クリックで開閉

やる夫は流れついたようです 最終章 悪の穴 その106

325 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:01:26 ID:???0


                 ____
               /::::/:::::::::::::::::: ̄"-. -.
       γへ.  /::::.:/:::::::::/:::::::丶: : \: : : :\
       /:::::::::::ソ:::::彡/::::::::/:::: :::!: ::/::::::::::',::::',:::::::::',
      /:::::::/ /\::::l: :l::::│:::ソ:: ::!:::ヽ::::::::!::ヽ:::::::::::ヘ_
     /::::::://  /:::::::! !:::::::1::::::::!YY─マ:::i i:::::::::l:::::l::::::::::::`!
     /::::::/:/ /:::!;;;;;;V:::::::!::! vムf乙弌i  V  V:::/::v::::::ll::::i::l
    /:::::/:;/ l:::i::::ヽ::ヽ::::::l:il Y^弋鞠i     l,ィY、v iノ;:i.i:i:l
    l:i:::i::ノ  i:::i:::::ヘ:l:::::::l:l      ̄    :  {也リ y::::::i i:i::i
    i:i:::::i    i'+.{ k i:::::::i:i    ""    '   ̄・i::::::::i i::l:l   それがいいですわ。是非とも外に!
    i;i;;;;i   i::_:::::\_.i::::::::i.i           "" i:::::::::i l/:i   
    i:i::::i    l:::i:::::ii::::: i:::::::::ii      r‐‐-,   /i:::::::::i i:::i
    i:i:::i   i::::i::::ii:::::i::丶:::::::ヽ     ` ̄   .イ i:::::::::ii: ::i   (なんでもいいから早く帰りたい…)
     ii::l    il::::i::ii::::::::i:i::丶:::::iヘ.、       /:i:l l::::::::il: :/    (針のムシロなんだよ!)
     ii:l   i::::l::ii:::::::i i::::y:::::l::  ` ‐ . . ./:::::i i l i::::/::;リ
      i:i   l::::l i:::::::i l:::i::゙ヽ:::ヽ   l::i:::l:::::i::::::i::i i:::/:::i:l
       ll   i:::i::::::::::i i:::i:/:::ヽ:ヾ´ ̄ ̄ 丶:::i:::i::::i:l /:::/ l:l
      il  i::i:::::::::::/:::i llv:::vi:::i       l:::::::ii:::::l::::/  il
      ill i::i:::::::::/ i::/_l:::::v-i::_ - ─イ:::ヾ-/:i::/_ _ _i,
      l:i i:i::_.. - -´..::::::† 丶:::lil..ヽ  ´  /:/:::/::::::::::::::::\
      i/:: ̄:::/:::ソ/l::/│i..lヽ::::::::::ヽ   /::/:::/::丿::::::::::::i:::ヽ
     /:::::::::::::::/ "厶/ │ i::.l 丶:::::::::> /:::i::/::i:::/:::::::::::::::/::::::i
    /::::::::::::::::/  /::/ │ i:::l  丶‐´ /::::ハ:::::::ハ:::::::::::::::/::::::::::i
    /:::::::::::::::ム_/::/_ - ‐i:::l ― ´:::::::i::::::Y::::::::::::::::/:::::::::::::::i
    i:::::::::::::::::::::::::::l::::l::::::::::::::::::ヽ:l::::::::::::::::::::::i:::/:::::::::::::::`:::::::::::::::::::>
    l::::::::::::::::::::::::::丶":::::::::::::::::::::;l::::::::::::::::::::::Y::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 「そうだ学院に行こう」
┃ やんねえ香がそう言ったことにより、無理矢理連れてこられたのは、
┃ 本来ならば毬也も教員として働いていたはずの、西方教会付属学院だった
┃ 
┃ この二人を伴って、自分がこの場に居ることについて
┃ 元同僚であるはずの教師ユダが一言も触れないのは、逆にキツい
┃ 興味が無いだけなのではあろうが…




スポンサードリンク


326 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:01:41 ID:???0


 [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]
  ||                                          ||┌──────┐
  ||                                          ||│  時 間 割  │
  ||                                          ||├──────┤
  ||                                          ||│ 月水木火土 |
  ||                                          ||├──────┤
  ||                                      日直||│            │
  ||                                          ||│            │
  ||                                          ||└──────┘
 [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]
                                _/}_
                              { i  ;}
                       r'^⌒^:、    ,:へ、ノ
                   {    {_    /   /
                    i ,   <ニ=-<  /
                   _i、  {   ̄}  V
                ___ ,ィニ}i  }   }: ヽ}
               ィ´: ’。三ミ}_   i  }i }:\___
              {__   ’。ヽ\}  :i  i〈 }\  ` 。
               {个=- _} }└:、  {::ハ\ \\  \
               i::i:: :: ::i: | i i {_   }::.゙ 、\ ’。}  }
                 ハ: :::: : :: !ヽ\i { ) ィ´:: :: :: :: ::、i '。 {
               i i|::、:: :: : \\乂¨ =--━=ミ ::’。 }  i
        _ __   /⌒ ハ:: :: :: :: : ::゜; \ =-― =--:\::乂\ \
       {└ ヽ-='   -=ヘ:::、:: :: :: :: \__ -=:、 、   }:: ::、   }
          }  _{__ -=:,イ-=┤::: :: :: :: :: : :: :: :: :: ::\__彡'..:: :: :\/
       `¨    /    }:: :: 、:: :: :: :: ::゙:、:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : 〉
           , ’  .. :: ::i:: :: :: :: :゙:、: :: :: :: :: :: :: :: ::゙:、:: :: 〉::'
           〈 ..:: :: ,:-=:|:: :: :: :: :: :: ::、:: ::゛:: :: :: :: :::}:::,:’
           } -= ┌= :}:: :: :: : ゙、:: :: :: :: :: :: 、:: :: ;: -┘
           { -=  } /:: :: :: :: :: }:: :: :: : :: :: :: _ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 西方教会「付属」といえど、なにも教職員すべてが同性愛者というわけではない
┃ 彼ら、彼女らは大きく2種類に分類される
┃ 
┃ すばわち教会の「教えに賛同する者」、教会の「在り方に賛同する者」かだ


327 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:02:28 ID:???0


          /{  ,. -―z
          /.::://:::::::::::く __ ノ、_
      ー=彡'.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.丶
       >.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
      /.:::,:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::.、::::::.(⌒
    ∠:::::::::|::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::|:::ヽ
     /.:::::::|::::|:::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::|::::|::::::::)
.    /ィ゙::::::|::::|::: //∨::::::∧:: /、:::|::::|:::::/
       レ|:::::|::::|::/-一'V.::リ Vー-{:|::::|:::::し
.       レ}::|::::|' ( ●) V´ ( ●) |::::|::::::,′   …お前らもう少し
       |::|::::|      ,.     |::::|:: /      下半身で物を考えろよ
       |::|::::|、           /!::::!::{
       |::|::::l 丶   ´ `  /.::|::::|::|
       |::|::::l::::::: 〕 >-< 〔.:::::::|::::|::|      ノンケのケツを眺めるチャンスだぜ?
        {ソ.:|::::|::::::/ `Y^Y´ ゙、::::|::::|::レ'}
.     /.::::::|::::l:/ ./{:::::}\  ヽ|::::|::::::::し




          __
      /_ニ i ニ\. _
     /゙; '\   ! //i゙; ゙,
    ,' ,' ! _ヽ l //__l l. !
    ! i .i  i  |  i ! ! l .!
.     ! ! l !         ! .!.!     ユダ様のことですか…
     !.! l l l    .! l ,! リ
    ゙{ !.l!    .! l .!l ,'      よくひと目で分かりますわね…
     _,-! !    ! l .!、__
    ,' l:.! !    !.l l. !/ i
    i 、 l,! l  !  l, !,  !
.    ,l  !l    l   ' .ト、  !
.    l  .}ノ! ! .! /.∧l,!   !
.   /  ,!:.:|!:!    ,l:.:.ヽ、  !
   ;   ハ:.!:..! l /リ:.:.! .i   !
  !  './:.:.:.:.:Vl/:.:.:.:.:ヽ.l  ヽ
 /   !‐ . _/;;;ヽ_ . -l  ゙、
 、_/;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;゙,_,ィ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 教えに賛同する者といっても、必ずしもやんねえ香のようなタイプの
┃ 「出家した」人間ばかりでもなく、一歩手前、もしくは毛色の違う倒錯者も含まれている
┃ 本来の教会の教えとは、「性倒錯者は死刑」という
┃ 「一人目」の創った苛烈な王国の方針から身を守るためのものだ
┃ 
┃ 教会設立時から今日に至るまで、その他の少数派の人間も、その為に力を合わせたのだ
┃ その名残が、今も学院には根強く残っている


328 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:02:42 ID:???0


                       |                  | |
                      !  ∧               | |
                          八∧∧           l人
                      /  ∨∨        , ¨¨ ̄ヽ ヽ
                        〃¨¨ヽ. ∨     /         \\
                   ≫   \    ,/         _____\\r‐.
                   {{       \ /___ -::…:::¨ ̄:::::::::::: ̄ ̄¨ \
                    / ̄      /  :::::::::::::::::::::::::::::| ' .:::::\::::::::::\}}
                    / ̄ ̄  ヽ. //::://:::/:/’ }::ィ::::|  '.:::::::::i::::::::::::::ヽ
              /       O/ :/彡'//:::/:/ / .// }::::|  }::::: ハ:::::::::::::::|
               γ⌒ヽ__   〃::/彡'//:::/:7 /-// /:::/ ―|:::: | |:::::::}::::::l
                  \____ノ::\/::::/ ヾイ 〃ら斧㍉/ /:::/ ィチ㍉::::::| |:::::::|彡’
                   〃 ̄ イヽ ::::::::{ ( `  V:::ソ       んソ "::::: |\¨¨
               ゞ./::::||ノ ::::ィ::l`ー┐          i ^` .::::::: リ\ ゝ
              /〃:::::|| :/::| :|:::::::|八        ′ 八:::Ⅳ }}
              /:::〃::::::::||::::::::::| :|:::::::|   ト.    ニ´  . イ:::::::寸 }}
              / ::::::{{::::: /||::::::::::|:r─ 八   >   ,:´:::::|:::::::::::ヽ¨
         _彡¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨廴::从.:.:.:.\\   〔¨´:::/:::: ∧::::::::::::::\ ̄ ̄ ̄¨ヽ
.       {{       /\        }}:八.:.:.:.:.:.\\   /\:::/.:.: \::::::::::::::丶===}
         )     \/       (:::::::ヽ.:.:.:.:.:.:.\ゝ-".:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:ヽ::::::::::::::::\   i|
      / 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 |.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:/¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄¨l.:.:.:.:.:\::::::::::::::::ヽ i|

                           上杉 謙信

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 例えば教職員の内の一人、上杉謙信
┃ 
┃ 学院で軍学を教えている女教師――


329 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:03:18 ID:???0




                       |                  | |
                      !  ∧               | |
                          八∧∧           l人
                      /  ∨∨        , ¨¨ ̄ヽ ヽ
                        〃¨¨ヽ. ∨     /         \\
                   ≫   \    ,/         _____\\r‐.
                   {{       \ /___ -::…:::¨ ̄:::::::::::: ̄ ̄¨ \
                    / ̄      /  :::::::::::::::::::::::::::::| ' .:::::\::::::::::\}}
                    / ̄ ̄  ヽ. //::://:::/:/’ }::ィ::::|  '.:::::::::i::::::::::::::ヽ
              /       O/ :/彡'//:::/:/ / .// }::::|  }::::: ハ:::::::::::::::|
               γ⌒ヽ__   〃::/彡'//:::/:7 /-// /:::/ ―|:::: | |:::::::}::::::l
                  \____ノ::\/::::/ ヾイ 〃ら斧㍉/ /:::/ ィチ㍉::::::| |:::::::|彡’
                   〃 ̄ イヽ ::::::::{ ( `  V:::ソ       んソ "::::: |\¨¨
               ゞ./::::||ノ ::::ィ::l`ー┐          i ^` .::::::: リ\ ゝ
              /〃:::::|| :/::| :|:::::::|八 u      ′ 八:::Ⅳ }}
              /:::〃::::::::||::::::::::| :|:::::::|   ト.    ニ´  . イ:::::::寸 }}
              / ::::::{{::::: /||::::::::::|:r─ 八   >   ,:´:::::|:::::::::::ヽ¨
         _彡¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨廴::从.:.:.:.\\   〔¨´:::/:::: ∧::::::::::::::\ ̄ ̄ ̄¨ヽ
.       {{       /\        }}:八.:.:.:.:.:.\\   /\:::/.:.: \::::::::::::::丶===}
         )     \/       (:::::::ヽ.:.:.:.:.:.:.\ゝ-".:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:ヽ::::::::::::::::\   i|
      / 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 |.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:/¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄¨l.:.:.:.:.:\::::::::::::::::ヽ i|

                           上杉 謙信 (♂)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ そんな名前の女がいるわけがない。「女装趣味者」である

┃ 武門の生まれだが、跡目を継ぐこともなく、レガーマ王国から逃げ込んできた
┃ 別に男が好きというわけでもないのだが、女装はやめられない
┃ 今後の関わりは、特にないだろう


330 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:03:32 ID:???0





                 ハノ¨⌒¨¨⌒ ̄¨ミヽ
                 人!  :: :: :: :: :: :: :: :: : ¨ヽ
                 ノ!  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ::、ミ
              ノ  :: :: :: :: :: :: :: ::"::⌒::":: :: ::⌒ :
             ,’:: :: ::⌒”:i¨:: :: :: :: :: :::: :: :: :: ::::ヽヾ
               ノ’ :: :: :: :: :,;':: :: :: :: :: :: ::! :: :ハ::\ヽ
           ミ:ノ:: :: :: :: :: :: :: /:: :: :i:: :: :/:: :: :: :: ハリノ
          {リI :: :: :: :: :: :: ,’:: :: ::i:: ::,;':: :: :::: ノ|
          J! :: :: :: :: :/:/:: :: :: ::j:: :: :: :::イ:イ :     (そうか…俺は美しいか!)
          イ  :: :: :: :【..:{::: :: :: :::》::: :: :: ::i:乂 |
         〃イ :: :: :: :: :: ):: ):: :: :リ:ヾ\::リ|::!コ ,’
        彡' :: :: :: :: :〃::/:: :: :: :!:::イ:: :: :从!ミヽ{
        ⌒i’ :: :: :: ::: :: :,ノノ:: :: :: : i【: ::乂:: ):「¨
    ,.. x -=;イ゜: !儿:j|:.:' : : 〃: : : : :;: : : 八: ト-=彡
 ,.ィ¨     ) 八:: : i : : ::'”:: :: :: :/:: ::レ:: 人:: :‐=ミ厂¨¨)- x
//       》: ::: :: 人:: :: :: :: 、 /:: :: r’⌒:: ::,-=二}  (    ~>x
:       亅!’: :: :::: :: ):: :: :: ::【:: :: :: !|:: :: :: 厂⌒/  ノ         ¨>x.

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 例えば今、この教室で教鞭を取っている、教師ユダ
┃ 自らと文学をこよなく愛する男だ。紹介は「ナルシスト」の一言で済む
┃ 


331 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:04:20 ID:???0




     r⌒ョr’({/⌒γ¨ ̄/// /⌒ ̄⌒¨¨/
    xィ(iv’ーゝ(!( ((   人 〃¨⌒彡⌒/
  シ彡  ィ⌒  ¨ミx    //⌒   彡'¨ /   美   そ
ノノ    ィ⌒彡⌒¨¨      八__    /    し     し
 ノ/ /   )/⌒¨彡x'¨’    ',ハ  ⌒ミヽ}    い   て
/:/   彡    i  ( 乂ミミ;i ( (  ミ   ハ\ !!
: メ   X    ji  )  ハ/;!i))   ミヽVハヽ\___
/   )((    }  ,'(   )):;i)(     ヽ八 ) ミ=-  レ’ ̄
)   冫   /ハ /  /ハ:ヘ  )) ))ノハ Y///ハ  -=彡
))  )} /   y(V :《/ :.( :八 :ハ ):) / ///∧ 八_彡ミx
(    ァハ (  ミノ  ) :.:. ハ  У//( 八/:// ハx‐=ミ⌒
/〃 人 ( )'¨ヾx }' ::::::, ))  (,,.;!ヘ\ Υ/ ノノハ ヽ\
(( ∨ミ彡-; ミx;, ¨%} :;;:( {vィチ¨ ⌒,.ィ’ /ケ }ハ  Y⌒ヽ
./ ハ(i!/レx %. ミ'苡ラ爪 }ィケ'夾ラ彡'¨  }イ:人  :人\
./ノ八   ヘ_%  ¨¨¨}i:i  '⌒¨¨¨   ,.ヶイ)八  Vミヽ\    (俺にはその趣味はないが…)
r-<i: }i- ){’,  ,. :|         〃,’∧爪厂  ))
':, Yノ :( {|::.'   ;' 、:! i }'¨:;:     /:.i/:i/(ヘ  i⌒ヽヽ
:.:.',  V⌒))::i::;:’, ,’_;ュィ'_,.、   ,'::.:  ( )){   ミ人\    (そ う い う 者 が 居 て も い い!)
/ :'y ’,xイ:/ ):;: ∧. ヾこ彡'¨   /:.:.:.::.// )))}¨ーx ) )
’, ::%  x:/:/) ヽ/¨¨} ¨    ,.イ}¨Y:.:.:.:.:{ ,;'¨:%:,xィ' ¨)ヾ
 ’,:::', ::V( :::. ,'  人 _ ,.ィ:;: ;/  }:: ::/ :ミ〃  /__
  \!:  ∨八i   i  :;:;::: i /  ,:’;::,;’  ,x'イ  ,:’   }
x      ミ,_:!}   |  :.:;  ,’   {,、イ ,〃:  /  /¨
:::ゝ、  !{::  i ;   |¨\::;;:/  ,:' .:::  x'’     , ,;:. __
   ’..; ”      ’、  /  /  ;{    / :;/:.:.:.:} Y
>               ハ::::i’  !   /   .,;    ム, ,'::./  }
                }:::{  :  / ,;   /  ⌒¨- :,::’
::\             リ :::!i  ;;:    ::,'   ,ヶ‐ -:イ:.:
  \         イ;; ;;) :::::    ;:   /    ::.:


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 地球での流れと同じく、あまりにも厳格すぎる教えや慣習は、
┃ 新たに生まれる「寛容さ」に取って代わられる事がある
┃ 
┃ 「性質や性癖に関わらず、人間はすべて生きる権利を持つ」
┃ その教えに賛同した者は、たとえそうした性を持たずとも、ここに居て良い
┃ 
┃ 「在り方に賛同した者」とは、一般の者も含まれるのだ


332 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:04:42 ID:???0




          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ノナヽノナ弋:|::|:::::::ト、|
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ     (いいケツしてるけど…ちょっとキモいな)
      .|::::|::|  .r─ァ  .|::|::::|
      .|::::|::|ゝ  ⌒  ノ|::|::::|
    ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し
    .冫:::::;リ ./| {::} |ヘ リ、::::(´
     {::::/ γ< {  Y .| .>ヽ ヽ:::}
      {:::(ミY .ヘ{.....人...}/...Y彡)::))
    ((::::\ \::{::::{::}::::}:://:::::}


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ ――もっとも、「人間はすべて生きる権利を持つ」というのは
┃ 
┃ 「お前は『息を吸っててご免なさい』と謝りながら生きてんのか?
┃ 気にすんな。お前が吸ってるモンの大半は窒素だ。俺は一向に構わん」
┃ 
┃ これによく似た言葉が転じただけであるとは、今を生きる者に知る術はない
┃ 寛容さと無関心は、実は隣り合ったものだというのに


333 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:06:08 ID:???0
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:_::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::、:::─:-:″:′::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-"::′″″;;;;;;;;;;;;;;::;;:::::::;;:::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/:: 丶ミゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::δ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::: ヾ″°;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:::;;;;;;;::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-::::″ゞ;;;;;;;;;;;;;;;:::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::/′°″丶;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヾ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;″"::ゞ ′;;;;;;;;;;;:::::     ::::::::::;;;::::::;;;;;;;;;;:
:::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::;:::ヾ ″′ ;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;::::     :;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::":: :
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::;;    :::::::;;;::::::::::″
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: :::::::: ;    :::::;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::       :::;ミ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::         ゞ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ::: :::
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  この世界
┃ レアアース は神が実在し、精霊もまた実在するという世界だ
┃ 
┃ それでも、もしその実在が確認されていなかったとしても、残飯神社のような精霊信仰は、
┃ 人間が存在する限りにおいて自然発生するものであっただろう
┃ それこそ地球においてアニミズムが、世界各地で発生したように
┃ 
┃ しかしこの悪質なホモが設立した「教会」も、
┃ 社会において一定の支持を集めたからこそ、現在まで存続している


334 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:07:33 ID:???0



                || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                ||_______________________|
                    |   |        || 残 ||       |   |
                    |   |_..       || 飯 ||      .._|   |
                .   | ̄|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   | ̄|
                .   |_|   |,______________,|   |_|
                    |   |                     |   |
                    |   |      .    | ̄| .          |   |
                    |   | _____/|_|\____ .|   |
                    |   | |_____/  /\ ..\___|...|   |
                    |   |/     /  /|| || ||\ .\..  .ヽ.|   |
                    |   |_    /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.  \.  _|   |
                  ../|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |\
                 / ..|   |,______________,|   |_.\
                .. ̄ ̄|   |                     |   |
                    |   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |
                    |   || ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~(¶ )~ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄||   |
                    |   ||  |____ノ. ヽ,,____|  ||   |
                    |   ||  |  |十十十十十十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十十∧∧十十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 (  ,,)...十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 /  |  ̄|_ 十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 (ヽ_) ..|_ 十十十|.. ||   |
                    |   ||.三三三三三三三三三三三三三||   |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ スクナ
┃ 残飯神社は豊穣を祈る事により、ヒトの繁栄を支えるために建てられたものだ
┃ では「教会」はというと――存在が許される根拠、いや名目としては、実はこちらも
┃ 同じようなものだったりする
┃ 
┃ もちろん当初は「学院」などというものは存在しておらず、教育に携わることもなかった
┃ ギリギリで存在を許されていたとはいえ、教会はレガーマ王国内の異端であり、
┃ 教育という、国の根幹に関わる行為を行うなど許されなかった

┃ そもそもこの男が、他人に物を教えるわけもない


335 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:08:38 ID:???0



                || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                ||_______________________|
                    |   |        || 残 ||       |   |
                    |   |_..       || 飯 ||      .._|   |
                .   | ̄|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   | ̄|
                .   |_|   |,______________,|   |_|
                    |   |                     |   |
                    |   |      .    | ̄| .          |   |
                    |   | _____/|_|\____ .|   |
                    |   | |_____/  /\ ..\___|...|   |
                    |   |/     /  /|| || ||\ .\..  .ヽ.|   |
                    |   |_    /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.  \.  _|   |
                  ../|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |\
                 / ..|   |,______________,|   |_.\
                .. ̄ ̄|   |                     |   |
                    |   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |
                    |   || ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~(¶ )~ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄||   |
                    |   ||  |____ノ. ヽ,,____|  ||   |
                    |   ||  |  |十十十十十十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十十∧∧十十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 ( ゚∀゚ )...十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 /  |  ̄|_ 十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 (ヽ_) ..|_ 十十十|.. ||   |
                    |   ||.三三三三三三三三三三三三三||   |



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                 スクナ
┃ ではどうしたのかというと、残飯神社と同じく、
┃ 自らの知識から、存在が許されるであろう理由を、地球に存在するものから
┃ 引っ張ってきたのだ
┃ 
┃ 「教会」創設者ががやんねえ香であると聞かされたダディが、
┃ その発想の出処を聞いたところ


336 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:19:53 ID:???0





          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ノナヽノナ弋:|::|:::::::ト、|
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ     インドだ
      .|::::|::|  .r─ァ  .|::|::::|
      .|::::|::|ゝ  ⌒  ノ|::|::::|
    ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し
    .冫:::ィリ ./| {::} |ヘ .リ、:::(´
     {:::::| γ< { .Y .| .>ヽ .l::}
      {:::::l Y....ヘ{....人...}/......Y..l::}


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ こう答えた
┃ 
┃ 地球のインドには「ヒジュラ」と呼ばれる階層がおり、性同一障害を自覚した人々の集団だ
┃ 彼らは自らの生殖能力を犠牲にすることで、他人に子供を授ける力を得ていると考えられており、
┃ 結婚式や出産の祝いの儀式は彼らにしか出来ない仕事とされる
┃ 
┃ が、そんなことまで説明する男ではない
┃ ダディは「へえー」と返事をするだけで、横で聞いていた鞠也の方は、
┃ 教会が柊のお膝元から生まれたなど聞いた事がない。当然ながら、釈然としない表情をする


337 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:20:28 ID:???0



          /{  ,. -―z
          /.::://:::::::::::く __ ノ、_
      ー=彡'.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.丶
       >.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
      /.:::,:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::.、::::::.(⌒
    ∠:::::::::|::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::|:::ヽ                                .r‐┐
     /.:::::::|::::|:::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::|::::|::::::::)                           /\   |  |
.    /ィ゙::::::|::::|::: //∨::::::∧:: /、:::|::::|:::::/                              \  \ |_|
       レ|:::::|::::|::/-一'V.::リ Vー-{:|::::|:::::し      やる夫                    <\ \/
.       レ}::|::::|' ( ●) V´ ( ●) |::::|::::::,′   (あのジジイ、知ってて熊本なんて   .\>
       |::|::::|      ,.     |::::|:: /      名前に変えやがったのか?)             .,へ       ,へ
       |::|::::|、           /!::::!::{                                        /   \    /  ヽ
       |::|::::l 丶   ´ `  /.::|::::|::|                                      /     .ー--‐'     \
       |::|::::l::::::: 〕 >-< 〔.:::::::|::::|::|                                      .l    ‐一 '   ` ─‐   .ヽ
        {ソ.:|::::|::::::/ `Y^Y´ ゙、::::|::::|::レ'}                                    l  ( ● ) ,   、( ● )  .l
.     /.::::::|::::l:/ ./{:::::}\  ヽ|::::|::::::::し                                  |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,      |
                                                        l    ノ       ゝ    l
                                                         ヽ    -=ニ=-      /
                                                           \   `ー=‐ ´    ./
                                                        /:::i:\゙_>介 √:::/::::::::\
                                                          /:::::::::ヽ:::ヽ };;{/::/:::::::::::::::::::ヽ
                                                            /:::::::::::::::::ヽ::ヾ/〃:::::::::::::i::::::::::::i





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 少々イラつきながら、おくびにも出さない
┃ ダディが何かを察した気配も感じたが、それもどうでもいい
┃ 
┃ 昔ながらの「在り方に賛同する者」ばかりを残した学院には
┃ 大きな混乱が見られないことを確認し、このレアアースの大部分の黒幕である男は、
┃ ただただ教師の尻を眺めながら、一時の平和を味わうのだった


338 名前:michi[] 投稿日:2013/09/04(水) 03:20:45 ID:???0
ここまで

339 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 03:26:55 ID:zG6d6Kyw0
おつー

340 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 03:28:02 ID:EVkpsPoo0
乙 今回はなんか深いなぁ
全周囲攻撃型ホモでも結果的に人の役に立ってる… 正に偉人!

341 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 05:39:39 ID:Fx85wqxc0
乙でした

作者にまで悪質なホモ呼ばわりされるとかw

343 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 19:08:32 ID:nI3SN7n.0
あとヒジュラは身寄りの無い子供を積極的に引き取って育てる孤児院的な事もするね、
イチモツ無いから子供に手を出す事が少ないらしいし。

344 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 22:23:28 ID:b9oB6HmE0
それでも「少ない」ってところが人間の業の深さだよな

345 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 03:44:18 ID:MeJtv92Q0
実際アメリカだと神父が子供(性別問わず)に性的いたずらをして、
被害者の親がバチカンまで訴え出たにもかかわらずバチカンの方が隠蔽したって事件があってだな

346 名前:名無しさん[] 投稿日:2013/09/05(木) 09:13:34 ID:2GD6/HkI0
>>345
おま!それ確かバチカンのTOPに近い所にいる人の話しじゃなかったか?
消されるぞ!!

347 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 13:14:45 ID:AtjLILP20


それにしても次回当たりかな
紬が神器を取りに行って選ぶ様子が見れるのは

どんな選ぶか楽しみだ


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/03/06 01:29 ] やる夫は流れついたようです | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する