へぼ侍

新品価格
¥1,512から
(2019/8/26 14:52時点)

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~ (MFブックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/26 15:06時点)


クリックで開閉

やる夫で学ぶ並行イスラーム論 EX:ソ連時代のイスラーム政策

163 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 01:30:29 ID:26c6a5fd [1/3]

今回の投下内容

EX:ソ連時代のイスラーム政策

EX-1 ロシア帝国時代のイスラームとムスリム
EX-2 1920年代のイスラーム融和政策
EX-3 1930~40年代の弾圧政策
EX-4 ムスリム宗務局の設置 1943~1944年
EX-5 フルシチョフ時代の新儀礼運動
EX-6 ブレジネフ時代の社会主義形骸化と儀礼
EX-7 ペレストロイカとイスラーム

今回の文献

.


164 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 01:31:25 ID:26c6a5fd [2/3]


               ____
             /      \
           / ─    ─ \      ありす 今回は何で2話のソビエト民族学の話ではないんだ?
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「    2話はソ連のイスラーム研究についての話ですが
         /::乂ム:::}       '     ム}
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|    それにはソ連のイスラーム政策を抑える必要がありますので
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧   今回は>>64で紹介した Ro'i,さんやKellerさんを中心に新しい文献も加えて
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ  ソ連時代のイスラーム政策を簡潔に抑えておくのが、今回の内容です
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |


.



スポンサードリンク




165 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 01:34:23 ID:26c6a5fd [3/3]


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   なるほど、やる夫も共産主義=宗教弾圧ってぐらいしかわかんないお
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/   どういう風に弾圧されたのか 時代の程度の差もわからない
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




        ___,,,-―--、_
      /::. ::. ,,-――::. ̄ー、
     /::. ::./::. ::. :/::. ::. ::. :、ヽ、
     .|::. :/::. /::.:/::. ::. ::ハ::. ::k ::ハ
     |::. i::. /::. ::. ::. ::,イ:/  ヽ::. :i:: ::|
  r-‐Tミ|::./::. /::. ///    ヽ_|:: ::|
 .く  ┤ミ|::|::./_,,ナーレ′  ,,-'´ !|:λ}
  ヽ /|t、_レ|/‐yテj=ミ    ィ=テyレ′   そうでしょう そうした理解では
.     |:!(t |::.i 《 tしソ    もノノj|
    |::|:ゝ|::..k      ,    |::|    この並行イスラーム論もちゃんと理解できませんので
    /λ入|::. :〉、    _    ノ::.:|    ここで押さえておきましょう ではさっそく本題に
   /::|:〉'、ー|:: |Y i´r゙}ュ__,,.ィ'´/::.:/
.  /::/i'、 ゙ーV「VUUj ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  /::.i:: k、   / |            .|
. {: :.|::.|  ̄/. i             |
  ヽ::ri:| r'i.  |           .|
   `t:| / !.   |______rfヽ{ヽ__.」


.


166 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 01:40:56 ID:26c6a5fd [4/12]


EX-1 ロシア帝国時代のイスラームとムスリム


             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |    そもそもの疑問なんだけど
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |    ロシア革命前…つまりロシア帝国時代のイスラームってどうだったんだお?
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |



                 ____
              ,...::::::_::::::::::::::`:::..、
            ,..:::´ ̄::::,::::::::::`ヽ、:::::::::::::ヽ
           /::::::::,::::/ヽ:::::::、:::::::\::::::::::::',
         /::/:::/:/::/   Ⅵ:: |::{:::::::::\:::::::::
        ,:::,::::/:/-/、   {::{斗ム::::::::|:::|::::::::|、
        |::{::::Ⅳ _{      ヾ \}\:::}:::}::::::::}_ ヽ     やる夫さん ロシア帝国は16世紀にモンゴル帝国の後継国だった
        {:∧:::l,ィ雫ミ、    ィ雫ミ, Ⅵ/-、:::, \)    カザンハンを初めとしたヴォルガ川流域を
          从l ゝVソ      V(ソノ /::}'/ ,::::|   〉
          /:::.    '        /:::/_ノ:::: |   {    19世紀初頭にはアゼルバイジャンなどのザカフカース地域とカザフスタンを
            {:::人    、__,    /:::/::::::::::Ⅵ\_ノ
           |::/ |::::...     イ{::/:::|:::::::::::\ }     19世紀中ごろには北カフカースとそれ以外の中央アジアを征服しています
           |:{ 「 ̄┼`´╋┼ 从-、:::::::::::::::::∨
           ゝ} 乂╋┼╋┼╋┼╋ 、::::::::::::::::.     しかし、それらのムスリムはみんなロシア帝国の支配を受け入れたわけではなく
         / / \╋┼╋┼╋イ ∧:::::::::::::::}     反乱などが良く起こりました
           Ⅳ    /` ー―― ´ /  ,::::|:::::::::|
         ,:′   l{={}=     ,     |::::|:::::::::|
          {    /      /    ,:::::|:::::::::|
         |     ,′       /    /::::/::::::::/
        :    〃={}=    ,:      /::::/::::::::/
          {   {l       /    /::イ::::::/
          ∧   ||     /    /´/::イ
       ,   \ l{     /    /  ̄´
        /    ` |!   /    ∧
     /     ∧  /    /  \


.

167 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 01:43:37 ID:26c6a5fd [5/12]


          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....     その反乱に手を焼いたロシア帝国は、ムスリム地域に関して
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:     ロシアの法律を一様に適用せず、一部イスラーム法を温存させ
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.    それをムスリム宗務局と呼ばれる、政府に忠実なウラマーに監督させたのです
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨


.

168 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 01:51:41 ID:26c6a5fd [6/12]

※ロシア帝国のムスリム宗務局
ロシア帝国の内務省の管轄かつ給料をもらいながら、ロシア政府に忠実なウラマーがムスリムを監督する組織。
さらに、この組織のウラマーは一代貴族の権利・年金・税免除など特権が得られた。

ザカフカース・ムスリム宗務局=カフカース地域
タヴリダ・ムスリム宗務局=クリミアなどウクライナ・ベラルーシ・ポーランド・モルドヴァ
オレンブルク・ムスリム宗務局=ヴォルガ川流域・カザフスタン・中央アジアの一部など

☆任務
・(イスラーム法における)家族法や刑法の裁判
・イスラーム的な慣習などに関してのイスラーム知識の伝達
・イマームなどのイスラームに関する職の資格審査 教育プログラムの作成
・モスクの登録管理
・ワクフの管理
・ファトワーの提示
・日々の礼拝などの指導
・マドラサの運営
・ムスリムの戸籍作成管理


            ,.....::::::::: ̄ ̄:::::`ヽ、
           /-、::---:、:::::::::\:::::::\
            ,.:´::::::::::::::::::::::::\::::::::::\:::::::ヽ
        /:::/::::/\::::::ヽ::::ヽ::::::::::::ヽ:::::::.
        .':::::|:::/   \::::∨:::∨:::::、::|:::::::|_
         |:::,::|/__     ヽ::{、:::::∨:::{Ⅵ::::: | `ヽ
         {:イ::|'  `    イ}´\::∨:|:::|::イ:|   '
        从{ィ雫ミ、    ィチ雫ヽⅥ:,_::::|::| 、/    まあ、まとめるとこんな感じです。
           |. 、Vリ     V(ソ ノ':::::|) }:|::|ー'
           |::      ,       /:::::|ノ::|::|      政府に忠実なウラマー(イスラーム法学者)が
           |人    _  _  ィ{:::::/_}:::|:::.      民事に関することのみを担っていたと言う感じです。
           人::::>.. _``「Yヽヽ='|::/イハ:j::::l
          ∧::}`┼╋+ヽ/\/Y/╋┼}:::::|     19世紀以降のロシア帝国はムスリムを恐れつつも、放任政策という
          〈╋`┼╋┼{´{_/∧/⌒ヽ::::|     ロシア化正教化を行わないことで、ロシア帝国への忠誠心を高めるという政策でした
          / 「>、ー― ∧     '.    }::|
        ,: |/r、//> 、 ∧     ,   |::|
          l  |/| Y 7ア/// ∧     ∨  ,:/


.

169 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 01:54:36 ID:26c6a5fd [7/12]



               ____
              /    \
              /          \
            / ⌒    ー    \
             |  (●)  (●)    |    管理という、意味ではあんまりソ連と変わらない気もするけど…
            \  (__人__)    /
              /   `⌒ ´   イ`ヽ、
         , '     ` ̄          \



   .  -‐:::::¨¨`´ ̄¨¨::‐-..、
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:\
//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/  マ.:.`:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:、
:.:./.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:./   マ:.:.:i、:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:./‐-:,∠/:.:/     マ;.l__マ:.:l:.:.:.:.:.:.l
:':.:.:.:.:/:.:./ //`     '´V マ:.l.:.:.:.:.:|:.|
:!:.:.:./:.,ィz≠=t、      ,ィェz、Ⅵ:.:.:.:∧l
.|:.:/:Kく _)圦i|ヘ    ィ_)圦!¨ヾ|:.:.:./ /
:|/:.:∧ ヽ弋ニノ     弋ソ / j:/      管理しているのは事実ですね
/!.:.:.:.:.        `     イハ
:.:!:.:.:.:.i                 l:.:.:.!      ただ、ソ連時代と違って「イスラームそのもの」の弾圧はあまり起きませんでしたし
__!:.:.:.:.!、     r'⌒      /!:.:.:l      民事的な事項だけとはいえ、イスラーム法が一部施行されていると言う点で大きく違います
f 、:.:.:!ノ\     ` ノ    /:.:!:.:.ハ、
、  ヽ:!ヽ   ‐-   __, イ´ ̄ヽ!ノ:.i.:.    とにかく、ロシア帝国時代のイスラームは制限を受けつつも
,(   ` `、   /   | 〉;';';i;';';';';ハ:.:l:.:.i   イスラームが概ね守られていたと考えていいでしょう
__、     、 ノ     } 〉;、';!;';';'/;'i:.:!:.:l
:/:(      ノ¨ヽ   ノ丶;';';l';';/;';';!/|:.j


.

170 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 02:05:54 ID:26c6a5fd [8/12]

EX-2 1920年代のイスラーム融和政策


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     ……それじゃあ、ロシア革命が起こってロシア内戦が終わったあと
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/     ソ連ではすぐイスラーム弾圧が起きたのかお?
          /     ー‐    \



                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │    あ、いや……ソ連体制が真の意味で始まった1920年代初めは
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │
         │ヽ               !  |イ│゙、 │    イスラームと融和的だったんですよ
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |     コレニザーツィヤ政策もあったので
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │ 
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /


※コレニザーツィヤ(Коренизация)
ロシア語で「現地化」を意味する言葉。
この政策はその地域に住む(ロシア人を除く)基幹民族の文化を向上させようとする動きであり
現地の言葉(例えば、カザフ語やアゼルバイジャン語)の取得奨励、官僚の現地民族の採用、民族領域の策定(中央アジアなどは顕著)
それと共に、宗教も文化の一要素として認められていた。


.

171 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 02:09:43 ID:26c6a5fd [9/12]


・金曜日を祝日にする ※金曜日はイスラームにおける集団礼拝の日
・クルバン、ノウルーズ、ラマダン、アーシュラーなどの宗教的な日をムスリム労働者の休養日とする

※クルバン=犠牲祭 ノウルーズ=旧イラン歴の祝日 ラマダン=断食月
アーシュラー=3代目イマームフセインが死んだことを悲しむシーア派の祭日


               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「
         /::乂ム:::}       '     ム}   具体的には、以上のようなことをやったわけです
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧  このようなことは、ロシア帝国時代にはなかったことですね
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |


.

172 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 02:12:50 ID:26c6a5fd [10/12]


EX-3 1930~40年代の弾圧政策

.              /      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            ´ / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::`,
           ___,/   ´ . : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: :: ::´,
.         |¨/  . .: :: ::/: : :/:/ / :/ /: : : : : : : : : : : : : : ::´,
.         |/ . .: :: :: ::/__/| :/ / : ′,′:′ : : : : : |: : : : : : :´
        ,′ : : : : : // ` |/ i :/  ′厶:!: .:| : i : |: : : : : :: ::i
          {  : : : : ::/{__,    丶|/  i :/⌒i : :| : i : |: : : : : :: ::|__
         ': : : :: ::仆=卆=ミ      |/  八: :| : i : |: : : : : : :::|¨}
          [\; ; : ,小 r┘ _) `     ‐‐- `:| : i : |: : : /:: :: :| :}
          [_:_乂|: : | _乂辷ン      竿ミト, | : i : |: : /:: :: : :|∧
          | : :i: :|∧| , , ,         r┘_) _}〉: ; : ::|: /: :/i:: ::|
          | : :|:i:圦       ′   弋辷ン/: :/: : ::|/: :∧i: : |    もっとも、やる夫さんの言うとおり
          | : :|:| : : :..             , , ,  厶イ:{: : 八 :∧i:i: : |    1930年代にはコレニザーツィヤ政策が後退して
          | : :|:ト、 : ;心、   ‘ ’      勹八{/|: ::/i:i:i:i: : |
          | : :|:|: :\ 「   、__     ィ: : : :: :: i:i:i:i:'^Y i:i:i:i: : |    イスラームは「社会主義的な文化」ではないと見做されてしまいました
    -─┬‐| : 从_:_:_:ソ       / : :|:: :: :::,'´|i:i:/ ,′.:i:i:i:i : |    具体的には>>29で私が言っているような政策が取られたんですね
  /    ^V⌒!__厂]「´       ,′: :|: : : ::i |i:/ /. . ::i:i:i:i : |
. /      :/ ∧_,厂}|        _人_j__:|: : : ::| |/_,.厶: : ::i:i:i:i : |     ちょうどスターリンが政権を握って
/      :/ ∧__ 厂}ト、__     __,,ノ¨ ̄} ̄}r-'´)^ -‐ ∨::i:i:i:i : |     集団化工業化を進め、大粛清を進めている時期と重なります
     .::/ ∧____厂〃⌒¨∨¨⌒ヽ__厂} ̄}| く /  __. }: :i:i:i: : |
    .:::/ ̄ ̄V⌒!__{{__ __只__ __}}__厂__./|   `i__/  '::i:i:i: : |
    ::厂 ̄\ノ , ′厂¨゚7/ | 「゚¨Ζ _厂}八   {  火⌒i:i: : |
   _,′‐‐- | 〈  ′○{:{__| |厂__厂__,/^{{\_ __/⌒Y^|:i: |
\__{{  ヘ.,_}┘,′   /¨¨| | .厂 f'⌒  ii⌒Y⌒Y⌒^人|:i: |
  ::ⅱ   ‘, ,:′ ○ / ___,|_|_厂 __}   ∧_人__,    !i |
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒l__ __/⌒Z...ノ⌒Z⌒ヽ  / ∧        ’:i |



.


173 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 02:19:09 ID:26c6a5fd [11/12]



        。z≦=x==s _
      /:::::::::/::::::\::::::`ヽ
     //:::::/{:::|:::::::i::::::::::::::::::::ヤ¨ヽ
      1:::/ vⅵ::::::|:::::::l|::::::::::::ヤ ̄`ヽ
      从}ィ旡㍉::::',::::::リ::::::::>{<ヽ /
        ノ ソ  ゞ込_ノ::::::父彡ミ、_j      このような弾圧政策が取られたのは
      〈    '''' }:::リλ弋::::::::::.ヘ__〉
       Y⌒ヽ ,/::/ イ:::::丶::::::::::.       イデオロギー上の敵と言うこともありますが
          `ー /::/   ヤ:::::::::ヽ:::::::.
          i::/ > 彡⌒ヽ;::::::\ヘ      そもそも、ソ連中央はイスラームを遅れた 後進性の証と見做した点も大きいです
          |' 1} /i:i:i:i:i:i:i:\:::::::\、
           j l^Y:i:i:i:i:\i:i}ヽ::\:\
             |。|:i:|:i:i:i:i:i:i:i:∨i:i∨:::ヽ、\
             |。|:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:iⅵi:i∨:| トリ
       ___   ヾ',i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:iⅵ:i:i∨
      r ´f ̄゛t‐- ヘi:iⅥ:i:i:i:i:i:i:iⅵ:i:iゝ


.


174 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 02:24:39 ID:26c6a5fd [12/12]



            ,.....::::::::: ̄ ̄:::::`ヽ、
           /-、::---:、:::::::::\:::::::\
            ,.:´::::::::::::::::::::::::\::::::::::\:::::::ヽ
        /:::/::::/\::::::ヽ::::ヽ::::::::::::ヽ:::::::.
        .':::::|:::/   \::::∨:::∨:::::、::|:::::::|_
         |:::,::|/__     ヽ::{、:::::∨:::{Ⅵ::::: | `ヽ
         {:イ::|'  `    イ}´\::∨:|:::|::イ:|   '
        从{ィ雫ミ、    ィチ雫ヽⅥ:,_::::|::| 、/     大粛清の時代によって、イスラーム知識人の抹殺
           |. 、Vリ     V(ソ ノ':::::|) }:|::|ー'      マドラサやモスクの閉鎖によってイスラームを公的に教えることは不可能になりました。
           |::      ,       /:::::|ノ::|::|
           |人    _  _  ィ{:::::/_}:::|:::.       そして、イスラームに関する書物なども地中や家の壁に埋められたり
           人::::>.. _``「Yヽヽ='|::/イハ:j::::l       燃やされるなどイスラームの知識に大きなダメージを負いました
          ∧::}`┼╋+ヽ/\/Y/╋┼}:::::|
          〈╋`┼╋┼{´{_/∧/⌒ヽ::::|       また、一部の民族は故郷から強制移住させられたり
          / 「>、ー― ∧     '.    }::|       集団化によって伝統的な遊牧が出来なくなり、家畜を80%以上死亡させるなどの例も出てくるほどでした
        ,: |/r、//> 、 ∧     ,   |::|
          l  |/| Y 7ア/// ∧     ∨  ,:/


※ムスリムの強制移住で有名なのは クリミアタタール人、チェチェン人、メスティア・トルコ人などが挙げられるだろう

※集団化の影響によってカザフ人は人口が死亡や隣国への脱出によって半減したと言う

.
175 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 02:29:11 ID:26c6a5fd [13/19]


EX-4 ムスリム宗務局の設置 1943~1944年

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  | u.  (●)  (●)  |   あーやる夫が知っている 弾圧もこんな感じだお
.  \    (__人__)  /   これでイスラームは完全に弾圧されたんっぽい?
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「     やる夫さん それがですね大祖国戦争で
         /::乂ム:::}       '     ム}
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|     ソ連軍がドイツ軍に苦戦し、しかもムスリム地域にまで入ってくると
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧    スターリンもムスリムを弾圧させたままではまずいと思ったんですね
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}  ドイツと協力されると大変ですからね
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |


※大祖国戦争とは第二次世界大戦の独ソ戦のロシア側の呼称
ナポレオンのロシア侵略を祖国戦争と言ったことを、スターリンが真似して付けたらしい



.

176 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 02:36:05 ID:26c6a5fd [14/19]

「大祖国戦争の前夜、ヒドルがスターリンの夢枕に立って語るには「汝はまもなく強敵と戦うだろう。
モスクを1つでも再開させたら勝たせてやろう」」と言った
これを聞いたスターリンは部下と口論の末に、何百のモスクを再開させた……


※ヒドル=イスラーム世界に登場する伝説の人物。 クルアーンでモーサの前に現れて辛抱強さを試したり
海や川の守り神なったり、不老不死の力を手に居たりと…不思議な力を持つ男として崇拝される。
アラウィー派など一部の少数派ではアリーと同一視する場合もある。


                  _....:::―::....._
              ,...:::´:,::::―---―:ヽ、
             ,.:´:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::::::/:,::::::::::::,::::::|:::,、:::::::::::::::\
            ':::::::/:/::::::::::/::,.:' }/  ヽ::、:::::::::ヽ
          ,/{:::::/:/::::::::-/:/、/'    |:∧:::::l:::',:|
         /(__/|::::l:イ::::::://'     ´}  ∨:|:::}:|
         ト  ,{::,.-|:::イ,ィ震Tミ    ,ィ震ミ, }:/:/ '
         {   /|:{ {'|::从 Vソ    Vソ ノ/::イ    これに関して、今でもムスリムが信じているおもしろ伝説があります
          乂ノ/::乂、}:::::ヽ      ,   ムノ
          /::,::::::::∧:::::::.     、 ,   人|     スターリンがイスラーム融和政策を行ったのは
           /::/:::::::::{::::\:::} 、      イ|:::/     ヒドルのおかげだという伝説ですね。上の話です。
           ,:::/,:::::::::::|::::|::|从  ` T ´-r、,|:/、
        /::イ/:::::::::/ィ |::|ムリ、_,__ノイ_∧.......
          /:/ /:::::::::/.......ヾ}乂匸 ィ介ー;/}_」、...}        /)とニヽ
       {:/ ,::::::::/{...........リ...乂〉、〈∧〉 /_〉.∨...ヽ     Y  ,ィ_ニ}ノ
         从 {::::::::{ム..............}.....`ー、_,l|。}ノ........}......_}    /  ムィノ
        ヽ} |::::::::|:∧...........|.....................;.............,./.....Y  ,   /¨ ´
          ' 从:::::|:::::}...........∨...............,j.l........./,ィ⌒ヽ.〉 ´  ,
           Ⅵ从:|.......\.∨.........../..j......〃  `Y,J    /
           リ   |.............>、_./_/--V   t-ノ   /
              乂.....¨´...........................}_)-く.「´  ,
                \................................|_)..| ` ー ´


.
178 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 02:39:16 ID:26c6a5fd [16/19]



         〈fニニニニニニニニニニニニ≧./.........}_    ∨
         「_ - ¨¨¨¨¨¨¨¨ - _/......./ マ    |
          /.:.:.:.:./.:.: ハ.:.从.:.:...:.:.:≧ _〈_____ノへ.  |
.         /.:.:.:.:./.{.:./  ∨.:.ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.'..ヽ.|........../  {
       .′.:.:./ |. {   、.:{ \.:.:.:.:.:.:.:':.八__/   ′
       l.i. : /. 从|          \.:.'.: : l.:.:..`V____.人
       }i|.:.:{.ィfi芹ミ、    ィfi芹ミ、 l∧.:}イ´¨`7xxxx.`  、
.         |.:从弋rツ      弋rツ 八.:|:7⌒Y.:.: ト、xxxxxxx}
        〉.:人    ,         /.:.:.:..:'   }.:.:.:.,x\xxxx〈    これが本当かどうかわかりませんが
.        ′.:l           /.:.:.:.:./  イ. : : ′ \xx |
         |.:.:∧   、   ,   /.:.:.:.. /<´.:.:.:.:.:.:.:.:.,xxxx\.}    大祖国戦争が始めると、人々は閉鎖したモスクに集まって
         |.:.:.:个 、       {.:.:.:..,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :′xxxx\   「ソ連の健勝と勝利」を祈り、「ファシズム」に死を祈ったのです
         |.:.:{xx|.:.> __ .。o≦.|.:.:./_ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,xxxx/
         从 |xx.|.:.:..:..__」--‐―八.{/....\ : ..:.:.:.:.:.:.:.:: ∨/    さらに、各地のウラマーは「ファシズムは正しいムスリムの敵」という
       \ }|xx」-≦...|     /....../ ̄ ̄\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..,     意見を出して、ソ連政府と協力する構えを見せたのです
        。s升 {... .r--|r--‐≦......./.      \.:.:.:.:.:.:.:.:′
       /  _〉>...l./|.................. /.        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..,
.      /  〔/.......λ.....|r--‐‐‐.7          |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′
     / /  |......./ {.....|/     ′.        |.:.:.:.:.:.:.:.ト、.:.:.:.:..,
    / /.  |... /.  |... |    Y.          '..:.:.:.:.:.:.:′\..:. ′
   {.  ′   } /   \{.   /           '..:.:.:.:.:.:: : ,  \.:.:.:.,
   八. | j{O    O j{    ∧            '..:.:.:.:.:.:.. {    \.:′
    「..{ j{ト、  ト、  j{     ∧            |.:.:.:.:.:.:.:.|.    \{
    j_ム j{ \|. ∨. j{      ノ、__         。s升.:.:.:.:.:: :|.      \
.    / /.j{O.     j{.   イ .}..... ̄ ̄ ̄7¨¨´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. : |


.

179 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 02:41:56 ID:26c6a5fd [17/19]


※ムスリム宗務局 ソ連に4つだけある政府に忠実なウラマー(イスラーム法学者)にムスリムを指導させた組織
以下の4つが各地域で、ソ連政府の監視の下指導をしていた
ソ連邦ヨーロッパ部およびシベリア・ムスリム宗務局(ウファ)
中央アジア及びカザフスタン・ムスリム宗務局(タシュケント)
ザカフカース・ムスリム宗務局(バクー)
北カフカース宗務局(ブイナクスク 1977年以降マハチカラ)


                           _// /       丶、
                              ノ( { {   (        \
                           { ,. -――=ミ、┌‐ 、 }  \
                              )んx ー‐=ミ、   )   },人_  }
                             /   ⌒^YんィY´ /⌒Y(  ,ハ
                            / /  //||└‐{__,ノ^⌒i }
                        ,; /  ⌒X    '斗―   {   ノ イ
                       八i{ 〃テh     )八   i  |\ノ }_ノ
                          ‘, 从 t:り    斗チhY|   |/ハ(\
                           )ハ}.:.:. ,    t::り从 / Y 八__))   そこでスターリンが >>40のように
                           / 八       .:.:.:.:/ }/__ノ /  ア   ムスリム宗務局と呼ばれる組織を作って
                       |l/ ,'\ `ー   // ノ  { /(  (
                          八_厶=-≧ー‐ |/   ‘, \ノ     政府に忠実なウラマーに、ムスリムを監督させるという
                    ,.  -<⌒\  { )厂 ̄|(\     ′  \    撲滅→管理へとロシア帝国時代に近い形で、イスラーム融和政策を示したんですね
                     /   ニニう-=彡(_,ア( ̄ ̄   )ハ   ∨⌒)ノ
                 x(__,,. ヘ 77’/ ノノ  } ー≠彡⌒, l | ‘,
                  _ノY⌒^\ { {O{_/ {   ノ/       } | |ハ |
                 | |l    )∨/     O}/(      / | | l|
                 └ ^=‐ ^∨/O    / ,ハ     j  ; ;  :|
                  ‘,  ; |l     O/ rく └‐x _,ノ / /  /
                 _,x∨| |O    { /^L\_,/)/)/}/
               ,x(⌒/ { \  O/  /厶=-- 、
                /⌒/   \  `¨ア    /イ____   }
            /ノ⌒/ ,.へ、   ` ー/  /个{ \ ̄_ノ
         _r‐〃 )ヽ/ /    \ /(__/ / }人   :,\{
          乙)l{ 人_{  {      r'(   八   } {   ′ \
          厂)/(_入 \  __人 \/ /   ノ_,ノ :,  :, _ノ
         )( l{  て ノ\_,/´   フヘ/  /^ア   ′ ∨
          て八\ ⌒てノL| { { r个┬<⌒Y´     :,  ‘,
          (__ノ)ヽ\     `¨¨^'~ヘ_ノ⌒}        }  ノハ
        ( ⌒Y\\   /          ノ     _ノ/厂|
           \ 乂__丶` ー=   ____   =‐  ¨ア(⌒ シ


.


181 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 02:46:05 ID:26c6a5fd [19/19]

☆ソ連時代のムスリム宗務局の活動

・公認されたモスク・聖廟の管理
・公認されたウラマーの管理
・日々の礼拝の指導
・ファトワーの提示
・イスラーム世界の諸国との会談・外交(1950年代以降~)


                     . . -‐     ‐-  、
                  /             \
.              /   i、            V∧_______
           ,  . : : | \: : : :│: :l      V Vニニ《
            /  . : : : |   \: :│: :|\ :|   V V二》
              : : : :j{ |    \|\j  斗     V V 《
          j{   : : j八j       -‐=¬ j: :| : | {⌒
           j{   : :j¬ー      斗芋ミ j: :j   |h \      さて、ソ連時代の宗務局の活動は以上のような感じです
          八   斗芹ミ       V''夕厶イ   |り   \
            \ 从V夕  ,    ””  j{: . j     丶   ロシア帝国時代と違って、もはやイスラーム法を施行できず
            j\{_ ””  ′       j{: . 八         ただ信仰儀礼を一定度、ソ連の認める範囲で管理していただけです
             j   代     r   ア    ノ{: . / ̄ ̄ヽ、 
             八  |i ト            V/       \    この宗務局はKGBや各共和国の宗教問題を司る「宗教問題評議会」
                \j j{: : {>-  r<   ∠>      ∧   などによって監視・指導を受けていました。
                八: : {⌒><><>           ∧
                 / . .\{   ,             }       少しでも、ソ連体制に反抗的なことを言うと
                  /イ. :/    ,            \j       罰せられるわけです
               人/    ′             {
                 {     {            . : :\



.182 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 02:50:51 ID:26c6a5fd [20/21]


☆ソ連時代に容認されたイスラーム高等教育機関

ブハラのミール・アラブ(学生60人程度)

タシュケントのイスラーム研究所(バラク・ハン 学生30人程度)


.              /      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            ´ / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::`,
           ___,/   ´ . : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: :: ::´,
.         |¨/  . .: :: ::/: : :/:/ / :/ /: : : : : : : : : : : : : : ::´,
.         |/ . .: :: :: ::/__/| :/ / : ′,′:′ : : : : : |: : : : : : :´
        ,′ : : : : : // ` |/ i :/  ′厶:!: .:| : i : |: : : : : :: ::i
          {  : : : : ::/{__,    丶|/  i :/⌒i : :| : i : |: : : : : :: ::|__
         ': : : :: ::仆=卆=ミ      |/  八: :| : i : |: : : : : : :::|¨}
          [\; ; : ,小 r┘ _) `     ‐‐- `:| : i : |: : : /:: :: :| :}
          [_:_乂|: : | _乂辷ン      竿ミト, | : i : |: : /:: :: : :|∧
          | : :i: :|∧| , , ,         r┘_) _}〉: ; : ::|: /: :/i:: ::|    もう一つ重要なのは、宗務局の設置にともない
          | : :|:i:圦       ′   弋辷ン/: :/: : ::|/: :∧i: : |    ウラマーなるために必要な、イスラーム高等教育機関の活動が
          | : :|:| : : :..             , , ,  厶イ:{: : 八 :∧i:i: : |    二つだけではありますが、公認されました。それが上の二つです。
          | : :|:ト、 : ;心、   ‘ ’      勹八{/|: ::/i:i:i:i: : |
          | : :|:|: :\ 「   、__     ィ: : : :: :: i:i:i:i:'^Y i:i:i:i: : |    どっちも、ウズベキスタンにあり、ソ連のイスラームを学ぶものは皆ここに集まり
    -─┬‐| : 从_:_:_:ソ       / : :|:: :: :::,'´|i:i:/ ,′.:i:i:i:i : |    さらに、ソ連各各地やソ連に留学にきたムスリム学生も集まると言う
  /    ^V⌒!__厂]「´       ,′: :|: : : ::i |i:/ /. . ::i:i:i:i : |    スンナ派ハナフィー法学派を基礎とした、教育が行われていたわけです
. /      :/ ∧_,厂}|        _人_j__:|: : : ::| |/_,.厶: : ::i:i:i:i : |
/      :/ ∧__ 厂}ト、__     __,,ノ¨ ̄} ̄}r-'´)^ -‐ ∨::i:i:i:i : |
     .::/ ∧____厂〃⌒¨∨¨⌒ヽ__厂} ̄}| く /  __. }: :i:i:i: : |
    .:::/ ̄ ̄V⌒!__{{__ __只__ __}}__厂__./|   `i__/  '::i:i:i: : |
    ::厂 ̄\ノ , ′厂¨゚7/ | 「゚¨Ζ _厂}八   {  火⌒i:i: : |
   _,′‐‐- | 〈  ′○{:{__| |厂__厂__,/^{{\_ __/⌒Y^|:i: |
\__{{  ヘ.,_}┘,′   /¨¨| | .厂 f'⌒  ii⌒Y⌒Y⌒^人|:i: |
  ::ⅱ   ‘, ,:′ ○ / ___,|_|_厂 __}   ∧_人__,    !i |
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒l__ __/⌒Z...ノ⌒Z⌒ヽ  / ∧        ’:i |


.

183 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 02:53:59 ID:26c6a5fd [21/21]


          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....    しかし、この教育機関はシーア派の学問は教えられませんでした
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    そのため、アゼルバイジャンやタジキスタンに住むシーア派系住民は
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.    ソ連時代を通じて、まともなシーア派教育を受けてこれなかったのです
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.    これは、ペレストロイカの時代まで海外留学が出来ず
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ    この二つの公認機関のどちらかに行かなければ、
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨     正式に働くことができないという事情もありました
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨

184 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:00:17 ID:26c6a5fd [22/26]


EX-5 フルシチョフ時代の新儀礼運動


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   なるほど相対的には宥和政策が敷かれたんだな
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/   でも、ずっとそんな政策が続くわけじゃないんでしょ?
          /     ー‐    \



                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨       まあ……そうです
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │       もう1回弾圧の波が来ます。
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │
         │ヽ               !  |イ│゙、 │      それが1953年に権力を握ったフルシチョフの時代になります
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │ 
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /


.


185 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:04:20 ID:26c6a5fd [23/26]


               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「    彼は大祖国戦争以降、急激に宗教復興が起きているの目にしており
         /::乂ム:::}       '     ム}     宗教復興を恐れ、反宗教運動を行いました。
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧    1つは旧来のような、モスク・聖廟の閉鎖などです
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}  もう1つが「社会主義的新儀礼キャンペーン」と呼ばれるものです
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |



.

186 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:09:53 ID:26c6a5fd [24/26]



        ___,,,-―--、_
      /::. ::. ,,-――::. ̄ー、
     /::. ::./::. ::. :/::. ::. ::. :、ヽ、
     .|::. :/::. /::.:/::. ::. ::ハ::. ::k ::ハ
     |::. i::. /::. ::. ::. ::,イ:/  ヽ::. :i:: ::|
  r-‐Tミ|::./::. /::. ///    ヽ_|:: ::|
 .く  ┤ミ|::|::./_,,ナーレ′  ,,-'´ !|:λ}
  ヽ /|t、_レ|/‐yテj=ミ    ィ=テyレ′
.     |:!(t |::.i 《 tしソ    もノノj|     この「社会主義的新儀礼キャンペーン」とは
    |::|:ゝ|::..k      ,    |::|
    /λ入|::. :〉、    _    ノ::.:|     日常社会と結びついた文化の側面、儀礼や祝日の刷新を行うことを指します
   /::|:〉'、ー|:: |Y i´r゙}ュ__,,.ィ'´/::.:/
.  /::/i'、 ゙ーV「VUUj ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    例えば、葬式において カザフ人は揚げドーナツをあげ、豪華な棺に遺体を入れて
  /::.i:: k、   / |            .|    クルアーンを読んであげると言うことをしていましたが
. {: :.|::.|  ̄/. i             |
  ヽ::ri:| r'i.  |           .|    これを世俗の市民墓地に入れて、儀礼なしで埋めろと言う指示を出すのがその典型例です
   `t:| / !.   |______rfヽ{ヽ__.」



.

187 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:13:18 ID:26c6a5fd [25/26]


             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |   ありす 謎なんだけどそれってどうやってやるんだお?
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |



          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:    1から作るのではなく、既にある儀式などから
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    社会主義体制に「有害とされる要素」と「有益な部分」をわけて
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:    「有益な部分」に共産主義的なものを導入して、新しい儀礼を作ると言うものなんです
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨



.


188 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:17:44 ID:26c6a5fd [26/26]


       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\         「有害とされる要素」と「有益な部分」を分ける…?
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n      分別するのは不可能だお
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''




   .  -‐:::::¨¨`´ ̄¨¨::‐-..、
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:\
//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/  マ.:.`:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:、
:.:./.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:./   マ:.:.:i、:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:./‐-:,∠/:.:/     マ;.l__マ:.:l:.:.:.:.:.:.l
:':.:.:.:.:/:.:./ //`     '´V マ:.l.:.:.:.:.:|:.|
:!:.:.:./:.,ィz≠=t、      ,ィェz、Ⅵ:.:.:.:∧l
.|:.:/:Kく _)圦i|ヘ    ィ_)圦!¨ヾ|:.:.:./ /
:|/:.:∧ ヽ弋ニノ     弋ソ / j:/      やる夫さんの言う通りです。この有害・有益を判定するとされた人類学者は
/!.:.:.:.:.        `     イハ
:.:!:.:.:.:.i し               l:.:.:.!      伝統や文化に興味を持つがゆえに、この判定をあいまいにした上に
__!:.:.:.:.!、     r'⌒      /!:.:.:l      「有害とされる部分も抹消せずに、(古き悪しきものとしてだが)有害なものも残しちゃったんです」
f 、:.:.:!ノ\     ` ノ    /:.:!:.:.ハ、
、  ヽ:!ヽ   ‐-   __, イ´ ̄ヽ!ノ:.i.:.
,(   ` `、   /   | 〉;';';i;';';';';ハ:.:l:.:.i
__、     、 ノ     } 〉;、';!;';';'/;'i:.:!:.:l
:/:(      ノ¨ヽ   ノ丶;';';l';';/;';';!/|:.j



.

189 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:19:37 ID:26c6a5fd [27/37]



               -‐=‐-  -----ミ
            <::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄\::`丶、
         /::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `丶:: `丶、___
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::: ‘:,/////∧
        /::::::::::/:::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::‘:,:::: ‘:.,/////
.       /::::::::::/:::::::|:::::: /|::|:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,:::::__‘:,/ 〈
       /::::::::::/::::::::∧:::/ :|::|:::::|\::::::::{:::::::::::::::::::::::::‘,/--- ! ハ
.      /::::::::::/::..,,_:/ Ⅵ.,||:::∧___,,.. 斗<:::::::::::::::::::l---r┘/∧
     /:::/::: /::: /:/`¨¨¨゙´.|/\:∧  ヽ:{\::\:::::::::::/-- /\//,ノ
      l::: |:: /:::::/:/  --ミ   丶{ .,ィ笊芹ミx._,:::r=ミ-ァ′:::‘:,      その結果、伝統的祝祭や儀礼を根絶するどころか、かえってそれらを守って保存することになっちゃうんです
      l: ∧::::::::::/ _,ィf茫斧x、     '′:....刈 }}l:: |/h|:::::::::::::‘:,
      |/ |:::::::: |:{ {{ ら...刈      ゞ≠く_つ |: ‘,ノ/,::::::::::::::::::‘:,     だから、イスラームは弾圧されつつも
       |::l::::: |::とつゞ≠   ,   /:/:/:/: /:::::::Vx‘,:::::::::::::::::::‘:,    むしろ、学者たちによって温存・強化されていくことになるんです
       |∧:::::::∧ /:/:/:/  __     /:::::::::/X^‘:,:::::::::::::::::: ‘:,
        /:: /::∧ u   /二二ニ ヽ   /:::::::::/X^X^‘:,::::::::::::::::::::‘:,
.     /:::::::/:::::::::込、   乂、:_:_:_:_:ノ}   ,′:::::/X^X^X^x〕iトミ::::::::::::‘:,
     /::::::::::/::::::::::/::::: 〕iト        イ:::::::::/X^X^X^X^X/
   /::::::::: /:::::: /X^X^X^X≧=‐ =≦X゙|:::::::: |X^X^X^X^x/
.  /::::::::: /::::/X^X^X^X^X^X^X^X^X )(|::::::::/X^X^X^X^/



.

190 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:22:45 ID:26c6a5fd [28/37]


EX-6 ブレジネフ時代の社会主義形骸化と儀礼

.              /      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            ´ / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::`,
           ___,/   ´ . : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: :: ::´,
.         |¨/  . .: :: ::/: : :/:/ / :/ /: : : : : : : : : : : : : : ::´,
.         |/ . .: :: :: ::/__/| :/ / : ′,′:′ : : : : : |: : : : : : :´
        ,′ : : : : : // ` |/ i :/  ′厶:!: .:| : i : |: : : : : :: ::i
          {  : : : : ::/{__,    丶|/  i :/⌒i : :| : i : |: : : : : :: ::|__
         ': : : :: ::仆=卆=ミ      |/  八: :| : i : |: : : : : : :::|¨}
          [\; ; : ,小 r┘ _) `     ‐‐- `:| : i : |: : : /:: :: :| :}
          [_:_乂|: : | _乂辷ン      竿ミト, | : i : |: : /:: :: : :|∧
          | : :i: :|∧| , , ,         r┘_) _}〉: ; : ::|: /: :/i:: ::|
          | : :|:i:圦u.      ′   弋辷ン/: :/: : ::|/: :∧i: : |
          | : :|:| : : :..             , , ,  厶イ:{: : 八 :∧i:i: : |    この傾向はブレジネフ時代、特に1979年のイラン革命とアフガン侵攻によって
          | : :|:ト、 : ;心、   ‘ ’      勹八{/|: ::/i:i:i:i: : |    高まることになります
          | : :|:|: :\ 「   、__     ィ: : : :: :: i:i:i:i:'^Y i:i:i:i: : |
    -─┬‐| : 从_:_:_:ソ       / : :|:: :: :::,'´|i:i:/ ,′.:i:i:i:i : |    共産党員ですらイスラーム式の結婚をしたり、
  /    ^V⌒!__厂]「´       ,′: :|: : : ::i |i:/ /. . ::i:i:i:i : |    スーフィズムの指導者であったり……そんな例がいっぱい見られます
. /      :/ ∧_,厂}|        _人_j__:|: : : ::| |/_,.厶: : ::i:i:i:i : |
/      :/ ∧__ 厂}ト、__     __,,ノ¨ ̄} ̄}r-'´)^ -‐ ∨::i:i:i:i : |
     .::/ ∧____厂〃⌒¨∨¨⌒ヽ__厂} ̄}| く /  __. }: :i:i:i: : |
    .:::/ ̄ ̄V⌒!__{{__ __只__ __}}__厂__./|   `i__/  '::i:i:i: : |
    ::厂 ̄\ノ , ′厂¨゚7/ | 「゚¨Ζ _厂}八   {  火⌒i:i: : |
   _,′‐‐- | 〈  ′○{:{__| |厂__厂__,/^{{\_ __/⌒Y^|:i: |
\__{{  ヘ.,_}┘,′   /¨¨| | .厂 f'⌒  ii⌒Y⌒Y⌒^人|:i: |
  ::ⅱ   ‘, ,:′ ○ / ___,|_|_厂 __}   ∧_人__,    !i |
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒l__ __/⌒Z...ノ⌒Z⌒ヽ  / ∧        ’:i |


.

191 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:25:56 ID:26c6a5fd [29/37]


                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │    口ではイスラームは弾圧するとは言いつつも
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │    フルシチョウフ時代に以来の宗教温存・強化政策によって
         │ヽ               !  |イ│゙、 │
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |    もう宗教が民族文化の一要素として固まりすぎたんです
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |    これに外部のイスラーム復興の影響が加わると止まりません
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |  ムスリム宗務局による管理も、ソ連政府と結託している汚職組織と民衆から誹りを受けて
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │   管理できなくなってくるのもこの時期です
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /



.

192 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:31:50 ID:26c6a5fd [30/37]


EX-7 ペレストロイカとイスラーム

        。z≦=x==s _
      /:::::::::/::::::\::::::`ヽ
     //:::::/{:::|:::::::i::::::::::::::::::::ヤ¨ヽ
      1:::/ vⅵ::::::|:::::::l|::::::::::::ヤ ̄`ヽ
      从}ィ旡㍉::::',::::::リ::::::::>{<ヽ /
        ノ ソ  ゞ込_ノ::::::父彡ミ、_j    そして、最後にゴルバチョフが始めたペレストロイカの話です
      〈    '''' }:::リλ弋::::::::::.ヘ__〉
       Y⌒ヽ ,/::/ イ:::::丶::::::::::.     ペレストロイカはソ連において大変な改革と混乱をもたらしましたが
          `ー /::/   ヤ:::::::::ヽ:::::::.
          i::/ > 彡⌒ヽ;::::::\ヘ    イスラームについても同様です
          |' 1} /i:i:i:i:i:i:i:\:::::::\、
           j l^Y:i:i:i:i:\i:i}ヽ::\:\
             |。|:i:|:i:i:i:i:i:i:i:∨i:i∨:::ヽ、\
             |。|:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:iⅵi:i∨:| トリ
       ___   ヾ',i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:iⅵ:i:i∨
      r ´f ̄゛t‐- ヘi:iⅥ:i:i:i:i:i:i:iⅵ:i:iゝ


.

193 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:33:50 ID:26c6a5fd [31/37]


          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..       基本的にソ連時代のイスラームは
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:   「KGB」「宗教問題評議会」の政府機関と「ムスリム宗務局」によって
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   管理されていましたが、ゴルバチョフはこの管理を正式に緩め
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:   それ以外のイスラーム組織が活動をすることを許しました
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨


.

194 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:36:54 ID:26c6a5fd [32/37]



               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「
         /::乂ム:::}       '     ム}    ここではアゼルバイジャンを例に挙げてみると
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧   モスクの数は1984年まで十数個だったのが1985年末には85個になり
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ  テレビやラジオではクルアーンの読み方などイスラームの番組が出て
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}  ソ連発のシーア派高等教育機関であるバクー・イスラーム・マドラサの建設
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'  さらに、海外のイスラーム諸国と自由に会談をすることが出来るようになりました
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |



.

195 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:39:22 ID:26c6a5fd [33/37]



        ___,,,-―--、_
      /::. ::. ,,-――::. ̄ー、
     /::. ::./::. ::. :/::. ::. ::. :、ヽ、
     .|::. :/::. /::.:/::. ::. ::ハ::. ::k ::ハ
     |::. i::. /::. ::. ::. ::,イ:/  ヽ::. :i:: ::|
  r-‐Tミ|::./::. /::. ///    ヽ_|:: ::|
 .く  ┤ミ|::|::./_,,ナーレ′  ,,-'´ !|:λ}
  ヽ /|t、_レ|/‐yテj=ミ    ィ=テyレ′
.     |:!(t |::.i 《 tしソ    もノノj|    このようなことはアゼルバイジャンだけでなく、ソ連全体で広がっていました
    |::|:ゝ|::..k      ,    |::|
    /λ入|::. :〉、    _    ノ::.:|    もはや人々は、ソ連政府に隠れることなく
   /::|:〉'、ー|:: |Y i´r゙}ュ__,,.ィ'´/::.:/    イスラームの信仰儀礼を行い、真ののイスラームとはなんぞやということを巡って
.  /::/i'、 ゙ーV「VUUj ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  /::.i:: k、   / |            .|   様々なイスラーム運動に投じていくことになるのです
. {: :.|::.|  ̄/. i             |
  ヽ::ri:| r'i.  |           .|
   `t:| / !.   |______rfヽ{ヽ__.」



.

196 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:45:35 ID:26c6a5fd [34/37]



☆まとめ

1、1920年代 イスラーム融和時代 金曜の祝日化など
2、1930~40年代 イスラーム弾圧時代 モスクの閉鎖 イスラーム知識人の弾圧 文字改革など
3、1940~1950年代 イスラーム復興時代 ムスリム宗務局の設置
4、1950~1960年代 イスラーム弾圧時代その2 社会主義的新儀礼キャンペーン
5、1960~1980年代 弾圧政策の形骸化時代
6、1985~1991年 ペレストロイカによる弾圧放棄



            ,.....::::::::: ̄ ̄:::::`ヽ、
           /-、::---:、:::::::::\:::::::\
            ,.:´::::::::::::::::::::::::\::::::::::\:::::::ヽ
        /:::/::::/\::::::ヽ::::ヽ::::::::::::ヽ:::::::.
        .':::::|:::/   \::::∨:::∨:::::、::|:::::::|_
         |:::,::|/__     ヽ::{、:::::∨:::{Ⅵ::::: | `ヽ
         {:イ::|'  `    イ}´\::∨:|:::|::イ:|   '
        从{ィ雫ミ、    ィチ雫ヽⅥ:,_::::|::| 、/     まとめると以上のようになります
           |. 、Vリ     V(ソ ノ':::::|) }:|::|ー'
           |::      ,       /:::::|ノ::|::|       ソ連時代は弾圧と言っても波がかなりあります
           |人    _  _  ィ{:::::/_}:::|:::.       1960年代以降は弾圧がどんどんゆるんでいく過程でもありますね
           人::::>.. _``「Yヽヽ='|::/イハ:j::::l
          ∧::}`┼╋+ヽ/\/Y/╋┼}:::::|
          〈╋`┼╋┼{´{_/∧/⌒ヽ::::|
          / 「>、ー― ∧     '.    }::|
        ,: |/r、//> 、 ∧     ,   |::|
          l  |/| Y 7ア/// ∧     ∨  ,:/




               ___
              /      \
            /   ⌒   ⌒\
         /   ( ●) ( ●)\    なるほど、やる夫が想像していた
          |      ⌒(__人__)⌒ |
        \     ` ⌒´   /    ソ連のイスラーム弾圧って1930年代ぐらいのものなかお
          /⌒           ヽ
       |   ヽ__     _ ',
          :、_     )  ( ̄ _丿



.

197 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:48:56 ID:26c6a5fd [35/37]



          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....    はい、そうですね
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:    弾圧と管理をしていたことに違いはないですけど
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.    良くある共産主義によくある苛烈な弾圧は1930年代
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:    それと1950年代ぐらいなもので
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ    あとは制限がありつつも、イスラームを一応受容できていました
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨    ずっと同じように弾圧が加えられたと思うのは間違いですからね
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\      わかったお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |    ちゃんとこれからは、弾圧の波を覚えておくよ
  \      `ー'´     /



.

198 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:52:18 ID:26c6a5fd [36/37]


                     . . -‐     ‐-  、
                  /             \
.              /   i、            V∧_______
           ,  . : : | \: : : :│: :l      V Vニニ《
            /  . : : : |   \: :│: :|\ :|   V V二》
              : : : :j{ |    \|\j  斗     V V 《
          j{   : : j八j       -‐=¬ j: :| : | {⌒
           j{   : :j¬ー      斗芋ミ j: :j   |h \       ということで次は文献紹介に移りたいのですが
          八   斗芹ミ       V''夕厶イ   |り   \
            \ 从V夕  ,    ””  j{: . j     丶    少し眠いので、いったんここまでにします
            j\{_ ””  ′     u.. j{: . 八          起きたら、また文献を紹介します
             j   代     r   ア    ノ{: . / ̄ ̄ヽ、
             八  |i ト            V/       \     その間に質問であればください
                \j j{: : {>-  r<   ∠>      ∧    今回の話は大分端折っているので…
                八: : {⌒><><>           ∧   特にフルシチョフ時代の政策は簡潔に方針だけだったので……
                 / . .\{   ,             }
                  /イ. :/    ,            \j
               人/    ′             {
                 {     {            . : :\



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   用語とかも今回いきなり出てきたものもあるお
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/   それについても質問をくれれば、答えるお
          /     ー‐    \   ということでいったん、ここでおわっておくお



.

199 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:52:49 ID:26c6a5fd [37/37]
ということで今から寝ます。また文献は起きたら紹介します

200 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2017/01/06(Fri) 05:08:15 ID:2ed1d505
乙です
上からの弾圧も、現地の指導層や知識人の手で形骸化、と

201 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2017/01/06(Fri) 05:19:02 ID:5897b14c
アメリカの9・11や現在のヨーロッパへの難民殺到も
ロシアが裏で糸引いているんやろな

202 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2017/01/06(Fri) 07:46:46 ID:2f0a2aab
乙でした
温存された理由にはただ弾圧を緩めただけでなく
管理する人の問題もあったわけか

203 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2017/01/06(Fri) 11:54:46 ID:ab477b97
乙でしたー、共産主義国って弾圧のイメージ強かったけど緩かった時期もあったんですね

>ソ連軍がドイツ軍に苦戦し、しかもムスリム地域にまで入ってくるとスターリンもムスリムを弾圧させたままではまずいと思ったんですね
ナチのSSにはクロアチアかどこかのムスリム義勇兵部隊があったらしいですしね、そりゃ危機感覚えるか
>>176
これ幼女戦記で似たような展開見たなあ……w あっちだとイスラム絡みじゃなくて主人公絡みだったけど

204 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2017/01/06(Fri) 11:59:22 ID:886b8ea7 [1/2]
シーア派の教義をペレストロイカあたりまで公式に教えてもらえなかったシーア派は教えを変質させはしなかったのだろうか

205 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 12:16:48 ID:bc954768 [1/12]

紹介文献
高橋清治.1996.「ロシヤ帝国とカフカス総督府」 『ロシア史研究』 (59): 36-53.
:ロシア帝国時代のカフカース総督府の歴史について

野坂潤子.2005.「帝政ロシア統治政策におけるカフカースのムスリム法(シャリーアと慣習法)」 『ロシア
史研究』 (76): 28-37.
:カフカースにおけるイスラーム法について カフカースムスリム宗務局の歴史も記載

長縄宣博.2004.「日露戦争期ロシア軍のなかのムスリム兵士」『「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集』(5): 1-19
:日露戦争時のムスリムについて 概要的に中央アジアのムスリム統治についてもあり

宇山智彦..2006.「個別主義の帝国」ロシアの中央アジア政策: 正教化と兵役の問題を中心に」 『スラヴ研究』
53: 27-59.
ロシア帝国時代の中央アジアの政策特に兵役の問題にクローズアップしている


               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「    ということで、今回の文献紹介です
         /::乂ム:::}       '     ム}
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|    まずロシア帝国時代のムスリム政策ということで日本語で読めるのはこのあたりです
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧   中央アジアとカフカース地域のムスリム宗務局 それと従軍におけるムスリムの問題を扱っています
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}  高橋・野坂論文でカフカース地域を 長縄・宇山論文では中央アジアを取り扱っています
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ  ネットでPDFで見られる論文なので、一度見てみてはどうでしょうか
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |

.


206 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 12:22:36 ID:bc954768 [2/12]


廣岡正久.1988.『ソヴィエト政治と宗教 : 呪縛された社会主義』 未来社.
:キリスト教の視点でソ連時代の宗教政策について概観。

※参考程度に
直川誠蔵.1981.「社会主義立法における宗教と教会――ソ連を中心に」 社会主義法研究会編 『社
   会主義における生活と法』 法律文化社.
霜田美樹雄.1970.「ソビエト政権の宗教政策--国教分離布告をめぐって」『早稲田社会科学研究』 
   (8): 1-58.
霜田美樹雄..1982.「宗教不滅の公式?唯物史観との対比で?」『早稲田社會科學研究』 24: 65-74.
小杉末吉.1992.「ソ連における宗教団体とその紛争処理」 佐藤幸治・木下毅編 『現代国家と宗教団
   体――紛争処理の比較法的検討』 岩波書店.


                 ____
              ,...::::::_::::::::::::::`:::..、
            ,..:::´ ̄::::,::::::::::`ヽ、:::::::::::::ヽ
           /::::::::,::::/ヽ:::::::、:::::::\::::::::::::',
         /::/:::/:/::/   Ⅵ:: |::{:::::::::\:::::::::
        ,:::,::::/:/-/、   {::{斗ム::::::::|:::|::::::::|、
        |::{::::Ⅳ _{      ヾ \}\:::}:::}::::::::}_ ヽ
        {:∧:::l,ィ雫ミ、    ィ雫ミ, Ⅵ/-、:::, \)    イスラームに関わらず、ソ連時代の宗教政策について知りたいときは
          从l ゝVソ      V(ソノ /::}'/ ,::::|   〉
          /:::.    '        /:::/_ノ:::: |   {     廣岡本を見ておくといいでしょう。
            {:::人    、__,    /:::/::::::::::Ⅵ\_ノ
           |::/ |::::...     イ{::/:::|:::::::::::\ }     これにしたの4つの直川・霜田・小杉の著作は個別の事例について
           |:{ 「 ̄┼`´╋┼ 从-、:::::::::::::::::∨     検討を行っています。いずれもキリスト教が話題の中心ですが
           ゝ} 乂╋┼╋┼╋┼╋ 、::::::::::::::::.     一度見ておくと、細かい知識が広がります
         / / \╋┼╋┼╋イ ∧:::::::::::::::}
           Ⅳ    /` ー―― ´ /  ,::::|:::::::::|
         ,:′   l{={}=     ,     |::::|:::::::::|
          {    /      /    ,:::::|:::::::::|
         |     ,′       /    /::::/::::::::/
        :    〃={}=    ,:      /::::/::::::::/
          {   {l       /    /::イ::::::/
          ∧   ||     /    /´/::イ
       ,   \ l{     /    /  ̄´
        /    ` |!   /    ∧
     /     ∧  /    /  \


.

207 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 12:26:45 ID:bc954768 [3/12]


マーチン・テリー.2011.「アファーマティヴ・アクションの帝国: ソ連の民族とナショナリズム、1923年~1939年」半谷史郎監修,
荒井幸康・渋谷謙次郎・地田徹朗 ・吉村貴之訳, 明石書店.

:1920~1930年代のコレニザーツィヤ政策について検討 論点が飛びすぎてわかりにくいのが難点


        ___,,,-―--、_
      /::. ::. ,,-――::. ̄ー、
     /::. ::./::. ::. :/::. ::. ::. :、ヽ、
     .|::. :/::. /::.:/::. ::. ::ハ::. ::k ::ハ
     |::. i::. /::. ::. ::. ::,イ:/  ヽ::. :i:: ::|
  r-‐Tミ|::./::. /::. ///    ヽ_|:: ::|
 .く  ┤ミ|::|::./_,,ナーレ′  ,,-'´ !|:λ}
  ヽ /|t、_レ|/‐yテj=ミ    ィ=テyレ′
.     |:!(t |::.i 《 tしソ    もノノj|    今回途中でお話しした、コレニザーツィヤ政策についてこちらを
    |::|:ゝ|::..k      ,    |::|    原文は英語でありますが、非常に厚い本なので、日本語で読みましょう
    /λ入|::. :〉、    _    ノ::.:|
   /::|:〉'、ー|:: |Y i´r゙}ュ__,,.ィ'´/::.:/    著名なソ連研究者塩川伸明さんの解説も入っているので、おいしいです
.  /::/i'、 ゙ーV「VUUj ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  /::.i:: k、   / |            .|
. {: :.|::.|  ̄/. i             |
  ヽ::ri:| r'i.  |           .|
   `t:| / !.   |______rfヽ{ヽ__.」


.


208 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 12:29:40 ID:bc954768 [4/12]

小松久男編.2014.『激動の中のイスラーム : 中央アジア近現代史』イスラームを知る18, 山川出版社.

:近現代の中央アジア歴史について記述。ソ連崩壊後については薄いので要注意

          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:     もう細かい話じゃなくて、一貫した歴史見せてくれれば
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:     いいよってかたはこちらを
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:     中央アジアの歴史をロシア帝国の征服あたりから書いています
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.     もちろん、ソ連時代のイスラームについても書いていますし
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨      今回省いた民衆におけるイスラーム復興についても書いています
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋     ワッハービーの語源もちゃんと記述していますので
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨


.


209 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 12:32:37 ID:bc954768 [5/12]

ダダバエフ, ティムール.2010.『記憶の中のソ連―中央アジアの人々の生きた社会主義時代』筑波大学出版会.
:ウズベキスタンの人々のソ連時代の暮らしについてのインタビュー調査纏め本
 イスラーム的な話だけでなく、単純に歴史の生き証人の証言を見るだけでも面白い


                     . . -‐     ‐-  、
                  /             \
.              /   i、            V∧_______
           ,  . : : | \: : : :│: :l      V Vニニ《
            /  . : : : |   \: :│: :|\ :|   V V二》
              : : : :j{ |    \|\j  斗     V V 《
          j{   : : j八j       -‐=¬ j: :| : | {⌒
           j{   : :j¬ー      斗芋ミ j: :j   |h \      政府の視点じゃなくて、民衆がどのように思っていたかを知りたいときはこちらを
          八   斗芹ミ       V''夕厶イ   |り   \
            \ 从V夕  ,    ””  j{: . j     丶   ウズベク人がしっかり現地の言葉を使った、貴重なインタビュー調査を
            j\{_ ””  ′       j{: . 八        日本語で書いてくれています。
             j   代     r   ア    ノ{: . / ̄ ̄ヽ、
             八  |i ト            V/       \
                \j j{: : {>-  r<   ∠>      ∧
                八: : {⌒><><>           ∧
                 / . .\{   ,             }
                  /イ. :/    ,            \j
               人/    ′             {
                 {     {            . : :\


.

210 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 12:36:55 ID:bc954768 [6/12]


Thrower,J.2004.The Religious History of Central Asia from the Earliest Times to the
   Present Day (Studies in Asian Thought and Religion 27). New York: The Edwin
   Mellen Press.
:中央アジアの宗教史を古代から現代までまとめた本。あまりに多くの時代を扱っているので
ところどころ記述が薄いのは難点。しかし、一作で読めるのは良い

Dudoignon, A and Komatsu, H (ed).2001.Islam in politics in Russia and Central Asia :
early eighteenth to late twentieth centuries.London: Routledge.
:18世紀~20世紀までの中央アジアの歴史について書いた本。英語が読めるならこれを読むのははおすすめ

                  _....:::―::....._
              ,...:::´:,::::―---―:ヽ、
             ,.:´:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::::::/:,::::::::::::,::::::|:::,、:::::::::::::::\
            ':::::::/:/::::::::::/::,.:' }/  ヽ::、:::::::::ヽ
          ,/{:::::/:/::::::::-/:/、/'    |:∧:::::l:::',:|
         /(__/|::::l:イ::::::://'     ´}  ∨:|:::}:|
         ト  ,{::,.-|:::イ,ィ震Tミ    ,ィ震ミ, }:/:/ '
         {   /|:{ {'|::从 Vソ    Vソ ノ/::イ    英語を読める人は、この二つが中央アジアの歴史をがっつり書いてます
          乂ノ/::乂、}:::::ヽ      ,   ムノ
          /::,::::::::∧:::::::.     、 ,   人|      後者は小松氏も参加していまして、18世紀から20世紀までしっかり書いています
           /::/:::::::::{::::\:::} 、      イ|:::/      ソ連以前の歴史からも学べますよ
           ,:::/,:::::::::::|::::|::|从  ` T ´-r、,|:/、
        /::イ/:::::::::/ィ |::|ムリ、_,__ノイ_∧.......
          /:/ /:::::::::/.......ヾ}乂匸 ィ介ー;/}_」、...}        /)とニヽ
       {:/ ,::::::::/{...........リ...乂〉、〈∧〉 /_〉.∨...ヽ     Y  ,ィ_ニ}ノ
         从 {::::::::{ム..............}.....`ー、_,l|。}ノ........}......_}    /  ムィノ
        ヽ} |::::::::|:∧...........|.....................;.............,./.....Y  ,   /¨ ´
          ' 从:::::|:::::}...........∨...............,j.l........./,ィ⌒ヽ.〉 ´  ,
           Ⅵ从:|.......\.∨.........../..j......〃  `Y,J    /
           リ   |.............>、_./_/--V   t-ノ   /
              乂.....¨´...........................}_)-く.「´  ,
                \................................|_)..| ` ー ´
                  ノ...ー.......¨¨¨¨ ̄.....∧


.

211 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 12:41:19 ID:bc954768 [7/12]
Bünyadov, Z.1965.Азербайджан в VII-IX вв. Баку: Издательство Академия наук
Азербайджанской ССР.
:アゼルバイジャンの歴史を書いた本。 ロシア帝国時代の記述についても厚い。
もっとも読み進めるのは困難かつ なんでも社会主義イデオロギーにつなげようとしている点は注意



                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨    ……あんまりお勧めできないのですが
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │    キリル文字アゼルバイジャン語かロシア語が読める人なら
         │ヽ               !  |イ│゙、 │
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |    ソ連時代の学者が書いたアゼルバイジャンの歴史というのもどうでしょうか?
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |    時代的に1960年代までしかおさえてないですが、読めるなら一見の価値ありです
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │ 
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /


.

212 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 12:47:01 ID:bc954768 [8/12]


S ・D ・スカースキン編.1977.「ソ連における国家と宗教」井尻良夫訳『桃山学院大学キリスト教論集』13, 109-121
S ・D ・スカースキン編.1978.「連の反宗教教育活動方針」井尻良夫訳『桃山学院大学キリスト教論集』14, 43-557
:ソ連時代の国家と宗教に関するもの。理論的・統計的話が多いのでちょっと飽きるかも


                      __ --――-
                   ,...:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.―‐ 、.:.:.:.:、
                  .:.:.:/.:.::.:.:.:.::.:.:.:.:..:.:.:.:. \.′
.                /..:./.:.:.:.:.::.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':..:.:..
                ′.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:. ':..:.:.,⌒Y
                ;.:.:.|.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.ト、.:.:.ト、.:.:.:.:.:.:.:.: '...:′x{
.                ___|.: i|..:..:.:..′..:λ{  \{. \ト、.:...:.: '..:.:}x八‐  _
              /xx|.: i|.:.:.:.:.|.:.:.:/ i|    ィ斧ミ、}.:.:.i|7      ¨  _      それと、当時のソ連学者が
               ' . x|.:从.:.:.: |.:.:x斧ミ、  〃Vzり .| : :i|′        .′     どのように国家と宗教について考えたのかこれをよめばOKです
               lxム.:.∧.:. .〃Vzり   ,      |.:. 八         .′
                jxx'.八.ト、.:.:...        _    ..: :/           .′      幸いciniiで論文を献策すれば、だれでも閲覧できます
               `ー.'.:.∧.:\ム    ´    イ..:./          .′
                 |.:.:.:.:.ト、.:.\⌒ー―‐<__.7. ′         .′ _  ――‐ 、
                .′./ \.:.:.:、`¨¨¨¨¨´. /./           ′´       \
                /イ_____. }.:.:′ー―‐ /.イ、       r--、. .′   ´ ̄ ̄ ̄ 、.∨
.             _ /′     /イ`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´∨ニ=--γ⌒ ∨ ¨         } |
        _  -  ¨ /       ≧ _   \  _. ¨   / ム「,  /         / |
.    ,       /             ≧  _ \.     { _r--- Y、.       /  /
 .  /   _  -/        |           ≧     |. {、___. |      ′  /
  .′     ,        /.|      O     O |.     | |     |.      {   {
  |. /    /   _______/.:. : |              |.     | |     |.      |/ ̄  、
  | 〈     、      \.:.:.:.:,      O     O |.     | {          八.  , ―‐
  八 `  __ト、.     {´\. ′ | /.           |.    八∧    .′     \/
   \.     \       \} .i|/   O     O |.   〈ト、.     八
     `   _.  ∧.、    /  /ー‐、.           |    ∨>  __/
        |  /     {  /_ 二)    O     O |.      ,
.         /     >-7/`¨¨           |      ′
.                 /              |
                /                  |          ,
.               /                |.          ′

.


213 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 12:50:46 ID:bc954768 [9/12]


Huseynov, R.2014. "HISTORY OF ISLAMIC INSTITUTIONS IN AZERBAIJAN (19TH-21ST CENTURIES)"
he Caucasus & Globalization Journal of Social, Political and Economic Studies. (8)1-2: n.p.
:アゼルバイジャン人が書いたムスリム宗務局の歴史に関する論文。ロシア帝国時代の記述が厚い。
ソ連時代と現代のムスリム宗務局についてはやや薄いが、宗務局について知りたいなら読んでおくといい


.              /      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            ´ / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::`,
           ___,/   ´ . : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: :: ::´,
.         |¨/  . .: :: ::/: : :/:/ / :/ /: : : : : : : : : : : : : : ::´,
.         |/ . .: :: :: ::/__/| :/ / : ′,′:′ : : : : : |: : : : : : :´
        ,′ : : : : : // ` |/ i :/  ′厶:!: .:| : i : |: : : : : :: ::i
          {  : : : : ::/{__,    丶|/  i :/⌒i : :| : i : |: : : : : :: ::|__
         ': : : :: ::仆=卆=ミ      |/  八: :| : i : |: : : : : : :::|¨}
          [\; ; : ,小 r┘ _) `     ‐‐- `:| : i : |: : : /:: :: :| :}
          [_:_乂|: : | _乂辷ン      竿ミト, | : i : |: : /:: :: : :|∧
          | : :i: :|∧| , , ,         r┘_) _}〉: ; : ::|: /: :/i:: ::|     最後にもう1つだけ
          | : :|:i:圦       ′   弋辷ン/: :/: : ::|/: :∧i: : |
          | : :|:| : : :..             , , ,  厶イ:{: : 八 :∧i:i: : |     アゼルバイジャン人が書いたカフカース・ムスリム宗務局
          | : :|:ト、 : ;心、   ‘ ’      勹八{/|: ::/i:i:i:i: : |     の歴史論文です。ロシア帝国時代~現代までの役割と歴史を抑えているので
          | : :|:|: :\ 「   、__     ィ: : : :: :: i:i:i:i:'^Y i:i:i:i: : |
    -─┬‐| : 从_:_:_:ソ       / : :|:: :: :::,'´|i:i:/ ,′.:i:i:i:i : |     これを読んでおくと、カフカースのイスラームについての
  /    ^V⌒!__厂]「´       ,′: :|: : : ::i |i:/ /. . ::i:i:i:i : |     1側面が良くわかりますよ
. /      :/ ∧_,厂}|        _人_j__:|: : : ::| |/_,.厶: : ::i:i:i:i : |
/      :/ ∧__ 厂}ト、__     __,,ノ¨ ̄} ̄}r-'´)^ -‐ ∨::i:i:i:i : |
     .::/ ∧____厂〃⌒¨∨¨⌒ヽ__厂} ̄}| く /  __. }: :i:i:i: : |
    .:::/ ̄ ̄V⌒!__{{__ __只__ __}}__厂__./|   `i__/  '::i:i:i: : |
    ::厂 ̄\ノ , ′厂¨゚7/ | 「゚¨Ζ _厂}八   {  火⌒i:i: : |
   _,′‐‐- | 〈  ′○{:{__| |厂__厂__,/^{{\_ __/⌒Y^|:i: |
\__{{  ヘ.,_}┘,′   /¨¨| | .厂 f'⌒  ii⌒Y⌒Y⌒^人|:i: |
  ::ⅱ   ‘, ,:′ ○ / ___,|_|_厂 __}   ∧_人__,    !i |
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒l__ __/⌒Z...ノ⌒Z⌒ヽ  / ∧        ’:i |


.


214 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 12:51:52 ID:bc954768 [10/12]


                   ___
                .:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:...
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.\
            「7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ⌒l
            |/:.:.:.:.:.:.:.:.::. /Ⅴ:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:. ' Ⅵ
            ′:.:.:.:.:.: .: /  Ⅵヽ: . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| l
            ,:.:.:.:.:.:.:.:.:. /    }j Ⅴ ..:.:.:.:.:.:.:.:.:| Ⅳ
.        ___ |:.:.:.:.:.:ハ:{      Ⅴ/Ⅴ:.:.:.:.:.:|___」
       |      | |:..:.:..j{ ,.二.      ,二..._ j{:.:.:.:.:.:|⌒Ⅴ
       | O.   | ト、:.:.:〃⌒^     ^⌒~ヾl_::.:.. . |.__ノ   ということで、文献紹介はここまでにしておきましょう
       |     |  |:: l      '     /| |\ . |
      ノ---ヘ  |  |:.:.ト、    マ_フ   ノ | |  }:.:|     次は2話のソビエト民族学でお会いしましょう
     // / i|. |  |:.:.:.:n> .    イ    / : |
.      l  '  j__.|  |:.:.:.:j{:_ -ノ  ̄ lj_   ,イ__:.:: .|
.      \   l   /j{:.:.:j{  /   / |ヽへj{  ヽ:|
      _」  _j.  / j{:.:j/   |  /.   |_ - ト、   Y
      l ゝ-ノ.j. /  j{:从  八_./.  /    Ⅳ  |
     ,.へ   ⌒Ⅵ  }′l_____八___ ∧.     j{.  |
     \     |.   /〃 j{  j{ ⌒イ.     j{. j{
       |.     「ヽ. j{ j{. j{ † j{  j{. |     j{ ._j{
       八.       |. j{ j{   j{  j{. l.     j{ ヽ
.       \.     ノ| j{. j{ †. j{  j{从.     /
          \___/ l j{. j{   j{  j{ | \   /:.:|


.

215 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 12:52:24 ID:bc954768 [11/12]
ということで文献紹介終わりです。質問返答を……少し待ってくださいね

216 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2017/01/06(Fri) 14:29:16 ID:cc7a62a8


>>1は一体何カ国語理解できてるんだ。

217 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2017/01/06(Fri) 14:54:10 ID:31a1008e
日本、淫夢、イスラムと少なくともトリリンガルなのは間違いない

218 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2017/01/06(Fri) 15:21:16 ID:886b8ea7 [2/2]
(イスラームは言語じゃ)ないです

219 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2017/01/06(Fri) 16:13:12 ID:c55143f4
アラビア語って言いたかった可能性が微レ存?

220 名前:◆gKNcHiCsig[] 投稿日:2017/01/06(Fri) 16:30:38 ID:bc954768 [12/12]
>>202
逆に考えるといいかもしれません。
コレニザーツィヤ政策が行われた理由の1つとして
こうした現地の民族を飼いならすために行ったということがあります。

コレニザーツィヤ政策が後退しだしたのは1930年代に入ってからなのですが
この後退の原因は「社会主義」よりもそれぞれの「民族文化」を大事にしだしたということ
そして、国境外にいる同民族(例えば:イランのアゼルバイジャン民族)と繋がり始めたと言う点にあるためです。

バスマチ運動に照らし合わせていうと、バスマチ運動を抑えるためにコレニザーツィヤ政策が行われたが
期待したほどの効果が表れず、コレニザーツィヤが後退していくことになるのです。

>>203
ソ連との関係で言うと
「アゼルバイジャンSS義勇部隊」「タタール兵団」「東テュルクSS武装部隊」が有名どころですね
何れもロシア革命・ロシア内戦中に西欧に脱出したグループが中心的になっていますね。
特に、重要なのは「アゼルバイジャンSS義勇部隊」の存在で、ソ連一の石油生産地バクーと関連がありましたね。
北カフカースでは、一部のムスリムがナチス・ドイツ軍を喜んで迎えたということもありますね。


>>204
ソ連時代、あまりにウラマーとモスクなどが少なすぎて、スンナ派と接近していますね。
アゼルバイジャンの例で言うと、首都バクーのモスクでシーア派がスンナ派のモスクに礼拝に行ったり
スンナ派のウラマーにシーア派の住民が、結婚式の儀式執行を頼んだりと……その逆も然りなのですが。

ただし、1979年のイラン革命以降、ホメイニーの声が入ったカセットテープを密輸するなどして
徐々にシーア派の真の教えとはなんぞや?という問題が浮かび上がってくるのですが

.

221 名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2017/01/06(Fri) 18:10:25 ID:5320d004
id変わってますけど回答ありがとうございます
弾圧されることで有耶無耶になるんですねえ


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


[ 2017/01/07 03:40 ] やる夫で学ぶ並行イスラーム論 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する