クリックで開閉

【R-18】雇われサマナーキル夫 第九話『女王の休日2』

473 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:11:46 ID:nf8qDyXc0 [3/36]

┌──────────────┐
│                   .....│
│   第九話『女王の休日2』   ..│
│                   .....│
└──────────────┘

474 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:12:09 ID:nf8qDyXc0 [4/36]

        ____
      /    \
     /       \
   /          \
    |  (●)  (●)     |      ハァ~ア、覇権が遠のくわ……
   \ (トェェェェェェェェイ) /
      >      <
    /      /  /、
   / ー-、 , -―‐´ ./ ヘ
   { __ ノ.乂_ _  /   ハ
    /  /    ヽ、   i
.   /  /   /、     ノ
   ゞ_/、__./ ー―‐ '

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ある平日の午後。
喜留夫は気落ちしていた。これ以上なく気落ちしていた。
というより、拗ねていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



スポンサードリンク


475 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:14:05 ID:nf8qDyXc0 [5/36]

              _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
       _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
      //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
       / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
       | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
       | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
        | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
       / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |       ねえ、いい加減機嫌治したら?
      ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
     / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|       そんなに気に入らなかったの?
    / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
  / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
 / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
/  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
|  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
|  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
遡ること五時間前。
喜留夫はメシア教の依頼を受け、人間界に顕現した魔王とその配下を
討伐しに向かっていた。もちろん、単独ではない。そこには宿敵とも呼べる男がいた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

476 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:14:20 ID:nf8qDyXc0 [6/36]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

477 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:15:00 ID:nf8qDyXc0 [7/36]

                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r        今回、我々に課された任務は魔王ベリアルとその配下の討伐だ。
            / /|:「|「l〃  ヽ         / !|
              l∧ ヽ、   _ _     メr==-、         現在、標的は三津井歴史美術館に陣取っている。
                 ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \         市民は既に避難済みだ。何か質問は?
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |
         ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......





         ____
        /      \
      /         \       なんで葛葉がメシア教なんかの使い走りやってんだ?
    /   (●) (●)  \l⌒l
    |   (トェェェェェェェェイ)   | .|   「作戦に関係ない質問は控えろ」
    \  \ェェェェェ/   //

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
指定された駐車場のトラックの荷台に乗り込むと、
既に数人のサマナーが集まっていた。見知らぬ顔が二人と、見知った顔が二人。
一人はメシア教最強のサマナーと名高いニコラス・D・ウルフウッド。
そしてもう一人は、いつか完膚なきまでに打ちのめされた葛葉雷堂がいた。

葛葉の名前を持つサマナーは皆、葛葉宗家の下に集った由緒正しき
市民を守り国家に仇成す者を討つサマナー集団として知られていた。

過去形なのは、既にそれらが全滅していたはずだからだ。
十年前のガイア教のテロ以降、葛葉一族は一切の活動を停止していた。
実際、当時名のあるサマナーであった十九代目葛葉猊林の死体も確認されている。

その際、十五代目葛葉雷堂も一般人を庇って重傷を負ったという話もあった。
この男は、その十五代目から襲名したということになるのだが、それにしても
不可解な点が多い。まず、この男の強さからして、これまで多くの悪魔を討って
きたことは明らかだろう。なのに、それらは葛葉の仕業とは語られていない。

そして何よりも、葛葉のサマナーがメシアサマナーのように振る舞っているのか、
これが分からなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

478 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:15:24 ID:nf8qDyXc0 [8/36]

    /:.:.:.:/:.:.::/:.:.:.:.:.::/:./:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.i:.:.|:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ヽ:.:.:.:ト \
.  /:.;.7イ:.:.: /:.:.:.:.:.:.:,.':.:.: /:.:.:.:.:;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.ハ `ー'
ー=彡イ/:.:.:.:.;.':.:.:.:.:.:.:.:.,.':.:.:. /:.:.:.: .;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./!:i:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iハ:.:i:.:.:.::.
    /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:./:.:.:.:. .;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.从:ハ:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.}ハ:.:.i:.:.',
.   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:. .;':.:.:.:.:.: i::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./!:.i ._L;;_:.:i:.:.:.|:.:.|}:.:.:.|ヽ:i
.  ,':.:.:..ィ:.:.:.:.:.:.: . /:.:.:.::..:i:.:.:.:./:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:/}: /x}:.{=¨下`:j:.:. |ハ:! }:.:.|
.  /:/.,':.:./:.:.:. .:;':.:.:.: . /|:.:.:/! :/!:.:.:.:.:.:.:./=}/''" }i ̄_,,}:.:.:|:.:..|人/:.:.;'
      !::/!:.:.:.:.:.i:.:.:.:./7=j:.:/〒=+:.:.:.:.:.:/ / z==''¨ |:.:/}:.:リ ./:从i         今の俺は一介のメシアサマナーだ。
.    |/ |:.:.:.:.: |:.:.:/.  _|/_!z=-:.:..: /      ,, ,, |/ !/iノ://
      |:.: . /|:.::∧   ̄ ̄   |//,               } //           それ以上でもそれ以下でもない。
      .V从::!:./>∧ '' ''     i:::',           从{
.          |;'.   ∧       ヽ:i  _        //  
             ∧        `        .v' /|ュ、
               >、      ィニ==    /У ! ヽ
             /{::::: >.    ー-    ., ' , イ /∧
             /  \   >.       /イ   /  ',





        ,.'/___
      _ .{i'"州州州州≧ ー 、
     ,:州州州州州州州州州州≧、
.    ,州州州州州州州州州州州州i≧、
.    .i州州州州州州州州州州州州州ili≧、
    ,州州州州州州州州州州州州州州州il
.   i州州州州州州州州州州州州州州州il!
   V州州州州州州州州州州'州i'州'州!i!l}
    l州州州州州/ヾi州州州リ,/レ' l/¬,┐リ.         まあ落ち着けや、喜留夫。
.    州州州州州/ヽ V州州lil==il//l/,l.'ヽ __
    V州州州州、ヽゝ!州l l!!'   !|//ヾl.l i,' /       こいつにも色々事情があんねん。
     V州州州州ヽ 〈 V l!       `´ ゙、!/ /
.     V州州州州! ー            , ' / .,イ        そろそろ行くで? これ以上美術館を火の海にしても
    ,-、彡州州州i! ヽ     ,.- 、  =/ ./==
   ,   ̄ ―-lリ._l!.   、   丶. 丶. i./  .{   !       おられんしな。
. ,.‐-'__       ‐ .._ > .  ヽ  丶.   、 .}
. !三三三三ニニ=- .._   `  _>_i      ;  ,'.!
/三三三三三三二二二ニ=‐- ._  ` ‐ 、  ゙   ,' !
二二二二二三三三三三二二二=- .._ \    /
二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-ヽ_  {
二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニヽ、

479 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:17:22 ID:nf8qDyXc0 [9/36]

               ‐     ̄ ̄       、
             '            __
          /        -==ニニニ==-        \
         ,:        /: : : : :、 : : : : : : : : _: :\      丶
           i    、-‐=' : : : : : : : \: : : : : : : : : ‐:f、     \
          、  厶: : : : : : 、:: : : : ::\`‐====:_:_:_:_:≧=--   :)
          \ i: i}\ : : : : \\: :`ー≠、: : : : i: : : :l    /
             i: i}: :个、 : : : : :.、ヽ/__ィfi: : : :}_ : ::.i_彡'
             i: i}: : i.__才㍉:: : :.、 弋zリi: : : : i l: : : ::.
             i: i}: ::ム __ \ rf´ ̄ i: : : : {丿 : : : :.
             i: i}: ::圦_弋ッ`ー'、 __ ィi: : : : |: : : : : : ::.           …………。
           ノイ: : : : :`ー ' i:.   , |: :_:_::l : : : : : : : :.
            /: : : : i: : : 、  ‐   i: :厂 ̄ ̄ ̄フ: : ::.
              /: : : : : i: : : : :≧=-   イ: :i    _ヽ: : : :::.
           ': : ::.ィ: : | : : :人  マ_「i|/:::_ノ ''"´     、 : ::.
          ,': :/个才''" 、 ヽ 寸}: : i            ` : : ::.
             '.:,   i《/  、 ヽ 、`¨_,: :/             : : : :
          l:'   ム:.i ー 、   、ツ='/i/::/           }: : : :
          il   ,: :}:.i:.:.i:.:`ー'.:-、/i/::/               i: : : :
          l   ' : i.:{:.:.i:.:/ _iY: :/              : : ,'
          ::、 ,': :ハ}: 少'_,ィ劣才: :'              ∨





:: : : :l:: : . |!    l    l |   l i      |  l |  l}
`丶、:!:: : .l|    l|   :l |!   l| l      |  |.| l|
| l: l:: : .l|    !l   i li  l| l     |  | ! ∥
」!  l: i:: . l:!   i |  ,: l!  l! l |   .i  |  | /  |!
   i:: i::_:_l廴丿l| -- l 、l_l! l l .  |. i |  /   .リ
i  l, ィl: : |:l   l !  l l| l li T ト、 .|  |.|. /!  /
  {」:: .i: l:l.  i l  l i ! ! l|| ! l .| ! .|.|/ |  / /
| |::.`ト、:l:|:i l l /イ工三厶./ // j |.|! |   /
| l:z: ',: ヽl l:!   ′, イ:::;::-::; iヽy イ | .|  |  ./
: ! 」_:」ソ:: /        l:::i::ー':j::ツ  / l |  | /.|      …………。
/ /彡':j/:: .         ̄ `` ¨  .イ | l  j / |
! {:: ィ:´: :: : :. _            /l | /     j/  l|
 !:: :: : : . :: .          ハj |   l /   i
./:: :: : : __ _ _        // /   l /'   /
l|:: :: :: : .` ー ´       イ { /    j/   /
li:: :: : : : ..         , ' - 、  / i' l   i
!l>-::、:: : .       ,<⌒`''‐"フ// l /     ヽ
 !:: ::/>::::.._.....::, /ノ    / ' /   l     |
l !:: :ト、/⌒:.x:'´/´ ̄   イ"   i|    li     l
ヽ |:: :: : . 「_}       |    li    lヽ     l
 i l:: : : : :i′ '       '\   i     i|   丶
、ヽ!:: . .  `゙}         `''‐-=、,,,,,,_! i
 ヽ|:: : .  }
   ';:. . . ノヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
この二人はというと、前回以上に険悪な雰囲気だった。
確か、スカアハは影の国の女王であり、半神の英雄クーフーリンの師匠だ。
対するメイヴはクーフーリンに自軍を長年苦しめられ、彼を憎むようになり、
最終的にはクーフーリンを死に至らしめた。

つまり、メイヴにとってスカアハは自分の名誉を傷つけた男の師匠であるわけである。

対するスカアハにとっても、メイヴは愛弟子にして愛した男の仇というわけだ。

険悪にならないはずもなし、喜留夫は胃を絞られる思いだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

480 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:17:41 ID:nf8qDyXc0 [10/36]

                             ___
                             ‐=ォ}::ヾ从
                         _.-==、.::::::::::::::::ヘ__
                             ////////ヽ__:::::::::/         _
                        ∧'//////////\  `ヽ        /∨ ∧
                         ∧'/////////////丶 /        /  ∨ ∧
                          {゙////////////////,ア、        '    ∨ ∧
                           ,圦/////////////////∧      /     ∨ ∧
                      ヾハ//////////////////, 、    /    /  ―
                          〉ム'////////////////////`V    /    /
                       /  i/////////////////////,/ // /    /      来い……ミカエル。
                      ヽ、 i///////////////////゙/__// /    /
                          /\}///////////////// f' /:::/ /    /
                      ー 、 ノ'///////////////,',イi/:::::i /    /
                         )///////////////,'トイi:::::/ /    /
                        /゙////////////////,ハイi::/ /     ,イ
                         ,.'//////////////////iニイリ /    /,',i
                      /゙///////////////////}ニイリi     /i}'/, 、
                      //////////////////////lニiイア7777イ}// ム
                  ,.  ´/////////////////////// |示=====イノ'///,'ム
               ,.  ´//////////////////_'//////,'ソ/三三V'//////,'ム
            ,.  ´゙////////////////,,x ≦´   `ヽ'///,iニ三三}_//////,ア′
          イ゙////////////////////  ___  ≧ュ、'刈‐‐― Y/,≧ ′
       イ゙///////////////////////,x ≦       `ヽ ',',i ̄ ̄ヾ }イ
        \/////////////////////,ゝ/          ヾ 从    |
         ア//////////////////__/ /           i/.} l
          ////////////////////  }' /   ,           }_/ |    |
       ////////////////////  _ノ /  /    i  l  刈  |    |
      .,//////////////////// ヽ  }i }  ,イ  .,'  |   i   i}.  |    |
      イ///////////////// ノ⌒ヽム / '  ゙゙ .ハ 〈  ,イ  } メ:|.  i    |
      ∧/////////////////     `{    ./イ   ア / ,ィ'}:l   |.   |
    ''///////////////, ′       l   /   / /_/'| ソ   ト―‐イ
   /'///////////////,'/           ト_ニ ソ_/ー ′'///,'|.    /   /
  ./////////////////          ` ‐'`¨¨/  ,'ヽ/// / |   /   /,'\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
討伐作戦自体はあっけなく終わった。
目標の魔王は美術館の三階に陣取っており、一階と二階には配下の
悪魔たちが蔓延っていたのだが、それらはウルフウッドが一掃してしまった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

481 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:18:00 ID:nf8qDyXc0 [11/36]

‐_    -===-_   /  / /--- ¨     / -=ニニニニニニニ=- _
  ‐ _   -===-      /_/- ¨         /   -=ニニニニニニニ=- _
\  ‐ _  -=/        ̄´          ,      -=ニニニニニニニ=- _
=-  _/ニ=V        /{         ′     / -=ニニニニニニニ=- _              _ -=
\ ̄¨\  i}    /∨/  イ      /      /    -=ニニニニニニニ=- __     -=ニニニニニ
  \     }     //∨/ /}              ′     -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
    丶   //   }/  ∧ }_}     /    /       -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
      、//   / ,/rク //   /__//       / {-=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
      Y  /   ,/¨_/ ′ /__/        /   { -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
      {i /     /   _i}_ / }\ i}/ /      ,      {  -=ニニニニニニニニニニ=-   ¨丁¨
        ー‐‐-イ   /⌒〉'´ ̄/ 〈_/        /         -=-   ¨¨   ,′    /:.:.
          /i{_/-‐‐〈__ /  } 、       ,′     ∧                {    i{:.:.:.
            /-==-////}⌒7 /¨}  \    /        ヽ               {    i{:.:.:.
-==========イ^}==-/////}  /V--}   /⌒〕h、      イ〉               i{:.:.:.
ニニニニニニニニニi} }=- '/////}/∧ V-i}  /       ̄¨¨  //: : 、           {      .:.:.
ニニニニニニニニニi} }-//////////∧ ∨} /                _//:: : : :\            ∨
-=ニニニニニニニ/ i}-{/////////{{ } 」i{ ̄¨¨¨≧=‐-   _  イ: : : : : : : \       、       `
¨ -=ニニニニ / /=-}//////// i{//^}      _ 。z≦: : : : : : : : : : : : : :个s。      \
    ¨ -</==-}/////// //  i}  _ 。z≦: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /   〕h、
【大天使ミカエル Lv90】
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
呼び出された悪魔は大天使ミカエル。
純白の鎧に身を包み、右腕には大砲を、左腕には大剣を携えていた。

天使、というよりも聖騎士といったイメージの方がしっくりくるかもしれない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

482 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:18:13 ID:nf8qDyXc0 [12/36]

___________ \ \________! l_l !
|                  \ \            ! l .l !
l_____   , 、    , 、    ___\ .\______.l .! l !
|     l='---ゝ='---ゝ「|     \.  \       .! l l !
|____.!三三三三三三三!{\.   \  .\       ! l ! .!
|ZZZl |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ \   \.  \     .l l ! l
|///,=|              \  \  \.   \    |! l !.l
|//,(ll)|―――――――――――\  \―‐\ \ ―|`´ ゙-'
|///,=|                  \  \  \ . \ |
|ZZZl |  _______        \ \   \_〉
| ̄ ̄ ̄ .!三三三三三三三!           \_〉     |
|____.!=ヘ_/―‐ヘ_/‐L!<二二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニ>
|                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .|
l___________________ ∧.__.|
___________________! l___
|.         /          /=/二二-=ニニ  ̄ ̄l|
|         /        /ニ/二ニニニ/ニ/ ! | ゙̄l !
|     /           ./_ニ/二二ニニ/ニ/  .l .!  .! l
|    l  ‐ _      /=二ニ=‐-_ニニ/ニ/    .!.|   l.|
|.    !      ‐ /ニニ/´ `` ‐二ニ=-/     !|   `!
|     !       |.lニ/_,.,_ ‐ 、 ヽ二/        ゙   ./.!
l.     !        |.li' ,':.:.::;;;;;ヽ ヽ  ./            / !
|.     ‐ _    l.li, ゙、:.:::;;;;;;;;゙, ゙, !  ‐ _     /  ,|
|          ‐ _..l,/ヽ.ゝ..__ノ ノ .!       - _ /  ./.!
|              ` ー‐ '" .!         .l   / |
|                        l           l  /   !
|   .|ヽ                    ‐ _       l ./   .|
|   .! .!                       ‐ _  l./    .!
|   .! !                         ゙′     |
l__! l_____________________!
.__! .!____________________
―‐-'   l___                             |
‐-- 、   _   l   ,..-―――――――――――――.|
|   ! .!  ̄i .l '"                    |    .|| .|
|   l  !   ! .!     __-――‐-__    |    .|| .|
|     l .!  .l  !  , <二二ニニニ二二>、 .|    .|| .|
|     .l l   l  !///>'"         `゙<//\ ̄ ̄ ̄|| .|
|     l !   ! !,'/            \/ ヘ     .|| .|
|    ' l !  .l .!                    ∨∧    || .|
|   '、 ,! .!.//,! !                  V,∧   .|| .|
|   l ! .! .li//,!、,!.            _―=ニ二V/,!   .|| .|
|   !.,.! ゙、|'//{.           <二二二ニニニ//}   .|| .|
|   l.!    ゙/,∧             ̄―=ニ二'//l   || .|
|   ,   ト.゙//ト                 ////  ..|| .|
|    ,  l. lヽ'l .lゝ|゙i             /'/,/   .|| .|
|    、 ! ! ! .l ! .!,          ,.//'/    .|| .|
|     、 .! l l l .! !/7ー-----‐7//,/        .|| .|
| .     ゙ .! l ! !.l .!'ー=ニ二ニ=- '"    l ̄ ̄ ̄|| .|
|       .! } .l ! ! .!            |    .|| .|
|        ヽ.!、ヽ} .l  !                |    .|| .|
|              ` l  l――――――――――――|
|              l  !                  |
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ! l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

483 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:18:31 ID:nf8qDyXc0 [13/36]

                                   ______
                                   │           |        .ヘ≧λヽ
                                   │           |      〆::::::::::::::::::ゝ
                                   │   | |   │     //:::从久ゞl|θ::|
                                   │   | |   │      l|∧ ,一ォノヘ l|
                                   │   | |   │ゞ─⌒`ゝ ̄`/ゝ:: ノl |ヘ/´/| ̄ ̄ ̄/
                                   │  |   |  │ヘ. //////\/:: |_:: ヽ  // !./////
                                   │  |   |  │ /V////////´\ `|:: │ ヘ'/////,!
                                   │  |   |  │ __ゝ'/////////,\ ヽ│ / /////ゝ
                                       ⊂ニニニニニニニ⊃∧///   ////////,\「ソ ////////ゝ
..___________________      ⊂ニニニニニニニ⊃ l'//,    /////////////////// |
|                        ____|        │:::::::::::l.l:::::::::::│ ζ'//,    '///////////////// |ヾヽ─
|____________二二二____|\  ∩─┘:::::::__」∟:::::::└─.∩∩─ヽ.  '////////////////,|'/////
  .|iiiiiiiii○iiiiiiiiiiii○iiiiiiiiiiii○iiiiiiii| | ⅷ 鬥┌ lΗ个>γl| |::::::::::::::/πソζ\:::::::::::::| |l| |──\   '//////////////|'/////
..[|| |ii○iiiiiiiiiii○iiiiiiiiiiii○iiiiiiiiiii○| | 二二二二| |Ξ三|!!!l| |== .|= ▲.乍 | ==| |l| |     ヘ  ',////////////,久──
  .|iiiiiiiii○iiiiiiiiiiii○iiiiiiiiiiiii○iiiiiii| l Π┌─廿 .少>λl| |::::::::::::λ汁....ζノ:::::::::::::| |l| |─── \ ゙/////////////,ゞ
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二二 ̄ ̄ ̄ ̄|/  ∪─┐:::::::::::l. 「:::::::::┌─∪∪────ゞ/////////////,ゞ
|                         ̄ ̄ ̄ ̄|        │:::::::::::l.l.:::::::::::│ヽ___/     /   ////////////丶__
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.         ⊂ニニニニニニニ⊃         ゞ ///////////////////
                                        ⊂ニニニニニニニ⊃  ┌──,ヽ/  ///////////////////,
                                      │  |   |  │  ノ    '//,    '///////////////////,
                                      │  |   |  │ ヽ////////////////////////////////
                                      │  |   |  │  !/,ヽ___゙///////,< ̄ ̄ ̄へ'///////
                                      │   | |   │  /     ///////           へ'////
                                      │   | |   │/   ///////            \'//
                                      │   | |   /  '//////,/                \
                                      │      /  ////////

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
それを従えるウルフウッドも、背負った十字架を脇に挟む形で構える。
ベルトが弾かれ、十字架を覆い隠していた布が飛び散り、
白い無骨な鉄塊が露わとなる。

鉄塊は乾いた音を鳴らしながら変形し、瞬く間に機関銃の体を成していた。

「……まとめて逝きさらせ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

484 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:18:46 ID:nf8qDyXc0 [14/36]

           ト-‐'`'ー 、      ____      __,.,.、                    ,./   /
              ,′     ヽ ___亅__   li   ,._-=7////,ヽ                   ハ_//   /
           ノ       `ー-、    ll. |!   '//////////,\             |^ヽ   |:.: .:7  / ;}
        _ノ`             {     ll.l .ll   ////////////,ヽ           .|:. ;レ1  |: .;|  /: {
     、 /`                ゙、  ll .!.l!,.__∨////////}//!           .|:  .;/   !; .} :/: ./
    ,.)                  ` ' ゞ lil!ニニヾ!'´‘' '/ ァ /'゙'′           .|  :{   |: ./ |:. .;′
  ,. '゛                       : 、 li!二ニニ゙、 _ _l /              |;  |   レ′ :| :/
-'                          :  }i!二-,_ニ゙i.ー-'/             |: ,{      レ′
                              (.:'"´   ゙̄'ー´-‐゙ ̄`ゝ,          |:. |
                           :       : .  : :.   ' ‐- 、        .|; :{_____
                                    : : .   :   ゛‐_   _   l:. .:_....    .::ノ
                                      :    :    ヾ、 └┘ ...|; 「    ̄ ̄
                                         :    _- ̄       .|: ,|
                           :         , ' ‐- ,-‐ '^          .|:..|
                           : ;`i‐'゙ー-、-'ー´^ニニニ,'              | :{   .〈〉
                           : { l!二二二二二二ニ;              レ′
、     ,.._                       :  ;l!ニニニニニニニ{
 " ´ ̄  ヽ                   : ,゙l!二ニニニニニニl
        }      ,. ヽ              ;. ゙ ;!二二ニニニニニヽ
        〈   _, '  `;     /ヽ     ,.'  .;!二二二二ニニニニヽ
               `    '′ ` ー ――┘ニニニニニニ/゙ヽニニヽ
                          /二二ニニニニニニ/_二ヽニニ丶
                         {二二二二ニニニニ/_ニニニヽニニ\
                         /≧‐ _ニニニニニニ/_二二ニニヽ-‐≦丶
                      /ニニニ≧ー==ニニ/‐<ニニニニニニニニ\

485 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:19:10 ID:nf8qDyXc0 [15/36]

            .                /: : 〈_______  / ./
            /<: : ̄: : : i; : : : : : :.7V:7/                    /
          _r:チ:.;ィ=ニア: : : N|.W:_:.<i7: :∨                  /
        /.:!:.;ィ徃少゙: : : : : ;_i| i ヽ、ィL__/       ,   /l      /
  ィz=¬¬¬":.气‐ヘ、. . . . ィi仁i| .!: : ノ: : /     ィ/  7 {     /    ,   '"
  :i: 。: : : : : : : : : : : : : ヘ\仁ニニi| .l イ¨¨¨ ヽ. イ /   .7 i{   /,  '"
  :{: :。: ; 、; : :、: : _ : : ;ヘ ヽ、. . .:jイ     / ./ '' ¬ 7 ゙i{___'"
 ヘ>_〈 ノム; : :ム二二ニハヽ   ~"''i   ∠ -イ .〉 ,.ィ "7 . i{二ニ\
. ニ寸二ニムムニニニア \  ` }  ィ,.. __, ,.イ.:/  7 ..i{<二ヘ ヾ\
 マ二マニニニニムニニア    > ,./ _,.戈ジ′,ヽ.:.:.:ヽ7   i{、 ー--┘},、ヘ
 ニマニマ二二ニニ}=イ   / ̄ ̄  'T└r:¬ヽ, '  .\.:7  .i{ ト ̄<! ̄ ハ____
 ニニマiニWニニ/´    _j        | /. ィif7    .7}} .ィi{ヽ____、:.l       ̄ ̄
. ニニWi}ニ/ 、__> ´         .ⅵ .マタ{     _.7 ll .〃{.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.N
 ニニ=}Wイ          /′     ⅴ. i .乂 ィil7 .V/ i{.厂 ̄/ ̄ ̄ ̄
 ニ=Nイ        ./ .′      .ヽ,_j、  ,>7    .i{__/
   | ∨       / . .′        \ /___7     . i{ . . . `Y       、
   l .∨    / . . .′      /L_,.イ....../     i{、. . . . } l∨     .| ',
   |   ∨ / . . . .'、 ̄ ̄~"''',.イ..............〈       |...ヽ. . . }r. ∨     .| ',
   |    ',ヘ    . . . \.  ,.ィ".......................ヘ     j.........ヽイ . ,ィ      l. .',
.    ',   ゞヘ   . . . . ,×..._ィfニi......................\,..イ.................ヘ/    ∧ | . .',
.    ',  ,′ .ヘ  . . .,:'.._ィi行z圭| ..................... ,'.......................... ヘ\  / _Vl . .',
.    ∨    ヘ  . ./ィ行ニz圭圭| .....................,'...........................,x..ヘ> '" . . . . . ',
.     ',     ヽ /..iニマ圭圭圭リ.....................,'........................,ィihム..ヘ . . . . . . .∨
      ヘ        〉....iWlI圭圭ア゙... ̄ ̄\...,'..._...、........,ィ徃圭ム. ヘ . . . . . . , ィ
       ヘ    /.....└气气'゙...........................Υ............ヘ/W圭圭iム....〉 . . . , イ
.       }   /.......................................,、.........,'........................ W圭圭Ii》.i . . , イ   ∨
       ,   . /..................................../__\.. ,'........_.. 、.............マ圭圭7..l. イ
       /  /......> iチ',........r、./_->_,,。ヽ_< 、ーム...............゙マ7イ...「!
.       /   ¨´  |   ',......|> '"_,,。<ニニ二\ \ ̄ ̄|_.................| ',
.     イィ 、     .| > ',....lニニニニニニ二二\ \  /............... !. ',
     /   ヘ  > '"_,,。<_',..!ニニニニニニニニニ二\ '/...../ヘ......|. i
   /   <´   マニニニ'iニニニニニニニニニ二二/../ヽ  ヘ...|. |
  イ/ィi  И \.    ゙マニニニニニニニニニニニニ/ィ行\ \..ヘl. |
  /.. .! /. . } ,.ィ\    ゙ヌニニニニ斗-ミニニニニニ二二二\ \  l
 . . . .ム.′. /´    .ヽ  ,ィ行ニニニニ刄ニ北ニニニニ二二ニ=- ''"  \!     ,ィァ
  イ  l. . ./    / ,ィ行ニニニニ二7Yニニニニニ二 ̄    _,,. ≦´ ',   ,ィ/′
.      l. ./   / ,ィ行=ニニア''<ア.ィュ _ ''‐ミ=ニニニ二 ヽ≦        i  /7
     И  / ,ィ行zニニア゙ ,ィタ ,ィュ  _''‐ミニニ二二二   ∨.      | /i7
.       / ,ィ行ニ二ア゙  ィく、 `'''′ ム=≧ !=ニニニ二  .∨.       l i"7. , ヘ
     / ,ィ行ニニア゙     `''<ニ7  ュ。,,`''' .|ニニ二二二   . ∨     ` {./. . .ヘ
.   / ,ィ行ニニニニニ≧s。,,_   `   ''<ミ二ニニ二二二   ∨       l'. . . . .

486 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:19:28 ID:nf8qDyXc0 [16/36]

               | __
               |i'::;)_..|_)
                 ̄ ̄i|
                       |
              i
              |i  ゙l|
             、ー'i . ,, il| |  へ
            U   ::iil| |i,. ..:/
             `~ ^' i:| U/f=:、|    i
    :|   |              / /i|   ,.、!    ,.-、
    l| ,/:|i   _|         (::,}'    ,/:U|    / /::
    iil|' .,イ   / :{i! i(:;;}..... ,.、    ...::  |/ ,:/ ..:  (;;:)'::
   U/ ' |!,-/ /|!::::| `|:::::::U:\゙l|_..:::::   |il:/..:::  .::::::::
  .....:::::::::::::::、{;;}/_、::::,|_ :|::_:_::\ )i:. \   ..::::(´\::::::::::.....
      :::::::ヾ{: ::}:::{:;;)___):::´:::::ヾ(;;〉 :::::::::::\U

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
凄まじい、の一言に尽きた。
ウルフウッドが機関銃で掃討し、それに怯んだ悪魔の集団にミカエルが切り込み、
体を捻ると周囲の悪魔の胴体を二分割した。

これが処刑人ニコラス。ニコラス・ザ・パニッシャー。

喜留夫もメイヴも呆然としていると、事は既に終わっていた。
魑魅魍魎の悪魔が跋扈する空間は、悪魔の臓物に彩られた地獄へと様変わりした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

487 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:19:52 ID:nf8qDyXc0 [17/36]

                              /|
                          /|.l
                           | | |
                            _| | |⌒ ̄`ー- 、
                     _ -‐"   | .| ヽ、 \   `ヽ、      |l
                    /     /./\ `ー-ゝi   .∧    |l|
                   /       レ.    \   |   | ゝ   | |
                /        \     \__/   |  Yーイl |
                  /           > 、   /   /  |   |イ
                   /         _ -‐"   \/  ./ヽ /|   /
              /      _ - " 二ミ     \    Y /_./
               /  _ - "   /:::::::::::::::`ヽ、   \  / / T |
                /  ̄     /::::::::::r――- 、`ヽ、  \_/  ヽ|
             /      /:::::」:::::::: `ヽ、_ノ:::::::::`ヽ、___ |
           /      /_::_::_::::::::::::::::::::::::::;-:、::r‐、:::::::/;;;||       アリスは私の母になってくれたかもしれない女性だ!
          / _,,,;;-イーt" ̄|:.:.:「    ̄ ̄ ̄`ー " | l:ヽ__)::: |;;;;;||
       /'";;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:.ヽ  ヽ '               ヽL::::::::::/;;;;; ||       
         l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:.:.:.w/           __   '  ノ ./L/;;;;;;;;;;||
       `ヽ、;;;;;;;;;;_;;;フー"          /- ミヽ、   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ
          `ー;>"\     l       |    |:/   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ
            /: : : : \   i `、      ` ー- "  /;;;;;;;;;;;;;__;;;;;;ヾ、
__,,,,,____/: : : : : : : : \. |   ヽ、     "    /ー'" ̄ ̄    ̄ ̄
     >;;;;;;;;;;;l: : : : : : : : : : : \|    ` 、__ /
【魔王ベリアル Lv82】

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
血の海を奔って三階に辿り着くと、赤い装束に身を纏った魔王がそこにいた。
デビルアナライズを起動するまでもなく、強力な魔王であることが気迫だけで
分かった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

488 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:20:03 ID:nf8qDyXc0 [18/36]

                           \
                           \、、
               \、、   _     \\
                     \\´  \ ー‐く |
                  / \\ー‐へ\__ \
                   ,  / \____ヽ|_八ヽ
                ′ :′    ,/_____彡へ
                  {     //////////////>。.
                , :    / '|///////////////////>、
               ′:   /  |//////////////////////
                   ′: /   八///////////////// /
                     ∨   ///////////////////
                      /  ////////////////>
                   '  /////////////> ´
                 ′ //////////> ´
                  |__///////> ´
                 `¨¨¨¨¨¨´


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
その魔王ですらも、葛葉雷堂が葬り去ってみせた。
スカアハと共に切り込むと、二方向から息の合った斬撃の雨を浴びせ、
みるみるうちに魔王の体を鮮血に染めていった。

それでも、魔王ベリアルも相応の抵抗は見せた。
炎をまき散らし、幾度か葛葉雷堂とスカアハを飛び退かせたが、
それでも敵わず、最後には管に封印されていった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

489 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:20:18 ID:nf8qDyXc0 [19/36]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

490 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:20:31 ID:nf8qDyXc0 [20/36]

!   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
|   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
|   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
|    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
|   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ / ' / / /    !
| |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  / / / /    l        どうしたものかしら。
| |  ! /  ハ      _          イ/  / / / //    |
-人 |! γフ\    `      // /  /|/ / /     |
  \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
  ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |     |
  V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |       |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
正直な話、喜留夫はあの場において傍観者以外の何物でもなかった。
実際、一体も倒していない。ほとんど、あの二人が片づけてしまったのだ。

一度打ち負かされ、あまつさえ見逃された相手に、今回は手柄を全て
奪われたのだ。ついでに言うと、報酬は歩合制だったため、今回は収支ゼロだ。
これでは拗ねても仕方がない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

491 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:20:49 ID:nf8qDyXc0 [21/36]

                     _,,、---、  /`ー---、_
           ,   ._,、-― ' ´       `´((,、_ ,ィ-、`!
         ,、((._,ィ'´       ー.'二==テイト、ォハ´`))!ヽ
      /`/ト、`))          ̄__,ィ /乂Yノ少((.  ヽ
      ,イ ./ノ少、'          l  .l    i ((ゞ'´  ` l  ヽ,
     l   弋トン"   /  l     | l!  l!  l! l!  ))  l  l l   l
.    /!    )) ./ / l  l! .l  l l!.l .l!  l l l!l l! ´  l! .l l  .l
   ノ  l.  (( / .′l  l! .l l! i!.l i!  l!.l l!l.l l!    i! l .l!.l  l!
 ./   l   /./  l! l! l.l  l .l l l! l l! i!l.l l! l! l! l  l .l! l l!  /
./    / l .l! l!  l! l! ! ll! .l l!.l l!l.l .l! ll! l.l!l! l l l!  l l .l l / l        ……これから仕事もないし、少し外に出ない?
!  / / ./ i! i!-=ミ.、 l! l l.l((.l!i!.l! l!.l-十十‐!-i! l! l!   l l! l l!/./ l!
 / /  / .l l.l l!  .))l_l! l l ))l l! l!l l从==ュ. l! l .l! / l.l /././  `ー      私、久々に色々見て回りたいわ。
/ /  /  l! l ll! .ィーイ_,`ヽ.'イ l!l!l .l!イん::ハ.ヽ l l! / ./ //!   __
./.|  /.|  l!  .i! .,イ´`'Z`メ! ヽ     乂z:ソ. './ ./ ./// /.l         「ああ、構わねえけど……」
./ヽ. l l  l!、  i! フ 〈、Yノ ノ .l          ̄ /  ,′/ / ./ l
  ヽ! .l! i!ヘ  i! >`、´ 、,ノ  '       l   .l   /  /l           決まりね。さ、行きましょう?
 l  i! ヽ l ヘ .|  i!ヽヽ-イ))      _      ヽ,  ヽ .l!  .l l!
 l  .l!  l!   ト、 l l ヘ ((    ̄    ,ィ‐、ィ‐、  ヽl!  、l l
 l l l ヽ     l. ヽ l!l i> ,        ゝ,. `´ |  リ__  `ー
./ .l l  ヽ i  l  ヽ.i! l!   >__ , _ , ィ`l´  / / .`ー-
  .l l  ヽ .l! l  l l /l .,ィ、_ノ  ̄ゝイ   / /
  .l!l   l!.l! .l  ./ / l/l .,、- `i   | / /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
その時、メイヴの思考の水面に一つ泡が浮いてきた。
ぱちんと弾け、気づいた時には口にしていた。

デートだ。

思えば、最近は仕事詰めで、ろくに遊びにも出かけていなかった。
これでは息が詰まるというもの、喜留夫にも休息が必要だろう。
それに、仕事ばかりで喜留夫と話すことも仕事の話ばかりで、メイヴとしても
少し寂しかったのだ。

丁度いい。今日は気持ちのいい快晴でもあるわけだし、街に出よう。
メイヴは上機嫌で、クローゼットへと向かった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

492 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:21:21 ID:nf8qDyXc0 [22/36]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

493 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:21:43 ID:nf8qDyXc0 [23/36]

                            -===‐- _
                     __... -‐<K《予ぇ、    ヽ
               _-=ラ¨´         ヾ フ刈
              , 公チ          <〈 シ´      ヘ
               /              V∧         ',
           /          ヘ \  V ゝ、        ト、
           〈  ,'   /! ,.ヘ ト、ゝ、\ V   \      .i. \
           ト j ! イ/.  V ≦¨二ヾ i ノ   Yi!\    i!  ヽ
               } Y.i il  fエヽ ハ lィ .示ぇ !   !  j川 iヘ    l
              ノ .l i! l`Yチrfル' j/┴一''¨ /j  ノ  リソi/     iト     ',
           ./ . ト .ゝ{夂/       ,' / , イ  ムイj  :}   j! ヘ
        /    八.Y ド ゝ       _ノ/  .,'  ////     ,f   ',   }        流石に初夏だけあって暑いわね……。
       /   /  .ハj 个 -  丶=- -=彳    //// i    ({   ハ  /
         ./  , '   j! >        人  ゞハ{ { { l     i  /У  /
      .{ ,. ィ  /   八 リ 少x.._ .匕   ヽ  l 込ヘ      k <   /
      V f∧ ./  ,'    Y  .Y:i:i:i:_り     } レ==ゝ、     ヘ.  _ノ
       V//!〉      _i  ム≦、 , -‐フ /     ヾ     Y´
       VУ ノ   , ' ´./! /:::...  ..:::/  イ       丶    ゝ、
       /      /  // .,'     / / ll        ト
            λ ム. {     {∠_,.ノ{ ...、        !!ハ      \
     ./ i/     ,行У  ゝ マ≧==ラ厂   ヾ::}       j/八       \
    / /   ィ彡'"     ..ク'¨         .N      ////へ      .ヘ
    /     i〃      ::            j }      ハ/////:ハ
   ,'      八:..                 ,行.     i////////ト,
   i {    {(,个 、::....  ..:::...      ...::::::::/ルイ     .i////////ハ
   l  :.    l V//ハ::... ...::,'  ヾ:::.........:::::::ヘ ///:ij     ルi////// i
     i    .i V//}::: : : :     : : ::::::::: ::〈///ノ     ////////
    ゝ、      V/!:: : :      ゙     :V//    .,'/////// ,イ    /
     \   ',  Vl              ゙〈  、  ハ//////         /
       \    ゙i!         i      ヘ     }/////      /
             i                ヘ   ,'////      /
         ハ   j!       ..: i!       V∧ /////    , へ
        / ノ  ./:i      ..:          ゝ,V{////    ./   \
      /    /  l     ..:::   !!        Yハ//ム    {ト、.   \
   _. <     /   l   ...:::     l         V∧/ハ   ハリ
  ./       ,イ    l ...:::::     i l         V∧i.リ  /ノ !      ',
 ,'      / //   il        i l          V∧'  /'  .ノ
 {     ん 〈/    i l  _ -―==xl          jV∧  {  /       }
 .V    {: : V    f´三三ミx三,佐三三三≧=- .__  i//∧ i /       ノ
  V    ゞ `ヽ  __,`フミ≧ュ x仁三三三三三三三ュ、,x≦j .レ       /
   .V     l三ミv仁二二三三ハ杉三三三三三三三三≧}/ y      ./
    ト、   ヘ三三三三三三三ij三三三三三三三三三そ k      ん
  _ノ ハ    トミ-=≡三彡=='¨ヾミ三三三三三.≡=У  !ト     {k `ヽ
 / ィ彡' .}    i  ` ̄¨ ̄ ´ ...::',::  ` ̄¨  ¨ ̄´   ::i 彡´ }!    リミ.  ヘ
 ヾ ` ミ.シ    .l         ..:::::i:::.              ::レ'  イ    / ≧ュ }
   V./     l         ..::::::i:::.            :::i  ,《 i    {Kf¨´ ノ
  //      l          .::::i:::..           .::i  /ハi    tx  <
/__/       ,イ!          .::::i:::.           .:i .//  〉、    \  `ヽ
{      __,///l           .::i::::.          .:i// ./  \ミぇ  ゝ、__}
ヒ _,,  ∠彡´⌒`l          ..:::i!::.           .:i/  /  ,ィ彡へ_   込
 `¨\   `ヽ  l           .::i !::          i  /   ( (__    ヾj  /
    \ミョ .}  l          ...:i i:.          i ,'    `Y´   , r≦シ
   _ シ .ノ   l          .::i  i:.           i {       /杉'
  ((⌒ヽ /    l          ::i  i::.         ト ミ=-‐'   (  (
   `        l            :i   i::.        i         ヾ \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
以前喜留夫に渡された服を着て、事務所を出る。
あんな形であったとはいえ、喜留夫に貰った服なのだ。
それだけで、女には勝負服になりえるというものである。

正直、有象無象の男に肌を晒すのはあまり好きではない。

女王メイヴは本来、あまり日本の貞操観念にはそぐわない、淫蕩な女だった。
好みの男がいれば言い寄り、自分のものにする。それに抵抗はなかった。
正確には、自分が宿している神格が、の話だが。

今は、喜留夫がいるから自重している。
喜留夫を悲しませることはしたくない。それに、たった一人を愛するというのも
中々良いものだということも知った。この充足感や幸福感は、
神話に語られる女王メイヴにはなかったものだろう。

とにかく、自分はあまり貞操観念が堅くない神格を宿しているのだが、
それでも闇雲に肌を晒すのは嫌だった。

なら、なぜこのような肩の出たキャミソールに、足のほとんどを露出した
ホットパンツなどを履いているのか? 簡単だ。喜留夫が選んでくれたからである。

喜留夫が喜んでくれるのならば、羞恥心など飲み込んで見せよう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

495 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:22:11 ID:nf8qDyXc0 [25/36]

  |┃            ____
  |┃ 三       /      \
  |┃        /         \
  |┃ .      /   (●) (●)  \
  |┃ 三    |   (トェェェェェェェェイ)   |       おーう、準備できたぞー。
  |┃       \  \ェェェェェ/   /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ






         , へrァォ7フx- ´  ̄ - 、
       /  イゞン7ハ__         ヽrァ7、__
     /   i ゞアン'ー,          vシ}  、
    i    ト、   //  , /      ド'   i
    |     |  、 /./ /, //, /|//  .|  ドミ、  |
    |,ノ ,  .|  V /////r'/ //| | | | \ .|
   //   |   }|rァォメヾ/ノ //-ト|、| /ト、ヽ ` 、
  //   , '  / トK乃ッリ)   ,r=ォx'ノイ |  ハ   ) 
//   /,'/ゝi トゞアンツ    J | ノ/.| |/ 人メ、       そう。それじゃあ、早速だけど行きたいところがあるの。
/   / ,','   .,|  \wx.   , じ' / .| |, イ/\  、
///ヽ.//  ,ヘゝ 、  \ 、_ , w イ/| |  |   \ \     付き合って。
. (/  // 、ノ ̄ へ⌒ヽ、 )_r 、_ ィヘ ノノ |,  ゝ、   ) .)
ヘ \   | |  )\    \_ソ/ミ,| i / / (/ノ   \/ /
 \ \ノノ/ く´ _ ., …´/  .} !/ /,/ , ヘ\.  / /
   ) Y  , イニ____,ノ   ノ ,'  ' _,∠_ヽ,/ /  \
  ,/  / /  |  しー   /     ,ー-='(  (      )
/ , イ  i    、 `ヽ⌒ 、r^丶    ノ /  / ,\ \  /
 /  \ ` 、 ゝ ノ  イ    ゝ'^y  //  )  )'

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
デートコースは既に考えていた。
まずは昼も近いので、シネマコンプレックス、要は映画館を要する大きな娯楽施設
のことなのだが、そこで色々な店を見て回り、それから上映している映画を鑑賞し、
そしてディナー、ディナーが終われば、夜景を見ながら帰宅というプランだ。

久々のデートなのだ。今回は財布に糸目は着けないことにした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

496 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:22:28 ID:nf8qDyXc0 [26/36]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘

                                   □

                               ・

497 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:23:06 ID:nf8qDyXc0 [27/36]

     ,  -―ー- 、
   /        ヽ
  '       ⌒    ーヽ
  l     (●)  (●) 、
  {     トェェェェェェィ   }       ほーん、色々あるもんだな。
  、.     ヽェェェェェノ ノ
   >        <、
  / ー―- .、    r、 ヽ
  `ー―- 、_ノ   l/  /
  ,'          l ,/
  l          |´
  弋          ノ
  | /ー ―一、 |
  し       、_,!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
メイヴに連れてこられたシネマコンプレックスは、ローマの街並みを再現した
いうだけあって、町の中で一際異彩を放っていた。

レンガ造りの道に、乳白色の建物。大きな噴水に、建ち並ぶ店。
そして、連れてこられて初めて、ここがデートスポットであることに気が付いた。

客のほとんどがカップルか子供連れだったのだ。

最初は何か見たい物でもあるのかと、メイヴについてきたのだが、
どうやらメイヴの目的はそうではなかったらしい。

思えば、最近仕事詰めで、こうして二人で遊びに行くことなんてなかった。
ましてやデートなどもってのほかだ。普段隣に立っているだけで割と満足していた
ということもあるが、二人とも声にしてデートしたい、などと言うことなどなかったからだ。

もう少し、相手の感情を読む努力をした方がいいかもしれない、
と喜留夫は反省した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

498 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:23:25 ID:nf8qDyXc0 [28/36]

   |  {    |     ハ   '  乂込りイ、`ヽ
   |   '  |  ミ、 i   |ハ ゞ=彡ノ/z i
   |   ヽ .!   ハ:}|i: ! {  '  i  ゞ=ソ i:!
.i   |   ハ:{.  r=彡|{|ノi  |. | ヽ  八
:|   ! >ー从_}{ i ! |.川 i{ `ヽ |   !  ハ 、  ゙
   |{ / ーヽメ 八ハ!{ !ノj_z_j   |  .'{  ヽ
ハ  人ハr=ミ ハ ハ   ノ从 7Zマ.く_ ' | {八
  / }込八irくイ_ノ ノ    i.i゙;;;}j ' ハk , ! i  ヽ        ねえ、この帽子、喜留夫に似合うんじゃない?
 { :{ゞ=ミ_ノ/    ,  ゞー" / ノ/  |i ゝ
.八 ∧   '' j:i ''     ノ   "″,イ./{  八 `ー
.  ヽ∧   八{_ノ、_       ./rーミ八   `ー -
   \ヽ.      ̄ ´  イハ  }vー 、`ー -
 `ヽ  \>     . ィ´,⌒´     ノ `ヽ
ハ  \  ヽハ≧=彡} `ヽ      `ヽ ハ
  丶.  \   }、 { /           ノ   }
   \   ヽ ノ iト、∨           \  '

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
当てもなく歩き、気になった店に適当に入っては商品を見ていった。
中でもメイヴが入りたそうにしていたのは、アンティークショップだった。
こんなドレスを着ているにもかかわらず、メイヴは意外とこういうものが好きだった。

渋い色のレザージャケットやブーツ、帽子などを次々と喜留夫に着せては、
「うん、いい感じね」と満足そうに微笑んでいた。
こういう服装の男がメイヴは好みなのか。覚えておくとしよう。

その店では、メイヴに頼み込んで一つだけ、ダークブラウンのストローハットを
購入した。変装に使えそうだ、とメイヴを何とか丸め込んで買ったが、
実際はこれを被った喜留夫をメイヴがにこやかに見ていたからだ。

その後にはアクセサリーショップに入った。これは喜留夫の希望だ。
たまにはメイヴにプレゼントの一つや二つしてやりたいという男心である。

髪飾りやネックレス、色々と試着させてみたが、やはり素材がいいからか、
どれを着けさせてもかなり見栄えがよかった。

悩んだ末に、指輪を贈った。
茨の意匠が彫られた、優美なデザインの指輪だった。

「どの指に着けるか、あなたが決めて」

試すような微笑みを浮かべ、メイヴが左手を差し出してくる。
少し戸惑ったが、勇気を出して薬指に指輪を嵌めると、メイヴはくすりと笑い、
「ありがとう、喜留夫。この指輪がある限り、今日のことは忘れないわ」
などと小恥ずかしくなる台詞を吐いてくるのだから、困ったものである。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

499 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:23:41 ID:nf8qDyXc0 [29/36]

       ___
     /      \
    /(● ) (● ) \       何か見たいものはあるか?
  / (トェェェェェェェェイ)   \
  |  l^l^lnェェェェ/     |     「せっかくだもの、ロマンティックなのがいいわ」
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
一通り店を周り終え、映画館へと向かった。
スケジュールを見てみると、特撮にアクション、それから恋愛ものがそろそろ
始まる時間だった。

アクションはハリウッドの大物俳優が主演を務めるスパイもの、
特撮は大人向けのグロテスク表現が多めな特殊なもの、
恋愛ものは大人しい女子高生と不良男子のラブストーリーとなっていた。

「ねえ、この男の子、喜留夫に少し似ていなくて?」

「いやあ、俺はこんなにイケメンじゃねえって」

メイヴが指差したポスターは、恋愛ものだった。
確かに、デートといば恋愛ものの映画がつきものだ。
特に深くは考えずに、その映画のチケットを購入した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

500 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:23:59 ID:nf8qDyXc0 [30/36]

        ____
      / ,r―ゞ  \
     /  !〈-・;);!    \
   /    ''| |^''  r―、 \     おおお……よかったなあ! 二人とも幸せそうでよかったわ!
   トェェェェェェェェェェイ |>;・;):〉 |
   ヽェェェェェ, ,ェ/'ヶ=| | /      「凄いことになってるわよ、顔」
   /   | |     | | |
  (_⌒)        ||
    l⌒ヽ     _ノ |
     |  r `      )__)
   (_ノ  ̄ / /;
         (__^)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
その映画を見終えた後、喜留夫の顔面は涙と鼻水でぐしゃぐしゃになっていた。
実は自分はとても涙脆いのだ。若い頃はそうでもなかったのだが、
歳をとってくると涙腺が緩くなっていき、こんなベタなラブストーリーですら
顔面崩壊ものの号泣を見せるようになっていた。

そんな喜留夫を見て、メイヴは困ったように笑い、「でも、確かに良かったわね」と
映画のシーンを辿るように虚空を視線でなぞった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

501 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:24:20 ID:nf8qDyXc0 [31/36]

      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ==、j|ノイ / ' / / /    !      あまり格式ばったところは苦手でしょう?
      / | |  ! / . ヘ `冖''                レ'  / / / /    l
/  / /   | |  ! /  ハ    ヽ  __        イ/  / / / //    |      あそこのピッツァなんてどうかしら。
     ,. -人 |!  γフ\           // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
   '      ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |      |
 /          V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |      |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
時刻は午後八時を回っていた。
ポップコーンでごまかしていたが、流石に腹が減ってきた。

洒落たレストランにでも、と思ったが、メイヴの気遣いで落ち着いた雰囲気の
イタリアンレストランに入ることになった。
木製の椅子と机が並び、カウンターの奥ではボトルが壁を埋め尽くしていた。

席に着き、注文を店員に伝えると、十五分ほどして料理が届いた。
ボルチーニ茸の乗ったマルゲリータと、トマトとモッツァレラのサラダだったが、
それを見たメイヴは少しだけ顔をこわばらせ、「と、溶けてるもの、平気よ」と
何やら自分を鼓舞していた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

502 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:25:13 ID:nf8qDyXc0 [32/36]

..      ____
     /     \
.  . /  (●)  (●)       しかし、綺麗なもんだなー
  /  (トェェェェェェェェイ)\
  |    \ェェェェェ/  |
.  \           /
.   ノ          \
 /´             ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
食事を終え、レストランから出る。
太陽が沈むと共に気温も下がり、柔らかい風が頬を撫でてきた。
通りすがる人たちの顔が視界の端に映る。
そのどれもが、微笑みを浮かべていた。

自分の仕事のことが頭に思い浮かぶ。
デビルサマナーとして、人の営みを守る。そして何よりも、一人の男として、
大切な人を決して泣かせない。かつての誓いを思い出しながら、
喜留夫はネオンに彩られた建物を見渡した。

十年前、自分は多くのものを失った。家族、大切な友人、居場所。
そして一人の悪魔と出会った。

その悪魔は今も隣にいる。あの時よりは大分大きくなったが、綺麗に成長したの
だから、これはこれでよかったと思う。

「ね、喜留夫」

「なんだよ」

呼びかけられ、振り向くと、メイヴが抱き着いてきた。
細い腕が首に回され、引き寄せられる。
唇が軽く触れる程度のキスをした。

「どうしたんだよ、急に」

「だって、そういう雰囲気じゃない。女心が分からない人ね」

そう言うと、メイヴは悪戯っぽい笑みを作り、離れた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

503 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:25:29 ID:nf8qDyXc0 [33/36]

               ィ⌒ヽ
                   )  __
               iV/r' ´  ̄     ` ' 、     ,-、
             ィv┘./  /         ` 、  .r'´
           r  >イテ   i             \/v
          >フ/  /  l  l        l   {人レ、
        , ィ' ´  /  /  l  l   i     l .i  ゞV/廴
      / /   ./   i _ l  l   :l    ! l  l ハ`´ ヽ
     /  /   ./ィ   r'´ ` il  ト 、 .|  i  l |  | i .| _V )
   / イl/   イ.イ   廴 _ 人 .ハ  ヾ ト +- 、| .|i ./ .l .| rヘ
   {  .i l   / il  il  ≧iVハi .\ _V_ハ /.i V  .∧   ヘ
   V il .  / /   ノ Ⅶt人ァ ヽ \ィ≧テ-L/  /ili .V   ',         帰りましょうか、
    V \/ /  ./ ハミY /ノ  ,  ┴=斗/  ./ 人 V  .',
    V./  /   ./  i ゝ  )      """ / イ / l  i   ト         私たちの家に。
    /i .  /   ./  .イ┌人il  ` ー '   .//././  l      ヽ
  ./  .レ  /  i  / lr )、 \、     イ // ̄ス─-┐    i \
イ/   /  i   ∧ 、_// 入  ≧- イ⌒i l  /   /、    l   \
../i  /  イ ./  V>-    ⌒) Y. {  :l | イ   ./ /、 i   l     ト
il V./  / :l ./  < `ー─┐ ィつ i   r弋、─-─≦ イ     |     V\
  y  /   {    \_  `i i<`  ̄>i i  \    >イi    |     i  .\
../  / i  Yゝ    彡 } . l l>><<l.l  r ' ´ ̄    ヘ   i     l    ヽ
.   {   / ゝ      イ.. l l<   >l.l  ∧ヾ       Y       l     ヘ
  / .V  /   >    /i┌ ‐/>><<l.l /          }         l     )





       ____
     /     \
   /         \
  /     (⌒) (⌒)\    ……おう。
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \    \ェェェェェ//
  /          |

504 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:28:24 ID:nf8qDyXc0 [34/36]

              / ̄rv-ーく,.  -‐…‐-  .
           / ..=くУ''"´,ノ          `
             / ( /   (             ゙Y^ヽ^Y⌒ヽ
          ' //                 (く笏Y   :,
            {/ //    /                 `アフ爪   '
            〃 //    /             ヽ     ハ]ハ  i
            ;  i;      '           }   ハ  / ノ′i  |
.          i  i|  !    i    |,」| _ !   } }    i|  (_;_) |  |
           i| ii|  || ,i|  i| l「丁 T  /|    i|.  //| |  |
         八 八,i人|ミ刈  i| ナナニ八///|    i|: .//, | |  |
          ヽく((笏Y)Y从从 行テミメ、/ ノ    リ:/,   | |  |
            }人`Y´ブ     lr'..::::ノリ刈′  ////,  | |  |
              从 ィ~ ,     ^゚ ー=/    //イイ,  | |  |
            / /八         ::://,  // // | |{  | |  |
.           / /(  i\/)ー    // // 厶=ミ| |{   | |  |
          / //. :i i/ .く ____ // //´     `ヽ   | |  |
.         / // ; / x=、 i((⌒刈//  l/         ':. | |  |
       / ,. / .:/   /`ヽ)) ノノ'   /         ' 八 .|  |
.    / / / .:{    /`Y(((i  ;′          V /\:. |
.   /  ,  /   i|ヽ.    ク ))| l i;゙               \  \人
  ,'   /  ;   i| . ハ     ∨((__| l {           _ ..ヽ  ヽ. \
  !   ;   i  :八,.~}    }~ヘ从     ,..    '"~´     |    ヽ \
  人  {   | 〃  \`⌒し~)   ノ《,.  '"           ∧    ヽ  \
   \ ヽ | i{   /   、/ / /  \ \       , / / }       ヽ.  \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
なお、この後滅茶苦茶搾り取られた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

505 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:29:53 ID:nf8qDyXc0 [35/36]

                      ,.イ//.\           __
                     ,イ//////∧       ,ィ=≦/////ヾ、
                    ////////,.イ|        ,イ///\//////\
                    ///////,.イ//l     //////:,.へ./////∧
                   ,'////,.イ////:l     /////:/  \////∧
                  ,'///   Ⅶ///l     ///./       \///∧
                  {/,イ ,  -Ⅵ//├` ´ ≧ミⅣ_,.       \//.}
                    yて必}≦三     三K必}ー、         \j
                    i /l! .l l l! .l l l! .l l  >シ》  li
                     | il! .ll! .l l !l! .l l !l l! lll! l l !< l
                     | |!l l!!l l! ll !l l ! l l l! i!l l! l l ! llヾ!
                    | l l l! l l! i ! |l l! i/ ハ l l! il! .l l l
                    | ,! ! ! l 《/!ハ Y从イィ=ァ! 、!l l! ll '!
                      iレl ! l |!l {廻})∨ ´弋ソ i ll l! i ∧、         (⌒:..
          /⌒'ヽ        l /∧.ハ!`ζ´ 、 ////フノ. ノ ヽ、ゝ!、_       (⌒:. `)_
  / ̄ ̄` 、 ゝ ノ、       //,/ )レ'ヽ、  。   , - 、、ハ ヽ \ ヽ!ヾ、      `ー~′:::::`ヽ、
../::::::::::::::::::::::::ヽ(_  .,-'      i! ,/,=、l r'フ i> - '´ キヲ ヽゝ'_ ∧ハ V、ヘ\、    ,.':::::::::::::::::::::::∧
'::::::::::::::::::::::::::::::::: ー'        ,/f´    }' ゝ‐f´.r 、}-≧    \ヽ l__ i i   )  /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧        i!,'    .ム-トヽ{. ゝ仏个 、  r ´ ̄   `! i  `| /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::;∧       ,イ   ノx彡=ミ 、ル '/ニ≧'|      l、 i  ヽ/:::::::Y::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::∧    //   /f///////\r'´f´////∧       {{  i /::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\  //   ,': l/// //////} : {///////lゝ´ ̄ l>} /::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::: ∨/    l: : }/// /////,ハ Ⅳ/////ノ. l  .∧ ∨:::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::N.    l : fl//////////} l//////ハ l. u ∧ /::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::::u;:::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::∧    } ハ////////// ハ//////.∨l    レ':::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  /八〉//////// /l l////イ  Ⅵ   /:::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨__///////,イ l/l l////∧  、l  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
::::::::::::::::::/ .l:::::::::::::::::::::ij::::::::::::::::::::∧ /  ̄ ー 込_l/∧∨///ハ   ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::/  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧乂  r 、 、、‐、`ヽlハ////ハ_./::::::::::::::::::ij;:::::::::::::::::::::∨ .∨::::::::::::::::::::::::::::: !
::::::::::::::/  .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ヾN lヽ、ヾヽ ヽ レ'///;´'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨  .∨::::::::::::::::::::::::::::l
                                                                ~また次回~

506 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2018/06/08(金) 21:32:06 ID:nf8qDyXc0 [36/36]

        、 - ‐‐ -,
       ,´: : : : : : : : :
      ゙i : : : :○ ○゙i
       }: : : : : : : _ _ _|        ふう。こんなところかね。
       |: : : :-=´_ _,´
      y' : : : : :_: : : : :i         ちなみにメイヴのエロシーンpart2も入れる予定だったが、省略した。
     / : : : : : : :┌─┐
     i : : : 丶: :ヽ{ .茶 }ヽ        だって……>>1のエロ、抜ける? >>1自身は無理だった。
     r : : : : :ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___ : : : :ヽ : :ヽ
     と_ : : : : : : ノ : :ノ
       ̄ ̄ ̄  ̄





                  ,- ‐‐ - 、
                   イ: : : : : : : : :`,
                      /○ ○: : : : /
          ┌─┐  i_ _ _ : : : : : : :{        じゃ、また書きあがったら言うよ。
          ┃茶┃   `,_ _`=-: : : :|
          ├─┤    i: : : : :_: : : :'        お互いこの嵐のような時代を頑張って生き抜こう、シーユー。
           ̄ ̄ ̄ー‐'' `-‐´ : : : : : :ヽ
             ゝ __ ,.. イ : : : : : : : : l: : |
                  { : : : : : : : : :|: :.|
                ,、 '" : : : : : : : : :゙、:.ヽ
               ( : : :‐ 、 : : : :__,. : : :Y"
               ` ー‐┘ ̄‐〈_ ,,ノ

507 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/06/08(金) 21:39:13 ID:ZD86OiOA0
乙でしたー

508 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/06/09(土) 08:08:56 ID:8MJZPIXI0

歩合制なのに何故呼ばれたのか…イジメかな?

509 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/06/09(土) 20:46:19 ID:ApYWhAPo0


510 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/06/10(日) 14:56:03 ID:EJPgWQdI0
乙です

511 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/06/10(日) 16:10:57 ID:ui8oqNZo0

良い嫁だ



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/07/20 10:28 ] 【R-18】雇われサマナーキル夫 | TB(-) | CM(1)
なんでメシア教はそんな依頼出したんだよw
[ 2018/07/24 23:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する