クリックで開閉

【片道勇者】マコト死ぬ 第14話

653 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 21:59:32 ID:???0


     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ



スポンサードリンク


654 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 21:59:47 ID:???0

     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ .ニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |...ニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |_/ ニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニ|    ・・・・     | __/.ニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ \__  __/.ニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ .|    なぜ投げた…  |.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニ...\__  _____/.ニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

655 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:00:21 ID:???0

     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニ .|    い、いえ、それよりも「闇」が消えましたよ!?  |.ニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニ...\__  __________________/ .ニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ .ニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.|    どうなってるんです!?  | .ニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ \__  _________/..ニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニ../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.ニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニ |   ううむ…「聖なる武器」とは、魔法を倒すため、    | ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニ |   倒せるだけの力を秘めた武具のこと         | ニニニニニニニニニニニ
         ニ \__  __________________/ .ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニ.../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\...ニ
         ニ |   わしは、それが成し遂げられるように作った。当然「闇」も払える…!   |ニニニニニニ
       ニニニ .\__  ___________________________/ニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

656 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:00:58 ID:???0
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニ.、从人∧人∧人∧人∧人∧人∧从/ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニ .<  …などとは知らんかった!! >..ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニ../VV∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V\...ニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

657 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:01:21 ID:???0
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\..ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニ.|    …何百万年も?  |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニ.\__  ______/.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニ.|    …うむ!   | ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニ...\__  ___/ .ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\..ニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニ.|    気付かないまま生き残りが二人だけ…バカじゃね?   | ニニニニニニニニ
         ニニニニ.\__  _____________________/..ニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

658 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:01:33 ID:???0

     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ .|    ・・・・     |.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ \__  __/ .ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.|    ・・・・     |.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ .\__  __/ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ .|    ・・・・     |.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ .\__  __/ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

659 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:01:49 ID:???0



     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.ニニニニニニ
       ニニニニニニニニニ .|    わしは本来「保険」じゃ。未来への船頭じゃ           | .ニニ
        ニニニニニニニニニ.|    願わくば最後まで…全てのわしが生き残らんことをッ!!  |...ニ
         ニニニニニニニ \__  _______________________/
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニ |    最低です…  | ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニ \__  ____/ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

660 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:02:25 ID:???0





┌───────────────────────────────────────┐
│ これまで死んだ時と同じく、マコトの魂は旅立ちの日、王の前から繰り返される        ...│
│ それは闇の竜に焼き尽くされたとて同じ事だった。また再び、マコトの新しい旅が始まる    │
└───────────────────────────────────────┘



┏                                                 ┓
┃闇にやられたと思っていたこの体は、 いつの間にか元通りになっていた   .   ┃
┃いや、元通りではないかもしれないが、元の姿はもう、思い出せなかった     ┃
┗                                                 ┛



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |              ━━わしからの話は以上だ
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |              ほんの少しだが、旅の助けとなる
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }              アイテムも渡しておこう
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.            回復薬と、癒しの草じゃ
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \       辛い旅になると思.|     な…   >
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \                  \__  __/
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \   ん?
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ

       ┌─────────────┐
       │  【優秀な】ヴィクター王     │
       └─────────────┘


┌─────────────────────────┐
│ が…この旅立ち前に、ともかく納得出来ない者がいた    .│
└─────────────────────────┘

661 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:03:21 ID:???0




                            ___
                           ::::::::::::::::::::::::
                         /ヘ::::::::::::::::::::::/ヽ\
                        ./:/  \__/  ヽヽ
                       /:/           .|::|
                       |::|     ヽ /     |::|
                       |//_   ノ/    _ノヽ|_
                      |´| 丶・>- .| -<・ノ  .| .|
                      | |.      |         | /
                      ヽ |.     - -     //
                       ヽ|   ィェェェェェァ.  /´..\_人__人__人__人__人__人__人__人__人_/
                         ヽ ヽ::::::::::::::::::::/ /   ≫  なんでだァァアア!!?? ≪
                          ヽ ヽ::::::::::::::/ /   . /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
                          |ヽ ヽェェ/ /|
                         /| ヽ   ̄  / .|\
                      ___|:::::|   ─   .|:::::|__
                      ::::::::::::::::\     /::::::::::::::::::

                      ┌──────────┐
                      │   冒険家マコト   ...│
                      └──────────┘


                                        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                        / /" `ヽ ヽ  \
                                    //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                 ?堯 ? {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
                                    レ!小l○    ○ 从 |、i|   ちょ、ちょっと勇者さま!
                                     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                                   /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !      どうしたにょろ!?
                                 \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                           .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                  `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


┌────────────────────┐
│ 勇者であるはずの、冒険家マコトである    .│
└────────────────────┘

662 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:03:47 ID:???0



        .      / \:::::::::::::::::::::::::::::/     /:::::::::::
            /    ̄ ̄ ̄ ̄        /:::::::::::::::
            /        /        |::::::::::::::::
            |           /           ヽ:::::::::::::
            |.    ヽ |  |             \::::::
            |     | |  |    __/     ゝ::
            ヽ / ヽノ ヽ ヽ_/ ・/        |:::
             |\. ゚ノ |      ̄
             |    / .|      /
.    ─ ``       . |      |       /
.    ─ │       . |    |      |                どうしてもこうしてもあるか!
.    __ノ        \   | _ヽ   |                なんで「闇」が直接襲ってくるんだよ!ええ!?
.      ┌─┐      ヽ  ` ;:;._/|
.      │  │       ヘ ∨____|           /
.      └─┘       .ヽ |_|__|__|_|            /
.         |   |       .ヘ | | | | |        /:::
.         |   |        .| \  ̄|;:        /::::::::/
              _/ ツ      .ヘ\ ̄;:;:    /:::::::::/
                     ヽ;;:: ̄;:;:  /:::::::::/
                    \ ;:;: / \/
                       ̄    \



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \  __
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
         〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
         レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
          ヽ|l ○   ○u | .|ノ│      イキナリ何を言い出すかと思えば…
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l __, イァト |/ |       それは魔王が「闇」を目覚めさせたからで…ねえ王様!
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 闇の竜の吐き出した炎に焼き尽くされた彼は、これまで闇に呑み込まれなければ                  .│
│ 直接は姿を見せなかった竜が、前回に限って真正面から殺しにかかってきた事に納得出来ていなかった  ....│
│                                                                    │
│ そんなマコトの心境を理解出来るはずもなく、ちゅるやは「闇」の出現と魔王との関係を説明しつつも      │
│ ヴィクター王に助け舟を求める                                                │
└──────────────────────────────────────────────┘

663 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:06:23 ID:???0




    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.      ふむ…
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ


┌────────────────┐
│ ヴィクター王はひとつ息を吐くと   ..│
└────────────────┘

                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }         わしもここを離れる。また
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ          どこかで会うこともあろう……
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,          では、ゆくのだ!健闘を祈る!
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }



┌───────────────────────────────────┐
│ そのまま「転移」で姿を消した。残されたのは人工妖精ちゅるやと冒険家マコト  ....│
│ それから城に残った人々だけとなった                          ....│
└───────────────────────────────────┘

664 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:07:23 ID:???0



             ───
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /__:::::::::::::::::::::::::::::::__ ヽ
       | |   \_____/   .| |
       | |               | |
       | |               |_|
       .ヘ ゝ _         _  .|ヽ
       .| | ヽ ・>     <・ / | /
        | (|   ̄         ̄  |/     くそっ…ヴィクター王め、都合が悪くなると逃げやがって
       ヽ_|       _ _      /      どこのヴィクター王も、調子のいいとこだけは変わんねえ…っ!
         ヽ            /
          \  ヘ======/  ./        俺のやるべき事は、結局変わっちゃいないってわけだよな…
          /::|\.  ̄ ̄ ̄ /|ヽ        魔王を倒せばいいんだよなぁ!?
           |::::|  \__/  .|::::|
    .____|::::\       /:::::|____
    :::::::::::::::::::::::|:::::::::\    /::::::::::|::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::\::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::



┌──────────────────────────────────────┐
│ 王が姿を消し、散々悪態をついていたマコトも、少しは落ち着きを取り戻し始めていた   │
└──────────────────────────────────────┘




               -──-
            /:::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          |::| ̄\:::::::::::::::::::::::::::/ ̄|::|
          |::|     ──      |::|
          |::ヽ            /:::|
         ∧/ _        _ .ヽ∧    おう、ちゅるや。悪かったな
         l ヽ ヽ_・>    <・ノ / l    
          \_l            /_/
            ヽ.    _ _      /
             \  ヽ===ァ ./
              /| \   ̄ / .|\
     _____|:::::|    ─    |:::::|_____
   /:::::::::::::::::::::::::::|::::::\       /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


┌──────────────────────────────┐
│ 息を整えて横を見ると、いつものようにちゅるやが横を飛んでいた  ....│
│ その顔は驚愕に満ちている                          │
└──────────────────────────────┘

665 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:08:13 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{/    \リ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|   あの…勇者様、どうしたっさ!?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   なんで急に謁見中に叫んだにょろ?
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   そんな落ち着きのない、粗暴なタイプじゃなかったにょろ?
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



                   -──--
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             / ̄ ──  ̄ ̄\:::::::::::::::::\
            /           /:::::::::::::::::::::ヽ
             |         u   \:::::::::::::::::::::|
                l          _ ノ  \::::::::::::::::|
               /<゚ノ.|  ´-<.゚_ノ     ヽ::::::/ヽ
                |   /            |//::::ヽ|
            ヽ.  /              〉:::::/   いや、ほんと悪いけどさ…けどなんでって言うなら、
               | /              /_/  .  なんで王も脇目もふらず逃げんだよ
             l ヽ  ´            |/
             l  /v──       /  /     「闇」に関してなら、なんでか俺が聞きてーよ
              l            /  |
              l         /    |
              ヽ       /        |
                \__          |
                  |           /|
                _|   ____/::::::|_____
             __/::::::\/::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::
           /:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 言っても分からない話だとはいえ、思わず愚痴りたくなるのも仕方のない事だった               ..│
│ 拾った剣を投げたら、山のような大きさをした竜が、突如襲ってきたのだ。割と現実ではありえない     ..│
│                                                                  │
│ しかし王が転移した事については、短いながらも共に旅をして、マコトも薄々ながら気付いた点がある     │
└─────────────────────────────────────────────┘

666 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:08:27 ID:???0



┌─────────────────────────────────────────┐
│ それは、マコトはヴィクター王にとって、数多く送り出した勇者の一人に過ぎないということだ    │
│ 前の世界でヴィクター王は「もっと遠くに転移するつもりだった」と言っていた            .....│
│                                                          ......│
│ 先行した別の勇者の助けをしているのか、はたまた「世界の果て」まで逃げるつもりなのか     │
│ 「もっと遠く」へ行ってどうするつもりだったのか、はっきりと明言してはいなかったが、       ...│
│ どちらにせよ本来はマコトと旅をするつもりがない上、城は間もなく闇に呑み込まれる      ......│
└─────────────────────────────────────────┘



             ──
          /::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ||\:::::::::::::::::::::::::/||
            ||   ̄ ̄ ̄ ̄  ||
         ヘゝ___     _ γ              
         | | ヽ・>  <・ ノ//        逃げるなら逃げるで、
         ` ヽ   _ _    /´          お前
              ヽ ヽ===/ /          ちゅるやと一緒にいてやってもいいのになぁ
           /:|\  ̄ ./|:ヽ
     _____|::\  ̄  /::|___
   ./|::::::::::::::::::::\::\ /::::/::::::::::::::::|\
   /::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|┘::::::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ
  .|:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::Ο:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
   〉::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::/
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ο:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


┌───────────────────────────┐
│ 王としての責務を、城のなくなった後だからこそ、          │
│ マコトの知らない形で果たそうとしていたようにも見えた      .│
│                                       .│
│ だからマコトは本心を抑え、少なくともちゅるやに対しては   ...│
│ ヴィクター王をこれ以上悪く言う事は控えることにした     .....│
└───────────────────────────┘

667 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:09:08 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    王様は王様で、きっと何かやる事があるにょろ
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


┌─────────────────────┐
│ やはりちゅるやはそう考えているようだった  ......│
└─────────────────────┘




             ───
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /__:::::::::::::::::::::::::::::::__ ヽ
       | |   \_____/   .| |
       | |               | |
       | |               |_|
       .ヘ ゝ _         _  .|ヽ
       .| | ヽ ・>     <・ / | /
        | (|   ̄         ̄  |/      (しかしそうなると、少なくとも
       ヽ_|       _ _      /         この世界でも一緒ってことはないだろうな)
         ヽ            /
          \  ヘ======/  ./
          /::|\.  ̄ ̄ ̄ /|ヽ
           |::::|  \__/  .|::::|
    .____|::::\       /:::::|____
    :::::::::::::::::::::::|:::::::::\    /::::::::::|::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::\::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::


┌─────────────────────────────────┐
│ 予感めいたものではなく、自分の職業を鑑みての話だ               │
│ 冒険家というのは魅力に乏しい職業(クラス)だ                   .│
│                                                │
│ しかしそれでも本来なら、海賊の方が魅力に劣る                     .│
│                                                │
│ マコトはこのあたりについて深く考える事をしなかったが、            ..│
│ 60過ぎの海賊となると、裏の人間としてそれなりの地位にいたからだろう   │
│ そう思い、特に不思議に思う事もなかった                       │
└─────────────────────────────────┘

668 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:10:20 ID:???0



             ───
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /\::::::::::::::::::::::::::::::/ |:丶
       //     ̄ ̄ ̄     .|::::ヽ
.      |::|     ヽ         |:::::::|
.      |::|       ||        \:::|
        |/< 。 ,/ \(, 。 .>   |::|    ともかく、改めて「はじめまして」
       |    ̄  |    ̄ ̄   .|/ヽ   冒険家のマコトだ。よろしく頼む
      /|     _ヽ _        | .) |
        | |    ____    /´/   (ちゅるやとは仲良くしとかないと、
      \ヽ  <ヽ!---!//   / ̄          後で俺がキツいんだよなぁ)
        ヽ     ̄ ̄    /
           \        /|
         | \     /  |
         ,/|    ──    |\



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  て
             / /" `ヽ ヽ  \ て
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|   あっ、これはこれは。挨拶が遅れてすまなかったっさ
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   ちゅるやは人工妖精ちゅるやさんにょろ!よろしくにょろー
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   (あれ?もの凄い変人だと思ったけど、
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |    なんかこの人…とっても…良い人っぽいにょろ)


┌─────────────────────────────────┐
│ これはマコトも知らぬうちに、何度も死を経験する間に得た「何か」だった  .....│
└─────────────────────────────────┘

669 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:10:47 ID:???0



┌─────────────────────────────────────────┐
│ 一通りちゅるやとの挨拶を終えると、マコトはまず城内に置かれれた木箱に向かった       ...│
│ 冒険家のスキル「開錠」で鍵を外し、中にあった物資を荷物に詰めていると…やはり有った    .│
└─────────────────────────────────────────┘



           
                  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                  |                    |
                  |                    |
                  /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
                  /.生まれ変わっても    ./ヽ__//       ┌─────────────┐
                /  また、あなたに    ./  /   /    .     │ そう、一枚の紙切れが…    │
                /    ..めぐり会いたい./  /   /           └─────────────┘
               /   ____      /  /   /
              /             /  /   /
            /             /    /   /
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
           



             ──
          /::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ||\:::::::::::::::::::::::::/||
            ||   ̄ ̄ ̄ ̄  ||
         ヘゝ___     _ γ
         | | ヽ・>  <・ ノ//       (もはや呪いのアイテムだな…)
         ` ヽ   _ _    /´
              ヽ ヽ===/ /
           /:|\  ̄ ./|:ヽ
     _____|::\  ̄  /::|___
   ./|::::::::::::::::::::\::\ /::::/::::::::::::::::|\
   /::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|┘::::::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ
  .|:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::Ο:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
   〉::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::/
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ο:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


┌─────────────────────────────────┐
│ 3度目ともなると、不気味さは感じても驚きはない                  │
│ マコトの中では、既に不幸の手紙程度の認識になっていた           ...│
│                                                │
│ それよりも奇妙に感じたのは、剣士マコトの際に手に入れたと思われる     .│
│ 「物壊のバトルアックス」が入っていたことだ                    ...│
└─────────────────────────────────┘

670 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:11:20 ID:???0


┌────────────────────────────────────────────┐
│ 奇妙というなら、2つ前の前世に持っていた物品が、生まれ変わっても何故か手元にあるという事実   .│
│ そのものが一番奇妙なのだが、前回の海賊マコトの時、それなりに使い込み、応急の巻物まで     ....│
│ 使ったはずのそれは、剣士マコトであった頃と変わらぬ姿でこの手にある                   │
└────────────────────────────────────────────┘
 



               -──-
            /:::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          |::| ̄\:::::::::::::::::::::::::::/ ̄|::|
          |::|     ──      |::|
          |::ヽ            /:::|
         ∧/ _        _ .ヽ∧    (助かるっちゃあ助かるんだが…)
         l ヽ ヽ_・>    <・ノ / l
          \_l            /_/
            ヽ.    _ _      /
             \  ヽ===ァ ./
              /| \   ̄ / .|\
     _____|:::::|    ─    |:::::|_____
   /:::::::::::::::::::::::::::|::::::\       /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|




┌────────────────────────────────┐
│ 不思議な出来事は、マコトの周りで常に溢れている              ...│
│                                              ..│
│ 使えるものは何でも使わなければ、この先も死に続ける事になる      ..│
│ そう考え、とりあえずは斧を手に、マコトは旅を始める事にした         .│
│                                              ..│
│ そう、物言わぬ武器ならいいのだ                          │
│ しかし直接の害はないとはいえ、毎回必ず紛れ込む手紙からは        .│
│ 斧より重い「情念」が叩きつけられてくる気がする               ....│
│                                              ..│
│ だから今回も捨てた                                .....│
└────────────────────────────────┘

671 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:11:41 ID:???0



                   -──--
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             / ̄ ──  ̄ ̄\:::::::::::::::::\
            /           /:::::::::::::::::::::ヽ
             |         u   \:::::::::::::::::::::|
                l          _ ノ  \::::::::::::::::|
               /<゚ノ.|  ´-<.゚_ノ     ヽ::::::/ヽ
                |   /            |//::::ヽ|
            ヽ.  /              〉:::::/
               | /              /_/    (考えようによっちゃあ、この斧も似たようなもんだけどな)
             l ヽ  ´            |/
             l  /v──       /  /      (けど、気味の悪さはこっちの方が上だぜ…)
              l            /  |
              l         /    |
              ヽ       /        |
                \__          |
                  |           /|
                _|   ____/::::::|_____
             __/::::::\/::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::
           /:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   ん?勇者様、なにか捨てたにょろ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
          |ヘ        j.  | , |
          | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

672 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:12:10 ID:???0



             ───
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /__:::::::::::::::::::::::::::::::__ ヽ
       | |   \_____/   .| |
       | |               | |
       | |               |_|
       .ヘ ゝ _         _  .|ヽ
       .| | ヽ ・>     <・ / | /     ああ。長旅になるからな
        | (|   ̄         ̄  |/      荷物の整理をしてから進まないと
       ヽ_|       _ _      /
         ヽ            /        海賊なんかと違って、冒険家は非力だからさ
          \  ヘ======/  ./
          /::|\.  ̄ ̄ ̄ /|ヽ         ちゅるやはしばらく鞄の中に入ってていいぞ?
           |::::|  \__/  .|::::|         城の中を見てるのは辛いだろ
    .____|::::\       /:::::|____
    :::::::::::::::::::::::|:::::::::\    /::::::::::|::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::\::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|  に
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   ょ   ううん、いいっさ
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ ろ    皆とはちゃんとお別れをしていきたいんだにょろ
           |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | ,|.  l
           | /⌒l __, イァト |/ |   ん     道に詳しいおばあちゃん、城の衛兵さんたち…
           | /  /::|三/:://  ヽ |        出来れば少し時間を取って欲しいにょろ
           | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


┌───────────────────────────────────────┐
│ 旅を続けると決めてからは、ちゅるやの言う老婆には話を聞いていた             ....│
│ これはなにも情からではなく、大きな街の位置を知っておくのは                 ...│
│ 仲間を見つけるのに都合がいいからだ。ちゅるやからこう切り出したわけではなかった   ...│
└───────────────────────────────────────┘

673 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:12:46 ID:???0


┌───────────────────────────────────────┐
│ それにマコトは、それ以外の兵士達に対しては、どうせ自分が何度も死ぬ羽目になると   ..│
│ 思っていたため、もう何度かまともに話掛けてすらいなかった事を思い出した        ......│
│                                                         .│
│ ちゅるやからこう言い出したのは、今のマコトがちゅるやからの信用を              .│
│ これまで以上に早く得ることが出来始めているという兆候に他ならない             ..│
│                                                         .│
│ しかし同時に、こうも思ったのだ                                   ......│
└───────────────────────────────────────┘



             ───
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /__:::::::::::::::::::::::::::::::__ ヽ
       | |   \_____/   .| |
       | |               | |
       | |               |_|
       .ヘ ゝ _         _  .|ヽ
       .| | ヽ ・>     <・ / | /     (そっか…ちゅるやにとっては
        | (|   ̄         ̄  |/        生まれ育った場所だったんだよな…)
       ヽ_|       _ _      /
         ヽ            /        (どんだけ俺は余裕がなかったんだ)
          \  ヘ======/  ./
          /::|\.  ̄ ̄ ̄ /|ヽ 
           |::::|  \__/  .|::::|        …ああ。じゃあ、少し城の中をまわってみるとするか
    .____|::::\       /:::::|____
    :::::::::::::::::::::::|:::::::::\    /::::::::::|::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::\::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::


┌──────────────────────────────┐
│ 何度も死ぬことにより見えてくるのは、なにも旅の仕方や戦い方、   .│
│ 要領の良い人付き合いの仕方だけではなかった            .....│
│                                          ......│
│ 繰り返してきた自分の姿を、相手の反応が変わる事によって     ....│
│ 見つめ直す事が出来るのだ。マコトはそう気付いた           ...│
└──────────────────────────────┘

674 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:13:34 ID:???0



┌────────────────────────────────────┐
│ こうしてちゅるやに気を遣えるようになっただけ、自分は強くなったのだろうか?   ...│
└────────────────────────────────────┘




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ:::::::::::::::|
\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   |:::::::::::::::|
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       |:::::::::::::::|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          |::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::∧
                         \::::::::/ ヽ
                         /:::::::\/∧ |
ヽ:::..,           /::::   ,..:::::/  /:::::::::::::::|  | |
  ̄ >      /::::::::<   ̄ /:::::::::::::::::| / /
 ̄ ̄ /      /:::::::     ̄ ̄   :::::::::::/ ./     (いや違う。俺はただ慣れちまってただけなんだ
.   ̄       |:::::::        ::::::::::::://        今はまだ、それに気付いただけだ)
          |:::::::::::         :::::::::::::/
          |:::::::::::::::    :::::::::::::::/
          ヽ:::::::::::::::  ::::::::::::::::/
       ヽ _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ──´ ─ `──:::::::::::::::/
ヽ        __::::::::::::::::::::::::/| _
 \       ::::::::::::::::::::::::::/::::::| /|
   \       :::::::::::::::::/:::::::::/::::::|
\.   \      ::::::/::::::::::/:::::::::::|
::::::\     ─── :::::::::::/:::::::::::::::::|_____
:::::::::::\     ::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::\_  :::::::_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::|  _|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


┌─────────────────────────────────────────┐
│ マコトはこの世界の名前すら、まだ確かめていない事に気付いた                  ......│
│                                                          ......│
│ 闇に飲まれゆく人や動物、木々や森などの自然のことを、                       ...│
│ どうせまた死ぬのだから関係ないのだと。どこかでそう感じていたのだろう              .│
│                                                          ......│
│ 確かめる理由は旅の行程が有利になるから、という理由ももちろん持ってはいた           .│
│ マコトの「戦う理由」とは、死に続ける運命から逃れる為という、ただ一点からきていたからだ  .....│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
│ ここに「勇者」マコトとしての「なにか」が、また一つ芽吹き始めていた                  .│
└─────────────────────────────────────────┘

675 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:15:33 ID:???0



┌───────────────────────────────────┐
│ とはいえ、人というものはそう簡単に変われるものではない               │
│ マコトがこの世界の名前を思い出すには、まだ「覚悟」が足りていないのだ    .....│
│                                                    │
│ マコトが生まれ変わった後のマコトの記憶を出来るだけ探ろうとしないのは、     .│
│ 別人の思い出を土足で踏み込むような気分になるから、ではない         ......│
│                                                    │
│ 騎士、剣士、海賊、冒険家。それぞれ全てが「自分」であって、            ..│
│ そこに「入れ替わった」わけではない。不思議とそうした自覚はあるのだ        │
└───────────────────────────────────┘




             ──
          /::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ||\:::::::::::::::::::::::::/||
            ||   ̄ ̄ ̄ ̄  ||
         ヘゝ___     _ γ
         | | ヽ・>  <・ ノ//      (でもこう…なんか
         ` ヽ   _ _    /´         モヤモヤっとした気分になるんだよな…)
       .      ヽuヽ===/ /
           /:|\  ̄ ./|:ヽ
     _____|::\  ̄  /::|___
   ./|::::::::::::::::::::\::\ /::::/::::::::::::::::|\
   /::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|┘::::::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ
  .|:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::Ο:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
   〉::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::/
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ο:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

┌───────────────────────────────────────┐
│ 当人の気持ちを想像してみてほしい                                  │
│                                                         .│
│ 転生後は、旅の間の記憶はともかく、前世のそれ以前の記憶はおぼろげとなっている    .│
│ しかしそれでも、現在、マコトにとっての父と母は、合わせて1ダースを超える         .....│
└───────────────────────────────────────┘

676 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:15:52 ID:???0



                   -──--
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             / ̄ ──  ̄ ̄\:::::::::::::::::\
            /           /:::::::::::::::::::::ヽ
             |         u   \:::::::::::::::::::::|
                l          _ ノ  \::::::::::::::::|
               /<゚ノ.|  ´-<.゚_ノ     ヽ::::::/ヽ
                |   /            |//::::ヽ|
            ヽ.  /              〉:::::/   (全部の人生を背負ってたら、狂っちまうよな)
               | /              /_/
             l ヽ  ´            |/
             l  /v──       /  /
              l            /  |
              l         /    |
              ヽ       /        |
                \__          |
                  |           /|
                _|   ____/::::::|_____
             __/::::::\/::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::
           /:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


┌────────────────────────────────────┐
│ そう思うからこそ、マコトはどんな職に生まれ変わろうと「詩人マコト」として        .│
│ 別のマコトの人生に深入りをしない。全ての大元は「詩人マコト」なのだから     .....│
│       ・ .・ .・ .・                                        .│
│ 旅の間にその時の自分の人生を思い出してしまえば「詩人マコト」は消えてしまう  ....│
│ そんな気がして仕方がないのだ                                .│
└────────────────────────────────────┘

677 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:16:11 ID:???0


┌─────────────────────────────────────────┐
│ とはいえ、同じ世界に飛ばされる事があるのは、剣士マコトの後に経験した             ..│
│ この先のこと、特に地形や仲間の居場所を知っておくのは、魔王を倒すのに役立つはずだ    .│
└─────────────────────────────────────────┘



             ───
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /__:::::::::::::::::::::::::::::::__ ヽ
       | |   \_____/   .| |
       | |               | |
       | |               |_|
       .ヘ ゝ _         _  .|ヽ
       .| | ヽ ・>     <・ / | /   (いや、地形はともかく仲間は…役立つとかじゃないよな)
        | (|   ̄         ̄  |/
       ヽ_|       _ _      /
         ヽ            /
          \  ヘ======/  ./
          /::|\.  ̄ ̄ ̄ /|ヽ
           |::::|  \__/  .|::::|
    .____|::::\       /:::::|____
    :::::::::::::::::::::::|:::::::::\    /::::::::::|::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::\::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::


┌────────────────────────────┐
│ チラとちゅるやを見る。マコトの鞄の中から上半身を乗り出し   .│
└────────────────────────────┘

678 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:16:23 ID:???0


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/0°   ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   キリッ
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


┌─────────────────────────────────┐
│ とした表情で衛兵達と旅立ちの挨拶を交わしている               ....│
│                                                │
│ ちゅるや自身が何をするというわけでもないのだが、              .....│
│ マコトにとって人工妖精のちゅるやは、常に旅をしている「仲間」だ        │
│ とはいえ戦闘面はもとより、                                │
│ 情報面でも「役立つ」などとは到底言えるものではない               │
└─────────────────────────────────┘

679 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:17:03 ID:???0


┌──────────────────────────────┐
│ 希望は薄く、どれだけ強い仲間に囲まれた、順調な旅であっても、   │
│ 自分は今まで油断や事故、理不尽な出来事で簡単に死んできた    .│
└──────────────────────────────┘



      /:::| \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|::ヽ
     /:::::::|  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  .|:::::ヽ
     |::::::::|     ──────    |:::::::::|
     |::::::::|                     |:::::::::|
     | ./                    \::::|
     |/                     ヽ.|
     /|  ヽ                    /   |/|
     | |   \  ゚ >´     <゚  /   ./ |
     ヽ |     ̄ /   /     ̄    /ノ/   (だったら強さや役立つかより、
      \|          |        //      居心地のいい仲間を選びたいよな)
        ヽ          _ |          /
         ヽ   \_____/  /
          ヘ   \======/   /
           |\    ──   /|
           |\\       //|
           |::::::\\___//:::::|


┌──────────────────────────┐
│ 自分の弱さを実感してきた上での、マコトの結論だった     │
└──────────────────────────┘

680 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:17:34 ID:???0



           __
          lj二二[!    おや?貴方は勇者マコト殿ですか!
       /   ,,rヽ    このカリスマ鑑定兵士に、何かご用ですかな?
        lY ヽ〔_,-、!
       !乂_ノ .l  }                 ___,. ‐"⌒`¬、..
    ,..._--ノ ト``,-┘....-- 、_,,..........._,,.-‐''´   /ゝ-ミ.、ヽ〉
   ,'´ ,ハ、ノ, ヶ_ノ``´  ,'"´._    `Y'   ,. ''´    ゙´`′
   i ー'" `` ヽ´ ̄   ,人..._,,.... -‐`ラ'⌒゙ヽ.
   ゙iヽ    ''T'     ノ /    ,. '´ ,  、. {
   .{ ヽ._  .ノ、. ...._.ノ |   /   ,ノ   ,,'
  ノミ.,| : ,, '´ -、  Y ノ、.,,_ノ, ,   /   :   |
  l´``ミ、  ,'   , ''' ニ''" `ヽ {/  ,: i  ,'  ./
  \_ヽ)へ''' ヽ、._   ヽ  ,.八_ ノ  j. , '   /
         ヽ_ _,,......-‐ '''''¬>ー 、,..イ "  ./
           ゙ヽ  ,,..       `゙ `'''ー-<._
             `ー 、.         ,,_ ,. '`ヽ、__
              ``‐ 、 ...............二..__ ,, '' "' ``ヽ.
                           ヽ、      ``'''''"`ー-‐ ー,
                          ``‐-------- 、.、.__ミヲ



               -──-
            /:::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          |::| ̄\:::::::::::::::::::::::::::/ ̄|::|
          |::|     ──      |::|
          |::ヽ            /:::|
         ∧/ _        _ .ヽ∧    あ~、いや、俺が用があるんじゃないんだ
         l ヽ ヽ_・>    <・ノ / l    ちゅるやがあんた達、城の皆に挨拶をしたいって言うからさ
          \_l            /_/
            ヽ.    _ _      /       俺の魅力なんて見たってしょうがないだろ?
             \  ヽ===ァ ./
              /| \   ̄ / .|\
     _____|:::::|    ─    |:::::|_____
   /:::::::::::::::::::::::::::|::::::\       /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



┌───────────────────────────────────┐
│ 詩人の時ですら魅力は3、かなり高い魅力を持っていると言われたが、       .│
│ それでもこの兵士は仲間になる様子はなかった                      .│
│                                                    │
│ 普通の冒険家の魅力など、ゼロを通り越してマイナスだ                 │
│                                                    │
│ 見てもらったとしても、パンティ=ミエタに言われた時のように、            .│
│ どうボロクソに言われるか分かったものではない                     .│
│                                                    │
│ 「お前クサい」「変な匂いがする」と言われたショックは耐え難いものがあった    .│
└───────────────────────────────────┘

681 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:17:53 ID:???0



                            __
                         ,.l1ニニ、
                            ,r-、 Y ヽ        まあまあそう言わずに
                        ir-、_〕 乂_ノl
                           |  ィ ノ ,八ゝ ._      闇に飲まれゆく、私への手向けだと思って
                     , -‐=‐-ェ'´   {   ゝ  ヽ_   見せてくださいよ
                    /  ノィ´  ヽ_   Y ... -‐'``ヽ.
                   ,.ィ''(><__ノ,....__ノヽヽ i!  ゙!   ヽ :}
 ,._,、 ⊂ 、        ____ノ,γ´  ; ;<   `ヽ  冫;   /∠´゙/´`{
 \ー‐'´  ヽ.. -‐ '´ ___  { ⌒ゝ  ノ  ̄` ゝ'´ / ノー、 .ノ  ハ
   `丶-=、_____` ̄ ,. '´__>''゛ー‐'゙i     -‐‐ /三二  /{   : !
            ̄ ̄ ̄         / ミミ_     人ー‐‐,>ヘ.ゝ--'、 |
                      レ=‐-=、ーイ`_ } /     Y¨ヽ }
                       /ヽ.     `ヽ.r‐'     /` ノ ,'
                     /ヽ ム    i、 i        i    /
                    /ハ ´  ヽ   リ  !      /´ , '
                  /  ノ   {  ハ ,/  ,'     /ニ=/
                /  /   !   リ<___ノ       ! .r≠ヽ
                 /  ,'    ゝ イ`ヽ_ノ      ゝ=J-′




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  .| |ノ│   マコト、お願い出来ないにょろ?
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |.   
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



                   -──--
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             / ̄ ──  ̄ ̄\:::::::::::::::::\
            /           /:::::::::::::::::::::ヽ
             |         u   \:::::::::::::::::::::|
                l          _ ノ  \::::::::::::::::|
               /<゚ノ.|  ´-<.゚_ノ     ヽ::::::/ヽ
                |   /            |//::::ヽ|
            ヽ.  /              〉:::::/   そういうセリフを言われると断れないだろ
               | /              /_/
             l ヽ  ´            |/     時間もないし、手早く済ませてくれよ?
             l  /v──       /  /      それから、あんまり厳しい言葉は無しにしてくれ
              l            /  |
              l         /    |
              ヽ       /        |
                \__          |
                  |           /|
                _|   ____/::::::|_____
             __/::::::\/::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::
           /:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


┌────────────────────────────────┐
│ 兵士の言葉はもとより、ちゅるやにまで頼まれては断りようもなかった   ...│
└────────────────────────────────┘

682 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:18:36 ID:???0



                    ,,,,....,,,_
                   ,ィ―ミ  ',
                   γ´!iー‐レ'´ `ヽ
                /  ,,,....,,,_    ',
                  ,'i ,../    ゝ ..,_Y .',
               l ||         |l  l   ふっ…私はカリスマ判定兵士
                  ',!> r―-、_,,..ィ.! .ノ   誰にでも平等に判定を行いますよ
                   八  |    |   乂
                     i、|   .j_,,..イ、
                    ,. ィ `ー ''/   .リ `ヽ
               , ´ ハ     /   人_,,.. -‐`ー- 、_
           ,. ィ ⌒'''・ーミ、   ,.ィ''"´           `ヽ
          /        ヽ/                 人
         ,'   γ´    ./    ー- ミ、    /   /  l
           l   j!       j         Y、_ノ       人
         ',  ノl!     .j!           ノ!"´         ',
          ノ   八     人       r。ミ /,ィ!  `ヽ _,.     ',




               -──-
            /:::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          |::| ̄\:::::::::::::::::::::::::::/ ̄|::|
          |::|     ──      |::|
          |::ヽ            /:::|
         ∧/ _        _ .ヽ∧
         l ヽ ヽ_・>    <・ノ / l    魅力が低い奴にどう平等なコメントを
          \_l            /_/     言うのか気になってるんじゃねえか
            ヽ.    _ _      /
             \u. ヽ===ァ ./         もういいから早くしてくれよ。闇が迫ってるんだよ
              /| \   ̄ / .|\
     _____|:::::|    ─    |:::::|_____
   /:::::::::::::::::::::::::::|::::::\       /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


┌────────────────────────────────────┐
│ ヴィクター王すら、取り繕う余裕もないまま逃げ出すほどに               .....│
│ 「闇」は間近に迫っているのだ。ちゅるやに配慮してあちこち回ってはいたが、       │
│ 本来なら、そこまでのんびりしている暇はないのだ                     .│
└────────────────────────────────────┘

683 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:18:50 ID:???0

 

           .__
         ,イri 〉、
        / ,.....、  ':,
          {〔 ,...、 ` i! )        ぐ…
        ヽl  | ̄ リ
        ,.ィ!ー,ィ" ! 〉、
     γ ´ー 、 ,. -‐ァ   `7ヽ
     ,' Y´  j   - 、 ノ   }
    .j {   人   。ノ`<   ノ、
    .,'  ゝ-'ノ`ヽー '' /! ヽ  ',
    l    八ノ、,.ィ´//ハ  、 ノ.}
.     〉  {  マゝ-''   _ノ.)'´  〈
    | リ )  }`ー' ,.ソ /  / /
    |   /  r _!_ヽ,. - ./   /
    |r^〈  j、、|, .jY⌒ >'´
    ヽ`ー! /    ゝ- ´ ノノ
     `ー'/ ,'    ,./ |
       ./ .,'     /    !
      /  ,'    ,イ    |



                   -──--
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             / ̄ ──  ̄ ̄\:::::::::::::::::\
            /           /:::::::::::::::::::::ヽ
             |         u   \:::::::::::::::::::::|
                l          _ ノ  \::::::::::::::::|
               /<゚ノ.|  ´-<.゚_ノ     ヽ::::::/ヽ
                |   /            |//::::ヽ|
            ヽ.  /              〉:::::/     ぐ?
               | /              /_/
             l ヽ  ´            |/
             l  /v──       /  /
              l            /  |
              l         /    |
              ヽ       /        |
                \__          |
                  |           /|
                _|   ____/::::::|_____
             __/::::::\/::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::
           /:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

684 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:19:05 ID:???0




                                   <\
                               \\ ,.、
                    .__          _,.-‐---‐''"¨τヽ
                   ,イri 〉、  _,.-‐-'´^ー<.... ,.._ 、,/´''
                     / ,.....、  ':,´`‐、_と´.._,,./  `ー-''゛'!t、
                    ,....{〔 ,...、 ` i! ).-、 リ´ ,/´          .''、`.li、      ぐああ、なんという魅力レベル!!
              _,,.._-'" _,.ヽl  | ̄ リ|..,,_ノ-''"                .ヽ..゙'ミ-、     後光が差して見えるだとッ! 
           _/´  `ーヽ、,. !ー,ィ" ! 〉‐'´{   ハァハァハァ…        \ ゙' !-
       ,. '´ '{′   ;  ,, ' _゙.`ー.''´ , ' ,|                      \ ` !、     わ、私もつれていってください!
     _/〉-._,人,._,.,.'__≠''´   ',{ ,.. ' /                      ゙'?`ミi、
    ,'´ ヽ_,ィ   /'"λ  `゙  } 、_,.ノ}                    ゙ラ、 `.li、
  /}'"`ー、}ノー-‐へ ,ノ 《 ゙ヽ、.__.. ノ , , ', リ                        .゙'.l、 `'!i、
  ヽ{ 、.  、!_,-'.ー. \ヽ._  - 、._, '",)ノ                        .゙'.l、` !、
   ヽ、ヽ,-'"ニ  ̄}  人ミ゙ヽ_,'"´ ,、_〃                             ゙'.'?`ミi、
     `ヽ._ ヽ '"〉/ 'ヘ,} ,(`ー_,. ,.-' {                              .゙゙ラ、 `.li、
       ``ー--' .{  八{  ..,' ,ノ'´ヘ                              .゙'.l、 ` !、、
            '. 〈 yヽ.__,.ノ {   ',                                 ..゙'.l'?`ミi、
            `¬''"´ i  } !   ,ハ                                 ゙'.゙ラ、 `.li、
                      { ,ハ  i }                                   .゙ .゙'.l、 `'!i、
                     ∨  ', } !                                   ゙.゙'.l、
                     !  ,ハ{,./                                        ゙'.l、
                      ', ノ /リ                                        .゙ |、
                  ヽ.../                                             ゙' !、



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{―    ―リ| l │ i|   へ、兵士さん?
         レ!小l○    ○ 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   さっきまで城と運命を共にするって
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !   言ってなかったにょろ?
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

685 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:19:22 ID:???0



           .__
         ,イri 〉、
        / ,.....、  ':,
          {〔 ,...、 ` i! )
        ヽl  | ̄ リ        能力は一般的ですがっ!
        ,.ィ!ー,ィ" ! 〉、       いれば当然有利になりますから!ネッ!?
     γ ´ー 、 ,. -‐ァ   `7ヽ
     ,' Y´  j   - 、 ノ   }
    .j {   人   。ノ`<   ノ、
    .,'  ゝ-'ノ`ヽー '' /! ヽ  ',
    l    八ノ、,.ィ´//ハ  、 ノ.}
.     〉  {  マゝ-''   _ノ.)'´  〈
    | リ )  }`ー' ,.ソ /  / /
    |   /  r _!_ヽ,. - ./   /
    |r^〈  j、、|, .jY⌒ >'´
    ヽ`ー! /    ゝ- ´ ノノ
     `ー'/ ,'    ,./ |
       ./ .,'     /    !
      /  ,'    ,イ    |



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{. -‐'' `‐- リ| l.│ i|
         レ!小l.-- ,  ,.-‐‐,从 |、i|    マコトの魅力にメロメロっさ…
          ヽ|l`‐-‐'  `‐-‐' | .|ノ│
            |ヘ.   r‐-、 |||! j  | , |     どうするにょろ?
          | /⌒l`ニ`,イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |




               -──-
            /:::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          |::| ̄\:::::::::::::::::::::::::::/ ̄|::|
          |::|     ──      |::|
          |::ヽ            /:::|
         ∧/ _        _ .ヽ∧
         l ヽ ヽ_・>    <・ノ / l     う…うーん…どうして冒険家なのに…
          \_l            /_/
            ヽ. u  _ _      /        
             \  ヽ===ァ ./
              /| \   ̄ / .|\
     _____|:::::|    ─    |:::::|_____
   /:::::::::::::::::::::::::::|::::::\       /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


┌─────────────────────────────────┐
│ マコト本人が実感を持っていないだけであって、今のマコトの魅力は4     .│
│ 詩人マコトよりも高い魅力レベルを持っているからこその反応なのだが、    │
│ 先述の通り今はそれほど悩んでいる時間などない                ...│
└─────────────────────────────────┘

686 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:19:37 ID:???0



             ───
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /__:::::::::::::::::::::::::::::::__ ヽ
       | |   \_____/   .| |
       | |               | |
       | |               |_|
       .ヘ ゝ _         _  .|ヽ
       .| | ヽ ・>     <・ / | /     念のために聞いておくけど、
        | (|   ̄         ̄  |/.      ちゅるや、この兵士は俺と「波長は合ってる」のか?
       ヽ_|       _ _      /
         ヽ            /
          \  ヘ======/  ./
          /::|\.  ̄ ̄ ̄ /|ヽ
           |::::|  \__/  .|::::|
    .____|::::\       /:::::|____
    :::::::::::::::::::::::|:::::::::\    /::::::::::|::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::\::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::


┌─────────────────────────────────────┐
│ 効果があったかは別として、これまでの旅でも何度か「覚醒」は使っている         │
│ 停止した時間の中で共に動けないのであれば、いくら戦いが有利になろうと       ..│
│ 危機ともなれば切り捨てる事になる                               ..│
│                                                     ...│
│ 仲間を大切にしたいと考えているマコトとしては、目の前で見捨てるような状況を     .│
│ むざむざ作るくらいなら、城を出て別行動を取り、なんとか生きて欲しかった        │
│                                                     ...│
│ 最初に城を出る時のこの城の兵士達の姿を、マコトとて忘れたわけではないのだ   ....│
└─────────────────────────────────────┘

687 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:20:00 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    合ってるみたいだにょろ!そんなに波長の合う人って
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    いないはずなのに、マコト、ツイてるにょろ!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



                   -──--
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             / ̄ ──  ̄ ̄\:::::::::::::::::\
            /           /:::::::::::::::::::::ヽ
             |         u   \:::::::::::::::::::::|
                l          _ ノ  \::::::::::::::::|
               /<゚ノ.|  ´-<.゚_ノ     ヽ::::::/ヽ
                |   /            |//::::ヽ|
            ヽ.  /              〉:::::/   (つくづく変人ばっかりだな…)
               | /              /_/
             l ヽ  ´            |/
             l  /v──       /  /
              l            /  |
              l         /    |
              ヽ       /        |
                \__          |
                  |           /|
                _|   ____/::::::|_____
             __/::::::\/::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::
           /:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


┌────────────────────────────────┐
│ そうは思ったが、とはいえこれだけ序盤で出会えたのは幸運だし、      .│
│ この先、この世界で再び仲間に出会える保証もない。そう考えると──   │
└────────────────────────────────┘

688 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:20:28 ID:???0




      /:::| \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|::ヽ
     /:::::::|  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  .|:::::ヽ
     |::::::::|     ──────    |:::::::::|
     |::::::::|                     |:::::::::|
     | ./                    \::::|
     |/                     ヽ.|
     /|  ヽ                    /   |/|
     | |   \  ゚ >´     <゚  /   ./ |
     ヽ |     ̄ /   /     ̄    /ノ/    よし、よろしく頼む
      \|          |        //
        ヽ          _ |          /
         ヽ   \_____/  /
          ヘ   \======/   /
           |\    ──   /|
           |\\       //|
           |::::::\\___//:::::|


┌───────────────────────────────────────────┐
│ そう答えるしかない                                                  │
│                                                              ..│
│ 兵士として城で勤めていた以上、平均以上の強さは保証されている                     │
│ それにマコトとしては仲間に求めるものは、強さだけではない                             ...│
│                                                              ..│
│ 死ねばやり直し。そう考えると、仲間に出来る間にこの兵士と行動を共にし、                    │
│ 何かあれば次回以降は断ればいいのだ。最悪、次回以降は関わらないという手段すら取れる      .│
│ こうした選択が出来る程度には、マコトもなんだかんだで、この状況に慣れてしまっているのだろう   │
└───────────────────────────────────────────┘

689 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:20:47 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
      _ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │_i|_
     く ● >小l⌒    ⌒ 从く ● >   やったにょろー!
      \/ ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ \/     お城の兵士さんと一緒にょろー!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


┌──────────────────────────────────────┐
│ 城の人間と一緒の方が、ちゅるやも喜ぶだろう。こうした意図もなかったわけではない    │
│                                                       .│
│ 狡かろうがなんだろうが、こうして実際にはしゃいでいるのを見ると、              │
│ やはり仲間というものはいいものだ。マコトはそう思うのだった                ....│
└──────────────────────────────────────┘



             ───
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /__:::::::::::::::::::::::::::::::__ ヽ
       | |   \_____/   .| |
       | |               | |
       | |               |_|
       .ヘ ゝ _         _  .|ヽ
       .| | ヽ ・>     <・ / | /    ははっ。はしゃぐのはいいけど、
        | (|   ̄         ̄  |/     闇が迫ってるってのを忘れるなよ?
       ヽ_|       _ _      /
         ヽ            /       ほら、あんたも一緒に。城を出て、旅に出るぞ
          \  ヘ======/  ./
          /::|\.  ̄ ̄ ̄ /|ヽ        …って悪いな、ちゃんと名前を聞いてなかったな
           |::::|  \__/  .|::::|        あんた、名前はなんていうんだ?
    .____|::::\       /:::::|____
    :::::::::::::::::::::::|:::::::::\    /::::::::::|::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::\::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::

690 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:21:01 ID:???0



                    ,,,,....,,,_
                   ,ィ―ミ  ',
                   γ´!iー‐レ'´ `ヽ
                /  ,,,....,,,_    ',
                  ,'i ,../    ゝ ..,_Y .',
               l ||         |l  l
                  ',!> r―-、_,,..ィ.! .ノ
                   八  |    |   乂
                     i、|   .j_,,..イ、
                    ,. ィ `ー ''/   .リ `ヽ
               , ´ ハ     /   人_,,.. -‐`ー- 、_
           ,. ィ ⌒'''・ーミ、   ,.ィ''"´           `ヽ
          /        ヽ/                 人
         ,'   γ´    ./    ー- ミ、    /   /  l
           l   j!       j         Y、_ノ       人
         ',  ノl!     .j!           ノ!"´         ',
          ノ   八     人       r。ミ /,ィ!  `ヽ _,.     ',




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|     あ…
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



┌───────────────────────────────────────────┐
│ カリスマ判定兵士と少しでも親交を深めようと、                                .....│
│ まずはこれまで聞きそびれていた、兵士の名前を尋ねたマコトだったが、兵士は何も答えない    .....│
│                                                              ..│
│ ちゅるやはといえば、その様子を見て何かに気付いたかのように、一言だけ「あ…」と声を上げる   ..│
└───────────────────────────────────────────┘

691 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:21:26 ID:???0


                   -──--
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             / ̄ ──  ̄ ̄\:::::::::::::::::\
            /           /:::::::::::::::::::::ヽ
             |         u   \:::::::::::::::::::::|
                l          _ ノ  \::::::::::::::::|
               /<゚ノ.|  ´-<.゚_ノ     ヽ::::::/ヽ
                |   /            |//::::ヽ|    (パンティ=ミエタみたいな名前だったとかか?)
            ヽ.  /              〉:::::/
               | /              /_/
             l ヽ  ´            |/       えっと…そうだ。あんたはもう叙勲は受けたのか?
             l  /v──       /  /       もしかして「グランドウォール」とか使えたりする?
              l            /  |
              l         /    |
              ヽ       /        |
                \__          |
                  |           /|
                _|   ____/::::::|_____
             __/::::::\/::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::
           /:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 何かあれば次回以降は~と考えていたが、マコトは実際には、仲間との相性について             │
│ あまり心配していなかったのも確かだ。少なくともパンティ=ミエタ以外に相性が悪いかもしれない、と    │
│ 感じた仲間はいなかったからだ。パンティ=ミエタ以外には                            ....│
└─────────────────────────────────────────────┘

692 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:21:39 ID:???0
 


┌──────────────────────────────────────────┐
│ ヴィクター王は頼もしかったし、言葉王女は強く美しかった。アルルゥには何度も助けられたし、   .│
│ 各人それぞれクセはあれども、全員が仲良く、辛い旅を過ごせてきた                  ..│
│                                                            ....│
│ これも「波長が合う」という事なのだろうが、彼らも含めてマコトが旅に誘う際、              .│
│ 初対面で悪印象を感じさせたと思う場面は無かった(そう、パンティ=ミエタ以外には)         .│
│                                                            ....│
│ だからこの兵士とも上手くやれると思っていたのだ                             ...│
└──────────────────────────────────────────┘



           .__
         ,イri 〉、
        / ,.....、  ':,
          {〔 ,...、 ` i! )
        ヽl  | ̄ リ
        ,.ィ!ー,ィ" ! 〉、
     γ ´ー 、 ,. -‐ァ   `7ヽ
     ,' Y´  j   - 、 ノ   }
    .j {   人   。ノ`<   ノ、
    .,'  ゝ-'ノ`ヽー '' /! ヽ  ',
    l    八ノ、,.ィ´//ハ  、 ノ.}
.     〉  {  マゝ-''   _ノ.)'´  〈
    | リ )  }`ー' ,.ソ /  / /
    |   /  r _!_ヽ,. - ./   /
    |r^〈  j、、|, .jY⌒ >'´
    ヽ`ー! /    ゝ- ´ ノノ
     `ー'/ ,'    ,./ |
       ./ .,'     /    !
      /  ,'    ,イ    |


┌───────────────────┐
│ しかし、その後も兵士は無言を続ける     │
└───────────────────┘

693 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:21:58 ID:???0



             ───
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /\::::::::::::::::::::::::::::::/ |:丶
       //     ̄ ̄ ̄     .|::::ヽ
.      |::|     ヽ         |:::::::|
.      |::|       ||        \:::|
        |/< 。 ,/ \(, 。 .>   |::|
       |    ̄  |    ̄ ̄   .|/ヽ    (いや、まさかコイツ…
      /|     _ヽ _        | .) |       兜で顔を隠しているが
        | |    ____    /´/
      \ヽ  <ヽ!---!//   / ̄          パンティ=ミエタなんじゃ…ッ!?)
        ヽ     ̄ ̄    /
           \        /|
         | \     /  |
         ,/|    ──    |\


┌─────────────────────────────────┐
│ そんな兵士にマコトが疑念を抱くのも、実はパンティのせいだったりする   ....│
│                                                │
│  ジジイ    ハタチ                                     .│
│ 還暦の体に20歳の心が宿っていたあの時の海賊マコトに、           │
│ あの時のパンティの言葉は深い傷跡を残していたのだ               .│
│ 生まれ変わってからも、軽いトラウマになるほどに…              ......│
└─────────────────────────────────┘

694 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:22:09 ID:???0



                    ,,,,....,,,_
                   ,ィ―ミ  ',
                   γ´!iー‐レ'´ `ヽ
                /  ,,,....,,,_    ',
                  ,'i ,../    ゝ ..,_Y .',
               l ||         |l  l    ・ ・ ・ ・
                  ',!> r―-、_,,..ィ.! .ノ
                   八  |    |   乂
                     i、|   .j_,,..イ、
                    ,. ィ `ー ''/   .リ `ヽ
               , ´ ハ     /   人_,,.. -‐`ー- 、_
           ,. ィ ⌒'''・ーミ、   ,.ィ''"´           `ヽ
          /        ヽ/                 人
         ,'   γ´    ./    ー- ミ、    /   /  l
           l   j!       j         Y、_ノ       人
         ',  ノl!     .j!           ノ!"´         ',
          ノ   八     人       r。ミ /,ィ!  `ヽ _,.     ',




               ──
              /::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::/ \::::::::::::::::::::::::/ .|::::ヽ
        /::::/   ──      |:::::|
        |:::::|            /:::::|
        |:::::ゝ       l      \/|
       /::::\ ・>-´ ヽ-<・ / | |    ・ ・ ・ ・
         |:::::::/  ̄  ::丶    ̄   .|/
       \:::|    ::::|       /
         ヽ\_____   /
         ヽ::::\─── /  ./
______/\::::\-- / /|\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::: ̄ /  |:::::|___
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ̄     .|::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   /::::::::::::::::::::::




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{/    \リ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|   あ、あの…マコト?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


┌───────────────────────────────┐
│ 無言で見つめ合う二人の間に入り、ちゅるやがマコトに声を掛ける     .│
└───────────────────────────────┘

695 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:22:24 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l--    -- 从 |、i|    この兵士さん、多分さっきマコトの仲間になるって
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   決まった時に、戦闘状態に入っちゃったにょろ
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)u.  j /⌒i !   
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



                   -──--
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             / ̄ ──  ̄ ̄\:::::::::::::::::\
            /           /:::::::::::::::::::::ヽ
             |         u   \:::::::::::::::::::::|
                l          _ ノ  \::::::::::::::::|
               /<゚ノ.|  ´-<.゚_ノ     ヽ::::::/ヽ
                |   /            |//::::ヽ|
            ヽ.  /              〉:::::/    うん?戦闘状態?ってなんだよ
               | /              /_/
             l ヽ  ´            |/
             l  /v──       /  /
              l            /  |
              l         /    |
              ヽ       /        |
                \__          |
                  |           /|
                _|   ____/::::::|_____
             __/::::::\/::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::
           /:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    別の街でも見たことがあるにょろ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    一旦任務に着いて戦闘状態になったら、衛兵さんは私語厳禁
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    相手を打ち倒すまで、
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    誰とも喋らない殺人マシーンになるにょろ
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

696 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:22:40 ID:???0


             ───
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /__:::::::::::::::::::::::::::::::__ ヽ
       | |   \_____/   .| |
       | |               | |
       | |               |_|
       .ヘ ゝ _         _  .|ヽ
       .| | ヽ ・>     <・ / | /
        | (|   ̄         ̄  |/    確かに見たことはあるけど…
       ヽ_|       _ _      /     どこが一般的な能力なんだよ…
         ヽ U          /
          \  ヘ======/  ./
          /::|\.  ̄ ̄ ̄ /|ヽ
           |::::|  \__/  .|::::|
    .____|::::\       /:::::|____
    :::::::::::::::::::::::|:::::::::\    /::::::::::|::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::\::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::


┌──────────────────────────────────┐
│ 兜の中身が本当に人間なのかすら疑わしい                       │
│ そういえば、あの謎の黒騎士などは、マグマの上に立っていたではないか    .│
└──────────────────────────────────┘

697 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:22:56 ID:???0


               ──
              /::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::/ \::::::::::::::::::::::::/ .|::::ヽ
        /::::/   ──      |:::::|
        |:::::|            /:::::|
        |:::::ゝ       l      \/|
       /::::\ ・>-´ ヽ-<・ / | |
         |:::::::/  ̄  ::丶    ̄   .|/     あれ?でもこの場合の「敵」って…
       \:::|    ::::|       /
         ヽ\_____   /
         ヽ::::\─── /  ./
______/\::::\-- / /|\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::: ̄ /  |:::::|___
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ̄     .|::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   /::::::::::::::::::::::



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|  に
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   ょ
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ ろ    たぶん魔王にょろ…
           |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | ,|.  l
           | /⌒l __, イァト |/ |   ん
           | /  /::|三/:://  ヽ |
           | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


┌─────────────────────────────────────┐
│ この後カリスマ判定兵士(兵士D)は、旅の終わりまで、一切口を開く事がなかった   ...│
└─────────────────────────────────────┘

698 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:23:07 ID:???0



   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

699 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:23:29 ID:???0




          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ       }_}ハ
       |i | 从 ノ    \l小N
       |i (|  i ●    ● li|ノ
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|
       |  l  x>、 __, イl |
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )




               -──-
            /:::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          |::| ̄\:::::::::::::::::::::::::::/ ̄|::|
          |::|     ──      |::|
          |::ヽ            /:::|
         ∧/ _        _ .ヽ∧    (やっぱ沈んでるよなぁ…)
         l ヽ ヽ_・>    <・ノ / l
          \_l            /_/
            ヽ.    _ _      /
             \  ヽ===ァ ./
              /| \   ̄ / .|\
     _____|:::::|    ─    |:::::|_____
   /:::::::::::::::::::::::::::|::::::\       /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


┌─────────────────────────────────────────────┐
│ あまり気が進まないなりに、マコトが兵士Dを仲間にしたのには、                         ...│
│ 同じ城出身の人間が一緒ならば、多少はヴィクター王の代わりに                        .....│
│ ちゅるやの気持ちを軽くしてくれるかと、期待したからだったのだ。だがそれは逆効果だった          │
│                                                                  │
│ 一応ついて来てはいるのだが、兵士Dは一切会話に加わらず、影のように二人の後ろを歩いている  ...  │
└─────────────────────────────────────────────┘

700 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:24:03 ID:???0



        〆─ 、
       /.:.:.:.:.:.:.:丶
       |.:.:.:.:.:.:..;.;.;.;|___      (いっそ「覚醒」を使って置いていっちまうか?
       ∧.<ソ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \     いや、駄目か。コイツには効かないんだっけ)
        ゝ、.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.: \
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ
      .|;:\ .|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
     ;\;:\|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |
       \ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |
      ,  `|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ
         .ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.......:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
    〆.:.:.:.:.:.:.:.:.:......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
 ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄


┌─────────────────────────────────────┐
│ そんな事を考えつつも、いつもの老婆にこの先の街などの位置を教わり、城を出た  ....│
│ 「闇」は既に城の3分の1ほどの範囲を飲み込んでしまっている               │
│ 流石にここで置いていけるほど、マコトは鬼でもなかった                  ....│
└─────────────────────────────────────┘

701 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:24:47 ID:???0



                ____
                  ' ´   ``
               / /" ゜\. \
           /./ハ/      ヽハ ヽ
            |/ リ'´     `ヽリ |
              |.レ从●    ●从. |    それでも、城から出てくれて嬉しいにょろ
            |(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|)|
         /⌒ヽ| | ヘ    !_.ノ   ノ | |
       \ /:::::| l > .____. < .l | |
         ./:::::/| | ヾ:::|三|:::〃 | |ヽl
        `ヽ< | |  ヾ:::l:::l:::〃 .| |::::::>



             ───
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /__:::::::::::::::::::::::::::::::__ ヽ
       | |   \_____/   .| |
       | |               | |
       | |               |_|
       .ヘ ゝ _         _  .|ヽ   
       .| | ヽ ・>     <・ / | /
        | (|   ̄         ̄  |/      うん?
       ヽ_|       _ _      /
         ヽ            /
          \  ヘ======/  ./
          /::|\.  ̄ ̄ ̄ /|ヽ
           |::::|  \__/  .|::::|
    .____|::::\       /:::::|____
    :::::::::::::::::::::::|:::::::::\    /::::::::::|::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::\::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::



     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \      兵士Dのことっさ
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/.  \
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ   \   ずっと城と運命を共にするって言って聞かなかったにょろ
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、      ヽ  城を出るだけで、もうマコトは一人の命を救ったんだにょろー!
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=_____
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l    //- .,
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l   //
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ  〈ー'ヽ


┌──────────────────────────────────┐
│ 物は言いよう、と思わなくもなかったが、確かに今までのマコトは           │
│ 城の人間を誰ひとり説得出来ず、まして救えるなどとは考えた事もなかった  .....│
└──────────────────────────────────┘

702 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:25:11 ID:???0



        .      / \:::::::::::::::::::::::::::::/     /:::::::::::
            /    ̄ ̄ ̄ ̄        /:::::::::::::::
            /        /        |::::::::::::::::
            |           /           ヽ:::::::::::::
            |.    ヽ |  |             \::::::
            |     | |  |    __/     ゝ::
            ヽ / ヽノ ヽ ヽ_/ ・/        |:::
             |\. ゚ノ |      ̄
             |    / .|      /
.    ─ ``       . |      |       /
.    ─ │       . |    |      |
.    __ノ        \   | _ヽ   |               (俺が一人救った…のか?)
.      ┌─┐      ヽ  ` ;:;._/|
.      │  │       ヘ ∨____|           /
.      └─┘       .ヽ |_|__|__|_|            /
.         |   |       .ヘ | | | | |        /:::
.         |   |        .| \  ̄|;:        /::::::::/
              _/ ツ      .ヘ\ ̄;:;:    /:::::::::/
                     ヽ;;:: ̄;:;:  /:::::::::/
                    \ ;:;: / \/
                       ̄    \


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 何かが変わり始めているのだろうか                                     .....│
│ それでも城はこれまでとなんら変わらず、間もなく半分程が闇に呑み込まれようとしていた     .....│
│                                                            ....│
│ その様子を眺めながら、そういえばまだ、この世界の名前を確かめていないな、と思い出した    .│
└──────────────────────────────────────────┘

703 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:25:33 ID:???0


┌───────────────────────────────────────┐
│ ちゅるやも本人すら知らない間に、既にマコトと何度も死んでいる               ......│
│ アルルゥも同じく。そして共に旅をしなかった時も、獣化の苦しみに苦悩していたはずだ  ......│
└───────────────────────────────────────┘



                   -──--
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             / ̄ ──  ̄ ̄\:::::::::::::::::\
            /           /:::::::::::::::::::::ヽ
             |         u   \:::::::::::::::::::::|
                l          _ ノ  \::::::::::::::::|
               /<゚ノ.|  ´-<.゚_ノ     ヽ::::::/ヽ    (黒騎士とパンティ、ヴィクター王は
                |   /            |//::::ヽ|     何を考えてるのかよく分からないけど――)
            ヽ.  /              〉:::::/
               | /              /_/
             l ヽ  ´            |/
             l  /v──       /  /
              l            /  |
              l         /    |
              ヽ       /        |
                \__          |
                  |           /|
                _|   ____/::::::|_____
             __/::::::\/::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::
           /:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


┌──────────────────────────────┐
│ そして言葉王女だ                                .│
│ 彼女は自分と同じように、何度も生と死を繰り返しているのだろう  ......│
└──────────────────────────────┘

704 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:25:55 ID:???0



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ:::::::::::::::|
\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   |:::::::::::::::|
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       |:::::::::::::::|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          |::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::∧
                         \::::::::/ ヽ
                         /:::::::\/∧ |
ヽ:::..,           /::::   ,..:::::/  /:::::::::::::::|  | |
  ̄ >      /::::::::<   ̄ /:::::::::::::::::| / /
 ̄ ̄ /      /:::::::     ̄ ̄   :::::::::::/ ./
.   ̄       |:::::::        ::::::::::::://      (怖い怖いなんて思っててもしょうがねえよな
          |:::::::::::         :::::::::::::/
          |:::::::::::::::    :::::::::::::::/           俺もちょっとは――覚悟を決めるか)
          ヽ:::::::::::::::  ::::::::::::::::/
       ヽ _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ──´ ─ `──:::::::::::::::/
ヽ        __::::::::::::::::::::::::/| _
 \       ::::::::::::::::::::::::::/::::::| /|
   \       :::::::::::::::::/:::::::::/::::::|
\.   \      ::::::/::::::::::/:::::::::::|
::::::\     ─── :::::::::::/:::::::::::::::::|_____
:::::::::::\     ::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::\_  :::::::_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::|  _|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 冒険家マコトの根幹に関わるような古い記憶ではなく、                          .....│
│ 出来る限り最近の記憶から、この世界の名前と、出来る事ならこの先の地形を探り出す       .│
│                                                            ....│
│ 死の運命から逃れるため。そして世界ではなく、周囲の仲間達を、少しでも早く救う為に…ッ!  ......│
└──────────────────────────────────────────┘

705 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:26:08 ID:???0



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
            |     .        |                |                          |
            |     .        |                |                                |
            |          |________|                  □            |_______
            |                                                     | ̄|
            |                                            ̄
______|              ┌─┐        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         └─┘        |            |            |        |
          □      | ̄ ̄ ̄ ̄|            |            |            |        |
                  |        |            |______|      /|..  |____|
                  |        |                                   ! .|
 | ̄ ̄|         .   |____|                             |/
 |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
             ┌┐                     |__|  |                       _|__|
             └┘                ロ      |    |               ┌┐       |_|
    |\         | ̄ ̄|                ̄ ̄               └┘□
    | |         |__|                   □       | ̄|
     \|                                       .  ̄             ロ
                              □         /|
                    □                |/              □    /|
 ロ        □                   ロ             ロ  .       |/
                 ロ      ロ              □
      ・                           ロ        ロ            □
         .    ・       ロ    .   ・      。       .  ロ

706 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:26:30 ID:???0



┌──────────┐
│――謁見の少し前   .│
└──────────┘


                          ./.           ./ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~/
                        .L二二二二二二二二|: |.二二二二二二..二二二二二二二 |
                 .| ∬,,∬  .|.     .□.|□    |. | | ▽ ∪ ∇//,,∥//n .凡 Π// ,, | |
                 .|       .|_______|_______.|/| | ⊥ ⊥ ⊥/[| ∥|].(_)|コ|〔__〕// ,,| |
                    |  .人     |::.|      (《::::::》|.|_|..========================..|_|/
                   (.,(゚∀゚. )_,,)..|::.|    ._∬≫≪≫≪|..           || .〓  . [_] .ロ / / ||
                 ...(|   ̄ ̄  |)|;;;|   ./          |  ( ) ) )_..|| .|:::|   |.| ,| | /∩.||
                  .|  /. / / | |;::|   .|          | ___( ヽ),, <.||/≡ヽ. ./=.V ヽ,||.||||
   λ_λ.    .____. .|   ./ / /| |;;;| (⌒ | ● ト──イ |[ .。 ]ソノ~~~~||||:::::::冒 |:;;;ii|‐‐‐|,∪.||
  (`ー´ ,,)∀./   _/| ヽ___ノ..|;/ ̄ ̄ ̄ ̄(88=) ̄ ̄|/ ̄ ̄.グ|~ . |||| / ○ヽ;;ii| ◇.|  ||
  (つ  つ⊥  / // .| σσσ.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄".|;;;;;;;;;;;;;;;|..|___,||||:::ゝ_ノ;;iii|‐‐‐|  || /
  ∧ ∧ /  / //  / ̄┗┻┛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ┻┻   ̄   ̄ ̄∬ ∬  ̄ ̄ ̄ ̄/|/
 ( ‘∀).▼./ //   | ̄ ̄ ̄ ̄(⌒`⌒) ̄D∫∬∫ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ____ ̄ ̄ ̄ ̄〕/
 (   つ⊥ .//    __  ̄ ̄ ̄ ̄ |___| ̄/ ________ . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ__ノ ̄ ̄ ̄ ̄
  /  /  \    ) (       (・∀・ )つ  \ /     _.。_        __ / ̄ヽ___
/  /     ̄ ̄ ̄| | ロ ̄(∞-) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄c(__ア 旦 ̄ ̄ ̄/┗(;;;;;;;;;;;) /|__
.   |ニニニニニニニニ.ニニニニニニニニニニニニニニニ.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニξニ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/  /|
     ∧_∧   ∧_∧ 、,,  /■\     ∧∧  ξ   ζ   cヽ_フ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  //
     (,, ・∀)cU ( ´∀`)∀ (∀`  )c■ ( ,,゚Д) c目  c□ ∧∧.  ̄          //
ニニニγ   つニニ(    つニニと  \ニニ /   つニ(-   ) ニ(ω^=).ニニニニニニニニ |/
    oゝ_.⌒)   .(    )   ( ___.) ~(__ノ   ( ∪)_  ( ._)~          |
     (_____し    .( ̄ (_)   .し__)  (__)    U ̄ _)  U__)/            .|
     ∥ ∥     || ̄||      ∥ ∥   ∥ ∥     || ̄||   ∥∥              |



┌────────────────────────────────┐
│ 闇から逃れる旅路の途中。冒険家マコトはこの先の情報を調べる為に  ....│
│ この国の城下町にある、とある酒場を訪れていた               ...│
└────────────────────────────────┘

707 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:28:10 ID:???0



                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 |                    クラス         |
                 |    いいか。俺たちみたいな職業はな、     |
                 |    どうやったって戦いには向いてないんだ .. |
                 \__  ________________/




                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   |    だからこそ、旅には必要なものがあるよな?    |
                   \__  __________________/



┌────────────────────────────────┐
│ そう。そこで偶然出会った男と一緒に、酒を酌み交わしたのだ       .....│
│ 同じ直接戦闘に向かない放浪者同士。気の合う部分もあったし、 .        │
│ この先どうやって生き残るか、お互い情報交換がしたかった   .          │
│                                              ..│
│ 特に冒険家マコトにとっては、相手の方が少しだけ年長で、           │
│ 世渡りを器用にこなしているように見えたからだ                ...│
└────────────────────────────────┘

708 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:29:46 ID:???0




        〆─ 、
       /.:.:.:.:.:.:.:丶
       |.:.:.:.:.:.:..;.;.;.;|___
       ∧.<ソ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
        ゝ、.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.: \
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ
      .|;:\ .|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
     ;\;:\|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |
       \ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |
      ,  `|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ
         .ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.......:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
    〆.:.:.:.:.:.:.:.:.:......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
 ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┌──────────────────────────┐
│ 自分は冒険家としてのスキルと立ち回りについて話をし   ..│
└──────────────────────────┘

709 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:30:24 ID:???0


┌─────────────┐
│ 相手も自分の職業――  ......│
└─────────────┘




              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
          二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
      i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
      l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_ r 、
      l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ) (ヽ、`\
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/\ \ \
.     l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ   \ \ \_
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/ r--‐-、>、    `ヽ
        \|\!\  ′          ∨   ` ‐-、 ``       `、
         ヾ ヾ 、    ー ´    ,   ヽ、    -\         `、
          _, r ´:`  、      , ′ 、   |  !:.:ヽ : ヽ         ヽ
       _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.....` ー <´    ヽ  |  |::.:.:ヽ: : ヘ       `、
    _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.| .ヽ   -、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、  _______i_
   /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  | ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,, ..---┴‐,
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.l ゙'   !   !  ヘ/|:.:.:.:.:.:\/::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
  l:.:.:.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   ヘ__/    |:.:.:.:.:.:.:./!:::::::::::..:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:l
  /:.:.:.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.|    / ヽ    i:.:.:.:.:.:.:/ ヘ::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ


┌────────────────┐
│詩人なりの戦い方を教えてくれた     │
└────────────────┘

710 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:30:53 ID:???0




                     ┌──────────────────────────┐
                     │ 吟遊詩人の男、マコトが後輩に語っていた   .   ...  .  .   │
                     │                                     ...│
                     │ 「俺たち詩人は、仲間の力を引き出す歌うことができる    │
                     │ この歌は人々から『英雄の歌』と呼ばれている。      . ...│
                     │ もしお前が吟遊詩人として生きる道を選んだなら、     ......│
                     │ 旅立ち前にこの歌を習得することになるだろう。       ....│
                     │                                     ...│
                     │ 共に旅する英雄たちに勝ってもらわねえと、           │
                     │ それはつまり俺たち詩人もこの世にいないわけで、     ....│
                     │ 物語が生まれない。必要なときは必ず唄おうな。        . │
                     │                                     ...│
                     │ ん?ならどうして仲間が負けた歌ばかり、             │
                     │ そんなにたくさん歌えるのか、だって?」              │
                     └──────────────────────────┘






     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : :|: : /|: : : : :|: : |: : : : :',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /_ |: : :,/|: : /ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/´ u.|: :/ |:./ ̄`'V: |.: : : | V
  < : _: : : /.     |/  レ   }|:./ヽ: : :|
  <:: |. 小{   ≡≡    ≡≡ レ{: :|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、    {ハ,;' ((           え、えーと、それは…
      \_! u       '    ! ( ( ヽ) ホワ~ッ
        ヽ    ー==‐   /  ヽノζ           さぁて、そろそろこの街を出ねえとな
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)        早いとこ出ないと、俺も闇にのみ込まれちまう
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )       お前も、決心がついたら早いとこ出発し
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ

711 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:31:05 ID:???0



     /: .: .: .: .: . : ./    _,,.-‐''"    / /         / ̄||           |: .: .: .: .
    /: .: .: .: .: .: . _,,.-‐'': : : : :  三 二 ニ ―     /  ||   | ̄|| | || | || |: .: .: .: .
    /: .: .: .: .: .: .//:: : : : : : : : / /     三 二/  || ― |  || |_|| |_|| |: .: .: .: .
   /: .: .: .: .: .: .//: : : : : : : : / /         /  ||    |  ||  .|   |: .: .: .: .: .
   /: .: .: .: .: .: .//: : : : ヽヾ`;;:} 三 二 ニ ―    /__||    .|  ||  .|   |: .: .: .: .: .
  /: .: .: .: .: .: .//: : : : Z::::Z,,, / /        = ̄     .|_|| 三 二 ニ ―: .: .: .
  /: .: .: .: .: .: .// : : : : <:::::::ヽ:::>'                       _ l   || ̄|| .: .: .:
 /: .: .: 三 二 ニ ― : : <:::::/ ̄,                       |_||   / // .: .: .
_/: .: .: .: .: .: .//: : : : : Z:::::{                        l  / // .: .: .
/ : .: .: . : .: .:,'/: :  _,,.-‐>::::::ヽ                       __/ //.: .: .: .: .
: .: .: .: . : .: //_,,.-‐''":  Z:::::}ヽ、::::{、                         |___// .: .: .: .: .
: .: .: .: . : .://: : : :  ノ/ /ー/ヽ                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: .: . : // : : : : : :  / /                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: .: .: ,'/ : : : : : : : ./ /                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: . : .:l | : : ―二: : ./ /                         |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: . : .{ l: : : : : : : {  {                            |   |: .: .: .: .: .: .: .
: .: .: . : .| |: : : : : : : |  |                              |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: . :..| |: 三 三 二 ニ ― |                              |   |: .: .: .: .: .: .
: .: . : . :| |: : : : : : : |  |                             |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: .: .| |: : : : : : : :|  |                         |   |: .: .: .: .: .:

712 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:31:28 ID:???0




                              ||:::::::::||
                              ||:::::::::||                         /∧
                              ||:::::::::||                           //:::∧
                              ||:::::::::||                            ||:::::::::||
                      \_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_/
                       ≫  詩人マコトというのはお前だな!?          ≪|
              __    ≪    王からの召喚である!城まで同行するように!    ≫
          .  ´__ `ヽ . /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
         / / .>┐  \        ||:::::::::||                            ||:::::::::||
         ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',       ||:::::::::||            __            ||:::::::::||
        |     ||:::::::|  |:::|| |       .||:::::::::||        .  ´__ `ヽ        ||:::::::::||
        |     ||:::::│  |:::|| |       .||:::::::::||       / / .>┐  \        ||:::::::::||
        |     |l:::::: 廴ノ ::|| |       .||:::::::::||       ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',       ||:::::::::||       __
        |     \ :::::::::::::/ |       .||:::::::::||      |     ||:::::::|  |:::|| |       .||:::::::::||   .  ´__ `ヽ
        「二> 、   |::::::::::::|  .!     ||:::::::::||      |     ||:::::│  |:::|| |       .||:::::::::||  / / .>┐  \
      _/>─ ヽ \:::/ /     .||:::::::::||      |     |l:::::: 廴ノ ::|| |       .||:::::::::|l ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',
  . <           .∧__∧      ||:::::::::||      |     \ :::::::::::::/ |       .||:::::::::|| |     ||:::::::|  |:::|| |
/ `ヽ           ヽ  l /:> .   .||:::::::::||      「二> 、   |::::::::::::|  .!     ||:::::::::|| |     ||:::::│  |:::|| |
     ∨          ', lイ     \  .||:::::::::||    _/>─ ヽ \:::/ /     .||:::::::::|| |     |l:::::: 廴ノ ::|| |
     l      | ̄ヽ   | l |  l ̄l .∧ .||:::::::::||. <           .∧__∧      ||:::::::::|| |     \ :::::::::::::/ |
 ̄ ヽ  l!.    ∧   ',  l l l  / /  | ||:::::::::|| `ヽ           ヽ  l /:> .   .||:::::::::|| 「二> 、   |::::::::::::|  .!
    \.l!       \  \_l l lノ ./   .| ||:::::::::||   ∨          ', lイ     \  .||:::::::::||_/>─ ヽ \:::/ /
__  :l!       \   l  ./     | ||:::::::::||   l      | ̄ヽ   | l |  l ̄l .∧ .||:::::::::||.        .∧__∧
/::::::::::\ l!       ┌‐、ヽ  l ./ x‐┐ .| ||:::::::::|| ̄ ヽl!.    ∧   ',  l l l  / /  | ||:::::::::|| `ヽ       ヽ  l /:>

713 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:31:39 ID:???0




     /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|        
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 ○ |/  レ ○ }|:./ヽ: : | ━━┓┃┃
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|     ┃   ━━━━━━━━
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((    ┃               ┃┃┃
      \_!     ,. ‘-,,'   ≦ 三        。                  ┛
        ヽ   ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
      ___,r| \。≧         三 ==-
    /:/::::| \  -ァ,          ≧=- 。
  /::::::/::::::|  \ イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
/:::::::::::/::::::::|     ≦`Vヾ        ヾ ≧
               。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・



               -──-
            /:::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          |::| ̄\:::::::::::::::::::::::::::/ ̄|::|
          |::|     ──      |::|
          |::ヽ            /:::|
         ∧/ _        _ .ヽ∧        !?
         l ヽ ヽ_・>    <・ノ / l
          \_l            /_/
            ヽ.    _ _      /
             \  ヽ===ァ ./
              /| \   ̄ / .|\
     _____|:::::|    ─    |:::::|_____
   /:::::::::::::::::::::::::::|::::::\       /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

714 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:31:51 ID:???0



.     /: : : :u: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ | :/. |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ : |      え、衛兵!?
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|      ちょっと待ってくれ!俺は何もやっちゃいねえぞ!?
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V
      \_! u     _ '     !          それに、もうそろそろ出発しないと、闇が…
        ヽ    /   `t u /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!




                   __
               /ヘ    / ヘ
               / /::::ヽ_/ヽ ヘ
               | l::::::::::::::://::l |              問答無用!引っ立てい!!
           ____ヽヽ::::::://::::/ /    ___
        /      ∨>/二ヽ<_ ノ       _ヽ
        ` ─、    ハ /    ヽハ彡}     /
         / ≧-ノ/ iヽ二二二ノ i;;ヾヽ ___ /
          /   i彡∨/ i○      i;;;;;;彡/  ヽ
      _ /   /  ノ/  i       i;;;;;;;;∧    i
     / Y==ニニ≦/ ヽ  i 二二二二.i;;;;/ ≧三≦
     ヽ ∧ ヽ;;;ヽ    ヽ/i         i∨  ∨  ̄ ∨
       ヘ  ヘ;;ヽ    ≧、二二二 ,≦   ヘ    ヘ
        ∨二二}  /ヽ 二二二二/ヽ     ∨  ∧
  ≦三三三三∪∪∪三三三三三三三三三三三∩∩∩三三三三三三三三≧
               l ノミヘ i   !/ハ }     ゝ=≦    /::::::::::::::::::ヘ
             / {三ヘl   !;;;/ ヘ            /::::::::::::::::::::::::ヘ
               /   l三ミ|   !彡三 |ヘ         /:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
             /   |三ミ` ̄´∨/   ヘ        \\____//
          /     ヽ彡}    ∨    ヘ         ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
          /    /:::::::::::/    イ      ヘ
            l    ,:::::::::/     ヘ      〉
         ノ_ /:::::/       へ  √ ヽ
        /   ヽ /          ∨:::  }
        /  / }             }:::  ノ
      /ヽ _/_ ノ             |::\ ハ

715 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:32:03 ID:???0




                              ||:::::::::|                              ||:::::::::||
                              ||:::::::::||                         /∧
                              ||:::::::::||                           //:::∧
                              ||:::::::::||                            ||:::::::::||
                    \_人__人__人__人__人_/                         ||:::::::::||
                     ≫   ハッ!   ≪                            ||:::::::::||
              __ /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\  ...\_人__人__人__人__人__人__人_/.:::::::||
          .  ´__ `ヽ        ||:::::::::||        ≫   大人しくしろ!   ≪.||:::::::::||
         / / .>┐  \        ||:::::::::||       /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\.:::::::||
         ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',       ||:::::::::||            __           .\_人__人__人__人__人__人_/
        |     ||:::::::|  |:::|| |       .||:::::::::||        .  ´__ `ヽ        ||.≫   さあ来い!  ≪
        |     ||:::::│  |:::|| |       .||:::::::::||       / / .>┐  \       ./⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
        |     |l:::::: 廴ノ ::|| |       .||:::::::::||       ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',       ||:::::::::||       __
        |     \ :::::::::::::/ |       .||:::::::::||      |     ||:::::::|  |:::|| |       .||:::::::::||   .  ´__ `ヽ
        「二> 、   |::::::::::::|  .!     ||:::::::::||      |     ||:::::│  |:::|| |       .||:::::::::||  / / .>┐  \
      _/>─ ヽ \:::/ /     .||:::::::::||      |     |l:::::: 廴ノ ::|| |       .||:::::::::|l ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',
  . <           .∧__∧      ||:::::::::||      |     \ :::::::::::::/ |       .||:::::::::|| |     ||:::::::|  |:::|| |
/ `ヽ           ヽ  l /:> .   .||:::::::::||      「二> 、   |::::::::::::|  .!     ||:::::::::|| |     ||:::::│  |:::|| |
     ∨          ', lイ     \  .||:::::::::||    _/>─ ヽ \:::/ /     .||:::::::::|| |     |l:::::: 廴ノ ::|| |
     l      | ̄ヽ   | l |  l ̄l .∧ .||:::::::::||. <           .∧__∧      ||:::::::::|| |     \ :::::::::::::/ |
 ̄ ヽ  l!.    ∧   ',  l l l  / /  | ||:::::::::|| `ヽ           ヽ  l /:> .   .||:::::::::|| 「二> 、   |::::::::::::|  .!
    \.l!       \  \_l l lノ ./   .| ||:::::::::||   ∨          ', lイ     \  .||:::::::::||_/>─ ヽ \:::/ /
__  :l!       \   l  ./     | ||:::::::::||   l      | ̄ヽ   | l |  l ̄l .∧ .||:::::::::||.        .∧__∧
/::::::::::\ l!       ┌‐、ヽ  l ./ x‐┐ .| ||:::::::::|| ̄ ヽl!.    ∧   ',  l l l  / /  | ||:::::::::|| `ヽ       ヽ  l /:>

716 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:34:33 ID:???0




     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |       離してくれ!俺は何もやっちゃいない!
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ   ( (    、  ) )  {ハ/ V       俺はまだ死にたくないんだ!!
      \_!   ) ) _ ' ( (   !
        ヽ  ( ( /   `t ) ) /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!



             ──
          /::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ||\:::::::::::::::::::::::::/||
            ||   ̄ ̄ ̄ ̄  ||
         ヘゝ___     _ γ     (え?犯罪者と飲んでた?
         | | ヽ・>  <・ ノ//       俺、ちょっとマズい事してたんじゃ!?
         ` ヽ   _ _    /´
              ヽ ヽ===/ /          いやいや、それでも手配書になかったぞ?
           /:|\  ̄ ./|:ヽ
     _____|::\  ̄  /::|___     奢ってもらったし、少しくらい
   ./|::::::::::::::::::::\::\ /::::/::::::::::::::::|\    様子を見に行ってやるくらいは…)
   /::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|┘::::::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ
  .|:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::Ο:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
   〉::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::/
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ο:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

┌──────────────────────────────────┐
│ その後、詩人マコトの面会に来た折りに、冒険家マコトはヴィクター王から    .│
│ 勇者としての資質を見出され、そのまま謁見の間に――              ..│
└──────────────────────────────────┘

717 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:34:50 ID:???0




‐ ‐
二 ニ - ‐ ‐
三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐





               ──
              /::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::/ \::::::::::::::::::::::::/ .|::::ヽ
        /::::/ u. ──      |:::::|
        |:::::|       u.    /:::::|
        |:::::ゝ       l      \/|
       /:u:\ ・>-´ ヽ-<・ / | |
         |:::::::/  ̄  ::丶    ̄   .|/      ………ダスマゴラリ
       \:::|    ::::|   U   /
         ヽ\_____   /
         ヽ::::\─── /  ./
______/\::::\-- / /|\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::: ̄ /  |:::::|___
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ̄     .|::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   /::::::::::::::::::::::



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   え?なにか言ったにょろ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



┌─────────────────────────┐
│ ぼそりとマコトが呟いたのを、ちゅるやが聞きつけた   ....│
└─────────────────────────┘

718 名前:michi[] 投稿日:2012/09/19(水) 22:35:13 ID:???0



┌─────────────────────────┐
│ 慌てて振り返ったマコトの目の前で、            .....│
│ 城はついに、闇の中へと完全に飲み込まれていった     │
└─────────────────────────┘



..、__人__人__人__,                          、__人__人__人__,
_)        (_                         _)        (_
_)   ヽ     (_                         _)        (_
_)   ̄フ     (_                         _)  -┼-    .(_
_)  /Z_.  (_           .──             _)  - ヽ-   (_
_)        (_       /::::::::::::::::::::::::::::\        _)  ヽ_.`  ..(_
_)   ヽ     (_    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    .._)        (_
_)   ̄フ     (_   ./::::/ \::::::::::::::::::::::::/ .|:::ヽ    _)   ヽ     (_
_)  /Z_.  (_  /::::/   ──      |:::::|     ._)   ̄フ     (_
_)        (_  |:::::|            /:::::|   .._)  /Z_.  (_
_)   ヽ     (_  |:::::ゝ       l      \/|     ._)        (_
_)   ̄フ     (_ . /::::\ ・>-´ ヽ-< ・ / | |    _)   ヽ     (_
_)  /Z_.  (_ |:::::::/  ̄  ::丶    ̄   .|/    _)   ̄フ     (_    お、俺がァァァァアア!!??
_)        (_ . \:::|    ::::|       /      ._)  /Z_.  (_
_)   ヽ     (_   ヽ\_____   /       . _)        (_
_)   ̄フ     (_    .ヽ::::\─── /  ./         _)   ヽ     (_
_)   .______/\::::\-- / /|\      ._)   ̄フ     (_
_)   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::: ̄ /  |:::::|___ _)  /Z_.  (_
_)   .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ̄     .|:::::::::::::::::::::: _)        (_
⌒Y⌒ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   /:::::::::::::::::::::: ._)   ヽ     (_
                                _)   ̄フ     (_
                                _)  /Z_.  (_
                                _)        (__
                                _)        (_
                                ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

┌───────────────────────┐
│ 大勢の城の人間と、一人目の詩人マコトと共に…..   .│
└───────────────────────┘


                                                                 つづく

719 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 22:36:10 ID:/kFhowpM0
乙!
勇者の幽霊だけじゃなくて自分自身が目の前に居たのかw

720 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 22:37:30 ID:fNuV3nVI0
乙です

マコトとマコトの邂逅カオス過ぎて怖いw
ループというかパラドックスというか知ってはいけないものを垣間見た気分

721 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 22:47:36 ID:JbWIs.9A0
乙乙!

ここで最初の世界wwwwワロタwww

722 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 23:43:24 ID:2hXQjT0M0
時系列とか考えないほうがいいのか、何にせよ謎
乙っす

723 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/20(木) 03:54:11 ID:c/8DL2gU0

このスレの影響で片道勇者始めたよー

724 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/20(木) 15:19:48 ID:czcSscns0
誠一郎までマコト化するとはなんと恐ろしい世界…しかも魅力4ww

725 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/21(金) 11:06:03 ID:fYxPn6zM0
乙でした。
ああ、これエンジェル伝説の北野くんかw

726 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/21(金) 19:46:11 ID:ZUjv01bM0
これまでの誠まとめ。>>373に色々プラス

詩人誠(1):ダスマゴラリ世界。待合室で死亡。その後同じ条件で再スタートしアルルゥにご飯を上げた後一緒に闇に飲まれる

騎士真:ミボィボズロ世界。魔王と獣化したアルルゥにサンドイッチにされる

剣士誠:ドリィミュダ世界。スタート時、なぜか王女の手紙を持っていた。即座に破いた後旅に出て詩人誠2(?)の亡霊に会い2枚目を手に入れる(?)
     溶岩入り落とし穴(原作だと自分から突っ込まない限り大丈夫)にハマって焼け死ぬ

詩人誠2(?):ドリィミュダ世界。大きな町の前で邪霊に襲われて死亡。何故持っていたのかはわからないが手紙を持っている?

海賊誠:ベルカーアクーモ世界。王様、アルルゥと仲間を増やし順調に旅を進めるも邪神の罠にはめられる。
     罠にはまる直前に回収したアイテムで重量過多になったため重い武器を投げた所、闇に直撃。反撃で即死させられる。

冒険家誠:ダスマゴラリ世界。待合室で死んだ詩人誠と冒頭の会話を交わしていた人物。彼がどんな酷い目にあうのか、それは>>1の味噌汁…


剣士と海賊は当人の戦闘力もあったのかそれなりに長続きした感じだなー。冒険家誠はどんだけ生存できるやらww


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/01/18 02:00 ] 【片道勇者】マコト死ぬ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する