クリックで開閉

【片道勇者】マコト死ぬ 第12話

425 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 18:56:11 ID:???0



┌─────────────────────────────────────────┐
│ 今度の旅は順調に進んでいた                                        .│
│ 前回、前々回と同じように、荷物に謎の手紙が紛れ込んでいたが、今回は気にせず捨てた     .│
│ 魔王を倒す。ただそれだけに専念したかったからだ。                         ......│
│                                                          ......│
│ が、何故か前回手に入れた斧と同じものを、このマコトは手にしていた                 │
│ 海賊マコトがどこで手に入れたのか思い出そうとしてみたが、何故か記憶になかった         │
└─────────────────────────────────────────┘



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}      分からん…何がどうなってるんだ…
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//



スポンサードリンク


426 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 18:56:29 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|     ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
          |ヘ        j.  | , |
          | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



┌────────────────────────────────────┐
│ 人工妖精に聞いてみようかとも思ったが、少なくとも、この暢気な妖精とは      ....│
│ この人生において、まだ会って間もない。意味がない事だと思ってやめておいた   ..│
│                                                   .....│
│ 疑問は尽きないが、武器が役に立つのは間違いない                  .....│
│ まずは何よりも、仲間を増やす事を目標にする事にした                 ...│
└────────────────────────────────────┘

427 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 18:57:09 ID:???0



┌─────────────────────────────────────┐
│ ところでご存知だろうか?既に話には出たことではあるが、勇者マコトは眠らない    .│
│ こちらについては、差し迫った「闇」という問題があるからだと説明が為された     ......│
│ なのでこの話ではない。動物と食物についての豆知識だ                    │
└─────────────────────────────────────┘



       _( ヽ_
     // | |  |\_
     / /  ⌒  \ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|      枯れた草ばかりじゃ力が出ないな…
    V|  フ 、`^  |/ 
   / |  ヽ‐ヽ  /       【枯れた草:元気度を5%回復する】
   )  \´,‐v‐、 /、 .
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    溶岩地帯だししょうがないっさ
          ヽ|l ●   ●  .| |ノ│
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |    ナユタの実が取れる地帯まで、早くたどり着きたいにょろ
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


┌────────────────────────────────────────────┐
│ 健康に問題のないラットに満足な栄養を与え、通常とほぼ変わりない生活をさせる動物実験がある  ......│
│ ただしラットが眠りそうになったら、過度のストレスを与えないよう気を付けながら、優しく起こす       │
│                                                                │
│ この実験の結果を一言で言えば、ラットは1,2週間で死ぬ                            .│
│ 衰弱するのは勿論のこと、脳に損傷を受けて死ぬ                                  │
└────────────────────────────────────────────┘

428 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 18:57:26 ID:???0


┌─────────────────────────────────────┐
│ 人間の場合は人権問題に発展する話であり、もちろん実験結果など残っていない   ...│
│ しかし恐らくは相当時間、強制的に眠らせなければ、同じく死ぬと言われている      │
└─────────────────────────────────────┘


       _( ヽ_
     // | |  |\_
     / /  ⌒  \ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|    だよなあ…早くナユタの実が食いたいぜ…
    V|  フ 、`^  |/ 
   / |  ヽ‐ヽ  /  
   )  \´,‐v‐、 /、 .
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    一個余ってるんだから、そろそろ食べたらどうにょろ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    マコトが倒れちゃったら世話ないにょろ
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

429 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 18:57:47 ID:???0



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )       いや、一個は必ず必要になるはずなんだ
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ        必要になる奴がいる。って言った方がいいか
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\        (アルルゥを仲間にするかどうかは別として、
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_        餓死させるって選択肢はないよなぁ…)
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....  
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::    そいつを仲間にするために、
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\        一個はとっておかないといけないんだ


┌────────────────────────────────────┐
│ 何が言いたいのかというと、豊富な栄養を有し、1週間だろうと2週間だろうと、    .│
│ 定期的に食べさえすれば、一切眠らなくても済むようになる「ナユタの実」        .│
│                                                   .....│
│ この実は間違いなく、脳に作用している                            .│
└────────────────────────────────────┘

 *原作ではアルルゥの元キャラ名はネムリ。ある意味皮肉である

430 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 18:58:18 ID:???0


┌────────────────────────────────────────────────┐
│ もちろんアルルゥが獣化したのは「闇」に触れたせいだ。ナユタの実のせいであるとは言わない            │
│ しかし時間を追って獣化が進むというのなら、代謝を繰り返す内に、徐々に体が変化していくということだろう   ....│
│                                                                     ...│
│ 一日一つ食べれば必要な栄養を全て摂取出来るナユタの実を、                             ....│
│ 一気に過剰摂取したせいで獣化も早まったのではないか?マコトはそう考えていた                    .│
└────────────────────────────────────────────────┘



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}      (そうだ。一個食わせたら、アルルゥの食事はナユタの実以外にしよう
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ       完全に獣になるまでに魔王を倒せば、進行も止まるかもしれないからな)
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\    
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::     
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::     …うん。仲間にする為に必要だから、な
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{'´     ヽリ| l.│ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    (かっこいいけど、やっぱり海賊っさ
          ヽ|l⊃     ⊂⊃ .|ノ│     悪いこと考えてる顔してるにょろ)
          |ヘ.  r‐-、    j  | , |
          | /⌒l`ニ`, .イァト|/ |     そうにょろ?それなら動きが鈍らないように、
.          | /  /::|三/:://  ヽ |      せめてどこかでお弁当でも買うにょろ
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,

431 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 18:59:30 ID:???0



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}      (斧とナユタの実。この二つは仲間を増やすのに必須だ
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ       失くしたりしないように気を付けないといけないな)
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、      …よし、旅の途中と迷宮での魔物退治でレベルアップと、装備の新調もしないとな
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ     まずは初回の魔王をやり過ごして、大きな街があれば物資の補給と仲間探しだ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j       
      |  ヽヽソ//


┌──────────────────────────────────────┐
│ 剣士や騎士に比べれば、「強打」のスキルはあるものの、海賊には大した特徴がない  ....│
│                                                       .│
│ 水泳技術は高いが、ある程度のスキルを身に付ければそれ以上は意味がないし、    ..│
│ そもそも水の中に入る状況というのが殆どない事は、これまでの旅でよく知っている     .│
│                                                       .│
│ 開錠技術もあるものの、宝箱は、斧で叩き壊した方が断然早い                 .│
│ 他に特徴といえば、力が強く、裏の世界に顔が効く、といった程度だろうか         ...│
└──────────────────────────────────────┘

432 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:00:44 ID:???0



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} .     (それでも俺には今までの経験がある!
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .      仲間さえ増やせば、俺にも勝機はある…はずだ)
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃       
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ        
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌────────────────────────────────────┐
│ 一度手合わせした感触(+アルルゥの2体にリンチに遭っただけだが)では、      ....│
│ 魔王そのものの攻撃力は、誰もが恐れる程のものとは思えなかった         .....│
│                                                   .....│
│ 問題はあの結界と、時間が過ぎれば姿を消すこと、それから魔王自身の体力だ  .....│
│ 必要なのは、何よりもこちらの手数と攻撃力、魔王と真っ向から戦って          .│
│ その攻撃に耐え続けられるだけの防御力、もしくは回復手段の確保だ             │
└────────────────────────────────────┘

433 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:01:04 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    具体的な仲間のオーダーはあるにょろ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}   
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ       剣士と薬士が必要だ
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//


┌───────────────────────────────────────┐
│ 前回のちゅるやの疑心暗鬼ぶりに、マコトは固有名詞を出す事なく、言葉少なに応えた   ..│
└───────────────────────────────────────┘

434 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:01:53 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    (まさかの即答にょろ。この勇者様は頼りになりそうっさ)
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l--    -- 从 |、i|    うーん。そのどちらかは分からないけど、
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    しばらく先に、マコトと波長が合いそうな気配がするっさ
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



      ,.,.r-<⌒`、、_ て
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ そ
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}     ほんとか!?こんな早くに!?
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//

435 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:02:09 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l -     - 从 |、i|   ほんとっさ、ちゅるやさん嘘つかないにょろ~
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ      嘘はつかないよな。言うべき事を言わないだけで…
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ      せっかく仲間が見つかりそうなのに、どうしてそんな微妙な表情なんだ?
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ        何か隠してるんじゃないだろうな
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\

436 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:02:40 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    失敬な。なにも隠してないっさ
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    ただ、ちょっと気になる気配だなーって思ってただけにょろ
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



       _( ヽ_
     // | |  |\_
     / /  ⌒  \ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!    (気になる気配?)
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|
    V|  フ 、`^  |/    まあ、それでも仲間になりそうってだけでも、正直助かる
   / |  ヽ‐ヽ  / .    仲間にするかどうかも交渉次第だろうし、会ってから決めるとしようぜ
   )  \´,‐v‐、 /、 .
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 

┌──────────────────────────────┐
│ 少々気になる事もあったが、ともかく二人は草原地帯へと進み、     .│
│ やがて一つ目の大きな街が見えてきた                    .│
│                                          ......│
│ そこではマコトの求める、一人目の仲間が姿を見せることとなった  ....│
└──────────────────────────────┘

437 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:03:00 ID:???0



                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ
       / /      l   l ‐‐┼--- ⊥\__//   l     ヽ ヽ
      / /       l   l  ‐‐┼---⊥___  ヽ  l     ヽ ヽ
    / l      l  ,/ /―--\-⊥____  ヽ  l     l  l
    / ├- ___l / /    _,.――‐ 、 _   ( ,-  l_____l  l
    /  l ヽ_  l | /`´  _,. ''"  /^、   ``‐、 、- ヽl_i ̄ __, l l  l
   l   l    `-´ /  /     / ^ ヽ     \ ' ' l `- '   l  l
  ,l    l      l /       l    l       \ l      l   l
  ,l    l     l/,―‐、     l     l    /― , >l      l   l
  l    l_,.‐''" ̄\/     \ _,.‐'''――'、_/    l / ̄ ̄`‐、l    l
  l     l      l       /        l      <     l    l
  ``‐、  l、    /     /        ヽ       \   l´   /´
     \__l   、_____/          ヽ____>  / /


┌─────────────────────────────┐
│ ある意味すべての元凶とも言える、【違法な】ヴィクター王だった   │
└─────────────────────────────┘

438 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:03:12 ID:???0



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ    ━━┓┃┃
       |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ        ┃   ━━━━━━━━
       |i | 从 (○   (○l小N.      ┃               ┃┃┃
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ≦ 三                           ┛
       | i⌒ヽ j  (_'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
       | ヽ  ヽx。≧         三 ==- ゚
            -ァ,          ≧=- 。
           -ァ,          ≧=- 。
            ≦`Vヾ        ヾ ≧






      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   .━━┓┃┃
   /:::::::/`      `、:゙!    ..┃   ━━━━━━━━
   |::::::(        l::|      ┃               ┃┃┃
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!                        ┛
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ  .,、 j川/  ゚ 。
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ" ,,'   ≦ 三
    `lヽ /  Y ヽ.ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニ...゚ 。≧         三 ==-
/  .| ヽヽ、 " ゙ / ..ァ,          ≧=- 。
     | ヽヾー--'' ノ.イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
      |  ヽヽソ//  ...ヾ        ヾ ≧
                   ハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・
                      レ   ≦
                         "ヾヽ。`=、、

439 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:03:29 ID:???0




    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }        おかしいな…もう少し先へと転移したはずだったのだが…
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.       おや?マコト殿か。しばらくぶりだじゃな
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\    
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  て
             / /" `ヽ ヽ  \ て
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    しばらくぶり、じゃないにょろー!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    どうしてこんな場所で王様が涼んでるっさ!?
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

440 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:03:45 ID:???0



                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }     ここは城よりも快適だからだ
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }      
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }




                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} .    今の俺が言うのもなんだけどさ
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .    老後の居住空間くらい考慮して建てようぜ
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃     
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ

441 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:04:05 ID:???0



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }      世界がわしに追いつけなかったんじゃ
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ





  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l      (こいつ頭おかしい…)
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ     で、マジでどうしてこんな所にいるんだ?
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::


┌───────────────────────────────────────┐
│ 気になる気配というのはヴィクター王だからだったのか                        │
│ 納得しつつも、【ドMな】ヴィクター王とも「波長が合って」しまうのだろうか?地味に嫌だ     .│
│ 思わずとりとめもない事を考えてしまう程度に、マコトも混乱していた                │
└───────────────────────────────────────┘

442 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:04:21 ID:???0



                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }      べ、別にマコト殿を待ってたわけじゃ
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,       ないんだからね!勘違いしないでよね!
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} .   (頭痛くなってきた…)
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { . 
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ

443 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:04:53 ID:???0



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7     だがまあ、ここで出会ったのも運命だろう
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?      魔王を倒す旅に、わしも共に行こう
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /      わしも理術士のはしくれ。わしの理術を役立てるといい
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



       _( ヽ_
     // | |  |\_
     / /  ⌒  \ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|
    V|  フ 、`^  |/      え?どうしてヴィクター王が俺なんかと?
   / |  ヽ‐ヽ  /  
   )  \´,‐v‐、 /、 .
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 /

444 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:05:09 ID:???0



                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ      なーにを言っておるか!
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }      わしとお前は数十年の仲ではないか
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_.      まさか共に戦う事になるとは思わなかったがな
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }


                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { . 
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃      (あ…)
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌───────────────────────────────────┐
│ ここで思い至る。海賊マコトは私掠船の船長だった                  .....│
│           .  ・ .・ .・ .・ ・ .・ .・                             ..│
│ 私掠船というのは国の許可を得て、他国に海賊行為を行う船のことだ        │
│ その船長だったマコトが知り合いだったとしても、そこまでおかしな話ではない    │
└───────────────────────────────────┘

445 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:07:05 ID:???0



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(      u l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}     (そういや俺、さっきからずっとタメ口だった!!)
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙! u. ノt 'ュ、  ノ"     そ、そうだよな
    `lヽ /  Y ヽ/- 、.     俺とお前の仲とはいえ、まさか一緒に戦う事になるとはな~
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//



┌─────────────────────────────────┐
│ 相手は一国の王であり、最初の詩人マコトを拉致監禁、            .....│
│ いや強制的に拘束出来るだけの権力者だ                      │
│                                                │
│ これまで無礼な物言いが許されていたのは、海賊マコトとヴィクター王が   ...│
│ よほど親しい間柄にあったからに違いない                      │
│ 混乱を避ける為、意識して無理矢理に、海賊マコトとしての記憶を    ..    │
│ 封じていたのが裏目に出た形だ                                │
└─────────────────────────────────┘

446 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:07:40 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   え?でも王様、これまで直接マコトに会った事は
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   なかったって言ってなかったにょろ?
          |ヘ        j.  | , |
          | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}       (なん…だと…)
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::


┌─────────────────────────┐
│ どんな罠だ。無理に上げたテンションが一気に下がる    .│
└─────────────────────────┘

447 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:07:54 ID:???0



                  , イ二二二ミ 、
                /         \
                 //         ヽ',
              _/ {           } |_
             /  /            |  ',
             __/    { ィ==z  ,ー==-、 }   ',
          / /     }:| '-zェx ー' xェァ-'  !!  l       何十年もわしのため、他国の船を沈めてくれていた相手じゃ
        /   | ィ―、| |  ー´ i   ー     }|   }__,      十分に親密だと思うがのう
         /  :i|/    } i{ /' ー'`ヽ   /,ィー 、  ' ,
      r-|   ',    ノ| {ヘ _ィ===z、__, / {      l
    x--/ |  ___ {`ー ' \ヽァ_7lーハ  ,/ /',    /   }ニ=、
.   /  /  i!{´   ',::::::::::::::::::ヽ   ー' ¨ /  ー‐ '   \::ヽ
  /  /   廴___ノ:::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ヽ/:::::::::::::::/⌒ヽ   }:::|
  .′ ィ‐― v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::弋   /  ├x
  |  {    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー ':    !  ,
 ,イ⌒ヽ ー‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄`  ',
 {   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{     / │



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    王様はそんなんだから「距離感が計れない」とか
          ヽ|l ●   ●  .| |ノ│    「何を考えておいでか」なんて言われるにょろ
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |   . ひどいコミュ障っさ
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

448 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:08:08 ID:???0



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.      王に友などおらんのじゃ
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}      (めんどくせー!こいつめんどくせーよ!?)
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::


┌────────────────────────────────┐
│ 口に出す訳にもいかず、顔に出す事も出来ず、内心でマコトは悶えた     │
└────────────────────────────────┘

449 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:08:22 ID:???0



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7     それでどうだ、一緒に行かぬか?
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __? 
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '      どうせわしは亡国の王じゃ
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /      残り少ない命を、魔王にぶつけるのも一興だわい
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}     ちゅるやはヴィクター王が作ったんだよな?
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"     そんな力があるんなら、願ってもないな
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//

450 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:09:07 ID:???0



                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }     よし、では行くぞ勇者マコト殿
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ              .  . ・  . ・
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }      魔王の奴めを燃やちつくちてくれるわ!
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_      …あ
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }



       _( ヽ_
     // | |  |\_
     / /  ⌒  \ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|     (噛んだ…)
    V|  フ 、`^  |/ 
   / |  ヽ‐ヽ  /  
   )  \´,‐v‐、 /、 .
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \  __
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
         〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
         レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
          ヽ|l ○   ○u | .|ノ│      (噛んだにょろ…)
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , | 
          | /⌒l __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


┌──────────────────────┐
│ こうして旅立ちから早々に、扱いに困る理術士  ....│
│ 【違法な】ヴィクター王が仲間になった         │
└──────────────────────┘

451 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:09:27 ID:???0






                             「火炎!」







.

452 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:09:51 ID:???0




                  ゝ 、 }\
 +     , "  '  '.  ヾ:::::::::\:::`丶
  ,  "   :,,   , " r-1 >::::::::::- ::::::::\
, .   . +  ,. ' ' : ,  ノ⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ,, : :  , ;:   :+ ; :' ;, \ ̄ ̄`ゝ、::::::::::::::::::::::\___
: , : : , : ' : . ,;: , *  ; ;' ,`丶、 {:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
’; ,: :; +  :; , :; :  .:; : :;:× ;,  ' ゝ、 ::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
゙ ゛:'  ' :;  , ;” ; ,;/ ; , :; :: ' ; ─- ':゙}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、   _,、rく⌒Z 、
` '" ゙' :;;, ' ,. :゙´ ;}: ,': ,. :: ;, : ; +:, ':; :> ────-- 、:::::::::::::::::::::::::::::`くヾミ≧廴'fッ!,                        ィ _
        + |: ,;:' ’ :, : ; ' ;:, : ::/:::, :'.::::":::::::::::::::::::::::::::::::ー─────>-- ミr='´                          fl|/ァ
                +' ;, ;:':,,::: ,:,:: ::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::彡≧三≧、_                   __   / イっ
                , :; :" ゙ :, :; ::": ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`彡 '´:: :: `ー──一 '´ ̄ ー── '´:: :: }}-′/´
            , :; ,, ”゙::, :;; :  :'゙ , .,::::::::::::::::::::::::::::::::::::_____,.  ィ´_______ :: :: :: :: :: ::____:: |ト-‐′
         , ;: ::+ :: '゙: ,, :;; :: ' : ,、 : ,; : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ___:: :: :: :: :: :: ::/            ` ー─‐ ´
; :: ,:+ :: , :゙ : , ;: ':, ,, ;: : ;, : : ;, :; ;: : :: ;: ,,:: :'_,.   ´ ̄     `ー── ′
: . :' ;:, :;: :: '::; , ;: :゙’ :,___,;' ;:,_,. :,  ´  .,
; :, : : ,:+ :, :; ,,: :; , : :' :, ’ :, ゙ :, :  '
: ,; ′:,. '  、'  ゙ ;:   ,.:;  ,;: '    ,
 '  ,;:  ′ :,   ';:   ` ,. ' 、
' ゙ ,  ;  ':" , ゙;, ´, . ×   ,
  '  , ;  '  ,  ';,  ,
,   +    '    "  ゙  `
           ,   ′  .
___________________________________________________
─= =_─ ̄_二 _─ ─三- ̄二 二─_ _ ̄三─  二= ̄  ̄-_─ 二 _ ̄二≡─_ -_ ̄─___三─_ -_ ̄─__
 ̄─_ ̄ - ̄─= ̄_三 _─  ̄二-≡ ≡ ̄─-__ - ̄= 二─三_ - ̄─ =-_ ̄─ =二_  ̄_  ̄ 二-_ ≡──


┌─────────────────────────────────────────┐
│                               フォース                         .│
│ マコトの背後から、ヴィクター王の放った「火炎」の理術が放たれる                   .│
│ 通常なら「集中」後にしか放つことの出来ないはずのそれを、ヴィクター王はマコトの攻撃に   ....│
│ タイミングを的確に合わせて放ってゆく                                  .....│
│                                                          ......│
│ 火炎:目の前に炎攻撃を放つフォース。意志が強ければ威力も高くなる               ...│
│     理術士の基本中の基本                                       ......│
│                                                          ......│
└─────────────────────────────────────────┘

453 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:10:32 ID:???0




      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}      この連携の良さも「波長が合う」からって奴なのかね
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ   
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"      それにしても、よく杖も無しに「集中」の省略なんて出来るもんだな
    `lヽ /  Y ヽ/- 、      しかもどれだけ連続で使ってるんだよ…
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//



┌────────────────────────────────────────┐
│ 通常「集中」を短縮するには「祈りの杖」という、高価な杖が必要となる               .│
│                                                           .│
│ しかもこれは武器と同じく消耗する上に、フォースを使うには元気度も消耗するため、       .│
│ 理術士というのは燃費が悪い事で有名だ                                .│
│                                                           .│
│ しかしこれまでの戦いで、ヴィクター王がフォースの出し惜しみをした事は一度も無かった   ...│
└────────────────────────────────────────┘

454 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:10:46 ID:???0



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?     火炎のフォースなど、基礎中の基本じゃ
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '     わしにとって、そう大した事でもない
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    さっすが王様、私の創造主っさ
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   
        /⌒ヽ__|ヘ  弋_ノ    j /⌒i !    ねえ、パパって呼んでいいにょろ?
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

455 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:10:59 ID:???0



       _( ヽ_
     // | |  |\_
     / /  ⌒  \ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|     おい馬鹿、やめろって!
    V|  フ 、`^  |/     ヴィクター王は確か王女を…
   / |  ヽ‐ヽ  /  
   )  \´,‐v‐、 /、 .
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 


┌────────────────────────────────────┐
│ 創造主の活躍が嬉しかったのだろう                             ..│
│                                                   .....│
│ 人工とはいえ妖精の気質なのだろうか、ちゅるやが調子に乗って            .│
│ ヴィクター王に配慮のない言葉を投げかける。その様子にマコトは気が気でない   .│
└────────────────────────────────────┘

456 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:11:54 ID:???0



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、      すまん…すまん…
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\   確かにわしはパパだが、お主にママはいないんじゃ…
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ {
          ; 〃 {_{\  u / リ| l.│ i| ;
         レ!小l●    ● 从 |、i| .ガクガク.
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│;      ちゅるやはどうやって産まれたんだにょろ…
          | 八   {  }  _l /ノ |
        ;: | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j // i | {
       ガク ….l/ヾ三} l___/{彡'´} i | ;
          ;  |l   ノl |二//|   l ,イl|
          ;  | ゝー' ∧! //∧__j/ l | ;


┌────────────────────┐
│ しかしヴィクター王、これを華麗にスルー   ...│
│                            ....│
│ こんなヴィクター王にマコトが持つ印象は   ..│
│ 「とらえどころのない人間」というものだ      │
└────────────────────┘

457 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:12:12 ID:???0
 


      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}      (勇者が死んだ時、人工妖精は命と引き換えに
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ       勇者を亡霊にするんだよな)
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//

┌───────────────────────────┐
│                ・ .・ .・ .・ .・                 .│
│ これは実際に、マコトが自分自身をこの目にして、         .│
│ 間違いなくちゅるやの口から説明されたことだ         ......│
│                                       .│
│ 人工妖精というものは、ヴィクター王にとって、         ......│
│ いわば使い捨ての道具にしか過ぎないと思っていたのだ    .│
└───────────────────────────┘

458 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:12:23 ID:???0


┌────────────────────┐
│ しかしちゅるやもちゅるやで、王に対して   ...│
└────────────────────┘



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    王様ー
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ  弋_ノ    j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{⌒   ⌒ リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   ねえ王様~
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.       从 l||l  | ヾ:::|三/.l||l人.∧ |
       ( ⌒ ) |  ヾ∨:::/( ⌒ )  |


┌─────────────────┐
│ と、小さな子供のように懐いている  ....│
└─────────────────┘

459 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:12:39 ID:???0


                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .    (この二人にはこの二人なりの
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ .     関係ってやつがあるのかもしれないな)
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌───────────────────────────────────┐
│ だが、マコトとしては巻き込まれた身だ                           .│
│                                                    │
│ ちゅるやは無邪気にしていればいいと思いはするが、                ......│
│ 自分はそういうわけにもいかない。なにせ死んでもまた「やり直し」があるのだ   ..│
│                                                    │
│ 聞きたい事は今の内に聞いてしまうに限る                        .│
└───────────────────────────────────┘

460 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:19:14 ID:???0


   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ     ボソボソ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )      (なあヴィクター王)
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\

┌─────────────────────────────┐
│ それでもマコトは当然、ちゅるやに配慮するだけの          ...│
│ 繊細さは持ち合わせている                         .│
│                                           .│
│ ちゅるやが鞄で眠っている間に、小声で聞いてみることにした    .│
└─────────────────────────────┘


    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、      ん?なんじゃマコト殿
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ

461 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:19:52 ID:???0



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡      どうやって作っただとか、理術についての難しい話は
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} .    俺には分からないけどさ
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { . 
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ .    実際、ちゅるやの奴はどれくらい生きられるんだ?
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 最初にちゅるやの事を聞いたのは、一番一緒にいる時間が長いのは                 .....│
│ この無邪気で能天気、そして気の効かない人工妖精だから。もちろんそういった理由もあった   ....│
│                                                            ....│
│ しかし共に旅をしている間に、マコトはアルルゥに出会っている                     ......│
│ 少なくとも、完全に獣になるまで、彼女は間違いなく仲間だった                      ..│
│                                                            ....│
│ 苦しみながらも「逃げて」と言った彼女は…いや、彼女に殺されはしたものの…              │
│ まだ考えはまとまらないが、旅の途中で別れが来るのは、やはり辛いものだ               │
└──────────────────────────────────────────┘

462 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:20:08 ID:???0


  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ      俺は「覚悟」が欲しい
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::


┌─────────────────────────────────────┐
│ ちゅるやは終わりまで、旅を続ける事が出来るのか?                    .│
│ それとも旅の途中で力尽き、その後は自分一人で旅をしなければならないのか?   ...│
│                                                     ...│
│ どれだけの旅路を行けばいいのか分からないマコトにとって、               ...│
│ これから先、何度も一緒に旅をするだろう妖精が                      .....│
│ 「どう作られているのか」は、最も気になる部分だった                      │
└─────────────────────────────────────┘

463 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:20:45 ID:???0



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、      ふむ…まあフォースで動いているからの…
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\   ちゅるやに込められた理力が尽きるまで、あと…
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡          フォース
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} .   (やっぱり理術で…)
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { . 
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌─────────────────────────────┐
│ 予想通りだった。ちゅるやとの旅にも、やはり限界が来るのだ   ....│
└─────────────────────────────┘

464 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:20:59 ID:???0


                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,         30年ってとこかなぁ!?
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ      そうか30…えっ?
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::

465 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:21:49 ID:???0



                へ、、
               / {_ ク
            ,=- く__,,/
              /   /     _
          /  /     _〃― ヽ           そうじゃ30年じゃ!
         /   /ヘ     _/ | | =!|= }lヽ          さすがわし!凄いぞわし!
          r'   く彡 \r'´{ ∧ rっ /  |ヽ-、
         \    ""''''`l /ヘ`,二´ミ、ノ丿丿)      闇が世界を覆い尽くすまでの時間より、数十倍も
          /\    | ´   | |  | |\_ノF== 、__   長く生きられる妖精を作ってしまったわ!
         /;:;:;:;:ヽ  /   l   | |  | |  \|| | | | | ||
         /;:;:;:;:;:;:|     r―''\ ,'⌒i|       || ||  |
         /;:;:;:;:;:;:;:;:|     ||    ヽ__ノ       || ||   ヘ
          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    q====||ヽ==o || ||   ヽ
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      ||       || ヽ   || ||     \
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
  /  |                                    |  \
/    |                                    |   \




┌──────────────────────────────────────┐
│ 「それは意味があるのか?」                                      .│
│ マコトでさえ、思わずそう言いたくなる答えだった                        .....│
│                                                       ...│
│ しかし30年…短いようにも感じるが、通常の理術の効果時間を考えれば、        .....│
│ 人工妖精の、この小さな体躯に、どれだけ莫大な理力を注ぎ込んだというのか…  .    │
└──────────────────────────────────────┘

466 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:22:03 ID:???0



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}      お前が魔王倒せよ
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::



                へ、、
               / {_ ク
            ,=- く__,,/
              /   /     _
          /  /     _〃― ヽ
         /   /ヘ     _/ | | =!|= }lヽ        ・ ・ ・ ・ 。
          r'   く彡 \r'´{ ∧ rっ /  |ヽ-、
         \    ""''''`l /ヘ`,二´ミ、ノ丿丿)
          /\    | ´   | |  | |\_ノF== 、__
         /;:;:;:;:ヽ  /   l   | |  | |  \|| | | | | ||
         /;:;:;:;:;:;:|     r―''\ ,'⌒i|       || ||  |
         /;:;:;:;:;:;:;:;:|     ||    ヽ__ノ       || ||   ヘ
          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    q====||ヽ==o || ||   ヽ
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      ||       || ヽ   || ||     \
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
  /  |                                    |  \
/    |                                    |   \


┌─────────────────────────────┐
│ と言いたくもなるのは、誰でも同じだろう                .....│
│ ヴィクター王は熱弁で振り上げた拳の下ろしどころに迷っている   │
└─────────────────────────────┘

467 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:22:25 ID:???0


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{'´     ヽリ| l.│ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    ん~?二人して何を話してるにょろ?
          ヽ|l⊃     ⊂⊃ .|ノ│
          |ヘ.  r‐-、    j  | , |
          | /⌒l`ニ`, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )      ああ起きたか
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ      ちょっとヴィクター王を問い詰め中だよ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\


┌──────────────────────────────────┐
│ たしかにマコトには、ちゅるや本人の前で彼女の寿命を問うような        ....│
│ 真似はしないし、ちゅるやの前で、父親同然の王を詰ったりしないだけの、   ...│
│ ヴィクター王の面目に配慮するだけの理性はある                 ......│
└──────────────────────────────────┘

468 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:22:36 ID:???0



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ     そもそも何で逃げた。なあ?
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::


┌───────────┐
│ だがそれも尽きた   ....│
└───────────┘

469 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:22:55 ID:???0



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ     避難誘導の指示くらい出せただろう
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\.   城に衛兵が4人はいた。婆さんは大八車に乗せてもいい
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::   いいや、そもそもそれだけの力があるなら
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::   他の人間も「転移」させる事が出来たんじゃないのか?
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::   もう一度聞くぞ。なんで一人で逃げた?



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、       王とは…
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}   
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ       ん?
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、   
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//

470 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:23:30 ID:???0



                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,         常に率先して、光に向けて歩む者の事をいう!
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .     つまり「闇」から目を逸らしただけってことか
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃       ぶっ飛ばすぞ
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ

471 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:23:46 ID:???0



                へ、、
               / {_ ク
            ,=- く__,,/
              /   /     _
          /  /     _〃― ヽ
         /   /ヘ     _/ | | =!|= }lヽ        全てのヒトは前を向いて歩かねばならんのだ!
          r'   く彡 \r'´{ ∧ rっ /  |ヽ-、
         \    ""''''`l /ヘ`,二´ミ、ノ丿丿)
          /\    | ´   | |  | |\_ノF== 、__
         /;:;:;:;:ヽ  /   l   | |  | |  \|| | | | | ||
         /;:;:;:;:;:;:|     r―''\ ,'⌒i|       || ||  |
         /;:;:;:;:;:;:;:;:|     ||    ヽ__ノ       || ||   ヘ
          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    q====||ヽ==o || ||   ヽ
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      ||       || ヽ   || ||     \
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
  /  |                                    |  \
/    |                                    |   \



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .   ちょっと黙っとけ
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ

┌──────────────────────────┐
│ 要するに、やはり単に逃げ出しただけだったという事だ   ...│
│ そう結論づけずにはいられない                   │
└──────────────────────────┘

472 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:24:05 ID:???0



                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、    いや、必ずしもそうではないぞ
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ)└\
         //, '/     ヽハ⌒、 ヽ
         〃 {_{ー'  ゛'`ー リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    そうにょろ、王様にだって事情があったにょろ!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    …言ってやって欲しいっさ
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


┌─────────────────────────────┐
│ ちゅるやは無条件でヴィクター王を擁護するつもりのようだが、    │
│ 事情があったというのも嘘ではないと思い直した             .│
└─────────────────────────────┘

473 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:24:22 ID:???0



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}     (そうか、そりゃ王様って立場で
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ      魔王退治に旅立つなんて出来ねえよな…)
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、     国が滅びたからこそ、やっと自由に
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ    動けるようになったってわけか、皮肉だな
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、      いや、そういった話ではないのだ
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ

474 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:24:41 ID:???0



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )     ?
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }        実はわしは、とある症状に悩まされていてな…
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、        王としての職業病というやつじゃ
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\    「廃用症候群」というものを知っておるか?
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ

475 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:24:59 ID:???0



..┌─────────────────────┐
..│ 廃用症候群とは、寝たきりなどが原因で    .....│
..│ 筋肉や関節の動きが衰え歩くことはおろか   ...│
..│ 立つこともままならなくなるというものだ       .│
..└───┐┌────────────────┘
        ││
        ││
        ││
        ││
        ││     .-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        ││  / /" `ヽ ヽ  \
        ││ .//, '/0°   ヽハ  、 ヽ
        ││.〃 {_{\    /リ| l │ i|
        ││.レ!小l●    ● 从 |、i|    ━━━にょろ。なんと恐ろしい…
        ││ .ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
         /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
       \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
 .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ      お前、そんな物知りキャラじゃなかっただろ
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::


      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|   
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}   
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ       …でもまあ、内容そのものは聞いたことあるな
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、       病気でもしてたのか?
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//

476 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:25:20 ID:???0

 

                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ       ついゴロゴロとしすぎてな!
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .     ただ体がなまってただけじゃねーか!?
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌────────────────────────────────────┐
│ 過度の運動不足だった。この王は、仕事すらまともにしていなかった可能性が    ..│
│ 非常に高い                                            .│
│                                                   .....│
│ さらにちゅるやの今までにないタイミングの良さで、用語解説をしたのも不自然だ    │
│ フォローさせる為だけに、知識を仕込んでおいたのではないか               │
│                                                   .....│
│ ヴィクター王は理術に関しては問題なくとも、性格的には非常に難がありそうだ     .│
│                                                   .....│
│ 旅路への不安が急速に上昇していく                              │
└────────────────────────────────────┘

477 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:25:33 ID:???0


    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }     まあ、真面目な話をするとな
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.    実際問題、わしでは魔王には勝てんのじゃ
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ     …続けてくれ
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::

478 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:25:43 ID:???0



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7    恐らくマコト殿が、わしのような老いぼれと共に
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?    旅をするのを決意したのは、こうした思惑があったのではないか?
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/   ノ __,,,,,,......、´ /     魔王に対して、マコト殿にもっと『手数が欲しい』とな
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|


   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ      その通りだ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\


┌────────────────────────────────────────────┐
│ 誰よりも、王は情報を集めていたのだろう。既に何度か、魔王と直接戦ったマコトと            .....│
│ 同じ程度の情報は得ていたのだろう。マコトが出した戦術を、ヴィクター王はあっさりと見抜いていた  .....│
└────────────────────────────────────────────┘

479 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:25:55 ID:???0



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、     マコト殿の立てた戦術と、わしを仲間に
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉     加えるという決定は非常に正しい
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?.      報告によれば、魔王には40枚以上の結界があり、
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '       それをくぐり抜けて直撃(クリティカル)させなければ、
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /       物理攻撃による攻撃は全て弾かれる
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、    結界を抜けて痛撃を与える手段の一つは、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}   フォースによる攻撃だからのう
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|


┌─────────────────────────┐
│ 今まで理術士としての人生を送っていないマコトに     .│
│ その話は初耳だったが、今は黙って話を聞く事にした   .│
└─────────────────────────┘

480 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:26:05 ID:???0



                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、    それでも問題は魔王の持つLIFEじゃ
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l    剣士以外ならば、結界を破って倒すというのが
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l   攻略法となるじゃろうが…例えばマコト殿のLIFEを100として
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/   わしが20弱だとしよう
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ     魔王のLIFEは━━
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ
       / /      l   l ‐‐┼--- ⊥\__//   l     ヽ ヽ
      / /       l   l  ‐‐┼---⊥___  ヽ  l     ヽ ヽ
    / l      l  ,/ /―--\-⊥____  ヽ  l     l  l




   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )       LIFEは?
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\

481 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:26:18 ID:???0



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、      9000と推定されておる
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ     人類には早すぎる…
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::

482 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:26:30 ID:???0


       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?    それでじゃ、わしはこの旅で理術を強化し、
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '    確実・着実に魔王へダメージを与える役割を担おうと思うが、
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /     マコト殿はどうするんじゃ?
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



      ,.,.r-<⌒`、、_
     /:::::{  );;;;;;;;;tt:ヽ   
   /:::::::/`      `、:゙!
   |::::::(        l::|     痛いところを突いてくれるな…
  ,.,|:::r'',.=ュ、_ ) _,.r=、(:!   
  y゙):|  -ェz、,゙ /,rッ、.゙}}     やっぱり攻撃力の上昇と
  t (゙!   ー' }`ー-' jリ     必殺(クリティカル)率の向上か
   ヾ゙!   ノt 'ュ、  ノ"   
    `lヽ /  Y ヽ/- 、     こんなバトルアックスじゃあ足りないよな
  _,.r''|ヾ、{ ''⌒ニfソ/!  ヽ
/  .| ヽヽ、 " ゙ /ノ j  ヽ
     | ヽヾー--'' ノ j    
      |  ヽヽソ//


┌──────────────────────────────┐
│ 実力的にも分析能力的にも、悔しいがヴィクター王は優れていた   ...│
└──────────────────────────────┘


483 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:26:43 ID:???0


                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、   うむ、そこで回収しておきたいのが聖なる武具じゃ
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ
       / /      l   l ‐‐┼--- ⊥\__//   l     ヽ ヽ
      / /       l   l  ‐‐┼---⊥___  ヽ  l     ヽ ヽ



     / ̄ ̄ ̄ ̄\_
     / /⌒_⌒\ ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|    聖なる武具?
    V|  フ 、`^  |/ 
   / |  ヽ‐ヽ  /     おい、ちゅるや
   )  \´,‐v‐、 /、    そんなモノの話は聞いた覚えがないんだが
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{'´     ヽリ| l.│ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|  ええ?ちゅるやも初耳にょろー
          ヽ|l⊃     ⊂⊃ .|ノ│
          |ヘ.  r‐-、    j  | , |
          | /⌒l`ニ`, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,

┌─────────────────────────┐
│ これまでも聞いた事のない話だったが、今までと違い   ..│
│ ちゅるやの怠慢というわけでもないようだ           .│
└─────────────────────────┘

484 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:26:58 ID:???0



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?    王家の管理する武器・防具のことじゃ
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '     どれも強大な力を秘めておるでな、魔王の討伐に
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /     必ず役に立つはずじゃ
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .    そんな都合のいいものが…
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ


┌───────────────────────────────────────────┐
│ 確かにその話が本当ならば回収しておきたい                                 ....│
│ 魔王との肉体的な自力差がそこまであるのならば、こちらはその差を埋めつつ、             .│
│ さらに道具に頼るしかない                                              .│
│                                                              ..│
│ しかし絶望的な話から、このご都合主義な話だ。話の流れとして、むしろ不審感が芽生えたのは、   │
│ 今までのマコトの経験からすると無理からぬ事だろう                               │
└───────────────────────────────────────────┘

485 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:27:09 ID:???0



                へ、、
               / {_ ク
            ,=- く__,,/
              /   /     _
          /  /     _〃― ヽ
         /   /ヘ     _/ | | =!|= }lヽ        もちろん、全てが都合よく進むという話ではない
          r'   く彡 \r'´{ ∧ rっ /  |ヽ-、
         \    ""''''`l /ヘ`,二´ミ、ノ丿丿)
          /\    | ´   | |  | |\_ノF== 、__
         /;:;:;:;:ヽ  /   l   | |  | |  \|| | | | | ||
         /;:;:;:;:;:;:|     r―''\ ,'⌒i|       || ||  |
         /;:;:;:;:;:;:;:;:|     ||    ヽ__ノ       || ||   ヘ
          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    q====||ヽ==o || ||   ヽ
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      ||       || ヽ   || ||     \
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
  /  |                                    |  \
/    |                                    |   \



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ        やっぱりか…今度はなんだ?
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ         武具を振るう度に命を吸うのか?
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ         着たら脱げない呪いのTシャツが防具なのか?
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\


┌────────────────────────────────┐
│ 希望を持った途端に叩き落とされる経験は何度も味わった         ....│
│ それでも今回落とされたのはマグマというわけではない。気持ちだけだ    .│
│                                              ..│
│ だからマコトは心を強く持ち、再び尋ねた                      │
└────────────────────────────────┘

486 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:27:21 ID:???0



  /i'     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /;/   ,r‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
 {ミl    lr::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::,..}
 lミl   ,! i.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::'l
 ヽ _,,,ム{`::::::::,,:::::::::::::::}、::::::{':::::::i}
  ', r'ェヽ ',::::::::゙::::::::::::::::{ `}:::::゙:::::/ヽ      存在はしているんだろうな?
   'l "ノ |:::::::::::::::::::::::::|/"::::::::::":::/゙\
    ',    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::
    ヽ ;; `rt,::::::::::::::::::::::::_,,‐''7/:::::::::::::
    `、  i!,}::::::::::::::::://///:::::::::::::::
     ヽ /''フ::::::::::/:::///::/::::::::::::::::::
      \_”'⌒;"´_,,r' /:::/:::::::::::::::::::::
      /  '" -‐  /:::ソ::::::::::::::::::::::::



                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,        無論じゃ!
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }


┌──────────────────────────────────┐
│ ここで否と言われぬだけ、この先への希望になる                    │
│ 今まで散々に絶望を味わってきた。希望に飢えていたのだ              .│
│                                                  │
│ マコトは今、ヴィクター王の差し出した希望の光を、貪欲に貪ろうとしていた  ......│
└──────────────────────────────────┘

487 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:27:40 ID:???0



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?    聖なる神殿は各地に散在しておる
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '    つまり武具も一つ限りというわけではないのじゃ
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/     しかし王家の管理とはいえ━━
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }       わしはその場所を知らぬ!
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ        封印の扉を開けられぬ!
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }

488 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:27:55 ID:???0



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .    管理出来てねーじゃねえか!?
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{/    \リ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|    もしかして、伝説レベルのお話だったにょろ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


┌───────────────┐
│ いわゆる世迷言というものだ    │
└───────────────┘

489 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:28:05 ID:???0



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、     いや有る!有る…はずじゃ…
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



       _( ヽ_
     // | |  |\_
     / /  ⌒  \ヽ
     | |"      ) )
    |v^,\_ i _ゝヽ ,!
    |;:| ≧ゝ i≦ |/|    …進むか。無駄な時間を過ごした
    V|  フ 、`^  |/ 
   / |  ヽ‐ヽ  /  
   )  \´,‐v‐、 /、 .
_/`   `ト、__/| \ 
     \\\/ /、 / 



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉     待て待て!王家の伝承通り、
        >- 、ヽ            〈テ7     王女は聖なる神殿を封じるのと同じ、封印の扉を
\        /::::::::::::l } u.       _,,.ィ  __?      開ける事が出来たんじゃ!
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



┌──────────────────────────────┐
│ 確かに王女は封印の扉を開けてはいたが、聖なる神殿の実在を  ......│
│ それだけで信じてよいものだろうか?                     .│
└──────────────────────────────┘

490 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:28:17 ID:???0



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )      じゃあ、なんでヴィクター王は開けられないんだよ?
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\




    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、    だってわし…入り婿じゃし…
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 封印され、ヴィクター王にまでその位置を秘匿された、聖なる神殿…では聖なる武具の力とは   ....│
│ どれほどのものなのか。ある意味で信ぴょう性は上がったのかもしれない                │
│                                                            ....│
│ だが…                                                       ...│
└──────────────────────────────────────────┘

491 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:28:28 ID:???0



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )    ヴィクター王…
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\



                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l     なんじゃ?
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ
       / /      l   l ‐‐┼--- ⊥\__//   l     ヽ ヽ
      / /       l   l  ‐‐┼---⊥___  ヽ  l     ヽ ヽ
    / l      l  ,/ /―--\-⊥____  ヽ  l     l  l
    / ├- ___l / /    _,.――‐ 、 _   ( ,-  l_____l  l
    /  l ヽ_  l | /`´  _,. ''"  /^、   ``‐、 、- ヽl_i ̄ __, l l  l
   l   l    `-´ /  /     / ^ ヽ     \ ' ' l `- '   l  l
  ,l    l      l /       l    l       \ l      l   l
  ,l    l     l/,―‐、     l     l    /― , >l      l   l
  l    l_,.‐''" ̄\/     \ _,.‐'''――'、_/    l / ̄ ̄`‐、l    l
  l     l      l       /        l      <     l    l
  ``‐、  l、    /     /        ヽ       \   l´   /´
     \__l   、_____/          ヽ____>  / /

492 名前:michi[] 投稿日:2012/09/05(水) 19:28:40 ID:???0



                 __
           _, -ー''"    `~^'丶
         ,ィゞ}ミ            `r 、  . 
        /ミ疋从  =ニ三ニ=     }=ム   
         /必屮ミ{  ニ三ニ三=    }ニ=}  .
.        |ミ殺戈" ニ三三ニ三ニ   ゞ三}   
.       |シ仕少  =ニ二ニ三ニ     }シ{ . 
        |戈イ〃l{i、、    从ノ    弋ニ} . 
       rト气{  |"二゙''¬、,,、 ,,ゝー''ミ゙、 }彡  
        | lミ|  イ 代フゞ、 │ { ィせソ`  |シ} . 
       { {ミ!  {ゞ、`゙~´   |  ヽ  / リ { .    信用…されてなかったんだな…
         、ヘ}}  }三`~ノノ/ ! 、`ー  リ l ノ . 
         ヽ{{  |ニ三. /i  {  l、_イ/ 〃  
         ヾ  i=ニ. ノん、_,rッ}  /  リ   
          )、 l|ニ=. / __jl_       /人   
            /リ\ i=ニ -ーニ二ニヽ ノ /イ)ヽ)> 
       ィくi「 /  \三ニ>ー</ ノイ|/// | 
      / 〃!、{    \{      }  /   }
     / / |  、     `ー-┬'" /     〉
    /ミ、  {     、   \ヾ| /      ノ人
  /⌒ヽ ヾ ヽ     ヾ    `ヾ、    /l |ハ`~^'''¬、
./´  `ヾ    \     \    \  / i /ハヽトミ、`ミゝ、
リ、  ミ`ヾ\ヾ   \     `ヽ    V  / //i |八トヾミ`ーミ



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.        ・ ・ ・ ・ 。
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|          ・ ・ ・ ・ 。
          ヽ|l ||、_,、_ ||  |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


                                                               つづく

493 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/05(水) 19:32:49 ID:lTjJJVq60
乙です
世界が滅びるの、半分以上ヴィクター王のせいな気がしてきた……

入り婿と言えばこのマコトさんもですなぁ 入り婿の苦労を分かちあう日は来るのだろうか?

494 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/05(水) 19:53:53 ID:oV8bhoLg0
おつ・・・ww

495 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/05(水) 20:37:52 ID:MJT/VAhE0
AAのせいか誠がむっちゃシブかっこいい…
乙 でも結局中身はいつもの誠だねww

496 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/05(水) 22:11:22 ID:EAATIbac0
スレできたころに1話みてよくわかんなくて、主人公誠だったし別人だったしで見てなかったんだけど
なにこれ面白い

「こういう世界」なんだな、なるほど
原作もあるらしいし、スレ終わったらやってみたい

497 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/06(木) 10:17:21 ID:6zJp/sCU0
乙です
原作やった身としては無茶苦茶笑えるw
まだやってない人は完結したらでいいのでゲームやって、
是非もう一度読み直して欲しい。
他のキャラとかも出るんだろうけどどうもってくるかなあとか、
これから色々楽しみです

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/01/17 01:54 ] 【片道勇者】マコト死ぬ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する