!      乂 }:::::::',: : : r― `
        }/ ノ / /|    i |_メ ..ィ    >:::::::〉<        ィ
         ∠..ィ__ノ j∧ ト、{ ≦zzー―≦.,-- ''  \     /: {          ちべたっ!
           / ', ==ァ ヽ{   ' ' ' }   ∨  ',    \ ,.ィ: :´ : : :レイ
        、 __ノ  } / /^ヽ   /   乂  ',     \ : : : : : : : /        あ、でも暑いから冷たいの気持ちいいかも?
      _ >ー.ァ八' ' ' .} / jヘ ∠.ィ   i⌒  .',    ', ヽ: : : : : /
       ̄`ヽ/ ./  ヽ  V   }  r.}   { ./: ',    マ⌒ : : : : i
       /  ./   ハ{>  -== ≦//.|  N ./: : : :i      ', : : : : : :|
     ./   ハ { i     // -、  ,  ノ__/ : : : :.}      , : : : : : |
    /    / ヽト. {  .r ≦/乂_ノ..ィ//  `マ : : :!  .iヽ  ',.: : : : :|
    //j/     ヾ / .ィ<//>'___.i     } : : |  .N: : \ ',: : : : |
    /      .rー、 >:::ヘ/,.ィ:::::::::::::::j,.ィfニニニミ、/ : : : : :\{ : : : :
      r≦ミ<}  ム_ \::/::, ⌒ヽィ 二二二≧ 、::::::::::〉: : : : : : : : : : : |
    ////\\  /: :`ヽ/ノ ////////////{ ̄/ヽ : : : : : : : : : :.
    /: : \///\\――‐.}////>.: ´: : : ',:`ヽ-'-、/ : : : : : : : : :/

747 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:26:01 ID:9VK52rQk0 [10/37]

                   ト、
      X       / }     |、\
     ./        ,:'/  |      | |. \  ,.. --─ァ
    ┼       //  |      | |.  ∨::::::::::::/
       「\ .//    |__,.r‐-、」 /    |__:::::/}
       |::::::::Σ}  ,. - ''"´ ̄ ̄ ̄`'' <r':::::::::/
       |:::::::`くア´             \/、
       |:::::::/       /    ,   |  ヽ. ∨::\
       ヽ:/   /  / .|   /ト、__/|     、|::::::::::`':: ー-
       ∠.,  ,'  / イ∧ /、」__,ハ /  \::::::::::::::::::: |
       /:::;|  | /、_,,.= ∨    ̄xxレ' ̄| ̄「ヽ:::::::::::: <           うーん、これは中々のイケメン魂、略してイケ魂……
     |::/::| ,' ハxx         (\| 八 /:::r‐<´ ̄ `
    r::'´:::::/∠.イ /)  lァ ̄ ヽ  〉 ∨ ., \/   `' 、            成長したら立派な大和男児になりそうな予感もします!
    ヽ::::∠... イ|/ ,{.、  、   ノ ,'  | /---> 、    \
     />-‐ァ' {  、|>,、    ,. イ  〈/ヘ、∠_   ヽ.             逆光源氏、アリですねえ……
     ,'    / ,rヘ   )ソ ‐`7´ /\ //:::\`ヽ.   ',    |
      {    { /::、 \ イ\ /|./ ///:::::::::::::::\,ハ 、| ./|/       ト、
     \__/ア::::::\ \ _/.(o/ / /::::::::::::::::::::::::;>‐へ、レ'        ノ ハ
    r//:::::::::::::::::::ヽ }/ ̄   | {::::::::::::::::::::/  /  Y   ,.. -‐ ''"    | ) )
    / /:::::::::::::::::::::::::|/ / _,,.. -ヘ、\::::::::::::/  /   /| /       /
   { /:::::::::::/::::::::/}::`Y´:::::::;::::::::\ }::/\|      { ∨        /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「うわ、そこら中に吸い殻が……誰か掃除する人いないのかな?
いないんだろうな」

毒食らわば皿まで、というわけでもないが、一度始めたことを中途半端にする
のも気持ちが悪かったため、吸い殻拾いもやっておいた。
落ちていたレジ袋に吸い殻を拾い集め、ひとまとめにする。

ついでに十円玉を賽銭箱に入れておいた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

748 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:26:14 ID:9VK52rQk0 [11/37]

       ト、  }:i:i:i:i:i:i:≧x        ィi   >f:i:i:|
       i \/:i:i:i:i:i:i:i、:i:i:i:\   > / |>f:i:i:i:i:i:i:i:i|
       } }   \:i:i> ´ ̄ >   ,イ }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{
       xX',  /       `ヽ. / 爻:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i八
      爻 ',./  /         \ 爻:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
        爻./   :      i!     V マ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
         i   i  .!   i!      ∨ }:i:i:i:i:i:i:i/
              _/|_  |  _.ハ__     \:i:i:i:i:/´\
          / ´/__| `   / __\`   \⌒\:/:、  \
       ∠__ ィマ~沁ノi/" v沁ア 丁 ̄「イ: : : : : : : .< ヽ
         } .ハ::.:. ,   .::.:.: ノ /   V: : : : : : : : : : :` <\
         /ィ从        7  i\∨: : : : : : : : : : : : : \\
           /:.|   .、`  ´   ィ   { }: : : \: : : : :\_: :イ  \   __
        /: : !   |: ><、_彡| / }_ー ⌒\: : :/\        \  ⌒ヽ  <
       .ー⌒|   | |ーイ .}0_ j//´    、     ̄    、    \ \   .|   \
          |  | |__/-''´ / /i      ∨        \     \ ヽ  }    \
        / ',  ト{ー、 ,-{  / !      V           \       ∨      ',
       /   \!     \{  |      '               、       ,      ',
     /   /|   j  ,     i!   _/_}_              \    ,
        __r =ニ| >' ノ   __ 斗=ニ//////             ∧
   ./   マ、\ /  ' ,.ィf>__j_ -―━━ ミ            / ',   }       }
  / /   _寸./  /,ィ.> __{_   -- ―――'┐     -――        ,           }
   /   |≧i≧、.//./:.:|: : : : : : : : : : : : : : :/   ´               |  .'
 |  ′   }`'<ニ/ニ' /: : : :{: : : : : : : : : : : : ://                  | /
 | ', {    八: : :.<{_/: : : : : : У: : : : : : : : :.イ! ,                     } /
 |  ミ=-   ≧=-==---=≦ハ:__: : : : : : :.{彡|/_              /
 ',  |      \: :寸ニニニ //∧: : : : : {彡^: : : : =-- __
  \{       /: : : \ニニ.////∧: : : : V: : : : : : : : : }ニ}`''<=-_
         ∧: : : : : マー{/////∧: : : :∨: : : : : : :.:/ニ,   \ニ=-            /
        .//∧: : : : : V/{//////,}: : : : :∨: : : : : :/ニ/`ヽ    ヽ<=- _        /
        ////∧: : : : :/: |////'/: : : : : :.∨: : :.// \ \   ',: :\=\     /
       〃/////: : : :./: : |'///: : : : : :\: :∨: {/|    ーt ^)   ',: : V、== 、_彡__
      ∧,'////: : : : :i!: : :}/: : : : : :: : : : :\:}/: : |     「 ハ  ',: : ∨\ニニニニ==
     ./: : ∨/: : : : : :|: :.∧: : : : : : : : : : : : : :\: : :|       |  }  }: : :.∨=',ニニニニニ
     /: : : :/∧: : : : : : :!://∧: : : : : : : : : : : : : : : ヽ:|      V ノ  ノ:V: : ∨=',ニニニニニ
    ./: : :///∧: : : : : :|:{'//∧: : : : : : : : : : : : : : : : \     (^)/:i:i:i:|: : :.:}==.',ニニニニニ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そして帰宅後、狐耳の美女が三つ指を突いていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

749 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:26:25 ID:9VK52rQk0 [12/37]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

750 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:26:40 ID:9VK52rQk0 [13/37]

                ,ィ,
                .v': i.              .,
               ノ: : ヘ.            /(
               i: : : i:ヽ.          /:.:./´
               j:_)Y゙i: :ヘ     __,/:.:.:.:.イ
  ハ       ト、   -=, ゙ 人: : ゙、  ,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)
  i: `ヽ、     ヘ:.\  メ,,  ヘ: : .∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ
  ヘ: :ヽ: `.ー-.、 〈:.:.,.-`‐.v'-―-、i: : :.トく`´ ̄`ー、'′,-――,-
   ヘ:-=ヽ: : : :`>'.:  ,     `ヽ、i:. ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ __./´
     >廴.`ヽy'.:::   /:. 、.    、.  ヽ .゛、:.:.:.:.:.:.:.:(.. .`ヽ、
     ∠, '' ./.::::   :i::::. . :ト、、  ヽ、 `ヽ、.:∨:.:.:.:.:.:.:`7:::... `ヽー=...__ ,
      '´j,_ノ:;:::: .: :;|:::::.:. :}__心_ト、、ー、ノ::∨:.:.:.:.:.:.(:::::::::::.....  `ヽ‐'´
      ー=..イ::: .:: ,'_/'!:::::::i:i´,二、ヾ`iヾ、 ..`ヽ.i:.:.:.:.:.:.:.メ、:::::::::::::::::......  `ヽ.          というわけで! 頼れるあなたの巫女狐!
      /,:.:.i::::.:::://゙ヽi:.:,イノフん゙`}ヽ:i:::.. .. 、::`ヽ、:.:.:.`i ヽ::::::::::::.、:::::....  ∨
     '⌒ト、:ii、::::,'V/灯ノ '′ 込丿j人::::.. ::...ヽー-=-:.:|   `ヽ、::::ト、::::::::....∨        神獣ウカノミタマ、高天原より参り越してございます!
      ノ:;'´i!:、::i:::ヘ.じ,         ,X::...:::::..`ヽ、:.:.:.:|     ヽ::i ヽ:::::::: |
   ,,'´゙ー/ .::::::::/)!:::人 ` v-‐vフ   , ,.ィ=ヽ::、:::ヾ、ゞ´`    丿ノ  i::::::::;         御傍に置いてくださいね?
 ,'⌒ ./..::::::::; ' ./,::::::::.>、`ー'. - ―く'彡" ̄ヾ、、::::i `ヽ  ー=-‐´ _ノ::::::/
 し ./´ ..:::::::ノ ノイ:::::::::::|  `'´     ー、'三ミiヾ:::|      、__..ノ:::::::/
   i .::;イ::::::,' ´  |::::::::::、! {      ヽ. `ー-゙ノ'リ‐-、     ` ̄ ̄´
   |::,' .|:::::,    !::i!:::::|ヽ 人       `、   ハ  、 ヽ
   ヘ! .ヘ:::i    ヘ:!、:::!   ヽ.      _,.゙ヘ,ヘi  |  i    _______          __,、
    ` `ヽ.    ヽ `ヽ   i `ヽ.   //´  ,〉-、i . ノ  ,ゝ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.`:.ヽ.ー‐'´:.:/i!
                 , '´ ,.--ヽl´/´  /:.:.:.:.:.: ̄`'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:/
                ,ィ'"´____ | |   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::./
                 /,.彡三三三| |   ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                   {彡":.:.:.:.:.:.:.:.:ゝi  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
               乂:.:.:.:.:.:.:.:./彡i_i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                  >、:.:.:/三彡"{:::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
デビルアナライズを起動し、レベルの高さに驚愕する。
喜留夫と同じくらいの強さはある。それなりに高位の悪魔だ。

これほどの強さの悪魔には、喜留夫の仲魔たちくらいしか見たことが
なかった。

「サマナー、コレハダメダ。オレサマタチカチメナシ、ムジョウケンコウフク。
ムケツカイジョウ。アオーン」

慌てて召喚したガルムが首を振る。
もはやこれまでか、と思い目を瞑ると、何かが覆いかぶさってきた。
大きく柔らかい何かが顔に押し付けられ、息が苦しくなる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

751 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:26:57 ID:9VK52rQk0 [14/37]

       メ゙、
       /;: :ヽ.
        //: : iハ               ,ゝー,.イ
.      //: ;、: i:ヘ. _,         /: /: : i
へ.   ,' ': :_i`ヽィ'´ノ        /: /: : : :,'、
:.:.:.:.\ /:ゞ´ `. ,ゞイー、__==.┐/_:; '人: : ; :/.:.:メ
:.:.:.:.:.:.:.゙/'´,  .:.、メ、.く':.:.:.:.:.:./:,: ゞ`´ ゝ/:/:.:./
:.ヾ、ヽ:.i:´,' ,.、==.、<、´,.:.:.:.:/:,ゝ' メヾ,ィ' ,ノ,: /.:.:`ヽ.
:.:.:.:.:.ヽi:ノ'.:   .::ヽー―‐'‐、ゞ_,、廴フゝ:./.:.:.:.:.:.:.i
冫:.:.:.:./.::     ::::;::::::::::::::::::.ヽ:::::`ヽメ´/:.:.:.:.:.:.:/
:.:.:.:.:.:/.::: /    / i  、:::::::::::::ヽ::...∨,'.:.:.:.:.:.:.(
:.:.:.:./.::/  .::.: /i  il  、  i:. 、  ヽ.:.:.:.:.:.:./
:.:.:/.: '   .::::. / .i  i!  :  i::.  、   ヘ:.,./
:.,'.:    ,.イ ‐メ、、i: i!  ゛:. ト、. `ヽ:. 、ヽ.`ヽ
'.:: __,ィイノ,ィメミミ、`ド、   i  | ∨:.  ∨:.ヾ.∨:.゙ヽ.
メ-'i リ'-ィi行:i:::。!ヾゞ:.  .:ハ:-キ=廴 :::i:.  ト、_゙、::... ヽ、
 |ミi::::.. 八! i!: ー' :j`゙ 乂、.! ィ≠ミ、゙、 、 :i:. :!、:::::::::::::...、         おやおやー? 目なんか瞑ってしまってたら食べちゃうゾ?
 ヘi::::::... 、゙、≠='′  `ヽ!/:i::゚j:iゞハヽ. i、. ! ヽ、::::::::::
  ハ::::: 、:.ヾヽ.     ' ゞ、¨.ノ/、ヾ、!メ ヽ!   `ヽ:::         「アオーン、ニゲロサマナー。オレサマジカンカセグ」
 ,'::::::  i`¨¨` (v ̄`ヽ  ``/i、:.ヽーゝ  (⌒⌒) `
 !:::: i!  ゙ト、   ヽ._ .ノ   ノ::i!:::i¨¨´    \/           冗談の通じない子ですねえ、よしよし、同じイヌ科のよしみ、
 ゝ、 i、 、゙iノ、ヽ.       . </:::リ :i       ____
  メ‐-、 ヾ、ミ.、 ` ァ_' ´  ./::; ' ,'     r┤i三三ミ         仲良くしましょう?
  ,'   ヽ:.i、ヾミ、 ゙iliト、 _i:: i .:ノ   、.  と| |三三三
. i   ヽ トゞ、 ヾミ彡イヾil!!: l ,'`ヽ、/ヽ._. ! !三三三
:゙、!    i`ヾミ、 ○)))彡'!: v 、//彡´/´| |三三三
: : !__ i / , `ミ三彡'  ヽ!ヽ辷彡' /.:.:.:.:| i三三三
二´__`ヽ、/     `ヽ.    `ヽ'.:.:.:.:.:.:.:|/\三三
三三三三ミ,'  ____ヽ.  ,ィ彡三三=、'.:.:.:.:.:.:ヽ三
、 ,      ! ,ノ三三三三ミミヽ彡='¨¨¨¨`゙゙i.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
-―――‐-メ'彡三三三三三ミ彡'   ,==‐.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈彡'´  ____  `ヽ、/.:.:.:.:.:.:,:':.、:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.`ヽ、:.:.:.:.\,ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;___ヽ-―`―‐‐/.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.
ー―、___:.:.:.:.:.ヘヽ'.:.:.,ィ´;;;;;;;`ヽ;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;i:.、:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
史門は頭を撫で繰り回してくるこの悪魔について考えた。
一体何がどうなって、自分の家にこんな悪魔がいるのだろうか。

「ちょ、ちょっと待ってよ。どうしてここにいるの? 異界化もしてないのに」

「どうしてもなにも、私、あなた様の行いを見て決心いたしてございます。
あなたは私の冥加を得るに相応しい御方であるとお見受けしました!
この度は素戔嗚尊ならびに伊邪那岐大神の名の下に、あなたの仲魔
にしていただきたく参上した次第でございます」

「仲魔? あんたが、僕の?」

「ええ!」

ウカノミタマが狐耳をぴこぴこさせながら微笑む。
太陽のような優しく明るい笑みに、史門は胸の内が熱くなるのを感じた。

「ツカレタナ、サマナー」

「そうだね、いきなりすぎて疲れた」

「イヤ、ソッチデハナイ。ツキガミダ」

つきがみ、それはつまり、月の神ということだろうか。

「チガウ。ヒトニトリツキ、ノロイコロシタリスルカミノコトダ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

752 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:27:25 ID:9VK52rQk0 [15/37]

                /|
              ./ /!          ,. ‐ァ
           ., '  /  |       ./ /´|
           /   ,'  .ト、    r/  /  |
      r─- 、 rト、 | _,. -──-< /   /
      |:::::\Σ ,.>'´        `'< ア─ァ
      ヽ;::::::::`ア    /          ヽ;::::/
       '、:::/  /  ./ /__ /        ∨           「ええと、ウカノミタマさん?」
       r‐‐´:7  ,'   |/ ´|/|  /| ハ__/ l |
      |::::::::/ | l  ./ r==、|/ .|/ |/`ノ  ':、          まま、そこはお気軽に、おたまさん、とでもお呼びくださいな。
     /.〉/ /  |  /| "     , ==t/  ノ、>
   /  /: ̄/  // |    _    "/'| イ:::::\          おまえ、とかでも構いませんとも、ええ。
    | .;':::::::/_,,.イ |  |ト,、 l  `ソ  / ト、\:::、_}、
    | レ'"/´ ././|  |/| \    _,.イ|  | ノ ̄:∧ \
    '、  /|   |/ .八 ヽL,rト`て´ァL_/ ,ハ\/ ',  }
     \|ヽ    ,. -‐\__,>(o/ ∠ イ  ̄`ヽ、 .|  /<´ ̄ ̄`' 、
          /  l      ´          \/ヽ,  `ヽ    ヽ,
      _r-/  /‐-、 / ___      T、   ./|:::::::|7ヽ  }       ',
     「、/\_,.rヘ、:::::::Y´:::::::::::::::`>- 、 / ヽ/./:::::/  ∧/      }
   /\\::∨、 ヽ ̄>''"´ ̄ ̄ ̄ヽ_/ r '" /:::/  ./::::}、     /





                  \
          、___,..-‐'''" ̄ ̄``ヽ、
      ー・、  >            .ヽ、_____丿
        `>´            ヽ /ヽ '-'
       / /     ,'          `ヽ |___
        ̄/     ,'           ヽ<‐‐‐`
        /     |    |、       "'''・ ._        ……狐。もしかして、あのお稲荷さんと関係が?
        |     从 、  |>・'´ ̄ |、 ヽ。「 ̄
      ・ ̄|  ∧.土弍|ヽ ´|ー‐ヾ  .| ヽ、 |`           「ええ、私、あのお稲荷さんです」
        //| .|、 .|、 i:j \ |.ij_,ヾ .|  》ヽ|
       .'´  `、ヽ_| .ー'' 、ヽl   uヽ| ,、|             鳥の糞がついてた?
           .|/| |、        ,.‐'´|`l
            ..ヽ| `ゝ._―- _,..'.|||  .〉、            「冷たくて気持ちよかったですー」
             |~``ヽ   ̄|二彡.||ヽ /./‐ヽ、
              ヽ|.| |  , '.ー‐'''丿ヽ_/``ヽ、~ヽ、
             /<ソ| `-'    .).|      `ヽ .~.|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
なんとも奇特な話があったものだ。鶴の恩返しならいざ知らず、
狐の恩返しと来たものだ。

「ささ、COMPとやらをお出しくださいませ。早速契約の儀といたしましょう!
私と契約していただければ無病息災、五穀豊穣、六根清浄でございますよ?」

ずずいとウカノミタマが身を乗り出す。
胸元が露わになり、谷間が視界に入ってきて、史門は狼狽えた。

「分かった、分かったから、離れて」

腕に装着したCOMPを出し、契約画面へと移行する。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

753 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:27:37 ID:9VK52rQk0 [16/37]

                             ./^,{    _
                    }`<  |\       / / .i ,.ィ:i:i:i:/
                ^ 、 \}:i:i:i\     / /  {´:i:i:i:i:i:/
                   i ヽ \:i:i:i:i\_../ {ィィx:i:i:i:i:ir'
                  _{ x \ \> ┴┴ ア  メ:i:i:iリ-―,
                {: : メ   ./       \ メ:イ: : : /
                Y: メ  /   ./       \}: : : :乙
                乂: :y' ./  {    i      _\⌒
                     ゝ/ /   ハ    ハ     \  \
                   ∠∠.ィ  ィzミ、/ ィf=ミ <__ト、!   \
               /  / }/∧vソ ,  v:ソ/ィ   |  \    、  }\         では、これより私はご主人様の守護神なれば!
              /  /  ノ  ゝ 、 ,  ィ  |ヽ!    \    \  ∨i
            /  _/__   ⌒i  }> <ハ.|  |      \    ヽ  レi       天上天下、三千世界の災厄より
             _/___{_ `ミ、\ / ヽト{、./´  / .ノ- 、      \    、 ′
           {: : : : : : : ミ、 マハ} _ノ   `ー ´ {/´   V    /  \   .∨        貴方様をお守りいたしますとも!
             Y: : /: : : : ヽr<_   y ´      、  __V≦彡       \   ∨
           _ノ: /iヽ: : : : r{二`ヽミ、 / ,.ィ=== Yム≦>--┴-、        \ V        
      __/: : : {//∧: :.八: : :`ヽ `ヾイ'"´ _く/  -―― 、/        {\}
    /´: : :>≦: : :.\//}: : : :}≧=--.<,ィf彡. : :.</: : : : : : : : : :ソ      /
 rト、ノ: : 「: : ̄ ̄: : アニニニミ、レリ、ニヘ/ゝ--=≦/: : : : : : : : : :イ       /ィ
 V: : : : : {: : : : : :/ニニ,ィ==ミ、rヘミ{(__)}===ニ/::ゝ-- r彡: : : :.ト,\       /
  i: : : : : :}: : : /ニニニニ〃ソ:.乂/////\//,ム//∧リ: : : : : : :|//ヽ\_ --′
  乂:_:_:.ノ:イ/ニニ./ニニ{/: : : く-,::≧=--- へ  .ノ: : : : : : : {///ヽ:.\: : : : : :\
    乂: :/ニニニ/ニニ/{: : : : : : /:::/!::(: :}::} : : : :/´: { : : : : : : :  ̄彡乂: : : :_:_:_:/
      ./ニニニ{ィ≦rく::\: : : /::::/:.|:::::|: : : : : :/: __:、: : : :彡: : :/ニニニ=-_    _

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
こうして、神獣ウカノミタマが仲魔となった。

後で喜留夫に相談してみたところ、「あー、稀にそういうケースもあるんだ。
高位の悪魔が人間を気に入って勝手に仲魔になるってやつ。
ま、そういうのは諦めが肝心だ。機嫌を損ねたら首刎ねられるから気をつけろ。
もし不安なら、俺が今から討伐に向かうが」と言われた。

流石に倒すのは気が引ける。
寂れた祠に一人きり、聞けば数百年は待ちぼうけを喰らっていたそうなのだ。
きっと寂しかったのだろう。一人でいることの寂しさは痛いほど分かる。

とりあえず、マグネタイトの消費を抑えるためのセーブモードプログラムを
送ってもらい、普段は十分の一の出力で一緒に過ごすことになった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

754 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:27:53 ID:9VK52rQk0 [17/37]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

755 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:28:46 ID:9VK52rQk0 [18/37]

~TIPS~
                ,ィ,
                .v': i.              .,
               ノ: : ヘ.            /(
               i: : : i:ヽ.          /:.:./´
               j:_)Y゙i: :ヘ     __,/:.:.:.:.イ
  ハ       ト、   -=, ゙ 人: : ゙、  ,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)
  i: `ヽ、     ヘ:.\  メ,,  ヘ: : .∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ
  ヘ: :ヽ: `.ー-.、 〈:.:.,.-`‐.v'-―-、i: : :.トく`´ ̄`ー、'′,-――,-
   ヘ:-=ヽ: : : :`>'.:  ,     `ヽ、i:. ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ __./´
     >廴.`ヽy'.:::   /:. 、.    、.  ヽ .゛、:.:.:.:.:.:.:.:(.. .`ヽ、
     ∠, '' ./.::::   :i::::. . :ト、、  ヽ、 `ヽ、.:∨:.:.:.:.:.:.:`7:::... `ヽー=...__ ,
      '´j,_ノ:;:::: .: :;|:::::.:. :}__心_ト、、ー、ノ::∨:.:.:.:.:.:.(:::::::::::.....  `ヽ‐'´
      ー=..イ::: .:: ,'_/'!:::::::i:i´,二、ヾ`iヾ、 ..`ヽ.i:.:.:.:.:.:.:.メ、:::::::::::::::::......  `ヽ.
      /,:.:.i::::.:::://゙ヽi:.:,イノフん゙`}ヽ:i:::.. .. 、::`ヽ、:.:.:.`i ヽ::::::::::::.、:::::....  ∨
     '⌒ト、:ii、::::,'V/灯ノ '′ 込丿j人::::.. ::...ヽー-=-:.:|   `ヽ、::::ト、::::::::....∨
      ノ:;'´i!:、::i:::ヘ.じ,         ,X::...:::::..`ヽ、:.:.:.:|     ヽ::i ヽ:::::::: |
   ,,'´゙ー/ .::::::::/)!:::人 ` v-‐vフ   , ,.ィ=ヽ::、:::ヾ、ゞ´`    丿ノ  i::::::::;
 ,'⌒ ./..::::::::; ' ./,::::::::.>、`ー'. - ―く'彡" ̄ヾ、、::::i `ヽ  ー=-‐´ _ノ::::::/
 し ./´ ..:::::::ノ ノイ:::::::::::|  `'´     ー、'三ミiヾ:::|      、__..ノ:::::::/
   i .::;イ::::::,' ´  |::::::::::、! {      ヽ. `ー-゙ノ'リ‐-、     ` ̄ ̄´
   |::,' .|:::::,    !::i!:::::|ヽ 人       `、   ハ  、 ヽ
   ヘ! .ヘ:::i    ヘ:!、:::!   ヽ.      _,.゙ヘ,ヘi  |  i    _______          __,、
    ` `ヽ.    ヽ `ヽ   i `ヽ.   //´  ,〉-、i . ノ  ,ゝ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.`:.ヽ.ー‐'´:.:/i!
                 , '´ ,.--ヽl´/´  /:.:.:.:.:.: ̄`'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:/
                ,ィ'"´____ | |   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::./
                 /,.彡三三三| |   ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                   {彡":.:.:.:.:.:.:.:.:ゝi  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
               乂:.:.:.:.:.:.:.:./彡i_i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                  >、:.:.:/三彡"{:::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/

【名前】
ウカノミタマ
【種族】
神獣
【レベル】
55
【属性】
Light-Neutral
【相性】
魔法全般に強い
【能力】
力-E 魔-A 体-E 速-C 運-A
【スキル】
マカジャマオン メディラマ ラスタキャンディ ランダマイザ デクンダ デカジャ 吸魔

【備考】
史門の仲魔。コミカルな言動が特徴的な狐耳の美女。
真面目な場面では慈愛に満ちた表情を見せる。

寂れた神社の稲荷像に化けていたが、史門が訪れて掃除してくれたことにいたく感激し、
以降史門の仲魔になる。レベルが高すぎて史門には制御できないが、

本人が史門を気に入っているので危害を加えることはない。また、言うこともある程度聞いてくれる。

相当ピーキーな性能を持っており、強力な補助魔法を駆使するが、
紙切れのごとき打たれ弱さであり、ちょっと集中攻撃を受ければ撃沈する。

756 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:29:15 ID:9VK52rQk0 [19/37]

.     /'.:.::: --.´ ̄`r‐.、:::::\
    イ/.:::/: : :ノ   V: :.\:::::ヽ
      /.:::/、__://⌒\\:__ノV:::::.、
    i::::::ir‐‐r':.ィ::|::::::::.ト:::::i:ヽ. |:::::::.ヽ
     !::::::i:::::ハ/-i::ト、:::::|‐ヽト:::::ヽ:::::!`        「時にご主人様、ご両親はどちらに?」
    ハ::::::i::::i (´ リ ) \!'リ  )、:::i:::::i
     ヽ:::トヘ,, ー‐   , ` ー ,, ,'ノハノ         いないよ。二人とも僕が物心つく前に死んだ。
        Vヽ::、         /ー'/
.       ノヽヽ. ´ `  .イイノ、          ここは僕の叔父さん夫婦の家。二人とも仕事で、九時には帰ってくると思う。
.       /   Yi>.-.<{/    \
     ー‐‐、   !ノ    ヽi  ,.-一        
      ...-/ヽ !',_    _,'_i /\` .、
   . - ´ /  .! ', ` ´ ,' i./ ,'. \ : 、
  ,'   /   i | ヽr4ァ'  .!' /    ヽ. ヽ
  !  ./',    ! |  「王_7 .|       i  ',
  |  j ',     i.|  ∨,'/   ! /   /  |   '
  i  i  ',    j.  ∨   ! /   /  |  i

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
自分の両親が既に他界していることを告げると、
ウカノミタマは暫し黙りこくり、それからまた史門を抱きしめた。

「な、なんなのさ」

「それは辛いことをお聞きしました。お詫びと言ってはなんですが、
このおたまの腕に抱かれくださいませ」

乳房の感触が頬に伝わり、史門は顔が上気するのを感じた。
それと同時に、何か胸の奥で針で刺されるような痛みを覚えた。

ふと思った。
誰かに抱きしめられるなど、自分は初めてではないか?

「ともあれ、叔父様ご夫婦にご挨拶をせねばなりますまいて。
亡くなられたお父様のご親友の娘、ということでどうです?」

「え、まさか会うつもり?」

「ご心配には及ばず、この耳と尻尾は霊感無き者には見えないようにしてあります故。
一般人の目にはどこにでもいる町娘に映りましょう」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

757 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:29:29 ID:9VK52rQk0 [20/37]

                             ,
                ハ、       /'i
                   |: :ヾ.       ,':/: :!  __,
             ト、_i: ;、: ;ヽ   ,':/メィ;!,ィ'  /
              ヽ  厶 ゙' メ:.゙、ー‐,':,ゞ` 'ゝ ,/
                  7 ゞ, ,ィ"´¨⌒´¨`ヾ、メ.  〉_
             ,.―‐ヽ、''/.: :: :: ::  :: :: :: :.ヽ/  `ヽ,
            Y   ノ.:: .:: .: ;:   :: i:. :: :. ∨  i´
          /ヽ、.∠,.: : ::, .:ノ!i:  .::i,.゙、:、:.、.i  ノ:.`ヽ.
         /.: :: ::/ヽ.ヘi.:ィ≠=メ|:.ノ!ム=リメ:.ノリ´ヽ::::. ::.\
        ,:′.: .: ./  >'. 弋:リ '´ ' 乂リ!':.゙ゝ   ヽ::. ::.. ヽ.
         /.: .:: ::/   `ー'!:ハ ¨ _ ' _ ¨ノ::i'´    ヘ:i:. :.、:.ヽ         私、どこに出しても恥ずかしくない良妻狐です故?
      /,ィ: ::: /     ノ.::::>_ヽ_ '.ィ ´|:ハ     リヘ ::iヽ:i
       /ハ: ;i:,′     i .:::ノメ \/ゝリ:: }    '′ ソ.ノ .リ         こそこそ隠れてご奉仕なんて性に合いません!
     '´_メ ̄`ヽ、   , ´ヽ:〈_,`ヽ(Oゝー'_ノ-、     '´  '´
  ,ィ==/彡'三ミヽ、\.ト'、 _,_'_,ィ=ェ、 Y ,ィ=、_ヽ. 丶.   、.、ー-、         ここはどおんとおたまにお任せあれ!
 イ'三彡'三三三三ミヽ.\゙シ'二二、゛У彡==゙キ、.メ=!  ヽ:゙: : :ヽ.
 |三彡'三三三三三三ミヽ∨.:.:.:.:.:.:ヽ' ,ィ彡三ミメ'"¨´ ̄i_  i: : : : : ゙、
 レ彡'三三三三三三三ミヽ!ー‐‐'´三ゞ‐--、ノ.:´ ̄ ̄:.:.:〉 l: : : : : : :ヽ.
 ∨三三三三三三三三ミ∧三三,ゝく三三/.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.ノ: : : : : : : : :゙.
.  ∨三三三三三三三三'/.:|ー―ゝ‐'ー―‐!:.:.:.:.:.:.:.:.:.ム'、: : : : : : : : : : : i
  ∧三三三三三三三/;.:.i三三三三三三、:.:.:.:.:.:.:.:.}ミ=\: : : : : : : : : !
  /.:.:ーヽ三三三三 /:.!:.:.:.〉:.:/__`゙v'´`v:.:.:.:.!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽヾ;=;、: : : : :ノ
 ,'.:.:.:.:.:.:.:.¨7i´.:.ヽ-.':.:.:./.:.:./.:.:.:´.:イ .i i ´.:.:.:.:.;彡、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`´/`゙ー'-、
 !:.:.:.:.:.:.:.:.:/ i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;_r'イil!:.:.:.:.:.:| .∧ !:.:.:.:.:._」il!_;ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノミヽ、:.:.:.:.:.>
 |:.:.:.:.:.:.:./ i:.:.:.:.:.:.:.:.:./.ゝ,ー=┐:.:.:L!:.:.L!:.:.:.:i彡i'´ V):.:.:.:.:.:.:.:./三三ミミヽ'
 l:.:.:.:.:/  i:.:.:.:.:.:.:./ メイ `!ー‐―.:.:.ー‐‐'.:./  i:.゙):.:.:.:./三三三三ミノ 〉
 ヘ:.:./   .i:.:.:.:.:/  (.::!  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   !:.)_;ィ彡三三三三//
  V    i:.:./   メ.::!   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,′   !::ヽ三三三三彡' /
       レ'    /.:":i!   !:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.i    i::::.i!三彡',ニニ-'´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そうしてウカノミタマは、帰ってきた叔父夫婦と対面を果たした。
妖艶な着物の美女が待ち受けていて、叔父夫婦は面食らっていたが、
ウカノミタマの慎ましやかで礼儀正しい姿勢と丁寧な嘘八百で、
どうにかこうにか丸め込まれてしまった。

その日、史門達はウカノミタマの振る舞う和食を頂いた。
麦飯に鯛のお作り、海老やさつま芋の天ぷら、茶碗蒸し、豆腐の味噌汁という
ラインナップで、ちょっとした旅館の食事のようだった。

食材は自前とのことだが、出所は不明だ。

叔父夫婦も美味しい食事と嫋やかな態度にすっかりほだされてしまった。
かくいう史門もほだされかかった。

一体この先どうなってしまうのか、史門は先を思いやった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

758 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:30:10 ID:9VK52rQk0 [21/37]

                     ,.'/_,.. '/.
                   , '      ~"'''‐- ._
             ヽz、_/           <´
               > _,. .-‐― 、       `ヽ
              /..,ィ'´  ヽ   ノ`ヽ      .ア
                /ノ.lノ, '⌒ヽ、二..ノ´ ̄     `ヾ、
              ,イ/.      _ヽ´ヽ、   _   <
                   {  ヽ.ヽlヽlイj`ヽ ヾz、lヽヽー―‐ァ
               ヽl、 泌、l  ヽ__ノ   lソノ    ,'....  /.><ヽヽ、
                _,.-‐'''"<        .<ヽ.    / . /ヽ//ヽ.ヽ.ヽ.|
            ,."  <´ ヽ⌒ヽ  ,   ヽ_ヽ  .人‐=zl lヽ、.   |
          /      >. `ー-<´、    ノヽ_ノ~T.Y⌒ヽl~ヽ   l
          ,',,     /   lヽr‐z ヽー、 '   ヽ.. l...|   }、/.}   /
           .)   /  `ヽ.ヽ  .⌒ヽ`、     .ヽ ヽl ./l>l...l  /_
         ,r‐、ソz.... /     .ヽヽ    ヽl      zヽ. ヽ〈/l/ /  l ヽ
  __,,..-―-`ー‐<三ノ_,..-'''"  ヾ}    ./ッ     _ ヽ ヽ/`ヽ.. |ーヽ.
   ̄.>.      ,.'''"  _,..-'''" |   /         /ヽ . l..r.',rァ..|..  .`ヽ
  <      ノ       ノ..../|  /    /   /`丶ニl .` ( ./ _  . )
   .ヽ__,,.. .''" z,_,..-‐‐、/ /   ,}       ,..-'.|`ヽ... ヽ. ヾノ´/... /
      /_,..-'''"     .ヽ./   ./ヽー‐,z,..-‐ァ_,..-'l, '´.> ヽ__.ノ... /...
     ./_,..-'''"フ ̄ヽ  ノ__,..'.ヽー'''~´   ./_,..-'./ /    ヽ   /
    /   /ー--''´ ̄´       ヽ.___ .l_,..'´ }´l'         `ヾ/
   /   /             /、     l ヽ..... |ノヽ
 ./  ,r´‐‐‐‐ァ          /  `ー- .___l、  `.<   ヽ
.〈  ヽ lヽヽ、/           /         ~"'‐ . ~"'''‐‐ァ
...|ヽヽ`、 ヽ/ヽ          /     、       `゙'' ./ ヽ
 ーヽ'`ー'´ ̄            /      ヽ     _,..-'     ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
一方、サマナーとしての戦いは大分安全度が増した。
鍛練として異界を歩き回ったり、DDS-netに登録して依頼を受けて
悪魔を討伐していたが、そこにウカノミタマという戦力が加わったことで
戦いが安定するようになった。

史門はどうも口下手で、悪魔を仲魔にするのは正直苦手だった。
精々が物々交換程度だ。

その点、ウカノミタマはそのコミカルな言動で場を和ませ、悪魔交渉が
潤滑に行われるようサポートしてくれた。

それだけではなく、戦闘においてもウカノミタマは優秀だった。
決して前に出せるような悪魔ではないが、後方に置いておけば支援魔法、
前衛が傷つけば回復魔法、魔力が尽きても自己回復できる、
などと非の打ちどころがない悪魔だった。

分かりやすい弱点といえば、狙いをつけられるとガキの一撃でも
致命傷になりうることだろうか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

759 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:33:45 ID:9VK52rQk0 [22/37]

             _____
             `ヽ____~"'''‐-..
          _,..-'''"    `ヽ ̄l´`ヽ `ヽ、
      _,..-'''" /        \.\  \  \
         ̄ ̄/  ,、         .\ \  \ .\  ,'l
          /  .l/ |    ,ィ      .\ ヽ___.lヽ  .ヽ'..|
       /,イ __...人  ./`|       .`、   `、   .|
      .l/ ./    `、 /  |   l     `、   l   ノ、
         /      .ヽ'  .|  .人l     `、  . |    .\
       ./ __        .| ../  |      l   .|      ,>
      / '  ̄`ヽ      | ./ ....| .∧   .|  /       .|        疲れた……
       /           |/    |/~ヽ、   | ./        |
       l                  j´-`、 .|/         .|
      l              __ ,、 ー- ノヽ.|ヽ, .     .|
      `ヽ、     ____ /  `ヽー‐'´   /-、     .|
        .|`ヽ、        /~"'''‐..`ヽ、_    .|    lヽ|
  ___  |/l/l/ヽ       |    `丶、  ̄`ヽ、l   .ノ
  ヽ     ̄ ̄ ̄~.|      .|      /  /ヽ,_ヽ__/
   `、        |      .|       /_,..-'''"‐‐、   ヽ
    `、      /.|     .|  ./ /       \  \
      `、    /...|     ./  .//           .\  \
      `、   l .|    /  ./              \   \
       >、 .|/    /  ./                   \   \


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
家に帰り、風呂に入って砂やら泥を落とす。
最近はいつもこんな調子だった。
学校に行き、異界を歩く。学校がない日も異界を歩く。

こうした地道な活動が、人的被害を少しでも減らせているのなら。
それが史門にとっての一つの生き甲斐となりつつあった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

760 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:34:04 ID:9VK52rQk0 [23/37]

        __,.斗-ミ二、γ: ー<////////7ァ、
     rァ'7////// .:´: :ム: :f: 、: : ヽーミ///////〉
      V//////.: :/: : : : : :ヽ: : : :\:\ ////
       ∨//, .: : 〃: : ; : :i : :ヽ: : : : : : ヽ:.ヽ'//
      ∨/.: : /.: : 〃: : : : : : ヽ:ヽ: : : : ヽミレ: `:. 、
         /.: : :': : : : : i: : : : : : : :!: :ヽ: : :、: :.マヽ: : :丶
        .:/.: : : . . .:i:.i|:i: : : : :ハ_|:_i_:.!o。i: : : :.\_、: :、:\
    _ノ'.: :イ: : i.: : +ハ+!:l: : : :イ_レ!:ノレ|: : ト:._\<._\: : :.ヽ
    /イ:/.: i: :|: : :ト,斗ミ、:.:{:! ィfテミ|: : ハ: : マ、 ̄、 ヽ: : : :.
      /.: iイノイ:、: ー《てj1 ヾヽ 辷ソメ:'イ: ト、: :.、//∧  '.: : : '.
     ,': : :/´゙/,!:i: ヽ:ゝ`”゜ 、   " /イ: l: :|∧: : :ゝ/∧ ‘: : : :'.
  r 、: : : ' //ノィ:イ:.:ト"" マ フ  . 1レi:!: :!//>ァ´ /∧ }: : : :.'.         はぁーい、お邪魔しまーす☆
    、\' く/////|:..:|:i/i> _  イ | |:c: V///////  !:/: : : i
   i:..:ヽ r- 、 ̄>|:゚:.!ム __ノ|    ヽ. }: : : } ~ー '   レ: : : : }
   |: :くヽ` r Υ゚ ; : :{ ヽ._ '   ノ   ,: : : :;ー ミ      /.: : : : :|
   |: ,くヽ)ノ ヽ {: :ト:ゝ   `  ' ̄ ノイ: :ノ   ゚i   /.: : : : : ;゜
   |: ト、ソー、  } ヽ:ヽ:\_ ,    `ー=' ゜  /   !  /.: : : : : :.′
   l: : \__ , イ ,.ゝ′ ̄      ,。   ヽ,′  ! /.: : : : : :/
   ヽ: : ;′ "/,:゜____ ___ _ヽ,、∠ ィ=-、__ {    ,: : : : : : : :./
     У  ,:゚'´ /ー―=`く.斗<  \__}  /: : : : : : : /
    /   { _,/      ヽ}{     -=ニj=-}  ′>: ゜:/
    ,′   K゙ ( ,:、     ハ   -=!  ; ′´  ̄
    !    } ヘ        ノ  丶.    ノ ィ{ {
   '    ノ,′ `r-… "i --- ミ≧≦く=j ‘.
    ヽ  /   Ⅴ  ´ !   -=彡'´∨〔ー ‘,
     ` ′     |/   ;         ∧ ゙ヽ  }
           |     ,′,     〃 '.  ヽ !

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
引き戸が急に開け放たれ、風が入ってくる。
叔父さんかと思い、振り返ると、そこにはバスタオルを体に巻いただけの
ウカノミタマがそこにいた。無論、その下は全裸であろう。

一瞬、状況が理解できず、史門は固まった。
それから体の熱という熱が上昇し、飛び上がりそうになる。

「なななっ、なんで入ってきてるんだよっ!」

「はて、なぜと申されましても。私、ただお背中を流しに参っただけでありますれば」

「いいよ、出てってってば!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

761 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:34:33 ID:9VK52rQk0 [24/37]

                    /レィ   .トト、
                  /  /    ! 、\
                 /   /    {   ', ',
                   メ/    {      }  i
               メ i  _ .}-― 、 ノ  ム i
                _メ {/   `   <  ./ メ}
               ィレ         \/  メ .ィ
            __.彡′  /           , メ,/ レィ
            ア     {          V  V´ /
          < __ イ /jハ-  } _ハ     ∨ } /
                |  ィfミヽ /!/` }ハ     | ,  レ
                  ,  | ヒj ∨ ィf=ミ、|   }  i/  /
             -=彡 {::::.: ,    Vッイ  /\{  /             まあまあ、そう言わず。
               / 从       .:.:::∠.イ |し彡'
                 }\` -   イ|  .!                 一緒に入りましょう?
             {   |  ≧≦   { ,  .|
              乂ト、 .{,. -- '    乂  .!                 ほら、浴槽の大きさもジャスト・ラァブサイズですし。
               , -n/      ./イ  /
              / ' ノ           }/ Y       ___  __
           .ィi´  r ' {    i   } ,   }    > ´       <
          r' .リ!  i   ,    /   ノ {  //{/             `ヽ
          { { i!  ! /   /   ,   / /                      ',
           ,; } .i!  y   ./   / .ィ/                      i!
           リ :{ゝi .′  /   / //         ィ=-  ー-ミ    ト{
           ,;   .ハ    /     //               /   ヽト、{
         ,;   i ヽ.. ノ   ./ / {                 ′
         ,;  :  ,      ′.,ー}              /
         }!   i!      {  { ノ              /
         ;,    }        ,,ィィ′  ィィ レィ
         ,; ,;  ,      {   \         レレ/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
とりあえず、背中を流されてはこちらの理性が持ちそうにないため、
混浴だけで勘弁してもらった。

しかし、日頃ウカノミタマを見ていて、美人だなとは思っていたが、
こうまじまじと正面から見ていると、まさしく天女のごとき美貌だった。
白魚のような四肢、大きな目に整った顔立ち、形がよく大きな乳房。

「そんなに見つめられると、さしもの私も照れますねえ。
もしや、女性の裸をご覧になるのは初めてで?」

無論である。

「まあ、そういうことならこの無粋なタオルを取ることもやぶさかでは
ないのですが、私、節度を弁えている良妻狐です故?
そういうことはきちんとした関係を持ってからにしようと思う次第ですとも」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

762 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:34:43 ID:9VK52rQk0 [25/37]


        |ニニニニニ爻      爻爻ノニニニ/   /Λ |.
        |ニニニニニ爻      ノ>‐=ミニィ(     // .爻
  |ニ=‐- ..,,_Lニニニニ爻    >''´      ̄ ̄ \__,少  爻
  |ニニニニニニニニニ/ 爻>''´      //     / \   爻
  |ニニニニニ/ニ=‐''´ /       _//¦  /i   ', 爻
ー ∨ニニ/ニ⌒'┬= /    /   / /'トl   / .|   ゚,.爻
.:..:..∨/ニニニニニニl /  /  /| / ! |    /__   乂ニ\
.: .: .: \ニニニニニニニ/ ィ //   ィL__j / ||i   /7⌒  |i\ニニ〉
 ̄¨¨ア \ニニニニニ/ |// ィ! |⌒ぅ=ァ jノ ! /Λ/;   |i二\/
. /  /\ニニニ/  ノ 八|       ノィiL__ イ ||iニニ「
´   /  ノ⌒ア ___彡   |\ (      ノ^7 | 八|iニノ
  /  /  /⌒.i |    |    ヽ .,__,, 八 lΛ-!厂
.   //  /.:. .:. .:.i |    |\      ィ'゚   ↓ ∨
   /. . {八.{. :>==圦.     |   `ト _ <:::|¦  八ⅱ
イ /.:. .: .: .:/     \  |  | |::::::]I==||/  |i
.:|/ .:..:..:./           }  人   乂ァ'´  |人    |i _
. : . . /          ___,ノ彡へ\         )イ  |i  ̄ ニ- _
>''´        . . .      ) )         | |i ̄      ̄ ニ- _
  ____    _彡 : : : : : . ⌒¨´         \ |i _  --      ̄ ニ- _
 ̄      ̄ ‐-=ニ[ : : : : .         ‐-      ̄¨''  _--           ̄ ニ- _
              ̄ ‐-=ニ[          `        寸_____
                         ‘''            丶   ',---
______ ,,..    -‐=宀冖冖宀=‐-       `'く       ',   ;-二-
/: /: /: /: /: /: /: : .       ̄ ニ- _⊂ _)       ; __-二-     ___
: /: /: /: /: /: /: /: /: /: :            ̄ ニ-_)     ___ノ二-------
/: /: /: /: /: /: /: /: /: /: /: /: :          ̄ ニ- _-二---二-------
: /: /: /: /: /: /: /: /: /: /: /: /: /: /: :          ̄ ニ- _---------

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ウカノミタマはいたく自分を気に入っているようだが、何が彼女をそこまで
させるのだろうか。史門は疑問をまっすぐぶつけてみた。

「最初に申し上げた通り、祠で一目見えた時から、貴方様の魂の美しさに
心惹かれてお家まで駆けつけたのです。神というのは律儀なものでして、
願いには答える、恩には恩を、罰当たりには罰を、という存在なのですよ。
どうぞご自分の行いを誇りくださいませ、ご主人様。貴方様の行いは
伊邪那岐大神に御覧じられても恥じないものでございます」

自分の行動が正しいかどうか。
そんなものは神様くらいにしか分からない、と喜留夫は言っていた。
神様がそう言うのなら、少しは安心していいのかもしれない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

763 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:34:55 ID:9VK52rQk0 [26/37]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

764 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:35:38 ID:9VK52rQk0 [27/37]

    /:.:.:.:.:/  /:.:.:.:.:.:.:,ィ:.:.:.:./ /:.;ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ヽ:.:.:、:\
    ':.:.:.:.:.:.:/ ./:.:.:.:.:.:.: /斗-≠=ム< !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  }:.:.ハ ` ヽ
   ':.:.:.:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  l∠-- 、、 ` !:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.| .}:.:.:ハ
 /イ:.:.:.:.:../ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /     ヾ   l:.:.:./l∠. l:ハ/:.:.:.:.ハ
  i:.:.::.:.:.:.l ム:.:.:.:.:.:ハ:.:l. {  0    l  l:/ ,-、 `、1:.ヽ:.:.:.:.:.:',
  .l:.:.:.:.:./r、 ヽ:.:.:/ V !      /     /  ヾ. ,':.:.:.ヽ:.:.:.:.:.i
  l:.:.:.:.:ノ ,ヒ ヽ V       ―-- '       ,'0  l ,':.:.:,ヘ:i:.:ハ:.:.l
 .l:.:.:.:〈 ( `(      _   ```       !   ,',':.:.:/:.:.:l/ ヽ:|       今日の仕事は討伐だ。
 l∧:.:.:.ヽ、`ー  ,, - '' ¨: : |             〉` '.ハ:.∧:.:/
   ∨_:. -`ー '': : : : : : : : :l            ```! V |/          ガルム、いける?
  , ィ´: : : : : :_.. -‐ ''' ¨ ̄l        , -、      .ノ
. f: : :_ ィ: : : :l         ./          ̄     /
. l/  l: : : :l        i          ,  '
 !    l: : : l         l    、...__..、-
 ゝ   ';.:.:.:',      l      /  `ー―――‐‐―ァ
ノ, --‐二:.:.:__ヽ     l       /           /





                         ∧
                    ト 、  //^iV
                    }^i_‘,//__:」 .V
                 r::::::::Z_,, __---、}
               r ァ¨¨::::::弋Uリ }:/ ‘,
               {::::::::::::::__::::`¨´::::\  }  ト 、
                    \,ィ7´-ト、}:::::::::::::__> i!  }  \       マカセテオケ、サマナー。
                 (___}>''::::::::::::::::> {   i
                 「\::::::::::::::::::::::{  {__ノ     }      カイリキランシン、イキケンコウダ。
                }/  }:::::::::::::::::::::}   V     ,
             r.f^Y^く   }/∨::::::∧!  .}     /
             ∧:r 、:::::'´}     V:::/     }__  /
              ` <::::::{_/人   V/}/   !
                ̄辷}”“f―‐彡八   }.、
                        /\/   `く:::::::\
                    {:::::::i       {::::::::::)
                   `ー'       ー‐''

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
仕事の依頼はネット経由であるため、依頼人と顔を突き合わすこともない。
死体を写真に収めて送信すれば、指定された口座に金が振り込まれる。
依頼人も、まさか依頼を受けた相手が小学生のサマナーだとは思いもしまい。

今回の依頼は、政府からだった。
夜闇に紛れて近隣住民を喰らう悪魔がいるらしく、それらの処理をしてほしいそうだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

765 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:35:58 ID:9VK52rQk0 [28/37]

                /|
              ./ /!          ,. ‐ァ
           ., '  /  |       ./ /´|
           /   ,'  .ト、    r/  /  |
      r─- 、 rト、 | _,. -──-< /   /
      |:::::\Σ ,.>'´        `'< ア─ァ
      ヽ;::::::::`ア    /          ヽ;::::/
       '、:::/  /  ./ /__ /        ∨
       r‐‐´:7  ,'   |/ ´|/|  /| ハ__/ l |
      |::::::::/ | l  ./ r==、|/ .|/ |/`ノ  ':、
     /.〉/ /  |  /| "     , ==t/  ノ、>           では、参りましょうか、ご主人様?
   /  /: ̄/  // |    _    "/'| イ:::::\
    | .;':::::::/_,,.イ |  |ト,、 l  `ソ  / ト、\:::、_}、
    | レ'"/´ ././|  |/| \    _,.イ|  | ノ ̄:∧ \
    '、  /|   |/ .八 ヽL,rト`て´ァL_/ ,ハ\/ ',  }
     \|ヽ    ,. -‐\__,>(o/ ∠ イ  ̄`ヽ、 .|  /<´ ̄ ̄`' 、
          /  l      ´          \/ヽ,  `ヽ    ヽ,
      _r-/  /‐-、 / ___      T、   ./|:::::::|7ヽ  }       ',
     「、/\_,.rヘ、:::::::Y´:::::::::::::::`>- 、 / ヽ/./:::::/  ∧/      }
   /\\::∨、 ヽ ̄>''"´ ̄ ̄ ̄ヽ_/ r '" /:::/  ./::::}、     /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
いつものように天真爛漫な笑みを浮かべるウカノミタマと、
小さな体に闘争心を漲らせるガルムを連れ、夜の九時に家を出る。

叔父夫婦には申し訳ないが、ウカノミタマの暗示で少々眠ってもらった。

今日は月すら出ておらず、空は墨をぶちまけたかのような黒に染まっていた。
装備を確認し、指定された悪魔が目撃された場所へと移動する。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

766 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:36:21 ID:9VK52rQk0 [29/37]

                     ______
                   //////////\
                      |/\//////////>、
                      |///\///__///
                 r//V/()///l//////r{
                     __レ l l::::]////l○/o//Y
                .///ll/l l//[::[ 二 ]:::]::::l |〉
             .r≦ ////ll/ヽv \__r=,// // \
       .r≦////////∧// \__  `゚ イ/////∧
      /// ̄\////// \/「二`=='イ///\\/∧
     .///////∧ ///////\}:::::::::::::::レ'////\\∧
     レ//////// /////////////}///////////\ V}
     i/( )//// //////○///ヽ/_//__//////////V/       チッ、バレたか!
     ト、./////}///o////V三三三レ'//( )//////
       〉  ̄ ////ハ////O///////////o//r‐;////
      }` ̄//////ノ//////r‐ 、////__//0//:////
     /////////_////////レ三三三//////////
      レ///// / }//////////////L ∧/////〈
    ///////   ∧/////r‐、///__/// i//////i
    ///////   /::::V////L三三三],'〈   }/////リ
   .レ/////   ∧:::::::\/////////∧/   i/////{
   .,'/////   ///\:::::::::>二二二]::: ∧   |/////|
  /////∧ //////>-//-≡/ ̄/ ∧. }/////;
 .〈//////∧;/////////二二二  ̄////\',/////i
  \//////\//////[ l 三三三 l ]/////\/// ',
    .V////// \.//////////////////////\/∧
     \///////\//[ l三三三三l ]/////////\ }
      ',//////r二二二二ヽ.////////////////\
       .∧////     O   V三三三 ]//////////\
      }/ \/       r――- 、//////////////////\
       レ///   ( )/ r ⌒ 、  丶.////////////////// \
      |/ 〈      / Yヽ   {ヽ  〉/////////////////// `ヽ
      |// \____ハ ヽ',   } } ノ///////////////////}    \
     ∧/////// \ヽ__} ー' ー{////∧//////////////∧ r=='
     ////////////`ー'///////////:::::\///////////// } |
【幽鬼ヴェータラ Lv57】

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
悪魔は人間に化けていた。
黒いロングコートに帽子を目深く被っていたが、エネミーソナーだけは
ごまかせない。

デビルアナライズを見て、史門は臓腑を冷水に浸したような感覚に襲われた。
相手とのレベルの差はおよそ三十五。二倍以上はある。

勝てるか? いや、無理だろう。けれど、ここで自分が逃げれば、
この悪魔は後々人を喰らう。誰かが、自分のように大切な者を失う
悲しみを背負うこととなる。それだけは、看過できなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

767 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:37:00 ID:9VK52rQk0 [30/37]

                ____ヾ-、
          ヾ、_, -‐:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::\ヾ
           \::::::::::::::::::::::::, ------::、::::::ヽ、
            , ィ::::::::::>'"¨7    i,   \:::::\
           /:::::::::::/  /::::,---、 ヽ,  ハ',:::::',
         //::::::::/ヽ--_'>'":::::::::::::::ヽ, `'ー-、.i::::::',
           /::::::::::´¨:::::::::::::y::::::::::::::::::/:::::>-、.i::::::::',
        ,.=':::::::::::::::::::::/::/Z::::::::::::://::::::::::::i:::::::::::::iヘ,
            i:://::::::::::::/ニ、|::::/〃 //',::::/i::::::::::::::i          …………。
          〃 i::::::::::::,' .i.  9ヾ   -t''9´i/ヽ:::::;;;::::::i
           ノ:::::::i.=ハ ヽ--- '    ヽ-- '_/ ア/ヾi,
           /:::::i:\__',     , 、   ', __>、__
            ̄7/',:::ヘヽ   , -- 、 ヽ    7: : 7
            , --ヘi---> .      .ノ   .-': : :-.、
          `' <,      ヘ>- イ_,/     ヘ: : :ヘ
             \     ::|   .|        ',: : :.',-'" ̄ ̄ 7___
               \  /-'y-'".i         ヘ: : :ヘ    _  ヘ
                -) /-、    ',         ヘ: : :ヘ /: : :ヽ、 .\
             ,.イ,ノ./       ヘ       , --': -、: : : : : :ノ    >、_
               7   /        ヘ    , イ: : :/: : : : ----':、__
            i   /             ',   /: : : : ≠: ',: : : : : : : : :7--、ヘ





        }   |//////////////∧    |////// Y/
        ∧__ノ////////////////`ー-'/////i //
     ___i///////////////二二二ヽ///´ i//// V/
    ////∧//r―ュ//i ̄ ̄i /_   〉l― Y´//////
   .//∧ Vi  |__ii}//|____レ二二二レ';  |/// ̄/
   ////∧ V/////////////////////  ̄/// ̄/
 ._//////∧ V/////r≦≧ュ.//////////// \/{
./////////∧ V´ ̄´      ̄ ̄ >--=//// ∧         ガキが一丁前に銃なんざ構えやがって……
.//////////∧ \ r―― 、      〈 (・ノ 〉 ///// 〉
////\////// \ \     ヽ ___  ///////Y          今日はてめえを晩飯にしてやらあ!
/////∧/////// \_≧ュ.__   __ノ_ r≦ / 〉
//////∧////////////////// Y_____///∧
//////\/////////二二]////////__////////\
/ ////// \////// /`ー――‐一'7 ////__ /////\
/.//////////\///\ヽ _____/ /////\\/////\
////////////// \/// ̄////////L_///////.\\/////\
/////////////////\////////////r≦////////\\/////
///////////////////`-=ニ二二ニ=-´//////////// \\///
/////////////////////////∧/////////////////// ー―
////////////////r―ュ_____r―ュ////////////////
////////////////l   i         i   i////////////////

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ヴェータラが飛びかかってくる。
後ろに飛び退いてそれを躱し、ガルムとウカノミタマに指示を出す。
「ガルムは距離をとりつつ炎で攻撃! ウカノミタマは支援!」

「委細承知!」

ウカノミタマの札が舞い、体が羽のように軽くなるのを感じる。
更に、ヴェータラの動きが先程よりだいぶ鈍らされていた。

「くそ、体が、重い……」

ウカノミタマの呪詛によるものだ。
そこを畳みかけるようにして、ガルムの炎の吐息がヴェータラを覆う。
屍鬼、幽鬼の類は総じて炎と払魔の攻撃に弱い。喜留夫に習ったことだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

768 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:37:16 ID:9VK52rQk0 [31/37]

                 .r≦≧ュ.
             .r≦////////// \
           ////////////////// \
            }/////////////////////ハ
             レ////////二ニ=‐---///// \
         /////r≦ }  //r oヽ \///// 〉
         V/r≦/> /  レ__ `ー‐´ l\// ∧
         / ////_/}   }  ≧ュ.__ }  V/´  ̄ ̄ >
         /  // v/  /  /==‐<   }二/\   /
      ∧  // /l   r―'-┬┬‐r ,-v7 ハ   <
          V/ / { V  ̄ V´ Vー レ、/} / \   \ 
        /r‐{  ヽ \/ ̄ハ__l/  ; /l∧ \   /
          |    \ \ ̄ 二二 /リ/ l∧   ヽ/
         _____     ヽ 二二二 />/ /ハ ',
       //― / }      }____   /  レ l }  i   r―― 、
       ヽ> / イ     i___ >  / /} }  }  / /⌒ヽ ヽ
          \\ .r≦ ______/ / } }  }  ヽ \ \}
               >´\__/______ / `ヽ }  } // ̄
           /::::::::::: \   .r≦:::::::::}  / \ \/
      r― 〈::::::::::::::::::::::: \::::::::::::::::// /::: : l}\ \
     /二二 \:::::::::::::::::::::::::\:: /:: / /::::::::: l  l\ \
    /  ヽ //ヽ:::::::::::::::::::::::::::\ ./ /::::::::::: l} l}: : ヽ  \
  /    /:::::O::::∧:::::::::::::::::::::::::::::::〈 〈:::::::::r≦  l ̄ ̄/   >、
 /  .r≦\:::::::::::::∧::::::::::::::::::r==、::l  l ̄  /  /  /   /  \
./ /     V∧::::::::::::∧ :::::::::::: l_ノ::::l  ll\ /  /  /   /  / \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
炎でコートが焼き払われ、本来の姿が街灯の下に晒される。
そこには包帯まみれの灰色の肌をした幽鬼がいた。

効いてはいる。史門はそう確信し、銃弾をヴェータラの脛に撃ち込む。
更に動きが鈍り、ヴェータラは地に膝を突いた。
修験僧が清め、払魔の呪文を刻んだ銃弾だ。
弾丸としての威力は低くとも、悪魔への効果は絶大だった。

史門は自分に落ち着くよう言い聞かせ、ひたすら遅延戦闘を繰り返した。
ウカノミタマがヴェータラを弱体化させ、自分が足止めし、ガルムが少しずつ
ダメージを蓄積させていく。誰か一人でも欠ければ、一瞬のうちに食い殺される。
一瞬一瞬の動作が、生死を分ける。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

769 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:37:52 ID:9VK52rQk0 [32/37]

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そうした戦闘が何十分、何時間続いただろうか。
命のやり取りというのは時間の感覚を麻痺させる。

ヴェータラの体がぐらつき、地に伏した。

死んだふりかもしれない。史門はエネミーソナーを確認する。
息はまだあるようだった。

「げほっ……ここまでか……メシア教め……」

「メシア教?」

恐る恐る近づき、悪魔の言葉に耳を傾ける。
なぜここでメシア教の名前が出るのか。

「お前、メシア教の人間じゃねえのか……頼む、助けてくれ……
俺たちは捕まえられて、実験台にされて……逃げ出してきたはいいものの、
一人じゃ獲物を狩れない奴らが大勢いる……そいつらを、俺が守らねえと……
頼む……見逃してくれ……」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

770 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:38:32 ID:9VK52rQk0 [33/37]

      ,イ , イ     , イ ,イ         ヽ、     }  ヽ、
     ,イ ∧   , イ , イ ,、      ,、    ,  ̄ ゙̄ヽ    ヽ
    .,イ   / ゙ニニ - '"   / !     ,' .',   !',      ゙,ヽ、 ゙,
   /   ,' ,イ        / !     ,'  ',   ! ',   ,   !  ヾ
   /   !'        ,イ  !    /   ', ., t- ',   !    !
  ./           ,イ    !   , /     ,イ !  ',  !   !
 イ ,,        / / 、   .! /,'/     /, ', !、 ', , - 、  !        ……それで、人を食うんだろ?
 ,イ i!   /    / /ー,->、/ / /  ゙ーイ!・i .', ! ゙,  〉イヽ i  !
   i!   ,' i   ,' /イ.    !・!/!     i ゙"   i! / 、/ /、 !        「食って何が悪い……そうしなきゃ生きられねえんだ。
   ,'   ,イ ,!  ./!' !     ゙ .!          " ,' イ ,イ、ヽ!ヽ
   .,' ./,' ,イ.! ,',.   ゙      ,      ゙ ー '''  i, イ  ヽ、 ヽ 、      なら、そうするしかねえじゃねえか」
  /イ /イ  i .,' ゙、    ー‐ ''".    i}        ! ./ ヽ、  ヽ、  > 、
  ,イ,,,!   ゙ヽ、 ー ',                 , イ ,    ゙ヽ、  ゙ヽ、    ゙',
 "       /゙ ー-'、        ,ー---_-,    , イ  ./      ヾ,ヽ、 ゙'、   !
          ,'     ゙ヽ、    "  ̄ ̄  , イ /  /         ゙ヽ,ヽ '、  !
        ,'       ヾ> 、  _ イ./ /    /           ヾ、',  !
        i        i ヽ、     i ./   "             〉' ゙ゞヽ
        i        ,!  ヽ、   , -! !  ,              ,イー, i

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
何も言い返せなかった。
飢え死にか、人を喰らうか。
自分がこの悪魔の立場であったなら、後者を選んだだろう。
自分だって死にたくはない。この悪魔だって同じはずだ。

「史門様」

ウカノミタマが肩に手を置いてくる。

「誰かが生きるというのは、誰かが代わりに死ぬということでございます。
誰かが生きるために誰かを喰らう。誰かを殺す。それが命の本質です。
命というものは、等しく悪なのです」

ウカノミタマが切なげに言う。
命を育む神が口にした言葉に、史門の引き金にかけた指を止めた。

「止めはしません。ただ、どうかお忘れなきよう」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

771 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:39:08 ID:9VK52rQk0 [34/37]

.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  {       //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.ヽ __ ノ.:.:.:ヽ、.:.:.ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   ` ー―― '/.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ \.:.:
/!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//⌒ー―― イ´.:.:.:.:.;ィ'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ  ヽ
│.:.:.:.:./⌒V´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./._/.:.:.:.//.:.:, イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:j.:.:.:.:./::::∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
│.:.:.:/ ヘ/.:.:/.:.:.:.:.:/>/.:.:/: /.:/:/.:.:.:.:.:.:.:.,イ.:.:.:./:::::::::∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
∧.:.:.{ ー//|.:.:.:.:.// //ヾ、/ィ':::::/.:.:.:.:.:.:/:/.:./:::::::::::::::∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
: : ヽ.:ヽ{ ' ヽ |.:.:.:/ __{_ /イ::::::::::::::::::::/.:.:.:.:./::::/./:::::::::::::::::::::ハ.:.:.:.:/\.:.:|_      お前がやったことは、お前にとって生きるために
: : : : ̄≧ー┴≠:': : /::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:/:::::::/イ:::::::::::::::::::::::ム∧.:./: : :ヽ;|: :
|: : : : : : : : : : : : : : : イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.:./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ : : ∨: : : : : : : :      必要だったってことはよく分かった。
| : : : : : : : : : : : : : : : |       j/                }: : : : : : : : : : /:
ヽ: : : : : : : : : : : : : : /            >          /: : : : : : : : /: : :       ……でも、見逃すことはできない。
: : \: : : : : : : : : : :,小、                      /: /: : : : : : /: : : : :
  : : ヽ: : : : : : : : / : : : \       ,ィ=――ァ   ., イ: : /: : : : : /: : : : : :
  : : :  : : : : : :/ : : : : : : :>.、   ´ ̄ ̄´,  < : : : : / : : : /: : : : : : :
   : :   : : : {: : : : : : : : : : : : ≧ 、  , ィ: : : : : : ヽ: :/: : :/: : : : : : : :





         ,ィ  , - ―――― - 、
       /:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ヽ 、
       !:.:':.:..,:.--――-:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:ヽ
       l:.:.:..ム― - ..:.:.:.`ヽ:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      ,-/´`,>- ¨ ̄ ̄ニニミ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
      //:.:/-、      /    `ヾヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /,イ / ´  i     !       ヽ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   ,イ:/:/    ! ___ ヽ、      } ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   .ハ:.l,イ   ノ/:.:.:.:.:.`ー ミ..ー--- イ   ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   !::ヘl ヘ...ィ彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄ ̄`ヽ、.i`ヽ、____:.:>
   l:.:.:ヽ、, '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ、ヽ、:.:.:.:ヽ、
   l:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.ト、:.:.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:ヽ.`>、:.:.:.:ハ:.; -、:.:ヽ、:.:.:.ゝ         ここで死んでもらう。
   .!:.:.:.:.:.:.:lヽ:.:l ヽ:.:.:.:.:.:ヽ`ー- z'ゝ-、 ヽ、:Y/ヽl:.:.:| `ヾ、
   .l:.:.:.:.:.:.:.! ,ゝト 、ヽ:.:.ヘー-`, /0   !  `l イ /:.:.:',             お前の命、俺がもらう。
   l:.∧:.:.:.l l   0`ヾ 、ヘ`=イ     ノ   ノ-'/:.:.:ト-`-
   レ′ヾ:.ヽヽ、  ノ  ``  ー-- '     ,-彡、ト:ヽ
     __..>i`  ̄  ,           ノ'' / l  `
     ヽ.  ハ    く_       ヽー--'´,ィ !  ム
     / \  ゝ、   、__ __  ヽー- ' ! l ,イ ヽ
     i   `、イ l `丶、  ‐  , ィハ   l/ヽ \ ハ
     l   l  ', .l: : ,、: ヽ`ー ' / : : \ ノ    \\\
     ヽ  l  V_:ノ `ーヽ  _j - z - '         \\\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
それでも、史門の答えは変わらなかった。
復讐を遂げられなかったあの時とは違う。

あの時、自分は恐れたのだ。誰かの幸せを奪うことを。
だが、今はそれすらも飲み込んでみせる。

それで、悲しみが少しでも減るのなら。

史門は祈るようにして、頭に向けて引き金を引いた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

772 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:39:21 ID:9VK52rQk0 [35/37]

                     }v、
          i 、         iレi `ヽ   . --,
          .i| ヽ.      | .{  ∨´: : : : :|
        N|   ', _    | V レ'ィv: : : : |
        } j   ',: : : >-|  ∨  メ: : : ハ
         }ハ   乂. ´ ̄|  ∨  メ :_:_:_:',___
        メ ヘ  /    j    Vメ^ ` マ: : : : : : : : :/ヽ
         く .ハ'       ̄ `ヽ ヽ  ノ∨: : : : : : /: : }
       ..イ: : /      ヾ 、   ',  ',   ノ', : : : : :/ー‐'
      /: : : :.′   i   .ハ \ i ',.  V,  }: : : :./ .、
     {: : : : : :i  __ /,   / 斗 i-ヽ} 、  ∨ 从.イ 、  \
     .ヽイー |   / |`ヽ./  |/.ィf=ァ!  .ハ{/    ヽ  \
      ./  ハ  |ィf=ミ/、   イJん/  / |     ∧   ヽ         ご主人様……
     /  / ∧ ハヾ vサ   弋ソ  イ   乂     ∧    ',
     ,   ,   ハ {  ヘ  '     /ィ>-、   `ヽ     ',     '
     i   {  ./ _,ィ 1 >-r-´、イィ/   i    }- <. i    }
     {   ∨ .ィ´} }/ノ/ /ノ| /ヽ/__  |ヽ.  ト、!    ヽ!    ,
     ゝト、. ∨ィVノ_/  てレレイ=ミ、二ミ 、}/  }    .}   /
       }/__> ´ . ////'|/∧///\ニニ\ /   ./  ∧
       / "´  . ´ V////|//∧///=ミ /    ∠_ イ  '
     /{    . ´  , --∨//j//////{: : :`ヾ            ',
    /{ マ.、 / ,.イ.イ>.}/////////イ: : :/           i
    {: :、 ヾz{///: : ////////: : : /            !
    八: :\ ///: : : /:乂///イ:/: : : :〉                 ,
    /> :.y'/ /: : : : : :',: : : : : :/: : : : : :i           .ィ /|/
   乂: : : : : :}(_≧=-=≦ヘ: : : : : : : :/: : jイ!ノ{  /{  / レ  /
     ー‐ ァ:ヘ//////r--ヽ: : : :/---イ/i! レ  |/     /
      /: : :}ヘVi⌒V: : : : :`¨ : /// ヽ/}         .イ
     /: : : : /: : Vム: : : : : : : : : :.〉/{: : : ノ{≧= --   -=≦





             _____
             `ヽ____~"'''‐-..
          _,..-'''"    `ヽ ̄l´`ヽ `ヽ、
      _,..-'''" /        \.\  \  \
         ̄ ̄/  ,、         .\ \  \ .\  ,'l
          /  .l/ |    ,ィ      .\ ヽ___.lヽ  .ヽ'..|
       /,イ __...人  ./`|       .`、   `、   .|
      .l/ ./    `、 /  |   l     `、   l   ノ、
         /      .ヽ'  .|  .人l     `、  . |    .\
       ./ __        .| ../  |      l   .|      ,>        大丈夫だよ、おたまさん。
      / '  ̄`ヽ      | ./ ....| .∧   .|  /       .|
       /           |/    |/~ヽ、   | ./        |         俺は平気さ。
       l                  j´-`、 .|/         .|
      l              __ ,、 ー- ノヽ.|ヽ, .     .|
      `ヽ、     ____ /  `ヽー‐'´   /-、     .|
        .|`ヽ、        /~"'''‐..`ヽ、_    .|    lヽ|
  ___  |/l/l/ヽ       |    `丶、  ̄`ヽ、l   .ノ
  ヽ     ̄ ̄ ̄~.|      .|      /  /ヽ,_ヽ__/
   `、        |      .|       /_,..-'''"‐‐、   ヽ
    `、      /.|     .|  ./ /       \  \
      `、    /...|     ./  .//           .\  \
      `、   l .|    /  ./              \   \
       >、 .|/    /  ./                   \   \

773 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:42:09 ID:9VK52rQk0 [36/37]

                ____ヾ-、
          ヾ、_, -‐:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::\ヾ
           \::::::::::::::::::::::::, ------::、::::::ヽ、
            , ィ::::::::::>'"¨7    i,   \:::::\
           /:::::::::::/  /::::,---、 ヽ,  ハ',:::::',
         //::::::::/ヽ--_'>'":::::::::::::::ヽ, `'ー-、.i::::::',
           /::::::::::´¨:::::::::::::y::::::::::::::::::/:::::>-、.i::::::::',
        ,.=':::::::::::::::::::::/::/Z::::::::::::://::::::::::::i:::::::::::::iヘ,
            i:://::::::::::::/ニ、|::::/〃 //',::::/i::::::::::::::i
          〃 i::::::::::::,' .i.  9ヾ   -t''9´i/ヽ:::::;;;::::::i
           ノ:::::::i.=ハ ヽ--- '    ヽ-- '_/ ア/ヾi,
           /:::::i:\__',     , 、   ', __>、__
            ̄7/',:::ヘヽ   , -- 、 ヽ    7: : 7
            , --ヘi---> .      .ノ   .-': : :-.、
          `' <,      ヘ>- イ_,/     ヘ: : :ヘ
             \     ::|   .|        ',: : :.',-'" ̄ ̄ 7___
               \  /-'y-'".i         ヘ: : :ヘ    _  ヘ
                -) /-、    ',         ヘ: : :ヘ /: : :ヽ、 .\
             ,.イ,ノ./       ヘ       , --': -、: : : : : :ノ    >、_
               7   /        ヘ    , イ: : :/: : : : ----':、__
            i   /             ',   /: : : : ≠: ',: : : : : : : : :7--、ヘ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
守るための戦いですらも、血が流れる。
誰かの生活を失わないために、誰かの生活を奪う。
奪われないために、奪う。

それが罪だというのなら、この身に背負ってみせる。
既に、兄貴分の死を背負っているのだ。少しくらい荷物が増えた程度で、
へこたれてなるものか。

「……俺は戦うよ、喜留夫さん。誰かが奪わなくていいように、俺が奪う。
背負ってみせるさ。あんたがくれたこの力に誓って」

そう、史門は静かに誓った。
夜の空には月が出ていた。その言葉を聞き届けるかのように、佇んでいた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

774 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/03(金) 23:42:23 ID:9VK52rQk0 [37/37]

                   }   }   V             /  / /
            rf:====|   |   ∨           /      /
           .{:i{:i:i:i:i:i:ii:iトミミト、}    ∨=-.._,..-- 、_/     /  ,___
            ∨,:i:i:i:i:i:i:ゝ   }     マ ̄ ヾー<:i/    / .イ_ム:i:i:i:i:i:ミ
                ∨,:i:-=     }> ´ ̄ ̄ `   ー '- 、   /´  /:i:i:i:i:/:i:}
              ∨,:i:_>   /              \ /   ⌒ノ:/:i:i:|
             〈:i:i:-=彡 /        /            ∨    ミ:i:i:i:i:i:i/
         __  ハ:i:i:i:i彡''                i      V    ミ:i:i:i:i/
        /: : : : : : :.{:i:i:i:i:i:i/  /       !        }      V  ミ:i:i:i:Y
         {: : : : : : :.人:i:i:i:/  /      ,:|      ハ        ∨メ:i:i:i:i:i:{<
       .У: : : : : : : : /  /   _ / |     / }     i  ∨:i:i:i:i:i:i:|: : : .<
       ./: : : : : : : : : :⌒:/    ∠`ヽ !   / / -|-   |    V:i:i:i:i:i/:.、: : : : Y
      〈: : : : : : :./: : :∠_ ィ vff .沁ミx  /!/´._ =ミ、    !    V:iイ: : : \: : :}
        \: : :/: : : : : : / 八 ヘ vソ  }/  ィv リ ゞハ.  ト  |\{: : : : : : :.ハ: /
       / Y: : : : : : :/ィ   \ \       ゞ''  ./ .\{: :\{: : : : \: : /
       /   人: : : :/⌒ j/{  从「        -=彡イ ! \: : : : : : : : :ハ:ノ
         /ヽ:/       ∨   \  `   ´  ィ |   |  \: : : : : :/ 、  \
    /    .ハ/       > -‐\  ヽ.> -- (\.、__|   |_    ー=彡  \  ヽ
   .'    八 ∨  r==ミ./     \ ∧=/  \ヽィ}   , `ヽ    \   \ \
  / r 、 ./ ./ヘ ∨「{ マニ.′       }ハ }/ 弋 ー -`- \ /         / ヽ   ヽ
 ./ .ゝ \/r-ヘ V ∨ニ{    y   / } /==彡≧=- '''''  \     }    /   ',
   / /「/_ノーy  ` <\  / 、_/ /   rfニ''-―      \   !  /     ',     ',
.′   /./_ゝ 二二   \ ,     ̄     ` ̄ ̄ ゝ、     Yニニニ=- _   }    }
{  {  {    `ゝ __ ィ/        .:         `ー   i__---</   }
{  |  |      _', _/_「≧x     ノ  _ -=ニi__}_ i    |ハ_  >
     ',   ,,.ィニニニi マニニニニニミx  .′ィニニニニ=---=.、/.|    ノ∧、: :\   /    /
 ',  ',  V./ニニニニニ} _}__ `'<ニヽ{/ニ> ''´ ___7/|  /ニニ}/}: : :ノ  /    /
 .ヘ   /ニニニニニニィ八: : : : : `: : .、\// ,.ィfニニニニニ7,/|  /ニニ./: ム: :} /    /
   ヽ./ニニニニニ/ニニ}ゝ。: : : : : : :>イ__./ニィ : : : : ://ニ! 'ニニ/: : : :V     /
   /ニニニニニニ/ニニニリ: : :≧= =≦ニニニニ≧=---=≦ニ{ニニ|/ニニ/: : : : :.∨   /
   /ニニニニニニ{ニニニ/: : : : :}: : {ミ==-r ⌒Yニニ=- =彡 .{ニニ/ニニ/: : : : : : : ∨/
  ./ニニニニニニニ|ニニ/: : : : : , : : マ==-人 ノ-- ==≦. イ.〉ニ{ニニ{: : : : {: : : : :∨
  {ニニニニニニニニ!ニニ{: : : : ::/: : : /寸/ニニニ\ニニニニニ/ニニ|ニニ!: : : :.{: : : : : :}
                                                       ~また次回~


775 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/08/04(土) 00:50:51 ID:SUKO/P3.0
乙でした。
主役のキル夫より、王道な主役してるw

776 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/08/04(土) 00:54:35 ID:SFlzKIWA0
乙です。
小学生でもなければこの攻勢から童貞を護ることは出来まい……
中学生になったら?そりゃあ、まぁ、うん、そうね……




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/08/04 12:06 ] 【R-18】雇われサマナーキル夫 | TB(-) | CM(1)
完璧な主人公ムーブ
一方キル夫さんの近況はウッキーニャーンコッケーであったw
[ 2018/08/06 14:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する