※期間限定でトップ画像を変更しました、そのまま投票ページに飛べますので、よろしくお願いいたします
クリックで開閉

やる夫がフランス革命を生き抜きます 番外編 やる夫で学ぶ革命の志士~ロベスピエール~ 後編

696 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:38:17 ID:KMAvjRcU [2/130]

  ー--、  才,_    -┼、\``┌─┐ ヘ. .``  ̄ ̄フ  │  o  ─┬─            i |    -┼─`` |
 ,       /|/  )  / |     │  │/  \     /.   ├─-    │     -── .  | |    / -─  |
 ヽ__.  .|  (_  ./  J.    └─┘    ヽ  /\.    |__. -─┴─- .         / |/  / ヽ_.  ・

            ┌────────────────┐
            │ 【ロベスピエール脳】            .│
            │ 煩悩は少なく、常に革命のこと     │
            │ ばかり考えている危険な脳だ!    .│
            │ しかし、慎重すぎて決断が遅い  ......│
            │ 場合があるから、不測の事態へ    │
            │ の対処には弱いぞ!          │
            └───────┬────────┘
                            │               ┌────────────────┐
                            │               │ 【ロベスピエール耳】            .│
                            ↓               │ 猜疑心の強いロベスピエールは、   │
                          ―――― 、         │ 他人からの風評を気にして、      │
                     /         \     │ 常に聞き耳を立てて、         │
                    /         ,,ィz' ヽ ←─┤ 反論と言い訳を準備しているぞ!  │
                   !         rツ"  ヘ   └────────────────┘
                    ! r⌒z`ミゥ,, _===(◆) ←──‐┐        
                   !/  ヘ=(◆)/  i   ヽ .|  ┌┴────────────────┐
                  / ヘ___}´::::  ゝ__ノ ヽ__ノ / `│ 【ロベスピエール目】           ....│
                  /___/ /、 ┌→ ゝ+--ノ /ァ  .│ ここはロベスピエール唯一の弱点だ! │
 ┌──────────────┴──┐ ̄ /   i! │ ド近眼で慢性的な眼精疲労から、   .│
 │ 【ロベスピエール口】              .│´ ̄!  .| │ 緑のエロ眼鏡をかけているぞ!     ..│
 │ 小難しい論理を言葉にする       .│   i!  .i └─────────────────┘
 │ ロベスピエールの武器だ!       .│  |  |        /`ヾー ---- ,,,
 │ この言葉を聴くと多くの女性は      │   |  ;    , -'            !
 │ 虜になってしまうから、           .│ヾ  ! ,,/,_ '              |
 │ みんな、女性たちを早く隠すんだ!  ..│'  ̄     `ヽ            !
 └─────────────────┘         ',             |
         !     /   |  / /                i!            /
         ヾ__/   | //                  |           ∧
         (   )     !/ /                  !          /  \__
          |__!__/                   /          /     \
                /                     /         /ヘ     _!>
               /                     /      /  /  ヘ   /  ヾ!
               /                    /     /   /    \!     |
         ,,, -'''´                     /!     / / ̄      /      |
  ┌──────────────────────┐ /  ̄  |        i  n   !
  │  【ロベスピエール足】                       .│____|__|    `i. ハ | ! |
  │  散歩で鍛えられたその足!            .....│              | ┌→ 'v' !_レ'
  │  セーヌ川付近を歩ける程度の脚力を持つぞ!   .│                │     ソ
  └──────────────────────┘┌───────┴───────────┐
     ヾ       ,, ''';;;;;;;;/   ',         /      i!_│  【ロベスピエール手】            .....│
       \__/::::/;;;;;;;;;/    |        /       |  │  その握力は犬の首綱を握れる程度。    .│
         !:::::::::::::::|;;;;;;;;;;|    !        /         !  │  だが、気をつけろ!             ..│
         |..:..:..:::::::|;;;;;;;;;;|    |        /         !  │  ロベスピエールがジャコバン・クラブの   .│
                                     │  会員に指示を出しているぞ!         ....│
                                     └───────────────────┘

   ┌────────────────────────┐
   │  やる夫で学ぶ革命の志士~ロベスピエール後編~   .│
   └────────────────────────┘



スポンサードリンク


698 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 19:39:21 ID:DNvadJb6 [1/2]
わざわざこんなAAまで作る>>1の努力に敬礼w

699 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:39:36 ID:KMAvjRcU [4/130]

       ___
     (⌒    \::.
   /  _ノ  ヽ、 _ \:: .      ひ、酷いお……
  /  o゚⌒   ⌒゚o ヽ
  |  O  (__人__) # |       やる夫は正しいことをしたのに、
  \     ` ⌒´   /   .:.:|   何でこんな仕打ちを受けなきゃならないんだお……
   >  ニニ⌒)(⌒ニノ      :|
   /  / ^ ヽ ^ ヽ     .:|
  (__/\_)_) ̄ ̄ ̄\

上流階級と敵対したことで、アルトワの同業者から締め出されたベスピエールは、
このことに大変なショックを受け、アカデミーの集会にも顔を出さなくなっていた。

700 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:40:11 ID:KMAvjRcU [5/130]

         /               `ヽ
        /                   ',    マックス……
         /   /       ,、         、   カルノーが、アラスのアカデミーに
         /   /       / !          !   自分を会員に迎え入れる件について
.       /   /  /    / / ∧  l  |    }   聞きたいって言っているんだけど……
      |   /  /   /   / / !:. |: |    |   ./゙`〉ー- 、
      |   |: /ー ブ`   // ート- |、 :|  |  ,'   / /      ̄ ー-- 、
      |   |: / ィ夭示 /  チ示ミヾ;.:.:|  |  /  ./ /            \
      |   | メ ゞ- '     ゞ-'゙ `ト ':  l  l  / /             /
      |   ∨      i        !:.:.  !  !  / /               /
      |   .:.:|ヽ         U  |.:.:  l  ! / /            / 〉
      l   .:.:|.:.:.\   ` _フ    /l.:.:  |  | / /           < /〉
       〉  .:.:.|.:.:.:.:.:.ヽ     , イ.:.:.:.|.:.:  |  レ /            //
      ∧  .:.:|.:.:.:.:.:.:._个ー  '´ ト、.:.:.:!.:.:  ! / /            〆__〉
      / ',  .:.|.:.:.:.:.:/ `ヽ  rー'  {.:.:.:|.:.:  l / /            (二ノ
      /  l .:.:|.:.:.:./   / 「 !ヘ   ヽ;.|.:.:. // /             ∧
.    /    ! l :.| /ヽ  | || ',   /,'.:.. バ`ゝ、           / .!
    /_ -─从 .:!    \/ | .!  ヽ//.: / /ソヾ´`}` ー- ,_     /  |
ィ´ ̄      ヽ|\       { .!     // //  |  !       ̄ ̄     !



         , (⌒      ⌒)
       (⌒  (      )  ⌒)
      (             )  )
        (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
 ,r'ニニニヾヽ、.      | || | |      //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))   ノ L,l ,|| |、l、   ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /   そんなこと知るかお!
  \  \l     i|    |!     l/  /
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l   今はやる夫を一人にしてほしいんだお!
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。

701 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:41:14 ID:KMAvjRcU [6/130]

   ヽ::_::::::::::_:::: -‐ '' ¨  ̄        ',
   /   ̄  / /      , ハ  ヽ. !         ',
   ,'     ,' /      ,イ / ',  `i        !
.  ll      i ./ /    // /  ヽ.  l l      l
  lll      !/ /    / / /     ヽ、! !        l
  lll      !.7 ̄ニ≠-、 //_ -__――_-l l   l   .l
  lll   l  l i ''又辷ァ 〃  ´'¨弋辷ァl l    l.   l
  lll   !  l ! ./   ̄ /      `ー-1 .l    !   l
  lll   l   !l ハ    l          l l   l    l   (この風向きの悪さ……
  lll   l  l/ l ',     !     U  l l.  l   ,'    シャルロットとの結婚は
  lll   .l   l  l l_ヽ、  ` 、___    l l  l   ,'    考え直した方が良いかもしれないわ……)
  ll !   l  l/  ``ヽ 、   ̄    , イ .l  !  .∧
.  ll l  ,, -''´ ,  ̄ l l l lヽ、   / .l l  .l  ,':::::ヽ、
  _.! -''´    /-‐ ィl l l l`l `T´`ー:1 !  ! ,'::::::::::::
 ̄:/      ノ  ''´し'ノノ /):::/O`ヽ ::l l  l ,'::::::::::::::
:::::{       _,, - '' :::::`Y:::::::i: : : : :}:::l l  ! ,'::::::::::::::::

やがてロベスピエールがディトフの件に対して匿名の公開状で
不満をぶちまけたことで完全に上流社会からの村八分が決定的となると、
彼の将来を不安視したフーシェは、縁談をなし崩し的に解消してしまった。

702 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:42:05 ID:KMAvjRcU [7/130]

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)  U |  ちょっとだけ暇になったお……
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

訴訟依頼は途絶えたわけではなかったが、1787年には26件あった依頼は、
1788年には17件と右肩上がりになってから初めて減少に転じていた。
1789年初には13件の訴訟を手がけていたものの、今後の見通しは暗雲が立ち込めていた。

703 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:43:11 ID:KMAvjRcU [8/130]

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \   下級裁判所付き検事の職を求めても良い返事がないお……。
      |    ` ⌒´      |
      \           /   それなのに、やる夫とは比べ物にならない能力の低い
        /         \   連中が貴族というだけで、その職を独占しているお……。
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /    家柄の賎しい者は、いくら努力しても……その能力に
       |   |       /  / |    見合った地位には就くことが出来ないのかお……!
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ


革命の気運が高まる中、ロベスピエールは、否応なしに身分間の
格差を実感するに至り、その戦いに身を投じることを決意する。

704 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:44:14 ID:KMAvjRcU [9/130]

        ノ L____
       ⌒ \ / \        レットル・ド・カシエ
      / (○) (○)\     封印逮捕状による 恣意的な
     /    (__人__)   \   投獄は人権を無視しているお!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !  デュポンさんはこの封印逮捕状のせいで、
     /     `ー'    \ |i   証拠もなしに12年も不当に拘禁されたんだお!
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ?堯?l、E ノ <
               レY^V^ヽl



 ,r'ニニニヾヽ、       \/〈     //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))     __〉,ヘ   ((/ ̄ ̄`゙`)    こんなことをやっていて
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!    犯罪が防止できるワケないお!
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /     犯罪を防止するには法律を改革して、
  \  \l     i|    |!     l/  /      習俗を改良するしかないお!
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。

アルトワ近郷のデュポンという男が、遺産相続問題の際に
封印逮捕状によって12年間も不当に拘禁された事件の弁護を
担当した出来事をロベスピエールは文書にまとめ、1789年に
『デュポン氏弁護論』として発表したが――

705 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:45:38 ID:KMAvjRcU [10/130]

     /\___/ヽ
   /  ノ'  'ヽ、  ::\
   .| (○), 、 (○)。 :::|
   .|  ,,ノ(、_, )ヽ、,    :|
   .|   / r=‐、 ヾ   ::|  たかが成り上がりの弁護士の分際で生意気な!
   .|  l| |,r- r-| |l   :::|
   \. ヽ`ニニ´ノノ.::::/
   / `ー‐ヾ、 // \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ

この文書はアルトワの上流社会である政治当局や弁護士の敵意を
一層掻き立てることとなり、もはや、両名の対決は避けられないものとなった。

706 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:46:25 ID:KMAvjRcU [11/130]

               ___          
           /\ , , /\           シャルロット……
    .∩     / (●)  (●)\     ∩    アンリエット……
    .l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j   オーギュスタン……
    .ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ  
      .| ヽ \     ` ⌒´    / / j     やる夫は……社会の不正を正すため……政治家になるお!
     \  ̄            ̄  /   
       \              /   



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          */ /" `ヽ ヽ  \
    / ̄|  + //, '/     ヽハ  、 ヽ  +
    | ::|  .〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
    | ::|x レ!小l( ●) (●)从 |、i| .人  わかったお!
  ,―    \   レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ/ `Y´
 | ___)  ::|  ヽ、  ゝ._)   j //       フーシェの屑野郎にフラれて暇だし、
 | ___)  ::|+  ヘ,、 __, イ/   十     シャルたちもお兄ちゃんに協力するお!
 | ___)  ::|r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
 ヽ__)_/ .{  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1

ロベスピエールは政治の世界に身を投じることを決意し、その家族は総出で兄の選挙活動を支えた。

707 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:47:13 ID:KMAvjRcU [12/130]

選挙戦が開始されるとロベスピエールは二つのパンフレットを発表する。
まず一つは1788年に初版を公刊した――

       ____        _|∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨|_
      /\   /\        >                           <
   /( ○)}liil{(○)\     >  アルトワ州議会改革の必要性   <
  /    (__人__)   \    >  についてアルトワ州民に問うお! <
  |   ヽ |!!il|!|!l| /      >                           <
  \    |!!il|!|!l|     /    ̄|∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧| ̄
        |!!il|!|!l|
        |ェェェェ|

通称『アルトワ州民へ』というパンフレットで、発刊と同時に
彼の敵の数を増やすことになった曰くつきの文書であった。

708 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:48:13 ID:KMAvjRcU [13/130]

       ____
     /       \
    /  ::\:::/::  \         アルトワ州のデマジエール弁護士は、第三身分の
  /  ( ●):::::::(●)   \        代議員であるにもかかわらず、ブルジョワの味方をし、
  |    (__人__)     |        州議会の改革を行うとせず、貴族どもが議席を独占し、
  \    |r┬-|     /.        無駄な支出をしていることを許しているお!
  /     ` ー'´    \ 〈〈〈 ヽ  
                (〈⊃  } }

初版で上流階級を敵に回したパンフレットは、再販では更に論調を強め、



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /\  /\   |   |   第一・二身分の連中は第三身分の進出を恐れているお!
   /( ○)}liil{(○)\ !   !   こんな頭の古い『旧人』なんか議会から締め出して、
  / :::::⌒(__人__)⌒::::::\|   l   進歩的な考えを持った『新人』を議会に送り出すお!
  |     |!!il|!|!l|       |  /
  \     |!!il|!|!l|     //    その崇高なる使命が果たせるのは、唯一、選挙民だけだお!
  / .__ |ェェェェ|    /
  (___)      /

批判だけではなく、その排除を目指すことを付け加えた。

709 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:49:08 ID:KMAvjRcU [14/130]

そしてもう一つは『訴え』というパンフレットで、

            +
                        +
                _____
            +   ./⌒  ⌒\          親愛なる国王陛下!
        ∩     /( ●)  (●)\ .    ∩   農民や職人は、その窮状絶望しきっているお!
        l ヽ∩ /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ∩ノ j
        ヽ ノ |     |r┬-|     | ヽ ノ   自由の大儀を擁護する『天佑の人』であられる
         | ヽ \      `ー'´     / / j    国王陛下は、彼らを旧体制のくびきから解放し、
            \  ̄            ̄  /     導かなければならないんだお!
              \              /

ルイ16世と――




           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人       ネッケル財務長官!
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´     あなたはその指導力で国を救い、
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /         国王陛下を助け、古臭いカビの生えた絶対王政から
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十    新しい立憲王政への転換を目指すべきだお!
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \

ネッケルに訴えかける内容であった。
この二つのパンフレットの宣伝により、ロベスピエールは
アラスの下層民を中心に支持者を増やすことに成功する。

710 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:50:34 ID:KMAvjRcU [15/130]

      , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      , '  /" `ヽ ヽ ヽ\
   , '  //, '/     ヽハ  ヽ     /)
   |i 〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l``、   / <
    |i | | ( >) (<) 从!」   ノ  ソ〉
    |i`从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ヽ」 /  r '
      |i从/、  (_.ノ  /ノl//  /     マクシミリアン・ロベスピエールに一票を!
       ルレヘ,、 __, イ_._ /  /
      ,ヘ:::::l `ー'´1:::::'、ヽ /
      / 、〉::::V y Y:::::::::: /
     ./  ノ:::::::::::ヽ- ':::::::::::::::ヽ
     キ `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
      \  \::::::::::::::::::::;_;::::ノ



        /丿ヘ`γ
       丿 ´ ゞ ,ソ ̄`' ‐、
      ,/ノ ,/ ノ´ ゛゙i\  \
     /   ハ,r'∨、/`レ´\ノ',iソ
     |i │ l |リ ー  `ー }_}゙
     |i ,.| 从( ー) (ー)l小!
      (,| ⊂⊃ ,_,、_,⊂⊃|    市民の味方!
       ヘ j     ||  /    正義の弁護士!
         \  ,_ ̄ /
         / | \,r'| ヽ
        ,r'  <\ ∽l> }
        {  .i  .\\l  /



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \   ∩__
            ハ            \ 〈〈〈 ヽ
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }
            彡  〆     \  、 |   |
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |
          ル从§ (●) (●) ヾ |   |
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /
           \   |r┬‐ |   /  /  マクシミリアン・ロベスピエールに清き一票を!
           /__`ー ´    /
          (____)       /

また、ロベスピエールの家族やカルヴァンにいる親族は彼を支援し、
アラスだけではなく、アルトワ州一帯にその名を広めた。

711 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:51:22 ID:KMAvjRcU [16/130]

時には、選挙期間中に当選が危ういと知ると――


           /  ̄  ̄ \
   ∩     /  ::\:::/::  \ .   ∩   今や天来の好機に至ったのだお!
   l ヽ∩ /  ( ●)::::::::(●)   \ ∩ノ j    その好機を逃してはいけないお!
   ヽ ノ |    (__人__)     | ヽ ノ
    | ヽ \    ` ⌒´    / / j    フランス人はこの地上で数少ない
.    \  ̄ ───────  ̄  /.    幸福なる民であることを示すのだお!
.      \              /


          +
                      +
              _____
          +   ./⌒  ⌒\
      ∩     /( ●)  (●)\ .    ∩   人の世の政治と道徳とを調和させるため、
      l ヽ∩ /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ∩ノ j   民衆の自由と幸福を王のそれと永遠に
      ヽ ノ |     |r┬-|     | ヽ ノ   結合させる不滅の盟約を結成するのだお!
       | ヽ \      `ー'´     / / j
          \  ̄            ̄  /
            \              /

その度に市民や農民に訴えて支持を取り付けた。

712 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:52:08 ID:KMAvjRcU [17/130]

            ,.-─‐- 、._
          /: : : : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ
        |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒
       ,.-'´     _/V,ィ'~,二) <二)
     ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{。 ){。)_ |
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ
      V!  | {ノ_    '⌒y''""゛⌒ー'-、}
       \ ヽ、____)   /        }  よろしくお願いしますよ。
       _`ーr、 .|   L.-‐''''´ ̄`フ'i′
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ\

その努力の甲斐もあって3月23日、アラスの同業組合に属さない住民が
彼をその12人の代表の一人に選んだだけではなく、町で最も貧しい
『下級靴職人』の同業組合は、その陳情書――政治・経済・社会全般に渡る
不満と要求を列挙して三部会に提出する文書――の作成を彼に依頼した。

713 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:53:08 ID:KMAvjRcU [18/130]

【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {     選挙方式について補足します。
 iミ}ミ{◎ ◎ミ!    地方都市では間接選挙が取られ、
 iミ}ミ{  ー ミ!    3~4つの段階を勝ち抜く必要がありました。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´     最初に各都市の『同業組合』と『同業組合に属さない住民』
    }_ノノ      とがそれぞれ代表を選出します。まずここで支持を得られないと×。
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {    そこからバイイ管轄区と呼ばれる行政区の選挙に移るのですが、
 iミ}ミ{@ @ミ!   これが複雑で非常に数も多いものとなっており、重複したり、
 iミ}ミ{U ー ミ!   極端に大小の差がある場合も多かったのです。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´     そこで、バイイ管轄区における裁判所管轄区であるバイヤージュと呼ばれる裁判官区を
    }_ノノ      大きな選挙区と見なし、そこから全国三部会の代議員を選ぶ方式としました。
    ヒ}ノ

714 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:54:28 ID:KMAvjRcU [19/130]

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {    そのバイヤージュでも『一級バイイ管轄区』と
 iミ}ミ{× ×ミ!   『二級バイイ管轄区』という緊急の区別が設けられ、
 iミ}ミ{U ー ミ!   まず『二級バイイ管轄区』の選挙会メンバーの4分の1が選出されます。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´    そこから『一級バイイ管轄区』の選挙会に合流して
    }_ノノ     全国三部会の議員を選ぶ選挙人が選出されたのです。
    ヒ}ノ      ダメだ……ワケわかめ……



    __
  , r、 vァ       取りあえず、簡単にするとこんな感じ?
  ノ,}ミ{~`7ソ {  
 iミ}ミ{= =ミ!     ①『同業組合』・『同業組合に属さない住民』
 iミ}ミ{U ー ミ!     ↓
 }ミ{足_〒)ヽ     ②『二級バイイ管轄区』
  `i,J( 了´      ↓
    }_ノノ       ③『一級バイイ管轄区』
    ヒ}ノ       ↓
             ④『選挙人の推薦』

715 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:55:16 ID:KMAvjRcU [20/130]

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /\  /\   |   |     虐げられた第三身分に
   /( ○)}liil{(○)\ !   !     権利の平等と自由を与えるんだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒::::::\|   l  
  |     |!!il|!|!l|       |  /    貴族や聖職者が免税特権の放棄を決めたらしいけど、
  \     |!!il|!|!l|     //      そんな不当な特権を放棄したことに感謝なんかする必要はないお!
  / .__ |ェェェェ|    /
  (___)      /

だが、こうして下からの支持を取り付けることに成功したロベスピエールは、
バイヤージュ全体の陳情書の作成や選挙会に参加し、討論に加わって意見を表明した。

716 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:56:17 ID:KMAvjRcU [21/130]

こうした努力の結果、遂に4月26日――

           ,-=;,    +
          {__7!       +      +
          〔_ラレ     +  ,、_,-‐y;   +  やる夫万歳!
           `y"l       rヲレへシ'" .___
           iト-ヘ、      (_;フイ ./\  /\.    r;_/iレソ
            l  'ヽ      ル ||/( ⌒) (⌒)\   し ン′
              ヽ   ヽ     レ' ||!::::⌒(__人__)⌒::::\ 人_フ
             V  ヽ,    |   |.|    |r┬-|     |/ ./
              ヽ   ヽ,  ト = }{i\ .` ー'´   ./ /
               `i 、,  ヽ, }- ルハヽ、ニ__ ーーr'   シ´
                V   `;|   i∨  ̄~7  ン〈___/
                V丶  |   リ >,    ( _/ ,_
                 ヾ  {   ソ レ  ン ;_ン'" ,r" rn ゞミヽ
                  ゝ、ゝ = 〃ソノ__/   / y'"J | \` ヽ
   rn,              rfレ`ー-=-‐''~ ̄   /`7  `、|  ヽ-'ヽ
  rJllル7       rnh;   l´ ´'リ  ,rn     / r'ン==ト、!__  V ヽ
  〉__ソ       ヾヽ``ij'l 〉 /、,ハjjj し'l mhレ'   /f, |リ<レ7,,m〉  |  |
  |  {   rfjn   ,;'V _ン',/ //〉r>,、__//リリ ト  〈 }'=‐' ソ 〉トii,_/  j
  .|  i _,-;ゝ_ソ  {' ' 'V V /'ハ~ ' ノヽ ヽ,;ヾ レ'⌒jー'-ン Λ'ー'~ヽ,  /
    ! V;;;ゞ''~ ̄ヽ_〉_j,;|  ヽ/レ_>' ラ';;/;-‐-{〉⌒|!    / /     〉"
   }  V       }リ レヽ  ヽ彡';,、-l ・ ・ ゜j、=ヾヽ / / `` _,‐'"
   Y´~j!_    ji!_,-' ヾ,ヽ,=''`ヽ,;;; ;,トー-‐'j リヽ,;'_>' ,/ ‐= |
   .{   `ー=''" 、、 」、|/~`ヽ,;;;:;.〉、__,,ソ 〉‐''‐、. /   彡 |
    ヾ ``_  _  〃レ' jトヽ  ''"7~~ ̄ ~^'く   リ  - =' ‐ {
     V ~^ ̄ //,├'"   V/        、、ン'k  =-‐ ''j
     }      / |     Y         〃,;'{ニ二 jニi ̄]

アルトワ州から三部会に送られる第三身分の代議員8名のうちの第5位にロベスピエールは当選した。
ブルジョワであった彼が、ブルジョワジーの協力よりも、むしろ職人や農民を支持層と
せざるをえなかったことは、後の活動に大きな影響を及ぼすことは必然であった。

717 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:57:14 ID:KMAvjRcU [22/130]

         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l    やったお……!
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l    やる夫は……
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /      やる夫は……
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \     これで社会の不正を正せるお!
     : : : : . : : . : : .                \

時にロベスピエール30歳。
5月の誕生日を迎えても31歳となる程度の若年であった。

718 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:58:20 ID:KMAvjRcU [23/130]

  ..      ____
       / ―  -\
  .  . /  (●)  (●)      ルソーさん……
    /     (__人__) \
    |       ` ⌒´   |    やる夫は人民の代表として
.    \           /    ルソーさんの尊い足跡を追うお……
.     ノ         \
   /´            ヽ

719 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 19:59:08 ID:KMAvjRcU [24/130]

           ____
         /      \      あなたの辛苦……それが顔に宿っているのを
        / \    / \     やる夫は目にしたけど、決して怯まないお!
      /  fてハ`  ィて刀 ::\
      |      (__人__) :::::::::::|   それが、人類の幸福のために捧げられた
      \      `^´  :::::::/   高貴な生への究極の報いと言えども、
      /     ー‐    \   死後に人民が感謝すればそれで十分なんだお……。

720 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:00:13 ID:KMAvjRcU [25/130]

                       _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ      やる夫は、ルソーさんに倣って、同時代の人が
      /  '´`ー―-イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ    名誉を拒む、妥協のない孤独の道を歩むお!
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |   苦難を代償に!
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |   そして、時期尚早の死さえも代償にして!
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /
  ./     入   .}‐〈   } __\              /    死後の感謝を獲得するお!
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ

ヴェルサイユへと旅立つロベスピエールの決心は、『ルソーへの献辞』という文書にて表明された。
それは、これから、わずか5年しか残っていない彼の短い生涯の予感であった……。

721 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:01:16 ID:KMAvjRcU [26/130]

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |     と、それはともかくとして、
        \     ` ⌒´    ,/     選挙でお金を使い果たしちゃったお……
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ    誰かに路銀を借りないと、
  \>ヽ/ |` }            | |    ヴェルサイユまで行けないお……
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

722 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:02:06 ID:KMAvjRcU [27/130]

        ,. .--―--.、_
     , . :'´: : : : : : : : : : : : :`: .、
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
  /: : : : : : : : : : : i: : : 、: : : : : : : :ヽ
. /: : : : :/: : : : : /l: :l:l: : :ヽ: : : :、: : : :.ハ
 i: : /: :/: : : : : / l: :ハ:l.: : :ハ: : : ハ: : : : :i     マックス……
. l: : i: :./: : : : :/ i: / ヽヽ: : ハ: : :ハ: : : : :l     当選、おめでとう……
. l: : l: :i: : : : / _ // -==-、...: :i: : : :i: : : : l
 l: : l :l: :,-,/'¨ 〃  -___ヽ_i,:l: : : :l: : : :l|     こんなこともあろうかと、
 \ 〉:l:'、;l-‐- ´   ´   `l: : : : :.l: : : :l     私がお金を用意してあげたわ。
  //ヘヘト          l: : : : : l: : : :l
  //: : ヽlヘ   '  __,   l: :l: : : :ハ: : : l     役立ててちょうだい。
 i: i: : : : : :/丶、     , .ィ: l: : : /: i: : : l
 l: l: : : : : :l: : :!i:`:>-i ': ; :l: l: : : /: ヘ: : : l
 l l: : : : : :lヘ ; >' /iヘ´ l: l: : :/、:_: ヘ: : :l
 l l、: :l: : :.l'´//i | / .l l.ヘ l l: : / ノ// > 、
. l l 〉 l: : :l l lヘ ' ーノ+ ` 'lll: :/, '/ /  /   i
  ヽlヘ l、: :l=ゝl、l_ i .l  .i´,ll / .i /  /    l
   l` lヘ〉、l /7`‐ニニニlr, ,= l l  /    .l
   l  V  i i /     l l¨l   l l /     l

ロベスピエールとの関係にややしこりが残っていたフーシェは、
その路銀を建て替えてやり、関係を修繕を図った。

723 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:03:11 ID:KMAvjRcU [28/130]

         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \        悪いお。
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l
     |      (__人__)     |`''|    やる夫が偉くなったら、
    \     ` ⌒´    _/ /     きちんと金を返すお!
                   /

こうして4月にロベスピエールは、同僚の議員3人と一緒にアラスを発った。

724 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:04:17 ID:KMAvjRcU [29/130]

                  ____
          ____ ..::/     \  おはようございますw
        /     \  ─    ─\      ___
今沖田w /  ─    ─\ ⌒  ⌒  ヽ    /      \
     /    ⌒  ⌒  ヽノ(、_, )ヽ    |  / ―   ―  \  お仕事ですか?ご苦労様ですw
    |       ,ノ(、_, )ヽ    |-=ニ=-   / /   ⌒  ⌒   ヽ
     \     -=ニ=-  /:.     <  |     ,ノ(、_, )ヽ    |
    ノ            \⌒ ̄ ⌒⌒~ \    -=ニ=-    /
   ~⌒ ⌒ ̄⌒ ⌒ ̄ ⌒⌒~           >         <
                   \    /⌒ ⌒ ̄⌒ ⌒ ̄ ⌒⌒~
.
    ――      l   ‐┼― ‐┼― _l_ヾ
       ー―  ト―  | ⌒  rー、    | |
   ―‐―       l    / ー  _ノ  / J
          | ̄ ̄|  ーヽ-〃 ヽ_ノ   ‐┼―
          |二二|   _ヽ  γ、ノ`ヽ   | ⌒
          |__|  (_ ,   lノ ヽ_ノ   / ー‐

そして、4人はヴェルサイユのサン=テリザベート街の宿屋に身を落ち着け、
5月3日、国王夫妻、宮廷、1200人の代表者たちによる三部会開催式典が挙行された。

725 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:05:16 ID:KMAvjRcU [30/130]

ヽ、人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
、)
_)  オルレアンちゃーん! お、おーっ、オアアーッ!! オアーッ!!
 )
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         オアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     オ、オォォォーッ!!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |

まず、シテ島のノートル=ダム寺院でミサをあげた後、パリ市内を横切ってサン=ルイ教会に
赴くための壮麗な行進をしたのだが、拍手喝采を浴びたのは第三身分と国王だけであり、
第一・二身分に対しては沈黙が。
そして王妃マリー=アントワネットには侮辱の言葉がかけられた。

726 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:06:06 ID:KMAvjRcU [31/130]

そしてサン=ルイ教会で聖霊ミサとナンシー司教ド・ラ・ファールの説教を聴いた後、
そこからヴェルサイユ宮殿に移動したのだが――

                  ∧  iニニiニiiニニiニi
          †_____| ̄|_____/;:;:'i,....|  |;;| |  |;;|iニニiニi               iニ::iニi
     †  'i.|.i' /;i 'i.|.i'   'i.|.i';:;: ;,;'†iニ 'i.|.i' 'i.|.i' .'i.|.i'.ー†、,______________| |::|
    ∧ ,i鬻i、; i ,'i鬻i`、 /鬻i、;;;;;;∧ /i鬻i,/i鬻i/i鬻i、::∧ :.::.:__::.::.:.__:::.:.:..__:.::.:.__: \!_|
   |/ 'i,_iニニニ.、iニニニニヽiニニニ.、:/  'i, ニニ'i,,,ニニ'i,,ニニ,/  'i,::/∧:::/∧:::./∧.::/∧:::/∧
  ,,,/i''"``i:|i--i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i--i|;:;|i''"``l|i--i|;;|i--i||i--i;i''"``i:| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|\
 | / i''"``i;|i_ii_i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i_ii_i|;:;|i;ロ;: ||i_ii_i|:,|i_ii_i||i_ii_i;|;;   |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
, ;|/__i'ニニi'ニニニニニニニニニニニニニニ;:iニニニ|ニニニニニニニニニ;iニニニ|:                |
;;`|∩| ::::l |i--i|; __|ロロ|_,,|i--i|;;:;|   | |i_i| |.|i--i| |i_i| |;;   | | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| |
; |:! !|コ :::i |i_ii_i|; iLiLiLiLiL||i_ii_i|;;:;i;ロ;: | |i_i| |.|i_ii_i| |i_i| |;;   | |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |
;!;:|:!_!i'ニニiニニニニ `ー--- "ニニニニ;:iニニニ|lニニニニニニニニニiニニニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
; |  | ;;::i|i--i|;| ;;i:, '⌒`、| ;;i|i--i|:;|   | |i_i|;, '⌒`、:|i_i|;;|;;   | ..!;;:∩|''⌒ 、 !;;:∩| |i_i| :|i_i| |
; |  | ;;:;i|i_ii_i|;| ;;i:|   || ;;i|i_ii_i|:;i;ロ;: | |i_i|;|   |:|i_i|;;|;;   | ::!::::! !|::...  i !::::! !| |i_i| :|i_i| |
:';:;'':':`::';:;============ニニニニニ;:iニニニ|ニニニ]ニニニ]ニニ:iニニニ|;;| ̄ ̄|:ニニニ| ̄ ̄|ニニニニニニi
-ー''"’~| ,,.:;:、。,., ,.;:::.,、。、|;;;;.  ,.,,,':';::':';:;'':'`::';:::ニニニi,,':';::':';:;'':'`::';::':';::':ニニニi:;'':'`::';::':';:;'':'`::';::
:';:;'':'`:';:;'':'`::';::;::':';:::;;:':';:::;::':';::':';::;;::;;'':'`::';::;;:`:;ニニニi,,':';::':';:;'':'`:':';::':':';::'::';:::';:;'':'`::';::



         ____
       /      \      こ、これがヴェルサイユ……
      /三_',!`zx二 \
    / ´ー¨‐` ´ー¨‐'' \   市民は重税に喘いでいるっていうのに
    |      (__人__)     |   あんな豪勢な宮殿で贅沢三昧なんて、
     \    ´ニニ`    ,/   王族や貴族どもは何を考えているんだお……
     /⌒ヽ    ー‐   ィヽ

ヴェルサイユ宮殿を目にした第三身分の間からは不満の声が聞かれた。

729 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:09:10 ID:KMAvjRcU [34/130]

そして5月4日、三部会本会議開催前の国王への謁見においても――


                         〈::::::::::::::::::::`丶、/_:_:_:_:_:_:::::::::::::::::::::::::::
                         /ミ了`ー- 、::::::/:::::::::::::::::::::::: ̄:::::`::::―‐
                          lミミ   (三シ`‐---  ___:::::::::::::::::
                           lミシ  ,.        ヾ三)    }三三三
                        fi7  . "  `、 :     _ _    ヾ三ミ三
  国王陛下にお目にかかる       | !  ' 、==z、ヽ|:  , '"  丶   `}ミミミ
  ことができ、光栄でおじゃる。     |i|  ` `二彡/    、ー==、、:   |ミミミ
                        lリ      _/     `二ニ``   |ミミ/
                ,. ''´ ̄ ̄ ̄`ヾ!:、    f´'′  :^ヽ        ,.lミ/
              /         l ` :r '´`^'、__,.-、ノヽ、    ,. " }シ
             /      _,. -‐ '゙´ヽ { 、-- 、:.:__   ヽ...  '   /}\
         ___/ _,. -‐ ''"´     /,ハ ヾ`ヾエエェェェ>-     , 'ノ   ハ、
     _,. - '"´  //'´        ,. -, {{(  ヽ `丶`二ニ´      /´   | |
 ,. '´     / /          i //ヽヽ、 ,ヘ          , '´     //
'´      /  /           、ヾ、 \\| ヽ、       ,. -,:'´     //
       /  /          /ヽ、``ー`、_`丶>---_彡'"´     //
       /  /         /   ` ‐- 、` ‐--`ニ==----――'´/



        _____
     ゝ/´        `\
    /   ________ヽ
   /   | / / ⌒ ヽ  ⌒ ヽ!
   l    |_l      ヘlヘ     l
   V ⌒`  |     |      |
   | d   ヽ.__ノ ヘ _ ノ⌒i
   ヽ__  |\ ________ ノ
     ヽ |      |        そうかそうか……
      ヽヽ、_(二二)_|_       ご苦労ご苦労……
      / ` ー──── '
       /\  / \|\   /|
 .    |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  二)
       ルイ16世

第一・二身分は一人一人丁寧に私室にて謁見したのに対し、


728 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:08:04 ID:KMAvjRcU [33/130]

             /、_:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
                |:;:;:;:`:;――┼-----------{
            /互7―- 、__|______|
             {三,ゝ <三)   (三>  ,ノ三ヾ
              r!ミ´ _,. .. 、   _ 、,..,_  `ヾ三ミ!
               |{ミ' .:'イでiン'、 : ' ィ'でi)>.:.:. }三ム
             ゙ト{,  `三シ' .: :::.`三彡:.:.:. lシ/り
              {j!     ,r'.: :ヘ,:.     fミ/、リ  第三身分の代表でおじゃる。
              `!    / `^ー '^'ヽ    liにソ
             、   ,. -ti、_  ',    /朴
                ヽ.  '、モェェッソ、 ノ  イ〉ヽ、
            ,. -‐代、 `  ̄´ , '  / /:.:.:.:.`ト、
        ,. -‐/ /:.:.:.l ヽ丶 ___,' ィ´//:.:.:.:.:.:ノ /‐- 、、
      ,  '´  〈{、'、:.:.:ヽ ヽ  ,-、 //:.:.:.:,. '´/    `丶、
  ,. '´        `ト、`ニ==ゝ‐'―'´≦ニ=‐'´_,. '′       丶、



                        ___
                        /rニー 、` ー、
                         /´/'´ _,. l,.....ヽ  ヽ
                        r''ヘ_ _ ,.r' l  lヽ  .i
                      ,r '´l _. リ !    / l.〉 l,r   あ、そう。
                  l   、i(._`    `ー-‐'ヽ./   l`   早く終わらせて眠らせてくれよ。
               ,r::'::::l   !ヽ_`ヽ_,..、     '⌒r_'
    r‐ 、       _  i:::::;::;_;l-'´` ‐ ̄._ l   _,、_'ノ- i、._
    l    `-、..-i' ´  ヽ_,.ゞ- 、      r ' ´ ̄       /:::::::::`ヽ
   !     ,..rー、    ヽ.  ヽ     ./     _,...-::'´:::::::::::::_;/
    ヽ、   /     ,ヽ.    i.   ヽ   -r:::::'::::´:::::::::::;::::-‐::':´::::::)
      `‐/ 、__ ./ヽ,入_,ノ     l  ,r'´ ` ー ::::_::::::::::::::_;:::- ' ´
     _,/     /.  ヽ_   _,.. -ヘ-'         ̄
  r' ´      ヽ       ̄
  ヽ、      _ノ
      ` ―― ''´



        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;        (な、何て差別だお……!
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;     国王陛下は、やる夫たちを
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;     どう思っているんだお!?)
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

第三身分は集団で王の寝室の中でそそくさと紹介されたにすぎなかった。

730 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:09:41 ID:KMAvjRcU [35/130]

5月5日、遂に本会議が開かれるのだが、そこでも――


i    /    / |  \|/
|       /   \/
   /   / ,へ      _--                         (
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     \     ヽ           ヘ
|   、     .,へ             ヽ              丶
    t     Υ  \     \       丶
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
.|     \   l   l  \       \  l   l
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !



                        __
                _.. -''''゙゙゙´    ゙゙゙゙'''ー,,、
             _..-'″             `゙'-、、
           /                    `''-、
         /                           \
       /                              \
      /                               \
     ./                                 ヽ
    ./                                   ヽ
    !                                       l  いつまで待たせるんだお……
    .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !  第一・二身分はまだ来てもいないお……
    |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !
    l         广''┬--v-‐.   ゛    'i-----r‐''゙]         i!
 ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l~ ..,,
´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./            弋゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
     .\       │                l              /
       .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ           ,..-'´
          `''- ..,_ .、 ゙匸.l二l二lニlニl二lニlニノ  i  _,,.. -'''"
              ゛ヽ,__,二__________ッr'"


第三身分の代表者は午前8時に召集されたが、狭い入り口から入場させられ、屋外に留められていた。
一方、第一・二身分はそれよりも遅い時間に召集され、中央の広い入り口から早々と議場に入ることが出来た。

731 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:10:15 ID:KMAvjRcU [36/130]

                             , -─‐──‐-、
                              /        ゚    \
                           / ;  ゜      °  \
 疲れたお……                l  U      ;         l⌒ '"⌒ ヽ、
 やる夫は虚弱体質なんだお……       |          u.    ;   |ー       \
                    .      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
                            ゝ。((-‐)  (ー-))::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
                           (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
                      ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'

ようやく国王が来場したのは午後一時。
第三身分の代表はその間、長々しい点呼を受けながら、
ずっと屋外で待っていなければならなかった。

732 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 20:10:50 ID:9cM4EiDw
狡っ辛い意地悪をするなぁ
それとも、身分制射界ではこれも当然の仕打ちなのか

733 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:11:12 ID:KMAvjRcU [37/130]

そしてようやく議会が始まるのだが、ここでも――

         ∧(ヽヘvyr-z"ー从=人~ヘvyr-ノ)∧
       ,.r'!l  ヽ ヾ   //  }\     //'" ヽ
      ..fv!    ヾ   〈 (   ノ  〉     / ノ ゝ
      i'V    .,r'""¬、 \ __ / ,r '""¬、 "  .i
      l ミ   / ,r‐、、. ∨~    ~∨ .,r‐、、 ヘ,イ   |
      il   .{ .(〈::::)) .リ ,r'‐‐‐ヘ { .(〈::::)) リ  ノ
      ヾミ   ヽ `ー'ノ ,ィ' .{ (〈::::)ノ ヽ `ー'ノ ,ィ'   'ノ
       ヽ `.、,ノ`ー‐,='-. ヽ、`ー-ー' _ノ.^`ー‐,='i ノ_  /
       .| ヾミ,l       `ー‐,=        〈 ノ )
       l    ヽ   (三ミ)     (三ミ)   ノ  |
       _j   /                く  j
      / l  /    _ニこ_    ,;   ィ=   `i  j、
      丶 l.  j   _ノ、 〇ヽ   i  _ノ 〇`)  .l .l /
       j .ヽ l      ̄~,;    |   ~ ̄    j l .l
       } k l::     ,;;'    .l        .j j /
       丶t i:::           ヽ       l, /
         l |:::::      くヽ、_,ンノ      l;
         .';::::::    ノ   : :   ヽ    /   さてと、まずは着帽でおじゃる。
          ヽ::::   l __ィニ=ニュ、  j   /
          _/〉、:::   ヘこニニ"`    ./
         / { {:::::ヽ    ー─ー'   /ハ-、
         / .l l :::;;;丶、_    _/ ./ / ヽ
    _ ,-ー"   、、  ::; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;'  ./ /   Y'-、
    //丶     ヽヽ   ''''''''''''''''   / /    .ヽノヽ_
-ー'" ^-'/^ -、    ヽヽ        //      ノ   ー、

全員が席に着き、その後、国王が席に着いて帽子をかぶった時、
特権階級がそれに続いて着帽するのが通常の作法であった。

734 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:12:11 ID:KMAvjRcU [38/130]

                                        ___
                                   /      \
  ど、どうするんだお……?                     /ノ  \   u. \
                                / (●)  (●)    \
  第三身分は着帽するのかお……           |   (__人__)    u.   |
  わ、わからないし、ここは真似をするお!       \ u.` ⌒´       /
                                ノ            \
                              /´               ヽ



   /⌒ヽ    /⌒ヽ    /⌒ヽ    /⌒ヽ    /⌒ヽ    /⌒ヽ    /⌒ヽ    /⌒ヽ
 ⊂ニニニニ⊃⊂ニニニニ⊃⊂ニニニニ⊃⊂ニニニニ⊃ .⊂ニニニニ⊃⊂ニニニニ⊃⊂ニニニニ⊃⊂ニニニニ⊃
 (ヽ,, ´∀`/)(ヽ,, ´∀`/)(ヽ,, ´∀`/)(ヽ,, ´∀`/) (ヽ,, ´∀`/)(ヽ,, ´∀`/)(ヽ,, ´∀`/)(ヽ,, ´∀`/)
 ヽ    / ヽ    / ヽ    / ヽ    / ヽ    / ヽ    / ヽ    / ヽ    /
  i    i   i    i   i    i   i    i   i    i   i    i   i    i   i    i
  i,_,ノi,_,ノ   i,_,ノi,_,ノ   i,_,ノi,_,ノ   i,_,ノi,_,ノ   i,_,ノi,_,ノ   i,_,ノi,_,ノ   i,_,ノi,_,ノ   i,_,ノi,_,ノ

しかし、第三身分は脱帽のままでいるのが慣例であったのに、第三身分はここでの
儀礼作法を教えられていなかったため、彼らは急いでその真似をして着帽をしたのだった。

735 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:13:17 ID:KMAvjRcU [39/130]

        _____
       /´           `\
   ゝ/  _________ヽ
   /    |    ヘ、    ノ⌒ |
   |   |  /  ̄`ヽ /  ̄`ヽl
   l    |  l     lj | lj    l
   ヽ  |_|        |     |
   /⌒`  ヽ       l     ノ、
   | )     ` ー─ ´ っー ´ l
   ヽ__   /⌒\____つ ノ  ム……
       \ ( ______ ノ /
       >ー───、─ ´
        / \ / \/ \
      l   l      |/\
      ├─┤      |、

国王はそれが気に入らなかったのか、着帽のままでいるべきところを脱帽をしたため、
第一・二身分もそれに倣ったことで、結局、全員が脱帽することになった。

736 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:14:16 ID:KMAvjRcU [40/130]

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     何なんだお……!
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |   ワザと人を小馬鹿にしているのかお!?
 \      ` ⌒´   /

737 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:15:19 ID:KMAvjRcU [41/130]

                _
          /ヽ/::::::::`ー、_
       /::::::::::::::::::::::::::::_:__〈               ホーホホホッ……
       |::::::::::::_,──' ̄   _>、_
       |一' ̄ _,一─'二ニ二' ̄            国王陛下は全国三部会自体が
      ノ-─' ̄:::r‐、リ ̄ /ヾ'´入            気に食わなぁいのですよ。
     ='-l:::::::::::::::::) -l   ゝ─'さ_つ
         |:::::::::/y '    }ヽ-,___>      ,-、   まあ……第三身分のことも
       |-' ̄  ゝ-'   {\/  / /    r‐ヽ/  )   良くは思っていないのでしょうがねぇ……
        /\ミ=、  ゝ  \/`゙7ー/       ) / ∠、
    /::::::::::::::`‐≡ミゞ-、_ `ー-っ      (     }
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ=ゝ二ィ´   ,-─tゝ    ノ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐┴'  ̄:::::::::∧V   ノ
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉〉'´

738 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:16:19 ID:KMAvjRcU [42/130]

                                   ____
                                  /     \
                        iニーヽ    /─  ─   \
                       iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
                         ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
        だ、誰だお……?          ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                               '、_ \       )
                                 \ \ / /|
                                  |\ ヽ /  |



                      ,,,,,,r-----、,,,_
                 ,,,,r'´;:;:;:;:;:;:;;∧;:;:;:;:;:;:;`ヽ、_
                  ,/";:;:;:;__;;;;;;;;/  ヽ、_,_;:;:;:;:`ヽ
                 /;:;:;,-ー''´           `''ヽ,;:;:;ヽ
                ,i;:;:;/               ヽ;:;:;:ヽ      ホーホホホッ……
             / .,l゙    _,,,,,、  ___,_     ヽト⌒、
           ,(⌒ヽV'_,,,,-'' ̄ ● |  .| . ●`ー-、____| .,)    わたくし、こういうものでございます。
           >  | ヽ       /,∩、ヽ       ,/.|  (
             /  |   ヽ,___.__,,,ノ(   ) .ヽ,_  _,,/  l,  `i
       ,,r´ ̄T  l゙ 、         `―´    `""     l,   |―-、
     ,r'":;:;:;:;:;:|  .|  .ヽニニニニニニニニyニニニニニニニニニフ .|  ./;:;:;:;:;:;ヽ、
   ,r'";:;:;:;:;:;:;:;:;'、_,|,. .  ヽ、|  |    |   .|  |   ,/  /`-´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:`|\  ヽ| ̄`|―--┼―-┼-十 ̄/ .,/l;:;:;:`、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ
  .,l゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;;:;:;:|ヽ`、  `ミ、.|    |   ,|__ | ,_/ / /l;:;:;:;:;:;ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、
  ,|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;<_;:;:;:;::;;l ヽ_ヽ、 ゙ヽニニニニニニ二ニニ彡" / / |;:;:;:;;:,,;:;_>;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:|
 ,l゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;`>;:;;;l   ヽ、 ヽ、          ,r‐' / |;:;:;<´;:;:;:;::;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l

739 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:17:21 ID:KMAvjRcU [43/130]

      |   │
      |   │
┌──| r―t│───i
│    | i ___ ! .       |
│   ゝ ─ '  .コ  |
│         コ  |
│   ミ   お   .ロ  |
│       埋   の  |
│  ラ  .め  ス  |
│      .し  キ  |
│  ボ  ま  マ.  |
│      す    、  |
│  │            |
│                |
└────────┘


ロベスピエールの席の近くには、第三身分から選出されていた放蕩貴族ミラボーが座っていた。

740 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:18:08 ID:KMAvjRcU [44/130]

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |   あ、あんた貴族かお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     何で第三身分の席にいるんだお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                                        ,-'" ̄ ̄ ̄``ヽ
                                       ,イ二二二二二二 ヽ
                                    ,.-'"ニニニニニニニニニヽ、
   わたくし、貴族の鼻摘み者でしてぇ、             >、ノ ,,..-ぃフ  iヾぃ、  ヽ>'
   残念ながらぁ、第三身分から                   l ソ <_,/ △ \__ヽ ヾ }
   議員になるしかなぁかったんです。                 // ,、___,人人___,、 iヘ
                                    /l ├┼┼─┼─┼‐┼┤ .l_,i
   ですが、わたしは腐っても貴族ですしぃ、       .,r--il:ヘ ゝ、!__!.___!___|__!ノ /--、
   わからないことがありましたら、               /  /> \  ̄ ̄二 ̄ ̄ ̄ ,イ <ヽ、`ヽ、
   なぁんでも聞いてください。              /  イ\  ',>----------< / / ゙ヽ   ヽ
                               /   彳  \ ' ,  /  ヘ   /./    i:   ヽ
   ホーホホホッ……                      |   l   ' ,. \.' ,/    ヘ/ イ    , ' l    ヽ
                               |   l    ' ,  `ヽ==-'"      , '  l  _,.='"
                               |ニニl      ' ,         , '    ヘ彳¨ヽ

741 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:19:09 ID:KMAvjRcU [45/130]

舞台はここに整えられた。
5月16日、遂にロベスピエールが処女演説を行った際――

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /\  /\   |   |
   /( ○)}liil{(○)\ !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒::::::\|   l     新しい事柄を述べるお!
  |     |!!il|!|!l|       |  /    だから静聴を願うお!
  \     |!!il|!|!l|     //
  / .__ |ェェェェ|    /
  (___)      /

※代議員ドヴィスムの日記によれば『彼はしっかりした足取りで進み出た』とされる。

742 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:20:12 ID:KMAvjRcU [46/130]

          +
                      +
              _____
          +   ./⌒  ⌒\
      ∩     /( ●)  (●)\ .    ∩   第一身分の聖職者の諸君!
      l ヽ∩ /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ∩ノ j   キリストの教えに忠実な諸君らは、
      ヽ ノ |     |r┬-|     | ヽ ノ   虐げられし者の代表であるやる夫たち
       | ヽ \      `ー'´     / / j    第三身分に合流し、正義を示してほしいお!
          \  ̄            ̄  /
            \              /

ロベスピエールは第三身分に聖職者たちの合流を呼びかける内容の演説を行ったが、

743 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:21:17 ID:KMAvjRcU [47/130]

            ,、__
           /ヽ   ``ヽ
           // ̄' ̄ ̄ヽ.\
.     .   . `i |,_, ,_,、 i >
          .ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ   知るか!
 . , 、        | ̄,.レ,..、  )7
  ヽ ヽ.  _    .! ''===i  /'   そんなことよりもフライドチキンだ!
   }  >'´.-!、   ヽ `! !' ,//\_
   .|    -!,―イ>`'´‐< /   \_
  .ノ    ,二!_/  /`―「_!―'./   / `―::、
  /\  / |i   |  ///' /   !_    \

これに賛同する者はほとんどいなかった。

744 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:22:33 ID:KMAvjRcU [48/130]


         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j      な、何だお……
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜     せっかくのやる夫の訴えを――
       i::: |::::      |::|:
      :|::: |::::.      :|::|:
      :_|::: |::::.      :|.´:
      :{:::  )::.     :',.:
      ゛‐-.`       i:

745 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:23:13 ID:KMAvjRcU [49/130]

                _
          /ヽ/::::::::`ー、_
       /::::::::::::::::::::::::::::_:__〈
       |::::::::::::_,──' ̄   _>、_
       |一' ̄ _,一─'二ニ二' ̄
      ノ-─' ̄:::r‐、リ ̄ /ヾ'´入            ホーホホホッ……
     ='-l:::::::::::::::::) -l   ゝ─'さ_つ
         |:::::::::/y '    }ヽ-,___>      ,-、    これは良い考えですねぇ。
       |-' ̄  ゝ-'   {\/  / /    r‐ヽ/  )   わたくしは、彼の演説を支持しますよぉ……!
        /\ミ=、  ゝ  \/`゙7ー/       ) / ∠、
    /::::::::::::::`‐≡ミゞ-、_ `ー-っ      (     }
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ=ゝ二ィ´   ,-─tゝ    ノ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐┴'  ̄:::::::::∧V   ノ
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉〉'´



         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \
    |       ||  (__人__)  ..|  ミラボーさん……
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./

こうしてロベスピエールはミラボーの知己を得ることとなった。

746 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:24:18 ID:KMAvjRcU [50/130]

だが、もう1人、彼の先見性を評価した男がいた。

.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;ィ ヽ;;;;、:Xヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
  /;;〃;;;;;;;;;;;/|;;;/|  ヽソ、ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;i
  l;//:/:/l:;;/-f-、l  ノヘ_彡==テi::|fマ、;;i      彼は非凡な雄弁と、若さに
  .i |∧l |/k====ミ  zモ__p ノ i::|ソ.|;;;i      似合わぬ的確さとを持って語った。
     ' ' ' 'ヘヽ__ry'         i:|丿j;;;;i
        ' ,ヽ         / Z;;;;;;;;;i     この時、彼を鼓舞したのは
         ', ───一  /  ヾ;;;;;;;;i     祖国の守護神であったか……
             ' , 三三    /   ヾ;;;;;;;i
              ' ,     / ,ィ´::::|::::::|:::::|:ト
                ヽ..........ィ´イ::::|::::::|::::::|:::::|:l::、
       , <¨´丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::
      /::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    〃:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             バレール

ロベスピエールの処女演説をバレールは自身の新聞『ポワン・デ・ジュール』の紙上にて
華々しく頭角を表した新人として、バルナーヴ、ル・シャプリエ、ペティヨンなどとともに評価をした。

747 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:25:09 ID:KMAvjRcU [51/130]

         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \        ミラボーさん!
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l
     |      (__人__)     |`''|    おはようだお!
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /

処女演説以来、ロベスピエールはミラボーの後について回った。
大柄なミラボーに対して、細身の姿から『ミラボーの猿』と綽名されたが、
『プロヴァンスの松明、アラスの蝋燭』などとも揶揄されもした。

748 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:26:06 ID:KMAvjRcU [52/130]

そして6月6日、ロベスピエールは再び発言の機会を得て、

       ____        _|∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨|_
      /\   /\        >                             <
   /( ○)}liil{(○)\     > 司教たちに、キリスト教徒の謙遜への  <
  /    (__人__)   \    > 侮辱である奢侈を放棄させるんだお! <
  |   ヽ |!!il|!|!l| /      > あいつらの馬車と馬とを売却させ、    <
  \    |!!il|!|!l|     /   > そのお金を貧乏人に与えるお!      <
        |!!il|!|!l|          >                               <
        |ェェェェ|         ̄|∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧| ̄

救貧法についての協議を提案したニームの大司教に対して即興の攻撃をしたのだが――

749 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:27:05 ID:KMAvjRcU [53/130]

            ,、__
           /ヽ   ``ヽ
           // ̄' ̄ ̄ヽ.\
.     .   . `i |,_, ,_,、 i >
          .ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ   我々を馬鹿にしているのかっ!?
 . , 、        | ̄,.レ,..、  )7
  ヽ ヽ.  _    .! ''===i  /'
   }  >'´.-!、   ヽ `! !' ,//\_
   .|    -!,―イ>`'´‐< /   \_
  .ノ    ,二!_/  /`―「_!―'./   / `―::、
  /\  / |i   |  ///' /   !_    \



              l「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i
            __||           ||__
            | ||   (◯)   || |
            | ||   _    || |
            | ||  _| |_   || |
            | || |_   _|  || |
           l ||    | |    i| |
         にLL__ __,,,ィに!
         /^;!''',rモミ;, ftテミゞ1;h
         ヽ;;! ` ''´:; l``¨ j::ノ
          `ト、  ,ィ,,,,,,,ゞ、  !:;:;ヽ  第三身分が何を言っている!
            `i f;:;;;;;;;;;;;;;;! !;;;;;;ノ
           ト..、 ´ ̄` ,r'にニス、_
            _ノ^ヽ`ー‐''´ ,.へ;;;;;;;:;:;::::.ヽ
        ,r‐イ    `ー一 '゙  ``ヾ;;;;;:;:;:i
  _,,、-‐''´.:.ヽ \           / /^'''ー-、、


              _
            jゝ.....ヽ
              /´i.:::::::::: `ヽ
          | ィゥ::::f-':::::.. i    真面目な聖職者もいるのだぞ!
          ヘ  ヘ,,,,,,,  jjuヘ
           ヾ〃ヘ.ヾノ三ゞ、____
            [三l~ l三三三三三三三ミヽ
           /三ゝ |三三三三三三三三ミヽ
          /三Y ̄ ゙̄f::::..ミ三三三三三三ミヽ
        /三三ニ{   人::::::::::ヾミミミヽ三三三ミヽ
        f三三三三三三 ヽ::::::::::|三三ミミヽ三三ミヽ
       ,イ三ヘ三三三三三三ヽ:::::|三三三三ミ三三ミヽ
      ノ三三,ヽ三三三三三三ヽ,|三三三三三三三ミ}
        j三三二ヽ三三三三三三. |三三三三三三三ミj
      |三三三三ヽ三三三三三三ヾ辷辷辷三三三シ
      |三三三三∧三三三三三三三三ミ〈
      |三三三三i 〉三三三三三三三三ミヽ

しかし、この発言は議場内に騒ぎを引き起こし、あまりにも不謹慎な内容として糾弾されてしまう。

750 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:28:15 ID:KMAvjRcU [54/130]

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:   おおおおおお……!!
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ     そ、そそそんな意味で言ったんじゃないお!
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!     ちょっと言葉が過ぎたのは謝るから、
        |  \___/  \__/:     許してほしいお……
         |        /
         |         /

この発言により、ロベスピエールは一躍有名人となったが、
即席の演説によって口を滑らせてしまったことに怯えてしまっていた。

751 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:29:14 ID:KMAvjRcU [55/130]

            ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            |────────────────|          ホーホホホッ……
            |                          |
          ノ────────────────ゝ、        災難でしたねぇ。
     ==ニ二::::::::ヶ───,z==ァ┬┬z==ニ────i::::::二ニ==     あなたは、まだまだ雄弁の
        r' ̄|::::/ f‐一' ̄='´ /  l  `= ̄ー─t |、::| ̄Y       何たるかを理解していません。
       _} _}l/ {       ノr⌒ト、       ノ  \K ,{__
     / / ノ   ゝ-、__,イ‐┘  '-y-、__ /    ヽ \ \    わたくしがレクチャーしましょう。
  /:::::::::::( /  ト        ゝ-、__ノ-'        /l   \ )::::::::::::\
/::::::::::::::::: `/     | `ー-、__,-─-、,-─-、 ___ノ |     Y:::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::{     |    |  ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ |     .|      }::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::: {    |、__!____|___|____,!____,!    }:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::人    |     |     |      |     |    |    人::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::j´xx\   \  |     |      |     |   /   /xxヽ:::::::::::::::::::::::::

752 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:30:10 ID:KMAvjRcU [56/130]

    ┌┐  口口                _
    ││                  < \         ┌┐
    │└──┐  ┌──────┐ \_>        ||
    │┌──┘  └──────┘      / >   ||
    ││                   __/ /   .└┘
    └┘                   |__/     口
                  _,,、--――-- 、,
               /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`',
      ,r''j´ ̄ `ヽ、  /::::_;;、--――-- 、;;;:::::::l
     / /        ヽ /゙´,,. --―――-- 、,,`゙ヽ!
    l /        |l;:´---;=t;;ァ┬┬t;;ォ、、,_`ヽ|
    l,        ,'::ハ,゙´    ノ,、 l,     ヽ,゙l::〉‐、
    人         ノ '  ヽ、... 'r'゙ ヽヽ、.... -'  Y 〈
   /   `''┬―‐'´ヽ-、 l''ー;=、;_―゙ニ゙-----__,ニ'' | ヽ
  /      `''ー、,、  `ト-!、__| ̄Τ ̄「 ̄|__,/  j  ノ
 ./   ,     / ,、   ハ;ト 、,.二,^,二,二´,./  /-ヘ
 |    `''ー---|. 〈 ヽイ \、L.,,__|__,,.」.../   ,イ:::::::::゙i,
 |         ,ハ、,Уヽヽ、.`''ー---‐''゙´ _,,//|:::::::::::: l,
  \  ''ー――' )/::l   V:::``ヽ、_,,. -'´l / .|:::: _,、-┘
    ト、,__ ,∠/::::|   .l、:::::::::::::::::::::::::::/´   !:::::`''ー-、
   l:::::::::::::::::::::| :::::::::::|  /:::::ヽ、::::::::;、‐'´l,    l::::::::::::::: /
  ,':::::::::::::::::::::::l ::::::::::l  /::::::::::::::::: ̄::::::::::::::`i  ,'::::::::::::: /
  !:::::::::::::::::::::::::l ::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   j:::::::::::: /
  |::::::::::::::::::::::::::l ::::::::::!./:::::::::::::::::::::::::::::::::::/    !:::::::::: /

753 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:31:24 ID:KMAvjRcU [57/130]

                ./ ̄ ̄ ̄\
               /  _ノ  ヽ、_ \ ギャアアアアア!?
              /  (◯)}liil{(◯) ヽn /^, /人
        人     |    (__人__)   | l  .^-,
        \ ζ^ヽ \.  ヽ|!!il|!|!l|/  / ゝ  えノ  /
         )  ヾ ど,     |ェェェェ|.    ̄  /   (
      - <    `´ ̄ヽ         ーー'       > -
         )        >      〈___     (
        /^      /   へ   f   ヽ    ^\
             __,∠   /   \ l   /
            〈、   /      `ー ’
             \、__ノ

これ以降、ロベスピエールは原稿を手にせずに演説することは稀となった。

754 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:32:17 ID:KMAvjRcU [58/130]

            ____
          /      \ 
        /  ─-  -─\________
       /             | |              |   ブツブツブツ……
   /⌒| ───( )─( )-| |              |   ブツブツブツ……
  /   |        (___人__)  | |              |   ブツブツブツ……
 |     l\       |r┬-|.  | |              |
 ヽ    -一ー_~、⌒) `ー'´..  |_|_______|
  ヽ ____,ノ              | |   |

それはともかくとして、この頃のロベスピエールの演説能力はお粗末であった。
彼は原稿用紙に言葉を記載し、教科書通りに読むような無味乾燥な演説を行い、
さらにはド近眼であったことから、原稿用紙に顔を近づける話し方は物笑いとなることもあった。
結局、彼が自信を持って演説を行うようになるには、国民公会まで時間を要した。

755 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:33:05 ID:KMAvjRcU [59/130]

                  ___
                    /\:::::::::/\.      国王が脅しをかけているお……
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\   ミラボーさんの提案を支持して、
                  |     ` ー'´  u   |   三部会の体制を守るお……
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \   議員特権と撤兵要求……完璧だお!
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

雄弁なミラボーと違い、ロベスピエールは、まだ三部会に参加する一議員でしかなかった。
彼の実力では国を動かすことは不可能であったが、事態は別のところから一気に加速する。

756 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:33:45 ID:KMAvjRcU [60/130]

――1789年7月14日

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) バスティーユは消毒だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

757 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:35:04 ID:KMAvjRcU [61/130]

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\    バスティーユ襲撃……!?
   i       (__人__)   i    マ、マジかお……
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   |珈琲 | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。

この前日、パリ市内ではネッケル解任にともない、
国王が三部会を武力弾圧するという噂が流れたことから
大暴動が発生し、圧制の象徴であるバスティーユ監獄が襲撃された。

758 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:36:06 ID:KMAvjRcU [62/130]

           ______
        /         \
       /            \
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \   暴動なんて無法は許されないけど、
  |    U                  |   これは特権身分と国王が引き起こした
  |                       |   失策が原因なのは間違いないお……
  \                     /
    \                  /














          ______
        /         \
       /  :::::::::::::::::::::::::::::  \
     /  ::::::::::::::,::::::::::、,,.-='、'、::::\
    / :::`┬;;;:::┬′:::::::::゙.゙、;;;;::',ノ:::: \
  / ::::::::"⌒゙''''''´":::::::::::::::`''''''"⌒::::::  \
  |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   |  だったら、やる夫が取るべき道は……一つ!
  |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   |
  \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /
    \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /

この事件に対しロベスピエールは否定的であったが、
圧政に対する民衆の当然の権利と答えざるをえなかった。

759 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 20:36:20 ID:eBCpQgeQ
この頃はまだまだ未熟だったんだなロベスピエール

760 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:37:05 ID:KMAvjRcU [63/130]

             ,、.-‐──‐-,、、
           ,r'´ .:.:.::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;``''‐、
        / .:.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:`ヽ,
          / .:.::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;:.ヽ、,
        i゙ .:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;.:.::ト、
        ,! .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;イ^ヾ;;;;;;;;;:;:;:;j{
       イ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ;;;:;;リ   `));;;;;;;;!
      }〉;;;;;;;;;;;:;;;;;;ィィイ^ノシリ /;;ノ'′   リ!;;;;;;;|
     ィイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,,、、-‐-、、、_'゙,,   _,,、、j!;;;;;j!
     /;;:;;;;;/^!;;;;:j ミ´`ーモzゥミゞ''= ,ィzテ'''"Y;;;;!
      {;;;;;;〈 f_〉;;;} !    ̄"´   `!"´   ,j;;;ソ
     〉;;;;;;ハ. (f;;:{ ゙、       .:; !  / /;イ     このような王の権威を貶める無法な行為は
     〈jノソ从 `ミ、  ;    ,ィ_.:.:; ′ ,' ,イ''′     軍隊による武力鎮圧を行うべきである!
 ̄`ゝ‐''"゙`"´  ! ;:;. ,      `ー ''´  .,′_
.:.:.:.:.:. \     ゙ヾ、   ,, -─-‐-- ; /   `7ゝ-、、_
:.:.:.:. :.: . \    `、 \   ‐''"´二`  /   / : .: .:
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.  \   ヽ  \_      ,,イ   / : : .: : :.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .  \  \   ``゙"""゙´/   / :. :. : : :. :
           ラリー=トランダル



         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `  、
        /                \
      ./              ,==ニ_-、 丶
      /                 〃  __ `ヽ  \
     ./     メ≧、_ノ     イ   {・}  |}  丶
     /     ィ彡´三ヽ\  /. 丶 __ /     '
   /     〃 ̄ ̄ {・}|       ̄  ̄       V   何を言っているんだお!
  ./      廴 _ 二´    l     、       '
  ,'         ̄  ̄,       人、   }         '   民衆は圧政に対して
  |           ヘ、   _イ __`ー-ェ'            |   自発的に立ち上がったんだお!
  |           |i Tィ'"´:::::::::`゙ヾイ         ∧
  |            ! |{::::::::::::::::::........}|   /     /    公共の自由を確立するためには、
  丶             V:::::::::::::::::::::::/ //    /     不本意ではあるけれど、頭をいくつか
   `            \_:::::::::::::::ノ        ∠      切り落とすことも有用なんだお!
     `              ̄ ̄      /
        `ノ` ‐ - _``ー- -‐'"´_ _ , ´

と、ロベスピエールは民衆におもねって弾圧反対するだけではなく、
本来は死刑反対であったはずであるのに、私刑による虐殺を肯定さえした。

761 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:38:06 ID:KMAvjRcU [64/130]
もはや、ロベスピエールは体制の変換に慎重な男ではなくなっていた。

ィ彡三ミヽ
彡'⌒ヾミヽ
     ヾ、              _____
  _    `ー―、     /         \
彡三ミミヽ      ヽ   ./            \        国王のパリ行幸の随行員にやる夫も選ばれたけど、
彡'   ヾ、    _   / ___ヾ         \      あの男は簡単にバイイに屈服してしまったお……
      `ー '   `ヽ .|;;;;;l i::ij::::) i           \
 ,ィ彡三ニミヽ  __ _  |;;;;;ヽ`ー´ノ            \    これを目撃した全ての人の心には、恐らく、
彡'      ` ̄    ....ノ     ̄                 |   あの大事件のイメージが永久に刻み込まれたお。
      _  __..(,,_,,                     .|   国王の権威は地の底に落ちのは明らか……
   ,ィ彡'   ̄     .{_ノ´                    /
ミ三彡'        /..\  ,, -===ニニニニ====-、_/     もう、王権に遠慮は要らないお!
       ィニニ=- '     ソ´:::;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
     ,ィ彡'    ___〉:/      |i     \/___
   //      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
 彡'        /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|

この事件の後、発言には急進さが増し、続く立憲国民議会での憲法問題では、
王の拒否権の廃止を望むアルトワとブルターニュの代表の立場を取った。

762 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 20:38:59 ID:DNvadJb6 [2/2]
人格はどんなものでも段階を経て形成されるものだからな

763 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:44:21 ID:KMAvjRcU [65/130]

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /\  /\   |   |    一人の人間が法に反対するということは、
   /( ○)}liil{(○)\ !   !    ただ一人の意思が、全ての人の意思の
  / :::::⌒(__人__)⌒::::::\|   l    上にあるということなんだお!
  |     |!!il|!|!l|       |  /
  \     |!!il|!|!l|     //     それは、国民が無であり、ただ一人の
  / .__ |ェェェェ|    /       人間が全てであると言うに等しいのだお!
  (___)      /

ロベスピエールは王権を縮小させる動きを取り、8月4日の『封建的諸権利の放棄』
に対して国王が署名を拒否するのを見て、議会は国王の服従を主張するようにと発言した。

764 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:45:06 ID:KMAvjRcU [66/130]

                 _   _,__
               /::`::´:::::::`丶、
                |-‐‐―一‐‐‐-',、        残念ですねぇ……
              _,-''" ̄ ̄ ̄ ̄"シヾゝ
              フフ\:::::::ハ::::/_ヽ)        わたくしの言うことを聞かなくなってぇ……
                ( ノ-‐‐" ̄:. ̄ ̄:.゛⌒`ヽ、
            /::.. ::.. ::.. ::.. ::.. ::.. ::.. ::.. ::.. ::ヽ、
           /:::..:::..:::..:::..:::..:::..:::..:::..:::..:::..:::..:::..:::.ヽ
           i:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::ヾ
            .{::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::../‐=" }
          {、_::...::::...::::...::::...::::...::::...::::...::::...:.ヌ,、. .ノ
           {   |:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::..;ムく
          \_ワ|:::::.:::::.:::::.:::::.:::::.:::::.:::::.:::::.:::::.::ノ || ヘ
            ノ::::.::::.::::.::::.::::.::::.::::.::::.::::.::::.::::.ノ O  ヽ
            ヾ::.::.::.::.::.::.::.::く ̄ ̄{:::::::::::::ノ       )
            ,'':::::::::::::::::::::::::ヽ   ー-'''' ヾ----─´
           (、:::..:::..:::..:::..:::..:::..}

この王権縮小への動きは、師匠であるミラボーと対立するものであり、
ヴェルサイユ行進の後にミラボーが提出した「暴徒鎮圧法」について、
これにロベスピエールが反対したことで、二人の関係は終わりに向かうのである。

765 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:46:31 ID:KMAvjRcU [67/130]

 [二二二二二二二二二二二二二二二]
  ||  \、 :..    ゚ ..:: ::     / .||
  ||   .||:: } ... .  . ... ... ..     ||   .||
  ||   .||'゙ ....  . ... ..        ||   .||
  ||   .||....  :::... .... ..:::::::....::     ||   .||
  ||   .||. .. .  . . . .. .       .||   .||
  ||===||     / ̄ ̄ ̄\   ||===||
  ||   .||   /::::::::::::::::   \  ||   .||  民主主義を確立するためには、
  ||   .|| /::::::::::::::       \||   .||  やることがいっぱいあるお……
  ||   .|| |::::::::::::::::::::         ||   .||
  ||   .|| \::::::::::::::       /||   .||  おっと……カワイコちゃん発見!
  || / (⌒ ::::::::::::::::    ⌒ヽ.\ .||  視姦するお……!
 [ニ二二二|  ::::::::::::::     |.ニニニニ]
        .|  ::::::::::     |
        |    へ     |
        |    |  |    |
          (__)  (__)

ヴェルサイユ行進後に、国王がパリへと移ってくると、議場もパリ市内へと移された。
ロベスピエールもこれにともなってパリのマレ区サン=トンジュ街8番地の4階に二つの部屋を借りることになった。

766 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:47:19 ID:KMAvjRcU [68/130]

       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |  だって……まだ、経験不足だお……
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃

議会では積極的に討論に参加したが、少数派の民主派であり、
その声量の乏しさとアルトワ訛りの発音ゆえに目立った活躍は出来なかった。

767 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:48:04 ID:KMAvjRcU [69/130]

そこで彼の活動の中心となったのが、サン=トレノ街の『憲法友の会』――

            *     ________ *
 ┼                    | ジャコバン・クラブ|
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

ブルトン・クラブ後のジャコバン・クラブである。

768 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:49:09 ID:KMAvjRcU [70/130]

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\      第三身分の議員は、何気に
    /   ///(__人__)///\     田舎のおっさんばっかだったお……
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/     ここじゃ、女性も頭が良いお。
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     ウケもいいし、良い所だお……!
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

ジャコバン・クラブの狭い議場では、彼のゆっくりとした演説、
冷静そのものの論理、感情よりも理性に訴える演説は聴衆の受けも良く、
洗礼されたパリのブルジョワジーやその夫人たちは、ロベスピエールの
教訓調の演説を受け入れたことで、彼はここを自分の権力基盤とするために
議会よりもここに意識を集中させることになる。

769 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:50:06 ID:KMAvjRcU [71/130]

         ___
       /      \
      /  ─   ─ \          (まだ、即興はしないお。アレはトラウマなんだお……)
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /   私は……アラスの弁護士……やる夫です。
    (⌒      /     /     /   今日は……市民諸君に……訴えるべきことについて……
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)    発言を……するんだお……!
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_

ジャコバン・クラブでの発言は、新聞記事に載りやすかったため、さほど雄弁ではなかったロベスピエールは、
記者が速記しやすいように、ゆっくりと原稿を読み上げ、きちんと間を置くことも忘れなかった。

770 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:51:12 ID:KMAvjRcU [72/130]

                   ___
.                 /;;;;;;;;;; Y ;;;\
                 /;;;<二二二二二>
                /  ( ●)  (●)    _人人人人人人人人人人人人人_
.               | ::::::⌒(_人__)⌒ヽ    >    そんなことより!!!  <
            ,ヘ  」     |r┬-|   |     ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
           ()_()`ヽヘ     `ー'´  _∠,_
             'ー-‐'"/7´ ̄  | .|二二 _>、   ┼┼``
                | |. | .| ___.n/_,, ‐'⌒ヽ   ノ  ツ
                .|g.e.r/   へ||(_____/
                |   '、_r 彡/.|.|
               .|    .| `ー、_.l.|
               .|   | .| .|    .|
               ./〉 、 | .| .|    |
              // .ヽニロニlTlニl ̄|
             //         ヽ`ヽ
           //  / ∧ \    "''‐'、
           ./////           '、
         /  .//  .,,-''"⌒''-,,    \ .i
      / ̄   / ,, -''"      `'-,    ', |
    ///  _,, -'"           `i    ',
   //  ,, -''"                | | .|  .|



.                 ─┼─┐  ─┼─   /  ,.
                  │  │  ─┼─ /| _,.イ,,.ィ' _______ 、
                   │  | ツ  │   |  |  |             ノ
           。-‐……‐-。
        /  ゚  ゚  ゚  ヽ      ./ ̄:三}
.       /          ハ    /   ,.=j
      ∠二二二二二三彡'  |  ./   _,ノ     _人人人人人人人人人人人人人_
.       / (●) (● ) `j(O│/{.  /     >     演説するお!!!    <
      /::::⌒(_人__)⌒:::::し__ノ'::::::::ヽ、/       ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y' ̄
      |    |r┬-|     /.::::::::::::::/ __
       \.  `ー'´   ,. '´::::::::::::::;/ (_ノ)‐-、
         >.、__ ,.イ::::::::::::::: ;∠.   ヽ_}  ゙ヽ
        ,.r` "´  /:::::::::::::::::::ィ´  `ゝ  !、  /
     /       / :::::::::::::::: ; '´   /´\ /   r'\
.     i      ! ::::::::::::::/i    | !::::::::/ヽ、.._!ヽ. ヽ、
     {      {:::::::::::;:イ /   ∥i:::::::/:::::::::::::/  \
.      ヽ       ヽ,.ァ‐'´ /ヽ 二 ,/`ヽ、::::::::: /    ヽ
      ヽ、 ,. ‐'"   .ノ ,〈    >   `'‐- '
          >   _,. ‐'´ / /    `)
       ,ゝ       _.⊥.-r┬:/
       ヽ_,. -‐i"!´「L.=!┘     ヽ
       <      / /       |
       /    、i / __     ./

こうして多くの大衆の眼の晒される新聞に載ることを意識した演説は、
彼の演説を聞くこともない民衆の心を掴むことになり、ジャコバン・クラブにおける
民主派のエースとして支持を受けるようになる。

771 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:52:13 ID:KMAvjRcU [73/130]

     /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \
/: : : : : :              \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|    実際に目にしたらどう思うんだお?
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j     )      /    ド近眼で色眼鏡をかけた原稿読みだお……
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . :                   \

ジャコバン・クラブでも、彼の人気を利用して会員を集めようと
議会やクラブでの演説を印刷して全国のクラブに配布し、
これを通じて全国的な支持層が築き上げられていった。

※レドレールはロベスピエールを容姿端麗であり、そのしなやかな
足取りと優美な様子は『猫』のようである、と例えていたため、
パリの人間から見ても、ロベスピエールは洗練された人間と見られていた。

772 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:53:07 ID:KMAvjRcU [74/130]

                                 , -─‐──‐-、      ゴロン
                                  /         \  彡
  制限選挙やら                    /             \   彡    r―、
  国民衛兵の制限やら               l   _ノ  ヾ、_         l        /    l
  黒人差別の問題やら                 | (ー )  (ー )      |-' ⌒ '"⌒ヽ /_ノ
                        .      !::⌒(__人__)⌒:::::     l        V__,r‐‐、
  議会はもう、どうにもなんないお……         ゝ  )  )       ノ              l
                             ( ⌒ィ⌒ヽ⌒´  /⌒`- ´'⌒ )―------――く_ノ
                             `ーゝィソノ  ̄ ̄ヾy_ノ--ー"

その一方で、1789年末から91年初夏までロベスピエールは議会で敗北を続けた。

シエイエスの市民の制限選挙、ミラボーの国民衛兵の登録制限、
バルナーヴとの植民地における黒人差別……勝利を収めることが
出来たのは、議会内ではグレゴワール、議会外ではブリッソーの
援護を受けることが出来た黒人差別問題だけであった。

773 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:54:12 ID:KMAvjRcU [75/130]

              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)
        / ||    ` ⌒|||   ,/    毎日の議会・クラブでの過重労働と、
        / / |\/ /  /l |  ̄      アラスの支持者からの攻撃を受けて、
        / /__|  \/ / | |        やる夫の体はもうボロボロだお……
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'

特に下層市民の支持を受けて選挙に当選したロベスピエールにとって、
制限選挙論争で展開した「全市民に適用される権利の平等」という主張は、
ブルジョワの批判を買い、彼らが多く支持する議会での孤立化を招いた。

774 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:55:10 ID:KMAvjRcU [76/130]

         ___
       /     \
      /   \ , , /\     立憲国民議会の議員は腐ったリンゴだお!
    /.  ( ○)}liil{(○) \    死んだミラボーだけじゃなく、
     |   :::::⌒(__人__)⌒::::::|    バルナーヴも『偽りの民主派』だお!
      \      |!!il|!|!l|  ,/
.       , -‐ (_)ヽ|!!il|!|!l|   ィヽ   お前らは、一度、新鮮な空気に触れるんだお!
      l_j_j_j と) |ェェェェ|     i
       ̄`ヽ        | l

こうした逆境の中の1791年5月16日。
ロベスピエールは立憲議会議員に対する不信任動議とも言える『自制法』を提案した。

775 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:56:18 ID:KMAvjRcU [77/130]

これは、立憲議会議員がこれに続く立法議会に選ばれる資格をもたないというもので、

   ∩∩∩    .    ∩∩∩
  .∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩
  │ ___  つ      ⊂  ___ │
   ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ
  / /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \
  (  く   o゚((●)) ((●))゚o   > )   自由で啓蒙された2,500万の国民が、
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /    自分たちと同価値の720人の擁護者を
    ヽ|     |r┬-|     |/      簡単に見つけ出すことも出来ないのかお!?
      \    | |  |     /
          | |  |            やっぱり愚民どもは馬鹿だお!
           `ー'´


             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \      ……なんて無能呼ばわりする権利も
        |      (__人__)     |      高慢さもやる夫たち議員は持ているのかお?
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ       国民のために働け、お前ら!
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }                | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

既に民衆世論と乖離した議員の選出を拒み、彼自身も
議会外での自由な批判を目指そうとする政治的計算であった。

776 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:57:16 ID:KMAvjRcU [78/130]

         ____
       /::::::::::  u\     マ、マジかお……
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\      
    /:::::::::: ( ○)三(○)\  半分焼けクソだったのに通っちゃったお……
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  | ________
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ::::::::::u         \ | |          |
  /::::::::::::::::        u     | |          |
 |::::::::::::: l  u            | |          |
 ヽ:::::::::::: -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |

議会の中心となっていた三頭派の反対にあったが、
多くの議員はパリでの生活に疲れ、故郷へ帰りたいと
考えており、三頭派の動向を快く思わないラファイエットら
右派議員の思惑も働き、この提案は可決されたのだった。

777 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:58:10 ID:KMAvjRcU [79/130]

――そして、1791年6月21日

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 国王が逃亡だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/



         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

前日の深夜、国王一家はテュイルリー宮殿を抜け出してパリを脱出した。

778 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 20:59:04 ID:KMAvjRcU [80/130]

                  ___         こ、これは共和制移行のチャンスかお……?
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\     国王の逃亡は国家の危機かもしれないけど、
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\    共和制にとっては大災厄とは思われないお!
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /    この日は、革命の最も美しい日と
                  /    :::::::::::::::::::    \   成り得たし、また成り得るのだお!
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

779 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:00:04 ID:KMAvjRcU [81/130]

            / ̄ ̄ ̄\
          /    \  /
         /  u .(○)三(○)、
         |        (__人__) |      飯食ってる場合じゃねーお!
         \       `⌒´ /
        /´⌒       ヽ ̄ rー、    早速、議会で共和制を訴えに行くお!
       /  ,       j /  ノ
 、    /  く}        l'  /
  \    ヽ   ヾ       |/          ―― [] ]
   \   \_ノ       j           | l ̄ | |
 \  \  (        ,/                |_| 匚. |
   ヽ、   ,へ      \ノ                     | |
  _ /  ̄   \     \               |_|
\\ \、__ /´ \      ヽ         [] [] ,-
  \\ ̄\ \    \    /           //
 ̄\\\ ̄| \\  //   /          匚/
 ̄ ̄\\\ ̄\ \//  /
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|  //  /
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\_>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ _\
           \二フ

780 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:01:20 ID:KMAvjRcU [82/130]

                  __
             /     \
               /⌒   ⌒  \     ……でも、いきなりそんなこと主張したら、
            /‐=・=‐ ‐=・=‐ ヽ    また、多くの人から突き上げを食らうかもしれないお……
            | ⌒(__人__)⌒    |
            \   `⌒ ´     /
              | __/ )
           へ へ|___/|   三二==
        ⊂《二 《⊃       |   三二==
           \\|/\__|    三二== ス~ッ
             \\ /  )   三二==
               \/   ノ      三二==
             / /   /     三二二==
             \\_ \      三二==
              ⊂⊂ / ̄ ̄\  三二=
             | | ̄ | /\  | 三二=
             |  ̄ ̄| \/  |  三二==
             \__\__/

781 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:02:12 ID:KMAvjRcU [83/130]

                 __
            /     \
              / ノ  \ u\    ルソーさんだって、
           /(○)  (○)   ヽ   『人民は王を持っていても自由でありうる。
           | ⌒(__人__)⌒ .u |   共和制と王制とは、両立しえない二物ではない』
           \ u.` ⌒´     /   って言っているし……
             | __/ )
          へ へ|___/|     今、急いで共和制を主張すると、革命に対して良く思っていない
       ⊂《二 《⊃       |     議員に口実を与えることにつながるかもしれないお……
          \\|/\__|
            \\ /  )      王制か共和制かよりも重要なのは、
              \/   ノ      議員が人民を真に代表しているのかだお!
            / /   /
            \\_ \
             ⊂⊂ / ̄ ̄\
            | | ̄ | /\  |
            |  ̄ ̄| \/  |  ピタッ
            \__\__/

ロベスピエールはボヌヴィルやマラーなどの共和主義者には賛同せずに慎重に行動をとった。

782 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:03:12 ID:KMAvjRcU [84/130]

その一方で――

               ∩_
              〈〈〈 ヽ    王妃も市民であり、国王はこの瞬間、
      ____   〈⊃  }    国民に責を負う市民なのだお!
     /\  /\    |   |
   /( ○)}liil{(○)\  !   !   そして最高の公務員の資格において、
  / :::::⌒(__人__)⌒::::::\|   l   彼は法に従わなければならないお!
  |     |!!il|!|!l|       |  /
  \     |!!il|!|!l|     //     そして、犯人が高位の公務員である場合、
  / .__ |ェェェェ|    /       その犯罪を罰しないことはなおさら危険だお!
  (___)      /

国民を裏切った国王に対しては、反革命的な亡命貴族とともに裁判にかけることを主張した。

783 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:04:52 ID:KMAvjRcU [85/130]

だが――

              ___
             /,,/,rf,,,、ー\
               ,;ノべ/   \, \
            ij 、 i /   ,ミ  l
           〈'-=j";'==・=' ヾr=、!   あえて言おう!
            l .ノ   ゙̄   ,リy.,!
            l ヾ゙>      , /   国王は無実であると!!!!
            ヽ. [ ̄ヽ   ,「!
             ヽ└=-' _/! l 
             ,ト.二._/__,┴i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\
             バルナーヴ

784 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:05:37 ID:KMAvjRcU [86/130]

               ____
           /      \
          / ─    ─ \         ち……バルナーヴは手強いお……
        /   ( ●)  ( ●) \ 。    
        |       (__人__). 。;つ  ペッ   あいつが議会にいる以上、やる夫は勝てそうにもないお……
         \       `⌒"   /  

結局、議会は国王誘拐という形で収束を図り、国王に法を認めさせることで妥協した。
やはり、共和制移行は時期尚早であり、ロベスピエールの判断は的確であった。

785 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:07:12 ID:KMAvjRcU [87/130]

       ____
      /      \        コルドリエ・クラブが国王の廃位の請願?
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ     一度は協力したけど、議会が国王と妥協したから、
  |   (__人__)( /   〉|     これ以上の騒ぎを起こすのは得策じゃないお。
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )  やるんだったら、お前らだけでやるお。

この考えは、コルドリエ・クラブの請願大会にも現れた。
一時はコルドリエ・クラブに協力することへ賛成をしたが、
議会が王権の一時停止を可決したことで、
法を重んじるロベスピエールは、ジャコバン・クラブはその協力を取り下げた。

786 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:08:27 ID:KMAvjRcU [88/130]

       、_      _......
  、、_  ノヽ  ̄ ̄ ̄ ̄  └゛゙゙゙´`ヘ─¬_
   )    こ  く   お  く  命  や
  /    の ら  れ  ら  中  っ
  ヽ    ド え  の  い  だ  た
    |   グ  ッ 銃  や  ッ  ッ
    |   サ !  を   が  !  !
    |    レ        れ
    |    が        ッ
  ノ´    ッ        !
    |    !
    ヽ
   /ト     __
   /|,-‐'' ̄ ̄ /::`ヽ( `⌒`⌒
   / | \l // ::::: /  ヾ |  |//
   / |、  ヽ""´l /::::: -⊇ |υ |//
   //|ヽ  .:::. /:::::::::: -っ ゝ  |/ /
   //| ヽ、:/イ|::: l  :::...../::::... l .//
   //|:: /イ: ::: /::::::_,,.、- 、:::///ヽ
   // 、<_、!、  ┌´o ,?彡 //7
   // `l .o ゝ`~´ ゝ'''"'´  // /
   /// |`= |  ̄  ヽ:::  .// :〈::::.
   ///,.ヘ  |:::   )  //っ ::ヽ::ヾ
   /// .ゝ└::::::::   //-‐、 ::i//
   / / ´  ヽ 、;;=-‐.//─' ヽ  //::
   // ̄....   ヽ ヽ-//;;;;;- ⌒ヽ/∧:
     |  :::::::::::::::ヽ //;;;;;;;{ .::::::..// ui
    /:::::::::::    ./〈 ヽ;;;;;;| :: // |  .|
     ::::     //ヽヽ } ┐ // -|
      ::::::::.....// ,,-ヘヽ|へ//''" ノ
         //    ヽヽ//─''"
           ラファイエット

そして、ジャコバン・クラブ不参加の請願大会はシャン・ド・マルスの虐殺を招き、
王権擁護派は革命の急進を防ぐために共和主義者を弾圧し始めた。

787 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:09:22 ID:KMAvjRcU [89/130]

                                   、_人_从_人__/〃
                                   _) は  ロ
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、           | ヽ丶          _) 消  ベ
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   ス
           -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) で.  ピ
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _) ご  エ
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`       \      _|_      _) ざ  │
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) る  ル
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i              V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、   ゝ     ォ        _,.,
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            {ヾ_\
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )   ,r、       ノi !_ } ヽ
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´   ,.    '`;;:、 〉ゝ     _ゝ!,イ、∠__
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´    イ / /  y }
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、   | /─{  / {
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ | 〈__=┴<  |
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))┤   /
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i | /=ヽ  ∧
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ    '´  ,j ,r' |_/,r' ミゝ-'´: :|
,l:.   ヾ;'´イ'´ト、_  j (_,r'´(`'´`ー'´,ノ  i; l  (`'´ Y´   /: : :::: : : ::::: ::|
キ:.  ,.彡;:、    }ヽ、'´ `   、,;{   ゙レ   ,ゝ'      /: : : :::: : : : ::::::|
'i   ,r'"´,;ゞ、_,.イレ'゙、         ,.{ i'   )       {: : : : :::::: : : :::::::}

788 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:10:17 ID:KMAvjRcU [90/130]

                 _, -― ――- 、_
               ,-'´、_,llllllll、___,ノ.  `ヽ
               /‐- 、_  ''''''''  _, --‐―  `ヽ
             /   ・        ・        ヽ     に、逃げるお!
            i  ,,,,-=ラ     ヽ=‐-、__     l     ヒャッハ~!
             l     l´       l        l     なモヒカンに勝てるわけないお!
            !    `‐┬'´ヽ、__,ノ    l_,!  l
            ヽ、 .U   |llllllllllllハ       ,ノ      ――ってモヒカンじゃないお!
              ` 、_  , |llllllllllllllハ  U  ,-'´, --、     何で、五ェ門が汚物を消毒しているお!
           ハ      >l ヽ――-'     `´  , 、.\
            l ヽ、_/  ` ̄ ̄        r‐'´   ヽノ
           ヽ   _,.‐i             ヽ
                `‐'´  .|              ヽ
                   |               `、
                  l                   ',
                l                   i
                    l、                l
                      ヽ            r―-    /
                       ヽ         l     /
                   ヽ、        l   i_,ノ
                     l  i- 、__,ヽ  ヽ
                        ヽ `ー,   `ヽ、l

ロベスピエールもジャコバン・クラブで暴漢に襲われるなど
身の危険を感じたため、マレ区の下宿を引き払った。

789 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:11:05 ID:KMAvjRcU [91/130]

そして、彼が新しい宿舎としたのが――

                      _,. --──--- ,.
                   _, '"             `゙''ー 、
                 _,r'"                 \
             .  ,.イl/r' /⌒´         .     \
                j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三          ヽ
              /ト{⌒`´″      l|   三          I
              { }i{             リ  三          l
               ソ -、           三          . |
               i=-、   ,r==‐一   `ミミ         |
             _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !
            └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |
              ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
                ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ
                、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
                 川从川从川从  !  i       !   ノル{
                  ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
    再転居だな!     ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ
                   い、____,.   /      /l  }   / /ヽ
                    }            ,. '"   } / / /
                     '、         _/    ///  /
                    ``=ニr‐ '"/      /  /
                         }  /   /
                    モーリス・デュプレ

ジャコバン・クラブと議会に近いサン=トレノ街366番地のピック地区のデュプレ家であった。

790 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:12:18 ID:KMAvjRcU [92/130]

         , -‐―- 、
       ,/ ,     \
       / ,イシリ、ミ`ゝ、  ヽ、
      / .ノ//__ `ヽい、   |i
      / ,イ;/ィ‐ァ、 元テト、 ハ
      /,イ|l.l|| ~ 、、 ~~ リ|iヽ\i  ロベスピエール様……
     l'′ .|.l|!、 --  /|| レ!\!
     ヽ /i || iヽ、 _,, イ|| || |、 ,!
      ,オイ/| ll ||ー=一''| !! lリイ|
    / |/| || |に二二コ || || |゙ |lト、
   /   //||/二,ヽ、 _!! ll | / ! ヽ
   /  ,イ|/l|l|冫テュ!J,イ l| || ト、  ヽ
  /,イl | |l|l||  Y  !ノ || |l l| ハ.   i
  /'|,//、| |l|l」   !  i  || |lリミ八  |
 / //ト、Y  ,|  ノハ  ト、 ̄~|/r_ヘ  |
フランソワ=エレオノール・デュプレ

家主のモーリス・デュプレは繁盛している大工兼建築家で、指物師であり、
その妻は政治好きで、ロベスピエールのことを大変崇拝していた。

791 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:14:59 ID:KMAvjRcU [93/130]

男の子は学校に通っている子供と、孤児となって引き取られていた甥、そして――

                       l  |  / ./〃/  〃  / / /  |i  ||   ヽ ヽ
                      |  |  l /  / / / / /.| |   li   ||   li l l___
                      |  | |/ /  / / / / / .| |   |l  ||    |l | |::〉ヽ、
                      |  | | l  l / l / ./l | |   |l   |.|    || | |レ   ',
                      |  | | | | |  | | ∧__ljハ  |l |.| |   || | | |l!  |
                      |   | | | |  | | l./7:.汀i `  ヽ !人| 从 /i| / /| |   |
                      |   | | | l|  | | | 、ゞ-┘       rテ、 / / /|| |   |
                      |   | | i| |  | i|i|    ̄       〈:::..j | //| | |   |
                       |  i| | | |  |  ||           `ニイ〃| ! i| |   |
                      ト、  l| | | |  |  |!      、 ,       / |  ハ .|   |
                      |ハ  ∨ ||i  | |    、___      / | |  | | |  |
                      |川ヽ、 \ |i  |i |     ヽ二ア`     /| | | il |    |
                      | /|川. ̄川li  l i| \         /l |i! i!/ .| |  |
                      // |川|  i|||∧  l|  ヽ、    ,. イ | | |  | |.  | / //
                     /∠⊥|川| |||! ハ ヽ __   ̄ /  | | | |  | |   |// /
                               長女エレオノール


        /../::/:/:::::::::::::::::ヽ::::ヽ.....∨ヽ....::.....ヽ                /      /::::::::::::::::::::ヽ::::::::`ヽ、
      /../::..l/:/....:l::.....::ヽヽ::..::.ヽ.....:l....ヽ..:::::::::::',            L     /::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /../.l....:|:.::|.....:|.:......:::..ヽヽ::::...|...:::|:::::l:::i:::::::::::',             ` -、/:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::ト::::ヽ:::::ヽ
     |...|...|::::|トノ|::::::|i:::::::::::::::|::l:::::l..|...::|:::::|:::|::::::::::::|                   l::::::::::::::::::!:!::::::::::!:::::ト| !::::::i::::::::!,
     |..:|..:|_ヽ ゞ_ゞ:___⊥i::::イ.|..:::|:::::!::|:::::::::::::|              |::::::::::::::::::トN、_{‐、{ ! ヽ,_:|l::::::!|
     l..:川ヽ⌒ヽ     ´ ̄`// |/:::..|:::::::::|::::::::::::l                 |::::::::::::::::::| Y i:::ト   /i::トlトL_j
     ∨:.{ ̄`Tゃ--r'  ̄Tか)-/:::::/::::::::/:::::::::::/                    |::::::::::::::::::|  `¨     ¨ l|:!::|
      ヽ`─└ ′ `──‐' /__,:..イ::::::::/                 リ::::::::::::::::l|      '  j|:!:::!
        l             /./___/                  /::::::::::::::::::l|   ヽ フ 「| /:リ::::|
        ヽ   `         /   V> ‐ 、__                  ,'::::::::::::::::::::::l` 、   |i:::/::!:::!
        ,. '\  ‐-一    /   /      `>、          !{::::::::::::::::::::::!   ` ¬ ´ ! V::::ハ:{⌒ ヽ、
       /   \     /    /    ,. ' ´   ヽ          ヾ::::::::::::::::ト:::ト、 , - '´{フ´/⌒ヾヽ   `ヽ
      〉、 \   ` -- 、'"     /   //       ',            ハ::::::ト ::::{ ハ Y へ ヽ{ / ̄´ヽ | ! / .

               次女                              三女エリザベート



――三人の結婚適齢期の娘がいた。

792 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:15:41 ID:KMAvjRcU [94/130]

              ,r= 三 三ニ= 、     /
          ,. r=ァ'´/ / =、 `ヽミYf´=ミ、 |     彼
         ///Y //   ! ! ! ヽ ∨!l=ミ 、ヽ     女
         // // .! !l ! l ll l l  ',  V|lヽヽ ヽ ',    に
       ! l // .! !l l ! ll '、ヽ l.  l !! l ll  l l    し
         ! l/ll   ! ll从 八从 ヽ__ヽ!  l/! ! !!  ! !    て
       ll l! ll.  l l!!lイ砂   イ砂ァl  l/! ! !!  ! !    く
       || l! !!  | | |l `¨    ¨´ |  ! l l ||  | |    だ
       || !! !l  | | |ハ、 ‘__   /!  ! l l ||  l l    さ
       N从 '、 | | || 心、‘=’ ,.イ|_l  l l l / //    い
        八 ヽヽl | |ムノ;;:`¨´::::::;;ィl  !、_/_ //|
         X´ ';l l ト-゚。、`¨¨¨´。゚ ! // // `ヽヽ
         ,′  l l l   ゚。    。゚ l// //    ', \__
         !    N ヽ-、 ゚。  。゚ ,..//ー'/    !    ∨ ̄ ̄ ̄
          |  ,rg|;;;::::.:.:.:.ヽ゚。゚/.:.:.:.:::::;;l、 ,.rg、 |
        ムgf爻f;;;;;;:::.:.:.:. Y .:.:.:.::::::::;;;;;;!爻癶fタ
        ヾ;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;╋;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;/



    .:.:...        :.:.:                    :: :.:.:.:..     :::.:.
    :.:.       .:.:.:..                    ..::.:     .::.:.   ::.:.
     : ..: ::.. :. :::: :.::.         -──―-、        :.::    ::.::.:.:
: :.                   /                     .:.::    .:.:.::::.
  :.:                /、_ ー'    、、_,        .:.:.: ::.:    .::.:.  :.:.
  ::.:               //(_,|'      /´)`ヽ、   .|  だ、駄目だお……!
  .::.                 l  ー' / / / /lー cノ    l
::.:                >-─-、人__)  ̄ '"'   /  やる夫は革命と結婚した……
      .:.:.::::.        /     .lー'        /      .:.::.:.:...
      ::.:.  :.:..      / `''    /          く     純粋無垢な男の子なんだお……!
.       :.:.:.::     /      /

特に長女のエレオノールは容姿こそ平凡ではあったが真面目で、
ロベスピエールが心から許せる友達であり、恋人同然の間柄と見られていた。

793 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:16:04 ID:KMAvjRcU [95/130]

                                ____
                              /      \       のんびりするお……
                            / ─    ─ \     田舎よりも過ごしやすい……
                           /   (●)  (●)   \
                           |      (__人__)     |   最高の環境だお……
                           \     ` ⌒´     /
                        ,. ‐'/ `<,ム,,、 _/´  ̄ く
                     ,. ‐'"./:::. ...... :::::o::::::"''"...:::::::..', `゙ヽ、
                  ,. ‐'"   /:::::. ::i:::::::   ::::...    :::::::::: i   / ̄ ̄`゛'' -、,
               ,. ‐'"    /   :::l    :::::o    .,:     l /: : : : : : : : : : : : : `ヽ
    _      ,. ‐'"      /::.  .:::::::./i:::::  ::::::::   ,,イ:::.   l/: : : : : : : : : : : : : : : : :
.-‐''"    ゛'' -、,,__     /::::::::  :::::/ i   :::::o::::: /  ........ :lヽ、: : : : : : : : : : : : : : :
               `ヽ/       /  /::::..     /   :::::::::::li  \: : : : : : : : : : : :
               /   ..::::::.. / ̄゛''-、,,     /      :/l    ゛''-、,,: : : : : : : :
             ,r ''"\   :::::::::/        ̄゛/::::::::.   :/ l        ゛'' ──
           (_   人_,,.-‐''"         /::::::::::::   :/ヽ,ノ
              し'              /     ..::::::/   \

デュプレは階上の寝室兼居間を提供し、そこでロベスピエールは規則正しい、穏やかで
うちとけた生活を好み、自室には机と本棚の他にはを花で飾って張り詰めた気分を紛らせ、
ジャコバン・クラブと議会以外の全ての余暇を過ごすことになる。

794 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:17:13 ID:KMAvjRcU [96/130]

ここで彼は演説の原稿を書き、盟友のペティヨン、友人のデムーラン、ル・バ、
後には同僚となるサン=ジュスト、クートン、フーシェ、ダヴィッドらと政治談議をしたり――

          ____
       /⌒  ⌒\
     /( ―)  (―)\   ラララ~コッペパン♪
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ラララ~コッペパン♪
    |              |
.    \         __∠___,,        ~♪
    ( ̄ ̄ ̄`つ""“rf π三≡≡≡≡===kpr、、
     下 ̄ ̄     .!!__,--、__fk'⌒) ̄ ̄ `ー''        ~♪
      |          ヽ_ノ ̄      ~♪
      |           |
      |             |
      l    _     ヽ
.      l     l \     \
      l     l   \    ヽ
       l     l   \    \



 ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レ
 コ;;;;;;;;;Nヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;イ
 _」;;;;;;;/   '''W''  ヾ;;;7
 ヾ;;;;;;ト、,,__、     ___ イ;;/
  (r7トミ( O )>z=( O) !;;k)  ノ|/
ヽ|ヾ-|  ゙゙  r゙ i   リン r=イ;;|r     (下手だな、ロベスピエール……)
;;;;;;;;;;; !ヾ、ノ、____ンリ ノ|_ノ;;ノル゙;;
;;;;;;;;ェェト、ミ{テ元元テ州ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;匕 ヽ ヾ三三三シノY1;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;レ   ヽ____ア  Zコ;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;匕  <ヽ >/ ノ | Iコ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;zノ )      rk丁;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;匕ルハ儿/YKヽ;;;;;;;;;;;;;;/\;;;;;;

ル・バがイタリア歌劇を歌い、ロベスピエールもコルネイユなどからお気に入りのセリフを暗唱した。

795 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:18:23 ID:KMAvjRcU [97/130]

このル・バと後に結婚することになるエリザベートは、ロベスピエールのことを

         _,. -─ -  ..,,_
      ,  '´         `丶、
    /      ,. -r─‐、‐ - ,}
   /      /::::::::::::::::::::ヽ::::::::`ヽ、
    L     /::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ` -、/:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::ト::::ヽ:::::ヽ
       l::::::::::::::::::!:!::::::::::!:::::ト| !::::::i::::::::!,
       |::::::::::::::::::トN、_{‐、{ ! ヽ,_:|l::::::!|
       |::::::::::::::::::| Y i:::ト   /i::トlトL_j     彼は乙女が持つことの出来る最上の兄で、
       |::::::::::::::::::|  `¨     ¨ l|:!::|      徳の模範であり、私たちは皆、彼を心から愛しました。
       リ::::::::::::::::l|      '  j|:!:::!
       /::::::::::::::::::l|   ヽ フ 「| /:リ::::|      私たちが母に叱られると、彼がいつも庇ってくれたのです。
       ,'::::::::::::::::::::::l` 、   |i:::/::!:::!
      !{::::::::::::::::::::::!   ` ¬ ´ ! V::::ハ:{⌒ ヽ、
      ヾ::::::::::::::::ト:::ト、 , - '´{フ´/⌒ヾヽ   `ヽ
       ハ::::::ト ::::{ ハ Y へ ヽ{ / ̄´ヽ | ! / .
      /  `ヾ 「`ヽ'- 、_,. ‐\/!`{ ヘ/  } |i / |
      ト  i   ! / ` -    0、 7  j !'   |
      ヽヽhn,_j /       /   ヽ!   ヽi /  !

と語っており、極めて良好な関係を築いていた。

796 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:19:36 ID:KMAvjRcU [98/130]

                         ハ
                    __      / ,'
                 /´ ̄     `ヽ  / /
           , -─'ー── ー- _  V _ノ
          \  ,. -── - , _` <ヽ.
              Y´  ─  ─   ヽ ソ
              /l  (●) (●)   j〉`l
      __r─-l |   (__人__)  ゙,リノ    ピクニックって言っても、
.    /, ‐ニ‐、ヽ ̄`l、   ` ⌒´  、ノ´ヽ.   セーヌ川やパリ近郊だけだお……
    // /nヽ l |, -‐<`' 、     ,_、゙ィ 、  l
    | | | | | l∠、 __j <ヽ` ̄`<_ト、_) 、ノ
    l 〉ヽy'   |   |  \`丶、 _ ,ハ\r\
    y'^y'     |   |     \    /  \.ヽrュ__
  r彳 /     l  r──‐┐ \_,/ r‐---Y〉ー- `ト 、
.  |Fl_r', -‐  - 、j  /l__r‐ュ_j  │  | l、_rュ_j─-  h  !
  || / / ,. -- 、 |,ノ |    |    |  |│  ト--‐ j.l  |
  l| Ll∠ -‐'⌒、j    ー──'     |  └─ーヘ7ー'´ノ ,/
  | |〈 l ││ |,〉、         ノ       ト、二/
.  ヽl ヽ、_l__,l、_ノ、__)───── イ--------イ
   |_|__|_| |─┬r────‐r‐┼--------h
    `匸.| |O__j |         ! ノ       ||
       | |___lj         j'´         リ
       | |ー─'       ハ       l |
       | ト、  l  ノ    / 〈 ヽ   ,  ノ   〉
       | | l`ー─'ー---イ  〈`ー`ー--'ー‐イ
       | | l ,ニ -- ‐ ─'ノ  ヽ --─ '´,ノ ゝ、
      │.|〈 ,.∠テ=モ<´ 〉  │   _//ンーヘ、
      │.| ハ、_二__)Y    ヽ、__,∠_ー'ー‐-'ノ
      l__l `ー------‐'           `^^^ ̄

ロベスピエールは家人とともに外に出る時はフランス座観劇を見たり、ピクニックをした。

797 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:21:38 ID:KMAvjRcU [99/130]


        / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \
    / ( ○)}liil{(○)  \.  ま、待つお!
    |    (__人__)    |   街中で必殺技を使っちゃ駄目だお!
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ ''"ヽi、  をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/


           ,へ、      /.ヘ
         /i. l::>-yr ‐ <::/:. !l
         !、_ィ(、_,.イ ト、,__ノ::::\7:l
           /::/iJ/  \/iJハ:::::`(
         |::::ゝf‐、    、ー :::::::} 絶・天狼抜刀牙!
          |:: {_,ニ´、___   l    :ハ
            ',   }.,__,-、ノ    ノ:::l、
          \ト辷iV _. -‐ニ_  ::::l、
           └r-イ   ヽ  `^ ニ:l
 ヽニー-、        /::ニ     `    ニ:::l、
  ヽヽ::::::ミヽ     ノ::::ニ ヽ       ノ ヽl
   \ー-、ミヽ_, -‐ニi::::ニ  \     '    }
     `ーへ´:::::::::::::l:::ニ        '     ノ
      /::::::::::::::::::::l:::ニ      i ヽ  ,イ
     /:::::::: /  ヽ, l:ニ `ー-ニ´    `/ :|
    /::::ニ  ノ^Tー、_ l:    ヽ __,-r く  {
    /:   /r‐┘  入 ‐、   \ l、`  l
   ノ -ァ ´ ノ ァ‐-‐ ´  `ー-、  、 \l.   l
 / / _-┘ノ         `ー-、 `ト、  l、
ノ   /  ^ー ´            l  ヽl、  l
`^´                 ノ    l l、  l、
                   ム_/_ノ┘ l、  l、
                         l、 、、ー、、
                         ヽ、_)┴' ′


一人で出かける時は、愛犬のブラウンを連れて、スケッチブックと
一袋のオレンジを片手に散歩をするのだが――

798 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:22:45 ID:KMAvjRcU [100/130]
          _,..-――――‐--、_
        /            `゙"ヽ、
        /                 `ヽ、
      _ {,-☆‐-、._/l !_    、ヾヽ,-'`゙"' ヽ,,
      |  `{:.:。:.:.:゚:.,l-ノ、||   ̄` ,' ==ヽ i /"'、ヾ,
      `/ ゝ:.:.:.:.:.:{○○     ゝ.==ノ/、、ヾ `,_
     l´  〈_`ー='ー-,-,―- ,_  ` ー'´ヾ   /--,
     ヽ',  | :l.l | |  ,_|::||:;|   ̄`ヽ、_ゝ―- '"´‐-、/
      ヽ ,' ::|:|::|;|    ̄`    ‐-、 ゙i::l':.,、 /    |
       `,' :::i_l:/  _         ヽ:|::}::/| ヽ- '
       / ::〃、|. '´ ̄`ヽ   ,.._   `/::/::|-'´
      i ::::::ゝ、:|    ,. _ '   `ヽ ./-、::::|
      ,' ::::::::::::::ゝ,    l  ` ,     / ノ/::: |  まいんも遊ぶよ~
      | ::::::::::::::::::::>、 `ー '    ,..:'-‐'::::::: |
      | :::::::/`ヽ,、=、`"'ー-― '"´:::::::::::::::::: |
     ,-―'´ i`ヽ/ー'゙ヽヾi//´ ̄l::::::,-‐、::::::::: |
     l    ヽ ゝ = } ===,-,| |´   ヽ:::::: |
    ○ ノ `ヾ、ノゝ-'     | || | ./   `|:: |
    ,'-―、 /`ヽ|_,-―-==、_`´ |/    , ,':: |





      / ̄>く\
    / ─    ─ \
    |   (〇)  (〇) |
    |  > (__人__)< |      ロリコンとか駄目だろはやく逮捕しろ
    \iiii  u` ⌒´ /
    /        \

時折、宿の子供たちとも一緒になり、シャンゼリゼを散歩した後は、
ブラウンとともに彼らの遊びに加わってやったりもした。

799 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:24:20 ID:KMAvjRcU [101/130]

         ____
       /      \
      /  ⌒  ⌒ \           細い金色の髪の隙間から覗く尖った耳を見つめながら……、
    /    (●)  (●) \         才人の頭の中で感想の三文字がスパークする。
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __   で け え。
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /   そう、これはいうならば……。
    (⌒\     / ゼロの/    /    胸 革 命だ。
    i\  \  ,(つ使い魔/   ⊂)    それはまさに……、胸のサイズの革命であった。
    .|  \   y(つ    /,__⊆)

下宿の家族と一緒に食堂で夕食を取った後、ジャコバン・クラブへ出かけない時には、
ロベスピエールはしばしば子供たちにコルネイユ、ヴォルテール、ルソーなどを読んで聞かせた。

800 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:25:33 ID:KMAvjRcU [102/130]

       ____
    //   \\       デムーランの結婚が近いらしいお……
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \     めでたいことだお……
 |     'ー三-'     |
 \              /     やる夫もいつか……

下宿先の移転はロベスピエールの生き方に変化をもたらした。
家族の温もりを感じるようになったことは、孤独癖を薄れさせ、
異郷での精神の安定につながったのである。

801 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:26:18 ID:KMAvjRcU [103/130]

          ___ _
       . /  >‐-、\       革命は終わったぁ?
     . /~ヾ, j|  。 } \      そんなのやる夫は信じないお!
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,    革命は終わっていないし、何度でも甦るお!
     ./ ヾ≦'(_人__)      .\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こうした平穏な環境の中でロベスピエールは反動に対して戦っていった。
残りわずかな立憲国民議会を前にし、彼はジャコバン・クラブの建て直しと、
議会での民主派の代弁者として友のペティヨンととも尽力し、不休の活動を行う。

802 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:27:39 ID:KMAvjRcU [104/130]

――1791年9月30日

そして議会が解散した9月30日、傍聴席の民衆は自分たちの唯一の
代弁者であるロベスピエールとペティヨンを褒め讃え――

┏━━━┓              ┃┃┃
┃      ┃              ┃┃┃
        ┃  ━━━━━  ┃┃┃
      ━┛           ・ .・ .・

      \\                                         //
        \\   自由万歳!                      ペティヨン万歳! //
          \\             やる夫万歳!               //

       _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
     ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
     (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
    _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
  (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
   |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |     |   |
   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J
                             ┏━━━┓              ┃┃┃
     清廉の士万歳!                ┃      ┃              ┃┃┃
                  人民の父万歳!           ┃  ━━━━━  ┃┃┃
                                   ━┛           ・ .・ .・


           ,-=;,    +
          {__7!       +      +
          〔_ラレ     +  ,、_,-‐y;   +  ヒャッホーイ!
           `y"l       rヲレへシ'" .___
           iト-ヘ、      (_;フイ ./\  /\.    r;_/iレソ
            l  'ヽ      ル ||/( ⌒) (⌒)\   し ン′
              ヽ   ヽ     レ' ||!::::⌒(__人__)⌒::::\ 人_フ
             V  ヽ,    |   |.|    |r┬-|     |/ ./
              ヽ   ヽ,  ト = }{i\ .` ー'´   ./ /
               `i 、,  ヽ, }- ルハヽ、ニ__ ーーr'   シ´
                V   `;|   i∨  ̄~7  ン〈___/
                V丶  |   リ >,    ( _/ ,_
                 ヾ  {   ソ レ  ン ;_ン'" ,r" rn ゞミヽ  やる夫万歳!
                  ゝ、ゝ = 〃ソノ__/   / y'"J | \` ヽ
   rn,  やる夫万歳!   rfレ`ー-=-‐''~ ̄   /`7  `、|  ヽ-'ヽ
  rJllル7       rnh;   l´ ´'リ  ,rn     / r'ン==ト、!__  V ヽ
  〉__ソ       ヾヽ``ij'l 〉 /、,ハjjj し'l mhレ'   /f, |リ<レ7,,m〉  |  | やる夫万歳!
  |  {   rfjn   ,;'V _ン',/ //〉r>,、__//リリ ト  〈 }'=‐' ソ 〉トii,_/  j
  .|  i _,-;ゝ_ソ  {' ' 'V V /'ハ~ ' ノヽ ヽ,;ヾ レ'⌒jー'-ン Λ'ー'~ヽ,  /
    ! V;;;ゞ''~ ̄ヽ_〉_j,;|  ヽ/レ_>' ラ';;/;-‐-{〉⌒|!    / /     〉"
   }  V       }リ レヽ  ヽ彡';,、-l ・ ・ ゜j、=ヾヽ / / `` _,‐'"
   Y´~j!_    ji!_,-' ヾ,ヽ,=''`ヽ,;;; ;,トー-‐'j リヽ,;'_>' ,/ ‐= |
   .{   `ー=''" 、、 」、|/~`ヽ,;;;:;.〉、__,,ソ 〉‐''‐、. /   彡 |
    ヾ ``_  _  〃レ' jトヽ  ''"7~~ ̄ ~^'く   リ  - =' ‐ {
     V ~^ ̄ //,├'"   V/        、、ン'k  =-‐ ''j
     }      / |     Y         〃,;'{ニ二 jニi ̄]

彼らを椅子に乗せて市内を担ぎまわったのであった。

803 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:28:21 ID:KMAvjRcU [105/130]

         . -―- .
       /       ヽ
      //         ',
      | { _____  |
   (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
   ヽ、二ニ ⌒ 二ニ ⌒ 二. -r‐''′
     / (●)  (●)   \
     |_⌒(__人__)⌒    |   とりあえず、一休みだお……
    / へ\ |r┬-/     /
    / ヘ\>) `ー'´     ヽ   応援してくれたみんなに報告もしないといけないお。
   / \レ/J          |

翌10月、ロベスピエールは凱旋旅行のような形でアラスへと帰郷した。

804 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:29:05 ID:KMAvjRcU [106/130]

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::___| ̄|__:::__| ̄|__:::::______:::::::::__::::::::__:::::::::::::::::__::::::::::::::::__::::::::__:::::/\:::::::::::::::::::::::::::
:::::|___  .__|::|__  ._  |::::|__   .__|:::::::::|  |:::::::|  | ___|  |__:::_|. |__|  |_\  \:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::/  .|:::::::::::::::/ /::::|. |::::::::::::|.  |:::::::::::::::::|  |:::::::|  |:::|___   __|::|_.  __  __|:::\  `゙''ー-、_:::::
:::::::::::/    .|:::::::::::::/ /:::::::| . |::::::::::└ゥ |:::::::::::::::::|_|:::::::|  |::::::::::::::::|.  |:::::::::::::::|_|:::::|  .|::::::::::::::::|  |`'ー-、_|::::
:::::/  /|  |:::::::::::/ /:::::::::| . |::::::::::::厂. |:::::::::::::::::::::::::::::丿 . |::::::::::::::::|.  |::::::::::::::::::::::::::::|  .|::::::::::::::::|  |:::::::::::::::::::
∠_/:::::|  |:::::::::/ /:::::::::::| . |::__|  .|___:::::::_/  丿:::::::__ノ . ノ::::::::::::::::::__ノ. . /:::::::::::::::::|  |:::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::|_|::::::/___/::::::::::::|_|:|_______|::::::|__/:::::::::::|___/::::::::::::::::::::|____/:::::::::::::::::::|_|:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

市はイリュミネーションで彼に敬意を表したが、これを催したのは支持層であった職人や農民たちであり、
市当局はこれに参加せず、ブルジョワである聖職者と貴族たちは敵対的であることを隠さなかった。

805 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:30:06 ID:KMAvjRcU [107/130]

      / ̄ ̄ ̄ \
    /  ―   ― ヽ
   /  ( ●)  (●) ヽ
   |     (__人__)   |    ブルジョワどもは別として、市民はやる夫の味方だお。
   γ ̄ ̄ ̄/ー/ ̄/
  / ̄  ̄ /)\ | < ヽヽ   さて、今度は教会財産の売却が進んでいるか確かめに行くお!
  |  |   j  )' y/^) i |
  ヽ  ヽ/ヽノ| ハ| ヽニ、 |
   ヽ   /o |l || o\_ノ
   |  ̄     |l ||   |
   |     o |ヽノ| o  |
   |     |=Li|   |
   |     |/^||   |
   ノ___ノ| /::|___|
      |:: ::::::|/:::: /
      |:: :::::j::::::/

市で行われた熱狂的な歓迎は、革命と、彼自身の役割を再確認させたが――

806 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:31:06 ID:KMAvjRcU [108/130]

         ,. ―― 、
       ∠ 三三二 Y ヽ
        /.// ⌒¨  ̄`ヽ川
      {.//r ニ、  rニ 、l l.}
      l YV 二ヽ r 二`Y }
        V ゝ,__ノ ^ゝ,__ノ| l  はいはい。
       |  r',,,,^‐^,,,,ヽ レ   お集まりの愚民の皆さん。
        >  ゝニニフ ノ    これから神の奇跡が起きるんですよね。
    _..-‐/ | \__,.__/l\_   注目ね。注目ね。
''" ̄  /  イ、_/^>  /  l "''‐- .._
    |  / |  〉<\/   |      7、

807 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:33:05 ID:KMAvjRcU [109/130]

      ∧,,∧
.     (`・ω・´) 奇跡でチャーハン作るよ!
     m9  o
     しー-J   (~() □ ∧
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



      ∧,,∧    ファサァ
     (;`・ω・)       ))
      /つ( ̄`O_ノ⌒ヽ
     しー-J)       \))
         ヽ ::   ノ:::: )
         丿       ,:' ))
       (( (__,.--''"´``'‐'

808 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:34:04 ID:KMAvjRcU [110/130]


           耳が
           でっかくなっちゃった

                  /゙゙゙゙゙゙゙゙゙\
                 / 彡彡彡フス丶
            `/⌒\ミ| ⌒  ⌒ | |
            (  (⌒.V ( ・ Y ・ ). V
            丶.丶(_|   )    )
            (\_人   __) /
      ∧,,∧   \_⊃.\ 丶ノ /_
   ⌒ヽ(;`・ω・)  .| |_/ <T∞T> ((( |
     ⊂  ⊂ )    .\___/ |.V |. ⊂_ノ
   ノ:::;ノしー-J        | |.  |  |/
    ,:'        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   '‐'           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                  /゙゙゙゙゙゙゙゙゙\
                 / 彡彡彡フス丶
            `/⌒\ミ| ⌒  ⌒ | |
            (  (⌒.V ( ・ Y ・ ). V
            丶.丶(_|   )    )
            (\_人   __) /
      ∧,,∧   \_⊃.\ 丶ノ /_
      (´・ω・`)   .| |_/ <T∞T> ((( |
      |∪ ∪    \___/ |.V |. ⊂_ノ
       しー-J         | |.  |  |/
             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

809 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:35:05 ID:KMAvjRcU [111/130]

            {    !             }
    ィ彡三ミヽ   `ヽ             ,r'´  ,r'ミ三ミミ
    彡'⌒ヾミヽ    `ー、             ,ッ
         ヾ、                  ,―ー´
  _       `ー―、    ____             ,r'ミミ三ミ_
彡三ミミヽ             /      \    、_    、ッ   `ミ_
彡'   ヾ、    _ノ    /  ::\:::/::  \      `ー´
      `ー '       /   <○>::::::<○>  \  、__  ,r'ミニ三ミ_ミ、
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ   |      (__人__)    |      ̄´       `ミ_
彡'      ` ̄       \     ` ⌒´     /
                /              \

滞在中に出かけた農村の教会で行われた奇跡のペテンは、ロベスピエールを
より頑強な反カトリック教会へと決意させるものであり、これが生涯最後のアラス帰郷となった。

810 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:36:09 ID:KMAvjRcU [112/130]

――1791年11月28日

         ___
       /     \
      /   \ , , /\     革命の真の敵はブルジョワなんかじゃないお!
    /.  ( ○)}liil{(○) \
     |   :::::⌒(__人__)⌒::::::|    最も恐るべきは国外に亡命した貴族!
      \      |!!il|!|!l|  ,/
.       , -‐ (_)ヽ|!!il|!|!l|   ィヽ   そして……国内で無辜なる農民を
      l_j_j_j と) |ェェェェ|     i   反革命へと扇動する聖職者なのだお!
       ̄`ヽ        | l

故郷で実際に目にした出来事に対する考えは、パリに帰ったロベスピエールの言葉となって現れた。

811 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:37:20 ID:KMAvjRcU [113/130]

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ◎)三(◎)\ fつuu    ブルジョワを刺激して無駄な
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |     敵を作り出すのは得策じゃないお……!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿.   革命の推進を妨げる一番の敵は、
  /(⌒)        / ̄ ̄´       革命を認めない聖職者どもだお!
 / /       /

神への信仰は認めるが、教会の威光を傘にして、民衆を惑わす聖職者の存在こそ、
亡命した貴族と結びついて革命を打ち倒そうとする旧体制の怪物に見えたのであった。

812 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:38:11 ID:KMAvjRcU [114/130]

                 __
               ,,.-´    ``ヽ
             /          \
           /    __ノ  '⌒  ヽ
            |    ( ● )  (● ) .|        ――と、ここから先は、ロベスピエールが表に出てくる頃で、
       /,〉/.|      (__人__)  |\      本編の二重説明になるから、そろそろ終わりにするお。
      / /   .\         /  .\
    ./,二ニヽ   / `ー───ー′ヽ   .\   ま、何なんで、最後に、一人の人間としてのやる夫を紹介するお!
  _ /  ,-― 、}l   .l |  ∧   .∧   |   ./
 / |   ノーヘJ   i l  .| .i   .l ..|   / ./丶
./  |_,イ  {  \ | . | /  ヽ_/ .| / /   ハ
    \_/     | | /   /::::亅 |//   / |

813 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:39:27 ID:KMAvjRcU [115/130]

       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。     まず、やる夫の生活は大変質素だお。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +   贅沢は好まないし、普段着は数着だけ。
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \     少量のパン、果物、ワインで腹八分目を心がけて、
  |     |r┬-|     |     わずかな贅沢は食後のコーヒーを飲むだけなんだお。
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +
  /          |                ,‐――、
 (_⌒) ・    ・ ||_____________  .|`ー-‐‐´|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|      、  「ニ|      |
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡 γ┴ヽ i L|    |
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’ ゝ_ノ.   ̄''──┘
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|


                   ____
                /       \
               /  ─    ─ \
             /    (●)  (●) \
             |       (__人__)
             \            /   派手なことは嫌いだし、いつも慎みと簡素を
              _rl`       /////    ともなった生活をしていたせいなのかお、
..              /\\    ////゙l゙l     周りのみんなはやる夫にとっつきにくい
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|    イメージを持たれていたお。
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、

814 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:40:19 ID:KMAvjRcU [116/130]

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   そりゃそうだろ。
 |    ( ●)(●)  お前は普段の外見は冷徹な感じのする、
. |     (__人__)  厳格な品性と良心の塊なんだからな。
  |     ` ⌒´ノ  俺の手紙にも
.  |         }   『やる夫はいつも限りなき自尊心を持っているお!』
.  ヽ        }   なんて書いているし、そのまんまのイメージだよ。
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´
  ビュイサール
ロベスピエールのアラスの友人。


                                   ____
                                  /     \
                        iニーヽ    /─  ─   \
                       iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
                         ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
 な……いきなり割り込まれたお?           ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                               '、_ \       )
                                 \ \ / /|
                                  |\ ヽ /  |

815 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:41:16 ID:KMAvjRcU [117/130]

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \     それになぁ……
  |    ( ●)(●)   顔は良くても、不眠不休が表情に
  |     (__人__)    出るようになったらおしまいだろう。
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }    
  /ヽ   / _ノ }     たまに痙攣が走る上に、眼精疲労を抑える
 ( ヽ  /  / ノ     緑色の眼鏡までかけている。
  ヽ “  /_|  |    近寄りがたいだろう。常識的に考えて・・・
   \__/__ /

816 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:42:08 ID:KMAvjRcU [118/130]

        ____
     ; /ノ}liiliil{ヽ\;
   ; /( ○)  (○)\ ;       ┌───────────────────┐
  , /:::::::::::(__人__)::::::::: \;     │  若いくせに青ざめて、皺が刻まれてた顔 ..│
  ; | :::::::::::  |r┬-|  :::::::::: |,       └───────────────────┘
  ′\      `ー'ォ    /´


       ____
     /   ノ( \                                \_人人人/
   /  _ノ  ヽ、_ \     ┌──────────────┐    ) ビキッ (
  / ノ( <○>::::<○> \   │  たまに痙攣が走る上に―― ..│    /^Y^Y^Y^\
  |  ⌒ (__人__) ノ( |.  └──────────────┘
  \     ` ⌒´   ⌒/
                       \_人人人/
                        ) ビキッ (
                       /^Y^Y^Y^\

817 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:43:21 ID:KMAvjRcU [119/130]
   
        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
       /: : :             \
     /..::  _  :::::::  ..:::__ :::.\
   / ..::.../;;;,,,"ヽ:::::l  l./;;;;,,"ヽ::.: \
  / --‐‐"l;;;;;;;",,;;;;;;l===l;;;;;;;,,,,, ;;;;l‐--.\
  l  --‐‐"ヽ;;;;;;;;;;;_/ ::l  ヽ;;;;;;;;;;_/'ー― l  ┌─────────────────────┐
  |          ̄ ̄:: ..:l  ::   ̄ ̄   .::  | │  眼精疲労を抑える緑色の眼鏡までかけている  │
  l  : : ::.    r'"..::..::.."ヽ      .::  l  └─────────────────────┘
  \ : : : ::::...  ..::`ーニ ニ-'::..   ..:::: /
   \.::: :::...    ____    ..::: /
   /    : .;:rT_|__|__|_Tヽ, .:::: \
  /: :      ''" ̄.............. ̄"'' :::    \
/   : : : : . : : . :                \

818 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:44:08 ID:KMAvjRcU [120/130]

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |  どうだ?
. |  (__人__)  |  近寄りがたいだろう。常識的に考えて・・・
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

819 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:45:06 ID:KMAvjRcU [121/130]

  |王|  ┴ ソ  十/  | |   | | _丿  何を言っているんだお!
 ニ|ニ|ニ  二 王  /レ、  レ |  | | \   やる夫は公式の場じゃ、清潔な服装で
 ノ ヽ   口 我  Vン   ノ  ・・   )  身なりをきちんと整えていたお!
                      ヽ
           ____       )  だから、いつも演説には女の子が一杯だったお!
        /  \  丿\     `v'⌒ヽ/⌒ヽ/      ,. ‐- .. _
       /  ( ●)  (●)                  /  __  `` ー- 、
     /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ              , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     |       |r┬-|   |            _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉  
     \        `ー'´  /ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"
/  {  ヽ |  〉  /__  t     ,. -‐ ' ´
  |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /
  |   `!//           /

820 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:46:06 ID:KMAvjRcU [122/130]

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)   そりゃ、お前が独身だからだ。
     . |     (__人__)    女は清潔な男が独身というだけで、
       |     ` ⌒´ノ    一種の期待感を持って政治に期待してくれる。
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }    でもな、お前は恐怖政治の中でも革命前の
       ゝ  ノ    ノ     スタイルを維持し続けるのは如何なもんかと思うぜ。
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

821 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:47:04 ID:KMAvjRcU [123/130]

       . -‐ ''  ̄ ̄ ‐- .
      /:..         . : .:::ヽ
.   , ':.:. :.         . : .:.:::::ヽ
   /::.:.:. .     , ⌒ ー- .__,;.-‐、',
.  ,'::.::.:.. :     :           ヽ:!
  i:::.:.:._,.-、,,   }     \     /  \:t
 _レ'´... _ゝ'__,. /  ( (;;;;;) ) ((;;;;;) )ヽ:::}
. {::.:._,.-'´'´ ゝ;/               |:::ヘ
. 冫{´:.. ._;.イt:冫     (___人___,)   |:::::ノ
/:::`ーァ{:.ヽ` }       `ー ´    /^´
ヽ:__;ノ !:.:.:.:「             ./   この格好のどこが悪いんだお!
    ,j:.:.:.:rl\          /     マクシミリアン・『ド』・ロベスピエールは
   彡気/`ヽ、`ヽ      ´´/      だらしない服装は嫌いだし、
  彡イハ/: : : : : 丶 ` ー- ..__,,.ィ       ださださな赤帽子なんてかぶりたくないお!
. 〈/幺//: : : : : : : : :`丶、._  {,ハ
  `ヽУ: : : : : : : : : : : : : :  ̄VY戈ー:、
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ气 ヽミヘ
,/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V衣,〉ー}7
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V巛Y/ミ{

ロベスピエールは半ズボン(キュロット)と上着を着け、かつらを被り、髪に髪粉を降り、
カフスと胸飾りをつけるなど、ブルジョワのしきたりを守っているほとんど唯一の議員だった。
この姿勢は『ド』を付けることは、貴族の称号を廃止する法令に署名した時でさえも
止めようとしなかったことからわかるように、その性質はブルジョワで貴族的であった。

822 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:48:04 ID:KMAvjRcU [124/130]

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ       クライフ曰く『美しく死ね』
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫   だが、お前はそうあるべきところを履き違えていた。
    |     `⌒´ノ ∬    とにかく神経質で、取るに足らない小者の言葉にもすぐに動かされる。
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)   細い神経と強い猜疑心を隠そうともしないお前は、
____/      イー┘ |    すぐに感情を害され、それだけじゃなく、害した側の感情も害した。
| |  /  /     ___/    イラ管じゃないんだからさ、もっと自制しろよ。
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



                , -‐- 、       ____
                  /     :.    /       \
               '       : /  \   /  \     やる夫はイラ管じゃないお!
                  |       }   (○) (○)  \   やる夫は自分を客観的に
            , --‐‐ヘ:.     .:}  ⌒(__人__)⌒    l   見ることが出来るんだお!
          __/      ヽ::.   .:::ハ   |il!il!il|    /
       /        |.:\ .:.:://∧   |ェェェェ|    ァ ト、   あんな男とは違うんです!
      __/  、     ∨::;::::::::〈             / i |  ヽ
     /     ヽ     ∨:/.:::::::\ ∧  x个x'^ヽ.j j|  i
.   〈  ヽ   ヽ.      ∨.::::::::::::::)ー=彡' |  \フ ゝ、   !

823 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:49:05 ID:KMAvjRcU [125/130]

       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ    それだよ……
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |       お前は原則という主義を逸脱することを嫌い、
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫      汚いことや曲がったことを嫌う――まさに清廉の士だ。
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\      なんだお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |    いきなり褒めても、何も出ないお!
  \      `ー'´     /

824 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:50:10 ID:KMAvjRcU [126/130]

               /7
                 //
             //
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/     だが、同時に野心家だ。
  l    (__人_,//l      国王や独裁者は支配するための権力を求めるが、
.  |    `⌒// ノ      お前は宗教的な指導するために権力を求める。
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/       しかも、その野心は厄介なことに他の犠牲以上に
    / と'_{'´ヽ       自己犠牲を厭わない殉教者の思想を持っている。
    /  _.、__〉 ト,       その独善性についていける人間は、そうそういない。
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|

825 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:51:44 ID:KMAvjRcU [127/130]

                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\      お前は最終的に反革命的な人間だけじゃなく、
                |  (●)(●) |     共和主義ではない貴族の将軍や敗れた将軍を
.                |  (__人__) .|     革命裁判所で裁くことに賛成した。
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }      そこにはお前の軍人嫌いもあるんだろうが、
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、  それ以上に優先されたのは狂信的な徳の信仰だ。
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´



       __
      / ./}\
    / ,r'"/  .\
   ハ / / ヽ、 /"i
  .ソ ノ / / (●/ ..,ィ´     それは、お前が忌み嫌っていた死刑を肯定し、
  |  レ'   '- '~  /..|_      『裏切り者に対する粛清』を目指したプレリアール法を
  l        t".,.-┘.)     提案したのが何よりの証拠だ……。
.  ',        、-ーr'、
   .\       ゛''´.ノ
    )      /`´
    /     /ヽ
  . /    /  │

826 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:52:56 ID:KMAvjRcU [128/130]

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |
     r‐-、    .   |    お前自身は、その達成すべき責務に真剣な思いを抱いていた。
     (三))   .   |    そして、その目的を達成するために――
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /     『嫌悪する手段を肯定せざるを得ない』
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )    ――という自己犠牲の冠を抱いた独善的な結論にさえ達した……。
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|



        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |    だが、それによりお前は、
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |    政治的な言い訳を用意する時点でクロムウェルを超え――
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /     徳を言い訳としないことでカルヴァンよりも苛烈な――
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)    政治と信仰の罪を両立させた指導者となってしまった……
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|

827 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:53:59 ID:KMAvjRcU [129/130]

   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \       なあ……
. ( ●)( ●)   |     みんなに聞くぜ……
 |(人__)       |
  | ⌒ ´      |     ロベスピエールは絶対悪か?
.  |        |     ロベスピエールは独裁者か?
.  ヽ      /     ロベスピエールは弁護されるべき人間か?
   ヽ     /      ロベスピエールは不当な扱いを受けた人間か?
   .>    <
   |     |       ロベスピエールは……民衆の味方か?
    |     |

828 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/09/23(木) 21:54:43 ID:KMAvjRcU [130/130]
       ::                .|ミ|
       ::                .|ミ|
        ::               .|ミ|           ::::::::
         :::::     ____ |ミ|          ::::
           :: ,. -'"´      `¨ー 、       ::
   ::        /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、    ::
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 ::
   ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、
   ::   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>         ヽ
   ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ
  ::   / .<_ ノ''"       ヽ               i
  ::   /    i   人_   ノ              .l
  ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了               /
    i       じエ='='='" ',              / ::
    ',       (___,,..----U             / ::
     ヽ、         __,,.. --------------i-'"  ::
      ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::   やる夫で学ぶ革命の志士~ロベスピエール後編~
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::
          /                      ヽ ::              ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /                     ヽ::            d⌒) ./| _ノ  __ノ

829 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 22:03:54 ID:NnN5MOZQ


主観的な善人というのは度し難い、という話ですかね。
こーゆー人間が政治的野心と権力を持つとどうなるか、とも。

厳しいこというと、生涯野党でいられたら、賞賛される人生になったかもしれない。
まあ本人は不本意だろうし、この時代にそれはギロチン送りを意味するが。

830 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 22:09:43 ID:ZQzLonAM
乙でした

まあ、死後に感謝や尊敬を受ければよいと主張する人は大概周りから孤立して暴走しますよねえ。
遠まわしに今生きてる人間は相手にしないと言ってるようなもんですし。

831 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 22:33:39 ID:Gf4FuDA.
乙でした
生真面目な学級委員長がそのまま大人になったような感じでしょうか

832 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 23:07:00 ID:GaTn7zyw
乙でした「正義」と「善意」が一番怖いんですよね…

833 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:09:56 ID:N5dzmdso
遅ればせながら乙
まあ「正義」と「善意」はあらゆる悪徳とされている行為を躊躇わせず実行に移させますからね。
基準となる正義自体が揺れ動く時代においては、ぽっぽ並にブレにブレまくってしまったが
もっと安定した時代なら誠意を尽くすいい弁護士として生涯を終えれてたような希ガス。

834 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 00:19:47 ID:ddi7rtII
でも今日本に必要なのって
ロベスピエールみたいな人だと思うんだ。
共和制にはしてほしくないけど

835 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 00:22:22 ID:77G15ERw
>>834
いやぁ、ロベスピエールはちょっと極端すぎるかと。
あぁいう劇薬型はキツイと……。

836 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 00:56:17 ID:IJnxwiaM
現状のていたらくを見ていると、原理原則に拘る人がほしいという気持ちもわからなくもない。

…で、危機が過ぎたら「あんな杓子定規なヤツじゃ世の中息が詰まる!」と不平不満を抱いて反対派に鞍替えっと。

837 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 01:00:07 ID:TwPe6zPk
むしろタレーランがほしい。

838 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 06:54:45 ID:jg5UDdcs
>>836
白河の清きに…って奴っすかね

839 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 19:24:55 ID:QxH0rzfQ
フランス史ではリシュリューこそ唯一最高。革命期の人物?プッ

840 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 20:48:32 ID:EfXGyNzw
絶対王政の専制下の政治家とはそもそも次元が違う話だ。

841 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/10/03(日) 22:24:07 ID:ClkRomKw [1/7]
     _____
   /::::::::::::::::::::::::::::\
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |ノ ̄`ー'´ ̄ ̄ヽ、|  オイーッス!
   |   ⌒   ⌒   |  ボクコッシー。
   |  (・)  (・)   .|
   |     ●      |  一週間>>1が書き込みが
   |   叉_ノ     |  出来なかったことの説明をするっス。
   |             |
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   |                |
  人_______ノ
     |  |     |  |
     |  |     |  |
     |  |     |  |
     |  |     |  |
    ゙ー'      .゙ー'

842 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/10/03(日) 22:24:47 ID:ClkRomKw [2/7]
   _へ ._  ,__
  ,ゞ、o´) γ  ヽγ- ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  _
  ~´(_)ゞ) /    ./         γ'  ヽ
   ゝ、__/    /           !  .|
      ゝ、__ノ           i  ノ
         i  ━┛   ┗━ i ̄    サ、サボさんの右目が疼く……!
         |   ゝ◯ノ o ゝ・ノ !     し、沈まれ……サボさんの邪気眼!
         |      ∀       |
    _.     |________|    /⌒`l
   γいヽ  ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ /  /_
  (::::.!   ∨{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}/  /:::;)
  ゞ:i   ∨  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∨   / ̄
    ゞ    ∨                 /  /
    ∧__ {              入__/
          >>1の代役のサボさん

843 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/10/03(日) 22:25:16 ID:ClkRomKw [3/7]
     _____
   /::::::::::::::::::::::::::::\
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |ノ ̄`ー'´ ̄ ̄ヽ、| うおっまぶし!
   | -―- 、__,    |
   | '叨¨ヽ   `ー- | と、こんな感じで邪気眼が発動した
   | ` ー   /叨¨) | 右目の痛みに>>1は苦しめられて、
   |  `ヽ.___      | ようやく落ち着いたのは木曜日に
   |.    `ニ´       | なっていたっス。
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   |                |
  人_______ノ
     |  |     |  |
     |  |     |  |
     |  |     |  |
     |  |     |  |
    ゙ー'      .゙ー'

844 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/10/03(日) 22:25:33 ID:ClkRomKw [4/7]
     _____
   /::::::::::::::::::::::::::::\
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  しかし、みんな、ロベスピエールが嫌いなんっスかね?
   |ノ ̄`ー'´ ̄ ̄ヽ、|
   |   ⌒   ⌒:::::::::|  ルイ16世は良き啓蒙君主だったっスけど、
   |   (・)}illi{(・):::::::::|  ロベスピエールが反対していた戦争を望んでいたっスよ。
   |     ●   :::::::|  フランスの国益を損なっても、王権を守るためにね……
   |   叉_ノ  :::::::|
   |          ...::::::::|  ロベスピエールも、戦争さえなければ過激なことを
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  必要以上に求めない一議員で終わっていたのに、
   |                | 混乱した国の政治に関わったせいで、後世に悪名を残したっス……
  人_______ノ
     |  |     |  |   ちょっと可哀想っスね……
     |  |     |  |
     |  |     |  |
     |  |     |  |
    ゙ー'      .゙ー'

845 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/10/03(日) 22:26:08 ID:ClkRomKw [5/7]
    ,ゞ、o´):ヽγ::ヽ
    ~´(_)ゞ):::/  ̄ ̄'γ'ヽ
       ゞ、|     ゞ;;シ_    だけどなコッシー。
        | __,  ,_  |γ _ヽ
        |(・)o(・ ). /  (:::::;)  「一五〇通の最後の手紙-フランス革命の断頭台から」
      _  |__▽___/   ノ
    γいヽノ::::::::::::::::::::ヽ_ノ    の作者はそんな同情の声に対して――
   (:::.!   !  ̄ ̄ ̄ ̄ /
    ゞi   i      /
     ゞ ノ      ヽ

846 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/10/03(日) 22:26:23 ID:ClkRomKw [6/7]

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;仆''从,,、::::ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;''/'''从"''从    |;;;;;;/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;/;;''''/''''''仆           |;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳"从''''         i ヘ    ,,,,,, |;;|、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡           ,, ノ  \,,;;;;''''''''''' } }
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〃         ,,,,,,;;;;'''''/    / _,,!、´| }
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡    ,,,,,,,;;;;;;,;;'''''        ヘ=・― ,' |ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳    ,;;'' r ― '' _了 ゝ    ヽ、` ‐   }
、ヽ、;;;;;;;;;彡     '  ´-==・-‐'        `ヽ,   }  ロベスピエールに同情の余地がある……
 iヽ '''';;;                         |   |
、 ` !!、                          / ̄/´   |  私は決してそうは思わないがな……
ヽ 、ヽ、i                    ` へ !´  、 |,,
 ヽ \ て        _,,,,, -''''           /`/: '',,
   \ \从       !ヽ'''――ー - ー ―ー-‐τ /: : : : ' ,,
" 〃 ヽ \ 从     ヽ,''‐、-‐- -‐ー-‐''フ´/ノ ./: : :    {
 " "〃 ヽ  、 从     ヽ 、` ''' ー ‐ ´_ノ  r'、: : , 〃 = ´ .
"',   〃  \ \.  !、= - 、   ` ""  ̄   /= {} }  "  { \ .
             ヽ  仆ヽヽヽ、    r 'ヘ  ノ=ノノ }
          ヽ i 从ヽヽヽヽ _/ rヽ=´ノi i ノ
           オリヴィエ・ブラン(1951年 - 存命)

847 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/10/03(日) 22:27:40 ID:ClkRomKw [7/7]

   _へ ._  ,__
  ,ゞ、o´) γ  ヽγ- ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  _
  ~´(_)ゞ) /    ./         γ'  ヽ
   ゝ、__/    /           !  .|     ――と語っているぞ。
      ゝ、__ノ           i  ノ
         i  ━┛   ┗━ i ̄       ま、人間の見方はそれぞれだ。
         |  ゝ・ノ o ゝ・ノ  !        ミシュレからルフェーヴルまで続く
         |      ∀       |        フランスの歴史家の擁護がなければ、
    _.     |________|    /⌒`l  ロベスピエールは同情すら生まれなかった
   γいヽ  ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ /  /_  というのが現状なのも確かだけどな。
  (::::.!   ∨{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}/  /:::;)
  ゞ:i   ∨  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∨   / ̄
    ゞ    ∨                 /  /
    ∧__ {              入__/


     _____
   /::::::::::::::::::::::::::::\
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |ノ ̄`ー'´ ̄ ̄ヽ、|   そうなんっスね……
   |  _,ノ    \   |
   |  (・)  (・)   .|   ちなみに、今の日本にはロベスピエールみたいな人は必要ないっス。
   |     ●      |   だって、既にそんなタイプの人たちばかりじゃないっスか。
   |             |   人柄や人気で有権者や政治家はトップを選んでいるっス。
   |     ⌒      |
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  谷垣総裁が嫌われ過ぎっス。
   |                |  いや、凄い有能とは言えないけど、まだ、財政に期待が持てるっスよ。
  人_______ノ
     |  |     |  |   今日はここまでっス。
     |  |     |  |   来週の投下のために>>1は頑張っているから、
     |  |     |  |   みんな、心配しないでね~
     |  |     |  |
    ゙ー'      .゙ー'

850 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 23:12:44 ID:1h1bN/eM
ロベスピエール好きっすよ俺は

851 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 23:15:38 ID:2FuPhqC.
ロベスピエール本人が嫌われてるんじゃなくて、やったことの結果のせいだと思う
やったことの理由も原因も当人に責任はないんだけど

852 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 23:34:49 ID:BYA5zrmM

お大事にだぜ


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する