クリックで開閉

【R-18】雇われサマナーキル夫 第十二話「デジタル・デビル・バケーション!」

607 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:15:13 ID:vs7rMPQI0 [4/34]

┌───────────────────────┐
│                                  │
│   第十二話「デジタル・デビル・バケーション!」  .....│
│                                  │
└───────────────────────┘

608 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:15:27 ID:vs7rMPQI0 [5/34]

         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\
     /u (トェェェェェェェェイ)  \      ファッキンホット!
     |   ヽ!!il|!|!l|!!ii|i/. u |
     \u  ヽェェェェェ/   /
     /            ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
猛暑だった。

事務所のクーラーが壊れて以降、加賀家は地獄と化していた。

「暑いわねえ……」

「暑いー……溶けるー……」

「誰だ俺の氷練乳食ったのはオラァ!」

仲魔の面々もソファの上やカーペットの上でぐったりしていた。
神の炎という側面を持つゆえか、セラフだけは比較的元気だったが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



スポンサードリンク


609 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/19(木) 21:17:13 ID:gmNTTv9s0 [1/4]
かき氷のほうが体温下がる気がするから

610 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:18:49 ID:vs7rMPQI0 [6/34]

                 __,,. -‐…‐-  .,
.            . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
.          /:::;: -‐…━‐- ミh;:::::::::::::::::::::\
.         /:::/          `、::::::::::::::::::::丶
          j:::/ /⌒¨¬=‐,、- ミ  ';::::::::::::::::::::::::: ,
.         l:::}'′,/l    , _/_ \ 、 \}::::::::::::::::::::::::::′
       |:/ ,斗+ / /jノ __ ̄Ⅵl  }:::::::::::::::::::::::::|
        j'/ /{_j//   ィ芹圷刈 八::::::::::::::::::::::::|
.         i|k犲苅     ビン 1   ;::::::::::::::::::::::::|
.         || l { ヒン        |/  i::::::::::::::::::::::::|         はい、喜留夫!
.         ;^l人}  ′       厶 |::::::::::::::::::::::{ 
.       { 、 八   ー '′     | ;  |::::::::::::::::::::::::::.,        「おお、すまねえなあ」
           `、 个: .    ,.  _」′/|i::::::::::::::::::::::::::|
            }V/ ; `¨fiチz ̄::::::}   八::::::、:::::::::::::::|
            }};′ ;   r{{)=-‐  7 / \_、:\::::::::::::|
            /:} ,.厶イ⌒V   ;′ ; /⌒\::::';::::::::::.,
        /::::; }  { じ }}   ,.|  {::::;::::::::::::ト、 :::::::::::′
          /::::/ 仄 人 人 彡1:.  |;/:::::::::::::|:i`、::::::::::::,
.         /::::/  ′≧=-‐≦ ::::::}i:  |i:::::::::::::::|:i:i:i`、 :::::::′
       ;:::::; i|:::::::::::::::::::::::::::::从  |!::::::::::::::|:i:i:i:i:i`、::::::::,
       {:::{ ∧|::::::::::::::::::::::::::::::{::::\l:::::::::::::::|:i:i:i:i:i:i:i:\::{

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
セラフが台所から冷却ジェルの枕を持ってきて、皆に配っていた。
満面の笑顔で冷たい枕が渡される。

「あまり気を遣わなくてもいいんだぞ」

「ううん、みんなよりは元気だから」

そう言うと、セラフは台所に戻っていった。

「お飲み物持ってくる!熱中症だっけ、それになっちゃうよ!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

611 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:23:29 ID:vs7rMPQI0 [7/34]

                    _ __
               __,, ィ' ´     ``廻},
              i薔}==彳        ヽ,
            r'´ ィ  ,     、    u  l i
            l l l  i   、  i、     / ノj
           l   l  i l i l\__l マ__rノ!ノ!/ j
            l  l  l  i、 l  __     __  !i l
             l /  l i l  {薔、}   {◎}l ヘj
            /   >! l   ゙゙゙     ゙゙゙゙ノ
           / i  / !lヘ、_ι ニニコ _.ul'        どこか……どこかに行きましょう。
           / /i /   i ir-、'r > ̄フ ! l l
          l / ir, l    i''ク、_フ_ノ⌒i l l l        私たちは悪魔だから死にはしないけど、あなたが心配だわ。
          l l li ll    l 7__i   l l/l l
          l l  l  ノ  lf、'  -ュ-! l リ        「お前らだって苦しそうじゃねえか。とにかく、ここにはいられねえな」
          l l  l  U l_/_/ i_i i-}  l
           ~ l     l~i-~fイ'  l
            l     l i l  X l   l
            l     l i__l X l  u l
     __, -‐  ̄/     l  l r ン     l
    {'___ノ          ノ_  ` ′   !
   ---′ ̄ ̄ ``` 、__ i'´   ̄ ̄-==-′

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
スマートフォンを取り出し、当てもなく検索をかける。
やはり、海だろうか。

そう呟くと、「海!」とパイモンが跳び起きた。

「海だよ海! 海行こうよ! 僕人間界の海見てみたい!」

「あー……魔界の海ってどんなんだ?」

「紫色でめっちゃ荒れてる!」

「やだなあ、それ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

612 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:24:56 ID:vs7rMPQI0 [8/34]

i////lフ´                     /////
i//l<                       ////
//j/     ,/     / // /   .       /////
/l/ /  ./ /./ /}/}/! ′  ./ /    /////
:l从/ ./ / /}}/⌒\ |l/    ′ ' ./ ///|/////
ムl∧/  /∧/  〈  ● }}/   /}/}/ / //////////
///l| (⌒{ ′   ミ三ニ彡   ,ィ⌒ヽ!/ ///////////
///l|  \|//!    ,/ // ミ ● }////////////        水着あんの……?
///从 /j|/∧  ./{{ - _,/j/`≧彡イ}//////////
///l/{ {/|//∧ /   _ ,}}/  ,//////////////        「行き際に買えばいいだろ。とにかく、修理まであと二日ある。
////八リ∧///! ∠二¨¨マ |//////////////////
///⌒\/\/  、 _ ̄`.///////////////////         それまで休業だ」
厂}      \/\    ̄〆///////////////////
  |::.       \ ≧==彡/////////////////////
//|::::.   {⌒\`ー=≦{__ ///////////////////
//|:::::::::. 八 \}=七{⌒¨ \//////////////////





.  ,′.:::::::;;;;!'    i  i l!| ハ_       i__    i  ゚.  ‘,:::;;;;;;;;;;;;; |
  i! .:::::::;;;;;,′  /!i ルィ´! ゚.`       、 l i``ヽ. ! i i  ゚:::;;;;;;;;;;;;;;┃
 ┃::::::;;;;;;;! ,' ,  i jィ´!,'ハ .! ヽ.、     ヾト.、   `ト、! l  .!:;;;;;;;;;;;;;;┃
 ┃:::::;;;;;;;l i ! ,l' !i .!{ ゚. !  ヾ.、     ! ヾ、  l! iヽi i |:;;;;;;;;;;;;;;┃
 ┃:::::;;;;;;;! ! レ i !l l !-‐マ、   ヾ、  -‐l―ヾ、  i! ! lト、l ,!:;;;;;;;;;;;;;┃
 ┃:::::;;;;;;;! ! | ! l!彡==ミ、   ヽ\  ,テ==ミ、ハ! リ ,゙゚/|:;;;;;;;;;;;;;┃        はい、お飲み物。
 ┃::::;;;;;;;;l l i ゙、 !,ィ/ ,イ⌒ヽ     ` `ヽ! f⌒ヽ. ヾ:、! , ,' .|:;;;;;;;;;;;;;┃
 ┃:::;;;;;;;;ハ ! ! 〈;;{  {_:::o。::l!         l!::o:::::゙, };;〉,'i ,l:;;;;;;;;;;;;;|        「ああ、セラフ。これ飲み終わったら海行こうぜ」
 ┃:::;;;;;;;;::゚. 、ヾ ミト` マ:::::゚::c            r'::::゚::c' イ'〃,' /j:;;;;;;;;;;;;;八
  | :::;;;;;;;;::;;;i. .、 ヾトヽ `ー″          `ー ″/イ'i/ 〃|:;;;;;;;;;;;;;;;;ム        海? 私も行っていいの?
 ノ.:::;;;;;;;;::;;;;!ト. i、ヾ\         ,       イ,' 〃 {il!.!:;;;;;;;;;;;;;;;;;ム
イ.::::;;;;;;;;:::;;;;;!jム iヾ、\ミ .       _      .′リ {! lハ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ム       「もちろんだ」
:::::::;;;;;;;::::;;;;/∧ヾト、ヽトヽ >. ..    . .イ   |l! l! 〃ヾ};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ム
::::::;;;;;;;:::;;;;,':::;;;;ヾ|!ヾ. l!i`\  ゙> . エ . <´    |l! |! ll/;;;‘,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ム

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「だって私、あんなに暴れて、喜留夫とかメイヴとかに痛い思い一杯させたよ?
悪い子は楽しい場所には行っちゃいけないんじゃないの?」

「そんなことねえって。全然痛くなかったしな。行こうぜ、海」

「……うんっ」

一瞬曇ったセラフの表情が晴れ、こちらの気持ちまで明るくなるようだった。

こうして、喜留夫一行の旅行が始まった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

613 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:25:33 ID:vs7rMPQI0 [9/34]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

614 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:28:35 ID:vs7rMPQI0 [10/34]

   {   i   ′     {f^   :  !    !  i  i :!.i | i i:  i! !
   {  i :|   :|    _j  乂__  :! :    :!  ! :|: !:| ! !:| i| i
.  八  :!|  :!   {f  i  |:⌒ヾi :l   i  l斗‐==≡ニ二  ̄
   ハ !|  :!   {{   :! :|  }} :|i   :!  :l  l !:|/イ从}/Ni{ i
.    } :| :!   :!   乂  ! :| .≠イ  !:  | :! 从 -‐笊才え≦_,
   , } :| :!   :!  {{ :i  :| .イfr「⌒ー=ミル:从ハ! イハ ィイfr:.:.:.:.と{ 7/,     私たちも選んでくるから、あなたたちも買ってきなさい?
  /,.:} :|八:  |   :八乂_刈ル,.ノ rfゥ^}  }ハ/ ) }/ ^弋v辷才斗 {/
イ ィ  } :|ハ ヽ:!     :\乂_人}气ぇソ__ノ 「       ´ ̄    乂     「おい待て、パイモンはこっち側だろ」
 ノ  , . !{ } リ ! ⌒ヾ ∧ :} 乂r-<⌒Y            f´/ /
.   / , i /イ: , /i  :i   八____廴_彡^   :           八{  {     細かいことは気にしちゃだめよ。
  / /: i  // :i  从ハ八(___  -‐=ミ    ` ゙        }乂:{
. / //i | : //  | //:ハ∧ :ト、 ̄   (イ__) 、__,,.. ィ       从ハ
 ′ ′:| //.   : /   } ∧ :\         ̄      .ィ"/ ハ {
     八 ′  :|:/    :} : ∧( ≫            イ 乂 ノ 八
:{  i{  ハ:   /     } i ハ}ノ  ⌒ヽf⌒77r-く⌒V「{ {{ (( {

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
レンタカーで駅前のデパートに寄り、男性陣と女性陣で分かれて買い物をした。

「レジには私が持って行くわ。柄や形は海についてのお楽しみよ」

なるほど、我が仲魔ながら粋な計らいをしてくれる。
ヨシツネを肘で小突くと、鼻をほじくりながら「あの雷堂の仲魔のスカアハみてえに
ないすばでぇがいるならまだしもよ、ちんちくりんしかいねえじゃんこの一行。
ちんちくりん大会じゃん」などと漏らすので、危うく旅行の出だしで死人が出る
ところだった。

ヨシツネよ、お前は知らないだろうが、メイヴは着やせするタイプなのだ。
それを教えるつもりもないが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

615 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:29:26 ID:vs7rMPQI0 [11/34]

                   _, -; ァ=ー-, ,、
                   //////_//////`ヽ
                 ///> ´   ` <//,ヘ
                    j//´ , <⌒> 、 `∨∧
                /i/イ: |: :l :l: : : :,:ィ `ヽ}/∧
                  //| l /l /Ⅵ: : :/ _レv i: l///〉
                  ∨| l! レサミ`ヽ/´テミⅥ l///
                    }Ⅵ:代_:ソ    廴ソ'}: l//,|           わあ、紐が一杯ついてるよ、メイヴ。
                  }/V弋     '     ,イl: l'//|
                  }/∧:ト>, 冖 ィ: l/: l//,ハ           「そういうのはまだ早いわね。こっちはどう?」
                    }//ハ|-‐^ 干 ´ヽl: /:l'//∧
                   ,'///}:r===xレ==x{ ト、l //∧          あ、かわいい……
               /////{三二ミ|三ニミ{:И}:V//∧
                 /////!:ハr‐ヘ,ィ'⌒ヽ八iリ:.:V///ヽ
             /////:/{//ヽ//ト -イ//,}:.:.:.:.V////\
               /////.:;':.:辷//_/メヽ//_/イ:.:.:.:.:.l///////ヽ
           ////イ:.:.l:.:.:.}///////////〈:.:.:.:.:.:.}/////////\
             /////,l:.:.:l:.:.ノ////////////ヽ.:.:.:.;'////////////ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「褌ねーのかよ、褌」

「絶対嫌だわ、並んで歩くのも嫌だわ」

ヨシツネと共に味気ない男の水着選びを済ませた後で、集合場所で待っていると、
上機嫌そうに女性陣が戻ってきた。中に女性と呼んでいいのか分からない奴も
混ざってはいるが、一応女性陣ということにしておこう。

「ふふーん、僕、今回のチョイスには自信あるなー。惚れないでよ?」

パイモンがウィンクしてくるので、目を逸らす。
流石にパイモンに恋愛感情を抱くほど業は深くない。
メイヴがいるいない以前の問題だ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

616 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:33:15 ID:vs7rMPQI0 [12/34]

                          ___
                       ,斗≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧.x
                   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>=ミ、
                  イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ニイ_{:iヾ\
                 /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〈ニ/}ニ{:i:≧=、
                    /:i:i:i|:i:i:Ⅵ:i:i:i:iⅥ:斗=≦:iⅥ:}ニ{Ⅵ:iノ∧
                / {:i:i:i{:i:i,斗:i:i:i:∧\:i:iⅥ:i:iⅥニl. Ⅵ:i:i:∧
                  / /{:i:i:i爪:i:i{\:i:i:i∧ _斗示ミ:l,弐 Ⅵ:i:i:∧
              / / .|:i:i:i:i:i:Ⅳ竺_\:i∧ / r 刋ソ:i:i:i:} {:i:i:i:i:∧            いざ、でっぱつー!
               / /  !:i:i:i:i:i爪V心 \:i:. ゞ-' }:i:i:i:| {:i:i:i:i:i:iヽ
             , ,   .{:i:i:i:i:i:i:i:ヽゞ''    ヾ    .}:i:i:i:| {:i:i:iⅥ∧            「おー」
                l{ .l{  {:i:i:i:i:i:i:圦    `_   ┐  八:i:i}ノ从:i:i}:i:i∧
    r 、  r 、    l{ .l{. 八:i:i:i:i:i:i:i:i\   、 ノ /}:i:i:/:i:}:i:i}:i:i}:i:i/:ハ           
      ヽ‘, :.      .{{ .{{.   \:i:i:iⅥ:i:i:i≧s  _//}:i:i:{:i:/}:i/リ7:i:/}i;ハ
      ',   } .}  - 乂乂    `¨Y≧Ⅵ:i从:ハr彡 .|:i:iハ={'{_,彡' }∧            
     へ ゝ { / /         }:i:i} Ⅵ从ヽ {  /.|:i:i:ニニニ}.      ',
.      {--、}  ノ' {          }:Ⅳ Xニ /r'     .}:/ニニニ;         ',
     八 ヽノ-v  ノ          }://ニニ/ ,j   ./}'ニニニ; :{      ',
      \_  -=≦ヽ          /ニニニニ.{ f _r≦ニニニニニニ:{八     \ ',
     _ ≦     {       /ニニニニ/ニニニニニニニニニニニ_ \    /7
     { 。/      へ     / }ニニ/ニニニニニニニニニニニニニ=_ ∧ =彡  {
     {      ≦ノ   r≦    }ニニニ} oニニニ oニニニニニニニニ=_/:i:i\     }

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
車に荷物を載せ、海へと向かって出発する。
選んだ車は大容量のワンボックスカーだったので、五人がすっぽり収まった。
運転席には喜留夫、助手席にはメイヴ、後ろにはパイモンとヨシツネが
セラフを挟む形で座っていた。

高校を中退した後、免許を取っておいて正解だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

617 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:33:33 ID:vs7rMPQI0 [13/34]

                -,ヘ‐/:丶、
              /:/:/ : : : : \:.\ 、__
           /7 ア/: :/ : : : : : : : 丶:.\ |7           n .,7 /7
         _,〈 / }: : : ,: : : |: : : : : : : :ヽ: :',ヽ          | |,ル'/, フ        ふふん、こんなこともあろうかと、
        <ア/}/: : : :{.: : :.|: : : :.l\: l: :',: :',.、ヽ      r 、|    /
          ./ : : /: : : : 从匕: : : :.匕⌒: : l : |: :Y       ヽヾ- ` {          トランプとかウノとか色々持ってきたんだー。
        /: : : :|: : l: : {,ィ苳ミ \ | ィ苳ァリ : }: : :.         丶 ` ノ
        /:/ : l\∧: ゞVソ   、 り }: |:./ : }、:.       {ー─}           セラフ、やろっ?
         {;' {<^¨^~、`^ゝ、        ノ:./': : : } ',}        'ー─l
         | {く_   r'   7 ヽ ノ /: : : }^ソ- 、l      /- 、 |
         |   `ヽ<    >ー‐'7乂:.イ z‐ミ }     厶=ミ.、 }
         |     \    ミニニ〈: : :ノ    `ー、__/_  ゙v
           〉      ※。 ミ´ ̄〈: : )          /ニニニヽノ
            〈         ノ ゚`''*。(: : )※    /ニニ丶ニニ}

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
高速道路に移り、御幡市を出る。

社内ではパイモンたちがカードで盛り上がっていた。

パイモンは堕天使なので、大天使であるセラフとは相性が悪いかと思ったが、
そうでもなかった。むしろ仲が良いように思える。

まあ、パイモンなので大丈夫なのだろうが。
これだけ頭が空っぽなら、種族間の敵対など気にもしないのだろう。

賑わう後部座席とは対照的に、運転席と助手席は落ち着いたものだった。

「まるで家族旅行ね」

「そうだな。悪くないだろ?」

メイヴは外の景色を眺めながら、「たまにはいいわね」と呟いた。
自分も、十年前に家族や友人を失って以来、こんな時間が来るなんて思いも
しなかった。まさか、こうして誰かと一緒に旅行に行くとは。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

618 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:33:54 ID:vs7rMPQI0 [14/34]

           ,. -―――――‐-=、
.         /: : : : : : : : : : 、 : : : : : \
.       /: : : : : : : : : __il:.: : : : : : \
        /: : : : _, -= ̄.-=弌 : : : : : : : : \
.    /,ィ_, -=          \. : : ::. : : : :.゙、
    /..:r=‐       __,i-< ̄ ̄ \ : ::::. : : : :ヽ
    |.:::| ,==-_,=' ̄ i |  \   _|ヽ :::::::. : : : `、
    i::::j,=-イ゙¨| |   .|.| |, -―`< |i ヤ..::::::. : : : ::i
.   |:::::}' i | l .} }、  iハ .ム- ., ィ=ミ、li ヤ ::::::: : : ::::|
.   |:::::| l |_i-Ai-ヽ .i| i/ ' ´∧:゚ d:::}. }、 }、 .::::::. : :::::i
.   |::::i | | .| i .,≠ミ|     ゝ゚"´. i ./ ヤ..::::. : :::::|
.   |:::i .| .i゙、`ilV::b ゚j:i:゙         }/i /i.:.:::::. : : ::i         わあ……海って、こんなに広くて綺麗なんだね。
.   |:::| .|、| ヘ . ハ. '"´  丶      イ/ /i::..:.:.:.:::.. : ::|
.   |:::| .|i. i  `|... 、     っ  ..イ:i /i:;;;;_:_::::::::. : ::i         「見るの、初めてか?」
.   !:::i 八 ゙、 . | .i  >、  _ , イ_ミil| i  _>、 : :::|
    }:::!':::::トヘ i  |__i_l/  }7ヒソ=彡" / ∥: : : :i..:::::i         うん。知ってはいたけど、見るのは初めてだよ。
    }.:::::::::| |i、|、 i'::::::|i    >ミ'7  /  i /i: : : : : }、::::|
.   j.:::::::::i  | i ヘ|:: : :ミ、   }jニフ /  |'': :|:. .:: : : :}、::::i
.   /.:::::::::|i  |.| .}::. ::,'゙ii ,'i⌒i、 / i  i:. :/: .:::: : : i、:::::ヽ
  /.::::::::::/|  i,'  i: : }': :゙ミ_,'i^'i、7  .|  {:<. ..:::::: : : :{、`i:::
. /.::::::::::::i .l ィi  .|: :/: : : : : ̄:7/  i  |: :゙i. :::::: : :'´.:| .ヾ
X'__::_:,、:{__V:}' , i: :i .:::::::::.y'../A  .{ .i: : :|. :::: : ::: : :i 、、
゙::,. ゙:;.. :.、:::..ノ ,i | : }.:::::::::::i.:::i.(:::i  |i |: : :i. :::' .::' .:| i |
::,. ゙::.,. ゙::, ::./ |i /: 人::::::::::`::| ヽi  |i./: : :.゙、::' .::' .::ヽ i
:.. ゙:., ゙:;::::i ,、 /i .l/ j´゙::::::::::::::ゝ、_  ヾ、: : :人:' .::' :::: ::| |
:::::.:::::.. ゙//.i/::| i rt'゙;_::::`::::::::::::::::.`i  、i: :/ .}'.::  :::: ::_ゝ
゙:::::::::::::...i { /ー.{ |j'::.^ :::::::::::::::::::::::::::.| i l |:/  .{'.::::  :::: .::::i
..゙::::::::::::::`}.' :: : {'|:::: .::::::::::::::::::::.,=彡i | | |'   }.:::::.  ::: .::::|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
車を走らせること二時間。

海が見えてくると、車内で歓喜の声が湧き上がった。
海には不思議な力があるように思える。人の気持ちを明るくしたり、落ち着けたり、
解放的にしたりと、色々だ。

それは悪魔たちも例外ではないらしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

619 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:34:31 ID:vs7rMPQI0 [15/34]

            )
         ..::::ノ
   .................:::::::::::)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
:::::::::::::::::)::::::): ┌‐‐┐____                ⌒  ⌒)                           ,"⌒⌒ヽ
::::::)ー- ー"  |王ll王ll王|  ┌─┐___      ( ...:::    ヽ                         (...  ( ..:::)
--'          |圭ll圭ll圭|  | 圭|圭l+|  ___ェェ__   ...::::::   )                         `ー-`-'
         |圭ll圭ll圭|  | 圭|圭l+|___,,|!!|!|!!|!!|___ェェ__ ...:::::::: )        ____,,,,,,,,,,____   __,,.‐''"'ヽ、
     _______E|圭ll圭ll圭|  | 圭|圭l+|l;l;l;l|!!|!|!!|!!||iiii||iiiil|------ ''二 ̄::"':':':";:::::;;:::::::;;:;;;:::::"':':':"::::;;;:::::::;;;;:::: ヽ、
 _________|  i_||圭ll圭ll圭|___^| 圭|圭l+|l;l;l;l|!!|!|!!|!!||iiii||iiiil|:::::::l三三lェェ|---ェ---┐::::::::::::;;:::::::::::::;::::::::::::;;;;;;;::::::::::;;; "'''- .._
 i_ェェェェr-tェェェェェェェrtェェiェT:| 圭|圭l+|l;l;l;l|!!|!|!!|!!||iiii||iiiil|..___|三三| |!!!!!!!!!||l:|:|:|:| ┐r┐-'`',:r┐ri'':'`r┐rir┐::;:;..,ri"'ri`',:"
千ー| __,,-----,,____ ゙| |+ii++| | 圭|圭l+|TTTTTl-lTTl:::| |::|三三| |!!!!!!!!!||l:|:|:|:| |'`',:'':'ri::;:;ri..,"ri'`',:r┐ri'':'`ri::;:;.r┐"ri.
ニニニフ:::ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++| | 圭|圭l+|:| | | | |:|::l:|:|:|:::| |::|三三|;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`_',:_'':'_`::_'`',:'_':'ニ"ニ:ニ"ニ:ニニ":ニニ"ニ:
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|/~/~/~\",:;;::、;ヽ;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,;"'`';;,:''-":"":":":"": ̄. .. . . .. . . .. . ~""'''‐- . .. . . .. . . .. .
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|:~:~:~|:|,.;;::、;):、;)   ,.... '''". ::::.. . . ..:: . . ..:: . . ::::.. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .::. . ::. ..:: . .:: .
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|⌒ヽ'""'')_,..-'' ..., - " ". ;.. . . .. . . .. . . ..: . . .. . . .. ~. . .. . . .. ~. .  . . . .. . . .. . . .. ~. . ..
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|,.;i';.,,);';.,,) .: ; ".:: ..;:: ;. . .. ~. . .. . . .. ..~ . :. .. . . ..: . . ~.. . . .. . . .. " ''.  .. . . .. . . .. . . .. . .
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| (,.;;';.,,)--'.。  ..: :,:". .. . ;. ;.. . . .. . . ..~ . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .:.. . . .. . . .. . . .. . "". ''. . . . .. . . ..
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨレ(,.;;.,;';.,,) ! !..: : ,". .. .|ヽ . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .~ .. . :. .. . . .. . . .. .~ . :.. . . .. . . .. . . .. ~. . .. .
壬i壬!゙/⌒ヽ_,..-'''" (,.;i;';.,,)。 : .", . .. .|__ヽ . .. . :. .. . . .. . . .. ~. . :.. . . .. . .~ .. . . :.. . . .. . . .. . . ~.. . . .. :. . .. . . .. . .
====='  /⌒ヽ_,..-'''" 、、,.,. ト ::: : .",,..ヒニニァ .. . . ~.. . . .. :. . .. . . .. . .~ .. .:. .. . ~. .. . . .. . .: .. . . .. . .~ .. . . .. . . .. . . ..
======='  lコ  i ノlヾ 〃lヾ 、、,.,。 :..:: .",,. .。. . . .. . . .. ~:. . .. . . .. . . .. : . ..~ . . .. . . .. . :. .. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . . ..:: . .

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ここら一体は海沿いにホテルなどが乱立しているリゾート地帯となっていた。
既にツインとトリプルの部屋を取ってある。

駐車場に車を止め、外に出ると、照りつける日光に目を焼かれそうになる。

ホテルの部屋に荷物を置いた後、早速海の家に入り、着替えを済ました。
男の着替えは簡単だ。脱いで履くだけなのだから。
だが、女性はそうもいかないらしく、女性陣が更衣室から出てくるのは
男性陣が出てきてから五分ほど経ってからだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

620 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:34:51 ID:vs7rMPQI0 [16/34]

                      _i_
                  __  -- `ヽ,、_,_
              ソ, ‐'' ´- ‐   ̄ `ヾ゙〈テ>、
           ,rf>/x'´  l 、   ヽ  \ ヾ`ト、ヽ
          /K〉f"   ,)ゝ、 、ヘ ヾヽ  .ハ ハ〈、__l_,、
          f Xソ-、、 r'´/  l>i、<ハ l l l  l' ̄ヘ )
          | ,,ノ /ヾ f´ l、 ヘ l ノ>テメリl l lヘ l ヘ
         ‐t''" l l |ヘ`x-‐、‐イrテリlリィョリミノ .l l ヘ l .ト、
          | l l li|.| l f rミヾ',)'ノ ヘf::j.liノ|ノ l  l l ト、\
          | l l  l八ト、弋ラ:'ソ    ´"´ ノl  ト、 l l l. \\
        /ノ,ィ'l l .ヘ `゙テソ´  '     ノl  l \l lヽ ヽヽ
       /イ/ノ l ll l. Y //、   ‐ '  /l:::l  l\ \l ノ ∧ ヽ
      | f´'"/ //.|l l  l |ノ:ヘ:l>r. _,イ‐ 、l::l  ト、ヽ  ヽ/ ゙、 〉            お待たせ。
      ト、`<  // //  / | |:::l::rノ   `>ソ7l  .l‐‐-、\ \ / /
      ト、`<  // /,-''  ̄`'''"_._      ,, -'- ''" ̄.. ̄`'''-、 \/             衆目に肌を晒すのは主義に反するのだけど、
      /∧ } | l //,'    /   ゙-、 ,.'_, .フ ニニ; __     '.,ヽ ヽ
      | ∨ノ l // !  レ           .', くr ,.'_Y_-''"i.   ', 丶、 ヽ、           今回は特別よ?
      ゙y゙〈  ノ/ .!  /:::ヘ      Y   ∪-"λ    !   ',`ヽ ヘ ヘ
      /∧゙x"/ /.! ,'::::::::::ヽ.    .;;      .ノ:':,    !.    ', l ヽ ヽ
    // / / / /.! !:::::::::::::::':...,.  ;   _...-::':::::::::!    !    ',l  l ヽヽ
   // / / / /.!. ゞ:::::::::::::::::::::ヽ r''"::::::::::::::::::::,' ',   !    !  l  ト、ヽ
  { f  / / /  / !  !ヽ_:::::::::::::::::::必:::::::::::::::::::::ノ   ' ,  !    !  l  l ヽヽ
   ゙、/ / / /l .!  .!   ̄フ::::,.':/"',へ::::/-''",'     ヘ |    !  l  l  l l
  / /// / / .!  .!   ` 、/:/  ヘ - ..,,,_./      '..!   .!   、 ヽ l l
 /  / / ./  / / !  .!   ./:::/    ヽ::::__::: ̄"''- ,,,_ '..,  ,'il l  .〉  〉 l l
 l.  / /. / / / /   ,'    <::::',      7 "'''- __::::,..::'  ヽ-´l  l /  / //
 |  l l l  l  ,.'  .ノ     ヽ ニニ'''''-,  .!  i  l  l   l l l l /  / //
 |  l l l  l  /  ,'          .ヘ _:', ヽ  l  l l i l  /  /  l  /  /
 ゝ ヘヘ ゙ /. ,'.   ,'               ヘ l  l l , ,' /   | /  /   (
  ヽ ヽ lヽ,'  ./        λ       .__ -'ー''"7/ ./   | /八/ ,′ ヽ
   〉 ノ人/.  ,'         _ ,,,,,,,--''": : : : : {: } >l /    / /  `ヾ,.:-'"
  /  / ノ  ノ!__ ,,,,,,--ー'''''"": : : : : : : : : : : : / '., `ヽ    )ノ   イ
  | ./ l l l/ !ニ ニ ニー"": : : : : : : : : : : : ::/  __/ー -::._/V、j  ーソ
  .//  l l// !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∠ー==7::::::!',:::::::/  `'
. /    ソノ   l!: : : : : : : : : : : : : : : :/: :/,.'"  ./::::::i:::! ',:ソ
         |: : : : : : : : : : : : : :/:,.'/    ` -'.|:::::、
         !: : : : : : : : : : :,..::' /:,.'        .'.,::::::' ..,
           .): : : : : : : : :/: : イ ',:!          \::::::::へ
         !: : : : : : :/: :/ ,'  ',           .! ヽ -'"
         !: : : : :/: /   .,' .   ',          !
         !: : :/: イ    ./.    ',          !

621 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:35:05 ID:vs7rMPQI0 [17/34]

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
メイヴは薄桃色のビキニにパレオを着けていた。
健康的な白い肌に、細く長い肢体が露わになり、喜留夫は何度も見ているにも
かかわらず、不覚にも恥ずかしさで目を逸らしそうになってしまった。

主に胸元と腰つきが危ない。
解放された胸が揺れ、くびれた腰が眩しかった。

セラフはシンプルな黒のワンピースだった。
元から端正な顔立ちしているからか、西洋人形のようにも見える精緻さと
愛らしさがあった。

パイモンは、やはりと言うべきか、女物の白いビキニだった。
下がスカートであるだけ、まだ救いがあるというべきだろう。
なにせそこにあるのはアリオクではなくマーラ様なのだから。
それもごりっぱな。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

622 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/19(木) 21:36:25 ID:gmNTTv9s0 [2/4]
ふんどしじゃないのか

623 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:37:50 ID:vs7rMPQI0 [18/34]

.           |\    /⌒\ : :/⌒\___      __
          |\|二\ /: : : :/\: :/\ : \: :\   /ニ「
      __|二\二/: : : :/ /: : : :: ̄\:\..:|\: :\/二二|
   __\二|ニニニ/: /: : : : /: : : : : : : : : \|| \二二ニ\
/二二ニニニニ/: / : : : :/: : : : : : :| : : : :| ||   \二二二\_
 ̄ ̄ ̄ ̄./.:/:..: :/ : : : : | : : | : : : :| : : : :| ||    \二\二二|
   _/ :/: : : :/: : : : : :.| : /| : : : :| : : : :| |Λ  |    ト-- ニ\
  ⌒/ :/: : : : :/: : : : :j_|⌒ |: : : : 「::|⌒:|..: : :\|⌒\|\|
  /: : :.⌒| : :|: :| : : : Y⌒)うY |八: : |斗 =ミ : : : | : : : :|: : : :\
/⌒):/: :|/|: :|: : /:| ヒソ   \| ヒン )Y: :| : : : :|:..: : : : :\
  /| : : : : : :|: 八Λ/| ''     ,       ,,  /|: / : ノ|__厂 ̄ ̄\            「二人とも可愛いぞ。乾いた心が潤う」
    |/| :| : :|/: : :|: :人             /: |/|∠           }
.     | :| : : : : :/| : : |:\  r ,   //: :..:└┬< ̄\   \          ねー、僕にはノーコメント?
.     |/| : :/∨/| : : |: / \___ /..:/: :..:/:ノ:| : :|: :..:人\   \
        | :/    トヘ|/: : :|      | : /:../|イ  |/|/    \   \       「よし、野郎で傘だのシートだのやっとくから、お前らは
        |/  ___∨//|      | //: : : :|           \   \
        |/    \//        | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       |     \    先に入ってきていいぞ! あ、パイモンは手伝え」
.       /      //\     / ̄ | |           ̄ ̄ ̄ ̄ |      \
      |       _//        _| |                    \      |  あ、ひっどーい。
      |  |  /ニニ\    /ニニ\   /                    /
      |  | / ⌒\ニニ\__/ニニ/ ̄\    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |  ′    /ニニ「ニ|\ /     |  /
      |  |    /二二Λ ノ二 \       \Λ__
      |  |  |二二/  \二二|    _/ : : : : \__
      | / ̄/ |ニニ/ ̄「 ̄「\ニ| ̄| ̄\ \: : : | : : : : \__
      | Τ/__」二/ _」 _|_ ヽ「 ̄\_}―┘: : |_: : : : : : : : : :\_ __
      | |                 / \_:/: : : : : / ̄: : : : : \ \: : :\_

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「じゃ、女衆は先に入ってるわね。行きましょう、セラフ?」

「うんっ」

時刻は午後の三時。夕方の午後六時くらいまでは遊べるだろう。
シートとパラソルの設営を終え、メイヴたちの後を追う。
すると、早速ナンパの手が伸びていた。

パイモンにゴーサインを出す。

「えー、趣味じゃないんだけどなあ。まあいっか」

そう言うと、パイモンは絡まれているメイヴたちのところまで行き、
男たちを連れだしていった。まあ、嫌がっている女よりは誘惑してくる女に
ついていくだろう。

そして地獄を見るのだ。
隣でヨシツネが身震いをしていた。過去のフラッシュバックが起きてるのかも
しれない。

数分後、男たちが真っ青になりながらシャワー室から逃げてきた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

624 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:39:43 ID:vs7rMPQI0 [19/34]

                       ―― : ヘ _
                /:/⌒\/: : : :\ :\/ニ\
                _ /:/ : /´>^<ニ\} \ {ニニ|/ニ〉
.            _|二/ : : :// : : : : : \:\  \こニ「ニニ/
            〈こ二/ : : : :/: : :/: : : : : : : :\:\  \ニニ/
          Λ/: : : : :/: : :/: : : : : :|: |.: :\:\  >'⌒
.           ⌒∨ : : : : |: : /| || : : : |: Λ.: .: :\:\(
           /.:/ : : : :|⌒7.:ト|.:/: イ|/ ̄ | :八..:\:\__
             /.:/:..:|: : :7テ笊㍉И:. :ノィ笊テK: : :| : |:\r'⌒
         /イ : : |八 : : :乂ツ ノイ  乂ツ |: : Λ :| : : \_
           | | : |/V\{ ''   丶    ''ノイ/ : V : : : :r'⌒         ふふん、僕にかかればこんなもんよ。
             И : : : : : 仝.   ー;;; ´  仝: :.|: : :八{\{
               |/\ : : | : :> . ___. .< /.: : :ノ/               「なにしようとしたんだ?」
            /⌒V\:..:.{: :ノニニニ{:/.:.:/{
              { : : :/: :\厂  (^^) {/ 、_                ナニだけど?
            /\ {: : : : :}  ̄`   ´ ̄   ||  `\
             >―'⌒\/           ||     ヽ            「そら逃げ出すわな。お前タチだし」
        /    ニニつ              ||
        /     ニニつ〉            Λ
.       /   _,  ニ⊃:..:}            //Λ       、
      /    /  /{ :ヽ/ ノ        /  /Λ/    `、
.     /    /  /:Λ: :}/} \           /`、    `、
.   /       / {: :∨..: :}  \ _///  /  `、    `、
         j /  ∨ : :/  ̄ ̄  ⌒ └ L _/    `、    `、
   |     //  厂{.:/ :}             /      `、     `、
   |       /ニ}‐:{ :.:{.:_ノ                   `、/   `、
   |_ / ./こ }: :{∠: :ノ             |.        /     〉

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
パイモンがナンパ男を追い払ったところで、泳ぐことにした。
海でやることといえば一つに決まっている。

冷たい水に足を漬け、波に打たれると暑さも吹き飛んだ。

「おい見ろよ! 俺の浮き輪八艘跳びをよォ!」

「あんま目立つ真似すんなって」

浮き輪相手に八艘ビートを決めているヨシツネを叩き落としつつ、
セラフとメイヴのところに行く。

「あそこは格好よく追い払ってくれるものだと思ってたわ」

「悪かったよ。でも、変なことされなくてよかった」

「ねえ喜留夫、そんなことより、泳ぎ方教えて?」

セラフがせがんでくるので、喜んで応える。

「よし、それじゃあ俺の手に捕まりな。俺が引っ張るから、足を動かしてみろ」

「私も付き合おうかしら。パイモンはヨシツネと遊んでいるみたいだし」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

625 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:40:38 ID:vs7rMPQI0 [20/34]

          r‐Ym})  , r-=二 ̄二≧ァ、,.=(、-
          `ゞ綺)/ヾ           fY晶tッj
          イゝ´《  l l l l | l| |l | r外 オツ,- 、
            ! {{.// i l|| , | l | l| l | | ハ|l, i ', ヾ=-、
            /.从 | Ti !/| , | l | 7从┼l-i!|l. 人   )
         ( / { i 〃Vアフ彡ソィ/j」⊥、!、 l }   ヽ'
            )i 从 jV z/笊メ=彡'z≠ミヽ l 八_    \__
            ゞ ,乂 i  j{伐戎ノ  弋歹川.! /`==…‐‐- 、)
            i   };ヽx弋`ζ´      リj i八_彡くォ― 、 ∧         あら、上手ね。もう泳げるようになったの?
            jい i   y人   _ _,   ,イ 八   ニ=…‐V ∧
          ヾ  | i /(  i >、   イ(.:{`=…― -ミ:.=‐-V ∧        「うん。深い所はまだ怖いけど」
             |ヘ 川   ) (ゞ=イ ` ´.  ヽミ=…‐ ミ‐-=ニ∠V ∧
             i! ;i  )ノ「/,):.ヽ     '´ |il|',:ノ ̄`ヽ)ノ     V  '.       よしよし、それじゃあ浅い所で皆で遊びましょう。
           ;i / ( | -=彡ノ     |il|    ________ノ
           / / 〃{il{、   、/    !il   ′ /  /    {
          〃     r'Fテミマz  {   rfテミメ  川 /   {    ,)__
          {;{   {  八++++ Z人r「'++++゙ミ/ l./    `=…── - 、
           `ヽ ヽ/  .ゞ+++≧≦ ++++ィ{ {{     `ミ==- _  )
             )./  ,人  ̄'. /Πヽ  ̄ ̄   V             `ヽ
            // /⌒ヾ、ノ`|:」.L::」      \ `=…‐ -        ,;
       / //    ィ}}  ヽ           ` 、      `    ノ
      ,   /(  , < ノノ    ' ,              ヽ`=…─ -  )/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
セラフが泳ぎ方を覚えたところで、パイモンが水鉄砲でこちらに水をかけてきた。
パイモンが水鉄砲を三つ、こちらに投げ寄越す。
ライフル状の大きな水鉄砲だったので、キャッチするのは結構大変だった。

「売店で売ってたんだー! あげるー!」

「あぁ? 敵に塩を送るたあいい度胸だなこの変態女装ヤロー!」

海水を掬って水鉄砲に装填し、パイモンに向けて発射する。
メイヴとセラフもそれに便乗してパイモンに水をかけていた。

「ちょっと、三人がかりはずるいってー」

「ヨシツネはどうしたんだよ」

「ナンパに行ったー」

「あの野郎……」

その後、ナンパに撃沈したヨシツネを皆で集中砲火した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

626 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/19(木) 21:40:50 ID:gmNTTv9s0 [3/4]
ヨシツネが一番はしゃいでる感あるやんけw

627 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:43:49 ID:vs7rMPQI0 [21/34]

                  ____
   _,rーく´\  , --、   /      \
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /         \
 { -! l _」_ノ‐′/   /  (●) (●)   \       よし、今日は撤収だ。
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |  (トェェェェェェェェイ)    |
  ゝ、  ノ_ イ    \ \ェェェェェ/    /       荷物持って引き上げっぞー。
    ヽ     |     /             ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
日が暮れてきたので、皆を連れてホテルに引き上げることにした。
海の家のシャワーで海水と砂を洗い落とし、着替えてホテルへ戻る。

部屋割りは喜留夫、パイモン、ヨシツネ。それとメイヴとセラフだ。
ヨシツネはパイモンと一緒の部屋になることに恐怖を覚えていたが、
我慢してもらう他ない。

ホテル内のレストランで皆で夕食を済ませ、それぞれの部屋へと入っていった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

628 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:44:51 ID:vs7rMPQI0 [22/34]

   ≧s。                                             /
       ≧s。.,                                       /    /
           ≧s。                                  /    /   /
¨ =- _          ≧s。                      _,,,....  -┬='"   /   /
     ¨ =-  _        ≧s。.,_,,..   --─…宀冖 ''' ¨  ̄         |  |  /   /
            Τ  =- _    │                          |  | /   /
            |      ¨ ‐ |                       __|    ̄ ̄ ̄│
            |__,         ̄| ̄||ーー‐┬:rー──…¬冖''  ¨¨  ̄ ||:|         |
 ̄   …─-- |i:i:i:i:i:|         |  ||    |ニ|         |ニ|   / ̄>s。:|         |
: : : : : : : : : : : : ::::|i:i:i:i:i:|         |  ||    |ニ|         |ニ|    ̄   〕ト..     |
: : : : : : : : : : : : ::::|/ ̄',|         |  ||    |ニ|         |ニ|.        ||:|  || rr======ュュ
:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_::::|{___}     __|_||   0|ニ|         |ニ|O __  .||:|  j} .||:::::::::::::::::||:::|
_|_      '.|i:凵i:|     |:|二二ニ||    |ニ|         |ニ| /::::::::/  ||:| ∥ ||:::::::::::::::::||:::|
    |      '.i:i:i:i:i|     |:|____|--┐_|ニ|     < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>_|ト:::::::::::::::||:::|
    |      _|-=ニニ=ュ_  |::::::|:|==  ̄≧s。 ̄ ̄ ̄ //¨¨辷三三三ナ'v,¨¨\\`'弌is。.,_ ||:::|
   _」 -‐ ''"~          ̄ ¨  ー-=ニ ̄  ー‐//-- ..,,_〕〔 ̄_ 'v,  : :\\ ≧s。,|:::|
-  ̄: : : : :      : :ー-  .,  ``  .  _-¨ヽ   //  c<、//\、  ̄'v,  : : \\≧==彳
: : : :        . . : : : :  `  .   _-¨  ,. |  j}゙ . . . . : : `'" ̄^'゙   'v,   : : : :\| ̄ ̄ ̄
         . : : : : : : : : : : : _-¨   / |         : : : : : : : :::::::'v,  ., :, :,:;.:|ー──
     .  : : : : : : :: : : : : _ニ‐¨   /l  |             . . : :;:;, : : : :; |\ ̄ ̄
   . : : : : : : .       _ニ- ̄    /|  l /           . : : : : : : : : : : : : : : : |::::::\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
風呂を済ませる頃にはすっかり夜になっていた。
明かりを消し、ベッドライトのみを点け、ベッドに横になる。
それに倣うようにして、パイモンが隣のベッドに飛び込んだ。
ヨシツネは椅子に座って日本酒を呷っている。

「ねえ、喜留夫はメイヴと同じ部屋じゃなくてよかったの?」

などとパイモンが言うので、アメニティの緑茶を吹きだしてしまった。

「な、なんでだよ」

「だって、二人ともお互いのことが好きなんでしょ? バレバレだよ」

「お、お互いかどうかは分からねえけど……」

「えー」

メイヴとは十年来の中だ。確かに自分はメイヴに惚れている。
自分の人生の中で何よりも大切な存在だし、何があっても守りたいと思える。
彼女を失えば、自分は今度こそ、生きる意味を失うだろう。

ただ、彼女も自分に同じ感情を抱いているか、と言われれば、確信は持てなかった。
彼女がハイピクシーからクイーンメイヴになって二年が経った時、体を重ねた。
あれからというもの、彼女は体を許してくれている。

それは慰めなのか、それとも自分への好意ゆえなのか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

629 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:45:35 ID:vs7rMPQI0 [23/34]

                 ,.  ´  ̄ ̄ ̄  ≧s。
                /         ヽ`ヽ  \
               /             \ \   ヽ
           /               :,  :, 、 .ム
        .ィi7’                    :,  :, /ムi!}
       .ィ////     !    i! 、   、  ヽ   :,  :,;!//}∧
       {/// ;!      !    i! }ヽ !    i   i   i!//}/∧
       》′    f .ト    l、 i! ゙:,!  _,ィ{ .}.ィ7  i!//}.//》、
.       / .イ      !ゝ.!‘, .l,.ィ'´ i!  弋 ヽ'ノ7 i!//i!/ノマム        喜留夫はさ、メイヴとどうなりたいの?
      / / l   l  l`ヽ. ‘、 ! .ィ忙ミ、<ァ( .)`ア .i!//i!ム  マム
      | ,! ! /  ,! f ヤミ、 `、!  ヒ ::iり ゝ'/ i ゝ'、゙:,`ヾi}//!、ノ´        「どうって……このままでもいいんだが」
      レ’ .レ  /  !. tリ     ¨´ ノ ./`’ ) } ノ  i}//! ゙:,
          |     ∧  、         `7 / i ノ’ /  .i}//!  !        えー、なんかないの? 恋人とか、夫婦とか。
          |  / / .∧     ,,   ;! 'ノ=‐ '     `ー' ト、!
          | ,!  ! i! \  ̄    .ィ’ /      i!  リ          「ふ、ふふふ、ふうっ……!?」
          | λ 「Vi}、 l ヽ _ 。r≦ レ´      イ   .リ .λ
          | i :, .|  _ゝ!´  ̄ `ヽ.  ノ    / l  / ./ i}
          | l r《| ̄       _,zi} ./ _,.Z''’i! /i! / i! i}
          | l,.ノ        》//'ー‐≪ _,.イ 〃'´  .」! i}
        /レ     ζ´  //////ノ'´ { i! .レ’=─ァ─一'’

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
メイヴと夫婦に。
それはつまり、子供とかもできたりするのだろうか。

メイヴとの子供。

考えただけで頭の中の歯車が急速回転を始め、凄まじい熱量を持ち始めた。
顔が瞬間湯沸かし器のようになっているのが自分でも分かる。

「……考えてみるよ。でも、今はメシア教とガイア教の争いが活発化してきてるし、
そういうのが落ち着いてからだな」

「うん、それがいいよ」

パイモンはそれだけ言うと、ごろりと反対側に寝転がった。
メイヴとの関係。今のままでも十分幸せだったが、その先のことなど
考えたこともなかった。いつか、前に踏み出せる日が来るのだろうか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

630 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:46:24 ID:vs7rMPQI0 [24/34]

~一方女子の部屋~



          /::::::::::::/ ̄     `丶、:::ヽ:::::::::::::ヽ_
.          /:::::/:: /            ヽ::::\:::::::::ュ 、ヽヽ
         /::::://    _  -―-  _     \:ヽ::::::.|    }
.      ┌,へj:::::イ    イ  ./     / 7, ヽ 、  ヽ::::::.|  |
      j /´〉:/  , イ | | _,.ム,     7ュ、'_|  } \  ! .|    |
        /  / (::イ´| 」イ / |i    / |/ 「ヽ ハ    `| .|   |
     /  Y:. i/  ,イ´| ハ.| !i  /≠-_ 」 / `ト、 .| 八.   |
     |  卜:::li ./ | x≦ミ八/  ."¨, ≧ミ、 | ヽ} |::: i  .,'
     |  |:::li   |〃 だヽ         |:::::::ヽ ヾ ./ .|:::::::i  ',          ねえ、メイヴ。
     |  |:::|   《  b ゚::::}      P ゚ 。} 〃/  |:::/   ',
     |  |:::|!  从  ゝ:ン   i    ゝ=ン .//  }/:{     .Y         メイヴは喜留夫に告白したの?
     |    八  |、             ,イ'   ,イ::: ハ    }
     |    /.:「\ .! ヽ     '⊃    イ|   i::::::| `   イ          「あら、どうしてそう思うの?」
.      |   }::::ヽ:::ヽゝ  |!>  、 __  <  ノ .!   ,'::::: |  /::::|
      .|   }::::::::::::::|  |{      ヽ==     |  /::::::::| /:::::::: |          テレビで見たの。男の子と女の子のどっちかが
      ,へ ..ノ::::::::::::::::|  .八            | ,イ:::::::::::',::::::::::::::ハ
     .i:::::::::,'::::::::::::::::,  /:::::ヽ           | |.|ヽ::::::::::',:::::::::/:::          どっちかを好きになったら、告白するんだって。
      i::::::/:::::::::::::::/ /:::::::ィ::::\       イ .|.|::::\:::::::',::::/::::::
     ヽ/:::::::::::::::/ /''7  {::::::::::≧x---x≦::::l |.|::::::::::\:::V:::::::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
こんな子供にすら見抜かれるとは。いや、子供だからこそ分かるのか。
メイヴはベッドに横たわりながらじっと見つめてくるセラフを見つめ返し、
そう思った。

「もう、そういうの通りすぎちゃったのよね。お互いタイミングを完全に逃しちゃったの。
もちろん、私は喜留夫が好きよ。あの人が命を終えるその時まで添い遂げたい
と思っているわ」

本心だった。
悪魔も人間も紛れもない命だ。生きている以上、いつかは死ぬ。
悪魔の方が人間の数倍の寿命はあるが、それでもいつか終わりは来る。
本体ともなれば話は別だが、分霊である自分には変えられぬ運命だ。

だが、それでいいと思っている。
枯れぬ花にはない美しさが生きた花にはある。
終わりのない命にはない懸命さが限りある命にはある。
自分たちが生きている今は、永遠より尊い何かがあるはずだから。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

631 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:46:41 ID:vs7rMPQI0 [25/34]

                  ,  -ィ''  ̄ '' -ヲrtjュ<´\
           / ヽr= /         \ヾイト}、  \
          / _ノヒj/               \{{_ヾ、  ヽ
           /  {{ /                  \ ハ\  ヘ
.          /  ∧{/   ィ   i    |   i  ,   ハ i ヽ  ヽ
        /  / {i   il  i l    ハ  ミ;,  i   i |   ';, ハ
.        /  /  i   ハ  i! i ヾ  i>-升ト i   l |   ヽ \        私は喜留夫の望むようにあるだけよ。
       /  /   l    il:  |ハハ.  .l _ヽi,Lハil    | |    ';,  ヽ
     ,,;;'  /   ヽ   Vヽ ト))=、ヾ リ .ィ行芯;|   .| |    ヽ  ';,       彼が望むなら、私はどんな関係でも受け入れるわ。
   //  /     ';,  ミ;,ゞトュi}イ}    武::::リ.i   ハ ',     }  ヽ
  /  /       ゞ、ミ人LУソ}}    " ̄ /イ  ;i, ハ     V /
/   ,'          川>=- ̄((  '_ _  / /  /il  i ',     i /i
/   ,'           ,' i } >  )) `ー'   イ/ ,;/i il  l ヽ    ||}/}
.  _ノ            ノ/  i il,、 i>-  -イr、ノ/ /トイ  ト、 ';,    i ./
/          / / `l  込>  ̄i /!. . / / / ir~─ 、\  / !
          / /  / il r-、/ /   .:/ / /} ) /   ヽ V∧ \
         / /  ./  ノ } / /!⌒´`i/ / / _,        ',//ハ   \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「ねえ、メイヴ。なんだか難しいんだね、好きとか嫌いとか」

「あなたにもいつか分かるわよ。さ、もう寝なさい。明日は砂の城を作るんでしょう?」

セラフを寝かしつけながら、喜留夫とのこれからを考える。
自分は今のままでも満足だが、喜留夫はどうだろうか。

たとえば、子供が欲しかったりするのだろうか。

一応、確率は低めだが悪魔と人間の間には子供はできる。
その場合は半人半魔の存在となるが、少々特殊な力を持つだけで、
普通の人間として生きていくことも十分可能なはずだ。

明日にでも聞いてみようか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

632 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:47:20 ID:vs7rMPQI0 [26/34]


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

633 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:47:40 ID:vs7rMPQI0 [27/34]

                          ))            ,))
                           r=((-ト、,-=====-_/((-ト、___
                          ;l}{{:必 } . . . . . . . . . . . `く{:必 };`マ⌒
                         /ゞ辷シ : : : : : : : : : : : : :ゞ辷シ   }
                     //i i/ i i i i i i i i i i i i ,i i i i i ∨ ∧
                       〈 'i i ′iii |i i |i i ii i i i i ′i i i 厶,//j 'i
                      〈ii i ii i_i|i |i i |i i ハ_、i 、 i }i i i i「i イ「 ! i ,
                      (|i i | ハi「 トi i!i ii´|ノ}__i∨i i ii、!{__j_j/i i i′
                        ||从|ヘ从>zレi iハ,イ/厶}i i i ハ//∧i i i i!
                        |{∧|ハ Kf必》}  乂ンi i i '/, , {  }   i !       仲間はずれにされちゃったわねえ。
                        |ヘ、;〉仆(ゞ=;'´      7/ / _{_,iイ /i i i i!
                         |∧{∧个ζ v⌒)   ,イ//´/i i /7i i i′i !       「そうだな」
                        |i i 〉 、|∧、__≧=   〉、!__ji i //i i i/ i |
                        ii / \__j〉,| ハ   , /  i|// ∨i  i !
                        |i′ i , /       i|   i i   'i i  ii
                         !i  ノi/          .!!  / !   }i  i |
                      ii|/ {     冫´   ._,j| :′ |   ;i i  i!
                       i/三从   .′   .∠i从 ! i| |  i   i ;
                        {三三∧  {   ∠三三∧| i    i   i ′
                    |〉、三三〉 i ∠三三三≧! i i  ,i   ii
                    | 「 ̄ ̄ {⌒コ'、三三三>' ! | |      i !
                    | |    ` ̄   ̄ ̄  /i | ii   i !

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
翌日、なぜか喜留夫とメイヴは仲魔たちに集団から追い出された。

「僕たち適当にこっちで遊んでるから、君たちあっちで遊んでなよ。
それがいいよ、うん」

「二人とも、ゆっくりしてきてね」

セラフまでもにこりと笑顔を作るものだから拒否できない。
そこでようやく、仲魔たちの意図を理解した。

全く、余計なお世話というやつだ。

とにかく、喜留夫はメイヴと二人きりで、当てもなくビーチを歩いていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

634 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:48:02 ID:vs7rMPQI0 [28/34]

     ,  -―ー- 、
   /        ヽ
  '       ⌒    ーヽ
  l     (●)  (●) 、
  {     トェェェェェェィ   }    ……腹減ったな。もう十二時か。
  、.     ヽェェェェェノ ノ
   >        <、     昼食いに行こうぜ。
  / ー―- .、    r、 ヽ
  `ー―- 、_ノ   l/  /     「セラフたちは?」
  ,'          l ,/
  l          |´      金はある程度持たせてある。
  弋          ノ
  | /ー ―一、 |
  し       、_,!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
腕時計を見ると、既に正午を回っていた。
海から離れ、売店の列へと向かう。

昨日はともかく、今日は土曜日だったからか、人の密度が昨日とは段違いだった。

メイヴが手を握ってくる。それも恋人つなぎだ。
柔らかい感触が手のひらから伝わってきて、喜留夫は鼓動が一瞬止まった。
人前で手を繋ぐなどという、まるで恋人のような行為は、あまり経験がなかった。
メイヴも普段は自重していたのだろう。

やはり、海は人を開放的にさせるというのは本当だったのだろうか。

「はぐれないように、と思ったのだけれど。嫌?」

「そ、そんなわけあるかよ、行くぞ」

結局、手を繋いだまま、二人で人ごみをかき分けながら売店へと向かった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

635 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:50:34 ID:vs7rMPQI0 [29/34]

     ____
   /     \
  /         \        カップル……そうか、俺たちカップルなのか。
/     (●) (●)\
|    (トェェェェェェェェイ) |      「カップル以外の何だと言うのよ。はたくわよ?」
.〉     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「お、珍しいカップルだな。強面の兄ちゃんに外人の奥さんか。
眼帯か、それ?」

日焼けした、体格のいい中年の男の店員に声をかけられる。
髪は茶髪に染めてあり、肌の色に合わせているかのようだ。

「ええ、まあそんなところよ。焼きそばとコーラを二つずつちょうだい」

メイヴの見た目は目立つ。どこに出しても恥ずかしくない美女であることも
そうだが、金髪ともまた違う不思議な髪色に、黄金色の瞳、
更には右目の薔薇のアイパッチだ。
これで目立つなという方が無理というものである。

「あいよ。お姉さん、何人なんだ?」

「アイルランドよ。日本は良い国ね。食べ物もおいしいし、街も発展してる。
欠点を挙げるとすれば、人の心だけは豊かではないことかしら」

「そりゃあ違うぜ、お姉さん。財布も豊かじゃねえよ」

店員との雑談が終わる頃には、焼きそばも出来上がっていた。

「はい、焼きそば二つとコーラ二つ。日本の海、楽しんでけよ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

636 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:50:54 ID:vs7rMPQI0 [30/34]

                      _i_
                  __  -- `ヽ,、_,_
              ソ, ‐'' ´- ‐   ̄ `ヾ゙〈テ>、
           ,rf>/x'´  l 、   ヽ  \ ヾ`ト、ヽ
          /K〉f"   ,)ゝ、 、ヘ ヾヽ  .ハ ハ〈、__l_,、
          f Xソ-、、 r'´/  l>i、<ハ l l l  l' ̄ヘ )
          | ,,ノ /ヾ f´ l、 ヘ l ノ>テメリl l lヘ l ヘ
         ‐t''" l l |ヘ`x-‐、‐イrテリlリィョリミノ .l l ヘ l .ト、           やっぱり、ここの夕暮れはいいわね。
          | l l li|.| l f rミヾ',)'ノ ヘf::j.liノ|ノ l  l l ト、\
          | l l  l八ト、弋ラ:'ソ    ´"´ ノl  ト、 l l l. \\        
        /ノ,ィ'l l .ヘ `゙テソ´  '     ノl  l \l lヽ ヽヽ
       /イ/ノ l ll l. Y //、   ‐ '  /l:::l  l\ \l ノ ∧ ヽ
      | f´'"/ //.|l l  l |ノ:ヘ:l>r. _,イ‐ 、l::l  ト、ヽ  ヽ/ ゙、 〉
      ト、`<  // //  / | |:::l::rノ   `>ソ7l  .l‐‐-、\ \ / /
      ト、`<  // /,-''  ̄`'''"_._      ,, -'- ''" ̄.. ̄`'''-、 \/
      /∧ } | l //,'    /   ゙-、 ,.'_, .フ ニニ; __     '.,ヽ ヽ
      | ∨ノ l // !  レ           .', くr ,.'_Y_-''"i.   ', 丶、 ヽ、
      ゙y゙〈  ノ/ .!  /:::ヘ      Y   ∪-"λ    !   ',`ヽ ヘ ヘ
      /∧゙x"/ /.! ,'::::::::::ヽ.    .;;      .ノ:':,    !.    ', l ヽ ヽ
    // / / / /.! !:::::::::::::::':...,.  ;   _...-::':::::::::!    !    ',l  l ヽヽ
   // / / / /.!. ゞ:::::::::::::::::::::ヽ r''"::::::::::::::::::::,' ',   !    !  l  ト、ヽ
  { f  / / /  / !  !ヽ_:::::::::::::::::::必:::::::::::::::::::::ノ   ' ,  !    !  l  l ヽヽ
   ゙、/ / / /l .!  .!   ̄フ::::,.':/"',へ::::/-''",'     ヘ |    !  l  l  l l
  / /// / / .!  .!   ` 、/:/  ヘ - ..,,,_./      '..!   .!   、 ヽ l l
 /  / / ./  / / !  .!   ./:::/    ヽ::::__::: ̄"''- ,,,_ '..,  ,'il l  .〉  〉 l l

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
昼食を済ませた後、二人で売店を見て回ったり、暑くなってきたので海に入って
二人で泳いでみたり、砂浜で貝殻を拾ったりしていた。

夕方になり、夕日が見たいというメイヴと一緒に防波堤の上に座って
二人で夕日を眺めていた。

「なあ、メイヴって俺みたいな男でもいいのか? ほら、俺ってお世辞にも
美男子じゃねえしよ、不器用だしさ」

「何よいきなり。まあ、私だって美男子は好きよ? でも、それとこれは別。
あなたがどんな顔だったとしても、私はあなたと一緒にいたいわ」

メイヴは真顔でそんなセリフを吐くので、喜留夫は恥ずかしさで頬を掻いた。

「ねえ、これ、売店で売ってたの。あなたに似合うと思って」

差し出された掌の上には、デフォルメされたサメのキーホルダーがあった。
似合うではなく、似ているの間違いではないのか。

「似合うじゃなくて、似てるの間違いじゃないか、って?」

表情を読まれ、台詞を先回りされる。こういう時、メイヴには敵わないと
思わされる。

「いいじゃない、可愛いんだから」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

637 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:51:05 ID:vs7rMPQI0 [31/34]

             ___
            /     \
            /(● )  (● )\
           /  (トェェェェェェェェイ) \
         |    \ェェェェェ/    |
.          \               /
     と⌒ヽ  `>        〈´
      ヽ  V´          ヽ
        ヽ   /              、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
キーホルダーをしばらく眺めた後、そっと水着のポケットにしまう。

「ありがとな、メイヴ」

「どういたしまして。ところで、一つ聞いてみたかったのだけど」

「なんだ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

638 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:51:16 ID:vs7rMPQI0 [32/34]

          r‐Ym})  , r-=二 ̄二≧ァ、,.=(、-
          `ゞ綺)/ヾ           fY晶tッj
          イゝ´《  l l l l | l| |l | r外 オツ,- 、
            ! {{.// i l|| , | l | l| l | | ハ|l, i ', ヾ=-、
            /.从 | Ti !/| , | l | 7从┼l-i!|l. 人   )
         ( / { i 〃Vアフ彡ソィ/j」⊥、!、 l }   ヽ'
            )i 从 jV z/笊メ=彡'z≠ミヽ l 八_    \__         子供、欲しい?
            ゞ ,乂 i  j{伐戎ノ  弋歹川.! /`==…‐‐- 、)
            i   };ヽx弋`ζ´      リj i八_彡くォ― 、 ∧
            jい i   y人   _ _,   ,イ 八   ニ=…‐V ∧
          ヾ  | i /(  i >、   イ(.:{`=…― -ミ:.=‐-V ∧
             |ヘ 川   ) (ゞ=イ ` ´.  ヽミ=…‐ ミ‐-=ニ∠V ∧
             i! ;i  )ノ「/,):.ヽ     '´ |il|',:ノ ̄`ヽ)ノ     V  '.
           ;i / ( | -=彡ノ     |il|    ________ノ
           / / 〃{il{、   、/    !il   ′ /  /    {
          〃     r'Fテミマz  {   rfテミメ  川 /   {    ,)__
          {;{   {  八++++ Z人r「'++++゙ミ/ l./    `=…── - 、
           `ヽ ヽ/  .ゞ+++≧≦ ++++ィ{ {{     `ミ==- _  )
             )./  ,人  ̄'. /Πヽ  ̄ ̄   V             `ヽ
            // /⌒ヾ、ノ`|:」.L::」      \ `=…‐ -        ,;
       / //    ィ}}  ヽ           ` 、      `    ノ
      ,   /(  , < ノノ    ' ,              ヽ`=…─ -  )/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
目の前の風景が制止する。
思考の歯車が凍り付き、喜留夫はその場に倒れそうになった。

子供? 子供だと?
それはつまり、二人で結婚式を挙げて、産んでもらって、二人で一緒に育てて、
運動会を見に行ったり授業参観に行ったりするという、あの?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

639 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:55:02 ID:vs7rMPQI0 [33/34]

  ヽ 、 !    ______
ヽ 丶 ヽ_..ィ.: :: :: ::::::::::::;;;;;;;;;`ー、
、`、` /.: :: ::/.;;;;;;;>=― - 、;;;;ヽ_
丶 ,イ:: ::::,';;;;;;;;;>’       `>、,
ニ ,′;::::/;;;;;/   ∠二.... ニ=――ミ、
 j;;;;;;;::::l;/ /,イ´ i:    i ト、:.、.  i゚、
 |;;;;;;;:::ム. // !:i ハ:_   ィ!|-廴i:. i ト゚.
 |;;;;;;;::::ム./: |:. :l.lィ´!:.:.   :ノリ  !:ト、:l } リ
 !;;;;;;;:::;;ム:: i:.!:,iイ!,' !゙、:.:./ ' __. リ ゙!:l i!
丿;;;;;;;::;;;;ム、:.゙、'l:l!イ __!/   'ィ''¨゙ .}イハ
;;;;;;;;;;;;;:;;;;;ムト、:.ヾ:l! ,==-   ,〝 ノイ              喜留夫ー!
;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;|:.ハ:、:.ヾ.〝〝 _. ==ォ .イリ
;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;|〃ム-‐ヽ、  乂::::/イ〃
;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;|イ´;;;;;;;;;;;::::.マフ夭
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::`ヽ=、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::.:.>、               ,、 _ _
フフ>―‐';;;;;;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::.:.:>=━ァ_   /┴',∠,
 ̄´/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::.:.:.:.:/    ̄´    -=っ
;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;:.:/_____   __‐=く
;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:://     `¨´ `¨´
;;;;::ヽ:;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;::::/ \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
;;;;;;;;::゚、;;;;;;;;;;;::::::ノ:::{   \;;;;;;;;;;;;/
;;;;;;;;;;::‘,;;;;;;;;;;;;/:::}      \/
;;;;;;;;;;;::::‘,;;;;;;;;;;;;;:::::i
;;;;;;;;;;;::::::.‘,;;;/;;;;;:::::!
;;;;;;;;;;::::::::.:.‘,!;;;;;;:::::|
;;;;;;;;;;:::::::::.:.:.‘,;;;:::::::!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
固まっていると、横からセラフが飛びついてきた。

「二人とも、もう少ししたらチェックアウトの時間だよー。
今日の夕方には帰るって話だったでしょ?」

パイモンがヨシツネを連れて歩いてきた。

「あ、ああ、そうだったな。着替えて荷物取りに行くか」

「そうね」

答えはまた今度、と言わんばかりにメイヴが微笑む。

赤く染まる空の下を、五人で歩く。
来年の夏も、また来よう。メイヴの質問の答えは考えておくとして、
ともかく旅行自体はいいものだった。

メイヴがそっと手を出してくる。
今度は迷いなく、その手を握った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

640 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/19(木) 21:56:48 ID:vs7rMPQI0 [34/34]

             , _ -. 、, =‐
            _ゝ_)`ヽ ´ア∠ィ
          、__> `       ⌒ゝ
          `≧          、レi
          /ァ l \ヽヽ\\_ヽ ‐≦ ,
          |W ヽl 、ヽトlヽ lV^}`` ニソ
          l' { l\ トタ   lヘ|ソ   ア
             ヽトトl八     「ヽヽ| ト
              `i,r   /   lヘl、           セラフもそうだけど、なんで俺の水着AAがないんだよ。
                ゝ-ヘ.      \
                 /)       \___      俺の水着待ってたスレ住民一杯思うんだけど。
                /__  ,. -一         \
             ,  ´   `/              ヽ   打ち首案件じゃね?
              /                        l
               / ,                   |   「ねーよ」
           l /             , ヽ    ハ
           l{            / |    l
               '.ゝ           __/  ,  '.    、 l
            ||          一 /  |   | |
            ||   ,             ∧   | |
            | ,   ゝ    、        '  ゝ   丶
             j |        )     /   l r   、l
             / . |   (         {   |    ',
           ' __j    `          | 、   ||    |
                                    ~また次回~

641 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/19(木) 22:07:01 ID:gmNTTv9s0 [4/4]
おつおつ
さらし首だゾ

642 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/19(木) 22:42:27 ID:YJugUtw.0 [2/2]
乙~
野郎の水着なんて誰が期待してると思ってんだ(ただしアストルフォきゅんは別)

643 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/19(木) 23:07:29 ID:H2HTVwcs0 [1/2]
乙でした。
リクエストに応えていただきありがとうございました。

車内での様子と言い、何だか家族旅行みたいな感じだったw
あと、やろーの水着姿に需要何てないはずw

644 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/19(木) 23:08:12 ID:H2HTVwcs0 [2/2]
シリアスも良いけど、こういうほのぼの回も楽しくて良いな



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/07/20 10:30 ] 【R-18】雇われサマナーキル夫 | TB(-) | CM(1)
しかしメガテンでほのぼの回は、上げて落とす前振りの可能性を恐れずにはいられない(メガテン脳)
[ 2018/07/24 23:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する