クリックで開閉

やればできる子で学ぶラノベ新人賞の獲り方 第六回 三つの物語をひとつにする

503 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 21:59:49 ID:8OXFh79A0 [2/50]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    3
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!    
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../.     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

504 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 21:59:59 ID:8OXFh79A0 [3/50]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    2
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      з     /..:/ l!:../       
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

505 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:00:09 ID:8OXFh79A0 [4/50]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::─/ :::.|   ─.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    1
     、  /:.: : -ハ.:.   ⊂⊃    ⊂⊃ j : : . : : ト、:!     
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      ∇     /..:/ l!:../        
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

506 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:00:19 ID:8OXFh79A0 [5/50]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    メリークリスマース。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.     
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.



スポンサードリンク



507 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:00:31 ID:8OXFh79A0 [6/50]


そんな感じで第六回
┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓
┃|                                            |┃
┃|            三つの物語をひとつにする             |┃
┃|                                            |┃
┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛
                                   をお送りします

508 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:00:42 ID:8OXFh79A0 [7/50]
        _/\
      |_  _/                   __
     __| |____                |   |
     |           |  ______  |   |
      ̄ ̄|  | ̄ ̄.  |            |    ̄ _
         |_|        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  __/  |
                              |__/
                                  _
                                  _/    ̄  、
                                 「 ̄      ヽ    ヽ
                              ~≧=-―' ヽ    \   }
                 ____, -―…‐- ./    ―∩      ヽ○) \  ――と、クリスマスに間に合わせるつもりが
                「 ̄ |                 | ̄|   二∪\,_     }   ./  お正月にも間に合いませんでした。
        ____ |  ヽ      |     | |  |     ヽ.      |  |    改めまして、やればできる子です。
        /      |    } 匸二]  |     | |_|    ∩  \    }  |   
.     (_____|   '        |     |   {      ∪  リ   /○ /    10回目の講義である今回は、
       弋____|、   }__,-‐ .l    /  ハ         /  /   \   非汎用型の具体的なプロットの作り方に
                ヽ<____|、_ノ、‐<人___/     _/    ついてお話ししたいと思います。
                         ヽ__)  ヽ __ハ_イ―¬´

509 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:00:56 ID:8OXFh79A0 [8/50]
              ,  '´              ヽ
              _,/ ○    o      ○   γ⌒ヽ
          > '´/       -― - 、       〃       ヽ
        /  /    / /   ヽ      {           \
    _, イ  〃    / イ {   {   \     ゞ            /
    \   /.    /リ 人 ヽ  {ヽ i {  ヽ     ヽ.      /
      `'ー{   〃{  ‐--ヽ!_ヽ ) ム斗イ / ヽ   ` ̄ ̄ ̄ヽ     さて、皆さん。
          !  ///从ヽ ャァ云ァ   云zャァ Y   ヽ      リ     文章創作をしてみようと思い立ったころに、
         ヽ イ///リ  / 乂ソ    乂/ソ l {  }    /      『プロットの書き方』を知りたくて
            ヽヽ/( ハハ  `´     `¨´  }  i/  , -<       ハウツー本をめくったことはありませんか?
              `¬ } ィ> 、t- -‐ァ  -=彡イ"⌒)
             乂 >  ` ̄ ̄´ | .γ´  ヽ、ヽ
          r≦ ̄´      ≧=-- r≦、     } ヘ
     ,'´ ̄¨´  ヽ       }   「 ̄   }     八i
     ヽ _{⌒  }   _  -‐{  ( ゝ __,∠__, イ  ∧
         ` ̄  ̄´       |                 ∧
                    |                  ∧
                       |                   ∧

510 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:01:06 ID:8OXFh79A0 [9/50]
                r 、
               丿  ヽ ___ _,,..--‐' ´  ̄`ーー--.,__ _       _ _
              /  / ‐ . .... -          ‐ ..::ーヽ--‐‐'''フ´´ ヽ
             /   丿 / /:::::ヽヽ         /〃::::ヽヽ ン'´   ノ
             {  ′ ヽヽ:::::ノ丿         ヽヽ:::::ノ丿 ヽ    /
             |        へ'ン⌒ヘヘ O/ヽ   ィヽ       ノ  /
             /               ,                /
              /           |/ ´ ヾ_             '.  ソ
       、    .//     .! .人 .// ! / .| ,-i/ヘ        ハ
       ヾ、  .//|    , ,|/ ´ヾヽ,  './ 、     '  ! /ヽ       '.   おそらくは「ある」と思います。
       ヘ `‐|´‐i .,  ,! .i!ミz、 `´    iヽ___ !/_ . '.       .'.   そして、ハウツー本に書かれている
    ヘ   '.  '  '. .|i  i!∨   ミミ'、    ゝ──‐´ ̄` | ,     '.   『プロットの書き方』や
     ヾ、__> 、_ヽ'>、 .|三三三三≧    _____ i/|        '.   『企画書の作り方』や
      ヘ     /  ヾ、           三三三三三ミ/       ヘ  『ネタの出し方』等を読んで
      ヘ___{.  """"   ///////// `ヾミz、_  /       .ハ::: 
         ,;─´ ゝ、                 `ヾミ/  _       } 「よくわからない」「面倒そう」「面白くならない」
          ̄`ー´ク\      ,_  _    """-;;ン´       /  
            ‐=ー‐ ´` ‐ 、    `´  `ヽ   ‐=ニ,-        /   になって、本を閉じたこともあるのではないかと
                   /  `""iー─-、____/     .,-‐´   思います。
                    /     ゝ_ ノ -=_´ ̄ ̄ ̄ ̄     /
                  i!      / /:::| '.   /___,   __ -‐´
                   .∧    ./ /:::_:'__'.   .'´ ‐=´─‐ト,
                 / .'.  _./ /:タ    `:、__    /.
                  / ,-‐/  `ヾ:`i    .| .}  `ヽ/ |
                .| ' ./    /‐' '.   .ノ i!   ヘ  |
                 ハ.  ヽ__ / ノ 二二'ノ        iー‐-::、
                 ,_〉  `ー─'  {            /: : : : : : `ー-::、

511 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:01:20 ID:8OXFh79A0 [10/50]
                    _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
            _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  __   / }    {:::::::::::::::::::::::::/◎   o     ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  \\__| !     l:::::::::::::::::::/   _ _____ __    \:::::::::::::::::::::::::::::,'
r―- '   x┴‐、  i::::::::::::::::/    ,.'´: : : : : : : : : : : : : :\  ヽ、::::::::::::::::::::/
(二二  //:⌒ヽヘ  `、:::::::::/   /:: : : / : : : /: : : : : : : :λ  ヽ、:::::::::, '
. `ー―;//::::::::::::::V}   ヽ::::/ 〃.: : : : :.:/ : : : /: : : : :{^ヽ: : !    ヽ/
    i {::::::::::::::::::::::\  〉 /: : : : :!: : !: :! ! :| ! : : |: | 斗-:、:|      i
    { |::::::::::::::::::::::::::::`/:/ ,' : :!: : :!: : | イ厂`ヽ!:.:!ヾ  ! ヽ|       l    はっきり言いましょう。それで正常です。
    { |::::::::::::::::::::::::::::〃\!: /!: : :|: : :V.ハx=ミ 从|   ____ハ     l     理解力が低いわけでもなければ
    V1:::::::::::_::::::::::{!::::::::|:ム|: : ::! : : ハ〈 fい     ''"⌒ヾ!    ,!     執筆意欲が足りないわけでもありません。
    込_,/   \::::!:::::::::!!八|: 八: : :ハ Vr}       .:::::. ノ     ,!   
            \:::::::::!:::::八: : ト、 : ハ `´ ' _    ム   /     これは、ハウツー本が「高い汎用性を
             \:::::::/: : :\!: ヽ:込、  ヽ  ノ   ィ: :‐"´      たった1冊の本で実現しようとした」ことが
               ヽ/: :/ : : : :/!: \:!: > 、_,.  ' /イ:::|          主な原因です。
               /: :/!: :/|/:::|: √⌒^V「 } r‐‐'"/l/
                 ! : :i ∨:::!/⌒  `y勹>' ̄⌒ヾ::::>、
               从: | √( ̄ ̄¨,>ヘf⌒¨    〉::::::::::\
                N 人  `フ ̄「:|ァ个い    /::::::/⌒::}
                    ,'::::::V´:::::/:/ / ヽ}_/::::::/::::::::::::,'
                   !::::::::::::::/::::く__〆ヽ、   \:::::::::::::::::::/
                 〉::::::::::/::::::::::::::::::::::::\_ノ⌒::::::::::::::::,'
                 /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::,'
                  /::::::C/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::i
                ,':::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::/  !:::::::::::::::i

512 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:01:34 ID:8OXFh79A0 [11/50]
                            ◯             ,, ヘ、
                         __ ,,, --‐──‐- 、  _,, --─´´  i
    , ⌒` ̄ ̄`‐‐────‐- ´         _   `´、      , ⌒|
    \⌒`へ、__          , ─ 、 ._    /::\     ミ.、  i::::::: |
     \:::::::::::::::`\     ( ○ )メ::ヽ-,ヘ/:. .: .:.:`,ヘ,ィ:ヽ、   |::::::::.|      ○
  o      ` 、::::::::::::::::\    `  _/: : :;;; : : : .: : : : :.:|: : : : :::λ 、::::|    o         汎用性の高さはそのまま具体性の
            、:::::::::::: 〉   /: : : ::/:.;|: ::/ヘ;. : : : ;|: : :ヽ; : : `ヘ ソ      __/⌒)´`> 欠如につながります。これが
          \,∠ ̄   /: :: : :. :/:;/ |::/   |: .: .:/`ヽ; :|:: : : :.:∧ヘ  /~`| |`τ' " ) 初心者にはとてもとても厳しい。
   ○         i       /: :/:.: :.:/ノ `|/-‐  |: .:/‐-‐∨: : : : : : :.:ヘ /´   | | ζ 丿 シッピツ    ラ  ク  ニ
              |     i: :/|:. :.:/'" \    |::/ /  ∨:: :.:|:: : : :|'     | |'ー-‐´  跳び箱 を 越えやすく するための
             !      |/|: |: ;/  ___\   '"∠__  ハ;: : :|: :∧:|       |_|       プロット
            ',       |::∨{      ̄ /////〃 λ|:. .:|::/:i:リ      ノ       踏切板 自体が高い壁に
             ',      |: : :.| ..:::::::::::  ,.-─-、 ..::::::.〈::.:|:.:/|/:.:|:>   /        なってしまうわけです。
             ヽ     ',: : :ヽ、.:::::::.. /     i :::::::丿::|/、: : ::|   /
  (⌒ヽ,ヘ、         ヽ、  ヽ、:: ::ヽ、.  {     j _,ィ´:.:|リ `ヽ::|,/            
 / ヽ Y_,ノiヘ、        `,ィ´ ̄ヽ;:. ::`>`-‐‐π爪  |::.:/  ,/.,/               「ハウツー本の通りに書くどころか
 { ヽ ,メ ノ j `ヽ、.      /     \::::|\ \_,/ |  |:;/i  i/'"                   書くべきものを把握することが
. /ゝ、' / ,/    Y^Y⌒゛‐-     | ヽ:|  \_/ヽ/  '" | |                まず初心者には難しい」んです。
/|__,,/ /     ` }:::     `ヽj  \ /´"~{_}~ ̄\,/  |
|_\ ,.,/         j:::      /   Χ_,,/||^||\_,,/、  j
丶 ̄"              __/     \   || :||  /  |
  `‐-──-、_    __,,-‐"´〉::::::      \ :||  ||:/    |
         `‐-‐´     /::::::        `||∨||     |

513 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:01:44 ID:8OXFh79A0 [12/50]
                 ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
                     /                   `ー──── 、
          .r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
          .| //////  ◎          ◎   ∨//////// /
.       .| |///         o____     .∨////// /
          .| |〆_         ,、/      ./''゙ヽ、     ∨//// /
          .'∧ーテ=二、_/.ィ     ィ ‐/─- ミヽ、   ∨// /
        ∨Y:/   ../ { / {    / } '     ミ 'l   ∨ /
          .∨/    / Ⅳ 八  / }/       ミ..│    〈
             \.i.', / ==== ヽ(  ====   ミ ...|    ヽ     というわけで、ご用意しました。
              l . V                     }}. │      ',    明瞭かつ少ない手数で完成するプロット作成手順。
             .// i ' '               ' ' 〃 ..|      ',
             ./.( 〈{      __  ....:::ヽ   〈{/_. /     __ノ   『やればできる子式プロット簡易作成手順1号』
          /l .} 込、     V:::::::::::::::::}  ,. }../    /   |    
            ./ | .}. . .个o。    ` ー─ '. イ/.‐'´   __∠二二|     略して『やろっと』です。
          ヽ.>、. . i. . / ≧==ァ-r‐<    { 、─<____丿    1号ですが2号以降を作る気はあまりありません。
            \_ ..|. /    /r┴< ¨  ̄  '._ `ヽ 〈
                | ,    イノ_/^ ∨ ___ {   .\}
                iィ{ /////{⌒}/////八//ニ/  V
                 /{ニレ'〈//////介///////.:./ニ/   V
             /  {/.:.:.:.V/////.:.}//////.:.:/ニ/    }

514 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:01:55 ID:8OXFh79A0 [13/50]
                                           _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
              _______       _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            ,  '"´\:.}_{:.:_/.:.:...:.:..⌒丶、   {:::::::::::::::::::::::::/◎           ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
            /:..; '´.:./七乙 ノ.:.:...:.:...:.:.. .:.:..:.:.丶、:::::::::::::::::::/    _ _o__         \:::::::::::::::::::::::::::::,'
       /,.:'.:,:' ,.':..`ー┬‐<ヽ `丶、:.:..`丶、.:.:..\:::::::::::/    ,.´'´:::::::::::::::``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
      /,.:'::.,.:' ,.':.:.,'   / i.:.:.',    `丶、:.:..`丶、.:.ヽ.:::/   /::::::::::::::::、:::::、:::ヽ::\       ヽ、:::::::::, '
     〃,.:'::.,.'  ,':.:. ,'   ,'  ;.:.:.:.'、       \.:.:..:.:.:ヽ .: ∨ , ':: :::::\:::;'::::::ト:::::l、:::!::ヽ::ヽ     ヽ/
    /,.:':..:./  /:.:.:/     i:.:.:.:.:ヽ       ヽ:.:.:.:.:.:'、  Vイ/:/ィぅト八{: : / { ゝ=-ミ ::::`.      i
.   / .:.:.. /  /:.:.:,'   !  〈:.:.::.:.:.:.\      };ヘ:.:.:.:.'  ⅥjY´ノ::ij  \{ヾ r心. 、:::::ヽ    l   それでは、
.   ,' .:.:.. /  ,' .:.:..:!   |   `、:.:.:.:.:.:.i         ヽ.::.:.', l: :7_込リ       ノ7::j.} :l::::l::!    l  早速具体的な手順の
   l .:.:..:/  i :.:.:.: }   |    {:.:.:.:.:.:.:i         '、.:.:! |:Y//       込_ ソ/!l!::!::!    !  説明に移ります。
   | .:.:.,'   j .:.:.:.:.!   |    〉 :.:.:.:.:.{           } :.:.} l人  ャー‐- 、//ア : ::l'レ.ノ    ,!.  
   l:.:.:.:!   { .:.:.:.:.}    i|     /:.:.:.:.:.:.:.\        {:.:. {. |{ : > ゝ   ノ <: =彡:レi::!    /..  今回の講義にあたって
   ∨:.{   j:.:.:.:.:{   i|    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:/      (`ヽ-、∨ー―ヘ乙><∠ ̄`く: :/'゙‐- ‐"´     募集したタイトル案を
   ∨:!   {:.:.:.:.{     !    く:.:.:.:.:.:〈          )   ヽー¬冖¨ ̄ ̄ └┐ Y             使用します。
.    Ⅵ   〉:.:.:.:!         ',:.:.:.:.: |    _, -―'´             __ <{___ノ|          
.    `、   {:.:.:.:.:!           !:.:.:.:.:.|   (__, -、       _ イ'´ ̄    \│          
      ヽ  ヽ:.:.:\   !    ヽ:.:.:./     _, -―'     _,-‐'´  {   \      l          
        \  \:.:.ヽ  ',     }:.:ヽ  r'_´ -― _, -‐'´      l    ヽ.     八          
         \  ヽ:.:.ヽ  \    ヾ:.:.〉  `ー<_/         〉         \         
          丶、 ヾ:\      〉:{   _,>'´          /           /\.     
            ` ー――-----‐┴ '´             /          /\\ \

515 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:02:11 ID:8OXFh79A0 [14/50]
    ,、,、
    f   ',
   ,′iヽ.',              ___
    | __.i ヾ、     / ̄ ̄ ̄○  。   丶
    |  i!  ',     i   /⌒ム¬ヽ._ ○ \
   ',  ` ノ     { ./: : : :/: ハ丶: : : ヽ_    ̄\
    ゝ--イ 丶_  ,!.': : : : :,:' : : : :}ヘ:ヽ: : :ヽ丶      〉
    | | ヽノ ヽ,': : : : : :,′: : : :i: : : :'; : : : '; !     /
     ! ̄ ̄   ,' ,: : :`ト、!: i : : 斗 キ: :'; : : :ソヽ   /
     ヽ    //i: : : ハハ i 、: : ! ヾi 、 :',: : :{     !     予想を大幅に超える50以上の案をいただいたのですが、
      ヽ   i' !: : /==== ヾ |=== i :'; : ゝ-   }    時間もレス数も足りませんでした。
       ヽ    !ヾ/     _`    i : i; ∧  /.    申し訳ないですが、1例のみです。
        ヽ   !Y;'、   /  ヽ  u.! / ',イiヽ /    
           ヽ i;/!: :>  ヽ _ ノ イ;i/ : ; ! !: ;′     
           ヽi! Yヽ: iヾ、i i ̄| ̄iヽi!: :/ソ i!/
            '、   ヾ  ヽ_ゝ イ  ̄ ̄ヽ、
              ヽ.   i ヽ   ,       i!ヽ
                  V  ゝ ノ   /  i! |     i!、
              ! ゝ ヽ  ゝ'  ) i!    ヽ、ノヽ
              | ( ヾ  ゝ  ヽ \    ゝ. ヽ
              | /` i!  i!  く. /\     ( i!

516 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:02:21 ID:8OXFh79A0 [15/50]
                 ヘ、__ -―-- _
                 }    ◎--: :---- :.◎ ̄ヾ―--、
                ! ,/: : : : : : : : : : : : :ヽ     /}
                 | ./: : : : : : / : : : : : : : : ヾ.   / .|
                 |/: : :i!: /:./ |: i!: : : : : : : :∧._∨}
               /:/: :i!:./:./ |: :ト、: : ',: : : : : i!   Y
               |/:i!: |/ |/  .i!:.| マ: ',、: : : : :i!、   ヽ
                |: |: :! __   リ  ヽゝ\: : :|: T  }.    扱うタイトルはこちら。至極ラノベらしいタイトルです。
                |: |i:.| ''⌒`     ''⌒` i:\|: :ヘ /    『復讐のために魔法剣士を目指しているけれど、年下で
               人i!人::::::  __ :::::: |ノ_ィ: {>′    インテリジェンスソードの女の子にチェンジと言われた。』
               ,イ三三ゝ、 、_ ノ   イ--': : ヽ     >>250
              r///⊂⊃----- ___  イl ヾ{ :∧ {
              i!//////i___/      ̄ ̄ヽ.l;/ ヾ
               マ________人____    |
               ゝ__',  i!   7     /
                     | ', i!  .i!     |
                     |   i!  .i!     i!
                      |   i!  .i!      i!
           .イ¨.ヽ      ー―   ー――‐‐<
           i!///∧   , イ´ /`ー‐ ´ ,---、|  ム
          .i!////i!__,イ_ ー _-- ___./////ハ_- _.ム
            i!////i!  ハヽ  .i!   i!/////i! ∧  ∧
            i!////.i! ___|_ゝ___|    i!////.i!     ∧
         ー―‐'         ̄ ̄人/// i!----‐‐‐イ

517 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:02:34 ID:8OXFh79A0 [16/50]
                   r 、.     ,、
                   l ヽ,,, -ー -', l
                  /  @ o  @ ヽ
                 Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
                 l γ::..:::::.u:...ヘ、: : : ハ j
                 `ノ  ,.  >フヽ_.j  | |
                 l __/ _ ノ´ ,ヾソ  ,'j‐-´        まず、どのような物語であるか定義しましょう。
         _     / ゝ‐ヾヽ!、 ( ̄ゝ 〉          つまりは『でーま』ですね。
  _  _    i´,_.二二ッ ´ /i___、,!_,ゝ‐--‐'´i          タイトルから逆算して、このような物語はどうでしょうか。
 ,ゝヽ' '‐、,-イ"::::::::::::::::::::l、!、;;/"/ヾ、 〉-ヽi !ノ          
 `!/〉〈イ! !:::::::;;;;::::::::::::::::ヾ/ //-´''" ̄`i、             「復讐を誓った主人公が、強力なインテリジェンスソードを
 ヽ二ゝヾ!、lノ", -ヽ、,.-// /_::::::::::::::::::::::|、ゝ            手に入れるも力になってくれない。力になってもらうため
  /ヾ、!=ヽ  "   〉川-ゝ V/ユ--、;;;;::;;::;;!、>           インテリジェンスソードを口説き落とそうとする」
 / <ヾi_、_,,,,,<",''ヽ_ゞ-|__  | | l _ ̄`"''''''''''──----───'''''''''ツ
 |  ゝ" ヾゝ "     `‐'ヾ_/_i_ ̄"i"''''''''───----─''''''''''"´
 "-‐´                `‐-‐´

518 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:02:44 ID:8OXFh79A0 [17/50]
              ′   /
             /    /
            /    /   `ヽ
            /    /   `ヽ   /  ̄}
           /  `´ー- 、    /    |
         _,く_ ̄`ヽ.  、\ /    ,' j
          ,,,―ヽ._リ:.\ \. ヽ,    ,  |
______/◎      \,}、iく . : : ,   /
\ ____./    -o ―─-、    . : : i j
  \ヽ     /   /::l::|:|:::::|::::l:::::ヽ__     |
   \ \ / /::::||:::::::::ll::::l::::::: l     |
    ゝ V /:::::::::::::|::|.:::::::∥::|:::::::::',      |
     ム / / ::::|l::::__|l|l:::::::::|l__',::_ ゙l      |
      | |   |::,,f'|´::::|',||:::::::::',、::゙、`''li     l      諸々の注意点は後回しにして、次の手順です。
.、    | |!  l::::!::l、|'!゙、. ゙、N゙、_!      l      『序盤・中盤・終盤』という枠を作り、定めた『でーま』を『中盤』に
 ゙ヽ、   、l'、_,l__ir=‐、! `'―‐,.ェ==、 ',    .|     配置します。
、 、゙ヽ、  /  l〟〟     〟〟 /     l
 ゙ヽ、 、゙ヽ、   ,ヽ_  、_,     /    , -´
   ゙ヽ、 、 ゙>、/  |- __,,,.  -/    /_..
     ゙ヽ、///フ /_  ,/ ,゙、  /   /:::::::::::`、
       ソ / r´`/´r‐ュ| /  ,/ィ/::::::::::::::::::::.|
       / しヘ/  ´ う l/::::/::::/―-―-/
       '、,_,,/ヽ、  /`''-、,.  _/::::::::::::::::::::/


    |
序盤|
    |
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |『でーま』:インテリジェンスソードを口説こう。 NEW !
中盤|
    |
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |
終盤|
    |

519 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:02:55 ID:8OXFh79A0 [18/50]
          _  -‐   >二ゞ―、
     ィヘ__/ イ⌒`     ゞイヘ l
      {、     ( ○ )  __f`イ : :l : :ヽ- 、
     l ヽ      ,ィr ´: /: : : : :l : : ヽ: : ヘ.   ___
.       ∨ ノ     ./: / : : :/ : : l : :.ト、 '; ミ、: : ∧<::::::::::::i
        ∨   _ /: : { : : : l : '; :', : l ∨:',i :丶: : ヽ}:リノ::|
      /   ヾ: : : ト; : : ト、: : ; ∨ ∨l : : l : : :ト、ヽ::::|       お次は『序盤』です。
      '、    } : : :|ヾ‐┼、ヾ:',ヾ{ _'; ハ: ;イ: :ト;ヽ::::``|__     『中盤』の状況に至るまでを、1章の長さで語りきります。
      l ` ‐-イ ヽ、: イ万`i ` ヾ  ,ィ=z、|: :/l :l ゞレニミ}\_\   こんな感じにしましょうか。
     ,'   /: ヘヽ.ヾゞ__ソ      |l リ l:/ l/ .ノ   |     ̄ ̄\
     ∨/ ヽ: : ヽゝ、ヾ   _′ゞ' /<  '__し'ニヽ._j  \      \
      ヽ{、: : ヽ : : ミゝ、   '、_ノ . イ: :/ (__ノノイトr \  \      |
       //| ムト: :ヾ\l{ > __ イ/{ \ / /⌒i ‘T´ \  ヽ   │
.     〈〈/--\ヾ!  ` <_{0}リ __ヽ./ , ′ / /     \  \  j
        / ̄ ̄ヽ:} ノ   rvr 、_{ 「ソ /  , ′ /__/.       \  \{
.       /::::::::::::____ヒ'__辷レ=====ヽ /  , ′  / {.         \  )
      /::::::::/   /  \      /   , ′  /  \            )/
      |:::::ノ|        \.__/   , ′   /ヽ._/
     ∨ .|  i⌒ヽ   |    ̄), ′    /  \
     /  |   l_/´V  ‘,`ー‐ ', ′    ./〕___,ノ〕
     /   ∧ ∧ 辷 ∨  ',  , ′   , ′ __}__}
     |   } ',  ハ 辷∧  ‘,     , '\__/ ノ
     l   │ ', } /  \__}   ,─rグー‐┬'
     l   !  }  |/   ,    .// ̄\   ,
     |  ノ  ‘ー/        //     ヽ___ノハ
     `¨    ./  , ’   /‐く         ,ハ ̄ \
.           ,' ,   /   〔\___/ ∧_ノ',
.          ; / /      \\__/::∧   ∧
           ; .//         `¨¨⌒ヽ----ヘ   ',
.          i/                     ‘,  ハ
                               V´{__|
                               V ∧
                                 乂__ノ

・序盤

追手から逃げる中、身を隠した朽ち果てた館で主人公は少女の姿を取る風変わりなインテリジェンスソードを見つける。
この際、武器ならば何でも良いと手に取ろうとするが、少女からは「あんたは私の持ち主にふさわしくないからダメ」と
拒絶される。主人公は「変な武器に頼ろうとした自分がバカだった」とぼやく。その独り言を聞きつけ「変とは何よ! この
騎士崩れ!」と少女が反発。言い争ううちに、追手に見つかり主人公と少女は逃げ惑う羽目に。追いつめられたところで
「……気が変わったわ。今回だけ助けてあげる」と少女が主人公を一時的に持ち主として認める。インテリジェンスソード
から放たれた凄まじい一撃で、主人公は少女ともども逃げ延びる。


    |1章:主人公が逃げる中でインテリジェンスソードと遭遇。追手を凄い力で退けた。 NEW !
序盤|
    |
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |『でーま』:インテリジェンスソードを口説こう。
中盤|
    |
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |
終盤|
    |

520 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:03:06 ID:8OXFh79A0 [19/50]
            ,.-.、
              Y^Y
            l三l                   ./  ̄}
             l三l                 ./    |
               l三l          ____/   ,'  j
       _____l三l___ , ― '  ̄          ,'  |
       \,ィ─-、__,ィi 二_}l/         ,,, 〃   ,   |
         〃: : : /: :弋{ _}_ ,,,        ◎   . : : ,  |
        /l: : : /l__,. 〈∠l___}◎, -o ―─-、_   . : : i   j
      /l l : : ヽl : : : : l三l<二コ :.:.:\:.ヽ:.:.:.:ヽ \      |    次は、『序盤』『中盤』の問いに『終盤』で
     /: : :ヽヽ: : :\ : : ,≦=≧、 l:.:.:.:\:.ヽ:l\:.:lヽtrz\_   |   ある程度まで答えを与えましょう。
.  /: : : : : .::::>─'´` / /⌒ヽ┴ ==ラ :ヽ N _,l:.l } ミリ:.:.:.:\_|   この物語での最大の謎は
  r{: : : : : ..::::::/   t== 〒 二 T l\:.\:l.:l/,.佇弌  リ:.:.l:.:.:.:.:.:l    『インテリジェンスソードが力を貸してくれない』なので、
  ト\: : ..::::/〉-、      .l l::l l ヽ__\ リヽ  弋ク  !.:.:l:.:.:l:.l.:.l    それに答える形で他の謎を合流させていきます。
  ヽ\二=- '′: :ヽ __.    l V l {{.Vlj.,      ´ ̄   |:.:.:lマ::l:.l.:.l
   `弋¨\ ̄ ニニ==┴L.  l ll  lヽ ゞ'′,          !::::::.:l:.:N:.:.l
     ヽ:::::\: : : : /: : : \l ll  lヽ     _,. _     / !::::::.l|:.l:.:l:.l l
        `丶_\ /: : : : : / l ll  l -ミ.、       .∠-/::::/l:.l:.ハ:l l
             l: : : : :/   l ll  l /: : 7コ-イ   |::://  ̄ ヽ
       /\   \: : l    l ll  l/: : : /i:i:i:i:i:i:iヽtュ,!イl : : : : : : ヽ
.      / 〃 \ _ 二> 、  l ll  l : : /l:i:i:i:i:i:i:i:iノ´:/ : : : : : : : : : l
     |:...ll          \l ll  l─ ァミー.v'′:/。 : : : : : : : : .:l
     |::::ll:...      ::: ,. ' : l ll  l/: : : :\ <;l: : : : : : : : ...::/l
     |::::ll:::::::::::::::::::::: ∠ __,.l ll  l/´ : : : : :\/l : : : : : ...:::::/ l
     |:::::ll::tュ::::::::::::: {:;:;:;:;:;:;:;:;:;: l ll  l : : : : : : : //: : : : : ..:::/   l

・終盤

・力を貸してくれない理由
インテリジェンスソードの少女は、元々は普通の人間だったことが明らかになる。災厄を前に、家族や住まう村の人を
助けるため人をやめて剣になった。だが、災厄は退けられたものの、家族や村人は力と欲に目がくらんだ人々のせいで
災厄以上の不幸に見舞われることとなる。少女はそのことで自分を強く責めており、だからこそ「どんな相手だろうと
持ち主と認めない」と決めていた。

・少女がインテリジェンスソードである理由
実は、少女はインテリジェンスソードではなかったことが明らかになる。少女の正体は『怨念の集積装置』であった。
少女をそのように作り変えたのは、少女の居る村に災厄を呼び寄せ、村人と少女をそそのかして少女を改造した魔導師。
魔導師は少女に溜め込んだ怨念を使って『大いなる存在』の復活を目指す魔物であった。


    |1章:主人公が逃げる中でインテリジェンスソードと遭遇。追手を凄い力で退けた。
序盤|
    |
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |『でーま』:インテリジェンスソードを口説こう。
中盤|
    |
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |答え:持ち主が不幸になると思っているから誰も持ち主と認めない。少女は魔導師を装った魔物に騙されて
終盤|    インテリジェンスソード(怨念の集積装置)に改造されていた。 NEW !
    |

521 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:03:16 ID:8OXFh79A0 [20/50]
        .ト,‐- 、  __ , 、__  _ ─-ァ
         | !  >´     ヾ   ,イ
         | | ''´ @   @ \ ./ l
        /      o      ヾノ
        {__             __}
        {三ー二 、__三__, -―´三}ヽ.          ここまで揃ったら、『序盤』と『終盤』を結びつけます。
         i i /ヽ!、/ , 、 ヽ. `ヽ!   i            序盤を書き換えて、少女に剣としては不自然な(人間だったことを
  _,.rr-r-r'i'7`レLハr!t|__ハ iィ!'´!  i   i          意味する)伏線を加え、ラスボスにも登場してもらいます。
   ̄ ̄!_i__r' /:7 i ,乍j└,rテェうソ!」   |‐- ..,,__       終盤では、主人公と少女の出会いを作り上げた意味についても
      `'ァ:'// i" ~    ' ''   !  |‐- ...,,,_ "''ヽ、    語ってもらいましょう。
      / レヘ !へ、  、   ",.イ ハ|  i:|     `"'''‐ヽ  
      〈:::::`rイ'´ /:i>r-=i'レ'⌒ヽハ_ハ!
      `''ーヽ!:::::i::::}>イ`r/:::::::::::::!
          `-i::::::!/:::〈:::::::::::::,!
          ___/ri´i´i`「|_____/ン_________________
         'ー--!_! ! .! !」ニ7i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
         _r/`'7'r---イrヘ、
        r!イ:::::/::::::!::::::::::ハ:::::ハ、

・序盤

「追手から逃げる中、身を隠した朽ち果てた館で主人公は少女の姿を取る風変わりなインテリジェンスソードを見つける。
この際、武器ならば何でも良いと手に取ろうとするが、少女からは「あんたは私の持ち主にふさわしくないからダメ」と
拒絶される。主人公は「変な武器に頼ろうとした自分がバカだった」とぼやく。その独り言を聞きつけ「変とは何よ! この
騎士崩れ!」と少女が反発。言い争ううちに、追手に見つかり主人公と少女は逃げ惑う羽目に。

なぜか少女は館の構造や周辺の様子をよく知っていたためしばらくは逃げることができたのだが、予想外の強敵が
現れて破綻する。 NEW !

追いつめられたところで「……気が変わったわ。今回だけ助けてあげる」と少女が主人公を一時的に持ち主として認める。
インテリジェンスソードから放たれた凄まじい一撃で、主人公は少女ともども逃げ延びる。

すんでのところで取り逃がしたというのに、強敵は少女の存在とその威力に満足して笑う。「逃して良いのですか?」と
問う部下に「逃がす? とんでもない。これは予定調和だよ。この威力……この国で最も名誉なき不幸な男だけはある」と
応える。 NEW !


・終盤

魔物魔導師が『怨念の集積装置』である少女と怨念の塊であろう名誉なき不幸な男こと主人公を引き合わせたのは、
少女の力を主人公の怨念で一気に増大させるためだった。


    |1章:主人公が逃げる中でインテリジェンスソードと遭遇。追手を凄い力で退けた。
序盤|   追手の正体は魔物魔導師。主人公がこの国で最も名誉なき男だから持たせた。 NEW !
    |
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |『でーま』:インテリジェンスソードを口説こう。
中盤|
    |
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |答え:持ち主が不幸になると思っているから誰も持ち主と認めない。少女は魔導師を装った魔物に騙されて
終盤|    インテリジェンスソード(怨念の集積装置)に改造されていた。少女に主人公の怨念を与える目的だった。
    |                                                                NEW !

522 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:03:26 ID:8OXFh79A0 [21/50]
             .______.  ,.. --──-- .._  _.. -──‐-、
.            i' ヽ     >'    ,,,       ,,, <  /´:::::::/
.            ! ::::::::.\  /                `、/:::::::::::::/
.            丶::::::::::::\/       ◎   o_ ◎ 丶::::::::::/
              .`、:::::::::::/            ,.r   -,,`、:::/
              丶::: /          /     ヽ. V
                    /     `'!   '  / /_l    |  l   ',
                |      |     l /´ l ハ |  }   ',    語りきれていない設定を中盤で補足し
                |     |     i!'fラ゚圷 ノ 从ハ   ハ    多少の伏線を加えて全体を整えましょう。
          __    ||     八     |弋zリ    fラ7  } |   これはかなり省略して書いていますのでご注意を。
          〃 }\_ ...|     /  \   |"""    , ヒリ /八j   1行にまとめなければならないというものではありません。
         {{,ノ::::..し{^.|     '     \ ゝ   __   "/ |.
          `丶、::::::.‘..{ {    ハ      `>     ` /ノ |
             (>r‐..`ヾニ 人 乂ゝ= ' ̄`ァ  ̄`7ー、 ノ
         | ̄ ●〉  ./ '/       /   /   i
        _レ-―┴- 、  |>'ー=´ ̄ヾー-‐ァー'´   \
        /       \|    ヘ    ヽ〔こ\   ヽ
      /          〉    ヘ    | \〉 \  ヽ
      ∨         {       '、  ! .   \.<\
      /          }    \  l  |_____ \>\
.     /                \|       `ヽ、\  Y
.      〈                      〉 厂 ̄ ̄ ̄| `‐ヽ. ∨
      \             /  {  |     │ ●ヘ \
       \        _,∠,,____ノ  |―-- -―|    l. ∧\
.          \___, イ {         / |     │    :|  l∧::.\
                ,|  ヽ       / |     │     |  | l\::.\
                   /    \    ,'  :l_____ノ    ●.|  | |  \::.\
              ´フ     〉  /               |  | │   \::\
                 /       ヽ/                  |  \|      \::\
              ∠__人  /                 |    |        \::\
                   ∨                    |    |        \:丶
                    /                       |    |         \ヽ


・中盤

主人公が『この国で最も名誉なき男』とされているのは、将来有望なエリートだったのに王殺しの嫌疑がかけられたため。
復讐相手は、主人公に嫌疑をかけた友人だと思っていた同僚。
その他、『大いなる存在』や魔物といった部分について。


    |1章:主人公が逃げる中でインテリジェンスソードと遭遇。追手を凄い力で退けた。
序盤|   追手の正体は魔物魔導師。主人公がこの国で最も名誉なき男だから持たせた。
    |
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |『でーま』:インテリジェンスソードを口説こう。
中盤|設定:主人公がの復讐諸々について。 NEW !
    |
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |答え:持ち主が不幸になると思っているから誰も持ち主と認めない。少女は魔導師を装った魔物に騙されて
終盤|    インテリジェンスソード(怨念の集積装置)に改造されていた。少女に主人公の怨念を与える目的だった。
    |

523 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:03:36 ID:8OXFh79A0 [22/50]
             _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    {:::::::::::::::::::::::::/◎           ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
    l:::::::::::::::::::/   _ _o__         \:::::::::::::::::::::::::::::,'
    i::::::::::::::::/   ,.´'´::::::::::::::::``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
    `、:::::::::/   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\       ヽ、::::::: :, '
       ;'  /:::::::/::::∧::::::::::::|:::::X⌒ ヽ     ヽ  ノ
       !  ,!:::::::::::レ-┼ヽ:::::::::j ′>≧_ハ j     Y
       │ |i:::::::::{/V::_::::ヽ::::/   仟テミf ヽ      |     あとは、登場人物の気持ちがどう動いていくかを捉えましょう。
       │ |i:::::::::| ィ尓ミ、∨   弋;ヽ:::} |     ノ    「復讐を誓った怨念まみれの主人公」が
       │ |l:::::::::|j代;;ヽ:ヘ      ゞ _;ソ j    /.       「優しい少女との日々を通して復讐の意味を見つめ直し」て
       |  リヽ:::::lハ. ゞ __ソ   ,   ///レ  /      「復讐のためではなく少女のために力を尽くす」物語と
       l    \i小 ///   、_ ノ   ,.イ____ i       しましょうか。
        j__人____ | |ゝ.、_rィと¨><∠_ ゝュ
.            1r┘ ___>'´  'ー彡-‐’ ヽ`ヽ\
.            ル尸<_ \_  _`ニ うー-、j |  ト、
           / /  / ̄ `'<爻/    ∨  i ヽ


    |1章:主人公が逃げる中でインテリジェンスソードと遭遇。追手を凄い力で退けた。
序盤|   追手の正体は魔物魔導師。主人公がこの国で最も名誉なき男だから持たせた。
    |主人公:復讐を誓った怨念まみれ。 NEW !
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |『でーま』:インテリジェンスソードを口説こう。
中盤|設定:主人公がの復讐諸々について。
    |主人公:優しい少女との日々を通して復讐の意味を見つめ直す。 NEW !
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |答え:持ち主が不幸になると思っているから誰も持ち主と認めない。少女は魔導師を装った魔物に騙されて
終盤|    インテリジェンスソード(怨念の集積装置)に改造されていた。少女に主人公の怨念を与える目的だった。
    |主人公:復讐のためではなく少女のために力を尽くす。 NEW !

524 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:03:48 ID:8OXFh79A0 [23/50]
                 ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
                     /                   `ー──── 、
          .r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
          .| //////  ◎          ◎   ∨//////// /
.       .| |///         o____     .∨////// /
          .| |〆_         ,、/      ./''゙ヽ、     ∨//// /
          .'∧ーテ=二、_/.ィ     ィ ‐/─- ミヽ、   ∨// /
        ∨Y:/   ../ { / {    / } '     ミ 'l   ∨ /
          .∨/    / Ⅳ 八  / }/       ミ..│    〈
             \.i.', / ==== ヽ(  ====   ミ ...|    ヽ
              l . V                     }}. │      ',    これで大まかな形はできあがりですね。
             .// i ' '               ' ' 〃 ..|      ',    同様にヒロインの気持ちを追いかけて書き加えたり、
             ./.( 〈{      __  ....:::ヽ   〈{/_. /     __ノ   終盤に重要な展開があるのであればその部分を
          /l .} 込、     V:::::::::::::::::}  ,. }../    /   |     さらに掘り下げていきましょう。
            ./ | .}. . .个o。    ` ー─ '. イ/.‐'´   __∠二二|     はい、『段階式プロット』ですね。
          ヽ.>、. . i. . / ≧==ァ-r‐<    { 、─<____丿
            \_ ..|. /    /r┴< ¨  ̄  '._ `ヽ 〈
                | ,    イノ_/^ ∨ ___ {   .\}
                iィ{ /////{⌒}/////八//ニ/  V
                 /{ニレ'〈//////介///////.:./ニ/   V
             /  {/.:.:.:.V/////.:.}//////.:.:/ニ/    }


    |1章:主人公が逃げる中でインテリジェンスソードと遭遇。追手を凄い力で退けた。
序盤|   追手の正体は魔物魔導師。主人公がこの国で最も名誉なき男だから持たせた。
    |主人公:復讐を誓った怨念まみれ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |『でーま』:インテリジェンスソードを口説こう。
中盤|設定:主人公がの復讐諸々について。
    |主人公:優しい少女との日々を通して復讐の意味を見つめ直す。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |答え:持ち主が不幸になると思っているから誰も持ち主と認めない。少女は魔導師を装った魔物に騙されて
終盤|    インテリジェンスソード(怨念の集積装置)に改造されていた。少女に主人公の怨念を与える目的だった。
    |主人公:復讐のためではなく少女のために力を尽くす。

525 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:03:58 ID:8OXFh79A0 [24/50]
           .r   _.
.          l     \
.          l         ̄ ̄ ̄  ヽ .__
.                O  ━  O    \     ̄   y.
        l    ,. .--─t ワ  ̄ ̄   .、          /
.         /  / ./  /''{    \ ヽ   \      /
.        /  / ..{   ' {  、  i\, V   <     /
     ..{ /:/  八  { 八  |\{/ヽV  ..:{   /
.       /彡イ  .' 个 |‐- \{  ヽ∩.\  r.'i:」  }          手順をまとめるとこうですね。
        . ゝ/.| /|  | | ∩  丶  ∪ }  /^Y|  |        
        >' |  |И  ∪      '_'ノ  .ノ.ノ |  |        ・タイトルやあらすじで読者が想像し望むであろう展開を
          八  {乂' '      ⌒7 }¨ . . |  |           『中盤』に配置する
          ⌒Ⅵ人    r‐ ヘ ,  '. . . . |   v         ・その『中盤』につながるような完結する1章を『序盤』に
             | 个: .   ー_ ´ィ  /. . . .∧   V       配置する
                ,   | V/ 「 〉_ }  __>、./. ∧   V      ・『序盤』に対応した『終盤』を配置する
                /   ,   V/ ∨ _ ' /‐‐、 \. .∧  ∨     ・『終盤』に対応した『序盤』『中盤』になるよう補正を加える
           /   /   }  ノ´ / '/   \}. ./ }   }     ・以下、主要な登場人物の気持ちの変遷に注意しながら
             /  /  __,レ'__{  i       V. . {   人     『序盤』『中盤』『終盤』をぐるぐる回って修正を重ねる
          ,  ,   / 介ニニi  |      }. . 乂  ⌒\
            i      Vニ}ニニニ|  |、_____ノ. . . . . .-- 、 \   中盤→序盤→終盤→……
            l 八{    {ニニニニ八 |∧____ 〉./. . . . . . . ∧  }                  グルグル
            |' ⌒r‐‐ 込ニニニニヽ{ニ',  V. /. . ヽ . /. .} ,
              r{´// \ニニニニ> ⌒  v. . . . .}. . .ノ {
            ゝ`<__r、   `¨  ̄´      }. . . ./. . {  八
               ⌒ト -- ───‐r‐─ '. . ./. . .人   \
                 }ニニニニニニニ∨./. . / . . ( ⌒\  }
                  /ニニニニニニニニ∨. ./{. . . . \   }  '
                    /ニニニニニニニニニ∨(人 . . . . . ) ノ/

526 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:04:08 ID:8OXFh79A0 [25/50]
            ____
     。 -―― ○      }
   __/-―¬へ- 、__     |
 / /.  へ \ \ ヽ\⌒ヽ {
. { /  l . | |  ヽ ヽ ヽヽ ヽ ヽヽ
. ∨  l. { |   | }, ォ寸\ ヽノ ヽ
  {i  |ヽハ{   }イ ァ芯!ハ .} .|   }    ちなみに、大まかなページ数はこんな感じです。
  |{   斗ァ芯 !/ 乂ソ〉| .ハ }ヽ ノ    『序盤』(=1章):60ページ前後(40~100ページくらい)
  |.ヽ  l { 乂ソ ,  `¨´''jイ .ソ ∨      『中盤』:残り
  !/ ヽ {圦''`´  r ヘ    イ从{  .トゝ..   『終盤』:100ページ前後(60~150ページくらい)
      ヽヘ ヽ   `‐ ' / { /⌒ゝ!.      
     /  }  }`≧i´  ./ ./_ ヽ     例として作った『やろっと』はラスボスとのバトルやヒロインとのクライマックス等の
     { .{. ! ./`ヽ{ }  -//     ./ ヽ   重要シーンをあえて書いていません。ページ数の読み間違いに用心を。
     !ハ ./ヘ  {   〃      /   }
          { ./ヽヽ .l/    ヽイ   |
        ∨   .∨      {   |
        /    `´        i   .l
         {               |   .|
                    _,ノ }   .|
         ゝ   >-    }.   |
.            }           {    |
.            リ               }
           /             '
.          /               ∨
         /  ____    < \
         {、_____  -<    ヽ
         |. / ∨                ヽ
         |/   ヽ               \
         |{    \              ヽ

527 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:04:18 ID:8OXFh79A0 [26/50]
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     ……と、説明してきたわけですが、
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    最初に申し上げた通りこのやり方は『非汎用型』です。
             ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈     
            / :|: N            リ: |     〔 \..  つまり、このやり方が適さない作品もあるということを
          {   |  Y          u 厶ィ|     ∨  }   お忘れなく。だいたい7割前後の作品はカバーできると
          |   | :人      マフ     /:|     [ ∨  思いますが、10割ではありません。
         [  八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ   「自分には合わない」と感じたらば使用をお控えください。
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

528 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:04:28 ID:8OXFh79A0 [27/50]
       ., -、  ____
      ((::゜ 辷、:::::::::::::::::::::::>'⌒ヽ
      ゝ‐'´::::::::::::::_::::::::::-‐弋ン
     ,/::::::::::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::ヽ
     /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ
    ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ   ご清聴ありがとうございました。
    ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/  
    \::::\ ""   __  "" ,)}:、/.  
       `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{    
        `/:::::::  ̄ _ヽ}′     
         /::::::     |三.| \      
        /::::::::::      |三.| l::::\     
      .(:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)   
         ̄ |:::::        |  ̄     
          {::::::        .::}      
          |::::::::....................:::::,'
          .l:::::::::::,-‐┐:::::::/
          ',:::::::/  |:::::::/
            l__:/   L__/

529 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/10(火) 22:04:46 ID:4ENd1VFA0 [1/6]
自分だったら、そのインテリジェンスソードの女の子の部分をインテリOL風に加工してしまうなw

530 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/10(火) 22:08:28 ID:YIk5ICTo0 [2/3]
家族や村人を助ける為に魔剣になった少女が、
その力によってさらなる不幸を撒き散らす。

あー、最高の展開ですわぁ……

531 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:09:02 ID:8OXFh79A0 [28/50]
               , ィ               , - 、
           / ヾ-‐   ̄ ̄ ` ヽ、 イ   }
             /  ,,,´       ,,,  ヽ     ノ
           /  ◎   ,、    ◎     イ
        /    ___.ゞ'__       ヽ
          {  ,ィ"´:/:x‐: :/: : : : : :7_:ー.、     ',
        〉'/.: : :/: : : ;ィ′: : ; : :∧: `: :ヽ.    i
       ,' i: : : /: :,/|: :, ィ : / ∨: : :i:ヘ   |
       ! {_,./.イ   |/ レ'    \: i: ヘ   !  『中盤』のイメージを読者へのアピールポイントとする作品であれば使えます。
       ', : |: : | ===        === |ヾ: :∧ ,'  実際には『終盤』の苛烈な悲劇が伝えたいことだったとしても問題なしです。
         ヾ:|: :/::::::..       ..::::: |: : : : : ソ
            |: :〉、     r‐┐      |: : //
            ∨\`_t-.,_ _ ´ _ ,. .ィ|: :/´
               人      _  〈:レ'′
            ∧ ` ー - r'´/   |
             / .〉     | /   .ト、
           l  `7"Y γT ー--' |
           ト、_ /_ ノ  乂|  _.ノ|
            l.        ト、 ̄ ノ   |
          /`ー ― - ┴- ̄- ― ト、
         `ーr-=.,_     __,.イ
              ∨  |  ̄|  ̄.∨
            ∨ .|   |  ∨
               ∨_|   |__∨
               ー'   ー'

532 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/10(火) 22:09:42 ID:2EQKVxBc0 [2/3]
これはまた素晴らしい講義が来ましたね! 去年の今頃もこうやってやる気を起こさせられていた気がする
乙でした

533 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/10(火) 22:13:25 ID:4ENd1VFA0 [2/6]
できる女の子を目指していると思わせて
“女性”概念らしく生み出したいという願いがある、殺すしかできない刀の亡霊とかで

序盤中盤終盤出てくる雑魚に和妖怪の名前を当てて行けば、和風怪談の……
後は「かつて女性は太陽だった」とでも入れて、恵みや再生につながる破壊で刀も崩れてビターで〆とかかな

534 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:13:37 ID:8OXFh79A0 [29/50]
                                  ,ノ'ヽ,、
            _,,,,;:;;::--::---::;;:--─---::;;--:;.,,_   /′  i i,
       _,,...:;;;ー''゙⌒      ‐'″         ~゙'∨    .::i, i,
     ,,,;;;:::         ,,,            ,,,   /    .:::::i, i,
   <,_          ◎    ,.,o,.,._,.   ◎  /     .::::::::i i
     ゙゙^ー-       _,;;rー'゙~ /i /;~^..:ー-、'' ,, .〔    .::::::::::i }
          〉      /             }  `ヽ     ヽ/i
        /     /   '  '  ,イ |     ' ,ハ.   ヽ       l
       l     /.    / / \ j/|   ' イ //ヽ、   !       l.    「主人公がどんな決断を迫られたか」「主人公が
       !    /:|l   イ i/__≧| ,/ /_≦__ヽ、 |     !   どんな決断をしたか」「その結果がどういうもので
       !    !/il   Ⅳ | |::::::::::| | /j/   |::::::::::|  ヾi|     !   あったか」等々、語っていませんよね?
        `ヽ、l}/从 .| ヽ|  、::::::ノノ'     、::::::ノ   ll|       i.    これら、どのように傾いても問題ないんです。
            /     ヽト、_.!               /∧     /.    
            i ,   │ 八 ""          ""// li  /..    「どこまでも優しい君を助けたくなった」おっけーです。
            | /   |,}`ヽ个: .     r y     .メイ.   ll:,ソ        「裏切りへの復讐のために信用してくれた君を
            |ハ /i., '|  | ∨. .`≧=‐-   -‐=≦/ ,ィ ,イ }       裏切ってしまった。今度こそ間違わない。償いたい」
             ∨_/ |  l }\. .|   \_/  /./イ// {,∧     どんとこいです。
           l´   |  | / : :ヽト、___∧___,イ. //   / {|      「復活した『大いなる存在』を封じるために。封じて
             /   ム-└- 、: : }::::::::::::{::}:::::::::::|/7      〉     あなたを助けるために私は生まれてきたんだって
           /二 ノ __,.  ,}、: :〉:_:_:イ∨ト:_:_:〈 /       ,イ     信じられたから。ありがとう……」行きましょう。
           ̄|ノ   ̄`ヽ 〈 .}/:::::::/ヽ-'ヽ::::∨       |      ぜーんぶ書けます。
            {    ̄ \ イ/`ヽ:/: : : : : :.V∧二二二 ヽ}
            |ヽ   マヽソ¨´: : : : : : -=彡: : :/ ̄ ̄ ̄7ヽ/

535 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/10(火) 22:16:06 ID:puFOxJRc0 [1/6]
乙でした
拾われてて動揺せざるをえない
というか>>250ってタイトルというより企画名な感じだったなーと

536 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/10(火) 22:17:26 ID:4ENd1VFA0 [3/6]
凄く分かり易いけど、凄い駆け足だから、二つの意味で流し読みで済ませてしまいそうになるのが少し怖かったですがw
お疲れさまでした

537 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:19:02 ID:8OXFh79A0 [30/50]
             _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      {:::::::::::::::::::::::::/◎   o     ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
     i::::::::::::::::/    ,.´'´    ``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
     `、:::::::::/   // // //!/  ! l  \     ヽ、:::::::::, '
     . ヽ::::/  //__,,.イ /| |ト、   `ト       ヽ/
      .     !   // / || / ! |/  \ | \      \
         |  ,' i /|z=≠==   =≒==z|       |
         l  l !/ 、、、、           、、、、|       |     「復讐? 今日から俺は愛に生きる男だ!」力技可能。
         l  /         ――‐┐    |      |     「つまり」「コイツが」「「全部悪い、と」」フルボッコタイム。
         l ,'        |      |     |      |    『中盤』に裏切った友人についての伏線を増やして、
         | ヽ.        \__,ノ     |      |     実は主人公を守るための裏切りだったのだ――して
         | l   \_ /!             | /     /     「バカな……! この力は怨念ではない!?」「これは
         |Λ / |//  |‐-  _  ___「ヽ-┤/l    /      俺の信じる心の力だー!」してビカァっと勝っても
        | ∨  /  Ν\>ァ' ,⊥」  l/l//|  /        大丈夫です。少年漫画。
             l   |-‐ヘ.  {,/   |  И/l/
             |    | l /フ○\_|   !ヽ.
             ゝ、_j j,/〈:::::::|:::::::〉| ノ} }
                 `7   ⌒⌒´  辷'ノ/

538 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:21:54 ID:8OXFh79A0 [31/50]
>>536
           ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_         ,、/: : : : :i: : i`:ヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/: : : : : : : : !: : |: : :.:|:ヽ、  ∨// /
  ∨Y://: : イ: : : l: : !,: : : : : :l:.リ、VI: : :/!: : ,'l   ∨ /
  ∨/:{: :/: |: : :从ノ、: : : : : :|/l/ ト、 / |: :/│    〈
   \|: {从!: :{r=rttォ、、: : : :! イ云心下/ : |     ヽ     これでも本文26レスもあるので、ギリギリですね。
     l从{,ハ: :{  マ、rム ヽ: :.|  マ、_∨,: : /│      ',    話は凄く単純なんです。
     /`/: :ヾjハ. ∨ソ ,.Ⅵ   ゞ- '/: :/ : |      ',    
    /./:イ: : : :八      _     /: :/: , /     __ノ     「『中盤』から書き始めて、完結した1章である『序盤』を作り、
    /l.く 从: l: : : >. .,ィ-っ`  イ/: :イ:/    /  |     それらに対応した『終盤』を置きましょう」
   / |  {: :{: !从',: : / イ、.T、´r‐'/;ィ‐'´   __∠二二!     
    ヽ.>、VI/二ニ`/  イ,〉 `V卞ニ、─<____丿     たったこれだけ。
      \___,r'´ /{   ハ    ヘ    `ヽ 〈
        / ./l \_ノ人!ー--'∧.   r' \}

539 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:27:42 ID:8OXFh79A0 [32/50]
>>535

                         /i
    _,,.. -― ―…,,, ァ''"´ ̄``丶、 /,  l
     \…ー‐- 、_,. ◎  、    ,,, //  l
.     .\   / ,. -―…ォ-ゝ、◎ 〈     |
.         \//::::::::::::::::::::::::::::::\.  \  i.|
          {/ /:::::::/ハ:::::ト、:: j ヽ   ヽl.|
.           l.:::::{ ::ハ{ 、ヽ| \|:::::::!',    Y
          l:::::ハ/‐'    ̄  |:::::::|::|.ヽ  |
.           l::::::} _>   <_ |:::::::| |::::lヽノ     まあ、同じことです。
           l:::::リ // _. -┐/.i:::::::,ハj / (      『中盤』がイメージしやすい案を1本、
.            ',:ハ:\  ヽ _.ノ-t |::::/ノレハゞ     ややイメージしにくいタイトルを1本、
              Vい(^_}匸ト-く !/ レ′         イメージできないタイトルを1本の合計3本のプロットを
             ノ ̄}><]  ヽ ヽ            書くつもりだったのですが間に合いませんでした。
                〈  丿§ \  )ヽ         
              `フ _§   ̄   ',
              /            ∧
                厶-‐,==、‐-ミ_ __)
              ム-┴{ { ト、厶L[_」ノ|
               | |__|
                  匚lL

540 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/10(火) 22:29:06 ID:4ENd1VFA0 [4/6]
見せ場を考えましょうと言われても、何を基準に見せ場を選んで見せ場の見せ所はどこでってなる所を
具体的に行動で教えるところが凄い

お客のお茶が減り具合を見て適宜追加しなさいだとわけわかめだけど
コップ内側の模様のラインより下回ったら追加しなさいと完璧にマニュアル化した感じ

541 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:32:11 ID:8OXFh79A0 [33/50]
             _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      {:::::::::::::::::::::::::/◎   o     ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
     i::::::::::::::::/    ,.´'´    ``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
     `、:::::::::/   // // //!/  ! l  \     ヽ、:::::::::, '
     . ヽ::::/  //__,,.イ /| |ト、   `ト       ヽ/
      .     !   // / || / ! |/  \ | \      \
         |  ,' i /|z=≠==   =≒==z|       |
         l  l !/ 、、、、           、、、、|       |     です。
         l  /         ――‐┐    |      |     皆さんが欲しいのは
         l ,'        |      |     |      |    「正しいけれども基準が曖昧過ぎてよくわからない言葉」
         | ヽ.        \__,ノ     |      |     ではなく
         | l   \_ /!             | /     /     「短い言葉で、具体例付き」なのです。
         |Λ / |//  |‐-  _  ___「ヽ-┤/l    /     
        | ∨  /  Ν\>ァ' ,⊥」  l/l//|  /       
             l   |-‐ヘ.  {,/   |  И/l/
             |    | l /フ○\_|   !ヽ.
             ゝ、_j j,/〈:::::::|:::::::〉| ノ} }
                 `7   ⌒⌒´  辷'ノ/

542 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/10(火) 22:32:58 ID:7fmu1FHY0 [1/2]
このプロットの恐ろしいところは簡単に出来そうに見えてしまうところ
実際に作ってみると、どういう訳か足すべき情報が足せてないか
間違った方向に進んでしまい、ものの見事に失敗するんですよね

543 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:34:20 ID:8OXFh79A0 [34/50]
                  /{
                /  > ⌒`ヽ _
               /   ○      ○   ヽ―-  _
             /´    ===             >
           ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   \  /
           ∨ ̄         ̄ヽ \   ヽ´
           '.    {`  ム       }   ヽ  /
           {  -―|     } 斗-―-  }  } )
           {ハ|人 ハ!    レヘ ∧ ,} /  ∨.       あとですね、最初に『中盤』を作るじゃないですか?
           !ヘ}丁¨了     丁 ̄了リ/    }`       そこに引っかかるならば、先んじて『小話』やりましょう。
           { リ 乂ソ      乂_,ソ ノ .}   .!.        
           ヘヽ     △     イ /!/ ノ        これまでの講義に反する内容ではなく、あくまでも手順の一例を
           ヽ >  ____ イ/^ ~ヽ       紹介したに過ぎないんです。ちゃんと全部活用できますよ。
            / 7´ {><}¬´ )、}   /⌒ヽ
    ┌――――/ ゝ  > 、__,ィ´  )――――ヘ
    |///////(ノ´//7////////  /////////
    |/\/////////////////{ ///////////

544 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:37:06 ID:8OXFh79A0 [35/50]
>>542
      _」_                        `X
    X´                     /i     ┼
   /      -― ―…,,, ァ''"´ ̄``丶、 /,  l
  ┼    …ー‐- 、_,. ◎  、   ,,, //  l
.          \   / ,. -―…ォ-ゝ、◎ 〈   |
         \// .:.:.:,'{.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.\.  \  i.|
              {/.:.:-ハ.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ-.j ヽ   ヽl.|
             /;'.:.:.:/  ヽ.:.:.:∧| ヽ.:.:.: ', ヽ   |     きちんと単純化できれば大丈夫ですよ。
         /:.:!.:.:/ ◯  \|  ◯ ';.:.:.:. |:. ヽノ     我々がいちどきに把握できる情報量は大して多くありません。
         /.:.:.l∨,,        ,, ∨∨: ,. '      作者本人が「なんだかややこしくなってきた」と感じるものは、
.        厶∠人     t‐ーヘ    ,__人.        読者に読解を要求してはいけません。
              ーr-f^)_ノr‐< ノ          理解できるものを理解できる範囲で理解できるように書きましょう。
               ∨ ヽ{==77\
                `tーイ' 〉 <  \

547 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/10(火) 22:40:59 ID:puFOxJRc0 [2/6]
自分もタイトル>>250で書くなら、復讐やバトルシーンすっ飛ばして魔剣ちゃん(仮)と色んなシチュでダラダラ会話するだけの話になりそう

549 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2017/01/10(火) 22:43:00 ID:8OXFh79A0 [39/50]
>>547
それで正解です。そこを『中盤』って置いちゃいます。

ちなみに、ここでいう『序盤』をまるごとカットする手法も存在しますね。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する