クリックで開閉

【片道勇者】マコト死ぬ 第5話

138 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:16:00 ID:???0



     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニ ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニ .|    おい…どんどん「勇者」とは    |...ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニ .|    別の何かになっていくぞ…     |...ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニニニニニ.\__  ___________/..ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ニニニ
        ニニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニ|    どうしてやっちゃいけない事を    |ニニ
     ニニニニニニニニ ニニニニニニニニ ニニニニニニニニ ニニニニ.|    真っ先にするんでしょうねえ… .  |.ニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ .\__  ____________/
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
.        |    罠以外の何物でもないと思うがなぁ…   |.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     ニニ \__  _______________/ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         ニニニニニニニニニニニニニニニ |    それでも戦いへの抵抗は緩和されたと見えるぞ   |..ニニニ
       ニニニニニニニニニニニニニニニニニ .|    少しでも勝利へ近付いていると思おう         |..ニ
         ニニニニニニニニ ニニニニニニニニ\__  ___________________/..ニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ニニニニニニニニ
         ニニニニニニ .|    …絶望で擦り切れた魂が、存在を諦めませんように!   |
         ニニニニニニニ.\__  ______________________/ニニニニニニ
       ニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニ ニニニニニニニニ ニニニニニニニニ ニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニ
      ニニニニニニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニ ニニニニニニニニ ニニニニニニニニ ニニニニニニニニ ニニニニニニニニニニニニニニニニ



スポンサードリンク


139 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:16:19 ID:???0




┏                                                 ┓
┃アルルゥにやられたと思っていたこの体は、 いつの間にか元通りになっていた.┃
┃いや、元通りではないかもしれないが、元の姿はもう、思い出せなかった     ┃
┗                                                 ┛




    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |              ━━わしからの話は以上だ
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |              ほんの少しだが、旅の助けとなる
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }              アイテムも渡しておこう
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、             
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.            回復薬と、癒しの草じゃ
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \       辛い旅になると思うが…
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \      魔王の討伐を頼んだぞ、マコト殿
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ

       ┌─────────────┐
       │  【弱そうな】ヴィクター王  .. │
       └─────────────┘




                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }         わしもここを離れる。また
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ          どこかで会うこともあろう……
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,          では、ゆくのだ!健闘を祈る!
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }

140 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:16:37 ID:???0



                  , '"´ ̄ ̄ ̄ヽ` ` ヽ、
               | /\ _ヽレ-_,.-‐ヽ_ ヽ. \
            ヽ\|/__ニ=_‐:::::::ニ_-‐ヽ  ヽ  ヽ  ヽ |
            />/   ,.rァ:;:::::;i:::::::、ヽ ヽ  `、  ヽ | N
            /li /  / //!:/!|::|i:::| ヽ!`ヾ、 ‐-、 ',|'::l!:ノ,/
             /  /.  l/ l/ | !:| l::|  |   `ヽ、ヽ」::::::::∠_
             ,/! ̄ ̄ ̄| ̄|! フi::ト|:|、   -‐─ァ:::::::::::、‐-`ヽ、
          ,. '// |  .:::   / ヾ! リ |`ヽ 、 /"//ハ〉:::::ヽ  `ヽ
       ,. '´ /::/ .:|  ::   , '  .::. i::. |、ヽ|::r`、、/ 〃./:||::i、:ゝ\
      /   /.::/ .::|  :  /  .::  l:: |. `ヽ、ー゙゚ヘヽ_/ リ !/ i:|
    ∠_  / ::/  .:::|  .:  /   :::  i::  ! ̄ ̄ ̄ ̄{゙!  /  |:!
      ブ  :/  .:.::::|  .: /   ::::  !::  |::___ .」」 ノ  ノ    よぉ~く分かったぜ…
     ∠__  〈  .:.:::::|  /     :::  !ニー┘__`ー─-゙,         つまり俺は…死ぬことも出来ないのか
        `ヽ、`ーァ-、:|. /     ::  i:::、``ヾl::::γニr─ '
          /-ニ_ソ     ::  !:::. \ \:::;r‐'
      ,. -‐/ .:::   `ー、‐-、_ : |/ヽ.  \. /
    / ,∠__      :l``ヽ `ヽl.  \__,ノ
   / / ,/    ̄``ー-、_|   /
  /,./'"´  ̄ ̄ヽ`ヽ‐-、  |ヽ./\
. /───- 、   \`ヽ`ヽ l ヽ:: \

            ┌─────────┐
            │  剣士マコト    ...│
            └─────────┘
 


┌─────────────────────────────────┐
│ もはや、やさぐれているという話ですら無かった。度重なる死と、やり直し   ..│
│                                                │
│ さらに直前の、自分では親身に面倒をみていたつもりだった、アルルゥに   .│
│ 食い散らかされた感触が、いまだに全身を疼かせている気がする        │
└─────────────────────────────────┘

141 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:17:06 ID:???0



;;;-‐‐‐‐‐‐-ァ-''-;;;;;;;;;;;;∠_二ニ゛\_
'i,    ,_,,-'‐!  ゛ー-r=''''_ ヽ   |;;;;;;;
 y‐''''´,,..-‐'--''") 、_    ̄''ヽ-,ノー,,,,,,,,,,,,,,---‐‐''''' ̄ ,,,,,,,,
,,/;;; ,/´ ;;_;;;;,-‐"   ,/ ̄゛'''''\_-‐''´   ,,,,-‐'''''''''""""
,ノ;;;;レ";;::,/ ,r‐-,/‐--// / ̄,,r''´   _,,-'''´|
;;;;;;;;;;;;;;;イ/;;; ((,,,,,,/// /゛  ,,,,-''"   |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ∠,,>ミ‐‐'''')/,,,r--‐'' /     |:─---  ,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ー‐'''~ヾ、,        _/::::::::::::::::::::::::::ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;::  ,r‐i'|ヽ|、 ヾ|、ヽ\     _,r'' \::::::::::::::::::::::::::::::::::
、;;;;;;;;;;;;;::: ,/::::::∥゛i、  'ヽ   ヾ、,,,r'''":::   ヾ:::::::::::::    /
:'ヽ;;;;;;;;;::: |;;;:____i, ヽ、  \_∠,ii,  ::::      ''-,,::::::  /
;: ' i,;;;;;;::: ,/;ヽゝ'ヽi:-i, -''''=ニヾ‐'イノ |  i;::         /        …………行くか
;  i,;;;: ,/` ,/::::入 \\ー-‐''" i   i,  \     /:::::::::::::::
;;i,  i、/ r゛ /:  :::::!''\ \ ̄  ____,i    i,   \  /::::::::::::::::::::     おいちゅるや
;;;;i,  i,  ゝ'::::: /::7‐- \ ヽ、  ,i  ,,,___,,i,    ヽ(__::::::::::::::::      居るんだろ?出て来いよ
;;;;;;;i、 i, \::::/:::ヾ─-,,,,,_ヽ、  ̄!/::::|:::::ノ    ::::::::ノ  ̄ ̄ ̄
;;;:::::::i,  i,,  ヽヘ、\‐─一゛7‐-─ソ:::|/       く、
;::::::::;A、 i, ,,‐r‐-ヽ:::::ー-‐'''"  ,/   '''''''''''''''''''"" ,r''''"
::::::;/  i  i," |\ | \,,,,,  r ,/::    /      /
 ̄ \ 'ヽ,, \   i i/ヽ--イ:::::    |  ,/  ,/
\,  \ \ \  i i   \:::    ,,/  /
  ヽ   V|  \ \i |     ヽ   ,r'  /
   ''i  |    \ \        "  /




          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ  人
       |i │ l |リ\    /}_}ハ `Y´
       |i | 从 ●    ●l小N      はいはーい!人工妖精ちゅるやさん、
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ       呼ばれて飛び出て参上にょろ~
       |  i ノ、      ノi|        
       |  l  x>、 __, イl |     .  
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )

142 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:18:19 ID:???0


          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ ?
       |i │ l |リノ     \}_}ハ
       |i | 从 ●    ● l小N      あれれ?まだ自己紹介してなかったっさ?
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)    どうなってるにょろ?
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´



                                /
                      {、、- ― x― ミ炎<⌒ヽ
                     /クハ  /   ノ/ハ/ \
                      \、、∧ /  ∨    /  i   i∨//
               ⌒≧vV/ /ヽ   ヘ  /   /  / 炎く⌒
                   ,ィ彡炎く   \{ У    /  / /爪ヘ\
                  ハ爪へ、、/ \炎⌒ヽ __/....!<ヾ!
                 { 小!   `\⌒フ爪\ ̄ //   / j
                  . -‐へ、\     У小    //   / /\
.                /  ///∧\_/  !'\   //___, イYi:.:.. \
             /  // //! |弋_・≧=---=≦・ア j !i/:l:.:..ヽ\\
           <  //  // l  !>--/ヾ /\ー―く! |:. ∨: :   \\
               ∨ /  . ://   |  / ∠ !\ ` ー 、j 从 ∨: :   У    どうなってるか?
             ∨ i...ノ: :/   r-|/ /___...j;、__\  〈乂/:   ∨: :   /     そんなものは俺が一番聞きたいぜ
                 / |/.: :/:!  . : V KくV<ニ三>/_>/:::/:..   \/⌒
              \|/´ ̄7 . : 从\  >~< /从i :.:.   N/        まず今回の俺は
                      く . : /爪:| \ー―-/!乂爪ー―く          どうしてこんな姿になってんだよ!?
                       \/ >′\ヽ-- " .:: </}ヽ
                        .. ´ \ ` ー―― ´ / /:.:.:.:\__          俺の人生に何があった!?
            ___ .-┬< ヾ、、  \ ____ /  .:/:.:.:.:.:.:.:./∧、、
      . -‐<丁  | | !、   \\、、    ___..∠/:.:.:.:.:.:.:.//i.:.:.:.:.:`:.:..、、
    / ` 、  |   | | iヘ` ー― ヽ--=ニ二ニ==/:.:.:.:.:.:.:.//:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:...、、
    , ′     \ !   | | l ヽ    ∨         .:/:.:.:.:.:.:.:.//:.:.!|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.   /` ー ... __  !   | | l   \    ∨________;/:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.i:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  / \       ¨7    | | l     \、  ∨    .:/:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:i:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ

143 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:20:16 ID:???0



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ―    ―}_}ハ.     そんなこと、ちゅるやに聞かれても知らないにょろ…
       |i | 从 ○    ○l小N.     マコトは旅の剣士にょろ?苛烈で凄惨な戦いでもあったんにょろ?
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ    
       | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)  
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ    (やっべ、今回の勇者は頭おかしいにょろ)
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´




                         jヽ /⌒__
                     -‐爻彡'⌒ヽ
                        // //州::::ヽ`ヽノ
                ___jヽV{/У/7::|ヾヽヽ ヘノ}ノ}
                  >:::{´  ハ| } }  `}炎く   凄惨な戦い…
                 / /;小 / -‐-  ./}小jヽ}
                      {{ L ´ | /∧ | ` {     嫌だぁぁ!生きたまま食われるのは、もう嫌だぁぁ!!!
                        //  l  {:::} |
                    //    | {─} l    ヽ
                      / く⌒ヽ| L_」 L___ ゝ \
                  '⌒>-ヘ__!_',/}_´ーァ¨¨¨´
                . . :´{: : : : '.,     /   /` .
               . . :´: : : :{:', : : : : . -‐- /   /  l  \
               / : : : : : : : : ',.:.: : :.:.',⊥/   /      l \
            /: : : : : : : : :l.: : :',: : : : : V  /   |   !   \
              〈: : : : : : : : : :|: : : ヽ:.: : : : ヽ /     !    ./  ヽ
          /: ヽ.:.: : : : : : :.| : : : : ヽ:.: : : : ヽ     /   |  // ̄}i

144 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:20:34 ID:???0


          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ/    \}_}ハ. 
       |i | 从 ○    ○l小N      えっと…それは大変な経験をなされたんですね
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
       | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)   その時の怪我の跡を隠してるから、その格好にょろ?
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´




  ----------<,,─,,,,   ヾヽ─ i;;i   リ ノ
        ,,--゙゙゙゙ヽ -,ヾミヽ ヽ;;| |;;i  /;/ ノ
           ,,,----≡ミ;;;;;;;;ヽ;;i |;;i./;/ /
         ,,-´´ ̄ ̄ ̄ニゞ;;;;;;;;;i;;;´;;;彡゙゙゙゙゙`丶、
    __,,,,,,,   ,,,-=彳゙゙彳彡イ;;;;;;;;ト、ミゞ\
       |  |卞ニ<  ,,ノ゙゙ //;;/i;;i;;;ヾ;ヽ ヾリ \
      |\ ヘ ̄ ̄\-,,, / /;/ i;;i |;;| ト ゞi  ヾ
      |  \ ヘ  O \\/ソ i;;i |;i リ ヾi   |
      | ̄ ̄─二二彡´彡弋i;;i、 |;i ∥ ∥
        |,,,,-''''´´ ̄  /   /\勹ヘ  |  |        違ぁう!食われたのは前世の話だあ!!!
       |        ,,,,-'乍ニ\ ヘ    
    \   |    ,,,--''''´    ,,,_,\ヘ
      \|,,,∠´,,,,,,;-─-<´´´ ,,-イ゙´ ヘ   
     ,,,-''´7 //´゙- __``7 / i    ヘ
   -   / /:::::::::::::::::::::::::7 .// ,--,,, ヘ
   \   l /:::::::::::::::::::::::::::::/ /イ l''´    ´''
     ヘ .i  l::      :::::/ /   l
      \. l       / /     l
 \ヽ    \`-  _ /./ i       l
  `\V    `ミ=-─/ /      .l
   γ\        /  \\    l
  ヽ|  `ミ-,,    / ̄`---ゝ \  l
  l´  i  \ ` ̄ ´        \|

145 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:21:21 ID:???0



    :::. :      :  ..:::
     :::. :      .  .:::
     ::.. :     :  ..::
      :::.. :.   .:  .:: ̄` ー-、
      :::...  ...  ...::〃" `ヽ、 \
       ::.....  ...::::/     \ハヘ
       ∧ ::...::: /|リノ    `ヽ}_}ハ  .   (うわぁ本物さんだぁ…)
          { ヽ| |ノノヽ叨    叨l小N
         ヽLj/}⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      (そういえば、道具屋さんが旅の薬士さんから
        | i|_| ヽ j   `ニ´  ノi|__/⌒)    「眠らなくてもどんどん元気が湧いてくる薬」を仕入れてたっさ…
        | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ /.    きっとアレでも使ったんだにょろ)
        | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
        | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´



┌─────────────────────────────────────────────┐
│すれ違いながらも、微妙に原因となった人物だけは心中で的中させながら、                    │
│人工妖精はこれからの旅に、激しい不安を覚える。詩人だった時とは違い、剣士となった今のマコトは   .....│
│魅力レベルが0。本来なら、誰も一緒に旅になど連れ立ってはくれない人物である事も大きい           .│
└─────────────────────────────────────────────┘

146 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:22:06 ID:???0



;;;-‐‐‐‐‐‐-ァ-''-;;;;;;;;;;;;∠_二ニ゛\_
'i,    ,_,,-'‐!  ゛ー-r=''''_ ヽ   |;;;;;;;
 y‐''''´,,..-‐'--''") 、_    ̄''ヽ-,ノー,,,,,,,,,,,,,,---‐‐''''' ̄ ,,,,,,,,
,,/;;; ,/´ ;;_;;;;,-‐"   ,/ ̄゛'''''\_-‐''´   ,,,,-‐'''''''''""""
,ノ;;;;レ";;::,/ ,r‐-,/‐--// / ̄,,r''´   _,,-'''´|
;;;;;;;;;;;;;;;イ/;;; ((,,,,,,/// /゛  ,,,,-''"   |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ∠,,>ミ‐‐'''')/,,,r--‐'' /     |:─---  ,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ー‐'''~ヾ、,        _/::::::::::::::::::::::::::ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;::  ,r‐i'|ヽ|、 ヾ|、ヽ\     _,r'' \::::::::::::::::::::::::::::::::::
、;;;;;;;;;;;;;::: ,/::::::∥゛i、  'ヽ   ヾ、,,,r'''":::   ヾ:::::::::::::    /
:'ヽ;;;;;;;;;::: |;;;:____i, ヽ、  \_∠,ii,  ::::      ''-,,::::::  /
;: ' i,;;;;;;::: ,/;ヽゝ'ヽi:-i, -''''=ニヾ‐'イノ |  i;::         /      
;  i,;;;: ,/` ,/::::入 \\ー-‐''" i   i,  \     /:::::::::::::::
;;i,  i、/ r゛ /:  :::::!''\ \ ̄  ____,i    i,   \  /::::::::::::::::::::   ともかくちゅるや、魔王について知ってる事は
;;;;i,  i,  ゝ'::::: /::7‐- \ ヽ、  ,i  ,,,___,,i,    ヽ(__::::::::::::::::    早い内に洗いざらい吐け!
;;;;;;;i、 i, \::::/:::ヾ─-,,,,,_ヽ、  ̄!/::::|:::::ノ    ::::::::ノ  ̄ ̄ ̄
;;;:::::::i,  i,,  ヽヘ、\‐─一゛7‐-─ソ:::|/       く、        必ず殺しに来るだとか、いつ来るか分かってるだとか、
;::::::::;A、 i, ,,‐r‐-ヽ:::::ー-‐'''"  ,/   '''''''''''''''''''"" ,r''''"       逃げてれば一定時間で姿を消すだとか、
::::::;/  i  i," |\ | \,,,,,  r ,/::    /      /          重要なことを直前になって言うんじゃねえええ!!!
 ̄ \ 'ヽ,, \   i i/ヽ--イ:::::    |  ,/  ,/
\,  \ \ \  i i   \:::    ,,/  /
  ヽ   V|  \ \i |     ヽ   ,r'  /
   ''i  |    \ \        "  /



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ/    \}_}ハ.
       |i | 从 ○    ○l小N     ええー?それって既に、全部知ってるって事にょろ?
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
       | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)  ちゅるやさんの存在意義が奪われたにょろ~
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´

147 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:22:36 ID:???0



           /   / ./;;;;/i;i;;;;;;| i;;;;;i i;;i   i;;i      ヽ\   ./
           / \/-'''i;i;;;;/ i;ii;;;;;;l  i;;;;;l  i;;i   i;;i    ,,,-''''`゙ヽ  ∥ ____
         / /    ii l;;i/l;;ll;;;;;l_l;li;;;l__i__i;;i,-''´ ,,-'''´  \∥〆 ̄ ̄ ̄ ̄`
         / /      l l;;i  l;;l l;;;;l ∥l;;l、 /::::::::__--く  ,,,==三彡ミミヽ
      ∥  リ      / .ll/-l;l l;;;ト  l;l \::::/ r-、 \\,,,,,    r;;| |ヾ ヾ;;ヽ
       ト  /     /::/ ̄`\::::l;l ト-イl,,,  ヽミニニ─く:::::ハ \,,,|;;|. | ヽ  ヾヽ
三三三ミ災什───/::::/   (`ソ 彡 ソ?亢| `-,,,  ``-ニ ̄壬-| ;  i;;|  l   i   ヾi
     /巛\   丿\:::::::彡彳´  / /ヘ `-,, `-,,    `-,,,  | ;  |;;ト |   i    i
    // |ii 》  \/ i /´´/   / /  ?亢  `-,,, `-,,    \|  ; |;;|\l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   // |;;;| |\/ i / /     / /   `´  _  `ヽ ヽ     |   ∥ ミヽ
  /  |;;|  |/`    /    / / /`ニ´---ニゝ、、\ ヽ   |   ヽ ヽ\
  ∥  |;;|/    i  /    / ./´´ ̄____   |  \   |      ヽ ヽ
  | / |;|      /    /  く  ,-'':::::::::::::::::::::::::::`-┤ i  ト   |       l  \      元々それだけの情報しかねえんなら、
  / / i      i    /   V-´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  l  | ヽ |      へ弋  ヘ     初回で全部吐き出しやがれええ!!!
 /  /  ヽ          ヘ l  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  l  |  |、|   /   /   ヘ
ノ   i            / ヘ l  V::::::::::::::::::::::_〆`ヽ|  l  |  | |/イ´V   /     ヘ
   /      __    i   ヘ ヽ  V  ̄ ̄`´     | i  |  i::::::: /  V /
  /,,-──彳´:::::::::::\  ト   ヘ ヽ ヘ         | i  |   /:::::::::ソ    V      _
./ \   | ::::::: ::::::::ヽ |::::\  ヘ ` ヘ、___ /´l ´ /   /ヽ_::::    V  _ ─
    \ | ::::  ::::::::::::ヘ |:::::l ヘ.  ヘ  ヽヽ___/´   /// |:::::::::::     ̄
      Y /    ::::::::::::::ヘl:::::l 入ゝ、ヘ  \     / /  /.  |:::::::::::::::      ::
___ ノ /   ::::::::::::::::::::::::::l  \  ヽ   ̄ ̄ ̄     /   |::::::::::::::::::     ::::
      /    ::::::::::::::::::::::::::|  ヘ \    ̄ ̄ ̄    イ    |:::::::::::::::::::    ::::::
、     /     :::::::::::::::::::::::::::|  ヘ  ヘ,,,___,,,,,,-'''''´/      .|::::::::::::::::::::::    :::::r─
|.\    /     ::::::::::::::::::::::::::::|   i           /    /|::::::::::::::::::::::    ::::|



┌──────────────────────────────────┐
│ 怒り爆発である。ここへきて、マコトのストレスは怒りのはけ口を求めていた   .│
│ 3度に渡る死亡により、特に生きたまま食われるという経験が、         .....│
│ 元々人当たりが悪くないはずのマコトを荒れさせてしまっていた          ..│
└──────────────────────────────────┘

148 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:23:01 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ {
          ; 〃 {_{\  u / リ| l.│ i| ;
         レ!小l●    ● 从 |、i| .ガクガク.
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│;       ちゅ、ちゅるやが一体何をしたって言うにょろー
          | 八   {  }  _l /ノ |
        ;: | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j // i | {
       ガク ….l/ヾ三} l___/{彡'´} i | ;
          ;  |l   ノl |二//|   l ,イl|
          ;  | ゝー' ∧! //∧__j/ l | ;



                  , '"´ ̄ ̄ ̄ヽ` ` ヽ、
               | /\ _ヽレ-_,.-‐ヽ_ ヽ. \
            ヽ\|/__ニ=_‐:::::::ニ_-‐ヽ  ヽ  ヽ  ヽ |
            />/   ,.rァ:;:::::;i:::::::、ヽ ヽ  `、  ヽ | N
            /li /  / //!:/!|::|i:::| ヽ!`ヾ、 ‐-、 ',|'::l!:ノ,/
             /  /.  l/ l/ | !:| l::|  |   `ヽ、ヽ」::::::::∠_
             ,/! ̄ ̄ ̄| ̄|! フi::ト|:|、   -‐─ァ:::::::::::、‐-`ヽ、
          ,. '// |  .:::   / ヾ! リ |`ヽ 、 /"//ハ〉:::::ヽ  `ヽ
       ,. '´ /::/ .:|  ::   , '  .::. i::. |、ヽ|::r`、、/ 〃./:||::i、:ゝ\
      /   /.::/ .::|  :  /  .::  l:: |. `ヽ、ー゙゚ヘヽ_/ リ !/ i:|
    ∠_  / ::/  .:::|  .:  /   :::  i::  ! ̄ ̄ ̄ ̄{゙!  /  |:!    あ、そ、そうだよな…
      ブ  :/  .:.::::|  .: /   ::::  !::  |::___ .」」 ノ  ノ     「今の」お前が悪いわけじゃねえもんな
     ∠__  〈  .:.:::::|  /     :::  !ニー┘__`ー─-゙,
        `ヽ、`ーァ-、:|. /     ::  i:::、``ヾl:::::ー-ニr─ '         ちゅるやが直接俺に何かしたわけじゃないし…
          /-ニ_ソ     ::  !:::. \ \:::;r‐'
      ,. -‐/ .:::   `ー、‐-、_ : |/ヽ.  \. /
    / ,∠__      :l``ヽ `ヽl.  \__,ノ
   / / ,/    ̄``ー-、_|   /
  /,./'"´  ̄ ̄ヽ`ヽ‐-、  |ヽ./\
. /───- 、   \`ヽ`ヽ l ヽ:: \


┌─────────────────────────────────────┐
│ それでも、泣き出しそうになる妖精を見た途端に                        .│
│ 急に罪悪感を感じてしまうあたり、やはりマコトも、根は悪い人間ではないのだろう    .│
│                                                     ...│
│ 単純に気の弱さが変わらないだけなのかも知れないが…                 .....│
└─────────────────────────────────────┘

149 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:23:52 ID:???0



                         jヽ /⌒__
                     -‐爻彡'⌒ヽ
                        // //州::::ヽ`ヽノ
                ___jヽV{/У/7::|ヾヽヽ ヘノ}ノ}
                  >:::{´  ハ| } }  `}炎く
                 / /;小 / -‐-  ./}小jヽ}    ともかく頼むわ
                      {{ L ´ | /∧ | ` {
                        //  l  {:::} |          知ってる事は道すがら、全部教えてくれ
                    //    | {─} l    ヽ .    前もって聞かずに一番キツいタイミングで教えられるのは、
                      / く⌒ヽ| L_」 L___ ゝ \   俺の心に致命傷を与えると思ってくれ
                  '⌒>-ヘ__!_',/}_´ーァ¨¨¨´
                . . :´{: : : : '.,     /   /` .
               . . :´: : : :{:', : : : : . -‐- /   /  l  \
               / : : : : : : : : ',.:.: : :.:.',⊥/   /      l \
            /: : : : : : : : :l.: : :',: : : : : V  /   |   !   \
              〈: : : : : : : : : :|: : : ヽ:.: : : : ヽ /     !    ./  ヽ
          /: ヽ.:.: : : : : : :.| : : : : ヽ:.: : : : ヽ     /   |  // ̄}i



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{      u ,リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|       わ、わかったにょろー
          ヽ|l >   <  | .|ノ│ゴクッ
          |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



┌─────────────────────────────────────┐
│ 「マコトの心に致命傷を与える」…初っ端から先ほどのような様子を            ..│
│ 目の当たりにさせられたちゅるやからすると、それはマコトにとってというよりも、      │
│ 自分自身にとっても致命的になるような気がして、人工妖精は、ゴクリと息を飲んだ   │
└─────────────────────────────────────┘

150 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:24:17 ID:???0



                  , '"´ ̄ ̄ ̄ヽ` ` ヽ、
               | /\ _ヽレ-_,.-‐ヽ_ ヽ. \
            ヽ\|/__ニ=_‐:::::::ニ_-‐ヽ  ヽ  ヽ  ヽ |
            />/   ,.rァ:;:::::;i:::::::、ヽ ヽ  `、  ヽ | N
            /li /  / //!:/!|::|i:::| ヽ!`ヾ、 ‐-、 ',|'::l!:ノ,/
             /  /.  l/ l/ | !:| l::|  |   `ヽ、ヽ」::::::::∠_
             ,/! ̄ ̄ ̄| ̄|! フi::ト|:|、   -‐─ァ:::::::::::、‐-`ヽ、
          ,. '// |  .:::   / ヾ! リ |`ヽ 、 /"//ハ〉:::::ヽ  `ヽ
       ,. '´ /::/ .:|  ::   , '  .::. i::. |、ヽ|::r`、、/ 〃./:||::i、:ゝ\
      /   /.::/ .::|  :  /  .::  l:: |. `ヽ、ー゙゚ヘヽ_/ リ !/ i:|     (そうだ、コイツは戦えないながらも、
    ∠_  / ::/  .:::|  .:  /   :::  i::  ! ̄ ̄ ̄ ̄{゙!  /  |:!      毎回俺と一緒に死んでくれてったんだよな…)
      ブ  :/  .:.::::|  .: /   ::::  !::  |::___ .」」 ノ  ノ
     ∠__  〈  .:.:::::|  /     :::  !ニー┘__`ー─-゙,
        `ヽ、`ーァ-、:|. /     ::  i:::、``ヾl:::::ー-ニr─ '           いや、おかしなことを言って悪かった
          /-ニ_ソ     ::  !:::. \ \:::;r‐'             
      ,. -‐/ .:::   `ー、‐-、_ : |/ヽ.  \. /
    / ,∠__      :l``ヽ `ヽl.  \__,ノ
   / / ,/    ̄``ー-、_|   /
  /,./'"´  ̄ ̄ヽ`ヽ‐-、  |ヽ./\
. /───- 、   \`ヽ`ヽ l ヽ:: \


┌────────────────────────────────┐
│ しかしマコトも、三度一緒に死んでくれ、役に立った覚えはないものの、  ....│
│ 妖精は決して裏切る事はなかったことに思い至り、素直に謝罪する      .│
└────────────────────────────────┘



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|  に   ううん、いいにょろ~
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   ょ
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ ろ   ちゅるやさんは魔王を倒してくれるなら
           |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | ,|.  l    なんにも文句はないっさ
           | /⌒l __, イァト |/ |   ん
           | /  /::|三/:://  ヽ |      (熱しやすく冷めやすい、一番アカン奴や…)
           | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



┌────────────────────────────┐
│ ちゅるやにすれば初対面で、ここまで激しく印象づけられた    .│
│ ネガティブな第一印象が、変わる事はなかったのだが…       │
└────────────────────────────┘

151 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:24:50 ID:???0



;;;-‐‐‐‐‐‐-ァ-''-;;;;;;;;;;;;∠_二ニ゛\_
'i,    ,_,,-'‐!  ゛ー-r=''''_ ヽ   |;;;;;;;
 y‐''''´,,..-‐'--''") 、_    ̄''ヽ-,ノー,,,,,,,,,,,,,,---‐‐''''' ̄ ,,,,,,,,
,,/;;; ,/´ ;;_;;;;,-‐"   ,/ ̄゛'''''\_-‐''´   ,,,,-‐'''''''''""""
,ノ;;;;レ";;::,/ ,r‐-,/‐--// / ̄,,r''´   _,,-'''´|
;;;;;;;;;;;;;;;イ/;;; ((,,,,,,/// /゛  ,,,,-''"   |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ∠,,>ミ‐‐'''')/,,,r--‐'' /     |:─---  ,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ー‐'''~ヾ、,        _/::::::::::::::::::::::::::ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;::  ,r‐i'|ヽ|、 ヾ|、ヽ\     _,r'' \::::::::::::::::::::::::::::::::::
、;;;;;;;;;;;;;::: ,/::::::∥゛i、  'ヽ   ヾ、,,,r'''":::   ヾ:::::::::::::    /
:'ヽ;;;;;;;;;::: |;;;:____i, ヽ、  \_∠,ii,  ::::      ''-,,::::::  /     そうか、助かる
;: ' i,;;;;;;::: ,/;ヽゝ'ヽi:-i, -''''=ニヾ‐'イノ |  i;::         /
;  i,;;;: ,/` ,/::::入 \\ー-‐''" i   i,  \     /:::::::::::::::.    どうせ短い旅だろうけど、よろしく頼むぜ
;;i,  i、/ r゛ /:  :::::!''\ \ ̄  ____,i    i,   \  /::::::::::::::::::::    それじゃあこの先の街の事でも聞いてから
;;;;i,  i,  ゝ'::::: /::7‐- \ ヽ、  ,i  ,,,___,,i,    ヽ(__::::::::::::::::    出発しよう
;;;;;;;i、 i, \::::/:::ヾ─-,,,,,_ヽ、  ̄!/::::|:::::ノ    ::::::::ノ  ̄ ̄ ̄
;;;:::::::i,  i,,  ヽヘ、\‐─一゛7‐-─ソ:::|/       く、
;::::::::;A、 i, ,,‐r‐-ヽ:::::ー-‐'''"  ,/   '''''''''''''''''''"" ,r''''"
::::::;/  i  i," |\ | \,,,,,  r ,/::    /      /
 ̄ \ 'ヽ,, \   i i/ヽ--イ:::::    |  ,/  ,/
\,  \ \ \  i i   \:::    ,,/  /
  ヽ   V|  \ \i |     ヽ   ,r'  /
   ''i  |    \ \        "  /



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    了解にょろ!…あれ?マコト、何か落としたっさ
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
          |ヘ        j.  | , |
          | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

152 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:25:35 ID:???0



         /! i`ヾ:、i、_______ `Vレ;
       ト、i.{;;! ゞyイ´ i 、ト、 ヽ.ヾ}!くノ
       >;;ヾ,/ゞj  ト、`ヾ:、、 }! 从、丶 、   ,
     ,ィ´≦;;r'- ‐―━┷,ゞ`;;;;;;}j;| ゙ ヽヾ‐ヽ }! 〃  ,
    〃´/イ;;ノ、  \、 ,〃ィ;;;ハ;ハミ、-._ヽト.、V!/,'  ,.;"
       〃'  \、__ /′イ从!リ ヾト、  ヾミ;;ソレ'ニ='"
       ,ゝ'´ ̄/ ¨T ≠リ___サ、、リ \  ,ゞ;;;;;;;≧=-、
        /   /    ! 〃   i─ミ、、_ ヽ〃'};;トミヾ:ヽ
        /   /    ! i   {. トミゞ_(Y、_j! {;ハヾ. \
.       /   .,′   ! /   |: {二≧/了ノ l }! ヾ,   ん?俺の鞄から落ちたのか?
     ,′   ,′    !'    |:. ∨  ,ィニ〉 ノ .リ  }
    ,′   ,′    j'     ト‐-、! / _゙_\
    ,′   /     /     |/<f`ー=ァ″
    ´ ̄ ̄ソ-―― 〈‐、__.-=、!\ \::;゙″
   ノ⌒ー/`ー- .__ }´ ヽ--≧、ヽ \/  _____
r<:::::::::\、`、._  ヾ ト-.__;ノ |`ヽ>-イf´  /   ` ヽ,
:、:::::::::::::::::.ヾ:、  ̄ ヾ、!   /! .!  i`ー-t_  {   /  `ヽ、_______
:;::ト、::::::::::::.:. \:.、_  ミ、ー /イ  :l _⊥=―ヽ‐┼''" /   / ̄ /   / `>ァ-=.__.イ¨7━―
j:::l:::ヽ:::::::::.:.:. ヾ:、\ ̄ヽノ !ノ´ ̄! ヽ,.-‐━ト、 /.   /   /   /  //  ∧´"   /





┌──────────────────────────────────┐
│ マコトはそんな物を持っていた記憶はないし、初回から三度目までの荷物は    │
│ 全て武器と防具、そしてわずかな所持金(シルバ)だけだった           ...│
│                                                  │
│ 詩人だった時も、騎士だった時もそれは変わらない                 ..│
│ 妖精の指摘で拾ったのは、何の変哲もない、一枚の小さな紙切れだった      │
└──────────────────────────────────┘

153 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:26:03 ID:???0



         ___,,_,_,,._...、 、、、、、、  --- ―――┐
        .|                         | :. ::.
      .|  ____                     |         ::.
     ::  |            __,,_,_,,._..、、、、   |   :.
    :  :. |  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄                 |     ::.::.
     :: : : |                __,,_,_,,._..、、、   | :.::.
       .::.: |   '''' ""゙ ´´ ̄ ̄               .|´`""''' ―- 、
       :. ::..|                _,,_,_,, _、、、 |     _,. -''´ヽ
       .: : |   '''''_""゙_´´ _ ̄_ _,._,.,, 、,、、 -z- =-'、,. -''´:::::::::::::::::::\
   :     ゙、"``""´´ ̄ ̄    ̄__,,_,_,,._..、、、、  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ::       ゙、  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄              ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ::      ゙、   __,,_,, _、、、、  ----- ―――   ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 ::..    .      ゙、              __,,_,_,、、、、  ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ゙、   '''' ""゙´´ ̄ ̄                ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::        ゙、    __,,_,, _、、、、  ---- ――― .  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::_,. -
     ::    .   ゙、          _,,._,,. 、、、、、、 --――''`::::::::::::::::::_,. -''´
            ::::   `'''' ""、´´:: ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -''´

┌──────────────────────────────────────┐
│                                                       .│
│ たった一言だけのメッセージが書かれた、少しシワの寄った、一枚の紙切れ        ..│
│                                                       .│
│ にも関わらず、その手紙に書かれていた文言には大きく心を揺さぶられる事となった    │
│ 女性らしい筆跡ではあるが、丁寧にこう書かれている                      .│
│                                                       .│
│ 「生まれ変わってもまた、あなたにめぐり会いたい」と。                      .│
└──────────────────────────────────────┘

154 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/08/17(金) 17:26:35 ID:qOvXAcl60
>眠らなくてもどんどん元気が沸いてくる薬
そういえば原作でも勇者は眠らないってのが妖精との会話であったね

155 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:26:43 ID:???0


   .,_
  ..|:!                    /   / ./;;;;/i;i;;;;;;| i;;;;;i i;;i   i;;i      ヽ\   ./
   .||      /^> |}           ./ \/-'''i;i;;;;/ i;ii;;;;;;l  i;;;;;l  i;;i   i;;i    ,,,-''''`゙ヽ  ∥ ____
   .|!    //   |}         ./ /    ii l;;i/l;;ll;;;;;l_l;li;;;l__i__i;;i,-''´ ,,-'''´  \∥〆 ̄ ̄ ̄ ̄`
       ./′              ./ /      l l;;i  l;;l l;;;;l ∥l;;l、 /::::::::__--く  ,,,==三彡ミミヽ
    ._____/              ∥  リ      / .ll/-l;l l;;;ト  l;l \::::/ r-、 \\,,,,,    r;;| |ヾ ヾ;;ヽ
    .. ̄             ト  /     /::/ ̄`\:ニニニニニニニニニ ミニニ─く:::::ハ \,,,|;;|. | ヽ  ヾヽ
       ./>   ...三三三ミ災什───/::::/   (`ソ   ニニニニニニ.-,,,  ``-ニ ̄壬-| ;  i;;|  l   i   ヾi
       /'==‐┐      ./巛\   丿\:::::::彡彳´  / /ヘ `-,, `-,,    `-,,,  | ;  |;;ト |   i    i
.      /   | /     // |ii 》  \/ i /´´/   / /  ?亢  `-,,, `-,,    \|  ; |;;|\l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           |l′   ..// |;;;| |\/ i / /     / /   `´  _  `ヽ ヽ     |   ∥ ミヽ
            |!    ../  |;;|  |/`    /    / / /`ニ´---ニゝ、、\ ヽ   |   ヽ ヽ\
           |    .∥  |;;|/    i  /    / ./´´ ̄____   |  \   |      ヽ ヽ
              | / |;|      /    /  く  ,-'':::::::::::::::::::::::::::`-┤ i  ト   |       l  \
              / / i      i    /   V-´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  l  | ヽ |      へ弋  ヘ
             /  /  ヽ          ヘ l  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  l  |  |、|   /   /   ヘ
            ノ   i            / ヘ l  V::::::::::::::::::::::_〆`ヽ|  l  |  | |/イ´V   /     ヘ
               /      __    i   ヘ ヽ  V  ̄ ̄`´     | i  |  i::::::: /  V /
              /,,-──彳´:::::::::::\  ト   ヘ ヽ ヘ         | i  |   /:::::::::ソ    V      _
            ./ \   | ::::::: ::::::::ヽ |::::\  ヘ ` ヘ、___ /´l ´ /   /ヽ_::::    V  _ ─
                \ | ::::  ::::::::::::ヘ |:::::l ヘ.  ヘ  ヽヽ___/´   /// |:::::::::::     ̄
                  Y /    ::::::::::::::ヘl:::::l 入ゝ、ヘ  \     / /  /.  |:::::::::::::::      ::
            ___ ノ /   ::::::::::::::::::::::::::l  \  ヽ   ̄ ̄ ̄     /   |::::::::::::::::::     ::::
                  /    ::::::::::::::::::::::::::|  ヘ \    ̄ ̄ ̄    イ    |:::::::::::::::::::    ::::::
            、     /     :::::::::::::::::::::::::::|  ヘ  ヘ,,,___,,,,,,-'''''´/      .|::::::::::::::::::::::    :::::r─
            |.\    /     ::::::::::::::::::::::::::::|   i           /    /|::::::::::::::::::::::    ::::|


 
┌───────────────────────────┐
│ 「前世」という単語に反応し、マコトの体が一気に冷え込む   ..│
└───────────────────────────┘

156 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:27:04 ID:???0



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \  __
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
         〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
         レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
          ヽ|l ○   ○u | .|ノ│       こ、これは!?…もしかしてマコト
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{/    \リ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|     自分で書いたにょろ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

157 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:27:33 ID:???0




  ----------<,,─,,,,   ヾヽ─ i;;i   リ ノ
        ,,--゙゙゙゙ヽ -,ヾミヽ ヽ;;| |;;i  /;/ ノ
           ,,,----≡ミ;;;;;;;;ヽ;;i |;;i./;/ /
         ,,-´´ ̄ ̄ ̄ニゞ;;;;;;;;;i;;;´;;;彡゙゙゙゙゙`丶、
    __,,,,,,,   ,,,-=彳゙゙彳彡イ;;;;;;;;ト、ミゞ\
       |  |卞ニ<  ,,ノ゙゙ //;;/i;;i;;;ヾ;ヽ ヾリ \
      |\ ヘ ̄ ̄\-,,, / /;/ i;;i |;;| ト ゞi  ヾ
      |  \ ヘ  O \\/ソ i;;i |;i リ ヾi   |
      | ̄ ̄─二二彡´彡弋i;;i、 |;i ∥ ∥
        |,,,,-''''´´ ̄  /   /\勹ヘ  |  |
       |        ,,,,-'乍ニ\ ヘ        そんなわけがあるかぁ!
    \   |    ,,,--''''´    ,,,_,\ヘ
      \|,,,∠´,,,,,,;-─-<´´´ ,,-イ゙´ ヘ       お前か!?お前が書いたんだろ!?
     ,,,-''´7 //´゙- __``7 / i    ヘ.      ずっと俺の様子を見て笑ってたんだろ!?
   -   / /:::::::::::::::::::::::::7 .// ,--,,, ヘ
   \   l /:::::::::::::::::::::::::::::/ /イ l''´    ´''
     ヘ .i  l::      :::::/ /   l
      \. l       / /     l
 \ヽ    \`-  _ /./ i       l
  `\V    `ミ=-─/ /      .l
   γ\        /  \\    l
  ヽ|  `ミ-,,    / ̄`---ゝ \  l
  l´  i  \ ` ̄ ´        \|



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|      マコトの荷物に入ってたのに、訳が分からないっさ…
          ヽ|l⊃ 、__/| ⊂⊃ |ノ│     こいつはもう駄目かもしれんにょろ…
        /⌒ヽ__|ヘ  ゝ_/   ...j /⌒i !
      \ /:::::| l>、||.__ イァ/  /│
        ./:::::/| | ヾ|||三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ||'∨:::/ヾ:::彡' |



┌───────────────────────────────────┐
│ どこまでも噛み合わない二人だった                             │
│                                                    │
│ 不和の種を残しながら、四度目の旅が始まる。不気味な手紙は破って捨てた  ......│
└───────────────────────────────────┘

                                                                 つづく

158 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:29:06 ID:???0
>>154
エピローグでも不眠不休と…
アルルゥの元キャラ、ネムリは実際にこういう薬を作って
「危ないヤクを作る女」認定されてます

159 名前:michi[] 投稿日:2012/08/17(金) 17:35:31 ID:???0
今回破棄されたアイテム


○○の手紙(追加装備):装備すると前世の記憶を呼び覚まし、取得経験値が大幅アップ

160 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/08/17(金) 17:58:37 ID:5WNLvs3.0

ちゅるやさんがちょっと可哀想だなw

161 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/08/17(金) 18:22:53 ID:Xp9.4LQo0
>>154
寝過ごして闇に飲まれたら困るから眠らない。
トイレ中に闇に飲まれたら困るからトイレは行かない。
風呂に入ってると闇に飲まれるから風呂に入らない。
までは確認したなぁ。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2018/01/16 01:55 ] 【片道勇者】マコト死ぬ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する