クリックで開閉

【片道勇者】マコト死ぬ 第13話

505 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:00:06 ID:???0


┌───────────────────────────┐
│ こうして3人は、無人の荒野をしばらく無言で歩いていった   ..│
└───────────────────────────┘



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ     (そういえば魔王が現れる直前に
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )      言葉王女も聖なる神殿がどうとか言ってたような…)
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ        (となると、聖なる武器は実在するのか?)
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\


┌─────────────────────────────────┐
│ マコトが剣士マコトが死ぬ少し前のことを思い出している後ろで、        .│
│ ちゅるやとヴィクター王も話し始めた                         .│
│                                                │
│ これまでの情報を整理し、明るい情報を見つけ出していたマコトと違い、     │
│ こちらは幾分暗い                                     .│
└─────────────────────────────────┘



スポンサードリンク


506 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:00:34 ID:???0


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  .| |ノ│   王様…王妃様と上手くいってなかったにょろ?
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.         ・ ・ ・ ・ 。
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ


┌───────────────────────────────────┐
│ 言葉王女も「伝説の」と言っていたので、実は王家でも                .....│
│ 聖なる武器の位置については異質していたと思われるが、そこに思い至って    │
│ 王のフォローを入れられる程に、マコトも気が回る男ではない            ....│
└───────────────────────────────────┘

507 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:00:46 ID:???0


                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }  チラッ
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }


┌───────────────────────┐
│ だからちゅるやへの答えに窮したヴィクター王が    │
│ マコトへ視線を送っていたのにも気づかなかった   .│
└───────────────────────┘

508 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:01:02 ID:???0


      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}     …で、神殿の位置はどうやって探るんだ?
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ     城を出てたって事は、なにか方法は考えてたんだろ?
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//


┌────────────────────────────────┐
│ しかしこの男、気づかないながらもタイミングは良かった            │
│                                              ..│
│ ちゅるやの悲しい問いかけにかぶせるようなマコトの疑問の言葉に、    .│
│ ヴィクター王は破顔する                                .│
└────────────────────────────────┘

509 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:01:46 ID:???0


                へ、、
               / {_ ク
            ,=- く__,,/    
              /   /     _   ヨッシャ             .  ・ .・ .・ .・ .・
          /  /     _〃― ヽ          強固な外壁と封印の扉に守られた、聖なる神殿
         /   /ヘ     _/ | | =!|= }lヽ         その中に聖なる武具は眠る、と伝えられておる
          r'   く彡 \r'´{ ∧ rっ /  |ヽ-、
         \    ""''''`l /ヘ`,二´ミ、ノ丿丿)
          /\    | ´   | |  | |\_ノF== 、__
         /;:;:;:;:ヽ  /   l   | |  | |  \|| | | | | ||
         /;:;:;:;:;:;:|     r―''\ ,'⌒i|       || ||  |
         /;:;:;:;:;:;:;:;:|     ||    ヽ__ノ       || ||   ヘ
          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    q====||ヽ==o || ||   ヽ
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      ||       || ヽ   || ||     \
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
  /  |                                    |  \
/    |                                    |   \



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )      ああ、それで?
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\

510 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:01:56 ID:???0



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉       
        >- 、ヽ            〈テ7     じゃからちゅるやには
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?      ・ .・ .・ .・ .・
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '      封印の扉を感知する力を与えてある
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/       あの扉はどこにあるものではないでな
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、   古代技術で作られており、さらには解放後には消え去るものじゃ
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}     消え去るってことは…
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//

511 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:02:30 ID:???0



                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ .      そうじゃ。確かに言葉がおらずとも、扉を開くには
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }        一度限りの「封印のカギ」というものもある
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_  .     しかし扉もカギも稀少なものじゃ
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x     既に荒らされた神殿もあることじゃろう
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',  しかし逆に言えば━━
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} .      まだ扉が残ってる神殿の内部には、
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .     まだ武具が残ってる可能性が高いってことか
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃       下手に神殿すべての位置が分かるより
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ        残った封印の扉を感知した方が手間がかからない
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人       
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)>      そういうことか
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌───────────────────────────────────┐
│ 限られた時間の中でレベルアップ、仲間探し、装備の強化をする必要がある    │
│                                                    │
│ 空の神殿をあらかじめ除外出来るということは、                        ...│
│ つまり時間を有効活用する余裕が出来るという事にほかならない           .│
└───────────────────────────────────┘

512 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:02:48 ID:???0


       _( ヽ_
     // | |  |\_
     / /  ⌒  \ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|    (やっぱり馬鹿じゃあないんだよな…)
    V|  フ 、`^  |/ 
   / |  ヽ‐ヽ  /  
   )  \´,‐v‐、 /、 .
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   ちゅ、ちゅるやの重要度が
          ヽ|l ||、_,、_ ||  |ノ│   一気に上がったにょろ…っ!?
        /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?     うむ…うむ…っ!
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|


┌────────────────────────────────┐
│ ヴィクター王はともかく、ちゅるやが誇らしげにしていることに         .│
│ 文句を付ける気にはならなかった                         .│
│ これまで5回にわたってマコトが死ぬたび、人工妖精であるちゅるやも  ......│
│ 勇者マコトを亡霊にするため、その命を犠牲にしていたはずだ       ....│
└────────────────────────────────┘

513 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:03:14 ID:???0



┌─────────────────────────────────────┐
│ 普段どれだけ明るく振舞っていても、これまでのちゅるやには                │
│ 魔王の感知と仲間候補の感知を除いては、それが一番重要な役割だったのだ      │
│                                                     ...│
│ 今回のちゅるやもそうだが、やはり後暗い気持ちもあってか、                 │
│ 目の前に勇者の亡霊が現れない限り、その仕事について口にすることはなかった    .│
└─────────────────────────────────────┘



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )     (水を差す必要もないよな)
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\


┌─────────────────────┐
│ 希望に向けた前向きな役割があると知って  ......│
│ 嬉しそうなちゅるやの様子を見れば       ....│
└─────────────────────┘



       _( ヽ_
     // | |  |\_
     / /  ⌒  \ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|    (もし今回も「やり直す」ことになっても
    V|  フ 、`^  |/     次は俺から教えてやるか)
   / |  ヽ‐ヽ  /  
   )  \´,‐v‐、 /、 .
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 


┌───────────────────────┐
│ 二人を眺めながら、マコトは密かに心に決めた    .│
└───────────────────────┘

514 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:03:27 ID:???0




 【マコトは応急修理の巻物を使った!】
 【武器・防具の耐久力が完全に回復した!】

515 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:03:45 ID:???0



┌───────────────────────────────┐
│ 耐久力が限界に近づいたため、マコトは装備品の整備を行っていた    .│
│                                            ....│
│ この世界では装備品の整備のみならず、                   .│
│ 強化も、理術の込められた巻物によって行われる             ....│
└───────────────────────────────┘



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   その巻物だと、次の限界までの
          ヽ|l ●   ●  .| |ノ│   時間が短くなるにょろ~
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr ) .     しょうがないだろ
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ      今はこれしか方法がないんだから
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\


┌──────────────────────────┐
│ 簡単に修復出来るように見えて、こういった欠点もある    │
│                                     ...│
│ 当然ながら家事に出せばそのようなことはないが、       .│
│ 2時間もすればこの場所も闇に呑み込まれる         ..│
│ 今のマコト達に、そのような時間的余裕などないのだ    ....│
└──────────────────────────┘

516 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:04:33 ID:???0



┌─────────────────────────────────────┐
│ また、消耗が激しくなるという欠点を克服した「高度修復の巻物」という物も         .│
│ あるにはあるが、こちらは稀少な上、わずかしか耐久力を回復させる事ができない    .│
│                                                     ...│
│ 少なくともこの旅の間、一つの武器や防具を使い続けるのは容易ではない       ....│
└─────────────────────────────────────┘



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}       新調するか、スペアを用意するのも考えないといけないか
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"       けど、それを持ち運ぶとなるとなあ…
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//


┌────────────────────────────────┐
│ この旅路に足となる動物などはいない                     ......│
│ 草原だけならともかく、山岳地帯、溶岩地帯、雪原地帯に砂漠と、     ....│
│ そういった騎乗動物や馬車の類を維持・運用するのは困難だからだ    ..│
│                                              ..│
│ 故に荷物は、闇から逃げるための速度が保てるだけの重さに限られる   │
└────────────────────────────────┘

517 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:05:00 ID:???0



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )      こう考えると、ナユタの実って
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ       凄まじく都合がいい食いもんだよな…
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ 
    l.vイ  i;、  )  _i\        まるでこうなることを見越して用意されたみたいだ
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.       ・ ・ ・ ・ 。
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ


┌────────────────────────────────────────┐
│ たしかに定食屋の「おいしい弁当」の方が、僅かながらも休息効果は高い            ....│
│ しかしこれには保存、休息効果を高めるために理術が込められ、そのため価格も割高だ   ...│
│ 比べてナユタの実は、というと、そのあたりで木を探すと生っていたりする            .....│
│                                                           .│
│ しかも保存に気を遣う必要もなく、暑さ寒さに強いどころか                     .....│
│ ドラゴンブレスにすら耐えると言われている                              .....│
│                                                           .│
│ 旅の食糧にこれほど適した食物など、そうは無いであろう                       .│
└────────────────────────────────────────┘

518 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:05:11 ID:???0



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、       …先人の…苦労の賜物かもしれんぞ…
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ


┌─────────────────────┐
│ それまで黙っていたヴィクター王が口を開く    .│
└─────────────────────┘

519 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:05:29 ID:???0



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )    ん?ナユタの実が?
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ     そんなのどうやって作ったんだよ…
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l--    -- 从 |、i|    そうっさ王様
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    ナユタの木なんて、どこにでも植わってるにょろ~
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

520 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:05:53 ID:???0


       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?    うむ…そうじゃな……
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|


┌──────────────────────────────────┐
│ 二人は気付かなかったが、ヴィクター王は時折、                   .│
│ 闇に呑み込まれる自然を眺めていた                           .│
│                                                  │
│ この時も、後ろに生えている木をチラリと眺め、少しだけ寂しそうな目をした    │
└──────────────────────────────────┘

521 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:06:48 ID:???0



                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }      フン…ところで、武器はともかく
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ      防具など、どうでも良いではないか
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,       魔物ごときの攻撃なんぞ、鍛えてさえおれば、
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_      この皮膚が守ってくれるわ!
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }




                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} .    なんだよいきなり!?
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { . 
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ .    逆に言わせてもらうけどな、攻撃力はともかく、
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃      ヴィクター王はLIFE低いんだし、防具くらいはマトモに装備してくれよ!
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌────────────────────────────────┐
│ 気を取り直すかのように、ヴィクター王は突如装備の話題に戻してきた  ....│
└────────────────────────────────┘

522 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:07:13 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/0°   ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    ちなみに勇者様の仲間は
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    レベルアップで皮膚が強くなるにょろ!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}      どんな理屈だよ…
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::

┌──────────────────────────────────┐
│ 信頼を深めつつ、魔物を倒しながら、3人の旅は順調に進んでいった        │
│                                                  │
│ 「分析の巻物」を使うか、街で鑑定してもらわなければ分からないが、       │
│ 別の勇者の亡霊から、「剣(?)重量4」も受け取った                  │
│                                                  │
│ こちらは恐らくロングソードだろうが、ギリギリ持ち運び可能だということで、  ......│
│ スペアの武器として確保しておいた                          .....│
└──────────────────────────────────┘

523 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:07:25 ID:???0



┌───────┐
│ そして…    │
└───────┘



       _l      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       \   / /" `ヽ ヽ  \
      <  //, '/     ヽハ  、 ヽ
      / 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   マコト!魔王の気配がしてきたにょろ!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ|
          |ヘ   ゝ._)   j.  | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}    …ああ、見えてきた
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//

524 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:08:03 ID:???0


////////////////し1       、ー‐ - イ
/////////////////八__ノ ーヘ _)/////!
////////////////////////////////∧
/////////////////////, -― 、/////∧__jー ヘ
////////////////// ̄     > ―- く///∧
/////////////////!     /       ヾ//∧_
///////////////<二>ノ! .?          V////7
///////////////∠ヽ |{ト、`i! 〈ト ,イ .∧. ,ヘ i〉 } ヾ//∧
////////////////厂ム、 《ハ  ノ ヾ i!i!  ヽ ノ  |////〉、
//////////////ムム斗オ≧}八゛,ァ;;,、、  ;; 、 ソ! /ハ厂勹\
//////////>'´   ゞこ彡ヘハjゞ こ>ミykごノノ ;?ノ     ヽ
////////彡ツ     _ ,斗1爪ヘ!ゝ,、 ハ ,、イリ /       /\
//////≦ミ{、ゞ ,ィ彡//////}、|i {ヘ{モtttサルjノ         〈 > \
/////r'´ ゛ミ三彡////////,〈ヾ{! ゝ≧=彡"     /\   ̄ ̄
////∧ノ 7ーx `>,ヘ////////{ミj{! ト 、_/ /|\   \ フ     l
/ノ ̄ ._)/  (´ー´ レ´ ̄ヾ//∧ミj! {ミキ{  \「/         /\ /
/.  / /  ,f´        ∨//〉ミ! lミミ≧、    /> 、 .〈 、 \
.  / /  /      ,イ{  /:{//∧ミj! >' ^ー 一 ′    \ フ ̄
  / /  {:ヽ   // ヽ ,::::|////y'´              ヽ//!
. / /  /|::::;}、 / ./   V:::::{∨//                V/
/ /  / ヾ;::/  /    ';:::::〉//       \ ィfr 、       |
../  /  /   ,;      ∨//       豸{iゞソ}         !
/  /   /      |     ?!       ≠式xェニ         |
  /  ノ  /   l        'j!           ̄~         ,
. /  ノ  ,/     ! }     }!                     /
/ /           ノ   ,イ}{                  /ト、
 ヽ、 ヾji      ,イ≧{ ヘ{ > 、           <  j;ハ
  ハ  リ   / ,f//∧  ゝ、 V≧ー―-  一 て   ∨/ ハ
  /ム     く   ;j////}!   )  }三彡作三彡ヘ ヾヽ  V / ハ
  ゞイ      ヽ  ゞ//ノ  / /イテ        \ \\}//  }



┌───────────────────────────┐
│ ひと目で分かるコート、周囲に浮かんだ結界          ......│
│ 自らも宙に浮かびながら、魔王がこちらへと殺気を向けて  ......│
│ 真っ直ぐに飛行してくる姿が見える                 .  .│
└───────────────────────────┘

525 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:08:14 ID:???0


     / ̄ ̄ ̄ ̄\_
     / /⌒_⌒\ ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|    逃げるぞ!
    V|  フ 、`^  |/ 
   / |  ヽ‐ヽ  /  
   )  \´,‐v‐、 /、 
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 



                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l   …うむ
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  
             / /" `ヽ ヽ  \ 
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   にょろー!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

526 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:08:30 ID:???0



   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘




                       _,,,_、.,,,,,,,,,,_
                  ,rrr'  ,,,.-‐ニ=''゛      `゙''-、、   時間か。次は逃がさん
                LLLr'´ /'"     |l,       ヽ
            ,.       /|゙ー" .|_,,,,...     i|_|        i |\     .\ ̄` .、
        .//|       |~ |    o  ヽ  || |           | .| l~|    i\.\/ |~l    .
        |'''ii:゙|      │ .|  O     |  .||│          | |..|:::|    iT.|  | |::|ヽ
      /| |::.|      | .|`l .l/  .,i/;;;;;;;|.| l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ | .|:::|   .| | | .| |:::|:::|
      .|~ | .!:::|     | .|/__/,o,.r'"/._;;;;|.| |,,---――---,,|_,|:: |,,,,_|_|,,|/ヽ|:::.|::.|
     ││ ,|::::|     |  |,,,...-‐'''''゙゙ ̄゛ |,|,.|        ./ へ |   `/  /`ヽ::|
      | |  |::::|_,,,,...--‐'.| ,.|\         |.|::|       //::::/    |. /:::::/ヽ|
      | | .!/ \    |/:\|        .!.|::|       !:::::/.     |/:::::/::::/
     ,| .,|/::\  |     \::::::|      .l|/         .|/.       .|::::/ヽ/
     "/\::::::\|       `ヽ|



┌────────────┐
│ 魔王の気配が消えた  ......│
└────────────┘

527 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:08:45 ID:???0



┌───────────────────────────┐
│ 山岳地帯を越え、時に行く手を阻む魔物を倒しながら     ....│
│ 三人は魔王と戦う事なく逃げ切った                 │
│                                       .│
│ しかし逃げる際、前方を二体の魔物に阻まれたのだが…     │
└───────────────────────────┘


  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}      どうしてあのとき
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ      攻撃しなかったんだよ!?
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::


┌───────────────────────────────────┐
│ マコトは正面の魔物を「強打」で片付け、ヴィクター王が斜向かいの魔物を倒す .   │
│ あの時はそうするのが、逃走経路の確保に最善だったはずだ           ......│
│                                                    │
│ しかしヴィクター王から「火炎」が放たれる事はなかった                 .│
└───────────────────────────────────┘


528 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:09:02 ID:???0



┌─────────────────────────────────────────┐
│ 娘であるはずの言葉王女は、マコトが傷つき瀕死になった時には                  .....│
│ 隊列を入れ替え、殿でも務めているかのように、自らの身を盾にしつつ果敢に戦った       ...│
│                                                          ......│
│ 先ほどの逃走の際、魔王からの攻撃を受けないよう、マコトは別の魔物の攻撃を耐えながら  .....│
│ 無理矢理に脇を強行突破していった。その直後に立ちはだかった敵だったのだ          ...│
│                                                          ......│
│ 魔王が去ったのがその直後だったから助かったが、                            .│
│ もし追いつかれていれば、魔王の一撃で確実に死ぬことになっていたはずだ           ......│
└─────────────────────────────────────────┘



                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、    王は常にまっすぐと、前しか見ない!
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ
       / /      l   l ‐‐┼--- ⊥\__//   l     ヽ ヽ


  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ      (こいつ…!)
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::



┌───────────────────────┐
│ 言葉にこそしないが、マコトはヴィクター王が     ...│
│ 城を出た経緯について、もう一度思い出していた    .│
└───────────────────────┘

529 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:09:42 ID:???0



┌─────────────────────────────────┐
│ あやふやにしようとはしていたが、この王は命惜しさに城を捨て、        │
│ 民を見捨てて一人だけ遥か先まで転移していたのだ                │
│                                                │
│ そんな人間が、身を挺して仲間を助けたりするわけがないではないか    .. .│
│ ましてや最初の詩人マコトは、待合室に監禁されて見殺しにされたのだ    .│
│ あの世界の自分は死んだが、ヴィクター王はどうなったのだろう?      .....│
└─────────────────────────────────┘


  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ      (今回みたいにフラフラしてたに決まってるよな…)
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::


┌────────┐
│ 確信である   ...│
└────────┘

530 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:09:57 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
      ?堯 ? {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|   (ああっ!?勇者さまと王様の仲に亀裂が!)
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   マ、マコト!違うにょろ!
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


┌──────────────────────────────────┐
│ この様子を見てとり、ちゅるやは…本人は気付いていなかったのだろうが、    │
│ ある側面での、真実の一端を口にする                          .│
└──────────────────────────────────┘


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ {
          ; 〃 {_{\  u / リ| l.│ i| ;
         レ!小l●    ● 从 |、i| .ガクガク.
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│;       王様は…本当は王様は…
          | 八   {  }  _l /ノ |
        ;: | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j // i | {
       ガク ….l/ヾ三} l___/{彡'´} i | ;
          ;  |l   ノl |二//|   l ,イl|
          ;  | ゝー' ∧! //∧__j/ l | ;


┌─────────────────────────┐
│ とても言いづらそうに、ちゅるやは口篭る          ...│
│ しかし、それでも意を決したようにマコトに告げたのだ  .....│
└─────────────────────────┘

531 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:10:30 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 ;       真っ直ぐに、ただ真っ直ぐ正面に━━
         ; / /" `ヽ ヽ  \ {                          ・ ・
           ;//, '/     ヽハ  、 ヽ ;      異常に強力な「火炎」を撃つ事しか出来ないにょろ!
.         ;〃 {_{       リ| l.│ i| ;
.        { レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|        理術士は理術士だけど、攻撃手段はそれしかない、
      O 。 ヽ|l。/⌒l  /⌒ヽ。 |ノ│。゚      「雷光」や「超火炎」も使えない、マジもんの研究馬鹿っさー!!
         o   | /  /  \  \| ,|  〇

532 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:10:46 ID:???0




                              _,.-───‐- ,.、
                            /_,.,. ──.、_,. -─‐-、`'‐、
                           ,,´‐'"            `'‐ヽ
                          //, _,. ‐ ‐.、  、   i   _,. 、.._  i、
                          / フ _,.、._  \ ヽ /,.‐''"    ヽ、i、
                         i ./‐'" ̄`'‐、 、_i、i | |/,.  _,. -,,=.,、 i、|
                       ,.‐'i /   ‐'," ̄ヽ‐、ヽi //二ニ‐''"‐、   | i \
                     / / i,  /"(´9 > > | <∠ と9 >   | i,  \
                    ,i´    i. | '‐二-‐''" /  | i‐-、ニ二-‐  | 'v   ヽ
                  ,. ‐'     i. | i、     _,  ,.  、 ヽ      | |    ',
                / |      | |、i、   _/`'     '' \_    / | /,     i``'‐、
               /   i     `、 i. l   '   ____  `   / / i/       |   ヽ
              ,      |        '、i  r _,. ‐''" ,----- 、``'‐.、ヽ, ' ./ /      |    i.
            , -'     l        ヽ    ‐'"  ∧  ``''    / /       |    ',‐.、
           / |         ,.‐' ``'‐、`iM    ,.イ / ',  i\    ト'V ,. ─.、        '   \
          ,i   i      i.  '      | \ / / ./   i  ', \/ /    `ヽ  i        \
         /            ',        |   `   ̄     ̄     /       i /          '、
       ,.‐/     |    _   i、      ノ \      __     / .|       /           `i‐、
    ./ .i      i  ,/     'i'-.,,._,.‐'" . _...\_,.=ニ-─-ニ=、/   ヽ、   _,.'        |     i  \
   ,i´   |       ',/        / ̄\.  /  |                        ,へ、   ̄ ヽ   i     |   `:、
   /            i.      /  / 〈_//\                   〈   |       i i          i、
  ./    |       `:、    ./  /___  |_/                 \」   _ ノ/           i.
 /      i   ,. ‐''"'‐ ',‐.、_./  ___/          |\____       __/ /               i、
../      i. /       ',  /  /         「`7   |___  /       / __/ /    ``'、  i       |
.i    __  i.        |...〈  ,/       /'ー┘└‐┐     //   __,  ̄     i       i / _    |
|   /     `:、     /  . ̄         ̄ ̄フ  | ̄    /   ̄ ̄ ̄  /         ',       /    `'ヽ .i
.', '"       '‐、.、_,.‐'                / ,イ|     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             ヽ、   ,.''        i
..'i、        |                        ̄   ̄                        `' ‐''",         i
 ヽ        ノ                                                   ヽ、      /
  "'‐,,._,. ‐'"                                                     "'‐,,._,. ‐'"


┌──────────────────────────────────┐
│ 偏屈ものここに極まれり。能力すらも偏った、異常な理術士がここに在った   ..│
└──────────────────────────────────┘

533 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:12:27 ID:???0



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、      いや…
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ U.   / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



                  , イ二二二ミ 、
                /         \
                 //         ヽ',
              _/ {           } |_
             /  /            |  ',
             __/    { ィ==z  ,ー==-、 }   ',
          / /     }:| '-zェx ー' xェァ-'  !!  l      だってマコト殿って、わしが何でも出来るとだか、
        /   | ィ―、| |  ー´ i   ー     }|   }__     そ~んな勘違いしておるんじゃないかのう…
         /  :i|/    } i{ /' ー'`ヽ   /,ィー 、  ' ,
      r-|   ',    ノ| {ヘ _ィ===z、__, / {      l     期待が重かったんじゃよなー
    x--/ |  ___ {`ー ' \ヽァ_7lーハ  ,/ /',    /   }ニ=、
.   /  /  i!{´   ',::::::::::::::::::ヽ   ー' ¨ /  ー‐ '   \::ヽ
  /  /   廴___ノ:::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ヽ/:::::::::::::::/⌒ヽ   }:::|
  .′ ィ‐― v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::弋   /  ├x
  |  {    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー ':    !  ,
 ,イ⌒ヽ ー‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄`  ',
 {   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{     / │

534 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:12:52 ID:???0



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ て
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、 そ
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..} 
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}     うぐ…っ!?
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::




┌──────────────────────────────────────────┐
│ よくよく考えてみれば、ヴィクター王の言う通りだった                            ...│
│                                                            ....│
│ 人工妖精の創造、転移の理術、亡霊化という外法。さらにそれを成し遂げるだけの          .│
│ 膨大な理力と、常識で考えれば、これだけでも並の理術士ではない                        ..│
│                                                            ....│
│ そもそもあの魔王ですら、結界と飛行の理術を使い、とてつもないLIFEを持ってはいるものの、  .....│
│ 直接攻撃と、同じく近距離にしか放てない「火炎」との、近接攻撃の一本槍だ              .│
└──────────────────────────────────────────┘

535 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:13:17 ID:???0



┌──────────────────────────────────────┐
│ 脅威となる飛行の速度すら、マコト達が逃げ切れる程度の速さであり、             │
│ そうでなければマコトはこれまで、もっと早いペースで死んでいたはずだ            │
│                                                       .│
│ 魔王ですらこうなのだ。ただの人間でしかないヴィクター王が、マコトが勝手に       ...│
│ 期待していたような完璧な超人ならば、それこそ勇者の存在など必要ないではないか    .│
└──────────────────────────────────────┘




   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )     す、すまん…言われてみればその通りだ
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;"u .イ       いつの間にか、知らず知らずに
    l.vイ  i;、  )  _i\      ヴィクター王のハードルを上げてたのは確かだ
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\

536 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:13:30 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ)└\
         //, '/     ヽハ⌒、 ヽ    そうにょろ、反省するっさ!
         〃 {_{ー'  ゛'`ー リ| l │ i|    そりゃあ王様は正面しか攻撃出来ないぶきっちょだけど…
         レ!小l●    ● 从 |、i| 
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    マコトがキツい時は、後ろを向いててくれさえすれば、敵の攻撃を黙って
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   肩代わりし続けてくれるくらいには、世界の為に犠牲になれる人にょろ!
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |    ね!?王様!




                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、     え!?ええー…ま、まあそうじゃのう…
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、   u. ll:::::::.、.:::: .::: :l
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ
       / /      l   l ‐‐┼--- ⊥\__//   l     ヽ ヽ

537 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:14:26 ID:???0



                へ、、
               / {_ ク
            ,=- く__,,/
              /   /     _
          /  /     _〃― ヽ
         /   /ヘ     _/ | | =!|= }lヽ         と、ともかく要らぬ誤解は解けたようじゃの!?
          r'   く彡 \r'´{ ∧ rっ /  |ヽ-、
         \    ""''''`l /ヘ`,二´ミ、ノ丿丿)      マコト殿も戦いの連続で疲れたじゃろう
          /\    | ´   | |  | |\_ノF== 、__  「周辺の地図」によればこの先に街があるようじゃ
         /;:;:;:;:ヽ  /   l   | |  | |  \|| | | | | ||
         /;:;:;:;:;:;:|     r―''\ ,'⌒i|       || ||  |  鑑定屋で、そのロングソードを鑑定してもらったらどうじゃ?
         /;:;:;:;:;:;:;:;:|     ||    ヽ__ノ       || ||   ヘ
          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    q====||ヽ==o || ||   ヽ  「周辺の地図」…ミニマップにダンジョン・街の情報を表示
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      ||       || ヽ   || ||     \



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}    居るとは限らないけどな
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"    道具屋に「分析の巻物」でもあればいいんだけど…
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//


┌───────────────────────────────┐
│ お互いに、わだかまりの原因を作っていたという自覚はあった        │
│                                            ....│
│ だからこそ二人は、純粋な人工妖精の言葉に居心地の悪さを感じ    .│
│ どちらともなくその場の空気を誤魔化すように、先へと急いだ       ..│
└───────────────────────────────┘

538 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:16:30 ID:???0


┌────────────────────────────────────────┐
│ しかし残念ながら、その先の「大きな街」には鑑定士も道具屋も居なかった             │
│ というよりも、マコト達が到着する寸前に、盗賊に襲われて死んでおり、3人が着いた頃に    .│
│ ちょうど【強そうな】衛兵がその盗賊達を打ち倒したところだった                  ....│
└────────────────────────────────────────┘




         _ -‐- _
        /: :: :: :: :: : `ヽ.  .l /
     ,. .彡": :: :: :: :: :: :: :: :: :::.   ′/
  /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :.:.:';
. /:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :.:.:.:.:.}
 i:.:.:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.iー-..
 i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ: :: : `)
 ':;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._, イ>' ´      おや、ようこそ旅の人
  `!ミー-.:.:.:.:._::_.:.:.:.:.-‐/7ミ|!r'
   |/////////////({ { ミ |
   ヘ/////////////乂ヽ. ル、
    ∨////////////;' /、゜¨゙
    ,ゝ从i/|/!/从|ノ∠ イ:. :〉ー- . ___
_ .--┘:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./; :: :: :: :: ::∧: :: :`ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.\¬‐- .. -‐ '"´/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.: :: :.


┌────────────────────────────────┐
│ まだ気が昂っているのだろう                           .....│
│ 街へ入った3人に、【強そうな】衛兵は警告混じりに挨拶を投げかける   ...│
└────────────────────────────────┘

539 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:16:51 ID:???0



     , ‥≦¨´ ̄¨ミ‥ .,
  ,.' ´: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :`ヽ
/: :: :: :: :: :: :: :::_ : : : : : : : : : : : : \
: :: :: :: :: :: : ,r.'_. ⌒`_ヾ: :: :: :: :: :: :: :: : \
: :: :: :: :: :: : {! |l\/!| i}: :: :: :: :: :: :: :: : : : i
: :: :: :: :: :: : ゞ,    ノ: :: :: :: : : : : : : : : : i    君たちがこの街の人間に
: :: :: :: :: :: :: : ,.≠´¨  ̄ ¨ ヽ,: :: :: :: :: :: : }    傷一つでもつけない限り、私たちは歓迎しよう
: :: :: :: :: : /: :: :: :: : l|\: :: :: :: :` ー-、: :/
: :: :: :: :/: :: :: :: :: :: :l|  ヽニニニ二∠/
: :: : /: :: :: :: : .,>'´  .  ,.イミミミ/A',
: :<__>,ィ≦,___ヽ  fセ斗-ャ ミ互/}               ,.'´⌒/
: :Ξミヾ〈彡´>云マ`.  ,'女叮乂 ミソノl                 {   ,'
 i rX彡 , ≧迦ル' A ?     i |r,ノ                i、   {
 >、派ミ  ',      ', ?、   .i 「キ       _       i.   i
  \'ーミ,, \    r'´,__,ツーミ、. ,' ! ',      《..   ヽ.     }_   .}
    マ∧,,   '; ≠≦彡ゞーミ孑 } ',       \  .ゝ.    {    i
     |! ∧',,  彡'´ィー=…'¨,,` .,/ .∧,_      .き  ':,   ト==∧,
      ハ':, \',,   ≧毟~「  ,,/  ノ / : :¨ > 、,、 __i  ,入_/j: :,.≦⌒Y
 ,.<´iム\', >ミ      ,゙イ//,' : :: :: :: :: :: :|/./.キ'": :ハ: :/    》: :X,
': :: :: :: : i ム: : ∀ミー‐≧三千´イ: :: :7/: :: :: :: :: :: : i!/.//i: :: :: : .八   ,..´`t: :〉
: :: :: :: : ハム: :∧: : ヾ: :: :: :: :: :/: : .,' /"¨: : ー-: : il/././.i.: :: :: :i 'y<   ク孑ヽ,
i: :: : /: : .ヾ,\: :\: : ヽ: :: : , ': :: :/: :: :: :: :: :: :: :: :il/././/',: :: :: :Y ヾ斗 ' ´  i: :i
.i!: :: :: :: :: :: : ヽヽ: : ヾ: :: :ー-.: :: : /: :: :: :: : >'´: : i|/./././/i、,: :: : ∨ ヾ   イミ. j
∧ー- : :._: :: :.\: :: :∧: :: :: :: :,': :: :,..'´: :: :: :: : A//././∨. ゝ: :: :|`' イ≦.: :: : //
 ∧: :: :: :: :: :≧‐-ヾ: :: :ヽ: :: : ,' <: :: :: :: :: :: :: ://./././∨ i|: :ヽミ : :: :: :: :: : //

540 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:17:10 ID:???0


      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}     そんな事するつもりはないけどさ
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"     …他に言う事はないのか?
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//



            ,  -‐‐…‐‐-  .
          /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :`ヽ
.       /: :: :: :: :: :: :: :: :〃「∨|ヾ: : }
    /:.:.:.:.:.:: :: :: :: :: :: :: :ゞ,!___」ノ:_::ノ
.    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :: ::_;: ::-‐: : ¨ ̄: :: : \
   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イァ‐ ,.へ _‐―‐‐xェ一'
   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ィ=守i  " ≧tラ^{ )チュ}
    ` ーァ爪てヾミ  {    '´'. { |     いや?特にはないが…?
      川込_うミ  ヽ   ,. 、) !
     (、_川i∧ jミ    ,.ィ彡ミメ〈
     冫少   、キ   } 〃こ二7/`
    彡ヘ、   込、 `  '⌒ ,′
  _/: :: :{ :` ‐ .,__  >x、   ,リ
<//ヽ : :: ::.:.:.:.:.:. :`;: : ::‐―〕¨´
: : \/∧:_::_::_::_:: :\::', :: :: : :l>- ..,,__
: :: :: ∨∧:: :: :: :: ::.` ヽ',: :: : リ: :-‐ ∨/∧‐-x



     / ̄ ̄ ̄ ̄\_
     / /⌒_⌒\ ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|     そうか、それならいいんだが
    V|  フ 、`^  |/ 
   / |  ヽ‐ヽ  /      (ヴィクター王って知名度ないんだな…)
   )  \´,‐v‐、 /、 
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 /

541 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:18:08 ID:???0



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7      ?
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|


┌──────────────────────────────┐
│ 「では」と、【強そうな】衛兵は巡回を開始する .....                  .│
│ 盗賊に襲われたばかりとはいえ、闇が迫っているにも関わらずだ   ..│
│                                          ......│
│ こうした善良な人々によって世界は成り立っているのだろう       .│
└──────────────────────────────┘

542 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:18:22 ID:???0



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} .    (余裕が出来たら…こういう人達を
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .      助けられるようになりたいもんだよな)
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌─────────────────────────────────┐
│ マコトはそう決意を新たにした                             │
│                                                │
│ その褒美というわけでもないだろうが、街中に見覚えのある姿を見かけた    │
└─────────────────────────────────┘

543 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:18:36 ID:???0


         _   __
      , '´::::::::::::`´:::::::::::::::`'::、
     //__ \::::, 、_/__ヽ、/ヽ
.    /::./´::/:\/:\ /::::\/},.ハ
.    l:./:::::/:::/;ィ:|::::::::/_l::::::::::::::\|
.    | ハ´:|:爪丁ヾ:::::ト、::::ト`::|::::\:::ヽ、
     l从:|ノ仗示 \{ ?亳テミヾゝ、ミ一'      う~ん…う~ん…
     / l__| ゞ-'    ゞ-'  / | \〉
    ∠, _|_,ハ   ′    /ニ,厶  ヽ
     入ル::;>、  `    /;;::_レ::::>-く
     /: :\_;==>ォ-ァ ´/〉-〈-ー'´: : :.|
.    /-一-/::::::\ ∨ ./´-、::{ィ ===ミ
   /_,: v=-ヽ__;;∠厶-ゞ-、::ノ--- 、: . ',
.  /  / ̄´   ヽ: : : :\ヘ=、 \ l
  /  /          |: : : : :.}  \ \ ヽ}
  {           |: : : : :.|     lヽ ト、
.  ヽ          l: : : : : !    ノ/ 、/
   \      __, ノ_,; イ   / \ |
.   / / ̄ ̄/´      〉─ ´  ヽ |_/
  /  |: : : : :l      /         l {


┌──────────────────┐
│ 半獣人の少女、薬士アルルゥである  .....│
└──────────────────┘



     / ̄ ̄ ̄ ̄\_
     / /⌒_⌒\ ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|    (おおっ!?こんな所に!)
    V|  フ 、`^  |/ 
   / |  ヽ‐ヽ  /  
   )  \´,‐v‐、 /、 
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 /

544 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:18:48 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   お姉さん、どうかしたにょろ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   具合でも悪いにょろ?
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


┌────────────────────────────┐
│ どうやって話しかけたものか、そう考える間もなく         ......│
│ お節介で人見知りしない性格のちゅるやが、先に声をかけた    .│
└────────────────────────────┘

545 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:19:00 ID:???0



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }     ちゅるやよ、絶望した者を無理に立たせるのは
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、     時に残酷なものなのだぞ。放っておいてやるがよい
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



             -―-
           '´         ヽ
        , ', '           .
.       / ,'/, / /i l  l i      !
        ' l| i,'l !イ||l ! l トl| |li ト、ヽゝ
        !リ!{ |l|l 'l゙!  '´「jヾ F|、、\     あ…そういうんじゃないんです
       ,!| ! l ! !j ,  l / |_l、"`゙、゙ヽ
       `''" /ヽ. `   ` ,E!ノ"リ!゙ ゙゛    はじめまして…わたしアルルゥっていいます…
         《 ((` ,ー┐ / リl ,. <      そ、その…お、お腹がすいて動けないんです…
          Yノリ'´l/!//  ゙
            /!ヲi !/ /,F!  /  i.     ナユタの実とか…持ってません…か?
.          / i l l /! l  /    !
          ∧ l | |' .l l  i    /l     【ナユタの実:元気度が70回復する消費アイテム】
.        くゝゝl | ト、! l  !  /》ヘ

546 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:19:14 ID:???0



                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ     い、いや、そういうつもりでは…
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、
       /::: :::. ::l´:::::) |           u. |(:::::::l::: .::: :: l    娘よ、紛らわしい真似をするでないぞ
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ
       / /      l   l ‐‐┼--- ⊥\__//   l     ヽ ヽ
      / /       l   l  ‐‐┼---⊥___  ヽ  l     ヽ ヽ
    / l      l  ,/ /―--\-⊥____  ヽ  l     l  l



┌────────────────────────────┐
│ どこかで見たようなやり取りが展開される                │
│ 「波長が合う」というのはこういった場面でも表れるのだろうか    │
└────────────────────────────┘

547 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:19:26 ID:???0



     / ̄ ̄ ̄ ̄\_
     / /⌒_⌒\ ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|    ま、まあまあ…ナユタの実でいいんだな?
    V|  フ 、`^  |/    
   / |  ヽ‐ヽ u /  
   )  \´,‐v‐、 /、 
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 



      ./:.: : : : : : : : .:.: : : :.:.: :.:. .:.:. : : .:.:.:. : : : :.:. : : : : : : : : : :ヘ: l
     /:.:.: : : :.: .:.: : :.l:. : : .:.: :.:.l:.:.:.:. : :.:.:.:.:. : : : :.:.:. : : : :. i:. : : :lヘ l
      .i:.:/:. :/:.:. :.:.: :l:.:l:.: : :.:il:.:.,イ:.:.:.:. : :.l:.:.l:.:. : : l:.:.:.:. : ::.:. '. . : :.i:.ヘi
     .l:イ:.:. i:.:.l: :l:.:.:.i:.:l:.:.:.:_Li..Ll_lヽ:.:.:.:.:l、:.i_、__:i:.:.:.:.:. : :.:.ヘ:.:.:.:ヘ:. l
     .ll l:.:.:.l:.:.l:.:.li:.:.:.l:.lキ'':.:l l:.l ll`ヽ:.:.:.:.l ',:i \:.:`ト 、:.:.:.:ヽ:.ヽ:.:.:.ヾゝ、      いただけるんですか!?
     l ゝ:.:.ll:.li:.:lヽ:.:lヽ \l _l:l--l.、 \:.:.l ゝl--\:.l\ヽ:.:.:ヾ、ヽ、:.:.\ 
     / ヘ:.l l:l_l:l__ヽl _z===ミ.   \i z===ミ ヽ,,ゝ-:\ヽ` ー`、       ありがとうございます!
   ∠_ ....,, ゝ''¨  ,- 、-― 、             ., -‐‐, '⌒ヽ`、    丶、
. /: : : :/    , '   ヽ  '.     i       ,  r'-- ..._ ヽ \....__、--:丶、
'- z,--/    ,イ _..- '¨´ヽ  '.   r====、    .,'  r'‐ 、    l  ヽ: :__:、 _:z
../ /    / i    /´`i  i   l, -- 、.i    ., /\  `   .ト、  ヘ=- 、 ト、
''ヽ,r/    / l      /`i l   l    l    , '.  `    ,' i   ヘ_...._ r
`ヽ/       l     ' / .ト、  ヽ__ノ  , イ  ヽ     , l. l    ヘ  _`..
ニ/       .l 、     /  l:ヽ` 、 __ .. イ: : :l   l       /: l      ヘ¨,, -
./         lヘヽ   ノ   l: : ヽ    /: : : i   .li    /i: : l      ヘ`丶
'   /       l: ヘ  ,イ    .l: : : :\ /: : : : i   lヽ、   .l: : l        ヽ


┌──────────────────────────────────┐
│ わざとらしくはなかっただろうか?そう心配しつつ実を一つアルルゥに与えた    │
│                                                  │
│ 以前も本人から聞いたが、本当に好物なのだろう                 ......│
│ 空腹も手伝ってか、相変わらずもの凄い勢いで食べ始める              │
└──────────────────────────────────┘

548 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:20:03 ID:???0



<ウンマァァーーー!!


      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙      なあアルルゥ、食いながらでいいから聞いてくれ
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!     俺は海賊マコト
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}     こっちは人工妖精のちゅるやに【違法な】ヴィクター王だ
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"     俺たちは魔王討伐のために旅をしている最中なんだ
    `lヽ /  Y ヽ/- 、.     見れば薬士のようだし、俺は出来れば力を借りたいと思ってる
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ. 
     | ヽヾー--'' ノ j       一緒に来てくれないか?
      |  ヽヽソ//



       _l      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       \   / /" `ヽ ヽ  \
      <  //, '/     ヽハ  、 ヽ
      / 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   あれ?よく見ればこのお姉さん…
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ|
          |ヘ   ゝ._)   j.  | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

549 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:20:42 ID:???0



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、     ふむ…「波長が合って」おるな
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.    薬士ならば、確かに旅の役にも立ってくれるじゃろう
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



     / ̄ ̄ ̄ ̄\_
     / /⌒_⌒\ ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|    (本当なら街に入る前に、ちゅるやが仲間の気配を
    V|  フ 、`^  |/     教えてくれてなきゃいけないんだけどな~)
   / |  ヽ‐ヽ u /  
   )  \´,‐v‐、 /、 
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 


┌────────────────────────────────────────┐
│ ちょうど人工妖精が仲間の気配を感知する場所で                           │
│ 仲違いしかけていたからだろうか。ちゅるやが気付いていなかっただけかもしれない      ...│
│                                                           .│
│ どの世界でも同じ人間が仲間になる保証はないのだが、                      ....│
│ そこはこうして、実証を重ねていくしかないだろう。ある意味貴重な実験の機会でもあった     │
└────────────────────────────────────────┘

550 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:20:58 ID:???0
 


l|l|l|l|l|
l|l|l|l|l|
l|l|l|l|l|__
l|l|l|l|l|:. :. : `:. .、
l|l|l|l|l|:. :. :.  :. :.\
l|l|l|l|l|       '.,
l|l|l|l|l|:. :.|:. :. :. :. :. .:.',
l|l|l|l|l|:. :.|:. |:. :.|:. |:. :.l
l|l|l|l|l|:.:/| ┼:. |:. |:. :.|
l|l|l|l|l|:/ j:/L : |:. |:. :.|
l|l|l|l|l|'   んi7ハ:.ハ : |
l|l|l|l|l|   ムソ/7リ:ハ从
l|l|l|l|l|   . イ;/ ',      え?たしかに私はおくすりが作れますが…
l|l|l|l|l| <; Lj  ゙',      戦う力はありませんよ?それでもいいんですか?
l|l|l|とつ:. :ノ从,.  ゙'.,
l|l|l|とつ:. :. :./ ゙' , ,、,、゙',、
l|l|l|とつヽ =ヽ
l|l|l|l|l|ノ ム:ハハ
l|l|l|l|l|  | } ヽ
l|l|l|l|l|  /.7二j
l|l|l|l|l|/
l|l|l|l|l|
l|l|l|l|l|― 、
l|l|l|l|l|   \




   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )     ああ、問題ないさ…二人もいいよな?
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\


┌───────────────────────────────────┐
│ よく考えれば仲間を二人増やした事はなかった                     ..│
│ こういった場合はどうなるのだろう?それを確かめる意味でも聞いてみたが、  ......│
└───────────────────────────────────┘

551 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:21:13 ID:???0



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '     うむ、ちと問題はありそうじゃが…わしは反対せんよ
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   ちゅるやさんも大歓迎っさー!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


┌──────────────────────────────────────┐
│ ヴィクター王が間に入っているせいもあってか、ちゅるやもまるで反対する様子はない   │
└──────────────────────────────────────┘

552 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:21:30 ID:???0



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { . 
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ .     アルルゥはどうだ?
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ        魔王に仇討ちをしたい…なんて事はないのか?
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌───────────────────────────────────┐
│ 卑怯だとは分かっている                                  ....│
│ しかしマコトも、なりふり構っていられるほどの、余裕があるわけでもないのだ    .│
│                                                    │
│ 前世の記憶を使い、アルルゥの心を揺り動かす言葉を投げかける         ....│
└───────────────────────────────────┘

553 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:21:53 ID:???0



: : //: : : :/: : : :/: :/: :/ l : : :l: :l、: : : : l: : : : :l: :ヽ\: l
: //: : l : l: : : /l: :イ: :/l:ハ: : :ト、l_ 、: :、: 、: : : \: :\:
:, :l : : l l: l: : /-l:爪 / l'  、 : l‐ヽ \トト\: : : : \: :ミ
:l: l: : :l|:l: l: / .≠=l'=ミ   ヽ:l ,.≠==、ヽ i三ヨ ┬\
:l: ヘ: :llへl/ 〃l七Zタぅ    ` r亡Zタj ヽ l:.:.:.:l  l: : :    仇討ち…ですか
ヘl ヽl:.:.:.:ハ (二う ̄´     ` ̄(二う l:.:.:.:l.  l: : :
__/l≠=ハ. ' ' '    ,     ' ' '   ,_:.:ト、 \:    谷の皆の仇が討てるなら、お供させてもらいます!
:::::::::::::l,≠=ハ     ______     /三ミl::::````\
::::;::::ノ「 ̄ ̄ハ    (.三三三.)     /: : : :`ト、::::::::::::
イイ: :州从从l\     ⌒      /へ: ト从: `````



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ     そうか、すまないな
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::   …ちなみに道中の食事は「おいしいお弁当」か、草だ
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::   よろしく頼む
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::



         _,,,,,ィ=ー-、_   
       /. : : : : : : : : : : .ヽ  
      /. : /: : : : : : : : : : : : .\
      /. : /: : : : ハ: : :}斗、ヽ: : .|
      |. : /_: 斗〒\八」 ∨リリ
      乂レl;?弋ノ      };l_>    えっ
    ∠___l;人  , ─ァ  ノ'ノ
      |: :从ハ`┼一ィ刋:::\  
      |: : : : : : :};Y/ハ{;;;;;;;;ノ  
      ヽ-‐ァ‐ァ';|l/\∧イ   
        /\/;;|l' ̄ハ }    
        /  |;;メ二ニ| |
       ャ、__/l;lゝ   ト‐|
      / `/|_,_|;|,_,_,_,_,_ト′
     /  / |==|;|=====|
   ∠、,,ィ~' └r幵─‐r七
         {Ξ}  匕}

554 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:22:19 ID:???0



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} .    草の種類は「触手の草」以外だ
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡     あれを食ったら、下手すると闇に飲まれるからな
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .    もしくは「サボテンの肉」か「動物の肉」だ
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃     
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ

触手の草…投げて相手に当てることで5ターン拘束
サボテンの肉…LIFE+30 元気度+40% 砂漠に落ちていることがある
動物の肉…LIEF+20 元気度+20% オオカミや大型の獣がドロップ。臭いが我慢して食える


┌───────────────────────────────────────────┐
│ 獣化の抑制の為、ナユタの実を食べさせるわけにはいかない                        ..│
│                                                              ..│
│ 「おいしいお弁当」は割高だが、選択肢があまりに酷い上、                          .│
│ 自分たちだけナユタの実を食べるわけにもいかないので、必要な出費と思って我慢する事にした  ......│
│ 幸いにも魔物退治や迷宮探索によって、これが買える程度のシルバ(お金)ぐらいは貯まっている  ....│
└───────────────────────────────────────────┘

555 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:22:33 ID:???0



        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::、::、:::::ヽ:::::::ヽ
.      l::::::::::::::::::l:::|:::|:::::::}|:::|:::ヽ::、:ヽ:::!
     -}=彡:::/::/斗ノ}::::/リー}-ハ } l }リ
   ー=ァ=彡ノ::/::ノ__ノノ  ==、从从
    /:::::/::::イ〃´    '   l  |      あ、あの、ナユタの実は…
    ,':::::/|__|      /ニコ u. }==ト、
.   {:/ ,|=|〉、   {⌒`j   人= ! \
  ∠ニ= 个从:::l`     ̄ /::::}jハ}7ー=ミ
  / \::::ヽ:::::::::}: 人 ` T´l\::」::ノ:::|\
  ,'::::::::::`T¬ー=く::::::\ |:::}  }:::\::j:::ハ



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .    選択肢に含まれません
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ

556 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:22:53 ID:???0


    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、        ふ、ふむ…まあいいじゃろう
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.       協力してやろうではないか
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ u.   / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
      ?堯 ? {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|   あ、あれ?王様まで!?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



┌───────────────────────────────┐
│ アルルゥの姿を見て、ヴィクター王もある程度察してはいるのだろう   ...│
│ マコトの無茶とも言える方針に従う構えだ                   .│
└───────────────────────────────┘

557 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:24:43 ID:???0



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}       さあ、そうと決まれば、行くぞアルルゥ
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ      これからもちゃんと食わせてはやるからな
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::    ひもじいのは嫌だもんな!?
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::



.                   ,. -‐  '' ~  ̄ ~~ ''' ー-- ._
.               , ' ~                  ` 、
            ,. '~                        ヽ.
          /                            ヽ.
.         , '                                i.
.         ,.´  ,. .      ,'  , ´             ヽ      }.
.       ,.'   ./       /  /   .   ,;         .i     !
      / ,  ,.'       ,'   ,'   .}  i .、          }、     !
     ,.' /i   ,.'      ! .i  { i   i  !. {.ヽ.  .   .i.   .i、   }
      / ,' .{   .i    ; .{ !  ! .{   !.  i  {、_i、 ヽ 、 i、   、`i.  .l
.     i ,; .i   .{   i  .{ . iー{ .i‐{ .i !  l l、~i、.{、i . _ゝ、.` 、ヽ.` .  ` 、` 、. i
    { /.i.i {   .!  .{  i l!, ',ニ ‐、l {. { l { ., ;ニ~-~、.、 、ヽ. ヽ.` 、 `ー 、.}
    i { ! i.  i.{  l.  {,_i,i´P.  i  ヽi `  P .   .l`i!`}iー.、.ヽ. ー-、 , .}
     l! l ヽ.  !.! .ヽ.  `i.' ! r , l   `    ! .{ ; .i   /-、./;:`ー ' {~  !    (希望が断たれた…)
         ヽ { i、i、  }  } ゝ_ .ノ       ゝ.__ .ノ  ./  /;:    .;i   !
          ` ヽ ヽ,.iゝ.;;i.      ,          /  /      !  .}
              {,ー-;;.ゝ       _        /-、./!       l.  i
              i  ,-{=` 、           {~`-i'} lヽ.ハ. _ハ. }i,.'
.               .l  / i  !`; .        , ' i~`i_/  !.      ` ' ヽ.
             { ,.´ ., '   .ノ i、 ` ーr‐ '   ,'  /   l.        i.
.             !;'    __,{.    .}   i    {  ;'    `'ー;__  __   ヽ
            {i  ;_,.-'~ i.   ,i'  _i   _,. '.{      ,..   `-、!. ` 、.   .}.
.            /' _ノ{   {__ ;ノ__r‐' {_,., '  /.ゝ__  , '~   ノ、     \ i
            ' ~  〉、__,.i  `r "/   !. '   / .i'ー-i`ー-─''~   \    ヽ!
               /   /ー'-、}./   /    / r' ー 、}          ヽ.
.              /   {_  _`{   ,'    /  `- 、_}           ヽ.

558 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:24:57 ID:???0


┌─────────────────────────────────────────┐
│ 元海賊の持つ妖しい魅力と強引な誘い、さらに合わせて年齢差が                   │
│ 100歳を超えていそうな男達を前に、アルルゥは断る事も出来ず、旅に同行する事になった    │
│                                                          ......│
│ 闇に襲われて以来、獣の耳と尻尾が生え、飢えに苦しむという過酷な経験を経た彼女に、     .│
│ 更に理不尽な運命が待ち受けているとは、この時の彼女には、まだ知る由もない           │
└─────────────────────────────────────────┘



            , -‐'‐<  ̄ >―- 、
            ,イ                \
.            / L - 二 ニ二二ニ 二 -、ヽ.
          //レ'´             、`ヽハ
.         / i i /  i i  ,イi  ; i i  |i  ヽ. ハ
       _.ノ_ノ / _イ/! / /| /1ハ ハ ll i i ハ i|
      ´フ´_ィ7 .ィi/z≧ュ勹/ |Ll斗-!N | } !|i リ
.      ´/7 T⌒{!'i《{_」! ′ 爪_}ト、川_ ル' リリ′   マコトさん!癒しの草です!
.       レ′ |  | 弋zツ    辷ソ ' ハlハ.レ′
.      / `_フ|二|  ' '    ,  ' ' ム_ハハ
      ´´^T´^´ ハハl\   r_ァ   .イニ个ト、_ヽ._
       \ ´^^` rッ>_、 __ . イ7iハiハリ 厂```       / }、_
.           >―‐ト、 r'´l 〈z≠、 __ ノ        n ./ / ノハ
         /      `┴くNレ‐-、!>、         〈 '     }
       /      \   ハ `TT´   >、      _j_   /
.       i           , >、ハ N i  〃´ >、  r'´   \ r'
.        |       〃   `>、  |i r'  ヽ/      〉

559 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:25:08 ID:???0



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} .    おう!すまねえ!
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { . 
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ      【マコトはLIFEを40回復した!】
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌────────────────────────────┐
│ 一行は大きな街を出て、とある迷宮を探索していた         │
│                                         .│
│ この世界には数え切れない程の迷宮があり、その内部には   ...│
│ 今や魔物がひしめいているものの、数々の宝が眠っている   .....│
└────────────────────────────┘

560 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:25:56 ID:???0
 


┌─────────────────────────────────────────┐
│ アルルゥが同行してから、既に2日が経過していた                            .│
│                                                          ......│
│ はじめは強引に連れ出された事もあり、不審がっていた彼女だが、                  .│
│ もともと「波長が合う」ことが仲間の条件であり、陽気なちゅるや、少しおかしなヴィクター王、   ..│
│ そして見た目はともかく、マコトも悪い男ではない                              │
│                                                          ......│
│ そう気付くと、アルルゥの態度も次第に軟化していった                           .│
│ そして他の3人も、彼女が時折口ずさむ、母の思い出が詰まっているという歌と            .│
│ 戦いの時に差し出される薬に、文字通り癒されていた                           │
└─────────────────────────────────────────┘




      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!     しっかし、だいぶ荷物も重くなってきたよな…
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}   
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ     予備の斧を少しづつ強化しているとはいっても
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"     さすがに重くて仕方ないぜ
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ.    誰か少し、荷物を持ってくれないか?
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//

561 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:26:17 ID:???0



             -―-
           '´         ヽ
        , ', '           .
.       / ,'/, / /i l  l i      !
        ' l| i,'l !イ||l ! l トl| |li ト、ヽゝ
        !リ!{ |l|l 'l゙!  '´「jヾ F|、、\
       ,!| ! l ! !j ,  l / |_l、"`゙、゙ヽ   すみません…ただでさえ
       `''" /ヽ. `   ` ,E!ノ"リ!゙ ゙゛    飛脚並の速さで進んでいるので…ついて行くのがやっとです
         《 ((` ,ー┐ / リl ,. <
          Yノリ'´l/!//  ゙
            /!ヲi !/ /,F!  /  i
.          / i l l /! l  /    !
          ∧ l | |' .l l  i    /l
.        くゝゝl | ト、! l  !  /》ヘ



                  , イ二二二ミ 、
                /         \
                 //         ヽ',
              _/ {           } |_
             /  /            |  ',
             __/    { ィ==z  ,ー==-、 }   ',
          / /     }:| '-zェx ー' xェァ-'  !!  l
        /   | ィ―、| |  ー´ i   ー     }|   }__     同じくじゃ
         /  :i|/    } i{ /' ー'`ヽ   /,ィー 、  ' ,
      r-|   ',    ノ| {ヘ _ィ===z、__, / {      l     非力な理術士、しかもこんな老いぼれに
    x--/ |  ___ {`ー ' \ヽァ_7lーハ  ,/ /',    /   }ニ=、   そこまで求められてもなぁ…
.   /  /  i!{´   ',::::::::::::::::::ヽ   ー' ¨ /  ー‐ '   \::ヽ
  /  /   廴___ノ:::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ヽ/:::::::::::::::/⌒ヽ   }:::|
  .′ ィ‐― v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::弋   /  ├x
  |  {    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー ':    !  ,
 ,イ⌒ヽ ー‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄`  ',
 {   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{     / │

562 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:26:36 ID:???0



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ      アルルゥはともかくヴィクター王…
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\     俺と同じくらいの歳じゃねえのか!?
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{/    \リ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|    じゃ、じゃあちゅるやさんが持ってあげる…にょろ…
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



       _( ヽ_
     // | |  |\_
     / /  ⌒  \ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|    いやいや無理すんなって!
    V|  フ 、`^  |/    お前なんて、ナユタの実よりも軽いじゃねえかよ!?
   / |  ヽ‐ヽ  /  
   )  \´,‐v‐、 /、 .
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 


┌──────────────────────────┐
│ とはいえ、マコトが弱音を吐くのも仕方のない事ではある    │
└──────────────────────────┘

563 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:27:18 ID:???0

 *現在の荷物*

┌────────────────────┐
│表示耐久力【】内  重量「」内 特性        .│
│                            ....│
│E:バトルアックス【121】 「8」   壊怒上応    .│
│E:チェインクロス 【103】  「5」  応         .│
│E:スケイルシールド【28】 「3」           ..│
│                            ....│
│剣(?)「4」                      ..│
│バトルアックス(?)「8」              .....│
│                            ....│
│消費アイテム *全て重量は1個で1       ...│
│                            ....│
│サボテンの肉×2                 .....│
│癒しのアンプル×3                .....│
│周辺の地図×2                  .....│
│応急修理の巻物×1                 │
│枯れた草×1                      │
└────────────────────┘


┌─────────────────────────────────┐
│ 今のマコトの持つことが出来る総重量が39。今は総重量37だ           .│
│ 完全装備の上に物資、更には予備の武器を二つも持っている        ......│
│                                                │
│ 鑑定屋が盗賊に襲われ、道具屋では「分析の巻物」が品切れだった事で   .│
│ 売るに売れず、捨てるに捨てられなかったのだ                   .│
└─────────────────────────────────┘

564 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:27:40 ID:???0



    ,.. -─- 、
   / , '⌒⌒ヽ.ヽ    
    iノノ从从、_`、!    
   iハ'´{  }`Yヘi`    とりあえず、枯れた草と周辺の地図を一個、捨てちゃいません?
   /,,.}{ゝ"‐"ィ}{ハ.    
  '´,ゝイ ! V トrく``.   余裕が4あれば、重たい装備じゃなければ一つは持てるでしょうし…
.  / , | |y /| j ハ   







      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}      うーん…周辺の地図は悩む所だけど…
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"      下手に効果が切ると厄介だからなぁ
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//

565 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:27:55 ID:???0



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、      消耗品を3つ持てると思えば、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.     枯れた草だけで良いとは思うがのう
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\  気になる物があれば、その時に捨てればよかろう
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



             -―-
           '´         ヽ
        , ', '           .
.       / ,'/, / /i l  l i      !
        ' l| i,'l !イ||l ! l トl| |li ト、ヽゝ
        !リ!{ |l|l 'l゙!  '´「jヾ F|、、\
       ,!| ! l ! !j ,  l / |_l、"`゙、゙ヽ   あ、それもそうですよね
       `''" /ヽ. `   ` ,E!ノ"リ!゙ ゙゛
         《 ((` ,ー┐ / リl ,. <
          Yノリ'´l/!//  ゙
            /!ヲi !/ /,F!  /  i
.          / i l l /! l  /    !
          ∧ l | |' .l l  i    /l
.        くゝゝl | ト、! l  !  /》ヘ

566 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:28:14 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   さすが王様にょろー!
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



     / ̄ ̄ ̄ ̄\_
     / /⌒_⌒\ ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!     (ヴィクター王、毎回城から消えなきゃいいのにな)
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|
    V|  フ 、`^  |/     そうだな、それじゃあそうするよ
   / |  ヽ‐ヽ  /     
   )  \´,‐v‐、 /、 
_/`   `ト、__/| \     【マコトは枯れた草を投げた!】
     \\\/ /、 / 


┌──────────────────────────────────────┐
│ ヴィクター王がいれば、ちゅるやはいつも幸せそうだ                        │
│                                                       .│
│ この人工妖精に最も同情を抱いているマコトにとって、この思いは当然のものだった   ...│
└──────────────────────────────────────┘

567 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:28:31 ID:???0



l|l|l|l|l|
l|l|l|l|l|
l|l|l|l|l|__
l|l|l|l|l|:. :. : `:. .、
l|l|l|l|l|:. :. :.  :. :.\
l|l|l|l|l|       '.,
l|l|l|l|l|:. :.|:. :. :. :. :. .:.',
l|l|l|l|l|:. :.|:. |:. :.|:. |:. :.l
l|l|l|l|l|:.:/| ┼:. |:. |:. :.|
l|l|l|l|l|:/ j:/L : |:. |:. :.|
l|l|l|l|l|'   んi7ハ:.ハ : |     あら?どうして投げたんですか?
l|l|l|l|l|   ムソ/7リ:ハ从
l|l|l|l|l|   . イ;/ ',
l|l|l|l|l| <; Lj  ゙',
l|l|l|とつ:. :ノ从,.  ゙'.,
l|l|l|とつ:. :. :./ ゙' , ,、,、゙',、
l|l|l|とつヽ =ヽ
l|l|l|l|l|ノ ム:ハハ
l|l|l|l|l|  | } ヽ
l|l|l|l|l|  /.7二j
l|l|l|l|l|/
l|l|l|l|l|
l|l|l|l|l|― 、
l|l|l|l|l|   \



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{/    \リ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|    え゜…食べたかったにょろ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !    アルルゥはめがっさ苦労してたんだにょろ~
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

 枯れた草…元気度を5%回復する

568 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:28:47 ID:???0



  /:::l::::::::::::::::::::::::::::ハ::|.l::ト、::::::::::ト、:l、:ヽ::::::ヘ. ヾ:ヽ
 {::::::::|::,::::.:::::l:::::::::::/. |::} |:}. \:ー┼lト.l:::::}ヽ::::ヘ V
 |:::::::|/::/::::::|::::::_;」ィー'リニリ   ヽr=|=、。!::::|. ヘ::::|
. |::::/;:ィ::::::::ハ:::"l:/,.r''" ̄    ーヽ|  ヽ\  V
  {://::j::::::/f !:::::!ひ  ,'  ,.r==ュ、    }}. ` ー、        思い出させないでくださいよ!?
  '"j::::j::::/!  |::::| {l  i: /´    {    ハ、__,. Z`ー-、
.  /::.:/|/ {'ニニ{:::|.{i  li { __ __  |  //./ / フ'"Z  ̄`
 /::::/  {'ニニニN |l ij { {' ____゙.r{ /:ヽ<_/./:::::≦
./::/''゙''"ノ:::::::::::ヘ ゙、   `ー― '´,/::::::::::::`ハヘ'゙`  ____
∠,,ィ''"゙゙ヲルvwハネ  ` '`ー---- uハ::::::::::::::ヾヽ_,ィー'":;/{
\..:::::::::::::::::::::::{ \    / lヽ!::::::::::`ー-、__//''"::::{::::〈
  \:::\:::、::::::{  \   ! | \_:::::::::::::::::::;;l」j、:::::::ヘ::r'



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
      ?堯 ? {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|    ホントに食べてたっさ!?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

569 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:29:08 ID:???0



       _( ヽ_
     // | |  |\_
     / /  ⌒  \ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|     まーたコイツは…要らんこと言いやがって…
    V|  フ 、`^  |/ 
   / |  ヽ‐ヽ  /  
   )  \´,‐v‐、 /、 .
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、      (わし、悪くないよな…?)
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ


┌─────────────────────────┐
│ アルルゥという仲間が増えたこともあり、旅は以前より  ....│
│ 安定して進む事が出来るようになっていた          │
│                                   .....│
│ それでも油断すれば危険な事には違いないが━━   ......│
└─────────────────────────┘

570 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:29:35 ID:???0



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!  .    迷宮の中ってのは暗がりが多いだろ?
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}    
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ      だから要らない物があれば、こうして物を投げて
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"      危険がないか確認するんだよ
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ.     魔物に当たれば反応があるし、
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ    進んだ先でバッタリ…って目に遭う事も避けられるだろう?
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//



              _.......... -=――==‐- .._
          _.. -''"´  ./      ヽ、    `'-.、
        /     /         ヽ  ヽ、   \
      ./      /        l  l '   ヽ ヽヽ ヽ
     /       /      l  l l  ll ',   ヽ ヽ ヽ.',
     /        / /    l  l l l  l l ',    ヽ、ヽ ヽ.',
   /        / /     /l /l l l  l l l     ', ', ',ヽ
   ,.l     _...-''/  / ./  _...___/ll l l  ハl .l-l   l  l l .l l
    l‐- ...__ -‐' _..-./ ./.=-''// / l/ll.l  //l/ l   l  l .l l l l
   .l ..  -==- ' /  /  /_..-_=-、 l/ ./ /l/,,'i.l   l  l //l l/
   .l-, ‐--... -'" _../ ./// /:::::o', /i / / /lol ll / / /// l /l
   l  -''、__..... - ' _/ /  l l::::::::::::l  '"  / l:::l l./ / /./ /.ハ
   l      //',./ l   ヽ::::::::::l     l_l / /.// /
   l    /  /l   .l   ヽ-‐'      /_/i''
  .l l .l /     l.   l  /l/l/l    ___   l V          あぁ、なるほど!
  l .l .l/       ヽ==l_         / / /l_ l
  l l /      ::::_./>--'-ヽ       i..//-i _...il          流石に旅慣れてるんですね!
  .l /      ::/  i__. ..__i   l‐-- ../-  .i- _..‐--、 _..._
  /  .. ...:::::/、    ヽ、  l      l''-==-'   v-'へ.i
 /:... ::::::_::/   \    ヽ  l \    /l     / iヽ ./
 i::::::/ヽ \..._\  ''- 、\ ',',_ i、_.\ / l     ,' / .//
//r==//‐--====-、___ \ヽl.l .._\\iヽ-==--‐''/ /- _ ̄ ',
 /---/ /- '"´_........._  `''‐i-\..-'"ヽi._v''-/ 'i‐'"´  ハ ''‐、ヽ、l
/    /_..-''"==----- .._-/l  ヽ- '"'i ヽ',l        \_ ヽ, l/
    /./"´ __    ヽ-,i-l.\/ヽヽi       i \  /
‐- ._//_..- ' " ´    ` ゙‐ .._ ヽ// .\ _..-‐- 、    >  Y
__/__/i/          ',   ヽ ヽ ヽ、 Y    ゙ -、 / ....ノ
   /           ',    ヽ l.._ヽ l  ヽ、   ヽ /
 ̄ ̄ l \         ',    ヽil \/_   \   /  へ
 l  .l            ヽ   // /   ̄ `゙''‐--i  /  ',

571 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:29:51 ID:???0



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )      旅慣れてるっていっても
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ         本来は船旅なんだろうけどな
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\


┌────────────────────────────────────┐
│ 海賊マコトが王城まで行った経緯を思い出すつもりもないが、               │
│ どこまでも徒歩の旅を、海賊が続けるのもおかしな話だ。そう自嘲気味に考える    │
└────────────────────────────────────┘

572 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:30:26 ID:???0
 


┌─────────────────────────────────┐
│前述したが、陸の上では大した特徴のない海賊である              .....│
│水泳のスキルはほぼ使わない上に、もう一つの開錠スキルも、           .│
│宝箱を斧で叩き壊した方が効率が良いという報われなさだ            ...│
│                                                │
│しかしLIFEと筋力は伸びが良く、体力の少ないヴィクター王と          ......│
│戦闘能力のないアルルゥを庇う壁として、安定して役割を果たしている       │
└─────────────────────────────────┘



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )      (案外どうにかなるもんだな…)
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\




                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }     人生経験はわしの方が上じゃがな!
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }

573 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:31:20 ID:???0



               _...   ..._
        _ .. -― '"    、` ヽ、
     _.- '"          ゙ 'ヽ、 .ヽ、
    _.-'         i:.   :.   ヽヽ \
   /        i:.  l l、:. l :.:.:.:. \ヽヽ
  l   l:  :. i _..ハl l:.:.l lヽ-‐lハ._:.:.: lヽヽ',
  |   |:. :.:./:. _l l l:.l l| .--..、ハ:.:.:l:.:.| ヽ
  |   |:.:. / | //::o、リ   l:::::Oi l l:.:ハ:l
   l  ハi:.:.:.:l l l :::::: l     ヽ,__ノ l :l =ヽー
  l  //l:.: l ヽ-‐'    ,  /l/l|:.l `'´i''    (変な人達…でも)
  l ./_. :.:.l:.:  l /l/l/       /=l''"´
  l/ ´ `´ l==l      _   /.l==ヽ
 ∠‐i..-<''"´l=ニi、  .___´ /i:.: l-‐''フ
.  |:.:.:.:.:. . .フy l_._._.iヽ、 /l_:.:.:.:.:.:>= 、/
  `'‐-、..l l:.ヽヽ ヽ、\ l  ̄'' l:_.:.:._l
.   /   l:.:/`゙'/    l  l i.._:.:.:.:.iヽ、
  /    ゙""´ ̄ ヽ、 l  l  |   ヽ
  /、       l  ヽヽl  l l  l     lヽ
. /  ヽ、      |   l | |  | |  l   | ヽ
/    ヽ、     |   | | |  |  |  ヽ/  /


┌─────────────────────────────────────────┐
│ と、アルルゥは村を出る時の事を思い出していた                            .....│
│ 両親、兄弟、すべて闇に飲まれてしまった                                 ..│
│ 体の変化に恐れ戸惑い、一人さ迷って飢えを凌ぐため、草を噛んだ生活              ....│
│                                                          ......│
│ お弁当以外は今でも草を食べる羽目にはなっているが、                       ......│
│ もしかすると、全て気付いた上での配慮があるのかもしれない。そう考えていた           .│
│ マコトもヴィクター王も、たまにアルルゥを、ひどく優しげな目で見ているのだ            .....│
│                                                          ......│
│ それでもこのおかしな仲間たちは、この姿に恐れたり、奇異の視線を向ける事だけはしない    .│
│                                                          ......│
│ アルルゥにはそれが不思議であり、また、とても嬉しく思っている                   ....│
│ 出来ればずっと、この旅が続けばいいのに…そう思えるようにすらなっていた            .│
└─────────────────────────────────────────┘

574 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:31:35 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{⌒   ⌒ リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   あっ!みんな~
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   この迷宮の外に、仲間になりそうな気配があるにょろー
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.       从 l||l  | ヾ:::|三/.l||l人.∧ |
       ( ⌒ ) |  ヾ∨:::/( ⌒ )  |



     / ̄ ̄ ̄ ̄\_
     / /⌒_⌒\ ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|    おっ!ホントか!?
    V|  フ 、`^  |/ 
   / |  ヽ‐ヽ  /     怖いくらいに順調だな!
   )  \´,‐v‐、 /、 
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 



                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ     フハハハ!この調子ならば
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }     魔王を倒せる日も、そう遠くないかもしれんのう!
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }

575 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 04:31:52 ID:???0



┌────────────────────────────┐
│ だからこそ、アルルゥは期待した                   ....│
│                                         .│
│ 彼らの言う「波長が合う」人というのは、彼らのように奇妙で、    .│
│ そして気持ちがいい人達なのではないかと             ....│
└────────────────────────────┘



               ((⌒ヽ ,. - - 、
              ゝ-< 、 、  `ヽ、
              ,. ´⌒ ``` 丶 丶、  \
         /  i  、 `ヽ  ヽ \   ヽ
         〃,   i 、 \   ヽ ヾ  ヽ  ヽ
       〃/  i l iト、、 ヽ ヽ ヾ 丶い  ヽ
       il i i i li l iい\  リ´_こ_ ヾ 五、   ヽ
       |! l ! l iハ,.ィ '´ _ヽ ヘ;:; :;:ヾ. |  「``ー-い、
       |! i ! l ヽ ヽハ;ヘ    ヾ-ソ l  |   _,.ソ´     (次はどんな人が加わるんだろう?)
       ヽ ヽ い  ミハ;:ヘ       l--|,.~'´  ハヽ
.  i`ヽー~彡' \ ゝス\`’ ー'  /i⌒i i l /// /ノ
   〉’ 弋 ̄    /  ハこ>‐-- ‐ く/レリ ヘVハイ '´
  从リ  `ヽ   '"´「 レルハ / /ー~'´ ̄ ̄ヽ戸ト、
    ムフ ノ'´⌒/  ノ   ノ /     ヽ    ハ~'´
    ァ' (ノ   / ┐ ゞ /__ノ          ',     !
    {     ノ  ! リ /ーヘ         !    l
.    〉 ー~´   /レ /く__ノ、       ,'    ハ
   /       ゝ /⌒ヾ>⌒ヽ  /     /  ヽ
.  /      , -'´{ 弋ゝ__ノヽ、  `~}    / r‐‐ヘ
  /     / /  ヽ〈 ~    ゝ.,___ノ i    / / __ノノ〉
  `ヽ、. /  ,'   ハ       ノ__V    }__ソ⌒7'"´     /i
    Y                 /  j    }   ノ      , ' i
     `ー -- 、        /    ____ _ \ j        ノ  }
        /\     / ,.-'´ ̄ --、___ /´ ̄ 7'    /   シ
         /___/\ ___/,.</ ̄ ̄    }  ヽ  {    / ~,イ
          ``-~'´/  ゝ.    ´ ̄ !__ _j  j   ノ   ソ,イ
               /    V   / /ゝ. `ー‐ '"´    彡'
               /     \ /_,/|   弋 _  ___,.ィ'´
             /       Y    |   i  i    \
            ,'        |   |    \ ``~ァ  .ヽ
            ,'         |   |     \ /     \
           ,'         んへ |      V      ヽ


┌───────────────────┐
│ 彼女の期待は、一つだけ叶う事になる   ..│
└───────────────────┘


578 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:35:49 ID:???0

















                                、从人∧人∧人∧从/
                      |     |  |.:.:.|   < 俺は最強の傭兵   >
                    |::..   |   |.:.:.゙、 ../VV∨V∨V∨V∨V∨V\
                  / ::..   /    .:. ゙、      .::    :::.   "''-,,_
                /       /       ゙、          ::.:.  __,;;''-,,_
              /        l        ゙i           ,-''".:.:.:.:;;;;;;;;;\
            /    /    |        .:|         /   ::.:.:.;:;:;;;;;;;;;\
          /\     /::      |         .:.:.|   ゙、     /. .       .:.:.:.:;;;;;;;;;\
        /    ヽ  /::       ゙、        .:.:.|ヽ、  ゙、  /:..:.:.:.:.:.:.:.:._,,,-─;:;:;";: ̄:;:,\
       /\ .:.:.:.:.:.:.゙ヽ       ノ\.:...    ...:.:.:|  `ヽ、゙i   |;;;;:;:;:;;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
     /;:;:;:;:;:ヽ,;,;,;,;,;,;,;,;,;゙、     /:.  .:ヽ.:.:.:.:.::::::.:.ノ     `-,,_|;;;;;;;;;;;;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙、
    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、  /:.   .:.:.:.:.:>ー‐--'"ー-、,,_   ゙|;;;;;;;;;;;;;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゙、
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、   ..:.:.:.:..:./       "''-,,_  |;;;;;;;;;;;;;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゙、

579 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:36:03 ID:???0






                    ,_,..,ィヽ,、
                   /;;::r‐~-ミ、    .、从人∧人∧人∧人∧从/
                 4~/へi::::::;/,ヘミ7   .< パンティ=ミエタだ   >
                 '-l|<>|:::::|<フ1|i'  ./VV∨V∨V∨V∨V∨V\
                    l! '" |::::l、~`リ
              /`ー、  ハー;";::i:::ヾイl! ,r'~`ヽ、
           ,.ィ" ri l i ト、 1:|`丶:;;;:イ' ill!7、 、 y;  ヽ、_
      ,. -‐''" 、 くゝソノリ~i | - 、 , -‐'7ハ ヾニト-    ~` ー- 、_
   , ィ ´      ,ゝ、_ `r'   l |  、レ // `テ三..ノく _ `       ヽ、
  /       , -' ,、  `、_)   l,i,  i //  (/  ...,,;;;;:` 、        ヽ
 ;'       '" ノ ;;;;::::      i !  : //    .....:::::;;イ、_、_\ _    _ノ
 l ..,, __,ィ"-‐´ ̄`i::::: ゙゙゙= ...,,,,,. l | ,//  - = ""::;; :/       ` '''' '"
            ヾ :;;;,,     ,i l,//     ,,..," /         _,,.....,_
   ,. -- .,_        \ :;,.   ;'  V ;!   `;  /;: ノ      ,.ィ'"XXXXヽ
  /XXX;iXXミ;:-,、     ヾ  '" ''' /./!  ヾ   /    ,. - '"XXXXXXXX;i!
 ,!XXXXi!XXXXX;`iー;,、  i   、. / ;:::゙i   ;: , |  ,. r'"XXXXXXi!XXXXXX:l!
 |XXXXX;|XXXXX;|::::::::|`ヽ、    ,! ,': : :|    ,.レ"::::|XXXXXXX|XXXXXXX;l!
 !XXXXX;|XXXXX:|:::::::::i  `   ;! : :  i!  / !:::::::::|XXXXXXX|!XXXXXXX|
 XXXXXx|XXXXX;!:::::::::::!   `. /::    | '"   l:::::::::::|XXXXXXX|XXXXXXX |
 XXXXXx!XXXXxリ:::::::::::!    |::     |    i:::::::::::ゞXXXXXツ1XXXXXXX|
 XXXXX/ \XXソ::::::::::/     i!::    ノ     i!::::::::::::ゞXX:/  lXXXXXXX|
 XXXX:/   `ヾ::;;;;;:ツ      ヾ;::: ; ノ      ヾ:;;:::::::ゝ'"     ヾXXXXX |
  XXX/       `ヽ 、     _ゝく      _,,. -`''"        i!XXXXX:|
 XXX7           `'''''''''''"    `'''''''''''´              |XXXXX !
 XXX|                                      |XXXXX|

580 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:36:14 ID:???0




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{. -‐'' `‐- リ| l.│ i|
         レ!小l.-- ,  ,.-‐‐,从 |、i|   名前…
          ヽ|l`‐-‐'  `‐-‐' | .|ノ│
            |ヘ.   r‐-、 |||! j  | , |
          | /⌒l`ニ`,イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < ( )ヽ-' '- ´( ) }  ,! , ' :: ヽ     姿…
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ
       / /      l   l ‐‐┼--- ⊥\__//   l     ヽ ヽ
      / /       l   l  ‐‐┼---⊥___  ヽ  l     ヽ ヽ
    / l      l  ,/ /―--\-⊥____  ヽ  l     l  l
    / ├- ___l / /    _,.――‐ 、 _   ( ,-  l_____l  l



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ      全てだろ…
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::

581 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:36:30 ID:???0



.                   ,. -‐  '' ~  ̄ ~~ ''' ー-- ._
.               , ' ~                  ` 、
            ,. '~                        ヽ.
          /                            ヽ.
.         , '                                i.
.         ,.´  ,. .      ,'  , ´             ヽ      }.
.       ,.'   ./       /  /   .   ,;         .i     !
      / ,  ,.'       ,'   ,'   .}  i .、          }、     !
     ,.' /i   ,.'      ! .i  { i   i  !. {.ヽ.  .   .i.   .i、   }
      / ,' .{   .i    ; .{ !  ! .{   !.  i  {、_i、 ヽ 、 i、   、`i.  .l
.     i ,; .i   .{   i  .{ . iー{ .i‐{ .i !  l l、~i、.{、i . _ゝ、.` 、ヽ.` .  ` 、` 、. i
    { /.i.i {   .!  .{  i l!, ',ニ ‐、l {. { l { ., ;ニ~-~、.、 、ヽ. ヽ.` 、 `ー 、.}
    i { ! i.  i.{  l.  {,_i,i´P.  i  ヽi `  P .   .l`i!`}iー.、.ヽ. ー-、 , .}
     l! l ヽ.  !.! .ヽ.  `i.' ! r , l   `    ! .{ ; .i   /-、./;:`ー ' {~  !
         ヽ { i、i、  }  } ゝ_ .ノ       ゝ.__ .ノ  ./  /;:    .;i   !
          ` ヽ ヽ,.iゝ.;;i.      ,          /  /      !  .}
              {,ー-;;.ゝ       _        /-、./!       l.  i
              i  ,-{=` 、           {~`-i'} lヽ.ハ. _ハ. }i,.'
.               .l  / i  !`; .        , ' i~`i_/  !.      ` ' ヽ.
             { ,.´ ., '   .ノ i、 ` ーr‐ '   ,'  /   l.        i.
.             !;'    __,{.    .}   i    {  ;'    `'ー;__  __   ヽ
            {i  ;_,.-'~ i.   ,i'  _i   _,. '.{      ,..   `-、!. ` 、.   .}.
.            /' _ノ{   {__ ;ノ__r‐' {_,., '  /.ゝ__  , '~   ノ、     \ i
            ' ~  〉、__,.i  `r "/   !. '   / .i'ー-i`ー-─''~   \    ヽ!
               /   /ー'-、}./   /    / r' ー 、}          ヽ.
.              /   {_  _`{   ,'    /  `- 、_}           ヽ.


┌────────────────────────────────┐
│ アルルゥの期待は粉々に打ち砕かれた                      .│
│ 何を、とは言えないが、かわりに粉々に砕いてしまいたいとすら思った  ......│
│                                              ..│
│ 少なくとも奇妙ではあるが、「波長が合って」欲しい相手ではない      ....│
└────────────────────────────────┘

582 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:36:51 ID:???0
 


┌────────────────────────────────────┐
│ 迷宮を出た先に現れたのは、自称傭兵、自称パンティ=ミエタだった          │
│ どう考えても偽名だ                                      ......│
│                                                   .....│
│ この男は軽いノリと奇妙な装束で、とても同じ国の人間とは思えない         ......│
│ いやむしろ、この国出身であって欲しくない。これがアルルゥの第一印象だった   ....│
└────────────────────────────────────┘



               ,、
              ノiノ iiヽ,,
            (V______、)
           Σ/___  ._ヾゝ
            | iへi i/ゞ|
          ,,--=ヘ≦> i<ノノ\     へえ~、魔王退治ねえ…
         i  i  ii\__/// \
         ( ,, / ii ,  //,,  \
         | , i、|| i  //i ,   )
         i、、 ).| i //、i   /
           i、ゞ \/ ;;,ヾ- /
      /~ ̄ ̄Y_   ~^\_ /
    nn,i ,/~ ̄フ-ニ_--=、  Y、
    f-彡'-=^ T  /,, .i~/ノ i、|
  _,,-^^リXヘ::::::: |  i "  )U, nri |
/XXXXXXX|:::::: |  i、;; ノ | |-'ヘ,i
|XXXXXXX」――--"ヘ :: ゝ"⌒^ヽ、
\XXXXi、~       \'::::::::::::::::::ヽ
  ヾXXX i         \/~~~~~ i
   ヾXX i、         \XXXXXi、
    i、X |           \XXXX\
    ixxxi            \XXXXx\
     ixxxi             \XXXX\

583 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:37:14 ID:???0


         _   __
      , '´::::::::::::`´:::::::::::::::`'::、
     //__ \::::, 、_/__ヽ、/ヽ
.    /::./´::/:\/:\ /::::\/},.ハ
.    l:./:::::/:::/;ィ:|::::::::/_l::::::::::::::\|
.    | ハ´:|:爪丁ヾ:::::ト、::::ト`::|::::\:::ヽ、
     l从:|ノ仗示 \{ ?亳テミヾゝ、ミ一'
     / l__| ゞ-'    ゞ-'  / | \〉
    ∠, _|_,ハ   ′    /ニ,厶  ヽ
     入ル::;>、  `    /;;::_レ::::>-く
     /: :\_;==>ォ-ァ ´/〉-〈-ー'´: : :.|
.    /-一-/::::::\ ∨ ./´-、::{ィ ===ミ
   /_,: v=-ヽ__;;∠厶-ゞ-、::ノ--- 、: . ',
.  /  / ̄´   ヽ: : : :\ヘ=、 \ l
  /  /          |: : : : :.}  \ \ ヽ}
  {           |: : : : :.|     lヽ ト、
.  ヽ          l: : : : : !    ノ/ 、/
   \      __, ノ_,; イ   / \ |
.   / / ̄ ̄/´      〉─ ´  ヽ |_/
  /  |: : : : :l      /         l {


┌──────────────────────────────────────┐
│ どうして他の3人は普通に接する事が出来るのだろう?                    ...│
│ 登場の衝撃とは裏腹に、既に交渉が始まっていた                       ....│
│                                                       .│
│ 時間が無いのは確かだが、あまりにも性急すぎるのではないか               ....│
│ 出来るなら綿密に協議を重ねるべきではないだろうか                     ...│
│ 異なるオキュペイション間のファンダメンタルレストラクチュリングは慎重であるべきだ    .│
│                                                       .│
│ アルルゥはそう考える                                          .│
└──────────────────────────────────────┘

584 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:37:34 ID:???0



┌──────┐
│ だが…    │
└──────┘



   〆"ヽ、      ,,
  /i  _、\ ,,、w iノ i iヾ、
 / i, _ i、i ヽ,ii / ii i ii i iiヾ、
 \ i ii |<\ ミ-~ ̄ ̄^-、彡
   i`´´"  `vi ,、   ,--、i ノ
   i、   ノ i iミ、 .|/ヾ||ソ     そうだな、それなら1日500シルバで
    .i、  i  |iヾ> i<ニフi/、
     \ ;;   iV' \//w      仲 間 に な っ て や る よ !
      ミ、 //\_/// \__
       ヘ// ゝ- _// γ^ 、 `.、
        /| ´  //  .i、 ノ   i
       /|i   //   | -/  ~  ヘ
       i ||i(~^^`----'":::::::`~^、---~\
       i,,||ヾ~ ̄^-、:::::::::::::,,:::/ヽ、==-  i
       \ii^ヽv|  ヾ____ / / /| -   ノ
        ゞiiゞ||ヽ、,,,,  / /__/| |~ ̄^~
         `i ii ||ーヾ (_/ \,U
          i`'Xi  "  ,,,i   \
         ノ,,. |`ヽ ;; ;;      \
       /  ,, i " `、 i       ヽ
      /  ;;;  i、   \        ヽ
            i、,,   )
            ` ---"



     / ̄ ̄ ̄ ̄\_
     / /⌒_⌒\ ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|     おお!マジでか!?
    V|  フ 、`^  |/ 
   / |  ヽ‐ヽ  /      それならよろしく頼む!
   )  \´,‐v‐、 /、 
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 /

585 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:38:05 ID:???0



                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }     うむ!そのような剣を持っているとは
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ      並の剣士ではあるまい!高い買い物ではないじゃろう!
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        } 



  ':.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:::::.:.:.:.:.:.::.:.::.:.:.::.:: |:.: ハ:.::.:.::: !:.:.:.:.:.:.:.'\ .:.::|:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.::.:ヽ:.:.::ヽ,
  |:.:.:.:.:: ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:. , :.:.:.:.:.:.:. _|__| __|_:.:イ:.:.:.:.:.:.::.:| ヽ:_|_ :_:.::l:.:.:.:.:.:.::.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:`
  |:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.: | :.:.: ,.イ :.,|:.:| __|:.:_. `| :.:.:.:.:.::.:,  ´|_|_ ヽ::ヽ:.:.:.ヽ:.. !:.\.::..:.:.::.:.ヾ:.:.:|
  |:.:.:.:../ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:./, :.:.:.:/|: | __j:.:./` !:.:.:.:.:.:.:/  '|::!___ |:! \:.: |:.:.|.:.:.!^ヽ..:::.::: ||:.: |
  ' :.:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ' :./:.:.:.:ム!::|-_.| /ゝ | :.:.:.::. ′  'j/_ `メ::|!:.:.|:.: |.:.:|:.:.:| l .:.:.::.: ||.:.:.!
 /.:.:.:/7:.:.:.:.:.:./:./l!:.:.,イ:.:.:.:.//´レ' ::::::j/ヽ |:.:./    ':::: ヽ !イ::/:.:.:.!:. |:.:.:| |:.:.:.:.:.:.!|:.:,
 i:.:.:.:. / :.:.:.:/:.:.:/ /:./_/.:.:.ノ/  |::::.::::::: | レ        |::::::. | '|/l|:.,.イレ'|:.:.:| |:.:.:.:. ,' レ'
 '.:.: , '.:.: / .|::/ //'7::,イ `'   |ハ:::_,ノ!           |ハ::ノ|   |l/ | |:.: | |:.:.: /
/:./,. イ. ___ j/ イ  レ' ::|      ヽ ___ ノ           ゝ._ノ   |__| |:..,.' レ''´
 〆: : : : : :.L.___ |: : : : : : |    ゝ -          、  ー '    | --|ゝ|/`ー-----ァ
イ: : : : : : : : : : :レ''|,..-‐‐-、|                         ,.二_ト 、 __: : : : : :/
フ: : : : : :_: : : :.ィ : |,..-―-、|               , ---ァ      ,イ:.:.:.:.:|     ̄ _フ′
` ̄ ̄ ̄ j:/: |,.イ,..-‐‐-、|            / ⌒ /     ,イ:.:|.:.:.:.:.:、ゝ-ー '´
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: |::.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  \         ` ー ′  /ヽレ∨ヽl^ヽゝ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |ィヽ:,,、.:ヘrーゝ   ` 、           /:.:.:.::.:.\
:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:)     /` 、 _ ,  イ :::. :.:.:.:.:.::.:.:\
:.ヽ:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.ヽ:.:.:.:.:.::.:.:.:./、   /:.:.:.:.|:.:|:.:.:.:.::.:.:.::.ヽ:.:.:.:.:.:.:.::.: |:.:.:)
:.:.:.\:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:/三\ |:.:.:.:. |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\:.:.:.:.:..::j/

586 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:38:20 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ {
          ; 〃 {_{\  u / リ| l.│ i| ;
         レ!小l●    ● 从 |、i| .ガクガク.
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│;       あわわわわわわわ
          | 八   {  }  _l /ノ |
        ;: | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j // i | {
       ガク ….l/ヾ三} l___/{彡'´} i | ;
          ;  |l   ノl |二//|   l ,イl|
          ;  | ゝー' ∧! //∧__j/ l | ;


┌─────────────────────────────┐
│ 何故か自称傭兵、いや変態との商談がまとまってしまいそうだ   ...│
└─────────────────────────────┘

587 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:38:41 ID:???0



i---彡^^\                /^^^^^^~~|
i、 ヾ    >       ii       /: : : : : : : : : :|-i
 \彡ヾ/        i'iiノi,    ,,/: : : : : : : : : : : : : /
              i "i'    (: : : : :___: : : : : ___/
       /i       | |   ,,___ゞ: : ト, ヾ、: :;>
      / ,ミ      | '|   ゞ: : : :,,ソ
      ヽ"       | |   <__;;;/
              .| .|
              ソ|  |
 ,、           /ミ|  |ii
 ゝ           i≦|  |;i   ,-、     よし!と思ったんだが…
/_/           ゞノ i,,ノ-、  `i`"》
             /i " i `ヽ / i"
            i、;;  ;; ノ ノ,, `r" /
            /  // `ヾ__/
             i、_i_ゝ、
             i"__、 )
           ,,/i;;  \'
         ,/ ;;; \;;  `i、
        / _,,,,-" \;;  i i
        / "i      \;; ,\
        i ,,,ノ       \ "\



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )     ん?まだ安いのか?
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\


┌──────────────────────────────┐
│ なんということだろう。さらに値段まで釣り上げようとしているのか   ...│
│                                          ......│
│ そう思っていたアルルゥの耳に、更にキツい一言が加えられた      .│
└──────────────────────────────┘

617 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 08:51:26 ID:???0





               i\ノ ,i、)i、
           ∠ミ~^` _,,,,,,,,,,_ ゞ/
            /  /___   __\>   お前何かクサいんだよな~
            彡 ,/ /≧ミ、 .i≦ソi
            >/ |ゝ-シ ) .i`-'| |    金があっても変な匂いのする奴には
            リミ i、\  /  ,ヘ/./    ついていかない主義なんだ、悪いな
              \  ̄ ,,   ,/
              ノ ^ヾ、__ ノi
           /~ノ  , ,  ;;;; /\-、
      __==--/,, ,, ,, ,, ,,\ / ,, ,,-\__=---、
    / ;; ;; ~  ;;;    ,,,,、ヘ y  ,, "  ,,,   `ヽ、
   _i;;      /;; ,, ,       Y     ,,, \ ;;;,,  ,,i、
 /~,,   ;;; ,,, /;;,,      ""   i        i、 ;;;;; ,,\
/     ;;  ,,,i ,,,                 ノ;; ;     i、
    ,,,,;;;  ,,, ノ;;;\,,○     ;;;; i,,,,    ○/;;; ;;; ;;; ;;   i、
  ヾ-    /ヘ ;; ;; ヽ、 - - - - 人  - - - /ヾ、;; ;; ;;; ;;    ヘ
  ゞ <    \;; ;; ;; \ _ _ _ /,,、\ _ _//   ~^--____ ;;;  /
  ;; ;;; ; ヘ     \ ;; ;; ; / :: :: :: :X :: :: :i i"    _/"   ;;;,, ,,i、
      \      i,, ,, ,, ,, ,> --- v --v- |     /;;:  //  /
_     ,, \    ゝ  ,, ,, 、__ _人_ i i    / ,,,, ,, ,, ,,/
 `--;;,,,  ;;   ~^-v´~二フ ,, ゞ ,, ,, Y  ::i ;; i-、/  ;; ;; ;; /
     \__ ;; ;; ;;/ "--ミヲ  ゞ_ v""/ ;;《ニ二\ ;;__,,-~
       ^\_ i,, ニ二そ~~^- ------- ~~~)彡~" i/
           >,---、__  ,,,  -=-  ,, /f=ノ"
          /;; ;;   \ ;;     i/;;  ~~\
         /;;    ,, ;;;ヘ、     /;;;;     ;;i、
        / ;;    ;;;  ;;;;\,,,  ,,,/;;;;       i、



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { . 
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌────────────────────────────┐
│ アルルゥの大事な仲間に対し、とてつもない暴言を吐いて、     .│
│ 自称傭兵は去っていった                       ......│
└────────────────────────────┘

589 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:39:30 ID:???0



.                   ,. -‐  '' ~  ̄ ~~ ''' ー-- ._
.               , ' ~                  ` 、
            ,. '~                        ヽ.
          /                            ヽ.
.         , '                                i.
.         ,.´  ,. .      ,'  , ´             ヽ      }.
.       ,.'   ./       /  /   .   ,;         .i     !
      / ,  ,.'       ,'   ,'   .}  i .、          }、     !
     ,.' /i   ,.'      ! .i  { i   i  !. {.ヽ.  .   .i.   .i、   }
      / ,' .{   .i    ; .{ !  ! .{   !.  i  {、_i、 ヽ 、 i、   、`i.  .l
.     i ,; .i   .{   i  .{ . iー{ .i‐{ .i !  l l、~i、.{、i . _ゝ、.` 、ヽ.` .  ` 、` 、. i
    { /.i.i {   .!  .{  i l!, ',ニ ‐、l {. { l { ., ;ニ~-~、.、 、ヽ. ヽ.` 、 `ー 、.}
    i { ! i.  i.{  l.  {,_i,i´P.  i  ヽi `  P .   .l`i!`}iー.、.ヽ. ー-、 , .}
     l! l ヽ.  !.! .ヽ.  `i.' ! r , l   `    ! .{ ; .i   /-、./;:`ー ' {~  !    なんだか人を噛みたくなりました
         ヽ { i、i、  }  } ゝ_ .ノ       ゝ.__ .ノ  ./  /;:    .;i   !
          ` ヽ ヽ,.iゝ.;;i.      ,          /  /      !  .}
              {,ー-;;.ゝ       _        /-、./!       l.  i
              i  ,-{=` 、           {~`-i'} lヽ.ハ. _ハ. }i,.'
.               .l  / i  !`; .        , ' i~`i_/  !.      ` ' ヽ.
             { ,.´ ., '   .ノ i、 ` ーr‐ '   ,'  /   l.        i.
.             !;'    __,{.    .}   i    {  ;'    `'ー;__  __   ヽ
            {i  ;_,.-'~ i.   ,i'  _i   _,. '.{      ,..   `-、!. ` 、.   .}.
.            /' _ノ{   {__ ;ノ__r‐' {_,., '  /.ゝ__  , '~   ノ、     \ i
            ' ~  〉、__,.i  `r "/   !. '   / .i'ー-i`ー-─''~   \    ヽ!
               /   /ー'-、}./   /    / r' ー 、}          ヽ.
.              /   {_  _`{   ,'    /  `- 、_}           ヽ.



     / ̄ ̄ ̄ ̄\_ て
     / /⌒_⌒\ ヽ そ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|     いやいや待て待て!
    V|  フ 、`^  |/     そんな事したら俺の苦労が…!?
   / |  ヽ‐ヽ  /  
   )  \´,‐v‐、 /、      俺の魅力が低かったのが悪いんだって!
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 /

590 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:39:48 ID:???0



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、     うむ…じゃが確かにクサいな…
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



       _l      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       \   / /" `ヽ ヽ  \
      <  //, '/     ヽハ  、 ヽ
      / 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   そういえばマコト、旅に出てから
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ|   ずっとお風呂入ってないにょろ?
          |ヘ   ゝ._)   j.  | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

591 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:40:24 ID:???0



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { . 
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ .    風呂に入ってる間に闇に飲まれる…!
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ



.  / /  : : . : : : : i: :l、 i、: : : : :、:i、: : : : ヽ \\
.  '   ,  . . : . : : : : :ハ: l l:l、\: : : トl_l: : :i、: ハ  \l
  {  {/. }. : l : : : : /-!:|=リ′ ヽ : l=。V: :i ヽ: i
  l : . /: ノ: : ,l: : : l/, =リ`゚    、ヽi::::::.V ト、 ヘi
  ゝ / イ: : /ハ: : :ifう.:::::  ____   V` <`        自業自得じゃないですかー!?
.  ソィ: l: :// ハ : l ii    /´ ̄ ̄}   ハ_  > __
   / : l /.ムニハ:l ii  , /::::::::::::::::|   ハ// >三_三`
.  /: :/l/ .|二二l| 'ii, 。r{⌒`⌒ヽ.|  ∧ / //: : :トヽ
 /:∠ィィィ厂 ̄`l ii,   ゝニニ彡' ∠: :` ‐く、: 从 ___
.// , 彡彳从从_ゝゝ。  ___。イ:、: : : .  、ヽ`_/: : /:}
ゝ ̄: : : : ": : : :/\    /ト、i: : : : :\: : : : .V/: . . .ノ:/
 \ : : : : : : : _L.  \  { l \: : : : :`: ―:{{{: : : :ゝ {


┌────────────────────────────┐
│ 奇妙な勇者に奇妙な仲間が惹かれてきた               │
│ それだけの話だったのかもしれない                 ....│
│                                         .│
│ この後アルルゥは、香水を作ってマコトに振り掛ける事にした    .│
│ その習慣は旅が終わりを告げるまで、ずっと続くことになる     │
└────────────────────────────┘

592 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:40:46 ID:???0



┌──────────────────────┐
│ 旅の開始から10日が経過していた        ......│
│                                │
│ そろそろ魔王が姿を現す時期という事もあり、  .....│
│ それぞれ緊張しながら旅路を進んでいる      ..│
└──────────────────────┘



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?     どうじゃ、ここらでもう一箇所くらい
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '     迷宮に潜ってみんか?
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



┌──────────────────────────────────┐
│ そう提案したのはヴィクター王だった                          ..│
│ あれから街も見つからず、メインの装備も傷んできている             ....│
│                                                  │
│ 特に防具は替えもないため、魔王と戦っている間に壊れれば            .│
│ 死活問題というのもあり、早めに新しい防具を見つけ出す必要もあったのだ    │
└──────────────────────────────────┘

593 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:41:00 ID:???0



l|l|l|l|l|
l|l|l|l|l|
l|l|l|l|l|__
l|l|l|l|l|:. :. : `:. .、
l|l|l|l|l|:. :. :.  :. :.\
l|l|l|l|l|       '.,
l|l|l|l|l|:. :.|:. :. :. :. :. .:.',
l|l|l|l|l|:. :.|:. |:. :.|:. |:. :.l
l|l|l|l|l|:.:/| ┼:. |:. |:. :.|
l|l|l|l|l|:/ j:/L : |:. |:. :.|
l|l|l|l|l|'   んi7ハ:.ハ : |
l|l|l|l|l|   ムソ/7リ:ハ从
l|l|l|l|l|   . イ;/ ',      私は反対しませんけど、前みたいに、宝箱を壊したら
l|l|l|l|l| <; Lj  ゙',      魔物がズラっと整列してるような所じゃないですよね?
l|l|l|とつ:. :ノ从,.  ゙'.,
l|l|l|とつ:. :. :./ ゙' , ,、,、゙',、
l|l|l|とつヽ =ヽ
l|l|l|l|l|ノ ム:ハハ
l|l|l|l|l|  | } ヽ
l|l|l|l|l|  /.7二j
l|l|l|l|l|/
l|l|l|l|l|
l|l|l|l|l|― 、
l|l|l|l|l|   \



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}      あー、あれは怖かったな
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"      何が怖いって、竜の戦士が3体も4体も
    `lヽ /  Y ヽ/- 、      順番待ちしたってのが怖かった
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ    あいつら盾持ってるから硬い上に、単純に強いんだよな
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//


┌───────────────────────┐
│ しかしそうは言っても、ゴリ押しが出来る程度に   ....│
│ このパーティは強くなっていた             ......│
└───────────────────────┘

594 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:41:20 ID:???0




                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、    まあ、そのあたりは運次第ではあるんじゃが…
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l    まだマコト殿は見たことがなかったかのう?
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l    迷宮にはまれに女神像が安置されておるんじゃ
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/    レベルもある程度溜まってきておるじゃろう?
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ     そろそろ祈りを捧げるのも良いのではないかと思ってな
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ
       / /      l   l ‐‐┼--- ⊥\__//   l     ヽ ヽ
      / /       l   l  ‐‐┼---⊥___  ヽ  l     ヽ ヽ



┌──────────────────────────────────────┐
│ 「女神像?」 聞いた事のない話だ                                  │
│                                                       .│
│ ヴィクター王曰く、女神像に祈る事により、レベルを消費して                 .....│
│ 望むステータスを1、上昇させる事が出来るという                        ..│
│                                                       .│
│ 祈りの度に、次の上昇に必要なレベルは増えるが、                      ....│
│ それでも海賊は敏捷が上がり難く、魅力に至っては、レベルアップで上がる事がない  ......│
│                                                       .│
│ パンティ=ミエタの勧誘に失敗したのも、マコトの魅力が3のまま上がっておらず      .│
│ これ以上、仲間を増やせる要素はなかったからだというのだ                  │
└──────────────────────────────────────┘

595 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:41:32 ID:???0



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}    そういう事は先に言っておいてくれよ…
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//



                  _...._ -‐-  ..__           
             _ -―< _/        `   、      
          /´     _  __  .r ─‐ 、─ヽ、 \     
         // , ィ  / , /, 、二 .i  厂 \ ̄\ヽヽ    
        /イ/, | / /. |/|  i  |:丁 ヽ: . : . 、 ヽ \   
       /V , j / l  / ./:/:__/l ./  l |: .l、: . l: . . :i:l :} ハ    
       |、/:ノ/: ヽ/: : ./://7≠イ  イ ハ=≠: |: : : :l:l: .:! |    
     ー=彡'. : . : /. : //イ≠く、l / |/ ,|/=:ハ: : j:l: :ハ:j    
      ー=ニ: : :_ィ: :,ム//,r':::::ハ jノ   / ハ::トi Yl: /リ: :j ノ    
       |/` ̄に⌒l{_{ { {::::}_j     { l::j j /イV/` `ミ__、       (言わないでおいてくれて
.    , ‐.、/     ’  ’. こ.才     、 ゝこ7 1  v^{     \        ありがとうございます!)
    ,|  `、  . . . . :l, 三ミ!  `` _........._  `` j, 三}´   ___、.
 /: :ヘ、 ヽ. : : : :/∨: : {、   {    V    ハ,イ´ヽー`ヽ`    ̄
彡,: : : : ハ  V./l: :V:_,v、wヽ_   '、   /   /V:ィ: :_:ノ   }   
 ´ ̄  ̄ }   ヽ: :\:^¨´:\´ ヽ   ` ー ′./: ヽ、{_` ヽ /      __        
  __ノ     Yヽ、: ー- 、ヽ._j` ー - イ\: : : .    ̄ >く__ _ ィ 7/ /// `ヽ、     
/ _  ´     | {⌒ヽー7/⌒>、  ハ ヾ 、_:_:_:_:_:_:_:/{′ r’: ) _ゝ (/ /-ッ― ' ´ ̄ ̄ ̄` ー--  、,  ´ ̄`ヽ
_ ´     /   {ヽ ト、 '  {: :/: : :ハ  l  `、  \  `ヽ: :f': :_j´/ /./               /        \
_ -、   {    ヽl Vハ '  V_:_:_ノ \.j   `、   ヽ ヽ `777 ./ /./              , '         / `ヽ
 / ノ   ヽ    .ハ ハl '  ヽ     |    | 、   ヽ  V// { ./ /              /        , '
 /  ,、      // lV  '.   ト、   l    l ヽ,   \ ヽ> >l /               /   


┌──────────────────────────┐
│ もしこの話が数日前に済まされていれば、            │
│ 旅の仲間に、あの男が加わっていたかもしれないのだ     .│
│                                     ...│
│ アルルゥは初めて、この髭の王に感謝した            .│
└──────────────────────────┘

596 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:42:51 ID:???0


┌───────────────────────────────────┐
│ 「周辺の地図」を使って見付けた迷宮は、やはり薄暗く、人の気配を感じない  ..  │
│ 代わりにシュー、シュー、といった、魔物の息遣いが聞こえてくる           ..│
│ やはりこの迷宮も、他と同じく魔物に占拠されているようだ               │
└───────────────────────────────────┘


   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ                    フォース
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )      なあ、なんで「透視」の理術も使えないんだ?
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ      
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\       「透視」…100ターン建物内の暗闇を無効化
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\



                  , イ二二二ミ 、
                /         \
                 //         ヽ',
              _/ {           } |_
             /  /            |  ',
             __/    { ィ==z  ,ー==-、 }   ',
          / /     }:| '-zェx ー' xェァ-'  !!  l   
        /   | ィ―、| |  ー´ i   ー     }|   }__
         /  :i|/    } i{ /' ー'`ヽ   /,ィー 、  ' ,    わしもそこまで万能ではないと言っておるだろうに
      r-|   ',    ノ| {ヘ _ィ===z、__, / {      l
    x--/ |  ___ {`ー ' \ヽァ_7lーハ  ,/ /',    /   }ニ=、
.   /  /  i!{´   ',::::::::::::::::::ヽ   ー' ¨ /  ー‐ '   \::ヽ
  /  /   廴___ノ:::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ヽ/:::::::::::::::/⌒ヽ   }:::|
  .′ ィ‐― v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::弋   /  ├x
  |  {    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー ':    !  ,
 ,イ⌒ヽ ー‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄`  ',
 {   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{     / │


┌─────────────────────────────────────────┐
│ 愚痴りつつも奥へと進むと、案の定魔物達が襲ってきた                         │
│ 小鬼、コウモリ、竜の戦士に死霊の騎士。やや入り組んだ迷宮内で背後を取られないように   ..│
│ 気を付けながら、一箇所で魔物達と戦う事になった                            │
└─────────────────────────────────────────┘

597 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:43:09 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    見るにょろマコト!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    この魔物達、随分と溜め込んでたにょろー!
        /⌒ヽ__|ヘ  弋_ノ    j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )     おっ、スゲエなこれ
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ      巻物に武器に防具、大きな石…は要らねえな
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\      もう少し詳しく見てみるか
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\

598 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:43:34 ID:???0



l|l|l|l|l|              /\
l|l|l|l|l|            /  /
l|l|l|l|l|__          \/ />
l|l|l|l|l|:. :. : `:. .、         </
l|l|l|l|l|:. :. :.  :. :.\       ┌─┐
l|l|l|l|l|       '.,    ..└─┘
l|l|l|l|l|:. :.|:. :. :. :. :. .:.',
l|l|l|l|l|:. :.|:. |:. :.|:. |:. :.l
l|l|l|l|l|:.:/| ┼:. |:. |:. :.|
l|l|l|l|l|:/ j:/L : |:. |:. :.|
l|l|l|l|l|'   んi7ハ:.ハ : |     あっ、あれが女神像じゃないですか?
l|l|l|l|l|   ムソ/7リ:ハ从
l|l|l|l|l|   . イ;/ ',
l|l|l|l|l| <; Lj  ゙',
l|l|l|とつ:. :ノ从,.  ゙'.,
l|l|l|とつ:. :. :./ ゙' , ,、,、゙',、
l|l|l|とつヽ =ヽ
l|l|l|l|l|ノ ム:ハハ
l|l|l|l|l|  | } ヽ
l|l|l|l|l|  /.7二j
l|l|l|l|l|/
l|l|l|l|l|
l|l|l|l|l|― 、
l|l|l|l|l|   \



                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ     おお、あれぞまさしく!
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }

599 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:43:49 ID:???0


                     , - ‐ - 、
                   ,イ. ,' : : : : : : : .ヽ、
                 / ヽ/l :.、: : i 、: : : ノヽ、
                ,イ/,'.i:.:.:/トi li、.li..li.:.:.:.l.:-ハ
               //i l :l:.:/ .l:l?ヽ_:.:.:.:l.:.:i::..ハ
             ////l:.l:.l.:,' ̄ ヽヽ!\`:ヽ|l:.:|:.ヽ:..ヽ、
            /-―イ.|i:.:.l:、__,ィ ヽ =ミ;:/,!:,'トl``ヾ、ヽ、
                 |li:.:ム!    '     ,リ'l.:ハ:ハ、   ̄
                .,:ll:.:.lヽ.  ‐ ‐  .リ!:.:l:.:l、:.ヽ、
                ./,'リ.l:.l:.:liヽ、   ,.イil.:.:l:::li:.:.ヽ:.ヽ、
               /.:/イil::.:.:.ll::';:` ̄´.|::|:l:.:;'.::::';:.:.:.liヽ、ヽ、
              ,.イイ'´ ̄`YY:_| ./,ヽ!:l'.::/‐ 、:.i:.:.:.lli ヽ、` 、
           , イ//.l     !.|ゞ.,' .二ニ{'.:/   ヽ:.i:.:.:、ヽ、 ` 、二ニ=-
       _,.. 彡イ/ 〃 ハ     }ヽ_i =‐',ノ〉l    ,':.:.l:.:.:.iヽ ヽ、
  -― 二 -‐ // // /:ハ   .i' .l  {' ,'/l./  .,'.::. l ト、ト、 \ `ヽ、_
   -‐ ′  / / ,'./ /.:!::li:',    l..::,'  ./ /:..l′  ハ::.:|:l、|:.iヽ、 `  、` -
       〃/.::/ l/.〃 |:ll:ハ.   ',,′ .l {::::,′  i .|:トミ|ハ|:.:|:::.\   ヽ、
      / /.::/  ,'i.:,'  l:l/.:.:ハ   ,′ l  ';::i   .,'! !:l:.:|、ヽ:| ヽ、ヽ、
     ./ /.::/ .〃!:′ /...::/.: ',  .′ .l.  '{   ,':|li l:l:.:| ヽ::::|:.l
     / /.::/  .,'.::lリ /.::::/イ:::i.l.../       ';:: ,'.:|:?!: |  `.|::|
    '.::,'.::,'  ,'.:::l/..:::::/l:|l/.l',:!   .::l   :l ,'.:::!::.?:ト、  |::|
   /.::,::::,′ i:/...:::::/  :〉.::: }ヾ   /!    ' /l.: :|::::.?!::.ヽ、!:|
   ,'.:::,'.::, _,...:':::::::::::/   /.::: r'.  ヽ./ \.::/ ヽ::〉:::::?ヽ:::::|::|
  ,ー‐.:::':::::::::::;::イl    /.::::: リ .: ,     `    `V.::::::? ヽ|::|
  ::::::::::::::::; 'イ::|::|:|.   ,'.:::::: /.: /    /    :.  }::::::::::?、:|::|
  ― i ´  .| :|::|:|  ,'.:::/ ,.'/   ,..:/   .:   ::  {:::::::::::.ヾ
   |::::|     |:::!:l:ll  ,'.:::,' /   .:/:〃 ...:::   ::   ?:::::::::
   |::::|    |:::|:l:|! i:::/   ..:::://..::::::::::   :: .   ?、::::
   |::::|     .l:::|:|l /    ..:::::::/.´..:::::::::::::   .::: ::  ?、ヽ
   |::::|     ! ' /    ..::::::::/ ..::::::::::::::::  .:::: ::::. .?|li
   .!:::|.    ,...:´...:  ..::::::::/ .:::::::::::::::::::  .::::: ::::::. : ?lll
    ?:. /....:: .: .:::::::/┬ ―― .┬, - - ;_::::::::::
    ?/...::: ..::: .::,:イ.:  l      !|     ::,'>
     リ'.::::: .:::  .:::l,:,': : : : ;l      l|     :i

┌──────────────────────────────────────────┐
│ それぞれが好き勝手に動いているように見えて、隊列は崩していない                   │
│ ヴィクター王とアルルゥが周囲を警戒し、荷物持ちを兼ねるマコトが戦利品の回収をする役割だ    │
│                                                            ....│
│ 戦闘中には気づかなかったが、今回は通常より多くの戦利品が落ちている              ....│
│ 倒した中に【物持ちの】魔物が混じっていたのだろう                            ....│
│                                                            ....│
│ マコトが戦利品に混じった武具を鑑定するため、一旦すべての戦利品を荷物に加えた時だった  ....│
└──────────────────────────────────────────┘


600 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:44:04 ID:???0


        _人人人人人人人人人人人人人人人_
        >   ゆっくりしていってね!!!   <
         ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
                 .  - ── ── - 、
                /,   ヽ \  `ヽ  \
                / ///    \ \    ヽ   \
           / , '// i  ト、 、 ヽ  \   ヽ   \
            /  / / i l   i \\ ヽ  \  ヽ   \
       / , ' / / l l 、ヽl   \ヽ、\  \ .jヽ     \
      /. / // /  l| l ト、ヽ    \ヽ、\  ヽi i       \
    ∠ .~' フ彡1  il  !リ \\    \\ ヽ リ | rv~ソ⌒`
             |  l|  i,    \j      \ヽヽi! .|_ l | ´
             |   ri  l ____,.)      (.__ くハi l.i | i |
             |   {.|  i (ヒ_]       ヒ_ン ) } l i |ノ .i|
             |   i  il  ̄         ̄ /i | |  l|
             |   |  i\    、_,、__,.    イ !.i |  i|
             |   |  |  \   `-''   / V l| |  l|
             |   |  |   `ト ___  イ    .| l| |  i|
             |   |  |     .|      |    | l| |  l|
             |   |  |  __/       ゝ __ j l| j  l|
           ノ-‐‐从l.|「             | l|ー 、 |
          /   / リi!|ー-- .   ,.. -‐‐‐  / ハ   \
         i    i  i l|ー──r────‐i/ j     ',
         |     |   | i|   /ハヽ.       | /      i
         |  ヽ. |  | ll    '⌒iト、      | / レ'    |
         |   `j   .| i|       | ヽ    |/  j    .|



                         __
                       /´ > ,.イ
     ,.イ  ,,   ∠二>  ,.イ    ´ ̄  /_/
     | |/ .! ∠二> /_/         //
   ./ ,/! |      //  rz_   //
   レ'.| | .| |    //  r‐' rz/  |/
      | | .|/    |/     ̄.|_〉
      |/



┌────────────────┐
│ 遠くの方で破滅の音が聞こえた   .│
└────────────────┘




  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ     お、おい、どうなってる!?
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::

601 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:44:27 ID:???0


: : //: : : :/: : : :/: :/: :/ l : : :l: :l、: : : : l: : : : :l: :ヽ\: l
: //: : l : l: : : /l: :イ: :/l:ハ: : :ト、l_ 、: :、: 、: : : \: :\:
:, :l : : l l: l: : /-l:爪 / l'  、 : l‐ヽ \トト\: : : : \: :ミ
:l: l: : :l|:l: l: / .≠=l'=ミ   ヽ:l ,.≠==、ヽ i三ヨ ┬\
:l: ヘ: :llへl/ 〃l七Zタぅ    ` r亡Zタj ヽ l:.:.:.:l  l: : :    ヒィッ!?女神像が…っ!
ヘl ヽl:.:.:.:ハ (二う ̄´     ` ̄(二う l:.:.:.:l.  l: : :
__/l≠=ハ. ' ' '    ,     ' ' '   ,_:.:ト、 \:
:::::::::::::l,≠=ハ     ______     /三ミl::::````\
::::;::::ノ「 ̄ ̄ハ    (.三三三.)     /: : : :`ト、::::::::::::
イイ: :州从从l\     ⌒      /へ: ト从: `````


┌────────────────────────────┐
│ アルルゥの言葉に奥を見ると、確かにそこにあったはずの、    .│
│ 女神像が跡形もなく消え去っていた。更に…            ....│
└────────────────────────────┘



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \  __
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
         〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
         レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
          ヽ|l ○   ○u | .|ノ│      マ、マコト!出口が…
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l __, イァト |/ |       出口が鉄格子で塞がれてるにょろ!?
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



     / ̄ ̄ ̄ ̄\_
     / /⌒_⌒\ ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|     はぁ!?なんだって!?
    V|  フ 、`^  |/     チクショウ罠かよ!?
   / |  ヽ‐ヽu  /  
   )  \´,‐v‐、 /、      すぐに斧でぶっ壊して━━
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 /

602 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:44:39 ID:???0



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ u. ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { . 
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ .     う…動けねえ…
         ヽ{{ u |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_    u  /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌───────────────────────────────────┐
│ 魔物を殲滅し、全員が全員安心しきっていた                       │
│ そのためマコトも身動きが取れなくなるほどの荷物を抱え込んでしまったのだ  ......│
└───────────────────────────────────┘

603 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:44:51 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ {
          ; 〃 {_{\  u / リ| l.│ i| ;
         レ!小l●    ● 从 |、i| .ガクガク.
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│;       マコト!闇が!
          | 八   {  }  _l /ノ |        闇が迫ってきてるにょろー!?
        ;: | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j // i | {
       ガク ….l/ヾ三} l___/{彡'´} i | ;
          ;  |l   ノl |二//|   l ,イl|
          ;  | ゝー' ∧! //∧__j/ l | ;


       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\
      /l__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ
     /:l ,、 L::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::',
.    /::/´:レi |//ヽ::::::::/\::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧_∧
   /::/::::/:::| //\ ∨´,、   ∨ \__:;:/lヽ、ハ/ トーヘ
   ∨|::::|:/::^|:::::::|:|}__/|::|\/|:\_../|ヽ、,ヘ__/::::\}_
     |::::|:l::::::|:::::/||__|::|::|:::::::::::ト、:i\::::::::|:::::::::\::::::\::::/
     |::::|:|::::∧::i爪ヽ::|i丁ヾ::::::├廾弋:ーヽ:::、:::::::>ー'>ヽ    閉じ込められてしまいましたー!!
     ヽ::!ハ::{ 从ハ ィz≠ミ、 \::ヽ,ァ≠ミz、;::\二;:_;::く::::::::',
     /,、ヾ_|   }l i :::::::     \{ ::::::::: i├‐'   |   \::::l
    /゙´ : :_| .八 !    __′      l il     !_,、_,、,ヾ!
    ̄ { ̄::::::::|二ニi\  (   ̄ ヽ    i_ll.ニ二ニ.|: : :: : : : : \
     ∧::::::::::ハ─ーヘ ,> 、` ─ ' ,. イ´::::ト、___ノ ̄:::`::ーァ='
    / \_;:从:::/`ヾ/  { ` -- 彡'く:::::∠::::::::::::::{::::::::::::_/ `ヽ
   /  |     /  -ーヘ  \,.イ    \:::从ハ;/ ̄ ̄      ',
 /    l     /   -┬'   ト/´ ̄   ヽ::://  /         {

┌─────────────────────────────┐
│                               ルツボ        ..│
│ 静謐さを取り戻したはずの迷宮は、一転、混乱の坩堝となった  ......│
│                                           .│
└─────────────────────────────┘

604 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:45:14 ID:???0



                へ、、
               / {_ ク
            ,=- く__,,/
              /   /     _
          /  /     _〃― ヽ
         /   /ヘ     _/ | | =!|= }lヽ    .    ええい落ち着かんか!
          r'   く彡 \r'´{ ∧ rっ /  |ヽ-、    マコト殿、荷物など捨てて「覚醒」を使うんじゃ!
         \    ""''''`l /ヘ`,二´ミ、ノ丿丿)
          /\    | ´   | |  | |\_ノF== 、__ 今ならばまだ、壁でも鉄格子でも壊して外に出られるわ!
         /;:;:;:;:ヽ  /   l   | |  | |  \|| | | | | ||
         /;:;:;:;:;:;:|     r―''\ ,'⌒i|       || ||  |
         /;:;:;:;:;:;:;:;:|     ||    ヽ__ノ       || ||   ヘ
          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    q====||ヽ==o || ||   ヽ
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      ||       || ヽ   || ||     \
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
  /  |                                    |  \
/    |                                    |   \




  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}      そ、そうか!確かに!
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\   
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::


┌────────────────────────────┐
│ とはいえ既に、西側の外壁は闇に呑み込まれ、          ....│
│ 迷宮そのものが作り出すよりも深い色に塗り替えられていた    │
└────────────────────────────┘

605 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:45:29 ID:???0



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )    この…クソったれがぁぁぁ!!
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\



┌──────────────────────────┐
│ マコトは武器の一つを手に取ると、怒りと混乱に任せ、   ....│
│ 闇に向けかって投げつけた                    .│
└──────────────────────────┘

606 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:45:49 ID:???0




┌───────────────────────┐
│ その武器は、別の勇者が亡霊となって守り続け、    │
│ 鑑定が終わらず持ち続けていた剣(?)だった     .│
└───────────────────────┘


┌────────────────────────┐
│ 投げつけられた剣は、通常ならば闇に呑み込まれ  ......│
│ 何処かへと吹き飛ばされてしまうはずだった      .....│
│                                    │
│ しかし━━                          .....│
└────────────────────────┘

607 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:46:35 ID:???0








                       ┏                              ┓
                       ┃ 投げたアイテムが闇に飲み込まれた直後、 .┃
                       ┃ 凄まじい光が闇の霧をかき消した!   ..  ┃
                       ┗          .                       ┛






.

608 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:46:51 ID:???0





       ._y-、                                    ,-'、       ,,-、
  .i--、;;- ゙‐'~゛   /'i      i''ッ     ,l''i            _       / ,i′      ./ /
   . ̄./ ,i′ <./ .,ニゝ .〈ニ"",,ニゝ 〈ニ"",,ニゝ .l二二ニニニ‐ .{゙,'.{,/ノ.ゝ    / /        ,i'./
 i;;;;;;ニ彡′ ,,∠> !   ,,∠>/   ,,∠∧/           _..;;/    , !'゛       .,./"
             ゝ'"     `ー′    .゙ー"          '!'"´     〈./        .,',,ノ





  
                         ┏                       ┓
                         ┃  怒りの咆哮が大地を揺るがす!  ┃
                         ┗                       ┛







.

609 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:47:18 ID:???0
                        _,,,.、     ,,,_
                      _/戈介ッ、 /公\
                     _,ィ匕乃" ゙i|ヾ|! /''i|´ {刄!
                  /;;イ//´  ノ ,l| |l |  /爪゙l、
                /゙:./゙.:.//′     /゙ |′` ,!/:.゙l:.゙\
                 /゙:.:./゙:.:.://   、      !|.:.:.゙l:.:.:.゙ヽ
            /゙.:.:.:/゙.:.:.:.// .i   |      |;|:.:.:.゙l:.:.:.:.:゙’,    ,.
           /゙.:.:.:./゙:.:.:.:.://  |   ゙!   ,   ,l;|.:.:.:.゙l:.:.:.:.:.:.:゙!  /
         /゙:.:.:.:/゙/.:.:.:.:.{;(  |!    |!  | \|/:.:.:.:.゙|:.:.:.:.:.:.:゙!、/′
        /゙.:.:.:.:.:/゙.:./:.:.:.:.:.:.:〉;;〉  !、  !|  ,!|  ,.|i\、.:.゙l:.:.:.:.:.:.:.:゙l/′
      /゙:.:.:.:.:.:.:/゙.:./:.:.:.:.:.:./|;;l    \、_ム、/;|//;!.:.:ヾ、゙!:.:.:.:_;,;,_/i
     /゙.:.:.:.:.:.:.:.:./゙:.:/.:.:.:.:.:.:.l゙::};\_,,ノ´;;;;;/Y;.;//:.i:.:.:.:.ヾ`Y´;;;;;/;|゙l l
      /゙:.:.:.:.:.:.:.:.:/゙.:./:.:.:.:.:.:.:.:|゙.:|;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/;;;;;;;_ン/:.:/゙.:.:.:i:,;〉;|;;;r'´,、`i| ,.|
    l゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:/゙.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:!゙ノ`ー―';;:::/::::;;;;;/;;;`:|!/;!:.:.:.l〈;;;キヽ/;i゙i;;|'゙/       __
     |゙:.:.:.:.:.:.:.:./゙:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::;;;;;`ー/⌒ヾ;:ノ;;;::;r'iト':.:.:.:i:/`〈;;/;;;;;;!;;;|ヘ、_,,ッ='" ̄´
     |゙.:.:.:.:.:.:.:.!゙:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:/__;;;;;;;;;;\二ニ|;::::;;;´;;;;;|!:,r、i:.|;;;;;/ゞ=个ミ!;;;;屮'´
     |゙:.:.:.:.:.:.:.|゙:.:.:.{:.:r:、.:.:.:.{;;;;;\;;;;;;;/ー 、 |;;;;_;;;;;;;;;;;!′|!゙|;;;{゙Yヾ、!;;_|孑=ー
     !゙.:.:.:.:.:.:.:!゙/´`i:.| ゙Y´`il`i;;;;;;`ー{`ー-‐|;;;;;`ヾ、;;`ー;;ノ;;ノ〈;ゝイノク.:.:l
     !゙:.:.:./`、|゙|  !|     i|:(;;;;;;;;;;;;)ゝ _,゙li;;;;;/;;;フ´;;;;;/、 ,.lミレ;ジ.:.:゙l
     |゙.:./  Y′ l|    ゙|i〈、_;;;;;(ヽ、,,_,,,゙lゞ、;;;_l_;;;;ノゝ、 |,|爻/=ー,:i|
    l゙:/   |!   ゙|!      {;;;;;; ̄r`ヽ   _,\,,ヽ、 ゝ- / !|イ/   il i|
    ゙|!    ゙|!  ゙|、    l;;;;;r=(::`ヾ` ̄,,_‐''ノi゙ー`ー''´  レ′ /゙ l|
     |!     ゙ヾ、 ゙ヽ、  ゞ;;!::;;;\:::\/,rリ ´ ゙ゝ、   ___,,,,,_ ノ /′
     ゙|!     \   \  ,ハ;;;;;;::::`ヾ;:::|  i⌒ヽ `ー''´:.:i´ lミ〉 /
      ゙|、     `\   /:.:l゙ヾ;;;;;;::::::|:、ゝ-' /⌒ー ノ:::::ノ,;;;'シ′
      ヾ、        ` /゙⌒ヾ;;;;\;;;;::ヾニ-'丿 _..-ヽ;;;::',イイ
       ゙\、      |!   |! `l|゙`ヾ=r‐;;;;:\,,ノ ̄\゙{戈、_,,,ィヵ七゙i!
         \       、` ,|  ゙ヽ l|   |;;;;;;;::;;{ `i、‐' ゙̄i ゞ少"⌒_ソ`i|
          `ー  , |!,ゞニミツッ、 ゙l、  ゙ゞ、;;;::゙l、゙l゙i-' ゙̄l/´     _/
             |!イ;/´⌒`ヾ;;;ゝ`\   `ー-゙|、ヾ!_/゙`!
             /;;;//    ゙i;;}   `    `ヾ、ヽ/,}
            {;;;;;i" ,!     !;;}     、___,,ノ;}川}/|
             |;;;;;゙イ′ヽ,   ノシ′    ―=ゾ;;ソト戈、_'_
                \;;;ゝ、 ゙i| /'゙      /;;;ツ、リ爪ィ゙`i|
                  ヾ;;;;;`゙ゝ、,,_ノ`;ー--‐''";;;ソ`_,,イ`i|`i| '′
               ,ゞ=、´;;;;;;;;;;(;;;;;;;;人;;;ノ'ン´   ′′
              /゙  `ー--‐=`ー'-゙-゙‐''´
             〃
             {|
             ヾ、
                 ゙\__    __,
                ` ̄  ̄

┌─────────────────────────────┐
│ ━━━霧の向こうに、山ほどの大きさの黒い龍の姿が見える!    │
│     その目は敵意に満ちている!                  ....│
└─────────────────────────────┘

610 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:47:42 ID:???0



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { . 
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ



           `Z:;-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、;;;;_,'~
           / /" `ヽ ヽ  \´
          //, '/ u    ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ :::::::::`ヽリ| l │ i|
         レ!小l○:::::::::::::○ 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
          __|ヘ   ゝ._) u j  ,| , |___
     ( ̄ ̄/:::::| l>,、 __, イァト |< |:::::| ̄ ̄)
      ヽ /:::::/.| | ヾ:::|三/::::/ | .|  |:::::|__/
        `ヽ<| |  ヾヽ /:::/ .| | レ' ̄
          | レ   ヽV/   リ ,| |
          .| | jヽ、__<父>__,rヘΛ |
          .レV、  /   l  l  \リ
           く  /    .l  l __>
            `´ヽイ`丶 ィ´ Y´
               |   |::
               ヽ---':::

611 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:47:53 ID:???0



.                   ,. -‐  '' ~  ̄ ~~ ''' ー-- ._
.               , ' ~                  ` 、
            ,. '~                        ヽ.
          /                            ヽ.
.         , '                                i.
.         ,.´  ,. .      ,'  , ´             ヽ      }.
.       ,.'   ./       /  /   .   ,;         .i     !
      / ,  ,.'       ,'   ,'   .}  i .、          }、     !
     ,.' /i   ,.'      ! .i  { i   i  !. {.ヽ.  .   .i.   .i、   }
      / ,' .{   .i    ; .{ !  ! .{   !.  i  {、_i、 ヽ 、 i、   、`i.  .l
.     i ,; .i   .{   i  .{ . iー{ .i‐{ .i !  l l、~i、.{、i . _ゝ、.` 、ヽ.` .  ` 、` 、. i
    { /.i.i {   .!  .{  i l!, ',ニ ‐、l {. { l { ., ;ニ~-~、.、 、ヽ. ヽ.` 、 `ー 、.}
    i { ! i.  i.{  l.  {,_i,i´P.  i  ヽi `  P .   .l`i!`}iー.、.ヽ. ー-、 , .}
     l! l ヽ.  !.! .ヽ.  `i.' ! r , l   `    ! .{ ; .i   /-、./;:`ー ' {~  !
         ヽ { i、i、  }  } ゝ_ .ノ       ゝ.__ .ノ  ./  /;:    .;i   !
          ` ヽ ヽ,.iゝ.;;i.      ,          /  /      !  .}
              {,ー-;;.ゝ       _        /-、./!       l.  i
              i  ,-{=` 、           {~`-i'} lヽ.ハ. _ハ. }i,.'
.               .l  / i  !`; .        , ' i~`i_/  !.      ` ' ヽ.
             { ,.´ ., '   .ノ i、 ` ーr‐ '   ,'  /   l.        i.
.             !;'    __,{.    .}   i    {  ;'    `'ー;__  __   ヽ
            {i  ;_,.-'~ i.   ,i'  _i   _,. '.{      ,..   `-、!. ` 、.   .}.
.            /' _ノ{   {__ ;ノ__r‐' {_,., '  /.ゝ__  , '~   ノ、     \ i
            ' ~  〉、__,.i  `r "/   !. '   / .i'ー-i`ー-─''~   \    ヽ!
               /   /ー'-、}./   /    / r' ー 、}          ヽ.
.              /   {_  _`{   ,'    /  `- 、_}           ヽ.




    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.       \(^^)/
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ

612 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:48:20 ID:???0





                 __
           _, -ー''"    `~^'丶  て
         ,ィゞ}ミ            `r 、 そ . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .   …か、「覚醒」!!
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃     【マコトは斧(?)を投げた!】
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ      【闇の竜に50のダメージ!】
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)>    【マコトは剣(?)を投げた!】
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }           ・
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉           ・
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌──────────────────────────┐
│ 身動きが取れない理由である武器を投げつけながら、   ....│
│ マコトは恐怖と混乱で、逃げる事だけ考えていた           │
│                                     ...│
│ やっと動けるだけの重量を減らすことに成功したと同時  ......│
│ ━━闇の竜は大きく空気を吸い込んだ            .....│
└──────────────────────────┘

613 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 05:48:47 ID:???0


   ._.. -''″     .__..__,、           -=ニ゙゙ニ--- -......,,,,,_、     .'`-┷lli..,, ,_
. ‐'″  _,,.. -ー''''^゙゙二ri'ニ.... ....、............. ...._,,,_            ゙゙゙゙̄''''lllll,,,,_
..,.. -''"゛          _,,,.. --ー''''."゙.´                       ̄''''―
    _,,,,,       ` ̄ ̄ ゙゙゙̄! ,,__      .,,,,..uuii、;;;;;;y ......,,,,_,i-............ ......,,,,
-''''゙彡'"゛    ._,,..yr‐ ._,,.. -ー''''''゙゙ ̄´ i|     i  |i       ´`゙'''― ,,,_
...ノ'"  .,.. -''',゙..r''“゙゙“´             i|  i     |i               `'''ー、、
  _..-'"゛ _..-                 i|    i  |i                   `'ゝ
'"  .,..ッr'"                i|      |i                   ヽ
.., ''ソ゛                       i|      |i
゛ l゙        .┏                                 ┓
 .!         ┃    闇は全てを焼き尽くす暗黒の炎を吹いた!   ┃
  ヽ       ┗                                 ┛
   .`'-、、,                i|    i     |i                   _..-'´
      `''ー  ,,_           i|        |i          _,,,.. -‐''"
              ´゙'''ー . ,_      i|          |i   . _____ii;;;;;;ニ二......、
.,,_. : =i i ,,、          ,゙,゙;;;;;;;;;;; i|          |i              '''''''''''''''''''''''''''
  .`゙''''~ .`''ー .. ,,,,____ .__.`゙゙'''''~ i|          |i ー''''''''三゙゙..........---;;;;='   ._,,..
'''ー ...,,,_          ̄ ̄ ゙゙゙゙̄^.i|   i         |i .,,,,,,...... -―''''"´  . --l∋´
¬――ー`-′   . .       i|             |i       _,,.. -‐''"゛
`゙"'''―- ....,,,_     `゙`-`-二,゙", ,i|           |i  -¬''"´    .__,,,,,,,_,,,,..
'―-- 、..,,,,_、 . ̄''-.. ,,_、  ." i|       i         |i .-―ー¬''''゙゙゙ ̄´゛
        ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄ '''''゙゙“''  i|               |i  .、  ヽ     \
           、       i|               |i   l.    '、 ヽ  .  ..,
/  . ./    ./       i|               |i.  ヽ   ヽ .ヽ. \ \
  / /    /        i|               i   |i   l.l.  .、  ヽ. \.\
 /  ./ 、  ,/./       .  i|                   |i .、 .l.  ヽ  .ヽ .\ ヽ
″ ./  /  ./ ,i′      i|                     |i.  ..l.  .ヽ  .ヽ ヽ.
 /  /   ./ /        ,i|                     |i   . l    ヽ  ヽ .゙
'" ./   ,/ /     .、  i|          i            |i   l   ヽ    ヽ
 ./   ./ ./      / ,i|                    i    |i    .l,   ヽ \
./   ./ ./      ./ i|  i                        |i     |″ l


┌──────────────────────────────┐
│ 周囲を根こそぎ破壊し尽くし、竜は再び闇へと姿を隠した         │
│                                          ......│
│ ついにマコトは知ることがなかったが、亡霊の残した未鑑定の剣    │
│ あれこそが聖なる武器の一つ、聖剣カレドヴルフだった        .....│
└──────────────────────────────┘

                                                                   つづく

614 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 06:18:05 ID:4I9HpbZ20
乙!
やっと追いついたと思ったら終わっていた…!

615 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 07:21:06 ID:7h3Ix3Ns0 [2/5]
おつ!
なんで投げたんだw
投げずに置けばすぐだったのに・・・(システム的な意味で

616 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 08:43:50 ID:XIv.qoLM0
……裏ボス?負けイベ?

618 名前:michi[] 投稿日:2012/09/07(金) 08:52:20 ID:???0
>>616 なんと答えればいいのか難しい…

620 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 08:58:37 ID:vD6uyvJI0
乙乙!!
元ゲームやりたくなるわー

622 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 09:20:29 ID:7h3Ix3Ns0 [3/5]
ところで王様の最大の弱点は攻撃する方向が正面なところじゃなくて攻撃が火炎なことだと思う。
必中で結構高火力なのはありがたいんだけどね・・・

>>620
フリゲだからやってくるといいよ?w

623 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 09:27:27 ID:67MXRiFw0
人類には早すぎる旅になれるとやさしい旅でレベルアップが遅くてやきもきするというジレンマ

624 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 09:44:05 ID:Y4sQvKV60

投げたらダメなんか
順調だったのになあ

625 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 10:47:32 ID:LhN0G8hA0 [1/2]
裏ボスは聖なる武器しかダメだと思ったから今までためにためた聖なる武器全部投げても倒せなくてポカーンとなったことがある。

後で最初だけでいいって知ったんだ俺。

626 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 10:56:08 ID:7h3Ix3Ns0 [4/5]
どんまいw
それどころか最初も槍や弓なら投げる必要もなかったりするよ。

627 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 13:38:25 ID:dDextLh.0
聖なる弓で闇に一発打ち込んで、
それから普通の弓に切り替えて打ち込み続けるのがセオリーだね

628 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 14:06:51 ID:LhN0G8hA0 [2/2]
なんか亡霊が封印の鍵×9とかくれちゃったから聖なる武器荒稼ぎしてたんだけど
それ全部つかっちゃってワロタ

629 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 16:22:49 ID:rJ2TXLjg0
>オキュペイション間のファンダメンタルレストラクチュリング

アルルゥさんの精神状態のヤバさワロタ
リアルタイムで突っ込みたかった が、朝5時とか無理だよ寝てるよ

630 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 17:03:15 ID:lWWrShl.0
封印の鍵げとした時に限って祠が出ない

631 名前:名無しさん[] 投稿日:2012/09/07(金) 17:35:13 ID:Bf0DIqUE0
開錠は使えないと言われるけど、遺跡荒らし放題になってくると武器温存のために結構使ったりする。
LV1でも時間使えばそこそこ開けられる。
>>627 毎回、溜め込んだ予備武器ぶっこんで槍で連撃してたわ。
倉庫なしプレイがデフォだから聖武器手に入れるの手間取って余裕で殺せる段階での戦闘が多いけど
クレセントアックスぶん投げたらダメージ1万余裕でオーバーして笑った。

632 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/07(金) 18:19:21 ID:7h3Ix3Ns0 [5/5]
>>631
解錠無くても仲間がそれなりに育てば解錠無くても同じことできるし、わざわざメニュー開く必要もないんだよな。
王様は箱壊すのには向かないが不可能でもないし。

スタミナも強打に使っちゃうから俺は序盤に解錠は使ったことないなぁ。
後半で仲間居なかったらたまに使うのと、聖なる扉?あけるのに使うぐらいだ。

644 名前:michi[] 投稿日:2012/09/16(日) 08:15:01 ID:???0
次回予告!

徐々に明かされる世界の秘密
しかしマコトには知る術もなく、新たな旅立ちが始まる


次回【(片道勇者)マコト死ぬ】

 「救えぬ(マコトの)命」 


週半ば頃投下予定。乞うご期待!!


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/01/18 01:59 ] 【片道勇者】マコト死ぬ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する