クリックで開閉

やる夫は流れついたようです 最終章 悪の穴 その112

535 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:08:04 ID:???0


┌───────────────────────┐
└───────────────────────┘
┌───────────┐
└───────────┘
┌──────┐
└──────┘
┌───┐
└───┘
┌─┐
└─┘




;';:',:'.:';';:',:'.:',:'.:'爻彡爻爻彡彡彡彡!;';:',:'l       {,:'.:'Y,:'.:',:'.:',:'.:',:'.:';';:',:'.:';';:',:'.:';';:',:',:'.:';':.爻彡爻彡彡ッ
,:'.:',爻彡,:'.';';:';';'爻爻彡彡彡'⌒´;';:';';:'lリ゛     ヾ弌_j:Y,',:',',:';爻彡'^;',:';',:';',爻彡彡;',:'爻彡彡彡'′
爻彡,:'.:';';:'xッ爻彡彡彡'´;';:':;'l:l;l爻州リ_,         (乂_j;',:';',:';Y;',:';',:';'ッ爻彡'⌒;',:'爻彡彡シ′从
彡;';:','x爻彡彡シ爪;';;';i:i:i:i;i;i;i;i;ッ爻彡⌒          {乂三,:'!;',:'ッ爻彡;';ミー爻彡ク⌒´i;i;i;i;ッ爻
,:厶辷彡゙⌒^´ ⌒ヾニ圷爻彡彡゙⌒                   (乂三.小ィi  ト-'⌒´辷ミ行爻彡ッ'
 |il ,、           `Yl|i<^                          に、 l{_, }  `⌒YlY⌒¨´
li Nシ             Niレ゙                              i%)} jl:「 /L、   !iljワ
 l |            |i|li                               !l  rr|<シ⌒`'   !|!|
l _j{, 、 ィッx     ,、_ |j|l|                          }l  _川'¨,、ィッx:、」j|∟、
{ %l.':;}L_':.':'ミx'⌒ヾ,:'.:',ヾーx;_,、               ,、ィッvzx;_    ィッx:、_! i'@’j,:'.:ミ;';,:'.:'..'.'.'.ヾ⌒ヾ
f《d/シ'^`.:.:,:'.:リ:,:)',:'.:',:'.:','.:',:゙;';:',:ミ:xz、       〃.:',:':,:'.ミッ彡ッぐ,:,:'.:':r小ぐ^l_,|,:'.:',:'.`ヾ⌒ヾ!,:'jミミ
 l:レ′,:'.:',:'爻彡'⌒,:'.:',:'.:':x',:'.:',:'.:ヾ癶⌒ヾーx;、{,:'.:'ッ爻彡彡^:'.:',:'.:',:'.`丁イ  !{;';:',:'.:':⌒:'.:',:'.:',.'.'彡
M:!,:'.:',:'ッ爻彡シ,:'.:',:'.爻彡:',:,:'.:',:'.:',リ,:'.:',:'.:','ィッリ ^¨⌒^゙^⌒゙{!,:'.:',:',:'.ィ爻j l l:N;';:',爻彡:'.:',:!.:'爻彡
li !j_爻彡彡',:'.:',ー爻彡彡ミ.:,:'.,:'.:,:'.:',:'.:'ッ爻彡シ:': ; : ': ; :': ; : :乂:,:'.:爻彡」|l !j: l !j_爻彡,:'.:',:'.爻彡彡
ノ从Z_⌒^゙ ̄^⌒^´ ゚̄⌒^゙^¨ ̄´^⌒゙^⌒: : ; : ': ; : ': ; : ': ̄^⌒__,フリ从ノ从Z_゙^"⌒¨ ̄^⌒
爪jヾ{⌒ヾ: :': ; : : ; : :'; : : ; : :': ; : :'; : :': ; : :'; : : ; :' : :': : : ; : : : ; : :⌒フr爻人爪jヾ{⌒ヾ; :' : ; : :' ; : :
^7⌒T⌒ヽ/⌒YニV⌒7⌒YTア工V⌒コ⌒V二Y⌒Y^V⌒Y^ミv'⌒Z⌒ニ7⌒ン'⌒V⌒7⌒7X⌒Y^
 ゙̄^⌒ ̄ ̄^⌒^´ ̄`^ ̄⌒´ ̄` ̄^ ̄⌒´ ̄` ̄´ ̄` ̄^⌒´ ̄^⌒´ ̄’ ̄⌒ ̄^ ̄⌒^⌒¨´

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 閑静な森の中。たった一人の人間が
┃ 長年歩くことによって踏みしめられた道に




スポンサードリンク


536 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:08:18 ID:???0


         ,,..、._,ii、 -,,..-'';,i'   |;;;;;;;;;;;;;.;v―ーi;;,,v-ー'"          ,,-- 、
         ヽ./   `゙ヽ,;;;;__ゝ,, ..,,l゙;;;;;;;;;;./              _,,iiiニソ一'" : ii、
、             _,,ミ/゛  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐'―― .... r;;;;ッr‐'''''"゛  .y、_
;ヽ、  .,ノ7       ヽ‐゛   ,r''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i‐'"         ヽ;.|
'''-、゙゙ア'"             {,゙二、,,-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐┘ : :lニ;;.         ゛
  ...l′   :l";二゙''''┐       ,l´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-'''''-、           ['l、
._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,._..ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7            `゙"
;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  .l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!                     _,,
.、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"   ,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..;>ー'゙゙゙゙゙ヽ             ゙‐' |.l
..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ    l;;;;ン'ッ;;;;;;;;;;.,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  `''、_;;;;;;;;|        .,,,     . l、;゙¬.
. ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  ` .、  `''" : l.;;;;;;;;;;l゙ ゙'<;,v、;;;;;;;;;;/'    .`''''"        !;;゙''┐    .゙'ー'"
    ,-シ、;;_ノ   . _, `    .tナ‐' ̄″ ∥ .`'―ー!llt;;. .'          !、;;;丿
;/  ,r./  l;/    '!┘            リ'i                       ´   ,,、   ,、
,! ./  ,i";;{_                  =!.!.l               ,i''';     .|;;;;゙゙''''''";;.l、
!     ゙L;;;;;゙>                    マ , 、,,,           `''".ィ;;-一'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..,i¬―''>.l..、/゙    i'゙゙~゙゙゙'-|!!ゝ         i'''j  .!、,,;l,゙,,r‐ー、        `''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ
: };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i ゝ、;;;;;;;;;.ア   ,......、   ,iミ;;/  ,r'''";;;;;;;;;;;;;} ._.. ;;i       .};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    .,ン-. : '!''L,l゙    l.;;;;;;゙ゝ、,i''";;;;; ! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l!´二..,,,_,..--'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l゙;l ,!;;;;/   .|'ヘ,    `''''''i_;;;;;;;;;i;;,゙  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-゙;|,`''″  .,/;;;;;ゝ..r‐┐   i";;;;;;;;i┘  ゝ、;____,,/´        : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;.! ---'''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !   .〔;;;;;;;;;;;;ヽ :lニ二'゙'';;.    .,.. -ニ=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;;;;;;;;;
.ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    l;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,  ヽ!      "'"     ..   . l-x,;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;v ..,,,,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'―- -ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'---、                "  .'|゙゙''、
.l´|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ン- /     ゝ-..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬';;ナ'             l7   l
;;;;;;.,,_.;;;;;;;;;;;;;/             |;;;;;;;;;;i¬ー-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{´                    !


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 大量の血痕


537 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:08:30 ID:???0



                   ノ         ;;;;      ミ、
                  / ,,         '';;       ミ、
                 iレ'´j''                ;;,, i!
                    ソイ´ ,,;;;            ,,; i!
                 r´ /   ィ.    , ,i ;;;,∧ ;;;,,, ,;;;,, i!
                  r´;;// ,;;;; ソ.!.ノ| ;,/ ヾ..ヾ、 ,,,, i!
                  | / f / 〃ヽ!、. |/   xミ、ヾ  i!
                  r  l /l '´!ー‐ti、_.) ( _ztォ‐ーヾミ〉
                    ソ .ヘ.j,, ヾミ彡 i i.. ミ彡" ::l人      あ…ああ…っ!
                 ゞヾー-ー´;:;/;:;:t.;;:,,;;..  l l:::...   :/j .! `ー--、
            _,,ィ;::´;:;:ヾゞ;:;:;:;:;:,/;:;:;:i {';,;.''  l l::::.... :/ ji i      なんで…こんな…
         rャ^´;:;:;:;:;:;:;:ヾ゙,´;:;:;:;:/,;;; i {ヽ rnェl_lェェ.. :/ {.i .i
        ,r'゙ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`';:;:;:;/,;;:;; !  i! ヽ.ヾ;;〃 ::/  j.i   {
        j  ,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ;:;:;:;:;:;i  {! ヽ. . :/  {.i   {
       j  .;:;:;:;:  '';:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;: ∧  !  ヽ..:/   / i   i
       i       ;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;;:;:;:/ ヽ、 !、       / i.   {
       j  ';;,     ',;:;:;:;:;:;:;:l;:;:/    !人 ー、 rイ´ノ. へ.   j
      j        ;:;:;:;:;:;:;:;:レ       }llliiiiiiiiiiiii/   ヽ.  {
      {       ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;      }lllllllllllll/     ヽ 〉

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 何人分とも知れない量の返り血を浴びながら、その後ろに立っているのは
┃ できそこない子の主、カイジだ

┃ 目の前に繰り広げられる光景に信じられない、という体で憔悴し切っている


538 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:12:06 ID:???0



       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ,    |      …くちくくく
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ
      │「(丶_//// l
      └l´::ヽ  / ¨


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 地面を赤黒く染めるものを踏みしめながら、一人の少女が「くちく」等という
┃ 物騒な単語を呟いている。魔法(で生み出された)少女できそこない子だ

┃ *ナレーションは嘘をつかない*


540 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:12:18 ID:???0





             /:::::::::::::::::::::ヘ_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
.            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
.          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         /:::::::::'';;,::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,;;;'{
.        /::::::::::::::'';;::::/:::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::,,;;;;;''::::パ
       /::::::::::::::::::::';/ヽ::::::::::::::, r ' /:::::::::,;;;;':::::::::::::パ
.      /::::::::::::::::::::::/  ', V /  ./:::::::,,;;'':::::::::::::::::::パ
     /::::::::::::::::::::::/l        ノ::::::,;':::::::::::::::::::::::::::パ
.    /::::::::::::::::::::::/:::>=-  -ヨ_ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::パ
    l::::::::::::::::::::::/::/  ,Yヽ `ヽ::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::パ
    |:::::::::::::::::::::{ /, r'´:::::::l   }:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::パ
    |::::::::::::::::::::::\:::::::::::::: ヽ=ヾ.:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::パ
    |::::::::::::::::::::::::::::\ ::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::パ
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::パ
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::パ
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-ピヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::パ
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::パ
    | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::パ



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 二人の前では、一人の男が立っている。男は穿いているズボンに手を突き入れ、
┃ 失ったものと同型の仮面を再び手に取ると、それを顔へと装着した

┃ それからこちらへと向き直ると、


541 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:12:33 ID:???0



                 ,. -――ヽ
          !\    ,.イ////////ハ、
          l lヽ.\"//////////;;;;;;;lヽ
           { .! ヽ. \'///////;;;;;;;;;;;lハ
           ,ィ'ハ. l、 '  \////;;;;;;;;;;;;;;;;l/}、__
       ,イ//,{ l\ヽ '  l. ヽ'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!/!/////777‐、
       /////,! l、 ヽ  |_.  ヽ::;;;;;;;;◯;;;;l/l'////>'";;;} !
.       //////,{ lヽー-'//7\ ヽ   l;;;;;;!,l/>'";;;;;;;;;;;//!
.       l> ヽ/ハ 、 ヽ l///   ヽ ヽ.  !ヽl/;;;;;;;;;;;;;;;;;;///l
     / '⌒ V/{ r 、  {//二 _- ._V ヽ | _ ,.-‐◯;;;;;;;////!          ,ニ、
     l '   ヽl/ハヽ_\l/、 l:::::::ヽ ∨ l / r!'  \;;;;;;;;//// l         ノ
.      l 、ヽ( l//,{ f \ ゝ._ ` ー 'ヽ l l ( / --―-'''/////,l
     ! ヽ; l//∧ヽ__ヽ >- `_j /0/ -‐、‐ 、  ̄``- ._         つ
.      ト、_.., l///,.‐-,.  -――--  { /-―.、ヽ /,ヽ  ノ__> 、
.       l/ .! !'// -‐_ヽ .>'"´ ̄` トヽヾ:::::;) ///,ノ、_\__//     レ
     / ,.-ー' ,. -――- '     - , ' !ヽ\ヽ///- ヽ  .>ノ '"     (_
.     / ./   ///,!  -― 、⌒ 、    l、 .} `ー"\ヽ__.>,- '
    //''" ̄ , V/l.  | マ//>、フ  ,!, ´r.!ヽ_ヽゝ-ノ'"          レ 1       
.  ,.'      :::. V,l   !   マ///     ヽ l !./////                  ノ
./       ::::. ゙,!.   l   }'/     , ヽ.////
.          :::::.     、 ー '    , ' ././ .l//        さあ、新しい顔だよ
         ::::::..      ´ ,. '  /,.'l /
          :::::::`  -‐     ,/'"  V
             /   ヽ
、       、     /    ヽ、    __-―==-._
ニ\       ヽ     /    /ニ\-ニ二二トニニニ、ニ>、
ニニ\_   ヽ   '    ,イニニニ\二二| マ二ニヽ \.ニ\
二二二ム  ̄`ヽ    ,. ー.!二二二ニム二ニ| マ二二ヽ \ニヽ
ニニニニム         l二二二ニニムニニ|  マ二ニニヽ.  ヽニヽ



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ と、恍惚の表情を浮かべながらにじり寄ってくるのだ
┃ 


542 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:12:53 ID:???0




                   ノ         ;;;;      ミ、
                  / ,,         '';;       ミ、
                 iレ'´j''                ;;,, i!
                    ソイ´ ,,;;;            ,,; i!
                 r´ /   ィ.    , ,i ;;;,∧ ;;;,,, ,;;;,, i!
                  r´;;// ,;;;; ソ.!.ノ| ;,/ ヾ..ヾ、 ,,,, i!
                  | / f / 〃ヽ!、. |/   xミ、ヾ  i!
                  r  l /l '´!ー‐ti、_.) ( _ztォ‐ーヾミ〉
                    ソ .ヘ.j,, ヾミ彡 i i.. ミ彡" ::l人        くっ…くそっ…!
                 ゞヾー-ー´;:;/;:;:t.;;:,,;;..  l l:::...   :/j .! `ー--、    なんでまだ生きてんだよ…!?
            _,,ィ;::´;:;:ヾゞ;:;:;:;:;:,/;:;:;:i {';,;.''  l l::::.... :/ ji i
         rャ^´;:;:;:;:;:;:;:ヾ゙,´;:;:;:;:/,;;; i {ヽ rnェl_lェェ.. :/ {.i .i
        ,r'゙ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`';:;:;:;/,;;:;; !  i! ヽ.ヾ;;〃 ::/  j.i   {
        j  ,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ;:;:;:;:;:;i  {! ヽ. . :/  {.i   {
       j  .;:;:;:;:  '';:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;: ∧  !  ヽ..:/   / i   i
       i       ;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;;:;:;:/ ヽ、 !、       / i.   {
       j  ';;,     ',;:;:;:;:;:;:;:l;:;:/    !人 ー、 rイ´ノ. へ.   j
      j        ;:;:;:;:;:;:;:;:レ       }llliiiiiiiiiiiii/   ヽ.  {
      {       ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;      }lllllllllllll/     ヽ 〉


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 遊んでいる。この魔族は自分が戸惑い、狼狽えている様を見て嘲笑っている
┃ 
┃ カイジがそう思うのも無理はない。事実、どれだけの技量があれば
┃ そんな芸当が可能になるのか。できそこない子の「食らいつき」を複数回に渡り
┃ 少しの動きで避け、パピヨンを名乗るこの魔族は、普通の人間なら致命傷になる
┃ 


543 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:13:34 ID:???0



                l77777‐- ._/ヽ
          _ ‐l-'、/////// j ノ 、
            「>、'/l!;;;;;;;;\// / }/∧
.           l///{ヾ|!;;;;;>'/_.ノ ー' i、'/∧
         |///l>。 ゚ ,.'/ ,ヽ <j}!∨/,!
        ,. -――--- ヽ!イ/ ィ::::j.} <ノ,|ノl//!
.       ヽ ゝ> r7!ニヽ lゝニ"イ<ノ/,l ///
       \= ァV,!ゞ',ィ、j‐-、ー_,ヽー<'/{
         ゝ <フ7/,ト、  ` ̄ィlゝ‐,ー、ゝ
          `∨),イ _,  '"   }.l/l .  、
.             //ハ 、 ヽ/  / j// l.  、
            '  ヽ∧.\ ヽ "  /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「頭部ゴロン」で済ませてしまった
┃ 
┃ どれだけ経験を蓄積すれば可能なのだろうか?


544 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:14:58 ID:???0

                /::\:::::::::::::::/::::`ヽ::::::
                /:::::::::ヽ:::::::::/::::::::::::|:::::::::::::::::::
                ,'::::::::::::::::\/:::::::::::::::|:::.:::::::::::::::::
               /`ゝ、/`゙  ー── ┤::::::::::::::::::::::
              〈ヘ Y \9 /゚_,. -┴─┬─== ┐
               トミ/\ノく/    ,. -‐く <_//
               〈ベ},ィミ} /  ,ィ≦二 !:::::::/ ∠二}/ .ヽ
              {ニ>{ ゞソ人 く<辷rヲ|:::::/ ,. -ーァヽ   ヽ,
              ゝニフ´/ \\ミー</二ニニ∧::: ヽ   \
.              /ハ ヽ    ゝイト、 <ヽミ、.ノ/}/  ...ヽ   \
              .ノメ|ハ ゝ= 、 └、\}ト、彡/´ /:     .ヽ
              ./ |i ', }/ }   \〉\/
                |.ハヽ_ノ     /::ヾ''ヘ.:                   ,。 --.、   ,。.-.、
                  } ヽ     ,./::::/.:\}     .\           ./::::::::__::::\/:::_:::::\
                   ´∨/            \        ./:::::::::://∧:::::|::::/∧::::::::ヽ
                                       \ f ̄ ̄ ̄ ̄\:////∧::l::///∧:/ ̄ ̄ ̄ ̄}
                                     廴(> 《⌒ \ ̄ ΩΩ ̄ /⌒リ 》<) ノ
                                   \     .廴(> f f'⌒゙≧x_}凵{x≦⌒ヽ人 <)_,ノ
                l77777‐- ._/ヽ           \    廴(>( |:| 匸:::ラ Y^Y ,ィ::::丁:}  <)ノ
          _ ‐l-'、/////// j ノ 、             \.   廴{>込廴_x≦人人≧x__ノ <)ノ
            「>、'/l!;;;;;;;;\// / }/∧               廴>テァf ̄ ̄l ̄ ̄「ト<__,ノ
.           l///{ヾ|!;;;;;>'/_.ノ ー' i、'/∧                   V[ノ_ノ ー──一 乂 ]ノ
         |///l>。 ゚ ,.'/ ,ヽ <j}!∨/,!                //::ト、  `こ 二´ イ:∧\
        ,. -――--- ヽ!イ/ ィ::::j.} <ノ,|ノl//!               }/\| ヽ    /l j/ \{
.       ヽ ゝ> r7!ニヽ lゝニ"イ<ノ/,l ///                 人   ー一' |/
       \= ァV,!ゞ',ィ、j‐-、ー_,ヽー<'/{  「6個が限界なんだよね」      f .!    ズブッ!
         ゝ <フ7/,ト、  ` ̄ィlゝ‐,ー、ゝ                         l !
          `∨),イ _,  '"   }.l/l .  、                         l l
.             //ハ 、 ヽ/  / j// l.  、                    ,.!- 、
            '  ヽ∧.\ ヽ "  /                      ,. 、{ ./   丶
                 \、   、-     i  ヽ         ,.-‐- 、.      {< ヽ.! / ` '
          , 、     `   } 、     l    `ー--- イ////∧,\    ', ` ゝ! 、‐- !
.         ////,> 、 _, /;     ,'       l////!'/,!V∧\\ ∠,.',  / '  ./- 、
        // /!'///////"             //////.!'/,! ∨∧.\.ヽ、! ヽ、_,.、 ':::::::::〉
.     /// / l'//,///    i      /   _ ,イ ///// l//l. ∨,∧ ヾハ ! .!   ./ ヽlヽ.}
   ,.' / / / .!'/,.'//∧―   、   ,.    ̄  ///,!//// !//!  V//!  l∧! l  ./  / /
  /// ///  .!/i/////,ヽ __    ___,. イ'////,l'///  l//,!   l'//,! l//!、l  / , '/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 慣れ親しんだ道具を使うように、自分の頭部でお手玉をするなどという遊びが
┃ 
┃ いや、その個数を揃えるまで、できそこない子の「食らいつき」を絶妙の間合いで
┃ 避けきるというのも驚愕に値する


545 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:15:14 ID:???0



              __
           _ -==≧└-ェ-
           /       ヾ、
            /イ         ゚.
           ./  ./,ィ/ 人 、   |
          /| //ム≧x.、∠ムV!         ふざ…ふざけんな…っ!
           .|/に:! ー゚‐:i! ー゚'´i ハ
            ,、7!、u  |!   jく'          食え…できそこない子…
       . - T:::ア:::/::iヽ∈ヱ∋イ|:::「⌒¨¨¨¨丶   倍 プ ッ シ ュ だ …っ!!
      ./:::::::::i::::::::/:::: i. \¨゚/ .!::::ヽ::ヽ:::::::::::::.
     /::::::::::::l:::::::}::::::::l  `´ _./:::::::::l::::i::::::::::::::::.
    ./:::::::::::::::l::::ム⌒7ヤー-- 7:r―:、i:: |::::::::::::::::::
    .}::::::::::::::::ヽ::::::::::::ヽ:ヽ:.:.:.:./:/:::::::::::: ノ::::::::::::::::::::
     .| :::::::::::::::: |::::::::::::::::\!:.:/イ:::::::::::::::::{::::/::::::::::::::::
    ./:::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::厂::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::
   /、::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::i:::::::::::|二二二i:ヽ::::::::::::::::::::.
    }::::\:::::::::::::_|::::::::::::::::::::|::::::::: |::::::::::::::::|:::}:::::::::::::::::/>
   `¨iー 二二ノ::::::::::::::::::::|:::::::::::\:::::::/:〈ー--- '´ィ´
     |    ハ:::::::::::::::::::: |::::::::::::::::: ̄::::::::厂「 ̄ ̄ :!
    .′   | .):::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::{  }    :|
.    ′   バ::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::〉 i    .|
    ′   ハ!::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ .l     .|
   .′   /〈ヾx__::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::イ入 i    |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ どこを食い千切られようと、即座に再生してくる魔族・パピヨンに対し、
┃ カイジは何度目かの同じ命令を下す

┃ 辺りに飛び散った血痕、返り血は全てこのパピヨンから吹き出したものだ
┃ しかし当のパピヨンはいまだニタニタと笑い続けているばかりだ


546 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:15:27 ID:???0




       、 
   ≦`ヾY´-===- .
 < ヾ〃,          \
  _> ソィ'  ! 、 ,    ,!  、ヽ
 <戈Y   |  ,寸寸T ハT7 } , !
  ノヾ!   ヽ! ゝ( ●) (●)|ハ|
 ´⌒八ソ  (lv!     ^   |     くちくくく…
    |::ヽ. シ゛     ̄  ,
    |::::|!ヾx  、     イ
    |::::|!::| `/⌒ヽ_〔 



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ カイジの魔法で生まれたにしては、言動的にどこか欠陥があるとしか
┃ 思えないできそこない子だが、他のできない子が認識していた通り、
┃ 基本的には命令に絶対服従する
┃ 


547 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:15:44 ID:???0



       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|   腹がくちくててて…
     ゙i|゙i'(1    ,    |
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ ウップ
      │「(丶_//// l
      └l´::ヽ  / ¨



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ――が、満腹なら仕方ない
┃ 
┃ ちなみに「腹がくちい」とは苦しいほど腹がいっぱいである。満腹であるという意味だ
┃ 
┃ *繰り返すが、ナレーションは嘘をつかない*
┃ 


548 名前:michi[] 投稿日:2013/09/24(火) 22:16:02 ID:???0
ここまで

549 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/24(火) 22:17:10 ID:cRU8fxfE0 [2/2]
意思疎通できそうっぽい?

550 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/25(水) 01:57:54 ID:Q22NzL5s0
ある程度疎通できてるけど普段は役に立ちそうにないなw
腹がくちたって普通に使うけど方言なのかね

551 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/25(水) 06:45:47 ID:Zkd3MTYo0
パッピー遊んでるんじゃなくて全くの善意だったりするんだろう?w
乙っす! アカギ(カイジ)のスプラッタ展開は終わらない!w

552 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/25(水) 11:11:59 ID:.1x/2Ris0
最初に慣れておかないと後で大変だからな!

556 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:01:38 ID:???0




........::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::
......::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::    :::::ι
.....:::::::::::::/:::::::::::::::::  ::::U:     :::::
............/:::::::::::::::             :::::::::    魔力が貯まったんなら…
....../:::::::::::_::::)
....( :::'''   γ                    火を放て…爆破しろ…!
................... /                     粉々に…っ!再生出来ないように…
....................... ----=====ニニニ⊃
..........................ヽ-.         ..:::::::::::::ι
............................../::::::::::.....   ..::::::U::::  
.........................../:::::::::..     ...::::::::    
......................../::::::::::..





      ,_  _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > .,,_  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y          \
  >{  ,'     /, ,.  ,.l  , ゙i
 | ヽ,{     l |i’寸寸TハT7}l     ん…
  ヽレⅣ   __ハ  ( ●)ハ|
    V ト' (__1      ゝ
      Vィ  丶,   ‐,.ノ
      | l /:::ニヨ'

557 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:01:55 ID:???0



             ,,=-‐;;;;;;;;;;;;;;;;7
           ,r';;;;;;',`゙''‐ 、;;;;/lヽ
            l;;;;;;;;;;;(ミ、。rッ、ヽl;;;',          ちなみに俺は、
           l;;;;;;;;;(ヾミl;;仁,.l,リi|          肉片が残ってたら再生するよ
               ';;;;/ `{ミ/ ==ヘ ノ
            }'    '∨弋フ, '         .|゙i    無限ループって怖くね?
           ノ     ,、..._ /  ,r 、,,     | l
       _  /   ヘ  i _ノー';;;;;;;;;;;;`ヽ  l |ヽ
     /´;;;;;;`ヽー=-―、 r‐'/;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,_|ノ ',
    ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;`ハー-<l;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ | .>、 ノ、
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i゙;;;;;;;ハーァ<l;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;/ ,r'´| ヘl .ヽ
    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i゙;;;;;;;;;;ハ< ./l;;;;;;;/ハ;;;;;;;;;;;{ ./`ヽ/ー'´
     \;;;;;;;;;;;;;ヽ\__,ハ<>l;;;;;l;;;ノ',;;;;;;;;;;/;;;;;;;;i゙
      `L;;;;;;;;;;;',;;;;ヽ,;;;l∠ヽl;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;/;;;;;;;;;i゙
          <;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;l<>l;;;;;;;;;;;ハ;;/;;;;;;;;;;/
         ヽ;;;;;;;;´ ̄`゙'''ー-= ,,,__lム;;;;;;;;;;リ
          ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}ム;;;;;,<
            .7 ̄ ̄´;l><l;` ̄`ヽ\ヘ.<
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ /;;;;;;;;;;;;;;|_  >'´
         /;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;l"´l
           /;;;;;;;;;;;;;ヘ;;,, '''''' .,,;;;/;;;;;;ハ .})
        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;'' ,,,,,,'';;/;;;;;;;;;;;;|i´

558 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:02:05 ID:???0





                                                          _ー 、 }V  _
                                                        `ー--≧   V レ´{
             、‐- 、 ,. -- _                                      _,フ'         __`ヽ.
          ,ゝ ̄ `  ′゙,∠.._                                     _  -‐≦==、、_, -、   \`ヽ
       /´ " " " ゙ ゙ ゙ .<`                               、__-'´     `丶. `ヽ.、 }     `フ
       7 " " " " , ゙ ゙ ゙  、\                      ん…?    /  ,イ ./{    Y `| |     `ヽ
.      i " " " ゙,.ィ / \ ゙ ` ゙ \                           フ   /ン/__`ト、,i   l  }人{ヽ. \ヾ
.        | " " ,ィ/‐l/、  ,ゞト、゙ 、゙ヽl                           ̄乂,●) (● )リ|  /  リ:|  ノ ヽ._
       | r=、 l.f´_・_j!_ ,f´_・_j! ゙ N                             ,'ヽ         ノ/~).ィ.|:|   {´ ̄
.      | {にl l ` ̄  _ \´ハN      こっち見んな…!               ハ. ヘ      、,.ィ.1:レ'/ ,イ 人
       ,l ヾ=lノ  __ ‘ ‐  ゝ                                     ヽ.__ ..、     {ミ::|ィ|:|´ /.ノ'
   _./:l "./ ヽ. ∟..二ニ7/         なんか…なんかあるだろ…こう…          YYYYY乂 L!从
‐''"´:/::::::| /    \   一 /、.         粉も残らないように…なんか…!?      /ヽ-シ´::::`ヽ.
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ:::::\                                  ,.:'::::::::: ̄::::::::::::::::::ヽ.
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l::::::::::::\                                  i:::::::::/{::::::::::V:::::::::::::'.
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l::::::::::::::::::\                              l:::y/== V::::::::ヽ::::::::::::l
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l:::::::::::::::::::::ハ                              |:{;': : : : :.\::::::::l:::::::::::|
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::::::::::::/::::l                                l:ヽ: : :ヽ: : :.\:::l :::::::::!
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`:::::::::::::/::::::::l

559 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:02:19 ID:???0






                                      ___
                                    __ ,::´::::::::::::`ヽ  __
                                   マ个,'::::::::::::::::::::::::',チtリ/   あー、もしもし?
                                  マミl:::::::::::::::::::::::::::}彡' 
                                   i´',::::::::::::::::::::::/Y     もうそういうのいいから
                                      ゝ,',:::::::::::::::::/ノ
                               _    j ,r',:::::::::::::/tヽ、
                            ,, = '"´;;;;\_ //,jv´ `vゝ、ヽ|  , -‐=‐-、
                          i´l /;;/l;/l;;;;;;<´   、  ,   >=';;;;t、\;;;;;`=、
                            ',l/;;;;|/;;;|/;;;;;;;大ー--==--‐'フ;;;;;;;;;|ヽヘ;;;\l;;;;;;)
                             ',;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;>;;;;;;;;;|;;;;;;;<;;;;;;;;;;;;;;ヽ|ヽ|;;;;;;;;;/
                             ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ `ヽM/´7;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;;/
                         r'´;;;;;;;;;;;;;/マ;;;;;;;;;;;/`-ァ ,、 =-';;マ;;;;;;;,、;;;;;;;;;;;;;;;iti
                        /;;;;;;;;;;;;;/   .マ;;;;;;〈;;;;;「/;;;\l;;;;;;;〉;;/ \;;;;;;;;;;;;\
                    . _/;;;;;;;;;>'´      .マ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;/     `ヽ;;;;;;;;;∧
                     マ;;;;;;;;;;;;く         .Y;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;Y         >;;;;;;;;∧
                    .  \;;;;;;;;;;ハ          };;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;{     /;;;;;;;;;;;;;;;;;〉
                    .   \;;;;;;;;ゝ、     /;;;;;;;;;i、;;;;;|;;;;;;/;;;;',   _/;;;;;;;;;;;;;;;/´
                          `''<;;;;`<ニヽr'{;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;|;;;/;;;;;;;;;}`tチ;;;;;;;;>'"´

560 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:02:33 ID:???0





  乂ゝ、  _> i {    `ヽ   ,..、     ,.、 .   /     } i /   ノ /
    〉.r=‐x .o ', ',      \ ー゙ヽ   /ー゙ /      .ノ/o`ーニ´_,<
   ∨{.   \ ', 'v´iーァ- .,_   \ ∧  ∧ ./     _ /./ ,r''"´  / /
    ゝ`ー―''´ `〈;;;|,,. -‐- .,ヽ  \i⌒i/  ,. -‐''´⌒゙i;;;;〈 <..,,__ノ._/
    {;;{ { ⌒ヽ o{!;;;;|,r=== 、 `i!、  i!i6}.i! ,イ´ _,,,...,,,_ .|;;;;;}o ,r=''゙7 〈
    ';;;|、ゝ _,,..> o',;;;;|、  r 、.`ヾ∧ {!.∪.i}/ ,ッ''´r 、  `i;;;/ <  ノ ノ
     ',;| `i r‐- 、 ',;;| ゝ _ ゞ' _.. >.〉i!.O i! <   ゞ'   _ノi/o_,r=‐ァ r'
      ',| 乂 、__.〉 oゝ _三彡''"´  ',  j \`ミニ=‐-彡ノo<__ノ ノヽ     
     .',i、 { {! rー―‐-ァ o_,rニ´=‐ァ'ゝ='<ー-\_o r―‐--ァ r''´ヾ }     
       'iヽヘ ゝゝ=‐- '_,,.ri /__ /´ミi! `ヽ  ヽ>..,,_ー-=-´ ノ_, / /      
      .'i \  ̄´7/ /,r=-ァ/   .ミi!    ∨='-x ヘ ヘー'´_/ /        …だろう?
      'i  `ー=i ゙´_>''=‐'´    乂_,    `ー=<_ヽi ∨_ノ        
        'i  ,r''"´or';;;;;;',       ゞツ        7;;;ヽo`゙' 、
        //__ノ/´ヽ\;',  -ニ''"´`ー´ `゙''ニ-  /;;;,イ ∧ `ヽヘ
       ./>''"´   ',\ヾ;;,, ` ̄ニニ ̄´  ,,/;//   `''<.ヘ
      ,,ッ'´       .', \          ,,ィツ//      `ヽ_
_,,..-‐''"´           ',  \        / /         `ヽ
                ',   \     ./  /                `''ー- 、
                 ',    ` ー‐ '    /                    \

561 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:02:48 ID:???0






........::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::
......::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::    :::::ι
.....:::::::::::::/:::::::::::::::::  ::::U:     :::::
............/:::::::::::::::             :::::::::
....../:::::::::::_::::)
....( :::'''   γ                    …!?…????
................... /               
....................... ----=====ニニニ⊃
..........................ヽ-.         ..:::::::::::::ι
............................../::::::::::.....   ..::::::U::::  
.........................../:::::::::..     ...::::::::    
......................../::::::::::..



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ カイジという男は、成人を機に、常日頃から両親に煩わしさを感じた家を出、
┃ その後もフラフラとしながらも仕事だけは真面目にこなす男だった
┃ 
┃ 商家で働き会計を任されるようになり、生活が安定すると同時に…賭け事に溺れた
┃ その後はこれまで描かれてきた通りだ
┃ 


562 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/26(木) 00:03:05 ID:7VEwXOTU0
あ、・・侵食?

563 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:03:14 ID:???0





ヽ r- 、  。ヽ、 _____ _   _____ 、r‐。´ ,  ' ´ / /
. ヽ\__ヽ 〈{   ヽ 、  O、` ´ .,O _ - ´  }〉   ー‐‐´ /
.  ', r-- 、 oヽr‐r-_、_ ヽ、 ヽ,- / /  __ -_r-/ ゚ , -‐' フ /
  ヽヽ__ゝ  {::::|´ _`ヽ ` f{リY´ /ミ_`|::::} 。 ー‐ ´ノ
    ヽ ,---、゚ ',:::::|ニ―=、ヽ |V | //, -―ニ|:::ノ <´ フ.ノ
    ヽ 、_ - '。 、::lヽ ⊆⊇ゞノl o l〈く⊆⊇_/ lノ ゚---, r´
    `{ r―-  。ー。‐ニ=‐=',_ノヽ=ニ‐ 。‐´ ゚-ニ-´ノ
     `ヾ=´-- -r 'ヽ=/   {  `\ヾ=`ヽ 、___ノ´
       `ヽv´ソニフ/_______ヽニニ、_。!ノ_       お腹いっぱいになったんなら、もう…
       rニfィ‐≦ヽ ヽ、――――v/ / ィ ハミーヽ
     /ニノ ` ヽ`` ',   _   / 〃/´  ーニミヽ
     ´  ̄    ヽ、  f.l    ソ/  イ       ̄`    い・い・よ・ね☆
           __|.ヽ  ヾ、ー‐‐ノ/  , ´{___
      r‐ ´    | ` 、 `ー=‐' , '  .|   `ー-、
       「| _,    .| l  ヽ ` ̄´, ´  l |     _, |[
      |l{ T    ,' │   `ー‐´  ./ .',    T |:|
      |||__, --rノ  l        ,'  ヽ―--、_」:|
    r‐'::::::::::::/     l       /    \::::::::::::::::::7



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 一般人には一般人の、チンピラにはチンピラの、悪党には悪党の生き方がある
┃                                   セオリー
┃ 生き方とはつまり、必勝法とは言わないまでも、いわゆる定石だ
┃ 
┃ その世界での法、常識、空気の読み方や行動の規範、そして覚悟の持ち様
┃ 各世界で異なるそれを守ることにより、一般人には一般人の、チンピラにはチンピラの、
┃ 悪党には悪党の、それぞれの「平均的な人生」が「期待」出来るものだ


564 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:03:31 ID:???0



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 当然ながら「期待出来る」というだけで、誰も「保証」はしない
┃ 特に一般人以下ともなれば、少なくとも寿命と老後の二つに関しては、
┃ 長さ、質ともに、平均そのものが大いに下回る
┃ 
┃ 一部それを無視して成功する天才や、当然のように失敗する愚者がいる
┃ 
┃ では、一般人、チンピラ、悪党のうちで、セオリーを無視した…つまり道を踏み外し、
┃ 失敗したことで、最も潰しが効かなくなるのはどれだろうか?当然ながら一般人である





           /.:::ィ゙.::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|::::::::/‐--|:::::::::::::::|::::::リ:::::::::/
             / ´ |:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|::::: ′,,  |:::::::::::::::|::::/{:::::::〈
               |:::::::::::|:::::::/´ |:::::::::::::|::/芹≠ミ、レヘ::::::::::Ⅳ斗::::::/
.                l::::::::: |::::::{ i |:::::::::::::|;′   O   \/芹ァ::|:::::::し)
                 :::::::::::|:::::::ゝ...|:::::::::::::|  ゞ≠彡    {O .::|::::::: /
              i:::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::|            、彡}:::|::::::/
               }:::::::::|::::::::::::r|:i:::::::::::|     i、      /.::{ ::/
.             {:.ソ.::::::::|::::: /l.|:l:::::::::::|    弋^ ー-r' / .:::|:/
           /.:::::::::::::::::/   从:::::::: | 、       ̄ /i::::::::::|′
           /.::::::::: -‐' ̄|     丶:::::::∨≧=-  __/ .:::|::::::::::|
       . -‐´ ̄     .|    ヽ ヽ:::::.V r‐`ヽ ::::::::::::::|::::::::::|


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 悪党が道を踏み外せば、外道になる
┃ 
┃ 外道に失敗はない。誰かを犠牲にすれば取り返しは効くし、その為の術を知っている
┃ 世間に後ろ指さされようと気にしない覚悟を既に持っているし、本当の失敗といえるのは
┃ 当人の死ぐらいだと思われるが――誰しも最後は死ぬのだ
┃ 
┃ 死が失敗ならば、人類に成功者などいないだろう


565 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:03:50 ID:???0




                               、ヾ 从从从ノ,,
                               ミ:::::::::::::::::::::::::::彡
                                 ヾ::::::::::::::::::/"
                                  Ⅵ:::::::/ /`ヾ
                                ∧Ⅵ〃 /   ハ
                                | ゞ=彡''  .メ iミ
                               〈__, 、___〉____ |ミ
                                }:::::::=::::::::::ノl ̄7フ{
                        ______   ゝ. /i 、  / /i ミ
                      /ニ二三三≧x八 r==ァ  /.::| ミ-=ニ二三三≧x
                     /ニ二三三三才"  l |/ノ / /ニ二三三三三三彡
                     ニ二三三才"⌒ヾ   ー=彡  /=ミニ二三三才く ̄
                      ̄\ニ二三{   }} `ヾ.  /{{ 十 }}ニ二三才".:::::ハ
                        \二三ー=彡   Y´  ゞ=彡 { ̄ ̄`ヾ:::::::::::}}
                          `ー=ニ才"     |    /:::::::|     ー=彡
                         人           |     l:::::::::|       |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ チンピラの踏み外し方には2種類ある
┃ カタギになるか、共同体の中でのタブーを破るかだ
┃ 
┃ カタギになるのは問題がない。知恵が足りずに苦労するかもしれないが、
┃ 雇われになった場合、基本的に雇い主はそこを見抜いている
┃ 
┃ だから単純な仕事しか任せない。故に低い賃金で働く事になる
┃ 
┃ だが、そのため何か犯罪を犯しても、金銭的な被害は意外と小さくなりがちで、
┃ 娑婆に戻れば更に低賃金で働くか、チンピラに戻ればいい


566 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:04:04 ID:???0


                         从}\}\}\}\}\、
                        \}: \:::::::::::::::::::::::::::::}\
                       <_ : : :.:::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                       _二=- 、: :. ::::::/::::::::::::::::::从
                       三二: : \: 〃::::::::::::::::::::::::}/}
                            ̄ \, : :}::/⌒ヽ\:::::::/:::}
       >─── 、             /⌒V      Vハ:::::::::.′
      / /{      ,}::\              | l  { /   }  } |::::::/{
.      / 「::::: { ⌒丶人:::::|          |_ ` ´   八,;| :::::/             __   /
      |/ |::::::::{厂。)   V⌒            | }\ (_∠フ7  }7):::/             /     \
..    八 |::(・{⌒¨¨  / } }:::}          乂 ̄ } ¨¨   /八::{            _  }/ } ハ  ,/
.        }| :::::{/⌒V    }ノ:: }          } ムノ _,  「 } 从 _        | ( ( 厂   |/:::::::
       |::::::::}-一'    :| \             | ¨二¨¨  ノ  ハニニ≧、     } ̄) )/⌒) /} :::::/
       |::::::::厂¨¨  .ノ   丶 __   __八 ノ   //  _ ∧ニニニ\,  /V⌒}_⌒¨¨ }八/
.       八:::::{___, イ /   /ニニニニ\/ニニ/|  ̄ ̄ / /}  }_}ニニニ_ハ/  }/二ニマ∠ } 入
     //}::::::::}    __ /(_ニニニニニニニニ/⌒乂___,イ  }/ /ニニニニニ=\/::}乂二フ 二八  \
/ ̄V´ 乂 ̄{ ̄ ̄{  {/  ̄ ∨ニニニニニ/ ̄{_{_{_}_}/  ̄.:′ニニニニニニニ\::}\__ イ  ∠
( ̄ {{ ̄ ̄ }/ ̄ ̄ /       }ニニニニV     ミ/厂        /ニニニニニニニニニニニ⌒\} ____/ニ
    {{  - ′ <二フ <二)   :}ニニニニ{{      {/      〆ニニニニニニニニニイ ̄ ̄¨¨ヾ\   /|ニニ
⌒V {{   ミ{ 彡   {_____八二ニ八     {彡   //ニニニニニニニニ/          \\/:::/|ニニ
 / ,八  ミ{ 彡    厂   /   \ニ∧ \   {   / /ニニニニニニニ∠_          ハ_∧/::!ニニ
    ∧ ミ{ 彡    / ヘ,_{     \ニ}  \ { _/ //_ニニニニニ∠¨¨¨¨⌒          }ニ|::::乂_
  {⌒ .∧ミ{ 彡   /( ̄ ̄ \     }ニ} ノ\  ̄ / /ニニニニ,/                }ニ|:::::::::::
∨乂ノ ∧ {  /( ̄ ̄⌒   \    }/__ 丶     |ニニニ/ /          }       }ニ|:::::::::::
. ∨    \ / ( ̄ ̄ ___ 二 ̄/ニニ/  ̄⌒>   |ニニ/  /        / \\ヽ  :}ニ|:::::::::::
.  \   /⌒/ /  ̄ """      {ニニ_{      、 `>/  /        /        /ニl/:::::::::::
    \{   {   """"         {ニニ={      \ /  /        /       /ニl/::::::::::::::

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「戻ればいい」というのが、チンピラの強みだ
┃ 
┃ 他人に害を与える事に躊躇がないのが彼らの強みであり、たとえ所属する
┃ 共同体内でのタブーを犯したとしても、彼らには別の受け皿がいくらでもある
┃ 
┃ 例外として、カタギになり、無駄に旺盛な行動力で事業を起こし、成功を収める者もいる
┃ 知恵が足りないだけならば、それは補えばいいのだ。そしてそれは不可能ではない
┃ 


567 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:04:22 ID:???0



 ///      /| |::l .|l  |ヽ  ヽ\
   /        /::::|.|:::l |::| |/\ \\
.  | /    ./::::::::l|:::::l |".l |/::::::::ヽ、_\ヽ__
  |.l.| l   /::::::::::::|/ i /l| _,,、、-  ~  ::::ヽ ヽ/⌒ヽ、
  || | .|l  /\::::: ヽ /,、-'''"        :::::::ヽ ヽ'⌒ヽ.ヽ
  . | |.| | /  \  〃          i.l ::::::::ヽ ヽ'⌒| .|
.    |l |l    \ ;;; ヽ、  ,,、'      ij  :::::::::ヽ ヽ、_ノ |
           /:::::    ‐''~         ::::::::::::ヽ ヽ、_ノ
          / ,':::::::             :::::::::::::::::ヽ ヽ
         / ,':::::ij:::::: U    `ij     :::::::ij:::::::::l;ヽノヽ
        / ,':::::::::::::::::             :::::::::::::::::l;;;:::::: ヽ
       / ,'::::::::::::::::_::`)       _,,、-'''´~~`ヽ::::::::::l;;;:::::: ヽ
      / :::::::::: ''~ノ    __,,、-‐´   _、、-‐':::::::::l;;;;:::::::u ヽ
      `''''    `''-'、~    _ 、-‐´    :::::::::::::::l;;;;;;:::::  ヽ
                `r‐''' ´       :::::::::::::::l;;;;;;;;:::::   ヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ さて、一般人が踏み外した場合はどうか。悲惨の一言だ
┃ 悪党はチンピラの定石を知っており、チンピラは一般人の定石を学ぶ事が出来る
┃ 
┃ しかし逆は有り得ない。一般人はチンピラの共同体には入れないし、悪党のように、
┃ 他人を食い物にする術を知らない
┃ 
┃ 立場だけの問題ではなく、脅迫、暴力、詐術、盗み、侵入、破壊、殺人
┃ 覚悟を技術も経験も、ましてやそれを教える者すらなく実行するには、どれもリスクが高すぎる
┃ 
┃ 何より悲惨なのは、そうして足を踏み外し、更に失敗したならば、
┃ もう後戻りは出来ないことだ


568 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:04:35 ID:???0



          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ノナヽノナ弋:|::|:::::::ト、|
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ
      .|::::|::|  .r─ァ  .|::|::::|      「お前は真っ当なクズだ」
      .|::::|::|ゝ  ⌒  ノ|::|::::|
    ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し
    .冫:::ィリ ./| {::} |ヘ .リ、:::(´
     {:::::| γ< { .Y .| .>ヽ .l::}
      {:::::l Y....ヘ{....人...}/......Y..l::}

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ まともに職に就き、それでも足を踏み外す。適切な教育を受けておきながらだ
┃ 少しでも考える力のある者なら、前述のようなことは理解出来るはず
┃ 
┃ 頭では理解出来ても、やってしまうなら度し難い――ゆえのクズ扱い
┃ 
┃ 以前、やんねえ香はカイジの存在を許すと言った。息をするのに許可は要らないと
┃ しかし裏を返せば、カイジの息が止まるのはすぐであると知っていたのだ
┃ 許す許さないを論じるまでもなく、カイジに対して何かをする必要すらない
┃ 
┃ やんねえ香にとって、カイジとは道端に転がる棒切れだった
┃ 
┃ 歩いていても無視するが、小銭が自販機の隙間に転がれば、拾って使う
┃ 気が向けば、へし折ってまた捨てるだろう。その程度の認識であった
┃ 


569 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:05:19 ID:???0




              __
           _ -==≧└-ェ-
           /       ヾ、
            /イ         ゚.
           ./  ./,ィ/ 人 、   |         (いいよね…?いいよねって…何だ…?
          /| //ム≧x.、∠ムV!          どう…対処すればいいんだ…)
           .|/に:! ー゚‐:i! ー゚'´i ハ
            ,、7!、u  |!   jく'           (できそこない子も…
       . - T:::ア:::/::iヽ∈ヱ∋イ|:::「⌒¨¨¨¨丶     なんで動きが鈍い…っ!?)
      ./:::::::::i::::::::/:::: i. \¨゚/ .!::::ヽ::ヽ:::::::::::::.
     /::::::::::::l:::::::}::::::::l  `´ _./:::::::::l::::i::::::::::::::::.
    ./:::::::::::::::l::::ム⌒7ヤー-- 7:r―:、i:: |::::::::::::::::::
    .}::::::::::::::::ヽ::::::::::::ヽ:ヽ:.:.:.:./:/:::::::::::: ノ::::::::::::::::::::
     .| :::::::::::::::: |::::::::::::::::\!:.:/イ:::::::::::::::::{::::/::::::::::::::::
    ./:::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::厂::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::
   /、::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::i:::::::::::|二二二i:ヽ::::::::::::::::::::.
    }::::\:::::::::::::_|::::::::::::::::::::|::::::::: |::::::::::::::::|:::}:::::::::::::::::/>
   `¨iー 二二ノ::::::::::::::::::::|:::::::::::\:::::::/:〈ー--- '´ィ´

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ これがもしやんねえ香だったなら
┃ 「いいぜ死ね」で済ませたかもしれない。首を切って地面に犬神家だ
┃ 
┃ あくまでも魔族という「生き物」なのだから。ダディが邪神に時を止めら再生しなかったように、
┃ 再生スペースが無ければ、パピヨンも立ち上がれはしないのだ
┃ 


570 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:05:38 ID:???0






  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii||::::::::::::::::::::::|:.|              |:.|::::::::::::::::::│ /  / │ /  / │::::::::
  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii||::::::::::::::::::::::|:.|              |:.|::::::::::::::::::└───┴───┘:::::::::
  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii /|| .  .  . .|:.|           ., -―-、、 .  .  .  .  ,
  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/||.:.||______.|:.|=========== ./:::::::::::::∧_∧ .=====================
  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/||..!||::::::::::::::::::::::::::::::. :: .:::.:: :. :::. ::::. ::.l:::::::::::::<丶`∀´>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  iiiiiiiiiiiiiiiii: /|| .||:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:::.:::.:::.:.:::.::.::.::.:.::.:.::ヽ、:::::::::フづとノ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  iiiiiiiiiiiiii/||.:.||::::::::::::::::::::::::::::.::.::.::.::.:.:.::.::.:.:.::.:.::.:.:.::.::::::::::.`~人  Y.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  iiiii:: /|| :||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.し'(_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  iii/||__________________________________
   || ̄||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |
   ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||,,.;'~`i~`!~`~`~```!~;',.!:||  |
   |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 ̄;'`'゜; ;;; ;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`,"三
┌┴─────────────────────────ミ ;; ;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;..ミ
 iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii ミ;,.;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;ミ



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 例えば、いかに何の芸もないように見えようと、
┃ ただの空き巣にすら「こじ――ノウハウというものがある
┃ 


571 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:08:28 ID:???0



              __
           _ -==≧└-ェ-
           /       ヾ、
            /イ         ゚.
           ./  ./,ィ/ 人 、   |
          /| //ム≧x.、∠ムV!
           .|/に:! ー゚‐:i! ー゚'´i ハ
            ,、7!、u  |!   jく'
       . - T:::ア:::/::iヽ∈ヱ∋イ|:::「⌒¨¨¨¨丶
      ./:::::::::i::::::::/:::: i. \¨゚/ .!::::ヽ::ヽ:::::::::::::.
     /::::::::::::l:::::::}::::::::l  `´ _./:::::::::l::::i::::::::::::::::.
    ./:::::::::::::::l::::ム⌒7ヤー-- 7:r―:、i:: |::::::::::::::::::
    .}::::::::::::::::ヽ::::::::::::ヽ:ヽ:.:.:.:./:/:::::::::::: ノ::::::::::::::::::::
     .| :::::::::::::::: |::::::::::::::::\!:.:/イ:::::::::::::::::{::::/::::::::::::::::
    ./:::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::厂::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::
   /、::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::i:::::::::::|二二二i:ヽ::::::::::::::::::::.
    }::::\:::::::::::::_|::::::::::::::::::::|::::::::: |::::::::::::::::|:::}:::::::::::::::::/>
   `¨iー 二二ノ::::::::::::::::::::|:::::::::::\:::::::/:〈ー--- '´ィ´
     |    ハ:::::::::::::::::::: |::::::::::::::::: ̄::::::::厂「 ̄ ̄ :!
    .′   | .):::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::{  }    :|
.    ′   バ::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::〉 i    .|
    ′   ハ!::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ .l     .|
   .′   /〈ヾx__::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::イ入 i    |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「気に食わない奴はとりあえず殴る」というのはチンピラの気構えだし、
┃ 「すぐ誰かに殺させる」というのは悪党の領分だ
┃ 
┃ しかしカイジは何の気構えもなく悪党の領分に踏み込み、魔族に対して殺意はあれども
┃ 言葉の通じる相手に対し、それを発揮する踏ん切りがつかない
┃ 更にこういった突発的な状況での対処の仕方にも疎い
┃ 
┃ 本来なら自分たちを目撃し、能力を目の当たりにしたパピヨンは、完全に抹殺対象なのだ
┃ 目撃者に対し、恐怖で口止めしたやる夫や、
┃ 既に始末しているであろうやんねえ香との違いが、ここで如実に表れる形となった


572 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:08:43 ID:???0




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ だからパピヨンが、ベラベラと捲し立てる機会を与えてしまった

┃ 「カイジにとって最も正しい選択をする」
┃ できそこない子が、その態度を察したからでもある


573 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:11:34 ID:???0



ヽ r- 、  。ヽ、 _____ _   _____ 、r‐。´ ,  ' ´ / /
. ヽ\__ヽ 〈{   ヽ 、  O、` ´ .,O _ - ´  }〉   ー‐‐´ /
.  ', r-- 、 oヽr‐r-_、_ ヽ、 ヽ,- / /  __ -_r-/ ゚ , -‐' フ /
  ヽヽ__ゝ  {::::|´ _`ヽ ` f{リY´ /ミ_`|::::} 。 ー‐ ´ノ
    ヽ ,---、゚ ',:::::|ニ―=、ヽ |V | //, -―ニ|:::ノ <´ フ.ノ    だ・か・ら☆ 会話だよ会話!
    ヽ 、_ - '。 、::lヽ ⊆⊇ゞノl o l〈く⊆⊇_/ lノ ゚---, r´ 
    `{ r―-  。ー。‐ニ=‐=',_ノヽ=ニ‐ 。‐´ ゚-ニ-´ノ      ヒトとヒトとは会話を通じて愛を深めるものだろう!?
     `ヾ=´-- -r 'ヽ=/   {  `\ヾ=`ヽ 、___ノ´       そして愛は、離れれば離れるほど熱く!燃え上がるもの!!
       `ヽv´ソニフ/_______ヽニニ、_。!ノ_       
       rニfィ‐≦ヽ ヽ、――――v/ / ィ ハミーヽ       だから人里離れた場所に根を張り、何十年も待って迷い込んだヒトと
     /ニノ ` ヽ`` ',   _   / 〃/´  ーニミヽ.     限られた時間――これはヒトの方のね、を過ごすのは蝶☆サイコーなのさ!
     ´  ̄    ヽ、  f.l    ソ/  イ       ̄`     その待ちに待った相手がキミさ!まさに運命!待ち人来たれり!!
           __|.ヽ  ヾ、ー‐‐ノ/  , ´{___         
      r‐ ´    | ` 、 `ー=‐' , '  .|   `ー-、      密やかに二人だけの時間を過ごす愛、故郷を裏切って尽くす愛、
       「| _,    .| l  ヽ ` ̄´, ´  l |     _, |[.     拉致って閉じ込めるのも愛だよね!
      |l{ T    ,' │   `ー‐´  ./ .',    T |:|     
      |||__, --rノ  l        ,'  ヽ―--、_」:|     相手を食べるのなんて、間違いなく愛!!だから会話をしようすぐしよう!
    r‐'::::::::::::/     l       /    \::::::::::::::::::7.    君の愛はここにあるんだろう!?


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「つまり俺は!ヒトを愛しているんだ!!」

┃ そう熱のこもった口調で語るパピヨンに対し、できそこない子は――
┃ 


574 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:12:07 ID:???0






                  ___    ___
                  > `>'´ <
                /    .::. x=、 \__
             _/ /三≧==< ヽヘ  `>
               7 /´      \ ヘ``\ ',
              /i /          `ィ   ヽ}
             / f   ィ i     ヽ   ヽ ヽ\
             ,'  |  /  j .:{{ r:::.{ ヽ|  .:! .:ト l
           . /l  | 斗lナ弋 .::: V ナ弋ト ! :::::|::::|∨      アイハ アッチデシンデル  アアアア!
           /´| .:::|  ::!∠_ 厶:::::ヽ ⊥j厶|::::::,'::::j       I was out. death scene dell.  Ahhhh!
             | :八 ::|t( ○)`\|(○) /:::/::::|
             | l ハ 从     v--v  /:::∧リ       (私は外に居ました。死亡現場は
             V\:∨介ト 、 └ ┘イ个V/          山間の木の茂った小さい谷。あ゜あ゜あ゜あ゜!!)
                /∧}:}ヽi ヨ ` ヒケj/{:{      
                 . ィ'`ヾ =-=‐ィ'/`ヽ      
                  /`Y´∥¨::¨∥ Y´}


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「魔族を害する者」としての力を全力で振り絞り、いまだかつてない能力を発揮した
┃ 
┃ しかしこの場で理解出来る者は、誰一人としていなかった


575 名前:michi[] 投稿日:2013/09/26(木) 00:12:20 ID:???0
ここまで

576 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/26(木) 00:16:10 ID:fYrpy8Dw0
おつー

577 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/26(木) 02:10:27 ID:wL60Izuw0
なんぞ
ギャグにしかならない邂逅かと思ったら、なんか、どシリアスになりそな雰囲気

578 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/26(木) 04:56:42 ID:CRqmmicg0
愛・・・西の洞窟にあるという・・・

579 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/26(木) 12:11:18 ID:0wkycnYU0
愛……ああ、自己愛とか色々とありますよね(適当

581 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/26(木) 23:03:16 ID:bzCl8Bzw0
できそこない子が地球の言葉を話したことが怖くて仕方ない

582 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/28(土) 08:58:34 ID:IytiXArA0
魂がアッチ産だとすると、人間として生まれることができなかったできそこない子?


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/03/09 06:30 ] やる夫は流れついたようです | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する