クリックで開閉

【R-18】雇われサマナーキル夫 第五話『マッドセックス~怒りのメスロード~』

236 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:37:02 ID:O8oZ4mbo0 [2/36]

┌───────────────────────┐
│                                  │
│   第五話『マッドセックス~怒りのメスロード~』    │
│                                  │
└───────────────────────┘

237 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:37:15 ID:O8oZ4mbo0 [3/36]

.       / _   /.,' ., i | ;' .}  l .l .|  ';    ∧∨
     〈/ フ  .l .l ,' .| .!; /.'; l∧'; l .l、.ヽ
    ー=彡  .|  l /||l.l  ';.:Ⅳハ |N \ヽ.l_
     ト-'   ∨l|l;' ̄l¨、|ニ=ミ lト、 '∧<二、.ト、ト、
      >≠., ;!∨l|! -―tッ‐ ヽ〉.\∧‐tッ―- ヽ
      ⌒フ_,ィ.Ⅳ.|`′            \〉    /
         〈ハⅥ                〈ィ
          ヽハ        、 r‐、      从       どーも、源九郎半官義経、ここに推参いたしましたよっと。
             .};`:;.         |  ',     /-
           〈ハハ、         ';  ∨¨ヽイ⌒        おたくの仲魔ってこれで全部?
           _|.l |:.、    ~ ┤
          イ.;:|ハ .';. `:..、     ';               「いや、もう一匹デカブツがいるぞ」
        .//..::::::从l    >... _..;
     ..//..:::::::::::::::::;}        l
     `ヽ.\:::::::::::::::/|         .';
..     _Ⅹ.ヽ::::::::::| l         .
.  _x<三三ヽ 丶:::::l          ヽ
≦三三三三三ニヽ ∨:;.             \
三三三三三三三∧.∨;::. ̄ ¨>、  , < ̄.∧
三三三三三三三三ヽ∨.           .∧
【猛将ヨシツネ Lv57】
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
事務所で新しい仲魔を呼び出し、メイヴとパイモンに顔合わせをさせる。
今回悪魔合体で生み出したのは、猛将ヨシツネだった。

ヨシツネ、といっても、歴史上の人物その人ではない。
英霊として召し上げられたヨシツネ本体からその霊格を借り受け、造魔へ宿す
ことで同じような能力と容姿を持った悪魔を作り出す特殊な合体によって
生み出された悪魔だ。

素材となる悪魔を集めるのには相当苦労させられたが、相応の戦力には
違いない。今後、喜留夫とファフニールと共に前衛を務めてもらうことにしよう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



スポンサードリンク


238 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:37:28 ID:O8oZ4mbo0 [4/36]

                     イ _ィ
                  _,--j / 厂`二ク    ,
                _,トン"       `―=イ
                シ`                ∠、
                /     __        丶ヽ
              _|〃  √ニ/三ァ'/     マ
              7/ .////,yイテ,ィ      、ヽ
              _∨// ,イ,毛/イ レ ̄メZ,ノノ| ,レ |
                 二ノ /l/ イl '    `ヽ,ノイ/lメ         なんで髪が白いかって?
       _. ―.、   イ: :´、l/l/| l    -‐=T レ |
―‐^ ‐' ̄: : : : : :  ̄ヽy: : : :⌒〉〉 、     ,,丶ヘ`、           あー、大体兄上のせいだよ。
 ̄: : \\: : : : : : : : : : \: : : // /\ ./ /7ヽ \
`丶 l : | |: : : : : : : : : : : : : : // /: : : : >,ヽl ゝヽ_ト '、
   `` : : : : : : : : : : : : : : :丶-、 l //,丶`   l  ヽ
       ` 、: : : : : : : : : : :ヽヽ  ̄lイ l ヽ\ _ ゝ _ ヽ
―― _  ,   丶: : : : : : : : : ヽヽ ll l  ヽ  ̄l   \
      ̄`l    | : : : : : : : : : :ヽヽ ll l  l _ヽ- ヽ   ヽ
.        |     l : : : : : : : : : : : ヽヽll  l  l   \ヽ   \
          ゝ   ヽ : : : : : : : : : : :ヽヾ  l  l  ///|    ヽ
        | ノl i イl : : : : : : : : : : : :ヽ|  l  |/ .// .||、    ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
これが本当に、あの有名な源義経なのか。
疑念はあるが、実物がこれなのだからしょうがない。

ぼさぼさに伸びた白髪、精悍な顔つきに不釣り合いな死んだ魚のような目。
極め付きには人前で鼻糞をほじくるこの態度である。
服装は伝承通り女物の着物を着崩していたが、気色悪かったので
持っていたジャージを一着押し付けた。

そして顔合わせの際、ヨシツネがパイモンに熱い視線を送っていることに
喜留夫は気づいた。そういえば、源義経は女好きでも知られていたな。
喜留夫は一人で納得しながら、パイモンを差し出した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

239 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:37:45 ID:O8oZ4mbo0 [5/36]

                       _
                  ,.  '"ヘ ` :、 ”ミ 、
               / ̄ィ'ヽ " 、 ヽ. \ _.ィis、
                 /  ,   i   ヽ. ゚:, イ:::゚:,::::ヽ.
.                /  i ,' l  ト:、 Ⅵム l::::::ム::::<
                  ,    l ,   !   ! ゚:, Ⅵム`'''i:::i::::ノ',
                イi l   l i   ト、 ト、 }ヽⅥ} ''""  ,
             `'''i l   l l   l ヽ }ィi佗了i  ',  ', 、
               イ l   l ヽ. !  V _v:iツl   l  }  ト、           ええー? しょうがないなあ……
                ! i;   :ト:、 ヽ,,,   /// リ/  .! V} }、 ゚:,
                V ',.  ト、゚:,"// 'ャ'''v} 〃:リ l  / 》ュ.___        今回だけだよ?
                  ',  l ゚:,}マ''`  `''"/ !}/ ,' ./ ヽ,. '"    )
               ≫、゚:, ゚:,゚: 'vッ ̄i:i:i:i:( l , '’   ノ   / ,'
                 /   vヽ},.-、' }   /l /、  /゚:, }   '’ , '’
               \   {-、ヽ} ゚:,ー‐'",i!  'y'  ノ    ト、
                \  ゚:,ヽ'’ ノ___.>、   .イ  、     \
                   }  /`ー‐'i!、    (  '"  }ー'"`'*:。.   \
                 / ./    !i:i:isャュ:i:i`i:、 .イi:i:i:i:i:i:i:.xi'"“'ャ''7ユ:ュ、
                   / ./ュ    li:i:i:i:`''’i:i:i>'"/:i:i:i:i:i:i:/ ,. --{ i! l ! }`i;
                     / .〈 `''*。,._!i:i:i:i:i:i:i!i:i:i>‐-!i:iト、i:i:i:iト、 ゚:,. λ}リ // /}、
                 / / ゚:,/   i!゚:,:i:i:i:i:i!:i:iノ、-}_i:i:i; \i:i:i≫''’.イ'}ノ*": : : ゚:,

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
パイモンも何だかんだで好みの範疇ではあるらしく、
そのままヨシツネと一緒に寝室へと消えていった。
ちなみにパイモンはバイセクシャルである。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

240 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:38:22 ID:O8oZ4mbo0 [6/36]


アッー!?

       ____
     /     \
   /         \
  /     (ー) (ー)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /
  /           |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
結果は言わずもがな、である。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

241 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:38:34 ID:O8oZ4mbo0 [7/36]

                     . . -‐…―: : : : : :''゛~\__
            _  /:_:_: : : : : : : :''゛ : : : /ヘ : :>、
             {i:i:i:ヽ_:/i:i:i:) : :''゛ : : : : : :/⌒ :∨ : : :\
           >i:i:iJi:i:i:i:/: : : : : : : : /: :/: : : : : : : ',.:|
          //: : {i:i:⌒/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i '. 、
            {i:/: : : |i:i:i:/: : : : : : : : /: .,:__,: : : : : :/ : : :|: :', 、
            {/: : : : |i:i/..: : : : :/: : ,,:.,;_:/|/ | :/: : :/ト、 : | : :', \
         /: : : : : l/: : : : : :/: :.^兀ぅ㍉ミ:/ : : / |/: :| : : '   \
           / : | : : :.//: : : :/: :/ ゝ八ツ   |/笊示ミ: : : : :', 「 ⌒
.   __  /..: :.|: : : : : : |/:// : :| xxxxx     じ几: : : : : : ', |
.     \   // |: /: i : :/ |: : : : : : :|.      ` xxx..Λ: /: :/Λ',|  ___       ふぅ……
.     \/   .|/  |.:/ .|: : : : :../|   ャ… ,ァ   ノ: ∨.|/ : :.「 ̄ /
   ―- 、\     l/   |Λ :/ / \  ― ,. <: /: : : : :|Λ| /く
          /   /|   /   /..:_:.:> <   |/ |: /| : |  |  <⌒
         / /        /イ「ニニ]>      |/ .|: /      >
        ⌒   _        /|'''"´ ̄ ̄ ̄ }    .|/     <
             > ⌒\       ノ|/{_   }        \``~、、
              ⌒\             <⌒___}_       \ ⌒\
                          \/////Λ /\(⌒ヽ
                     | \ {⌒ ///////VΛ
                     |0)〉\//////////〈 i 〉/
                         \C/^"''*+ + + + *゙∨/





l// ./{  .|  |     /   ノ     {{l//\ //\ 从  !    |/⌒ヽ\////////
i/ / 八  !  !   ∧ /    从\ _\ //\{ハ |  | .!/⌒V  \//////
{/| ,〃  \{  |  //lⅩ      |///// ⌒\/l}/l∨ ∧ l|7  }}  <//////
l//|// |       !  :|///\      .| //V  ●  〉}}//| //l}从L  {{  ///////
///  从 、   V |./⌒ \ 、  八 //ミ __彡´ l/∨//l:/(⌒ || \//////
<_ イ ∧ \  V/{{ ●  _フ \  \≦ニ二斗’      /// \ 7  ム//////
l/////|///\ \ ∨ミニ二彡///| \  ‘,         \ヾ/∧  ,ノ〃  .|///////      けっ、ケツが……
jl/////////人 }\}    // /l|   \ |         ///∧  /  从{///////
////////////∨/{\      ///|     ∨ }    ヾ    /////∧/L 八////////      ケツ穴が若干裂けた……
l//////////////八  //  .///ム_, _ -= }}\      ./////////ハ | \//////
l///////////////∧      .///   _ __   \  .///////////{/{\{ム/////
/////////////////ハ////  .{{  ./二二二 、  .  |//////⌒\ル//////////
jl//////////////////\/////{ /二二二二> V {////    ‘,/////////
/////////////////////\////.´⌒ ̄ ̄ ̄   {{  /      /}\////////
i;//////////////////////∨/// ー==彡¨⌒   .//    //  ∧///////

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
しかもパイモンがタチときた。
知りたくもない事実であった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

242 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:39:14 ID:O8oZ4mbo0 [8/36]

       ____
     /     \
   /         \
  /     (⌒) (⌒)\      どうだった?
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \    \ェェェェェ//
  /          |





    フ´
  <
.  /    ,/     / // /   .
 / /  ./ /./ /}/}/! ′  ./ /
..从/ ./ / /}}/⌒\ |l/    ′ ' ./ ///|
. ∧/  /∧/  〈  ● }}/   /}/}/ / ////
   | (⌒{ ′   ミ三ニ彡   ,ィ⌒ヽ!/ ////
   |  \|//!    ,/ // ミ ● }////       たまらぬ大根であった……。
.   从 /j|/∧  ./{{ - _,/j/`≧彡イ}/′
   /{ {/|//∧ /   _ ,}}/  ,/
    八リ∧///! ∠二¨¨マ |///
  /⌒\/\/  、 _ ̄`.//
厂}      \/\    ̄〆
  |::.       \ ≧==彡
//|::::.   {⌒\`ー=≦{__
//|:::::::::. 八 \}=七{⌒¨ \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「馬鹿なことしてないで、そろそろ今回の依頼について話して」

メイヴに脇腹を肘で突かれる。
まあ、パイモンは満足げなのでよしとしようではないか。

「おう、お前ら聞け。今回はとあるサキュバスの捜索だ」

「サキュバス? 久々に悪魔退治ってこと?」

「いや、違う」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

243 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:39:44 ID:O8oZ4mbo0 [9/36]

         ____
       /      \
      /         \
    /   (●) (●)  \      そのサキュバスに惚れた男からの依頼だ。
    |   (トェェェェェェェェイ)   |
    \  \ェェェェェ/   /      探し出して、告白の手伝いをしろとよ。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そう、謂わば愛のキューピッドである。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

244 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:39:56 ID:O8oZ4mbo0 [10/36]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

245 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:40:16 ID:O8oZ4mbo0 [11/36]

             <_ _,-‐/
/!   ,-‐, __         / ノ!
〃l./ ' ´ /, -‐'フ      ̄' ´/
      l/  '-‐' ´ ̄>  ‐'一'/
  /./ / ノ , '´    \ 、 、ヽ´
-'_,=彡/l__/! /!/ /\、 !l/ ‐'、
:::::: -‐y::::〃! l:/::〃:ィ:::::::::!/l 、ト、ヽ
:::/(⌒l//::/::/:::l::/l:〃、'1:,::'::ヽ__ヽ ヽl      じゃーんけーんぽい!
:::ヽ ( l:/∧:l/ヾ!l/ド, l':/::ノ、ヽ ヽl
::ハ ´ リ::/ `l_.ノ(.   ソ// ヽl/         あーいこーでしょ!
イ/ 7 ヾ!   '⌒  '一'<
.l'.  '.  `     .ヘ-ノ             あーいこーでしょ!
.         /  ̄
         /
, -‐'´<ヽ、   _ゝ
::::::::::::::ヽヽ 、_/
:::::::::::::::::::ヽヽ
-―一---┘ヽ
┬' ´ ̄ ̄  ̄
.ヽ
 ヽ
  ヽ





          ____
         /     \
       /         \         あ、今後だししただろおめー。
     /     (●) (●)\
      |    (トェェェェェェェェイ) |        もっかいな、もっかい。
     \   \ェェェェェ/ /
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
夜の三津井市は混沌としていた。
都会の、たとえば歌舞伎町などには敵わないが、それにしても相応の夜の楽しみと
危険が混在しているのは確かだった。

駅前の商店街の裏通りではホストクラブやキャバクラが看板を光らせ、
アジア系のお世辞にも美女とはいえない女性たちがぼったくりマッサージの客引きを
している。

今回は、そんな夜の闇にヨシツネが潜入することとなった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

246 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:40:42 ID:O8oZ4mbo0 [12/36]

   |  {    |     ハ   '  乂込りイ、`ヽ
   |   '  |  ミ、 i   |ハ ゞ=彡ノ/z i
   |   ヽ .!   ハ:}|i: ! {  '  i  ゞ=ソ i:!
.i   |   ハ:{.  r=彡|{|ノi  |. | ヽ  八
:|   ! >ー从_}{ i ! |.川 i{ `ヽ |   !  ハ 、  ゙
   |{ / ーヽメ 八ハ!{ !ノj_z_j   |  .'{  ヽ       いいえ、今回はヨシツネ、あなたが行きなさい。
ハ  人ハr=ミ ハ ハ   ノ从 7Zマ.く_ ' | {八
  / }込八irくイ_ノ ノ    i.i゙;;;}j ' ハk , ! i  ヽ       「あー! ヒールで足踏むのは困りますお客様あー!」
 { :{ゞ=ミ_ノ/    ,  ゞー" / ノ/  |i ゝ
.八 ∧   '' j:i ''     ノ   "″,イ./{  八 `ー
.  ヽ∧   八{_ノ、_       ./rーミ八   `ー -
   \ヽ.      ̄ ´  イハ  }vー 、`ー -
 `ヽ  \>     . ィ´,⌒´     ノ `ヽ
ハ  \  ヽハ≧=彡} `ヽ      `ヽ ハ  グリグリグリ
  丶.  \   }、 { /           ノ   }
   \   ヽ ノ iト、∨           \  '

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
今回の捜索対象は、依頼人から聞いた話によれば、どうやら普段は
人間に化けて夜の繁華街で立ちんぼ、つまりは個人で客を取っているらしく、
依頼人一人の力ではどうにも探し当てられないとのことだった。

確かに、この町にはそのような女性が少なからず存在する。
もう少し都心寄りの方には小さな売春宿が立ち並ぶソープ街も存在するが、
この近辺にもそういった店はそれなりの数が存在する。

要は、夜の街に出向き、人間に化けて客を取っているサキュバスを見破らなければ
ならないのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

247 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:41:41 ID:O8oZ4mbo0 [13/36]

                   __   >-<  。,,  ./∨
              })h、__/ __>'´_\ヽ∧:i\i{:i:i: ∨
              }:i:i<:i://  ̄ ̄    ' ∧ヽ<〉__:i:i∨_
             .<>''//  /   ∧    ' ∧ ∨\:i:i:i:i:iノ'
              <:i:i:i://  /'     '    ' ∧ ∨:i:i〕iト=イ
            ヽ/' .//   / |      .|,     !. ∧ .\>=‐'
             /' '∥ ./ { i      .| \  .! .∧  .\、
           ./ ノ '  .{ Ⅵ  !   | ィzz、、|   ∧。,,_ \≧=‐
            / {   ∧ィ≠∨  iノ.示笂ア>  .}i 、 ̄`ヽ)〕h、          ん、僕じゃダメなの?
          /  ノヽ  ∧ら斧\ ∧、乂ツ /  / i \~~~''<
         / /ィi〔 / \ 弋ツ  ' ヽ{  ノイ / /{ !   \   ≧=‐       「あなたでは、まず男性と信じてもらうまでに
        ./ ./ /: : :.//: : :.〕iト=-        /./ /:.:.ヽゝ、~''ヽ)    ヽ
        i./i/ {>''7/: : :/: : : )h。  `  ィ(:i,イ ノ!从/∧ Υ      ∨      手間がかかるでしょう? 今回は新人に活躍して
       ./i      i(Ⅵ/(イ´ {/_}!_`_´_∨ノ'Ⅵ{ノ:.:.:.:.} リ          乂
      /ノ         Ⅵ  、彡、ニニニニニゝァ ゝ‐-┤./ヽ       弋      もらうとしましょう」
      7        ヾ   ミ〈ニニニニニニフ  /:.:.У  }         }
        ノ            }==宀宀==ニニニ7  乂 /  ノ         }ヽ!
     /イ {       }   }         7 /:.:.:.)! /!     / ノリ
       Уi        丿  、リ       _,,。ゝ_.: : : :リ  |     ノ、{  ア Υ
      ノ{ 乂}        { |〕iト====≦´  }':.:.{,/  リ     ノ、{: : :}
     / 乂_リ     ヽ, .Иリノ: : : : : : : : >=i} 7__,。イ  /─≦__ノ
    /     イ~\( r┘〔__ノ'7: : : : : : : : :i{  ノイ´  }!/{/    ``~、、 .\
  /          ` 7_ィ┘≧s。。。。s≦イ /ニ==ー┘             \
/               /、/ニニ}: : : / }ノ__/                   \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そのためには、男性客として自分かヨシツネのどちらかが夜の街に潜入しなければ
ならないわけなのだが、どうもメイブは自分が行くことが嫌らしい。

二人がかりで行けば妙な噂が立って警戒されかねない。
そのためにも、人間と悪魔を見分けるのには悪魔、
ということでヨシツネが行くことになった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

248 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:41:55 ID:O8oZ4mbo0 [14/36]

         !´Y⌒ー一'((⌒' , - ´ ̄    __  VR 〕
        ! ! ノ   fノ/二 ̄  -一ニ-‐   !ヾニ
        j  /  fヲ^レ'´ ̄             !
      . / r'===(./    /         !  l   l
      / { }_  //    /      /   !!  !ヽ   l
        ノ!‐ニ/ /!    /   l  /! .  ll   ! `、 !
      . / l / //  //!    l !!l  l ll  l ! ! ヽ !
      / l l  ! ! _._ l ll !    ! ll l  ! lll ! !  ! !
        l !  !! l'^,))l l! l 〃´ l !! l  ! f l /  !/
        ! ! l ! l// ! !! { ,f,==、ヽ、 l/ l/   /!
         |ヽ: :.ハェア┐  jf 込イ 〉>  / //
           ヽハヾ=)>   弋_.ン '´  / //!
            〉 弋/ノ}   "¨´  .// /{l i
      .     |: : }ン     xxx /´/ / .{l
            !l:.f          /  / l ll ト
            lト、ゝ  /^ヽi⌒l .i /  l ll ト、
  _y⌒ヽ-一ッ     ヽ{ r‐ |   !  ヽ! ヽ  ヾ l ! 丶
 ´      <´ .f ̄二 ヽl  }   ヽ   \`ー、ヽ、ヾ
(        }ヽ l {  イハ  !    \   ヽ   >、! \,
 ヽ   _,,ノ   | |  l } l          Y"´ !lリ.   \
  ゝ一''     { ′ ヘl !          ノ,  /
          `丶、 ',        , ィ ´ \ l  i
           ヽ `´ゝ、  , - f ´  i   ∨`丶

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「私じゃ不足?」

作戦会議が終わり、仲魔たちをCOMPに戻した後で、メイヴにそう囁かれた。

「そんなことあるもんか」

思わず、メイヴの両肩を掴んで引き寄せていた。
単純にこれは、近頃の風俗はどうなっているのかな、という知的好奇心からであり、
メイヴを抱いている時に不満を覚えたわけでは決してないのだ。

「あら、そう」

一言いうと、メイヴは俯いてそれ以上は何も言わなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

249 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:42:08 ID:O8oZ4mbo0 [15/36]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

250 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:42:24 ID:O8oZ4mbo0 [16/36]

                  _
            ,r,' ,.r:'´ ̄./,.r:' ̄::::ニ=-
             /:/,r':::::::::::/'´:::::::::::::::;:r.'´
        /::::./:::::::::::::: .::::::::::::::::/-―::''ヽ、
        ./l./::::::::::::::::::::           :::::::::::::::`.、
      /::ll::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::_::ヽ、
     /::::l::::::::::::::,.-/::::::/ //!:::::::::::::::::::::::::`ヽ``、i
     l::::::::::::::::/./:::\´ // ./::::::::/l:::::::::::::::::::::::`、
      l:::::::::::/  .|::::;./,\ー/,_r '"././!::::::::`、、:::::i
      .\:::::l./.i'";l// ,ゥ  \/ `/____l::::::::::::`、ヽ::i
       /::::/ .〉i;' . i {,'     l_/  .|ヽ!::::::l:::::::l ヽi        みんなに集まってもらったのは他でもない。
      i:::::::l !'.l     ー―    i'..fl   .//:::_;:ノl::::/
      リ.l::.ヽ ヽ'          ゝ゛、. '.'/i´  .l::/
       .',::::i:`:'、           '   ` // .   レ
        `、!、::/`、_   ``ヽ   /'
       ,. -‐==‐r/、      , ィ.'
    .r '´    / i//  ` 、_,., _ ´_,,. -
_ _ _l _ _ ー' _,'_,,.. - ,  ,' ̄ ,rヽ ./
-----、、― '' '' ''.,.r‐ ''"i.l ,r┴、 、_.ノ./
      、、     //   .//,'l  l==ー'-‐,
      ii   / .i.i    i.i l .l  .l   ././ヽ`ヽ、
     ii  /  i.i   .i.i  .!、 l.i  /./  .ヘ``ヽ`-=ヽ
   / ii /   i.i    i.i   ヽ! l  / i  \     `、
【人間 横島忠夫 Lv26 デビルサマナー】
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
駅前広場で依頼人と落ち合う。今回は依頼人であるサマナーの男、横島忠夫と
共同で捜索に当たることになっていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

251 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:42:36 ID:O8oZ4mbo0 [17/36]

                 . イ
                    /::/>――ァ
              /. : イ. : : : ::/イ
             /. : : : : : : : : : : : : :ア
            ト{: : : : :ィ: ::///∨: : :`ヽ
            {: : : :/爪ハ/イー.∨: : トハ
            ゞヘ'   ・ マソレ-∨ :{
            八rうu≧=- ゝ_ ・_j八:!           俺の夢に出てきてウッフンアッハンした挙句、
          >ー-ミ {ゝ- `ー-ァ /
      > ´ ̄`ヽ  \/{≧::::/.ノ              名前を告げて『会う気があったら探してね(はぁと)』と去っていった
    /ー-  _      / ̄{> '⌒ヽ
    {_      /`ヽ_ / ̄`ヽ  /ー :、          サキュバスたんの捜索であーる! ちち! しり! ふともも!
     \   ./ /     ニけ マ / i \
        ̄ `ヽ/ー―-イ_ノり   ∨ |  \
          }        {     ∨.|   /{
          ∨       }     ∨{    ー.、
              ∨__.ノ   ;  ⌒ー=:∨\     ヽ
            }`ヽ     ,´ ̄     .∨ \    \
             /⌒ー-  /_  _ ー= {   \    \
          /       /{{::::::::{{:::[三三]ハ /⌒ヽ   /く





         ____
        /      \
      /         \        ちち! しり! ふとももーっ!
    /   (●) (●)  \l⌒l
    |   (トェェェェェェェェイ)   | .|     (主に尻が好き)
    \  \ェェェェェ/   //

252 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:42:47 ID:O8oZ4mbo0 [18/36]

              _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
       _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
      //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
       / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
       | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
       | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
        | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
       / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
      ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |      ……今だけは他人の振りをしていたいわ。
     / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
    / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
  / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
 / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
/  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
|  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
|  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
時刻は午後十時。既に日は落ち、空には藍色の幕が引かれていた。
もちろん、星は見えない。もしかしたら、喜留夫は本物の星空を見たことが
ないかもしれない。が、それは今はどうでもいいのだ。

今回は星探しではなく、女探しなのだから。

若干引いているメイヴをよそに、横島忠夫の語るサキュバス像に耳を傾ける。

「髪は膝まで伸びたスーパーロング! 色は青みがかった黒!
欧米人じみた顔立ち! ゴスロリ! 名前はストッキングちゃんだ!」

なるほど、これだけ聞けば簡単に思える。
だが、相手はサキュバスだ。姿を変えるのは夢魔の得意技である。
故に、直接本性を現してもらうほかない。どうするかといえば、体を重ねるのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

253 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:43:06 ID:O8oZ4mbo0 [19/36]

                   ヾ:.、!::::::::::::::::::::::l!:::ヽ
             lヽ `ミ:ー─‐‐':::::::::::::::::::::::::::::::::::::Yl!
            ',:::`ー─':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j!:l
            ヽ:::::::::::::::::::::::::_::::::::::_::::::::::::::::::::::::::リ
            /::::::::::::::::::/´-\::::!ヾ:::::::、::::_:::::/
             ,ィ:::::::::::::::/l/、=≡=.、,レ´ヽ::!\ }::ヽ
           l/!:::::::::::l!===ヾ}l!{/ ⑪ lノ l`':::::ゝ
             l::::::::::::l! ⑪  Yl!ゝ-=== 、 レ´`iノ
            ',:l!::::::::!_,ィ==<{ .:: _,, イ`゙リヘ !         今回は俺のおごりじゃー! ヤッてヤッてヤりまくれーっ!
             .l∨!:ハll!!''"__ ,, - ´,, v-! /イ /
              ゝ !ヾ ̄,, -.:.i´!:!:!:!:!:l /ー‐'           ただし限度は十万円までな! それ以上は無理っ!
               ヽハ ∨!:!:!:!:!:!:!:!:l:l://:::;リ
                  、',!:!:!:!:!:!:!:!:!://::ノ'             俺の財力と精力的な意味で!
                   、辷_!_!_!_l// |
                     /`ー--‐¨   |  _ ィ 7
          __        /::::::::|      | ̄  ./
       ,ィ´:::::::::>..   {::::::::::: |_____.   |ヽ  /
      j:⌒ヽ::::::::::::::::>-'ー─‐ :::::::::::::}l  /l | |
     /:::::::::::i::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::θ:/ !∨ .! ! ー‐‐ァ
    /:::::::::::::::::l:::i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ! |!ノレ'.l   ./ゝ----- 、
  /::::::::::::::::::::: l:::l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八 ゝ- 、ヽヾ ./:::::::::::::::::::::::::
/::::::::::::::::::::::::::::l:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ヽ l!/l::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::: !: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ :l l':リ::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ノ/::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( ):::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::: /   ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::/      .∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::: : /         ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
費用は依頼人持ちなので、下手な相手は選べない。
そのあたりの目利きは、ヨシツネの目に頼るしかないのが現状だ。

当のヨシツネは準備万端、勝算万全といった様子で、不敵な笑みを浮かべながら
腕組をしている。煩悩が見えざる炎となってめらめらと揺らいでいるかのようだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

254 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:43:27 ID:O8oZ4mbo0 [20/36]

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \     このあたりの相場だと、立ちんぼなら一時間一万五千ってところだな。
  | / .イ '(ー) (ー) u.|
.   /,'才.ミ)トェェェェェェェイ)/     ああ、ホテル別で、だ。デイユースで利用するにしても、総額二万は飛ぶと見ていい。
.   | ≧シ'ヽェェェェェ/ \
 /\ ヽ          ヽ    となると、ホテルだけ取ってとっかえひっかえするとなりゃ……





   |  {    |     ハ   '  乂込りイ、`ヽ
   |   '  |  ミ、 i   |ハ ゞ=彡ノ/z i
   |   ヽ .!   ハ:}|i: ! {  '  i  ゞ=ソ i:!
.i   |   ハ:{.  r=彡|{|ノi  |. | ヽ  八
:|   ! >ー从_}{ i ! |.川 i{ `ヽ |   !  ハ 、  ゙
   |{ / ーヽメ 八ハ!{ !ノj_z_j   |  .'{  ヽ
ハ  人ハr=ミ ハ ハ   ノ从 7Zマ.く_ ' | {八         あら、どうしてそんなに詳しいのかしら?
  / }込八irくイ_ノ ノ    i.i゙;;;}j ' ハk , ! i  ヽ
 { :{ゞ=ミ_ノ/    ,  ゞー" / ノ/  |i ゝ          まさか利用歴でも?
.八 ∧   '' j:i ''     ノ   "″,イ./{  八 `ー
.  ヽ∧   八{_ノ、_       ./rーミ八   `ー -       「ねえって! 客引きで一時間一万五千よーって声かけられたことあんだよ!」
   \ヽ.      ̄ ´  イハ  }vー 、`ー -
 `ヽ  \>     . ィ´,⌒´     ノ `ヽ        ふうん……嘘だったら、後で覚えてなさいよ?
ハ  \  ヽハ≧=彡} `ヽ      `ヽ ハ
  丶.  \   }、 { /           ノ   }
   \   ヽ ノ iト、∨           \  '

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
メイブの目が笑っていない微笑みが腹の奥に刺さる。
無論、利用したことなどない。この十年、自分が抱いた女はメイヴただ一人だ。
それ以外の女に手を出す気など毛頭ない。自分にはメイヴだけいれば十分なのだ。

と、口に出すわけにもいかず、どうどうとメイヴをなだめる。
流石にこんな小恥ずかしい台詞を面と向かって言う度胸は自分にはない。

その時、ふと、喜留夫は思った。
自分もメイヴも、一度でも相手のことを好きだと言ったことがあるだろうか?
いや、ない。苦楽を共にし、体まで重ねたが、それだけは口にしていなかった。

喜留夫はメイヴに惚れていた。
何年も前から、メイヴが心の支えであり、彼女といる時間以上の安らぎなどなかった。
まあ、確かにメイヴは少し恐ろしい女だ。強かで、怒らせると敵わない。
今でも若干尻に敷かれている節すらある。

それでも、メイヴのことは強く愛しているつもりだ。
だが、それを一度でも口にしたことはなかった。

メイヴも同様に、自分の愛情表現に応えてくれてはいるものの、
はっきりと言葉にしてきたことは一度もなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

255 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:43:45 ID:O8oZ4mbo0 [21/36]

              >-                  `'´ムィ
             '⌒>                   ´ ノ
             _/ ィ イ  l l、 、   .ト  、     ‐'、
            `y' / l/ .l イ/! l ソ丶 ト、ヽ\ヽ 、 .ト、  「 ヽ
              V  l/∨ l リ ヽ `\ \メ \癶l ヽ,斗‐,
            ト ┘ ,/ !    `、l l`  、 ヽ、` ヽ r-'ヽ 彡'
             ̄7,、::::l∧/l/从 ',ヽ::ヽ\ヽ:::ヽ   l^ヽ::\_
             l' ヽ::::::::N'三从  ! ≦三__ハ /∨リ ソ::::厂
               ムl::::ト `´ \ト`、 `´   .癶ィ/ノ:::::::::ヽ           まあまあ、その辺にしときなさいって。
                /∨ハ.   l         /イ'::::::ヽ ̄
.                   ヽ  ' 、 -  ,、   / !::/`‐- 、__           行こうぜ、横島の旦那。男たちの極楽浄土へとよォ!
                 ___.>、‐ === '   / .l:::l 厂`‐-/
                 l rー- '´レ,、  ̄   イ   ∨ノ:::::::::/
.                 l l::::::::::::::::l `  ´      //:::::::::/
                 l l:::::::::::::::l         //:::::::::::::>⌒  、
                  l l:::::::::::/'        .//::::::::::/     .>‐、_
            _ -‐'::::´:::::l l::::::::::l_   __.//::::::::/     /  ,   `
        , -‐'´::::::::::::::::::::::::ヾ :::::::::l  `  '    //::::::/     /  /
        /:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ ::::::l      ノノ:::/     / /./ /
.       /::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ :::!    //:/     / ./   ./
       l::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ !    /./::/     /  /   /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
少し、ほんの少しだけ、不安になる。
メイヴは自分をどう思っているのか、言葉にされたことはない。
それが何を意味するのか。

不安の種を抱えたまま、喜留夫はヨシツネたちを夜の街へと送り出した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

256 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:43:59 ID:O8oZ4mbo0 [22/36]

~二時間後~
         ,.ィ,.イ ̄::::::`ヽ、
       /::::::::::::::::::::::::::≦..、
ヽ,、   ,ィ ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
: :';:',_,:'> ´  ̄ >ヽ::::::::::::::::::::::::::\
: : i:} ./   ミil  il 〉::::::::::::::::::::::ヽ
: : l:レ     .ミil ・ il/::ァ::::::::::::::::::::::',
: : i:l      ミil   ilイ7::::::::::::::::;:::::::',
: : `{   /i 、   二レ:::::::::::::::::::',ヽ:::',
ハ: : l,  \| ミil  iトノ::::::::::::::::::::,::', `ヾ、
: :l: :」\    ミil ・ il ̄テ::::::::::::::::',ヾ、
: :l!: ::} . \  ミil  」/:::::::::::::::::::::::'、
 ̄ ̄.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





i////lフ´                     /////
i//l<                       ////
//j/     ,/     / // /   .       /////
/l/ /  ./ /./ /}/}/! ′  ./ /    /////
:l从/ ./ / /}}/⌒\ |l/    ′ ' ./ ///|/////
ムl∧/  /∧/  〈  ● }}/   /}/}/ / //////////
///l| (⌒{ ′   ミ三ニ彡   ,ィ⌒ヽ!/ ///////////
///l|  \|//!    ,/ // ミ ● }////////////
///从 /j|/∧  ./{{ - _,/j/`≧彡イ}//////////
///l/{ {/|//∧ /   _ ,}}/  ,//////////////
////八リ∧///! ∠二¨¨マ |//////////////////
///⌒\/\/  、 _ ̄`.///////////////////
厂}      \/\    ̄〆///////////////////
  |::.       \ ≧==彡/////////////////////
//|::::.   {⌒\`ー=≦{__ ///////////////////
//|:::::::::. 八 \}=七{⌒¨ \//////////////////

257 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:44:16 ID:O8oZ4mbo0 [23/36]

                   ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
             ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y
           r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
           トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !
                | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ
                レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、
           /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi              死んでるわね。
             /   /  ヽ卜辷r" :   u. { ! ハ    ト-ミ: ____
           √ァ’ /   トミ Ⅵ(   cっ   人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
          /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
       人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/
  .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
 /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
/    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
    .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
 / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
 ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八





           / ̄ ̄ ̄ \
       ./  u.       \         何があった! 返事をしろ!
      ./    (○)ililil(○)i
      | u.  .(トェェェェェェェェイ)|         ヨシツネェーーーーーッ!
      \   \ェェェェ//
     /  ⌒ヽ      (
    / ,_ \ \ /\ \  て
     と___)_ヽ_つ   ヾ_つ. そ
                 ガバッ!

258 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:44:32 ID:O8oZ4mbo0 [24/36]

         ,.ィ,.イ ̄::::::`ヽ、
       /::::::::::::::::::::::::::≦..、
ヽ,、   ,ィ ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
: :';:',_,:'> ´  ̄ >ヽ::::::::::::::::::::::::::\
: : i:} ./   ミil  il 〉::::::::::::::::::::::ヽ
: : l:レ     .ミil ・ il/::ァ::::::::::::::::::::::',
: : i:l      ミil   ilイ7::::::::::::::::;:::::::',        えがった……もう出ねえ……
: : `{   /i 、   二レ:::::::::::::::::::',ヽ:::',
ハ: : l,  \| ミil  iトノ::::::::::::::::::::,::', `ヾ、
: :l: :」\    ミil ・ il ̄テ::::::::::::::::',ヾ、
: :l!: ::} . \  ミil  」/:::::::::::::::::::::::'、
 ̄ ̄.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





i////lフ´                     /////
i//l<                       ////
//j/     ,/     / // /   .       /////
/l/ /  ./ /./ /}/}/! ′  ./ /    /////
:l从/ ./ / /}}/⌒\ |l/    ′ ' ./ ///|/////
ムl∧/  /∧/  〈  ● }}/   /}/}/ / //////////
///l| (⌒{ ′   ミ三ニ彡   ,ィ⌒ヽ!/ ///////////
///l|  \|//!    ,/ // ミ ● }////////////       地雷引いた……
///从 /j|/∧  ./{{ - _,/j/`≧彡イ}//////////
///l/{ {/|//∧ /   _ ,}}/  ,//////////////       顔だけはよかったんだが……
////八リ∧///! ∠二¨¨マ |//////////////////
///⌒\/\/  、 _ ̄`.///////////////////       アソコがめっちゃ臭かった……
厂}      \/\    ̄〆///////////////////
  |::.       \ ≧==彡/////////////////////
//|::::.   {⌒\`ー=≦{__ ///////////////////
//|:::::::::. 八 \}=七{⌒¨ \//////////////////

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そこには馬鹿どもの死体が転がっていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

259 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:44:48 ID:O8oZ4mbo0 [25/36]

     ____
   /     \
  /         \        しかし、二人とも外れか……
/     (●) (●)\
|    (トェェェェェェェェイ) |      横島はともかく、ヨシツネも外すとはな。
.〉     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |        それっぽいのを選んだんだろ?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





 / ./{  .|  |     /   ノ     {{l//\ //\ 从  !    |/⌒ヽ\
./ / 八  !  !   ∧ /    从\ _\ //\{ハ |  | .!/⌒V  \
{/| ,〃  \{  |  //lⅩ      |///// ⌒\/l}/l∨ ∧ l|7  }}  <
.  |// |       !  :|///\      .| //V  ●  〉}}//| //l}从L  {{
  /  从 、   V |./⌒ \ 、  八 //ミ __彡´ l/∨//l:/(⌒ || \
<_ イ ∧ \  V/{{ ●  _フ \  \≦ニ二斗’      /// \ 7  ム
     |/  \ \ ∨ミニ二彡///| \  ‘,         \ヾ/∧  ,ノ〃  .|        いや……それっぽいのがいなかったから
       /人 }\}    // /l|   \ |         ///∧  /  从{
         ∨ {\      ///|     ∨ }    ヾ    /////∧/L 八         とりあえず好みの娘を……
           八  //  .///ム_, _ -= }}\      ./////////ハ | \
               ∧      .///   _ __   \  .///////////{/{\{ム       「もっぺんパイモンにケツ掘らせっぞ」
.              、////  .{{  ./二二二 、  .  |//////⌒\ル
                 \/////{ /二二二二> V {////    ‘,
.               \////.´⌒ ̄ ̄ ̄   {{  /      /}\
                      ∨/// ー==彡¨⌒   .//    //  ∧

260 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:45:05 ID:O8oZ4mbo0 [26/36]

            ____
          /     \
         /         \
       /     (●) (●)\
       |    (トェェェェェェェェイ) |        しっかしどうしたもんかね。
       \    \ェェェェェ//
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ_        予算的にも次がラストだ。
        /  、     、  〆ヾ ̄ `i
      /  /      ゙  lヾ_ ,|ヽ─ヘ     それで引き当てられるかどうか……
      /  /l         `、´/     ヽ
     /  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
   -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
  ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ





        _ .....  、
    \ -=:::::::::::::::::::::ヽ)\
     >⌒:::::::::::::::::::::::::::::ヽrν
  ,.-=ニz:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i,..、
 /i/;'::::;:::::::;'三レ'三二ニコ::::iミヽ\
/   」::::|{::::;'<=二iiiiiiiii⌒;::::::::ト、  >     ……それなんだけどさ。
   / ヾ;{ .>'iiiiiiiiiiiiiiiiiii;' ’j::::::::ト、 ̄
      `ァi_,ji!ii;'ii; 〈:::!`'`
       i! ヽii_ii!i!  ツ.>、
       ji    ) //  ',
          ///, 、  ', ムクリ
           ヒ/. / .ヽ  ',
          }  ./   .ヽ、.',

261 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2017/12/25(月) 19:45:37 ID:5R/d4qaM0 [1/5]
ハズレをひいたのか…

262 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:46:08 ID:O8oZ4mbo0 [27/36]

/::::::::::::::::::.              :::::::::::::::::::::::::::::::::l/::!
::::::::::::::::::::::/.....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::::::::::::::::´::::!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::lヽ::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::!
::::::::/::::::::::::::::::::::::::/:.:!:::::::::::::!:.:.\::::::::::::::::::ヽ;:::::::::::::::::::/
../:::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.l:::::::::::::|==-ヽ;::::::::::::::ハ::::::::::::::::ヽ
/::;::::::::::::::::::::/:::::/二ニヽ;::::::::::!二二ニハ:::::::::::l:=i!:::::::::::::::::ハ
::/::::::::::::::::::/l::::/二 - 、\:::::l___.l::::::::/__i!::::::::::::::::ヾ
/:::::::::::::::::::l .l:/ ̄ ̄ ̄ij`  ヽl   ij  |:::::/   |:::::::::::::::::::」
::/l::::::::::::::::|             u      .!::/  ,ノ::;:::::r-xて
 从:::::::::::::!           、   ´   レイ::/ / l       今日はもう、これくらいにしねえ?
   \r 、| 、     ,ィ : : : : : :ヽ ___,  レ',イ ./
     l .ト   ー  ''"   l       l l l l  ソ ./
     ヽ i                     l l l l  //
     ` ァ-,、           _        , ´
    _/  八      r   ´  /    /
   /   /  .>  _    ー  - '  , イ
  ./   /        l   ー  一     .l
  /   ー- 、   .|             |
 f     -亠xr、―'            ーエ= 、_
 i!       l              /: : : /:.:.:.:`ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「どうしたんだよ、急に」

「いや、なんか、俺が追っかけてるのって悪魔なんだなって、人間の女抱いてて
実感してさ。気持ちよさとか段違いだったし。それでそのサキュバスを見っけて、
OKもらえたとしてさ、幸せになれんのかなって思っちってよ。
親とかにも紹介できねえし、一緒に歳も取れねえし、価値観とか全然違うだろうし」

どうやら、横島は賢者タイムに突入してしまったらしい。
性欲を発散して冷静になったということだろうか。

喜留夫は少し考え込んでから、横島に語り掛けた。

「あのさ、人を好きになるのに必要なものってなんだと思うよ?」

「そんなもんあんの?」

「ねえよ。必要ないんだ。けれど、好きになった後はどうするって話だ。
相手を幸せにするために、自分が何をできるか、何を犠牲にできるか、ってな。
時間を犠牲にするのはもちろん、財力や権力も求められてくる。
人を愛するには、勇気と覚悟がいるんだ」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

263 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:46:29 ID:O8oZ4mbo0 [28/36]

            /|  ,-
           /.:.:.:|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\
        .ハ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:\
        |.:.ヽ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\、.:..ヽ、
        ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:___/.:.:.:_/7.:.:.:.:.:.:.:.:.}.:.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.\\l
        ,,>.:.:.:.:.:.:/三/.:.:.:/三/.:.:_,,メ、/|.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
     ,,=-ァ'´.:.:.:.:.:.:.:/-‐:|.:.:/  ̄フ, '=--く`ヽ,/.:.:__/.:.:ハ.:.:.:.:.:.:|
  _ノ;;;;;;;| /|.:.:.:.:.:.://^l i /  r'/l   /  /.:.:,,イ.:.:..::.:|.:.:.:.:.:/
  ヽー-ァ;;;;;;;j|.:.:.:.:.| i´j i/   ! トj     /,,イ |,〉.:.:.::ス.::.:.:./       勇気と覚悟……
     /;;;;/;;ヽ.:.:.:ヽ、ヽ    ヽレ_   ./i/ / .|.:.:/ l.:.:/
    /;;;;;;;;;;;;;/.:.:.:.:.:.:`T   ""      ヽ_/  .レ   |/
    `ー-=..l /i、.:.:.:.:...>、         ./j
        y  ソ|.:.:.:.:/ \      ⊂ァ ノ
          /`ヽ=/、_  ヽ、    ./
         /      `''7 `7-<7
     r=--=''´  ヽ、   ∥ ./  /
  ,,=-'⌒`''ヽ、_=ニ=<、 ∥_ \./_
../        \   ヽ  \ヽ | >ハ





         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\       で、どうなんだ? お前は勇気も覚悟も持ち合わせていないってか?
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\
    ヽ   L \ェェェェェ/  |      このままやめんのか?
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

264 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:46:41 ID:O8oZ4mbo0 [29/36]

         >:::::::::::::::::MN::::::::::}
       >:::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       {/!:::::::::::::::::::::::::::::::i ̄`=、_
        ノi!ヾ:o:::-'´hフリ: : : : : : :.ヽ、
        i:.:、、iヾ__η,.イ: : : /: : : : : :} i
        i: :.ヾ`  .{ /: : : :{: : : : : : i l
        l: : :`ヽ、 i、\: : :.>/:⌒ヽ.i i          喜留夫さんよお……
        l: : : : : :ヽ ノヽ_ 〕: :.l: : : : : l ヽ
       i i   i: :.f´: : : :.`.、/: : : : : :l  `、
       i !: : : : i: : :`、: : : : :.l: : : : : : :l: : : :〉
       i i: : : :./: :::::::...、: : : : l: : : : : :i l:::::/
       / i: : : i : :::::::/ヽ、: :l: : : : : :i l::イ
       i i: : : i ,:./: : : : : :`ーl: : : : : :i .l:.i
       i i: : : :i´: : : : : : :ヽ、i i: : : : : :i .i:.i
     /l i: : : i: : : : : : : : : :.` -!: : : : : i .i:.:!
   //├-‐-i┘: : : : ;.。-'´ ̄i l: : : : :i i┘
  //: : : :i_;_i _,.。-'´: : : : : : : :i i: : : : :i l
 { {: : : : : :.i  i: : : : : : : : : : :_/ .i_,..。-┼┘
 ヽ ',: : : : : :i  ヽ: : : :_,.。-'"´ 〕__{ ミ彡ヾ’
__ゝ、ヽ: : : i i i rゝ、'"   r'"´ ミ  >ミミ彡 }_________
 ̄ ̄ ̄t==`ー'-'’z ̄ ̄`ー─=≠___ノ//////////〉 ̄ ̄ ̄ ̄
              ̄ ̄ ̄/////////////////////`ー───
___________ ̄`∠//////////////////////////////
//////////////////////////////////////////////////// ̄





::::::::::::::ヽ/ニi:::::::::::::i!三ニ\::::::::::::::::i/、、::::::::::::〉:::::
:::::::::::::::/.\-ヽ、::::::i!―‐ァ-\:::::::::::i'  ヽV:::::::/::::::::
::::::::::::/~  \ \:::', ./   .>、:::i  ~i!V::/:::::::::::
::::::::::::{    ~\ iヾ{/  /  ヽ:!   il .V::::::::::::::
:::ハ:::::ハ   (:)  V{ (ト ,イ~  (:) '   ~} .}:/⌒ヽ
::i ',::|ii'~,     ’    '        /ii.j/ /⌒ .リ      んなこと言われて引き下がる男がいるかよ……!
`! { `} l|||iiiii≡=-  〉}   -==≡=-iiii~il|!|! {´) /
. ', { ! ||||ii|   //         ii|||ii||| / ) /:!
 ヽ、',      \',       __ 、     .ィ:::::|
   `.ゝ、 '´t‐- ――――=~/ ' /ー::':::::}iハ/
     \  ー――――‐一≦  //:::∧/ヽ:|

265 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2017/12/25(月) 19:47:20 ID:5R/d4qaM0 [2/5]
引かないのか

266 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:48:19 ID:O8oZ4mbo0 [30/36]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

267 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:48:33 ID:O8oZ4mbo0 [31/36]

                       ト lヽ ヽ、 、
                  ,  \ー-ゝ`’ `ーゝヽl lノ,
                 __ゞイ´ `        ´⌒ー彡
                 _> ,           、 _ソ
                  ̄,ゝフ´ ̄l/l/l ∧lヽl\ヽヽ \
                 /ィ´  l l /l∨ \l\ヽ 、ヽミリ`
                 /1, i. lW 、ヽ_ 、 ,`\ヽlリ≦
                   彡 l リj、ミ、|.≦..ヾl/l , ト、<-‐-、__
                   从レ.tテ`ヾ. `′  リl〃:)).>‐.7  ヽヽ、
                    コw 〈 ,      ' .)ノy'/:/   / l ` 、        ……いたぜ。
                   /::::::::、 _ _     .厂y/:/  /      ` 、
                  l::::::::::::::::、 ニ`   , ' / :::/  / /        ヽ    人間に化けてる悪魔だ。
                  」:::::::::::l:::/ヘ__,. '、 <<::::::/  /:/
                 l:::::::::::::ヽ`=、::::::::::::lヽ. ゞ::/  /::/               捜してるサキュバスかどうかは知らねえが。
                 /::::::::::ー-ミ、::: ̄`==ヾ '´〈:l  l:::l
.                /::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::ヾ::、l ll  l:::!
                / ̄´:゚ 、^ヽ:::::::/ヽ:::::::::::::::ヾ,ll:!  l:l      /
               y' ̄` ‐-、ミ∨  \::::::::::::::ヽl  リ    /
               /      /'     `‐-、:::::::::l  l_, -'´     /
              /  -‐…‐、/        `ー,:::l/       /
               l       \_        ヽ       /
             /ト        `  ̄_`‐-、,-- 、  l     /
            /:::::::\          `  、::::>:::::`l_ __
           /::::::::::::::`::.....、          ヽ::::::/\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そのサキュバスは、一時間しないうちに見つかった。
ホテル街の端で、寂しそうに夜空を見上げる若い女性が一人で立っていた。
ヨシツネに言わせれば、悪魔が人間に化けているらしい。

横島が近づいていくと、女性はそれに気づくなり、変身を解除した。
生体マグネタイトの光が体を包み、気づけば横島が言っていたロリータドレスの
女性へと姿を変えていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

268 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:48:50 ID:O8oZ4mbo0 [32/36]

                /¨` <
                 /     \     __
             _,.ム.:::::::: ̄ ̄:::`::<       7
           ,.::'".::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    /
          /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  /
         /.::::::::::::::/:::::::/::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::マ /
        /.::::::/::::::/::::::::::/:::::::::l::::::l::::::::::::::::::::::::::Y
         /.:::::/:::::::/:::::::::::;.:::::::::::|:::::l:::::::::::::::::::::::::::::l
        ∥:::∥:::::∥:::::::::::l:::::::::::::|::::l::::::::::::::::::::::::::::::l
      j:::::::j:::::__jL;:::::::::::|:::::::::::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::l
      |:::::::jハ斧うミ`¨ ''''ミー-、|:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::l         あら、あの時の。
      |:::::7i:i:lヘ,j;;;;)゙    ア゙う心ミj:::::l::::::::|:::::::::::::::::::l
      j:::/i:i:i:i!   ,:    弋ノ イ::: |::::::::!:::::::::::::::::::::.        本当に会いに来てくれたのね。
        |fi:i:i:i从  丶       |:::::|::::::::|:::::::::::::::::::::::.
       |!i:i:i:iji心, 丶 __ ,   j::::::|::::::::|::::::::::::::::::::::::.
      ji:i:i:i:/|i:i:i:i:>、`__   ,.ィf}::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::::::.
      |i:i:i,. '' 二二二>-、 マ゙_''_ノ|::::::l:::::::::ト、::::::::::::::::::::::.
      |/7'"     r、 \ Yj|_ ノ!::::::l:::::::::| `>:::::::::::::::.
       |{ { ーァ´二ヽヽ\ ゙; Vー‐'''|:::::::ト::::::ヽ∠ノ::::::::::::::::::.
        | }, yf'/  \ )}ヽ )ノ Y  l:::::::| \;;;ィ´::::,. -‐‐、:::::::.

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
遠目にメイヴとヨシツネと固まって見ていると、しばらくして、横島忠夫が
後ろ手にサムズアップしてきた。

依頼達成だ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

269 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:49:02 ID:O8oZ4mbo0 [33/36]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

270 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:49:16 ID:O8oZ4mbo0 [34/36]

        ____
      /     \
     /         \
   /    (●) (●) \
   |   (トェェェェェェェェイ)  |      さて、帰るか。
    \  \ェェェェェ/ /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
横島忠夫とサキュバスが夜の街へと消えていくのを見届けた後、
ヨシツネをCOMPに戻し、帰宅しようと足を向けたその時だった。

メイヴにくいくいと袖を引かれた。

「どうした?」

「どうしたも何も、やることが残っているでしょう? 早くしないと、今日が終わって
しまうわ」

「なんだよ、やることって」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

271 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2017/12/25(月) 19:49:19 ID:5R/d4qaM0 [3/5]
やったぜ!

272 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:49:33 ID:O8oZ4mbo0 [35/36]

/ / // /|ノ ゝ/ / / / / / // l ト_l_r/  / / ill / . / /  l  /
;/ / / |- └//_/ / /l /l il/ //yγ|/  l /|/ / // | /l /  /
;;/r ̄´ ̄´   ` `l_、 //l //l // / l/ | || / ;/ : l| / /// / \ /l/  /   /
;:rー´,yー´/l⌒lゞノ l/ l /l//lil / /  i |  / // / /il// |/ /  /   /
l  il 〈l〉//ヾ`\ lーl/ll/ / /l/ l  l |  / | / / /l/ / /l  / / //
l   i Y r´ ♂i  ヾl〉ーll / l l / l_/ll/  l // l ト 、/ / /l  / / l/
\τーl  l / yl  l 〉 l/l l l l /ll  //  / // / l / \ノ/ l / / //
` 〉\ ヾ y_て / l ll ll l i ll / / / /  / / / /l/\l // //
;;ー、_\_/l//ヽll l l l   l / /_,--/- /_// //  l\// //
L_ゞーヽーー´ー)l》〉il l i   l / /´ //彡==ー-/  / / // /
   ヽ l\il_/ ̄/ /´     /i/ ´ /  〃 : : ;;;;;;;;;::;;ミ‐_l/ / / /     /
   ) l `´    (/      /  / / ;∥;;;;:..  ::::::::::::::ノ/ l//      /         馬鹿ね。
   !/       ´      ´ /  ´  ̄\::::::::::....℃/\l /     /
  /                         ゛゛ゞ;;;;;;;;/:://l/  /  ;/l           クリスマスに男と女がすることなんて、
         ヽ_           ―       ゛゛// //   /   / l
                       ―       // / /   / /l           一つに決まってるでしょう?
     、_                  ―     //;/   / l l
     \`  ヽ、                    ;/ /    /  l l  /
       ヾ__ >                ///    /  l l  /
、                           /〃     /   i  l /
\                        / /     /   l  l /
;;;;;;;\             _ -、  _  イ  /     /    l  l /
:::::::::::::\       _ _/    l;;;;;;;;;// /      /     / / l
l  ̄`;;;;;;;`‐‐=-ー ´;;;;;;;;;;;;〈    ヽ/ /       /     /  / li
   「;;;;;;;;;;「  ̄┐;;;;;::::::::::::l   / /       /    /  / /
l  i::::::::::::::)    lーーー´ /  /        /    /   / /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そう言うと、メイヴは歓楽街の方へと喜留夫を引っ張り始めた。

「色々なお店を見て回って、美味しいものでも食べましょう?」

すっかり忘れていた。そういえば、今日はクリスマスだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

273 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2017/12/25(月) 19:50:02 ID:5R/d4qaM0 [4/5]
イブじゃなくクリスマスにやるトコロが粋である

274 名前: ◆x0SRSoJXe.[] 投稿日:2017/12/25(月) 19:56:26 ID:O8oZ4mbo0 [36/36]
              / ̄rv-ーく,.  -‐…‐-  .
           / ..=くУ''"´,ノ          `
             / ( /   (             ゙Y^ヽ^Y⌒ヽ
          ' //                 (く笏Y   :,
            {/ //    /                 `アフ爪   '
            〃 //    /             ヽ     ハ]ハ  i
            ;  i;      '           }   ハ  / ノ′i  |
.          i  i|  !    i    |,」| _ !   } }    i|  (_;_) |  |
           i| ii|  || ,i|  i| l「丁 T  /|    i|.  //| |  |
         八 八,i人|ミ刈  i| ナナニ八///|    i|: .//, | |  |
          ヽく((笏Y)Y从从 行テミメ、/ ノ    リ:/,   | |  |
            }人`Y´ブ     lr'..::::ノリ刈′  ////,  | |  |
              从 ィ~ ,     ^゚ ー=/    //イイ,  | |  |
            / /八         ::://,  // // | |{  | |  |
.           / /(  i\/)ー    // // 厶=ミ| |{   | |  |
          / //. :i i/ .く ____ // //´     `ヽ   | |  |
.         / // ; / x=、 i((⌒刈//  l/         ':. | |  |
       / ,. / .:/   /`ヽ)) ノノ'   /         ' 八 .|  |
.    / / / .:{    /`Y(((i  ;′          V /\:. |
.   /  ,  /   i|ヽ.    ク ))| l i;゙               \  \人
  ,'   /  ;   i| . ハ     ∨((__| l {           _ ..ヽ  ヽ. \
  !   ;   i  :八,.~}    }~ヘ从     ,..    '"~´     |    ヽ \
  人  {   | 〃  \`⌒し~)   ノ《,.  '"           ∧    ヽ  \
   \ ヽ | i{   /   、/ / /  \ \       , / / }       ヽ.  \
~また次回~

275 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2017/12/25(月) 19:59:39 ID:5R/d4qaM0 [5/5]

忠夫君は幸せになって欲しいネ


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/07/18 10:27 ] 【R-18】雇われサマナーキル夫 | TB(-) | CM(2)
原作の設定が生きてりゃ横島は問題なかろ
[ 2018/07/18 13:26 ] [ 編集 ]
>ヨシツネ
お前はサカタノキントキじゃねーかw
[ 2018/07/19 00:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する