クリックで開閉

【片道勇者】マコト死ぬ 第15話

746 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 21:57:11 ID:???0

                                 .__
                               ,イri 〉、
                              / ,.....、  ':,
                                {〔 ,...、 ` i! )
                              ヽl  | ̄ リ
                              ,.ィ!ー,ィ" ! 〉、
                           γ ´ー 、 ,. -‐ァ   `7ヽ      .──
                           ,' Y´  j   - 、 ノ   }  ./::::::::::::::::::::::\
                          .j {   人   。ノ`<   ノ、 ./::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                          .,'  ゝ-'ノ`ヽー '' /! ヽ  ',||\:::::::::::::::::::::::::/||
                          l    八ノ、,.ィ´//ハ  、 ノ..||   ̄ ̄ ̄ ̄  ||
                      .     〉  {  マゝ-''   _ノ.)'´   .ヘゝ___     _ γ
                          | リ )  }`ー' ,.ソ /  /  .| | ヽ・>  <・ ノ//
                          |   /  r _!_ヽ,. - ./   /..` ヽ   _ _    /´
                          |r^〈  j、、|, .jY⌒ >'´      ヽ ヽ===/ /
                          ヽ`ー! /    ゝ- ´ ノノ       /:|\  ̄ ./|:ヽ
                           `ー'/ ,'    ,./ |_____|::\  ̄  /::|___
                             ./ .,'     / . ./|::::::::::::::::::::\::\ /::::/::::::::::::::::|\
                            /  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、.::::::::::::::::::::::::::::::::|┘::::::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ
                            / /" `ヽ ヽ  \.:::::::::::::::::::::::::::Ο:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
                      .     //, '/     ヽハ  、 ヽ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::/
                          . 〃 {_{       リ| l.│ i|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                          . レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                      .     ヽ|l ●   ●  | .|ノ│.:::::::::::::::::::::Ο:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                      .       |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | ,|.
                      .       | /⌒l __, イァト |/ |
                      .       | /  /::|三/:://  ヽ |
                      .       | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


                   ┌──────────────────────────────┐
                   │ 冒険家マコトと人工妖精ちゅるや、そして兵士Dの三人での旅は     .│
                   │ 2日目現在、概ね順調に進んでいた                    ....│
                   └──────────────────────────────┘



スポンサードリンク


747 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:00:08 ID:???0



┌──────────────────────────────────────┐
│ それというのも、こと戦闘においては無力にも等しい冒険家マコトにとって、        .....│
│ 正規の訓練を受けた兵士であるカリスマ鑑定兵士(兵士D)の存在が、            │
│ 図らずとも命綱となり、マコトの命を繋ぎ続けていたからだ                    │
│                                                       .│
│ とはいえ一行の纏う空気は決して軽いものではなく、むしろ重苦しいものになっている   .│
│ これまでの旅で、常に明るく振舞っていたちゅるやですら、今度の旅では表情が暗い  ......│
└──────────────────────────────────────┘





                   , '
                  〆
                //       . _          ___
                ノ /        |  \       / 〉 ヽ
               /  i       .\ \_   _| _ ^ _ .|_    _
               ,i  |i        \ \  ̄|| {(__) (__)} || ̄ ̄/
              ,'  |i        / /.\ \ ||  Y、_^_ ,Y  ||  /\
              i|   |i        || |   \\゙=||_____||=" / \ \
             i|   .|i        .| ̄|     \\` - ´  _/     \;Y|
             |    .i、     .( つ{      | \\   |      | ||   【ガイコツの攻撃!】
             ゝ     i、       ~       [二((\\_]      / ⌒)
             .i|      ゝ              /    ̄ \\ , =/二;l|
              .i|      丶          <_          \//LLL||)
              .i|       \         / / ̄ ―-― ~、\'-' ` -' ~
               .i|        丶       \\       \\
               .i|        丶丶、、,,  .l二l        / /
                i|         \ゞ` <__>     / /
                 i|、       `\ 、、,         .lニl
                  ゝ       `丶`\ゞ        /  /_
                    \  ,.   ミ\丶 `      <    >
                      `;丶\丶  、`丶          ̄ ̄
                            \ 丶
                                \






┌─────────────────────────────────────────┐
│ 言うまでもなく、その原因の最たるものは、勇者であるマコトの様子だ                ....│
│ 一応は、目の前に現れる魔物に対して文句の付けようのない戦いをしている           ......│
│                                                          ......│
│ 城が闇に飲み込まれる際に「お、俺がァァァァアア!!??」などという                .│
│ 意味不明な奇声を上げてから、何を考えているのか、一言も口を開かないのが問題なのだ    │
└─────────────────────────────────────────┘

748 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:00:23 ID:???0



        .      / \:::::::::::::::::::::::::::::/     /:::::::::::
            /    ̄ ̄ ̄ ̄        /:::::::::::::::
            /        /        |::::::::::::::::
            |           /           ヽ:::::::::::::
            |.    ヽ |  |             \::::::
            |     | |  |    __/     ゝ::
            ヽ / ヽノ ヽ ヽ_/ ・/        |:::
             |\. ゚ノ |      ̄
             |    / .|      /              【マコトに20のダメージ!】
.    ─ ``       . |      |       /
.    ─ │       . |    |      |
.    __ノ        \   | _ヽ   |
.      ┌─┐      ヽ  ` ;:;._/|
.      │  │       ヘ ∨____|           /
.      └─┘       .ヽ |_|__|__|_|            /
.         |   |       .ヘ | | | | |        /:::
.         |   |        .| \  ̄|;:        /::::::::/
              _/ ツ      .ヘ\ ̄;:;:    /:::::::::/
                     ヽ;;:: ̄;:;:  /:::::::::/
                    \ ;:;: / \/
                       ̄    \


┌──────────────────────────┐
│ 繰り返すが、戦いそのものに関してはそれほど問題ない   │
│ たしかにマコトの攻撃力は低く、決め手に掛ける       ...│
│                                     ...│
│ しかし彼は一人で戦っているわけではないのだ        ..│
└──────────────────────────┘

749 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:00:48 ID:???0



                     _          ___ て
                     |  \       / 〉 ヽ そ
                      \ \_   _| _ ^ _ .|_    _
                        \ \  ̄|| {(__) (__)} || ̄ ̄/
                       / /.\ \ ||  Y、_^_ ,Y  ||  /\
                       || |   \\゙=||_____||=" / \ \
                      | ̄|     \\` - ´  _/     \;Y|
                      ( つ{      | \\   |      | ||
                       ~       [二((\\_]      / ⌒)
                             /    ̄ \\ , =/二;l|
                            <_          \//LLL||)
                            / / ̄ ―-― ~、\'-' ` -' ~
                            \\       \\
                              l二l        / /
                           <__>     / /
                                     lニl
                                    /  /_
                                    <    >
                                      ̄ ̄

┌──────────────────────────────────┐
│ 勇者の仲間になるという事は、共に剣を、理術を振るうのみならず、      ......│
│ 必要ならば勇者を守り、時には盾として、自らの命を捨てる覚悟が必要だ    .│
│                                                  │
│ 戦闘時、マコトは常に矢面に立って魔物に攻撃を行うが、               │
│ 生命力の低い冒険家である以上、どうしても押し負ける場面が出てくる      │
│ そうした際の、マコト一行の切り札が――                         .│
└──────────────────────────────────┘

751 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:02:29 ID:???0



               i|||l::::ill:::/ .>i、:::i:::::::::|::、
                iliil:l|iilll  ハililiヘ:|;;;;;;i::::::i
                   ll:|:||:|||   ハliiillli> --|-'
              i|l||i:::ll    `ー´         「ジャンプ」
                  |!:l::|:|
                :!!||:|i
             !lii l
                !i||
                  l|

         jヽ人し/
        ソ    て


┌─────────────────────────────────┐
│ 当然ながら、ただの跳躍ではない                           .│
│ 例えば冒険家の歩行速度は時速約4kmと、実はさして速いわけではない .   │
│                                                │
│ しかしこれは、決して脚力に劣るというわけではなく、旅慣れた冒険家が  . ....│
│ 疲労を軽減させつつ歩くのに、適した速度を保っているというだけの話だ    │
│                                                │
│ その証拠に、冒険家のみがなし得る、スキルとしての「ジャンプ」       ......│
│ このスキルでの、滞空時間は約5分。一度の跳躍で山を越え、        .....│
│ 平地ならば、直線距離にして約666m先に足跡を残すことが出来る     .....│
└─────────────────────────────────┘

 *ゲーム開始当初、最速3ターン(14分)で1km歩く≒1マス約333mという前提での計算

752 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:02:44 ID:???0



┌──────────────────────────────────┐
│ 驚くべきは、旅の物資や武器防具を装備し、更にはちゅるやはもとより――  ....│
└──────────────────────────────────┘


         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶    ..__..i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶 ...,.l1ニニ、   . |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ...,r-、 Y ヽ ..|     /     /     /     /
            ヽ      \   \ .ir-、_〕 乂_ノl ...___/   /     /      /
             ヽ     \   ...|  ィ ノ ,八 .::::::::::::::::::::::::                 /
                     ., -‐=‐-ェ'´   /ヘ::::::::::::::::::::::/ヽ\
                         /  ノィ´  ヽ_ ../:/  \__/  ヽヽ       ---‐‐‐
             ‐‐‐‐-.,.ィ''(><__ノ,....__ノ /:/           .|::|
. ,._,、 ⊂ 、        ____ノ,γ´  ; ;<   `ヽ .|::|     ヽ /     |::|             -----‐‐‐‐‐
. \ー‐'´  ヽ.. -‐ '´ ___  { ⌒ゝ  ノ  ̄`  |//_   ノ/    _ノヽ|_
_____...`丶-=、_____` ̄ ,. '´__>''゛ー‐'゙i     - |´| 丶・>- .| -<・ノ  .| .|             -----------
           ̄ ̄ ̄         / ミミ_   .| |.      |         | /        === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         レ=‐-=、ー.ヽ |.     - -     //             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐   /ヽ.     `ヽヽ|   ィェェェェェァ.  /´            ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                    /ヽ ム    i、 i .ヽ ヽ::::::::::::::::::::/ /   , '´ ̄ ̄` ー-、
             ---‐‐‐../ハ ´  ヽ   リ  ! .ヽ ヽ::::::::::::::/ /  ./   〃" `ヽ、 \
                 /  ノ   {  ハ ,/  ,'   .|ヽ ヽェェ/ /| ../ /  ハ/     \ハヘ
               ../  /   !   リ<___ノ /| ヽ   ̄  / .|\.|i │ l |リ\    /}_}ハ.
              //  ,'    ゝ イ`ヽ_ ___|:::::|   ─   .|:::::.|i | 从 ○    ○l小N
            /  /  /         ::::::::::::::::\     /:::::::|i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
              /  /   /     /        |   i,      | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)
            /  /     /     /        |    i,     | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
           /  /      /     /        |    i,     | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
             /       /     /        |     i,  ...| ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´ .\
           /         /     /        |     i,         丶     \


┌──────────────────────────┐
│  兵士Dまで背負った状態である。という事実だろう       .│
└──────────────────────────┘

753 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:03:16 ID:???0



.          /: : : : : ::::::::::::::::::::/                 \:::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : :::',
.           /: : : : : : : ::::::::::::::/                    \::::::::: : : : : : : : : : : : : : : ::::',
        ,': : : : : : : : : .::::::::/                     ヽ::::::: : : : :_: ,;,;,;,;, : : : : : :::ヘ_
.        i: : : : : : : : : .:::::::/                    ';:::::::,ィ´: :`'': : : : : : : : ::::::ハ
          l: : : : : : : ..:::::::::,'                        >'´: : :`ヽ、: : : : : : : : : :::::::ト、
.         i:: : : : : : .::::::::::/                        ,イ::: : : : : : : : :', : : : : : : : : :::::l l
       _i: : : : : : .::::::::::,'                  ,.イ`く::::::: : : : : : : : ::::', : :_: : : : : : ://
       ゝヽ、: : :.:::::::::::/                 ,ィ`ヽ`ヽ `ヽ、: : : : : ::::::::::,: : : : : : : :::l/
.      {ヽ、` ''''―=ニニ〉                  _/ `¨`ヽ \  ヘ: : : : : ::::::,:::::::::::::::ィ'´
      {ヽ、_` ‐=====〉            ,イニ=、     `Y´ヽハ: : : : : ::::,:::::::::/´
       }`ヽ―=====,/             //::: : : : :ヽ、     ヽ__ノ } : : : ::::::,: '´
      ,イ          ,/              ,イ':: : : : : : : : :\     Yノ ノ::::,: '"´
     ゝ‐-、,,,______/              /:::: : : : : : : : : : : : :ヽ、_ノー‐'´
.     /: : : :::::::::::::::::::::〉           /:::::::: : : : : : : : : : : ::::::〈            ( ⌒ヽ
    /: : : : : ::::::::::::::::/           ,':::::::::: : : : : : : : : : : :::::::::ト、            (    )
.   {:_:_:_:_:_: ::::::::::::: :ヽ、          〈:_:_:_:_:_: : : : : : : : : : : : :,イ:ハ          )   )
    }: : : : : : ヽ:、:::::::::::::ハ          }:::::::::::: :`ヽ、: : : : : : :.//: : :::ヽ、___       ノ  ノノ
.   {: : : : : :::::::::::::`::::、:::::}            {::::::::::::::::::: : : :丶;==='ィ: : : : : ::::::::::::::`ヽ . ∠ノ ゞ゙´、
    `ー―――'´ ̄ ̄ ̄         〈二ニニニ==‐-、:::::::::::::ヽ、: : : : :::::::::::::::::ハ
                            ヽ―---==ニニ二、:_:_:_::::::::::`:::‐-:-:-:-:-:}  ズザザザ!


┌────────────────────────────────────────┐
│ 騎士のような守りもなく、剣士のような連撃もない。海賊のような力強さがあるわけでもなく、   │
│ 詩人のように、仲間を鼓舞することも出来ない                              │
│                                                           .│
│ 唯々、この凄まじい脚力こそ、冒険家を一つの「職業」たらしめる強さなのだ            .│
└────────────────────────────────────────┘

754 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:05:19 ID:???0



┌─────────────────────────────────────┐
│ しかし本来的な冒険家の強さといえば、この「ジャンプ」、そして「ダッシュ」や      .....│
│                ・ .・ .・ ・ .・ .・ ・                              │
│ 「登山」、「水泳」といった生き延びる為の強さを指す                      .│
│             クラス                                      .│
│ これは冒険家という職業としては当然の事で、彼らは世界に散らばる遺跡から      .│
│ 財宝を探し出す事を生業としている。故に、周辺にある財宝の匂いには敏感で、   ......│
│ これを感知する能力にも秀でている                               .│
│                                                     ...│
│ 通常冒険家を志す者にとって、戦闘能力は最低限度あれば十分であり、        ....│
│ 宝を手に入れ、生きて帰る事こそが冒険家の本懐だ                    ....│
│  .          ・ .・ .・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ .・ .・ ・                       ..│
│ そう。本来ならば危機回避能力に秀でているのが冒険家なのだ              ..│
└─────────────────────────────────────┘





  i从i}、  /从i|イ /i      _ -=∨///////////////////////////////////////////////////////
     レ' .: .: :.:i|ォ':.:i|  _, -=ニ二∨////////////////////////////////////////////////////
     /    _,  -‐イ       ∨/////////////////////////////////////////////////
        ∧: :: : : : ∧         ∨////////////////////////////////////////////.:/
  , :.:.:.:.:.∴.:.:∧:: : : :: ∧       V///////////////////////////////////////////
    ,    ‘:.:∧:: : : :: ∧        V////////////////////////////////////////
 ヾ   \     ∧:: : : :: ∧       マ/////////////////////////////////////
   .:.:.:.:、.:.:.   ∧:: : : :/斗          ヽ/////////////////////////__.ィニフ7ァ''´
     、. .: .:.:.:.:.:.:∧:: : : :: ム             \////////////////////f'′
  ∴   ‘    ∧:: : : :: ム              \///////////////////\_
   {ゝ  ,.:.:.:.:.:.  ∧:: : : :: ム           \////////////////////
     '          ∧:: : : :: ム            /\//////////////:/
辷≧=-.:.:.:.:.:.:.:.:.:`゛   厂⌒¨:.:ム          /   \///////////
____ ヾゝ        マ::.ム.          /       \://////
         丶、.:.:.:.:.:..:   マ::.ム          i     -‐ニ/\//
____          iレヘ.:.:.:.:マ::.ム          l     ⌒¨〕
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    \:.:マ::.ム       、   _ -‐フ7、
_____     ‘  : :.:.:.:.:.:\マ::.ム           -=ニ二ミ、
_____       ‘、       マ::.ム            /   ≧ュ、.
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧=-            ヾィ从ィr、  i 从     /         `ヽ
    ――――‐‐              .:.:.:.:.:.:.:ヾレ'〃iヘ     /               \
三三三三三三―――        .:.:.:.:.:ヾ  ヾ  |}ノ  i             ヘ
――――――――――――――      .:.:.:.:.:.:.:i从‐――――――――――イ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   :.:.:.∴゜   トイ―――――――――=='

755 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:06:38 ID:???0




┌───────────────────────────────────────────┐
│ しかし完全な支援職である詩人こそが、マコトの本質だ                             │
│ その本質を踏まえつつも、様々な職業で戦い続け、戦士としての戦い方、戦士との共闘          .│
│ このどちらも経験した                                               ......│
│                                                              ..│
│ だからこそ、独り魔物から逃げ続ける冒険家でもなく、仲間に守られるだけの、無力な詩人でもない..  │
│ 全く新しい、戦いを支援する冒険家が生まれたのだ                              ..│
└───────────────────────────────────────────┘

756 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:06:50 ID:???0



                                   <\
                               \\ ,.、
                    .__          _,.-‐---‐''"¨τヽ
                   ,イri 〉、  _,.-‐-'´^ー<.... ,.._ 、,/´''
                     / ,.....、  ':,´`‐、_と´.._,,./  `ー-''゛'!t、 【兵士Dの攻撃!ガイコツに58のダメージ!】
                    ,....{〔 ,...、 ` i! ).-、 リ´ ,/´          .''、`.li、
              _,,.._-'" _,.ヽl  | ̄ リ|..,,_ノ-''"                .ヽ..゙'ミ-、  
           _/´  `ーヽ、,. !ー,ィ" ! 〉‐'´{                   \ ゙' !-
       ,. '´ '{′   ;  ,, ' _゙.`ー.''´ , ' ,|                      \ ` !、
     _/〉-._,人,._,.,.'__≠''´   ',{ ,.. ' /                      ゙'?`ミi、
    ,'´ ヽ_,ィ   /'"λ  `゙  } 、_,.ノ}                    ゙ラ、 `.li、
  /}'"`ー、}ノー-‐へ ,ノ 《 ゙ヽ、.__.. ノ , , ', リ                        .゙'.l、 `'!i、
  ヽ{ 、.  、!_,-'.ー. \ヽ._  - 、._, '",)ノ                        .゙'.l、` !、
   ヽ、ヽ,-'"ニ  ̄}  人ミ゙ヽ_,'"´ ,、_〃                             ゙'.'?`ミi、
     `ヽ._ ヽ '"〉/ 'ヘ,} ,(`ー_,. ,.-' {                              .゙゙ラ、 `.li、
       ``ー--' .{  八{  ..,' ,ノ'´ヘ                              .゙'.l、 ` !、、
            '. 〈 yヽ.__,.ノ {   ',                                 ..゙'.l'?`ミi、
            `¬''"´ i  } !   ,ハ                                 ゙'.゙ラ、 `.li、
                      { ,ハ  i }                                   .゙ .゙'.l、 `'!i、
                     ∨  ', } !                                   ゙.゙'.l、
                     !  ,ハ{,./                                        ゙'.l、
                      ', ノ /リ                                        .゙ |、
                  ヽ.../                                             ゙' !、


┌──────────────────────────────────────┐
│ スタミナを多く消費するため多用は出来ないが、「ジャンプ」によって敵の背後に着地  ......│
│ 兵士Dが即座に反転して、2倍近いダメージを叩き出す                     .....│
│                                                       .│
│ 冒険家としてのスキル、詩人としての、戦力の底上げという発想、そして兵士D        │
│ これら全てが、今のマコトにとっての武器であり、切り札となっている             ..│
└──────────────────────────────────────┘


 *正確には1,8倍のダメージ

757 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:07:11 ID:???0
 


┌───────────────────────────────────┐
│ さて、話を戻そう。旅そのものは順調で、戦いの連携も(不思議と)取れている  .....│
│ 問題なのはマコトの様子、そして                             .....│
└───────────────────────────────────┘




/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      【兵士Dに12のダメージ!】
|    ぐはっ!   |
\__  ___/


                      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                      / /" `ヽ ヽ  \
                  //, '/     ヽハ  、 ヽ
               ?堯 ? {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
                  レ!小l○    ○ 从 |、i|
                   ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                 /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
               \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
         .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

┌───────────────────────────────────┐
│ 仕留めそこなった際、魔物の反撃は必ず兵士Dに向かう、という当然の事実    .│
└───────────────────────────────────┘

758 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:07:37 ID:???0



        〆─ 、
       /.:.:.:.:.:.:.:丶
       |.:.:.:.:.:.:..;.;.;.;|___
       ∧.<ソ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
        ゝ、.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.: \
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ
      .|;:\ .|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |       【マコトの攻撃!】
     ;\;:\|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |
       \ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |
      ,  `|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ
         .ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.......:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
    〆.:.:.:.:.:.:.:.:.:......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
 ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ ̄ ̄



                     _          ___::::::
                     |  \       / 〉 ヽ:::::::::
                      \ \_   _| _ ^ _ .:::::::::::::
                        \ \  ̄|| {(__) (__):::::::::::
                       / /.\ \ ||  Y、_^_ ,Y ::::::::
                       || |   \\゙=||_____|| ::::::::::    【ガイコツに13のダメージ!】
                      | ̄|     \\` - ´ :::::::::::   【ガイコツを倒した!】
                      ( つ{      | \\  :::::::::
                       ~       [二((\\:::::::::
                             /    ̄  :::::::::::::
                            <_        :::::::::::
                            / / ̄ ―-― ~::::::::
                            \\      ::::::::::
                              l二l      :::::::::::
                           <__>    :::::::::
                                    
                                    
                                   
                                      ̄ ̄



┌───────────────────────────────┐
│ 旅そのものは順調であるが、現在のマコトと兵士D、そしてちゅるや   ...│
│ 3人の間で唯一上がるのは、兵士Dの呻き声のみである           .│
└───────────────────────────────┘

759 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:08:03 ID:???0
 


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{/    \リ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|   (な…)
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




                   _ ,. '´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
                     ̄              ヽ
              /    /"  ` ヽ    ヽ     \
             /    /      ヽ         \
             / /  , /         ヽ  ハ       ヽ
               / / ,  /               ノ !    ヽ   ゙
           / /  「 「 /        `ヽ、 l| i  1  |   |
            '   { __{_ノ            ` ノ |  l   !    !
          | ! l ! 、 !.r⌒゙i          r⌒゙i  i、ト    |   i|
          レ| '"」  | ゞ="        ゞ=" ノ ハ   !ヽ  !|   (なんか喋れぇぇ!!!)
            、 | i ―、              ,.― ―、   | !  .!
            ` ! !.―'    ヽ__人__ノ   ゙ー ―'    | ノ   |
      /´ ̄`ヽ    | ,ヘ      、    ヽ      i   /´ ̄`i .!
      /     ヽ_ |  ヽ     ` 、__ノ        j ./    | .|
      \   /:::::::::::|   i` 、_          /--, /     ./  l
       \ ,/::::::::::::::!   レ´ ,.丶 _,    ´|  / /    /   !
        /:::::::::::::/|   |   ヾ::::::::::i 二二 /:::::「,ヘ      ∧   |
         /::::::::::::/ !   !     ヾ:::::::!--/:::::::L `、 _ /  ',  |
        ` 、 / .|   |     ヾ::::', /::::::::::/ヾ::::::::::::::::::::::ノ   !
.           ` \. |   |      `゙∨:::::::::/  ヾ::::::::_彡'     !


┌─────────────────────────────────────────┐
│ ちゅるやにとって、この空間に広がる沈黙こそが、闇に追われる恐怖にも勝る苦痛だった     │
│ 今も無言で、マコトが兵士Dに癒しの草を手渡し、二人して黙々と傷の手当を行っている       .│
│                                                          ......│
│ 兵士Dは確かに勇者の仲間として、剣となり、盾となって戦ってはいる                  .│
│ しかしここまで黙然としたパーティが、果たして勇者一行と呼ばれるのに相応しいだろうか?    .│
└─────────────────────────────────────────┘

760 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:08:59 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  
             / /" `ヽ ヽ  \ 
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|    (否!断じて否!)
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


┌──────────────────────────────────────┐
│ これではハッキリ言って、勇者一行というより暗殺者一味である                 .│
│ 生まれてから初めて城の外に出たちゅるやとしては、いかに魔王討伐の旅とはいえ、    .│
│ こんな陰鬱とした旅は願い下げだ                                  │
└──────────────────────────────────────┘



        〆─ 、
       /.:.:.:.:.:.:.:丶         
       |..;.;.;.:.:.:.:.:.:.|___      
       ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     
        ゝ、.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:\  .    (聖なる武器…封印の鍵…強い仲間…戦術…アイテム…)
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  
      .|;:\ .|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| . 
     ;\;:\|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|   
       \ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|  
   グチュ… `|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
         .ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   
 ニチュ…  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   
    〆.:.:.:.:.:.:.:.:.:......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  
 ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄


┌───────────────────────────┐
│ マコトは今も黙々と、先ほど倒した魔物の荷物を漁っている .   │
└───────────────────────────┘

761 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:09:23 ID:???0
─────────────────────────┘


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   (こんな旅はまっぴらにょろ~
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    だけど今のメンバーのままじゃ…どうしたら…)
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __|,|イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::| u/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




       _l      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       \   / /" `ヽ ヽ  \
      <  //, '/     ヽハ  、 ヽ
      / 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i| ハッ!
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ|
          |ヘ   ゝ._)   j.  | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



┌────────────────────────────────┐
│ そうして悩んでいたところだった。ちゅるやは一つの気配を感じ取った   ...│
└────────────────────────────────┘

762 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:09:59 ID:???0



  ┏┓  ┏━━┓       ....‐ '´ ̄ ̄`ヽ、       ┏┓┏┓
┏┛┗┓┃┏┓┃      / /" `ヽ ヽ  \     .┃┃┃┃
┗┓┏┛┃┗┛┃┏━//, '/     ヽハ  、  ヽ━━┓┃┃┃┃
┏┛┗┓┃┏┓┃┃  〃..{_{\    /リ| l │ i|.   ┃┃┃┃┃   マコト!マコトったら!
┗┓┏┛┗┛┃┃┗━レ!小l●    ● 从 |、i|━━┛┗┛┗┛
  ┃┃      ┃┃     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│...   ┏┓┏┓
  ┗┛      ┗┛./⌒ヽ...|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !      ┗┛┗┛
            \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.              /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
             `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




             ───
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /\::::::::::::::::::::::::::::::/ |:丶
       //     ̄ ̄ ̄     .|::::ヽ
.      |::|     ヽ         |:::::::|
.      |::|       ||        \:::|
        |/< 。 ,/ \(, 。 .>   |::|
       |    ̄  |    ̄ ̄   .|/ヽ    ん?ああ、ちゅるやか
      /|     _ヽ _        | .) |
        | |    ____    /´/ .   どうかしたか?
      \ヽ  <ヽ!---!//   / ̄
        ヽ     ̄ ̄    /
           \        /|
         | \     /  |
         ,/|    ──    |\



┌──────────────────────────┐
│ 何か考え事をしていたらしい。気のない返事をするマコト   │
└──────────────────────────┘

763 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:10:16 ID:???0



            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|
         レ!小l●    ● 从 | } i|   いつまでも鬱々としてるんじゃないっさ!
   _l      ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|   この先に、仲間になってくれそうな人の気配を感じるにょろ
   \ r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |
   < { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
   /  "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||



               ──
              /::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::/ \::::::::::::::::::::::::/ .|::::ヽ
        /::::/   ──      |:::::|
        |:::::|            /:::::|
        |:::::ゝ       l      \/|     何!?ほんとかよ!
       /::::\ ・>-´ ヽ-<・ / | |
         |:::::::/  ̄  ::丶    ̄   .|/     (誰だ?ヴィクター王か?王女か?それともアルルゥか?)
       \:::|    ::::|       /       
         ヽ\_____   /
         ヽ::::\─── /  ./
______/\::::\-- / /|\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::: ̄ /  |:::::|___
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ̄     .|::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   /::::::::::::::::::::::


┌───────────────────────────────────┐
│ 塞ぎがちだったマコトもこれには反応した。パンティ=ミエタと黒騎士の名前が    .│
│ 浮かばなかったのは、共に旅をした経験がなかったからだろう             │
└───────────────────────────────────┘

764 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:10:33 ID:???0




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小l\   `ヽ 从 |、i|    ホントにょろ!ほら、きっとここにょろ!
          ヽ|l >   ●  | .|ノ│
           |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | ,|    周辺の地図には少し先にマーカーが一つしか出てない…し…
           | /⌒l __, イァト |/ |
           | /  /::|三/:://  ヽ |
           | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



┌──────────┐
│ ここで言い淀む     .│
└──────────┘



             ───
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /__:::::::::::::::::::::::::::::::__ ヽ
       | |   \_____/   .| |
       | |               | |
       | |               |_|
       .ヘ ゝ _         _  .|ヽ
       .| | ヽ ・>     <・ / | /      ?
        | (|   ̄         ̄  |/
       ヽ_|       _ _      /
         ヽ            /
          \  ヘ======/  ./
          /::|\.  ̄ ̄ ̄ /|ヽ
           |::::|  \__/  .|::::|
    .____|::::\       /:::::|____
    :::::::::::::::::::::::|:::::::::\    /::::::::::|::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::\::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::

765 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:12:00 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \  __
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
         〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
         レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
          ヽ|l ○   ○u | .|ノ│      いや、でもここは…あれぇ?
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



┌──────────────────────────────┐
│ たった一つだけ、地図に載っている赤いマーカー            .....│
│ 赤いマーカーは、魔物の棲家となる、ダンジョンを意味する .        .│
└──────────────────────────────┘



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{. -‐'' `‐- リ| l.│ i|
         レ!小l.-- ,  ,.-‐‐,从 |、i|   あ、ごめんマコト
          ヽ|l`‐-‐'  `‐-‐' | .|ノ│    こんな場所に仲間になってくれる人なんて…
            |ヘ.   r‐-、 |||! j  | , |
          | /⌒l`ニ`,イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

766 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:12:19 ID:???0



      ___
     ::::::::::::::::::::::::
   /ヘ::::::::::::::::::::::/ヽ\
  ./:/  \__/  ヽヽ
 /:/           .|::|
 |::|     ヽ /     |::|
 |//_   ノ/    _ノヽ|_
|´| 丶・>- .| -<・ノ  .| .|
| |.      |         | /     すぐに向かうぞちゅるや!一刻も早くだ!
ヽ |.     - -     //
 ヽ|   ィェェェェェァ.  /´
   ヽ ヽ::::::::::::::::::::/ /
    ヽ ヽ::::::::::::::/ /
    |ヽ ヽェェ/ /|
   /| ヽ   ̄  / .|\
___|:::::|   ─   .|:::::|__
::::::::::::::::\     /::::::::::::::::::



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
      ?堯 ? {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|    ええっ!?ちょっと、なんでにょろ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    そんな所に生きた人間がいるわけがないにょろ!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



               ──
              /::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::/ \::::::::::::::::::::::::/ .|::::ヽ
        /::::/   ──      |:::::|
        |:::::|            /:::::|
        |:::::ゝ       l      \/|     いいから行くぞ!
       /::::\ ・>-´ ヽ-<・ / | |
         |:::::::/  ̄  ::丶    ̄   .|/     (封印の扉を開ける鍵と、戦力になる言葉王女
       \:::|    ::::|       /       それからなにより、俺と同じ境遇の彼女がいれば…!)
         ヽ\_____   /
         ヽ::::\─── /  ./
______/\::::\-- / /|\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::: ̄ /  |:::::|___
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ̄     .|::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   /::::::::::::::::::::::


┌────────────────────────────────────────┐
│ 少しでも現状を打開する道標となってくれるかもしれない                      .....│
│ マコトは城が闇に飲まれるのを見たとき、そしてその中に最初の詩人マコトが居る事に、    .│
│ 今までにない大きなショックを受けていた                               ......│
│                                                           .│
│ 全ての元凶である魔王を倒せば、全ては元通りになると思っていたのだ              │
│ しかし、最初の自分である詩人マコトは、既に闇に飲まれてしまっている             ....│
└────────────────────────────────────────┘

767 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:12:32 ID:???0


┌───────────────────────────────────────────┐
│ 城の待合室で吹き飛ばされた時には一瞬で意識を失い、                           │
│ そのまま2人目の詩人マコトとして、(今思えば)どこの世界とも知れぬ世界で旅立ったのだ      ....│
│ それが、こうもまざまざと「詩人マコトは死んだ」と見せつけられては…                   ...│
│                                                              ..│
│ 魔王を倒したあと、全てが元通りになるとして、自分はどうなるのか?元の体は闇に飲まれている    .│
│ その不安を押し殺しながら、魔王を倒す為の力を黙々と磨いているところだったのだ            │
│                                                              ..│
│ だが、こんな思いは一人で抱え続けていけるものではない                         ......│
│                                                              ..│
│ 同じ境遇の言葉王女なら、一度共に戦った自分を覚えているだろう                      .│
│ そう考え、マコト一行は「重々しい空気を感じる」ダンジョンへと歩を進めた                 .│
└───────────────────────────────────────────┘

768 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:15:53 ID:???0



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... . . . .  . ::::
 ....::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::: : : : :
 ....::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: : :: : ::
 ....::.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :《》: :《》: : : : : : : : : : : : : : : :
 ..../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                         《》 《》
 ....|    誰か…いるんですか?   | ,.、t''T叮了丁丁Ti¬-、      《》 《》
 ....\__  _________/.<ヽ>‐ ´ || ̄|| ̄||`^''く,r`>、    《》 《》
 .....;::|                     .,心>イ'__||_||_||_||_||__ヾk,. ヘ   《》 《》
 .....:::|   ;; : . .    , ;..      ム,.//' ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||;V‐''',   《》 《》
 .....;::|                    |ニ:!;{_||_||_||_||_||_||_||_,lYニl   《》 .《》
 .....;::|        ;::. .        ├'"!´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|''r┤   《》  《》
 .....:::|                     |-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....:::|                     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:::|               ` ;   |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》   《》┨
 .....:;:|. `  .  .         .,     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||[|ー-|   《》  《》
 ..::::::|              . ; '  |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....;/|    `;        .  _, ,..-‐|-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:l i.      .,  ;.. . ._ "__,|..-‐'|-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》 .《》
 .....;:lノ. ; '  _,,..-ー.'"l_. ._ l,..-‐; |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》 《》




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  て
             / /" `ヽ ヽ  \ て
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    にょろっ!?マコト!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    誰か閉じ込められてるにょろ!
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

769 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:17:26 ID:???0



               -──-
            /:::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      ああ、分かってる
          |::| ̄\:::::::::::::::::::::::::::/ ̄|::|
          |::|     ──      |::|      おい、大丈夫なのか?
          |::ヽ            /:::|
         ∧/ _        _ .ヽ∧     (俺が謁見の間から繰り返すように、
         l ヽ ヽ_・>    <・ノ / l      王女もこの牢獄から繰り返してるって事か?)
          \_l            /_/
            ヽ.    _ _      /
             \  ヽ===ァ ./
              /| \   ̄ / .|\
     _____|:::::|    ─    |:::::|_____
   /:::::::::::::::::::::::::::|::::::\       /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


┌─────────────────────────────────────┐
│ 魔物が潜むダンジョンと化した建物へ着き、いくつもの回復アイテムを使いながらも    │
│ 建物の最奥、牢獄のある部屋へとやってきた一行は、そこで人の気配を感じた    .....│
│                                                     ...│
│ 以前訪れた時と同じように、言葉王女は牢の中に捕らえられていた              │
└─────────────────────────────────────┘

770 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:18:02 ID:???0



              _,,.. -‐……‐- 、
           ,r''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::::::::::::::|ヽ/|:::i:::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::/l:::::lヾー|:::!i::::::::::::::::::::',
       /::::::::::::::::::/:::/ l:::i:l  |::i !:::::i:::::::::::::::l
       /:::::::::/::::::/:::/ l:::l:l ..,_|! l:::::l!::::::i::::::::l
        {:i::::::/::::::イ:::/゙~ l::il:!   ゙!l' +::::ll::::::l::::::::l
       i|l::::::::::::::{i:/  l:/l!  ,,ィ灯沁、!::::::l:::::::::l
       リ !::i:::::::::::! ,ィチ圷     c;;;;r} ゙!:::/::::::::::i!      はい、なんとか。あ…あなた達は
          l:ハ:::::::::l″c;;ri    之ツ//:::::::::i:::l!  .   父に言われて助けに来てくれた人ですか?
          リ ヽ、::ヽ,ゝ‐'  、    /l:::/:::::::l::::li
           i}::ハ. `        ,イ:/::::::::l:::::l i
             il:::::ヘ .,   ´ `  / l/::::::::::!:::::l i
            /l:::i:::::::::::> .. .'´  /:::::::::::!::::::l  i
            / l:::l::::::::::i:::::, -,}    /::::::::::::l::::::::l.  i
            / l:::l::::::::::l‐'´ y'   ,/:::::::::::::l`ー 、l  i
            /  !::l::::::::::l  / , -//:::::::::::::/ /::ヽ.  i
        /  l::l::::::::::l /  / /::::::::::::://::::::::::::}   i
        /   l:l:::::::::::l / /  /:::::::::::::/´:::::::::::::::::i   i
         /    l:l::::::::::::l l/    /:::::::::::::/::::::::::::::::::::::l   i




      /:::| \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|::ヽ
     /:::::::|  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  .|:::::ヽ
     |::::::::|     ──────    |:::::::::|
     |::::::::|                     |:::::::::|
     | ./                    \::::|
     |/                     ヽ.|
     /|  ヽ                    /   |/|
     | |   \  ゚ >´     <゚  /   ./ |   いや、そうじゃない
     ヽ |     ̄ /   /     ̄    /ノ/    また俺たちの仲間になって欲しいんだ
      \|          |        //
        ヽ          _ |          /       魔王を倒すために協力してくれ
         ヽ   \_____/  /
          ヘ   \======/   /
           |\    ──   /|
           |\\       //|
           |::::::\\___//:::::|

771 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:18:18 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
      ?堯 ? {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|    ちょっとマコト!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    今まで閉じ込められてた人に対して
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    いきなりすぎるにょろ!?
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


┌─────────────────────────────────┐
│ 事情を知らぬ人工妖精からは、唐突な勧誘に対して窘められてしまった   ...│
│ しかし、マコトはといえば――                              │
└─────────────────────────────────┘




        .      / \:::::::::::::::::::::::::::::/     /:::::::::::
            /    ̄ ̄ ̄ ̄        /:::::::::::::::
            /        /        |::::::::::::::::
            |           /           ヽ:::::::::::::
            |.    ヽ |  |             \::::::
            |     | |  |    __/     ゝ::
            ヽ / ヽノ ヽ ヽ_/ ・/        |:::
             |\. ゚ノ |      ̄
             |    / .|      /              魔王を倒したい気持ちは
.    ─ ``       . |      |       /               俺と同じくらいに強いはずだ
.    ─ │       . |    |      |
.    __ノ        \   | _ヽ   |                断ったりはしないさ
.      ┌─┐      ヽ  ` ;:;._/|
.      │  │       ヘ ∨____|           /
.      └─┘       .ヽ |_|__|__|_|            /
.         |   |       .ヘ | | | | |        /:::
.         |   |        .| \  ̄|;:        /::::::::/
              _/ ツ      .ヘ\ ̄;:;:    /:::::::::/
                     ヽ;;:: ̄;:;:  /:::::::::/
                    \ ;:;: / \/
                       ̄    \


┌───────────────────────────────────────┐
│ 同じ境遇の言葉からすれば、魔王討伐は何よりも優先されるはずだ               .│
│ まして、自分は溶岩に滑落して死んだとはいえ、共に戦い、お互い認め合った仲なのだ   ..│
│ 言葉王女が断る理由など思い当たらない                              ...│
└───────────────────────────────────────┘

772 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:18:38 ID:???0


┌───────┐
│ だが――    │
└───────┘



            /    /  ,、 |、|"゙`、    `、
           l    /  / | .|.l|   l  .::::::::::l
            | |   l  /_,. | .| |ト、  | ,  .:::::::::|
           | |   l/l/'´ // /  `メノl /l .:::::::|
           、ヽ   ,ィチ斤、′   ?亳ミュ' !.:::l:::|       あの…貴方はどなたですか?
            | \ {b::::::リ    P::::::リ / .:::|:::ト、
            ト、  `ド-‐'   ,  `‐-'/l.::  |:::| ヽ      そちらはお城の兵士さんだとは思うんですけど…
            |::|   ヘ  u.      /:::|.::. |::::| `、
             |:::|  ::::「` 、   ´`  イ `|.:::. |:::::|  \
              |;:イ  ::::|  l ` ー ' ´  !  |.::  ト、:::|
           /';:::|   :::|.  |‐- 、 , -‐/   !.::. |:::ヽ、
          /::::::::';::|  :::|   ヽ   /   |.::  |:::::;'::::::ヽ
            l::::::::::::';:|  :::|  __\/__  |.:::. |::::;'::::::::::::l




                   -──--
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             / ̄ ──  ̄ ̄\:::::::::::::::::\
            /           /:::::::::::::::::::::ヽ
             |         u   \:::::::::::::::::::::|
                l          _ ノ  \::::::::::::::::|
               /<゚ノ.|  ´-<.゚_ノ     ヽ::::::/ヽ
                |   /            |//::::ヽ|
            ヽ.  /              〉:::::/      え…?
               | /              /_/
             l ヽ  ´            |/
             l  /v──       /  /
              l            /  |
              l         /    |
              ヽ       /        |
                \__          |
                  |           /|
                _|   ____/::::::|_____
             __/::::::\/::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::
           /:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



┌───────────────────────────────────────┐
│ マコトが失念していたこと。それはマコトにとってはあまりに自然になっていたとはいえ、  ......│
│ 詩人マコト以外、生まれ変わったその後は違う姿ということだった               ......│
│                                                         .│
│ だから言葉王女にとって、初対面のマコトより、むしろその後ろに控えている         ....│
└───────────────────────────────────────┘

773 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:18:50 ID:???0



                            __
                           lj二二[!
                        /   ,,rヽ
                         lY ヽ〔_,-、!
                        !乂_ノ .l  }                 ___,. ‐"⌒`¬、..
                     ,..._--ノ ト``,-┘....-- 、_,,..........._,,.-‐''´   /ゝ-ミ.、ヽ〉
                    ,'´ ,ハ、ノ, ヶ_ノ``´  ,'"´._    `Y'   ,. ''´    ゙´`′
                    i ー'" `` ヽ´ ̄   ,人..._,,.... -‐`ラ'⌒゙ヽ.
                    ゙iヽ    ''T'     ノ /    ,. '´ ,  、. {
                    .{ ヽ._  .ノ、. ...._.ノ |   /   ,ノ   ,,'
                   ノミ.,| : ,, '´ -、  Y ノ、.,,_ノ, ,   /   :   |
                   l´``ミ、  ,'   , ''' ニ''" `ヽ {/  ,: i  ,'  ./
                   \_ヽ)へ''' ヽ、._   ヽ  ,.八_ ノ  j. , '   /
                          ヽ_ _,,......-‐ '''''¬>ー 、,..イ "  ./
                            ゙ヽ  ,,..       `゙ `'''ー-<._
                              `ー 、.         ,,_ ,. '`ヽ、__
                               ``‐ 、 ...............二..__ ,, '' "' ``ヽ.
                                            ヽ、      ``'''''"`ー-‐ ー,
                                           ``‐-------- 、.、.__ミヲ



┌──────────────────┐
│ 兵士Dを目にした安堵感が強かった   ..│
└──────────────────┘

774 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:20:05 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    そっちが兵士D、こっちが勇者マコトっさ
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    それからちゅるやは、ヴィクター王に作られた人工妖精にょろ
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



            ,. イ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::/:::::::::::::::/:::::::::::}ヽ,、::::::::::..
       /::::::::::::::::::::::::::/:::/!:::::::::::l-vi_,}:::::::::::ヽ
     /:::::::::::::/:::::::::::/::::::/ l:::::i|::::l    !:::::::::::∧
    ./:::::::::::::::{:i|:::::::/_!:_/_, i::/ !:::l    l::::::::::::::::l
   ,.イ::::::::::::::::::リ:{:::/,斗/=、// i:::l 、  l:::::::i:::::::::l
 //::::::::::i::::::::::::Ν{だ;;r∨゛   i/  \_}:::::/::::::::::l
´ /::::::::::/:::::::::::::/ 弋;汐   / ,x-=、/::::/:::::::::::/    勇者様と人工妖精ですか
/:::::::::::/:::::::::::::∧    ̄     /fr/ }}/:::::::::::/     父…いえ、ヴィクター王はどうなさっていますか?
::::::::::::::/:::::::::::::/  、       i) ヒタ, ∠::::::::/ハ/
::::::::::::/:::::::::::::/   ヘ   ‐ 、    , イ::::/l/ .ノ
::::::::_/::::::::::::∧    ヽ._  ,. . '::´:::::::/l
::/ l::::::::::::/  ',    /ァ、:::::::::/:::::::::::/ l
、  !::::::::::::{   ':、   ' ! \/:::::::::::/{.  ゙:,
∧ i:::::::::::::l    ヽ   l   /:::::::::::/::::l   ヽ
:::∧ l:::::::::::::l     ' 、l /:::::::::::/:::::::::l     \


             ───
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /__:::::::::::::::::::::::::::::::__ ヽ
       | |   \_____/   .| |
       | |               | |
       | |               |_|      城にまで闇が迫っていたからな
       .ヘ ゝ _         _  .|ヽ
       .| | ヽ ・>     <・ / | /     「転移」の理術でどこかに行っちまったよ
        | (|   ̄         ̄  |/
       ヽ_|       _ _      /       (ん?なんで最初の時と同じことを聞くんだ…?)
         ヽ            /
          \  ヘ======/  ./
          /::|\.  ̄ ̄ ̄ /|ヽ
           |::::|  \__/  .|::::|
    .____|::::\       /:::::|____
    :::::::::::::::::::::::|:::::::::\    /::::::::::|::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::\::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::

775 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:20:22 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  て
             / /" `ヽ ヽ  \ て
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|     あれ?王様がお父さんってことは…
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ
/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::l:::::l:::::::::::::ヽ:゙:,
:::::::::::::::::::::/::::::::::::/|::::lヽ::l::::::::i::::::::',::}
::::::::::::/:::::l::::::::::::/ .l::::l_ }::l:::::::::l::::::::l:|
:::::::::::l:::::::l:::::::::/ _,.l:::/ `!::!:::::::::|l::::::l:l
::::::::::l::::::::l:::::::/'´ .l::/_ l::l::::::::::l l::::l|l
::::::::::l:::::::::l:::/   //气, l:l:::::::::::l l::/l!
:::::::::::l::::::::l|::{ ,;彳/;rl  l∧:::/|:! l/ !     はい。私は言葉王女です
i:::::::::::l:::::::ll::i /0j l  ! ヽ、リ   
:l:::::::::::l::::::l l:i  `‐-     冫        
:::ヽ::::::::l::::l ヾ         /          
:::::::::ヽ::::l::::l `   __ ,. ノ
::::::::::::::ヾヽ:ゝ        /
i:::::::::::::::::::`:l 、 _    /
.l::::::::::::::::::::::::l/  ̄ ̄
 !:::::::::::::::::::::ヽ
‐-ヽ:::::::::::::::::::::\
   \::::::::::::::::::::::\



           /::::::::::::::::::/|::::::,l:::|    l::::::::::::::::::::::::::':,
        /::::::::::::::/:::i !:::/l:::|     !:::::i|::::::::::::::::::::',
          !:::::::::::::/i::::| l::/ l:::|_   l:::::l|:::::::::::::::::::::i
       {::::::/:::::{,l斗'´l/ l:::| ` ー ト::/ !:::::::::::::::::::::!
       l:::::::::::::イ|:::|__/.  |::j ,zi==x' j:::::::::l::::::::::::|
          !:::l:::::::::l|.灯沁  |/  {rv斗仆::::::/:::::::::::::|
          Νヾ、:ヽ 乂ツ       ゞ‐ ' /:::/::::::::::::::::|     しかし、闇はそこまで…では国も全て
             }::ハ``   、     //|:::::::::::::i:::::::l!     飲み込まれてしまったのですね
             |:::∧    _     '´/ |:::::::::::::l:::::::|l
             |::::i:::\     `    / |:::::::::::::l::::::::l.l    では勇者様、私を貴方の仲間として、
             |::::!:::::::::> 、 _ .ィ    |:::::::::::::l:::::::::l l.    一緒に旅に連れて行って頂けませんか?
            |:::|:::::::::::::i::::::::::::,l     |:::::::::::::l::::::::::l. l
            |:::|::/::::::::l::::,r‐'7    |:::::::::::::l\::::::l l.   私にも剣の心得があります。
           |::|/:::::::::::!~  /、 , -,rl:::::::::::::l  \l l    それに私には使命が…
           |:/:::::::::::::|  /    .//:::::::::::::l     >、l
             /::::::::::::::::| i   / /:::::::::::::::{   /:::::ヽl
           /::::::::::::::ノ::|. l /  /:::::ハ::::::::::ヽ/::::::::::::::i l
          /::::::::::::::/ i::| l /  /::/ j:::::::::::::}:::::::::::::::::| l

              【優秀な】言葉王女



┌────────────────────────────┐
│ ここまで話してきて、やっとマコトは理解し始めていた        │
│ .・ ・                                     ..│
│ この言葉王女は、ちゅるやを見ても何の反応も示さなかった   ..│
│ マコトのことも知らないのだ                      .....│
└────────────────────────────┘

776 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:21:02 ID:???0



             ───
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /\::::::::::::::::::::::::::::::/ |:丶
       //     ̄ ̄ ̄     .|::::ヽ
.      |::|     ヽ         |:::::::|
.      |::|       ||        \:::|
        |/< 。 ,/ \(, 。 .>   |::|
       |    ̄  |    ̄ ̄   .|/ヽ    (ということは、これが意味するのは一つだけだ)
      /|     _ヽ _        | .) |
        | |    ____    /´/
      \ヽ  <ヽ!---!//   / ̄
        ヽ     ̄ ̄    /
           \        /|
         | \     /  |
         ,/|    ──    |\



┌────────┐
│ 確信に至る  ......│
└────────┘



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ:::::::::::::::|
\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   |:::::::::::::::|
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       |:::::::::::::::|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          |::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::∧
                         \::::::::/ ヽ
                         /:::::::\/∧ |
ヽ:::..,           /::::   ,..:::::/  /:::::::::::::::|  | |
  ̄ >      /::::::::<   ̄ /:::::::::::::::::| / /
 ̄ ̄ /      /:::::::     ̄ ̄   :::::::::::/ ./
.   ̄       |:::::::        ::::::::::::://      (俺自身は7度目だけど、言葉王女は
          |:::::::::::         :::::::::::::/          
          |:::::::::::::::    :::::::::::::::/             まだ一度も死んでいないんだ!)
          ヽ:::::::::::::::  ::::::::::::::::/
       ヽ _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ──´ ─ `──:::::::::::::::/
ヽ        __::::::::::::::::::::::::/| _
 \       ::::::::::::::::::::::::::/::::::| /|
   \       :::::::::::::::::/:::::::::/::::::|
\.   \      ::::::/::::::::::/:::::::::::|
::::::\     ─── :::::::::::/:::::::::::::::::|_____
:::::::::::\     ::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::\_  :::::::_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::|  _|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 自分が時を越え、時空を超えて生まれ変わっているのは、これまでの経緯からハッキリしている       ......│
│ 自分自身の亡霊と出会い、また、今回の旅では、過去に自分自身と語り合っていた               ...│
│                                                                    │
│ 剣士マコトとして言葉王女と旅していた際、彼女は「一度死んでいる身」だと言った                  │
│ 一度だ。今の彼女が自分を知らないというのならば、つまりまだ「最初の」言葉王女ということなのだろう    │
└──────────────────────────────────────────────┘

777 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:22:18 ID:???0



             ───
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /__:::::::::::::::::::::::::::::::__ ヽ
       | |   \_____/   .| |
       | |               | |
       | |               |_|
       .ヘ ゝ _         _  .|ヽ
       .| | ヽ ・>     <・ / | /
        | (|   ̄         ̄  |/      (じゃあ、また今度も…)
       ヽ_|       _ _      /
         ヽ            /
          \  ヘ======/  ./
          /::|\.  ̄ ̄ ̄ /|ヽ
           |::::|  \__/  .|::::|
    .____|::::\       /:::::|____
    :::::::::::::::::::::::|:::::::::\    /::::::::::|::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::\::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::


┌───────────────────────────────────┐
│ 王女がこの世界で死ぬ事は、マコトが「2度目の」彼女と出会っている以上は     │
│ 確定しているという事なのだろう                               .│
│                                                    │
│ 更に言えば、恐らく今度の旅でもマコトは魔王を倒せなかった。という意味である  .│
└───────────────────────────────────┘

778 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:22:36 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   でも、ここに着くのが(闇に飲まれる前に)
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   間に合って、本当に良かったにょろ!
        /⌒ヽ__|ヘ  弋_ノ    j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



                       ,.r ' ´::::::::::::::::::::::`ヽ
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::ヽ.
               /:::::/:::::::::/:::::::::::/!::::::::::::ト、::::::',
                  /:::::/:::::::::/::::::/!:/¨メ:::/l::::/  ヽ:::∧
           _,. イ:::::::{::/::::::::::::/_j/ェ;,// /::/ 丶 }:::::::}
-‐- ''   ´   ̄  /::::::::::i:ハ:::/::::/チy;;;;゚f` //   V:::::::::i
            /:::::::::::::::/:::}/:::ハ{ 弋;;rノ / ,x=ミ、/::::::::::l
       _,. イ::::::::::::::::::/:::::::::::i xxx ̄     ん;/从:::/!::/     はい!
  _,.. -‐:::´:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::j          ' ヾ' 〆/ i:,′
r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/   、   ` ‐ xxハ´::l  i{       (牢を破る前で)本当に幸運でした
::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/     丶.    _,. イ::::::::i
::::::::::::::::::::::,r‐=/:::::::::::::::::::/     , '`ー ´::/:::::::::::∧
::::::::::::::::/::i/:::::::::::::::::::/i      く::::::::::/::::::::::::/  ヽ
:::::::::::::/::::/:::::::::〃::::/  !      l `/:::::::::::::::/:l   \
::::::::::/::::/:::::::://::/     l `ヽ _, - l/:::::::::::::::/:::::l
:::::::/::::::{:::::::/::i {::代     l    /::::::::::::::/l::ヽ:::::}       }
::::/:::::::::从iハ::::::!ヾ         l    {::::/{:::/   !:::::∨    /
:/:::::::::::::::::::::::::::::l        l   ヽ{  ヾ    !::::::l   /


┌───────────────────────────────────────────┐
│ しかし、それは本当にそうなのだろうか?                                     .│
│ 自分は勇者と呼ばれ、何度も転生し、戦う術を身に付け、魔王を倒す為の情報を集め続けてきた    .│
│                                                              ..│
│ 自分のような無力な存在に、世界を救うなどという大それたことなど出来るはずもないと絶望し、   ....│
│ 諦めた事もあった。しかし、この転生に意味があるとするならば…                     ....│
└───────────────────────────────────────────┘

779 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:25:45 ID:???0


               ──
              /::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::/ \::::::::::::::::::::::::/ .|::::ヽ
        /::::/   ──      |:::::|
        |:::::|            /:::::|
        |:::::ゝ       l      \/|
       /::::\ ・>-´ ヽ-<・ / | |     (世界なんかじゃなく、
         |:::::::/  ̄  ::丶    ̄   .|/       王女を救う為なんじゃないのか?)
       \:::|    ::::|       /
         ヽ\_____   /
         ヽ::::\─── /  ./
______/\::::\-- / /|\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::: ̄ /  |:::::|___
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ̄     .|::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   /::::::::::::::::::::::


┌─────────────────────────────────┐
│ 様々な事を身に付けた今、また元の世界に戻ってきたからこそ思うのだ   ...│
│                                                │
│ 同じ境遇の彼女を、自分のように繰り返す運命に陥らせないように、       │
│ 根本から救う為に、自分はまたここへ来たのではないかと             .│
└─────────────────────────────────┘

780 名前:michi[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:25:55 ID:???0



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ:::::::::::::::|
\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   |:::::::::::::::|
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       |:::::::::::::::|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          |::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::∧
                         \::::::::/ ヽ
                         /:::::::\/∧ |
ヽ:::..,           /::::   ,..:::::/  /:::::::::::::::|  | |
  ̄ >      /::::::::<   ̄ /:::::::::::::::::| / /
 ̄ ̄ /      /:::::::     ̄ ̄   :::::::::::/ ./
.   ̄       |:::::::        ::::::::::::://      (詩人マコトは闇に飲まれた。なら…)
          |:::::::::::         :::::::::::::/
          |:::::::::::::::    :::::::::::::::/
          ヽ:::::::::::::::  ::::::::::::::::/
       ヽ _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ──´ ─ `──:::::::::::::::/
ヽ        __::::::::::::::::::::::::/| _
 \       ::::::::::::::::::::::::::/::::::| /|
   \       :::::::::::::::::/:::::::::/::::::|
\.   \      ::::::/::::::::::/:::::::::::|
::::::\     ─── :::::::::::/:::::::::::::::::|_____
:::::::::::\     ::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::\_  :::::::_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::|  _|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


┌────────────────────────────────────────────┐
│ 詩人マコトは救えなかったが、少なくとも兵士Dは、この世界で救えたのだ                   ..│
│ 魔王を倒した後、自分はどうなるか分からない。しかし、言葉王女を自分と同じにはしない        . │
│ ちゅるやの言葉を思い出し、再び何かが、マコトの中で燃え上がるのを感じた                 │
│                                                                │
│ 今生きることだけを考え、ただ目の前に現れる魔物を倒し、その後の運命から逃避していたマコト ..   │
│ しかし今、彼は新たな覚悟を胸に「重々しい空気を感じる」ダンジョンから足を踏み出したのだった     │
└────────────────────────────────────────────┘

                                                                 つづく

781 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/10/15(月) 22:29:59 ID:CLe4XsCY0
乙乙。

782 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/10/15(月) 22:36:13 ID:S/7Zl3eg0
乙でした

783 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/10/15(月) 23:24:46 ID:pY1owHRo0
乙、ジャンプ回り込むのに使うって発想はなかったなぁ・・・。

784 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/10/16(火) 09:29:54 ID:qpm9L4GM0
俺基本ゴリ押しだから冒険家はうまく使えなかったなあ
理術士も武器減るようになったから無双できなくなったし頭使うようにするか…。

786 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/10/16(火) 16:15:29 ID:q/WuLzZo0

語り口好きだよ

何気に初クリアは冒険家だった気がする
荷物沢山持てるから斧を強化しまくった


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/01/18 02:00 ] 【片道勇者】マコト死ぬ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する