クリックで開閉

【飲食短編祭】 味寿々を淡々と語り味わう話。

227 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:21:33 ID:b4d7ac50 [1/51]
━━━━━━━━・━━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━・━━━━━…━━━━━━━━━


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃――神奈川県西端の地、小田原から電車で約10分。    .┃
     ┃栢山駅から3,4分程歩いた所に、その店はあった。     ....┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


               【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2447/01_gaikan.jpg
短編飲食1



                 .|     ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|    ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
                 .|   ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|  @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
                    |      |             ┌─────────┐
                    |      |             │    味 寿 々   .|
                    |      |             └─────────┘
                    |      |             :========:.:========:  
                    |      |             |i.     l||i.     l| 
                    |      |             |i.     l||i.     l|
                    |      |             |i_____l||i_____l|
.                 |    /|              |┬┬┬┬||┬┬┬┬| 
.                 |  /  |              |┼┼┼┼||┼┼┼┼| 
__________|/    |_________________|┼┼┼┼||┼┼┼┼|_______
.                                  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄

         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃中華料理屋、『味寿々』。                         .┃
         ┃西湖地区で最も“甘き死”を体感出来ると言う店である……    .┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━



スポンサードリンク


228 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:22:06 ID:b4d7ac50 [2/51]
━━┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓━━・━━━━━━━━━
   ┃たまたま連休が取れたので、しばらく温泉にでも浸りに浸かって      ┃
   ┃心身を緩やかに癒そうと訪れた地、熱海で、私は妙な話を聞いた。  .....┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                          ┃小田原在住であると自称した彼女曰く、   ...┃
                          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                     _,. -- - 、
                    /  ̄`Y´  ̄丶.
                  , '   -‐  ー_  ̄丶丶
                  ///  ̄'´  ゙;    ヽ
                 〃, ' /     ,'  ヽ. ミ!
                 | !. ,.'    ノ ,ィ 、ヽ ゙.  |     「……もしも貴女が、“鋼の勇気と鋼鉄の胃袋”を持ちし
                 ト、|. ! / /! ,./ ヽlヽ、! | ィォ     “大食戦士”であるならば、栢山の地にある『味寿々』を訪ねなさい…」
                 ㍑ !|_l∠.._ |/i! __リ_! l!汐
                 刈从!゙_,,,,_ '    _.,,,.__| /!介
           , , ===、、_ノ 人i!代ヒソ`  ´込ソノ'!うトヽ.,.-==-、
           {`゙゙ニ=彡,ィ´| iヾ、   '    ,チ'´ノ ゝ、゙ー─''´,ゝ
          (≪ニ≧=彡   _.>: .. - ...,.<__   セゝ-====ゝ  「さすれば貴女には……“甘き死を克服せし者”という
          __ニ=,-=-''´ ,r'i ̄| |::ゝヽ.。ノノ::::l |゙i ̄!ヽ`ー≦==ニ'_   称号を得る権利に、挑戦する事が出来るでしょう……」らしい。
        /、=-' ̄´     | ヽ.i| ヽ:`::TT:´:::,.' lリ !,.' }    ̄`ヽゝ
       ` ̄ )'       l ヽ /!  ヽ、:!:|::/  !V  ,'     ノ'´
                 ∧. ,' ヽ-‐t=fλー‐‐'' {. ∧
                 ヽ_;_!    _,/ノ゙'     i_/_ノ
                 ィァォ.   ´  ´|      |ェム
                  |::}...     ;..    ....::i,'|
                  |::i!:: ..    !::.......:.:.:: ,!::l
                  |/.!.:.:. :..   ,'. '     ,'l::!
                  /| !.:.:.:.:  / :   .': |:|
                   /.,'  !:.:.:  ,'   :   ,:. リ
    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃私はただ、たまたま知り合った地元民に、            .┃
    ┃ガイドブックには余り載っていない様な             .┃
    ┃グルメスポットを何気なく尋ねてみただけなのだが……  .....┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ┃どう反応して良いのか分からない答えを返されて、    .┃
              ┃曖昧な笑みしか浮かべる事の出来なかった私を、  .....┃
              ┃どうか赦して貰いたい所だ。                ..┃
━━━━━━━━… ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛━・━━━━━━━━━

229 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:22:37 ID:b4d7ac50 [3/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                  ┃……とは言え私も実の所、こう見えても地元では、   .┃
                                  ┃流浪の大食い娘としてそれなりに鳴らした方だ。     ┃
                                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃幾ら味が良くても、量が少なくて値段が高い、          .┃
      ┃典型的な観光客向けの店と比べると、             .┃
      ┃彼女が恐る恐るといった様子で教えてくれた店の方に、   ┃
      ┃ついつい心惹かれてしまう事は否めない。           ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             ,_______________            fi
           /ゞ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\         二||二
       ィ、   //  \:;:;:;:;.,イ  ,イ  ,イ,イ.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\        _||_
 _,、-‐¬尖¨// ______/.ム_/./  レ'レ'.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;| ̄ ̄|;:;:;:;:\ iヽ,_,/||
'¨ll¨[厂¨似找 ̄|/;:;:;:;:;:;:ヽ=, ,.--., .二7. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄下、三三ヾ ̄「r┼┬ー─||─i____
 ll   ̄尤奔キ.,...-‐::::::―-.../″ .// し孑 l二l二l   丁l| ̄丁||  l 「l ̄|    |l 个ー───r`
 ll   ,爻 ./::::::::::::::::::::::::::::::::`..// .斗辻ァl_|_| [同| ||  │||  | | ! {|__||_|        |
丕丕丕 ./:::::::::::::::j:::::::::::::::::::::../´   ,イ,イ ,イ.[[ O]__Tf_l_||_│||,__,| l_l___|丕丕||丕|不不不不|不
      /::::::::::::::::::::l:::::::/l:::::::::::::::::::ヽ:: レレ //____________      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,'::::::::::::::::::::::l/::/ j::/l:::::/l:::::l:::Y:`、 ./'                         ̄ ̄ ̄``丶、
    j:::::::::::l:::::l::::::l/`''ト、}::/ l::::l:::::l::::`、
    {:::::::::rヘ:::l::::::l斧℡ j/  l:::j、:::l:::::::゙,
   人:::::{ l:::l::::::lゞタ     ミリ`l::l::::l::::l      「……遂に来てしまった、もう後戻りは出来ない……」
     ∨:::ヽl::::::::::!       〈シ /l::!:::::l::::!
       }::::::::Ⅳ::::::l     `  /ーリ--rl:::ト、
       j::::::::代:::::::l   ~'   ノ     //l::}:::\
    .../::::::::ノ-V::::::ト __.....<::{ rッ-‐{ {:;}::l::::::::::\
    /:::::::::/:;:;:;:\:::l;:;ll;斗-┐l`''"ー-弋:jノ:::::::::::::::::\
    /:::::/\;:;:;:r‐ヾ!不'" ̄:;:;l: : : : :l`へ`ヽ、:::::::::::::::\::::::―-..
   // :`ミ;:;:\ヽ/:;:l;:;:ヾミ=zxl;,__ : l   >\     \  ::::::::\
   // : : : : :  ̄~\;:;:;l;:;:;:;:\\}: ゙"ミlx、    (ヽ、      .>::::\
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃気が付くと私は、小田急線を乗り継ぎ、栢山の地に降り立っていた。     .┃
   ┃本来ならば今頃は、三島か沼津の方にでも赴いて、             ...┃
   ┃そこでイルカ料理にでも挑戦していた筈なのだが……            ...┃
━━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛━・━━━━━━━━━

230 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:23:08 ID:b4d7ac50 [4/51]
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓━━…━━━━━・━━━━━━━━━
┃しかし、今更静岡県にとんぼ返りするのも面倒だし、       ┃
┃一食ぐらい、あの軽く厨二病掛った口調の妙齢の女性の  ......┃
┃怪しげなお勧めに、騙されてみるのも悪くはないだろう。    .┃
┃これもまた、気軽な股旅の醍醐味だと思う、多分。      ......┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃意を決した私は、見るからに小さな店の扉を開けて中に入った。   ..┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                 ||          ||.      |  ..||
                 ||          ||.      |  ..||
                 ||_____||.      |  ..||           ___ _
       __.          ||          ||.      \  ||     ____|
  ../ ̄[___] ̄ ̄ ̄ ̄\.|_____||.        \||___|"'' - ..,,_  - ..,,_
 /   ___||__      \_      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    "'' - ..,,_"'' - .._ "''
./   /| __ _ _|  ̄ ̄.\  \⊃       f´ ̄ ̄`ヽ     .  |  "'' - .._
   .//品品田田.| ̄ ̄ !\\  \_     | カラン… |       |
   / .|______| ̄ ̄ \:\\  \ ̄)   廴___ノ     ⊂二二⊃
  ./ /=================|::::::\\  \                  ||




                 /                              ヽ
             /                /  ,           .
                / ,        /       _,〃 ,/ ,./        i
            ,' /       , /   /   _//_////     ,  . l
              |/|       У'   /   /{¨7,弌'く_y7   / 'i .  i |
             l     ,〈 (l ハil , /  `'ぐー'^ ' /  _,厶'_j :  l !
              ,    /い |/   |八l     ` ̄ / /'忙.う j  l i
                /     '  \_,           //  {'¨7 /i  l,八
             /'イ      / {            '´    ∨ { | /    「……いらっしゃいませ」
              | /   , /;                _ ,/、乂/
            ノ'}   ,Λ {丨 、                 ' / `{
             厶イ/ `| i   \        ̄`¨¨^' /
                { `'‘‐-、__j    \         ̄` ′
               |     ` ‐- 、__ 丶、     /
               }               ̄>-;---′
            _」               '¨´  /^}      __ ____
    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃カウンター席を挟む形で設置されている厨房の中から、    ┃
    ┃寡黙な店主が、静かに私を出迎えてくれた。          .┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃店内には、数人の客らしき人間以外は彼一人しかいない。              ......┃
      ┃どうやらこの店は彼一人で、店員兼調理人兼店主として切り盛りしている様だ。  .....┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

231 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:23:39 ID:b4d7ac50 [5/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃有線等、BGMの一切無い物静かな店内の雰囲気に合わせる様に、      ┃
          ┃私は厳かにカウンター席に腰を下ろし、まずメニューをチェックした。   ....┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2448/02_menu.jpg

短編飲食2

                  .....:::::.....
                    /::::::::::::::::::::::::::...、
               -==|:::::::::|::::::::::::::::::::.
              .::::::::: |:::::::::ト、:::::::::::::::::.
               iハ!:从|:::::::::レ:::::::::::::::::::i
               |从)1|:::::::; ヘ:::::/::::::::::::|
                \.|::::::;  V:::::::::: ::::!    「……ふむ、値段設定はそこまで高くないようね」
              \ヽ  .|:::::冂ニニ:::::/ : ::::
             (  \_  |: /7777 V:::/::::::
             \_,`Y |/////   V: /: :i
            /____::| ,ト-_/    V:: . .|
                /   .[/ 〈__    ̄`Y:::::::::|
             / j^ヾ/   に二 ____|}::: . .|
          / 〈  べ, / `  __「 ./:::::: .:|
            人__,Χ /Υ   /  :/::::::: : :|
                \   / ___/:::::::: :: ::|
              | `ー'     〉:::::: : : ::|
        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃さすがにOH!!将やH高屋等の中華チェーンや、      ┃
        ┃リーズナブルな価格が売りの店には敵わないが、  ......┃
        ┃普通の中華料理屋としては、まあ妥当な所だろう。   ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ┃メニューの種類にも、特に他店と比べ異質な箇所は見当たらない。  .....┃
           ┃しいて言えば、『一番人気メニュー!』と題されている『味寿々メン』   ...┃
           ┃という、店名をそのまま冠したメニューが多少目立つぐらいだ。      ┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃……ちなみに、あくまでも私見だが、この様な店名が冠された      .┃
   ┃メニューには、その店の味や特色が色濃く出ているものが多い。  .....┃
   ┃良くも悪くも、店の売りやら自信やらが押し出されるからだろう。   ....┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

232 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:24:10 ID:b4d7ac50 [6/51]
━━━━━┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓━━━・━━━━━━━━━
          ┃この店が売りにしている“味”を手っ取り早く知る為には、    .┃
          ┃『味寿々メン(830円)』とやらを注文しない手はない!       ┃
          ┃と即座に判断した私は、我ながらクールに、            ┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



             _,.............._
          ,..::::::::::::::__::::::、:::...
         /:::/,-―――-、:::::、:::::...
          /:::/::/:イ:::::::::l:::l,:::::::、::::ヽ::::::::.
        ,:::::l::/l:::| 、:::::::l,::lヽ__::':,::::::、:::::::::.
          l:::::l::l--、!-\::l´':、 、::::、:::::、:::::::::\     「……“デラックス”味寿々メン一人前(850円)、お願いします」
          |:::::l:/,.ィニォ、 \ ,ィニェ、\、:::',:::、\::\
          |:::::|{. 込リ  ,   込リ l,r':、:::、:::-=,ヽ、:.、
          |:::::ゞ!             ,_ン::∧::::、l∧'ノ!-,ヽ
          |:::::l 、:..、   ´ `   , イ:::::::::::/ヽ::\l '_ノ、::::\
        ',::::l ヽ:::>, .._.. , イ:::::::::::::::::l///ー-ニ=-彡'、::::、     ┏━━━━━━━━━━┓
        ',:::!   l::::,∧Yl|///ヽ:::::::::,ィ ̄ ̄ l:::::::、    \:\   ┃と、店主に告げた。    ┃
         ',:::.,ィ- 、,////!////∧::::l    l:::::::::::.    ヽ:::.    ┗━━━━━━━━━━┛
       /:.:.:、::.,ー、_{_}二二}///: ̄|    ,':::/:::::::::.     :::::.
      /:.:.:.:.:.:.:.l///,//l l/l////:.:.:.:.:.|    l/イ:::::::::::::.    ヽ::::.
      〈:.:.:.:.:.:.:.:l// /-、´l l l///:.:.:.:.:.:l    /イ´:::::::::::::::::.     ',:::::、
     ,ヘ:.:.:.:.:.:/イ / ,' ヽ! !l//:.:.:.:/{   ,!:::::::::::::::::::::::::::     ':,::::.
     / {',:.:./// l   l l∨:.:./ l l   /!:::::::::::::::::::::::::::::::.      、:.
     /  l∨ //   !.  | |、:./  | !   l::::::::::::::::::::::::::::::::::.     :l
    ,   |  l,/  l.   l_l    ∧  /,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,    /
    /   ,イ     l       /::::::`::´!  、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ



        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::lヽ::::::::::;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::/::: /ヾ;;:::;:;::::::;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
       /::/::/:::::::::::/l::::::::::;l::/  \;;:::::::;;;;;:::;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 、
       l:::::::l::::;:::::;/_ l:::::::/l /-ー ̄ヾ;::::;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;l\i
      l;/l::::;:::;;:::;/ニゝ::::/ l/=ーゥーフ::;/l;;;;/il;l5ヽl ヽ;;;;;;;;ヽ
       l l:::;;::;;::;/セイ:::/ ´  ゛ニ ̄´ l;/il;;;/ il__/il/;;;;;;;ハ;;ゝ
       ` |:;/l ;;;;l /イ          l/  ´_/;;;;;;;ヘ;l     「……はい、デラックス味寿々メン一丁ね……」
        ll  l;入 ノ              l  il;;;;;;;;l
            ヽ`  _            ノ  l;;;;;;;ilー- _
             `、 ー- - ―     /   ./ ilゞ  \ ̄l
               、   ̄           l   〉/  l
             / ヽ     /      l  i ̄     l
       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃寡黙そうな店主もまた、私の注文を静かに、されど確かに承った――    ┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

233 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:24:41 ID:b4d7ac50 [7/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━
━━━━
━━


             ┏━━━━━━━━━━━━━┓
             ┃……それから、数分後。     .┃
             ┗━━━━━━━━━━━━━┛


       /:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
      ,.:':::::.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     .':::::::..::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'
    /:::::::.::::.:.:.:.:::::; イ:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'
   ,イ:::::::::::::.:.:.:::/ /:.:.:.:.:/ ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
  / |::::::::::::::::::/  /:.:.:,:./   ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
  / |:::::::::::::,:/_=、/:.:.//-‐==' ヽ:.:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:}
   |::::|!::::/∧弋'::// ´ ̄マソ}:.:.:∧:ト、:.|ヽ:.:.|:.:.:|}
.    !:::||::ハ  ̄イ      ̄´ |::/  |iハ|,人::}::::|j     「……はい、お待たせ、味寿々メンね」
    |:| |/:∧  ノ        '´   //:::|::/
    ヾ/´|;∧  ヽ           /7:::::::::ル'
         .               //}/|:イ/`ー -、
          ヽ `こ ―-     /, ′ |' トュ   \
            丶      .. イ  /  彡'  } /   \_
        /フ´゚>-ャ‐ ´ ___/-‐ "   /___   ヽ
       // ∧     }   ん      , ‐´     ̄ ゙̄ヽ  f´ ̄ ̄`ヽ
      / / | }   ノ|  |  }  , <´             | …コトン |【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2449/03_misuzu.jpg
    ノ|    } ノ  / /  /  |/        _____  廴__ ノ
   / |  /《  /___/ /
 /   人   | ∨{    /        ___ -―――
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
短編飲食3


234 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:25:37 ID:b4d7ac50 [8/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ┃私は、ラーメンと名乗る得体の知れない“何か”を目前にして、    ┃
             ┃驚愕と戸惑いの感情に悩まされながら、頭を抱えていた。     ....┃
             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



            ....´:::::::::::::::::::::::`....
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::x≦三三三三三≧x::::::':,
          .:::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::.
        l::::::::::i::/!:::/!::::::::ハ:::::::l、::::i::!::::::::l
          l:::i::::::ト!┼ト弋:::::!::::';,:┼弋ハ::::::::l
.         |:::l::::::lソ::┬┬ゞ':::::::::┬┬::::l:::::l::|
       |::::l:::::l:::::::|iiii|::::::::::::::::::|iiii|:::ul::::::l::|
        |::::',:::::l.....::iijij:::::::::u::::::::`´::...l:::::::l::|   「……なによ、これ……」
         |::::::',::::ト、U    ̄ ̄    イ::::::l:::|
         |:::::::ヘ::';,::`.....--^--.....´:::l::::/::::|
.       |:::::::::ヘ::ヘ:::::/illllハlllli\::::::l:/:::::::|
.        |::::::::::::ヾ::l/ >:.!l/个ll/:.く ∨′::::::::|     「こ、これは……ラーメン……なの……?」
       |:::::::::::::::::ソ i:.:.:.>l i lく:.:.:l ∨::::::::::∧
       |:::::::::::::::/   `´ lハl `´  ∨:::::::::::∧、
        |:::::::::::::::| , l|  T  |l .! .|:::::::::::::::::::ヽ
        |::::::::::::γ´` i|   !  .|i ´`ヾ::::::::::::::::l`
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃決して小さくない、いや寧ろ大きめのラーメン丼の上には、          ┃
┃所謂ラーメン二郎やその亜流の店でも、わざわざマシマシという名の     ┃
┃大盛り・特盛りと注文しなければ出されない様な大量の具が、       ....┃
┃今にも崩れそうな程、山盛りに盛り付けられていた。              .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛━━━・━━━━━━━━━

235 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:26:22 ID:b4d7ac50 [9/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃とは言え、一度頼んだ料理に手を付けない訳にはいかない。    ......┃
   ┃私は意を決して、恐る恐る、具と麺とスープを一口ずつ口にした。   ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                   _... -─- ._
                //:::::::::::::::::::::::::::\ヾ
                /:::::::/ニニ'''<::u:::',
                ,'u::://::/::/|::〕ヽ|::::::::|
                .|:::: ≠ミ/|/ .|ィハ:::|::::::::|
               .ノ::::::|.r';;;ソ {ux:=ミ:::::::::|       「…………」
            '/^ '<::::::ノ|''   '  r';;;ソ|:::::|::|
      ,. -─< ヽ }  rx‐‐っ===( 。 ''/|:::::|(
    (( |.     「「 ̄|_ノ ニ{ ノ `rーr‐<'^|:::::|ハ
      \____,|l|  .|__ノ二 、))^冂\ノ゚ハ::::|. ヾ
          └‐ァ':::::|ヽ_ミと>>‐7/ .{ }ノ  .〉 ))
 jヽjvi、人ノl__   /:::::::::| ° (7(⌒)).  |  ヾイ\
 )   パ   7:::::::::/:::::::}    |^| ̄|^|  .ハ   V::::ヾ
 )   ク    て::/::::::::ハ    V.ハ.V  ./:::ハ.   |:::::::::\
 7   ッ     ( ::::::::::/   )) ∨ ノ'{__,イ⌒\  |::::::ト、::::) ))
  )   !!.    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ }三__\  }}_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




                     ─...、
              /::===、:ハ
.              {: |:::/lル从:}:::|
                 |人:::::::::lノ::::、
                 /≧示≦⌒l、{     「…………あ、甘い、甘すぎる……」
               { 〉 レii、」  イ::ハ
                 }| |  / / |::::::|
                i| l / / |::::::|
                 匸「ヽ/ー-{:::::::|
                  /.L心人//l: ̄::フ
             L_/::::::::/ ̄
                  `¨¨´
         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃味の方も、見た目に劣らず“威力”のあるものだった。   ....┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃麺やスープを啜る毎に、山の如き具を崩していく毎に、口の中に広がる、“甘み”。   .┃
   ┃砂糖や甘味料を、惜しげも無く盛大に投入して形成されていると思われる        .┃
   ┃強烈な甘みが、私の口と胃と頭を、悪魔の様に侵略していった。              .┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

236 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:26:52 ID:b4d7ac50 [10/51]
━━━━ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
      .┃呆れるぐらいの“盛り”に、独特としか    .....┃
      .┃表現のしようがない、色濃く甘い味付け。   ┃
      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ┃そして、そんな如何ともし難いメニューに、     ┃
              ┃店名とNO.1の座を冠し、売りにしている     ..┃
              ┃という事実に対する、強烈な違和感。       .┃
              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                    ..━‐- .
                 /.::ィ ==<:.ヽ
                    ,::i::i斗u:;::i::::::i≧::'.
                     :::l::l::/.:イ:ハ:ト:.!u: i:::        「……これは、うん……」
                !::l::レz__レ, リ_リ从!::|
                }::l::|'、C_`  _Cノ,!::l
               ,::::l::ト .u" , '、" ィ:::; -っ      「……あらゆる意味で凄まじい店としか、
                 //ヾ!ヽ≧- イーj:/、       言いようがないわね……」
                ノ| 、 rーマ幵‐ーf′}
              /.::ノ  ヽ!::::∠!||i\::j/ヽ
              ,'.:/ゝ、_ |` ̄ノ兀! ̄,′ ノ
               {::{!::::| } }:. `.:/.:. ノ´ ト:.、
             ヽ:::::ハ,彡ヽ--r、__ム _j:|`ヽ
        ____/_Ⅴ⌒`~{}!、 ヽ__fリ_____ ___
        \、______ ̄ ̄ ̄`\_ゝ_______\}.....}
          ̄ ̄ {卅廾≧=イ ̄ヽ≦≧、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/...../
              rゞ斥斗'⌒⌒\ー′::::::.ヽ          /_/
         ┌<「f斗√_::j::::::::::ヽ::::::::::::::}、┐     |i ̄!
             \、Iニニニニニニ,゚.:::::::::::八::::::::::{ニヘヽ     |l.....|
                  i::::::::::::;゜ ゚::::::::::}  }:.i      |l.....|
                  |::::::::::;   ::::::::::;   !:.!    |l.....|
                      ::::::::::;   !::::::::;゜  |:.| .     |l.....|
                    }::::::::!   !::::::;゜   |:.| .     |l.....|
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃たった一つのメニューしか注文していないと言うのに、    ┃
   ┃店とメニューが私にもたらした“衝撃”は、           ..┃
   ┃私を“甘き死の領域”まで、易々と誘っていた。         ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

237 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:27:23 ID:b4d7ac50 [11/51]
━┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓━━…━━━━━・━━━━━━━━━
  ┃……しかし私は、ここで屈する訳にはいかなかった。  .....┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃決して手抜きではない。唯、寡黙な店主が熱心に考案し     .┃
       ┃取り組んだ結果、旨みも不味さも超越した、奇妙な      .....┃
       ┃メニューが作り上げられてしまっただけなのだ。         .┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃真剣な志を持って出された料理は、こちらもまた、    ┃
    ┃腹の調子が許す限り、全てを平らげる事を前提に    ┃
    ┃立ち向かわねばならない……例えその先に、     ....┃
    ┃“甘美なる満腹死”が待っていたとしても、だ。     ....┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


         ′:.:.:.:.:.:.:.:|:.:. |:.:.:.:|l|:.|:.:l| |..:/...| : |iヽ:.:.i|:.:.:.:.:.:.|l:.:.:.:.:.l.:.:.:|
        /,′:.:.:.:.:.:.:.:|:.:. |:.:.:.:|l|:.|:.:l| |:/ 抖r七ハ.i|:.:.:.:.:.:.|l:.:.:.:.:.l.:.:.:|
         /,′:.:.:.:. : 「i^Y: |:.:.:.:|l|人.l| ,/ _.,斗匕,什:.:.:.:.: |l:.:.:.:.:.l.:..:.|
      / ,′:.:.:.:. r| | :| /:.:ノ  `| ′⌒乂リ:J:丿|:.:.:.:.:.:.|l:.:.:.:.:.l.:.:.:|  「……我、不退転の覚悟完了也!
          ,′ :.:. : :/い ∨( \         `    |:.:.:.:.:.:.|l.:.:.:.:.:l:.:.:.|  感触の良い完食を目指し……いざ、食陣!」
.        /:.:.:.:.:.:.:.:/.:j } ∨Y Y            |:.:.:.:.:.:.|l.:.:.:.:.:l:.:.:.|
       /:.:.:.:.:. : :Λ.    У   ,             |:.:.:.:.:.:.|l.:.:.:.:.:l:.:.:.|
.      /:.:.:.:.:.:.:.:. | j Λ    ,′   `    u.  :|:.:.:.:.:.:.|l.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     /:.:.:.:.:.:.:.:. : :\ 乂    |:      ‐-     ィ|:.:.:.:.:.:.|l.:.:.:.:.:.:..:.:|
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. Λ      ノ〉≧‐.     / 仆:.:.::.:. |l.:.:.:.:.:.:..:.:|
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : / Λ:    //_∨:./:.:.:.:.: ,冖ー 从 : ::.:. |l.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :/ 〈 ̄ ̄ /:二:∨:. _/⌒/ /:.:.:.:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.: リ
.. /:.:.:.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃私は意を決し、決死の覚悟で味寿々麺の                .┃
    ┃完璧な完食に取り組み――何とか、食べ切る事に成功した。   ....┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



             l/:::::::_//::::::/l::://::::/`‐-,メ: : :/l::l:ルl: :l
            l/!:::::l /::::/ /:/l:::::/`,‐- /: : /,イ:レ::::l: l
            l l:::::::`//l /'´ l/ `ー'- / : //く,l::::::∧:l
             ノ:::::::::ヽ`         /: :/ ト'イl::::::l !'
.            /' l:::::::::::l ̄l        /:/  ! l:/l:l
             レ'ヽ:/リ  l       /'   ',./l'. リ
               ヘ    、        ‐ --'      「……ありがとうございましたー」
              / \    、     _   /
             /   \  \      ̄ /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃胃の底に沈殿する“甘さ”がせり上がって来そう     ┃
┃なのを気力で抑えながら、私は店主の静かな声を    ┃
┃背中で聞きつつ、店を後にした。             ...┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    .┃この日私は、“甘き死”の洗礼に、為す術も無く完敗したのであった……   ..┃
━━━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛━━━━━━━━

238 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:27:53 ID:b4d7ac50 [12/51]
━━━━┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓━━・━━━━━━━━━
      .┃――と、まあこんな風に、私と味寿々という店との初接触は、    .┃
      .┃割と散々なものであったのだが……                   ┃
      .┃私は懲りずにその次の日も、カウンターの前にドッと座り、     ...┃
      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



      //::l:::i:::,A-|-.|:/ /  レ  二,.--c-|::::::::/::|l:::::::::::::::l::::|
      l::::::::::l:|、::| .l:| -|'     ´ ゙、:,し/| l::::::/::::|ヽ:::::::::::::l:/
      |::::::::::::::Vl TニC       ゝ-‐'/:::/::::l:/´ノ::::::::::::|   「……マスター、『スペシャル中華丼』一丁、お願いするわ」
      |:::::::::::::::::::〉 ゙、;;リ         /::::/::::l/::::::::::::::::::::l
      |:::::::::::::::::/ ゙、    ,       /::::/::::::l::::::::::::::::::::::ヽ  ... /⌒i
      |::::::::::::::/  l      _  /::::/:::::/ |:::::::::::::::::::::::._,,..、 .|  / ,..-、
      |::::::::::::/    ヽ、       /::/:::::/  ,|_::::::::::::::::::l   l | /´ l,、_ノ ,
      |::::::::::/   /::::::::` ー -, ':::/:::::/==' __|::::::::::::::::::::.|  i' '´_,,、
      |::::::::/   /::::::::::::::::::::::r-/:::::::,/:/  /   ̄ヽ::::::: .|  し''´ 」
      |:::l::::| /:::::::::::::::::::::::::__|/:::::,イ/  r '´      ヽ:::::: .|  ,,.-''´   「 / rー;
      ヽ::l:::|:::::::::::::::::::/ `.V_/::/  , |/          ヽ::::.| .|      |/ |/ /\
      ,ヘ::::|:::::::::::::::/  //   /   l /        ヽ:.l、_ノ         /.. -''"
     /::::::V:::::::::::::::|  イく    /   /          ヽ:::::ヽ:::::ヽ    /'"
   /:::::::::::::::::::::::::::::| /__/,、  /   /      , - ―――ヽ::::ヽ::::ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃などと、無謀かもしれない注文に挑んでいた。                ......┃
┃……味寿々メンの“甘き死”に打ちのめされたのは、紛れもない事実。    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃だがしかし、その事実は同時に、私の妙な挑戦心       ┃
   ┃「どうせならこの店を“攻略”してやろう」という          ┃
   ┃途方もない野望に薪をくべる一助になっていたのだ!   ....┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




              } /::::::::::::::il::::/-≠-,::::::::::/ -=-,V::::::::::::::::::::: |
               |ハ:::::::::::::::!|:/兀__万:::::/ ィ 了__アハ::::::::::::::::::|   【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2450/04-tyuukadon.jpg
               | }::::ト、::: ||{   ̄ //|      ̄  从:::,.ィ::: 从
.               i::::l .\    /  j         〃イ }:://:リ
.               | ∧ヾ .      ..           八ノ::/レ   「……はい、スペシャル中華丼ねー」
                 / }ト-ハ      ` ´.        /イ川/
               ヾ }}、    ___ _ _    /八/ノ
                 }::\    ー      / {::/_
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃寡黙そうな店長の静かなるdn――いや、了承から数分の後、          ....┃
  ┃炒められた肉や野菜が放つ芳しそうな匂いと共に、                ....┃
  ┃店のオススメ品とされている『スペシャル中華丼(980円)』が運ばれて来た。   .┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
短編飲食4


239 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:28:24 ID:b4d7ac50 [13/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃幅の広い皿には、明らかに二合分はありそうなご飯の上に、           ..┃
     ┃昨日頼んだ味寿々メンと同様、大量の具が山の様に盛り付けられていた。    .┃
     ┃“スペシャル”、つまり“特別”な中華丼という名に恥じぬ、大盛り具合。     ....┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

        ,...::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.    /- 、::::::::::l::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::l
   /:::::``ヾ;;;;、l:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::.
   l:::::l::l、::::、:::::l::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::l
   |:::::l,:l/、:\!:::::::::::|,ニヽ:::::::::::::::::::::::l
   |:、::ヾ、 ,..-\!::::::::::|-、,.l::::::::::::::::::::::::.
    ヽ::ヽ.弋チ |:::::::::::|_,ソ:::::::::::::::::::::::::::.   「……これは……どう考えても、一人分の量じゃないわね……」
     ヾ、〉   l:::::::::::| ∨::::::::::::::::::::::::::.
      ヽ、 _ ul::::::::::l  ヽ、::::::::::::::::::::::::.
       ` 、  l:::::::::|/ ̄ \::::::::::::::::::::::..
            l`´!::::::::|  , - '' \::::::::::::::::::::.
         ',:::|:::::::,'-,/     ヽ:::::::::::::::::.、
    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃……千里の道も、一歩から。大盛り完食も、またしかり。    ┃
    ┃とりあえず、具の山を少し崩してパクッ口に運んでみる。     .┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
/:::::::::::::::::::::::::,..ィ///////////ハ:::::、:::::ヽ
::::/:::::::::::/,ィ///////,::-::::::::::、::::::::',:::::ヽ:::::::、
::/:::::::::::イ////´:::,::::::::::l::::::l::::ヽ:::::::',::::::::',:::::::.
イ::::::::::::::ト-''´:::::::::イ::::::::::|::::::|:::::::l::::::::';:::::::::::::::l
:|:::::::::::::::|:::::::j:::::::::j!::::::::::|l::::リ:::::::l ,:::::::l::::::::,::::::、
:|:::::::::::::::|:::::::li::::::::|i:::::::::リ l:::lー、-ト-、-:|:::::::i}:::::::ヽ、    「……これも、甘い、わね……」
:|:::::::::::::::|:::::::|:::::::l,-!‐'::/ !:リ  l/ __l::::!::ヾ:j:::l::::} \
::',::::::::::::::',::::::l_/| |:::/  l/ ィ<ハ i}リ::::::/::::|レ'
::::、:::::::::::::、/l::::::l __!/  u  弋(っ /イ::::::::::::|:l
:::::ハ::::::::::::ヘ::,ィr<ハ`      //// }:l:::::::::::|:|
:::::l. ',::::::::::::ヽ 弋z(ソ     `   ,イ:,:::::::::::l:::.
:::::ゞ、,:::::::::::::::、 ////u  , ‐v  , イ::l::l:::::::::::|::::,
:::::::::::::、::::::::::::::ヽ 、_    ー '/l、´ /イ::::::::::,、::::::.
::::::::::::::ヽ:::::::::::::::\ ニ = - ' /イ }  !:::::::/ `ヽ:..
:::,r''´ ̄ \:::::::::::::::\  `Y´   l  l::::::/     、::\

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃味寿々メンを食べた時に散々味わった「「甘み」」が、    .┃
    ┃またもや私の胃の中に広がり、支配していった。     ...┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃これがオススメメニューという事は……もしや           .┃
  ┃この店は、甘みの強い味付けがデフォルトなのだろうか?   ┃
  ┃さすがは、“甘き死を味わえる地”と(勝手に)          .....┃
  ┃冠された驚異の店……真に恐るべし……             .┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

240 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:28:54 ID:b4d7ac50 [14/51]
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
┃……しかし、意外? な事に、かの味寿々メンと       .┃
┃比較すると、この中華丼は、量さえ考慮しなければ、    ┃
┃意外な程食べやすかったのだ。                .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃実際問題、甘い味付けの丼料理を出す店は決して珍しくはないし、   ..┃
      ┃程良く炒められた野菜やジューシーな豚バラ肉等の豊富な具材は、    ┃
      ┃米の海を食べ進めて往くペースを上げがちだ。              .....┃
      ┃甘めの味付けを許容出来るのならば、充分食べられる――      ......┃
      ┃いや、寧ろ美味しく、オススメなメニューの部類に分類されるだろう。    ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



     l:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::}::::::|:l|::::::::::::::::::::::::::ト.
     |:::|:::::::::::::|::::::::ハ:::::::N:::::::::::ハ:斗七::アヽ:|l:::::::::|:l
     |:::|:::::::::::::|_l::斗チ::升 ヽ::::/  ∨-‐∨  Y:::::::::|:|
     |:::|:::::::::::::|∧/ |/-l- 、∨    rf爪笊刈l:::::::::|:l
    ∨:::::::::::::l rf芥笊圷       弋廴ソ ||:::::::::リ       「ふむ……これは案外いけるわね……」
      ‘,:::::::::::::ト、  V廴ツ       ///ヽ|l:::::::::|  ほ
        、:::::::::|ヒヘ ///ヽ    '        ノ|:::::::::|  む
  ほ    l::::::::|`ー'、        -‐(   ....:::::::|:::::::::|
  む    |::::::::|:::::::::>- __      イ__:::::::::|:::::::::|
       l::::::::|::::::::::::::::::::rf_」_  ̄ _}ノノ}::::::l:::::::∧
      ∧::::‘,::::::::::::::::::::〉 ̄ ̄`Y´ ̄ ̄ (__::/::::::∧:ヽ、
      /::∧::::<工工二 -- 、_人_ -─‐-/::::::/ー─- 、
      /::/ }:::::::〔::.::.::.::.::.::.::.::.::.{::.::.::.}:-:、:::.::/::::::/.::.:〕  ハ

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃ただ、問題は量だ。それなりに大食な部類に入る私ですら、  .....┃
    ┃ランチに米二合以上+大量の具に餡を食べ切るのは、       ┃
    ┃さすがに厳しかったと言わざるを得ない。              ..┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

241 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:29:32 ID:b4d7ac50 [15/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃主に炭水化物で満たされた腹を労りながら、ふっと壁に目をやると、        ..┃
    ┃『デラックス中華丼(1800円)』を食べている大柄な男の写真が目に留まった。  ......┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



              【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2451/05-delax01.jpg
              【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2452/05-delax02.jpg
短編飲食5
短編飲食6



         |::::::|::::::/:::::::,:::ハ::::::::::::!::::::!::::::::::::::l::::::::::::l
         |::::::|:::::,:::::::イ:/ l:::::::::ハ::::∧::::::::::::l::::::::::::!
         |::::::|::::|__/__!'  l::::::リ l::/ l:l_,.、::::|:::::::::::|
         |::::::|::::|:/    ̄ !:::/ l/` ̄!  ヽ|::::::|::::!
         |::::::|::::|ィtオテ,ォ- l,/    -tオテオリ:::::|::::|
         |::::::|::::| 弋z(ソ       弋z(ソ ,|::::::,:::,
            }:::::|::::|         ,       ,'_|::::,:::{    「……興味本位で、頼まなくて良かった……」
           l:::::|::::|:. u           ハ,::::,':::l
.           ,:l::::|::::|:ハ、     , ‐ -   ,.イ::,::::,::::::!
          /::l::::|::::|::::::::>,、      ,.ィ::´:::l:/::イ:::::::,
       /:::::l::::|::::|:::::::::::r- 、`_ー_´-‐ォ:::::/:::/!:::::::::.
        /:::::::|::::|::::|:::::::::::|    Y    !::/:::/::::::::::::::.
        /:::::::::|::::|::::|:::,..- '    |    /:::/::::::::::::::::::.


           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ┃後で調べた情報によると、この『デラックス中華丼』の総重量は、何と10kgもあると言う。    ┃
           ┃……この店は、一体何処を目指し、どの様な領域に辿り着いてしまったのだろうかと、    .┃
           ┃今更ながら、強く疑問に思ったのであった。                             .┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃それにしても、この写真の男性……何とも素敵な、笑顔である。     ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

242 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:30:02 ID:b4d7ac50 [16/51]
━━━━━┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓━━━・━━━━━━━━━
          ┃また次の日、三度目の味寿々訪問――           .....┃
          ┃所謂“3rd Impact”を果敢にも成し遂げてしまった私は、  ....┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



              ,,.x<::::::::::::::::::::`"::::::::::``ヽ、
           x<::::::::::/::::;ィニ三三≧x、i::::::::::: ┏┓┏┳┓┏━━━┓
   、_.........-‐彡::::::::::::::/:::∠≫'"7:::フフ''≪ミi:::::l::.┏┛┗┻╋┛┣━━━┫ ┏┳┳┓
     ̄ ̄ ̄/::::::::::/::::::/::::::::::::://イ:::::::::::`!::::i::.┗┓┏┓┃  ┗━━┓┃ ┃┃┃┃
      /:::::::::/:::::::::::/:::::/:::::イ::::::/i::::/i:::::::i::::l::.┏┛┃┃┃    ┏━┛┃ ┗╋┛┃
    /:::::::::::/::/:::::::::/:::::/::::::/ !::::/ l::/ i::l:::i::ノ:;:┗━┛┗┛    ┗━━┛   ┗━┛
  /:::::::::::/::::::/::::::::::/i:::://l:::/ l::/ l/ ̄「从!:::/:::i::::::::
/::::::::::::/::::::::::/::::::::::/::i::/T"l/  j/ / 二ニニj::/:::::!::::::::
:::::::::://::::::::::::/::::::::::/::从{_,xャ云     "代;;;;j/::::::;::::::::::
:::/ /::::::::::::/:::::::::::∧l 〃代;;;ハ      `ー/:::::::::;::::::::::
   /::::::/::/:::::::::::/:::/ヽ   ゞ''"   ,     /::/:::::/:::/::::
  /::::/:::::/::::::::::::/::/{ ヘ         __/::/::::::/:::/:::::::   「……『味寿々チャーハン(880円)』一丁、お願いするわ」
. /://:::::/i:::l::::::::/:/:::::\ヘ        "///::::://::/:::::::::
// /::::/ !::i::::::トi::::::::/::::::::::>、__   // /:::::://::/:::/::::::
/ /::::/  {/{:::::l::{:::::/:::::::/::::::::: ̄オ=―7:::::::/::::/:::/l:::::::
 /::::/  /{::::i::::!:::::/:::::/:::::::::::::::::F ̄ ̄7::::::/!:::/:::/ j:::::/
../:::/  /:::::::人{:::::::/ ̄`j ̄ `<_  /:::/ jノ:/ ノ:::/
/::/ /::::::::::::::::::::/   ヽ{   _,,,__/ィ"}" ̄ ̄ ̄ }::{
::://::::::::::::::r―イ     Y    / ノ /ミ     j`ー、
/::::::::::::::::::::i \        l     // ̄代    ノ  /
:::::::::::::::::::::/人  `'''ー-ミ 乂__ / /_ノ ト、   / //

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃と、当たり前の様にカウンター席に座り、            ┃
     ┃十年来の常連客の如く華麗にオーダーを告げていた。   ..┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃せっかく幾つもの偶然と必然が、私をこの店に導いてくれたのだ。    ......┃
   ┃熱海の地に連泊している間はこの店に通い、メニューを全制覇する、   ..┃
   ┃と言うのは無理だが、出来るだけ様々なものを食してやろう……       ┃
   ┃“甘き死”を、克服してやろうと、私は決意したのであった。           .┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

243 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:31:06 ID:b4d7ac50 [17/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ : : : : ',
              /: : : :,イ: : : :,/: : : : : : : : : /::::l: : : : : :',
              //: : /:/ : /:/ : /L: : : :/:::::::/: : : : : : l
            レ/: /::/:/::::/: /::::'/: :/::::://: : : : : : : l
             l: :/:::l/:::::::::l/::::::::://::::/  ,': : : /l: :l、: !
             l/:::::::_//::::::/l::://::::/`‐-,メ: : :/l::l:ルl: :l
            l/!:::::l /::::/ /:/l:::::/`,‐- /: : /,イ:レ::::l: l
            l l:::::::`//l /'´ l/ `ー'- / : //く,l::::::∧:l
             ノ:::::::::ヽ`         /: :/ ト'イl::::::l !'
.            /' l:::::::::::l ̄l        /:/  ! l:/l:l
             レ'ヽ:/リ  l       /'   ',./l'. リ
               ヘ    、        ‐ --'
              / \    、     _   /        「……はい、チャーハンね」
             /   \  \      ̄ /
             く     \  \     /
            厂ヽ      \.  `,、_  /、
          /   ヽ      \. /    \
         /     ゝ      /.!.ヽ     イ     【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2453/06-tyahan.jpg
       /       / \    / l  ヽ.  / !
      /      /   ヽ  /  l  ゝ ,'、  l
    /      /     ヽ/、   ヽ. '´l / \ !
   /      /        ヽ   ヽ l'    ヽ
  /_     /          ヽ  O/ l     ヽ
 l    ̄` 、/              `  /  l      ヽ
 !       ` 、             l  l       l


         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃相変わらず寡黙でクールな店主から            ┃
         ┃そっと差し出されたホットな炒飯を、ひょいと一口。   .┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                      ┏━━━━━━━━━┓
                                      ┃……すると――   ..┃
                                      ┗━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

短編飲食7


244 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:31:45 ID:b4d7ac50 [18/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━



                                   ∠二>  ,.イ
                                  ∠二> /_/
                                      //     /7
      /:::::::::////////////////\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  //   /二‐' フ  ,イ,イ ,イ
      ,::::::::::////:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::.  |/      //| |´   レレ //
     ,:::::::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::l、:::::::::::::::::::',:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::.        /ノ |/     /'
     ,:::::::::イ::::::::ハ::::::::::::::::::::::::l 、:::::::::::::::::l:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::.
    /:::::::::,::::::::/ l::::::l:::::::::::::::::|  、::::l、:::::::::!::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::l
    ,:::::::::::::l,::::::l  ,:::::|,::::::::::::::::!   ,::l ヽ:::::l::::::::::::::::|:::::::::l:::::::::::|
    l::::::::::::ハ::::::|  ',::::! 、:::::::::l::|   、:! ∨::|:::::::::::::::|:::::::::|:::::::::::
    |:::::::::::| ,::::ト、 ,:::l ',::::::::l:リ   ,斗 、::l::::::::::::: |:::::::::|::::::::::    「……初っ端からしょっぱっ!?」
    |::::::::::l  ,::::! \::!  ,:::::l | /___:|::::::::::::::|:::::::::|::::::::::|
    |::::::::::|――_― リ   、:::!   , ´ `ヽ !::::::::::::::!:::::::::!::::::::::!
    |::::::::::|  /´ `ヽ     }リ   {     } |::::::::::::::|:::::::::|::::::::::|   ━━┓┃┃
    |::::::::::|  {   }         乂__,ノ│::::::::::::|:::::::::|-‐-、!        ┃  ━━━━━━━━  ┃┃┃
    |::::::::::|  乂__.ノ          ─── |::::::::::::::|:::::::::|   }      ┃                  ┃┃┃
    |::::::::::|、 -──             |::::::::::::::|:::::::,   /l                              ┛
    ',:::::::::|::}                  |:::::::::::::::イ::/__,ノ:::l
    ,::::::::|゚ゝ。゚ 三≧  ゚'ゝ ≧        |:::::::::::::リ|:/::::::::::::::::::,
     ,::::::-== 三      ≦。       |:::::::::::/ l/:::::::::::::::::::::,
    . ,::。::l -=≦        ,ァ-"  _, < |::::::::/-./_:::::::::::::::::::,
 ゚ ・ ゚。  三<      、,Jト '' ´ _,./   !:::::/    `ヽ、:::::::::::.
        ,:≦ ッ     ッV´≧ ̄       l:::/        \::::::.
      。 ゚ 。 ミ´ 、、 ハト・。゙i ゚。        l/          \


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃味寿々メンや中華丼とは打って変わって、    .┃
   ┃強烈に塩分が濃い目な味付け。        ......┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃そこらの炒飯とは、また一味違う“味寿々”チャーハン……    .┃
     ┃これはこれで癖になりそうな味だったが、とにかく喉が渇く。    .┃
     ┃何とか完食したは良いが、これを食べた事によって、        ┃
     ┃一体どれだけの塩分を体内に摂取したのだろうか……       .┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃新鮮な“味”を体験出来るのならば、健康なんて           ....┃
   ┃ニの次惨の次塩の次! などと言える人でないと、           .┃
   ┃この“Bitter Salt Fools”な炒飯に挑戦するのは難しいだろう。    ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

245 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:32:15 ID:b4d7ac50 [19/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃まあ、味付けに関してはとりあえず置いておく事にして。  ....┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃これもまた、先の二つと同じく、普通の店で提供される炒飯と比べると    ...┃
         ┃相当山盛り……いや、“mega”盛りなのだが、3度目の衝撃ともなると、    .┃
         ┃いい加減慣れてくるから不思議だ。                         .┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




              ,,.x<::::::::::::::::::::`"::::::::::``ヽ、
           x<::::::::::/::::;ィニ三三≧x、i:::::::::::\
   、_.........-‐彡::::::::::::::/:::∠≫'"7:::フフ''≪ミi:::::l:::::::::::ヽ
     ̄ ̄ ̄/::::::::::/::::::/::::::::::::://イ:::::::::::`!::::i:::::i:::::::
      /:::::::::/:::::::::::/:::::/:::::イ::::::/i::::/i:::::::i::::l:::::l:::::::
    /:::::::::::/::/:::::::::/:::::/::::::/ !::::/ l::/ i::l:::i::ノ:;:::j:::::::
  /:::::::::::/::::::/::::::::::/i:::://l:::/ l::/ l/ ̄「从!:::/:::i::::::::
/::::::::::::/::::::::::/::::::::::/::i::/T"l/  j/ / 二ニニj::/:::::!::::::::
:::::::::://::::::::::::/::::::::::/::从{_,xャ云     "代;;;;j/::::::;::::::::::
:::/ /::::::::::::/:::::::::::∧l 〃代;;;ハ      `ー/:::::::::;::::::::::
   /::::::/::/:::::::::::/:::/ヽ   ゞ''"   ,     /::/:::::/:::/::::
  /::::/:::::/::::::::::::/::/{ ヘ u.       __/::/::::::/:::/:::::::
. /://:::::/i:::l::::::::/:/:::::\ヘ        "///::::://::/:::::::::
// /::::/ !::i::::::トi::::::::/::::::::::>、__   // /:::::://::/:::/::::::
/ /::::/  {/{:::::l::{:::::/:::::::/::::::::: ̄オ=―7:::::::/::::/:::/l:::::::    「……ふぅ、帰ったら私自身を塩抜きしなくちゃいけないわね」
 /::::/  /{::::i::::!:::::/:::::/:::::::::::::::::F ̄ ̄7::::::/!:::/:::/ j:::::/
../:::/  /:::::::人{:::::::/ ̄`j ̄ `<_  /:::/ jノ:/ ノ:::/
/::/ /::::::::::::::::::::/   ヽ{   _,,,__/ィ"}" ̄ ̄ ̄ }::{
::://::::::::::::::r―イ     Y    / ノ /ミ     j`ー、
/::::::::::::::::::::i \        l     // ̄代    ノ  /
:::::::::::::::::::::/人  `'''ー-ミ 乂__ / /_ノ ト、   / //


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃食後の塩臭いため息をしおらしく吐きながら、         ┃
     ┃我ながらよく分からない締めの言葉と共に、完食した。  ......┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

246 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:32:46 ID:b4d7ac50 [20/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃その夜、ランチの方が思いの他調子良く食べ切れたので、      ┃
     ┃ディナータイム(PM:6:00~PM:8:00)の時間帯にも訪ねてみた。   ...┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃「ぜひ挑戦してみて下さい!」とメニューに書かれていたので、   ..┃
  ┃「せっかくだから」という理由で赤い扉は選ばずに、          .┃
  ┃こちらの『ジャンボチャーシューメン(980円)』を注文してみた。   ....┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


      【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2458/06-jamboramen01.jpg

      【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2459/06-jamboramen02.jpg
短編飲食8
短編飲食9


         _,...:::::::::::::: ̄ ̄:::::::::::....、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
      /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::ヽ
      /::::::::::/:::, -―――――- 、:ヽ::::::::::::::、
     ,:::::::::::/,..-::':: ̄::::, ̄,:::::::::`ヽ、` ',:::::::::::::::.
      l:::::::::::l::::::::/-!:::::/!::: l,::::l::::l-、:::`::!::::::::::::::l
      |::l::::::::|:::::/. |:::/ l:::: l::::リ、:::l \::l::::::::::::l::!
      |::|::::::::l::/  l/  l::::/l:/ ヽ:!   ヽ!::::::::::l::|
      |::l:::::::::l┬─┬ .!:/ / ┬─┬ |::::::::::l::l
      |::|:::::::::| !:::::::::|   /     !:::::::::|  l:::::::::,'::
      |::ハ:::::∧!:::::::::!        |::::::::::! ,::::::::/l::
      |::',、',::::::',ゝ- '       ゝ - ' /::::::://::    「……うん、予想通りというか、予想外というか、何というか……」
      |:::::::ヽ::::::. U          /::::::/ '::::l
      |:::::::::::',::::::.、 _    -    _ ,/:::/::::::::l
      |:::::::::::::ヽ::::',::::≧‐__-__‐≦:::/::イ::::::::::::::l
      |:::::::::l::::::::\/| ヽ/!l<l/ ヘl/:::::::::::::::::::l
     ,:::::::::::l:::::::::::/ ヽ l/∧:.',' l l:::::::::::::::::::::l


       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃通常のそれより二回りは大きいラーメンどんぶりの中には溢れんばかりの細縮れ麺、   ...┃
       ┃その上には皿からはみ出す程の大きさの、薄切りチャーシューが乗っていた。       .....┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃若干気圧されながらも、とりあえずスルルーと、麺を啜ってみる。    .┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

247 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:33:23 ID:b4d7ac50 [21/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


            ....´:::::::::::::::::::::::`....
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::x≦三三三三三≧x::::::':,
          .:::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::.
        l::::::::::i::/!:::/!::::::::ハ:::::::l、::::i::!::::::::l
          l:::i::::::ト!┼ト弋:::::!::::';,:┼弋ハ::::::::l
.         |:::l::::::lソ::┬┬ゞ':::::::::┬┬::::l:::::l::|
       |::::l:::::l:::::::|iiii|::::::::::::::::::|iiii|:::::l::::::l::|
        |::::',:::::l.....::`´:::::::::::::::::::`´u...l:::::::l::|
         |::::::',::::ト、 u.   ̄ ̄    イ::::::l:::|     「……やっぱり、甘いわね……」
         |:::::::ヘ::';,::`.....--^--.....´:::l::::/::::|
.       |:::::::::ヘ::ヘ:::::/illllハlllli\::::::l:/:::::::|
.        |::::::::::::ヾ::l/ >:.!l/个ll/:.く ∨′::::::::|
       |:::::::::::::::::ソ i:.:.:.>l i lく:.:.:l ∨::::::::::∧
       |:::::::::::::::/   `´ lハl `´  ∨:::::::::::∧、
        |:::::::::::::::| , l|  T  |l .! .|:::::::::::::::::::ヽ
        |::::::::::::γ´` i|   !  .|i ´`ヾ::::::::::::::::l`


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃Komm, susser Tod、“甘き死”よ、再び来たる。やはりこの店の味付け、         ..┃
    ┃特にラーメンスープのそれは良くも悪くも独特だ、初心者にはオススメ出来ない。   ....┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃まあ私としては問題ない、何故なら私は、このワイルドでマイルドな    .┃
        ┃味を提供する“味寿々”という名の魔境に魅入らし者なのだから。    ..┃
        ┃例えるならば、パルスのファルシに選ばれたルシ……          .....┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃そして私は味寿々に出逢わなければ、     ...┃
   ┃猟奇的殺人者になっていたのだから……     .┃
   ┃などと陶酔に浸りながら箸を進めていった。    ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

248 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:33:59 ID:b4d7ac50 [22/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃……だがしかし、英語で言うと“dagger but”、私はこの       .┃
    ┃『ジャンボチャーシューメン』を完食する事が出来なかった。    .┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃ランチタイムに食した『味寿々チャーハン』の残滓が響いたのだろうか……   .┃
  ┃だがどちらにせよ、私が一度店で注文した料理を完食出来なかったのは、   .┃
  ┃久々の屈辱であり、同時に店への侮辱でもある。                 .....┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



             ....-‐:::::::::::::‐-......           _
           /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ、      /三ヲ
        , '.:::::ムニ三三三ミ:.x、:::::::::::. \   ... .'-―:ァ=:、
.        /.::::::/ .:::::::/.:::::::::::::::.ヾ:ム:::::::::::.',::.゙:くァ‐- 、/: : :゙}}
        /.::::::/.::/.:::/.:::::.ヽ:::::::::::::.Vハ::::::::::.',:::::.'.,   `ヽ ̄: ヾ、   ...-=ニヲ
..     /.::::::/.::/.:::,'.:/!:::::::::.',:ヽ::::::. V.:::::::::::.}::::::::       \:_:_:{!三三ニヲ′
  ー=ニ彡:::::/.::::{:::/|:: |::ト、:::::}:: }\::::}::i:::::::::::}:::::: |        ∨ }}ニ=''''´
      |:::/{::::::ハ{ ル' !! ヽ{ヽ}  V.:::}:::::::}::}´.::: |       ∨}}‐=ミ、
       |:::{ {:::::.灯ぅミ、 レ  ,ィぅ笊u.}:::::}:::::::}::{::::::: {       -‐┴'   }::ハ i      「……ごちそう、さま、でした……」
       {:::| '::::} Vツ u  Vzツ ,.::::::!:::::/.::::::::::::.'.-‐'''´        }:::::}ノ}
      ヽ{  }∧ iiji     u /.:::;イ ::/.:::::::::::::::. '.            /.::/.:/
.       /j'.:!:≧=- ..△.. -=≦//:/.:∧:::::::::::::.ヽ:::.\       ノ.::/.:/ ..イ
.         {::::::::j/У    /.:/´.:://  :::::.、::::::::.\::.`ー-=-‐:´::::::'::://.:/
      / `>‐''′   {::::::::::::::::/'´     ヽ::.ヽ::::::::::::ー-::::::::::::::::-‐::´:::/
.      ゝ- '       >、:::::::::ノ        \:.\、:::::::::::::::::::::::::::::::/
                  /   >‐'′       、___):::::)ヽ::::::::::::::::::::::::::´二ニ=‐-‐'
               ゝ- '          `ー-‐ '´   ` ¨¨¨¨¨¨ ´


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃私は、とてつもない敗北感と罪悪感を、          .....┃
┃この×××××な胸に抱きながら、店を後にした。    .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

249 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:34:30 ID:b4d7ac50 [23/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


            /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /.::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::';:::::::!:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|
        .'.:::::::!:::::::::!::::l::::::/|:::::::::::::/:::ハ:::::ト、::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|
       .::::::::::|:::::::::|:::::|:::/ :!::::::::::/}::/-‐ヘ:厂ヽ::::::::lハ::::::::::!::::::::::::::l::'.
         l :;'::::::|:::::::::|:::ア7/l|::::::::/ / 'ァ¬方フハ:::::| !:::::|::ト、::::::::l::|ヾ、
         l/::::::::|::::::/|::{弋j巧:::::/ /    ー`¨'゙ '::::l 从ハ|/):ヘ:::::|::|
         | |:::: ぃ:::ヘ:l:/ /" |::/  ′           V   乂メ 〉::|::|
         | ヽ::::| }:::::∧   |;' }              / ,/.::∧|
          V| }:::/l从    ,′            厂!:::::::::リ 丿
           jノ |:;ハ.     丶::..-          ,′|::::::::/      「……ありがとうございましたー」
             ′ヘ.          _,.       / ノ!:::ハ′
                  ヽ   `¨二  ̄     /   |:/ ̄ ̄ `: .、
                   __丶         /   /  |ー…ァ-、ヽ: :\
                 ,. : : : : : :_:\        /    /  |. /  {:.:}. : : .ヽ
             /. : :,. '"   |ヽ...   ´    /  /    V. : : : : | ̄ヽ
        __/. : : :∧       |          ,. '"        ,'. : : : : :j: : : j
       /. : /. : :.:./ ヘ      |         /、         /. : : : : :/. : :厂`丶
      /. : : |: : : : |   ヽ    /|       / ハ       /. : : : :/. : :/. : : : : :\



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃店を出ようとした刹那、垣間見えた店主の顔が、        .┃
     ┃ニヤリと、静かに勝ち誇る様に、微笑んだ気がした……    ┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

250 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:35:00 ID:b4d7ac50 [24/51]
━━━━━━━━ ━━ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓━━━
                ┃……だがしかし、エキサIト翻訳で変換すると“but however”、      .┃
                ┃私は性懲りも無く、味寿々の暖簾をふわり、とくぐった。          .┃
                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                    . . .-‐…‐-. . .
               . : :´::;≠´/:::::::::::::::::`::.、
                  ,:::::::::/::::::/::::厶云云≧x::::\
              / .::/:::::::::/::::/::::::/:::::::::::::::::\:::\
              ,′:::;゙::::::::::'::::/:::::::;'::::::::::::::ト、::::::゚:;::::::ヽ
            ;:::::::::i:::::::::::i::/:::::::::i\::::::::: | ゙;/:゚;::::::::::..
              i::::!::::|:::::::::::|;゙::::i::::::|⌒ヽ:::::!|  }::∧i:::::::::::::\
               | ::|!:::|;::::::::::|::::::代::|   \:{  j厶劣::|:ハ⌒^^
               |!i:|!:::|ヘ;:::::::!::::::| ,斗‐云弌`  Vソ 灯:i:i
               リ:|!:::|:::ヘ;::::!::::::|ヽ Vしり      、::::从:|:|
                ⅵ::::!:::!ト%;::::::::|  :::::::::         川:;     「……私に喰わせるタンメン(780円)はあるっ!」
.              ‘;:::::::::ヘ,_%;:::人        _ n':;::/
             ';:::::::::/::∧:::::::::.、      ´ ,| ㏍
                }i:::::/::/:::∧:::::::::≧=:‐-r‐=セチj_|__::\
                ||::/::/::::::::∧::::::. マ必三≧:x{-‐- ∨:::\
                リ:':::::::/:::/=/\::::::`マニニニニム⌒ ∨:::::::≧=‐-
              /::::::::::::∠ニ7/ニ\:::::::\    :}J^ /゙ヽ::::::::ヽ
             /::::::::::::::イ   //ニニ7\:::::::゚:.,  /廴,」   ゚。::::::::::.
            /::::::::::::/::i} .//ニニ7   \:::::} ∧ニ二}   ';::::::::::;
.       ,≠´::::::::::::/:::::::/ .//二ニニ7⌒ヽ  }::::| /マニ}    ;:::::::::i
 ー-‐=≦´:::::::::::::::/::::::::::く..厶ニニニ7   \|::::|,/   ゚マ|   |:::::::::|
.    /:::::::::::::::// .:::::::::/\     /      /|::::|     '{   |:::::::::|
.  / .:::::::::::::/ ./:::::::::/   \ /     //:::::j   .::ノ   |:::::::::|
  ; :::::::::::::;:゙  /:::::::::/      _{〉     //:::::::; .:_;;:イ }   j:::/}/
  i::::::::::::/   ;゙::::::::/   ___(/       '}:゙:::::::/   }   }   /:/ ′
  | ::::::::;゚   i:::::::;゙   {__/      ./:::::::::i   {⌒¨´_彡'′


      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃私は、私がこの地に留まる限り、この店が提供する“試練”……    ┃
      ┃“甘き死”を私なりに克服すると決めたのだ。              .....┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃初志貫徹の旗を掲げ、名誉をそそぎ、汚名を挽回――      ......┃
    ┃いや、“卍解”する事が、今の私の“raison d'etre”なのである。    ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

251 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:35:31 ID:b4d7ac50 [25/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


                    ,. ‐'´                        l:::::::::ヽ
                  ///                       l::::::::::::`、
             ,. ‐'´イ /  /  ,/    .::.        l:.、    l:::::::::::::::::',
              ̄´ /   /  〃   / ::/|   l:.、  |::ヽト、   |::::::::::::::::::l
                /  / ,′ /   /:::/  l   l::l   |:::::::::\lV:::::::::::::::::::|
                 ,′/l | /|  /:::/ __ |  |::|   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  |/  | l ィ、|  /::/ ̄丶.  |   l |   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   l/  / /イ ド| /l/ `ァ┬- 、| ∧|   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   / '´ l/| ,l/    ヾ┴‥7 /  |  /|:∧::::lハ:::::::::::::::::N
                      ´/ ′        l/   |/ l/ )ハ::l ノ〉:::::::∧::|
                   _> 、               l/ ' ~|/, イ∧::/ l/
                / ̄二>'´ _」                  /`T"´::::/ l/
              /   〈 (     / ∧` ー 、_          /_,ノ:::::∧|  ′     「……はい、タンメンねー」
         _/    \  | ヽ|  丶、 `      ,. '´ `7ノ!∧ ト、__
      / ̄    ̄`丶、  `'<   `、      , .‐ ' ´    /\ `、   \
       /           `丶、 \   ヽー一 ' ´          /   \ ヽ l   \
     l            丶、 \    \          /       ヽV    |
     |/へ.                   \   >、     /\     /| |      「`ヽ
    /    ` ー-- ._         ヽ ∧ l      〈  ヽ. _ノ l.|     /   |
   /              ̄¨T ー- 、._ヽ\∨   |         ∨ヘ. |l    /   /\
.  /               \   \ヽ丶.`丶、 \ \        /  | |′ / /   \



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃店主は相変わらず、寡黙でクール。           ┃
       ┃私の分かり辛いギャグは、当然の如くスルー。     .┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃……私は少し、悲しかった、かもしれない……。  .....┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

252 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:36:18 ID:b4d7ac50 [26/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


             【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2454/07-tanmen.jpg

短編飲食10


       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃十分程の後、提供されたタンメンは、これまた独特なものだった。    ┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃麺や具がロクに見えなくなるまで、大量にかけられた中華スープ。     .┃
    ┃スープを箸で斬り裂けば、中には当然、溢れんばかりの麺と野菜。   ..┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                    -‐――‐-
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                /::::::::,. -‐====ミ:::::::::::::‘,
                  /:{   -‐…・・・…‐-ミ}:::::::::∧
                   /::::{::::::l:::l::::::::l::::::l:::l::::::l:::}::::|::::::::}
                  {:::::i!:::∧ノヽ ::|ヘ:::Nヽ:::|:::}::::!::::::::!
                {::::: {/ ̄ ̄ ヽ! ヾ  ̄ ̄}:::|::::::::}
                 {:::: ハ ┬;┬    ┬;┬}::: |r 、ノ
                   {::::::∧ ヒリ     ヒリ }:::::| ノ、
                  ',::::::::ヘ ''        '' }::::〃:::::.
                    マ::::::::ト    △   イ::::::/:::::::::.     「……K本に喰わせるタンメンはねぇっ!!」
     _ _η      ヤ :::::|:::::::::≧= r‐=、|:::::/::::::::::::.
     `τ{ 7.{zュ. .   ‘,:::|::::/::〃: ||:::::::〆:::/\:::::::::::.
  ⊂二λ.! l _ハλ    ∧:::!: : {{ ≧{}≦ 〃/::/ : : :\::::::::.
      `了ヽ孑/.∧  //ヽ!.: :.V〃||{/ /イ: : : / 入::::::\
       \一:::::::::∧// \、: : : :〃 ||: : : : :: :: :/ /  ヽ::::::::\
          ∨:::::::::::::::\  \孑{゙^ ||: : : :rf千   -‐==  \:::: ヽ
.          从≧=-― ´ ̄'  .{  ||` ̄   /       冫:::ハ
              \     /|   | ~     ハγt   ̄ ̄ 人::::}:::}
              ヽ  ヒ升゙:::|   |         λ::仆、   〃 }:}:::}
              }八::::::!ヽ.|   |         f::: !|     /  }:j丿



              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ┃などとつまらないギャグをブツブツ小声で呟きながら、タンメンを完食。   ┃
              ┃相変わらず味付けは甘目だが、タンメンに至っては、              .┃
              ┃それが+の方向に左右したようで、普通に美味しかった。           ┃
              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

253 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:37:18 ID:b4d7ac50 [27/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃タンメンは割と余裕を持って完食出来たので、何か追加注文しようかと    ......┃
         ┃店内を見渡した所、土・日は『スタンダード餃子(500円)』が半額という      ...┃
         ┃表示が貼ってあった。その日はちょうど土曜日だったので、何となく注文。     ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

             【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2455/08-gyouza.JPG
短編飲食11



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃250円の割りには割りと大ぶりな上に、          .┃
    ┃何とこの餃子……“普通”の味なのだ!        ......┃
    ┃特に甘くも、しょっぱくもない、極めてストレートで、   ..┃
    ┃且つレベルの高い本格派の餃子であった。      .....┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


     l:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::}::::::|:l|::::::::::::::::::::::::::ト.
     |:::|:::::::::::::|::::::::ハ:::::::N:::::::::::ハ:斗七::アヽ:|l:::::::::|:l
     |:::|:::::::::::::|_l::斗チ::升 ヽ::::/  ∨-‐∨  Y:::::::::|:|
     |:::|:::::::::::::|∧/ |/-l- 、∨    rf爪笊刈l:::::::::|:l
    ∨:::::::::::::l rf芥笊圷       弋廴ソ ||:::::::::リ
      ‘,:::::::::::::ト、  V廴ツ       ///ヽ|l:::::::::|      「……これは、500円払っても問題ないわね……」
        、:::::::::|ヒヘ ///ヽ    '        ノ|:::::::::|
        l::::::::|`ー'、        -‐(   ....:::::::|:::::::::|
        |::::::::|:::::::::>- __      イ__:f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       l::::::::|::::::::::::::::::::rf_」_  ̄ _}ノ | モグモグモグ… |
      ∧::::‘,::::::::::::::::::::〉 ̄ ̄`Y´ ̄ ̄ 廴_____ ノ
      /::∧::::<工工二 -- 、_人_ -─‐-/::::::/ー─- 、
      /::/ }:::::::〔::.::.::.::.::.::.::.::.::.{::.::.::.}:-:、:::.::/::::::/.::.:〕  ハ



        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃一口齧れば、熱々のカリっとした食感、破れる皮から溢れる肉汁……        ....┃
        ┃米と共にもぎ取る箸の手が進みまくり、Ah!! と言う間に、サービスでついてきた    ┃
        ┃小ライス(と言っても、茶碗一杯分はある)を食べ尽くしてしまった。          ......┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃まさかこの店に、初心者にも安心しておすすめ出来る、    .┃
┃“普通の”メニューがあるとは……                ┃
┃真に奥深し、“甘き死の魔境”こと、味寿々……        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

254 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:37:48 ID:b4d7ac50 [28/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃その日の夜は何とも蒸し暑く、何となくさっぱりしたものを食したかった私は、  ......┃
    ┃『冷やし味寿々』という何とも言えないメニューを、何気なく、さり気なく、      ....┃
    ┃さも当たり前の様に、注文した。                               .┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                 -――-
             ....::::::::::::::::::::::::::::::::::...、
             ....:::::::::::::::::::、 :::::::::::::::::::::::::ヽ
             〃-‐――-=ニヾ:::::::ヽ.....:.:.:::::::.
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::.
           /:::::::::::i::::::::::::::::l::::l::|:::::::::|:::::::::}:::::::::l
.          /:::::/::::::|::::::::::::|┼人|:::::::::|:::::::::}:::::::::}
         /Λ:l:::::::::| ̄\ノ┬㍉|:::::::::|⌒V::::::::::′
       ′ Ν:::::::托_テ  ゞ'^ |:::::::::|__ノ::::::::/       「……『冷やし味寿々』をお願いするわ」
        {    |::::::::Λ ,    .::::::::::|::::::::::::〈
          |::::::::::人   _  |:::::::::|:::::::::::::::.       「そう、この熱気に包まれた肢体を冷ましてくれる、様な……」
            乂_/ ̄し≧r<]:::::::::厂 |::::::::::.
.           / \ ^ーぅ { |::::::/  〉=-ミ::.
.          厂㌦  / ̄ ̄/ ̄|:::/  /   f´ ̄ ̄ `ヽ
          /     X  厂Y^Y |/7__/    | ファサッ… |
.         /     ハ 厶ク⌒ヽ__ノ  . :   廴___ ノ
.      /     /: . l/           リ′   八::::::::\
     〈 : . . . . : : : /|         . : /       ヽ:::::::::\
       ≧===ニ爪:::|        . . : : く: . . . . : /:::::::::::::::\
.             |::l::::|         . . /`Y     |::::::::::::::::::::::::::..
           乂:八           /: :/|    |::::::::::::::::::::::::::::::..
                ̄}: .        . : /:::|    |:::::::::::::::::::::::::::::::::.
                  / : : .   . . . : : 〈ヽ::|    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::
              /: .       : : 八|     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                /      _/  ___: . |    |::::::::l::::::::::::::::::::::::::|


          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃                           Battle Field     .┃
          ┃連日通い詰めた私にとって、最早この店は、私の主戦場。     .┃
          ┃恐れるものなど、もう何もない。                     ┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

255 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:38:19 ID:b4d7ac50 [29/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


            【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2456/09-hiyasi.jpg
短編飲食12


                   _. -ー―――- 、
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :: ヽ
              /;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: : `、
             /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::l
            l;;;;::::::::::::::l::::::::::::::;::::;::::::::::::::::/;;;::::::::::::::;:::::::;::il
         :   l;;;;:::;;;:::::::;:;:::::::::;;/l;;;;l;;:::::::::l:::ハ;;;;;;;:::::l::::l;;;;:::::;;;l
            l;;;;;::;;;;:::::;l;;;::::::;;;/ l::/l;;;;::::::;;::/ i;;;;;;:::;;;;:::;;;;;;::..;;;l
            l;;;;;:;;;;;:::;;;l;;;:::;;/‐-l/_ l;;;;::/l;/‐ ̄ヾ;;;:l;;l;;:;;;;;;;;lil;;l
            l;;;;;;:;;;;;i;;;;l;;;;;;/セフ‐ l;;;;/;;/ 弋_刃ハ;;ハ;;;;;;;/;;l l;l
            l;ll;;;;;;;;ハ/ l;;/`ー ´/;// |  ` ̄´l i;;;/l;;;;;;l ;
            ; l;;;;;;l ;l ヾ    / ´  ;l     ///l\l
            ; il;;lil\l `              ‐´;;l       「……冷やし味寿々、お待たせしました……」
              ` l;;;;;;ヽ      ‐ ,-     /l ;`´
                l/il;;;ト      __   /;;l
                 ヾハ \   ̄     / lヾl
                   トー\      /ー|
                   l;;;;;;;;;;;;;;\__ /;;;;;;;;;トーl-ー--、


       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃良い感じに冷めた店主が運んで来たのは、       .┃
       ┃これまた、強烈なVisualのCool Soul Foodだった。   ...┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃冷えた麺の上に鎮座する大量の具は、       .....┃
   ┃最早一人前のBattlerとも言える私にすら、     .....┃
   ┃思わず完食不可の悲しきVisionを垣間見せる。  ......┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

256 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:38:49 ID:b4d7ac50 [30/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃だがしかし、言い換えるとDagger&But。    ┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ┃日数にして数日、時間にして――暗算は面倒だからしないけど、    ┃
           ┃とにかくかなりの時間をくぐり抜けた私にとって、            .....┃
           ┃味付的にはノーマルな冷やし中華に(多分)近い              .┃
           ┃『冷やし味寿々』を完食する事など、児戯に等しい。          .....┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


        |::::|::::::::|::|:::::/|::::ハ:l::::::|::::|ヽ::::l:::::::l::::::::l:::::|
        .|::::l::::i::::|::|:::/ |:::,' |゛:::::ト:::| l ::::| ::::::|:::::::|:::::|
        l:::::|::::|::::|イ--|ト|、_ .| 、:::|、::|---|-l:l::|:::::::|:::::|
        |::::|:::::|:::|        ヽ| l:|     ハ:::|::::l:::|
         l::|::::::l:::|  ──      ──  |:l::::|:/
        V:::::::l:::|               |::l::::レ
         ,}:l:::::l::| ヽヽヽ   '    ヽヽヽ |::l::::|
         !:::l:::::::|、     、____,.     ,ノl:::l:::::|     「……この麺、厄くはないけど、冷いわね……」
        ,!:::::l::::::|::` 、   | |||| ||i!  ,....:'´::l::::|:::::::|
        !::::::::l:::::|:::::::::::::`゛i!|| ll||!|il'i:´::::::::::::l:::::|::::::::|
        .!:::::::::::l:::|::::::::::::} ̄'.i|||| ||i! ̄{:::::::::::l::::/::::::::::|
        !:::::::, -ヾ: :r---―-| |||| |i--く二r,/:/::____::::::|
       !::/  ヽヾ、    i| ||| i´    / }/   ヾ::|
       ,!/  l   |、ヾ,   ,'.!|| |||!    / /   ./ ヽ
     /   | |  |_,. , X'/ /| || l|i,ゝ、   /   |/   l|
    ,く     Y   L____/ /___|i || !. |__,>'   |     ヽ



               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               ┃などと、ちょっとした冗談、ドイツ語で言うなら         .┃
               ┃Ein kleiner Witz を呟きながら、感傷的に完食した。    .┃
               ┃このメニューに関しては、私の完勝だろう。          .┃
               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃嗚呼、まさしく今の気分はカンカンSHOWでしょう――       .┃
    ┃……これはさすがに、無理矢理というか、普通に意味が     .┃
    ┃分からないと、我ながら反省した私であった。         ......┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

257 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:39:28 ID:b4d7ac50 [31/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃またまた明くる日、私は壁に貼られた、既存のメニュー表には無い    .┃
     ┃メニューが記載された追加メニュー表をめざとく見つけた。        ..┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                        -‐―――‐ --
                     .:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      /::::::::::::::::::::::/ ̄_,二二ニ`::..、
                   /::::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::ヽ\
                      /:::::::::::::::::::::::::/´:::::::: /::::/::::::/::::::::::}:::
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/:::/| ::::::::/::: |
                   |:::::::::::::::::::::::::::| ::::/|:::// |:::::/|::::|
                   |::::::::::::::::::|::::::::}/⌒}イ´   |:::' |::::|
                   |::::::::::::::::::|::::::::| T笊     }iイ⌒|:::::ハ
                   |::::::::::::f´ |::::::::| 込jリ     f_笊 }iイ:::|
                    .:::::::::::::ゝ_|::::::::| ,,,,      ヒj少 /:::::|
                      |:::::::::::::::::::|::::::::| u.       ′,,,, / ::::::|
                      |:::::::::::::::::::|::::::::ト 、   , _   . イ::::::::::|   「……欲張り丼……元々のメニューが欲張りというか、
                      |:::::::::::::::::::|::::::::l  >  _  <{ |::::::::::    腹が張るぐらいの量を誇るというのに……
                      |:::::::::::::::::::|::::::::| ____{:::::::::::| |:::::: ′   これ以上何をよく張るというのかしら……?」
                  .::::::::::::::::::∧::::::|      |「ヽ::::::::| |:::/
                     /::::::::/ ̄/∧::::「\ __,||_}=―‐:}イ
                  /::::::::::|   '//ヽi{  /  ̄ ̄\,/ ̄ \ \
               /:::::::::::::|      '/\}     「]    }   、
                 .::::::::::::::::::\       //\    八   {      ̄\
                /:::::::::::::::::::::::::}          /}_ イ  \__} Υ    |
            /:::::::::::::::::::::::::/          ∧|_|     ゝ,」 | r―xィ′
              /::::::::::::::::::::::::::{___,       /|/ ̄「 ̄ ̄ \,|_/  / }\
             .:::::::::::::::::::::::::::::::::/| \     ∧   \    \> _/   \
             .:::::::::::::::::::::::::::::::::/∧  \    /∧  . -イ      }   \
              |:::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧   \      ̄\_L    /         }


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃私はよく分からない魅惑の食欲にかられ、              ┃
  ┃気がついた時には『欲張り丼』(880円)とやらを注文していた。 ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

258 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:39:59 ID:b4d7ac50 [32/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

          【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2460/11-ex-yokubari.jpg
短編飲食13


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃数分後、相も変わらず目の前にドンと置かれた丼の上には、     .┃
     ┃味寿々ラーメンの上に乗っている細切りチャーシューと、      ...┃
     ┃恐らく豚バラ丼とやらに使われている豚バラ肉が、         .....┃
     ┃所狭しと大量に乗せられていた。                    ...┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃+100円で餃子も追加可能、との事だったので、         .....┃
          ┃思わずノリと勢いとその場の空気で付けてしまったが、       ┃
          ┃さすがにこれは、量が多すぎると言わざるを得ないだろう。   ....┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



.       ,':..:..:..:..:..:..:../:..:..:..:..:..:/:..:..:..:..:..:..:..:..:/:..:..:..:/:..:..:..:..:/:../:..:..:..:..:..:..:..:.ヽ
      |:..:..:..:..:..:..:./:..:..:..:..:..:/:..:..:..:,':..:..:..:..:/:..:..:..:/:..:..:..:..:/:../:..:..:..:l:..:..:..:..:..:..ヘ
      }:..:..:..:..:..:.:,':..:..:..:..:..:..':..:..:..: l:..:..:..:..:.l:..:..:..:/}:..:..:..:.///}:l:..:..:..:|:..:..:..:i:..:..l:.l
      |:..:..:..:..:..:.l:..:..:..:..:..:..:|:..:..:..:..l:..:..:..:..:.l:..:..:./ .|:..:..:./// .|:l:..:..:..:|:..:..:..:|:..:..l:.|
      |:..:..:..:..:..:.i:..:..:..:..:..:..:|:..:..:..:..l:..:..:..:..:.l:..:../`^|:..:.///  |:l:..:..:..:|:..:..:.:.|:..:..l:.|
      |:..:..:..:..:..:.l:..:..:../⌒ }:..:..:..:.l:..:..:..:..:.l:..:/  }:.// `ヽ .|:l:..:..:..:|:..:..:..:|:..:..l:.|
      |:..:..:..:..:..:.l:..:.:.,' /^ .l:..:..:..:..:l:..:..:..:..:.|:.f仡ラ弍トミ    }:l:..:..:/|:..:..:.:,':..:..l:.|
      |:..:..:..:..:..:.l:..:..{ 弋 l:..:..:..:..:l:..:..:..:..:.|,' んr'::::ノ}¨`   l八:/ .|:..:../:..:..:/l:|
      |:..:..:..:..:..:.l:..:..:乂 ヽ}:..:..:..:..:l:..:..:..:..:.|  ゝ辷シ      f抃ノi:../}:..:../ j:|
      |:..:..:..:..:..:.l:..:..:..:..>j:..:..:..:.. l:..:..:..:..:.|          ヒシ/:.|/:..|:../  リ
      |:..:..:..:..:..:.l:..:..:..:..:..:.l|:..:..:..:..:l:..:..:..:..:.|          v'.:...:...:...j:/
       |:..:..:..:..:..:.l:..:..:..:..:..:.!|:..:..:..:..:l:..:..:..:..:.| u.         〉 ..:..:..:./
       |:..:..:..:..:..:.l:..:.lー─i.|:..:..:..:..:l:..:..:..:..:.|      _   ィ' ..:..:...:..:.|
       |:..:..:..:..:..:..:.. |^≧=ト|:..:..:..:..:l:..:..:..:..:.ト、       _`  |:...:...:...:...:|    「……しかし、既に味寿々の味に慣れた……
        j:..:..:..:..:..,':..:..}    |:..:..:..:..:l:..:..:..:..:.| ./>   ィ    }:...:...:...:...:|    いや、慣らされてしまった私に、隙はないわ……!」
     /:..:..:..:..:./..:.._ノ    |:..:..:..:..:l:..:..:..:..:.|/^\:..:..:l.:..{   |:...:...:...:...:|
      /:..:..:..:..>'7^ 丶、. 八:..:..:..:.l:..:..:..:..:.|^Y^r7:. i:..:|   |:...:...:...:...:|
.    /:..:.>'`丶: :\   \ }:..:..:..:.!:..:..:..:..:|j }//:..:..l:..:|   |:...:...:...:...:|
  /´¨ ̄      \: :\丶.  |:..:..:..:.!:..:..:..:..:|i | ∧:..:..l:八 .   |:...:...:...:...:|


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃更に数分後、私は無事完食した。                  ┃
┃相変わらずの甘い味付けが、箸を動かす手の           ┃
┃勢いを抑えようとしたが、そこは餃子というアクセントが、     ┃
┃私の箸の手……言わばワルツを奏でる助けとなった。      .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛━━…━━━━━・━━━━━━━━━

259 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:40:29 ID:b4d7ac50 [33/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃その日の夜、またもや晩餐を慈しもうと味寿々を訪れた私は、    ┃
      ┃豚丼の大盛りというメニューを頼んでみた。               .┃
      ┃例えばM屋、あるいは吉N家といったチェーン店で出てくる     ....┃
      ┃豚丼の大盛りと、味寿々のそれとを比べたくなったからだ。    .....┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


              【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2461/12-ex-butadon.jpg
短編飲食14



          ,. ゛_〔〃/ 仞ソ/ ,. ´ 7/     i,
       /  / {{ { 7   ′/ ‐、 / //      i,
      /  ,:  ′   {′ //斗=x 〉 j /〉/  /     }
      ノ  :ノi     ヽ {′ ィfをア /| {′ / {   ′/
    ,   { ヽ}        {{ {i㍗/ /}}i l/{  j_ノi{  //
         ′         ヾx≧,〃ィ{ { { i {  {i/
    {               弌 {ハ{-=爻三i 彡个 、_
    \               i : ー‐=ァi ∨ }
.       \           u.   ¦   ,:〃 { ∨ ¦ i     「……M屋の豚丼大盛りの、何杯分はあるのかしら……?」
        ヽ、              j: ソツ''"⌒`丶、 i  :
          i`丶、        ,::   ,.ヘ ⌒¨''i } {! :
          ∧   ` ‐-   r {{‐-(ツ  ノ ソ j }! i
.        / ∧          `ー+-r==ニ=:ァ冖′{i ¦
       / :/:∧           °jI斗紕刎ア    {i  :
       .′/:/: }    _  -‐  { |洲i兮    {i
        i :/ r ´_` -‐       o ¦ |洲ア       }!  :


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃見た目的にも、味的にも、その手強さ的にも、          .┃
┃某仮面でゴールデンで4なゲームに登場する          ....┃
┃『スペシャル肉丼』なるものが、もし実在するとしたならば、   ┃
┃きっとこの様な外見をしているのだろうと思いながら、     ...┃
┃私は只管、豚の一部を豚の様に貪ったのであった。      ..┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛━━…━━━━━・━━━━━━━━━

260 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:41:00 ID:b4d7ac50 [34/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃――こうして、私と味寿々との、鈴の音と味が鳴り響く様な          .┃
   ┃甘ったるい(主に味的な意味で)日々は、Ahと言う間に過ぎて言った。    ┃
   ┃英語で言うと、Days Gone by……Like a PENPALS……            .┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ┃味寿々という店との出逢いの切掛を作ってくれた、   ......┃
             ┃あの行きずりの女性(主に偶然的な意味で)には、    ....┃
             ┃幾ら小田原の星空に祈りを捧げながら祝福の祝言を   ┃
             ┃囁いても、感謝の念が尽きる事はないだろう。        .┃
             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                _
           ,.. -‐"´;;;;;;;;;;;;;`゙ヽ、
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ヽ、
         /..__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
        ./‐‐-..二i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V
        i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        |;;;i;;;i;i、;;i;;;;|;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
        i|;;|;|N ヽiヽ|;;;;;;;;;;;;ト、;;;;;;;;;',;;;;;;;;;;i;;;;リ
        从|    .|;;;;;;;;;;;;| i;;;;;;;;;',;;;;;;;;;|;/
         i  i彡 .|;;|;;;;;;;|ノ/;;;;;;;;;;;',;;;;;;;;〈       .「……私は貴女に感謝している」
         ノ     |;;|;;;;;;;|‐1;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;;;',
     .,........._ヽ__   .|;|;;;;;;;|  i;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;;;',      「味寿々に出逢わなければ、
     .人   ./ヽ、  .|;|;;;;;;;|  .',;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;',;',      私は猟奇的殺人者、あるいは同年代の少女に対して、
    } -‐i~i"  .|`~7;;|;;;;;;;ニ-‐\;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;',;';,     熱烈で熱狂的で熱暴走気味なストーカーになっていたのだから……」
    { 二}.|   |;;;;;;;|;;|;;;;;/ __ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽ
    .ハ   j   i;;r、;;i;i;;;;;/フ/ ̄ ̄`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   / ', /ノ| ,-ム' _//;;;/|/       ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   /   ゙'" /´ / 〈//;/ /  .i      ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   ハ    /ー { ./レ/ ./  }ノ       .',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
  ./ ヽ、 /.._ //ニ | |-'  / __....-‐‐"´ ̄ 〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
 /    7  //  | i   ヽ     _   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
r'     {  ./{   ~    .> -‐二  /;;;;;;|i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
ヘ     ム"  ヘ        {     ,イ;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;',
 ヽ___,/     i       .|     |;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ;;;;;',
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

261 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:41:33 ID:b4d7ac50 [35/51]
━━━━━━━ .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓━━━━・━━━━━━━━━
           ┃真夜中の宿の部屋、若干格好良く例えるなら    ...┃
           ┃深闇の旅籠の狭間で、私は一人、眼を閉じる。    .┃
           ┃瞼の裏側に浮かぶは、彼女の鮮明な幻影が。   ....┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃私の心の中の彼女は、その暖かく包み込む様な声で、    ┃
  ┃私にそっと、優しく囁きかける……               ...┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                              ―-  _
                     ´. . : : : : : : : : : : : : : : : :\
                 / . : : : : /. : : : : : \: : : :、: : :
                    //. . . : : : : : : :/. : : : ', : : : : .ヽ
                   /  . . ://. : : : : : : :/ : : ハ : : : : : ', : : : : . ',
               / . :/. :/´. : : : : : : : :/ : /  ' , |: : : , : : :', : .,
               ,' . :/ : /. : : : /. :/,イ: /    ', |: : : .i : : : , : i_
                 i : : i : / : : : イ: ://  |::l      i:|V: : :i : : : i/l ,ト
                  i : : : : i: : : :/l__.//- |:l      ̄`リーV: :i: : : :| l/ /
            _( ',: : i : l: : :/´l:/´   リ            V:|: : ! l;;;)- 、   「うふふっ……初めて会った時より、
            ( V : : ', :i : i  リ _        ,二=マミ Vl /:/// l|    心なしかふっくらとしてきたわね……♪」
               ヽ( )', : .', ', i ィぅテヲミ          P l;;j }  l/,イ:ヽ`ー'
             l .Y'.,: :ヽ、l  V l;;j l        弋_ニソ ノソ:::ノ/ソ <.`、
                VV{ \\  ゝー ´           ´ l/ノ/. : /. :\
          r 二ニ -. ヽー`i ー        ’          ノ/: : : : : : : : /)
         ノ_: : : : : : : : \ 、      、 ―ァ      イ /: : : : : : /;;ノ
         ( -―- ;;;: : : : : : : :ヽ>      ̄  ,  <  .{ //: : : : /  ̄
         - ニ、ー ´ `\: : : : ;, l   <)  ー   |= 、  ' /: : : :イ    ィ ニ二}

                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  ┃……うん、聞かなかった事にしよう。  ....┃
                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃そもそもこれは幻聴だ、下腹部に溜まりし                ....┃
          ┃呪力に近い重力だって、恐らく幻覚だろう。               .....┃
          ┃それか若しくは、私が新たなる異能に目覚めた故の副作用……  ......┃
          ┃即ち、“力”を持ちし者に与えられた宿命であろう……多分。      .┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃そう、体型の些細な変化など何ら気にするものではないと、    .┃
     ┃私は独り呟きつつ、伊集院光のラジオを安眠の友として、     .┃
     ┃静かに眠りに就いたのであった。                   .┃
━━━ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛━━━・━━━━━━━━━

262 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:42:04 ID:b4d7ac50 [36/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃――そして翌朝、小田原逗留最後の日、   ┃
    ┃It's a Last ODAWARA-DAYS。        ....┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃この英語が文法的に合っているのだろうか……     .┃
         ┃多分間違っていると思う……恥を偲んで、        .┃
         ┃素直にexciteな翻訳辺りで調べれば良かった……  .....┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃などとは露にも思わず、私は颯爽と、   ...┃
 ┃『味寿々』の暖簾をくぐった。          .┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                          |}
                             弋 {{ル
                            | |
                             トミ{
                   _     _ 一|三|
                   /弋≦三{{_   -っ|'7
              Y{       /   >::_:_:_:_:_:く¨¨Yf
        小、 _{: ー----.{   イ:::/::::::::::::::::::|  ' |
         |: : : : : : : : : : : :∧  Y/イイイイハ__j|  .|
        弋: : : : : : : : : : : :∧ 从 ヒテ  ヒナ }  |
        >ー---: : : : : :.{   |l  '_  j.  |     「……マスター、今日もお邪魔をするわ」
      <: : : : : : : : : : : : :.∧  ノ `≧≦´   j
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧   { 大 }.   /
   /イ.:: :: : : : : : : :z-イ/: : : : : :.ハ  レ'从Y   /
   /: : :;イ: : : : :/  イ: : : : : :.ノ '  //| f´ ̄ ̄ `ヽ
   /: :./ l: : l: :.(   从⌒)¨   }   |゚ .| ファサッ… |
  ,イ: :〃 ル'人: :弋_        人  | 廴___ ノ
  |:/ト       ` ̄         /     |゚   ヽ
  ,从                    〈    |     〉
                     /ヘ.   ∧   ハ
               / / ', / ハ   /{ハ
               / / /..∨ / } / ハ ',
             弋  /  /  /  ,レヘ.  ', ',
               `¨弋__/  /  j____}___ イ
                 /: : : `7¨¨¨¨ヽ : : : : |
                ,': : : : /     ∨: : : |
                /: : : :/      ヽ: : :.:
                   .:: : : /        ∨: :ハ
               / : : :ノ            ∨: :{
                 /: : :/             从: :ヽ
             /: : :/            {: : :ハ
             : : :/             ヽ: : ::..
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

263 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:42:35 ID:b4d7ac50 [37/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ : : : : ',
              /: : : :,イ: : : :,/: : : : : : : : : /::::l: : : : : :',
              //: : /:/ : /:/ : /L: : : :/:::::::/: : : : : : l
            レ/: /::/:/::::/: /::::'/: :/::::://: : : : : : : l
             l: :/:::l/:::::::::l/::::::::://::::/  ,': : : /l: :l、: !
             l/:::::::_//::::::/l::://::::/`‐-,メ: : :/l::l:ルl: :l
            l/!:::::l /::::/ /:/l:::::/`,‐- /: : /,イ:レ::::l: l
            l l:::::::`//l /'´ l/ `ー'- / : //く,l::::::∧:l
             ノ:::::::::ヽ`         /: :/ ト'イl::::::l !'
.            /' l:::::::::::l ̄l        /:/  ! l:/l:l
             レ'ヽ:/リ  l       /'   ',./l'. リ
               ヘ    、        ‐ --'
              / \    、     _   /
             /   \  \      ̄ /
             く     \  \     /       「……らっしゃい、何にする?」
            厂ヽ      \.  `,、_  /、
          /   ヽ      \. /    \
         /     ゝ      /.!.ヽ     イ
       /       / \    / l  ヽ.  / !
      /      /   ヽ  /  l  ゝ ,'、  l
    /      /     ヽ/、   ヽ. '´l / \ !
   /      /        ヽ   ヽ l'    ヽ
  /_     /          ヽ  O/ l     ヽ
 l    ̄` 、/              `  /  l      ヽ
 !       ` 、             l  l       l
 !         ヽ            ヽ l       l


        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃よく見れば、薄い鎖骨が魅力的な無愛想ダンディー店主は、   ┃
        ┃いつもの如く、少し不機嫌そうに私を出迎えた。           .┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃しかし私は知っている。彼の内には、熱き“大盛り”、    ┃
    ┃いや、“TELA盛り”の魂が秘められているのだと……  ....┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

264 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:43:09 ID:b4d7ac50 [38/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃私は、そんなCOOLでHOT、BIGでTELAな彼と  ....┃
  ┃対峙する様に真っ直ぐ前を見据えながら、    ....┃
  ┃静かに、だけど確かに、口を開いた。       ....┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   ___
                ∠::::x-‐==‐-x
                 '::::::::::.//:::.ハ:::i:::::ヽ
                i::::::::::.:/t::.x' }/!/:::::i
                l:::::::::/     テ:ァ}:::|
               }::::::::i.   _′  ,ハ:|
              /::::::::个     イ::::i|
                /::::::::::┌‐‐.,‐┐::::! :::i|
             -‐=xー└‐.┴.┘‐t=x'     「……『ジャンボ餃子』とライスを、お願いするわ」
              /   {:: : : :.只:. : : ::} )
          ,/    `~~i::i 宀 i::f~ ′ \
          \⌒ :.{ : :   |::|   !::! : :}‐¬ 〉
            /::::::y' ,ハ  =一   ー= ハ  y′
        /:::::::::ヽ/..ハ           ハ 〉/
        八(:::::::::::::i丿:}          {x'./





       /:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
     ,.:':::::.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     .':::::::..::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'
    /:::::::.::::.:.:.:.:::::;イ:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'
   ,イ:::::::::::::.:.:.:::/ /:.:.:.:.:/ ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
  / |::::::::::::::::::/  /:.:.:,:./   ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
  / |:::::::::::::,:/_=、/:.:.//-‐==' ヽ:.:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:}
   |::::|!::::/∧弋'::// ´ ̄マソ}:.:.:∧:ト、:.|ヽ:.:.|:.:.:|}
.    !:::||::ハ  ̄イ      ̄´ |::/  |iハ|,人::}::::|j
    |:| |/:∧  ノ        '´   //:::|::/
    ヾ/´|;∧  ヽ           /7:::::::::ル'      「……少しお時間かかりますけど、よろしいですか?」
         .               //}/|:イ/`ー -、
          ヽ `こ ―-     /, ′ |' トュ   \
            丶      .. イ  /  彡'  } /   \_
        /フ´゚>-ャ‐ ´ ___/-‐ "   /___   ヽ
       // ∧     }   ん      , ‐´     ̄ ゙̄ヽ
      / / | }   ノ|  |  }  , <´
    ノ|    } ノ  / /  /  |/        _____
   / |  /《  /___/ /
 /   人   | ∨{    /        ___ -―――

          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃店主もまた、静かに時間……TMN風に言うと、       .....┃
          ┃メビウスの宇宙を超えしbeyond the timeがかかると、    .┃
          ┃結審の刻迄は暫し静観すべき旨を私に告げた。       .┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


      ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃私は深く、深く、無言で頷いた。   ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

265 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:43:40 ID:b4d7ac50 [39/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃……それから、一体どれ程の時が流れたのだろうか。    .┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃時間にすると、1話あたり30分のTVアニメを、            ......┃
       ┃CM及びOP・EDカットでほぼ全部視聴出来るぐらいだろうか?   ...┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃ところで少し話は変わるが、私は先日、「中二病でも恋がしたい!」         .┃
   ┃という作品の最終回を視聴していたのだが、私は主人公のあの言葉に――    ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ : : : : ',
              /: : : :,イ: : : :,/: : : : : : : : : /::::l: : : : : :',
              //: : /:/ : /:/ : /L: : : :/:::::::/: : : : : : l
            レ/: /::/:/::::/: /::::'/: :/::::://: : : : : : : l
             l: :/:::l/:::::::::l/::::::::://::::/  ,': : : /l: :l、: !
             l/:::::::_//::::::/l::://::::/`‐-,メ: : :/l::l:ルl: :l
            l/!:::::l /::::/ /:/l:::::/`,‐- /: : /,イ:レ::::l: l
            l l:::::::`//l /'´ l/ `ー'- / : //く,l::::::∧:l
             ノ:::::::::ヽ`         /: :/ ト'イl::::::l !'
.            /' l:::::::::::l ̄l        /:/  ! l:/l:l
             レ'ヽ:/リ  l       /'   ',./l'. リ
               ヘ    、        ‐ --'
              / \    、     _   /
             /   \  \      ̄ /
             く     \  \     /     「……お待たせしました、ジャンボ餃子とライスです」
            厂ヽ      \.  `,、_  /、
          /   ヽ      \. /    \    「ごゆっくり、どうぞ……」
         /     ゝ      /.!.ヽ     イ
       /       / \    / l  ヽ.  / !
      /      /   ヽ  /  l  ゝ ,'、  l
    /      /     ヽ/、   ヽ. '´l / \ !
   /      /        ヽ   ヽ l'    ヽ
  /_     /          ヽ  O/ l     ヽ


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃などと思考している間に、遂に、待望の至宝が運ばれて来た。          .┃
   ┃私の視線と思念は、眼前の料理へと、一気に惹き込まれていった……     .┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

266 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:44:36 ID:b4d7ac50 [40/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━



               【https://dl1.getuploader.com/g/yaruo2nd/2457/10-jumbo.JPG
短編飲食15



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃……確かに、大きい。真に、ジャンボだ。        ┃
     ┃ノーマルサイズな餃子の4~5倍はあるだろう。     .┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃しかし、単に外見だけが大きくとも、             ..┃
          ┃中身が伴っていなければ良きメニューとは言えない。  ....┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



  |/////////// l//-ヘト/、 l:!,///  l::::::ハ::::::::/l:::/:
  |////////// ィ-、=- 、_/   !///  七/ ̄ 、::/-l:/:::
  |//,///////  込__(ソ    l//   ,ィニ=-k'、_./l:::::
  |//l//////!:::::::::::::::::       /     込__(ソ  |::::
  |//|//////!::::::::::::::::::...........::::::,               l::/
  |//|//////!:::::::::::::::::::::::::::::::::::           /!::
  |//|//////!:::::::::::::::::::::::::::::::::_           ,'_.|:::
  |//|//////ト、::::::::::::::::::::::::::::::..`         ,_ノ|:::     「…………」
  |//|//////|/ ヽ、::::::::::::::::::::::            /- '.!:::
  |//|//////|////ヽ、::::::::::::::       _ ,. <::::::: |::::
  |//|//////|//////l`   ー -  <:::::::::::::::::::::::::::|:::::
  |//|//////|//////|____ ___|:::::::::::::::::::::::::::::|:::::
  |//|//////|///「 ̄    `Y´      `ヽ::::::::::::::::::::!:::::
  |//|//////|///l        |       {:::::::::::::::::::::|::::::


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃私は、恐る恐る、このある種の無骨な美しさを保った形を    ┃
     ┃崩さぬ様に、先端の方を一口、齧ってみた。           .┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


267 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:45:13 ID:b4d7ac50 [41/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃……表面はカリっとしていて、中はジューシー。                ┃
      ┃大方において焼き餃子に要求される基本的事項であり、        ......┃
      ┃しかしその両方を満足するレベルで満たすものは、意外と少ない。    .┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃だが、この餃子は……その体積を限界まで拡張させておいて尚、    .┃
         ┃さも当たり前の様に、二つの条件を満たしている。              ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃分厚い餃子の皮には、これまた大量の具で満たされており、           .┃
   ┃口で切り取り線を入れた瞬間から、食欲を満たす肉汁が溢れ出てくる。    .┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃スタンダード、だがそれ故に貴重であり、美味。                  ......┃
       ┃このメニューを食べた感想を、出来る限り短く、                  ......┃
       ┃且つシンプルに、他の人達にも伝え易い方向で表現するのであれば――    ┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





                     ..-‐:::::::::::::::::‐-...
               ,...:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
             /:::::::::::::::::::________:::::ヽ::::::::::.
              .' ::::::::/:/´_________`\;:::',::::.
.          ′:i:::::|//´:::::::::/::::i、::::::::::::`\}! ::i:::::.
          i::::::|:::::|´::,::::::/:::/'!::::| \::::i::::::::::|:::::|::::i
          |::::::|:::::|::/:::::/:::j, { ::|   }:::|、::::::|:::::|::::|
          |:::i::|:::::|ハ::::/_ノ| ‘ ::! `ト、| ヽ::::|:::::|::::|
          ∨::|:::::| V´ ヽ{  ヽj   ∨` Ⅵ:::::|::::|
          |::::|:::::|,伐旡テ       ,伐旡テ|:::::!)::{     「……こいつは、Good、いやGodな出来ね……!」
          |::::|:::::| xxxx.    ,    xxxx. |::r〈\:.
          j::::|:::::ハ                  j::{⊂ニヽ
           ,:::∧::::人    ` ー-‐ ´   .イ::/`>‐_ヘ
            ム‐‐|:::::::| |> .    . <, }|::::{ `7  〉
         /   |:::::::| || {. ヽ_≧≦_ノ / ノ!:::l! /   /::.
.          ,|    |i::::::|厂 ̄`ヽ`}{´/´ ̄`|::/}    /}ヽ::.
         /:j    i八::::|     〔ニ〕    |::{'j___'_∧. j::.
       ,::/'    |. ヽj      ノ八\.   |ノ|     } \


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃思わず英語的な表現をしてしまったが、これは感動のあまり、  ......┃
    ┃テンションが思わずEnglishな方向に向かってしまったと、        ┃
    ┃解釈と理解をして貰えると、私は助かる……かも、しれない。    .┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

268 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:45:47 ID:b4d7ac50 [42/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━



                   _... -─- ._
                //:::::::::::::::::::::::::::\ヾ
                /:::::::/ニニ'''<::u:::',
                ,'u::://::/::/|::〕ヽ|::::::::|     ,'´ ̄ ̄`',
               c .|:::: ≠ミ/|/ .|ィハ:::|::::::::|    ,! ほ ほ !
            c  .ノ::::::|.r';;;ソ {ux:=ミ:::::::::| っ  l. む む l
            '/^ '<::::::ノ|''   '  r';;;ソ|:::::|::|  っ∠ ほ  っ j    「……うめぇ、うめぇ……!」
      ,. -─< ヽ }  rx‐‐っ===( 。 ''/|:::::|( ((   ヽ む   /
    (( |.     「「 ̄|_ノ ニ{ ノ `rーr‐<'^|:::::|ハ      ` ̄ ̄
      \____,|l|  .|__ノ二 、))^冂\ノ゚ハ::::|. ヾ
          └‐ァ':::::|ヽ_ミと>>‐7/ .{ }ノ  .〉 ))  f´ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 jヽjvi、人ノl__   /:::::::::| ° (7(⌒)).  |  ヾイ\   |バクバグ…!! |
 )   ほ   7:::::::::/:::::::}    |^| ̄|^|  .ハ   V::::ヾ  廴____ ノ
 )   む    て::/::::::::ハ    V.ハ.V  ./:::ハ.   |:::::::::\
 7   っ     ( ::::::::::/   )) ∨ ノ'{__,イ⌒\  |::::::ト、::::) ))
  )   !!.    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ }三__\  }}_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃などと思わず、声に出してしまう様な、いやもう既に出しながら、              ┃
     ┃巨大餃子をこれまた大盛りのご飯と共にパクパクバクパク貪り食らう          .┃
     ┃私の姿は、さながら火力発電所の如く、またはアメポン、なんじゃそりゃ……だ。   ┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃皮を、肉を、米を、たまに漬物を、一心不乱に詰め込み、喰らう、    .┃
   ┃この時間、英語で言うとthis heaven's timeは――まさに、至福。     ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

269 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:46:25 ID:b4d7ac50 [43/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃――十数分後、餃子と米、そしてにんにくの    .┃
     ┃匂いに包まれながら、私は「ジャンボ餃子」      ┃
     ┃及びライスを完食、Perfect Completeした。    ..┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃「餃子が異常にでかい」という事以外は、     ....┃
   ┃他に飾り気など皆無の、ストレート一本勝負を   ┃
   ┃決め込んだ、このメニュー……敢えて、        ┃
   ┃神奈川最西端の地、小田原を訪れてまで、    ..┃
   ┃食べる様なものではないかもしれない。      ...┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



     /:::::::::/:::::::::l;;':::::::::/::::::::::::/!:::::::l::::::l:::::`ヽ、::..
     /:::::::::,':::::::::::l::::::::::/l:::::::/::/ |:::::::l,:::::|::::::::::::::'、::.
    ,::::::::::::l::::::::::::|::__::/. |::::/l:/ .!::::::l l::::ト,:::/:::::::::l:::.
   l::::::::::::::|:::::::::::|:::::/ ̄l::ト、/   |::::/ l::/ l:::l l:::::::::l:::l
   l::::::::::::::|:::::::::::ト '‐--、/.     |::/ l/- l/‐l-::ト::l::::l
   |::::::::::::::|:::::::::::l トヘ:::ハ     l/  -r‐-,、l:::リ!::l::::l
   |:::::::::::__l:::::::::::| 込zソ     /    ト:::ハ }:/,l:/:::::!
   |::::::::::l/,|:::::::::::! , , , ,      、   ー '-/' ,|:::::::::|
    ,:::::::::l、 !::::::::::|            ' ' ' '  /|:::::::::|   「……しかし、だからこそ、逆に
     ,::::::::ヽ_::::::::::|         ー  ,        ,ハ|:::::::::|   食べる価値があるのかもしれない……」
    }:::::::::::::l:::::::::|               ,. './!:::::::::!
    l::::::::::::::',::::::::l> 、        _,....:<`´ |:::::::::|   「地方の名物は、お金を……beach田省five風に
    l::::::::::::::::,:::::::::、|  `  、 __ , - ´::::::::::/  |:::::::::|    言うのであれば、moneyを出せば食べられる……」
     ,:::::::::::::::::',:::::::::, ̄ `丶、__ l 、::::::::::::::,    |:::::::::|
    /:::::::::::::::::::',:::::::::.     lY/ ̄/::::::::l   |::::::::,    「そう、地方の『名物なお店』のメニューは、
    // ̄ ̄ヽ ヽ::::::::.  _ |.l|  /::::::::::{   |::::::/    真実に、その店でしか食する事は出来ないのだから……」
   /      ヽ:.',:::::::.´////ヽ- 、 -‐-、::l    |::::,'
.  /      ',  l/、:::::::.//////∨}/////`ヽ_. |::/
 /        ,  ヽ/ 、:::::./////-'///////{  l/
,/        l  ヽ/ヽ::::.、´// ll \/////! / ',
         l   `´ \:ヽ/__',',__',\//l ,/   ,
         |、     ̄ l/l      ',/l`´ ヽ   ヽ


         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃などと、大した事のない考えを、思わずドヤ顔で          .┃
         ┃呟いてしまうぐらいには、私の心は好調に高潮していた。    .┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃So、BiggerなGYOU-ZAを、stomacがover   .....┃
  ┃しそうになる程にeatした事によって……!   ..┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

270 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:47:20 ID:b4d7ac50 [44/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃私の思いの丈を綴り、語った想いを耳にした     ......┃
    ┃店主も心動かされたのか、今迄の沈黙の歓待を    .┃
    ┃遂に破り、私にそっと、語りかけてきた……        ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
               '::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::i::::::::::::::::',
            /::::::::::::::::/:::/}::::::::/::∧:::!:::::::::::',
            ノ::::;:::/::::/::/__,/::::::/!:/__'::::|::::::::::::}
             /:/:/}::X/'ャュ-::::::/ イィャッ!:::}:::::::::|!
            /イ人く{ /` ̄ j/ i  ` ̄V〉、:ト、}  「……お客様、ひょっとして、
            /レヘハ       |    /ハ! j   他の所から来たのですか……?」
                j∧    、,     /イ/
              / ムト、 - ― -  ,イ/、 \
                |\く〈_i \ ‐  / /_ソ/}
             く`ヽ:::::::}、 ` ー ',ィ厂:::::::::::く
          _...::‐'´::\\::| /!   h/::::::::::::::::::ゝ...、





           _,......::::::......._
         /::,.. -‐''ニニ_ヽ:`::..
        /::::l-::/´::::/l:::::::l::::`ヾ、:::..
      /:::::::::l:::/:::/:イ l ,:::::l ,:::l:::::::l:::::
      ,::::::|:::::|:/-/- 、 l ,:リ ,-l-;l::::l:::::.
      ! ::::|:::::| ィ≧t、  / ,..-ュ、l/l:::::l
      ! ::::|:::::| 込チ     込チ /.l::::::l
      l:::,-!::::l      `       !::::::|    「……ええ、そうよ」
       ,::l,.|::::|       _       l,::::::l
      }::: |::::ト、            _,.イ!:::::,    「私のHome Groundは、Another PLaceにある……
      ,:::::|::::|:::≧ュ、._   _,.,<:::::l|:::::|     纏まった休みが取れたので、ついフラリと、
       l::::::!::::l::::::::::l__二_!_:::::::::|::::リ     この地に颯爽と舞い降りた……」
      ,::::::::l::::|:::::::l´ ̄||´ ̄ ̄!::::::,::::/
     ,::::::::::ト,:::.///,ー,//////// イ:/ー- 、   .「そう、それはつまり、小田原という地に、
     /:::::::,.- l、:.///{/!//////{  l/    ヽ  美しき堕天使暁美が降臨したという、紛れもない事実……」
    ,:::::::/  lヘ:l//ノ lヽ、////  /     `、
    /::::,/   ,ー//__/_!/l  ̄l; l,       ヽ
   /::く   / //´ ̄ l//l ̄ ´ {       ノ
   /::::::ヽ   { l/!   l/    、_    _/


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃私は、あまりの突然のサプライズに、          .┃
    ┃内心激しく緊張しながらも、敢えて          ......┃
    ┃態度には出さず、常時の態度を貫いてみせた。  .....┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃そう、これが、常日頃の私のHiなStandard……   ...┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

271 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:47:56 ID:b4d7ac50 [45/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

                    ,. ‐'´                        l:::::::::ヽ
                  ///                       l::::::::::::`、
             ,. ‐'´イ /  /  ,/    .::.        l:.、    l:::::::::::::::::',
              ̄´ /   /  〃   / ::/|   l:.、  |::ヽト、   |::::::::::::::::::l
                /  / ,′ /   /:::/  l   l::l   |:::::::::\lV:::::::::::::::::::|
                 ,′/l | /|  /:::/ __ |  |::|   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  |/  | l ィ、|  /::/ ̄丶.  |   l |   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   l/  / /イ ド| /l/ `ァ┬- 、| ∧|   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   「……私が知る限り、ほぼ連日、
                   / '´ l/| ,l/    ヾ┴‥7 /  |  /|:∧::::lハ:::::::::::::::::N   お客様はこの店を訪れて頂いたようで、
                      ´/ ′        l/   |/ l/ )ハ::l ノ〉:::::::∧::|    大変ありがたいのですが……」
                   _> 、               l/ ' ~|/, イ∧::/ l/
                / ̄二>'´ _」                  /`T"´::::/ l/      「お客様は、他の所……例えば、
              /   〈 (     / ∧` ー 、_          /_,ノ:::::∧|  ′      小田原城などには行かれたのでしょうか?」
         _/    \  | ヽ|  丶、 `      ,. '´ `7ノ!∧ ト、__
      / ̄    ̄`丶、  `'<   `、      , .‐ ' ´    /\ `、   \
       /           `丶、 \   ヽー一 ' ´          /   \ ヽ l   \





       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::,///////////ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
    /:::::::::/'::::::/::::::/:::::::::::`ヾ、ヽ:,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
    /::::::::イ:::::/::/l:::::イ:::::::::::l:::::l:::::ヾ、l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
   ,::::::::/::::::/\ l::::/ l::::::::イ:::::|::::::::::`!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
   l::::::イ::l::/、.  \{ |:::::::リ l::::!::::::::::::|:::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::.
   |:::::::|::lイ {`ヽ、 \!:::::/ |:::ト、::::::::::|:::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::l
   |:::::::|::|  ト、_ハ`   |::/  l::/ 、:::::: |:::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::!
   |:,:::::|レ  乂(ソ   l/  l/''―-,_:: |:::::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::::,
    ,::ト、:|           ん`ヽ、l/|:::::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::/
    l:::::レ:!           トヘじ_,∨,`::::::::,:::::::::::!::::::::::::::::{
    |::::::八           `<(ソ ,::::::::::,__::::::::,::::::::::::::::イ   「……フッ、私も随分と見くびられたものね」
    |::::::::l 、              /:::::::::/-∧:::l:::::::::::::::,::!
    |::::::::|  、  `ヽ          /:::::::::/ __,ノ:::,:::::::::::::::::::|   「この店に魅せられ、この店を急速に愛する事を
   、:::::::!   ヽ、_           /:::::::::/´イ::::::::,:::::::::::::::::::::!   決意し……その証として、この店に熱烈に
    ゙、::::|       ̄ ;ニニ二/::::::::/:/::::::::::::,::::::::::::::::::::::|   通い詰めた私に、その様な些事をしている暇が
     、::!     _ 「     /::::::,イ /::::::::::::/l::::::::::::::::::::::|   あったと想って……?」
     、! _,.< ´  `ヽ、   /:::/ ./::::::::::::/-|::::::::::::::::::::::!
     /        ヽ ./:イ  /::::::::::::/  |::::::::::::::::::::::|
    /            /    /::::::::::::/  l:::::::::::::::::::::::|


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃そう言って私は、幾人もの男と美少女を惑わしてきた  ....┃
    ┃my長いblack髪を、ファサリと、かき上げた……     ......┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃……正直な想いを吐露するとしたら、         ..┃
          ┃私はこの時、「……フフッ、決まったわ……!」   ....┃
          ┃などと心の中で呟きながら、悦に浸っていた。   ......┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

272 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:48:38 ID:b4d7ac50 [46/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃しかし、クールな店主は、私の言動に何ら      ┃
    ┃動じる事なく、極めて冷静に、言葉を紡いた。  .....┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   _. -ー―――- 、
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :: ヽ
              /;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: : `、
             /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::l
            l;;;;::::::::::::::l::::::::::::::;::::;::::::::::::::::/;;;::::::::::::::;:::::::;::il
         :   l;;;;:::;;;:::::::;:;:::::::::;;/l;;;;l;;:::::::::l:::ハ;;;;;;;:::::l::::l;;;;:::::;;;l
            l;;;;;::;;;;:::::;l;;;::::::;;;/ l::/l;;;;::::::;;::/ i;;;;;;:::;;;;:::;;;;;;::..;;;l
            l;;;;;:;;;;;:::;;;l;;;:::;;/‐-l/_ l;;;;::/l;/‐ ̄ヾ;;;:l;;l;;:;;;;;;;;lil;;l   「……いや、せっかく小田原に来たのですから、
            l;;;;;;:;;;;;i;;;;l;;;;;;/セフ‐ l;;;;/;;/ 弋_刃ハ;;ハ;;;;;;;/;;l l;l   少しぐらい他の所を観光しましょうよ……」
            l;ll;;;;;;;;ハ/ l;;/`ー ´/;// |  ` ̄´l i;;;/l;;;;;;l ;
            ; l;;;;;;l ;l ヾ    / ´  ;l     ///l\l    「まだ休日が残っているのでしたら、
            ; il;;lil\l `              ‐´;;l      まずは小田原城にでも言って、次に
              ` l;;;;;;ヽ      ‐ ,-     /l ;`´      .箱根湯本か熱海の方の日帰り温泉にでも……」
                l/il;;;ト u.    __   /;;l
                 ヾハ \   ̄     / lヾl
                   トー\      /ー|
                   l;;;;;;;;;;;;;;\__ /;;;;;;;;;トーl-ー--、





            ____
           x<⌒ ̄^Y⌒^>ミ
      /:. /:. / :.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
     /⌒≧=--|:.:.:.:.:.:|:. \ :.:.:.:.:.:.: \
    ./⌒>==---|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ \
   .:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.|.:.:. |:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }⌒
   {:.:.:.:.: | : :l | l| l|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:. ||
   |:.:.:.:.: | : :l | l| l|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:. ||   「……クスッ……♪」
   |:.:.:.:.Y⌒]ノ从 |:.:.:.:.:.:[^Y:.: |:.:.:.:.:.:.:. ||
   人 从}_,.   |:.:.:.:.:|_,ノ:.:. | :.:. |:.:.:.:||   「マスター、あなたは意外とウィットに
      ノ ¨¨    |:.:.:.:.:.:l∨:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:||   富んだJOKEがお好みな様ね」
       \ __,  |:.:.:.:.:.:| ∨:.:.:.:.:.: |:.:.:.:||
    /^^^^\___,ノ|:.:.:.:.:├┤ :.:.:.:.: |:.:.:.:||   「この店に通い詰めた私に残された砂時計の砂は、
   .{    }}  / |:.:.:.:.:.:| ∧:.:.:.:.:.: |:.:.:.:||   後僅か……故に私は、小田原逗留の結末に
   .|     /.} .// |:.:.:.:.:.:| ∧:.:.:.:.: |:.:.:.:||   相応しい一幕として、この店の料理を所望して――」
   .l   ./ }/// |:.:.:.:.:.:|   \ :: |:.:.:.:||
   [ ̄ ̄]フ./  |:.:.:.:.:.:|     ∨|:.:.:.:||
   [    ]// /|:.:.:.:.:.:[⌒>=-‘, :. ||
   [\/]__/l 从lリ从 ./    }:.:.:.:||
   [ [] ]´  /      /     /:.:.:.:.||
   [   ∧ /      /    /:.:.:.:.: ||
    [  ./ ∨   .//    / :.:.:.:.:. ||
    .[   .//  ./ /ー 一彡:.:.:.:.:.:.:.:.||
    .∨        ./   / :.:.:.:.:.:.:.:.:.: ||
    \______,/    /{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ||
       }          / .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ||
       |         ./ ∧ :.:.:.:.:.:.:.:.:. ||


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃と、ここまで言って、私は気付いた……    .┃
   ┃否、気が付いてしまった……         .....┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

273 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:49:16 ID:b4d7ac50 [47/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

                 -――-
             ....::::::::::::::::::::::::::::::::::...、
             ....:::::::::::::::::::、 :::::::::::::::::::::::::ヽ
             〃-‐――-=ニヾ:::::::ヽ.....:.:.:::::::.
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::.
           /:::::::::::i::::::::::::::::l::::l::|:::::::::|:::::::::}:::::::::l
.          /:::::/::::::|::::::::::::|┼人|:::::::::|:::::::::}:::::::::}
         /Λ:l:::::::::| ̄\ノ┬㍉|:::::::::|⌒V::::::::::′
       ′ Ν:::::::托_テ  ゞ'^ |:::::::::|__ノ::::::::/     「……そう言えば、私は……
        {    |::::::::Λ ,    .::::::::::|::::::::::::〈      確か、温泉にでも入って……
          |::::::::::人   _  |:::::::::|:::::::::::::::.     休養でも取ろうと考えていた筈……」
            乂_/ ̄し≧r<]:::::::::厂 |::::::::::.
.           / \ ^ーぅ { |::::::/  〉=-ミ::.    「……しかし……」
.          厂㌦  / ̄ ̄/ ̄|:::/  /    :.
          /     X  厂Y^Y |/7__/      |:..、
.         /     ハ 厶ク⌒ヽ__ノ  . :   . :|::::::..
.      /     /: . l/           リ′   八::::::::\
     〈 : . . . . : : : /|         . : /       ヽ:::::::::\
       ≧===ニ爪:::|        . . : : く: . . . . : /:::::::::::::::\
.             |::l::::|         . . /`Y     |::::::::::::::::::::::::::..




                 -――-
             ....::::::::::::::::::::::::::::::::::...、
             ....:::::::::::::::::::、 :::::::::::::::::::::::::ヽ
             〃-‐――-=ニヾ:::::::ヽ.....:.:.:::::::.
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::.
           /:::::::::::i::::::::::::::::l::::l::|:::::::::|:::::::::}:::::::::l
.          /:::::/::::::|::::::::::::|┼人|:::::::::|:::::::::}:::::::::}
         /Λ:l:::::::::| ̄\ノ┬㍉|:::::::::|⌒V::::::::::′
       ′ Ν:::::::托_テ  ゞ'^ |:::::::::|__ノ::::::::/
        {    |::::::::Λ ,   iiji .::::::::::|::::::::::::〈
          |::::::::::人 u  _  |:::::::::|:::::::::::::::.     「…………」
            乂_/ ̄し≧r<]:::::::::厂 |::::::::::.
.           / \ ^ーぅ { |::::::/  〉=-ミ::.
.          厂㌦  / ̄ ̄/ ̄|:::/  /    :.
          /     X  厂Y^Y |/7__/      |:..、
.         /     ハ 厶ク⌒ヽ__ノ  . :   . :|::::::..
.      /     /: . l/           リ′   八::::::::\
     〈 : . . . . : : : /|         . : /       ヽ:::::::::\
       ≧===ニ爪:::|        . . : : く: . . . . : /:::::::::::::::\
.             |::l::::|         . . /`Y     |::::::::::::::::::::::::::..
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

274 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:50:11 ID:b4d7ac50 [48/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━



            ....´:::::::::::::::::::::::`....
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::x≦三三三三三≧x::::::':,
          .:::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::.
        l::::::::::i::/!:::/!::::::::ハ:::::::l、::::i::!::::::::l
          l:::i::::::ト!┼ト弋:::::!::::';,:┼弋ハ::::::::l
.         |:::l::::::lソ::┬┬ゞ':::::::::┬┬::::l:::::l::|
       |::::l:::::l:::::::|iiii|::::::::::::::::::|iiii|:::::l::::::l::|     「……あの、マスター……」
        |::::',:::::l.....::`´:::::::::::::::::::iijiji.:...l:::::::l::|
         |::::::',::::ト、 U   ̄ ̄    イ::::::l:::|     「私は一体、小田原に、
         |:::::::ヘ::';,::`.....--^--.....´:::l::::/::::|     何をしに来たのでしょう……?」
.       |:::::::::ヘ::ヘ:::::/illllハlllli\::::::l:/:::::::|
.        |::::::::::::ヾ::l/ >:.!l/个ll/:.く ∨′::::::::|
       |:::::::::::::::::ソ i:.:.:.>l i lく:.:.:l ∨::::::::::∧
       |:::::::::::::::/   `´ lハl `´  ∨:::::::::::∧、
        |:::::::::::::::| , l|  T  |l .! .|:::::::::::::::::::ヽ
        |::::::::::::γ´` i|   !  .|i ´`ヾ::::::::::::::::l`


          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃迂闊だった、本当に迂闊だった。           ....┃
          ┃まさか、当初の目的を、これでもかと言う程に、    .┃
          ┃綺麗さっぱり消失していただなんて……       ....┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃まさに不覚……まさしく、絶望……!   ....┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

275 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:50:46 ID:b4d7ac50 [49/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.             /::::::::::::::::::::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.            ,':::::::::::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::l、:::::::::::::::::ヽ
            ,:::::::::::::::::::/::/--、l:::::::::/::/ ヽ:::::::::::::l、',
            l:::::::::::::::::::l:/_lニ‐l:::::::/'l:/二 ヽ:::::::::::l ヽ
            l::::::::::::::::,'く'. O `l:::::/l /' O ゝ:::::::::::::l  `
            !:::::::::::::::l `ー l:::/. l  ー-' l∧::::::::l
            l/l:::/l:::/    l:'         !:::::::l
             l:::l、l::l             ルl:l::l
             l:、ヽリ、 u    ` ´     ,'〃:l '
             リ l:::\            l'/ l:l    「いや、知りませんよ、そんなの……」
               ',::l:::ヽ.   ∠ニゝ   /:,' l'
               ヾヽ:l\   ー    / l'
                 N. \     /  !
                  l   ー '    ヘ
                   !       /  ヽ
                  / l     /     >、
                 /  l    /      /  `‐-、
               //  ∧ ./      /   /´ ̄ ` 、


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃こうして私の、初めての小田原旅行は、          ....┃
     ┃最後の最後に痛感させられた、何とも空しい発見、    .┃
     ┃いや発覚と共に、終わりの鐘の音は告げられた。    ....┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃私は、とてつもない満腹感と、ちょっぴり――                ...┃
  ┃否、かなり増えた体重を土産に、小田原を後にする事となった……    ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

276 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:51:47 ID:b4d7ac50 [50/51]
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ┃……だが、私は決して後悔などしないであろう。    ┃
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



        /::/:::::::::::::::::::::::::::::ィ::::::ハ::::::::::ヽ::l:::::::::::|:::::::::::::::::::|
       /::/:::::::::i::::::/:::::::::/ |:::/| 、::l:::::::::l::|::::::::::|:::::::::::::::::::|
       /:/:::::::::::|::::/.|::::::// |::/ | ,l:,r-'|、::::|::::::::::|::::::::::::::|::::|
      /:/::ィ:::::::::l::::| .|::::// .|:/イ'´ l| `| }:l::::::::::|:::::::::::::::l::::|
      //::l:::i:::,A-|-.|:/ /  レ  二,.--c-|::::::::/::|l:::::::::::::::l::::|
      l::::::::::l:|、::| .l:| -|'     ´ ゙、:,し/| l::::::/::::|ヽ:::::::::::::l:/     「……そう、この地で巡り逢い、そして愛ながら、
      |::::::::::::::Vl TニC       ゝ-‐'/:::/::::l:/´ノ::::::::::::|      味寿々と共に過ごした日々は、一生忘れる事の出来ない、
      |:::::::::::::::::::〉 ゙、;;リ         /::::/::::l/::::::::::::::::::::l      .高密度且つ退廃的な、美しい日々だったのだから……」
      |:::::::::::::::::/ ゙、    ,       /::::/::::::l::::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::::::/  l      _  /::::/:::::/ |:::::::::::::::::::::::ヽ     「私は再び、この地に舞い戻る事になるでしょう……
      |::::::::::::/    ヽ、       /::/:::::/  ,|_::::::::::::::::::::ヽ    .猛烈なダイエットを課し、再びこのメニューを
      |::::::::::/   /::::::::` ー -, ':::/:::::/==' __|::::::::::::::::::::::::ヽ    食せる体になる、その時に……」
      |::::::::/   /::::::::::::::::::::::r-/:::::::,/:/  /   ̄ヽ:::::::ヽ:::::::ヽ
      |:::l::::| /:::::::::::::::::::::::::__|/:::::,イ/  r '´      ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
      ヽ::l:::|:::::::::::::::::::/ `.V_/::/  , |/          ヽ::::::ヽ::::::ヽ
      ,ヘ::::|:::::::::::::::/  //   /   l /        ヽ::::::ヽ:::::ヽ
     /::::::V:::::::::::::::|  イく    /   /          ヽ:::::ヽ:::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::| /__/,、  /   /      , - ―――ヽ::::ヽ::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::/,.ィ ̄// ̄`´    | _ ,-‐ '´      /::::::::ヽ:::ヽ
/::::::::::::::::::::::::::::// | //        ヽ         /:::::::::::::::::ヽ::ヽ


           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ┃……我ながら、懲りない女である――    ┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

277 名前:◆tylXteGNCk[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:53:01 ID:b4d7ac50 [51/51]
これで投下終わりです。
タイトルは「味寿々を淡々と語り味わう話。」です。

味寿々というお店に熱心に通っていた時の備忘録的なスレです。

久々に行ってみようと思いましたが、どうも今年に入り閉店したらしい?
という悲しい情報も入ってきましたが…こういうお店があったんだという事を、
何となく知ってくれたら幸いです。

それでは、次の方、よろしくお願い致します。

278 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2017/11/24(Fri) 05:35:02 ID:3d7fbe50 [4/4]
乙でした。実際にあった店なんですね。
ラーメンで『甘い』ってのはすげぇなwパンチあり過ぎ。
餃子が食べたくなりました。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


クソワラタwwwww
[ 2017/11/25 13:41 ] [ 編集 ]
甘いラーメン…ってちょっと想像つかねえなあw
餃子は美味しそうでしたまる
[ 2017/11/25 16:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する