クリックで開閉

【R-18】雇われサマナーキル夫 第十四話『狂死』

707 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:33:25 ID:PiR9Q05g0 [2/26]


┌────────────┐
│                  │
│   第十四話『狂死』    .│
│                  │
└────────────┘

708 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:33:44 ID:PiR9Q05g0 [3/26]

                       {\  __  -== ≦⌒ヽ
                    ノ 。s≦ノ っ: : : : : :/⌒Y/⌒ヽ
              _γ。s≦i:i:i-=≦> っ: : /: : : : ̄⌒ヽ: ∧_
             _〈 /}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>──ァ/: : : : : : : : :.: : .∨:i:i:/
         。s≦ .⌒Y八i:i:i:i:i:i:i:i:> ^´ ̄: : : : : :../: : : : : }: : : ∨ヽ
          〈 \     乂 \i:i:i:i:i:ゝ─ァ./: : : _: : /: : : : : :八: : : ',:.、
     / 、   \    /〈\≧=‐‐ イ/: :../__: ノ`ヽ: : : : __: : : :.::.|i: {i:i\
     く    \   \ ィ(⌒7   〈/〉: : : /fう心、}/: : : ´⌒`::.:../|i: :V⌒
    ィ(ニ\   \./ノ  ⌒7      〉: : : :.| Vソ /: : /f:ぅヽ}:./:::|i〉: .W
 /ニニニ\___/s。{   く      |: : : : |  `  ):/ vソノ/./|.:八: :.:. /
 \ニニニニ ィ(   \ .⌒廴      |: : : : |    _v 、 '    /.〈: ./: : : : ∨ /      お客さん来ないね!
  / }h、。s≦⌒{  V/ `、 ≪⌒   .: : : {ノ\ 乂::::フ   ィ(: : \: : : }\V
    } ≧s。ニ八  ∨/  `、 ≫    v: .|\ .}h、  。s≦ {/: : ./ }: 八 \      「かんこどり?」
./   |: : {乂__ハ  ∨/  \⌒7八  .V八i:i:i:i:i:/´{⌒ヽノ  {: ./: : 八ノ )
    |: .八ニニニ∧ 八     〈⌒Y^7{( \~、、{  \: /⌒7ノ {: /≫          そうそれ!
    |: : : .\__∧ ⌒≧s。  〉  〈/       }h、(: \: ./、  /\
    |: : : : : : : : : :.:∧     ⌒⌒/``~、、     〈 \: Y: .} 〈⌒
    |: : : : : : : : : : :⌒≧s。  -=≦=_=_=_=_``~、、 / (: :\:八 ヽ{∨ /
    |: : : : : : : : : : : : : : ./ニ〈=_=/\=_=_=_=_\\// Y\): .)  ∨./
    |: : : : : : : : : : : : : :./ニニ ̄ニニ \=_=_=_=_\〈ノ^Y乂: \(    V
    |: : : : : : : : : : : :.rノニニニニニニニ〔 〕‐=≦{ 〈ノ〈 Y\ノ: Y  W
    |: : : : : : : : : : /ニニニニニニニ/⌒7ニニ/!     乂: .\ノ⌒Y
    |: : : : : : ィi〔ニニニニニニニニ⌒¨´ニニ/.:       }: : : Y: :ノ
    |: : : : : {⌒ヽ∨ニニニニニニニニニニニ./ {       \: : ):⌒Y
    |/\八::}::ソ \ニニニニニニニニニ‐  !        乂⌒ヽ:八
    |ΞΞ/ィ( ̄} } ≧s。 ニニニニニニ=‐ /ニ         )\: Y: )
    |Ξ/乂=_ ノノ=_=/ }_Y}ニニニニ=‐{ /ニ'.         乂: : Y /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
夏の候、加賀探偵事務所は実に平和だった。

客も来なければ厄介事が舞い込んでくることもなく、仲魔たちはクーラーの効いた
応接間で寛いでいた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



スポンサードリンク


709 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:35:24 ID:PiR9Q05g0 [4/26]

                         __
                     /:::::::::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::::::ヽ
                      |::::::::::::::::::::o:::::::l
                      >::::::::::::::rェェェ/    …………。
                     /:::::::   ⌒ヽ
                  /::::::::     |  |
                    |::::::::::     |  |
                    |:::::::::::    ,!  ヽ
                    |:::::::::::    `┬ '
                    |:::::::::::/|    |
                    |:::::::::/ |   i、
                 ゝ___) ゝ__)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
食材の買い物から帰ってきた喜留夫を出迎える。
だが、喜留夫は買い物袋を下げておらず、代わりにCOMPを抜いて
検分するかのように見つめていた。

「どったの、喜留夫?」

「喜留夫……そうか、この体は喜留夫っていうのか」

何やらおかしなことを呟いている。
加えて、何やら目がおかしい。いつもの喜留夫の目にある、荒々しさと優しさが
仲魔たちには感じられなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

710 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:35:44 ID:PiR9Q05g0 [5/26]

     ____
   /     \
  /         \       む……そうか、夜魔がいるのか。
/     (●) (●)\
|    (トェェェェェェェェイ) |      精神干渉されたら一発でバレるだろうし、最初にバラしておくか。
.〉     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





                  ____
   _,rーく´\  , --、   /      \
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /         \                 キョウジ
 { -! l _」_ノ‐′/   /  (●) (●)   \      俺の名は葛葉狂死。
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |  (トェェェェェェェェイ)    |
  ゝ、  ノ_ イ    \ \ェェェェェ/    /      今、こいつの体を間借りさせてもらっている男だ。
    ヽ     |     /             ヽ

711 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:35:54 ID:PiR9Q05g0 [6/26]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

712 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:36:27 ID:PiR9Q05g0 [7/26]

                -,ヘ‐/:丶、
              /:/:/ : : : : \:.\ 、__
           /7 ア/: :/ : : : : : : : 丶:.\ |7           n .,7 /7
         _,〈 / }: : : ,: : : |: : : : : : : :ヽ: :',ヽ          | |,ル'/, フ
        <ア/}/: : : :{.: : :.|: : : :.l\: l: :',: :',.、ヽ      r 、|    /
          ./ : : /: : : : 从匕: : : :.匕⌒: : l : |: :Y       ヽヾ- ` {
        /: : : :|: : l: : {,ィ苳ミ \ | ィ苳ァリ : }: : :.         丶 ` ノ       まーたまた冗談を……
        /:/ : l\∧: ゞVソ   、 り }: |:./ : }、:.       {ー─}
         {;' {<^¨^~、`^ゝ、        ノ:./': : : } ',}        'ー─l
         | {く_   r'   7 ヽ ノ /: : : }^ソ- 、l      /- 、 |
         |   `ヽ<    >ー‐'7乂:.イ z‐ミ }     厶=ミ.、 }
         |     \    ミニニ〈: : :ノ    `ー、__/_  ゙v
           〉      ※。 ミ´ ̄〈: : )          /ニニニヽノ
            〈         ノ ゚`''*。(: : )※    /ニニ丶ニニ}





 、   _, .} ,メ    l   ',::   ヽ::::.   ',:  ヽ
   ̄,´/F>`ミi_ i  i    ';::   ' ;:   ';::  ',
  ,⌒Yiー<⌒ハL  i     '::;    ',、   ';::  }
  ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
 从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
.<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i
  弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_         いえ、冗談でもなさそうよ。
  )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|
    l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /       葛葉矜持、といったわね?
    l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /
    ,'  ..::    ,:'::, :::|           (         あなた、何者かしら。
    ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /
   ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ          葛葉に連なる者ってことは分かるけど。
  ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)
  ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
 ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ
.  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
  ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
 Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
               `ヽ     ヽ|∧//|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「分家の分家だ。四天王の足元にも及ばねえ木っ端よ。
最初に目的を言わせてもらう。この体を使ってメシア教の調査をさせてもらいたい。
お前たち仲魔にはその協力をしてもらう。なに、目的を果たしたら体は返す」

メイヴは葛葉狂死を名乗る喜留夫を睨みつける。
夜魔であるメイヴは精神に干渉する権能を持つ。
そのメイヴの目には、普段の喜留夫とは違うものが取り憑いているように見えた。

喜留夫の魂は、ひどく歪な見た目をしていた。
表面は冷め切った氷の塊と化しているにも関わらず、底の方には燃え盛る炎が
あるのだ。子供の青さと大人の諦観を併せ持っているとも言える。

だが、目の前の男にはそれがなかった。
あるのは、灰色の獣の瞳。優しさなど欠片もない、冷酷な灰色だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

713 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:37:01 ID:PiR9Q05g0 [8/26]

  ___                     V   ヽ     _  __                            /     /
  ` <≧                 }    ,ゝ≦///////////≧; ,、                   /       /
        `ヽ >                {>//////////////////////>                 /      /
          \   `ヽ        /////////////////////////////\             /        /
          ヽ    \       ///-――--= .. _///////ヽ//////////∧          /          /
  ヽ辷‐x       \     \   ///            ` <//∧//////////∧      /            /
\  ヾ(`ヾ廴_      ヽ   ∧. l//___         ` マ}'///////////',   , '       >― ′        _   --―
  ` -'  \:::::`ヽ   V   ∧ レ: :,: : : /: :/: :`: :<        ;////////////,   /        /            「
        \::::::\  V    У; :l |: : l: / /: : : : : : } :` 卜  ,'/////////////}  /     , '             /
、_,_,、      ≧::::::ヽ `ヽ.  ,':/: l: | ;イ:メl、{: : : : : :,イ:ハ: : :l : :`!///////////// l 〈     厶---- 、       , '       ___
 `ヾ:::>x._ ,、  `ヾr、:ヾ、 \!:l : |: l{,r‐ミトv: : : :/_レ__}:/l: : i:l//////////////|  V        _     \     / > ´  ̄
ー:-':ゝ:::::::::`´::>:-'ヽ._〉::::ヽ. |:l!: :l: : 《 {沁`V: :/‐土‐l/`l : :l:|//////////////|  V   / ̄   `ヽ  ヽ-イ ./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::∧|八: l : | 之ソ ヽ| ‘ /≧x.レ:/{//////////////{   }  /        V   /
:::::::::r:-:=:=:-:-:::、:::::::::::::::::::ハ  Vl:圦   r       ら刈 )/:,{//////////////廴_j  {          }   /
-:‐:'. : . : . : . : . : . : . : ヾ:::::::_ト:-xヘ W〉ヘ       ` ”´ノィ {///////////////ヾ/// ̄//,7ー-, , , _ }  }           , へ、
. : . : . : . ノヽ. : . : . : . : . ヾ::≧x. :Ⅵーヾ:厶\ `_ー -   ´.イ:l:{/////////////////\/////////////// ̄//,7ー-, , _ , <   \
`::: ̄:::´::::::ノ. : . : . : . : . : . `⌒ヾ:'::{/////{:>- - <: ://|: ∨//////////////////ヾ///////////////////////////≧‐-, , _  \
::::::::::::::::::::/. : . : . : . : . : . : . : . : . V::ⅵ////ノ: :///У仁三レ彡 : ヾ///////////////////,\/////////////////////////////////≧
シ:⌒:ー: :'. : . : . : . : . : . : . : . : . : .}:::}////′イ   〈メr〈    V : :ハ>く/////////////////,ヾ////////////////////////////////
. : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . /:::::}///,’ ∧  __,辷}}    V : : ゝイ/`//<//_/////////,\//////////////////////////////
ヽ. : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . l:::::り///{ {/∧´ーl/'Lト、   Χ: : :Ⅳ//////////// ̄/ヾー'-'=≧//_///////////////////////
:::::::ー::-.:、. : . : . : . : . : . : . : . メ:::://////,Ⅵ//ヘ ̄]_ ̄ヽ \//}イ: }l/////////////////≧x: : : : : : : : : : : ̄: : ̄: : ̄: : : :¨: : :-: :-' '
` ーァ::::::廴_. : . : ._. ;..-::―::´:::////////ヽ}//,\Lゝ‐ ''´. <///}ノ,{/////////////////////7,ー,-; ; ; _ : : : : : : : : : _: : ー、-  :_:
    ` ー辷:: ̄::::::::>七彡'_//∠--―へ////`77´///////´//ヾ//////////////////////////////// ̄}: : :/ノィ): : \
  _  -‐ ´    ̄''´  ___/ /:/ : : : /: : ヾ///////////////////,、//////////////////////////////  ̄  '/: : : : : :\
/_ > ´  ̄ ̄ ̄    / /': /: : : : : /: :/ : :∨/////////////////: :`: <///////////////////////イ‐- 、__,..ニ⊃: : : : : : :\
´             / / イ: /: : : : : /: :/: : : :{////////////////,ヽ: : : : : : :`: :<///////////////// : : : : : : : : 廴_: : : : : : : : :
             /:/ /: :/! : : : : : |: : | : : : ////////////////////\ : : : : :\ : `: <//////////: : : : : : : : : : : : \ ` < : : :
               //  /: :/ l: : : : : : |: : |: : :ノ//////////////////////,ヽ: : : : : :ヽ< : : `: ー'-':< ` ー- : :_: : : : : : \   `
             レ′ ,': :/ |: : : : : : |: : l///////////////////////////\ : : : : :\ `  <: : : : : :>.、   ヽ   ̄ ¨¨ ‐- >
               l :/ |: : : : : :|: :///////////////////////////////,ヽ< : : : ヽ   ヽ ` < : : \  ∧
                l:{ /{: : : : : : l /////////////////////////////////∧ \ : : :\ }      ヾヾ〉  ∧
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
一番拒否反応を示したのは、セラフだった。

「喜留夫を返して」

ひどく冷たい声色でそう口にすると、セラフの背に黒い翼が発現し、
あたりに突風を巻き起こした。

その手には神の炎が燃え盛っている。
今にもこのあたり一帯を焼き尽くさんという勢いだ。

「まあ待て。別にこの体がどうなろうと構わんが、これはお前たちの主の体だ。
これを消し炭にすれば、俺はまた魂だけの状態に戻るだけだが、
お前たちの主も同じ末路を辿ることになるぜ?」

「待って。なんであなた、魂だけなんて状態になってるの?
それに、葛葉はあの雷堂を残して全滅したはずよ。あなたが残っている道理がない」

「それがあるんだなあ。十年以上前に、俺は一回魂を抜かれてこのザマよ。
それ以降、体をとっかえひっかえして今に至るってわけだ。
安心しろ、サマナーとしての腕は鈍ってねえ。仲魔として食い扶持には困らねえさ」

「そういう問題じゃないのよ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


715 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:38:50 ID:PiR9Q05g0 [10/26]

                   .._
                  ,.-‐ ゝヽ'´- .._
               、.. -‐''   ,.‐-´`丶 "、
               >,.   (.,-'`-     丶、
              ヽー,.'   / / ̄_      ` .
              〉,/,    ゙'! i'´,..>___,.    丶.
               {,;'j ;.{ヾ,: `/´ ̄////,`ーi   丶.          あー、つまり、文字通りしばらく貸せってことか。
               ` ゙'l;i`,////,..--' "" '‐ヽ...__ 丶
                   </,'/ ̄\////∧///////,ヾヽ丶       返すもん返してくれんなら、俺は構わねえよ。
              ,.-‐''"´   ヽ. \'///∧////////゙/ヽ ヽ
             /         ゙ . ヽ////////////i//,'i ;      だが、約束を違えたなら、魂であろうが斬るぜ。
               / ゙.           ゙   ∨//,'i///////l//,'レ
          _/.   ゙.   ::      ゙  ∨/,'|//////,'!//,_!
           { ̄     ゙.   :       ゙.   V/,l//////,'!‐'"
         / \       ゙.  :       ゙   V,!//////,'
       / 、   ヽ.     ゙   !     、  ゙   V//////
     / .  丶、 丶   ゙  l     ヽ.   ゙   V///,/
    ,'l i      \  \  ゙ l      ゙   ゙   V///
.     i l !  i    、丶  ヽ : ゙ !       ゙   ゙.   V,/
    ! l.!  i!     ヽ \. 、! ;!  ヽ      ヽ  ゙.   Y
.   l l.!  !     ゙. ヽ`ヾ:' ゙_ ヾ     、.ヽ ゙.  }`ヽ
.    i.l.!. '⌒゙. ..._-‐'',゙- ゙r  ト..._  \     `丶 ゙  ;'.\|
   l.;' _! ゙.  _..Y´_ヽ. (ノ;. !.._`.._`ー――‐--__-‐/ ヽ i
    |;.r'  ヽィ´,......._ ヽ、 l l..._ー -―――-_..}.、 ヽ l

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
一方、ヨシツネとパイモンは冷静だった。

「無理やり引き離そうとしたって、喜留夫の体を傷つけるだけだしね。
僕らは今喜留夫を人質に取られてるようなもんだよ。今は従おう、ね?」

「ううう……」

パイモンがセラフを宥める。セラフは納得が行っていないようで、
しきりに葛葉狂死を睨みつけて唸っていた。

「しかし、悪魔くせえ体に事務所ときたもんだ。
最初の体と同じ探偵を選んで、それでサマナーだったもんだからラッキーと
思ったんだが」

そこで狂死はメイヴを一瞥し、「くく、お前、こいつの女か。そういう目してるぜ。
男を取られた女の目だ。奇特な奴だぜ。お前もこいつも」と口にした。

メイヴは自分の手に電撃が走るのを感じ、咄嗟に抑える。
今葛葉矜持を傷つければ、それはすなわち喜留夫を傷つけることになる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

716 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:39:09 ID:PiR9Q05g0 [11/26]

          /::::::::::::/ ̄     `丶、:::ヽ:::::::::::::ヽ_
.          /:::::/:: /            ヽ::::\:::::::::ュ 、ヽヽ
         /::::://    _  -―-  _     \:ヽ::::::.|    }
.      ┌,へj:::::イ    イ  ./     / 7, ヽ 、  ヽ::::::.|  |
      j /´〉:/  , イ | | _,.ム,     7ュ、'_|  } \  ! .|    |
        /  / (::イ´| 」イ / |i    / |/ 「ヽ ハ    `| .|   |
     /  Y:. i/  ,イ´| ハ.| !i  /≠-_ 」 / `ト、 .| 八.   |
     |  卜:::li ./ | x≦ミ八/  ."¨, ≧ミ、 | ヽ} |::: i  .,'
     |  |:::li   |〃 だヽ         |:::::::ヽ ヾ ./ .|:::::::i  ',        ……ところで、ご飯は?
     |  |:::|   《  b ゚::::}      P ゚ 。} 〃/  |:::/   ',
     |  |:::|!  从  ゝ:ン   i    ゝ=ン .//  }/:{     .Y
     |    八  |、             ,イ'   ,イ::: ハ    }
     |    /.:「\ .! ヽ     '⊃    イ|   i::::::| `   イ
.      |   }::::ヽ:::ヽゝ  |!>  、 __  <  ノ .!   ,'::::: |  /::::|
      .|   }::::::::::::::|  |{      ヽ==     |  /::::::::| /:::::::: |
      ,へ ..ノ::::::::::::::::|  .八            | ,イ:::::::::::',::::::::::::::ハ
     .i:::::::::,'::::::::::::::::,  /:::::ヽ           | |.|ヽ::::::::::',:::::::::/:::
      i::::::/:::::::::::::::/ /:::::::ィ::::\       イ .|.|::::\:::::::',::::/::::::
     ヽ/:::::::::::::::/ /''7  {::::::::::≧x---x≦::::l |.|::::::::::\:::V:::::::::





           ____
         /     \
       /         \       あ? そんなもん俺が作れるわけがねえだろうが。
      / (●) (●)    \
      | (トェェェェェェェェイ)    |      
      \ \ェェェェェ/   /
 ⊂ ヽ∩  >          \
  '、_ \|               |
     \ \      /  /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
こうして、仲魔たちと葛葉狂死の奇妙な同居生活とサマナー活動が始まった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

717 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:39:23 ID:PiR9Q05g0 [12/26]

    z''―――、
   //⌒`´⌒ヽ
  /_/   9  __ 9 ヽ、
/( i   (__人_) j)
|   ´jー―'´   `ー<}
|  /   (●)  (●) | |
i  {     トェェェェェェィ i |     ウッキー!
 、.\   ヽェェェェェノ ノノ
  >`ー――――‐´<、
 / ー―- .、__  r、 ヽ
=、____ノ    ヽ l/  /
〃 ,'    |      i l ,/
{{ l    ヽ    ノ |´
ヾ={       ̄ ̄   |
  |           |
  |  j´  ̄ ̄ ̄`i  ,!
   `‐´        `"´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
その頃、喜留夫はニホンザルに憑依させられていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

718 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:41:50 ID:PiR9Q05g0 [13/26]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

719 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:42:00 ID:PiR9Q05g0 [14/26]

                   _ ...‐─‐- .._
                   .ィ´            `ヽ.
              /  /         ヽ、 :.、
            /    ,'-──────-ヘ ハ
            ,'    /__________}  l
              i   l:i: i:/j/_|:/|  /_j人i: :|  |
               |   |:|: |イ{:::r:l`j/'{::r:}`}: :l  |
.             |   |:|i 八´ ̄     ̄`ムィ|  |         決めた。私、喜留夫が戻ってきたらお料理習う。
           |   |:|| 「:.、  ー ‐  .イ |:|  |
            |   l |:ヽ|:::_:>‐- -‐<::j,ノ |  |
            |   | | :l/ ゝ..___小_..ノl: l i |
            |   | l :|  、.        ,: |:ノ l |
             |   | ヽ|   i:..,:'´  ̄ ` ̄ `ヽ. l |
             |   | i :|   |/  〃  :ヽ.  ハl:|
              |   | | :|   |  :,'     ::.   人|
              |   | | :|__|_.:/::    :::..     \
              |  /jノ:ノ_,)ノ.:::.___.::i:::.___ ヽ、..
          .: :: ̄: : : : : :.:/_:ノ´::( _ヽ:::::/ _ )::::`ヽ.〉:: :.
         : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
          : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
カップラーメンで腹を膨らました一同は、葛葉狂死が「慣らし」として受けた
依頼をこなしに異界化したマンションの一室へと来ていた。

どうも悪霊が異界に居座り、住人が締め出しに遭っているらしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

720 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:42:40 ID:PiR9Q05g0 [15/26]

         ____
        /     \    r ⌒j
      /        \  /   /
     /  (○)  (○) \/   /   /  )
    |   (トェェェェェェェェイ)  /  /  /  /
    \   \ェェェェェ/  /   '` ´  /         あばよ。
     r´   (⌒'ー―- イ′     ´廴
    /     > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
   /         -、      }        (  ̄¨´
  /            ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
葛葉狂死は仲魔たちの力を使うまでもなく、悪霊たちを一掃した。

印を切ったと思えば、悪霊たちの体が紙へと変化していき、そこを一気に
火炎魔法で焼き払ったのだ。

「しかし、便利な時代になったもんだよな。依頼の仲介人なんざ消えて、
今じゃネットで依頼者とサマナーが直にやり取りできる。ピンハネもない。いいことだ」

そんなことをぼやきながら、葛葉狂死はその場に立ち尽くす仲魔たちを尻目に
その場を後にした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

721 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:44:59 ID:PiR9Q05g0 [16/26]

          /´}
        / /
      .i  〈
    / ̄ ̄\二ニ= ―― ― ―
   /
    { O   O   }--- ___n
   \トェェェイ /       }__}i三三三三三三三三>
      ̄、 ̄     ィ〈 ̄ ̄ l」          !  '
     /⌒ヽ    / 二ニ= ――  ― |    ’
      i  / Τ\    '.              |し/
      ‘--└'    \___, '.             `ヽて
              ` 。 \             }(__
                   _}  〉          ̄ ̄ ̄
                  {__/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
葛葉狂死は葛葉の名に恥じない、優秀なサマナーだった。
それから葛葉狂死はメシア教の調査と称して聞き込みを行ったり、
メシア教からの依頼を受けて依頼者に取り入り、その情報を引き出したりしていた。

戦闘においては喜留夫にはない機転と思考の回転の速さを見せ、
的確な指示を仲魔に出し、自身も「短刀は性に合わん」と太刀を持ち出し、
それを振るって怪力乱神の戦いぶりを見せた。

正直な話をすれば、喜留夫の数倍は強かった。

だが、非道さも喜留夫の数倍はあった。
敵の死体を盾に動揺を誘い、狙いは必ず致命傷、一般人への被害など微塵も
考えない。

彼の性質は、単純だった。
目的のためならば罪もない一般人であろうと殺す。
一般人を守ることが目的であろうと、千を守るためなら百を殺す。
普通の人間が切り捨てることを躊躇うものを、いとも容易く切り捨てる。
それが葛葉狂死という男だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

722 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:45:11 ID:PiR9Q05g0 [17/26]

     |\_____/|
    /ヾソ   王 ヽソ
  /ヾ   `(・)、 | ,(・)ヽ 
/ヾ^ ミ(   ヾフ   )彡
|三= ィ―'`y―'´`ーy<}
|  /   (●)  (●) | |       ニャーン!
i≡{     トェェェェェェィ i |
 、.\   ヽェェェェェノ ノノ
  >` 三―――三´<、
 / ー―- .、  -==r、 ヽ
 `_||_||_ノミー、   l/ ミ/
  ,' ̄  シ    ャ, ̄l ,/
  l三=‐z     z-=川´
ZZ{___ z    z __|
  | ̄_≧__.≦  |
  し´       `、_,!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
その頃、喜留夫は猫の肉体に憑依させられていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

723 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:45:24 ID:PiR9Q05g0 [18/26]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

724 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:47:27 ID:PiR9Q05g0 [19/26]

               __
.───┐      / ...::::::..\
 ̄ ̄ ̄| |     /   ...::::::::::.\       ったく、天下の雷堂が今じゃメシア教の小間使いか。
      | |    ( ●)   ...::::::::::.\
      | |   ェェェェイ)   ...:::::::::::::: |      世も末だぜ。
      | |.   \ェ/ .....::::::::::::::::::/
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |
_l_____| /      |_|   |_|
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「そろそろ満足したかしら? 喜留夫を返してほしいんだけど」

一週間が経過した後、メイヴは仲魔たちを代表して葛葉狂死に直談判した。

「くく、お前ら、前のサマナーより俺の方が強いって分かっただろ?
どうだ、このまま俺の仲魔にならねえか」

「お断りするわ。私たちの主は喜留夫ただ一人。それは決して違わぬ契約よ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

725 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:47:37 ID:PiR9Q05g0 [20/26]

        ____
      /     \
     /         \
   /    (●) (●) \        いいだろう。ただし一つ、条件がある。
   |   (トェェェェェェェェイ)  |
    \  \ェェェェェ/ /        「なに?」
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )          葛葉雷堂に会わせろ。
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ

726 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:47:59 ID:PiR9Q05g0 [21/26]

                /
                  ィ/      _
              /::/  ,...ィ  ̄
                i::::レィ":::::/ニニ::=..-...._
      __,,..ィ::ニ:ミY.}:::::::/:::::::,.x::^Y:ヽ::::::::::=ニ、
       ̄ ̄ >=-:::: ヽ/,..ィ":::::/::::/:ー..、:::::::::::::::`ー- _
      ,.イ:":::::::::::::::,...ィ::´::::: : /:::::: /:::::::::::i!:::::::::::::\ ̄ ̄
       /:::::::::::/:::::::::: : /::::::::: /::::::::::::::|:::::::\:::::::ヽ
      /::::::: : /:::::::::: : /::::::::::::::/:::::::::::::/:|:::::::::::ハ:::::ハ
    ,.イ::::::::::./:::::::::::::::〃::::::::::::::: /:::::::::::::/::::!::::::::::::::ハ::::ハ
  _,イ-=イ::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::: /:::::::::::::/:::/}::::::::::::::::::::V:::::ト、
       /:::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::〃:::::::::::::/|: /',ィ!::::::::::::::::::::i:::: | ̄
.     /イ::/::::::::: ̄≧ミ;、::::イ::::::::::::::≠≦_ |::::::::::::::: : |: : |
      /:ィ::::::::::::/ 不示ミ=ー::::::::/ ̄Y:r尓ケ!:::::::::::i::::ハ::::|
.     /ハ!::::::::://ゝ_辷ソ/::::/ / ゞニz斗|:::::::, イ/ iハ|        ……お前は誰だ。
         |::::: // ,,,,,, ̄ ./:.イ.  /    ̄ ,,,,,,,レ/   //
         レイ .{ハ   ./ ./           , /ハ!
           ,     ヽ;,            i::::::/
           ヽ              ,.イ:::/
               \   ´ ̄ ̄`  ヽ/ .<:..|:/
                 \    ̄   / >´  |フ}、
              ハ >、     ,.ィ    /: :∧
             /: : :}  ー-"     /: : : :∧
             //: : : ハ           /: : : : : :/7
            }: :ィ: :|        /: : : : :.::.:://
            | ̄..^|       | ̄}}: : : : :.//
               |}ヽ    ーイ  ヾ: : :.//


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ウルフウッドの計らいで、葛葉雷堂と人払いの結界が張られた神社の境内で
落ち合う。

葛葉雷堂は、一目で喜留夫が葛葉狂死であると看破した。
すぐさまスカアハとフェンリルを召喚し、短刀を構える。

「葛葉狂死。元葛葉のゴミ処理係だ。どうだい雷堂様、メシア教の御膝元の居心地は?
俺は外道だが、葛葉の使命だけは最後まで忘れなかった。
魔を討ち人を生かす。百を生かす為に千を殺す。それが俺たち
デビルサマナー、葛葉の召喚師だったはずだ。お前はどうだ?
日の本の守護者の任から解放された気分はどうだ? え? 十六代目様よ。
その剣に葛葉の矜持はあるのか?」

「……黙れ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

727 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:48:23 ID:PiR9Q05g0 [22/26]

              ∠二_ヽ
             l´>,へ`lト
            ,/ /:::.::|ラ ',
           /  ./:.::.::.| | ',
         /;   /.::.:::.::| |  ',. ____
        ./::::::':;..  i'::.:...::.::| | /      \
        /'::;:::::::::::'::,l!.:::.:::.:..:l! /.( ●)  (●)\        言葉は不要ってか。じゃ、抜きな。
       ;!  '::;::::::::::::l:.:.:....:...:.l!. :.(トェェェェェェェェイ)....\
       l.   ''::;;/\:.::.:..:.:.i!. \ェェェェェ/   |       葛葉の使命を忘れた男のお手並みを見せてもらおうじゃねえか。
        |:.:..  /   \:::.:.:.:!.           /
       :!::::./      . \::.::゙:、    /   i
        ゙く          \:.:.゙:、 (⌒)   ./
      .   ` 、          \::゙:.、ノ ~.レ-r┐
            `゙ ‐-  .,,__   _,,.>__ | .| ト、
                    ̄〈 ̄   `-Lλ_レ
                       ̄`ー‐---‐





                             \、ト、
                          ヽ乂_ノ::}:::〉、__ノ{
                        __ ノ:::::::::::::::/::::::::⌒ヽ
                     ー‐ァチ:::::::::::::::::::::::::::::::::⌒≧x
                      /::/::::/::::::::::::::::::::::::::::く⌒
                          /:::::/:::::::/:::::: /:::::::::/:::::::::::::::\
                   _「_\ /:::::::/:::/::/:::::::::/::::|:::::::::::::l「`
                 ┌¬,’ '尓::/:::イ::/::::::/}八トヘ::::::::|
                ┌ _⌒    犲l  /:: イ 弋zソ :|:从ァ〟, _           ……確かに俺は歴代でも最悪の
              _ =ニ气      {ム.    |:  ` ̄ ,リ_ノ    / "'' ァ〟,
              , 气ョ_㍉从_   /≧- _  i:.   メ /l         ノ   i     雷堂だろうさ。だが、それでも……
           , l| l  ,lx '′x个=ゥ'/    丁T ┬ ∠ノ /    // ≦、  |
        , l| l  , r'′ ,x仝く 〈 l   ,x<二>    丁T =≦仝=≦、⌒ l|      俺には護るべき人々がいる。
     , l| l  , r'′  ,x仝ェ__   从r≦──‐く           ̄ミ 、 \  ll
    /l  , r'′  ,xく    __  /  r' ̄「 ̄´              〕   ll      場所が変わろうと、上が変わろうと、
     |, '′  ,xく __    __≧rf   ノ/´{⌒}__                 〃
       ,xく( ___≧=干 ̄  从 /  / ̄  ]〕lト ,,           イ        護るべきものは決して変わらん!
      / x=干 ̄         {  \イ厂       「       〕lト--=====彡ll
        ||                \ 少'll      \\           ll         去ね、古き者!
        ll                \ |l          冫 丶         ll
      从_         ○ ○__,八           〉li|            ll
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    人\          li|:           ll
                     /  \         ,/i|         ||

728 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:49:07 ID:PiR9Q05g0 [23/26]

                    /               丶_
                   /     . . . . . . . . . .       ヽ_
                  /  . : : : : : : : : :_:_:_:_:_:_:_:_: : . . .       ヽ
               / . . : : : : : 。s≦ニニニニニ≧s。: : : . .    ヽ
.              / : : : : : rニニニニニニニニニニ≧s。: : : .   ヽ.
            / : : : : : /ニニニr-─────<ニニニ≧: : : : : .   - _
              〈  : : : :./ニ/:i!     {!:.:.:.:.:.:.:|ヽ:.:.:.:.>。ニニ]: : : : : : :. /
           \ : : :.|/i}:.:.|    .|:.:.!:._i|__.ヽ;|:.:.i!:.:.:>ニi!: : : : : : /
             \ : : 〉:.:i!:._i!-‐‐  ∨!:.:.:.:_!_  ヽ`:|:.:.:.:i}ヽ|: : : : :. /
              \i!:.:.:!ハ:|   ‐- .∨:.:.:.:| ,..zz_V:|:.:.:.|!:.:.:ヽ: : : /
                    |ハ:.:.!.i!、yz==x ヽ|:.イら゚v テゞ:.:.:/.:.:.:.:.:.ゝ,´
                /i!∧:.,.く乂゚v_j 、_{N `¨ ´ .ii:.:./!エ}、:.:.:.:.:.:.≧=-イ_        お話は終わりかしら?
            、__ /:.:.〉:∧:.,!!    _ノ⌒乂_ _ .´|:/:.|:.:.:.:.:|≧=-―― ´
.          ≧s。:.:.:.>.イi!}ゝ`:. ー ´  ′     /:.:.:|:.:.:.:.:|                それでは、我が召喚師を侮辱した報い、
             ̄  ./:.:.:|!:.:.:|:.:ゝ    ー-  ´   .イ{:.:.:.|:.:.:.:.:.,
           /⌒ー==-:}:!:.:.!-/´≧s。_   </}:.:!:.:..i!.:.:.:.:.:.,                受けていただくとしましょう。
     /⌒> ´. : ::|     /:.:!:.:|/ /:i:/i:i:‐-┐Y¨二iト、:.:.:.ト、:.:.:.:.:.,
  _>´      丶. :!    ./:.:.:|:./ /|:i:i:i:i:i:i:ゝ !.//_ノ∧|:.:./、:.:.:.:.:.:.:.,
/     \ \ ∨i!   /:.:.:.:i/ |..|:i:i:i:i:i:ir‐‐‐‐‐┐:i:,i!:.:| ≧s。_:.,
 ‐- ..._     \.ヽ∨  ./:.:.:/|  |..ト:i:i:i:i:i:}|三三] !:i:i:}:.:.!       .〉.,
     ¨ー ..._   ー丶 /:.:./ ∧ !..∨-‐´ ̄ ̄ ̄´ヽ:iハ:.:i      /:.:.:.,
: : : : : :__,   ≧‐- ∨:.:/   ヽ|....>⌒>|   | ヽ  >}:.:.,    イ:.:.:.:.:.:.,
、, ≦     /:.:.:.:.:.:.|/:.:/       |<  ./ーs_ノ⌒y´ ヽ:.:.:,/ /:.:.:.:.:.:.:.:.,
、.      /:.:.:.:.:./:.i.:.:/ / .    |...ヽ//⌒)|/  厂)_ノヽ:.:.,  iト、:.:.:.:.:.:.:.:.,
/    .__/:.:.:.:.:./:.:/:{:.:r i!     !.............ヽ`ー―´⌒´∧ ゝ:.:.:.,イ:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.,
ヽ _/.:.:.:.:.:.::/:.:.:.イ:人:.{ |       ∨............丶i:|||:i:i:i:i:i:/.....}☆.、:.:.丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
 ∨:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.|:{:|个ヽ:.      ∨.............|i:川:i:i:/........<_ノ个、:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧i! ./:}: : : .     .∨...........ト-.<................|  i|:.:.:\:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
イト、=‐ ___,  ィ⌒¬ノ | ´ ヽ: : : : : : : : :∨................................./  |:.:.:.:.:.):.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.,

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
それから、葛葉狂死と葛葉雷堂の戦いは優に五時間を超えた。
二体の強大な悪魔を以ってしても、葛葉狂死倒すには至らず、
またその尋常ならざる強さでも、狂死が雷堂を打ち倒すことはできなかった。

これが葛葉のサマナー。
隣で見ていたメイヴはただただ唖然とするばかりだった。

平安から続く日の本の守護者は伊達ではなかった。
喜留夫が一蹴に伏されたのも納得が行く。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

729 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:52:38 ID:PiR9Q05g0 [24/26]

            ,  '´ ,. 、
            '      ゙!
            /,       j}
        ,. --//     〃 ,、、
    /_      ヽ    //イ  ゝ                ぐっは!
   /ェ  ェr       l/ //  人「   ⌒i;
   /{ェ ェ/     /  / ィ´       !|
   i ヽェ/ ....::.      _,ノ‐-、、 厂了 ,!リ
  !  ..:::::::::::::::.          `く   ノ //,
   `ー-r-、:::::               i/ イ//
    _/ _,.ゞ           `ヾ//
    `ヽ''´   \          // ┐
          \      //"-‐、|
            ` ー≠ィ彡彡"
       丶、_ ,,..-=_彡'"





::::::::::::::::/..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
:::::::::::::/..:..:.彡ヒ7 フ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
::::::::::/!..:..i / Y/../==¨ ̄下三ミメ}iii{_ > .\
:::::::/:::|..:..| ヽ /イ      {i! γ=≠≦_..:..:..:..:.\
::::/::::::|7::j  ij     彡ィ 人 ( ・c)Ⅶ_.<..:..:..:..\
::;':::::::::|..:{  /       i./  ヾ="x..:..:_,..:..:..:..:..:..:..:..:\
: :::::::::;'..:.77      u       >,.ィ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.. \
::::::::::;'.. //        u     /.:..:..:..:..:_;..:ニ=≠ :..:. : :.. \
: : :::;',イ /  u    _     〃  ̄ ̄下ミ ,≧´..:..:._.-=ニ::癶            くっ……
:: :::;'  ,'              ....::::: / /≧テメ≦≧x彡ニ ヲ::\
:::::从 ,'     ..:_ -―、   .:}   /:: / .爪 ( ・c) く ̄ ヾУ:..:..:. \
::∧ }!     <_ーミメ \   ,,ィ<_ノ    ヾ;、ー''  }》 ./..:..:..:..:./..:..\
:::::::} :||       ヽ .\\\   ̄       __ミ=="/..:..:..:..:..:;..'..:..:..:./ \
:::::::| :||       ヽ \ \\\       u 彡ハ /..:_..:..:..:..:,.:'..:..:..:..:/}::.:.::.
:::::::|:从        \ \ \У ノ   u    -=≦イ /..:..:.,ィ..:..:..:..:〃 リ..:..:.
:::: //.∧          ,ヽィ'         , .<イ .ィ..:..://..:..:../  ,'..:..:..
::://./ .ゝ            u    _,.<_ェ.イ/../ ,'..:../   /..:./
: |.| :|    > .      _ , .   <  /   -=彡″ /./.    /./

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
両者が膝を突いたのは、ほぼ同時だった。
互いに血まみれになり、最早余力が残っているようには見えなかった。

「雷堂っ!」

スカアハが雷堂に駆け寄るが、スカアハ自身も決して軽くはない傷を負っており、
その足取りは確かではなかった。

「げほっ……今回はここまでにしておいてやる。
だがな、忘れんなよ小僧。お前の誇りは欠けている。いつかそれを砕く奴が
現れる。その日まで、精々研鑽を忘れんことだ」

葛葉狂死はそう吐き捨て、葛葉雷堂に背を向けた。
ぼろぼろになった葛葉狂死に肩を貸す。

「勘違いしないことね」

「はっ、勘違いしようがあるかよ。とにかく、これでこの体で俺のやれることは終わった。
後はお前らの好きにするんだな。あばよ、一時とはいえ誉れある葛葉のサマナー
の仲魔だった女」

息も絶え絶えに言い切ったと思えば、葛葉狂死は脱力し、メイヴに寄り掛かってきた。
既に、葛葉矜持の魂はそこにはいなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

730 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:52:52 ID:PiR9Q05g0 [25/26]

       
        iiiiiiii
     ___]|||{__
   /   ∨  ヽ
  /   ヾフ__ヾフヽ
/     (___)  丶
|    __,-―'´   `ー< .}
|  /   (●)  (●) | |
i  {     トェェェェェェィ i |       コッケー!
 、.\   ヽェェェェェノ ノノ
  >>ー――――‐´<、
 / ー― <      r ヽ
ノ       )     l   /
{ ソソソソソ/''´     l ,/|
≧、ソ/          | ソソj
三¨{            |_/
 ヾ|           |
  ヽ   ____ ノ
    ヾソ ̄ ̄´ヾソ
     kチ    kチ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
その頃、喜留夫は鶏になっていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

731 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/08/01(水) 22:53:03 ID:PiR9Q05g0 [26/26]

~その後~
            ____   _____
           /      \/        \       ‐-、
     、-‐   / u              u  \   ___,ノ-、
   、- !、,__/(@ )ilil(@ )  彡 u ( @)ilil( @)ヽ    ___,ノ      なんで!? なんで事務所がこんな汚れてんの!?
   !、,___ lu (トェェェェェェェェイ      (トェェェェェェェェイ |
        \ !!il|!|!l|!!ii|i  u彡    !!il|!|!l|!!ii|iu/             それにカップ麺まみれだし! ひっでえ!
         / ヽェェェェェ/          ヽェェェェェ/ ヽ
                                         ~また次回~


732 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/08/01(水) 22:57:01 ID:4WyglO8w0
乙でした。
キル夫は災難だったなぁw
でもなるほどなぁ、とも思わされる回だった。

733 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/08/01(水) 23:15:10 ID:EL7dXfC.0
おつおつ

734 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/08/02(木) 00:24:40 ID:TtdPKYpU0
おつおつ
葛葉最低ですよ!

735 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/08/02(木) 01:04:10 ID:frjwJ8rQ0
キル夫はけだものフレンズなのか

736 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/08/02(木) 01:43:05 ID:EzWdTu9.0

ライドウと互角!?と思ったが十四代目じゃないライドウだったな


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/08/02 19:29 ] 【R-18】雇われサマナーキル夫 | TB(-) | CM(1)
葛葉狂死(クズノハキョウジ) 初出は「真・女神転生デビルサマナー」
ある悪魔との戦闘でデビサマ主人公と魂が入れ替わってしまい、その後魂のみで肉体を代わる代わる乗り移れるようになる。ちなみに魂が入れ替わるところまでキョウジの策略の一環。ペルソナ2、ソウルハッカーズにも他者の肉体を乗っ取って登場。ライドウシリーズでは初代が登場。
『狂死』とは葛葉四天王の分家が継承する名で、言わば葛葉四天王番外。国家鎮護の要である四天王は大を守るために小を切り捨てる非常の決断を迫られることがあるが、
キョウジは代々そこらへんの感覚がぶっ壊れている。生贄の儀式を阻止するために生贄を皆殺しにしたり、ターゲット暗殺のために無関係の人を平気で巻き込む等。
客観的には「邪悪なダークサマナー」のお手本のような男だが、一応鎮護の一族葛葉のプライドはあるのかその行動は国を守ることにつながっている。
キョウジは四天王よりも霊力で劣るとされるが、初代は14代目と肩を並べられるレベルの猛者。
[ 2018/08/03 00:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する