クリックで開閉

やる夫がフランス革命を生き抜きます 番外編 やる夫で学ぶ革命裁判所~恐怖政治の執行者~

814 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:34:47 ID:HOXBswos [102/156]

            _____
      r'ff77"/////〃〃∠=:、      フ ア ツ ク
.     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l     lニ    l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!    ! U C K
    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l          ユ ー
.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、       ヽ/
    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \      l  O U
.    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._
 _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l
     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   | ぶち殺すぞ………
      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |
       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |  ゴミめら……!
   , --、 |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |
  l;';';';';';}|.    | \    ./   |     | 何だって亡命中の私がこんなくだらない
.  〉-y'´|   _|   \ /    |_    :| マネをしなきゃならないのだ……!
  /7./ .>'' ´ |   / \     | `''‐<
        タレーラン



スポンサードリンク


815 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:35:36 ID:HOXBswos [103/156]

.     l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l
    l   , '⌒゙'''ー-----‐ ''⌒ヽ、  |
    |  /::    ` ー--‐ '´   ヽ、 |
     | ./::    ` ー----‐ ''´   ヽ│   オープンだっ・・・・・・・・!
     | レー- 、.._        _,,. -‐.、.| |
     | | ̄``''‐ .二ll   ll二 -‐''" ̄| |   もうすぐ始まる・・・・・・・・
    r‐、|:: ===。=~   l=。=== | r‐、
.   |l^|.|:: ` ー--‐1::   l ー--‐ ´ |.|、l l  魔を招き入れての
    !l._||:::  ` ー-‐l:::    lー-‐ '   ||ノ,リ     狂宴の舞・・・・・・・・
   ヽ.|!: / , 一' l:::    l ー 、ヽ. |!ノ
    / | /   └‐^ー^‐┘   .ヽ. | ヽ.   外伝の扉が開く・・・・!
   / │.!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | |  ヽ.
‐'''~|.  | |      ー─‐       |   |~`ー-  クククク・・・・
.   !   ト 、 ,.. -─rr─‐rr‐┬- 、, イ.   |
  |.   |r''´        __  ̄,ノ /|   |
  |    l ''  ,r=ニ二「~|    ̄./ .|.    |
  |.   |  ⌒   " | !~`'''‐-,、  .|     |

816 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:36:56 ID:HOXBswos [104/156]

                ...................................
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::::::                        :::::::::::::::
   :::::::::::::::                            :::::::::::::::
  :::::::::::::::     革命裁判所――それは恐怖の象徴     :::::::::::::::
   :::::::::::::::                            :::::::::::::::
     :::::::::::::::                        :::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ...................................


                  ...................................
             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::::::                           :::::::::::::::
   :::::::::::::::                               :::::::::::::::
  :::::::::::::::  革命裁判所――それは自由が持つ最強の武器  :::::::::::::::
   :::::::::::::::                               :::::::::::::::
     :::::::::::::::                           :::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   ...................................




818 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:38:02 ID:HOXBswos [106/156]






.   _______________________________
  |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
  |┃                                              ┃|
  |┃      やる夫で学ぶ革命裁判所~恐怖政治の執行者~      ┃|
  |┃                                              ┃|
  |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




.

819 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:39:05 ID:HOXBswos [107/156]

――1793年3月9日

                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ     国王の処刑後、反革命勢力の力は増すばかりだ!
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',    革命の進行を妨げようとする奴らを国内から
                ';:';ヾトヽ  `r'- 、   |::ト`、    一掃するための機関の設置を私は要求する!
                ヾヽヘ   |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l
                  ロベスピエール


   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i
  |::::::::     \' '/ |
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ     何を馬鹿なことを言うとんねん!
  | |    ┃ノヨョヨコョョi.┃ |      そんなけったいなモノは混乱を招くだけや!
  ∧ |    ┃.ト-r--、| ┃ |     ワシは弁護士として、そんな裁判所を
/\\ヽ  ┃ヽニニニソ┃ ノ      設置することには反対するで!
/  \ \ヽ. ┗━━┛/ \
.    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ  .
ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )
     ヴェルニヨ

1793年初頭、国王の処刑という強硬手段により、ヨーロッパにおいてフランスは孤立無援の危機的な
状態に陥り、秘密裏に列強の支援を受けた反革命派の暗躍が国内において懸念され始めていた。

820 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:40:12 ID:HOXBswos [108/156]

――1793年3月10日

     ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
    ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
    .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
    l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
    l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l   祖国の危機を省みない者は裏切者だ!
    '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
    V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /   名声など私には必要ではない!
     '. ト、i  ヽ.          i ` ' !    フランスの自由のためなら、
    r /'  l   ヽ         l   /    私の名が色あせようとなんだ!
   ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     吸血鬼と呼ばれようとなんだ!
, ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/
  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /        必要とあれば人類の敵の血を吸おうじゃないか!
  .l     \ '.   丶、  __ノ        自由を勝ち取るために戦おう!
  l      \      ̄ ハ、
        ダントン

前日の議論の後、過激派の一味がジャコバン・クラブやコミューンに対して、逮捕されていく
反革命派への対応を自分たちに任せるようにと要求したことを危ぶんだモンターニュ派は、
九月虐殺の再来を恐れるダントンを中心にして、反革命派に対処する機関の設置を強く訴えた。

821 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:41:07 ID:HOXBswos [109/156]

      ./                      \
       /                         ヽ
.     /                八        \
.       |        /V八/| || |ヽ |‐-‐))'´|,|ヽ    ヘ
     |        |`‐- ノ_|/ ヽl |/`‐-/‐'´ | /〃ヘ\
     |       |::`‐-、_ `‐-、_     /::/ |/
     |     |, | ノ     `‐-、_|||  ||:::/   |
     |  /⌒l ━┳━━━━━━━━━━━━┓
     |   |:i⌒|::|:::::|   :::illlllllllllllllll|━━|   ::illllllllll|
     |  |:l⌒| |::::: |  :::iillllllllllllllll/ :::::: ..\ :::iillllllllllノ
     |  |::「]| |::::: \::iillllllllllllllノ ::::::::::::::; |:iillllllllノ
     |.  \_.l |::::    ̄ ̄ ̄   :::::::::::::::::; | ̄   |     くくくっ・・・
.   ./|     N::::::::::  __,ノ (::::_::::::::::::; |   |
  ./::: |    /: :|:::::::::/              ‐┘ヽ |     ならば俺が提案しよう。
 / :::::: |.  ./:: ::|::::/:   (二二二二二二二二) ,|     旧体制を望む甘ちゃんどもを
/:::::::::::::|  ./::::  ::|:::::        __     |     裁く革命裁判所の設置・・・
: : :::::::::::::|.../:::    ::\::::       ::::::::    |     そして・・・それを推し進める
::::::::::::::::::|\       ::\ l  l  l l l l l l  |:::::::::\  公会への権力集中をっ・・・!
:::::::::::::::::|  \       :::::\_______|:::::::::::::::::
::::::::::::::::|    \      ::::::::::::/ |::::::::::::::::::::
              ロベール・ランデ

その言葉に従い、ロベール・ランデはカンバセレスの支持を受けて二つの提案を行った。

822 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:42:09 ID:HOXBswos [110/156]

これに対してジロンド派はビョゾーを中心に激しい反発を展開し、

   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i
  |::::::::     \' '/ |
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ     ふざけとんのかい!
  | |    ┃ノヨョヨコョョi.┃ |
  ∧ |    ┃.ト-r--、| ┃ |     こんなんは時代遅れの宗教裁判や!
/\\ヽ  ┃ヽニニニソ┃ ノ     おどれらだけで、
/  \ \ヽ. ┗━━┛/ \    『まさかの時のスペイン宗教裁判~!』
.    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、   って言っておればいいんや!
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ
ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )

同志のヴェルニヨもこれを強く批判したが――

823 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:43:38 ID:HOXBswos [111/156]

     /:::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::. :::::::::::::::::::::::::::::: ..::i
     j::::::::::::::::::::: : ::i....:::::::::::|
      }::::::/以/|;i:/Yゞト::::::j
     fヾ',,, __'iir'___ ,,レ〈
     \i`{:!;:゙-丐{ヾ::'j/レ'、   その通りだ……
    _,/::;ミ///7,.、 ̄'fミj::::\
 -::''´:::::::::|/ / / /-/j/ミ/::::::::::::`:-.、_
::::::::::::::::::::/ ' / ///;:'゙/:::::::::::::::::::::::::::`
:::::::::::::::::::fi i  ´ /''"  ヽ:::::::::::::::::::::::::::
       カンボン


          ,.ゞ ̄ `ヽ,. -‐;z..__
           /         ′ <
          /              \
        i         , ノ'ヘ    l
.        l       ,.ィ /|./ u│ハi、 |
       |      /‐l/、'   ,レ-'‐W
.      | r=、 r' ====`   ,'===/
.        | {にl |  `゚ー '  /゚-‐7
.     /| ヾ=lノ ij     u  ̄//
    _/‐|  / ヽ.   ⊂ァー--〈、
 ¨  ̄ l=|/    \  l ',二二}j  私も反対ですね……
 : : : : |=|ヽ.       \|,'  ;‐─{、
 : : : :.|=|  \     ,_l ,'   lニン : `丶
  : : : |=|、   \ _//,ヽ.___ノイ: : : : :
  : : : |=|::\  ,.イoト〈/./ /.//: : : : : :
         バレール

平原派の有力者の多数からも反対の声が出された。
この事態にモンターニュ派内部でも意見が分かれ、
結局はビヨー=ヴァレンヌの陪審員を置くことを条件として
革命裁判所の設置は認められたのの、公会への権力の
集中は取下げられることになった。

824 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:44:21 ID:HOXBswos [112/156]

この件は後の審議とすることになり、この日の議会は解散することになったが――

            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , --- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`i
         { i l       l          |/  |   おいおい、何てこったい!
         ヽ、 i       l          l ノ ノ   市民議員諸君!
          丶-       `         l_ ノ    お前たちは国家の安全に必要な重大な
            i   r 、_____ヽ   il       措置を決定せずに散会しようって言うのか!?
            ヽ    `ー――-'    /l
             l \     ̄¨    , - ' l       俺は善良な市民諸君に勧告したい!
             l  ヽ、____ ノ    ト、      持ち場を離れるな、と!
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ
        ィ       ` ┐r '          >、
    , ・ ´ ` 、     /~ `'ヽ       /  丶、

過激派の暴発を恐れたダントンが、この日のうちに革命裁判所の設置を
決議させようと強く訴えたため、議員は議会の終了を中止した。

825 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:45:57 ID:HOXBswos [113/156]


        l 彡'/     l/ ` `l /´ l.l    ヾミ-`l
        l  /  =ニ`ー\、l/  /'二´=、 ヽ /
        / `iヘ '¨´   ̄ `ー`  ''' ¨´   ̄¨` //'`i   裁判所を設置しよう……。
        l l >、liニ ー===-     -==- =l//` l    確かに最善の策ではないだろう……。
       ヽ、!〈`.l  `ー '¨    |  `ー - '  l 〉 !ノ   ……しかし、それは不可能なのだ。
         \ミ i         |l       / ' /
          〉- ト     ,    jl       ./ <     次善の策で悪を除こうではないか。
         rl l l  r '´     ´    `ヽ ./l ト、
     ,  - ' /  ヽヽ. ! ー――――― ' !// !、` ー 、
 ,  ' ¨    .l   \l丶、  ''''''''''''''   ,イ /  ヽ     ¨ ` - 、
         li     \ ヽ、     ///    /l
         l ヽ     `丶 ー―-', ・´     //       ___ ,,,,,
         l \       ,ヽ_r_' __ ,,,,,,/└-./¨二ミヽ、
          l  ヽ     /´r-¨¨          .{ l´  `} l
          l  \   //    -         ヾー--' /

ダントンは革命裁判所で背後を固めたら、総力を上げて外敵に当たり、
前線及び各地への議員の派遣を提案した。
午後7時に一時中断した議会は、午後9時に再開されたが、議会は欠席が目立ち、
ジロンド派ではヴェルニヨほか数名。平原派も決して多くはなく、モンターニュ派を
中心とした議決を持ってランデの提案した革命裁判所の設置を可決した。

826 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:47:11 ID:HOXBswos [114/156]

――1793年3月21日

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 反革命は消毒だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

まず、各コミューンに監視委員会が設置され、外国人及び
反革命容疑者の監視、取り締まりに当たることが決定された。

827 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:48:12 ID:HOXBswos [115/156]

                        ∧__∧
                    [(,´w`,)]
.                    |/| |X|-||
               ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               ┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃
               ┃                ┃     ∧∧__
 __∧∧.       ___┃_                  __┃___  (゚Д゚,,)||
 ||(=゚ω゚)    /    /|             |\     \(|X| U/ノ~ゝヾ
 ||○|X||ヽ... /    /  |             |  \    \  (’ヮ’ン||
 ヽ_⊃⊃/    /      ._____        \    \ ノ|○V.||
   ┃_/    /      //|:::::::::::::::|\\       \    \ _ノ
     .| ̄ ̄ ̄~|        ∥.| .|:::::::::::::::|. | ||        | ̄ ̄ ̄~|┃
                   ∥.|/     \| ||

革命裁判所はパリにおいて最初にコシェルジュリーに設置された。
しかし、創設当初はその機能を効率よく果たしておらず、反革命容疑で逮捕されたとしても、
裁判にかけられるまでは各地の監獄に留められて置かれるだけだった。

828 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:49:05 ID:HOXBswos [116/156]

            _
         /´::::::::::::`- 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         \:::::::::::::::::::::::::::::::/
.         /:::::::::::::::::::::::::::::'、_    ヴィヴ・ジロンディス
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 ジロンド派万歳!
         |/|:::::::::o:::::::o::::::::::::::::::::::}      ,、
         |::,::/|::::,、::::::::::::::::::::::::::(      .'::l゙、
         |/V/::/ ゝ::::::::::::::i^ 、::ヾ     .':::) ゙,
           /::/  >:::::::::::::::ヽ `:::ヽ   .':::ノ ,.'
      ―、__/../::ι-´::::::::::::::::::::::ヽヽ:::i  .':::< .,′. ゚
      ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝi:::|  /:::::ノ´u
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::i./::,´
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       シャルロット・コルデー

しかし、ジロンド派追放後、彼らによるパリに反対する扇動により地方が一斉蜂起し、
続いて過激派の強勢、マラー暗殺など国内情勢の不安が強まると、その改革が求められるようになる。

829 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:50:01 ID:HOXBswos [117/156]

  ルfァト、ヾミミ、ヽヽミz、丶\ヽヽY
  l トi、,j 下i/ゝ=、ミ ヽーミヽ lー- '
  {l l`ヽトllノf´,ゞ゚'ト、,l ト、ヽ l
  l l l、ヽ(ヽ 'メ、 ヾj リ  ヾト、l
  トF=。ァヾ、、 , -、、    ゙' l.   犯罪の芽は24時間以内に摘み取らなければならない!
  lミゝ'´l, r=ッ' __ \     l
  ミハ  ゝ- '"ノ `ヽ ヽ   <   しかし、革命裁判所はそれを裁くのにくだくだしい訴訟を続けている!
  ヾt, l! ,r'" ,/´`丶、     l
  ヽト>、ヾ<´::::::::::, -‐}    l  祖国の公安が問題になっている時、裁判の遅滞は罰せざるに等しい!
   `ヾミ、ヽ:::::::/ , ィノ    !
       \ヾr '"/     /l
       ヾ''"´     /:::l

8月21日、ロベスピエールはエベール派の圧力をきっかけに革命裁判所の
改革を求める要求を行い、その改革は9月~11月にかけて実施されることになる。
こうして恐怖政治の日程は一気にその針を推し進められた。

830 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:51:14 ID:HOXBswos [118/156]

  | / ̄\    / ̄\    / ̄ |                 | / ̄\    / ̄\
  |,/     ヽ  /     ヽ  ./.   |                 |     ヽ  /     ヽ
,,__|l____l_l____l_l____.|                 |____l_l____l__
  | _   _   _   _   _   |                 |.    _   _   _
  |l   l  l   l  l   l  l   l  |   l  l|    ∧_∧       |    l  l   l  l   l  l
  |l   l  l   l  l   l  l   l  l | ̄ ̄ ̄ ̄( ´Д`,,)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. l  l   l  l   l  l
  ▲_▲l   l  l   l  l   l  l |      ○    l)        | ,l  l   l  l   l  l   ∧∧
 ( ;´∀`)_l_ !  .l  l   l.「 ̄ ̄ ̄/ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~/ヽ ̄ ̄ ̄ ̄~l, l   l  l   l.__   ミ゚Д゚ 彡
‐'( つ''_ニ -''´ i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /  ヽ       /  ヽ.       | ̄ ̄ ̄ ̄ .! `''‐ニ_と _   ミ
 〓| ̄「    |   ,,. ――|    |/   ヽ      /   ヽ . !   ,|―― 、   |    `''‐ニ_ ミ_,
 T^|  |    ,. -''´ └―ー|___,/     ヽ―― /     ヽーl__|ー―┘、 `''-、,       | ̄|〓┛
   '   ,. -''´  ,. ‐''´     /       ̄ ̄       \         `''-、, `''-、,    !  !^T
   ,. -''´ ,,. ‐''´       /                   ゙、            `''-、, `''-、, .
,. ‐''´  ,. ‐''´          l                     l               `''-、, `''-、,
  ,. ‐''´              l                        l                 `''-、, `''-
-'´                  '、                   /                  `''-、,

8月には2つに増設された革命裁判所は9月に4つに細分化され、
3人の副裁判長、16人の裁判官、60人の陪審員で構成された。
訴追官の嫌疑にもとづいて反革命派・王党派などを断罪するが、
その判決は上訴が認められないため、再審が行われることなく、
刑が確定後24時間以内に執行されることとされた。

831 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:52:05 ID:HOXBswos [119/156]

反革命容疑者を取り締まる組織は主に二つ。

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_) アカパール
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 買占め人は消毒だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

 アルメ・レヴォリュシオネール
『   革   命   軍   』
9月11日にエベールの要求により制定された食糧徴発部隊。
彼らは近郊農村の食糧徴発とともに、反革命容疑者の監視を行うために
秘密の探訪と家宅捜索を行って、常に警戒の目を光らせた。
食糧の隠匿もまた『反革命容疑』となる。

832 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:53:06 ID:HOXBswos [120/156]

  \_ノl: : : : : : : : : : :              i.:.:... \
      ヽ_,: : : : :          / /      _|.::.:.:::_/ 用 如 反
処 法 そ /: : :       / //  _,.. -''":::::ヽ;:.:.ヽ  い 何 革
刑 は の L: :   ヽ ヽY,、{.〈 ゙_,,..-'"::::::::::::::::::.:.:.:.ヽ.:.|  よ な の
を .必 情 / /    '゙,∠Tr'゙,.ニ>、:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:ノ.〈.  う 隠 者
御 ず 熱 l:/-‐''"´::::゙7      |-=゙!:::::::::_,...-─'''''i.:.:.:.:/  と 匿 ど
示 悪 に  〉::::::::::::::::/     |::::::::`‐'´      ゙i,.:.く.  も の も
.し の 一 l: )::,.‐--/ __,,... -‐'''ヽ;:ー-、_,..-へ、,._   ゙i,.:.:ヽ.   技 が
に 力 点 |!´     i´__::::::::::::::r'ヽ:ヽ,. >`゙''ー-、`゙''i |.:.:.:l   を
な .を の l, /へ.l_(;;;;ヽ-‐''"_,,,.. --─''_,、゙ヽ、゙、 | .!.:.:. ̄ヽ  __
り  撃 曇 /:!i:゙'´___,,..-‐''"__,,,. -r─イ'"´i  `'!`゙'i:! l :l.:.:.:.:.:.:.|/  \
ま .ち  り ヽ.|:l:r゙i‐'T'"゙i´ _|___.⊥,-┴‐┴- 、|_ i:| :|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : :
す 破 無 /:|゙i;:;|,.r'‐'゙´`´  _,.____,,,,,.___,_`゙::|i .l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :
   る .く l: :.! Nl;;__,,.-┬'二i___,,,l__,,,.⊥‐┴、_|__7゙:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :
   べ ば ヽ | |;:l.l-‐゙‐''゙__,... --──''二⌒`ーァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : :
    く     〉 ゙r'`‐''"´ ~'''"´ ̄´   `フ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :
        / ゙、 ゙         __,,.-'"゙:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : :
        ヽ ヽ,..-─''''''""´ ̄::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : :

 コミテ・ド・レボリュショネール
『 革 命 委 員 会 』
          コンテレ・レボリュシオーネル・ロワ・デ・シュスペクト
9月17日に『 反 革 命 容 疑 者 逮 捕 法 』が可決された。
これにより宣誓忌避聖職者、外国や亡命貴族との共謀者、
穀物の買い占め人、反乱参加者などが反革命容疑者として明確に取締りの対象となった。
各コミューンに設置された監視委員会は権限が強化され、革命委員会として
反革命容疑者リストの作成と取り締まりを行うことになる。

833 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:54:17 ID:HOXBswos [121/156]

では、次の監獄の説明に入る前にどのような人物が反革命容疑者と呼ばれたのか?
まず上位を占めたのは――

        _                 , '"`, '"ノノ
     , '";:´ ` 、、           /, '"(  (`.、
    /;:;:;   ,.;:;:ノ`'、            ,.';:;:)`'"ノ´  );:ヽ
  ./;:~`ヽ,.,.;:;:;:;:;, ' ;:;:;ヽ         ./;:, ", ''"  .''") ;:;:\
 .(;:;  ;:;:r-'''`,";:;:; ;:;:;:;_,` ―----‐´;:, '"r;;:;;;;,   ./> ;:;:;:ヽ
  .ヽ,;:;: :;l   l;:;:;:, '"゛::;::;::;::     . i  i:;:;;;;;;!   ノ(;: ;:;:;::/
   ,';:;: :,'   .!, "::;::;::;::;:::       ヽ,,', ;;;;:! .r'"゛ ', ,;:;:,'
  /;:;:;: /   /;:;:, - 、:;::;::;...    , - 、   l;;;:;:;;;l.゛   ノ ;:.'
  ヾ,;:;:',   ,';:;:;i ○ノ::;::;::;::;..   i ○.!   ',;;:;:;;;:i   /;:;/
    )/   .!;:;:;:;` "::;::;::;::;::;::;  ` "     ',;;:;;:;;!   ! '
        ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;;:;;;;l         ・買占め人
         ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!i! l:l         ・紙幣偽造者
         ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!| |;|           ・財産の国外持ち出し人
         /` 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,  '" ` '''‐;|| l;,'
       , "ヽ;:、,,__゙`'' ー-- '" _,,,. ,  '"~:| ;;;:l` 、         といった人間どもだ。
     ./;:;:;:;:;:;:;::ヽ、;: ゙゙̄`"゙゙ ̄;:, '" ;:;  :| ;;;:| ;:\      上二つは経済犯であり、反革命とまでは
    , ";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:` ー- -- '";:;:  ;:;:  :| ;;;:!  , -`,      言えない場合が多かったが、紙幣の偽造や
   /` 、;:;:;:;:;:;:;:;:;: ;:;:;:;:;:;:;:; ;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;! ;;:!, ' ', i     財産(硬貨・金属製品など)の持ち出しは、
    '   \;:;:;:;:; ,.;:;:;:;:;:;:;:;: ;:;:;:;, -‐-、_,, -{ノ`'ー- 、!;;;l     亡命貴族が関わっている場合もあり、
   !   /;;;:、` ''''-ー '"~゙`ー-'"     `.{_, - 、 .i ',       反革命の意図がなかったとは
  ./ , "  ;;;i;ヽ    __,,,,, ノ ヽ ,,,,, __ _,;;; '{, -'' 、 ,! ノ     言いがたい場合があるな……!
 .,' '"   /;;;!`'' - '"´   丶、r‐   ` 、'" !/ '''ー ,!  ',

834 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:55:17 ID:HOXBswos [122/156]

     / ̄ ̄丶
  ⊂ニ___ニ⊃
     (| ・ ・ |)
    ■■■■■   何を言っているだ。
   ■ ――― ■   ワシは領主様から言われて
   ■■■■■   カールを売っただけだ。
   / (_/L_) 丶
  (ニ|____|ニ)  反革命なんて知らね。
    (  人  )
    (二二)(二二)


                ,人,、
                ヽ:. :ソ
        /\    /ヽヾ^{
          ノ人二=' ヾ⌒ !i"
      ⌒´ i::oニ  o }  ||、   みんな最初はそう言うんだ。
         ノヾ三二ノ:\}ミ }    さっさと付いて来い!
        ト、三三三ノ:.'`} i
        / .:ノ ̄i ̄ ,イ \_ノ

パリにおいては食糧の買占め人と特に紙幣偽造者が逮捕されたが、
地方では亡命貴族の暗躍により、財産の国外持ち出しという罪で逮捕されるケースが多かった。

835 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:56:27 ID:HOXBswos [123/156]

         (_(!、____
       ,r'´ `'''''''´ `ヾ;::::ヽ、
      !         `!;:::::::i、
      i            !;:::::::::i
      !          ,  )::::::::i
    ,;'  、  ,     〈 彡:::::::::!
    ヽ-へ, 〈 ノ`ー-、    `!::::::!
      トェ=、〉 ーェ==ー    〃^i
    〈  /  `         レ ノ
      i、.i   ,    /   (_,r'
    ヽ、!,ヽ-'´-、_,.-‐f‐'´  | |   私のせいではないぞ!
      〃´ ̄ ̄`ヽ、   !  l
       / '´   `  ` _,r'´,r'^l、
       ヽ、___,..-一'´  ̄:::::::::i、
      ,i':::::!f !V!1 !:::::::::::::::::::::::::::::!
逮捕された罪人はパリ及び地方の革命裁判所で裁かれることになったが、
地方においては派遣議員が勝手な判断で処刑を推し進めたり、在地の革命委員の他、
政治・行政担当者たちの遺恨が複雑に絡み合ったせいで、追い落としや告発を
乱発させたことで地方行政をバラバラにしてしまうこともあった。

836 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:57:44 ID:HOXBswos [124/156]

では、話の本題であるパリの革命裁判所について語ろう。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... . . . .  .
,_i,,,,__i,,__/__i,,,,__i,,__.:.:.:.:.:. __i,,,,_____i,,___,_i,,,__i,,___,_i,,,,__i,,____i,,,,_ ゙l,,__i,,,___i,,,,__i,,____i,,,,_
__i,,,,__i,,__.:.:.:.:__i,,,,_____i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,_:._i,,,___i,,__.:.:.:.:.__i,,,,_____i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,__i,,__
__i,,___i,,;;;`,___i__,.、t ''T丁丁T¬、_i,,,,__i,,___,_i,,,,__i,,__/__i,___,.、t ''T丁丁T¬、_i,,,,__i,,__冫i,,,,__i,,__
::_i,,__,_i,,,,__,.ヘ >'"|´ '| ̄|'`ヾく.`>、i,,___i,,___,_i,,,___i,____,.ヘ >'"|´ '| ̄|'`ヾく.`>、,,,,_ ゙i,,,___l,,___i
i,,___i,,____i,_/ヽ_〉'|_|_|_|_|__ヾ. ヘ__i,,__.:.:.:.:.:. __i,,,,_____/ヽ_〉'|_|_|_|_|__ヾ. ヘi,,,,_:._i,,,___,,i,,__
_i,_____i__' ニ;/ |  |  |  |  |  | Y'ニ,,,,__i,,___,_i,,,,___i,_'ニ;/ |  |  |  |  |  | Y'ニ__i,,,,__i,,,___,
i,,,,__i,,__, 、,_|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|i,,,,___,i,,__人_::;i,,,,__i|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|_i,,,__i,,____i,,,,_:.
__,i,,__.:.:.:.__i,,__|-‐|_|  |  |  |  |  |[|‐-|_,i,___,,_i_ _i__|-‐|_|  |  |  |  |  |[|‐-|_,,i,,__.:.:.__i,,,___
,,,__i,,____i,,,|-‐|:‡ |_|_|_|_|_|_|‐-|i,,_____i,,___,_i,,,___i,|-‐|:‡ |_|_|_|_|_|_|‐-|_i,,;;;`,__i,,,,__i,,_
,_i,,,__,,i,,___|-‐| ̄|  |  |  |  |  | |‐-|__i,,____i,,,,__i,,___|-‐| ̄|  |  |  |  |  | |‐-|,,__i,,___,_i,_/_
___i_,,__i,___|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|i,,,,_ ゙l,,___,i,,;;;`___i_|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|__i___,,i___i,_
__i____,_i,,__|-‐|  |  |  |  |  |  |[|‐-|_i,,,__i,,___;;i,,,,_:._|-‐|  |  |  |  |  |  |[|‐-|,_:._i,___,,i,,__,i
,,,,__i,,____i,,|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|i___i___i,,,,__i,__|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|_i,,,___i__,,_i_,,
ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニニニiニニiニニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニニiニニiニニニiニニiニニiニニiニニニiニニiニニiニニiニニ

まず、この頃のパリには40ヶ所ほどの監獄があり、それらは学校、個人の邸宅、兵営、修道院、病院などが
接収されて監獄として使用され、1794年初頭には収監者の増加とともに10増えて50となった。

837 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 21:58:54 ID:HOXBswos [125/156]


          ,,..--―-、       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         /, -----、.ヽ,     /  反革命容疑の有罪確定!
         |  i_,,,,_  __゙l |    |   所有財産はボッシュート!
         ,!、i'゙-‐-: '-、|/   /  __________
        /'') ..., '‐-‐、.j     ̄ ̄
        / ,‐!::...`'''''''`ノ
      _,,,l ;! ::|ヽ、二 イ
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj!`‐-、_
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|  <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|  /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ| /   | :|
  i    o゚ :`;''゙     ヽ| /   | .|
  i   ..:::::,:::'::::: .      |゚    |,,;:->、
  `.、__;;/:::::::::: :     |    !''"  |
     i  ::.:::: :       |    |   .|
     |          |゚   /     |



       ⌒ ⌒ ⌒ シュルルル
     __⌒ ⌒ ⌒__
    /::::::::::Λ_Λ::::::::::::::::::/
    /::::::::::(∩;´Д`)∩:::::::/  チャラッチャラッチャーン
   /::::::::::::(     /:::::/


被疑者の収容期間は2日から6ヶ月ほど。
起訴の日、夕刻も遅くなってから、起訴状が手渡され、それから48時間以内に裁判が開かれる。
前述の通り、反革命罪容疑が有罪と確定された後は24時間以内に執行されることになっており、
その死後、所有していた財産は全て没収されることとなっていた。

838 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:00:06 ID:HOXBswos [126/156]

            、、、,. ,._      ダントンさん……  ラクロワさん………
         ィ`'′     ヽ
        〃/ノノ八レレ、.  |      この際デグランティーヌさんでもいいから託すっ…!
         ル三''′`三ヽ.  |
          [ ≧|ニ|≦_]~|^)ト、    虫のいい話なんだが……
.         | ,-L__」 -、u |ト:| |''‐- ...__
      _.. -┬|l王l王l王l`/ .|  | |    オレの代わりに…
.     ∧  |├‐┬─‐''′/  ||      この遺言書を譲渡証書に換え……
     /  l  |.l-―|、___/-―┤
   | ̄ ̄|.|   | |   ヽ. /    | |    渡してやってくれ……
  /.|   | l.  | |   Y。    | |
  \/~三三..l | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      女房……
   /、 丁` /ヽ「|    /.|     |        オレのつれあい…
.  /  へ、./  | l.  /? |_   |        今も借金に負われて……暮らしてる…
 /   |/    | |. └‐::┐r‐┘  .|        みんなオレのせいなんだ……
. !   /       |_|.   └'      |==
 `ー'         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そのため、刑が確定される前に財産の譲渡証書を手に入れようと、
被疑者が譲渡を進めた当然として、その親族もこぞって議員に働きをかけを行った。

839 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:01:45 ID:HOXBswos [127/156]

無論、明確な反革命容疑の人間と言えど、ただ諾々と刑を受け入れる気は毛頭なかった。

                             ト、
                      \ー- 、__l \_イ
                    、__\: : : \: : : : : : しイ
                    \: : :\: : : : : : : : : : :ト、
                    >ヽ: __ ヽ: : : >‐くー ヽ
                    ≧: :/  `ー‐'    ): : :イ 凄腕弁護士に任せたから大丈夫だ!
                     弍 }        /⌒ヽ: : j
                      }V⌒ー'  ー' -‐、 |:r=、.      / ̄`ヽ
.                     {ミi  > ノ  、 ー゚‐'│} /.       |     |
                       乂u.         Jl r''         ト、   |
                      ハ 、  `_´  _ノ l/.         l   ̄ |
                        \  ̄ー ̄  /|         |.   │
                       / ト、ィ小、 / |`ヽ      /    八
                      /  | ヾゞ'´  イー、ム、____/  -――`ー‐ 、
                  __/  /  i      /  }ハ   ,イ. 〈         )
            ,イ ̄ ̄ ̄ /   , ー┴、 r―--ー‐/  ',  /i {  >――    (
             / |       〈     ト、_        _,′.  ', i { } 〈           )
             / │     \   ト、_三二二二三,′  / | i  >――   Y´
          /. │     /   │    ̄ ̄ ̄  ,  <.  | i  〈        )
.          /    ,     /    |        ,    \. } }  >――    r'
         /    ',    i       |─┐   ┌─|     / {   〈       }
.        /       ',    |.      |  |   |  |      /  ',     `ー- -‐ ´/
       /         ',.   l.     │◎|   |○│   /    \       /
        /        }   l.      |  |   |  |    /     \/⌒ヽ/

彼らは自身の弁護に必要な書類を揃えることや、弁護士との接見の機会を要請しており、
革命裁判所に認められた『非公式弁護人』と名付けられた弁護士たちに、
自分に有利な証言や証拠品を取り寄せ、整えさせようとしていた。

840 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:02:38 ID:HOXBswos [128/156]

しかし――

         ,.-,‐''¨゙''''''‐-:.、
       /.::::',',',ゞ、:::::::::::::::::`ヽ、
     /:::::::::::ハ',::::',::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::ノノ'i',',::::',::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ,'::::::::::::::// ||',\::',ヾ;:::::::::::::::::::::::i
   ,':::::::::::ノ彡ミ !! ', \彡;:::::::::::::::::::::|
   i::::::::c''",二,,¨ヽ=,.-'"二,,¨゙ァ、::::::::::::|.
   |::::イ!¨ゝ_¨゙´`ノ  ヽ´_゙゚¨ノヾ',::::::::::::}
   ',:::::|     ̄ '  -、  ̄   ',::::::::::!
    {::::{     ゞ‥'ン     |:::::::/
     !:ノ,    __ニ___      !/V,'
    ノ'气   ´ ‐-‐ `     i'¨7ゞ 今は政治の方が大事ですから……
     !||' ,           ,イ||/
       !|||',-、   ' -‐  ,. ' .|〈.
      !!!' i ' ,,   ,,..  /ヽ'.,
       /'i      ,.-'"  /:::::ヽ
     / :::|   _,.-'"    ,'::::::::::::ヽ- 、_
 _,,..-‐ャ゙ ̄',-、! r'"´ `ヽ.  , '::::::::::::::::|::::::::::::
¨::::/::ヾ',  ,'ヽ /     ,' , ':::\::::::::;:-ャ:::::::::
::::/::::::::::',         ,'/::::::r-;゙=''":;: ':::::::::::


     /: : : : : : : : : : : : ://: : : : : : : : : : : :ヘ
    /: : : : : : : : : :}´`゙´ 彡=‐''^、: : : : : : : |
    f: : : : : :/ノ!!´         ゙、 : : : : : |
    {: : : : : :/             ゞ: : : : : :》
    .|: : : : / /==ヽノ  、ィ===ヘ \: : : : }
    i : : : /     ,,,     ,,,      |: : : ノ
    |: : : |  -‐━━'゙    ゙''━━-   l: : ノ
    《: : :l    ─''´     `''─    |: :|l   そうですね。
    〈〈《《      r'´   ヽ       |ヘ弋
    ヽゝト  ::.   丶^ー^ー'   .::   |r^ソ`   政治で問題を解決しましょう。
      〉o   ::    _ _ _   ::    lo〈
      `ー、    <-‐<>‐->    l`ー'
        《、 .   `''ー─''´    /ヘヽ
         ゞ|、     ̄ ̄     イ》ハ
        /| 丶、,,     ,,  '´| \
     r─'´  |     ̄ ̄ ̄     |  `''─-、

これらの弁護士の多くは依頼料も極めて高く、実際には余り役に立たなかった。

841 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:03:55 ID:HOXBswos [129/156]

ある被疑者ランベルティーはラベイ監獄でフーキエ=ランヴィルに、

───────────────────────────────────────────────
                                \            \
                                 \
.                                  \           インチキ!
               -=== ̄ ̄ ̄ ̄===ヽ       \      /  インチキ!
             //     ̄・---・ ̄w  ヽヽ       \   /    インチキ!
            //  __  `ゝ-´/ ̄ ̄. ヽヽ       \/
           /| u    ゛| u  j  ._   ヽ|       / ̄ ̄`ー  あの弁護士はインチキ・・・・!
           | j  ( ̄`ヽ ヽ、 ./ .l´  う uゝ|_     /
          .-|(  |j|  ゛ヾ |  |/´   `) ((ゝ|   / ̄`ー・、   ペテン・・・・・・
          |仁=|.u ミし゜  j.( u ヽ゜  J〃 》コ(.  へ          イカサマっ・・・・・・・・!
          ヽ±`》   三∪/    ゞ三U杉 《J) /  ヽ
           (ヒ《. ―、  .|     ヽ_...〇ヽ 》_//     ヽ      イカサマだっ・・・・!
            .(  ii@i;~(_    _)iiiiiiii ))/       ヽ
             | (ココヽiiiiiU`-´ iiiiiイロヽ.j         |     奴はわしがやったこともない
             | |   ヽlココココココ/  )|         |     頼みごとで自分を騙したっ・・・・!
             | j               ( |〇       |
            /| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l |  ヽ       |   もはや、ペテン師の出来損ないから
          ./  | ゞlコココココココココココ/ |   ヽ      |  解放されて大変満足だっ・・・・!
  _――― ̄/   ゝ___w u三三  u___/ヽ    ヽ      |
/       /    / | |iiiiii^―-______.-iiiiiiiiii||  ヽ   |      | /
       /    /  || iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii ||    |    |       |
      /    /    ||      u    ||    |   |     |
      |    |     | |          ||      |    |     |
───────────────────────────────────────────────
と語るほど悪質な弁護士が多かった。

842 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/20(金) 22:04:10 ID:4H89kZKY [1/2]
ちょwww
このAAwww

843 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:05:02 ID:HOXBswos [130/156]

        厶イフ彡彡彳爪ミ、ミミミミミミミミミミミミミ三三三三三>‐── - 、
          ̄`川川川巛八ミ、ぃヾヾ、ミ、ミ、ミ、ミヾ、ヾ、ベヘミ,. - 、/        \
          !川川川川ベ、ヾ\\ド!,. ‐,.'二フ   Vヾtr' ,へ/   ね 土 人
          Vイ川川い不ミ、ミi ,. ',. '´        Vフ{. い |   え 地 に
           ヾ、ヾい∨リ ヾ:|//,.ィ丈ブ       !川 、 .|      が 動
/ ̄ ̄ ̄ \     ` `∠二ユ  ̄ {_,.>'´         Υ } !     あ か
 買  自  !       ムイ寸                !  し'|     る  さ
  っ   分   |          `ヤ7                  r-、_|     ん れ
. て   で  .l          .V                 |  |       じ て
 い   土  .|         {_,. - ,.rxェァ-、          i   」     ゃ    /
 る  地   |           ド'´ __,. ‐' ヾ、       /   ̄\       /
 ん  を   !           ヽ ̄     ヾ、     /  /   `ー- ┬ '´
 だ     |            丶フ     \__/  /        / ` 、
\     /              i     ,.ィ'ヒシ'´ ,. '           /     `
    ̄ ̄                ヽrxy'T_ソ'´ ,. '´         /
                        / ̄|_∠           /
                      〈   /⌒ヽ        /_
                        ヽ  /  /ヽ       /   /`ーァ、
                        ∨ <   ヽ   /  /   /  >- 、

実際、この当時の国有財産購入者リストには、訴訟費用で富を得た弁護士――
と言うべきか、むしろ禿鷹とも言うべきか――の名前が多く載っていた。

844 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:06:34 ID:HOXBswos [131/156]

そのような悪辣な弁護士がいる中で、
良心的で有名な弁護士の代表なのは――


              ,. -‐7
       ,.-,. -‐r - '"   /‐.7
    ,.-',"'´, -,'´'´  _, ‐'´  /
  , ‐'´/i // , ‐, ,- '  _, - '7
 ヽ、 ! l .!.,'/,. //-.、,. ‐'.,...、 !_
  くヽ, 、 /'´    .!、 i !`,ヽi´
  'ヽ!` `    ,r'_", 'ヽ!ゞi l.!.i´
    ',.-_、_.、/!.t;:,!l     l' ノ、l
    ヾ.ゞ'i  ``      'i゙  ',   正義は必ず勝つ!
      ヽ. ! ,   _    ,'  ',_
      ヽ`r_'ニ´‐'ヽ  ,_',.-‐;´-ヽ,
.       \'i'-‐_'ノ ./r‐.く´, -‐ ''`' 、
           ヾ,´ _, ,'./ ::: !  _ヽ___`'_ 、
          /´.,!' / .:::/-、'´       .\
        /.>i゙_./ .:::/  ; `ー,        '、
       ,.' .,.' ,..,V、 ::::::!  l  .l `!,.       ',
      ,.' / !ン i ヽrノ,  !  .! l.i        !
       / ./  !  ヽ !..::::: /..、 ,'  !'i       i
.      / /  ,.' ヽ ....`"ーく::./.:ーノ.,'       !
    ,' /  , '   `-、-'、_`ノ'ー '7 /      ,.'i
┌‐────┐  ヽ\ヽ-,. - '´.,.' .:::::::::::::::::, ' /
│ ラガルド |   :::::\`'ヽr,-.'´..::::::::::::::::, '.::.,'
├───‐─┴────────────────‐

マリー・アントワネットとシャルロット・コルデーの
弁護士であったショーヴォー・ラガルドであった。

845 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:07:43 ID:HOXBswos [132/156]

                     )
       _ ,, -ー=- 、    ヽ 異議あり!!
       ゝ、ニ 二 _ ミミV,    )
       マ二 ニ、 r' ..,,_ ヽソ,   `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
       `ヽ、 { a`'   tij` _!                  /  __  `` ー- 、
         |ノゝi     ,_〈                , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
         /   t   -‐ ,'"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
        /!   `>、 _/_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"
/  {  ヽ |  〉  /__  t     ,. -‐ ' ´
  |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /
  |   `!//           /
┌‐────┐
│ ラガルド  .|
├───‐─┴────────────────────────

有罪が確実な二人の女性の弁護を担当したことでもわかるように、
彼は人の犯した罪に対して強い更正と同情を感じる人間であった。

そして、これらのことが原因で、後に彼は逮捕されることになるが、
その際、自分が手がけた依頼人の弁護に必要な書類を家に預かっており、
弁護士が廃止されたヴァントーズ法施行後、それらを無実の人たちを救う
証拠として革命裁判所に引きとってもらうように要請した。

846 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/20(金) 22:08:14 ID:h/UxsqzY [2/2]
全体的にAAヒドスw
弁護士のイメージなんていつの時代も変わらないんだなw

847 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:08:42 ID:HOXBswos [133/156]

さて、こうした被疑者が収監される監獄のうち、軽犯罪者と別の――重罪者や
重要な政治犯を収容する特別な監獄があった。

 ....::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::: : : : :
 ....::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: : :: : ::
 ....::.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :《》: :《》: : : : : : : : : : : : : : : :
 ....::.:|                                       《》 《》
 .....;::|                         ,.、t''T叮了丁丁Ti¬-、      《》 《》
 .....;::|                       ,.<ヽ>‐ ´ || ̄|| ̄||`^''く,r`>、    《》 《》
 .....;::|                     .,心>イ'__||_||_||_||_||__ヾk,. ヘ   《》 《》
 .....:::|   ;; : . .    , ;..      ム,.//' ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||;V‐''',   《》 《》
 .....;::|                    |ニ:!;{_||_||_||_||_||_||_||_,lYニl   《》 .《》
 .....;::|        ;::. .        ├'"!´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|''r┤   《》  《》
 .....:::|                     |-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....:::|                     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:::|               ` ;   |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》   《》┨
 .....:;:|. `  .  .         .,     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||[|ー-|   《》  《》
 ..::::::|              . ; '  |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....;/|    `;        .  _, ,..-‐|-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:l i.      .,  ;.. . ._ "__,|..-‐'|-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》 .《》
 .....;:lノ. ; '  _,,..-ー.'"l_. ._ l,..-‐; |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》 《》

それらは『メゾン・ド・サンテ』と呼ばれ、外部からの攻撃に対する守りも厚く、
土地や多くの財産を持つ金持ちの被拘禁者に振り当てられており、彼らの終の棲家となった。

特に有名なのは次の監獄である。

┌────────────┐
│                  │
│  アベイ          ......│
│  レ・マドロネット      ..│
│  ポール=リーブル   ......│
│  ラ・フォルス         │
│  サント=ペラジー      .│
│  レ・ザングレーズ    .....│
│  ビセートル        ....│
│  ル・リュクサンブール   │
│  ル・プレシ          │
│  サン=ラザール     ...│
│  カルム          .....│
│  コンシェルジュリー    .│
│                  │
└────────────┘

848 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:10:09 ID:HOXBswos [134/156]

その造りは小さな監獄に比べれば頑丈ではあったが、曰くつきとして忌み嫌われる監獄もあった。

                                               |
       /\___/ヽ                           l
      /:::::::       \                  /\___/ヽ
.     |:::.   ''''''   ''''''  |                 /       :::::::\
.     |::::.,(一),   、(一)|                |  ''''''   ''''''   .:::|
.     |:::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |                |(●),   、(●)、.:::|
      \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /                |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::::|
     /   `一`ニニ´-,ー´                  \ `-=ニ=- ' .:::::/
     /  | |   / |                       `ー`ニニ´-一´ヽ、
    /   | |  / | |                      /    _    l
    /   l | /  | |                     /  ̄`Y´   ヾ;/  |
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ _____________,|    |    |´  ハ
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                         |    |    |-‐'i′l
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ                       |__ |   _|   7'′
    `ー、、___/`"''-‐"                      (   (  ̄ノ `ー-'′\
アベイとカルムは多くの人間を収容する割には粗末で雑多な造り。
郊外にあるビセートルは精神病患者や凶悪犯の収容先として特に忌み嫌われた。


   |┃    |    │   ┃|  /   / /    (  /  ノ⌒)
   |┗━━┷━━┷━━┛| /     / / /  / /   ( ,/
   |──────────,ノ\___ノヽ /⌒⌒`ヽ/ ./  / /
   |─────────/''''''   ''''''::::::\   _ \   / /
   | 〇          /(●),    、(●)、.|   / \ ヽ' /
   |________/   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| ./\__.\__ノ
    │   │[=.=]| |  ` -=ニ=- '  .:::://
    └──┴──┴─ヽ、_ `ニニ´  .::::ノ
      /      \//  ̄ ̄ ̄/ /
     /        //         / /
   /           (_/  \      / /
  /          ?       \   (_/
被疑者の中には脱獄を企む者もいたが、成功した者はほとんどおらず、
将来を悲観して自殺を図った者たちも多くいた。
だが、失敗をした者も多く、シャボーは服毒に失敗し、オスランは釘を飲んで自殺しようとし、
シャトレ公爵は踏み砕いたガラスを飲み込んだり、壁に頭を打ちつけて自殺しようとした。

849 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:11:03 ID:HOXBswos [135/156]

                 | |   お
                 | |         に
                 | | ワ  ッ        ぎ
         +       +  /■\  シ  ョ       り +
            +      ( ´∀`∩ ./■\  ッ  イ
                (( (つ   ノ(´∀`∩)./■\ !!.//
              +     ヽ  ( ノ(つ  丿(. ´∀`)  // +
                   (_)し' ( ヽノ  (つ  つ ))       +
           | |   ワ ッ       し(_) + ) ) )
           | | ワ ッ   シ ョ       (_)_)    +
  +        (( /■\   シ ョ  ッ イ
.        (( /■\ ∩/■\  ッ イ  !!
      + (( /■\ ∩/■\ .)/■\!!//
.+     (( /■\ ∩/■\ .)/■\ .)つ ))  +
    (( /■\ ∩/■\ .)/■\ .)つ ))
 +  (( (    ∩/■\ .)/■\ .)つ ))  +
.  (( (    ノ(    .)/■\ .)つ ))      +
     ヽ .  )(    丿(     )つ ))      +
.     し'(_) (  .ノ_)(    つ ))  +
.          し(_)   .)  ) )_)
.               (_(_)         +

悪劣な環境のイメージもあるが、元が有名な修道院であったレ・マドロネット、
ポール=リーブル、レ・ザングレーズ、ル・リュクサンブール、サン=ラザール監獄は
立派な内装の上、その造りに相応しい自由で楽観的な空気が流れていた。

850 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:12:12 ID:HOXBswos [136/156]

  他人の財布で今日も飯がうまい!!
    +       ____    +
      +   /⌒  ⌒\ +
   キタ━━━//・\ ./・\\━━━━!!!!
    +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  +
        |  ┬   トェェェイ     |
      +  \│    `ー'´     /    +
     _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
     >                  <
   /  ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
 \/  ─ / / ̄ /    /   | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  ノ\ __ノ   _ノ   \.   / | ノ \ ノ L_い o o

食事の面では1793年11月16日、国民公会は監獄の収監されている囚人の食事に関して、
一般法で逮捕された貧乏な囚人の分を『自費独房待遇』の裕福な囚人が負担することを決定した。

851 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:13:07 ID:HOXBswos [137/156]

             ヾ、ツ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ツハ
             ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ
            〃〃---─'' ̄ヾヽハヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`メ
             l l        シ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i'
              !        ヽ_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
             /,,,,  .,;;;;;,,,,,,,.、  `i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
             ヽtヽ :::::t_+-,,:::  ::i;;;;;;;;;;;;,- 、;;;;/
              i' /     ´    l;;;;;;;;;;メ ) i;;;i´
              !〈_,-、 ,       ;:::::;└' ノ;;;l  けんかを始めろ!
              ! ..::         ::::-─i;;;;;;;;j
              l ,,-- ,,_         ::  l;;;;;;メ  自分が生きていることを証明しろ!
                 ヘヽニ,,..`    ...::  .:  l`i;;;l
              `i      ,;;::::::: ..:::  !ノ'
     _,,,、       ヽ,,;;;;;'';;''::::::::::.;::::.:::    !、,,
 -─''"   -,,ヽ、_,,,,-─'´ ノ!  :::::::::::::::::.:.:.   ヽ,_\,,_        __
     、ヽ\, ゝ,,-─''´''"  i    :::::::::::::.:.:   / ''-,_ "''-,,__  ,,-─''   ̄"'';,,_
    ─-,,ヽ,iノ,,;;;;::::::''     'i  .:.:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:`\  `(´_,,-─-
 ─-,,   ヽ,!;;;;;;::::::..:.:.:..    ヽ ::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`''--r-─- -
     ̄"''┴---──────''"  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "'''''─---┴,,-─ヽ,_
 ::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.           _ __,,---──'''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄''─
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..            ''''''''''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.            :.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

忌み嫌われる獄長や看守もいたが、中には囚人に同情する者もいた。
比較的穏やかな監視体制であったレ・マドロネットでは、監守のヴォーベルトラン夫妻は
好感を持たれ、元テアトル=フランセーズ俳優であった囚人たちが鈍った体を鍛えるために
夜に大きな部屋にこもって訓練をしているのを見逃していた。

852 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:14:08 ID:HOXBswos [138/156]

      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \  えへっ♪
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\ 遊びに来たお!
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)

また、監獄のほとんどが元修道院である場合が多かったことから、鉄格子は当然としてなく、
かんぬきのない扉から自由に部屋に出入り出来る場合が多くあった。

853 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:15:01 ID:HOXBswos [139/156]

     . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
    ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. .                         . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..    .                                .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
 :;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..                {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_          .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
. :;:;:;:;:.:.:.:... .             ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ        . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
.:;:;:;:;.:.:.:... .        _.. ‐'''''''''''''''''''‐ 、:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:?、         . ..:.:.:;:;:.
            /             \ , :.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
          /                ヽ,/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
            /                  ,,ー、 . /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
          ,'             ( ⌒ !       |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
          .i                   ヽ.      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
            ',                     (__)     ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
         ヽ、                  丶-)._,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
            ヽ                 /.「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
            \            /.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
             ┌二二二二二二二┐! |l,///     ´ ̄ ヽ 1  |   | |   |
            /     ̄       ̄ハー- 、' _,  /// ノ!|   .|   | |   |
            |             i     ̄ ̄\_,. <._ | !  |ヽ  | |   |
             |     ',        i         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"ヽ l l   |
              |       ',       .r\                 i! !  |
            ヽ      ',      F   \              /l !  |
            i      ;      `<`ー' ̄\_    ______人 ! |  !
             i      ;      〔 ュ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄^ー、__::::::::::::::":::ヽ} |  i
            i      ;       \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;.:ヽ ┴'::::::::/ |/
                            \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::\

その中で男女兼用の監獄では公然とまではいかないまでも――最も自由な
リュクサンブールなどではその評判が外に漏れて売春宿と呼ばれていたが――牢番を買収して
秘密裏に女性が男性の部屋に赴いて一夜を共にしていた。

854 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:16:26 ID:HOXBswos [140/156]

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.                  |
    |::::::::::   (●)     (●)   |   何か怪しいものは待っていないだろうな?
   |:::::::::::::::::   \___/     |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ


                                              _   _,
                                           ___,> Y´'ー-、
                                          _>z二_ ___`ー≧__
                                          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                         /        ヽ `Y′之>
                                  .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                                        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
                                      (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
                                        '、 `|   ヽ    「)'/|/ /
                            いえ、持っていません   \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
                                          < l 7Eニ::ィ1    〉
                                           ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
                                             i´ ̄ `ヽ::|
                                            j|       <
                                           /    ヽ  \


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.                 | ニコーリ
    |::::::::::    ⌒     ⌒     |
   |:::::::::::::::::   \___/    | よし、いいだろう。通りなさい。
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ

牢番に当たった男たちというのはたいていが訓練も受けていない教養の低い市民である場合が
多かったため、囚人やその関係者の買収に弱く、お金のほか、酒、時には女性の懇願や
色目づかいだけで目こぼしをして、人の出入りや手紙・新聞の持込みを見逃していた。

855 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:17:41 ID:HOXBswos [141/156]

無論、このような温和な状況だけなはずもない。

         ____
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\  序ノ口譲二は最高だお!
    /   ///(__人__)///\ でも、別の名義で似た絵を見たような……
    .|        `Y⌒y'´    |   __
     \      ゙ー ' / ̄ ̄⌒/⌒  /
    (⌒\     / 淫魔の/    /
    i\  \  ,(つ 乱 舞 /   ⊂)
    .|  \   y(つ    /,__⊆)

856 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:18:37 ID:HOXBswos [142/156]

              __
           .-´    ``ヽ
          /  ヽー     `ヽ
         / ノ    (O )ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ
        / (●) __)⌒/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:
        | ::⌒(__ノ/  ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄
       。ヽ 。   )(  }.  ...|  /!
          ヽo (__ン  }、ー‐し'ゝL _
         人  ー   jr--‐‐'´}    ;ーー------
        /        ヾ---‐'ーr‐'"==




          .r"    !     _____
          !     !  _.-:''":::::::::::::::::"''..、
         .!     !`"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ__
         .!.     !::::::!:!::::::::::ヘ:::ヽ::::、::::へ'''' ,´
         !     .!イ::ハ::::::',::::::'.,:::::::::> 、ミ:::::\    没収!
       r .)     !:::!:::∧:::::::|ヘ::',ヽ::、::::::::r-.、::::∧、
      r',.丶    .!.!::::::/丶W;:! 入" フ、 !:::::',ヒ.!:::::::!ヽ  淫魔の乱舞は没収です!
     / .、)"    ! !::::::!ゞニフ` ゞニフ .!::::::`'':::::!ヽ!
     ', イ     ! .!::::::::', """__ -ー","" .!::::::::!"''' ー--  ___
      V     ! !::::::::λ  ',^ ^ ^ ^ .'., .!∧イ: : ::ト-: : : : : : : :ヽ
      .!  _イ"  Wハリ >、',     r"  !: : : !: : : : : : : : : : : \
      ! -" !     __ノ: : :`^^^^^^^´  ,': : : !: : : : : 、: : : : : : : \
      ''"!   !  __ -''": : : : : : : !: : : :ヘ  /: : : ::!: : : : : !\ : : : : : : : ヽ
        !   !_-" ヘ: : : : : : :\ ',: : _,- 、/: : : : イ: : : : : : :'.,ヽ: : : : : : : __'.,
        .!  `    '.,: : : : : : _--"": : : : O'''"´: : : : : : : : :ヽ '.,: : :r-''"_ ',
        ',   __-''" ヽ: : :/   !: : : : : : :!: : : : : : : : : : : : :;; >ー''" ,.' }
         ', __-"    `"´    ',: : : : : : :0!: : : : : : : : : : : ノ/   / /
                      .ゞ 、: : : : !: : : : : : :: : : : /   .ノ ,.'
                         `.!: : : :0:!: : : : : : : / ./- ' ,..'
                          .!: : : : : :i: : : : :,..': /ー ∧
                          .|: : : : : :O::!: ::!  丁二 ノ::∧
                          !: : : : : : : |: ::|   `T : : : ∧
                          !: : : : : 0: !: ::!    !: : : : : ∧
                          /: : : : : : : |: : !  _-": : : : : : ハ
                         ./: : : : : : :0:!: : レイ: : : : : : : : : :
                         ,.': 、: : : : : ∧: : : : : : : : : : : : : : :
                       /: : : >、: : ハ: : : : : :__:-ー-: : :イ
                     ,..:': : : : : : : : : : :' 'ーT''": : : : : : : : ヽ
                    ,.:': : : : : : : : : : : : : :ノ. イ: : : : : : : : : : : !

監獄内では定期的に捜索を受け、酒や現金、貴金属や宝石などが没収された。

857 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/20(金) 22:18:57 ID:arr3cEsA
それに触れてやんなよ

858 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:21:58 ID:HOXBswos [143/156]

そして、後世になり内部資料で明らかになった恐るべき事実。

         __ノ三ミヽ\ l/ / /
       /  ミミヽ. \l/  /  うん
   l´ ̄      \\l/  │  すごく 好きなんだ
   ノ           ヽ.!//__l   ……
    //    r‐、  //'´  \   密告
   / /      ヽ┴…'ー"‐、  |ヽ、     /
          _,ノ    l   .} l l jノ ̄三ミ
       /  、.,__ i /l   jノハ、ヽ`フ三ミミ
     /、_、..,,_,.-、V、ノ─---_--トミリ´ヽゝ>
     〔 f´r_‐tァ‐ラ } jハニ,ィ‐tァ─ァ- }ノ/j| }ヽ!
     ヽ ',   ̄ ´/ .| l ヽ` ̄´゙;  / )ノ,イリ
.      )',     { j .i   !   :  ;r_/j从{
   / //ヽハ     \Y>、     :  / Y⌒○
   / / / ,ノハ  ,、  、_,.      : ./ ./:::::::::::\
.   / ./○   ', と二ニ二ニ=-   ,イ /:::::::::::::::::::!
.  / /.      ヽ `¨  ̄丁¨ / ,.':::::::::::::::::::::;'
.   | {        ハ       / /:::::::::::::::::::::/
   V         ト-─--'  /::::/ヽ::::::::::/
   {           \   /::::/   >:::/
            V:\/:::::::::::\ /:::/
             V:::::ヽ::::::::::::::::::´:::::;:'
                  V:::::::\:::::::::::::::/

保安委員会によって監獄の中には羊(ムートン)と呼ばれるスパイが送り込まれていた。

859 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:23:12 ID:HOXBswos [144/156]

彼らは多くの場合、反革命罪で逮捕された者であり、所有する財産が少ない者は、
その命を助ける代わりにスパイとなることを了承したのだが――

                        ○
                      __八__
                    _, =´----──-`= 、
                  「 ̄             ̄l
                  `、             ,l
                  `、______    .l
                   ヽ,---──┬┬`====|
                    / .,/`ヽ  │ |    `ヽ
                    / イlΤ   │ |      ヽ、
                    /   ̄  u, │ |       \
  バ、バレる前に       `ヽ ---===、' | |        \
  裏切ればいいんだ!     γェエエiつl | | |         \
                       ヽ    | l  |  |          ヽ、
                   _ l___=イノ _|,,-|        ____ >
          ̄ ̄ ̄`─---´      ̄ ̄   L --- '  ̄ ̄ ヽ   ヽ、
                 丶、                 ヽ  \   丶
                   ヽ                  l \__\

ジャコバン派の人間であっても、何らかの理由――その多くは賄賂や横領など不正な行為
――で逮捕された者は、そのことを脅迫されてスパイになることを了承した。

860 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:24:09 ID:HOXBswos [145/156]

                  iヽ__
              .;^^^゛゛   ゛ーーz
            /             ヽ
        _、z゛゛               ヽ
        冫                   >
         >                  7
        <              从    |
        |  冫^゛^^^゛゛゛゛゛゛゛゛゛ |   |
        [  |      .      |  |
         冫 .i  .‐--  i  -- # |  |
         \|, へ:   i       | イ
           │   \  | _ノ``ヾ  │  I   __人_人,_从人_.人_从._,人_人_从._,人_人_
          . /|  -=・=-ヾ′-=・=-  │ |ヽ  ) 閣下ー!カン・ユーであります!
          i ヽヽ   / i \    /ノ | )  )  監獄内で恐るべき陰謀が発覚しました!
          ヽ.│|,    |  ヽ     I丿 フ  ろ 早速、私に告発の許可を!
           ヽ.    、l>      イ |ノ    ⌒Y⌒Y⌒l/⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒
           .|ヽ  ;;;;;;;へ;;;;;;;、  / | |
          /. | |  .,-----┐ )   | | ヽ
        /    |   └==┘ノ  リ | ヽ
       〈      \   ー-    ./ | :|  ヽ
        \   │\      / :||  ノヽ   __
          >  | \_l_/ ノ /  ノ   ̄ ̄| 冂|
         /   ノ     ノ    /   \     |凵|
        \  /    -y    /      \   └ ┘

彼らは保安委員会から増えすぎた囚人を確実にギロチンへと送るため、
監獄内での『陰謀』を事前に察知する任務――その多くは計画性のないものか、
ほとんどでっち上げ――を与えられていた。

861 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:25:09 ID:HOXBswos [146/156]

                             |
                             |
       {    !      _,, -ェェュ、   |
ィ彡三ミヽ  `ヽ     ,ィハミミミミミミミミミヽ、|
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ililハilミilミliliミliliミliliミ|
     ヾ、        /iiiiイ!ヾヾミ、ミニ=ー-ミ|
  _    `ー―' i!ハ:.:.\\_::::::::::::::/:.| この監獄は
彡三ミミヽ        i! ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠|
彡'   ヾ、    _ノ i!::: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,| 鬼羊に
      `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"|
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ`" 彡' 〈     | 監視されて
彡'      ` ̄       `\   ー-=ェっ |
      _  __ ノ  {ミ;ヽ、   ⌒   | います
   ,ィ彡'   ̄        ヾミミミミト-- '  |
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::|
       ィニニ=- '     / i   `ー-(二つ
     ,ィ彡'         { ミi      (二⊃
   //        /  l ミii       ト、二)
 彡'       __,ノ   | ミソ     :..`ト-'
        /          | ミ{     :.:.:..:|
            ノ / ヾ\i、   :.:.:.:.:|
      ィニ=-- '"  /  ヾヾiiヽ、 :.:.:.:.::::|
    /     /  `/ ̄ ̄7ハヾヾ : .:.:.|
   ノ     _/   /   /  |:. :.:.:.:.:.:.:|
       フェリエール=ソーヴブフ

特に有名なのはラ・フォルス監獄にいたフェリエール=ソーヴブフという名の伯爵で、
彼は書き残した多くの文書、報告の多さで目を引き、それらの文書は定期的に
フーキエ=タンヴィルのもとへと送られていた。

862 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:26:16 ID:HOXBswos [147/156]

【審議中】
       飯が不味い……
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) 量も何だか少ないし……
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'


         特に肉が不味いお!
    :::::::::::::::::::    ____   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::   /     \   :::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::   /   ) (   \  :::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::  / ‐=・=- ‐=・=-  \  ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::  |  ┬ (__人__)     |  :::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::  \│  ` ⌒´    /  :::::::::::::::::::::::::::
      _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
     >                  <
   /  ─ / ──┐ ──┐ll ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
 \/  ─ /    /   /    | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  ノ\ __ノ   \   /\   / | ノ \ ノ L_い o o

863 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/20(金) 22:26:32 ID:4H89kZKY [2/2]
〉序ノ口譲二は最高

えー?w

864 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:27:22 ID:HOXBswos [148/156]

       {    !      _,, -ェェュ、   |
ィ彡三ミヽ  `ヽ     ,ィハミミミミミミミミミヽ、|
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ililハilミilミliliミliliミミヾ|
     ヾ、        /iiiiイ!ヾヾミ、ミニ=ー-ミii|
  _    `ー―' i!ハ:.:.\\_::::::::::::::/:.|
彡三ミミヽ        i! ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠|
彡'   ヾ、    _ノ i!::: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,|
      `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"|
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ`" 彡' 〈     |  不味くて不足している肉……
彡'      ` ̄       `\   ー-=ェっ |
      _  __ ノ  {ミ;ヽ、   ⌒   |
   ,ィ彡'   ̄        ヾミミミミト-- '  |
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::|
       ィニニ=- '     / i   `ー-(二つ
     ,ィ彡'         { ミi      (二⊃
   //        /  l ミii       ト、二)
 彡'       __,ノ   | ミソ     :..`ト-'
        /          | ミ{     :.:.:..:|
            ノ / ヾ\i、   :.:.:.:.:|
      ィニ=-- '"  /  ヾヾiiヽ、 :.:.:.:.::::|
    /     /  `/ ̄ ̄7ハヾヾ : .:.:.|
   ノ     _/   /   /  |:. :.:.:.:.:.:.:|
      /     /   /   |::.:.:.:.:.:.:.:|

彼は戸口に聞き耳を立て―

865 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:28:26 ID:HOXBswos [149/156]

                 ,.ィ'  ̄ ` 、'  ̄ ̄¨ ー- 、
                イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;`.、
              r';;;;;∧;;;;;;;l\;;;;;;;;;ヾヽ `ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
            _L;;;;i_':、;;|  `ヾ、;}`ヽ  `i;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
         ,. -‐  ̄‐‐¨¨゛>=-ニニ‐ ニ三ニ=-ァ'´`''、;;;;;;;;;;;;;;`i
       r'´'´::::::::::::::::::::Y⌒   '´.7ー-ォ-‐''´モ`,,-、`、;;;;;;;;;;}\
       ト、_:::::::::::::::::::::(;j/Fj    {:::::::;ノ   `|;;;;ィ‐‐ `、;;;;;;};;;;`、
          ̄‐‐-=ニ__l .ヒj     `ー'      |/.,ィ'ー、 }`;リi;;;;;:::`.、
.               ノ              ぅ ノ .∧.ソ|;;;;,へ;;;`、
               { ヽ  _         Y´ ̄_/;:ン゙ |;;;|  ` ヾ、
 スミマセン。       .` 、 `-‐'´         ̄/;;;;ァ'"   .l;;|     `
 食材を持ってきました   ヽ、            !/     !l
                   `ー-‐‐''ヽ、     ト、
                         ',    リ: \
                        /::l   ./   )   __
.                      /:::::::::l  /    /ー‐7フ   `ヽ、
                    /:::::::::::::;;;|./    //././      `、
                  ./:::::::::::/´../    // ././        'i
                ,.ィ'´:::::::::::::ソ`ー''/   ./r'  (./  ,       l
              ,.ィ'::::::::::::_,.ノ´〉ー./   ,イ |  |ヽ、 j       :|
            ,.ィ':::::::::,ィ'" :i  {: /   .,イ  :l  :l  `/        :l
          ,.ィ':::::::::::Y. l  l  .y'   /::i  :l   l  :/ ,. --――- ,___i
        ,.ィ':::::::::::::::フ{l  :l  l_../   ./ー十- .:L__ l  レ'==l     k'"`i
      ,.ィ'::::::::::::::::,: '  !l  〉'´.フ/   ,イリ  j  リ. ̄/  jヽ、.:|     |_,ノ
    ,.ィ'::::::::::::::::;,: '    ∨´:}//   / ノ  /  /,,..彡  // |     |
   ,.ィ_,ォ、::::::::::/     :jl:L//   ./_/-‐ナ'':7~ /  j/.   |      l


       {    !      _,, -ェェュ、   |
ィ彡三ミヽ  `ヽ     ,ィハミミミミミミミミミヽ、|
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ililハilミilミliliミliliミミヾ|
     ヾ、        /iiiiイ!ヾヾミ、ミニ=ー-ミii|
  _    `ー―' i!ハ:.:.\\_::::::::::::::/:.|
彡三ミミヽ        i! ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠|
彡'   ヾ、    _ノ i!::: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,|
      `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"|
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ`" 彡' 〈     |  愛人っぽい商人……
彡'      ` ̄       `\   ー-=ェっ |
      _  __ ノ  {ミ;ヽ、   ⌒   |
   ,ィ彡'   ̄        ヾミミミミト-- '  |
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::|
       ィニニ=- '     / i   `ー-(二つ
     ,ィ彡'         { ミi      (二⊃
   //        /  l ミii       ト、二)
 彡'       __,ノ   | ミソ     :..`ト-'
        /          | ミ{     :.:.:..:|
            ノ / ヾ\i、   :.:.:.:.:|
      ィニ=-- '"  /  ヾヾiiヽ、 :.:.:.:.::::|
    /     /  `/ ̄ ̄7ハヾヾ : .:.:.|
   ノ     _/   /   /  |:. :.:.:.:.:.:.:|
      /     /   /   |::.:.:.:.:.:.:.:|

日中は監獄内の人間の出入りを監視し――

866 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:29:29 ID:HOXBswos [150/156]

       {    !      _,, -ェェュ、   |
ィ彡三ミヽ  `ヽ     ,ィハミミミミミミミミミヽ、|
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ililハilミilミliliミliliミミヾ|
     ヾ、        /iiiiイ!ヾヾミ、ミニ=ー-ミii|
  _    `ー―' i!ハ:.:.\\_::::::::::::::/:.|
彡三ミミヽ        i! ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠|
彡'   ヾ、    _ノ i!::: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,|
      `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"|  監獄の食糧専売権が与えられている
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ`" 彡' 〈     |  商人ジョリが持ち込む商品は粗悪……
彡'      ` ̄       `\   ー-=ェっ |
      _  __ ノ  {ミ;ヽ、   ⌒   |  特に貴重な肉は数も少なく、目立って粗悪……
   ,ィ彡'   ̄        ヾミミミミト-- '  |
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::|

夜にはその日、目にした出来事を詳細に記録した。

867 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:30:07 ID:HOXBswos [151/156]

       {    !      _,, -ェェュ、   |
ィ彡三ミヽ  `ヽ     ,ィハミミミミミミミミミヽ、|
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ililハilミilミliliミliliミミヾ|
     ヾ、        /iiiiイ!ヾヾミ、ミニ=ー-ミii|
  _    `ー―' i!ハ:.:.\\_::::::::::::::/:.|
彡三ミミヽ        i! ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠|
彡'   ヾ、    _ノ i!::: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,|  ジョリは警察理事官で
      `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"|  エベール派のダンジェの愛人です!
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ`" 彡' 〈     |
彡'      ` ̄       `\   ー-=ェっ |  ダンジェが囚人を飢えさせて
      _  __ ノ  {ミ;ヽ、   ⌒   |  反乱を起こさせるために
   ,ィ彡'   ̄        ヾミミミミト-- '  |  彼女に指示を与えて、
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::|  囚人用の肉の一部を転売しているのです!
       ィニニ=- '     / i   `ー-(二つ
     ,ィ彡'         { ミi      (二⊃
   //        /  l ミii       ト、二)
 彡'       __,ノ   | ミソ     :..`ト-'
        /          | ミ{     :.:.:..:|
            ノ / ヾ\i、   :.:.:.:.:|
      ィニ=-- '"  /  ヾヾiiヽ、 :.:.:.:.::::|
    /     /  `/ ̄ ̄7ハヾヾ : .:.:.|
   ノ     _/   /   /  |:. :.:.:.:.:.:.:|
      /     /   /   |::.:.:.:.:.:.:.:|

そして彼は、それら日常のほんの些細なことまで観察した結果から
推測される出来事を全て記録し、最終的には、それらをまとめ、
『陰謀』や『蜂起』が計画されているという結論を導いて告発を行うのであった。

868 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:31:05 ID:HOXBswos [152/156]

                      ''';;';';;'';;;,.,    ザッザッザ・・・
                        ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッザッザ・・・
                         ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
               告発です!  ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;   告発です!
       告発です!          vymyvwymyvymyvy、        告発です!
        _,,-ェェュ、  告発です!_,,-ェェュ、   _,, -ェェュ、 告発です!   _,,-ェェュ、
      ,ィハミミミミミミミミミヽ、   ,ィハミミミミミミミ  ,ィハミミミミミミミミミヽ、     ,ィハミミミミミミミミミミヽ
     /ililハilミilliミliliミliliミミミヽ /ililハilミilliミlil/ililハ ilミilliミlillliミiミlilミミヽ    /ililハilミilliミliliミliliミミミiヽ
    /iiiiイ!ヾヾミ、ニ=ー-ミliliミミ/iiiiイ!ヾヾミ、ニ/iiiiイ!ヾヾミ、ニ=ー-ミliliミヽ   /iiiiイ!ヾヾミ、ニ=ー-ミliミミヽ
    i!ハ:.:.  :::::::::::.    ノヽii!ハ:.:.  ::::: i!ハ:.:.  :::::::::::.     ノヽil  i!ハ:.:.  :::::::::::.   ノヽil
    i!ヽ:.:\ ::::::::::: /   li!ヽ:.:\ ::::: i!ヽ.:\ :::::::::::: /   li  i!ヽ:.:\ ::::::::::: /   li
    i!::::::_\:: : :::/,,∠  li!::::::_\:: : i!::::::_\:: : :::/,,∠  li  i!::::::_\:: : :::/,,∠  li
    {r  ゝ_・>シ;テツノ_ ・ フ {r  ゝ_・>シ;テ{r ゝ_・>シ;テツノ_ ・ フ t} {r  ゝ_・>シ;テツノ_ ・ フ t}
    ヽヘ` " 彡' 〈  "''''" ヽヘ` " 彡' 〈 ゝ` " 彡' 〈  "''''" ゝ' ヽヘ` " 彡' 〈  "''''" ゝ'
     `\   ー-=ェっ  /  `\   ー-=ェ`\   ー-=ェっ  /   ` \   ー-=ェっ  /
      {ミ;ヽ、  ⌒  /ミ}   {ミ;ヽ、  ⌒   {ミ;ヽ、  ⌒  /ミ}      {ミ;ヽ、  ⌒  /ミ}
     ヾミミミトー-―'|iミミ〉  ヾミミトー-―'ヾミミミトー-―'|iミミ〉     ヾミミミトー-―'|iミミ〉

貴族出身のフェリエールは、その出自を最大限に活用し、囚人となった貴族や
富裕な市民の財産の状況、地縁・血縁関係のつながりを把握して、
彼らの財産を没収するための告発を保安委員会へ送っていた。

869 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:32:16 ID:HOXBswos [153/156]

                                  _,:-=====‐-、
                                  /''二 ̄   ) ゙ヽ
                                 ir'"r-__,,,,,,.:-'"  ヽ
                                 r_,,r''"´`i'''ヽ r‐:、 l
                               /"r'.!__..-'  `'";'ノ,! ,'
                               ヽ_,r'i゙    、  'r:< ,'
        反革命は無条件で有罪です。        .ヽr‐=''''` ,!. 丿, `i
                                  `(  _,,-‐'" l _,.!>、__
                                   `'''".)、i ,.:-:'" ,.:'  i. `'''ー--,-.、
                                    ,.:|.i゙''ヽ  /   .|    r'"  `:、
                                   ,:r' |,!,ノ.ヽ/_    |    ,'     i
                                 ,-'"/ ,ィ゙i |  ,' `‐<"   ,'      .|
                                i'| .<,:' .|.,' | ,'   ,:'    i       |
                                      ヴァディエ


                      /   )
           , ─‐ 、  _     j  ァ'´
  /⌒{ヽ     / ,.-、―シ´  \  / /
  ゞ _  ヘ     ,'/   ィv、、   ∨ /
.    ヽ \.  〃  l /{ {""}_}ヽ}  lド/
     \ \ハ   lレ >` <リl /!l/   その通りだぜ!
       \ 杁  ハ. r― ┐ノイ 八
          A. ∧{ヽ l、ヽ ノ,.ィ /ヽ>   革命軍はオジサンたちが牛耳っているし、
        / V /  リ`マア7 ル'/    陸軍省も思いのままだよ!
.       /  \ V" ∨{}V ヽ′     貴族どもはブタ箱送りだー!
      /    /`¨{  ∨/  }
            エベール

保安委員会もこうした監獄内のスパイの報告や、食糧の管理から国内の監視網を間接的に支配する
エベール派から情報を受け取り、財産を多く持つ貴族や富裕な市民を反革命容疑で逮捕していくのであった。

870 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:33:19 ID:HOXBswos [154/156]

          ,,..--―-、       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         /, -----、.ヽ,     / 反革命的なブルジョワは最優先!
         |  i_,,,,_  __゙l |    |  処刑次第所有財産はボッシュート!
         ,!、i'゙-‐-: '-、|/   /  _____________
        /'') ..., '‐-‐、.j     ̄ ̄
        / ,‐!::...`'''''''`ノ
      _,,,l ;! ::|ヽ、二 イ
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj!`‐-、_
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|  <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|  /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ| /   | :|
  i    o゚ :`;''゙     ヽ| /   | .|
  i   ..:::::,:::'::::: .      |゚    |,,;:->、
  `.、__;;/:::::::::: :     |    !''"  |
     i  ::.:::: :       |    |   .|
     |          |゚   /     |



       ⌒ ⌒ ⌒ シュルルル
     __⌒ ⌒ ⌒__
    /::::::::::Λ_Λ::::::::::::::::::/
    /::::::::::(∩;´Д`)∩:::::::/  チャラッチャラッチャーン
   /::::::::::::(     /:::::/

貴族は当然として、元が富裕な市民も、政治参加以外の点においては革命と
相容れない部分が多く、反革命派につながる部分があったことは事実であった。
事実、彼らが狙われた最大の理由は、その財産が反革命派の資金源となっていることが
明らかであり、容疑者として逮捕し、彼らの持つ財産を没収して政府のもとに手渡す必要があった。

871 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:34:05 ID:HOXBswos [155/156]

     |      い   ず   れ   に   し   ろ      |
    \   反   革   命   罪   だ   ッ   ッ   /
       ̄ ̄ ̄| / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| / ̄ ̄ ̄
            |/             |/             |/
    , r:'':´ ̄``'''ー=.、、 , r:'':´ ̄``'''ー=.、、 , r:'':´ ̄``'''ー=.、
   /:::::::::::::::::::::::::::::: : :/:::::::::::::::::::::::::::::: : :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\、__
  / ::::::::::;:-=ニ_;;;::: : :/ ::::::::::;:-=ニ_;;;::: : :/ ::::::::::;:-=ニ_;;;::::::::::::::::::::\`ヽ、
 / ::::::::::r'゙ 舌 ゙lY;:i/ ::::::::::r'゙ 歯 ゙lY;:i/ ::::::::::r'゙ 唇 ゙lY;::::、::::::::::::::::::\;;`'ー=、._
./::::::::::::ミ゙! タング.,|Y/::::::::::::ミ゙!.トゥース,|Y/::::::::::::ミ゙! リップ ,|Y=;_:`ヽ;:::::::::::::::::::\;__:::::)
l :::::::::::::::゙入三,ノノ'l :::::::::::::::゙入三,ノノ'l :::::::::::::::゙入三,ノノ'::::::::`'ー`=、::::::::::::::::::_;/
.\:::::::/´;:r゙'''_二ニ\:::::::/´;:r゙'''_二ニ\:::::::/´;:r゙'''_二二_`'ー -:、:__::`'ー--,ァ<゙
  \r';゙-:'':´::::::::::::::`゙\r';゙-:'':´::::::::::::::`゙\r';゙ -:'':´::::::::::::::``'ー-:、_工);r-i'/^゙!
   /´:::::::::::::::::::::::::::::: :/´:::::::::::::::::::::::::::::: :/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::ン’l^)/
  /:::::::_;;=-‐''iニェ:;- /:::::::_;;=-‐''iニェ:;- /:::::::_;;=-‐''iニェ:;-:、__;;;;::ノ_:::;'::::;f'/!
  ゙'ー''゙l,`ー''´~|_.::;:、` ゙'ー''゙l,`ー''´~|_.::;:、` ゙'ー''゙l,`ー''´~|_.::;:、`''ー-‐'´ :::;'::::::ト:' l,
     ';、  .i'  )r'::::::. . ';、  .i'  )r'::::::. . ';、  .i'  )r'::::::    :::::::::::l::: ト:、._
..     |゙':  ゙,ニ;;ェ、     :|゙':  ゙,ニ;;ェ、     :|゙':  ゙,ニ;;ェ、    ::::::::::ノ::  |:::::゙、`ァ'''ー.、._
        ゙、 ゙`l'ー‐',`ー''’ :::゙、 ゙`l'ー‐',`ー''’ :::゙、 ゙`l'ー‐',`ー''’ :::::/::::::  /:::::::::\!、(二)::
..     ,.rlヽ .:`~´ ::::::::::;;r,.rlヽ .:`~´ ::::::::::;;r,.rlヽ .:`~´ ::::::::::;;/:::::::::::/::::::::::::::::::\`ー=:
.,.=x''',!ァ'゙:::/l :゙、.  ,.=x''',!ァ'゙:::/l :゙、.  ,.=x''',!ァ'゙:::/l :゙、   ..::://:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;>::::::
..=彡'´i:::_,,..、-‐;'二゙=彡'´i:::_,,..、-‐;'二゙=彡'´::::::/:  :::`ー-‐'''´::::/:::::::::::/ ::::::::::::::::;;::-'''´::::::::::
.;´::::: :,./‐''''゙ ̄::::::<;´::::: :,./‐''''゙ ̄::::::<;´::::::::::::::l::   :::';::::::::::::::/:::::::/:\::;;::-'''´:::::::::::::::::::::::
^`、/':::::::::::::::::::::::::::`、/':::::::::::::::::::::::::::\:::::/|-.、,__ ::';:::::::::/ :;/:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::

しかし、保安委員会のやり方は厳格で、外国とのやり取りが疑わしい人物は些細な理由で
逮捕されただけではなく、亡命貴族や諸外国の政府に雇われたスパイ、買収された者たち
によってその容疑が煽られたために、革命は多くの血にまみれることになる。

74 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:36:11 ID:kcRw2hq. [60/132]

そして……彼らが最終的に行き着く先となった最後の終着駅が――

  iニ::iニl                             † __ _ .iニiニl _____†
  |_;;:| _|_______________________∧† |:;:;::;:;:|_;|_;|;:;:; :;:;:;:::;†:∧
  |_;;,/ __;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;::;:;:;::;:;__;::;:;:;:;:__;:;::;;;::; __;:;::;:;:;:__;;;:;;/;; ∧i;:;:|;:;;. 'i.†.i' :::::|:;:;:;:∧  'i,
  |;,/ ∧ヽ:;:;:∧ヽ:;:::∧ヽ;:::;::;∧ヽ;::;:∧ヽ;:;::;∧ヽ;::;::∧ヽ/_ /iロi'i,∧ :;':i鬻i'; :∧;:;/iロi'i,__ 'i、
 /,/;:;:;|ロi,,|;:;:;,|ロi,,|:;::;,|ロi,,|;:;:;:,,|ロi,,|;:;:;,|ロi,,|;:;:;;,|ロi,,|;:;:;:|ロi,,|:| /   'i, 'i,='='/ ;/   'i"`i
 i`ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ;;i:|''" ̄``|"'| _ |""|''" ̄``|;;:.|
 i,,;| | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|;:;l,|";;::.   | ::| |ロロli |  |";;::.   |;;:.|
 i,,;| |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|;:;l,|";'ロ';'ロ'| ::|  ̄ |  |::::∩∩|;;:.|
 i,,;|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl,|";;::.   iコ:| _ |lコ:|;::::! !:! ||;;:.|;:;,.,.,,ー、;:;,.,
 i,,;|      ,ー、       ,ー、       .,ー、     .:.:l,|";;::.   | ::| |ロロli |  |;::::!_!:!_||;::.|,:';:;'':'`::';::;:;.
 i,,;| | ̄|  |  |  | ̄|  |  |  | ̄|  |  |  | ̄|::;l,|";'ロ';'ロ'| ::|    |  |;;::.''" `:|;;:.|,:''':;:;;:;`::';;::;
 i,,;| |i_i_|  |_|  |i_i_|  |_|  |i_i_|  |_|  |i_i_|..:l,|";;::.   |,,_|    |  |";;::.   |;;:.|:;:: i!',: ''i!,::_____
 i,,;|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl;|";;::.   |(ニニニ(ニニ;;(ニニニニニ(ニ二)__( ̄____
=;i,,;|_   __   __   __   __    l;|";;::.   | , '⌒` , .:.:.|";;::.   |;;::::...::|, |/  :::;:;|
 | |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,  i:|`::.:- :'|, ;:;;;;'  'i;  :|";;::.   |;;:::...  /    :::;:;|
 |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |___,|`::.:- :'|;:;;;;'    i, ;:;|`::.:- :'|;;::..../
_;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;::;:;:;::;:;__;::;:;:;:;:__;:;::;;;::; __;:;::;:;_;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;` - :'_;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;`  - ';:;/

コンシェルジュリー監獄及び革命裁判所である。

元は14世紀後半にシャルル5世がサン=ポール館へ移動する時に司令部を置いた建物であったが、
その際に特権を得た門衛(コンシェルジュ)を縁として、『コンシェルジュリー』と呼ばれるようになっていた。


76 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:37:07 ID:kcRw2hq. [61/132]

                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,__丶 ノ _,,、 ヽ
                    i '-、_)ハ /__丿 l
                    |   '`ー゚」  L`゚‐'^  l
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i
┌‐────┐           ヽ  \ノ二ヽ /   /            /    |
│ エルマン  !            ヽ   i   i   /            /,、-   |
├───‐─┴────────────────────────────

1793年3月10日の決議により、ここに革命裁判所が置かれ、エルマン、次いでデュマが裁判所長となった。


78 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:38:15 ID:kcRw2hq. [62/132]

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 南仏のマルセイユからだゴラァ……
\_________  __________
          |   / \, ∨   ,|| .|| .|| .|| .|| .||
  ,, ,,, ,,,,   |    ̄ ̄~~  ,    || .|| .|| .|| .|| .||
    ,,, ,,, ,,, |  _____ ,, || .|| .|| .|| .|| .||/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          | ,┃∥∥∥∥┃ ,|| .|| .|| .|| .|| .|||  お前はどこから来た?
 ,,,, ,,,,   ,  | ,┃∥∥∥∥┃, || .|| .ii‐ii‐ii‐ii\___  __________
,,,,  ,,,, ,    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  || .|| .ll .|| .|| .||        ∨
          | ,,     ,,,     || .|| .|| .|| .||=||D      ∧_∧
 ,   ,,,,  ,, |___∧ ∧,,,,__||_,||_,||_,||_,||_,||_____________(´∀` )
        /,,  ,,, ,(,,゚Д゚)  ,,   \|| .ll .|| .|| .||       (    )
      / , ,,, , ,,,/  |    , ,  \!!、|| .|| .||       | | |
    / ,,    \(___ノ     ,     \!!、|| .||      (_(__)
  /    ,,  ,,,       ,,  ,,   \!!、||
/,,_________________,,\!!

ここは当初はパリの各地の監獄から革命裁判所に移送される際に
囚人たちが最後に滞在する監獄であったが、やがて地方で逮捕された
全ての反革命容疑者を収容するようになる。

79 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:39:45 ID:kcRw2hq. [63/132]

             .|:;.,;.:;,.;:;:.,;.:,;.:.;,.;,:;.,:.;:,.;:,;:,|
             .|.,.:;,:.;:,;.,;.,;.:,.;,:.;:.;,:.;.:;:.;.:,,;|
             .|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;;:;;;:;::;;:;:| |\
             .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  \
   / |        ..|'"'"'""""""""'"'""''".| |   .\
 /  |         |.;:,.,.,.,.,;.,.;.,.,.,.,;.,:;:;.:,;:;:,.;:;.| |    |
/   |         |.;:,;.,:.;:,:;.,:.;,.:;,;.,.;,:.;,:.,;:,:::;,| |\   |
     |         |;:,.;:,.;:;.,.:,;.,:;:;;,.;,:;;:.;,.:;.:,.;.,|. .|  \ |
     |         |_________.|. |   \
   ./.|        /            \|    |
 ././|      /               \   .|
//  |     ./                  .\ .|
/   |   /                     \
     |  /     .,..,.,;:,;:,.:               \
     |/       .;::,..;,:.;:.;::""'              .\
   /                              .\
  /                                  \
/                                     \
                          ;:.;.,:;.,:;.;:,.;,:.,...       \
                                "".;:,.;:,.      \
                                          .\

この建物には4つの塔があって、そのうち3つは尖った屋根をいただいており、
それらがロルロージュ川岸に沿って裁判所の前面に並んでいた。
建物の内部には、互いに不調和な部屋と、陰気なじめじめした中庭が
入り組むようにして隠れていて、ゴシック様式の広間が、普通の暗い部屋部屋、
狭い階段、ガラス窓を陽がかすめもしない廊下などと隣り合っていた。

80 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:41:09 ID:kcRw2hq. [64/132]

移送されてきた囚人たちは最初に文書課に連れて行かれる。

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:  あ、あれは何だお……
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /


.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∧ ∧
.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:(´Д`:,,)、
;:;:;:;: ○;:;:;:;:;∧ ∧ ;:;:;:;:;:;:;:;:;: ∧ ∧ ○,  ;:;:;:;:;: ,, へ,, へ⊂),
;:;:;:;:⊂ ´⌒つ´ = `)つ  ⊂(´△|||⊂ ⌒ヽつ ;:;:;:;:(_(__)_丿
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  ∧ ∧ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
 (;´Д`);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 〃´⌒ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
 ( ⊃ ⊂ );:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:(    ;);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
 │ │ │;:;:;:;:;:;:;:;:;: _(∨ ∨ )_ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
 (__)_) ;:;:;:;:;:;:;:;:;: し ̄ ̄し;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

ここで名前を書いている際、ガラス越しに見える、溢れ出した囚人たちは、
ほとんどが死にゆく運命に絶望した抜け殻のような姿であった。

81 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:42:20 ID:kcRw2hq. [65/132]

                               く        /
人_人_人_人_     /二二ニニ===ー―‐‐'   ノ  戻  お >
       (.     //´                  ヽ   れ  ら  \   _____
 る  部   (    //                      〉 戻  |  / /       \
 な  屋   (.  //        ___r冖‐、__.   }  れ   |   ゝ         ヽ
  |  か  (  //    _∠-―‐く_/二ゝ―'  ノ  ぇ   |  /      ,人/    ヽ
  |  ら  (. ヽニニr彡_,ィ_ミ、    {!__}   く   //  っ  〉    、フ /  /\ Yヘ
  っ. 出  (    {V∠ノム}ミ=-  }!  }    ヽ  ・・     /.', 、 Z r'  , \/  ヾ.ヽ
       /    `コ匸e] L)ミ    j}´ ̄}     )        (  ', ミ _} (、 { 爪_ / /}i }
⌒Y⌒Y⌒´ ,r=ニ二¨ \=イ/_{=ァ\∠ゝ- イ      ⌒V⌒Y\/⌒ トミ _} {_\{_(イ_。7∠ィilノ-
        ィ三/´  `ヽ、\三彡'  ヽ    }        {  {.: .:::::::::::∧kー-<。≧⌒ミ   {l|l!ニ,
   _r‐ノ⌒´ ̄  _ミ} } `丁´   / / / ―==rニ)  \,ゝヘ.::::::{ ヽゝ 彡^ r_j__ィ  ィ ,l|||三!
  ,イ/´        ノミ}{  {   厶ノ-‐' ,,    辷}    ーr‐' .:::::ヽ   }ト、 ヽ‐--= ´/ ,i|l|l三|
_,イ{l{  ヽ― ´_,≦三ミゝ\__廴__/    .r{{‐y‐ァ' /       ヽ .:::::::::}   l|i!  弋三- ´/ ,|l|l|!厂}
/_圦,ゝ-―¬}丁´   ` ̄ ̄/ヽ=イ    rゝイ {_ ィ'        /^) .:::|  `l|il、,ヽ‐ ⌒´i|l||liィ /
       厶}_,. -r-i_  /  /   /{彡廴彡{.        ̄ヽ.:::::|    ヾi|l|i|l||i|l|i|l|r'//
       _//_廴} \_  /     (_ィヘ/^}___}          ∧.::{   ミミ'弍二二二/ /
      r仁二) =-、〈\_Y      { イ∨ { ̄^\_       ーヘ>.  ミミミ|彡彡´ /_
    /二X^\ ヽ |    }        ー' } -r‐-イー\_r¬―=rっ   `ヽ、ミミミ}彡彡 /:::::\
   /ー=イ\\    }    |         / ー/   \=‐} ィー{ //ミ)     `ミミ{彡   /:::::::::..
 /  ,/   ` `rz彡、__ゝ-― ´ ̄て /-=/     }=‐つ〉 ー'ー'        \  {:::/^)
                       裁判所の役人のみなさん


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

中には冷静に事実を受け止めた夫婦や愛人が寄り添っていたりしていたが、
裁判所の役人たちは囚人に傲慢な態度をとって牢獄へと連れ戻そうとするのであった。

82 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:43:34 ID:kcRw2hq. [66/132]

通常、金持ちも貧乏人も初日はベッドもないひどく汚れた牢に収監され――

____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_   .ヽ.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(●)) (( ●))゚o ..ヽ|  ふ、不安で眠れないお……!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'      i:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\ .|::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   ヽ:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /  / \  ._ノ:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (__(___):: ̄::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

寝ワラの上でその夜を過ごさなければならなかった。

83 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:44:13 ID:kcRw2hq. [67/132]

                                      .∥|:l\
                         .┌―――┐    i| i:! | |\
          _________   | ̄ ̄ ̄ ̄|     i| i:l::| |! l!::|||i
            [.            ]   l ̄ ̄ ̄ ̄|     i|::l:i | |i!:: !|||i
           /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .l   .l ̄ ̄ ̄ ̄|     i|::i!!:| |li l l||||
______  r~~~~~~~~ヽ ._l ̄ ̄ ̄ ̄|__l   "'''ヾ !i!: il||||
         /       ::';     :}   ̄ ̄ ̄ ̄  \     ゙'ヾ、|li:l
        ,/                  l            \      '!リ
       / __   _  . _ _ _ _,}               \
         レ'´   `´   `´  `´ ´  ヽ!
        '|                    |'
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     ____
   /     \
  /  ─    ─\
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    | まだ、昨日よりはマシだお……
\     ` ⌒´   ,/

そして、翌日、牢番によって17人程度が共同で使う部屋に連れて行かれ、その部屋は大きく、
清潔で、板の仕切りで区切られた羊毛の毛布がかかった簡易ベッドがあった。

84 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:45:16 ID:kcRw2hq. [68/132]

そして、翌日、牢番によって17人程度が共同で使う部屋に連れて行かれ、その部屋は大きく、
清潔で、板の仕切りで区切られた羊毛の毛布がかかった簡易ベッドがあった。

                        < お .ん 酒 酒
  -‐、--- 、__,、,.z'キ ̄二ト、   < .ら だ を .だ
   ー'    V ) },!ir_。i,.、,.=、 ',  .<. ぁ よ 買 !
  /⌒i    i ̄¨/./r' h'ー゚.'= 人  <  |  .| .う
  !  !----'   i/ /ニニォヽ.,,ノ,.-!、<  |  .| 金 酒
 ` ー‐ '       / i::/¨Y´l   '〈,リ.! <  |  .| を  ェ
         /,/./.l  / / li r‐イ ).<  |    稼   )
  >- ..,,_  /Y ( ヽ-ァ / ミ リ,ノ <  ッ   ぐ.  (
   ̄ ̄二ニ! ノ > .`二´ィ i  ノ り .< ! !      ッ
   i´ ̄、   \i  ノ  i,.ィ"  !__ <
  /   ヽ、 l::` ー一 '"    l、 l─∨∨∨∨∨∨∨
          \::::∠ -- ..,,__ムィ:} /
        /         //'⌒゙ト-、_
       /          / /l. | - l  i⌒ヽ,
      ノ            / / .i「__!   l i ',
     /              / / ─ `ニ/ .`ソ /__/
    /          / /ヽ..,,__ノ_)'"/_.ノ

      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\  ちょ――!?
  |       |r┬-|     |  アル中が監守かお!
  \     `ー'´     /

コンシェルジュリーの役人たちは横柄な態度の者が目立った。
彼らは口汚く囚人を罵るのが普通で、中にはアルコール中毒の者もいた。

85 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:46:27 ID:kcRw2hq. [69/132]

酔っ払いの監守が当てられた牢は毎日の点呼でさえ骨の折れた。

         、__っー-==ーー-、
       ノ´  _⌒ 、_`ヾミ:、`ヽ,
     ,/ ミ   _,;三ラ'''`````''''"⌒丶.
    〈ノ ミ _,,ニミ/    >く 丶 ヽ \
   / ./  .:=ミ!  U    X ヽ  ',   ヽ
  ,ノ //  _,:三{ } {  _........_ X ',  }, u ヽ
  / / /´/,=ニラ´ U '´ ____、`_ノ};;;;j,ノ,,__u )
 / ,'〃 / _,∠-=_ u'   彡'"e`ミ='`´ >' eY`/  うう…あうあ……
_ノ '/丿!l/´\"ノジ, , }!`''"⌒´_,}こ ヾーぐ{     やべえ……
 ノ 'ノノ|/゙フ,ハ '彡!i;' し   ''"´r┴  └、u ヽ
/ '〃j ノ八''>-/⌒ハ{;!i:  U ∪ ヽ二ニ`Yン:、 }\     名前が読めねえ……っ
ノ ノ丿/¨/ー广´ .j」j;i,;     ,;jjノノリ !:!{:{:!i:, V__, !
ノ '/ !厂j== |__  j__,ハ!i;,. , j;川ir匕广匸lヽ!`!|{  ヽ
l { l.({= |  :{¨´ l,,,  }川小 l {ー、__   7小!:(¨~  ヽ
 ヽ' ハ|. j_,,. |_,,  「´ ヾi}川||  ヽ \ |! { {:::::;ゝ   }
   丶!,,..|''" {¨´ ヽ_, `ヾ{i  ト、 __ ' __Yヘ`ヽ,'   /
    |''"{  ヽ;   ヾ¨    \ `'┴┴┴ ′ノ-、  /
    .l:. !:、 ヾ::...  ヽ:::....  ヽー------イi{   ヽ{

                     ,,
                   ,i'";;'i,
                   ,i';;;;;;; .l,
                  ,/';;;;;;;; l,
       ヾ,'‐-.,,_  ,,.- ''" ̄...."''-.,,:;;;l
        "''-.,,::"Y   ..:::::: ,,;;;, '-',
           'y:;;;  ,,,:::;;;;;;;;;;;;;;;;,,  'i,ヽ,
          ,/;;:   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,, i,;;,'i,
          i':::::.    ,,i:;:iゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;,, i,;;;i,
          ソ::    ''::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,i;;;;;;i,
          /::         '''''''  / ,,.::., i,
         ,/.::   ....    ,-.,  ;;;;;/..   ::. i,
        i' ::'i  .:::    //ソ,i  ;;/  ::    :. l,
        l'Y"     //ソ l ./   .: ;;;;,   'i,
        i_l_,,...,,_  ,ノ lソ ,:l /   :: ;;;;;;;.,,,  i,
            "l":: l' ,:'l ,i'     :: ;;;;;;;;;;;;;,,,,,,i,
  ワンワン!    i : l- ',l ,i'    ::  ;;;;;;;;;;::''
 (実に馬鹿だな) l   .l,,-'./      .:
            '-..,,-'--'l      ::  ...
                 l      :: ...::
                 .l     .:...:::
                 l   ..:::
                  i,.:::

監守は、囚人を威嚇するための番犬が、彼らに飛びかかるのを抑えるのに精一杯で、
綴りが間違いだらけであった名前リストを読み上げるのだが、酔っ払った頭では
修正出来るわけもなく、誰かもわからない名前を呼び上げるのがしばしばだった。

86 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:47:21 ID:kcRw2hq. [70/132]

           ,.-──- 、
          /        `ヽ、
          /           \
        〃  l.:l  //.l .lヘヘ:l:.1. il ヽ
       〃 , , l:.l //l l:l :lミノ1l:.1. !l l !
      /./ //l l:.l/l/⊥l」l:l  l l: l.:.l:l ! .l
       l/l/l/ :l l:.ト、ト、lヽl リ  lノ十从l ∧
       l l:.:.:.l∧! ,r==ミ  / 二 Vl l/
       l l:入い       ヽ⌒ /ノノ
       N/ l∧         /  /
          .l/l ∧   r-- ァ /
         l/!. ヽ   `ニ´/           ,,_                 .,,
           r┴- 、`ーrrrく             ヽミミヽ          ,. ィ´//
      _ _」    |\ l ̄`7             ', 〉 `` ´ ̄ ̄ ``´ / //
  ,. ィ´.:.:.:.:l `ヽ    ̄l l /_             V/          ヽV/
 ´  .l.:.:.:.:.:.:l   \  l/ んT.:.`ヽ、          〃 // / / / .l:l.ll .l l! i!. V
    l.:.:.:.:.:.:.l     -孑'´ l.:.:.:.:.:.:.i\       〃/// / / / .l.l.!! l l! ll  ',
    l.:.:.:.:.:.:.:ヽ       i   l.:.:.:.:.:.:.l  \       ?.:l l _,|_」|」K/川ト、ノノl ll   !
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     l  l.:.:.:.:.:.:.:!  /ハ     l l l lV Tテ´l/ l/l〒テくl/ l !
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   l /.:.:.:.:.:.:.:.l  //ハ.      l l l:i _りノ     り _ノ/ / /
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ l/.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ,′  ',      ! !:l:l' ' ' '  , ' ' ' ' '/ /. /
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!      i.     l. !:l:ト、  r─v、   // /l
    l.:.::::::::::::::::::::::/  ̄ヽ\二`ヽ:l       !     ! l l l >、 ー‐' .ィ /  / .!
    l:.:.:::::::::::::::/    l  l 「 ̄ ̄ ̄|    L_ ___l _」 l V/ `¨¨´Ll/  /  !
    l.:.:.:.:,. '´ \. ィ´_ノ _ノノ      .l.    ! :i: : : : :l:.:.:l ll     l/  /.ヽ、 !
    レ'´      >'_ノ.:.:.:.:.「 ̄ ̄ ̄ L_.   !:.l: : : : :l.:.:.l lL    /  /.:.:.:.:.:\
   '´       /.:.:.:.::::::::::::::.l   ⊂ニ  `ヽ_l. l: : : : :l.:.:.l l~^~^i~7  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          /.:.:.:.:::::::::::::::::.l      ∠二  ヽ: : : : :l.:.:.l l   i 7l. /.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ
        /.:.:.:::::::::::::::::::: : :l    ∠二二_   l: : :/.:.:.:l /   l7 l/.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

だが、そのようなコンシェルジュリー監獄の監守で特に有名な監守はリシャール夫妻である。

87 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:48:14 ID:kcRw2hq. [71/132]

       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"
   _ニ -‐= '                   |
  /   /                  | |
  /   /  |  /  /| |  |  | | |
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |
 |    ∥ | | / | /  | | レソ| / レ | /
     | | |_レ‐'´リ   ソ,.イ7 ソ   ソ
     |'´~_,. -‐'l"    lヒノ/ |
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |  王妃さまもそうであったが、
     |         / |   ここに来る囚人は可哀想じゃ……
     |       ,.. /   /   わっちたちでどうにかせんとのぉ……
     | ` ‐  __'´/|    /



        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \    ありがとうだお……
   /  /⌒)   ⌒゚o  \   地獄で仏に会ったようだお……
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /


彼らは当初責任者で国王に同情的であったミショニとともに狭く湿気の酷い陰気な独房に
収容されたマリー・アントワネットに多くの便宜を図ったり、出来る範囲ではあったが、
身銭を切って、その他の囚人たちの環境を改善しようとしていた。
なお、ミショニは元王妃の脱獄計画に加担して命を落とすことになる。

88 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:49:07 ID:kcRw2hq. [72/132]

劣悪な環境の中、囚人たちは弁護士や家族を通じて外部と連絡を取り合い、
何とか有罪を免れようと必死であった。
その中でカトリーヌ・ラヴィオレットという女性は子供たちの手紙に議員への嘆願を指示している。

──────────────────────────────────────────
         _,,  '''"             ヽ、
       ,.‐'                     ヽ、
      .                         ヽ
     、                           ヽ
    .'                             ヽ
   ,.'               ハl    /  / ヽ ヽ、  ヽ
  /           /l   ノヽl  /  /   !  キ   }
 /            ┃┃┃┃/ ノ ノ__/    }   !   ノ
 l      /  イ.┃┃┃┃      -^ ̄^'`'' l  /  ノ
 l    l    l  ,.-, -、      ,,.- - 、 ノ  / /
 ,'   |   |  /' 〈Ul      / 〈Ul ヽ /"T
 !   |   ;    |::ll;|      { |::ll;|   イ  l
 ,   |   |   `ー゙       l `ー゙    l  l
!   |   |             〉     |  l
|   |   ;            /      l  |
|   |   l                   |  |
,'    |   l       、ー-=―--,      l
     |   !       '、'´   ,.'     ,'    早く、早く、議会へ行って!
          ト       ヽ  ,.'     /     ダントンのところへ行って。
          l ヽ、      `ニ     /     お前たちの母親は絶対潔白だと言いに行って!
          |   ヽ          /
               ヽ、     ,.‐'
         /       `''-、 ,.‐' l
                       |
                       |
        カトリーヌ・ラヴィオレット
──────────────────────────────────────────

彼女は夫を捨ててマンドリヨンという愛人に付いていった若い女性。
マンドリヨンが関係したスパイ事件に巻き込まれたことで連座して逮捕された。

89 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:50:22 ID:kcRw2hq. [73/132]

だが、たいていこのような嘆願は、弁護士に依頼するのと同じくらい効果がなく、
むしろ、公安委員会のメンバーの理性に期待した方がマシだった。


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/    この告発状について情報の捕捉を求める。
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ       多少疑わしいとしても、罪科を判断する証拠が
     /           ,′          不十分であれば、闇雲に起訴すべきではないよ。
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

プレリアール法の施行に執着するなど、恐怖政治の象徴とされていた
ロベスピエールであったが、彼自身は容疑者の処罰に対して慎重であり、
彼は罪状の捕捉を要求し、他の公安委員が認めた逮捕状を無効にすることもあった。

90 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:51:18 ID:kcRw2hq. [74/132]

     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |   僕が憎むのは革命に対する明らかな大罪だけだ!
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |   反革命の巨悪や、共和主義ではない貴族のみを処刑しろ!
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|

彼がサインし、余白に裁定を記してる告発状は775件。
そのうち投獄と革命裁判所への連行を認めているのは229件。
逮捕を指示しているのは250件ではあるが、釈放も稀ではなく、
58件の釈放を認め、その決定をめぐってサン=ジュストとは若干の確執があり――



                 ,、- '' ゙ ̄,ヽ、_
                /  ,、-''`゙ヽ  `ヽ
              /   !゙     |   `.  ふっふっふ……!
               ├--''゙    /    i
             , .,L _;.;;;;、  ヽ ゙ヽ、./´`!i  公安委員会に
          ,、-';;、-''゙!,.、ヽ-- '゙`_,/'゙!G.ノ!  負けてはいられないのですよ!
         /,;-'゙ ,,-';゙!--゙i-i'"  ̄ ',  Yi,
        /   "./ヽ,   ! ゙;;_,,ノ    ! ゙ヽ,
       /    ./    ̄;T!  ,/   ノ.  丿i ┬-─ '',゙ニ'- 、
       /   ,,/      ゙''ニ゙-   / i/ / i   /    `i
     .,_,i _,;;'゙      ,、-''゙ヽ、_/,、-''`  /  i  /      i
     i  ̄_,.フ     /i   / ! i´ )、  ,/   !  i       i
     ! ̄ ̄    !     / !  / ,i !'i゙ './!-、,/ /        !
     i  ○   i     ! !   `y゙i .i !.  /  ゙> ノ          /
      !       !、-ヽ;゙↓  / i !  ! ./   /./          /
     i  ○   !`'   ゙i.  i   !  i. /   //        /i

むしろ、恐怖政治において力を振るったのは保安委員会であった。
彼らは行政の公安委員会の方針、立法の国民公会の決定を厳格に実行した。

91 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:52:12 ID:kcRw2hq. [75/132]

な.../ :::早:::::l::::":::::::、:::: :ヽ.::::::::::::::::.:::::.こ:.: 駄.
ん/ :::::::く::::::|::::::::::::::ヽ:::::ヽ`:、:::::::::::::::::の::: 目
と.!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..法:. ..だ
か:..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::律 ..
し::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::・: .
な:,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l::::・::.: .
い.!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.:・:::: ...
と.! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .
.・:::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
.・::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
.・. ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //

ただし、大恐怖政治の原因となったプレリアール法は、ロベスピエールの
『道徳的狂信』の発露によるものであり、反革命・裏切り者のみを処罰し、
処刑者の数が減るなどという考えは理論優先の夢想でしかなかったことは事実である。

92 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:53:06 ID:kcRw2hq. [76/132]

脇がそれたので話を戻す。

         |     |         |
         |     |         |
        | ̄ ̄|      |  ̄ ̄ ̄ ̄ |     | ̄ ̄|
        |    |    /        \   |    |
        |平等|   /           \ |自由|
        |    |/               \|    |
        |  /                  \ ::|
        |/                     \|
     /                           \
   /                              \
  /                                 \
/                                     \

コンシェルジュリー監獄から革命裁判所へと続く道は『自由(リベルテ)』もしくは
『平等(エガリテ)』と呼ばれる部屋から開かれていた。


   ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   /.::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ./.::: |  仏     .ブリオッシュ     名 |
 /.::  |  国                      物  |
 "||"'''|_______________|
  .||  ..||                   ||
  .||  ..||                   ||
  .||  ..||          ∧_∧         || イラハイイラハイ
  .||~  _||_____,  ( ´∀`)       .||
  .||  | .||.__.__.__| ( ilつl )      ||  パンが食べられなけりゃブリオッシュだよ~
  .||  | .||       | .|. | Eヨ  |4スー| ||
  .||/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  .||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  .||  | ⌒ヽ    ブリオッシュ        |
  .||  |・  ・ ) ∧__∧  ∧_∧    ∧___∧ |
  .||  | ◎ ,ノ ( ´∀` )(・∀・ )∧∧. ´ー` )|
  .||  |   \ノ○∧∧  ○-(_)(*゚ー゚)ハ.ハ  |
  .||  |ノリルレレ⌒(,,゚Д゚)つ ~(   ( .(*゚ロ゚) |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

開廷は通常朝早かったが、それでも大勢の市民が傍聴にかけつけており、
これは一種のお祭り騒ぎとなって、法廷に続く広間では出店まで出ていた。

93 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:54:13 ID:kcRw2hq. [77/132]

しかも、ここでは怪しげな人物などが泊り込んでおり、
度々騒ぎが起きたりしていたため、弁護士や裁判官などは、

                       ,   ¨   ̄¨ ─ - 、
                     /       、─     \
                  /    /     ゝ、      ヽ
                   /      i  彡/  \ヽ\ヽ!
                    |!     |  /   ` ゝ、 \ヽ
                    |!     l.∨   寸tッk  ri_リ
                    |       |ス        f゙´
                    l      b,         ゝ',    良識ある市民は、このような場所に
                    l∧ l l ! 〔!ヽ.     -=ッ′',   子供を連れて来ないように!
                    l  ', l l ! |  へ      /リ从!
                  r‐、  リ!从l___>ー‐   ___
                    {  \( ___ /   〕  /    \
             ,. ─ ム    | ̄//r  ,.ィつ:::ー/       \
            /    Υ ̄¨>|._//<¨ ̄ ̄ヽ : :i         \
           /     |r 二 / i下 :::ヽ二ヽ/::::::|          \
          /      / //   |!  \::::::::::::::::::::|           \
         /      /::∠ 〃    |!   ヽ ::::::::::::::|             }
      /       /::::::::::::::/___,|r─‐一´ : ::::::::::!              l
        l        l:::::::::::::::::マ ∨乙_)::::::::::::::::::::::::::::::|          ‐──/
        l       ヽ::::::::::::::::〉〉// : :::::::::::::::::::::::::::::::::::l      // ̄ ̄_]
      \       \::::::://∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー┬─f__f       \
.          \       ヽ///  ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    ヽ       \

と注意を促すほどであった。

94 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:55:06 ID:kcRw2hq. [78/132]

彡⌒ミ       /
( `Д´)∩ < 被告は国家の財産を国外へ持ち出そうとしました!
(ヽ^Yソ ノ   \
 ̄ ̄ ̄ ̄|∧∧   /
  zzz  (,,゚Д゚) < そいつは許せないゴラァ!
(⌒>> / つつ   \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       ヽ( `Д´)ノ          ∧_∧
 ( ・∀・)ノ (   )         ,o  (∀・ ; )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      ┌┴┬と   |
                |      |  | |   ○
                |      |  | (  ) )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

裁判はまず検察官が前日に準備した論告を行うことから始まり、
次いで裁判長が事件の要点の説示を行い、証人や弁護士がそれに続く。

95 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:56:19 ID:kcRw2hq. [79/132]

その後、陪審員たちは審議室に退き、被告人は隣室に連れて行かれていき、

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |  では、裁判を一度休廷します。
   \_____  ________________
              ∨
─────┐         ,∧_∧
   ∧_∧ |    ∩_∩   ∂ノノハ)))
  ( ´Д`) |   (´ー`)   |ハ^∀^ノ      _______________
  ,丿~,  ~ヽ│  丿~, ~ヾ  丿~,  ~.ヾ、    /
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | ドキドキ・・・
    |                              |  | ドキドキ・・・
    |.         A_A.           |  \
    |         (  ´?瞠`)        |    ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |          ノ~,   iO)、          |   ∧_∧            / ̄ ̄ ̄
    |  | ̄ ̄|~. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| (∀・ ; ,)       ∧∧  | 大丈夫
  ∧|_∧     |               ┌─┬┴⊂  〇 ) ,,'⌒丶、 (゚Д゚ )< 大丈夫!
 (   `)    |               │  │  │ | │_ゝ@==>(〈y〉 `つ────
┏━┳┓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|   │  │  (__)__,) (´∀` ;) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
┃  ┃┗┓        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄~i ( =|=,~ ),,        |
┗━╋━┛        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|⌒(⌒,,_,)          |
  ┏┻┓_         │,   │   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|(__) ̄ ̄ ̄| ̄|、  │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
    (    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    )(^×^ ;)
   有罪かな?  ザワザワ  無罪だな ザワザワ   いや、ギロチン送りだ!

その間に法廷では民衆が裁判の予想を行っている。

96 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:57:17 ID:kcRw2hq. [80/132]
やがて鈴の音が鳴り、陪審員たちが戻ってくると、裁判長は
陪審員一人ひとりに呼びかけ、被告人の有罪性に関する質問を行う。
やがて被告人が法廷へと戻ると――

         /  /     j     ヽ、___ヽ、
、___ -─" "   (      ,'   、   ミ   `ー  -__     /   /
           y     (   ヾ /,,''      / / ̄---`、、、 /
 来  心  断  (      ''ヽ  ヾ/,,''      t  f i  , ,,    彡
 る . を  頭  ゝ        t '' ;;;''   _____,、ヽj i j ノ     彡;' ,,  /
 の      台   (    , 、 ミ   ,イ二二--ー‐),〉i /f(      """ ./
 で   ま  ↓   ヽ__/-, ``Y   .__゛-''_⌒、;; t  i ヽ`ヽ、_   /   ./
 す   っ  死      /)、 l:::'' ゝ゛;;,,(・)_-ヽ  ,, /____`ヽ、ヽ\/ /
 ね  す  後      / j ) l ;    ’ ’ ; "   i: :、'ア-、 、`-''ヽヽ、/
  ッ   ぐ  の     l j〈   j.;     ,,,、、  ''" ;; :/;;`’ム)ゝ  / t  ヽ、         ノ
  /  .に  世      l ヽ 、 .j ;    ;;,' /    ,; , ,..   ;``  / l   `ー- ^----- '
  '   し  界     l / j  l     ,'  '';;;;,,,,;;, j ;::      / j
     て  で        l   t_ イ    ,':'/_`ヽ゛" - 、;     / ii t
               l;;;;,, :::/ .l /  i 〈__iγ`y y7:::j     / j /)    な. 国   恥
               〉  , ) `、`i  i f::::::〉ィ.`ノーj、t_〈;    /_ - ' ノ    ど 家  を
               l- ' i/ ⌒ヽ  ヽ、:::`ー ⌒ '::::ノ ', ; / ,.? ノ    .と  か   知
               し  j l f⌒'ヽヽi ''""""""''''"  ; ' ,,'/  ヽt     は  ら.  り
            , -ー--` ノヽ、t    j )        , ' ',;;;''   ,, /      ッ  財   な
-フ`ー 、   /ー'   , --'   ヽ、ゝ- ' ノ、     /イ;;;;;;;/ 、,,,;;;;" / )    //  産  さ
'     ` 、 f     (    ` 、` ー 'i `ー----;;;;;;;;;;;;;;;イ;ヽ、''' ,/ ノ    ’’  .を  い
       ∨     ノ      t  '';"`t  ";;;;;;;;;;;;;;;;;/ l;:;:;` <"" ノ           盗   ッ
;;;;;;:::...、         ノ ヽ     ヽ;;;;;;  ヽ、 ゛;;;;;;;;ノ  ,l;:' ';:ヽ/          む  //
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..、   / f   ヽ     t;;   ヽ____ ノ,______ i  <                   ’’
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / ノl    ヽ     ヽ          ヽ、   `ヽ、
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ノ 、ヾ    t       ヽ        /  ヽ     `、
          l   ` 、   ヽ 、     `-、  _,,,,/     ヽ、   、
              `    :::::ヽ、     lー '   ヽ、    t    l
                 デュマ(1758年 - 1794年)
弁護士。1793年9月に革命裁判所副長。次いでエルマンの後任として裁判所長となった。

裁判長が陪審の評決を伝え、検察官が続いて法の適用を要請するという意味の言葉を述べ、
被告人に何か弁護の点で付け加えることがあるかを尋ねた後に判決が申し渡された。

97 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:58:12 ID:kcRw2hq. [81/132]

                   __
                |__|'' - ._
                   |  | l' - ._|
                   |  | |`:| |′
                  ,=|  | | | |
                 / :|_,, | | | |
               l  | |. | | | |
                |   | |:::| | | l|. / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               /   | l | | | || |  反革命のクズの首だ~!
                /   | | | | | |:! \_  ______________
     ∧_∧   /   .l l. | |‐'| |:|     ∨
     ( ´∀`) /     | |. | | | ll:|   ∧_∧
     (     つ     | |  | | | ||:|  ( ・∀・) ∧_∧
     |  |  |    ⊂⌒| l:  | |‐'| l:|:| ⊂    つ( ゙∀。 )
― ∧∧ ____,)__)ーl二二二l_,.. ┐| |'二二⊃ / /〉 〉―;;~∴ー――
  (  ,,゚) 厂⌒厂⌒厂⌒i´__,,. |..| |〉    〈(_) (__)   ;' _,.. - ''"!∧ ∧_∧
  /   つノノ  ノ  /   ,ノ|    |,,|..!、____,ノ     _,.. - ''"   _,.. ┘∧ ∧_∧
 (,,  ))'~ー~ー~一'"┴'''"        _,.. - ''"   _,.. - ''"l:| ∧_∧ ∧_∧
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  _,.. - ''" \;| .|:!(・∀・ )(・∀・ )
―┬―┬―──――――――‐┬―┬┬┴''"/     :|∧_∧ ∧_∧ .∧_∧
  │  │                |  || /       .(∀・   )(∀・   )(∀・   )
. ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧. ∧_∧ ∧_∧. ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
(    )(    )(    )(    )(    )(    )(    )(    )(    )

革命裁判所では設置されてから2年間で約2,700名が死刑の判決を受けた。
裁判所が創設された1793年3月から1794年1月までの9ヶ月の間に召還されて
出頭した1,046人のうち、死刑を言い渡されたのは380人であった。
しかし、1794年1月から6月までの5ヶ月はエベール派とダントン派の
粛清が重なったことで処刑数は一気に増大して870人となる。

98 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:59:03 ID:kcRw2hq. [82/132]

              __
           ,,ィ"´::::::::::::``丶、
          /::'";ィ7rリ::ト、::::::::::ヽ
        /:::,ィイァf/::l{:::リル、::::::::::゙!
        /:::,ィツノ,ィ/:::::lレ,ノハilヾ::::::::|
       ,イ// /,jfムl!::ィ'iル7l_llトj:::::::::::|
      ,ィケ::,ルイ`ナ゚'リtTヘィリ。i川:l:::: : |
     ,' {l;;lイl'i.:.{':.:.i',, ::::::;广l:::lリl::::::::|
     { ,ノ}メハヽr__.:....'::'":.:.:.:l:.,!/::::::: |   まるでスレート瓦が落ちるようだな……
     /,ィリ::lト. ヽ二二ニャ'.:.l:.{:ヾ:::::: |
   ,,.ィ"´/{l::l|lヽ  `'ー.:.:.:.:.:.:,.イ}ゞf::::: |
__ゞ、.:.:.:./.:ゞ洲j丶、__,,. ィ":/l:::::li,:::::|
.:.:.:.:.:.:\.:.:.:./リンjl、 :::::::::::::/:::,ィ{l!::::::::: : |
:::::::::::::::::\::::ソ川,ヽ、 ::/::,イNj:::::::::: : |
::::::::::::::::::::::ゝ、::::::ヽ,入rく::_,..,r<ヽ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::_,, ::-=ョ! l l l ヽヾヨ::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::r'三三彡't:. i, ゙':. ':: } ,} |:::::::::::::
     フーキエ=タンヴィル

そして、プレリアール法が施行された6月上旬から7月末の2ヶ月間では、
短い期間で1,389人もの人間が処刑された。(単純計算で1日23人以上)



  ゲェェェ      ゲェェェ      ゲェェェ
     ∧_∧     .∧_∧     .∧_∧
    (ill ´Д`)    (ill ´Д`)    (ill ´Д`)
    ノ つ!;:i;l 。゚・ .   ノ つ!;:i;l 。゚・ .   ノ つ!;:i;l 。゚・
   と__)i:;l|;:;::;:::⊃と__)i:;l|;:;::;:::⊃と__)i:;l|;:;::;:::⊃
    ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃.⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃.⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃

これはもちろん、プレリアール法により地方で逮捕されたフランス中の反革命容疑者が
パリで裁判にかけられることになったことが原因だが、エベール派とダントン派の処刑で
辟易していたところに、突然、このような流血を見せつけられたパリ市民が、吐き気をもよおし、
プレリアール法の推進者であるロベスピエール一派を憎むようになったのも無理はない話であった。

99 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:00:18 ID:kcRw2hq. [83/132]

         /  /     j     ヽ、___ヽ、
、___ -─" "   (      ,'   、   ミ   `ー  -__     /   /
           y     (   ヾ /,,''      / / ̄---`、、、 /
 死   死   死  (      ''ヽ  ヾ/,,''      t  f i  , ,,    彡
 刑   刑  刑  ゝ        t '' ;;;''   _____,、ヽj i j ノ     彡;' ,,  /
 !   !  !   (    , 、 ミ   ,イ二二--ー‐),〉i /f(      """ ./
              ヽ__/-, ``Y   .__゛-''_⌒、;; t  i ヽ`ヽ、_   /   ./
 死   死   死      /)、 l:::'' ゝ゛;;,,(・)_-ヽ  ,, /____`ヽ、ヽ\/ /
 刑   刑  刑       / j ) l ;    ’ ’ ; "   i: :、'ア-、 、`-''ヽヽ、/
 !   !  !       l j〈   j.;     ,,,、、  ''" ;; :/;;`’ム)ゝ  / t  ヽ、         ノ
                l ヽ 、 .j ;    ;;,' /    ,; , ,..   ;``  / l   `ー- ^----- '
                 l / j  l     ,'  '';;;;,,,,;;, j ;::      / j
                  l   t_ イ    ,':'/_`ヽ゛" - 、;     / ii t
               l;;;;,, :::/ .l /  i 〈__iγ`y y7:::j     / j /)   死   死   死
               〉  , ) `、`i  i f::::::〉ィ.`ノーj、t_〈;    /_ - ' ノ   .刑   刑  刑
               l- ' i/ ⌒ヽ  ヽ、:::`ー ⌒ '::::ノ ', ; / ,.? ノ.    !   !  !
               し  j l f⌒'ヽヽi ''""""""''''"  ; ' ,,'/  ヽt
            , -ー--` ノヽ、t    j )        , ' ',;;;''   ,, /     死  死   死
-フ`ー 、   /ー'   , --'   ヽ、ゝ- ' ノ、     /イ;;;;;;;/ 、,,,;;;;" / )    .刑  刑  刑
'     ` 、 f     (    ` 、` ー 'i `ー----;;;;;;;;;;;;;;;イ;ヽ、''' ,/ ノ     !  !  !
       ∨     ノ      t  '';"`t  ";;;;;;;;;;;;;;;;;/ l;:;:;` <"" ノ
;;;;;;:::...、         ノ ヽ     ヽ;;;;;;  ヽ、 ゛;;;;;;;;ノ  ,l;:' ';:ヽ/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..、   / f   ヽ     t;;   ヽ____ ノ,______ i  <
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / ノl    ヽ     ヽ          ヽ、   `ヽ、
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ノ 、ヾ    t       ヽ        /  ヽ     `、
          l   ` 、   ヽ 、     `-、  _,,,,/     ヽ、   、
              `    :::::ヽ、     lー '   ヽ、    t    l

なお、プレリアール法は処刑数を加速させたが、それは反革命容疑者が
有罪となれば、それすなわち死刑となることが決められていたことも要因にあった。
1793年3月から1794年1月までの期間で死刑を免れた666人のうち、流刑34人、
鉄鎖刑15人、長期禁錮6人、短期禁錮66人という割合である。
また、209名が公判前に釈放され、336名は公判廷で釈放となっていた。

100 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:01:09 ID:kcRw2hq. [84/132]

  l::::::::::::::::::|_!::lヽ::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::i、::! ノ
  !:::::::::::::::::l-‐ェ!;ト ヽ:::::l ´!:::::::::::::::::::::::::::::l ` ヽ   幺ク 亡 月 |  ┼‐ .|] |]
  l:::::::::::::::::「(;;;)ヽ、__、::レ'´l:::::::::/l、:::::::::::::l   /   小巴 三l三. ヽ_ノ / こ o o
  !:::::::::/l:::l__,,,rタ"゙、;!)、__!::::/ノ 〉、::::::::l   \
   l::::/ lヽ!    _ _   l;/´  ! >、::l   /  死刑になる自分の運命に絶望した!!
  ノノlヽ、_!    r――‐┐   /_ノ:::|  /
    l::::::>、   レ,二二ェ!  /i:::::::::::l   ̄ ̄|_     /ヽ、  /\   /\    /
    l:::/ /::ヽ、 `ー-―-' ,ィ'::::!\:::::l    (ヽ、//\/   \/   \/   \/
    レ' ム-''´lヽ、  _,,./! ゙ヾ!__ヽ!    ヽ´ヽ、ヽ
            !   ̄     レ;'´  |  (,ゝ、 \ ヽ l、
        /| _,,.-/´  ;; .,,,-!  ヽ、 ヽ、 | | ! l
       / 斤'"〇 /´    ,;;:''" _,l_   ヽ ヽ/  l | l
      /; l、」_,,/     '' ゙;;/  ヽ、   〉  `ヽ  l/
      /!,r''´!/  /     ';,/"゙''':;,,,,;;'' \ /     ,!
    / l ,;;  |l  /`'';, ,,   /   ,;;''"゙''   l     /
         コンドルセ

101 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:02:17 ID:kcRw2hq. [85/132]
       ||
       ||
       !|_
     〃ヽ:::ヽ
    レ`゙ヽ:;;ノ
   /井i #i^  本当は服毒自殺です……
   / i |  キ!
  / |ニ!井 |
  ノ ノ´! ___!
  ヽlii::ii└! r'"!
   lii::ii::ィ'rノ、_|
   !ii::ii::`´ii::|
  ,!ii::ii:::ii:::ii::l
  !:ii::ii:::ii:::ii::i|
  .l::ii::ii::::ii:::ii:::l
  l_;;;ii;;--r、;;;ii|
  `ーFl-‐|_,l-'"
   (ヽ! (-、゙!
    ヽiノ `、y'

ジロンド派寄りの姿勢を批判され逮捕状が出されていたコンドルセは、
1794年初頭に逮捕されたが、自らの行く末を悲観して獄中で服毒自殺をした。

102 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:03:08 ID:kcRw2hq. [86/132]

死刑が言い渡されると、死刑囚は24時間以内に刑が執行されるため、判決は午後遅くから
明け方まで間に結審し、刑の執行は翌日か、当日の夕方になることが多かった。


                    /.:/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  , ィ´.:/.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.(
          ,r‐-、_ , ィ .:.::::ん"´  ̄ ̄``ヽ、.:.::::::::::::::::.:.:.)
          /.:.:.:::::::/ `7:.:::::::._ノ        \.:.::::::::::::ノ
          ).:.::::::/  /::::::.(   ,   /   ヽ 、  \.::::::(
         ノ.:.::::::/  /::::::::.ノ  |  l     !  ! ヽ. !::::ノ
         〔.:::;:;:;;;! /.!::::::( i  .!  !|     |  |  .:| |:/
          /).:.;:;;;;| //|:::::::ノ |  | .:||    |:. l:. .::.l | |
        j〔.:.:;;;;;;;.レ/ |::,:イjト、| j| ::|ト、   !::.:/::.:.:/ .! |
         l |>、.:;;:|_」ん1ート‐y-、l  ト、 /-/仆イ::./l/  最後だから、生牡蠣と白ワインをいただくバル。
         | |ン}.:;;:V,旡、l |,ィr=?>、`   ,ィ=ミ,〉 ij:/ _ ___
          | |  `ト、〈f薇f〉|ヾ込ソ      辷ソソ l/1\      \
          ! !   \`Y」:.i |    (__人_)   / :ト  \     \
       | |l    \リ:.| |L._     く\ , イ  | \/ ̄ ̄ ̄ /
       | ||       ,イ:| l|::.:.:.:.``ヽ.__>、\|   1/|━━━━|
       | ||     _「 `ト、|:::::::.::. i.:.::l朮ト、>‐'つ/  .! 白ワイン|
       | ||    /.:| 」二二乃.:|.:::|薔jソ ,ィ戈 .:.:::|━━━━|
       | i|  / .:.::::|〔_  ̄``ー弍:!氷リ   . ノi:.:: :::::!    .:.:.:::::|
       | l| ,/ .:.:::/.:.:.:.:.:.丁> - コ_ノ  / :::|.:.:::::::|  . .:.::::::::|
       | l| / .:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ /イ ̄了/ _ノ .:::::!.:.:::::::! .:.:.:.:.:.::::::::|
                  オルレアン公

囚人は特別の独房に入れられ、そこで最後の時を過ごし、
慣例として豪華な最後の晩餐が提供されることになっていたが――

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  同室のオジさんは……粗末な食事だったお……
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

金を持っていない者はそのようなことも期待出来なかった。

103 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:04:06 ID:kcRw2hq. [87/132]

覚悟を決めていた囚人たちは、事前に遺品や遺言状を残している者が多くいた。

       , -‐' ´ ̄ ̄ ̄``丶、
     /              \
    / /ヽ、   _, -─ ヽ    ヽ
    l l r'ニコ  ̄ {二ニヽ \    l
    ヽ 、__   、 _ ,   l    |  処刑人によって切られるよりは、
      ヽ. {しiヽ   {し'j`  /    !  自分から切る方がマシです……!
     rl   r‐'        !/´ヽ. /
     l_l   ヽ        jツ }'
        ヽ   ヽニニア!    、__ノ
        \  ヽ--'    j jヽ
        `7 、__   //  l‐- 、
      ,  -‐''l !l、   //   l!   `ー- 、
     /     ! ヽ >'´ /    / !      \
   /     l   ヽ/     /          ヽ

しかし、手持ちのほとんどを没収されたことから、有罪が確定するまで間、髪を伸ばして、
死刑が宣告されると自らそれを切り落として手紙の中に入れ、遺品として家族に送った。

104 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:05:05 ID:kcRw2hq. [88/132]

                            ──‐
                      ,  ´          `
                     /        /      へ \
                    ∠  /  / //       l     \ ヽ
                   /  /  / //l   |    |   、 、',
                     //  /l / // l  |lハ.  ト、 | |  l |
                   l// /l / _厶 ハ  lリ \L_\l |  | |
             _   ___l  l l ィ / /  \|    \「 ト|、 | |
            ´         `  、_      _  ,/  / j  じゃ、ポーズとって、ポーズ!
        /                  ` ̄`   ,   ´ ̄ヾ /  / /
        /       /   /          \____  ""厶∠ 人
.     ∠/     /   /           ヽ    |   / /   }
      / / l  / |  / !   l l  | l ',    ハ__ ム <厶ノ  人__
     l ,/  l  /l ⊥ム |  | ト-┼ l、 l! ハV7l_ イ /´  // / }
     | /!   | ィ´/ /   、 !/ \|V ト| | 〉〈 l|l! 入//  //_/ _.イ
     l/ l/l ト、|/   _  \|  _  l/l/l〈∧〉|Κ /!ハ /ノ二 < /`ヽ
        >、l l ィ´ ̄`    ´ ̄ヽ/    ハ V/  ∨//  /    |
      ∠    l """    ,   ""/// / / l// // / /     |
       厶ィ_ 圦     r  ァ ∠二∠_//l人リ/l!/ /  //      |
       ( \_| V  >、  _  イ  /`\/ヽ l| /   / l          |
      ( \_」  ∧_   \`'Y´ /_/    L/ ) /  ハ ゝ、     |
.     {\_」  ///   ̄`  ̄ ̄ ´       L/}       \       |

また、絵の描ける人が囚人の中にいると、その人に頼んで肖像画を描いてもらった。

105 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:06:04 ID:kcRw2hq. [89/132]

────────────────────────────────────────────────
                                                      -――――-  、
                                                  '": : : : : : : : : : : : : : : : :丶
                                               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                              /: : : : : : : : : : : : : : : \: : : ヽ: : : : : :ヽ
 革命裁判所検察官フーキエ=タンヴィル様。              /: : : :./: : |: : : : : : : ヽ: : : :\ : : : : : : : : : : .
 検察官様、どうかわたくしの肖像画を                _ _/ : : /: : l : : :l : :.|: : :{ : :.:|\:__: :ヽ: : :.<\/ 〉: ヽ
 ベリ通りに寄宿している十歳の小さな息子に               ` /.: : : :| : : |: : : |: :j:l : : |\':l./\. :!ハ: :|: :\ く: : : ヘ
 送って下さるようにお願いいたします。                  |: :/: : | : : レ'|\l: :八: : | /ィ卞坏。`ヾ : //\>. :│
                                          l: :! : : | : : |〃卞心\{l:::::::::::ト{::.jハ .}}/ :</: : : : : :.:ト
 それは貴方の手にわたるはずの私の赤い                 l:/! : : | : : {{ 弋:jハ∨:::::::::::::::ー='"/: : : : : : : : : :.l:|
 モロッコ革の筆箱の中の札入れの上にございます。          l:∧ : :lヽ :ヽ `ー= '"     、   /: : : : : : : : : : : リ
                                           \∨ハ:\   t ニ二-ヘ  /: : /: :/: :∧: /
 貴方はあの子から母親を剥ぎとった、その肖像は        f゙ヽ      /: : : j:∧  ∨ r/: : :: }∠: :./l: /イ : :/ V
 少なくとも、あの子に残されねばなりません!            | }.    厶-= ア: : ゝ          イ_/^l |/
                                     /ヽ |/^)     l: /V!: :/二7 弋r<   人  ヘ
                                 __/ ヽ| l /       '´   V/::::/{__/_j:_xj  / /:::::::::>,
                                (_ _ ヽ ノ  }         /7::::::// ヾル' レ' /::::::::::/^\
                                 ヽ   ヽ  ノ          //::::_//  //|  /::::::::::/  / ヽ
                                  \   /ヘ       /l ヾ_:: ヾ、_ //l | 「:::`ヽ〃   /   l
                                   ∧/   ヘ       { :| /::/O::::://::l├┴―-{{.  /     |
                                 rく/     ∧     /  /::/:::::::::〈/::::Ll:::::::::O::/:|ヽ∨    │
                                 \     / ∧.   /   {:::{ :::::::::::::::::::::::::::::::::::/:: | ∧     ハ
────────────────────────────────────────────────
べザック夫人のフーキエ=タンヴィルへの手紙

106 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:07:06 ID:kcRw2hq. [90/132]

また、少しでも遺された家族に資産を残したい者や、
貸した金を踏み倒されることを危ぶんだ者は、
返済されていない債権について手紙に書き残している。

───────────────────────────────────────────────
               __=`ヾヽ/〃‐=__
               彡          ミ
              Z /⌒''ー''"´⌒ヽ  ミ     バカがっ・・・・・・!
                _〃 ヽ、.__ /⌒  __l  l     戻らんわっ・・・・・・ まるで・・・・・・!!
               |l \ヾー一 //´ l.  |
                 l' _ヽ` ̄´∠ __ |j 〉__ l     わしは・・・ 早く早く・・・ 返済させたいんじゃっ・・・・・・!
             {.ヾ ̄o>  <o ̄ フ u| h.l l     リーヴルを・・・! スーを・・・! ドゥニエを・・・!
                i `三.( l! )ミ.三彡e,,| Fリ |     返済させよっ・・・・・・!
           ヾヽ|.e~( l! " )ヽ三.シ/リ‐′ ゝ     返済させるんじゃっ・・・・・・! わしの金をっ・・・・・・!
               >、 ̄`_>r<_ ̄´_ <メ||`ヽ、_ ゝ
            7 |l工LLl⊥LLl工Lン´タ|l::::::::|... ̄ ``'' ‐-  デシャルムは 聖ヨハネの祝日にっ・・・!
          _Z..|ltゝェェェェェェェェタ/.||::::::::|::::::::::::::::::::::::  わしから借りている・・・・・・ 600リーヴルっ・・・・・・!
   /⌒l´\ ̄.......::::::| ヽ、~ ≡ 。U u /ll/|::::::::|:::::::::::::::::::::::  そいつを要求しろっ・・・・・・! 返済をっ・・・・・・!
 / /⌒l、._):::::::::::::::|1 lll  ̄「「 ̄「「 ll / |::::::::|:::::::::,(⌒ヽ:::  奴が知る前にっ・・・! わしの死をっ・・・・・・!
.(  u /⌒l::::::::::::::::::::|::1 lll lll ll lll / /|::::::::|::::/(´\ \
 ヾヽ /⌒l:::::::::::::::::::::|::::Vl lll ll lll/ 〃|::::::::|::(._,(´\uヽ  )
  ヽ u イ ノ::::::::::::::::::::::|::::::| !ルリw,/   〃 |::::::::|::::::( \ ヽ  /
───────────────────────────────────────────────
              ボターニュの手紙

107 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:08:08 ID:kcRw2hq. [91/132]

文盲の多かった時代、こうした遺言の手紙のほとんどは口述による代筆であり、囚人たちは
字の書ける他の囚人や最後の時に付き添ってくれた司祭に筆記を頼んで最後の言葉を残した。
その中でプライドの高いブルジョワや貴族たちの多くは代筆はせず、
自らの手で手紙を遺したのだが、それはとても読みづらい字であった。

 /   /  / /  / | ||       |l  `、   │   | |、
 |   /  ///  / jl| ||       ||   |ヽ   |   | | ヽ   ヽ
 |   /  / / |  / /|| ハ     l l  |ヽ   | `、 |   | | |
 | / | / / | /ル-|、|| `、   l h |  ヽ |  l A   / ,' |_         死ぬのは嫌!
 | / | / j| | | {レ=`ヽ.`、   | |ヽ|  ヽレ≠レヽ| j /  |ヘ  │   死ぬのは嫌!
 |/ // N  ハ|ミi  ,'⌒ヽヾヽ | | ||v-イ l,'⌒ヽ |ィ | /   |〉}   |    死ぬのは嫌!
. /  |/  { 1 l l|   ヽ._ノ   \| !リ  、 ヽ._ノ  ′l/   レ' │ |    死ぬのは嫌!
/   |l  | ヽ| N  ` `ー=彡 '´      `` = '"  //   |   | |.   死ぬのは嫌!
 /|l  |  ハ ト!ヽ                       〃|   | l   | ト、.  死ぬのは嫌!
/ /|  |  | | | ヽヽ        ` ´          ,イ    | |   |      死ぬのは嫌!
  /ll  |  | | `、ヽ     lT ¬¬¬ 丁l>    /    | |  h.    死ぬのは嫌!
 ,'∥ |  | |  ト||」ヽ、   ヽ}` ̄ ̄ ̄´jソ    /    | | |  | |    死ぬのは嫌ァー!
 | ||  |  | |  | | | | lヽ、 ヽ二ニ二 ノ  /┤|     | | |  | |   (漢字なんて書けないわよ!)
 | ||  |  | |  | | | | |\ヽ、   ‐   /   │|     | | |  | |

と、それは感情の高ぶりだけが原因ではなく、彼らの多くは秘書に代筆させることが
一般的であったため、字を書くことに慣れていなかったためであった。

108 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:09:19 ID:kcRw2hq. [92/132]

              __
           ,,ィ"´::::::::::::``丶、
          /::'";ィ7rリ::ト、::::::::::ヽ
        /:::,ィイァf/::l{:::リル、::::::::::゙!/ ̄ ̄\
        /:::,ィツノ,ィ/:::::lレ,ノハilヾ::::::::|       |
       ,イ// /,jfムl!::ィ'iル7l_llトj:::::::∠  神   |
      ,ィケ::,ルイ`ナ゚'リtTヘィリ。i川:l:::: : |       |
     ,' {l;;lイl'i.:.{':.:.i',, ::::::;广l:::lリl::::::::|  仰   |
     { ,ノ}メハヽr__.:....'::'":.:.:.:l:.,!/::::::: |  せ   |
     /,ィリ::lト. ヽ二二ニャ'.:.l:.{:ヾ:::::: |  の   |
   ,,.ィ"´/{l::l|lヽ  `'ー.:.:.:.:.:.:,.イ}ゞf::::: |  通   |
__ゞ、.:.:.:./.:ゞ洲j丶、__,,. ィ":/l:::::li,:::::|  り  .|
.:.:.:.:.:.:\.:.:.:./リンjl、 :::::::::::::/:::,ィ{l!::::::::: : |  に  |
:::::::::::::::::\::::ソ川,ヽ、 ::/::,イNj:::::::::: : |       |
::::::::::::::::::::::ゝ、::::::ヽ,入rく::_,..,r<ヽ::::::::::::::\__/
::::::::::::::::::::::::::_,, ::-=ョ! l l l ヽヾヨ::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::r'三三彡't:. i, ゙':. ':: } ,} |:::::::::::::

しかし、こうした手紙も1794年3月14日の法令により、被拘禁者に宛てられる
全ての手紙、被拘禁者が外部に出す全ての手紙は押さえられることとなっていた。



         _,,ー-"~::::::::::::::~~"ー--,,__              | 差 差
       ,, '~::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'ー-,,,_          .| 押 押
      ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'-,~"'ー,       .| ♪ ♪
     ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',        /  ♪ ♪
     ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"::::--,,_    ̄\____
    ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',~"~~"
    ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
    !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
   ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  / !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  / 入:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(
_,,--ーー''""/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ__
 __,--ー'~,::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"ー-,,__
~~::/::::::::::::::::::::::::!:::::::::::ノ:::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~",
::/::::::::::::::::::::::::::::::)::::::イ::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::/:::!:::::::::::::::::::::!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::!::::::::::::::::::::::!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,

つまり、処刑が加速する頃には、死刑を宣告された者が最後の想いを
綴ったであろう手紙のほとんどは、遺された家族の下には届くことはなく、
革命裁判所の支配者であるフーキエ=タンヴィルの手に留められることになったのである。

109 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:10:13 ID:kcRw2hq. [93/132]

では、最後に、革命期に処刑された有名な人物二人の
物語を中心にして、この忌むべき話の筆を置きたい。


          ____
         / \  /\  キリッ
       / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |  やる夫で学ぶなんだお!
     \     `ー'´   /  複数役をこなしてもいいんだお!
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
アントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエ(1743年 - 1794年)
パリ出身の貴族・化学者。
ブロワ地方に土地を持つ貴族の家に生まれる。
幼い頃から優秀で、若くして化学者となることを目指した。

110 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:11:07 ID:kcRw2hq. [94/132]

|┌──────────┐ 履歴書     西暦1762年×月×日
||    /      \      | ┌────────────────
||  /  ─    ─\    | |氏名: アントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエ
||/    (●)  (●) \ | ├────────────────
|||      (__人__)    |. | |生年月日 1743年8月26日
||\      ` ⌒´   ,/.  | ├────────────────
||...イ.ヽヽ、___ ーーノ゙- 、   | |現住所: フランス王国パリ市
||   |  '; \_____ ノ.|ヽ i....| ├────────────────
||   |  \/゙(__)\,| i  | | |連絡先: ラヴォアジエ家
|└──────────┘ └────────────────
| ┌───┬─┬──────────────────────
| | 年   |月|          学歴・職歴
| ├───┼─┼──────────────────────
| |      |  |          学     歴
| ├───┼─┼──────────────────────
| |1761年|×|        マザラン大学卒業
| ├───┼─┼──────────────────────
| |      |  |
| ├───┼─┼──────────────────────
| |      |  |          職     歴
| ├───┼─┼──────────────────────
| |1761年|04|        自宅警備員兼化学者
| ├───┼─┼──────────────────────
| |      |  |                           以 上


実家は広大な土地を持つ裕福な家であったが、実験器具が高価であったために、
父の勧めで市民から税金を取り立てる『徴税請負人』の職業に就いた。

111 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:12:06 ID:kcRw2hq. [95/132]

当時の徴税請負人は、強引な入市税の取立てや高額な手数料を
付随させていたことで市民にとって怨嗟の的であったのだが、

        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\   これはヒドイお……
   /:::::::::: ( ○)三(○)\ やりすぎはいけないお!
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |  _________
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/.   | |              |
   ノ::::::::::u        \   | |              |
. /::::::::::::::::     u      | |              |
 |::::::::::::: l  u            | |              |
 ヽ:::::::  -一ー_~、⌒)^),-、    |_|_______|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)二二二     | |  |


ラヴォアジエは啓蒙知識人として、他の徴税請負人のように高額な手数料を
付随した取り立ては行わず、むしろ市民に同情して税の負担を減らそうとしていた。
実際、1791年にはルイ16世の要請により国家財政委員に就任し、徴税改革を担当することになる。

112 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:13:08 ID:kcRw2hq. [96/132]

               ____
           ,. -'"´      `¨ー 、
          /                ヽ、
         ,.' '⌒       ⌒ヽ      ヽ、
       /  .;'⌒ヽ     、ィ=ミ、、        ヽ、
       /   ii   l:|    〃   ハ         ヽ
      ./   .l:l  ,リ.    |:|    ,リ          ヽ
     / .   ゙'‐‐'"      ゞ、__彡'            i
     /  XX(    j       )XXX               l  マ、マジかお……
    ,'     `ー-r'´`jー--‐'′             /
    i        `ー"                    /
    ',                           /
     ヽ、                       /
      ヽ、_                    /
         `i                    ヽ



                  __
                 , '´     ,'  ̄ ̄ ` 、
            ,--―、      '         ヽ
              (⌒)_(⌒) ,'ミミミミミミへ\  ヽヽ ヽ
        _ ///  /         ヽ \  \ \
.        /   /  /     :|   }! l  ヽ   丶ヽノ
        /:  /   /    / |  ハ斗ヽ‐| 八 | | |
.        /.  /. / | __..⊥j  /  |/ _ヽム. | | | ∧
.       |. / / iイヽ :/j/|/    ィテ7ヾ}i|:.リ│}│
.        |//ィ ハ | ィ≠テミ       V、:::j レ゙ |/V
         ヽ! |ヽ!\|{ハイ:::::}   ,  `ー" / / | ハ   大好き……
         ヽl| 小 トヘ. ゞ'´        'イ /j/  ハ
          | .:〉:| {ハヘ     ' ’  /j/∨   ハ
          | /l{{ヽ. ?゙ヽ{`ト  ..__ ,.ィ1/'´ ハ:    ハ
          l//  ハ、r{ ` \r     l   イ i   ハ
         /   '. ノ    /      `ー-  ..__  ハ
        /   / /∧ _,. イ        ′ ̄   `ヽ
       /  ./, ', ' , - '´                     ',
      l      /                        l
      l      l    rェzrェ      , rxzェz、/     !
       l      |   タ'´  ̄ `ヽ、 .:.:/    ヽヘ    l
.      l       l    / /,,_,,_,,_,,,_,\/,,_,,_,,_,,,_,,_,,} }    │
     /       |   {  {_,,_,,_,,_,,_,_,_,_,_,,_,,_,,_,,_,__,} ,′  :|
             |   ヽ  . : : : : : .    .: : : : :/ ∧    !
       マリー=アンヌ=ピエレット・ポールズ(1758年 - 1836年)

こうした真面目な態度と貴族という生まれから、徴税請負人の長官ジャック・ポールズの
目に留まり、28歳の時、その娘で当時14歳のマリー=アンヌ=ピエレット・ポールズと結婚した。

113 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:14:06 ID:kcRw2hq. [97/132]

   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l  私の父は
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ  情報統合資産体……
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/    私の持参金だけじゃなく、
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/    実家のお金は出来る限り
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、    あなたの研究のために自由に使って……
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

妻の実家は東インド会社の株主という資産家であったことはラヴォアジエにとって
大きな助けとなったが、マリー=アンヌは金銭の面だけではなく――

114 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:15:09 ID:kcRw2hq. [98/132]

                j/! l !    .      !: l/!
                 j/! !         / ∧!
                 ヽl lヽ、  ´’   /!:/
                 ヽ! j/ト- ィl/ j/
.                    r‐l    ト、
          l     -┬<´ : ト -―l : `ー┬ 、 |
         !|__ /.::: ::::!: l l : : l二二 ! : : : : ! ! : ト、!!  `ヽヽ
   〃 __|l  /l ヽ|! :::: l ::l: :l !: : :!    l : : : : l l: : ! /|ト、_ ノノ
   l| / ヽ_ノ! !   トヘl| :::! l !: :`ヽヽ l: : : : :// ://   ! `ヽ!|   !     、、
    !    ヽヽ  !   !|ヽl__!|ノヽ ノノ / : : : // /∧  ∧  |!|\!| !  ノノ
  j|_∧  l| l ヽ_ノ\ !| \l_ノ  /( _j|∠ノ   ̄ /! ∧   ̄!| ̄ノ
/ ! _ノヽ、_!lノ_.. -―ヽ   ヽ从/ ムヽ、!|_ ノ__ / l| /从` ー‐l|<_
__ノ´ !ヽ、_ノ__ >ー‐人ヽ、 \   ≧   !::::::::::::)\! !/  ≦‐-、!   ノ
    \:::::::::::::::::::::::::≦   ヽ、_\ `>  |:::::::≦  \j / `>   ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

夫の役に立とうと、化学者仲間たちの話に耳を傾け、
成長するにつれて化学の知識を身につけていった。

115 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 22:15:37 ID:cduQZ7a.
やってる事はむしろ市民の味方じゃないかラヴォアジエ
八つ当たりで貴重な才能が…

116 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:16:12 ID:kcRw2hq. [99/132]

∨: : /' : : : : : !.: : :/        }.:       i         i : : : .    !            ヽ     |    i  ∧
.ハ:/ /.: : : : :.: |.: .:/        /:.:       ト,         |,: : : . : : : .|          ハ    |   l   ∧
  . /.: : :.: : : .:{: :/       .∧:.:      i ∨ : :.     |∨ : : : : : |: : : : : : : .   : .   i     |   |   ',
  ∨: : : : : : : : V        / .∧:.     | ∨: : .:: . .   |∨: : : : :.l、: : : : : : : . : :   ト   |   l    ∧
   ,: : : : !: : : : ′      /: : :.∧:.     |   '、: : :. : .:.   |   、: : : : !ヽ: : : : : : :.:. :.:.  |ヘ    |    l    ∧
   ∨: :|: :. :′     ./ !: : :.i '、.   |   丶: : : : : . l   \: : |  \ : : : : : : : :  | ヘ   |    l    ∧
   ∨: :! : : ,'       f ∧: :| \   |    \ : .: : :.l     \!   _ ≧ ___: : :. :.|  ',  リ    |     :ト、ヘ
     V j: : /      j:/ ∨ |   \ |      \: : :.l     -‐      \ : : ̄ : |   ', /     l     ! `丶
      ゝ≠'      |′  ヽj ,.。rz====ミx       ヽ: :!       z=====ミ气.:.:. : :l  ノ′   l   i |
                 i    .イ ん::::::::::::::::ハ汽       \       r .芹云示圷ミx: :i|         l|  リ |
                 {    《  {:: O:::::::::::::ノ} . -―‐- 、     〃んo:::::::::::::ハ } 》 :リ         リ   ′ !
                ヘ     '::::::::::::::::::.ィ´       }        {ト:::::::::::::::::ノ} ノ从/       .イ  イ  :′
              ヘ、     ∨う::::/       /        Vう::::::::::://   j     .:  // / ! /
   /             ハ':,     ヾン         /           ヾ辷rzン′   ′  .:. :   ン / } /
 /             }∧   ァ´       /                  ′  .: : :   ′ ' ノ'′
               乂_厶イ        /     ,              .′ .: : :.:   ′,′
                          /          ┌─────────────────┐
        /                .イ        rっ  .│  SELECT シリアルコード FROM     .|
       '                  /            │  データベース WHERE コードデータ ..│
      /                    />              │  ORDER BY 攻性情報戦闘         │
      :′               /: : ト、 >           │  HAVING ターミネートモード         .|
      !                .イヽ: :|.イ l   >ー---z └─────────────────┘

また、夫が語学が苦手ならばそれを補佐するために英語、ラテン語、イタリア語といった言語を習得。

117 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:17:15 ID:kcRw2hq. [100/132]
                 __
                 ´: : : : : : : ̄ ̄  、
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.           /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
      、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
        ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
         ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′
.           ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/
.            j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/
              V: :lヽ、   _     /j/!/
  スケッチ……    ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃
                ヽ!  //j     ト!/\
                 _/ :/-―――-l : : : :ヽ、__
               /|::|: : : :! -―――-! : : : : : :/∧
  _____    /! !::!: : : :! ̄  ̄ ̄/. : : : : :/://:!
  ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧   /. : : : : :/://.:::l
.   ∨                ∧ /. : : : : :/://.::::::l

更にはダヴィッドのもとへと通い絵画にも精通するようになった。

118 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:18:06 ID:kcRw2hq. [101/132]

                         --- ._
                   ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
                 , '´ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\          、ヽ l / ,
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ         =     =
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ       ニ= マ そ -=
                ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:. : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ:.:.:',:.:.:ヽ:.:.:.:.:.: \       ニ= リ れ =ニ
                  /:./:.:.:.:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:i:.:.: ハ:.:.:.:.:.ト-ゝ    =- │. で -=
              |:.:':.:.:.:.:.:.: i:.:.:l:.:.:.:.:. l:.:.:.:i.、:.:.:|',. |.::.:.:.:i:.: : :!|         ニ .な. も ニ
              l:.:l:.:.:.:|:.:.: |:.:∧.:.:. : |:.:. :l \! ',:l:.:.:.:.:|:.:.:.:八        ´r ら   ヽ`
             ノイ|.:.:. ∨: ?z弌 :.:.lヾ:.:| x=弌、.!:.:.:.:.|:.:j/          ´/小ヽ`
    ,r -─ 、      _从: :.:.\<fテ坏 、| ヽ .fテ示 .}:.:.:.:.レ'く ̄ ̄三ニ―--、,、
  ,ィチ二`r_`‐-、r.r -イ: : : ヽN.:.:}ハV;;ソ     ヒ::ン /: :;ク′ \_       ヽ ヽ、
  ‘ ´へ. __ `ヽ }:|.:.:.:,|: : : :`: l∧: : 、   `_._     .イ.:./    / 入_-―――┘ ,>
        ,‐-ヘ ー .ヽ:_:_:_:_:_:_::\,::`>      イ/|l:/   //: :./`'<´  ̄ ̄´
     / {´`,ゝ           { | l   |辷並彡′j/  //.:. : ; : : : ,.:〉┐
、   _,,..//‐‐-...,,_         ト,\\|====ァ′   ,/イ: : :_,∠: :.=彡: :,ハ
 `''´ /       `''‐.、/.      ,.|:.辷>{. /  _,ィ彡少'.:>:,: : : : : : : : : : :.\
    、、 l | /, ,    l /,.   /.:?>-》'-辷==<  / : : : : : \: : : : : : : : : : :ヽ、
   .ヽ      ´´,  丿/ ヽく, : : : : /入∧:\___/.: : : : : : : :/ \_: : : : : : : : : \
  .ヽ し き マ ニ. /   '!_} ヽ´〃 / : : \ : : : : : : : : : : : /    ` <: : : : : : : : \
  =  て っ リ  =ニ      |  ___,/: : : : : : \: : : : : : : /       \: : : : : : : : :\
  ニ  く. と │  -=      ´ ̄./: : : : : : : : : : : : : `ー--<            \: : : : : : : : :\
  =  れ.何 な  -=     | /.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:\           \: : : : : : : : :ヽ
  ニ  る と .ら  =ニ     ,!|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 __/,  お か    ヽ、       /.         マリーの愛情が化学の世界を革命すると信じて…!
 / /     ヽ、  ,ニ_マ,‐´_______________________________
〈 __  / / 小 \   ,..‐' ヽ了
¬ レヘ_ ‐---‐ ''      }〈
 ヽ,勹 了         jノヘ
   ¬, 〈_
     `ー-ゝ

こうして成長した彼女はイギリスの最新の化学論文を翻訳するだけではなく、夫の実験における
あらゆる場面を細部までスケッチして実験の成果を記録として残した。
それはまるで、夫への愛情と同じくらいに、自らの才能を世間に誇示するかのようだった。

119 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:19:09 ID:kcRw2hq. [102/132]

              ,'
              (:'
            ',  ))
            }  /(   ボ
          ,' ノし': :ヽ     オ
         ((,イ: :  :: :V)   ォ
         、ゝ: :   : :(ノ} ォ      _____
         ヽ: :: :  : :: :/  ォ    / ヽ   /  \
         /ゝ;:; :;从;ノ   ォ   // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
        /,. ⌒/ 丿  ォ   /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ
     _,.  '´  /  /  ォ}  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ  質量保存の法則を発見したお!
     |  _,. ‐'´  ,.イ    ォ  |      `‐‐'  `--'       |
     |  | /  / ,r'─、     |       |-‐┬‐-|         |
     |  ノ'  / '´   /  ̄}  \     ヽ___/       /
.     j    /    /   j、   .__\              /
    /            ハ〉、:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
    、               {`ヽ}}.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
.     `¨⌒丶、_         ノj.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ


        ____
      /      \
     /  ─-  -─\
   /──( )─( )- \  元素表も著したお!
    |       (__人__)    |  _________
   \      ` ⌒´  ,/  | |              |
   ノ           \  | |              |
. /´               | |              |
 |    l                | |              |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   |_|_______|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)二二二     | |   |

こうした妻の努力の甲斐もあって、ラヴォアジエは化学の革命とも言える発見を成し遂げた。

120 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:20:13 ID:kcRw2hq. [103/132]

しかし、エベール派が活動を強め、革命の急進が激化しだしていた1793年11月24日――

: : : : : : : : :!: : : :ハ: : : :.|`ーヽ: :|ー'  'ー-t: :/ _|: : :./!: : : : :|: : : : :|
、: : : : : : : :!: : : :!ヽ : : |ー- ,.ヽ:!     ,.|:/´  |: :メ |: : : : :!: : : : :!
: \: : : : : : :ヽ: : !/ヽ: :!,...、 ` \    'グ r;ヽ !;バ,〉 ! : : : :!: : : : l
: : : !\: : : : : ヽ: :レ' \K:ソ  ノ `,,,   ヽ,`''゙ / ,/ /: : : :/: : : : :!
: : : |: : :\: : : : \!`ヽ, - '"   '''''',   , ,, ̄   /: : : :/: : : : : :l  オラァ!
: : : :!: : : : :\: : : :.\       __,.′__ ''''''';;;;;;;;;/: : /: : : :/: :/
: : : :.i,: : : : : : \: : : : ヽ  rー_二-──--`、7;;;;;;;/;//: : : : /: :/   強欲な徴税人どもを逮捕しろ!
\: : !ヽ; : : : : : : `トー--`弋" _,... ..,__    ! //:/: : : : /: /        アカパール モンストル
  ヾ!  ヽ: : : : : : :l: :\   ヽ/     `ヽ、/  イ:/: : : : /; /     奴らは退蔵者で人非人で
      ヽ; : : : : !: : : :\ ヽ、     / /: : l : : : / i/      セレラ
       ヽ: : : :|: : : : : : :ヽ、 ` ー--ー  , イ: : : : :l.: : :/        極悪人といった三拍子そろった
       /:ヽ: :!: : : : : rー-! `ヽ、  /  !: : : : :!: : :l         諸悪の根源だー!
       !: : : :l: : : : : ノ   `" ー- 、,.._ |: : : : :l : : |



        ____
       /      \
     /  ─    ─\
    ./    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |、    嘘だお……
r―n|l\      ` ⌒´   ,/ ヽ   やる夫は……フランスのために働いたんだお……
  \\\.` ー‐ ' .// l     ヽ
.     \        |      |  タバコだって、悪徳業者が混入させた
.       \ _  __ | ._   |  不純物を取り除こうとしただけだお……
        /,  /_ ヽ/、 ヽ_|
\      // /<  __) l -,|__) >
  \.    || | <  __)_ゝJ_)_>
    \.   ||.| <  ___)_(_)_ >
      \_| |  <____ノ_(_)_ )

国民公会が徴税請負人の逮捕を決議したことで、ラヴォアジエは義父らとともに逮捕されることとなった。
その罪は税の徴収の際に不当な徴税を行った汚職の罪の他、タバコに有害な諸成分と
水を混入して暴利をむさぼった罪などで、それら不正な蓄財によって国家の利益を
掠め取って外国に引渡した反革命の罪とされた。

121 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:21:21 ID:kcRw2hq. [104/132]

そして1794年5月8日、革命裁判所で審議が行われた際――

             ,. -──- 、
          // r  ヽ  `ヽ、
         , ', / / | | | \\\ \
      / / / || !| !ヽ ヽヽ  ヽヽ
       / / /  | ヽ| 、 ヽ ヽ ヽヽ i ヽ.',
     .,' ! i  |!  !. ヽ ヽ ヽ i 、|  i
     i! || l| / !l、 ト、 \\ i | l |   |
      || || ||/ 人 ヘ ヽ\、ヽヽil | || | | |
      !|  lV代¨o 、ヽ ゝ r o¨フ| | || | ! |  てめえは以前、公会が各アカデミーの
      | ! ヽ ト  ̄     ̄  | |/ |/ |  廃止を迫った時、その弁護を行ったらしいな。
     | !l 、 ヽ!       }   /!| | ./| | |
=== 、 | | ヽゝ ヽ、 _,`.´、   '/!l !/ // |
-─-\ヽヘヽ \ノr'T::丁:「  /ノ / / /== 、
 ̄`ヽ、   \ヽr':::l:⊥┼|‐'"</ __ イ   ̄
ニ ̄     (フヽ:」:::|::::|:」 __ノ  ̄    \
  /    (__r‐''" ̄ ̄|
 /      _|_.     |
/    _/,二 、ヽ    |
        コフィナール


        ノ L____
       ⌒ \ / \     化学者として当然だお!
      / (○) (○)\    やる夫たち化学者は、フランス人民の代表に向かって、
     /    (__人__)   \  学問や芸術が国にとって有用であるか否かというような
      |       |::::::|     |  侮辱的なやり取りなんかしたくなんかないんだお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ?堯?l、E ノ <
               レY^V^ヽl

122 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:22:08 ID:kcRw2hq. [105/132]

 ;    ト, !|  ゙!,   ;゙'-、,  |:l,   i i   :
 i   .|::::!|゙l,  \  i |; ゙` |:::\  ! .i   :
. i    l:::::゙!:_゙=__、__.\._゙ li\i,,_|__,ニ-、, i i.   ;
 ii   |:::《_ ゙(_)゙\ ̄ ゙V ./゙ ○  _》| i.   ;
 i i   ヽ, ゙''''--ー'   :    ー--‐'" | .|   :   そうか……。
 | !`、 ヾ`..      .:;         |/|   ;
 l i`、 '!゙\.      .:::;.         / .|   ;   だが、共和国には化学者なんて必要ねぇ……!
 |l, ! .iヽ.      :::::;.          |   ;
  |゙l,  ゙、   i.   'く::::丶        /|   ;   裁判を続けるぞ、コラ!
  ゙l::\. `、   `t''';';'ーー‐--_-ッ‐'゙   ./::.l   ;./
`、 `'、::ヽ, \   ゝ「: ̄i ̄:/    ./|:::ノ   :,/
 ヽ. \:::::゙'、._.\  |:.: ::!/  .iク /  /   ;/ /
ヾ,. \,,_ `-、:::::''i-.\  ̄ '''" ゙  ./  ./__,,,、 ッ" /
  \. ゙"==_,';;,;.-  `' 、,,__,,./   '''''"|::::;;;ノ ノ゙ ./
    \,,_`-、...!.        。  ___,!-"__,/,/
 __、-r-∂`'''''''i- :..      ゚   ゙゙''':'|"~゙'8"´ー-、,,
 ̄i:::::| 9 《:::::〈   ;.          ;  〉:::::9:::::::::::::
 |:::::| !i8::::ヽ::::`、,  ;.         ; /::::::8゚:::::::::::::
. |::〈 !》゚9::::`:::::::\ ;.    へゝ===;===ィヘへ
`、.|::::ヽ/|.|:::゚8::::::::::::::::`'ヽ、//::;::;;;;;/::;::;:;;;; /::;::;:;;;;/::;:;;
::::i |:::::::::::!.!:::::゚9::::::::::::::::::.//::::::::::/::::::::::: /:::::::::::/::::::::


         ____
       /      \
      /         \
    /              \
    |       (__人__)    |
     \     ` ⌒´   /

と、副裁判所長であったコフィナールが断言したとされる。

123 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:23:05 ID:kcRw2hq. [106/132]

【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ
  ノ,}ミ{~`7ソ {  または、似たような言葉を言ったかもしれません。
 iミ}ミ{@ @ミ!
 iミ}ミ{U ー ミ! まあ、この言葉の真意は恐らく、
 }ミ{足_〒)ヽ  『共和国に(反革命的な)化学者は必要ない』
  `i,J( 了´   いうモノだと考えられます。
    }_ノノ    マラー?
    ヒ}ノ    この頃は既に死んでいますからね……。単純に彼のせいにされても……

124 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:24:18 ID:kcRw2hq. [107/132]

裁判の直前、工芸評議員会がラヴォアジエの業績に関する報告書を作成して提出していたが――


:::::::/::::::/:::::::/:/:::∧:::}
::::/:::/-‐\/::::/ //:く
/:::://弋_。ュi\∧ ィ。フ l
::::/::i i  / /:::ヽ  ゙ |
/:::/i i ,  (。  。)  |
:::::{ i /   `~´    |   判決――!
::::::i  l r´`‐‐--‐‐´ヽ|
:::::::i  l/ レ‐‐"´`゙゙‐‐、}:|   共和国に対し同盟した専制君主どもに対する
::::::::i  i::::::;---、_,--、:::::|  戦争に必要な莫大な金額を国家から巻き上げた
::::::::::i  irュ{      }rュ|
:::::::::::}  i.ュヽ     / ソ.l  『搾取及び公金私消』
::::::::::l i 丶ヽヽ---' // ノ
:::::::::l i i ヽ、 ̄ ̄ ノ ヽ  の罪で被告人どもを削除とする!
::::::丿 i ヽ  ニニニ  / |
:::::{  i、i`ヽ、__,.ノ:::::ノ
:::::::i   \  ,;;;;;;;;;;:::'/〈

フーキエ=タンヴィルは、それを公表せずに死刑を言い渡した。

125 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:25:08 ID:kcRw2hq. [108/132]

こうして死刑を宣告されたラヴォアジエは、妻への遺言を書き残した。

─────────────────────────────────────────────
              """"''""'""
          ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;;;;;;;;;
        .::::/      \;;;;;;;;;;;;;;
       ::;;;;;./          ゙ヾ;;;;;;;;;;;;;;           やる夫はどうにか長い人生を、
      ::::/  ─    ─    \;;;;;;;;;;;;;;;;         しかも非常に幸福な人生を送ってこられたお。
      ::;;;.i   (─)  (─)     };;;;,,,,,;;;;;;;;;;        そして、やる夫の思い出には
      ::;;;;::...   (__人__)   /;;;;;::;;;;;          いくらかの栄光が伴うだろう、と信じているお。
      ;;;:,チ''゛''::'' `⌒ ´'::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;           それ以上のことを何を望むことがあるだろうかお?
    ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;;
    ::;;;.(,    ″        '(;;;::;;;;;           やる夫が取り包まれているこの出来事は、たぶん、
     ;;;;;:`,ll'-、 \     ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;         やる夫に老年の不如意を免れさせてくれるお……
      ::::|   ゙;,_ ,:      ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
      :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     やる夫はとにかく死んでいくお……
     ;;;;;;;;ハ  i:::::     ....::::''   `'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   これはやる夫がこれまで享受してきた
      ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′   .,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    数々の喜びに加える喜びなのだお……。
    _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllllllllll
   .(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllllli, ゙ lllllllllllllllll!゙゙llllllllllllllll
     `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllllュ,,j'llll  !.llllllllllll
─────────────────────────────────────────────




─────────────────────────────────────────────
         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \    やる夫は、今日、お前に手紙を書いておくお……。
    / : : : : : : : ..               \  この先、もう二度と手紙は書くことを許されなくなるからだお……
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |  そして、お前や他の親しい人たちのことだけを
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l  考えていられるのが、 しみじみとした慰めになっているのだお。
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\     この最後の時に……。
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \
─────────────────────────────────────────────

126 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:26:24 ID:kcRw2hq. [109/132]


                  ,,ィ''";7 /7/:7       ┌┐    __/;;;7,,:ィ         ,r';';;ア
               ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/  r‐;;;''';;";ア /;;/    /;;;;;;rァ;;/r;ニア /;ニア,/;;;;/
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/  /;:- ‐ 'ニ,' /;;/     7;;;;//;;/,r'';゙ソ __,, :ィ''";;;;;シ
            /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄   r;;''";;´;/ノ;;/     /;;;ノ/ツ 'ー'  /;;;;;;;;;;; -''"
                 /;;;;;;;/       '' "´,:ィ";;;/     "´      'ー ''''"
                /;;;;;;;;i'        <"´;;;;;/
            r‐;;'';"´;;;;;;;;f′         \/
            |;;;;;;;;: r ''"^~
            レ''"´

そして、即日、刑は執行され、人類の進歩に貢献した彼の頭脳は落とされ――

        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |  彼の頭を打ちおとすのには
     i      r‐‐人__) .|  ほんの一瞬しかかからなかったが、
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |  彼と同じ頭をもう一度作り出すには
      i  !,       ノ   百年かけても十分ではないだろう……
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、  常識的に考えてな……
         \      |.i
           |    .   | |
         ラグランジュ

数学者で友人のラグランジュは、そう言葉を残して彼の死を悼んだ。

127 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:27:21 ID:kcRw2hq. [110/132]

            、_
             >`ー―-. 、
          ,、 r 、 /: : : : : : : : : :ヽ.
          \ヽ∨/.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. V
        ,- ' r-!イ.: 从:.! :.:.:.::.:.:!:八   あなた……
         ̄^{::::V.:.!ハ:ヾ::ヽ::::ノ:::j:ゝ
          \{:小-ヘ、:ヘ:V/:;イリ
             ヾ:!::`ー仏-=<_
            丶::イ     ヽ\
            xく l |:       ヽ\
            f:::::.ヽL..-―-、___> ヽ
            |::::::::!\_ /⌒ト-―'´
            |:::::::::∨:::::::.-=ミ:L、
             {:::::::::Y:::::::::::::::::::::::::\
               j :::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::__ヽ
           { ::::::::::!::::::::__.::::::-―ベ:::::}
           /::::::::::::{::/::::::::_>'´ ̄∨:)
            |:::::::::::::「::::::j_;イ     入_`ヽ、
             {_,::イ´::l::/ 大      /⌒フ
           {:;⊥;_j}    | \____>ヘ /
               Y  ヽ___,L..ィく     \

遺言状は妻の元へと届かず、ラヴォアジエと知人であった財務委員会のベリエがそれを保管していた。
その後、未亡人となったマリーは夫と同じく科学者のラムフォード伯爵と再婚をすることになるが、
結婚契約書に『ラヴォアジエ・ド・ラムフォード』と前夫の姓を入れさせることを認めさせるなど、
終生、最初の夫の姓を名乗っていたという。

128 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:28:09 ID:kcRw2hq. [111/132]

そして、それから約3ヶ月後の1794年7月26日――テルミドール八日
一人の女性に処刑が言い渡された。

             /:::,. -/, -'―::ニニ`=ー- .._
           /:::/:::://:::::/::::::::::, -‐''´::>、`ヽ
             /:::/::::::/:::::/::::::::::/:::::::::/::::::::::',::::ヽ
         /:::/::::::/ヽ::::/:::::::::/:::://:::::::!:::::::|:',:::::ヽ
           !::::i::::::/、:::::Y:::::::::/:::::::/::/::::::::::::|::::::::|:::!:',::::',
         |:::::!:::::l::'、\!::::::::/::::::/::/:::::::::::::/:::::::/:::!!::',::::',
         !::::|::::::|::::ヽ::!::::::/:/::/::/::::::::::::;ィ:/::::/::::ハ::',::::!
           |:::|:|::::::!ヽ:::::|::::::|::!::ィ:,イ:::;::::///::::/!:/   !!:!::|
           !:::!::!::::::',::, -|::::::!:|/ リ∠ヱ_ノ/::/ ソ-― l!::!::!
        |:::|:::!::l::::`i `゙!:::::|:! ヘ:゙ー'ノ `;/   rイ:ク''ゝ!:!/
        !:::|:::|::!::::::::'、く!::::ヾ ` ̄ ̄     i` ̄´/:/
         !:::|::::!:|:::::::::::ヽ|:::::|ヽ、           丶 /イ
          |:::|::::|:|!::::::::::::::|!:::::!          / ,イ:::|
          !:::l!:::|:|',:::::::::::::|',:::::ト、      -‐-‐ / |:::::!  わたくし……実は妊娠しておりますの。
          !:::!!:::',:!:ヽ:::::::::! ',::::! 丶、      /  |:::::|
          |:::||:::::',:::::ヽ:_/__ ',:::!   `丶 /    |::::::!  妊娠中は刑の執行は延期されますのでしょう?
        !::! !:::,∠´---- 、',::ト、    /      !:::::|
        |::! Y``丶、 ̄ ̄`:',:ト、\ /、、      |:::::!
           !:! ,!: : : : : : \ : : :',:! \\ヽヽ、     !::::!
        ,ヾ'-- 、 : : : : : \: :',:! : : \ヾ ',:\   |::::!
         /: : : : : : \ : : : : : ヽ',:| : : : :ヽヽト、: ヽ  !::|
       /: : : : : : : : : ヽ: : : : : : :',:! : : : : :ヽヽ',ヽ:ヽ !:|
      / : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : :',:!ヽ: : : : : ヾ',ヽヽ:|::!
    /: : : : : : : : : : : : : i: : : ヽ: : : : :',:!: ヽ : : : : : ',:ヽ: |::|
.   / : : : : : : : : : : : : : |: :| : : :ヽ: : : :',:! : :ヽ : : : : ',: ヽ!::!
  /: : : : : : : : : : : : : : :||: :!: : : : ヽ: : : ',', : : ヽ : : : l! : :|::|!
モナコ公妃フランソワ=テレーズ・ド・ショワズール=ステンヴィル=ジョゼフ=グリマルディ=モナコ(1767年 - 1794年)
フランスの軍人ジャック=フィリップ・ド・ショワズール=ステンヴィルの娘としてパリに生まれる。
1782年にモナコ大公オノレ3世の息子ジョセフ=マリ=ジェローム=オノレ=グリマルディ公太子の妻となっていた。

129 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:29:07 ID:kcRw2hq. [112/132]

        _ , -‐--、 -、 、
      / ,  "´ _`` _i| |!_
    /  // ./   ´二  二
   /  / /  /    ,. /  ̄!| |!~ヽ
   ,'´ ./ /../ l    ./ ./ l.、   、 l. .l
  l l .l |.! |  ./ ./  \ヽ  | .! .l
  .l |.| .| !.-l.、/./ _ -ー ヽ、,||.|
 | || l < i ̄ lヽ   'l  ̄l`> |/ヽ |   まったく……!
 ||.! .l  ヽ- ′   ヽ- '   _ノ|
  ! .| .l. .l.    , - 、     /´ / |   野蛮なことね!
  .! .l .| lヽ、、 、_ l  // /|  |   ローマで暇を取りましょう……
   .! .l .! l  `」 ‐-‐ l´、 / / | |
     l.l..r ' ´/〈   / / /`> |  |
     〈ヽ`- '/ヽヽ∠ -/ /'´ 〉 |   |

彼女の居住地であるモナコ大公国はフランス王国と同盟関係であったが、
フランス共和国は同盟を無視してモナコを占領した後の1793年2月14日、
カルノーの報告に基づいて国民公会はモナコを併合することとされた。
この日以前から住むものは基本的に外国人とされていたため、
公妃は亡命者ではないと考え、何ら不安を持たずにローマに旅行へ出かけてしまった。

130 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:30:07 ID:kcRw2hq. [113/132]

            /             i     \
            /        /         / }      \
.          /     /  /      / / /    i   ヽ
         / /  / /    /   イ ィ´  / ィ       !     ',
      / /  /  ハ   ィ !  / / / イ /1      |    ハ
       / !  1  {   | ',1 .斗/ / ´_/ィ  1     !     ハ
     i   !   ヘ ',  | イ! .//ィrf灯}?   !     !      ハ
     ヽ  ',   ト ト、 ト {1'}/ 癶斗 ´    1      ト      :ハ
.       \ \ ≦ィニ.ハ',ヘ            !      ! '.      ハ
          ` ┬ 斗匁フ           |      |  ハ     ハ  面白いな、お前。
             } :ハ ¨´、           !     ′ ハ     ハ
          1  ハ    t ´ ̄ア     |     ,'   ハ    ハ
             |   ∧     こ´      /!   ハ__  ハ     ハ
             |  } > 、        ∠┤   ,'   }  ハ     ハ
             |  |     > 、__.. -‐´   1  '__/   ',    ハ
             |  !j    } /      _..!   {:::::::::::}    ',    ハ
             |  !    /    /‐::く |  ,'´ ̄/ ̄ ̄ ̄ 二ゝ、ハ
             |  !   /    /:::::::_::<1  .';;;;/::::::::::::::::/    ヽハ
             |   | /    / _ ィ ´:::::::::::!  .' /::::::::::::::::::/         } ハ
             |  ! \__/Y´:::::::::::::::::-‐|  .'/::::::::::::::::::.ノ        1 ハ
             |  !     |_::; -‐ ´   1 /:::::::::, ィ ̄           {   ハ
                   エマ・ハミルトン
そこで彼女は、ナポリ王妃を通じてナポリ王国の政治に関与していた
ハミルトン卿夫妻らと交際を重ね、イタリア社交界の華として注目されるようになっていた。

131 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:31:11 ID:kcRw2hq. [114/132]

       ,. -''",.==`ヽ、
      ,.'::..//ハi l || i L!l,,ゝ___,,,,,_
     /::::://;.-‐ニヾヽヽヾヽヽ ヾヽ    前科者……
     {::/:::`ヾ:::::::::il |l || i | l|ト、 ヾヽ
    ハト、:::::::::::ヾ:::::ll || || | | || i|  ヾ `、
   〃i|:::::`ヽ::::::::ヾ:|| |l ||l il| |i リ   ヾ ヽ
   /  |::::::::::::`ヽノ::::ヾ. リ lリ     ,,,.ゞ=j
  i  li|::::::::::::::::::`i::::::::ヾ__,,.-===''''"  i::`、
  l   il i::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::i |    ',::`、
    ll |i;;;;;;;;;;;;==j;:::::::::::::::::::::       ',::`,
    リ ll ̄i';::::::::::::',`ゝ;::::::::::::::.       `i }
    l リ lll';:::::::: ', li li`ヽ:::::::::.       ヾ
     '  リl';:::::.  ',ll ,リ  ヾ;:::::...    ...  `ヽ
         }:::..  }   ,.-、i::::::::::::::::::.--‐'   `、
        _,i::::   i-'''""__j-j:::::;;;;;;;;;;;;;;,,.-‐    ,.ゝ
      ,.'" l:::   ,'   ヾヽ\:::        ,.=='"">
     /   l:::  ,'     ヾ;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,.-="  `ヽ
     /   j::   ,'        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        〉
     >   .j:::  ,'                      / j
    \____ノ:::. ,'                     _\
   _,.-''"ヽ/::::::: ,'                    ,.-'"├'
  j:::::;::::::::::::::::::/---、        _,,,.-、     li:::::::::i'
  ヽへ___ノ   く____((   >、`ー--‐'''"ll:: `、
                   `ー-<;;;:::::゛ー--、  ll  i
                      `゙、;:::   `ヽjl  j
                        `゙ー、______人___ノ

しかし、恐怖政治の到来により革命が急進化し始めたことで不安になり、
万が一の可能性を考え、1793年春、大慌てで帰国し、亡命者リストへの記載と、
財産の接収を避けるために身分の正常化の手続きをしようとした矢先にパリで逮捕されてしまう。

132 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:32:08 ID:kcRw2hq. [115/132]

   ', (;;;)      ,' ;' , イ ///イ ! !ハヽヘ
    ', ',  (;;;) ,' ,' /_レレレ'リリリ/}こ厂ト、
    ', ',    ,' ,' / rデミー' 'イーk'}ーハ | ハ     弑逆者どもめ!
     ', ', (;;;) ,' ,'〈_j ゛`ー′ /でン/}ン´?l ! |     び っ く り チ ョ コ レ ー ト を
    __', ',  ; ,'  ハ  、   .ゝ ゛,'ノ  | l l !|
   /{ ', (;;;) ; / ヽ ヾニァ' /、  ////,!               く ら え っ!!
  /  ヽ.ヽ  ,.' {    \ ` ,.イ  \ イイ//
. /  「 ̄| ̄ ̄ ̄| ヽ_ `´_/     \'´
/   i^i l  /7777 \  ´/        \
   ヽ ヽLノノノノ/、__\/______,/ヽ
    ,ゝ、  __,ノ  /匸}\        }
   /\____,ノ   /   ハ  ヽ    l   }
 /ヽ   __/     /   | |   |   /   ハ
    ` ̄ /     /     l |  │ /   ノハ、
      /    ヽ   / l  / ∧   /   \
    /       \/   レ'  / \       \
モナコ公ジョセフ=マリ=ジェローム=オノレ=グリマルディ

一時は、義理で発行された移住証明書によって監視付きで釈放となったが、
不運なことに、彼女の夫はヴァンデの王党派の反乱に加わってしまうだけではなく、
連座を回避するための離婚をしていなかった。
こうして反革命容疑者法の容疑者として彼女には新たな逮捕状が出されてしまう。

133 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:33:05 ID:kcRw2hq. [116/132]

                / ̄``ヽ
                !::::;、::::::::::::::',
                `')ニ`トう::::::ヽ
   マリア様……      ヽ, ヽl::ハ::::::::\
   お助け下さい…… ,.ィlrヘ_{::{:;::::::::::::::`ーっ  , ‐-ィ
                ( {::://⌒Y(:::::::::::::(´__ノ∠三ニ´-‐
                f{{hイ;:;:;:;l;:;:;:}、ヽ::::::::::::::::::::::::::::::<` ー
                {__rリ;:;:;:/;:;:;/ \\::::;∠三 ̄`)ヽ\
               マ-ヾ;:;:/;:;:;/    ̄´ ヽ、_, ´   `
                 k;:;:`;:;:;:/
               }‐\;:_;ハ
                l:;:;:;:;:;:;:;:;:}
                l:;:;:;:;:;:;:;:;{
               l:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
               l:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
                l:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
                l:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
                j:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
                ,!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
               ノ____, -- "´
               !  | │
                 ', l  l
                  ヽl  |
                  l ハ
                 | k'´〉
                   にコ V勹
                 l ト、タ /
                  ヒ7 /‐′
                 し'′

彼女は友人とともに逃れ、グルネル通りのベネディクト会パンテモン旧修道院に身を隠したが、
93年から94年にかけての冬に逮捕され、ラ・プティット=フォルス監獄に送られた。
この監獄は規律が厳しいために彼女は移送を希望し、その交渉の結果、
レ・ザングレーズ監獄に移された後、ジェルミナール27日に11人の女性たちと一緒に
サント=ペラジー監獄に移送された。

134 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:34:08 ID:kcRw2hq. [117/132]

       {    !      _,, -ェェュ、   |
ィ彡三ミヽ  `ヽ     ,ィハミミミミミミミミミヽ、|
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ililハilミilミliliミliliミミヾ|
     ヾ、        /iiiiイ!ヾヾミ、ミニ=ー-ミii|
  _    `ー―' i!ハ:.:.\\_::::::::::::::/:.|
彡三ミミヽ        i! ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠|
彡'   ヾ、    _ノ i!::: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,|   貴族……
      `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"|   亡命者……
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ`" 彡' 〈     |   元公妃……
彡'      ` ̄       `\   ー-=ェっ |
      _  __ ノ  {ミ;ヽ、   ⌒   |   彼女は監獄内で陰謀をたくらむ貴族です!
   ,ィ彡'   ̄        ヾミミミミト-- '  |   その財産を使って、反革命の騒乱を計画しています!
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::|
       ィニニ=- '     / i   `ー-(二つ
     ,ィ彡'         { ミi      (二⊃
   //        /  l ミii       ト、二)
 彡'       __,ノ   | ミソ     :..`ト-'
        /          | ミ{     :.:.:..:|
            ノ / ヾ\i、   :.:.:.:.:|
      ィニ=-- '"  /  ヾヾiiヽ、 :.:.:.:.::::|
    /     /  `/ ̄ ̄7ハヾヾ : .:.:.|
   ノ     _/   /   /  |:. :.:.:.:.:.:.:|
      /     /   /   |::.:.:.:.:.:.:.:|

しかし、そこから更にラ・フォルス監獄に移送されたテルミドール初旬、
監獄内にいるスパイでメモ魔であるフェリエール=ソーヴブフに告発されてしまう。

135 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:35:08 ID:kcRw2hq. [118/132]

                                _,, -''  ̄ ̄ ̄ `''ー 、
                             , -'"              ヽ、
                            /                  \
                           /                     ヽ
                         /        ,  }             ヽ
                         /    /   ,イ ,イi ヽ、             i
                        / i  / / / // /,ハヽヾ、            l
                        /イl  i/,イ ,イ /// ノ  ゙、ヽ ヾ、          l
                        ll {ト. ll/ {〃/ノ_,,.--‐‐弋ヽ、ヽ ミヽ_       |
                        l| ゙、ヽ{ハー、/ ,ィェ=ァ=彡 \、ヾミ /,-ヽ     l |
                        l| ヾ 、 ゙t;.}    ゞン-'     \ }ハ { } ヾ    l |
                          l|  ` ゙ l/               ノ  ンノ、 ヽヽ i l |
  妊娠しているといいましたが、    ll   ノ             ( ィ' l ハ ヽヽ l |
  アレは嘘です。一日だけ時間     .ll   `ヽ             ノ/i l i  ゙、ヽl l
  欲しくて嘘をつきましたの……       li   | ヽー‐         /,イi  l ヽ ヽ ヽヽ
                          l   | .ハ          ll { l  l  ヽ ヽヾ ヽ
                          i  |  i`ー----ィ'"     l | i  l i  ゙、 ゙、 ヾ \
                          ヽ | i i i ヽヽ l      l ゙、i i l i  ヽ  ヽ \ \
                           ヽ| i ト、ヽ ヽヽl     ` ゙、i |、i   ヽ  \ `ー、゙ ー 、
                            | ゙、 ゙、ヽヽ ヽヽ|        ヽ| 、i    ヽ  \ヽ ゙ -、 ヽ
                             | i ヽヽ\_,,ノ^}       /|\i    ヽ   \\  ヽ ゙、
                            |_ト,.-‐''"  /      /  l  ヽヽ   ヽ   ヽ ヽ ヽ i
                          ,ィ'イ /     /      /   ヽ、  \ヽ   \   ヽ ゙、 i l
                         /l / /     /`  ´ ̄/      `ー--ヽ、_ヾ  ヽ  ヽ

裁判中、彼女は妊娠を申告していたが、死刑を宣告された後、
その言葉を撤回する手紙をフーキエ=タンヴィルのもとへと送った。

136 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:36:06 ID:kcRw2hq. [119/132]

_____________________________________________
             /:::,. -/, -'―::ニニ`=ー- .._
           /:::/:::://:::::/::::::::::, -‐''´::>、`ヽ
             /:::/::::::/:::::/::::::::::/:::::::::/::::::::::',::::ヽ
         /:::/::::::/ヽ::::/:::::::::/:::://:::::::!:::::::|:',:::::ヽ    わたくしは妊娠はしていないことを
           !::::i::::::/、:::::Y:::::::::/:::::::/::/::::::::::::|::::::::|:::!:',::::',   あなたに報告します。
         |:::::!:::::l::'、\!::::::::/::::::/::/:::::::::::::/:::::::/:::!!::',::::',   わたくしはこのことをあなたに
         !::::|::::::|::::ヽ::!::::::/:/::/::/::::::::::::;ィ:/::::/::::ハ::',::::!   言いたいと思っていました。
           |:::|:|::::::!ヽ:::::|::::::|::!::ィ:,イ:::;::::///::::/!:/   !!:!::|
           !:::!::!::::::',::, -|::::::!:|/ リ∠ヱ_ノ/::/ ソ-― l!::!::!   あなたが来ることは期待をしていませんので、
        |:::|:::!::l::::`i `゙!:::::|:! ヘ:゙ー'ノ `;/   rイ:ク''ゝ!:!/   手紙でお知らせしておきます。
        !:::|:::|::!::::::::'、く!::::ヾ ` ̄ ̄     i` ̄´/:/    わたくしは死を恐れて、
         !:::|::::!:|:::::::::::ヽ|:::::|ヽ、           丶 /イ     あるいはそれを避けるために、
          |:::|::::|:|!::::::::::::::|!:::::!          / ,イ:::|     このような嘘で口を汚したのではまったくありません。
          !:::l!:::|:|',:::::::::::::|',:::::ト、      -‐-‐ / |:::::!     もう一日がほしかったからです。
          !:::!!:::',:!:ヽ:::::::::! ',::::! 丶、      /  |:::::|
          |:::||:::::',:::::ヽ:_/__ ',:::!   `丶 /    |::::::!     自分の手で髪を切るために、
        !::! !:::,∠´---- 、',::ト、    /      !:::::|     死刑執行人の手にはそれを渡さないためにです。
        |::! Y``丶、 ̄ ̄`:',:ト、\ /、、      |:::::!     それはわたくしが子供たちに
           !:! ,!: : : : : : \ : : :',:! \\ヽヽ、     !::::!     残すことの出来る唯一の遺産です。
        ,ヾ'-- 、 : : : : : \: :',:! : : \ヾ ',:\   |::::!     少なくとも、汚れのないものでなければなりません
         /: : : : : : \ : : : : : ヽ',:| : : : :ヽヽト、: ヽ  !::|
       /: : : : : : : : : ヽ: : : : : : :',:! : : : : :ヽヽ',ヽ:ヽ !:|     ショワズール=ステンヴィル=ジョゼフ=グリマルディ=モナコ
      / : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : :',:!ヽ: : : : : ヾ',ヽヽ:|::!
    /: : : : : : : : : : : : : i: : : ヽ: : : : :',:!: ヽ : : : : : ',:ヽ: |::|     外国の、そしてフランスの裁判官の
.   / : : : : : : : : : : : : : |: :| : : :ヽ: : : :',:! : :ヽ : : : : ',: ヽ!::!     不公正に死なんとする、公妃。
  /: : : : : : : : : : : : : : :||: :!: : : : ヽ: : : ',', : : ヽ : : : l! : :|::|!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

137 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:37:11 ID:kcRw2hq. [120/132]

              ,.,  __ ,.,、
             ,".:'´::::::::::::::j``ヾ、
             ////:::;イ::\::::::\゙、
          ;'/::/::/:::/::::/∧:::::::\:::::ヽ
    ー       ' |:::l::::l:::l::::/::::/  \:::::::ヽ::::i ;
   '⌒)    ; |:::l:::ムAイ/ ヽ、_\::::}:::::l
    ´ー      |:::レl__  __   Y'ヽ::|
     '⌒)     |::::l:} i iノ   i i   _,ノ:::| ;
       ´:   ; |:::八i i` _,.、i i  /::l:::::::| ;
        :    |:::l::::lヽi ヽ__}i i ,イ::::l::::::::|
            ; |:::l::::l:::::` ー‐r‐ ´ /:::/、:::::::|
          |:::l::::l::::/ ヾ´ /|::::|  \:| ;
   _        ; |:::l::::K    ∨  |::::|   \'.,
  /.:.:ヽ     ; |:::l::::l;:;:;` ー-tぅ--i/ヾ─‐ '"´\
  !.:.:.:.:l      V:!:::l:;:;|;:;:;:/´,ハ`7.:.,⊥_;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
  d.:.:.:.:.とヽ  _ノ;:;l:::l;:;:|;:;:;:|,ノ;:;:Y.:.:.{ニ \|;:;:;:;:;:;!
 {|.:.:.:.:.:ト 厂|;:;:;:;:;:;:V;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;|.:.:.:辷_ノ¨7;:;:;:;:|
__ヽ:.:.;ノー{__ j:;:;:;:;:;:;:;:;:;/|;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ.:.:ノ;:;:;ヽ_/:;:;:;:;/;'
\ `只 ̄7 ` ̄ ̄ ̄´ !;:;:;:;:;{ ̄`只´ ̄7;:;:¨| ̄ '
  `イ ハヾフ        , |;:;:;:;:;:;ヽ/ノハ__/;:;:;:;:;| ;
  └' ‘┘       ; |;:;:;:;:;:;:;:;:;:厶ヘ_〉;:;:;:;:;:;:;〉'

彼女は自分の髪を編んで後、ガラスのかけらで自らそれを断ち切った後、
自分の子供たちに宛てて、次のような短い最後の手紙を書いた。

138 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:38:20 ID:kcRw2hq. [121/132]

_____________________________________________
       ,. -''",.==`ヽ、
      ,.'::..//ハi l || i L!l,,ゝ___,,,,,_
     /::::://;.-‐ニヾヽヽヾヽヽ ヾヽ           子供たち、ごらん、わたくしの髪ですよ。
     {::/:::`ヾ:::::::::il |l || i | l|ト、 ヾヽ          わたくしはわたくしの死を一日だけ延ばしました。
    ハト、:::::::::::ヾ:::::ll || || | | || i|  ヾ `、        恐れからではありません。
   〃i|:::::`ヽ::::::::ヾ:|| |l ||l il| |i リ   ヾ ヽ        自分の手でこの悲しい形見を切って
   /  |::::::::::::`ヽノ::::ヾ. リ lリ     ,,,.ゞ=j       あなたたちに渡したいと思ったからです。
  i  li|::::::::::::::::::`i::::::::ヾ__,,.-===''''"  i::`、
  l   il i::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::i |    ',::`、     わたくしは死刑執行人の手に
    ll |i;;;;;;;;;;;;==j;:::::::::::::::::::::       ',::`,     渡したくは決してありませんでした。
    リ ll ̄i';::::::::::::',`ゝ;::::::::::::::.       `i }     それでこういう方法しかなかったのです。
    l リ lll';:::::::: ', li li`ヽ:::::::::.       ヾ     私はさらに一日をこの最後の苦しみのうちに過ごしましたが、
     '  リl';:::::.  ',ll ,リ  ヾ;:::::...    ...  `ヽ   わたくしは『――――――』それを嘆いてはいません。
         }:::..  }   ,.-、i::::::::::::::::::.--‐'   `、
        _,i::::   i-'''""__j-j:::::;;;;;;;;;;;;;;,,.-‐    ,.ゝ
      ,.'" l:::   ,'   ヾヽ\:::        ,.=='"">
     /   l:::  ,'     ヾ;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,.-="  `ヽ
     /   j::   ,'        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        〉
     >   .j:::  ,'                      / j
    \____ノ:::. ,'                     _\
   _,.-''"ヽ/::::::: ,'                    ,.-'"├'
  j:::::;::::::::::::::::::/---、        _,,,.-、     li:::::::::i'
  ヽへ___ノ   く____((   >、`ー--‐'''"ll:: `、
                   `ー-<;;;:::::゛ー--、  ll  i
                      `゙、;:::   `ヽjl  j
                        `゙ー、______人___ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

139 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:39:40 ID:kcRw2hq. [122/132]

_____________________________________________
                                            _,, -''  ̄ ̄ ̄ `''ー 、
                                         , -'"              ヽ、
                                        /                  \
                                       /                     ヽ
 わたくしの髪は、広口壜で伏せて                     /        ,  }             ヽ
 黒いちりめんで覆っていくように。                /    /   ,イ ,イi ヽ、             i
 年中しっかりとしまっておいて、                  / i  / / / // /,ハヽヾ、            l
 年に三、四度だけあなたたちの部屋に移しなさい。     /イl  i/,イ ,イ /// ノ  ゙、ヽ ヾ、          l
                                    ll {ト. ll/ {〃/ノ_,,.--‐‐弋ヽ、ヽ ミヽ_       |
 あなたたちを愛して死んだ、                  l| ゙、ヽ{ハー、/ ,ィェ=ァ=彡 \、ヾミ /,-ヽ     l |
 もうあなたたちに役立ってあげることの           l| ヾ 、 ゙t;.}    ゞン-'     \ }ハ { } ヾ    l |
 出来ないのだけが心残りの、                      l|  ` ゙ l/               ノ  ンノ、 ヽヽ i l |
 あなたたちの不幸を形見を、目の前にして見るために。  ll   ノ             ( ィ' l ハ ヽヽ l |
                                      ll   `ヽ             ノ/i l i  ゙、ヽl l
 あなたたちを、あなたたちのお祖父様に委ねます。       li   | ヽー‐         /,イi  l ヽ ヽ ヽヽ
 お祖父様にお会いしたら、伝えて下さい。                l   | .ハ          ll { l  l  ヽ ヽヾ ヽ
 わたくしはあなたのことで胸が一杯です。               i  |  i`ー----ィ'"     l | i  l i  ゙、 ゙、 ヾ \
 子供たちのために一切の代わりをしてやって下さい、と。    ヽ | i i i ヽヽ l      l ゙、i i l i  ヽ  ヽ \
                                       ヽ| i ト、ヽ ヽヽl     ` ゙、i |、i   ヽ  \
 そして、あなたたち、私の子供たち、                     | ゙、 ゙、ヽヽ ヽヽ|        ヽ| 、i    ヽ  \
 お祖父様を最後まで大事にして下さい。                | i ヽヽ\_,,ノ^}       /|\i    ヽ
 そしてお祖父様のご不幸を忘れさせてあげて下さい。       |_ト,.-‐''"  /      /  l  ヽヽ   ヽ
                                      ,ィ'イ /     /      /   ヽ、  \ヽ   \
                                     /l / /     /`  ´ ̄/      `ー--ヽ、_ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

140 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:40:40 ID:kcRw2hq. [123/132]

――子供の教育係シュヴノワ夫人宛ての遺言


                                                _,.. ----- 、_
┌────────────────────────┐       ,. ‐''´         `丶、
│                                       .....│      , '"    _,. -―‐--、ヽ   ヽ、
│  既に一度お便りしましたが、もう一度、           ....│    / /  ,. '´   ,. ---`,r=、   ヽ
│  子供たちのことをあなたに                 │   ,:' /  //  /    i `丶、     ヽ
│  お願いするためにお便りいたします。             .│  / /  / , '  /    / l!    、ヽ     ',
│                                       .....│  / /  / /  ,イ       / /||  ', ヽヽ     !
│  あなたがこれを手になさる時には、              │  ! i l  i /  //    /, ' l '、 ',  ヽ',    |
│  わたくしはもうこの世にいないでしょう。           ...│ ! | ! l| ! //  ,ィ´∠∠',,,,,,,_', ヽ ヽ   ',!   |
│  でも、わたくしを思い出されて                    ...│ ! l !''7|!',´i`!/'//'´_,,......._ ヾ`ヽヽ  l!|   !
│  わたくしの不幸な子供たちを                .│ | ', !ノ''ラ∀、、  '´  ,r'''ラ""''ヽヽ、 ヾ、 リ / |
│  哀れと思ってくださるよう。                     ......│  ', ヽ{i {_)::::::i       !_)::::::::!ヽヽ }__//   !
│  そのような情だけが                         .....│  ', !ヾ、 !__:::::}         |::::::::___:} ノ、 !',  ヽ   ! うるうる……
│  子供たちのよすがになってくれるでしょう。        .│  ', | | !(___)-'        ゝ(____)、  ノ l ノ ノ /
│                                       .....│   ',', ',',                // ,ィ´ /  奥様……
│  子供たちの名が書いてある、               .│   ',', ',丶、   r--、        /'  ̄/  {
│  あなたがお受け取りになるはずの指輪が、         .│    ',ヽ',  `丶、 ` ´  _,.. ィ´'´ i   !   ヽ
│  わたくしからあなたに差し上げる思い出の品です。 .   │    ノ ヽ   | }`T;ーr '´ //  /!  ',   ',
│  わたくしが自由にできるこれが唯一のものです。     ..│    i   |',  // /'/! , -‐! ! ノ ',   ',   ノ
│                                       .....│    ',   ! ! /'  // //'´,..ノノ´=ヽ ヽ   ! , '
│  ルイーズが、わたくしが死を                    ......│    ヽ | ノ !  / !|/',イ //':::::::::::::!  ', ! /
│  遅らせた理由を知ってくれたら、                   │      |!{ ヽ ! イノヽ:{ !{::i::::::::::::::::|   !/ {
│  彼女がよもやわたくしの弱さを                   ....│     'ヾ  ! |{ |::| }:! ',::|:::::::::::::::|  / i、',-‐ァ
│  疑うことがなければいいのですが。             ....│       ヽ ノ∧|::| /'":::l!|:::::::::::::::|, /', }  ̄
│                                       .....│        }ノ |:::'":ヽニノ:!::::::::::::::|i、{_ ! ノ
└────────────────────────┘          |::::::::::::::::::|:::::::::::::::!   '´
                                                シュヴノワ夫人

141 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:41:25 ID:kcRw2hq. [124/132]

1794年7月27日――テルミドール九日の朝。
この日、全ての崩壊が起こることを誰もが予感する中――

         _,,ー-"~::::::::::::::~~"ー--,,__              | 削 削
       ,, '~::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'ー-,,,_          .| 除 除
      ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'-,~"'ー,       .| ♪ ♪
     ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',        /  ♪ ♪
     ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"::::--,,_    ̄\____
    ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',~"~~"
    ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
    !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
   ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  / !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  / 入:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(
_,,--ーー''""/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ__
 __,--ー'~,::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"ー-,,__
~~::/::::::::::::::::::::::::!:::::::::::ノ:::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~",
::/::::::::::::::::::::::::::::::)::::::イ::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::/:::!:::::::::::::::::::::!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::!::::::::::::::::::::::!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,

革命裁判所は変わらず処刑の準備を進めていた。

142 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:42:36 ID:kcRw2hq. [125/132]

              _,, -''  ̄ ̄ ̄ `''ー 、
           , -'"              ヽ、
          /                  \
         /                     ヽ
       /        ,  }             ヽ
       /    /   ,イ ,イi ヽ、             i
      / i  / / / // /,ハヽヾ、            l
      /イl  i/,イ ,イ /// ノ  ゙、ヽ ヾ、          l
      ll {ト. ll/ {〃/ノ_,,.--‐‐弋ヽ、ヽ ミヽ_       |
      l| ゙、ヽ{ハー、/ ,ィェ=ァ=彡 \、ヾミ /,-ヽ     l |
      l| ヾ 、 ゙t;.}    ゞン-'     \ }ハ { } ヾ    l |
        l|  ` ゙ l/               ノ  ンノ、 ヽヽ i l |
      ll   ノ             ( ィ' l ハ ヽヽ l |
        ll   `ヽ             ノ/i l i  ゙、ヽl l
        li   | ヽー‐         /,イi  l ヽ ヽ ヽヽ
        l   | .ハ          ll { l  l  ヽ ヽヾ ヽ
        i  |  i`ー----ィ'"     l | i  l i  ゙、 ゙、 ヾ \
        ヽ | i i i ヽヽ l      l ゙、i i l i  ヽ  ヽ \ \
         ヽ| i ト、ヽ ヽヽl     ` ゙、i |、i   ヽ  \ `ー、゙ ー 、
          | ゙、 ゙、ヽヽ ヽヽ|        ヽ| 、i    ヽ  \ヽ ゙ -、 ヽ
           | i ヽヽ\_,,ノ^}       /|\i    ヽ   \\  ヽ ゙、
          |_ト,.-‐''"  /      /  l  ヽヽ   ヽ   ヽ ヽ ヽ i
        ,ィ'イ /     /      /   ヽ、  \ヽ   \   ヽ ゙、 i l
       /l / /     /`  ´ ̄/      `ー--ヽ、_ヾ  ヽ  ヽ

女囚のための病院にいた公妃もコンシェルジュリーに移送されたが、
その姿は公妃として相応しく凛として気品に溢れていたという。

143 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:43:04 ID:kcRw2hq. [126/132]

その様子を囚人のパリ・ド・レピナールは、

     /  / / /ミミヽli| l//\ ヽ ヽ.\:.:ヽ ヽ
.    // /.:/ l /三ミミV| l/ //ハ ヽ:.::.:.:.:lミミヽ ',
    l/ /.:.:l: l: .:l三ミミヽ !/    ' , ヽ.:.::.:.:lミヽ\i
    l: i:.:.:.:l l :.:|ミ          ゙, ',.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.l
    l l:.:.:.:l l:.:.:l             ', i.:.:.:.:l:r‐ 、:.:.l
    ! !:.:.:.l !:.:.:!            _...', !.:.:.: l/` ヽl    人殺したちへの当然の
    l l:.:.:.:| :.:.:|        ..__,、 '"_.....、l l:.:.: l / ノノ:.ト、   憤り以外何ら感情も表さず、
    l:.:.:./| :.:.l __  __ ノ     ハ´:::::::i l :.::. |ノ´/ :.| !   公妃は女性たちの区画からの
     l/ノ:.:.:.|.   ̄__‐-      ゝ-‐'´ l:.:.: |‐'::| :.:l. l   列に加わって出てくるのを見ました。
    <彡/ .:.:| rヾ´::::i`,           !:.: |:.:.:| :.:.l.  !
     ヾノ|.:.:.|.l ヽゝ‐'"     ,       l:.: |:.:.:| :.:.|  l
       l:| :.:|: !           ゝ       l:. |:.: l:.:.:.|   !
         !l :.:|:.:lヽ         _ .. 、   /!l: |:.:| :.:.:|   l
       l| ::|:.:l l:.丶、    ´ _...   / |.|: |:.l:.:.:. l   !
       l:| :l:.:.:l l:.:.:|:.:`   .._    /  l |:.|: l:.:.: l   ;
       l:| :|:.: l:.l.:.:.|:.:. |.:.:.:.| l`  ´    !|:l |` ‐------  ..___
       l:|l::|:.:|:.:l l:.:|:.: l:.r‐ "!      ;  l:.|l          ;;;;;; ̄ ヽ
       !l l:|:.l. l: l:.:.|:./ (-'|      ,'  l:.:|         ;;;;;;  /: :\
         !| |:l.:| l:.l./   ヽ       _.. -|.:l        ,;;;;;  /: : : : :',
       ll |:.:|_、 '´      \‐- 、    ,.、 /l:l       ,,;;;;;  /: : : : : : i
      / ,、l:.:|          ヽ    / L!_l:.l      ,,,;;;;;  /: : : : : : : :.l
     r '" ;;;!::|           \./ / /|:.l     ,,,;;;;   /: : : : : : : : : l
.    /\  l::|;;,,          //   ' ` l:.:l  ,,,;;;;;;;    ノ: : : : : : : : : : :l

と感想を残すが、公妃はそんな自分を見つめる囚人たちに向かい言葉を残した。

144 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:44:12 ID:kcRw2hq. [127/132]

        , ‐ '  ̄`` -、、
      /    / , .、\
      /  / / . r'./'、 '、ヽ
     l  /_ / /,r' _l.  l .l
     ,'  /_二、/ ',二、\ l l
    ,'  l !__j   !__j  l_,! !
   ./r  .|ヽ   _   / l  !    みなさん……
   ./ | .l |  丶、 __  イ  l  .|
   l .,! .| | .、<ヽヽ/.r',ノヽ、.!  .|    わたくしは潔白であるからこそ
  l .| .| .l l   , イ7ヽ.  .|  |     静かに死につきます。
  | .! .|  .l   .| ノ.l |   | |
  '  l | .|  .l '  ∨  |、 /     あなた方皆様に、
    l l  l  l   l  /. l ′    良い運命が訪れますように……
    .l. .l  l.  l  ,'  ,'.、l l
     .ゝ.l .亅  .l l   l  ヽヽ
       ! l   |./_ ./ |
      | l.rニ'l. -、7  l
      .l  ヽ‐''l.`''l´ 、 l
      l .l  ヽ__|ー'.!  l  l
      .| .l   |  l  .l.  |  l.
     | .,! | |  l.  .!  l
     ゝ、l  | .l  .l. ..|-‐
       `´´.l―ト―/ ̄
          |__| |
          |  | ̄ |
          |__,.|  .|
         <__l.二_,〉

それから彼女はコンシェルジュリーに到着すると、自分の髪と手紙を
監守に手渡し、午後になって処刑場へと向かう護送車に載せられた。

145 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:45:09 ID:kcRw2hq. [128/132]

     r‐- 、             _ -‐―-,
     l `゙ヽ  `ヽ, -‐´ ̄ ̄ `‐' ´ _ ‐ " /
.     ',   ァヽ             ヾ゙w   /    処
.      ', 彡/     l       ヽミ  /      刑
      ヽ ,'   l |  |l  l ヽ、 ヽ   ', /     さ
       ∨  |_」r‐ | l ト」_| i l | |"       れ
        l |  |-r:、_|l ヽ>-l_ト | l l        る 
          ',l イci_;j   ´}.,;_ノoリ ' ,' /⌒ヽ    の
         〉ノ⊃      rっ|レ'ノ‐//\j      
        _∠ン⌒ >-^- , ⌒ヽ―'/    \
         /  〉ァ-‐'     ‐-‐'  /|\   /‐-‐ノ
       /   >く          / |  \/|‐-‐ ´
.       /     '' ''         /   |      |
       ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |      |
        |   ├ │   , ┬、    |      |
        |  (ナ‐ l__ノ し' 丿   |   /
        |                    |  /
        |__________|/

その途中、ナルボンヌ夫人の女中であるセシル・ケヴランがうちひしがれてうなだれていたが、



            , - '' '"´, ̄、`_- 、
          /   , '´,  , 'ヽ  \
          ,ィ゙  / //'´ 丶 ヽ 丶
        〃 / /  /  / /  i l  ヾ l
        /i / / / / /  , 〃イ'l ! i ヽ│
       /| / ' ' / ', // !\ !  | .. しっかりしなさい、友よ!
       l l゙ /  ,l !/_/、//_____ヽヾi !  | .. しっかり!
      ,l | ! /リ'f rテ' /''~-t rァ`lヾ) |
      |  | ′!| ` ̄´  l   ~`'''´ lレ"`|  弱さを見せることだけが罪なのですよ!
      |  |i  ヽ     !      /'〃!|
      |  |i  i \  / ̄l   / 〃! |  .
      |  |  i   lヽ ゝ-' ,イ ! 〃 |  .
       l |  !   l  ヽ‐ '  l、 〃 ! |
      │ l ! i  /l     l/`〃 ! |
       ヽ l l  / l~l     / 〃\  |

と、公妃は彼女を叱咤激励した。

146 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:46:08 ID:kcRw2hq. [129/132]

そして、市内にはロベスピエール失脚の噂が流れる中――


 ざわ・・・        やめろ・・・!        ざわ・・・       もうたくさんだ・・・!

       ざわ・・・          見逃せ・・・!     ざわ・・・     慈悲を・・・!

 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)`・ω・´)`・ω・´)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)
 ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´ )

民衆たちは囚人移送を止めようとしたが――

                          __
                       ,  '"´.:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ、
                       /.:.:..:..:..:..:.:.:.:.:.:.:.:.:┛┗ヽ、
                     イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.:.:.┓┏:.::.ヽ
                   /.:.:.:.:.:.:.:.//|ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                   j.:.:.:.:.:.:/〃!!  ヽト、\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                    ヘ.:.:.:.:/‐-- 、、   ,、-‐二ミヽ.:.:.:.:.:/
                   r┼〃 ニ。ニヾ二7ニ。ニ`ヽ辷:√ヽ  お前らどけどけー!
                   { ヘ{{  ` ̄ 〃⌒ll ` ̄   jj⌒リ冂}
                   | 爿ヾ ===彳   )ヽ、____〃  ヒ│ どきやがれー!
                 _| ヽ!   ,ィー`ー‐'─ヽ ̄    レ'丿 
       r─‐、___ --<  |/人_!   {{┬──‐‐ッ'     ├个ト、
    , --ヽ、  \ \: : : : :∨/ノ ハ    H´ ̄ ̄/ソ′   /| ハ||:\
    〈   /ヽヽ___, ヽ: : i: :∨ ノ ハ、  ヽ二二//    / ||∧ ||┬‐`ー- 、_
  ,;;┬‐`ーヽノ_ノ‐┐   |: : ヽ: :∨ / ハ  `ー─‐ '′  / /∧ リ |: |: : :`ー‐、`ヽ、_
  >┴‐┬r── r┴、  ハヽ: ヽ: ∨ /  ハ\  __ ノ/   ∧ V.:/ : : : : : : : : : : : : :|\
  {{   │i i_」L.ノヽハ  i ヽ: l : ∨ ハ!、 ` ー─'"     ∧ヽ/. : : : : : : : : : : : : : | :|  ヽ
  /77"´ ̄ ̄ ̄ 丁丁)/  | |: | : |ト∨  ト`ー- ______,イl {{ノ:|: :|: : : : : : : : : : :|: | :|  ヽ
 | ∨   { { {_. -┴ァ'/  / |: : : |: : :\ | ` ー──一´ノ |/: : |: :|: : : : : : : : : : :|: |/     |

――アンリオがこれを邪魔し、囚人たちを断頭台へと進ませた。

147 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:47:06 ID:kcRw2hq. [130/132]

                              _,, -''  ̄ ̄ ̄ `''ー 、
                           , -'"              ヽ、
                          /                  \
                         /                     ヽ
                       /        ,  }             ヽ
                       /    /   ,イ ,イi ヽ、             i
                      / i  / / / // /,ハヽヾ、            l
                      /イl  i/,イ ,イ /// ノ  ゙、ヽ ヾ、          l
                      ll {ト. ll/ {〃/ノ_,,.--‐‐弋ヽ、ヽ ミヽ_       |
                      l| ゙、ヽ{ハー、/ ,ィェ=ァ=彡 \、ヾミ /,-ヽ     l |
                      l| ヾ 、 ゙t;.}    ゞン-'     \ }ハ { } ヾ    l |
                        l|  ` ゙ l/               ノ  ンノ、 ヽヽ i l |
    それでは皆様……         ll   ノ             ( ィ' l ハ ヽヽ l |
    ごきげんよう……          ll   `ヽ             ノ/i l i  ゙、ヽl l
                        li   | ヽー‐         /,イi  l ヽ ヽ ヽヽ
                        l   | .ハ          ll { l  l  ヽ ヽヾ ヽ
                        i  |  i`ー----ィ'"     l | i  l i  ゙、 ゙、 ヾ \
                        ヽ | i i i ヽヽ l      l ゙、i i l i  ヽ  ヽ \ \
                         ヽ| i ト、ヽ ヽヽl     ` ゙、i |、i   ヽ  \ `ー、゙ ー 、
                          | ゙、 ゙、ヽヽ ヽヽ|        ヽ| 、i    ヽ  \ヽ ゙ -、 ヽ
                           | i ヽヽ\_,,ノ^}       /|\i    ヽ   \\  ヽ ゙、
                          |_ト,.-‐''"  /      /  l  ヽヽ   ヽ   ヽ ヽ ヽ i
                        ,ィ'イ /     /      /   ヽ、  \ヽ   \   ヽ ゙、 i l
                       /l / /     /`  ´ ̄/      `ー--ヽ、_ヾ  ヽ  ヽ

モナコ公妃は最後の荷馬車の三人目で階段を登り、潔く首を断頭台に差し入れた。
夏のまだ明るい7月の夕刻。太陽の光が差す中で彼女の若々しい美しさは最後まで輝いていた。

148 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:48:08 ID:kcRw2hq. [131/132]

                  ,,ィ''";7 /7/:7       ┌┐    __/;;;7,,:ィ         ,r';';;ア
               ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/  r‐;;;''';;";ア /;;/    /;;;;;;rァ;;/r;ニア /;ニア,/;;;;/
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/  /;:- ‐ 'ニ,' /;;/     7;;;;//;;/,r'';゙ソ __,, :ィ''";;;;;シ
            /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄   r;;''";;´;/ノ;;/     /;;;ノ/ツ 'ー'  /;;;;;;;;;;; -''"
                 /;;;;;;;/       '' "´,:ィ";;;/     "´      'ー ''''"
                /;;;;;;;;i'        <"´;;;;;/
            r‐;;'';"´;;;;;;;;f′         \/
            |;;;;;;;;: r ''"^~
            レ''"´


やる夫で学ぶ革命裁判所~恐怖政治の執行者~ 終り

149 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 22:49:10 ID:8V3RNoG6
乙でした。
せつないのう

150 名前: ◆5u6jcKSVew[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:49:35 ID:kcRw2hq. [132/132]

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  外伝も終り。
 iミ}ミ{━ ━ミ! それでは明日、最後の1日を投下します。
 iミ}ミ{  ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  コメ返しした後、19時すぎに投下。
  `i,J( 了´  ちょっと長いのでよろしくお願いします。
    }_ノノ   では、ノシ
    ヒ}ノ

151 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 22:51:08 ID:obM5xSOA


どっちもどっちのクソ野郎ども、としか思えんなあここまでくると

152 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 22:51:15 ID:Jzc3oCW. [2/2]
おつっしたぁ
コメ返しはほどほどにね~

153 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 22:52:47 ID:NE0l/rQU [1/2]
ラボアジエの処刑などを知ると本当に
この時代が狂気に包まれていたんだなと思ってしまう

今でこそ芸術や文化で有名なフランスだが
それも革命の反動なのかな

154 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 22:54:58 ID:xHcOZ4kA [2/2]
乙乙

155 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 23:00:46 ID:NE0l/rQU [2/2]
しまった忘れてた乙でした

156 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 23:14:27 ID:vLoPtvNU [3/3]
乙です
ラヴォアジエの酸素の実験なんか、子供の頃本で読んで感心してたが
フランス革命で首が飛んでたとは知らなかったな・・・・・・

157 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 23:20:28 ID:mw1ezwDA
乙でござる。外伝読んで鬱でござる。
鱈肝の話をしてもしょうがないが、ラヴォアジエがもう少し遅く生まれてきたら、
ナポレオンに可愛がられただろうになぁ。ナポレオン、数学ができるから。

158 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 23:24:47 ID:fhAqEaik [3/3]
乙であります

159 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 23:42:57 ID:QONlVkFA
乙です
しかし激動の時代での生き死には運に影響される所が多いと言うのを
改めて感じさせられるエピソードですね


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する