クリックで開閉

【R-18】雇われサマナーキル夫 第十一話『破壊の天使』

557 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:26:57 ID:mz9JAuVI0 [39/73]

┌───────────────┐
│                     ...│
│   第十一話『破壊の天使』    .│
│                     ...│
└───────────────┘

558 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:28:48 ID:mz9JAuVI0 [40/73]

                    / /
                      / /
                 _/ /-―――
                    ,..:::/ /.:::´::::::::::::::
             /::::/./:::::::::::::::::::::::
                /::::::://::::::::::::::::::::::::::::::
            /:::::::/ ':::::::::::::r T:^ー―
             ;′:::/ 乂::::::ノ:::::..::::::::::::
              |::::::;′/ ′:::::::::Y⌒ヽ::::::
              i::::/ _/ 乂::::::::ノ:::::::::「`Y
           (_/ /     ̄ ー―‐t::::ノ
.           / /
          / /
            /  ′
        //


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
あるメシア教徒の手記。

【一日目】
フランス郊外の村で、一人の少女が確保された。
名前はオデットだったか、オディールだったか。
今では些末なことだ。

肝心なのは、その少女が神の断片の転生体である可能性が高いということだった。
少女は村で聖女として崇められ、様々な予言を神託として口にし、見事に的中させて
いたということで、メシアサマナーが調査に赴いたところ、以前顕現したことのある
神霊エロヒムと同じマグネタイト反応が確認されたとのことだった。

私に任されたのは、その少女の解剖と改造。
これほどのプロジェクトのリーダーに抜擢されたことを誇りに思う。

一日目は記憶の消去と簡単な洗脳施術のみで終わった。
明日が待ち遠しい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



スポンサードリンク


559 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:32:18 ID:mz9JAuVI0 [41/73]

           ‐t ニ二二= 、
      r‐<. : : : : :\   、 \
    / ̄`:...、 ヽ : : : : \    ヽ
ィ777777,癶ヽ、\ : : : : : : :.   }
////// ノ ノ \::\  } ∧  リ  |
´ ̄「{ー__/  /::::::::〉 У ∧   │
   、ー―一.:::::::::::/./ / |   | ,′
  八 ー――‐ ´/ /  _,|   ;″
_/  .\ ___彡=ニ     /  /
      >  _ 三二 イ___,/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
【二日目】
解剖手術が終了した。
結果、基本的に普通の人間と変わりはないものの、血液や臓器から検出された
マグネタイト反応が神霊エロヒムのパターンとやはり酷似している。

これらは保存し、失われた臓器は治癒法術で復元させた。

【三日目】
天使に実験体の臓器や血液を与える実験を開始したところ、
天使パワーが著しい適合を見せ、霊格の上昇が見られた。
その後、天使パワーは体が徐々に崩壊。その時神霊エロヒムと同じ
マグネタイト反応が検出されたことから、一時的に神霊への変異が起きたもの
と推測される。このことから、実験体を神霊エロヒムの転生体とまではいかない
ものの、その神性を宿していると断定。実験を進める。

【七日目】
実験体を依代に、神の降霊を試みることが会議で決定される。
これはこのプロジェクトの最終目標でもあったことだ。
順調に事が進んで喜ばしい限りである。

神の降臨が間近で見られる。神をその眼に焼き付けられる教徒など、
私たちプロジェクトメンバーくらいのものだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

560 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:38:44 ID:mz9JAuVI0 [42/73]

/////////////// }::::::| /::::::{/////////////////////////////////////////////////
//////////////ハ::::::l} }::::::(/////////////////////////////////////////////////
////////////////}:::::j/:::::r′////////////////////////////////////////////////
////////////////}:::::リ:::::::ゝ/////////////////////////////////////////////////
////////////////'i:::::l::::::(//////////////////////////////////////////////////
//////////////// l::::::::::::{///////////////////////////////////////////////////
//////////////// |:::::;::::::ヽ//////////////////////////////////////////////////
////////////////ノ:::::i::::::://///////////////////////////>──<//////////////
///////////////∧:::; l::::(/////////////////////////////       ヽ////////////
/////////////////}::::j::::{/////////////////////////// i:::..       i////////////
////////////////.ノ::/l::::^j//////////////////////////////::::::::::::::::.  l////////////
//////////////∧'::/i {::::f'//////////////////////////////////////////////////
////////////// ∧::::} l::::し//////////////////////////////////////////////////
///////////////〔::Ⅵ .}:::::{//////////////////////////////////////////////////
///////////////〈:::::, {::r'///////////////////////////////////////////////////
///////////////フ:::::l  }::::〉/////////////////////////////////////////////////
//////////////ノ:::::ノ  {:::{,,,ノ''ヽ/////////////////////////////////////////////
/////////////}:://}__,r-- }^ゝ--、::::::::.....__//////////////////////////////////////
//////////ノ'´//∧v⌒⌒////////////≧=――― <//////////////////////////
-―=≦///////////////////////////////////////// `  <//////////////////
//////////////////////////////////////////////          `<//////////
////////////////////////////////////////////                 <///
                                        r─ 、        `

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
【実験開始から二か月と三日】
実験は失敗だ。
我々が生み出したのは神ではない。
生ける炎。破壊の権化だ。

神よ。最後に一つだけ、祈りを聞き届けていただきたい。
どうか、私の実験が無駄にならないように。
この災厄がいつか、本物の神の降臨に繋がることを、切に願う。

(ここから先は焦げ付いて読めない)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

561 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:39:00 ID:mz9JAuVI0 [43/73]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

562 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:39:34 ID:mz9JAuVI0 [44/73]

        ,.'/___
      _ .{i'"州州州州≧ ー 、
     ,:州州州州州州州州州州≧、
.    ,州州州州州州州州州州州州i≧、
.    .i州州州州州州州州州州州州州ili≧、
    ,州州州州州州州州州州州州州州州il
.   i州州州州州州州州州州州州州州州il!
   V州州州州州州州州州州'州i'州'州!i!l}
    l州州州州州/ヾi州州州リ,/レ' l/¬,┐リ.         報酬は五千万。前金で一千万。
.    州州州州州/ヽ V州州lil==il//l/,l.'ヽ __
    V州州州州、ヽゝ!州l l!!'   !|//ヾl.l i,' /       討伐対象は今言った実験体や。
     V州州州州ヽ 〈 V l!       `´ ゙、!/ /
.     V州州州州! ー            , ' / .,イ        便宜上、大天使セラフと呼ばれちょる。
    ,-、彡州州州i! ヽ     ,.- 、  =/ ./==
   ,   ̄ ―-lリ._l!.   、   丶. 丶. i./  .{   !        ガキの姿をしちゃおるが、中身は神の炎や。
. ,.‐-'__       ‐ .._ > .  ヽ  丶.   、 .}
. !三三三三ニニ=- .._   `  _>_i      ;  ,'.!        生きて帰れる可能性の方が低いが、お前にも手伝ってほしい。
/三三三三三三二二二ニ=‐- ._  ` ‐ 、  ゙   ,' !
二二二二二三三三三三二二二=- .._ \    /         やってくれんか。
二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-ヽ_  {
二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニヽ、





                   ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
             ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y
           r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
           トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !
                | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ
                レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、
           /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi              一つ、いいかしら?
             /   /  ヽ卜辷r" :  "" { ! ハ    ト-ミ: ____
           √ァ’ /   トミ Ⅵ(  ‐.‐  人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ        「なんや」
          /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
       人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/      うちの事務所、禁煙よ。
  .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
 /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
/    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
    .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
 / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
 ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ウルフウッドとテーブルを挟んで向かい合う。
最初に入ってきた時は、ついにメシア教に潰されるのか、と死を覚悟したが、
どうも違うようだった。

ウルフウッドは剣呑な表情でアタッシュケースをテーブルに叩き付け、
乱暴に開けた。中には所狭しと一万円の束が詰まっている。

「どうして俺なんだ?」

「お前にはワイのサポートについてほしいんや。信用できる右腕が欲しい。
これは内輪揉めみたいなもんや。お前以外には外部には漏らしてへん」

「だから、なんで俺なんだって」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

563 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:40:04 ID:mz9JAuVI0 [45/73]

    /
   ´/ //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /././::::::::::::::::::::::/::::/:::::|:::::::|:::::::::::iヘ :|:::::::::|:::::::::::::::::::〉
.  // /::::::::::::::|::::::|::::/::::::::|:::::::|:::::::/| |::::}_::|:::::::::::::::::/
  i/ /:::::::|:::::::|::::||::::/ |:::::::|:::::ノ:::::/ |-―¨:::::|,-:::::::::/
    〈:::::::::|::_|!::::!:::l!-,|| ||::/‐}/――‐、} |:::::|   }::::/
      ゙、::||:::::::l/Vl:///l=|l//////////|ノ|::::|| ノ::::/
      、|ヽ:::::!//////  V/////////,l | |ノ...,´:::::|_, ――、       気に入らへんのや。組織の都合で作られて、
      丶i ヽ;ー―‐' |  ゙ー―――‐′`|_ノ|:::::::|
              `、   i             |  |:::::::|ヽ           組織の都合で殺されようとしている。
           `、  |          /    | | |: : : : : :
            丶 `ー _____,、./:::::    |: :: : :: :         大天使セラフちうても、元は十歳のガキや。
                / ` 、`¨       ,/:::::     |
           ノ   ヽ        /::::      |             記憶は消されていても、性根は変わらん。
       ―¨¨¨      ヘ , _ ノ::::::       |
                 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;        |





.   '//////////////l'///////////////////// //////////////////// !//
.   ,'//////////////!'//////////////////// //////// ,'///'/////// .!//
   l//////////////,!'///////////////////  /,'////// '///,/////// !//
   !'/////////////,l//////.///////////  //////./  '///,'//////  '//
.  l'/!//////'ヽ////l'/////-////_///'゙ /'   /"/////  ,"// '//////  '//
.  l! l/i////' ヽ \//!'////-////-//'‐-/'_   ,'゙/////   !// !' !////   '//
.  ! !! ゙,//   ,\ ヾl////_////,,.l'/_ ̄"''==ェ///./    l// !.l'///   /'/
   _.l!-Ⅵ_― ''''"" ̄ー ' !//ヽ l/   マ了,示ァl///=z、.__l'/  .!l///  //,.-z=
_.-ニ/        ̄""'''''''' ¬== ヽ ` 、 __゙ー‐'" !'//` 、 ̄l'! ̄ '.!// ヽ/'゙´         ……正直に言うで。
ニ/  _  _         ,..∠______i//__  |!- - !'/_,.  '   __
´  /      ̄ "''''' i―‐/二二二二ニニニニl'/ニニニ‐ 、 _!'___ , '"ニニ       メシア教の裏をかく。
.,/            ̄ |ニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二ニニニ
    _./丁 Ⅵ7T ''''' "´ l二二二二二ニニニニニニニニニニ/ ̄ ̄ヽニニニニ       あのガキを救い出すのに
  /   ー- _V/,!    .! .l二二二ニニニニニニニニニニニニ! i  ::::!ニニニニ
/       ( _.)   i l二二二ニニニニニニニニニニニニl  |  :::::!ニニニニ       手を貸せ。
    , ー- ..,, __ .ノ  ' 、 .!二二二ニニニニニニニニニニニl  l  ::::::!二二二
  /     .:     .{/,ヽ!二ニニニニニニニニニニニニニl   !   :::::::!ニニニ
 ´      ::.     V//lヽニニニニニニニニニニニ=‐"   l  ::::::::ヾニニニ
. '  ヽ      :.      lヾ'∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        l  ::::::::::::: ̄ ̄
/   、           l l'/∧
      ヽ        l  l//∧

564 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:40:43 ID:mz9JAuVI0 [46/73]

     ____
   /     \
  /         \
/     (●) (●)\     ……なるほどな。
|    (トェェェェェェェェイ) |
.〉     ∩ノ ⊃  /      そりゃ外部の人間に頼むしかねえわな。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「お前はなんちうか、大人の冷め切った部分と青くて熱い部分があるように
思える。世の中に諦めをつけてる一方で、根っこでは子供みたいに
『そんなのはおかしい』って駄々をこねてる。そんな風に感じられるんや。
だからこそ、お前なら信頼できると思うた」

「大体合ってるわ」

メイヴが肯定する。
それに対してはともかく、なぜそんな風に思うのか。

「アートマの件でな、思うたんよ。お前は命は尊いなんて綺麗事は抜かさんかったが、
それでもあの後しばらく腐ってたやろ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

565 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:41:07 ID:mz9JAuVI0 [47/73]

       ____
      /      \
     /         \       はあ……意地が悪いな。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |  (トェェェェェェ( /   〉|      お前、俺が受けるって分かってて来ただろ。
  \  \ェェェェェ 〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )





                              _, _
                             /::::::´:::::≠ゝ
                       ___l´::(´}::::メ、:::::::ヽ
                   /::::::::: ヾ‐-!メi`゚ヘ从::メ
                 /::::::::::::::::: ∧ `ヽ__rソ        交渉成立やな。
                 / :::::::::::::::::::::::::《| ∠_/
                 /:::::::::::::::::::::/::::::: || ヾ           じゃ、今から一緒に行くで。
                 X:::::::::::::::::::::Y´:::::::::::::::||  >
                 |∧:::::::::::::::ζ::::::::::::::::::|| /           場所は上岐田記念病院や。
                | :∧:::::::::::::∨:::::::::::::::::/
                 |::::::∧:::::::::::::∨::::::::::::/              あそこはメシア教所有の建物でな、研究所も兼ねちょった。
             |:::::::::∧:::::::::::::∨::::::::j
              |::::::::::::∧:::::::::::::∨ζ               今もボーボー燃えちょる。封じ込めで手いっぱいや。
             ∨::::::::::∧:::::ヾ::::∨:`ヽ
                i::::::::::::::::゙テ==ギ:::::::::ト、             さっさと片つけるで。
               |::::::::::::::: ̄ ̄ ̄:::::::::::::∧
              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧

566 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:41:20 ID:mz9JAuVI0 [48/73]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

567 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:41:50 ID:mz9JAuVI0 [49/73]

           ィ
.          , ィ./
.       ,イ /
..    /  ノ                ,イ'                           ,ィ
   /  /                 ' '{                                ,イ{
.   Z   ( , イてィ                  ,イ                              ト}ア ,ィ
.  /      ,ィ′                >                          '´. ´`´. ゙
て'  >-ァ ,ィ′                            ,ィ
'´ /  7'′                          , イ     , ゞ                  ,
t (.  ,ィ                      ,イ' (    /(  ,ィ    ,ィ , i'            /|
`-r'´j                         {   , ,} てyZ.   } ´{ィ/゙i        ,.ィ {
/´ィ て_              /         」  ,イ.゙     {_, イ    ィ        7,,,,}ィイ
゙ ′            , イてィ′         レイ.      , ィ       ′          ム. ,イ /
. ,イ           '´                     r-′ {_ y   ,イz ,ィ ,イ      '  {
'7                                 レ,ィ゙  ′      ゙´{_,イ }ィ       弋彡
 >              >z,         ,イ /!     ナ{ iZ , ィ 7      /,, ,、      ,,,,___
/            イ  7 ,ィ      ´  レ'  ` 、ィ´ ,'イ/´ ァ'.       レ'.  ,Σイ      /,ィ_
{                , ュ.  √     z.   ,ィ  , イュ彳  ,rzア レ'           r',ァ=i'/       '
7          '´ . /,イ         { ,,. ,イ/ェノ ゙ノt,ィ匕,           /イ.  リ
i'              ′ナ/レ      イ' ,イ ,'  z/{,ィ. {, イ´           マ、
...    彡  z_, ィ'´. /'.           ハ  i  /   ',i',                  ,ィ
 , イ     /, Z   ,イ ,ィ       i  弋、i..    ヽ            ,イ   r'(  ,.ィ
/  ,     ′ゝ'   } ゙`´,.      ィ'r゙     `      弋ュ、        ,ィ/   ヾ、`¨´
.  i     ,ィ   ,イ/i /.      /'. i     ,  ト、       ̄~゛'ー-ェ彡'´ , ィァ'  廴.    ,ィ
ィ  ヾ!. , イ/  ,ィ√ i!.    ,,,, ェ'´. ド!.   iハ i `ヽ、 _     r'´`´_,..-‐'.ア  ,ィ',.ィ''ゞ'^´
' イ      廴/i',イ  ,'!_,廴ノ  乙ィ ,!    ` ゞ|k=゙¬'´z_>   ` ー'´   ゞ彡ゞ´
',       (  `レ'  } ,ィ.        マ      マ`ヽ、    `ゞ==Z.       イェェェァ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
人払いの結界を潜ると、そこは火の海だった。
視界の端々に死体が映る。肉の焦げる匂いが鼻腔を突き、吐き気を覚えた。

病院は既に廃墟の体を成しており、原型がほとんど残っていなかった。

「おったで」

その中に一人、佇む少女がいた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

568 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:44:34 ID:mz9JAuVI0 [50/73]

                                        __,,. -‐…‐-  .,
            ____                         . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、               /.
                  `丶、 . . . . ‐ ミ                  /:::;: -‐…━‐- ミh;:::::::::::::::::::::\          /. . .
                     `丶、. . . . `丶、          /:::/          `、::::::::::::::::::::丶      , . . . . . .
                     丶、 . . . . . `丶、       j:::/ /⌒¨¬=‐,、- ミ  ';::::::::::::::::::::::::: ,    /. . . . . . .
                      \ . . . . . . . `丶、   l:::}'′,/l    , _/_ \ 、 \}::::::::::::::::::::::::::′  \ . . . . .
                        \. . . . . . . . . .\   |:/ ,斗+ / /jノ __ ̄Ⅵl  }:::::::::::::::::::::::::|    \ . . .
                         `、. . . . . . . . . . \j'/ /{_j//   ィ芹圷刈 八::::::::::::::::::::::::|       ' . . .
                            `、. . . . . . . . . . .i|k犲苅     ビン 1   ;::::::::::::::::::::::::|      }. . .    ……だあれ?
          _______            `⌒\ . . . . || l { ヒン        |/  i::::::::::::::::::::::::|      }. . .
  _ . .-‐= . . . . . . . . . . . . . . . . . =‐- ミ         `、. . . . ;^l人}  ′       厶 |::::::::::::::::::::::{     , . . .
――――-  ., . . . . . . . . . . . . . . . . . . . `丶、     `、. . { 、 八   ー '′     | ;  |::::::::::::::::::::::::::.,    ′. .
            `丶、. . . . . . . . . . . . . . . . .{{         }. . . :`、 个: .    ,.  _」′/|i::::::::::::::::::::::::::|    /. . . .
                `丶、. . . . . . . . . . . . {{  . -‐==}i. . . : :}V/ ; `¨fiチz ̄::::::}   八::::::、:::::::::::::::|  /. . ./:
                    `  ―- ミ. . . . .V. . ,xァ=___\. . : :}};′ ;   r{{)=-‐  7 / \_、:\::::::::::::| /. . ./:.:.:
                             \ . . /::/      `、 /:} ,.厶イ⌒V   ;′ ; /⌒\::::';:::::::::〈 . . . ,:.:.:./
                          〉. . : : '        }/::::; }  { じ }}   ,.|  {::::;::::::::::::ト、 :::::::::::′. .{::::.′
                __       |. . : :{         /::::/ 仄 人 人 彡1:.  |;/:::::::::::::|:i`、::::::::::::, . .{ {
              /. . . . . . ` ―. .―┘ . : {      /::::/  ′≧=-‐≦::::::::}i:  |i:::::::::::::::|:i:i:i`、 :::::::′.、::
        _,. . .-‐≠. . . . ‐ ミ . . . . . . . . . 丶. : 、     ;:::::; i|:::::::::::::::::::::::::::::从  |!::::::::::::::|:i:i:i:i:i`、::::::::,. .`:.、
 _ . .-‐. . . . . . . /. . . . . . . . . . . ). . . .-‐ァ━┐ . \-ミ   {:::{ ∧|::::::::::::::::::::::::::::::{::::\l:::::::::::::::|:i:i:i:i:i:i:i:\::{. . . .\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
金髪の、修道服を着込んだ少女だった。
表情は穏やかそのもので、今しがた病院内の人間全員を焼き殺したとは思えない。

「助けに来たぞ」

「助け? わたしを?」

少女は首を傾げる。どうやら敵意はないらしい。
ウルフウッドの作戦ではこうだ。

「大天使セラフと交渉しろ。ワイは悪魔交渉はさっぱりでな、お前に頼みたい。
セラフが戦闘態勢を取るようであれば、ワイが応戦する。
お前はひたすら呼びかけろ。降伏するようにな」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

569 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:45:06 ID:mz9JAuVI0 [51/73]

          /::::::::::::/ ̄     `丶、:::ヽ:::::::::::::ヽ_
.          /:::::/:: /            ヽ::::\:::::::::ュ 、ヽヽ
         /::::://    _  -―-  _     \:ヽ::::::.|    }
.      ┌,へj:::::イ    イ  ./     / 7, ヽ 、  ヽ::::::.|  |
      j /´〉:/  , イ | | _,.ム,     7ュ、'_|  } \  ! .|    |
        /  / (::イ´| 」イ / |i    / |/ 「ヽ ハ    `| .|   |
     /  Y:. i/  ,イ´| ハ.| !i  /≠-_ 」 / `ト、 .| 八.   |
     |  卜:::li ./ | x≦ミ八/  ."¨, ≧ミ、 | ヽ} |::: i  .,'
     |  |:::li   |〃 だヽ         |:::::::ヽ ヾ ./ .|:::::::i  ',       なんで、助けるの?
     |  |:::|   《  b ゚::::}      P ゚ 。} 〃/  |:::/   ',
     |  |:::|!  从  ゝ:ン   i    ゝ=ン .//  }/:{     .Y      「なんでって……このままでいいのか?」
     |    八  |、             ,イ'   ,イ::: ハ    }
     |    /.:「\ .! ヽ     '⊃    イ|   i::::::| `   イ      ……わからないの。なにも。
.      |   }::::ヽ:::ヽゝ  |!>  、 __  <  ノ .!   ,'::::: |  /::::|
      .|   }::::::::::::::|  |{      ヽ==     |  /::::::::| /:::::::: |      ただ、わたしのこと、いじめる人たちがいたから……
      ,へ ..ノ::::::::::::::::|  .八            | ,イ:::::::::::',::::::::::::::ハ
     .i:::::::::,'::::::::::::::::,  /:::::ヽ           | |.|ヽ::::::::::',:::::::::/:::      気づいたら、みんな燃えちゃった。
      i::::::/:::::::::::::::/ /:::::::ィ::::\       イ .|.|::::\:::::::',::::/::::::
     ヽ/:::::::::::::::/ /''7  {::::::::::≧x---x≦::::l |.|::::::::::\:::V:::::::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ウルフウッドはパニッシャーを起動し、それを肩に担いでいた。
構えてはいない。今のところ、交渉は順調に進んでいるからだ。

セラフは無垢な瞳で自分を見据える。
喜留夫は確信した。これはただの子供だ。
組織によって悪魔へと変貌させられた、哀れな子供。

こんな子供を殺させるわけにはいかない。
男として、加賀喜留夫として、こんな子供を目の前で死なせる気はない。
許せるはずがあるものか。

「大丈夫だ、とりあえずこっちに来い。お前をいじめる奴らから離れよう」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

570 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:45:27 ID:mz9JAuVI0 [52/73]

 ー==ニ7/////////////////////////////`ヽ//ハ}/L..
     >//////////// |///////////////////////ハ
  -==ミ´/////////////ハ.|////////////////////////∧
    ///////////////,斗//!|!//////////ム、/////////
  /'///////////'|,//x≦=ミ、リ|/////////:´,へ\////////
//////////|/// ! / (・) ノノ|'//∧/// | { ゝヽ\//////
´/////////' |//、`|/ `ー=彡'  !///  V//,|人`ヽ }  V/////
〈////,ハ//ム. |/   ′       l//    Ⅵ/! ーヽ   ノ/////
. ∨//,| |///} ′     ∪  ノイ     八,|  r‐} ///////        このッ……クソボケがッ!
  ∨/,| |///                        ,〈////////
.  ∨,!人/                      ヽノ ∨//////         余計なことしくさりおって!
   Ⅵ  `ヽ、丶    ..  ̄`_、       :     Ⅵト、///
    リ}  八  _  -‐   へ/  ハ       |     リハ V//
         :. \、rー ´ __ -‐'        l          〉´
          、 ヽー ´               ノ       /
              \                     ′
                \           .. ´       /    /
                ヽ      ∠ へ      /     /
                 .     /    ヽ、  /       /
                 ー ´        /       /
                           /_         ′
                        入  `ヽ、   |
                      /  \   丶   |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
セラフが一歩踏み出す。
よし、そのまま来い。そう祈りながら手を広げる。

すると、一発の弾丸が風を切り、彼女の脇腹へと命中した。
発砲音の下は、瓦礫の下だった。死体だと思っていた人間が、
震える手で拳銃を構えていたのだ。

セラフを中心に炎の渦が巻き起こる。

すかさずCOMPを起動し、メイヴとパイモンを召喚する。

「パイモン、防御!」

パイモンがふうっと息を吹くと、それが冷気となり、自分たちを包むように広がると、
瞬間的に周囲が凍結した。氷の壁だ。

魔力でできた氷の壁。普通なら溶けることなどない。
ないのだが、その壁を炎が突き破ってきた。
メイヴとパイモンを両腕で抱きかかえるようにして庇う。

炎で焼かれる前に、熱風で吹き飛ばされた。
それでも、背中が焼かれる感覚が脳髄に走り、悲鳴を上げる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

571 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:45:57 ID:mz9JAuVI0 [53/73]

                                                       ,.'   ,.'    ,.
                                                        、!   ,-=‐'" ,
                                           ,..,、            ,'-= '" ,. <-‐
                                          //////,ヘ,.-,. ‐,.、― '" ,.ィ ,┐:::::::::::::
                                       ///////, 'ヽ-//////∧l!r;;;;;;;;;;;;;,‐ァ- ̄
                                      /////////,' ,ゝレ V/////,ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-`
                                       /`\'///_ヽヽ {  !/,、/.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
 ̄ - _   }ヽ    ト、   ,.  / _. ‐'" '''¬==―-,..,¬_.r,' ,、 /二ニ=ェi. !_ーヽ///,\、{;;;!l;{リ!;;;;ヾ!i\      こっち向けや!
      ゞ  ヾ ゝ' ヽ ,. / w/"_       _ ‐_, -- ∠!」_r‐ -ゝノニニ=‐ ̄     ̄ ̄  ,.アl. /"ソ'゛ l///\
‐- _        `   ゞ/   'イ, イ  ̄ ̄   l_ニニニニニニニ=- ̄___      >''"   !ヽ´/,-‐、.l'////
    ‐=、       "  / ./.,‐-   ,._{::::::::::::_―--i二l二ニ!        ̄ ̄ l     ,>'゙///////////
‐-  __,.ノ 、_、..        ,.'  ,.. '":::;:. '" _. ‐ !:::lニ-―-L--   .....,,,,___l_>'"/////////////
     ̄ "          ,./ '":::;:. '" _. ‐      _.l ̄                〈//////////////// ''"
                 :::i''"‐-, ‐       _ ‐                  ∨/////////////
_,,.. -―=               l   .|  _ ‐_,..                    ,V////////////
,. ,.. '"                  ' ―‐'" 、ゝ                     ////////////,{
'"  ,. .''"                  {,、ゞ               ┌7777///////////////,\
 '"     ,         i       !   !                 ,.,.!///////////////////////,\
.   ,. '"     ,.   /      .! ,.,}              ,. z7////////////////////////////,\
.''"   ,.., ,...、   /'     !  lヾ        __,.,. z7////////////////////////////////////`, 、
 ,.''",. '""   .ノ ./ / ;    .!  l.!      ,.ィ7////////////////////_∠∠∠∠∠_/////////////////ヽ、
"  '"     /./  ./ l!    !  ,l!     ,ィ/////////////////,.-‐'"´            ̄ '‐= 、'///////////
        /"   / , '"` 、/`i .l!  , ィ'///////////,.-‐'"                       ` ' ‐= '/////
       '    //    ゛ l l!ィ'/////////,..'"´                                ` ー-
           /" __,. ィ77",l.!//////,.''"´
             ,ィ//////////リ/,.''"

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ウルフウッドがロケット弾を発射する。
花火のような音を立てながらロケットが飛んでいき、セラフの足元で炸裂した。

だが、効いている様子は微塵もない。
あれだけ炎を吹かしている相手に、爆炎が効くはずもない。
むしろ炎の勢いが増している。吸収されているのだ。

「喜留夫! ここは退くで! ワイが注意を引いてる間に先に逃げろ!」

「待ってくれ! もう少し粘らせてくれ!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

572 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:46:23 ID:mz9JAuVI0 [54/73]

         ___
       _,. '´      ̄`、
      /   u.      \

     |  (●)ililili (●) u, |       聞いてくれ! 俺はさっきまでの奴らまでとは違う!
     、   トェェェェェェェイ    /
      ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、       俺はっ……
     /               ゙ヽ、
     |   `-、、            ヽ
     \    ヽ        ハ
       ヽ    l       l

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
パイモンが必死に氷結魔法を詠唱し、メイヴが回復魔法で喜留夫の火傷を
治療する。

それでも、パイモンの氷結魔法はセラフの炎を相殺するには至らず、
回復魔法による治癒がかかっているにも関わらず皮膚が焦げていく。

体を炙られ、その場に倒れ込みそうになりながらも、炎の渦の中心に佇む
セラフへと呼びかける。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

573 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:46:43 ID:mz9JAuVI0 [55/73]

         /: : : : : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          /: : : //: : :/: /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : :∧: :: :: :: :: :: :: :: ::
        /: ̄:゙i__/: : : :/: : /: : : /: :/: : : : /7: : : : : : : ィ::/ ∨: : : : : : : : : ::
    / ̄二二二二`ヽ、:::/: : : /: : イ: : : : //: : : : : : : ///  .il: : : : : : : : :: ::
    i: ://二二二ミヽ: :i:/: : : イ: / /: : : ://: : : : : : : ///  __ll∨: : i: :: :: :: ::
    l: i::f/r‐──ミミi:i:::l: : : ミ//ミ/://://: : : : : :: ::/ l/-=ニ-ll¨l: : ::l: :: :: :: ::
    l: l::i:::f//////7li :i::l: l: : /7/=tォ≧ミ/: : : : :///彡'≠tォPjヾ l: : イ: : イ::: ::
    l: l::k::∨//////:/l::l::l:::/ ∧ ゞ、ツ__//7: : :///  ´__ゞ_ ツノ l: /l: :/l:: ::/
    l: l::l:ヽヽ、三彡'/: l::l::l/   `  ̄ .///: : ://′       ¨´、. レ'/∠ l:::/
    l: l::l: : `ー─‐'': : l::l::l i // / i  /' /: /i        `ヽヽ /〃 /l::j        ……待たせたな。
    l: l::l: : : :: :: :: :: :: ::l::l::ト,l       /:/ ..l| l          j´,,.イ .l/
    l: l:l: : : :_,.二.,:: :: ::l::l::lト、         l/  i: l| !           l¨l/           調整に手間取ってしまった。
    l: l:l: :f´     ヽ:::l:l::l l! ',      /   ヽl! .,         / .l!
    l: l:l: :{   O  }: l:l::l   ト.      ____       ,.イ
    l: l:l: :ゞ、   ,イ: l:l::l   lヘ\    /二二二二ミ、    /ll:l
 ,.-‐┤::l:ゞ、合ニニ金::ノノ::l_     〉l \    ──‐     ,.ィ|//
´ / l: : ゞ、三三三彡': ::ト,ヽー/ .j  \          / jヽ、
r'" ̄ニゝ、_____ ノ  ̄`ヽ l     \       /   /i ヽ
    `ー‐┤:::: ::├─ 、.     / l        ゝ、_ /    .l l   ト、
        l: : : : :l    i___/  l                 ! l  l `ー、_

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
その時だった。
後ろから轟音が響き、何かと思って振り向くと、拳銃を構える葛葉雷堂と
赤黒い炎を纏った弾丸が発射されるのが見えた。

「おい、炎は吸収されるで!」

「承知の上だ」

葛葉雷堂は続けざまに二発、三発と炎の弾丸をセラフへと撃ち込む。
もうだめだ。次の炎の爆発で皆死ぬ。そう思い、セラフの方を見る。

そこには燃え盛る火柱ではなく、弱り切ったセラフの姿があった。

「紅蓮の魔王ベリアルを魔弾にしたものだ。如何に強大な天使とはいえ、
神格そのものを穢されれば弱体化は必須だろう」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

574 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:47:29 ID:mz9JAuVI0 [56/73]

                                                                  _       |    __,__
                                                                    //       |  ヽ| マ   .い
                                                               . < . /      l   /| 用  た
     , --ヘ                                                   , <     /       l
    /      \                、                        ,イ ./|   ,     ./   >‐ '        〈.   l   ヽ
   l    __,__   `ヽ          `ヽ、   \                   // レ ///´ / > ´     _, -ェ=二}.   レ  l
   /  ヽ| マ  い  }       ; ,x<ニ≧: .ヾ\                    レ  //<ニ>< _, . -‐≠ニニニニニ二/     ・
  ノ.    /| 用 . た  |      ‘,` <>‐ミヽ〈ニ\                  /ニ//⌒ヽニニニニニニニニニニ> ´ ノ.     ・
  |              廴__           }ニニニヽ            /ノニニ/     }ニニ´//   ̄ ¨ - ´_x≦-┐      ・
 〈      l  ヽ     /⌒ヽ     __   /ニニ>‐;ゝ  …_・ …, ´⌒ヽニ弋    /ニニ/´  ̄ `ヽ       ´ ̄ > V.     ・
  }.    レ   l    /          /ニ辷≠ニニ/    ,’/: : : : :`ヽ ‘,  ,\ニニ=イニニ/_,. :ェ: . . _ ‘-=ニ> ´     ヽ    ・
  l           {        ; \>ヾニ廴、~, ; /: : : : : : : : : : . ゞ  ,:ヘィニ/`ヾニニニニニニニ≧: .         \   ・
  }  ┌‐┴─    ヽ             〈ニ>ミ\  : l:l: : : :l /: : : : }:  `ーxニゝ-イニ/` <ニ>―ヽニニ二≧x         ヽ _ /
  /  ヽ|   マ   .い  \          `´  .}ニ} ;l:l:i:_ :イ: : : l :|| ; トl   }ニ∠二 --. .、
 l.    /| |三|三|         l      . <¨ -- 丿弋  l:从: : | : : : | : |、l /弌._ ノニニニ ニニニ≧: .
 |     /.ノ  |  |  た   ∧  . <   /  r―ヾニニニニ〉|:V込} : : ;仆':i:}!ニニ辷ニ〈¨⌒ヽソ `ヾニメ:ニ\
 |                  ∧´    ,: ムイ ,ノメ∠r7/ ;{:i〉‐:i:`7´_ ヌ:i:{ハヽ='′¨´,;  \;へ._V  \ヾ〉
 l     |    ヽ          ll   /´ ,;’ ‘・    ,/ / j:i/:i:ヾ´;i:-:i:、l:l:ヘ ‘,   ¨         ,` < ヽ.
 V      |ノ  |       |`¨´ ‘          ノ;ィ' : }:{;v^ヾ:i:|:iィヾ:}:{`ヾ:、;           ‘ ;  }≠ \
  }         _           |          r≠¨´ノノ_j:ト{_,.n{:i:i:i:トn,{:iト廴_ ヽ、                └‐- 、\
 |   ┌―┘└―┐    |         `(  ̄≦:i:i:i:i:リ'´ノ:i:i:i{ Y:i:i:i:i:≧x `                 ーヽ
 |  ,.、| 「 二二二 ´ レ ヽ   l                ̄三圭ゝ佳圭ヨゝ佳ヾl三´ノ
  }  ヽ〉| | _二ヽ∠、       /               ̄三圭圭三三圭圭三 ̄
 {  ノ〉| | ||三||三||  ナ‐  }                     三三三三三三三
  V `´ノノ || ̄ll ̄||    `  }                     三三三三三三三
  V                  /                二三三三三三三二
   l   「 |   r 、    /                  二二二二二二二
   l.   Ⅵ   ヾノ    /                  二二二二二二二
   V    ヾフ      l                  二二二二─
   l      ○      /                   ─二─
   V           /
    l     ○     l
    V         /
     ヽ.    ○  /
      \ __ /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
セラフの漆黒の翼がぼろぼろと崩れ落ち、炎が勢いを失っていく。
震えながら膝を突くセラフの体は、マグネタイトへと帰化しはじめていた。
緑色の燐光が彼女の指先を包む。

「おい、大丈夫か!」

駆け寄り、セラフを抱きかかえる。
そこに、拳銃を構えたままの葛葉雷堂がにじりよってきた。

「そいつを放せ」

「断る!」

「この惨状を見れば分かるだろう。こいつは破壊を撒き散らす殺戮の天使だ。
生かしておいたところで百害あって一利なしだ。こいつはここで始末するべきだ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


576 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:48:29 ID:mz9JAuVI0 [58/73]

            - ─ ==─ - 、
.       /                \
      ./                   \
     /                   ヽ
    /                    ハ
   .|                       |      始末だと?
   丶 ( ○ )      ( ○  )      |
    . ヽ                      /      「ああ。ここで死ぬべきだ」
     .\トェェェェェェェェェイ    ./
      イ                 \
    ./                    ヽ
   /                        ヽ
    !                      i


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
自分の中の何かが音を立てて壊れた。
臓物が煮えくり返り、血管の中の血液がマグマに入れ替わる。
ああ、そうか。自分は今、激昂したのだ。

「ふざけるなよてめえ! 生きてていいとか死ぬべきだとか、てめえが決めるのかよ!
誰が決めていいものかよ! こんな、親の顔も自分の名前すら知らないガキを、
その時の都合で殺すのかよ!」

拳銃を抜き、葛葉雷堂へと向ける。

「いいかクソガキ。命には確かに価値がある。生きてていいやつもいれば死ぬべき
やつも確かにいる。けどな、それを決めるのはお前じゃねえし、俺でもねえ。
神にすら、そんなの決める権利はねえんだよ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

577 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:54:21 ID:mz9JAuVI0 [59/73]

          ____
         /     \
       /         \
     /     (●) (●)\       俺と来い。
      |    (トェェェェェェェェイ) |
     \   \ェェェェェ/ /        俺がお前を守ってやる。
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ       お前が自分が何者か分かるまで、そこから先の生き方が決められるようになるまで、
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /         俺がお前の命を守る。





       ____
     /     \
   /         \      だから……生きろ!
  /. u   (ー)ili(ー)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |     誰がなんと言おうと、お前の命はお前のものだ!
  \   \ェェェェェ/ /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
消滅しようとするセラフを強く抱きしめ、呼びかける。

「無駄だ、そいつにそんな言葉は通用しない……」

葛葉雷堂が冷たく呟く。

それを否定するかのように、COMPの画面に「New contract accept」という
文字が表示されていた。

セラフが微笑む。

「ありがとう、なんだかとっても、温かい」

「こちらこそありがとな。俺の名前は喜留夫だ。お前はこれからセラフだ。
これから何があろうと、俺たちは一緒だ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

578 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:56:26 ID:mz9JAuVI0 [60/73]

          /ィ::::::::::/::::::::::::/::/::::::::::::::::::::}::::::::::::::\:::::::::::::ム
        /:/::::::::/:::::::::::::::/::/::::::::::::::::::::::':::}::::::::::::::、\:::::::::::ム
       /´ ,::::::/::::::::::::::::::/::/':::::::::::::::::::::/:::∧::::::::::::::V::::::::::::::ト:.、
        ,.:::/::::/::::::::::::::/:::/':::::::::::::::::ア:/::/  V:::::::::::::v:::::::::::::i ヽ
       ,.:/ ':::::/:::::::::::::/}::/,':::::::::::::::ア// j'_,.斗ミ::::::::::::::}::::::::::::::!
      /  |:::/:::::::::::::/≧x,':::::::::/:/_/孑示ミx }:/::::}::/ ヽ::::::ト:、
           /!/,':::ハ:::::〈乂hタ:::::::/:/ /' 乂hタ丿j' !:::ハ' ノ }|::{:リ      馬鹿な。報告では、交渉の余地はないと……
          | ハ::ハ::{ ` ̄,::://'   ` ̄ ´  .|/ /⌒ 八j'
            '  v!   /´ :/          / r‐' ,.イ!::/
                八    〈        u.   r‐彡/.j/
                、   `          / /:!ハ{、
                ヽ   '  ̄ ヽ    メ .イ :|' } i
               / \  ~´    //  |ノ  |
              /_    iヽ    ,。s≦   /   \
              /⌒v   |   ̄        /ヽ、    v-、
          >'",   ,   /          j   ハ   {ヽ ヽ'<
      >'"´   ,  /,  {            ,  ,:ム   ', ヽ \
    /'       / / /   :ト、        , -!  /'" ヽ  ,





                  ,.、-:::丶,.:ヾ: :../:... _
              ,.'‐':'`':::::::::::\::!/: ̄::::丶
              ,/::::::,./::::::::::::::::i'::::::::::`:::::::::::ヾ:
            ../_/:::::::::::::::::::::::::::/::::::`::、::::\::ヾ::ヽ
            /::/::::::::/::/:::::::::/::::i,:::::::'::::::::'!:::::\::':,
            /:::::::::::::::::::y::::.j://l::/:;i':::y:i:,::丶::::::::ト::::::、
           ,'/〆::::,':::::/'!:::/∥ .!.!:/!:::i'l:i';:iヽ:!i;:::l:::i:::l:!'
          ,''::::::::::':::::,l__l/__'_, !/ _!::l,_’;!__':i リ:|::|::|:|'
.        '.|ハ::l::::!::l:::!'//////l━l,ヾ!////リ`!:Νリ:j'
           |'::|:::i::|::l//////,!.:|. !//////,l .!':.!:iY:|'         ま、世の中何がどうなるか分からんちうことや、若いの。
.               γi|.!::l ̄ ̄ ̄.:::|  ̄ ̄ ̄ ' l!ソ.j!リ
              ','j' !:|     ':;L,  .;;'     i' //           さ、事後処理始めるで。
.              ヽ ':!.       _ , ,》 ,.  .ノi;:;"
                  仆  ー ' ,二'," ̄   / |l;'
                    \           / |;:._
                   ';\,    /   才 .\.
                     | .丶--‐'’  x<    .〉._
                /',       x<       /ニ二ニ- _
                 /  i     /          /ニニニニニニヽ.
              /     |   /         /ニニニニ二二二\
            /       | /             /ニ二二二二二二二二\
             ∧       / |`ヽ           /ニニニ二二二二二二二二\
             / ',    /   |   ヽ        /ニニニニニニ二二二二二二二\
         /  ', /    l _.-ニ\    /ニニニニニニ二二二二二二二二丶

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
こうして、大天使セラフは自分の仲魔となった。
正直、メシア教からの印象はよくないだろう。
だが、これから先、この選択を後悔することは決してしない。

目の前に救える命があって、それを救った。
それを自分は誇る。

十年前の後悔を、もう二度としないために。

「無茶しすぎよ、もう」

「そうそう、かっこつけすぎ」

メイヴとパイモンに肩を貸されながら、喜留夫はその場を後にした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

579 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:56:36 ID:mz9JAuVI0 [61/73]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

580 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 21:56:51 ID:mz9JAuVI0 [62/73]

             ,......::::::::::::: ̄::::::::::-..._
          ,....':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.        /::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::;  ' ´      ¨ -::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::/  ___       ¨ヽ::::::::::::::::::::::::.
.    /::::/ ィ´ . ! !:   ̄丁 ¬ - ._  ヽ:::::::::::::::::::::i
    ':::::;.イ .| :| | |    ! |、\  ヽ\ i!::::::::::::::::::::|
    |:::::;' | | :| | |   ハ.| \. \  .| .:!`!:::::::::::::::::::|
    |::::i .:| | :| | |  .!/ ||___ \| ::! !:::::::::::::::::::!
    |::::|  | | :|,.ム- .:|. ´!!    \ ̄|.::| |:::::::::::::::::::|
    |::::|  /! :!/ \ |   |! ァテFホォ,! :| |:::::::::::::::::八
    |::::|  | | :|イ于ミx!     ∨ヒソノ ノ 人::::::::::::::::::ヽ
.    八ハ .! ! :!ヘ.V斗'         ノイ!  \::::::::::::::::ヽ
   ' ::::::::从 .| :| ∧    ヽ   _ ,    /| 人  ヽ:::::::::::::::\
   |:::::::::ノ .ハ! :!.  > 、 ー=ニ ´  ィ__八 \ \::::::::::::::ヽ
   人::::// .八|≦=x,,  ≧ - <::{{==}}:{、\ \ ヽ:::::::::::::::\
  ':::::::// ///::::::::::::::\    \--|||-ノ `¨ヽ  \\:::::::::::::::ヽ
  j::::::// ///::\ ::::::::::!ヽ     ` 《》    \  `. .::::::::::::::'
  |:::// // :|:::::::::\::::::|:::\      《》    ノハ  i i:::::::::::::::::|
  |// // .:|:::::::::::|::::::::|:::::::ヽ    x===x  //  i  :| |:::::::::::::::::!

【名前】
セラフ
【種族】
大天使
【レベル】
99→70
【属性】
Light-Law
【相性】
火炎吸収 呪殺・魔力・精神・神経無効 破魔反射

氷結に弱い 火炎吸収 呪殺・魔力・精神・神経無効 破魔反射
【能力】
力-A 魔-EX 体-EX 速-EX 運-EX

力-B 魔-A 体-C 速-C 運-C
【スキル】
メギドラオン ピュリプレゲトン 真空刃 終わる世界 セラフィックロア 漆黒の蛇 天罰 エロヒムの光

メギドラ マハラギダイン マハザンダイン アカシャアーツ マハンマオン 漆黒の蛇 天罰

【備考】
喜留夫の仲魔。物語中盤で仲魔になる。
メシア教団による神の降霊の実験の結果誕生した悪魔。
姿形は生贄となった神霊エロヒムの神性を僅かながらに宿すメシア教信者の少女から形成している。

581 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/14(土) 21:58:54 ID:oGcbSs/Y0 [1/2]
大分劣化してるな…それでも強いけど

582 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 22:02:42 ID:mz9JAuVI0 [63/73]

         ____
       /      \
      /         \        というわけで、仲魔になったセラフだ。
    /   (●) (●)  \
    |   (トェェェェェェェェイ)   |      はい、挨拶しな。
    \  \ェェェェェ/   /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




           ,. -―――――‐-=、
.         /: : : : : : : : : : 、 : : : : : \
.       /: : : : : : : : : __il:.: : : : : : \
        /: : : : _, -= ̄.-=弌 : : : : : : : : \
.    /,ィ_, -=          \. : : ::. : : : :.゙、
    /..:r=‐       __,i-< ̄ ̄ \ : ::::. : : : :ヽ
    |.:::| ,==-_,=' ̄ i |  \   _|ヽ :::::::. : : : `、
    i::::j,=-イ゙¨| |   .|.| |, -―`< |i ヤ..::::::. : : : ::i
.   |:::::}' i | l .} }、  iハ .ム- ., ィ=ミ、li ヤ ::::::: : : ::::|
.   |:::::| l |_i-Ai-ヽ .i| i/ ' ´∧:゚ d:::}. }、 }、 .::::::. : :::::i
.   |::::i | | .| i .,≠ミ|     ゝ゚"´. i ./ ヤ..::::. : :::::|        せ、セラフ、です。
.   |:::i .| .i゙、`ilV::b ゚j:i:゙         }/i /i.:.:::::. : : ::i
.   |:::| .|、| ヘ . ハ. '"´  丶    u. イ/ /i::..:.:.:.:::.. : ::|        よろしく、ね?
.   |:::| .|i. i  `|... 、     っ  ..イ:i /i:;;;;_:_::::::::. : ::i
.   !:::i 八 ゙、 . | .i  >、  _ , イ_ミil| i  _>、 : :::|
    }:::!':::::トヘ i  |__i_l/  }7ヒソ=彡" / ∥: : : :i..:::::i
    }.:::::::::| |i、|、 i'::::::|i    >ミ'7  /  i /i: : : : : }、::::|
.   j.:::::::::i  | i ヘ|:: : :ミ、   }jニフ /  |'': :|:. .:: : : :}、::::i
.   /.:::::::::|i  |.| .}::. ::,'゙ii ,'i⌒i、 / i  i:. :/: .:::: : : i、:::::ヽ
  /.::::::::::/|  i,'  i: : }': :゙ミ_,'i^'i、7  .|  {:<. ..:::::: : : :{、`i:::
. /.::::::::::::i .l ィi  .|: :/: : : : : ̄:7/  i  |: :゙i. :::::: : :'´.:| .ヾ
X'__::_:,、:{__V:}' , i: :i .:::::::::.y'../A  .{ .i: : :|. :::: : ::: : :i 、、
゙::,. ゙:;.. :.、:::..ノ ,i | : }.:::::::::::i.:::i.(:::i  |i |: : :i. :::' .::' .:| i |
::,. ゙::.,. ゙::, ::./ |i /: 人::::::::::`::| ヽi  |i./: : :.゙、::' .::' .::ヽ i
:.. ゙:., ゙:;::::i ,、 /i .l/ j´゙::::::::::::::ゝ、_  ヾ、: : :人:' .::' :::: ::| |
:::::.:::::.. ゙//.i/::| i rt'゙;_::::`::::::::::::::::.`i  、i: :/ .}'.::  :::: ::_ゝ
゙:::::::::::::...i { /ー.{ |j'::.^ :::::::::::::::::::::::::::.| i l |:/  .{'.::::  :::: .::::i
..゙::::::::::::::`}.' :: : {'|:::: .::::::::::::::::::::.,=彡i | | |'   }.:::::.  ::: .::::|

583 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 22:05:24 ID:mz9JAuVI0 [64/73]

      /  /  .ィ     ヘ ∧ l\ ,、   l\ト、l     ´ -‐'/
     / イ  l   / ! /l /l ./ リ l l  ` \  l         ヽ/
     レ. l.  リ∨ レ リ l/    `  !   \l    ト、l\,、‐-ゝ_
       ∨.     l l /    、  l ト、  、 ト、」    ` ‐--/
    _ ∠    l l l /  ,、   ヽ l. l \ ヽ\       \´
    ` ‐--/   l ∨.l l、/ ヽlヽト、\',」\ `ト    \ ―- _>
         l/ヽ/リヽ l  l' l' /\.  、\`\l`>、\ ヽ, ヘ <_
         l/     l l ! ト‐-ヽ. .lヽ ヽヽ≦-‐rァテ、l l ヽ_フ´
         ヽノ  l  リ、ヽ! -‐tテ、l ̄ヽヽヽTTT T 「 .l//`              え、なに? 今回俺完全に蚊帳の外なんだけど。
        -ニ_/. !l.  ', ヽ! ̄  ̄´   \ヽ      l,/ニニ ニ二二 ̄ 7
           / -‐l ', l ',           `     ' l::::::::::::::::::::::::::::::://      メシア教に喧嘩売って帰ってきたってこと?
             \ト、ゝ          _     /l ゝ::::::::::::::::::::::::://
              l  ̄ト  u.     ´  _ ,  /l从::::::::::::::::::::::::://        え、なに、メシア教とやり合う時俺もやるの?
             ィ彡/ ィ/ \    -‐ ニ ̄´  , ' .l::::::::::::::::::::::::::://-
.            ト、/'l/'    `、 、        ,ィ  ト、:::::::::::::::::://   丶      「うん」
             l\\      \`  、  / l   l \::::::::::::ヽヽ    丶
             l:::::::\\    ヽ \  `´   l l  l   ヽ!::::::::// !     \   うんじゃねーよ歯茎丸出し饅頭頭ァ!
            /l::::::::::::`:...`  、_    ヽ           l::::://  !        、
          /::::::::::::::::::::::::::::ヽ_ 二二 二 ̄ 7   /  l::://  l     !    \
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /`   ´   .l//   .l    l      \
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /        //l   l.    l.       ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  !     i  .l l/   !     l        ` 、





       ____
     /      \
   /         \       んだと白髪天パ女装癖ヤロー!
  /  (○)  (○)  \
  |   ┌ェェェェェェェェ┐    |     やんのかおら! あぁん!?
.  \ Lェェェェェェェェ._l  /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
帰ってきて早々、ヨシツネと喧嘩になった。

「組織に追い回されて寺の中で自刃とか俺もう嫌なんだけど!
あーめっちゃデジャヴってきた! この後メシア教に追い回されて
俺が弁慶役やるところまで見えた!」

「しょーがねーだろがバカチンがァ! ここまできたら腹くくれよ!
源平合戦の大英雄なんだろ!」

「大英雄でも心とチンコは一般人と同じですー!」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

584 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 22:08:51 ID:mz9JAuVI0 [65/73]

    . . . . . . . . . . . . . . . .
. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
: :,.: -――  ´ ̄ ̄ ̄`  、: : : : . .
´                ` 、: : : : .
  /,                \ : : : .
 / /    , i              \ : : : .
  /     / !      ヽ           : : : .
  ,   / /                      : : : .
    / /   '.           !           : : : .
      '  ,           、. l     .     '. : : .
    /! i /  ヽ 、    \         '. : : .
  i l j/      \\   j/\   i     i : : :
  | イ   z示ミ、   ` \z示ミハ \.│     ! : : :
  | | 〃_f沁        ' _沁 ヾ ! i  i  l : : :
  | | 《  .r,/i        ./i  》.i ,     ' : : :
  | |  とつ.ソ         匁とつ ' /  ,  /: : :
  | |.:::::::::::::::::::::::::.   〉 .:::::::::::::/イ  / /: : :          け、喧嘩しないで……
  | |::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::/  /l. /: : :
  | |                   人 , j/: : :
≧| |> .,_z==ミ⊂ニつ   __/   !: : : : :
三| |ニ////////ヽ、 x≦///≫ 、 !ヽ : : .
三| |/ //////////∧ ////////ハ |三 Y : .
三| |////> ´ ̄`ヾヘ/// ̄ ̄ ヾ!三 j : : .
三| |//r―― 、(\  ヾ'    , 、 lY / i} : :
三| |//i¨¨ヽ、    i   i   / // jヽ /j : :
三| |/{¨\      l   l   / ´   {' ハ: :
三| |/fヽ      }   '.   !、     {三 ! : .
三| |'人_         \ _i/ニi      /三ハ : :
三| |三ニ≫ 、    _ x≦三ニ.!   ィミ三ニ! : :
三| |三三三ニ>≦三三三三 |  /三三三j : : .






                       ト lヽ ヽ、 、
                  ,  \ー-ゝ`’ `ーゝヽl lノ,
                 __ゞイ´ `        ´⌒ー彡
                 _> ,           、 _ソ
                  ̄,ゝフ´ ̄l/l/l ∧lヽl\ヽヽ \
                 /ィ´  l l /l∨ \l\ヽ 、ヽミリ`
                 /1, i. lW 、ヽ_ 、 ,`\ヽlリ≦
                   彡 l リj、ミ、|.≦..ヾl/l , ト、<-‐-、__
                   从レ.tテ`ヾ. `′  リl〃:)).>‐.7  ヽヽ、          ………………。
                    コw 〈 ,      ' .)ノy'/:/   / l ` 、
                   /::::::::、 _ _     .厂y/:/  /      ` 、
                  l::::::::::::::::、 ニ`   , ' / :::/  / /        ヽ
                  」:::::::::::l:::/ヘ__,. '、 <<::::::/  /:/
                 l:::::::::::::ヽ`=、::::::::::::lヽ. ゞ::/  /::/
             キュン  /::::::::::ー-ミ、::: ̄`==ヾ '´〈:l  l:::l
.                /::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::ヾ::、l ll  l:::!
                / ̄´:゚ 、^ヽ:::::::/ヽ:::::::::::::::ヾ,ll:!  l:l      /
               y' ̄` ‐-、ミ∨  \::::::::::::::ヽl  リ    /
               /      /'     `‐-、:::::::::l  l_, -'´     /
              /  -‐…‐、/        `ー,:::l/       /
               l       \_        ヽ       /
             /ト        `  ̄_`‐-、,-- 、  l     /
            /:::::::\          `  、::::>:::::`l_ __
           /::::::::::::::`::.....、          ヽ::::::/\

585 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 22:09:15 ID:mz9JAuVI0 [66/73]

 ./     ./. //  ./ /  ; ./.::;|      |       .、 \
_/.ィ      ///  ././ .,  イ ./ ./:|   .l   |       ハ、ハ
  .|/   /-イ   _ // 〃イ_/.// | / | ./;         l|∨|
../     , ⌒i /  ./|l./´__/¨>x./ /  ;  //       l  | | . Ⅵ
_,..イ .   /   l| ,' ./ ./ .l/ ____`ヽ./.イ  ./ .//    :   | ハ;'
  ;'   l ィニl!.l .ハ ,′.l``ミ、_tッ`ヽ /.イ /.:/¨|    ./ ∨./ .l
 / /.∧  ∧|;' l|.      `¨¨` ./.://イ=ミヽ /  メ、  く_
.〈/|   ∧. ヽ从            ./.-イ.ミゞ'_ノイ /ト、| ̄ ̄´
'´r.:;′  ;∧、                    |    厶イ.} ./ `   _         ……天使か?
 ∨;' / ;/.¨;                 :;   从|〈/⌒i.   / ',
∧.∨.lト、 |   ::;              ‐::>′  /  .,′ |   .,'  l_        「天使だぞ」
/∧ ヽ:! .リ、  人.         __      ,::′  l   |   .l  .{´}
///ヽ. \      .\       、  ̄``   /     /   |  ,!   .| `,       やべえ、俺の中の父性が目覚めた。
/////\ \、.     \      /⌒l. /    .;′  .,'  i   .| .l.__
///////\ `i.      \   ./¨`/|l\     l   l   |  .;  .|l _l      「そういやお前娘いたもんな」
/////////} l|        ,>-./  .::|ハ. ヽ   /    ;!  ノ   .l  ,'  ';
/////////| ;′    .イ///.;′ ..://∧ :.\/   / /  .:;′ l  .|
l////////;' ;     / .|'///;     l////\Ⅳ    {_./   ./   ,′ .;′
|l///////リ .;′ 〃  :ll///リ   .|////_ソ     |   ., .:/  /  ;′
||///////; .,′ /   l|l///    くィニ/    /   |.;′ .,:′ /
|///////; |ヽ     , ‐||//     ̄       /    ./   ./  /
|//////∧ ∨〉   / .:||/|                〈  ;′ /

586 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 22:10:50 ID:mz9JAuVI0 [67/73]

            _ ,
         ∧/ ハ/l_   l
      l ┌>     ィ┐
      l _」> ハl/l /l/ Zl_ _
   l _ -‐  _kハl゙"",""V _  l.jl...l..T‐、       くそがァァァァ!
    -   _ ‐ ^t.ィ/=l /'_ ̄l|.ノ...l...|  l
  〈  _ イ、_≦::::l ニイ::::::/-‐l..lイヘ./ /       やってやんよオラァ! メシア教会がなんだってんだコノヤロー!
  ヽ、 ノ:::::::::::::::::::::lー ‐|::/ ハ l..l/.ノ /
    \:::::::::::::::::::::ヽ /:/ /  l..l../         こちとら八幡の加護があるんだクソッたれ!
      ヽ::::::::::::::::::::::/ /  , /
      l k:::::::::::::::::/ /  /             この子にゃ指一本触れさせねえからなあ!
      l  k:::::::::::::/ /  j  l
     l   , k-、::ノ /_-‐_ 〉  |
     |  //ノー-..-:.:.:.:.:._l
       // /::ニニlI::I!ニニl
       ///::::l l   l|    l
       /ミ/l::::::l l    l|    l





  _ _   ___
 / ) ) )/      \
 {   ⊂)(>)  (<) \       よっしゃその意気だ!
 |   / (トェェェェェェェェイ) \
 !   !  \ェェェェェ/   |      俺らの娘にゃ手は出させねえぞ!
 |   l           ,/
 |   ヽ        ィ
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |          ヾ_ノ

587 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 22:12:13 ID:mz9JAuVI0 [68/73]

                           ___
                     , ::::::::´:::::::::::::::::::::: ̄ ̄:`ヽ
                        /:::::::::::::,::::::::::::::, -‐  ̄ ̄ ̄ \
                 _/::::::::::::::∠ -‐"´              \
.               //::::::::::::/      _ -― <_ ̄ `ヽ   \
               /:::/::::::::::::/    > ´,イ     ` ヽ 、 `   \
.              /:::/::::::::::::/  > ´   / ',    ヽ    \    \
             /::::ハ:::::::::::ム‐'´      /  .',     ヘ     \    ヽ
.            /:::/::::::::::::::ん /    / ′ __',_   ヘ    i  \  〈
.              /:::::'::::::::::::::::{: :/   ./{ //   '.,    ヘ_   |.   \ }
.             //::::::{:::::::::::::::::{: ′  /ィ7´  ―-、 \.\ ベヽ  |     ヽ\
ト、_      _/:::/ :::::/::::::::::::::::::V   / _x=弌f=‐    `-ヽ ヘ ヽ !     i |:ヽ)
::::::::::: ̄ ̄::::::::::/:::::::/::::::::::::::::::::::',   / 《廴二:リ_      x==ミ、  ソ    | |:ノ
ト、_:::::::::::::::::_/:::::::/::::::::::::::::::::::::人: :从 xxxx        斤 ツ 》:./    | !      ……うんっ。
::::::::::: ̄ ̄:::::::::::/::::__  ―ェ´--ゝj: :',             〉`¨"xxレ': :    ,イ ′
:::::::::::::::::::::::::::::/,'"´::/: :./´:::::::::::::::::iヽ: ヽ    ,  ―-、      /: : : :  ./ | |
――、:::::::::::::::j|::::/: :_/ ::::::::::::::::::::::::|:::゙,: :ト.、   (    ソ    ./: : : : :/ //
: : : : :.:.\::::::::}/ //::::::::::::::::::::::::::::::::|::::|、: ', >、 ` -  ' _ イ´/: : , イ  〃
: : : : : : : : : ̄: :_./:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::|::}: :ト、 ./` -<´: : :./}/::::/ /´
::\: : : : :.__/::/::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/:::::!::|: :| Y: : : : :.:./{: : : : : :/:::::::::!
:::::::/ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:/::::::::::ノ: :.} !: : : :.:/ー!: : : : /:::::::::::|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
この後、メシア教会から刺客が送られることなどはなかった。
が、セラフを引き取ったことにより、今後大問題が喜留夫の下に転がり込む
ことになるのだが、それはまた別の話である。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

588 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 22:12:26 ID:mz9JAuVI0 [69/73]

                   . -―…:::::…‐- .
                 /:i:_:ニ=--=ニ:i:i:i:i:i:i:i:i\       />
             /:/         丶:i:i:i:i:i:i:丶   </
              // , -‐''¨ ̄ ⌒ア丶,Vi:i:i:i:i:i:i:i:.,     ____
        ,rf、     /厶′.:-┤  '^⌒\ Vi:i:i:i:i:i:i:i::,   l____|
     rv   V{  V {/{∨l  /ィ/}/ト、}l:i:i:i:i:i:i:i:i:|   ┌‐┐
      ヽ, / }   |  ヘ x=ミx/ x==ミイ i|:i:i:i:i:i:i:i:i:|     ̄
      X  \ヘ|l\ { fハ   f/ハ 》 i|:i:i:i:i:i:i:i:i:{   <\
      i| i|\il Ⅵ{ トミ, vリ ,   Vソ |: i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i丶   \ >
      i| i|  il\}ハl\\  r:::…ァ /| ∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
      i| i|  il {:i:i:i:i:i:i:ヘ  ≧=- xく 厶′Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\______
     _i| i|  il Ⅵ:i:i:>i^\ト{`'く⌒7゚/ /ヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}
      f⌒\_ il_」/:i:i:i:i:i:i:i:i:Y{^「[r、 ̄_`ヾヘ,、:i:`⌒>ヘ:i:i:i:i:i:i、::::i:i:i:i:i:i:i:/
     \ ⊂⌒\:i:i:i:i:i:i:i:/⌒¨^¨^⌒´::::`丶:::`⌒^´::八:::i:i:i:i\:::i:i:i:i:i/
          --‐ヘ\:i:i:i/:::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ:i:i:\::::::::∧::::\:::i:i:i:i\/
              \}ノi::::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ::::!:::::/ ::i::::i:i:i:\:::i:i:i:〉
                |::::::i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i::::| :/:::i:i|::::i:i:i:i:i:i:\/
                |:::::::i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i::::|/::i:i:i:i|::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                |::::::::i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i::::i:i:i:i:i:i:i|::::i:i:i:i:i:i:i_i:i:i:i:i>
                |i::::::::∠::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i::::i:i:i:i:i:i∧::i:i:i:i/⌒¨´
              、_八::ノ⌒L_:::i:i:i:i__:i:i:i::i:i辷_::_彡′}::/
              `⌒^¨¨^⌒ーく,_,__>:x厂
                                             また次回

589 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 22:14:56 ID:mz9JAuVI0 [70/73]

                  . . .-─‐-. ミ
                     |: : : : : : : : : : `: ..
                     |: : : : : : : : : : : : /
                    }Ο : : : ◯: : : :,′
                   : : : : : : : : : : : :i
                      { -===- 、: : :. :.|        ふう……二本立てなんて初めてだよ。
                    〉: : : : : : : : : :ノ
                  i: :`ニニニ´: : : : ‘,        僕もうだいぶ満足だね。
                 __/ : : : : : : : : : : : : i
      ___        /.: : : : : : : : : : :‘,.:.三|        チミたちも、このボリュームには満足なんじゃないかな?
     / :::: ヽ: : : :‐--∧_: : : : : : : : : : :./:|: : : |
     .′ :::::::‘: : : : : : }/∧ア´二二ヽ:/ | : : ‘,
.    ‘::::::::::::::ノ: : : : : :ハ \{/: : : :/⌒゙ヽ : : :‘
.       ゝ-=彡-──<¨¨゚‘; .: : :./:::::::::::::::} : :. :.|
                 \: :′:::::::::::/______」
                     弋:::::: /
                       `¨´

590 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/14(土) 22:16:02 ID:oGcbSs/Y0 [2/2]
大満足です

512 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/26(火) 21:56:08 ID:/DTcGWa60
ハロー。六月も終わりだけど、皆はいかがお過ごしかな。>>1はまあ、生きてるよ。still aliveだよ。

さて、次回からは少しシリアスめな話が続くよ。こんな話が見たい、というリクエストも受け付けてるからドゥンドゥン書いてね。

513 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/06/29(金) 10:19:42 ID:TfyNz1u60
リクエスト
七夕イベント

514 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/12(木) 18:19:39 ID:sDVMS7y.0
海水浴!

591 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 22:23:47 ID:mz9JAuVI0 [71/73]

                           _ ______
                      ´.: : : : : : : : : : :`
                       l: : : : : : : : : : : : :i
                    i: : :○ : : : ○: :.|
                        |: : : : : : : : : : : |     >>514
                     j: : : -===- : :.i      海水浴ねー、やりたいんだけど、水着AAがね、ないんだよね。
               r―--┐     i: : : : : : : : : : : :l
              i: : : : : ',      ゝ : : : : : : : : :t´     一応やることも考えて予定より早めにセラフを出したんだけど、
                ',: : : : : i  , f: : : : : : : : : : : : : :ヽ
                \: : : :y: : : :Υ: : : : : : : : : : :y: : '..,   AAはいつもどおりで、水着は「心の目で見てください」ってのもね。
                ',_: :: :/  i: : : : : : : : : : : :l丶 : : :ヽ
                     ̄   l: : : : : : : : : : : .i  \ : : :丶





        、 - ‐‐ -,
       ,´: : : : : : : : :
      ゙i : : : :○ ○゙i
       }: : : : : : : _ _ _|      あ、でもパイモン、もといアストルフォの水着AAならありそうだね。
       |: : : :-=´_ _,´
      y' : : : : :_: : : : :i       まあ、考えとくよ。
     / : : : : : : :┌─┐
     i : : : 丶: :ヽ{ .茶 }ヽ
     r : : : : :ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___ : : : :ヽ : :ヽ
     と_ : : : : : : ノ : :ノ
       ̄ ̄ ̄  ̄

592 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/14(土) 22:28:42 ID:YhmJActY0
>まあ、考えとくよ。

よっしゃ
乙でした

593 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 22:31:08 ID:mz9JAuVI0 [72/73]

                  ,- ‐‐ - 、
                   イ: : : : : : : : :`,
                      /○ ○: : : : /      そう、何を隠そう、我がスレでは支援AA、支援絵、シナリオ案、
          ┌─┐  i_ _ _ : : : : : : :{
          ┃茶┃   `,_ _`=-: : : :|       その他諸々を大募集中だ。
          ├─┤    i: : : : :_: : : :'
           ̄ ̄ ̄ー‐'' `-‐´ : : : : : :ヽ      ドゥンドゥン送ってくれたまえベイビーたち。
             ゝ __ ,.. イ : : : : : : : : l: : |
                  { : : : : : : : : :|: :.|     
                ,、 '" : : : : : : : : :゙、:.ヽ
               ( : : :‐ 、 : : : :__,. : : :Y"
               ` ー‐┘ ̄‐〈_ ,,ノ





         ,- ‐‐ - 、
       r‐イ: : : : : : : : :`,
      i /○ ○: : : : /   /` 、
       i_ _ _ : : : : : : :{    / : : /         ま、物乞いも終わったところで、宴もたけなわってやつだ。
       `,_ _`=-: : : :|   ノ : : /
       i: : : : :_: : : : :'y´ : : : /           シーユーアゲイン。
       `-‐、´: : : : : : : : : /
            ノ : : : : : : : : i´
          / : : : : : : : : : :|
           i: : : : : : : : : : : !
.          (`ー‐-  -‐ _}

594 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/14(土) 22:31:46 ID:mz9JAuVI0 [73/73]
あ、そうだ。

何かいい専ブラってないかな? 今Jane style使ってるんだけど、フリーズが酷くてね。

595 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/14(土) 22:45:03 ID:XcIWNprU0 [2/2]
乙でした。
そうかぁ、海水浴はAA的に難しいキャラもいるよね、うっかりしてた。
すみませんです。

今回も良い話でした。
すごく主人公しててよかった。

専ブラの件は…同じくJane style使ってるからわからない(汗
個人的には「すべてのタブを消す」とかそういう要らないのがあるのが困ってる……

596 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/14(土) 22:47:49 ID:3kgswuck0
乙でした

597 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/15(日) 11:40:32 ID:xWvDN02I0
おつおつ
若えやつには面倒見の良いスケベ系兄貴のキル夫すき

598 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/15(日) 19:51:30 ID:j.F0vTrM0
乙~
私もフリーズするけど我慢してる
いったん切ろうとすると、反応するまで待ちますか?と聞かれるけど再起動した方が早い

599 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/07/16(月) 09:32:49 ID:pcbtlUoY0


600 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/07/16(月) 18:27:19 ID:/jZVVoHE0
>>595
そう気落ちしないでおくれよメーン。是が非でも海水浴やりたくなるじゃないか。

というわけで、次回第十二話『デジタル・デビル・バケーション!』執筆中だ。こうご期待だね。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/07/20 10:29 ] 【R-18】雇われサマナーキル夫 | TB(-) | CM(1)
安心感すら覚えるいつものメシア教ですね(安心できるとは言ってない)
[ 2018/07/24 23:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する