クリックで開閉

やる夫は流れついたようです 番外編 異世界における古代から中世までの歴史について

443 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 09:18:36 ID:6EoXK.G. [27/83]
少しだけ投下しますよ

異世界における古代から中世までの歴史について

444 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 09:19:56 ID:6EoXK.G. [28/83]



                          ヽ/
      ..                     !
           /                |
          r;:                ;_
      ..._  /        :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;;:;;:;:;:;\
      /:;:;;ヽ/                ;:;:;:;:;:;:;:;::;:;\___   3
     /:;:;:;:;:;:;:;:        ;:;:;:;:;:;:;:    :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:; :ヽ
     /:;:;:;:;:;:;:        ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;      :;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
     ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;      ;                     ヽ.
 2   |:;:;:;:;:;                                |
    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:         ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:     :;:;:;:    ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
    !:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;           ;:;:;:;:;:;:     :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;-、、_
    !:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;                :    ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\_.,
    .ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;                ;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;          |   \_/
      l ゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;              .,.,.,.,.,.,.,.,.             ::::::::::::::::|
    / l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:          ;              ;:;:;:  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
   r^゛  ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;                                :;:;:;:;:;:;/
  /     !:;:                      1              :;/
  〈     r:;:;:;:;:;:;:;:;:;     ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;::::        :::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
  l    |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:   ;:;:;:;:;:;:;:;_, ^.,.,.,.,^ "~      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
  /     (.:;:;:;:;:;:;       ;:;:;:;:;:;:;:;:〈 〉@;:;:;:;:;           _./
  |     l.:;:;:;:;:;:;:;:;:;     :;:;:;:;:;:;:;:/.~ヽ;:;:;:;:;:;:     ;:;:;:    ;:/        4
  ゙、    /:;:;          ;:;:;:/    |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ;:` - './ヽ
 _,,!    .l:;:;:;:;:;:;:;:       :;:;:;:.l゜      .l:;;;:'^ __/L/    \
'゛      l:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      ;:;:;:]                    \__
       ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ;:;:;:;:;:;:/                         \_
            .l;:;:;:;:;:;:; ;:;:;:;:;:;:l                
            (;:;:;:;:;:;:; ;:;:;:;:;/  @…インド
             ヽ      .l、. 1…王都 ナイロビ
             .l;      :f  2…隣国 ヴァネス
              ^;:;:;:   :/ ゜ 3…隣国 モト
                `、:; /    4…大断崖


スポンサードリンク


445 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 09:20:53 ID:6EoXK.G. [29/83]


┌────────────────────────────────────────────┐
│700年前、魔族率いるモンスターに荒らされた国土に、一人の英雄が現れた                ......│
│巧みに剣を操り人身を掴んだ英雄は人類を一つの軍としてまとめ、やがて精霊と契約を交わした     ...│
│魔族を大断崖の底に落として封じ込めた。                                      ..│
│                                                                │
│その後古代ヤマト帝国を築いた。 これが現王国の前身である                         ......│
└────────────────────────────────────────────┘

446 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 09:21:27 ID:6EoXK.G. [30/83]


┌──────────────────────────────────────────────┐
│  英雄王については諸説あり、精霊契約までは意思の疎通が困難だったという謎の一文が残されている  .....│
│  また、精霊と交わした契約内容についても、現代には伝わっていない                        │
└──────────────────────────────────────────────┘


:::::::::::::::::::::::/          `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::l   わ さ ん 何 !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ね わ
/ ̄ ̄`ヽl    が っ の .言 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ぇ が
          ら ぱ か っ |::::::::::::::::::ィ≠、::::∨`Yiヽ!',.  よ .ん
  よ し  日 ね り    て .人::::::::::::::::ゝ゚..'′:::!::::从.:::::\ ぅ
  .う ゃ .本  ぇ      / ` ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
    .べ 語 、      /::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄\
    .れ    |`ー=-‐ '´::::::::::::::::::::::::::,ゞ===ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

447 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 09:22:08 ID:6EoXK.G. [31/83]


┌───────────────────────────────────────────┐
│   100年後、獣王率いる亜人の反乱。                                    .....│
│   人間との生活圏の重なりによる軋轢からだったと言われるが、                       │
│   実際には人間側にも飢饉が発生していたという記録がある                       ....│
│                                                              ..│
│   当時の王国には精霊との契約はなく、大地も今ほど肥沃ではなかった                .....│
│   しかしどこからか新しい契約者が現れ、その強力な魔法により亜人軍は壊滅。           .....│
│   また同時に、魔法発動により周囲は一時荒廃するが、その後の肥沃な大地への基盤を作る     .│
└───────────────────────────────────────────┘




          ,,-''"  ,, --''"ニ_ _y~ーヽ,'-,,_    ゞ    "-
         て   / ,,-",-''i.f ̄/^^^ヽ }...ヾ   {
        ("  ./   i {;;;;;;;i.ヽ 〉 _,y 'ーV . ,ノ    ii
    ,,       (    l, `'-i| .ヾ|., ゚,パ.イ     ,,-'"   _,,-"
    "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄::::ヽ, ,石、l.=,_____ '"  _,,--''"
        ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;.ト.ー人_.;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
       ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ._,.ノ| r‐   ⌒ヽ "''-;;::''-`-,,
     ,,-''::::二-''" .,.へ   ,r''´  ⌒        l    ."- ;;:::`、
   ._,-"::::/    . {三ヽ { 、   i  ,_,  彡i   |       .ヽ::::i
  . (:::::{:(i(____   ...V三ト、{  ト  ノミ;,"   }、 ,イ     ._,,-':/:::}
    `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,,.V三三ト、√       / ヾ  i.--'''":::::ノ,,-'
      "--;;;;;;;;;;;;;;;;;"V三三三\   ミ /  ', ミ;;;;;;::--''"~
       +      ̄.V三三三三\  /    }  l
                    V三三三三三トY    l  l
           +   . |;V三三三三三l    |  ,'
                    l三V三三三三}    l ,'
                    |三 }三三三三’   ,.ノ .,'
                    |三/三三三ノ    〈y .〉
                    ||レ三三三'´     '~'
                    レ三三三'
                    /三三ニ/
         +       V三三/
      /          .ト三三ト、             .\      +
      ./  ┏┓┏┳┓ |ニト三;∧    ┏━┓┏┓ . \
   /     .┃┗┻╋┛┏━━━━┓┗━┛┃┃   \
  /      .┃┏━┛  ┗━━━━┛┏━━┛┃     \
/        .┗┛         \ト三三l;; ┗━━━┛       \+




┌──────────────────────────────┐
│   亜人軍との戦い前に王国との接点があったのかは不明だが    .│
│   戦後はスクナ神社を建立し、歴史の表舞台から姿を消した     .│
└──────────────────────────────┘

448 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 09:22:39 ID:6EoXK.G. [32/83]

          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{         ここまではホロ君に聞いた話だったかい?
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、      600年前の亜人族の反乱以降は
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\     人同士の争いしか、歴史には残っていないね
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::



..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \        はいですお。そこまでは聞きましたお
  |       ` ⌒´   |       (ヒデーもんが見えた気がするお)
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

449 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 09:23:09 ID:6EoXK.G. [33/83]


       _ , r ‐ ' ´ ̄ ̄` ' ‐ - 、
      r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i
      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
      };;;;;;;r'''´  _,m--- ,, _`'''‐'-'}         で、400年前の事だ
      |。‐,,,'''´-‐´` ̄‐;;;--`,,。‐|         
       iヽ;'´>、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;r'´ヽ ;r´`}        隣国モトより来た軍勢と古代ヤマト帝国との戦争が始まる
    ,,r;;{ヽ; ' ( ・`i'/i‐''''´! ・ } | r };;ヽ      
  /;;;;;;;;;ヘ ヨ   `ー' r'   `ー‐´  | ' ノ;;; ヽ     これも実は、詳細不明な部分が数多く残っているんだ
 r';;;;;;;;;;;;;;;;;`|     =、=      |'´;;;,r'´,;;;}
 { ヽ、;;;;;;;;;;;;|      _    |;;'//;;;;;ヽ,
´ヘ;;;、  ヽ'、;ヘ、 '´ ̄ ̄   ̄` ノ /;;;;;;;)ヽ /ヽ
 !、'' 、 ;;;;;,, ヽ;;;ヽ、    , r;'//;;;;;;;;;'''´//  ヽ
  ヽ;;;;;,,, ヽ、 ヽ;;;;`ー‐‐´;;'/;;;;'''''' ´/



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \      というと?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

450 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 09:23:42 ID:6EoXK.G. [34/83]


┌──────────────────────────────────────────┐
│    強力な魔法を操る軍で、古代ヤマト帝国自体が壊滅寸前までいったというのに           │
│    400年前から現在に至るまで、モト本国が侵攻への関与を認めていないんだ          ..│
│    戦争の途中で王朝側についた者もいたが、身元を証明するようなものも発見されていない  ....│
└──────────────────────────────────────────┘

                          ,r ‐‐‐.、
               r、           /´ 〉: :_:_::'.
                く\       レ' 7´::::::T      モトの「方」から来ました!
                ∩、ヽ       〉ノ.::::::::ノ
                「jjjjト、\   ∠ 二二ニヽ.           ___
                 V:::::::.\\: : .: .:.::ヽ   `¨¨`ヽ     /   \ ‐‐-.、
                 V: :. :.:ノヽ >. :. :.:::.:}      :!::!    /     /: : : : : `ヽ
                  '.: . ノ. :.:ノ.:.:.:.::::::/      l!ノ   /´  ̄ ̄ ノ: : : : : : : : : :.)
                  レ'´.: .:.: .:.::::,. イ  〈{:.警.:{} l!   〈  `T 三二 > ‐rr --く
                  {. . :.::::.:.,. イ .リ       リ   ヽ _ノ::, ,,´、、〉.:::.::i |: : :_ノi
                   `ーー‐'´ i    R. P. D !     ヽ:〉゙゙´ノ.:::.::://: /.::::}
                          {         ノ       ノ.:::.:.:::.:.:.::///.:::::::.::L
      「L__ _ _____ _ __     `T. : .:. :; :; :;; :. .:       ヽ::.::.::.::.://.:.::::::::::::「  ̄ `ヽ
     「 二二二 二二二 二二 ヽ─ ─ ──ヽ 三三三 三三三三ニ \:::.://.::,. イ:::::::::::::::.:.:.:.
 r─ =} TLL   ( ⌒ヽ´` ` ``¨¨ ¨ ¨ ̄ ̄  ̄ヽ二二  ニニ ニ ニ ニニ ニニ `フ´  ̄ ̄  ̄ `ヽ、:;;;;
   ̄  ̄ 「 ̄ ̄  ̄ヽ ノ.:`ヽ     「i i ii i´  ̄ ̄  ̄ .: .: .: .: .: .:   .::.:::_∠ ,. -‐‐‐- 、    ヽ
          ̄| ̄i::: . .::: .ヽ ニニニニ l i il ll「二二L _. . :.: .: .: .T ii i   / ,.ィ彡三三 ミミヽ
           `ーヘ:::. . :. :.: .\  i | i il ll: :eァ  ___」リ. :. :. :.:.l リ V//  . .: .: .: .: .: .: ヽヽ
             \: :. : ::. :: :.`フ⌒ヽ ii ̄( ニつ ⌒「二二ノ  /  .: . . .: .: .: . :`ヽ ,.:.ヽ}
               `ヽ: ::. : :: .: .: .: .:.ノ   ( ニつ ノ     / . .: .: .: .〈{:.警.:{}. :. :. :.V:/

┌────────────────────────────────────┐
│    まあ、その王朝側についたのが、今の「外様」で僕も含まれるんだが      .....│
│    ご先祖様ながら、我が家には当時の物で残っているものは何もないんだよ  ......│
└────────────────────────────────────┘

451 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 09:24:08 ID:6EoXK.G. [35/83]


          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i          この戦争で多くの貴族が死んでしまったり
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ          財政的に破産してしまったらしくてね
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{          
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__   .       古代ヤマト王国はいったん崩壊
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、       
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\      親藩、譜代、外様という枠組みをもって再編される事になったのさ
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー    それが今のレガーマ王国さ
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::

452 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 09:24:34 ID:6EoXK.G. [36/83]


       _ , r ‐ ' ´ ̄ ̄` ' ‐ - 、
      r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i
      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
      };;;;;;;r'''´  _,m--- ,, _`'''‐'-'}         そもそも理由すら不明なモトからの侵攻
      |。‐,,,'''´-‐´` ̄‐;;;--`,,。‐|         これによる恨みは大変大きいようでね
       iヽ;'´>、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;r'´ヽ ;r´`}
    ,,r;;{ヽ; ' ( ・`i'/i‐''''´! ・ } | r };;ヽ      たびたび討伐という名目で進軍が行われている
  /;;;;;;;;;ヘ ヨ   `ー' r'   `ー‐´  | ' ノ;;; ヽ
 r';;;;;;;;;;;;;;;;;`|     =、=      |'´;;;,r'´,;;;}     この国は他国に比べると食料も豊富だからね
 { ヽ、;;;;;;;;;;;;|      _    |;;'//;;;;;ヽ,    ヴァネスからモトへの物資の流出なんかもあるみたいだが、
´ヘ;;;、  ヽ'、;ヘ、 '´ ̄ ̄   ̄` ノ /;;;;;;;)ヽ /ヽ .  互角に戦えてしまっているのさ
 !、'' 、 ;;;;;,, ヽ;;;ヽ、    , r;'//;;;;;;;;;'''´//  ヽ
  ヽ;;;;;,,, ヽ、 ヽ;;;;`ー‐‐´;;'/;;;;'''''' ´/

453 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 09:25:10 ID:6EoXK.G. [37/83]



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \      ここまでが中世までの歴史って所ですかお
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |      神社が建立されてからの精霊契約はどうなってるんですかお?
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \




    /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : }}: : : : :`:ヽ、
   ヘ||: : : : : : : , :r ,=_'_‐_´_ ` '‐= JL: : : : : : : : ヽ
  |: ||:||, - , = r´': / ,-, フ ` '_r‐>-、= -、: : : : : : }
  ヘ: >/竺ヽ}: : : r //:|´ r‐'´/   ヽ: : ヽ: : : /
  ヽ{ !焦ンノ 二 } ノニノ .ノ  人 /_ノ  \: :ヘ:/
   {`'‐'-´ ‐::´:`´ノ人、 ヽ ヘ ´ノ  、  ヽ-‐,ヘ、           さてね。そもそもが契約内容不明だ
   {/::´::::::::::::/{  ・ヽ, ノ、‐`/ `i     /   `\         
   /:::::::::::, r ' ´  ヘ ノ   ヽ_,,、 !、   /       ` 、    .  かがみ君の実家に聞いても教えてはもらえないだろうね
  /,::: r'i´゚ノ     `       | \_ ノ         ヘ: :\
  '´  | `r _ - 、             |  /          /: : : :   いや、儀式はしているようだが
     .| 'ヽ ワ '          | /          /ク: : : :
     |  `   _ , -― ' ‐_、  ヽ、     _ , - ‐ ': : : : : : : :     それが精霊に向けた儀式だと、誰が証明出来るかな?
      ヘ  r_'´- ‐  ̄      r`ヽ、<: : : : : : : : : : : : : :
       ヽ            ノ  ヽ \: : : : : : : : : : : : : :
        ヘ       , ‐ ´´  ̄ ̄ >==≧: : : : : : : : : : : :
         ' - -, 、r = ´ _, - ‐_, '''''/: : : : : : : \: : : : : : : : :
          /‐=`|  r'´r―ツ ´ ~: : : : : : : :
         {-‐i .|, -'―': : : : : ○: : : : : : :
       rノ´=´ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    , r'r,´==´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

454 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 09:26:06 ID:6EoXK.G. [38/83]
以上

455 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 09:38:25 ID:ILdPqCAk


456 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 12:45:12 ID:asYZo4Wk [1/6]

なんか、やる夫の言ってることがなんでほいほい信じてもらえてるか不思議なところがあるな
どんだけ理屈が通ってても地動説とか納得させるの難しいしファンタジーな世界で太陽も二つあるなんて地球とは全然違う前提があるから実際に平らな台地の可能性もあるのに

457 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 13:07:25 ID:6EoXK.G. [39/83]
>>456確かに…そこら辺の辻褄あわせとかももうちょい考えてみます
地平線が丸みを帯びてるってだけじゃ、やっぱ駄目ですよね?

ただ、例えばこの世界では「リンゴは斜めに地面に落ちる」
なんて事になると正直手に負えない部分が出てくるので、
もう少し周りが信じる根拠の説明なんかも捻り出してみようかと。

恥ずかしいので黙ってましたが
>>369-373辺りのレスはとても参考にしており助かっています

物語のバランスを自分で見極めるのは難しいので、
レス見た直後に実は軌道修正していたり。

458 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 13:12:59 ID:/9nJ3Yw.
で、やる夫が向かう先はなんなのかだよ
元の世界に戻る気はなさそうな上に知識切り売りして楽な生活したいってだけなら
知識出し惜しみしてもいいと思う

金儲けして保守派とぶつかってでも成り上がりたいのか
それとも権力者にすりよりたいのか

はたまた即物的に女はべらせたいのか

やる夫の目的がどれなのかによって展開もがらっと変わるんじゃないかな

459 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 13:25:15 ID:6EoXK.G. [40/83]
小ネタ→歴史と出ているように
今はまだ、やっと現地の知識について学ぼうとする姿勢を見せ始めた所です
やる夫本人はまだ本当の意味では目的を決めかねているのでは

>>213のように現地の人間を見下してる部分が出ているので
そのうち痛い目に遭うのかも

460 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 13:34:52 ID:YjG1EGZE [1/5]
>>457
俺はてっきり漁に出たとき水平線が丸みを帯びてるのでなんとなーく世界が平らではなく丸い気がする、
程度の考えがあったから受け入れたんだと思ってたよ
インド村って一応漁村?だよね

461 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 13:38:30 ID:nQ6BNRRE [1/2]
どっかで見たけど、こっちでも水平線が丸みを帯びてるから、
実は球体なんじゃないかとは、船乗りの間では主流だったらしい。

462 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 13:43:14 ID:6EoXK.G. [41/83]
農業従事者も多いですが漁村です
>>460-461までを新城さん辺りに喋らせればもう少し説得力が増したかな

>>461
それは普通に知らなかった

463 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 13:44:36 ID:asYZo4Wk [2/6]
うん、水平線が丸いからっては確かに証明しやすい根拠だけどさ
……それでお偉方まで納得させられたらガリレオの苦労は無かったわけで
下に信じさせるのはできそうだけど上の人間が認めるかなぁとか思いました

464 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 13:53:07 ID:6EoXK.G. [42/83]
うーん…あとはバケツに水を汲んで振り回し、
遠心力を使って天体は丸いけど吹っ飛ばないよって説明とか
アスファルトがひび割れるのは大地が動いているからって説明くらいしか思いつかない

新城さんが変わり者ってだけじゃあ根拠に薄いし、
心境的にはお試し期間って事になるのだろうか…
この辺りの心情描写を
ご都合主義を交えないで描けたら面白そうなんだけどなあ

465 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 13:56:49 ID:YjG1EGZE [2/5]
個人的に認めるのと公にして話すのは多分別だよ…うん

それはさておきちょうど聞きたかったんだけどやる夫の飲んでたお酒ってウィスキー?ウォッカ?
それともエールやワイン、蜂蜜酒みたいな簡単なやつなのかな

466 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 14:00:05 ID:nQ6BNRRE [2/2]
インド神話だと世界は丸みを帯びた大地を3匹の象が支えてる、なんて絵がある。
http://f.hatena.ne.jp/kkawamura/20070115214325

467 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 14:06:28 ID:6EoXK.G. [43/83]
エールやワインです。蜂蜜酒はちょっと頭になかった

>>個人的に認めるのと公にして話すのは多分別
まだ給料は支払われていませんが、実際にやる夫に支払われるのは
新城さんのポケットマネーからになります

やる夫が知識を話す度に青い顔をしていますが
知識自体のヤバさは新城さんの方が遥かに把握しています
公的には認められないけれど、私的には信じているといった具合です

468 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 14:16:08 ID:6EoXK.G. [44/83]
>>466
なんという的確な追い詰め方をw
平たい地面をカメだか巨人だかが支えてて、
端は大きな滝ってのならどこかで見た覚えがありますが、これはひどいw

469 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 14:34:12 ID:asYZo4Wk [3/6]
そういやこの世界の神話の詳細とか信仰の強さってどうなってるんだろう
神社の娘が受け入れてたけどかがみが柔軟性高いだけなんだろうか

470 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 14:45:46 ID:6EoXK.G. [45/83]
神話自体は前の投下部分が大体の概要ですが、
信仰と政治が結びついて権威の高さに繋がっています
はい、白状すると毎回書きながら設定煮詰めてます

かがみについては柔軟性が高いというより、
初っ端の精神ダメージによる半洗脳状態といった方がいいのでは
権威主義社会で13才にして全てぶち壊されたら啓発されるか洗脳されるかだと…

471 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 14:47:31 ID:asYZo4Wk [4/6]
>>半洗脳
やだ、実家に帰ったときとかにすごくトラブル起こりそうwwwwwwwwwwwww

472 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 14:49:49 ID:6EoXK.G. [46/83]
頭からっぽになれば夢詰め込めるさ

473 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 14:51:57 ID:YjG1EGZE [3/5]
もうかがみんは復帰不可能じゃないかな

475 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 15:05:21 ID:6EoXK.G. [48/83]
話題部分までは書けたので投下します
違和感や疑問なんかは書いて貰えると嬉しい
軌道修正したり、改善出来る部分はしていきたいので

476 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 15:07:11 ID:6EoXK.G. [49/83]



     ____
   /      \
  /  ─    ─\       神社が精霊について、本当は何も分かっていないと?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     単に外向けのパフォーマンスとして儀式を取り仕切っていると?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



       _ , r ‐ ' ´ ̄ ̄` ' ‐ - 、
      r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i
      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
      };;;;;;;r'''´  _,m--- ,, _`'''‐'-'}            その可能性は低くはないと思うよ
      |。‐,,,'''´-‐´` ̄‐;;;--`,,。‐|
       iヽ;'´>、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;r'´ヽ ;r´`}           実際、僕の実家だって来歴は全くの不明なんだ
    ,,r;;{ヽ; ' ( ・`i'/i‐''''´! ・ } | r };;ヽ
  /;;;;;;;;;ヘ ヨ   `ー' r'   `ー‐´  | ' ノ;;; ヽ 
 r';;;;;;;;;;;;;;;;;`|     =、=      |'´;;;,r'´,;;;}
 { ヽ、;;;;;;;;;;;;|      _    |;;'//;;;;;ヽ,
´ヘ;;;、  ヽ'、;ヘ、 '´ ̄ ̄   ̄` ノ /;;;;;;;)ヽ /ヽ
 !、'' 、 ;;;;;,, ヽ;;;ヽ、    , r;'//;;;;;;;;;'''´//  ヽ
  ヽ;;;;;,,, ヽ、 ヽ;;;;`ー‐‐´;;'/;;;;'''''' ´/

477 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 15:07:34 ID:6EoXK.G. [50/83]


                                      ____
                                     /― ― \
                                   /(●)  (●) \
    文献なんかは残ってないのかお?          /   (__人__)     \
                                   |    ` ⌒´      |
                                   \           /
                                     /         \
                                    |   ・    ・     )
                             .     |  |         /  /
                                    |   |       /  / |
                                    |  |      /  /  |
                                   (YYYヾ  Y (YYYヽ |
                                  (___ノ-'-('___)_ノ

478 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 15:09:06 ID:6EoXK.G. [51/83]


           , -―/l-//
          ∧: .: .: .: :|: .: : ̄‐-..,
.          < 廴) : .: :イ:∧: i: :ヘ: .: .:\     
.       / /.:|: : :|‐-<|:|. ヘ.!_..,:ハ: :lヾ:ハ
       / |: :| :.r--_l:/  _lン、 :ト、 :|        文献は、うちの家系が書いた手記くらいね
       \イ| :,i.: :ハ'=!   f刋.ト:|:ハ |
.       |: | (.ヘ〈.  __  |:V/V       確かにうちの実家は2代目の契約者が建てたものだけど
.        |: :i : ハ:\└‐ ‐゙ _ノ.∨
       |: : V:∧ {  f´\: : .|          2代目は子供を残さなかったのよ
.      |: / V:∧、ト-イ|  V:|
.       |l  V:∧〉.- '| ./ !: |          私の家系は2代目が戦いを終えてから神社を譲り受けたらしくて
        ||    V∧___!. l. ヽ!
        |〒‐┬V: :!iハ-| |._./:|          当の2代目自身は「地ならしは終えた」って言葉を残して姿を消しているわ
      | |:  | V ト.ゝ| ! |:.|
      | |:  |  V| | || ! |.:|
      | l:  l  ゙|ハハ_l. 1 |.:|

479 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 15:09:27 ID:6EoXK.G. [52/83]



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \          地ならしかお…
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |         確か初代の契約者も火山を噴火させたって言ってたお
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \          「地ならし」ってのは本当にそのままの意味だったんじゃないかお?



          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ            というと?
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::

480 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 15:09:59 ID:6EoXK.G. [53/83]




     ____
   /      \        
  /         \       やる夫もうろ覚えなんだけど
/           \      
|     \   ,_   |      火山灰が風化して堆積した土壌は養分が多く含まれていて
/  u  ∩ノ ⊃―)/      農業に適した土地になるとか…
(  \ / _ノ |  |       
.\ “  /__|  |       カントウロームソウダッタカオ?
  \ /___ /



       _ , r ‐ ' ´ ̄ ̄` ' ‐ - 、
      r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i
      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
      };;;;;;;r'''´  _,m--- ,, _`'''‐'-'}        川も近く、見ての通り木材も豊富だ
      |。‐,,,'''´-‐´` ̄‐;;;--`,,。‐|
       iヽ;'´>、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;r'´ヽ ;r´`}  .     土壌も肥沃なら言うこともないね
    ,,r;;{ヽ; ' ( ・`i'/i‐''''´! ・ } | r };;ヽ
  /;;;;;;;;;ヘ ヨ   `ー' r'   `ー‐´  | ' ノ;;; ヽ
 r';;;;;;;;;;;;;;;;;`|     =、=      |'´;;;,r'´,;;;}
 { ヽ、;;;;;;;;;;;;|      _    |;;'//;;;;;ヽ,
´ヘ;;;、  ヽ'、;ヘ、 '´ ̄ ̄   ̄` ノ /;;;;;;;)ヽ /ヽ
 !、'' 、 ;;;;;,, ヽ;;;ヽ、    , r;'//;;;;;;;;;'''´//  ヽ
  ヽ;;;;;,,, ヽ、 ヽ;;;;`ー‐‐´;;'/;;;;'''''' ´/

481 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 15:10:25 ID:6EoXK.G. [54/83]


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \       かがみん、精霊は何度か顕現したって言ってたおね?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /        顕現した時には何が起こったんだお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |         何故信仰されてて、何を司るって言ってたお?
  \ /___ /


          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|      そりゃあ、2度に渡る人類の危機を救った事で信仰されてるわ
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ         今のうちの権威だって、その時の伝説が基盤になってるわ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|         顕現した時にはこの辺りに飢饉が起こってて
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./          イナゴを退治したり雨を…降らせたりして……肥沃な大地を司どって…
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

482 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 15:10:53 ID:6EoXK.G. [55/83]



               ,.  / _,,.-;:‐
     丶、   _,. --='├-゙'"、‐''"   _
      r;,,、`>< ∧   ,!    `丶、/;;;l
     .|;;;;;;У / し′  ∧ ゙、 j{ \ヾ:;|
     .};;;;;i / /   l / iV゙、゙┘、 ヾ┬`
    ./;;;;;;l //  . : ;l :/   iV゙、: . ヽ ヾ゙;,
   /;;;;;;;;;トv/ . : : ///    !゙:、V: .  i、 Y
   `77''∨ . : : ./ 〃    l l V: :  !ヽ、!      まさか…!
    ,':/: :./ . ; : / /       i!: : .|l
    !/: : j,.イ',.イ  /////   |:l.:/ヽ!: l
   j/: : :i: :イ´`' -.. r---─‐ュ イ: :リ.l: : : l
   | : : :j: : |     ノ< ̄ハ //: :/ .|.: : l
    | : : :i|: :.| ,rf''''"l   ハ 〉}': /  |: :  !
   .| : :l |: :.|./ |   ヽ/ ゚| V/  ハ  !:   l
   j  : ! j: : '! |     | / ./  l  !  |
   |   | l: :.l  }    ゚! ! /!   ! .!  |
   |   |  !:.l.  l       j! / |  l  |  |
  | .l   ゙j   |i.     ソ ,!   |  |   |
    ! | _,L,_,.、|        ' ! ,.、」_,,_|,.、 !
 ─┴ ┴{゙」⊥_i_,|―────┴し、_i.j.ノ ┴─



  /;:;:;:;'  ;:;:;:;:;:;:;;:;:r‐'     _,-v、            ヽ;:;:;:;/
 /;:;:;:  ;:;:;:;:;:;:;:r'´       ゝ゚、z'   _ ,,,, -- ,,, _ヘ;:/
. /:;:;:  :;:;:;:;:r'´         _ ,,, --‐';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○}
./;:;:;:; :;:;:;:/´        _,r‐'´;:;:;:;''r‐'´       |  };´',´!,
;:;:;:;:;:;:;:;:;:/       ,,r´;:;:;:r'´             ノ ,|  ノ ヘ;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;|      /:;:;:r´         , , - ' ' ´,、/:; /|  ヘ;:;:;:;:;:;        仮説だ
ヽ;:;:;:;:;:;ヘ    /;:;:r,'       , , ' ' _,,,-7'´・´~ } |//    ヽ;;:;:;:;:    
  `'''ヽ;:ヘ   /ヽ○/` 丶 _ , , ; '  _/;:; /` ー ´  | /ヘヽ    "z;:;:;:;:;      言わない方がいいだろう
      ヽ_/: : : :":;:;ヽ、    _,,,r´;:;:;:;  `         |  入  z   "=;:;:;:
    /r'  `ヽ: :; ; ; ;:;`;:ー;:´;:;:;:;:;:'      ヽ      .|; ヽ \  三   {;:;:;:;:;:
    "z ヘ ´ヽ : ; ; ; ' ' ' ' '         r      l | ヘ  ヽ "   }:;:;:;:;:;
    ´7  ヘヽr ヽ ; ; ; ; ; ; ; ; ;     -=ヽ, /;     l. |  |  ゞ   ;:;:;:;:;:;
   /,、   `\_ヽ ' ; ; ; ; ; ;             _ -  / |  |   ゝ   }:;:;:;
   ´,ト  "  | `;:;`、ヽ ; ; ;        , r‐'´   / ノ   |  /;:;:
   /:;:|  〆 | ヽ| ヘ |` 、 ; ;     ´      /ヽ / /|
 _,,ノ;:;:;:´|    |ヘ ヽ ヘ |  ` = 、 _    _ /  ヽ ヽ  } / ´ /
;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;7   ヘ\ ヘ ヘ |  ` ヽ  ` ´

483 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 15:11:22 ID:6EoXK.G. [56/83]



         ____
       /     \
.    /       \        はいですお
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|      ちょっとマズすぎますおね
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



三>‐''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨‐<三
 _  -──────‐-ミ
   _ -‐─────- ミ
/≦三才二三三∧ V三三
;:≦/ ゝ、ミゝ三三ヽ ヽ三三
:;:;∧彳´  ><ニ三/_ }三三
:;/   .∠ -‐・フ i }  ̄7        まあ、歴史の続きにいこうか
  彡  ヽ -‐ ' /    {、       (契約者達にとって、戦争はついでだった…?)
   二   ´  #     ヾ
      U  -‐   __
           /  /
            `¨´ :;
     ∠二ニ≡=一- ./
ー-------- 、      /ィ
ヽ\ヽ { V }‐ \  「´j i/
///≧ >ー- ト、ヽ ', ./ }./-
 ヾヾ////≧、.\ Y:≦ヽイ/
    ゝ<////>、}/ }//
     ヾ `T </////;イ

___________________________________________つづく

484 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 15:12:37 ID:6EoXK.G. [57/83]
毎回短すぎるかな
一気に投下の方がいいですか?

485 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 15:18:45 ID:7u.J9UFg
やりたいようにやってくだされ
やり方を下手に変えてもモチベーション下がるだけだろうし

486 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 15:20:49 ID:YjG1EGZE [4/5]


かがみんの精神崩壊が続くww

487 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 15:35:34 ID:YE4cJe32
乙!

ちょっとづつピースが埋まってく感もあって、このペースも良い感じですお。
エピソードによっては、一気に投下した方が良い場合もあるだろうけどw

そういや、海岸に流れ着いたやる夫の乗ってきたベッドは回収したのかなw

488 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 16:12:25 ID:6EoXK.G. [58/83]
thx
マイペースで。

>>487








;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;,,- ――― - 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;( ⌒‐        ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:ヽ、_ニ__,ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;;::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    ___   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:;:;:;;:;:;:
;:;:;:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   /     \ ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;:;:
;:;::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   /         ヽ  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:
;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  |        |  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;:
――――― ― ――――-―‐‐-‐―‐‐-――――――――――――――
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    \ .~~ ~~~  ~~   ~ ~~ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  0   〉:.:.:.. ~~ ~~~   ~ ~ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人    /、.:.:.:.:.:.:.... ~~    ~  ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
....................|/  ̄ ̄|)  |..............................................................................................................................
~~~~..l|' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|l..~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
.    ||―‐(⌒⌒⌒)―‐||
.    |,ノ´ ̄´⌒ ̄⌒⌒`ヽ、
.   (  ノ           ヽ、
.    ヽ  ' ,           ヽ,
.     ヾ  ノ          ヽ
.       ヾ  ノ          ヽ,
.        ゝ   「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|
          ヽ,,ノ|」――――――|」

489 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 19:45:09 ID:uKYaozo6
>>482
かがみのまさかは何のことなんだ?

490 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 19:48:35 ID:asYZo4Wk [5/6]
マッチポンプじゃね?
トンベリさまベッド気に入りましたかwwwww
……いや、火と大地の精霊って言ってたからメテオマスターか?

491 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 20:10:21 ID:6EoXK.G. [59/83]
>>489
権威の基盤が英雄伝説だったのに、当の本人にしたら畑に肥料をまいただけだった

エクスカリバーを握ったと思ったらマーラ様を握ってたレベル

492 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 20:23:04 ID:2hMzMTvs
色々設定が出てきてwktkしてきたぜ
やる夫がどうなっていくのか楽しみだ

498 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:00:53 ID:6EoXK.G. [62/83]


          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ          400年前の戦争に話を戻そうか
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::

499 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:01:26 ID:6EoXK.G. [63/83]




┌──────────────────────────────────────────┐
│   400年前の僕のご先祖とそのお仲間は、契約者とはまた違う種類の魔法を使っていたらしい   │
│   文献によると、どうもやる夫君がよつばに放った魔法に近い威力を持つ者もいたというよ     │
│   速射性に優れ、数倍の王朝軍を打ち砕く様はモト劇場と名付けられた               ....│
└──────────────────────────────────────────┘


      ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙
                       ,、    ,r ‐‐‐.、. : .. .       _
                      。' rュ/´ 〉: :_:_::'.::: .: .: ..      | | [ll]   ┌.
                    r、     レ' 7´::::::T.::: .: .: .     | ト、   lニl | |      _
          V仆ィ       ,:′     〉ノ.::::::::ノ. :. :.:. :. :.     |_|     r‐'ノ ツ  . | | [ll]   ┌.
        ゞ`   ィ彳== _── ─.:... ...∠ 二二ニヽ.  .:. :. :. . .     ___         | ト、   lニl | |
              ≧⊆三ミヽ:::::::::_.:_/ .: .:.::ヽ   `¨¨`ヽ:.     /   \ ‐‐-.、    |_|     r‐'ノ ツ
       ィィ , ハ.:.ヾ\ ̄ ヽ:::::: :. :::.:}:::::::::::::..j      :!::!::. :.   /     /: : : : : `ヽ
        '´゙゙` `        '.: . ノ. :.:ノ.:.:.:.::::::/      l!ノ::.  ./´  ̄ ̄ ノ: : : : : : : : : :.).: .: . . :.
                  レ'´.: .:.: .:.::::,. イ  〈{:.警.:{} l!:.::  〈  `T 三二 > ‐rr --く. :. :. :.
                  {. . :.::::.:.,. イ .リ       リ.:. .  ヽ _ノ::, ,,´、、〉.:::.::i |: : :_ノi. :. :. :. : : :.
                   `ーー‐'´ i    R. P. D !.: .     ヽ:〉゙゙´ノ.:::.::://: /.::::}. :. :. :
   ィ彳´                    {         ノ       ノ.:::.:.:::.:.:.::///.:::::::.::L;;;;;;;; .: .: .: .
    ィイ.. .'´__ _ _____ _ __     `T. : .:. :; :; :;; :. .:       ヽ::.::.::.::.://.:.::::::::::::「  ̄ `ヽ; :; :. :.
     ィイ  二 二二二 二二 ヽ─ ─ ──ヽ 三三三 三三三三ニ \:::.://.::,. イ:::::::::::::::.:.:.:.;;:; . :. :
      >:   ( ⌒ヽ´` ` ``¨¨ ¨ ¨ ̄ ̄  ̄ヽ二二  ニニ ニ ニ ニニ ニニ `フ´  ̄ ̄  ̄ `ヽ、:;;;;. :; : .:
  ヾ\ヽ  ̄ ̄  ̄ヽ ノ.:`ヽ     「i i ii i´  ̄ ̄  ̄ .: .: .: .: .: .:   .::.:::_∠ ,. -‐‐‐- 、    ヽ
     ミ\   ̄| ̄i::: . .::: .ヽ ニニニニ l i il ll「二二L _. . :.: .: .: .T ii i   / ,.ィ彡三三 ミミヽ
     ヽヾヽ  `ーヘ:::. . :. :.: .\  i | i il ll: :eァ  ___」リ. :. :. :.:.l リ V//  . .: .: .: .: .: .: ヽヽ
  从 ヽ \      \: :. : ::. :: :.`フ⌒ヽ ii ̄( ニつ ⌒「二二ノ  /  .: . . .: .: .: . :`ヽ ,.:.ヽ}
               `ヽ: ::. : :: .: .: .: .:.ノ   ( ニつ ノ     / . .: .: .: .〈{:.警.:{}. :. :. :.V:/

┌─────────────────────────────────┐
│    まあ、その子孫の僕の一家に魔法を使える者はいないんだけどね   ....│
└─────────────────────────────────┘

500 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:02:18 ID:6EoXK.G. [64/83]





           ―
        /    \
        |  0   〉    ∬
        人    /、   ー―
       |/  ̄ ̄|)   |   | 恨 | _(三))_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\___||_/ ̄


┌──────────────────────────────────────────────┐
│    ああ、先程の仮説に当てはめるならば、この軍には精霊は関与していないと思うよ            .....│
│    精霊の目撃例はどこにもないし、どうも補給線にも問題があったようでね                  .....│
│    結論から言えば帝国領内を食料を略奪して回っていただけとも取れる動きをしている           ...│
│    畑なんかも随分荒らされたみたいだからね                                    ....│
│    終戦間際には魔法での攻撃も散発的になり、王朝に組する者が現れたのは先程も説明した通りだ  ......│
└──────────────────────────────────────────────┘

501 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:03:21 ID:6EoXK.G. [65/83]




               _____
        ,,, -─  ̄.::::::::::::::::::::::::::.... ̄ ` '' ー- ,,,_
      ,,.:::''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`:::..,,
   /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
  l::::::::::::::::::::::::_;;=''''´ ̄ ̄      ̄ ̄ ` '''ー=:、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  .|:::::::::::::::;;r'''´ 、wッ, __,,, -- ─- 、 ,,, __    `'''=::、:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  .|::::::::::::/  _,,=.}.ili f__,,,...:::----:::.,,,,..____   ̄` - 、._   `''ー.、:::::::::::::::::::::l
  l::::::::/ , ''´ ,ィ "-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄''''‐-- 、__゙'''-、   `'、:::::::::::::::|
   \::〉´ :''´7:::::::::::::::::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;ニ三-ェ==‐-、;; O/   ゙'''-、  ヽ;::::::/
    .`l,..::´/./:::;;;;;;;;;;ェ.-=''''´              `''ー.、   ゙' 、,{/
    ノ:::::/_ァ''´                        `''ー、   {
    /:::/ `                         _    ‐-'、
   .l;;/     ` ─- _         _ ,.  -ー
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



┌──────────────────────────────────────────────┐
│    さて、終戦後だ。人的被害著しい帝国は一旦崩壊し、その中で力を伸ばした貴族がいくつかあった     │
│    まず筆頭はかがみ君の実家である柊家だな                                     .│
└──────────────────────────────────────────────┘

502 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:05:33 ID:6EoXK.G. [66/83]




┌─────────────────────────────────────────────────┐
│    モト軍に荒らされた食糧事情だったが、戦後に精霊が姿を表し復興に役立ったという実績がある          │
│    この頃までに政治に食い込んで子爵までは授けられていたが、                             .│
│    柊家による、インドを含めたルネス領の統治が正式に認められたのもこの頃だ                    .│
│                                                                       .│
│    精霊信仰の本拠だけあって、元々この周辺の平民の精神的な帰属意識は柊家にあったんだ            │
│    まあ、もともと開拓し始めたのは柊家だから、今更って向きもあっただろうけど、それまでは王領だったんだ    .│
└─────────────────────────────────────────────────┘



                || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                ||_______________________|
                    |   |        || 残 ||       |   |
                    |   |_..       || 飯 ||      .._|   |
                .   | ̄|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   | ̄|
                .   |_|   |,______________,|   |_|
                    |   |                     |   |
                    |   |      .    | ̄| .          |   |
                    |   | _____/|_|\____ .|   |
                    |   | |_____/  /\ ..\___|...|   |
                    |   |/     /  /|| || ||\ .\..  .ヽ.|   |
                    |   |_    /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.  \.  _|   |
                  ../|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |\
                 / ..|   |,______________,|   |_.\
                .. ̄ ̄|   |                     |   |
                    |   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |
                    |   || ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~(¶ )~ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄||   |
                    |   ||  |____ノ. ヽ,,____|  ||   |
                    |   ||  |  |十十十十十十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十十∧∧十十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 (  ,,)...十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 /  |  ̄|_ 十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 (ヽ_) ..|_ 十十十|.. ||   |
                    |   ||.三三三三三三三三三三三三三||   |

503 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:05:55 ID:6EoXK.G. [67/83]

┌─────────────────────────────────────┐
│    それが正式に王朝から領地として認められたのは大きい                │
│                                                     ...│
│    2人の英雄を生んだ精霊を祀る神社という基盤に加え、飢饉の度に精霊が現れて │
│    肥沃な大地を司る…なんて言われ始めたのもこの頃で、あとはトントン拍子さ    │
│                                                     ...│
│    実際に、農作物の生産量は同程度の大きさの、他の領地と比べても多かった  ....│
│    一時は柊侯爵国なんて名乗っていた時期もあったほどだよ              .│
└─────────────────────────────────────┘

504 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:06:23 ID:6EoXK.G. [68/83]




┌─────────────────────────────────┐
│     ちなみに新興貴族である外様貴族としての最高位は一条家だね     .│
│     侯爵まで上り詰めた家柄で、80年ほど前までは宰相も務めていた    │
│     新城家の寄親だ                                  │
└─────────────────────────────────┘



        ト、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -‐ '":;:;:;:;:;:;:;_,.ノミ'、
        |:;:;:;:``'ー:;:;:;:''"´:;:;:;:;:;:;:_,. -‐='二三シハ
        ト、_:;:;:;;l:;:;:;:;:;__,. - '"´ 三三三三彡ノ!
        l:::l  二、― 'r―-,_   _三三三彡彡ニヽ
         ヾi  `ー′:. `""´   ` ̄'三三彡片ヽl|
         '、 , - 、、   __,.. .. ,、_,  '三彡'^> ノリ
         l イで>、ヽ  ':,ィ'で'>'"   三シ' f ノ /
         l ヾ二フ ,!  ヽ二彡'´   }ツリ ,、_ノ
         '、    l    ,.、      i 川 ├ミ'、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          ヽ   ,'   '__)ヽ、    /``7>、|     │  寄親ってなんだお?   >
             ヽ /`ー'i´   \   /  ///>、     \__________/
           ヽ'、 、_,==ァ=-、_,} / /./////ト、
            \ヾ二"´_,. ‐-.:.:/ /.//////:.:ヽ
           ,. -/ゝ、':、_:' :、_ _:/ / //////:.:.:.:.ヽ‐- 、
          / /:.:.'、 ヾ"゙´ ̄ / / /////'′:.:.:.:.:.ソ ノ )
      ,. -―{ 、/:.:.:.:.:ヽ ヽ.  / / /////:.:.:_,. - '" / ̄``丶、
 _,. -‐ '"´   ヽ `丶、r―--`'-/ / /////''"´   /       `丶、
'´          丶、_` ̄ ̄ / / ////'′ _,. - '′          `丶、


┌──────────────────────────────────┐
│     役職関係なしの上下関係かな?                        ...│
│     寄親・寄子っていってね、庇護する方される方といった関係さ         │
│     貴族はコネがないと仕事に就けないからね。色々世話してもらうのさ    │
└──────────────────────────────────┘

505 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:06:57 ID:6EoXK.G. [69/83]



┌───────────────────────────────────────────────┐
│    譜代筆頭はリップヴァーン公爵家かな .              .                         .....│
│    モトとの度重なる戦争の間、物資を流していた隣国ヴァネス王朝の血を引く一族だ               │
│                                                                   .....│
│    元はヴァネスの監視と動きを封じる為に、人質として王族をこちらに招いたのがきっかけだったんだが   .│
│    当時、男爵だったこの家の当主がアホでね。手を出してしまったんだ                        .│
└───────────────────────────────────────────────┘


      _,. -=;; ̄;;=-._
   _..-:"::::::::::::::::::::::::::::::::\  __,.-===-,,、
 _-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::V≦_      ヾ,
":::::::::::::::::::::::::::::, 、::::::::::::/ "''iヽ ヾ,        ヾ,
::::::::::::::::::::::::::::/ ノ::::::/ __,,_  i. ii  i       ii,
::::::::::::::::::::::::::::!/:::::::/\ ヘ ヽ | ii  ,i       iii
::::::::::::::::::::::/::::::ノ  , ,.VIY/ ,i'          ,ii
::::::::::::::::::::::::< i::i    ' ' iノi,        /i    ,,ノ
:::::::::::::::::::::ノ ヽ!ヽ   i_、_.i--'        ヾ=='"
::::::::::::::::/i,   >::ヽ、_,/:::::::::::=‐-:::、:_
::::::::::::::/::::k'  i;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::=‐-...、.._
:::::::::ノ::::::::::i Y:::;_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::=-...、,,__
/:::::::::::::::::::V:::ノ ̄ "=--  _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄.."=---.、
:::::::::::::::::::::::::i:::l'          ̄"'''=--  、::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::√l_ _,,,__
::::::::::::::::::::::/:::/                  ̄ "'''= 、_::::::::::::::::::::::::::::::::ノ .ノ "y  ト-、,__
::::::::::::::::::::::::/           _=-―-、         ̄"''=-::::__,,/__/-iノ  .ノ./  "=- 、,__
-::= 、;_::::::/          /::::::::::::::::::::i,                  "'''=' > ‐-  ,____ノ
:::::::::::: ̄:L_        /::::::::::::::::::::::::::::::i,                   ("''-,__   'i,
::::::::::::::::::i' 7y-,_    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i,                   >"/ /l i
;;;__;;;:::ノ .ノ/ /"''=-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i                  / 4 / l' .l


┌─────────────────────────────────────────────────┐
│    仮想敵国とはいえ王族だ。その子供が男爵ではまずいってことで、急遽爵位を上げる事になったらしい     ..│
│    宰相だった一条家は相当慌てたそうだよ                                         ......│
│                                                                       .│
│    現在も筆頭であり続けるあたり、意外と計算だったのか、ヴァネスの血が良かったのか知る術はないがね     │
└─────────────────────────────────────────────────┘

506 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:08:42 ID:6EoXK.G. [70/83]




┌─────────────────────────────────────┐
│    同程度に力を持つのが羽川侯爵家だ                           │
│    代々財務担当を歴任し、武官を輩出しない事で有名だ                 │
│    そのおかげで400年前の戦いでも血を流さず、                    ....│
│    600年前から変わらぬ勢力を保ち続ける門閥貴族だ                 ..│
│    婚姻関係によって規模は大きくなる一方のようだが王族との血縁関係もある     │
└─────────────────────────────────────┘

507 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:09:07 ID:6EoXK.G. [71/83]

         l             │      /                                  | |仁ニ
         l    ∠二>、 /「     /                                    | |仁ニ
         | /─/   ∨/|___/            , - ─ - 、                 | |仁ニ
         |/ ─/       |」/「二二」          / . : : : : : : . ヽ_             | |仁ニ
         ト─/        |彡r──|        / : : : : : : : : :ノ[l: .\ ヽ          | |仁ニ
         l_「、        |彡| | ̄| |        / : :=: : : :/ノ 八: : ハ 丶        | |仁ニ
         |二l」\      |彡| |  | |   _   ノ : : : : : :∠⌒/ ,ニ、: ノ            | |仁ニ
         | ̄|  |l\   <⌒ヽ人 | |  \∨厂: : (⌒Vr七リヽ=イリノ: :ヽ       '⌒ | |仁ニ
         |  |  |l |l\ ノ/ノ(⌒) |ノ\_厂 _;_;_;_;_ヽ、ヽ。_ノ〈 「?: :ノ   /⌒′  | |仁ニ
         |  |  |l |l |l\|∨| | ̄|\/\_ノ  ∠二>、〈\r| l | 〉/   イ        | |仁ニ
         |  |┐|l |l |l  |彡| |  | |   r┐/ ̄ ̄ ̄\/ \  l/┐∠二、       | |仁ニ
         |  |└‐ |l |l  |彡| l ⊥! ヘ-、/ r┐       \ l  八: : ̄|   ヽ      | |仁ニ
         |-|  └┐ |l  |彡| | ヽ   ト ノ//´         V / └┐: 丁 ノ    | |仁ニ
         |-|    └‐   |彡| l ノ`∨ _/  ヽ ヽ     _/ / '⌒ └┐:\、    | |仁ニ
         |--|       └‐|彡l/   〃      <⌒ヽ_// /  ∠二ノ : : 八\   | |仁ニ
         |─|    (\__|/     ノ         ∧     / /     ∠_;_;_ノ   ̄   | |仁ニ
         |二|    >==彳     |       / / └┬‐个 ´                   | |仁ニ
         |二|   ヽ┘⌒l个┐ /     イ_|_   |   l                ト -イ | |仁ニ
         |三|_八_从__」彡〈 〈___/__l、八  ヽ_儿从_从人_(>x.<)_| |仁ニ
         |彡 三三三三人彡/ヽ__)__/l : : : : : l二\  ヽ二ニ、 r───┐( _ ,」 |仁ニ
         |三三三三三ノ\V: :/ : : : :/: : : :l : : :_;_;_;|三二\ \  | 厂 ̄ ̄厂┘┘| |仁ニ
         ==‐ _/ ̄V⌒ヽ/ : : : :/ : : : :l : :///////> 、\ \ノ/ ̄ ̄ ̄丿   | |仁ニ
         = 、   ̄>'⌒| : : : :〉⌒ヽ| : : : : l : :|///////////>\  ーヘ ─<     `'<ニ
           /´ \_ノ_/| : : : :|\: : :厂////////////////>ー<三三三|
          / ヽ _/'⌒ |: : : :| : : : :| : : : :|∠∠///////∠////////〉-  _ ̄ ̄
         、卜==彡′   |_;_;∠二、 :| : : : :L _     ̄∠//////////  ̄ ‐- ニ __ ‐-  __
         丶> 、            \_;_;_ノ‐ 、>∠///////> ´               ̄ -/
           `丶 ,> 、               l///////>- 、_                    //.
               `丶 _> 、          V/////∧`丶 _>- 、__           /,/ .:
                   `丶 -> 、       `ヽ////∧   `丶 __ >- 、___  /_/   .:.:
         、             `丶 =,> 、     ∨///∧         `丶 ___ /-/   . .: .::
         _\         __   `丶 =_> 、     ヽ////〉          /,=/   . : : : ::

508 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:09:59 ID:6EoXK.G. [72/83]



┌───────────────────────────────────┐
│    では最後に親藩だ                                  ......│
│    親藩は英雄王を始祖に持つ貴族で基本的に子爵以上だと考えればいい   .│
│    ただ、後で説明するがあまり意味もないがね                   ....│
└───────────────────────────────────┘
                 , __,,  __  ,,__
                ィ::::"   T    ":ヽ
               /:::,      !     ::::\
              /:::::/      !   、  ::::ソ
               !::::'       |     ヽ::::イ!
             ト::|  √  ∧wvへ    ヘ/丶
             /::::ミ  / /"    \  彡::::〉
             !::::| \━/ ━━━━━ヾ━:::::!
            /トr  リ__     ____ヽ ::::夕
           イ::δ イ_ _ `ヽ ヾ√,__ァ ミ イ
           !::ゝ  ! ゝト;"≧ ゝ≦ー'イ ∬〈ィ
          /::::γ:::ハ      |      く" ノ::::〉
         〈::::::::::::《:::: ∧      !     ∥::::く:::::::)
          \::::ハ:::::::| ト:;:;:.:.,.,ヽ -.,.,.:.:;;rリ:::!:::::/
         ,,,-ソ::::::〉::/::::ハヽ;;`ー----':;;ィノノ:ノ:::::ミ
        /:::::::::/:::::/::::::: :::ハ \;;ミミ;;;/ /イ:::::::::::\
        /::::、:::::::::::::::::::::ノl|lト     ̄   /l||/::::::ヽ:::::))
       〈::::::::::::::::::::::::::::rll|||lノ     ゝ  !l|||::::::::::::ヾ_::::,,,
        〉:〈:::::!::::::::::八l|l/  、  ∀  ヽト::::<:::::::::::ヽ::::〉
       ソ:::::::::::л:::::::::::::》....... .ヽ       〉::::>::::::::::::::|
      /:::::::::〈:::::ノ^>、::〈................ !   /  K:::::::::::::::〈"
      ヽ::::ヽ:::::::-''´_く::::丶、ー-- 、  ::::__ ミミr::、::!、___ 、
    /´ ̄^"" "    〉::ζ__  ー ヽ ´ _  r::::/    ヽ_、
  ∠   vWノ    ::   "--:::::::> :::::::ト  ィ::::::: 彡"   ! ヽ::::`Ip、
 ´F A  ζp !:::::::/::::    ソ      ヾ !         ヽ   !:::::::、
イ  w∥w ^彳ト:::::::::丶::::           1 ヽ        !   〈|、rυ
/ ≫(( )〉≦ ! ! 冫::::ヽ::::           !          ノ    > ー !

509 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:10:25 ID:6EoXK.G. [73/83]





                       バリバリ ∧,,∧  ∧,,∧ バリバリ
                       ∧,,∧ (´・ω・).(・ω・`) ∧,,∧
                      ( ´・ω).(っ□c) (っ□c)(ω・` )
                   .バリバリ っ□(  ´・) (・`  ).□と ノバリバリ
                       .u-u (バリバリ (バリバリ u-u'
                            `u-u'   `u-u



┌──────────────────────────────────────────────┐
│    さて、親藩・譜代・外様と説明したが、この他にも種類がある                          ...│
│                                                                    │
│    ・領地を持ち役職を持つ貴族と、領地を持たず寄親や王朝からの俸給で生きる俸籍貴族  .      . ....│
│    ・領地を持たず、金銭で官位を買った法服貴族。戦があっても軍を出さない、まあいわゆる財布だ    .│
└──────────────────────────────────────────────┘

510 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:11:04 ID:6EoXK.G. [74/83]




          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{             ここまでは問題ないかね?
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::



     ____
   /      \
  /         \        はいですお
/           \       (めっちゃ覚える事多いお)
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

511 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:11:39 ID:6EoXK.G. [75/83]



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;仆''从,,、::::ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;''/'''从"''从    |;;;;;;/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;/;;''''/''''''仆           |;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳"从''''         i ヘ    ,,,,,, |;;|、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡           ,, ノ  \,,;;;;''''''''''' } }
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〃         ,,,,,,;;;;'''''/    / _,,!、´| }
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡    ,,,,,,,;;;;;;,;;'''''        ヘ=・― ,' |ノ        では、ここからは今までの話が少し崩れる
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳    ,;;'' r ― '' _了 ゝ    ヽ、` ‐   }
、ヽ、;;;;;;;;;彡     '  ´-==・-‐'        `ヽ,   }
 iヽ '''';;;                         |   |
、 ` !!、                          / ̄/´   |
ヽ 、ヽ、i                    ` へ !´  、 |,,
 ヽ \ て        _,,,,, -''''           /`/: '',,
   \ \从       !ヽ'''――ー - ー ―ー-‐τ /: : : : ' ,,
" 〃 ヽ \ 从     ヽ,''‐、-‐- -‐ー-‐''フ´/ノ ./: : :    {
 " "〃 ヽ  、 从     ヽ 、` ''' ー ‐ ´_ノ  r'、: : , 〃 = ´ .
"',   〃  \ \.  !、= - 、   ` ""  ̄   /= {} }  "  { \ .
             ヽ  仆ヽヽヽ、    r 'ヘ  ノ=ノノ }
          ヽ i 从ヽヽヽヽ _/ rヽ=´ノi i ノ



                _ --― - 、
             _,__'´    \     `ヽ、
            (´  ,)  (´ ̄ `)     ヽ
            / ̄     ̄ ̄      i
             ,' l、_人  ノ         l        えっ?どういう事?!
              i    l .l  ̄  ,    u   l
             ヽ  l l    /       /
             `.l、_ノ__        /
                  `l        `、
                  /       ヽ、
              __/     _/    `ヽ、
                `ヽ、_/l  <_/     l
                      l              l
                   ヽ、        /
                     `l   _,-   /
                        l   /  /
                      / ./ヽ、〈
                      ̄    `

512 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:12:37 ID:6EoXK.G. [76/83]



┌─────────────────────────────────────────┐
│    100年ほど前のことだ                                           │
│    長い農地の開発に一区切りもつき、王国全体で人口が増えていったんだ           ...│
│                                                          ......│
│    庶民の人口が増えるのはまだいいとしよう                               .│
│    だが、ただでさえ飢える事のない貴族は、庶民よりさらに早い速度で増えていったんだ    │
└─────────────────────────────────────────┘



     ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧ /⌒ヽ
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  )と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∩,,∩  /⌒ヽu-u (l    ) (    ノu-u
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ x ・) (・ω・`) ∧∧u-u'  `u-u'
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu-u
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
      `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'



┌────────────────────────────────────────┐
│    300年間で貴族たちも増えた。そうすると、仕事にあぶれる者が出てくる          ..│
│    同族間での諍いから始まり、隣の領地との摩擦、宮廷での陰謀や足の引っ張り合い  ......│
│    果ては内乱にまで発展した                                     ...│
└────────────────────────────────────────┘


513 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:14:19 ID:6EoXK.G. [77/83]


         マーマー ∧,,∧  ∧,,∧オマエラヤメ
          ∧∧(´・ω・)(・ω・`)∧∧
         (´・ω・)  U) (U とノ(ω・` )ケンカイクナイ
         |し U∧∧    ∧∧と ノ
          u-u( ・ω・)=つ);:)ω・`)
             (っ ≡つ=つ⊂⊂)
             ( /∪ バババ∪ ̄\_)
              オラオラ!!


┌───────────────────────────────────┐
│    さすがに王国軍によって鎮圧されたが、ことを重くみた3代前の国王は     │
│    今まで子爵の子は子爵、といった爵位制度だったのを許可制にした     ....│
│    つまり、子爵の子だけど男爵だ、といった具合にね               .....│
│    ここからが80年前の話になる          .                    │
│    こうなると問題がある貴族はもちろん                       ......│
│    位の高い貴族でも5男までいけば無位無官なんてのもありえる         .│
│                                                    │
│    僕だって伯爵の子だが、僕自身は実は男爵さ                   .│
└───────────────────────────────────┘

514 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:14:48 ID:6EoXK.G. [78/83]



┌───────────────────────────────────────────┐
│                                                              ..│
│    さらに、反乱がちょっとしたトラウマになったんだろうね                         ....│
│    外様に関しては以前から冷遇気味だったのを、理由があれば領地を取り上げる事までした    │
│                                                              ..│
│    さらに、増えすぎた力ある貴族である親藩、つまり自分の親戚だね                  ..│
│    こちらに関しては更に遠慮なく、時に陰謀まで使ってかなりの数を                   .│
│                                                              ..│
└───────────────────────────────────────────┘


              ,. -──-- 、
.         ,.ィ彡'"´ 二  ̄lヽ二
.       /iノ  /,.- \ノ }≡
.     /´ f/ r /_,__,__  ミ
     fー-、i/ 、 /_rェァ'"  }
     {:::/`ヽ  }     i \
     `ハ \,       l
      |: :ヽ/       l     「         .\ / ┌─┐
..     l : Yエェ:.、    l                     X  │  │
.      i : :ノ'´ ̄ ̄    i               ./ \ノ   └
.      ヽ:ヽ-‐一'    i         ──┐``   ─┼─┌─┐ ..|      -┼─
        V                       /     , /|\ \/   |      /.-─
        }.      /ニマ⌒ヽ       /   つ.  .|  /\_ . ヽ_/   / ヽ_
        ヽ< ̄`// 人__,ノ!                                   」
           ̄///  /´
          //  /⌒)
           /フ<__ノニ!フ7
.        ///_,ィO ノ ̄
     /// 〈_/`7´─く ̄`!
.    /l// /___/ /`ソ〈_./
   ,ハ \___ i,.イ   ヽ/__/


┌─────────────────────────────────────┐
│    この騒動のおかげで、今は王族直系のみで親藩はいないと思ってもいい  ...    .│
│                                                     ...│
│    国王プロシュートはその後すぐさま退位して                        .│
│    まだ多少の混乱はあるものの王政の安定を達成したのさ               .│
└─────────────────────────────────────┘

515 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:15:12 ID:6EoXK.G. [79/83]


          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ        .  今は実績を積めば昔より早く出世できるが、やはり格というものもある
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{          
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__    
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、       やる夫君、例え相手が男爵と名乗ろうと
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\      その実家が侯爵だという事も十分にありえるんだ
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー 
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..   僕の家に勤めるからには貴族を相手にする事もあるかもしれない
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.   無礼打ちにならぬよう、十分に肝に銘じてくれ
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./:::::::::::: 
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::




     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  <○>  <○>  \      ハイデスオ
  |    (__人__)    |
  \     `⌒J´   /
  /              \


______________________________________________つづく

516 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 23:18:00 ID:6EoXK.G. [80/83]
以上
「やる夫は流れついたようです」
             異世界の歴史説明でした

517 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 23:21:04 ID:YjG1EGZE [5/5]


王家直轄の暗殺部隊とかいるんだろうな…

522 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/12(土) 00:38:49 ID:guIBgMBU
乙 ブッ殺したなら退位してもいい、な感じの人ですな

523 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/12(土) 07:33:45 ID:S0vErLHc [1/4]
おつー
確かに効率はいいんだろうし一番いい手だったんだろうけど容赦ないなwwww

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2017/10/20 01:35 ] やる夫は流れついたようです | TB(-) | CM(1)
今更つっ込んでもあれだけど、火山灰が堆積した関東ロームは農業に向かない土地。
関東で農業が普通にできるようになったのは、徳川幕府が頑張って土壌改良したからなんだよね。
[ 2017/11/07 05:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する