クリックで開閉

やる夫は流れついたようです 最終章 悪の穴 その123

77 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:12:30 ID:???0


                              _
                               l7//
                                ´∠l
      /ニニニニニニニニニニニニニヽ
      ’ニニニニニニニニニニニニニニ ハ
     iニニニニニニニニニニ}ヽィニニニニi|
     |ニニニニニニニニ /}/ /∨ヽニニニ|
.     ト.!ニニニニニニ==─…ミx 0 /》ニニニ│  お?ハクか。どうした?
    Ⅳ≧ー…ャ77//--。-ォ///l} 0 彳ニニニ|
     》 f77ハ  ∨/≧==彡//ノ   《ニニニl|      ト
     `7 V//}  ∨////厶イ==ミ   iニニニ|      |∧
       ⌒i ̄ __ ̄ ̄´   》//∧ lヽニニニl|      |/∧
   ト     ∨ .//| ト. {7∧ ∨///i| ∨\ニゝ __   |  ∧
   |∧    ∨//| |∧ ∨∧ ∨//l|  i}///777{厂三{  |  /∧
   |/∧    }ヽ/| |/∧ ∨∧ ∨/l|  リ  }////|∧三≧|    ∧.=
   |  ∧  、|__i/| |//∧ 》/∧仆ー=彡' '/// l|/∧三 i|    三
   |  /∧  ≧彡. 》====≦///   l i '//三|  ∧三|    三
\ |    ∧イ三/三》 ∨////    j l //三 i|  /∧ .乂__ノ三
/∧.|    /∧./三 ィ/∧∨///    / '//三三|  //∧三三三三



             , --―-
          , ' ,'
         ,  (
           l  λ、__, --―-_
         `ー    ヽヽ  |::::| ヽ
          , '  、    ', ',  ||   ',
         ,     人     '.   ||   ',
          {   ナーモ--、   r-||、   '
         |r,  ll ┰-,`ヽ l   {:::::::|   |
         リ丶 || ┃     |   }:::::::| ,--,/、      「どうした」と言える神経が信じられませんよ
         丿     u |   |:::::j/.:.:ヽ.:.:.:` 、
          \     ,イ   |イ |.:.:.:.:|ヽ.:.:.:.:ゝ    慌てて来るに決まってるじゃないですか
            ヽ    /  /,,,-┤.:.:.:| ゙, ト /、
            ゝ __.,´ `ー ___ ト、_j| l ヽ.:.:.:.\
               ,-―-、: : : : : Y.:.:|   ゝ_/
              r    ヽ: : : : : .|..:.:| ゙   \
               |       |: : : : : L__|、    \
               |     ノ: : : : : : : : `、ヽ   ヽ
               l     /: : : : : : : : : : :ゝ ヽ    ` 、
               l___イ: : : : : : : : : : : : ヽ        ヽ
              l:::::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : ゝ      メ
              l:::::::::::::|弋: : : : : : : : : : : : :`,       ゝ



スポンサードリンク


78 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:12:42 ID:???0



             ,. -ー ' ´       `ヽ
          , -ー ′              ヽ
        /.:.:.:.:  /   l   ヽ   \  `ヽ ´ \
       /.:./.:. .: /    ヽ.:.  \  ヽ,   \  ヽ
       /.:/.:.:...:.:.:. l .:   \ \.:.:  ヽ ..:l    ',   、
      l.:ィ'.:.:.:.:.:.!.:.:.| ト;.:.  _ヽ,ィ|'ヾ, ̄「、.:|     !   l
      | |.:.:.:.:l.:.|.:.:∧| メ;.:.  |}/  ヽ/ ヽ!:     |   !
       l.:.:.:.:|.:.ト十ヾ  ヽ.: /  ィ?亳卞ゞ !:    |   |
       ヾ\!ヾ、ケ?亳卞 レ'    r':::::}  l:      !    l
         ∨.:.:ヽ r'::}      '一'  |     |   |    そりゃ、こんだけの武装した兵が
          ∨.:.:.} "´ ノ           /     !、  !    村に押し寄せりゃあね…
          l.:.:.:.l               /     /.:.:ヽ  l
           〉.:.:.:ヽ    ,. -、    /     /.:.:.:.:.:\ ヽ  
          ∧.:.:.: .`ヽ、 ゝ-一  /     /:::l.:.:.:.:.:.:.:.ヽ \
         /.:.:.|.:.:.:.   !>、 -ー 7゙     /:::::::',.:.:.:.:.:.:.:.:.   \
        /.:.::::::::|.:.:.:.   ヽ::::|  /     /:::::::::::ヽ、.:.:.:.:.:.:.:  ヽ
.     /.:.:.:::::::::::/.:.:.:.    Y´ /.:.:.    /77 一-- 、.:.:.:..\:.:.  \
     /.:.:.:.::::::::::/.:.    /`  {.:.:.     {//      `ヽ.:.:.:..:\.:..  \
    ヽ.:.:.:.::::/.:.    /     l.:.:.     ヽ         \.:.:.:.:ヽ    ヽ
     \/.:.:    /_   _  \.:.:.    \         ヽ.:.:.:.:l.:   〉
     /.:.:    /-ー ミニ゙--`Y ´ \.:.:.    \        \.:l:   /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 二人とも、意図的に今しがた起きた出来事について触れずにいた

 出先から駆けつけてきたハクは「そんな場面は見ていない」し、ルイズも殊更思い出したくはない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

79 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:12:57 ID:???0



        ∧_∧:::
       ( ´Д`):::     おう旦那、それに皆
     /⌒ 丶'   ⌒):::
     / ヽ     / /:::    ちゃんと無事か?
    / /へ ヘ / /l:::
    /  \ ヾミ  //:::
   (__/|  \___ノ/:::
       〉    /:::
       / y   ):::
      / /  /:::
     /  /::::
    /  /:::::
   (  く::::::::
   (\  ヽ:::::
    |  \ ヽ:::::
    |  .i:::\ ⌒i::
    | /::::  ヽ 〈::
    | i::::::  (__ノ:
  __ノ  ):::::
 ̄(_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ハクと共に駆け寄ってきたのは、ガッチリとした体躯をした亜人の男だ
 普段はチャランポランな態度をとってばかりではあるが、村内では意外と頼りにされており、
 港まわりの男達のまとめ役のような役割を(非公式ではあるが)請け負っている
 
 まだ日は経っていないはずなのだが、初対面の頃から、何故かジャギが気にかける男だ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

80 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:13:11 ID:???0



                  , r ― ニ=二ニ=ヽ
                /: : : : : : : : : :\: : : }
                  / . : : : : : : : : : :, ィ´`ヽノ\_
                   / . : : : : : : : ; ィ´.   .   . `i
              / . : : : : : : :/. : :  . : : : . : .  |
              / . : : : : : : /. : : : : . : : : ィ: /: :  }
             ,' . : : : : : : ,': : : : : : : : :/|ハ: : : . :/
             / . : : : : :/! ∧: : : : :r' `ヽ }: : ;ィリ
           /. : : : : : /:/ |/: ハ: : l\`=='/:ノ'
         ,. イ : : : : : : : /: : l: : : :ト: :|      ,ゝ              .     ・ ・ ・ ・
      , ィ ´. : : : : : : : :/: : : : :ハ: : : ! `i  ⊂7イ      ええ、なんともないわ。シンさん
      / . : : : : :/: :ィr.く ̄ ̄ `ハ: : :|>ェ、` ´ソ
      ', : : : : /: : :/: /.::ハ:::::::::::::::ヘ: : |K>:',: . `!       
       ',; :ィ:´: : : :/ : ! ::::::::',::::::::::::::}',: :|'│∧: ヘ
   ,. ィ.´: : : : : : :/: : l :::::::::::レ::::::::::::|: :`| リ:::::ト: . !
  /. : : : : : : : : :/: : : } ::::::::::リ:::::::::::::{,: : :! |::::::|: : .,'
 ( : : : : : : : : : ノ: : : / ::::::::::/::::::::::::::ハ: | |::::::::ト,:リ
  ', : : : : : : : : : : : : : !.. ::::::::/:::::::::::::::::::::`ト'::::::::イ/
  ヽ : : : : : : : : : : / .:..:::::/:::::::::::::::::::::::::::::}::::::,'l
   `i : : : : : : : : :l .::::l::::/}:::::::::::::::::::::::::::::l::::::{|
    ノ : ィ: : : : : : : ! :::::∨ |::::::::::::::::::::::::::::::|::::::l
   ノ ´ | : : : : : : | .:::::::| /::::::::::::::::::::::::::゚:::|:::::::|




         /       /    、  \   ヽ  、
        l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
        |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
        ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ
        ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \
         〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ
        /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \    「なんでもない」わけじゃないけどね…
      /    |  |             /   |ヽ、|     〉
      ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /    シンさん、村の皆は?
       〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /     急だったから怯えてるんじゃない?
      /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ
    /  r'7     ノ:::::∧` >< /     /:::::::::::::::::::::::ハ  ` 、
   /   /´/     ∧:::::::::∨ ,、 ∧     ヽ; -ー' ´::::::::::::}.    \
. /    |::/     /::::::\:::::∨ | /:::::ヽ      \::::::::_,::::ハ       \
〈      /     /:::::::::::::::\ ヽ7::::/::ヽ      ヾ´::::::::::::::::l        \
 ヽ   /     /::::::::::::::::::::::::`::^__´::::::::::l        |::::::::::::::::::ヽヽ      ヽ
  }  〈      ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'一::〉       l:::::::::::::::::::::', |      /
  〉  ∧      ヽ::::::::::::::::::::∧:::::::::::::/         /::::::::::::::::::::::∨    /
. /  |:::::ヽ      ',::::::::::::/| ト;:::::/        /::::::::::::::::::::::::::::ヽ   /
. /   l:::::::::}      }::::::/  || || ∨        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\〈


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 名前は八頭身。周りからは「シンさん」と呼ばれている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

81 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:13:25 ID:???0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ジャギとルイズ、大河の前に、馬車から降り立った紬。それを取り囲むようにして柊の兵士達
 そんな光景を、漁を終えた漁師やその家族、村人たちが遠巻きに立っていたのを、ルイズ達も
 把握していた

 女皇の護衛としては異常に少ないとはいえ、100を超える武装した集団がやってくる
 橋向こうから…つまりは同じ自国領からやってきた正規の装備。暴れる様子がなかったとはいえ
 警戒感を抱くのは当然だろう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

82 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:13:41 ID:???0



        ∧_∧:::
       ( ´Д`):::     いや、あれは遠巻きに眺めてたんじゃなくてよ…
     /⌒ 丶'   ⌒):::
     / ヽ     / /:::
    / /へ ヘ / /l:::
    /  \ ヾミ  //:::
   (__/|  \___ノ/:::
       〉    /:::
       / y   ):::
      / /  /:::
     /  /::::
    /  /:::::
   (  く::::::::
   (\  ヽ:::::
    |  \ ヽ:::::
    |  .i:::\ ⌒i::
    | /::::  ヽ 〈::
    | i::::::  (__ノ:
  __ノ  ):::::
 ̄(_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




           ∧_∧   从从
           (  ´Д`)   ビシッ  
         _/  ⌒ヽ  (⌒)       囲んで「やりますか?」って…な!
       ⊂二 /    へ  ノ ~.レ-r┐ 
          /    /  ヽノ__ | .| ト、
      _ _レ   /〈 ̄   `-Lλ_レ
    /   __ノ   ̄`ー‐---‐′
    ヽ <  | |
     \ \ | ⌒―⌒)
      ノ  )  ̄ ̄ ヽ (
     (_/     ⊂ノ

83 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:13:53 ID:???0



:.:.:.     |:   ハ:.. ヽ:   l.:{:.:.:.:.:.    ヽ:.:.  }/:.}ヽ.:.ヽ:.. .:.:.l.:. }
:.:.:.     |:.  | l:.:.:.j{:.  :|:.:',:.:.:.:.:.:..   |ヽ/:厶<ヘ.:.:.|.:.:.:/|.:/
:.:.:.     l:.:. │l:.:.:ハ:. :l:.:.l\,:.:.:.:.:.:... レ:lィ仗ヽ}ヾト:|.:.:l.: / j/
: .:.:   -―ヘ:.:. 十j:./ーl:.‐七弋"ヘ:.:ヽ:.:.:. イ圦: _ハ jN.:/K
ハ:.:.:..      マ.:7/'"仟テ¨ヽ`トヽハ:.:l.:.:.:/ V::イ j   j/:.{小、
.:.: .:.:. :.:   ∨ヘ  {仗:  ハ     V}:./  ゝ彡′ '{\| { ヽ __        相手…誰だったか知ってて言ってる?
:.:.∧:.:.:. :.:.:   ∧、  ∨f::-イ j     j/    ̄   ',:..  l:.  \  `ヽ
:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:..       ゝ=彡’         ヽ       }:.:  l:.:.:..  \                           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
:.:.:/.:.: :.:.:.:.:.:..    ヽ                     イ:.: 八:.:.:.:.:.:.. \                          | 知らん!
: /:.:.:.:.::ヽ .:.:.:.:.:.   \          _. -っ    /.:.:.:.:.   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..\   .                     乂_____..ノ
:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ :.:.:.:.:.:.    \U       ‘ー_'´   /l.:.:.:.:.:.:.:...    \:.:.:.:.:.:.:.:.:...   うわ…うわぁ…
:.:.:.:.:.:.: /:.ハ!.:.:.:.:.:.:    ::ヽ          /  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:....    \:.:.:.:.:.:.:.:.:..
:.:.:.:.:.: /://l:.:.:.:.:.:.:.      ト     __,.イ ヽ  \:.:.:.:.:.:.:.:.     \:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.: /  .}i :.:.:.:.:.:..       j__    | /    \  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..     \:.:.:.:.:.:.:



      /: : : : : :./: : : : :./: : : : : : : ヽ: : ヽ
     /: : : : : /: : : : : : /: : : : : : : : : : !: : : :ハ
     /: : : : :./: : : : : : /: : : : : : : : : : : |: : : : :ハ
    /: : /: :/: : : : : : /: : : : : : : : : : : : |: : : : : :.',
    /: :./: :/: : : : : : : :/ヽ/ヽ: : : : : : :.ハ: : : : : :.',
   /: :/: : :!: : : : : : :〃/ \|:.!: : :斗匕∨: : !: : |
   /: :/: : : !: : : : : /才T示ト !ハ: : /rz=ぇ!!: :/: : | ̄ ̄¨ ' ‥‐- 、___
  /: :/: : : :|: :|: : : i  vZツ   |/ vZツ |:V: : : :|           ̄ ̄¨ ,二ニつ
  /: :/: : : : |: :ハ: : :.ヽ.       '    |厶イ: :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'' ー--、  くふ
 /: :/ / ̄∨|: \|\>          ハ_,〃レ             `ー'゛
./: : : :,'     V: : : :ト、   ∠⌒)  , イ/       漁師なめんなってやつね?
: : : : :.|      \: : :\> 、  , イ: : :リ                    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
: : : : :.|   ヽ   !ヽ: :ハ \_/  「 | |: : :∧                    | おうさ!ハッハッハ!
: : : : :.|       |::::|: :.ハ彳ハ メ、|∧: :.!:∧                     乂__________..ノ
: : : : :.|       |::::|: : : Vん|ト、_》!: :.V: : :.ハ
: : : : :.|       |::::|: : : :.}  |!  /: : :.ヽ: : :.ハ      笑いごっちゃないわよ
: : : : 弋二T ̄ ̄¨|::::|: : : :.|  !! /: : : : :|: : : : !

84 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:15:00 ID:???0



    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、:::::::ハ
::::::::::::i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
::::::::::::l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ
l:::::::::::::i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!       (爬虫類系じゃあねえが…コイツもコイツでなあ…)
|::::::::::::l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉
}::::::::::::! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!
!::::::::::::l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:::::::::/i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:::/   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 戦場ならともかく、政治的な感覚などさほど持たないジャギは、今回紬の行った奇襲じみた
 突発的な事柄に対処するだけの能力はない

 元より主自身がそうであったように、策を弄して相手を嵌め込むか、力技で粉砕する
 それしか手札がないのだから、今回の時間稼ぎも苦肉の策でしかない

 時間と距離を置くことによって、紬が望む神器を渡すという約束を、守るか反故にするか
 それについても考える必要があったからだ

 しかし今、この4人を前に、ジャギは別のことを考えていた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

85 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:15:13 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ここへ来てようやく定まってきた。ジャギの目的は「やる夫の生まれ変わりを待つ」か、
 それとも「やる夫の元へ行く」かのどちらかの達成だ

 ハクを皮切りに、こうして次々とそれらしき人間が集まってきている
 「歴史は繰り返す」という事柄は、ジャギの中ではもはや疑いようのないものとなってきていた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



      /ニニニニニニニニニニニニニヽ
      ’ニニニニニニニニニニニニニニ ハ
     iニニニニニニニニニニ}ヽィニニニニi|
     |ニニニニニニニニ /}/ /∨ヽニニニ|  (ただなあ
.     ト.!ニニニニニニ==─…ミx 0 /》ニニニ│   なーんか違う気も…すんだよな)
    Ⅳ≧ー…ャ77//--。-ォ///l} 0 彳ニニニ|
     》 f77ハ  ∨/≧==彡//ノ   《ニニニl|      ト
     `7 V//}  ∨////厶イ==ミ   iニニニ|      |∧
       ⌒i ̄ __ ̄ ̄´   》//∧ lヽニニニl|      |/∧
   ト     ∨ .//| ト. {7∧ ∨///i| ∨\ニゝ __   |  ∧
   |∧    ∨//| |∧ ∨∧ ∨//l|  i}///777{厂三{  |  /∧
   |/∧    }ヽ/| |/∧ ∨∧ ∨/l|  リ  }////|∧三≧|    ∧.=
   |  ∧  、|__i/| |//∧ 》/∧仆ー=彡' '/// l|/∧三 i|    三
   |  /∧  ≧彡. 》====≦///   l i '//三|  ∧三|    三
\ |    ∧イ三/三》 ∨////    j l //三 i|  /∧ .乂__ノ三
/∧.|    /∧./三 ィ/∧∨///    / '//三三|  //∧三三三三

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ピンクにブラウン、ハクにシン。生まれ変わりだという思いは強い
 前者の「生まれ変わりを待つ」という流れからいえば、ここに「ニューソクデ家が揃う」というのが
 一番穏当で望ましい結末だ

 後者の「やる夫の元に行く」――これは「生まれ変わりがある」という前提と、
 「歴史は繰り返す」という前提のもと、ジャギ自身が「流れに乗る」というものだ
               ・ ・ .・ .・ ・ .・
 つまり端的に言えば、ジャギは死ぬ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

86 名前:michi[] 投稿日:2013/12/03(火) 20:15:23 ID:???0
ここまで

87 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 21:05:14 ID:bZYnX/WA0 [2/2]
記憶を失ってもなお魂でやる夫を追い求めるホモォ

88 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 23:00:16 ID:Fx8pfgOM0

ジャギさんなんでそんなにやる夫が好きなんだろう

89 名前:名無しさん[] 投稿日:2013/12/04(水) 08:56:50 ID:QcDrtYD20
なるほど
「みんな」生まれ変わるなら、そこにジャギが一人だけ生まれ変わらずに残ってるのはおかしいわな

だがなぁ…この流れが意図的に作られたものだったら、この流れそのものがやる夫を引き寄せるための呼び水だとしたら…
そんなことをやらかしそうな神が居るんだよな…

90 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/04(水) 11:10:39 ID:IwXeam120
おつ~
残される身も結構辛いわな

91 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/04(水) 11:40:06 ID:DciH2MbE0
なんかMADARAぽくなってきてwktk

92 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/04(水) 12:18:26 ID:HHjiBhWs0
生まれ変わりという概念があるなら、道しるべが必要だろ

93 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:39:53 ID:???0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 死ぬといっても条件つきだ。なにもジャギとて好き好んで死に飛び込もうというわけではない
 「流れに乗る」というのはやる夫の立ち位置をなぞり、そして死んでいくという意味だ

 この世界で唯一歴史の流れに乗らないのは、不老不死に限りなく近い魔族であるのは
 言うまでもない。そして魔族はその特性上、おそらく繰り返す歴史の流れからは外れている

 その魔族の血が流れるジャギも、死ににくい、という特性を引き継いでいるだけとはいえ、
 既に200年近くの歳月を生きている。ジャギもまた、ヒトが魔族に比べ、非常に短い歳月で
 繰り返す「歴史の流れに乗れない」という可能性は十分にありえる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 だから強引にでもその流れに乗り、やる夫の立ち位置に陣取ることで、
 ヒトと同じ「生まれ変わりの流れ」に乗ろうというのだ

 そして死後また部下――いや友として繰り返す。それが望みだ

 ジャギにもまた、魔族の血が流れている。こうしてやる夫に対して今もまだ執着しているのは、
 単純にあの頃が人生において最も「面白かった時期だから」だ

 早死にするために傭兵稼業を続けるという一族の考えは、
 あながちすべてが間違いだったともいえなかった
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

94 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:40:12 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 退屈は魔族に死をもたらすと、魔界の四天王であるヴァンプなどは言っていたが、
 彼ら純血の魔族の言う死とは、グールになることなのではないだろうか?

 精神の死の行き着く先が、あの圧倒的な再生能力を失った姿だ 
 魔族といえども、並の者なら一度に4、5回も死ねば、それに至るというのだ
 死そのものではなくとも、ヒトでいえば瀕し、危篤、そういった状態に当てはまる

 しかしジャギの場合、どれだけ生き飽きてもグールとならない
 恐らくは、ヒトの血が混じっているのが関係しているのだろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



               _,,,,,,........,,,,_
        .,...-''"   ;;;;;:::::::::::::::゙゙''-.._
      , ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::ヽ
     ,r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::ヽ
    ./;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;;;;;; :::::::::::::::::::::..l、
    l. ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;: ::::::::::::::::::::::::.ヽ
   .| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,,_.;:;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::..!
   .!.;;;;;;;;;;;;;;...,、 ゙'、 .ヽ '|ヽ::;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.l
   . };;;;;;;;;;;;;;;│゙i,ノ.;;;;.|/ !:;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: |
   .l、...._,.. ー"_iii、...;;....;:.,//| ;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: |
   ヽ.二,,,,=二: :.コl..テ;..゙´,/ ;;;;;;;;: ::::::::::::::::::::::::l
   ./.,!;ハ・ー"::::_l."/.;. ..┴./ ;;;;;;;: ::::::::::::::::::::::::ヽ        (だからって戦場で死ぬとかならともかく、
   .l゙ .ゞミ- -''''゙"''..... ; . rッ″;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::\       俺が自殺とかは…なあ?)
   .!ヘニ''―-..._    _..ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ.   /i
    !、t;; .,i、.;;.'.l`i ; l ;;;;;;.,i、、;:;;;;;;;;;;;;;:.  : ::: :____._ /  ./ i
    l.l l;l .! !::..|  l  | ;;;./lヾ“'''''''''''"゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄.ヽ     l .,!
    l, l.| | .!: l ;;│; | ./  ! ヽ             \   l .l
     .li`- .凵_,,l゙.;: .l″ i. i .ヽ        ,,....,゙ッ ./  !
   .|i、 ゙、|'ti、.:::...; /   /. .!  .ヽ     _.. -''"´: : │  !
    . l.\  `''''''l″  .,i  l   ゙!,i-‐''゙゛: : : : : : : :./  .!、
     .!. ゙'-   !  .__,,゙.. -'ヘ   .ヽ: : : : : : : : : : ./   | .゙!〟


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「ガラじゃねえ」としか言いようがない
 それ禁じる信仰を持つ持たない以前に、彼の矜持はそんなことを許さない

 死ぬ時は笑って死ぬと決めているのだ
 もちろん、笑いながら飛び降り自殺するほど狂ってもいない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

95 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:40:28 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 状態を保つという事に関して、生粋の魔族は異常に優れているが、
 ジャギのように中途半端な存在は、故に最も苦しむことになる

 仲間との死別を繰り返しながら、さらに生まれ変わりすら確認してしまっている
 取り残される立場というものは、思っていたよりも辛いものがある
 いっそグールになれればどれだけ楽か。血族の生業がある意味正しいと思うのはこの部分だ

 目的もなく長生きなど、するものではない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                -‐ - 、
         /           \
        /  〃 |         ヽ
.       {  { |  |       ハ
       ゝ 从.|  |  丶     .}
        `l リ  |   八    :|
.         !ノ'  |    \   \     柊の兵士…まだ半分くらい残ってるわね
.        ソ   | ハ   `ヽ.   \    …監視のつもりなのかしら?
         八   从. \    ハ  }
        ∧  ヽ冫rf千≧=、 ノ  /
.        爪∧   \///////} ;  f
      {//刈.    ∨/////| i 八
        ∨/ノ    ノt/////| ヽ   \
        }彡   /从,//////|  }    )
      ‐=ミ-‐ jハ }///////| ′ /
      爪    \ゝ|ノ ////// |/ {〃
       |' \   ヘ ∨//////,}  从_ ィ
     f`ー‐┐ト  /∨/////,} ' ヾ一'
     |////| ,! `´  ∨////ィ}   l ヽ
     |///く∫孑 , -‐=∨///'∧ l 丿|ノ

96 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:41:02 ID:???0



      /: : : : : :./: : : : :./: : : : : : : ヽ: : ヽ
     /: : : : : /: : : : : : /: : : : : : : : : : !: : : :ハ
     /: : : : :./: : : : : : /: : : : : : : : : : : |: : : : :ハ
    /: : /: :/: : : : : : /: : : : : : : : : : : : |: : : : : :.',
    /: :./: :/: : : : : : : :/ヽ/ヽ: : : : : : :.ハ: : : : : :.',
   /: :/: : :!: : : : : : :〃/ \|:.!: : :斗匕∨: : !: : |
   /: :/: : : !: : : : : /才T示ト !ハ: : /rz=ぇ!!: :/: : | ̄ ̄¨ ' ‥‐- 、___
  /: :/: : : :|: :|: : : i  vZツ   |/ vZツ |:V: : : :|           ̄ ̄¨ ,二ニつ
  /: :/: : : : |: :ハ: : :.ヽ.       '    |厶イ: :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'' ー--、  くふ
 /: :/ / ̄∨|: \|\>          ハ_,〃レ             `ー'゛
./: : : :,'     V: : : :ト、   ∠⌒)  , イ/      好きにさせとけば?
: : : : :.|      \: : :\> 、  , イ: : :リ       宿代と労役でこき使っちゃいましょ
: : : : :.|   ヽ   !ヽ: :ハ \_/  「 | |: : :∧
: : : : :.|       |::::|: :.ハ彳ハ メ、|∧: :.!:∧      あ、さっきジャギが女皇を『転移』でね――
: : : : :.|       |::::|: : : Vん|ト、_》!: :.V: : :.ハ
: : : : :.|       |::::|: : : :.}  |!  /: : :.ヽ: : :.ハ
: : : : 弋二T ̄ ̄¨|::::|: : : :.|  !! /: : : : :|: : : : !




          ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄`   、   c
      /  , '⌒ヾ} ´ ̄  `ヽ.    {ミ}   っ
.    〃 /           \  {ミ!、
.     {  /    /    }、    ヽ || '   つ
.       ′    /」∧   T寸i=‐+   ハ|| !
      {1   ‐i爪{  、   ;x-刈、}   !:jjヽ
.     从N   以=x , /,ォ示=ァ! |ヲノ ,′
.       八 个゙迦リ ∨  迦ソ|l  レ' ∠-‐. :7    聞きたくない!見てもいません!!
         ヽ ゞ ¨´ ,    u |l   レ'_:::::::::::/
        | }、u c っ   , リ  ′.、ヽ/
        |   |i≧ァ- = ≦イ /iK:::::::Y


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 …まあ、目的や動機はともあれ、ジャギが「おかしい」と感じたのは、
 ジャギ当人が生まれ変わらず残っていること。ではない

 今のところ、「やる夫」と似た立ち位置にいる…と思う
 得体の知れない存在として周囲――主に紬とくれない夫からだろうか?に警戒されているのを感じる

 ただ、それ以外のメンツの立ち位置に違和感があるのだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

97 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:41:18 ID:???0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 まずハク。いや、とりあえず生まれ変わりだと仮定してだが…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ   (別に今のコイツに
      ゝ---η.   |||||||  ゝ    何を感じるわけでもねえんだ。うん)
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前世はジャギの妻だった。複雑な心境もなくはない…いや無いが、少なくとも今のハクは
 別にジャギと特別な関係にあるわけではない

 …むしろマヨポジションなんじゃないか?態度も立場もそんな気がしてならない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

98 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:41:40 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ピンクにブラウン。こちらは蒼と翠っぽいのだが、貴族として育ったせいか比べれば割と有能だ

 …この3人は性格は生前と変わらない気がするのだが、
 領主という立場となったピンクとブラウンは、よくよく考えてみれば、かがみ・つかさ姉妹のようだ

 八頭身も、まだここに着いてひと月も経っていない短い付き合いだが、
 シンと同じくチャランポランではあるが、まず戦いもせずここに居るのがおかしい

 今は村の警備として雇われているようだが、別に奴隷身分というわけでもなく、
 どこぞからフラフラと放浪した末、ここに居ついたのだという
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

99 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:41:56 ID:???0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 そして極めつけは、柊皇国の女皇紬だ

 梓が帰った後、数日でここまでやってきて言い放った言葉がこれだ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              ≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=
                     / /  /   //    /|   ',
                      i / /   / /     / ||   i
                |     |./ /  /  /   /| イ i   |
                | |    イ / /⌒ヽ /  /  | / | |  | i
                ヘ|    |/{/  ̄ ̄ / /   |/ | |  | |
              / ヘ|   |      ヽ //    r‐┐ | i  | !
              {  /|     ir=ニミ        `V /  / /
              \ |    ',:::::::...      ´     /  / /
              .  ー|    ヽ::::::::      =ニミ // / /
                ヽ |     ヽ     '  :::::::::/: ://: :|     嫌がらせです
                 \  \ ヽ ヽ       /: : : : : :|::|
              \   \  \ ヽ   ̄   ノ:|: : : : : ::V
              ´::: ̄ ̄::`ヽ、 | ヽ--─ : :´: : |: : : : : : |
              :::::::::::::::::::::::::\|ヽ |ヽ |: :| : : : : :| :i: : : : ::|
              ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ| .|:: ̄ ̄:::`ヽ :|: |:: : : : :|
              :::::::::::::::::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::ヽ|: | : : : : |
              ::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::||: |: : : : ::|
              ≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 それは羽川の位置だろう。何故そこに立つ

 いや、散々煽るような真似をした俺も悪いんだが…とジャギも反省しきりだが、
 少々方向修正も考えなければならないようだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

100 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:42:10 ID:???0



    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、:::::::ハ
::::::::::::i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
::::::::::::l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ
l:::::::::::::i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!      なんか分かり易い事件でも
|::::::::::::l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉      起こればいいんだがなぁ…
}::::::::::::! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!
!::::::::::::l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:::::::::/i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:::/   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、



             ,、   ,. -‐…・・・…‐-ミ
             ゝ`: ´: : : : : : : : : : : : : : : ` ヽ
             〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、 :\
            /: : :, : : : : : : : : : : : : :、 : : : : : ハ: : :.
            ノル': :{: :: :!: !: : : : : : : : :} 从',: : : :i: : : :.
              ´{: : : :!: :孑廾ト : : : 孑廾ト、ハ: : : }: : : :!
.             八 : 从: l〃ミx、ヽ: : :ノz≠ミxノ,ハ: : |: : : :|
            ヽ: : ヽ! f、,.  )イ f.、,ィ 从}: : : |: : : :|
             }:八ゞ弋:!     匕リ  |: : : i : : : {
                八: !ハ.    ′     ,′: ∧:: :八    え?何か言った?
               /: : : | 人            ノ: :: :,': :ヽ : : \
.           /: :: : : ::|: : : : ト  `   .イ: : : : i : : : ', : : : :ヽ
         〃: :: : : : : :|/: : : :V `こ __/|: :: : : !: : : : \: : : : \
          /: :: : : :r一У : : : : }  /Yヽ  {: :: : ::{`ヽ、: :: :`: : : : : :.
.         {: : : : ////: : : : : : i.、/    ', .{ : : : 八/刈、: : :} : : : : }
        ヽ: ://///, : : : : : : ノ∧,.‐== 、∧ : : : : ∨/∧: : : : : :/
.          } ////// : : : : : ∧/∧zΑz/ ∧ : : : : ヽ/ ∧: : : :/
.        ノ////// : : : : : 〃///∧レt///,∧: : : : : ∨ ∧: : {
.       /://///,{ : : : : : 八//////}{///// }: : : : : 冫/,|: :: :ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 考えてみれば、200年前に比べると、大陸全体の人口そのものも増えている
 「1人目」、「2人目」。そしてやる夫の時代も、そのまま同じ出来事が繰り返されたわけでもないだろう
 ある程度の誤差――違いがあるってもおかしくはないか

 そうでなければ増えた人口分の「魂」とやらはどこから来てどうなるんだ?
 ジャギの頭でとりとめない考えが堂々巡りしかけたとき――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

101 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:42:24 ID:???0


  __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
 /__  __  /   ____     ̄  / /
 _./  //  /  ./____/   ___ノ /
 |___ノ.|___,/.           /____,./


            __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
           /__  __  /   ____     ̄  / /
           _./  //  /  ./____/   ___ノ /
           |___ノ.|___,/.           /____,./


                      __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                     /__  __  /   ____     ̄  / /
                     _./  //  /  ./____/   ___ノ /
                     |___ノ.|___,/.           /____,./

                                __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                               /__  __  /   ____     ̄  / /
                               _./  //  /  ./____/   ___ノ /
                               |___ノ.|___,/.           /____,./


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  ・ ・ ・ ・ ・
 望み通り事件が起こった。ここからが繰り返しの始まりだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

102 名前:michi[] 投稿日:2013/12/05(木) 19:42:35 ID:???0
以上

103 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/05(木) 20:14:13 ID:ABhpTlwg0
おつです

これ、よく考えると、やる夫ポジに一番近いの、ジャギじゃなくてそっちじゃんwww

104 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/05(木) 20:14:33 ID:4pZCMnVg0


105 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/05(木) 20:37:33 ID:.qoIGbts0
乙でした

うん、紬に関してはジャギが悪いw

106 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/06(金) 00:41:50 ID:bfrlDUX.0

ジャギはずっと変わらず面白いことが好きなんだな

107 名前:名無しさん[] 投稿日:2013/12/06(金) 00:49:39 ID:6gF4b/1M0
いつの間にか凄い展開になってたでござる

108 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/06(金) 09:22:48 ID:M1JDLp8A0

さあ盛り上がってまいりました

109 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/06(金) 11:16:19 ID:8.7MsAZo0
乙です、いよいよかという感じですな



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/03/14 04:17 ] やる夫は流れついたようです | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する